2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_105

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 18:24:09.38
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_104
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1363071558/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 18:28:57.47
>>1 乙です

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 19:08:33.62
>>1 乙です
農奴にとらわれず闊達な議論を。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 19:36:57.18
>>1乙。まぁ小説で触れられてないことはあぁじゃないこうじゃないと想像したところで意味ないけどな。想像、創造、議論、考察しねぇで作品シナリオ品評だけしよーぜ。

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 20:19:26.69
変なのが湧いてるな

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 21:26:00.92
1さん乙d
いつも、本人がつまんなかったり、飽きると
ヤメ台詞吐く奴いるよ

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 21:45:33.14
農奴ってアメリカの奴隷じゃなくて、
ヨーロッパの貴族の荘園などにいたようなもんだろ。

ルドルフがばらまいた物のなかに、荘園とかあったから、
農奴階級の奴らコミで報酬扱いなんだろうね。

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 21:50:18.25
ぶっちゃけ日本の小作農、百姓の方が自由度は高いのかな

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 21:50:48.41
内乱後、大貴族の荘園の農奴の解放と農民に荘園の無償供与したそうだから

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 21:51:53.79
>>7
昔の荘園ならそれで済んだだろうけど、ルドルフが「貴族」に与えた「荘園」て、惑星―恒星系
だからねぇ。
どう考えても、昔のままの「農奴」のイメージで語れば無理が出る。そこを埋め合わせする設定
や描写もないからどうにも進まない。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 21:58:18.21
>>8
市民権剥奪されてるって事だからね
と言っても市民権ありなしの差が描写されてないから、分かんない
貴族に農奴が鞭で叩かれて憂さ晴らしされてるって描写あったけど
貴族からしたら平民も農奴と変わんないんじゃないかと思うし

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 22:07:01.70
>>11
極端と極端を描写してイメージだけ誘導して済ませている感があるよなぁ。
まあ、それで具体的なところは読者に丸投げってのも創作のテクニックではあるが、単に書け
ないだけだろな。

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 22:10:07.92
貴族とはいえ市民権(?)をもつ平民に暴行を加えたら
暴行罪に問われるんじゃないの?貴族有利な不公平な法律がある
みたいだけど民事裁判は成立しているみたいだし

外伝のミッターの例は軍法だけど不法に民を害する者は極刑だそうだ。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 22:17:21.68
貴族が治療費と慰謝料払えば平民リンチできるなら
気晴らしにやるのが横行するし、もみ消しも簡単でないかい?

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 22:24:03.43
簡単だろうね 法律は貴族の味方だからww
 

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 22:58:52.39
>>12
なんで書けないんだろうね
書きゃいいのに

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 23:01:52.38
お金で貧乏貴族の女の子を買う事も出来るのだから、
平民にあんな事やこんな事を気晴らしでするのはたやすい世界かな。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 23:09:43.96
限度をわきまえろ、とリヒテンラーデあたりがぷりぷりしてそう

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 23:11:26.36
>>16
そりゃ物語的に重要なことではないし、そこを詳しく描写してもくどくなるだけだからだろ。
そこまでハードな政治状況をシミュレーションしても読者の興味も引かないだろうし。
メインの読者層を考えれば、そこに10ページさくなら戦争の描写に10ページ費やした方が
遙かに喜ぶ人が多いでしょ。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 23:19:32.82
>>13
暴行罪に問われる法律があっても、警察機構に貴族有利なバイアスがかかってれば
貴族がらみの事件は捜査すらされないだろうし、司法に貴族有利なバイアスがかかってれば
ようやく立件しても「証拠不十分」とかで不起訴処分になるだろうな。
で、マスコミを味方につけようとしてもマスコミも貴族の息がかかってると報道もされない、と。

外伝のミッターの例は、法律が有名無実だとわかっていて暴走した貴族に対してミッターが
厳格に法律の執行を迫った、って所かと。
一応法律に則った行動だから表だってミッターを処分することができず、闇に暗殺しようと
した、と。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 23:20:18.34
>14
1-2回ならともかく常習的にやれば「皇帝陛下の臣民」を不当に害したとして問責されるだろ。
そういうのは法律問題ではなく、貴族同士の政治闘争で弱みを作ることになるから抑制される。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 23:24:17.31
>>16
決まってるじゃん。ストーリーとは全然関係なくて、インクの無駄にしかならないから。
ラインハルトの大便の色彩を書くよりも無駄だと思う。

>>13
平民の奴隷(農奴)の違いはそれかもね。
平民に暴行を加えたら違法だが、農奴はいくら暴行を加えても決して罪に問われない。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 23:26:55.68
まあ醜聞は家門が傷つくしねえ

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 00:16:45.43
市民権てのも運用次第だからねぇ
投票権とか憲法で保証されても
実際に反対票を入れたら秘密警察がとか
党幹部の子弟が農民を轢き殺しても
警察は全く放置って現にあるからねぇ

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 00:30:11.83
政治の話やってんだから
身分社会や官僚政治形態のきっちりした描写は当たり前だろ
どこが無駄だよ

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 00:47:18.23
>>25
ちがうな。成り上り英雄伝だから、身分社会はそれなりでいいし、「官僚政治形態のきっちりした
描写」なんかやったら、成り上りが難しいってわかってしまう。
実は根幹が異世界ファンタジー&時代劇に近いから、その辺はボカさないとお話にならないんだ。

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 01:57:07.37
侯爵 島耕作
公爵 島耕作
大将 島耕作
元帥 島耕作
皇帝 島耕作
みたいなもんか?

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 02:22:16.09
結局70年代はアニメも邦画も噛み応えがある秀作が多かったが80年代以降はお粥化してしまい観客のレベルまでもが下がってしまったということだ
売れる為には馬鹿みたいな話にするしかないが福井は敢えて噛み応えのある作品を送り出し観客のレベルを少しづつ上げていこうとしている

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 02:39:02.14
下克上と言われた戦国時代でさえ実際にマジで低い身分から成り上がった例なんて殆ど無い
数少ない例も織田信長が引き上げた連中でそれ以外となると斎藤道三か北条早雲
乱世でさえこんな有様

ラインハルトの成り上がり伝を本気で書くなら戦争の天才で勝ちまくりじゃなくて
旧体制の偉い人に取り入って昇進勢力拡大、最後にはその恩人を裏切って成り上がるってことになるわな
寵姫の弟って地位も最大限に活かして卑怯もへったくれもない梟雄伝にw

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 03:07:44.72
>>25
政治の話そのものじゃなくて、その中でどうやって成り上がっていくかってことが重要だよ。
身分社会や官僚政治形態のきっちりした描写で今の1.5倍とか2倍のボリュームになっても、
水増しされて薄くなったなという印象しかないと思う。
外伝として、今更ハイネセンがどんな生活してたかとか、帝国の身分社会がどうだとか、同盟と
帝国の官僚政治形態がどうだとか、同盟の選挙体制とかが書かれた本が出ても、誰も買わないよ。

ラノベが流行って新人賞に応募する人が増えたけど、駄目な例として、自分の考えた設定を
全て作品中に盛り込んで肝心のストーリーがぼやけてしまう人が多いそうな。
銀河英雄伝説が未来社会のシミュレートではなくてラインハルトの成り上がり、銀河帝国と
同盟の戦争、その裏での政略と駆け引きをメインで描いてるから、そういうダイナミズムを
殺すような細かい設定披露は極力刈り込んで省略するべきだと思うよ。
物語に直接影響しないような細かい設定を本文中に書いてしまうのは、作者のオナニーでしかない。
それに、基本的な物語の舞台が上流階級なんだから、その下層階級とか舞台に関係ないところの
描写を細かくしても、それこそ無駄でしょ。

だから、たぶん>>25が「どこが無駄だよ」ってのは、銀河英雄伝説という物語に求めるものが間違ってる。
田中芳樹の創造した世界自体を楽しむんじゃなくて、登場人物の栄枯盛衰を楽しむ物語として書かれてる
と思うよ。

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 03:46:40.37
ガイエが書かないから、掲示板、同好会、SS、if、妄想
が盛り上がる。だから楽しい。
戦争、政治、経済物語として幅広いがキャラだけを楽しむものでもないよ
描写の少ないもの、足りないもの、無い物ねだりで
補完、想像、議論、考察してファンがまぁ自慰してるわけだ。
作品、シナリオ、キャラ、文章、語句を評論したけりゃ
ブログにでも書けばいいしね

戦争・戦略・戦術・司令・指揮・兵器・軍隊が
好きな人は沢山いるからやりたければ立てていいし、
キャラスレも小説では珍しいかもしれないが
立てても銀英なら誰も文句は言わないよ

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 07:07:19.72
>>29
そっちの方が明らかに面白そうじゃん

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 07:37:23.32
色んな楽しみ方があっていいと思う

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 08:19:26.84
買ってすぐ捨てるとか
本屋で大人買いとか
オーベルの箇所は蛍光マーカーするとか
楽しみ方イロイロ

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 08:43:25.14
>>29
舞台は乱世じゃないしなぁ
社会制度をきっちり描こうとそれを力技のクーデターでひっくり返したんだしそんな話にはならんw

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 09:12:21.26
何をひっくり返したのか興味がないようで
臣民が何に不満があったのかわからん
500年の歴史をぶち壊す理由が姉ちゃん救出でよいのだろうか
自身の手落ちによる親友の死の逆ギレでよいのだろうか

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 09:28:30.95
500年間の圧政から解放されるのなら、民衆にとって
姉ちゃん救出でも親友の死の逆ギレでも理由はかまわんさ

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 09:35:08.83
『圧政』が具体的にどこまでどうなのかよくわからんのよな
キルヒやミッターの実家は平民だけど現代日本の平均的な生活レベルは満たしてそうだし
社会的不平等なんて民主主義の国にも当たり前のようにある

シューマッハが潜入の時空港の係員の態度がよくなったと独白してたが
今の日本の公務員が民主主義国家の公僕らしい態度をとってるかと言えば疑問だ
だからって国家打倒しようとは思わんだろw
実際、国家打倒を目論んでるのラインハルトとキルヒアイスだけだからな
幕僚連中はそれに乗ってるだけで、積極的にゴ朝をどうこうしようなんて奴は一人もいなかった

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 10:00:22.81
まったくその通り おそらく民衆の大部分は500年もの体制に慣れて
不満はあっても変革までは望んでいなかっただろうな。
ただ 現代の我々が明治維新前に戻りたいと思わないように、改革後の
帝国の民衆も貴族が富を独占したり横暴が許された時代に戻りたいと思わんだろ。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 10:21:03.41
>>29
北条早雲は室町幕府のもとエリート官僚で、妹は今川氏の正妻だったか位の高い妾さんです。
妹の縁故で今川家で出世してからの開業独立なので身分が低い者と言うには疑問があります。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 10:45:45.06
>>36
ラインハルトの一件は民衆が不満を持って運動した結果の改革ではなくて、民衆からしたら
上から降ってきた改革な訳で、圧政の内容とか臣民がどんな不満を持ってたかなんて
関係ない話だろ。
改革を行ったのはラインハルト個人の資質な訳で、臣民からすればそれが姉ちゃん救出が目的
だろうが親友の死の逆ギレだろうが、自分たちの生活が良くなるのであれば関係ないだろう。
500年の歴史とか関係ないし。

読者の多くは「民衆が解放されて良かったねー」でカタルシスを感じるのではなくて「ラインハルトが
目的を達成できて良かったねー」と感じるだろうから、何をひっくり返したかに興味を持つ方が少数派でしょ。
物語の構造として、民衆が何に不満を持っていたのかの細かい描写は必要ない。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 10:49:05.57
http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/blog-entry-411.html

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 10:55:08.28
ラインハルトを解放者ともてはやすほど生活よくなったのかね
国鉄がJRになって駅員の態度がよくなった程度の話じゃないのかなと思う

むしろラインハルト政権になってからの方が派手な作戦行動増えてるけど
兵士やその家族はどう思っていたのか
ワーレンがもう一年帝都に戻ってないと嘆いてたが配下の兵士も同じ境遇だろ
不満出ないのかね

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 11:04:55.15
3年で政権交代なんて関係ねーし
今はいいクスリがあるんです発言しても
任せられる首相がいる国って幸せだよね
消費税上がろうと、電気ガス代上がろうと暴動起きないし
でも今、突如、青年将校にクーデター起こされたら
国民はびっくり唖然だよ
説明や演説しても納得する人はいないだろうね
国民に不満がないってことなのかな

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 11:07:06.83
クーデターが起きる国は不満があるなんて可愛いもんじゃないだろw
それこそ死ぬかクーデター起こすか位のレベル

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 11:19:06.67
>>41
全面的に同意。

ただ、少なくともヴェスターラントの住民は
反乱して領主を襲いたくなる程度には
大きな不満を持っていたようだ。

その結果がヴェスターラントの虐殺であり、
そしてその虐殺により民衆は、それ以前に
抱いていた不満の大きさに関わりなく、
門閥貴族よりもラインハルト政権の方がマシ
と確信するに至ったと思われる。

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 11:31:27.90
>>43
>ラインハルトを解放者ともてはやすほど生活よくなったのかね

実際にラインハルトが皇帝になってから物語終結までほとんど時間たってないから
まだ実感するほど生活は変わってないんじゃないかな。
期待を込めて解放者と呼んだ、ってとこじゃね?


>ワーレンがもう一年帝都に戻ってないと嘆いてたが配下の兵士も同じ境遇だろ

一般兵はさすがにある程度の期間で後方部隊と入れ替えになってるんじゃね?
あの大日本帝国陸海軍だって招集期間が終わったら日本に帰れたし。すぐに再招集に
なってたみたいだけど。
ベトナム戦争だって任期が終わったら帰れた。
それにカリスマ司令官の下で俺たちは歴史作ってるんだぜー的な高揚感もあったと
小説にあったような気がするけど今手元にないから確認できない。
少なくとも連戦連勝だったわけで、士気は高かったと思う。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 11:58:25.49
>>47
それにカリスマ司令官の下で俺たちは歴史作ってるんだぜー的な高揚感もあったと

 そうそして連勝してる間は望郷の念とかは覆い隠されてるが、後方遮断とかされ
てひとたびそれに火がつけば士気崩壊する危険とかなんとか言われてたね。

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 12:06:11.75
なぜかこのスレは帝国派が多いが
読者がみんなラインハルト君、目的達成よかったねなのか
軍事政権&専制君主なんだけど賛成派?

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 12:30:13.55
単純に、同盟の駄目駄目さが半端ないからだろう
あれは度し難い

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 12:30:40.69
「何とかなってほしいが何となりようもない」状況が一変したんだからおk

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 12:46:15.10
>>49
物語が「ラインハルト君、目的達成よかったね」っていう終わり方で、それで人気が出て
読者に受け入れられてるのだから、一般的に帝国派が多いと思われ。
同盟も一応生き残って、話が終わった後の希望も残されてるわけだし。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 12:59:18.82
同盟は勝手に自滅した。ヤンも目的よりも自分のポリシー優先したのが災いして大勢巻き込んで勝手に死んだ。
残念だったね、でも自業自得だよね。そんだけ。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 13:42:50.24
苦難を乗り越えて、大業をなしとげた主人公に読者が
共感するのはわかりやすい たいていのドラマ小説はそうだろう
見方をかえて、ラインハルトが悪辣な独裁者役ならここまで人気がでないだろ。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 13:58:22.37
大半の読者は本当に主人公が正義なのかを深く考えたりしないと思う
桃太郎読んで鬼は退治されるほどの悪なのか考える奴はいない

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 13:59:06.32
だな。
「軍事政権&専制君主だから後味悪い!」って思ってる人がいるかもしれないと
考えること自体けっこう変わり者

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 14:08:24.85
穿った見方をすればラインハルトは下級貴族の身を出世させてくれた大恩あるゴ朝を滅ぼした簒奪者とも言える
姉も陛下の厚意を裏切って弟の跋扈を許した傾国の悪女になる

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 14:10:00.78
「泣いた赤鬼」とか読むと、日本人は昔から絶対悪など信奉してなかったんだろ

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 14:14:43.76
言っておくが泣いた赤鬼は近代に書かれた話だぞ

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 14:18:40.50
>>57
別に穿った見方をしなくてもそとおりだよ もっと言えば親友を犠牲にして
自治領と隣国を征服した大悪人 だけどそれがどうかした?

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 14:26:39.98
そとおり?

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 14:37:03.09
>>61 失礼しました そのとおり です。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 14:40:16.45
大悪人は主観入ってるから 違うだろ・・・

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 15:19:34.31
人類社会が平和に幸せになったのか気にならないものかな
俺は知りたいんだよね。だから想像して、その後を妄想しちゃう
いつまでロ帝国がもつのか、どうすればロ帝国が長生きするのか
歴史の繰り返しで国民は民主化を望むのではないかと
最後の終わらせ方がどうも煮え切らないというか
作者批判したくないけど、書かない宣言してるのに
延長戦を見据えた匂いプンプンだったからさ
ギャラクシーヒーローENDEにしてはスッキリしない
個人的な感想だし、人それぞれだから許してね
何度か読んだけどユリアンが仮御所から散歩するあたりで
読むのやめちゃうんだ。最後まで読んだのは1回だけだった

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 15:23:12.43
>>64
それ言い出したら終われないだろw
ビッグクランチで宇宙消滅まで書かせる気か

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 16:29:24.41
>>43
国家間の全面戦争を完全に終わらしただけで経済的にかなり好転していると思う
徴兵制も多分かなり緩まるし、双方の経済交流は深まるし

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 17:02:11.49
国家間の戦争終わった後も、皇帝の趣味?で戦争続けたからねえ。あのときは
さすがに内心、勘弁してくれと思ってた兵士は多いだろね。
今後は双方の経済活動って、片方は滅亡して事実上単一国家になったんじゃなかったっけ?
まあ各惑星間での交流は再開されるだろうけど。軍需物資の特需はなくなるからそれに代わる
もの目端の利く商人はすぐに見つけるんだろね。

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 17:28:50.32
>>67
>国家間の戦争終わった後も、皇帝の趣味?で戦争続けたからねえ
帝國の立場では、同盟は終わった瞬間を除いて「辺境の叛徒」でしかなかったから、形式として
は「国家間の戦争」は行われていないし、どれほど小勢力になろうと叛乱勢力として存在してい
た以上、帝國という政体の統治上の性質から、継続はされなければならない。本質的には変わっ
てないから「国家間の戦争終わった]は読者視点であり、あの世界の人間にはたいして意味の
ない区切りでしかない。
他の手段もあったのは事実だが、武断は覇権王朝・ロ朝の性質でもあるし、そちらに傾くのは
仕方ない。脅威があり、軍部でも軍縮を見据えた駆け込み風潮があるのだから、ガス抜きも
考えなければならない―「平和の配当」路線に切り替えるにはまだちっと早い。
趣味と言うなら、継続したことより、あんな形で終わったことを言うべきだろう。
というか、読者視点ならまずヤン一党を責めるべきだろう。バーミリオン終わった瞬間から、国
家から離れて第二ラウンドやる気満々てテロリスト思考全開だったのだから。

>今後は双方の経済活動って、片方は滅亡して事実上単一国家になったんじゃなかったっけ?
征服され、併合されたが、国民意識はそう変わってないから、「単一国家になった」というのは、
単に行政上の形式でしかない。フェザーンへの遷都によって「辺境」感は薄れたろうが、旧帝國
領から見れば、新領土は回廊の向こうにある「旧同盟領」でしかないだろう―逆もまた然り。
何十年かは変わらないから、その間は独立性の高い地域「双方」の交流と感じだろうね。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 17:31:20.39
>>64
お前は「人類は永遠に平和で幸せに暮らしました。おしまい」という一言がないと納得できないのかwww

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 17:56:19.18
戦後の旧同盟の諸惑星についてはどうなるかな
正直 あれだけの戦争して負けたからインフレになっても
おかしくないんだけどね
マーシャル・プランみたいに帝国が援助して旧同盟を経済的に支配するかな

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 18:30:25.84
>>59
おお、それは知らなんだ。
えっ、1965年て近代どころか昭和それも戦後じゃん。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 18:53:54.91
>>70
「第二のフェザーンたらしめる必要はない」と言ってるし、経済的な支配は当然だろう。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 19:25:11.60
ハードにやるか、ソフトにやるか かな
通貨統合するんだったら金融政策も注意しないと
同盟の借金肩代わりして反乱されたらイヤだろう。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 19:56:28.97
>>73
肩代わりも何もフェザーンも併合しているから、債権はみんな握ってる。それカタに吸い上げる
だけだ。賠償金もあるしな。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 20:29:53.13
あれは完全滅亡する前だから、安全保障税なるもの出せって和約結んだけど
完全滅亡したら、そんなもんなしになるんじゃないの

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 20:40:45.59
まだ 1回も払っていなかったりして・・・・・・・・。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 20:48:57.10
>>68
そりゃ建前でしょ
実質的には同盟征服時点で大規模な軍事行動の必要はなくなってるよ
イゼルローンなんて封鎖すりゃいいだけだし

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 20:57:26.21
>>76
バーラトの和約から冬バラ庭園の勅令まで、半年程度だからな・・・・
一回も払ってないかもねw

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 21:01:10.07
>>77
イゼルローン封鎖論はどうかな 軍事的希望の象徴として長期的に
同盟全土で抵抗運動が続くと思う。
それなら、帝国軍が唯一の軍事的な存在となるようにするべきでは。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 21:11:25.43
>>79
潰すなら潰すでもっと効率のいいやり方がある気がする
帝国から適当な要塞運んで撃ち合いさせるだけでおしまいだし
趣味とまではいかなくてもラインハルトがやりたかっただけなんじゃねあれ
作中でもヒルダなんかが結構疑問視してるし

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 21:18:46.02
じゃあなにか
銀英はヤンかラインハルト
同盟か帝国のどちらかに肩入れしない読者は読むなって事か

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 21:21:45.93
移動要塞か あれは凄い技術だと思うな 安全な場所で作って
敵の目前に移動する。国内の要塞の再配置にも利用できる。

汚職さえしていなければ、シャフトは元帥になってもおかしくないんじゃない

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 21:27:17.50
>>82
その辺はラインハルトの趣味でシカトされた感があるねw
ラグナロックに要塞持ってけば補給拠点としても役に立っただろうし

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 21:33:29.79
シュタインメッツって幕僚総監だけどそんなに参謀的な働きしたことないよね

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/01(月) 22:09:36.51
スターウォーズも見方を変えれば民主的に選ばれた皇帝と民主的に成立した帝国を
反乱分子と選挙で選ばれたわけでもないなんかの試験で選ばれたわけでもないジェダイの騎士の息子ってだけの男が
クーデター起こして潰したって話しだしなw

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 00:46:41.82
>>35
そのクーデターをやれる地位にまで昇進して勢力持たないとダメでしょ

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 01:07:56.83
>>84
実質的な就任前に戦死しちゃったもん。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 01:26:19.80
>>83
あの要塞の航行速度はどのくらいなんだろうな。
あまりにも遅いとかえって作戦行動を阻害する要因になりそう。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 03:27:54.41
三月十七日 ワープテスト成功(オーディン近くまで)
四月一〇日 イゼルローン回廊で哨戒部隊と接触
四月一四日 戦闘開始(少なくとも)

艦艇と数百万人分の物資の搬入が数日で済むとは到底思えないが、ガイエに数日で搭載して移動を開始しても
二,三週間でオーディン付近からイゼルローンに到達している。
ワープアウトから戦闘開始までの日数を見ても十分過ぎる性能かと。

思うに、性能差にばらつきのある各種艦艇を移動させるよりも遥かに効率的なのではないかな

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 03:49:33.73
>>85
シス、ダークサイドを公表して
ジェダイの仇だよ〜んで民主的に選ばれたなら良しとしてあげるよ
通商連合の紛争やクローン戦争を陰で操って故意に勃発させたのは
僕だよ〜んと公表して皇帝に即位したなら認めるよ

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 04:57:10.93
巨砲なし、要塞、防御能力なしでも移動輸送基地として
1〜2個艦隊と補給物資を運ぶ箱としていくつか建造してもいいな
破壊されても安上がりなら、いたしかゆしないし
艦隊だけで帰還でできるし駆逐艦や小型艦の乗員にはストレスが軽減されるよね

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 07:25:10.90
>>91
その機動輸送基地のワープエンジンが複数個必須の場合、同期に失敗すると
1個艦隊丸々異空間の彼方に飛ばされるか宇宙の塵と化してしまう。

その危険性と信頼性の観点から実用化はムリの可能性が高い。

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 10:24:09.30
ワープイン、ワープアウトって失敗することあるのかな
「報告します。15000隻中、3隻ワープ失敗。消失しました。」
なんてさ

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 10:56:30.32
消失というか、違う場所に出ちゃうんだろ

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 11:55:18.21
恒星のような大質量の近くでワープすると二度と帰れぬ世界に旅立てるそうだね。
それとは別にワープのたびに脱落艦が出てとか強行軍のときは表現されてるけど
あれはどういうことかいな?

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 11:58:54.31
艦によってワープ可能距離が違う
連続ワープ可能かどうか(ワープの間隔をどの程度開ける必要があるか)
この辺で差が出るんだろうと解釈してる

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 12:00:56.74
強行軍で脱落がワープ失敗だとしたら指揮官はともかく兵が納得しないだろ
失敗は事実上の死なんだから
ついてこれないだけと考えるのが普通

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 12:06:10.20
失敗覚悟のワープはよほどのことがない限りやらないようだし
脱落の原因はそれ以外だろう。
単なる機械のトラブルでも強行軍時にはまってられないとか。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 12:08:57.61
>>97
そのついていけないってのの考察だが、ワープ時損傷してワープ不能?
ワープの計算が遅くて遅れる? 上にもあるけど違うとこに出て迷子?
ってあたりかな。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 12:12:14.47
単純にワープ機器が連続使用で故障したりして脱落しちゃうんじゃないのかな。
強行軍の時は十分なメンテナンス期間がないまま次のワープをしなくちゃならなかったり。
イメージとして、秀吉の中国大返しとかの途中で怪我して行軍から脱落しちゃう兵士がいたって感じ。
艦ごとの性能差で・・・って話なら「脱落」って言葉は使わないような気がする。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 12:15:52.01
昔で言えば騎馬隊だけ先行して歩兵は後からでいい、みたいな

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 12:19:04.28
>>101
それは騎馬隊が先行っていう言い方になって、歩兵が脱落とは言わないんじゃないだろうか。
日本語的には、本来ついて行けるはずのモノが何らかの事情でついて行けなくなるから「脱落」。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 12:39:43.53
>>102
そう艦種の性能の違いとかでなら脱落とは言わないからなんか不具合が発生だろうね。
どんな不具合?それは書いてないから各自で想像するしかないなあ。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 12:49:19.44
>>93

 キルヒアイス艦隊の急行動を見て、その進行方向に居あわせた同盟軍の戦艦がパニックに襲
 われ、大質量のちかくであるにもかかわらず、跳躍(ワープ)したのである。

  必ずしも珍しいことではなかった。逃走不可能を知った宇宙船が、確実な死より未知の恐怖
 を選んで、進路の算定も不可能なまま亜空間(サブ・スペース)へ逃げこんでしまうのだ。逃走ができぬとあれば、
 降伏という方法もあり、その意思を示す信号も定められているのだが、逆上した者は、それに
 気づかない。亜空間に逃げこんだ人々がどのような運命に迎えられたか、それは死後の世界に
 ついて定説がないのと同様、誰も知らなかった。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 13:20:26.41
つまり大質量の近くでは進路の算定が出来ないからまとまなワープが出来ないらしいね。
もっとも強行軍による脱落とは違うが。ワープのたびに進路の算定が必要らしいが、これ
も艦種とかで計算能力は決まってるだろうからこの計算速度の差は関係ないよねえ。
上のキルヒアイス艦隊は恒星近くのため通常航法の計算を筆算でやったらしいがまさか
ワープの計算も各艦の航法担当者の計算力の差で差がつくってことはあるまいしね。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 13:50:38.58
>>77
国家には建前が重要なんだが?

>大規模な軍事行動の必要はなくなってるよ
基本的に早期に片をつけたい。地の利がある難攻不落の要塞、不敗の名将相手なら、必要十
分なだけの戦力でちまちまやるのは、泥沼化一直線。いつぞやの「せんりょくのちくじとうにゅう
のぐ」クンじゃないが、バーミリオンを教訓にすれば、相手は逃げようがないのだから、今度は
大軍で一気に揉み潰すのが戦略的には正解―それが向かない回廊って条件が戦術レベルで
のハードルを上げたが。
それがムダに長引いたのはヤンの暗殺で、停戦の前提となる「信用」が崩れたのだから、これ
はもうどうしようもない。その後はほぼ封じ込め・放置方針なのだから、「イゼルローンなんて封鎖
すりゃいいだけだし 」はなされている―何が不満なんだ? 

