2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_86

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 00:03:44.52
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。

必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_85
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1326423056/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 00:09:12.56
        _,,-''"               ミ、 ,:r`ー-:、
      ,r'"    f"  ,;i'    ,;r''     `'V'"_  ヽ、
 .    ,rリ     /  ,;i'  ,,  / ,i l,r,r'ニ二ヽ''f"_    ヽ.
    ,iリ'     /  ,r'',; ,;i' ,/ソノク、 f | ,| `゙'<ミi    ヽ、
   ,r'    `ー<二ノ'ノ,,r'ノ/∠;;ニム<リ ! ,!     | ;i ハ   ト、,,_
  ,/  /     二-'';彡'" ̄ー--、,_`ヽ、     ゙い,i | ゙i l  `:r"
  / 〃   _,,   ""|´      、,_ヽ、>、_      |゙ソリ | | i l,i
 i' //   _,-'二ニ、-;イ        ( ・)ヾ'-ミ;ッ   _,{ ,ノ,ノ リ
 | 〃,i'  ,r'",ヘ、゙!-ヲ        `''ー ''ヾ'  ,rくご三-'゙ッ''-"
 ゙V ,i' 〃| ( _,) l'"|                 ヽ(・)ヽ,r"
  i' .| //ヘ. ヽヽ、゙''"               ;;   ゙ヾ" i'
  | y ;' ゙ヽ、                 、 r-~''ーソ ,|
  ゙Y  ,,   /''-r:ヘ                _ -''"   |
  |  ,i' ;i ,/  i, :i,          /二二_`ー、    l
  ゙i | | ,|,il!   i, ゙i,           ̄`''ー--、フ'   /
   `!、i |ヾ    'l,  ゝ,          =ー-    /
    ,べ     'l   `''-、             ,r'
  ,r┴--::、、,,,_  |     `'-、_         ,/
  }二'''''ー--::、 ̄``'''ー-:、,,,_   `''-:、,,_    /
  f---:、ヽ、    ̄,、~`フ=ー-ニ`'''-、_  ``i''''''"   >>1の大馬鹿やろー!
 ,i' /   ヽヽ、   ゙i,`(´,r─-:、 `i '|゙`ニー'、
-'─'─-ニ,__ヽヽ、__,ノ ノ"     ゙'i ゙i | | ,ニ;;}
``ミ、 ̄`''ー-ニ,,_''ー<,,_  _,,ノ ,;| ! | |  |
   `ー-ニ二,,_三ニ-,,__  ̄,,::-''" | | | ゙ヽ_|、
 `''ー--ニ,,_       ̄`ヽ、ヽ、,r'"r''''゙'ー:、_ノー:、


3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 00:47:06.27
きゃっちまいはーと!べりーめろん!(べりーめろん!)
きゃっちまいはーと!べりーめろん!(べりーめろん!)
おくちにとろけるべりーめろん(べりーめろん)
わんちゅーわんちゅー!べりーめろん!(べりーめろん!)
>>1


4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 09:30:33.65
>>1

前スレ末期の「ミュっけんベルガー」という表記はなんだか萌える

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 10:18:31.16
ミュの発音が苦手な日本人は多いよな。
音に該当する漢字もないし。

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 10:38:37.82
新衛門さんは自艦隊名の発音に大分てこずったそうな

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 19:52:17.10
「戦場を設定する」って何をどうするの????????????
事前に設定することは、つまり遭遇戦とは具体的に何が違うの??????????

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 19:57:52.89
戦争やる場所が決まってるなら
「ここが川でここが高所になってるから高所からワーッて駆け降りた勢いで川に追い詰めれば勝ちだ」
とか考えるでしょ。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 20:11:01.74
戦場になるところは戦略的な拠点とか重要な場所とか交通の要衝とか
だいたいは決まってる
だから敵がこのあたりに来るだろうと事前に予測を立てて
防御陣をはったり待ち構えたりする

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 20:35:31.21
さらに可能であれば敵の選択肢を減らし味方に有利
な上記のなような場所へ誘い込む。

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 20:47:35.64
アスターテで同盟が失敗したのもその辺の詰めが甘かったと?

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 21:05:00.44
あれも索敵まともにやって現地に連合艦隊総司令部があれば違ってたんだろうけど
戦場の設定も投入した戦力も足りていたのに

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 21:05:30.80
ヤンがイゼルローン攻略の時にゼークトに

なぜ、自分ひとりで死なない。なぜ部下を強制的に道連れにするのか。

みたいなこと言ってたけど、マル・アデッタでビュコックが負ける分かっていて
二万隻前後の戦力を出したのは部下を強制的に道連れってのに含まれないの?
100万人以上戦死者の中には無謀な戦いに行かず家族と暮らしたかった人間も
多数いるじゃない?

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 21:13:57.72
>>13
ビュコック自身が多くのものを死なせることになるって
述懐してたからねえ。参加した将兵の多くは老提督を
同盟の象徴とみなして自主的に参加したらしいが、中には
いるかもしれないね。また戦死したものの家族はいたた
まれないだろうね。

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 21:24:35.21
民主主義に殉じて死ぬことは、専制政治のために死ぬことより崇高だと
ヤン提督はおっしゃっているんだ。私にはよくわかる。

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 21:45:45.87
>>5
東北の片田舎に住んでるが、三浦をミューラって発音する。

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 21:46:45.91
>>13
ゼークトの場合、極端な話、彼一人が死んでも、あるいは死ななくても撤退して懲罰を受けても
悪い点はそれだけで、世界全体は結果として平和になっていた(とヤンは考えていた)。

当時は帝国が所有していたイゼルローン要塞が陥落すれば、しばらく両国間の戦争は無くなり、
あわよくば和平も結ばれるだろう、とヤンは楽観的に考えていた。
つまりゼークトが部下を道連れにしたのは、いわば無駄だった。

ビュコックの場合、あそこで抗戦しなければ、同盟という国そのものの存亡の危機だった。
また、徴兵されて高級貴族の下に配属されたのではなく、ほとんどが志願兵だった点もある。
まったく抵抗せずにそのまま同盟全領を明け渡して、人類世界全体がラインハルトによって
統治された方が平和になっていただろう、というのは別分野の話。

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 21:46:46.70
ムライ達にヤンと合流するよう預けた部隊にも造反者いたくらいだから、
マル・アデッタに参加した連中も中には周囲に半ば強制的に加えられたとか、断れる雰囲気じゃなかったとかもいたかもねぇ

ただビュコックは一人じゃまともに歩けなくなって退役してたのに何度も要請されて参加した側

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 21:49:00.45
俺の勝手な想像だが
ビュコックはあの戦いの参加を拒むものがいたら無条件で許しているのさ
負けるのが分かっていてなお参加してきた者達で戦った、という建前でやってる
でもどんだけ老人が寛容でも結局周りがそれを許すかどうかは……

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 21:52:47.89
>>7
帝国軍は最終的にどうしたいのかというと、同盟首都ハイネセンまで攻め込んで降伏させたい。
言い換えれば、帝国軍はイゼルローン回廊(あるいはフェザーン回廊)からバーラト星系へと
向かって攻めてくることが、あらかじめ分かっている。

ということは、当然のことながら戦場は、回廊と各首都とを結ぶ線上のどこかになる。
その線の上で、互いに自軍に少しでも有利な場所を選んで待ち構える。
それが「戦場に設定する」ということではなかろうか。

もちろん、一歩間違えるとマジノ要塞線になってしまうが。
それをさせないのが、航路情報を敵に与えないこと、といったところか。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 22:13:40.65
>>20
ランテマリオ星系での会戦は、敵地でもかかわらず
帝国軍に地の利があったていうことかな。

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 22:21:59.30
一人で逃げたら仲間を見捨てたことになり寝覚めが悪いし、故郷でも意気地無しと
蔑まされる。
そうやって精神的に追い詰めて、若者を駆り立てるシステムが同盟では完成していた。

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 22:34:04.17
憂国騎士団大活躍

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 22:39:21.88
普通に有力者の子弟は徴兵されても安全な後方勤務が約束されてるのが同盟だがな

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 22:40:45.29
教育を受けた前途ある有力者の子弟が善戦で死ぬのは国家の損失だろ

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 23:29:37.16
>>16
そうなるね
ラインハルト ラエンハルト
ケスラー ケシラー
ムライ ムラエ
キルヒアイス ケルへアイシ
その他多数

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 01:09:34.00
ケスラーがウルトラ怪獣みたいな名前になるのか・・・

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 02:19:06.43
>>21
帝国に地の利なんてあったっけ?
どっちかって言うと同盟がエネルギー
の大河利用して抗戦してたけど。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 04:16:43.05
>>19
まぁ、無理だろうな。
イケイケの高級士官「…と提督は仰っていたが、まさかこの期に及んで命を惜しむ非国民はおるまいな? ギヌロッ」
となるだろうな。

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 10:44:54.84
>>21
戦場レベルの地の利は同盟軍側にあった。
しかし、帝国軍の侵攻具合で、消去法的に決められたから半ば強いられたようなもんだわな。帝国軍もどこで
戦うかは決められないから、「地の利」はないねぇ。


31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 13:07:27.03
>>30
そうだわね。エネルギーの大河にしても偶発的なもんだしね。
地の利を利用出来たのは、最終決戦の方だわね。ただあれは
帝国側は無視しようと思えば出来たのをラインハツトの趣味?
で応じたようなもんだし、なかなか地の利のあるところに相手
を引き込むのは難しいわな。ダゴン、長篠やエルアラメイン、の再現は
なかなか難易度高い。相手が勝ち目があると思って来てくれな
いとだめだもんね。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 20:34:08.75
強襲艦だっけ?で敵艦に強行突入するのが何度かあるけど
あれがやれるんなら何の悩みもないと思うだがどうなんだろう?

まず、あの艦のスピードは明らかにレーザービーム砲よりも遅い
追尾能力が高いことがどこまでも正義という設定になってる
あんな大きな舞台が破壊されずに接近できるなら
ビームより有線ミサイルのほうが遥かに強いということになる

しかもあんな芸当が可能なら
あの艦を自爆させればブリュンヒルトやトリスタンを破壊することも容易なはず
兵士を何人か犠牲にしてでも片っ端からあれをやればいいだけじゃないか

33 :32:2012/01/31(火) 20:37:16.78
あれ?大きな舞台?ってなにを変換したらこうなったんだ?

×あんな大きな舞台
○あんな大きな物  っていう感じのことを書きたかったんだと思う

34 :32:2012/01/31(火) 20:41:54.18
あ、物体って書こうとして舞台って書いたのかw

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 20:45:05.70
銀英伝では戦術は真面目に考えてはいけません

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 20:47:08.24
一言で、ロマン

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 20:51:05.66
ifとしてトリスタンが撃沈されてロイエンタールが戦死してたらどうなった、
ってのを考えるのは面白いかもな。

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 20:54:02.00
ラインハルトは唖然とするだろうが、それはそれで援軍を送る名目にちょうどいいとオーベルシュタインは喜ぶだろうな
まあレンネンやルッツが一旦引いてそこそこの艦隊数を維持していないとラグナロック発動前に一旦中止だろうが

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:07:06.76
信じて送り出したロイエンタールが

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:14:52.21
帝国ですら原作でも自爆攻撃はしてないし同盟はなおさら
そういう価値観

32は自爆攻撃しろと命令されたら素直に従うのだろうな


41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:18:01.69
「我に余剰戦力なし。そこで戦死せよと伝えよ。
言いたいことがあれば、いずれヴァルハラで聞くと」

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:19:58.78
無人艦自爆や無人艦突入作戦は実行されてるから
強襲艦の無人突入・自爆作戦も可能だろう

が、それをしないのはプロレスでロープから(ry

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:21:22.78
まさか人の目でビームを避けてるわけなさそうだよねあれって
なら無人艦にプログラムさせておけばOK

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:24:01.33
ビッテンが両軍共倒れならなお我が軍が1万隻余るではないかと暴走してたな

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:25:05.94
乱戦状態でも単座戦闘艇を繰り出すくらいで無人艦艇の突入はさせてないしな
それなりの理由はあるというか、そういう戦法が通常化したらそもそも乱戦にもちこませないようにする
旗艦への強襲突入はイレギュラーだからこそ成立して頻繁には起こらないのだろう
相手も用心するな

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:25:59.72
高温で溶かして強制接続する奴なあ
アレやめて主砲かミサイルにしたら・・・とは思ったことあるなあ

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:27:22.68
高温で溶かした筒の中に主砲を仕込んでおけばよくね?

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:28:47.05
まあロマンで
クロスカウンターもロマンなんで

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:31:36.18
>>45
つまりヤンがやりそうな「奇策」の部類に入るわけか

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:34:13.11
センサーは妨害受けるからビーム避けるのは有視界で対処してるんじゃないの?

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:35:07.68
銀英伝の宇宙艦隊戦に有視界という概念ってあったっけ?

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:38:29.03
NHKのBSでトルストイの戦争と平和の映画をやっているが、アレがナポレオニックと
いうヤツなのか。何かイメージが違う……

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:40:01.12
数光秒つまり数十万kmの距離で撃ち合う戦闘もあるしな
(地球と月の距離が30万kmだからその数倍)
肉眼でどんだけのサイズのものが見えるか

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:41:32.93
有視界といっても、レーダーが使えないだけだから、光学観測した映像を
デジタル処理ぐらいするだろ。

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:20:25.85
光学式の物も妨害できるから伝令シャトル使うんじゃないのか

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:34:46.05
>>42
強襲揚陸艦にこじつけで必要理由をつけるとどうなるんだろ
「気づかれずに接近できるんだったら普通に攻撃すりゃいいじゃん」
「というか、自動操縦にしてミサイルにすればいいじゃん」
というのに反論するのがものすごく難しい

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:37:24.39
無理せんでもいいんじゃよ

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:38:17.46
某アニメだと、レーザー通信は電波妨害が効かないが。

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:40:49.72
もともと無理がありすぎると思うなあこの件については
たまたま成功したんだとしても、その例がどれもあまりにもでかすぎる

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:47:22.21
同盟が絶対絶命の時にヤンが
「ローエングラム公だけを倒せば起死回生できる」とあれだけ言ってたのに実行せず
その後ユリアンたちがあっさりとブリュンヒルトへの強行接舷を果たす・・・orz

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:50:35.81
Q.強襲揚陸艦は何故普通に攻撃しないのですか?
A.強襲揚陸艦は「艦」と言っても非常に小さく、単座式戦闘艇に毛が生えた程度なのです。
 そして、原作には単座式戦闘艇の火砲が軍艦の船体に通用した描写は存在しません。
 小さな船体にレーダー透過装置等のステルス機能を搭載した強襲揚陸艦には、
 軍艦を攻撃できるような武器は搭載できないのです。

Q.だったら、自動操縦にしてミサイルにすればいいのではないですか?
A.原作にはミサイルのサイズについて具体的な記述が存在しないことを思い出してください。
 実は、あの世界では軍艦に通用するだけのミサイルの弾頭は非常に巨大なのです。
 強襲揚陸艦に搭載できないことはいうまでもありません。

……がんばってみた

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:50:36.70
ヤンはラインハルトを心の底から倒したくなかったんだよ!
政府からの停戦命令が来なくても、あの腕はずっと上で止まったままだったんだよ!

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:53:09.28
それはちょっとありそうで嫌だw

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:54:07.72
>>61
それがどうした乙

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 22:59:38.71
>>61
ミサイルのサイズはユリアンが初陣の時に出てくる

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:01:22.14
>>65
>>61だが、そうだったか・・・・
手元に本がないんで確認できなかった。うーん、となると、理屈考えるのが難しい。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:02:16.37
ミサイルだったか?
まああれをチョコチョコ撃っただけで巡航艦が沈んだが

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:05:22.23
核融合弾ならレグニッツァ上空戦で

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:22:29.48
・・・伝説が終わり、歴史がはじまる。

ミッターマイヤー「よし、強襲揚陸艦廃止な!」

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:27:13.76
未だにレーザー水爆だか水爆レーザーだかに違和感を感じる
グーグル先生に相談しても理屈がわからない

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:32:46.50
ふと思ったんだが、電子励起爆薬なら従来方式で純粋水爆作れるかな?

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:36:12.53
>>66
なんか原作の描写だと対艦ミサイルはかなり大きい感じだな


73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:50:18.08
原作描写だと、スパルタニアンやワルキューレがどうやって戦艦を攻撃してたのか謎
ユリアンのあの攻撃みたいなのを常時期待されてたら厳しすぎる

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:56:49.28
水上艦に対する航空機みたいな優位性はないみたいだから
存在価値自体が謎だな、戦闘艇。
何百年も戦争してても戦闘の主力があくまで戦艦とかだしな。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 23:57:45.90
ユリアンのは大戦果で驚かれてたんだし、常時ではないべ
機関部や砲塔に損害与えて機動力や火力削ぐだけでもいいんじゃない
損傷艦にトドメとか中和磁場発生器を破壊とかでも

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 00:16:10.59
主砲斉射三連なんてセコイこと言わないで主砲50門ぐらい付いてる戦艦開発しろ

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 00:44:10.72
ユリアンの最終学歴って高校中退?

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 00:58:02.05
>>70
ググル先生に聞くと、ウィキペディアの水爆の項目を教えてくれる。
>きれいな水爆 [編集]
>現在では原爆を起爆剤に使用しない純粋水爆、いわゆる「きれいな水爆」の研究が1952年から1992年まで
>アメリカで行われた。1992年米国は純粋水爆の開発を事実上断念し、研究データを公開した。これは起爆に
>原爆を使用しないため、核分裂反応による放射性降下物(フォールアウト)が生成されず、残留放射能が格段
>に減るという仕組みである。但し、起爆時の核反応でα,β,γおよび中性子線などの放射線、核融合やその
>燃え残りで生じた水素などの放射性同位体は少なからず放出される。超小型の水爆が作れる可能性がある
>ので、地下施設の攻撃を目的とした対バンカー核兵器として考えられたことがある。2005年現在、アメリカの
>ローレンス・リバモア国立研究所にある実験施設「ニフ」でレーザーによる核融合が、またロシアの核研究施
>設アルザマス16では磁場による核融合(Z-ピンチ方式)がそれぞれ研究されている。2011年現時点ではこの
>種の兵器の開発は成功していない。思考実験における純粋水爆は可能であるが、既存兵器と比べての利点
>が少なく巨費をかけてまで開発を続けるメリットがない。
「信管」に使ってた原爆をレーザーに置き換えたヤツだ。

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 06:27:51.49
>>77
ユリアンはキミじゃないからwww

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 07:14:59.59
>>77
おそらく「中等学校修了」
あの世界だと15歳で大学受験らしいから、日本の感覚だと高卒に近いんじゃないか?

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 07:16:28.49
>>74
普通に攻撃しても巡航艦レベルの装甲には通用しないみたいだからな
雷装の設定があればそうとう怖い存在になるんだろうけど

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 07:23:25.24
>>77
今で言うところの中卒じゃね?なんか繰り上げ卒業うんぬんの話が原作に書いてあったような

でもユリアンもチートキャラだよな
スペック
頭脳明晰
運動神経抜群
イケメン
死地に立たされても絶望しないクソ度胸

以上に加えて
ローゼンリッターの隊員から合格点もらえるほどの戦闘能力
スパルタニアンでの戦果(巡航艦撃墜その他戦果多数)
メルカッツにほめられる程の戦術能力
上記を18歳までに達成

どうみてもチートキャラですお疲れ様でした

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 08:13:28.58
>>82
器用貧乏など、万能は単能に劣るとか言われてたけど
全分野で優秀だよねえ。格闘ではヤン死亡直後はオフレッサー
にも勝つような気が。

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 08:14:58.60
>>83
さすがにそれはどうだろ
狂信者相手に無双してただけだからなあ

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 08:46:00.89
>>83
正直10代でこれだけ出来て器用貧乏とか無いわ
年齢も若いし軍人としてバーラド自治区にも関わっていくから
成長すれば帝国乗っ取れるかもしれん

ヤンはとんでもない男を育てました



86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 09:17:24.88
> バーラド自治区

ぉぃぉぃ

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 10:28:01.22
>>82
72時間徹夜で艦隊指揮とるってのもな。お前ら、72時間起きとけって言われても無理だろw

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 10:30:20.35
じゃあオレは「ユリアン複数説=ヤンのショタハーレム」
を唱える後世のトンデモ史家の役でお願いしまう。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 10:59:08.56
自分の精神的後継者を残せなかったラインハルトと違い
ユリアンを残せた事がヤンのそして民主共和制の成果。

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 13:07:29.96
>>89
精神的ってシスコンか?w
ラインハルトは元々自分ひとりで完結する思想で、どこまでやれるかって行動していたから、後継者なんか
必要としていないし、そもそも継がせられる性質の物じゃない(アレクに継がせたのは王朝だけで、周囲が
新しい枠組みの存続を願ったことを受けた責任感が第一だろう)。
自分ひとりの才覚でどこまでやれるかってラインハルトと軍人として出来る範囲で筋道作ったら、後は別に
任せる前提のヤンで、後継者云々と比較すること自体が無意味。


91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 14:03:26.61
所詮、専制政治なんてトップの能力が全てのクソ制度って事だな。

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 14:27:39.95
庶民が全知全能を尽くしても名君1人に及ばないんだからどっちがクソかは自明

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 16:49:01.81
>>91
衆愚に左右される民主制もクソだよ。

バカな君主は打倒できるけど、困ったことにバカな国民は打倒できないんだ。教育することで、いくらかマシに
出来るが、世代交代するからバカ成分はなくならないんだ。

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 17:23:11.26
>>85
軍は辞めるだろ。
嫁に歴史家になるって宣言してるし。
嫁はどう思ったのかな? 「印税ウハウハ」 or 「働けよ」

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 17:33:53.79
ヤン語録でも出せばベストセラーだろうな。

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 17:55:06.66
ヤン語録
ヤン提督の水平思考
ヤン提督10の明言
その時、ヤン提督はこう決断した!!
続・ヤン語録
ヤン提督108の明言
ヤン提督の発想法
新・ヤン語録
ヤン提督ここだけの話
ヤン提督を取り巻く人々
ヤン提督絶賛の紅茶あれこれ
真・ヤン語録
ヤン提督ここだけの話II
ヤン語録Final
ヤン提督108の明言増補改訂版
ヤン語録Vista
その時、ヤン提督はこう決断した!!決定版
ヤン語録オーディンへ行く
ヤン語録カロリーハーフ


ベストセラーの末路

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 18:24:40.82
おれが編集者ならキャゼルヌに「革命戦争のマネジメント」をかいてもらう

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 18:33:52.34
今日の一言
「刺された、痛い、血が血が」

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 19:58:29.00
ヒルダが宇宙全土を専制政治で安定して統治すれば
民衆は民主主義なんてすぐ忘れる
それを守ろうとした嘗ての英雄の事もな

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:22:06.51
効率的な専制政治なんて嘘だけどな。
なぜ現代の先進国に専制国家がないのか、なぜソ連が滅んだのか考えればわかること。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:27:34.83
いまそれやってるのは非上場の特定同族会社だな
別に上場しててもやってることは同じだが

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:27:37.21
>>100
つリヒテンシュタイン

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:29:56.55
つ北朝鮮

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:30:03.48
>>100
資本主義社会だからだよ、って先こされた。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:34:04.78
現実と小説の区別が付かないのか100

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:38:03.73
>>102
あそこの君主は独特だが一応議会もあるし首相もいるし完全な専制国家とは言い難いな
それに君主が好き勝手に国民をどうこう出来るわけじゃないし

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:40:19.91
リヒテンラーデ「私の目が黒い内には好き勝手など許さん」

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 00:23:33.46
いや〜すごい雪だな
帝国の除雪隊はどこの所属なんだろう?


