2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_104

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 15:59:18.31
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。
次スレは>>980辺りで重複確認・宣言の上で立てること
必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_103
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1360315131/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 16:54:48.56
>>1

思い出した。セレブレッゼ(だっけ?)が実戦の場に放り出されて
右往左往してたな

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 17:05:59.39
>>1

 彼は司令官で司令室にいたはずなのに、あのときはなんであんなとこうろうろ
してたのかね?別に司令室に敵兵侵入して混乱したわけでもないはずだが。

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 17:24:41.63
>http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1360315131/998
>ぶっちゃけ大抵の場合、そんなこととは関係なく「作者のミス」「ご都合」で済むのにw

その「作者のミス」「ご都合」に理屈こじつけるのがこのスレの目的だって分かってない(w

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 18:14:49.56
査問会ヤン不在
でも、部下達が必死で守り抜いた
軍閥はよろしくないけど、ヤンファミリーっていいなぁって
シミジミ泣けるんだよなぁ帝国は提督達以上の絆、つながりが演出されてて
個々の提督とその配下との絆感は薄く見せてるよね

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/12(火) 20:34:52.41
さすがのヤンも帝国軍が要塞ごと攻めてくるとは予想できず、キャゼルヌに留守を任せたのも
平時を想定してのことだろうけど、ヤンのこの人選は巧妙で実に当を得ているんだよな。

作中の状況が特殊なのは、1人の司令官が要塞防御と駐留艦隊の両方を指揮している点にある。
現代の軍隊ではまず無い状況だから、現代の組織論は基本的に通用しないし、適用しちゃ拙い。

ただし、要塞防御だけ駐留艦隊だけに着目すれば、ラインに従って前者はフィッシャーが後者は
シェーンコップが指揮を引き継げばいいが、それだと両者の連携が難しくなって、極めて危険。
かと言って、要塞防御も駐留艦隊も指揮できる者はヤンを除けばメルカッツ(かユリアン)位で
問題がある。なら、指揮能力は無くても要塞と艦隊の両方に精通した者を形式的にトップに置き、
調整役に徹しさせて、実際の指揮はラインの者が採ればいい。まさにキャゼルヌが適任だ。

ラインはこうだからとか後方担当は上に立てないとかの形式論に固執して理屈倒れに陥らずに、
状況の特殊性を鑑み、柔軟に対応して最良の結果を導き出したヤンの非凡さを表している。

7 :(゜∀゜):2013/03/12(火) 23:58:14.27
>>1乙

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 01:12:56.36
指揮体系をシンプルにするなら、シェーンコップがトップで良いとも思うがな。

最後の決め手は要塞、だから要塞司令官が重職で格上、艦隊司令官は敵を要塞主砲前まで
おびき出す役目で格下、と最初から決めておけばいい。
フィッシャーらは、要塞防御を目的として、シェーンコップの命令で艦隊を出撃させる。

帝国軍では、要塞司令官と艦隊司令官が同格で色々混乱があったが、ヤンファミリーでも
要塞と艦隊のどっちがより主要か、というのが定まっていなかったような気がする。

一応書いておくと、艦隊ではなく要塞が攻めてきた想定外の事態にそれで対応できたかとか、
キャゼルヌを代理にしたことの是非とかとは別の話な。あくまで組織としてはこういう形の方が
良いのではないか、という素人考え。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 01:50:33.20
>>6
逆じゃね
自分がいない程度の短期間に大規模な軍事攻勢がないって踏んでたからこそのキャゼルヌだった気がする
ラインハルトがいきなり意味も無く大軍送ってこないだろうってある種の信用と
イゼルローンの防衛力への信頼から細かいこと指示しなかっただけだと思うんだが

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 02:03:55.79
>9
>自分がいない程度の短期間
ヤンは査問会を軽く考えすぎてるよね。
普通に考えて、同盟の大規模攻撃を6回も跳ね返した要塞の守備にヤンウェンリーは必須ではない。
帝国の攻撃がなければあのままずっとハイネセンに留め置かれたたんじゃないかな

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 06:48:54.58
>>10
帝国の攻撃がなければあのまま辞表叩きつけてやめることになったかな。
受理されるかどうかはわからんが。

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 08:17:16.76
辞表を出したら査問会はどうするんだ?
今まで散々難癖付けていて
辞めないでくださいと慰留するんだろうか?
初日そう言ったら査問会は即終わったんじゃないの

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 08:19:59.50
>>12
査問にかけていびってた連中の発想では、人は地位にしがみつくものだから
やめるなんて言い出すとはこれまた想定外。

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 11:04:01.27
ヤンは結構行き当たりばったりだから

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 11:25:04.53
時系列的に手続上で
先に命令書を渡すんだよ
内容はなんでもいい
ヤンの辞表を受理承認する前にだ
時間的にはどっちが先かどうかはどうにでもなる

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 11:34:27.28
>>14
だが、辞表を書いている時は、イゼルローンの面々に心の中で謝っていたよ。
ヤンがすぐに辞表を出さなかった理由は、それだろう。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 12:36:13.58
辞表が受理された場合、ユリアン達が次々戦死していく中ヤンは傍観するわけか

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 12:46:40.52
>>17
後追いで辞めるだろみんな
仮にキャゼルヌとかシェーンコップとかアッテンボローとか将官級が残っても、ヤンファミリーの色を消したい上層部はきっとイゼルローンから転任させる

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 13:00:11.02
>>10
>ヤンは査問会を軽く考えすぎてるよね。
公式に定められてない、非公式な「会」を重く見ろってのがおかしい。私的会合以上の意味は
ないぞ。
んなものに公式チャンネル使って「召喚」した悪い意味での政治的意味を汲み取る政治センス
はヤンにはない。

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 13:57:02.92
>>19
最前線から指揮官一人を意味不明な理由で召喚とかそっちの方が怖くないか?w
特に歴史学んだヤンなら尚更そう思ってもおかしくないと思うんだが
作中でもあるけど他者からの悪意や害意なんかを異常者レベルでシカトするんだよなヤン

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 14:10:12.71
作中にもあった様に、帝国とやりあうにはヤンの能力が必要なので排除されるとは思ってなかったんじゃない?
つか、もしケンプが来なかったらネグロポンティがどんな結論を出してたんだろう?

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 14:16:29.51
でも、権力者が有能な家臣を殺しちゃうって例はいっぱいあるんだっけ?
で、結果的に国が滅んじゃうっての。
春秋戦国時代の趙国の李牧とか。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 14:48:54.87
ちゅーても
イゼルローン駐留艦隊連れてけるわけもあるまいて

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 14:50:50.54
それやったらフツーに反乱でねの。

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 14:53:30.80
内容はともかく国防委員長からの正式命令なんだから従うしかないわね。

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 15:08:49.93
>>23
シェーンコップがヤンに付いて行こうとしたが、さすがにヤンが断ったな。
要塞防御司令官まで要塞を離れちゃまずいって。一応、帝国軍が攻めてくる
可能性は考慮していたのだろう。(要塞が来るとは思わなかったろうがw)

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 15:32:45.78
>>21
要塞対要塞が実施されず、
査問会が継続せれていたら、どんな結果になったかということかな?
査問会ではヤンへの沙汰なり転属権限はないから
万が一、ヤン自身が辞表を出さなかったとして
ヤンを失脚させたいとの意思がトリューニヒトやネグロにあれば
軍法会議に発展させただろうが
そうなると同盟軍規違反に抵触するのかしないのか、
こじつけ、なすりつけ、屁理屈の手続きがえらく難しい
ヤン容疑者として逮捕するには何罪にあたるだろうか
この場合、辞表退役は却下だし、本来トリューニヒト自身も
ヤンを退役させる意思はさらさらなくて
辞めるのは困るが反旗、暴走はしないよう
嫌がらせとイジメとパワハラで牽制しただけだけど
もし、軍法会議に発展しかけたら
レベロとホアンがどう動いただろうか

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 15:49:55.58
査問会の初日の質疑応答の内容からの憶測だけど、
査問会としてはヤンの落ち度を論い、ヤンに自らの落ち度を認めさせ、
その言質を取って、公式に叩かれたくなかったら俺達に従え、とヤンに
分からせたところで解放する予定だったんじゃないかな。

ところが、実際の内容は、ヤンの落ち度を論うはずが悉くヤンに論破され、
悔し紛れの嫌味さえもヤンに毒舌で返され、初日にして落とし所が消滅w
それ以降は惰性で続けていただけと思われる。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 15:54:16.85
>>27
ヤンが民衆にとって、英雄として政府権威をこえる存在になるのは困るが、現実問題()として
ヤン+イゼルローンは必須―なら、いやがせすりゃーいいじゃんとそそのかされてやっただけ
だから、失脚させたいという意志は端っからない―むしろ、軍人として縛っておかないと、政界
転出で自分たちの直接の脅威になるかも―これが一番怖い。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 17:52:17.88
>>28  永遠に続けることはできないから
どういう落とし所にするんだろう? 
今後は態度に気を付けろと言って解放かな

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 17:58:46.66
>>30
おそらく、2日目以降は、「落とし所を見つけること」が査問会の最優先目的だったのだろうw

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 18:03:31.57
断続的としても、いつまでもとはいかんな
やめ口実言い訳案
・オリベイラ教授が面倒臭くなって欠席、仮病入院
・ホアンやネグロの議会の委員会出席で中止
・ビュコックとレベロあたりがヤンへの軍事作戦命令をでっち上げ

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 18:16:35.89
しかしアルテミスの購入契約がどうなってのかしらんが
フェザーンは責任ないんか?
効き目なしの欠陥商品売りつけられたと同盟は
苦情言えないものなのかね
無償保障なり代替品提供なり
借款問題で脅して査問会しろなんて言える立場じゃないような・・

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 18:17:46.96
頭にきたヤンが、解放後イゼルロ−ンに戻って艦隊率いて
査問会のメンバーを処刑するくらいの妄想は許されると思う。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 18:23:24.42
>>33  アルテミスの購入? アニメ設定では
国防の要の兵器をフェザーンから購入するとは思えんが

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 18:33:27.73
 イゼルローンからの逆襲は一瞬夢見たが、ヤンが
そんな感情にまかせたりするような人柄だったら、
クーデターの時に全権掌握しているだろう。
 その程度の保身はクズ政治屋は考えるからリンチ
に出たんじゃないかと。

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 18:36:32.17
>>35
見事なアニメ設定だよね。そもそもそれが事実ならまず帝国の方がフェザーンに
文句?言うだろね。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 18:40:59.01
>>36 だから妄想で我慢した。例の名前の長い学長が刑務所で焼死して胸がスーとした。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 19:06:03.12
アルテミスのフェザーンはアニメ設定なのね
ごめんなさい m(__)m

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 19:19:45.23
>>35
アニメでもフェザーン製とは言ってないな。
カストロプ動乱の時にカストロプで猛威をふるっているのを観て、「なぜ、叛徒の兵器が……?」
と言う人質になっていたマリーンドルフ伯だったかの疑問に、フェザーンが関係していると匂わ
せた程度。
下請け程度か丸ごとフェザーン関連企業で請け負ったかでコピー製品流したか、設計データを
流して、カストロプが自前で造ったか。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 19:51:30.40
アニメしか観てないんならココ来るなよwww
常識の範疇だろ

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 20:03:49.27
 そもそもそういう人間は1を読んですらいない可能性も大きい。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 20:29:48.33
ごめんなさい死にます

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 20:38:07.18
イキロ!

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 20:44:51.47
>>41
ならお前も原作、原作、原作と連呼する
クセをやめてほしいんだが、できるか?

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 20:54:28.82
うざっ

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 20:57:20.97
ロイエンタールの叛乱が鎮圧されたあと
オーベルシュタインは罪悪感を感じていたのかな?

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 21:04:31.61
小説版スレで「原作では〜」と連呼する奴は確かにウザいよ
同意する

オーベルは後悔してないな。でも想定以上の損害には
ヒヤッ、ドキッってしてたかもしれん

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 21:06:59.73
>>45
は?
小説に原作はないだろ
なに言っちゃってるの?ブザマすぎんか?

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 21:15:09.90
その分別がつかずに原作連呼する>>49

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 21:22:31.33
>>47
感じる必要が何処に? 
むしろ、「謝罪と賠償を……」だったろう。直接はロイエンタールの自爆だ。そのダシにされて
迷惑極まりない。

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 21:39:57.60
オーベルシュタインは本体も信者も有害物質

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/13(水) 23:43:07.60
アニメ設定云々の話は置いといて、フェザーンがアルテミスの設計図やデータを持っていないとは
言い切れないんじゃなかろうか。

別に軍が直接、兵器工場を運営しているわけじゃないだろう。
日本で言えば、防衛省が戦車工場を持ってるんじゃなくて、三菱重工が作っている。
アメリカでは、ペンタゴンの隣に工場があるんじゃなくて、ロッキードが戦闘機を作っている。

アルテミスを発注した軍需企業が、いつの間にかフェザーンに乗っ取られてました、という話なら
いかにもありそうだ。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 00:43:52.72
設計図は必要ないだろ
あれは12個(だっけ?)の衛星が死角を補い相互支援することで防御力を上げる、
というコンセプトが肝心なので、衛星本体は同じ物である必要はない。

GPSシステムみたいなもんだ

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 02:32:22.38
てかアルテミスってほとんど意味無いよなw
ぶっちゃけハイネセンまで攻め込まれるような状況だと詰みだろうし
せいぜい少し時間稼ぎが出来る程度じゃね
ひょっとしたらアレがあった場合バーミリオンでヤンが完勝してた可能性があるから一概にも無駄とはいえないのかね

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 03:30:52.32
双璧が来てるんだし、一瞬で攻略されて終わりだろ

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 05:11:12.34
銀英世界は広域索敵が物量頼みになるから、奇襲対策に首飾りのような防御設備は保険として必要。

とはいえ、あれだけ戦力に差があったらどうしようもない
同盟に、首都防衛一個艦隊、戦略予備一個艦隊の余力がある状態なら役に立っただろう。

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 06:28:00.17
装甲擲弾兵総監というポストはローエングラム時代では無くなったのだろうか。
もともとオフレッサーのためだけに有るようなポストで何の仕事するのか良く分からないのだけど。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 07:47:32.71
陸戦総監とかなかったっけ?

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 09:06:37.73
>>17
ヤンがやめてたら援軍こないのでケンプは大敗せず禿をぶつけるという賭けにもでない
よってだらだらと攻防戦が続くことになる

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 09:11:52.18
なかっな 同盟の方も地上部隊を統括する司令部があっても
よかったけど出てこなかった
ローゼンリッターだけ活躍して他の陸戦隊も出てこなかった
要塞守備兵だけで何万か何十万人かいたと思うけど 残念・・・・

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 09:21:39.10
ヤンが辞めていても援軍は送るだろ
損害を減らし、撃退後の戦果拡大のために援軍は必要。
その場合の司令官はビュコックかな

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 10:07:45.21
>>62
そんなとこだと思うけど、彼はなんでヤンがやめると援軍送らないって発想になるのだ?

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 10:38:21.19
>>54
同じである必要はないけど、一定の攻撃力、防御力、何より独立性・自律性も肝(プチ要塞と言
えるほど)だから、それをコンパクトにまとめる必要がある。その設計はかなり高度だろう。相互
支援させるシステムもかなりのものだろう。
そんな衛星や代替できるシステムが、いくらあの世界でもそうそうあるとも思えない―結局、丸
ごとコピーするなりになる。

高度な物ほど設計データもらっても製造ノウハウもないとまともに使えるのは作れないフェザー
ンがそこまで流したのなら、オリジナルである同盟の首飾り開発の根っこまで浸透していたと思
われる。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 10:45:35.05
>>55
首飾りは拠点惑星をお手軽に要塞化するシステムであって、、結局は機動戦力との連携が
必須になるわけだよ。相互補完するものが欠けた単体では、そりゃ役立たずに決っている。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 10:58:45.45
>>60
援軍なしってことはないだろう。
ヤンの策、ユリアンとの連携によって機動戦力を削られて、一気に不利になるって展開がなく
なるだけだ―ま、それでダラダラ攻防が続くのは同意だが、双璧の援軍も出されているから、
同盟の艦隊はあっという間に押し込まれるかもな。
帝國はその気になれば、さらに援軍を出せるが(ラインハルトとしては甚だ不本意だろうが)、
同盟はもう虎の子戦力しかない―体力勝負になった先は見えてるな。
面倒になったラインハルトが切れて「もういいから、ガイエぶつけて帰って来い」と命令するか
も―そんなみっともない勝ちではケンプの昇進はないだろうなぁw

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 12:32:18.54
ヤンが辞めても援軍送るすのは明白だけど >>66の言う通り
消耗戦になって、ランテマリオみたく迎撃もできずおまけに
どんどん各個撃破されて同盟危機一髪だったんじゃないの?

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 12:49:55.24
>>67
ヤンがいてもラインハルトがその気になって全部隊動員したら、とても防げないよねえ。
要塞は要塞、ヤン艦隊は2個艦隊くらいで牽制して残りは同盟領になだれこんだらどうし
ようもない。帝国が後続するであろう補給部隊を要塞主砲の射程内を通過させるとかのア
ホなことでもせん限り。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 12:59:13.76
 そんな物量作戦はバカだと思っているラインハルトだから、ラグナロク作戦を
発動したのだろう。
 イゼルローン攻略ならそれこそ、ワープさせた要塞なり小惑星をぶつければ、
あぼんできますので、というループする話題はさておきw

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 13:03:31.17
>>69
ラグナロックも大物量作戦じゃないですかね。そしてそれだけの兵力あれば
別にイゼルローン回廊から侵入しても問題ないでしょう。イゼルーロン要塞
公転はしてるそうだけど、自力では動けないようだからいくらでも主砲の射
程外通過できるのだから。(要塞そのものは無視して問題なし)

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 13:07:17.37
そういう作戦のことじゃなくて、同盟が危機的状況にあることを
理解していない権力者達に怒りが込み上げてくるんだ。

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 13:11:24.51
>>70
同じ物量作戦でも、スマートで効率の良いやり方ってのがあるのだ。
最初からクライマックスなイゼルローン通過より、補給路と緒戦での消耗を防ぐために無防備
なフェザーンを通過って策の方がスマートだ。
もっというなら―ヤンなど無視して、まず同盟征服を優先して、ラインハルト本人はさっさと帰れ
ば、なおスマートだった。

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 13:15:54.42
>>72
フェザーンからの侵入は民家人を殺害する(した)って点でスマートじゃないよなあ。
まあ航路情報入手、後方拠点の確保、将来の首都確保、って点はいいけど、
ヤンが言ってたような民間船による封鎖とかされたらますます民間人虐殺しな
いといけない点がねえ。まあスマートの定義によるだろうが。

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 13:46:36.58
>>72
ビッテンフェルトがそれに近い提案したけどミッターマイヤーに一蹴されたな

しかしミッターマイヤーはあの時点では同盟降伏させてもヤンは戦闘継続すると考えてたんだよな
なのにヒルダの策に乗って同盟首都制圧に行ったのはよくわからん
ヒルダがヤンは野望の薄い人間だと評したのを受けての事にしても

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 13:51:58.30
ていうか他に手がなかったのが大きいんじゃね
金髪救援が間に合うなら、バーミリオンに向かったでしょ

ヒルダも半分賭けみたいな感じだったし

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 13:57:50.69
直接知らない人間の性格を評論すること自体ナンセンスではある
読者はヤンが野心家でないのを知ってるからヒルダの意見をすんなり受け入れちゃうけど
帝国側からヤンの為人を判断する材料になりそうなのはクーデターの対応くらいだろう

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 14:20:50.59
直接会ったからといって、人間の性格を論評することもナンセンスだよな。
 

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 14:22:00.93
参考になるか解らんが確かヤンに関しては本やらビデオ(古い)が
いくつも出ていて帝国は研究しているそうだ
ちなみに本の題名は忘れたwwwww。 

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 14:23:41.17
>>73
あれは殺害された民間人の方が悪いよ。別に略奪されるわけじゃなし、素直に停船命令に従っていればいいものを。
民間船による封鎖とかも、そんな事態が発生しないようルビンスキーらがちゃんとやってて、可能性は極めて低いし。

一方で、フェザーンの単なる通過ではなく完全制圧できることと、同盟領内の航路図が得られるというとてつもない
メリットがある。常に補給を心配しなければならないイゼルローン通過よりも、圧倒的にスマートで効率が良いよ。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 14:34:35.98
>>74
>しかしミッターマイヤーはあの時点では同盟降伏させてもヤンは戦闘継続すると考えてたんだよな
ヤンのゲリラ行動に連敗中で、全軍が翻弄されているて状況だからな。
立場的な思考の順としては、状況が継続前提で戦術的にどうにかするかを考えるだろう。
戦略状況を変える権限はないし、それで相手がやめてくれることを期待するのも言いにくい。
泥沼化する腹くくるには兵站が心細いから、ビッテンのように単純―本質的には正解としても―
には言えんわな。

バーミリオンの時は、状況は最悪手前で思いきった策・行動が必要だったし、ヒルダの分析に
思い切るだけの説得力があった。
どっち行っても「……かも知れない」って状況なら、ハイネセン攻めの方が前向きだろう。
ヤン停戦の可能性が願望に近い可能性であることを除けば、保険としてやっとく意味はある。

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 14:54:24.12
>>79
突然押しいってきた強盗に止まれっていわれて従わず逃げたら悪いって言われてもなあ。
本星では現に暴行されたり略奪もされてじゃないか。

フェザーン制圧したからといって航路図が確実に入手できる保証はなし、補給にしても
当面は本国から送ってもらわないとだめだし(イゼルローン回廊経由で送ってたから特
にフェザーン回廊制圧のメリットもなかったようだ。) 民間人による妨害等に手を焼く
可能性も否定は出来ないと思うけどね。まあその辺すべて秤にかけてラインハルトはフェ
ザーン経由での侵攻を決意したわけだとうけどね。敵の意表を突く1点においてのみで
さえ優れてるとか言ってたね。まあどっちの方法でもそれなりのリスクはあったと言いた
いだけで必ずイゼルローンのみから侵攻すべきだと言ってるわけではないよ。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 15:50:30.12
フェザーンの商船なら一隻拿捕すりゃ同盟の海図をゲットできると思うぞいちいちログ消してるとは思えないし

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 16:01:47.93
>>82
それでは、なぜか無理だから航路局のデータ狙ったんじゃないか。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 16:50:28.73
>>81
いや、止まらないと撃つぞ、って言われたわけでしょ。で、止まらなかったから撃たれた。
現に止まったから撃たれなかった船もあったわけだし、なんで止まんなかったの?って話だよ。
本星での出来事なんてそれこそ知りようがないわけだし。

航路図が確実に入手できる保証はないとはいえ、フェザーンの航路局なら咄嗟の対応もできず
入手できる可能性はかなり高いと期待できるし、何よりもイゼルローン回廊ではほぼ確実に
入手することができない。かなり高いとほぼ0では、どちらが良いか明らか。

結局、どの要素を秤にかけても、フェザーン回廊を経由する方のメリットばかりで比較にならない。
迷うまでもないわけで。だからこそヤンも、ラインハルトはフェザーン回廊を経由してくると
かなり確信をもって予想できたわけだ。

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 19:19:42.16
>>83
あの当時のフェザーンにとっては同盟と帝国のパワーバランスと両方からの独立性は存続の絶対条件だろうしな。
同盟行く船と帝国行く船分けてたとまでは言わないけど、かなり神経質にやってたんだろうな。そりゃ狐も禿げるわ・・・w

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 19:43:54.32
>>66
ああ、そうか攻め倦ねてるところを我が方有利と報告してミッターとロイに援軍にいけだったか
これ考えると同盟の対応ってすごくのんびりだったねえ
ケンプ撃退できたのはギリギリたったな

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 20:48:13.64
のんびりだったのは帝国の方でしょう
最初に派遣した兵力をしのぐ増援をだしながら全然間に合わなかったんだから。
双璧率いる2万隻が先に戦場に到着してたら戦況は変わっていたはず

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 21:07:24.02
カール・グスタフ・ケンプはカール・グスタフ・ユングから人名を思いついたのだろうか。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 21:49:37.80
しかし、グエンとアラルコンの両提督と5000隻の艦艇
失ったのは勿体無かった
あの後、分艦隊司令官も配属されなかったし・・・・
同盟は国力が本当に無くなったんだな

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 22:08:43.52
>>87
いや、距離の差がわからんから同じくらいとしておくが、ヤンの帰還と双璧の到着はそんなに差
はない。出立はほぼ同じみたいだし、グエンがやられたのは回廊出口亜付近だから、到着の
差は1日くらいだろう。
しかし、ヤンはただでさえギリギリの同盟戦力から抽出した5000なのに対して、双璧は指揮下の
正規艦隊ふたつ―強行軍のスピードも差が出る。双璧には、ヤンほど必死に急行する理由も
ないし、のんびりしていたと責められるほどではない。

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 22:49:41.46
>>65
そうじゃなくてハイネセンまで侵攻されてる時点で詰みじゃね?って意味
多少ダラダラ時間稼げても結局首都星落とされたらおしまいでしょ
地理的にもハイネセンなんかを要塞化して何の意味があるのかわからんし

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 22:57:27.65
>>84
状況判断を誤ってはいても別に悪いわけじゃなくね?w
ぶっちゃけ帝国軍なんてフェザーンからみたら強盗だし
止まったからといって命や財産の保障があるわけでもない
助かったのは結果論だよ

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 23:08:42.26
>87
帝国はのんびりと言うより中途半端
相手と同程度の戦力しか用意しないとか、作戦自体に無理がある。

>91
>57よめ
同盟に予備兵力があれば急襲部隊は更に大規模な戦力を用意しなければならず、
時間、隠密性、本体との戦力配分に影響する

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 23:13:19.47
>>91 政治的な意味はあるだろうな 首都の有権者にこのとおり
ハイネセンは安全ですよと訴えることができる。
軍だって予算が組める いいことずくめだよ。

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 23:30:14.28
フェザーンは元々帝国の自治領なんだからフェザーン船籍の船でも
帝国領内なら帝国軍の指示に従わなくちゃダメなんじゃないの?

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/14(木) 23:31:37.04
>>91
同盟を征服しようとすれば、首都星の陥落は必要だろ? 政治的に
そのハードルが少しでも上がれば、敵は同盟侵攻自体を困難に思うだろうし、ひいては侵攻の
企て自体をくじける。「守りは堅い」とアピールする必要・効果はあるのよ。無論、実際にバーラト
まで来られたら、詰みで時間の問題ではあるけどね。そういう不都合な未来は誰しも目を背け
るもの。
バーラト市民に対して安心感を与えるためにも、「こんだけ守ってますよ」って分かりやすい防備
は必要。
いろいろな意味で、ないよりはあった方がいい。ただそれを過信しちゃいけない。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 00:01:13.25
>>93
強襲部隊であるかどうかはともかくハイネセンから離れられない無人衛星群が戦闘するような距離に万単位の敵戦闘艦なんか現れたらおしまいだってw
戦う必要すらないべ

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 00:30:59.07
>>97
それなら最初から迎撃衛星なんていらないんじゃないか?

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 00:45:52.89
衛星という言葉のイメージに皆惑わされている。
機動式無人巨大要塞が12個衛星軌道上で待機していると思えばいい。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 02:19:50.88
>>99
そういやイゼルローン要塞でも直径60キロだけど、惑星と比較したら豆粒以下だよな。
居住区、港湾施設なしで兵器突っ込んだ小ぶりなイゼルローン要塞が12個と思えば、並みの
戦力じゃない罠
惜しむらくは主砲がトールハンマークラスでなかったことか……

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 08:26:34.71
>>95
フェーザン商船が理不尽な攻撃受けたのはほとんがフェザーン回廊内だった思うけど。
そこは当然フェザーン自治領だろ。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 08:28:12.65
>>87
後から増援するくらいなら最初から一緒に行けってことだよね。ラインハルトは
兵力の逐次投入が好きなようで。

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 09:13:52.54
>101
「自治領」なんだから帝国の一部、特殊な形での貴族領であり
帝国法の枠内での自治が認められているに過ぎない。

また帝国法上、銀河のすべては帝国領&すべての人類は帝国の臣民。
フェザーン人は帝国の臣民、同盟人も帝国の臣民、異論を言う者は収容所送り。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 09:32:39.91
>>101  これは名目論で実質的な意味は無いと思うが
自治領が完全な独立国なら領土侵犯だが、帝国の一領土扱いなら
回廊内での軍事力の行使に問題はないのでは
当然ながら破壊された商船の船主や乗員の遺族は、後で損害賠償
求めてもも帝国の裁判所では却下だろうな。

ついでに、全宇宙はすべて帝国皇帝の物という建前があって
領土間の国際法と言う概念自体が帝国では消滅しているかも・・・・・

105 :(゜∀゜):2013/03/15(金) 10:24:14.50
>>74
>ビッテンフェルトがそれに近い提案したけどミッターマイヤーに一蹴されたな

>しかしミッターマイヤーはあの時点では同盟降伏させてもヤンは戦闘継続すると考えてたんだよな
>なのにヒルダの策に乗って同盟首都制圧に行ったのはよくわからん
>ヒルダがヤンは野望の薄い人間だと評したのを受けての事にしても

状況が変わったから。
ビッテンフェルトと話していた時は、ハイネセン攻略、ヤン艦隊撃滅のための策を議論していたが、
補給の問題はあったが、戦力的には圧倒的に有利で自分たちの敗北、
特に主君であるラインハルトが倒されて自分たちの陣営が崩壊するとは考えていない。

今回の場合は主君であるラインハルトの命がかかっている、彼を救うためから、
ハイネセンを攻略する策をとったと思われる。

ヒルダの策はこれからミッターマイヤーがヤンとラインハルトが戦うバーミリオンに向かっても、
間に合わない、ラインハルトが敗北した後でヤンを報復で殺しても無意味、
っていう前提で話をしている。(これは小説中に書いてある)

そしてラインハルトの窮地を救う方法として、
「どうも、他に策が無さそうだ」ということでミッターマイヤーはヒルダの策にのることを決断しており、
ヒルダはその決断の早さと『状況判断のあざやかさ』を賞賛していると書いてあるしね。

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 10:38:49.78
>>104
自治が認められており、明記されてないがフェザーン回廊には帝国軍も侵入できない
条項でもあるようなことをフェザーン人たちが言ってたような。であるから帝国軍も
自治領側の了解なしに侵入したり、まして商船の通行、あまつさえ破壊なんかしたら
いかんでしょ。今後も自治を認めるんならだけどね。

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 10:56:07.69
>>102
アホ。ガイエ戦の流れを理解しろよ。
元々は、ケンプを双璧のカウンターにしたい(口にしているのはオーベルシュタインだが、双璧
が実績、地位で突出して組織バランス上、改善すべき状況ではあった)思惑を前提に、実績積
み&昇進させるための作戦という側面があった―ケンプに対する試験とよく言われるのはこの
ためだ。
それなのに双璧セットにしたら意味ないじゃん。それなら、最初から双璧にやらせているし、ケ
ンプが作戦の本質―要塞攻略は戦略的に本筋ではない。戦略的無力化を為せば済む―を
理解していれば=キルヒアイスの穴を埋められる人材であると示せば、よかっただけ。それが
出来ず、失格と判断されたから「損きり」のため双璧が送られた。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 11:17:35.89
>>107
そんな試験とやらに付き合わされ戦死する兵士こそ哀れだねえ。まあラインハルト
にとっちゃ兵士の数百万の命など(その遺族も含めて)とるに足らないものだろう
けどね。帰ってきた副指令官もなんの咎もなく労わられてるし。

109 :(゜∀゜):2013/03/15(金) 12:06:34.56
>>108
試験と言っても、
移動式要塞、ケンプ、ミュラー提督、艦隊戦力の規模、「勝てる要素」は十分あるから、
結果だけみてラインハルトを兵士の命なんてなんとも思ってないとか言うのは、言いすぎ。

しかもラインハルトはケンプが援軍の要請、苦戦しているなど不利な情報を報告しなかったのに、
ミッターマイヤー、ロイエンタールなど部下でもトップクラスの提督を送り出し、
結果として全滅の危機を救っている。

それに比べると、
同盟軍はイゼルローン要塞の救援に正規艦隊ではなく、5000隻の混成艦隊を送るなど、
同盟にとってのイゼルローン要塞の重要性を考えると、要塞や将兵の命をかるく考えているのは、
むしろ同盟のほうかと思う。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 12:07:12.17
>>108
双璧ではなくケンプとミュラーにやらせたという人選が試験のためだったってだけで、
あくまで目的はイゼルローン要塞の無力化だ。戦死した兵士が哀れだと言うなら、
負け戦で戦死した兵士はみんな哀れだよ。

あと、>>107にも異論があって、要塞攻略は戦略的に本筋ではないとはいえ、
最初からガイエスブルク要塞をイゼルローン要塞にぶつけて済ませていたら、
ケンプは試験に不合格だったろう。ケンプも自分が試験されていると自覚して
いたせいで、自ら手足を縛ってしまった傾向はあるかも知れない。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 12:24:33.63
異論(笑)

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 12:32:45.89
>>111
それがどうした?

