2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_85

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/13(金) 11:50:56.67
銀河英雄伝説に関する素朴な疑問について語りましょう。

質問と雑談を明確に区別するために次の形式でお願いします。

○質問をする場合
【質問】
「イゼルローンを攻撃する目的は、イゼルローン回廊を制圧して帝国・同盟間の航路の制宙権を確保すること、それ以外にない」って言葉が作中出てきます(新書版3巻 P203上段〜下段)。
この「制宙権」って何ですか?

○回答をする場合
 >>レス番
「制海権」「制空権」「航空優勢」と言う言葉が参考になるかと思います。
この物語においては、具体的には、特定の宇宙空間の宙域で、以下の要件に該当すれば、そこでは「制宙権」を確保していると言えると思われます。
1.味方側による、敵勢力(敵国や宇宙海賊など)の機動戦力(戦闘・補給・偵察の各艦艇やその部隊)への、哨戒・索敵の為の人工衛星や、味方側の機動戦力への補給等の為の基地や通信衛星等が、必要なだけ設置出来ている。
2.味方の艦艇・民間船舶等の通行の安全が確保されている。
3.敵勢力側の1・2を、減少・根絶出来ている。

基本的にスレ違いネタでも銀英伝の話題から派生してこのスレの住人を対象としたものであればかまいません。軍板・三戦板ネタ歓迎。

アニメ・ゲームなど、小説以外の他のメディアの作品のネタ・話題についても、多少の言及は可ですが、度が過ぎる物は、それぞれの該当の板のスレへどうぞ。
ここはSF板です。

必要以上にカッカせず、冷静に議論・質疑応答・雑談をしましょう。

前スレ
銀河英雄伝説 素朴な疑問Vol_84
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1324430330/

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/13(金) 12:34:31.77
今年初スレ>>1に、プロージット!!

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/13(金) 19:57:00.78
プロージット!新たなるスレに

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/13(金) 20:56:36.71
そこの棚に素朴な疑問Vol_85が入っている
グラスを2個出してくれないか

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/13(金) 21:50:35.48
>>4
いい。
これ以後、家のどっかの木箱は禁止。

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 00:03:34.66
じゃあ、紙コップにたっぷりの素朴な疑問Vol_85は解禁で良いんだな。

7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 09:03:34.10
既出かもしれんが一応

メックリンガーがキュンメル邸訪れて
「病人なのに犬飼ってないんだ珍しいなー」とか言ってたけど、そういうもんなの?
あとキュンメルが動物を飼ってなかったのは何故?言及あったっけ?

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 09:18:04.63
前にアキレス腱切ったとき、院内に犬いたな。長期入院患者の為で気晴らしになるのだとか。

キュンメルは健康なものに逆に嫉妬を感じてしまうタイプだったような感じに描写されてた気がする、まあ原作読めばたぶん書いてある。

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 09:18:59.77
メックリンガーの観察力の強調及びそういうキャラ付けと後の複線のためだから
深く気にすんな。

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 09:21:49.47
病人は元気なペットの姿を見ることで自分の不自由な気持ちを癒すというのは
あくまでメック理論だろ
キュンメルの場合は曹操など歴史上の英雄に投影しており
挙句の果てにラインハルトにテロで挑んでしまったなどなど全部説明されてなかったっけ?

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 09:42:51.13
ラインハルトとフレーゲルの確執っていつから始まりました?
クロプシュトック事件の時点で皇帝の耳に届いてますけど(外伝1)

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 09:47:18.99
ラインハルトがいつからそういう貴族社会に顔出すように
なったかなってことかな。
将官になってからくらい?

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 10:07:28.33
フレーゲルはラインハルトの顔もしらない頃から敵視してそう

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 10:26:11.49
疾風は高速、ビッテンは火力、ミュラーは重装甲と
それぞれの戦法に特化した艦を揃えてたりするんだろか?

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 11:57:39.55
ゲームじゃないんだから、建造計画練って予算案編成して建造開始して揃えられるまでに何年もかかるが
既存の艦隊から抽出したらその分、他の艦種構成が歪になるし

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 12:24:10.65
ファーレンハイトはビッテンフェルトと同じく攻撃力が高いって評価で
機動力を生かして戦場の有利なポイントに移動して戦うという部分でビッテンフェルトと違う強みを持っている訳だが
この機動力って特長はミッターマイヤーの下位互換みたいなもんかね

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 12:27:19.47
>>16
なんの設定?

18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 12:47:15.77
黒槍の艦が特別攻撃力があるわけじゃないってことは
ビッテンがひたすら攻撃指示するだけで、あの攻撃力なのか…

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 13:06:19.37
同じ性能キャラの対戦格ゲーや同軍同士のオン対戦シミュレーションで
こっちばっかり一方的にやられて「なんかズルイ」と思ったことなんてしょっちゅうあるわ。

ヘボなだけですねスイマセン(´・ω・`)

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 13:49:46.67
ビッテンは攻撃するタイミングと対象の選択が優れているみたいな事が
どっかに書かれていたような。

あるいは何らかの独自の戦法があるのか。ヤンの一点集中攻撃みたいな。

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 14:18:07.85
>>13
フレーゲルって士官学校では秀才だったタイプなんだろうか
描写的には全方位バカって感じだが

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 14:20:26.45
>>18
アニメ設定だと黒色艦隊は高速戦艦メインのブルジョワ艦隊みたいだけど、原作では艦隊ごとの編制については特に言われてないな

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 15:05:24.52
>>22
ビッテン艦隊は、指揮官の特質に合わせて、主に決戦時に投入されるとどめの予備戦力として使われることが
多いから突撃戦法に特化した編成をしても問題ないが、他は基本何でも屋だからなぁ。

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 18:00:01.98
>>21
そもそもあいつ士官学校卒なのか?

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 18:12:58.32
>>24
門閥貴族だし、幼年学校→士官学校のコースは踏んでるだろう。
学んだことが身につくとかは別問題。特にこの世界では

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 18:48:26.24
>>25
さすがにそういう経歴だったら、外伝で予備役少将って身分じゃないと思うけどな
士官学校出てて軍役つかず予備役なら、単に貴族だから予備役少将の位もらってるより、酷い

27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:01:44.47
門閥出身で士官学校に行くのは家を継げない次男や三男とかじゃないかな。

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:07:25.78
>>27
欧州型のシステムだと、貴族は基本的に軍人だから、
門閥貴族は当主も士官学校出身じゃね?

というか、大学に関する記述が少ないので、高等教育がどういうシステムなのかはかなり謎だが

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:13:41.08
>>27
次男三男も軍隊に行かない奴は多いんじゃないのか
特権階級の大貴族は希望すれば徴兵を免除される可能性もある
まあ私設艦隊で適当にやってる奴もいるだろう

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:21:50.18
>>18
逃げるやつはうっちまえ、味方にうたれるよりマシだろう
と司令官のアナウンスが流れたら本気なるぐらいだからなあ。
オイゲンさんよくあんな連中の中にいて正気を保ってる。


31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:22:40.39
>>24
単位落とすことは絶対にないから卒業余裕だろ。

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:25:33.86
帝国は軍に力があるし箔付けで士官学校と言うのはありそう。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:31:02.39
そうだなあ、前線に出てる貴族多いし一応士官学校で教育は受けてるんじゃないかねぇ。
あんまり酷いの最前線に出して艦を預けるのはエーレンベルクだって嫌だろう

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:41:22.18
>>30
オイゲンさん外伝のときもビッテンと一緒だから後の参謀長や
副司令よりはるかに長い付き合いみたいだね。私も上の2人の
名前は覚えてないがオイゲンさんだけはすぐ出るもんねえ。

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:52:14.29
捕虜なってたケーフェンヒラー男爵は、何代目かの皇帝の名を冠した大学で
行政学を修めて内務省官吏なってるし、貴族だからって皆士官学校行ってないと思う
フォルゲン伯の四男カール・マチウスだって、貴族の子弟だけが通う大学行ってたし

大貴族の当主は、士官学校行ってもなくても、予備役の少将とかの地位もらえるんだろ

36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/14(土) 19:59:38.95
平民も理系学生は徴兵免除だし

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 00:04:04.48
艦船1隻に必ず軍医がいるのかな。徴兵されやすくて死にやすい職業だな……

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 00:09:28.03
メックリンガーに脅迫されてラインハルトに役立たずと言われた軍医達はかわいそう

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 00:12:39.25
理系といや、シャフト技術大将って
「指向性ゼッフル粒子開発以外は大した成果も上げず、悪い意味での政治力を用いて」
科学技術総監でい続けたことになってるけど

あの新技術がさっぱり生まれない時代にあれだけ使い道ある新技術開発したのって相当な功績じゃね?
汚職や賄賂は問題外だけど、ガイエス要塞ぶつけるのだって悪い手ではないし
ケンプが調子こかなきゃイゼルローン攻略にも一役買っていたわけで、末路があまりにも気の毒だと思う

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 00:16:31.08
>>37
冷凍保存、移植技術の発達があるから、簡単な外科、内科処置と切断技術だけ教えた簡易軍医を軍内で量産
しているんじゃねぇか。まともな医者がいるのは旗艦とか後方の病院船だけ。
現実の衛生兵だって、兵隊が簡単な処置だけ習わされて、後はとにかく後方へ送れってやってるわけだし。
正規の医者をあんなにボコボコ消耗してたら、社会がもたん。

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 00:22:34.77
>>40
駆逐艦なんかの軍医はそんな感じなんだろうねえ。
アニメオリジナルではまともな軍医がいたけど、
艦隊戦になれば駆逐艦は相当数沈みそうだからね。

42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 00:23:11.59
一般の医大より入りやすくて無料だけど数年の前線勤務が義務付けられる
軍医大があるのかもね。

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 00:24:07.68
>>39
その汚職や賄賂が問題だったんじゃね。

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 00:38:16.79
>>39
シャフトはあくまで組織の管理者であって直接技術開発に携わってたわけじゃないし
原作のニュアンスだとシャフトのために技術開発が停滞してたという感じになってる。

それに指向性ゼッフル粒子があの後に頻繁に使われたわけでもないし兵器としても
用兵側からしたらあまり重要なものではなかったのだろう。


45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 00:43:31.43
要はシャフトでなくとも出来る仕事をこなしてるだけであって
シャフトが必要な人材であるとする理由が一つもないって話なんだろうな
停滞を打破出来るだけの才覚があれば、多少の事には目を瞑るっしょ
多少の事じゃないかもだがw

46 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 01:23:09.66
でも長年そんな帝国とgdgdやってる同盟だって似たようなkzがそういう職に就いてたんだろうなあ

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 02:30:41.33
人間あんなモノだろ。逆にラインハルト陣営は潔癖すぎておかしい。
ストイックに人殺ししか興味ない集団とか嫌だ。
平民からのし上がってクーデターに成功して大帝国の建国の功臣になっても、
女も金も家にも興味が無く人殺ししたーいって連中なんだぞ。

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 03:37:52.20
>>47
>逆にラインハルト陣営は潔癖すぎておかしい
しかし、民衆というものは、こちらを支持する。だから、キレイ事や調子のいいこと言うポピュリズムというものが
成立している。

君の物言いもアンチじみていて( ´Д`)キモッ

49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 05:34:34.92
>>47
ラインハルト陣営で女っ気無いのはビッテンフェルトだけじゃね?

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 08:07:40.67
>>47
別にあいつら人殺しが趣味じゃないんだが?
警察や自衛隊は犯罪者って言ってるサヨ臭がしますよ、あなた。

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 08:09:09.77
>>49
ミュラー「・・・・」
レンネンカンプ「・・・・」
クナップシュタイン「・・・・」
グリルパルツァー「・・・・」
オスマン「・・・・」

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 08:13:38.06
>>40
スパスパ手足を切り落とすのは昔の外科医が肉屋とか呼ばれてたころをイメージしてるんだろうな。

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 08:15:57.95
>>47
女については当時の田中に女を書く技量がなかったせいなんたから
あまり突っ込むな。

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 08:16:34.08
俺は女っ気の無いキャラの二倍
女っ気のあるキャラをあげる事が出来るぞ!

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 08:55:57.11
>52
ちなみに、大航海時代の船医は船大工兼任だったりする

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 09:38:34.21
人間描写が銀英の魅力と謳い文句にしたいなら
女を描けない技量の時点で作品として終わってる
読む価値なし

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 09:55:35.78
ホアン・ルイはなぜフェードアウトさせられなければならなかったのか…

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 10:27:20.05
作者がうっかり忘れた説

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 10:47:17.83
>>55
ぼくらナポレオン戦争時代のを想像してたから船大工と軍医は専業だな。

60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 10:47:25.46
草刈りで捕まってなかったか?

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 10:49:21.38
>>47じゃないけど、腐敗の極みのゴールデンバームを倒すのは当然として
別に自由惑星同盟やフェザーンまで滅ぼす必要はないと思うけどな。
宇宙全てが一つの価値観で支配されるのは気味が悪し
ましてラインハルトの息子や孫が暴君と化したらその被害は甚大となる。

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 10:55:46.89
流血帝みたいのが出たら止められるやつはおらんな。

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 11:00:33.87
>>57
そこそこ小金もってそうだから、もう面倒な政治の世界はごめんだってとこだろうな。
興味もってたヤンも死んでしまったし、あの性格じゃハイネセン自治府でやっていくタイプじゃないし

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 11:19:06.61
>>60
捕まったのち消息不明。死亡が明記されてるのはパエッタやなんとか学長
だから生き延びたかな。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 11:25:31.04
>>63
査問会に興味本位で出席したり、他の委員に皮肉言ったり
伊達と酔狂のイゼルローン組と凄く仲良くやっていけそうな印象なんだが

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 11:33:21.27
>>65
硬直しきった旧体制を浄化したりくさしたりには向いてるけど、新しいものを作るのには向かない人だと思うなあ。

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 12:17:47.52
>新しいものを作るのには向かない人

なんかそういう描写ってあったっけ?

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 13:07:11.78
金髪息子が暴君だったとして、ヒルダとミッターマイヤーさえ
廃除したらやりたい放題だろな。
ビッテンフェルトとかなら下手すりゃ暴君に組するかもしれん。

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 13:10:24.01
アニメのスネ夫声に印象を引きずられてしまうが、普通に有能な政治家だと思うよ>ホワン
レベロだってあんな半占領状態で元首にならなければなあ

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 13:14:47.35
>>51
ミュラーは若いころ、手痛い失恋していたはず。
Mr.レンネンは(゚听)シラネ
オスマンって誰?

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 13:27:48.58
アンネローゼの膜は皇帝に破られちゃったんだろか?
それともあの時点ですでに年齢的に不能で、いたずらだけですんだ?

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 13:49:19.14
皇帝がアンネローゼを失うことを恐れて、子供を作らせなかったって記述があるし
やるにはやってたけど避妊に気を使いまくってたってことじゃないかな

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 13:59:25.52
子供産ませちゃ駄目なん?

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:07:25.03
子ども産んだら門閥貴族がブチ切れる。

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:12:21.72
他の寵妃に子供生ませてもみんな流産とか母親死亡とかなってたから
同じようにアンネローゼを失うのを恐れたって感じ

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:16:13.89
>>61
>気味が悪いし
大陸ひとつを統一するのに必死だった(今もそれを再現しようとしている)民族の歴史のパターンが下敷きなんだから
仕方がない。

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:21:22.45
アンネローゼの前のお気に入りだったB夫人が死産だったりで、妊娠=生命の危機な不安があった。
>>74のように政治的理由もあったろう。


78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:21:57.29
アンネローゼがマジで皇帝に惚れちゃったら金髪赤髪揃って涙目だな
算奪やめるように言われでもしたらと想像すると笑えるw

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:23:13.62
寵妃の安全も守れない皇帝ってどうなのよ。
まあそんなだから滅びたんだろうけど。

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:37:56.42
寵妃以前に歴代皇帝自体が結構暗殺されてただろ
貴族勢力の強いあの世界じゃしゃーない

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:39:20.88
皇帝がもうちょい長生きしてたら、ラインハルトやキルヒの残虐な一面が見れたかな?。

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:43:32.35
>>81
皇帝が生きていたらラインハルトは今は雌伏の時と割り切っていたと思う。
そのまま皇帝病で死んじゃってキルヒが夢を受け継ぐ展開となったかも。

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 14:52:39.06
逆じゃね?
皇帝死んだとき、俺が自らの手で殺してやりたかった的なこと言ってたし

ただ皇帝の方は皇帝の方で自分の代で帝国潰してやりたいと願ってたみたいだし
案外ラインハルト達の思いもかけない方法で自分と帝国を終わらせてた気もする

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 15:32:18.90
ラインハルトが何を基準にして、「立つべき時」を想定していたかわからないからな。
少なくとも、まだ雌伏期と考えていたら、ぽっくり逝っちゃったという感じではある。その後、準備不足みたいな
ことも出てないから、「あとは、チャンスを待つだけ」くらいに熟していたんだろうな。そのチャンスは皇帝の崩御
だったのが皮肉というか、ご都合感たっぷりw 
結局、ラインハルト側から反逆アクション起こす理由を作れなかったんだろうな―皇帝は内心やられる気満々
だから、皇帝からラインハルトを追い込む行動はない。対立構図はどうやってもラインハルト対門閥貴族にしか
ならんから、皇帝って物語的に倒される敵役でも何でもなくなってた。



85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 16:36:34.51
自分で皇家を絶やすつもりなのに最高の穴を出産でガバガバにする理由が無い

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 16:46:12.06
ラングってゴールデンバウム王朝の頃から秘密警察のトップだったよな?
よく平民出身でそこまで出世できたもんだ
国家権力使って大貴族の秘密集める部署の責任者が平民って相当だろ

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 16:56:21.15
貴族間の確執やしがらみと無縁の平民だからこそ
「○○家にやらせるよりマシ」と消去法で任せられる。
「平民ごとき、もしものときは貴族の威光で御せる」という侮りもあるでしょ。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 16:58:10.07
汚れ役と見なされていたかもしれないし、大貴族のしがらみなく捜査活動をするためかもしれないし、秘密警察の職務自体貴族向けではなく平民弾圧が主だったのかもしれない

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 17:06:57.84
犬に相応しい仕事と思われていたのか

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 17:25:08.24
貴族の粛清は貴族に対する粛清ルールというものがあるようだ。

同盟に情報を流していた将官の貴族は不審な死を遂げている。事件の詳細はわからず。
表だって反乱すれば当然鎮圧されるが帝国としては貴族の醜聞は帝国としての
権威の低下と恥となりかねないから裏で処理しているのだろう。噂話は密かに広まっているが。

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 17:35:18.07
>>90
そういや、昔の旧海軍で、フォークみたいな士官が何かで処分されて、
逆恨みで鎮守府長官の息子を誘拐して殺害したという事件があったそうな

で、その長官は冷静な判断ができかねるとして軍法会議の議長を辞退し、
中央もその言い分を認め、犯人を横浜に護送することになったんだが、
犯人は途中で「行方不明」になったというエピソードがある

これは精神疾患で犯人を罪に問えなくなることを懸念して内々に処理したのかもしれないが、
エリートたちが「身内の犯行」に対して手続きに則らない制裁を加えるというのは、洋の東西を問わずあることなのかもな

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 17:47:09.27
> 昔の旧海軍で

「昔の」はいらんだろw

93 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 19:00:54.24
後世の歴史家的に、この時代の最強用兵家はヤンって事になってるのかな?
早死にしたキルヒアイスとか評価あんまり高くなさそう…

94 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 19:29:33.93
誰それが強いなんて本書いたら馬鹿にされるだろうな・・・・・・

95 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 19:37:14.50
原作の最後に「伝説が終わり歴史が始まる」とあるから、後世の歴史家って
1万年ぐらい後なのでは?
銀英伝の時代は、後世の歴史家からみると、先史時代なんでしょ。

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 19:39:39.52
後世の歴史オタの間では熱く議論されるだろうな。

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 19:46:46.31
ミッターマイヤーやロイエンタールも当時代の優れた指揮官ってだけで
歴史的評価は大して高くないのかもしれん。
二人ともラインハルトの戦略に乗っかってただけとも言えるわけだしな。
ユリアンの方が後世で名前知られた存在だったりしてw。

98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 19:51:48.56
ミッターマイヤーはヒルダとともに帝国の基礎を築いた人物
になってるかも。

99 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 20:02:40.21
>>95
そんなに古くない。
「伝説」に時間スケールの意味はないぞ。
歴史として学術的に語るには資料検証が難しいくらい古い昔って程度のニュアンスだろう。

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 20:46:02.83
アッテンボローも本書いてたし、ちゃんと印税もらえたかな?

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 21:52:01.78
電子媒体のみで紙文化は廃れていたりして・・・。

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 22:11:23.36
人類はついに紙より優れた媒体を発明できなかった
とかなんとか黎明編にある

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 22:36:48.60
>>98
息子謀反起こしてそれを止められなかったら評価ガタ落ちだろうな。

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 22:38:06.76
あの時代、本や他のメディアの流通って、どうなってるんだろうな。

ヤンが古本屋に行ったことは書かれているが、そこで扱われているのは
惑星ハイネセンで出版された本だけなのか、それとも有名作家になると
同盟全土で同じ本が出版されるのか。

CD(あるいは何らかの音楽再生媒体)も、どうなんだろうか。
ヤンのハイネセン行きの艦内で、バーラト星系に入ってハイネセンの放送が
受信できるようになったとき、一般兵たちが音楽番組を見たがっていたから
少なくとも惑星ハイネセンで有名な歌手はイゼルローンでも人気だったろうと
推測はできるが。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 22:39:02.93
あの世界で、紙がポピュラーでなかったら、
ラインハルトがワインを染み込ませて戦法を説明するシーン、どうなったんだろう…

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 22:41:51.97
「何千年前に紙が発明されてから、それを超えるものは人類は発明できなかった」

ってヤンの独白みたいのがあったから、あの時代でも紙はポピュラーだよ

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 22:44:42.39
>>106
俺も「人類は1000年後も紙をメインに使っているだろう」と確信を持っていたんだが、
最近ちょっと怪しくなってきた。

紙が消えることはないだろうけど、かなりのマイナーポジションになってるかも。

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 22:59:23.67
宇宙時代だと紙の重量が問題になりそう。
公文書は基本的に電子化されてそう。

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/15(日) 23:06:02.91
>>107
どうなんだろうね?
確か90年代だったと思うけど
「IT」という言葉がもてはやされた時に「これからはペーパーレスの時代になる」と言われてた
でも結果は逆にオフィスの紙の消費量は増えたからなあ

ディスプレイが紙の代替手段にはなりえても、紙には紙の優位性があるからね
紙がマイナーポジになるとは、到底思えないなあ

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 04:58:51.26
ディスプレイにハンコ押せないだろ。

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 06:08:04.18
しょっぼいしょっぼいジョアン・レベロの精神的骨格はスッカスカwww

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 07:14:06.96
印刷屋さんが本業の俺はこの先どうなるか不安だ

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 08:44:25.03
>110
電子印鑑というものがあるのです

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 08:51:10.23
俺はコンピューターはんこシールを貼りたいんじゃないの。
朱肉のべったりついた木彫りのはんこを押したいの。

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 09:33:42.78
日本語で頼む

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 10:24:01.08
言いたいことは伝わる

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 12:20:01.24
>>102
それ人類じゃなくて田中が想像できなかっただけだろ。

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 12:40:33.80
LCDの解像度がプリンタ並みに上がれば取って代わるだろ。
まだ1桁以上紙のほうが有利。

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 15:33:18.59
コクランとかいう同盟軍至上最悪の戦犯かつ売国奴について

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 15:34:57.38
国乱

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 18:32:00.07
>でも結果は逆にオフィスの紙の消費量は増えたからなあ
これは一時的な現象だったでしょ

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 20:05:10.53
ランテマリオって行き当たりばったり過ぎじゃない?
ヤンがいないと純軍事的に極めて不利ってわかっているのなら、
訓示じゃなくて、民間人を保護しつつイゼルローンを放棄して、何月何日のどこに
合流するように命令すべきじゃないのか。
どうやら、民間人をおろす場所もハイネセンは用意していなかったみたいだし。
チュン・ウー・チェンが無能すぎる。

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 20:11:03.81
無能が指示するより行き当たりばったりの方がマシなんだろ

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 20:24:04.70
行き当たりばったりじゃなくて臨機応変の極意と言いたまえよ。

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 20:24:15.20
ロイエンタールの目を盗むタイミングもあっただろうし、期日の指定までは困難じゃないか
まあ民間人をイゼルローン艦隊から受け取る輸送船団を派遣するくらいのことはしても良かったかも
いくら新造艦からボロ船までかき集めたといっても、民間船をはじめ輸送船くらいは残ってただろうし


126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 20:26:06.77
戦争と言うのは相手がいて、自分の都合だけで決定できることあまりないんだよ。特に防衛側は
帝国軍に対する遅滞行動がとれないから、進軍が早い。それに対して、同盟軍は早期の迎撃が必要だった。
ヤンがイゼルローンを放棄するタイミングは、帝国軍の妨害があるからいつまでとか設定できない。
ヤンが合流しても戦力が限られるからできるだけ引きつけて決戦したいが、戦場に設定できる星域とか考える
とそうそう引きつけられない。防衛線を引くにも限界がある。
ヤンとの合流を待っていたら、そのラインを越えられてしまう。
―仕方ないからヤン抜きやるしかないと、決定されたのがランテマリオン。

全部、書いてあることだろ。

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 20:27:10.97
>>126
そんなんだから負けたんだよ

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 20:28:25.02
>>127
そんなんだから以前に、この時点で戦略的には詰んでるから。

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 20:48:21.27
ランテマリオまでは全軍まとめて進軍してるのに、
ヤンが登場したとたん勝手にバラけて各個撃破されていって
最後にはボスまで大ピンチに陥った帝国のバカさに比べたらたいした事無い。

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 22:17:38.70
>>129
あの場面で帝国がまとまってたらヤンに勝ち目なし同盟完全終了してたな

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 22:43:40.97
>>130
同盟が終了してもヤンという不穏分子を炙りだせなきゃ意味がないと帝国軍は考えてただろ

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 22:52:41.33
>>131
しかしあれはどう考えてもそういう理屈をつけて私闘に走った結果だろ

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 22:59:30.45
バーラト星系を制圧→帝国軍引き上げ→ヤン艦隊登場→バーラト星系奪還
っていう流れになったら困るっていう話だったけど、
ハイネセン制圧後にヤンを出頭させるとか、それで出てこなくてもヤンを倒すまでは
数個艦隊ハイネセンに常駐させるとかいくらでもやりようはあるからな。
ラインハルト自身が囮になっておびき寄せるっていう策は一番リスキー

まあでもリスキーでも何でも勝てばいいわけで、ラインハルトは窮地に陥ったけど結局
帝国軍は勝ったんだから成功したとも言える。

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 23:50:35.06
卿の作戦を是とする。またなにかあったら余が考えよう

俺ならだったらお前が考えろよって気になってやる気なくする
たいしたもんだロイエンタールは

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 23:52:33.30
職務やし

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/16(月) 23:54:33.73
>>134
それに関してはうちの上司も似たようなこと言うが、それに対してやる気なくすことは無いなあ


137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 00:02:33.32
ヤンがコーヒーにブランデーは合わないとか言ってたけど、
角砂糖にブランデー染み込ませてコーヒーに入れたらカフェ・ロワイヤル、
コーヒーにアップルブランデーと生クリーム入れたらノルマンディ・コーヒー、
他にもカフェ・グロリア、カフェ・ブリュロー、ショコアテペック、サルマ等々
コーヒーとブランデーを使った飲み方は色々あるよな。
宇宙暦の時代には廃れてしまったのか。
それとも、それらの飲み方が単にヤンの好みに合わなかっただけ?