109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 00:35:51.37
工部省じゃね?
ってか、あの部署権限大きすぎるよな。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 00:58:43.96
>>99
どーせアレクとその息子と孫が、ヒルダが頑張った功績を三代かけて食いつぶすだろうよ。
その頃には自治政府が力をつけて目出度く形成逆転と。


111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 05:01:58.94
>>94
さすがに軍司令官まで務めた若者を手放すわけないだろう
10巻終わった時点で18〜9の若者がいきなり歴史家になってヤンの本出して印税で食ってくんでよろしこwww
なんていったらフレデリカとキャゼルヌに張り倒されるわ

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 10:12:44.79
軍は解体されました

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 11:22:09.76
解体どころか地道にでも軍備を増強しとかないと…

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 12:14:51.93
再軍備許したら帝国も何のために解体させたかわからんだろ

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 12:15:01.54
海賊がいるみたいだから警備兵力が必要だろうな

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 12:23:27.56
まあ星系外で活動できるような艦船は無理だろうが

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 12:36:00.26
航路の安全確保は帝国の義務だろう

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 13:26:25.57
フェザーンにも警備艦隊はあったからバーラトにも設けるんじゃないか。
宇宙船を使った犯罪とかもあるだろうし。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 13:34:23.36
そりゃ、遭難や事故、密輸もあるだろうから海保的な組織は無いと困る
軍レベルの話じゃないべさ

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 14:15:10.92
海上保安庁が一番実戦経験を積んでる国もあるのにー

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 14:27:58.64
軍事力ないといざという時ヤバい。
治安維持を名目に武装組織を作り、いつのまにかそれが軍隊化するってのがベスト。

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 14:35:35.22
帝国にとってはカネを毟り取る格好のネタで同時に監視までできちゃう材料

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 14:55:04.34
>>121
それなんて自衛隊

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 15:49:12.64
>>121
それなんて地球統一政府?

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 18:34:25.16
>>111
それはイゼルローン組が自治領政府内でどう位置づけされるか次第だわな。
理念的に言うなら、立役者だからってそのまま横滑り的に中枢に収まるのは如何な物かと思う。が、他に求心
力のある連中もいないだろうから、責任上立ち上げまではかかわる必要はあるだろう。
まあ、英雄としてあまり持ち上げられると頼られすぎるし、一方で疎ましく思うヤツも出てくるから線引きが難しい
わな。
イゼルローン共和政府は性質上、ヤン原理主義で染まっていてもよかったが、バーラトはそうもいかんしね。政
治的偶像役で祀り上げる方便ももう終わらせたいというのがユリアンたち近しい者の希望だろうし。

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 21:49:33.93
>イゼルローン共和政府は性質上、ヤン原理主義で染まっていてもよかったが、バーラトはそうもいかん
>政治的偶像役で祀り上げる方便ももう終わらせたいというのがユリアンたち近しい者の希望だろうし。

そんな筈がないだろ
原作にある通りユリアン自身はヤン至上主義なのに

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 23:43:56.72
>>126
ユリアン自身がヤン至上主義なのと、バーラトがヤンを政治的偶像として利用することの是非は関係ないだろ。

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 23:47:07.80
理屈ではヤンの偶像に頼ってはいけないと頭では思いつつ、
「いつまでもヤンに頼ってはいけない」と他人が言うと内心マジギレ。
2回言ったら突っ掛かる。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 00:28:09.85
作中でもあるが、ユリアンはヤンに認めて貰いたいだけで、本心からすると
民主主義とかどうでもいいと思ってるし。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 00:48:23.42
師匠のヤンからして有能無能に関わらず政治家そのものが嫌いで国家すら最悪どうでもいい
いっそ山中で原始共同体でも営んでればいいのに

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 01:26:40.13
ヤンが嫌いなのは政治屋・政治業者だぞ?
国という物に拘りが無いのはその通りだが

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 01:53:45.81
ヤンはとにかく政治に近づくのを避ける。無いと社会上困る下水処理施設のようなものと評し、近づきたくも無いねという。
外伝でも実際避けてたが。

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 01:56:19.13
>>131
下水呼ばわりして政治に近づきたくないってスタンスだから、完璧な政治家がいたとしても積極的な嫌いが
消極的な嫌いになる程度だろ。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 01:56:42.32
できれば関わりたくないのと嫌いってのは別物だしな

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 01:58:04.67
下水処理施設に近寄りたくないのと
下水処理施設が嫌いとでは天と地ほど差があるわけだが

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 01:59:59.11
別に好きじゃないから嫌いって何その流れ
yesかnoしか選択肢が無いんか?

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:04:26.03
細かいニュアンスはともかくベクトルははっきりしてる

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:08:29.96
そういうのどーでも良くないか

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:11:40.06
同盟の政治家の大部分を占めている政治屋や政治業者を嫌っているか

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:27:52.63
政治屋とか業者とかって言葉がでてくるのは創竜伝の方じゃ

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:35:29.58
銀英伝でも出てたはず

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:36:16.48
また引っ込みつかなくなった奴らが延々とやりあう展開か
よくもまあ飽きないもんだな

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:40:24.45
下水処理場という例えをしたのは上手いと思うよ
自分から近づきたくはないが無ければ困るという意味で使われているわけだが
似たようなものは多い。そしてそういう部分も持っているのが社会であるとしている

しかしそもそもヤンは軍隊すら近づきたくはなかったもののはずだが
これは成り行きでやらざるを得なかった
なので下水処理場を拒んだからといって、ヤンが潔癖で何もかも拒んでいることにはならない
おまけにヤンは逆境に対する順応能力が高かったという設定まで付いている(商船の中で育ったから)

ちなみに軍人は明確に嫌いと発言しており、政治業者も嫌いに準じた発言はしている
というか様々な描写から嫌いの程度が軍人>政治業者になることは考えられない

以上をまとめると、まあ嫌いでいいんじゃないの?

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:42:56.11
オヤジが死んで無一文になったりとか波乱の人生だから逆境には強い

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:47:13.00
共和政府に関われなくてもユリアンの前途は明るいな、
フリーになった瞬間民間企業からオファー殺到だろう

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:55:27.13
よし、ユリアンには民間に委託された下水処理場で勤務しつつ、ヤン提督の回想録と歴史書の執筆よろ

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 03:02:02.24
積極的に嫌いか消極的に嫌いかちょっと嫌いかとにかく嫌いしか無いんだな

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 03:05:27.85
>これは成り行きでやらざるを得なかった
嘘ばっかり
自分で進んで軍学校に入ったでしょうが

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 03:06:59.49
タダで歴史を学べる学校に逝くしかなかったからな

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 03:09:40.39
親父が死ぬ直前に歴史を勉強したいって話してたから、歴史を学ぶという条件には強烈なものがあるからなあ
これを自由意思で士官学校を選んだと評価するのは酷だぞ

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 03:10:28.91
なんか字面だけで文脈読めてない気がする

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 03:46:50.64
酷ではないだろ
誰からも命と引き換えに無理やり軍に入るのを強制されたんじゃないし
士官学校と知って自分で入学したんだから
同盟は学生が無一文なら軍に入るしか生活ができず刑務所に入れられるという
ルールでもあったか?

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 03:49:29.03
凄い極論の詭弁だな

軍人になりたかったわけではなく、ただで歴史を学べる所が軍しかなかったって話だろ

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 03:51:34.09
>>151
ガイエの文才がないからこんな読み方しかできない人が居るんだろ

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 03:58:36.57
自ら士官学校行ってる時点で軍人になりたかった訳で無いというのが詭弁

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 04:01:41.93
こいつホントに原作読んでるのかね
読んでたらそんな読み取り方できるはずが無いのに

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 04:02:11.51
ん?ヤンがやむを得ず士官学校の戦史研究科に入ったことが仮に本人が望んだこととしても
ヤンが想定してたのはそこを卒業したら歴史を扱う企業か公務員になって
そこで稼いだ金で学費を返納するという道だったんじゃないかなあ

成り行きなのはそこじゃなくて戦史研究科が廃止されて卒業もできないままでは路頭に迷うので
命令通りに戦略研究科に転科せざるを得なかったということじゃないの
戦略研究科を卒業しちゃったらその先の進路は軍人のど真ん中しか残っていないわけで

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 04:02:59.67
いい加減、釣られてるって気づけ

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 04:04:06.50
戦史研究科なら軍に進んだとしても後方勤務だよね

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 04:05:42.90
>>158
そんなことはどうでもいいんですよ
銀英伝ネタでレス書くのが楽しいから

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 04:17:44.28
>>159
若いから辺境星域で後方勤務だな
キャゼルヌみたいに優秀でなければ昇進スピードもゆるいだろうし

さして出世もせずのんびり本読んでられるな、ヤンにとっては最高の環境だ

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 04:21:57.53
>>145
共和政府とのつながり
ヤンの養子というネームバリュー
頭脳明晰
統率力有り
精神的肉体的にタフ
おまけにイケメン

取締役クラスのオファーが来るな

163 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2012/02/03(金) 04:35:44.10
幸福の科学にもSF構成要素が有るよ!?♪。

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 05:27:59.71
そういやヤンって親父死んでから士官学校入学するまではどこでどうやって暮らしてたんだ?

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 07:15:11.48
そもそも士官学校に戦史研究科なんてあるものなんだろうか

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 07:18:13.78
>>165
おえらいさんの息子入学用コネ枠とか

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 07:33:40.45
>>164
自宅を処分するまではそこに住んでたんじゃね?

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 07:38:04.23
研究って言うと聞こえは良いが、要は資料管理の閑職だべ
無ければ無いで構わないが、現実に(資料が)あるんだから管理せざるを得ない

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 07:40:44.13
ヤンの考える退職時の理想ポスト

情報部資料課戦史編纂室長 ヤン・ウェンリー大佐

こんな感じだったんだろうなあ

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 08:23:45.82
誰だよ一人で大量に書き込みしてる奴は

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 08:37:35.65
>>161
タナトス星系にとばされ参事官補としてムライにしごかれたり
マーロヴィア星系で警備司令官ビュコック准将の副官あたりを務めてたかもしれん

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 12:00:15.33
何考えて「タナトス星系」なんて名前つけたんだ。
自分が住んでる島が「死国」だったら厭じゃん?

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 12:14:05.87
海難事故が相次いだから不吉な地名つけた、とかは実際ある話だが
人が住むような所は改めたりはするかな

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 12:17:58.58
と思ったけど、血とか首とか獄とか地名につくの多いなw

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 12:37:25.08
温泉なんか不吉なネーミングの方が効用あると思ってしまう逆プラシーボ効果が…

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 12:53:49.36
>>175
しかし、下呂はどうかと思うんだよな…

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 13:00:36.89
同盟領はインドや中東がネタの名前が多いのかな?

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 13:05:49.04
バーラトとかシヴァとか
エル・ファシルはスペイン語?

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 13:10:33.22
ググったらアラビア語みたいだぞ
アル・なんちゃらって聞いた事あるべ。カタカナ表記でエルにしてるけど。

他にエジプトとかエチオピア系の名前も星につけてるなー



180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 14:37:56.48
ディナールって通貨単位はアラブかな

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 14:53:53.66
エル・ファシール
スーダン・北ダルフール州に存在する都市。

wikipediaより

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 17:40:53.66
帝国は欧州で同盟はその他の地名でしょ。
世界地図から語呂とか響きがいいのを寄せ集めたんだよね。
イゼルローンとかもドイツの地名でドイツのおばあちゃんが自分とこが要塞の地名で驚いたって外伝のあとがきに書いてあった気がする。

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 17:51:11.75
俺の同級生が何度訂正しても「イズァローン」ゆーてたな

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 18:56:29.28
>>178
バーラトはロシア神話の神様じゃなかったっけ?

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 19:09:26.34
インドの二大叙事詩の一つ「マハーバーラタ」からだろ

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 20:04:48.07
>>175
乳頭温泉ハァハァ

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 20:08:51.57
神話・歴史民俗学の本とか辞典持ってるけどふつースラヴ神話ってイワン?
ロシアの神話という言い方はするが・・・あんまロシア神話って言い方みないな

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 20:20:46.79
>>182
帝国の辺境で偶然見つかった回廊への入り口だっただけなんだろ

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 20:44:37.39
第一巻で長征の果てにたどり着き、主だった星域には古代フェニキア神話から
バーラト、アスターテその他名付けていったとある。
ちなみにフェニキアとは

古代の地中海東岸に位置した歴史的地域名。
シリアの一角であり、北は現シリアのタルトゥースのあたりから、
南はパレスチナのカルメル山に至る海岸沿いの南北に細長い地域であって、
およそ現在のレバノンの領域にあたる。

だそうな。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 21:03:04.38
ダゴンも?
クトゥルフかと思ってたわ

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 21:10:42.97
クトゥルフのダゴンもあっちから取り込んだんじゃん

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 23:18:25.27
ハイネセンたちは回廊使わずに危険宙域を強行突破して仲間を大量に失ったのかな
それとも、偶然にイゼルローン回廊を通過した者たちだけが生き延びたと言うことなんだろうか

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 23:22:05.06
回廊は通ったんじゃないか?
ただ回廊内も危険な場所は多いだろうから犠牲者も多かったろう。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 23:22:40.13
>>189
有名どころで言うなら、ハンニバルの御先祖様やね。
古代フェニキア人。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 23:31:15.93
要塞の説明の所で言及してるが回廊は通ってる

この一帯は宇宙航行上の難所で、かつて、自由惑星同盟の建国者たちが多数の同志を失った宇宙の墓場

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 06:52:20.54
よみーがえーれーメーロースーやーみぃをー裂きーコスーモテクタア身につけて

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 20:26:58.60
フェザーン回廊の方はどうやって発見されたんだろうね。フェザーン
独立の経緯は地球出身の商人云々とあり(後に資金の出所等も判明
するわけだけど、地理的にはどうやって発見されたんでしょう?

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 20:40:40.85
亡命者爆増→回廊の取締強化→別の回廊発見
とか

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 20:41:49.54
地球教が同盟の存在を知ってから探索したんじゃないかと思う。
帝国と同盟に対する第三勢力の立ち上げ計画の一環だろう。
帝国が最初に見つけてたらフェザーンの成立はなかっただろうな。戦略的にも重要だし。

疑問なのはフェザーン回廊は戦略的にも重要なのによく帝国がフェザーンの成立を
許したのかということだな。原作には金や政治力で認めさせたとあるが
当初は回廊の存在を秘密にしてフェザーンが力をつけてから公表したのかね。


200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 20:51:46.03
>>199
地球教って独自の探索艦隊とか持ってるほど強大なんだっけ?
どっちかってとアスターテ会戦終わったあたりからじわじわって
感じだったけど。
またフェザーン独立以前からフェザーンを根拠地にする商人は多数
活動してたから存在は知られてたような気もするなあ。帝国にして
みればあそこは帝国の一部だからと安心してた?ただそれでは独立
認める理由にはならないね、よほど例の商人の手腕がすごかったの
かな。及びシリウス戦役の隠し金か、。

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 21:06:24.81
フェザーン独立前から広く知られていたら帝国の前線基地が置かれて
フゥザーン側からも同盟側に仕掛けていただろう。
同盟にすれば二正面から来られたら当時の戦力差ではきつかったろうな。

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 21:15:28.03
>>201
そういう気もするけど、あくまで帝国の一部が独立して
(独立っていうくらいだし)フェザーン自治政府になった
んじゃなかったっけ?
帝国がフェザーン側から侵攻する間もなく、独立したって
ことなのかな?謎だね。>>199さんが言ってるようによく
帝国は独立認めたね。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 21:19:16.72
>>201
つまり、ある日突然、こちらはフェザーン自治政府。帝国の一部
ですけど自治権はありますよ、ついでにここからは帝国、同盟
どっちにでも行けますよって宣言して表舞台に登場?

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 21:21:55.33
水も少なく緑化改造してどうにか多少は使える土地になったって話だから、当初は相当利用価値低かったんじゃないかね
相当賄賂贈って小役人買収してお目こぼししてもらって少しずつ自治領化していったのか

一度わざと大貴族の領地にして中央の関与排除→買収して事実上の自治体→既成事実を認めさせる、とか

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 21:29:13.23
>>204
つまり帝国から見ると、同盟領に通じてるとは判らなかった
のかな。もし判ってたら惑星自体の状態より地理的位置の方が
はるかに重要だもんねえ。

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 21:32:32.04
さすがにねぇ、当時の帝国の状態にもよるだろうけど判ってたら認めさせるのは難しいとは思う

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 21:37:08.95
帝国の一部だったけど地球出身商人の活動で自治領として
独立、その後 えへへ実は同盟とも商売やってます、いいでしょ?
って感じ。

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 23:35:21.64
フェザーンの成立に寄与したのが
「地球出身」の大商人レオポルド・ラープっていうから
どの時点で地球教が成立してたか分からないけど
その意をうけた成立だったのかもしれない
賄賂と地球教シンパがすでに帝国主要部にくいこんでた可能性もある

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 00:47:56.78
どうかなー、帝国としても公式には「辺境の反乱勢力」としていても、実際は軍事力持った外国だからね、
建前はともかく本音の点では同盟との公益や外交折衝は必要不可欠なんだから、フェザーンの成立は必然だったと
思うよ。


210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 01:00:36.90
いや普通に直接交渉してるような場合もあるしフェザー抜きでもやってる
原作にもある様に状況に依れば同盟に走りかねないどちらかというと目障りな存在にすらなってる


211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 02:21:27.65
初期はフェザーンのような「第三国」も必要だろう。直接のパイプが出来れば、直に話をしてもいい。
でも、そういうグレーゾーンはいろいろと便利だから、あえて緩衝地帯をなくす必要もない。直に接しているイゼ
ルローンと同じホットゾーンをフェザーン回廊に増やすことはない。少々目障りでもメリットの方が大きい。
中国から見た北朝鮮みたいなものだ。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 08:24:17.25
>>208
商人が地球今日の意を受けてたのは間違いないでしょう。多分
彼もかなりの上位の幹部だったんじゃ。
帝国首脳部にはまだそれほどではなかったから大量のワイロ等が
必要だったんでしょうね。

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 08:32:08.17
>>211
帝国も同盟もイゼルローン、フェザーン以外に新たな回廊を発見する努力はしてたので、直に接する所をイゼルローンに限定したという事はない
第三の回廊発見はフェザーンの妨害と星図の不備によってなされなかったが

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 08:47:41.12
>>213
フェザーンにしてみれば第三の回廊など発見されてはたまった
ものではないって、なんとなく読みすごすけど具体的にどう
困るのかなあ。帝国と同盟間で直接貿易する商人が出てくる
から?しかし国どうしは戦争してるわけでその間で直接商売
って出来るのかな。 自分達と同じような中継貿易地ができちゃう
から?しかし探してる両国は相手に攻め込むために探してる
から見つけたら当然、軍事利用になるわけでそう簡単に中立
地帯が出現するとも思えないけど。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 08:59:52.47
第三どころか第四,五とどんどん増えていったりして

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 09:02:41.80
>>215
ベルリンの壁崩壊ですね。そうなったら国力大きい
側がかなり有利になるなあ。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 11:25:28.09
>>214
フェザーンは中継貿易を独占することで儲けてるそうだから
やはり、同じような貿易の中継地が出来ることを恐れてるん
だろうねえ。発見と同時に戦闘が勃発しても間散なときを狙って
その新たな回廊内のどっかの惑星に根拠地築いて、うちでも
帝国、同盟双方の品の売買できますよーって宣伝するのかな?
しかしフェザーン回廊と違って軍艦もうようよいるし好きこの
んでそっちを利用する商人もあまりいないような。
そう考えるとフェザーンは独立よりもフェザーン回廊は商船
専用って出来た方がすごいなあ。

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 11:47:34.32
次を許したらその次もとなるのは自明
中には資源に恵まれて安全で通商、通行に適したものも出てくる可能性もある
逆に小規模すぎて艦隊が通るには適さないが密輸向きのケースも、いくらでも可能性はあるんだから相対的な地位低下も起こりうる



219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 13:50:04.53
「金掛けて新回廊を探索するより、フェザーン通せば良い」と思うくらいには値引いていたと思う。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 14:32:10.28
>>213
帝国にしても同盟にしても、一個体でもなく、一色でもないのだから、そういう考えの強い時期、集団もいたと
いうことだろう。
別の回廊を先にみつけられると戦略的に不利になる(逆に先にみつければ圧倒的に有利になる)から回廊の
探索は軍事的に重要な意味がある。回廊は自然のものだからあったら仕方ないが、なければ防衛的な負担に
なる場所をわざわざ増やすこともない。


221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 18:09:19.44
>>217
確かに。フェザーン回廊は商船専用の航路です。
誰が決めたのですか?だな。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 18:48:49.36
フェザーン回廊も結構謎多いね。誰が見つけた?
フェザーン以外に恒星系ないの?とか。特に自治政府
成立以前は?戦闘とかはなかったんだろうか?

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 18:50:21.65
イゼルローンは人工的に建設されたものだけど、
フェザーンは偶然にも回廊の真ん中近くに
可住惑星があったということなんだろうか。

危険宙域を細く貫く回廊、その両端からほぼ等距離に
水さえ何とかすれば人間が暮らせる惑星があったって
ものすごい奇跡的確率じゃないのか。

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 18:57:27.89
物語ですからと見も蓋も無いことを言ってみる

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 19:11:02.25
ラープが回廊発見→帝国政府に黙って多額献金でド辺境の自治領成立
→同盟と密貿易で大もうけ→すっとぼけて回廊を公に。また多額献金で乗り切る

こんな感じ?

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 19:28:37.46
何から何までラープや地球教ができるほど強大だったら、あんま回りくどい事をせんでもと

いくら大商人でも広大な宇宙のアテの無い探索や惑星改造は国家事業級で難しいと思われるので
介入するとしたらそこらへんで賄賂なりなんなりで政府動かしたりとか

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 19:56:55.34
地球教は、いつごろ成立したんだろう?
シリウス戦役で、黒旗軍に滅ぼされてから八世紀が
過ぎているけど・・・・。



228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 20:00:37.82
ラープが回廊発見とは思えないなあ。帝国が何かのはずみで
回廊、及び半分くらいなとこにある惑星発見、移住開墾。
この時点ではその先は未探索。徐々に探索進むうちに同盟領
と通じてること察したラープ一派(地球教)が地盤を確保
同時にラープが工作、自治政府を認めさす。。。うーん
いつ帝国中央が回廊であることに気づくがうまく説明できん。

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 20:07:08.43
帝国中央が同盟領と回廊通じてること知ってて認めたんなら
交渉用としての位置づけかな。
知らないで認めるのは、なんか偉そうなやつが金ばらまいて
認めろって言ってるから、あんな辺境惑星(同盟領に通じて
ないならそうなるよね)別にいいかって認める。の2つかな。
上にもあったけど商船専用回廊ってなるには前者のケースで
同時に認めさしたってことかな。同盟の方は気づくの遅れて
すでに商船航路が確立、フェザーンに経済抑えられて、今さら
そこから侵攻なんてとんでもないってことに。これもやや時間
軸の整合が難しいね。フェザーン成立と同時に経済抑えられた
ことになるからなあ。

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 21:50:30.53
基本的な質問だけど、
〇〇総監って〇〇の第一人者って認識でいいの?
役職名なのか階級名なのかよくわからん…

となると
幕僚総監(皇帝の幕僚の第一人者)と軍務尚書(軍人の第一人者)ってどちらのほうが偉いんだろう??

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 21:54:00.59
>>230
制服組のなかでの席次トップは軍務尚書

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 21:54:45.17
役職だよ
軍のトップ3は軍務尚書、統帥本部総長、宇宙艦隊司令長官

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 22:01:39.78
>>230
いいよ。役職名だよ。
幕僚総監も軍人、よって軍務尚書が上。
幕僚総監は合計4名登場したけど、まともに仕事
してたのメックリンガーだけで、いまひとつよく
わからん職務だよ。一応ラインハルトは、統帥本部
を直卒する自分を補佐するのが仕事って言ってる

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 22:04:00.39
なんかすごい食いつき。みんな質問に飢えてるんだね。

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 22:20:34.24
せやな

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 22:52:51.42
そういや、クラーゼン元帥ってどんなキャラなのかまったく描写されなかったな

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 22:56:58.95
あの1行以外登場したっけ?
貴族反乱時の2長官逮捕時にひっそりと逮捕されてたと
補完。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 23:09:32.62
そういうひとはたくさんいる

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 23:15:45.15
ホアンルイも割と主要ぽいかったけど最後は
消息(収監はされたけど暴動で?)不明だね。
今、突然思い出したけどオーデッツさんてどう
なったのかな?

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 23:55:03.23
流言で帝国軍を混乱させた罪で逮捕だな。
だけど、同盟の高官がフェザーンで自由に行動して流言
できたこと自体おかしいんだが。
敵国の政府の高官が占領地にきたらふつう拘束されるだろう?