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 13:54:44.30
担当者かそれともコンピューターの能力か、あるいは0.00何度とかいう細かい角度の違いかで
ワープアウトする位置が微妙にずれるとか?
周辺の質量で結果が左右されるなら、同じ能力の艦でも、艦隊の中心にいるか周辺部にいるかで
ワープアウト先が変わってくるだろうな。

普段なら、少々ばらけた位置に出てきた艦隊を時間をかけて集合してから再ワープするんだけど、
急ぐときはまとまらなくても旗艦の近くにいる少数の艦だけで次のワープを行ってしまう、とか。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 13:57:42.41
>>80
適当な要塞と言うが、ガイエはたまたま空いていた要塞ベースという条件があってこそ成立した
ものだが?
あの規模の要塞がそうほいほい空く、建造できるほどの余裕があるなら、大艦隊送っても負担
はたいして変わらないだろ。
ガイエの敗戦で、あのタイプの移動要塞には致命的な欠陥があるが判明したのだし、その点の
改良がなされるまで同じことは行われないだろうな。その改良も要塞が空いてなければ、案以上
には進められないから、なされるアテはなさそうだ。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 21:08:30.76
>>107
周辺の重力場の詳細をどれだけ精度高く計測して、ワープ計算にどう補正入れるかの名人芸
がまだまだ必要なんだろうな。機械化はされているが、それにはフェザーンの航路データみたい
な膨大な基礎データが必要な上に、軍隊のように航路以外での行動が多くなるとそれだけで
は間に合わない、と。
そのちょっとの差が転移位置がズレたり、重力分布とかでフィードバックが増幅されて機関の
負担になると。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/02(火) 21:16:42.39
>>107
内乱後のオーディン強襲とバーミリオン会戦のミュラーの救援が
まさにそれでは

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 00:45:00.60
>>106
つーか攻め込んだのは要するにヤンがいたからでいなくなったからやる気が削がれただけだろあれ

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 06:18:13.62
オーディンでもハイネセンでも目的地に
ベイオウルフが最初に到着するとは限らないよね
急げー!といいながら旗艦より何十分か何時間か先に到着して
およよ、どーしよーなんてオチは日常茶飯時だろうな

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 07:47:23.38
>112
頭の悪さを露呈しているぞ
「日常茶飯事」なら対応方法は周知されており、「どーしよー」なんてことにはならん

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 08:15:35.50
日本人がみな頭いいとは限らない。
銀英伝読者がみな頭いいとは限らない。
2ちゃねらーがみな頭いいとは限らない。
普段から中二小説とバカにされてんのに読者が頭よいとは限らない
もし112が小学生だったらどうする
頭ごなしに頭悪い言うたらあかんで
かわいそうだろ
頭悪い発言するなら頭いいねー発言もせなあかんのだぞ
しないんだろ?自分より頭いい奴なんていないと思い込んでんだろ?

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 09:13:23.48
卿の考えはそれでよいが口に出すのは慎めよ
シュトライトやファーレンハイトのような生き方もあるし
それは誰からも非難されるべきことではない
と言うことだ・・・ってセリフ思い出した

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 09:42:13.81
結論: 口数の多い奴はウザい

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 10:02:59.67
ポプラン「女を落とすには口数の多さもひつようだぜ」

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 10:03:03.35
蛇足なんだよ。必要ないんだよ。
ばか、あほ、頭わるいを
枕詞化して平然と使う人さん江。
頭いいんだから使うなや。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 10:22:36.42
銀英世界で最大の船ってなんだろう
タンカーやコンテナ船や資源運搬船とか
サイズはどれくらいなんだろう
アニメ設定でもいいけど

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 10:39:27.30
他者をさげすむことで、自分は偉いと思いこむ。か
シトレのセリフはほんと名言だな。

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 10:44:33.62
神なき時代はたいていそういうことになるよ

気に喰わない奴が自分より偉いとか許せない

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 11:04:56.90
>>119
輸送艦ジャネーノ
http://blog-imgs-27.fc2.com/a/m/e/amelia066/ginnei01.jpg

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 11:12:11.10
デカイがいまいち小さいな。ジャネーノには笑った
トリアエーズのような艦名かとおもたよ。
つうか輸送軍艦が最大ではどうも納得が・・
10kmくらいのないんかね
ワープエンジンのギリ線なのかな

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 12:43:52.32
>>123
ウィキペより
同盟の主力輸送艦は旗艦級戦艦よりも遥かに大き全長2000mを超え、
その巨体ゆえにワープ時に周囲に与える影響が大きいためにワープに
関して細かな規定がある。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 12:44:57.49
>>119
エンジン付けたガイエスブルクは「船」と呼んでも差し支えないと思う。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 12:56:01.56
画像みるとワープはコンテナ曳航でもできるみたいだが
要塞をエンジン12個同期させるくらいなら
タグボートなり戦艦数隻でワープエンジンを同期させられないんかな
させられないとしたらワープアウトの位置や場所が
バランバランてことだよね

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 13:03:40.38
ごめん画像を見間違えたみたい
ブリュンヒルトがコンテナを引っ張ってるように見えた
多分、コンテナの曳航ワープはできないんだよね

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 13:09:22.31
>>123
トリアエーズって初耳だからググったらガンネタか…
USSタスカルーサCA-37は実在したが

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 13:10:37.55
>>126
コンテナじゃねーよ
同盟と帝国の輸送艦、比較用のブリュンヒルトだろww

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 14:02:33.11
>>119
アニメの設定上だと、どっちも輸送艦が最大級だな。
コンナテ部だけの差し渡しが、一キロ越える旗艦級余裕で二隻くらい。
あと、バーミリオンで小惑星引っ張ってた工作艦が意外にでかくて驚いた。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 14:15:42.06
工作艦は、駆逐艦を胴体に挟み込めるくらい大きいよ
なんといっても宇宙空間で艦の修復するし

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 14:28:20.04
ワープエンジン修復不可能の場合、退艦して戦域に廃棄、捨てるのかな
その場合、撃沈損害数にカウントされるのか
それとも意外と簡単に直せて帰還できるのかね
船体に穴が開いていてもワープ航行には問題なさそうではあるが

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 15:13:27.98
>>132
そうなったら昔でいえば自沈、爆破破棄だね。当然損失数のうちでしょう。
治せるのが容易かどうかは誰にもわからないわね。
ロイエン旗艦の場合、損傷しててワープしたら振動がひどくて彼の傷口がまた開いたとある。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 18:47:39.71
アニメでの描写では三次元のレーダーあるにはあるようだけど
メインはほとんど二次元のレーダー
上下左右の客観的概念のない宇宙空間で役にたつのだろうか

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 19:36:11.31
現在の航空管制レーダも表示画面は2次元だぞ。上下左右の概念とやらに関係なく方向と距離、ついでに目標の速度わかれば
大丈夫ですがな。

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 20:12:52.39
レーダーの機能とレーダー観測結果の表示機器の区別がついてない人がいるね。
あと、現在の(水上)艦船でも最大級なのはタンカーつまり(油の)輸送船だな。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/03(水) 23:34:23.53
>>119
>>125
イオン・ファゼカス号だろ。イゼルローン要塞より大きいぞ。

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 01:26:54.01
>>135
人間の目は所詮、周囲を2次元画像でしか把握してないからな。
(星界シリーズのアーヴみたく空識覚でもあれば話は別だが。)
一応、両眼を使って立体視はできるが、解像度ははるかに低いし。

どうしても3次元位置が知りたい場合も、方位角・仰角・距離で
表した方が直感的でわかりやすい。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 02:16:27.70
>>135
そりゃそもそも上下左右の共通認識があるからじゃね?
宇宙空間でそんな共通認識なんかないし

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 02:48:32.35
距離の遠近とかは二次元でやっちゃったほうがわかりやすそう。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 04:00:48.98
>>139
人間、上下左右の感覚から逃れることはできないし、同じ宇宙船に乗っていれば、宇宙船の推
進軸を基準に乗組員は共有座標軸が出来る。旗艦の座標軸を基準に隊列組めば艦隊で共有
できる。敵とは無理だが、あえて合わせる必要もないし、戦場内での位置基準となる星は恒星
系内ならどっちも同じだろうし、惑星の運行はどっちにも関係ない―限定的な「絶対基準」にな
るから、結局どちらもそうズレた座標を元に動くことにはならない。
さらに攻撃力を最大に集中させる&自分の投影面積を最小にし、被弾率を下げようとするなら、
双方とも敵を「前方」に捉えるのがもっとも効率がいい―どんな座標を基準に三次元機動をし
ようと「空中戦」とあまり変わらない形態に収斂していくだろう―実際には、艦隊同士では、ス
ケール的に速度も距離も変換されるし、後の取り合いのような機動をする運動性がないから、
もっと古い形の「隊列組んでヘッドオンで撃ち合いという形態に落ち着いた、と。
主兵装であるレーザーの性質から直線的な攻撃しか出来ないって都合もあるだろう(誘導可能
なミサイルやレールガンは距離、速度的に近距離しか役に立たない)。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 04:36:48.32
そういえば、銀河水準面って言葉が出て来なかったか?
アニメだけかな?

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 06:23:00.46
>>141
最後の
>誘導可能なミサイルやレールガンは距離、速度的に近距離しか役に立たない
は逆でしょ。戦闘距離が数光秒(ドーリア会戦では6.4光秒)とかでは誘導で
きないレーザーやビーム兵器は敵の未来位置の予測が難しい。
こういうときは誘導出来るミサイルの方が命中率は上がると思うね。

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 06:58:09.46
>143
ミサイルの速度はどのくらい?
ちなみに6.4光秒=約二百万キロ

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 07:52:28.91
一回整理したら?
単艦での最大船速
艦隊運動可能な最大船速
レールガン速度
ミサイル速度
ビーム・レーザーは光速か?
艦船・艦載機・各種兵器の速度をリストにできないものかな
おれわかんない

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 08:10:27.19
>145
んなもの設定されてないし、設定できない。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 09:08:34.60
通貨換算すらデタラメなのに軍事・科学考証なんか
ナメクジに空飛べってくらい無理ゲーだぞ、この作品

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 09:16:17.69
>>144
推測するしかないわけだけど、艦の方が光速の1.2%(星系内限界速度とか)から光速
の5%程度(アスターテ会戦時)出るようだからそれよりは遅いってことはないんじゃない
かな。で光速の5%として6.4光秒だと到達までに約2分くらいか。まあ昔の海戦の魚雷の
イメージかな。30ノット強の艦を36〜40ノットの魚雷で攻撃するみたいかんじだね。あれも
発射から数分から10分程度かかったからね。

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 09:34:15.86
>>147
まったくその通り

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 09:44:08.60
そしたら戦闘ネタはムリか
戦略、戦術はともかくさ
なになにで攻撃すればいいのに〜なんあかんね

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 09:48:48.36
中身は中国の軍記物だよ
それにスペオペ風スキンをかぶせてるだけ

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 09:54:31.68
そうだよね。確かに
刀、槍、矢で戦う古代の戦闘を機械に置き換えたんだもんね
だからミサイルが光速とかレールガンでドカーンとか考えてはいけないんでしょ?

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 12:59:20.15
考えたけりゃ考えればいいじゃん

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 13:11:55.38
すいません
レンタルDVD外伝って正しく
見る順番って?
1〜10とかになってないんで
あってるのか不安

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 13:42:52.18
元々外伝は時系列がバラバラなのであまり気にしなくても良いんじゃね?
発行順に見たいって言うのならwikipediaでも参考にしたら?

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 13:43:31.45
>>143
>敵の未来位置の予測が難しい。
難しいから、個々に狙うではなく隊列組んで弾幕を形成し、面(空間)制圧を前提にする。
さらに敵をキルゾーンに誘導する戦術、さらに有利な主導的状況を作り出す戦略が重要になる。
一対一戦闘の拡大を戦争と見ていてはダメだよ。

>こういうときは誘導出来るミサイルの方が命中率は上がると思うね。
既に指摘があるが、距離スケールと速度差を考えろ。
自律誘導にしても、軌道修正は無制限に出来るわけではないから最低限で済ますのは必須。
君の言う「敵の未来位置の予測が難しい」ってハードルはこちらも原則変わらない上に足が決
定的に遅い。正確さが上がっても回避も可能なレベルでは±0だ。だから、誘導できる長所は
回避余裕のない「近距離」に限られる。常識的にまずロングレンジから始まることを考えれば、
そのスケールにあった速度を持つレーザーの有利は崩れない。
これ以上は、↑に書いたような戦術以上の次元の問題だ。

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 14:27:08.29
>>156
おいおい。レーザーは撃ったらすぐ命中するとでも思ってるんかいな。それこそスケール
考えろよ。3光秒てのは光の速さでも3秒かかるんだよ、念のため。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 14:44:34.25
そもそも146の言うように艦の速度はともかくミサイル等の性能や速度全く不明なのに
誰にもわからないこと断言してもしょうがないな。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 15:27:03.35
>>157
アホ、前段理解できないか?
越えられないスケール問題があるから、その三秒の壁は戦術でカバーするんじゃないか。

>>158
物理法則の壁ってもんがあるから、大雑把に「ここまで」と断言できる線はある。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 15:37:49.61
あの皇帝はラインハルトの謀反気をわかっていながら後押しした感じがあるからなぁ

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 17:36:57.73
>>159
この作品は今の科学では考えられない、三美神が確率されてる世界だろ、それに現在の物理法則云々では。。。
光速を超えてるのはおかしいって断言できるのは確かだな。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 17:58:06.57
>>159
>その三秒の壁は戦術でカバー
ビッテン艦隊がウランフ艦隊包囲したとき、撃てばあたるぞとか言ってたが
ああいう包囲して回避行動を取りにくくするってのはそういう戦術なのかな。
ただ、レーザーの場合はほぼ光速で進むんだから接近すればするほど回避は
難しくなるからやはり接近戦での効果が一番だな。
反対にミサイルは近すぎると誘導機能が働きにくいって可能性は、ま今の技術
ではあり得るがこの世界ではなんとも。まあまずは長距離で使用するのにはミ
サイルの方がよさそうだね。具体的には艦艇の回避性能(この時代でも囮放出
して誘導機能をそらそうとしてたけど)が明記されてないから効果は不明だけ
どな。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 18:33:21.15
艦艇、兵器の設定はない
推測するしかない
考えたい奴は考えればいい
なら
仮想の性能を前提に作り上げておかないと、話がちぐはぐになる
考察推測して仮定の諸元性能を設定したおいたらどうよ

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 18:38:18.11
1、2巻では艦隊行動の速度は148のように書いてはあるけどね。もっとも以後の戦闘でもこれが前提になってるのかどうかは作者にしかわからんけどね。

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 18:42:07.12
> 考察推測して仮定の諸元性能を設定したおいたらどうよ

「ぼくのかんがえたうちゅうかんたい」はココでやらないでください

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 18:48:31.57
>>161
その三美神とやらがどれほど影響を与えているか―SFとして面白いところをほぼスルーしてい
るからなぁ。
根本的に現実の物理法則が通用しないほど変わっているなら、戦闘の形態も根本から変わっ
ているだろう。『レンズマン』なんかは宇宙スケールを日常スケールに落し込む一方で、「慣性
の中和」で根本的なところから変わっている戦闘を描いている。
対して、こちらはそういう意識はまったくないなw ご都合ツール以上じゃない。描写だけで言う
なら、現在の物理法則がそれなりに効いているとしか思えない。少なくとも魔法のように常識が
ひっくり返る世界でもないし、そんなのを描く意志もない作品だ(SFとしてはクソで、スペオペ()と
しか評されない理由でもある)。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 19:34:27.95
ま、作者が描きたかったのは、そういうハードではなく人間ドラマだったと。
単に舞台が宇宙の。。。。え、そんなことみんなわかってるって、すみません。

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 20:21:24.51
三美神なんてよく覚えていたな。
序章を読み直してみて思ったけど、人類の種としてのバイオリズムは
この後どうなるんだろうな?

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 20:24:42.26
「老」年期の終わりで、全人類が地球に戻る。

なんてこった、地球教大勝利か!

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 21:24:08.29
バイオリズム自体が疑似科学もいいとこなんだが・・・・・・・・。
人間同士で殺しあわない限り際限なく増えていくのかもww

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 21:40:45.99
戦略や戦術の話は伸びる
技術的なことや地球教の話は伸びない

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 21:52:17.90
>>159
物理法則の壁もあってないようなもんだろw
ワープがあるんだぜ

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 21:52:19.71
・自由に考えてやっていいと寛容な人がいる
一方で
・ぼくのかんがえたうちゅうかんたいはココでやるな
と双極意見の自治さん2人がいるので
戦闘ネタは止められてしまうんですよ
だから兵器や戦闘方法抜きで戦術、戦略、指揮、司令をネタにしないと
怒られますよ

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 21:58:33.53
そして他人をアホだ馬鹿だ連呼するフォークさんが登場するわけか。

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:08:31.39
ガイエスブルグをイゼルローンの牽制に派遣したとか力説してる人を見たときはちょっと笑ったなぁ

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:10:56.04
>>172
三美神とかが実用化されてる世界なのに妙に今の物理法則や、ちょっと前は熱の話で
絶対おかしいとか言ってる人いたね。そりゃ光速を超えてる時点で絶対おかしいよな。
反対に超光速実現してる世界なのに出血多量で人が死ぬのはおかしいとか言ってる人
もいたなあ。どういう作品世界観持ってもいいけど自分の考えのみが絶対正しいって
押しつけるのはご勘弁を。

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:19:39.77
三美神ってなんじゃい

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:26:05.07
いわゆる世界の三大珍味とか、三大遺跡とかそういうもんだよ。もとになった神さんの名前までは思い出せないけど。
ビーナスは入ってるんだろね。日本じゃ三種の神器って言い方の方が一般的かな。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:30:33.23
そういや何でイゼルローン回廊で要塞を無視した短距離ワープとかできないんだろな

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:31:45.41
美神ルナ
美神さゆり
美神あおい

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:35:45.03
そういえば、イゼルローン要塞の建造と設置を阻止できない
当時の同盟戦力はどれくらいだったんだろうな
工作でも砲撃でも邪魔したのかな

コレボクノカンガエタカンタイセンリョクになる?

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:37:49.72
>>179
それ以前に回廊内の航行自体が謎。
距離的に普通にワープしているはずだが……短距離ワープとかって問題じゃない。

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:39:32.31
>>179
原作者も忘れ去ってた設定だが、
・ イゼルローン回廊を囲む暗礁領域は、巨星や変光星などの重力異常により構成されている。(1巻)
・ 大質量星近くでワープすると亜空間に飛ばされて行方不明に。(同じく1巻)

イゼルローン回廊は一応通常航行は可能だが、暗礁領域が近く重力異常の影響が
無視できないので、ワープは不可だと思われる。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:39:38.16
>>178
何の説明にもなってないぞ

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:42:35.05
>>182
長さも不明じゃなかったっけ?回廊内ではワープ出来ないって設定が一般通説だとは思うが。
その場合も要塞が味方だとして回廊の端から端まで航行するのにどれだけ時間かかりかとかもね。
ワーレンが策にかかったときに要塞まで戻る距離と時間が出てたけど、他の宙域では光速の5%
とか出せるのにすごい遅かったから、通常航行にも色々制限がある場所なんだろ。
1巻で障害については色々書いてあったはず。

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:46:04.93
>>183
しかしそれだと182のいうように距離的に通過には異常な時間がかかることになる
というかガイエがイゼルローン近くまでワープしてきるしワープ自体は問題ないんじゃね?
イゼルローンがワープを妨害する怪電波でも発してるのか要塞それ自体がワープに邪魔なのか

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:46:44.42
>>184
確か、ビーナスとアフロデーテ?と後なんだっけ? まじめに答えればそこから
何かについて重要な3項目の代名詞として使われますな。
作品では宇宙航行における三美神として出てくる。まあ日本人としは昭和の電化製品
のように宇宙航行における三種の神器と書いてほしかったな。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:50:51.07
ワープ可能な最長距離よりイゼルローン回廊が長くないと
回廊跨いでワープすればいい話になるから、かなり長いんでは

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:50:51.97
>>187
普通に重力慣性制御にワープって書いてやれよw

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:51:19.17
>>187
ようやく分かった。
> 人類をして恒星間飛行を可能ならしめた三美神――亜空間跳躍航法と重力制御と慣性制御の技術
か。

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:51:44.25
>>189
本当だよ

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:52:18.07
ずーっと、ずーっと、遥か昔に
ハイネセン・オーディン間やイゼ回廊、フェザ回廊の距離を
作中の日数、ワープや通常航行の速度などを加味して
計算したら、反論や計算間違いとか意見もなく
無条件に罵声で大総括。
宇宙空間に関する数字や距離や速度は出してはならないという
暗黙禁忌ルールがあるので注意して

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 22:58:04.66
>>188
その設定で回廊内でワープ不可だと、回廊通過する前に人類が滅んでる可能性もあるよなあ。
確かにヤンが、決定的な新技術となりうるのは1万光年規模のワープだとか述懐してたが。
これだとオーディンからいきなりハイネセン上空に大艦隊が出現するそうだが。
まあ、192さんの言うとうりではある。整合性はまず見いだせないな。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 23:17:08.75
>>188,193
暗礁領域そのものが亜空間に悪影響を与えてワープを不可能にしていると仮定すれば、
イゼルローン回廊がワープ距離よりも短くてもイゼルローン回廊を跨いだワープは
不可能と言える。

それはともかく、イゼルローン、フェザーン両回廊を通過しない場合、銀河外縁を
延々と迂回しなければならないそうだから(ユリアン談)、1万光年単位の長々距離
ワープは必須条件になる。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 23:26:20.97
>>161>>176
物理学はお前らが考えているよりもずっと凄いものだよ。
ttp://gigazine.net/news/20120918-warp-drive/

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 23:37:06.87
イゼルローン回廊ではワープ可能かワープ不可能かの all or nothing で考えるからいけない。
ワープ不可能な暗礁領域の中にワープ可能な(正確にはワープインとワープアウトが可能な)
領域が飛び石のように点在していると考えればいい。これなら、飛び石伝いにワープして進める。
ただし、ワープして進んで行っても、大抵の場合はどっかで袋小路(それより先にワープアウトが
可能な領域が存在しない)に至ってしまう。だが、唯2ルートだけ向こうへ抜けられるルートがある。
それが、イゼルローン回廊とフェザーン回廊。

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 23:46:40.58
イゼルローン要塞の建造と設置時に同盟軍は何をしていたのか教えてください

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 23:52:45.50
>>197
730年マフィアがもうろくしていた。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/04(木) 23:57:11.89
>>195
アルクビエールのはワープじゃねーぞ、銀河鉄道に近い。
コレに必要な「負のエネルギー」がありゃワープもタイムトラベルも可能だが。
夢物語のレベル。

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 00:01:58.50
つまりイゼルローン建造中は同盟諜報員や工作員がラリってた
麻薬、覚醒剤、ヘロインが蔓延していたと?

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 00:02:13.24
>>186
ガイエがワープアウトしたのが回廊外縁だとしたら何もおかしくなくね?

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 00:06:57.01
>>199
その「負のエネルギー」を作り出すのに必要な(正の)エネルギーが、
ボイジャー1号ぐらいの質量エネルギーで済むって話だよ。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 00:10:42.61
反物質は現代の量子宇宙論に存在するだろうと予測されてる物質だっけ?

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 00:13:40.00
>>197
第2次ティアマト会戦における帝国軍の圧倒的な敗北により
帝国と同盟のパワーバランスが崩れることを恐れたフェザーンが
同盟に対し徹底的な情報封鎖を行ってイゼルローン要塞の
存在を隠した。

……とか妄想してみた。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 00:23:27.82
>>195
懐かしい記事だが机上の空論の域を出ないよ
つかgigazineソースw

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 00:25:45.52
フェザーンならバランス保つために
イゼルローン作ってる間に
同盟の艦隊制御システムに致命的な欠陥がある与太話を作り出し信じさせそうね
対策してる合間にイゼルローンの突貫工事完了

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 00:41:04.32
>>204-206
要塞建造担当者がとんでもない予算超過に自決しちゃったというくらいだから、帝國側は相応の
同盟軍対策と強引な超突貫工事をやったと思われ。
フェザーンの情報封鎖・操作くらいで済むなら、そんなに膨れ上がったとは考えにくい。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 01:29:37.50
ガサ入れで逮捕されそうになったのかな
特別背任か横領か
それとも過労ストレス自殺?
責任を自殺で解決する旧時代の慣習はいち早く直さないと・・・
失態は武人の恥だなんてさぁ
ローエングラムは禁止、変える気はなさそうだね

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 01:42:41.85
>>207
皇帝から自決を命じられるってどんな額だったんだろうな。

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 02:11:14.49
>>209
金かかりすぎたから罰として死ねは酷すぎるよなw
建設途中で同盟に壊されましたとか横領しまくってたとかじゃないんだし
地理的に難しい位置にあそこまで完璧なもん作り上げた手腕は相当のものがあったんだろうね
有能だから難癖付けられてとか政争の結果これを口実に処分されたとかかも

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 04:27:20.27
幼帝誘拐計画を事前に知っていた者や阻止しなかった者は
処罰しなくていいんだよね

帝国では要塞建設予算超過の方が重罰みたいだ
これは不文律、慣例だから仕方ないんだよなぁ

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 04:55:29.35
専制国家に何を期待してるの?

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 06:01:46.83
>>209
当初見積もりの数倍かかったと、どこかに書いてませんでしたっけ?

当時の皇帝オトフリート5世は超のつくドケチだから、怒り心頭だったのでしょう。

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 07:32:15.59
専制国家だからこそ、前例、儀式、習慣、文化が世間の規則、倫理となる
だから、
予算オーバー→自害
誘拐の教唆?共謀?→皇帝即位、昇進
との前例で以降の社会が成立していくんだよ

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 08:40:55.37
 U.C.0001、宇宙移民の開始が宣言され、新たな時代が始まろうとしていた。
 そんな折、改暦セレモニーが行われていた地球連邦政府首相官邸
 宇宙ステーション<ラプラス>が爆破テロにより粉々に砕け散る。
 貧困からテロに加わっていた青年サイアムは残骸の中である物を発見する。
 それは後に『ラプラスの箱』と呼ばれることになる禁忌の箱だった。
 『ラプラスの箱』を開けてはならない。
 それが何であるのか、知る者はほとんどいない。
 『箱』の秘密は、サイアムの元で眠り続けた−。

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 08:48:24.02
なにこれ?シリウス戦争かなんかなの?

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 08:58:11.90
ガンダムUCだな

サイアムってのは主人公のひいじいちゃん
『箱』の中身は別にたいしたもんじゃない

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 09:11:38.49
誤爆か
成績、売上が相当悪いんかな

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 09:52:32.94
BDアニメ部門オリコン年間売上1位やっちゅうねん

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 10:03:13.44
バンダイビジュアルが何枚で
オリコンが何枚?
そんで決算純益はいくらだったの?

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 10:14:42.77
今時UCなんて相手にされてないよ。こんなとこで談話しないでくれ

↑の方の奴も誤爆でなく無条件飽和攻撃
コピペをクラスターのようにばら蒔いてる

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 12:21:25.19
ワーレン提督。地球討伐の任に命ず

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 12:33:26.34
>>214
皇帝は前例や慣習を尊重しなくてはならないかもしれんが、
臣下がそれを建てに皇帝の意に反することをしても許されるわけじゃない。

頭でっかちさんには、そこがわからんのですよw

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 12:57:32.77
>>223
えー?とー?
誘拐計画を阻止しなかったのは皇帝の意にそった行動であったから。
だから実行させたと解釈しろと?
オレの頭の中がぱにぱにパニックなんだけど

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 13:10:25.81
予算超過した分を補うために建造する戦艦の数を水増しして、その分を要塞に流用したとか。

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 13:17:54.56
七号艦っすか

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 13:20:27.90
>>224
臣下が前例を楯に現皇帝の意に反することをしても許されるわけじゃない。

専制国家の正論だと思うが 只ルドルフみたいな始祖の前例はかなり強く
歴代皇帝を拘束していたみたいだけど

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 13:22:32.52
>>224
最高権力者の力には理屈が通用しないときがあるってことだろ。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 13:26:32.22
ユリアンのイゼルローン日記にあるけど、オトフリート5世は何度も建設中止を考えたってあるし
予算の見積もりが甘すぎたんだろ、でも結局かかった額が最初提示されたら
ドケチなオトフリート5世だと、建設許可を下さなかっただろうな

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 13:30:57.32
かつての八場ダムのようだ
岩手の地元ダムは作ったのに
有明海ギロチンはどーなっちまうのか

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 14:04:49.27
軍部はなんとしても要塞建設したかったけれども、オトフリート5世がケチすぎて
建設許可が下りない可能性大だから、わざと甘い計画出して許可もらった
でリューデリッツは犠牲になった、って事かもしれんw

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 15:05:48.98
帝国は最初イゼルローン要塞を建設することに反対だったくらいだから
なにがなんでもという感じで積極的に作ったわけでもなさそうだよね

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 15:10:53.09
なにがなんでもという感じじゃないものに莫大な予算は投じないだろう

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 15:15:32.99
あんなドデカイ人工建造物造るよりも
ガンダムみたいに小惑星をくり抜いて使う方が、安上がりで現実的だと思う

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 15:52:48.50
レンテンベルク

それで、その小惑星を何に使うん?

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 15:57:08.88
男の隠れ家だよ

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 16:03:54.57
それ、まさかと思うがが船体の先っぽから刀が出る船の持ち主では?

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 16:17:43.90
>>233
やむを得ず作ったものだから
予算超過のたびになんども建設中止になりそうになってた気がする

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 16:31:10.03
>>238
それはオトフリート5世はでしょ、オトフリート5世はお金貯めるのが趣味だったんだし
軍は作りたかったでしょ

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 16:52:17.99
>>238
一度始めたプロジェクトは、進めるよりも中止した方が損害が少ないと明白な場合でも
なかなか中止することはできないのだよ。
それを「コンコルド錯誤」という。
組織が硬直化すると、なおさらコンコルド錯誤に陥りやすい。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 17:03:51.21
ダゴン星域会戦の時に、ヘルベルト大公の叔父がイゼルローン要塞を作れと暗に要求して
皇帝フリードリヒ三世に拒否されてから、ずっと帝国軍は帝国の威信と軍の判断の板挟みになっていたんだろ

イゼルローン要塞がなかなか建設されなかったのは財政問題のことだけじゃない

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 17:09:27.94
イゼルローン要塞建造は当時はなかった「回廊封鎖」って防衛ドクトリンのための物だから、中
止するにしても、別に同等の防衛線構築システムは必要になる。
それすらもなしで、同盟軍による辺境侵攻を野放しにする有形無形の損害が要塞一つより少な
いとも思えないけどね。
安全保障は支配統治体制の根底だし、皇帝本人はともかく、帝國上層部総意としては建造推進
派が優勢だったんだろうねぇ。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 17:17:51.31
同盟側こそ要塞を造るべきだったのに
アッシュビーが「そんな金あるんだったら大艦隊つくろうぜ」
って言ってボツになったんだっけ

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 17:53:40.63
叛徒共ごときの対策のために要塞なんか
作りたくないという皇帝の威信という厄介

イゼルローンが陥落した時も帝国の威信がどうこうという話になったよね

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 18:19:44.38
>>244
皇帝個人って話でもないだろ。
帝國の威信て意味なら、誰もが持っていたろうし。
しかし、現実的対応と言うか、立場での優先順位、権益……温度差が各方面にあるてのはよく
ある話。特に財務中心の内政・行政官僚と軍部で対立するってのはお約束みたいものだ。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 18:41:52.11
同盟が要塞を作っても持ちこたえることができたかな?