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 00:04:16.67
紅茶党のヤンの言だから後者じゃね。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 00:04:34.73
入れ方がほとんどブランデーとかメチャクチャやるし

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 00:04:52.21
それ以前に、コーヒーにカルヴァドス(アップルブランデー)入れただけのものが
既にカフェ・カルヴァという飲み物だ。

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 00:12:50.52
>>137
コーヒーそのものを毛嫌いして偏見垂れ流しているほどの人間には無意味だな。


142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 00:58:05.73
ヤン「高貴たるブランデーに泥水を混ぜるなんて許せない」

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 03:21:18.54
紅茶党って単にコーヒー飲めないだけの人多いよね

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 04:57:28.61
>>133
まったくそのとうりで。ようはラインハルトがヤンと
同兵力で戦いたかったって点につきるね。
ヒルダが言ってたような政府降伏させてヤンに停戦、出頭
命令出させるってのは受け入れがたかったみたいで。
ミッタマイヤーは当初(及び実際に実行する前)はこの案
は、ヤンが従わないのではと否定的だったし、他の提督も
似たような感じだったみたいだね。ヤンのおびき出しに
こだわってたからね。

145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 05:01:43.05
>>142
 ヤンの考えではコーヒーとコーラが文明を退廃させ
紅茶と酒はその逆だそうですね。
 コーラには私は同意かな。
>>143
好き嫌いってのはそういうもんじゃないの。

146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 06:06:37.46
>>132
ヘルベルト大公がアップを始めました。

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 09:25:33.26
近接戦闘のプロフェッショナルたるべき皇帝親衛隊、それもその隊長たるべき者が
同盟軍のエースとはいえ一介のパイロットと相打ちとはいかがなものか?
更迭すべきでありましょう

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 09:29:37.00
ポプランは反則技で両者退場が得意技だからしょうがないな
フライングボールの試合でそうだっただろ

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 09:53:50.52
>>147
ポプランは正規軍だったときから、中佐にしかすぎないのに
上層部とのコネかなんかで常に司令部に出入りし、あまつさ
え停戦をめぐる幹部会議に出席し発言までするふとどきもの
ですよ。まして同盟崩壊後、イレギュラーズとなってからは
完全に幹部ですからねえ。とても一介のパイロットとはいえ
んでしょう。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 10:27:17.13
>>143
飲んだ後の口臭がダメ。コーヒー飲んだ後の女とキスなんてできない。


151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 10:28:40.28
ポプランは普通にイゼルローンの防空責任者だろう

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 10:40:53.18
>>145
>ヤンの考えではコーヒーとコーラが文明を退廃させ

うん?
ヤンがこんなこと言ってる描写あったっけ?
特に銀英伝で「コーラ」が出てきた記憶がないんだけど

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 11:00:38.32
>>149
幹部会議のメンバー自体おかしいんだよ。
他にも、陸戦隊の連隊長でしかないリンツ大佐とか
メルカッツの副官のシュナイダーとか・・・・・。

>>151
ポプランは、スパルタニアンの大隊長じゃないのか?
防空責任者なら出撃はしないだろう。


154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 11:36:46.89
>>153
ポプランは100機程度率いてるみたいだね。イゼルローン
全体では1000機以上はいるはずだから全体の責任者ってこ
とはないよね。
まあ、会議に副官が同席するのはあるかもしれないけど
トップが大将の幹部会議に通常は佐官は出ないよねえ。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 11:48:21.63
航空団の司令みたいなのがいないし、首席の飛行隊長がでるのはアリだろう
っていうか空軍基地、空母なら当然。
WW2の作戦会議でも普通に副官でるし、最終防衛ラインの陸戦隊の隊長だって会議にゃ必要。階級の問題でなく役割の問題

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 12:19:14.62
>>155
>航空団の司令みたいなのがいないし
それがおかしいって話だろ。

前に話題になった時には、スパルタニアンは要塞所属ではなく、駐留艦隊の運用能力のある各艦に属するもの
だから……みたいな意見があったが、それだと艦載機乗りの立場もっと低く、やっぱりあのような会議に出る
筋合いはなくなる。


157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 12:24:20.23
>>156
要塞の規模や艦隊の規模考えたらねえ。この世界はなぜか
艦載機少ないから、佐官で最高責任者みたいになってるけ
ど、かたや要塞数百万人、艦隊も1万隻以上の世界で
たかだか艦載機100機程度の指揮官が最高会議に出るのは
変と思う。艦載機が1000機単位であるならそれ相応の将官
が責任者のはずだしねえ。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 12:36:25.10
米軍の空母艦載機部隊の司令は大佐だな

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 12:42:30.01
艦載機を持っているのが巡洋艦以上、平均5機運用。で、巡洋艦以上が艦隊の3割くらいとして―1000機単位
どころか、ひと艦隊ざっと20000機はいることになるわけで。分艦隊レベルで航空参謀がいなきゃとても統率で
きないだろうな。
まあ、そんなにいるようにも見えないがw

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 12:49:32.60
いないもんは仕方ないw

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 13:08:00.77
バーミリオンだと同盟160機、帝国180機しか艦載機いないんだよね
中将のケンプが空戦隊に口出ししたり、銀英では専門の将官置くほど重視されてないという扱いなんかね

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 13:24:33.79
そういやアブサン、ドイツジン、アップルパイ、でポプランと4つぐらい飛行隊あるみたいだね

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 14:55:56.19
ポプランが防空責任者とか幹部会議に出席してるとかはあまり関係ない

問題は喧嘩レベルでしか格闘をこなしていない人間に
誰よりもそれをマスターしていなければならない親衛隊隊長が相打ちになってしまったこと

ていうかそれ以前にあっさりユリアンを通してしまったのはどうなんよ
いくら1対2で、カイザーも黙示的に会ってもいいよ的なこと思っていても
警護責任者としてあれはアカンでしょ

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 15:16:23.28
>>163
>誰よりもそれをマスターしていなければならない親衛隊隊長
高レベルであるべきだが、そこまでのことはない。隊長が最強でなければならないって厨にすぎるぞ。
親衛隊の役割が護衛であるのなら、求められることはまず「盾」になることで、襲撃者を撃滅することではない。

「盾」になれてないって意味では、指摘の通りアカンわね。
ポプランの相手なんか、部下数人に任せるか、自分がタイマンしても部下はラインハルトに貼り付けておくべき
だわな。部下を使うのが隊長の仕事だ。
つか、いつも一人じゃね? キスリング 親衛隊って実は組織として存在していなかったりしてw


165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 15:26:57.29
「最高権力者の私兵」が存在するというのは
「一般軍も国民も信用していません」という事だから、
ラインハルトは無くす方向でリストラしてる最中だったんでしょ。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 15:31:21.09
なくす気ならわざわざ親衛隊長なんて肩書きつくらんだろ
護衛官あたりで十分
そもそも親衛隊は私兵じゃあるまい、憲兵隊か内務省の一組織じゃないか

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 15:46:57.02
ヤンに負けかけた時に強引にラインハルトを脱出させようとしてたけど。
マジで実行してたなら返り討ちにあった可能性高いって事だなw

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 16:00:18.73
ラインハルトってそんなに強いのか?

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 16:22:18.34
>>159
実際のとこ1万隻の艦隊で多くて2000機程度だからねえ。
搭載能力は空母なんてのもいるくらいだから数万規模に
なるように思える。出撃前にクジかなんかで艦載機割り振る
んだろうか。で、外れた艦は空母でも艦載機無しで砲艦とし
て出撃すると。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 16:29:05.23
>>168
外伝でリューネブルクと私闘しそうになったとき
本人は勝つ気まんまんだったみたいだけどねえ。
あれやっぱり負けるよねえ。あくまで提督の中では
強い方で、専門家の陸戦隊や親衛隊よりは劣ると
見るべきでは。確かにキスリングはやや怪しいけど
キスリングってもしや音立てずに歩けるだけとか?
ウルバシー?とかでも役に立ってなかったような。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 16:32:06.27
つか、あらためてキルヒがチート過ぎる…

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 16:44:26.29
>アブサン、ドイツジン、アップルパイ
こんなんあったっけ?つかドイツジン???


173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 16:49:08.87
キスリングは口が堅いのが武器

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 18:41:58.39
>>170
個人戦闘力だと、最強クラスがオフレッサー、シェーンコップ、キルヒアイスあたりで、
ラインハルトはその一段下の双璧、ローゼン幹部、ユリアンとかの列にいる気がする
あくまで印象論だが

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 18:44:26.20
親衛隊長なら、個人戦闘の強さより指揮能力と忠誠心が重要だと思うんだが

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 18:47:17.68
>>175
まあ、オフレッサーなんかでも公式の移動のときはいちおう護衛がついてだだろうしな

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 18:51:51.47
>>176
忠誠心は口の堅さ等、申し分ないと思うし、個人監視力?とかも
すぐれてると思うが、指揮能力は疑問 というより部下の親衛隊員
指揮してる場面なかったような。部下もせいぜい10数人の印象だな
あ。やはり隊長というより専属SPだね。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 19:35:40.21
>>145>>152
横レスになるが、俺も「コーラ」が出てきて意外だった記憶があったので調べてきた。

外伝I・星を砕く者 第八章・II トクマノベルズ版だと165P
>「人類が酒とお茶だけを飲んでいたとき、文明は健全だった。
> コーヒーとかコーラとか、泥水色のものを飲みはじめて、頽廃と堕落が始まったのだ」
と、ラップに語るシーンがあった。

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 19:58:09.92
>>175
まあ作中最強である必要なんかはないが、それでも空戦要員なんかとトントンではイカンでしょ

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 20:01:34.02
パイロットはむきむきに鍛えてるからなあ
隊長のキスリングは戦技訓練なんかしてる暇少ないだろうし

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 20:08:30.61
>>178
ムスリム涙目だな。

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 20:57:40.72
>>168

少なくとも幼年学校時点では強かったのは確実

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 21:19:21.89
>>178
厨すぎるww

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 21:53:30.11
>>178
イギリス人の紅茶好きは、コーヒーの代換物として飲み始めたのがキッカケだがなぁ。
まあ、大英帝国を作りましたが―なるほど、紅茶を飲んで帝国主義になろう、と。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 22:36:49.51
>>184
米国は茶の件で本国と衝突してコーヒー主流になったんでした
ねえ。

186 :152:2012/01/17(火) 22:45:34.05
>>178
おお、サンキュー
こちらでも確認したけど、確かに言ってる
「コーラ」の単語が出てくるのって、本当にここだけじゃないかな?w

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 22:50:12.51
>>178
補足ありがとう。私の記憶でもコーラはここだけかなあ。
酒と料理はわりと出てくるけど飲料は、未来的雰囲気な
もの以外はコーヒーと紅茶がほとんどだね。

188 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 22:53:57.47
近世オスマン帝国でも近代大英帝国でも、コーヒーハウスと言えばインテリ達の情報交換の場だぜ。
まあ、ヤン独特の冗談なんだろうけどさ。

189 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 22:56:27.96
ヤ ン「人類が酒とお茶だけを飲んでいたとき、文明は健全だった。コーヒーとかコーラとか、泥水色のものを飲みはじめて、頽廃と堕落が始まったんだ」
ラップ「そうか、いずれ論文にしてくれ。吟味熟読したい」

このやりとりが、いかにも銀英伝っぽくて好きだw

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 23:00:04.04
フランス文学史でもいろんな派閥の文人が集ったカフェでの情報交換は非常に重要だったなあ

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 23:01:45.09
現代日本だと、喫煙室がその役割を担っているのかな?
タバコ嫌いな俺にはクソくらえな文化だけどw


192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 23:01:59.59
ポプランについてだが、最前線の状況を司令部が把握するために、
各分野の首席クラスの中級指揮官を作戦会議に出席させて意見を求めている、という補完はどうだろ。

ポプラン以外にも重要なポジションの戦艦の艦長とか、補給関連の重要部署の佐官クラスとか、
要塞の主砲の整備取り扱ってる技術系佐官とか、
目立ってないだけで地味に出席してるのかもしれん。

あれだけでかい組織で階級でメンバー選ぶと艦隊司令と幕僚に偏りすぎて、他分野がおろそかになりそうだ。


193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 23:29:34.43
キルヒアイスが死んだ時、あの金髪姉弟はキルヒの両親に面会謝罪したんだろか?

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 23:36:37.69
成功したからいい物の、貴族連合に負けていたら、両親も連座で処刑だったな。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/17(火) 23:54:43.84
>>192
司令クラスの戦略情報交換・意思統一のための会議だから、そこまで末端の情報は要らない。末端の専門意
見なぞ、そのまま聞いても司令部クラスにはピンポントすぎて役に立たんよ。
末端から生の情報資料を吸い上げて情報としてまとめて、さらに上に上げるために情報分析官とかが部門参謀
の中にいるわけでね。

>要塞の主砲の整備取り扱ってる技術系佐官とか、
要塞砲に「深刻な問題」が生じ、司令部クラスの判断が必要な場合、「深刻な問題」の技術的な解説をするため
に呼ばれることはあるだろうね。

帝国側にポプランポジのキャラがいないからわかりにくいが、ラインハルトの御前会議で提督連中が並んでいる
中に佐官が当たり前にいたらヘンだろ?


196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 00:06:30.05
>>193
謝罪したかどうかは知らないけど、ラインハルトが好きに文字刻んだ墓といい
両親が全く葬式の主導権がなかったみたいだな
まぁ死んだ時点かなり高官だったから、国葬だったんだろうけど
ラインハルトが好きにやったみたいだ

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 00:20:44.63
>>195
WW2の大本営会議でも作戦課長とか佐官級出席してるし、ドイツもヒトラーの作戦会議にゃ副官も佐官もたくさん出席しとるが

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 00:28:36.00
重役級の会議に係長が出席するか?

まあおまえらの会社はそうかもしれんが

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 00:39:18.48
必要なら呼ぶ、不要なら呼ばない、馬鹿じゃねコイツw

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 00:53:16.95
>>199
で終わってたwww

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 01:07:32.35
参謀的能力にも優れたヤンが参謀長として敢えてムライを迎えたのは
同盟一(?)の堅物から常識的意見を聞くためだったという。

と考えると、非常識的意見が聞きたくて敢えてポプランを会議に呼んで
積極的に発言させていたという、「会議好きのヤン提督」の方針だったとか。

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 01:13:02.12
>>187
ユリアンがシャルロット・フィリス達と飲んでたアップルサイダー、
幼少期のラインハルト達が飲んでたホットチョコレート、
あと、どこかでホットミルクが出てきたような気がする。
非アルコール飲料はこの程度か。

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 01:38:49.70
「マインカイザー・・・ミッターマイヤー・・・ジーク・・・シ・・・」

「宇宙を、手に入れたら・・・みんなで・・・・」


原作読んでなくてすいませんが
このあとはなんて続くことが想定されてるんでしょうか?

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 01:48:16.45
あの時代で歴史教科書に載るレベルなのはラインハルト、ヤン、ユリアンくらいかな?
帝国の名将達も軍オタくらいにしか知られてなさそう。

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 02:31:18.18
高等教育以上だと、200年後ぐらいまでなら
フリードリヒ4世、エルウィン・ヨーゼフ2世、カザリン・ケートヘン
リヒテンラーデ公、ブラウンシュバイク公、リッテンハイム侯
ヒルダ、アレク大公、ロイエンタール、フレデリカ
サンフォード、トリューニヒト、レベロ、総大主教
あたりは鉄板じゃね
ミッターマイヤー、マリーンドルフ伯、ルビンスキー、ド・ヴィリエ辺りも可能性としてはある感じ

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 02:57:22.25
>>203
それは一人一人がそれぞれ好きに想像して楽しむ部分だろ

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 07:24:56.26
>>204
一般人から見ると、ナポレオンの部下の元帥ズみたいな感じかもねえ

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 07:57:48.44
>>202
ヒルダの酔いざましのアップルジュース。
なんか美味そうな感じがする。

209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 12:32:53.69
新帝国の歴史教科書でヤンはヤン自身語っていたけど、
統一を邪魔した悪者とかかれるのかな?

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 13:00:26.27
歴史学者の著書ならともかく、「歴史教科書」だったら、事実を並べるだけで
どっちが悪者とかは書かないんじゃね。
今の世界史教科書だって、ヒトラーがやったことは書いてあるだろうけど
だから彼が悪者だ、とは書いていないだろ。

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 14:06:06.12
>>210
>歴史学者の著書ならともかく、「歴史教科書」だったら、事実を並べるだけで
>どっちが悪者とかは書かないんじゃね。
そんな歴史学者はトンデモさんくらいだw
専門家としての学術書としてなら、なおさら「どっちが悪者」なんて価値観は混ぜないよ。世俗の価値観を基準
にしないというのが「学問」だ。
>だから彼が悪者だ、とは書いていないだろ。
一方的視点でのみ解説して、向こう側の違法性などは示しても、こちら側の問題はスルーという形でできるよ。
学校教育って、その国・民族の価値観を教える面もあるから、ガチの客観性なんかないよ。どこもそれなりに
偏っている。


212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 14:12:59.23
お隣の国なんて、偏るどころか捏造がデフォだけどなw
そのお陰で国民は正しい歴史どころか、自分の国の大きさが分からないというお粗末な状態

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 15:10:21.72
まーた政治のお話にもっていこうとする馬鹿が

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 15:21:27.53
おっと、創竜伝の作者を馬鹿呼ばわりするのはそこまでだ。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 16:23:53.57
創竜伝も作者本人の話もスレチだとおも

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 16:48:06.81
なんだかんだでやっぱ民主主義が一番ベストな政体なんだし
それを守り通したヤンが悪く言われる分けはないと思うけどな。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 18:19:39.16
>>212
原爆投下を正当化するお隣の国にこびへつらうわが国もなかなか…

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 19:18:00.33
70年近くそれでずっと上手くやってこれたんだから、
これからもずうっとそれでやってけるんだお♪スキップスキップオハナバタケデルンラルンラ

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 19:22:40.21
強い金持ちには媚びるに限るだろ。ケンカ売って失敗したんだぞ。

220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 19:40:25.71
その通りアル。お前なかなか卑屈で見どころあるポコペンな。哄哄哄

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 19:45:24.05
>>220
アンタ、信用できんし……

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 20:12:58.99
白人様なら信用できるという理屈がわからんw

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 20:41:27.65
0か100かみたいな話じゃないよ?
大陸や半島は信用レベルが低い。自業自得
まあ、そんなに差があるわけでもないがなw




224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 20:59:53.63
で、どこが銀河英雄伝説 素朴な疑問なの?

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:02:54.34
銀英伝を読んだ後の子供は基本サヨにカブれるはずなのにネトウヨばっかり現れるのはなぜですか?

226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:05:57.65
自作自演だから

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:07:39.91
NGワードあぼ〜ん
だらけだw

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:08:22.97
銀英伝や創竜伝でサヨにかぶれる

2ちゃんでウヨにかぶれる ←「いまここ」の子供が多いんだろ

どこかに落ちつく

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:13:51.06
ヤンはテロを否定していたが、退役した後武力をもってイゼルローン要塞を占拠して
あーやこーやするのってテロって言わないの?

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:17:03.59
>>229
ヤンの感覚では、地球教徒が「我は地球教の陣営なり」と旗幟を鮮明にした上で襲い掛かってくれば、
それはテロではないとみなしそう

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:38:26.07
地球教がテロじゃなくて合法路線を選んでいたら
地球教平和党とかが生まれていたかな。

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:41:01.34
表では合法的にフェザーンというものを作って経済の面から合法的に
同盟と帝国を支配しようとしてたが

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:41:37.88
>>229
それはテロではなくゲリラだからおk

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:44:17.72
ヤン救出のときも一般の同盟軍兵士結構殺っちゃってるし
脅しとはいえ「同盟軍兵士と名乗って市民巻き込んだ市街戦やっちゃうよ♪」とか言ってるからな

なんだかんだ言ってヤン陣営も汚い手使ってる

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 21:58:11.26
国家の大事の前には巻き込まれる一市民などどうでもよかろうなのだ

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 22:09:11.70
レベロ「そやそや」

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 22:25:59.58
自己犠牲を強いるレベロを批判的に描写しているからな。
この件は客観的にレベロが招いたものというのが妥当だろ。

まあ最大の黒幕はヤンを迫害するようレンネンに仕向けた義眼なんだが。

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 22:36:58.96
ヤンを監視しろって命令自体は非難されるものではないしなぁ
ロイエンタールもムライを監視するようにいってたし
どこが悪かったっていうとなかなか難しい所ではあるなぁ

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 22:41:24.21
>>229
エル・ファシル政府に属する軍隊となっていた&後方の市民を狙う作戦はしてないから、ギリギリ踏みとどまって
いた。そういうことにしてくれ―と、ヤン本人は思っているだろうw 実態はアフガン時代のアルカイダとたいして
変わらない。
帝国からすれば、長年叛乱勢力=テロリスト視していて、滅亡の時に叛徒から国と格上げやった集団の分派・
残党にすぎん=今までの延長のようなモンで認識を変える必要もない。

結局、あえてテロリスト呼ばわりする者が存在してなかっただけの話。


240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 23:49:10.74
ラインハルトの最終学歴って中卒?

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 23:52:37.64
は?

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 23:53:07.83
幼年学校卒

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/18(水) 23:59:50.57
>>228
>銀英伝や創竜伝でサヨにかぶれる
そんな奴見たことねーよww

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 01:04:33.38
銀英伝の隅をつついてアタマいいつもりになってるのはお子様だけかと思ったらもう10年以上続けているってのがなんともはやw

素朴ってのはべつに褒め言葉じゃねえぞ、つか素朴が良いことってのはもともと左翼的価値観だしな、素朴な民衆の叡智www

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 01:13:38.01
ジジイ発狂wwwwwwwwwwwww

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 04:07:07.05
>>229
アッテンボローの言葉を借りれば、革命戦争なのでOK

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 07:24:55.78
>>202>>208
「ミンツ君、レモネードをお飲み」
とコーネフがユリアンに勧めてたと思ったが外伝だったっけか?

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 07:30:19.92
>>203
前者は「ジークカイザー、たとえ死すとも」と言ったとか「ジークフリード・キルヒアイスが死んでから・・・」と続くのだという説が作品世界にはある
後者は特に語られなかった


249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 09:44:23.97
>>248
正直、どっちも苦しいと思うわw
「マインカイザー・・・ミッターマイヤー・・・」まではいいが、「ジーク…」で混乱するな。ここでキルヒアイスの名が
フルネームで出てくる意味がわからん。

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 11:05:01.90
えーと、この物語って最終的にハイネセンと
その周辺惑星の自治をユリアンらが勝ち取って
代わりにイゼルローンを帝国に返却だったよね?
結局、体制的には物語最初の頃に戻ったようなもんか?