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 00:09:42.70
一応政府特使として扱っちゃたんだし、外交官特権じゃね
活動がスパイ活動の領域に入って看過しえなくなったんだろう

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 00:21:33.52
>大親征に抗議するため、特使として単身帝国艦隊の前に踊り出るも、ビッテンフェルトにパスされ、ミッターマイ
>ヤーの幕僚たちと会談を持った。しかし結局彼らを説得することはできず、皇帝のやり様に異議を唱え、若手
>幕僚から銃を付き付けられる一幕も。その後はフェザーンに渡ってルビンスキーと結託、キャスター出身で弁
>舌に長けることから、ロイエンタールの謀反疑惑を触れて廻った。
スパイ活動とかじゃなく、まさに「流言で帝国軍を混乱させた罪で逮捕」w
うるさいだけのバカが身の程弁えず、斜め上にやりすぎて自滅ってだけだな。

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 00:23:16.03
公式には同盟は、反乱軍であって国じゃないから外交官特権は
ないんじゃない。

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 00:30:44.53
バーラトの和訳で国家として認められてた気がする
オーデッツについては原作ではあの後伏線放置されてたような印象だった

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 00:51:35.80
バーラトの和約だね。正式にはバーラト星系講和条約
かな。あれで、同盟の名称と主権が認められたんだ。

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 01:04:43.21
>>242
本人は本望じゃない。口先一つで1000万人の帝国軍
の足を止め皇帝と重臣の間に不和の種を撒いたんだ。
歴史に名を遺したし反帝国勢力からすれば英雄だろう。
ただ、疑問はなんでロイエンタールの噂をばら撒いたんだろう。
弁舌が通じなかったミッタマイヤーや門前払いしたビッテン
フェルトの方に恨みはあるだろうに?

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 01:14:53.11
>>231>>232>>233
ありがとう

日本の場合だと、
・警視総監は階級名かつ役職名
・自衛隊の方面総監は役職名

旧軍の
・教育総監は役職名
・軍医総監は中将待遇の階級名
ex森鴎外(役職:陸軍省医務局長・階級:軍医総監)
中将格で軍医総監がいるのに、別に軍医中将もいるらしい…よくわからん

「総監」とはそもそもどういう意味か、役職なのか階級なのか、いまいち理解できない…


248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 01:17:10.10
まあ日本式じゃないからな〜

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 01:23:49.87
>>248
そうさね 考えても無駄か


要塞指令と要塞艦隊司令のそれぞれの上司は誰になるんだろう
それぞれ尚書と司令長官?

統合できなかった理由はこの指揮系統の違いにあるとオイラは考えたりするのだが、
この推論は妥当だろか?

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 01:35:55.78
ローエングラム朝では要塞の視察は統帥本部総長がやってたのでそっちの監督下かも

理由については一個に限らず複数あってもいいんでは
一応原作では軍政当局の組織改革案は
司令官職が減るのを高級軍人達が嫌った、致命的な結果を招いた事例が無いからと書かれている


251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 01:51:00.54
>>250

なるほど、ありがとうございます。
組織改編は軍務省の仕事だろうから、おそらく軍務尚書が一枚かんでいるのかも、と考えたりしました。
一本化で実働部隊にポストがとられないように、軍政事務側が反対しているのかなと。

まあ創作物なので、裏を穿ってみても仕方がないとは思いますが…

レベロが言ってたように、
前線で軍閥化されることへの恐れもあったのかもしれませんね。

節度使(唐の辺境軍司令兼要塞指令)による安史の乱が当時の銀河帝国で起きたら大変なことになる。
あえて仲の悪いペアを送って双方監視させたのかも。


252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 03:08:32.16
>>246
そこでミッターやビッテンの名前出すと、相手にしてもらえなかった逆恨みって図式がバレバレじゃん。で、一見
関係のないロイエンタールの名前でカモフラージュという小物らしい浅知恵ってやつでしょ。

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 04:36:39.76
>>252
ルビンスキーの指示じゃないの。単にルビンスキーの拡声器
として使われたような。で、役に立った道具はそろそろ始末
とか言ってたから、帝国に拘束される前に彼に消されたような
気がするなあ。

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 04:51:56.44
>>251
おそらく軍閥化対策のひとつと思われるのは
正規艦隊は要塞駐留艦隊以外全てオーディン
にいるってなってるね。
軍務尚書は司令長官にとっても上司になるわけ
だよね。(建制上はだけど) 外伝とかでは
要塞司令官もミッケンの配下のように描写され
てたかな。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 12:31:08.13
>>254
帝国軍の編制は旧海軍をモデルにしてる感じだが、それに従うと三長官は全員皇帝直属だと思う。

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 13:59:35.36
なんで現代国家から皇帝なんてものが出てくるわけ?
あり得ないでしょ

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:05:43.30
皇帝という称号は複数の国を束ねる支配者という意味だから
楽勝で現代においても通用する概念だぞ

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:07:29.50
連邦を中央集権国家に編成し直すから皇帝なんだろうか

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:15:25.03
日本の政治家が従来の権力全部ぶち壊して皇帝になったりできるか?

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:18:39.53
パルパティーン「ダークサイドの力は無限だ、何事もなせばなる」

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:22:55.36
ちょっと未来にしては科学技術遅れすぎじゃない?
ネットぐらいもっと整備しようよ

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:24:19.58
「帝国」軍を名乗るからには、形式的であろうがなんであろうが、三長官を含めすべての将兵は
皇帝の部下であるはずだよね?

WW2では、旧日本軍は天皇陛下、というか大元帥閣下の部下だった。
ドイツ軍人は全員ヒトラーへの忠誠を誓約した。
ソ連では共産党に忠誠を捧げたのかスターリンに忠誠を捧げたのか微妙だけど。
アメリカ、イギリスだって全将兵が国家あるいは国家を具現する人へ忠誠を誓約している。

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:26:15.19
天才君は税率公平にしたらそれで不満が解消されるとか言ってたけどさ
よほどの馬鹿じゃないとそんなこと言えないよ

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:28:18.79
アイツ戦争馬鹿だよ、すげー馬鹿だよ

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:33:06.99
>>262
まあそうだわね。
>>255
ってな理屈で行けばそうだね。ただ軍としての序列は
(建前上に近いけど)軍務尚書、統帥本部長、司令長官
の順だよ。ロイエンタールは新領土総督になって初めて
軍務尚書と同格になったってわけだし。
上司部下って言葉に引っかかってるなら、まあそれは微妙
だけどね。

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:35:45.88
頭割りか、収入割りか、財産割りか、弱者に有利にするか、成長分野に有利にするかと
何が公平かって言うのが本来は難しい問題なんだが、あいつがしたのは単に
貴族課税・庶民減税なだけ。
10年ぐらいで行き詰まりそう。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:45:28.44
>>261
神=作者が科学技術オンチなので仕様です。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:51:39.94
>>263
税「率」公平とは言ってないだろ。「公正な税制と裁判」とは言っていたが。
ゴ王朝時代は貴族は無税だったから、その特権を撤廃しただけだろうな。
単純思考だとは同意だが、方針レベルの意見としてはその程度でもかまわんのだろうな。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:58:23.32
そういや金髪の母が門閥貴族に轢き殺された、ってのは漫画だっけアニメだっけ
泣き寝入りだったんだろうな。

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 14:59:14.64
ゴ朝時代の裁判ってどのくらい不公正だったんだろう。
平民が貴族と争っても100パー負けとか?

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 15:13:11.10
ペクニッツ子爵の裁判を見ると、帝都で民事なら比較的公正なような。
地方に行くと中央の目が届かなくて貴族のやりたい放題みたいだな。
そもそも地方の荘園の裁判権は、中央は持っていないのかな。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 15:16:05.65
>>269
漫画とアニメ
小説の黄金翼にはそんなシーンも記述もなかった

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 15:17:21.88
ペクニッツの例はラインハルトが公正な〜
を始めたから訴えられたのかもしれない。

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 15:21:15.24
君らも宗教法人課税にしたら喜ぶくせにー

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 15:24:47.90
後援者がいなければ将官のミッタでさえアノザマ
不平屋の爺さん殺されたローゼンリッターとかの例で大体想像できるんじゃなかろうか

リヒテンラーデとかはやり過ぎに歯止めかけようとはしていた感じだけど

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 15:42:06.38
>>261
星間通信の速度が遅すぎるので今更どうにもならんだろ
光の早さで通信しても隣の星系まで数百年のラグがある

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 16:14:33.41
>>271
>帝都で民事なら比較的公正なような
負債で裁判起こされてた皇帝の親がいるくらいだからなw

領地内では、領主である貴族が法律だろうな。

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 16:15:25.73
>>276
FTLがあるから

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 17:26:22.99
>>277
それどころか、酒屋に土下座して借金棒引きしてもらった大公殿下がいらっしゃったような
これはつまり、訴えられたら大公でさえ負けるってことか

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 17:33:34.21
>>279
なにかとなにかのエピがごっちゃになってる気がする。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 17:45:00.91
若いころのフリードリヒ4世が「皇帝になったら返す」と金を借りた話だと
むしろ皇族じゃ訴えても負けるという感じじゃないかな。

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 17:47:19.59
金貸しの方だって貴族とのコネあるべ

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 17:47:33.42
フリードリヒ4世の大公時代の話だったよね
酒場で借金して、もし自分が皇帝になったら10倍で返すから許してってやつ。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 18:08:37.35
>>278
問題は通信料だ。
軍事用なら金に糸目はつけないだろうし、
より多くの収益があるなら商用も可能だが、
個人が趣味で使うには通信料が高いのでは?

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:01:32.11
>>261
今みたいなインターネットは帝国見たいな国にとては邪魔な存在
支配体制強化のためにあえて全廃した方がいいという考えもある。
通信や情報を統制下に置くことは支配強化につながる。

同盟も戦時体制だし色々政府批判されるよりはない方が統制しやすいだろうな。

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:04:47.71
>>256
昔は未来の社会では皆が豊かになれると夢を抱いてたな
現実はというと新貴族層とでもいうべき富裕層と貧乏人の二極分化が進み
各階層が固定化されつつある。新たな階級社会化とでもいうようなことになってる。
未来なんて意外なことが起こるからわからんよ。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:06:33.34
>>278

FTLがどんぐらいの速度が保障されるのか
分からないけど、ヤンが査閲会に呼び出されたスキに
帝国軍がイゼルローンに攻めてきたときに、
FTLを通してヤンが指揮とればキャゼルヌはあれほど涙目に
ならなくてすんだような気もする

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:30:22.48
>>287
 けっこう通話とかでもリアルタイムでやってたから
スピードは十分そう。ただあのとき限定でいえばケンプ
艦隊等からの妨害で通信は最初の救援要請以後、通じなく
なったようだね。帰還するヤン艦隊と連絡取れてなかった
から。

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:36:08.25
日本人を見てもわかるが、ほとんどすべての国民が望んでいるのは
公平な税率でも公平な税制でもなく、自分だけに有利な税制。

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:43:58.43
竜堂さんちの兄弟みたいな事を言う人は非国民ですよ!

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:44:00.55
お隣の国ならわかるが日本人にはそれは無いな
良くも悪くも他人と違う所を恐れる民族だし

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:44:29.31
第10次イゼルローン攻防戦でルッツは何でラインハルトに直接命令を確認しなかったんだろう。
少なくとも帝国方面を経由して通信は確保されているはずだが。

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:51:29.66
もっとオーデッツとホアンルイの話してよ!

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:53:29.69
>>292
だいぶ前にさんざん言われたテーマだね。
実はしようと思えばできたけど、確認したら
あらためて要塞から出るなって言われそうだから
だまってヤンを撃破する功績をあげたかったとか
などなど。

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:55:24.82
>>293
>>253でいいじゃん。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:55:44.44
>>292
それは、ここでは触れてはいけないタブーの一つ。
何度か出てくるが、突っ込めば突込むほど謎は深まるよ。

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:58:20.29
そんな事よりホーランドについて語ろうぜ

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 19:59:05.00
狂人が全て先駆者でない につきる。

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 20:00:17.59
ヤンのターゲットになった人間はバカになるっていう
あの世界に明らかに存在する法則で説明できるんだけど、
それを禁じ手にすると難しい

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 20:04:02.16
暗号文じゃなくて平文で命令だからな
もういちど西暦からやり直したほうがいいレベル

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 20:10:04.06
量子コンピューターが発明されて、素因数分解が簡単にできるようになっているから
暗号化しても無意味なんだよ

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 20:16:53.70
伝書鳩や軍用犬が復活してるんだよな
帝国軍軍用犬養成所を査察して
シッポふりまくる犬のなかでなぜか義眼を光らせるオベ

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 20:19:47.04
リーマン予想が解明されてるのでつね

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 20:28:32.28
>ヤンのターゲットになった人間はバカになるっていう
>あの世界に明らかに存在する法則

さすがそんなものが存在する厨二オナニードリーム便所の落書きだな銀英は


305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 20:59:56.48
考えたらさ、俺、結局、フォーク以下の屑だったな。。
お前らもそうだろ?

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 21:12:32.26
フォーク以下の屑はそうそう居ないだろwww

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 21:16:41.18
フォークって後世で歴史の教科書に載るかね?

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 21:16:45.21
俺は同盟の3流政治家ぐらいかな。
帝国を相手に、皇帝とは何者か?
とか絶対言えない。

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 21:17:48.82
>>307
帝国軍軍学校の教科書に悪い参謀の例として載るかも>フォーク

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 21:23:48.76
現在の防大で牟田口廉也や辻政信なんかどう教えてるんだろうか。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/06(月) 21:27:01.94
難解なスレチ

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 02:02:57.46
俺は没落貴族の三男坊で徴兵されて、死ぬ役だな。

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 02:21:55.29
俺なんてただの農奴だな。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 02:43:30.58
たぶん徴兵されて駆逐艦かなんかでウラン238弾を撃ちつつ艦ごとお陀仏なんだろうな

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 03:34:40.95
アニメ界の進出はあるか?


大ニュース 日本の歴史上最高の天才

http://bian.in/artman/art.html

もし国歌を作り直すならこの人に任せれば良いのでは?
ネットで話題


316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 03:53:57.44
ラインハルトが3方向からの敵を時間差で撃破した戦闘でさ
一つの戦闘にかかる時間が少なすぎない?
しかもラインハルトの方には被害がほとんどない一方的な戦いってそんなのないよ
現代で言うと一個師団と2個連隊が正面衝突したところでそんな展開にはなりえないでしょ
一方はある程度の被害受ければ引くだろうし

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 04:28:53.64
それもう飽きたよ

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 04:35:04.63
ラインハルトのIQっていくつぐらい?

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 04:36:53.01
あとやんも

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 04:52:37.58
ラインハルト=118
ヤン=122
オフレッサー=88
クリスチアン=92
シュターデン=149
フォーク=152

ま、現実はこんなもんですわ。

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 05:07:36.29
>316
ノーレスもかわいそうなので、マヂレス
同盟軍3軍のトリューニヒト派やら閥の交じり合う指令系統と、折り合いは悪くても指令系統が1つの帝国軍では
運営と機動性が全然違うはず。戦術がうんぬんよりひどい問題を抱えているのが同盟軍のわるいところ

>320
これはひどい・・・
フォーク愛に満ち満ちていますね、一人占めして構いません、どうぞどうぞ

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 06:30:57.22
ヤンの奥さんの内面描写が糞すぎて引くんだけど?
作者は女心分かってないの?

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 07:36:34.46
>>300
暗号だぞ、って言いかけたがあれはアニメか。
原作は確かに平文みたいに読み取れるね。
西暦でも暗号は使われてなかった?
BC100くらいでも。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 07:44:42.10
>>316
私もマジレスすると、最初の戦闘は4時間。
損害は、トータルで同盟 22600隻 帝国 2200隻
ってあるね。帝国の損害の半分以上は第2艦隊との
戦闘と思えるから、最初の2回はそれぞれ500隻程度
ってなるのかな。同盟の損害の割り振りは、第2艦隊が
4600隻程度とすると(最初はかなりやられたし、もともと
15000隻だからなんとかそのれだけの損害でも組織的抵抗
は出来たと)他は9000隻程度かな。
で、4時間で500隻の損害で9000隻の戦果。奇襲効果、指揮官の
能力差、兵力差を加味すると、まああってもおかしくないんじゃ
ないの。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 08:20:02.96
>>316
「それを言っちゃあお仕舞いよ」って感じだけど、
架空の宇宙戦に、現実の地上戦を当てはめても意味なくね?

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 08:22:26.57
なんか知らんけどひとたび一方的になったら負けてるほうは即壊滅するからな。
その割りにバーミリオンのラインハルト艦隊は大分粘ったけど

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 09:27:15.93
同程度の武装もった大集団同士で
数時間で相手の10倍以上の戦果をあげて壊滅させた戦いって第二次世界大戦以降あるのか?

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 10:18:36.58
ムーアとパストーレがありえないほど無能という
結論に達する他ない。

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 10:33:37.68
中和磁場とか弾幕張るの間に合わなかったんだよ

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 11:30:22.27
>>327
第三次中東戦争では、イスラエル空軍がアラブ陣営の空軍を一日でほぼ壊滅させてる
イスラエル空軍の損害は46機、アラブ陣営の損害は452機

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 11:32:31.49
何そのリアルエースコンバット

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 11:36:03.14
>>331
この戦争でのイスラエル軍の戦死者総数は700人、アラブ陣営の戦死者総数は15000人
一方的過ぎて6日で決着付いた

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 11:43:24.11
それって兵器の差がすごいあるんじゃないの?

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 11:56:46.04
アラブ軍は最新鋭の装備をたくさん持ってたけど、数だけ集めてまともに訓練してなかったから弱かった
将軍は政治任命で、士官も将校教育をまともに受けてないから質が低かったし

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 12:09:45.51
性能差は今ほどは無い

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 12:37:57.81
>>334
革命イランは宗教的信頼性の高いやつを高級士官にしたら全然使えなくてイライラ戦争でボコられ、
結局王政時代にアメリカで教育を受けたプロの将校たちを復帰させたらしいからな。
将兵のレベルはかなり重要。


337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 12:45:24.37
なんといっても兵器がSFの世界だからねえ。先制すれば
一気に1000隻単位で吹き飛ぶのかもしれんし、なんとも
だねえ。

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 12:59:52.64
>>336
忠誠心基準で将校を選抜すると、悲惨な結果になるよね
革命政府や社会主義国の軍隊が弱いのもそういう事情が大きい

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 13:15:51.40
優秀だが忠誠心のない人物を抜擢したら国を奪われたでござるの巻

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 17:11:06.68
>>339
それなんていう、フリードリッヒ4世?

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 17:21:37.49
ふと、ラインハルトが野心でも恨みでもなく、愛国心(not忠誠心)から戦う姿を見たいと思った。

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 18:59:33.33
考えてみればラインハルトに冷や汗かかせたのって
ヤンとフリードリッヒくらいしかいないな

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 19:06:38.81
>>323
入力側と出力側は平文でも途中の「通信信号」として送る部分で
暗号化してるというのもありうるか
今のIP電話でも途中の通信を送ってる部分は暗号かされてる気も


344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 19:38:00.64
>>341
愛国心があったら第4次ティアマト開戦で最後、強引に撃って戦死してるイメージしかないw
死んだら簒奪どころじゃないのに何故かぶっ放そうとしてるし。

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 20:30:47.48
あの、ホントに素朴な質問なんですけど、白兵戦になるとなぜトマホーク
みたいなアナクロな武器を使用するんですか?初心者ですが、某アニメの
なんとか粒子的な辻褄合わせ(銀英伝がそうとは思いませんが)かなと、
勝手に推測してるんですが。

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 20:33:59.01
「白兵戦を描きたい」から作った設定がゼッフル粒子
そこに理屈を求めてはいけません

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 20:35:50.96
>>304
銀英のいいところはそこだろ
同盟を見たら少年誌っぽく最強の主人公がてきをばっさばっさ倒す
帝国をみたらキルヒアイスが主人公を守って死ぬといった悲劇を乗り越えて
宇宙を手に入れるっていう感動ドラマが見れる
また、専制主義と民主主義、テロについて等

あらゆる観点から見れるようにしてるんだよ

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 20:55:01.99
銀英伝には人生で大事なモノのすべてが詰まっている

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 20:57:42.78
嵐の前フリ

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 23:10:37.96
>>342
ラインハルト本人に何か仕掛けて冷や汗をかかせたのはそのくらいだが
姉上を危機に陥れて冷や汗をかかせた奴は他にも結構いそうだな。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/07(火) 23:15:13.21
>>348
いい所のお嬢様を処女レ○プとか、無垢な少女と30過ぎのオッサンの組み合わせとか、
「お兄ちゃま」と呼んでくれるロリ姉妹とか、ツンデレとか、確かにすべてありそうだな。

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 00:15:14.90
レイプから始まる恋もあるしな。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 00:50:40.65
ねーよw

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 02:03:04.21
反逆するために軍人になった奴が正当化されたら次々に適当な私怨w持った連中が権力握ろうとしちゃうぞ
ローマ末期だな

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 02:06:12.15
おねさんにお前は満足してるかとか聞いてみてないでしょ?
相手は世界一の権力者で何不自由ない生活してるってのに
童貞君の幼稚な思想を皆笑ってそう

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 02:16:55.89
とりあえずフリードリヒ4世の若い頃のやりたい放題だった頃だけはうらやまけしからん
童貞とか関係なくハーレムは男の永遠の夢だ
一夫多妻解禁せんかなと常々思う

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 02:19:42.12
その観点では一番の勝ち組はラインハルトじゃないわな。ラインハルトなんてヒルダと一発だけだったし
キルヒアイスに限ってはry

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 06:32:32.40
ハーレムは内部で女の戦いがすごそう

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 09:34:42.12
>>358
実際B夫人の執念はね。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 10:23:09.91
この作品の登場人物は有能なほど性欲に乏しいな。
ロイエンという例外はいるが。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 10:28:12.92
ポプランやシェーンコップ涙目ww

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 14:34:16.88
>>359
あいつがヤンデレ化して、陛下を自分だけの物にするために殺害してれば
アンネローゼは普通に解放されてラインハルトとキルヒアイスがきょとーん

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 16:21:28.12
>>356
一夫多妻を享受できるのは金持ちだけ
ここの住人には関係ない

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 16:25:45.59
一夫一妻制って、実は男に優しいルールだからな
一夫多妻制を採用すると、あぶれる男が絶対に出てくるけど
一夫一妻制なら、どんな男でも名目上は相手ができることになるからね

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 17:12:05.76
歩兵の装甲服って装甲として体をなしてるのか?
斧で簡単に殺されてるけど

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 17:18:57.90
装甲にはミラー・コーティングが施されていて耐ビーム系重視で実弾の方が有効と外伝で書かれてた

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 17:22:48.79
んで実弾を飛ばす火薬はゼッフル粒子で使えないので斧で戦うんだっけ。
ボーガンとかどうだろ。

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 17:25:19.18
>>365
その斧は、装甲服相手にするために作られたものだ。当然だろう
装甲服も進歩するだろうが、装甲ってのは極論ガワの厚さ勝負になり、それは=重量増加、視界、可動範囲の
縮小に繋がって身動きが取れなくなるというのは歴史が証明している。結局どこかで装甲での防御は諦める
しかない。


369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 17:25:40.51
>>367
使ってる。

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 18:29:01.23
白兵戦するなら槍とか剣とかの方が良さそうなもんだが
基地内は狭いから取り回しを考えると槍はダメ、
ロックされたドアなどの障害物も排除できる斧の方が優秀って事なのかね

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 19:00:48.85
戦う場所で武器を使い分ける描写があってもよかったなと

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 19:02:05.13
塹壕戦でスコップやツルハシが活躍したように打撃系の武器が
有効なのかね

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 19:13:43.38
ゼッフル粒子の発火温度って結論出てるの?
実弾の火薬で爆発するけど、戦艦の噴射では爆発しない。
戦艦がどんな推進剤を使ってるか不明だけど、色温度的には結構高温ぽいんだが?

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 19:18:58.29
ゼッフル粒子は空気が読める気体
「ここで爆発しなくちゃなー」ってときに爆発するし
「いまちょっと熱かったけどシェーンコップ無双だしなー」
と抑えたりする

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 19:36:18.25
>戦艦の噴射では爆発しない。

戦艦の噴射の所では使ってないし指向性のは拡散制御(ナノマシン系)してるので関係ないだろうと


376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 19:53:24.35
環境や用途に応じて使えるよう発火点が違うタイプをいろいろ開発したっていいじゃない

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 19:54:32.15
>>371
白兵戦の間合いはそんなに変わんないし、どうせ装甲服での戦闘だから切り替えるメリットが少ない。
トマホークってのも作者の無知でトマホーク表記に統一しているだけで実際はハルバードやメイスもあったり、
ハルバードっぽい何かに進化しているのかもしれない(『レンズマン』で出てくるスペースアックスは、斧、棍棒、
槌矛などの良いところを一つにまとめた、と形容されているな)。

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 19:58:48.73
あの舞台に国連治安維持軍みたいなのがいたら
まずゼッフル粒子大放出して介入するだろうな
とりあえず大規模な軍事行動は抑えられる

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 19:59:19.05
>>373
白兵戦用と宇宙用で仕様がちがうのかもな。
宇宙だと環境で発火しちゃう可能性もあるから鈍感になっていたり、白兵戦用は低濃度で反応するよう敏感に
なっていると。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 20:02:57.24
ゼッフル粒子が艦艇のエンジンで引火しないってのはアニメオリジナル設定。

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 22:36:12.90
>>368
あんな固そうな装甲服をスパッと切り裂き肉を裂く斧なんて、怖くて素手で触れないわ

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 22:40:39.56
炭素クリスタル製だそうだけど、巨大なダイヤモンドの塊だとすると砕けやすくて武器としては使いたくないな。


383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 22:43:52.30
【質問】
同盟軍は何を考えて「半個艦隊でイゼルローンに攻め込んでこい」なんて無謀な命令をヤンに出したのでしょうか?