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 13:29:59.91
>>109
いやいやw
試験でもなんでも勝算はある程度で送りだしちゃまずいだろ
同盟最強軍が無敵要塞で待ち構えているんだぜ(いなかったけどヤンw)
兵力の逐次投入に似てるしこの手の作戦てラインハルトが一番嫌いなやり方だろ

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 13:39:28.63
>>98
イゼルローン回廊同盟側出口とかにあるなら有用なんだろうけど
最奥にある首都ハイネセン防衛の為においとく意味は皆無だと思う
アルテミス無視してハイネセンに小惑星でも落とせば降伏するしかないだろうし
>>104
今まで自治認めてるんだし正式に自治権剥奪の公式声明だして侵攻してくるんならわかるんだけどね
ばれたら不味いから帝国も不意打ちしてきてるし逃げるほうが悪いってのは流石におかしい

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 13:53:05.87
>>113 114
両者に賛成、賛成。

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 14:10:39.61
>>114
傍から見ていると、「悪い」の意味に食い違いがあるようだな。
軍艦相手に警告もされた上での、降伏か逃げるかって判断の良し悪し―正誤だろ。この場合。
降伏を勧告している以上、アボーンの可能性は低いのに、逃げたらそりゃあ撃たれるわ。挑発し
ているようなもんだから、逃げた方が悪い―頭が。

117 :(゜∀゜):2013/03/15(金) 14:18:15.56
>>113
帝国軍が同盟軍のようにイゼルローン要塞の攻略に固執している、
と思わせる釣りだろ。

実際、ラグナロック作戦で陽動部隊であるロイエンタール率いるイゼルローン方面軍は、
先の敗戦の報復として大兵力をもってイゼルローンを攻略する、っていう宣伝文句で送り出されたし、
同盟側もイゼルローン方面への防備だけを固める要因となっている。

小説ではヤンがラインハルトはイゼルローン攻略にこだわっていない、と予想するシーンがあるけど、
君みたいに予想したからこそ、ラインハルトの狙いがイゼルローンではなく、フェザーンだと予測できたのではないか?

118 :(゜∀゜):2013/03/15(金) 14:27:59.79
>>113
また、三巻の最後には、
負けるにしてもこれほどの被害を出すとは思わなかったとある。

これは、ラインハルトがイゼルローン攻略に固執していないという証拠であり、
さらにラグナロック作戦においてイゼルローン方面軍をイゼルローン攻略ではなく、
あくまで陽動部隊として扱っていることからもわかる。

以上をもって、
ラインハルトのガイエスブルク要塞によるイゼルローン攻略は、
単なるテスト、将兵の無駄使いではなく、
後のラグナロック作戦の成功率を高めるための作戦の一環と考えます。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 14:35:21.08
>>118
無駄遣いじゃないよ。陽動ための駒として割り切ってるだけだね。かって誰が
か言ってた、数百万の兵士、その家庭、そんなものは彼や提督たちにとって取
るにたらぬものといいたいだけで。兵士などいくらでも補充できる駒なわけだ。
ビッテンが大敗して帰ってきても、兵などすぐ補充できるからまた今度がんば
れよですんじゃうし。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 14:37:30.35
>>119
つまり、キミがそう思っているから、ラインハルトもそうに違いないってことですね。
回りくどい自己紹介乙w

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 14:46:36.88
>>120
ラインハルト自身が兵を無意味に殺しはしない、有意義に血を流してもらうって
キルアイスの前で宣言してるじゃない。

122 :(゜∀゜):2013/03/15(金) 15:03:41.13
>>119
もっともなことだと思うが、
その要素を盛り込んだらただの反戦小説になっちまう。

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 15:08:26.96
オーベルシュタインが止めなかったのも不思議ではある
双璧の対抗馬欲しさとは言え戦略的に何の意味もない作戦なのに
それこそ帝国軍はラインハルトの私兵ではない位言ってもおかしくない

124 :119(偽):2013/03/15(金) 15:38:05.65
>>123
アッテンボローの分艦隊に負けた帝国軍の仇討ちですよw

兵士一人一人にも命が、家族がいるらしいから、
戦友を悼む気持ちが彼らに戦いを決意させたのですwww

まったく、司令官は数として兵士を見殺しにしますが、
兵士たちは仇討ちを望んで戦略なんて無視するんですwwwww

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 15:51:54.86
兵の殆どは雑草と区別が付かない

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 15:58:51.41
>>119 は間違っていないが、兵隊一人ひとりの人生思い描いていたら
銀河兵隊伝説になってしまう。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 16:13:49.87
英雄ってなーに?

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 16:26:53.65
酒場に行けばいくらでもいるが歯医者の診察台の上にはいない

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 16:27:41.39
携帯電話会社

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 16:33:11.36
>>129
ファーレンハイトがいきなり上級大将待遇で迎えられた時
携帯電話会社と同じですよ。新規加入の人には優しくて既存の人はそのまま
誰かがこんなことを言ったとか言わないとか

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 16:41:14.72
銀河スマフォ伝説

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 16:42:39.19
>>123
むしろ、双璧に傾いている人事バランスがとれる(ケンプが成功すれば)ので積極的なんだが。
その面や不正でのシャフトの処分―そういった膿出しも兼ねていたから、あえて止める理由はない。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 16:51:14.38
武勲のバランスを考慮してケンプを抜擢したことは
1億歩引いて許すとして
救援にミッタマとロイエに行かせた理由が知りたいが

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 16:59:00.07
でた、最強のセリフ

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:22:52.78
最強のセリフは「それがどうした」じゃないん?

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:23:59.05
>>133
一番早く戦場に着けるのは疾風ウォルフだし
彼に付いて行けるのもロイエンタールだけだからだろ。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:24:56.82
銀河英雄伝説で5番目の英雄は誰になるかな?

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:27:53.36
酒場か、もしかしたら歯医者の診療台にいるだろう

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:28:20.27
ラインハルト、ヤン、ユリアンに次ぐ英雄って誰だ

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:31:53.61
ヤンとユリアンの間に大勢入ると思う。
個人的にはユリアンの次にオーベルシュタインの犬

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:33:12.36
>>133
双璧に継ぐケンプがアウトで、ヘルプが必要になった&相手はあのヤン・ウェンリー(帝國本国には
ヤン不在は届いてないよな)となれば、ケンプ未満を送ってもムダ。負け抑えるためなら、ここは双
璧しかない―その時、投入できる最大戦力の投入こそが肝要。
ここで他の連中からってセコい思考こそが事態をgdらせ、兵力の逐次投入に至る原因だよ。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:33:12.91
ジェシカ・エドワーズ

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:36:24.38
>>141
ケンプ以上はミッタマ、ロイエのみ?
他の艦隊を派遣して仮に1日遅れたとしても
ミュラー戦死くらいか
武勲のバランスはどこえやら

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:39:37.26
>>141
その後の戦いで双璧以外の提督をヤンにぶつけているから説得力なし

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:44:37.19
>>143
双璧に並びそうなのがケンプのみだから、並ぶよう手柄のチャンスやろうって話なんだから、
階級の裏づけになっている実績では、双璧>ケンプ>その他は確定しているのだろう。
>武勲のバランスはどこえやら
事態はもう「火消し」「損切り」段階に入っているから、そんなこと言ってられねぇ。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:48:12.22
>>144
ヤンの方から当たって来た例の方が多いような。
新帝国後は、双璧も重鎮だからホイホイ出てこれないし。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:50:44.95
> どこえやら

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:57:18.26
火消しでも後始末でも
出撃回数は実績なるものと考えるが
ミッタマ、ロイエに行かせなければならない理由が
どうしてもわからない
下の方に行かせるべきでは?

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 17:58:22.06
>>145
あの時は、双璧>ケンプ=その他>ミュラーでは?
ケンプが指名されたのは、彼がイゼルローン方面を担当
していたのが大きいのでは。
もちろん、最前線を任されたから双璧>ケンプ>その他も
なりたちますが、あの時は双璧以下はほぼ同水準という評価では

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 19:01:44.52
>>148
ケンプの報告にきなくささを感じたからもてる一番いい駒を投入

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 19:05:20.48
ケンプとミュラーより階級上の人間を送らないとケンプの主導権を奪えないしなに邪魔しにきたんだとなってしまうな
そもそもケンプの方針に疑問を感じて送る援軍なんだからケンプを修正するにはより高い階級が必要

152 :(゜∀゜):2013/03/15(金) 19:05:26.41
>>133
>救援にミッタマとロイエに行かせた理由が知りたいが

ケンプは報告書の表現に気を使ったようだが、
ラインハルトはケンプがイゼルローン攻略に手間取っていることを正確に見破ったようだ。

よって、ケンプが更迭や降格、閑職にまわされるなどを恐れて、
戦況が不利になっても援軍や撤退をしない可能性を危惧して、
ミッターマイヤー、ロイエンタールのような視野の広い、
総合的な判断もできる提督を送りこんだ、と予想する。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 19:42:52.70
「イゼルローンはガイエスブルグ要塞の残骸などで
混乱してるだろう
このまま、行ってみてはどうだ?ミッターマイヤー」

「卿の言うことにも一理ある。ではそうしてみよう。」

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 19:50:28.62
ガイエスブルク

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 19:53:42.56
ミヒャエル・シューマッハ

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 19:56:08.44
ジークフリート

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 19:59:11.58
「イゼルローンは激戦の結果で混乱してるだろう
このまま、行ってみてはどうかな?ロイエンタール」
「卿の言うことにも一理ある。ではそうしてみよう。」

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 20:19:46.51
アイランズ「さあヤン司令官、査問会を再開するよ」

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 21:03:10.34
アイランズのヤンへの弁明
「公人の義務に従っただけ(以下略)・・・・・・」
何か論理的におかしくない?

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 21:13:09.51
アイランズ?

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 21:13:48.23
公人=全体の奉仕者であって、一部の奉仕者ではない。 以上

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 21:16:10.68
ごめん ネグロポンティでした。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 23:20:41.83
>>119
どうみても無駄死にだよw
わざわざ救援軍派遣するくらいなら最初からつれていけよとしか言えない
あの時点でイゼルローン落とすってことは対同盟勝利確定とほぼ同義なんだから
攻めるなら本気でやりゃいいだけで戦死者は単に軍内政治の犠牲になっただけ
3、4巻好きなんだけどね失策だし擁護はできんだろあれw

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 23:25:42.77
そうだよ。無駄死であり、無駄な消耗であり
ローエングラムののオナニーだったから

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/15(金) 23:29:58.79
ま、リップシュタット連合軍が
惑星破壊する時も
後で悔やんだにしても20億人ぐらいだっけ?
見殺しにしてる分けだし
平民や兵士なんで
後で心を少し痛めれば済むぐらいのもんなんだろ

つい魔が差してヒルダに中田氏

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 00:00:38.93
>163
勝てて当たり前の戦力を用意したのでは、ケンプに箔が付かない。
ヤンと同等の戦力で勝利してこそ双璧の対抗馬たり得る

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 00:09:26.32
マジでラインハルトが生粋のオナニストに見えてきた

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 00:21:30.55
今更 何言ってんの 戦争で勝ったから王朝の始祖とか
戦争の天才とか称賛の嵐だけど、負けていれば悪口の嵐だろ

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 00:27:21.74
ここはメタ的に3巻執筆時のガイエは回廊内で遊兵出さずに動かせる艦隊の単位は
1個艦隊同士くらいに設定していたんだよw
のちにロイエンや金髪がもっと大量に艦隊連れて行くとは思いもよらず
過去にシトレのオッサンも大軍で攻めたとかも忘れてね

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 00:48:38.28
>>166
もはや馬鹿の思考じゃないかそれw
旧門閥貴族連中なんかと大差ないレベル

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 01:23:12.82
あのオーベルシュタインが余計な信念で宰相に具申(愚申と言いたいが)しなかったら
金髪は普通に双壁に命じて攻略させた可能性もあるし・・・と言うと
成功した場合、双壁に報いるため元帥に任じなければと返されそうだが、勲章や休暇与えれば充分なんだよね
ケンプの独白に、作戦が成功したら昇進はわからないが休暇はいただけるだろうと述べているので
恩賞として休暇というのはふさわしいものであるというのは疑いない

172 :(゜∀゜):2013/03/16(土) 01:52:14.25
>>163
作中の描写をみると、
ミッターマイヤー、ロイエンタールの援軍は戦線の拡大を禁止されており、
ケンプに加勢してイゼルローンを落とすというより、
被害が大きくならなうちに撤退、それを援護するつもりで出されていると思われる。

よって、ラインハルトはガイエスブルク要塞によるイゼルローン攻略作戦は、
多大な犠牲をはらっても行うべきではないと考えていた証拠であり、
ヤンも作中でラインハルトが陣頭指揮をとっていないため、本気でないと予想している。

つまり君の最初から大兵力を連れて行ってイゼルローン攻略すりゃいいんだよ、
っていうのはまったくの検討違い。
目の前に要塞があったからなんでも本気で攻め込んで占領すればよいっていう、
レンネンカンプや旧同盟軍と同じであるといえる。

この作戦のいわば、帝国の国内が固まるまでの同盟への牽制、
帝国の準備が固まるまで、同盟軍の戦力をできるだけ削ぐ、回復を遅らせ目的があり、
イゼルローンを多大な犠牲をはらっても占領するという本気の作戦では無いと思いますよ(笑)

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 02:09:38.39
僅かな犠牲者ですんでよかったよ。この牽制目的の作戦。
ほんと犠牲者少なくてよかったわ(藁)

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 03:22:49.96
>>172
援軍が戦線の拡大を禁止されてたのは敗戦処理が目的だからでしょ
上のほうで誰かが書いてるけどこの作戦て対同盟というより内部の政治的な事情で立案されて
ラインハルトのやる気の無さがそれを後押ししただけで明確な目的なんて無かったじゃん
だからこそケンプは牽制ではなく本気で要塞落としにきて凄まじい被害を被った訳でw

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 03:30:43.67
一将功成りて万骨枯る
たくさん犠牲は出るよ
一将どころか新王朝が誕生するくらいだもの

〜みつた

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 03:44:26.96
ラインハルト「敵と同兵力で要塞攻略を命じる(牽制だぞ、無理スンナよw)」
ケンプ「わかりました(よっしゃぁ出世の大チャンス!がっつりやるぜぇ!)
    いくぞミュラー!」
ミュラー「よっしゃぁ!」

こんな話だったっけ?w

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 05:41:08.99
だいたいあってる

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 06:30:47.09
>176
追加
シャフト「ケンプ提督の御武運を祈ります(私の安寧な生活のために
オーベルシュタイン「(これで双璧を抑えられれば良し、失敗したら次は誰を・・・

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 06:43:23.58
全軍で行けば勝てるだろうに、テストだ牽制だ、あるいは新戦法ためすため?
そんな理由で逐次投入で使い捨てにされる兵隊さんますます可哀想。

ラインハルトは兵力の集中って知ってるだろうに行わない、余計にたち悪いやつだな。
回廊の戦いもビッテンらを先にやってわざわざ各個撃破されてるしねえ。

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 09:28:17.20
>>163
ロイエンタールはあの戦いの戦死者は無駄死にとバッサリだったな

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 09:29:41.21
ラインハルトも全知全能じゃあるまいし失敗や判断ミスもする
兵隊さんが可哀そう 当たり前だ いつの時代も兵隊は犠牲者だ

確実なのは、ラインハルトのおかげで戦争が終わり兵隊は
戦死することは無くなった。

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 09:45:36.95
>>180
ラインハルトが本気で落とすつもりじゃなかったってんなら、完全に無駄死にでございます。
失敗や判断ミスってのとは違うなあ。

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 09:46:04.90
確実なのは、ラインハルトが死んだおかげで戦争が終わり兵隊は
戦死することは無くなった。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 10:01:23.56
イゼルローン軍がもたないから生きていても戦争は終わっただろうけど。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 10:06:19.45
イゼルローン軍ってなに?そんな軍はこの作品に登場しない

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 10:11:46.99
>>183
ちょっと違うな ラインハルトが死んだおかげで銀英伝が終わり
兵隊は戦死することは無くなった だな 

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 10:17:52.49
ラインハルトが生まれなければ
どれだけ多くの命が死なずにすんだか・・・

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 10:21:24.53
>>185
10巻読め

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 11:09:44.55
帝国で絶対君主制からフランス革命やロシア革命みたいなのが起きないのって…
共和主義者は同盟に亡命するからって
フランスやロシアだってそれ有ったのに革命起きたじゃん

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 11:12:17.80
>>187
落日篇でラインハルトがいなければ人類は終わりなき戦乱に
明け暮れ文明を退化して滅びたかもしれないと予想されている。

人類社会が再統一され、再び繁栄への道を歩み始めたたのは
ラインハルトの功績だろ

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 11:27:55.84
>>189 基本的に民が飢えなかったからだろう
後、科学技術の発達による民衆の管理システムの進歩
あるいは高度な治安維持システム理由は色々考えられる。 

他にも、理由は領土が広すぎたことがある 一つの星で反乱が
起きても連動しない 連動する前に鎮圧される。
情報を独占し最大の軍事力をもつ帝国政府を体制外からは
倒せなかった。

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 11:31:19.49
>かもしれない

が前提で功績ねえ…

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 11:33:46.41
>>191
銀英は帝国で革命が起きてない設定だから
が結論とおっしゃる

基本的に民が飢えてないてのは想像だよね

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 11:42:23.30
民衆の反乱でゴ王朝が滅びていても良いよ そうしたら同盟とは
どうなったかな?

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 11:44:30.64
銀河帝国の民衆ってミジンコ程度の力しか持ってないぞ

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 11:51:19.98
国際世論という力がないし、武器もそこらへんの農具でどうにかなる時代でもないし

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 13:58:20.87
>>196
そこまで貧弱でもあるまいて。まあ軍の一部が民衆側についてってのが一番
ありそうな展開だね。兵士のほとんどは平民出身なんだろうから。

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 14:42:44.04
>>197
フランス革命的だな。

中央でインテリ層の扇動とか抜きに、地方から起こるとすれば、まずヴェスターラントのような形
で地方領主に対する一揆になるだろうし、そこでつくのは地元の領地警備隊クラス。帝國正規
軍が派遣されてきて、そいつらまで取り込まれちゃうってのは、いささかご都合。
平民兵士だからって、他の領地の連中には縁も所縁もないし、仲間になっちゃう理由はあまり
ないしな。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 15:22:12.28
帝国って革命起こすほど民衆が虐げられてないんだよな
軍だとゴ朝でも平民が将官になったりしてるし
別に不自由してた感じじゃない

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 15:39:28.24
生かさず殺さずが統治の基本だからな

最近戦争続きやし、ちょっとは平民にアメもやらなアカンとかいう
貴族の会話がどこかであったな

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 15:53:19.73
リヒテンラーデとゲルラッハの会話だな
リヒテンラーデが締め付けるだけじゃ統治出来ないって

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 15:55:46.40
超光速が確立された世界なのに、食料プラントとか発展してないよな?
依然として農奴が居るなんて信じられん。
職を作るためにわざとやってるのか?

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 16:02:46.11
土から育った野菜
酪農家が育てた牛、乳

ええやん

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 16:11:14.45
農奴は、ゴ王朝に逆らった連中の市民権剥奪して、農奴に落として出来たものだから
まだ残ってたのは、平民への見せしめもあるんじゃないの

フェザーンの亡命したシューマッハらだって、えらく原始的に農業経営やりだしてたから
作者があんまり思いつかなかったんだろ・・・・

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 16:40:15.28
残るとかってじゃなく、共和主義者みたいな反逆者は今後も奴隷階級に落とされるのだよ。
ゴ朝では。農に限らず鉱山とかにも送られるようだね。
もっとも大多数の農業従事者は普通の平民だし機械化も進んでるじゃないの、シューマッハ
が鍬振るってたもアニメであって小説の方は特に詳細は記述してないんじゃなかった
かな。簡易住居を購入ってのだけ覚えてるな。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 16:46:18.56
>>205
ルドルフが死んだ後、農奴に落とされた人らで結婚して
更に農奴の子を代々作らないと、維持できないだろ
そう毎度毎度大反乱がおきて、、何億も農奴に落としたわけでもないでしょ

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 17:26:38.28
門閥貴族から下賎といわれたミューゼル家が
農奴階級出身なのは間違いない。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 17:28:03.08
なんでやねん!

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 17:48:02.36
ミューゼル家はローエングラム一門に名を連ねる
名門帝国騎士家だろ

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 17:54:21.00
コミックだと娘を売った野郎!って金髪さんがキレてたなwミューゼルさん

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 18:04:47.46
>>209
ミューゼル家とローエングラム一門はまったく関係ないよ
ローエングラムの家門を受け継いだだけ

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 18:25:34.11
>>211
廃絶してたんだよな。ローエングラム伯爵家。それを皇帝が爵位とセットで褒美にくれた。
形としては、ラインハルトが養子に入って、再興したというところか。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 18:25:59.78
>>204
>作者があんまり思いつかなかったんだろ・・・・
身も蓋もないなw
慣性・重力制御にワープ航法まである世界なんだけど他はレトロ
その辺はもう深く突っ込んだら負けじゃね
>>209
単に箔付けるために皇帝が断絶した有名な武門の家名くれただけだよ
多分ブリュンヒルト貰ったのと同じくらいには喜んだんだと思う

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 18:45:43.30
農奴なのに機械類つかいまくってたら、「奴隷感」が出ないからということなのかね

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 18:48:18.22
銀英伝の世界は、爵位と家名が一緒だからね
ローエングラム家継いで、ミューゼルの姓を捨てられて喜んでたw

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 18:50:26.30
ローエングラム一門の人達の感情を想像してみた

縁もゆかりもない人間が本家を継いだと思ったら
新帝国の皇帝になってしまった。
さぞ 困惑しただろうな。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 18:53:47.94
一門なんて残ってないと思うけど

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 18:55:59.97
>>216
直系子孫が絶え、一族から養子をとったが若くして病没で廃絶

女でも当主になれる帝国で、爵位を継ぐ人がいなかったんだから
まぁ自分はローエングラム家の人間だって思う人は、いなかったんではないかな

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 18:57:33.81
アッシュビー辺りに皆殺しにされたんかね

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 19:33:55.25
思ってなくても財産があればオレガーって言い出す奴はいるだろう
それも無いってコトは零落してビミョーだったんじゃね
領地経営に失敗して借金だらけとか

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 19:35:55.15
>>220
家継ぐのは、財産じゃなく血筋だろw

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 19:40:12.46
借金だらけの家門を貴族達が狙ったりしないだろう

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 19:55:53.48
皇帝陛下がお気に入りの娘のために、
その娘の弟に後を継がせた家なんだから。
領地経営に失敗してたとか、借金だらけとか、
そんなマイナス要素がない家えらぶだろ。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 20:13:34.25
財産や借金は廃絶した時に当然処分されてるでしょ

>>221
ラインハルトは一滴も血なんて引いてないじゃん
入婿でもないし

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 20:18:20.17
>>220
つーか、銀英伝の帝国で「血筋が途絶えた貴族の家門を金で買った」って例はあったっけ? ロイエンタール父は
ある意味近いけど既存の貴族に婿入りしてるから違うし、特に類似例も思いつかないしなぁ

んで、曲がりなりにもフェザーンが帝国自治領という形でおおっぴらに存在できたり、借金重ねた自業自得とはいえ
大公時代のフリードリヒ4世に土下座された平民が後々特に問題ならなかったりする辺り、貴族の家門とは別に
「平民だけど金持ちである」という優位性は社会的にもある程度尊重されていて、家門を買える金があるなら基本
家門を買(って余計な苦労を背負い込ま)なくても自尊心は充分満たされていた、という気もしなくも無い

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 20:39:21.68
>>225
ロイエンタール父は最初っから帝国騎士だろ。
帝国騎士の身分だけではさほど特権がないけど、ロイエンタール父は自分の才華
により一代で金持ちになった。

んで、ロイエンタール父としては別により高い家柄を欲していたわけじゃないので、
自身の身分につりあう帝国騎士出身の娘を嫁にするつもりだったんだが・・・

・・・ロイエンタール母の色香に転んだw


まあ、ロイエンタール母の方は実家の借金を肩代わりするために入籍させられたようなもんだけど。。。

227 :225:2013/03/16(土) 20:43:32.54
>>226
あ〜、なんか随分違うな。うろ覚えで書くものじゃなかったなわ orz

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 21:08:52.45
>>224
だから途絶えたから、特別に皇帝が名門家の家門を継ぐようにしたんじゃないか

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 21:18:59.80
>>225
フリードリヒが大公時代借金があって、数代前なら帝国騎士の称号も売れた、って記述がされてる事から
帝国騎士は金で買えるものだった(けどゴ王朝末期だと、もう帝国騎士に価値はなくなってた)

さすがに爵位は売らないんでは
売ってるものなら、帝国騎士のラインハルトが伯爵家継ぐのも
あんな大貴族に反発はおきてないんじゃないの

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 21:29:15.70
>>229
伯爵は高い爵位だし、絶えているとは言え、由緒ある部門の家―ステータスとしては大貴族クラスだからじゃね?反発
まあ、ラインハルトだからってのが一番だと思うが。

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 21:45:40.53
外伝1巻には、こうあるな。

・ローエングラム伯爵家は、むろんルドルフ大帝以来の世襲貴族の名門で、これまでに閣僚と提督をそれぞれ10人以上、輩出している。
・しばしば当主が早逝して直系の血統がたもたれず、ついに家系がとだえて断絶されていた。
・姉についで弟も伯爵の地位に上るわけで、自らの息子や弟をこの名家の後継者に送りこもうと画策していた貴族たちは、怒りを禁じえなかった。

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 21:48:54.04
アンネローゼが、グリューネワルト伯爵家の家名を貰ったときも、反発はあったんだろうな。

それはそうと、皇帝のお気に入りだからって、伯爵位や侯爵位をやるなんて、
かなりのムチャじゃないか。
たとえば、グリューネワルト伯爵家の領地経営が失敗したら、
誰が責任を取るんだ?

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 21:59:26.57
「おまえにはこの名がぴったりだな、ミューゼルwwwww」

て言ってやったら、ブチ切れてグリ○ィスコースへ話が進んだかもしれん

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 22:05:06.03
>>232
ベーネミュンデ侯爵夫人が、子爵令嬢で身篭って侯爵夫人号得たのからすると
帝国騎士の家の生まれで、身篭りもしないのに伯爵夫人号与えられたのは、反発あっただろね

アンネローゼは領地まで貰ってなかったんじゃないのかな?
領地貰ってたら、キルヒアイス死後、領地に引篭もっただろうし

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 22:08:05.02
>>232
そういうのはよくある話だし、アンネローゼの時はそう反発なかったんじゃないかな。どうせ一代
限り―子供、男子が生まれれば、爵位どころか皇帝の座すら回ってくる可能性があるのに比べ
ばささいなこと。
>グリューネワルト伯爵家の領地経営が失敗したら
領地ないんじゃないかな。旗本の「―守」みたいに名目だけで直轄地の一部があたえられている
ことなっているけど、実際は「お手当て」が出ているだけと。

ローエングラム家も領地はないっぽいな。どこの星系を……みたいな話はないし、元々持ってい
た領地も廃絶した時にどこかに切り取られているだろ。新規に与えるとなると何処から捻り出す
かが問題になる。

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 22:48:40.44
称号のみで領地なしの宮廷貴族とかもいるんちゃうの?

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/16(土) 22:50:29.51
>>235
同盟領切り取り許可とか?