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 11:12:53.22
>250
(おそらくは)数十の星系を版図としていた自由惑星同盟が
たった一つの惑星ハイネセンだけになって何とか残っている状態ですよ?

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 11:16:06.07
次のアレクの意向次第で自治政府はあっさりアボンか…

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 11:34:02.28
ラインハルトが認めた物だからそう簡単につぶされることはないと思うが。

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 11:42:24.38
ラインハルトに変に対抗心持ってたらヤバイ。
先代が出来なかった事を成し遂げる的な。
オベールが生きてたらアレクたきつけて確実に潰したろうけど。

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 11:43:45.63
遺族への補償、賠償金、同盟時代の借金押し付けられて利子払うだけで精一杯、半永久的に日の目見ることないからな
帝国が徐々に帝政から議会制導入し始めたら、いずれ併合を自ら求めるんじゃ

256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 11:48:36.30
自治領なんて名ばかりでいくらでも骨抜きにできそうだな。

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 11:50:02.12
>>255
>遺族への補償、賠償金、同盟時代の借金
この辺って語られてたっけ。
借金を受け継ぐならその他の資産も受け継ぐからやりようはありそう。
てかあくまで「自治区」だから帝国の一部であって独立国ではない。

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 12:00:31.41
現実のチベット並に帝国民優遇政策を強いられたりしてな。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 12:02:30.85
中国の自治区ならともかく、自治領なんて実質的な独立国が歴史上多いが

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 12:06:24.54
現実のチベット見せられるとどうしてもな…

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 12:06:47.76
分割して統治せよ(キリッ

262 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 12:10:23.23
チベットを想像するから駄目で、台湾を想像すればいいのかも?

263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 12:17:08.51
自治区のハイネセンは消費が生産より遥かに多く食料などは輸入に頼る事になるとかなんとかあったから
実質的に外国扱いだな。。関税もかけ放題で軍も解体されてるし、周辺星域が復興して経済格差ついて
ハイネセンが田舎惑星に成り果てたら移民の自由はあるのだろうか

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 12:24:12.84
>>263
そこまでやると新領土というか帝国全体の経済が悪化するんじゃないか。
旧同盟領の経済の中心なわけだし。

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 12:36:48.10
フェザーンからの投資が無くなった時点でハイネセン経済はもう終わりだと思う
需要は旧帝国領が活性化してるし、新領土の中心惑星は帝国本国が結局、新たに開拓、投資しなくちゃならないんだし

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 12:46:14.55
文化や学問の為の大学都市みたいな雰囲気の星になるかな。>ハイネセン


267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 13:01:53.53
戦国時代の京みたいなかんじだな。

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 13:59:02.30
それなんてファウンデーション?

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 14:30:31.10
民主主義信奉者の田中にしては自治政府の将来は絶望的なんだな。

270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 15:02:18.42
そんなことはないだろ。アレクが成人する頃には
皇帝なんてお飾りで実質的な民主主義国家になってるはず。

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 15:07:43.57
君臨すれど統治せず(キリッは立憲君主制でねの。

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 15:50:54.32
>>270
500年絶対王政だったのに20年そこらで民主主義に転換出来るのだろうか?
無理やりやったら選挙のノウハウ持ってる旧同盟出身者大勝利だなww

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 16:06:18.21
>>270
んな簡単にくら替えすんならヤンの努力は…

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 16:37:20.11
ラインハルトが死んだ後は
門閥貴族の残党
旧同盟の残党
フェザーンの残党
同盟消滅したから軍縮もしなきゃいけない
大まかだけどこんだけ不安要因が有るから数年で群雄割拠戦国時代突入かね?
おそらくラインハルト死後テロ暗殺が横行しまくったろうな

憲兵・フェザーンの治安握ってるケスラーがテロで死んだら大変な事になるな

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 16:46:10.03
ヤン一派はさっさとラインハルト旗下に入って
帝国を民主制に移行させる努力をすべきだったかもな。
権力相続に不快感もってたラインハルトなら聞く耳持ったろうしな。

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 17:02:10.42
ラインハルトと対話を持つ条件として、立派に戦うことがあったんじゃね?
そういう設定を無視するの?

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 17:10:45.20
ヤンの戦いは不十分だと?

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 17:35:05.86
ヤンが生きてりゃ対話できただろうが。しようとした所で暗殺されたからな
評価されてたのはあくまでもヤン個人だから、ヤンがいなけりゃ対話もできん

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 17:46:31.42
対話つか、とりあえず配下に収まって、帝国内部からの改革をするべきって意見でしょ?
まあどのみちオベールとの抗争は避けられないだろうが…。

280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 17:52:06.84
>>272
そこは日本と同じだって。わりと普通に500年以上は続いてたんだから
日本と同じようになるってことで日本っていい国だよなっていうそんなメッセージでしょ
権力は名目であっても板挟み状態になってるのが比較的良好だと言えるし

象徴天皇制は敗戦が絡んでるので行きすぎの感もあるにはあるけど
方便としては実によくできた考え方だよ
歴史的な皇帝の功績を讃えつつ、実権は民衆に委ねるという形式は
銀英伝の先にあるシナリオとしては妥当すぎるでしょう
それが今の日本のような問題を抱えるものだったとしても、それはまた別の話なので

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 17:57:03.83
そもそもラインハルト自体がグルック次官の辞表を受理しなかった時に
国家が安定した暁にはグルックのような堅実さこそが望ましい
と事業の徹底した民営化にも言及している

同時にヒルダが「陛下は新帝国そのものも同様に考えているのでは?」と考えたように
シナリオ上でもけっこうその伏線は明確に出来上がっている

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:05:40.94
帝国があっさり民主制に移行したならヤンの頑張りはなんだったんだ…

283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:09:18.77
なんか頑張ってたっけ?w

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:14:38.98
「みんしゅしゅぎだからー」「いちぐんじんだからー」
と自分の立場に甘えながら課せられた義務以上の事は何一つしようともせずに、
大好きな戦争ゲームで遊んでいただけだよねw

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:15:29.55
あっさり移っても、そこは民主主義残した成果って、なりはしないか?
ヤン大勝利じゃん

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:19:51.00
どう考えても戦争ゲームで遊んでたのはラインハルト。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:39:48.98
>>274
七元帥とヒルダ健在の間は大丈夫じゃね?
それで30年耐えれば、今度はアレクが一人前になるし

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:46:20.26
七元帥の間で争いとか起きないのか?

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:47:00.06
30年たって七元帥が逝き、ヒルダが老いさらばえたところで
フェリックス・ロイエンタールの乱

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:47:36.75
旧貴族は貧乏人だらけだし旧同盟は反抗の指導者になる人材がいなさそう。
フェザーン人は首都になって人も増えるしでむしろ帝国に感謝してるんじゃね?
地球今教はもういないわけだし。

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:48:25.18
実力とカリスマのあるのが、ミッターマイヤー以外にいないから分裂しようがない。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:49:59.05
アレクが暴君化してヒルダを軟禁、ミッターマイヤーを暗殺する可能性。
やっぱ帝国がゴタゴタしないとハイネセン自治政の存在意義ないし。

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:51:52.82
>>282
ヤンは立憲君主制も本当は嫌だっていう立場だからなあ
社会が民主主義で始まり民主主義で終わることだけが至高の価値を持つと思い込んでいる
あるいみ潔癖が酷すぎる

でも第三期あたりから明確に妥協する気にはなってたけどね

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 18:53:13.01
その妥協してもいいよっていう遺志がユリアンに引き継がれた

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:03:50.75
なんにせよハイネセン自治政府の存在意義の無くなるような展開は作者も望んでなかろう。
ミッターマイヤー養子の最後の描写も帝国内乱の可能性を示唆したものだろうし。

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:12:22.52
まー発言力がどうやったらありえるのか、続編は有り得ないけどやったら描写するのは難しいな
10巻で軍は解体されてる描写あるし
2巻のクーデターの所で生産より消費が激しくて干上がるのも近いという話もあったし、輸出入が明らかに不均衡で
税収も首都としての投資も外部からの投資も無くなってフェザーン資本も引き上げが始まったら

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:19:47.47
帝国からの援助がないと餓死者が続出するレベル

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:20:33.06
>>289
30年後でも七元帥は50~60代
まだまだメルカッツ級の働きができる
ヒルダも50代前半だから、政治家としてはむしろピークじゃね?

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:23:06.54
帝国勝たせすぎたよな〜
物語中盤以降はラインハルト打倒の可能性自体実質無理になっちゃて。

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:24:13.64
>>299
ウランフ生かしといても良かったかもなあ

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:28:50.09
アップルトンが生きてればなあ

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:32:30.44
なんで1巻はあんな駆け足にしたんだろうな

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:33:09.49
ムーアが生きてればなあ

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:33:20.31
トリューニヒトが生きていればなあ。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:34:13.89
>>299
第1巻で同盟ボロボロにしすぎたよな
帝国と同盟の間で戦力に偏りが出すぎて同盟詰んだ状態だったし。

ランテマリオの戦いなんざ兵力差2倍以上かつ上級指揮官の能力差でイジメ以外の何者でもない
ヤンがランテマリオの戦いに最初から参加してたらほとんど何も出来ずに宇宙の藻屑だっただろう

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:37:09.99
>>304
この仮定が一番妄想をそそるなあw

ラインハルトと七元帥その他が築き上げた黄金時代を
カイザー死後トリューニヒトが如何にして食いつぶし、腐らかせていくのか見てみたい

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:37:37.54
>>305
もともと10巻も続くかどうかわからない話だったので・・・
一冊で終わっても大丈夫なように書かれてる。
巻数のない黎明篇もってるやついるよな?

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:40:44.35
>>306
カイザーの死後に財界と旧同盟の官僚組織バックに八面六臂の大活躍のトリューニヒトwww

見てみたい

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:40:56.53
>>289
原作終了後は大規模な会戦はしばらく無くなる。せいぜい海賊討伐、反乱鎮圧くらい。
つまり本格的な実戦を経験する司令官は少なくなる。

フェリックスがいくらかの艦隊を率いて乱を起こしたところで、かつて同盟軍なんかと
命をかけてドンパチやった連中がいる本隊とは勝負になるわけがない。
七元帥が引退した後でも、当時の分艦隊司令官級や艦長・副長クラスの若手が
まだまだ現役で残ってるだろう。

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:42:04.52
>>303
それはねーよwww

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:44:46.28
ラインハルトの息子がどうしようもない屑で
ミッターマイヤーの養子が凄いカリスマを備えた天才だったら
どうするんだろうな

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:49:54.39
>>309
フェリックス奇跡の出世で30台で軍務尚書、人事権握って私兵作りまくる
早期退職制度や辺境に飛ばしまくって50台以上の軍人追い出す
内務省や工部省味方につけとく
その上でカイザー2世がボンクラなら行けそうだwww


313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:53:42.32
実父が謀反人だから出世は難しいんじゃ。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:57:04.01
>>313
バックにミッタマが居て、
主要軍官僚・文官僚の前で瀕死のカイザーからカイザー2世の友人に
なってくれって頼まれてんだぞ、ご学友なんてレベルじゃねーぞwwww

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:58:07.45
まあ普通にビッテンが射殺してお終いということになる気がする

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:58:27.20
アレクが金髪の金正恩みたいな暴君で、傍らにはトリューニヒト帝国宰相
さらにその背後に地球教…つか国教が地球教。
そんな暗黒銀河帝国を見てみたかったぜ。

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 19:59:28.53
>>313
そこはまあ、DIO的なポジションで頑張るとか

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:03:22.49
結局無能でも臣下が支えるとかなっちゃうと
貴族が将軍になっただけでゴールデンバウムと変わらんよね

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:04:29.99
基本ローエングラム朝は軍事独裁政権だし

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:06:54.15
>>318
かと言って立憲君主制に移行しようとすると
500年選挙したこと無い帝国と
選挙のノウハウ持ちの旧同盟じゃ下手すれば
旧同盟に国乗っ取られかねない。

まあ、旧同盟人は選挙権無しとかにすれば良いんだろうけど

321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:11:16.83
>>318
そりゃあ、いつもいつもラインハルト級の君主が出てくるわけない。というかヤンの言うように稀な例外だ。
いくら英才教育されたって、平凡なのばっかだろう。それでも国家運営に支障がない/致命的に悪くならないよ
うするために、官僚システムがあるわけでな。
ゴ王朝と変わらんよねと言っても、皇帝を担いだ臣下が国を回していくのが、歴史的に見れば当たり前だろう。


322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:12:19.29
>>317
「アレク、オレは人間をやめるぞォッ!」と

323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:13:35.75
>>320
でも、ノウハウ持ってる旧同盟の人材を招き入れた結果
ブレーンの殆どが同盟関係者で占められ
気づいた時には乗っ取られていたとかありそうで切ないw

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:16:24.63
>>296
フェザーンも消費地だったけど、真似は難しいか。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:20:34.83
>>320
まあ、最初は貴族、裕福層の男性から始めて、段々広げていくのだろうな。


326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:22:52.48
しっかし勧善懲悪でもあるまいに
単なるゲスや不穏分子的存在まで、ものの見事に廃除されて終ったな。
ルビンスキーやトリューニヒトみたいのが
生き残ってた方がいろいろ妄想を掻き立てられるものを…。

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:31:26.56
>>326
1巻がそれで、以降は2次創作と考えるとか
続編決定は3巻からだっけ

328 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:35:33.58
銀英伝は完結、続きは書かないと宣言するために、ラインハルトの死後も物語を動かしそうなキャラは皆殺しにしたんだろう。
実際の史伝では、たとえば徳川家康だと終わりが近づいたころに、後の知恵伊豆や下馬将軍がちらっと登場するのって
すごく楽しいんだけどね。


329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:47:56.92
まあそこは創作としての気持ちのいい終わり方が優先した結果だよ
第一、いくら地球そのものを消すと脅させてもドヴィリエ自身がテロ実行するなんてあり得ん
あれはユリアンにちゃんと仇討ちさせて物語を終わらせるという
創作物としての気持ちのいい終わり方のためだけにドヴィリエは働かされて死ぬ羽目に合ったわけだ

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:49:29.36
そういうフィクションの心得というか押さえるべきツボを押さえてる点もいいよね
下手にリアルになりすぎないという

331 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:50:02.78
>>328
ま、あくまで「演義」と思えば、キレイに片付けて終わらせるってのもありだろう。主眼はあくまでも「英雄伝」で
「歴史物」ってのはカッコだけと。
秀吉物なんて、老害化する晩期まるっとスルーが定番だわな。

332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:50:41.02
もっと言うなら
もう絶対これで終わりしたい!二度と書かない!という決意がこもってる

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:52:55.37
ド・ヴィリエだけは何があっても酒飲んで雲隠れしてるよな普通は

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:57:22.94
綺麗に完結させた後に始めたのが大して変わらないタイタニアで、これなら
銀英伝の続編にしてくれれば良かったのにと思ったな。

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 20:57:41.39
トリューニヒトはなんだかんだで物語上存在感抜群だし、
地球教もヤン暗殺やロイエンタールの叛乱で(主に話の都合のため)暗躍したけど
ルビンスキーは作中での扱いに失敗した感が強いな。
地下にもぐった後、なんか一つくらい成果があってもよかったよな。

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 21:01:43.70
それは若干あるなー、特にどうしろとまでは思わないg

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 21:03:56.86
最後にハイネセンで大爆発させたのも、わりとあっさり片付けられて終わった
地味でも後に引きずるタイプの犯罪のほうが存在感あって銀英伝では目立つな

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 21:13:09.14
>>303
ムーアw
生きてたらクーデターに合流してやられ役、ラップは艦隊から脱走してヤンに合流しようとして射殺される不幸な未来しかみえないw

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 21:13:42.33
キュンメルのこと?

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 21:38:39.58
生活習慣病全般を克服し再生医療もハンパないのに
年齢感覚が現代人と変わらないのが納得できない
戦死さえしなければ100歳超えが当たり前くらいになってそうなのに・・・

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 21:39:06.71
ルビンスキーほどの竜頭蛇尾はなかなかおらんと思うw

「ひとつ私の子を生んでみないか?」
からなんであんな展開やねん…

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 21:40:28.70
>>340
いちおう、平均年齢は90歳オーバーらしい

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 21:47:06.86
>>340
SF設定だけは大目にみてやってよ
そういうとこは例え矛盾してても現代の感覚に合わせないと共感が得られにくい
銀英伝は突き抜けたSF設定で驚かせるタイプの作品じゃないので

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 21:50:19.12
>>343
そういや、1巻でルビンスキーが使ってた思念波通信機も二度と登場しなかったな

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 22:00:46.21
ハイネセンからイゼルローンまでって結局何日くらい掛かるんだ?
4週間だったり2週間だったり毎回日数が大幅に違う気がする。

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 22:42:53.12
まあいろいろな描写を見るに、

オーディン-フェザーン、オーディン-イゼルローン、ハイネセン-フェザーン、ハイネセン-イゼルローンは
全部大体同じ距離で、艦隊が急行した場合2週間ってところじゃないか

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 22:45:29.34
ワープ回数最大にしてそれに伴う身体への影響とか一切無視して詰めると2週間ってとこなのかな?

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 22:54:06.87
とても中央集権制が成り立つとは思えない広さだな。

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 23:32:15.35
だから封建制と連邦制なんだろうな。

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 23:34:44.18
もっとも長距離を高速で飛ばしたのはラグナロック作戦終了時の
ハイネセンからオーディンまでの帰路かな。なんと一ヶ月で帰り着いてる。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/19(木) 23:42:25.13
ワープ計算を済ませた高速シャトルを要所要所で待機させて乗りつけば早くなるんかな

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 00:35:31.06
民間船の規制とかやれば早くなるのかな。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 00:46:06.68
スーファミの銀英伝SLGでは、通常移動はワープアウトするごとに補給・整備して
急行移動だとワープアウトしても補給せずにそのまますぐ再びワープ移動だった。

移動に要する期間に差があることに対する良い解釈だと思う。

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 01:54:55.21
レベロが批判される理由がわからん
メルカッツを逃したのはヤン自身だし
帝国はそれを理由に同盟に攻撃をしかけることだって可能だ
それにヤンの身柄の引渡しを拒否した場合の戦争になる可能性と
ヤンを誅殺してなかったことにするのとを天秤にかけたら私だって誅殺する
レベロを批判する人の大多数はレンネンが独断でやってるってことが
自分は読者であるからわかっているが同盟側はわかっていないということを忘れている
メルカッツを逃したヤンを批判すべき

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 04:47:39.77
帝国がメルカッツが生きていると確信を持ったのはレベロが死んだ後だし
レンネンカンプのやっていた事は和約を逸脱した行為で独断かどうかは関係ないよ

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 07:24:47.38
>>355
というか、ラインハルト自身が
「変だと思ったらまず俺に問い合わせろよ」と言ってるんだよな

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 08:40:00.27
>私だって誅殺する
知るかwww

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 09:47:29.03
ラインハルトがヤンに勝ちたいってのは、あくまで戦術レベルででしょ?
んならイゼルローン攻略戦であんな大軍連れてかず、一個艦隊だけで勝負すりゃいいのに。

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 11:58:20.15
ヤン曰く、英雄色を好むというが、色を好むのが英雄とは限らない・・・だっけ?

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 12:31:33.92
>>350
ヤンのイゼルローン攻略の時は、表向き訓練&欺瞞コース込みで四週間だから、直行&特急なら二週間くらいだろう。
ハイネセンorオーディン⇔両回廊がほぼ等距離とすれば、一ヶ月±数日で行けるだろ。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 12:36:18.64
>>358
勝つために数揃えるのも戦術の内ですよ? というか、「優位に立つ」算段だし(多くの場合、戦場内の局所的優位
だが)。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 12:50:46.10
戦略的勝利でいいなら直接戦闘などしなくても
もっと有効な手段あったじゃん?

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 13:29:44.12
一番有効な手段は、マリーンドルフ国務尚書が提案した
イゼルローン封鎖作戦。ヤンを要塞に閉じ込めて老衰
するのを待つ作戦。
だけど、この作戦を実行した場合問題点もいくつかある。


364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 13:42:05.28
まああまりにも非現実的すぎたんだろうな

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 13:51:34.70
ヒルダのと同じで馬鹿馬鹿しい嫌味

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 13:54:06.54
ラインハルトが欲しかったのは、互角の条件でヤンを打倒したという事実
流石に側近連中に止められたので、中途半端なラグナロック作戦とか回廊の戦い(こちらが精彩欠いたのは別の理由もあるが)みたいな形になっただけ

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 14:38:39.34
大軍引き連れてくるにしても、まずは自分指揮の一個艦隊だけで戦って見て
それで駄目なら諦めて物量作戦でいけばよかったのに。
こうやった方が犠牲も少なかった気がするわ。

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 15:01:48.13
なにその戦力の逐次投入

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 15:01:56.29
やってみてダメ→戦死直結じゃね?金髪の思考だと
その後、があるとは思えない
それでいいなら同盟占領後にヤンを招聘して戦術シミュレータ10番勝負でもなんでもすればいい


370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 15:05:06.52
このスレって時折、
絶対指揮官や元首になっちゃいけない人が得意気に下の下策を語るよなw

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 15:07:58.55
さすがに投げやりに適当いってみただけだと思うが、・・たぶん

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 15:13:46.58
シャアはアムロと互角に戦うために新技術のデータすらくれたと言うのに…

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 15:16:17.08
で、ちゃんとシャア負けたよね。

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 15:59:47.22
>>370
どう考えてもヤンとの正面対決を避ける事こそ上策で
ラインハルトのやり方は下策だったと思うんだが
ただでさえ銀英の死傷者数なんてケタが違いすぎるんだし…

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 16:22:31.54
>>372
シャアはパイロットしてはともかく、指導者としてはダメな人だから
機体性能的に有利なのを利用して叩き潰すべきなのに、「勝負」と考えてしまったのが限界を示している。
そうでなければ「最強」とトミノが保証しているがw

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 17:07:56.46
>>374
>どう考えてもヤンとの正面対決を避ける事こそ上策で
純軍事的にはね。やるにしても、ホームグランドにしている回廊まで出張ってやるのはNG。イゼルローン回廊
から引っ張り出す工夫は必要。
しかし、ラインハルトは武力で支持を得たが、唯一地に着けたヤンがいまだに逆らっていてはラインハルト個人の
威信が傷付き、それによって成り立った新帝国の求心力が揺らぐ=政治的にはヤン一党は排除されなければな
らない存在で対決は避けられないし、正面から武力で打倒するのが望ましい(小勢力だから、向こうの降伏以外
では帝国のメンツが立たない)。
ヤンが隠棲していた状態を、あと10年も維持しているのがベターだったんだけどね。レンネンが余計なことやって
早々にブチ壊したから叩き潰す以外に手がなくなった(唆したオーベルシュタインとしては、ヤンの死というベスト
を考えたんだろうけど、せっかちすぎたな)。





377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 17:38:38.75
善政さえしてれば威信が揺らぐなんて心配無用と思うけどな。
ぶっちゃけヤンなんてほっとけば良かったんじゃ?