あの世界といえども数千隻失ったら大損害です。無謀な作戦でそれだけ失ったら上層部の責任問題です。
『イゼルローン攻略作戦計画 必要艦艇数:半個艦隊』とかそんな作戦計画が提出されていたとしか思えず、
その作戦案を提出したのはヤン本人であるとしか思えません。
「君ならできる」と言われてヤンはふてくされていましたが、実は「まさか自分が責任者になってやるとは思わなかった」
というのが本音なのではないでしょうか?

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 22:48:37.89
実際ハーレムなんて作ったら女たちを平等に相手しないといけなくなるから体力持たなくなりそう
誰かを贔屓したら他の女から当たりが強くなりそうだし

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 22:55:36.86
>>383
正直黎明編はその手の突っ込みどころが・・・
どう考えても「死んで来い」としか思えない指令をヤンと半個艦隊の兵士達に出した
シトレがロボスやフォークと比べてマシとは到底思えない

が、各々の思惑として言えば、
シトレにはなんとか任期中に成功を上げてもう一期統合作戦本部長を務めたい
ってのと、トリューニヒト派からすればシトレに失敗させれば勇退させやすいってのがあったろうな。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 22:56:53.78
ここまで少なければ誰も力ずくで攻め落とすなんて考えてないだろう
つか認めた思惑については両側の立場から原作でちゃんと語られているが

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 23:40:57.87
とはいえ無茶な指令ではあったよね
計画の段階で帝国の船で侵入して…というところまで決まっていれば半個艦隊でもいいが、
ヤンが「帝国の船あったよね?」って聞いた段階でそれが既に利用不可能な状態だったとか、
ローゼンリッターが秘密の任務で出払っていたとかだったらどうにもならなかったわけで

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 23:45:59.58
この場合は敵艦隊の緊急迎撃みたいに命令を受け取ってすぐに艦隊出動というわけじゃないし
要員や器材の確保なんかの出撃準備をしてからの出動だし場合によっては作戦中止ということも
ありうるものだな。

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/08(水) 23:49:22.30
シトレの副官の時から艦隊じゃ落とせねーよって言ってたしその時に作戦とか聞いてたのかも。


390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 00:55:40.46
>>387
あれだけ戦ってて、鹵獲した敵艦が1隻も無い、なんてことはさすがにないだろう。
ローゼンリッターにしても居なければ居ないで、他の部隊を探しただろう。
その場合はさすがに「味方の血を一滴も流さずに」とはいかなかったかも知れないが。

そもそも、ヤンのことだから、他にもイゼルローン要塞を攻略する方法を山ほど
考えていたんじゃないか。ローゼンリッターを知って、最適な方法を選んだのが、あれ、と。

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 01:29:18.68
黎明期の突っ込みどころならやっぱり帝国領侵攻だろう

国防委員長も、統合作戦本部長も認可してないであろう作戦案が
”コネ”だけで議長に届き、あまつさえ閣議に持ち込める時点でね。

さらに、支持率を15%上げるためだけに、
”発言しただけで驚かれる”ような”存在感も希薄な”サンフォードの誘いにのっちゃう閣僚も閣僚。
全員で結託してサンフォード降ろせばよかったじゃんって思う。
議長を交代させるだけで同様の支持率上昇が見込めそうだが…

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 01:46:54.78
>>391
今の日本の政治家を見ていると、同盟の政治家達を笑い飛ばせない。

>国防委員長も、統合作戦本部長も認可してないであろう作戦案が
>”コネ”だけで議長に届き、あまつさえ閣議に持ち込める時点でね。
知人とやらから貰った、いくらでも捏造できそうな電子メールの
プリントアウトを国会に持ち込んで騒いだ議員いたよねえ。
後に、議員辞職して、精神病院に入院して、飛び降り自殺してしまったけど。

>全員で結託してサンフォード降ろせばよかったじゃんって思う。
>議長を交代させるだけで同様の支持率上昇が見込めそうだが…
一時的には上がっても、選挙まで持たずに急落するだろう、
と1年毎に首相が降ろされる国の住人としては思えてしまう。

地球教も笑い飛ばせてたんだけどなあ。地下鉄サリン事件の前までは。

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 01:46:56.51
>>383
そこらへんの事情は、外伝の黄金の翼をみれば少しわかるよ
なぜヤンが半個艦隊でイゼルローンを攻略することになるのかという理由が

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 08:18:21.12
黄金の翼を見るという苦行

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 08:22:20.39
確かに。あれは先にアニメはあって後から小説書かれたそうだけど
ヤンのそのあたりはちゃんとしてるのかな。
それ抜きに1巻だけで判断すると、シトレはヤンの異才をある程度
見抜いていてこいつならやれそうだと考えたのが一番じゃないのかな。
また、原作に明記されてるが、失敗してもしょせん半個艦隊でやる
のが間違いとかで済むとか。(このあたり命令責任は?って感じは
するけど)

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 09:34:05.12
>>395
漫画がベースでそれからアニメ化

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 13:17:05.03
>>387
私的に評価していたヤンにダメ元で話を振ってみたんだろう。「そんなの無理っすよ。常識で考えて……」とか
断ったらなかったことにするつもりが、あっさり受けちゃったから策があるんだろうと賭けることにした―辺りかな。
書かれていないだけで、実は作戦の概略は以前から聞いていて、いけそうだが本人に仕切らせんと実行面で
不安があるから、「(前に聞いた作戦を)半個艦隊でやれ」と命令した、とかね。後を託すヤンを昇進させる気が
あったが、箔付けに何かやらせる必要もあったとか―いずれにしろ、内心かなりの期待を持っていたからヤン
に賭けたというのは変わらんという意味では、投機的であまり褒められた話ではない。

>ヤンが「帝国の船あったよね?」って聞いた段階でそれが既に利用不可能な状態だったとか、
鹵獲艦があって、動く状態だってのはわかっていたんだろう。動かん物拾ってくるわけないし、動く限り長期運用
を考えなければ、どうとでもなる。
>ローゼンリッターが秘密の任務で出払っていたとかだったらどうにもならなかったわけで
ローゼンリッター丸々必要なわけでもないから、一個小隊くらい引き抜いて回してもらうのは簡単だろうし、向こう
の任務期間次第では、終わるまで待っていてもいい。こっちはシトレの任期内ならいつでもいいんだし、どの途
第13艦隊の訓練もあるから時間は掛かってもかまわない。

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 16:02:50.02
キルヒアイスの一方的献身のみで、ラインハルトからキルヒアイスへの
友情らしきものがまったく感じないんだが…。

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 16:07:37.77
墓を立ててやっただろ。

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 16:16:12.22
「ゴ朝を倒してお姉ちゃんの救出」という目的を同じくした同士なのだから、
それぞれの性に合った一番ベストなポジションに収まれば、
尽くすのなんのは役割分担の違いでしかない。

というか風当たりの強い金髪の陰に入っているから、
赤毛は余りトラブルを起こさなくても済むので結果的にそう見えるんでないの。

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 16:42:08.16
ラインハルトとセットで引き上げてもらっているしな。
仮に普通に軍に入っていて有能さを発揮したとしても、上官がなかなか手放さんだろうから、あの性格では出世
とは縁遠くなりかねない。腫れ物扱いのラインハルトの子分だったから、驚異のペースで出世できたという恩恵
はデカイ。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 17:13:40.19
つか、あの性格なら軍人になりたかったわけではないだろう。
惚れた女救うために仕方なくでさ。

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 17:15:08.65
本当はなにになりたかったんだろ?
両親は教師にしたかったんだっけか。

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 17:36:57.72
教師云々はラインハルトがお前が教師だったら〜て言っただけで
両親は特にそんなこと言ってなかったような気がする

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 18:03:46.44
アンネローゼを取り戻した時点でキルヒアイスの戦いは実質終わりなわけで
その後のラインハルトの同盟に対する政略にはことごとく反対した可能性あるよな?
少なくともモルトの犠牲を伴った幼帝誘拐なんて絶対反対したろう。

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 18:07:18.34
貴族倒した時点でもう必要ないのに
宇宙手に入れろといったのがキルヒアイスです

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 18:13:17.43
あの一言はラインハルトに対して生きる目的を与えたのだろう

同盟と帝国一般将兵にとってはいい迷惑だが

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 18:20:19.52
あの一言がなくても同じ事をしたような

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 18:20:39.05
死の間際にすらラインハルトが望んだであろう言葉を言うとはたいした忠臣だ。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 18:24:51.83
>>405
取り戻す、二度と奪われない―がラインハルトの意思であり、キルヒアイスも共有していたろう。だから、取り戻し
ただけでは終わらない。取り戻して終わるなら、「ルドルフに可能だった事が、この俺には不可能だと思うか?」
とか言い出した時点で反対してるだろ。というか、皇帝が崩御した時点で「終わった」て言うわ。
奪われない体制、世界を作り出さないといけない。対立する貴族を滅ぼし、帝国を簒奪しても、同盟がいる限り
磐石とは言えない。銀河を統一し、至上の存在となるまでは終わらないんだよ。




411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 18:55:59.22
>410
 個人的には納得がいく。けど、本当にアンネローゼの安定を考えている、というには
ロイエに強者が権利を奪ってみろ、覇権が穏当に譲渡されるのはナシという軍国浪漫
主義が酷くね、金髪は?
 大事な者を存在を確保した。じゃあ、まわりにゼッフル粒子まいておきますね?
 みたいなダイナシ感がある。
 結局、金髪は戦を嗜むから、大事なものを得たければ、戦って、その意義を明らかに
しろ、みたいに、将兵には凄い迷惑な御仁。王朝最初でなければ、刺されるよ。

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 19:02:26.19
>>410
子供の日の誓いにしたって、帝国内の腐敗を正す以上の意味はなかったと思うけどな。
ガキだから多少大袈裟な表現になっちゃっただけで。

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 19:04:25.94
>>411
姉の件はキッカケであり、モチベーションにすぎない。
それがラインハルトの本質―軍国浪漫主義と完全に一致しなくても、無問題。
まあ、後半は半分ヤケになってたようなもんだし。親友を死なせ、その件で姉を失って―親友の遺言を支えにし
てなきゃやってられなかったんだろう。


414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 20:41:19.93
>>358
おしおきされたくてわざとドジっこになったりする

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 20:55:47.08
ドジっ娘は劣悪遺伝子扱いで殺されるぞ

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 20:57:54.18
近代国家を併合なんてできるわけないじゃん
中国が日本を征服して併合なんてできるか?

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/09(木) 22:06:13.11
覇権主義国家はそういう風に物事を考えないぞ
理屈に関係なく支配することが当たり前だと考えている

418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 09:30:28.16
>>406
アンネローゼと二度と離れ離れにならないためには銀河を手に入れるしかないわけで
妄想と呼ばれようがセカイ系と呼ばれようが
ラインハルトとキルヒアイスの子供の頃の誓いの意味はかわらない

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 10:32:47.47
同盟が姉かっさらうわけなかろうに…
美人なら芸能スカウトはあると思うが。

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 10:43:00.89
姉はシスコン坊や鬱陶しいと思ってそう

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 12:49:04.91
>>420
最後辺りは思ってそう。ラインハルトの結婚でフェザーンに来たけどラインハルトは死ぬまで帰さなかったし

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 12:57:04.54
「ママー! 二人が銀河帝国皇帝の玉座を簒奪しちゃったー!!」
とかディズニーのかものはしジョーのやつみたいだな。

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 13:20:28.48
姉貴の方は別にブラコンでもなんでもないよな。
キルヒが死んだ時の引きこもり宣言は、好いた男を死に追いやった
弟に対する制裁的な意味もあったような。

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 14:03:55.31
キルヒアイスもラインハルトというよりアンネローゼのためにその弟を守ってる感じだったし、姉は姉で弟よりジークって気もしてなんかラインハルト可哀想だな

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 16:27:53.25
金髪姉弟にいいように使われたキルヒアイスが一番可哀相だろ。

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 17:14:08.62
>>419
同盟と戦争状態が続けば、同盟軍が帝国深く攻め込んでくる可能性はなくならない。
それはイコールアンネローゼの平穏な生活を脅かす可能性があるということ。かっさらいはせんでも、戦渦に
巻き込まれて……はあり得るだろ? 
それを0にする一番確実な方法は同盟を滅ぼすことだ。

フェザーン遷都の理由の0.ン%くらいは、オーディーンを戦火から遠ざけるためだったかもな。


427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 17:47:10.28
>>426
 アンネローゼが襲われる可能性をゼロにするには、全人類を滅ぼすしかないわけですね、良く解ります。

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 17:54:40.85
同盟がオーディンまで侵略してくる可能性より
自分が留守にしたときに門閥貴族の残党とかに誘拐されたりする可能性の方が
百万倍くらい大きそうだが

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 18:04:56.15
>>428
そんな連中の力なんて小さくて、ケスラーに任せとけば無問題。脅威としては、同盟の方がずっと大きい。


430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 18:44:30.48
>>426
そこまでいったら妄執過ぎて姉貴もドン引きだろうな…

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 22:09:49.58
>>416
併合はできない、というよりする必要がない。
トップを支配下にすれば思いのまま。 併合なんかするよりはるかに効率的。
例)消費税を10%にして、汚染で苦しむ中国を助けよう
例)人口爆発で苦しむ中国から移民を1千万人受け入れよう。そのために最初の5年間は
  国税で彼らを賄おう

こういうふうにいくらでも他国の財力を自分たちのものにできる。
武力で進行とか併合とか、眼に見えて分かりやすいだけに、対処の仕方がある。

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/10(金) 23:13:09.72
橋下みてると銀英のルドルフ思い出すな。

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 07:14:26.92
門閥貴族たちには、ラインハルトが橋下に見えるんでしょうね。

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 09:25:06.97
【調査】「十代の頃に夢中になっていた小説」ベスト10 1位は「なんて素敵にジャパネスク」(氷室冴子) [12/02/07]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1328918556/

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 11:26:17.60
遺伝子完全に解明できてるような時代でしょ
童貞病ってなによww

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 11:32:43.53
女性に過度な期待を抱いてしまうという病

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 12:53:39.86
皇帝ラインハルト一世は、帝国宰相の時に大義名分もなくただフェザーン回廊の通過をもくろみ
当時帝国から内政自治権を得ていたフェザーンを侵略した。
摂政となったヒルダ皇太后が実権を握っているときはいいとしても、
アレク皇帝が成人となり摂政から実権を委譲された場合、先帝の例に倣い、
帝国から内政自治権を得て民主共和制を確立しているハイネセンを攻め入る恐れがある。
なぜなら、帝国の国民は専制政治より自由な民主共和制を望み、帝国政府はその崩壊を恐れて、
民主共和制を打倒することに執念を燃やすことになるだろうから。


438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 14:13:06.29
帝国民は専制がうまくいってる間は
民主共和制なんて望まないと思う。

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 14:18:58.53
>>438
そりゃそうだわな。原作中にもあったけどそれが
一番楽だわ。

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 14:56:21.40
立憲君主制に移行していくんじゃねーの?
ヒルダが生きている間は専制でも良かろうが、その後でマトモな君主が来る保証が無いし

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 14:58:44.56
旧同盟民だって、戦争が終わって平和で、前より経済状態も良くなれば
スポイルされて、このままでいっかになりそう

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 15:06:49.38
>>441
ハイネセンですらすでにそうなりつつあるような
雰囲気だったね。まして他の星系は。ここで疑問
有人の星系はエルファシル以外にどのくらいあるん
だろう?最初のアスターテ会戦終了の地の文では
かろうじて星系への帝国艦隊の侵入は防がれたって
あるけど、有人惑星あって、その防衛戦って一面も
あったのかな?わざわざ事前情報あって有人星系を
迎撃地点に設定するのも変だけど

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 15:11:48.71
日本のような形式的な立憲君主制というのが落とし所だろうね

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 16:14:03.68
>>440
現状として、そう改革する必要性の有無次第だろ。可能性だけで、今上手く回っている政治システムをホイホイ
変える必要はない。なんでも革命じみたことがいいとは限らないぜ。
まだ当分は新帝国の安定に気を使わねばならないのだから、各制度・慣習の切り替えの方が急務(法制も多く
がゴ王朝のままなんだし)。それなのに体制に関わる改革なんてとんでもない。

とりあえず、その案を出したユリアンのいる(彼が政治的にどういう立ち位置になるかわからないが)バーラトが
看板どおりに機能するか見極めてからだろ。早々に腐敗したり、gdgdになったりしてでは、ユリアンの構想その
モノが甘い見通しに立脚していたということになり、立憲君主制案もまた信用性がなくなる。
責任を負わない部外者の提案に過ぎないのだから、取り入れるなら慎重にならなければならない。

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 16:34:49.87
そーいやハイネセン自治政府って完全独立だっけ?
なんか不平等条約結ばされたりしてたか?

446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 16:41:05.07
>>445
原作の時間内ではラインハルトとの合意だけで
具体的にはこれからだろうね、ヒルダとユリアン?
自治政府の首脳になりたいやつ?が交渉するんだろうね。
 そうさきに自治政府側の機構を決めないと交渉も
出来ないね。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 16:41:40.49
>>445
そこまでは書いてないけど、ヒルダってかなりしたたかだから結ぶかもしれん

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 16:43:25.61
イゼルローンの明け渡しと軍の解体は進めてたけど、後の事はヒルダとつめるって約束くらいじゃなかったかな

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 17:36:26.61
>>447
バーラトがどれだけ自立してやれるかによるだろうけど、自由にやらせておくと第二のフェザーンになりかねんと
思われたら、ガッチリ縛り付けてくるだろうね。


450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 18:05:41.90
ぶっちゃけゴールデンバウム王朝が36人?ぐらい続いたんだから
ローエングラム王朝もそれぐらい続くんじゃね?

今の日本政府やアメリカ政府が失策したり北朝鮮政府が圧制を行ってもつぶれたり
しないのと同じで今ある政府がつぶれるってよっぽどのことだぞ

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 18:31:19.31
>>447
ヒルダってなんとなく(俺だけか?)やさしそうな
イメージあるけど。侍女とかの話なんか。
家の保護の公文書を自家には要求したり、フェザーン
とラインハルトの陰謀しっても容認したり(警護責任
者に犠牲出るの予想されても)してたもんね。
かなり現実的、したたかだね

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 18:42:55.57
>>451
貴族の跡取り娘だからな。私人と公人の区別ができているんだろ。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 18:44:12.55
あれくらいじゃないと中堅貴族として世渡りは出来ないのだろうな
何気に割と武力もあったし(分艦隊規模くらいか)

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 18:48:31.03
>>453
領地を持ってる貴族は警備の戦力があるんだね。
その大規模なのが門閥貴族の私兵ってことなんだろうけど
マ伯爵家の戦力はどの程度だったのかな、少なくとも
カ公爵家の侵略を一定期間防げる程度としかわからん。

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 18:51:14.35
リッテンハイムについてったの5万で門閥総兵力大体15万だっけ
イゼルローンでも2万しか駐留できないのに、
ガイエには入りきれず近隣で遊弋してたんだろうか

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:16:16.51
>>453
普通、伯爵を中堅貴族とはいわない気がするが

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:19:18.09
>>450
同盟はもともと国家としては破綻寸前だった
国力で圧倒的に勝る相手との長年にわたる戦争で、人的資源が磨り減ってた
労働人口が極端に減少していたと説明があったし


だからいったん大損害をこうむると補填がなっかなか補填ができない

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:20:50.87
>>455
それで何の不都合が?
他にも要塞あったし、さすがにガチ全軍がガイエに集結したことはないと思う。


459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:25:52.31
>>458
公侯伯子男からいけば、文字どうりど真ん中だけどね。
実際のとこ、帝国貴族の中ではどの程度の位置だった
のかな?門閥主流ではないのは明らかだし、ブ公につい
ても重用されるはずはないとのことだったから、結構
下の方なようなイメージがあるなあ。あの貴族社会は
爵位の有無が問題で、爵位差はたいしたことないよう
な。子爵と侯爵がため口だったりするし。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:31:39.19
男爵だけはかなり格落ちな感があるけど。

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:31:59.68
マーリンドルフ家は跡継ぎがいないから断絶か?
新帝国屈指の名門だから、ミッターマイヤー辺りに名跡を継がせるとか。

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:34:02.68
>>461
アレク1世に次男がいれば、継承させるんじゃね?

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:34:26.62
>>460
最初に読んだときはフレーゲル男爵がなんでローエングラム
伯爵にあんな偉そうに出来るのか不思議だった懐かしい記憶が。


464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:35:11.53
>>457
それほど末期的でもない。
30-40代の熟練労働者層が軍に取られていただけだから、軍縮してその層を社会に還元すれば労働人口の
問題はだいぶは改善できたろうし、財政負担も大幅に減ったろう―厳しいといってもその程度だ。
イゼルローン落とした後、ヤンが考えていたような方向に政策を取っていれば「何十年かの平和」と国力の回復
がなった可能性は高い―くらいに余力はあった。
その真逆に舵切ったせいで詰んだと。

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:36:13.26
>>461
まだマ伯がケスラーに刺激されて若嫁と再婚
男児(でなくてもよかったか)誕生の可能性も
あるぞ。

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:42:18.52
>>464
イゼルローン落としたぐらいで帝国が和平を結ぶか?
帝国はあの段階でアスターテで2個半の艦隊を倒し、本国にラインハルとの艦隊と
ミュッケンベルガーの艦隊、合わせて推定15艦隊以上が残ってるんだぜ

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:47:42.85
>>466
十分18個は残ってるだろう。ただヤンが考えてたように、
ただちに講和といかなくても同盟から逆侵攻などという
ばかなことをしない限り、帝国も手詰まりになり講和の
可能性はあっただろう。そこまでいかずともイゼルローン
中心に防衛戦にってすれば国力の回復は可能だったろうね。


468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:49:35.22
>>467
そうなれば帝国もイゼルローン奪還作戦はやるだろうから
ラインハルト、キルヒアイス率いる9個艦隊とヤンが戦うという面白いことになりそうだなw

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:50:59.72
逆侵攻がなければ
帝国側のイゼルローン奪回作戦→帝国軍火達磨
皇帝死亡で内乱

になってただろうから、同盟滅亡みたいな事態にはならなかっただろうね

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:51:34.73
>>467
いや、帝国も史実通り、イゼルローン回廊の出口を一個艦隊で防御して、
フェザーン回廊を通過して同盟に攻め込み、講和はないと思うのだか…。

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:53:55.82
>>469
時間稼ぎをしてラインハルト死亡まで持ちこたえれば帝国も内戦の時代に
なったかもしれないな

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:57:22.52
>>463
実はフレーゲルは、ブラウンシュヴァイク家とも姻戚関係のある帝国屈指の名門貴族リヒター侯爵家の出身で、
フレーゲル男爵家を興すことを認められた次男坊。
しかし、子供の頃から聡明さをたたえられる兄がおり、常に比較される幼少期を過ごすことで屈折した性格に育ってしまった。
愛憎半ばする兄が大貴族の血を取るに足らないものとみなしていることやラインハルトを高く評価していることも気に食わず、
必要以上に平民を見下し、ラインハルトに対抗心を燃やす。

なんか、こんな妄想が頭に浮かんだ。

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:59:39.35
>>470
帝国領侵攻がなければラインハルトの出世も微妙なとこで止まってたんじゃね。

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 19:59:42.65
後書きとか読んでると作者は
バーミリオンでヤンがラインハルトを倒そうとしてキルヒアルスが助けにきて
ヤンとキルヒアイスが死んでその後ユリアンが革命軍司令官になるって
構想にしたかったのかな?