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 00:08:24.69
帝国って制度からすれば本来インドやイギリスのような
ガチガチの身分階層社会になる筈なのに
極一部の門閥貴族とそれ以外の大多数の平民(下級貴族士クラス含む)
の二極化だけしか階層化してない風に描かれていて首をかしげるわ

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 00:19:41.49
>>238
二極化してるか?
帝国騎士出身のラインハルトを「身分が低い」と馬鹿にしてた連中が、
全員門閥貴族とも思えないんだがな。

門閥貴族に数えられてないマリーンドルフ家も普通に領土を持ってて、
描写はないけど、当然、領土には領民が居たんだろう。
ミッターマイヤーの家は平民だけど、そこそこ裕福な商人だし、
同盟がアムリッツァ前に占領した惑星の平民はほとんど農奴なみだったぞ。

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 00:31:15.27
マリーンドルフ家は非主流ではあるが門閥貴族設定

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 00:37:30.76
ラインハルトやミッターマイヤーのような都市居住許可者と
首都外惑星居住者さらに農奴との間には門閥貴族と平民間に劣らない
身分差や蔑視観があってしかるべきなんだがなあ
そういうのないんだよね帝国平民クラスで一括り
身分制とっていながら不自然な社会だ

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 01:11:29.49
>241
ミッターマイヤーやキルヒアイスよりしたの社会階層は出てこなかったってだけだろ。
底辺出身者は士官や高級官僚になれないから出番がない。
描写がないから存在しないって事にはならんよ。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 02:55:54.94
ミッターマイヤー家って庭師とかじゃなかったっけ?
裕福なのはロイエンガールだった気がする

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 03:56:43.50
ロイエンガール[ロイエンガール]
田中芳樹原作「銀河英雄伝説」の登場人物オスカー・フォン・ロイエンタールの毒牙にかかったうら若き女性たちのこと。
比較的に裕福な家庭の子女が多かったとされる。


>>243
みつたの父は正確には造園業者だな

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 04:21:19.92
オスカー印のロイエンビールで財産築いたんだなw

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 05:47:41.22
>>241
農奴みたいな人権も保証されてないような階層っていたか?
農業従事者はいたが普通の小作農だったし

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 06:25:49.95
>>246
核兵器でローストにされた人たちがいましたなあ

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 07:09:25.55
朝鮮一万個卵年で有名なアールハイネセンて農奴階級じゃなかったか

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 08:02:53.94
ハイネセンは政治犯だよ。

リップシュタット戦役でブラウンシュバイクのおいの所領で
民衆蜂起が起きて例の核攻撃につながったけど階級にまではいたらなくても
実質的な農奴が存在したんじゃないのか

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 08:41:59.42
>>248
ハイネセンは農じゃなく鉱山の方に従事させられてたね。鉱奴とでも言うのかな。
たいていの奴隷は政治犯(共和主義者なんだろうね)反乱というか皇帝を害する
ような犯罪は即、死刑で奴隷にもなれないからな。家族まで含めて。
>>247
あれはただの住人であって奴隷じゃないだろう。むろん反乱おこしたから、ああ
いう形ではなく捕まえてとかになったら以後は奴隷階級に落とされこき使われる
んだろうけど。

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 11:24:46.04
>>246
やたら農奴が好きな人がいるんだよ。たぶんアニメの影響でしょう。小説の方は
具体的な農作業の描写ないし、それなりの時代にあったことやってると思うんだ
けどね。要塞内にあるような水耕プラントみたいなんで惑星上でもやってるよう
にはおもうけどね。

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 13:46:32.22
タール売りのロイエンタール

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 13:48:45.61
農奴設定は原作採用だぞ

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:03:45.02
>>253
共和主義者などが奴隷階級に落とされ、農業や鉱業に強制労働させられたとは
小説にもあるが、鋤や鍬ふるって耕してるような記述はないですよ。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:10:31.06
鋤鍬だろうが鉱山活動だろうが
農奴、鉱山奴隷と設定が原作にある以上
一般市民からの差別はあって当然だって話なんだが
それが身分社会

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:12:08.70
でも肉体的に楽ちんな作業なら、罰にならないよね
徴兵もされないなら、俺農奴の方がいいってのが、続出しそうだw

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:18:30.53
>>256
給料ないし、休日もないし、食事も最低限。それでよいならぜひどうぞ。
あ、もちろん人権(具体的にはなに?)もないですよ。

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:21:29.68
だから楽な作業でおkならって話だろ
重労働課されてたら、そりゃ農奴なんかなりたくないだろが

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:25:53.37
>>256
鉱業の方はハイネセンのように過酷な環境の現場に送られるから危険も伴うんだろね。
農業の方はさすがに命の危険はなさそうだから戦死するよりは一生、休みなしのただ
働きでいいっていう人も出てくるかな。働き先を奴隷が選べればいいけどね。確か医学
発展のための人体実験の材料にされるのもいたとか。。。。
農奴限定なら自首しますって共和主義者がいたりするのかな。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:28:20.73
>>258
いくららくな作業でも257のような家畜と化す人生は私はいやだなあ。奴隷としての
農作業の様子は詳細記述はないからなんともいえないが。

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:36:16.38
ここで農奴農奴言ってるのって、貴族の領地にいる領民の事だよね
平民間でさえ差別意識が生まれるような奴隷は
アメリカの黒人奴隷のような強制的に連れてこられて労働させられてるようなのだけど
そういうのは見当たらない

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:36:29.18
父親が財政難の為に、自分の領地の農奴に納めさせる年貢を重くすると宣言
それを辞めさせる為に、全裸で馬に乗って領地内を一周するヒルダ

そういう領地の農奴に私はなりたい

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:41:50.97
皇帝が食べる物はあえて機械を使わずに人間の手で育てるのがステータスになってたりして。

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 14:42:28.65
>>261
農奴は貴族の荘園にいたってのが、3巻に書いてある
ルドルフ死後の叛乱おこした人の家族やらが市民権剥奪されて、農奴に落とされたのがはじまり

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 15:11:11.60
農奴の実態がわからんな。馬鹿な人間はうんこ製造機にしかならんから最低限の教育とかせんといかんしタワケ者なんていくらいても生産性低いから利益が減る。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 15:22:23.97
>>258
ならってのがおかしいわ。そもそもあり得ないことを前提にしてどーすんだ?
必ずしも労働力を求めてのことじゃなく、過酷な環境、重労働で使い潰す、緩慢な死刑ってこと
だろ。農奴の落すってのは
それ以外の作業効率とか成果度外視の「為する為の」作業をやらせるだけ。

食い扶持と生きて帰れる可能性があるだけ兵隊の方がはるかにマシだわ。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 15:24:51.37
>>259
そんな希望が通ると思っているなら、底抜けのアホだな。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 15:26:23.56
>>266
だからさー・・・・・
鍬や鋤でやってるの、自分はありだと思うんだよ
それがおかしいみたいな事言う人に言ってよ
重労働課されてると思ってるぞ、自分はww

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 15:31:56.68
>>261
領民、その中の農業従事者その他と農奴の区別がほんどんされてないよね。
大侵攻の時、同盟軍と接触してたのは領民のはずだし、ヴェスターラントでもそう。
奴隷階級云々が頻繁に出てきたのは、反帝国、共和主義者弾圧関連が多く、主に前史部分。
本編時代には、階級的な存在としてはもうほとんどいないんじゃないか? 農奴

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 15:36:23.60
詳しく書かれてないんだからこれ以上
議論したってしょうがないと思うんだが。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 15:40:12.71
>>268
機械化農業の大量生産品と人が手で作ったというのを付加価値にしてるブランドとがありそう

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 15:44:14.49
外伝にシャバにいた頃は家具職人だった兵士が出てきたけど
貴族向けのオーダーメイドでもやってたのかな。

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 16:07:21.76
>>268
重労働はともかく鍬や鋤って小説のどこに出てきたんだい?と言ってる。
つまりアニメのイメージのみを持ち込むのはどうかってことだ?

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 16:19:45.03
貴族の領地に住んでる領民や農奴がいることも知らんのか
領民は領民、農奴は農奴

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 16:22:52.11
>>269
ハイネセンが奴隷階級に落とされた頃あたりからは主に過酷な環境の惑星の
鉱山等での重労働が主だったのかね。
上にもあったけど超光速航法の時代の農業って大規模機械化や水耕プラント
みたいなイメージしかわかないよねえ。農奴、農奴って連呼してる人はアニ
メの見すぎでしょ。(アニメでさえ出てきたのはただの小作人で奴隷じゃな
し。確かに中世みたいな描写だったが。)

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 16:32:29.81
>>262
どっかの番組でやってましたな。まああえて突っ込むなら領民の年貢だな。
奴隷なら年貢もくそも最初から関係ないだろ、自分の取り分なんかないわね。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 16:37:08.76
農奴って、体制に逆らった者の罰だから、軽作業やらせてたら、見せしめにはならんでしょ
農奴なんか絶対なりたくないわ、って過酷な状況に置かなきゃ
農奴に農業させても、別に生産向上を目指さなくてもいいと思うんだ

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 16:47:45.96
だから共和主義者なんかは主に農業じゃなく鉱山の方に送られたと推測。
貴族の領地にいるのは、なんかの罰(体制とか大層なことでなく、そこ
の領主に逆らった程度)で自分の取り分がない小作人のことを主にさす
のだと推測だな。これでも十分、効果はあると思うぞよ。なんせ一生ただ
働きなんだから。

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 16:59:52.47
>>248
> アールハイネセンて農奴階級じゃなかったか

誰?www
アーレだアーレ

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 17:48:53.72
R・ハイネセン
だと、この板の住人は何を思い起こすのだろうか。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 18:03:26.53
むろんアイザック・アシモフだろうとボケてみる

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 18:16:24.26
通常農奴間の結婚は認められるから帝国創設期に100億
500年で人口増加と農奴追加で末期には500億位?

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 18:20:49.00
ハイネセン、ほんとは政治犯なんかじゃなくて密造ビールを製造、販売してて捕まったんじゃないか

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 18:23:06.40
ハイネセンの脱出設定は物理的に無理がありすぎるので
逸話そのものが盛ってないと説明つかない

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 18:23:42.53
500年に及ぶ農奴階級は社会に深い傷を残しただろうな。
ラインハルトが農奴を解放したとはいえ市民達が
一朝一夕で差別心を無くすのは難しい・・・・・・・・。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 18:27:03.11
農奴解放はシステム的に社会形態、経済に大混乱を起こすものだが
それを国家レベルで一気にやっても問題一つ起こらない
不思議世界の銀英

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 18:29:38.78
アニメ版だがハイネセンのご尊顔
http://gineistatic.com/w/images/8/85/Arle_Heinessen.jpg

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 18:39:45.36
そこらへんはどうなんだろう 例えば農奴達が閉鎖された農場で
独立した共存体を作っていたなら市民権を与えるだけで混乱しないけど、
解放農奴が市民社会に進出した時、軋轢が生まれると思う。

アメリカで(アフリカ系アメリカ人)の公民権運動の時のような混乱かな

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 18:42:03.18
>>275
貴族の領地ってのがどういう形態なのかわからんけど、人口は密集してないようだし、大陸ひと
つ農業プラントとか工業地帯とかってムチャなスケールが普通にできそうだしねぇ(鋤や鍬で何と
かなる規模なんて、微粒子レベルよ)。最低でもアメリカの農業のように全面的に機械化が当た
り前みたいなスケールではやってるだろうねぇ。

帝國の人口250億分賄うとなれば相当な量だろうけど、全領地が全力で農業化、工業化、鉱山
開発してたら、さすがに供給過多だろうから、領地内消費+帝國への上納$流通分以上はあまり
力入れてないかもね。
生産・供給量がそんなに多くないから、ヴェスターラントのように年貢wが増えると途端、カツカツ
になって一揆と(内戦で、反貴族の機運が芽生えていたてのもあるかな?)。

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 19:13:34.82
解放された農奴たちが暴徒化し、没落した貴族の子女が性的暴行を受けるような事件も多発したんだろうなあ

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 19:14:29.26
アーレ・ハイネセンは政治犯として、農奴階級に落とされたんだよね。

このことから推察するに、農奴階級とは政治犯の隔離と労働者の確保の一石二鳥を狙った政策なんじゃないか?
当時の政治犯というのは要するに共和主義者で、皇帝の打倒や革命を目的としているわけだ。
そんな人達を普通の市民や農民と接触できる環境においたら、それらの市民や農民を啓蒙し仲間に引き入れて
革命を起こそうとするのは必至。だから、その類の政治犯は処刑するか隔離するかのどちらかしかないわけだが、
処刑したらそれで終わりであるのに対し、一般人がやりたがらないような過酷な環境での労働に従事させるなら、
隔離と労働力の確保の両方ができる上に見せしめにもなる。一石三鳥じゃん。そうして生まれたのが農奴じゃないかな?

当然、反乱を起こし易い人々だから、武器や逃走用に転用できる可能性が少しでもある機械は与えないようにしている。
必然的に、生命維持に最低限必要な機械以外は存在しないから、手作業が多くなる。
しかし、アーレ・ハイネセンはその裏をかいて、氷で宇宙船を作って逃走に成功した、ということだろう。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 19:16:20.07
>>285
平民で底辺だった層は、俺らの下には農奴がいるって事で、自尊心を保ってたと思う
アルスラーン戦記の奴隷解放で、書かれてたけど

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 19:16:51.61
解放農奴の前に市民達あるいは貴族に使えていた使用人が
した方が可能性が高そうだ。

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 19:25:19.00
>>292  そうだね 政策としての差別制度の狙いはそこにある。
だから、社会進出すると問題がでてくる。宗教とか人種とかでも少数派はね


 

295 :291:2013/03/17(日) 19:35:44.40
>>284
過酷な環境だけに生命維持に必要な機材は配給されていて、それで船体以外は作れたんじゃないかな。

例えば、極寒の惑星に放り出しただけじゃ忽ち凍死して終わりだから、断熱材は豊富にあったろうし、
暖房のためのエネルギー源として核融合炉が用意されていたかもしれない。
掘り出した鉱物を人力で運ぶのは無理だろうから、運搬用の重力制御ユニットはあったかも知れない。

しかし、何よりも宇宙船を作るための船体の材料がないので、帝国は逃走の心配なんてしてなかったろう。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 20:07:20.42
だからハイネセンは奴隷であっても農奴じゃないし、奴隷が解放されたら社会問題に
なるほどいたとも小説読むかぎりは思えないのだが、農奴、農奴って連呼してる皆さ
んはほんとに読んでるの?銀河英雄伝説って小説?

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 20:39:11.72
>>291 295
おおむね賛成だが、何故に農奴? 普通に奴隷でいいと思うが。
おそるべきは農奴という言葉の侵食力。やはり我ら日本人には
農という言葉には引きつける何かがあるんだろうかとTPPの報道
見て考える日曜の夜。

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 20:49:42.35
>>296
領地持ちの貴族は、農奴をほぼ所有してたようだけど
どうとでも受け取れる

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 20:56:28.15
>>296
ああ、そうか。
アーレ・ハイネセンらは採掘に従事していたのであって、農業に従事したわけではないから、農奴なわけないわな。
1巻を読み返してみると確かに「叛徒の眷属として奴隷階級に落とされ」と書いてあった。

>>297
アーレ・ハイネセンを農奴といったのは俺の勘違いだが、その当時の帝国には農奴が普通にいただろ。1巻にも、
「叛乱に参加した五億余人が殺され、その家族など100億人以上が市民権を剥奪されて農奴階級に落とされた。」
とある。この記述と混同して、直後に登場するアーレ・ハイネセンも農奴だと勘違いしてしまったんだけどね。

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 21:13:29.76
運搬用の機械なんだから
別の事に使ったら元の作業に支障が出るだろ
宇宙船一隻分の船体以外の材料を隠しておけるくらいなら
ハイネセン以外でもどこだって余裕だ

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 21:18:58.87
>>300
「故障修理中」などの言い訳で予備機と入れ替えてしまえば、自由に使える機材が手に入る。
隠すのは、施設外の警備の目の届かない所―完璧な監視網、警備網などない。
要は知恵ひとつだよ。

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 21:22:08.62
故障修理をチェックされたら終わり
そんな犯罪者の言鵜呑みにしてホイホイ新機材渡すか

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 21:30:59.12
>>302
その辺がユルユルてことはよくある。面倒だから、囚人にチェック、修理させていたりとかな。
監視すら怠けていたらしいことが書いてあったような。

仔細はともかく、ハイネセン一派が脱走し、自由惑星同盟の礎を作ったのは作中の歴史的事
実なのだから、脱走できる程度に緩い体制であったのは間違いない。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 22:21:46.71
それが本当に史実かどうか状況判断から嘘くせえって話

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 22:34:47.87
>>302
極寒の惑星で奴隷達を監視する仕事という、どう見ても左遷にしか思えない任務で、故障修理をしっかり
チェックするほどのモチベーションを保てていたとしたら、そっちの方が俺には驚きだよ。

>>304
地の文で断定的に書かれていることさえも疑ったら、考察どころかストーリーの把握さえ不可能になるぞ。
君、小説読むのに向いてないよ。

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 22:38:28.71
実は単なる宇宙海賊の成れの果てじゃねえの、ハイネケン

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 22:53:50.86
>>306
宇宙海賊ごときが無人惑星群を一大星間国家にランクアップするなんて、
奴隷民を引き連れて国家建設するより難しいぞ。



そもそも、無人惑星相手じゃ略奪する相手がいないw

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 23:11:48.63
監視の目をくぐって40万人が乗れる宇宙船1隻分の部品を調達できて
監視の目をくぐって離脱というのも
そっちの方が無理だと思うね

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 23:14:05.07
ご都合主義といえばそれまでかな。

設定が練れていない感じはする。

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 23:25:41.04
>>309
別に銀英伝は、自由惑星同盟建国伝説ではないですからねw

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/17(日) 23:26:46.86
無数の企てがあって、その中で帝国側の監視者がアホな当件だけが成功を見たってことでいいだろwww

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 01:43:48.49
>>308
帝国の官吏に協力者がいたとかの方が自然な気がするな
買収されたのか密かに一味になったのかは別にしても
ジンネマンの同級生でもいたんじゃね?w

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 01:51:37.87
>>311
アーレ・ハイネセンの脱出まで150年以上
その間誰も何もしなかったなんてありえんわな

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 02:20:02.67
>313
「何も無かった」という記述はない。

ハイネセン以前は失敗したんだろ
逃亡前に露見した、逃亡したが拿捕・殺害された、ランダムジャンプして戻ってこれなかった、
追っ手を振り切ったが可住惑星を発見できなかったetc.
もしかしたら親帝国設立後にハイネセン以前の逃亡船が見つかるかもしれん。

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 02:41:01.30
ひょっとしたら自由惑星同盟以外にも成功して物凄く遠くで独立してる連中がいるかもなw

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 08:13:46.66
>>314
主に宇宙船の材料入手で足がついて失敗したとあるじゃん。ハイネセンはそれを
天然ドライアイスで解決したと。
しかしその星にいた監視者はある日突然、奴隷たちがいなくなってあわてたのかな?
そのあたりが確かに不自然ではある。宇宙船建造に気がつかないってのも。
その星には常駐じゃなく定期的に鉱物とかを回収に来てただけなのかな?どうせ
惑星外には行けぬとふんで。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 09:46:54.89
>>311-312
ふと、「カイジ」の地下労働施設を思い出した。
あれは、労働者だけでなく監視員も借金が返せなくて地下行きになった連中なんだよな。
出入り口は見張られてるから脱出の術はどうせ無い。たとえ労働者達が団結して反乱し
監視員を人質にしたところで、監視員ごと見捨てられるだけ。

アルタイルも同じで、どうせ脱出用の船を作ることは不可能なのだから、比較的罪の軽い
囚人に監視員も任せていたのではないだろうか?だとすれば、監視員もハイネセンと一緒に
逃亡してしまっただろう。

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 09:57:04.33
ハイネセンはいざ出航となった時に「我々と一緒に自由へと旅立ちませんか」と監視官に申し出た
しかし、監視官は「帝国の吏僚たる者が、貴様ら奴隷などと一緒に行けるか!」と激昂して断った

自分たちの壮大な企てを黙認、いや支援してくれたと言ってもいい監視官のその言葉…
やはり、奴隷と彼らの間には大きな壁が存在するのだろうか
ハイネセンは失意の中、惑星を離れる宇宙船に乗り込んだ

が、宇宙船が惑星を離れた瞬間、その監視官が手を振って走り出てきた
満面の笑顔で出航を見送りにきてくれたのだ

ハイネセンはその時、監視官が激昂したのは自分達を救う為だったと悟った
彼すらここからいなくなれば、当然本国に異変が伝わり、脱出行への追手がかかるに違いなかったのだ

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 10:03:49.53
キモい妄想はチラシの裏にでも書いとけ

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 10:14:02.39
素朴な疑問ではないわなww

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 10:23:31.39
まあ監視してた連中はその後、どう報告したのかは疑問だけどね。ある日奴隷
達がみんな消えてしまいました、とでも報告したのかね?自分らが奴隷に落と
されそうではあるな。

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 11:02:37.81
>>321
事故で死にましたと報告すれば補充してくれるとか

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 11:14:45.46
帝国は、同盟と初めて遭遇した時、過去の記録を調べて同盟の出自を知ることができたそうだから、
当時の監視員たちは一応は正直に「逃げられました」と報告したのかも知れない。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 11:18:29.98
そりゃ鉱物とかの採取できなくなるんだから、ごまかしようはないよねえ。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 12:10:31.26
>>322
作業員何十人程度ならともかく、女子供まで全員消えたら、収容所まるごと吹っ飛んだとかレベ
ルの事故になっちゃうだろ。
それはそれで別の責任におっ被っちゃう。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 12:53:22.67
>>325
天災でも飢餓でも流行病でも何でもいいから理由作って、毎月数千人くらいの死者報告&補充申請を出せばいい
資源の産出が減るのは、熟練工がまとめて死んだことにすればいい
辺境の惑星ごときにわざわざ調査に来る奴もいないだろ

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 13:20:56.21
>>326
それが連続すると、環境・原因の改善がなされていなくて、いくら補充送り込んでもキリがない
ことになるから何度もできないだろ。いつかは監査が入るぞ。囚人はどうもでいいだろうが、
監視員には給料払ってんだしな。
サボタージュ疑惑もたれないようやるには、ちと多すぎると思うが……

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 13:22:54.29
収容所なんて所詮は「ゆっくり殺す」為の施設だから、事故が起ころうが鉱物産出量が減ろうが
誤魔化すなんてどうにでもなるだろ。

にもかかわらずハイネセン逃亡の記録が残っていたのは、直後に査察官が来た等で誤魔化しきれなかったのかな?

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 13:34:09.71
>>326
帝国はハイネセンらが「逃亡した」って認識だったから
そういう処理されたのではない・・・・

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 13:36:44.17
誤魔化す必要もなかったんじゃない?
どうせ野垂れ死にするからほっとけみたいな扱いで済んでしまいそう

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 13:40:46.53
流石に責任者は処罰されただろw
そこまでフリーダムならとっくに帝国は滅んでいる気がする

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 13:52:45.54
>>330
でも現場の責任者は処罰されるだろうから、誤魔化せるものなら誤魔化したかっただろな

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 13:57:38.53
>>332
誤魔化すために自分らでせっせと鉱山掘って送付してたりして。。。。
奴隷になったのと変わらんな。

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 15:50:03.03
採掘量がいきなり減って、おかしいと思って査察に入ったら、逃亡したのがバレたってオチかw

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 16:04:02.61
逃亡が即座にバレないように、ちょっと手が出せない規模の大規模落盤を起こすくらい順当だと思うが。
うまく行きゃ復旧あきらめて一生ばれない。
まあ、逃亡の記録が残ってたくらいだから永遠にとは行かなかったようだがwww

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 16:44:24.72
>>335
それではゴマかせるのは作業員分だけだろ?
いなくなったのは、他にもいるんだぜ。
結局バレたにせよ、偽装するなら収容所全滅クラスが必要だ。

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 17:57:08.73
割り込みすまないけど
ごめんなさい
ゴ朝政権としては自由惑星同盟への戦略思想は
殲滅、根絶やし?
人間含めた支配占領?
惑星、資源だけの奪取?
帝国領土内にちょっかいださなければシカト?

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 18:06:02.81
>>337
帝國にとって、同盟は政治犯=叛徒の子孫の反帝国叛乱勢力。
支配体制の維持のために、叛徒の成敗が優先される。逆に言えば「叛乱」が鎮圧されればそ
れでいい。
だから、全部違う―せいぜい「人間含めた支配占領」くらいか。
必要があれば、流れで殲滅、根切りも辞さないだろうが、目的にはしてない。資源もオマケ程度

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 18:11:37.33
っ面子

ゴ朝は人類唯一の統一政体であり国家である、というスタンスなので、
人類の居住範囲である同盟領は当然ゴ朝銀河帝国領であり、同盟政府は
不当に帝国領を占拠している反乱勢力、同盟軍は反乱軍という扱い

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 18:13:42.96
「宇宙はあまねく皇帝陛下の威光に浴する」がタテマエだろ。
わかるな?

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 19:05:04.22
逆に、同盟の戦略思想は建国の元勲のグエン・キム・ホアの
「距離の防壁」だったのに
それを守らなかったばかりに滅びてしまったな・・・・・・。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 19:42:48.24
皇帝の有り難さが分からない
かわいそうな連中

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 21:03:04.24
フォースの前にひれ伏すがよい

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 21:19:59.28
距離の防壁は戦略思想じゃなくて単なる現実だろw

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 21:35:53.75
地の利を生かすのが戦略では?

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 21:37:14.37
地の利だと、戦術のような気がする。

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 21:46:47.42
戦略の定義自体時代によってあいまいなんだけど「戦略とは地図上に
おいて戦争を計画する技術」という意見もある

後 国家戦略とか軍事戦略とか作戦戦略とか分けられることもある

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 21:50:54.50
>>345
いやどう活かすんだよw
単に遠いだけだぞこれ
大軍を長距離遠征させるのは難しいって話でそれを可能にしちゃう奴が帝国にでてきたんだから

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 22:09:37.82
生かすも何も、同盟の戦略は遠征して来た帝国軍を迎え撃つが基本だろ。
帝国侵攻作戦なんてしなければ8個艦隊が無傷で残っているんだから
フェザーンからラインハルトが攻めてきても互角に戦えただろう。
それで負けたらどうしようもないが。

350 :(゜∀゜):2013/03/18(月) 22:59:02.00
>>174
ケンプは自分が苦戦している、イゼルローン攻略に手をやいていると本国に知れたら、
撤退命令や更迭、僚友による援軍が来るようなことになり、
それによって武人としての矜持が傷つくことになる。
だから報告書に「わが軍、有利」とぼかした報告を本国に行った、
こういうことが小説には書いてある。

ということは、ケンプが正確に戦況や自軍の様子を本国に報告していれば、
撤退命令などが出されていた可能性があるということなので、
ラインハルトが明確な目的を言ってなかったから、
ケンプは牽制ではなく本気で落とそうとした、だから大敗したという理由は否定される。

ケンプは正直に報告すれば撤退命令が出るかもしれないと思っていたということなのだから。

どうも君はケンプをかばいたがるようだが、
こういう小説の記述を無視していたのでは説得力に欠けるよ?

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 23:14:23.80
>349
そう考えると、むしろ同盟側が両回廊出口付近に要塞構築して当然だったんだよな・・・

352 :(゜∀゜):2013/03/18(月) 23:22:23.76
>>351
アッシュビーの時代に同盟軍は要塞の建設などを検討したが、
それをやれば宇宙艦隊の予算が削られるとかでアッシュビーは断念した、
とかあった。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 23:48:47.48
要塞対要塞は
帝国宰相たるラインハルトがわざわざ陣頭に立たなくても
キルヒアイスの死後であっても他の優秀な指揮官たちが代わりに同盟を攻略できるかどうかというテストだったとしか言い様がない

あとはラグナロク作戦の陽動のための餌撒きくらいか

テストでしかなかったから本格的な戦いをやるつもりなら、ケンプの戦力が中途半端だったな、
でもキルヒアイス指揮だったらイゼルローンは多分落ちていたし戦力が足りないということではないのかもしれない

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 23:54:03.19
なぜ、イゼルローン司令官の方がヤンではないifをせんのか卿らは
そもそも、アムリッツァまでは誰が司令官?
忘れたよ。いたっけか

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/18(月) 23:56:22.46
>>353
概ね同意するが……

>ケンプの戦力が中途半端だったな
それは仕方ないんじゃないかな。
ガイエスブルク要塞に収容できる艦艇数、即ち駐留艦隊の艦艇数が上限だろう。
ワープする度に時空震が発生するから、別の艦隊を随伴させたり格納庫内に
固定せずに浮かせておいたり、とか危険そうだし。要塞主砲の撃ち合いになった時、
そいつらどこに居ればいいんだろう、って感じだし。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 00:02:13.55
>>355
まあ、新技術つーかこなれてない技術だし、万が一を考えると犠牲は少ない方がいいよね。

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 00:05:03.15
>>356
卿が帝国の総理大臣なら犠牲者は何人まで認める?

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 00:09:13.84
>>357
0から∞まで幅があるが、その時消耗しても痛くない程度

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 00:11:06.23
軍事予算の許すまでだな 遺族年金とか恩給とか含めて

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 00:21:13.59
250億人の人口でアメリカ先進国並みの国家予算とGDP規模として
国家予算3000兆円
軍事予算600兆円
ざっと10倍にしてみた

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 00:33:41.19
軍事予算に福祉予算を足すべきだな 
帝国の財政の凄いとこは社会福祉予算が無い所だろ。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 00:46:06.08
>>350
意味がわからんw
同盟全面侵攻の先遣隊ではないけど出発時点でケンプらは本気で攻め落とす気でいってる
だからこそ目立った戦果がないと双璧に取って代わられたり中止にさせられて左遷だと思ってたんだろ
牽制目的なら最初から功にはやった無茶なんてしないんだよ
牽制目的なんて後の展開からみた結果論にすぎんよw

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 00:59:15.29
>>353
テストにしても嫌がらせに近いレベルでひどい難問すぎるよなw
難攻不落の要塞に恐らくラインハルトが最高と目する提督率いる同盟最強艦隊相手
おまけに兵力は同程度w
勝てば栄達負ければ左遷or戦死or処罰

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 01:41:26.37
>>360
軍事費の割合がもっと高い気がする

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 04:24:19.27
>>360
仮定するなら100倍だよね。単純ミスかな。となると国家予算3京円
軍事予算6000兆円

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 08:14:39.26
>>355
なんでやねん。要塞なくても艦隊だけで移動できるじゃないか。

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 08:51:46.72
難問ならヤンのイゼルローンの方が酷いぞ
半個艦隊でイゼルローン攻略しろというんだから。
ラインハルトより同盟軍の方が酷いんじゃないの

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 09:32:09.06
>>366
移動するのはいいが、要塞手法の撃ち合いになった時にどこにいればいいのかって問題が。
駐留艦隊なら要塞の中に格納してしまえば安全だけど。

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 09:40:10.92
>>368
要塞砲は要塞にも有効だったじゃないかね、その中が安全とは。。。。
要塞砲の射程は短いんだから艦隊は射程外にいればいいではないか。
げんに、ロイエン艦隊は艦隊だけでいって何の問題もないじゃないかね。

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 09:59:10.59
>>369
>要塞砲は要塞にも有効だったじゃないかね、その中が安全とは。。。。
しかし、宇宙港にまでは被害が及んでいない模様。両軍とも普通に艦隊を出撃させてるし。

>要塞砲の射程は短いんだから艦隊は射程外にいればいいではないか。
要塞手法が怖くて近づけないんじゃ、結局何しに来たんだ?って話に。

>げんに、ロイエン艦隊は艦隊だけでいって何の問題もないじゃないかね。
艦隊だけでいっても、それだけじゃイゼルローン要塞は落とせないことは、
同盟軍が身をもって証明済み。

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 11:39:13.86
>>367
無理って思ってたでしょ
校長は退役のために半個の艦隊で
イゼルローンへ行かせてる
ヤンならひょっとしたらってのも、もちろん含むのが
校長の千里眼では?