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 17:56:52.72
いつまでも放っておくのはさすがになあ
ヤンは信用できても後継者やその後どうなるかなんてわからんし、旧同盟領はヤンがいる限り反抗する奴がでてくると危惧されてるし
放置してたら2万隻くらいの艦隊になっちゃったし、コーネフみたいに渡りをつけるやつもでてくるし
ある程度の生産能力まで有してるし

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:06:17.09
ヤンをほっとけば、落日編であった旧同盟での秩序の混乱
が反乱まで拡大したかもしれないだろう。
それを収めるためには、さらなる出費と流血が生じたかも。

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:08:11.68
ヒルダか誰かがいうように慌てて、特にラインハルトが出向いて倒す必要はないにしろ
双璧あたり送っておけば戦果は見込めるだろう、というのが妥当じゃね
ロイエンタールあたりに5個艦隊くらい預けて、消耗戦でも可といえば普通に落ちそう

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:09:05.75
恒久的に要塞に篭って戦い続けられるわけじゃないからなあ。
次世代で人口が激減して終わりだから。

382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:09:53.46
つかレンネンじゃなくメックリンガー赴任させときゃトラブル起きなかったろうに。
何であんな堅物でヤンに恨み持ってるような奴を…

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:11:34.52
そういう状態になったら「余裕があるうちに降伏すべき」となるかもな。

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:15:07.48
寵姫の弟でも公平に扱っった所を評価されてた人だから
ヤンにも私情を挟んだりはしないと思ったんじゃないの。

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:23:58.37
少しでも不安要素のある人事はすべきじゃないと思うけどね。
ただでさえ大役なんだし、人材は他にもいっぱいるのに。

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:31:13.93
まあ作中でも末期のラインハルトの人事ミスは述べられてたし、今更

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:46:33.73
レンネンの副官(名前忘れた)の人はヤンに好意的だったのもレンネンには癇が触ったのかも。

レベロにしろ、レンネンにしろ元々融通の利かない性格の人間同士がヤンの粛清という
極端な行動を招いてその後の同盟滅亡、回廊戦につながると思うとつくづく戦後処理
は難しいものだな。


388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:48:42.45
>>382
そら作中でラインハルト自身が感じてたように
レンネンが失敗してヤンと戦う名分を得られる展開を心の奥底で期待してたからじゃね

389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 18:54:37.28
赴任したのがミュラーだったらヤンと仲良くやったかもw

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 19:58:03.50
>>389
ヤンと馴れ合いすぎて1年位で帝都に戻されそう
なお、戦術能力は大幅なパワーアップを遂げた模様

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 20:17:32.70
ロイエンタールがあんな結果になってしまった後
誰を信じられるっていうんだ

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 20:26:05.68
ロイエンタールはもともと破滅願望みたいなものがあったから仕方ないかも
巻き込まれた連中は悲惨だが

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 20:36:33.04
反乱側の兵が
「ロイエンタールがおかしいので指揮下から離脱して投降します」
って言っても絶対カイザーの不興を買うんだろうなw

394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 20:50:36.53
>>393
最初の時点で反乱を拒否して監禁されてれば英雄じゃね?
ルッツの義弟とか

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 20:52:46.88
最後までロイエンタール軍として戦い抜いて悪びれない態度で
会えば許してもらえるよ。

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 20:58:41.37
「・・・命だけは・・・命だけはお助け下さい」

なら末代までバカにされるレベル


397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 21:07:14.54
>>349
ってか帝国の国体がどうにもよく分からんなあ。
貴族が惑星の統治権持ってるあたり、中世西欧的封建制なのかな、とも思うけど、
そのわりに朝廷の統治機構は唐とか清とかの、中央集権体制っぽいんだよね。
何より兵士を朝廷が徴兵して、朝廷が軍のすべての機構を統括している。

そこまでできる力があって、なんで貴族に惑星の統治権持たせてるんだろ?
ルドルフの趣味だろうーか?w
>>363
だねえ。
その見解は純軍事的に見れば正しいかもしれんけど、政治的治安維持的な観点から非常にマズイ。
ただでさえ、旧同盟領は征服したてで不安定な状態で、
旧政権の精神的支柱になりかねない存在を残すのはよろしくない。
最悪の場合、同盟領の一部が今の中東のようになってしまう可能性さえあるかも。
>>375
ってかトミノ自身言ってたように、アムロとブライトをさっさと暗殺するのが一番効率的だったかと。
>>393
ロイエンタール直属の将官がやったら、内心生きざまの醜い奴だくらいには思うだろうね。
しかし、まあ政治的配慮からおとがめはなしだろう。

一般将校や兵卒にそこまで求めるほど、押しつけがましい価値観の持ち主とも思えんけど。
兵隊ってのは生きるために働いてんだ、ってことは最低限理解してることが指導者の条件かと思う。

ただ、将校だったら、部下捨てて身一つで逃げてくれば、不興は買うだろうな。

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 21:40:39.93
レンネンの代わりにヤンとうまくやれそうな奴というと、紅茶が好きな奴か?

…と考えたところで、ふと「帝国側で紅茶って出てきたっけか」という疑問が湧いた。
ほとんど酒とコーヒーの印象しかない。
なんとなくアンネローゼが友人と過ごしてるときに淹れてたような、無かったような。

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 21:44:01.16
アンネローゼが出すのは、ホットチョコレートとチシャサラダだろ

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 21:58:22.22
なんで貴族連合はガイエスブルグの主砲を使わなかったん?

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 22:06:17.91
射程に入ってこなかったから

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 22:33:39.40
>>400
そのころは装備されてなかった

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 22:36:12.68
>>397
>ルドルフの趣味だろうーか?w
ドイツ帝国/ドイツ皇帝みたいなのをイメージしていたのかもね。
で、貴族はユンカーみたいな位置づけ、と。
連邦時代の官僚、軍組織を基本居抜きで引き継ぎたいから、地方領主にあたる貴族にそれぞれの統治権他の
特権を認める一方、一定以上の兵力は持たず、軍備は中央集権的に皇帝に持たせろ―みたいな取り決めたと
かね。


404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 22:46:38.51
>>400
ミッターマイヤーが主砲射程外から長距離ミサイルでおちょくり、
耐えれなくなって出てきたところを縦深陣でボコってた。
使う場面が無かったんじゃね?

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 22:50:03.65
自由に想像することは簡単だし、どういう解釈でもいいと思うよ
この作品は戦略はともかく戦術はツッコミどころ満載なので真面目に考えるだけ無駄だと思う

でも要塞主砲は戦略兵器だけどね

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 22:53:58.40
戦術は突き詰めればじゃんけんに勝つか負けるかの差だから案外あんなもん

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 22:58:00.78
>>403
むしろルドルフ時代はガチガチの中央集権だったんじゃね。
だんだん貴族が力を付けて、領地やら軍備やらを得たとか。

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 22:58:21.97
>>398
ビッテンを同盟に送らせてみたいw。
つかヤンとビッテンの会話が見たかった・・・

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 23:46:28.60
銀河帝国って国号なのかな。人類唯一の国家(という建前)なんだから、
国号はいらないって気もするが。

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 23:53:15.40
別に他に国家なしでも、自分らが国家として認識してたら、国名はつけるんじゃない?
あのルドルフが、銀河帝国って地味なのにしたなって思うわ
自分の家名からゴールデンバウム帝国とかにしそうなのに

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 23:56:46.32
中国の歴代王朝とか、タテマエとしては全人類を統べる皇帝じゃないの?
でも全部名前あるじゃん

412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/20(金) 23:58:07.23
パルパティーン「強力で安全な秩序ある銀河帝国の樹立を宣言する!」

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 00:03:14.96
ヌルハチ

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 00:27:54.80
フォーカス・ミュラーって表現は原典にあるの?
それとも二次創作で知られるようになった言葉?

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 00:41:46.44
原作で見かけた覚えはないな

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 01:43:01.72
そもそも今初めてそんな言葉を知った。
なるほど、言われてみれば確かにスクープが多い。

417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 01:47:41.46
全艦出撃!で見たことがあるな。


418 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 02:13:34.44
ラインハルトとヤンの部下を全取っ替えした夢を見た
あんまり中身は思い出せないんだが

帝国勢がヤンに従うのはなんとか想像できるがヤン艦隊の連中がラインハルトの下で戦うところがどうしても想像できないんだよな…
お前らどう思う?

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 08:50:09.15
ラインハルトならそんな連中は追放して使える奴を抜擢するだけ

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 09:19:53.31
アッテンが先鋒として出撃するよう言われて「御意!」と元気よく答えて
嬉々として準備にいそしむ姿はなんとなく想像できる。
イメージとしてはミッターよりもファーレンハイトっぽい感じ。

ムライが意見を求められて、ぶすっとした顔でいかにも常識的な見解を
述べる様子もなんとなく想像できる。
形容が難しいけど、オーベルとレンネンの中間くらい?

グエンはビッテンの部下あたりになれば、割と活躍できそうだ。
逆に言えば、同盟でも一個艦隊の司令官では役者不足だった気がする。

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 09:39:58.62
ビッテンさんの部下って一人除くとそんなんばっかだから、逆に埋没しそうだ
むしろラインハルト麾下の分艦隊司令の一人の方が、個性発揮するかも
或いはロイエン・・・ダメだ、衝突するw

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 09:46:07.69
グエンがロイエンの部下だと、グエンが出撃したがってるところを
ロイエンが「好きにやらせろ」とぶっきらぼうに許可を出して、
無様に負ける様子を冷徹に眺めていそうだ。

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 09:57:58.14
レンネンカンプはともかく直属の部下見捨てるようなロイエンタールじゃないぞう

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 09:58:28.16
アニメの一話で「間もなく、アスターテ会戦が開始されます」とかいって、本国に陣形がリアルタイム中継されてたのはなんだったんだ
あれが出来るなら、通信のタイムラグとかないだろうに

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 10:10:15.40
ロイエンタールがヤンほど部下に対して寛容、放任的だとはおもえんが。
軍需物資横領した部下を自分で射殺してるぐらいだから私生活は荒れてても
原則的に厳格な統率をすると思う。

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 10:54:06.23
金髪がヤンに五艦隊くらい与えてみたいとか言ってたけど
んなことしたらお前らに勝ち目なんかなくなるぞwとか言ってやりたい。

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 11:06:46.31
春人さんは勝気だからな

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 11:08:56.86
一個艦隊以上を指揮するのは苦手だったりして。

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 11:09:01.09
学生時代のキルヒアイスがラインハルトを様付て呼んでいた理由がさっぱりわからない
あの時点では普通の友人だろ

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 11:33:26.83
>>429
最初はラインハルトだった。
ルドルフ打倒の話をしたあと様づけになった。

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 11:36:39.82
姉が後宮に入る前に呼んでないが・・・?

432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 11:44:48.01
貴族と平民なんだから分別つく年頃になれば当然じゃないの?
つか、ラインハルトも友人だと思ってんなら様づけ止めさせろよ。

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 11:51:49.78
>>418
本人同士の、本来の資質からすれば逆の方がしっくりくるかも。
根っこが戦術屋のラインハルトなら、戦略スタッフのいないヤンの幕僚は戦術レベルに限ればちょうどいい。
逆に戦略志向のヤンに、ハイレベルな双璧やオーベルシュタインの存在はありがたいだろう(汚れ役を押し付け
られるという意味でw)。
でも、戦略的に縛られる立場はラインハルトはガマンならんだろうし(こんな立場と部下で、余と互角に戦ったの
か? と関心するだろうなw)、政治に手を出さなきゃならない立場はヤンには無理だろう。


434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 12:02:03.33
ラインハルトがヤンみたいに帝国の名将を連破する事ができるか?

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 13:38:06.78
ラインハルトがヤンの立場なら、シェーンコップに唆されるまでもなくトリューニヒトに取ってかわるだろうね。
民主主義にもこだわらないだろうから、史上稀に見る善政を敷いた軍事独裁政権として後世に評価されてるかも。
最初からラインハルトが上司なら、イゼルローンの面々も彼に従うだろうけど、
あんな和気藹藹とした空気にはならんだろうね。
アッテンボローとポプランとシェーンコップが馬鹿話してても、皇帝が来ると襟を正す、みたいな感じになりそうだ。

ヤンがラインハルトの立場なら、皇帝倒そうとは考えんだろうね。
姉をかっさらって仲間連れて同盟なり、フェザーンなりに亡命しようとしそうだ。
ただ、まわりに双璧やオーベルシュタインがいるなら、情にほだされて彼らに担ぎ出されてしまいそうな気もする。
キルヒアイスもいるのなら、自分の資質を弁えて万能人のキルヒを立てて、自分は一将帥に徹しようとするやも。

436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 16:30:09.70
ラインハルトならグリーンヒルに協力してクーデターに加わるんじゃね。

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 18:24:11.26
ラインハルトならグリーンヒルに与するよりは打倒して武勲を挙げる方を選ぶだろう。
ルグランジュさえ倒せば終わりだからな。

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 18:31:17.74
ようするに、ラインハルトの姉ちゃんがトリューニヒトの妾って設定ですか。

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 21:43:06.75
まぁラインハルトのあの性格じゃ、政治家軍部上層部とコネなけりゃ
いくら士官学校主席卒業してても、扱いづらいって干されてるな

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 22:05:29.96
ラインハルトがフォークの経ち位置にいたら。

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 22:44:57.83
ラインハルトの親衛隊って、ウルヴァシー事件の時に、ブリュンヒルトに行く時に何人かはぐれちゃってたけど、
あの後合流できたんだろうか?

あの事件でどのくらいの人的被害が出たんだろうか?

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 23:30:00.13
ウルヴァシー事件って結局何が起こったのかよくわからんよな。
大勢死んだのかもしれないし、ラインハルトの周り以外は案外平穏だったのかもしれない

まあでもラインハルトの価値観的には一兵卒百万人≒ルッツ一人くらいだろうから
人数はあまり重要じゃなさそう


443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/21(土) 23:57:58.21
後世にヤンの悪評があり、ユリアンの名声も大したことないって事は
せっかく勝ち取った自治政府も大きな役割果たすことはなかったと推測できちゃうよな。
以後を読者の想像に委ねたいなら、後世の批評家云々はもう少し考えていれろよ田中・・・

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 00:18:37.39
度々暴動が起きる難治の地で、民主主義の聖地。
ラインハルトが死ねば反抗機運が盛り上がる事は必至、容赦ない虐殺するならともかく軍事力で簡単に解決できる問題でもない。
ユリアン達を潰すのは容易だったけど、体よくハイネセンの後始末を押し付ける事に成功した、といえるんではあるまいか

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 00:29:00.90
四巻、ロイエンタールのイゼルローン攻略のところで
ロイエンタール側は要塞を上手く包囲して主導権にぎってたのに
なんでヤンの旗艦が出てきたぐらいで、大将みずから突撃してるんだろう
挙句、その隙をつかれて側面攻撃を許してしまうというイミフっぷり。
ロイエンタールは冷静沈着、頭脳明晰みたいに描かれてるのに、こんなわけのわからんミスをするのは違和感がある
そしてそれを前提に作戦組んでるヤン側も不可解だ。


446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 00:30:34.78
>>443
おまえそんな北朝鮮みたいな後世でいいのかw

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 00:43:28.04
>>445
ヤンの方はアッテンボロー達が消耗戦に入って台所に余裕が無く危機的状況だから
ヒューべリオンをチラ見せするくらいのリスクで状況が打開できるならやって損はない、という程度の作戦で理解できるけど
ヤンが旗艦に乗り込む必要すらないし

ロイの方は馬鹿馬鹿しいよね。トリスタンが帝国軍の先頭で突っ込むとか
強襲揚陸艦を接触させられるんなら自爆してでも殺せよ、と

448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 00:47:18.70
>>445
心の底では死にたがってるからそれが表に出たのかな
若いころから無謀なことはしてるだろう、決闘とか

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 00:47:59.74
>>447
確かに自爆されてたら一気に戦況変わってたのか
そう考えるとほんと迂闊としかいいようがないなw

まあほんの枝葉のシーンともいえるし、
ロイエンタールは肉弾戦も強いんですよ、ってシチュエーションを無理につくろうとしたのかな


450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 00:51:07.72
>>447
>ヤンが旗艦に乗り込む必要すらないし 

そうすると士気の面で悪影響があると思う。常に前線で戦っていたヤンについてきた
兵士たちへの心理的な面で。
ただでさえ不利な状況なのに将兵の指揮が低下しては


451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 00:55:56.15
ベルゲングリューンとかいう、自分が上官を説得できなかったことを棚に上げて
カイザーに皮肉を言いながらあてつけに自殺するクズ野朗

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 00:59:04.61
ロイエンタールはフェザーン回廊突破による同盟本土侵攻に比べて
要塞を落としたってそれほど戦略的に意味は無いって姿勢で臨んでいるのだから、
要塞を慎重に落とすことよりも多少分の悪い戦いになっても艦隊戦でヤン個人を葬ることに意義を見出してたんじゃないの
でヤンもラインハルトの戦略を見抜いているんだからそんなロイエンタールを引っかけようと自分の旗艦を囮にしたと

ロイエンタールはヤンが駐留艦隊で帝国艦隊を撃破しようとしてきたと判断して
まさか自分個人を陸戦部隊で強襲してくるとは考えてもいなかったのはヤンには劣ったけど艦隊戦の指揮としてはミスとまではいえないのでは
ルッツ・レンネンの艦隊と合わせて3個艦隊を有しているのだから、
3個艦隊で多少無理でも全力攻撃を敵の1個艦隊に加えれば損害を被っても敵の旗艦を倒せる可能性もあるしまさか自分の旗艦がやられるとは思わなかったんじゃないの


453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:09:45.73
苦しいな、さすがにこの場面は

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:10:01.89
>>452
敵の旗艦を潰して指揮系統を破壊するのは軍事的にも常識だと思う。
旗艦は相手にとって最優先目標になるのは両軍とも理解しているだろう。


455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:17:21.63
WW2までの頃の海戦みたいに旗艦が数少ない貴重な戦艦とかの重要な戦力だった時代と違って
何千何万隻もいる艦隊だけに旗艦が前線にでる異常性が際立つ

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:17:59.38
>452
そういうことではない
ヤンを狙うか否かでは無く「何故トリスタンを前に出したか?」だよ

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:19:59.16
>>451
あのセリフがちゃんとカイザーの耳に届いてるといいなあw
結構痛いとこつかれてると思う。

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:23:53.26
後に意味不明な反乱起こすし、ロイエンの後世の評価最悪だろうな。

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:24:57.17
>>455
電子妨害みたいなのが発達してるという設定だったと記憶してる。
余りに後方では指揮通信に不都合が出るのだろう。遠距離の連絡ではシャトル使用なくらいだし。
ある程度の距離では問題ないようだ。艦隊の陣形の後方でも被弾するときはするようだし。

現実の軍でも例えば通信妨害されて前線と後方の連絡が不可能になれば前線で指揮を
とるしかないだろう。相手がある場合は常にリアルタイムで前線の状況を把握可能とは限らなくなる。


460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:31:16.01
>>459
そこまで極端な話じゃなくてだな

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:34:12.32
>>458
自殺願望者に普通の常識を求めるのも

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:35:18.54
何万艦もあるんだから艦ごとの個性なんて無きに等しいんだろうな
大和みたいな特注で高い戦闘力もった巨艦なんて望むべくもなし。

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:36:07.44
最後の方のあいつらのオーベルシュタインへの偏見は悪意しか無かったな
私心が無いってのは最低限評価してたがそれ以上に
何かが起きる度にオーベンシュタインの陰謀説を唱えるのは国家の重鎮としてはバランスを欠くもの
結果意味の分からん自尊心で数百万人を死地に立たせるなんてな
そしてそうやって死んで行ったアホの名誉を守る皇帝

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 01:45:06.10
>>328
読者の想像の翼を広げるためにヒルダも殺して欲しかったな。
あれが皇妃なら上手くいくに決まってんじゃん・・・
未来がどう転ぶかまったく分からない終わり方が良かったのに。

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 03:41:56.39
>>461
そこまでいかなくても、スペオペのガワかぶっているからわかりにくいだけで、アイツら武将だぜ? 宇宙三国志
だぜ?
合戦の見せ場になったら、武将自ら突撃するのは当たり前だろ?w

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 03:50:45.91
>>464
お話としての英雄伝の最後が、あっちもこっちも不透明で救いなしってのはちょっとな……。
君の中二的好みはともかく、よくも悪くもわかりやすい英雄伝であったのがヒットの要因だろうから、めでたしめで
たしで締められる方がいいんだよ。

後世の歴史家視点を置くことで、本編時代は過去の滅んだものと示しているんだから、100年や200年上手くいこ
うが関係ないし。

467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 04:02:44.99
最初から最後まで帝国有利過ぎで、主要キャラの死傷者数も同盟のが圧倒的に多い
ビッテンとポプランが生き残ってどうのこうのって言ってたけど
ポプランまで死んだら同盟救いようがねえだろと、帝国もあと一人二人死んどけと思ったよ。

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 09:49:21.89
まあだからこそ同盟のほうが人気あるんだろうな
負ける側に入れ込む人多いね

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 10:13:03.10
>>455
つアースグリム砲

アニメ版のファーレンハイトだけは最前線に立つ大義名分があるわけですな

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 10:27:46.39
バーミリオン会戦の時シュトライトとキスリングはなんでラインハルトを
ブリュンヒルトから脱出させようとしたんだ?
被弾したわけでもないし少し後方に下がればいいだけじゃん

471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 10:31:18.16
包囲下にあるんだから後方って中央のことでしょ。
で、このとき既にブリュンヒルトはその場所にいてなお危険だったんじゃないの

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 11:51:02.93
戦場から離脱しろっていってんだから中央じゃないべ
包囲といっても陣形としては包囲態勢にあっても三次元的には包囲できてない、とか
数的には差は圧倒的じゃないし、上も下も完全包囲すんのは無理

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 12:16:08.26
包囲下にあるんだったらなお更ありえないと思うけどな
装甲が0の脱出艇で包囲網突破して戦場離脱なんてありえないだろ
ブリュンヒルトで突破した方が安全だよな。

474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 12:22:37.93
どういう方法か解らんが、艦隊旗艦は確実に捕捉できる
みたい。
だったらブリュンヒルトを囮にして脱出艇で包囲網突破
して戦場離脱なんてありえるんじゃないのか。
オーベルシュタインみたいにワープ付の脱出艇もある
みたいだし。

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 12:29:26.41
戦闘中でもワープありになっちゃうと包囲戦とか無意味だよな・・・


476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 13:06:24.92
病院船や脱出艇は攻撃禁止の条約か暗黙の了解があるんだろう

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 13:11:06.95
ウランフとかも無人操艦モードに切り替えて脱出艇で逃げろよ、とか思わんでもないが

話の都合だな

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 13:29:27.40
>>473
ありえないだろ、とか安全だよなといった所で原作で危険だから脱出しろってことになってんだから
ぼくのかんがえたぎんえいでん乙w

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 13:55:46.89
>>456
そこは正直分からんとしか言いようがないなあ
ヤンだって何度も最前線で指揮しているし、
ミッターマイヤーだってアムリッツァや回廊戦で被弾しているくらいだから
この作品世界では、というよりも英雄たちの間では陣頭指揮が基本だったとしか言いようがない

要はロイエンタールのトリスタン突出だけが際立って彼の無能さを表している訳ではないという気がする

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 14:08:25.40
>>479
ミッタは1個艦隊の司令官としての陣頭指揮、回廊でもラインハルトが総司令官として後ろに控えているから前線に出たわけで
ヤンも艦隊と要塞の指揮を取るのには要塞内からの方が指揮を執りやすいから、艦隊をフィッシャーとアッテンに任せた
総司令官の身で最前線で陣頭指揮はしていない

だからこそヤンが要塞内での全体の指揮を置いて前線に出てきたのが囮として有効だったという扱い
ラインハルトのバーミリオンもそう

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 14:24:52.58
あの場面のトリスタンは「帝国軍の先頭に立ち」だからなあ

通常護衛の戦艦が火球に包まれた、とかの描写があるのに妨害もなく揚陸艦が突っ込めてるのが酷い

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 14:34:00.78
ロボスはやりすぎだったが、戦力に余裕のある総司令官の立場で陣頭指揮ってのはそうないな
アッシュビーも戦力はぎりぎりだったし

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 15:00:57.35
その辺はプロレスで「ロープに振られても跳ね返ってくる必要なくね?」
って言ってるのに通じる部分があるからな・・・

作中では無能者がミスすると地の文にも登場人物にもクソミソ言われるのに、
有能な人間のミスはやたら擁護してもらえる、もしくはミスとすら言われないといいう
不公平さはあるが。

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 15:52:45.02
アスターテ戦でボロデインが自決する必要なくね?
あの人なんかミスしたの?

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 16:12:10.26
アムリッツァ前哨戦な
捕虜になるのをよしとせず、さりとて部下を巻き込むのも筋が違うとなれば、自決以外ねーべ

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 16:16:43.74
ヤンやビュコックに高く評価されてた割にはあっけなくやられた
って感じだ。

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 16:18:33.96
>>484
ビュコックも死のうとしたし、ボロディンも結構責任感とか強いんじゃない。
一万隻以上いたのに気づいたら6隻しかいないし。
ヤンだったら死なないんだろうけどw



488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 16:45:13.38
ただでさえ同盟には人材乏しいんだから自重してもらいたかったな。
逆にビッテンはよくも生き恥さらして平気だなと思うわw
大体、何であいつ降格されないんだろ?