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:00:55.51
いずれにしても内乱は始まるわけだから、特に交渉なくても数年は安泰だろう
そこから先はラインハルトはいずれ病気で死ぬのか否かで大きく変わってくるが

476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:01:32.02
>>458
別に不都合がどうとかはいってないが

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:02:19.88
>>462
アレクの次男、か。
一瞬アレクの弟と読み間違えて悩んだ。

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:06:01.31
>>473
その前の時点ですでに元帥ですが

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:09:24.56
両軍健全だと決着に時間かかってる間にヤン総参謀長の夢が・・・!

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:10:32.18
>>474
バーミリオンでヤンが死んでユリアンがイゼルローン落とさないとユリアンのキャラ生きないしな。
ユリアンがイゼルローンを落とした!さすがヤンの後継者、将来が末恐ろしいってなるけど原作のだとマジでヤンの宣教師でしかない。

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:12:08.18
同盟の防衛戦がイゼルローンに集中している限り、フェザーン経由で攻められてアボーンでしょ。
ランテマリオの悲劇が大規模になるだけ。

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:12:33.07
>>472
実際にブ公の甥なんだろ。男爵家には養子で入った
可能性はあるね。他の貴族もブ公の甥ってことで
気使ってたかな。少なくとも最下位であるはずの彼が
他人に敬語使ってるのブ公以外なかったような。

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:14:44.38
>>470 481
ヤンの考えもラインハルトのような存在を
前提にはしてないな。講和もあくまで可能性
はあるって程度だよ。

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:15:13.00
>>462
皇帝の息子は皇族で次男だろうが三男だろうが、皇族で大公なんじゃないの?
大公位+伯爵位なら分かるけど

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:17:23.48
>>480
原作でもユリアンはヤンの宣教師を自負していたが、
ユリアンは清廉潔白な人柄から政治家に向いているのではないだろうか。
同じく清廉潔白で内務尚書となったミッタ―マイヤーとうまくやっていけると思う。

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:18:13.41
>>483
ヤンも講和なり平和にしてもせいぜい数十年しか
もたない、でもその何分の1の戦争期間よりも有意義
とも言ってたな、まあそういうことなんだろう。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:20:12.71
>>484
皇帝の子供としての大公位は一代限りだろうから、
代々続く家を興すにあたっては適当な爵位が与えられるんじゃないか?

そうじゃないと大公が増えすぎてまずい。

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:20:48.21
>>485
実際に内務尚書になったらどんな感じなのかな。
内国安全保障局も傘下だけど、ラングはもういない
か。内務省ってのは民衆を取り締まるイメージが
なんとなくあるからねえ。やはり合わないんじゃ。
原作どうり国務尚書にしましょ

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:21:43.80
というか、帝国の国務省ってどんな実務を抱えているのか謎だ。
外交はほとんどないし、内務省は別に存在するしなあ。

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:23:06.79
>>489
マ伯の最初の仕事は式典の差配だったね。もしや
儀式関連がメインだったりして。

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:27:46.14
もう名誉職って感じだね。

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:29:07.60
それと、ウオルフ国務尚書の養子で、ローエングラム王朝の元勲のロ元帥の子
フェリックスが青年になったらどんな地位についているか想像もつかない。
やはり、父親同様、アレクに反逆するのか、
はたまた、ラインハルトとキルヒアイスみたく親友になっているのか。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:31:24.20
>>491
リヒテンラーデが何か言いたそうね。まあ彼は国務尚書以外に
事実上の宰相だったけど。3長官が彼の前で平伏してたねえ。
ロ朝でいうと、オーベルやロイエン、ミッターがマリーンドルフ
伯の前でああなるわけだよね。。。。。

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:32:17.62
マ伯「芋じゃ芋じゃ、芋侍じゃ!」
ユリアン「おのれ我慢の限界」

のちの新無憂宮松の廊下の変である。

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:36:54.10
事実上の宰相っていうか宰相代理としての資格で閣議を主催って1巻にあったぞ
軍務尚書より上にある宰相代理に対してと国務尚書じゃ対応も違うだろう

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:40:02.36
原作にユリアンは18歳当時のラインハルトに劣り、ヤンに勝るとか
ヤン曰くユリアンが帝国に生まれていたらラインハルトの元で元帥になれるが
それでもラインハルトには敵わないって表現があるけど

後半の革命軍が帝国軍と善戦したのってユリアンの力?
個人的にはメルカッツが全部やってる気がするんだが・・

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:44:46.11
>>496
最初の戦いはヤンが残したものから彼が再構築したもの
って表現だったな。作戦細部の立案にメルカッツがどの
程度関与したか?書いてないからわかりません。

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:49:17.60
白兵戦も強いし、戦闘機乗りとしても優秀、人間性にも優れてる

総合能力じゃ十分ラインハルトは越えうると思うけどね。

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:49:51.67
ユリアンの才能は、帝国軍で言うとミュラーあたりじゃないかという気がする。
いや、単に感覚的な話だが。

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:51:37.58
ユリアンの司令官としての初陣。あの戦いの話題
出ると、禁断の話題に触れたくなるなあ。
アニメはむろんだし、原作でも1本のトンネル上
の中で行われたように思えるし(でないと作戦も
なりたたないような)。。。でもでもイゼルローン
周辺はひとつの恒星系なんだよねえ。。。
この整合はだれか説明できます?

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:53:55.66
早い内にヤンが死ぬ展開だったなら、もっと明確な形で
ラインハルトに勝つユリアンが見れたんだろうか?

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 20:56:06.51
>>501
ヤンには勝てるかもしれないけどラインハルトには勝てないんじゃない?
原作に度々そう書かれてるし

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 21:02:10.11
>>500
疑問点が何処かすら明朗にしてないものを説明してくれ、とはこれいかに

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 21:22:47.13
ヤンの批評なんて当てにならんわな。
自信だって、どう考えてもラインハルトよか上だったわけだし。

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 21:47:59.34
バーミリオンで「一時的にラインハルトの天才すら凌駕した」
みたいな記述があるけど、読者からすれば最初から最後までずっとヤンの方が強いよな

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 21:52:41.15
戦場においてはラインハルトよりロイエンタールの方が上だ
戦場では

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 22:02:37.51
誰が上とか銀英読んだらナンセンスってわかるだろ
同兵数、同兵員、同補給で戦えばいいのか?w
それとも一対一で殴りあいでもするのか

って書いてるわりにバーミリオンで無理やり一対一にしたのは頂けないな


508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 22:05:25.27
それすらも部下の優劣とかで差が出るからなあ
具体的に言えばトゥルナイゼンとかトゥルナイゼンとか

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 22:11:44.13
あんだけの人材揃え、あんだけの兵力差もあって
死ぬ寸前まで追い込まれた金髪のどこが天才なのかと。

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 22:16:56.83
別にいいだろ
史実の英雄だってポカ敗退くらいある

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 22:19:04.22
>>509
ラインハルトには宇宙を統一することができ
ヤン、ユリアン、トリュー二ヒト、ミッターマイヤー等にはできなかったから
ないものねだりで、ヤンが○○だったら、ラインハルトが○○だったら
と言い出すときりがないからな

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 22:24:34.89
だから三次元チェスとか戦術シミュでケリつけろと

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 22:52:46.99
読者に実際以上にヤンの方が大物?に思われてるのはなんでなんだろうな
ネットでも優れた指揮官とか頭脳派キャラの話になるとまずヤンは出てくるのにラインハルトの名前はあんまり出ないし
どっちかというとキルヒアイスの方がまだ見かける気がする

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 22:55:59.50
後半部分の影響じゃん?

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 22:56:29.93
あ、作品のね

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 23:12:46.54
>>507
そこはそれ。ロマンだからだよ。

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 23:18:17.65
>>513
ラインハルトは何よりまず覇者、王者であって、どう勝ったではなくどれだけ征したかと語られる存在だからな。


518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 23:19:40.31
>>513
ヤンは戦力少ないのをやりくりしてたんだから、余計名将に見えるんじゃない?
ラインハルトの心理を読んで、挑発して、実際勝ったからね
ラインハルトはキルヒアイス死なせて、余計に好戦的なったのがな

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/11(土) 23:55:52.69
あの方が戦場に居れば悲惨な戦争さえ美しく見えるのだ
あの方自身が芸術品のようである


520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 10:27:38.59
>>513
日本人は、判官贔屓があるんだろうな。
負けた方にロマンを感じるというか。


521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 11:45:26.00
ラインハルトは常に圧倒的優位な立場だったから
絶望的な状況で大敵に少数で挑むというのは覇者以上のヒーローなんだよ
徳川家康と真田幸村の差みたいなもん

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 11:52:38.11
>>513
ヤンもキルヒアイスも無敗だけど、ラインハルトは局地的負け、戦術的負けが結構あるからな

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 12:04:52.29
ぶっちゃけ帝国名将を次々連破したヤンの方に天才性を感じるんだよな。
ラインハルトの方は馬鹿同盟、馬鹿貴族相手だったわけだし
なんかカタルシスに欠ける。

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 12:31:12.25
ヤン「戦術的勝利では戦略的敗北を覆すことはできない」
ってあるが、物語を読んでる側からすると少年誌で一人で大多数手の敵と
戦う方がヒーローって洗脳されてるんだろうなぁ

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 12:42:00.59
>>521
それはあるね。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 12:46:02.68
>>500
確かに恒星系の広さがある宙域でなぜワーレン艦隊、バーゲン艦隊は
同一直線上としか思えない進路で要塞に接近するのか?
適当に散開した方が何かと有利には思えるな。(艦隊間の連絡にしても)
 一刻も早く要塞に取り付きたかったから最短航路で進んだ?ってこと。
メルカッツ艦隊はどこに隠れてたんだ?ってのは惑星を持たない恒星系
だけど、ガス体や小惑星程度はあったのかな?ってことかいな。
 

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 12:56:48.48
ヤンは戦略・戦術の天才、但しその他は凡人
小僧は上記に加え行政・白兵など多岐に渡って極めて有能


528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 13:00:11.72
ラインハルト=難易度ノーマル、コンティニュー使用でクリアー
ヤン=難易度ヘル、ノーセーブ縛りでプレイ中にフリーズして断念

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 13:13:56.22
ヤンもラインハルトも最大の敵は自分自身の性質、こだわりって感じかなあ

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 14:07:09.33
リン・パオとトパロウルの評価は如何に?

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 14:40:38.17
原作が上級大将から始まってるからそっから読んだ奴には簡単に見えるだろうな

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 15:38:44.36
>>530
初めての艦隊戦だから仕方ないんだろうけど帝国は無能だし同盟グダグダだからなー
想像していたより全然って感じ

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 18:23:28.42
>>532
初めてじゃないけどね。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 19:47:19.07
>>526
ばかばかしい、そんなこと考えてんのはあんただけだ。
要塞が間にあったら艦隊間の連絡なんか出来るわけが
ない。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 20:29:29.24
ワープでとび越えればいいじゃん

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 23:02:40.38
それで済む問題なら、要塞攻略戦なんて何度もやらなくても良かっただろう

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 23:07:24.04
元のが何いってんのかわからん

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 23:08:53.01
ばかばかしい、そんな恒星系なみの広さが
あるなら、今までの話はすべて矛盾だらけに
なる。だいだい原作に書かれてもないことを
偉そうに言わないでくれ。

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 23:16:46.74
>>537
恒星系なみの広さがあるのに、なんで同一直線状に
並んで両側から接近するんだって?言ってるんだろ。
ばかばかしい、そんな空間あるなら最初から全方位
から接近すりゃいいだけじゃねえか。細い隘路だから
こそメルカッツも隠れる場所があったに決まってる
だろ。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 23:25:36.51
ばかばかしいって文言流行りなのか?w

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/12(日) 23:58:21.08
誰も触れてくれなかったから自演まで始めたのか、こいつは

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 00:18:12.43
ユリアンが指導者になったとき誰かが噛ませ犬になるんだろうなぁと思って見てると
ミッター、ミュラー、ロイエンではないだろうし、メックリンガー、ケスラーは提督って
イメージじゃないし、ビッテンは地味に原作では作者がフォローしてるし、
アイゼナッハもキャラ的に噛ませ犬じゃないから
ワーレンかルッツだなと思ってたら見事にワーレンだった・・・

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 07:08:36.64
ワープの距離が延びればいずれ主都同士を1ワープで結べるって考えられてるんだよな
ってことは途中の通行不能領域はワープの妨げにはなってないわけか

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 08:44:13.34
妄想だけで、技術的裏付けがあるとは書かれていなかろう。

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 08:52:51.84
>>543
外伝2巻でワープで恒星に突っ込む寸前だったってのがあるから、
妨げにはなるんじゃね?

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 11:20:33.51
素朴な疑問というか、驚きなのは銀河帝国を支配するゴールデンバウム家が
初代ルドルフ帝より500年間も続いているということかな。欧州の王朝は基本的に
血統主義だということを考えると、よほど優勢な血族であり、奇跡とも言える。
血統を重んじれば、普通はゴールデンバウム家に嫁いだ后の実家にその流れが
続くのが少なくとも欧州(銀河帝国がドイツ系である以上)王朝なんだが。
このあたりが常識的に考えて、いつも理解に苦しんでいる。

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 11:24:37.55
>>545
この場合はわざと恒星に突っ込んでない?
そういえばアムリッツァでもたった1隻敵陣にワープしただけでキルヒアイスの陣形が一時崩れたけど
これってかなり使えるよね。戦術に組み合わせていいような気がするけどこれっきりなんだよね。



548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 11:43:12.18
嫌が応にも小大国と中東入り乱れる暴力的なパワーゲームの中、
姻戚関係で生存を図らなければならない欧州と違って、
ゴ朝にはしばらく存在を脅かす「外国」が無かった事も考慮に入れてる?

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 14:40:11.25
みなさんにちょっと質問があります。
1〜3巻まで買って読みました。ヤンやユリアン大好きですし噂に聞いていた通りの面白さです。
が、ラインハルトとその周辺キャラが個人的に全く好きになれず帝国側の話は読んでいてとてもしんどいです。
今3巻なんですが、帝国側の話を読み飛ばして自由惑星同盟側の話を中心に読んでいくのはありでしょうか?

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 14:41:29.38
なし

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 14:46:38.57
そのニラニラ感を大事に育てて、
このスレで皮肉が利いてるアンサーが出来る人になればいいじゃない。

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 15:07:58.43
北朝鮮も外敵なかったらもっと豊かに暮らせてるだろうしな
まあ世界が北朝鮮だけだったらな世界だな

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 15:09:31.85
北朝鮮が大好きなのはわかったから(笑)

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 15:29:02.39
>>549
そりゃ読み方は個人の自由だけど、どう判断するのかな。
だいたいは分かれてサブタイトルとかで区別つくけど
入り混じった個所もあるよ。まあ大雑把程度ってこと?
むろん個人的にはおすすめしない。

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 15:38:38.25
>>548
外敵がいなかった徳川家でさえ、四代目で事実上血統は絶えて血の薄い遠戚を
入れてるわけだが。日本の場合は家を継いでくので、徳川宗家という家の養子になるが、
欧州の王朝ではそうなれば、その時点で血を継いだ他家が次の王家を担うことになる。
英国だってプランタジネット家が続かずに今ではドイツ系の王家でしょ?

その意見は解らないでもないが、説得力には欠けるかも。ゴールデンバウム家は
上の意味では人間という生物の常識から考えても驚異的な家系と言えないか?

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 15:50:27.22
金髪の小僧っ子が継いだ時点でゴールデンバウム王朝からミューゼル王朝へ代わるのが常識というわけだな。

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 15:59:15.99
>>555
欧州の王朝と違ってゴールデンバウム朝では中華王朝のように庶子にも継承権がある。
さらに皇女が生んだ子が皇女自身よりも有力な皇位継承候補になるなど
継承権に関する資格がかなり緩い。(おかげで皇位絡みの内乱が多発したけど)

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:00:16.99
ゴ朝が500年も続いているなら、なぜ門閥貴族があそこまで
増長できたかという点も矛盾が生じるね。帝室に世継ぎの危機が
あったればこそ門閥貴族(日本の藤原摂関家みたいか)が力を持つわけだが。

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:01:47.96
>546,555
複数の寵姫が存在するのが常態化しているゴールデンバウム朝を
欧州系とするのはおかしくないか?

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:04:11.44
アンカー間違えたけど気にしない

>558
そう、名称はドイツ系統でも実体は中華王朝

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:09:39.68
>>560
じゃあ、金木家か金樹家と言った方がしっくり来る感じですねw

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:14:58.55
外敵の脅威にほとんどさらされなかった日本は、
不可侵の天皇がいても武家の時代が長く続いたけど。

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:15:08.49
>皇女が生んだ子が皇女自身よりも有力な皇位継承候補になるなど

それでいて女帝は出た事がないんだから不思議だな。

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:17:23.77
歴史ファンにも面白いネタを提供してくれますな、この物語は(笑)
そもそも主人公の一人が歴史家だったわけだけど。

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:20:43.55
>>558
500年続いているといっても暗殺や内乱が何度も起きているから
そういう危機が門閥貴族が力を持つ機会になったんだと思う。
末期には安定して長期的な治世を保てる皇帝は少なくなったようだし。

>>557
2代皇帝の事があるから女帝は理論的にはアリだが慣習的にNGだったんじゃね。

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:21:29.94
>>563
欧州王朝の体でいながら、実質はアジア(厳密に言うと日本かな)の王朝なんですね。

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:39:46.52
>>566
二代目で娘の息子が皇帝なって、女系になってるから、日本とも違うよ
オスマン・トルコや中華王朝とかだって女系にはなってないからな

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:47:43.57
>>567
その時点で普通ならゴールデンバウム家は消滅(他家へ継承)してますね(笑)

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:50:31.46
二代目以降はノイエシュタなんたら王朝。

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 16:56:19.61
ハプスブルク家は、マリア・テレジアが婿養子もらって
それ以降の家名は、ハプスブルク=ロートリンゲン家になってるね

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 18:15:14.81
>>568
銀河連邦の末期、3000億の民衆の心を掴んだ
ルドルフはある意味キリストや釈迦のような存在
だったのに結局なにもかも無くしたんだよな。
因果応報ということか・・・・・・。

 



572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 18:37:27.60
>>545
それはワープアウトポイント間違えて……てことだろう。

普通に考えて、超(亜)空間をショートカットして結果的に超光速移動しているワープに通常空間の物が障害に
なるはずがない。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 18:48:14.11
架空の航法なのに断定できるってタマがスゴイ

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 19:09:29.09
>>571
本人に限れば後継者への未練はあるだろうが、何もかも
ってことはないのでは。王朝で言えば、誰かの言葉どうり
あれだけ長く好き勝手にやってきたんだ。十分でしょう。

>>573
まあ断言できるかどうかはともかく、通常空間の物体が
障害になるんじゃあ事前調査が大変、というより不可能
だからなあ。ああこれも100光年先までの障害物の調
査がリアルタイムで可能ならなんとかなるのかな。まあ
572の言うように普通に考えて。。くらいでいいんじゃ
ない。
のかな。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 19:47:42.47
>>574
ルドルフの歴史的な評価について語ったつもりなんだが。
ルドルフの政治的な遺産がゴールデンバウム王朝 それが潰えた
以上後に残るのは悪名だけという事。



576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 19:49:29.55
どうあれ500年も続いた政体の始祖が悪名しか残らないってことは無いと思うが


577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 19:53:23.21
次の朝は前の朝を悪く言うもんなの。
特にさんだつを正当化するときは。

一回でも、さんだつ さーんだつ♪

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 19:55:03.36
あの世界で民主主義は衆愚政治と腐敗で滅んだ政体だからな。
専制政治だからルドルフが悪って事にはならない。そもそもラインハルトだっけ
専制だし。

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:11:10.98
以前 N●Kで、日本の英雄一位になった織田信長は
比叡山焼き討ちや長島一向一揆で殺戮をしているが、
現代人は誰も気にしていない。
衆愚政治や腐敗した社会では、ルドルフが再評価されるかも。



580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:14:01.41
要塞対要塞のとき、「フレデリカは生まれてはじめて帝国軍に感謝した」らしいが、
それ以前にエル・ファシルでヤンと巡り会えたのも、ある意味帝国軍のおかげでは
ないのだろうか。
そっちについては感謝していないのか。

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:16:02.42
>>580
直接は、ヤンに押し付けて逃げたリンチのおかげ。

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:16:18.48
まあエルファシルの時は一歩間違えば捕虜になるか死亡。
若くて美人のフレデリカにはもっと酷い運命も十分有りうる状況だからな。
後から振り返ってはともかく、リアルタイムで感謝はないだろ

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:18:58.41
ルドルフとラインハルトじゃ、ルドルフのが後世での知名度がありそう。
なんつーか、良くも悪くもルドルフのインパクトには及ばないと言うか…

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:22:49.55
>>579
誰もは言いすぎだとは思うけどね。遺恨は受けた
側はなかなか忘れないからねえ。吉良と赤穂市が
仲直りしたのはついこないだったし、山口と東北
はいまだにだからねえ。震災時の自衛隊の話には
びっくりした。まあ信長はそれらより前の話だけ
どね。光秀の地元では彼は英雄(信長を討ったこ
とだけじゃないけどね)だからね。
長くなったがルドルフそのものが再評価されるこ
とはないだろう。

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:23:51.90
光秀の地元ってどこだっけか


586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:25:22.12
>>585
丹波。

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:31:25.54
>>583
本人1代でっやたことで言えばそうかもね。
ラインハルトはルドルフが作ったものを簒奪
しただけ(ってことはまあないけど)って主張
はありうるね。アンスバッハだっけかな、ライ
ンハルトは破壊の後に再生を行う立場だとか
言ってたけど、帝国をそこまで破壊して壱から
作り直したわけじゃあないからねえ。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:32:01.65
>>582
若くて美人といっても14だからなあ…
軍には少女趣味の変態もいるだろうが、そういうのに反吐が出るような通常人はもっと多いだろうから、
若くて美人な成人女性よりは安全な気がする。

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:35:02.78
>>583
始皇帝と劉邦みたいなもんだからな。>ルドルフとラインハルト
知名度はルドルフだろう。評価はラインハルトの方が高いかもしれんが。

590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:35:45.57
1945年にその前後の年代だったドイツ女性に、安全だったかどうだか聞いてみたら。

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:36:21.71
>>588
「ババア相手でも役に立つか」とおばあちゃんをレイプしようとした奴がいるくらいだぞ
幼児ならともかく、14歳を避ける理由がないわ

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:37:15.40
>>588
帝国の手に落ちた同盟惑星はそんなことになるんだっけ?
原作的には住民の大半ごと占領された例はなさそうだから
不明か。まあ同盟軍もがんばって軍本来の責務を果たして
たんだね。それがついに破綻しそうになったのがエルファシル
だったゆえに一層ヤンは英雄となったか。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:37:17.08
ヤンが一番人気なあたりやっぱりアニメや小説だよなぁ
5巻でヤンが死んでいたならともかく、5巻以降のヤンなんてただのテロリストじゃね?
もし自称政府がテロリストじゃないなら地球教も当然テロリストじゃないしな
しかも2万隻の戦艦と難攻不落の要塞を持っている分地球教よりもよっぽどたちが悪い
タリバンやアルカイダだって自称圧制と戦う正義の味方だぞ

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:38:11.66
ルドルフは、大帝国の創立者だから善きにしろ
悪しきにしろ影響を受ける人は多いだろう。
ルドルフ自身が再評価されなくても、ルドルフの
思想が再評価されるんじゃないか。


595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:39:04.31
相手は簒奪者・偽帝だから問題ない。

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:40:29.43
>>593
じゃね? どころか、帝国からすればそれ以外の何物でもない。
しかし、帝国軍上層部は軍人としてのヤンファンクラブだから、オーベルシュタイン以外はそうは見てないようだがw


597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:41:49.93
>>594
それは否定しないよ。つまり人々はカリスマ性もった
指導者を待ち望んでるわけだ。そして彼にもっと権力
与えて問題を一気に解決してもらおうと思うわけだね。

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:42:44.95
>>594
ラインハルト自身が影響受けた人間だからな。行動・思想としてはアンチテーゼになったが。



599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:45:32.57
圧政に抵抗する権利と武装して民兵を組織する権利はラインハルトも否定できない自然権です。

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:46:36.21
>>596
同盟つまり銀河連邦から見ればルドルフ、その帝国こそ
銀河連邦を破壊したテロリストだからそれは違う、と言
いいたいが、ルドルフは銀河連邦の法に則って政権取った
から違うか。

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:54:35.69
ヤンとラインハルトがこの不毛なスレをみたらなんていうだろうなw

602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/13(月) 20:57:51.99
>>567
女系で姓が違っても構わないって日本の武家みたいだよな。
ルドルフは色んな相続法の調査・研究をさせたんだろうな。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 00:49:40.10
>>585
明智氏自体は、美濃国守護だった土岐氏の一族(桔梗紋は土岐氏の家紋)。
元は美濃の出自ですね。

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 00:59:23.30
平和になった後の帝国軍ってどうなるのかね
特に大会戦の予定も無く、元帥はあと20年くらいは7人で肩書き持ち回りで居座りそうだし
そのすぐ下の大将組には20代すらゴロゴロしてそうでさらに長い時代上に居残り続けそう
金髪人気のおかげで志願する人は多かったらしいし、凄いことになってそう

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 01:02:18.94
>>596
しかしだな、「紳士的なテロリスト」という新ジャンルなのだよ
ただのテロリストとは一線を画す

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 01:03:44.26
ラインハルトだってゴールデンバウム王朝からすりゃテロリストだな

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 01:06:36.20
劣悪遺伝子廃除法ではなくて劣悪遺伝子保護法にして
劣悪遺伝子がハンディにならないように劣悪遺伝子だけ隔離して
お花畑のような世界で安住できるような形で実質的に排除してしまえばよかったんだよ

これならウィンウィンの関係じゃないか

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 01:08:16.15
精神病院ならぬ精神惑星w

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 01:13:16.21
劣悪遺伝子の者を高福祉にする引き換えに選挙権を剥奪するのは確かにアリだと思う
生活保護者の生活を保障する代わりに選挙権を取り上げるようなものだな

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 05:24:09.25
>>603
うん、正確には彼が治めて発展した領地だね。

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 09:38:38.53
征服された同盟国のみなさんは戦後おとなしくしてたの?
で早く同盟が負けた方が良かったwwwwとか言い出したの?
主都壊滅させるとかの永遠に恨まれそうな脅しで敗北させられて低級政体に移行させられたってのにさ
その後自由に帝国領に移動できるようになったらテロル起きまくりでしょ

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 10:16:03.39
>>611
民衆と言うものは、一定の自由と安全と飯が保証されれば、政治的なことはたいして気にしないよ。

つか、あからさまに「読んでねぇだろ」なアホな質問はどうかと思うぞ。

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 10:49:21.81
初心者の質問です。グリューネワルト伯爵夫人という人物が物語に出て来ますが、
この夫人の夫君であるグリューネワルト伯爵という人物は未だ確認出来ておりません。
いかなることか、ベテランの皆様にお伺いしたいのですが。

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 10:56:44.08
高校の歴史の教科書開いてやり直せ

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 11:00:35.97
ちゃんと出てくるからもう一回読み直してみて。

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 11:19:54.64
http://asahiwa.jp/g/ffbsc/ffbsc_bgm.htm
俺がブックマークしてる秘蔵hp
BGM聴ける管理人神のサイト

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 12:37:25.64
>>611
恒星間移動力(軍艦というか戦闘力をもつ宇宙船)を失えば
何もできないだろう。
帝国でテロをするにも移動する術がないし、武器の入手も
まず無理かと。

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 13:19:33.30
>>613
原作に、ヴェストパーレ男爵夫人という人物について
紹介している部分があるから探すんだ

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 13:22:37.36
たまにスレタイ通りの質問が来たらこれだからなあ
自分らの雑談で埋めるのは良くて質問に対して答えないならスレタイ変えようか
スレ伸ばす為に初心者釣る様なスレタイにする必要ないでしょ
いつも俺が立ててるから勝手に変えちゃうよ〜ん

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 13:31:12.73
>>619
全くその通りです

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 13:33:21.28
素朴な「疑問」って「かみさまはほんとにいるの?」みたいな
シンプル故にやっかいなものであって、
読めば書いてある、誰でもすぐ分かるアホらしい「質問」は
「読めよ!」と言われてもしょうがないじゃん?