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 12:22:09.65
>>370
双方、とも倒れを恐れて撃ち合うのをやめたのであって、撃ち続ければ
もたないよ。
要塞砲が怖くて要塞内にこもれって言ってるのはあんただろが。だんだん主張が
支離滅裂だよ。そもそもの主張は要塞内に収容しきれない艦隊規模では
だめだ! でしょうに。

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 12:48:36.57
>>371
過去6回外からの攻撃で失敗したから、今度は内からという事で
作戦が承認されたんだと思うけどそれでも困難な作戦
上が下に困難な作戦を押し付けるのは同盟も帝国も変わらないと
思う。

ヤンに比べれば、1個艦隊と機動要塞付のケンプは嫌がらせでは
なかったと思う。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 13:14:57.73
>>360
それがさ、没収する貴族財産の試算が10兆帝国マルクなんだよ
1帝国マルクは100円っぽいから、およそ1000兆円
その予算にすると、貴族財産ってあんま大した事なかったんだな、って感じ

貴族財産没収で財政危機解決、ラインハルトが戦争明け暮れててもおkだったから
貴族没収財産から考えると、もっと少ない規模だな・・・・

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 13:26:58.56
>>374
文節切れているから、門閥貴族から没収した金額は不明で
10兆マルクは門閥貴族連合軍に参加しなかったそれ以外の
貴族に懸ける税金の事じゃないの

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 13:31:45.65
>>375
国庫に転がり込む、で全部の事含めてだと思ったけどね

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 13:50:31.63
すみません 実を言うとそう思ったんだけど、金額が少なくなるので
無理やりこじつけました。

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 13:53:24.02
>>372
>双方、とも倒れを恐れて撃ち合うのをやめたのであって、撃ち続ければもたないよ。
それをはっきりと認識したのは、両要塞がそれぞれ1発ずつ主砲を撃ちあった後だ。

>要塞砲が怖くて要塞内にこもれって言ってるのはあんただろが。
そうだよ。
大艦隊によるイゼルローン要塞の攻略が(ヤン以外)悉く失敗したのはなぜか?
それは、艦隊が要塞主砲の射程に入ってから要塞に取りつくまでの間に、
要塞主砲によって壊滅させられてしまうから。

そこで、ガイエスブルク移動要塞の出番だ。駐留艦隊を要塞内に格納して
2光秒の距離(勿論、イゼルローン要塞主砲の射程内)まで艦隊は無傷で接近できる。
要塞主砲の応酬を陽動として、艦隊がイゼルローン要塞の壁面に接近しレーザ水爆で
表面に穴をあけることさえ成功している。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 14:20:58.28
>>377
うん、確かに少なすぎる・・・・
まぁこれは「試算」って事で、実際はもっともっと没収したっても考えられるけど
あんまり試算と実際の額が乖離してたら、試算したの財務省役人かな?しっかりしろになるがw

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 14:28:10.08
>>376
毎年10兆マルクだったから、没収とは別枠だと俺は思ったが?

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 14:31:16.04
>>378
ちゃんと小説読んでから書き込もうよ。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 14:40:14.22
>>378
要塞手法の撃ち合いになった時は危ないから出撃しない方がいいよ。

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 14:56:59.99
貨幣の換算は生活レベルだと上手く行くんだが、国家予算レベルだといろいろ整合性が合わない。
あまり深く考えずにそういったもんだと思っていたほうが幸せ。

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 14:57:44.50
昨日から要塞手法って書いてる奴はなんなんだ

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 15:23:24.45
馬鹿、だよ。触るな

386 :378:2013/03/19(火) 16:44:24.78
>>381
俺の書いていること、そんなにおかしいかな?小説読んだ上で書いているんだが。
小説の記述と何か齟齬でもあった?

>>382
俺もそう思う。
が、危ないのを承知であえて出撃することで、ミュラーの艦隊はイゼルローンに肉薄できた。
もっとも、「卿は善戦したがそれだけのことだ」な結果に終わってしまったが。

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 17:00:09.46
>>386
要塞主砲の撃ちあいやってる間は、トールハンマーが艦隊に向くことはないから。むしろ安全。
撃ちあいの間に出港し、ガイエの背後に隠れて待機。砲戦開始後、迂回コースで接近なら、危
険を承知であえて―というほどのリスクはない。

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 17:08:03.33
>>383
連年の出兵にもかかわらず国庫は余裕ありだし
ロ王朝は社会福祉も充実していたそうだからなぁ

門閥貴族の財産だけじゃなくフェザーンの資産や
同盟の国有財産も繰り入れたからかもしれん

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 19:15:40.17
>>367
なんつーか校長は出来る可能性があるとおもってたんだろうな
フリーハンドでやらせる以上正面から攻めず搦め手ていくのは確実だろうし
逆にラインハルトは多分まぁどっちでもいいよw程度の認識だったと思われ
どっちも酷いけどケンプにも結果的には勝ちの目があったわけだし変人と生真面目さんの差なのかねこのへんはw

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 19:40:01.30
>>389
>逆にラインハルトは多分まぁどっちでもいいよw程度の認識だったと思われ
関心が低かったのは確かだろうが、イゼルローン要塞の攻略自体は「ぶつけろ」発言のように
意義の薄いものと言う意味で「どっちでもいい」だろうが、結果には注目していたはずだ。
「ぶつけろ」発言は要するに「要塞攻略」には大した意味はなく、要塞の無力化が目的だって事。
それなら要塞+同等の艦隊で可能―何せ、究極には「要塞ぶつけるだけの簡単なお仕事です」
だからな。艦隊がいるのは、移動要塞の弱点に気づいていたからか、それを活かしたもっとス
マートな回答が彼なりにあったからだろう。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 20:17:16.83
疑問じゃないけど
作者はもう続きは書かないと言ってるが
ローエングラム王朝初代皇后とアレク大公が
どうなって行ったかも知りたいね

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 20:32:30.94
「ロ王朝を育てた・・・・・」という一文だけで想像逞しい
二次創作がいくつもあるからなぁ・・・・・・・・
帝国派ならアレク皇帝のもと帝国は繁栄したと思えばいいのでは

歴史上母子で権力を巡って争う事もめずらしくないけどな

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:00:32.39
アレク皇帝の許しを得てロイエンタールの名を継ぐことを選択したフェリックスとか
二次創作にはいろいろある

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:13:20.90
日の目を見なかった銀河のチェスゲームの過去の英雄譚が銀英伝でしょ?
そこそこ王朝が続いて、その後物語が書けるぐらいに世界が乱れたんじゃない?

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:18:23.32
アレクのために後宮が作られるかどうかが興味ある
後 嫁姑問題もおもしろそうだ。 

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:35:18.35
アレクの正妃が、貴族の令嬢か軍の幹部の娘か
フェザーンの金持ちの娘か、はたまた平凡な市民の娘かで
人類の未来が変わるような気がする。

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:43:54.32
キャゼルヌの下の娘がいいんじゃね
少しばかり姉さん女房だけど
ヒルダって金髪より年上だとばかり思っていたけど違うんだな

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:50:30.22
キャゼルヌ家の姉妹はユリアン狙いだろ 

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:51:47.07
シェーンコップ家の娘さんに取られたから……

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:52:27.28
二次創作だと、ミッター夫妻に子供が出来て
それが女の子でお妃(候補?)になってるの、見た覚えがある

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:53:38.97
>>374
リップシュタットに参加した貴族は3740名(家?)
1000兆円を一人頭で割ると2500億円強になる。

3740家の中には小物の下級貴族も多いだろうから、大物門閥貴族なら
数兆〜数十兆円は持っていることになるぞ。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 21:55:12.92
18と17の恋愛だろ いくらでも奪い返せるさ 勝気なカリンとユリアンが上手くいくかな

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:05:17.46
>>401
それぐらい持っているだろう 欧米の大富豪 やアラブの王様だって
数兆〜数十兆円は持っている。
数百億の国民がいて500年に亘って搾取してきたんだ
桁がもう一つ二つうえでもおかしくない。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:13:06.97
>>401
あんなリップシュタット同盟に参加してるの、ほぼ大貴族でしょ
下級貴族は大貴族に反感抱いてるって、小説に描写されてるし
ファーレンファイトみたいにブラ公側につく人もまぁいたけどさ

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:20:00.79
ブリュンヒルとかもそうだけど
戦艦が白や緑、金色もあったか?
宇宙で戦うなら、総じて黒でしょ?
目立ってしゃーない

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:25:23.79
404だけどちょっと言い方がまずかった
ブラ公の別荘に出入りして署名までするのは、大貴族クラスじゃないのかって事

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:33:23.09
>>405
タブーに触れてはいけない。宇宙で色が識別できると思う。
背景に地球みたいな惑星があれば別だけどwww。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:46:28.27
>405
目視戦闘するんじゃないからど派手塗装でも問題ない ってのが普通の答え。

でも、それじゃツマラナイから「敵味方に対し有意に目立つ」という前提とすると
敵に対し
・指揮官が有名ならば威嚇になる(ex.ヒューベリオンが出てきたら罠を疑い、攻撃が鈍る
・旗艦が目立つことで敵の攻撃を誘引し、他の部隊が攻撃しやすくなる。
味方に対し
・陣形編成の際、特徴的な旗艦は基点として都合がいい
・旗艦が前進する・突撃する等の行動をすることで士気を鼓舞できる
・さらに上級指揮官がいる場合、自身の存在・働きを誇示しやすい

ぶっちゃけ、三国志や戦国時代の武将が派手な格好をするのと同じだよ。

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:51:06.52
銀英伝世界はレーダーに映るようなものは船じゃないんだっけ?

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:56:56.43
ワレンシュタイン、ケルンテンなど一般の戦艦が識別できたり突出した艦隊の中からヒューベリオンを割り出したり
艦型識別情報が両陣営とも充実しているから塗装色が派手でもデメリットは少ないんじゃないか?

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:58:40.94
>>409
レーダー透過装置が取り付けてあるんだそうだ

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 22:59:24.65
>>403
しかも領地として星を持ってたりするんだから規模が違うよなw

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 23:03:58.69
>>411
索敵は光学的なものになるとか一巻にあったよな
あとは質量でわかるのかな

414 :411:2013/03/19(火) 23:05:19.09
言葉が足りなかった。
船にはレーダー透過装置があるから普通はレーダーに写らない
→レーダーに写るものは透過装置がない(あるなら装置を作動させている筈)
→レーダーに写るならば自然物(人工物ではない)
という三段論法。

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 23:07:30.75
>>413
光学索敵と質量と熱分布と・・・て具合に複数組み合わせてるんでない?

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 23:14:30.35
>>414
それでヤンがエルファシルから脱出できたよね
>>415
うんそんなとこだろうね

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 23:30:34.39
いつも思うんだが、艦隊消滅レベルなのに要塞主砲の出力が9億2400万メガワットって小さいよな。
現在ですら研究用にペタワット級のレーザーがあるのでなかったっけ。

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 23:36:14.32
>>417
最初はヨタワットだったんだけど編集になおされたんだぜ
読者はそんな単位わからないって

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/19(火) 23:56:57.60
>>390
そりゃ結果には注目するだろw
というよりケンプの立場や性格で要塞ぶつけるなんて出来るわけない気がする
最初から要塞主砲撃ち合ってイゼルローン壊滅させてこい
最悪ガイエぶつけて回廊を確保してこいって命令してれば完勝だったと思うわ
ぶっちゃけあの敗戦ってラインハルトの方針の不徹底が原因でしょ

420 :(゜∀゜):2013/03/20(水) 00:03:20.97
>>362
だったら援軍なり頼むべきだろ。

小説によると、ケンプは自身の武人としての矜持を守るために、援軍を要請すらしてない。

援軍を要請しなかったのはケンプ自身のミスであり、自分の手持ちの戦力だけで猪突して敗北した。
その挙句、自分の軍を救ったのは、ケンプ自身が要請した援軍ではなく、
ラインハルトが気をきかせて急行させた援軍によって彼の軍は全滅をまぬがれている。

これでケンプが負けたのはラインハルトのせいとか、無理アリ杉だよ。

421 :(゜∀゜):2013/03/20(水) 00:14:50.99
>>363
嫌がらせもなにも、
ケンプは真正面からイゼルローン要塞に近づいていって、
ヤン相手に堂々宣戦布告までしていたし(本人は最後までヤンが要塞にいると思い込んでいた)、
戦況が有利だったときは「ケンプ・ミュラー回廊」とか大口叩いていたのだから、
結果的に失敗したからそう見えるだけで、本人は喜び勇んでイゼルローン攻略に向かったんだと思うよ。

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 00:27:53.40
>>401
カストロプ公が財務尚書として特権濫用して貯めこんでて、没収された金額が
ざっと換算したところ、5000億帝国マルク
まぁ公爵・侯爵クラスだと、その数兆〜数十兆円は持ってたんじゃないのかな

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 00:31:48.37
ケンプが上級大将になればちょっとは嫁さんの実家に仕送り増やせるとか
みみっちい事を言ってたけど、あの世界の大将ってそんな給料安いの?
ヤンも給料安いとか文句言ってたし

軍のトップクラスなら普通は高給取りだよね
自衛隊でも将官なら1千万円以上は貰ってんじゃね―の?

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 00:45:11.38
>>423
元帥が年額250万帝国マルクだけど、元帥は飛びぬけて高いのかなぁ?

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 01:47:42.57
2億5千万か
米軍大将クラスで2000万弱だから桁が一つ上になる感じかね?

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 02:09:11.00
>>420
何でわざわざ相手と同兵力で攻め込むのよ?
帝国のほうが圧倒的優位にあるんだしその時点でおかしいんだよこの作戦

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 06:27:05.80
>>426
当時、リップシュタット内戦が終結した直後で、情勢は不安定。
潜伏した門閥貴族の残党を討伐し治安を回復するのに多くの兵力を裂かなければならない。

そもそも、内政に専念しなければならないそういう時期にイゼルローンを攻撃すること自体が問題であり、
ヒルダやロイエンタール、ミッターマイヤーは反対していた。

イゼルローン攻撃に大兵力を投入するなんて論外。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 06:51:06.88
>>423
ヤンの場合は年収15万ディナール(戦闘機パイロット育成費300万ディナールの20分の1)
日本円にしておおよそ1500万円ってところかな。

>>424
帝国元帥は大逆罪以外は不逮捕特権を持つ特別の立場だから、
その格式のために特別に給料が高いのかもしれない。
でも、帝国軍上級大将が薄給とは思えんけど。(5000万円ぐらいあるんじゃない?と妄想)

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 08:27:09.93
>>427
それでもあえて出兵するってんだから、それなら原則どうり最大兵力でいけば
いいのにねえ。わずかの時間差で双璧の艦隊も出せるんだから最初からいけば
いいと思うねえ。ほんとラインハルトは逐次投入が大好き。

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 08:41:48.13
>>405
> 宇宙で戦うなら、総じて黒でしょ?

マジレスするとレーザーはじける鏡面装甲

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 08:51:23.96
>>429
ラインハルトが双璧を投入したのは、援軍というより救援に近いと思う。
# ケンプの「我が軍有利」の報告に懸念を感じていた。

1万6千隻の艦隊に要塞まで投入しても戦況はこう着状態になっているのに、
双璧とはいえ追加で二万隻程度を投入しても戦況が劇的に好転するとは思えない。

漏れの妄想だが、双璧が到着したらガイエスブルク要塞が無事のとき一時後退して
再攻略の橋頭堡となるように守勢や牽制に回ると思う。

ガイエが目の前にあれば、その存在だけでイゼルローンにとって脅威となる。

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 10:40:08.98
>>431
援軍と救援って何がちがうんだ??はおいといて。
こう着状態のところに2万隻もの新たな艦隊来たら
決定的要素でしょうが、ヤンもそれをおそれて急い
でたじゃないですか? だからこそ最初から全軍で
いけばいいのと思うのだ。さらに2万以上の艦艇あ
ればミュラーが中途半端にやろう(2千から3千で5千
で帰ってくるヤンを捕らえるって無理でしょ)と
したあの作戦も可能だったかもしれんしねえ。

433 :(゜∀゜):2013/03/20(水) 11:38:10.29
>>426
>何でわざわざ相手と同兵力で攻め込むのよ?
帝国のほうが圧倒的優位にあるんだしその時点でおかしいんだよこの作戦

だったら援軍を呼べばよい。
現有戦力では不足しています、援軍をください。
これすらも武人の矜持が傷つくとやらでケンプは本国に要請しなかった。

戦況や敵の戦力を正確に本国に報告した結果、援軍不要と本国が判断した、ラインハルトから禁止されているのならともかく、
彼自身の武人としての矜持とやらのために、援軍を要請もしない、本国に戦況を報告もしないケンプが悪いのであって、
作戦を非難すべきではないと思う。

実際、帝国軍の敗北ははイゼルローン要塞の攻略戦ではなく、
ヤン率いる同盟本国からの援軍と、イゼルローン駐留艦隊との挟撃によるもの。
当然、イゼルローン攻略に時間がかかれば同盟本国からの援軍が来ることは馬鹿でもわかるはずだし、
それを予測してしかるべきなのに、ケンプは現有戦力で迎撃しようとして失敗した。
これも武人としての矜持が傷つくからだろう。

またケンプは増援軍と駐留艦隊に挟撃されて敗れて艦隊戦で敗北した時点で、
参謀長のフーセネガーに退却を進言されている。
それすらも無視して猪突した結果、ガイエスブルク要塞も破壊され、さらに残存兵力の八割を失う結果となった。
惨敗の責任はケンプ自身が負うべきであろう。

また艦隊戦で負けた後、ケンプの参謀長であるフーセネガーは退却をすすめている。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 14:55:04.93
>>426
全くだよねえ。それしかない状況ならともかく戦力はあるのに出し惜しみとは。
で、その理由が戦法をちょっと試すとか、人事面のバランス取るためだとか、
ひどいよねえ。あげくに敗戦は現場のみの責任ってひどくないかね?
(正確には戦死した指揮官のみの責任とか。帰ってきた副司令官はお咎めなし
でむしろほめられてるとは)
しょせん末端の痛みなど理解せぬラインハルトのやることか。

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 16:36:08.45
遂次投入クンは、ラインハルトディスりたいだけだから、何言っても虚しいが……

同等の戦力どころか、むしろ多いくらいだ。
極論とは言え、攻略の必要なんかなく、>>390にあるように本質的には「要塞ぶつけるだけの簡
単なお仕事です」 だぞ? ガイエだけでも十分すぎるのに、艦隊つけてやったんだ。それを有効活
用できなかったケンプが悪い。
バカ正直に戦端開いて、攻略はじめちゃった時点で、ラインハルトがケンプに期待した展開は
ぶっ壊れて、作戦失敗だ。そこからの火消し、損切りには同盟軍の救援の可能性を考えると、
ケンプには無理。ならば、救援を送るしかない。急遽送れる最大戦力が双璧だったと―双璧の
カウンターにして人事バランスとりたかったオーベルシュタイン的は二重に失敗だわな。
要塞とその人員は大半を失ったが―ま、要塞は元々捨ててもいい物だから深刻な問題ない―
双璧の救援も間に合ってミュラー指揮下の艦隊分は帰還させられたのだから、ミュラーが責め
られる理由はどこにもない。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 17:01:31.86
>>435
ミュラー指揮下の艦隊もほとんど全滅ですが。。。。要塞は使い捨てでもいいか、か。
兵士の命も使い捨てか。まったく提督になるんだったらラインハルトの配下が一番だな
いくら兵力失おうと自分さえ無事に帰ったら、また今度がんばれで赦されるんだからなあ
同盟やゴ朝のように責任とらされるところでは働きたくないな。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 17:10:48.84
>>435
敵戦力との比較の問題じゃなく出せる戦力全て投入しないのが逐次投入と言うんだよ。
作中でも言われてるようにこの時期にそんな中途半端な攻略作戦する意味ないのにテ
ストだなんだってやるのがおかしいんだけどね。で、大損害受けたら、そんなに負ける
とは思ってなかったって、最高指揮官としてはまずいでしょ。その自分のミス隠すため
に帰還した首脳部の罪も問わないって2重の錯誤だと思うな。

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 17:55:57.90
>>437
だから、ケンプが出すべきだった正解は、双璧が言ってたように「この作戦には戦力的意味が
ない」と拒否するか、要塞で行って居座ることによってイゼルローン要塞を戦略的に無力化す
る―だったのだよ。
そもそも要塞以外ほとんどいらない作戦に、「出せる戦力全て投入」っていうキミがそもそも
わかってない。要塞以外消費するつもりがないから「ぶつけてければいい」と言えるのだよ。
要塞出すのだってただじゃないし、艦隊より掛かっているだろう。いらないとは言え、そんだけ
掛けて移動させたモノをほぼ使い捨てにする作戦に、これ以上金・人掛けてもな。可能ならケ
ンプ一人にガイエ操縦させてだって成立する作戦に、「出せる戦力全て投入」? 正気じゃない
わ。戦争は経済だぞ? いくら利益が大きくても、いくらでもつぎ込めるわけじゃない。

ケンプに期待したのは、戦略センス。キヒルヒアイスなら言っただろう「この作戦には戦力的
意味がない」な言だろうが(言っていたら、それで終わってたかもね)、立場的に言えないのもわ
かっていたから戦場に行ってからの報告に期待したと。ところが戦略的視点どころかバカ正直
に攻略はじめる始末だから、「ダメだこりゃ」と切った。
救援はケンプ以外の他の将兵のためだろうな。だから、ミュラーは処罰する気なんかなかった
と。あの展開では、仮にケンプ生きて帰ってきたとしても、そのまま予備役入りさせたかもな。

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 18:13:53.11
>438
長いぞ、
要約すると「戦力がそれなりだったのはケンプの試験だったから」でいいのか?

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 18:18:36.73
一体そんな事どこに書いてあんだ??

441 :431:2013/03/20(水) 18:26:34.28
>>432
ラインハルトが「無闇に戦線を拡大するな」と釘を刺しているんだから、
実質的な救援でしょ。
ラインハルトが双璧を投入した時点で、イゼルローン攻略そのものは
事実上一旦中止して、如何に損害を少なくして戦況を収拾かに戦略を
シフトしている。

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 18:29:18.96
送りだすときに「ぶつけてしまってもいいぞ」くらい言っておけばよかったんだよ。ガイエ動かせるならガルミッシュだろうがフライドチキンみたいなのだろうが持ってくればいいだけだし

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 18:41:40.17
>442
壊してしまうのはもったいない
帝国領内では無用になった要塞だが、可搬なら旧同盟領の治安維持拠点に使える。

あの戦力だと、アルテナ挟んで反対側の軌道に乗せて「付け城」にするしかないと思うんだが
なんで「攻略」作戦にしちゃったんだろうな。

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 19:05:34.01
>>439
数百万将兵の命をかけての試験か。壮大だな。軍務省内で筆記試験にしとけばいいのに。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 19:11:33.47
>>441
重箱の隅だけど、援軍じゃなく救援っていうから、援軍と救援のための軍って何が
違うんだろうと思っただけだよ。
ラインハルトの逐次投入癖は今さらだからなあ、回廊の戦いも2個艦隊だけ先に出
してどうぞ各個撃破してくださいだし、バーミリオンも壮大な戦略とかなんとかっこ
つけてたけど、あれで戦死してたら後世の歴史家とやらには、大兵力を持ちながらそ
れをわざわざ分散させ手薄になった本隊を突かれて敗北した今川義元とラインハルト
とか書かれるんじゃないか。

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 19:32:43.94
>>442
言うかどうかはともかく、ガイエ戦は要塞対要塞やりたいために、メタレベルでいろいろ無理重
ねているからなぁ。
最初の時点で言っちゃうとケンプの資質を図ることが出来ないし、ヤンがいようがいまいがまと
もな戦闘にならず、やりたい話が成立しない―一冊分のネタがなくなり、非常に困る。
メタの話はともかく、発想のレベルだけでなく、言うべきことを言えるか?てところも知りたいのだ
から、ケンプ自身が思いつき、判断しなければ意味がない。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 19:42:44.26
>446
ケンプの試験だというなら、最初に反対しなかった時点で済んでるだろ。
トールハンマーを相手にする以上、失敗=万単位の戦死なのに「追試」やらせるとか割に合わない

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 20:35:50.08
流れで決まっただけのケンプの起用を試験とか言う方が変
ラインハルトのやる事全てに無理に意味をもたせようとしなくていいだろ

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 21:10:13.55
>>437
>大損害受けたら、そんなに負けるとは思ってなかったって

そりゃそうだろ。

艦隊戦で負けたとしても、
イゼルローン要塞は動けないのだから、トールハンマーの届かない範囲で軌道に浮かんで艦隊を収容すれば、
それだけでイゼルローンの駐留艦隊、5000隻の援軍程度では手が出せないのだからなー。

どう考えてもケンプが悪い。

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 21:18:47.04
>>439
イゼルローンは動けないからガイエスブルク要塞は戦況が不利になったら、
トールハンマーが届かない範囲で浮かぶだけで損害を免れる。

艦隊だけだったらこうはいかないが、
攻防に使える要塞なのだからケンプは攻めにも退くのにもかなり有利。

これだけ味方に配慮したのにも関わらず、
ラインハルトがあまりの敗戦にショックを受けたのは当然だろう。

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 21:33:59.61
ケンプになったのは、ちょっと前の敗戦の恥を雪ぐ機会を与えてやったんだよね
敗戦してなきゃケンプじゃなかった

452 :378:2013/03/20(水) 21:57:15.07
>>437
その「出せる戦力全て投入しない」理由を理屈付けしようと思って>>355を書いたんだけどダメかな。
長いから一文で要約すると、

 ガイエスブルク要塞に収容できるより多くの艦艇があっても、収容できなかった艦艇は遊兵になってしまうから。

ということなんだけど。

同盟軍の増援が到着する前に片をつけられるなら、救援も必要なかった。しかし、実際にはそうでなかったから、
ラインハルトは救援を送った。必要なときに必要なだけ艦隊を送っているのであって、逐次投入ではないと思うけど。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 22:18:38.58
>>452
よくわからないんですが、なんで要塞内に収容出来ない艦艇が遊兵になるの?

まず一部の兵を送った、そいつらが負けてるようだからさらに兵送った。
こういうのを逐次投入って言うんだよ。覚えといてね。

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 22:20:37.38
>>447
失敗―つーか、最低限にする方法はあるよ。
回廊進入後、居座るだけでいい。
これで、無意味と思われた作戦に戦略的な意義が発生する。これは単に反対するより大きい
と思うぞ。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 22:33:43.01
>452
>必要なときに必要なだけ
これは、最初に送った要塞と艦隊でイゼルローンを墜とせる見込みが充分にあるってのが前提。
同等戦力で充分と思っていたなら、ラインハルトのヤンへの評価は非常に低いということになるw

>454
それは「攻略」作戦ではない
ガイエスブルクを「付け城」にするのはあの状況では有効な策だが、実施するなら長期戦となるため
事前にラインハルトの許可を得る必要がある。
「攻略」のまま命令を受けた時点で「ケンプの試験」は終わってるんだよ。

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 22:34:19.07
>>454
あの時点じゃあ同盟からの再侵攻なんて可能性ほとんどないし、それはあまり
意味ないような。ケンプにしても今度はこっちが攻める番で、それにはイゼル
ローン要塞がじゃまだから攻略してこいって言われたわけで。(少なくとも
本人はそう思ってただろう)
まあ、結局ラインハルトの暇つぶしみたいな作戦だったわけだ。後で、シャフ
トにてめの提案は無用なだけでなく有害だったとか無茶苦茶言ってるしな。
そう思うなら最初から採用するなよ。金も人命もあんた個人の思惑で無意味に
消耗していいわけない。

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 23:02:21.20
リップシュタット後しばらくはラインハルトは冴えてなくて要塞対要塞なんて案に許可を出してしまったんだよ。
そんな精神活動が低下してるときでも、うまくいかなさそうなことはなんとなくわかってたから、ヤンにやられて雪辱したいだろうという理由をつけられるケンプにやらせた。
本音はケンプならなくしても惜しくないからケンプだった
これはあとで失敗して死ぬならケンプはそこまでの男だったとオーベルシュタインの問いに答えてるね。
つまりケンプは禿ワープ任務を引き受けた時点で詰みだったんだよ
ちなみにミュラーもバーミリオンでラインハルトのピンチを救うまではその他大勢の扱いだったから選ばれた。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 23:13:34.74
まあこの時、ラインハルトは貴族戦後の国内統治で多忙なので、
オーベルシュタインに統帥本部総長代理(皇帝に次ぐ、国内軍最高司令官)と総参謀長(作戦部の責任者)の立場を与え、
またケンプに作戦立案を任せていたので、権限も責任もオーベルシュタインに集中している。
ケンプに任せるとしたのも、ケンプの作戦に許可を与えたのもオーベルシュタイン。
二人ともあんな作戦認めたラインハルトが悪いなんていったら、馬鹿馬鹿しくて失笑するだろう

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 23:25:24.56
>>439
要塞対要塞の話である第三巻のはじめから
ラインハルトはある重要な問題を抱えていた
それは帝国宰相の地位についたがゆえに、戦争に赴くことが全くできなくなったということ
キルヒアイスがいればキルヒアイスが指揮をとっただろうがオーベルシュタインと自分の判断のせいで死なせてしまった
それじゃあキルヒアイスの代役は誰が務めるのか、という話が巻の最後まで延々と語られている
それが、第三巻で語られている全て

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 23:26:47.83
>>456
頭が固いな。さすが「せんりょくのちくじとうにゅう」クンw
回廊がフリーになるってことは、侵攻路として使えるってことだ。ラグナロクと同じ両方からにし
て、フェザーン回りにもっと戦力を回せるし、何よりヤン&駐留艦隊をイゼルローンに封じたま
まにできる―ま、居座ったままならヤンが帰ってきた時点で捕らえるのも可能だろうから、上
手くいけばヤンなしの要塞&艦隊だけになる―この意義は計り知れないな。
当然、同盟軍は奪還を考えるだろうが、ヤンがいても小細工抜きではね。使える戦力一個艦
隊だし―少々援軍があれば、イゼルローンの牽制ってハンデつきでもあしらえるだろうな。
で、同盟の意識はますますイゼルローン回廊に向き、フェザーン方面は手薄に、と。

>それにはイゼル ローン要塞がじゃまだから攻略してこいって言われたわけで。(少なくとも
>本人はそう思ってただろう)
だから、ケンプはキミ程度にバカだったということだ。双璧程度に頭が回れば、「攻略」作戦
の戦略的あるいは本質的な意味の薄さは分かったろう。なら、本格的に戦端を開く必要もなく、
損害の少ない作戦が正解(その本質から見た別の正解が「ぶつけろ」だけど、ヤンの言うよう
に新しい要塞持ってこないと後に続かないから、あまりエクセレントな答えではないな)。

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 23:30:07.32
>>453
艦艇では、要塞主砲に耐えられないから。結局、収容できない艦艇は、
トゥールハンマーの射程外から見ていることしかできない。

