2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之33[優しい煉獄]

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 09:09:14.85
■作品リスト
ttp://frybarec.lacmhacarh.gr.jp/list.html
■森岡浩之 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B2%A1%E6%B5%A9%E4%B9%8B
■アニメーション『星界シリーズ』公式サイト 「星界Web」
ttp://www.sunrise-inc.co.jp/seikai/

■前スレ
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之31[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1364716192/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之32[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1366427350/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 09:12:34.44
■過去スレ(1/3)
〜さあ、書くがよい!〜星界の紋章スレッド
http://natto.2ch.net/sf/kako/965/965669162.html
夢の樹が接げたなら 森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/sf/kako/988/988317731.html
全10巻の(あくまで)予定 森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/sf/kako/1028/10285/1028502667.html
全10巻の(あくまで)予定 森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/sf/kako/1028/10285/1028502667.html
我らの望み、それは――森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1051800815/
狩人たちの弓を置くとき 森岡浩之 星界の紋章/戦旗
http://book.2ch.net/test/read.cgi/sf/1070538473/
星界の紋章戦旗IVもまもなくか?森岡浩之優しい煉獄
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1077893420/
星界の紋章戦旗IV年内か?森岡浩之優しい煉獄
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1099332044/
星界の紋章戦旗IV 発売中 森岡浩之優しい煉獄
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1104462722/
星界の紋章戦旗IV 絶賛?発売中 森岡浩之優しい煉獄
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1106618550/
星界の紋章
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1115722567/

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 09:14:14.78
■過去スレ(2/3)
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之12 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1122602457/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之13 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1130172615/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之14 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1135729321/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之15 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1143054487/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之16 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1150516186/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之17 [優しい煉獄]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1157207331/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之18 [優しい煉獄]
http://book4.2ch.net/test/read.cgi/sf/1165744084/
[星界の紋章・戦旗・断章]森岡浩之19[優しい煉獄]
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1175322416/
[星界の紋章・戦旗・断章]森岡浩之20[優しい煉獄]
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1189225744/
[星界の紋章・戦旗・断章]森岡浩之21[優しい煉獄]
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1200987519/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之22 [優しい煉獄]
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/sf/1211967241/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之23 [優しい煉獄]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/sf/1234970181/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之24 [優しい煉獄]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/sf/1285162352/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之25 [優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1319194685/

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 09:15:39.29
■過去スレ(3/3)
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之26 [優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1336730987/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之27[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1349710648/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之28[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1360464142/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之29[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1363837272/
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之30[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1364132479/

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 09:19:06.99
■関連スレ
[SF] 【星界】ワローシュ人を語るスレ その6【断章】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/sf/1295534888/
[SF] 星界の新刊をモットマターリと待つスレ その4
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/sf/1284023112/
[ライトノベル] 森岡浩之スレッドPart29(DAT落ち)
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1221721338/
[懐かしアニメ平成] 星界の紋章・戦旗★二十三章
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/ranimeh/1292401643/

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 09:19:43.03
>>1よ、そなたに百万の乙を

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 09:22:26.69
調子乗って初スレ立てしてみたら、早速ミスりました。
31が過去スレになってなくて、前スレになってる(汗

次回スレ立て時に修正お願いしますm(_ _)m

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 10:12:37.42
おれは感謝すべきときを知っている。いまがそのときだ。>>1、おれはおまえに乙する!

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 12:24:07.31
>>1

前スレ>>992
言われてみりゃかなり早い年齢で修技館に入学した殿下は、同期皇族の中じゃ
出世レースでも相当上の方にいていいはずだよな

ジントの里帰りに付き合って数ヵ月軍務離れてた間は、作中で言われてたように休戦期だから
出世でそこまで差はつかないし

殿下より上にいた皇族ってのは、出世で差がついたというより殿下より数年早く生まれて軍務就いてた皇族だったんだろうな

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 14:20:25.18
いちおつ

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 17:50:36.54
規制解除〜
>>1

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 17:51:38.48
>>9
まぁ、そんなもんなんだろうな。
年齢と軍歴で及ばないから、出世レースのトップをひた走ることはなくても、ラフィールもまた有力候補の一人だったんだろうね
アトスリュアなどは、自分の階級を上回らない限り、ラフィールに芽はない的なことを言っていた気がするけれども。

五巻でラフィールは期せずして、アトスリュアの階級を上回ったわけだが、次巻で機会を得て、能力を証明できるのだろうか。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 18:01:26.61
個人的には位の階段を一段一段上っていくラフィールが見たかったから
一気に何段も飛ばしたのは正直残念

まあこうでもしないとデーヴが完結まで持っていくことが出来ないんだろうが
というか今やそれすら怪しいんだけどさ

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 18:19:30.19
艦長レベルじゃよほどのことがない限り顕著な功績なんて難しいからなあ。
艦隊司令長官なら才覚で功績はあげられる。
ただし失敗すると大損害ってこともありうるが。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 18:33:01.17
>帝都防衛団入りが義務になってる退役皇族や貴族はともかく、義務でもないのに、
>出撃したら確実に死ぬとわかってる戦いに13個分艦隊を構成できるほどの従士が名乗り出てくれたのは凄い


きっと、あの戦いに志願した従士たちは全員、ラマージュと共に時空粒子と化すなら本望の
アブリアル台所のワローsy

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 18:40:48.49
話の都合から言っても、他の孤立した王国との連結回復して、ラフィールより先任だった
皇帝候補者見つかったので、皇太女(仮)はお役御免になりました、じゃ話にならないから
少なくともラフィールが実力で正当な皇太女にふさわしいと認められる軍功立てるまで
他の皇帝候補者は見つからないままなんだろうな

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 20:53:38.42
しかしこうなってくると、殿下より出世レースで上にいた皇族は今どこにいるんだろうな?
現在の星界軍で主力の双棘艦隊の内、レケーフ双棘艦隊はバルケー入りしてるはずだけどその最先任が殿下だし、
もう一方のコトポニー双棘艦隊は弟殿下を仮玉座にしようと考えてたくらいだから他に高位の皇族はいないと思うし

皇族って思ったより数少ないんかな

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 20:56:34.34
他の皇族がたも後続のラフィールに抜かれてしまって

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:00:24.93
ラフィール自身ほぼ年齢下限で軍務を続けていたはずだから
単なる年長の皇族というだけではキルーギア(暫定)に取って代わることは難しいとも思うけどな

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:21:28.38
ラフィール(仮)皇太女、ドゥヒール、別の戦線に行ってた階級最上位の皇族の間で
三つ巴の御家騒動が勃発・・・しないな >宿命遺伝子

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:47:31.53
今の世代で分裂が解消すれば南北朝争いみたいにはならないと思うけど、
世代を重ねれば帰属意識が移るから、どっちが正統かみたいなことになる
可能性もあるかもね。
と思ったけど、上皇の手によって正式に即位している方に収まるのかなやっぱ。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:51:00.55
実際、現在連絡を取りうる範囲にいる内では最先任だから選ばれただけの
「あくまで仮の皇太女」と念を押されてるわけだし、特にトラブルはないだろうて

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:51:16.00
>>20
皇族の進退は上皇会議できまるわけだから、上皇会議で認められたものが正式の皇太子・女だろう。
いま二人だが、現役の王たちから後任を選ぶのかな

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:54:39.45
流れとは関係ないがグゾーニュ幻想園の動物ロボと遊びたい

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:55:52.26
>>22
正式には帝国元帥まで到達したものが皇太子・女だから他の皇族が先に帝国元帥になればそこで正式に決まり。
いまは暫定・提督特進でも帝国元帥になってしまえばこっちのもんてとこか。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 21:57:34.00
>>18
抜かれたつっても、殿下の上にいたのはほんの数人くらいじゃね
>>9が説明してるように、殿下は修技館入学可能な最年少で入学してるから出世競争では断然有利な位置にいたし
殿下より上にいた皇族は、殿下より先に修技館に入学していた年上の皇族くらいだろう

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:05:26.62
ドピュースさんもラフィールとドゥヒールの二人しか子供いないし、その親のラマージュも
ドピュースとその妹の二人しか子供いないし、戦闘民族の割には皇族って結構人数少ない可能性はありうるな
さらに戦争でこれからガンガン減るだろうし、アブリアルを断絶させないために、ラフィールにはたくさん子孫生んでもらわんと

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:07:17.78
男爵「その子孫を殖やすのに、わたくしが手をお貸ししましょう、殿下」

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:11:53.67
当面軍功をたてるなら旧帝都奪還作戦だろうな。
直接攻めるのもありだし、ハニア連邦を制圧して占領軍の補給を絶って自滅させるという手もありそうだが。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:21:55.77
>>17
弟君を引っ張ってきたのは、皇帝陛下の血縁だからってのが大きいのでは?
アーヴの慣習に疎けりゃ王や王子よりも皇帝の実孫のほうがインパクトが強いとコトポニーさんは思ったんじゃないかね。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:29:21.85
かれこれ50年くらい大規模な戦争なかったし、父君も平時だから油断してたんじゃないの
戦時でそんな子供少ないと、断絶する王家とかありそう

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:34:26.21
>>28
アトスリュア司令、なにしてるんです?

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:37:29.78
けっこうアブリアルの血筋は残っているんじゃなかろうか?
王位を継がなかったボースの姓称号を持つ王子王女の子孫(カヒュールさんとか)もいるわけだし
ボース姓の人達って家風はアブリアルっぽいのを継承しているらしいから特例で皇族に復帰っていう強引な措置もありうるかも??

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:37:52.78
遺伝子操作はしてるけど遺伝子バンクで血統だけ残すってのは無しなんだっけ

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:38:58.22
大事なのは遺伝じゃなくて家風の承継

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:42:00.94
たぶんコトポニー提督の艦隊が大功績を上げてラフィールの座を大きく揺るがす対抗馬になっちゃうんだろうなドゥヒール殿下が

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:42:31.87
だから家風のピッコロ耳が小さかった殿下はプルプル状態だったんやな

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:47:20.60
確かに年上の方が出世競争は有利だが、ラムローニュ上皇倪下のごとく、
提督→百翔長の逆ラフィール殿下状態の三階級降格も起こりうるし

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:47:27.88
家風・ジェデールと家徴・ワリートがごっちゃになってるw
まあ時間が経ち過ぎて忘れてても仕方がない

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:55:57.30
ラムローニュ殿下が生き残るとはおもわなんだw

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 22:57:04.22
アーヴの場合、生理干上がってても関係なく遺伝子操作で子供作れるし
まだ慌てるような時間じゃあない(AA略

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:02:31.53
>>37
それは家風じゃなくて家徴

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:19:54.40
ここまでの流れを見ていて思ったんだが、アブリアルって気性が激しい事で有名な割には
実際に作中で登場した中ではそんな気性が荒いアブリアルってあんまいないよな

ドゥビュース→温厚
ドゥヒール→温厚
ドゥサーニュ→温厚
今回、帝都特防隊とやらで散ったドゥセーフ&ドゥスームも落ち着いた性格してるようだったし
ぶっちゃけ、登場したアブリアルの中では、出征式典で容赦なく弟に肘鉄ぶちかますラフィール殿下が一番気性激しく見えるw

次点で、断章のタマユラたんと、ラマージュ陛下くらいかなぁ…

こうしてみると、アブリアルは女が肉食系、男は草食系の傾向あるなぁ

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:22:50.72
アーヴに月経なんてあんのかいなという疑問
まあ少なくとも生殖能力という意味では、死の直前まで失わんと思うぞ

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:26:53.08
>>43
アブリアルだけでなくアーヴ全体にその傾向が見られるな>肉食系女子&草食系男子

作者のデーヴの女性観に起因してるのかもしれない

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:29:15.94
殿下とジントってもうセックルとかしてんのかな

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:30:48.87
薄い本で沢山してると思う

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:35:50.87
戦旗3巻の里帰り旅行中が怪しいな、2巻がああいう終わり方だったし
ディアーホとセルクルカの子作り描写とか暗喩に見えなくもない

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:42:56.13
じゃあ破局する前のケネーシュさんとネレースさんの会話が聞いてみたい

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/22(水) 23:59:27.07
それは断章三巻にご期待ください
デーヴが生きてる内に出ればだが

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:10:32.27
ふと思い出して記憶が定かじゃないんだが
戦旗4に「殿下が休暇中に地上世界に降りた」みたいな文章なかったっけ

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:15:14.84
読み返してないから定かではないが
もしあったとしたらロブナスUへジントを捜索に行ったときかな

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:16:45.65
"家族の食卓"のことをさしているんじゃないの

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:20:13.86
描写あった範囲では、殿下が休暇中に地上世界降りたのはロブナス2の件だけだな
家族の食卓のは建設中の軌道塔だから、地上世界とはちょっと言えないし

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:22:29.34
殿下の休暇の描写おおいな
バースロイル艦長のときも あと何時間で休暇だからーみたいなのあったし

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:37:49.81
言いっぱなしもあれなので引っ張り出して確認してみた

「天駆ける感覚が鈍っているのではないだろうか、と不安を感じた。
貴重な長期休暇をジントと一緒に地上世界で過ごしてしまったせいだ。
後悔しかけたが、前向きに考えることにした。」(戦旗4 187P)

これは、里帰り旅行のことを指しているのか
それともその後にどこかの地上世界に立ち寄ったのか、どうなんだろう

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 00:41:01.80
ああ、いやいや
ロブナス2のことも「長期休暇」の中での出来事になるのか
それならそのことなのかな

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 03:51:00.84
ただ殿下の言い方だと休暇のかなりの割合を地上世界で過ごしたような感じなんだよね
ロブナス後の里帰り旅行中には一応交通艇も飛ばしてたし、また別の休暇の話だと思ってた
でもジントがラフィールを連れて行く地上世界ってデルクトゥーくらいしかないな

ラムローニュ猊下の降格話は是非読みたい、三階級って相当だぞ
話の雰囲気からすると実戦でミスって部下をたくさん死なせましたみたいなことじゃなさそうだし結局上皇になってるし、なにしたんだろう
あとインペリアルニート

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 04:37:41.68
>>36
コポトニー艦隊が単独で旧帝都を奪還するくらいのことがあれば大軍功だろうが、それはコポトニーの軍功で弟殿下の軍功じゃない。
いくら皇族とはいえ経験もなく、軍大学にすら行く前のひよっこ後衛翔士に艦隊指揮をまかせられん。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 05:20:59.44
>>58
ふつう三階級も降格されるようなことをすれば、そのまま退役で軍キャリア終わりだろう。

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 06:12:46.44
>>60
皇族には退役する自由はないのだろう。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 07:06:07.73
それは考えられるが。
ただ、皇太子・女レースからはほぼ脱落だわな。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 07:42:45.45
インペリアルニートが許されるんなら、義務年限さえ勤めれば皇族も退役の自由はあってもいいような。
もちろん皇帝レースからはリタイアになるが。

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 07:56:11.31
同世代の皇族が皇太子になると、予備役編入でニート生活が可能になるってだけだろ
それまでは死にでもせん限り強制かと

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 08:21:58.16
ドゥビュースはずいぶん早く帝位を諦めた、ってことは
予備役編入自体は任意で出来るんじゃない?
義務としての最低年数は決まってるだろうが

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 08:34:55.22
>>65
帝位をあきらめたというのは、出世競争で勝つのをあきらめたということで、予備役になったとは限らない。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 12:35:56.58
予備役編入は正式に皇太子に上ってから予備役編入を願い出るのが通例らしいし
ドゥサーニュが一番早く帝国元帥に到達しそうな時点でってことだろう
で、プラキアに遺伝し貰ってラフィールを作った頃にラマージュがドゥビュースに王位を押し付ける内示を出した…と

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 15:17:20.49
王位の継承ってどういうルールなのかね。
長子順、実力順(位階の一番高い兄弟)、それとも親の恣意偏見?
皇位が実力レースだから、やはり能力のある子孫をのこさないといけないから、実力順かな。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 15:24:00.47
>>68
皇太子・女になった場合は自動的に王位も継承。
そうでない場合は前王の指名だね。
貴族と同じ。

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 15:24:20.84
>>68
兄弟姉妹で王位を押し付け合って、最も押しが弱かったヘタレが押し付けられるw

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 16:10:56.50
>>70
皇族どんどん弱くなっていきそうだな。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 17:02:13.14
まあアーヴの皇帝なんて、高潔すぎて責任が重大で相当の苦労の割に得しないと思うしな。
名誉以外だと多彩な大浴場が自由に使えるくらいだとか作中でも言ってたしw

アブリアルの子孫たちも最大の名誉で義務だからと皇帝を目指すだけで、
是が非でもと多候補者を蹴散らしてまで皇帝になろうとするのは少ないかもしれない。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 17:17:19.48
皇帝が義務と責任ばかりで是が非でも成りたいと思う皇族が少ないことも、帝国が分裂しない要因かもな。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 17:36:47.77
そんな野暮なお仕事はアブリアルにお似合い!

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 17:50:06.45
みんな「あーはやく貿易の仕事で宇宙をかっ飛ばしてぇなぁ」しか考えてないからな

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 18:55:00.12
ラフィールも家業だから仕方ない、くらいのテンションだったな
でも墨守の船王とか不敬罪制定した皇帝なんかはやる気があって空回ったパターンな気がする

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 19:01:09.39
ラマージュ陛下も自分の代で戦争終わらしたるわでこんなことになったし
皇帝ははりきったらだめな職業なのか

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 19:32:36.05
>>77
商売と一緒で大もうけしようとせずに少しづつ着実に利益をあげてゆくほうがいいというこちだろう。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 19:37:03.50
有能な怠け者がトップに立つのが一番望ましいそうだしなw

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 19:54:01.34
アブリアルとスポールっていつから仲悪いんだろうね?
母都市のオリジナルたちは友達だし初代も仲良さそうだったのに

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:00:27.96
何を言うんだ、とても仲良くやってるじゃないか。

きっと弧状列島から伝わる文化のせいだよ。「ケンカするほど仲が良い」という諺とか、
娯楽映像にも「仲良くケンカしな」という歌とか。
映像部分は弧状列島の外から来たものだが、あの歌はそうじゃないからな。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:06:03.55
段々蓄積されていった結果が現在なんだろう
仲が悪いっていうか苦手?
スポールの方は「アブリアルは堅物で、からかってもつまんない」くらいなきがするがw

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:22:19.24
アブリアルとスポールが仲が悪いのは、それも帝国を永続させるための知恵と妄想。
アブリアルとの仲が最悪のあのスポールでさえ、逆らわないという形を作ることで反逆者を出さないようにすると。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:45:56.78
ワープポイントに近い複数ゲート持ちの領地っていいと思うんだよな
門を無理矢理移動して自分の領地まで持ってくる領主っていなかったのかねぇ

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:48:20.21
アブリアルって聞くと、ナチに協力したって言われたフランス海軍提督を思い出す

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:48:57.87
ラフィールとかって肉親の情が薄すぎない?
弟とか父と音信普通になっても心配しないし、祖母が死んでも涙一つ流さないし、
流石生体機械と呼ばれるだけあるわ。
この辺、どうなの。

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:51:11.75
>>84
持っていかれる領主と戦争になるんじゃねw

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:51:20.29
>>84
門が閉じるのをまたないといけないし、平面宇宙、通常宇宙の両面に関所を置いて門の通行を
規制しないといけないだろうから、一領主の手にはあまるのだろう。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 20:53:11.35
喧嘩するほど仲がいい、あるいは腐れ縁・悪友みたいなんを
千年ほど洗練させるとあんな感じになるんだろう
確かペネージュさん娘いるはずだしラフィールとのからみとかやんないかな
そういえばレトパーニュ大公爵家は女しか創らないのかな
オリジナルも初代も母都市攻撃時も男なのに帝政期に入ると女しか出てこない
まぁあの感じで男ってなんか想像できないけど

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:06:15.81
>>89
あれ娘なんかいたっけ?

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:12:40.19
>>86
それは本来数巻に渡って書こうとしていたプロットを一気に縮めざるを得なかったからであって、
その間の心の揺れとかは、読者で脳内補完すべきなんではとマジレスw

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:16:11.68
アブリアル提督とその参謀がスポール千翔長とか漫才が楽しそう

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:17:56.86
>>89
超広義ならベルソート艦長が男スポール

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:34:40.22
艦隊司令部には何人くらい参謀がいるんだろうな?

ジントは十翔長だから艦隊司令部の参謀になるには位階が足りないだろうな。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:45:04.98
wikiによると十翔長=少佐格だから
ジントも相当な速度で出世してるわけだ
師団クラスの司令部になら何とか入れそうだけど
ラフィールは更にその上にいるわけだ

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:52:14.38
>>94
提督の艦隊司令部なら参謀はせいぜい10めいくらいじゃないのかね。
艦隊司令部の参謀なら百翔長か副百翔長といったとこだろう。
十翔長なら可能性ゼロではないだろうが、主計科だからね。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 21:53:19.93
ドゥサーニュさんはああ見えて結構やる気ありそう

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:02:26.46
艦隊司令部なら参謀以外のスタッフもいる可能性はあるが、主計科はあまり用はないだろう。
補給・支援業務の担当と言うことも考えられなくはないが、主計参謀なんてないだろうし、
補給参謀は飛翔科翔士だろうし、兵站監や艦隊主計長(そんな役職があるかどうかわからないが)
には位階不足だろう。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:26:34.07
帝国では皇帝はアブリアル伯爵の称号のほか複数の邦国をもっているから複数の貴族称号をもっているようだが、
皇帝以外の領地もち貴族でヨーロッパの貴族のように複数の称号をもつことはあるんだろうか。
アーヴは片親だから結婚で両親から称号を相続することはないし、祖先の住んでいた列島の国でも
複数の称号はもてなかったから文化的にもないと思っていいのかな。
ただ、皇族の場合は若いうちに子爵をもらうわけだが、皇帝になったような場合はその子爵の称号と領地は
そのまま皇帝の称号と領地として加えられるのか、あるいは新たに若い皇族に与えられるのか
どちらだろうね。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:32:51.85
ジントはなんらかの異能に目覚めない限り、これからも戦場でラフィールの側にいることは難しいだろうね。
アーヴの常識を覆す子育ての主夫として、家庭を支えるの方がよっぽど現実的かもw

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:39:09.84
>>85
お前は俺かw

HOI2AARで星界ネタ見た時はコーヒー吹いたわwww

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:42:03.65
>>100
普通の人間に無茶言うなよw

たしか語学に才能があるんじゃなかったか? 5ヶ国語くらい話せるはず
外交官として活躍できそうだ

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:44:32.51
>>102
普通に、官僚として活躍すればいいよね
その特殊な生い立ちも相まって、相対的にアーヴも各国も地上世界も見ることが出来そうだし、暫定皇太女殿下の信任と愛が深いわけだし。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:45:18.26
領地が複数っていうパターンの複数称号は皇帝だけだろう
皇族は生まれた時に子爵領を貰っているけど王になっても仕事は門の管理で王国は領地じゃないし
領地を伴わない称号が複数ってのは色んなパターンが既出だけど

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:45:25.79
>>98
補給参謀は主計科なんじゃないの?
わからんけど。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:48:51.10
>>103
官僚になる前に10年軍役果たさないと身分剥奪されるんでないの?

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:50:20.34
>>99
子爵の爵位と領地はそのまま皇帝のものだよ。
断章のUの『併呑』にある。
正確には皇太子のドゥサーニュだけど。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:50:53.98
>>106
確かにそうだな w
それに、軍で人を使う経験をしてからの方が、官僚としても役立つだろうしね

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:53:10.24
人種的な意味のアーヴで、アーヴ身分離脱したアーヴっているのかな

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 22:59:58.37
>>108
残りの軍役期間はペネージュ大提督の下で修業したほうが官僚として成長しそうだなw
ラフールの側だと怠けそうだし。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 23:05:39.91
>>110
アブリアルとスポールをマスターしたら、宰相になれるだけの素養を積めるかもなw
殿下と大公爵閣下、どちらも無茶ぶり、我の強さでは類を見ないし。

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 23:18:28.41
>>109
いるよ。
危うくドゥヒールも離脱する羽目になるところだったw
単行本未収録の断章にその描写がある。

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/23(木) 23:26:47.77
>>105
補給参謀は、普通に考えれば主計科だろうけど
ドイツ陸軍参謀本部兵站部長みたいな例もあるから、何とも言い難い面はある
(ドイツ陸軍参謀本部はプロイセン王国軍兵站総監部が改組されたものだったはず)

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 00:40:09.80
主計科が置かれている軍隊は主計元帥が補給の最高責任者になるんでない

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 00:55:31.75
そもそもジントは別に大して参謀としての才能もなさそうなのが問題なんだよなぁ
他の参謀たちとの出世競争勝ち抜けるとも思えないし
まだ個人副官目指した方が可能性あるんじゃね

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 00:56:09.12
サゾイルに元帥のようなポストが用意されているとしても、
それに就くには、キャゼルヌ位の能力が必要そうだ作品違うけどw

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:10:23.77
殿下の御威光があるからある程度出世レースでは有利だろうけど
時期皇帝の幕僚格まで上り詰めるのはキツイわな
本人も、主計科としては何万人も替えがいる内の一人、という自覚はあるみたいだし

118 :消費税増税反対:2013/05/24(金) 01:10:52.49
主計科なら三階級階級が下でもラフィールに付いていけると思ったが、
提督と十翔長だと五階級も離れてるんだよなあ。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:13:33.60
そこで辺境伯の立場を利用して亡命中の帝国に反物質燃料をたくさん持ってきて
軍の階級はともかく宮廷序列がぐーんと上昇!

なんてことをV巻がでる前に夢想したこともありました

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:19:54.28
もう同じ艦で働くことに拘らなくてもいいんじゃないか?
「殿下のヨーフ」というこれ以上ない地位を既に得てることだし

父君のヨーフだったレクシュ(姉)も、百翔長止まりだったしな

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:23:14.59
ラフィールが帝国元帥まで出世して皇太女になったとしても、
ジントは主計元帥にならないでも帝国艦隊司令部の一員になれるだろう。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:30:18.99
補給参謀も一人だけじゃなくて、補給参謀補とかがいるかもしれんし。

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:33:40.80
>>120
ジントの生きる目的というのがラフィールが翡翠の玉座につくのを見届けるか、
戦場で共に宇宙の塵になるまで側にいることであるらしいので、一応主人公
としてはそれまでどうにかして側にいる術を身につけなくてはいかんのではないかとw

>>121のように主人公特権のみでその立場になっちゃうかもしれないけどね。

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:37:38.59
やっぱり幕僚よりも副官枠が一番現実味あるな

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:39:14.76
>>123
ドゥサーニュが皇太子にして帝国元帥である時は参謀長の位階は星界元帥か大提督だったから。
主計科の参謀(多分補給参謀)はさらに下の階級でいいはず。
幕僚が数十人いるって記述もあったから補給参謀も複数いて、そのうち下の階級のにジントがなれば階級低くてもいいはずだし。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:49:23.90
第一部完ということは、第二部はどこから始まるんだろうな?

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:49:52.53
いくら帝国領域が半分近く分断されたといっても、ジントが数十万人からいる主計科で
実力で上位数十人に入り込めるほど星界軍も人材枯渇しちゃいないだろう

ただ実力では無理でも、ラフィールの威光次第ではかなり無茶な昇進も通りそうだが

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:55:51.07
>>58
三階級降格の伝説を作ったラムローニュ女史も、最年少上皇にして前皇帝のドゥガスと
一緒に、遷都組に回されたってことは、二番目に若いのかね

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 01:59:38.43
提督から三階級も落とされるほどのヘマというのは確かに気になる

130 :消費税増税反対:2013/05/24(金) 02:06:16.52
>>127
でもジントは真面目で頭も良いと思うぞ。
経験はまだまだ足りないだろうけど。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 02:09:37.67
>>129
気に入った人物をゴリ押しで幕僚に加えたからとかだったりしてw

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 02:24:09.15
ラフィールは祖母が死んでも、兄弟や父と生き別れになっても、帝都が
崩壊しても、感情を表さない。
まるで生体機械だ。
どうしてだろう。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 02:58:03.86
父から涙を流さず泣く方法を教えてもらったからさ

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 04:30:19.88
>>113
まだ人類が地球にしかいなかったころ、兵站(後方)参謀は兵科の将校がつとめるのが普通で、そもそも主計官が参謀になるのはあまり知らない。
もちろん、兵科でありながら補給・兵站を専門にした将校だが。

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 04:40:18.09
>>125
参謀というのは指揮官へ助言するスタッフ(決定するのは指揮官)だから現場の艦隊司令部ではそんなに多くない。
また参謀が多けりゃ参謀1〜4係・課・部というように分課になって指揮官と直接コンタクトするのは主任参謀だけだろう。

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 04:53:50.05
>>131
参謀って指揮官の助言役にしかすぎす、何の権限もないんだからごり押しでバカなお友達を加えようとなんの問題もない。
また指揮官は自由に自分のスタッフを選べるようだからごり押しの必要もないだろう。
位階は決まっているようだか。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 05:25:30.36
>>127
そんなことをしても二人とも困るだけだろう。
指揮官としては有能なスタッフを選んで、うまく活用していかないと自分の業績が上がらない。
スタッフとしても肩身が狭いだけでなく足手まといになる。
星界軍の副官がどんな役割をするものかはっきりはしないが、ふつうは単なる事務職ではない
から主計官がなるもんじゃなかろう。
まあ個人副官と言うか、クファディスがスポールの参謀になったときに感じたような立場なら
問題なかろうが。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 05:34:27.61
ふたりをくっつけておくとしたらどういうふうに説明するのかは興味津津

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 05:38:14.03
別に副官とか幕僚とかじゃなくたって、同じ職場にするのは簡単だろうよ

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 05:40:08.00
>>114
主計元帥がというより、主計元帥がつく主計局長なり補給本部長、後方支援本部長、兵站総艦が最高責任者だろう。
星界軍はどうかとらないが、主計局長はともかく、他のポストは飛翔科(兵科)将校のポストという場合もあるが。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 05:45:51.07
軍隊の副官は基本的には純然たる事務官じゃないか?秘書みたいなもん

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 05:56:53.87
>>139
同じ職場というと艦隊司令部だろうが、職務もポストもなけりゃ艦隊司令部に所属できないだろう。

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 06:04:07.53
>>142
別に旗艦のクルーならなんだっていいのでは?

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 07:08:12.38
>>143
あまりないことかもしれないが旗艦が変わることもあるから同じ職場とは言い難いのでは。
ときどき接触する機会さえあればよいというのならそれでもいいだろうが。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 07:18:19.53
>>107
それは了解。
皇帝も終身じゃないから退任後はその領地の収益で生活するんだろう。
ただ、本人が死亡したらどうなる。
子供はすでに他に領地をもっているはずだから子に相続させるとその子は複数の爵位(領地)をもつことになるから、
皇帝以外複数領地なしなら皇帝領にするしかないだろうが。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 07:22:59.11
>>141
それは個人副官というやつで、艦隊等の組織管理をする副官(人事等参謀業務以外を管轄する)もいる。
ただ、米仏系の陸軍みたいにそんなのも参謀組織の一部にしている場合もあるが。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 07:27:18.05
>>132
スポール大公爵「あら、わんわん泣いていたじゃないの」

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 07:41:08.12
>>132
人の上に立って帝国を導いていくアブリアルとしては個人的な感情で単にの前でなくわけにはいかないだろう。
ラマージュが出撃時に母親との別れの会話を個人的ではなく公人としての立場でしたように。
また、もともと過酷な環境で作業するようにつくられたアーヴだから、少々のことでは驚いたり
泣いたりしないように遺伝子操作されているのかもしれない。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 08:31:09.54
>>141
主計科の勅任翔士の副官が主計科というのはわかるが、飛翔科の勅任翔士なら飛翔科がふつうのような気がする。
まあ、自由に指名できるんなら持病もちが軍医科のかかりつけ医を個人副官になんてこともあるかも。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 09:18:34.59
猫の餌係出身の副百翔長がトライフに直接ツッコミ入れてたし
ジントもあと1つ昇進すればそのくらいは出来るようになるんでない?

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 09:42:59.61
同じ艦内にいれば
ジントは満足だと思うが

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 10:08:09.79
副官は事務を助ける士官の役職なので、自衛隊だと総務課から派遣が一般的のよう。
階級も普通は中佐以下の者が付くが、3階級下 ってのが多い模様。

銀英伝では中将のヤンについたフレデリカは中尉でしたね。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 11:10:12.09
>>145
その辺りはわからないな。
ラマージュ陛下が崩御したから彼女が生まれた時に与えられた領地は帝国に返上なのか、
そのとも息子か娘に相続させるのか。

代々相続させると皇族が持つ領地が多すぎることになるから、多分返上なのでは?

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 11:48:18.01
ソバーシュは監督としてサムソンを招くには位階が足りないと言っていたが、監督補として招くことは出来るらしい。
ジントにもそんな役職があるんでないの。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 11:51:30.92
王家を嗣がなくて次代から貴族に降下する場合はそのまま相続させられるんじゃない?

