2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_110

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 14:33:55.83
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_109
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1375934604/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 14:56:16.70
>>1
素朴なぬるぽ

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 15:37:39.60
>>1
この世界における艦載機の異常な少なさにプロージット。搭載機(推定2〜5機)の空母に意味あんの?
誰かの好きな某SFじゃあ戦艦でも20機以上搭載してるようだが。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 15:45:24.77
あれはポプランとかユリアンとかカリンを目立たせるための小道具だからな。作者も真剣に数とか考えてないわな。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 16:25:19.06
>>3
戦艦ヒューベリオンでさえ4個飛行隊を擁している(アムリッツァ時点ではポプラン、コーネフ、シェイクリ、ヒューズの全員がヒューベリオン所属)のに、空母がそれより少ないって描写あったっけ?

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 16:33:34.88
>>5
4個飛行隊じゃなく4機だろ。ヒューべりオンは例外的に多くの艦載機(4機)を搭載した
試験艦なんだろね。でなきゃ1万の艦隊で戦艦が2000隻としてもそれだけで8000機の艦載機が
出てこないとおかしい。でも実際はせいぜい100数十機ちょい程度。空母も1000隻いるなら1隻
あたり2機程度しか搭載してないと思われ。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 16:36:42.36
艦載機は基本的に艦載機の相手しかしないからな
ユリアンが巡航艦沈めてたくらいか。ポプランでも戦艦沈めたりはしていない
これじゃせいぜい戦場の賑やかしだよなあ

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 16:50:52.37
>>6
>でも実際はせいぜい100数十機ちょい程度。

っていうのは、どこから出てきた数字なんだ?

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 17:15:11.44
バーミリオンの戦いで、160機のスパルタニアンと180機のワルキューレがとの記述があるね

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 17:16:22.60
バーミリオンに2個戦隊で160機という記述があるけど、それで全てなのかな

直前に「ポプラン、コーネフ両戦隊で迎撃させろ」というヤンのセリフがあるけど
そのほかに空戦隊が出てるという様子ではないな
でも160機では戦力として意味がないんじゃないだろうか?

ちなみにポプランの下には4個中隊がいるそうだ

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 17:22:28.65
「一巻 死線」にヤン(?)の命令の後に「スパルタニアン搭乗員数千人」という記述があるな

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 17:23:00.29
3機で1機のワルキューレを倒す戦術がポプラン考案らしいから
それまでは集団戦の概念自体なかったのかね

3機と言わず30機で一個編隊組んで戦艦ガンガン沈めてくくらいじゃないと
戦力としての意味ないよな

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 17:32:17.18
「単座式戦闘艇ってよほどの僥倖が無い限り軍艦には通用しないんじゃね?」
「だとしたらなんの意味があるんだ?」

と言うのは、このスレでも何度もループして結論の出ていない話題だったりする。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 17:36:03.10
戦艦はともかく、もっと防御の弱い艦だったらまとわりついてこられると嫌なんじゃないかな

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 18:13:59.98
ドーリア星域の会戦ではポプランは6個中隊を率いてるな

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 18:41:53.44
>>14
それも議論されてたが、ユリアンの行動がネックなんだよな
エネルギー中和磁場の内側に潜るほどの至近距離でも、スパルタニアンの主砲は巡航艦の装甲に通用しないっぽい

駆逐艦には通用するんだろうか?

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 19:33:55.84
艦橋の窓を撃ってはどうだろう

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 19:34:08.47
要塞対要塞ではミュラー指揮下8000隻の艦隊で2000機のワルキューレでイゼルローン上空を制圧する作戦があったな。
自分の艦隊の直援と予備攻撃用にもう2000機あったとすると半個艦隊で4000機、正規の一個艦隊だと8000機くらいは戦闘艇持ってそうだけど。

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 19:37:53.11
>>16
これも言いつくされてるのだろうけど
アニメのオープニングの影響で戦艦が撃沈できることになってんだろうね

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 19:38:08.84
ガルマへのたむけだ、姉上と仲良くな。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 19:43:46.07
>>17
ユリアンのケースを参考にすると、張り付くほど接近できたのも、近すぎて砲塔の死角に入った
のもラッキーに過ぎないようだから、ピンポイントで艦橋に張り付くとか、対空砲避けて艦橋まで
たどり着くとか意図的にやるのは事実上不可能と思われ

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 19:44:24.14
>>16
読み返してみたら、索敵システムの死角にはいってて、エネルギー中和磁場のギリギリのところに
位置してたみたいだよ。

それはさておき、逆に言えばユリアンのようなやり方をすれば巡航艦でもおとせるわけだ。
とはいえ、大きな艦に対しては、基本的には砲塔を潰したりしてんのかな。ただそれはスコアになるのかという問題もあるが。
砲艦とかミサイル艦とかの小型艦(?)は叩けるかもしれん。

あと外伝でラインハルトが「駆逐艦で戦艦を落とすとか、苦労知らずの言いそうなことだw」
ていってたから、艦載艇ではもっと難事なのだろうか。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 19:56:53.43
ユリアンは軍曹で専用のスパルタニアンのパイロットになった。
初陣でワルキューレ3、巡航艦1撃破で曹長昇進。
続くヤン不在の要塞戦でワルキューレ数機撃破&敵の作戦を看破したことで准尉昇進。
以後ユリアンはスパルタニアンに搭乗してないんだけど、ユリのスパルタニアンはどうなったんだろうか。
個人識別の疑似プリンティングシステムがどうちゃら言ってたが設定解除して他に回すとかできるんだろうか。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 19:59:57.06
パイロット養成に何万ディナールかかるとかあったが、えらく簡単にスパルタニアンに乗ったり降りたりできるんだな。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 20:03:42.27
>>23
スイッチひとつで解除とかでは意味がないから、それなりに手間が掛かるんだろうが、できない
とする理由はないな。ハードごとのせかえてしまえば済む話だし。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 20:12:23.20
>>23
さすがにスパルタニアンは他に回すだろ。
もったいない以前に、空母の駐機所の邪魔になる。

>>24
パイロットの養成に300万ディナール≒推定3億円
だけど、ユリアンにはそれほど金をかけてないような気がする。
というよりユリアンの育成期間が短すぎる、と思う。(半年もかけてないのでは?3ヶ月?)
ちなみに、士官学校でも一応パイロットの訓練は受けているんですよねw

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 20:17:46.77
ユリアンは中盤以降は陸戦ばかりしてたな

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 20:17:59.95
某SFアニメでの戦艦に搭載する戦闘機は無限にあったよ。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 20:52:14.87
>>24
専門性が高いほど、どんな分野でも育成費用は膨大になるわけでな。
それを高い安いいうこと自体が前時代的な「兵隊なんぞ赤紙引っ張ってこればいい」ってクズ
感覚でナンセンス。昨今の先進国の兵隊は総合技能+専門と何年も掛かる技能持ちばかり。
むしろ、大金かけた人材を、花形とは名ばかりの日陰分野で使い潰すより、適正、能力なりに
使い倒すべき。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:01:13.81
ユリアンは士官学校へ行ってたら好成績で卒業できるだろうけど
その前に戦争終わっちゃうな

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:07:40.93
>>29
前半と後半で意見が真逆になっているような・・・?
技能持ちなら、技能を生かすのがもっとも効率的で役に立つ。

パイロットとして育成したのなら、パイロットとして活躍させるのが理にかなっているもんだろう?
パイロットとして育成されてもパイロットに向いていないのなら、別の道に進むべきだろうけど。

# もっとも、パイロットに向いていないなら、育成前段階や途中ではじかれるので
# 育成費のムダにはならないはずだが。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:11:18.85
だ・か・ら、某・S・F・ア・ニ・メ・で・は

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:12:05.99
え〜世の中には何をやらせても人並み以上に出来ちゃう人間が実在しておりましてえ……

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:24:01.34
某SFあにめでは

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:24:17.87
>>23
機体とパイロットの紐付けってどうなんだろうな?
旧軍なんかだと、機体と紐付けられているのは飛行士ではなく整備員であって、パイロットは特に専用機を持たないらしい
敵襲となれば手近なエンジンかかってる機体に飛び乗って出撃する感じだそうな

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:24:50.99
>>22
重要なのは、戦闘艇でもやり方次第では巡航艦をも撃沈し得るという事実だろうね。
戦闘艇がまとわり付いていると、迂闊にミサイルも撃てない。これが抑止力になる。
そうして敵がミサイルを撃ちにくくなった状態、それを「制宙権の確保」と呼ぶのかも。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:29:46.90
>>31
単技能ならな。
志望が他にあり、その資質、適正もあると思われるなら、ある技能が突出していようが、やらせる
方が「一粒で二度美味しい」な結果になる。単能専門バカより何でも屋が望まれるのは何処も同じ
だよ。単能でも天才級なら違うが。
ユリアンは学校評価も高く、非公式ながら各分野一人者の教育を受け、高い評価を受けている。
その評価が上に届いているならパイロットで終わらせようとは思わないだろう。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:32:54.11
だから某SFあにめでは・・・・何故スルーするの(涙)

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:35:04.34
基本は長所を伸ばすべきだけど、ある程度は広い分野における基礎は必要だろうからね

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:40:51.00
うわーん(泣)

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:48:31.65
なにを泣いておるのだ
某SFアニメの話とは>>28以外にもあるのか?

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:49:46.33
なんでガンダムの話が時々出てくるのかね

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:50:20.13
>>38
みっともない奴だな。スレ違いの話題はやめろ。
同じ「宇宙戦艦ヤマト2199」のファンとして恥ずかしい。
それとも何だ? 2199のネガキャンステマなのか?

>>28
無限なんてねーよ。
2199では、零は2機、隼は32機だ。覚えておけ。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:52:47.83
士官全員にパイロット教育を施す意味はいまいちわからんけどな

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 21:58:33.84
「一応さらっと教えました」程度にしかしないんだろう>パイロット教育

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 22:11:26.16
金髪、赤毛、双璧って陸戦でも一流だったが、空戦のほうはどうだったんだろう
他の提督も含めて過去の実績が明言されているのってケンプくらいか

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 22:25:32.19
実戦で艦載艇乗りはやってないんじゃないか? 空戦はかなりの特殊技術だし

考えてみればレンテンベルクで双璧が陸戦指揮してたのは違和感あるな
専門家に任せればいいのに
オフレッサーを釣り出すエサになるのはいいとしてもさ

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 22:27:09.63
>>37
銀英伝時代は知らんが、現在の現代的な軍隊では分野がかなり細分化されて
いるから、どうしても専門バカにならざるを得ない。
一粒で二度おいしいではなく、一粒で味が混ざって不明。
無論、どの兵科でも基礎(体力とか銃の扱いとか応急処置とか)は必要。

ユリアンの場合は、陸戦、空戦、指揮官についてそれぞれ教育を行い、
どの分野が合っているか選択の最中だった。
ユリアンの空戦の教育期間は、救国軍事クーデター後に正式に軍人になる
797年9月ごろから要塞対要塞の前哨戦の798年1月ごろまでのわずか4ヶ月。

>>44-45
機関工学演習もそうだが、指揮官になるなら現場のことも知ってもらい、
机上の空論の指揮をとらないように教育するのが目的だろう。

・・・どの程度役に立っているかは疑問だがw

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 22:49:38.69
>>47
レンネンカンプも戦士出身らしいし、帝国士官はルドルフの思想的に陸戦指揮能力が重視されてるのかも
オフレッサーみたいな「白兵戦要員のボス」に対して上級大将のポストが用意されてるのは
その表れとみなすことも出来そうだし

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 23:01:54.67
>>49
陸戦能力でオフレッサーと対極にいるオーベルシュタインは・・・

なるほど、ルドルフに対して憎悪を抱くはずだw

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 23:07:52.56
オーベルシュタインが艦隊司令官になったらどんな程度だろうね

いくら期待できなくてもゴ朝の大将にまでなったゼークトよりもマシなんだろうか
兵士からの人気はないだろうけど

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 23:21:01.06
>>46
外伝で書いてくれたっていいよな
ポプランやコーネフに追いかけられまくったりしてな

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/11(水) 23:21:28.15
>>49
一方で、門閥貴族出の坊ちゃん軍人に陸戦能力があるように思えない。

・・・というところでピンときた!
貴族の坊ちゃん軍人をいざというとき文字通り身を挺して守るため、
帝国士官には相当の陸戦能力を要求されているのだ!

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 00:00:07.29
ポプランは陸戦でも (ベッドの上という意味じゃないぞ) 結構活躍していたな。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 00:27:37.96
フライングボールの反則王だし、戦闘機パイロットって体力とか反射神経とか動体視力とかすごいと思う。

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 01:45:36.69
>>50
だが、ちょっと待って欲しい
原作から読み取れるオーベルシュタインの格闘戦能力は、ビッテンフェルトには劣るという情報しかないわけで、
一般的な感覚では十分に強い可能性は否定されないのではなかろうか

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 02:54:59.51
>>56
義眼のレーザー射出装置が壊れていなければ圧勝w
というかシャーンコップ風に言えば
「オーベルの格闘戦能力は猪に比べて圧倒的に下です閣下」
となりそうだがw

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 02:56:02.43
軍に入る前は
なんと水鳥研究所の職員

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 07:44:08.70
銀英伝の世界で話されている言語は英語とドイツ語ですか?

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 08:27:30.32
空母で100機、戦艦で6〜8機、巡航艦で3〜4機積んでるんだから、1万5千隻の艦隊なら
決戦で総力出撃するなら10万機出てきてもおかしくはないな。それがせいぜい百数十機
程度ってのはやはり搭載機は空母でも2〜3機なんだろね。

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 08:30:28.21
空母って1個艦隊に防空用に3〜4隻程度配備されてるだけだろ、どっかで一般乗員の
養成はただ同然だけど、パイロットはその1万倍はするってあった気がする。それなら
一個艦隊で乗員が百万人でパイロットが100人ちょいっては納得できる。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 08:37:59.41
ヤンの射撃と格闘能力は「水準」程度らしいが、
これが人類の水準なのか軍人の水準なのかで随分意味が違うな。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 08:43:48.91
訓練してやっと一般人の標準だったんじゃないかな

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 08:44:14.84
全人類が射撃できるわけでもなし。軍人だろと言いたいが、それでは同盟軍の
将来(現在も)がとても不安だな。まあ全員が水準以上ということもあるが。
平均じゃなく水準だからな。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 08:54:41.40
単座式戦闘艇について強引に解釈すると、メルカッツの大好きな宙雷艇が
本編ではあんまり活躍の描写がないけど実は超重要な艦種で、これをどうにかしないと
一方的に勝敗が決するくらいの影響力がある…とかかなあ。

単座式戦闘艇は敵の軍艦を狙うんじゃなくて、味方の軍艦を雷撃しようとする宙雷艇を排除することが主任務、と。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 08:59:37.12
軍人の水準でいいと思う
一応士官学校を卒業出来たんだから射撃や格闘の試験も合格してるでしょ

ただ卒業から10年以上経過しててその間ろくに訓練してないだろうから
作中時点での能力で言えば一般人並かそれ以下かもね
アラサーだしなw

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 09:06:29.83
>>65
疑問はやはり数だな、総数1万隻以上の艦隊でそれぞれ何隻、機いるんだろね。
艦隊編成わかるのはユリアンの初陣の相手の1000隻ちょいのやつだけかな?あ
れが標準的編成で1万隻なら10倍すればいいってことなのかな?

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 09:09:19.91
>>66
銃の方は一般人の射撃の水準と言われもピンとこないなあ、日本だからからか。
銃大国だと、うちの主人はほんと射撃がだめで、それにひかえお宅はとかって
会話してるんかいな?

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 09:21:25.85
>>68
言い換えるよ
一般人並じゃなく、素人に近いと
扱い方自体は覚えてるだろうから素人よりはマシだろうが

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 09:26:28.90
でも、ヤンの射撃の成績って良くはないけど赤点でもないし追試も食らったことないんだよな
銃のレクチャー受けただけの素人よりはだいぶ上手いんじゃないか?

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 09:43:20.86
>>59

アニメで見る限り日本語で会話しているね。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 10:35:01.24
>>70
赤点食らったら士官学校を即退学だから、必死だったに違いない。
ヤンの技術は銃を扱ったことのある素人と同程度なのでは?

ところで、学業不振で士官学校を退学したとき、それまでの授業料は
返還しなければならないの?(´□`)

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 11:12:44.72
>>61
要塞対要塞の前哨戦(ユリアン初陣)の時、帝国軍艦隊(ケンプ麾下のレッケンドルフ分艦隊)は艦艇数1600隻ほどのうち航空母艦を30〜40隻擁していた。
帝国一個艦隊は15000〜16000隻だから単純に10倍すると300〜400隻の航空母艦が所属している計算になる。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 11:15:55.27
士官学校って何歳で入る事が出来る?

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 11:20:25.14
>>74
15か16

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 11:34:41.69
>>72
戦史研究科廃止の時にヤンがごねたらシトレから
「辞めてもいいけど今までの学費は返してね」って言われてたから
成績・素行不良による退学も同じだと思う。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 12:07:25.27
>>73
あのパトリッケンだかなんとかの部隊が例外的に空母を集中した機動部隊の可能性はなくはないが
普通に考えてそうだよね。とするとそこから出てくるのが200機もないとするとやはり空母の搭載数
は2〜3機か。
要塞時のミュラー艦隊は要塞への上陸前提で陸戦部隊や制空権奪取用の艦載機強化した特別編成なんだろうね。

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 13:06:13.40
アニメ化する時なんかもスタッフたちは悩んだろうな
映像みる限りだと空母は大量に抱えていることにしたみたいだけど

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 13:07:16.13
→空母は大量に(艦載機)を

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 13:20:46.83
現在はおろかWW1ですら銃はそれなりの日数訓練すれば実践に問題ないくらい扱えるようになる代物だったし、それが徴兵制の普及に一役買った
つまり訓練して水準に達しない奴は体力に問題があるか池沼のどっちか

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 13:21:45.51
キルヒアイスの赤備え艦隊もさぞかし迫力があったでしょうな

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 13:34:29.14
しかしヤンが戦闘機の訓練を受ける姿とか想像できん

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 14:47:25.02
あの装甲服着てトマホーク持ってもやったんだよな当然。
想像したら笑えるw

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 15:01:57.60
「恒久待機なんてパイロットの歴史上なかった。だから私はそんなもの望みはしない。
「だが何十分かの平和で豊かな時間はさっきまで存在できた。吾々が…」

「能書きはいいから早く飛んでこい」

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 15:48:46.94
>>78
まあ絵的に2機しか積んでない空母じゃあ、締まらないもんな。アニメゲーム設定は
空母は100機か。ゲームなら空母艦隊8000隻から80万機の艦載機が飛んでいくの堪能
(数字上だけだけどね)出来るんだけどね。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 16:23:07.30
艦載艇については>>11>>18が答えじゃない?
>>6については大尉だと中隊長で、全部で2戦隊いるはずだから、
ヒューベリオンには160機くらいが搭載してると思われる

となると>>10のヤンの命令は艦長の仕事を奪ってることになってしまうわけだが

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 16:57:01.49
>>86
>ヒューベリオンには160機くらいが搭載してると思われる
うんなアホな。
小説ではヒューベリオンには4人のエースがいるとしか書いてないぞよ。まあそれでも
戦艦の搭載数としては十分に多いとは思うが。
やっぱり作者がそんな細かい整合まで考えてないってことだろ。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 16:58:27.40
しかし一艦隊一万数千隻か、自分の艦に戻るのも一苦労だな。わからなくなるぞw

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 17:17:10.26
>>88
ららばいー。ってのがあったぞよ。
ヒューベリオンが160機で他の戦艦も準じるとして、当然空母ってんだから戦艦より多く
積んでるはずだとすると。。。。1個艦隊のうち空母戦艦が2000隻としても40万機か。
巡航艦も積んでるって?うーん60万機程度運用可能か。

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 17:28:18.52
>>86
旗艦のみが艦載機を搭載してるって考え方だな。であればヤンは艦長の権限侵した
わけでないし、数の整合性も取れる。また旗艦が他の艦にくらべてやたら大きい説
明にもなるしね。 空母?それはアニメの固有設定だろ、小説には登場しないよ。
この世に不死なんてものは無いんだし。

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 17:30:12.39
>作者がそんな細かい整合まで考えてないってことだろ

それでいて誰それの能力・戦闘を拘泥して甲乙つけたがるこのスレの不思議

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 17:31:59.88
http://okayama.ramendb.supleks.jp/u/13822/review?s1=&s2=7&order=published
ホンマかいな(@_@)

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 18:06:57.39
>>87
適当なとこはとことん何にも考えてないよなこれw

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 18:52:58.85
>>87
ごめん確かに一隻の戦艦に100機とかありえないなわな
ただポプランとコーネフは同じ船を母艦にしてることは間違いないはず
そうすると一個中隊が何人編成かという問題になるな

>小説ではヒューベリオンには4人のエースがいるとしか書いてないぞよ
そうなんだけど、どっかに大尉が中隊長をやってる場面があったから書いたんだが
画一的なものでもないのか

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 19:08:41.70
>>89
1艦隊の兵数が100〜150万人なのに、艦載機が60万機ってどんだけやねん!
パイロットと整備士だけで100万人を超えるぞ!!www

>>91
それで楽しめばよいでわないかw

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 19:17:15.10
良くないね
元小説がつまらんし

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 19:44:40.53
ゲームの同盟軍だと
戦艦=9
巡航艦=3
攻撃空母=100
だったな

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 20:10:35.37
>>97
それで計算するとまた95さんの怒りを買ってしまうww
>>95 86
しょうむない突っ込み、及びその計算による60万機説すませんw。
>>94
バーミリオンでもあの2人はヒューベリオン搭乗だったけど配下の各機は
また各戦艦、空母に載ってるってのはどう?
もっとも根本的な数の問題は解決しないが、>>93ってことで。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 20:17:32.85
>バーミリオンでもあの2人はヒューベリオン搭乗だったけど配下の各機は
>また各戦艦、空母に載ってるってのはどう?
そうかもかもしれませんな。さすがに2機よりは多いだろうけど

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 21:00:31.23
>>90
小説にはしっかりと航空母艦の存在が書かれているんだってばよ。

アニメ設定では帝国艦船はほぼ全てワルキューレを搭載運用できるから空母を持っていない。
同盟は一部戦艦などしかスパルタニアンを搭載できないため、集中搭載・運用用に空母がある。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 22:19:09.79
なんか艦載機の話で盛り上がってるけど
一機で戦艦を爆沈できる程の能力があるのか
それともただ相手の艦載機とドッグファイトするだけなのかを
考えたら巨大な戦艦相手にするのも只相手の艦載機と戦うのも
どっちも無駄なような気がしてならないのですが

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 22:20:33.06
そもそも戦闘機はほとんど役に立たないんだよなこの世界
何のためにあるのかがイマイチわからない

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 22:23:43.62
それは接近格闘戦で大いに効果を発揮すると設定した作者に言うべきかな

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 22:31:30.29
>>101
無駄以前に無意味だよね
ユリアンみたいな超絶的幸運以外で艦船落とすシーンあったっけ?
近距離だと戦闘機無双みたいな描写はないし艦隊戦じゃ何のために存在するのかまるでわからんよな

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 22:39:16.84
メルカッツが
「軽快な運動性をもつ駆逐艦、宙雷艇、そして単座式戦闘艇ワルキューレでからなる近接戦むきの部隊」
という説明のある部隊構成で戦果を挙げている場面があるな
「艦艇を正確極まる射撃で破壊」したそうだ(2巻 勇気と忠誠)

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 22:43:30.67
ないな ランテマリオ会戦くらいかな活躍したの ただこれは囮役だけど 

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 22:47:43.79
出力の問題で主砲の攻撃を防げるほどの防御フィールドは艦前面にしか展開できない
それ以外の部分は比較的脆いので(ある程度までのデブリくらいなら防げる)、艦載機による近接攻撃が有効になる

くらいの設定ならともかく、実際はかなり頑丈みたいだからなぁ

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 22:51:04.53
>>107
ユリアンは側面を並行して飛行してる感じだったけど、直接攻撃は手控えていたからな。
しかも、ミサイル発射のために砲門が開いたところを狙うのではなく、ミサイル自体を攻撃して誘爆させている。

仮に無防備なところを攻撃したとしても、スパルタニアンのウラン238弾では巡航艦にたいしたダメージを与えられないんだろう。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/12(木) 22:58:35.81
キルヒアイスが輸送船団襲撃した時活躍したみたい 被害が14機とか

駆逐艦クラスなら相手としてどうなんだろう? 艦隊の半数くらいは駆逐艦だし

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 00:05:19.80
最近読み返してたら、ミュッケンベルガーのその後がなぜか気になり出してしょうがない
ラインハルトの台頭と入れ替わるように軍の要職を勇退、リップシュタット盟約にも参加せず
かといってラインハルトが天下取った後だと貴族は冷遇されただろうし、かつての軍の重鎮とはいっても
針のムシロのような余生を送ったんだろうなあ…
名前有りのキャラでいつの間にかフェードアウトしていった人けっこういるよね、本編外伝合わせて

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 00:53:21.08
ラインハルトも表舞台から身を引いて隠棲したミュッケンをことさら滅亡させようとは思わないでしょ
復讐の対象にする理由もないし、何の意味もない

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 01:03:24.10
>>110
特に恨みがなくても味方につかなかった貴族だし財産は没収だろうな
帝国元帥の終身年金250万あたりも相当減額されてそうだし生活は苦しくなったのかもね
とはいっても別に追い込まれてるわけじゃないし針のムシロってほどじゃないべ

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 01:13:06.68
長い戦争が続く中で一時期、敵旗艦攻撃用に、巨大ミサイルか爆弾か何かを積んで
敵の攻撃をかいくぐって肉薄できる小回りのきく小型艇(雷撃機?)が流行った

かなりの効果があったため、その対策で艦載機が出てきた

艦載機に負けるから雷撃機は廃れたが、艦載機は残った

とかいう流れが、作中時間帯の以前にあったりしてな。
…と思ったけど、それって>>65の言う、メルカッツの大好きな宙雷艇か?

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 01:16:09.08
>>59
作中の歴史の流れで考えれば、同盟語=連邦語=英語だろうな。

帝国語は、外伝でのユリアンの「元々そんなに違う言葉じゃない」というセリフを信じれば、
連邦語の文法等はそのままで単語をいくつかドイツ語に置き換えた程度だと想像できる。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 01:57:44.80
>>25
>>35
某SFアニメでは、ブロンDから回収されて蘇生したルフィが適当な戦闘機に乗り込んで
AIから認識番号照合不能と言われても「緊急事態なんだ、飛び入りだよ!」と怒鳴りつけて
半ば無理矢理発進してたな。w
蘇生作業時のやり取りからすると、個人データは残っていた&戦死登録されていなかったと
いうのもあるんだろうが、あまり認証の意味が無いとも思った。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 02:32:13.65
>>112
中立だった貴族が財産没収なら、同じ中立のキュンメル男爵はどうなる?
マリーンドルフ家の縁者というだけで許されるわけではあるまい。
むしろ情にほだされたというのが蟻の一穴にもなりかねない。

おそらく中立の貴族は、財産はそのままだと思う。
今まで免除されていた累進所得税の課税せいで、家計は火の車かも試練が。

ただしキルヒアイスが亡くなる前は、中立貴族も潰す心積もりだったのかもしれん。
キルヒアイスの死後、心が広くなって例えば、本来なら更迭していた士官を左遷とはいえ昇進させるようになったし。

>>114
大体同じ、つまり方言程度の違いなら学校でわざわざ帝国語を学ぶことはない。
帝国語は相当ドイツ語に近いものと思われる。
# 男性詞、女性詞などは簡略化しているかもしれんが。

>>115
ガルフォースって懐かしすぎるぞwww

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 03:16:00.33
>>116
ガルフォースはヤマトやファーストガンダムより新しいのに、話題になる頻度が低いせいか
それらより懐かしさの度合いが上だな。

あれも宇宙で両陣営が大規模な艦隊戦だけど、銀英伝とはあまり比較されない不思議。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 03:26:01.53
>>117
現代型萌え系の元祖的作品ですしw

艦隊戦は基本的にごり押しで、敵を見れば戦うという感じで戦術的な見せ場が少ない。
ヤマトの拡大版ですな。

それゆえに、銀英伝ではその方面から入った香具師にもとっつきやすくするため、
アスターテ会戦での包囲殲滅を素人にも分かりやすく書いたのだろう。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 03:28:40.48
現実世界の戦闘機は大体2機から4機で1個小隊。>>97のゲーム設定 (確かアニメでも同じ) だと巡航艦1隻に1個小隊、戦艦1隻に3個小隊=1個中隊。
ヒューベリオンが他の戦艦より大きければ4個中隊くらい搭載できるかもしれない。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 04:57:08.94
>>116
マリーンドルフが後見人のキュンメルと他は比較にならんよw

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 05:14:46.37
>>119
それだと艦隊全体で艦載機の数がとんでもないことになってしまう。やはり
旗艦のみが艦載機搭載してるってことでいいでしょ。旗艦がやたらでかい説明にもなる。
小説には空母などない不死なるものはこの世にはないからな。アニメでは空母は両軍とも出てくる
がこれはオリジナル設定でしょ。搭載機100機なんて無茶苦茶。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 06:00:53.24
>>113
アニメはそういう設定になっている

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 06:33:12.79
要塞対要塞でミュラー艦隊は4000機で攻撃したのに、同盟はよく2個中隊でほぼ互角に戦ったよなあ。
ミュラーはあの作戦のために帝国全軍の空母をかき集めたのかな。その数1000隻とか。そのため艦隊戦
に持ち込まれると砲艦が足りず苦戦してるな。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 06:37:53.75
1個艦隊1万5千隻のうち空母は300から400隻程度らしい。その艦隊から出てくるのが300機未満
ってことはやはり各空母の搭載機数は3機だな。でどんな場合もローテーション考慮して3分
の1の1機づつ出撃してるわけだ。これなら計算合うな。戦艦とか巡航艦が搭載してるのは自
艦の防空のみだから出撃機数には入らないと考えればさらに完璧。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 06:47:51.20
>>112
財産没収までやったのは、ブラ、リッテン他リップシュタットの盟約に参加した貴族のみ。
味方になった貴族は領地・財産安堵の確約(書面)をとった者のみ安堵。それ以外には、特に
何も条件をつけてない。中立派はガン無視―敵も味方も残った貴族は改革でどうにかする気
は満々。
貴族への課税とか免除する理由もないし、それで身上すり潰して破産しても知らんと言ってい
るので、長期的にはすべての貴族の財産を「没収」したと言えるな。

それを前提にミュッケンはどうなったかを考えれば……リ盟約に参加した形跡もないが味方に
なる理由も薄いから中立派と言うのが可能性高い(メルカッツと同様に帝國という体制への忠誠
を優先するなら、皇帝を擁するラインハルト-リヒテンラーデラインに反抗する理由はない)。
ラインハルト体制の軍に置いては居場所もないし、結果的に退役に追い込まれる―かといって
リ連盟に参加していなければ年金減額とか言う理由も特にない。まあ年金制度自体が改変され
て、結果減額……はあるかもしれない―結局、内戦後始末としては中立派貴族と同じ、課税、
特権剥奪程度で終わっていると思われ。
そもそもラインハルトからすれば、特に追い込む理由も相手でもない。ミュッケンごとき相手に
恨みだの復讐だの言ってるのはラインハルトを卑小化したいアンチか韓国人並みの人格なん
だろうなとしか。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 06:51:03.52
>>121
>アニメでは空母は両軍とも出てくる
帝国軍にあるのは「宙雷艇母艦」のみ。ワルキューレ空母はない。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 06:55:39.53
戦闘艇搭載は空母のみ、巡航艦が積んでるのは偵察機、戦艦が積んでるのは着弾観測機だ。
ヒューベリオンは航空戦艦、もしくは戦闘空母と呼ばれる艦種なので例外的に戦闘艇を積んでるが。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 07:00:19.82
>>126
アニメでも帝国軍の空母出てくるよ。戦艦と似たような形だが両舷の射出口から一杯出撃させてた。
小説の帝国の母艦ってのはやはり戦闘艇用かな、小説に宙雷艇ってあったっけ?なかったと思うが。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 07:20:17.41
帝国語は漢字かカタカナみたいに読み書きしているんじゃ?帝国と自由惑星連合が喋っているのは日本語でしょうか?