一方、ガイエスブルク要塞に収容された艦艇は、要塞自体を縦として
トゥールハンマーの射程内に(歓待自体は)無傷で進入できる。

>>455
見込みは十分にあっただろう。同盟軍は完全に意表を突かれるわけだから。
ただし、これ、戦いが長引くと効果がなくなるけど…

もう1つ帝国軍が有利なのは、同盟軍の増援は数に限りがあるのに対し、
帝国軍の兵力にはかなり余裕があるということ。ケンプは、艦艇が足りない
と感じたらいつでも増援を要請でき、ラインハルトはそれに応じることができる。
ただし、ケンプは自分の評価が下がるのを嫌ったか要請しなかったけど…

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 23:35:34.18
>>459
キルヒアイスが生きてても、bQ不要論のオーベルがさせなかっただろう
双璧にさせなかったのは、武勲を立てたら元帥の地位でもって報いるしかない、とか理由だったし
リップシュタット戦役で死なずにいたら、キルヒアイスも元帥だったかも
それで武勲も立てたら、ラインハルトは良いだろうが、オーベルが許さないだろw

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/20(水) 23:46:07.75
>>462
許すも許さないも、結局キルヒアイスを失ったラインハルトとオーベルシュタインは
最前線に出陣せざるを得なくなってバーミリオン星域でヤンに敗死させられるはずの運命を背負ったわけだ

結局キルヒアイスの真の代役はケンプでも双璧でもなくて、ヒルダお嬢ちゃんだったというオハナシだったのさ

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 00:05:13.64
>>463
キルヒアイスがいても、あんなヤンとの決戦を、主役が帝都で没頭してるの描くわけないだろw

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 00:05:51.14
政務に没頭してるね

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 00:11:03.63
キルヒアイスが居ないからこそ
帝国の最高権力者が最前線で無茶な命張っているという
ファンタジーな状況が生まれてしまったんだけどな

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 00:29:23.03
キルヒアイスの代役を、ケンプになんか最初から更々求めてないでしょ
使い捨てだもん

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 00:33:08.86
バーミリオンで最後に自分まで使い捨てにした
ラ イ ン ハ ル ト 潔 し

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 00:37:33.08
>>453
同盟軍の艦艇、駐留艦隊15000隻、増援5000隻程度では、
ガイエスブルク要塞は落とせないだろう。

普通に考えればガイエスブルクにこもっていれば大打撃、敗北は考えられなく、
戦力を投入しなくても長期間持ちこたえられるだけの防御力と火力を持っている。

ヘマにヘマを重ねたケンプだからまずい作戦だと勘違いする馬鹿が多いが、
正当派の用兵でも被害を抑え、長期戦に備えれば、
ヤンや駐留艦隊を長期間足止めすることぐらいは要塞だけでできる。

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 00:39:14.82
>464
キルヒアイスがいれば、ヤンとの戦いには拘らなかったんじゃないの?
リップシュタットまでの動因は「皇帝と貴族どもを叩き潰す」「姉を取り返す」であって、
銀河統一はほとんど口にしていない(ルドルフに出来たことが〜 くらい

帝国掌握の次の段階としての同盟征服は当然やっただろうけど、
その場合は小説よりもっと着実にやってたんじゃないかな。

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 00:50:33.00
>>470
宇宙を手にお入れ下さい、なんて遺言する所から、宇宙統一はしたがってたんじゃないの
まぁキルヒアイスがいたところで、同盟がすんなり属国化、征服されるわけないし
総力戦だっただろ

472 :(゜∀゜):2013/03/21(木) 00:57:17.90
>>457
いや、やりようによっては十分有効だ。

ガイエスブルク要塞を力攻めできるだけの艦隊戦力は同盟軍にはない。
最悪、艦隊戦が不利になったら、
ガイエスブルク要塞に逃げ込むだけで良いのだから、
増援が5000隻くらい来ても、いったんトールハンマーの届かない位置にガイエスブルクを移動させるだけで、
同盟軍はそれ以上追撃はできない。

ケンプがイゼルローン攻略の決め手を失っていた、ガイエスブルクをもてあましていたのは小説に書いているので、
ケンプはヤンの増援到着まで時間を無駄にせず、
退却や距離を置いておくべきだった。

この敗北はケンプの判断のまずさにあると思われ。

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 01:12:45.40
ガイエが羽ばたけるようになったんなら
しばらく置いといて
神々の黄昏時にハイネセンに持って行け

フライドチキンでもええけど
丸い方が都合いいのかもね

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 01:25:38.57
>>469
長期戦に持ち込めばって何しにイゼルローンに行くんだよw
イゼルローンを落とせって命令で出征してるんだぞ
そんなアホな戦術とってたら無能と判断されて更迭されるの目に見えてる
だから膠着状態でもケンプはわが軍有利で援軍をたのまなかった訳で
牽制目的とかいってる人がいるけどそんな描写3巻のどこにもないし

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 06:50:09.18
>>474
読まずに自分の妄想だけ語って、他人には馬鹿だと言ってる奴のなんと多いことよ。

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 07:05:06.08
>>472
あの時期に攻撃に出るのがおかしいんだから、現場指揮官をそこまでせめちゃあ
可哀想だよ。彼は攻略してこいって命令されたんだから。
そんな計画立てた上層部(ラインハルトの独断?)がよくないな。移動要塞出来
たからってすぐ実戦投入せなあかんわけでもなし、ラグナロックのときまで温存
しとけばいいものを。与えられたおもちゃをすぐ使いたがる子供ですな、ライン
ハルトは。

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 07:16:04.00
銀河はあとどれくらい開拓の余地があるのだろうか?
居住可能惑星とすべきか
資源たんまり恒星系とすべきか
さっぱりざっくりだが・・・

あとどの元素まで核融合できる技術を持っているんだろうか

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 07:19:19.53
>477
核融合でエネルギーを取り出せるのは鉄まで、それ以上重い元素はエネルギー収支がマイナスになるから
人工合成するのは割に合わない。

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 07:37:09.12
原子炉で鉄までつくれたとして
惑星の内部コア(外部コア?)までボーリングして採掘するのと
どっちが技術的に速く達成できる?
銀英からズレちゃうなこれは

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 08:21:16.31
鉄より重い元素は超新星爆発で作られる、だから惑星のコアから掘り出す必要はない。
含有量は減るがアステロイドから掘り出すというのがSFでよく使われる設定だが、
銀英世界ではカニ星雲のような超新星爆発後の星雲で星間ガスを集めているのではなかろうか。
もちろん効率は悪いだろうが、多数の無人ラムジェットを使うことで量は確保できる。

ところで、アルテミスの首飾り破壊につかわれたラムジェット、ヤンはあれをどこから調達したのだろう。
ワープで星間航行を行う銀英世界では無用の技術のはずで、即座に入手できるものではないだろう。
じつはあれこそが星間ガスから重元素を収集する「鉱山船」なのではなかろうか?

と、無理矢理銀英に引き戻してみる

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 10:48:51.31
そりゃー
こんなこともあろうかとS田さんが…

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 11:43:21.23
モルト中将ってシュトライト級の優秀な人物だったの?

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 11:46:55.11
忠実かつ堅実だけどそれだけの人なんだろ
だからラインハルトもあっさり見捨てる決断が出来た
オーベルシュタインはケスラーも粛清対象に挙げたがラインハルトはモルト一人に押し付けて済ませた

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 11:53:20.20
>>476
同盟領侵攻とかが前提にあるわけじゃなく突然でてきた作戦だしな…
オーベル「司令官はケンプにしましょう!失敗しても惜しくないし」
ハルト「双璧使うわけじゃないしまぁいいか…」
上もこんな認識
で多分ラインハルトの見解じゃヤン>>>ケンプ
これである意味予定通り負けましただから切ないよね

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 12:27:39.46
>>482
シュトライト級の優秀さとはどの程度のことを言うのかね?確かに彼は誠実なようだが。。
そういう点ではモルトもシュトライト級の誠実さではあったね。

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 12:32:01.97
どうでもいいがスレの流れ早すぎ。
昨夜のカキコにレスしようと思っても、既に新着70とかだと書き込むのを躊躇してしまう。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 12:43:44.23
それはしょうがないよ。

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 12:47:48.29
>>486
どうでもいいなら気にするな

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 16:41:55.66
>>484
ハルト「こんな大損害受けるとは思わなんだ、ミュラーめ 厳罰だ」
キルヒ「おやめ下さい、兵士などいくらでも補充できるのです」
ハルト「そうだな、それに引き換えミュラーは得がたい提督だ。」
この英断によって後に彼はバーミリオンでの戦死免たのであった、まさに
情けは人のためならず。 兵士の命?家族?しったこっちゃないです。

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 17:32:04.37
変な指揮官に後のラグナロク作戦を任せるほうがよほど兵士に被害が出ると思われる

結局ラインハルトが自分でやらなきゃ同盟を征服するのは無理だと分かっただけでも、意味はあるはず

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 17:54:41.82
自分を囮にする、脱出を拒否する、こんな命顧みないのが先頭立っちゃったから
ハイネセン強襲が成功してなきゃ、ラインハルトが死んで、帝国はえらい事なる所だったけど
結果良ければおkか

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 18:10:26.59
全部キルヒアイスを死なせた罰みたいなものだからやむを得ず
キルヒアイスが同盟に遠征して、ラインハルトが帝国本土で内政に専念するのが本来の形

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 18:47:27.59
イゼルローンの外壁抜くには実体弾でどんぐらいの質量必要だろ?艦艇カミカゼさせれば抜けるのはわかってるんだが

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 18:55:03.79
>>492
でもまぁラインハルトが出陣せず大人しくやってても
ヤンが相手なら帝国側は負けて、結局はラインハルトが出陣する事なるだけw

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 19:01:34.83
氷塊を亜光速でぶつけても抜けるだろwww

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 19:13:08.33
ホーランド少将のミサイル攻撃でかなり損傷してたような。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 19:46:38.32
ホーランドも首輪とリードつきという立場にとどまれば、それなりに使える男だったんだろうが

まぁ、グェンくらいには。

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 19:52:12.67
キルヒアイスが生きていたら

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 22:53:54.08
>>476
ケンプはすでに手詰まり状態であり、ガイエスブルク要塞をもてあましていた、
とはっきり原作に書いてある。
つまりこの時点でイゼルローン要塞を落とす手段、策がない状態なので、
更迭されても文句いえんだろ。
実際、なんの策も思いつけない無能なんだから。

いい加減、ケンプをかばって上層部のせいにする馬鹿擁護やめろよw

500 :(゜∀゜):2013/03/21(木) 23:14:13.43
>>476
責める?かわいそう??

ケンプは報告書を正確に書けば、
「更迭」「撤退命令」「味方の援軍が送られる」のを武人の矜持が傷つくとかいって、
それを拒否して大敗北した無能だ。

かといってイゼルローン要塞を攻略する手段は使い果たして無く、
さらに敵の増援が来て勝算はさらに減ったのに強攻して失敗した。

ケンプが司令官としてもまずい判断をしたからこそ、これだけの大敗北があった。
そしてケンプが正確に報告していれば撤退命令が本国から出された可能性があり、
ケンプがかわいそうとか、本国の計画を批判するのは、かなり的はずれだと思うよ。

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 23:26:56.14
今から読み返すと左翼風味が痛い

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 23:30:52.41
左翼じゃない学生は肩身が狭い時代だからそこらへんはさっぴいてやれ

503 :(゜∀゜):2013/03/21(木) 23:36:00.25
>>482
モルト中将は小説の第二巻にも登場。

それによると、
すでに初老で用兵の名人などというタイプではないが、
忠実で信頼がおける人物だとのこと。

皇帝を誘拐された責任をとって自ら命を絶ったので、責任感も強いと思われる。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 23:36:06.47
まぁ、その人事を勧めた上層部ってのも責任あるけどね
特に主将を大将以下の人材でやりましょうってことにとりつかれていた半白のひととかw
作戦成功の報酬=1〜2階級昇進させねばならない。ということへのこだわりを捨てて
双壁にやらせて成功したら勲章や休暇与えればよかったのにね

「閣下、わたしはいささか困った立場にあります」とかガクブルしてたksが権力握って慢心とかかっこわるい

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 23:39:56.43
皇帝は無謬だから、馬鹿やっても責任は負わないんじゃね

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 23:47:54.38
>>504
>双壁にやらせて成功したら勲章や休暇与えればよかったのにね

オーベルシュタインのほうが正論で、
おまえのほうが馬鹿だからそんな理屈を思いつくのだと思うぞw
かっこわるいなwww

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 23:49:32.85
>>504
いや、あれは正論だろ

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 23:57:51.77
>>506
作戦に成功したら昇進はわからないが休暇くらいはもらえるだろうって
ケンプが言ってるんだよね
現場の人の成功に対すする評価はこんなもんなのに
上層部は成功したら階級上げなきゃならないってばらまき感もってるほうが異常

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/21(木) 23:59:14.69
>>504
キルヒアイスやミッターマイヤーはともかく、
ロイエンタールは危険だと思うが?

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 00:00:10.09
>>474
頭固いな。
戦略的に無力化してしまえば落したも同然じゃないか。
それで拘束される戦力はほぼ同等だが、帝國と同盟では、その重さは全然違う―要塞だけで
なく貴重な機動戦力の約半分を封じられ、無力化されるのが同盟にとってどれだけのダメージ
か。しかし、帝國にとってガイエはなくなってもいい戦力―収支について論ずるまでもないな。

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 00:02:00.98
読者視点だとロイエンタール危険って思うけど
作品内の人物達はあの時点のロイエンタールは忠義に篤い人物と思ってそうな
ローエングラム公には立ち直ってもらわねばならぬ!とか言ってますし

512 :(゜∀゜):2013/03/22(金) 00:06:09.21
>>508
????
横レスだが、小説の記述と違うなー???

小説では
「作戦を成功させて帰ったら休暇ぐらいはもらえるだろう。それと、昇進もな。
お前の実家に仕送りも増やせるだろう」

台詞を捏造、改造して他人の意見を否定するのはよくないよ。めっ☆

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 00:06:30.37
>>508
要塞+艦隊て前例のない編成で行くんだ。楽勝であまり評価されないかもと冗談めかしていたんだろ。

>上層部は成功したら階級上げなきゃならないってばらまき感もってるほうが異常
ほぼ戦功=昇進しかない異常な世界だからな。ラインハルトもそれでポンポン昇進したし。

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 00:07:57.31
>>499-500
同意するが、ラインハルトにも1つだけ落ち度があって、それはケンプの焦りを察することができなかったことだな。
ケンプは自分と同い年あるいは年下の人間が自分より階級が上であることで焦っていたとあったはず。
常に実力で最年少大将・最年少上級大将・最年少元帥であったラインハルトには理解するのは難しかったのだろう。

515 :(゜∀゜):2013/03/22(金) 00:09:49.92
>>508
それにケンプの部下のアイヘンドルフ、パトリッケンも、
成功すれば武勲の巨大さは比類ない、と考えている描写もあるし、
ケンプもケンプの部下たちも、オーベルシュタインたちも昇進は当然と考えていたと思うよ。

516 :508:2013/03/22(金) 00:10:48.43
>>512
勘違いしてました、すみません。思いこみってやつでした

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 00:15:02.85
ケンプって戦闘機乗りから提督みたいだけど他にそういう経歴の提督ってどれくらい居たんだろう

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 00:17:15.44
狙えそうなのは帝国だとホルスト・シューラー中佐あたりか?
その後戦死とか無かったよな

519 :(゜∀゜):2013/03/22(金) 00:17:56.98
>>516
いえいえ、わかってくれればかまいません。
丁寧にどうも。

520 :(゜∀゜):2013/03/22(金) 00:25:46.64
>>517
昔、スレで同じような話題があって、
アメリカ軍だったかどっかでは、空母の艦隊司令官だったか艦長だったかは、
パイロットからしか選ばれない、みたいな事を言っている人がいた。

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 00:37:09.77
>>510
???
無力化も何も同盟の軍事力から言って帝国侵攻はありえない
同様の理由で最強のヤン艦隊を最前線から外せない
そもそもヤン以外のほぼ全員がフェザーン方面からの侵攻を全く考慮していない
ケンプが要塞でイゼルローンストーカーしてようが帰ろうが同じことなんだよw
てかケンプごときが何で帝国の戦略を独断で決めてるんだか

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 01:16:50.14
>>518
問題は提督になる教育を受けるかどうかだね
帆船時代の提督とはわけが違うから将官に昇進してはい提督ですというわけにはいかない

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 02:35:30.26
んで、あんたがケンプだったらどういう作戦行動をとってどういう報告を送るの?

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 07:42:56.17
>>523
俺様だったらイゼルローン要塞なんか無視してガイエ要塞でそのまま同盟領に
行くねえ。とりあえずガイエ要塞は同型側出口付近にでも陣取らせようか。
作中では艦隊戦で敗北寸前のケンプ艦隊でさえ、あのまま突破して同盟領内に
侵入したら同盟大ピンチとか書かれてたから補給機能つきで侵入したら完璧だ
ろう。ヤン艦隊が追いかけてきても艦隊だけじゃあ要塞には勝てないし、(同盟
側出口の大きさは不明だが)これで同盟とイゼ要塞の連絡は完全に遮断できるだろ。
後は、本国からの増援待つもよし、自分らだけで同盟領荒らすもよしだな。
 大前提はイゼ要塞を攻略しろと明記されてたっけ?だがまあ結果よければなんで
もよしの風潮だから多少の命令逸脱はOKだろ。むしろ柔軟性あるとかほめて
くれるかもだね。

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 08:26:21.59
>>520
アメリカは作戦本部の権限が強いから
司令官や艦長はお飾りが多いよね

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 08:54:21.17
キルヒアイスは早々に死んだから聖人のごとく語られがちだけど
こいつの忠誠心の形は微妙に危険ではあるよな
身内には無私の愛を注ぐ一方、一度敵だと認識したら容赦の欠片もなさそうだし

外伝で旧ラインハルト宅を見に行ったとき現住人を半ば脅迫する形で踏み込んだ場面
初めて読んだときらしくなと思ったもんだが
今にして思うと意外とキルヒアイスの危うさの発露だったのかもな

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 09:18:29.66
キルヒアイスは、アンネローゼ絡みのことに関してはラインハルト以上に危険な性格してますよ

それが自分ではっきりわかっているから必要以上に優等生しているだけで

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 09:46:25.32
キルヒアイス危険説か 目新しいな 善人とか聖人みたいにしか
語られていなかったから。

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 09:52:16.50
マリーンドルフ伯が皇帝の才能は傾けたコップの中の水のようなものと評してたが
キルヒアイスの愛情も似たようなものだろう
ほとんどの門閥貴族は平民を虫けらとしか思ってなかったが
キルヒアイスが門閥貴族や皇帝を見る目も似たようなものだったんじゃなかろうか

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 10:10:53.41
皇帝を見る目は、、、、、恐ろしい。暗ーい情念が。。。

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 10:30:57.99
>>521
じゃあ攻略しなくたって同じじゃないか(無意味とは言われているが)。
無意味なのに、損害必至な攻略は一生懸命やって、それ以外の、成果は同等以上で損害の
少ないことはやっちゃいけないってどういう理屈だ? アホだろ。
将官―大将クラスなら、戦術屋で収まってちゃいけない。戦略視点を持ち、判断できなきゃい
けない―メックリンガー辺りなんかそう評価されてるだろ? 戦闘屋、戦術屋は下の役目で、
いっぱいいるからいらないんだよ。
戦略状況を変えられる戦力と機会与えられて、言われたことを言葉通りにしかできない考えな
しの石頭―そういうのは「無能な働き者」という組織にとって害悪にしかならない者だ。
将官・指揮官は楽して―最小の労力で最大の成果を目指す「有能な怠け者」でなければな。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 10:36:14.21
>>524
521か?
基本的に居座りと同じじゃねぇかw
それ否定しといて、ふざけんな

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 10:56:46.13
『汚名』では粗暴な口をきくシーンがあるし
キルヒアイスが意識的に優等生やってるのは作中でも触れられている
だから悪人とは言えないけどな。危うい面があるのは確かだが

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 11:48:24.33
>>531
あのさぁ
イゼルローン回廊の封鎖じゃなくて確保が目的の作戦なんだってばw
要塞の占領でも破壊でもいいけど近くに居座るじゃ何も意味ないんだよ
攻略指令で出征してきて攻め落とせないから独断で居座るのを戦略とか言い張る間抜けにのどこに戦略眼があるんだよ
封鎖が目的なら出征時にラインハルトが命令するし
膠着状態でケンプがそんな相談をオーディンにしなかったのは功を焦ったこともあるけどそんなこと命令の範疇に無いから

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 13:09:43.93
>531
敗退後にラインハルトが「ぶつければ」と言ったように、作戦目的はイゼルローン要塞の破壊もしくは奪還。
それ以外は >成果は同等 たりえない

アルテナ近辺に居座る、あるいは>524のように同盟領まで進出して封鎖を図るだけの場合
補給体制や戦力配置、その後の同盟侵攻作戦に大きな影響を与えるためラインハルトの許可が必要。
これを具申してこそ
>将官―大将クラスなら、戦術屋で収まってちゃいけない 
ってことになる。

事前も作戦中にも封鎖案具申の機会はいくらでもあったのに、それを行わなかったのは
正しくケンプが「戦術屋」に過ぎなかったため。

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 13:11:59.02
>>534
命令の範疇にないなら、上申なり指示を請うなりすればいい。子供の使いじゃあるまいし。

ケンプのやるべきことは、作戦が一通り失敗した後は、自分の昇進はきっぱりと諦めて
ラインハルトの判断を伺うことだったんだよ。

「小官には荷が重すぎたようです。せめて敵の増援を叩きたいので援軍よろ」とかね。
そしたらラインハルトも「次がんばりな。援軍がそっち着いたら、それで敵艦隊を牽制して
ガイエスブルクをイゼルローンにぶつけちまえばいいよ」と適切なアドバイスをしただろう。

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 13:28:44.35
>>536
ラインハルトに援軍や撤退の判断なり策なりを仰ぐべきだよね
でも戦略的に有利なのでガイエスで長期間イゼルローンに張り付いておきます!
なんてことは流石に相談すらしなくね?w
無意味だものw

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 13:39:58.84
>身内には無私の愛を注ぐ一方、一度敵だと認識したら容赦の欠片もなさそうだし

銀英伝のキャラ自体が全員そうだろ
身内には甘くて外部には容赦ない

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 15:33:52.72
身内に厳しくて、外者に甘い、緩い
こんな公的組織、機関が世の中にあったら紹介してほしいよ
個人が各々、身内に厳、外者に緩でも
所属組織の体質が真逆だったら飲み込まれてしまうよ

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 15:41:42.32
>>535
救援送った後だろ。
「ぶつけろ」は本人も言ってるように極論―逆に言えば、ぶつけなくても実質同じ結果になるよ
うにする&要塞奪還の必要性はないてのがラインハルトの考え。元々、要塞の取り合い―まとも
に攻略戦することには批判的だ。
つまり、戦略的なイゼルローン要塞の無力化がラインハルトの考えの根本(フェザーン回廊通
過はその延長)。
奪還、破壊が出来ればそれに越したことはないが、そのためにムダに損害出すのもバカらし
い。その一番簡単な手段は「ぶつけろ」だが、現実的にはそう発想も実行もできない。しかし、
正面から攻略に挑むのにラインハルトが批判的と知っていれば、攻略するという選択肢はな
くなり、必然的に<イゼルローン要塞と同等のガイエスブルグの「矛と盾」をもって、「やり合った
ら合い討ちで、そっちの全面的に損だぞ」と理解させることでイゼルローン要塞の「矛」を封じ、
駐留艦隊の行動の自由を奪えうことで、イゼルローンは事実上その価値を失う=無力化が達成
できる>―と、たどり着くだろう。ケンプが知らなかったのは仕方ないが、その発想にたどり着け
なかったのは、戦略的資質が欠如していたということだから、見切りをつけられても仕方がない。

それ以上の行動―同盟領内に単独で侵攻とかは蛇足(基本的に同じことで、単に居座る位置
の問題にすぎんから、否定はしないが必要があるとは思えない。またイゼルローン要塞に張り
付いていないと、駐留艦隊=ヤンの行動の自由を完全には奪えないから離れるのは得策では
ない)。

つかね、散々攻略、攻略わめいておいて、シレッと掌返すキミの下劣な根性が気に入らん。

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 15:52:18.86
>>536
>ケンプのやるべきことは、作戦が一通り失敗した後は、自分の昇進はきっぱりと諦めて
>ラインハルトの判断を伺うことだったんだよ。
結果から言えば、それは遅いな。
バカ正直に攻略戦を始めて、そう報告した時点でラインハルトは見切りをつけ、双璧を「救援」
に送った。その後、「やっぱ無理ですぅ」と泣きついても……。

「援軍がそっち着いたら、それで敵艦隊を牽制して ガイエスブルクをイゼルローンにぶつけち
まえばいいよ」と命じた後で、「それ以上何もするな」と事実上の解任令が出るだろうな。
艦隊指揮だけならミュラーで十分だし。

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 15:56:50.15
>>537
お前は、人の話を理解できないほどバカなのか、理解する気がないのか? 後者なら(・∀・)カエレ!!

バカ正直に攻略戦を始めた後で、そんなこと言うはずないだろ。張り付いて無力化って発想が
そもそもないんだから。
無力化て発想があれば、最初からやって「張り付いて無力化しました」と報告するだろ。"(  ゚,_ゝ゚)バカジャネーノ"

無意味なのは、お前だ。

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 17:24:07.15
馬鹿が飛び交う銀英世界か。まあ作者も自分の設定忘れた描写するしなあ。
ガイエ要塞の弱点はエンジン、ってそこも本体なみに装甲しとけよ、移動
が売りなんだから超重要パーツなのに。これも工事しきってたケンプのミス
なのかな?

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 17:31:20.88
ガイエスブルクにエンジンを取り付けるのは技術的には相当困難であったという話だったから
エンジンの装甲が薄いという弱点補強まで完璧に出来るはずない

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 17:33:32.14
宇宙船の形態は球形が多く、推進軸が重心と一致する必要があるとか書いてるけど
重力制御、慣性制御が確立してるこの世界では必ずしもそうでなくていいんじゃな
いのかねえ。
ガイエ要塞も慣性制御とかでなんとかなりそうなもんだけど、さすがに質量が巨大
すぎてどうしようもなかったってことか。同盟でヤン以外にそれに気づいてさっさ
とエンジン破壊されてたらケンプはもっと悲惨なことになってたね。

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 17:39:08.65
>>544
なんで?取り付けるのが困難だと装甲できないの?それにそんなこと書いてあったかな。
難しいのは12個を同調させることだと書いてあった気がする。

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 17:44:26.52
技術的に無理をしているので、更に無理を重ねることはできないんじゃないかな?
技術というものは大抵そう

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 17:46:56.54
要塞の長所は艦砲ではびくともしない、なのに新たに付け加える部位が弱点
って誰も気づかず、気にしなかったのかね。敵はエンジン部を攻撃してくる
ことはないって思いこんでたのかな。

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 17:52:16.47
>>547
そこはシャフトの責任だな。そもそも発案はしてたけど具体的な設計図とかその
あたりちゃんとやってたんかね、(シャフトがというより技術部?だっけ)
描写みてるとケンプが工事の細部まで指揮して完成させてるような気がする。

技術的に無理というより、大がかりすぎるのが問題で工期とか関係するのかな?
このままでは間に合わんとかいって工兵の援軍要請してたね。とすると完成を急ぐ
あまり装甲は手抜き?

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 17:53:23.66
>>545
つーか、慣性てもんがあるし、推力バランスが崩れただけだからブレーキ片効きみたいな
状態になるはずもないから、反対側止めれば済むことだわな。アニメみたいにグルンッ―
てなことにはならんよな。
結局、動き出したら推力と同じ力を反対向きに掛けなきゃ止まらないし、距離次第では進路
そらすのも厳しい―動き出した時点で、もうどうしようもないって可能性が高い。トールハンマー
で破壊しても、近すぎて爆発、破片でイゼルローン要塞もえらいことに……。

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 18:13:58.23
なーんか物理法則とか変に持ち出すと全巻おかしくなるよ
兵器くらいならいいがバサードラムジェットとかナンセンスになっちゃうし
ただガイエスブルク要塞自体がジンバルロックしたなんて
文章描写があったら面白かったろうね
アニメ描写だったら、もっと大笑いだ

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 18:29:19.46
ワープエンジン12基同調が現状の限界で、装甲分総質量が増えるとワープ性能に問題が出て
くる―ワープ性能低下を許容するか、装甲を諦めるかの選択で、装甲を諦めた―艦隊で守れ
ばいいや、と。

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 18:40:40.66
ガイエ要塞がジンバルロックっていいね
いいアイデア

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 20:33:16.32
>>538
身内に厳しくて外部に優しいキャラは魅力がないからな
田中のキャラメイク能力は幅が狭いので、自然とそうならざるをえない

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 20:47:24.74
外部に優しいはともかく身内に厳しいキャラはオーベルシュタインでは

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 20:53:16.40
>>554
あらゆるキャラ描写がつまらんよね基本
世界規模を描いてるのにもの凄い狭視野な世界観でさ

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 21:15:29.27
>>556
世界規模ってどんな規模??? 語彙が乏しいね。

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 21:17:45.82
>>557
双方の首都間が1万光年ってことだから、そういう世界だろう。それを世界規模と
言うのであろう。それに対して視野が狭い世界とは町内しか描いてないってこと
なんであろう。

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 21:24:37.24
キャラ描写表現もなにも、こちとら読者は通しで読んでんのに
同じ説明のリピート率高すぎ
何度も何度も繰り返すのは連載ものだったから
文字数稼ぎで仕方ないけどさ、くどいよ

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 21:28:21.48
>>559
そうか?パルスワープやフェザーンー地球教本部の通信システムなど2度と出てこない
ものの方が多かったような気がするが。はてどのあたりのことだ?

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 21:32:11.85
今度は作者を馬鹿にすることによって自分は偉いんだぞー、症候群の発生か。
どうして自分の才能を示すのに他者を貶めることしか出来ないのかねえ。
もっとも実際には才能とやらもありはしないのだが。いいセリフだったな。
シトレ本部長、さすがやり手。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 21:48:41.93
自分の敵だと思った相手を陥れて上に行く
これも他人をぶちのめす立派な才能、軍人向きの才能

フォークが才能がないのは結局自らの手でヤンに止めをさせなかったから

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 22:10:52.99
掃除してたらつい読み始めてしまったんだが、リュッケは最初ケンプ艦隊に居たんだな
ちょっとずつ階級があがっていきながらちょくちょく登場してワロタ

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 22:18:57.30
キャラの描写は薄味と自分も思う。
葛藤とかで物足りなさを感じるけれど、
薄味な分読み易いかなとも。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 22:23:05.71
作品叩き 問題なし
(反論擁護すればよい)
作者叩き 問題なし
(反論擁護すればよい)
ファンやレスの人格叩き 問題あり
(書くことが思い浮かばない。とりあえず人格批判と釣り、煽りしとくか)
ワハハ

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 22:27:49.44
>>555
わかってないな
オーベルシュタインの身内は、執事と犬だけだよ

後はラインハルトも提督たちも外部の人間扱い

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 22:31:11.31
暗いと不平を言うよりも
進んで灯りを付けましょう

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 22:32:11.89
ビッテンフェルト愛用は
吉野屋?松屋?すき家?なか卯?吉田屋?