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 11:57:50.22
>>155
臣籍降下すればもう子供が新たに爵位もらうことはないから相続されるだろうが、臣籍降下まえの子供はどうなんだろう。
その場合、子供がすでに子爵位と領地をもらっているかもしれない。
もしもらっていれば親から相続させると複数爵位になる。
王になるか、臣籍降下するかが決まるまでは子供はつくれないとか、皇族としての爵位は与えられないとかいうんならそういうことはないだろうが。
子供を作っちゃいけない決まりだと、もし作ったら庶子扱いで士族籍かな。

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 11:58:17.66
星界軍は人事については位階と職さえ適切であれば
指名された側が拒否をしなければかなり指揮官の思い通りにできるようだ
そして艦隊司令官の場合は効率の面からも司令官の昇進に合わせて
司令部の幕僚団ごとセットで異動・昇進していくのが多いみたいだな
もちろん嫌なら異動願いを出したり規模の拡大に伴って補充もあるみたいだが

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 12:30:32.73
>>156
先祖の国で一時あったように臣籍降下時に爵位授与ならそんなこと考えなくてもよいが。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 12:55:01.05
>>157
アーヴでなければ反乱分子や腐敗の温床になりそうな慣習だなあ。
本能的に滅私奉公できる宿命遺伝子というものは素晴らしいなw

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 13:05:13.09
>>159
幕僚だけで実戦部隊まで私兵化できるわけじゃない。
基本的に幕僚には何の権限もなく指揮官にアドバイスするだけだからね。
幕僚が勝手に命令したりすると先祖の国の一時みたいな幕僚ファッショになってしまう。
指揮官とそりが合わなかったり反発するような幕僚じゃ指揮官の指揮能力に悪影響をあたえてしまう。

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 14:00:18.51
いくら指揮官が幕僚を任免できると言っても軍士で相応の位階はもっている必要があって、民間人?を勝手に任命できるわけじゃないから、それなりに歯止めもあるだろう。
位階も人事局がキャリアや実績からみてダメといわれたら勝手に昇格させるわけにもいかないだろうし。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 17:02:56.25
>>156
ラフィールが生まれたのがドゥビュースが王になったあたりだから、
王にならなかった皇族(ラフィールの叔母)の子供が子爵位と領地を貰えるかはわからないな。

163 :132:2013/05/24(金) 17:34:06.68
>>148
そういえば、フェブダーシュ男爵の娘、アトスリュアだったかな?も父親が
帝都防衛団で死んだのに、何も反応を示さなかったね。
アーブは感情までも遺伝子操作しているのかな。
そりゃ、統合体から、生体機械と言われても仕方が無い。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 17:41:33.22
同じ人が同じこと書いてるな

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 17:52:17.05
アブリアルは泣かないんだよ。
アーヴはできるだけ泣く感情を押し殺すことが美徳とされているのだと思う。

統合体は葬儀の場で後継者が無理やりにでも盛大に泣き喚めないといけない社会なのかもな。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:05:49.54
職業泣き女を多く雇えるほど尊敬される社会かな

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:12:55.15
ラフィールの参謀(参謀と幕僚の違いがいまだによくわからない)には新キャラがいっぱい出てくるんだろうな。
位階から考えて。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:16:35.08
>>167
どちらも似たようなもん。
参謀とはなんとか参謀という職名のスタッフ、幕僚はそれ以外のスタッフ。(総務課とかね)
ただ敗戦後の弧状列島では参謀という言葉を避けて幕僚といっていたようだが。

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:18:11.11
列島の劣等感

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:31:06.78
>>169よ、そなたは自ら一陣のプラズマと化すのが望みか?
ならば早くするがよいぞ。皆がそれを期待している。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 18:32:26.19
>>168
弧状列島では、その歴史上、司令部を本陣と称し、幕で囲っていた伝統があるから、幕僚という表現は、単なる政治的配慮を超えて、あながち間違いとは言えない。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 19:47:15.62
ジントは軍務より外交系でこそその真価を発揮するだろうね
前にもかいたが外交的な経験や実績を地味に積み重ねている
宮廷序列が跳ね上がったのならなおさら重要度が増しているしね

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 20:06:57.83
問題は、帝国において外交が重視されていない点だな
ほとんどのアーヴは「敵と味方だけになってすっきりした」と思っているだろうし

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 20:29:16.75
疎開の時、地上世界出身者との間にしこりを残したって事件があったけど
もしも対立が始まったりしたら地上人貴族のジントにも出番があるかも
もう少し地上人とも交流を持とうよ

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 20:41:49.02
>>172
宮中序列が跳ね上がったわけでもあるまい。
現役の諸侯は大部分前線に出ているだろうし、緊急の即位式で前線に穴をあけてまで即位式に参列させられないから諸侯クラスの参列者が少なくなっただけだろう。
退役世代の前・元諸侯は帝都防衛戦でかなり戦死したかもしれないが。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 20:49:31.18
>>173
統合体はアーヴ敵視、自分たちの価値観が絶対ですべての宇宙を解放しないといけないと思っているから騙し合いの外交しかないんじゃないの。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 22:30:06.81
>>168
ありがとう。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/24(金) 23:02:09.24
>>176
その騙しあいの必要性すら感じなくなったということでしょ

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 00:01:29.50
アーヴは皇帝を批判しないんだな。
帝都を喪い、一気に窮地に陥ったのに。
建設的ではないからかな。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 00:14:50.90
>>174

元皇太子「我々は地上世界の統治を、優雅さからかけ離れた仕事と考えており・・・」

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 02:32:35.21
突撃艦より襲撃艦を増やす。
平面宇宙では質量が軽い突撃艦は使い勝手が良いだろうけど。

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 03:12:56.72
>>>179
まだ歴史になってないからってのもあるかもね
そのうち、裏目帝とかの諡号がつくのかも

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 05:47:40.51
>>179
窮地?それは違うんじゃない。
帝都を失い各王国が分断され、皇帝や多くの上皇は戦死したが、次代をになう皇太子や若手皇族は健在。
重要な施設や人材も無事疎開できた。
また、帝国の戦力の2/3以上(双棘艦隊)は健在だし、雪晶艦隊の状況は不明だが、壊滅状態でもなさそう。
敵はかなり損害をうけているもよう。(あれ以上の追撃せずに撤退したとこからみると)
ドゥサーニュの即位式はさびしかったとしても戦時中だったからにすぎない。

まずは帝都奪還が最優先の戦略目標だろうな。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 06:00:11.74
>>182
たたりがあったら困るからきれいな諡号になるんじゃない。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 08:32:05.57
>>89
ニーフ・レトパンは代々「本人の完全クローン」な家風なので、娘確定

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 08:43:07.37
>>185
そうなの!?

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 09:00:38.71
>>186
出展は断章『君臨』
家風自体がいつ始まったかは不明

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 10:15:13.47
>>187
『君臨』読み返してみたけどそういう記述はないみたいだけど?

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 10:17:59.23
襲撃艦か、強いことは強いんですが
戦場に持ち込むための数をきっちり揃えられるかどうかが鍵な気がする。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 10:25:20.28
ところで、ちょっと個人的にやってた試算で詰まってまして
皆様の知恵をお借りしたいのです。

質量90ゼサボー=9000万トン=4個分艦隊相当

巡察艦6隻で1個戦隊 6つ+補給1個戦隊で巡察分艦隊
時空泡は7個
1個分艦隊は約22.5ゼサボー(2250万トン)
艦1隻の重さ、1個戦隊の質量、1個分艦隊の質量は均等であると仮定する。これは速度が同一でなければ艦隊行動が均一化されないため。
42隻で2250万トン

つまり1隻は53万5千トン前後と試算
6隻での質量は1割程度の余裕を持って時空泡限界を迎えるとすれば
時空泡限界は350万トン付近ですかね

なので巡察艦1隻の最大質量は58万トンまでというところ
1割の余裕を見たのは連絡艇や連絡艦が複数合流しても割れないことを前提とする為

4個分艦隊=100ゼサボーとして計算すると、1個分艦隊は25ゼサボー
巡察艦は59万〜60万トン
質量限界は360万〜420万トン
戦列艦180万トン2隻を許容可能

計算的にはこっちのが綺麗かも。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 10:35:45.31
戦列艦の質量は約180万トンと推定


1個打撃戦隊は2隻の戦列艦から構成
1隻の戦列艦の質量速度≒3隻の巡察艦の質量(3巻50pから)から

1隻の巡察艦≒2隻の襲撃艦の質量
1隻の襲撃艦≒12発の機雷とその発射装置、人員の質量=30〜35万トン

ここまではいいのですが、

巡察艦60万トンのうち、12発の機雷射撃能力で費やされる重さは約30万トン

機雷1発は2〜2.5万トンになってしまって、思ったより重くて

で、問題が
100発の質量+自衛武器、航行機能=6隻の襲撃艦が成り立たないのです。
機雷だけでも200万トン超えちゃう…
前は戦列=巡察の5〜6倍と思ってたからいいんですが、反物質の供給装置が
巡察艦では1個1個に対して、効率的だったり使いまわしてるのかな?戦列艦だと

大和は全長263mで満載質量7万1100トン。
だいたいゴースロスはこの5倍の全長なので同じ材料なら175万トンくらい
マクロスは1210mで1800万トン…中身詰まってるしね!

やっぱ星界ではだいぶ軽いね。細いから?

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 10:53:42.32
それに現皇帝となったドゥサーニュ陛下が帝国のありように一石を投入するつもりで利用し
それなりに気にかけていた事も明言している
現状の窮乏状態をも含めて考えると地上世界との関わりが激増する可能性が高いと思われる
ジント君大活躍フラグがビンビンだね

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 10:59:25.38
>>183
まだまだ逆転の可能性はあると思うが、窮地に陥ったのは確実だと思うが。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 11:27:51.35
軟弱な猫め

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 11:30:53.63
現状動かせる範囲内だけでは前代未聞の大ピンチではあるだろうが
分断された他の星界軍はまだ健在
分断された側は敵が帝都攻略に戦力集中した事から短期決戦でならかなり動ける大チャンスを得ている
本体に合流するも近場の重要拠点を攻略して拠点確保もおもいのまま
帝都攻略で分断されたさいの行動方針を作戦立案していれば
狩人作戦でビボース提督の艦隊が突出して敵を集中させる作戦と同じ状態が現出する
8割くらいの確率で勝利するだろう
が、やっぱりそこまでは指示してないだろうな
でも星界軍全体ではまだまだ有利は動かない

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 11:47:29.97
フラグはビンビン、伏線はバンバン
だが二部は始まらない

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 12:03:58.33
雪晶艦隊の損害が不明なので何とも言えないが、ハニア連邦にそんなに連合軍の精鋭部隊は残っていないと思われるのでそのままハニア連邦を制圧してしまえば帝都占領軍を孤立させられる。
そうなれば連合軍は門にこもるか彷徨える艦隊になるしかない。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 12:13:25.56
連合軍に占領された邦国も反物質工場とか資源採掘基地なんかは自爆させてるだろうしなぁ

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 12:15:28.62
敵国の残した施設を使わ無いのはアーヴの流儀じゃないっけ。

統合体も工場とか接収しないで破壊するのですかね

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 12:22:06.04
ヴォーラーシュ城館の例もあるし、帝都の乳は接収しようとしてたから使えるものは使うんじゃね

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 12:48:46.18
星界軍はすこしずつ敵の領域を制圧してゆくオーソドックスな作戦だから敵国のものを利用しないでも作戦を継続できる。
今回の連合軍の帝都奇襲は補給を考えると帝国の反物質などは接収して使わないと過大な負担になりすぎるだろう。

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 13:44:34.43
スポール本家が代々クローンはどっかで読んだけ気がするどどこだったかな
でも諸侯なスポールいっぱいるとも読んだことある気がするからクローンじゃないスポールもいっぱいるんでないかな

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 14:16:52.31
>>199
帝国も反物質燃料工場の類いは接収して使っていたね。

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 14:23:42.20
帝都占領したとはいえ、主力部隊には逃げられて
戦力ほぼ温存されたから、自力に勝る星界軍が一旦立ち直ると
連合軍は一気に劣勢に立たされるだろうな

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 14:39:28.19
主力部隊がいないのは承知の上だろう。
帝都急襲の目的はもちろん帝国の分断はあったはずだが、帝都にしかない建鑑廠を破壊なり接収なりして戦闘能力をなくすなり大幅低下させるのも大事な目的であったろう。
それを失敗したんだから連合軍も大勝利とは言い難い。
それとも帝都防衛戦で瓦礫の山になったと思っているのかな。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 14:39:32.16
というか連合に勝機の目が全く見えないのが現状

唯一勝つチャンスといえば、仮帝都が戦力整える前に一気に攻め落とすことだけど
次の巻で数年とか経過してたらもう連合は不利になっていく一方だな

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 14:39:59.73
あわよくば皇帝もなにも全部生け捕りにして、この奇襲で戦争を終わらせるくらいの意気込みで攻めたんだろうな

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 14:44:54.15
>>208
連合軍司令官がバカでなければ不死鳥艦隊を追撃して叩きのめすのセオリーだろう。
それをしないのは帝都の戦闘で大打撃を受けたに違いない。

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 14:45:42.17
8王国のうち3王国を喪ったのは大きいのでは
1王国は敵中に孤立しているし

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 14:55:27.64
>>209
連合軍が戦力・補給に問題ない状態だったらそうだろう。
いまのところはクリューブ王国以外は孤立はしていても連合軍が支配できる状態にはなっていない。
支配しようとすれば軍を派遣しなければいけないが、占領した帝都を空にはできないし、下手に分散させれば不利になる。
本国側に健全な兵力が多数あればそれもできるだろうがこれまでの状況を見る限り怪しい。
もしそれだけの兵力があってなんで自国領の少なからぬ部分をアーヴに取られてしまうのと政権がもたない。
それとも統合体は一党独裁民主主義で大本営発表しかなく「国境で小競り合いがありましたが生体機械の軍を壊滅させ撃退」
と発表しているので市民は知らないのかな。

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 15:17:02.92
>>210
人類統合体の中枢は頑なに変わらぬ本質があるようだ、
との記述があるから政権を取りそうな政党、政治勢力はアーヴを徹底的に嫌っているんじゃないか。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 15:22:33.65
>>212
それにしても自国の領域を大幅に占領されたら市民も政府はなにしているということになりそうだが。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 16:00:14.02
>>212
双棘作戦で人類統合体は自国の領域に星界軍を引きずり込んでいたから、
体制がどうのとか、軍の手足を縛るようなことにはならないんじゃないかなあ。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 16:12:52.12
>>213
双棘作戦で他国並びにその主力と切り離されたはずの人類統合体が、帝国以上に強力であり続けるなら、それなりの説得力がある描写が次巻あたりで出てくると思うよ

例えば、ヘラクレス作戦のように、ハニア連邦の軍事的中心(ウェイバルとか)と、人類統合体の中心を直接結ぶ門があるとか
これなら、人類統合体主力は補給を受け続けられるし、帝都の保持と、帝国軍による本土侵攻に同時対応できる。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 16:16:34.24
>>213
引きずり込んでと言えば聞こえはいいが攻め込まれていた。
自国領の奥深くまで引きずり込んで消耗させ限界点で反撃するという例もあるが、いま反撃できるだけの兵力が本土なあるのかな。
もしそうだとすると連合軍は帝国が予想できないほどの大兵力を建設していたことになる。
国力はたいしてかわらないんだからなぜそれだけの大兵力を建設できたのか。
使節庁や猫の餌係はなにしてたということになる。
それとも「欲しがりません勝つまでは」でアーヴが考えられないほどすべてを軍事費につぎ込んでいたのかな。

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 16:22:01.88
>>214
それにしてもタイムラグが発生するからリスクは大きい。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 17:37:15.71
連合はこの、ある意味中途半端な戦果のせいで政治的にゴタゴタしそうな気がしないでもないな

218 :消費税増税反対:2013/05/25(土) 17:37:24.78
帝国が四か国連合を攻めるとしたらどの国から落とそうとするかな?
弱い国からか、強い国からか。
人類統合体さえ併呑してしまえばあとはどうにでもなるだろうが、弱い方から順番に落とす方が確実だろうか。

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 17:39:10.40
実際、統合体市民だとすると、帝国は物凄く異質に感じると思う。
アーブと直接接する事も無いだろうし、生体機械と言われても違和感は無い。
いわば、神の視点で俯瞰しているい我々でさえ、アーブは生体機械か否か、
という問いには答えられないでいる。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 17:40:19.74
>>217
そこは「アーヴの帝都を占領し敵部隊を撃滅」としとけばしばらくは政権安泰じゃねえ。

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 17:48:00.55
>>214
双棘作戦は作戦途中で、雪晶作戦に切り替わったからなあ。
どこまで作戦が進行したのかわからない。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 17:56:19.73
>>221
バルケー王国とスリュグゼーデ王国がつながったという記述がある以上、必然的に、残された人類統合体とハニア連邦の間は、見かけ上切断されているのは違いない

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 18:09:42.93
>>221
スキール王国方面の双棘艦隊すべてが雪晶艦隊になったわけでもあるまい。
ハニア以外の3カ国に対応する艦隊も残しておく必要があるし。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 18:40:08.08
森岡さんの中ではアーヴ社会はそんなに継続できないみたいなあとがきがあったけど、なんか叩かれたのか?

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:41:54.73
ぶっちゃけ統合体とした、帝国が帝都奪還なんて後回しにして
双棘で他の連合国から切り離されて孤立してる本土を襲われるのを一番恐れてるだろう
ただでさえ幻炎でボロボロにされてるうえに、200個分艦隊近くも帝都攻撃に回した以上、
本土はほとんどがら空きに近いし、あっという間に征服される

一方、統合体としては帝都なんて死守しても帝国への嫌がらせ程度の戦略価値しかないし

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:48:06.13
>>220
連合それぞれの国内に対しては安泰だと思うけど、戦後を意識して連合国家同士の足の引っ張り合いとかありそうじゃないかな?

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:49:29.54
>>191
反物質は質量をみかけより小さくする性質があるのかもしれない。

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:52:29.41
>>226
こんどの急襲部隊も80%統合体だからこの戦争で勝利した後は他の3国は名目は独立国でも実質属国だろう。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 19:57:37.38
連合は今回の帝都侵攻といい、ヘラクレス作戦といい、ことごとく
考えうる限りの最善手を常に取り続けて帝国を出し抜いてるにも関わらず、
ようやく今の状況だからなぁ…

帝国情報局が猫の餌係じゃなかったら、もう一方的な戦いになってるだろうな

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:03:41.64
4までの話忘れたのと平面宇宙の地理関係がよくわからなくて局地戦の勝敗しかつかめない
三カ国連合+ハニワって今そんなに戦力落ちてるん?

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:03:55.78
>>229
帝国って情報戦弱いよな
情報局の無能を、軍人の有能さでカバーして戦争勝ち続けてるようなもんだし
考えてみれば今回の帝都陥落にしても、結局のところはラマージュと官僚の判断ミスが原因だし

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:12:07.32
>>230
人民主権連合は国力が帝国&他の連合国と比較しても大きく劣ってるから最初から論外レベル
人類統合体は国力はアーヴ帝国に次ぐ第二位の巨大国家だけど、今次大戦で
帝国から集中的に攻撃を受けててボロボロ
幻炎狩人作戦で国土の1/4を切り取られて帝国に吸収された上、双棘で他の同盟国から孤立されられてる現状
拡大アルコントはよくわからん
ハニアは開戦後に速攻で中立宣言したから、今次大戦での被害は軽微だけど
元々軍事力に関してはアーヴの軍令長官からも舐められてる程度

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:12:54.04
>>230
なんの情報もないから戦力落ちているのか、まだまだ隠し持っているのかわからん。
ただ、幻炎作戦や狩人作戦での状況をみると帝都急襲部隊以外に多数の兵力あるとは思えない。
まあ、帝国側もいまどれだけの兵力あるか不明だが、国力としては拮抗しているんだから帝国軍より連合軍のほうが圧倒的な兵力があるとは考えられないんだが。

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:17:44.56
>>232
拡大アルコントはいちばん小さいってなかったっけ?
今回の帝都急襲部隊でも統合体80%、あとの2国10%ずつ、ハニア2隻だから、人民主権連合と同程度レベル

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:20:54.31
今思うとハニア軍が最初の帝都強襲に加わらなかったのはここまで見越してのことだったのかね
統合体だかハニア宇宙派か分からないけどなかなかの策士だな

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:29:10.66
実は、統合体が戦争を仕掛けていたのもハニアの陰謀で、
スーメイ人至上主義の立場から帝国と統合体の共倒れを狙い
なおかつ戦力温存してたのなら脱糞する。

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:30:47.65
ヘラクレス作戦時は本当の奇襲だから帝国軍も準備があまりできていない。
それなら連合側としてはもっと大兵力さえ準備できていればあのとき帝国を壊滅状態に追い込めた。
だからそこまで見越していたとは思えない。
ハニア軍部としては戦争に加わりたかったが政府に抑えられ、とうとう帝国に併合されそうになって連合軍に加担したというだけだろう。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:33:33.79
>>236
それなら本当の策士だが、もっと日和見続けないとダメだろう。

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:40:46.35
>>234
一番小さいのは人民主権星系連合体だよ。
国力は統合体、ハニア、拡大アルコント、人民の順。

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:42:20.97
>>239
そうだっけ。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:43:41.92
帝国は自分からは戦争ふっかけてこないんだしほっとけばいいのにという発想は統合体市民にはないのかな

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:47:54.79
ヘラクレス作戦時発起時に連合軍はなんでもっと兵力を準備しなかったのか。
偵察衛星で監視されているわけじゃないからいくらでも秘密裏に艦隊増強できたろうに。
いま200分艦隊動員できるんならその時でもできたように思われる。
それともわが軍は精鋭だから1分艦隊で敵3分艦隊撃滅できるとか根拠のない精神主義だったのかね。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:50:27.39
帝国の最終的な目標は平面宇宙の完全支配だからな
どんどん巨大化していく帝国に対して連合も危機感があるんだろう
現状ですら、帝国以外の全人類国家が束になっても対等にすら戦えないわけだし

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:50:34.08
>>241
自分たちは絶対に正しい、価値の違う人間は許せない、ましてや遺伝子操作する生体機械など存在認められんというのが統合体のイデオロギーだろう。

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:52:00.38
>>241
帝政国家が存在する事自体が我慢できないみたいだから無理だろうね

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:55:57.46
>>242
猫の餌係と言えどそれを見逃すほどではないのだろう。
軍事力を強化し過ぎると経済に悪影響だし。

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:56:54.36
>>230
3カ国連合というか一番集中的に被害受けてるのは主に統合体だろうな
どのくらい酷いかというと、昔懐かしいタイトーのQIX風に説明するならこんなレベル

開戦前の平面宇宙勢力図
http://brunhild.sakura.ne.jp/up/src/up594029.gif

幻炎(&狩人)作戦発動!
http://brunhild.sakura.ne.jp/up/src/up594030.gif

プリンッ!
http://brunhild.sakura.ne.jp/up/src/up594031.gif

双棘作戦発動!
http://brunhild.sakura.ne.jp/up/src/up594032.gif

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 20:59:31.65
>>247
なにこれすごいわかりやすい

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:01:51.84
今回の帝都侵攻は本当に賭けだったらしいし、余分な兵力なんてもう残ってないだろう
もし猫の餌係が優秀でハニアに潜伏してるのが事前にバレてたら、包囲殲滅食らって
もうこの戦争はほぼ決着付いてただろうな

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:02:58.82
>>246
開戦を決意した以上、勝つためには最大限の努力をはらわないと、長期戦になればもっとダメージをうけるよ。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:05:05.80
帝国の存在自体を肯定的に描いているけれど、連合からしたら、平面宇宙、
そして行く行くは空間宇宙の交易全てのフリューバルが支配するのを座視
するわけには行かないという意見にも賛同出来る。
帝国は専制政治だし、皇帝と上皇達が、もしアーブ以外の人類を全て抹殺する
という意見に傾いたとしたら、平面宇宙と空間宇宙を支配されていたら、なすすべ
もなく、大気ごと吹き飛ばされるだけではあるし、危機管理の点からいって、人間
以外の何かに遺伝子操作された存在であるアーヴに全てを賭ける事は危険だと
思うのも当然。
アーヴと連合はお互いの存在を賭けて、戦い、そのどちらかが滅びるまで相容れない
と思われる。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:05:46.26
>>249
ハニアからの大使がいた以上、帝国の大使もハニアにいたはずだが、なんの兆候もつかめないとは使節庁も猫の餌係も先祖の悪いところをうけついでいるなぁ。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:08:44.61
>>242
一応使節庁は近々大規模な軍事行動の恐れあり程度は掴んでたんだし、
あんまり大々的に軍備増強したらさすがにバレちゃうんじゃないかね
軍需星系や勢力圏境界星系の交通量が増大するとか

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:10:59.66
種族的アーヴって外見的にスパイになれないのは不利だよね

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:16:17.27
>>254
それはあるが、商業種族なんだから情報の重要性はわかっているはずだが。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:18:40.66
なかっち 動画
http://www.youtube.com/watch?v=z2qK2lhk9O0s



みんなで選ぶニコ生重大事件 2012
http://vote1.fc2.com/browse/16615334/2/
2012年 ニコ生MVP
http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=103374&bm=
2012年ニコ生事件簿ベスト10
http://niconama.doorblog.jp/archives/21097592.html


生放送の配信者がFME切り忘れプライベートを晒す羽目に 放送後に取った行動とは?
http://getnews.jp/archives/227112
FME切り忘れた生主が放送終了後、驚愕の行動
http://niconama.doorblog.jp/archives/9369466.html
台湾誌
http://www.ettoday.net/news/20120625/64810.htm

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:33:28.38
>>247
ヘラクレス作戦で使われたイリーシュ王国内へダイレクトリンクする2つの門の先が
両方とも統合体領域に繋がってたからな
どこでもドアでジャイアンの家に乗り込んだのび太がジャイアンの頬に軽いジャブ当てて喜んでたら
そのドアから逆にジャイアンが乗り込んできてコテンパンにされたようなもんだわなw


>>254
てか、果たして殿下の出世についていけるのか不安がある我らがジント伯爵閣下の天職じゃね?
まさかこの男がアーヴ貴族だなんて誰も思わんし、猫の餌係局に勤めれば大出世するかもしれんw

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:45:27.35
ハニアに対するアーヴの報復が怖いな。
帝国は敗残兵狩りみたいな真似はしないけど。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:48:24.36
>>258
宇宙軍と宇宙船がプラズマにされて、地上に閉じ込められるだけだろ。
領主はすべてアーヴになるだろうが。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:51:10.87
>>255
それは分かってただろうが、手の打ち様があまりない気がする。
連合の内情を探るにせよ、種族としてのアーヴは地上人の国では無理
ぶっちゃけ自国領内の地上世界にすら近寄らない、メンタリティがかけ離れ過ぎている。
だからと言って地上人の国民を何処まで信頼出来るか疑問
多くの国民にとって帝国は祖国と言うより出稼ぎ先の雇い主って意識だろうし
ぶっちゃけ金以上の信頼は無いかも……

不利になった帝国に何処まで付き合ってくれるかとも考えてしまう。

逆に連合、特に統合体側には一部狂信的なまでの民主主義者の愛国者が居そう。
それこそ敵地で買収されず絶対に祖国を裏切らない諜報員になりそうな……

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:56:54.01
>>260
開戦前の人口が9000億人もいるんだから、間諜をやってくれる国民くらいいるだろう。
帝国は国内に外交官以外の入国(滞在かな)を許さないし、対外諜報に力を入れていない気もするが。

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 21:57:12.36
>>260
スパイ活動ならそうだろうが。
情報ってスパイだけで集めるわけじゃなく、公開情報や捕獲した艦の情報や捕虜の尋問結果、その他いろいろの情報を集めて分析するのが王道。
もちろん正しい情報かの評価が大切。

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:00:47.55
アーヴは戦争で領土拡大してきた民族だから、政治外交は苦手なんだろうな
話し合いでどうこうとか回りくどいのより、戦争で叩き潰して勝利、というシンプルな方が好き

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:15:05.50
有人星系の半分以上は入植じゃなかったっけ?
まあ外交的手段で獲得した領土はないだろうけど

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:15:29.21
情報局が猫の餌係と揶揄されるほど無能晒してる一方で、
遷都計画官はほぼ完璧な仕事を遂行してるから帝国の官僚全てがダメってわけでもないんだよな

てか、遷都計画官はマジすげえな
人間はやっぱり仕事には達成感が得られないとモチベーションは駄々下がりするもんだし
「帝国開闢以来一度も行われた事がないし、今後も行われることはないだろう」
などという遷都が行われた時に備える仕事を365日続けるなんて賽の河原の石積みのごとく不毛すぎて、
組織自体が腐敗しててもおかしくない境遇だし
常日頃、他の局から「税金の無駄遣い部署(笑)」くらい言われてても不思議じゃない

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:20:33.45
>>261
いや、帝国と国民との間に何処まで信頼関係が成り立ってるかが不安な訳で……出稼ぎ先の為に何処まで体張れるか、そもそも金銭で雇った国民にそこまで期待するのかとか

もしかしたらそういった諜報畑の人材を傭兵として売り込みしてる領民政府があるのかも知れんが……領民総スネーク的な?

>>262
拿捕の可能性のある敵地や国境の艦や宝くじ特等当てるよりはマシかも知れないけど最新の敵国政府等の深い内情を知る高官の捕獲だけで何処までの鮮度と深度の情報が期待出来るかがネックかと

ゲームで猫の餌係局長も「情報とは愛、愛は鮮度が重要」と言ってたし
産地直送の情報はどうしても重要度が高いと思う。
店頭や窓口(前線・国境・公式発表)に並んだ商品(情報)では遅い、敵国は市場(鎮守府)や産地(帝都)から直接入手してた可能性も……とも考えてしまう。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:21:25.42
>>265
情報局はトップに問題あるんじゃない?
遷都計画官は地上世界出身者だったけど、情報局長は生粋のアーヴだし(カシュナンシュだっけ?)
アーヴってあんまそういう仕事向いてないんじゃないの

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:25:00.13
情報局長「ただでさえ国力軍事力で有利な帝国が情報戦まで完璧じゃ戦争が成立しないし
     ストーリー上の都合なんだからもう許してよ」

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:41:52.87
>>266
帝国に忠実な国民も少しはいるだろうさ。
侍従とか、儀杖従士とか忠誠心高そうな国民が出ているし。

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:45:59.70
彼はアブリアル台所のワローシュ出身者ですから

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:49:52.79
ディシャンデルか

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:52:28.45
で、帝国はその忠実な国民に金以外の何を保証しているんだい。

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 22:55:51.16
そもそもスパイ的な諜報活動はかなりハードル高くないか?
スパイを直接潜入させるのはまず不可能
貿易港経由等で中枢情報に触れられる内通者を作るのも相当難しい
作れたとしてそいつの得た情報を本国へ送るのも方法が見つからない

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:07:15.90
>>272
アーヴ身分。

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:18:36.15
アーヴは遺伝子的に潔癖だから、汚い考えをする人を理解できなし理解したくも
ないんじゃないかな。
なので警戒しているつもりでも友好を建前にされた謀略にころっと騙されてしまう。
過去に自分たちを生んだ創造主を滅ぼしてしまったことでもわかるように、
片手で握手をしながら片手でボクシングをやるようなことは出来ないのだろうね。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:27:14.60
>>264
ミッドグラッドみたいなのは帝国側の外交手腕じゃないしなぁ

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/25(土) 23:44:14.79
>>275
より精緻な欺瞞に魅力を覚える、とラマージュは言っているから理解出来るとは思うけど。

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 00:30:05.45
星界軍は侮られるほど弱体化しているとはスポールの評。
この認識が正しいのでは?

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 00:45:47.58
統合体が宗教じみてるのは仕方ない気がする。

アーヴは航宙戦力を殲滅することはしても、現状地上には手を出さないので
負けても地上での生活は脅かされはしないから、兵が死に物狂いにならない。

敵のスパイ活動はほぼフリー(占領された地域から帝国内の地域に移動や、国民になればいい)
なのに対して、アーヴ側からのスパイは貿易港が閉鎖されてて不可能ちっく。
情報戦で遅れを取るのはしゃーないとおもう。

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 01:07:03.56
>>279
占領された地域から他の帝国領に移動したり国民になってからといって重要情報に接せられるわけでもないし、
仮になんとかして情報を得てもそれを伝える手段がない

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 01:09:41.76
スパイの入手情報の受け渡しは考えたけど、
戦争もかなり長期化してるし
国民として帝国内に侵入、交易船等を利用してこっそり同盟領内に機雷の様な無人機で……とか
そういう平面宇宙からの無人偵察機みたいの無かったっけ?