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 07:22:11.10
>>129
坊やは早く保育園に行きなさい。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 08:36:56.70
アニメ版のラインハルトの実力を認めて勇退じゃないかな、ミュッケンベルガー
エーレンベルクとシュタインホフが拘禁されたときにも名前出てないし貴族連合にも参加してないし。
まあ作者が存在忘れてたに1ライヒスマルク

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 08:51:53.09
>>131
アニメの勇退はかっこよすぎ。小説では自然消滅。もう一人元帥いたな、なんとか総監の
みんな作者の頭の外へワルキューレに乗って退場。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 08:56:39.67
>>114
俺の大学のドイツ語の教授によれば、英国はドイツ語から派生したそうだ。
つまり、ユリアンの言うもともととは、数千年前のことw

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 09:04:20.29
同盟語と帝国語は日本語かと思ってた

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 09:25:04.28
ファイアーとかファイエルとかプロージットとかノイエラントとかは
少なくとも日本語の単語ではないな。

ワーレンの「義手も足も出ない」も、きっと帝国語独自の言い回しだろう。

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 10:25:34.45
自由惑星言語は英語か

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 10:30:52.02
ロシア人は絶滅したの?

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 10:43:05.25
銀河連邦時にはもう地球の国別対抗○系民族なんて絶滅してるかと
コーカサスとかモンゴルくらい大雑把に別けて考えるべきかと
日・半島・大陸系レベルは細かすぎますぜ
800年後ですから

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 11:14:10.37
同盟の国歌があったが歌詞は英語だった
銀英伝に日本のキャラがいたな

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 11:20:55.97
リップシュタット前、財産没収できるから敵に回る貴族が多いほどありがたいと言ってなかったっけ
中立組に対してはそこまで酷い扱い出来ないと思うよ
特にミュッケンベルガーのように隠棲した老貴族から財産奪って路頭に迷わせたらラインハルトの株は下がる
彼に何かしらの歴然とした罪があるならともかく

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 11:41:14.28
>>138
言い方が悪かった。
戦艦にイリヤ・ムーロメツと名付けるみたいなロシア文化は絶滅したの?

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 11:45:51.31
ブラウンシュヴァイクとリッテンハイムの財産だけでも帝国の年度予算の数倍はあったんだろうな。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 12:03:02.62
ミュッケンベルガーに関する記述は多くないからどういう人物なのかわかりにくいね
思いつく限りだと
・旗艦に母親の名前をつけている
・ラインハルトの事は当初あまり眼中になかった
・ラインハルトの進言にでしゃばりだと不快感を示すも、内容は理に適っている事は認めた
・ラインハルトにはめられたとき、怒りのあまり金髪の小僧呼ばわりしたことがある
・でも、功績は素直に認めて今回の会戦の第一功と報告してもいる
・地の文によれば、ラインハルトが思っているほど無能ではない
・軍内部には人格的にも能力的にもメルカッツの方が司令長官に相応しいとの声もある
・堂々とした立ち振る舞いらしい(ラインハルト曰く「ただし、堂々たるだけだ」)

主に外伝での描写で、本編だと一巻の御前会議でオフレッサーと会話する位しか出番がなかったような

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 12:06:14.79
>>143
主にアニメのイメージだよね。小説の方はそれを外伝で補完してる感じ。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 12:16:28.13
よく話題になる勇退のシーンがアニメオリジナルだしね
原作はいつの間にかフェードアウト

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 12:17:43.09
>>143
> ・軍内部には人格的にも能力的にもメルカッツの方が司令長官に相応しいとの声もある

これwikiに載っているけど、原作には記載されていないよね?
ソースはどこだろ?

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 12:19:25.85
話題にもならない、ホーウッド、アップルトン、ルフェーブル、他1名の提督
たちはその後どうなったんだろう?

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 12:22:29.74
>>146
小説でも読んだ気がする。今手元にないからな、ある人の回答待とう。
>>147
彼らもアニメでは戦死、降伏とか描かれてるけどな。アル・サレム提督なんか
アニメならではのセリフつき出演だぞ。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 12:31:36.23
>>146
思い出して書いてるから勘違いかも知れん、でも原作で読んだ記憶はある

もっとも、メルカッツより人格的能力的に上の指揮官は作中にほとんどいないけどねw
ロ朝の提督と比べてもラインハルト自身と双璧くらいだろう

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 13:34:03.13
「軍の一部には、ミュッケンベルガーよりメルカッツ大将あたりの実績と指揮能力とを
高く評価する声も存在するのである。」

外伝3巻。創元SF文庫ならP269第六次イゼルローン攻防戦でラインハルトの進言を
ミュッケンベルガーが激怒しつつも採用したシーン。

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 14:02:35.12
まあ実際メルカッツのほうが有能だよね。
ホーランドごときに翻弄されるのはちょっと

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 14:49:34.12
>>132
気になって第一巻を見たら幕僚総監クラーゼン元帥と
ラインハルト元帥授与式の場面に書いてあった

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 15:32:53.08
>>152
俺の一言のために、すまぬ。俺は思い出せなんだ。かの元帥はあれが最初で最後の
場面であったねえ。ゲームでは元帥ゆえしょっちゅう出てくるのだがww

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 16:10:43.73
>>125
フォン=貴族
マリーカの実家とか盟約に加担してなさそうな姉の友人とか
ロイエンタールの実家みたいな富裕貴族とか本当に
>長期的には「すべての貴族」の財産を「没収」
したと言えるの?違うだろ

貴族の称号を関してない富裕層はガン無視だったり
何が改革なんだ

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 16:22:11.11
作中でラインハルトが語ったように貴族特権を廃し公平な裁判と公平な税制度を敷くのが改革の基本路線だろう
何の理由もなく貴族や富裕層から財産没収するのは改革とは言わないだろ、権力による略奪だ

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 16:30:08.30
>>132,152
イゼルローン要塞失陥のとき、三長官と幕僚総監クラーゼン元帥が辞表を提出したけど、
慰留されたのは三長官で、幕僚総監のことはすっかり忘れて辞表が受理されてたらワラウw

>>154
才華で財産を築いた人と、先祖代々の財産で贅沢した奴を一緒にするな。

ラインハルト政権は公平な税制度を志向しているから、
今まで所得税免除だった貴族に対して、平民と同じように課税するに過ぎない。
また荘園など先祖代々の財産の場合、相続税で削っていく方針。

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 16:35:37.58
全財産没収されて餓死寸前な貴族が>>154みたいな恨み事言ってたんだろうな。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 16:50:37.88
貴族以外の納税富裕層がいるんだから
抜け道なんていくらでもあるだろ
フォンがついてたら没収てだけだろ
どこが公正

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 16:53:36.28
没収するなんて書いてなかったろ
リップシュタットの敵は別

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 16:53:39.16
>>156
本当に要塞失陥で詰腹を切らされた可能性が…>幕僚総監
三長官の辞表は形式として、誰かが責任を取らねばならないわけだし。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 16:59:22.67
現場のシュトックハウゼンとゼークトに押し付けたんでねえの?
三長官はリヒテンラーデの提案で俸給返上って一応の責任取ってる。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 17:18:48.82
ロ朝では総長おかずに皇帝が統帥本部を直卒するから総監置いて補佐するってことで
実質的には総長みたいなもんだったな、幕僚総監。ゴ朝では本部長もいる上での総監
出し、皇帝は軍事に無関心(軍籍もないんだろね、建前上は別として)で補佐のしよう
がなさそうだし、名誉職? 確かにいざってときの責任かぶり係かいな?

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 17:21:23.87
>>159
税の特権を廃止するだけだな。所得税はもともとあんまり働いてなさそうだから効かない
だろうが、固定資産税は効くだろうねえ。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 17:24:27.51
>>125がリップシュタット以外も貴族は長期的に没収の方針という話をしだしたんだろうが

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 17:32:29.05
相続税や固定資産税を取るのを没収とは言わないわな

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 17:37:10.78
働くのいやだって貴族なら毎年固定資産税とり続ければ、長期的に没収と言えるかも、
言えないよな。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 17:39:35.46
貴族だからって特別な税が課せられるわけじゃない、ようやく人並みになるだけだな。
考えれば今まで免除されてただけでも相当いいよなあ。固定資産税とか過去20年にさか
のぼって追徴課税したらどうだろうって? 案は出なかったのかな。これなら合理的に
没収みたいに出来るぞ。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 17:41:13.16
>>167
追徴課税は出来ないと思うぞ、脱税してた訳じゃないんだから

仮に今の日本で新しい体系の税金が決まって、過去20年分を今から徴収しますと言っても通らないだろ

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:13:56.45
ラインハルトの治世では通るんだろ

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:20:58.38
免税剥奪されても生き残った貴族からはどうやって資産没収するんだ

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:24:11.84
>>169
可能だけど、中立を通したのに懲罰同然の仕打ちを受けたら不平分子を増やすだけだ。
それを見た平民の金持ちやフェザーン独立商人も危機感を持つかもしれん。
ラインハルトの治世が足元から崩れかねん。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:27:22.21
娘が皇族になる前
マリーンドルフ家は課税されてどうやって払ってたんだろう
膨大な額の筈

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:34:49.17
>>172
ラインハルト支持派は手加減をすると言っているから、マリーンドルフ伯や
ヒルダに取り持ってもらった貴族は、税金を減免されているはず。
所得税免除とまでいかなくても、税は半分くらいとかになっていると思う。

マリーンドルフ伯なら自主的に税を納めているかも知れんが。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:44:33.48
>>172
無職で遊んでた貴族ならともかくマリーンドルフ家みたいに投資やその他で
収入得てた貴族ならなんとかなるでしょ。マリーンドルフ伯も内心は ちっ
とか思いながら払ってたかもしれんが。
ロイエンタールも相続税はもう時効だろうけど、固定資産税は急に払うこと
になって 同じく ちっ だな。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:46:05.57
>>169
法の遡及適用って奴だな。同盟や現在の大多数の国ではあり得ないが
お隣の。。。。。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:46:07.31
>ラインハルト支持派は手加減をする
>税金を減免
どこが公平な税制だよ

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:48:46.22
>投資やその他で
>収入得てた貴族ならなんとかなる
くらいなら長期的にも没収にはならない筈
それが出来ているから大方貴族は代々やってこれてる

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 18:53:14.82
>>176
うむ、私もそう思う。この場合の手加減とは税率そのものとかではないだろう。
まあせいぜい納付までの猶予期間設けるとかだな、当然、他の一般人にも同じ
ように認めないといけないけどね。
あの文脈からすると敵にまわった貴族は無条件没収、味方についたものには、
他の平民と同じにするってくらいのニュアンスだろ、手加減。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:01:36.19
>>173
それでは公平な税制度にならないからな。そもそも172の疑問が無理がある。普通は
固定資産税とか急に言われても、その固定資産売れば(いやだろうけど)払えるし、
所得税は所得から払うのだから、普通は払えるよ。174と同じ。
普通でない、敵にもまわらず、仕事もせず、遊んでた貴族なんかがシュトライト通じて
お助けを求める連中なんだろ。彼らを悪いようにはしないって言ってたけど
具体的にはどうなんだろね、既述のように税の軽減や生活保護では大衆の手前まずい
だろ。無理やりに職につけ(タコ部屋?)労働かな。それでも飢え死によりましだわな。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:04:43.82
>>176,178
リップシュタット戦役時、敵になった貴族は財産をことごとく没収。
その他の貴族も遺産相続税、固定資産税、累進所得税などの制度を適用。

ただ、味方になった貴族に対しては、てかげんする政治的必要があるので、
この意味からは敵に回る貴族が多ければ多いほうがありがたい。

と書いてあるので、味方の貴族にはなんらかの手心を加える風に読める。

ただし、マリーンドルフ伯のように所領を安堵する公文書を得ていないと、
味方の貴族も財産をボッシュートされる危険が付きまとってたりするけどw

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:06:32.47
>>179
閑職に優先的に登用とか

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:06:44.21
>仕事もせず
アンネローゼやシャウハウゼン子爵夫人が仕事をしていたとは思わないけどね

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:08:38.97
>>179
シュトライトを通じてお情けを求めた貴族は、リップシュタット同盟に参加した敵方貴族ですぞ。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:15:35.41
アンネローゼが無職なら風俗のお姉さんも無職になる

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:30:11.03
>>181
それで給料もらえるなら最高だね。そんな甘いことにはならんだろ。それが
効くのは金と野望があるやつだけだな。
>>183
そうだっけ?恩義があるとはあったが。敵なら無条件没収じゃないの?いくら
シュトライトを得るためとはいえ、それで寛恕されるならそれこそ示しがつか
なくなるんでは。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:34:23.38
>>182
アンネを例に出されても、、、子爵夫人は専業主婦だったみたいだね、まあ旦那が
趣味の傍ら多少は仕事してたろうし浪費してなければ当面の税は払えるだろ。何度
も出てるが遡及適用なんてこと無い限り、巨大な固定資産税たって、その固定資産
以上では無いのだから。すでに借金がどうのとか言うのは税とは関係ない話だから
な。そんな家はゴ朝においてさえ、ミューゼル家みたいに没落していくだろ。

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:37:32.75
>>180
なんらかの手加減と公平な税制度をどう両立させるかですな。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:41:45.01
>>185
シュトライトを通じて寛恕を請うたのは正しくないですな。

リップシュタット同盟に参加したがゆえに財産を没収され困窮した貴族の一人が
シュトライトに恩義のある貴族で、彼の窮状を見かねたシュトライトが
ラインハルトに寛恕を請うた、と表現するほうがいい。

そもそも、シュトライトはブラウンシュバイク公の家臣だから、その彼に恩義を与えた貴族が
リップシュタット側に付かない方がむしろ異常。

そもそも、領地を持つ貴族のほとんどがリップシュタットに参加したはず。
中立なのは病弱とか(例:キュンメル男爵)、変人(例:ペグニック子爵)ぐらい。

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:49:51.41
>>187
公平な税制度 → ”原則的には”公平な税制度 ヾ(^^;

原理原則と実態との間に乖離があるのはよくあることです(ぉ

> 味方になった貴族に対しては、てかげんする【政治的必要】があるので

政治的理由により、何らかの例外を設けているのでは?
税の控除の拡大とか。

もっとも絶対的権力を持ったラインハルトが、手加減を反故した可能性もあるけど。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 19:56:35.87
>>188
なるほど。
>>189
民衆の信頼を得るには、公正な、、、って言ってる裏でですか?政治ってやだな。少女にはついていけない。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 20:09:46.51
>>190
帝国元帥の不逮捕特権なんて、公正な裁判の真逆を逝ってますがなw

ラインハルトが実権を握ったあと、どうなったかは言及されてないけど。。。

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 20:32:15.46
キルヒアイスが死んだ日は、13日の金曜日&仏滅だったんじゃないか?

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 20:48:35.15
ティンときた!

ラインハルトがオーディンを留守にしている間、帝国宰相リヒテンラーデ公が
戦後に備えて色々と裏に表に工作していたから、その工作を口実に
リヒテンラーデ公に同調していた貴族は財産をボッシュート、
同調していなくても免税を反故にした。

ということにすれば、公平な税制度は守られる。ヽ(^∀^)ノ

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 20:49:57.17
>>189
制度と運用の区別くらいつけたらどうなんだ?
制度とは別に、限定付きで免責特例認めるのは運用側の都合。
「公平な制度(税制)」とは言っているが、「公平に運用する」とは言ってないw  
>>190
「腐ってる」少女かw

195 :189:2013/09/13(金) 20:59:56.05
>>194
そのつもりで書いた。
ボキャ貧で表現と頭が回っていないのは自覚している。

>>192
残念ながら、キルヒアイスが亡くなったのは帝国暦488年9月9日、なので。

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 21:04:44.13
オーベルシュタインは「花神」の村田蔵六がモデル?

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 21:12:53.12
>>162
そういや、同盟の統合作戦本部にも幕僚総監職があったけど、最高幹部の一角なのに一度も顔見せがなかったな
クブルスリーがヤンを就任させたいなあと希望したポスト

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 21:17:24.30
>188
貴族であればリップシュタット盟約に参加して当然な流れだったからね
脅迫されたメルカッツは別として、ラインハルトの才覚を知っているファーレンハイトも自主的に参加
ヒルダがいなければマリーンドルフ伯もリップシュタット盟約に参加予定だったからな

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 21:17:56.18
帝国語圏と同盟語圏の奴らは何語で話す?

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 21:47:12.88
逮捕された時点ではまだ陰謀構想中だったんだろうが
よくよく考えればあの状況からどうやってリヒテンラーデ公は金髪さんを追い落とすつもりだったんだろう。
既に反ラインハルトの連中は正規軍、貴族の私兵ともほぼ壊滅で動かせるのはそれこそ自分の私兵くらい
残ってる連中はラインハルト子飼いの連中ばかりなのに。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 21:55:14.96
そりゃ暗殺とかの陰謀でしょ
謁見の間に入ったところを逮捕拘禁から獄死とか
とにかく軍隊と提督とを切り離してどうにかするしかない
まあ義眼がいるから失敗するだろうが

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 22:03:20.24
宮中での暗殺だろ キルヒアイスと懇意にしようとしたのは
ラインハルト亡き後の軍の暴走を防ぐための保険だと思う 
あくまでもリヒテンの勝手な思い込みだけど

逆にリヒテンが生きていたらラインハルトは政治改革ができないんだから
早急に排除したかったはず 暗殺事件が起こらず帝都に帰っていたら
ラインハルトはどう動いたかな 名分を重んじたか速攻で動いたか

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 22:33:52.40
長期戦に持ち込むとすれば
金髪とリヒテン一族の娘が結婚とかあったかね。
表面上は仲良くするだろうし。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 22:42:56.21
>>200
陰謀も何も、リヒテンラーデ公は皇帝を抱えているから、
勅令なり何なりでラインハルトを簡単に追い落とせる。

ラインハルトを逮捕さえしてしまえば、生殺与奪は思いのままだ。

もっとも、「ラインハルトがリヒテンラーデの陰謀を想定済み」
というのは想定済みだから、帝都に残った貴族や官僚との間で
色々裏工作や陰謀をめぐらしているはずだ。


>>202
リヒテンラーデがラインハルトを排除することは分かりきっているから、
リヒテンラーデを追い落とす工作を行うのは間違いない。
速攻か慎重かは状況次第。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 22:46:26.30
それなら速攻しかないのでは 慎重にしていたらいつ勅令だされるかわからんし

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 22:47:35.75
>204
勅命なんて意味ないよ
従わせるだけの実力がないのに

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 22:51:25.21
小椋桂氏も「歓送の歌」を大事にしているらしく
リサイタルのアンコールの一曲目は必ずこの曲だそうです

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 23:10:13.03
>>200 206
まだ微妙なとこだね、兵の問題。リヒテンは固有の兵など持ってないけど
ラインハルト軍の中にはゴ朝のために賊軍を征伐したと思ってるのも多く
いるはず。いざ皇帝の名の下にラインハルトを討てと命令されたら宰相側
につくのもいるのでは?

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 23:13:24.73
>>206
しかし、ラインハルト軍も懸命に御璽を奪取しようとしてたからねえ、勅令なんかどうでも
いいような状況なら判子なんてもっとどうでもいいような気がするが、そうでもないような。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 23:17:46.58
>>206
武力=実力ではない。
そして、ラインハルト旗下の艦隊はラインハルトの私兵ではない。

ラインハルト指揮下の士官や兵士を、勅令一つで下らせるぐらいの
政治力がリヒテンラーデ公にあれば、いくら武力を持っていても無意味。

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 23:19:31.30
潜水艦みたいなの出て来ないの?
どっかからワープしてきて魚雷みたいなの撃ってまたワープして消えるみたいな

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 23:32:19.16
>>211
それほど精密なワープが技術的にできないものと推測。

デスラー戦法のように、小型機(じゃなくてもいいけど)を精密に敵艦近くにワープできたら、
旗艦を吹っ飛ばして即戦闘が終わる。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 23:49:40.88
>210
そんな単純な話じゃないよ
ラインハルトがリヒテンラーデ公こそ大逆者と演説したら離反する奴はほとんどいないと思う
それくらいには人心掌握してるだろう
ロイエンタールの反乱ですら脱落者がほとんど出なかったらしいからな

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/13(金) 23:56:14.52
>>210  少し違うと思う リップ戦役終結時点でラインハルトの武力は
ゴ王朝の威信と等しいか上
仮にリヒテンラーデ公がラインハルトを討てと勅令を冷酷全土に出しても
誰も従わないし実行できない その時こそゴ王朝の威信も勅令の価値も消滅する
あくまでもラインハルト一人であって、他者には十分勅令は価値がある。
だからこそ諸将はラインハルトを守るためリヒテン公を討ったと思う。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 00:12:18.12
>>209
御璽を押さえたのは本来なら皇帝の持ち物をラインハルトの私物に
するための火事場泥棒行為だよ。普通なら返却すべきものだが
当然返すことはない。

>>210
しかしリヒテンラーデ逮捕は証拠もなければ皇帝の勅令があるわけでもない
のに実行しているからリヒテンラーデがラインハルト逮捕の勅令を出せば
「君側の奸を除く」あるいは偽勅令を出してリヒテンラーデ討伐ぐらいは
するだろう。この時のラインハルトよりもはるかに弱い立場で正当性のない
ロイエンタールでも反逆して戦うことができたしな。

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 00:46:52.05
>>211
小説ちゃんと読んだか?
そこで出てなければ、出てこないんだよ

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 01:10:13.16
宮廷陰謀ってのはいかに敵対勢力を武力討伐するかよりも、いかに武力をもつ根拠を
失わせるかってところだろうね。
だから「背後から短剣で刺す」とか形容されてるわけで。

単純にラインハルトの武力統帥権を剥奪して辺境に左遷、ってだけだと当然反抗される
だろうし、第二次内戦って事になったらリヒテンラーデに勝ち目はないだろうから、陰謀を
巡らすとしたら
1.ラインハルトと麾下の提督をはじめとした軍事勢力を引きはがして武力的背景を引きはがす。
たとえば一見栄転にみえる政治的要職に就けて軍隊は別のものに引き継がせるとか。
2.そこでラインハルトの野心が潰えればよし、まだ怪しい動きをしてれば左遷するなり暗殺したりする。
という段階を踏むのかな。

かなりリヒテンラーデに都合のいいシナリオだろうけど、それを実現するのが陰謀力って事で。
すくなくともラインハルトが軍事を握ってる間に単純に排除しようとしても無理だから、段階を
踏まないといけないはず。

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 01:23:16.59
リヒテンラーデはゴ朝の中での権力闘争だと考えているから
ゴ朝それ自体をひっくり返そうとするラインハルトとは根本的なズレがある
ラインハルトが何を考えているにせよ皇帝を抑えておけば大丈夫と思っていても不思議ではない

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 02:00:56.97
>>218
あー、それはあるだろうね。
戦おうとしていた土俵自体が違っていた感じ。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 02:57:44.77
キルヒアイスが死なずに普通にリップシュタット戦役が終了したとしたら、リヒテンラーデ公の勝機のひとつはオーディン帰還直後、皇帝へのラインハルトの先勝報告の時か、読者としてのメタ視点からすれば。
この時ばかりは麾下の艦隊戦力と離れており、陛下の御前として「ローエングラム元帥の警備兵」も排除できる。式典は後日としておけば取り巻きの諸提督すら排除できる。
こうすれば宮廷近衛兵一個小隊で事は足りる。拘束する必要もなく即銃殺し、
元帥が先勝報告と称して皇帝に拝謁し皇帝弑逆を謀ったため大逆の現行犯として処刑と布告すればいい。

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 03:37:20.59
>>217
確かにリヒテンラーデ公の作戦は都合のいいシナリオだけど、
それを実行可能にするために帝都に残留している貴族や閣僚や
高級官僚にいろいろ工作している。(と、ヒルダがラインハルトに報告)
リヒテンラーデ公は皇帝と文官を押さえており、陰謀家としての能力も
高いから、ラインハルトに対し十分対抗できるのでは?

>>218-219
ただ、リヒテンラーデ公はフリードリヒ4世とのやり取りで、
ラインハルトが簒奪の意志があり、それを実行する可能性が
高いことを知っている。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 03:43:18.44
>>218
それでFAだよね
ぶっちゃけキルヒアイスが死ななくてもラインハルトの暗殺未遂でっち上げてそのままオーディン落としても誰も文句言えないし
なんせ皇帝の威光と権力を守る貴族層は完膚なきまでにつぶされて軍権はラインハルトが持ってる
おまけに最初から盤面ひっくり返すことが目的だからもうほぼリヒ店詰んでるw

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 06:45:02.99
>>220
ブチ切れた双璧とキルヒーが速攻でリヒテンラーぶっ殺して、あとはどうなるかな。
帝国宰相としてキルヒーが取って代わるだろうな。
臣下で十分と考えてても、亡きラインハルトの意思を継いで皇帝に、とか言われたら、消極的ながら行動に移すかもしれん

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 07:17:52.81
>>222
そう考えるとリッテンも気の毒だな。自己の権力欲もむろんあったろうけどゴ朝
を守ろうと、門閥貴族の専横を防ぐために危険な飼い犬を飼ったのにねえ。後で
ほぼ間違いなく自分もかみ殺される運命とは。
誰かが言ってたように皇帝の死去とともに引退して自分の領地にでも逼塞してれ
ば余生は送れたものを、何より1族も安泰だったろうに。

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 07:20:27.44
リッテンではなくリヒテンだな、ややこしい。

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 07:37:49.65
リヒテンラーデがブラ公が言ってたように、わしゃ知らねって引退しちゃうとラインハルト
は伯爵、艦隊副司令長官のままだよな。でブラ公らの娘のうちどっちかが帝位につくわけか
あるいは、帝位をめぐってブラ公とリッテン侯が内戦始めるかな、その場合リッテンと組ん
だようにどっちかにつくのか?傍観するだけなのか?どうするんだろね?またその内戦中、
帝国の実権は誰も持ってないことになるけどどうすんのかな?勅命なんかも出ようがないが。
形としてはブラ公の娘が帝位について、それに対してリッテンが賊軍となってはむかうのかな?

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 08:34:05.02
門閥貴族がごときゴールデンバウム王朝500年の膿は、どのみち滅びる運命さ

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 09:18:48.03
>>224
まあ貴族の中では比較的まともな人ではあった
「平民にも減税やらで飴なめさせんとダメ、締め付けるだけじゃ統治はできん」とか言ってるし。
ブランシュヴァイクやリッテンハイムが馬鹿すぎたから相対的に有能に見えるのかもしれんが。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 09:25:56.90
ゴ朝の忠臣という視点で見たら立派な人と言えるだろうね
ロ朝視点の物語だから悪役になるしかなかったけど

たらればになるが(おそらく本質的には有能な)フリードリヒ四世にやる気あって
政治をリヒテンラーデ、軍事をメルカッツがまとめていたらゴ朝滅亡は先送りされたかもね

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 09:50:37.81
妊娠の噂を立てられたベーネミュンデのもとに自分で赴くなど宮廷のゴシップ処理に関わるように
リヒテンラーデの本領は宮廷遊泳術にあると思うがね。

>>226
リップシュタット戦役は帝位継承から外された貴族層とその影響を排除したい帝国官僚
の争いだから戦争に至ったがブラウンシュバイクとリッテンハイムの貴族間の争いだと
結局その与党だけの私闘になるだろうから大規模なものにはならないだろう。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 09:50:56.15
帝国の治安機構がいまいちわからない。
警察組織がなくて憲兵隊が担当していたのかな?

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 10:05:32.09
内務省に社会秩序維持局や警察総局とかもあるよ 

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 10:44:35.89
旧帝国時代は外伝やらで刑事警察もちょい出てくるが
新帝国になってから地球教の相手してるのが憲兵隊だけだしね。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 10:51:45.52
まぁ 軍人皇帝なんだから警察より憲兵の方を信頼するな
ラングなんてすぐさま期待を裏切ってくれたし
ラング亡き後内国安全保障局はどうなるかな また名称変更かな

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 11:29:55.54
市民は帝国と同盟の事どう思ってるんだろうな?

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 11:42:31.50
>>234
解体だろうな
局長があんな不祥事しでかしたんだし元々改革派からは目の敵にされてたし

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 11:45:46.15
>>235
同盟に対してなら帝国領侵攻、その後の幼帝亡命とかでどんどん敵意を植え付けられていったじゃ
ありませんか。銀河正統政府とやらが出来たときは、それを助ける同盟を打倒しろと軍に入隊希望者殺到でござ
います。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 11:49:18.60
>>236
結局なんかの役に立ったんだっけ?フェザーンのテロ犯人検挙も局長とルビンスキー
の陰謀だし、はて? 書かれてないとこで反動分子の検挙とかやってたのかな?

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 12:13:38.98
この世界の戦いは船一隻が兵隊一人って具合の扱いだけどあれどうにかならなかったのかな

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 13:09:35.17
フランス語とかドイツ語という言語は存在しているのか?