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 22:35:58.18
多分ニコマートだな

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 23:33:54.90
>>549
工期が遅れすぎて、気がついたらラグナロック発動ならグッドタイミングwww




ラグナロックにすら間に合わなかったらクビが飛ぶw


>>548
一応、エンジン部も相応の装甲を施しており、ヤン艦隊の一点集中砲火には一度は耐えてるぞ。
ガイエを艦隊が守っているから、全艦隊でエンジンを集中砲火させる隙を与えるような
ヘマをすることは想定の範囲外だったのでは?

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/22(金) 23:49:26.23
特攻衝突回避の為に外付後付パルスエンジンに集中砲火したんだよね?
要塞には通常の噴射スラスターついてないんかな
普通に運用していても軌道修正や方向修正の為に
何かしらの推進機能はあるはずなんだけどなぁ
人工衛星みたくさ
ぶつけるにはスラスターなんて使ってもどうしようもないほど
方向がズレたかな?

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 00:27:25.11
普通に運用していても必要な推力装置なら、
イゼルローンにも必要だろうし、当然ついてるだろうさ。
ガイエスブルグの通常用スラスターと
イゼルローンので、性能にそんなに差があるとも思えん。
一旦、進路がそれた状態からガイエスブルグの方がスラスターで軌道修正しても、
イゼルローンが同程度加速できるなら、
主砲を何発か撃って止めを刺すまでくらいなら、避け切れるんじゃないか

まあ、あとで元の軌道に戻すのが大変だろうけど。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 00:54:47.19
>>373
ヤンって、イゼルローン攻略前にシトレに作戦話してたの?

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:11:52.00
>573
話してない。
おそらくあのときの攻略命令は失敗前提で出されたもの。
要塞攻略はではなく「報復攻撃をして一定の戦果を上げた」って形式が欲しかったんだろ。

ヤン&半個艦隊だったのは、無理せず適当に戦って被害を出さずに帰ってくることを
期待してのことではないかな。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:19:36.02
話したとは書いてないけど、作戦内容の承認無しに軍は動かせんだろう
他の提督達もヤンがイゼルローン攻略する事知っていたし、陸戦隊で
あるローゼンリッターの指揮権も承認されている。
作戦内容自体はシトレは知っていたと思う。

576 :574:2013/03/23(土) 01:23:55.60
574は「攻略前」ではなく「下命前」って意味ね
シトレはヤンに腹案がある事を知って要塞攻略を命じたわけではないだろうって事。

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:24:19.68
確かに、ある程度作戦内容を説明しないと承認は無理だな。
それにシトレに秘密にする理由も無いし。

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:29:53.57
うーん、どうだろう
奪取する作戦を伝えたかどうかでしょ?
細かい作戦なんてイゼルローン攻防の度に作戦参謀が本部長に話してたんかな

「帝国艦使ってローゼン潜入させます」なんて伝えるかね
キャゼルヌだってチンプンカンプンだったわけで

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:31:53.23
失礼しました >>574  確かに下命前は知らなかったかもしれない
そう思えばよくシトレはヤンに命令したな

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:35:49.65
シトレに伝えたとすると、シトレが他の艦隊を参加させなかった理由がない。
ヤンの作戦は、多数の艦隊が参加したらできないものでもないし、
失敗した場合のリカバリーは、他の艦隊を動員していたら可能だが、
半個艦隊ではリカバリーできない

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:38:32.22
まあ事前に知ってたとしても成功を確信して裁可したなんて思えんがね
司令官の捕獲に成功したとしても配下の要塞の全軍が素直に降伏するって思う方がどうかしてる

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:40:37.00
作戦自体は軍令部 統合作戦本部の承認は受けているはず。
でないと軍隊は箸一本上げることができない。
もちろん限られた極少数の人間しか知らないとは思うが。
>>580 軍にリカバリーする気なんてないだろう
第13艦隊はある意味捨石部隊なんだから

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:41:47.63
>>580
リカバリーって何する気?w
多少動員した所でローゼンリッターを見捨てて尻尾を巻いて逃げるしか無いんだが

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:52:34.74
イゼルローン駐留艦隊のおびきだしを忘れてるな
できるだけ多い方がいいわけで
実在の艦艇数を用意して増やした方がいいわけで
リカバリーってそういうことなんだろ?
その点を考えても半個艦隊派遣したってことは
シトレには作戦伝えてないと推察する

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:52:52.22
漫画版だがヤンがシトレの副官していた時、外からの攻略の
無意味を説いていた。
シトレもヤンに賭けたんだろうな アスターテの敗北で
立場が悪くなっていた そして起死回生の賭けでヤンに有り金
全部つぎ込んだ そして勝った 負けていたら潔く辞表を出して
いただろな。

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 01:59:12.90
>>584
駐留艦隊のおびき出しなんてそれこそ
他の艦艇の動員なんて関係ないやん
イゼルローン駐留艦隊が釣られたのは相手の規模が不明だからで
同盟側が多かろうが少なかろうがどうでもいいい

同盟が大軍を動員してるて判明したらそれこそ出撃しなかったかもしれない
その時点で作戦失敗、同盟は撤退するしか無い

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:00:36.36
>>584 作戦の承認受けずに艦隊は動かせないよ
まさか イゼルローン攻略を命ず という一文だけで
ヤンが好き勝手に艦隊を動かせて、陸戦隊を指揮下におけると
思うの

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:04:24.71
思うな
帝国側のことを考えても
行ってこいの一文で艦隊動かせると思うぞ

589 :574:2013/03/23(土) 02:06:39.14
他の艦隊を動員しなかった理由としては作戦秘匿が考えられるね。

あとは予算。
直前に3個艦隊動員しただけではなく大損害を被っている。
形の上では「撃退に成功、勝利」になっているのだから、緊急性のない軍事行動に予算承認は降りないだろう。
半個艦隊ってのは軍の予備費で動かせるギリギリだったんじゃないかな?

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:09:04.39
>>588
行って来いで動かせるのはヤンの配下の艦隊だけだろw
他の艦隊はヤンの部下じゃない
だれが全軍の統率するのか?

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:09:53.69
>>589
そこなんだわ
ティアマトでロボスはけちょんけちょんなわけで
アスターテ時の司令長官でもあったわけで
それでも、もしイゼルローン失敗でやはり本部長がロボス?
やはりロボスは軍政家かなクルブスリーになるのかな

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:14:29.64
>>590
わるいな他艦隊を同伴させて行かせるなどとは言ってない
それこそシトレ本部長がヤン少将に命令しねーだろ
シナリオそのものが破綻する

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:18:16.76
>>592
悪いも何も行って来いって命令を出した所で先任の艦隊司令官を臨時編成のヤンの下につけて
送り出すなんてできないんだから
ありえないんだが

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:21:03.38
>他艦隊を同伴させて行かせる
13艦隊を正規艦隊に格上げするってこと?
それこそヤンをいきなり中将に昇進させなきゃいけないんだがw

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:25:55.11
二階級特進か死んで来いってことだな

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:38:43.40
>>585
だな。
で、その有り金全部というのが半個艦隊だったと。

想像だが、国防委員長の承認を得ずとも、統合作戦本部長の
権限だけで動かせる最大の規模の艦隊だったんじゃないかな。

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 02:45:29.82
正規の一個艦隊派遣の正否はわからんし、軍費もしらんが
少将で正規艦隊司令NGな理由はないのでは
現代で同じ国の軍隊師団長も少将、中将いるよね?いないんだっけ?
理屈づけならアスターテの生き残り第4、6寄せ集め
プラス新規配属でよいのでは
同盟軍の艦隊提督は必ず中将以上じゃないといけないのかな
素人でわるいんだけど軍隊組織には弱いもので

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 03:00:07.58
小説ではヤンが艦隊指揮官は中将がやるからって文句言ってる
シトレは半個艦隊だから少将でいいよって返してる
だからそうなんだろう

この時以外に半個艦隊なんて単位の艦隊は出てこないんだから
抜け穴的な想定外の編成なんだろう

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 05:23:10.01
一個艦隊が中将で分艦隊が少将か准将
では半個艦隊ではどうなるか?
独立した戦術単位の指揮官としては中将が司令官になるのが順当だろうが
戦力としての規模としては若干格が落ちるが分艦隊よりは規模が大きいって
ビミョーな所

規定や慣例が無いのを良い事にお気に入りのヤンを捩じ込んだんだろう

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 06:04:21.13
>大人になってこれを面白いとかちょっと不味い気がする
田中芳樹の作品はラノベなんだから、いい年こいて、ラノベでフンフン言って喜んでいたら問題だろう。

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 07:17:58.56
【銀河英雄伝説】

【日本書紀】

はたして読者はどちらが多いのだろうか
そしてファンはどちらが多いのだろうか
知っている方いましたら回答お待ちします

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 07:25:37.66
その比較に何の意味があるのか知らんけど
日本書紀を通読してる人間はあまりいないだろ

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 07:27:12.28
まあ多数の艦隊動員したら例によってフェザーンから帝国に情報いって
帝国も艦隊増派するからかえってやりにくくなるわね。
この作戦もルビンスキーは知ってたけど半個艦隊程度じゃあね、ってこと
であえて帝国に知らせなかったとあるしね。
しかし同盟の情報、ことこどくフェザーンに筒抜けですなあ、少しは防諜
活動やっとらんのかね。情報部ってのは存在してるようだが。

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 07:37:45.60
>>599
同盟では通常、中将をもって1個艦隊の指揮官にあてるってあるね。通常というのが
どの程度なのかは不明だが、14、15艦隊新設のときにその司令官に任命される
ことによってカールセンらは中将に昇進したとあるから、かなり厳格に守られてる
模様。
一方、帝国も最初は中将になれば1個艦隊が指揮できるとかラインハルトが言ってて
そのとうりで他の提督らも中将だったけど、彼の天下になってからは同じ連中が上級
大将になってもそのまま1個艦隊の指揮官やってるから階級インフレ状態ですね。
おかげであわれ他の諸将は大将になってもかっての1個艦隊にもみたぬ1万未満の艦隊
の指揮官や1個艦隊の参謀長にしかすぎぬことに。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 09:25:54.92
それは仕方ない 初期ラインハルトは軍にしか支持基盤が無い
必然 部下達の忠誠に報うには階級しかない

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 10:56:56.17
イロイロあるさね
美女をあてがうとか
賞与を5割増しとか
祝賀パーティとか
特別休暇付与とか
次の作戦参加免除とか

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 11:05:27.90
貴族に取り立てるとか爵位を与えるとか

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 11:05:29.17
>>606
ラインハルト麾下の提督どもは変態だからそのどれも効かないな
既婚者勢は特別休暇が効きそうだが

一番効果があるのが昇進させてより多くの権限と兵力を与えることのような

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 11:08:37.82
まぁ 中世だと爵位とか領地に美術品とかもあったんだけどね
ゴ王朝もやっていたみたいだけど

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 11:16:05.00
>>603
ルビンスキーは攻略自体は知っていても作戦内容までは
知らなかったようだ
逆に、帝国侵攻作戦はラインハルトの元にかなりの情報が
帝国情報部をとおして届けられたみたい。

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 11:55:45.67
>606
ラインハルトは貴族勢力と対決するためにも、参加に実戦部隊を率いる高級将校を多数必要とした。
そのため昇進基準が甘くなっているきらいがある。

加えて、ラインハルトの時代はそれ以前と比べて大規模会戦の頻度が高く、
また、ラインハルト陣営が大敗することも少なかったため、昇進機会が多い&死亡者も少ない故に
高い階級に昇るものも増えたといえる

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 13:03:49.05
>>606
茶の湯を振興して
茶器や茶会を開く権利を
昇進や領地以上の褒美にするw

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 13:07:47.46
>>603
情報部は都合で有能になったり、空気になったりするからな。この世界

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 13:28:03.95
でも、救国軍事会議に情報部長の名前があったな 
一行しかでてないけど
クーデター小説だと実戦部隊にばかりに注目されて
情報部なんてそれこそ空気扱いなんだけど 

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 15:19:27.21
>>614
議長の行方すらつかめないのか!と馬鹿にされてたのはアニメ設定だったかな。
>>610
ルビンスキーもヤンの手腕を見てみたいとか書いてたな。で、あんな方法があったのかと
感心してた。。。

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 18:32:44.48
情報部長がトリューンヒト見失ったのは手落ちだな。
それだけ、地球教徒に匿われるのが盲点だったのかも

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 18:58:25.92
そこはベイがサボタージュしてたんでしょ?

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 18:59:09.14
>>615-616
たしか、ベイ大佐が情報部の人間だったような気が・・・

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 19:08:21.93
内通者がいたような

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 20:08:00.70
>>617-619
そのとうりだが、1人がどうこうしたかで機能できない情報部ってのもね。
なお、正確にいうとこの場合は、情報部の部長クラスのブロンズ将官(階
級忘れた)がクーデター側で、その部下のベイ大佐はクーデターに賛同す
る振りして議長に情報提供してた図だね。
ただ、情報受けた議長は自分の身の安全確保のみで、阻止とかその比いは
なんもせんで、ヤンが収拾した後に現れるってのはほんと、第一義的に無
責任、2義的には運がいいようなあ、3義的にはヤンが本能的に察知して
たように恐ろしい深謀なわけだよねえ。政敵であるジェシカ議員とクーデ
ータ勢力を共倒れのような形にして葬って自分は一切、傷つかない。。

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 20:12:46.78
特定のキャラを有能に見せかける為に
作者のの都合でキャラや組織がバカになるのが常套手段の
厨二オナニーノベルに何を期待してるんだ

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 20:20:01.04
また一人フォークが現れたか。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 20:21:11.33
堀北真希とセックスすることを期待してる

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 20:23:06.63
俺は沼田さくらとしたい

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 20:25:28.62
丁野奈都子がいい

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 20:37:55.26
反応が早い、第4艦隊司令官のような無能ものではないな。

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 20:51:11.44
>>616-627
完全に自演乙 おれw

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 21:58:54.08
ラインハルトってさ死んだ後、ヴァルハラも先に死んだ部下率いて制覇するとかいってたけどあれは戦艦持ち込みアリのつもりだったのかね?

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 22:07:26.73
戦艦なしならオフレッサーをなんとかしないと。

あ、スコップがあれば勝てるかw

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 22:35:50.20
でも「ヴァルハラじゃ、こっちが先輩だ。こき使ってやる!」みたいなこと言われてなかったか

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 22:38:06.27
ヴァルハラの世界は腕も脚も無いんじゃないかなぁ
電動車椅子で移動する世界かとてっきり思っていたが

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 22:47:18.87
艦隊はなしなんじゃね流石にw
オフレッサーだのリューネブルクだのが幅利かせてるヴァルハラとか嫌だな
エンリケなんとかさんとかシュエーンコップに人間椅子にされてそう

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 22:55:05.31
薔薇原では平等にするために優秀、有能だった部位は削り落とされるか
反対に劣っていた面を強化してあげるとか
身体的にも精神的にも性別も公平だと思うんだよ
五感のある世界なのかもわからんし
だってさぁ、あの世でも差別、被差別あったらタマランよ

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 23:05:43.64
>620
クーデターは失敗するって確信があったんだろ
ルグランジュ以外の提督は決起していないし、同盟市民の支持もない。
そういった票読みは政治家の得意とするところ。

あとは正規軍を糾合して「ハイネセン奪還」をすればいい。
立場上、首飾りの無力化コードを知っていた可能性もある。
ト:提督、次の文を送信してくれるかね「選挙ではトリューニヒトに清き一票を」

ヤンが手間取ってたらトリューニヒトが乗艦してきたかもなw

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 23:07:18.10
ヴァルハラは戦場で倒れた戦士が憩うところ
ラインハルトは病死だからいけない可能性が!

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/23(土) 23:42:28.27
>次の作戦参加免除とか
これやったら干されたとか
武勲立て杉を警戒されたとか思って
却って反乱起こしかねないか?w

637 :(゜∀゜):2013/03/24(日) 00:29:54.22
>>630
「現世でもお前はラインハルトより年長で人生の先輩だろ」

という突っ込みは言ってはいけない。

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 00:33:24.53
>>633
曼陀羅には格上や格下
年功序列も異型だからと差別や迫害までありますけどね
ヴァルハラがそうとは限らんけど

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 00:42:04.51
>>620
機能してないことはないんじゃない?
無事だったのはトリューニヒトだけで、他の政府、軍部の要人は誰一人ハイネセンから脱出できなかった。

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 02:22:35.19
ヴァリハラって、朝から夕方まではひたすらドンパチして、
日が暮れると、その1日で死んだのが蘇って、
日が昇るまで、宴会して、
朝になったら、またドンパチ、
っていう無限ループするところじゃなかったっけ?

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 02:53:28.97
征服しようがないな

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 03:19:17.97
>>637
切ないこというなよw

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 04:03:47.85
>>640
戦いで死んだ英雄がヴァルキリーに連れられて行く、ラグナロクに備えて戦いと宴会に明け暮れる「天国」だな。

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 07:03:45.27
戦艦もちこめないとさあ、いくらラインハルトとキルヒアイスが素手の喧嘩も結構いけるといっても所詮テクノロジー全開時代の勇者やん?
で天上ってシステムとして過去の戦場に倒れた勇者が集められてるわけよね。
となるとやっぱ昔の肉弾時代の人と比べると見劣りするよね。
でさその当時の人たちって宇宙歴の人たちより性的に奔放なわけよね?
つまりラインハルトは天上で。。。

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 07:13:45.79
>>644
気持ち悪い想像するなよ…

ヴァルハラって何にもなさそうなイメージ
封神演技みたいな感じの

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 07:25:08.01
>645
何も無いなんて事はない
脳筋の天国だから、酒と食い物と女、そして試合をするための広場がある。

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 07:40:04.32
>>646
システム的に女がいないんだよなあ

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 08:09:00.76
wikiで調べたんだが、ヴァルハラとは戦死者の館という意味。

てことは、病死したラインハルトはヴァルハラに行けないことになるw

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 08:29:07.95
ベイ大佐 地球教団の手先説はダメかな 
トリューニヒトが最初から地球教団と手を結んでいたとは
思わないからクーデターを利用してベイ大佐がトリューニヒトを
地球教団に匿って手を組ませたのかも
最後 使い捨てにされたのは地球教団の方だけど

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 11:14:52.03
>>647
じゃぁ、ワルキューレにホステスやってもらおう

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 12:40:07.67
なぜもっとさっさと同盟なり帝国がフェザーンを占領しなかったのかがわからん。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 13:26:07.84
>>435
例えばロイエンタールなりミッターマイヤーがケンプの代わりに出撃したとして、要塞を要塞にぶつけるって判断できるかな?
その判断はラインハルトにしかできない気がする。事前に作戦立てて具申してれば別だけど

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 13:34:39.18
なぜもっとさっさと同盟が帝国なりフェザーンを占領しなかったのかがわからん
圧政解放目的だから真正面から戦わなければならないのは理解できるけど
毒ガスや強毒な疫病ウィルスをばら蒔く工作活動で帝国を弱体化させるべきです人口比較もまだ同盟のほうが非力ですし
帝国都市部惑星を中心に実行すべきです
もちろん血清やワクチン、治療薬を準備して
帝国へ人道的医療支援する用意があるとの通告して
受け入れられれば恩を売れる
拒否されても特に静観、様子見していればいいわけで
直接、軍事行動はそのあとゆっくりと
画にならないしシナリオてしてもどうかと思いますがどうでしょう
HIVもアメリカがまいたら自国で大変なことになりましたが
こういうBC兵器は人類としてトラウマあるかな

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 13:45:12.61
>>633
薔薇原とはホモくさいとこですね

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 14:50:58.30
>>652
上の議論の流れを読めば書いてあるが、「ぶつける」は「無力化できれば、バカ正直に攻略し
なくてもいい」って戦略的本質を端的に表現しているだけだから、ぶつけるかどうかは大して
意味はない。だから、要塞の喪失に関して「ラインハルトの判断を乞う」必要等はとりあえず考
える必要はない。
無力化アイディアが浮かぶかどうかは、双璧はガチでイゼルローン相手にしたことがないから
わかんないね。ラグナロクの時は、陽動で無理に戦う必要なかったから、包囲・牽制に徹して
いたが、レンネンは理解できていなかった―この差を考えると、戦略的本質は理解したろう―
無理に戦う策は取らなかったろうね。「戦略的意味がない」発言はしているし。意味のないこと
に労力を投入して損害を出す愚は犯さないだろうね。

>事前に作戦立てて具申してれば別だけど
全般的のその傾向があるが、ガイエ戦の一番の問題は、本来参謀部でやるはずの作戦立案
を、艦隊司令官に丸投げして、メタレベルで現場レベルの戦術判断とごっちゃにしている点。
戦略思想とか方針を組織として共有した上で作戦立案するって意識が非常に低い。
帝國は、戦略に関してはほぼラインハルトひとりで完結していて、ヤンはハブられている始末(同
盟の場合、戦略思想なんてものがあるのか?てレベルだが(;つД`) )。
ま、意識してやっているんだろうが、そんな時代錯誤ぶりを背景にした、近代軍隊なら会議室で
終わっているくらい無理筋なのが、ガイエ戦。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 14:52:07.84
>>653
テロリズム&陰謀論、ご苦労

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 15:11:52.75
テロでも陰謀でもなんで味方の血を流す数が少なければ
いいんでないか?なにが悪いのか逆に説明しつほしい
現代の超大国が武力使うのは威厳を誇示する宣伝用
他国へオレが番長なんだと思わせるため
誰も視聴していない2国間ならなんでもありだろう
繰り返し説明を求めるが細菌化学兵器の何が悪い?
自国民が何百万人も戦死するだろう戦争のほうがマシかね

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 15:28:37.77
>>657
素晴しい、君のやり方ならすぐに決着がつくだろうね。

でも、その話に「銀河英雄伝説」ってタイトル付けて、
文庫本で本編10冊、外伝5冊分、読者を楽しませた上、
2chスレがいくつも立ち、その中には100スレ以上も
続くものもある。そんな物語にできるかな?

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 15:36:37.41
明らかに日本語おかしいヤツに触れるなよ

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 15:58:52.72
売れたら偉大とな
SFの範疇に入れられず蔑称としてうまれた
スペオペという名の産廃が売れたからって鼻息荒いなw

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 16:20:12.43
>>657
細菌テロで殺されてみたまえ(-∀ー)
マキャベリズム的には、そういうのもありなんだろうが……そういう立場でもない人間がドヤ顔で
言うのは人格を疑うな。テロリズムの容認てのもな。

では、さようなら(#゚Д゚)/~~ ここにキミの居場所はないと思うよ。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 16:26:56.37
>>660
> 売れたら偉大とな
偉大なんて、そんな照れるじゃないですか…
いや、まあ、結果としては売れたってことなんでしょうけど
商業的に成功しただけで、たいしたこっちゃないですよ

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 16:33:10.31
>>662
商業作家として生き残るには必須だしな。売れる
「売れた」作家は「権威」であり、「偉大」なんだ。出版業界では「正義」。
人格や内容がクソでも―逆にいかに素晴らしい内容で、作者が聖人でも売れなきゃ産廃。

内容と作者人格の素晴らしさで作品を語りたいなら、他のスレどうぞ。そんなスレないと思うけどw

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 17:37:38.35
物語にならない
商売にならない
日本語がおかしい

これで終わらせていいの?戦争論や人類学や哲学とかで
銀英伝ではBC兵器は使用しないんだぞ!って否定しないの?

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 17:45:05.72
>>664
> 物語にならない
> 商売にならない
> 日本語がおかしい

少なくとも、このスレ

銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_104
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1363071558/

では、それが究極で至高の論理的で正しい回答ですね

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 17:53:54.10
ひとりくらい否定できる人はいないの?
スレ的に正確な回答とかごまかさないでさ
これは、もしBC兵器使用したらifなんだよね?

もしキルヒ生きてたらif
ロ王朝の今後の行く末if
と同じじゃん

ifの中で否定してもいいのに・・
すぐ帝国の高度医療技術で工作は失敗するだろうなとか

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:01:07.95
花見して帰ってきたら、なんだこの粘着君は?

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:01:23.28
このスレもかなり長期になってるけど
今までの質問で名質問&珍質問とかまとめたら面白いかも

初期からここいる人、何か印象に残った質問ありましたか?

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:03:47.43
ヒルダは悪阻で妊娠に気がつくけど生でやったんだから妊娠検査キットなんかで自己診断しなかったのかね?
つーかそもそも避妊しろよと

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:05:21.81
だいたい悪阻の前に生理こないなおかしいな?となるはずだけど

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:05:22.41
          ____
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\    <「ひとりくらい否定できる人はいないの?」
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |
     \     `ー’´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一””””~~``’ー–、   -一”””’ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ   <だっておwww
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)   
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //       
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/      
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー’´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l  バンバン
 ヽ    -一””””~~``’ー–、   -一”””’ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:05:50.93
>>667
2レス(これで3レス)しか書いてないのに粘着って・・
あなた、さっきからずっといるじゃないですか
花見だなんて

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:07:06.21
>>669
今まで何の予兆もなく、本人も無経験で何の対処ができるのか?www
その前提で確実な避妊つったら、行為自体の拒否だろうがww

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:11:24.30
地上勤務が長くなればピル服用やめるでしょうが
緊急な艦隊勤務に備えて常用しておくのが
一般的な女性軍人ですな
ヒルダも随行するようですしね

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:17:30.38
あれ帝国に艦隊勤務の女性兵士官いないんだっけ?
それならしかたないかな
同盟軍なら確実にピルで月経を抑えてるはず
帝国でも避妊自体は認めてるんだっけ?

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:31:17.08
>>669
二人共子供いらねーとか言ってたんじゃあるまいし
避妊する理由がないだろw

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 18:47:19.01
そうだった
ヒルダ「赤ちゃんなんて要らないわ」
ラインハルト「人参いらないよ」
って書いてあった

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 19:01:01.39
>>653,666
BC兵器じゃないがそれに近いモノを使用している連中はいるぞ。


  地球教団


サイオキシンは人を殺傷するような兵器ではないが、使用した相手に対して資金源になる、
どんな理不尽な要求も聞くようになる。売人を使って簡単に勢力を拡大できる。
BC兵器よりはるかに有効だ。

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 19:05:09.88
ヒルダは政治とかは知ってても、子供ができやすい日とか知らなかったって事で・・・・
知ってたら、ちゃんと生理くるかどうか、ドキドキして過ごすだろうw

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 19:08:32.12
ロ帝国では「旧門閥貴族サイオキシン強制投与法」
を施行しよう

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 20:09:26.89
>>653
アホかあんたはw
そんなもん使ったら同じ手段で堂々とやり返されるぞ
露見したら味方からの反発も凄まじいことになる
大体恒星間国家を細菌兵器だので滅ぼせると本気で思ってるのかよw

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 20:49:36.93
細菌兵器は即効性、確実性、保存管理の問題から大量殺戮兵器としては、筋が悪いものなん
だよな。
この世界だと、惑星単位で隔離しちゃえばパンデミックも抑え易いし。
ガスも分かってしまえば対処はしやすい。兵器化されてるようなもんなら、どちらも持ってるだろうし。
これも確実性、運搬法などで兵器としては筋が悪い。

ムダな拡散で威力を弱めない地形などが限定された状況ならBC兵器はそれになりに使えるが、
無条件で喜んで使うのは、テロリストか頭の悪い陰謀論者くらいだわな。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 20:51:16.08
都市部で使う分には問題ないな

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 20:51:40.45
まあマジレスすると惑星上で核兵器使わないのと一緒で、暗黙の了解か交戦規定があるのかと。
コレを破っちゃったからヴェスターラントの件が際立つわけで。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 22:11:19.01
戦闘や戦争の【紳士協定】には何があるかな(帝国と同盟間で)

・人間居住地域への核使用禁止
・細菌・化学兵器による大量殺戮の禁止
・捕虜取扱はこの前ネタがあったね
・軍事施設への限定的戦術核の使用は認める

あとは思い付くものなにかある?
念のため敵軍(国)に対してだから

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 22:35:18.53
コロニー落としもやってないな

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 22:40:31.30
軍服の規定が今と違うよね。

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 22:54:13.44
つーか衛星軌道から艦隊が砲撃するだけでとんでもない被害がでるし
そういったのあんまり意味ないんじゃないかって気がする
小惑星落としたりといった質量兵器の方がまずいかもしれん

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 23:00:53.79
意味ないならNBC、隕石、コロニー使わない理由がない
楽な戦法だ。戦争なんだぜ

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 23:19:45.96
惑星上での核兵器使用は歴史的禁忌となっているから、不文律になっているだろうな。
双方の戦争目的からすれば、相手の殲滅―一般市民・非戦闘員の殺戮は目指すものではな
いから何らかの制限は掛けているだろうね。そんなモノの強制力は……なのは現実と同じだ
ろうが。

>>689
殲滅戦争しか考えられない君は幸せ脳だな。幸せなまま死んでしまえ

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 23:20:19.90
>689
戦争ってのは金が掛かる
掛かった戦費は敵から回収する必要がある。
隕石落し等で破壊してしまっては戦費が回収できず、勝った側も経済破綻する。

戦法単独で楽だの安上がりだの言っても意味がない。

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 23:24:09.82
それは2国間で戦争していても多数国家が存在する場合だけ
世界に2国間しかないなら殲滅戦になる

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 23:30:53.63
>692
殲滅戦にはならない

帝国にとって、銀河のすべては帝国領ゆえ同盟の惑星も皇帝の財産。
皇帝の領地に核攻撃etcは許されない。

同盟にとって、帝国の皇帝や貴族は敵だが、一般民衆は解放すべき対象。
よって民衆の被害が大きくなる核攻撃etcは許されない。

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/24(日) 23:35:43.43
そもそも惑星に対しては封鎖するだけで事実上無力化できるから、
軍事施設を潰してしまえば事足りる。
NBC兵器等でわざわざ地上を殲滅する意味はないに等しい。

せいぜいヴェスターラントみたく見せしめにする程度。

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:00:23.81
ズレた
数百万、数千万の戦死者を出す戦闘と大量破壊兵器のどちらが有効かが論点だったはず