確実なスパイ網構築に数世代かかりそうだけど


いや、平時なら普通に外交官やその周辺スタッフに渡るようにすれば……

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 01:21:01.35
>>240
そうだよ。

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 01:23:02.14
技術があれば星界軍への侵入は容易なんですけどね。

長距離機雷とかありましたけど、星系間航行をするためには昔の航海みたいに
補給しつつ長距離を踏破しないとダメっぽいので無人機は無理かな。
(長距離飛べるようにすると重く遅くなって結局距離いかない)

暗号化した情報をアーヴの交易路に乗せて、彼らに運ばせるくらいはできそうだけど
本国に送るすべが確かに無いな・・・

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 01:34:16.60
星界軍の情報局より帝国紋章院の方が恐れられている印象があるんだが
アーヴ世界は外に対してはあまり関心がないぶん、フリューバルの運営に力を注いでいるので
ジントの境遇がドゥサーニュの気まぐれで済まされることがまだ納得できないでいる
紋章院からすればジントに監視役貼り付けてもおかしくない

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 01:37:34.65
情報局と使節庁と紋章院の業務分掌がわからないよ

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 01:52:38.89
>>284
描写がないだけで、監視はされてたんじゃないの?
クリューヴ王の気まぐれだけじゃなく全く無害だとわかっていたから、
ラフィールとも会えたんだと思う。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 01:57:35.33
主として情報局は他国の軍事関係、使節庁は他国の政治経済関係、紋章院は国内情報
かな?
情報局と使節庁は重なる部分も大きそうだが紋章院は戦争にはあまり関係なさそう
ただ秘密警察的な性格を帯びているそうだから防諜はもしかしたら紋章院も管轄かも?

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 02:28:29.25
情報は国内、国外を含めた情報統括じゃないかな。
紋章院は名前的に、帝国内でも貴族皇族関連の情報を集めてそう。
上皇、皇帝直轄で。

ともあれ、正直敵国の潜入工作員の数は多そうだなぁ

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 02:31:37.86
みんな、帝国情報局を猫の餌係りと呼んでバカにしているけどさ、
何と比較した評価なんだ?

もしかしたら、人類統合体の情報局も同レベルかも知れないだろ。
スポール閣下のハッタリ見抜けなかったし。

平面宇宙というこっそりと情報通信することが難しい存在のせいで
帝国に限らずどの国も諜報活動には大きな制約があるのでは?

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 02:50:23.81
まあぎんえいでんみたいに超光速通信がないから
ホクサスによる情報連結かカリーク、重力波通信による質量レーダーとタイムラグが設定されているから
双棘作戦みたいな二正面作戦がうまくいくかどうかは正直アーヴらしくない冒険だったとは思う

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 02:57:59.80
>>289
現代の情報局が畏怖されているのは、情報分析だけではなく
その情報に基づいて言論や思想の統制、弾圧をしてきたからで、
アーヴの情報局が純粋に情報収集と分析だけをやっているのだとしたら、
当たり外れのある天気予報みたいなもので、バカにされるのも仕方がないのかもね。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 06:00:21.62
>>289
不死鳥艦隊を追撃したのは帝都攻撃艦隊の一部で、艦隊にはせいぜい情報参謀がいるだけで戦術情報を分析するだけ。
潤沢に機雷撃たれたらまだまだ臨時帝都には機雷に余裕があると常識的には判断するだろう。
情報局が分析するわけじゃないよ。

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 06:01:50.47
>>290
時には投機的取引することもあるだろう。

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 06:30:33.68
情報局いまなにしているんだろうね。
帝都陥落で茫然自失じゃないだろうな。
ちゃんと挽回のための情報分析しているんだろうな。

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 06:31:16.26
情報戦に弱いなんて弧状列島の末裔っぽいじゃないかw(本当は笑えなんだけど

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 07:08:36.21
歴史が長いと戦争限定の情報戦の価値が低くなるからな
いわゆる優雅ではない
って事だろう
政治や統治を含めた総合的な評価としては実際にあんまり有効な手法とは言い難いし

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 07:52:41.39
あくまで帝国が知らない未知の通路が開通している可能性は除外すると
今回ハニアに潜伏していた200個分艦隊もの大艦隊がハニアに潜伏していたのは
双棘作戦で統合体本国がハニアから切り離される以前からなんだろうし
それだけの艦隊を構成する兵站からして莫大なものになるし、その動きすら情報局は掴めなかったのは痛いな

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 08:03:44.94
>>294
トライフが「猫の餌係」って揶揄した理由は、個人的確執が多分に含まれてたんだろうけど
こうも立て続けに情報戦で遅れを取るとちょっと洒落で済まなくなってくるな


今や二人の関係は完全にこうだろうなw


        rー、
    」´ ̄`lー) \
    T¨L |_/⌒/  ←トライフ
     `レ ̄`ヽ〈
       |  i__1
     _ゝ_/ ノ          カシュナンシュ
      L__jイ´_ )          ↓
        |  イ
         |  ノ--、           r'⌒ヽ_
        ゝ、___ノ二7  /´ ̄l、_,/}:\
         |ーi |   l_/ /__ィ::.  ゝ~_ィ´:; ,ゝ
        __〉 {      (T´ |1:::.  \_>、};;_」
       'ー‐┘       ! ` ̄''ァ一 、\ ヽ}
               〈` ̄ ̄^`¬ノ .::〔 ̄´
                   1  ヽ   .:::レ  ヽ、
                |_イー-、_;;j|_:.   ゝ、
                __,,,... -- |. {―――‐フゝ、   〉 -- ...,,,__
        _,, -‐ ´       ,r|__ト,    1ニノ ー'´       ` ‐- ,,_
    , ‐ ´         └―'´

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 09:18:31.43
>>291
>現代の情報局が畏怖されているのは、情報分析だけではなく
>その情報に基づいて言論や思想の統制、弾圧をしてきたからで、
それだ!
宿命遺伝子を持つアーヴには、言論や思想の統制も弾圧も必要ないので、
もともと帝国情報局は純粋な情報収集と分析だけしか求められておらず、
他にやることも無かったんだよ。

>>292
統合体情報局は、事前に、帝国が臨時帝都にし得る各鎮守府について、
保有機雷数とか分析しておかないのか?
だとすれば、統合体情報局もまた猫の餌係がうってつけである。

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 09:34:56.69
つーか連合があそこで退却したのはハッタリに騙されたというより、帝都で戦力減らしすぎた上に
機動爆雷も第七相手に全て使いきらされて、仮帝都落とせるだけの力が本気でもうなかったんだろうな
門に籠った相手を確実に叩くには相当な戦力が必要だし

ペネージュさんは「帝国を侮ってる」って言ってたけど、全てを捨てた賭けに近い今回の作戦に打って出た連合にそんな精神的余裕あるわけもないし

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 09:42:10.30
>>298
カシュナンシュってどんなキャラだったっけ
ゲームと断章に登場したトライフと犬猿の仲の人物なのは覚えてるんだが

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 09:48:13.04
>>300
本気で力がもう無かったのだとしたら、そもそも兵力を2つに分けてまで追撃したりしない。
スポール閣下がハッタリかました直後に撤退を始めたんだから、ハッタリに騙されたんだろ。

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 09:48:23.22
これだけ対敵国諜報で失態続きでも特に罷免されたりしてない辺り、
国内諜報とか別な面で優秀な人なのかもしれない

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 09:52:11.37
あそこで兵力分けたのは仕方なくだろうししょうがないよ
とにもかくにも逃げる輸送艦隊削るのが最優先とはいえ、帝都防衛隊を全く無視して背中晒すのも不味いし

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:00:50.56
>>299
分析して攻め込んだらハッタリで大量の機雷を撃たれて、「話と違うじゃないか!ここでこんなに使うなら予想の三倍くらい持ってるぞあいつら!」
となって見直しを迫られたんだろ。
既にかなり消耗してるだろうし

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:01:16.18
前巻の御前会議のシーンで、ハニア占拠に兵力回すと帝都の防備が薄くなるって話に
ブラーシュの「こっちの封鎖完了した双棘艦隊から戦力引き抜けばええやん」って意見に
ファラムンシュが、双棘作戦で一番困るはずの統合体がほとんど艦隊出してこなかったのはおかしい、どこかに隠し持ってるのかも、
って可能性は指摘してたから、統合体の艦隊の捜索はかなり高い優先順位が与えられてたのは間違いない
それでも全く気づけなかったというのは、主に統合体本国にばかり目を向けてて、中立のはずのハニアに既に入り込んでた
ってのが相当予想外だったんだろう
上でも言われてるように、ハニアには帝国の外交官や使節団だっていたわけだし、全てが情報局のせいでもない

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:03:44.48
>>302
トライフさんとホモ疑惑がある人

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:11:39.30
ぶっちゃけ今回の帝都侵攻ってヘラクレス作戦の時みたいな入念な計画の元に行われたんじゃなくて
双棘作戦のせいで本国と切り離された軍部がほぼ独断で似たような境遇のハニア宇宙軍と手を組んだ結果じゃないか?
この帝都侵攻は、引き換えに手薄な本国が帝国に蹂躙されるリスクを伴うから本国が承諾しそうに思えない

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:17:38.64
>>247
こうして見るとスキールとバルグの孤立っぷりは本気で不味いな
それ以外の領域では帝国が圧倒的だけど

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:25:03.80
>>305
そういうことだね。

平面宇宙が存在する以上、敵がどこにどのくらいの戦力を配しているか見極めるのは、もともと至難。
誰にとっても極めて難しい作業であって、帝国情報部がそれをできなかったことを理由に猫の餌係と
呼ばれるのであれば、人類統合体の情報部門もまた猫の餌係と呼ばれるべきだろう。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:29:07.18
アーヴはネコ好きぽいが統合体の市民はネコ嫌いで猫の餌係にも相応しくないかもしれないぞ

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:30:11.83
>>257
この戦争はイリーシュ王国の制宙権をどっちが握るかが焦点になりそうだよね
イリーシュ王国には旧統合体領域へ抜けるケイシュ門があるから是が非でも抑えたいし
帝国としても帝都を奪還するための侵攻ルートのひとつとしてやっぱり欲しい
一応、ストーリー的にもジントの故郷がある王国が戦局の鍵を握ってるというのは盛り上がるし

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:39:36.29
連合側は国力軍事力共に格上の帝国を戦略で出し抜いて先手を取り続けてるし上層部は相当優秀
ただ結局は軍事力のガチンコ対決になるとどうしても遅れを取るのがいつものパターン

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:40:21.24 ID:AdfeRvBD!
帝都侵攻の情報が掴めなかったというけど
実際は掴んでいたんじゃないかな?
人類統合体はいつも計画を立てていて用意をしていた。
ただ他の国が「無理無理、ハニワが参加するか、新しい航路でもみつけるならやってもいいけど」こんな状況で狼少年になっていた。
帝都侵攻は月に一回ぐらいスパイが情報を送ってくる。

まさかハニワが人類統合体の工作にはまるとは?!と他の国は思っているかもしれん

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:45:34.65
同数以上で勝ち、引き分けを得られたのって最初の帝都襲撃だけっすね、統合体
あんときは120個分艦隊(4カ国)vs140個分艦隊(帝国)でしたか。

追撃は戦力を2つに分けたという話でしたが、アヴリアル伯国に残したのって制圧部隊だけで
残りの空間戦力はほぼ休息、補給なしで追撃に掛かってませんでしたか?
あのまま追っかけて、相手に機雷が十二分以上に有ると、殲滅されかねなかった可能性が…

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:50:48.17
>>314
情報局は、アブリアルは潔癖が多いだけに、綺麗事だけじゃやっていけない帝国を支えるために
裏でこなしてる汚れ仕事が多いからな
情報局直属の特務艦隊による中立星系の占領や、敵に占領された貴族領地の破壊活動とか最たるものだし

表にあまり出せない活躍が多いだけで、猫の餌係りは非道い

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 10:57:14.14
>>315
不死鳥艦隊を追撃したのは40個分艦隊にまですり減ってたし
お互い機動爆雷使い果たした状態なら有利なのは門に籠った帝国側だしなぁ
あのまま強引に仮帝都へ乗り込んでも連合は負け戦確定だったと思う

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:10:56.92
>>313
出し抜いていると言えるのかな?
帝国が自ら進んで侵略を行わないのをよいことに、奇襲しているだけではないの?
しかも、これまで失敗続きで、最新巻の帝都攻略は成功したけど、戦略目標の
大半は達成できなかったように思える。

とても、連合側の上層部が優秀であるとは思えん。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:12:20.19
連合は全く勝機見えないけどこのあとどうすんだろう?
今回の最初の描写でも「全体としては帝国の兵力が勝っているが、手薄な箇所が食い破られている」
ってあるから、この帝都侵攻は一点突破に戦力集中したからなんとか戦力成功しただけで
戦力整えるのに時間かければかけるほど有利になるのは帝国だし、帝都は反物質燃料工場すら自爆されてるから現地調達すらままならない
帝国はいくつかの王国切り捨てて兵力集中した分守りは強固になってるから、バルケー含む連結した四王国はもう絶対に攻略出来ないし
引き換え、帝都とか八王国のどこからでも攻め込めるから守るには最悪の立地条件
連合に明るい材料がない

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:15:00.79
>>318
元々、帝国に圧倒的有利な戦争だしな
帝国は王様将棋でも対等以上に戦えるけど、弱い方は小細工を駆使しないと
同じ盤上にすらいられないわけだし

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:16:42.72
>>319
さらに孤立してる統合体本国が狙われた場合、速攻で陥落する、も追加で。

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:23:40.65
>>319
国力を戦力に変えるのに致命的な欠陥がある、とアーヴの軍令長官からも舐められてるハニアも相当不味い
スキールとバルグゼーデが打通狙ってきた場合、ハニアには止める戦力はないんじゃ?
今までは中立宣言してたから生かされていたようなもんだし

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:27:31.19
統合体は集中生産してるのかな?
分散生産するとコストが上がるし、多分どっかで集中生産してるんだろうけど…
(人類主権連合はしてましたし)

帝都が「落ちた」と仮定して敵国の生産設備を潰そうと動く艦隊があるかどうか

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:31:57.48
>>320
ファラムンシュなんて、ブラーシュに「この和平案蹴ったらハニアが敵になるかもしれませんぞ!」て言われても
「そっちの方がむしろやりやすくていいし」と答えるほどだからなw
アーヴは種族的にそういう政治的駆け引きとかめんどくさいの嫌いなんだろうな
断章に登場した女王タマユラが良い例だけど

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:37:25.00
名も無きアブリアルの墓も吹っ飛んでしまったぽいのが悲しい

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:41:29.18
>>323
まあこれからするんだろうな
ハニアに潜伏してた頃はさすがに帝国情報局もバカではないからバレないように兵站集めるにも大幅な制約あっただろうし
この帝都侵攻で何とか遣り繰りしてた手持ちを使い果たしたから
すぐに策源地確保して生産体制に入らないと

今の統合体の兵站は帝国より遥かに痩せ細ってそう

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:46:19.13
>>325
そういや王墓と名も無きアブリアルに関しては今回全く触れられてなかったな
デーヴが忘れてるだけというのでなければ、普通に消し飛んだ可能性が高い

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:55:51.02
名もなきアブリアルと王墓に関しては伝説過ぎて、
今のアーヴでも覚えてる人ほとんどいなかったのかもしれない

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 11:59:07.52
>>327
忘れじの間と同様に帝宮からの分離が不可能で(殿下の推測だがw)あれば、諦めるしかなかったろうな。

でも、注射器くらいは持ち出したかもw

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 12:20:07.62
遷都って戦力とかの移転的にはうまくいったのかもしれんがアーヴにとって大事なものを
やっぱりいろいろ放棄させられてしまったように思える

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 12:34:52.28
不死鳥艦隊への追撃に関して言えば、連合軍側は長い補給路があるんだから時間がたつにつれて不利になる。
それに対してバルケー王国の帝国側は自国領内で包囲されているわけではないから時間がたつにつれてどんどん兵力は増えてくる。
それを考えれば連合軍側はもうとうてい動けないくらいの損害・疲労困憊でなければ、
少々疲労がたまっていても司令官は鬼になって追撃命令を出さなければいけない。
休んでからなんていっていたらどんどん不利になる。
もう追撃の力がないのか、政治家にへいこらするだけで能力もなく出世した軍人が司令官かどちらかだろう。

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 12:42:15.07
>>322
ていうか、雪晶艦隊は運悪く壊滅した弟殿下の分艦隊みたいなのはあるが、そんなに消耗はしていないはず。
敵がハニア経由で帝都を攻めたことはわかっているはずだから一部軍部の行為とはいえハニアの中立は吹っ飛んだ。
それなら、ハニアを武力制圧してバルクゼーテ王国との連絡をとりもどせば孤立解消、敵補給路の切断と一石二鳥。
帝都占領軍もほきゅうなくなったらやせ細る一方で帝都奪還もやりやすくなる。
臨時帝都との連絡ができないので連携作戦ができないのが痛いが。
あとはコポトニー司令長官の判断次第。

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 12:47:13.04
皇族は修技館入学の際に王墓とそこに眠る始祖の話を聞くしきたりみたいだし忘れられてるってことはないと思う
石碑は帝国の宝だけど王墓はあくまでアヴリアル一族のある意味私的な聖域だから運ばなかったんかな

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 12:57:28.59
>>331
ないんだろ。このまま無理に追撃してたら誘い込まれて壊滅すると思わせた帝国側の勝ちだってことだ

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 12:58:26.08
>>299
敵の保有機雷数 戦時中だからそれは無理かと。どんどん生産しているし、どこに運ばれたかもわからんし、消費量も正確にわかるわけじゃないし。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:01:45.70
注射器はレペスの家宝だからそっちがどうにかしたんじゃないか
王墓とは扱いが違う

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:03:35.79
>>335
同盟軍の主力艦隊に関しても、同じことが言えるのだろう。
どんどん生産しているし、どこに移動したかもわからんし、損耗数も正確にわかるわけじゃないし。

帝国情報部だけが猫の餌係であるわけではない。

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:07:43.08
さすがに帝国の生命線ともなる帝都に二度も奇襲なんて食らっちゃ
猫の餌係どころの騒ぎじゃない
まあ今回の件に関してはラマージュの判断ミスのせいでもあるけど

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:19:47.55
王墓の墓を諦めるのはやむを得ないわな
分割は不可能なようだし、都市船は大昔の規格の艦だからデカすぎて時空泡限界超過してるし

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:26:52.38
>>316
あ、男爵領とか現地に実質地上人しか居ない状況になりやすいから、
そうと知られず寝返って反物質燃料や鉱物資源、情報の横流しとかあるかも?

領主が代官任せだと
代官…地上出身の官僚?
各施設管理・保全…技術者の国民
外からの物資の受け取り・供給だけアーヴの操る定期船?
港の管制・整備員も地上出身だろうし色々と仕込み放題かも

ゲームの特務艦隊のそれも似た状況だったし
まあ、アレは領主自身も黙認してたフシもあったけど

フェブダーシュ男爵領のクロワールさんみたく帝国から断絶しても自給自足が可能なら、本当に領内でやりたい放題だし


どうも帝国の官僚界はアーヴ比率が低いらしいし
確か現宰相や高位官僚は地上出身の天下じゃなかったっけ?
流石に高位官僚は寝返ってないだろうけど辺境勤務の代官クラスはどうだか……

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:27:04.04
情報局長官 近衛艦隊とともにすでに戦死したのではないかと。
軍令長官が参謀長なら情報局長官が情報参謀であってもおかしくない。
それなら忘れじの間に刻んでもらえるし。
もちろん他のスタッフは帝都脱出しただろうが。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:32:58.11
>>338
ラマージュと言えば、遷都計画官が遷都先の第一候補はバルケーのソトリュール鎮守府と具申したときに
ラマージュに「ソトリュールとかバルケー門に近すぎね?守りきれるのかよ?」って言われて
ファラムンシュさんが「防衛は可能」とあの時点で言い切れた根拠って何だろうな?

確かに立地的には双棘作戦で四王国が連結したあの領域が一番守りが固いし
遷都計画官も現地の保有軍備も計算済みでの決定らしいから、選択肢の中では最善の候補なんだろうけど
防衛が可能かどうかはまた別の要素が絡んでくる話だし

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:35:10.74
>>323
そのほうが効率はいいがリスク管理上は問題あり。
とくに戦争中なんだから効率より安全を考えて分散させておくべき。
帝国は建艦廠が移動できる仕様だったからなんとか逃げれたが、もっと時間がないだけでも相当危なかった。

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:37:56.16
>>342
急速動員と言うか、すみやかに予備兵力なりひきぬける兵力を集中でき、200分艦隊程度なら阻止できるんだろう。

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:45:50.12
>>340
辺境の男爵領レベルなら敵への寝返りや内通は十分考えられるしな
それでなくても武力で脅されれば、地上人なら帝国の為に生命捨てていいとまで思う人間は少数だろうし

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:48:06.27
>>341
情報局長とかこれから一番忙しくなる立場だし、こんなところで死んでる場合じゃないんじゃね
トライフさんも悲しむし

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 13:55:13.11
時間を掛ければ帝国の戦力は整うが、それは連合も同じことでは?
とくに統合体の建艦廠は損害を受けた記述はないんだし。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:03:26.31
>>347
言っているのは帝都占領軍 VS 臨時帝都軍のこと。
帝都占領軍は本土の軍とは大きく離れてクリューブ王国・ハニア連邦経由で補給を受けるしかない。
臨時帝都軍は前線や予備兵力をそのまま集中すればよい。
時間競争でいえば帝国圧倒的有利。(そんなに時間をかけなくても可能だから防衛可能と軍令長官言ったんだろうし。)
だいたい現在の状況で戦力が万全に整うまで待つのは愚策。「兵は拙速を尊ぶ」だからね。

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:04:01.05
今回の巻の最初で言われてる通り、全体では帝国の兵力のが圧倒してるから
時間かけて兵力集結させたら有利なのは帝国だよ
元々、連合は幻炎作戦での大敗北で失った艦艇と人員を建て直すだけで精一杯だったし

はっきり言って今回の帝都侵攻なんて、帝国が連戦連勝で一気に支配領域拡大させたから戦線が延びきった上に
ハニアの占領にまで戦力割こうとしたから隙を突かれただけ
まともにやりあったら連合に勝ち目とかもはや皆無

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:05:43.65
早く準備を整えたほうが勝つことになる・・・んだろうけど帝国の方が速いんだろうな

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:06:57.49
統合体は双棘で本国が切り離されて孤立してるのも痛いよな
本国の支援が期待できない以上、同盟国に依存するか、クリューヴの策源地からの現地調達に頼るしかないし

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:10:47.00
なにしろ各個撃破のチャンスなのにそれが出来るだけの戦力が有るかどうかw

ちょっち話は変わるけど、趣味で試算してた分艦隊の編成とか重さとか纏めてみた
ttp://www1.axfc.net/uploader/so/2915058.zip

星界軍思ったより数が少ない気がします。ほんっと大艦巨砲主義なんですねぃ

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:12:15.38
食料・反物質は略奪できても機雷・砲弾は難しそう。
艦艇や人員は絶望。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:15:24.08
そこで大量ゲットした人工子宮と、生体機械として「正しく」運用されるアーヴですよ

統合体はたしかアーヴを正しい地位に戻しましょうって宣伝してませんでしたっけ

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:15:29.22
ハニアに隠れてた頃も帝国に察知されないように兵站もあまり動かせなかったし
せっかく占領した帝都がもぬけの殻で策源地として全く使えないのは致命的だよな
一方、帝国は万全の状態のソトリュール鎮守府を拠点にして、さらに帝都から持ち込んだ施設も展開させてるし

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:17:03.08
水を地上世界から略奪しよう

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:17:23.94
各王国へ各個撃破のために帝都の占領軍を動かすと
ほぼもれなく奪還されるというオマケ付き。

本国に同規模の艦隊が残ってないと厳しんだけど、それがあったら幻炎負けてねぇw

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:23:58.56
>>357
このまま帝国への嫌がらせのためだけに帝都に居座って全滅の未来くらいしか残ってないなぁ…
帝都侵攻やらなかったとしてもジリ貧状態だったから結末は一緒だったとはいえ

ヘラクレス作戦で帝都落とせなかったのと、幻炎作戦での大敗北の時点で
もう連合は勝ち目なくなったよね

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:26:17.00
四カ国連合の常識と違いすぎたのが奇襲失敗(帝都を攻め落としたという意味では成功だが)の理由か
こうもあっさりと逃げ出して、焦土作戦というか遅滞戦術をやられるとは思ってなかったんだろうな

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:28:07.63
遷都するとは思ってなかったんじゃないかな

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:30:15.85
奇襲と言うかばくち作戦好きなところをみると連合参謀本部のスタッフも弧状列島出身者の子孫かな。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:33:11.29
常識の違いはそうだろうね。
4カ国連合は良くも悪くも首都星はまず放棄できない…

今回打撃で破壊出来た最大の施設は帝国の乳房だけかな?
細々と投資を破損させてそうではあるけど…むしろ貯めこまれてた貯蓄を切り崩させた感じ。
移動可能な敵本星とか、ディーヴァとかの昔のゲームであったなぁ

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:34:30.79
他の王国へ逃げるのは想定してただろうけど、
まさかここまでもぬけの殻にされるのは想定外だったと思うw

まさにこの日のために日毎日ひたすら実行に移すことはない遷都のシミュレーションという
不毛な仕事を真面目に続けてきた遷都計画官サマサマだな

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:37:28.96
>>358
よく考えたら負けてるほうが残存戦力で決戦、って絶対やっちゃいけない方法じゃないかw

今回奇跡的に勝てた?けど、勝った所で敵が減ってないし今後も減らせない。
生産停滞とか混乱でなんぼか次の戦場に出てくる敵を減らせたんだろうけど、
本来、使われることのなかった最終防衛ライン備蓄を使わせただけ。要塞とか飛翔弾とか

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:37:54.05
>>354
帝都の人工子宮施設とか、どうせ自立航行できるようになってて不死鳥艦隊の1番か2番艦隊と一緒に逃げ出してるよ

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:38:23.00
>>362
むしろ帝国にとってはウィークポイントになる侵入路の多い帝都を捨てさせて守りを固めさせてしまい
逆に隙がなくなってしまったな
さらに帝国を本気にさせてしまい、連合の死期は確実に早まったと思う

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:40:22.59
遷都はともかく建艦廠が簡単に移動できるとは想定外だったのだろう。
帝都を占領して建艦廠を破壊するとともに各王国を分断し、各個撃破しようとする戦略は正しいと思う。
しかし各個撃破するためには前に書かれているように本土側にもかなりの兵力があってはさみうちにできる
くらいでないとそうそううまくゆかない。

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:43:55.02
ふと、門に篭って防衛するのは倍か3倍くらい相手にできるっぽいけど
門を封鎖するのとどっちが良いのかな?

門に入った時も艦隊はバラけるし、平面宇宙側なら上下に配置する船が減らせるよね
不死鳥第5艦隊があっさり消し飛ばされてるからそうでもないんでしょうか

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:45:01.68
統合体上層部は無駄死にを強要するくせに、督戦していたら真っ先に逃げ出すような、
精神構造しているからね。
まさか皇帝が味方を逃がす時間稼ぎにために、突撃してくるとは思わなかったのだろう。
高慢で無謀なアーヴが何もかも捨てて玉砕に来たと勘違いしたんだと思うw

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:48:17.76
>>367
建艦厰を一基でも潰せてれば、多少は話が変わって来たのにな
そりゃクリューヴ門から帝都侵入してきた連合艦隊が、帝都には抑えの艦隊だけ回して、
慌ててバルケー門へ殺到したのも分かる

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:49:27.60
>>367
帝国と星界軍をたった5つで支える大建艦廠が、巡察艦6隻分程度の質量までバラバラに出来て
しかも全部移動可能。あんな短期間で…4カ国連合が今頃

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

こんなかんじで絶望してるのが目に見えるようです。

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:51:37.18
>>369
ぶっちゃけ統合体軍は、時間稼ぎの艦隊に皇帝乗ってたなんて最後まで知らんかったと思う

おそらく全てが終わったあとに、仮帝都で皇帝が代わったと聞いて「え?皇帝戦死してたの?」って感じだと思う

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:54:09.90
>>369
しかも最初の攻めこむ段階で危うく旗艦がやられるところだったという

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:55:27.27
>>370
こんなに速く建艦厰が分解、移動出来ると言う事はおそらく機密になって知らなかったと思うし、
バルケー門に殺到してきたのは単に、敗残兵追討くらいの気分だったんじゃないのかな。

後々気がついて>>371のようになっているのは言うまでもないけどw

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:56:58.62
40個分艦隊程度でソトリュール門へ籠った敵へのカチコミとかさすがに無理だと思ったが
仮帝都ではなく、それらの重要施設を少しでも削りたいが為に不死鳥艦隊追いかけていったんだろうな

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 14:59:43.86
>>375
しかも制圧中に大爆発を起こしてその証拠をかなり派手に消してるんだぜ…

相当数の施設は防衛戦闘に参加してるわ、制圧や解析の専門部隊は消し飛ぶわ。
何が失われて何が破壊できたのかがそもそも連合には掴めてない可能性がある。

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:02:53.27
こうなった以上、上でさんざん言われてるように時間が経過すればするほど有利になっていくのは帝国だし
逆転の目があるとすれば、統合体本国に実はまだ400個分艦隊ほどの虎の子が隠してある可能性くらいか
ただ、位置的には統合体本国から帝都に増援送るには、今の帝国領域でもっとも分厚い防衛ラインぶち抜いていく必要あるけど

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:04:31.59
建艦廠は瓦礫に化しているし、敗残兵をおいかけるのに兵力損耗することない、宴だ!宴だ!となっているかもしれないが。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:08:46.26
>>376
もう何十世代も帝都に拠点を構えていたというのに
帝都を捨て去る手際があまりに良すぎて怖いw

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:13:51.82
>>376
敵地占拠しても、何もかも持ち去られるか爆破されて戦果確認すら不可能、
さらに唯一得た土地も、防衛戦には死ぬほど不向きって、もう事実上の敗戦だよなぁ…
連合としてはこれは(´・ω・`)にもなるわ

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:17:29.91
ああ、もしかしてなんですが遷都はすでに予定されてたのでは。

もともとラクファカールってユアノン8つ揃った都市船がとりあえず見つけた中で良い環境の星系ってだけでしたし
門とユアノンの移動特性として移動しなかっただけで
全宇宙制圧後なら更に良い環境の星系に、出入りの便利なユアノンをかき集めて遷都する予定だったとか。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:17:47.67
帝都占領の報は統合体に届いているのかね。(ハニアには届いただろうが。)
届いていれば「敵大艦隊を撃滅して帝都占領、わが方損害軽微」の報道発表になっているだろうが。

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:18:22.89
軌道城館の連鎖自爆アタックに巻き込んで優秀な人員を多数失ったとあるし、
艦艇とか物理的な損害よりも、簡単に補充の利かない人的損害のが致命的かもな

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:22:16.18
昔の星界読本で誰かが通商帝国ぶりをモンゴル帝国になぞらえていたけど、
今回の帝都決戦は正に遊牧民vs農耕民って感じ。


文化の違いから敵の身軽さを軽視して決戦挑んで、まんまと主力に逃げられるという…

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:22:31.89
>>381
全宇宙制覇するにしても相当先の話だし、遷都計画は現実のものとしては全くなかっただろう
それをいつでも実行できるように準備してた遷都計画官が優秀だったんだと思う

>>382
双棘作戦で統合体本土は孤立してるから伝わってないだろうな
帝国の知らない未知の通路とかない限りは

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:23:32.42
人的被害は出てるけど、各種学校も軍大学も普通に生徒乗せたまま移動してる。

優秀だけど、睡眠時間が長くて軍務に適さなくなってきてたおじーちゃんおばーちゃん(ただし若くて麗しい)が
死に花咲かせた感じではないでしょうか。これもやっぱり本来使われなかった人的資源ですよね。
ラフィールが提督になったように上の層ががっつり空いたから帝国が若返った気もしなくない

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:25:31.09
読み違えた。統合体の人的被害か。確かに大ダメージだわ…

どーやって統合体は勝利するつもりなんでしょうね

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:25:41.56
>>385
今まで帝国は統合体がどこかに艦隊隠してる可能性あるから慎重になってただけで
もう手の内晒してしまった以上、次の巻でいきなり手薄になってる統合体領域が陥落しててもおかしくないw

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:30:32.51
機雷の生産さえ軌道に乗れば次の作戦発起は早いな。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:31:15.01
アーヴは弧状列島人とはやっぱ違う生き物だわ

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:32:07.29
統合体は帝都を死守すると思わせておいて、こっそりイリーシュ王国のケイシュ門経由で
旧統合体領域へ抜けて本国帰る手段取った方がいいんじゃない?
どっちにしろ遅かれ早かれ殲滅確定だけど、このまま帝都居座ってると死期を早めるだけだし

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:32:57.47
>>388
ハニアも軍部抑えきれなかったため武力制圧されて消滅だろ。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:33:16.72
帝国の最善手は、ハニア連邦に帝国の生産力も軍事力も殆どダメージを受けてないことを公開することだな。
どうせ統合体は帝国の生産施設、首都は壊滅!敗残な帝国を倒すだけだーとか宣伝してるだろうし。

ハニア連邦で再度地上派が主流を握って、統合体への燃料補給を拒否った場合
統合体200個分艦隊(ちょっと減ってるけど)が動くこともできなくなるんですよね。

最後の戦力が逃げることもできずに敵国元首都で拘束され、本国は迎撃艦隊すら無い。
第二部が1冊で終わっちゃうわ…

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:37:21.20
アーブ側は戦力的な被害は最小限に抑えたとしても、
皇帝や上皇、退役した世代、帝国の卵を失わせ、帝都を蹂躙された
怒りは相当なものだろうし、孤立した領地は心配だしで、
じっくり待って戦力回復すれば確実に勝利だとわかっていても、
なかなか出来ないかもね。現状戦力のままで何らかの作戦を立案しそう。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:38:24.58
>>393
帝国がよっぽどヘマやらかさない限りは、どう見ても帝国の勝ち戦だしな
帝都失ったことでむしろ一層守りは強固になってしまったし
本当に二部が一冊で終わりそうw

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:39:47.16
>>393
それには武力制圧の姿勢を見せることが一番。
なんなら宇宙軍の施設に攻撃予告出して脱出の機会を与えたのちプラズマにしてやればよい。
そうしたら縮みあがるだろう。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:40:25.55
そこで、帝国と連合を遥かに越える国力と軍事力を持つ
既知宇宙の外側から、第三勢力の登場ですよ

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:44:05.14
>>394
現状勢力でも帝国側が有利(連合側がドケチでまだ決戦兵力を隠し持っていない限り)なんだからじっくり待つ必要はない。

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:44:51.30
そもそも初手の時点で戦力差は、帝国>連合なんだしどうにもならない
さらにここまで連敗続きで帝国の方がますます有利を形成してるし
はっきり言って帝国を本気で倒す気なら、動くのが100年は遅かった

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:45:04.31
ハニアは空間施設全部ぶっとばされても、今回の裏切りを許してもらえれば結果が一緒だしね。(武装解除中だったし)
もともと帝国軍は他国の施設を使うことは無いから、自分たちの手で吹き飛ばしてもらえば一石二鳥だし

3巻のハイド伯国であったように行動で身内の反対意見を封殺する…
が、効果がありませんでした。アーヴは怒ってないですよー。今ちゃんと武装爆破すれば、予定通り貴族に封じますよ。と
ジントあたりが外交官に託して送りつければいいのですね。

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:46:32.78
図らずともこんな所でまでハイド伯国と流れが一緒だったハニア連邦

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:49:21.43
>>397
クラーリンか?w
まあ連合の往生際が最悪で悪逆非道の限りを尽くすと
アーヴ自体がクラーリンのようになり、
地上世界を破壊していく未来はありそうだが・・・。

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:52:12.59
ヘラクレス作戦はまだ痛み分けだったから良かったものの、やっぱり幻炎作戦の敗北が致命的だよ
あれで統合体の領土は大幅に切り取られて国力はダウンするわ、
最終的には門を封鎖で締め上げて降伏勧告、という帝国にとっては被害が出にくい最良の勝ち方してるし

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:52:24.57
>>400
ハニアのせいで多数のアーヴが死んだから貴族に封じるのはさすがに帝国首脳部も世論?も許さないだろう。
ただ地上にいるだけなら最低限の義務さえ果たせば自由にやってゆけるというのは知っているはずだから、
ハニアの場合徹底抗戦という考え方は宇宙軍の一部くらいじゃないのかね。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 15:57:36.39
>>400
とりあえず今回の件を不問に付した上で、和平案の条件通り主要星系の貴族に封じる約束を守ることを明言すれば
速攻で帝国側に寝返ってくれそうだな
もう武力で帝国に勝つ見込みはなくなったし

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:01:05.41
>>404
いくら地上派に隠れて動いてるといっても、形ばかりの参戦協力しかできないのは
宇宙軍内部ですら意思統一は出来てないのかもしれない

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:05:26.15
ハニア連邦(というか連合全体)はもう許されないだろうw
過去に帝国に武力制圧された国がどうなったかは知らないけど、
すべて解体されたっぽいし同じ運命をたどると思うよ。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:05:35.67
意思統一はできてるんじゃない?宇宙軍内部の穏健派は駆逐済みらしいから
でもハニア全体としては少数な過激派だからねぇ

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:06:34.99
>>405
そういう決定は皇帝にしかできないだろうが、臨時帝都からハニアへの連絡路あったっけ?