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 13:45:19.38
ドイツ語は、少なくとも単語や言い回し、歌などは帝国公用語の中に生きてるな。

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 14:00:36.28
今更の話題なんだろうが、アレクサンドロス大王ってラインハルトのモデルの一人なのかな?
偉大な覇王であることは言うに及ばず、無二の親友を志半ばで失ったり最後は病魔にやられたり

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 14:27:05.44
>>241
同盟の星系名とか艦名とかを見ると、神話なんかは受け継がれてる様子だね。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 14:28:59.51
>>224
ゴ朝を守ろうとして一番危険な奴に実権与えちゃうとか切ないなw
ブラリッテン間の利害を調整して恩を売り権力機構に残って影響力の一部を残すってのが彼にとって一番だったのかもな
勿論ラインハルトの軍権取り上げて強引でも配下の提督共々処刑するってのが前提で
もしくは完全に引退しちゃうか
>>242
リヒテン「だましたぁぁぁぁ!ry」

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 14:44:52.05
>>211
あのやりとりは単に皇帝を諌めるように大げさに言っただけで本人にはほとんどそんな意識はないよ
本気でやばいと思ってたなら皇帝死後ラインハルトと組むなんてまずありえないし

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 14:46:02.87
>>244
門閥貴族たちは「リヒテンは皇帝崩御で引退」と考えていたようだから
金髪と組まなかったらまずリヒテン排除、話はそれからとなっただけでは。

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 15:01:20.34
>>246
それこそリヒテンの政治力の見せ所なんじゃね
可能性は低くても内乱勝利後のラインハルトと対峙するより遥かにマシだとおもう
少なくともゴ朝内での宮廷闘争って前提でみんな動いてくれる

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 16:25:35.48
結局リヒテンは固有の武力も財力も他の門閥貴族の支持もなかった
過去の権力闘争のつけが回ってきたんだろうな
あくまでも皇帝の支持があって政治力を見せていたという歪な
帝国の権力構造せいか
皇帝が死んだ時、権力にしがみ付こうとしたからラインハルトと
手を組んでしまった
権力を失えば、次の皇帝に粛清される恐怖心もあったんだろうよ

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 16:31:07.31
>>236
しかし程度の差こそあれああいう秘密警察みたいなもんがないと専制国家って統治できないんじゃね
同盟やフェザーン市民まで統治下にあるんだし

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 16:56:32.38
>>249
たぶん似たような機関は再建されると思う。
ただ権限を複数の機関に分割するような
第二のラングを出さないような工夫はされるだろう。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 18:09:53.48
>>202
>逆にリヒテンが生きていたらラインハルトは政治改革ができないんだから
そんな理由はいらない。それ以前に、どっちも貴族連合に対抗するための方便と割り切った
関係だから、貴族相手勝った瞬間から相手をどう始末し、権力を独占する動き出さなければ
いけないだけ。貴族連合相手の戦いがメインになっているから目立たないが、分かち合えな
い物を取り合っている間柄なんだぜ?

>ラインハルトはどう動いたかな 名分を重んじたか速攻で動いたか
事後にオーベルシュタインを形だけでも叱責したり、落ち度のあるなしを気にしたりしてた様子
がないから、すべて予定通りの行動で、やるべきことを完璧にやったてことじゃないかな?
リヒテンラーデに被せる罪に、キルヒアイス暗殺主犯はなかったろうけど。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 18:18:18.99
>>206
戦争やって討つ必要はない。
宮廷内で、警備兵使う程度なら、「武力」と言うほどのものはいらない。ラインハルトと提督連中
だけにして、囲んでしまえば済む。
仮にも門閥貴族一角なんだし、その程度の兵力は抱えているだろう。
それで逃げられたら、戦争になって勝ち目ないからいろいろ仕込んでくるだろうし。後方で貴族
の連中で間でやっていたのも、その類の工作だろうさ。
極論、アンネローゼ一人押えるだけでもラインハルトを無力化できる。それに武力は要らないな。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 18:23:45.57
>>213
>ラインハルトがリヒテンラーデ公こそ大逆者と演説したら離反する奴はほとんどいないと思う
そんなことさせないよう、宮廷という密室内で済ますに決っているだろう。
なんで、わざわざ無理ゲーにしたがるんだ?
勝つためには極力温ゲーにするために戦略や策謀を積み上げるわけでな。そこんところを
理解してないって、この作品自体をまったく理解してないってことじゃないか……┐(´∀`)┌ヤレヤレ

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 18:31:19.15
>>252
机上の空論w
凱旋と同時にラインハルトがオーディン落とせばそれで終るんだから勝ち目は0だよ
アンネローゼだって直属の守備兵が守ってるだろうし手を出せばそれが武力排除の口実になるくらいリヒもわかってるよ

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 18:33:49.89
>>253
ラインハルトが何で相手の有利な土俵でわざわざ戦う必要があるのよ
リヒテンラーデのゲームに付き合う付き合う必要なんてないんだよ

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 18:52:46.44
相手を陥れようと、にこやかに笑いながら相対しているのを互いに
理解しているんだから隙はみせないだろう
警備兵を利用したりアンネローゼを押さえようとしたら、それを理由に
ラインハルトが反撃するだろう
この時点で、リヒテンの強みは権力者としての正当性 暗殺という動きを
みせただけで、自分が排除されるのもわかっている。
そしてラインハルトも、権力を合理的に正当に受け継ぐためは理由なく
リヒテンを排除できない
キルヒ暗殺さえ無ければ、しばらくは狐と狸のにらみ合いが続いただろうな
しばらくは

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 19:06:07.84
>>256
内乱で混乱中のうちにさっさっと片付けた方がいいと思う
時間置くと宮廷闘争を土俵にしている古狸がなにやらかすかわからないし
貴族片付けた時点でお互い用済みになってるから仕掛けるなら早い方が

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 19:10:41.75
それにしても、リヒテンラーデへの処分は旧帝国法に基づかざるを得ないが、10才以上の男児はすべて死刑って、どうやって辻褄合わせたんだろうな
容疑はあくまで「ローエングラム元帥殺人未遂及びキルヒアイス上級大将殺害」だろ?
それでいて一族処刑って大逆罪なみやん

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 19:13:18.62
辻褄?既に実質的な支配者なんだから「10才以上の男児はすべて死刑」と
言ったら、それで辻褄もクソもない、そう決まるってだけの話だが?

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 19:15:38.86
キルヒアイスが死んで乱心モードだった、とか言う説もあったな

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 19:16:54.78
>>257
ただし、仕掛けがわずかでも露見したら即アウトになる。
シリウスのラグラングループの内ゲバで似たようなケースがある。

結局にらみ合いになる可能性は少なくはない。

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 19:38:13.80
>>257  そりゃ邪魔な相手は早く片付けたいと思うよ お互いにね

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 19:43:33.20
>>258
どうとでもなるよ
だってそれが独裁者だもんw

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 19:52:37.92
連座制が当たり前の世界なんだしな 流血帝だったかな 例外とはいえ残虐な処刑も
平気で行われていたし

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 19:55:52.52
>>255
だから、それはリヒテンラーデもおなじだろ?
お互い自分の土俵で勝負しようと考えるわけだ。それこそどんな手を使ってもな。ラインハルト
のオーディン急襲はそれだけの話。
それをやられたら、リヒは詰むって策をやられた以上、そこからの逆転は無理だし、それを
させないような工作が間に合わなかった時点で負けていた。
しがし、それとリヒ側が取り得たラインハルト抹殺計画はどんなのかは前提からまったく別の話
だよ。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:00:58.16
>>220
リヒテンラーデ公には必勝の策があったんだよ。
それは、キルヒアイス暗殺作戦!
事前の調査で、キルヒアイスはラインハルトにとって半身に等しい重要な存在だと分かっていた。
キルヒアイスを暗殺すれば、ラインハルトは精神崩壊し、その部下たちは右往左往する。
あくまで一時的だが、リヒテンラーデ公にとっては、それで充分。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:01:40.78
>>256
なぜ、ラインハルトがオーディンにいるかのような前提なのだろう?
なぜ、何日も掛かるかのような前提なのだろう?
ガイエにいる間、帰ってくる前に済ませば終わりやん。ラインハルトは宇宙縮地でも使えるかw

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:03:55.32
>>265
本編の場合キルヒアイス殺害を口実にできたが、オーディン急襲という手段は
相応の根拠を作らない限り、オーディンを攻めた大逆賊という形になるぞ。

リヒテンラーデは排除できるかも知れんが、ラインハルトも他の貴族などの手で
遅かれ早かれ排除されてしまう。
なんせ、正統性の無い天下の大逆賊だから。

だから、その辺をクリアにしつつリヒテンラーデを排除すべく、オーベルシュタインを
中心に陰謀を画策中だった。
オーベルシュタインの頭の中では、キルヒアイス殺害はまたとない好機。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:16:14.92
>>268
それはラインハルト以外の大勢力が残っている場合の話
もうそんな実力者はいないんだよ
そもそも最初からゴ朝ひっくり返すのが目的なんだから外野が何言っても実力で黙らせるだけ出し現にそうしてる
仮にキルヒが死ななくても自作自演でラインハルト暗殺未遂でっちあげれば済む話
ガイエス落としたらブラ公とリヒテン通謀の証拠が出てきたとかでも何でも良い
批判が嫌なら皇帝ではなく皇帝の側の奸臣を討つで名分は足りる
それに誰も文句付けられない状況なんだぜ

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:20:29.30
そもそもの所、ラインハルトが旧帝国倒した時点で
ハイネセンに自治権認めさせることは出来ないか
今まで、同盟軍を敵として昇進してきた帝国軍諸将だもんな
ヤンもラインハルトも打倒!ルドルフだったのにな

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:23:13.56
同盟は打倒帝国だろ

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:25:35.42
>>265
だからそれをどうやって実現するんだよって話をしてるんじゃないかw
敵対してる相手をどんな手段で自分のフィールドに引き込むのよ
それがほぼ無理だから無理ゲーって言われてるんだろ?
妄想で勝ちの可能性論じられても困るし実現困難な作戦積み上げてヌルゲーにするとか無理だってw

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:29:37.60
>>270
同盟政府「お断りします」

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:29:57.57
そしてラインハルトは半身を失った以上、立ち止まるわけにはいかないのであった

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:38:07.57
>>269
ラインハルト以外に大勢力は残っているぞ。
それは、文官を中心とした官僚機構。

ラインハルトは三長官兼任として軍務尚書の地位を握っているが、
リヒテンラーデ公は他の大臣を全て押さえている。
人事権や軍の予算とかも全て握られているから、リヒテンラーデ公の
方から実力で黙らせることは十分可能だった。

# もっとも、新無憂宮を極低周波爆弾で吹っ飛ばすなら話は別だけどw

ラインハルトが絶対権力を握ったのは、リップシュタット戦役が終わって
帝国宰相を兼務して、人事権その他をたてに文官を含めた全てを完全に
掌握してからだ。

それに、奸臣を討つというけど、第三者から見れば明らかに
ラインハルトの方が奸臣に見える。
そういう状態で権力を握っても暗殺につぐ暗殺となり、
結局三日天下になる。


それに、ロイエンタールが「あれは互角の戦いだった。一歩間違えれば
犠牲の羊になったのは我々の方だ。」と述懐している。


忘れてはならないのは、ラインハルトは皇帝や門閥貴族共を排除して
宇宙を征服したいのであって、帝国を業火で焼き尽くす破壊者じゃないぞ。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:43:16.33
>>263
やりすぎだろうと擁護するのが出てきかねない
リッテンやブラ公一族は別だろうけど

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 20:46:04.07
>>275
―老人は皇帝と玉璽を握っている。一片の紙切れでラインハルトの地位を合法的に奪うことも可能なのだ。

―次の戦場は宮廷へと移り、武器はビーム砲から陰謀に変わるだろう。

2巻 第8章 黄金樹は倒れた

ラインハルトが武力でどうにでもなる、とは考えてなかったのだけは確実だよね

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:02:22.12
>>275
ん?ラインハルトが実力でリヒテンラーデ排除した後文官を中心とした官僚機構がラインハルトを排除できるの?
キルヒアイス死亡とかラインハルト暗殺未遂をリヒテンに擦り付けて反乱実行した後も三日天下にならなかったのに?

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:15:03.84
>>276
擁護する奴でてきたっけ?
厳しいなくらい感想持った奴はいたような気がするけど

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:17:46.85
それは結果論では リヒテンラーデ公を理由なく強制的に排除した場合
文官を中心として反発され行政が停滞しないか 民衆に同情論が生まれないか 
ラインハルトが推察しなかったとは思えないけど

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:19:47.35
>272
>210から話がはじまってるのだから、勅令さえ出せばラインハルトは簡単に単身呼び出せるし
配下の提督や部下はラインハルトの私兵じゃないから抵抗しない前提なんだろ
つまり、話が最初から噛みあってないw

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:24:36.45
>>277
武力でどうにでもなるよ
但し、効率悪いし関係ない人々を混乱に巻き込むだけだから
禅譲という形をとるのがよりベターだったというだけ

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:31:59.03
>>277
オーディンに蜂起用の部隊がいないし元々反乱する気はなかったんだろうなw
ただあのまま普通に帰って切り札の皇帝と玉璽持ってる相手とどうやりあうつもりだったんだろうな
素直に命令に従うなら負けだし従わないなら結局クーデターになっちゃうし

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:33:23.30
>>279
リヒテンはバカ当主2人と違って、民衆からの支持がそこそこあったんじゃないか?

男は10歳以上全員死刑って極端なやり方は、同情するのが出て来てもおかしくはない

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:43:32.82
別に同情する奴が出てきても、文官がガッツ出そうと構わんが、今まで
何度も何度も、何度も言ってきた事だが、

それで銀河英雄伝説がもっと面白くなるんだろうな?

いい加減、無意味な「リアリティもどき」で物語の質を落とすような馬鹿は
やめろ。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:49:38.35
リップシュタット戦役直後のラインハルトの息の掛かってない組織
官僚(文官)、近衛兵、皇宮警察、憲兵隊、エーレンベルグ、シュタインホフの直属の部下
秘密警察(後の内国安全保障局)
ラインハルトと部下を引き離す場があったら暗殺ないし拘禁は可能と思う
そのような機会はいくつも作れるだろうけどオーベルが事前に察知するだろう

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 21:58:00.03
>>284
流石に宮廷の権力闘争に民衆がどうこうはないしょ
その後の統治が良ければどうでもよくなるんじゃね
元々ラインハルトって民衆に人気あったんだし

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 22:01:46.24
>>286
別にオーベルも万能じゃないしなぁ

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 22:03:24.24
この話は帝国も同盟も市民は馬鹿しかいない前提だよ
ヤンが市民が臣民になるのに耐えられないと上から目線で語るくらいだからな
つまり、ヤンは民衆は馬鹿ばかりだと思っていたわけだ

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 22:09:58.77
>>285
が必死にならなくても
元々政治小説としての銀英の質はまじめに低いから

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 22:15:45.22
政治小説?そこまで頭のネジが緩んでたら、むしろ現実の自分に絶望して
売れに売れた娯楽作品にピントはすれなイチャモンをつけるという行動が
納得できる。だが、行動の動機には納得できても、行動の結果に同調する
人間はいないぞ。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 22:16:06.96
なんか嫌な流れになってきたなあ…

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 22:42:33.70
この流れが終わったら呼んで下さいね。。。

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 22:57:31.43
>>289
バカな民衆はヤン自身も含まれているんだよな。

ヤンは、もし自分の責任や地位がもう少し小さければ、
周囲に流されていただろうと救国軍事クーデターのとき述懐している。

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 22:59:43.90
ラインハルトは敵になっても生理的に嫌なことしなきゃ許しそうな気がする。暗殺しようとしてたぜ!って公言してるフェルナーが生きてるんだから。
うっかりリプシュタットに参加しちゃったけど有能ならファーレンハイトさん経由で復帰してるとかありそう

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 23:00:58.16
この自己レス並みの速さはなんなの

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 23:29:35.75
>>296
そげんこついうけん止まってもうたやんねw

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/14(土) 23:41:49.09
>>283
実際にやったのはクーデターだけどな。それでいいのだよ。
リップシュタットの内戦をするために同盟でクーデターを起こさせた
ようにリヒテンラーデも含めて内戦は短期で終息させなければならない。
筆頭参謀が「皇帝が死にました」と平然と言える集団では宮廷の権威
にも靡かんよ。(そもそもそんな価値観なら貴族連合につくだろう。)

簒奪を企む人間がどうしてクーデターや粛清をためらう必要があるのか。

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 00:46:36.87
>>224
一族の事を1族って書くのは斬新すぎて、けっこう時間たっても違和感が消えない

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 02:58:00.69
いちぞくで変換しても1族にならないのねん。一族になるのねん。

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 04:37:10.36
バーラト星系は帝国の進歩に追いつけずやがて地球の様に打ち捨てられた存在になるのだろうな
同盟時代も資源は他の星系に頼っていたのだろう
帝国軍の駐屯地のウルヴァシーが案外旧同盟領の中心地になったりして

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 07:06:01.68
>>272
君が無理と決めついているだけじゃないのか?
本編ではラインハルト側からしか描いてないし、そうなるよう補正かけられているから、リヒテン
逆転ルートはなさそうに見えるだけだろ。「そうなった歴史に沿って、再現ストーリー」作れば
偏りまくりで、すべてが必然に見え、他があり得なく思えるのは当たり前。節穴とも言うが。
ラインハルトとリヒテンは、いずれ決裂することを分かった上での連合で、リヒテンの方が宮廷
内工作にはずっと長けている。本編イメージどおりの人物ならば、内戦勃発前、ラインハルトが
伯爵家貰った辺りからからラインハルト追い落としの種を撒くくらいのこと、むしろやってて当然
―そういう要素をまったく削っているから無理ゲーに見えるんだって。

まあ、作中の扱いとは逆に、謀略とは無縁の清廉、忠義の人物で(本人はその気はないが、
周囲が勝手に思ってた)、丸っきりラインハルトを信じていたとかなら、本編どおり為すすべなく
やられるしか道はなかったろうね。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 07:55:44.74
>>302
そういやアムリッツァのときにすでに、ゲルラッハ財務尚書と共に
ラインハルトの追い落としの画策を始めていたな。

キルヒアイスの厚遇もその一環だな。
逆効果だけどww

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 08:18:24.49
ヤンとラインハルトの年齢が気になります

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 09:06:50.26
>>304
ヤン・ウェンリー: 宇宙暦767年生まれ、-1554才(西暦2013年現在)
ラインハルト・フォン・ミューゼル:宇宙暦776年生まれ、-1563才(西暦2013年現在)

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 09:08:27.03
>>302
皇帝の権威が有効なら貴族連合など元々成立しない。
リヒテンラーデ個人にせよ官僚トップという立場にせよ過大評価だろ。

以前のフォークをやたら持ち上げた人間同様ラインハルトがのこのこ
帰ってくるとかありえない前提を出すから突っ込まれまくることになる。
他人が節穴に見える人が自分にだけ見える妄想を開陳されても
誰も首肯しないだろう。

>>303
結局は宮廷を守るための勢力均衡が目的だったのだろう。
リヒテンラーデ生存の可能性は貴族連合との間の妥協が成立した
時ぐらいだろう。それでも苦境が続くことに変わりはないが。

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 10:15:36.41
>>306
卿こそラインハルトを過大評価しているのではないか?

ブラ公もリッテンが貴族連合を作れたのは、両者とも皇帝を操れるほどの
実力者(笑)だからで、別に皇帝の権威が損なわれているからではない。

皇帝自身の権威は、幼帝エルウィン・ヨーゼフ2世の即位により若干衰えて
しまったが、周囲から見て打倒可能なほどは弱体化していない。
リヒテンラーデ公やブラ公もリッテンは、皇帝を操れるほどの強大な門閥貴族だ。
ラインハルトにはそれがない。
成り上がり者の貴族で、武力こそあるが政治権力は軍事部門に限られているからだ。

ラインハルト自身>>227で述べているように陰謀が待っているから、のこのこ帰るとは
思えないが、ラインハルトが帰らなくても失脚させることは可能だ。
例えは、宇宙艦隊司令長官職を解任し、後釜がラインハルト艦隊の解散を命じれば、
ラインハルトはガイエスブルクで丸腰になって孤立し、彼の野望はそこで終了だ。

他にもラインハルトを失脚させる方法はいくつか思いつくが、これでラインハルトの
立場がいかに脆いものかわかるだろう。
ロイエンタールが述懐したように「あれは互角の戦いだった」のだ。


あと、>>303の言うリヒテンラーデ侯のラインハルト追い落とし工作は、
勢力均衡が目的じゃないぞ。
フリードリヒ4世が生きている間は、皇帝の権威や支持を背景にリヒテンラーデ侯の
権力はほぼ磐石で、ブラ公もリッテンも表立って行動を起こせない。
よって、同盟と称する叛徒どもに打撃を与えればラインハルトは用済み。

フリードリヒ4世が死んでしまったから、ラインハルトが必要になってしまったけど。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 13:07:05.47
フリードリヒが生きていたら
ラインハルトは正面からクーデター起こして
皇帝と取り巻き連中をぶっ殺してたろうな

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 13:40:00.28
>>307
その仮定だとミュッケンベルガー元帥が怖いな。元々の司令長官で軍歴も長く特別な失策があったわけでもない。次男だか三男だかで自分の門地はないけど生粋の帝国貴族。
戦場でラインハルト艦隊を孤立させようとするなど、謀略も使える。アニメでの勇退劇と違って原作小説ではフェードアウト状態なだけだから「皇帝陛下(帝国)の御為」として物語的に再登場もさせやすい。
ラインハルトが戦勝報告に参内したところを近衛兵で取り囲み弑逆未遂で即銃殺、後任はミュッケンとすればよい。

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 13:42:28.82
リヒテンラーデ側によるラインハルト暗殺及び拘禁の可能性はあったよ
大体可能性ゼロならば工作なんてせずにさっさと引退しているだろうが
アホがこのスレにいるな

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 13:44:20.51
>>308
正面からのガチ簒奪は幼帝相手の道義的問題とかがないから本気で殺しにいけるし、ラインハルトもキルヒアイスも燃えたろうな
でも、「これで永久に俺に復讐できなくなったな。宇宙はおまえのものだ。ざまあ」みたいな遺書を残して自殺しそうな気もする

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 15:14:15.40
>>311
ただそこまでやれるくらいの勢力を真っ当に持とうとしたら
金髪の寿命が来てしまう可能性が…

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 15:16:48.36
アンネローゼの「どうせ逃げても貧窮の身で生き延びられるはず無いでしょう。皇帝の衣で死になさい」
の説得で覚醒したフリードリヒに金髪坊やが返り討ち。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 15:50:52.18
>>312
赤毛が生きていればまだなんとかなるだろう

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 15:55:35.21
>>307
>例えは、宇宙艦隊司令長官職を解任し、後釜がラインハルト艦隊の解散を命じれば、
>ラインハルトはガイエスブルクで丸腰になって孤立し、彼の野望はそこで終了だ。
終るわけねーだろw
そこまで忠実な皆さんならキルヒが死んでも叛乱おこさないだろw
なんか違うものでも読んでるのかねこの人

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 16:10:56.49
>>315
まだこの時点では賊軍を征伐しに行ったラインハルト軍の将兵は全員がラインハルト
の私兵ってほどは崇拝してないから307の言ってることにも可能性あるし、なにより
そう小説に書かれてるじゃないか。277とかで既出だが。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 16:33:00.86
>>316
その命令を下せるってだけでその命令に黙って従うかどうかまではかかれてないよw
実力あっての権威で権威あっての実力じゃない

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 16:45:58.17
互角とあった前提を無視しているのはお前だw

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 16:46:01.25
>>316
ガイエ落とした時点じゃ無理筋でしょ
あの時点じゃ圧勝した軍の大将だし元々平民主体の構成で貴族軍フルボッコしてるんだし
逆にラインハルト陣営に煽られて憎き大貴族の宰相閣下を討つ為に盛り上がりそう
その手の勅命はラインハルトと軍を切り離した状態で出さないと効果ないんじゃない?
オーディンに20個艦隊くらいが控えているとかならまだしも

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 16:49:00.06
>>318
対等の権力闘争って意味であって
実力が互角なわけじゃねーだろw

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 16:58:24.23
あの台詞も言い訳みたいなもんだしな
弱者を弾圧したんじゃなくてお互いやる気満々だったしみたいなニュアンスで
盤面で指し合いやるならリヒテンラーデにも勝機あったけど
相手が盤面ひっくり返してくるまでは想像できなかったんだろうね

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 17:08:45.31
>>320
だから有利な土俵を設定する必要があるんだろうに。
すなわちラインハルトの権力基盤である艦隊戦力と引き離した場所(宮廷内)での謀殺というプランがでるんじゃないか。

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 17:24:24.05
>>315,319
キルヒが死んでいないことを前提に話を進めるが・・・

ロイエンタール・ミッターマイヤー等、ラインハルト幕下の提督が
言うことを聞かなければ、彼らを解任して、分艦隊司令以下を
引き離してしまえばいい。

ガイエで孤立するのは彼らの方だ。

平民が反抗したのは門閥貴族のバカ息子であって、帝国政府ではない。
リヒテンラーデが「紙切れ」でラインハルトから宇宙艦隊司令長官職を奪い
それに後釜を据えれば、その後釜が出す命令が【正当】なものだ。
それに逆らうものは反乱者となる。命令に従わないものはまず居ない。
少なくとも分艦隊司令がラインハルトから離脱すれば、その部下も一緒に離脱する。

ラインハルトを一般兵士が次の皇帝であると見なされるようになったのは、
ラグナロック作戦でフェザーンを制覇し、その大地に立ってからだ。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 17:36:08.43
>>323
双壁はそれ以前に特別な盟約みたいなの交わしてたし、オーベルは最初からその気だから除外
だろうけど、他の将兵はまあ勅命の方に従うよねえ。それに逆らって宰相を討つってのに賛同
させるのには、やはりキルヒアイス暗殺の容疑とかで将兵を煽るしかないね。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 18:00:43.78
勅命で賊軍を討った司令官を、正当な理由なく解任命令を出して誰がしたがうんだ?
将も兵士も、何千光年も先の宰相が出す「紙切れ」よりも自分達に勝利させた現場の
司令官の「命令」に従うよ 
遠征中の軍隊というのは巨大な集団なんだ ローマの元老院がシーザーを恐れたか
フランス革命政権が遠征中のナポレオン恐れたか解らないか

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 18:19:10.80
トルーマンの命令に従わずマッカーサーの命令マンセー
進駐軍てことですね
理解できませんね

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 18:32:28.10
近代〜現代の日本ユーロの法治国家じゃないもんね
古代中国や中世プロシアな帝国と同盟だから
現代の感覚からすれば総スカンなお国柄

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 18:33:47.58
ラインハルトは戦役時軍務の最高権力者ではあったが国権の最高権力者ではなかった。
キルヒアイスが死んだため急遽オーディン襲撃を行ったがそれまではオーベルシュタインを先にオーディンに帰し宮廷謀略に対させる腹積もりであった(小説に記載あり)。
つまり戦後直後の軍事クーデターを行う予定はなく、ある程度の期間が必要だと考えていた訳だ。

結果的にオーディン襲撃を敢行した際も国璽を奪取したのはラインハルト(陣営)が国権の最高権力者ではない、つまり極端に言えば自分達が逆賊認定を受けたら逆らいようがないことを彼ら自身が知っていたということを示す傍証になる。

よって赤毛が死なず、戦後直後にクーデターを起こす予定のないラインハルトを謀殺するのは宮廷内式典で艦隊戦力を引き離した時がもっとも都合がよい。
この時点でラインハルトが死ぬと赤毛が一番ラインハルトに近いとはいえ完全な信仰を(兵士からも他提督からも)得ていない以上、泥沼の権力争いになるは必定で、その時強いのは国璽と皇帝陛下を擁し他の門閥貴族という敵のいないリヒテンラーデ公にほかならない。

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 18:34:41.60
在日米軍+警察予備隊vs本土米軍による第二次太平洋戦争とかそれはそれで燃える

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 18:39:34.57
オーベルシュタインがラングがルビンスキーと絡んでること直ぐに告白してれば、
ロイエンタールが反逆せずとも済んだんじゃないか?何で、そうしなかった?

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 18:50:45.25
ロイエンタールよりラングのが御しやすいからじゃね?

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 18:53:43.06
>330
オーベルシュタインはロイエンタールを陥れる為にラングを放置してたんだぞ
余計な事を言って反乱を未然に防ごうとするわけがない

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 18:57:41.08
ロイエンタールの反乱ですらほとんどの兵が従ったんだから
ラインハルトがリヒテンラーデやゴl朝に反逆しても多くの兵が従いそうだが

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 19:05:55.47
兵士がロイエンタールに従ったのは君側の奸(この場合はオーベル)を討つためと説明していたからだ。信仰先の皇帝に弓引くわけではないから従うわな。それでもルッツの義兄みたいに従わない奴がいた。
戦役時ラインハルトは信仰を得ようとはしていたが完全ではなく、しかも逆賊認定した貴族を完膚なきまでに叩きのめしている。自分達が逆賊認定されたとき、今度は自分達が討伐される側であると兵士が認識したとき、ラインハルトに従う義理を兵士が感じるだろうかね?

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 19:06:41.35
>>325
ちょっとレスが伸びて前提条件がぼやけているみたい、なので。

>>306 あたりで、ラインハルトが(罠と知りながら)のこのこ帝都に帰ってくるわけねーじゃん。
という意見があって、それに対してオーディンに帰らなくてもラインハルトを
排除できる。ということで話を進めてきた。

そこでまず、前提条件としてラインハルトがオーディンに帰らなければどうなるかを考えてみる。

陰謀云々を抜きにすれば、普通、賊軍討伐の後は戦後処理の後、帝都オーディンに
凱旋し皇帝に勝利報告をするはずだ。
よって、ラインハルトが帝都に帰還するのは確定している。

つまり、帰国を渋っている素振りに見えたら、ラインハルトが何らかの腹意を持っている
と考えるのが当然で、リヒテンラーデはラインハルトに反逆の意志ありとして
正当的に解任、討伐できる。
リヒテンラーデのその行為は客観的に見ても正しく見えるだろう。


>>330
ルビンスキーを泳がせて反帝国勢力を一網打尽にするつもりだったのだろう。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 19:09:32.57
簒奪者から簒奪せよ!

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 19:30:09.26
簒奪された国璽と帝位を奪還せよ!

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 19:42:29.20
ミッタマが低周波ミサイルをオーディンの
ノイエサンスーシと官公庁に撃ち込めばよかったのに

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 19:42:54.69
リップシュタット戦役終了時にラインハルト側が帝国の全権を掌握してなかったから
国璽を奪ったり軍務尚書や統帥本部長、帝国宰相を拘禁したという
基本を全然判ってねえ奴がいるな

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:17:45.71
ハンコの確保
宰相や御偉方の拘束なんざ
それこそ、ラインハルトの嫌いな形式でしょ?
オーディン占領とゴ朝政権無期限停止
を宣言して帝国を支配するのが最も早く犠牲が少ない
結果として皇帝になるための手段を変えれば
時間短縮できたわけだが、そこに時間をかけて同志を大量に失ったが・・・
その責任ないんか?
都合よく形式に従い、都合よく形式に従わないラインハルトの悪い癖

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:23:23.04
>>339
尚書や統帥本部長を拘禁したのは戦役勃発時だよ。俺は今だにあれはどういう
根拠、目的でやったのか理解できない。すでに宰相に全権委任されたようなも
んだから地位が必要なら、それこそ宰相が人事行えばいいだけのような??