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 19:10:53.07
>>246
帝國側が同様に奪取して使いたいって貧乏くさい色気出さなきゃ、早期に揉み潰す決断する
可能性もあるな。
国内の一本化次第だが、投入できる戦力は上回る可能性は高いから、あっさり逝くかも。

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 19:22:21.03
同盟が軍事防衛拠点作る場合、巨大有人ステーションじゃなく、
無尽蔵のアルテミスの首飾りてーのはどうだ?

これなら隗より始めて、年々強化できるぞww

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 19:29:48.58
無尽蔵はともかく、ある程度の数で回廊の入り口を首飾りで埋めるか

ヤンのように氷塊で潰すという発想が出来なければ回廊は
帝国軍の死者で舗装されるかもな

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 19:31:31.45
>>234
月軌道前後でチマチマやってる世界の技術をこっちに当てはめてもなぁw
せめてワープできるようになってから出直して来い、としか。

イゼルローン様な立地の要塞は、独立性が高くないと簡単に干上がる。
それを確保しようとすれば戦闘継続力を支える自給自足能力他あれこれが必要と膨れ上がる。
それを賄えるサイズの小惑星くり貫くのも大仕事になる。設備置いて、装甲すれば結局、小惑星
は芯程度にしかならないだろう―なら、動力や主要システムを核に完全人工物の方が融通利い
て、コストパフォーマンスはよくなる。建造もブロック工法を取り入れられるから、短期にできるし。
レンテンブルグとかは、ガイエスブルグの支城的運用を前提にしたから、あの規模で済んでい
たのかもしれない。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 19:34:32.53
>>248
有効ではありそうだが、「拠点」にはならないだろ。
エル・ファシル辺りの拠点化が必要だな。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 19:54:01.58
>>240
その「コンコルド錯誤」という言葉、検索しても某クソゲー紹介ブログとその書籍版くらいしか
出てこないんだよな。
一応、何かの書籍からの引用ということにはなっているらしいが、かなりマイナーであることは
間違いなく、少なくとも経営学などの分野で有名な言葉ではないらしい。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 19:55:39.34
>>215
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1363071558/771-773

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 20:05:30.04
>>252
今見てみたら、「コンコルド効果」って言葉の方が一般的みたいね。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/05(金) 21:46:04.06
要するに大艦隊率いる提督より要塞の司令官のほうが偉くないとおかしいよね

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 01:57:24.96
>>249
前評判はすごいって書かれてるけど結局首飾りはヤンの前に何も出来ずに破壊されちゃったからねえ。
実際にはどの程度の戦力だったのか? まあ不憫に思った?アニメでは活躍の場を無理やり作ってた
けど。(ついでに言えばキルヒアイスと指向性ゼッフル粒子が深いかかわりあったとするアニメ設定
もなかなか個人的には言いと思ったけどね。後のアムリッツアでの使用も彼の得意の戦法が出たって
ことになるわけで。)

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 02:33:38.56
本当に役に立つ自律攻撃のできるアルテミスの首飾りが作れるなら
無人戦艦作れすだろ

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 03:33:34.93
前評判なんて国内向けの宣伝だろ
あんなんで守れるなら艦隊なんていらない
イゼルローンでさえ駐留艦隊とセットなんだから
首飾りなんて気休め

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 04:03:52.64
>>258
機動戦力とセット前提の防衛戦力だから、自軍艦隊ナシになった時点で終わってる。気休めに
なるか以前の問題。
仮に、ラグナロク時首飾りが健在としても機動戦力はランテマリオンで消耗しているし、双璧は
当然それ織り込んでいるだろうから、ほぼ役立たずで終わるだろう。アニメ版で言うなら、対首
飾り戦術は確立しているからひと手間増えるだけ。カストロプの時の様に炎の輪に取り囲まれ
るのを見たら、地上施設への攻撃なしで降伏するかもw

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 05:51:31.84
>>249
そこまでハイネセンに迫ったら
イゼルロンと違って首飾りなんて相手にする必要ないしなぁ
直接ハイネセン砲撃なり小惑星なりを落として降伏させちゃえばおしまい

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 09:23:56.26
小惑星はともかく、艦砲の射程に入られる前に攻撃できる能力はあるんじゃないかな。
まさかイゼルローンの主砲みたいに艦砲より射程が短いなんてことはないかと。
要塞なら一方的に艦艇から攻撃されても小砲塔等が破損(それでもけっこうな損害
とは思うが)するだけだけど、有人惑星じゃあ被害甚大になっちゃうからねえ。
それさえ防げないなら、全くの役立たずってことに。

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 11:39:31.39
アルテミスの首飾り無用論花盛りだな だけどせっかくの疑問スレだ
逆に考えてほしい どういう機能があれば、あそこまで同盟軍幹部のように
自身満々になれるのかな?

それとも、どんな兵器も艦隊の機動力の前には無力という結論に落ち着くかな?

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 12:39:24.69
>>262
そりゃ261に書いたように守る対象が要塞みたいに頑丈じゃないからな。まずは
艦艇より長い射程距離を持つことでしょう。

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 16:41:16.72
首飾り自体は、準完全鏡面装甲ってことだけど艦艇の兵器じゃ容易に破壊出来ないものの
ようだね。そして搭載武器はありとあらゆるものがあると。これで艦艇より長い射程持っ
てたら確かに艦艇で首飾り、及びハイネセンを攻撃するのに接近するのは難しそうだ。
まあ首脳部も敵は必ず艦艇で堂々?攻撃してくるって盲信があったからな。ヤンが非常識
なんだわね。

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 16:56:54.97
>>262
>自身満々になれるのかな?
単に心理的なことだけを言うなら、同盟幹部が首飾りというシステムを理解してなかっただけ
だろう。機動戦力による防衛体制を前提した相互補完によって成立している防衛システムだと。
理解できなかったか、営業の際に担当が吹いたかは知らないが、もっとも重要な問題点を認
識してなきゃ、なんでも自信満々になれる。

>どんな兵器も艦隊の機動力の前には無力という結論に落ち着くかな?
それもまた極論だろう。
兵器―道具というのはどういう目的にために、どう使うかで、性能と仕様が決まる。そして、有
用なのは、その範囲に留まっている限りだ。
艦隊の利点を機動力として、機動力基準で比較すれば、そのまま艦隊の機動力に敵う物は作
中見当たらないな。
しかし、回廊のような環境、移動ガイエの完成形のような物の出現で機動力という利点が活か
せなくなれば、サイズなりの火力と防御力しか持たない存在でもある。アドバンテージを失えば、
逃げ回る手段にしかならない。また、機動戦力と言うものは原則、拠点を前提に成立している
ものだから、背景要素が欠ければ、居座って周辺を制圧という能力は著しく低い―だから、長
期戦を前提とした策源地になる要塞には戦略的に劣勢と言える。
機動力を活かす戦術、戦略……他がなければ、機動力()になる―その程度のものだ。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 17:29:59.81
首飾りは機動戦力(艦隊)を失ってもこれさえあればハイネセンだけは守れるって
兵器じゃないのかな。艦隊による攻撃にはかなり持ちこたえれそうだからね。
だから救国議会もまだ粘れるって考えてたからね。そうはならなかったのは周知だが。

艦隊との連携が前提ってのとはちょっと違うように思えます。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 18:06:18.98
首飾りは「ココに来る」って場合に有効性を発揮するんだから、
まさに回廊に設置するにはうってつけと思うんだが。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 18:09:16.65
だからこそ首都星なんだろ。回廊は広すぎて数が揃えれるのかな。イゼルローンクラスの
要塞でも要塞だけじゃ、阻止は出来ない訳だからねえ。回廊の出入り口ってどのくらいの
広さなんだろうね。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 18:12:01.99
500万個の機雷で封鎖出来るようだが、これとてどのくらいの密度で配置したのか不明だしねえ。

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 18:31:13.64
「これあるかぎり・・・・・・難攻不落」と豪語しているから
首飾りだけで防御できると同盟軍は考えていたと思う。
だから、トゥール・ハンマー級の一撃で数百隻を破壊できかつ
射程の長いレーザー砲でもあったのかもなぁ

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 18:47:50.25
>>270
搭載兵器については2巻に色々書いてあるよ。射程は不明だけど。
ただ同盟はいつの間にか打倒帝国、そして作中で書かれてるよようにいつの間にか打倒
イゼルローン要塞になってたから、回廊に軍事衛星配置して防御するって考えにはなら
ないんだろうね。アッシュビーの時代は限られた予算を要塞か艦隊だったけどこのころ
はあくまで防衛だったのが、ヤンの時代には打倒帝国の攻勢になってたもんねえ。
むろん、国力軍事力で劣る側がまさる側を打倒しようなんて無謀だけど。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/06(土) 19:31:07.21
>>266
まあ、正面からバカ正直に来てくれれば、相応に役立ったろうけどね。それはイゼルローン要塞
でも同じ。そういう視野狭窄の結果の思い込みに過ぎないよ。
「固定砲台」が機動力のある相手に弱いってのは、歴史上いくつも例があるわけでね。それをカバー
するために機動戦力で牽制する戦術が生まれたことを考えれば、連携は自明。
ヤンの策だって、共同して妨害する機動戦力があったら、そもそも成立しない。

第一、機動戦力もないダルマ状態で篭城して持ちこたえるなんて、先延ばしの現実逃避以上
の意味はなく、本質的なところから勘違いしているとしか……。

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 00:25:35.62
過去スレ見れば同じような話題がいっぱいあるのに

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 00:30:51.71
マジノライン
バーレブライン
ジークフリードライン

プロパガンダのはずが
何度も言ってるうちに本人もその気になっちゃってw

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 02:00:17.82
今、まさに西暦2013年4月
地球人類はローエングラム銀河帝国に無血征服支配
された方がよいのだろうか
全地球とはいわずとも日本国はどうだろうか?
今のままがよいか銀河帝国に政治を任せた方がいいか

あなた自分自身として・・俺は今の日本が好きだ

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 04:06:56.27
いまのところラインハルトに地球を手に入れてほしくはないな
もう少しまってもらおうか

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 07:35:19.95
>>274
ジークフリー「ト」な

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 13:35:41.51
でたー

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 15:20:04.80
はっきし言って興国するよりも引き継いだ二代目の方が一億倍大変。
実際二代で潰れた国で歴史の図書館はいっぱい。

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 20:08:15.33
それなら、36代500年近く続いたゴ王朝は数千兆倍大変だな
国家ではなく王朝が長命だった理由は何だろう? 
 

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 20:16:17.57
>>280
ゴ王朝も2代目は皇帝が若輩とか共和主義者の大反乱があって危なかった。

あとは途中に中興の祖がいれば、惰性で何とかなる。

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 20:29:31.26
>>281
そういう国家存続としての要因ではなく家系というか血脈というか
ルドルフの血筋が尽きなかったのは子供をいっぱい作ったからかなと思ってww

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 20:30:49.19
>>275
自分で生きる意志も力もない生き物は
ラインハルトは認めない

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 20:42:18.38
>>282
本当に続いてるかどうかなんて調べ用がないだろw

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 20:51:11.34
確かに 例のアルベルト大公詐欺の時 遺伝子検査をすれば
本物かどうかすぐ解ったのにのにしていないし。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 20:52:52.33
>>280
ルドルフが40年の歳月をかけ、腹心として育成した貴族、軍隊、官僚の三位一体体制(トリニティ)

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 20:57:30.45
すると、ロ王朝はどうなるかな 三位一体体制(トリニティ) のうち貴族がいなくなってしまった。

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 21:11:17.80
民衆の支持と意を受けた改革主義者がいるな。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/07(日) 21:51:25.77
ヤマト2199見た?
銀英伝も作り直して欲しいね キャピ(^ε^)-☆Chu!!

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 00:23:51.40
アホ毛の生えたヒルダとかいらね。
ヤン提督の中の人もメルカッツ提督の中の人も故人だし。

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 01:49:06.74
リメイクが効かなかったり、続編が無かったりするからこそ
掘り下げられる作品だよな

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 07:13:51.24
ゴ王朝が倒れそうになったときには、フェザーンの根回しでそれを回避したこともあったかも

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 08:34:48.06
>>279
それは大変さよりトップとその周囲の能力の問題だろ
興国するほどの傑物な一代目より優秀な二代目なんて望みようがない
代替わりのタイミング次第では一代目を支えた幕僚も皆代替わりで、やはり後継者の能力が
先代より上を望むのは難しい

ロ朝は一代目を支えた優秀な連中が年齢的に若く長く現役出来そうなのは救いだ

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 10:37:58.83
ガイエのグズグズ活字文を書き直すわけではないんだから
アニメのリメイクは必要ないでしょ
作画重視の作品でないことはファンとしては承知してるし、
悪く言えば、あのチープさが調度いいと感じてる。
不要な演出や変に戦闘の迫力を追加しようと力を入れたら嫌いになるかも
老害、ロートルと言われればおしまいだが
歌も実写映画もリメイク、カバーは好きじゃないんだ

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 11:10:15.90
>>293
アレクが成人するくらいまでは、宮中も軍も官僚も一致団結して
盛り立てるだろうけど、問題はアレクが成長するまでにできる側近達との
権力争いいかな アレクに権力の蜜が移行されるほど人も集まるからな。
 

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 11:11:56.48
>>289
新ヤマト、ひどかったな。
艦船のCGはスッカスカでペラペラで小綺麗でまったく重厚感や迫力が無い。
ストーリーも小さくまとめられてしまって緊迫感に欠けること甚だしい。

あれよりだったら、絵が古かろうと物語が強引だろうと設定が矛盾だらけだろうと
旧シリーズの方がはるかにマシだ。

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 11:17:54.68
昔と比べると細かい矛盾や整合性のなさに文句言う人が多い(声が大きいとも言う)ので
配慮に配慮を重ねた結果小さくまとまってしまう作品が増えた

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 11:19:08.94
昔の作品のアラに文句を言っているのは新作スタッフ自身じゃないの

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 11:52:34.82
昔は「こんなこともあろうとかと」で真田さんやりすぎだろwwwと苦笑しながら楽しんでたけど
今だと「こんなご都合主義あるかよスタッフ馬鹿だろ氏ね」とネットで叩く奴いるんだろうなw

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 12:07:05.44
スーパーGTに、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラというレーサーが出場しているらしい。

オリベイラ家は名前を長くしなければいけないという伝統でもあるのか。

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 12:44:37.36
>>296
>艦船のCGはスッカスカでペラペラで小綺麗でまったく重厚感や迫力が無い。
やれやれ、まるで分かってないね。

艦船をCGで描くことの真骨頂は、千隻を超える艦船が登場したときにある。
銀英伝のアニメ版では、光る点で誤魔化してたけど、CGなら誤魔化し無く描けるからね。
第5章のPV見ただけで、艦隊戦の描写はヤマト2199の圧勝だと思い知らされたよ。
まあ、銀英伝のアニメ版はCGアニメが普及する前の制作だから仕方ないんだけど。

>あれよりだったら、絵が古かろうと物語が強引だろうと設定が矛盾だらけだろうと
>旧シリーズの方がはるかにマシだ。
物語の強引さや設定の矛盾をマシと考えるお前がこのスレに居るのは理解に苦しむ。
まあ、科学的な思考ができない文系低脳にとっちゃ、自分と同レベルの旧ヤマトや
ガイエ作品がちょうどいいんだろうけど。

ヤマト2199は、科学考証に鹿児島大学理学部教授の半田利弘、SF考証に
サイエンスライターの鹿野司という強力な布陣だから、文系低脳にはついてくのも
キツいわなw

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 12:47:25.72
正しい作品と面白い作品なら面白い方がいいな

303 :301:2013/04/08(月) 12:49:13.17
>>302
その通りだな。そして、正しくて面白い作品が最もよい。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 12:55:35.12
> 昔は「こんなこともあろうとかと」で真田さんやりすぎだろwと苦笑しながら楽しんでたけど

まあそんなことTV版の真田さんは言ってないわけだが。
かろうじて2でそれっぽいこと言ってるだけ。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 14:07:35.16
>>304
>「こんなこともあろうとかと」
ずばり言っているのは、最終回の空間磁力メッキの時だけだな。
一徹のちゃぶ台返しみたいなもん―それに引っ掛かっている>299は、果たしてまともに観ているのか?

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 14:26:30.06
そろそろ現代からは約1600年後
あちらからは約1400年後の世界に戻って来てもらえると
平和で幸せなんですが・・
ヤンもムライもそう望んでるはずですよ
よろしく

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 14:27:29.12
>>305
言ってないつーに。都市伝説なのに知らないのか。

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 15:16:08.41
まあ、有名な話だよな。
「冥王星で見たガミラスの反射衛星砲にヒントを得て、密かに開発しておいた空間磁力メッキが役に立ったよ。 (後略)」
http://www.paradisearmy.com/doujin/pasok_sanada.htm

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 15:34:25.48
>>301
うわぁ・・・

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 15:39:52.73
>>301
どっちの言うこともわかるけど、銀英伝のスレなんだからTPOはわきまえろ。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/08(月) 16:14:00.93
香ばしい香具師がいますな

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/09(火) 17:30:25.29
>>300
解放王アルスラーンの時代にすでに存在していた名家だしね

313 :(゜∀゜):2013/04/10(水) 11:40:59.51
>>289
古いものは古いもので良いが、
新しい感覚で物を作ることには反対しない。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/10(水) 19:44:42.89
>>289 313
さすがにそれはアニメスレの話題だな。小説を書き直してほしってんなら別だが。

315 :(゜∀゜):2013/04/10(水) 23:45:36.88
>>314
七都市物語みたいに、
外伝みたいな話を他の作家とかにも書いてもらうとか面白いかもしれん。

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 01:36:02.29
同盟人が帝国語を話す場面は、本編でも外伝でも多く出てきたけど、
逆に帝国人が同盟語を話す場面って、あったっけ?

無いとすれば、何故話さないんだろうか。銀河全体は帝国領土で
同盟は国内の反乱者という建前のせい?
そんな絵空事じゃなく現実には、特に軍では敵国語を理解できないと
色々不都合がありそうなもんだが。

それとも更に事態は進んでいて、同盟軍人のほとんどが帝国語を
話せるから、帝国側では必要ない?

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 02:08:23.22
> 特に軍では敵国語を理解できないと色々不都合がありそうなもんだが。

同盟語を解する奴が部下にいればソレで済む話。
帝国サイドの主要人物の多くは艦隊指揮艦だし。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 03:04:13.13
>>315
他の作家に買いてもらうのは良いけど、原作は尊重してほしいな。
クルガンはそんあキャラじゃねーだろ?
って素で突っ込みいれてしまったからなー。

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 05:16:21.57
>>316
外伝四巻のケーフェンヒラー大佐がヤンと初対面のときに同盟語使ってたな
たどたどしい帝国語で話すヤンに完璧な同盟語で答える大佐

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 08:47:41.59
>>318
他の作家が書いてる時点で公認同人誌だと思っておくのが吉
シュタミッツとクルガンの危険な夜とか書かれなかっただけで許せる気分になるだろw

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 08:54:44.54
>>319
収容所で覚えたのかね?長年いたからねえ。ま前にも出た話題だけどハイネセンは帝国語
しゃべってたろうし、ルドルフは同盟後(連邦公用語)最初は使ってたよねえ。その
程度の違いなんだろ。貴族の名とおなじくかっての地球のゲルマン風の言語を
公用語をもとに作ったんだっけ?帝国語は。

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 09:14:58.20
>>316
単純に人的交流がほとんどなかったから覚える必要がないんじゃね?
行く予定のない場所の言葉をわざわざ覚えようとする人は、いない訳じゃないけど少ないよ。
帝国と同盟間の貿易もフェザーン経由だろうし。
こじつければ、身分や住居を制御されていて同盟人と接触する機会がほとんどない帝国人と、
民主主義の元で普通民でも活発に活動できて、帝国側と接触する機会もありうる同盟人の
差、ではないかと。
専制主義のもとで臣民であることしか求められない帝国人と民主主義のもと全員平等な同盟人
では教育レベルに差がある可能性もあるし。


>そんな絵空事じゃなく現実には、特に軍では敵国語を理解できないと
>色々不都合がありそうなもんだが。

通訳がいれば十分。
アメリカ軍は将校クラスでも相手国の言葉はわからなくても日本に勝ったしイラクにも勝った。
他の国も同じ。
話し合いが終わってて相手を殴るだけの場合、別に言葉を理解してなくても問題ない。


>逆に帝国人が同盟語を話す場面って、あったっけ?

明確な描写はないけど、メルカッツは亡命後に普通に同盟人としゃべってたから、同盟語を
しゃべってたんじゃないかね。
フィクションのお約束、といえばそれまでだけど。

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 10:15:17.47
情報こそが戦争の全てだとヤンが言っているように
言葉が喋れないと戦争で必要な情報は集まらないよ

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 10:27:44.54
北朝鮮の映像とか見ると銀英伝を思い出すw
同盟って明らかに北朝鮮っぽいよねw

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 10:38:55.30
言葉が喋れないと戦争で必要な情報は集まらないよ(キリッ

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 11:08:57.05
>>323
君の頭の中には通訳っていうのは存在しないのか?

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 11:44:10.24
通訳が戦争するんじゃないしなあ

戸田奈津子とか見ていると通訳が特定分野で知識不足だと
どれだけ無残なことになるのかよく分かるよ

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 11:45:15.64
君の頭の中には通訳もできる軍人っていうのは存在しないのか?

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 12:36:59.95
>>327
君の頭の中には軍隊に同行する通訳ってのは存在しないのか?

>>322がいうように、過去の戦争の例でも一般兵から将軍まで相手の言葉がわからなくても
戦争に勝てたように、通訳がいれば十分。
情報の収集と分析は前線ではなくて後方の作戦本部でやるしね。
そもそも、銀河英雄伝説くらいの時代になれば自動翻訳機くらい余裕だろ。

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 14:27:51.62
>>323

 専門の通訳でもない軍人が、作戦指揮をしながら個別に敵国語を翻訳し、
 たまに誤訳とかして部隊を危機に陥らせたりする

というのと

 軍事にも精通した専門の通訳が、責任を持って敵国語を正確に翻訳し、
 結果を部隊全体で共有する

というのと、どっちがいいと思う?

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 15:03:25.04
>>330
その質問は無意味でしょうに。1と2どっちが大きい?って聞いてるような
もんだ。

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 15:06:05.71
>>330
2者択一にするなら、後者は軍事には精通してないけど完璧な通訳同行と
比べるべきだね。両方精通してるんならその方がいいに決まってる。

333 :330:2013/04/11(木) 16:52:22.76
>>331>>332
いや、別にウンコ味カレーとカレー味ウンコ問答をしたかったわけじゃないんだ。
暗に後者の方が絶対いいよね、と主張しているだけなんだ。

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 16:56:19.22
>>333
そういうのを暗にとは言わないよ。軍事や通訳の前に日本語の勉強をお勧めする。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 17:05:16.87
敵の言語が理解できないと戦争で不利にならないかって疑問なのか?
作品中では意思の疎通が出来ない場面ってないからなんともだなあ。
艦隊レベルとかは問題外として、陸戦のごく少数同士の交戦時に相手
の降伏の意思がわからずに射殺しちまったとかいう例でもあったかな。
まあ戦闘そのものより、征服した後の統治とかだね、言語が理解出来
ないと支障でるのは。(一般論であってもともと似たような言語の
この世界の両国にはあまり関係ないと思われ。)

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 17:11:08.56
322がイカレてるだけだから気にすんな

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 17:11:29.60
ミスった。323でした吊ってくる

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 17:23:35.56
同じ言語しゃべる我々の間でも意思疎通は難しいわけだ。

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 17:24:48.13
武器を並べて敵と撃ち合いをすることだけが戦争と呼ばれるのならば
戦争に通訳は要らないよね

ヤンの考えはそうじゃない気がする

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/11(木) 19:08:42.99
帝国でも戦場に出てくるのは最低限の常識をもった軍隊なんだろうな。軍人なら軍人としての常識があるだろうしその常識は同盟のそれとさして違わないだろう
行動が予想できるなら言葉の差異なんてあまり問題にならんかと

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 02:24:11.52
ラインハルトがそういえばウルヴァシーで、同盟建国史だったかなんだか
備え付けの本を読んでたな。
とりあえずラインハルトは同盟語で書かれた難しい本も読めるらしい。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 04:44:45.00
言葉が分からなくて意思疎通が出来なかったとか通訳を通したなんて場面、
作品通して一度も無かったと思うが
一般常識レベルじゃないの?人類社会に2国しか無い状況での相手国の言語くらいは

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 05:27:20.14
相手の言語っても、もとは互いに使ってたわけだしな。

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 05:39:08.92
第二次大戦のソ連ではロシア系の指揮官とアジア系の兵士では言葉が通じなくて困ったって話があるが
それでもドイツには勝てたわけだが

ちなみにワルシャワ条約機構では意外なことに衛星国の将校にロシア語が通じなくて
通訳必須だった

それでも何とかなるわけだが

>>342
帝国や同盟の人間が相手の言語を話す機会がどれだけあるのだろうか?
貿易や交渉もフェザーン経由なんだから殆ど機会が無いのではなかろうか

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 07:53:35.66
銀河連邦時代の公用語と
ゴールデンバウム帝国樹立後の公用語が
変更された設定あったんだっけ?
ドイツ風姓名、欧風文化の採り入れは知っているが

帝国語、同盟語、フェザーン訛(方言?)の差がそんなにあるのか
にわかに信じがたい
英国英語、豪国英語、米国英語程度や
独語、蘭語、スイス語程度の差ではないのかな

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 08:45:41.38
>>345
同盟建国後、宇宙暦を戻したように言語も連邦時代に戻したと考えられるね。
で、帝国語と同盟語は違うと。だからルドルフが言語もゲルマン風のに変えた
んだろ。むろん浸透するには何世代かかかったのではないかと思うけどね。
言語を変えるって度量衡の変更どころの騒ぎじゃないだろからね。

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 10:08:09.90
かつて左翼の大学生たちが好んでロシア語や中国語を授業を選択したように、
ハイネセン達共和主義者の間では連邦時代の言語を学ぶのが流行っていた、
とか妄想してみた。

ちょっとした暗号にもなるしね。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 10:34:45.51
まぁ文学部集団が多いし、教養課程だもんな
インテリは難しいロシア語
アホは簡単な中国語
これは当時だよ、当時の話
まぁ共産インテリ、プライドの誇示だよね
教科組の数が少ないから仲間が集まりやすい利便もあったし
普通なら独仏語だよなぁ
今、中国語選択しても否定はしないよ

旧連邦語なんてハイネセン時代ではもう習えないんじゃないかな
しかも政治犯子孫の居住惑星学校では

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 10:46:37.46
ルドルフの出身星が旧ドイツ系の移民からなる殖民星でその星の言語を学ぶことが上流の条件となりそれが帝国公用語になったとかどう?

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 10:47:33.07
あげちゃった・・・すみません

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 10:48:31.84
え?質問スレてageがデフォじゃないの?

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 11:03:58.38
今時age、sage関係ないから気にしなくていいよ

銀河連邦樹立時はやはり英語系統かな
まぁ帝国樹立時から500年も経てば言語は文字(イディオム?)や発音ともに
別物と考えるべきかな。
変化しないよう努力しても無理だよね

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 11:14:20.72
>>348
>アホは簡単な中国語
俺の親父をアホ呼ばわりするな! ヽ(`Д´)ノ
日中友好の学生訪中団に参加して、毛沢東と握手したのが自慢なんだぞ。
もっとも、文化大革命で幻滅してキッパリ足を洗ったが。

親父は、心の琴線に触れるものがあったのか、銀英伝のアニメも喜んで見てくれた。
アスターテ会戦後のヤンの台詞(アニメオリジナル)「これでは一度も負けない内に
私たち同盟軍は一人もいなくなっているかも知れないね。」では声を立てて笑ってた。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 11:44:00.20
別人だが大学の教養で中語は他の第二外語と比較して単位が取りやすい
そういうことなんだな
大学でおせーるのは中国語会話でねーよ

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 13:02:33.93
>>352
現代から500年前とは違って、録音や録画で昔の言葉がそのまま聞ける時代だろうし
銀河連邦時代の言葉なら取り戻せそうだがな。
例えばパルムグレンの演説なんかは重要な歴史資料として残っていただろうし。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 13:21:56.70
>>355
なるほどね。記録が文字だけでなく音も残せるとなると
意図的、強制的に変えようとしなければ自然変化は緩やかそうだ

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 13:33:40.44
ルドルフは共和思想を危険思想だとして取り締まったから
銀河連邦時代の資料は、一様に入手が困難ではないのかな?