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 17:18:45.04
ラインハルトの気分

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 17:34:46.38
>>487
そもそもヤンがそういう状況になってるところが想像しづらいんだが、確かに自決はしなさそうだなw

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 17:39:11.10
>>488
突撃屋て使い方を間違えなければ、その範囲ですごく使えるし、イケイケな性格は戦術屋気質のラインハルトと
相性がいいんだろうな。独自に微妙な判断させたらいけないってだけ。
ぶっちゃけ「お気に入り」なんだろうけど、それだけではない程度には有能(陣営内基準でも)だし、士気を鼓舞す
るには最適な人材。


492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 17:45:49.35
でも信賞必罰は厳格にやらんと規律たもてんと思うけどな。
あの猪劇中で何回負けてんだと。

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 17:56:38.70
戦いでしか役に立たないだろうし
ラインハルトが死んでオーベルシュタインが生きてたら
真っ先に粛清されただろうな

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 18:18:50.11
ラインハルトが死んで一番最初にお役御免になるのはオーベルシュタインだろ


495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 18:20:33.41
多少強引でも綺麗にまとめて終わる事を作者が望んでたなら
ビッテンフェルトもどこかで殺しとけば良かったのにな
コイツは高確率で将来の不穏材料になると思うけどな。

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 18:24:34.19
ビッテンは政治が出来ないから生かしておいても大丈夫。

497 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 18:33:44.51
ラインハルト死後の軍縮反対の急先鋒がコイツ
それ以外はしゃーないってすぐ納得する面子

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 18:37:45.51
>>486
ウランフは血路を切り開いて部下を逃がして死んだから印象がいいんだよな

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 18:40:22.72
ビッテンフェルトは子供が出来ると丸くなるタイプ

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 18:45:43.59
アレクが暴君化したらそれに同調しそうで恐い。
ヤンへのわだかまりから自治政府に対してどんな対応するかもわからんし。

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 18:52:58.02
>>498
ただ、10000以上の艦船が6隻までってのも考え難いし
殿軍として残ってたとか、他は降伏済みとかかも知れん
いずれにしても、約半数を逃がすことに成功したウランフより下って印象が拭えないのは間違いないが

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:01:51.21
>>501
あと、自決に対して二階級特進というのもよくわからん

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:18:16.41
>>492
> あの猪劇中で何回負けてんだと。

「失敗ばかりしている男」という、負のイメージがビッテンフェルトにはあるが、これは公
正な評価であるとは言いがたい。彼が柔軟さを欠く用兵によって失敗したのは、アムリッツァ
会戦の一回のみであって、自由惑星同盟軍や門閥貴族連合軍を相手とした無数の戦闘で、つね
に勝利をおさめている。その剛性の破壊力は、僚友であるロイエンタールやミッターマイヤー
さえ認めざるをえないところだ。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:29:39.03
ビッテンフェルトの失敗でファーレンハイトは戦死したけど、カイザーは
ヤンと戦えて嬉しくてしょうがなかったのでセーフ。

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:32:03.21
>>502
自決後2階級特進って例は、現実でも一応はあるみたい

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:32:45.29
ビッテンが無難な戦いしてれば、ヤンもアムリッツァで死亡してた可能性もあるんだよな

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:41:55.16
ビッテンがそういう戦い方する人だったら、アップルトンもも少し持ちこたえたと思う
軽挙妄動っぽいのは欠点であると同時に即決即断な長所でもある

508 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:42:15.32
ビッテンがそういう戦い方する人だったら、アップルトンもも少し持ち堪えたと思う
軽挙妄動っぽいのは欠点であると同時に即決即断な長所でもある

509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:42:47.76
失敬
多重になっちゃった

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:44:09.80
つまるところ状況に応じた戦い方ができなかった、ということ

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 19:47:24.24
実際のところ、ミッタマもラインハルトと同様の使い方(とどめ専)したしな

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 20:09:17.09
>>492
でも、ヤン艦隊に一番ダメージ与えたのもビッテンだよね。
フィッシャー、メルカッツを討ち取ってるし。

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 20:21:20.69
消耗を恐れずに向かってくるタイプ。蓄えの無いヤンにとって一番キツイ相手

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 20:55:22.20
作者が殺し損ねたキャラとしてビッテンフェルトとポプランを挙げてたけど、
ビッテンフェルトは最後メルカッツと相討ち、
ポプランはブリュンヒルト突入に参加せずにスパルタニアンで突入を支援して戦死
という形にすれば殺せたと思う。

もうヘロヘロになってるイゼルローン軍が今更ビッテンを討ち取るのは不自然かな。

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 21:09:11.66
>>497
軍縮には反対するだろうけどそれ以上にはならんだろ。>ビッテン
周りに宥められれば折れと思う

516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 21:21:03.45
>>495
殺すつもりが生き延びたクチなので仕方がない。

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 21:25:43.43
>>514
ポプランはイゼルローン共和政府になってからは、パイロットというより「ユリアンの兄貴」役だから、あの展開で
ユリアンについていかないって選択は不自然。

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 21:36:03.65
ポプランはシェーンコップと同時に殺しても良かった気がするけど
一度に主役級二人を同じ殺し方ってのが嫌だったのかな

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 21:48:25.34
まあポプランはそのうち男に刺されて死ぬだろ
ユリアンも普通に謀殺されて終わりだと思う

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 21:59:11.44
所詮は一介のスパルタニアン乗り
戦局に何の影響も与えないキャラが死のうが生きようがどうでも良いのさ

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 22:40:43.61
バーラト自治政府を立ち上げるにあたっては、
ヤンが死んだ途端ムライの陰に隠れて逃げ出した旧エル・ファシル独立政府の
文官どもがまた何食わぬ顔で要職につこうと群がってくるのかね。
それともゼロからの建設を嫌がって近づこうとしないか、もっと言えばあるいは
そういう手合いは本編完結までのハイネセンでの各種暴動・鎮圧・大火で
結構くたばってるかな?

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 22:49:45.29
ハイネセンにはハイネセンの利権構造があるから、そう簡単にエル・ファシル組が
入り込めるとは思えないが。というか、あいつら権謀術数が弱そうだし。

ユリアン達はまず、ムライの名誉回復をしてあげて欲しい。
イゼルローン脱落組+ロイエンタール特使とか、旧同盟側からみても、帝国側から
見ても最悪に近いポジションだぞ。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 23:47:31.89
>>520
イゼルローンには空戦を束ねるボスがいなかったのかな?
防御指揮官のシェーンコップ少将の下に、少佐クラスの空戦隊長たちが直属するんだろうか

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/22(日) 23:59:46.14
>>523
書き込む前に、このスレくらい目を通しとけよ。

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 05:43:05.32
ポプランもそうだが、マシュンゴもなんてあそこまでユリアンに付き従うのか、
いまいち分からないんだよな。
兄貴分のポプランと比べ、こっちはもはや「王子様と忠実な従者」みたいな
関係になってる。

元々はシェーンコップが推薦してくるくらい高レベルの格闘能力、護衛能力を
持ち合わせているんだから、他にもっと活躍できる場があったと思うが。

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 05:52:27.56
運命ですから

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 06:29:48.36
なんか地球教徒になってラインハルト暗殺しにいく夢みた。味方がみんな基地外で怖かった

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 06:31:25.04
原作にそんな口癖はない

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 10:38:47.49
ヤンの精神的後継者を守る以上の活躍があるのかと?
現にユリアンは生き伸び未来に希望は残せた。
帝国の方の後継者はなにやら内乱フラグ立てちゃってるしw

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 14:53:24.92
フラグ・・・までいくのかなあ。
ま、後世の歴史家がいるんだから人類が存続していくことははっきりしてるけど

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 15:25:28.71
不安要素のある人に地球教徒とか退場させてて
ヒルダも後世の歴史家に、ロ王朝育てた言われてるのに
内乱フラグってある?

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 15:41:08.86
オスカーの息子の事だろ。

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 15:49:48.15
フラグってだたの願望妄想だろう
作中ではしばらくの間はローエングラム朝安泰な文章があるのに

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 16:15:25.95
しばらくってどのくらい?

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 17:06:18.76
具体的に時間が書いてあるわけじゃなくて531にもある
ヒルダがロ王朝を育てたという文だよ
それがあるからには内乱が起きたりアレクが暴君化したりとかは有り得ないだろ
すぐに終わって結果的に問題なかった程度なら内乱もあるかもしれないが
その程度じゃ内乱とは言わんだろうし

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 17:14:38.70
つまりヒルダ隠居後は未知数なわけだ。

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 17:18:43.90
新領土とかバーラト周辺はまだしばらくはゴタゴタして頭痛の種だろうけど、バーラトが上手く切り離せれば、
大事に発展する核にならんしな。バーラトもユリアンたちの意図を正しく受け継げば、早急な対外活動は慎む
だろうし、新領土政策で大きな間違い仕出かさなきゃゴタゴタレベルで済むだろうね。
軍縮が進むと言っても、よほどの技術革新がなけりゃあ治安維持戦力だけでもかなりいるし、当分はけっこうな
規模だろう。大抵は内乱まで発展する前に叩き潰せる。



538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 17:31:20.52
>>536
育てたっていうからには何代かそれなりにいい状態で続いたから言われたんだろうから
隠居後すぐ騒動が起きたり衰退したりとかはないって

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 17:43:25.03
まあいずれ暴君が出るのは確か、早いか遅いかは大して意味がない…
というかハイネセン自治政府が力つける前に出られても困る。

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 17:43:29.31
まあミッターとヒルダがいるうちは大丈夫だろうが

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 17:49:10.66
暴君が出るって確定なのか?w
ゴールデンバウム系の血でも入らない限り大丈夫だと思うが。

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 18:00:04.85
血統なんて関係ないだろ?偉人の息子が凡庸以下だったなんて例はいっぱいあるし。
あえて血統云々言うなら、ラインハルトの攻撃的な性質なんて一歩間違うと危ないぞ?

543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 18:00:13.10
皇帝の権力が強かったり、専制が続けばいずれ出るだろう
血じゃなく制度と年月の問題

暴君前提で話したがってる奴はどうかと思うが

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 18:18:08.05
せっかく多大な犠牲を出して守り抜いた民主国家が歴史的意義を持つには
いずれ帝国にはろくでもない状態になってもらわなきゃと思う。

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 18:19:44.93
隔世で無気力ダメ男

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 18:21:15.23
でも、ユリアンの提案て、暴君・暗君出現―王朝衰退前提だよね。
ラインハルトが上手い具合に超名君のまま死んだから、後の世代のハードルは高いだろうな。

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 18:34:06.55
>>546
どんな王朝や政府だっていずれは衰退するんだから別におかしくも失礼でもなくないか
別に今すぐそうなるとは言ってないし
何十年後か何百年後かのための話でまあユリアン達にとっては早い方がいいだろうが

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 18:35:53.96
> 超名君

新作の日本酒の銘柄によさげ

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 18:39:01.31
ロイエンの息子が星を掴もうとしたのは
大探検家になるフラグとかだよ。たぶん

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 18:43:06.04
ラインハルトどころじゃなく、あの時代の帝国そのものが奇跡的過ぎ。
王妃は美貌と知性と慈愛も兼ね備え、将校は能力は無論、私心なく人格者ぞろい…。
ここまでにしたら、この奇跡の反動も大きくなければと思うんだよな…。

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:09:26.05
>将校は能力は無論、私心なく人格者ぞろい…。 
ロイエンタールやビッテンやオーベルシュタインは人格者なのか?
ミッターとキルヒアイスは人格者だとは思うが
ヒルダは割と利己的だし美貌に関しては原作では飛びきり美人とは書かれないし


552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:13:43.95
ヒルダって人気ねーよなー
能力高い上に女として甘やかされてる感がだめなんかな
そもそも銀英伝女子はあんまり目立たないが……今ならカリン辺りが人気なんだろうか

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:19:54.08
皆十分人格者だろw

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:21:20.35
同盟に比べればな

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:29:12.53
同盟があまりに無能に描かれすぎなんだよな。
門閥貴族はともかく、あいつら戦いのプロだろ!?。

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:31:53.41
ヤン周辺以外の軍がどこで何と戦ってんだか全然書かれないね。

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:35:08.24
同盟は昇進システムに問題がある感じ。

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:44:36.56
フォークが出世する軍隊だからな…

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:46:07.69
>>555
政治>外交>戦略>戦術を謳っている作品なので。

ヤン以下有能な提督がそろっていてもトリューニヒトやフォークがいると
負けてしまう設定だからな。

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:50:17.09
この作品は軍事専制国家万歳をいいたいの?

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:52:13.80
全部読んでそう思えるならそうなんじゃないの

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:55:47.68
マジな話、別に民主国家を残す意義は何も感じなかったな。

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 19:59:34.26
>>555
ラインハルトが活躍する前は国力的に劣勢ながらも同盟は
割と健闘してたな。
決して同盟側が無能というわけではない。

一人の英雄の出現によって軍事バランスが大きく崩れるというのは史実にある
ナポレオンや他の英雄たちの故事みたいなものだろう。

あと大きな戦いで受けた損失をカバー出来なかったというのもあるな。


564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 20:02:46.13
>>551
ラインハルトと並んでも見劣りしないって、結構すごい美人だと思わせる表現だと思うよ

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 20:21:29.80
>>561
ヤンの口から語られるだけの民主政治の理想なんて
帝国の国政の充実さを見せられたら霞む。

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 20:36:09.18
そうかい

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 20:45:56.60
そうだね
清潔で公正な専制国家と腐敗した民主国家の
どちらが好いかがテーマの一つ。
俺は、それでも民主主義を選びたいな。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 22:01:26.97
>>564
少年のようとか女性らしくない的表現はあったが、容姿が劣る(並程度)という描写はなかったな。
結婚式の時に、ビッテンだったかが「美男美女の似合いのカップル」とか言ってたから、お世辞半分としても
それなりの美人ではあるんだろうな。

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 23:46:58.95
美男(ヒルダ)美女(ラインハルト)

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 00:34:52.53
ラインハルトとの和平交渉が失敗したら、ヤンもこうしなければならなかったと思ってんだけど
イゼルローンに籠っての徹底した籠城作戦って愚作かな?
いくら数がいても艦船の攻撃くらいじゃビクともしないだろし、食糧自給が可能なら飢える心配はない。
普段の生活もおくれる要塞側と違い、攻めてる方は船内での生活からストレスが溜まり厭戦気分が広がる可能性も高い。

結構有利な条件がととのってると思うんだけども。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 00:39:50.65
戦艦の射程>要塞砲の射程
というフシギな設定があるので、本当に要塞撤収まで追い込まれたらあっという間に
蜂の巣にされて要塞は陥落するだろ。

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 00:41:53.48
ロイエンタールに攻められた時、イゼルローン結構被害負ってたぞ
出撃港も破壊されて、数に任せた砲撃で要塞表面の砲塔も破壊されたら詰み、だ

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 01:01:49.09
たとえ要塞主砲があっても艦隊は出撃せざるを得ないので結局消耗戦になって負ける

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 11:38:04.15
>>570
ただ籠ってるだけじゃいずれそれこそ寿命が尽きるからなあ。
そこまでいかずともだけど。包囲側は自由に交代とか出来るし
ね。外部からの呼応勢力なければどうしようもないね。

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 11:44:56.13
籠城戦は
・敵が長期戦を避けて撤退する
・有力な援軍が期待できる
のどちらかの条件が無ければ意味を成さない。

ヤンがイゼルローン籠城を選ぶのはラインハルトの夭折を確信している場合

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 11:54:58.71
>>571
あの設定はほんと不思議だよねえ。移動出来ない側の武器の射程が
動ける側より短いなんて戦術的には意味ないじゃん。まだアニメ設定
のように要塞周辺の航行可能領域の大半が射程内にあるならともかく。

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 12:07:11.66
原作でも同盟のD線上のワルツみたいに射程限界ぎりぎりうろちょろして敵を誘き出したり
射程内まで入らないと要塞を直接攻撃できてないし
ロイエンタールも少数部隊を大量につくって主砲での犠牲覚悟で射程内に入って攻撃してるけど

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 12:13:16.63
原作でもって、ココは原作メインのスレなんだが

579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 12:16:28.62
普通に原作の話だが

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 12:35:52.89
>>578
記憶や解釈に違いあっても皆原作の話してるようだけど?

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 14:19:25.74
>>577
D線の方はおいといて、ロイエンタールのとった攻撃方法も
よくわからんね。
最初の要塞主砲射程外からの攻撃では相当数の銃座など破壊し
たが、要塞本体には致命傷は与えられなかった。
次の小グループごとの接近戦でもかなりの損傷は与えたけど
本体には致命傷にはならないってあったよな。じゃあ敵艦隊
出てこないなら射程外から攻撃してるだけでいいような気が。
(そもそも陽動ってのもロイエンは自覚してるのに)
 要塞側もたまに艦隊だして帝国艦隊を主砲射程外に追い出し
たってあるけど、これもなんで短い主砲射程にわざわざ向こう
から入って来てくれるのを追いだすの?

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 14:40:25.05
                                    ,.-‐'''"
                                   .-‐'''"
                        ,. -ーァー 、      .-‐'''"
                    /    廴ノ |  ,.-‐'''"
                      /廴) _   ,.-‐'''"               ___,,,,,,--''''''
                 /   /´/''''"             ____,,,,,,--''''''
      [辷5イ]        /   ,.イ´ /          ___,,,,,,--''''''
    ー丑丹丑‐'   / ,.-<.ノ  {    ..___,,,,,,--'''''     ズドーン
.   、  マヌ冂{[_ / ,..イ { {\ ',、  \. ;--''''''
    \此亜沙''´‐''´  l \ー'人\   /
.    / 7 ̄「 ‘’l      l二l>'´  `7´
  ___,,Lム辷j_ _j_ __ __」二l____/
  ̄ ̄辷_:::::〈:::::::/::::::::::::/l二l:::::::::::::: \
     八__r=.;;_:{:::::::::::::{ ::::::::::::::::::::::::::.  `ヽ
      ー辷_'ー'う‐- ..;;j_:::::::::::::::::::::::::::::  ::}
          ̄     `'' ‐ ..;;_:::::::::::::  ,ノ


583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 15:03:19.79
要塞主砲には死角があると繰り返し描写されてる
その上でミュラーが画策したように港湾施設が使用不能になったら一方的にタコ殴り
予算や資材の蓄えも限度があるのでやられっぱなしというわけにはいかない

ロイエンタールは陽動だとばれないよう攻撃を真に迫らせる必要があるし
ヤンも港湾施設が破壊されないよう必要以上の敵の接近を排除する必要がある

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 15:41:07.96
>>583
その陽動だけど、あれはなんのための陽動だったのかな?
別に同盟軍がそれによってイゼルローン方面におびき出さ
れたわけじゃないし。フェザーンにはもともと大した戦力
なし。陽動というよりは2正面作戦って言った方がしっくり
くるような。戦力に余裕ある帝国軍だからこその。
もし全軍でフェザーン回廊へのみ侵攻してたらどうなったん
だろう。

585 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 15:56:39.65
>>570
愚策だろうな。
帝国側もユリアン達も、新首都フェザーン中心の世界では
イゼルローンは政治的に無価値になるって知ってたし。

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 16:08:03.34
>>584
全軍でフェザーン回廊へ侵攻したら
ヤンがランテマリオの指揮を任されて、イゼルローン要塞からは帝国本土へ嫌がらせ攻撃

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 16:51:25.61
>>586
イゼルローンへの攻撃なければヤン艦隊はもっと早く動けるでしょうから
ビュコックたちとの合流は出来るでしょうね。その場合、帝国側もロイエ
ンタールたちが最初からいるわけでもっと規模を大きくしたランテマリオ
会戦が発生した可能性が大きいかな。ただチェンが危惧してたようにも
っと兵力差はつくから同盟はますます厳しいかな。
帝国本土への攻撃とは?そんな兵力はもうないような。ヤン艦隊の一部を
残していくんですか?

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 17:01:03.82
ラインハルト登場前から国力は帝国>同盟なんだよな。
トップにあの穀潰しの大貴族どもがいて、よく国力を維持できたもんだ。

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 17:04:22.39
いつ戦争終わるかわからんのに、本土荒らしまわられたら戦争続行なんて不可能
余程のアホでもない限り、帝国全軍フェザーン向いてたら本土を攻撃する
直接補給線も統治機構すら破壊できるのにw



590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 18:27:06.88
>>588
作中での比較は国力比でしたからね。なんかかってに同盟が衰退
していったイメージだなあ。国力絶対値はラインハルトが統一す
るまでは帝国も落ちつつあったんでしょうねえ。

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 18:27:28.60
>>584
フェザーン政府への陽動の方が大きいだろうな。
ロイエンタールがイゼルローン攻め→ミッターマイヤーが援軍→……と思ったでしょ? 実はフェザーン攻めでした!
て作戦だから、イゼルローン攻めはそれなりに派手かつ膠着して、注目されていないと困る。
フェザーン自体には脅威となる戦力はないが、妨害工作で手間取ったり、荒っぽく占領するハメになるとラグナ
ロク作戦全体に響くからな。


592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 18:36:51.20
>>591
確かにフェザーン政府=ルビンスキーも今年のうちにここまで
来るとは、と言ってたから効果はあったみたい。
まあイゼルローン方面も陽動だけの目的ではないよな。そちら
方面の抑え、駐留艦隊の牽制、あわよくばもうひとつの侵攻、
補給路の確保などいろんな要素含んでるんだろうね。

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 19:56:08.70
既出だと思うが、なぜイゼルローン要塞を同盟側のイゼルローン回廊の出口に
作らなかったのか理解できない。
そこに作れば、イゼルローン回廊の制宙権はおのずと帝国側が手中にでき、
狭い回廊内の戦いはなくなり、常に同盟側のみで戦闘が行われただろうに。

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 20:03:30.05
>>593
同盟側出口あたりに作ると帝国からの補給線が長くなりすぎて
物資の補給等に関して不利になるし帝国からの援軍の到達も遅くなる
あと通信が確保出来るのか不明
軍事的に敵陣の奥深くにぽつんと橋頭保を置くのも難しいだろう
まあ複数の要塞と駐留艦隊を途中に置けばいいが破産しそうだな

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 20:05:30.58
>>593
同盟軍が大兵力を動員して攻略に当たる時フェザーン経由とかから情報が来てるが
要塞が同盟領土間近ではオーディンからの援軍が間に合わない

596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 20:06:26.40
そもそも敵軍の間近で要塞建設なんて無理っぽくねw

597 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 20:07:15.03
氷をぶつけられそうだな

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 20:37:44.51
>>593
>常に同盟側のみで戦闘が行われただろうに
回廊から出てしまうとなると、別働隊が回り込むなどの戦術が採られやすくなる。それを避けるには、大軍が
機動しにくい狭隘な回廊内の方が好ましい(ヤンが寡兵で互角に戦うために、要塞に立て籠もった理由でも
ある)。半端に引っ込むくらいなら、接近を捉えやすく、迎撃も容易になる適度に奥の方がいい。
あと、それで得られるものがあまりない。仮にエル・ファシルなりを落とせたとしても、守りにくい占領地を維持
するにはイゼルローン駐留兵力より多くの部隊を置く必要があり、負担が増えるばかり。
得るものが少ないなら、要塞より向こうの回廊内により深い制圧圏を確保している方が重要。

599 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 20:46:46.50
>>598
帝国にとってイゼルローンは防御用だったのか?叛徒掃討の為の前線基地だと思ってた

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 21:01:36.91
攻撃用に要塞つくるなんて、現実世界ではありえないから
防衛用だと思うけどな

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 21:05:55.52
一応要塞を拠点に艦隊が同盟の辺境星系を荒らしてるので
攻撃というか同盟領侵攻の基地という意味合いもある。
だから同盟にとっては目の上のたんこぶで目障りな存在。
要塞が出来てからは戦闘はイゼルローンより同盟側とイゼルローン攻防戦と。


602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 21:12:18.40
しかしゴ朝のタテマエではあくまで同盟は一叛乱軍に過ぎない以上、
公式文書などでイゼルローンを防衛拠点と表記することは許されないんじゃないか?


603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 22:06:55.16
>>602
国という対等の存在としては認めてないというだけで、一定以上の脅威と認めてないわけじゃないから「一叛乱
軍に過ぎない」からって「防衛拠点と表記することは許されない」とはならない。


604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 22:09:27.51
読者にとってはどうでもいいし

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 23:41:02.39
同盟にクーデター起こさすためにリンチ少将を送り込んだけど
あのアル中男を信頼しすぎでないか?
下手をうって計画がばれたり、祖国に戻った瞬間愛国心らしきものが蘇って
作戦を暴露したらどうすんだ?

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 23:44:14.20
監視役の工作員をいっしょに捕虜交換で潜り込ませているんだろう

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 23:46:36.27
グリーンヒルに「見る目がない」のが前提の作戦だから、かなり危ういけどな

まあ、リンチ以外にもいくつかバックアップはあるんだろうけど

608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 23:49:39.71
そもそも同盟にクーデターの温床があると知ってないと成り立たないし

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 23:50:52.21
後世の歴史家は、同盟のクーデターや銀河帝国正統政府の真相をどの程度
知っているんだろうか。
ラインハルト主犯説を唱えている歴史家は、陰謀史観乙なんだろうか。

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 23:54:13.92
>>609
クーデターに関しては、ヤンもビュコックも職務上報告書を書いてるだろうから史実には残ってるだろ

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 23:55:53.02
北朝鮮の三代目の後見人がいきなり大将待遇になったとかで
軍部に睨みを利かせる目的があるとかで、でもなんの実績も無いから
言うこと聞かないんじゃないかって話

ヒルダ 中将待遇で幕僚総監って軍部の3割方気にいらないんじゃないか?

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 23:59:40.35
この計画がばれたらどうするつもりなんだ?
後背からヤン艦隊が本土に攻めてきたら詰みだろ!?