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:06:54.22
幻炎と双棘で本国孤立させられてジリ貧で敗北を待つだけの統合体軍と
アーヴに身売りした場合仕事がなくなるハニア宇宙軍が利害の一致で手を組んだだけだしな

ヘラクレス作戦のような入念な準備に基づいた計画ではなく
「他に方法がなかった」という計画性のない刹那的な作戦に近い

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:09:18.99
>>407
併合案でも個別の邦国として帝国領になるはずだったんじゃなかったっけ?
ただ一部邦国の領主にスーメイ人がなる条件が付いていただけ。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:13:26.15
領主がスーメイ人には拘らないんじゃ?
ただスーメイ人同士で固まっていたいから無秩序な移民はいらね!ってだけで

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:13:53.46
ラマージュやファラムンシュ見る限り、帝国サイドはむしろハニアが中立なんて面倒臭い立場なのを
疎ましがってる感じだったしな
どうせ最終的には全ての平面宇宙を管理するのが帝国の目的だし
せっかくハニアを攻める口実が出来た以上、もう和平案なんて気にせず普通に武力占拠だろうな

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:17:13.81
>>412
移民の受け入れの可否を決めるのは領主でなく領民政府だしな
スーメイ人だけの国家を存続したいハニアが、今回の和平案を飲めた理由のひとつだろうな

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:17:49.00
デルクトゥーとかも主に同じ文化起源を持つ移民で構成されているからそんな感じで
領主は当分皇帝が兼ねればいいんだし

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:19:12.34
アーヴの「許さない」は、空間戦力全滅だけだし。地獄行きは過激派宇宙軍だけじゃね。

それに、4ヶ国連合内でのハニア連邦の立場が良いものとはとても思えないんだよね。
今頃やっとノヴァシチリア条約に従ったとはいえ、もう何年も裏切って平和に過ごしてたのですし
正直行くも地獄戻るも地獄…でも、本格的に参戦する前なら離間工作が有効かなと
アーヴ的には、戦力の完全自爆、兵力の粉砕引渡しは領土に封ぜられるほどの勲功であることをハイド伯国で
新皇帝が表明してるという・・・
>>408が言うように過激派は少数なのだしね。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:24:30.70
そりゃハニアは国力はともかく軍事力は全然大したことないからねぇ
ファラムンシュが言うには、ハニアと戦争しても和平案受け入れても、
部下に10日の休暇与えるほどしか違いがないってんだもんなw

ただ、ラマージュには自分が生きてる内に全宇宙統一の夢が叶うってのは魅力だったようだけど

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:24:36.64
ハイド伯国併合ではアーヴは死んでいないだろ。
ハニアの場合は一部過激派の所業とはいえ皇帝や上皇を含む多数のアーヴが死ぬことになったからとてもとても領主に封じるのは無理っぽい。
ただ居住惑星をプラズマにするほどでもないってとこかね。

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:30:13.20
>>416
ノヴァシチリア条約にしたがったというより宇宙軍の独断だろうな
帝都侵攻始まったあとも地上派は大半が「え?何これ?聞いてない!」状態だろう
もっとも敗戦後に「宇宙軍が勝手にやった!」と帝国に言い訳しても無実の証明しようがないけど

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:32:34.45
結局は和平案に乗る決断下したラマージュが一番悪い
軍令長官はこういう可能性も想定して最後まで反対してたのに

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:33:13.97
>>419
「つるんで帝国騙していながら何を言うか」とかえって怒りに油を注ぎそう。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:34:10.43
ラマージュ陛下は優しすぎたんだよな。
自分の名声というよりも戦闘なしの無被害で併合できるという方に、
魅力を感じていたんだと思う。

結果は惨憺たるものになってしまったが、後世でどう伝えられるかは
ラフィールの頑張りにかかっているな。

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:34:44.78
ゆえに、今侵攻した統合体艦隊を補給拒否で封鎖して、宇宙軍を生贄にする以外
ハニアは勝利条件…スーメイ人だけの地上世界を大量入手
が不可能である…と、外交する。

ジントもこれに成功すれば正式に皇太女のそばに外交のトップとして侍れる、かな
大体4ヶ国連合に参入しても、ハニアは多分なんも得られないどころか国切り取られるw

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:38:07.77
別に宇宙軍だろうが地上派だろうが制裁なんてないんじゃねえの
アーヴが大勢死んだといっても、結局は戦争の結果に過ぎないわけだし
空間戦力で向かってくるなら宇宙の塵になってもらうけど、地上世界で一生惑星開発に従事する道を選ぶなら
それ以上の責任は求めないだろう

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:39:41.90
ハニアは恒星間航行能力ある民間含めて艦艇が星系単位でどれだけあるかだよなぁ
少数の宇宙派が動かせたのが二隻だから門を封鎖してゆっくり締め上げれば「連邦」としては瓦解するだろうし
ただ帝国に今現在そこまで余裕があるかというとそうでもないから後回し…かな?

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:40:59.13
帝国の猫の餌係もそうだが、ハニア地上派も大概だな
宇宙軍を完全に舐めきっていたとしか

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:44:45.07
>>425
今の平面宇宙勢力図を見ると、バルケー王国と連結した三王国で
統合体の本土を締め上げる方が早いし、優先順位先じゃないかな
ぶっちゃけハニアなんて戦力的には全く怖くないから、他の三か国を潰した後でもどうにでもできるし

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:48:01.96
>>426
統合体の大艦隊を駐留させるにはそれなりの物資がいるし、
地上派の一部もグルだったんだと思うべきだな。

武力占領後は領民というか民には手を出さないのは当然としても、
関与した指導者達を調べ上げて、まとめてアーヴの地獄行きは確定だろう。

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:54:02.46
現状、時間は味方で勝ち戦確定の帝国が万が一にも形勢逆転されて
次巻で「星界の戦旗はまだ終わらんぞい、もうちっとだけ続くんじゃ」な長引く展開になるとすれば
何かわからんが焦って帝都奪還に即座に殴り込む可能性くらいだろうな

さすがにちょっとくらい戦力で有利に立っても、門に籠った連合相手に帝国から仕掛けたら
いくら弱体化してる連合相手でも撃退されて戦力無駄にすり減らすだけだし

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:54:56.40
ハニアを制圧すればバルクゼーテ王国と連結できる。
帝都占領軍の補給路も絶てる。
まぁ連絡路だけ制圧しておくのでもよいが。

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:55:54.34
それなりにアーヴが死んだであろうジムリュアの反乱でも、地上に降りて領民になるなら許す。そんなの最悪の罰ってペネージュさんの先祖が言ってるじゃん。
あれはペネさん祖先の独断ぽいけど、アーヴの認識は大体そんなもんじゃない?
連合国は単に惑星単位に解体されて併呑されるだけじゃないかな。

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:57:17.14
物資っつーても一番大量に要るのは反物質燃料だろ?
地上にいたら必要ないしノヴァシチリアの一員として艦艇じゃなく燃料提供で義務を果たしていると信じ込んでた…
じゃ言い訳としてはツライかw

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 16:57:42.70
>>428
やっぱり少数の宇宙派だけで200個分艦隊も全く知られずに匿い続けるなんて不可能だよな
それどころか帝国内部にも手引きした裏切り者がいたっておかしくない

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:02:42.95
>>431
いちいち戦争で死んだアーヴの責任云々言ってたらキリないしな
帝国法の最高刑罰が、地上世界に閉じ込められて惑星開発なんだしw

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:03:27.27
統合体本体攻撃はそれこそ狂って玉砕覚悟でむちゃくちゃな迎撃してきかねないから圧倒的な兵力で攻めた方がいいかもしれないね。
それこそ突撃艦や護衛艦に反物質満載して体当たりとか。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:05:17.64
>>429
まだまだ続ける気力、体力、構想力あるのかしらん。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:11:08.80
>>434
戦闘で死亡したアーヴの責任は問わないにしても、
和平を装い騙したということに関しては、きっちり落とし前つけると思うよアーヴは。
戦争なんだから騙して当たり前だとかは通用しないかと。

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:13:04.56
ハニアにいるであろうアーヴ大使と大使館職員は無事なんだろうか

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:19:44.29
>>438
宇宙派の手に落ちていなければ無事だろう。
あわてて殺してもし負けたらアーヴの地獄が怖いし、勝った時には殺してしまえばいいと思っているだろう。

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:29:06.80
ハニアはそもそも参戦したことを知っているのか?

武装解除で帝国に国家を売って地上を得ることを画策する官僚と、それに従う宇宙軍穏健派

4ヶ国連合に参加し、帝国を妥当して星間国家としての先を目指す宇宙軍過激派

とりあえずなんも知らずに地上で暮らす人々(興味もない)
最後のが9割くらい居そうな気がするんだが…

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:47:50.40
興味なくても早晩統合体の地上軍が降りてきてガタガタし始めるだろう。たぶん

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 17:56:59.81
しかし今回の帝都急襲に関しては、それこそ時間が勝負だから実戦部隊は平面宇宙から降りてこず、ハニア宇宙派の連中が備蓄空になるまで平面宇宙側に持っていって補給してたんじゃないのかなぁ。
ハニアは惑星間の経済格差がひどいことになってたとしても自惑星内で何とかしようとしてるみたいだし、基本的に星系間の移動ってしないから平面宇宙で何が起こってるかって分かる人が少ないと思う。
同様に反物質燃料が在庫切れになったとしてもあんまり困らない気がするんだよね。
こんな状況なら宇宙派以外に知られることなくこっそり艦艇を運ぶって出来なくはないんじゃないかな。

帝国が完全に機能停止になれば、そりゃ平和維持軍の方々が地上に降りてくることになると思うけど、それはまだまだ先の予定じゃなかったのかな。

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 18:21:27.18
>>437
というか正確に言えば「騙した」人間はハニアには誰もいないしな
地上派は艦隊が匿われてることは知らなかったし
宇宙派はこんな和平案最初から反対してたし

確かにアーヴから見たら、騙された以外の何者でもないがw

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 18:38:27.86
>>440
前任のチン大使も3巻で「地上の連中は支配者が代わった興味ない」って言ってたしな
戦争起きてることすら気づいてないというか、どうでも良いんじゃね
自給自足が可能なら、宇宙でドンパチやってくれてる分には地上世界には全く被害もないし

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 18:43:28.99
星間戦争は会戦と会戦の間が長くなる傾向にあるが、次の会戦は案外すぐなのかな?

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 18:51:39.02
普通に戦争やってればまず確実に勝てたのに、戦争終結早めようと
こんな賭けに手を出したのが悪い
まあ賭けに失敗した後の行動が迅速だったから
被害は最小限で済んだし、大局的見ても帝国の優位は揺るいでないけれど

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 18:55:54.34
時間かければかけるほど有利になるのは帝国側だし、先に動く(動かざるを得ない)のはジリ貧の連合側だろうな
とはいっても連合は現状は明るい材料がなさすぎて、どう動いても死期を早めるだけにしかならないが
真綿で首を絞められる死にかたが良いか、玉砕討ち死にがいいかの選択肢がある程度

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:02:04.33
統合体はまだまだ悪あがきしそうな気がする。

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:03:51.84
紋章のころはカイトだけ頭おかしいのかと思ってたらなんか違った
でもジントの人形愛を心配してた兵士は好きだった

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:08:07.86
帝国がよっぽどあり得ないヘマをやらない限りは普通に次の巻で
帝国の大勝利で終わっちゃいそうな戦況だしな

はっ!?もしや殿下が提督昇進したのはその伏線か?

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:08:18.35
連合側の人間描写なんて少ないのに、良くおかしいとか分かるな。
完全にアーヴのプロパガンダに引っかかってるだろ。
捕虜収容所の責任者の官僚とか、まともな人間だっているはず。
みんながみんな、異常な偏執狂者だったら、まともな作戦案も立てられず、旧日本軍
のようにロジステックも貧弱に、自滅しているはず。
ヘラクレス作戦も今回の帝都を落とす作戦も上手くやってるだろ。
連合を甘く見すぎ。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:11:08.99
>>451
アーヴ贔屓で描かれてる物語だししょうがない

統合体サイドの主人公の話とかあれば見方も変わってくるんだろうけど

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:16:46.79
アーヴもすかしてるんだよな、優雅でないとか、なんとか。
戦争とか生活とか、本来泥臭いものだろ。
額に汗し、涙を糧にしなくて、何が人生だ。
そんな事だから、生体機械との悪評を得るんだ。
一回、アーヴ連中を地上にひき降ろして、屯田兵にでもさせてやりたいな。
自分達の飯ぐらい、自分達で作れ。
自分達の糞尿を堆肥にしろ。
泥臭いのが本来の生き物のサガなんだよ。

というのが、連合のプロパガンダの裏にある、感情的な反発だと思われるし、
それはある意味、当っていると思われる。
アーヴは生き物として、些か欠陥なんじゃないか、貧弱に過ぎる、脆過ぎて、
何だか、繊細に作られた蝋細工のようだ。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:21:57.13
>>450
提督から百姓長に降格されたラムローニュたんの伝説再びかw

しかし皇族の昇進は上皇会議で決定するらしいが
ラムローニュたんとドゥガスの二人しか残ってない現状どうすんだ?
バルケーと連結した四王国内はこの二人がいるからいいとしても
残りの孤立した王国にいる皇族とか昇進できなくなっちゃうじゃん

四王国での最先任が百姓長の殿下ってことは、本来なら殿下より階級で上にいた皇族たちがいるのは
その孤立してる王国側なんだろうし、出世レースが成立しなくなってしまうな

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:27:23.61
>>452
連合側の主人公から見たら、急速に勢力拡大して全宇宙の半数以上にまで支配域広げつつある
帝政国家というのはちょっとした脅威だわな

日本人の感覚で言えば、北朝鮮がアメリカ並の軍事力持ってて、ユーラシア全土を属国化してる感じか

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:28:45.20
少しでも割りのいい賭けを打つしかないとクファディスは評価しているから、帝国が不利だと思うんだが。
スポールはさらに厳しく現状を認識しているし。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:31:52.34
>>443
騙されたというより、宇宙派を抑え込めてるという地上派の言い分を
皇帝が過信しすぎちゃった感じだわな

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:32:49.58
>>454
分断が解消されたときに再評価するんじゃないの。
ただ運も実力のうちと言うからなあ。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:33:10.42
>>456
そりゃあの時点で、あの場所でならそうだろう
お互いに相手の戦力の底がわからないし、あれで連合が引かないで更に増援を出されたら負けることもありえた

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:37:26.47
>>456
といっても仮帝都に関してはファラムンシュは普通に「防衛は可能」って言い切ってるし
とても賭けに頼らないと防衛できないほど追い詰められてる感じではない

確かに不死鳥第6艦隊を救うための戦いということに限定すれば、あれは賭けだったけど

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:41:19.20
>>456
あれってあの戦闘に関する話だと思ったんだが>割りのいい賭けを打つしかない

別に帝国自体が不利な訳じゃない

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:44:37.73
テスト

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:50:32.88
ラフィールやジントがいたから追い詰められていると錯覚しがちだけど、
建艦廠はとっくに逃げているし、第七艦隊はすぐそこだしで、
連合側はどう考えてもソトリューヌ門を落とせる状況にないしね。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:50:38.02
>>454>>458
最初に星界元帥まで上り詰めた者が正式な皇太子ってルールなら、
最先任が百翔長のラフィールで、さらにそこから提督まで昇進ってことは
二番手は最大でも副百翔長だし、はっきり言ってラフィールに確定したも同然になっちゃうしな

孤立した側でも何らかの措置は考えるだろう

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:56:59.12
>>463
そうやって見ると連合には本当に明るい材料ないな…
設備の整った鎮守府で建艦厰もすぐ展開させられるから生産体制もすぐ整う帝国に対して
連合はもぬけの殻にされた帝都に資材運び込むところから始めないといけないし
っていうかまず軌道城館の自爆アタックで阿鼻叫喚の地獄絵図と化した残存兵力の救助から始めなきゃ

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 19:58:43.96
幻炎作戦で統合体が喪った領土は4分の1
今回帝国が喪ったのは8分の3。さらに領土の連結も喪った
帝国が一気に滅びるわけでは無論ないが、戦局の有利不利は変わったのでは

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:03:47.77
>>455
北朝鮮というのはちょっと違うと思う。
ローマ帝国が近いと思う。
割合寛容で、その被支配層の文化や生活の自由は残す、軍団などは正規の市民
が構成する等等。
パクスロマーナにおいて、世界が平穏になるように、恒星間国家が乱立する世界に
おいて、帝国は重しとして一定の効果があるとは思うけれど、連合の危惧も分かるなあ。
どうも、専制国家の恐ろしさを甘く見ているように思う。
いざとなったら、大気ごと惑星を吹き飛ばす戦力を五万と保持している軍隊を独占して
いるわけだからね。
生殺与奪の権を握られているのは、ある意味自由な意思を持たない奴隷に等しいと
思う。
惑星住民は惑星上の自治しか許されないし、奴隷に等しい。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:06:21.41
>>466
幻炎で切り取られた統合体領域は狩人作戦でガチで併呑されて失ったけど
帝国の孤立した王国はただ孤立したってだけで戦闘力は喪失してないし

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:09:47.13
スキールとバルグゼーデは比較的早期に回復できるだろうと陛下も言ってたからな
鎮守府潰されてるクリューヴはかなりヤバイ状況かもしれないが

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:16:00.45
>>464
というかラフィールを皇太女にするためのデーヴのストーリー上の都合だろうな

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:19:11.07
帝国の物流網はボロボロ、仮帝都に4つの建艦廠を運んだと言っても物資や人員を集められる範囲は半分
で帝都に集めるより時間もコストも掛かるようになった
全体での戦力は上回ってるけど分断されて仮帝都側は連合軍帝都攻略部隊と対峙しなきゃいけないから
そうそう主力は動かせないし、人類宇宙最大の反物質燃料工場も失った
当然経済も深刻な打撃を受るだろうし、帝国ってそこまで楽な状況でもないんじゃないのか

どうでもいいけど帝都の反物質燃料工場を「帝国の乳房」って表現するって
もしかしてアーヴって母乳で育てるの?

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:21:04.43
>>469
連合は他の王国まで手を出す余裕ないだろうな
せいぜい策源地としてクリューヴと、イリーシュもいけるかどうかって程度で

今の限られた兵力を他の王国に分散させれば帝都陥落確定だし

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:24:40.22
ハニア制圧してしまえばクリューブの回復も容易だろう。

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:27:15.48
アーヴの地獄があるならば、当然、捕らえたアーヴを人類の地獄に
送ってもなんら不法ではないよね。

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:28:01.10
>>471
帝都も弱体化してると言っても、バルケーは四王国と連結してるから
物資も人員もそれなりに充実してるし、時間がかかるって点を考慮すればそこまで悪くない
一方、連合はこれまでの敗戦でボロボロになってる上に統合体は本土が切り離されて補給の目処すら立たない
しばらくは同盟国に依存するか現地調達でやりくりしなきゃならない上に
上で言われてるように、設備充実してる仮帝都に比べて、帝都はほぼゼロからの再建スタート

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:33:54.77
確実に帝国サイドの軍備増強の方が早そうだよな
八王国のどこからでも侵入できる防衛には不向きだった帝都を捨てて
新首都のソトリュールに籠ったことで帝国には逆に隙がなくなってしまったし

アーヴの軍令長官からもハニアの軍事力は舐められてるし、
スキールとバルグゼーデの打通作戦が行われた場合、ハニアには止める力すらないし

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:40:23.42
連合にまだ帝国と互角に戦える望みがあるとすれば、

1、帝国が知らない未知の通路が存在して、実は四か国は自由に行き来できる
2、孤立してる統合体本国には実はまだ400個分艦隊以上の戦力が隠してあった
3、ラフィール提督が致命的な大ポカやらかして一気に200個分艦隊以上失う

これ全部くらいやる必要がある

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:42:06.29
未知の通路多すぎだろw

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:43:00.73
>>470
確かに今回はちょっとご都合主義な展開だったよな

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:45:51.66
前巻のあとがき読んだら
「骨組みは大まかに出来上がってるので、次の巻は、今回はあまりお待たせせずに出せましたと言えそう」
とか凄いこと書いてあんな

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:48:14.51
>>477
3.なったばかりの提督にそんなリスキーな作戦指揮させるほど人材不足じゃなかろう。

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:48:48.72
その統合体が分断されてるってのは現状まだそうなのか?

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:50:43.04
統合体本国領域にまだ充分な戦力があるならこんな強攻策採らないだろうしなぁ

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 20:59:04.69
帝都を陥落させれば帝国は連結を失う
かなり有効な作戦ではなかろうか
ヘラクレス作戦も帝都を陥落させる作戦だし

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:00:46.25
>>477
殿下が大好物の桃汁だか桃の天然水だかをコンソールに溢してしまい
回線がショートして鎮守府の全思考結晶がシステムダウン
そこへ間の悪いことに丁度連合が全てを賭けた全兵力投入の一大攻勢が重なり、ソトリュール陥落、とか…

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:05:48.67
>>485
だいたい艦艇や兵器は「武人の蛮用に耐える」ように作られているからそんな脆弱な設計じゃなかろ

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:07:20.37
>>484
連結を失うだけなら嫌がらせくらいにはなるけどそこまで致命的でもない
むしろ帝都侵攻の一番の利点は、帝都にしかない重要施設(建艦厰とか)を破壊して
帝国に大打撃を与えることだけど、あまりに遷都の手際よくてそれらは全て無傷で仮帝都へ持っていかれてしまったし
持ち出せない施設は反物質燃料工場に至るまで全て爆破されたから、苦労の割りに得られたものが少ないんだよね

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:10:07.91
>>486
今の宇宙船の機器は埃の侵入ですら故障に繋がるけど
あの時代は猫の毛対策もバッチリみたいだしな
ジュースこぼした程度余裕だろうw

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:12:36.47
ドゥサーニュが、ひとつ敵国を滅ぼすごとにその歌を歌ってもらおう、て言ってたけど
いきなり次巻の冒頭で歌っててもおかしくない状況だからなぁ
そのくらい帝国が負ける可能性が見えてこない

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:19:19.51
>>487
連結を失えば各個撃破の恐れが強まるのではないかな
増援を送れないし、スキール王国に孤立した部隊は人的資源は補充出来ないし

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:20:15.81
あまり連合を甘くみないほうが良い。
同時に、帝国を過大評価しないほうが良い。
帝国とて、常勝不敗の天才ではない。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:24:03.71
>>490
すくなくともそれぞれの分断された艦隊よりも大きい兵力が必要だな。
また人的資源も自領内だから予備翔士の招集や、若いアーヴを臨時に教育する機関をつくれば致命的ではない。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:38:07.00
>>492
孤立した王国が自領内で物的、人的資源を集める方が
同じく孤立した統合体が他の同盟国頼って物的、人的資源を集めるよりかはずっとスムーズだろうしな
ハニアと拡大アルコントは戦争じゃあまり役に立たないし

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:44:53.26
孤立した王国に都合よく予備役がいるかなあ
若いアーヴを訓練するための修技館は帝都にしかないんだし。今は臨時帝都にしか
艦隊もどれだけ数を減らしたかはわからないが、連合は200個分艦隊保持していたのだから孤立した部隊よりは多いだろう

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:48:56.93
最初から国力も軍事力も帝国が有利な状況で開戦した上に、初戦を除けば
帝国の勝ち戦続きだったからなぁ…
帝国の窮地を描くなら、ソトリュールまで失ってようやく面白くなるくらいだし

帝都陥落しても迅速な退避で被害は軽微、という展開にした辺り
別にデーヴも、帝国絶体絶命!みたいなノリにする気はないんだろう

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:53:38.60
その割には皇帝は上皇の何人か戦死したけどな。
被害は軽微とは言えないだろ。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:54:07.92
>>493
帝国の唯一の隙だった防衛に不向きな帝都という拠点を、今度は連合が抱え込むことになっちまったしな
常に各王国側からの逆侵攻に備えないといけないから
迂闊に帝都から戦力引き抜くわけにもいかないし

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 21:59:05.90
少し話は変わるが、全軍士が一階級緊急昇進したけど、星界軍元帥も昇進して帝国元帥になったんかな?
帝国元帥は皇太子・女と軍令長官だけの階級だし

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 22:02:02.88
>>497
帝国情報局が猫の餌係並じゃ連合の動向掴めなくて逆侵攻なんて無理だろ
仮に帝都をがら空きにして戦力分散させても、帝国側がその事実掴めなければ
帝都奪還の機会逃すのがオチ

500 :消費税増税反対:2013/05/26(日) 22:18:41.09
やはり新刊が出ると盛り上がる。
断章でも良いから早く次が読みたいものだ。

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 22:20:26.57
帝国の真のピンチは統合体との戦争じゃなくてアーヴvsアーヴになったりするのかなって思ったけど
孤立期間短いならそれも起こらないか

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 22:21:20.47
いや、アーヴ対アーヴになるんじゃないの。
それじゃないと、ドゥヒールが孤立した意味がない。

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 22:21:57.43
>>497
いっそ帝都は捨ててしまった方がいいかもな
八門の都が戦略的に意味を持つのは門の先が全て自国領だからだし

>498
軍令長官(帝国元帥)が戦死してるし、誰かが昇進してきてるだろうな

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 22:52:49.16
>>502
宿命遺伝子があるのに、どうやってアーヴ同士で対決するんだ?

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 23:01:30.25
>>504
宿命遺伝子って所属する集団に対するものらしいから、長期分断されて別集団と認識したら片方の集団に対しては敵対してもおかしく無いんじゃね

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 23:25:02.36
そこまで長期分断されるとは思えないが

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 23:33:33.16
兵力の3分の1を切り離され
領土も4/8ぐらいになって
建艦能力も分けた結果4/5に落ちて
各王国の重要拠点を攻撃できる位置に
敵の大艦隊が存在して

それでもアーヴが有利とかないわー

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/26(日) 23:45:40.81
>>506
まあ少なくとも1,2世代交代する位の期間は必要そうな気がするから、実際分裂するかどうかは何とも言えないな

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 00:05:36.44
>>503
いやそれ以外の例えばコトポニー星界軍元帥は帝国元帥に昇進したのかな、と。

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 00:23:28.95
次の戦まで時間がかかるのは連合側だけでは。
稼動可能な戦力を今回の戦で使い切ったから、回復待ちターンに入るとして
それですり潰したのは帝国の防衛特化戦力。

攻撃戦力はほぼフリー、前線で防衛戦力にちょっと小突かれてましたけどね。

>>507
物流とか資源生産で4/5の生産力を維持できるかどうかで不利になったかどうか変わると思われます。
重要拠点を攻撃するためにその大艦隊が動くと、帝都をあっさり奪い返される。
大体その大艦隊とやらが消耗した機雷や艦艇を回復するための本国への回廊がまだない。

もっと言えば、襲撃艦って機雷を大量に消耗させつつ、自軍は射耗を抑えられるので
建艦能力…というより時空法発生機関製造能力については襲撃艦にシフトすれば問題ない。

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 00:28:18.29
>>509
皇族以外が軍令長官の場合は星界軍元帥のまま務めるんじゃないか?もしくは皇帝が次の帝国元帥が出世して来るまで形だけ兼任で代理が星界軍元帥とか
基本的に帝国元帥は元帥位まで来た皇族専用の称号っぽいし

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 00:40:50.34
敵兵力が全然わからないので有利不利とかさっぱりわからん
特に今は情報戦失敗した設定だからね

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 00:50:57.23
国家の建艦能力と、現有戦力の足し算引き算だから。
コレで400個分艦隊隠してあります。とかだと大本の製造能力が桁違いってことに。
そしてそんなに製造能力があるなら幻炎でもっと迎撃に出てきてもおかしくないか、狩人の頃にビボーズ艦隊を包囲されてる。
ゆえにそれはまずありえないと。

そういや星界軍を増やす際のボトルネックってなんなんでしょう。
人的資源?時空泡発生機関製造量?艦艇本体製造能力?
それともそもそもの資源流入量?か反物質燃料ですかね。

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 01:18:23.09
>>513
時空泡発生機関と反物質燃料だろうね。
時空機雷=戦力な面があるし、反物質燃料もあれだけ工場があっても
売り手市場みたいだから、いくらあっても足りないのだと思う。

まあ長期的に見ると将校クラスになれる能力を有する人材の不足が
一番ネックになるのだろうけどね。

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 01:35:53.09
>>514
その辺りか…そうするとそもそも戦列艦と機雷を作るより艦艇増やしたほうが良いことになるのかな?
ディッシュ8発、ロース10発、カウ12発と機雷等裁量が増えてるから機雷重視になってるのか
その分どっかで重量的な帳尻合わせが発生してると思うけど・・・
時空泡発生機関が不足してるなら機雷ほどレート比が悪いもんはないし。
実質的に突撃艦以外には相当数無いと相手が沈まないんですよね

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 05:18:46.40
>>515
一気に何発もの機雷に狙われたらどんな艦艇ももたないだろうし、機雷は人的資源不要だから大量の機雷圧倒するのが有効かと思う。
ただ、大量に使用するには多数の脆弱な戦列艦が必要なのが難かと。
連合軍のように長距離機雷ってのもいいが制御に難がありそう。

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 05:35:14.48
帝国の最優先の戦略的課題は分断の解消だろう。
そのために一気に帝都奪還作戦を発動するのか、4カ国の弱いところ(ハニアと人民主権連合)を制圧して連結するか。
後者の場合はイリューシュ王国だけは連結されないが、制圧済みのバスコットン星系でつながっているはずだから完全孤立しているわけでもない。

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 05:41:41.91
>>498
スポールが大提督に昇進とあるから提督までは一律昇進
星界軍元帥はコポトニーが帝国元帥となっていないから昇進なし。
帝都陥落、皇帝崩御はつたわっているから、雪晶艦隊は孤立しているので昇進知らないなんてことはないはず。

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 06:10:55.66
コポトニーは星界軍元帥だったのが帝国元帥に昇進してるのか。

>>516
戦列艦って、100発近い機雷を撃ったあとは巡察艦よりちょい重い程度の逃げ足はありそうだよね。
阻止戦隊の輸送艦も質量の半分くらい機雷だったみたいだし。

脆弱もそうだし、1個打撃分艦隊12隻程度の数じゃ同数の突撃分艦隊も止められないからねぃ。
1200発全部叩き込んだら偵察分艦隊の巡察艦36隻くらいなら潰せそうだけど…
やっぱり機雷とか時空泡発生機関は余裕があるんじゃないかなと思う…
船体は分散生産出来るみたいだし、そっちの資源と生産力がネックでは?