ルドルフの治世で、人類の悪弊がすべて取り払われたそうだし
タバコも眼鏡も身体障害者も全て抹殺された

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 13:41:31.27
酒は悪弊に入らなかったのかね

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 13:49:46.14
医療技術が1000年後のわりにヘタレだよね
先天性は今でも堕胎、流産するから致し方ないと思うが
タバコNGで医療技術で解決できないなら
肺ばかりを気にしたところでしょうがない
循環器、消化器への注意もせんといかんよ
酒、カフェイン、塩分、糖分、脂肪分も法的規制、制限せんとな
つうか平均寿命150歳くらいでもよさそうなもんだが

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 13:59:09.85
肉体的な寿命より精神がすり減るからな
1000年たってもボケ老人はいなくならないだろ

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:02:56.09
キルヒアイスなんか失血死してまうしなwww
前線だからって言ってた奴がいたが、前線だから応急処置システムは整っているべきだろww

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:03:44.26
癌は過去の病気になってるらしいから、どんな医学の発展してるんだか興味あるなw

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:18:51.23
同盟は人権重視だが、帝国は人体実験しまくりで医学発展していても不思議じゃないんだけどなあ…

帝国の医学薬学は世界一イイイイ!!とかな。
まあ、建前上宇宙には帝国しかないから、公言はできんだろうなあww

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:26:35.92
キルヒアイスの死に方は今思えば唐突というか
もったいないというかあれでよかったのかな
まあ作品世界観のシビアさをあそこで提示したのだろうけど

しかしヤンはなぜユリアンを戦闘機(スパルタニアン)乗りという
一番危険な職種につくことを許したのだろう

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:27:16.37
そういえば、キルヒは出血死だねぇ。おかしいねぇ
レーザーガンで貫通してるから、止血だけでいいし
動脈ならすぐオペで輸血と接着縫合
内臓器損壊でもなんとかなりそうなもんだ
あれーー?
1500〜1600年後の医療技術って・・・
延命・蘇生治療自体が帝国ではタブーと解釈していいのかな
銀河帝国は他人の血を輸血禁止してる宗派なのか?

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:29:41.28
アニメだけかは知らんけど
ベテランと新人の機銃手の会話で
今の戦争ちょっとやそっとじゃ死ねないってセリフまであったのにな

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:36:55.61
>>364
ユリアンの志望だったからとしか言いようがない
大方イゼルローン時代の悪友のポプランのせいだが

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:44:00.82
>>366
近くにそういう医療チームなりシステムなりがなかったとかしかいいようがないねえ。
むろん技術そのものはあったろうさ。加えてヤンやロイエンも出血死だね。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:48:09.85
小説的にはじわじわ死ぬ失血死の方がドラマ作りやすいんでしょ
ヤンもキルヒもロイエンも即死じゃ別れの場面やセリフも心理描写も出来やしない

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 14:55:45.51
除細動器使って
「エピネフィリン○○r投与」
「300にチャージ、離れて!」
ガシャン!ピーー
「もう一度!」
やはりこれだよ

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 15:01:16.44
名前忘れたけどあのバズーカ入れにされた大貴族の医療ポッドに
キルヒ入れればよかったのに

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 16:07:00.52
>>371
何の流用かわからんけど、遺体入れていただけだし、単なる冷凍カプセルだろ。医療用の冷凍
処置は難しかったんじゃね。
つか、そもそも即死級の致命傷で、アレだけ息が持ったのが奇跡であって、それをやる暇もな
かったてのが実情だと思う。

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 16:40:56.25
>>365
アニメでは盛り上がり場面なので引き伸ばされて、キルヒアイスが平気そうに見えるけど、
実際は広い意味での即死でしょ。ラインハルトと二言三言交わした直後にショック状態で死亡。
死体に止血したり輸血したり縫合したり除細動器使っても、全く意味が無い。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 16:44:55.63
小型レーザーだったから即死はしなかったという都合のいい話

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 16:52:54.36
ラインハルト旗下の提督は幾度も修羅場を潜り抜けた歴戦の勇者揃いなのに
あの場面では全員硬直して動けなかったと言うのもご都合主義だわな
軍人としてのキャリアが一番短いキルヒアイスに後れを取るとは情けない

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 16:58:18.54
キルヒアイス自身がずっと暗殺者と戦い続けてきた経験があるからだよ
ヘルダーといいクルムバッハといいフェルナーといい、どいつもこいつも陰湿な連中ばっか

前線で華々しい活躍をしてきた提督たちにはちょっと荷が重い

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 17:18:17.64
>>374
本命の武器でもないのに見つかってしまったら本末転倒だから、
見つからないように極力小型化な武器を使うのが当然。

>>376
なるほど。目から鱗が落ちた。

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 17:19:23.44
>>376
こと、ラインハルト個人を守るってことで言えば、10年以上のキャリアだからな。
あくまで軍人としてのキャリアしか積んでない他の連中に、そのスキルやなにより気持ちで同じ
ものを期待するのは酷だ。
逆に、それ以外ならキルヒアイス以上のスキル持ちはいたろう。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 17:26:14.93
>>377
だからこそ、暗器は一撃で致命傷を与えにくく、使い方が状況から決っていたりするんだがな。
あの使い方で反撃されている時点で、アンスバッハには使い手としての資質がない。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 17:28:18.35
>>372
あれ確か医療用ポッドじゃなかったかな
確か「急いで医療ポッドに入れろ!」「は?もう死んでますが?」「だからだ!」
みたいな伏線あったような

しかしあいつ白兵戦はトップクラスのキルヒアイス殺せるなんて結構強かったのかな
あのクマみたいなやつも不意打ちとはいえ一撃でしとめたしな

だめだもうほとんど名前が思い出せない

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 18:00:02.14
>>380
医務室へ運べだよ。アンスバッハ

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 18:12:38.23
1600年後の人類は心肺能力や怪我、傷に弱く、
もしかして、内臓器や血液は現代人より弱体化してるんではないか?
だから少しの出血ですぐ死ぬ
戦闘や格闘相手が同じ時代の人間なのだから比較できないし
現代人と戦わせたらべらぼうにヘボ人間なのではないかと

383 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/04/12(金) 18:16:36.23
ドイツ人男性の名前によく有る「○○ハルト」というのは、たくましいとか、
しっかりとしたという意味が有り、日本人名で言うところの「○○太郎」に
当たるとか。てことは、とっとこハム太郎はとっとこハムハルトか。
いや、違うだろ。うん。わかってるよ言いたかっただけ。へけ。
https://twitter.com/daliske/status/321595318833651712

ドイツ人は銀英伝の人名を見て笑うというのがちょっとわかる

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 18:17:51.66
宇宙開拓史でのび太が屈強な男をフルボッコできた的な?

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 18:22:29.45
>>382
みなさん少しの出血にはとても思えないえがかれ方でしたけど。まあロイエンは
あんなに時間あったし処置もしてるんだからもう少しなんとかならんのかとは
思いますが。いくら本人が本格的な治療こばんだにしても。ワープの衝撃で傷口
開くってのはねえ。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 20:04:55.26
ラインハルトとかナイトハルトとか
作者の造語じゃなくてありふれた名前ですよ?

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 23:09:02.97
ゲルハルト・ベルガー「だな」

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/12(金) 23:26:54.94
ちょっとまて太郎は惣領息子につけられる名前だろ

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 00:30:02.31
無重力の宇宙や低重力の惑星で生まれ育って
骨や筋肉が弱いとか

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 00:36:18.42
>>382
現代の話しで申し訳ないが、腹部動脈瘤破裂とかだと、手術直前に破裂で手術がすぐできる状態でも50%程度しか助からんそうだ。
失血ってのを侮るなよ。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 00:59:11.13
ビーバーに腰かまれて、人間は失血死してしまうんだからな
最近ニュースになってた

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 01:33:17.26
アニメだとアンスバッハがバズーカ取りだした時に
オーベルシュタインがさり気なく射線に入ってラインハルト庇ってたけど
もし撃たれてたら二人とも吹っ飛んで終わりだよな

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 02:01:11.39
条件反射みたいなもんだろう。

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 06:27:24.44
やはり1000年も1600も先の未来の医療技術、医学にはどーもなぁ
演出にしても、やはり治療優先
キルヒの場合も都合よく医者がすぐ近くにいなかった
提督の中に救急救命の心得のある者もいなかった
たとえ、30年前の知識として描いたとしても、
やはりどーもなぁ
キルヒは少なくとも助かったな、ありゃ
ド頭貫通即死、ロ公(候だっけ?)との今生の別れ会話なければ納得したなぁ

でもドラスティックもドラマチックもない演出ではつまらんか
でも、やっぱ助かったよ〜〜

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 09:09:54.26
逆にキルヒアイスは何時どのような死にかたが良かったんだろうか

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 09:16:12.94
ラインハルトを看取り、新帝国の体制を更に整え、
3年後くらいに後を追うように病死?

そのとき既にアンネローゼと結婚していて、お腹に
子供がいたりすれば完璧だな。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 09:29:34.70
それなんてアヴァール年代記?

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 12:03:01.44
後の「双璧相打つ」、みたいに本人達にはのっぴきならざる事情でラインハルトと対決して戦死っていうフラグ立ってるのかなーって初期は思ってたw

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 13:46:47.49
提督のだれかが医者だー医者をよべーといったけどキルヒが呼んでもムダみたいなこといってたろ

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 13:58:06.80
言ったのはキルヒアイスじゃない

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 14:56:30.69
頸動脈行ってるからな。その場にブラックジャックがいても難しいだろ

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 15:04:37.96
あの場にブラックジャックとかw 想像したら笑っちまったじゃねーかw

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 15:34:14.85
銀英世界にブラックジャックがいたら
金髪が侍医にしようとして断られる展開がありそう。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 16:22:07.26
ちょっと金髪さんの趣味じゃあなさそうだね。彼はエミールみたいなのが好きなんだろ。

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 17:04:41.08
多分、医師や看護師、救急救命士があれ見てたら
およよ?あれで?とならない?
だれか住人にいない?医療関係者
アニメ描写で判断してくれてもいいよ
やはり、キルヒは助かったなんでないか

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 17:11:59.00
誰も医学の心得ある人がいなかったんだよ。それに頸動脈断ち切られたんだからねえ。
加えて胸の中央部か。その間 10秒。

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 17:21:13.34
喋れてる地点で胸部のは心臓は抜かれてないかと。まあ頸動脈だからリアルゲコ太でも匙投げるかもしれんが

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 17:32:46.73
まさしく瞬間冷凍保存装置みたいなのがその場にない限り無理かな。転送技術とかある世界ならなんとか?

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 18:30:01.26
銀英世界の医療には少々疑問を感じるが
医療的、工学的に首から下は全身サイボーグ化できるよね
倫理的や規制上の課題を除けばさ

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 19:04:34.70
>>409
頭が生きている―その程度には全身の延命が可能という条件なら、だろう。

出血性ショックとかで生命維持自体不可状態に陥れば、どうしようもない。出血が酷いって時点
で脳に十分な血が行ってないってことだし、頚動脈ブチ切れではねぇ。締められるだけでも、10
秒程度しか意識もたんのやで。

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 19:15:46.61
そう死んでしまったらどうしようもない。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 19:28:36.62
>>409
臓器、手足はホイホイ移植可能なくらい、人工臓器、義肢も揃っているようだが、さすがに
ポンと用意できる全身義体はないだろう(首から下が全部機械ってキャラもいなかったし)。
既存パーツ組みあわせてデッチ上げるにしても、普通に延命できなきゃ間に合わないだろうし、
間に合うほど延命できるなら、最低限の重要器官で済ませて確実に救うことを考えるべき。

結論:全身義体化の可能性は、この場合意味がない。

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 20:17:19.62
頸動脈切ったんなら血飛沫噴き上げると思うんだが

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 20:26:03.16
ラインハルト・ローエングラムって人は
後世の歴史教科書に記載される人物になりうるのか否か
日本で簒奪者や覇者として思いつくのって
藤原鎌足
源頼朝
足利尊氏
徳川家康
明治天皇?
てな感じなんだがラインハルトは同じような偉大?
な行動をした人物かな?

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 20:35:26.18
>>414
その歴史教科書とやらが歴史的事実をちゃんと載せるなら必ず載るんじゃね?
讃えられるとか、貶されるとかはどうでもいいけど。

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 20:55:48.91
>>414
新銀河帝国初代皇帝だから、いくらなんでも記載されるだろ。
数百年経ったら旧帝国や貴族の恨みなど覚えている人もいなくなり、
米国初代大統領ジョージ・ワシントンみたいな扱いじゃないのか。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 21:06:08.35
ルドルフやラインハルトはどう転んだって載るだろうよ。人類史上に残ること
やったじゃないかね。個人的にはレベロも載っていてほしいものだ。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 21:10:47.76
銀英伝って重力格差ってどうなってんだっけ?

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 21:55:10.28
三美神は君臨してるけど、重力格差って何?

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 23:29:36.63
>405 >409
大血管の損傷はたとえその場に医者がいたとしても厳しい。
余談だが太い静脈は動脈より壁が薄い分、損傷が激しいと止血も厳しくなる。
脳を有効に保護・保存する処置が遅くとも数十秒でできるならサイボーグ化につなぐことはできるかもしれないが。

ロイエンタールは突き刺さった鋼材を自分で引き抜いてたが、あんなことをしなければまだ予後はよかったかも。
軍人もある程度は応急処置を身に着けておきたいところ。
(刃物や棒が体に突き刺さっていても自分で抜いてはダメ、周囲を固定し傷つけないように)

それより、がんが不治でないのだったら劇症の膠原病だってなんとかなったんじゃないか、
むしろフェザーンの息のかかった医師団は何とかする気がなかったんじゃないか、という気がする。

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 23:44:40.30
>>420
あの時点でのフェザーンってもはや誰かの意思で動いてるってもんでもないでしょうし、
元フェザーンの商人にとっては秩序が保たれてる方が商売にいいから皇帝には生きてい
てもらった方がいいんじゃないのかな。個々の技術に関しては超光速が出来ても不老不
死が出来ないように全てが治せるものでもないんでしょう。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/13(土) 23:55:06.92
>>420
さすがに皇帝の主治医団は、帝國からつれてきた者でしょう。少なくとも軍医系は。
どこからフェザーン云々などという陰謀論染みた発想が出るのやら。

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/14(日) 00:07:12.72
>>420
既知の膠原病じゃなくて新種の膠原病だったから、っていうかしばらく膠原病かどうか
すらもわかっていなかったら、それが確定した頃には手遅れになってた、ってことでしょ。
そもそもラインハルトの生前に病名は確定してたっけ?

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/14(日) 00:07:22.23
フェザーンというよりルビンスキーの息のかかったものだな。皇帝の主治医とかになれば
身元調査などすごいとは思うが、可能性は0ではないね。ただそれならルビンスキーは最後
の方はラインハルトを亡きものにしようとしてたから、治療のサボタージュとかじゃなく
積極的に毒物投与とかでしょう。

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/14(日) 00:11:35.11
>>424
自分で話題を提示して、それを自分で否定して、結局なにをいいたいのかよくわからん。

426 :420:2013/04/14(日) 01:13:58.92
424は別の人だと思う。
生前に一応劇症変異性膠原病とか病名はついていたはず。

人工臓器が発達しているようだから、腎や肝、肺など臓器病変については対処できるだろう。
またがんが不治でなくなっている時代とのことだから、特定の病変を標的にした治療法は確立している。
がん細胞をターゲットにした治療が可能なら特定の免疫系細胞もターゲットにできるはず。

それらができないというのは、何らかの思惑があったか(話を強制終了させたい作者の意向かw)
または治療が追い付かない激しい血管炎症候群のような状態だったんかね。

神経症状はなかったんだろうか。あるいは晩年の意思決定や行動に多少影響していたか?

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/14(日) 02:27:09.11
>>426
なんで420=424と解釈できるのか不思議ではある。

ユリアンとの最終決戦時、体調不調なため満足な作戦指導が出来なかったとあるね。
ただ、体調万全ならユリアンの策も見抜いて殲滅しかねない雰囲気だったけど、実
際にぶっ倒れてからはユリアンらが来るのを待ってるような態度に変わったようだ
から、やはり病気は意思決定に影響したのではないかな?(晩年というよりまさに
あの瞬間だけどね)

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/14(日) 02:38:23.26
>>426

俺は>>425だけど、俺の発言で>>420=>>424といってると思ったのかな?

>>425はそうじゃなくて、>>424が一つの書き込みの中で自分で話題を提示して、速効で自分で
それを否定して、何を言いたいの?って話。

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/14(日) 21:19:51.52
そういえば、帝国主要提督の中で一番の女たらしは誰だい?
メックリンガー?

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/14(日) 21:45:56.24
>>429
ケスラーだろ

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/14(日) 22:21:00.06
>>429
今更 ロイエンタールだろ

話題は違うけど、ハイネセンにはシェーンコップの愛人が何人もいただろうな
バーミリオンでヤンに攻撃を進言した時、彼女達の事思い浮かべなかったのかな

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/14(日) 23:47:19.81
>>395
あれでよかったと思うよ。

ラインハルトが本格的に権力を握った後、汚れ仕事はできなかったろうし、
それが素で対立し、道を分かつことになったかも。
だからいいときに死んだといえるんじゃないかな。

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 00:03:09.72
>>432
「ラインハルトが絶頂に達するその時に、庇って死ぬては決めてました」と作者が言っている
から、覇道を進むラインハルトと対立し、それでも誓いゆえに離れることもできずジレンマに悩む
―て本編展開を拡大したものになるんじゃないかな。ふたりの溝の大きさと死のタイミングがち
がうだけ、と。
だから、道を分かつとかなかったと思うね。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 01:07:01.65
シェーンコップも先頭に立って敵陣に切り込むのに原始人呼ばわりされない不思議

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 02:31:38.29
キルヒアイスがラインハルトと道を分かつ展開だと、ラインハルトがルドルフ化しちゃうような気がする

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 08:48:07.14
シェーコップとオフレッサーの違いは女にもてたかどうかだろうけど
愛人なんて捨てまくったシェーコップも近寄りたくないな

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 09:29:35.84
>>436
オフレッサーも気のいいアニキ気質なんだけどなあ
リンツやブルームハルトのような副臣に恵まれなかったかな

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 09:39:54.99
二人とも指揮官なのに立場を無視して最前線にでている。
おかげで、オフレッサーは捕虜となり部下を殺され自身も利用
され門閥貴族の団結に楔を打ち込み、汚名を残して死んだ。

二人とも一介の前線の指揮官だったなら幸せだっただろうに

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 10:10:34.45
ミュッケンベルガーはどうしたんだろ
原作じゃ気が付いたら消えてた。アニメはスレ違いかも知れんが向こうは一応司令長官を勇退して
リップシュタット戦役は中立の立場をとると発言するシーンがあったが
門閥貴族だから財産没収されて落ちぶれたのかな

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 10:46:23.68
わからないよ 確か伯爵家の次男だったけど門閥貴族連合軍に
参加していないのは確実だが・・・・・・・・。
ラインハルトが問題なく宇宙艦隊司令部を掌握しているから
前任者の嫌がらせとかはなかったようだし好意的中立だったのかも

しかし、ミュッケンベルガーもまだラインハルトが死んだ時60代くらいで
働き盛りなんだよな 回顧録を書くにはまだ早いだろうにww

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 10:49:03.27
>>439
あれは作中の最大(でもないけど)の謎だな。イゼルローン失陥で進退伺い出してた
あたりから消滅してしまいましたね。ラインハルトが司令長官になったから職は辞し
てるのは間違いないけど。
アニメの退場はかっこよすぎ。

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 11:02:51.99
扱いに困ったんでしょ
年齢と実績と地位に相応しいだけの能力は有している、門閥貴族、ラインハルトを好いてはいない、
けど才能や功績は認めていて個人的感情と職務上の判断を混同したりはしない

こんなキャラだからラインハルトの旗下に入るのは変だけど
他の門閥貴族のようにラインハルト憎さで敵対するほど愚かでもない
メルカッツよりは門閥貴族らしい性格してたから同盟へ亡命と言うのも何か違う
フェードアウトさせるしかなかったんだろう

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 11:13:11.04
後 軍務尚書と統帥本部総長の二人はどうなったかな?
処刑するほどでないにしても好意的でもなかったし
拘禁されたままでもないと思うけど

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 11:18:03.67
ミュッケンベルガーの軍人としての評価は微妙だったから
双方からもあまり重用されずそれ故、害を逃れた感じ

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 11:24:47.91
微妙って事はないと思うが
作中での評価はラインハルトフィルター通しての物が多いから客観的とは言えない
本文中でラインハルトが考えてるほど無能ではないと注釈されたくらいでw

メルカッツの方が上と書かれては気もするけど
彼より能力高い提督は全体でもヤンとラインハルトくらいしかいないしなぁ

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 13:00:05.03
>>433
ラインハルトが絶頂に達したそのとき
ヒルダと一夜を共にしたときじゃ無いのかって言う

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 13:21:06.72
誰か指摘するかな〜 と思っていたよwwww

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 13:33:14.62
ブラ公爵がミュッケンベルガーを連合軍の司令官しなかったのは
何かあったからかな?

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 14:49:04.51
言っちゃなんだけど、同盟に亡命して、ヤンらとうまくやってけそうなのが
メルカッツの方で、話の都合が良いからだろ
ミュッケンベルガーが司令官なら、戦死にするしかないってキャラだし

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 15:18:56.73
ミュッケンじゃあ軍の指導権を完全に握られちゃうからじゃないの

451 :(゜∀゜):2013/04/15(月) 16:27:36.65
>>448
もともとブラウンシュヴァイク公は自分自身で連合軍を指揮しようとしていて、
副盟主のリッテンハイムに反対されたから仕方なく軍事の専門家を入れたのだし、
人選にもなんらかの政治的なもくろみがあったと推測するのが妥当だろう。

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 16:31:54.47
>>442
その辺りのキャラは主に外伝で膨らまされた部分だから、本編時期にはそれほどでもない。
ラインハルトの台頭・昇進で退場予定のキャラだったから、退場―特にそのシーンを書くつもり
もなかった程度の存在だったと。
メルカッツにしても、どれほど予定していたキャラか分からん以上、先の展開基準に扱いを考え
たとかを考えてもねぇ―リップシュタット時点で、貴族キャラとの対比で割り食って苦労するキャ
ラやらせるなら、まだ比較的キャラのたってないメルカッツ方がやりやすかったという程度か。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 17:10:12.05
メルカッツはアスターテの時に退却を進言していたしな

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 17:43:30.29
味方が指揮官の指令通りに動かないと身にしみて分かっているメルカッツならではの判断だな
実際一人は命令に背いたわけだし

ラインハルトが皇帝の寵姫の弟だという権威がプラスに働いたのだろう

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 17:47:05.48
武名はあっても下級貴族出身のメルカッツが使いやすかったんだろうな
貴族達は戦いが終った後の利権争いに関心がいっていたと

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 17:47:35.09
メルカッツは最初老害扱いだったもんなw
それが最後は五指に入る名将

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 17:58:12.11
あれは最後まで戦い抜いたご褒美だろ、敗軍の将だし途中退場していたら
五指に入る名将 にも入らず後世の教本にも載らなかったと思うな。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 18:03:02.97
>>453
ラインハルトの立場と周辺のあれこれを考えない、純軍事的判断としては正しい。その後はきっ
ちり指示に従って仕事しているし、指揮官級で死んだのも逆らったバカだ。メルカッツもそう老害
扱いされていたわけでもない。
同盟側も、願望ありにしてもそう考えていただろうし―退かなければ、包囲殲滅の予定なんで、
どっちにしても勝ち。故に、積極攻勢で不利を逆手にとる―という発想には至らなかったし、
その対処のために、勝ちの流れを壊すような考えは論外と。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 21:31:48.46
>>458
前から思ってたんだけど、「―」の使い方おかしくないかい?
多用しすぎだと思うし。
気になっちゃう。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 22:33:57.09
ミュッケンベルガーは門閥貴族の一員である程度自前の戦力持ってただろうから
脅迫して無理やりやらせるなんて事はできないだろうし
やる気満々で勢力能力統率力が有ったら貴族連合が勝っちゃうしw
司令官がバカだから勝てましたってのはブラ公担当で
バカだらけでも困っちゃうしWww

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 23:23:03.45
メルカッツはリッテンハイム侯爵が推挙しているんだよな。
ミュッケンベルガー伯爵家とリッテンハイム侯爵家が仲が悪かったとか
いろいろな因縁があっのかも 貴族同士のいがみ合いも凄そうだしww

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 23:39:57.86
爵位の序列の意義もわからないし
爵位なしの貴族もよくわからない
銀河帝国はもとより中世ヨーロッパの貴族ってなんなの?

職質やマスコミ報道の時は「職業」はなんて答えたり紹介されるの?

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/15(月) 23:54:39.15
爵位の序列は始祖ルドルフに対する功績度・尻尾の振り方
爵位なしの貴族は領地の無い貴族かな(推測だけど)

ゴ王朝の帝国なら 
職質されるような下々のところにいないだろうし
それでもあえて職質した警官→無礼者→懲戒免職
マスコミ報道の時→○○伯爵閣下とか○○子爵閣下とかだろ

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 00:10:25.68
中世ヨーロッパとは銀河帝国の爵位制度全然違うし、ヨーロッパでも国によって違うし

作中じゃ帝国騎士の叙勲があれば一応下級貴族の範疇みたいだけど、
ヨーロッパでは騎士の叙勲受けていても貴族ではなかったり、土地の支配権あってこその貴族だけど
絶対王政下ではまた違う

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 00:12:09.38
>>461
ミュッケンベルガー伯爵の旗艦ヴィルヘルミナは、伯の退任後、フレーゲル男爵に移譲(?)されているんだよな。
彼はブラウンシュヴァイク公爵の甥。
元々ミュッケンベルガー家がブラウンシュバイク門閥の内部か、そうでなくとも親しい関係ってのはあるのかも。

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 00:15:34.99
ミュッケンベルガーの引き際はアニメ版オリジナルだけどすごく良いと思った。
気に入ったシーンのひとつ。
門閥にもマリーンドルフ家以外にああいうのが一人くらいいても良いと思う。
引退後のミュッケンベルガーの様子もすごく想像掻き立てられるし。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 00:26:57.26
>>465
一応、艦隊旗艦は国家の所有物。

ちなみにフレーゲル男爵の父親(?)は内務尚書で、フレーゲル伯爵って出ていたよ。
たぶん、ブラウンシュヴァイク公爵の姉の息子だろう。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 00:29:16.42
正直 長生きしそうだな まぁロ王朝と関わることはないと思うけど
それでも帝国軍の一時代を築いた元帥として静かに歴史の波に消えていくんだろうな

ミュッケンベルガー元帥伝が書かれるとして良く書かれるか悪く書かれるかは
微妙だな。

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 00:35:17.86
>>462
公爵>侯爵>伯爵>子爵>男爵>(爵位もちの壁)>帝国騎士 

日本で言えば、男爵以上が大名。
帝国騎士は家老以下の藩士といったところか。

実際の例では、爵位もちは基本的に爵位と財産は比例している。
日本の華族の場合もそう。
ただし、元大名家のほうが元公家よりも財産は持っていた。

ただし、時代が下がると爵位の割には持っている、もっていないという差が出てくる。
一方、帝国騎士は才覚により貧富の差が大きい。

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 00:36:32.34
ゴ朝の藩屏であるべき門閥貴族で軍の高官でありながら
保身に走って引退、ラインハルトの簒奪を見過ごしたからな

だが伝記を書くのはロ朝の御用学者だろうから
そういう事は無かった事にw
悪く書かれたくなければミュッケンベルガーは自分が生きてる内に伝記書かせるべきだな

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 00:48:10.57
時代を読む目があったって、評価されるんじゃないの?
別に関が原の小早川のような、寝返る事してないし、悪く言われないでしょ

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 00:49:23.20
少なくともラインハルトの人事査定に関しては公正だったよね>ミュッケンベルガー

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 01:40:16.75
どこがだよ
完全にお友達内閣政権だろうが

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 01:54:48.05
ラインハルトの少将〜大将時代
ラインハルトの武勲について周囲の異論出る中、筋を通して勲功第一としてたのはとりあえず公平と言えるだろう

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 02:34:07.59
旧体制の大物だけど、時代の流れが変わったのを察して早々に身を引いた……実在の人物で近いのを探すと慶喜あたりだろうか。

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 04:31:37.80
>>475
慶喜は立場として、個人・徳川の生き残り考えたら、あーするしかなかったろうし、親父のこと
考えれば、心情・潜在的に倒幕派に近いから、絶妙のタイミングで裏切ったともとれる―私見が
入っているが、家康が危惧したと言われる水戸の血筋がやらかしたとしか……ミュッケンベル
ガーとはだいぶ違うと思う。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 05:53:37.53
タイミング良く引退したといえば張良


なんか違うな

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 10:17:31.73
第4次ティアマト星域会戦でラインハルト艦隊に単独突入しろと
無茶苦茶な命令だしているし、伝記でどう言い訳するのか楽しみだなww

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 10:29:08.89
彼の卓越した手腕をもって膠着状態の打破を図ったのである。

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 10:50:30.29
「ラインハルト皇帝の才覚を早くから認めていた私は艦隊行動の大枠だけ指示し、
委細については自由裁量を認めていた。それが反乱軍の虚を付き勝利を招き入れた」
とか回想録に書きそう。

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 12:58:03.71
>>478
ミュッケンベルガーは勝つためにラインハルトを捨石に使うのだから
別に無茶苦茶だとは思ってないよ

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 13:42:14.55
ミュッケンベルガーは合理的に考えていてもラインハルトから
みれば事前に打ち合わせも無く、味方の救援があるわけでもなく
単独突入して袋叩きになれという命令だよ 無茶苦茶だろ
だから敵前回頭という奇策を使ったんじゃないか

ローエングラム王朝の帝国で、始祖ラインハルトを窮地に
落としたことをどう言い訳するかが楽しみ
 

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/16(火) 16:22:30.42
普通に皇帝の姉への寵愛を利用した成り上がりと思われていたが自分は彼ならば出来ると判断しその役目を与えた
とか書けばいいんじゃねw

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 02:11:40.73
万一彼の艦隊が窮地に陥った時は即座に救援を出す用意もしていた、とか
後で書く文章ならいくらでも取り繕うことは可能だな。

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 05:51:35.24
このスレつまんなくなったね
面白い人達が去って面白くない連中が残った、スレが駄目になる典型的な例だな

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 06:16:36.75
いつ頃が面白かったの?
ログを漁ってみるよ。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 06:29:38.71
以前は考察中心だったのが、今じゃ妄想のほうが多いからな

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 08:39:08.35
さすがに100スレも続くと考察はやり尽くした感じかな 
後は答えの出ない疑問が多いな。

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 11:21:25.04
考察って言っても作中で描写がない部分に関しては妄想とかわらんしなぁ
というか485は自虐なのかよw

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 13:30:36.51
草生やしてる奴が浮いてる

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 16:38:10.90
ミュッケンなら、自己欺瞞に走った回顧録など書かないと信じてる

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 17:19:45.14
人は老いるでな。
あの東郷平八郎ですら晩年は老害化している。
正しい意味での老害な。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 17:20:21.86
ミュッケンベルガーの旗艦の名前って母親の名前だっけ

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 17:34:46.66
うん。
たぶんエノラ・ゲイのパクリ。

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 20:56:45.54
俺のスレ認識はちょいと違うな
>>485は軍事マニアだからキャラや政治は嫌いなんだよ
銀英の最大のいいところであり、ケチのつけどこでもある
1スレだからこその特徴だよね
分割したら確実に過疎る

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 21:28:40.38
キルヒアイスとユリアンって同じ真面目そうなキャラなのに
キルヒアイスのほうが好きなんだよな
ユリアンって糞真面目って言うか面白みが無いって言うか
もしジークフリート・キルヒアイスが生きていたらユリアンと
直接対決させたらどっちが勝つだろうか

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 21:33:05.13
キルヒアイスは能力的にラインハルトの分身
ユリアンじゃ物語終幕時点まで成長してもまだ「未熟」。条件五分なら勝負にならないでしょう

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 21:43:37.25
ユリアンがキルヒアイスと互角になるには物語がもう20年分くらい必要だろう。

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 21:57:03.13
ユリアンは優等生ぶりっこが鼻につく
嫌い

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 22:07:11.96
キルヒアイスはアンネローゼが弱点、これ結構好き
ユリアンはなんと養父たるヤンが弱点、これ結構ひどい

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 22:49:18.89
いい人ランキング
ラップ>キルヒ>ドミニク>シューマッハ>ユリアン

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/17(水) 23:33:36.11
それ、要領の悪いランキング?w

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 00:27:44.84
いや、ショートホープ吸ってそうなランキング

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 00:54:32.69
それは幸薄いって意味か?