国璽とかはそのとうりだね。325はそう思ってないようだが何の理由もなく勅令
出してる宰相討とうとは普通の将兵は思わないでしょ。(故にキルヒ暗殺を司
令官暗殺未遂に拡大解釈して理由作ったのに)
にしたわけで)

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:23:28.31
某SFアニメでは敵同士は仲良くなったぞ。

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:29:57.14
>>342
某SFアニメではララァという存在が仲良くさせたんだよな

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:33:25.20
>>338
あれ撃ち込んだら血行が良くなって健康になるとかなんとか

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:36:43.50
>>340
すべてを何のためにやってるか、分かってないヤツがいるな。
ラインハルトの目的は皇帝になることじゃない。今あ体制の中で絶対権力を打ち立てたいだけ。
そのためには、すべてをぶっ壊しては逆に手間が増えるだけ。

ガラポンすれば簡単ってのは、バカの思考だぞ。

>そこに時間をかけて同志を大量に失ったが・・・
キルヒアイスだけだろ。お前の中ではキルヒアイスが大量にいたのか?
「1、2、3、たくさん」てネタはよくあるが、1=たくさんってのは斬新だなぁw
君の脳内『ぎんがえいゆーでんせつ』の話はスレ違いだし。

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:41:41.33
>>325
キルヒ死前=アンネローゼの解放
キルヒ死後=宇宙征服
他になにか目的でも?

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:46:53.05
>>345
なんでもいいが
ラインハルトの形式を都合よく使い分ける御都合主義は
なんとかならんかな
宰相・摂政から皇帝に即位するのはゴ朝では
当然の形式的慣習なんでしゅか?

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:56:13.51
宇宙征服の動機が
前半は姉の解放、後半は友人との約束と書くと
スケールが大きいのか小さないのかわからんなw

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 20:56:58.82
なんか「オレの考えた最高の手段」に拘泥している人がいるみたいだけどさ
何故ラインハルトが強引に帝位を簒奪しなかったついては、三巻以降でヤンの考察やその他の形で語られているんだけどそのあたりは無視しているんだろうか

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:00:09.56
流れが全てifだから本編原理主義に従う必要はない
本編の解説はいまさら不要
読んでない奴は読めばいい
本編原理主義者はスレに不要

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:03:44.95
>>343

まいりました。降参です。

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:20:43.26
>>348
前半は姉を解放するための地位権力の入手であって、宇宙?征服とは関係ないような。
後半は確かにねえ、やっかいな遺言残してくれたものです(同盟視点)
姉上と平和にお暮らし下さいって言ってくれてたらねえ。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:29:19.99
>>340
それやると、生き残りの地方貴族が納得しない。
正当性があればしぶしぶ納得するけど、そうでなければ地方貴族の露骨な
反発を招き、余計な犠牲者が出る・・・それこそヴェスターラント規模の。
形式で国を運用している以上、形式は必要。
形式は実権を握ってから変えればいい。

>>341
軍務尚書や統帥本部長を拘禁したのは、彼ら万が一リップシュタット同盟と
つながっていたり、つながっていなくても軍令の発令が遅れてしまえば、
貴族連合側が一歩先んじることになり、取り返しのつかないことが起こるから。
ようするに、手っ取り早く軍令を押さえておきたかった。

>>347
だから、ラインハルトは宇宙を盗みたいのでなくて征服したいの。
ましてや宇宙を破壊したいわけではない。

>>350
本編原理主義は思考硬直かもしれんが、
本編を無視して「ぼくのかんがえたぎんえいでん」というのは如何なものかと。
せめて本編を尊重してほしい。

あ、本編原理主義って、物語上ラインハルトが勝者だから、ラインハルト万能!
他はカス!よって物語は必然!ということなら考察に値しないな。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:35:45.50
>>353
>軍務尚書や統帥本部長を拘禁したのは、彼ら万が一リップシュタット同
ミュッケン元帥解任して宇宙艦隊司令長官にしてもらうときに、ついでに
軍務尚書と総長の座もくれって言えばすむだけなのにねえ、無駄なこと
する。それで拘束に失敗してかえって中立のつもりの両者は完全に貴族連合についたら
どうすんの?

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:37:36.15
>352
ルドルフに出来た事が俺に出来ないと思うか?なんて言ってるし
キルヒアイスが宇宙を手にお入れ下さいと遺言するくらいだから
その気はあったとしか思えないが

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:39:58.17
ルビンスカヤ曰く
武力での征服は長持ちしない
アレク・ヒルダ・フェリックス以降のロ朝が
どう民を支配するかにかかってる
ラインハルトがハンチクな時期に死んじゃったもんでね
「民を苦しめてはいかん」の一言でも遺言にほしかった

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:42:12.09
>>355
姉の解放とは別にそういう気持ちもあったのも事実ですね、それだけになおさら
平和を愛し流血を好まないはずのキルヒアイスには、もう戦いやめて平和にお暮
らし下さいって言ってほしかったです。(同盟首脳陣一同、むろん例外もあり)

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:44:20.19
>>356
金髪はダメな国は滅んで当然みたいに考えてそうだから
その辺は自分で考えてやれということだろう。

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:46:57.41
>>354
三長官兼任は皇族以外に先例が無い。(少なくともここ100年)
それに、ラインハルトが宇宙艦隊司令長官に就任したのはアムリッツァ勝利の功績に
よるものだが、それ以外の職を兼任する口実は当時は無い。

それにそこまで露骨だと、金髪の孺子憎しで門閥貴族がより強固に団結する恐れが出る。
ラインハルトにとって望ましいのは、門閥貴族がバラバラの状態で激発するのであって、
統一して対抗されるのは望んではいない。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:54:16.97
>>359
>それに、ラインハルトが宇宙艦隊司令長官に就任したのはアムリッツァ勝利の功績
 そんなの書いてました?

結果的かもしれないけど門閥貴族は団結して立ち上がったじゃないですか。加えて
中立と思われた彼らを理由もなく拘束、逮捕なんてやったら彼らも門閥側についちゃいますよ。
そんな危険犯すくらいなら、リヒテンに任命してもらった方がよいような。
露骨も何も宰相と組んだ時点で意図は明白でしょうに。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 21:55:26.37
>>357
銀河帝国を征服して、皇帝と門閥貴族による不当な支配から全てを解放する
というのが、少年時代のラインハルトとキルヒアイスの目標でしたからね。

そのためには多少の流血はやむを得ないとキルヒアイスもわかっていた。
せめて、上記の目標=宇宙を手に入れてください、は二人の固い約束だから
守らなければならなかった。

ラインハルトはそれを全人類に対してと拡大解釈してしまったので、
自由惑星同盟にとってはいい迷惑ですけどねw

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 22:00:23.14
>>361
そういうことですね、宇宙を帝国領においてのみ手にいれて下さいとかw
だいぶややこしいからキルヒさんにはあらかじめ遺書にしたためておいて
もらって、現場では机の2段目の引き出しお開け下さいって形にしてもら
わないとだめですね。

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 22:18:43.92
机の2段目の引き出しお開けしたら
ビッテンの「全裸地鶏写真15Kサポよろ」

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 23:01:40.30
自分のコンピュータのデータ破棄を遺言するキルヒアイス

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 23:18:20.70
>>364
そういえば、アルファベットのa<->z, b<->y,...に置換している
シーザー暗号っぽい文章を使っていたな。

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/15(日) 23:38:16.35
G夫人フォルダとかあったりしてw

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 00:43:26.02
>>341
司令官暗殺未遂に拡大解釈なんてしてないでしょ
実際に司令官暗殺未遂が起きてその過程でキルヒが死んだだけ
でっちあげたのは首謀者がリヒテンラーデであるってこと
リップシュタット前の諸々をみるともう都合のいいように権威や法利用するだけでになってるね

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 01:24:50.63
>>367
>司令官暗殺未遂に拡大解釈なんてしてないでしょ
すまぬ、書き間違えた。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 01:39:51.39
五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー
五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー
五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー
五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー
五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー五味ボマー

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 08:23:38.47
>>364
「ラインハルトさま……」
「医者が来るまでしゃべるな」
「宇宙を手にお入れください」
「……ああ」
「それと、アンネローゼさまにお伝えください。積荷の処分をお願いいたしますと……」

こうですか?

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 09:25:46.22
>370
「ラインハルトさま……」
「医者が来るまでしゃべるな」
「アンネローゼさまにお伝えください。積荷の処分をお願いいたしますと……」
「……あぁ!?」
「それと、宇宙を手にお入れください」

こうなら良かったのに(とある同盟首脳

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 10:25:25.82
銀英伝大喜利になってる(笑)

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 12:57:54.06
某SFアニメでは死ぬ前に種付けして人がいたぞ。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 15:35:27.42
某SF小説では死ぬ前に種付けして人がいたぞ。。

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 15:37:31.29
アニメにもなった某SF小説では
たった一晩の行為で子どもを設けたカイザーがいたぞm(。_。 )m

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 15:48:13.08
原作で醜く争う某SFアニメでは
宇宙遊泳でも何でもして帰ろうとしたナースがいたぞm(。_。 )m

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 16:45:56.15
>>364
「ラインハルトさま……」
「医者が来るまでしゃべるな」
「アンネローゼさまにお伝えください。男子ならアルヴィス、女の子ならディアドラと……」
「……あぁぁぁ!?」
「・・・・ああ、忘れていましたwそれと、なるべくなら宇宙を手にお入れください」

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 16:50:52.80
某SFアニメでは医者の誤診で銅像を建てると生き返るんだぞ。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 18:37:29.71
>>361
从リ ゚д゚ノリ ハァ?
「宇宙を……」の時点で二人の誓いはほぼ達成されていたから(後は形式的な「後始末」だけ)、
そのタイミングでのあの言葉は「もっと上を目指せ」的な意味以外とりようがない。


アンネローゼ同様、ラインハルトの覇者の気質をよく分かっていたキルヒアイスは帝國程度の
権力者ぶって納まるラインハルトじゃない。ヘタに小さくまとまればロクなことにならんみたいな
予感があったんだろう。
それなら、命の限り征服に突き進め。戦って死ねと、覇者でしかいられないラインハルトに相応
しい生き方を提示した……と思ってる。呪いと言ってもいいな。
ま、実際ヤンという好敵手の存在があったからな。ほっといてもヤン=同盟との戦いにはなって
いたろうが、真価を発揮するために受身でいるより積極的にいけと。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 19:49:30.15
某SFアニメってネタが流行っているのか?

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 19:52:57.44
約一名の間で流行っているようだ

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 19:55:08.45
>>380
相手にしないほうがいいよ

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 22:44:48.33
ホアン・ルイは与党のくせにやたら傍観者を気取っているが
与党であっても反主流派だからポストに就けないからか?

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 23:27:35.56
要職に就けないって
いつの時代(時期)のホアン・ルイですか?

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 23:37:29.22
>>384
人的資源委員長以上のポストに就いた事があるのか?

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/16(月) 23:46:20.45
>>385
人的資源委員長が今の日本の何大臣か知らんけど
国務大臣は要職ではないのか?

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 00:03:07.19
人的資源委員長=厚生労働大臣かねぇ
閣僚なんだから充分、要職ポストだよ
それより上は最高評議会議長しかいない

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 00:19:09.66
なんか逆侵攻の決め方を見て
委員長というのは大臣以上の存在に思えるよね
議員=国連総会、最高評議会(だったっけか?)=安保理みたいな感じ

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 00:21:23.06
閣僚だから要職ってことはないだろ
日本の少子化担当って要職か?w
常識的に考えれば金を扱う財政委員長
戦争中なら国防委員長
後は予算規模、権限で序列がつく
人的資源委員長の内容の記述がないからなんとも言えないが
医療や食品衛生、高齢者福祉なんて所管してなさそうだし
労働力分配の権限なんて軍部のほうが強そうだし
悪く取れば労働基準局の局長ぐらいかもね

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 00:37:12.93
>>389
閣僚内で序列があるように見えるのは錯覚
少なくとも日本の国務大臣に序列はない
国会で総理の隣に座る大臣が決まっているわけでもない
アメリカだと大統領 副大統領 下院議長 上院議長
国務長官 司法長官の順番だっけ?

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 00:38:35.89
>>389
医療や福祉も人的資源委員会の範囲内だと思う。
他にそれを担当していそうな委員会がない。
仮に教育も所管していたら、権限はかなり大きくなる。

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 01:19:07.36
>>386-387
答えになってない

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 02:45:26.06
>>392
ホアンが何かしらのポストに就けなかった理由を
疑問に持ってるんだろうが、そのポストとはなんぞや
皇帝?自治領主?評議会副議長?

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 04:34:04.99
そういや、ホアン・ルイはバーラト和約後はなんの地位も就いてなかったよね?

最高評議会も戦後処理で人材がいくらでも必要なのに。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 04:49:43.66
とりあえず卿ら、ホアンではなくホワンだ
…道原マンガ版ではえらく男前な女性になってたなあ

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 06:26:41.23
>>383
>394のいうとおり、和約後は辞職?かなんかで議員では無くなったのだから
傍観するしかないでしょ。なんで辞職したのかは不明で、その気あれば394の
いうようになんらかのポストにつけると思われるから引退?したことを傍観
というならそのとうりだけどね。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 06:52:00.90
>>392
本人が目立ちたがり屋ではない性分もあるだろうけど、
その分野に明るくないから適任ではないと自ら判断したか
>>383のとおり政党から嫌われ者として扱われて、
不遇な立ち場だったと考えてもおかしくはないと思う

ポスト・要職序列の件だけど、
少なくともサンフォード政権では国防、財政、人的資源委員長が
反対した上で帝国侵攻が採択されたのだから
軍と金を仕切る国防、財政委員長(会)の序列が低いか
他の委員長と同列と推察すべきで、どちらかというと序列は存在しない思う
そうなると>>389の論理はサンフォード政権では通用しなくなるけど・・

トリューニヒト政権にとってレベロとホワンの二人は邪魔そのものだったけど
辛うじてクサビ役になれたことから
議長の意向のみで閣僚を選ぶわけではないんだよね?
議会の承認?任命かな?
帝国侵攻大敗北後の三人の留任も議会からの要請かな
この辺りはよくわからないんだけど

和約後にホワンがレベロのオブザーバーに徹したのは
自身の性格とレベロがホワンを巻き込みたくない、
旧同盟の有力政治家をなるべく残したいと考えたのでは?
残念ながら結果としてあまり頭角を表さずに終わったけど
と少し好意的な見方をしてみた

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 08:19:14.23
>>390
米国では副大統領が上院の議長も兼ねておる
No.4は正確には“上院仮議長”じゃな
すまんのう、年をとると細かい所にこだわるようになってな、スーなんとか君

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 09:08:06.70
トリューニヒトも評議会議長目指すんなら軍の大敗予見してとかじゃなく別の方法で目指して欲しかったわ
あいつの政治力ならあんな無謀な侵攻作戦だって止められただろうに。
まあ自分への福祉が第一の男に何言っても無駄だろうが

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 09:20:55.07
ラインハルト「当世の英雄とは一体誰であろうか?」

キルヒアイス「ヤン・ウェンリーなどはいかがでしょう。英雄とは申せませんか?」
ラインハルト「ヤンのような欲のない男が英雄になれた試しはない」

キルヒアイス「靡下のミッターマイヤー上級大将などどうでしょう?」
ラインハルト「奴は真面目で正義感が強すぎる。英雄とは清濁併せもつものだ」

キルヒアイス「なるほど…では、ロイエンタール上級大将は?」
ラインハルト「英雄色を好むと言うが、奴の場合好みすぎだな。いつか女のことで身を危うくするだろう」

キルヒアイス「ならば誰が該当しえますか?」
ラインハルト「ただ貴公と私だけである!」


キルヒアイス「………あっ! こんな所にアンネローゼさまのパンティが…(思わずスプーンを落とす)」
ラインハルト「何を言っている。これはただのナプキンではないか…(こいつも大したことないな)」

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 09:32:00.17
マインカイザー、アンネローゼ様はナプキン派なのですか?

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 09:45:03.34
>>399
トリューニヒトは、アムリッツァで壊滅的敗北をするというのは想定外だったと思う。
せいぜい痛い目にあって、トリューニヒト以外の主戦派が恥をかいて
失脚する程度を期待していたのだろう。

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 09:54:08.91
戦略目標を明確化させないように裏で糸を引いていたら奸雄として完璧だな
最初から明確な戦略目標を設定していた場合(回廊出口の一〇星系を占拠し同盟に編入して永久陣地を構築とか)は
成功しちゃう可能性もあったわけだし

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 10:13:02.54
トリューニヒトはフォークやレンネン同様、物語を回すために用意された都合のいい存在だからな
必要であれば自己保身命の小物政治家から帝国を立憲君主制にして合法的に乗っ取ろうとする
壮大な策謀家まで幅広く役割をこなしてくれる

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 10:18:11.96
そう思う。イゼルローン回廊の帝国側出口に一番近い有人星系を占拠駐屯、イゼルローン要塞の戦力と併せて実効支配権を確立させて
プロパガンダ工作員、スパイ、破壊工作員の侵入橋頭堡にすれば良かった。
艦隊で再侵攻するのも容易になるし、帝国領を分捕った政治的宣伝にもなるし大敗前の同盟艦隊戦力なら防衛も可能だろう。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 10:29:01.36
正しいけどそれは無理だろ 民衆に火が点いちゃったから
同盟のマスコミは帝国打倒とかぶち上げていなかったかな
侵攻作戦を実現するための、フォークら青年高級士官グループの
大法螺に民衆がノリノリになった状態
侵攻派は戦略の幅を狭めたというか自分で自分の首を絞めたというか

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 10:36:36.68
>>406
ヤンが半個艦隊6400隻でイゼルローンを落としたからな。

なら、8個艦隊20万隻も動員しているのだから、イゼルローン要塞攻略の
30倍ぐらいの戦果は当然であると思われたりしてw

・・・イゼルローン30個分の戦果って、帝国を打倒するクラスなのでは?

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 10:45:26.41
現場の提督としては
「どんな無茶な目的でもいいから、目的を定義してくれ。
 目的もなしに侵攻するくらいなら、出鱈目な目的を与えられたほうがずっとマシだ。」
という気分だろうけどな。

会議の時にシトレが一言言えばよかったんじゃね?
「ウランフ提督の発言はもっともである。まずは戦略目標の設定を議題としたい。
 臨機応変かつ柔軟な対応は目的の達成のためにこそ必要な手段であり、
 目的そのものを臨機応変かつ柔軟に設定することはできない」って。
こう言われたらフォークも反論が難しいだろう。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 10:54:04.29
シトレはもう少し努力すべきだったよな。
フォークの評議会経由で決定された作戦は阻止できなかったとしても
作戦をなるべくまともな方向に持っていくことはできたんじゃないかと。
耄碌しきってたロボスの責任も大きいけど。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 11:03:26.98
あの時点では、帝国軍が早期に迎撃してくると予想していたんだろうね。
大規模会戦が起きれば、侵攻作戦を停止する名分が出来る

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 11:06:48.14
後知恵で考えると、あの時点のベストは危機感持った提督全員でフォークを追求しまくって、泡吹いてひっくり返らせることだったんたろうな
そうなればいったん場が白ける上に作戦提案者のヤバさを一同が理解するから、シトレやビュコックがイニシアチブを握りやすくなる

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 11:14:06.49
漫画版でビュコックからの通信受けたときの
「誰も彼も私の邪魔をする!私が功績を建てるのがそんなに妬ましいか!」って心の声は
フォークの人間性を本当によく表してた。

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 11:28:16.19
>411
フォークを片付ければ済む問題じゃない。そんな段階はとっくに過ぎている。

あれだけの大規模動員をしてしまった以上、それに見合う大戦果を上げなければ軍の面目は丸潰れになる。
必要だったのは「大戦果を挙げうる作戦案」だが、誰もそれを提示できなかったので会議はうやむやになった。

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 11:35:56.17
>>413
その場合、「大戦果とは何か」を、定義する必要があっただろう
仮にそれが「オーディン占領」であったとしても、行き当たりばったり無目標よりはいい

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 11:53:13.63
救国軍事革命しかないな

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 13:53:28.32
>>413
ちょっと間違ってる
実際の手柄が欲しかったのはフォーク
で、大半の連中はこんな無茶苦茶な作戦で何をどうしろと?状態
おまけにシトレのほうはもう腹くくってる
政治家連中は選挙に勝つための理由が欲しかったのであって
ちょろっと戦って勝つだけでもプロパガンダでどうとでもなる
中止は無いにしてもヤンの意見がかなり通って慎重な作戦案が立てられると思う

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 14:29:57.10
>>408>>409
無駄だと思う。
あの会議の実質的な座長であるフォークが、都合の悪い議題はスルーして次の議題に行くだけ。

東日本大震災の2年前、福島第一原発が津波で冠水する可能性が指摘された会議でもそうだった。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 14:35:59.52
どうだろう 手柄が欲しかったのはフォーク一人ではないと思う。
あまりにもイゼルローンが簡単に陥落したからヤンの武勲に触発されて
俺も俺もと思った軍人の方が多いのでは

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 15:13:51.13
>>416
いや、フォークを片付ければ済む問題ではないだろう。
なにしろ、現最高評議会が次の選挙を乗り切れるかの瀬戸際なんだぞ!
最高評議会にとって、これ以上に重要なことはない。

上の方で、戦略目標云々が議論されていたが、実は戦略目標は具体的かつ
これ以上ないくらい明確に決まっている。最高評議会が次の選挙を乗り
切れる程度まで支持率を回復させる程度の勝利を収め保持することだ。
その戦略目標に基づいて作戦が立案され、正しく実行されたと思われる。
即ち、物語中で約200(数字はうろ覚え)の星系を占領したとあるが、
これこそが目標とする支持率回復に必要な戦果であり、その作戦期間は
選挙が終わるまでであったと考えられる。

プロパガンダでなんとかできるならとっくにやっていよう。
真の戦略目標wに照らして、ヤンの慎重な作戦案が通る余地などない。

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 15:25:29.93
しかし、帝国侵攻がなかったらラインハルトもかなりきつい立場だったよな
反乱軍撃退の大戦果が無いから、兵からの支持も本編ほどではなく、地位は副司令長官のままでミュッケンベルガーが居座っている
この状態で皇帝が死んで内戦に突入しちゃうと、相当苦戦しそうだ

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 15:52:56.17
>>420
アムリッツァが無ければ、おそらく帝国側からのイゼルローン要塞再奪還作戦が行なわれることになると思う。
その場合、席次的にラインハルトが奪還部隊の総司令官になるはず。

黄金の翼のとき、イゼルローン要塞攻略についていくつか案を持っていたらしいので、(うろ覚え)
どうやって攻略するのか楽しみだw

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 16:27:27.47
つかさ、ガイエみたいな要塞使わなくても三個艦隊位で要塞砲射程ギリチョンに展開包囲してロイエンタールみたいに嫌がらせ攻撃しつつ要塞と駐留艦隊を牽制して、
その背後を他の艦隊が素通りしウルヴァシー、エル・ファシルあたりを強襲攻略、基地化できなかったんかな。
双方の補給に難ありだが、要塞砲は射程があり(射程に入らなければ単なる港)、
駐留艦隊は三個艦隊で封じ込めるから損害はあっても回廊内通過は可能だろう。帝国艦隊は二十個まるまるあるから物量戦で負けることはない。
そうすりゃイゼルローン要塞こそ敵中に孤立した存在になるわけで。

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 16:32:53.44
>>422
アムリッツァがなければ同盟も兵力を増強するし、一般的に守備は1/3の兵力で成立すると言われるから、帝国側も相当な大兵力をぶつけなきゃならなくなる
ただ、その場合はイゼルローンの司令官がヤンじゃないだろうから、やり方次第でどうにかできるかも知れんけど

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 16:44:21.09
>>423
この方法だと攻略を意図していないから要塞と駐留艦隊を封じ込めるだけの戦力でいい。
さらにウルヴァシーかエル・ファシルを基地化、複数艦隊を駐留させれば同盟のイゼルローンへの援軍もシャットアウトできる。
補給護衛にも正規艦隊を使えば補給部隊を襲われても対処可能。さらに護衛艦隊をそのまま前線配置して他艦隊をローテーションで後方に下げれば戦力維持も可能。
しかもそれが出来る艦隊戦力差がある。(同盟8個、帝国18個。20個じゃないね、スマソ)

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 16:47:34.27
>>424
というか、万全の同盟に対してそんな正面突破で領土を切り取れるなら、イゼルローンを保持してるうちにやったんじゃね?

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 16:52:56.62
親征を行いハイネセン落とす寸前までいきながら、本国で有力貴族たちによる造反が発生してしまい断念した皇帝がいたような

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 16:55:05.70
>>425
そ。それが不思議。せっかくイゼルローンという鉄壁(と信じられていた)の後方補給基地があったんだから回廊出口をさっさと強襲占領して維持しつつラインを押し下げていけばよかった。100年近くもなにやってんだか。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 16:56:39.34
>>426
親征する必要は必ずしもないんだけどねえ

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 17:01:07.25
フェザーンの暗躍、で全て済まされそう

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 17:02:49.82
たとえば、エルファシルなんかはヤンの脱出後は帝国に占拠されたはずだが、その後普通に同盟領になっているところを見ると、すぐに奪還されたんだろうな
あの世界では回廊をまたがっての領土拡大をすると死ぬほど不利になると言うことなんだろう

431 :364:2013/09/17(火) 17:04:34.35
364だが>>365以降のレスにフイタww

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 17:36:44.24
>>426
「元帥量産帝」コルネリアス1世だな。
元帥58人を連れて行って35人が戦死w

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 17:40:35.66
>>430
その辺は「距離の暴虐」という事なのだろう。
遠い占領地は維持するのも難しい。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 18:00:49.26
>>424
それはラグナロックのときこそやるべきだな。もう同盟には3〜4個艦隊しかない。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 18:19:30.11
>>419
帝国領に侵攻し選挙の直前に勝ったって事実があればいいんだよw
一番重要なのはタイミング
なんせヤンがイゼルローン落としても支持率上がらないんだから
戦略目標も当然そうならざるをえないでしょ
訳分からん狂戦派を排除したらあとは自分らの実力を秤にかけた現実的な内容の作戦が検討されなきゃおかしい

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 18:22:45.06
>>433
それと帝国の基本は(功績あげさせて箔つけるとか、そういうのもあるけど)
犯罪者討伐(捕縛)の警察行動だからね、住民を捕縛できず逃がしちゃったら
無人の星系占領しつづける意味もないのだろう。(重要資源があるとかでもな
かったし)

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 18:26:37.66
>>421
実際直接イゼルローン攻略なんてできないんじゃね?
ラインハルトは最期まで純軍事的にイゼルローン落とせてないし
>>430
不利とか以前に旧帝国って占領支配する気自体ない気がする

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 18:31:58.18
>>437
時期にもよるけど、シャフトの移動要塞技術があれば、ぶつけて相討ちで終わりにできるんじゃないか?
その後に適当な要塞を運んでくるという、ヤンの方式がそのまま使える

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 18:38:21.40
>>438
その発想は黄金の翼の時点じゃ無理じゃね
質量兵器使う発想もガイエ以降全然ないし

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 18:55:02.08
>>422
それだと、通過艦隊は側面から要塞砲で殴打される。
トールハンマーで直撃されない限り、いきなり全滅することはないが、通過するたびに
打撃を受けていつかは艦隊ごと消滅するぞ。

それに、要塞砲射程外の通過可能宙域があるなら、ロイエンタールの反乱のとき
メックリンガー艦隊が回廊を通過したとき「用心して(要塞砲を)無力化できるなら
いくらでも用心する」とメックリンガーが発言していることから、無傷で通過できる
宙域は存在しないと思われる。
他の部隊が牽制すれば被害は軽減できるが、ガイエスブルクのような大要塞による牽制か
ロイエンタールの芸術的牽制がない限り困難だし、通過側の神経がすり減る。

そんな状態で、ウルヴァシーなりエル・ファシルなりを占領したところで、まともに
輸送艦を送って補給路を確保できるか、はなはだ疑問。
補給の滞った遠征軍が一方的に包囲殲滅されるのがオチ。

それ以前の話で、アスターテのときイゼルローン要塞が帝国の手にあったにも関わらず、
包囲殲滅の危機であった。(ラインハルトが一枚上手だったので勝てたが)

441 :364:2013/09/17(火) 19:12:44.78
メックリンガーの回廊通過はあえて射程内に入った、んでしょうに。すくなくとも射程外に三個艦隊は展開包囲できるスペースがある。
そうでないとロイエンタール艦隊は要塞を包囲できない。
また、ガイエスブルク戦の時も同盟の援軍、すなわち同盟側出口に帝国軍が移動できない。
要塞砲を二、三発あてた程度では要塞は墜ちないのだから、ガイエスブルクが牽制していたとしてもそちらはとりあえず無視して移動する艦隊をトールハンマーで撃てる。それなのに撃っていない。
回廊幅をトールハンマーの射程がカバー仕切れていない証拠だ。

442 :364:2013/09/17(火) 19:17:55.42
そして帝国軍には牽制するだけの戦力と、複数艦隊を束ね運用する能力のある実戦指揮官がいる。即ちロイエンタール、ミッターマイヤー、キルヒアイス、ラインハルト本人だ。

443 :364:2013/09/17(火) 19:21:09.96
通過はしようと思えば可能だが費用対効果、損害リスクからあえて避けたと考えるのが妥当かな。

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:32:37.54
>>440
アスターテで包囲の危機にあったのは、軍事行動計画がフェザーンから漏れて倍する数の艦艇を動員されたから。
元々の艦隊数と一個艦隊あたりの艦艇数は帝国軍が多いのだから、要塞牽制軍の背後を縦列に複数艦隊が移動、
同盟の動員艦隊(最大8、イゼルローンに一個あるから7)以上の艦隊を投入しても、まだ本国には艦隊がある。
同盟末期のようにかき集めて数だけ確保した寄せ集め艦隊ではなく正規の艦隊がね。
>>443の考察の通り机上では実行可能だけどやらなかった、というだけなんだろうけど。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:38:25.55
ロ王朝になって、銀河は碁盤というかオセロ盤で黒が全体を占め
白がポツンと一つだけ残っている状況
こうなってようやく損害リスクなく再開発ができるようになったか

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:42:21.06
>>438
ガイエの装甲はトゥールハンマーには通用しない。近づいて行けばぶつける前に破壊される。
逆にガイエの要塞砲が先にイゼルローンを吹っ飛ばしてしまう事も充分考えられる。
いずれにしても要塞同士が無事激突する事は多分無い

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:46:05.06
>>441
そういうことだよね。なんせ設定は恒星アルテナの周りを公転してんだから
空間は十分にあるわね。細くなった回廊の中心にでんと鎮座してんのはアニメ設定。
(小説もそう解釈した方がいいような場面はしょっちゅうあるけどね。)

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:46:20.89
>>445
そうなんだろうね。同じ結果ならリスクの低い方がいいだろうから。

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:48:58.80
>>446
どうなんでしょうね、1発や2発では吹っ飛ぶことは無さそうなんで、衝突までに
何発撃てるかですね。ガイエの方には推進機破損で方向とかの制御が不能になっち
ゃう危険はあるね。(小説にあるとうりだね)

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:49:21.11
>>447
突っ込んでもきりがないおかしな部分の一つだからなその辺w

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:49:48.40
ま、ね。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:52:12.87
>>449
単なる推力なら要塞の背面、イゼルローンから見えない位置にバーニアを別設置しとけばいいのにね。

453 :毎度おなじみw:2013/09/17(火) 19:54:42.03
>>447
イゼルローン回廊自体が恒星アルテナを中心に公転していると仮定すれば、
要塞砲に死角はない!