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 13:36:00.41
たかがスレ立て程度で随分恩着せがましいな。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 13:52:37.09
スレタイ変えて欲しくなければ各自申し出るように
若しくは早いとこ次スレ立てるとかなw

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:08:53.35
何サマだ、このバカ

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:12:11.60
自分が善であり、対立者が悪だとみなしたとき、そこには協調も思いやりも生まれない。
自分を優越化し、相手を敗北させ支配しようとする欲望が正当化されるだけだ。

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:23:08.11
>>621
質問にはそこまでの程度を要求するのに
このスレ全体の雑談とも言えない駄レスには何も思わないのかい?
そんな厳格な君が何も思わないわけ無いだろうね
当然雑談は「スレチ」で邪魔な存在なんだろう?

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:29:43.84
一般常識にも原作内の記述にも質問者に代わって>>626が奴隷の如く調べる新スレでも立てろ

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:34:18.42
雑談は君が続けるのかい?w

629 :627:2012/02/14(火) 14:36:30.63
君って誰だ、俺は横から口挟んだだけだが
もしかして・・・

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:36:57.87
>>627
仮に新スレと分離の必要があるなら
出ていくのはあなたたちでしょ

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:38:45.75
せめてどんなスレタイにしたいのか提示してくれないと
文句の付けようもありますまい

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:40:13.09
>>613
伯爵号を持つ女性という意味。皇后や妃に次ぐ貴人の女性という意味らしい。

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:40:28.00
自分が気に食わないからって騒ぐキ◯ガイがいるなら新スレ立てなきゃいいじゃん
どんなに騒いでもスレを維持する人間がいるからと、甘ったれた精神の持ち主なんだからさ

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:40:37.75
ここ雑談可になってるじゃん
テンプレに雑談不可、どんな質問にも構わず誠実に答えるって明記して
ごちゃごちゃいわずに新スレ立てればいい

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:50:20.06
常識的な事ならぐぐれば出てくるし、原作読み直せばわかることならそれを教えるのも回答のありかたのひとつだと思う

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:53:54.23
10巻+4巻の原作を読みなおせば分かるって
お前みたいに暇人じゃねーよw

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:55:32.91
読み直して正確に確認する方が暇だろw

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:55:55.01
確認して回答してあげる方ねw

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:56:21.21
原作読み直せは酷すぎる場合もあるだろ。かなりの長編だし、疑問ひとつ解決するのにそれ読み返すのは辛い。
そもそも原作から得られる情報は皆同じなわけだから、このスレの存在意義がなくなる。

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:58:25.54
>>262
一筋縄でいかない「素朴な疑問」に対して、それぞれの意見や考えを出して
史実や現実の方面からアプローチしているのが「雑談」に見えてるだけだろw

その人達は、銀英伝クイズ大会でしか通用しない、
しょーもない知識ばかり溜め込んでいる君の段階をとっくに卒業して、
きちんと小説の外の世界にも目を向けているからディベートに参加出来るの。

悔しかったら必死でがんばれ。

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 14:59:10.51
アニメ設定やら印象やらで勘違いケースの質問と回答もあるからなんともかんとも

642 :640:2012/02/14(火) 15:00:00.36
>>626だったw

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:00:26.64
別に正確なページ数を教えないとダメってわけではないだろ
「誰それとの会話の中で出てきたな」とか「○○の会戦の最中だったと思う」とかで充分だろ

それを「原作読め」はコミュニケーションとして成立してないって話だよ

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:03:12.09
だいたいでいいなら質問者は質問内容の状況くらいは判ってると思うが

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:07:56.07
>>644
このスレは一問一答をするスレじゃなくて、疑問を語らう場
まだ説明が必要かな?


646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:09:12.51
日本語でな

647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:10:43.76
新スレでな

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:13:27.63
日本語が不自由な人がいると大変だな

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:15:46.39
「反論ヤダヤダぼくちゃん聞きたくない! いつもの必死コミュニケーション不能のふり!」

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:15:55.02
正直俺もグリューネワルト伯爵についての記述なんて
全然思い出せないんだがw
ヴェストパーレ男爵夫人の部分とか言われてもまだ思い出せんww

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:24:21.86
>>650
グ伯爵は俺にもわからんが、ヴ男爵夫人に関しては外伝1で確かクロプシュタット事件のあたり。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:42:24.45
あぁ、自身が男爵家の投手って件だな。
確かに外伝を読んでないと分からないかもね。

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 15:46:42.82
何処らへんに書いてあるか、解ってるんなら最初から書けば良い

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 16:12:59.26
なんでヴェストパーレなのにグリューネヴァルトじゃないんだろうねwww

655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 16:13:53.54
男爵家の捕手はだれでつか?

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 16:20:51.62
>>655
水曜日の男

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 16:28:11.33
>>654
外国人ならば、なんで坂下(さかもと)なのに木下(きのした)じゃないんだろうねというだろう、それと同じことだ

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 16:35:09.41
グリューネヴァルトだと、響きが勇ましくなって
アンネローゼに合わないから、そう読ませなかっただけじゃね

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 16:37:23.28
ファイエルとか書く作品にそんな事求めないで

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 16:40:28.41
でも、フォイアーって言われるより、雰囲気出てる気がする。

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 16:52:09.58
>>657
ドイツ語わからないんなら黙ってたほうが恥をかかないで済む

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 17:57:57.08
そも、帝国公用語はドイツ語そのものじゃないから

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 18:44:39.71
そういや日系キャラってムライさんだけだっけ?

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 18:47:04.29
>>663
フォーク准将の診断した軍医大佐が日系ぽかった希ガス

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 18:48:47.41
>>663
トダ大尉とかいなかったっけ

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 18:51:48.55
ムライは日系であるとは明言されていない。
そもそも田中は日系キャラは出したくないっぽい。
なのでそれらしいキャラにはファーストネームがない。

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 19:44:59.51
「ヤマト」が日本人ばかりだったことへのアンチテーゼ
みたいなことを言ってたような

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 20:01:00.24
1stガンダムも日系の名前多いよな

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 20:29:53.30
Yahoo!知恵袋とかその手の質問系サイトって、
答好き説教好きばっかりで上手い質問をする奴が足りないという問題があるが、
このスレでも全く同じ問題が起きているな

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 20:52:40.61
ら、ラインハルトのか、髪の毛の色って何色ですかイェヘヘ
(やったあ、これでサビシイぼくちゃんもみんなに構ってもらえる!)

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 20:56:00.37
おっさんには最近の日本語は難しい

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 21:42:30.57
ヤマトで日本が主導権握っていたのは、制作当時軍事大国だった米ソが
ガミラスの初期攻撃で壊滅してどうたらこうたらとか聞いた。

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 22:10:22.01
バーミリオンでヤンとラインハルトを無理やり一対一にしたのって作者が
この会戦の勝者は、帝国軍、同盟軍のいずれであったのか
って書きたかっただけの茶番だろ
貴族連合との戦いの最後に一対一の勝負をいどんで来た時に、ビッテンもロイエンも
敗残兵と殺しあうのは無意味だから相手にするなといってるしラインハルトも当然そう思ってるだろう
そのラインハルトが最早敗残兵といっても過言ではない同盟軍と一対一の戦いなんてするわけないだろ

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 22:11:38.72
するわけ無いだろっていわれてもしてるし

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 22:14:32.86
>>673
架空小説なんだから全部茶番に決まってんだろ、ガチな会戦とかあるのかw

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 22:15:39.82
フィクションにその手の文句言うのは根本的に間違ってるよなw

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 22:21:28.45
主人公を簡単に挑発に乗ってしまう負けず嫌いの子供みたいな性格にしておけばいろいろ便利だ!
という教訓をガモウひろし辺りに与えたかも知れんぞ

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 23:11:19.39
>>654
思った
グリューネワルトだと訛ってる感じがするんだよな
なんでそんな田舎っぽい感じにしたんだろ

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/14(火) 23:41:51.38

>>673 川中島がやりたかったんだろ、要は



680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 00:00:33.51
銀英伝は英語、ドイツ語の人名・地名全般をらいとすたっふに厄介になっている
赤城毅に任せて改訂しちゃえばいいと思うんだけどな

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 00:17:09.57
>>658
優美なイメージどころか田舎者の野暮ったい印象になるんだが

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 06:40:56.03
>>678
ヴォルフガンクをウォルフガングとかね。WやSの発音が曲者なのかな。

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 07:05:50.81
>>682
つベーネミュンデ侯爵夫人

PとBも

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 08:54:48.87
ベーネミュンデはSusanna von Benemundeで別に間違ってない。
Peenemundeと混同してるのか。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 08:56:32.22
おっと上のレスmundeのuはウムラウト付き。

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 09:56:02.31
いったい何が「伝説」なの?
その後の世紀では作中時代の記録ちゃんと残ってるんでしょ?

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 10:26:58.13
>>686
そういうタイトルだからだ。

歴史資料を前提した形はとっているが、どれくらい「史実」に沿っているはわかんない(明らかに資料として残っ
ているはずのないところまで踏み込んでいるから、創作率は高い)。限りなくウソに近いが、一応事実を下敷き
にしていて「そうあるべし」と思って形成され、信じられている物語を「伝説」という―リアルな読者ではなく、あの
世界の未来にいる「後世の読者」にとって、あの物語はそんなものだということだ。

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 10:35:10.81
だよなあ。
アンスバッハがブラウンシュヴァイク公を無理矢理自裁させるトコなんか
資料に残ってるとは思えんし。

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 11:25:20.03
「全盛期の○○伝説」みたいな意味だよ

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 11:37:24.47
登場人物の名前はリアルドイツ人がみたら変に感じるって話
マジなんかね?

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 11:50:04.98
>690
そりゃ、人名辞典みたいなのからのツギハギだからそういうのもあるだろ。
たとえばゴールデンバウムはユダヤ人の姓だから、ドイツ風帝国の開祖としては
かなり違和感があったりする。

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 11:57:20.61
日本風帝国の皇帝が張とか劉みたいな感じか?

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 12:02:20.00
そういや銀英の海外知名度はいかほどなんだろ?
とりあえずアメリカでは受けないであろうことは容易に想像できるがw

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 12:13:34.24
>>693
とあるサイトの例に過ぎないが、こんな感じだぞ
ttp://myanimelist.net/topanime.php?type=ova

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 12:34:17.62
評価はめちゃ高かったんだなぁ。

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 15:47:51.31
銀英伝フリークの皆さんにお尋ねしますが
バトルシップシリーズはファイルコンプリートより評判いいのはなんでですか?


697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 16:07:11.83
ブラウンシュバイク公って”100年前ならあれで通じた”とか評されていたけど、ラインハルト台頭以前に大きな変化ってあったんだっけ?
”数年前なら”って表現すべきじゃないの?

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 16:09:27.87
ドイツ系と言えば、某ロボアニメのサイド3も結構多いね。
サイド3ムンゾはドイツ人移民が造ったんだろうか?でも、支配者は
ドイツ人ではなさそう。これは脱線しました。話を元に戻してね。

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 17:02:59.88
ドイツ系が急増したのは0080ポケ戦からでしょ。MSイグルーで決定的になった。
ガンプラブームの頃はまだジョニー・ライデンだのシン・マツナガだのの世界よ。

と、これも脱線。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 17:10:25.31
>>697
約50年前の第二次ティアマト会戦での「軍務省にとって涙すべき40分」とか>大きな変化
一気に人材不足になって軍が平民に門戸を開くようになった一件

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 17:46:15.43
>>697
停滞しているようなゴ王朝でも開明帝とか出てるし、少しずつは変わっているってことだろ。
門閥貴族に力がついて皇帝の権威が低下するってのは、帝国全体でみれば王朝の権威を背景にしている貴
族の権威も相対的に低下しているってことでもあるし。一定の平和が維持されている文治の世だと、結局経済
活動に直接関わっている層に金が集まって、貴族のような層は沈んでいくよ。


702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 18:12:48.58
>>700-701
なるほど、貧貴族が台頭できる要素はそれなりに蓄積されていたんだな

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 20:54:20.71
しかしラインハルトの登極に商人は一切貢献していない。
それどころか、かなりの力を持っていたフェザーンも政治的な独立性を失ったし、
民主国家である同盟も滅んだ。
帝国には憲法も議会もなく、建国の功臣である軍人とマリーンドルフ家のような
新興門閥貴族が支配する専制国家。
ゴールデンバウム王朝が乗っ取られただけで、特権階級の力は強くなっています。

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 21:14:43.19
>>694
ユニコーンってもう英語版でてるのか

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 21:20:40.63
>>700
人材払底時代の前に大将にまで昇進したコーゼルって、実は相当にすごかったんだな。
戦役が終わって生きて帰れば上級大将への昇進も内定してたみたいだし。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 21:56:23.30
>>703
大貴族がほぼ滅んで、税負担しなくて良くなって、下級貴族、平民は力つけると思うよ
農奴から開放された層も生活向上させて良くなるだろ

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 22:30:50.58
>>703
ミッターら貴族になっはなく、元帥って地位も世襲じゃない、地位降りたらそれまでだし
子孫らが皇室と縁組して閨閥を作って、七元帥の家系が要職を占めるってなったら別だけど
マリーンドルフ家もヒルダ父は物語終了後、国務尚書やめてるだろうし
ヒルダが跡継ぎだった家だから、あの後外戚として権力振るう者がいない
だから、力つけたとまでは言えないんじゃないか

まぁあの後力つけ出すのは、戦争終わって軍人の地位低下して、文官だな

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 22:51:39.39
>>703
ラインハルトは直接商人と関わっていないがブラッケとリヒターに
リップシュタット前から経済政策をやらせてるから商人の勢力と
持ちつ持たれつはあったんじゃないの

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 22:59:14.11
>>702
下級貴族のロイエンタール父が投資で儲けて金持ちになって
没落したといえ爵位持ちの娘と結婚したりケーフェンヒラーの話で
金持ちの平民が貧乏貴族と縁組することは珍しくなくなってるとかあるし
既に平民や下級貴族台頭している描写はある

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 23:02:09.15
>>706
芳樹的にはそうしたいんだろうが逆
経済格差が広がって却って貧富の差が酷くなる
経済解放というのはそういう意味

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 23:11:25.47
キルヒアイスとアンネローゼの2人は両想いだった、という解釈でいいのかな?
この前本編+外伝読み終わったけど面白かった


712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 23:22:58.04
>>710
そりゃそうだけどその世の中で富裕になれるのは能力があったり
法律上の後ろ盾があるからで基本的に無能揃いな上に働いたことがない
大貴族が国の後ろ盾がなくなってしまったら既にある程度力をつけて
きている中産階層にかなわず没落していくのがほとんどだと思う
そういう新たな富裕層と没落した貴族や波に乗れなかった貧乏人の間に格差ができるんだろう

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 23:30:14.67
ミッターマイヤーの父みたいな貴族相手の庭師や工芸家、執事やメイドといった使用人は
ガンガン失業していってるけどね。
戦争も終われば兵士も軍需産業もリストラ。同盟はインフラがボロボロ、もちろん旧同盟
軍人は全員クビ。
景気がいいのは遷都景気に湧くフェザーンだけ。

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 23:31:10.02
>>710
前の富を占めてた大貴族と平民・農奴の格差の方がどう考えても惨いだろ・・・・

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/15(水) 23:32:29.43
自説に固執するあまり原作無視をはじめおった

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 00:05:15.15
とりあえず、19世紀後半の大英帝国じゃ時代を経るに従って、
実業家等の上位中流が領主の真似してバカンスに行くようになる。
→教師、ホワイトカラー等の中産階級も上位中流の真似してバカンスに
→労働者階級も中産階級の真似してバカンスに。

ってな現象が起きてるね。
ちなみにメイドさんなんかも↑と似たような連鎖で、
20世紀初め頃までには下位中流も召使雇うようになってる。

もっとも、こっちは経済・政治的革命と産業革命が同時並行で進行していたから、
単純比較はできんけど。

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 00:08:27.83
>713
もちろんお前は間違っている。

原作では、後世の評価としてヒルダの時代に新銀河帝国の基礎が固まったとされている。
ゆえ、統一後3-40年程度の間は経済危機や深刻な社会矛盾の兆候は現れない、
もしくは萌芽のうちに解消される。

統一後の社会を描写するなら、この「確定した歴史」に矛盾しないシナリオを考えること。

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 00:21:20.00
専制政治の元で安定した暗黒時代が到来するんですね。
人は自由よりパンを求めるから当然ですね。

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 00:36:16.62
餓鬼だな

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 00:46:53.01
我ながら度し難いな

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 06:06:06.89
>「確定した歴史」に矛盾しないシナリオを考えること

ぎんえいはぼくのかんがえたさいこうのはな(ry
といいたい訳ですねわかります

一般常識的に経済動向と矛盾する描写をしてるのが原作の方なんで
読んでる側が不自然な感想抱いたからって読者の所為と言われてもなあ
本来なら読者に矛盾した印象を与えないようなシナリオを考えるのは原作者の仕事の筈なんだけど


722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 08:16:20.46
>>721
ここに居ないで、ビジネス板なりに行った方が全員が幸せになると思うよ。

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 08:25:45.01
平仮名の奴はいつもこんなんだから

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 09:32:46.75
ラインハルトとヤンの決戦でラインハルトの部隊はヤンの旗艦を射程にとらえれたことはあったのか?
それともヤンの艦隊だけがラインハルト旗艦を射程に収めれたのか?

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 10:41:55.51
>721
>不自然な感想抱いた
それは別に構わない、間違っているのはそこから「原作はおかしい」と結論してしまうこと。
疑問点に対し原作の否定で回答するならば、話はそこで終わってしまう。

発展性がない、次のネタに繋がらない、破壊するのみで他者に対し新たに提供するものがない。
それゆえ>713その他のシナリオは拒否される。


経済混乱シナリオを提示するなら、せめて
「物価安定に奔走した帝国宰相ミッターマイヤーは、後にミッター米屋、米将軍とよばれるようになる」
くらいの芸は見せて欲しいものだと思わないかい?

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 11:30:31.70
「いい人間であることなど、女は男にもとめぬものだ。いい人間とは、底の知れた、
未知の魅力を感じさせない男にたいして憐れみをむけたときの表現なのだよ」
(カイザーリング退役少将)

大学生の鼻垂れ娘ですが、なぜかこの言葉にグッと来てしまいます(愛)。

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 12:07:27.84
カイザーリングもヨハンナでなく>726みたいな娘と出会えばよかったんだな

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 12:11:05.86
>>724
具体的な記述はないがヤンは艦隊最後尾から全体を指揮するスタイルはとっていない模様。
艦長のシャルチアン中佐に艦を下げられた時、指揮がしにくいとぐちった事があるはず。
また地の文でも、前方で指揮を取り最後は必ず殿を務めたとかあったはず。
同盟艦艇と帝国艦艇とで射程に決定的な差はないと想像される事から「ヤン艦隊がブリュンヒルトを射程に捉える距離≒ヒューベリオンが敵射程にある距離」だと思われる。


729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 12:39:59.03
有効射程内でも普通は僚艦が旗艦の盾になるから
統率のとれてるヤン艦隊は旗艦が撃沈って事はないだろうが
艦隊が分断されてる金髪側はもう絶体絶命って感じじゃね?

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 12:40:03.50
武力を持たないフェザーンが、経済力だけで帝国と同盟の
バランスを左右するというのは無理ではないでしょうか?
実際、アメリカの国債を多量に保有している日本でも
アメリカの政策に影響を与えられませんが・・・・・。

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 12:51:03.46
ショボい金髪暗殺計画しくじって滅ぼされた宗教団体情けなさすぎ
金髪のヤン以外の敵は馬鹿になる法則発動だな

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 13:04:46.07
>>730
日本じゃなくてユダヤとか華僑にすれば少しはイメージしやすいんじゃないか

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 13:12:51.76
>>727
「人間としての評価の高さと、愛情の深さとのあいだにはなんの関係もないのですよ」

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 13:34:41.91
>>732
イスラエルの場合、アメリカ国内に市民権を持ったユダヤが
選挙権を活用して強力な影響力を行使していますが、
フェザーンの商人の場合それは無理かと思うですが?