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 02:00:57.48
ラップとシューマッハの能力に比しての世渡り下手度は異常

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 04:48:52.87
>>505
ラップは別に世渡り下手じゃないだろう。致命的に運がなかっただけだろ。

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 08:09:00.13
>>500
弱点ていうかむしろ最強の盾だろあれ

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 08:16:01.34
>>495
単に485は自分はつまらない人って自己紹介してるだけなんでしょうね

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 08:21:29.09
↑一番つまらないレス発見

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 08:31:44.14
↑涙目ww

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 08:45:55.69
ユリアンはヤンを父以上の人とか言っちゃうのにイラっとくる
父親が可哀相で。別に虐待したり育児放棄したわけじゃないだろw

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 09:09:04.87
作中の登場人物が自分と同じ思考をしてくれないことに苛立つバカ

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 09:19:45.45
>>509
485本人かw

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 09:41:30.33
まあレベル落ちたよなー。ここ

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 12:17:37.64
こういう流れを見ると確かに感じる

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 12:24:21.77
おまえが足引っ張ってるもんなあ>>514

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 12:54:33.48
>>511 何か身につまされるな 子供の為に一生懸命働いても
死んでしまったらそれまでか・・・・・・・・・・。

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 13:06:55.30
ヤン>>>ユリアン父なのは仕方ない
ヤンの代わりはいないがユリアン父の代わりはいくらでもいる
息子にそう思われてしまってるのは切ないが

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 14:34:32.38
>>511
ユリアンの父はユリアンに紅茶の入れ方教えてくれた
それだけはユリアンは感謝してるよ、ヤンのお役に立つからさ

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 16:04:00.03
>>518
父親の大きさを知る前に失えば、そんなもんだ。いるべき時期にいなかったのは、父親の責任で
はないが事実だし、あの年代にヤンを師父としてしまえば、存在感は相対低下する。それは仕方
がない。それをユリアン責任かのようにいう>511は「何があった?」と心配になるな。
当たり前の「父親」を知らずに育ったという面は小ラインハルトというか対応キャラなんだよ。ユリアン

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 16:38:17.43
そんなもん視点が違えば感想も違うってだけの話だろ
>>512>>520は自分と違う感想を抱く奴は全員キチガイだとでも言いたいのかw

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 17:03:14.06
>>521
まず>511が自分とユリアンの「視点の違い」を理解できてないだろw
「自分の視点の違い」を認識できるようになろうな。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 17:06:12.65
>>521
とてもそうは見えないが
特に>>512などは逆だろ・・・

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 17:06:55.55
ここでユリアンとオーベルシュタインを悪く言うとこうなるんだよ
そんな事も知らんとはやはりレベルが下がってるな

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 18:16:10.27
レベルってなんだ
炎上、荒れないことが物凄くレベル高いスレだ
内容は関係ない
荒れないということは住人の自制心、包容力があるということ
知識は二の次、知識のない者は知識ある者が教える
間違い、誤解があれば正しいことを伝えてやる
それが掲示板
レベル低いと感じるならば積極的に高くする努力するか、消極的に消えればいい
もはや2chだけの時代でないことを認識したほうがいい

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 18:17:34.66
平日なのに一日中必死だなw>>524

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 18:39:29.92
>>524がレベルの高いことを言ってくれると聞いて

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 19:09:42.05
ユリアンはともかく、オーベルはこのスレでもそんなに評判が良くない希ガス

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 19:40:49.58
ユリアンが父親を知らないはどうこう言っている人がいるけどさあ、
ユリアンが父親と死別した時はまだ8歳だったってことを思い出せ。
物心ついて以降の過ごした時間は、実父よりヤンの方が長いんだ。
ユリアンにとって実父よりヤンの存在の方が大きくても当然だろ。

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/18(木) 21:11:38.07
ヤンが軍事指導者になりたがらないのは
軍人が指導者になってはいけないというのは建前で
本当は単純にめんどくさいからなんじゃないのかな?

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 00:35:28.94
両方じゃないか

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 01:20:12.34
>>528
>オーベルはこのスレでもそんなに評判が良くない希ガス

まじで?

533 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/04/19(金) 01:40:35.16
勿論銀河英雄伝説は大好きだよ。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 01:58:53.06
>>529
まあそうだよな
ここで話している奴の中で、小学校入学前によく遊んだ友達の顔を思い出せる奴ってどのくらいいるかって話だな
しかもオヤジが軍人ってことは、家を空けることも多くて会う機会も少なかったろうし
戦死後は唯一の肉親にして保護者のはずの婆さんに嫌われて、父の話すらできなかったろう
覚えてろってほうが無理だなこりゃ

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 02:50:22.25
ユリアンは子供だからな
死別時はもちろんだが作中でも未成年でしかない
彼の抱くヤン及びイゼルローン組の万能感みたいなのに気持ち悪さを感じる事は確かにあるが
それも若さだろう。十代の若者に多くを求めても仕方ないよ

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 18:03:59.69
ヤンは他人の期待が行動原理になるのかも

それにしても
回廊の戦いはホントに意味のない戦いだったなあ
結果的にはヤンは亡くなり帝国にとっては
利のある戦いだったけど
ラインハルト自身が、勝利かより完全な勝利か
みたいな事いってたけど
あれだけの戦力差があれば絶対負けるわけないもんな

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 18:58:45.31
ラインハルトとヤンの戦術的な能力だと圧倒的にヤンのほうが上だよね。
ほとんどの場面で圧倒的に劣勢なヤンが常に互角以上に戦ってる。ラインハルトは一度も勝ててないし
戦略の面でもラインハルトの考えは全部ヤンもお見通しだし、イゼルローンの統治も上手かったのを見ると
統治者としての能力も高そう。ヤンに野心が足りないだけで総合力ではヤンの圧勝だよね。
あと艦隊同士の戦闘力も同盟軍が圧倒的に高い、とくに後半にいくに従って帝国側がどんどんバカで弱くなってく気がする。

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 19:23:28.77
ラインハルトは主導権取ってるときは強いけど
主導権取られるとパエッタにすら負け掛かる現実

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 19:34:40.68
>>537
イゼルローンの統治と言ってもなぁ。人工的に管理できる生産能力で飢える心配がなく、工業
面でも業種が限られ、その従事者は基本軍人で、それなりの技能は持っている。で、その管理
はキャゼルヌにまる投げ(それ自体はかまわないけどね)。何より「不敗の魔術師」って名声でほ
ぼ全面的な支持を維持しているから、むしろ内政より軍事に集中していられる、ある意味「呑気」
な立場。一般的にみてあり得ないほどやりやすい政治環境の練習のような統治経験しかなく
多方面の意見調整て政治の一番厄介な部分を経験してないのに、その評価は節穴だろう。
>戦略の面でもラインハルトの考えは全部ヤンもお見通しだし
一回も阻止できなかったけどなw
戦術だろうか戦略だろうが政治だろうが、すべて結果責任・評価だよ。読めていてもそれ対応し
て阻止できなかった時点で、ヤンの全敗、無能評価は甘んじるべきだな。特に戦術面での健闘
を評価するならな―前半も後半も戦術的健闘を積み重ねるしかなかった立場を脱せられなかっ
た時点でヤンは絶対的敗者であり、ムダにあがいた結果でしかない。戦略的に勝つ意志があっ
たなら、そのチャンスは少なからずあった。
>総合力ではヤンの圧勝だよね
何処がw
ラインハルトは個人的な願望は必ずしも達成してないが、公な、軍事・政略面においては意志
したところを―ヤン関係を除き、ほぼ完遂している。それだけの能力、意志、行動力を持って
いたが、ヤンは「負けなかった」以外の目指すところを何も達成していない―ラインハルト相手
には「勝った」こともないんだよな。。これだけで両者の総合力評価は明白だろう。
ラインハルトに「100点でなければ0点と同じだ」という一方で、ヤンに「60点なら100点同然」
というどこぞのマスゴミのようなダブルスタンダードをしたいなら、勝手にどうぞ( `д´) ケッ!

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 19:48:34.17
久々にヤン無能、ラインハルト雑魚論争か

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 19:57:55.22
喧嘩するなよ。。

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 20:52:54.03
喧嘩はどうでもいいけど、やっぱり「―」の使い方が変なのが気になる。
たぶん、「―」を使わない方が他人に伝わりやすい、ちゃんとした文章になると思うよ。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 21:28:30.99
>>537
まぁ確かに直接戦闘だとヤンの方が上にみえるよな
ほぼ同数で守れば勝ちのバーミリオンですら負けてるし
ただこの辺完全に展開と言うか作者の都合なんだよなぁ
あちらを立てればこちらが立たずの妥協みたいな結末だし

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 21:38:42.59
五個艦隊ほど彼に与えて同じ戦力で戦ってみたいものだとラインハルトは
言ってるけど駒の能力に違いがあれば・・・どう見ても帝國軍の完勝なのだが

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 21:43:40.82
ヤンの場合情熱不足というか積極性に欠けると言うか
序章から受動的性格だと設定されていたからな

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 22:30:57.94
>>544
ラインハルト。キルヒアイス。双璧。ミュラー
vs
ヤン。ビュコック。メルカッツ。ウランフ。ボロディン

ヤン勝ち目無いな

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 22:50:06.53
艦隊も兵士も指揮官もラインハルトが提供するに決まっているだろう
なるべく公平になるようにすると

ラインハルト軍
疾風、猪、鉄壁、義手、芸術家

ヤン軍
金銀、貧乏貴族、沈黙、看護婦スキー、元艦長

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 22:59:05.55
>>547
上のほうが強いやん

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/19(金) 23:52:33.12
ゲームのようなifだが
15000隻ごとに1艦隊1提督にする必要ないので
ヤン側は1人で7〜8万隻動かせば強い
ヤンは艦隊分割戦術より丸ごと運用のほうが得意そうだからね
言うこと素直に聞く司令かあるいは極端には不要
ローエングラムは1人で動かす能力はおそらくないだろうから
有能な提督が必要だね

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 00:11:06.40
>>547
>>548
△ミッターとロイエンは互角
△攻撃特化のビッテンと攻撃多めでちょっと冷静なファーレン
△防御特化のミュラーとなんでもこなせるアイゼ
△ルッツとワーレンは違いがわからん
×アップルトンに逃げられたメックリンガーより無能な艦隊指揮官はいない

ラインハルトの方が不利じゃん。

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 00:25:46.41
元艦長ってケスラー?
ならどう考えても幕僚総監務められるメックリンガーのほうが艦隊勤務実働能力として上だろ

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 00:28:15.22
>>547
ラインハルト軍
生存、生存、生存、生存、生存

ヤン軍
死亡、死亡、生存、死亡、生存


なんか下のほうが運悪そう

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 00:43:30.17
元浣腸はブリュンヒルトじゃね
ハッキリ書いてほしいね
シュタインメッツだよ
ロン毛メックは参謀

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 00:49:22.49
ラインハルト側に速くて強い奴もアクの強い奴も野心家もやるから
ヤン側には逆らわない、言うこときく、素直な奴をくれ
それなら面白くなる
それで再編成してくれるかな

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 00:56:44.45
ドラフト会議かよw

とりあえずあの物語じゃ器用貧乏より一芸に秀でているほうが勝利者になるような…
>>547だと、疾風金銀は同格として除外視するとしても、
攻撃一番のビッテンと防御一番のミュラー持ってるラインハルト軍のが分が良さそうな

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 01:04:36.43
ラインハルト=長嶋・星野
ヤン=野村・森
みたいになってきたな

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 01:16:47.58
>>555
ビッテンは物語前半ビッテンか物語後半ビッテンかによって変わるぞ
前半ビッテンはむしろマイナス要素だ

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 01:19:08.85
>>547
さすがにそこまで遊んでると「素朴な疑問」っていうスレで話すべき内容からかけ離れすぎじゃね?

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 01:26:38.30
>>557
5個艦隊与えて戦うって設定だろ
物語も終盤じゃん

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 02:02:57.17
>>558
いいんじゃないの?飽きればフェードアウトするし
次ネタまでの繋ぎだよ
スレタイはその通りだが話題は何でもありだよ
ここは小説(原作)銀英の本スレだからね
ホントは総合本スレと議論・考察・推論・質問スレがあるといいんだけどね
ここまで大きなトラブルもないしこのままでいいと思うよ

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 03:20:11.89
しかし、誰も指摘しないから。


ロイエンタールって、とにかく「有能だ」「有能なんだ」と評価されているけど、
具体的に「敵に勝利した」描写が、ほとんどない。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 03:42:02.40
確かに
アムリッツァではビュコックを取り逃がし、
シャンタウでは自重撤退し、
第9次イゼルローン攻防戦ではローゼンリッターの旗艦突入を許し撤退し、その後も逃げるヤンの追撃は自重し、
ウルヴァシー事件では結果、部下の統帥に失敗し、
第2次ランテマリオ会戦ではミッターマイヤーに敗れ、

負けたり自重したりの描写数では比類ないかもな。ロイエン
まあ自重できないような将ばかりの銀英伝世界ではそれひとつをとっても有能かも

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 08:34:00.93
ロイエンタール無能論か ミッターとコンビを組んでの有能なのかも
それでも凄いんだけど

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 08:44:03.77
>>537
ヤンの欠点はむしろ身内に対する統治能力かなぁ。
イゼルローンみたいに任せられるとやるけど、
まかせられていない部分には手を出さない。
というか統治に興味がない。犠牲を払ってでも状況を打開しようという意志が薄い。
政治家は嫌いで、そんな嫌いな政治家になりたくないって意志が
状況を打開したい思いより上回っているんだろうか。
犠牲を避けるためには能力を発揮するが、犠牲を厭わず能力を使うのはしたくない
そんな感じ?

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 08:46:45.16
ファーレンとかどうなるんだよ

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 09:19:46.01
>>547
同盟を730年マフィアに替えたらどうだろう

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 11:24:08.85
>>562
変則的だけど、かませ犬キャラの一種だよな。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 11:25:49.97
730年マフィアは、諜報網があるかどうかだな…。
あれば面白い話しになるかも知れない。

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 13:15:12.50
>>564
>犠牲を厭わず能力を使うのはしたくない
それを悪く言うと「手を汚したくない」。意志を通して嫌われ者、悪者になりたくない―「キレイな
自分」でいたいって甘えだよな。
それで余計な苦労と望むものから遠ざかるばかりという不本意な人生の元になってんだから、
インガオホーだわな(エル・ファシルで望まざる英雄になってしまったせいだが、それを言うなら
楽して歴史の勉強したいと士官学入った結果だから、最初から間違っていたとしか)。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 13:59:49.00
>>562
そこでロイエンが自重しないと歴史が変わっちゃうしなって部分があるんだけど
部下の暴発では自重しないというw
567の言うとおりかませ役なんだけどミッタロイエンは大物感な雰囲気を最後まで保っていたんで成功の部類だと思う
>>564
ヤンの欠点ていってみれば欲というかやる気だからなぁ
ただそうしないと同盟の野心家と帝国の野心家が覇を競う別の話になってしまうというw

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 14:34:24.77
野心や欲がないというのならいっそトリューニヒトと組めばよかったのにw
トリューニヒトなら自分と権力を守るためにヤンをこき使っただろw

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 14:35:35.93
>>569
独裁者を嫌って民主主義に手を貸すと、結局トリニューヒトの手助けか
自らがトリニューヒト的になる可能性。
きれいな自分でいたいというより、自分も含め理想がどこにもない苦悩なのかも。
誰がやってもどの手を打っても将来詰んでしまう、読めてしまうが故の諦め?

>>570
帝国の野心家と同盟の怠け者抵抗者が拮抗するのが唯一の平和への道なのかも。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 14:36:13.17
ヤンの嫌いなもの…愛国者きどりの詭弁家

トリューニヒトとの組み合わせは絶対に無い

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 14:39:06.23
ヤンって無責任なサヨク学生がそのまんまエラくなってしまったような
ある意味団塊の理想像みたいな人間像だな

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 14:47:33.59
積極性に欠ける時点でそれとしちゃ微妙じゃね。>団塊の理想像
見ようによっちゃ日和見主義とも言えそうで。

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 14:53:32.76
むしろ団塊影響下の団塊ジュニアの……ってところか?
まんま作者とw

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 14:58:18.18
まぁ状況に流されててとはいえやることはきちんとやってるし問題はないんじゃね
この人どっちかというと色々見えすぎてある種の無気力になってる節があるし
むしろある種団塊左翼の理想像ってトリューニヒトなんじゃないかとw

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 15:07:08.45
銀英伝って日本サブカルの中では珍しく、中国で早くから翻訳出版されているしな

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 15:27:46.40
日本人らしいのがメインでほとんど出てないからじゃね?
村井さんくらいか?

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 15:40:48.84
そういう基準ならファンタジーものとかもっと受けるはずじゃね

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 16:10:54.12
ロ朝銀河帝国に仮託した中国共産党政権が
無能で衰退した民主主義を一掃して世界統一を果たすお話だからな

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 16:11:53.61
共産党は息子に世襲しないアル

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 16:33:46.10
タテマエではそうだよね
実際は共産党生まれの貴族かそれ以外の平民かだけど。あの国

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 16:56:26.43
>>570
ロイエン理性の人だけど
肝心なところは感情で動くからな

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 20:00:46.16
ミッターは理性の人だなw
地位に伴って更に

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 20:04:44.91
ミッターとロイエン
どこで差がついたか

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 20:10:06.37
>>586
女……だな。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 20:54:25.60
というかロイエンの方が敵を作りやすい性格だっただけだしなw
ミッターマイヤーも結構暴発してるよ
政治的な力関係無視して部下処刑したりラングぶっ殺しに行ったり

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 22:47:14.93
ラング・・・本当はいい人だったんだよな
恵まれない子供達に莫大な寄付して
それを知ってたらミッターマイヤーは彼を許したのだろうか

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/20(土) 22:57:19.72
類は友を呼ぶ ラインハルトの部下は似た者同士じゃないんだろうか
ミュラーも切れるとプッツンするし

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 00:29:19.10
ミッタは激昂するポイントが分かりやすくできてるから
有能で高潔で融通が利きながら分かりやすい上司ってのはある意味理想だ
陰のあるロイとはそこが違う

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 05:56:42.39
>>582 >>583
太子党なんて言葉があるし
党員の子弟が農民轢き殺しても警察動かないんで
大暴動なんてことも

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 06:00:46.68
>>589
ポルポトやヒトラーだって仲間や友人にとってはいい人だ

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 07:09:58.91
>>579
戸田さんや山村さんを忘れてもらっては困る。
1巻で一瞬出ただけだけどw

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 07:37:46.01
ムライやトダだけで日本人とは限らないんだけどね。
作者は日本人嫌いらしく断定できないようにフルネームじゃないんだよね。

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 09:42:34.47
オハラやリンゴなんていうのが英語圏にはある

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 09:44:02.26
日本人嫌いというより宇宙戦艦ヤマト嫌いだろ
あの作品地球を救うとかいう題材にもかかわらず、乗員が日本人オンリーだもの

アンチとしては十分有り得る、帝国軍がドイツ名だらけなのもそのこだわりの名残

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 09:45:57.90
>>589
というよりそういう慈善をやって自分の本業の後ろめたさを誤魔化してたんだろ

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 09:47:56.31
仕事と、個人の主義は別だという信念があった感じ

だからこそ、あらゆる悪逆非道をやれた

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 10:07:09.57
地球は滅亡してるし、ゴ革命後にはゲルマン風に改名
その後、数百年経て帝国卒業一期生か亡命者の子孫かは不明だが
中華系人や日系人は系譜の記憶があって戻したか、
自由につけたのかな

つまりムライ氏の帝国時代の先祖はどんな氏だったんだろうか?
ローマ字圏の民族の氏名は直しやすいだろうけど
ヤン、ムライ、リンパオ
想像もつかないが
ヤンマーッハとかムラムラールなわけ?

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 10:19:05.87
>>600
貴族がゲルマン風に改名しただけで平民や奴隷はそのままだったんじゃないか。
グエン・キム・ホアみたいに。

帝国創業時は容姿は東洋人とか黒人なのに名前はゲルマン風って貴族もいただろうな

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 10:37:16.10
>>601
平民のキルヒアイス家の息子がジー苦フリードなんですがそれは

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 12:14:46.57
帝国臣民と区別付けるために政治犯はまんまの名前だったんだろう

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 13:21:32.19
>>601
貴族は全員が白人だったと書いてあるじゃないかね。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 15:11:25.08
貴族=コーカソイド系、アングロサクソン系
貴族=ゲルマン風改名
貴族以外=白人系&有色人種、強制改名なし(自由?)

でFA?

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 18:58:52.43
非白人は農奴に落とされるか迫害されて辺境へ。
白人系臣民はゲルマン至上の圧力で改姓。改姓しないものは社会秩序維持局が…と脳内補完してたよ。
でも明確な説明は作中に無いよね?

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 19:38:47.06
人口の減り具合からして、辺境に流された非白人はほとんど立ち枯れてんだろうなあ。
ゆるやかな虐殺。

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 19:53:35.74
>588
ミッターやビッテンが毒舌吐いても嫌われないのに
ロイエンが敵作るのは何故なんだろうな

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 19:58:22.80
モテル男への嫉妬ですよ

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 22:22:49.80
上司にしたい高級将官ランキングやったら、ロイエンはかなり下位に来そう

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 22:37:56.49
オスカーって誰かに疎まれたり、妬まれたり、恨まれてたっけ?

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 23:30:24.13
素朴な疑問(質問)ですが
メックリンガーは死にますよね?

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/21(日) 23:48:43.74
残念ですが、心不全でお亡くなりになります

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 00:11:20.03
>>612-613
面倒だから心停止したキャラクターを
朝までに全員リストアップしなさい

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 00:31:11.50
死なない人間がいるものか!

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 00:50:57.45
>>614
無理言うなよ、艦隊戦一回で億単位の死者が出るんだぜ

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 00:57:15.01
>>616
いや、台詞のあるような主要キャラとか行動の描写があるような人物は、
そんなにいないから。

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 01:14:39.18
山は死にますか
海は死にますか

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 01:42:50.85
>>608
本人は意識して無くても他人を常に上からの目線でみてる雰囲気をだしてんじゃね

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 02:05:38.43
冷笑癖だな

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 02:31:52.92
>>618
「死」という意味をどう捉えるかで変わるけど
生物の生命機能が停止する意味で使うなら山や海は死なないし
魚が生息できなくなった、山林が育たなくなったという意味なら
死の海や死の山として使うけど・・・

まあよく考えれば人間は死肉が好きな生物だね
死肉を食べることのほうが圧倒的に多いし
新鮮な死魚もよく食べる
俺も死んだ牛、豚、鶏をよく食べるよ
死魚を切り刻んでゴハンの上に載せた料理は好きだ

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 02:34:34.05
さだにマジレス

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 02:50:47.27
前半より後半の偏屈思考を書いてみたかったのだにょ
さだマーシーはダシに使ったにゃ

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 06:20:43.41
>>616
ウソ書くのよくない。

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 06:22:17.39
>>623
人目を引きたい年頃なんですね。

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 13:03:36.40
お昼は280円の死んだ牛食べた

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 14:11:07.59
ロイエンが上司だとベルゲン的に部下はめんどくさいよな。
ミュラーは最前線が多すぎだし。
メックは芸術家トークに合わせられないとキツそうw

やっぱミッターかワーレンあたりか。
性格が合うならビッテンの所は楽しそうw

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 14:25:27.93
私は軍務尚書のお嫁さんになりたい (*´д`*)キュン

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 14:28:30.21
ビッテンは自分と考え方の違う奴を幕僚に入れてたけど(ヤン一党を騙すよう進言した奴とか)
好き嫌い激しそうだが人事は案外公正に考えているのかも知れん

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 14:34:07.47
ビッテン艦隊は意外と楽しそうだw
生還率は低そうだが

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 14:55:38.62
割とマジで一番いいのはキルヒアイスの部下だろうなぁ
次点でミッターワーレンルッツあたりか
色んな要素から避けたい他の提督も馬鹿貴族の指揮官に比べれば神様みたいなもんなんだろうけどw

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 15:09:25.50
ビッテン艦隊は生存率低そうだけど、旗艦はダメージ受けた事ないはずだから、
旗艦要員になれればOKw

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 16:07:20.01
生存が第一なら、胃痛に悩まされようと、軍務省のデスクワークするのが良い
仕事ちゃんとやったら、評価はしてくれるんだしw

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 16:28:34.73
それに帝国だって、後方勤務には女性兵はいるって事だし、軍務省は女性職員結構いるんじゃないの
出会いもあって、いいぞ

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 16:36:55.58
>>634
今のJALのCAみたいな状態かもしれんぞ。

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 16:38:46.48
皇帝亡命やった後、帝国では志願兵が殺到したけど女性で志願する人もいたのかな?
兵役は女性には課してなさそうだったが。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 17:20:43.94
提督連中の合コン考えると
誰がアゲアゲやるんだ?
ルッツかねぇ

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 17:39:50.69
メックリンガー

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 18:38:45.27
>>636
後宮とか男子禁制の場所には女性兵士がいたかもしれない

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 18:40:32.28
大将級も同席可なら
とりあえずバイエルライン横に置いとけばどんなことでも重宝しそう

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 18:45:07.72
>>639
その辺はもう兵というレベルではないだろう。女官から選別して警備に当たらせるとかで。

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 18:45:43.29
そういやOVA「女優退場」の時に軍服の女性が出てきたよね?
キルヒアイスがラインハルトに電話しまくってた時。
あれは軍務省のオペレータか秘書官かな。

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 18:46:04.28
>>639
銀英伝の後宮は男子禁制になってない
尚書に医者とか寵姫の住まいを出入りしてる
アンネローゼの所はコルヴィッツ夫妻が仕えてるし

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 18:57:50.85
女性兵士のいる後方勤務ってのは後宮じゃあないでしょ。すでに出てるように
普通に軍務省でしょ。639は読んでないな。

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 19:49:20.97
後方勤務の女性兵が居るって描写、原作にあったっけ?

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 19:50:16.68
>>645
1巻にある。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 19:55:40.51
同盟は普通に前線勤務してるけど、さすがにパイロットはいても陸戦要員には
いないよねえ。カリンが要塞再奪取に志願してたけど、超例外ってことだよね。
(実際却下されてるし、シェーンコップと同じく女の子がトマハーク振り回し
て白兵戦やるのは。。)
あるいは薔薇連隊にも実は女性兵士がいるとか??

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 19:55:46.36
>>646
どのシーン?

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 19:56:23.52
冒頭なんだから読めよ。

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 19:56:57.64
>>649
どこだよ
今本手に取ってるんだけど無いんだが
まさか同盟と勘違いしているとか無いよな?