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 07:03:21.26
生産能力自体は建艦廠ひとつで10分に1隻の突撃艦だからな
なにがボトルネックなんだか

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 07:09:36.34
>>519
コポトニーが帝国元帥になっているのなら、弟殿下が無事合流した時に「帝国元帥閣下」と通信参謀が言っているはずだが「星界軍元帥閣下」としか言っていないから元帥以上は昇進していないのでは。
もちろん緊急昇進を失念して通信参謀が間違えたという可能性はあるがそんなことには細心の注意を払うはずだからなあ。
知らなかったという可能性はないし。

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 07:23:45.46
ボトルネックは人的資源だろう。
戦列艦には機雷を扱うために掌雷従士が多数いるみたいだし。
まず技術革新で機雷をメンテナンスフリーにして、艦の運用も最小限の人員で可能にする。
またダメージコントロールも自動化して軍匠従士も最小限で済むようにすれば艦艇建造には
余裕がありそうだからすぐに大艦隊建造できるようになる。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 07:28:20.68
>>521
連絡が途絶えてるから、普通に通達も届いてないかと
ドゥヒールも列翼翔士のままだったしね。

ロース級、艦だけなら毎日突撃分艦隊作れるくらい製造してたんですね…
ガルム級も並列で作ってたし。てか突撃分艦隊以外に配備してたのかな?
1日の機雷生産量が前に言ってたように1分1発だと3600発?
3個打撃分艦隊分くらいかな、帝都に在庫があまり無いとかアーヴの物流ハンパねぇ

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 07:35:20.27
>>523
時空泡発生機関は帝都生産だけど
機雷のその他の部品は前線に近いところで生産して組立ててる
だから帝都に機雷はそんなになかったのかもしれん

あと、領土を切り取られてるってことはそこから産出の鉱物資源の供給も
減るわけだからね

まあ、実際そんなことまで考えて話作ってないんじゃなかとw

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 07:43:01.94
>>523
連絡届いていないというのはないと思うが。
こんな命令 皇帝にしか出せないはずだから近衛艦隊で出撃前には発令され、少なくとも各鎮守府には届いているはず。
もちろんコポトニーがまだ鎮守府との連絡ができていないので知らない可能性もあるが、
鎮守府を仮の拠点とすると考えているのなら状況の確認も必要だから連絡はしているはずだが。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 07:57:23.19
5巻の最後の時点での読み上げも星界軍元帥だし、即位などについても推測で語ってたから
まだスキール王国に生産列も届いてないんでしょうね。
というよりコポトニーの位置はスキール王国にこそ入ってるけど辺境みたいですよ。

在庫機雷を要塞郡が統制して門に突入させる場面がなかったからなぁ
作るそばから新造艦に載せてたか、輸送艦で持ち出したか。

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 08:13:08.37
即位は帝都陥落後だから推測するしかない。
星界軍元帥->帝国元帥の昇進があったかどうかは不明というしかないね。

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 08:15:40.12
建艦廠は移動させるが機雷の在庫は置いてゆくという記述どこかになかったっけ?

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 08:25:23.70
星界軍元帥->帝国元帥 の昇進があったなら、帝国元帥大増産だなあ。
双棘艦隊副司令長官、雪晶艦隊司令長官、ケネーシュ参謀長、鎮守府司令長官7名(クリューブ王国の鎮守府長官は戦士と推定)が帝国元帥になるわけだから。

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 08:49:04.58
「コトポニー」だよ。

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 10:37:28.07
ところで、ベルソート艦長ってどんな感じの顔なんだろう。
勝手にガンダムUCのオットー艦長でイメージしてるけど、アーブだからそんな顔なわけないしw

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 10:58:33.16
>>482
平面宇宙上、統合体が分断されていない=帝国が分断されているになる。
帝国には二王国しか残らない計算。

統合体が未知の通路を利用しているなら、話は別なんだけどね

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 11:00:30.26
なんかベルソートはアーヴでイメージできないよなw

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 11:10:19.18
>>528
5巻にあったけど、時空泡発生機関の在庫をおいてったみたい。
それで帝都のいろんな元船施設を動かしたっぽい。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:20:48.83
そういえば閉じた門は平面宇宙で移動させられたんだっけ。
通常宇宙じゃユアノンとして宇宙船の動力に使用していたから移動させられるのはわかっているが。

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:31:30.77
平面宇宙では門は移動不可能
動かせるのはあくまで通常宇宙側でだけ

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:32:41.40
不可能というか、閉じた門も平面宇宙にいれたらどんなことが起こるか、さすがにアーヴも試したことは無いんだとか

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:43:32.27
>>454
となると、昇進審査受けられないドッヒル殿下が皇帝になるのはほぼ絶望的か
スキールとバルグゼーデは早期に回復できそうと言われてたから、仮帝都と連絡取れたら
連絡取れなかった間の分をまとめて昇進させてもらえるのだろうけど、
さすがにその頃にはラッフィル殿下が星界元帥までいっちゃってるよなぁ…

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:49:51.04
通常宇宙でブラックホールに落ちた門(ユアノン)が、
平面宇宙で時空粒子の流れを生み出してる火山の正体なんだっけか

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:54:03.21
超絶流れぶった切るけど、帝国と連合間に捕虜の取り扱いってあるのかね?
一応、アーヴの側では降伏も認めてるわけだから、
収容所とかもちゃんとあって、戦争が終われば捕虜交換するとか…

でも、相手側がアーヴをちゃんと扱わないと捕虜交換できないしなぁ
どうなってるんだろう?…

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:55:19.50
>>538
仮帝都と連絡つくまでは戦域最高指揮官の権限で野戦昇進。
いつまでも下っ端のままじゃモチベーション下がるだろう。
まあ新人の供給ないと階級上がってもしたっぱのままだが。

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:56:24.68
>>539
「事象の地平線」が物理学用語のそれと同じ意味なら、その通り。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 17:57:56.36
>>538
てか皇帝の引退時期ってどうやって決めるんだろう?
アーヴは不老長寿だから、やろうと思えば200年以上皇帝の座に居座るのも可能だし
今回みたいに皇帝が死ぬケースは自動的に交代だから話は簡単だが、生きてる間に交代するケースのが多いだろうし
明確に任期の限度が定められてるのか、皇帝が引退したくなるまでいつまでもやってていのか

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:01:33.82
>>538
弟殿下はコトポニーに「今後はあくまで皇族としてのみ扱う」って言われちゃったし
どっちにしろもう戦わせてもらえないんじゃね?

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:02:31.71
>>543
皇太子・女の次の世代が帝国元帥になったら、皇太子・女が皇帝になり、皇帝は引退というルールだったと思うが。

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:03:51.04
>>543
確か、皇族で次の帝国元帥=新しい連合艦隊司令長官が誕生した時、古い連合艦隊司令長官=皇太子に押し出される形で、退位するんじゃなかったっけ?
新しい皇太子が決まる=新しい皇帝に引き継ぐ、では?

違ったかな?

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:10:50.89
ドゥサーニュと同期で皇帝争いしてた皇族連中ってどうしてるんだろうな?
他にアブリアルの姓持ってる奴は予備役入ってたラフィールの親父くらいで他に全く出てこないけど
皇太子が決定した時点で、ライバルは全員、予備役編入強制されんのかな
ドゥサーニュと同期ならまだ若いんだし、出世レース決着しても軍に残るやつがいてもよさそうなのに

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:13:35.72
>>547
確か、予備役編入が慣例じゃなかったっけ
で、大戦になったからドゥビュースが現役復帰したわけで、たぶん他の予備役入りしていたドゥサーニュのライバルたちも軍に復帰したんだと思われる。

軍に戻らずに、帝都防衛団で玉砕した者も当然いるだろうけど

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:16:14.06
>>546
なるほど、サンクス

ってことは現状で言えば、ラフィールが帝国元帥になって正式な皇太女になったと仮定して、
その次に帝国元帥に昇進した皇族が現れた時点で、ドゥサーニュ皇帝引退=ラフィール皇帝即位という事か

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:20:46.15
>>540
紋章三巻でペネージュさんが捕虜交換について触れてるから一応ある模様
どういう流れでやるのかは分からないけど
捕虜収容所も紋章三巻、戦旗二巻で言及されてるね

>>543
次の皇太子(女)が決まるとそれまでの皇太子(女)が皇帝に、皇帝が上皇に
皇帝の在位期間は次の次の皇帝の昇進速度次第だな

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:29:34.00
カミンテール戦役時にラマージュが既に皇太女だったから、前皇帝のドゥガスは少なくとも30年は皇帝やってた計算だな
やっぱり戦時だと昇進早い分、サイクル短くなるんだろうな

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:34:53.99
ラムローニュ倪下の三階級降格の詳細も気になるが、ラマージュも
「陥ちざる都を陥落させた皇帝」として嫌な形で歴史に名前を残してしまったなw

もし生き残ってたとしたら、上皇会議で若い雛鳥に説教する度に
他の上皇から皮肉言われ続けたんだろうなw

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 18:52:24.15
皇帝って責任ばかり重そうだが、早く引退したいと思わないのかね。

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 19:24:14.82
皇帝も皇太子・女も引退する自由はない。
皇族は軍務に就くのが義務だが、72歳まで修技館に入らなかった件があるから拒否出来なくもないw

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 19:30:47.23
あれって仮に72才で入学したとして
同世代がもう皇太子になってたら即引退なのだろうか

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 19:40:04.59
自分の次の次の皇太子が決まると、自分の次の皇太子に押し出されて皇帝引退というルールなら
逆に言えば、次の次の皇太子が決まらない限り、死ぬまで皇帝やらなきゃいけないわけだしな

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 19:46:07.99
>>552
スポール一族による婉曲な罵倒に期待。
帝国史上初の遷都を実現したとか、そういう言い方になるのかなw

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:11:17.33
>>557
ドゥサーニュと違って、実にアブリアルっぽい性格してそうな
ラマージュ陛下の寿命がストレスでマッハすぎるwwwww

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:11:27.53
>>555
というか諸々の記述台詞から通常遅くとも18歳までには修技館に入学するとして
72歳ってもう同世代の帝位レースとっくに終わってるんじゃ…
皇族の軍務期間?だか星界軍の定年?だか分からないけど確か40年が期限て記述もあった気がするし

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:12:37.89
帝国の歴史上皇太子・女は7人戦死しているが、その場合次の皇太子・女はその皇太子・女の同世代から選ばれるのかな?
そうしないと皇帝の在任期間が長くなりすぎるもんな。

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:52:01.07
>>560
皇太子女だけならいいが、その世代の皇族が多数死んで能力的には低い皇族しか残らなかったらどうなるんだ。
在位期間長くなっても次の世代待つしかあるまい。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 20:58:05.47
平時ならいいけどだれかが皇太子確定したら提督以上のアブリアルが一斉引退とか戦時はつらそう

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:00:00.39
>>559
その後、××歳までに修技館にはいらなかったら士族籍で臣籍降下なんて規定できなかったのかね。
その年まで軍役つとめてなけりゃ爵位・所領返上じゃないのかね

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:01:44.27
>>562
その時は予備役編入、即日現役復帰でいいんでは。
もちろんいちど予備役になった時点で皇帝レースは終わり。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:08:34.87
アーヴってロイヤルニートもベルソートさんもみんな25歳くらいにみえる美形なんだよな…

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 21:15:00.09
ドゥスームが前々皇帝だとすると前皇帝のドゥガスとの歳の差が100超えるんだよね

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 22:56:56.41
ドゥラーズさんも元・皇帝ぽいんだよな
ドゥスーム→ドゥラーズ→ドゥガスの順番じゃなかろうか?

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 23:02:08.12
名前が似てて区別つかん

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 23:11:55.12
>>561
能力に劣る皇族しかいなかったら帝国元帥にはなれないのだろう。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/27(月) 23:28:51.89
英雄芳名碑を運ぶ為に引っ張り出されたのが元・星界軍総旗艦ガフトノーシュ・ドゥラドだろ?
シャシャイン戦役の時の総旗艦で艦隊を率いたのはドゥラーズってことだそうだから
当時の皇太子、もしくは皇帝がドゥラーズという推測が成り立つ。最年長はドゥスームだから
>>567の推察であってるんじゃないかな

571 :消費税増税反対:2013/05/28(火) 00:34:39.81
他の人も書いていたけど、ラフィールは一気に提督に特進するのではなく、
一階級ずつ上がっていって欲しかったな。

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 01:14:50.29
>>571
次階級までにかかる時間が等比級数で伸びていくけど...

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 01:19:26.00
刊行ペースと足並み揃える感じで

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 01:19:54.90
完結までの目算は立ってるんだろうか

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 01:45:47.92
目処が立ってないからこその「第一部完」だろう

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 04:33:34.76
>>572
そこまではよかないだろう。
ただし、同期の間でもトップ昇進者と遅い者の差がどんどんと開いてゆく。

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 04:37:04.02
>>571
仮の皇太女になっただけで特別昇進したんだから、今後は皇太女にふさわしいという実績を上げていかなければならない。
大変だなぁ、デーヴが。

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 04:55:13.03
>>548
ドゥサーニュ陛下の同世代はまだ年齢的にも若いはずだからほとんど前線(後方勤務もあるだろうが)に出ていて
帝都防衛団にはいなかったんじゃないかい。

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 07:08:46.83
>>575
ここで第一部完なんてすごく中途半端なんだよね。
せめて戦争は終わってはいないが帝都は奪還したぞ!というのなら第一部完も納得できる。

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 07:29:51.71
第二部があるとして、さっさとカタをつけたいんなら、帝都奪還または人民主権連合とハニアを制圧して分断された王国を回復し孤立していた艦隊との合流も果たす。
そしてもう戦闘力も弱体化した(と思われる)統合体の中心星系に攻め込んだら、そこには中央政府を守るためだけに200分艦隊以上が隠されていて乱戦の中
皇帝戦死、皇太女はなんとか脱出して即位し、戦力を立て直して天川銀河統一でENDとかね。

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 07:39:58.35
第2部はいきなりアーヴ幼女が出てきて
  「むかし ふりゅうばるとちじょうじんのくにで せんそうがありました。
  おじいちゃんはちじょうじんだったけど おばあちゃんといっしょにたたかったそうです」
とかだったらワロス

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 07:44:15.09
>>581
その子はハイド伯爵家の子だろうが、直系であるおじいちゃんはともかく遺伝子提供者のおばあちゃんの概念あるのかね。
一般のアーヴとはことなりハイド伯家ではそういうのもありかもしれんが。

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 08:09:18.84
地上的な意味で結婚してた帝国国民が出世してアーヴ身分になったら
配偶者との関係とか子どもいたら親権とかめんどくさそうだな

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 08:18:04.37
超新星のごとく恋愛をするアーヴでも長く連れ添う者もいる
という描写がどっかなかったか。
クリューヴ王もレクシュへの感情は冷めていなかったし、
ラフィールがジントに連れ添ってる未来があれば、おばあちゃんの概念も理解できそう。

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 08:18:20.35
配偶者は問題なかろう。(いっもくっついている想人の概念でいい)
ただ、子供はアーヴなのか国民なのか単なる領民なのかルールあるのかね。

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 08:56:48.80
>>585
親権がある方だろう。
フェブダーシュ男爵の例のように。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 09:04:14.71
>>586
あれは離婚していたからわかりやすいが、離婚していない場合はどうなのかと。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 09:09:20.73
>>587
偉い方の子供、にするんじゃないか。
貴族身分なら子供に貴族身分を引き継げるし、士族でも子供はアーヴ身分になれる。

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 09:52:15.13
その辺はジント本人がそのままの例じゃないのか

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 10:32:54.91
本質的にアーヴには夫婦の概念がないぞ。
関係やらを星界に持ち越したとしても、法的にはどっちかの子で固定だと思う

話は変わるが、旗艦って専用だったりちょっと改造した巡察艦だと思い込んでたんだけど
5巻でクテール級強襲輸送艦…巡察艦と同じ大きさのを旗艦にしてる人が出てきたね。
空間的余裕はこっちのがはるかにデカイし、速度は一緒なんで襲撃艦を組み入れた突撃分艦隊は
輸送艦を旗艦にしてるのが多いのかも?

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 10:34:35.99
ジントの母親が存命だったらどうなったのか、ってことじゃね

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 10:50:56.08
>>590
司令長官が指揮する戦闘艦隊の場合は専用又は改造巡察艦だと思われるが、後方艦隊などの場合は輸送艦もあるようだ。
弧状列島にいた第七艦隊は揚陸指揮艦を旗艦にしていたから指揮の都合で強襲揚陸艦もあるのかも。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 10:52:17.11
艦隊戦を指揮することが想定されていれば巡察艦かな。

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 11:31:45.63
母の子になるか、父の子になるかジント、もしくは親権者が決めるだけだと思われ。

司令官が巡察艦で前線に出るのって勇敢だし士気も上がるんだけど
司令部壊滅での指揮不能が有るから怖いやねぇ。近衛艦隊でも1個司令部落ちてたし

読み直してて戦記1巻の1058突撃戦隊、第一突撃隊所属、ってところで
3年前のあの時点で突撃分艦隊だけで352個作れるほどあったんかい、とびっくりした。
1日1〜2個分艦隊分くらいの突撃艦を量産してるとはいえ、それにしちゃ攻撃戦力少なくないか?

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 12:09:19.31
過去の戦役で10万隻指揮したって記述なかったっけ。
それなら今次大戦もってあってもおかしくない。

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 12:27:36.17
あの数字は星界軍通してのものだから全滅したり改組したりして消滅した戦隊はそのまま欠番になってるのかも

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 12:33:39.50
>>590
分艦隊の旗艦は基本的には巡察艦だよ。
打撃分艦隊の旗艦は旧式の巡察艦だそうだけど。
また不死鳥艦隊のような撤退のための寄せ集め艦隊では艦隊旗艦さえ輸送艦が使われることもあるみたいだけど。

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 12:57:20.50
鎮守府副司令長官は通常は参謀スタッフはもっているが、指揮下の艦隊はもっていないわけだが、艦隊を編成して指揮することになったときは指揮下の艦から適当?に選ぶんだろうか。
それとも旗艦だけはもっているのだろうか。
帝国艦隊司令長官は指揮する艦隊はなくても旗艦はもっているわけだが。

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 13:02:51.49
10万隻とか2100隻とか、突撃艦以上の船をカウントしてるのかな。
短艇以上とか、連絡挺以上…機雷を数えてたりしたらだいぶ水増しだ
1個分艦隊は偵察分艦隊とかだと50隻もいないし、突撃分艦隊でも200前後
そんな昔に500個分艦隊とか運用してたんだろうか。

>>590
あ、やっぱり巡察艦だよね。
分艦隊ラトゥーシュの旗艦が襲撃艦とかっていう描写もなかったし
まさか輸送艦を旗艦にするようになったのかなーと思ってたもので…
でも小型輸送艦を旗艦として運用するのは案外利点が大きい気もしないでない

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 13:06:27.30
>>599
雪晶第5艦隊は確か輸送艦が旗艦とあったはずだけど、後方艦隊だったからかな。
それとも旗艦がやられて輸送艦へ乗り換えたのかな。

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 13:26:58.11
検証…紋章で、バスコットンからクラスビュールを攻めた艦隊は4個分艦隊
トライフ艦隊の迎撃に出てきた全力が3個分艦隊

で、その後クラスビュール中域でスポール提督のフトゥーネが見つけたのが
大型輸送艦12隻と巡察艦1、突撃艦6…ちょっと欠けてるけどほぼ1個分艦隊相当

>>600
そーいやクテール級(小型の強襲輸送艦)だったね。
制圧したハニア連邦に代官でも運んでたのかな

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 14:44:43.25
>>598
多分旗艦を持っている。
艦隊旗艦は分艦隊旗艦を改造した特別製だから機雷を積んでいない。
だから指揮に特化していて通常戦闘には不向きだし。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 15:19:14.70
もともと10発程度の機雷は1個突撃隊をなぎ払うか1隻の巡察艦を偶然倒せるかどうか程度
突撃艦どころか巡察艦に接触されても負けない戦隊を組めるってのは旗艦として強いんだろう


そういや勅任翔士になれば自分の旗艦を自費で飾り立てられるんじゃないっけ。
艦隊を編成するたびに別の艦にその飾りとか移すのはめんどくさそうだなぁ
ペネージュさんは毎回やってそうだけど

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 15:33:50.25
>>603
そういえばそうだったね。
でもスポール大提督なら旗艦が変わればもう古いのを使いまわすなんてスポール総本家の名折れと、毎回新たに作らせそうだけど。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:29:30.35
勅任翔士が旗艦を自費で飾り立てるのは認められてるってことだけど、部隊の指揮官じゃない場合はどうなんだろうか。
たとえば軍令長官は皇太子・女を除けば星界軍最高位の翔士だと思うが、軍令長官室を飾り立てるのかな。

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:37:05.76
>>605
指揮官だけだろう。
参謀はどんなに偉くてもそういった栄誉はあるまい。

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:37:29.08
飾り立てるっていっても色々な方法と好みがあるだろうからね
紋章旗を掲げて座り心地のいい椅子を使うくらいにとどめているかもしれないし

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:39:34.78
飾り立てるのはいいとして、フトゥーネ旗艦とか片付けるのものっそい大変じゃなかったのか…w
色は真っ赤だわ、とんでもない値段のタペストリー大量だわ

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:41:59.97
参謀なら少なくとも自分の執務室(個室)をもつ勅任翔士じゃないとめだろうが。

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:43:12.98
紋章旗だけじゃ手間ってほどでもないだろう。
馬鹿高い紋章旗を運ぶのは緊張しそうだが。

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:44:03.53
>>608
そういう片づけは自費だろうから、専門の引っ越し業者いるのかな。

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:47:55.81
>>611
そういうのは従士がやるんじゃないか。

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:50:13.05
>>612
いくら勅任翔士でも公私混同はだめだろう。
家臣がやるんならともかく。

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 16:50:30.54
人の手で製作されたという噂の天蓋だっけか
司令座に設置する前提で分割収納も考えて作られているんじゃない?
でも髪を結うのに機械を使うと仕上がりに品がないと評しているぺネージュさんだから
繊細な刺繍作品を機械が扱うのは嫌うかもねー
でも人手の要る戦時に些細な我侭を通すような振る舞いは大公爵閣下はなさらない気がするが

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:04:11.86
>>613
制度として認められている特権だから公私混同ではあるまい。
家臣を連れて軍士をやっているアーヴは見たことないし。
サムソンはジントの家臣になってしまったわけだが。

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:08:41.64
>>615
飾ることは認められているのは確かだが、設置や撤去まで軍の経費で認められるのかなということなんだが。
勅任翔士ごとにかかる費用は違うだろうから不公平になるし。
まさか作業は従士がして人件費は軍から勅任翔士に請求ってのも考えにくいし。

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:25:47.84
私費で飾り立てることが出来る だから搬入や設置に掛かる費用も私費だろう。たぶん

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:36:37.54
>>616
紋章旗そのものはともかく、飾るのにそんなに費用が掛かるとは思えないな。
ジントの家の紋章旗まで巡察艦のなかで造ってしまうくらいだし。
紋章旗の製作費用を伯爵家に費用請求するわけではあるまい。

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:40:00.53
>>618
紋章旗程度ならいいんだが、スポール総本家の飾りはそう簡単にはゆくまい。
まあ、ほとんどの勅任翔士はスポールのようなことはしていないだろうが。

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 17:56:21.20
>>619
そうか。紋章旗だけじゃなく、司令座を私費で飾り付けることも出来るんだな。
でも天蓋やそれを支える柱自体はともかく飾り付けだけならそれほど費用も掛からないと思うけど。
スポールのものくらいになると飾り付けも従士ではなく専門の業者がやる必要あんのかね?

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 18:01:19.91
>>620
少なくとも自費で飾ることができるとあるんだから、製作だけじゃなく飾り付けや撤去も自費だと思うんだが。
でも勅任翔士が自分がやるとは思えないからやはりそういう専門業者がいてやるんではないかと。
なにしろ先祖のいた弧状列島じゃ大名行列を請け負った運送業者もいたくらいだから。

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 18:30:39.69
>>621
分艦隊旗艦以上に帝国国民とはいえ民間人を乗せると機密の問題とかあると思うんだ。
一々従士が見張っているのも効率悪いし。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 18:32:26.60
>>620
帆船時代の欧州の海軍みたいに艦長や司令官が個人的に雇用している従兵にやらせるならともかく、
軍から給与をもらっている従士にやらせちゃまずいだろと思うのだが。

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 18:34:32.37
>>622
当然軍からライセンスをもらっていてみもとのはっきりしたアルバイトじゃない正社員しか従事させられないだろうけど。

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 18:37:07.63
個人的な従卒は星界軍でも雇えるんじゃなかったっけ?
某人類連邦大統領閣下の例しか出てきてないが

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 18:38:53.96
>>625
従兵いるんなら大丈夫か。
ただそんなに多数というわけにはいかないだろうからスポールの従兵大変だな。

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 18:53:59.46
>>623
星界軍はそういうの五月蝿くないんだろう。
制度として特権を認めているんだから勅任翔士に対する俸給か経費に含まれていると思われる。
飾り付けに専門の知識が必要な場合は別だろうけど、そうでなければ従士が出来るだろうし。
まあ私費でって記述されているけどね。

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 19:04:10.94
>>614
人手がいるといっても、地上世界に発注するなら
あまり戦時中でも関係ないんではないかと
帝国は、地上世界を根こそぎ戦力化していないし
発注先が大公国の領内の工房なら、輸送以外は影響しないんでは

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 19:07:17.73
紋章旗だけなら規格化されていそうだし簡単に着脱できそうだけどね。
ただ、それ以上の装飾となると従士の手にはあまるかもしれないね。

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 19:14:03.09
>>567
上皇会議メンバーの年齢で疑問なのは
ドゥガスが前皇帝なら、ラマージュの親世代のはず
だけどドゥセーフは、ドゥサーニュの父親だから
ラマージュと同世代のはず
ドゥガスはドゥセーフより年上でないとおかしくないかな
ドゥガスが最年少上皇というのは疑問

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 19:39:40.43
飾り付けって規格化されたオプションなんじゃね?
デジタル絵画くらいは初期設定で付いて来るとか
軍艦にもうるおいが必要であろ

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 20:47:36.71
>>630
久しぶり過ぎてそこまで頭が回らなかったのだろう

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 20:49:17.87
>>631
司令座のうしろに帝国旗、鎮守府あるいは分艦隊の紋章旗、家の紋章旗を飾るのはデフォルトのようだが、
司令座を飾りつけるのはごく一部の勅任翔士だけじゃないの。
スポールの場合は天蓋と柱が彫刻のようだが。

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 20:49:50.62
単にドゥセーフが年いってから子供作ったってだけじゃ?

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:10:13.25
>>633
金持ちじゃなきゃ出来んしな。
諸侯は勅任翔士の指揮官になる前に退役するかはわからんが、絶対数が少ないから諸侯で特権を得る翔士は多くないだろうし。
アブリアルはそういうことしなさそうだし。

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:19:23.13
>>635
平時なら趣味でもなきゃ義務年限の10年で退任するのがほとんどだろう。
10年じゃ勅任翔士まで到達するのはまず無理かと。(アブリアルでさえ修技生、列翼翔士からスタートだから大諸侯と言って特進はなさそうだし。)

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:24:55.69
>>630
デーヴにメールで聞いてみれば良いんじゃね

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:44:48.07
>>636
平時で10年じゃ無理だろうね。どんなに優れていても。
エクリュアはもう少し頑張れば千翔長になれるかもしれないね。戦時特進のおかげで。あと二階級。

あと皇族は十翔長になるまでは特権があって特進するよ。紋章一巻の記述。

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 21:45:51.84
>>637
止めれ。
これ以上書くのが遅くなったら困るw
まあ刺激があったほうが良いかもしれないがw

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 22:28:27.72
>>627
官公庁の私費納入みたいなもんじゃね
納入は指定業者が行うが費用の請求は個人宛、みたいな

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/28(火) 23:34:03.39
襲撃艦の活躍がもう少し見たかったな
せっかくラフィールが艦長だったのに

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 00:38:27.27
襲撃艦って今どのくらいロールアウト進んでるんだろうな
帝都陥落前にかなり生産進んでたはずだが

巡察艦の定員が200人に対して、襲撃艦はたった30人だし
機動爆雷なくて戦闘力が多少落ちるのを考慮しても
巡察艦1隻分の人員で、襲撃艦なら1個戦隊作れるメリットはデカイ

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 01:07:35.91
説明を読む限り襲撃艦は良いこと尽くしに思える。作中の活躍も良い。
巡察艦に比べて人数はかなり少なくて良いし、構造も固い。
機雷がないのが欠点だがそれは戦列艦に任せれば良いしな。

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 01:11:51.65
つーか巡察艦以外は基本的に単機能だからなんか不自然なんだよな

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 04:38:15.28
>>638
皇族は指揮官としての適性を見られるわけだから十翔長以下じゃ指揮官させるわけにはいかないだろう。
といっても軍大学を出て指揮官としての教育をうけなきゃならないわけだが。
そう言えば弟殿下は列翼翔士(いまは一律昇進して後衛翔士か)のまま勤務させられていたけど軍大学にはいつ行くのかね。
分断解消後まで指揮官教育も受けられないのか?

646 :軍令本部作戦総局:2013/05/29(水) 05:37:52.42
>>644
星界の宇宙ではたったひとつの惑星にしか人類がいなかった太古の海軍のような潜水艦は存在できそうもないし、
航空母艦は無意味(大艦に小艦艇を搭載しているだけで、時空泡発生機関のない小艦艇では平面宇宙で戦闘できない)
と考えられるので、残る戦艦・巡洋艦・駆逐艦・フリゲート艦に相当する戦闘艦になるわけだが、
これらははじめはそれぞれ意味や特徴があったのだが、時代を経るにつれてほぼ艦艇の大きさでの分類になって
あまり差がないことになったしまった。(もちろん大きいほど大きい兵器が積めるのだが)
そうなると特徴のない艦をたくさん作るよりも、単機能でもそれぞれ特徴をもった艦種を運用したほうがよい
ということになったのではないかな。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 07:44:34.94
軍大学はひとつだけでなく複数あるような感じだが、どういうふうにすみわけしているのかな。
指揮菅養成、参謀養成、兵站等の専門家養成、技術者養成というふうに専門別になっているのか。
まさかどの軍大学も総合軍事科で偏差値で行けるところが決まる(一流から三流の序列がある)なんてことはないだろうけど。
入学試験もペーパーテストの成績だけで決まるのか勤務成績で決まるのか...