613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:00:13.88
>>611
気に入ろうが気に入るまいが、その上に皇帝がいて、皇帝が任命している

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:02:53.14
皇帝が誘拐されて、最大の利益を得たのは誰かと
考えれば自ずと答えはでるが、証拠はすべて消されて
いるしヒルダもケスラーも絶対口外しないだろうから
>>609 の言う通り陰謀史観乙になるだろうな。

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:05:57.94
>>612
クーデター起こす作戦失敗したら、キルヒアイスかラインハルトが2,3個艦隊持って残るんじゃね
討伐部隊減らしても被害は増えるが貴族共相手ならなんとかなるだろうし
キルヒアイスはずっと3個艦隊くらいで辺境討伐やってたし

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:08:29.46
>>612
? 一個艦隊が単独で帝国領に侵攻しても
補給線をつぶされて袋叩きになるだけだろ。


617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:13:58.02
>>616
ヤン「ブラウンシュヴァイクさんブラウンシュヴァイクさん。うちらちょっとこの宙域に侵攻しようと思うんですがね」
ブラ「ほほう、すると儒子は防衛のために艦隊を貼り付けねばならんな。これはいいことを聞いた」
ヤン「偉大なるブラさんのことです。こんな感じのダイナミックな戦略をお考えなんじゃないですか?」
ブラ「ん?おお。もちろんだ。もちろんだとも。まさに私が考えていた戦略がこれだ。叛乱軍のくせに頭が回るではないか」

こんな感じで、貴族連合と緩やかな連携をとってラインハルトを痛めつける

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:17:56.92
ラインハルトがオーディンでたのはちゃんと同盟の異変の報が届いた後なんだよね

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:21:38.50
ヴェスターラントを政治利用したのは、あの暗殺未遂事件で
かなりオープンになっちゃったと思うけど
あれは隠匿しようにも、暗殺事件そのものをなかった事にしなきゃならないから、無理か

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:22:59.85
>>61
ヤンが、貴族連合と緩やかな連携をとるとして問題点は
まず、ブラウンシュヴァイク公が反乱軍と手を組むことは
大貴族の矜持からしてまず考えられない。
ヤンにしても、これまで民衆を搾取したきた貴族と手を
組むとも考えられない。
最悪、ヴェスターラントの虐殺者の仲間にされかねないぞ。


621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:25:02.99
>>620
問題になるのはブラ公の方だけだろ
ヤンの側は完全に謀略モードで両者共倒れを狙ってるわけだから

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:28:52.12
>>621
ヤンにそこまでの権限ってあるのだろうか。

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:30:31.57
貴族側は賊軍共は反乱軍と手を結んでるなんて喧伝されたらヴェスターラントを待つまでもなく内部崩壊しそうだなw

624 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:48:29.83
>>611
ラインハルトの下じゃ幕僚総監自体が実権の薄い名誉職みたいなものだし、ヒルダにしても現職のシュタイメッツ
の戦死に伴い、戦時任官されたもんだから、お飾りにはちょうどいいとか思われていたんじゃないのか? シュタイ
ンメッツ役職がないからってあてがっていたのが勿体無かったんだよ。

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 00:54:40.70
>>612
当時の同盟の戦力だと、動員できるのはせいぜい二個艦隊。失敗続きの軍の出兵を政府はもとより世論が
許すとも思えんなぁ。
仮に一個艦隊でも出せたとしても後方支援も乏しいだろうし、いくらヤンでもたいしたことはできんだろ。騒ぐ
だけでも鬱陶しいだろうが全然詰まない。
チャンスのように見えるがスルーするしかないな。残念だがガマンの時。少しでも再建するのが先。厳しい
時こそ堅実にやるもんだ。博打に走るのはダメ人間のやることだぞ。

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 01:01:10.43
ヒルダはハイネセン攻略して、ラインハルト救ったわけで
その功績があるのに、別にロ王朝始まっても
ラインハルトが皇帝なって、それにつれて皇帝秘書官なっただけだし
その功績報いるのにも、幕僚総監させたのは、おkなんじゃないのか

帝国は男尊女卑っぽいから、女なのにって人も、あの功績で黙っただろ

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 01:11:55.82
ヤンは、自分なら策をもって貴族連合軍を勝たせられるとか
考えていたけど、いくらなんでも自意識過剰だと思うよ。

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 01:18:34.02
皇帝を補佐するのが仕事なら、秘書官でも一緒じゃね?
それなら軍事だけじゃなくて政治にも意見できるわけだし。

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 01:32:44.24
>>627
貴族ってところを抜けば、数だけはいるからね。上手くやれば十分勝ち目はある。
でも―それは抜きようがないから、無意味な仮定だが。

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 01:39:44.88
>>629
ヤンがよそから口を出しても、門閥貴族は耳を貸すまい
メルカッツですらあの扱いだからなぁ…

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 01:43:37.88
ファーレンハイトにしろシュターデン提督にしろ
わがままな貴族を指揮するのを後悔したいたからな。
仮に、ヤンが門閥貴族軍を率いて戦っていても命令に
従わなくて負けるんじゃないかな。

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 01:52:07.77
>>631
我侭な貴族用に作った作戦ですら、満足に動いていない始末だったしねw

もしシュターデンが貴族達を御しえていたら、あそこまで無様には負けなかったのかねぇ
無論、貴族達の性質を読みきった上でミッターマイヤーも機雷しいたんだろうけど

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 04:57:05.41
ヤン・ウェンリーなんてどう見ても門前払いにされる

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 06:32:13.03
ヤンはあそこで暗殺されなくても
近い将来暗殺される運命にあることを考えると悲しくなるわ


635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 10:12:34.47
いや、ヤンはイゼルローンを無血攻略してアムリッツァでも
奮戦した名将だから貴族達も無視はしない。
でも、貴族達に策を授けるといってもまず反乱軍(同盟)の
罠じゃないかと疑うだろう。
また、ヤンを受け入れたとしても傲慢な貴族にヤンが
付き合っていけない。まちがいなく袂を分かつよ。

636 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 11:37:13.71
>>635
ヤンってこの時期の帝国でそんなに名前売れてました?ラインハルト陣営
以外ではそんなに知られてないような。
イゼルローン陥落のときも帝国軍上層部は落ちたことで騒いでたけど誰が
落としたとかの話はあまり出てないような。

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 11:47:50.06
メルカッツがいるだろ・・・・・・

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 11:48:02.69
さすがにこれは話の都合で出て無いだけで難攻不落と言われた
要塞を落とした敵が何者でどうやって落としたのかは分析するでしょ

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 11:50:06.91
>>636
つか、ラインハルト陣営以外で、敵将個人名が出た例というのはほぼないだろ(さすがにリップシュタット戦役で
は出ているが)。同盟側でもヤン・ビュコック以外が口にした例はほとんどないと思う。
単にたまたまか「それだけ情報に疎い、無能なんですよ」って描写なのかはわからんが。

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 11:57:29.66
>>638
分析しても、それを活かさないと意味がないが。
当時の軍首脳部において責任論の話は出ていたが、どういう戦訓を得たとかはない(イゼルローンの要塞司令
官と駐留艦隊司令官を統合したくらいか―やったのは同盟軍だが)。


641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 12:03:05.48
メルカッツがとはいわんけどミュッケンベルガーがそこまで無能とは思えんな
ラインハルトが考えていたほどミュッケンベルガーは無能じゃなかったようだし

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 12:15:21.36
シュナイダーが亡命進めるとき、高名で、風変わりだけど寛容と、人となりの情報まで仕入れてるくらいだし

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 12:21:36.51
>>640
イゼルローンの司令官が統合されなかったのは
「ポスト減るのヤダヤダ」という上層部の意向もあったそうだが、
官僚意識を考えると、むしろ「だからこそ上級大将の総司令官職新設を!」と叫ぶ気がする

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 12:35:13.31
そういう情報は入手できるのに、フェザーン占領までの一世紀以上
同盟内の航路情報が入手できていない不思議。

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 12:54:30.69
軍の上層部の意向もだが、政府の意向として要塞と
艦隊司令官を一人が兼任するのは怖かったんだろう。
反乱を起こすとまでは思わなくても、強力な武力を持つ者は
互いに監視させるのが支配者としてはベストなんだが。
だけど、互いに反目しあって要塞が陥落するのでは
本末転倒だし・・・・・・・・



646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 14:08:32.25
もし貴族連合軍を同盟が利用するとすれば、貴族連合軍は数として存在している
事だけしかあてにしないだろ。アホばっかりな事ぐらいは同盟軍だって情報持って
いただろうし。その上で何ができるか考える。結果的にラインハルトに勝たせても、
同盟に多大な利益が得られるような工作ができれば良い。例えば帝国の建艦能力を
ボロボロにするとか、主要航路を機雷だらけにするとか、ガイエスブルグの制御コン
ピュータを乗っ取って、決戦時に敵味方構わずガイエスハーケンを撃ちまくるとか。



647 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 15:03:42.85
>>646
そんなリスキーでややこしいことせんでも(中枢に近づけず、矢面に立たされるだけ終わったらどうする? 叛徒
相手に仁義や約束を守るような貴族でもないだろ)、素直にラインハルトの味方すりゃあええやん。

同盟が帝国の内戦に介入するって無理想定にこだわりすぎて、トンデモ方向になっているぞw

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 15:11:06.57
>647
ラインハルトに味方すれば、同盟の寿命を短くするような物。
あくまでも帝国は馬鹿に統治させておかないと、同盟は生き残れない。


649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 15:15:17.33
作中では貴族側に策を授けて双方を消耗させた後、漁夫の利を得るってのも考えたっぽいけど。
まぁ、ラインハルトに先手を打たれて終わったけど。

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 15:35:04.41
>>649
>貴族側に策を授けて双方を消耗させた後
考えとしてはありだけど、現実的かと言えば、全然現実的に思えない机上の空論レベルのような。貴族側に
それなりのパイプがあるのが前提になるだろうけど、そんなものが存在してたようにもみえんし―まあ、話が
そっちに展開したらポイポイ湧いてきたろうけどw


651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 16:00:40.34
>650
事前にパイプがなくても、作ればいい。
例えば確かフェザーンの帝国高等弁務官は貴族じゃなかったっけ?
そいつに接触すればいい訳で。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 16:04:37.87
リンチ方式もある。
捕虜に大貴族の一族の一人や二人くらいいるだろうし。

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 16:33:42.38
リンチによるクーデター作戦が失敗したなら
少なくとも帝都防衛にかなりの艦隊を残さなければならないわけで
馬鹿貴族連合相手とはいえ苦戦は免れなかったはず。
戦争が長引けば同盟もこれを機と思い、出兵案も出るだろし。
やっぱアル中に任せるにはリスキー過ぎと思うな。

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 16:50:29.95
>>651
そいつが話に乗ってこなかったら、そこで終了だな。
貴族側の主観では負ける気のしない戦いだし、叛徒の手を借りる必要もない。

>>652
リンチ式は、ダメ元の保険程度だからなぁ。
大貴族がいたって、そんな時期に同盟から戻ってくるのってかなり不自然だが? 公式ルートなら、まずラインハ
ルトの耳に入るだろうし、どうにか帝国に戻ってもガイエスブルクまで行くのも大変だろう。

どっちにしろ、発言力の弱いヤン発案では軍も政府も動かん可能性の方が高いような(ビュコック通してもたいし
て変わらんだろうしな)。艦隊より情報部や参謀部が主管する仕事だから、統合作戦部内での発言力がないと
意見は通りにくいだろうな。時期にもよるが、統合作戦本部長がドーソンになっていたらダメだろうし、前任の
クルブスリーはヤンにはやや好意的だが、あの時期に本部長に就任したのならトリューニヒトに近い人物だろう
―トリューニヒトからすれば、軍、特にヤンに手柄になるのは面白くないからと政府内で潰されるか、肝心の策
にヤンの意見が入らず、ダメダメになりそうだ。


655 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 17:03:33.18
>>648
ヤンはラインハルトとなら手を組めると考えていたな。
勝たせた恩を売って、戦後の改革に食い込み、帝国の共和化を進めるみたいなことを考えていたんだろうか。
帝国が共和化れば、アンチテーゼだった同盟が吸収、消滅しても問題ないし。
何十年かかるかわからんし、これはこれで難しいだろうが、理念を捨てて生き延びた挙句にまだまだ戦争続け
るのに比べれば、マシだ―と思ったが、これは国を預かる政治家としての思考ではないな。活動家の思考だw


656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 17:16:48.23
政府にばれたら査問会どころか投獄されそうな陰謀
政府に委任されるにはヤンには政府との信頼関係もない
はたからみるとヤンが帝国で高位につくのを画策してるようにすら見える

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 17:33:32.63
帝国の内乱は国を二分する大戦争で、同盟のクーデターは
たかが一個艦隊に鎮圧される程度の物。
これで帝国のが国力が増強されたってのが不思議。

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 17:41:52.11
たかが一個艦隊って当時の同盟の兵力わかってる?

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 18:02:18.83
クーデター側の機動戦力は一個艦隊のみ

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 18:22:58.87
ヤンの一個艦隊とクーデター側の一個艦隊の
計2艦隊しか同盟には無かったのか?

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 18:24:50.92
他には第一艦隊がいた。

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 18:25:06.15
艦隊としてまとまった物はそれだけみたいだね
あとは改修中とか各星系の守備艦隊とかバラバラに配置

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 18:27:38.08
>>656
ふと思ったが、クーデターの件に関してはビュコックも査問対象じゃね?
ヤンはクーデターの可能性を直属の上司たるビュコックに報告したけど、ビュコックはこの件をネグロポンティに報告してないような気がする

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 18:34:02.99
>>663
事実を報告しないなら問題だが、個人の見識を留めても問題ないと思うが?

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 18:41:40.05
法的根拠がないんだからどういう場合に査問するかどいうかについての規定もないでしょ

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 19:01:31.33
>657
騒乱の規模より、その後の体制がどうなったかが
重要なんじゃないの。帝国はラインハルトのもと
で1元化され生産力、動員力などの国力が増大、
同盟はさらに政府、軍部、民間等の協調体制がくずれ
たってことで。

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 00:19:08.26
沈黙の艦隊

668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 00:38:08.87
そういえば、クーデターの時って第一艦隊はなにやってたんだ?
クーデターに加わるでもなく、かといって、鎮圧するでもなく

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 00:46:00.27
司令官のビュコック(だけじゃなく司令部全員だろなぁ)を人質にされて、「司令の命が惜しくば、大人しくしていろ」
「く、悔しい……ビクンビクンッ」てやってたんだろう。

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 00:50:10.82
ビュコック老人の政治力のなさは異常

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 00:52:10.40
首都勤務だから統合作戦本部辺りで高級士官達が事務仕事してた時に拘束されてたとか
クブルスリーもパエッタもクーデター派じゃないし
ずっと第1艦隊の司令官で名声もあり、ヤンを幕僚総監に望んでいたクブルスリーの部下達なわけで

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 01:08:38.99
クーデター時はビュコックが宇宙艦隊司令長官
第一艦隊司令はパエッタ、ランテマリオ会戦でもパエッタが司令官務めている事から
クーデターに反発して拘禁されていたんだろう

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 01:40:13.14
こんなウィンザー夫人に…!くやしい…!

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 05:09:53.17
最後の方で宇宙の五指にビュコックとメルカッツが入ってたが
この二人が三人に勝つのなんて不可能だわな

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 05:36:47.91
「若いやつはイゼルローンに行け」とかもう最初っから負ける気満々だもの。勝てるわけないよ。

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 06:02:59.82
ラインハルトに勝てる可能性はかなり低いだろうけど
他の二人には五分五分だと思うぞ

ラインハルトは実際に戦う前に勝利していると言われたが
他の二人はそこまでできてない

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 08:12:23.82
>>676
その五指だと、ヤンが入ってないようだけど。。。

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 08:47:08.88
双璧の会話に出てきた五指はラインハルト、ヤン、ミッターマイヤー、ロイエンタール、メルカッツ。

ビュコックはその時点で既に戦死してるし、生存してたとしてもこの五人よりは一枚落ちるだろう。
といってもこの五人の中でもヤン>ラインハルト>双璧、メルカッツの序列はかなり堅いと思うが

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 08:51:51.65
(`・ω・´)卿の力を余に貸せ!

\(^o^)/イヤです!!

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 09:14:11.00
ビュコックはどうなんだろうなあ
事実としては数倍の戦力差を相手取りそうとう善戦したわけだし
ヤンの場合もそうだけど戦力差に違いがなければわからないといったところか

どっちかというとメルカッツの方が疑問だなー
メルカッツが一個艦隊を率いてガチでやりあったのってないでしょ確か
ロイエンタールとは一戦交えた事があったけどロイエンタールはさっさと引いちゃったし

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 09:18:16.06
双璧はリップシュタット戦役でメルカッツに結構追い詰められた経験があるから
メルカッツをやや過大評価しているってのはあるかもしれない

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 10:15:56.15
双璧が一番の過大評価じゃねーの?
ラインハルトの戦略に乗っかって有利な条件で雑魚イジメしてたイメージ。
ヤンやビュコックみたいに、強敵相手に不利な条件で
持ちこたえたみたいな事例あったっけ?

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 10:23:16.58
ミッターマイヤーはいつも難関担当、ロイエンタールはヤンを苦しめて
伝聞評価だけならまだしも、実際に両者と戦ってるヤン自身が戦闘を避けてる事で十分な評価

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 10:38:41.55
そういう評価ならビュコックやメルカッツが双璧より上にいくな。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 10:42:41.28
双璧以上の強敵がろくにいないしなw

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 10:51:29.94
作品内の人物評に今更ケチつけた所でぼくのかんがえたぎんえいでん乙

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 10:54:01.51
>>682
外伝ではパエッタにかなり苦戦はしてるんだけどね。
前半だけで、かつラインハルトの指揮下でだけどね。
後半は例の逆転だね。最初にアニメ見てたから原作
の地味さには驚いた。アニメはやりすぎでしょ。

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 10:55:49.50
ロイエンタールの失敗暦

△ メルカッツが出てきたので無理せずに引いておく
×× 調子に乗って貴族軍を追いかけすぎてメルカッツに手痛い反撃を喰らう
××× ヒューベリオンに釣られてトリスタンへの侵入を許す
× イゼルローンに仕組まれたトラップを発見できず
×× リヒテンラーデの一族なんか囲って窮地に
×× 全軍を統帥する立場ながら回廊の戦いでヤンを倒せず
××× ウルヴァシー事件
××× グリルパルツァーに背中を刺される

無論成功はそれ以上に多いわけだけど、
失敗だったらビッテンフェルトなんかよりよっぽど多い


689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 11:00:04.94
つかヤンだけが突出して、金髪含め後のは横一列だろう。

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 11:20:49.02
イゼルローン再奪取されたのはロイエンの過失が原因だよな。
何であんな他人事なんだ?。

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 11:24:52.63
現実は知らんが、あの世界観では要塞砲無効化システムを見つけるのは不可能っぽく描かれてるし
それを過失とは言えんでしょ

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 11:25:18.81
プッw

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 12:46:04.55
>>690
調べたのはロイじゃないから
ルッツかワーレンだ。

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 13:29:41.53
旗艦に乗り込まれたり色々やらかしてるなあ
あの時点で死んでても可笑しくなかったからなあ

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:06:44.60
あの装甲服って筋力増強効果もあったっけ?
あって、それを着たシェーンコップの攻撃を凌げたなら
ロイエンタールが凄いと言うより単なるご都合主義だな。

696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:11:39.60
イゼルローンを再占領したのはロイエンタールで
なんか置き土産が仕掛けられて無いか調べてもいる

その後に司令官になったルッツが悪いってのも筋が通らん話だべ

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:17:20.58
>>688
>×× 全軍を統帥する立場ながら回廊の戦いでヤンを倒せず
ロイエンタール一人の失敗で勝てなかったわけじゃない。さらに上にいるラインハルトの責任はどうなる?
>××× ウルヴァシー事件
>××× グリルパルツァーに背中を刺される
責任者としては失点だが、どっちもロイエンタール自身の失敗ではないな。
まして、アホの裏切りなんか面倒みれんわ。

失敗が多いとしても、成功の多さと考え合わせれば、それだけ多くの仕事を任されただけの厚い信頼があると
いうことだし、成功も失敗も微妙というヤツよりよっぽど頼りになる。

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:27:26.58
マジレス無用

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:27:36.36
>>695
結構な重量だろうから、普通に考えればパワーアシストはあるだろ。でも、さらに数倍にってことはない感じだか
ら動きにくくもなるし、パワー勝負でなけりゃ生身の方が身軽で不利でもないのは不自然じゃないだろ。
組手甲冑術みたいな技術がある―な描写があればなおよかったかもしれんな。

ま、ロイ×コップの一騎討ちを見せ場にしたかったけど、ロイがやられては困るからという都合が前面に出でいた
感があるのは否定しない。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:33:55.37
確かアニメではのしかかってきたシェーンコップを蹴りで吹っ飛ばしてんだよな
装甲服の重量とか考えたら脚力凄すぎw

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:44:19.58
立場が高ければミスが多いのはある意味当たり前。
部下の失敗は上司の失敗なんだから。

ロイエンタールの場合、トリスタンへの侵入を許したのと
ウルヴァシー事件は大失点といっていいと思うがまあその他は仕方ないだろ。

あと、ムライをイゼルローンに遣わせたのも結果的にまるで無意味だったから
失敗といえば失敗か・・・もともと本人もあんまり期待して無かったろうけど。

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:45:15.59
双璧は白兵戦でも一流だからな。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:46:22.09
思うにあの装甲服の材質って金属じゃないんじゃなかろうか
パワーアシストつけたってその装置が重けりゃあまり意味は無いわけだし
強化プラスチックの進化版みたいな未来の技術(笑)が材質として採用されてると思う


704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 14:55:16.07
ああゆう艦隊乗り込み作戦って、艦ごとドカンな爆弾仕掛けて素早く離脱する方がよくね?
何人も乗り込むんだから一人くらい破壊工作担当がいてもいいのに。

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 15:04:54.52
>>703
ブラスターを防げるから、セラミック系だろうなぁ(少なくとも装甲部は)。
装甲無視して全部強化プラでガワだけ作っても数`にはなるから、パワーアシストなしなら格闘なんかしたら、
すぐ息が上がってヨタヨタになるな。
>パワーアシストつけたってその装置が重けりゃあまり意味は無いわけだし
自重分を打ち消せられないパワーアシストはアシストじゃないw

装甲服の自重がアシストされても、動きによって生じる手足など末端の慣性はちょっと厳しいだろうから(宇宙
船についているような慣性制御システムがついていれば別だが)、生身と同じ感覚で動くと振り回されちゃうだ
ろうな。

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 15:18:44.56
>>704
乗り込まなくても、至近近距離から……w

目的によるから、それが「正解」なわけじゃない。ブリュンヒルト突撃はラインハルトと直談判という目的のための、
接舷・突入だから、それは論外。トリスタン突撃は……ご都合だなw まあ、撹乱と挑発かな。旗艦が直接攻撃さ
れたとなれば全軍が動揺するし、指揮も乱れる。あっさり沈めてもレンネンに指揮権が移るだけだから、それ以
上の混乱は期待できない。わざわざ乗り込んで無駄にひと暴れして引き上げるなんてされたらバカにされたと思
うだろう―冷静さを失い、つけ込む隙ができるかもしれない。

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 15:33:22.81
それは無理に説明つけようとしてもやっぱ無理だな、と諦め論

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 15:59:04.41
ヤンが思いつきで仕掛けた罠も説得力ねえし
キリがないな

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 16:11:53.74
潜入艦って離脱し自陣に戻る時に戦艦砲の雨あられを食らわんのか?