# イゼルローン回廊の概略図(イゼルローン要塞近傍を拡大)

    +   +   +   +   +   +   +   +   +   +   +

   ────────────────────────────
      イゼルローン回廊                        ↑
                       ○ ←イゼルローン要塞      | 120万km弱
                                         ↓
   ───────────────────────\───── 
                                       \ 
    +   +   +   +   +   +   +   +   +   +  \ 
   暗礁領域                                ↓
      +   +   +   +   +   +   +   +   +   + | +
                                          | イゼルローン回廊そのものが
    +   +   +   +   + / ̄ ̄\    +   +   +   ↓ 恒星アルテナ
                     | 恒星  |               | の周りを公転(・∀・
      +   +   +   +   | アルテナ .|  +   +   +   + | + 
                     \__/              ↓
    +   +   +   +   +           +   +   +  /+
                                       /

無論、公式設定もへってくれもない単なる妄想だがw

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:54:55.79
>>437
ラインハルト自身は要塞攻略に意義を見出してないからね。目的はヤンに勝つこと……それに
要塞攻略は必要ない。後半は、ヤンを引きずり出して、艦隊戦で「勝てれ」ばいい。
ヤンを「破れば」いい……にまで割り切れていれば、小惑星でも何でもぶつけて要塞破壊作戦
をとっていたろうさ。お題の時期には無理だが。
でも、それに近いことやって心理的に追い込む位はやるかもね。司令官がヤンでなければ、
その程度で十分。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:59:08.54
>>453
なるほどw

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 19:59:21.89
帝国軍はイゼルローンを突破さえすれば数で勝る云々で話が進んでおりますが…

ふと思った。

ラグナロックのとき、数の上で圧倒的な帝国軍がなぜ補給を絶たれて危機的な状況になったのか?
敵はヤン艦隊ただひとつなのに、補給路を確保できない不思議w

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:05:36.65
一線級艦隊を攻勢に振り向けちゃってるからねえ。
補給専任にメックリンガーとミュラーの二個艦隊くらいあてとかないと「ヤン相手には馬鹿になる補整」が働いてどうにもならんのじゃないか。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:06:36.52
>>453
お久しぶり。今回は2年ぶりくらい?初出は10年以上前にもなるんだねえ。このスレもすごいな。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:10:11.78
>>457
次の補給船団にはちゃんとして護衛つければ大丈夫だろうけど、問題は補給が遅れることによって
敵地奥深く侵攻した兵士たちに望郷の念が起こるなどの士気の問題だからねえ。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:10:55.68
>>456
大軍ほど兵站の負担は大きくなる。
ちょっと滞るだけで全軍が麻痺することもある。それが短期間であっても、それは敵地では
致命的。

ヤンはいくつかある兵站線の一部にちょっかい出した程度なのかもな。ゲリラ作戦故に、
それですべての兵站線に赤信号が着き、補給が困難になったと。安全が確保されていなけれ
ば、輸送船団はいい鴨なだけだからな。

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:11:15.68
補給が困難ったって、年代物のワインやら運んでる位(ミッタマとロイエが呑んでた)だから物資的には余裕があるんだろうな。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:13:19.82
帝国侵攻の同盟軍、ラグナロックの帝国軍、ともに輸送船団には間抜けな指揮官と少ない護衛を
配置して敵に撃破してもらうのが定石だもんね。

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:17:30.12
>>461
やはり士気の方の問題ですな、作中の表現で言えばいくら最高司令官(ラインハルト等)
が進撃って号令しても、兵士たちはもういいよ、お家に帰りたいってなるわけだね。
後方の安全が保障されてなく補給船団壊滅の報なんかが入ると。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:19:45.44
>>449
味方艦艇が激突し外壁が損傷した所に一発食らっただけで吹っ飛んでるよ
しかも撃ったイゼルローン側には全く影響も無い距離で

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:21:22.42
>>461
一回補給部隊が壊滅したくらいなら彼らのワインが一晩2本が1本に減るくらい程度の
影響なんだろうけど、今後も恒常的に滞るんじゃあって考えて士気が低下する方が問題
なんだろね。

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:22:48.00
>>461
「これが最後」と言っていたし。
年代物となると、どちらか―多分ロイエンタールの、私物の可能性も。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:25:50.06
>>464
牽制で接近したときは互いに2〜3発応酬してたけど、大丈夫だったのにね。やっぱくるくる
回ると防御力が落ちちゃうのかな。
艦艇がの説もわかるんだけど、それなら同じとこ2回続けて撃てば終わるよう気もするがそれは
ないってことか。一度、当たったところには2度当たらない?

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:27:44.17
>>461 466
年代ものなんて言ってたっけ?あのときのワイン?お代りは補給担当者の機嫌が
悪く無理だって言ってたんだから、支給品でしょ。

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 20:54:38.88
戦場にワインというのも凄いな 現代の各国の艦船にもアルコール類は積まれているの?

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 21:01:20.42
>>469
ポルトガルはワインあり。他は知らんがロシアとかなら
標準装備じゃね?

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 21:02:16.18
アイスクリームとラムネ

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 21:02:45.74
うろ覚えなんだがあの時の補給ってのはウルヴァシーを恒久基地化する為のもんで
遠征軍に対する直接的な補給では無かったのでは?

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 21:09:45.31
>>457
補給線っていっても移動は基本ワープなんだからノコノコ移動してるところ捉えるとか基本無理なはずなんだけどね
通常移動なんてそれこそ超近距離とか恒星系内とか戦場くらいなもんであとはもう全部ワープだから帰り道が塞がれるとかも意味わかんない
兵士の望郷とかいっても同じく移動はワープなんだからワープ回数が何回か増えただけだし
これが年単位での任務とかならともかく数ヶ月で望郷とか言ってたらイゼルローン要塞勤務の兵士のローテーションが凄いことになりそう

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 22:05:06.98
>>473
その論法だと、艦隊も移動は基本ワープだから、会敵せずに敵首都を直撃できる
ということになるが如何に?

あと、兵士の望郷の念についてだけど、ワープで数ヶ月で帰れる距離といっても
平時なら気にならないが、戦時は敵地のど真ん中だから無事に帰れる保証が無い。
そのため、距離が長ければ長いほど、望郷というか恐怖の念が強くなる。
勝利している間は気にならないが、こう着状態だと気になりだす。敗北時はいわんや。

イゼルローン要塞勤務は、要塞内は非常に安全だから、兵士には安心感があり
その分ストレスは小さい。

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 22:18:38.06
>>474
論法も何も銀英の艦船が通常移動でワープ並の速度が出せるようにならんとどうにもならないんだってばw
実質的に無理なんだよ
上のイゼルローンの話と同じで作者が色々改変したのか無視したのかしらんけど

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 22:25:17.75
>>474
本来そうなるはず
対応としちゃワープポイント周辺での迎撃戦が主にならざるを得ないし
そこに戦力を集中できなきゃポンポンワープしてあっと言う間に首都までいけないとおかしい
長短距離ワープの組み合わせで1月で首都までいけちゃうんだし

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 22:37:44.32
無理に理由づけするなら、ワープも航路情報絡みで限定されているとか

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 22:43:20.80
>>477
そうだと思う。だからこそイゼルローン回廊を保持していた時にどっかの星系を占拠してればいいはずなんだよな。
星系の行政府や宇宙港管制には同盟航路情報がある。

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 23:23:32.65
ならもっと無理に理由づけするなら、星系の行政府や宇宙港管制には
隣の星系もしくは次のワープポイントまでないとすれば

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 23:24:46.20
銀英ワープはどの手の跳躍航法タイプ?

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/17(火) 23:46:24.22
>>479
国内航路のセキュリティをそこまでしているならば、外国であるフェザーン航路局に同盟全土の航路情報があるのはおかしい。

>>480
亜空間跳躍、てのと大質量近くでは跳躍できない、てのとワープアウトしたら時空震が発生する、てのと一万光年とかの長距離ワープは出来ない、てこと位しか

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 06:06:44.31
>>473
航路=ワープ可能ポイントを繋いだものって世界だから、ワープポイントを抑えられるとかあるんだろ。
それに回廊というネックもあるしな。
>兵士の望郷
ホームシックは、あまり距離に関係ないよ。兵士は基本「連れてこられている」立場で、そこに
いたい訳じゃないんだから。
>要塞勤務の兵士のローテーションが凄いことになりそう
だから、あれだけの設備が整えられており、またキャゼルヌのように家族帯同の赴任もありなん
だろう。
平時なら、遠隔地拠点勤務は出世コースだったりする。
すごいことになりそうと言っても、年1,2回はイゼルーン付近で会戦があり、遠征軍がくる。その
ついでに入れ替えてしまえば、4−6ヶ月間隔でローテーション組める。
慣熟を考えれば、2年くらいは貼り付けておきたいが。

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 07:12:48.95
>>473
かつて……高校野球で甲子園を追い出され、長期ロードを強いられていた阪神が、それを「死の
ロード」と恐れていた。たかだか二週間、行き先はおなじみばかりの国内巡業で。
ホームグランドを離れるってのは、期間、距離に関係なく嫌な事だってことだ。

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 10:50:46.29
そういえば帝国はイゼルローンに民間人連れて行ってなかったのかね?
1回目、2回目の陥落とも民間人云々の話がまったく無いし

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 13:45:18.66
地元の業者を入れて地域還元してたんでねの。

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 13:51:30.74
アルテナはもともと無人星系だしイゼルローンは人工天体だから地元民というものは存在しない

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 14:57:16.59
そう思ってるのはカーボン生命体だけピコ

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 15:14:55.94
男所帯に女っ気が無いと士気にも関わるから
慰安婦とまでは言わないが、お水系の民間人は居るでしょ。
第7次イゼルローン攻防戦で歓楽街にホステスが居たし。

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 15:43:54.87
>>488
アニメ設定だけどな。まあ小説の方でもいたかもしれないが。少なくとも何十万の
兵士の生活支えるための軍属みたいなのはいたでしょうね。食事や洗濯?なんかの
日常業務を現役軍人だけでやってるとは考えにくいので。

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 15:58:56.42
帝国軍が要塞という名の
恒久的な辺境惑星のひとつとして、そこに基地があるとするか
単なる最前線防御拠点基地と位置付けるかで
軍属、民間人が居住してるかどうか違うだろうけど
上級幹部だけが家族や愛人、世話人をお供させてた感じはする
普通に考えたら最寄の安全な有人惑星に保養施設や家族官舎を置くかと

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:01:43.09
>>489
原作では、後(ヒンター)フェザーンというお店がイゼルローン要塞にありまして

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:09:25.14
よく考えてみれば「要塞に要塞をぶつける作戦」は民間人を大量に殺すことになるんだ
ヤンがその道を採らんわけだな

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:21:41.89
効率よく人間を殺すのが軍人の仕事です

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:25:58.78
ヒンターフェザーンなんて名前からしてフェザーン資本系列なのかな?

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:27:02.39
>>493
部下への私的暴行と民間人への虐待は、軍人がもっとも忌むべき行為
とも言っている。

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:50:16.03
>>491
すまん、あんたが正しい。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 16:52:06.88
>>493
正確には効率よく味方を殺すではなかったか?ようは最小の犠牲で最大の戦果(まあ敵を殺すことだな)

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:01:21.95
イゼルローンより小さく内地とはいえ要塞は要塞だから
ガイエスブルグ、レンテンベルク、ガルミッシュにもそれなりの規模で
娼婦や軍属や民間人は居住していたと推察すべきか、
やはり辺境遠隔地のイゼルローンだけ福利厚生完備なのか
どうなんだろうか

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:01:25.71
>>491>>494
そういやなんで後フェザーンなんだろうね?
後オーディンとかヴァルハラとかの方がウケるんじゃね?
旧東側みたいに資本主義への憧れでもあるんかね?

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:08:02.19
>>499
フェザーン=あれこれ楽しめる場所、とか

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:10:43.18
>>500
どきどきですなwロイエンタールとミッターマイヤーはそんなお店でナニを...?

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:19:45.92
あれこれ楽しんでたんだろうな、きっと。どちらもいい男だし当時は売り出し中の若手士官だったろうから

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:19:57.74
メックリが視姦プレイとデッサンなのはわかる
ビッテが猪突挿入ズッコンバッコン3秒なのもわかる

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:27:48.27
みったまはパンツを下ろすときに先っちょが擦れて発射し、最速の男と語り継がれたといふ

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:28:38.81
ケスラーはロリコンなのもわかるしファーレンハイトが貧乏なのもわかる

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:30:28.27
ミュラーが遅漏過ぎて女にフられたて本当かえ?

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:32:11.59
>>505
アニメの話だが昔の恋人に兄様と呼ばせてたり声が池田秀一だったり
ケスラー=ロリコンは誰でも思う事なのかね

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:35:13.93
>>506
5度に渡って女を乗り換えた男に何を言うか

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:35:44.82
オーベルシュタインの右義眼はオーベルハンマーというレーザー兵器、
左義眼には赤外線盗撮カメラが仕込んであるってのは本当ですか

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:39:19.55
>>507
嫁さんがマリーカの時点で勝...いや、ロリコンだ

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:42:11.15
指を一度鳴らしたら正常位、二度鳴らしたら後背位。けっして5秒以上かけんようにな。

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:47:25.14
ミスター・レンネンは「ナイフを使え」とか変態プレイすんの?

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:48:20.45
しかし、彼らはうまくやれたのだろうか?

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:50:24.93
>>513
フイタw
きれいにオチつけたなw

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 17:52:09.93
帝国軍の最高幹部たちがこんな変態どもだったとはw

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 18:04:18.53
この報告は、内国安全保障局の提供でお送りしました

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 18:20:28.01
>>516
オーベルシュタイン
『・・・・よすのだ。得策ではないフェルナー』

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 18:59:23.16
ロイエンタール
「・・・遅いじゃないか、ミッターマイヤー」

ですか?わかりませんw

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 18:59:31.37
>>516
ラングさんの報告か 目の敵にされるわけだ

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:02:00.41
「卿らはこのような醜態を晒すためにわざわざ遠征してきたのか(激怒)」

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:04:14.06
>>518
「卿は上と下とどっちがいい?」
「そりゃ上がいいけど...」

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:07:17.33
閣下の一発百中の黎明を損ない、罪の大なるを肝に銘じております
ですが、いえだからこそ、あえて申し上げます
新たなる行為によって、避妊を償う事をお許し頂きたいと

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:17:02.64
「帝国に下品な男はいらぬ」ピン!

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:32:56.66
「「シャチョサンヨッテッテヨ」「いい娘いますよ」...なんだオーベルシュタイン、この報告書は?」
「風俗です閣下。風俗は社会の根幹に欠かせぬもの。同盟占領プランに風俗を取り入れるのです」
後略

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:39:29.80
「これが軍務省が総力を挙げて編纂した最高のAVタイトル...「ヤン提督が」」
「「「ヤン提督が?」」」
「ヤン提督が、奥方にちんこをイェンリー」
「なんと、こ、これは...」
「リアル人妻モノ?とはやるな、軍務尚書」

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:43:19.42
「ベッドの中の疾風ウォルフ」「あなた、ベッドの中まで疾風ウォルフじゃなくてもイイのよ?」now on sale

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:53:05.33
ID出ないスレでは返信レス率が異様に高い
何故かは分かるであろう。卿たちも

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:55:43.43
いわぬが花

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 19:58:39.20
オーベルシュタインの愛読書
「いぬの気持ち」
「僕は友達が少ない」
「女性を誘う101のマニュアル」
「スローセックス実践入門」
「童貞?何が悪い!」

(全て実在する本)

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:06:12.11
同盟だとヤンに関して本やビデオが出ていたそうだけど
ラインハルトについては出ていなかったのかな

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:07:58.25
毎週テレビで皇室アルバムやってんじゃねの。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:11:19.49
キルヒアイスの死亡後、遺品整理を始める

するとバルバロッサ内にあるキルヒアイスの部屋から、アンネローゼのあられも無い肢体が映ったアイコラ画像が数千枚見つかる

しかもゴミ箱からは丸められた大量のティッシュが…

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:20:42.39
人類はちんこを拭くのにティッシュ以上のモノをとうとう発明できなかった

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:24:29.90
不良中年「そんなものが必要か?」

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:28:54.84
ブルームハルト、無言で退室す

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:29:20.76
なんだこの流れwww

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:29:37.00
ヤンと疾風は種無しだったのか
短期間な平穏生活とはいえ、新婚だぜヤンとフレデリカは
毎日ヤってたはずw
しかし、妊娠しませんでしたー!www

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:34:05.03
恋念還付「(若く美しい新妻と年金生活が羨まし過ぎる私の呪いだ…)」

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:35:09.85
避妊具が発達していたんだろ アンネローゼも10年間懐妊しなかった

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:44:08.55
>>507
むかし従妹が俺のことを好きだったらしくて、いっとき恋人ごっこみたいなことをしていたが
交際関係に発展しても、向こうの呼び方は「○○(俺の名前)にい」だった。

チラ裏スマソ

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:52:38.29
という妄想でヌキまくるメルカッツ

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 20:54:55.69
オーディンやハイネセンの月経周期は地球準拠でいいの?
排卵期間も

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:02:22.82
月経を見て思い出したが女性軍人は戦地で生理は困るんで
ピル服用をしてるはず。だからヤン夫妻はフレデリカの
長年ピル服用してた生理不順が原因かな多分
どうなの?女性自衛官に詳しいエロイ人

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:10:33.26
     カタカタ
  || ̄ Λ_Λ
  ||_(Д`; ) 「なに?このスレ・・・」
  \⊂´   )
    (  ┳'

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:13:13.50
しらじらしいのう

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_110

ですよ

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:35:49.93
>>539
ヤンたちが置かれた状況は子作りには向かないだろうし
その辺りかな。

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 21:54:43.80
帝國って何帝國なの?
オスマンとか神聖ローマとか大日本とか頭文字付いてないよね?
まさか銀河とかしょぼい名前じゃないよね

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 22:05:40.62
外国のない世界
古代地球世界とは違う
本来『国』と表示せずともよい
ふさわしい表現がないから
銀河帝国と便宜的にルドルフが名付けた
それだけ

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 22:08:13.14
>>547
読め、としか言いようがない。

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 22:16:30.85
>>547
銀河帝国の前身が銀河連邦だから、

銀河+連邦 → 銀河+帝国

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 22:31:15.93
>>547
勅令 第0721919号
「ショボイ 銀河 に住むのをやめ、黄泉への赴任を命ず」

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 23:24:00.64
ロイエンタール
「遅いじゃないかミッタマイヤー」
エヴァンゼリー
「遅いじゃないかミッタマイヤー」
ヴァルハラ軍人会
「遅いじゃないかミッタマイヤー」

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 23:34:36.09
ミッターマイヤー夫妻に子供ができなかったのは
夫不在の寂しさを紛らわすために不倫を重ねた妻が妊娠を恐れて常にピルを服用していた
後世の歴史家でそう主張するものが大抵女性であることは偶然であろうか
事実として夫妻に子供ができなかったことと頻繁にミッタマイヤーの父親や部下のバイエルラインが深夜に夫妻の自宅を訪れていたという証言があるのみである

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 23:44:36.76
>>553
ミッターマイヤーが不在のとき、大抵はバイエルラインも不在なはずなのだがw

ところでラインハルト崩御後、帝国は一応安定になり、
ミッターマイヤーもフェザーンからあまり出張しないはず。

そうなると、エヴァンゼリンは避妊する必要が無くなるから、
近い将来フェリックスの弟か妹ができるかもwww

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 23:49:35.09
銀英と全く無関係ですが
【愛国戦隊大日本】
つう唄が脳の奥底からアップトリムされてきた
ご存じない35歳くらい?の方々は
一度、聴いてみてください絶対笑います

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/18(水) 23:59:08.69
>>555
もしも 同盟が 弱ければ♪
帝国が たちまち 攻めてくる♪
家は焼け 畑は 貴族の物に♪
君は収容所 送りだろう♪
同盟は おぉ 自由の国だ♪
専制皇帝から守り抜くんだ♪
フリー プラネッツ 万歳!
トリュー ニヒト 万歳!
俺たちの愛国心が燃えている♪
GLOW THE SUN♪
RISING SUN♪
愛國戰隊 大同盟♪

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 00:36:51.77
非常に恐ろしそうだけど
男性用避妊薬が開発されたとかなんとかあったよね
お玉じゃくしを殺傷しちゃうんでしょコワいよ!
そんな避妊薬より全性病感染予防根絶薬をはよ求む
女性男性お互いにね
HIVが米国が実験中に誤って漏らしたバイオ兵器説
はホントかねぇ
ところでフォアダイスをヘルペスやコンジロマに
勘違いされた方居ますか?
はい!わたしです

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 00:39:17.23
>>552
ロイエンタール「遅いじゃないかミッターマイヤー」
エヴァンゼリン「早すぎるわよウォルフ」
蜂蜜頭「...」

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 01:17:34.88
>>557
勘違いしたのかされたのか、どっちだい?

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 07:00:24.40
これだけ医療の発達した未来なのに不妊治療は上手くいかないものなのか…

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 07:25:02.17
不妊は遺伝的な要素があるから医療対象から外れたんじゃないかな

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 09:58:52.16
>>558
吹いたじゃないかw

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 09:58:58.92
ルビンスキーの脳腫瘍も治せなかったしな
薬でごまかしてたから早く医者行けば治せたんだろうか

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 10:04:18.93
>>563
手術すれば治せたんだろうが潜伏中に長期入院は出来なかったんだろう

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 10:41:51.90
ルビンスキーは捕まる事を覚悟していたんだろうか
最後まで逃げようとは思わなかったのかな 起爆装置を頭蓋骨につけていて
検査で見つからなかったのもおかしな話だけど

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 14:08:02.29
イゼルローン要塞に仕込んだバックドアが見つからない世界なんで…

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 14:16:49.88
>566
巨大システムだからバックドアを見落とす可能性はやむを得ない。

あれの突っ込みどころはそこではなく、バックドアが見つからずに残っていると
ヤンが確信して奪還作戦を準備したこと。
除去されたり、「残っていると偽装されている」可能性などを考慮していない。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 14:50:45.64
話に都合のいい部分だけは医療分野が異常に遅れてるんだよな
不妊とか今の医学ですら解決できるのに

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 16:33:46.95
>>567
一度相手に占拠されたらもう怖くて要塞なんて使えないよなw
どんな罠が仕込んであるかわからんし

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 17:28:51.69
イゼルローンについては解除された際に信号を送るくらいのことはできんじゃないの

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 18:23:32.29
セキュリティ担当が間抜けだったのかロイエンタールが無知だったのかラインハルトがアホだったのかw
それともおそらく仕様が違うであろう帝国製のシステムを完璧に理解して操りきった同盟が凄いのかw

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 18:47:25.20
>>566-567,570-571
ロイエンタールによるイゼルローン要塞再占領のとき、
コンピュータは全て消去されていたんだよな。
だから、帝国軍はコンピュータデータを市から入れ直すはめになった。

帝国側から見れば、コンピュータをシステム丸々全てクリーンインスコ
しているから、バックドアも消去したと誤解したんだ。

ヤンの仕掛けたトラップは、システム外で仕掛けたのでは?
# 例えば、普段はネットワークに物理的に接続していないが、
# 例の信号を受信すると配線をにょろにょろと伸ばしてネットワークに接続するとか
イゼルローン要塞内部は迷子になるぐらい迷宮状態だから、
なんらかの装置を設置されていても、それを敵が見つけるのは困難だ。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 19:42:54.40
同じスパコンを共有してたつうことは
両国とも独自開発してないんだな
まぁ最低でもOSの互換性はないんだろうが
軍事用なんだから常識的に考えて

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 20:17:40.21
>>572
そんな無茶苦茶なw

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 20:37:10.88
>>567
実はバックドアなんて上等なもんじゃなく、残してきた潜伏人員がいて、合言葉と同時に
手近な端末で「ポチッとな」と……

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 20:53:54.75
美容と健康の食後紅茶のキーワード罠とは別に

オスカー以下主要な艦隊が入港した直後に
ブラフの時限爆弾と一緒に
完全機能不全トラップをかけて閉じ込める
イタズラをしてもよかったかと思う

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 20:57:44.56
>>576
そういう半端は「他にもまだあるかもしれん」って疑念を呼んでヤブヘビになるだけ
罠仕掛けるつもりなりなら「これが本命だったか……」と誤解させるくらい本気じゃないといかん。

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 21:10:32.82
高等弁務官としてのレンネンが無能だったせいで、各種設備の大規模な調査や改修行う時間的余裕に恵まれなかったことあるだろう

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 21:27:19.90
>>578
無能ではないだろう。
異常事態の対応に柔軟性を欠いたのが身の破滅を招いたが。

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 21:41:13.90
>>566
バックドアなんて見つけようとしないと、見つからないシロモノだよ

帝国はフェザーンを手に入れたのでイゼルローンを徹底調査することを怠った、同盟も降伏したし

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 21:42:51.44
>>577
時限爆弾は本命でないと疑いつつも見逃したロイエだよ?

本命=一杯の紅茶
対抗=時限爆弾
抑え=方舟脱出直後の機能停止

をやらかしても見逃してたんではないかな

>>578
ヤンを暗殺しようとした私怨はやっちまったが
占領政策の執政官として無能だったかは判断しかねるかな

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 22:14:23.27
>>581
無能以外の何物でもないでしょ
上司はしばらくこの膠着状態を続けるつもりだったのに好き勝手やった挙句報告もしないで自爆
個別の能力値って話じゃなく占領軍総督としちゃ文句無く失格だよ
芸術家提督が天体望遠鏡云々言ってるけど明らかに贔屓に色つけてるし失敗人事の最たるもんじゃね
メタで言えば作者がヤンに因縁つけて逆に殺されることで物語を動かす捨て駒として惜しくない人選だったんだろうけど

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 22:15:04.82
見逃した、というか、自分が当事者でないならいーや的な

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 22:15:27.43
>>575
その工作員、何年潜伏しなければならないかわからないから、
タンクベッドを冷凍睡眠モードにして、例のキーワードで
解凍&起床するようにしたのですねw

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 22:17:47.39
>>584
もしかして使われなかった場合延々と眠り通すんかいなw
ボトムズの最後みたいに

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 22:25:56.92
>>583
割とマジで最悪だなロイエンw
しかし単語の組み合わせを音声通信だか通信文だか知らんけど受け取るだけで機能もってかれるとかどんなプログラムなんだよ
帝国が使わない単語とかいってるから本当に何の仕掛けも無い通常通信なんだろうし

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/19(木) 23:28:55.25
>>583,586
一見無責任に見えるかも知れんが、ロイエンタールには、イゼルローン要塞
関連以外にもやることが山のようにあったからな。
イゼルローン方面からの同盟侵攻とか物資横領犯の銃殺とかwww

私見だが、一応マニュアルに沿った要塞占領は行ったと思うぞ。
どんなトラップや工作員が紛れているかわからんからな。

本格的に調査をやるべきだったのは、イゼルローンに残留したルッツ。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 00:08:49.49
>>587
ロイエンが太鼓判を押したから大丈夫とルッツが思いこんだのか、若しくはロイエンが大丈夫だってヘーキヘーキと言い張ったのか

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 01:44:03.21
>582
「金髪の小僧」時代に公正に扱ってくれたレンネンカンプをラインハルトが過大評価してるだけ
ヤンに負けたのはこの際どうでもいいがイゼルローン攻略戦でロイエンタールに反抗的だったのは
全く擁護の余地がないことであり、この件で降格あるいは更迭されてしかるべきだった
それを高等弁務官に抜擢するんだからレンネンを見るラインハルトの目は思い出フィルターで
塗りつぶされてるとしか思えない

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 02:24:18.93
そんなに占領した同盟が重要なんかな
マッカーサーはウェストポイント時代は
抜群の成績だったらしいが人格者としては評価低いし
最後は失脚してるし
そんなもんじゃないのかねぇ

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 02:28:00.66
レンネンカンプは金髪の忠実な部下だから
ロイエンタールに噛み付いたのは、ロイエンタールの考え方がある意味
ただの要塞攻略の範疇を超えていたからだと思う、ようは戦略的だった、ヤンみたいに

目の前の敵を倒すのが軍人の職務だと思っているレンネンカンプにはそういう態度は気にかかるのだろう

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 02:32:51.80
>>582もいったが、ヤンをハイネセンから追い出すというメタな理由だ。レンネンカンプは、むしろその被害者なのだ。
帝国本土ならあれで通じたのだがな。不運な人だ」byメルカッツ提督

まぁ、レンネンカンプについては、ミッターマイヤーの評が過不足なく表しているよね
…シュタインメッツとレンネンカンプの配置を入れ替えたら、上手くいったかな?

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 03:04:47.79
ラインハルトもオーベルシュタインに高等弁務官の人事について確認されたときに「失敗したら切り捨てるだけだ」みたいな趣旨の発言していたし、たしかに中将止まりなら幸せな人生だったのかもしれない

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 07:32:03.89
>>592
初めて実物のヤンを見て「おれはあいつに負けたのか」と憮然としたが
すぐに外見だけで判断してしまうような自分だから負けたのだ、って反省してるしなシュタインメッツ。
間違いなくレンネンよりはましだったと思う。

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 09:03:10.56
中将とは言わずともトゥルナイゼンやグリルパルツァーと同格程度ならまだ良かったのにね
ラインハルト旗下の主力提督として扱われながら能力人格共に数段落ちる描写なのが悲惨だ
双璧やミュラービッテンと比較すると場違い感が半端ないもんな

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 09:56:11.91
>>586
みんな、セキュリティってものに夢を見過ぎ。

Linuxという、主にPC用途のOSがある。オープンソースなので、世界中の誰もが自由に中身を
検証することができるし、実際に多くの技術者が検証と改良を続けている。
そのLinuxでさえ、重大なセキュリティホールが10年以上も見つからなかったなんてことがある。
勿論、誰かが意図して隠したものではない。無いように努めたがたまたま出来てしまった穴だ。

イゼルローン要塞のシステムなら、PC用途のOSとは比べ物にならないほど巨大なシステムだ。
そこに意図的に見付からないよう仕込まれたバックドアなんて、見付かる方がむしろ不自然だ。

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 11:45:44.15
ウィルスバスターをインストールするロイエンタール

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 11:58:05.38
siriにウィルスチェックを依頼するロイエンタール
空気清浄システムからインフルエンザなどの各種ウィルス数を報告するsiri

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 12:07:27.57
>596
単純なセキュリティーではなく「リスク管理」が問題なんだよ。

同盟軍が計画的に撤退したのだから、帝国軍はマルウェアの存在を想定してしかるべき。
システムのクリーンインストールが無理なら、検出漏れのマルウェアが存在することを前提に
運用しなくてはならないのに、ああも簡単に無力化されるのはお粗末極まりない。

同盟軍にしても、仕掛けが除去or意図的に残されている可能性を考慮せずに作戦決行してるから
低レベル同士で揃えて不自然に見えなくなってるけどね。

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 12:37:11.69
それを言うなら、マルウェアの存在を想定してしかるべきなのは
フェザーン回廊のほうじゃね?