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 08:04:50.98
そういえば星界軍には専門学校相当の教育機関はないのかね。
ふつう修技館(士官学校・兵学校)はまず士官としての基礎教育をし、しばらく部隊勤務したら専門分野をきめて学校(水雷学校とか砲術学校とか)で専門教育をうけて、科長あるいはその補佐役になる。
そしてまたしばらくしたら有能な士官が選抜されて戦略や戦術を学ぶ軍大学(指揮幕僚課程)へ行くという場合が多く、軍士だからといって部隊勤務一筋ってのはあまりなく
特にわかいうちは実施部隊と学校をいったりきたり(特にエリート候補)という例が多いが、星界軍ではその専門学校らしいのがぬけているような。

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 09:42:49.19
>>645
前衛翔士になったら半年ほど最難関のドゥネー星界軍大学で学ぶのが皇族の特権。
分断されている状態じゃどうなるのかさっぱりわからないが。

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 10:03:50.02
襲撃艦は純粋に巡察艦(や重防衛艦)に対抗することが目的の艦種
ペネージュが得意としているような"蹂躙戦"に必要な敵陣を切り裂く爆発力はない
戦列艦の機雷は大部分は対抗雷撃に消費されるのに対して
巡察艦の機雷は敵艦を葬る為だけに使われるという言葉からも
装備面から見れば同じように見えても単純に巡察艦=襲撃艦+戦列艦というのは運用上成り立たない
例の艦種名論争についても仕様の面から見れば軽巡察艦だが運用の面から見れば完全に重突撃艦である
そもそもの開発の起点が「非力な突撃艦を置き換えたい」なのだから当然なのだが

しかしやっぱり平面宇宙と時空泡っていう設定は穴は多いけれどホント面白い

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 10:37:11.35
>>650
襲撃艦の数が増えれば、電磁投射砲の数を減らして、機雷の数を増やした重巡察艦というべきものと組み合わせてもいいかもね
襲撃艦が機雷の吸収と格闘戦を担当して、巡察艦は攻撃的な機雷戦に専念する形で。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 10:49:06.92
領土を切り取られてるんで人口の面で従士の補充も厳しくなるだろうし
軍匠の従士は減らせないだろうから掌雷従士で人員をケチるためにも
襲撃艦の比重が大きくなるかも

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 11:30:11.71
襲撃艦は機雷を吸収してたら存在意義が少々減るんだよなあ

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 12:36:17.78
襲撃艦が設定されたのって、階級が中途半端に上がった(突撃間の艦長としては高過ぎ、
巡察艦の艦長としては低過ぎる)ラフィールを、引き続き艦長やらせるためだと思う。

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 13:12:42.98
見も蓋もないことをw
突撃艦は、テクノロジー的には軽巡察艦だけど、運用上は、護衛艦の機能も備えた重突撃艦だと思う
なので、機雷を使える艦である戦列艦や巡察艦と組み合わせれば、機雷を攻撃的に使いやすくなるし、非常に優れた艦だと思われる。
巡察艦にも機雷にも抵抗出来て、巡察艦より速いって、考えてみればチートなんだよね

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 13:45:55.58
>>654
そういやそうか。
副百翔長だと突撃隊の司令(百翔長相当)にもなれないし、階級が中途半端だもんな。

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 13:52:42.49
>>644
兵器は基本的に単機能を追求したほうがコストも安いし強くなる。組み合わせも自由自在だし
巡察艦のような万能タイプの艦艇を使う場合は、いっそそれだけを
極限的に量産しまくってしまうのが良いはず。
たとえ巡察艦がコスト高くても、徹底的に量産掛けるとかなり量産効果がでるしね。

突撃分艦隊がダメージを受けた場合、護衛艦が何隻、突撃艦が何隻、巡察艦が何隻で必要な補給は〜って色々あるけど
偵察分艦隊の場合、失った数だけ巡察艦を送り出して補っちゃえば即訓練に入れる。

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 13:58:54.51
襲撃艦は面白いんですよね。
機雷の打ち合いで護衛艦を突破、突撃艦で圧迫して弱った所に巡察艦を投入して勝負を決める。
(矢の打ち合いで盾兵を突破、槍兵で圧迫して弱った所に騎兵投入、のイメージですかね)

っていう今の戦術を変えかねない。
初期の機雷が届かないのは対抗雷撃と護衛艦の所為が大きいけど、襲撃艦の数が揃い始めると
初手で護衛艦とでも組ませて、襲撃艦を前線に投入できるんですよ。
初期雷撃を物ともせずに接敵される場合、相手の護衛艦は何もできずに退避するしかないし
こじ開けた所に戦列艦が機雷を大量に叩きこむとそれまでどころじゃない戦果が出る

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 14:34:51.47
突撃艦と襲撃艦の相性はどうなんだろ?
襲撃艦は機雷なしの巡察艦だからすばしっこい突撃艦は手こずるか?
巡察艦は機雷使い果たした後は電磁投射砲で突撃艦を撃沈させていたから、襲撃艦が突撃艦に対して不利でもないか。

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 14:42:37.82
防御磁場だっけ、それの出力次第という面はあると思う。
巡察艦は、反陽子砲ですぐに沈まないほど、防御磁場が厚いし

とはいえ、襲撃艦が突撃艦よりも攻防両面で弱いということはちょっと考えにくい
更に、巡察艦よりは数を揃えやすいしね

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 14:45:52.48
身もフタもないが、現実(空想?)問題で言うと、確かに個艦の性能は重要だけど数には勝てない。
かつて弧状列島の海軍が量より質で個々の性能にはすぐれた軍艦をカネかけて建造したんだけど、
戦争相手は平凡な軍艦を多数建造して戦争をして、その結果はやはり数で勝る(国力も大きいが)
方が完勝だった。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 14:58:47.53
>>659
まんま、機雷を撃ち尽くした後の巡察艦vs突撃艦隊と同じになると思う。
機雷が少なかったゴースロスの戦いが、イメージ的に最も近そうだ。

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 15:17:57.65
有利不利だと、こんなイメージ
突撃分艦隊>打撃分艦隊>偵察分艦隊>突撃分艦隊

偵察分艦隊は突撃分艦隊5つ分の攻撃力とか言われてる。
で、その突撃分艦隊は1v1なら打撃分艦隊に撃ち減らさせつつも蹂躙可能
でもその打撃分艦隊は1000発を超える機雷を一度に叩きつけて少数精鋭の偵察分艦隊を屠れる

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 15:22:05.58
質量半分、兵士6分の1
量産性は良さそうですよね…突撃艦の倍くらいのイメージですが
(4倍の試算もあるけど、さすがにそれで人数+10人は変だ…w)

平面世界では質量が半分だと速度は1.43倍、3分の1で1,76倍だっけ

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 16:27:23.93
大体そんなもん

完全移動状態を取った場合の最高移動速度は質量の平方根に反比例する。
(速度をv、質量をm、定数をaとすると、v=a/√m)
(星界辞典より)

人数については艦体が大きくなったからといっても艦橋の人数はほぼ変わらないでしょうから、
そのまま増えるものでもないですね(機関部の従士が増えるとかでしょう)

そういう意味でも、突撃艦強化(従士が増える)なのか、巡察艦から機雷を除いたもの(機雷を扱う人間が減る)なのか
という論議にもなってそうw

突撃艦<バースロイル>は乗員20名(翔士5名・従士15名)
巡察艦<ゴースロス>は定員220名(翔士15名)
コーヴ級襲撃艦 総員30名弱

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 16:53:54.26
殿下の防御磁場に俺の突撃艦で突撃したい

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 17:03:45.64
あっさり防がれてるomenな>>666に黙祷

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 17:07:03.11
艦橋要員って、艦長、副官、監督、主計、砲術、伝令、通信、航法
だっけ。兼任とかあるみたいだけど。

突撃艦の5人と比べると2〜3人増えてるんですね。
主計従士は増えた様子はないしやっぱり監督下の従士が増えたのでしょうな
交代要員とか応急修理能力は巡察艦より劣る気がします…が
船自体が強固なつくりになってる模様なので孤立しての長期戦とかじゃなきゃ平気か

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 18:38:39.84
>>663
襲撃艦は、突撃艦と護衛艦を置き換えて、新しい突撃分艦隊を構成するか、
それとも安価かつ高速の軽巡察艦として、巡察艦と組み合わせて、偵察分艦隊の増強に使われるべきか。
これが問題だね

後者はだいぶ攻撃的な運用だと言えそうだ。襲撃艦がいる分、巡察艦への機雷襲来数は減るだろうから、
機雷戦での被害を減らしながら、まさしく蹂躙のためだけに機雷を使えるだろうし。
一方、前者は本来想定されている運用なんだろうね。非力な突撃艦を置き換えて人的資源の節約を図りつつ、護衛艦も省くことで、作戦上の隙を無くすわけだ。

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 19:34:08.66
実際のところもう護衛艦の製造止まってるか、かなり絞られてるんじゃないかな。
4巻時点で消耗して異様に足らなくなってたみたいだし
新編成突撃分艦隊では護衛戦隊を加えないからね。

ってことは襲撃艦は突撃艦じゃなくて、打撃力の高い護衛艦なんじゃ…
編成上は、だけどw

>>663
偵察分艦隊の利点は万能艦で全艦をそろえてることにも起因するから、半端に編成を変えないとは思うけど
確かにその組み合わせは面白いなぁ。ほかに、襲撃オンリーで通常空間最強の襲撃分艦隊とかできるかしら

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 19:48:22.91
対機雷戦に弱い突撃艦の負担軽減という作中で語られた理由よりも
やっぱり人員コストパフォーマンス増が襲撃艦採用の一番の決め手だったんだろうな

開戦して以来、艦艇はバンバン増産出来ても、育成に金と時間のかかる従士の補充は
戦争の長期化と共に厳しくなってくるし

機雷整備の為だけに100人以上の軍匠科兵員割かれる巡察艦なんて配備数増やすの大変だろうしな

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:03:42.53
ふと、その比率だと戦列艦って1000人くらい乗ってるのかな?
村くらいの規模があるとは言ってたけど…

巡察艦と戦列艦の艦長が同格でもいいのか不安になりますねw

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:13:23.46
カウ級巡察艦はやけに電磁投射砲の弾切れしてるのがアレだな
巡洋艦は最低でも三会戦分の弾薬積載が普通だから主砲の弾切れって早々ないはずなんだけど

量産性を上げるためと、大規模艦隊戦での運用を想定した仕様にすることで、
戦争前に設計されたロス級よりも長期戦闘力や個艦戦闘力は落としてんのかな

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:14:06.48
とうとう十翔長昇進させられてしまったアルボフさんの次の配置が気になる

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:21:50.65
確認してみるとアプティック門戦でスポールさんの第一艦隊が補給戦隊切り離した後数時間戦闘こなしてるんです
カウ級巡察艦で。あの時は相手が150個分艦隊、機雷射耗、第一艦隊25分艦隊とはいえ

やってること自体は敵艦隊への突破浸透で5巻のシチュエーションに非常に近いんですよね。
にも関わらず、前者は弾切れ描写一切なし、後者は接触数分で即弾切れなくらい。

さすがに差がありすぎる気がするんですよね。目いっぱい積んでなかったのかなぁ特攻だから?

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:27:01.33
>>672
戦列艦は人数多くても機雷を扱うための掌雷従士がほとんどだろう。
戦闘力ということを考えれば格闘戦ではほとんど無力。(連合軍では機雷母艦というらしいが)

先祖の星でも駆逐艦長はともかく巨大な航空母艦も巡洋艦も艦長はおなじ大佐だから星界軍でも見習っているのだろう。

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:28:01.00
デーヴ「たまたま帝都に弾薬があんま貯蔵がなくて、その少ない弾薬も
    近衛より帝都防衛隊の方に譲っちゃった、ってことで納得してよ」

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:29:08.18
>>675
近衛艦隊に弾薬・機雷をけちるってありえんだろ。

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:34:41.47
先祖の星で思い出したが、アーヴ、というか星界軍の至上目的って敵艦隊の殲滅なのな。

海上輸送路の防衛を軽視して補給を潰された先祖の経験は結局反映されなかったと
ちょっと切なくなっちゃったよ。今は決戦志向だからいいけど、ゲリラ化したら怖いなぁ

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:38:12.49
きっとペネージュさんは弾薬のやりくりが上手いんだよ
いい奥さんになる

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:39:46.72
先祖というが、立ち位置的にはむしろアメリカに近いだろw
ハワイ奇襲からしばらく押されてたが、飛び石作戦でこれから押し返すという

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:42:09.44
>>681
奇襲好きな四カ国連合の方が弧状列島のイメージだな。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:48:05.06
>>678
俺もないと思うんだけどね。

空間で保存できる機雷や電磁投射砲弾なんて、敵が来ても撃ち出す投射砲のほうが足らないくらい
在庫があってしかるべきだし、機雷も反物質が足らないわけがなし、自翔弾は防衛にでも使って
平面空間を渡ってくる質量限界のある「艦隊」が抵抗できない位の機雷を叩きつけてほしかった。
200個分艦隊半分が機雷母艦でもたった12万発。1分1発の機雷が作れるなら30日分…

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 20:54:49.31
今次大戦で艦艇の方は新しい艦種ができたりして多少は進化しているわけだが兵器は革新ないのかね。
通常宇宙(時空泡)の中でしか使えない凝集光砲、反陽子砲、電磁投射砲などは優先順位低いとしても
機雷はまだまだ改善点がたくさんあると思うが。
たとえば反物質は不安定なので射出前にしか充填できない(ロケット発射前の液体燃料充填のイメージ)ようだが
これを事前に充填しておいても問題ないタンク?にするとか、自動充填できるようにすれば戦列艦に多数の掌雷従士
を乗せなくてもくなって人的資源の節約にもなる。
また、機雷を小型化して同じ容積にたくさん積めるようにするとか、破壊力を大きくした機雷を作るとかいろいろ
考えられるが。
まあ、襲撃艦にしろもともと連合軍アイディアからだから、帝国は技術開発には強くなく、営業力があるからリスク
のある技術開発はせず二番手でいい、すぐに営業力で取り戻せるというドクトリンかな。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:01:31.26
>>679
宇宙(通常・平面)じゃ潜水艦はありえなさそうだし、隠れるところもなさそうだからゲリラ戦は難しそう。
先祖は潜水艦さえ通商破壊じゃなく艦隊攻撃用としていたからね。

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:13:07.06
技術力と資金のある大企業(帝国)とアイデア勝負するしかない中小(連合)って気がするんだが…


自動装填はアリだと思うけど、アーヴは短艇すら丁寧に点検してからじゃないと緊急発進すらさせないくらいに
船への安全には気を使う種族だぜい。だから余計に掌雷従士が多いんだろうけど。

上でも話してるけど、正直普通にやってりゃ負けようがない状況を連合側が作っちゃったので
ハニア連邦でも寝返らせつつ、艦隊合流させてアヴリアル伯国か人類統合体本星をたたいちゃえば良いさな

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:17:25.11
機雷については燃料=爆薬で、小さいと早く、燃料もすぐ尽きて射程が短くなる。
巡察艦はこっちの小型機雷でもいいかも。どうせ長距離では使わんだろうし
でもまぁもともと主武装じゃないし、量産しまくってるハズの汎用機雷を使ったほうが補給も楽だ

大きい機雷は遅いから単純に敵機雷や対抗射撃のいい的になっちゃうだけかと。
現状でも威力について不足があるって話は一個もないし

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:18:22.17
あの世界も50年以上兵器体系に特に変化なかったわけだし
性能向上以外の面ではもう行き詰まってんのかもな

襲撃艦にしたって既に人民主権連合体では、機動爆雷を持たない軽巡察艦ってのは以前から運用されてたようだし
(あっちは時空泡発生機関も搭載しない通常宇宙専用艦だが)
アイディア的にはにはこれといって新しいわけじゃないしな

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:19:35.29
大きい機雷なんか大嫌い!

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:26:06.92
黙るがよい

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:30:45.84
>>685
隠れられるぞ?門に

小型の反物質燃料工場を運び込んで基地にして交通阻害すればいい
もともと接触しない限り敵味方が判別できないというおっかない世界だしね

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:35:49.57
ペネージュさんって歳いくつくらいなんだろ
階級的にはドゥサーニュやドゥビュースの同期組より少し下っぽいが

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:36:39.11
>>689
そなたには、かつてダダ星から地球へ送り込まれたダダロイドの管理をしてもらおう。

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 21:42:31.38
>>684
大きな革新が無い理由は主に2つ考えられると思う。

1つ目は、物理法則の制約。物理法則を超えた性能は出せない。
現代の技術革新でも、最初から理論的な限界が分かっていて、
いかにしてその限界に近付くかを競っているだけのものも多い。

2つ目は、コストパフォーマンス。
技術的には可能だが、あまりにもコストがかかりすぎるとか、
リスクが跳ね上がるとか、様々なデメリットが生じる場合。
それらを踏まえたトレードオフになる。

上記2つの組み合わせが大抵だな。
物理法則の制約から、トレードオフが理論的に決まってしまう。

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 22:04:16.44
・限界質量ぎりぎりの特大戦列艦…万が一敵に接触されても機雷発射前なら
即時空泡が弾けるとか、機雷を撃ちさえすれば普通の戦列艦と速度一緒だし

・機雷甲板に乗せられる小型の機雷迎撃艇(凝集光砲オンリー)
機雷を迎撃しつつ帰ってくるなら、対抗雷撃より効率がいい。
(敵機雷は同程度質量の時空泡は避けようとするから囲まれない)

・重突撃、軽巡察論争に止めを刺す、単装電磁投射砲の砲艦突撃艦。
重さが小さくなきゃ突撃艦じゃない!!

発想がたらんなぁ、コレくらいしか思いつかない

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 22:07:17.29
>>692
ぺネージュさんは修技館への入学年齢が妙に高いんじゃないっけ?
だから同世代からちょい遅れてるのかも

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 22:20:12.07
インペリアルニートみたいな感じか

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 22:42:38.99
短編の延長で修技館に入る前に領主の跡継ぎとしての実地教育でもあるのかもしれんね

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 22:48:07.45
柩の設計と装飾デザインだけで何年もかかりっきりになるよ

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 22:53:52.86
>・機雷甲板に乗せられる小型の機雷迎撃艇(凝集光砲オンリー)

機動機雷に人間乗せて射出するようなもんじゃないかw
そんなんに乗りたがる奴いるのか?

もっとも、統合体なら人工知能搭載の無人機雷迎撃機を開発しそうだが。

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 22:55:10.42
>>692
ぺネージュさんは確か17で入学資格を得たって書いてあったから特に遅い方ではないと思うけど

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 22:55:36.26
連絡艇と機雷はどっちの方が速いんだっけ?

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 22:59:25.20
紋章のときに機雷に追いつかれて時空融合されそうになったけど
機雷の燃料が尽きて逃げ切れたから
たぶん人類統合体の機雷の方がアーヴの連絡艇より速いんじゃないかとおもう

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 23:04:02.88
>>672>>676
巡察艦は戦艦相当だろう。
戦列艦が航空母艦相当であるように。
どちらも艦長は大佐だから星界軍では百翔長が妥当だろう。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 23:05:15.89
> 統合体なら人工知能搭載の無人機雷迎撃機を開発しそうだが。
新たに開発しないでも対抗雷撃で済みそうだな

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 23:05:32.37
統合体や主権連合の機雷は特徴として速くて射程が長いんだっけ
で、機雷の数を増やして、そのかわり突撃艦を減らした。・・・んだっけ

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/29(水) 23:11:50.82
>>706
統合体は突撃艦を減らして巡察艦を増やす編成をしている。
長距離機雷を使うのは人民連合だけじゃないかな?

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 00:04:31.65
分裂する機雷とか休眠する機雷くらいかな、新兵器は

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 00:22:12.97
リアルの戦争でもそうだが、お国柄が軍隊に現れてるんだろうな

人民主権連合体は、上で言われてる時空泡発生機関を持たない襲撃艦のような
通常宇宙での空間戦力には力を入れるけど、平面宇宙では戦わずに、
その代わり平面宇宙での戦いでは長射程機動爆雷を活用する、と

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 00:23:50.22
>>708
あれって新兵器というか、むしろ大昔の戦争で使われてた兵器じゃないっけ
平面宇宙ではほとんど役に立たないから忘れ去られた類の

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 00:36:39.73
そもそも統合体軍はなんであのときに限って多弾頭機雷なんて持ってたんだろうか
それとも統合体の機雷は基本的に状況によって分裂させたりさせなかったりできる方式なのか

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 00:50:02.46
この物語は連合側視点では一切描写がないから
敵の意図はさっぱりわからないしな
デーヴに質問するしかない

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 01:43:25.03
>>711
多弾頭機雷は平面宇宙では役立たずだが通常空間では効果的だから、
統合体参謀本部が通常空間での戦闘を想定していたんだろう。

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 01:54:08.13
ラマージュ陛下が三号目標落とせてたら帝都は陥落しなかったのかな

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 01:59:42.58
いや時間をさらに稼げたくらいだろう。
敵の出血が少し増えて、仮帝都への撤退部隊の損害も少し減るくらいだ。
星界軍は艦隊司令部が壊滅したら序列に従って指揮権を継承する。それと似た仕組みが統合体軍にもあるだろうから。

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 02:52:00.98
>>713
補足で。
多弾頭機雷というより休眠型機雷だな。
平面宇宙で役立たずで、通常空間で効果的なのは。

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 03:50:03.86
オーニュ

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 03:55:57.32
多弾頭自体は別に役立たずでもないと思うけど…
巡察艦をも潰す威力は突撃艦や護衛艦には過剰だし、護衛艦に負担を強いれる。

防衛艦は良いよね、量産性最優先でどうせ平面空間の移動は輸送艦にでも任せればいいし。
星界軍のボトルネックはやっぱり人員か。教育に翔士で3年、従士でも1〜2年
しかも全員志願制だから、戦争が始まってるとチョット減るだろうし

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 04:33:23.50
>>715
軍隊だから指揮権の順序は決まっている。なけりゃ軍隊として機能しないだろう。
ただ、人民主権連合や拡大アルコント軍の司令官に指揮権がいくことはなさそうだが。

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 04:39:33.43
地上世界での艦艇生産は否定されてるんですっけ。

時空泡発生機関なしなら行けそうだけど、反帝国気味の帝国内に技術者大量派遣
→防衛艦を量産して門に篭る形で防衛
とかされると、かなり嫌らしく航路を寸断されるよね。

捕虜収容所や元敵国の技術者は監視されてるかなぁ

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 04:51:16.28
防衛艦てなによ?

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:02:47.84
>>721
時空泡発生機関を積んでいない通常宇宙での戦闘に特化した艦のことを星界軍では防衛艦と呼んでいる。

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:02:57.07
ハニアは別にして、他の3カ国は徴兵制なのかね。
少なくとも艦隊勤務するにはスキルが必要だからせっかく教育してつかいものになったところで徴兵年限終わりで退役じゃ効率が悪い。
まあ3カ国連合軍は帝国とは違って地上世界も制圧しないと気がすまないから地上軍に大兵力がいるから徴兵でないと充足できないかもしれない。

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:06:43.39
>>720
確か領主が許可をすれば星間航行が出来ない艦船を領民政府が保有出来たはず。
敵対的な領民ばかりでは艦船を所持することは許されないだろう。

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:21:56.07
>>724
明記はなくても、純然たる商船はともかく武装をもつ宇宙船はだめじゃないの。

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:28:27.75
>>725
紋章一巻でドゥサーニュが艦船の武装は決して認められないだろうって言ってたね。

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:32:27.08
>>718
そこは連合も同じなんじゃないか。
士官学校だけじゃなく、ROTCのような制度もあるかもしれないが教育に掛かる時間は帝国とそう変わるまい。

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:41:23.07
艦艇とか、資源と技術、工作機械があれば勝手に作っちゃえるんじゃないかなって。
作品違うけどガンダムではジャブローだったかで艦作りまくってたし

これから敵対するのに領主に許可取る政府はおらんだろ。

>>723
星系市民が統合体市民になったら軍役が義務だったりしてな。
そのために思想教育してるっぽいし
でも市民が自由に星間航行できて、船も所有できると海賊とか現れるんじゃないかな

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:42:01.61
>>723
ハニアも含めた連合の総人口は1兆1000億人だから志願制で十分足りると思う。
人手がいる地上軍でも。

統合体なんかは軍に志願するようプロパガンダをしたり、軍人に様々な優遇措置を与えているとは思うけど。

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:48:09.92
>>728
帝国は空間戦力の独占に極めて神経質だそうだから艦船なんか造ったら星界軍が飛んでくるんじゃないの。

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:50:23.46
>>728
時空泡発生機関や艦体・兵器製造のスキルやノウハウがいる。
すくなくともこれらの技術はそうそうどこにでもあるもんじゃなかろう。
また堂々と宇宙空間じゃ作れないから重力井戸の地上にこっそり隠して作らないとダメだろう。

商船として建造して兵器を乗せるという考え方もあるが、商船と軍艦は設計が違うから商船を特設砲艦にしても脆弱で海賊くらいしかできそうにない。

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:59:37.38
海賊っつーと私掠船はあるんかな(連合側にね)。
光速の限界を超える方法が門を通ることじゃ私掠船では通商に打撃を与えられないかな。
門を出た所で星界軍に撃沈されるのが落ちか。

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 05:59:37.63
>>728
技術的に可能でも、作ってたらバレるだろ
もし地下で作っても1000m級の建造物なんだから、衛星軌道上からでもバレるだろうし
もしバレなかったとしても、宇宙空間での稼動試験もしてない艦艇で、いきなり戦闘や星間航行は無理だ

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 07:09:59.33
>>728
それこそ町工場で軍艦作るようなもんで99.99%の確率で無理だろう。
あとの0.01%はご都合主義、技術的無知...
爆弾積んで敵艦に体当たりする特攻ボートくらいは作れても、体当たりする前に爆散させられちまうだろうし。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 07:17:43.55
>>732
私掠船だと敵国の商船しか襲えないから、私掠行為するにも帝国領のなかでしかできない。
戦争中に帝国船以外がうろついていたらすぐに撃沈されるか拿捕されそうだし、前線周辺なら当然護衛の感染がついているだろうから私掠行為なんてできそうもないが。

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 07:32:38.09
>>720
門から平面宇宙に出ないんじゃ目障りにはなるけど通商妨害にはならんだろう。
どうしてもそこで反物質やその他物資を補給しないと次に行けない様な絶妙な場所にあれば別だけど。

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 08:21:21.07
襲撃艦を多く揃えた襲撃分艦隊はないものか。
費用対効果に優れた分艦隊になると思うのだが。
まだ襲撃艦の数が揃わないのか。

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 08:25:23.07
>>737
ほかのことで忙しく編制局もそこまで頭が回らないのかも...

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 11:13:45.86
襲撃分艦隊も旗艦は巡察艦になるんだろうか

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 11:29:30.82
戦列艦や突撃艦ほど脆弱じゃないし、分艦隊なら参謀もそう多くないだろうから襲撃艦でもいけそうだけどなあ。

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 11:52:01.55
襲撃艦は乗員が少ないから無理じゃね?
最大可能乗員数も少なそうだ。
司令部の人間にも翔士個室が必要だし。

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 12:43:09.06
分艦隊司令部のスタッフ何人くらいだろう。
先任参謀がトップのようだからそんなにはいなさそうだが。(参謀4〜5人+分艦隊副官くらいか)

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 12:47:21.42
平面宇宙航法の存在は宇宙の距離を縮めたことで人類同士の争いの助長に繋がるってんで
最初はアーヴたちは独占するつもりだったわけだしな

一方、逆の発想で平面宇宙航法をむしろいろんな星系へ与えまくったスーメイ人のせいでそれも叶わなかったが

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 12:50:00.62
乗員的に言えば、突撃艦に毛が生えた程度だもんな
艦の大きさ自体は突撃艦より巡察艦に近いのに

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 12:57:02.85
人民主権連合体では通常宇宙専用の襲撃艦が既に運用されてるけど
帝国では初めての艦種だし、まだ1年かそこらじゃ運用データ少なすぎて
大規模な量産には踏み切れてないのかもしれんね
せいぜい基本は独立戦隊として各分艦隊に少数編入配備する程度で

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 13:28:48.05
>>742
そんなに少ないのか?

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 13:53:20.54
参謀それぞれにスタッフと、伝令大量だからちょっと厳しいかと。
連絡艇も多めに積まないと旗艦業務は難しいしね

小型の輸送艦でも巡察艦クラスなので、単艦時空泡での速度はどうしても偵察分艦隊と一緒になると思うし
コーヴ級の次の襲撃艦はもう設計に入ってるのかなぁ

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 14:15:45.61
襲撃艦は巡察艦に比べて100人以上乗員減らせたけど、
艦橋要員はどうなってんだろう?
とりあえず突撃艦時代と比較すると、砲術士と伝令増えたけど
艦長が担当してた操舵を分けただけだから、実質的には一人増って感じだけど


巡察艦の艦橋要員がよくわからん

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 14:18:55.11
>>748
巡察艦ゴースロスは艦橋要員は艦長を含め15人だね。

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 14:23:42.63
15人?!
てことは副官、砲術、伝令、通信、航法あたりは先任と一般がわかれてるのか。
ジントに紹介を受けてたのは上級翔士だけだったんだな

飛翔科の翔士が多めに居ないと長期の単独作戦は当直的に厳しいからある意味当然か

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 14:25:02.92
>>711
所詮は一発芸だと思う。
最初こそ敵に大打撃を与えられるが、タネが分かってしまえば対処は容易。
てゆーか、実際に対処されてしまっていた。

あの時の人類統合体はアプティック門に入れなければ一巻の終わりな状態。
「多弾頭機雷をいつ使うか?今でしょ!」な心境だったのだろう。

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 14:36:34.92
>>750
巡察艦は大きいし、新人翔士に経験を積ませる意味合いもあるのかもしれない。
副長は大抵他と兼任で、伝令は高級雑用係だから二人もいないだろう。
あとは監督と書記に補佐役の監督補と書記補が付くのかもしれない。

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 14:40:29.33
>>750
巡察艦は大きいし、新人翔士に経験を積ませる意味合いもあるのかもしれない。
副長は大抵他と兼任で、伝令は高級雑用係だから二人もいないだろう。
あとは監督と書記に補佐役の監督補と書記補が付くのかもしれない。

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 14:42:05.17
うあ
二回やってしまったorz

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 14:43:55.69
>>702
ちょっと遅いけど、機雷のが早いよ
短射程無人の兵器と、門ー門の移動可能で2人+貨物の連絡艇じゃ重さが違いすぎる。

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 15:37:02.10
>>751
決戦して2〜3年回復して決戦して、のリズムだから、本来は一発芸でも十分なんですよね。
門に篭った相手と戦うのは大変なので少しでも撃破率の高い兵器をーって感じかと

でも幻炎から狩人までたった1年…いや1年長すぎる気もするけど、すぐ相手の攻勢が始まっちゃって…

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 15:41:10.79
>>756
狩人作戦は残務処理、掃討戦だからね。
幻炎作戦の続きのようなもの。

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 15:43:59.13
そう思ったんだけど、何故か間に1年あることになってるんですよね。
ケネーシュさんとビボーズ提督の恋について疑問を得たのが幻炎中
ビボース提督と発覚したのが狩人直前なのに1年来の疑問と…

1年もあちこちの星系で領主代行してたんだろうか、ラフィール殿下。
読み違いかなぁ

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 15:45:07.19
ラフィール「提督」の司令部要員は誰になるか気になる。
エクリュアはいて欲しいが、新キャラも欲しい。
アルボフやヤテーシュまで全員連れていくのはね。

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 16:04:37.96
>>758
幻炎作戦と狩人作戦はどちらも帝国暦955年の作戦だから1年は経っていないんじゃないかな。
ドゥサーニュは半年を過ぎた程度で1年と言ったのかもしれない。

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 16:17:31.48
>>759
司令部付の補佐役ならともかく、参謀は教育を受けた有資格者でないと無理だろう。
艦隊指揮の皆無の提督には有能な参謀つけないと。

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 16:25:00.90
>>755
そう考えると、小型機雷迎撃艇は微妙な存在になりそうですね

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 16:28:15.50
あ、やっぱり1年は経ってませんか。殿下がそんなに我慢強いハズもなし…
補給なんかを考えても制圧開始するだけなら1ヶ月がいいところだと思うけどね。

襲撃艦や巡察艦の生産効率とか知りたいな、間違えてない数値で…
てか襲撃艦ってベートゥール建艦廠で作ってるのか。
てっきりスュール建艦廠で護衛艦か突撃艦のラインを変えたのだと思ったのに、
ベートゥール建艦廠って巡察艦のラインじゃないっけ

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 16:33:25.97
1〜2個迎撃して帰ってこれるなら使えると思うんだけどなぁ小型機雷迎撃挺
アーヴなら重力制御装置いらんし、燃料も機雷と同等程度でいい

なにより停泊地での士族たちが訓練名目で楽しむために!(本音
小型艦艦長か、大型艦砲手しか操艦できないって絶対ストレスになってるし。

まぁ星界軍ボトルネックが翔士と従士だとそんな人資源的贅沢はできないっけどね。

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 17:04:14.25
一、二個しか迎撃できないなら、防御機雷戦にも、攻撃にも使える普通の機雷を載せるべきかと。

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 17:18:56.13
一、二個しか迎撃出来ないんじゃ効率が悪すぎると思うけど。

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 17:28:46.43
迎撃した上で帰ってきて再出撃できるなら、防御機雷複数分の効果だけどね。
その分攻撃に使う機雷は増えるし

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 17:29:36.27
前衛後衛列翼のダイヤモンド編隊ってどうして廃れたんだっけ

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 17:29:56.98
と、反論してみて思ったんだが、改めて護衛艦って、運用しにくい艦種だな。
護衛艦だけの時空泡が先行して迎撃しようとすると、機雷の大部分は護衛艦を無視してすり抜けるだろうし、
護衛対象と同一の時空泡を構成すると、時空分離の手間がかかって、戦術上の隙が大きくなる。

ところで非人道的なことを考えたんだが、いっそのこと機雷を有人化するとか
単座の攻撃艇を作って、攻撃対象に時空融合し、爆雷をぶっぱなしたら、時空分離し、味方の時空泡に収まる。
メリットは時空泡発生機関を節約できること、デメリットは、人的損害の可能性が高く、しかも、機雷より射程が短いこと。

……ないなw

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 17:37:30.69
>>767
戦争は浪費で当たり前と筆髭のおじさんが言ってた

一会戦中に再度出撃の機会はまずないだろう。
時空泡発生機関の節約はいいが、肝心の会戦で、様々な状況に対応できる柔軟性を失うのは、問題だと言える。

スポールなどは、全弾防御に使う場合も、全弾攻撃に回す場合もあるわけだし。

何よりも、有人化したり、武装を施すと、同質量の場合、その分だけ反物質の搭載量が少なくなって、射程が短くなる
今巻で言うと、不死鳥第七艦隊は、機雷の射程があったから、不死鳥第五艦隊を救えたかもしれない。
もし、有人の迎撃艇を載せていて、その射程が足りなければ、割り引いた数で防御機雷戦をしなければならず、押し負けたかもしれないということだ。

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 17:39:16.43
>>769
撃った後の戦列艦が暇すぎるから、護衛挺母艦としてーと思ったんだけどね。

放たれた機雷は遠隔制御できず、狙う相手と避ける相手を質量で識別してる模様
なので護衛艦が前にでれば集中されるはず。
まぁ集中されると沈むけど…ある意味被害担当艦なんだよね。
護衛隊で教導だけ有人、他は無人とかにできないっかな。

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 17:50:47.48
>>769
機雷の有人化 それこそ特攻兵器、でもそうなったら末期症状で軍士を無駄死にさせるだけの狂気。

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:03:06.40
>>771
遠隔制御はできなくても、射出時に設定された目標を攻撃し、その攻撃目標がなくなれば次の目標を攻撃するんじゃなかったっけ。
なお、敵味方識別装置があり味方の艦船は攻撃しないようだが。

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:04:38.94
>>761
軍大学には前衛翔士が入学するみたいだから、副百翔長まで出世してしまったエクリュアは入学出来ないかな?