735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 13:34:45.59

>>707
後代で、皇帝の血筋から
マリーンドルフ家を分家再興させることがあったかどうかが気になるところ。

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 13:37:33.73
アレクが、子宝に恵まれれば子供の誰かにマリーンドルフ家の爵位を
継がせることはあるかも。

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 13:52:11.10
貴族なき帝政を目指してるのに皇子を貴族にするなんてありえんだろ。

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 13:54:40.65
帝国と同盟の軍事力がフェザーンが組した側に傾くバランスだったから、
とりあえず敵にまわられないように両勢力からリスペクト受けてたんだべさ。

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 14:11:09.11
>>737
誰が、貴族なき帝政を目指してたの?共和主義者?
ラインハルトは貴族制度を廃止していないよ。
そして、ラインハルト亡き帝国は間違いなく保守化していくよ。
支配者層に貴族が残っているからね。


740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 14:51:23.75
>>739
貴族残ってても少数で、課税もされてたら、そんな事にはならない
英国貴族だって今も制度があって残ってるけど、課税されてから落ちぶれた

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 15:23:25.94
英国には、落ちぶれた貴族もいるけど、途方もなく大金持ちの貴族も
いるよ。ところで、落ちぶれた理由の一つは政治的権力を失った事。
ラインハルト亡き帝国で、実際議会が開設されるかどうかは決まって
いない。議会が開設されるまでは、伯爵家のお嬢様だったヒルダの
思いのまま。
また、開設されたとしても議会で誰がどれだけの権力を握れるか
わからない。>>740のいう通り課税されて貴族が落ちぶれたんなら、
保守派が議会で権力握って金持ち優遇税制を導入して没落を防ぐ事も
できるだろう。





742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 15:37:45.59
>>741
原作2巻で、ブラウン公側に与した貴族は財産没収
それ以外の貴族は、所得税やら課税する
味方した貴族は政治的配慮で多少手加減する必要があるって書かれてて
この手加減がどれだけだか分からないけど
味方した貴族でも以前のような経済特権はなくなったのは確定

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 15:42:34.75
英国貴族と維新後の士族を想定してる人の違いだな。

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 15:55:08.39
>>737
貴族云々ではなく、母親の実家の跡取りの問題だから。
嫡子なしを理由に取り潰すという判断もありだが、初代皇妃の実家が絶えるのはみっともないわな。アレクの子
のひとりを跡取りにしたからって大公家にするでもなければ無問題。

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 15:56:17.12
士族だと下級武士から大大名まで入るからしっくりこない。

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 16:03:02.30
それを言うなら元下級武士や元大大名だろ

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 16:33:53.31
御三家=公爵
下級武士=騎士で大して変わらんでしょ。

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 16:34:33.80
>>744
伯爵家継がせるなら、大公という皇族の身分ではなくす事になるけど
一時金でも与えて伯爵させるって感じかな

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 17:10:52.42
別にマリーンドルフ伯の称号を、ロ王朝の皇太子に兼ねさせるって事にして
マリーンドルフ伯をロ王朝とともに残す手もある

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 17:20:11.36
あの父子はマリーンドルフの名を残す事に
それほどこだわらない気がするけど。

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 17:33:24.03
>>750
こだわりはせんでも、常識の範囲内で打てる手があれば打つくらいの努力はするでしょ。

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 18:38:15.69
>>733
「汚名」か。美しく、残酷な話だったね。ヨハンナは共感するわあ。

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 19:18:30.82
>>751
それすらしない気がする。
そもそも手を打つ必要性を感じなさそう。

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 19:37:53.28
フロイラインは所領安堵の公文書を要求するようなお人ですぜ。

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 19:45:20.28
あの時とは状況が違うと思う。

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 20:09:03.27
>>752
ヨハンナ格好良すぎでしょ(笑)
最後はストーカーに…だけど。

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 21:06:44.15
実質、帝室を得たんだからマリーンドルフ伯の称号には
拘らないかもしれないし、逆に領民には厚く信頼された
とあるから領民達から家門を残して欲しいという要望が
でるかも。アレクの子供なら領民達も納得するだろうな。

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 21:17:58.86
>疑問点に対し原作の否定で回答するならば、話はそこで終わってしまう。

>発展性がない

原作に発展性が無いのだから話は終わっていいものでしょう終わり

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 22:43:00.26
君は疑問スレを初めて開いたのかな?

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 23:03:23.95
マリーンドリフ領は社会改革の実験場として役割を果たす


761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 23:16:53.75
>>745
大名は華族ですがな

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/16(木) 23:55:04.65
マリーンドリフ領てやだな

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 00:12:09.95
春の嵐

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 00:20:11.64
チャチャチャ チャンチャカチャンチャン チャンチャカチャンチャン チャチャチャ

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 03:43:17.45

うーん、結構期待通りのレスが返ってきた!

英国王のように、プリンスオブウェールズみたいな称号にする手もあるし、
御三家とか伏見家のように分家にする手もある。

どうなったのかは霧の中だが。


766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 10:39:12.52
まぁ そこらへんを楽しむのがこのスレの醍醐味だしね。
平和で安定した時代が来るようだから悩む問題で、戦乱の
時代だったら考える必要はないしね。



767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 12:20:03.76
この作品って文官キャラが馬鹿にされるケースが多いけど
作品終了後の世界では武官こそタダ飯くらいの役立たず化すんだよな。

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 12:29:07.37
ゴールデンバウム王朝時代に工部省が無いっておかしいだろ。
権力者は箱物大好きなのに。公共事業はどの部署が担っていたんだ。

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 12:52:10.20
それっぽいのは国務か内務>公共事業
てか箱物大好きなのとそれ専門の官庁を設立するのは別問題だろ。

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 13:22:54.50
工部省も役割終えたら権限縮小する予定だったし、
シルヴァーベルヒは首都建設長官も兼任してたからこその強権で
そこらへんのイメージ差し引けばいいんじゃないかな

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 14:07:23.80
ふと思ったけどキルヒアイスって天才なのかな?それとも秀才?
ゲームではラインハルトをちょっと弱くした感じだけど、
PS版だと最終的にラインハルト軽く超えちゃうんだよね
どうなんですかね?

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 14:35:45.42
>>771
作品的には秀才じゃないか?
ヤンですら擬似天才だから。作品終盤に天才学とか言うのがあるからあれが作者の考える天才なんじゃないかな?


773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 14:57:41.87
ゲームでは弱いとかなんとかいってるので戦闘面の話だろうけど
外伝含めると補佐としてついていても戦闘面ではラインハルトに貢献できずにヤンに何度も出し抜かれてる
客観的に助言できる立場でありながら。
ラインハルトを軽く超えるってのは贔屓目だと思う。
ただルッツやワーレンが上官として文句が無く、緒将も認めるナンバー2の能力はあったと思うけど。

智勇均衡の取れた秀才型、ロイエンタールタイプって印象かなあ

774 :711:2012/02/17(金) 17:29:07.78
なるほど秀才型か…
あとミッターマイヤーの用兵は速度があるとかになるけど、
どこがほかの人と違うのだろうか?
旗下の艦隊の編成は同じだと思うけど…


775 :771:2012/02/17(金) 17:30:29.75
>>774
間違えました771でした。

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 17:51:38.50
>>774
ミッターマイヤーの決断が早く的確なのと、それに追従できるよう麾下の指揮官・兵を鍛え上げ、個々の連携を
効率よく行えるよう連絡網などを整備したってところだろうな。


777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 17:55:49.42
というような場面描写は道原版コミックにはあるな

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 19:29:53.98
>>774
まあ現実のどこの国の海軍も艦隊運動に関してはかなり訓練してることを
考えれば差が出ても当然だろうと
日本海海戦時の日本海軍の艦隊運動も猛訓練の成果

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 20:46:54.72
>>778
その理屈で行くと、何でミッターマイヤーの艦隊だけ練度が高いんだって疑問に行き当らないか?

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 20:49:49.09
赤いからだ

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 20:51:07.50
それは
「誰でも会社始めれば社員がみんなまとまって成果バンバン出して日本一の社長ですよー」
と言ってんのと変わらねえのよ。

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 20:51:11.02
>>779
ミッターマイヤー個人の資質による部分とより効率的かつより徹底したシステム構築&訓練をやっていることで、
支えられているんだろう。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:02:28.20
黒槍や鉄壁も同じなんだろうな

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:03:23.28
普通は大規模な組織になればなるほど、細かい部分までマニュアル化されてて、一個人の力量が反映され辛い物だと思うが
ラインハルト指揮下の艦隊では、艦隊司令官の裁量に任されてる部分が多いって事か?


785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:16:37.95
>>784
マニュアル通り出来るのは凡庸。
マニュアルを隅々まで理解し、その精神を読み取るのが秀才。
マニュアルを超越して常識を覆すのが天才。


786 :771:2012/02/17(金) 21:20:13.59
>>776
>>782
なるほどそうなるとやはりラインハルト陣営の提督の非凡さが
よくわかりますね。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:29:26.33
>>785
いや、そういう一般論じゃなくて
何で優秀な人材揃いのラインハルトの提督達の中で、ミッターマイヤーだけ飛び抜けてるのかを知りたい
もちろんキャラ付けとかメタ的な理由では無くて

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:33:56.20
そもそもミッターマイヤーが疾風と呼ばれるようになったのは、
アムリッツァの前哨戦で第八艦隊だか第九艦隊だかを追撃したときに
先鋒部隊が敵の最後尾を追い抜くという現象が起こったからでしょ。

それ以外で、実際にミッターマイヤーの指揮する艦隊が
とりわけ素早く動いたという話は、実はあまり無い。
第二次ランテマリオ会戦のときになぜかミッターマイヤー艦隊だけ先に到着したくらい。

ゆえに、実は大差ないけど単なるイメージが増幅されてます、っていうのが正解では

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:34:11.39
砲撃訓練より機動訓練の方が重視されている
ついてこれない奴は次々左遷・・・淘汰される

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:34:18.63
マニュアル化されてても運営したり実践するのは人間だし現実の
軍隊でもヘマする部隊もあれば手柄を立てる部隊もある
結局は指揮官の能力とその部隊の錬度次第だろうな

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:35:25.92
>>784
この世界の軍隊や戦争は、規模はデカイが質としては古臭いものだから、個人の資質・力量が反映される余地
が大きい。


792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:40:42.94
>>787
いや、主に個人の資質の話でキャラ付けの範疇に入ってくるんだが……。
飛び抜けていると言っても、比較の話で数量的にはわかりにくいものだと思うよ。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:42:05.23
そもそも、追撃したら敵と味方が入り混じりました、というのも変な話だよね
近接武器で戦ってる中世じゃないんだし

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:44:14.41
マニュアルや訓練規定が制定されててもそれが実践されるかは確実じゃないし
指揮官としての判断力といったものは個人の資質に属するものだしな。
現実はマニュアル通りにはいかない。臨機応変が必要。ヤンはそのあたり飛びぬけてるな。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:51:18.19
>>792
785さんの説に従うなら、ミッターは「マニュアルを超越した天才」って事になるのかな
この作品での「天才」は、ヤンとラインハルトと、精々キルヒアイス位だと思ってたが
読み込みが足りなかったのかな

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:54:43.47
>>788
回廊の戦いでミッターマイヤーの作戦指揮に友軍がついてこれないということがあった。
本営にいて指揮伝達がスムーズではなかったことを差し引いても、それほどミッターマイヤーが素で要求する
戦術機動は速く、連携の取れたものだった、と。そして、子飼いの部下はその戦術センスについてこられるほ
ど練度が高かった、と。

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:55:09.78
というか、アムリッツァ前哨戦での併走状態は
ミッターマイヤーもアルサレムもアホに見えるから困る

その前に気づけよといいたい

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:55:17.98
ラインハルトや曹操みたいな総合的な天才は少なくても、狭いカテゴリにおける天才ならそれより多くいるってことだろ
人によっては職人芸と表現するかもしれんが

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:56:57.41
>>796
その理屈で言うと、黒色槍騎兵艦隊の面々は
ビッテンフェルトの要求にこたえるだけの砲術能力?と戦術機動能力を有していたってことでおk?

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 21:57:46.19
ラインハルト   「卿の用兵理論を是非全軍へ普及させたい。マニュアルを作成せよ」
ミッターマイヤー「はっ!喜んで」

 …………

ラインハルト   「『…幕僚との信頼関係がギュワッと高まったときにグオっと指導しゴゴゴっと叱咤する…』
            …もっとこう…他の表現はできぬのか?」
ミッターマイヤー「私はいつもこのように訓練しているのですが」


801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:00:11.97
>>795
進軍スピードに限ればね。
というか、双璧は同時代に別格のラインハルトやヤンがいるから格下に見えるだけで、時代が違えば、歴史に
名の残る軍事的天才だろう。

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:01:11.22
>>800
なんという長嶋……w

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:03:33.43
ぶっちゃけミッターマイヤーとラインハルトが戦ったら、
前者の素早い機動の前にラインハルトが追いつかないんじゃないの?
攻勢には強くても、守勢に回るとそれ程でもなさそうだし

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:07:04.95
天才とは言えないと思うな
ヤン・ウェンリーがイゼルローン要塞を落とした時
「こんなやり方があるんだ」とロイエンタールが驚いていたのが象徴している

ラインハルトやヤン・ウェンリーがいたから、それに引きずられて大きく見えるかも知れないけど
その二人比べて発想のスケールが小さい

まあ、確実にメルカッツくらいにはなっただろうけど

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:07:40.00
俺はミッターマイヤーの用兵の特徴が一番納得できないなあ…
好きなキャラではあるけれど。

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:10:57.82
ビッテンとかは言うまでもなく、ミッタマイヤーにしたって
守勢における采配能力が疑問なんだけどな。
ラインハルトの戦略に乗っかって、常に五分以上の条件で敵と戦ってたんだし
もしヤンやビュコックと立場を入れ替えたら、彼ら程の粘り強さを発揮出来るのかと。

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:11:19.41
ミッターマイヤーは解りやすい特徴があるからまだ良いけど
ロイエンタールの天才性ってどこにも見当たらないよな
同格扱いされてるメルカッツとかが、常識的用兵家の極致みたいな感じだし

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:13:17.71
実際の戦争で戦場の全戦力が正面から一度にぶつかりあうなんてないし、
いかに素早く要所を見極め戦力を集中させる事ができるか、を考えればミッタはわからんでもないかなあ

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:14:30.61
>>806
ミッターマイヤーはしょっちゅう過酷な戦場で敵の精鋭や強大な戦力に最初にぶつけられてるけど

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:15:32.48
>>806
ミッターマイヤーはアムリッツアでヤンの奇襲を受けた時、素早く再編して非凡な物を感じさせるって描写が無かったっけ
まあ、ヤンと同じ事が出来るかっていうと、疑問ではあるが

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:16:48.86
>>803
ラインハルトは、そのミッターマイヤーの素早さを封じる戦場を選択するとか、戦う前に優位を確保し、「ずっと
オレのターン!」状態にするだろう。

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:20:25.48
>>809
敵の精鋭って誰?もしかして理屈倒れの人?w
あと数的にも明らかに不利な条件での勝利ってあったっけ?

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:21:07.95
卿らは艦隊運用と戦術と戦略の違いもわからんのか

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 22:27:17.95
>>812
外伝でまた優秀な頃の同盟軍の大艦隊に分艦隊の戦力しかないのに突っ込んでるぞ
後ろからだが

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 23:00:09.50
優秀な頃のw

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 23:04:35.35
それで、ミッターマイヤーだけが常軌を逸して速い理由は見つかったのか?

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/17(金) 23:54:22.10
赤いからだ

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 00:25:04.68
赤いのはキルヒアイスかケスラー

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 02:05:15.91
判断が早いのとか、足の速い艦で揃えた時の指揮の上手さとかそんな辺りだべ
メタな話をすれば、そこら辺はなーんも考えてないと思うがなw

赤くはないが、通常の3割増しの推力の赤いザクを通常の3倍の速度を出せると錯覚するような感じ
他が慎重に進める中、1人躊躇せずに突進すれば、相対的な速度差は大きくなるわけだし
だからこそ、ヤンはアムリッツァでミッタマに対して先んじて攻勢に出ることができた、と

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 05:05:03.62
>>819
いや、あれは艦隊を利用してジャンプしてるんだぜ。
シャアみたいに若い頃期待されたのにその後全然だったのはトゥルナイゼンとグリルパルツァーあたりか

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 07:09:34.62
みっともないやー

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 08:32:16.03
見たまえやー

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 10:35:41.02
ひたすらスタコラサッサしてる敵艦隊に追い付き入れ代わっちゃったんだったら
艦隊そのものが高速艦で構成されてんじゃないの?

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 10:42:52.88
>>823
加速するだけでも結構面倒なのかも

「最大戦速開始!」
「最大戦速開始、全艦推進力全開」
「恒星重力圏捕捉、重力制御開始」
「各艦重力制御システム同調開始」
「各艦慣性制御システム同調開始」
「全艦速度同調完了」
「最大戦速達成」

こんな感じだったら、訓練次第でかなり差がつきそうだ

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 10:49:55.12
「おう、疾風の。どうしたい最大船速で」
「うん、敵艦隊追いかけてんだい」
「追いかけてるっておめえ一人だけじゃないか。そんなに敵は船速が速いのかい?」
「うん、とっくにアタイが追い越して、敵は後から走ってくるんだい」

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 11:12:14.70
早漏のミットモナイヤー

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 11:29:26.05
アニメから入って解けなかった疑問があります
小説読んでも解けなかったのでとうとう(at last)皆さんに聞きます
ワーレンの兄がルッツなんですか?それともルッツの弟がワーレンなんですか?

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 11:37:37.28
ツルッパゲで割れん

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 11:39:37.79
ワーレンソー連中国ネパールインドにビルマー タイタイ♪

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 12:10:27.96
ふと思ったんだが、ヤン艦隊のうち5500隻くらいはヤンの私物だよね。
これは法的にはヤンの死後フレデリカに相続されたと考えられるが、
実はフレデリカってものすごい大富豪なのか。

戦艦1隻を売却するだけで、渓谷と農業機械と住宅を購入して農場を始められるくらいの金になるわけだよな。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 12:14:06.12
武装解除がバーラト星系の自治権確保の条件だから
普通に私物化は無理だよ

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 12:14:48.20
>>830
どこの法律に基づくんだ

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 12:21:03.43
法律に基づかず条約によるだろうな

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 13:08:09.81
正当性はともかく。ヤン一党がエル・ファシル軍となっていたことで、その管理下の艦艇は自動的にエル・ファシ
ル政府の所有物だから、そもそも「ヤンの私物」だった艦艇は存在しないな。
存在しない物の相続権もまた存在しない、と。


835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 13:26:19.34
>>834
エル・ファシル政府の解体はヤンの死後だから
そういうことなんだろうね。ではその後はどう
なるんだろう?

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 13:54:45.66
>>835
エル・ファシル政府との関係消滅で、イゼルローン共和政府がドサクサ紛れにかっさらったことになるな。
結局、帝国との和睦で武装解除→破棄だから、財産権を主張する余地はないな。
一応、エル・ファシル政府に確認しておいた方がいいかも。
元はと言えば同盟の物だけど、既に同盟政府は存在しない。バーラト自治領を後継とすると、バーラト政府は
イゼルローン共和政府に対して賠償請求が出来るのかな?

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 14:09:47.10
>>636
ムライらが運んだ分は同盟政府が公式にヤン個人に譲渡した
んだよね。(ほとんど無政府状態だったとはいえすごい決定
だなと思う。たぶん議長は知らないんだろうな)
この分もいったんはエル・ファシル政府のものになったのかな。
ヤンが政府に供出したって形かな?

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 14:16:53.21
譲渡はほんとにただの冗談か、ヤンには責任無いって事の証明以上にはならような
国家の財産を軍が勝手に個人に譲渡なんて違法じゃね

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 14:28:02.40
>>838
だいぶ以前にこれは合法だってこのスレでは結論に
なったような。チュンが譲渡契約書とは別に、口頭
で法律上の手続きは済んでるとか言ってたからかな。

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:06:16.12
>>839
もっとも、あの状況で法律上瑕疵が無い形で譲渡できたとしたら、
法律のほうに瑕疵があるとしか思えんがな。

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:06:49.71
>>837
ヤン指揮下の戦力はエル・ファシル軍として編入されてたろうから、所属はエル・ファシルになり、政府の所有物だろ。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:07:02.38
軍艦を個人に無償で提供する手続きが法で定められてるわけないと思うが
まして、艦隊の中の人たちは・・・

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:08:29.50
>>840
>口頭 で法律上の手続きは済んでる
てのが、縛り上げてブラスター突きつけながらかもしれんしなw

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:09:41.57
「ヤンの指揮下に入る」をどうやったら「ヤンの私有物になる」に読み違えられるんだw

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:12:34.40
同盟政府からヤン・ウェンリー氏に譲渡
ヤン・ウェンリー氏がエル・ファシル独立政府に譲渡
エル・ファシル独立政府がイゼルローン革命政府に譲渡

人員の異動はともかく、ハードウェアとしての軍艦については、
だいたいこんな感じで所有権が移転しているんだろうか

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:15:18.61
>>842
あの時期の同盟艦の多くは和約に基づいて廃棄待ちの艦だから、「スクラップ」扱いにすればただ同然にできる
なw 入札形式で他に入札者がいなければ、1ディナールでも可能だろう。代償を金に限らず、「対帝国抵抗活
動に使用すること」とか条件つけてもいい。どうせ書類上だけの出来レースだ。

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:20:13.56
>>846
それにしたってスクラップの際には軍事機密が漏洩しないようにいくつもいくとも
手順が必要なようになってるだろ。

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:30:11.47
やはり民主主義は欠陥制度だ。帝国なら勅命で解決するのに。

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:33:24.89
まあ独裁制ならその前に粛正されてますけどねw

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:41:00.03
>>847
もはや軍事機密を守る意味がないだろ。
処分費用を安くするために、手順が簡略化されたんだよ。


851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:42:29.25
粛清のほうが怖いww

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:42:48.12
>>850
それを有権者であり議会ですね。軍人が勝手に決めるのはシビリアンコントロールに
反しますし、議長が決めるのも国民への裏切りです。

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:46:18.80
>>852
和約に基づく処分は始められていたし、手続き改定が政府によって定められていたなら無問題。



854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 15:54:47.65
最高裁判所から政府に異議を申し立てます!

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 16:07:18.39
>>852
議長のトリューニヒトは議会にはかることなく
降伏決めてたぞ。

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 16:30:46.66
>>855
条約の締結は政府の役割で、批准が議会だろ。普通なら。

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 16:36:46.05
>>853
民間人に軍艦を譲渡する手続が決められているのかよw
スクラップだから渡していいって、そんなの権利の濫用だから。

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 16:40:17.15
チュンウー「法律上は私が横領したことになっているから心配は要らない。
        ヤン氏は善意の第三者という立場になるので、同盟民法上所有権を主張できる。」

法律上の手続きってこういう意味なんじゃないか?

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 16:45:49.48
ヤンの私物なら5500艦の維持費補給費も当然自腹だろうなw
公費なら横領だしキャゼルヌマジックだろうと公人に多大な便宜をはかれば収賄罪だろ。

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 17:19:17.60
>>859
同盟脱出からエル・ファシルと合流するまでは完全な
無法者集団だからなあ、全部がヤンのもので公費なん
て概念なんかないんじゃないかと思う。

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 17:58:04.02
>>857
廃棄の決まった兵器類は、兵器としての機能を排除した上で、民間に売却されることは普通に行われていますが?
動くものはそれなりに難しいが、輸送機、輸送艦なんかは比較的簡単に民間企業に払い下げられていますね。
戦闘機や戦車でも、砲などを全部降ろしたドンガラなら「スクラップ」の名目で払い下げられ、それを購入するマニア
がいたりします。↓こんな感じに
ttp://ksa.axisz.jp/a3613kot.htm


862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 18:03:34.92
戦車を購入した民間人は何かのニュースで見た事あるけど
装備そのままの宇宙戦艦と同レベルで語るのはどうかな

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 18:11:44.96
まあ特に問題なったこともないしラインハルトにしても内心うれしいことじゃないかと
あの譲渡がない状態での戦力じゃヤンとしても戦うのは苦しいだろうし
ラインハルトにしても叩き潰す相手として物足りない


864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 18:14:01.57
>>861
除去して渡してないだろwww
稼働状態でヤンに渡しておいて何言っているんだ。馬鹿なの?