システムは入れ替えられても住民は入れ替えられないんだし

帝国軍はフェザーンを手中に収めることに総力を尽くしすぎて、イゼルローンは後回し

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 13:37:48.56
>>596
むしろ帝国側がそんな仕掛けあらかじめ用意しておいてもいいはずなんだけどな
反乱や同盟に占領されること考えたら
>>599
そこだよな
ヤン以外馬鹿になりすぎ
>>600
フェザーンの場合完璧な奇襲だから色々仕込んでる暇はなかったと思うけど
元々なんか仕掛けあってもおかしくないからなぁ
何せ地球教の皆さんが作った国なんだし

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 14:03:18.30
銀英世界は重要データでもバックアップ無しで運用するのが当たり前みたいだし
コンピュータ周りの危機管理意識は極度に低いと思うしかない

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 14:29:57.54
>>599
少なくとも自分たちからは全くわからない部分に仕掛けられたトラップを防ぐのは無理だろw
マルウェアが存在するのを前提に運用しろと言ったってどんなものが仕掛けられてるのかわからないんじゃ防ぎようがない
もしそれが可能なら今のセキュリティソフトとウィルスソフトのイタチごっこは無かっただろうさ

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 14:58:34.80
>>603
その危険性があるなら一度占領された軍事要塞をそのまま運用すること自体がアホの行為じゃねw

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 15:09:05.43
>>599
リスク管理の重要性はその通りだと思うが、実際問題として手の出しようがない。

これがPCなら一旦フォーマットして再インストールすれば済むことだけど、
巨大な要塞のシステムとなるとまず止めることができない(住人の命に関わる)。
システムを多重化して1つずつ入れ替えることは可能だけど、結局のところ
優秀なマルウェアやハードウェア的なトラップなら渡り歩いて生き延びるだろう。

>>604
それって要塞丸ごと入れ替えるってことか。なんとも大胆な意見だね。
しかも確実である。ただ、残念ながら、資金その他の理由で非現実的なのが欠点w

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 15:12:20.41
>>604
建設のために首を吊ってしまった者がいたものをまた一から作りなおそうというのか!
なるほど実に遠大で大胆且つ画期的な提案だ
だが悲しいかな卿の提案には現実味が無い

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 16:07:36.02
>>605
いやいやw
システムトラップの危険性を誰も認識していない時点で手の出しようも何もないんだけどね
何かしらの案が出ててその対応は現状無理だからとりあえず後回しとかそういう話でもあればまだわかるんだけど
>>606
作り直してどうするんだよw
何の疑問も無くそのまま使うのがアホだっていってるだけで
単なるバックドアだから要塞取られただけだけど1年後に原子炉が暴走するとか
ジークカイザーラインハルトって通信すると要塞の全機能停止とかだったらどうするんだよ

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 16:12:04.80
>>607
じゃあ具体的にどうするの?
システムを一から作り直すの?
何年かけて?

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 16:36:28.51
>>530
帝国は検閲とか厳しそうだからな
独裁者になる前なら、ラインハルトを褒め称える分析本を出版すれば大貴族の不興を買いそうだし、かといってゴシップ本を出したら皇帝を敵に回しかねんし、検閲で弾かれるだろう
独裁者になったあとなら、やはりラインハルトをネタにした本は出しにくいだろうし

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 16:38:18.22
>>551
地味に仕込んだネタに突っ込んで欲しくてたまらんのだろう

だが断る

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 16:59:33.41
>>608
しらんよそんなもんw

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 17:06:24.51
現地で解体、再建造せずとも臨時で
ガルミッシュとレンテンベルクを設置
イゼルローンは後方で完全オーバーホール
あの時点なら要塞主砲いならいよね

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 17:23:08.82
ヤンもさあ我が家に帰ろうと自宅前に着いたら
あ!あれ?
とズッコける

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 17:57:00.95
ノートンイゼルローンセキュリティなりウイルスバスターforイゼルローンでシステムの完全スキャンを実行したけど、まだ完了してなかった説

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 17:58:36.77
ヤンを含めイゼルローン関係部署の人間全員ラングあたりに尋問させた方がよかったよな

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 18:00:34.38
>銀英世界は重要データでもバックアップ無しで運用するのが当たり前
>コンピュータ周りの危機管理意識は極度に低い

じゃなんでそこ狙われないのそんなに脆弱なのに

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 18:13:12.25
>>599
リアルでその程度以前の時代だった&作者の知識では……というお馴染みの問題

まあ、盗聴器やブービートラップとかに置き換えて考えれば、「やばそうだから、徹底的に掃除
しよ」と考えるのが当たり前と言えるな。

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 18:17:40.19
>>617
あれの何がすごいかというと、実質フレデリカ単独かつ短時間で工作完了してることだよな
パスワードどころか、工作の有無を知っている人間がヤン、フレデリカ、ユリアンの3人しかいないんだから

つまり、要塞の基本機能としてロックパスワード設定機能が存在したということなのだろう

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 18:18:48.70
>>601
仕掛けは、むしろハイネセンにあったというズレぶりw
何考えてハイネセンに仕込んだんだ? とルビンスキーに聞いてみたい位、意味がない。
ルビンスキーって実は早い時期−本編以前から脳腫瘍でおかしくなってたんじゃないか?と。いろいろ
外しまくりだし

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 18:23:08.86
>>619
たまたま皇帝がハイネセンに居なかったら意味無い仕掛けだしな
自分の体に光子爆弾を仕込むほうがまだわかる

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 18:25:17.39
>>616
そこが弱点=狙いどころって認識が人類の誰にもないから。

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 18:42:33.61
1980年代に
FM8 FM7 PC88 98 MSX 68000、
はたまたAT互換機、Macintoshなどでウィルスを気にしながら
コンピューターで遊んでた人は手を挙げてみてください

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 18:52:02.88
>>622
そもそもまともなネット環境が無かったし
黒電話の受話器使って音でデータ送ってたらしいな

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 19:11:02.64
>>622


1980年代後半だけど、FDにウィルスを混入するのが主流だった。
中にはサイズがわずか数百バイトという超小型ウィルスもあったりw

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 19:35:34.27
コピープロクテト目的のウィルスあったよね
オリジナルソフトの中にメカーが故意に混入させてたりして

まぁそんな時代に執筆された作品ですからね
2010年の視点で1600年後のコンピューター事情を予見してみてよ
まだウィルスに悩まされる世界なのか
ハッキング、クラッキングは根絶できないのか

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 20:16:55.99
やっていることは「紅茶」云々というキーワードで要塞の
システムを無力化するという単純なことだけど、
実際に使っている技術は現代に置き換えると、全世界のコンピュータを
ネット接続の有無関係なしに1/1000秒で乗っ取り、核ミサイルを発射する
スカイネットも真っ青の超技術だったりしてw

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 20:41:23.05
要塞攻略と言えば、副官以下がシュトックハウゼン見殺しにすれば失陥は免れただろうにね

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 21:10:17.05
>>527
軍においては上官の命令は絶対、というのがアダになった感じだが、

要塞の運用要綱で、要塞の保持が上官の命令より優先されるように
決められていたら、失陥は免れていたでしょうねw

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 21:14:44.93
>>628
リアル軍隊だと上官が能力発揮不能(意識不明、人質化等)の場合は想定されて規則が作られていると聞いたことがある

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 21:20:38.07
あのー 何気に
イゼルローンのオーバーホール案は却下でしょうか?

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 21:36:47.60
金と、その間要塞機能が著しく制限される問題をクリアしないとミリ

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 21:39:20.74
>>625
執筆当時の時代背景なんて関係なくね?
作中でシステムに簡単に悪戯できる技術があるんだから当然相手もそれに応じた対応取らなきゃおかしいって話なんだし
>>630
何にしても時間かかるしバーラトの和約結ばれた時点で対応検討するとかでもいいはずなんだけどね
上にあるようにヤン達への尋問とかも有効だと思うけど

633 :626:2013/09/20(金) 21:48:03.93
>>632
そういうことw

使われている技術は現代から見たら超技術での応酬なのだが、
技術的背景には関係なく、やっていることはものすごく単純w

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 21:51:47.90
ノートン先生大激怒

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 22:24:56.11
>>631
要塞機能の制限とは?
予定としては和約終戦後に作業するので
その時期に同盟に向けて巨砲装備要りますかね
金っていっても輸送コストでしょうから
2つの要塞にエンジン装着して回廊に設置
外してイゼ再装着して移動
安全安心を買うなら最も安上がりかと

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 22:30:26.37
重要拠点にある軍事要塞なんだしまーいっかわからんしじゃすまないよね
ラインハルトがイゼルローン取られて怒ってたけどあんたも必要なことやらんかっただろ、とw

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 22:33:08.13
>>635
> 2つの要塞にエンジン装着して回廊に設置

卿はイゼルローン要塞をもう一つ建造すべしと言うのか?

マルアデッタの戦いを見てわかりように、バーラトの和約後も
同盟軍は相当数の兵力を保持しており、短期間でもイゼルローン
要塞の戦力を喪失させるのは危険である。

要塞主砲が相対的にいらなくても、軍港としての機能は極めて重宝。

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 22:35:15.29
>>632
>>612に書いてありますよ

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 22:36:22.12
× 632
>>637

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 22:49:47.00
要塞のソフトウェア云々もだけど、要塞守備兵力が50万人もあるのに
わずか数千人の敵兵相手に敗れて乗っ取られてしまうのもどうかと思う。

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:13:49.01
ガルミッシュとレンテンベルクとイゼルローンそれぞれに通常航行エンジンとワープエンジンつけて移動させるの?
いくら予算かかるんだかしれんし技術者も兵士もその分必要だぞ。

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:29:02.52
イゼルローンの改修のためだけに大量の金銭物資人材を用いて回廊まで運んで
イゼルローンの改修が終わったらまた大量の(ryを用いて回廊から戻すのか
実に深慮遠謀な策だな

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:33:35.50
>>641
金と安心安全のバランス、コスパ考えれば安いほうでしょ?
なんかどっかの政府と電力会社みたいな思考やめてよ
エンジン数はイゼを移動させる分でいいんだよ
あの2要塞なら余るくらいだろう
さっきからなんだが、よく読んでほしい

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:44:57.89
イゼルローンを移動させるだけでいいって
2つの要塞を動かしたエンジンをそのままイゼルローンに取り付けて動かすつもりなの?

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:46:01.95
>>643
安い?
本当に移動させて作業するのが本当に安いのか?

本編でコストが語られていないから想像に過ぎず、どこまで行っても平行線だが、
卿の案では要塞の移動+イゼルローン要塞の分解掃除が追加されている。

イゼルローン要塞が一体いくつのパーツで構成されていると思う?
何億パーツでは済まないかも知れんぞ。
分解掃除にかかるコストと比較して、要塞を新造した方が安上がりになったらどうする?

それよりも、結果論に過ぎないが、イゼルローン要塞にシステム多重化を追加したほうが
はるかに安上がりだ。
追加したシステムはヤンのトラップの影響の範囲外だからだ。
もっとも、バグ出しが大変だと思うがwww

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:46:22.54
>>643
イゼルローンは無人のまま放置でいいんじゃない?そうすれば更にお安くできるよ。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:52:22.89
一杯の紅茶 で奪われた結果より金が大事だったという結論でいいですよ
新規建造の方が安上がりだったらどうする?といわれても
では新規建造せよ との答えしかない
奪われた責任どーすんの?皇帝として
間接的要因とはいえ、いっぱい死んじゃったよ

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:53:52.03
レンテンベルグ要塞は外部から攻略されているんだよなー(棒
ガルミッシュ要塞もリッテンハイム爆殺の混乱に乗じて、外部から攻略されている。

両要塞とも難攻不落には程遠いので、イゼルローン要塞の代替としては役不足のような希ガスw

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/20(金) 23:56:33.51
仮に2つの要塞に置き換えたとして
誰に奪取されるん?
ヤンは一体何隻で攻略すんのさ

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:03:46.55
>>647
イゼルローン要塞をヤンに奪取されたとはいえ、回廊の両端は
片側にエル・ファシルがあるとは言え、事実上帝国の支配下。

戦略的に考えたらイゼルローン要塞の価値は無いに等しいので、
放置さえすれば犠牲者は要塞を奪われたときのみに限定され、
それ以降の犠牲者は皆無で済む。

新帝国にしたら、イゼルローン要塞はいらない子。(冷静に考えてだけど)

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:04:06.24
>>647
ならそういうことで。
まあ、要塞を移動させるというのはかの世界観において
シェーンコップ曰く「あいた口がふさがらない類」の技術で、
ロイエンタール曰く「集団戦の意義もわからぬ低脳」な戦術思想のもので
しかも前例のガイエは大失敗だったので、後世とんでも兵器呼ばわりされるだろうものだから有効だとしても、当時実行はされないでしょう。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:08:38.39
>>647
新規製造するって、イゼルローン建造時予算超過で責任者自殺してるだろ。
そんなプロジェクト「イゼルローンの分解お掃除より安いから」って簡単に実行できるわけない

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:09:55.81
要塞主砲は撤去しといていいな。トールハンマーさえなければ墓穴にしかならん。残党の大半はイゼルローンに逃げ込むだろうからまとめて始末できるだろうし。
包囲してタコ殴りにすればFA

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:10:00.59
>>649
ヤンの保有兵力について、帝国は把握していないから、
# 同盟軍主力との結託もありえる
要塞守備隊はヤンの攻撃に恐怖で打ち震えることなるwww

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:14:36.83
ロイエンタールの野望が浮き足だった結果
ペテン師に盗まれて、再度戦乱、混乱しちゃった
ごめんね愚民ども

皇帝より

これがスレ住人の総括でいい?

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:19:50.30
野望てw
小説読んできなw

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:24:46.06
どゆこと?
もったいぶらずにここで解説を

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:32:31.93
ロイエンタールはヤンが爆弾の他に何かしら策を用意していたとしても、
その時に自分が当事者でなければよいとしてイゼルローンを接収したまで
この行動のどこら辺に野望があるんだ?
しかも浮き足だっての行動でもない。

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:47:47.98
リップシュタット戦役後にラインハルトが摂政・宰相に就任した時から
ロイエの脳裏にはいつかは、いつかは俺にもチャンスがと
考えていたではないか
そういう野望脳がイゼルローン点検の甘さを
引き起こしたのでは?
だから要塞に何があっても俺かんけーねーしと
考えたのでは?

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 00:56:41.98
それはどうか?
ロイエンタールは冷静かつ冷徹な実務家。あの時の彼の任務は要塞の攻略だけではないし、攻略、奪取した後の維持は彼の任務からすると重要性は低い。
しかものちの布石にしようとするならあるかどうかわからずどのような効果があるかもわからない罠を頼るより自分で策を弄しておくだろうよ。

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:01:01.92
結局、責任は自決したなんとかつう中将でええんかな?
帝国、ローエングラム皇帝としては、それでシャンシャン?

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:25:08.23
ヴェーラー中将だったっけ。あれは要塞を再奪取された責任を自分なりにとったということだろう。
基本的にラインハルトは死を以て罪をあがなわせるようなことはしない。
モルト中将は皇帝誘拐という大事に誰かに責を負わせなければならなかったから。事実決定まで躊躇いをもっているし、遺族に不自由はさせないと言い訳めいているが贖罪の意識もあるし、上司のケスラーには累が及んでいない。
ゾンバルトは自分の大言に責任をとらせたまで。
ヴェーラーも要塞を退去していたとしたら死を賜る程の罰は受けなかっただろう。ペテン師にしてやられたという思いは持っても。

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:40:03.05
誰でもそうなんだろうけど
身内やより近い臣下には甘いってさ
ルドルフも例外ではないけど、支配者としてどう思う?
客観的に見てラインハルトは高齢で崩御するまで
生きてなくてよかったかな?早死にしてさ

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:48:10.41
>>650
つーかこれヤンと戦うこと前提の意見だと思うんだけど
もっとやばい罠仕掛けられてたらどうすんの?
あんな適当なトラップでコントロール奪われちゃうのに

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:48:59.94
極端だし、本を読んでもいないようなレスだね。近い臣下に甘いのではない。主観に基づいてはいるが、敵であった同盟関係者に対しても処刑命令を出していない。
本部長とその一党は薄汚い裏切り行為ととられただけ。

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:51:17.02
別に身内だからやさしい身内じゃないから厳しいということは無かっただろ
しかも誰でもそうだと言うなら支配者としてどう思う?と聞かれたら誰でもそうなんだから当然じゃんと答えるしか無い
文体的に>>647=>>659=>>663なんだろうけど原作かせめてアニメでもいいから見てこいよ

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:54:44.13
>>664
だから、ヤンがイゼルローンを奪取したとして、回廊の両端を押さえておけばそれだけでいいんだってば。本当ならね。
戦略的に孤立した要塞に意味はない。ヤンとて不老不死でなく、自給自足可能な要塞にも限界はある。原材料まで自給は出来ないから物資自体はため込んだ分を使い切ったら終わり。

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 01:58:08.54
そのとおり正解だけどさ
トンチンカンな内容?
俺はなにで銀河英雄伝説の知識得たんかな
無知識、未読、未見で書き込んじゃったかな
どうしよう
なんでラインハルトなんて名前知ってるんだろうか
やばい、超能力者だ

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:00:06.32
とりあえず寝て、目が覚めてから小説読むなりアニメみるなりマンガ読むなりしてくれ

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:06:13.78
はい 了解
10段階で5以上はあると自覚してたけど
原作本篇原理主義者にはトンチンカンでしたね
すみませんでした
おやすみなさい

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:08:53.97
原理主義ww

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:10:40.68
こういう時ID出ないところだと面倒だな

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:11:06.17
数字が大きくなるほどトンチンカンになるわけだな。

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:18:28.74
IDの出るどこかの板で銀英伝総合スレでも立てる?
賛同あって、場所決めて、テンプレ用意してもらえれば
すぐに立ててくるけど

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:25:13.00
さて?ラノベかサロン位しか該当ない気がするが、そこで需要あるかどうか

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:36:40.10
>>667
だからヤンなんか関係無しに例えば時限式で要塞機能全停止させるトラップとか仕掛けられてたらどうすんの?

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:44:05.24
別に?
ヤンに占拠されていない、つまり銀河が帝国に統一されているならそもそも要塞は不要

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:53:55.68
>>677
例えば駐留部隊が要塞に仕掛けられた罠で何人死のうと不要だしどうでもいいやってことかw
で、修理の予算ももったいないし不要だからそのままにしておくかもしくは廃棄しちゃうの?
おっかないなw

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:56:23.66
何言ってんだこいつ

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 02:59:51.52
>>679
要塞に仕掛けられた罠の危険性それ自体と帝国の銀河統一なんて関係ないだろ
あんたこそ何言ってんだw

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:00:34.36
うん。何言ってるんだか俺にもさっぱりわからんよ。
ただ噛みつきたいだけなのは理解できるが

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:03:41.18
銀河が統一されていれば要塞の戦略上の必要性は限りなく低下する。維持に金と人がいるし軍閥の温床にもなりかねないのだから破棄してもいいくらいだ。
なぜ関係ないと?

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:09:01.68
>>680
レンネンカンプかおまえさんは

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:12:23.65
>>681
理解できないなら黙っててくれよw
>>682
無いよ
システムにトラップし掛けられた可能性を見過ごして放置することと銀河の統一なんて無関係
今後廃棄の予定なので保守は最低限しかやりませんて方針ならともかく

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:20:18.70
必要ないなら破棄しても放棄しても実質は変わらない。兵装を降ろすか破壊して物資を引き上げるだけでいい。
銀河が統一されているなら少なくとも短期的に敵性勢力は存在しないのだから。
おまえが「罠を見つけて解除する」ことに拘泥しているだけだ。

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:24:15.54
>>682
流石に要塞の破棄なんてしないんじゃね
2本しか無い旧帝国同盟領を結ぶ通路で治安維持の面からみても潰すには惜しい
物流もイゼルローン側ならわざわざフェザーン迂回しないでイゼルローン回廊使うだろうし
そうなると海賊さんが闊歩する事態にもなりかねない
旧帝国同盟どっちに出るにしても融通効く位置にあるし戦争してなくても部隊の駐屯地としての意義は充分あるんじゃね

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:30:26.34
>>685
作中の時点でまだ同盟は国家として残ってたし何が起きるかはまだまだ分からない状態だよ
完全統一されて情勢が安定しイゼルローンの破棄が決まってるならともかく
というか罠を見つけて解除に拘泥してるんじゃなくて
トラップの危険性を誰も指摘どころか認識もしていないのをイゼルローンが不要だからそれが正しいっていってるのがおかしいよって言ってるだけだ

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:35:24.96
意義はあるが極端な話、イゼルローン要塞そのものは必要ではない。むしろ規模がでかすぎてデメリットすらある。主に維持費とリスク管理の点で。
海賊さん相手なら数万隻と撃ち合える要塞は過剰。さらに軍閥の温床にもなる。
使えるから使う、というだけのことで、仕掛けられているかどうかすらわからないトラップに対して後方に運んで分解掃除だのは絶対やらないだろうよ。
もしも使用が不可能になるほどのトラップが作動したなら修理なんかよりさっさと破棄した方が早い。
そもそも作品内で一応の罠発見手順は踏んでいるわけだから、それ以上警戒するなら、端から使わないわな。

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:43:05.33
>>687
前提が違うな。ヤンと戦うことを前提にしていないならば、そもそも同盟などその時点では相手にもならない。
事実ヤンの麾下戦力以外はマル・アデッタで壊滅しているし生き残った戦力はヤンの下に走った。
ヤンと戦わないならば生き残りの戦力はそれこそ烏合であり、ゲリラ化するか海賊化するしかない。
掃討拠点にはイゼルローンは同盟領中心に遠く、規模も大きすぎる。

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:48:20.96
>>687
イゼルローンクリーンアップ作戦の詳細を一巻だか一章だか使って読みたいのか?

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:56:11.36
>>689
前提も何も銀河統一してないじゃん
ヤンと戦わないなんて話はそもそもしてないし
まだどうなるかなんて誰にも分からない状況なのに統一したからイゼルローンは破棄とか意味不明なんですけど
その手の話は10巻以降だろうよ
それにその話と同盟軍撤退による要塞奪還後のチェックは別の話だってw

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 03:58:49.75
何が起こるかわからないならば、それこそ同盟を征服してしまってから罠精査すれば済むことで、事実イゼルローンの再失陥を許しても同盟は滅んだ。
以後の回廊両端は帝国領なので、やはり回廊封鎖すればそれで終わり。

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:02:02.04
何らの現実的な具体案も出さずにあーだこーだ言われてもね…
システム再構築→時間的に無理だしそんなことしてる余裕が無い
別の要塞を移転→ガイエの例を見てないのか
って言われてるのに「じゃあ罠発動して発生するデメリットはいいのか」とかね…
いい悪いじゃなくてどうにも出来ないんだという事をわかっとらん

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:02:25.24
>>676でヤンなんか関係なしにと前提したろうあんたは。
ヤンが関係せず要塞が機能不全陥ったなら破棄でも破壊でもすればいいだろうが。ヤンに使われないなら帝国軍には重畳極まりない

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:06:05.74
やっぱり訳が分からないし分かってないw

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:06:21.67
>>693>>691宛なんですけどね
文体で見極めてもらいたい

697 :694:2013/09/21(土) 04:09:01.23
>>696
すまそ。リロってなかったから安価つけてなかっただけですわ。理解してます。

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:12:22.59
>>693
だから作中で誰もシステムトラップの可能性を指摘してないことがおかしいって言ってるだけだってば
ヤンを活躍させるために周りを馬鹿にしすぎだろ
>>694
あのさ〜同盟軍が撤退時に罠を仕掛けたことが前提なんだぜ
システムトラップの類がヤンのイゼルローン奪取とは関係ないテロじみたものな可能性だってあるだろ
例えばそんなトラップが突然発動して核融合炉が暴走要塞爆発で軍民合わせて500万人が死亡しましたとかでもヤンに使われないから重畳極まりないとか言うわけ?

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:15:31.06
>>693
>システム再構築→時間がかかるつう設定どこか記載あんの?
>別の要塞を移転→ガイエの例とは?

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:21:08.01
つーか勝手にイゼルローンが破棄されることが前提で話してる人がいるけど原作でそんな話あったっけ?

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:27:52.23
再インストール
回廊封鎖
別要塞
disって破棄に誘導してんじゃね

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:34:46.64
>>698
だからさ、要塞を再使用する際に作品内では爆発物の処理をしたよね?
かの世界での軍事ドクトリンは果たしている訳なんだよ。
ロイエンタールは接収後艦隊を同盟領に動かさないといけないから時間余裕もない。後発守備隊が探査をしたけど見つけられなかったのかもしれないし実施が間に合わなかったのかもしれない。もちろん何もしなかったかもしれないが本文ストーリーを追うに不都合があるかな?
極端な話、それこそ一章使って物語の主線にはなり得ないバックドア探しチームの苦闘と失敗を読みたいのかね?
さらにヤンに関係なく要塞を失ったとして、痛手ではあろうが帝国全軍から見ると致命傷にはならない。せいぜい一個艦隊の損失だ。ヤンに使われて拠点化されるより被害的にはよほどいい。
死んだ人間はどうでもいいのかと言われると「悲しいけど、これって戦争なのよね」というべきか?それより帝国の国力と勢力だと「忌むべきテロ活動」とプロパガンダすれば反同盟残党狩りも捗るな。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:37:31.00
>>699
システム再構築がボタン一つで出来ると思うのか?

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:41:44.68
>>698
一応ロイエンタールが爆発物検査やったしそれ以外の可能性も考慮しただけで十分だろ
それだけでもしかしたらちゃんと後任のルッツ達も検査していたかもしれないがそれ以上の描写は必要ない

>>699
イゼルローンほどの巨大な要塞のどこにトラップが仕掛けられてるか分からない以上
イゼルローンのシステムを"全て"新しくしないといけないわけだけど
システムが考えたらパッと出てきてポンと適用されるものだと思ってるの?
ガイエ一つに200万の将兵(その全てが工作作業に従事していたわけではないだろうが)が動員されていたのに
2つの要塞を移転させるとかイゼルローンのためだけに400万人も動員させるつもりなの?

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:44:02.21
>>703
極端すぎね
どーして詳細な設定記述のない未来のコンビューターで
再構築に時間がかかると断言してる理由と根拠を知りたいんだが

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:46:18.83
>>705
少なくとも今の時代の基準で言えば
技術が進歩すればするほどそれを作ってる人たちの作業が複雑化していってるからな

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:48:09.65
>>700
ない。が、それを言うならば作品内で成立している事項
・システムトラップはないまたは見逃された
・パスワード式の機能乗っ取りで要塞砲を発射した
に対し、作品内ではなかった
・ヤンに関係しない時限トラップ
・融合炉破壊で500万人死亡
他、問題として成立し得ない話題である。原作には「なかった」のだから。

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:51:00.08
つまり俺らは現代人で現代人の思考しかできない
だから未来のコンビューターも再構築するのは
複雑で時間がかかると断言できるんだぞと?

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:51:07.98
おっと
システムトラップはないと見なされたまたは見逃された
だな

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:52:54.76
すまん
>>708>>706へのレスポンスな

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:55:48.29
>>708
未来ならボタンポチーで不具合が一つも無い完璧システム構築って考えよりかは遥かに上等だと自負してるよ

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 04:57:06.78
>>708
少なくともこの完結作品内では描かれた以上の事は成しえないな。
かなり前の作品という事を考慮しても現代日本人が書いたのだから、類推する技術は現代から想像しえるものだ。
もちろん作者がボタン一つでシステム再構築ができる世界だと規定していればその通りになるのだろうが、>>708はそれを証明できるのかい?

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:03:32.36
なんでボタン一つ、ボタン一つにこだわるんかなぁ
あんただけだよボタン一つ連呼してんの
なんでボタン一つ?

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:04:53.31
おや、ならばいつ誰がどうやってシステム再構築する前提で話してるの?

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:07:18.78
二人にレスされてるのに一人…いやうんいいけどね別に
ともあれそれは置いといて
ボタンひとつじゃなくてもいいけど未来だからシステム構築は簡単で時間はかからないという根拠はあるのかな?

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:07:26.76
ボタン一つでなくてもいいけどさ、ならどの位の時間と人手と交換部品と予算を想定しているの?

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:13:17.90
>>712
ボタン一つなんて誰が言ってんだよw
システムの構築かリカバリか他か知らんけどガイエスブルグを移動要塞にするシステムの構築は恐ろしい速さだったと思うんだが
あの制御システム新規に構築し実戦投入まで出来た速さを考えると現代の基準ではかるのは無理がありそう

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:16:15.83
>>717
いやあれは別にガイエスブルグのシステムを一新させたわけじゃないですし…
っていうかあれに苦戦したのはガイエスブルグとワープエンジンの調整ではなく
ワープエンジン同士の調整ですし…

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:17:56.37
コンピューターのことについてだが
証明できない、想定もしていない
時間がかかると誰かが書いたから、どーしてだ?
と訊いたまで
設定のないものは現代(執筆当時)の情報と知識を用いた思考を適用する
と解答が得られたので今は満足した
それでいい。ありがとさん

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:18:53.88
ガイエの移動システムは事前にシャフトが考案構築したものでいつから研究していたかは明らかにされていない。技術的にも既存技術の発展。

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:20:29.70
なんだ、持論はなかったのか?

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:25:05.46
>>718
流石にエンジンがメインと繋がってないわけがなかろうw
つーかシステム一新より下手したら難しいんじゃね?
元々不動要塞として組まれたシステムを移動要塞として機能するために色々付け加えたんだろうから
既存のプログラムと干渉しないでスムーズに実戦にまで投入できるレベルにまで超短期間で完成させたんだぜ

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:26:03.23
>>721
持論などない
素朴な疑問を質問して解答をもらう
素朴な疑問に解答できそうなことについてはその場で考えて書く
設定厨でも妄想厨でもないんでね

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:26:36.61
「リスク管理ちゃんとしろよ」→「どうやるんだよ」「無理だろ」
→「ラインハルトは身内に甘い」→「どこが?」「原作かアニメ見た?」
→「もういい寝るおやすみなさい」

「要塞の人が死んでも良いっていうの?」→「何言ってんの?」「???」
→「システム再構築に時間かかるって根拠は?」→「常識で考えろ」「時間がかからないと思うの?」
→「【常識的な考え】聞いて納得したわ満足したのでそれでいいやありがと」

次はどう来るか

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:27:57.92
他人の考えに納得できないからと延々ゴネてるだけのようだったな

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:30:19.29
>>722
元々普通の推進用エンジンなどもついてなかったわけだから
ガイエスブルグ要塞自体のメインコンピュータにつなげればいいだけ(厳密にはだけではないがw)
気にするところがあるとするならプログラムの内的要因ではなくエンジンをどこ付けるかとかどう付けたらいいのかという外的要因

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:31:01.94
>→「システム再構築に時間かかるって根拠は?」→「常識で考えろ」「時間がかからないと思うの?」
→「【常識的な考え】聞いて納得したわ満足したのでそれでいいやありがと」
この2つだけ
あとはIDスレ立てるかい?と書いただけ

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:32:11.55
どっちにしてもゴネただけじゃんw

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:34:53.62
>>727
そうなの?
改行の仕方や?の付け方から同一人物かと思ってたわw

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:39:43.12
お前ら一晩中やってんのか

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:39:56.07
俺なーんのアイデアも対論も出してないゴネてた者なんで
上の方は別人
んでIDスレはしばらく棚上げのようですな

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:40:49.76
>>726
少なくとも現代を基準に考えれば単に外付けのエンジンをつけただけじゃ制御なんてできないよ
仮に完全に別のシステムをつけたとしてもメインと連動させて調整しないとどんな不具合があるかわかったもんじゃないし
それにエンジンをどこにつけるかだけじゃなく誤差なく同時点火同出力とか複雑極まりないような気がするけどね
兵装との兼ね合いもあるし帝国のエンジニアは優秀だよ
いきなり実戦にだして何の不具合もないんだから

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:41:58.37
連投わるいが
>>730
今から参戦?第三者の目から評価してくれる?