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:08:05.68
自分で言っておいてなんだが、有人攻撃艇は全くありえない兵器だな。倫理とか将来の人材云々置いておいても、軍事的に見て全く有用性に欠けている


機雷は確かに質量で判定しているので、護衛艦が集まれば護衛対象と見分けがつかない可能性はあるけど、
護衛艦が前に出る運用を繰り返していれば、機雷が護衛艦の時空泡を避けられるような設定・戦術が取られるだろう。
(まあそこでいろいろ駆け引きの余地はあると思うので、護衛艦が無意味というわけではないと思う)
護衛艦が無人化できれば、確かに有用だけど……その場合、なんか色々無人化できる気がするw

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:11:38.93
きっと軍大学は通信制で、前線の兵士でも受講出来るようになるんだよ
戦時下だし

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:20:13.24
>>763
襲撃艦は重突撃艦というより軽巡察艦なのかもね。
襲撃艦を造るのに、巡察艦の製造ラインを利用した方が効率が良いのかも。

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:22:43.71
今回の遷都で、思い切ってラインを切り替えるかもね

というか、巡察艦のラインだったのか。そりゃ、数が少ないわけだ。
まあ、まだ半ば試験段階なんだろうけど……

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:25:52.81
>>775
初期雷撃は護衛艦の撃滅が目的らしいから、機雷が護衛艦を狙うことは間違いではない。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:28:48.91
>>768
大艦巨砲主義の方が有用だから。
戦闘機のような高機動ユニットは役に立たないと判断された。

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:29:00.17
ハード的にはほぼ巡察艦だけど運用は突撃艦みたいなイメージ

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:34:05.43
>>779
なるほど。勘違いしてました。
少なくとも、初期雷撃は吸収できる以上、護衛艦には価値があるんですね

となると、問題は、巡察艦による蹂躙戦と機雷戦が組み合わさった時の運用の難しさか。
これが襲撃艦なら、蹂躙戦も阻止できるんだろうけど、製造ラインからして、現状での生産性に疑いがあるとなぁ

乗員はかなり少ないけど、思ったより、襲撃艦は大きいんだろうか

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:50:54.85
思ったより、っていうのがどのくらい思ってたのか知らんけど
巡察艦と襲撃艦は同じ大きさと思っていい
どっちも大きさは馬鹿でかい電磁投射砲で決まってるようなものだから

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 18:57:20.80
ああすみません。
アニメ版だったと思うけど、襲撃艦は前方のみ2門、巡察艦は合計6門というイメージがあったものだから、全長・質量共に半分ぐらいかなと思ってた。

襲撃艦が現状、巡察艦とラインを食い合う格好なのは、艦のサイズか、電磁投射砲のせいか、それとも利用すべき時空泡発生機関が同一なせいか。

たぶん、全部なんだろうなぁ

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 19:53:29.58
サムソンさんも成り行きで現役復帰して、軍匠提督あたりまで出世するのかね?
ラフィールが皇帝になる直前ぐらいでサムソンさんが技術参謀に・・・

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 19:54:22.66
>>783
襲撃艦は機雷を積んでいないから、巡察艦よりは小さいんじゃないか?
機雷は時空泡発生機関を積んでいるからそれなりにデカイらしいし。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 20:01:37.94
>>786
そう思ってたんだけど時空泡の質量限界の描写から巡察艦と襲撃艦は重さも大差ないことになってる

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 20:11:59.77
襲撃艦はその分、スピュートをたくさん積んでるんじゃないかな
あくまで敵艦をぶん殴るのが主目的で

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 20:17:07.86
>>785
サムソンは従士からの叩き上げで昇進速度が遅いから無理じゃないか。

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 20:31:24.27
>>787
きっと誤植(ぉ

これからも巡察艦と同じベートゥール建艦廠で襲撃艦を生産し続けるとしたら、その意義は謎という他ないと思う。
確かに人的資源は節約できるけど、巡察艦の方は、自前の機雷で突破口を開いてから蹂躙するという運用ができる。
戦例から見れば、星界軍は巡察艦の数を減らす状況にないと思われる。

スュール建艦廠で生産できないので、襲撃艦の量産計画は中止というなら、わからなくもないんだけど。

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 20:49:04.33
襲撃艦は12隻1個戦隊だから質量はほぼ半分で間違いない思うな。
編成を書き換えるのは全星界軍の移動システムを変えないといけなく成る
(戦隊ごと、分艦隊ごとで移動速度がぜんぜん違うことになると行軍が恐ろしくめんどくさい)

>>784
全長は7割か8割くらいだと思うよ
巡察艦をそのままサイズダウンした場合はね。
質量が4分の1(突撃艦)なら全長は半分くらいと思えばだいたいの目安になるはず。

にしても巡察艦のラインを食うのは変だよね…
編成的には護衛艦のラインを食うべきなのに。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 20:53:31.71
>>782
護衛艦ってまだ活用されてたっけ。
初期雷撃を吸収すると言うが機雷は機雷でつぶせるんだし、なにも非力で脆弱な護衛艦に機雷防御させる必要あるのかと。
機雷で機雷をつぶす分には艦艇や軍士に被害はでないが、護衛艦では機雷を完全に防げるわけじゃないから、被害も出る。
どうしても機雷でつぶせきれなかった巡察艦や襲撃艦でつぶせばいいし、まだ護衛艦建造しているんなら他の艦種に生産を
ふりかえるほうがいいんじゃないのかな。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:01:04.37
>>791
いや、間違いだから

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:03:31.28
>>792
アプティック防衛戦のように敵の機雷が味方の機雷を大幅に上回る場合は雷撃防御専門の護衛艦が役に立つのではないかな。
巡察艦や襲撃艦も機雷防御に使えるが、費用対効果の面では護衛艦の方が良いのかもしれない。
想像だけどね。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:05:07.65
そういや、スキールに送られたのは、どの建艦廠だったんだろう

認識する限り、
突撃艦→レスポー(ロイル級)、スュール(ガムフ級)
巡察艦→ベートゥール
戦列艦→ヴォービノート
護衛艦→スュール

ゴクローシュ→謎

であってるかな?紋章の三巻だったと思うけど

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:07:35.85
>>787
機雷を積んでおらず、人員も大幅に少ないのに何で重さが同じなんだろうね。
何を積んでるんだろう?

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:10:22.41
護衛艦の損害は突撃艦によるものがほとんどじゃないんかな
対機雷用である護衛艦が機雷に対して脆弱だったら、何のためにあるのかわからん

機雷は巡察艦や戦列艦を落とすためのものだから
機雷で機雷を潰すのは無駄ではないかと

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:12:09.21
>>794
巡察艦、襲撃艦と同等程度の機雷迎撃力があるならかなり艦隊としての防御力上がるし。
ただ襲撃艦は巡察艦よりは数が揃うんで、がっつり揃えば護衛艦は要らなくなるとも思う。

時空泡発生機関の生産列だけを送ったのかもしれないっけどね。
機雷のガワは作れるみたいだし、防御に徹するためなら艦製造列は要らんかも。護衛艦は要るかな

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:14:51.08
>>798
時空泡発生機関がどんなものなのかは、実はよくわかってないんだよね
艦のサイズごとに大きさが違うのか、それとも、同じものを、艦のサイズに応じて複数搭載するのか。

個人的には後者を押したい。さもないと、スキールの側は、補充が難しくなるし。

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:16:53.19
>>799
艦ごとに違うぽいよ。
時々小型時空泡発生機関って単語が出てくるから
小型があるってことは標準型、大型があるということかと

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:20:22.57
>>800
げげ。というか見落としてた(汗

建艦廠(の時空泡発生機関生産ライン)は複数種類の時空泡発生機関を生産できるんだろうか

……分散配置すると生産効率が落ちるのは、複数種類の時空泡発生機関の製造そのものはできるけど、
建艦廠ごとに単一の時空泡発生機関を生産した方が生産効率に優れるからなのかな?

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:23:05.56
>>794
機雷からの防御だけ考えるなら護衛艦のほうがコストパフォーマンスはいいのかもしれないが、資源の有効活用ということを考えるとどうなのかと思うのだが。

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:28:15.11
>>801
戦争中なんだから効率よりリスクを考えて分散させた方がよいかと。
移動できるとはいえ帝都にしか建艦廠がないのは、移動がうまく行かなかったことを考えると汗;
それこそ帝国の大ピンチだったから、鎮守府ごとに分散しておくべきだったろう。

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:29:01.49
人的資源ってことなら圧倒的に機雷か。掌雷従士を失うときはごっそりだけど
使用資源ってことだと護衛艦かなー、確率で沈むとはいえ沈まない場合も多いわけだし

資源を集めて、部品に加工し、組み合わせて艦に仕上げる
という流れを1本化するほうが在庫の融通共有なんかで生産効率は跳ね上がるからそのことかと

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:33:44.46
>>800
機雷用、連絡艇用、小型艦用、大型艦用 みんな同じ時空泡発生機関つかうってのも不合理だから何種類かあっても不思議じゃない。

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:39:56.05
>>804
護衛艦は防御のみ、もっと大きくても巡察艦や襲撃艦は攻撃が主任務だが、防御もできないわけじゃない。
それなら巡察艦や襲撃艦に力を入れた方がいいのではないか。

もちろん効率は集中させる方がいいに決まっているが、あまり集中するとそこでなにかおきたらそれこそすべてが止まってしまうんでリスキーなんだが。

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:40:28.39
>>797
敵の撃滅にのみ機雷を使う場合と対抗雷撃をする場合がある。
その戦場の最高指揮官次第だけどね。

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 21:56:45.76
>>797
初期雷撃の目標は護衛艦だったりするんだけどね。by紋章

護衛艦が6隻で護衛隊組んでたって絶対じゃないし、それが10〜100発単位でびくともしません。
とかだと、今度は戦列艦の存在意義が怪しくなる。護衛艦を数隻時空泡に包んでおけば機雷なんて怖くもないw

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:03:26.19
>>806
>護衛艦は防御のみ、
>もっと大きくても巡察艦や襲撃艦は攻撃が主任務だが、防御もできないわけじゃない。

コストの差によるだろう
巡察艦や襲撃艦が、護衛艦+α程度のコストで建造・運用できるならそれもアリだが

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:06:23.25
護衛艦なんて無人でいい気がするんだ
戦列艦に無人護衛艦積んでパーっとばらまくの

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:08:58.60
初期目標になってるのは射程の問題で護衛艦にしか届かないからじゃなかった?

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:15:13.21
>>808
>それが10〜100発単位でびくともしません。

そりゃキャパはあるだろう

>護衛艦を数隻時空泡に包んでおけば機雷なんて怖くもないw

突撃艦のカモだな

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:21:39.78
襲撃艦の質量に関しては戦旗三巻発刊当初から論議の的なんだよね

巡察艦には10〜12機積まれててかなりかさばるはずの機雷をオミットし、
電磁投射砲も2門にまで減らして巡察艦とあまり変わらない質量ってのはないと思うんだけど
はっきり6隻で限界質量って書かれちゃってるんだよね

まぁデーヴのミスって言ってしまえばそれまでなんだけど、
前のスレでも対巡察艦戦を想定した特殊な条件の演習だったとか
長距離翔破用に外付けの反物質燃料槽を付けてたとかいろいろ言われてたな

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:25:30.94
>>811
初期雷撃の目的は護衛艦の壊滅に有る…らしい。
まぁ明らかに数で負けてる方が護衛艦を壊滅するために機雷を使うのって本末転倒な気がするけどね

>>812
落ち着いておくれ。キャパがそこまで大きくなさそうって話ですよ。
その場合護衛艦を名前の通り、他艦の護衛に数隻包んでおけば、ってことね

しかもそれはありえないって否定してるのになぜそのツッコミが…

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:27:26.52
スファグノーフ門沖では、
突撃分艦隊
 ・三個突撃戦隊
 ・一個護衛戦隊
 ・一個打撃戦隊
 ・一個補給戦隊
 ・本部(巡察艦3と連絡艦)
とあり、機雷戦はまず互いの護衛戦隊と敵機雷群への対抗雷撃を狙いとしていた。
もし、襲撃艦をこの編成に組み込むとしたら、襲撃艦が護衛艦と同等の防御力を発揮するとして
 ・二個突撃戦隊
 ・二個蹂躙戦隊
 ・一個打撃戦隊
 ・一個補給戦隊
 ・本部
といったところになるのだろうか?

それはともかくとしても、届かないから護衛艦を狙うというのは、その表現は見つからなかったし、何より解せない。
今巻では近衛は待ち、相手が射程に入ってからぶっぱなした。で、護衛艦の迎撃スクリーンを超えて、敵司令部まで到達している。

小説の文面にあるような、護衛艦を一隻残らず殲滅するためというより、護衛艦群のスクリーンに穴を空けて、
続く機雷を潜り込ませるのが、初期雷撃の目的じゃないかなと。

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:32:48.62
襲撃艦混じりの突撃分艦隊についてはもう言及有るよ。突撃分艦隊<ボスル>で
突撃戦隊4つと蹂躙戦隊1つ、以降は推察だけど打撃、補給、本部は変わらんのではないかな

戦隊数がやや多い気もしなくはないが

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:36:13.86
>>816
蹂躙戦隊と護衛戦隊の隻数は変わらないのかね?
そうじゃないと、襲撃艦は護衛艦に倍する迎撃能力があることになるし、
もし同等程度の迎撃能力で、戦隊あたりで襲撃艦の数が護衛艦の半分とかしかなければ、
分艦隊あたりの機雷迎撃能力は低下している計算になる。

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:41:22.68
確認した。確かに、突撃戦隊4個、蹂躙戦隊1個とあるね
護衛戦隊は損耗が激しくて「あまりあてにならず」配置されていないとある。
ただし、偵察戦隊の言及がある。
突撃分艦隊には、戦訓を取り入れた戦時編成ということで、
突撃戦隊1〜2個が増備された上で(ボスルの蹂躙戦隊は増備というより、突撃戦隊か護衛戦隊の代わりじゃないかな)、
新たに偵察戦隊が配備されているのかもしれないね

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:46:50.40
機雷迎撃能力は半分にダウン、突撃攻撃力は大幅Upって所でしょうか。

少なくとも襲撃艦は襲撃隊を作らないし数は減ってるだろうなぁ
ていうか襲撃艦の電磁投射砲って後ろは分からんけど、前は4砲門っぽいぞ…アニメじゃ前2,後ろ1ついただけの突撃艦だったのに
戦記4巻で1門破損しても3門で斉射してる。 ほんとに機雷を抜いた巡察艦なんだなぁ

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:49:49.30
>>814
護衛艦の対機雷処理能力を過小に評価してない? って話ですよ
機雷が突撃艦や巡察艦でじゅうぶん処理できるなら
護衛艦が淘汰されて無いのは何故かって話になる

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:51:46.25
>>819
784だが確認した。お恥ずかしい限り。
実際、「双方の艦尾電磁投射砲が吼えた」とあるから、文字通り、巡察艦と同等の電磁投射砲装備なんだろうな

……星界軍って、ホント、機雷が嫌いなんかな?
スポール提督やラマージュ以下の近衛は実にうまく巡察艦の機雷を使いこなすのに。
彼女たちは軍内で少数派なんだろうか?

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:51:56.72
おぅ、ホントだ。偵察戦隊の言及があるね。

でも偵察戦隊を〜って言ってるのは分艦隊司令部じゃなくて艦隊司令部っぽい

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 22:54:38.26
>>822
だとすると、偵察戦隊は、艦隊に所属する偵察分艦隊から、各突撃分艦隊に分派されたのかな

ボスルの例から考えると、蹂躙戦隊は消耗した護衛戦隊の置き換えをまず意識していくことになるんだろうか?

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:00:13.63
嫌いというかそこまで信頼してないような印象を受けますね。

4巻だっけ?突撃分艦隊と打撃分艦隊が戦った場合
撃ち減らされつつも突撃分艦隊が打撃分艦隊を蹂躙するって一節があったような。

>>823
第24双棘艦隊の編成が分からないのですが、独立戦隊とかも有るっぽいしその可能性が大きいかも戦闘がボスル単独ってことは無いだろうし
新編成についてはすり減った護衛戦隊の代わりに襲撃分艦隊入れていくのは編成しやすそうですね

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:04:31.20
>>820
反証なんですよね、護衛艦の機雷処理能力がそこまで高いと、
打撃分艦隊なんぞ作らず旧編成突撃分艦隊を増やしたほうがいいことになってしまう。

護衛艦が淘汰されてないのは、突撃艦と巡察艦同じく、圧倒的多数の機雷を投入できる敵が
久しぶりだからという可能性もあるんじゃないかな。
実際襲撃艦に取って代わられ始めてるわけですし

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:07:50.43
>>824
そこで問題になるのは、機雷迎撃能力の低下だと思う。
第四巻の冒頭では、護衛戦隊と蹂躙戦隊の戦隊あたり機雷迎撃能力が同等ではないことが示唆されている。
というのは、ケマル門沖における艦隊司令部の作戦は、護衛艦の代わりに襲撃艦と巡察艦が盾になるというものだったから。
つまり、蹂躙戦隊だけでは、護衛戦隊の代わりを務めるには、十分ではないんじゃないかと思う。

まあ、困難な局面が予想されるなら、独立戦隊と化した護衛戦隊が別途派遣される形態になるのかもしれないけどね

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:12:21.87
おおう、やるな…解決してるじゃないか。

艦隊司令部に独立戦隊として護衛戦隊は多数握られて、艦隊決戦時に配置されることになるのか。
大規模な艦隊決戦=相手の機雷が多い、だろうし。
これまで分艦隊ごと(っても突撃分艦隊だけ?)に配備されてた防衛戦隊を総括管理するほうが良いって判断かもね

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:22:50.50
機雷は、もちろん敵を撃滅できるようなものじゃないと思うけど、敵の機雷に対抗するためには必要だし、
何よりも巡察艦の集中運用による突破力の肝だと思う。
半ば賭けの要素もあるけど、巡察艦が機雷をぶっ放すことで、相手の第一陣は混乱し、その奥の第二陣と取っ組み合いができる。
今巻で、もし近衛が襲撃艦で編成されていたとしたら、時空泡内では巡察艦よりもむしろ強いかもしれないけど、連合軍の突撃艦に捕まってしまっただろう。
戦旗第一巻では、少し異なるけど、敵巡察艦部隊を突破した後、スポールは機雷を全弾発射した。で、敵は混乱したとある。

襲撃艦はいい艦だし、人的資源の節約はすごいけど、巡察艦もまた決着のためには重要だから、生産ラインを食い合うとしたら痛いとしか言いようがない

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:24:56.47
>>824
襲撃艦は、機雷うんぬんじゃなく
突撃艦が巡察艦に対して脆弱すぎるってのが出発点じゃなかったっけ

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:28:24.93
巡察艦の機雷の攻撃のためにある。とはスポールの言。
巡察艦なら鈍重で貧弱な火力しか持たない戦列艦と違って敵と接近戦が出来るからな。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:33:15.87
巡察艦だけで星界軍を編成すべきだって論者が居るらしいし
生産ラインの食い合いはしてないと願いたいね。あの突破力は素晴らしい
電磁投射砲生産ラインがそこにしかなかったから、それを増強して
襲撃艦ラインを追加したんじゃないかな?

ラインは新しい物でもなければ増やすほうが新設するより安くつくし

>>829
そのはずなんですけど、なぜか護衛戦隊の代わりに入ってるという…
襲撃艦が安くてハンパに万能だから行けないんだ

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:39:20.53
>>831
とはいえ、巡察艦に対して強くなるためには、電磁投射砲はもちろん、相手の機雷に耐えうる能力がないといけない。
結果として、巡察艦並みかそれ以上の機雷迎撃能力が与えられたんでしょう。

アニメ版の襲撃艦もどきに騙されていたせいで、ヒドイ目にあったw
原作を忠実に読めば、襲撃艦の限界質量は矛盾してないんだな。機雷の分を迎撃能力に使ったと読めなくもないし。
というか、作者の戦闘に関する合理性と戦史のエキスの抽出には恐れ入るばかり。

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:41:35.88
突撃艦が巡察艦に対して脆弱すぎるというのは機雷防御能力も含むものだから
襲撃艦の対機雷性能は考察の対象としてわりと重要かと
作中の描写の限りでは巡察艦の半個戦隊時空泡には突撃艦ではほぼ戦力にならないからね

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:51:45.71
>>832
機雷10〜12発とその発射装置、人員がそんなに軽いか?という疑問は無くないけどね。
機雷とはいえ小型の船だからねぇ
威力と重さが中途半端な反陽子砲を下ろしてるし、迎撃能力は同等だと思ってる。

戦列艦…護衛艦程度の迎撃力と100発の機雷、発射装置と人員、それを内包するガワの合計が
巡察艦3隻分に等しい…1発の機雷とその装置の重さは巡察艦100としたら2〜3くらいあるって

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/30(木) 23:55:10.35
>>833
その点襲撃艦ってすげえよな。機雷で多少減らされる可能性があっても
1個蹂躙戦隊(12隻)いれば1偵察戦隊(6隻)をほぼ確実に殺れるもん。
上手くやれば2個でも行ける。っていうか2個弱(10隻)潰してた

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:10:11.08
>>834
確か巡察艦100に対して、襲撃艦86以上だと、同じ隻数しか入らない計算だったね。
機雷関連を除いた巡察艦の質量と襲撃艦の質量が同等だとすれば(この場合、襲撃艦はより優れた迎撃能力を備える)、一発辺り1.4だ。
これを戦列艦に直すと、最大300のうち140が機雷関連で、残りはいろいろ。

個人的には、そんなにおかしくないと思うんだが(巡察艦のガワや構造が50だとすれば、三倍の質量を備える戦列艦は100から150の間だと考えられる。前者は表面積比、後者は体積比)。

ちなみに、巡察艦が100だとして、戦列艦は三倍とあるわけだけど、巡察艦六隻が限界質量ギリギリな場合、300を上回ることはまずないと考えられる。
戦列艦並みの輸送艦と合流して補給を受ける上で、支障が出てしまうからね。

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:14:22.83
>>834,836
そんな考察(考査)してる人がいるね
http://shoubin.web.fc2.com/Seikai.html

          フラサス     ホクサス搭載量  巡察艦を100とした時の推定質量
      限界隻数 記述最大 
戦列艦                    ?         300
巡察艦            3      10〜12       100
襲撃艦     6      6        0         (66)〜70
護衛艦            6        0          ?
突撃艦           10        0         20〜25
短艇                                3〜5
往還艇              ?
ホクサス                              3〜(3.3)

上記の結果から
巡察艦を100とした時の推定フラサスの限界量
(430)〜450 【450が濃厚】

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:22:10.07
>>837
この記述が正しい場合、機雷一発辺りの質量は最大でも1.3〜1.5(発射装置を含むものではないけど。反物質は含まれると見て良い)。
なぜなら、輸送艦は、戦列艦一会戦分の機雷しか運べないとある。一会戦では、撃ち尽くす描写も見られる。
つまり、輸送艦は、100発程度の機雷を輸送し、それらが時空泡内でやり取りできなければならないことになる。
輸送艦自体の重さも考えると、反物質を含めて、機雷は一発あたり1を下回ると見るべきだ

ただし、限界質量が600付近だった場合には、この論旨は成り立たないだろう

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:32:27.48
一個蹂躙戦隊って襲撃艦12隻だっけ?
3巻ではそうだけど4巻では8隻に思えるんだけど。
消耗しただけかな。

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:38:58.09
>>839
八隻の根拠は、一個蹂躙戦隊が二個隊であるとして、「四隻ずつ時空泡をなし」という冒頭の記述かな?

そもそも、四隻単位の隊って何かおかしくない?限界質量が六隻とあるのに。三隻単位で戦うと思うんだけど……

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:41:07.54
1個分艦隊25ゼザボーとした場合の試算は
http://www1.axfc.net/uploader/so/2919392.zip
こんな感じで試算してみてたりします。ご興味が有れば見て欲しいかも。

でも1%を下回る機雷ってそんなに小さいかなーと、どうしても巡察艦は襲撃艦の倍にしちゃってるんですが

1個戦隊、という単位の意味が速度の一致だと思ってるのだけど
旧海軍なら1個戦隊はだいたい2隻のことなんだよね。
1個戦隊6隻の巡察艦とかあるので数ではない…し、ちょっとナゾなんですよね。

>>836
質量が3倍ならサイズは9倍じゃね?と思うんだけどガワ50→450

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:44:52.50
>>839
最低1隻が機雷で沈んだあと敵巡察艦10隻と1v1が展開できてるので
12隻のままなんじゃないかなーと思います。

…そうだよね、4隻単位の隊組んだら、相手の巡察艦が半個戦隊組んだら時空融合できないじゃん

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:47:29.02
>>841
それはないと思う。質量が三倍なら、体積は約三倍。装甲厚が厚ければ体積は減り、薄ければ増える。
でも、特に巡察艦にも戦列艦にも記述はないし、どちらも特別分厚い装甲を貼ることはないかと思う。
巡察艦の防御は磁場に負うところが強いしね
それ故に質量比イコール体積比として計算した。そうすると、艦の形状がそこまで極端に異ならなければ(例えば片方が立方体だったり球だったりすると、この推計は全く的外れになる)、長さの比は三乗根で1.44。表面積比はその二乗で2.08となる。

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:51:21.83
>>842
と、言いたいところなんですが、必死になって四巻を読み直すと、
「敵は六隻、すでに集合を終えた襲撃艦はフリーコヴで八隻」とp.106にある
フリーコヴが最後で、それまでの激戦で一隻も欠けていなかったなら、第一蹂躙戦隊は最初から八隻の可能性もある

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:54:41.79
>>844
そうそうそれそれ。
まあ消耗した可能性もあるんだけどね。

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:55:19.44
あ、そっか。勘違いしました。
ガワは2:3程度なのか。

>>844
P28,パーンコヴ、P34タークコヴは確実に沈んでるよ
最後に集合したのは8隻みたいだけど、機雷で1〜2,激戦で3〜4隻沈んでるんじゃないかな

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 00:58:25.09
>>845
ちなみに自分は消耗+集結しきれなかった派です。
>>846
ということは、どうも自分の推計で合っていることになりそうだ。

本当、読み込みが足りないなぁ……

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:05:25.81
>>841
なお、巡察艦全体の戦闘時質量が100だとして、構造が30なら、戦列艦は60〜90なので、機雷一発あたり2は妥当。また、戦列艦の機雷数が100よりも少なくて、60なら、やっぱり2は妥当。
ただ、この場合、巡察艦は機雷12発だから、機雷と構造を除いた46が微妙かな。武装や居住施設はそんなに重いのかという話だし、反物質も、戦闘質量の3〜4割近くも積めるのかという疑問が……

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:19:23.76
>>846
あの短期間じゃ補充も無理かな。

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:20:12.58
通常空間戦を主目的としてる巡察艦と戦列艦じゃ、構造はだいぶ違うと思うけどねぇ

武装は重いだろうし、居住空間(宇宙空間)、交換部品とその倉庫、各1隻の連絡艇とか…
ていうか構造30でも少ないだろうしカツカツですね
反物質燃料はそれ自体よりも維持するための電磁柵が重そう。機雷は時空泡発生機関以外にもコレを積む必要があるんだよね

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:27:52.29
機雷は動力用の燃料と攻撃用の燃料は兼用

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:36:36.07
>>665が言うように、完全移動状態をとった場合の最高移動速度は質量の平方根に反比例する。

連絡艇は1200ディグル、輸送船は85ディグル進めるらしい。最高移動速度の比は14.1なので、質量比は約200倍。

シャイカウは、12基の機雷を下ろして、司令部区画と6隻の連絡艇を載せている。機雷は連絡艇よりも速いという指摘もあるので、少なくとも、機雷は連絡艇よりも軽いと思われる。

輸送船と戦列艦が同じ質量と仮定した場合、機雷と戦列艦の質量比は1対200以上。
従って、巡察艦が100、戦列艦が300とした時、機雷の質量は1.5以下ということになる。
一方、戦列艦が輸送船の半分の質量しかない場合、機雷と戦列艦の質量比は1対100以上。
従って、巡察艦100とした時、機雷の質量は3以下。

移動速度から推定した場合でも、やっぱり、どっちともとれるな

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:41:26.45
断章に未収録の短編でも良いから読みたいな。
とくにアニメDVDボックスに付いてくる短編を。

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:45:56.47
>>850
確かに、それは盲点でしたわ
巡察艦が戦闘質量の半分を構造に割いていても、戦列艦が100に達しない可能性はあるのか
そうすると、いよいよ巡察艦と襲撃艦の質量の乖離は大きくなりますな……


ところで、巡察艦が6隻内包できないと困るというか、矛盾する理由って何でしたっけ?
三対三ができないからであってる?

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:46:01.27
速度の推定はしてなかったな。その数値ってどこに書いてありましたか?

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:50:58.47
>>855
星界大事典というページを参照
でも、出典はどこなんだろ?

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 01:58:36.64
>>854
戦記1の210p
3隻づつの巡察艦が近接戦闘を行ってるので

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:01:36.22
あとどっかで巡察艦一個戦隊時空泡ってのもあったような?

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:02:57.06
>>857
>>858
なるほど。確かに、六隻内包できないと矛盾するわけだ。

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:14:09.84
>>856
あった。紋章第二巻、p.271。
「6000ケドレルといえば、快速の連絡艇ならほんの五時間とかからないし、鈍足の輸送船でも七十時間で翔破できる」
従って、連絡艇は1200ディグル、輸送船は85.7ディグル。

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:27:59.25
おお、ナイス。

輸送船には3種、巡察艦級、戦列艦級(200)、質量限界ぎりぎり級(400)と
あるんだけど、どれっだろうねぇ。後者のどっちかだと思うけど
あえて快速の連絡艇と比べるくらいだから最後でしょうか

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:34:47.62
4巻の連合体の反物質燃料槽工場攻撃の際に、
「蹂躙戦隊だけでは戦力不足なので、巡察艦も投入されている」
って記述があって、そこには
「作戦に不要な機雷は降ろしているが、それでも巡察艦は襲撃艦より質量が大きく、加速性能で劣る。
構造も襲撃艦に比べれば脆弱で、現在、第一蹂躙戦隊の行なっている加速には耐えられない。」
とある
ということで、機雷のない状態でも質量では巡察艦>襲撃艦で、装甲は逆に襲撃艦>巡察艦っぽいな

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:40:40.46
装甲っていうか、そもそも1〜3%もの質量を
入れとく倉庫があると構造的に脆くなるのは仕方ないかと

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:50:15.23
>>862
襲撃艦の限界質量の件は三巻p.219で確認した。
あと、襲撃艦にとって、連絡艇一隻分の質量は、航法士の不在を補ってあまりある利点とある。

うーん、やっぱり、襲撃艦が巡察艦の86%以上の質量を備えるというのは、どうにも苦しい推計だな

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 02:59:36.40
イマイチ興味の持てない話題だ

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 03:15:37.91
今回の帝都陥落で、かのエクリュア館はどうなったんだろうね

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 04:29:48.11
>>866
もともと古い船を使っていたから、時空泡発生機関つけて臨時帝都に脱出したか、脱出できなかったんなら流れ弾か無差別砲撃で瓦礫に化したかのどっちかだろう。

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 04:40:57.65
>>862
質量が大きいので加速や速度が劣るのはわかるが、装甲が厚い(のか?)ほうが加速性能がよいというのはわからん。
ふつうは装甲が厚くなれば質量も増えるはず。(質量と関係なく装甲を厚くできるテクノロジーがあれば別だが)
>>863 の言うとおりそこは高加速に耐えられる構造じゃないだけで、装甲には関係ないのでは?