710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 16:39:01.27
>>625
自分なら出来る、とヤンは作中で独白してたぞ
ユリアンのイゼルローン日記でもそれらしい記述がある

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 16:39:13.77
>>709
揚陸艦ね。別に離脱時に限らず突入時でも同じでしょ。
おそらく主役効果じゃないのかな。最後のブリュンヒルト
への突入もその前に撃沈されちゃったら話がおさまらない
からねえ。

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 17:00:59.50
>>688
メルカッツと無理に戦って万が一向こうに大勝利でもされたら
メルカッツの株が上がりまくってブラウンシュヴァイク公から貴族軍の指揮権を全面委譲されかねないぞ

そうなったらラインハルト陣営はあっという間に詰む
その悪夢のルートへのフラグを完全に避けたロイエンタールはそれだけで名将だと思うよ
貴族連合が唯一勝利する道を完全に閉ざしてみせたわけだからな

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 17:43:59.85
ブラウンシュヴァイク公から貴族軍の指揮権を全面委譲されかねないってのはないな
元より大貴族はそんな性格には書かれてない。メルカッツ自身も貴族連合が敗北する事は最初から予感してたしな

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 17:49:12.34
>>696
イゼルローンに罠が仕掛けてあっても、それで実害を被るのは俺ではないから
真面目に探さないでもいいだろとロイエンタールは思考した
とちゃんと記述にあるよ

実際に奪われたのはルッツだしな、ラインハルトとオーベルシュタインがイゼルローンの価値を無視したせいでもあるが
そしてルッツが死んだからこそ、ロイエンタールが叛逆に追い込まれたのはもう運命のなせるわざだな

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:07:21.57
真面目に探さなくてもいいだろとは言って無いだろw
当然真面目には探しただろ

ただあんなイゼルローンという巨大なプログラムの中からバックドア
みたいなプログラムを見つけられなかっただけで

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:10:50.67
むしろ後々再奪取されたほうが面白いだろってくらい考えさせたほうがよかったかもな

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:18:50.05
>>715
真面目に探したなら簡単に見つかるはずだよ、ロイエンタールの能力は高いのだし
ラインハルトもオーベルシュタインもまじめに探したのだったら簡単にヤンの置き土産は発見されていたはず
それができていないのは、もはやフェザーンが陥落した現在となっては
そこまでイゼルローンの存在に対して固執しなくても良いという判断がこの3人の中でしっかり存在したためだ

なんせイゼルローン要塞に対してこの3人は思い入れがまったくないからな、むしろ嫌悪してすらいる
ラインハルトとオーベルシュタインはあやうくトールハンマーに吹っ飛ばされかねない場面があったし
ロイエンタールが私的決闘の罪で降格したのも確かイゼルローンでだった

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:21:01.70
ラグナロク作戦は進行中だからな。
守備要員を残して進軍するのが筋だ。

大体、その後の司令官になって、司令室の改装をしているのだから、システムの大掃除も、その時やるもんだろ。
責任はその時、トラップの可能性に気づけなかった管理責任者=司令官にある。
ロイエンタールは関係ない(物言い自体は無責任だが、実際責任がないのだから発言を責めても無意味)。



719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:23:18.99
一度、同盟を降伏させてフェザーン回廊を完全に掌握した後では要塞はさっさと廃棄してもよかった
居住惑星も傍にないし、補給基地程度で十分

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:26:12.56
>>715
というか、あの短時間で組み込み系に手を入れられるフレデリカ
マジスーパーハカー

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:27:24.27
そのように考えたからこそラインハルトもオーベルシュタインも要塞を放置した

そのようなことにまで気が回らなかったルッツは見事に要塞を奪取された
ルッツのサングラス無しではポーカーが出来ないと言われる気質はそのためにあった
ようは謀略のセンスが足りてない感じ

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:27:39.86
>>717
調べるのはロイエンタール本人ではなく技術者だし
彼らまで不真面目でしたとか考えられないな

いくらなんでも真面目に探さなくていいと命令すると思う?
普通しないし、もししたとしてもそんな命令出した事がばれたら大問題

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:29:59.16
つーかあの場合、要塞爆破爆弾が二段構えになってる可能性もあるわけだから、
そっちをもっと一生懸命探さなかったことの方が不思議だろ。

書かれてないだけでその捜索はずっとやってたのかも知れんが

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:31:21.93
人の口に戸口は立てられないだろうしそんな命令を
出したとしたらどうやってもラインハルトらに知られるだろうね

オーベルシュタインとの対立がいつから始まってたかはわからないけど
そんな一発で処分されるような口実を能力の高いロイエンタールがするとも思えない

725 :718:2012/01/26(木) 18:33:57.83
おっと、アニメの話をしてしまった。
原作だと改装はないようだな(特に触れられてはいないし)。
しかし、最初から罠を想定して、奪取後要塞の全システムを止めるつもりで専門家集団をつれてきてなければ
不可能だろう。パソコンの再フォーマットとはワケが違う。それだけで一ヶ月くらいは掛かるだろうな。
全軍を挙げた大作戦の進行中に、実戦部隊指揮官にそこまで要求するのはムチャが過ぎる。
そのレベルのことは、作戦立案時に参謀部で検討しておくべき話だろう。
大体、罠が活きたのもその後の展開があったからこそ。ロイエンタールにそこまで予想しておけというのは、
読者視点がすぎるバカアンチの戯言だ。くだらない( `д´) ケッ!

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:49:50.28
とりあえずバカアンチとか真っ赤になってる奴は置いといて

ラグナロク作戦は進行中だから守備要員を残して進軍するのが筋なのはわかる
ロイエンタールら本隊は進軍すればいいしその間本国から専門家集団を呼んで調べてもらえばいいんだけど
真面目に探したなら簡単に見つかるはずらしいけど見つかっていないと言う事はそれはやってないっぽいね


現代ですらネットウィルスとか蔓延してるのに軍事目的のウィルスソフトが無いとは到底思えない
罠の可能性は考慮していたのにプログラムの改ざんなどの危険性に気が付かなかったのは落ち度と言えるな

っていうか誰かそこら辺の危険性について注意喚起しそうなもんなんだけど
これは作者の落ち度かなw

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:53:40.83
つーか、ラインハルト・オーベルシュタイン・ロイエンタールら三人は判断に感傷なんか交えんだろ
要塞対要塞の時とは違って無理に破壊する必要も無いわけだしな

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 18:59:03.97
ラグナロック作戦時はイゼルローン奪取後は留守番にさせられ、
同盟領再侵攻作戦でも当然出番なし。
と思ったらヤンが攻めてきてふざけた呪文で要塞陥落。
回廊の戦いにも参加させてもらえず。
フェザーンで(´・ω・`)ショボーンとしてたら爆破事件に巻き込まれ負傷。
そこで看護婦と出会えたのは良かったけどウルヴァシー事件に巻き込まれ戦死。
ラグナロック作戦以降、オーディン(かどうか知らんけど)の実家に戻る暇すらなかったんじゃないかなあ。

ルッツ(´・ω・) カワイソス

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:06:45.55
モリスが世界中にワームばらまいたのが80年代末期だったはずだから
ウィルスとかの概念は、あまり一般的ではない頃だな
ガイエが生粋のハードSF作家ならともかく、伝奇、ファンタジー、スペオペを主にする作家にそこまで求めるのも酷だと思う
SF的な概念としては既存の物なので、たどり着くのはそう難しくはないが

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:10:55.29
これ見よがしの罠を仕掛けておいて、コンピュータにトロイの木馬を仕込んでおいた
というのは「それだけの技術を持った奴がいるのか?」という一点を除けばそんなに
おかしくない。ウィルスは何もソフトウェアに限った話ではないし。メインコンピュー
タの電源制御システムにしかけておくとか色々やりようはある。

現実でも最近産業機械に対するウィルスが問題になっているからなぁ。ま、書かれた
時代を考えれば、この辺りをあげつらうのはアンフェアだとは思うよ。


731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:11:18.12
>>726
>真面目に探したなら簡単に見つかるはずらしいけど
ソースは?
>これは作者の落ち度かなw
落ち度というより、限界ということで諦めるところだな。「その手のことは気にするな」と、当時から繰り返し泣き
いれてるくらいだから、いい加減ツッコんで意味のあるネタと無意味なネタがあるのを理解すべきだな。

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:11:40.50
88年のガンダムセンチネルさえ「論理爆弾」やってるのにー

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:13:27.67
>>732
関係ないから

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:14:58.34
ルッツはリップシュタット戦役ではキルヒアイスの副将だったし、
ラインハルトの本隊で戦ったのってアムリッツァとリップシュタット戦役の最後の決戦くらいだよな
なんか別働隊の方が相応しい能力とかがある設定なのかねえ。

735 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:17:45.74
ルッツ勘吉

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:28:07.14
>>731
真面目に探せば〜ってのは>>717への皮肉だろう

突っ込む意味が有る無いなんて関係ないんじゃね?
意味があると思ってる人達だけで勝手に盛り上がるから
意味が無いと思う人は黙ってスルーしてればいいだけ

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:32:19.77
因みに、コンピューターウィルス初出と思しきSF小説の邦訳版は83年
少なくとも、第9次時点でネタを考えてた訳だから、刊行年度考えると微妙なところ

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:37:09.79
レンネンがイゼに残ればよかったな。ルッツが弁務官ならオーベルシュタインに
唆されてヤンにちょっかい出したりもせんだろうし
当然ヤン一党によるイゼの再奪取もない。レンネン、ルッツ双方にとって不幸だったな
弁務官に任命されたかどうかわからんけど


739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:42:18.92
>>736
それは「うぜぇから、お前は黙ってろ」ということか?
ならば、言わせておうか。「何度も出ている無意味なことを今更ツッコんでどや顔する下劣なマネはやめろ」

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:45:23.55
ロイエンタールが弁務官で問題なかったと思うけどね。
別にたいした野心家でもないだろあれ?。

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:48:03.23
>>738
ただ、あそこでヤンを自由にしとくと策謀めぐらせ始めるからなあ
ヤンは状況が許さなかったからやらないだけで、地の文の記述だと陰謀考えるのは結構得意そうに見えるし

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:50:49.01
ヤンの置き土産についてはヤンのイゼルローン再奪取の報がされたときに含みのある会話がされたことになってるけどね。
偉業も半年と残念のやりとりで
これでロイと皇帝のあいだでは話がついた。

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:53:07.76
>>739
ここは疑問を提示してそれに対していろいろ考察して楽しむスレであってだな
興味がない・くだらないとか思うんならいちいち関わらずスルーしろって事だ


744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 19:55:24.19
しっかしなんか妙に融点低い人が最近増えた気がするよね

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 20:03:50.93
>>744
融点とはまた斬新な表現だな

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 20:12:07.89
炉心でも融けたか

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 20:14:54.53
ロイエンタールこそ物語最大の奸物を殺し帝国の将来を救った忠臣。
読者に取っては想像の翼を容赦なくへし折った極悪人だがな。

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 21:39:38.40
>>734
やっぱ人格や能力が安定しているってのが必要なんじゃないの
ラインハルトが直接手綱を握らなくても仕事できるとか
ビッテンフェルトとファーレンハイトがあーなったのを見ればそう思うわ

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:11:47.06
>>727
ラインハルトは
昨日もイゼルローン、今日もイゼルローン、明日もイゼルローン
という感じの表現で批判しまくってたよ
上層部がイゼルローンばかりに固執しまくるがゆえに取る戦略が狭くなっているのを叩きまくってね

だからこそ、フェザーンを陥とした後ではイゼルローンに昔日のような
絶対的な価値をなおのこと与えたがらなかったわけで
そしてその銀河の覇者たるラインハルトの戦略にとって微妙な立場になったイゼルローンを
ヤンが商人的な嗅覚で持って奪い返したわけだが

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:21:15.90
でも帝国がイゼルローン要塞を確保している状態だったら
イゼルローンから同盟領に侵攻するっていう基本戦略で別に問題ないと思うけどな

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:25:21.94
国力、軍事力が上なら戦線広げた方が有利じゃん

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:27:15.28
宇宙艦隊戦に戦線もクソもあるかよ

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:30:10.00
>>750
オーディン→フェザーン→ハイネセンの宙域の開発具合がよくて、通信や補給に都合がいいんじゃないか?
イゼルローン経由だと、どっちも辺境だから不便なのかも。

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:34:49.94
>>752
あったから崩壊したわけだが

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:39:35.70
なにより同盟軍が150年の間、イゼルローン回廊から出てくる帝国軍を迎撃し続けたせいで
回廊出口周辺の迎撃網のインフラが整いすぎているのかもな

自分が同盟首脳だったら、イゼルローン回廊からハイネセンに至る最短ルートにだけは
必ず索敵網を特別に念入りに張り巡らす

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:41:22.63
外伝では回廊の同盟出口に通信・索敵基地の類が1ダースくらいあると書かれてたな

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:44:06.52
でもアスターテ会戦では帝国軍だけ同盟軍の位置や動きを正確に把握してて
同盟軍は目の前に現れるまで敵の存在に気が付かない謎の情報格差

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 23:51:58.09
映画版ではラインハルトがブラウンシュヴァイク公によって
進撃ルートの意図的リークが行われたことを見破って
逆に同盟軍の包囲を完全に予測していた感じがプンプンしてた

暗殺者からの襲撃に慣れすぎて逆に悪意の襲撃に対して待ちぶせが出来るようになっていた感じ
白銀の谷で、フーゲンベルヒ大尉を返り討ちしていたのと似ている

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 00:00:25.83
>757
同盟軍が教科書通りの分散合擊作戦を取っていたので、ECMをかける前の観測で
十分場所を把握できていたんだろ。アホの同盟艦隊司令部は、ECMかけられても
のほほんと分散合擊作戦のままでいたと。


760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 00:02:50.22
デスラー総統はいつ出てくるんだ?

+   +
  ∧_∧  +
 (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゜∪ ノシ        
 と__)__) +


761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 02:42:38.58
>>758
 進撃ルートまで漏らしてはないだろう。時期と艦船数
くらいだと思うけどね。どのみちアニメ設定だけど。
 あの戦い、ラインハルト艦隊はトリプルヘッダーだよね。
後にダブルヘッダーでポプランは愚痴たれてたけど、
ワルキューレ乗りはさぞや大変だったことだろうて。

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 04:01:36.30
>>761
掃討戦もせず、次に向かっているから、ワルキューレは出してないっぽい。
トリブルヘッダーでも、コールドゲーム続けていりゃあちっとは楽だろう。最後で延長戦になったがなw

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 05:12:40.96
>>749
それは感傷じゃなくて感情
「イゼルローン x 3 ってお前らイゼルローンに固執しすぎだろアホ」って怒り

イゼルローンに価値を与えたくないからフェザーン侵攻を決めたわけじゃないし
価値を与えたがらなかったってのは微妙にニュアンスが違う気がするなあ

ヤンの件も別にラインハルトがイゼルローンに価値を与えたくないと思ってると考えたから
落としたわけじゃなくて同盟から追い出されてその後の展開を考えた結果だしね

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 08:38:35.72
ラインハルトがイゼルローン要塞にあまり重きをおいていなかった証拠をもう一つ
バーミリオン星域会戦の前にヤンに帝国軍の提督たちが3連敗した時
ラインハルトは怒ってワーレンをイゼルローンに送って代わりにルッツを呼び寄せようとしてただろ
それに対して、ヒルダがイゼルローン要塞司令官の職が閑職として認知されかねない人事方針であることに異議を唱えてた
つまり大遠征中に要塞の責任者をコロコロ変えても良い程度の扱いしかラインハルトはしていなかった

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 08:42:39.13
>>762
確かに1、2回戦はコールドみたいなもんだね。いちおうワルキューレ
出してる描写はあるけどね。
それに比べるとバーミリオンは1艦隊相手だけど時間制限なしの延長戦
かな。12日間もじゃその間、乗員はちゃんと食べれてたのかな。量的
にはそれくらい積んでるだろうけど精神的にすごそう。艦の方のエネル
ギーやミサイルも最後の方は正確に撃てとか、節約モードになってたか。

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 13:21:38.12
なにかイゼルローンの存在を軽視してるのと
価値を与えたくないのを混同してる気がするね

イゼルローンに価値を与えたくないから軽視する様な真似をしてると言いたいの?

767 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 14:22:36.04
もともとの議題は、なぜイゼルローンに残されたヤンの置き土産を
ロイエンタールやラインハルトがきちんと調査して発見できなかったのかという話だろ

でラグナロク作戦の結果、フェザーン回廊を掌握して同盟を降服させた以上
奪取したイゼルローン要塞に対してわざわざ大金とたくさんの人手を使って
徹底調査を行うだけの動機を持ちえなかったというだけの話だ

同盟側とかでも、いちいち要塞司令官のヤンに対して要塞の空調管理のセキュリティについて
あれこれ国防委員会が再奪取されたくない一心で要求出してきていて外伝でヤンがうんざりしていた場面があったよ

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 15:31:17.87
絶対に物語の出来事には合理的な理由がある筈だという前提で話してるのか?
俺は単に作者がヤンを神算鬼謀の魔術師としたいが為にああいう突拍子も無い罠が出現したと思っているんだが?
つまり幾ら考えても作品の中に答えはないってこと
あんな思いつきのトリックを仕掛けてバレずに数年後に問題なく発動し見事奪還なんてのは
やっぱ破綻してるからね
氷にエンジン付ける作戦も同様にな

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 15:36:14.96
簡単に説明の付きそうに無い疑問に対して
「それはお話の都合です」というメタ的回答を受け入れるもよし、
「理不尽な点を無理矢理説明するスレ」的な解説を試みるもよし、
その辺は人それぞれだろう。

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 16:20:00.62
刑事ドラマで言うと爆弾処理で「2分の1のコードで、見事正解の方を切って残り2秒で止めました!」となったら普通ここでフィナーレだろ。
まさかその後「最初から止められる予定で、止めた時に真の罠が発動します^^」なんて想像しないだろ。

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 16:26:45.90
それはちょっと次元が違う・・・・・・機密・セキュリティの問題入ってくるし
アメリカがテロリストでもハッカーでもロシアでも何処でもいいけど、一度戦略核ミサイル基地乗っ取られて運用されて
その後同じ機材で運用を続けるか、とか

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 16:33:40.86
>>769
人それぞれだが、議論の相手を得たいと思うなら、一定の節度は必要だろう。チラシの裏に書いとけレベルの
妄言の応酬を続けられてもうぜぇし。
「理屈と膏薬は何にでもつく」という言葉のように、低次元な屁理屈に墜ちるのを厭わなければ理屈は何とでも
こねられるし、メタ的に合理思考で組み上げられていない描写は、どう弄ったって不恰好で無理のある理屈しか
つかない。
不恰好な理屈になる時点でそれは既に合理的でも何でもない「為するため」のモノになっている―そんな空論、
ネタとしてもつまらんわ。仮にもSF板のスレなんだから、合理的でSF的にエクセレントな落とし所を狙ってほしい
もんだな。それが無理な場合、「お話の都合の理不尽な設定」とした方がよっぽどスマートだわ(物語である以上、
そういう部分は避けがたく存在するわけだし、そもそもそれほどカッチリやる気がない作品だ)。
遊びとは、そういう引き際を弁える余裕があってこそだ。

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 16:40:45.52
議論に負けたヤツはすーぐ「ボクちゃんを納得させろ王子」になって
ヤダヤダし続ける限り負けてないつもりでいるんだから。

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 17:03:16.04
原作に忠実に考えてみると、
・コンピュータ技術は現代よりかなり劣っている可能性大。
 高がフェザーン航路局のデータをバックアップするのに、軍務省の
 緊急コンピュータ1台潰す必要があるなんておかしい。
・暗号技術もかなり拙劣。作戦中位にしか使わないようなので、どうやら
 かなり暗号化のコストが高いようである。これはコンピュータ技術が
 未発達であると考えればおかしくない。特に公開鍵暗号など電子署名に
 使える技術が無いか、逆に進み過ぎて無効化されているとしか思えない。
 大本営からの本物の命令をイゼルローンのルッツが見分けられなかった
 のがその証拠。電子署名が有効なら、いくらバグダッシュと言えども
 偽の命令なんて出せない。

と言う訳で、銀英伝の世界ではコンピュータ技術がかなり失われていると
いう仮説が成り立つ。その仮説を採用すれば、イゼルローンのコンピュータ
にトロイの木馬を仕込んでいたのがバレ無くてもあまりおかしくない。ウィ
ルスなんて技術も失われているのだろう。もっともそうなるとフレデリカは
記憶力が優れているだけでなく、天才ハッカーだと言う事になってしまうが。


775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 17:19:54.58
PCが職場でも一人1台ない時代に書かれた作品に厳しいのう。

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 17:58:59.02
>>775
時代よりも、作者の科学技術オンチぶりやSFセンスの問題だと思うな。
少しは自覚があったから、その辺は意図的にスルーして、それっぽくデコレートしただけのスペオペとして、
「英雄伝」の方に注力する方針をとったわけだよ。

いろいろな意味で似たw方針の作品が『銀河戦国群雄伝ライ』だわな。こっちはマンガ的にもっと徹底している
から、ツッコんでも空しいレベルになっているw

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:18:01.17
白兵戦における武器って戦斧しかないのかね?
戦国や三国志好きな俺としては槍や刀を装備したいw

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:22:17.02
フル装備の騎士が剣で死ぬか!
槍はハルベルトぐらいなら装甲割れるのかね。

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:23:17.77
超音波ナイフやソードくらいあってもいいのにな。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:23:57.13
ああそうか、ハルベルトも軍艦の狭い通路じゃ使えないか。
やっぱり斧か組み付いてナイフよ。

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:26:32.66
現代よりコンピュータ技術が劣っているとして
どうやって数万光年の宇宙を移動するんだ?w

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:27:53.99
戦斧よかゲームでよく出てくる大剣のが装甲服に合うと思うんだけどな。

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:28:42.35
歴史小説(架空)と見るか、SF小説と見るかで評価が分かれそうだな。
自分は前者として見てたから、その辺のSF設定については気にならんかった。
まぁこの作者は知識も関心も歴史特化みたいだから、SFの知識は実際無いんだろうね

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:34:11.54
戦艦の中って重力低めになってるのかな?
だとしたら装甲服ごと真っ二つの大剣とかもアリかもね。
隙がデカいから現実的ではないが、オフレッサーならなんとかしてくれる

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:36:20.81
金髪のモデルは曹操+ナポレオンか?
生き方はアレキサンダーに近いが。

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:37:28.49
重量低いなら重さで斬る大剣の威力も落ちるんでないの。

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:39:34.64
>>784
剣を楯にしてブラスターを弾くと言う戦法も取れそうだがなw。

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:39:59.13
.,r'  , ,r'  ,〃   _,,..  `ヽ,
     f゙、|`、 !、 〃f゙r' ィ; ニ=-≡、 ミ!
    j゙`=| ````⌒''"⌒``ヾ: 、  ミl
    / ,!イ             `ト、 |
   f゙ /i゙     。        トミ、゙!
   | /!     `ー'゙         !`ヾ,)
   ∨〈 -==、,,_   _,,ィ===、 |`>ミ!
    ゙>j :-=・=-冫 f -=・=-:.  i'゙,、iリ
   . |`! `ー '"/:  ` `` '´゙  !「l!リ
     l,{、    (.ハ-^     /'r',/
     ゙`i:、    ,ィ,、 ,..):、   ./ rt'
      ゙i,゙;  , _,.,_,,,_ 、   ,ト'′海江田君、君は忘れたかもしれないが
      l、  ゙  、__,.  ′ /.|  私はよく覚えているよ。
      |.\         ,イ |  どうにかして閣僚になりたいと、
      .」: ',\     ,r// ,」`'ト、私の家へ来た夜のことをね
    ,、イ ゙ヽ、  `‐::::::::::'"'゙_,、-'"  l \
  ,,/ i゙   `'-、.,_ _,、-''"      !  l\,_

 ナオ・トリューニヒト


789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:42:45.31
そらキミ、ブレイクブレイドの見過ぎやがな

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 18:45:32.39
何スレか前に俺が書き込んだ、メインコンピューターじゃなく
データ通信経路の途中に超小型機器を仕掛けた説がふたたび
脚光を浴びるときが訪れたようだな

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:01:07.21
>>785
確か、後書きの対談でナポレオン+アレキサンダーって言ってたような。
あと過去スレで、若くして死んだ天才用兵家ってのが霍去病っぽいって意見があったな。
こっちは単に老人のラインハルトが想像できないから、若いうちに死なせただけな気がするが

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:04:29.05
ヤンのモデルは誰だろう?

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:04:49.26
>>790
メインコンピュータのソフトに仕掛けたんじゃなくて
要塞の情報ネットワークのどこかのケーブルに超小型の機器を
設置されたら探すのも一苦労だろうな。総床面積は関東一円くらいで
ケーブル長は数万kmとかだったら。

別の作品でそういうように情報ネットワークの一部に仕掛けをして
そこからメインコンピュータを乗っ取るというのがあったな。

794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:05:12.53
>>781
コンピュータがしょぼくても、アポロは月へ行ったしシャトルは
低軌道まで人と荷物を運んだが。

推進方式と演算力には直接の関係は無い。開発には関係あるが、
一旦できてしまえば演算力は無くても良いとして矛盾しない。
戦闘機や自家用車にスーパーコンピュータは載っていないだろ?
多分銀河連邦の衰弱期に沢山の技術が失われたのだろう。多分
医学もね。大人の戦闘以外による死亡率が高いような。

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:10:54.55
金髪と義眼と智勇均衡と背中の革が厚い奴の4人が
無能無策無警戒だったって事でいいじゃん?

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:17:52.41
>>792
後書きにはっきり書かれてないから想像するしかないけど…
ナポレオンに負けないまま死んだ、ネルソンなんか近いんじゃない?