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:44:06.73
>>733
参戦なんかしないよ
用事で起きたしね
頑張ってくれ

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:45:48.55
残念
ありがと頑張る

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:47:07.25
>>732
…それ全部エンジンの間の問題な気がするが…
同時点火同出力は簡単に言ってしまえば同じ信号を送れば同じタイミングで同じ行動を取る
ただエンジンの性能が違う場合は1秒後に100%のパワーで点火・噴射しろという信号を送っても
性能が違えば点火に時間がかかったり100%の力で噴射しても性能の低いエンジンの噴射が弱いということになる

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:50:38.80
エンジンの同期に関しては
新幹線や電車のモーターと同じように考えればいいだよな?
もっとシビアで精度は比較にならんだろうが

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:56:47.87
モーターとは違うと思うがw

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:59:00.33
>>737
四輪の各タイヤ内にモーターを取り付けた電気自動車を想像して
より高精度なタイミング同期が要求されるものと単純にかんかえればよい

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 05:59:10.55
>>736
それを制御するシステムは一から構築してるでしょ
例えば不調でBエンジンだけが99なら他も99に合わせるとかその辺の微調整は当然オートだろうし
エネルギー供給等でメインと連動してない方が無理がある

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:03:42.45
>>740
制御するシステムはそりゃ作るだろうけど
だからと言ってガイエスブルグの要塞にすでにあるその他のシステム(上記で上がった兵装や居住システム)には多少の手を加える必要はあるだろうが
まっさらから始めるものではないしなぁ
ってかメインコンピュータと連動してないとは一言も言ってないんだがなあ…

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:07:23.56
ん?乗せられるとこだったが、話題には会わせるが
複数ワープエンジンの同期技術についてのネタにかわったのね?

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:10:57.58
>>741
メインと連動するならまず確実に干渉がおきてシステムに不具合がでるよ
それで不具合を修正していく作業を延々とやり続ける必要があるし
実戦投入前にそれこそ考えられる限りの試験運用で問題点を洗い直す必要がある
それを数ヶ月だかで完遂しちゃうんだから現代と比較はちょっと難しくないかな

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:11:45.07
元々そっちの話のつもりだったが…
俺は「ガイエスブルグは中のプログラムの調整よりもエンジンの同期などのほうに苦戦してたんだろう」って言ってるんだし最初に

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:13:00.27
>>743
そりゃ不具合出るよw
出ないとも言っとらんw
ただ>>744ってだけ

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:13:07.64
8個の同期は技術的に確立しているとして
12個と数が増えればより難度は高くなり
4個なら8個よりかは簡単なのかな
素朴な疑問よろしいですかね?
例のゴネ者からのしつもんなんですが

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:18:16.03
>>744
エンジンの同期もコンピューター制御でやる以上全部絡んでくる問題だと思うけどね

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:22:10.40
>>747
だからそれ以外の部分も全く関わらないとは書いてないだろw
ただそれらの労力<エンジン周りの調整と言ってるだけだw
何しろ理論上は可能という頼りない物だけを頼りに一から作ってるシステムなわけだしな

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:28:27.78
>>748
だから理論上は可能という頼りない物だけを頼りに一から作ってるシステムを
たった数ヶ月でソフトハード両面の問題を完全に解決し実戦投入できるとか現代じゃありえないでしょ
って話なだけですよw
エンジン周りの調整の労力は大した事ないなんて書いてないしね

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 06:59:58.18
誰かこいつらを同期してやってくれんかね

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 07:00:14.86
現代ではあり得ない速度、短時間で高度な技術開発を実用化までに達成させてしまう
テクノロジーやスタッフが存在するとういうのには賛成
ワープエンジンだけでなく他分野の技術開発速度はどうなんだろうか

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 07:04:31.09
>>660
大掛かりな罠で小さな罠を隠すってヤンは言ってるし
良く調べたらみつかったんじゃw
単にロイエンタールが騙されただけっぽい

753 :ドバト:2013/09/21(土) 07:05:44.34
>>750
友愛してくれるわ

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 07:09:04.64
>>751
ソフト面だけじゃなく
ハードも込みである意味新兵器を
驚異的なスピードで完成させてることを
考えると軍事技術に関しては
他も似たようなものなんじゃないかね

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 07:26:01.97
>そこが弱点=狙いどころって認識が人類の誰にもないから。
>ドヤァ

・・・・・

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 07:54:05.10
銀河システム管理伝説w



・・・すごく、読みたくねぇぇぇぇ!!!(SEの叫びw)

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 08:04:28.29
 「その時、一つのアクセスランプが瞬いて消えた…。」
 「その時、一つのプログラムが一般保護違反で終わりを告げた…。」
 「次回、ハードディスク伝説 第256話」
 「データ還えらず」
 「再インストールの歴史がまた一ページ…」

# nifty 銀英伝フォーラム(24時間喫茶イゼルローン)より拝借(^^;;;

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 08:54:50.43
>>756
オーベルシュタインが航路局のデータのバックアップをしているぐらいだから
エンジニアたちは気楽そうだがなw

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 09:44:16.33
>>756
システム管理自体誰もまともにやってなさそうだし2P位で終るなw

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 09:56:15.63
トラップかけたりかけられたりしてるのに脆弱性に宇宙一人誰も気づかず
攻撃対象にもならないって何それ

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 09:57:18.78
>>752
調べられたら困るから爆弾置いといたんだもんなw

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 10:13:51.13
過去ヤンのやり方で要塞を攻略した例はないんだろうな
帝国暦以前でも以後でも
まあこれ以後は徹底的に調査されるでしょう たぶんww

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 10:32:13.78
ヤンは同じやり方で要塞奪取しにくいように通風孔にガスフィルターを導入したけど、
逆に、既に導入されてたらどうするつもりだったんだろ?

睡眠ガスが使えなければ100万以上の守備兵をどうにかしないといけないし、
要塞守備兵が健在なら司令部要員は
「ここで自爆しても将官クラスが何人も残るから、要塞は維持できる。撃とう」という判断に至る可能性もある。

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 11:42:10.80
670です
寝ろ 起きろ 読め >>669の方 おはよう
作品は夜にでも拾い見か拾い読みしてみようかと
スレはだら〜っと字数だけは多いみたいですが
どうなりました?

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 12:06:09.74
>>763
どうやって100万以上も武装解除&拘束し捕虜として後方に移送したんだろうな
結構本気で気になるぞ

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 12:40:23.08
>>765
シュトックハウゼンに降伏を呼び掛けさせれば
武装解除はできるのではないか。
ただかなりの手間だろうな。
漏れて要塞に隠れていたような人もいたし。

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 12:48:30.42
フィルター等が装備されていてガス作戦が無効化されてしまった場合、司令部のNo.2が覚悟を決めて
「司令官閣下!叛乱軍の多数はここにいます。そして、守備兵はなお健在です。
 我々が犠牲になることで要塞失陥を免れるとするならば、ここで名誉とともに
 ヴァルハラへ赴くことを恐れるべきではありません。ジーク・カイザー!」
と引き金を引いてゼッフル粒子を引火させれば、ヤンはけっこう面倒な状況になるな。

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 13:00:06.09
それなら、ヤンがイゼルローンを占領した時破壊しておけばどうなったかな
帝国領を侵攻する足場が無くなってフォークの作戦案が却下されたかも

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 13:08:04.10
>>766
大人しく出頭してきた奴はともかく
反抗する逃げるとかあるだろうし情報部員は何かやらかすかもしれないし
民間人捕虜の扱いやら人員名簿とすり合わせるだけでもキャゼルヌが10人くらい死にそうだなw

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 13:33:35.55
>>767
時系列ではガスを使用したのは司令部が降伏した後だよ。その論理ならレムラー中佐が発砲して
どかんでお終いだが。実際にも撃とうかどうしようか迷ったところに司令官が命惜しさに降伏し
ろって言ったから渡りに船で彼も降伏したけど。

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 13:35:38.28
要塞司令官がオフレッサーだったら陥落しなかったのにな

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:15:11.92
>>771
相方の要塞艦隊司令官に暴行を加えてすぐに更迭されそうだ。

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:25:55.39
オフレッサーがそんな奴なら上級大将にもなれんだろw

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 14:27:06.80
要塞司令官と艦隊司令官を統合する案はポストの減少を懸念した軍上層部によって却下されてきたらしいが、何を懸念していたんだろう?

普通に考えれば、どちらかを総司令官にするなら要塞司令官しかない。駐留艦隊は戦闘時に要塞を離れることが多い上、戦死の確率だって要塞司令官より高い。
そして、駐留艦隊の規模は15000隻なので、帝国の軍制では司令官はほぼ大将確定。それ以下の階級がこの規模の艦隊司令官を務めた事例がない。

となると、指揮権の統合化を考えるなら駐留艦隊司令官を大将にしたまま要塞司令官を上級大将にするしかない。
ポスト減る要素ないやん。

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 15:11:57.92
>>771
司令部要員も装甲敵弾兵の皆さんだなw
逆にシェーンコップがフルボッコにあって要塞主砲でヤン艦隊消滅ヤン戦死で銀河英雄伝説完となる

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 16:41:36.10
>>775
てき弾兵のみなさんは当然いたんでしょうけど、待機所みたいなにとこで
みんな無力ガスで安らかな寝息か。まあ敵襲とは思ってなかったし警戒態勢
程度だったからしゃーないね。
>>774
単純にヤンがそうだったように要塞指揮官兼艦隊司令官を一人にするだけだろ。
両者に序列をつける話ではないと思うが。

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 17:32:18.54
>763、図面手に入れてた地点ではフィルタねえ、でその後フィルタ入れる工事とかなきゃそのままいけると思うんじゃないか?
>768、占拠できたならそれ以上破壊するのは無理だろうな。占領したらそれ以上なんかしようするほどヤンは働き者じゃねえべ・・・まあ破壊行為が咎められて予備役編入!ってなればヤンは大喜びだろうけどなw

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 18:35:48.84
白兵戦でよくビーム避けてるけど、矢ならともかくちょっと無双すぎでしょw

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 20:12:13.58
装甲服は鏡面装甲されていたし、無反動式オートライフルが強力な武器だそうだ

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 20:16:09.54
>>778
ビームは避けられんだろ
撃ってくる奴を認識して避けてるのだろ

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 22:40:03.94
ビッテンフェルトが覆水盆に帰らずって言うセリフあるけど
この時代まで伝わってる慣用句ってすごいよね

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 22:45:35.08
never cry over split milk

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 23:41:23.54
ケスラー家に伝わることになるであろう魔除けの呪文もなかなかの歴史だ

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/21(土) 23:56:19.63
細かいことだけどスマソ慣用句に違和感感じんたんで諺・ことわざのカテゴリーだと思う

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 00:43:36.03
義手も足も出ない、という新しいことわざも生まれた。

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 01:04:35.38
オイゲン「……」
ミュラー「……」

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 02:08:30.07
一撃必生なる言葉も新たに生まれた

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 02:38:08.47
ロイエンタールは、死ぬほどの怪我だったんですか?自殺ですか?

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 02:44:54.62
>>770
司令部要員が全員武装していた場合、誰かが英雄的行為で発砲すれば、即陥落はなかっただろうな。

その場合は司令部ブロックが大打撃を受けるだろうから、いずれにせよ継戦能力は失われそうだが、
司令部以外の要塞兵は健全なので、同盟が占拠して利用することは出来ない。
(仮に占拠したとしても武装がちゃんと動くか疑わしい)
となると、いくらヤンでも半個艦隊で倍の駐留艦隊と戦いたくはないだろうから、ここが思案のしどころになるな。

駐留艦隊が戻ってくる前に要塞を占拠した上で機能回復できれば勝ちだけど、そうでないなら
駐留艦隊を始末した上でさらに要塞攻略をしないといけなくなる。

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 02:50:31.52
>>788
治療に専念すれば命はとりとめたでしょう
なかばプライドで半分自殺です

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 02:54:25.53
ウルヴァシー事件直後ならともかく、あそこまで状況が進んでから生きながらえても処刑される以外の未来はないしな

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 10:26:55.25
もし、あそこで負傷しなかったらハイネセン防衛戦とかあったかな
民主主義の本拠地で帝国軍の双璧第二次攻防戦というのもいいかも

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 10:38:34.37
孤立無援状態で麾下の将兵がどれだけ戦ってくれるか。
速攻で片付けるならハイネセン以外の惑星との補給線を断てば
終わりだろう。実戦になっても戦うのはグリルパルツァーだろうがな。

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 10:56:43.29
初戦勝てなかった時点で次はないよ
ロイエンタール自身も言っていたように勝つことで自らを正当化するしかなかった

第二次ランテマリオ会戦は終わってみれば終始ロイエンタールが押されっぱなしだしね
将兵からすればいかにロイエンタール提督と言えど疾風や黒色騎兵相手じゃどうしようもないと
絶望しか感じなかっただろう
会戦後の兵卒の義理を果たしたが正直な心境だよ

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 11:02:12.42
最初から先が見えていたな 反逆は英雄の特権だそうだが
巻き込まれた兵士は可哀そうだな 市民に危害が及ばなかったからマシか
そう思えばラインハルトのゴ王朝への反逆はうまくいったな 
違いはどこだろう 民衆の支持かな

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 11:41:49.69
>>795
政治的、軍事的に圧倒的に有利になるまでゴ朝そのものへの敵意を隠しとおした
ことでしょう。正確に言うならゴ朝そのものへの反逆は彼が茫然自失の間に勝手
に部下がやったことだけどな。

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 11:43:36.84
>>796
あと、そもそもフリードリヒが内心で簒奪を応援してたというのが大きい

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 15:23:42.90
ロイエンタール自身が勝算やラインハルトの統治が間違ってるとか能動的な理由で反逆したんじゃなかったから
単にラングごときの陰謀に載っての反逆
宇宙艦隊の寝返りや旧勢力の反撃とか期待できないから
一戦一局は勝てても後が続かないだろ

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 16:49:58.98
ラインハルトが失政して民衆の支持を失い、政権内に応援者いて
優位な軍事力があればロイの反逆は成功した 無い以上失敗は明白
冷静に状況を分析したルッツの義弟のエルスハイマーは賢いな

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 16:55:22.97
>795
そもつもりで時間かけて計画的に行われた反逆と
行き当たりばったりで反逆したのとを比較してもしょうがない

成功どころか一回でも艦隊戦が成立しただけで驚きだよ
遠征軍がミッターマイヤーやビッテンフェルトと聞いただけで瓦解しても不思議じゃなかった

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 16:59:36.09
>>800
瓦解したほうが両軍の兵士にとっては幸せだったろうがw

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 17:09:46.05
短期間反動をしただけですぐ死んだラインハルトだから
生き恥さらさないで済んだという意見が大方の政体なのに
なんでヒルダが立派に治めたみたいな論調になんの?
原文の育てたってだけで上記の理屈からすれば長期持つ訳ないじゃん

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 17:38:52.56
若くして死んだラインハルトは民意をまとめる最高の偶像だろ
死者は何も言わないからな

長期間王朝が続くとしたら、ロ王朝が民衆の支持を受けた政策を行い、
自分達の権益を守るため官僚や軍人が団結すれば長期間続いてもおかしくない
もちろん 内部分裂して瓦解する未来があってもおかしくないよ
 

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 17:59:28.03
そういうこと言ってんじゃない
ラインハルト治世そのものがが続く政体ではないとは
過去からこのスレでも語られてるじゃん
それなのに同政体のヒルダはそうは語られないだろ
おかしい論調じゃないかと言ってる

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 18:28:12.96
>>804
もう一度なにをおかしいと思ってるのかまとめて、それを人に伝えられる文章にしてみて。
今のところ、なにをおかしいと思ってるのかさっぱりわからん。

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 18:30:15.06
ヒルダは育てたという結果だけあって、途中経過が語られていないからしかたないかと

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 19:00:02.96
作品は後世の歴史家が回顧録のような形で語っていると
仮にもヨシキがゆっとるのでビルダが悪女扱いされてなければ後世の人たちにはよい人に見えたのだろう
北条政子、淀殿、春日局にどうゆう印象を持ってるかは個人個人だが、
おおよそのイメージを一言でと聞かれたら、同じような答えなんじゃないか?

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 19:21:36.38
>>795
時間とタイミングじゃね
そもそもロイエンのアレは駄々みたいなもんで比較できるようなもんじゃないとは思うけどね
ミッターじゃくてラインハルト本人が来たらまともに戦うこと自体出来なかっただろうし
>>804
専制国家である以上皇帝は必ず堕落するが
ラインハルトが短命だったから老醜を晒さずにすんだのに
何故ヒルダが治めたらそんな悪評とは無縁だったか?ってことかな?
よくわからんぜ

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 19:24:18.82
>>808
現実の専制国家でも、名君として名を残してる君主は何人もいるやん
ヒルダもそういう扱いだったということでいいんじゃね?

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 19:32:39.96
>>807
政子はともかく
後ろの2人は大嫌いだ

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 19:41:55.99
>>809
808だけど俺自身が専制に否定的なわけじゃないんでw
804の質問?の内容がイマイチよく分からないんでこういうこと?ってききなしてみただけで
銀英世界は作中で一応終るけどゴ朝滅亡以後ぽい後世の歴史家さん達からは悪評が無いんで
少なくともヒルダはそれなりに良い統治をしたと思うけどね

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 20:05:10.87
帝国第3テレビの「皇室アルバム」で、ヒルダの授乳シーンなんかをやってたんだろ
夫を亡くして若くして乳飲み子を抱えた寡婦となり、
しかも帝国の国母としての責務もはたさなければならない

国母だからといって「チッ、うっせーな」と呟いたりは出来なかっただろうしな
そんな彼女にそりゃ、同情は集まるだろう
失政と呼ぶべきものがあっても
「ありゃ、ヒルダ様は悪くねえべ。悪いのはあのロリコンのケスラーつう野郎だ」
「んだ、んだ」
で済んだはず

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 20:24:00.12
帝国第3テレビは新帝国歴1年3月31日を以て終了しました
4月1日以降は帝国プライム・帝国プレミアムをお楽しみください

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:00:25.16
評価を下してる未来の歴史学者にはなんの関係も無い話だなw

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:29:14.97
>>806
ロ王朝が長く続いたのか、短命だったか他に情報がないからな。
少なくともヒルダの代とアレクの代まではあるだろうってぐらいだ。


>すぐ死んだラインハルトだから生き恥さらさないで済んだという意見が大方の政体なのに
ラインハルト個人の可能性、評と、あり得たかもしれない内政とその手腕、王朝自体への評の
推測をゴッチャにしている。
ラインハルトが後年やらかすかもしれないって意見は生前ができすぎってことの反動にすぎな
いし。可能性だけ言えば、ゴ王朝を反面教師にしてしっかり治める可能性だってそれなりにあ
る……でも、それ語って面白くないじゃんw

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 21:51:07.93
まあラインハルトも乾隆帝みたいに在位60年とかになると
頭おかしくなって老害になるだけだから若くして散ったほうがよかったのさ

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:01:41.72
イヤーン、上に〜〜

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 22:32:30.56
>>815-816
ラインハルトは絶対権力者になった頃から「自身を打ち壊したくなる」
衝動に苛まれていたからなー

在位20年あたりで宇宙最悪の破壊者になっていたかもしれん(ガクプル

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:01:24.78
>>818  宇宙最悪の破壊者て具体的に何するんだろう?
ルドルフみたいに劣悪遺伝子排除法を制定するとも思えんが

820 :818:2013/09/22(日) 23:17:29.61
>>819
ラインハルトの本質および欲求は、強大な敵と戦いたい。
それが例え自分自身でも。
ビッテンフェルトとは意味は異なるが、玉座の破壊衝動(w)と言ってもいい。

物語中では自分自身のつらい経験もあり、民のための政治を
行っていたが、それはあくまでも義務。
欲求が義務感を上回ってしまったとき、恐ロシアなことに・・・(ガクプル

ラインハルト在位中は、ヤン・ウェンリーやロイエンタールという
強大な敵が現れてガス抜きができたけど、その他は誰が
ガス抜きの役をやれるのか?

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:17:46.34
>>819
さて?既得権益を剥奪された者からの皮肉形容だろうな

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:17:54.32
>>819
「陛下、陛下は後継者をまだ定めておりませぬ。誰が貴方様の帝国を継ぐにふさわしいのですか」
「もっと強き者だ」
 この言葉が老ラインハルトの最後の言葉だった。
 この言葉をきっかけに銀河は再び戦乱に陥る。

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:24:50.05
>>822
500年もの歴史を引っくり返したからこそ
後世の歴史家も興味、魅力を持った20〜30年間だったのだろう
その後すぐに大きな内乱が起きてたらラインハルトなど歴史に埋没してた

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:31:34.91
>>820
要するに自分が強いと思ってる奴と艦隊戦やりたいだけだからな実際はw

ボケたらルドルフに出来て俺にできない訳がないとか言いつつ不満勢力の虐殺に走ったり
ジークフリード計画とかいってキルヒアイスのクローン作ろうとしたりするのかねw

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:32:27.67
>>822
それ以前に、毎年のように

「余より強き者は居らぬか? かかってこい、相手になってやる!」

というのが定例になったらやだなw


>>823
ラインハルトの実質的な治世が5年弱と非常に凝縮されていたことが、
後世の歴史家にとって疾風怒濤の光り輝く魅力的な時代に見えたはずだ。
その後、ラインハルトが燃え尽きて崩御し、続いて安定な時代が到来すれば
なおさら。

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:37:31.97
>>823
内乱が起きてたら起きてたで
500年もの間安定していた歴史を昏迷の渦に叩き込んだ元凶として鮮烈な印象を残してると思うw

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:48:26.24
>>826
なるほど、それもありそう

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:51:58.89
オーベルシュタインが地球の破壊を云々とか言っていたけど
これをやれば宇宙最悪の破壊者といわれたかもね

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:54:09.66
こりゃラインハルト対アレクの親子対決もありえるで

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/22(日) 23:59:26.71
ママが男って、男って・・
実家に帰らせていただきます
と親子でママに謝りに行く微笑ましいホームドラマ

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 00:00:25.07
>>829
ラインハルトに追放されたアレクが仲間を集めて父親と戦うわけですね

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 00:25:56.29
>後世の歴史家にとって疾風怒濤の光り輝く魅力的な時代に見えたはず

はず
願望を既定事実化して前提にするなよ

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 00:55:13.62
>>832
いやこれ願望でも何でもなく普通に考えて可能性高いことだと思うよ
未来史は語られてないからなんともいえないけどさ

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 01:05:58.73
この流れって、わざとアンチ・ローエングラムを演じて論破してみせろの姿勢が
透けて見えるが俺だけかな

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 06:23:55.43
プロレス団体みたいただな

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 07:25:01.86
少年を近習にしてるの多いけどなんでですか?
ヤン、金髪獅子、姉、碧眼

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 07:44:40.21
日本の戦国時代の風習の名残です

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 07:54:45.53
主要登場キャラ数からみれば割合低くないですか?
養子であり、従卒であり、側用人であり、執事であり

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 08:02:37.82
>>833
そういえば、作中、後世の歴史家によるヤン評は辛辣なのがあるけど
ラインハルト評はないな
ナポレオン以上始皇帝以下くらいの覇業を達成してるのに。
意図的に書かなかったのか。

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 09:16:04.22
後世の歴史家が書いたのが銀英伝?

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 09:51:21.03
後世の歴史家の残した文献をさらにもっと後世の作家が歴史小説にしたのが銀英伝

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 09:59:34.73
「ミッターマイヤー元帥に問うが、ロイエンタール元帥の愛人はは何色の髪をしているか」
「?...たしか黒い髪であったかと思いますが、わが皇帝(カイザー)」
「はずれた。クリーム色だ。あいかわらず帝国中の花束を独占しているらしいな」
「クリーム...!?」
「...どうしたミッターマイヤー元帥?」
友情に亀裂が入った瞬間

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 10:06:05.43
シュタインメッツとかロイエンタールとか、独身だしなにも後ろめたいこともないのに
彼女のことを「愛人」と表現されるのがかわいそう

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 10:09:00.85
>>842
ロイエンタールの性癖からすると……誘ってきたのは女性の方なのは確定。
友情に亀裂が入る前に元帥夫婦の間に亀裂が入るだろう。

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 10:15:22.09
>>843
かわいそうと思う君に差別意識があるからだ。
「恋人」以上の「内縁関係」にある異性を、その関係を知る周囲は「愛人」と言う他ない。
もちろん、それ以外の関係もあるが。
>独身だしなにも後ろめたいこともないのに
その責任はロイエンタールやシュタインメッツの方にある。

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 10:20:36.88
「ミッターマイヤー元帥に問うが、ロイエンタール元帥の愛人は何色の髪をしているか」
「?...たしか黒い髪であったかと思いますが、わが皇帝(カイザー)」
「はずれた、ショートのくすんだ金髪だ。あいかわらず帝国中の花束を独占しているらしいな。...!?」
「?...いかがなさいましたか、わが皇帝」
「...いや、さがってよい」
「...? 失礼いたします(パタン)」
「(ヴィジホン操作)ケスラー、ロイエンタールを逮捕拘禁せよ」
君臣に亀裂が入った瞬間

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 10:28:31.90
>>839
銀河統一、貴族の経済社会支配の打破による新興階層の台頭(教養人はこの層に多いものだ)
など政治面のマイナス評価が少ないのだから当然だろう。

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 10:28:45.62
「卿らしくもない。いくら疾風だからと言って早合点が過ぎるぞ、ミッターマイヤー元帥」

「陛下の仰せの通りです、クリーム色の髪の女性など帝国には星の数ほどおります。
「それに、統帥本部総長は宇宙艦隊司令長官夫人のような乳首の大きな女性は好みではなかったはず…」

「いやいや、これはお恥ずかしい…軍務尚書の話を聞いて安心しました…ん!?」

ミッターマイヤーがオーベルシュタインの情報収集力に寒気を感じた瞬間である

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 11:22:10.98
軍務尚書に帝国美女の乳首情報を求める統帥本部総長
同盟美女の乳首情報も併せ、無言で渡す軍務尚書

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 11:24:49.73
地下書籍「月刊乳首マガジン」略してチクマガを闇発行するフェルナー

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 11:41:53.98
シェーンコップ、ポプランとロイエンタール
帝国絶対不利だよな
獅子皇帝は1発で仕込むスナイパーだし。

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 11:49:41.00
>>848
「さすがは軍務尚書、広く情報を集めているな」
「恐縮です。実施しているのは安全保証局で、私は報告を受けただけに過ぎません」

「(…ラング、殺す!!)」

こういう流れだったのですね、わかります

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 11:51:32.77
誰なんだよ、このクソつまんねえ台詞改変シリーズ流行らせたいのは。

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 12:04:51.70
>>839
獅子帝、その性「戦いを嗜む」という評はかなり辛辣だと思うが。

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 12:15:20.93
>>839
ラインハルトの死で作品が終る以上完結前にラインハルトの評価をぽんぽん出せなかったんじゃね
ヤンは完結前に死ぬし色々書きやすい

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 12:20:54.23
ホーランド程度で翻弄できるミュッケンベルガー以下の帝国とビュコックやウランフやボロディンがいた同盟だったら
明らかに同盟が優勢だよな。
ラインハルトが台頭してくるまでってまともな指揮官ってメルカッツくらいしかいなかったんじゃないのか帝国?

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 12:22:02.55
>>853
自分達は面白いとおもってるんだろw
ほっとけ
>>854
戦争狂を揶揄してるともとれるもんな
実際皇帝誘拐させて同盟侵攻するとか賛否わかれるだろうね

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 13:08:01.63
>>857
しかし、かわす手段があり、「それをやられたら打つ手なし」ってザル策では引っかかる方が悪い
面もある。
建前から言えば、受け入れのはともかく、ドヤ顔で公表するこっちゃないわな。二重三重に判断
間違えてんだから、仕掛けた方の非人道性をとやかく言う以上に、斜め上な政治判断した愚かさ
も同等以上に責められるべきだ。それで国滅ぼしてんだからさ。大侵攻以降の同盟って間違って
ばかりだし。

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 13:24:52.97
>>854
ラインハルト評で辛辣なのは
「軍人皇帝というよりも皇帝軍人であった」
これだろうw
シンプルにして痛いところを突いてくる

>>856
同盟は指揮官はそこそこマシでも
「選挙に勝つため」などの政治的拘束で戦略が歪んでるから
戦術的には勝っても気がついたら負けてるんだよ
指揮官がマシで大敗しなかったから銀英伝1巻時点まで命脈を保っただけ。

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 13:46:56.17
俺が帝国貴族なら同盟を駆逐して武勲立てて出世してやる!と意欲的でもなきゃ後方の基地でまたーりしとるべとコネ駆使して安全なところにいるぞ。
まともな軍人の方も一山いくらの無能貴族を前線に出して足ひっぱられるぐらいなら後方でうんこ作らせてたほうが死なずに済むだろうと思うはずだろうし
・・・つまり前線には一定以上の能力がなきゃ出てこないかと

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 13:55:23.32
>>860
能力があると思いこんだ馬鹿貴族がたまに前線に出てくると大変なことになるんだな

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 14:38:45.20
>>861
カネと女ならいくらでもくれてやるから余計な命令出さないでくれ!!
喜び組と遊んでいてくれ! って感じだよな

幸いにも大半の貴族はそれで満足したんだろう

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 14:50:15.15
イゼルローン見物に行くだけでも、数ヶ月はオーディンから離れなきゃいけないからな。
武勲を挙げて出世となると年単位。
猟官出世が目的ならそんなギャンブルするよりも社交界で活動した方が確実。

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 14:54:42.04
>831
ラインハルトはランズベルグ伯と一緒に塔から落下して死にそうだな

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 15:30:21.05
>>864
父親以上に女性と縁のない生涯になりそうじゃないか、それ

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 15:49:37.95
フレーゲルみたいなのだな
無能なくせに「私は死など恐れない!」とか最悪だな

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 16:06:26.06
>>866
無能だからこそ
周囲が見えなくて無謀な行為も平気でできるんだろうな

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 16:32:52.80
無能でも自分が無能だと自覚してりゃ大損はしないでくれるんだがな。ラインハルトなんかは切れるだろうけどw

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 17:02:55.45
>>858
同盟末期の政治家は極まった馬鹿がほとんどだもんなw
帝国との国力差だって物語開始時点で倍以上あるんだろうし
ラインハルトじゃなくても同盟侵攻論の実力者が台頭したら危なかったね
まぁそうなるとフェザーンin地球教の皆さんが頑張っちゃうのかもしれんけど
個人的にはラインハルトの功績って銀河統一云々より巨大テロ教団の陰謀と存在を潰したことなんじゃないかとw
あいつらも随分舐めプだったんだけどさ

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 17:10:43.56
>>863
とはいっても貴族の中には武門の家もあるだろうし
下級貴族や平民層ばかりに士官将官等をやらせるのは組織的にも無理だし
どっかでバランスとるようにはなってたんだろうね

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 17:13:00.37
芳樹が大好きな中国さんなら遠征させて自然消滅してもらう手もある

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 17:21:12.49
同盟が馬鹿すぎることとラインハルトの行動の評価は別モンだけどな

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 17:47:45.48
ロ朝末期の門閥貴族たちも大概だから…
金髪がいなければ帝位を巡って大内乱だったんじゃね。

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 18:31:52.80
銀河帝国の歴史振り返る回で、門閥貴族の先祖が何をしてたのか
説明あってもよかった。ブラウンシュバイクとかリッテンハイム等

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 18:47:53.02
ロ朝に門閥貴族ってあったんですか?