『1番目』
・物語にならない・売れない・日本語おかしい
『2番目』
・スレとしては1番目の論評は正論、正解
『3番目の論評』
・麻薬のほうがいいよ
『4番目』
・BC兵器では滅ぼせない。保存管理や後始末も大変で使いにくい。
あまり有効的ではない
『5番目』
・タブーのように暗黙の紳士協定があるから使用しないのもしれない
『6番目』
・紳士協定なんて意味はない。じゃんじゃん破壊し尽くせ
『7番目』
・惑星内での核は禁忌と昔から決まっている
・軍事施設を破壊、民間人には犠牲者を出さないという昔からの不文律があるはず
『8番目』
・滅ぼしたら戦費回収できない。そんな大量破壊してどうする
・財産を喪失させるような破壊戦法はしないはずだ
・両国が殲滅、焦土化する

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:07:50.12
同盟軍は帝国領侵攻時に農奴を核で予め焼き払うか食料を与えず飢え死にさせて橋頭堡を築いていれば帝国軍を撃破し、あわよくばローエングラムファミリーを一網打尽に出来た
敵国市民に情けを掛けたのが敗因

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:18:59.32
それは間違いないよ
帝国は同盟侵攻前に物資強奪するは
難民に贈る支援物資をためらいなく帝国は攻撃破壊尽くし
同盟は物資なくなったら土着民から強奪だもんな
辺境惑星など立ち寄らず進めばよかったかな

どちらにせよ、両国どっちもどっちで愚民は放置餓死でよかったろう
それで、ヤッホー勝ったぜーな金髪がひとりと精神分裂がひとりか

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:20:14.45
>>696
>敵国市民に情けを掛けたのが敗因
別に掛けてないだろ。自国内の宣伝として「開放」が必要だからやってただけ。尻に火がつけ
ば速攻で掌返したろ。あの程度だ。

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:23:15.55
帝国は辺境の民など人にあらず
主義とでも解釈しておくか

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:23:31.23
>>696
そして、従軍記者などからその非人道的行為を知った同盟市民は大激怒!
同盟軍の威信は失墜し、同盟政府の支持率は一桁台に急降下。
世論に押されて、同盟議会は遠征費をビタ一文出さない法案を可決。
同盟軍は遠征どころか組織解体の危機に直面することになる。

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:41:48.40
戒厳、報道管制などたやすいじゃん
帝国の捏造の一点張り、我が軍有利で
潰されるわ
ベトナムの二の足を踏むはずもない

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:47:46.99
本末転倒がすぎるな。政治宣伝のための大侵攻で、それでは……ま、従軍記者とかいた気配
ないけどな。

読んでないどころか、アニメも観てないような気がひしひしと……。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:48:04.30
銀河帝国皇帝詔勅

朕の国なる辺境の有人惑星の入植者および土着民族は非人とする
帝国人に非ず

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 00:55:20.63
>>692
殲滅戦好きな奴だなw
帝国は貴族領ってある種の自治国家が多数あるし
同盟は言ってみれば惑星連邦な訳で
どっちかの上層部がぶっちぎりで狂ったりしないかぎり
そんなアホな事態に陥る前に大抵はどっかでブレーキがかかると思うよ

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 01:07:06.00
>>702
まぁ普通に考えて選挙のためにとりあえず帝国行って勝ってこい
だけで同盟史上最大規模の軍事行動やるとかありえないからなぁ…
自分達より強大な敵相手にするのに大雑把な目的すら決まってないんだぜ
これ要するに同盟市民に向けたデモンストレーションなんで
最初から帝国領に行って交戦しないで帰ってきて大勝利!って捏造しときゃよかったんじゃないかとw

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 02:12:24.93
>>689
安心しろ。
銀英伝世界では、お前のような帝国に害悪と損失しかもたらさない池沼は劣悪遺伝子排除法で処分されているから、存在しない。
劣悪遺伝子排除法に批判的な者も共和主義者でさえも、お前のような存在するだけで社会にとって百害あって一利なしな輩の
処分には諸手を挙げて賛成だったろうw
つまり、あの世界に生きている人間は全てお前より知能が高いんだよ。だから、お前のように低脳なことは決して言わないしやらない。

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 02:44:40.61
つまり>>706の主張は
1600年後にギレンやシャアみたいなカスは
排除されるんだよって要約してみた

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 07:22:22.14
>>707
ギレンやシャアのような思想を持つ人間は、劣悪遺伝云々以前に
大逆罪で一族郎党まとめて処刑される!w

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 07:39:49.63
銀英伝世界(ゴ朝)でそんなことするのかわからんが
(反皇帝の大逆罪ね)
仮に軍人になって指揮官、司令官で敵に対して
あんな手法を実行されたらねー
軍法会議ものなんだろうな

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 07:40:17.55
>>705
情報開示が原則ってなってるがむろん政府は都合の悪いことは隠したいんだろうが
たぶん、フェザーンがそのあたりの情報を流すから統制とかがうまくいかないんだろうね。

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 09:14:21.71
フェザーン経由の情報だろうと
船乗りの酒場情報だろうと
握り潰すくらいの諜報機関がなかったら国家にあらず
公団社と身長社くらいは官房機密費があるべさ

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 09:42:48.58
この場合は握りつぶすじゃなく、もみ消すだよ。特に酒場情報なんかは。

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 11:10:40.73
>>703
朕の国はオチンチンなのだぁ〜o(´□`o)

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 13:24:31.02
選挙のための戦争なら宣伝要員として大勢の従軍記者が行ったと
思うな。 でないと戦争した意味がない。
始めの頃は、イラク戦争で解放された民衆云々という記事を
紙面を飾ったとイメージすればいいだろう。
でもその後、艦隊戦が無い事に不安ではなく不満を抱いた
記事が増えたんじゃないかな
マスコミが派手な見出しの記事を望んでいて、それに政治家が
釣られたと・・・・・・・・・・・・・。

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 15:07:19.45
従軍記者も息のかかった者だけにすればいい
変な行動をとったら戦死(意味深)させればいいしね

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 15:15:16.52
陰謀論クンは、楽な世界に住んでいるなぁ

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 15:26:11.94
誰でも知ってるフリーメーソン
一般人ですら容易に想像できる陰謀は既に陰謀になってない

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 15:48:15.21
>>716
そんなことないでしょ
ルビンスキーだって
レオポルド・ラープだって
努力して手に入れた地位なわけで楽なわけないだろう

それに苦しいの?君の身の回りの世界は
生活が困窮してるなら役所へ相談したほうがいいし
債務問題なら法テラスとか相談には乗れるけど…
何にしても自分で行動しないとはじまらない
他人はやってくれないよ

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 15:54:20.57
>>718
いやらしいヤツだなあ

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 16:19:29.85
中共やナチスドイツじゃないんだから完全にシャッタアウトは無理だろ

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 16:36:13.29
>>718
お前が何を言いたいのかいまいち分からないのに横レスして恐縮だが……

ルビンスキーやレオポルド・ラープのように実際に陰謀を企て実行する
立場の人達は、そりゃあとてつもない努力を重ねているだろうな。

しかし、陰謀論を喚くだけなら何も努力してない幼稚園児にだってできる。
現実はそんな楽ではない。陰謀論を唱える輩は大抵、家族を犠牲にして
自分の半径数mだけに見せかけの「楽な世界」を作り出してるニートか
その同類だろう。

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 16:39:03.64
封殺できなくても惑わす
真実なのか虚偽なのか噂なのか
ケッペルスにでも学ぶか

あと陰謀者は楽な生活してるなぁって意見を否定したら
なぜスケベでイヤらしい奴扱いされるのか理解できない

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 16:41:59.78
>>722は日本語の勉強からした方がいいぞ
色んな意味で

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 16:43:33.99
>>721
ハァ

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 16:50:45.13
>>723
よく2chでは「日本語で」とか「日本語を学べ」と書く人いるけど
英語でないしハングルでもなく間違いなく日本語なんだよね
文章がおかしいなら指摘してくれないとわかんない
誤解や間違いがあったら訂正してよ

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 17:22:49.54
通訳官が適当に通訳して帝国と同盟が戦争に突入したのは有名な話

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 17:29:49.30
どこの同盟と帝国のお話?

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 18:13:42.13
あっちの奴だよ。あれ。
わかるでしょそれくらい

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 18:45:48.53
>>676
そうすると陛下ばかりヒルダなら子供生ませてもいいし、ヒルダは陛下の子供ならOKということになるな。

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 18:57:19.84
>>717
シリウスよ永遠なれ

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 19:14:30.11
>>729
つまりヒルダは銀河皇帝製造販売機ということか
メンテナンスが重要だな
安心の5年保障は中途で規約改訂されると大変

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 19:18:01.74
ただのビッチだろ

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 19:19:04.52
>>730 あの記事はおもしろかったな 何にでも応用が利きそうだ

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 19:25:01.55
>>731
ヒルダじゃなくラインハルトだろ 場末の娼婦でもラインハルトの子を
身ごもれば即国母 皇太后だよ 

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 19:31:59.67
>>734
その場合娼婦の実家は爵位でももらえるのかな。

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 19:45:00.06
どうでしょう 子供の母親(あえて皇妃とは書かないけど)の実家に
爵位を贈るて新しい派閥作るようなもんだからなぁ
ただ、箔付で贈ることもあるだろうし、いろいろ考えられる
次期皇帝の権威付けの為には、新王朝にとっては難しい問題だろうね。

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 20:19:06.93
そういう場合は、その娼婦を適当な貴族に養子縁組させて、
実家には適当な金を与えて口を出さないよう警告するだろう。

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 20:29:59.76
アレクの子もヒルダが製造すればいいやん
帝国では違法だっけ?

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 20:35:46.70
それがベストかも だけど人間の欲望には限界がないんだよね
後は娼婦とその家族の人間性だけど・・・・・・・・。
帝国の最高権力者の親族なんだ 利用価値はいくらでもある。
オーベルが言っていた皆殺し案がなぜ後世に伝わっているかと
言うと過去の王朝も外戚で散々苦労しているから。

現代でも某国の女性と結婚したらその女性の一族が乗り込んできて
財産全部奪われた例もあるしね。

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 20:37:52.33
>>736
一般論としてはケースバイケース。
行程に正式な皇后との間で男子がすでにいた場合、いくら皇帝の子供でも庶流ってことで皇位継承権は
与えない、当然その家にも特に地位などは与えないこともある。
状況によっては皇帝の子供といっても、後継者問題で混乱する種になりそうなら抹殺される
可能性もあるし。少なくとも、いわゆる「隠し子」になると思われ。
皇帝が独身の場合も、いわゆる賤民との間に子供ができても、素直に子供は皇位継承者、
女は皇后にするってわけにはいかないだろうね。

すでに皇帝が結婚していて、でも皇后との間に男児が望めない場合は、娼婦であっても子供が
できた時は後付けで側室扱いにして、後継者にする可能性もあり。その場合は娼婦やその一族
にもそれなりの地位を用意するだろう。

女にも皇位継承権があるかどうかによっても状況は変わってくるし、ロ王朝で後宮がどんなことになるか
触れられてはいないし、本当にケースバイケースだと思われ。
ただ、>>734のように単純に身ごもれば即国母、皇太后ってわけにはいかないと思う。

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 20:46:15.65
734になんか突っ込もうと思ったら740が全部答えてくれてたw

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 20:48:01.37
>>740
元々はヒルダがビッチとか銀河皇帝製造販売機に対する反論で
ラインハルトの唯一の子供をヒルダでは無く別な女性が身ごもったら
それも娼婦だったらという極端な例を言ったんで申し訳ない。

皇位継承については賛成します。

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 20:49:24.32
>>718
努力してる人間はみんなケチな陰謀家なのかよw

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 21:19:12.42
俺も傷心でベロベロに酔っ払って場末のピンサロ行っていざ本番ってなったら
オチンチンがヘロヘロでおっきすらしなかったんだ
その点我らがカイザーは童貞ながら一発で決めるとは流石ですな
その点ヒルダのテクニックが凄かったってことかいな

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 21:22:21.52
カイザーの主砲は百発百中よ

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 23:33:37.63
ラインハルトは自分が戦争の天才で、戦場で負けることなんて考えていなかったから
「新帝国の皇帝は必ず戦場に出て然るべき」と宣言してしまった。
同様に自分を全ての基準にしているから、将来の皇帝が皇后以外の女性と関係を持つ
可能性があるなんて、そもそも考えたこともないんだろうなあ。

旧銀河帝国初期はルドルフの先例に沿って何でも行われたみたいだが、新帝国でも
ラインハルトの先例と違うことが起こったら色々混乱しそうだ。

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/25(月) 23:40:15.97
遺言に従う義務はあるの?
従わないと帝国では違法?

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 00:32:32.50
義務はないけど有象無象から白眼視されるかも

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 00:34:14.13
とりあえずロ朝に反抗する立場になった奴は確実にネタにする。

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 00:39:24.54
ロ王朝の慣例てあまりないんじゃないかな 2年足らずだから
それよりゴ王朝時代の悪しき慣例以外はそのまま残っていると思う。
どういうのか解らんが・・・・・・。

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 00:46:53.45
>>746
一夫一婦制に移行するかは、アレク、それ以降の皇帝次第だな
これを明確に貫く皇帝が現れて、帝室法にも皇帝の座につくのは嫡子のみ、に変更したらね

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 00:46:56.69
>747
遺言に従わないと、権力闘争で攻撃の的になる。
たとえばどこかで反政府デモがあったとして、皇子Aがこれを話し合いで解決すると
「戦場に立つのを避けた」として皇子Bに批判される可能性が出てくる。

こういうのは言いがかりになれば何でもいいから、国でも企業でも創始者の遺言はかなり迷惑。

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 00:54:26.46
後醍醐天皇の建武の新政ではないが「朕(ちん)が新儀は未来の先例」として
実際アレクがロ王朝の基礎というか慣例を作っていくことになると思う。

例の「皇帝が戦場に立つ」もいくらでも曲解されるだろな

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 01:20:07.36
アレクが勅令出しても覆さないような道徳心を持つ教育をしてもらいたいね

やっぱやーめた なんて無し
一度勅令出して、それを廃止する勅令なんて出されたら堪らんよ

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 01:21:41.89
まぁ ヒルダが育てたそうだからアレクのしつけもしっかりしたでしょ

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 01:40:05.56
後にマリーンドルフ王朝時代と呼ばれるんだなw

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 03:40:33.01
マリーンドルフ伯・・・北条時政
ヒルダ・・・北条政子
アレク・・・源頼家or源実朝

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 05:04:00.32
梶原景時は?

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 05:16:35.46
天皇がいないね
公家もいないね
どんな国なんかね
やはり武家社会(軍事政権)か

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 10:37:52.73
軍人 商人 市民 解放農奴 貴族 共和主義者 その他大勢が
入り乱れたモザイク国家かな イメージ的にはローマ帝国初期
コンコルディア ( ローマ神話の調和の女神)を掲げて、征服した
諸民族をまとめて大帝国をつくったからなぁ。

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 10:58:51.03
中国史的には劉邦亡き後の漢王朝かな
実権は全て呂雉に握られ、強大な諸侯は全て劉邦に
粛清されており対抗できる者もなく呂氏の時代が来る。
しかし呂雉の死後、文帝が迎えられ、文景の治の繁栄が始まる。

劉邦=ラインハルト 呂雉=ヒルダ アレク=文帝 にすると状況は合う
性格や能力は全く違うけどね。

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 11:23:01.78
キルヒアイス=盧綰

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 11:52:24.70
樊噲=ビッテンフェルト

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 18:25:06.80
オーベル=川渡りの饅頭

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 19:33:33.16
ラインハルトが変えた先例に行幸の際の随員削減あったけど
アレクの代になると元に戻るかもしれない
国家なんてどうしても権威主義になっていくからな
ハイネセン自治政府もどうなるか

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 19:55:33.76
影武者、そっくりさんは
何人用意するのかな

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 20:03:02.52
プロポーズの際 黄色いバラを贈るのが先例になるかも
黄色いバラの花言葉は「嫉妬」「気紛れな愛」「薄れゆく愛」なんだけどな

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 21:26:50.02
>>765
結婚式もなんでもないホテルでやったけど、あれは絶対ラインハルト一代こっきりだな
アレクからは獅子の泉でかでやると思う
皇帝の結婚式が普通のホテルってのは、憐れだわ

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 21:35:17.96
フェザーンに獅子の泉か
中世風に変えられていくのはねぇ

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 22:18:26.31
そんな事フェザーン人は気にしないと思うな
遷都なんて鴨がネギ背負ってきたようなもの
フェザーン人が実質宇宙を手にいれる絶好機会だと思うぞ。

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/26(火) 22:38:53.16
宇宙世紀 改暦セレモニー記念演説
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20021422?group_id=deflist

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 00:33:22.11
フェザーンは自然に中世欧風建築と文化と人名が蔓延するよ
自然にね

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 00:46:19.86
>>771
その世界では、銀英伝の世界とは違って、「千年や二千年」(10巻から引用)「数千年後」(同)までずっと、人型兵器が使われてるぞ。

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 00:59:09.50
続けるとここで豚井とウンコーン使うからな

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 04:54:48.79
ラインハルト死後家康のごとく掌返したマリーンドル腐伯
建国の功臣たる軍幹部を次々陥れ帝国の実権を握る
オーベルシュタインが生きていれば…
当時摂政にして宰相となったマリーンドルフ大公の専横を苦々しく思う人達の間で何度も繰り返された言葉である
なんてなw

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 05:14:01.35
朝っぱらから脳が膿んでるぞ

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 05:21:46.94
大富豪を想像してみたい

帝国(皇帝一家を除く)、同盟、フェザーン
一番の金持ちは何者かな
とりあえずラインハルト皇帝戴冠時くらいがいいかと
同盟には財閥グループあるんかな

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 06:18:54.32
マリーンドルフ家が一番金持ってるんじゃねーの

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 06:59:50.14
>>778
リップシュタットに参加していない大貴族の中でマリーンドルフ家より金持ちは
いるだろうw

意外にルビンスキーが金持ちかもしれないw(匿名、偽名の名義の資産がw)

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 07:05:01.18
>リップシュタットに参加していない大貴族
そんなものがいたとして、オーベルシュタインが放置しておくはずがない。
内戦でラインハルトに味方しなかった貴族は、忠誠の証を明確な形で示すことを要求されただろう。

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 07:07:39.21
旗幟を明らかにしなかった貴族は全部取り潰された

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 07:29:06.21
貴族の財産や領地を取り上げるとして
誰の命令、指示なら実行可能なの?
まあ手続上の話なんだろうが

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 07:51:58.06
>>772
摩天楼にあふれた都市よりも緑に包まれた中世欧風建築のある
都市の方が個人的には好きだな
>>779
ルビンスキーはルパートのお母さん捨てて大富豪の入り婿に
なったから養父の資産を受け継いでるかもしれない。

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 08:26:47.27
>>782
専制国家なのだから皇帝の命令で十分だろう。
それに加えて軍隊の力を背景にされたら誰も止められんよ。

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 08:29:46.34
>>777
潰されなかった帝国の貴族だろうな フェザーンや同盟の金持ちとは
富の所有の桁が違うと思うな 次にフェザーンの大商人かな。
国力比に比べて人口が少ないから だけど推測だから信用しないでね 

大企業はあるみたいだけど、いわゆる財閥という複数企業集団なのか
それとも単一企業なのかは不明 あってもおかしくないけど

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 09:18:34.48
>>784
皇帝の命令で十分って最高命令でないすか
皇帝がわざわざ、ぶんどれと命令ださんといかんかな

787 :(゜∀゜):2013/03/27(水) 11:25:20.83
>>746
といっても、
ラインハルト自身、地球教討伐、ロイエンタールの叛乱時などは、
部下に討伐や戦いをまかせて戦場に出ていないのだから、
それほど混乱は無いと思うね。

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 12:02:45.93
後世では金髪は常に前線にいたというイメージが誇張されそう。
ヤンが後方から指示していたと思われてしまうのとは逆に。

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 12:46:55.23
カイザーは常に敵に胸を晒したまう

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 13:24:37.68
大貴族でマリーンドルフ伯爵家より金持ちそうで爵位が上なのは、ほぼブラ公ついたんじゃないの?
中立でも累進課税とか課せられて、マリーンドルフ家より貧乏になったと思う
ラインハルト側についた貴族は手加減するって書いてある事から

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 14:50:10.20
>>789
男の胸なんいらんわぁw

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 19:33:50.65
「問題は被弾率ではなく、損耗率と〜だ」
「問題は命中率ではなく、損耗率と〜だ」
こういうニュアンスの台詞って小説中に出てきますか?
どこかにあったはずなのに、正確な用語や場面が思い出せないです。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 19:48:15.26
出てきません

次の質問どうぞ

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 19:57:18.19
そんな細かい戦術の話は銀英伝にはほとんど見受けられません

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 20:08:11.69
>>794
「ニュアンス」・・・なので似たような台詞ということでした。

「問題は生存者の数では無く、戦える戦艦の数だ」が探してた台詞です。
お騒がせしました。

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 21:46:31.08
>>795
それ、劇場版その1「わが征くは星の大海」のロボスの台詞だと思ふ。

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 21:48:15.55
ビッテン辺りがいいそうだな。回廊の戦いで
「敵は一万味方は二万、味方一艦で敵一艦を屠れば味方は一万残って大勝利」
みたいなこと言ってたのはアニメだったか?

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 21:51:47.76
>>780-781
キュンメル男爵やペクニッツ子爵はリップシュタット戦役では両陣営に
参加しなかったけど、取り潰されなかったぞ。

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 22:23:59.36
>798
780も781も「参戦」を条件とは書いていない
それにキュンメルもペクニッツも残しておく意味はあっただろ。

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 22:58:42.08
ペクニッツ子爵家はもしかして皇帝の予備としてオーベルシュタインに
保護されていたのでは・・・・・・・・・・・・。

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 23:03:14.95
>>798
参戦じゃねーよ
ラインハルト支持して領地と財産の安堵の証文もらわなかった奴らがひどいめにあった
さすがにヴェスパトーレとシャフハフゼンは何もしなくても安堵されたと思いたいが

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 23:04:47.14
キュンメルもマリーンドルフの縁続きということで特に何もしなくても助かったかもな

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 23:06:35.28
>>797
小説でも言ってる
そのときは1対1の交換ができなかったけどな
しかしできたとしてもそんなこと司令官が広言しちゃあうまくいくものもうまくいかないだろうけどね

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 23:07:49.37
>>801
2巻読めよ
ブラ公側についた貴族の財産はことごとく没収
それ以外の貴族は累進課税やらの制度適応
でラインハルト側についた貴族は手加減する必要あるって書いてある

酷い目遭ったとしたら、それはブラ公ついた貴族
そのブラ公についた貴族も、マリーンドルフ伯爵が援助してて、抹殺されたわけでもない

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 23:17:03.95
ラインハルトは優しいな ルドルフだったら農奴に落とすか
強制収容所行きなんだけどwwww。

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 23:24:37.13
貴族もそれなりに力が残っててあまり無茶もできなかったんじゃなかろか?

807 :(゜∀゜):2013/03/27(水) 23:26:52.94
ルドルフは腹心がテロで暗殺されたら、
容疑者として2万人を処刑したからねー。

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/27(水) 23:31:55.81
う〜ん キルヒアイス殺された報復にブラ公爵の領民を熱核弾頭で
皆殺しするのを想像してみたが無理だった
なんだかんだ言ってラインハルトは甘いな。

809 :(゜∀゜):2013/03/27(水) 23:35:58.06
>>806
二巻の描写だと、絶対的な権力を握ったら、
よほど役にたつものを除いては粛清、民衆が血を求めるなら彼らに与えるみたいな、
物騒なこと書いてある。

ただ味方した貴族に対してはてかげんする政治的必要があるから、
敵にまわる貴族が多ければ多いほどよい、みたいなことも書いてある。

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 00:18:12.81
>>804だけど、確認したら下一行の記憶にしてたのと、ちょっと違った
援助じゃなく、没収された資産に対する補償だった
こんな事認めるラインハルトだから、まぁなんだかんだ言って甘いねw

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 00:59:52.38
まあ貴族制度は嫌っていても貴族たち個人にはなんの恨みもないわけだし

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 07:18:37.64
>>803
アニメではパエッタも言ってるんだが、ビッテンのは猛将らしいと好意的に
書かれ、パエッタのは愚将みたいに描かれるのはなんでかね??

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 07:28:17.69
>>812
ヤンの引き立て役を割り当てられてしまったからねえ
あとはおっさんだからかな?

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 07:29:00.60
銀河英雄伝説にはヤン・ウェンリーと引き立て役の男たちとルビをふりたい

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 09:30:48.46
>>804
>そのブラ公についた貴族も、マリーンドルフ伯爵が援助してて、抹殺されたわけでもない

その援助も、ヒルダが結婚する時点で打ち切られるんじゃないかな。
政治的頂点を狙える立場の者が、困窮している勢力に対して個人的援助をして味方を増やして・・・
ってのは簒奪の準備だもの。
徳川家康が秀吉の死の後にやってたことだね。
疑わしいことはしない、ということで職を辞したくらいの人だから、そんな怪しいことはできないと思う。

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 10:10:03.20
あれだけ貴族を憎んでいたラインハルトが
貴族制度を廃止しなかったのが謎

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 10:40:29.54
>>816
ラインハルトが、ヴェストパーレ男爵夫人やグリンメルスハウゼン子爵と
出会わなかったら、貴族制度を廃止したかもしれないな。

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 10:43:41.76
いきなり貴族制度を完全に廃止するのはリスクが大き過ぎるだろ

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 11:23:38.24
味方にも貴族出身者が多数いるのに廃止出来ないだろ

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 11:39:33.19
貴族出身のオーベルやロイエンが死んで軍上層部も平民主体
になるからどうかな。

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 11:41:08.28
残った中で最大の貴族マリーンドルフ家は近い将来断絶だしなw

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 11:42:52.62
>>819
別に貴族制度を廃止したら、オーベルやロイエンが死ぬわけじゃないだろ。その気が
あれば廃止できるよ。地の文では緩やかに廃止して皇帝と人民が直結する政治を目指
すとかなんとかとあったね。

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 11:48:08.15
たぶんアレクの代で貴族制廃止と
それに反発して西南戦争みたいのが起こる。

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 13:36:08.07
貴族制廃止したら、ロ王朝の帝位継承から外れた皇族を○爵に出来ず、皇族から一気に平民だ
女性皇族も皇室内に目ぼしい男性皇族いなきゃ、結婚するなら平民相手で、結婚に苦労するだろな

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 13:37:25.12
>>823
西郷隆盛役に適任な奴がいないぞ。

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 13:43:54.69
アレクが成人するまで20年ある。その間にラインハルトやヤンの足跡を研究して
それなりに野心や戦略を抱くやつが出てきてもおかしくないだろう。

貴族特権がだんだん無くなっていけば、従来のように寝転がってれば領地から
税金が集まるわけでもなく、貴族でも頭を使わないと生き残れない時代だろうし。

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 13:45:11.30
残った元帥でフォン持ちはアイゼナッハだけ
つまり西郷どん=アイゼナッハ
桐野はトゥルナイゼン

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 14:20:50.05
>>812
ビッテンはコメディリリーフ的脳筋キャラ―猛将()として確立していたからねぇ。「ビッテンなら仕方がない」と。
パエッタはアニメオリジナルシーンでビッテンみたいな背景がない上に、知将ヤンとは対照的
な引き立て役の愚将ポジションだからなぁ。

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 16:14:50.10
上司にするなら?
キルヒか?前線出るしな
後方勤務のキャゼルヌか?

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 17:37:36.42
ビッテンも戦略面で発言すると大概論破されてたけどな
言ってる事は間違ってないのに

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 17:58:51.70
>827
アイゼナッハの元帥府に貴族出身の将校が集まり口々にまくしたてた。
「元帥、貴族制廃止と言い、帝国の昨今のありようはあまりにひどすぎます!」
…(眠たいので静かにして、と人差し指を立てる)
「元帥も注意すべきだとおっしゃっている。しかし、これでは共和主義者が帝国を乗っ取ったも同然です。」
…(ちょっとウイスキーが飲みたくなったので指を二回鳴らす)
「そうです!今こそ我らが起つべきです!」
…(毛布を掛けて、と片手を振る)
「そうだ、そうだ!ジーク ライヒ…」

こうして、帝国を、そして元帥たちを二分する大内乱の火蓋が切って落とされた。

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 18:02:18.61
ビッテンやオーベルみたいに
最短距離を行くだけで周囲の事を考えてないのに正論扱いされるのは違和感あるな

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 18:06:32.08
>>824
>女性皇族も皇室内に目ぼしい男性皇族いなきゃ、結婚するなら平民相手で、結婚に苦労するだろな

別にそんな話は珍しくもない。
日本でも皇室から一般人に嫁いで皇籍から離れたサーヤという例もあるわけだし。

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 18:13:25.03
>>826
>アレクが成人するまで20年ある。その間にラインハルトやヤンの足跡を研究して
>それなりに野心や戦略を抱くやつが出てきてもおかしくないだろう。

アレクの時代は大規模な戦争が発生する可能性がとても低いから、いくら研究しても応用は
難しいと思うよ。
両者とも軍人で、軍功によって地位を得たわけだし。
小説でも、最終刊あたりで戦争がなくなることで出世の見込みがなくなる将兵が必死に頑張る、って
いう描写があったはず。

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 18:52:48.75
>>830
オーベルシュタインとは別ジャンル、別ベトルの正論屋なんだよ(仲が悪いのは近親憎悪なの
かもしれない)。
戦術レベルで直感的に本質を見抜くが、それを戦略視点から合理化する頭がないから、ただ
単純な意見になってしまう―で、「そう簡単にいくかよ!」と論破されてしまう、とw

脳筋戦術バカは考えてなさそうだけど、戦略的肝はあまり間違えない―「目の前のすべて敵を
倒せばいいのだーッ!」と並外れた戦闘力で突っ込んですべてを粉砕すれば戦略もクソもないっ
てだけかもしれんがw

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 19:06:35.31
ラインハルト崩御でヤッホー!ガッツポーズした主要キャラは誰がいる?

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 19:08:21.86
>>832
正論とは、要するに「正しい理だけで成り立った論」だからな。
しかし、現実の問題と言うのは、あっちこっちの都合―ほとんどが非合理的で歪なわがままの
絡み合い、押し付け合い。一般には、それを調整・整理して是々非々でまとめることを現実的
な「解決」とするから、理だけの「正論」は誰も得をしないぶった切るだけの、乱暴な論になって
しまう―と。
問題の本質に対する論理的解法だから、大抵は正しい。正論

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 19:21:09.85
ここは日本語講座スレです

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 19:39:35.08
>>836
原作読んだ限りいなかったような気がするが
ヴェスターラントの件でラインハルトに詰め寄って死刑になった兵士の関係者あたりか

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 20:06:16.85
>>832
オーベルのはほとんど屁理屈に近い時があるからなw

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 20:06:48.96
ベイオウルフ勤務かブリュンヒルト勤務

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 20:49:24.30
>>825
ビッテンフェルトで

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 20:51:42.88
>>828
実際のとこパエッタってかなり有能だと思うんだ
第一巻だけでいくとビュコックの次ぐらいに有能

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 21:01:56.37
14艦隊?15艦隊?の時は大人になったな
そもそも相対評価になるから仕方ないけど
艦隊司令になれるんだから、有能なんだよ本来は

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 21:20:05.89
持論なんだが、たとえ他人、上司、同僚、部下からどんなに批判されようと
最後まで生き残った人が有能だと思うんだよね
中途で戦死されても無能か有能の評価ができない
キルヒもラップも

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 21:30:00.63
>>845
その話は「銀河英雄伝説」になるのか?