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 19:58:52.61
一巻から抜粋
「赤毛の若者は艦橋の中央部に向かって大股に歩き出した。大佐といっても、キルヒアイスはまだ二一歳になっていなかった。
軍服を脱いだときの彼は、後方勤務の女性兵たちが噂するように、「ハンサムな赤毛の『のっぽ』さん」にすぎなかった。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 19:59:32.83
今手元にないなら読めないだろうけど、なおさらそういう状態で自分の思い込みを
さぞ事実のように書くのはやめような。ちょっと上にも一回の艦隊戦で億単位の
死者が出るとかふざけたこと書いてるのいたし。これは自分の考えだけどって書き
ましょう。

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 20:00:06.25
あああったわスマン

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 20:00:33.90
>>650
親切な651さんに感謝するんだね。

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 20:03:53.86
しかし主人公でもなく貴族社会で平民出身なのに二十歳出で大佐。
チート過ぎる。大佐つったら戦艦の艦長が務まる職制だぜ。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 20:07:19.57
なに、一巻だけはOCR掛けて全テキスト化したでな。
サクッと探せますわwww

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 20:11:47.23
>>656
1巻だけで終わった各設定の多さに悲しくならない?(特にアニメのせいが
強いが)ちゃんと戦闘時にはガンダムばりに乗員は宇宙服着てるんだよって
も誰も信じてくれなかった。

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 20:14:42.04
>>655
何をいまさら。。寵妃の弟の腹心ですぜ。加えてこの世界の大佐はもうちょい
上だね。艦隊旗艦の艦長、もしくは(准将の指揮兵力から見て)分艦隊の下の
戦隊指揮官くらいの地位でずぜ。

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 20:36:23.96
戦闘中にヤンは頻繁にベレーを握りしめていたから

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 20:42:37.16
>>659
宇宙服の中から手をまわせる構造なんだよ。ww
まあパルスワープやルビンスキーの謎の通信機、など2巻以降はなかったことなった
設定のオンパレードではある。

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 21:16:11.94
ヤンのグラサンは例外だったんだねw

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 21:25:42.90
靴が磁力でくっついてるとか音を遮蔽できる空気の壁があるとかあったよーな
このころは一応SFしようとしていたわけだねえ

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 21:31:34.22
>>640
ビューローは水商売系の女にモテル 間違いない

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 21:39:01.74
>>662
ちゃんと重力制御が確立されてても戦闘時にそなえて磁力靴はいてたわけだ。
結果、どうやらそのスイッチ入れ忘れてたパストーレ中将は宇宙のちりになって
しまったと。

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 21:40:05.71
>>637
おもむろにアイゼナッハが立ち上がり、BGMに合わせて華麗な指パッチンを披露

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 21:40:52.01
>>663
ベルゲンの方じゃないのか?まああの2人でスナックとか行ったらもてそうだな。
色々な苦労からとにじみ出るやさしさ。

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 21:46:08.76
>>666
スナックで酔っ払って軍務尚書に無言電話かけてみんなで笑ってそうだ

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 21:53:55.58
>>667
そんなことすんのはバイエル、ジンツアー、後一人忘れた、の3人組だな。
クナップとグリルのコンビもしなさそうだし、最終的大将階級で一番悪ノリ
するのは上記の3人組みと思う。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 22:19:18.81
帝国はAVやポルノは禁制だっけ?
痴漢電車や団地妻はないだろうが
どんなのが流行ってるんかな

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 23:25:35.80
>>628
モノクル(片眼鏡)かけてる方の軍務尚書でよければ・・・

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/22(月) 23:48:59.05
不確かで忘れてしまったがエーレンベルグは
小説での眼鏡描写は多分ないはずだよ

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 00:05:40.95
>>671
2巻でビッテンに捕まる場面、旧式の方眼鏡をかけた、って書いてある
外伝1巻のブラ公を諌めてる場面でも、旧式の方眼鏡と書いてあるよ

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 02:08:55.89
>>669
AVはないが、娼館はありそうだ
痴漢電車はないが、疑似貴族プレイはありそうだ

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 04:44:45.53
>>640
オイゲンとアイゼナッハの幕僚達だろ

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 04:58:04.89
>>668
ドロイゼン?

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 06:02:02.12
>>675
そうだった。小説ではむろん、アニメでさえ区別つかんな、ジンツアーと
ドロイゼン。

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 08:36:00.12
>>669
亡命帝がいろいろ風俗の緩和したから
ルドルフの時代ほど極端ではないはず

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 09:03:18.59
>>669
満員電車が存在するような人口密度が人類社会にはもうないんだよ。
同盟と帝国計で400億しかいない。うち同盟が130億。

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 10:09:43.87
銀河連邦時代3000億人いた帝国領が250億まで人口が
減ったからな 過疎が凄く感じてしまう。

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 10:21:37.88
田舎の星系が散在する感じか

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 10:23:27.16
そのせいで携帯電話が廃れてしまった感じ
惑星ごとに数百万の人口しか居ないのでは、携帯の基地局がペイしないだろうし

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 10:44:20.66
平和になったら人口が増えるよ たぶん

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 13:42:12.65
同盟の帝国領侵攻の時、ケスラーが撤退指揮を執った惑星が点在する田舎星系のイメージ。

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 14:11:29.54
アニメの辺境の描き方はひどすぎ。いくらなんでも三美神が確立されてる世界で
あんな鋤鍬でやる農業とかないだろ。電気や水道さえない描写に見える。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 14:34:36.40
アニメじゃ重力制御がある銀英世界でも
普通にタイヤのある車が走ってるし
ヘリコプターがジャイロを回転させて飛んでるわ

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 15:53:47.31
重力制御はコストが嵩むって事にしようか。

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 15:58:08.12
たぶんそうでしょ。普通に惑星上で使う車をいちいち重力制御で浮かす必要は
あまりないかと。ただそんな世界で田畑を鋤や鍬で耕さんでもトラクターくら
いあるでしょと言いたい。かってなイメージはもっと大規模に耕作プラントみ
たいなもので(イゼルルーン要塞にはあるようだし)と思う。要塞の中でも
鋤とかでローゼンリッターが合間に耕してたら援農部隊だな。

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 16:32:18.56
>>687
まあ超音速機がある現在でもそれで通勤する人は一握り、普通車や電車だもんね。

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 16:40:27.63
超音速で通勤(出張じゃなく)してる人っているの??それは逆にすごいが。
まあ、現代で例えるなら、超音速で移動してるかたわらで、牛や馬で荷物運
んでるようなもの?超光速世界でスキやクワで耕してるのは。さすがにひど
いとは思うな。ま、小説の方にはそんな描写はないしね。あくまでアニメ

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 16:45:37.54
現在ですら農業用の各種機材がありプラント方策も進みつつあるのに、超光速を達成した
はるか未来にそれすらないってのはやはり変だろ。全文明が崩壊した北斗世界じゃあるま
いし。

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 17:09:03.39
小説の農奴や強制労働者は一体どんな農業や鉱山採掘してたのか

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 17:18:16.36
農奴というか反逆した市民を苦しませるために、原始的な農機具しか
与えなかったんじゃない
農作業なんて重労働だからな

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 19:01:12.70
どこぞの吸血貴族の様だ

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 20:51:53.63
銀英世界の農業人口比がどの程度かによるな。

先進国並みの数%ぐらいだと農業プラントは有効な設備投資だが、
もし途上国並みの80%ぐらいだとしたら明らかに過剰投資だ。
なぜなら、80%の人口で先進国並みの生産性があったりしたら、
人口の数十倍分の食料が生産できてしまうのでw

・・・まあ、鋤や鍬はやり過ぎだと思うがwww

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 21:31:47.73
>>681
それは単に作者がそういったものを思いつかなかっただけだろw

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 21:41:14.84
最新の農機具使えて三食ちゃんと食えるなら軍隊行くよりよっぽど農奴のほうがいいね

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 22:05:20.64
衣食住に満足すると名誉を求めるのが人の性

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 22:13:24.86
>>694
> 人口の数十倍分の食料が生産できてしまうのでw

でも年に何回か、「数万人が3ヶ月じゅうぶん食える量の食料を短期間でいっぺんに用意しろ」と
指令が来る世界だぞ。
数十倍はいきすぎだが、本来必要な量の数倍くらいは作ってるかも試練。

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 22:52:02.20
>>698
それは流通(or兵站)の問題でそ?

それゆえに、前線が食糧不足で撤退を余儀なくされたけど、
後方では食料が野積みになって腐っていた、ってことになる。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/23(火) 22:56:41.08
実際、何割かはそれを食う人間と一緒に宇宙で爆散してるしな

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 00:13:21.05
宇宙に漂う死体がいずれ無人惑星に有機質を運んでくれて
居住可能惑星になる
数万年か数億年後かに

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 00:57:37.92
文字通り天文学的確率で、火星くらい地球に近い環境の惑星に辿り着いたらいいけど
木星とか水星レベルの惑星だったらどうしようもねえな

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 02:00:03.39
>>701
惑乱の淑女乙

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 02:15:16.71
太陽系のみの時代に火星を開発したりイオに基地置いたりしていたけど、
FTL時代になったら放棄されたんかねぇ。
ワーレンの地球征伐の時にちょこっとソル系の惑星sが出てきたから気になったよ。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 02:54:16.11
>>704
やっぱ火星とかイオとかの小さい星は低重力だから、居住するには使い勝手が
悪いだろうから、銀河系に進出して地球と同程度の重力の星が使えるようになったら
特に維持する必要はないんじゃね?
ハビタブルゾーンにあるわけでもないし。

太陽系ってのは銀河系のかなり端っこに位置してるから、銀河が活動の舞台に
なったら、やっぱ不便を感じて活動中心が銀河系の内側に移っていくのは自然な
流れと思われ。
宇宙開発初期に重要な役割を果たした太陽系の惑星も、歴史的な意義があるだけで
観光程度の役割しか果たさないんじゃないかな。
イメージ的には奈良県みたいな感じ。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 03:24:38.85
奈良県民は怒っていいw
せめてエジプトとかメソポタミアにしてあげてw

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 04:36:50.03
>>695
リアルにほとんどなかった時代だからな。
あったからって何かが変わるような話じゃないし。

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 04:48:02.46
>>705
銀河の形成過程を考えれば中心に行くほど古い星々ということになる
となるとブラックホールや超新星爆発しまくり地帯が密集しているわけで
芯中心部は大ブラックホールの大渦巻きだよね
一種類の知的生命体が100万年や1000万年そこらとしたら
そんな配慮の必要はないんだろうけど
中心に行けば行くほど不安定で外側部のほうが安定しているのではないのかな?
詳しくないのでわからないけどハビタブルゾーンであること、
必須元素の含有、アミノ酸が作れる時間として
億年単位で惑星が壊滅崩壊爆発粉砕してはいけないんだよね
とすれば住みやすい惑星は銀河外側に多いのではないかと…

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 16:45:08.43
帝国がオリオン腕、同盟がペルセウス腕の一部、腕と腕の間が暗礁宙域って設定っぽいから、バルジはそのまままるごと暗礁宙域かも。

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 16:52:35.98
>>691
農奴っていうのは一定の財産や家庭を持てるけど、
土地や貴族に縛られている存在。

収穫したものは貴族様のものだし、
収入も貴族様に税としてとられる小作人をさらに不自由にしたもの。

安い人件費でこき使われるのには変わりないから、
機械化しようとしまいが生活は苦しそうだ。

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 17:08:12.67
>>710
そんな説明なかったと思うが。奴隷の子という表現はあったから奴隷同士で
子をなすことはあるのかもしれないが、財産なんか持てないと思うけどねえ。
奴隷ですよ、農奴ってのは。給料なんかもらえるわけないと思う。

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 17:33:16.91
厳密に言うと農奴と奴隷は別らしい
確かアニメの「まおゆう魔王勇者」の話の中で説明してたな

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 18:35:51.94
>>711
農奴階級は封建時代のヨーロッパでは農民の一般的な階級。

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 19:06:11.35
農奴は、小作人とか借金農家という方が正しい

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 20:27:47.34
過去の歴史じゃなく、この作品中の話だろ?

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 21:04:15.24
近代以前なら農奴というか奴隷には資産価値があったけど機械化の進んだ
未来で資産価値はない
農奴はルドルフによる反対者への見せしめなだけであって農業の生産は
期待されていないんじゃないか。

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 21:11:39.02
>>715
農奴制でぐぐってみたが、
日本人が一般に想像する奴隷とはちがうみたい。

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 21:11:39.82
この世界の農奴は、あらゆる権利が無い被差別階級みたいなもんか。

辺境領ってどんな階級構成なんだろうね?
貴族・帝国官僚・軍人・平民・農奴階級、って感じかな。
平民は軍人になれても、農奴は無理で惑星からも出られないとか。

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 21:23:45.26
500年も差別制度が続いたんだ 
差別意識が無くなるまで長い時間がかかるだろうな

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 21:30:51.85
>>719
ルドルフの時代近辺は奴隷は農業にまわしてたようだけど、だんだん鉱業の方に
まわすようになったんじゃないのかなあ、ハイネセンがそうだったように。だか
らラインハルトの時代は鉱業奴隷が主流で農奴はあまりいなかったと思う。
作中では貴族が平民に対し差別意識もってるだけで社会全体で奴隷に対する差別
意識みたいなのはなかったような。(そもそもハイネセンたちくらいしか奴隷が
描かれてないからなあ)

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 21:59:48.70
軍人やら人民食わせてやらなきゃなら農民が一番大事のはずが

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 22:55:59.34
ソヴィエトは農民を虐待していたが

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 23:03:14.99
江戸幕府も農民から絞りとったよな

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/24(水) 23:18:56.04
アニメで言うなら、ヴェスターラントにいた民衆辺りが農奴だと思ってたんだけど。
原作の描写が少ないから何ともいえないよね。

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 03:43:16.82
>>723
江戸の頃までは、基本農業(稲作)=国力だからね。公::民のバランスを公に傾けるほど
実質国力が増したし。

>>724
ヴェスターラントは領民じゃなかった? 特に農奴とはなかったような。

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 04:06:59.22
日本語としてあんまり「奴」に固執しなくていいんでないの
やつ、やっこ、椿鬼奴、冷奴
いい言葉ではなさそうではあるけど
百姓、小作農の意味ではいかんのかな
農業する奴=農奴
公務する下僕=公僕
隷従する人間、公民権無し人間=穢多・非人・奴婢・賤民・奴隷

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 06:02:30.93
>>724
あれは普通の領民でしょ。小説では最初の大規模反乱で100億以上が市民権剥奪されて農奴階級に
落とされたとの記述があるが、これ以降、農奴って言葉は出てこないけどね。ここで農奴農奴って
言ってる人はほとんどがアニメの原始的農業やってる人をイメージしてるんでしょうね。あれもた
だの小作人だとは思うが。奴隷としての生活がどうだったかも、ハイネセンが奴隷階級に落とされ
過酷な鉱山作業に従事させられたとあるだけで、農業に従事した奴隷の様子はないからなんともだね。

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 06:44:26.55
>>725
公:民のバランスを公に傾けすぎると、百姓の逃散が続出して
逆に国力が落ちる。
アムリッツァのとき、リヒテンラー侯が言ったようにバランスが必要。

なお、江戸時代は四公六民とか五公五民と言われているが、
実際は表高と実際の石高(内高)が大きく乖離しており、
地域差は大きいが江戸中期には実質おおむね二公八民だったらしい。

その証拠に、明治維新での地租改正でおおむね三公七民になったが
地租改正反対一揆が続出した。

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 06:50:06.67
>>719
明治維新やフランス革命なんかの例を見るとそのへんの意識改革は早いよ。
旧支配階級が意趣返しに逆差別を受けることもある。

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 07:08:14.75
>>723
幕府はたいしてしぼってないんだよなあ
幕府の領地-天領-の税率は低かった
絞られたのは雄藩の領民だな

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 07:15:48.09
そりゃ、農民であって奴隷じゃないんだから。奴隷なら最低限の食料与えるだけでいいし、
自分のものなんだから文字どうりの生殺与奪権持ってるわけだろうからね。殺してばっか
じゃ元が取れないからそうは出来ないけどね。

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 12:14:00.07
>>727
原作しっかり読んでないだろ
2巻のラインハルトがブラ公軍挑発した場面で、貴族が兵士を電気鞭で殴ってるから
領地の農奴を気晴らしで殴ってた、っていうのがあるし
何より3巻でラインハルトの改革で、農奴の解放って出てくるじゃん

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 17:56:23.25
http://gigazine.net/news/20120830-rakshasa/
BIOSやファームウェアに感染してハードウェアに検知不能なバックドアを作る「ラクシャーサ」とは? - GIGAZINE

「健康のため食後に烏龍茶」なんてキーワードを受信すると発動したりするんだろうか。

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 18:03:44.34
不自然な

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 18:06:19.61
電気鞭で抵抗できない人間を殴るか・・・・
痛かっただろうな
農奴も兵士も人権なんて無かったんだな

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 20:05:00.65
ほんとうにもう

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 21:15:12.60
でも大貴族の子供に生まれてたら、おれもどうなっていたかわからん

自信ないわ

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 21:20:32.31
旗本の三男坊

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 21:38:41.44
>>738
未来から来た青年にコブラ・カメ・ワニのコインを渡すんだな。

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 22:41:36.82
>>732
この辺も作者の頭の中で農奴=アメリカの黒人奴隷みたいな変な認識があったんじゃね
作中じゃ江戸のエタヒニンみたいな扱いになってるっぽいし
神聖不可侵たる皇帝陛下に反乱起こした旧秩序最後の抵抗だし小作農じゃあんまり罰になってない気がする
見せしめとして徹底的にやったんだろうし

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 22:52:49.00
>>740
外伝1巻の、ミューゼル家は一応貴族、平民や賤民ではない、って
侯爵夫人の医者の台詞から、農奴は賤民の扱いなんだろなと思う

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 23:07:13.74
ブ公爵も「賎民どもが、よくもわしの甥をころしおったな!」ってブチ切れてたもんね。

>>740
都市部からいきなり全部人手でやらなきゃならない農地へGOなんて、相当きついと思うけどな。

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 23:12:29.66
>>742
時代背景を考えたらそれはもう上で言われてる農奴ではなく北挑戦の強制労働というべきもんじゃねw

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 23:15:33.85
アーレ・ハイネセンの鉱山労働なんてまさにそんな感じだよね

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 23:18:38.26
>>729
チェコの初代大統領マサリクとか父親は農奴制がなくなるまで農奴だったそうだが
息子は学者や政治家として活動できたもんな。

ロ朝でもアレクの晩年くらいにはかつての農奴階級からも人物がでてくるかも。

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 23:37:03.75
>>737
だからそういう環境下にあって、ヒルダが異質すぎるんだよね
貴族の娘らしからぬ育ち方を許容してたヒルダ父の方が、より異質になるかな?
ヒルダ父が許容してなかったら、あんなヒルダにはなってない

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 23:42:14.60
自分なら間違いなくフレーゲルあたりの取り巻きの一人になって艦ごと蒸発してるわw

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/25(木) 23:43:41.71
>>745
そういう実話を聞くとホッとするな 日本でも伊藤博文が貧農の
子供から初代総理大臣になったんだよな
新帝国でもそんな偉人が出て欲しいな

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 00:26:17.44
最後の戦いで、ユリアンたちがブリュンヒルドに乗り込んだ後、
ビッテンフェルトとアイゼナッハがさらに戦闘を続けてるけど
あれってブリュンヒルドが人質に取られてる状況で無謀じゃないの?
揚陸艦に自爆されたらおしまいじゃん
てか、ブリュンヒルドに上陸を許した時点で艦隊戦としては敗北だよね?
ビッテンフェルトはともかくアイゼナッハまで何考えてんの?

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 01:00:42.50
>>749
だからって、敵が撃ってくる以上、急にはやめられんだろ。
わざわざムチャな突入作戦を決行する以上、突入させるだけの目的持ってきたんだから、そう
そう自爆はせんだろし。可能性として考慮する必要はあるが、だからって逃げるわけにも、黙っ
てやられるわけにも少なくとも、そういう脅しをかけられない限りは、最低自衛のための戦闘
は継続せなあかん。

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 04:54:14.12
>>750
ビッテンたちのはとても自衛のための戦闘には見えないけどな。

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 06:52:18.98
>>749
ビッテンは「帰るところをなくしてやるぞ!」と言っているやんw

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 07:36:26.50
>>752
あれ意味不明だよな。いったいどこのことを言ってるのだろう?イゼルローン要塞は
はるか彼方だし、揚陸艦には射撃出来ないのだし。(アニメ設定ならブリュンヒルト
は無敵の新理論防御だからかまわんと思うけど)

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 08:58:19.20
>>753
「帰るところ」は艦隊の事でしょ

地の文でも書かれてたが一人も生かして帰すなは単なる扇動だよね
ビッテンは単なる戦闘狂・殺人狂なのがよくわかる
直前の会話でミッターマイヤーやメックリンガーが露骨に彼を見下した態度を取るけど
余裕のない状況で本音が出たんだろうな。ビッテンのような奴は人殺ししか出来ない、と

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 10:44:01.99
オイゲンの胃の穴がまた一つ

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 14:20:10.07
>>754
流石にあれは八つ当たりだろw
単にブチキレたから相手の短所をえぐるようなこといっただけで
好戦的なのと戦闘狂・殺人狂は全然違うぞ

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 17:13:27.37
グエンとオフレッサーならヴァル原で仲良く出来そうだなw

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 18:22:50.76
キルヒアイスがヴァルハラで一息ついてたら助けたはずのラインハルトがすぐやってきたくやしみw

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 19:03:39.93
キヒルアイズは戦死なの?

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 19:18:20.51
殉職だな。レンネンと一緒。

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 19:22:00.60
.>>759
戦場で死んでれば戦死だが、あの時点では戦死とは言いがたい
どの場面で戦争が終わったかの解釈次第だと思う

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 19:52:33.66
>>758
くやしいのう、くやしいのう

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 21:32:15.03
ファーレンハイトがヴァルハラで俺の席が狭くなるって言ってたけど逆にデカイ奴は誰なの

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 22:17:35.03
>>758
宇宙を手に入れるという目標を達成したから急いで逢いに来たんだよ

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 22:36:19.31
ラインハルト助けたのはアンネローゼ様の為だから後から速く来ても僕知らないw

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 22:50:28.91
>>760
レンネンというよりルッツやオーベルに近いんじゃないだろうか。
そういやヴァルハラって戦死じゃないと行けないんだっけ?

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/26(金) 23:59:23.77
>>763
誰も席に近寄ろうとしないオフレッサー

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 01:00:35.60
>>763
ラインハルト

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 01:04:57.38
コニェツポルスキとグスタフ・アドルフはヤンとラインハルトの関係性と似てるな

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 02:09:03.67
ヴァルハラは戦死者しか行けない
だから、ローエングラムもキルヒアイスもヴァルハラに行けない
だから天国か地獄か極楽浄土で愛し合うしか方法ないよ

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 03:21:13.31
そういやラインハルトにそこで戦死せよと命じられた奴が
ヴァルハラでは俺が先達だからこき使ってやる!と吐き捨ててたが
お前現世でも先達なのにこき使われてるじゃんw

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 04:34:24.43
>>766
戦って死んだ勇者をワルキューレが迎えに来て、ラグナロク要員として連れてってくれる。
ヴァルハラ―ラグナロクのその日までケンカと宴会に明け暮れる脳筋天国。
戦士でも病死他の場合は行くところが違う。ラインハルトはヴァルハラにいけないはず。キルヒ
アイスは微妙。

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 04:41:30.89
殉職つまり公務災害死亡ならヴァルハラに行ける?
実戦訓練時や哨戒任務中の事故死はどうなのかな
キルヒが微妙というのはキルヒが戦闘中だったかどうかが
決め手となるんかな
せめて銀英伝作品内でヴァルハラへ行ける定義がわかればいいんだけど・・・

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 05:06:23.11
>>773
>殉職つまり公務災害死亡ならヴァルハラに行ける?
>実戦訓練時や哨戒任務中の事故死はどうなのかな
たぶん無理。戦士としての誇りある死だから、ガチンコやって死なないと。
キルヒアイスの場合は戦場での死とは違うが、彼にとって「ラインハルトを守る戦い」ってのが
誓いに沿った「本筋」だろうから誇りや重みは同じくらいあるだろう。
選別するのはワルキューレだそうだが……。

>せめて銀英伝作品内でヴァルハラへ行ける定義がわかればいいんだけど・・・
書いてないってことは、北欧神話に準ずると考えるべきだろうな。
仮に違っていたら、それは少なくとも北欧神話でも「ヴァルハラ」でもない。
本編を読む限り、誰も実際の北欧神話どおりに理解していたとは思われないがなw 終盤の
ミッターマイヤーの夢とか明らかにヴァルハラを単なる「あの世」としか……。

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 05:25:37.41
黄泉、あの世なら何でもありだね
1000年後の未来の帝国の概念は死亡軍人の行き先程度な感じかな
本来は謀反、反乱、逆賊者はもとより失脚自決や処刑もNG
オフレッサー、ロイエは無理か
オーベルもキルヒと同じ扱いなら微妙
ていうかオーベルは戦士でないから最初からNGかな

とか考えているうちにラインハルトにメンチきった輩は薔薇原に行けそうもない

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 07:28:42.28
日本人が天国だの彼岸だのいうレベルだろなあ

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 08:28:32.28
絶体絶命の状況で近くの船が
大質量のそばでワープしたから脱出できたという描写があったけど
じゃあなんで、敵陣の中に小惑星ワープさせて出現させないんだ?
ガイエですらワープできるんだから楽勝だろ

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 09:16:39.65
>>777
それができれば、ミサイル等をいきなり敵旗艦の目の前にワープで送り込むなど、
ゼロ距離攻撃戦術が可能になる。

おそらく、ワープアウト時の誤差が数百光秒はあるのだろう。

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 10:59:40.90
>>778
>おそらく、ワープアウト時の誤差が数百光秒はあるのだろう
そんなのが1万隻以上の艦隊でまとまってワープするんだから大変ですなあ。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 11:06:54.05
大質量近くでのワープで亜空間に飛んじゃうのに、大質量そのものを飛ばす事はできるのか?w
ワープミサイルに関しては、ワープ機関がでかすぎて無理ってことにしない?w

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 11:15:51.93
ワープに影響が出る「大質量」ってのは惑星とかの天体クラスじゃなかたっけ

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 11:18:45.51
>>738
貧乏貴族の息子は世を忍ぶ仮の姿、実は正体は銀河帝国皇帝! しかも強い!
…あれ、そのまんまだ。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 11:26:38.22
>>780
ガイエスブルグ跳ばせるんだから、小惑星レベルならなんとかなるでしょ

ワープミサイルの類に関しては、どっちかつーと、
「やたら近くにワープアウトしてくる物体をとりあえず旗艦から遠ざける役割の艦」
があったりして…勿論乗ってるのは平民出の奴らばかり
それなりの特別手当てと遺族年金アリの志願制、とかで

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 11:48:34.84
>>783
ほんとにワープアウト地点に数百メートル程度の誤差あるんなら1万隻で
ワープしたら味方どうしで衝突続出、その旗艦を守るための艦とやらが旗
艦に衝突するな。
あ、ワープのたびに脱落艦ってのはそういう味方同士で衝突して損傷、破壊
される艦のことなのか。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 11:52:57.07
何全何万単位で組む陣からみれば数百メートル程度なんて
それこそ「些細なズレ」なんじゃないか。一隻同士の距離は何キロもありそう。

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 13:30:55.58
>>785
>一隻同士の距離は何キロもありそう。

アスターテで、中性子砲食らって乗員全滅した同盟軍の船が、
他の船とぶつかってたから、それはない。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 13:52:40.12
艦隊でワープする時は全艦が旗艦にスレイブして同期とるんじゃないの?

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 14:08:31.17
>>787
同期ってタイミングだろ?出現位置の誤差は各艦でばらばらになりそう。
>>785 786
ワープがどのようなものかは別として、この世界の艦艇はどの程度の間隔
で艦隊組んでるんだろうね?(どうしてもアニメの図が頭に浮かぶが、そ
れを無視し)作中の描写からだけ考えると。。 やはり僚艦と衝突したり
密集して敵艦隊の中央突破とか、わりと近距離に位置してるのかな?
1000mくらい?そもそも艦の大きさがあまりわからんが。(戦艦は巨大な
塔が横倒しみたいな だっけ 東京タワーみたいなのが飛んでるのかな?)

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 15:41:53.86
>>777
よく読め。
基本設定として「巨大質量近くでは、安全な設定が出来ず、どこにブッ飛ぶかわからない。最悪、
通常空間に戻ってこれない」てあって、件の艦はヤケクソでワープ→どうなったか分かりません、
だろ。あれを「脱出できた」というのは池沼。
前段と後段が繋がってないし、その程度か……

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 15:43:55.72
>>786
普通に考えて、ワープによる行軍中と戦闘時の陣形では船の間隔は違うんじゃないの?