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 05:22:27.37
不死鳥第七艦隊の戦闘を見ると敵より圧倒的に多い機雷を射出して敵の機雷を撃滅しただけでなく敵艦隊にもかなり損傷を与えている。
それなら最初から多数の機雷を射出して攻撃すれば、アウトレンジ戦法がとれそうもないこの宇宙では有効な戦術じゃないかな。
護衛艦で機雷を迎撃する必要ないし、弱体化した敵を攻撃するんだから、味方の損害も軽減できる。
今回はここで使い切ったらもう在庫がないということで”ばくち”とか言われているけれど、そうでないときになんでこういう戦法が多用されていないのか。

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 05:42:44.77
そりゃ機雷の数が無限にあればそうするだろ、敵も味方もな。
だけど、敵に機雷があるのに味方のが尽きたらタコ殴りされる諸刃の剣、素人にはry

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 07:10:25.52
いつもありったけの機雷をいちどに使い尽くせというわけではない。
常識的に考えりゃ機雷には防御機雷戦をおこなうわけだから敵の機雷も大幅に消耗する。
(艦艇に被害が出ても防御に機雷を使わず温存白なんていう司令官なら別だが)
それでもまだ敵が潤沢に機雷をもっているのならもともと敵の兵力が大きいとしか考えられないから
それでも戦闘をいどむ以上は覚悟の上だろう。
あとは生産力とロジステックの問題になるが。

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 07:23:30.64
5巻のラストで圧倒的多数を打ち出せた相手は、帝都に進撃した後補給もなく追いかけてきた艦隊だしね
それまででも敵の艦隊護衛艦は近衛、自翔弾とごりっごり削られてただろうし、
その状態ですら相手を引かせるだけの損害で、殲滅はできてないのです。その機雷戦ドクトリンは難しい気がする

ちょい話は変わるけど、元々ラフィル殿下って百翔長だよね。
臨時昇進で千翔長になる予定だったけど、提督になった…ってことは飛ばしたのは2階級でいいのかな。

あと千翔長が戦隊司令、準提督で分艦隊司令だっけ…?

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 07:36:07.17
>>872
今回の例はともかく、敵より圧倒的な機雷で敵に被害を与える戦法はとらないのかということ。
もちろん艦隊編成やロジステックスも考え直さなければいけないが、人的被害が少なくて効果があるんなら考えてもいいだろう。

副百翔長から一律昇進で百翔長、仮皇太女になったことで提督のはずだから三階級特進
分艦隊司令官は準提督で、艦隊司令長官は規模により提督・大提督、いくつかの艦隊を指揮する艦隊司令長官は大提督〜元帥のようだ。

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 07:45:21.82
量産が難しい巡察艦、よりさらに質量3倍でかい戦列艦の編成を強化するのか…?

艦隊の質量は変わらなくても、艦の数はとんでもなく激減しそう
7〜8割戦列艦での飽和攻撃は面白いとは思うんですけど、弾数が質量限界の所為で制限されるのがネックですね
あと、撃ったら補給に手間取りそうで追撃が大変かも

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 07:46:29.40
861で間違えた
巡察艦100としたら戦列艦級は300、質量ぎりぎりは6〜700か。

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 08:07:46.00
>>874
徹底的な砲撃でダメージを与えたあと、騎兵で敵軍を蹂躙するイメージだが。

ただ質量の関係で平面宇宙で補給艦から戦列艦に機雷を補給するのは無理だろうから近くの門に補給拠点を作っておく必要があるかもしれない。
どうせ戦列艦は機雷を射出したら戦場にいてもしょうがないし。

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 08:58:49.86
まぁ砲兵も砲も騎兵より高かったから数をそろえるのは大変なところは一緒ですね。

撃ったら回収できるものでもないし、弾数も効果も意外と限られてる。
使いどころが難しいのもあるんじゃないかな?攻撃にも防御にも使える遠距離武器かぁ

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 09:05:55.68
そうなると人民主権の超長距離機雷が最高ということになるのか(製造供給の問題をクリヤすれば)

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 09:15:45.38
長射程軌道時空爆雷なのか、超射程なのか表記がゆれとるなコレ

機雷の時空泡に艦艇が紛れられるほどデカイのは流石に微妙な気もする。
いくら射程が長くても防御機雷戦されると通常機雷に一発で撃墜されるし迎撃もしない
そもそもコレ多分艦載するとものっそい数が制限されるから
星系から打ち込む以外には使えなさそう。アーヴの超大型電磁投射砲とかみたいな防衛兵器?

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 09:43:06.79
>>878
長射程機動爆雷(超射程?)は使いにくそうというか、たぶん使い物にならない。
いくらアウトレンジで使えるとはいえ、そかな長射程じゃ目標も決めにくそうだし、あてずっぽに打つしかないだろう。
また >>879 の言うとおり迎撃されたら通常機雷といっしょだからコストをかけるの無駄と思える。

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:04:13.43
長射程だろうなぁ

射程が長いということはどうしたってその分質量が嵩むわけだから
通常の機雷の迎撃を避けられないはずなので敵艦隊の所持機雷数を上回る機雷を持ってないとあまり効果がない
質量が嵩む分だけ敵より多く戦列艦(巡察艦)を揃えなくてはならないが、それが出来るなら通常の機雷で良いじゃんとなる
本気で扱い難しいよなコレ…なんか人民主権星系連合体からほのかに英国面を感じる

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:42:04.55
工場がその地にあって、コスト度外視でそれだけを作って、
兵士がいらんので作った分だけ撃ち流してみました。

受ける側は侵攻する側なので本国から対抗機雷を運んでこなきゃ行けないのでめんどくさい
という好条件下でのみ嫌がらせに使えるLv?

ていうかコレ帝都でも同じ事ができたはずだよな、通常機雷で
射程が全然足らなかったのかな。

ハニア連合は中国、統合体はロシアかソ連、アメリカ
主権連合が英国連邦…だいぶ前のスレでそんなイメージ考察があったような

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 10:55:08.63
>>881
艦隊ではなく、例えば報復のために惑星を狙う兵器であれば、小型艦並みの射程を持つこの兵器は有用かもね。
ただし、それなりの艦隊を保有していることが前提になるけど。

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 11:41:15.45
対惑星用で制空権を確保してるのなら、竜卵要塞を落としたときのように
反物質燃料満載の戦列鑑でも突っ込ましたほうが運用しやすいんじゃね。

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 11:45:55.15
>>884
戦列艦よりは速い。なので、ある程度の優勢でも、数を揃えればダメージを与えられる

けど、普通に突撃艦を突っ込ませればいいよな、やっぱりw

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 12:36:35.05
惑星には基本あまり手を出さないのは、星間戦争にあまり関与してないのもそうだけど、
惑星の破壊合戦になった時被害を受けるのは4カ国連合側だけだからじゃない?

もともと火力が過多気味で、簡単に惑星を溶岩の塊にできる巡察艦、
大気を吹き飛ばして地上人を皆殺しにできる突撃艦と危なくて仕方ない。

それに地上人をどちらの側も開放、もしくは支配して自国に組み入れたいという意思はあるしね

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 13:26:56.55
軍人どうしが殺しあうのはともかく、民間人を巻き込んで惑星を破壊したりするのは優雅じゃないからだろう。

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 14:12:37.70
紋章3巻でまだ一発も打ってない打撃戦隊(ほんとは大型輸送艦)に
半個偵察戦隊で向かってく場面があるけど、あれってほんとに100-200発残した機雷母艦なら
3隻の巡察艦でも薙ぎ払われる可能性が高い気がする。

スポールさんも初の実戦だし、気負ったのかな?

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 16:22:34.66
フトゥーネは強行偵察用だからな
多分機雷迎撃は大得意な艦種なんだろう

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 17:08:24.28
もし満載の戦列艦だったなら、悩んで時間を浪費した方が危険なんじゃないかな
距離によっては、全弾一斉発射する間を与えず、肉薄した方が安全かもしれない

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 18:46:30.62
機雷って手間がかかるみたいだが、射出予定ないのに緊急射出しないことになったら何分ぐらいで射出できるんだろう。
まさかあわてて反物質充填するのかな。

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:19:19.71
時空泡内部に機雷を大量に浮遊させてる状態に突っ込んだらさすがに対処能力が飽和すると思うが
多分道連れになるな

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:32:15.91
相手が機雷を分離したと聞いて大喜びだったスポール嬢が謎ですね。

各艦30〜60発食らったら…あの3隻とスポールさんだけ沈んで、艦隊全体の被害が減るから?

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:35:50.00
>>893
戦争が趣味みたいだから、やっと実戦に参加できると喜んだのだろう。
大貴族で怖いものなしだし。

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:42:35.81
イメージ的には予想通り隠し持ってた予備戦力を見つけ出して蹂躙できる喜び、を感じましたけど

ってことは100発や200発の機雷は半個戦隊の巡察艦を止められないのですかね
思ったより対機雷能力高いのか、と

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:49:53.65
半個偵察戦隊で時空泡を組むと機雷程度ではびくともしないくらい防御力が強いらしいから大丈夫だと判断したんじゃないか。
同時に機雷何十発くらいなら耐えられるかわからないけど。

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:50:55.45
巡察艦と襲撃艦の差でよく挙げられるのは「機雷の有無」だけど、
凝集光砲の密度とかはどうなんだろう。

巡察艦は、もし巡察艦同士の戦闘になれば凝集光砲+対抗雷撃で
機雷への防御力はそれなりに高い。もっともペネージュさんに言わせれば
「対抗雷撃なんかに貴重な機雷を使わないで頂戴」となるんだろうけどw

しかし襲撃艦は対抗雷撃ができないので、巡察艦並みに対機雷防御力を
確保しようとすると、護衛艦並みとは言わないまでも凝集光砲を増設して
対空防御力にしないときついだろう。

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 20:55:29.29
この世界は反物質をあるていど貯蓄できるくらいの科学力というか未来なんだから
細かい設定とか無視して絵として良ければ描写しちゃえばいいのに

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 21:20:40.87
そういえば、大型艦でも機雷が当たれば沈む、とは言いつつも
実際機雷を食らって沈んだ大型艦って単艦時空泡で突撃中の一番防御が低下してるやつらばかりだよね。

最初から機雷自体が対小型艦用の兵装なのではないかと思ったりするんだが
戦隊を組んだ十分防御射撃が可能な大型艦を相手にするには弱すぎるんじゃ?

大型艦に対抗するためには大型艦を、というのが巨艦主義だし
例えば機雷を集中して戦列艦を撃破ーとかってシーンはほぼ無いよね。
戦列艦の役割が砲兵だとしたら砲兵を潰すのは大きいハズなんだけど

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 21:32:21.02
戦列艦が撃破されるってことはほぼ全滅状態だからな
そりゃめったにないだろう

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 21:42:43.83
ああ…隊列も機雷も平面宇宙だから曲射できないのか。
後方だけ打つってわけにはいかないんだね

戦列艦はなにげに護衛艦1隻程度の機雷防御力、
突撃艦と1v1なら戦える程度の戦闘力が有るっぽい。

護衛艦…護衛隊の損耗は敵突撃艦とか巡察艦に寄るものが大きいのかな

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/31(金) 21:51:14.63
護衛艦は突撃艦に弱いけど、機雷でも撃沈されている描写があるね。
雷撃防御が専門の護衛艦でも機雷が多ければ防ぎきれないようだね。

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 04:34:18.80
5巻でドゥスームがドゥセーフとの会話でドゥガスはこれからいくらでも戦う機会があろうと言っている。
これは弱体化した星界軍では元皇帝の上皇にも正規の指揮官として戦う出番があるということかな?

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 05:17:40.24
機雷は護衛艦で防げる。
巡察艦(襲撃艦)は少々の機雷にはびくともしない。
それならなんのために雷撃戦から始めるのかよくわからん。
機雷に脆弱な戦列艦、補給分艦隊は後方にいるわけだし。

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 05:19:13.09
>>901
上空を飛び越えていくわけにはいかないが、側面を迂回してゆくことはできるだろ。

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 05:24:29.54
>>903
生きていればまだチャンスはあるということだけだろ。
上皇や退役した貴族・軍士は戦死したけど、現役世代の指揮官はまだ健在。
その上、上皇は2人しか残っていないんだから星界軍最後の戦い(=帝国最後)でなければ上皇(次世代に上皇の座を譲った後でも)が指揮官として戦う機会などなさそうだ。

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 05:42:33.94
上皇と言えば大幅欠員になったわけだが、欠員補充するのか?
各王家からひとりずつだから補充するとしたら上の世代が戦死したわけだから現役の王がなるのかね。
それとも王にならなかった兄弟姉妹もなれるのかね。
王だとなるとドゥサーニュが皇帝となったバルケー王家は?

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 05:47:15.44
>>906
でも現役世代の軍人にもかなりの損害が出ただろう。
全ての軍人を一階級緊急昇進させるくらいには。

909 :消費税増税反対:2013/06/01(土) 05:53:22.06
>>904
射程が一番長い攻撃方法が機雷による雷撃なのだろう。だから雷撃から始まるのが定型化されているのだろう。
護衛艦は機雷防御専門の軍艦だが、雷撃を受ければ消耗するし。
それは雷撃防御に優れた巡察艦、襲撃艦も同じこと。

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 06:00:22.08
>>907
「もと皇帝は自動的に、皇帝になり損ねたもと王たちは互選により、上皇会議を構成し」
と紋章1巻、121頁にある。
だけど、皇族がここまで減った場合はどうするんだろうね。
帝国が分断されていて帝国中央と連絡が取れない皇族もいるし。

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 06:04:37.77
>>908
一律昇進させたということは指揮官候補者は増えるわけだ。
しかも上の階級だけ増えても艦隊は運用できない。
昇進なし、上級指揮官クラスのみ大幅に戦死たときだけ指揮官不足になるが、そういうときは階級は下でも戦時任官させて指揮させればいいし。

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 06:09:01.12
>>910
儀式だけなら2人でもいいだろうが、皇族の翔士適格審査や帝国元帥昇進可否の審査は2人でいいのかという気はする。

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 06:30:16.37
>>907
王にならなかった兄弟姉妹は臣籍降下しているはずだからもう皇族じゃなくアブリアルではなくなっている。
ただ太古の弧状列島の歴史が残っている時代でも臣籍降下した皇族が皇族籍に戻るという前例はあったからありうるのかも。

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 06:37:40.44
>>911
それでも経験豊富な、帝国元帥まで登り詰めたんだから、指揮官は得難いものじゃないか?
緊急昇進させても、経験まで得るわけじゃないんだから。
ドゥガスが現役復帰したとしてもたった一人の話でしかないけど。

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 06:41:24.13
>>914
指揮官として戦うよりも上皇としての任務の方が重要じゃないの。
もう帝国が上や引退した上皇すら前線で戦わなくてはならないようになれば別だが。

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 06:42:34.00
>>912
上皇を補充しないといけないよねえ。

>>913
王にならなかった皇族は一代皇族だよ。臣籍降下はしない。
貴族扱いなのは一代皇族の子孫から。

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:01:30.57
>>918
そうだっけ?
ただ疑問なのは、王にならなかった一代皇族の子供は皇族として皇帝レースに参加しているのか、していないのか。
王が決まる前に修技館を出て翔士になっていれば皇帝レースに参加し、決まった後なら不参加?
それとも翔士になっていても親が王にならなかった時点で皇帝候補から脱落?

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:05:10.20
おっと間違えた。
あと、もし皇帝レースに参加していたら帝国元帥・皇太子女になったらどうするってのもあるが。

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:21:32.46
>>917>>918
子供が修技館に入る頃には、親が皇太子になるか王家を継ぐか
一代皇族になるかは決まってしまっているのでは?
皇帝レースは大体二十年くらいかかるみたいだけど
翔士になって早々には子供を作らないのでは?
翔士叙任から十年くらいで子供を持つなら
その子供が修技館入りするには更に十年以上
その頃には、親の処遇は決まっているでしょ
最新刊でドゥヒール君に、ベルソートが
クリューブ王家に新世代の誕生を祝したいと言っていたが
新任翔士で子供を作る皇族は、実際にはあまりいないんじゃないかな

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:22:30.73
>>917
一代皇族の子孫は皇族じゃないから皇帝レースに参加する資格はない。
王が決まる前に生まれた場合はどうなるかはわかんないなあ。
ドゥビュースが王になる直前(内定)にラフィールが生まれて爵位と領地を賜った。
初孫が生まれたら王位を子供の誰かに譲り、皇族と貴族を分けるのかも。

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:26:56.69
>>915
現状上皇は二人しかいないからね。
現役に復帰したら上皇の仕事をこなすのは無理だろうしね。

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:35:10.71
皇帝レースに参加するかはともかく、皇族として育てられるか、貴族として育てられるかは大きな違いだよね。
生まれた時点で皇族か貴族かはわかっているはず。

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:35:13.16
>>920
王になってからでも一緒だったはずだけど、王なら皇族だから

ドゥビュースは現王(王国ないけど)なので上皇に内定してるのかな。
ラフィールかドゥヒール、どっちが王になるのだろう。

上皇候補もだいぶ失われてそうだよね。

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:43:27.37
>>923
王の子供しか皇族になれないはずだから。
王あるいは一代皇族になる前の王子、王女の身分で子供を生んだらその子供は皇族なのか、貴族なのか。
そこがわからない。

今の皇族の陣容だとドゥビュースが上皇になるのは確実だろう。まだ先の話だけど。
それとラフィールが女王になるのも確定だろう。暫定皇太女だし何より小説の「主役」なんだから。

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:43:30.99
>>923
上皇も欠員だけど、八王家の中には断絶したところもあるかも
残った二人の上皇の出身王家も次世代は無事なんだろうか

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:48:54.12
>>925
皇族が絶えるのはあり得ないとしても八王家のうちのいくつかが断絶の危機に陥っていても不思議ではないよね。
過去にも偶然が重なってあったかもしれないし。
アーヴは子供を二人生み育てるのが標準のようだし。

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 07:59:26.95
>>924
将来の処遇が確定する前に子供作った場合は
戸籍上、親の八王家当主の子供扱いにしていたり?
よく一昔前のドラマや小説にはありがちな設定だけど
十代で子供作って表向き兄や姉夫婦の子供にしたり
親の子供にしたり名目上弟妹だけ実は自分の子供とか
次世代の皇帝候補は多いほうがいいし

でもアーヴって人工受精に人工子宮で子供作るから
基本的に皇族は、ある程度将来が決まるまで
子供を作らせない不文律があるんじゃないの?

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 08:35:28.69
>>927
「アブリアルの耳」が皇族にしか許されていないわけだから
一代皇族の子女は「アブリアルの耳」を持たないことになる
従って、子作りに入る前に処遇が決まってそうな気はする

親の王子・王女が臣籍に下った時点で整形じゃあんまりだしなw

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 09:42:46.89
皇族、皇帝候補は子作りと子育てよりも、まず皇位を目指すのが不文律なんでないかな

ハンパな時期に次世代を作るとそういう問題が出るし、1.5世代とかが居ると次の皇帝レースがその子に有利すぎることになる。
逆に言えば、ちょっと早いけど皇太女が決まって来てるし、ラフィが帝国元帥になった時点で子作りシーズンが始まるんじゃない?

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 10:28:36.55
アブリアルはエルフ耳だけど、ジント家は家徴を何にするんだろうか?

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 10:54:07.78
便の色が青色

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 11:11:33.05
黝い髪じゃね?
もしくは髪を染めれば地上人に見える容姿、とか

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 11:16:41.67
気をつけないと変なコンプレックス持ってジントを幽閉しそう

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 11:27:00.15
惑星マーティンに降りられないのは、現在、もしくは過去にハイド伯の称号を持ってる人

将来持つ予定のジントの子をリナやらティルに見せるのは問題ない…かも?

935 :消費税増税反対:2013/06/01(土) 11:47:28.48
皇族の子作りには不文律の制約がありそうな気もするが、
反面アーヴの一番大事な生き方が「親として」だそうだから皇族といえどそれについては掣肘されることはないのかもしれない。

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 11:54:01.04
>>930
リン伯爵家の家徴は「茶髪」と予想。

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 11:55:39.21
>>934
伯爵公子・公女の場合は大丈夫なわけか。
ジントの子供は遺伝的なアーヴだから惑星マーティンに降りることはないだろうけど。
ハイド伯爵家城館辺りでなら会えるかも。

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:04:06.80
ジントが子孫の意識にマーティンの地を故郷として思わせたいなら、
生後空識野が形成された後に数年そこで暮らさせて、マーティンの家風を身につけさせるってのもありじゃないかな

次世代以降もあの特殊な条約を維持するには子どもにもその意識が必要だし
(領主が拒否したらあの条約は即終わりかねない)

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:13:32.51
>>921
上皇をやめたあと、やっと悠々自適になったから交易でもやるかと交易に出ていて帝都防衛戦に参加できなかった元上皇が復帰なんてことになっていたらお笑いだな。

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:14:47.85
上皇って辞められたっけ?

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:18:57.49
>>929
そうなるとラフィールの世代はまだしばらく子作りできそうもないが、それまでに戦死したりする皇族もありそう。
あんまり皇族が減ると次の世代の皇帝候補が減って競争率が下がりそう。
有能なリーダーを選ぶ帝国の制度としては競争率が高いほうがいいと思えるが、皇族には領地を与えられるわけだから勝手にたくさん作られても困るだろうし。

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:23:57.50
>>940
皇帝が辞めたら上皇になるはずだが、各王家から一人だから上皇が終身制だったら上皇になれない。
適切な時期には交代するんだろう。

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:28:33.03
>>938
アーヴの子育ては親元でするものだろう。
ジントが惑星マーティンに降りられないのに子供だけ降ろすのはちょっと考えられない。

一旦結ばれた条約は領主が代替わりしても有効なんじゃないか。双方に改正の意志があれば変更も可能だろうけど。

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:33:56.74
互選で上皇になるんだっけか、王とか元王が

>>943
地上で育てる云々はだいぶ妄想入ってるから突っ込まれると苦しいけど、条約の改正…っていうか
そもそも領主と領民政府じゃ立場が違いすぎて、次代がこんな変な条約は改正を求むーって言い出したら
領民政府側はアレ以上の条件を再提示、維持できる気がしない

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:38:55.04
>>929
>ハンパな時期に次世代を作るとそういう問題が出るし、
>1.5世代とかが居ると次の皇帝レースがその子に有利すぎることになる。
その1.5世代は、たしかに有利だけど、そのかわり当人の在位期間も短くなるんじゃない?
自分が、仮に皇太子になれても、次の世代が皇太子になるまでの期間も短くなるわけで
例えば、戦死者がたくさんでる戦時には、そういう変則的な世代もありでは
皇位継承者が不足することからの安全弁になるかもしれないし

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:47:35.46
>>941
>有能なリーダーを選ぶ帝国の制度としては競争率が高いほうがいいと思えるが、
>皇族には領地を与えられるわけだから勝手にたくさん作られても困るだろうし。
その問題は、継承レースに参戦してる「雛鳥」だけじゃなく
すでに王家を継いだ、八王家の現当主の子作りにも言えるんじゃないかと
たくさん子供作りたがる王がいないとも限らないし
世代交代期を控えた微妙な時期に、若い恋人を得て、新たにその遺伝子で子供を作ろうとか
そんなケースで問題になったことは、なかったのかと

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:50:36.18
>>944
領主が領民政府に改正を求めても領民政府が拒否出来るんじゃないかな。
領民政府に変更の意志がなければ。

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:53:35.15
>>946
どうしても皇帝にさせたい、少なくとも皇族でなきゃ、というんでなければ想人の子供とするという手もあるが。

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:55:20.32
バルケーとクリューブ以外のアブリアルの現役の皆さんがどんな人なのか読みたいな

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 12:58:54.42
>>947
地上のことならともかく、本来領主の権利に属することについてまで領民政府が拒否することができるのかな。

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 13:01:40.41
ジントの子供は嫉妬のあいつに見せて憤死させるべき

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 13:04:18.34
>>950
帝国法はあの異例中の異例の条約を結ぶことを可能としているわけだから、一旦結ばれた条約は有効だと思う。

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 13:21:13.60
>>944
もと皇帝は自動的に。
もと王は互選で上皇になる。
でも八王家から一人ずつ出るのが普通みたいだから、クリューブ王家の場合ラフィールの曾祖母しか適格者がいないようなんだが。
その曾祖母も薨去して適格者がいなくなったように思えるんだが。

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 13:21:50.11
>>940
ドゥムースがまだ上皇やっているのは、息子か娘が有権者に根回しして親に責任を押し付けて?自分は気ままに交易しているのかもしれない。

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 13:27:29.39
>>953
戦時の緊急事態だから特別立法で補充するのか、ふたりでもOKとするのか。
ふたりだけのままならなおさら上皇が前線で戦うわけにはいかない。

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 13:32:35.41
>>953
ラフィールの曾祖母のその前の世代は生きていない、かあまりに高齢なんだろうね
その下の世代の祖母は現役の皇帝だったから、退位するまで上皇にはならないでしょ
もし皇位を全うできていたら、退位と同時に上皇位を母親から引き継いでいただろうけど
ラフィールの父はクリューブ王家の現当主だし

クリューブ王家は上皇会議メンバーは出せなくなったけど
現当主と次世代は両方無事
逆に上皇だけ生き残って、現当主と次世代が全滅したケースもあるかも
臨時帝都に移った、二上皇の家がそうなっていないとも言えない

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 13:36:54.80
>>953
クリューブ王家に限らず、退役した諸侯は帝都防衛団に所属するんだから、帝都にいれば他に任務をもって脱出するか、帝都防衛戦に間に合わなかったのでなければ戦死している。
脱出した2人の上皇以外には上皇資格を持つ皇族でたまたま帝都にいなかったというのはそんなに多くはいないだろう。

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 13:43:55.66
上皇会議の任務は皇族の昇進と賞罰とあるから、すべての昇進は審議するのかね。
今回の一律昇進も上皇会議で審議したのだろうか。
当然ラフィール殿下の三階級特進も上皇会議の承認をうけていることになる。

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 13:48:38.82
>>956
今回の帝都防衛戦では打撃を受けたが、前線では大損害をうけたという報はないし、リスク管理上も皇族は分散して配属されているだろうから、今のところ王家の現役軍士・王世代全滅はまずないんじゃないの。
他王家の動静は伝わっていないから不明だが。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 14:03:11.48
スレの流れ早いしそろそろ次お願いします。
自分は規制されていて立てられないので。

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 14:14:57.76
>>959
百翔長に過ぎないラフィールが最先任で(孤立している皇族もいるにしろ)、皇族の層が危険なほど薄くなっていることが思い知らされる。
また皇族は絶滅を危ぶまれる一族との記述があるから皇帝レースに参加している若者世代では断絶の危機にある王家がある可能性は低くない。

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 14:20:09.43
建てようとしたが失敗すました、↓でよければ建てられる人お願いします

スレタイ
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之34[優しい煉獄]

■作品リスト
ttp://frybarec.lacmhacarh.gr.jp/list.html
■森岡浩之 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B2%A1%E6%B5%A9%E4%B9%8B
■アニメーション『星界シリーズ』公式サイト 「星界Web」
ttp://www.sunrise-inc.co.jp/seikai/

■前スレ
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之33[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1369181354/

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 14:21:26.82
>>955
非常時は一人でも上皇会議を構成し、皇帝を即位させられるそうだけど。
そのあとは二人で皇族の賞罰を司るのか、何とかして上皇を補充するのか。どうするんだろうね?

>>956
八王家のうち一つや二つが断絶の危機にあってもおかしくないね。

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 14:26:36.94
>>962
立ててみる

965 :964:2013/06/01(土) 14:29:28.71
立てたよー

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 14:32:24.57
>>957
上皇適格者がいなくなったのはクリューブ王家だけじゃなさそうだね。

967 :962:2013/06/01(土) 14:32:45.33
>>964>>965


次スレ
[星界の紋章・戦旗・断章] 森岡浩之34[優しい煉獄]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1370064528/

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 14:34:34.19
>>965


969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 14:36:46.58
>>965

なんか最近流れ早いな

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:01:42.52
>>963
断絶した王家はどうするのか。
他の王家からはいってくるのか
遺伝子で子供を作るのか。

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:03:08.27
>>963
上皇ひとりもいなくなったらどうする。

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:05:57.56
>>970
現当主の王が生きてれば、子供作って育てるのもできるだろうけど
仮に上皇しか残らなかったりしたら、自分もしくは保存した息子の遺伝子で
子供作って育てることになるのかな

現当主もしくは上皇がいれば、家風の継承はできるだろうけど

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:13:04.24
>>970
どうすんだろうね。
家風を継承させるには幼少期から育てないといけないし。

>>971
王を早く引退させて上皇にするとか。
例えばドゥビュースを引退させて上皇にし、ラフィールに王位に継がせる。

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:24:19.78
>>973
連絡が早期に回復するまでは、王家の継承も無理じゃないかな
暫定皇太子になってるから、ラフィールがクリューブ王襲名してもよさそうだけど
スキール側との連絡回復してからでしょ

新皇帝のバルケー王家もどうなってるんだろ
父の上皇は戦死してるし、その上の世代がいないとバルケー王家も上皇なしだよね
ドゥサーニュの子供も無事なのかな

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:27:53.62
旧皇族を復帰させるとか

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:29:40.64
>>972
現当主か上皇いれば世代を遡ってしまうが彼(彼女)らの子供でいいだろうが。
保存した遺伝子だとクローンでいいのか誰かの遺伝子と接合させるのか遺言のこしとかなきゃいけない。

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:34:06.80
>>974
まずは各王家の状況確認しないといけないのは確かだな。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:34:54.98
ボース姓まで含めたら八王家の血筋と家風継いでるのはそれなりにいそうだ

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:36:53.92
>>975
そんときは子供はどうするってのがあるな。
子供はアブリアルじゃないだろう。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:41:38.21
長い歴史でこれまで王家が断絶したことないのかね。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:43:21.77
>>979
復帰以後に作った子にだけ、継承権を認め
それ以前の子供はボース扱いかな

>>976
アーヴは遺伝子の継承より、家風が大事だから
保存遺伝子でも法的には問題ないんじゃないかな
当主が自分の子として扱えば、それでよしなんじゃないかと

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:45:11.90
>>973
家風は家臣の教育係が存命ですのでそのものに教育させます とか。

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:48:38.80
>>981
兄弟姉妹で兄姉はボースで弟妹はアブリアルだと、兄姉釈然とできなさそう。

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:49:44.33
まあアブリアルってそもそも全員名も無きアブリアルの家風は継承してないけどな

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:54:05.27
名もなきアブリアルのころ、家風なんてまだないだろう。

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:56:47.71
幼児だけ生き残ったときは家風の継承は教育係にまかせるしかなさそうだが。

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 15:59:51.37
>>974
ドゥビュースとドゥサーニュは同い年でドゥサーニュにはたぶんラフィールと年はかわらない息子がいる
13で修技館に入学したラフィールには遅れただろうけど15、16歳で入学したなら
戦時だし一斉昇進措置もあるから十翔長か副百翔長くらいにはなってる可能姓はあるな

早くスキール王国とバルケー王国の仮帝都に分かれたアブリアル達の早い再会を望む
でないと、それぞれに重責を背負った彼等は泣けない…

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:00:42.08
>>983
いや兄姉はアブリアルにならなくて良かったとか思いそうな気がするが

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:01:34.85
>>987
アブリアルは泣かない んじゃなかったっけ。

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:03:04.52
>>988
責任重いからな、そう思う者もいるかもしれない。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:04:56.87
>>988
逆に弟妹のほうが釈然としない思いするって?
同じ親に生まれて、兄姉は自由なのに...

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:08:36.75
>>991
>>981だけど、その場合の弟妹は生まれたときから皇族扱いされているから
釈然とするもしないもないのでは

兄姉はアブリアルの耳を持ってない以上、どっちも「同じ親から生まれた兄弟なのに」
とかいう意識はないかもしれないし

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:17:38.60
10世代以上皇帝を出していない王家では子供をたくさん作ってかくりつを上げようとしたり、優秀な軍士から遺伝子だけほしいんだけどともらったりすることあんのかね。

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:29:23.17
たくさんの子供ってえのは生物学的な制約はないから可能だが、帝室財政から見たらクレーム就くのかな。

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:35:29.33
退役したあとなら上皇会議の議題にはならないだろうな。
そもそも子供が多いのは議題じゃないか。

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:36:26.45
>>994
基本二人が不文律で、もし、事故や戦死で子供が無くなったら
更に子作りが認められる、とか?

>>987
各王家第一子の年齢は同一ということになるかな
次期皇太子が決まり、皇位継承が行なわれるのと連動して
各王家の王位継承による代替わりと同時に子作り

だからドゥサーニュとドゥビースは同じ年だし
ドゥサーニュの息子とラフィールも同じ年になる
第二子の年齢には、ばらつきがあるかもしれない

こんな感じかな

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:38:23.16
子供つくらないわけにはいかないだろうが。うちの子優秀だから1人だけでいいという王もいるかもね。

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:39:32.30
>>988
アブリアルは泣かない …が、どうしても泣きたいときは人知れず泣く。同族しかいなくても安心して泣いてはいけないらしいが、
身内がたくさん死んでるから一族しかいない場所なら悲しみを共有してもいいのではなかろうか?

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:40:54.91
次期皇太子が決まってからだと今のような戦時には王家断絶のリスクが高まりそうだけど。

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/06/01(土) 16:40:57.53
1000なら年内に新刊が出る

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

302 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)