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 21:30:56.86
その基準だとシュターデンはロイエンより優秀という事になるのか

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 21:47:23.33
ラインハルトは貴族に対して餓死したくなければ働けと発言している。
逆に言えば、働くなら貴族の生存を認めるということかな。
それにしても、領地や財産没収されたからといって働けば
生きていけるのに餓死するなんて貴族は普段どんな生活して
いたんだろう? 平民は理解に苦しむよ。

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:08:51.56
働けといっても単純労働やれというわけじゃなかろう
資産を元手に企業経営したっていいはず

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:17:37.83
企業経営は無理かと 後ろ立てもない憎い貴族と新規に取引する?

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:20:08.14
貴族の商法って言葉ができるだろうな

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:21:49.43
資金運用して共同で銀行やサラ金でも創立すればいい
社員はフェザーンから引き抜く

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:24:57.41
>>849
財産没収されてるのにどうしろと

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:30:49.27
銀行や金融業をするのにどれだけの資本がいるんだよ
領地や財産は没収されているんだが 
官庁の許認可だっているだろうし、先行している銀行や金融業だって
新参者には厳しいよ
何でフェザーンから引き抜くんだ? 地元採用して地域に貢献しよう
とか考えない 

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:37:51.50
>>847
優秀ていうよりは有能ね
確かにそう思うよ
シュターデンはともかく
巻き込まれないように早く勇退した人とか
自分から火の中に飛び込まない人の方が有能と思うんだ
英雄にも伝説にもならないけどね・・(笑)
作中で死んだけどオーベルの敵前逃亡の判断やラインハルトに泣きつく
ところなんか有能だよね
ファーレンハイトの考え方も好感持てた

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:38:17.35
>>853
自分1人が生きていくのに困らない程度の金は残してもらってるんじゃなかったっけ?
それを元手に起業するしかないな。まあ、銀行作るとかは無理だろうけどなw

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:44:53.19
>>854
どんだけ資金いるんだ?
フェザーン人を採用すんのは帝国にノウハウがないから
資本社会になるなら構ってられない
財産没収もあまりにもなんていうか
隠し金くらいあるっしょ
労働所得が困難ならデイトレなりヤミ金なり正規の金融業なり
有り金を動かすしか思い付かない

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:46:18.81
なんで貴族が餓死寸前までいくのかわかったよ
世間知らずの貴族が、起業なんて考えて残された資産注ぎ込んだら
そりゃ文無しになるわ。

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 22:56:52.75
貴族が飢餓
このランズベルク伯
見るに耐えませぬ嘆かわしいですぞ

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 23:14:37.41
帝国行政のセーフティネット社会保障はどうしようと考えてるん?
全部の貴族、平民、農奴、非人、旧フェザーン人、旧同盟人に対して
しばらくは夜警国家?

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 23:39:18.39
どうかな
社会保障は金食い虫だからな ただローエングラム王朝の特質に
社会保障の充実があるそうだからそれなりに整備されたのでは

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 23:44:35.67
>>859
そういやランズベルク伯は自分が書いた詩集を売ろうとしてたよな。
貴族としては工夫した方だが、哀しいかな才能が無かったw

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 23:49:25.85
でも、ランズベルク伯は手元に宝石を身に着けてだまし取られず
売りさばいたからから賢い。
おまけに、部下に裏切られず包囲網をくぐり抜けてフェザーンに
亡命できたんだから凄いよ

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/28(木) 23:56:27.30
ヘボ詩人は人柄は悪いやつじゃなかったみたいだからな。

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 00:02:54.98
部下に助けられたんだろうな 出版社も見る目が無い 名前だけ借りて
ゴーストライター付けて「リップシュタット戦役史」発売すれば
ベストセラーだっただろうに

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 00:24:19.13
「ブラ公は賊なる金髪の潜入工作員により卑劣にも毒をもられ暗殺された」

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 03:51:27.23
>>853
そら貴族連合派やリヒテンラーデ一族だけ。
「働け」はそれ以外の中立、味方の貴族向け。

>>854
いきなり企業形態ではじめるこたぁない。
個人間の借金という形態ではじめて、稼ぎを投資などすればいい。

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 06:32:04.32
>>867
敵対した貴族は「死ね」だからね

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 07:50:49.45
>>868
モーデル少年の家も滅亡しちゃったかな。少しは恨む気にはならんのかね?
最大のテロ対象の近くにいる訳だけど。

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 08:19:12.99
微妙なお年頃だからね そばで綺麗なお姉さんが優しくしてくれて
憎め ていうのは難しい。ヒルダとの会話でも完全にアンネの崇拝者に
なっている。

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 08:57:02.70
彼の親は直接戦闘には参加しなかったのかな?戦死とかなら別だが
経済的困窮で死亡?あるいは生存はしてるのかね?でもそれじゃあ
引き取られてる理由ないからやはりもう家はないんだろね。

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 12:22:00.14
憎しみとか
薪のベッドに寝て
苦い肝舐めてなきゃ
忘れちゃうもんだろ

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 14:36:03.08
>>869
アンネローゼには心酔してたがラインハルトには明らかに隔意があるぞあいつ
ヒルダに余計な事すんなと遠回しに文句言うくらいには

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 14:46:01.04
アンネローゼを第一に考えてるってだけで
別にラインハルトに含む所があるようには思えなかったが

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 15:20:44.56
お家断絶で恨んじゃいなさそうだが
お姫様を守る騎士のポジション争いでは露骨に敵意を見せていたな

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 16:16:24.66
僕とアンネ様の密やかな山荘暮らしに介入するんじゃねえよゴラ、みたいな

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 18:03:15.77
貴族(領主)の仕事って
領地を治めることだろ
武力を背景の統治が
できなくなるから
頭を使えって

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 18:35:53.21
借地借家の貴族の仕事はなにすればいいんだろうか

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 18:39:03.62
兵隊さんになればよい

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 20:35:03.73
娘を売り飛ばすお仕事

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 21:23:20.34
別に平民がやってきた仕事なら何でもあるよ 職業に貴賤なしだろ
楽して儲けようと思ったら碌なことは無いよ

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 21:25:26.39
てっとり早く、令嬢は娼婦に、御曹司は軍人にw

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 21:30:29.58
喰ってはいけるだろうが、基本娼婦も軍人も貧乏人だぞ

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 21:33:09.73
おれは金正男みたいになりたい

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 21:40:49.78
モーデル少年はあのままでいるつまりかな 学校でも行った方がいいと思うけど

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 21:51:20.61
その辺はアンネが気を回すんじゃないか

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 21:58:56.03
帝国であの歳ならもう学校ではないんじゃね、士官学校なら別だが
公爵夫人の元で宮廷仕込みの礼儀作法を学ぶ方がよほど得難い経験になるだろう
アンネローゼに尽くすことでお家再興も許されるかもしれないしな
まあラインハルトに対して怨恨なんかは無いだろう
むしろ貴族軍に味方した父親の愚かさを恥じてるくらいのものだ

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 22:01:19.80
あ、伯爵夫人か。大公妃やらとごっちゃになってた

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 22:08:28.15
士官学校卒だけが出世する方法なのかこの物語は
一般大学出て大出世してるなんて現実ではいっぱいあるよね
この伝説でそういう人って出てこないよね

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 22:16:15.84
戦争の時代だからな 戦争が終わったら文官の時代が始まるから
大学くらい出ておけばいいと思うけどね
フェザーン最大の商科大学出て商人になるのもいいかもね

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 22:39:02.63
入試はないんかな
商科大つうとバカっぽいイメージぷんぷんなんですけど
創造学園大学の方がまだマシ

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 22:56:20.28
経済学者や経済官僚そして独立商人を多数輩出したそうなんだけどね。

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 23:13:48.28
高度産業経済界のある時代の貴族だったら貴族特権使わなくとも
普通に株式取得や資産運用など合法の不労所得でやってきてそうなものなのに
王朝交代と貴族特権の廃止くらいで
貴族の時代が終わりになる世界とかどうも腑に落ちん

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 23:20:20.31
株や資産を全部没収されたらどうしようもないだろう
腑に落ちん と言う方が理解できんよ

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/29(金) 23:48:06.14
資産没収とかなんの権利でできんの?

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:08:24.88
現代日本ではできない 個人の財産は憲法で保障されている。
帝国には憲法はない。皇帝の意思が全てに優先する。

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:09:04.50
んな無法を行ったら経済破綻するぞ

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:11:40.94
>>891
同盟には間違いなくあるね。アッテンは第一志望の大学には落ちて、士官学校には合格した。
浪人とかの選択肢はない状況だったようで軍人に。

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:18:16.86
>>897 何をいまさら
専制国家なら可能だろ 対象も250億人中の極少数だし
法律で経済統制もできる。
民主国家なら経済破綻や恐慌もありうるだろうけど

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:27:29.55
専制国家なら可能って、それどんな夢物語だよ

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:33:20.32
>>900
リヒテンラーデ宰相に対するクーデターが法律にのっとって行われた、
とか思ってるの?

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:34:13.38
ルドルフは40億人もの民衆を処分した。民主国家でそんことできると思う。
当然その資産は国庫に没収されただろうな。

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:50:03.51
>>901
経済破綻しないことと何の関係もないな。
お前何言ってんの

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:53:13.57
>>903
貴族の資産を没収したらなぜ経済破綻するのか説明してほしいな

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 00:56:44.09
まぁ藩、お家を取り上げられた家臣達が命令した将軍ではなく
他人をリンチしに行くお国柄の国もある
ホントにイジメや虐待があったのか自刃させられた
本人の妄想だったかもしれない
だから皇帝の無茶ぶり勅令を恨まないかもしれない

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 01:03:59.10
江戸幕府はいい例だね
赤穂藩以外にも転封・改易になった大名家は数百あるが、経済破綻にはならなかった

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 01:16:56.08
>>903
門閥貴族の財産没収しても帝国の経済は破綻するどころか
富の再配分や投資の増大で経済が活性化して国力比が増大しているんだが

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 01:23:51.97
武士の特権を廃止した明治維新で日本は経済破綻したんだなW

むしろ負け側の貴族の財産を経済破綻を恐れて手を付けないって
そんなことあり得るわけ無いだろw

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 04:30:13.77
上でも出たけど資産没収はブラ公側に着いた貴族のみだった筈
フランス革命やイギリスでも絶対王政崩れても
残った貴族はブルジョア市民にスライドするだけで済んだ
ロシアみたいに国を離れて亡命という訳でもない
ロ王朝の貴族社会崩壊が解せないって話なんだが

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 08:44:20.03
アンネローゼは15の頃から皇帝にあらゆるプレイを強要されて
全身開発されて無いくらいの淫乱になっちゃってるんだよね、実は
だから解放された後も男無しではとても耐えられないんだ
しかも美少年が大好物という、自分を汚した皇帝と同じ性的嗜好を持つという
なんとも因果な女性になってしまったんだ

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 08:57:34.09
泣ける話だな

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 08:59:44.63
>>907
「反逆した」門閥貴族だろ。
「全ての貴族の財産没収」を無法と言ってる流れなのに、お前何言ってんの

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 09:26:43.53
リップ戦役の後
協力派の貴族→安泰
門閥貴族連合軍に参加した貴族→資産没収→餓死寸前に
中立派の貴族→貴族特権の廃止→固定資産税・所得税を
取られるが資産や領地は安泰(?)かな

三つに分かれたのが混ぜて批評されているような

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 09:40:52.01
経済破綻するとかアホなこと言い出した奴が悪い

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 09:41:44.00
銀河帝国の設定からしてアシモフの銀河帝国をモチーフにしているように専制国家の皮をかぶった
管理国家だから銀英伝の貴族(というよりルドルフの支配のための階級制度)はその成立過程からして
ロシアやイギリスの封建貴族とは種類が異なると言える。参考にするなら19世紀の欧州を参考にするよりも
ソ連崩壊による政治に密着したノーメンクラトゥーラや新興財閥の盛衰のほうが参考にしたほうがいいよ。

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 09:53:09.87
帝国だと「全ての貴族の財産没収」したとしても無法じゃないよ
憲法の無い国だから ちなみにフランスだと75%の所得課税は
違憲との判例がでている。

 

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 10:02:26.63
>>916
で、帝国だと「全ての貴族の財産没収」したとしても経済回るの?

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 10:09:49.59
>>916
ただ現実問題として、全ての貴族の財産没収を実行したら、
貴族に雇われている平民が全て雇用を失い、また領地の
農民の生活が脅かされる恐れがある。
さらに、全貴族で横のつながりが起こり、不平平民や
農民と結託して反乱を起しかねない。
そうなると、ラインハルトの主たる支持層である平民を敵に回す
恐れが出る。

リップシュタット戦役後、ラインハルトに忠誠を誓った貴族に対して
全財産を没収するのは現実的ではない。

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 10:21:28.05
銀英本編じゃそんな恐れなかっただろ

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 10:21:30.20
前提となる帝国貴族がどれくらいまたどんな形で帝国経済に関与
していたか不明だから想像でよければ

帝国貴族の収入が領民からの税金や金融資産だったならば
帝国がそれらを代行する形で徴収・運用すれば市場に与える
影響を最小限に止めれると思う。 もちろん同時に経済政策と
して公共投資等を行い社会に還元する事も必要。
他にも税制の変更や色々な政策が必要だが長くなるから割愛します。

失敗例としてはジンバブエを参考にすればいいかも。

>>918 そのとおりだと思います。

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 10:43:35.97
経済破綻とか言い出したときには、すべての貴族の財産を没収とか言ってなかっただろw

922 :918:2013/03/30(土) 11:03:35.36
>>919
リップシュタット陣営の貴族の場合、戦費確保のため領民に対し税や物資など
過酷な徴収を行った。
それで、貴族に対して反発が起こりヴェスターラントの悲劇の要因となった。
ゆえに、リップシュタット陣営の領民はラインハルトによって貴族財産を没収し
農地解放されれば、生活改善が期待でき、もろ手を挙げて支持をする(可能性が高い)。

一方、リップシュタット戦役で中立の立場の帰属の場合、領民に対する
税はいつもとほとんど変わっておらず、領民の貴族に対する反発は
小さい。(反発はあっても変化は小さい)
その場合、領民は現状維持を望む。環境の変化で生活環境の悪化を恐れるから。
そんな貴族の財産を没収して農地解放されても、領民の生活が激変
することになり、不安を持つことになるだろう。

これが、平民を敵に回す大きな要因となりえる。

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 11:14:19.77
貴族に支配はされていてもそこそこ暮らしてた領民に、
「お前ら今日から自由の民だぞ」とか言ってもね…

領民の中には、余計なことしてくれやがって、という人達もいたはず
「オラ解放なんかされたくねえ、ここの領主さまはいい人だ〜」

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 11:55:47.69
「優しい主人のもとに奴隷であるということはある意味もっとも楽な生き方」だとナルサスが言ってますた

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 12:09:47.91
>>906
まあ、経済の主体が商人とかに移っていたからな。
武家社会全体で見れば、大名の経済力ゴリゴリ削っていたから、制度疲弊と合わせて300年で
ガタガタになった。

>908
それはむしろ、薩長の田舎者が幕府憎しで幕府の優秀な官僚機構ぶっ壊した挙句、その代行
を自分らで出来なかったからだろ。結局、役人連中戻してどうにかしたと。

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 12:26:17.57
>>923
別にラインハルトは奴隷解放のようなマネはしてない。
結局、没収した門閥貴族領をどうしたかは触れられてないしな。司法と税制の平等化と各種
規制緩和・自由化くらい。
戦国時代なら配下の武将に与えて支配・統治させていたところだろうが、それはなかったよう
だし、普通に考えて、直轄領化→領主の代わりの代官送るってところだろうな―何のことはな
い。頭挿げ替えただけかも。
ほぼ都市部平民くらいしか、「改革」の恩恵は受けてなさそうだな。

前にも議論になったが、貴族領の実態や農奴・奴隷階級の実態はほとんど触れられていない
から不明としか……農奴云々はルドルフ時代が中心だし、政治犯の流刑の言い換え以上の感
じはないしな。言葉だけから考えてもしょうがねぇ。

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 12:55:53.68
奴隷解放農地解放たって
仮にただで農地貰えたとしても零細農民が大量にできるだけで
巨大資本も経営ノウハウもないのに理屈からすれば
>農地解放されれば、生活改善が期待でき、もろ手を挙げて支持をする(可能性が高い)。
なんて無いと思いますがね

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 13:01:48.65
>>927
農民金庫なる融資制度も作ったとあるな。まあ支持されたんだろ。
相変わらず農奴農奴と連呼する人いるけど、大多数の農業従事者は
いわゆる小作人で平民だろ。

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 13:15:53.82
>>927
帝国の民衆がラインハルトを熱狂的に支持したそうだから
支持されるだけの政策をしたんだろうな。
どういう政策かは、農業政策について調べて考えるとといいよ。

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 13:19:24.88
>>929
だから
>帝国の民衆がラインハルトを熱狂的に支持した
のが嘘くさい話だっていってるんだよ
主人公が善政を敷いて指示された理由に挙げるには

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 13:20:42.33
>>927
ただで土地もらえりゃ今までよりは確実にいいんだから支持するでしょう。
まさか、この土地はおまえのものだから多額の固定資産税すぐ払えとかせ
んかぎりは。

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 13:25:45.94
>>930
「ラインハルトを熱狂的に支持した 」文章が嘘と言われたら反論しようがないんだが

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 13:31:00.60
その支持がウソってことにするために屁理屈こねてただけかよw

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 13:40:35.79
>>929「ライン・・・支持した」文章があるだから、なんらかの政策行ったと推測
>>930「解放されたから支持をするなんて無い」だから、熱狂的に支持した文章は嘘くさい

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 13:44:19.81
まあ「支持されませんでした」とは書かんだろうからなw

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 13:52:35.85
農地を下されたときのポカーン具合とかゴタゴタ騒動描いて
「ああ衆愚に真珠衆愚に小判」とかニヤニヤすんの芳樹好きそうじゃん。

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 16:04:15.83
そういう選民思想からの対極こそがヤン=ウェンリーというキャラクター
にあるのだが、一度として自己犠牲的な正当化などせず、本人の口から
ヤンも含む「衆愚」自身の努力が民主政では必要だということを何度も
語られているだろうに。

この作者はそういう昨今のラノベに多いエヴァンゲリオン発のセカイ系から転じた
無教養な自己肥大意識の激しさとは遠いよ。薬師寺涼子のようなキャラクターには
泉田視点の文章による韜晦が入っているようにね。

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 16:30:09.97
>この作者はそういう昨今のラノベに多いエヴァンゲリオン発のセカイ系から転じた
>無教養な自己肥大意識の激しさとは遠い

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 16:39:17.23
ヤンこそ「マッタク衆愚政治の度し難さには絶望しちゃいますよ。ま、せいぜい努力してますがねwww」
的何様上から目線ラノベキャラの元祖。

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 16:46:54.52
貴族から資産没収奴隷解放
→新体制計画→あっという間に国庫すっからかん→内乱→恐怖独裁政治
歴史の定番

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 16:53:53.66
>>939
正にメアリー・スー的上から目線キャラを
この時代になっても妄信する信者の解釈に相応しいし

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 17:01:16.65
政治の世界のヤンと金髪、ロイエンタールが最も恐れた男トリューニヒトが死んだ時点で民主制の芽は絶たれた。

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 18:40:02.02
法や議論でなく個人に依存するのは民主制から程遠いよ。

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 18:44:03.29
>>940
まんま銀河共和国末期からのゴールデンバウム王朝のコースだな。

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 18:54:56.42
「歴史は繰り返す」

昔から言われてる言葉だけあって、さすがに信憑性も実感もあるよなw

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 19:33:46.42
でも文明ていうものを人類が授かって、たかが4〜5000年
近代的な政治なんて、たかが2〜300年
将来、なんざわかりましぇんよ
まぁ民衆が飽きるのは50〜100年くらいな感じかねぇ
つまり3世代以上耐えると政権が長くなる様相だよね

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 20:10:40.29
農民金庫と融資制度だけで経済の基本をすら覆すラインハルト
すごい説得力ですね(棒)

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 20:20:34.95
>>947  経済の基本て何?

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 20:25:11.26
経済の基本……国力?
つまり戦争で国力(人材)を大量に喪失してる…って意味かな?

違ったらごめん

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 20:33:20.39
経済の基本・・・・・・そろばん?
つまりラインハルトはがそろばんできない・・・って意味かな?

違ったらごめん

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 20:35:52.28
思うに、帝国の政体というのは、 帝国政府の直轄領以外に大貴族の領地が混在していた
緩やかな連邦制に近いものだったのでは。
貴族の領地を没収するということは領地の全てを帝国直轄領にするということで、つまり
連邦制から中央集権制への移行を意味するのではないかと。

どれくらい混乱するか、移行後にどれくらい安定するかを想像するのに、明治維新が参考に
なるんじゃないかな。
個人的には貴族の領地を全部取り上げたからといって、経済的な混乱はほとんどないのでは
ないかと思う。

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 20:49:12.84
ちょっと皮肉な見方だけど、ルドルフは貴族に領地を与えることで
地方分権を進め、ラインハルトが大貴族を滅ぼしたことで再度中央集権化を
進めたとも思うな。

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 22:08:39.20
経済破綻、金融破綻、国力衰退?
結局、物の価値を人の手で上げ下げするから起きるわけだ。
ふるーい農作物不作とか飢饉とはちょいと違うな
在るとこには在るし、無いところには無い
主義者ではないが完全共産社会なら起きにくい
念のため完璧なパーフェクト共産社会ならばね
人間では不可能

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 22:11:16.31
蟻の社会だとうまくきそうだな>共産主義
(働かない働き蟻もいる事が発見されてしまったからイメージだが)

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 22:11:27.92
皇帝の絶対的な権力、政府、軍の決定には皇帝の娘婿のブラ公でさえ逆らえないほど強力な政治体制、
十分中央集権じゃね。
隠然たる力を大貴族が持ってたのは確かだが、フリードリヒがやる気なかったからというのも大きい。

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 22:24:36.71
幕藩体制で藩ごとの自治権があって独自の文化や風習は育成された
イメージなんだけど
貴族の領地領民に帝国政府の行政や司法が直接及んだか不明だが

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 22:58:18.54
年貢と軍兵人員を納めれば
貴族領地内はなんでもありと思う
それで不満な農奴が中央政府に直訴に行こうとしたり
一揆が起こるとなると・・・
蒸発するわけだ

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 23:15:17.41
時代劇の影響かなぁ
皇帝=将軍 貴族=藩主 軍人=旗本 帝国騎士=御家人と
置き換えてみても違和感ないな 後宮=大奥もあるしw

暴れん坊将軍ネタはやめてね

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/30(土) 23:48:12.80
ヨシキは日本人だし、身近な封建制度も脳内にあるし、
江戸以前や明治貴族も知らぬ間に作品に入っちゃうだろうね

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 00:02:31.78
>>955
それは中央集権とはいわない。

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 00:05:31.29
経済解放して混乱が起きない農奴解放して何故か臣民に熱狂的に支持される
銀英の経済は市場経済じゃないらしい

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 00:30:42.78
社会主義国策経済でないと管理しきれんだろう
しかも、競争相手が最初からいないんだから
国内だけで市場資本経済社会は無理だよ
いくつか独立性の高い自治国(州)でもあればいいが
紛争、内乱の火種になるね

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 01:03:55.23
>国内だけで市場資本経済社会は無理
でもそういう設定なんだろ帝国って
本編否定じゃん

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 01:10:27.04
え?帝国って市場経済だったっけ
少なくとも個人主義の自由資本ではないと思うが
あれ、勘違いかな

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 01:34:05.91
>国内だけで市場資本経済社会は無理だよ

江戸時代はどうなんだ?
鎖国してたし、米市場に吉宗が介入しても効果がなかったくらいだが

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 01:46:54.88
藩が自治州みたいなもんだからだよ
だから帝国が統一の経済体制、政治体制でなく
一定程度の連邦体制ならば可能だということ

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 01:52:23.42
そもそも、「市場資本経済社会」ってのは、何を意味して言っているんだ?

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 01:55:16.47
各藩は江戸や大阪などの商業の中心地に蔵屋敷たくさん建てて特産物を交易してたよ

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 01:59:18.52
>>967
言葉が間違いなら直してくれていい
意味が理解できないなら調べてくれていい

どう表現すればよいのかと
帝国の経済体制を正確に教えてくれればいい

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 02:11:26.13
>969
帝国は普通に資本主義経済だろ。
「市場資本経済社会」なんて用語はない

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 02:11:50.01
>>969
よほどガチガチの統制経済でもない限り、市場があるのは当たり前。
市場がある以上、資本が重要視されるのも当たり前。

こう聞いた方がわかりやすいかな。「市場資本でない経済社会ってどんな経済だ?」

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 02:19:31.32
なんだかマルクスっぽくなったね
資本や市場は○○学で違うんでないか
経済学や法学や政治学や社会学や哲学で
今回の場合は経済学か

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 06:06:52.59
国家単位で商売してるわけじゃないし企業活動がメインになるだろ
そのうち国家システムも企業が担う形になって銀河帝国は実質的に滅びそうw

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 06:16:12.50
ローエングラム帝国を滅ぼしたくなければ
大和日本を見習うべきと思います
なんだかんだで1500年続いちゃってますよ

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 06:49:18.34
天皇さえ居れば後はどうでもいいのかってぐらい途中で変わってるけどねw

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 07:33:22.77
脱出前のハイネセン達は、給料をもらっていたんだろうか。
食料や日用品などの現物支給のみ?

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 08:17:33.86
そりゃ奴隷なんだから最低限の食料のみだろ。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 08:22:53.14
強制労働させれたわけでアーレ・ハイネセンのいた星では
どんな生活だったんだろうか
今、思い浮かべてるイメージが2つ
・日本人等シベリア抑留や日本軍の捕虜になった
英軍・オランダ軍ような待遇
・カイジのような労働してペリカを支給
なんかトンチンカンな気がするが
強制収容所といっても家族ごとなんだよね。やっぱり配給と僅かな賃金支給かなぁ

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 09:33:03.65
なんで奴隷に賃金出さなあかんのよ。そのイメージは2つとも間違ってるよ。
(シベリアは比較的近いけど)

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 09:37:41.02
ただ例の船のヒントになったという監視の目を逃れて遊んでた子供ってのが
よくわからなくはあるな。家族ぐるみで送られてきたのか?そこで奴隷どう
しの間で生まれたのかな?

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 09:49:51.98
大きい方と小さい方のお隣の国の強制収容所を参考にすればいい 
悲惨さがわかるよ。
ただ ハイネセンの場合採掘に従事させていたから効率との
兼ね合いもあってある程度生活環境は整えられていたとも思うけど。

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 09:54:27.73
隣の
大きいのは茨城
小さいのは東京

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 09:55:57.37
>980
収容所で生まれた子供じゃないかな?
隔離して矯正ってのがタテマエだろうから、幼い子供は連座させないだろ。

収容前からいた子供は「児童福祉員」が引き取って「立派な帝国臣民」たるべく教育してるさ、
帝国も鬼じゃないw

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 09:59:21.90
>>980
収容所は男女別だと思うけど、ハイネセン自身眷属が叛徒になって
収容所送りになったんだから叛徒の家族じゃない
つまり、家族ごと収容所に送られたんじゃないかな

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 10:00:06.03
まぁ小説で触れられてないことはあぁじゃないこうじゃないと想像したところで意味ないけどな。
ハイネセンがどんな生活してたか、本当にそこは知りたくなる重要なことか?

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 10:04:53.86
>>983
帝国は鬼だよ 叛徒5億人も殺してその家族100億人を農奴にしている。

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 10:09:00.16
懲役刑でぶちこまれてる囚人でも1日何十円だか何百円だか
支給してんでしょ?日本だけど
政治犯奴隷強制労働でもビタ銭支給はおかしいことではないと思うが

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 10:18:10.51
帝国人口400億奴隷100億
奴隷解放農地解放で経済混乱全くなし市場経済のラインハルト治世
作者頭おかしいけど本編でこうなってるんだから仕方ないってか

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 10:27:32.68
農奴百億ってのは帝国建国当時の数だろ

良くも悪くも体制が確立したゴ朝中期以降は新たに農奴に落される数は減っただろうから
ロ朝成立時に残っていた農奴はそれほどいないと思われる。

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 10:32:31.61
あいもかわらず農奴、農奴って好きねえ。正しくは奴隷階級。その中で農業に
従事させられた一部を農奴って呼ぶだけ。100億人も農奴がいるわけない。
>>987
懲役受刑者と奴隷を一緒にしたらあかんでしょ。奴隷ってのは人権もなく一生
ただ働きさせられるものを言うのだよ。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 10:35:57.49
>>988
百億が農奴階級に落とされた時代の帝国人口は3000億だそうだが。

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 15:07:02.53
>>990
農奴階級に落とされた て序章「銀河系史概略」に書いてあるんだけど

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 15:25:17.79
989がまあ納得出来るな。全人類で400億にまで減ったのに、農奴がそのまま
100億維持してたら怖いわ。

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 15:29:52.18
なんでかしらんが作者は農奴と言う言葉にこだわりもってるな
奴隷でもいいんだけど 帝国は中世ロシアのイメージなのかな

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 17:10:27.01
>>994
それは言えるな。993も作者がそう書いてるから正しいいけど。
前にもあったけど超光速、慣性制御、重力制御を実現してる世界の農業って奴隷を使って
やるとかのイメージはないよなあ。やはり未開発惑星での危険な鉱業ってあたりが奴隷の
正しい?使い方だな。ハイネセンがそうだったように。
おそらく作者も奴隷=農奴って変な思い込みがあったのでは。

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 17:46:11.53
帝政ロシアでも農奴以外の奴隷もいたんだと思うけどね
近代アメリカや他の国だと奴隷であって農奴というのは使わないな
「農奴」自体 農業が主生産だった時代の言葉であってルドルフが
作った階級社会には合わないな。それともルドルフが拘ったのかな

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 18:25:15.77
銀河英雄伝説 素朴な疑問vol_105
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1364721849/

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 18:27:05.45
>>997 ありがとう

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 18:59:32.56
奴隷のネタがそんなに重要なことかぁ

作中に描かれてねーこと語ってもしょうがねー

スレ参加、レス資格無しの刑に処す

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2013/03/31(日) 18:59:49.29
>>997


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

283 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)