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 15:49:17.24
>>784
>あ、ワープのたびに脱落艦ってのはそういう味方同士で衝突して損傷、破壊
>される艦のことなのか。

君の中の銀英伝の世界の登場人物ってのは、ワープの誤差でぶつかっちゃうなーで済ませて、適度な
間隔を空けておくってことをしようとしない馬鹿ばっかりなのか。
予想される誤差以上の間隔あけておけばいい話じゃん。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 15:57:01.20
>>788
現実の水上艦隊は、洋上では数十キロ単位で組んでいる。旗艦が東京にいたら、外縁は山梨
にいるくらい。「隣」の艦でも、水平線上の点。
それを×1000して、さらに宇宙スケールにしたら、艦隊全体の差し渡しは光秒単位で図るもの
になるだろうな。総旗艦が出張るくらいの複数艦隊まとめてとなったら、前衛の先端と、後方の
支援部隊とでは一光年くらい離れていても不思議ではない。

「隣の艦の爆発に巻き込まれて……」てのは、映像作品の同一フレームに収めたいって都合で
超密集描写になっているのをそのまま受け止めただけだろ。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 16:04:36.54
アニメだと、「○光秒まで引きつけてから撃て」みたいな事言ってて陣形見るとその○光秒に全部収まりそうな艦隊だったりする。
原作にはそういう細かい距離って出てこなかったよね

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 16:07:40.22
>>788
まじめに考えていくと宇宙空間での艦隊戦自体が現実的じゃないから、結論は
でないと思うよ。
アニメの絵が公式見解、でいいと思う。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 16:15:06.81
うかつに数字を出すとリアリティがかえってなくなる

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 16:51:45.93
>>790
ワープによる行軍中と戦闘時の陣形で、船の間隔がキロ単位で違ってきたら、
艦隊はほとんどが1万隻単位で行動してるから、外縁部の船が、
行軍隊列と戦闘隊列の切り替えのたびに100キロ近く動くことになる。

行軍中に奇襲を食らった方が壊滅的なダメージを受けることになるが、
アムリッツアの前哨戦で、
アムリッツア星系に向けて行軍中(明らかにワープ行軍中)のヤン艦隊を、
名将のキルヒアイスが4倍にも及ぶ艦隊で攻撃してるが、
ヤン艦隊は別に壊滅してない。

さらに問題なのは、ワープ行軍中か戦闘隊形か一見して明らかなはずなのに、
バーミリオン前哨戦で、ワーレンは実際には戦闘隊形のヤン艦隊を、
輸送船団を先頭においていることを根拠に、戦闘隊形でないと判断してる。
このときの位置は星系と星系の間で、ワープ行軍中でないかぎり、艦隊はいない場所

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 16:59:13.81
宇宙規模で考えたら数キロなんてゼロ距離に等しいんじゃない?
コントロール失った艦が隣の艦に突っ込むのだっておかしくはない

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 17:11:25.24
ほとんどの旗艦級戦艦は全長1キロ超えてるもんね

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 17:11:57.46
銀英伝では宇宙規模で艦隊戦をしてない。
例えば、恒星と恒星を結んだ線を前線にする、
とかしてれば、艦同士の間隔は広くないと無意味だが、
星系の一角でドンパチしてるだけだ。

例えば、アムリッツアでヤンは巨艦で壁を作って、
その隙間から砲艦やミサイル艦に攻撃させている。
数キロ単位で間隔をあけてて、「壁」とか「隙間」とかありえん。

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 17:12:02.84
>789
その船がどうなったかなんてどうでもいい
但しその混乱で艦隊は救われてるよな?
だから、敵のただなかに何でもいいからワープアウトさせれば
大混乱が起こってこっちは必勝だろ

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 17:32:11.83
>>800
アムリッツアで混乱したのは、ワープインの際の時空震の影響で、
お前が言ってるのはワープアウトだよな。

敵の至近距離にワープアウトすれば必勝、ってのは、
時空震なしでも必勝戦法で、デスラー戦法って言われてる。
たしかに必勝戦法だ。
まあ、「だからこそ」何か対策があるんだろうな。

例えば、『戦艦には「ワープアウト阻害装置」が搭載されてて、
数キロ単位でワープアウトを邪魔できる』、とか。
アムリッツアみたいなワープインは妨害できない、
ってコトにしとけば矛盾ないと思うんだ

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 17:51:11.37
>>799
>数キロ単位で間隔をあけてて、「壁」とか「隙間」とかありえん。

宇宙空間で宇宙戦艦が爆発したとき、その破片は減速もせずに等速直線運動でどこまで飛んでいく。
重力もないから、破片が地上に落ちるとかもない。
だから密集隊形で一隻の船が爆発した場合、その破片で2隻以上の船が爆発して、さらにその2隻の
破片がそれぞれ2隻を破壊すると4隻が破壊されて・・・と、指数関数的に爆発が進んでいって、
離れたところから観察すると、艦隊に一発レーザー打ち込んだら艦隊全体が爆発したでござる、という
状況になる。
ちょうど核分裂反応がすすむ時と同じ感じだね。
それを避けるには、できるだけ戦艦同士の間隔を空けて、密度の薄いスカスカな艦隊にするのが一番有利。
数百mからKm単位の大きさの戦艦で戦闘してるとき、数キロ単位の間隔は、かなり近すぎるよ。

仮に戦艦が爆発するときに核分裂が暴走して破片が全部蒸発してしまうとしても、宇宙空間での核反応が
どれくらいの範囲に及ぶのかははっきりとわからないし、銀英伝の世界の戦艦がどれくらいの核物質を
積んでいるのか、そもそも核融合が基本と思われる銀英伝の世界で核分裂を起こす物質をどれくらい積んでるのか
わからないから何ともいえないけど、数キロしか離れてないところで核爆発したら隣の艦に影響でるはず。
過去最大の水爆の火球は、直径10Kmあった。
ちなみに、核融合は頑張って核融合状態を維持しないとすぐに反応が止まっちゃうので、戦艦が被弾して
核融合が暴走して爆発する、ってことはあり得ない。

そんな感じで、まじめに戦艦同士の距離とか考えると空想科学読本的なとんでもない結論になっちゃうから、
あまり深く考えちゃいけない部分だと思う。
アニメの描写で満足しとけばいいんじゃないかな。

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 17:58:18.91
そういえば、空想科学読本で銀河英雄伝説が取り上げられてたような気がする。
ちゃんと読んでないからうろ覚えだし、根拠も覚えてないけど、いろいろ科学的に
ちゃんと計算したら、銀河英雄伝説の艦隊の大きさは月の直径と同じくらい、っていう
結論だったような。

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 17:58:30.09
>>802
>できるだけ戦艦同士の間隔を空けて、密度の薄いスカスカな艦隊にするのが一番有利。

船を頑丈にしようとは思わんのか。
戦闘艦なんだぞ。

数キロ離れたところの核融合爆発で戦艦が吹っ飛ぶというのは、お前の妄想。
アムリッツアでミッターマイヤーの旗艦が半ダースの核融合ミサイルを食らって沈んでないのが、小説の描写。

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 17:59:57.13
>>800
たかだか直径50数キロの人工物体のガイエをワープさせるのに、最大級のワープエンジンを
12基同調させる「新技術」が必要だったところから言えば、この世界のワープ技術はそう高く
ない。艦隊に影響する時空震を起こそうとすれば、ガイエの半分は必要だろうが、それでもガ
イエ以降でないと技術的に確立していない。さらに戦術として確立するのは、1-2世代後の話だろうな。
ガイエは相手が動かないイゼルローン要塞と決まった上での話だったが、機動戦力相手に
大荷物伴って移動するのは艦隊の機動力を殺すことになって、いい的になるだけ―戦術が
洗練される目はなさそうだな。
アイディアは悪くないが、実用面でちょっとハードルが高い。

それはそれとして、メタな話としてワープ関連の便利な作戦は、戦いそのものが成立しなくな
る―物語が成立しない恐れがあるので、大抵は禁じ手としている。ここでも何度も出ているし、
メタの事情だからあまりドヤ顔で言わないように。無粋なバカと思われるぞ。

806 :804:2013/04/27(土) 18:04:45.47
>>802
ああ、すまん。
「影響でる」と言ってるだけで、「吹っ飛ぶ」とは言ってないな。

>>804 訂正
数キロ離れたところの核融合爆発で戦艦に影響が出るというのは、お前の妄想。
アムリッツアでミッターマイヤーの旗艦が半ダースの核融合ミサイルを食らって沈んでないのが、小説の描写。

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 18:07:12.73
>>803
空想科学読本……て時点で()だろうが。

>銀河英雄伝説の艦隊の大きさは月の直径と同じくらい
それはアニメの画面から想定した仮定だったような。

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 18:18:04.59
>>804
重装甲にしても、相手は火力を上げて対抗するだろ?
現実にももう傾向が出ているが、盾と矛の競争はよっぽどの基礎技術差がなれけば、矛が勝る。
重い盾は機動力を殺すからね。いくら重力制御とかあっても重いもんは重いし―動けない重装歩
兵が機動力で勝る兵相手に滅びた歴史はずっと続いているわけだよ。
銀英伝世界でも、艦の主砲は適度な距離なら装甲どころか艦構造そのものを軽く貫くレベル。中
和磁場ですら、近距離では紙同然。対艦で無敵装甲と言えるレベルは要塞サイズになってやっと
実現できる世界。
要塞級とはいかなくても、艦以上を目指せば、格段足が遅くなって、タコ殴りに遭うだけなんだろう。
結局、現状の技術内でバランスとった結果があれ、と。

809 :804:2013/04/27(土) 18:24:31.33
>>808
「戦闘艦の攻撃力」と「戦闘艦の防御力」が、矛と盾の関係なのは分かるが、
>>802 が比較してるのは、「艦が爆発したときの破片の攻撃力」と「艦の防御力」だぞ。
なんで、「艦が爆発したときの破片の攻撃力」が「防御力に負けないように」
あがっていくコトになってるんだよ?

>現状の技術内でバランスとった結果があれ

「あれ」ってのは、核融合ミサイル6発食らっても、応急処置だけで前線に戻れるレベル
ってコトでいいんだよな?
隣の船の爆発なんか、気にしなくていいじゃん。

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 18:26:57.65
ワープ出現の予兆がわかるなら、そこに艦砲叩き込めばいいだけだと思うが

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 18:28:16.93
>>804
>船を頑丈にしようとは思わんのか。
>戦闘艦なんだぞ。

今手元に小説ないから確実なこといえないけど、爆発した戦艦にぶつかって自分の船も
やられた、って描写あったはず。
だから、銀英伝の世界では他の船の破片にぶつけられても大丈夫なように頑丈にする、という
発想はないみたい。程度の問題だろうけど。

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 18:29:40.53
>>810
ワープ出現の予兆はわからないんじゃない。
むしろ、なんで予兆がわかると思ったのか。

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 18:33:16.23
>>809
要は、物理的に頑丈にするにも限界があるということだ。
たとえ「破片」の破壊力であっても、そうバカにするもんじゃない。艦の主機の爆発なんだぜ。

>隣の船の爆発なんか、気にしなくていいじゃん。
ご都合描写だからな。やっと気づいたか。

814 :810じゃないけど:2013/04/27(土) 18:33:45.49
>>812
ガイエスブルクが前線にワープアウトするシーンで、
哨戒に出てたユリシーズはワープアウトする前に大質量のワープアウトを探知して、
大慌てで逃げ出した

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 18:36:19.34
>>811
>爆発した戦艦にぶつかって自分の船も やられた、って描写あったはず。
それはもう「破片に当たった」とかいうレベルじゃないだろ。

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 18:48:08.48
>>813
コレは忠告だが。
小説内の描写を「ご都合描写だからな」と無視して、
自分の妄想を「そうバカにするもんじゃない」なんて
何の根拠にもなってない言い分で押し通そうとするなら、
SF系のスレには書きこまない方がいいぞ。

ファンタジーやホラーでも嫌われそうだが、SFに対しては最悪な発想だ。

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 18:57:19.21
>>816
忠告……w
ご都合はご都合。ムキになって考えるもんじゃないと割り切るのも必要。突っ込んじゃいけない
ところに突っ込むなんて不毛だろ。その見極めが出来ない程度で「考証ゴッコ」てのは無粋なだ
けだ。

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 19:22:47.64
月と同じってことは4000キロってとこか・・・月と同じ距離だとすると30分の大きさで・・・レーダーよく解析できるな・・・数の偽装とかってすっげ簡単じゃないのか?

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 19:35:00.96
>>791
なるほど、ワープによる誤差か。それなら、ワープでも移動に時間がかかるのも納得だ。
おそらく、移動に費やす日数の大半は、ワープの度に艦艇の配列を整えなおしているのに
費やす時間なのだろう。

また、ワープの距離に応じて誤差は大きくなるだろうから、超長距離ワープが不可能である
理由もこれで説明できる。

>>796
銀英伝世界にはパルスワープがあることを忘れるな。(もっとも作者が忘れてそうだがw)

短距離ワープを繰り返すパルスワープと、長距離を跳躍する通常ワープとでは、誤差の
大きさも異なるだろうから、陣形は全く異なる筈だ。パルスワープ時は通常陣形でいい筈。

バーミリオン前哨戦は不明だが、アムリッツア前哨戦では最初の戦場から六光時
(約六五億キロ)後退したとある。星系間距離に比べれば極めて短距離であり、
パルスワープを使っていたと考えるのが妥当だろう。

>>800
大質量がワープに影響を及ぼす理由が大質量による時空の歪みのせいであるとすれば、
天体に比べれば小質量である艦隊であっても、至近距離であればワープできないはずだ。
デスラー戦法が使えない理由はこれかも。

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 19:37:29.25
昔の銀英伝のPCゲームで
防御力が一番高いのが密集
次が逆の拡散だったなそういえば

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 19:56:37.50
>>803
空想科学読本w

山本弘がまさにそれを叩いていたよ。
山本の分析によれば、柳田理科雄は原作小説を全く読んでいない。
たまたま見たアニメ版の要塞対要塞の1巻『だけ』で考察している模様。

それでいて、ガイエスブルク要塞の重力でイゼルローン要塞の
なぜか『裏側が』干上がるという明らかな間違いには気付いてないw

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:05:37.02
>>821
イゼルローンの裏側が干上がるのは間違ってるの?

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:07:32.28
1日に2回満潮があるのは何故でしょう?

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:07:42.30
>>802
数万隻での艦隊戦自体色々無理があるもんなw
ワープ理論だって作者が作中でのみ通用する超理論とかを考えてるわけでもないっぽいし

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:12:58.87
>>816
銀英がSFとしてまともに考証に耐える出来とは言い難い気がするけどな
ぶっちゃけ舞台が宇宙なんでそれっぽくしましたレベルじゃん
はっきりいってこの作品の良さはそういう部分では無いと思う

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:14:31.92
ワープなんて使おうと思えば
ラインハルトが寝てるときに
煉瓦1個を宮殿の地下に出現させれば
大爆発が起こって神話が終わって歴史が始まっちゃうしなw

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:14:54.04
>>822
通常の重力と同じく、距離の逆自乗に比例すると仮定すると、
イゼルローン・ガイエスブルク間の重心間の距離をL、イゼルローンの半径をrとすると、
イゼルローンの重心付近でのガイエスブルクの重力は、1/L^2で、
「裏側」の重力は、1/(L+r)^2 だから、
裏側の方が重力が小さくなる。

で、話は変わるが、ばかデカイたらいを考えてみ。
その右端に0.8G、左端に1.2Gの重力がかかってると、
重力の小さい右端に液体が集まって、盛り上がるだろ。
同じ理屈で、より重力の小さい「裏側」に液体は集まって盛り上がる。

人工重力か何かで、「距離の逆自乗に比例する」のではないと仮定すると、
ガイエスブルクがイゼルローンに近づく理由が無い。

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:28:29.12
惑星クラスの大きさで考えると朝夕作用があるのは理解できるけど、たかだか直径60Kmの要塞だと
ガイエスブルグ側と反対側の重力差は無視できる程度だろうから、やっぱり反対側は干上がる
ような気もする。

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:31:17.04
>>828
「裏側」との重力差が無視できる程度なら、
「表側」との重力差も無視できて、
液体が「表側」にあつまる理由もなくなるぞ。

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:49:46.00
>>804
> 船を頑丈にしようとは思わんのか。
> 戦闘艦なんだぞ。

それは昔の戦艦の発想だな。「自分の発射する砲弾に耐えうる」
現代の海上艦は最低減の防御。「攻撃があたったら負け。当たらないことに全力を尽くす」

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:51:22.67
真面目に考えると、どーやっても干上がらんなぁ。

>人工重力か何かで、「距離の逆自乗に比例する」のではないと仮定すると、

この路線で考えてみようか。
近づいてきたのは、同盟軍の気を逸らすため、とか。

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 20:56:44.03
ラインハルト「敵艦隊の後背にワープアウト成功!」
ヤン「じゃ、こっちも敵の後背にワープ!」
ラインハルト「くそっ、キルヒアイスもう一回!」
ヤン「じゃ、こっちも・・・」

〜〜〜以下くりかえし〜〜〜

の結果、ヨシキ「ワープのことは、ややこしいから話したくない!(拒絶)」

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 21:13:38.58
>>817
一般論としては正しい。だが、このスレは銀河英雄伝説の素朴な疑問に
こじ付けでもいいから何とか答えをひねり出すためのスレだから、
>>816の方が正しい。ご都合主義で済ますなら、このスレにくる必要が無い。

>>802
>過去最大の水爆の火球は、直径10Kmあった。
一説によれば、真空である宇宙空間では核兵器の効果は限定的だそうだ。
火球と言っても、そこに空気があるからこその火球ができるわけで。
数百mいかまで近付かなければ、物理的なダメージは与えられないらしい。

熱や放射線の影響ならあるだろうが、恒星の近くや外宇宙でも行動できる
未来の宇宙船がそれらに対策をしていない筈も無い。

>>830
歴史が一巡して、銀英伝世界では、我々にとっての昔の発想で艦艇が
作られていると考えられる。その証拠に、装甲の厚い戦艦を盾にして
隙間から小型艦が敵を狙う、なんて描写がある。

おそらく、>>804が正しい。それに、破片を防ぐのは装甲の厚さだけでは
ないかも知れないぞ。あの世界には重力慣性制御技術があるのだ。

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 21:25:41.53
>>833
こじつけでも何でもいいけど、作品中に言及されてないことや、科学的におかしいことは
「回答不能」でいいじゃん。二次創作の場でもないし。
作者が設定してもいない事は、万人が納得できる結論は出ないし、でたところでなんの
意味があるのか。
妄想で済ませてOKなら、質問すること自体が必要ないしね。

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 21:31:16.23
>>834
作品中に言及されてないことでもなければ、
科学的におかしいことでもない、
「戦艦が核融合ミサイル6発に耐えた」を無視しろ、
というのが、>>813 の主張なんだが

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 21:51:00.73
>>835
あちこちで矛盾している一連の描写には、総体として「特に意味がないから、こだわるな」って
主張だろw

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 22:04:12.82
>>836
「あちこちで矛盾している一連の描写」ねぇ。
語るに落ちるとはこのことだな。

>>813 は描写を何も出してきていない。
>>799 や >>802 で出てくる描写は、
「銀英伝の宇宙戦艦にはかなりの防御力がある」
という主張を補強するものばかりだ。
なのに、>>813 の主張が
「あちこちで矛盾している一連の描写」に関するものだと、何故分かるのかな?

最期の一節、訂正したらどうだ?
× 主張だろw
○ 主張です

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 22:07:18.05
要塞の流体金属の防御はアニメ限定だからな。他にもアニメと小説をごっちゃに
議論するのはよくないな。

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 22:40:27.05
戦乱が続いてるにしても
幾らなんでも人口が少なすぎじゃね?
惑星一個のフェザーンが20億はいいとして
同盟帝国で380億って惑星幾つあるんだよ

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 22:46:17.11
ヤン一党はイゼルローン要塞に籠もってトールハンマー撃ちまくればいいし
帝國軍は全艦アースグリム級にしてその火力でイゼルローン要塞を陥落させればいい

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 22:51:05.71
>>840
アースグリム級って何? 火力強いの?

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 22:51:42.91
帝国は1000以上の恒星系を支配しているそうだ 
後、同盟軍の帝国領侵攻作戦の時 辺境の30あまりの恒星系に
5000万人いたとある。

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 22:59:02.81
>>840
それならトールハンマーの射程外から10万隻の艦艇が水爆ミサイル一隻10発として
総計100万発も打ち込めばいいんじゃないの

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 23:08:52.12
>>842
ショッキングが数字が2つも出てきた。

1000て。
銀河系の恒星の数は1000億から3000億と言われてるんだぞ。
居住不可能な星系は数に入れてないんだろうけど、
オリオン腕の半分も言ってないんじゃないか、と思わせる数だな。

30の星系に居住可能惑星が1つづつあったとして、
その陸地総面積が地球とほぼ同じ1億5000万平方キロと仮定すると、
日本の総面積40万平方キロの11万2500倍だから、
日本の人口を1億と見なすと、その半分しか居ないわけで。
人口密度にして、日本の22万5000分の1しか居ないのか。

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 23:37:25.92
>>839
ハイネセンが人口10億だそうな。
他の星の平均が首都星の半分の5億だとすると、居住してる星は74個。
・・・まぁそんなもんかな?うん。

1Gの星だと地球と同じくらいの大きさな訳で、かなり人口密度低いね。

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 23:41:19.55
って同盟と帝国併せて380億だっけ?
だったらもっと少なくなるか。

まぁ人口が少なければ他の星を開拓する必要もないわけで、住んでる星の数自体は
かなり少ないのかも。
人口減少に従って放棄された星も多かろう。

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 23:41:56.85
銀河を2分する勢力なんだから、最低でも100万の単位で恒星を持ってると思ってた

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 23:51:53.57
>>845
エル・ファシル が300万人だから居住してる星はもっと多いかも。

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/27(土) 23:56:47.46
人口の追加。
Wikipediaで見てみたら、ヴェスターラントで200万、地球で1000万、エル・ファシルで300万と、かなり
各惑星の人口は少ないらしい。
同盟も帝国も、おっそろしく人口密度の低い惑星が領土内に点在してるって感じだね。

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 00:15:03.99
>>849
全体の人口密度は少ないけど
オーディンとかも宮殿周りの所だけ拓けてて、人住んでる状態だとは思うw
点在させてすっからかんだと、なにかとやりにくいだろ

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 00:32:28.74
アニメの「要塞対要塞」ネタが出てるけど、潮汐作用で天体の裏側にも満ち潮が起きるのは互いに周回か双曲線軌道に乗ってる天体同士でしょ?
互いの距離は軌道運動じゃなくて、ガイエが推力で調節してるんじゃないの?

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 01:09:26.76
そんな少ない人口で各惑星にちらばってたら色々不都合だろうにねえ。
(他の惑星との通商とかもあるにせよ)ひとつの惑星で300万人って
のはどういう世界なんだろうね。

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 02:15:22.74
>>804
つーか艦の装甲ってそれこそエネルギー中和磁場とやらが担ってるんじゃないのか?
シールドの耐久力を超える力で艦がやられるだけじゃね
恐らく慣性制御あたりを使ったシールドなんだろうし

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 02:18:21.04
>>852
理由なんて特に無いんじゃないかな
単に総数を最初に決めて
エルファシルは辺境だからこれくらいハイネセンは首都なんで多めに
みたいな割り振りを適当にやっただけだと思われる

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 10:34:45.39
同盟の惑星開発はまず首都の選定だろう 危険地帯からさらに
4000光年も奥に定めたのは帝国の追撃を恐れたからかな
次にその近隣の恒星系から開発が進んでいったと思う。

エル・ファシルのような帝国との最前線に300万もの市民が
いたということは強制的に防人としての役割を押し付けられたか
よほど資源に恵まれていて人が集まったのか

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 11:16:50.80
>>855
38度線じゃないが、税金免除とかいろいろ優遇はあると見るべきだろね。

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 14:39:10.46
>>855
位置考えたら同盟の最前線だし大規模な軍事基地がないとおかしい気もするけどなあそこ
同盟の戦略考えたら1〜2個艦隊くらい置いておく必要があるはずなんだけど
何故数千隻で蹂躪されるような戦力しかないのかまるでわからない
毎回回廊から敵が来るたびに首都から1ヶ月かけて大軍派遣するようなことやってたのかな

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 15:06:01.29
ハイネセンに兵力を集中していたのか、それとも回廊付近に
兵力を分散してたかは不明だが、帝国軍が過去何度も各星系を
侵攻している所から同盟の軍事ドクトリンは回廊の入り口で
迎撃するのではなく、帝国軍を引っ張りこんで迎撃するのが基本かも

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 15:55:00.59
>>841
マクロスキャノンが撃てる

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 16:47:01.53
>>857
昔はあったが、イゼルローン要塞に機動力で対抗するってドクトリンが決った以降、要塞染みた
拠点は要らんとなって、最低限規模まで縮小された―とかあったりして

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 17:01:15.43
現代の地球でさえ今世紀半ばに100億人になろうかって話なのに
300億とか400億人とか二つの勢力で倍でも
何かダイソン球とか作れるレベルなら太陽系内の話で済んじゃいそうな規模だな

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 17:17:57.09
>>857
1〜2個艦隊置いといても帝国がソレ以上の大艦隊を動員したら無駄に殲滅されるだけなんじゃないかな
宇宙での艦隊戦なら遅滞戦術で時間稼ぎなんての出来そうもないし

一個艦隊程度の反撃で引き下がらざるをえない中途半端な数千隻での攻撃なんて想定外で
帝国も長期の占領なんて考えてない嫌がらせなんじゃなかろうか

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 17:34:00.77
逆に帝国の同盟というか反乱軍を滅ぼすための軍事ドクトリンは何だ?
侵攻をするための軍事拠点を作った そこまではいい
その後はどうするつもりだったんだ? まさか、フォークの言う大軍を
もって侵攻し心胆を寒からしめることが目的で、その後は高度の柔軟性を
維持して臨機応変に対処してきたんだろうか

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 19:01:58.50
進取と気鋭の精神が萎えたら発展あらんよ
食うだけなら100億でも地球でいいだろうさ
それでいいなら
大航海時代は食糧求めて外に出たんだっけ?
100年や60年くらい前までの植民地時代は食糧求めて占領奴隷だっけ?
富を得るためだったと考えるが

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 19:17:22.54
>>863
たぶん、まじめに反乱軍を滅ぼすことは考えてなかったと思われ。

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 19:28:13.73
>>865
帝國から侵攻かけて成功しかけたら、内乱起こったって皇帝がいたな。
まあ、当時事情がわからんけど、外の叛乱勢力をネタに上手いことやってる勢力とかもいるだ
ろうから、なくなってしまうのも困るのだろうな。功績で皇帝の権力強化されると貴族は相対的
に弱体化するし。

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 19:29:11.67
食料や環境問題回避のために人口抑制してるとか

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 20:02:46.08
帝国の支配者とって同盟軍はイギリスやオランダのアフリカの植民地が
反乱しているようなもので興味がなかった
それが、イゼルローン要塞が陥落して初めて危機意識を持ったと
アメリカの9・11みたいにね 

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 20:19:01.04
興味ないわけ無いだろ
ブルース・アッシュビーに有力提督を山ほど戦死させられたことが
平民提督の量産につながったわけだから
同盟出身の皇帝さえ出たくらいだから、興味が無いわけがない

なにもかもフリードリヒ4世の倦怠的政治がお互いのダラダラした関係を作ってしまっただけ

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 20:30:48.61
>>867
むしろ、生産人口の部分で徴兵されるから伸び悩んでるだけかと…

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 20:54:06.34
>>861
銀河帝国の元となった銀河連邦の時代では総人口は3000億人。
それから、某陰謀論の言だけど持続可能な地球人口は10億人と言われているから、
帝国領≒銀河連邦だけでも最低でも300ほどの有人惑星は必要であると思われ。

# ガンダム世界のようなスペースコロニー等はとりあえず置いといて\(・_・\)三(/・_・)/

現に、帝都オーディンや首都星ハイネセンの人口は約10億人であり、
13日間戦争前や地球統一政府時代の地球人口100億人というのは稀有な例と思われる。

更に地球のように人類の居住に適した惑星は稀であり、1つの有人惑星で
養える人口はオーディンやハイネセンよりも少なくなるだろうから、
帝国領≒銀河連邦の有人惑星は数千個はあるはずである。

その後、銀河帝国の人口は3000億→250億に減少したが、可住惑星は変わらないので
人口数百万の過疎化した惑星が出来上がった、と。

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 22:07:19.74
>>866
その帝国内の内紛はフェザーンが画策したものじゃなかったっけ?

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 22:34:24.52
>>862
しかしそうなるとエルファシルに住むなんて狂喜の沙汰としか思えない
複数勢力の衝突の結果そこが戦場になって現地住民が苦労してるって話じゃなくて
エルファシルに好き好んで移住した人間が結構馬鹿に出来ない数いることになるし
軍事拠点じゃなければ艦隊が寄り道してくこともほぼ無いし

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 22:53:47.74
>>868
まさにヤンは姓が表す通り中国みたいに尖閣に出たり入ったり
領海侵犯繰り返してるようなもんで流石に帝國を怒らせると痛い目にあうって
ことを試したかったんだな

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/28(日) 22:59:04.31
>>873
それならエルファシルに貴重な金属でもあるというのはどう
産油国だって石油が出なければ砂漠に住もうとか思わないだろうし
それとも緑や水に恵まれた自然豊かな星とか

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 00:22:24.44
>>873
帝国側も放置してて実際に戦闘になることは殆ど無かったんではなかろうか
後に革命政府の拠点になったってことは帝国の占領も短期間で終わって
住民は戻ってきてるんだろうし

帝国側の貴族かナンかが手柄が欲しくて勝てそうな所にチョッカイ掛けたんじゃないかね
だから同盟側も何の用意もしてなかった
リンチ少将とんだとばっちりw

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 00:30:19.22
フリードリヒ4世が何か悪政、暴君だった描写ないね
エルウィン・ヨーゼフが暴君だった描写ないね
赤ちゃん皇帝なーんも悪いことしてないなね
教科書に載るとしたら国を強奪された最期のゴ朝皇帝。
可哀想な人と書いてあげるべきと思わない?

ちょいと話の規模がヘボになるけど麻生や野田が
原因ではないのと同じさね
そこで、どーすれば、何をすればゴ朝は維持出来たのか

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 00:36:23.19
>>873
広大な宇宙でエルファシルでだけ産出ってのも考え難いんだよなぁ
それなら採掘拠点だけ運営すればいいし輸送も2〜3週間で出来るから300万も住む必要もない気がする
てかあの人達は石油出る前からあそこに住んでたっしょw
>>876
とは言っても帝国軍が襲来する危険が現実的なレベルである訳で
仮に今までは被害がなかったとしてもエルファシルは少なくとも作中で一回は襲われてる
各種保険関係もべらぼうに高そう

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 01:38:42.15
>>877
本人が何もしてなくてもロ朝の御用学者が
滅ぼされても仕方ない悪逆非道な皇帝って書くだろ

ゴ朝維持はフリードリヒ四世が周りの貴族の言うとおり
ラインハルトをさっさとぬっころしとけばよかったんじゃない?