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 18:31:42.00
戦艦一隻あれば無防備な惑星なんてヴェスターラントになるからねぇ
読者Aの立場的には別にヤンへの譲渡自体がどうこうってわけじゃないけど
作中のどっかの辺境の民間人Aならどう思うかなってのはあるかな

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 18:45:02.67
>>862、864
普通なら流出するはずのない完品の艦艇がヤンに「合法的」に譲渡されている→譲渡された艦艇の多くはバー
ラトの和約で解体予定の艦→スクラップ「予定」の艦だから、ちょっと早く書類上スクラップにしても無問題!→「ス
クラップ」の譲渡なら書類上は「合法」→( ゚Д゚)ウマーと。
ちょっとズルしているが、告発する者がいなければ問題ない。ヤンは「善意の第三者」なので、問題になっても
責任はない。
チュンの「法律上の手続きは済んでる」というのはこういうことだろうという話だから、これでもいいのだ。
手続きとか帝国からみれば関係ないし。譲渡が完璧に合法でも( ゚Д゚)ゴルァ!!もんだ。


867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 18:50:21.66
>>865
>作中のどっかの辺境の民間人Aならどう思うかなってのはあるかな
そのAが同盟市民なら、「よくやった。もっとやれ」と思うだろう。
逆に、帝国臣民なら「反逆者に武器を譲渡なんて、とんでもない」と思うだろうな。

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 19:07:26.21
同盟市民も徹底抗戦派以外もいろいろいるんでないかい

ヤンは信用できてもヤンの部下やヤンの死後とか考えると余計に

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 19:19:46.54
>>868
いるだろうね。だから、なに? 
帝国恭順派がヤン相手に艦艇の返還を求めて訴え起こしても意味はないだろう。

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 19:24:21.16
それがどうしたみたいな言い草w

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 19:31:06.72
あまりにも単純化しすぎてるからいろいろいるだろうにって話が何故か訴訟へ・・・

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 21:52:16.67
戦時標準船ベースの護衛空母で商船に改造があったかもしれん。

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 22:05:11.07

田中芳樹ですがまともな軍事小説をかけません5
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/army/1311425410/232

232 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2012/02/18(土) 16:19:16.48 ID:???
ttp://liontan.web.fc2.com/images/111230.jpg



874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 23:39:32.54
>>873
台詞からするとアナゴがロイエンタールなんだろうが
何故待ってる相手が無関係の奴なんだ?

いつも酒を飲み交わしていたマスオを待ってるなら分かるが。
そもそもアナゴとノリスケって何か接点あったっけ。

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 23:52:08.59
>>874
まさかとは思うが、ロイエンタール=アナゴ=若本ってのが肝のネタだってわかってない?

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/18(土) 23:58:55.01
>>874
ノリスケはテオドールフォンリュッケだから接点はある

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 00:00:31.32
タマ=マシュンゴ准尉

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 00:11:48.92
>>877
まじか?

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 00:24:42.91
>>875
なるほど、アニメ版ってそんな配役になってたのか。
攻撃開始を指示するときに「ぶるぁぁぁぁぁ!」とか叫んじゃうのか。

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 00:45:31.97
>>879
ロイエンタールやってた頃は、まだ壊れてなかったからw 普通に二枚目しゃべり。
アナゴくんはまだ聞いたことないからわからん。

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 00:48:07.92
>>879
いや今みたいな声出してない

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 01:18:41.28
レンテンベルク〜ガイエスブルク間がシャトルで何日かかるのか知らないが、
オフレッサー捕縛⇒釈放⇒(子分達死刑ショー生中継)⇒帰還までに
それなりタイムラグがあるとして、これが離間策だと推察できる奴は賊軍に皆無だったのか。
少なくとも戦力としては貴重なのだから、メインホールの天井にワイヤーネット、
またシロサイ用の強力麻酔ライフルを装備した熟練の猟師を十重二十重に配置して
シロナガス鯨が乱入してきても対応できる態勢ッを整えておけばあたら死なせず
オベ公の陰謀も不発となり、のちに平民の下士官以下の叛乱が起きた際にも
簡単に主砲制御室を分捕られる事もなくいくらか歴史も変わってたろうに…

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 01:24:25.09
>>882
オフレッサーって勇次郎並みの戦闘力なのかw

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 01:32:00.21
>>882
軍人の中には離間策じゃないかと思う奴はいたかも。>離間策だと推察できる奴
だが主導権をに握っている門閥貴族たちにはいなかった。

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 07:59:51.54
キルヒアイスが死ななかったら
ラインハルトはキルヒアイスに殺されて。
アンネローゼとキルヒアイスは同盟に亡命してヤン政府が
出来てた可能性が一番高い。

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 08:13:51.08
>>885
そんな素頓狂な事言われても・・・
そう考える理由を示してもらえないと、話が展開しないよ。

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 08:24:41.39
>>886
いや、割りとマジでなんだけど。
核爆弾事件以降は事実上キルヒアイスの忠誠心は無くなって、
アンネローゼとの約束を守るためだけにその心は使われている。
よってオーベルシュタインを重宝する錯乱したラインハルトから
アンネローゼを守るため、キルヒアイスはラインハルトに殺意を抱く。
劇中にもそんな描写ぽいのあったはず。
キルヒアイスは決して聖人君主では無い。
ただ、ラインハルトを殺す前にラインハルトを守ると言う約束を守っただけ。


888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 08:42:19.18
>アンネローゼを守るため、キルヒアイスはラインハルトに殺意を抱く。
>劇中にもそんな描写ぽいのあったはず。

なんの同人誌読んだんだよ。「ラインハルト様なら、いつかわかってくれそうなはず」って言ってただろ。

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 08:53:10.58
キルヒアイスは善良な人ではあるけど別に聖人君子じゃないよ
ラインハルトやアンネローゼを侮辱する相手にはわりと容赦ないし。
実際、外伝でアンネローゼを侮辱した相手をラインハルトが殺害する事を是としてる

そのキルヒアイスがなんでラインハルトに殺意を抱くんだろ

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 09:13:46.88
>>887
>重宝する錯乱したラインハルト
姉のために発狂するラインハルトは想像できるけど、
アンネローゼを害するなんて想像できない。

>劇中にもそんな描写ぽいのあったはず。
何巻のどの場面?

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 10:31:59.02
>>890
ないない。
まあ極論者の意見は、無視して実際のとこラインハルトと
キルヒアイスが例の件のわだかまりを残して、キルヒアイス
が死なずに門閥貴族との戦いに勝利したらどうなったか?
くらいだろうねえ、想像の翼が羽ばたくのは。
リヒテンラーデはキルヒアイスに恩売って取り込もうとは
してたけど、わだかまりあったところでキルヒアイスが
そんなのに乗る訳も無し。思いついたのは、リヒテンが
アンネローゼを人質にキルヒアイスにラインハルトを
討てとせまったらかな?これも無理あるねえ。

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 10:32:33.63
あのまま生き続けてもオーベルシュタインが居る限り二人の関係は改善され無いだろう


893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 10:34:37.88
キルヒにとってはラインハルトよりアンネローゼの方が遥かに大切なのは確かだよな。
キルヒが生き残ったらアンネローゼとくっつく展開は有り得たんだろか?

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 10:40:27.77
リヒテンがそのあたりの微妙な関係を察知し、最大限に
利用しうまくやったら、あるいは?ってとこかな。
最大のポイントはアンネローザが弟(の野望)を止める
、弟と対立する キルヒアイスにはそう信じさせること
が出来きるかどうかかな。

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 10:41:31.00
>>892
キルヒアイスとアンネローゼが結婚して子供生まれたら手のひら返す可能性もあるがな


896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 10:45:50.27
キルヒアイスを他の将と同格扱いしようとしてたから修復不可能だろ。
結果、キルヒアイスの死亡だし。
そこら考えたらキルヒアイスの謀反は妥当。

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 10:46:09.02
>>894
アンネローゼが皇子を産んでいたらまずかったかも。

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 10:47:01.37
キルヒアイスをそそのかす際のポイントは、
彼の忠誠心がラインハルトよりアンネローゼを向いていることを頭に入れておくことだろうな。

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 10:59:21.78
>>893
むしろそれ以外の展開はないだろw
アンネローゼの為ならラインハルトも殺すぜ。
奴は。

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 11:06:10.40
キルヒアイス死ぬ前のラインハルトはけっこう性格悪いよな
「お前は姉上と俺にだけ優しければいいんだ。他の奴らにそんな態度をとってやる必要はないんだぞ」とか。

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 11:13:10.50
まあ、全般には人のいいぼっちゃんだけどね。
リューネブルクの奥さん、そうと知らずに介抱
したりするあたりはね。フレーゲルとかはそんな
こともしないだろ。やってリューネにすごまれる
フレーゲルってのも見たい気はするが。

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 12:27:22.26
>895-896
アンネローゼと結婚すればキルヒアイスは義兄となるから「特別扱い」の根拠になる。

ラインハルトが即位した後なら、キルヒアイス大公家ってのは新帝国の安定に都合がいいから
オーベルシュタインはむしろ積極的に推していたかもな。

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 12:34:09.34
>>902
アンネローゼのとりなしでラインハルトとキルヒアイスが関係修復した場合、
性欲皆無のラインハルトは死ぬまで子供を作らない可能性があるから、
そうなるとキルヒアイス王朝だな。

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 12:35:30.26
ラインハルトよりリューネブルクの方が圧倒的に好感持てる。
ラインハルト見ててイライラしまくってしまう。


905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 12:59:16.12
>性欲皆無
ならなんでヒルダとの人生で1回だけ起ったのよ?

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 13:07:22.52
「寂しいから抱きしめたかった。別にヒルダじゃなくても人型なら何でも良かった。
 物理的刺激で生理的現象が起こった。ヒルダが導いた」

こういう展開だったのかもしれん。
女を抱きたいのだと思って服を脱いだのは単にヒルダの深読みであって、
ラインハルトは誰かを抱きしめていたかっただけだったとか。

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 14:56:08.74
金髪のシスコンぷりは重症だし、下手すりゃ近親相姦の危険もあるかもしれん。
あの時に側にいたのがヒルダじゃなくアンネローゼだったら…

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 15:08:08.94
つーかラインハルト、ガキの頃アンネローゼに抜いてもらったんじゃね?
そう言う性的なものが無いとあんなふうな人格成形にならない。


909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 15:15:13.67
さすがにそれは根拠が無さすぎ

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 15:20:13.57
「皇帝陛下だ! 股を開け! おねーたん、ぼくちんおねーたんとFuckしたいのー」
というラインハルトとヒルダの異常プレイをクローゼットから覗く、耳を拾ったユリアン

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 15:31:21.74
【質問】
螺旋迷宮で騒乱後にヤンがタナトス管区司令部に報告するシーン。
なぜパトリチェフがヤンは秘密監察官などという必要があったのかわからない。
普通に報告すりゃいいのに何故この描写が入るのか教えていただきたいです。

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 15:38:09.44
パトリチェフのとっさにでた頭の悪い言い訳

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 16:55:19.48
パトリチェフの性格を表現するエピソードだよ
ほんとうにただそれだけ

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 17:14:50.16
>>907
エミールだったりしたら大変なことになるな

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 17:38:05.07
エミール「そうか、つまり陛下はそういう奴だったんだな」

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 17:52:33.31
ゴールデンバウム王朝にだってホモの皇帝はいたから
別にエミールだったとしても問題は…大有りだな

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 18:05:37.52
ローエングラム家存続の為
オーベルシュタインの心配の種が増える

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 18:31:54.56
十数年ぶりに見ると凄いイライラするんだよな。
もやもやが取れない感じ。キルヒアイスが死んだ時に
ラインハルトはせめて別れのキスぐらいはするべきだった。
妄想と想像を呼びこみすぎてイライラする。
そこら辺はハッキリさせるべきだったな。作者は。

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 18:34:00.25
早すぎたんだ、腐ってやがる

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 18:34:40.07
>918
貴腐人?

BLネタはスレ違いだと思うがな。


921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 18:39:45.04
>>920
男だけど、お互いが好きだと言う感情
が無いと友情なんか成立しないでしょ。
キスぐらい当然の流れ。やるわけではないし。

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 18:42:20.57
ルドルフが模範にしたのがロシア帝国だったら日常的に男同士のキスが見られる国になっていたな。

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 18:44:20.18
>>917
オーベル「陛下が美少年趣味などに目覚めては新王朝の存続に関わる。ここは私が、この身を以て大人の味を教えねばなるまい」

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 19:34:33.56
本編より外伝のほうが面白いよね。

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 19:40:49.80
二者択一で、ヒルダとフレデリカとどっちが好きだ?

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 19:47:30.41
笑止
フレデリカに決まっている

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 20:58:01.92
ターゲットに簡単に近づけるのなら暗殺するにしても時限式の隠ぺいされた細菌兵器感染させておくとかすればいいのに・・・
ナノマシンや細菌兵器ない世界なの?

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 20:58:49.00
>>915
ヘルマンヘッセ乙

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 21:04:34.57
>>916
一夜明けてエミールの実家に挨拶にいくラインハルト
状況が理解できないエミール母

すげえ居合わせたくない空間だな

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 21:10:50.78
>>922
俺ロシア貴族に生まれなくて良かったわ

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 21:15:07.55
ラインハルト「エミール・・・そこだ・・・もっと奥へ入れてくれ。気持いいか?」

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/19(日) 22:28:45.80
>>923
軍務省職員A「最近、軍務尚書が丸くなったような気がしないか?昔よりやさしくなったというか、情を感じるというか」
軍務省職員B「なにやら、皇帝陛下から直々に指導があったらしいぞ」
軍務省職員C「今でもちょくちょく呼び出しがあるからな。さすがに今までのは厳しすぎるって怒られてるんじゃねえか?」
軍務省職員D「官房長、何かご存知ですか?」
フェエルナー 「私はしらん!断じて何も知らんぞ!」


933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 00:33:41.83
>>931
はい陛下。フロイラインより気持ちよかです><

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 01:00:56.00
BLなのかw
俺は気持ちいい、お前はどう思う?お前はいつも俺と同じように感じてくれるよな?

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 02:19:05.95
月曜日軍
総司令官ラインハルト
総参謀長オーベルシュタイン
副司令官兼別働隊司令官キルヒアイス
以下艦隊司令官
メルカッツ
ロイエンタール     別働隊ワーレン
ミッターマイヤー        ルッツ
ケンプ
レンネンカンプ
ビッテンフェルト
ファーレンハイト
ミュラー
アイゼナッハ
ケスラー
メックリンガー
シュタインメッツ

日曜日軍総司令官ロボスは月曜日軍に勝てるのか


936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 11:35:30.05
>>924
つか中盤の時点で帝国と同盟に力の差がつきすぎて萎える。
同盟側に肩入れしないと読めたもんじゃない…

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 11:53:21.90
>>936
同感。ランテマリオ、ましてマルアデッタは同盟に
声援送るよなあ。

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 17:57:14.98
>>915
教科書にのってたやつか
懐かしすぎるw

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 19:04:16.79
所詮は一巻で終わらせるのを引き延ばしただけの作品だろ
お前ら大目に見ろよw

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 19:38:09.91
フリューゲル男爵ってなんでラインハルトを嫌ってたの?

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 19:47:06.76
>>940
寒門出身のくせに自分より出世してるから+その一因が姉が皇帝の寵姫だから+かつ実力もアリ美形

名門の出という以外アイディンティイを持たないフレーゲルには理解できない。

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 19:50:36.98
まちがたwアイディンティイってなんだよw

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 19:58:42.39
>>936
だってこれ戦争は数でやるものだといいつつ
負けた同盟も勝った帝国もヤンの引き立て役だもん

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 19:59:16.50
あいつなんでたかが男爵なんだろ。父親が10何人兄弟の一番下とか
兄が大勢いるとかか?そういうのもコンプレックスに思ってそう。

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 20:10:37.51
ミュッケンベルガーでも伯爵家を継げなかった場合お情けの男爵号でももらって飼い殺し、だったらしいから
フレーゲルは正に「飼い殺しの冷飯喰らい」の典型なんじゃないか?


946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 20:12:47.03
ラインハルトがエミールに、自分の真似をするなヤンの真似をしろとか言ってたけど
ラインハルトの戦略重視のやり方のが軍事の基本だと思うんだけど?

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 20:18:26.23
フレーゲルはまだ親父が当主やってるんだろ。
親父が侯爵か伯爵で、部屋住の息子は男爵。
金髪を基準にしちゃいかんよ。

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 20:24:04.84
>>940
本編には特に明確な説明はないから、>>472みたいな妄想設定とか投下されてる。

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 20:58:07.88
>>948
外伝のときからもめてますな。このときは
ミュゼールで帝国騎士だったけど、男爵様
相手にえらそうだったなラインハルト。
この後にいきなり伯爵になって自分より宮廷
序列上になったもんだからいっそう憎むよう
になったかなフレーゲルは。

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 20:59:23.57
そういや、フレーゲルって外伝だと中将に昇進してなかったか?
素行不良で降格されたんだろうか。

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 20:59:40.57
ミュゼール→ミューゼル、みすった。

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 21:00:49.35
>>950
そんなのあったっけ?少将のままじゃなかった?

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 21:06:08.44
今からでも遅くないのでミッターとかロイエンタールとか
オーベルシュタインの生い立ちや出世した原因書けや。
作者は。

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 21:10:03.25
ロイエンタールはかなり詳しく書かれてるだろw

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 21:11:21.82
>>410
ベースは>>411氏の言う理由で、
それに、一族の者を殺したミッターマイヤーの処刑を邪魔した件で、
火に油を注いだ。

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 21:27:33.90
ビッテンと金髪の出会いが知りたい。何が原因であそこまで心酔するようになったのか?

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 21:29:22.24
>>956
そういや、直接の出会いは分からんね

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 21:35:52.12
あんな狂犬、欲しがっている戦場を与えれば誰にでも心酔するだろ。

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 21:38:46.44
質問ですが、アムリッツァ会戦でなぜヤン艦隊はビッテンフェルト艦隊と戦うときに戦艦を盾にして、
小型艦の主砲で攻撃したのでしょうか?

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 22:01:16.94
>>958
オフレッサーは帰順させるべきだったな。
作者は。

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 22:47:48.18
>>959
戦艦の装甲(エネルギー中和磁場含む)が厚いから、だろ

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 22:59:38.71
>>946
ラインハルトは天才にありがちなセンスの人だから、センスがない並の人がマネしては害にしかならない。
ヤンは歴史から学び、それをユリアンに伝えられた。そういうこと。
ラインハルトは所詮名プレイヤー、スター選手でしかないが、ヤンは名プレイヤーにして、名コーチ、名監督に
なれるタイプ。

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 23:03:10.26
>>945
ミュッケンじゃなくてグリメルだよそれ

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 23:06:32.79
>>952
クロプシュトック侯討伐で昇進してその後の第四次ティアマトでは中将になってる
外伝は後付けだから本編には反映されてないんだろう

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 23:30:39.25
>>956
戦艦の艦長だったビッテン大佐がラインハルトの艦隊にいて、
砲撃がうまい->会ってみたい的な流れはあったな。
そこからよく中将まで出世できたもんだ。

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 23:36:14.61
高飛車な美少女キャラをお前らが崇め奉るように、ビッテンも一目見たとたん、ラインハルトの虜になったんじゃねえの?

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 23:36:44.58
>>965
ラインハルトが元帥府を開いた時点で、少壮の士官たちが「新たに提督の称号を帯び」参加したんじゃなかったっけ?

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 23:45:31.54
965のは外伝3の本編が始まる前の話
965→967の流れ

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 23:47:44.66
>>962
やってることは金髪のが遥かに基本に忠実だと思うけどな
ヤンの方は小をもって大に挑む時点で常識外れというか・・・。

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/20(月) 23:48:04.96
>>967
第6次イゼルローン攻防戦(794年)では大佐、多分准将へ昇進。
796年の元帥府参集の時点で中将。
この間のことは不明だな。

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 00:09:55.27
元帥のことを元師(げんし)ってずっと言ってた早大理工学の橋爪君元気だろうか

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 05:28:54.87
ミュッケンベルガーとリヒテンラーデは
なぜ帰順しなかったんだろうな。作者は頭おかしい。

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 10:13:07.69
>>972
リヒテンラーデ侯は「キルヒアイス暗殺・ラインハルト暗殺未遂」
の罪を被せられただろ。降伏すらできないよ。

ミュケンベルガーがどうなったかは書かれていたかなあ。急に出て
来なくなったような。無事なら貴族軍に参加するだろうし。余程の
因縁があって参加しなかったのか、病気で指揮ができない状態
だったか、不慮の事故で死んでいたか。

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 10:22:11.30
ミュッケンはどちらにも味方する気がないから退役したんじゃないの?

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 10:36:12.81
>>974
原作には何も書かれてないからなんとも。
ラインハルトが司令長官になった以上、
その地位は退いたのは間違いないが。
 アニメの補完はかっこよすぎ。残りの
2長官が間抜けすぎで可哀そう。

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 10:41:19.03
退役していても貴族軍の司令官打診とか来なかったのか

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 12:05:55.00
ミュッケンとメルカッツが揃えば貴族軍にもまとまりが出来て金髪が不利になってしまう。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 12:07:07.33
>>969
やってることの違いじゃないんだよ(ヤンだって寡兵挑むなんてマネしたくないけど、状況に強いられてたわけで)。
その「基本」の理屈を現実に合わせるための思考、手段の根っこが、閃きか、理論立てられるかって違い。
ヤンにしたって比較の差でしかないだろうが、ラインハルトは自覚があるってこと。


979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 13:08:23.97
発想の出所はともかく、やった事は軍事にしても政治にしても
基本に忠実、逆に言えば革新的なものはないわけで
ラインハルトの戦歴を元に軍事教書を作っても多くの者が学べると思うけどな。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 14:07:09.87
天才的閃きがあの堅実戦法ってのもな。
華麗とか天才的って形容はヤンのが似合う。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 15:32:45.27
>天才的閃きがあの堅実戦法ってのもな。
革新的であればいいってもんでもないし、軍事ってのは何より堅実さを求めるもんだ。
ラグナロクを例にすれば、堅実にフェザーン回廊から攻めるために、ボルテックの篭絡、幼帝誘拐から仕込んで
いるわけで、そういった発想の自由さ、スケールの大きさ、そのために必要なことを緻密に積み上げられるのが
華麗とか天才的と言われる所以だろう。




982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 15:59:46.15
もしラインハルトがヤンの立場だったら、
エルファシル人気で声がかかったときに本当に政界にうって出て、
結局同盟でもトップになってから戦略的に帝国を追い詰めちゃうだろうと思わせる凄みがあるね。
「国民の人気取りをしてるだけでいいから宮廷の権謀術数より全然楽だった」とか言ったりして。

転じてもしヤンがラインハルトのポジションだったら、一能史で終わりだったでしょ。

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 17:09:40.31
>>981
壮大さは感じても華麗とか天才とかは感じないな。
戦争の天才というよか謀略の天才という形容のが相応しかろうし。

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 17:55:45.75
>>983
ラインハルトは自ら戦場に行って勝ってるし、謀略は衆目にはつくもんじゃない―周囲から見れば、普通に
「戦争の天才」と言われるだろう。

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 18:09:53.11
ともあれ華麗さは本人の容姿以外は感じない。

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 18:14:20.54
内情を知らなければ敵前右旋回も三方向から包囲されつつある中央突破も奇跡の様に見えるもんな



987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 18:56:00.43
ナポレオンみたいに、当時は天才と言われても、
過去の軍事理論家との連続性を指摘された挙句、「独創性がない」と
評されちゃう人も居るしな

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 19:20:19.88
天才の条件って文化によって違うからねえ。
芳樹の大好きな中国なら、組織内の人間関係で
上手く立ち回れないヤンは天才と真反対の評価だろうし。

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 19:28:14.46
芳樹の好きなのはあくまで三国志とかの古代中国だし
あの話だとヤン的な性格もありだろうと

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 19:53:36.61
何が天才か分らんのだけど
この小説の天才たちは直観だか予想で正解を導きだしてるの?
諜報で相手の計画を手に入れるつもりなさそうだね

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 19:56:42.10
クラインゲルト子爵家はアムリッツア戦役後どうなったの

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 20:32:41.29
それはアニメオリジナルの話だな
でも個人的には好きなエピソード

願わくば子爵が無事にアムリッツァ後まで生き延び、ケスラーを頼ってローエングラム陣営に参加してほしい
…フィーアは悲劇的な最期を迎えそうだが

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 21:49:49.83
>>990
まあ、現地での情報収集と、中央でのその分析、
さらに指導者の取捨選択まで書いてたら本気で収拾つかんくなるからね。
そこは三国志的演出で色々省略してるんだろう。

ちなみに戦場においては情報の四分の三は霧の中にある、という格言があってね。
これは戦略戦術のみならず、外交や政略を含めたすべての『大局』に当てはまる言だと個人的には思ってる。

諜報の重視は優れた指導者であるための最低限不可欠な要素ではあるけど、
諜報で把握できることが限られている以上、
そして多くの情報と分析の中から真実を取捨選択するのが司令官の役目である以上、
そこに閃きが伴えば天才たりえる、というのもまた真理かと。

それがナポレオンであり、カエサルであり、ラインハルトなのだろう、少なくともこの物語世界の中では。

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 21:50:35.88
ume

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 22:55:50.29
ホストエラーで新スレたてられないや

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 23:44:47.74
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1329835446/

次スレ立てといた

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/21(火) 23:48:41.95
>>996
乙!

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/22(水) 00:14:13.01
うめさん

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/22(水) 00:28:54.78
オーベルシュタイン

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/22(水) 01:37:44.97
御意・・・

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

235 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)