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 18:49:22.18
ブラウンシュバイクなんて門閥貴族はいませんでしたね。

もしかして:ブラウンシュヴァイク

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 18:57:21.02
>>875
あるとすれば外戚ポジにいるマリンドルフ家くらいだろうねぇ。
でも、親父は既に隠居の上、役職まで離れているから実質的には……
貴族層はがっつり財力削られて、家としてはシオシオ。個人の才覚次第って状態になって門や
閥の意味がなくなっているのに、門閥貴族って成立するのかってところから考えてみ。

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 19:08:12.00
>>875
特権を削られてるからねえ
開祖であるラインハルトが「遺伝子なんてくだらん」って人だし
その気風が受け継がれるうちは、あり得ないだろう
何百年も続けば変わってくるだろうが

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 19:18:30.42
>>878
しかし、貴族めいた特権層や横の繋がりで勢力持つ集団や財閥級の裕福層は出てくるだろう
けど、一門を主体とする門閥勢力は文字通りの貴族層が公的に復活しないと無理だろうね。
ヒルダやアレクが階級としての貴族を撤廃する道筋を作れるか次第。ラインハルトはなくすと
言いつつ、特権剥奪や財力削る以外は特にやってないよね。そこまでやってるヒマがなかった
だけかも知れんが、「不当な」財力削ったら、後は自然淘汰に任せるだけで、積極的に階級社
会そのものの解体みたいなことは考えてなかった印象。

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 19:20:59.83
ゴ朝の方の貴族の歴史は1巻に書いてあるじゃん。個々の家の名前までは出てこず門閥にもまだなってないけどね。
ロ朝の方は誰かの勘違いだろ。

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 19:43:23.17
血筋による財産や地位を継承することを毛嫌いしているから、ロ朝の相続税はかなり高そう
継承者が然るべき能力を示せばその限りではないのかもしれんが

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 19:44:43.24
ブラウンシュヴァイクやリッテンハイムぐらいの連中が大軍率いて遠征してきてくれたら
さぞ同盟は楽だったろうな。
パエッタクラスの司令官でも圧勝できるw

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 19:58:32.25
>>882
アッシュビーがティアマトで貴族系の高級軍人を殺しまくったからな。
アスターテ時でも帝国の提督はラインハルトは別格としても
メルカッツやファーレンハイトがいるぐらいだから苦しいだろうな。

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 20:30:37.37
>>878
何百年どころか50年もすれば貴族ではないけれど似たような利益集団は形成されるだろうな

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 20:42:43.94
七元帥の家系はロ朝興国時の名門扱いだろうね
数世代後になったら馬鹿な子孫が我が先祖はあのミッターマイヤー元帥であるぞと
偉そうにしてても不思議ではない

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 20:50:31.34
特権を廃止したからって富豪が残る経済的素地は残ってるんだから
金銭感覚のない一部の旧貴族が衰退するだけで
経済基盤を確立してる貴族と富豪がそのまま残るだけじゃん
階級社会が無くなる訳ないだろ

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 20:58:30.73
同盟も政治家の何割かは事実上の世襲制だったろうしな
今の日本と同じ

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 21:07:43.01
>>887
ユリアンなんて、長征一万光年より代々続く名門 ミンツ家 出身だもんねwww

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 21:15:38.07
>>882
作者のヤン補正が入ってるが常識で考えて150年に亘って実戦を継続中の軍の
将官が無能なはずないんだが

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 21:28:43.04
>>889
それは帝国同盟双方に言えることですな。

ちなみに、>>882 そっくりなことをやって同盟にフルボッコされたのが
ダゴン会戦w
帝国も一線級の将官を抱えておきながら、最高司令官がアレなため敗北・・・

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 21:31:19.46
革命的な変化が軍事に起こったんだろうな。
フリードリヒ大王のしたで戦ってた連中が、ナポレオンにボコられたようなもんかな?
アスターテの「包囲されたら密集するはずなのに」とかがそれにあたるんだろう

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 21:32:59.30
追加:二人の天才の登場によって

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 22:14:38.28
まだ包囲されてないから密集しなかっただけじゃねあれ
事前にわかってたんだから完全に包囲される前に動くのは正直当たり前の話で
敵がやられるのを黙って待っててくれると期待して連絡も取らず相手の位置の確認もせずじゃ単なる馬鹿の集団じゃないかね
大体帝国も2万隻のみで出陣とか何しに来たんだってレベル

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 22:19:07.47
都合のいい地形とかあれば、守りにまわることも正解になりうるんだけど
宇宙だから無理だろうしね

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 22:19:23.94
>>885
でも秀吉の七奉行とか家康の七奉行ってあんまり出世してないんだよね
その後の歴史で大した活躍も無いんだよね

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 23:05:26.25
奉行衆は子飼いの能吏だからね
秀吉にしても家康にしても、政権を成立させる為に必要不可欠だったのは当時の同僚の支持

秀吉だったら、丹羽や池田、前田
家康だったら、加藤、福島黒田、前田ら(秀吉政権下では同僚)
まあ、加藤や福島は潰されたけどね
これらの家は一時的かそうでないかの違いはあっても、大封を得ている

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 23:27:27.87
>>896
でも、獅子の泉の七元帥って子飼いの能吏に該当しなイカ?
筆頭元帥のミッターマイヤーでさえ、ラインハルトの同僚という時代はなかった。
# 元帥府設立以降についてだけど

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 23:37:55.33
ダゴン会戦以前は戦争らしい戦争も無かったからな
一線級の将官と言っても試験や模擬戦で一番成績が良かった程度だろう
それは同盟にも言えるけど

と言うか、そもそも宇宙で艦隊戦やるノウハウが無いような
実戦経験のある人間が双方に一人もいない
宇宙海賊?一個艦隊組める規模の奴はいないだろさすがに

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 23:48:17.98
>>898
帝国は内乱、反乱が起きたりもしているから
なんだかんだでノウハウはありそう。

同盟はその辺が謎

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 23:49:20.04
>897
奉行と違って元帥は領地こそ伴わないが多額の報酬・年金が付いている
新帝国で財閥の母体になるのは確実だろ。

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/23(月) 23:52:32.01
元帥になっても庶民レベルの生活してるミッターやビッテンは金溜まってるだろうなw

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 00:04:56.82
>>900
帝国元帥の報酬ってたかが知れてるぞ。
旧帝国元帥の生涯年金は250万帝国マルクだけど、
庶民(例:キルヒ父)の年収4万帝国マルクと比べると2桁程度上。
新財閥を作れるほどではない。
年収数億円では成金・・・もとい、セレブと呼ぶのもびみょー

>>901
骨董絵画集めが趣味のメックリンガー以外、貴族的な生活を
している姿が想像できないwww

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 00:16:46.16
>>902
メックリンガーもけっこう謎だな
平民出身でありながら多方面への芸術的素養を獲得できたことを考えると、少なくても少年時代はそれなりに裕福な環境だったと思うんだが、
食うために軍人になったというから10代後半の頃に実家が没落したんだろうか?

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 00:20:44.13
>>903
父親が「男の子が産まれたら軍人にする」という約束を舅と交わしたとか

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 00:30:56.49
>>903 ファーレンハイトと勘違いしていない

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 00:54:01.41
>>900
元帥は無理だろw
どっかの有力な企業グループとかと密接に結びつくとかでもない限り
戦争自体が無くなるから軍部の影響力が低下する可能性は高いし
新国家建設の中でどれだけ政治的影響力と利権を確保できるか次第じゃね

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 01:04:01.76
メックリンガーが生活のために軍人になったと言ってるのは
アニメ版でのキュンメル邸訪問のシーンだな。

原作小説で理由を説明したシーンがあったかは思い出せないけど、
たぶん無かったような。

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 01:07:05.77
生活のためでなく、ヤンと同じで嫌々軍人になったと書いてあるねー

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 01:12:37.59
同盟も帝国も文系の扱いが悪くなっていたみたいだからな

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 01:15:26.56
ラインハルト亡き後、ロ王朝は権力のアンバランスすぎると思う 
ヒルダ一人では支配できないしそこまで指導力はないでしょう
アレクが権力を握るまで、実質7元帥が帝国最大の権力者集団になるのでは
だからといって7元帥が利権あさりとかするとは思わんが

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 01:21:41.80
絵画は高価に取引されていたな ブリュンヒルトの謝礼に
5万帝国マルクの値段がついていたし
レイトマイエルさんは唯一名前の解っている画家だな

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 01:59:06.15
>>899
同盟はほぼ全てを0から作り直したようなもんだよね
16万人からスタートして113年でどこまで人口増えたんだろうな
帝国と戦う規模の軍をもつとかかなり無理ゲーな感がある

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 02:02:42.58
>912
一夫婦で10人くらい産んでも113年じゃそこまでいかないな
25年で一世代、人口比が男女半々で結婚率100%としても厳しい

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 02:03:53.82
>>912
そもそも存在を知られていないから亡命者もいないしな。
多産が奨励されたというから、平均出生率4くらいと仮定して、1世代25年とすると
113年なら4.5世代くらい。概ね20倍くらいだろうか。

あれ?少なすぎね?

じゃあ、女性が頑張って8人産むとするなら、300〜400倍くらいになる。
これならなんとか…

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 03:00:45.55
クローンはないっぽいから体外受精で五つ子とか産んだんじゃないか

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 03:16:11.72
>>913
亡命貴族が領民ごと同盟に逃げてきたとか、農奴階級にあったものを開放して同盟領に連れてきたとか

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 08:57:38.58
>>916
ダゴン会戦以前は存在すら知られてないから亡命先の選択肢に入らん
農奴解放するほどの戦力もないし目立つ行動をそもそもしないだろ

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 10:14:58.78
>>879
3巻で、公平な刑法・民法おしすすめる、ってあるから
貴族にぬるくなってた罪も平民と同罪になってるんだと思う

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 10:24:54.78
実はハイネセンをはじめとする同盟の有人惑星には、既に違う人類が住んでいたのです
それを、いわゆる帝国からの逃亡者、長征組が征服しました

勿論、そこには血腥い流血沙汰も多々起きました
しかし、征服者たちはすぐに原住民に自分たちと同等の権利と、最新の科学文明を分け与えました
それによってかなり早い段階で、長征組と原住民の軋轢は目立たぬ物になったのです

しかし、後の時代になっても頑迷に原住民の血筋を嫌う人も中にはいました
ユリアン・ミンツの祖母などはその例です

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 12:02:05.13
ハオ。ネイティブハイネシアン、ウソつかない。

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 14:43:32.57
同盟初期は禁断のクローン艦隊で帝国を迎撃した
とかじゃないと包囲殲滅なんてとてもじゃないけど出来ないよなw
定刻の人口は500億以上だろうし同盟は仮に建国時の500倍だしても8000万
動員可能兵力もとんでもない開きがある

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 15:57:55.22
>>921
と言われても、ダゴンではなんとか帝国の52600隻の半数までは動員出来て完勝納めちゃったけどね。外伝読むと途中までは
けっこう損害もあって完勝とは思えなかったけど、第二次ティアマトみたいにラストで一気にかたがついてたね。

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:03:24.86
エロ同人みたいに○学生から全裸ランドセルで

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:08:35.05
人口の問題もあるけど25000隻あまりの宇宙戦闘能力のある艦艇を揃えられたのもおかしい
脱出時機材を大量に持ち出せたとも思えないしどうやって短期間で施設設備を揃えたのか

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:30:13.03
>>922
乾坤一擲の全力勝負をかけたとして、その時点での軍人数は300-400万人くらいか

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:47:12.35
医療技術の発達で乳幼児の死亡率はかなり低そうだし、早婚・出産でネズミ算式に増えたのかもしれない

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:49:03.72
多少多くみつもって4千万ぐらいだとしても同盟は人口の10l以上が軍人てことになるなw
物語開始時の自由惑星同盟人口130億で軍人5000万程度って考えると凄まじい軍事国家だったのかね
つーか生粋の同盟人てもうほとんどいなくて亡命者かその混血が大半ってことなんだよね

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:49:44.32
修正途中で書き込んでしまった
アンカは無視してください

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:50:35.04
戦国時代のように15歳で成人、結婚も可能なら120年で8世代回せるな
15歳から35歳まで毎年出産すれば20人産める

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:53:57.40
>>927
亡命者だけの国家だから一般市民って概念が特に初期はなかっただろうしね
仮に亡命直後に攻め込まれたら女子供含めて全員が銃を取る事になっただろう

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:55:09.45
>>926
最初はそれでいいんんだけど
ある程度安定し経済的に豊かになると出生率はがくんと落ちると思う
100年以上も安定し
外敵と戦わない状態が続けばほぼ間違いなく繁栄するする

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 16:59:27.65
>>925
ダゴン会戦に参加したのが250万人とあるね。これが全軍の8割程度の動員率だったのかな?
艦艇はほぼ100%なんだろね、負けたら終わりなんだから。
>>924
短期間っても113年だからなあ、どんなもんなんでしょうね。

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:00:36.24
中国系とかフランス系の名前も同盟にいたしな

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:03:07.56
>>933
亡命してきた貴族なんかはゴ朝から与えられたゲルマン風の名前をはるか昔の名前に戻したりしたのもいたんだろうね。
まあ、フォンをつけたままの人も多いから少数派かもしれないけど。

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:05:11.52
同盟軍の各艦隊の司令官って一部を除いて無能っぽく描かれてるけど、実際はルッツやワーレン、ケンプくらいの実力はありそうだよね
ウランフ、ボロディン、パエッタ、ルグランジュなんかはそれ以上で、
アップルトンやアルサレムがケンプくらいのイメージ
実際はどうなんだろ

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:09:17.33
>>929
すごいなwwww
そこまでいくなら女は全員専門施設で死ぬまで産むマシーンやらせたほうがマシなんじゃねw

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:09:54.61
>>935
そりゃロボスでさえも、ヤンにお見事って誉められる程度の戦術手腕は持ってたんだし
みなさんそれなりなんでしょ。数千万将兵の中から選ばれた十数名なんだからねえ。
国力的劣勢のなかでもなんとか帝国軍の攻撃をずっと防ぎ続けたんだし。

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:13:51.24
>>929
多産が奨励としか書いてないけど、実体はそれに近いんでしょうねえ。とにかくいつかは追手が来るって前提での国家作りだもんね。
最初の連中は苦難乗り越えて生き残った、所謂出来る人ばかりだったでしょうし。

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:17:09.41
第四次ティアマトで目の前を横切るラインハルトの艦隊を誰も撃たなかったことをロボスが責めてたけど、
そもそもロボスに全軍の指揮権があるんじゃないの?
パエッタが罠と疑ってた理由もわからん
無防備の敵艦隊にどんな罠があるのかな

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:21:59.44
なんとなくだけど、同盟軍艦隊司令官ってレンネンカンプがいっぱいいる感じ
奇策とか不備の事態に弱いというか

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:24:46.09
あそこ、ミュッケンベルガーの考えのほうが分からんわ。
ラインハルトの艦隊を突出させて見殺しにして最終的な勝利をおさめる、って
全軍の1/3が壊滅した後でどうやって士気も上がってる同盟軍と戦うつもりだったんだ?

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 17:33:10.64
>>938
それはないでしょ
別に飛躍的に人口が増加しとか書いてないからあくまで常識の範囲内だと思われる
迫害を逃れてきたのに待っていたのは女性への迫害だったとか笑えないよ

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 18:01:17.64
>>935
無能じゃないはず
羽生に歯が立たないB級1組の棋士みたいなもんじゃね?

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 18:04:25.28
>>941
同盟軍がラインハルト艦隊の殲滅にかまけている間に、
ラインハルトもろとも同盟軍をホウムランするw

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 18:08:27.06
>>943
アスターテでやられた三人は無能っていうか低脳と言っていいと思うわw

同盟の人口が問題になってるけどあの当時帝国はどれくらいいたんだろうか?
1500億〜2000億くらいいたのかな

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 18:23:52.75
>>945
同盟建国以前の時代は、痴愚帝と流血帝が派手にやらかしたはずだから、
人口はもっと減少している希ガス。
500億人ぐらい?

人口推移(ダゴン会戦→銀英伝本編)
帝国: 500億?→250億
同盟: 0〜数億→130億
フェザーン: 0→20億

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 18:24:50.18
まあ、無能じゃ死ぬわな
ロイエンタールがミューゼル評して言ってたけど
皇帝の寵妃の弟だからといって
同盟が手加減するわけがない
逆も然り

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 19:15:37.56
同盟の諸提督は無能ではないだろうが
作中ではより格上とばかり当たるから無能に見えてしまう

本編だとヤン以外の提督が帝国軍に勝利した事は一度もなかったよね
ビュコックやウランフは状況考慮すれば善戦したけどそれだけ
それ以外はサンドバック扱い

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 19:18:27.97
ビュコックとメルカッツはどっちが優秀なのかな

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 19:18:39.09
>>948
その辺はキャラが立ってるからまだマシ
ウランフと同格扱いなのにキャラが薄すぎるボロディンなんて可哀想すぎる

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 19:25:22.57
ボロディン←ロイエン
ビュコック←ルッツ
だったら納得いったのに
「ロイエンにやられたんならしょうがいない」と。

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 19:27:56.32
ボロディンは他の味方艦隊を援護するために無茶な動きをして無駄な消耗をしてしまったと脳内補完してる

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 20:15:15.27
>>952
乗員がもう三日も飲まず食わずで意識朦朧としてたと脳内補完。

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 20:17:44.41
ホーウッドみたいな凡将は命令通り略奪したけど、
ボロディンやウランフは略奪せずに細々と食事をとっていた
これで納得

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 20:36:18.46
>>933
ヤンの父親が中国系、母親がフランス系の名前だっけ

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 20:57:30.91
何回も言うが原作で同盟軍は「略奪」はしてない
「食料の供給を停止」しただけ。
民衆が帝国の根こそぎ徴発には黙って従ったくせに食料あげられなくなった同盟軍には暴動起こした。
アニメのせいで勘違いしてるのが多すぎ。

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 22:15:04.07
>>940
同盟も帝國も士官学校で教えることって大体似てると思うんだよね
やっぱり個人の能力がモノを言うんだろうが流石にヤン提督を
際立たせる為にダメな指揮官達が多いということにしたんだろう
そんなヤン提督もビックリ仰天するような奇策って弄してないんだけどね

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 22:30:54.05
>>946
うーん・・
ルドルフが死ぬまで大体3000億いて
その後反乱だのアホ帝だのがでてきても300年で500億は流石に減りすぎなんじゃないだろうか

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 22:37:25.58
>>953
別に同盟軍自体への補給はあの時点じゃそこまでやばいわけじゃなかった
弾薬等も使ってないから減りようもないし
補給が万全じゃないから負けたってのはいい訳だよなw
ほぼ同数の相手に徹底的にやられまくったのは弱かっただけで現に同条件のヤンは勝ってる

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 22:51:06.78
スパルタニアンのパイロットは集中力落ちるとヤバそう

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 22:54:38.86
タイタニア : 田中芳樹の人気小説 22年ぶり新刊発売

「銀河英雄伝説」「アルスラーン戦記」などで知られる作家・田中芳樹さんの代表作の一つで、
NHKでテレビアニメ化もされた小説「タイタニア」の新刊4巻「烈風篇」が25日、約22年ぶりに発売される。価格は924円。
1991年5月30日に発売された3巻「施風篇」以来となる。
「タイタニア」は、広大な宇宙の覇権を握るタイタニア一族と、タイタニアに対抗する都市国家の戦いを描いたスペースオペラ。
タイタニアの一族が権益を巡るトラブルから都市国家・エウリヤを攻めたが、無名の青年ファン・ヒューリックの奇策によって撃退され、タイタニア一族でも内紛が起こる……というストーリーが描かれる。
新刊は、タイタニア一族のアリアバート、ジュスランと対立するイドリスの話を軸に、
タイタニアの敵だったファン・ヒューリックたちがイドリスによってタイタニアの本拠地である「天の城」(ウラニボルグ)に招かれるところから物語がスタートする。

http://mantan-web.jp/2013/09/24/20130924dog00m200040000c.html
http://mantan-web.jp/assets/images/2013/09/24/20130924dog00m200039001c_450.jpg

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 23:05:43.09
もはやどんな内容だったかも思い出せないw
ジャスランとアリアバードがイドリス相手に兵を挙げるところで終ってたんだっけ

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 23:28:07.47
負けた場合高確率でそのまま戦死ないし自決だからなあ
いきなり壊滅状態に追い込まれた同盟軍提督の影が薄くなるのは仕方ない

作中一番戦果を挙げた提督と、作中一番派手にやられた提督と
両方で候補に挙がりそうなビッテンフェルトみたいなのが珍しい

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 23:51:09.96
>>957
数に苦戦しつつも優れた策を持つ有能な指揮官も大勢いたが
際立って優れた策をヤンが示したらいいじゃん
なぜダメを並べる必要がある

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/24(火) 23:56:14.40
最終刊だっけに外伝あと2巻予定とかあったけど、何時出るのですか

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 00:03:00.49
同盟軍がせめて互角に戦ってれば戦況大分変わったんだろうな
ヤンがビッテンを撃破して多方面に救援に入れるし
まぁ総司令官が全面的に作戦を任せてた参謀がバグっても
前線指揮官のまとめ役みたいな立場の提督が面会求めても昼寝してるようじゃどっちにしろ無理かw

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 00:12:55.72
そもそも10巻も続くと思ってたらもうちょい被害を減らした描写にしてると思うぞw

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 00:20:02.61
負けるほうが馬鹿になりすぎるって話じゃね
あそこまで露骨に馬鹿ばっかりだとなんか切なくなる
地球教なんて皇帝暗殺に成功してるはずなのに
男爵にしか起爆装置持たせず失敗&教団名全面に押し出してテロ活動やって正体ばれて壊滅させられるとか
もう少し真面目にやれよといいたくなるw

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 01:29:13.65
地球教団の失敗は暗殺現場に居合わせた事だな 
正体さえばれなければ、宗教の仮面を被ってこの後も活躍できたのに

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 01:38:14.69
結局、フェザーンにしろ地球教がどのあたりまで汚染していたのかわからずじまいだった。ルビンスキーの情報網も死ぬまで、シューマッハも利用してたけどかなり凄かったみたいだし。大企業もかなり横繋がりしてそうだったけど気になった。

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 01:44:37.11
>>969
つーか暗殺自体本当なら成功してるよね

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 01:59:32.15
暗殺する時は、場所と時間が特定できれば遠隔操作でお終いだけどね
だけどフリードリヒもワーレンもまぬがれている 
現実の世界にもあるしね 幸運というのはあるんだろうね

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 02:09:31.75
>>970
少なくともフェザーンの長老会議60人の議員の過半数は地球教徒かな
しかし、10億の人口で60人しか議員がいないとは・・・・

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 02:32:56.43
長老会議ってくらいだから、別に普通の議会議員もいるんじゃね?貴族院と衆議院みたいなもんだよ。

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 03:45:17.82
>>972
フリードリヒやワーレンの場合幸運だけどキュンメルの時はやる気がなかっただけじゃね
起爆装置が故障したとかメイドが起爆装置撤去してたとかならともかくw

てかフェザーンは人口20億じゃなかったっけ?

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 06:24:41.28
俺「このSF小説面白かったな」 amazonレビュー「文章が難解なので星1つです」←なぜなのか - ニュース
http://lolen235.blog.fc2.com/blog-entry-727.html

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 07:09:43.71
>>957
ラインハルト以前はそれなりに拮抗していたそうだから、指揮官レベルではそう差はないだろう
結局は、勝つことを求めて戦場外で積んだラインハルトと以前の惰性から脱却できなかった側
の戦略意識の差になる。
ラインハルトの台頭を最後まで認められなかった同盟上層部がダメだった……まあ、現場レベ
ルでもわかっていたのがヤンだけという有様で指揮官レベルの差もお察し……というのが、実情
だろう。

>そんなヤン提督もビックリ仰天するような奇策って弄してないんだけどね
戦術は目的、基本は「局所的優位」を作り出すことで必勝率を上げることに尽きる。「優位」とは
何かを考えれば、数の優位に尽きる……目的が決っていれば、それを為す策もそんなにある
わけではない。三十六計というやつだ。それに忠実なだけだよね。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 08:06:06.58
>>976
俺は面白いよレスはありがたい
時折あるけど、そういう書き込みはなかなかないからね
この御大は文章グタグタなのがタマにキズ
キャラ名出すのに自己紹介がエラク長い
論文だったら落第するほどしつこく、長く、繰り返す
読者年齢考えれば文章が難解ってことはなけど
そのレビュー者はずっこけ三人組しか読んだことないんかな

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 08:43:28.42
>>959
それは神視点だから言えることだろう。
補給が期待できず、敵がいつ攻めて来るか分からない以上、
食事を節約しなければならない。
一方、ヤンとビュコックは既に撤退準備をしていた。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 08:52:23.97
帝国の惑星いくつあるの?特にイゼルローン寄りの辺境惑星だが
1個艦隊で1つのド田舎辺境惑星占領は少々もて余しやしない?

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 09:00:46.01
空戦隊の指揮系統はどうなってるんだろうね
ヤン自ら「ポプラン、コーネフの空戦隊を出撃させろ」と言ってるのを読むと
ポプランの直接の上官はヤンということになるのか?
陸戦隊はシェーンコップという将官のトップがいたのに

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 09:03:39.87
航空参謀・司令のポストはないね
空戦隊への直接指揮みたいだ

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 09:09:03.58
要塞所属のときはシェーンコップの直属だと思う。
シェーンコップが防御指揮官の肩書きを持ってるから。

ただ、ヒューベリオンに乗り込んでしまうと艦隊側の指揮系統に入るから、
通常は艦長の指揮下のはず。

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 09:37:14.84
むしろ連隊長程度の立場で将官なシェーンコップの方が変
要塞防御司令官になったのはイゼルローン攻略後の話

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 09:59:56.12
攻略は第8次でしょ?その時は大佐だから連隊長として相応ですよ
ヤンがイゼルローン司令任命後に呼ばれた後、
特にクーデター後は薔薇騎士の実質指揮はリンツだと思うし
シェーンコップは気まぐれで体を動かしに行ってた感じがするけど

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:14:09.68
ウランフも撤退準備してなかったっけ?

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:16:57.30
クーデターが起きなければどうなってたかな
アルテミスの首飾り健在
ルグランジュ率いる第11艦隊健在
これだけで後の戦いが全て楽になる気がする

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:20:52.54
>>985
少将になって要塞防御の責任者で、かつヤンも不在のときでも白兵戦の直接指揮に
行っちゃうからねえ、よくムライ少将は許したもんだ。少将同士で互いに指揮権
のない、オーベルさん推薦のNO2のいない組織ゆえか。
>>986
一歩遅れたってとこか?まあ数にまさる敵に攻撃されたわけだしね。
ちなみに撤退準備って具体的に何するんだろう?

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:23:52.14
>>987
あの状況は余りに悲惨だもんね。可哀そうだからゲームだとその設定で同盟に
がんばってもらってます。(どうせゲームだからどんな状況でも勝てるんだけどね)

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:26:00.10
クーデター蜂起なしでもリッシュタットは討伐行かんとあかんが
相当長期戦で消耗戦になったかな
フリードリヒ4世の崩御は免れなれないから、一体どうなってたんだろか?
オーディンの守りを厚くしつつ、ブラ公討伐、同盟への牽制と三重苦
イゼ回廊入り口には1個艦隊くらいは最低置く?
そんで内乱中に皇帝崩御ってめためたな展開だな

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:38:48.55
クーデター無しでも同盟の兵力は激減しているから放置でしょ。

むしろ「賊軍が反乱軍と結託して引き入れた」って宣伝に使えて好都合。
対応には日和見貴族をあてればいい、ブラウンシュバイク&リッテンハイムとは戦えなくとも
同盟軍相手なら喜んで兵を出すだろ。

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:44:01.10
次スレ、立ててきました

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_111
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1380073310/

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 10:44:48.51
>>990
クーデターなくても同盟が帝国へ攻め込むことはありえないと思うけどね
内戦の情報が入ってきたところで再度遠征軍編成する余力もないし世論も許さない

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 11:17:15.03
>>988
司令部の防御指揮官が白兵戦の直接指揮にいくなんて任務放棄もいいこと
その場で解任されてもおかしくないんだけど

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 11:24:17.39
>994
自分の任務も理解できないような連中ばかりだったから、
ローゼンリッターは同盟軍の中で白眼視されていたんだよ(w

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 11:27:39.34
トップが自らを危険にさらすのが美とされる世界観だから仕方ない

艦隊司令官が先陣切って特攻するのも責任感あるようで全くないよねw

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 11:32:23.61
シェーンコップがトリスタンに遊びに行った時は
ロイエンタールも血が騒いだではないっすか
部下はヒヤヒヤもんですよ
偶然に出くわしたとはいえ戦わずに避難せなあかんよ

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 11:34:18.90
英雄伝説だからね
コソコソ逃げたりせず堂々と受けて立たないと

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 11:53:57.82
白兵戦に特化したシェンコと互角以上に渡り合えるうえに
ロイ様はシェンコには無理な艦隊指揮も政治も上手いという、
いかに同盟の人材が払底しているかよくわかるシーンでしたね。

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/09/25(水) 11:56:51.42
あれもなー  接舷に成功したなら敵艦に時限式の核爆弾でも設置して離脱しろよ
何でわざわざ白兵戦をする必要があるんだと聞いてみたい 作者に

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

293 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)