>>878
三原山の噴火で全島脱出したけど収まったら戻ってくるみたいに
故郷を捨てて脱出なんてそう簡単じゃないよ
外国でも内戦や天災で何でそんな所に住んでるの?てトコでも人が住んでる
外国から見れば日本がそうだろうw

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 02:22:10.52
>>879
いや生活の基盤がそこにあり故郷としての愛着がある以上戻ってくること自体は理解できるんだけど
それ以前になんでわざわざあんな所に住み着いたんだろうって話ね
帝国とは貿易できないし軍事拠点でもなければ何かそこでしか出来ない産業や産出する資源があるとかって話は作中に無いし
おまけに帝国軍に襲われる可能性は同盟内でも最高レベル
単に辺境だしこんなもんだろって深い理由もなく作者が決めたんだろうからあんまり深く考える意味はないんだろうけどw

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 02:26:03.31
チェルノブイリでも退去しなかった人はいたし
福島も制限かかってなければ戻る人は少なくないと思うぞ

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 02:29:13.72
同盟設立から帝国と開戦するまではタイムラグがあるからな
最初から最前線だったわけじゃない

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 02:39:58.14
>>881
いや戻るって話じゃなくてw
>>881
帝国に近づけば近づくほどそこが最前線になる可能性は高いわけで
しかも場所はイゼルローン回廊の近く
なるべく帝国にみつからないようにしてたことは自明だしエルファシルがそれなりに開発されたのって帝国とぶつかって以後なんじゃね?
てか16万人?が戦争無しだと110年でどれくらいの数になるんだろう

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 02:47:20.63
同盟設立直後は独身希望なんて許されなかったんだろうな
正に女は産む機械扱い

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 02:54:30.62
多産が奨励とか書いてあるけど女性一人三人以上産むって半ば義務だったんだろうな

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 02:56:04.68
奨励なんてのは遠回しの強制だからな
中国の一人っ子政策みたいに

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 03:31:33.14
民に平和で幸せだなぁと思わせる執政者が最も優秀な人間と思うんだが
例えば帝国の七元帥やヒルダ、ユリアン他、誰が一番適切?
個人的意見でいいよ
アッテンボローとポプランのコンビで政治やってれると
いい国になりそうな感じがするんだけど

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 03:39:11.71
>>887
アッテンボローはダメだろ。思考の方向が活動家崩れのみんす並かマスゴミレベルじゃねぇか。
あのタイプは政治に関わらせちゃいかん。よくて「なんでも反対野党」になるだけだ。
ユリアンは未知数すぎる。ポプランは不祥事で勝手にコケそうだからパス。
七元帥は軍人脳すぎるから論外。
それなりにまともに政治家できそうのは、ヒルダしかいないな。

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 07:11:12.68
過去の帝国からより良い国へとの気持ちが先走ると政策が急すぎて国民に不満が
かといって緩やかにとなると、これまた遅い!とか不満に
政治家としてはヒルダだろうけど息子を守る立場もあって・・・
こりゃムズいね
今の日本国の政治に必要そうなキャラは?
というifにはしたくないし
以前にあったけど憲法なし絶対君主制を維持しつつ
元老院や議会など合議組織は作るべきとは思う

平和で幸せだなぁと多幸感を国民に思わせる政治というのがミソか
いい政治家、有能な政治家が実行可能な人材とは限らないし
でも行きつく先は財政、金だよね
まあ社会保障の部分的な充実を数年間実施ってところかな
具体的には小児、高齢者の医療費負担なしとか
現実的な話題になるな
階級社会の解除ではないはずだ

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 07:22:46.63
>>887-889
キャゼルヌは?
彼は政治家より圧倒的に官僚に向いてるけど。

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 08:42:20.57
ワーレン、メックリンガー、ケスラーは比較的向いてそうな気がする
意外と向いてそうなのはビッテンフェルト
ミッターマイヤーとミュラーは性格的に受け身過ぎて駄目そう
アイゼナッハは自分でしゃべれない時点でアウト

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 09:01:30.94
>>888
ヤン死後の働き振りから見ても失点の少ない人物だと思うが。
イゼルローンの軍人たちのユリアンへの突き上げを押さえ込むだけの腕力があるなどとても
「なんでも反対野党」とは言えんよ。最も活動家崩れではなくテロリストそのものではあるがw

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 09:07:42.65
帝国の兵数相当多くないか
ラグナロクから数えると五個艦隊くらい無くなってる気がする

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 09:53:50.27
>>893
リップシュタットで買ったときに貴族の私兵を正規軍に改編したんじななかろか?
それで余裕ができてる

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 09:56:22.96
連投すまん
それとレンネンカンプの死亡とケスラーが地上勤務に変更で二個艦隊空いたし
ロイが統帥本部総長になって一個艦隊空いた

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 12:05:04.55
>>893
これは漏れの推測(妄想)だが、
帝国軍の兵力(艦数)の変遷 (帝国は年2万隻程度の建造能力があると仮定)

物語開始前:  正規艦隊20万隻、地方警備艦隊10万隻、門閥貴族の私兵10万隻
アムリッツァ後: 正規艦隊18万隻、地方警備艦隊10万隻、門閥貴族の私兵10万隻(-3万+1万)
リップシュタット後: 正規艦隊18万隻、地方警備艦隊10万隻(-11万+1万)
 ※戦後、貴族の私兵は正規艦隊に編入
ラグナロック後: 正規艦隊16万隻、地方警備艦隊10万隻(-3万+2万)
回廊の戦い後: 正規艦隊15万隻、地方警備艦隊10万隻(-3万+2万)
第2次ランテマリオ後: 正規艦隊12万隻、地方警備艦隊10万隻(-4万+1万)

一方、同盟軍の兵力(艦数)は (年1万隻程度の建造能力があると仮定)

物語開始前:  正規艦隊15万隻、地方警備艦隊10万隻
アスターテ後:  正規艦隊13万隻、地方警備艦隊10万隻(-2万)
アムリッツァ後: 正規艦隊8万隻、地方警備艦隊1万隻(-14万)
 →アムリッツァで引き抜いた地方警備艦隊を再配置して、
          正規艦隊5万隻、地方警備艦隊4万隻
救国軍事会議後: 正規艦隊3万隻、地方警備艦隊4万隻(-2万)
要塞対要塞後:  正規艦隊3.5万隻、地方警備艦隊4万隻(-0.5万+1万)
ラグナロック後:  正規艦隊2万隻、地方警備艦隊3.5万隻(-0.5万+1万)
回廊の戦い後:  ヤン艦隊1.5万隻、地方警備艦隊1.5万隻(-2.5万)

・・・う〜ん(^_^;)

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 20:06:27.51
>>887
マリーンドルフ伯でいいんじゃないの 領民達の信望も厚かったそうだから

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 20:42:24.03
>895
ロイエンタールの艦隊は空いてないだろ
>887
大穴のトリューニヒト

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 21:20:35.70
トリューニヒトは死んでいるからな
大穴ならホワン・ルイ 労働問題や社会保障のベテランみたいだから
新帝国のこれからに必要な人材かな

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 21:24:42.43
>トリューニヒト
大穴つうより、的確かもしれない
帝国と戦争していなければ、他の政策で懐柔するだろうし
庶民を扇動、先導、船頭するのは案外上手だろう

たらねばとしてはローエングラムがいなければ、
姉上が皇帝の娼婦にならなければ
トリューニヒトが国防委員長、議長任期中は
同盟イケイケで人気MAXだったろうからね
ただ同盟軍が帝国を侵攻、降伏、占領せずにはいられないから、その後は??かな

同盟イケイケならシトレ、グリーンヒル、ビュッコック、キャゼルヌ、ヤン
が担っても国民は満足しそう
アイゼンハワー大統領やパウエル国務長官のように

なんにしても戦争は講和、停戦、降伏なんにしても
終わらせんと幸せにはなれんわな

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 21:45:24.22
トリューニヒトは自分で解決できない問題がでてきたら逃げ出すんだけど
たらねばを言うなら、正式にトリューニヒトが辞任していたら歴史は変わったかも

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 21:49:39.61
無理、アムリッツァで大敗した時点ですでに同盟は詰んでいる

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 21:51:44.30
ホワン・ルイも同盟が大変な時表舞台に出て来なかったからなあ
表に出て来て悪いイメージばかり付いたレベロと何もしなかったホワンだと
どっちがましなんだろう

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 21:56:17.02
もしヨブ・トリューニヒト氏とビッテンフェルトが論戦したら
私はビッテンフェルトを応援するだろうな

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 21:57:25.96
ああ、同盟にはムライ中将が居るじゃあないですか
これ以上ない公正なお方が

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 21:59:45.67
ビッテンフェルトはズバズバ本音で語るから人気出そうだな
しかもそう的外れな事は言わないし
官僚は言いたい放題されてうんざりしそうだけどw

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 22:02:38.29
ホアンは穏健派イメージ
見た目の人柄や人徳を
国民がいいよねぇ、すきだなぁと考える社会なら
いい政治家になる。有能、無能関係ないからね
小渕とか海部とかニクソンとか
アクが強いのを望むなら
ジョンソン、角栄だけど
トニューニヒトはジョンソン、角栄タイプだな

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 22:07:35.97
ロイヤル・サンフォード元議長がいるじゃないか 
調整役タイプだから穏健な政治をするんじゃない

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 22:11:00.08
ビッテンは良くも悪くも決断は早いからね
速さが必要な危機管理には手腕が発揮できそう
間違いだったか、正しかったかは後で検証、反省、責任をとればいい
その覚悟がある勇気はあると思うな
後先考えずにその場でYES NOの判断を命令しちゃうから

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 22:43:12.04
ラインハルト・ローエングラムは革新?保守?左派?右派?

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 22:48:00.78
帝国の保守派から見れば革新派 同盟の左派(日本的な)から見れば右派

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 23:02:54.80
読み終わったばかりの素人。一回の会戦で人死に杉。
数百万単位で死んでいく。せめて名前だけでも列挙
してやってほしい。
 でも恒星間戦争やるような時代になんでそんなに
人手のかかる戦艦しかないのかな。日露戦争なみに
乗組員がいるぞ。

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 23:10:47.11
>>912
御意ですが、そういう物語だから仕方が無い(ぉ
1600年も未来の話なら全自動の無人艦同士の戦闘で充分のような気も
しますが、それなら3次元チェスで対戦するのと変わらないですので(ぉぃ

なお、軍艦1艦あたりの人員は約100名とそんなに多くはないですぞw
1個艦隊あたり1万隻というのが異常に多いだけですwww

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 23:17:08.52
ざっくりと1個艦隊1万5000隻100万名と考えてください
それと戦艦から駆逐艦、輸送艦まであるんで
一隻あたり平均は意味ないよ

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/29(月) 23:51:55.80
無人だとただの的な上に
バレたら容易に拿捕されるから有人なんだとこじつけてた

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 00:34:10.22
無人艦だと細かい動きできないんじゃなかったか
あとはまあお互い数を増やしあっていったらあんなことになっちゃったと

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 00:37:54.49
あと関係ないですが、銀英伝世界では中将でも下っ端のように見えますが、
分艦隊(戦隊)司令である准将クラスが指揮する艦艇数は百〜数百隻、1万〜数万人。
一個艦隊の兵士の数百数十万人に対して指揮する将官の数は20〜100人。
現実世界の将官に比べて兵士に対する将官の比率は圧倒的に少ないのが特徴です。

この点だけ見ても、銀英伝世界の登場人物がいかに超エリートなのか分かります。

・・・そうは見えないケースも多々見られますが。

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 00:42:01.83
それでも昔に比べてかなり兵士の数がすくないよ

昔は機械化なんかされてなかったのでいくらでも人手はいるんだよ

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 01:39:55.22
将官の率が少ないのは理解しました
士官学校を卒業して将官に昇進、成り上がれる確率が非常に低いと
組織としての士気や意欲というものはどうなんでしょうかね
尉官以上も比較的少なめなのか多いのか
下士官、兵がとてつもなく多いのか
組織ピラミッドのバランスもおかしくなると思うんです
エリートなのはいいのですがそれなりのポジション数が必要ですよね
艦長がやはり少尉か中尉以上となると
1個艦隊で少尉以上は最低でも1万名から2万名
准将以上が多くて100名
バランスが不均等すぎかと
しかも後方勤務、基地、本土の国防省や提督府もあるし
軍全体の元帥や将官、佐官、尉官、下士官、兵の
比率がどうっているのかわかりますか?

920 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:8) :2013/04/30(火) 03:20:43.78
寧ろ銀河英雄伝説と幸福の科学の太陽の法がコラボレーションして欲しいよ。

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 05:42:50.65
>>919
>比率がどうっているのかわかりますか?
そんなものはない。
そういう物語だから仕方が無い。
気にすんな。
「こまけぇことはいいんだよ!」の精神の持てない人は、この作品に向いてません。
これ以上、くだらねぇことグダグダほざくなら、(・∀・)カエレ!!

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 05:52:54.84
>>921
おとなしくヤマトへ帰るか
186時間ROMりなさい

923 :917:2013/04/30(火) 06:24:25.97
>>919
尉官、佐官の比率は逆に多いです。
軍艦1隻には士官から兵が平均約100名いますが、
うち佐官が1〜2名、尉官が10名前後です。(艦長は艦種により少佐〜大佐)

自分の妄想的ですけど、同盟軍全軍5000万人の階級の内訳は

将官: 5000名
---- 越えられない壁 ----
佐官:  50万人
尉官: 450万人
下士官、兵: 4500万人

と考えています。(帝国軍も似たようなもの)
士官学校卒は年4000人前後ですので大佐まで昇進はほぼ確実、でも将官の壁は厚い。
二等兵からの叩き上げでも、退役まで勤めれば尉官までの昇進は容易、
佐官までの昇進もゴロゴロいると予想され、実際、物語もそうなっております。

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 10:10:47.39
>>922
「宇宙戦艦ヤマト」でも次元断層でガミラス艦艇3000隻が演習とかしてたし、
「宇宙戦艦ヤマト2199」ではドメル上級大将率いる1400隻でヤマトを
包囲とか、バラン星にガミラス艦艇10000隻以上が集結とかやってるよ。

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 10:24:21.95
今の日本でも防衛大を出て普通にやってれば一佐(大佐)まで行く感じじゃね?
将、将補になるのは極一部の優秀な奴。

>二等兵からの叩き上げでも、退役まで勤めれば尉官までの昇進は容易、
外伝4でそこら辺の話が出てたな。

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 11:02:21.16
銀河帝国の階級が一個多い
上級大将がある場合は准将がないはずなのに
なぜか両方存在している

>925
自衛隊がどうなってるかは置いといて
高級将校の壁は中佐と大佐の間にあったはず
そっから上はまあ全部壁と言えるけど

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 11:26:34.20
准将という役職はもともと
佐官である大佐の一部優秀なものに、将官の役割を一時代行させる臨時職だったのが起源なんだから
上級大将の国には准将は存在しないはずとかバカバカしすぎる

銀河帝国は長らく人類唯一の政体であったのだから
他国とのバランスを考えて云々とかそういう理由での遠慮はないんだよ

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 11:27:28.78
>>910-911が少しオモロイ
ラインハルトの思想について左派革新か右派保守か
確実なのは帝国主義(者)であること
愛国者なのかどうかは不確定
帝国主義(者)は他人から見ると左にも右にも見えるものなのか

帝国の革新派から見たら
憂国騎士団から見たら
ドヴィリエ(地球教)から見たら
ルビンスキー(フェザーン)から見たら
ユリアンから見たら
アンネローゼから見たら
キルヒアイスから見たら
キュンメル男爵から見たら
ロイエンタールから見たら
小説読者(わしら)から見たら

革新左翼なのだろうか
保守右翼なのだろうか

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 12:18:48.54
アニメ外伝のヤンの2代目声優はどうしてあそこまで糞なんですか?
モノマネ選手権でも開催して、一番似てる素人にやらせたほうがマシだったんじゃないですか?

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 12:31:37.91
>>929
そうだね活字に声優は必要ないね

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 12:46:15.16
>>926
少なくとも貴族が存在してる時点で規律はあってないようなものなので、上級大将と准将が
あるのは不思議ではないでしょ。
箔付けのために名誉的に軍隊の偉い地位を与える、ってのは普通に行われただろうし、
そのために上級ポストがだぶつくのも十分あり得る。
まぁあんまりまじめに考えてもしょうがない所だと思うよ。

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 13:09:40.01
>>931
軍隊に基盤を置く王朝では不要な名誉職が増えるのは仕方がない。

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 13:09:44.55
将官、上部階級のインフレも問題だが
競争率が高すぎても問題
しかし帝国はサービスサービスぅーしすぎな気がするがw

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 13:31:17.23
階級上がれば給料高くなるし退役すれば恩給もらえるし
戦死しちゃえば遺族年金払わないとだしもう財政難なので
ヤンとは仲良く共存しますってラインハルトは言わなかったな

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 13:34:02.78
>>928
姉の為にクーデター起こして国家乗っ取っただけだからなぁ
特別な主義主張があるわけでもないっぽいし
帝国潰したのは私怨で本人的には善政を心がけたのはある種の食材というか大義名分だしね

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 13:40:27.95
>>929
> モノマネ選手権でも開催して

それなんて初期クリカン

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 14:54:26.98
>>935
ゴールデンバウム王朝の腐敗ぶりには繰り返し批判していたが。
憲兵隊にケスラー送り込んだだけでもただの下克上ではないことは明らか。
大義名分だけなら皇帝という地位が欲しいだけなら貴族階級を攻撃する必要はない。

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 15:07:43.41
幼いころからゴ朝のありように疑問を抱いてた訳じゃない
姉を取られたからゴ朝とそれを支える門閥貴族を憎み復讐するのを誓っただけ
善政を敷いたのは贖罪ではなくゴ朝へのアンチテーゼとしての態度でしょ
ヒルダとやっちゃった直後に求婚したのも同じ
あの時語ったように「ゴ朝の淫蕩な皇帝どもと同じ」になるのは何より忌避すべきことだからな

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 15:14:03.25
>>935
> 善政を心がけたのはある種の食材

どこの中華帝国かと思ったじゃないかw
贖罪かw

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 15:25:34.72
ハルトが行き当たりばったりなのはよーく分かったw

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 15:29:00.16
ラインハルトの部下もゴ朝で出世したのに何故かゴ朝に敵意持ってたりよくわからん
ルドルフの名はラインハルトの部下にとっても忌避すべきものであった、なんて一文もあったけど
いつそうなったんだろうな

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 16:02:01.08
>>938
ゴ朝へのアンチテーゼっていうよりあれラインハルトの言い訳じゃね?
悪=ゴ朝と設定しそうじゃないから正しいんだっていう
俺は私怨で帝国潰すけど悪いのはあいつらだから俺は正しい
あいつらは民衆搾取しまくってたクズだけど俺はそうじゃないから支配者として正しい
と納得したがってるだけで

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 16:32:08.32
>>928
>帝国主義(者)は他人から見ると左にも右にも見えるものなのか
それはラインハルトが、ゴ王朝という体制に対しては反体制派で国体を否定し、改革者だった
からだろう。その後、自分自身の体制を作り上げたことで、逆の立場になった。
権力を目指す者は程度の差こそあれ、そんなもんだろう。
時期、立場の問題であって、それ抜きに右左言うのはあまり意味がないよ。まして、他人の視点
ではね。極左からみれば、中道でも極右とかわらんのだし。

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 16:41:25.01
>>937
貴族体制が皇帝の権力を弱体化、傀儡化していたのだから、皇帝になりたいほどの権力志向
があるなら、それはガマンできないだろう。
後から刺してくる権力組織としての貴族を味方につけるより、暴力組織の軍や薄く広い民衆支
持という権力基盤を選んだだけ。

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 16:47:02.85
>>941
王朝への報恩以前に、自分の成り上りのために貴族というハードルが低い軍を選んだだけっ
て連中だからなぁ。
貴族士官のように、体制維持=家・自分自身の利益ってわけでもないし。

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 16:52:23.43
>>934
適当に計算したら
第八次イゼルローン攻防戦。一個艦隊消失
ラグナロク。ワーレン&レンネン艦隊が半減、シュタイン艦隊が四分の三消失。バーミリオンで艦隊半分消失
回廊の戦いで一個艦隊消失
争覇戦〜シヴァまでで一個艦隊以上

アスターテで二個艦隊無くしただけで涙目だった同盟って……

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 16:55:05.61
ルドルフ的なものを打倒するを大義名分にしないとやってけない体制だから仕方ない
でなきゃ恩知らずの簒奪者とその取り巻きにしかならないじゃん
ルドルフを憎むのは打算の上からも必要なんだよ

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 16:56:06.14
>>937
自身の権力基盤の最たる敵が貴族だったじゃねーかw

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 17:01:36.80
>>941
平民出と下級貴族ばっかならフレーゲルみたいなので構成されている門閥貴族は好かんだろう

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 17:04:33.49
成り上がり組と門閥貴族の権力闘争を前者が正義みたいな書き方してるからおかしく感じるだけ
ロ朝監修のロ朝興国史だと思って読むものだよ銀英伝は

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 17:25:24.22
>>934
適当に計算したら
第八次イゼルローン攻防戦。一個艦隊消失
ラグナロク。ワーレン&レンネン艦隊が半減、シュタイン艦隊が四分の三消失。バーミリオンで艦隊半分消失
回廊の戦いで一個艦隊消失
争覇戦〜シヴァまでで一個艦隊以上

アスターテで二個艦隊無くしただけで涙目だった同盟って……

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/04/30(火) 23:11:13.50
権力は獲得の方法ではなく行使の方法で評価されるって誰か言ってたじゃん。
まあ初代の権力獲得手段で比べたら、正当性がある分ロ朝の方が政治的安定性は高まりそうだけど。

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 01:20:19.17
正当性で語るなら国民から選ばれたルドルフの方が上になってしまうぞ

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 02:04:34.94
なるほど。確かにルドルフは銀河連邦の憲法には反してないし、「違法・違憲」行為はしていないかも。
ラインハルトはクーデターとリヒテンラーデ粛清で天下獲ったわけだし、やっぱり評価する立場によるね。

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 02:08:42.45
ゴ朝の安定性こそ恐るべしだよ
同一の政治体制が500年も続くって尋常じゃないぞ

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 02:37:08.21
世界史的にも安定していた徳川政権ですら250年だしなぁ

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 02:39:48.30
>>941
リップシュタット戦役中に敵の脆さ=門閥貴族の無能さを実例としてみながら、
下級貴族や平民出身の同僚と、
ローエングラム元帥府に入るまで上官だった門閥貴族の悪口を言ってるうちに、
なんか、そんな雰囲気になって言ったんだと思う。
ゴールデンバウム朝嫌いのオーベルシュタインあたりも暗躍してそうだし。

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 04:34:50.74
>>956
外患が無かったらもう少し続いたはず

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 10:36:26.23
>>953
もっと言ってしまえば
公式でゴ朝を否定すると形式的とはいえ
ゴ朝から譲られる形で帝国を支配した炉朝の正統性もおかしくなるねw

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 12:05:05.35
禅譲って形式は必要だったのかって話だよね

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 14:30:45.39
いっそ堂々と簒奪しましたと明言した方が、臣民も改革にノリノリになった気が…しなくもなくもなくもない?

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 16:39:09.08
治安を含めたインフラ面や、
インフラを支える、納税に代表される国民の協力は、
政権が変わっても継続させなくちゃならん。
そういった残さなくちゃならん部分を残すための精神的根拠をいちいち考える手間を省くのに、
禅譲という形式を取ったんだろ

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 16:49:03.46
実質簒奪だけど、無駄な手間を省くために禅譲っていう形式を取っただけのことだろ

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 18:04:55.53
権力の正当性は実力で証明しろ
みたいなこと言ってたし

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 18:18:56.16
日本も、敗戦後に憲法変えるとき、きっちり旧憲法の改正条項に則って改正してるしな。
形式を整えるというのは政治的に重要なんだろう。

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 18:27:42.16
>>961
今ある体制やシステムをそっくり利用するためだよ
ガキ殺したっていう悪評からくる不利益回避と個人的な自己満足の面もあるんだけど

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 18:28:12.99
>>965
形式・手順を踏むというのは、その規定・法律に従うということで、法治国家では絶対であるべき
こと。それによって正当性を担保されるから、政治的に重要なんてもんじゃねぇ。

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 19:39:55.25
赤毛さんもこう言っているだろ

形式というものは必要かもしれませんが、バカバカしいことでもありますね
ttp://taketan22.blog72.fc2.com/blog-entry-81.html

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 19:44:40.69
>>968
バカバカしさの裏の重要さをわかってる者同士の内輪の話ならねぇ。

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 20:19:27.48
>>967
というか銀河帝国ってまともな法治国家だったっけ?
一応皇帝の命令が最優先な半ば人治国家だっただ気がするんだが

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 20:39:51.85
>>970
流れ的に一般論。
帝國でも、皇帝命令のない部分は官僚が仕切っていたわけだし、その範囲では法と前例がす
べてだろ。すべて皇帝命令で回っていたなら、貴族専横はないわな。

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 21:32:40.00
>>971
基本は官僚が法に則って仕切ってただろうけど、法の上位に皇帝や大貴族の意向が
優先されるのは、やっぱり法治国家ではないよ。
貴族の行動を規制する法律もあったのだろうけど、物語を読む限りではそれも有名無実化
してるっぽいし。

貴族が略奪の現場で女性の喉をかききって指輪を奪う、なんてことが、ミッターマイヤーが
とがめなければ誰も罪に問われることなく有耶無耶になる、なんてことが行われる国家は
法治国家とはいえない。

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 22:22:11.55
旧帝国は階級が同じ者同士なら公正だとか言ってたね。
階級違いが不平等なのは、階級国家として正しい姿なんだろうけど。

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 22:44:20.72
唯一の救いは、軍内は比較的実力主義が通用したことだな。
ラインハルトが元帥になって人事権を獲得した時点で、既に能力が確認されている平民出身の提督たちが存在した。

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 22:50:58.94
>>971
ん?一般論としてはその通りだと思うけど銀河帝国の話じゃないのこれ
何で禅譲だったんだろうな?→形式は重要→法治国家では絶対であるべき→銀河帝国って法治国家だけ?
この流れっしょ

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 22:54:51.01
>>974
外敵がそれなりに強く貴族様にも手加減しないからその辺は自然だよね
ギャッツビーに相当殺されたからその補充になりふり構ってられなかったってことらしいけど
自由惑星同盟がいなければもっと凄まじく腐敗した貴族様の軍隊だったんだろうな

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 23:09:51.40
てか久しぶりに一巻読むと音を遮断する力場とかあって新鮮だな
これ次巻以降でてきたっけ?
農奴の話とか上であったけど自由惑星同盟を奴隷の子孫て書いてあるし
やっぱ作者の認識じゃ農奴=奴隷で書かれたんじゃね?

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 23:43:02.37
>>974
フレーゲルのようなのが将官になれる時点でたかが知れているが。

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/01(水) 23:57:12.49
>978
別に地位は高くても実権はないだろ
徳川の御三家みたいなもんだ(喩が悪いかな?)
同じ艦に乗り合わせた不幸な方には同情するが
私兵は知らんが・・・

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 00:59:13.50
同盟に外征するなら実力も伴った指揮官がいるだろうけど、国内問題ならどうせカストロプ動乱みたいな貴族反乱だから貴族様士官でも対応可能でしょう。
原作のマクシミリアンはマリーンドルフ領まで侵攻したり結構有能だったみたいだが。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 07:17:49.45
>>970
法治国家は概念で史上存在したことはないし、たぶんこれからもそう。
リアルな国家は法治率が0-100%のスペクトルのどこかに位置する。

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 10:49:14.97
>>981
皇帝の権力が法で規制されてないっぽいし帝国は法治国家でないんじゃね

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 13:26:55.02
コミュ障なのかな?
法治国家なんか概念上の存在で、実在しないってことなんだけど

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 13:33:53.45
「法治国家は概念の存在」なんてのは言葉遊びに過ぎないよ
完全でなければ概念上の存在などと言い出したら世の中には何もなくなってしまう

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 13:46:07.22
じゃあ議論は無意味だな。去ったらどう?

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 13:48:53.28
>>985
勘違いしてるけど
ここは銀河英雄伝説について議論する場だからね
つまらない揚げ足取りはいらないし、法治国家は存在するか否かって命題で議論したいなら
別の所行くのをお勧めする

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 13:49:32.49
>>964
あの辺の台詞は内輪だけで言ってて、公言はしてない。
と思ってたが、今思い返すと、
ロイエンタールが物資を盗んでた兵士を処刑するときに、
「お前も国を盗んでみろ」と言ってた。

実は公言してた?

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 13:56:08.49
>>986
銀河帝国が法治国家かどうかの話じゃないの?
特定の話題にフォーカスするなっていうのはスレの存在意義なくない?

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 13:58:39.44
>>987
公言していていなくても、禅譲が建前で実際には簒奪したなんて誰の目にも明らかだろう。
周囲はそれを是としていたが、それでもやっぱ建前の正当性は必要だからな。

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 14:03:06.99
「誰の目にも」の前に但し書きが要るんじゃね?
同盟・帝国の大部分は上で何がおこってるやらだろ。

991 :987:2013/05/02(木) 14:04:09.67
>>989
いや、それは分かってる。
その「建前の正当性」をぶち壊しにしかねないから、
上層部は公には「簒奪だった」と認めてはならない。

でも、ロイエンタールの台詞って認めてるコトになるから、
マズイんじゃないのかな? なにかフォローあったのかな? と気になった。

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 14:09:39.24
>>983みたいなレスつける奴が議論したいも何もないだろ
お前のしてるのは議論じゃなくてただの揚げ足取り

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 14:15:14.98
>>983
横から口を挟むが、
銀河帝国という架空の国家が法治国家であるか否かを論じる文脈において、
法治国家が実在するか否かは無関係なことだな。

物理学のテストで「もしも地球の裏側までトンネル掘って物を落としたら
裏側に着くまでの時間は?」という問題が出た時に、「先生!地球の裏側
までトンネルを掘るのは不可能です」と抗議するようなもの。
クラスメートからは失笑され、教師は「発達障害の恐れあり」と記録するよ。

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 14:20:21.75
専制国家が法治国家か否かなど論ずるまでもない

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 14:23:16.46
せやな
皇帝という法体系を逸脱した存在がある以上問い自体無意味

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 14:24:34.57
>>980
次スレはよ

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 14:26:14.26


998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 14:27:54.28
埋めんな。
減速しろ!

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 16:42:33.19
>>990
ラインハルトの台頭は周知の事実だろ。「スカートの中の大将」がどれほど言われていたかは
よくわからないが、その背景もおおよそ知られていたわけだ。
ゴールデバウムの一族でもない、ポッと出の若造が、その果てに皇帝即位てのは事情が分か
らなくても、それは「禅譲」でも「簒奪」でも同じ。どう思うかは、要はラインハルトへの反感度合
いの差でしかない。

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/05/02(木) 16:49:30.12
>>991
うーん、そもそもセコイ盗み言い訳にラインハルトのやったことを引き合い出すってこと自体の
筋違いぶりを「そう思っているなら、同じコトやればよかったのなpgr」と否定しているだから、
簒奪したことの肯定にはならないんでね? それはそれって話で

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

277 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)