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:26:42.57
で、今よりコンピュータの劣った技術でどうやってワープするんだ?
今より劣っている技術で出来るんならなんで今出来ねえんだろうなあw
どうやって複雑な艦隊運動やるんだろうなあw

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:27:35.53
>>795
ロイエンタールにラグナロック作戦時の責任は無いと思うけど、戦後キュンメル事件の時に
ロイエンタールは統帥本部総長として国内の要塞を視察中だった。
このことから要塞はロイエンタールの管轄化であり平時における国内軍の皇帝代理である統帥本部総長には指示する責任はある、といえると思う。

また軍務省は国内の軍管区を再編中だったこと、軍の技術部門はおそらくこちらにあると思われるので補佐すべき責任はあるかと
で直接的には要塞司令官のルッツが対処すべきことだった
まあ最終的にはラインハルトが決断を欠いたと思うけど

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:35:10.86
>>774
一万光年もの広がりを持つ
銀河系スケールの国家の航路データだぞ
どれだけデータ容量が必要なのか想像もつかないぞ
しかもおそらく常にリアルタイム更新され続けているな

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 19:55:42.51
ヤンが縛りプレイしてなければ確実に宇宙の藻屑になってた連中だしな。
単純な仕掛け一つを見つけれないのも仕方あるまいよ。

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 20:00:32.71
だってヤンは最強なんだもんな

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 20:18:01.73
ヤンに対する後世の悪評あるなら、ラインハルトに対しても同等以上の悪評あるはずよな?
度重なる軍事遠征で犠牲になった人の数は天文学的だろし
それに見合うだけの人類の栄華をロ王朝が築けたとも思えない。

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 20:40:20.56
事後の話は妄想だなあ

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 20:42:20.08
>>802
天文学的って言いたいだけだろ―言葉は、意味理解してから使えよ。恥ずかしいぞ
ルドルフと、その後継者の作った犠牲よりはずっと少ないな。ロ王朝てのは極論、同盟とは別の意味でのゴ王朝
へのアンチテーゼだから、ゴ王朝打倒(というと微妙だが)と改革を為した事に意義がある。

>それに見合うだけの人類の栄華をロ王朝が築けたとも思えない。
思うのは勝手だが、「見合う」レベルってどれくらい? そんな国家が歴史上いくつあるの?
ちなみに、本編中の後世の歴史家の意見として、ラインハルトが出現していなければ、帝国は分裂し、群雄割拠
の状態になっていたろうとある。文脈的に、それよりはラインハルトによる統一とロ王朝の統治が混乱を生まず、
さらにその後の銀河の安定の一助になっていたととれる。

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 20:57:44.89
>>797
すげー極端な話すれば、コンピュータを並列に繋いで同時処理させればおk

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 20:58:40.30
別にあそこまで犠牲出して同盟を攻める必要はなかったよな。

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:02:09.59
まぁ侵攻前にほぼ詰んでたしな
フェザーンとイゼルローンで栓しちゃえば勝手に衰弱する
話的にはどうかと思うがw

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:02:47.90
ラインハルト独裁体制化における帝国軍戦死者数

要塞対要塞:200万くらい
ラグナロック作戦前半(ランテマリオ会戦まで):100万弱
ラグナロック作戦後半:300万くらい
マルアデッダ+イゼルローン陥落:数十万
回廊の戦い:300万くらい
ロイ叛乱:100万くらい
シヴァ会戦:数十万

戦死者全部で一千万人くらいかなあ。同盟側も合わせると1500万人くらいか。
その直前の796年、797年はまだラインハルト独裁時代ではないが両国で3000万人くらい死んでる。
この数年間で全人類の0.1%くらいが物凄い勢いで戦死したってのはすごい話かもな。
非戦闘員はほとんど死んでないわけだし。

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:12:26.95
>>808
その戦死者数を十倍にしてもルドルフの弾圧による犠牲者数の数に追いつかないんだよな…

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:15:56.44
まあ、そのルドルフの弾圧で、銀河は安定した政権が長続きしたわけだが。

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:16:25.80
ゴ王朝を倒し自国をより良く改革するまではいいだろうけど
関係ない他国を攻めなきゃいけない末端兵士とその家族の心境はどうなんだろな…

812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:18:59.62
>>811
その辺は銀河帝国正統政府の関係でノリノリだったんじゃね>心境

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:19:11.09
毎年数十万〜数百万死ぬ戦争が百数十年続いて、終わらせなきゃ今後も続いてたのでその点叩くのは不当だが
ラグナロック後の無駄な戦闘による死者については作中の登場人物の批判の通り

外伝だっけ、どこかでかキルヒアイスに無駄な犠牲を強いたりしない、とか約束してたのは、あれも皮肉なもんだ

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:22:28.06
>>808
この数字だけ見ると、常に同盟の数倍の被害を出しながら強引に制圧したかのように思えるな。

実際には万全の戦略で進軍しながらヤンという一人のイレギュラーのために戦死者が
数百万人増えたたわけだが。

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:22:40.69
相手を滅ぼさんでも戦争は止められるだろ

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:24:36.56
>>811

@皇帝の敵は俺の敵!皇帝のために死ぬなら本望!
A同盟が無くなれば戦争も無くなるな!子供たちのために頑張ろう!
B貧乏貴族が皇帝wwウハww俺も立身出世のチャンスww
C戦とかやだなーでも周りの連中皆皇帝万歳だし行かないと殺されそうだなー
D戦争なんてやめて!争わないで!

こんなとこかな

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:34:54.64
ぶっちゃけキルヒアイスが生きて、ラインハルトが死んでた方が良かったな。
そーすりゃ帝国と同盟で和平が成立、無駄な犠牲出さず宇宙に平穏が訪れ
キルヒ個人も何の気兼ねなくアンネローゼといちゃいちゃ。

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:38:16.97
帝国が内乱状態に突入するだろjk

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:38:38.74
キルヒアイスが生きてりゃラインハルトが死ぬ必要ないし
ラインハルトが死んでりゃキルヒアイスに他の連中が従う義理ないし

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:41:41.07
ぶっちゃけラインハルトが嫌いなだけです

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:42:54.22
キルヒアイスは王佐の才であって、覇王でも徳王でもないからな

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:48:37.18
もしアムリッツァの敗戦がなければ
もしキルヒアイスが死ななければ
もしレンネンが弁務官じゃなければ
もしヤンが暗殺されなければ
もしトリューニヒトが死ななければ
もしフェリックスが成長したら

妄想を掻き立てられるな

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:48:45.67
>>819
No.2を新たに担いでまとまろうとはするんじゃないか?
それとも、もはやここまでと、リヒテンラーデに取り入ろうとするか?

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 21:56:19.80
>797
だから、今の自家用車は複雑怪奇なエンジン内部の状態を逐一シミュレーション
しながら走っているか?って話。原理は複雑怪奇でも、物としてできてしまえば
大した制御はいらないと言う事。

コンピュータ技術が失われた為に、1万光年を越えるワープ機関が作れない可能性
だってある。



825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 22:06:39.64
馬鹿馬鹿しいのでスルーしてる事に気づくのはいつであろうか

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 22:37:29.36
>>783
初期のSF短編とかでも科学的記述はほとんどなかったしね
ただ、センスオブワンダーはちゃんとあったから、SFとして読めたけど

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 22:40:20.01
>>802
キルヒアイスを絡めて批判した歴史家はいるっぽい
「これラインハルト激怒しね?こいつラインハルトと同時代に生きてたらヤバくね?」
と地の文にあったから、かなり強い批判もあったんだろう

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 22:45:20.37
SF作家か
アーサー・C・クラークの「2001年宇宙の旅」シリーズは、あの当時の先見性の高さに驚いたけど
そういうSFに特化した作家じゃなければ別に気にならないな

今現在、人型汎用作業用ロボットがないからって、ゆうきまさみがどうこうとは思わないでしょ?

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 22:52:06.34
つか科学考証担当する人いなかったのか?

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 22:53:17.18
>>807
>フェザーンとイゼルローンで栓しちゃえば勝手に衰弱する
するかな? あれだけの国土と国民は丸々残っているんだから国力もそうそう低下しないだろうし、イゼルローン
みたいに考えるのはいかがなものか?
フェザーン資本と切り離されて一時は混乱し、沈むだろうが、昔の状態に戻るだけと考えれば、いろいろと健全
化するチャンスとも言える。
戦争してなきゃ、やりなおしてぐんぐん再建という可能性も高いと思うぞ。
その可能性を考えれば、確実にドンゾコってあの時期に征服しておくというのが一番犠牲が少ないだろう。



831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 22:56:16.34
あとがきにあったけど、作者は近代戦には殆ど興味が無いらしい。
あくまで宇宙を舞台に用兵を競い合う、スペース三国志をやりたかったんだろうな。
重火器を使えないようにゼッフル粒子なんてもの出したり、
本格SFを書くつもりは最初から無かったんだろうね

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 22:59:23.63
>>829
それはいないだろ
真面目に考え始めると、ヤンの氷とか実現不可能になる

バサード・ラムジェットのバスケットのサイズにもよるけど、吸い込んだ星間物質の全質量をエネルギーに変換できたとしても
恒星系内という近距離で光速の99%なんて、実現できるかかなりあやしい

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 23:00:51.21
出鱈目だろあんなもん
真面目に屁理屈こねる奴はどうかしてるぜ?
まあそういう奴が居てくれたほうが作り手としてはしてやったりだろうな

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 23:03:38.08
むしろこっ恥ずかしいからやめてくれ、と頼みそうだが

835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 23:05:37.62
まぁ批判はともかく考察するだけなら良いんじゃない?
空想科学読本みたいなものでしょ

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 23:09:18.09
自分でも信じてなさそうな科学技術考察はちょっと・・・

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 00:00:00.58
大体、戦艦の図体が1000メートル超えるんだろ?
だったら、あの広い宇宙空間なんだから、120メートルぐらいにして
的を絞らせないようにすればいいのさ

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 00:02:23.75
>>837
光秒単位で撃ち合うんだから、1000m超でも点だよ。

839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 01:03:01.07
http://twitter.com/#!/frnk/status/162694946493693953/photo/1

840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 01:05:48.16
すまん誤爆した

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 08:51:48.92
>>837
原作では戦艦のサイズには言及がない
「1立方キロメートルの氷は戦艦より遥かに巨大」
「戦艦の高さは60階建てのビルに匹敵する」
この辺から推測するしかない

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 09:05:17.95
>>822
書かれた話に対するたらればと、書かれてないたらればを
同列に並べるって頭悪いな。

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 09:07:36.15
子供の頃に高層ビルの代名詞だったサンシャイン60さんは元気でやってるだろうか。

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 10:17:48.33
なくなられたという話は聞かないな

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 10:19:12.05
>>841
「宇宙船の形状は球形を基本とし、上下左右対称」
も追加しておこう

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 10:39:23.23
あれ?銀英伝の宇宙船ってまるぺと同じだったっけ?
カバーイラストでは球じゃなかったような

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 10:44:05.12
球形だと平面でドンパチするスタイルに合わないだろ。
細長い卵型に砲塔が生えてる形じゃないの。

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 10:50:39.60
ペリー・ローダンかよ。
そんな記述どこにあった?

849 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 11:22:20.62
>>848
要塞対要塞の終盤だね。ただ艦船が丸いって記述はないよ。
1巻の記述では巨大な塔を横にしたような戦艦とあるな。

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 11:25:23.09
メカの形状はアニメ版でいいんじゃね。
ぬえが芳樹のアレな分を補ってるんだから。

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 11:37:47.56
>>849
駐留艦隊の出撃をシュトックハウゼンが眺めてる記述だな。
少なくとも帝国はそんな形状なんだな。

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 11:56:22.62
べき論優先して原作無視は遺憾

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 12:38:27.66
原作に記述がないんだから、想像で補うかアニメの設定を受け入れるかの
いずれかしかないでしょ。
主砲3連斉射(?)という言葉が頻出する所をみると、ガイエはヤマトのイメージ
を脳裏に描きながら書いていた可能性だってある。

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 12:42:02.38
記述あっても無視してるからなw

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 12:44:10.95
> 主砲3連斉射

主砲斉射三連では?

856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 13:24:37.72
>>846
加藤直之ディスってんじゃねえよ。

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 15:37:45.72
>855
そうそう、それそれ。
Thx.


858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 15:56:30.29
本スレがどこか分からないのでここで聞くんですが
今から原作小説を揃えようとする場合、どうやって入手するのが一番安くて済みますかね
アニメをちょっと見たら面白そうだったので、原作で読もうかと思ったので

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 16:10:44.10
図書館・古本屋・

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 16:12:18.22
何度も再販されてたから古本屋などには結構あるんじゃないかな

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 16:13:58.71
安く済むのは新古書店だろうが、少しは出版社に貢献してやれ。>>858

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 16:14:50.41
新刊だと東京創元社の創元SF文庫が今でも入手しやすいだろう

古本でいいなら探せば徳間ノベルズ版が一冊100円とかで安く手に入る可能性もあるが
最近はブックオフでもあまり見かけなくなったかな

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 16:19:28.80
昔気質の古本屋の方がありそう

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 17:57:19.96
中坊ん時に読んだヤツは挿絵がどんどんガキっぽい絵になっていったな〜

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 18:03:31.20
>>859-863
ありがとうございます。
古本屋を探してみて、揃いそうになかったら新しいのを買います。

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 19:32:56.83
>>865
アニメの一期はかなり原作と違うけど、原作も面白いよ。

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 19:35:05.02
便乗して尋ねるけど、徳間デュアル文庫のハンドブック
これってエンサイクロペディア持ってたら、必要ないですか?
アマゾン見たら、中古なのに新品の値段より高い・・・・

徳間ノベルズ持ってるけど、イラストたくさんの徳間デュアル文庫版の
道原イラスト見たいんだが、古本屋行ってもなかなか見かけない・・・・
本屋で新品ではもう売ってないし

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 20:02:49.27
> 徳間ノベルズ持ってるけど、イラストたくさんの徳間デュアル文庫版の
> 道原イラスト見たいんだが、古本屋行ってもなかなか見かけない・・・・
> 本屋で新品ではもう売ってないし

全部、尼に中古の在庫あるじゃん。

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 20:13:17.30
>>868
だからもう徳間ノベルズで持ってるから、イラストだけに買うのはもったいないしさ
持ってなかったら、中古で買うけど

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 20:45:51.01
>>869
では、いったい何がしたいのだ?
立ち読みでイラストだけ見たいのか?

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 21:14:49.16
銀英伝で一番残酷なシーン。

それは、出征の前に「プロージット」と言って、
グラスを床に叩きつけて割るシーン。

おい、ラインラルト。
掃除機でグラスの破片を片付ける兵士の気持ちを考えてそれやめろ!

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 21:18:13.48
>>870
アマゾンも中古でも一冊250円位するしさ、小説持ってるから買うにはもったいないし
イラストだけ見たいって、なんかそんなに責められなきゃならないような事言ってるか?
中古でも全巻揃えるには金かかるし、お金なくてすみませんね

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 21:23:38.93
>>871
原作では描写が無いが、アニメではお掃除ロボがあったな。

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 21:45:06.83
>>871
ついでに言えば、ラインハルトは激昂するたびに
ワイングラス床にたたきつけてたような。あれも
ひどいもんだ。飛び散った破片がヒルダに当たったら
可哀そうじゃないか。ひょっとするとアニメ限定かも
しれんけど。

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 21:51:22.12
原作では床に唾を吐いてたな

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 22:00:35.11
>>872
じゃあ図書館に行きなさい。
最近は地元になくても広域で自治体同士融通できるのが多い。
オンラインで蔵書確認できる所が過半。

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 23:23:24.27
>>875
アニメでもある
新皇帝が赤ん坊でその親父が借金取りに追われてて和解させろってとこね

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 23:24:13.09
>>873
原作でもクーデター前のハイネセンの公園には清掃ロボットがあったよ
まあ帝国なら箒とチリトリで片付けても不思議じゃないが

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 23:28:26.19
>>877
正確には借金取りじゃなくて訴訟を起こされている

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 00:04:25.77
>>862
徳間ノベルズ版で本編そろえたけど
外伝が1巻と3巻しかねぇ…orz

今外伝を新書で全巻そろえるならどこがいいかな?

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 00:11:05.21
ヤフオクだったら全巻セット(外伝付)のヤツが出品されてたんだけどね

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 00:17:35.28
ラインハルトは漫画を読みますか?

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 00:23:39.75
あの世界にマンガという文化が残ってるかどうか。

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 00:47:37.50
無くなる理由がないと思ったが
帝国統治下で規制とかあり得るか

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:12:32.26
原作に何回かラインハルトとヤンとユリアンを比べる描写があったけど
作者的にはラインハルト>ユリアン>ヤンにしたかったのかな?
ヤンが結局終盤まで生き残ったらユリアンがおまけみたいになったけど・・・

886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:20:08.32
いい奴ほど早く死ぬっていったろ!


887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:20:32.76
>>885
予定では、もっと早くヤンを殺して、ユリアンと交代のはずだったらしいからねぇ。
後半はラインハルトvsユリアンの構図で行きたかったんだろうけど、結局ヤンは8巻まで生き延びて、ユリアンは
オマケになっちゃいました、と。


888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:22:00.78
>>887
どのタイミングでヤンが死ねば、ラインハルトvsユリアンが成り立ったんだろう

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:29:38.10
ヤンの死んだ時期は間違ってなかったと思うがその後が長続きしなかったのが敗因じゃない?
アニメで言うなら150話以上にすればユリアンにも見どころが作れたが
いかんせん第4期はネタに詰まってしまってあれ以上膨らますことができなかったんだろう

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:32:52.10
ラインハルトの発病で回廊の戦いが終わったことになってるので
そこからダラダラと70話分もかけて死なすわけにはいかなかったのもありそう

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:33:16.76
>888
同盟が存在している限り、ユリアンが指揮を取ることはあり得ない。
同盟が崩壊しても、ヤン艦隊以外に元同盟艦隊が反帝国活動を行なっていると
ユリアンが指揮権を確立するのが難しくなる。
結構難しいと思うがな。

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:35:25.26
ユリアンとラインハルトの唯一の直接対決のシヴァ星域会戦は
回廊内でもなく、ヤンが率いているわけでもないのに1万隻にも満たない
イゼルローン共和政府軍が善戦してるのが謎だよな。

皇帝が病気だろうがなんだろうが、ビッテンフェルトやアイゼナッハが
攻勢をかければまともな戦いにもならない戦力差のはずなんだが

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:35:53.09
田中が「ユリアンって思ったよりもつまらんキャラだったな」と気付いたから膨らまなかったに一票

器用貧乏は使い道に困るわな

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:37:32.71
>>892
そいつらがカイザーの指示待ちだったから機能しなかった

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:39:37.82
俺、ラインハルト即位〜ヤン死去までの話が一番好きなんだよな
そこの部分が短くなるなんて考えられない

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:47:29.08
エルファシルが独立したり、ヤンの元に戦力が集まってきたりしたのも
結局ヤン個人の求心力だけっていうのを描きすぎて、
ヤンが死んだ後は組織半壊ってのも必然的にしちゃったからな。

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 01:48:26.07
とっととヤンが死んでユリアンと交代していたとして、今ほど人気が出たものだろうか

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:02:15.80
当初の予定から狂った?とされるもの

キルヒアイスの早すぎた死
殺し忘れたビッテンフェルトとポプラン
思ったより長生きしたヤン
思ったよりおまけキャラになってしまったユリアン

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:02:53.75
ユリアンって基本的に人気ない

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:04:20.21
ユリアンじゃカリスマ性が足りない
実績的にも人格的にも
作中だけじゃなく読者人気的にもな
予定が狂ったというが、その方が良かったんじゃないか

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:04:25.72
>>898
ポプランはともかくビッテンは殺したら叩かれるだろ

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:05:04.93
ヤンの存在が作中どころか読者に対しても大きくなりすぎたからな。
最初の構想と違うにしてもそれでいいと思うが。

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:08:45.49
キルヒアイスの場合、殺したのは予定通りだけど後から後悔したっていうことで
狂ったというのとは違うんじゃないか

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:09:09.60
ユリアンみたいな凡キャラを残して描くことで
これが民主共和というもんですよっていうイメージを表現したかったんじゃないの?
だから最初から狙って凡キャラにしたんでしょ
人気が出なくてもそれは織り込み済み
専制君主の華やかさとの対比を際立たせるという役割として置かれただけだと思う

905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:11:08.28
民主共和制の看板の割にはヤンの存在がでかくなりすぎたからね

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:14:20.17
>>904
ユリアンが凡キャラってお前は何者だよwどう考えても凡キャラじゃないだろ
ヤンにユリアンは帝国に生まれていたらラインハルトのもとで帝国元帥になれると言われ
ヤンが死んだ後のイゼルローン軍の指揮をとってラインハルトから内政自治権を勝ち取ったんだぞ

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:14:39.11
ヒーローじゃないヒーローを作るのって技術的には最も大変なことだよな

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:16:26.94
人間的な魅力の話じゃないか?
ユリアンは可もなく不可もなしという言葉の権化のようだからな
個人的には嫌いじゃないがヤン艦隊のメンツの中じゃどうしても埋没するというか

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:16:56.46
>>906
後者はほとんど大まけだけどね

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:18:22.15
ヤンが人望もチートな感じだったしな
まあそもそもヤンと比べるからダメなんだろうが

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:19:19.88
ユリアンの軍事的才能についてはケスラーかミッターマイヤーくらいはありそうだよな

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:20:22.99
キルヒアイスは三長官を兼務する予定だったが
いくら有能でもそんな事可能かよ
さすがに艦隊司令の方は無理やろ

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:20:38.14
ケスラーかミッターマイヤーって幅でかくね?

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:21:23.02
間にミュラーが入るからなあw

915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:22:09.49
ケスラー〜ミュラーあたりが妥当じゃなイカ?

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:22:19.20
ユリアンに関してはコーネフとヤンの会話(才能があっても環境で云々)とか、
ヤンの存命時はヤンをも超える天才少年に見えたが、実際後を継いだらなんか
ヤン語録を布教する宣教師みたいになっちゃったっていう地の文の記述なんかが
作者の失敗を代弁しているのかもしれない。

凡人の方が民主共和体制には・・・というにはユリアン各種能力が高すぎる気がするし。

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:24:32.02
ヤンが生きていればそのうちユリアンは師を越えたかもしれないが、不敗のまま死んで神格化されてしまったからね

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:24:36.40
民主主義でも結局当選するのはそれなりにスキルの高い奴だから
その枠内として考えるんならユリアン程度のスペックでもアリだと思うけどねえ

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:26:02.97
もともと帝国なんか上級大将以上のキャラはどいつもこいつも少なからずチート要素持ってる

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:28:48.10
ユリアンの「いわゆる天才ではないが器用だから何やっても優れる」という設定を
どこまでうまく表現できたかなっていう議論だよなこれw

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:32:06.10
あんだけヤンのイエスマンとして教えられる立場だった子が
突然ヤンみたいに他人に説教臭くなったらラインハルトの髪が伸びた以上に違和感があるから
ああいうキャラのままで落としておかないとダメだったのもあるだろうし

でもそれではあまりにも様にならないということで、ちょっとだけ興奮させたりしたよね

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:35:23.66
読者視点で見ると、ヤンは始めから完成してて無敵。
ユリアンはヤンの従卒時代、初陣、初めてヤンを離れての行動、初めての艦隊指揮など
成長を描いていったらなんか普通になっちゃった。

こういう面もあるのかもしれない

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:39:04.09
ユリアン育成ゲームを作るべきだな!

自分好みのユリアンに育てられます

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:45:23.87
せっかくだからもっとショタ属性を強くしておいてもよかったかも知れない
これもほんと中途半端で浮き足立っちゃってはっきりしない子だよほんとww

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:45:53.77
>922
たしかにヤンは無敵すぎだよな

ヤンは全知全能ではなく、とか水晶の球を報いて未来を見たからではない。
とかいう表現が8巻にあるけどラインハルトの作戦完璧に見抜いてるあたり全知全能で
水晶の球を見たとしか思えないんだよな

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:52:04.62
基本的にチートキャラしか根強い人気は得られないよね
その民衆の性質が銀河帝国を生むし、同じく銀英伝人気をも生んでいる

皮肉な話だが、だから愚民だと呼ばれるようにもなるわ

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:52:52.31
ユリアンは艦隊司令官より、革命の成果を守るための政治将校とか公安委員会の方が
らしいよな。

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:55:29.21
この作品って「民主主義っていいよね」というメッセージよりも
「暴君は困るが名君なら民主主義よりももっといいよね」
というメッセージのほうが強い気がする

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:57:18.61
しゃーない
娯楽作品ですから

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 02:59:51.93
そりゃそうだ。売れてナンボだ。

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 04:18:32.95
>>928
それ、この作品の命題の一つじゃね?
作中でも「最悪の民主主義政治と最良の独裁政治とではどちらが良いか?」って会話あったし。

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 05:48:20.51
この作品のメインは実は「テロとの戦い」
皇帝暗殺未遂とか館炎上とかロイエンタール反乱とか交通インフラ麻痺とか麻薬とかヤン謀殺とかワーレン殺害未遂とか
一貫してテロの怖さ、暗さを描いている
そうこの21世紀の世界情勢を予期していたのさ

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 06:54:12.49
火器がダメならボウガンを使えばいいのに

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 08:18:11.49
>>932
イゼルローン不法占拠もテロだろ

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 08:44:22.52
>>934
2回とも、所属する政府の命令による正規軍としての
作戦行動でしょうに。
破棄予定艦強奪はテロかな。

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 09:45:51.45
2回目はコーエーの三國志で野党が城を強奪したのと同じでないの。

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 09:48:03.59
一応エル・ファシル革命予備軍としての活動だから、
エル・ファシル独立政府を正規の政権と認めるかテロリストが独立正府を自称してるだけと
捉えるかによるんじゃないのか

938 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 09:51:38.53
>>912
ラインハルトが兼務してたんだから、能力的に同等のキルヒアイスなら可能じゃね?
一時期のラインハルトって
軍務尚書・兼・統帥本部総長・兼・宇宙艦隊司令長官・兼・帝国宰相
だったような

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 09:54:36.42
「革命予備軍」ってどう考えても怪しいテログループの名前だろw

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 10:12:39.02
キャラの設定的にヤンが戦争以外は何をやっても良くないとしちゃったから、
ユリアンをヤンに対比させるのは難しかったんだろうなと。

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 10:30:27.59
>>928
だから日本のラノベ娯楽として一時売れた以上にはならなかった

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 11:06:42.84
>>937
現在みたいに多数の国家があるわけでなく2つしか国がなく
しかも互いに相手を国家として認めてない世界だから、何を
持って正規の政府とするかは難しいね。ゴ朝は民衆の支持と
正規な選挙で成立したんだっけ? ゴ朝からみればラインハ
ルトのやってることはテロになるのかな。門閥貴族の反乱に
乗じて2長官を逮捕してたけどあれは法的根拠にもとずく行
動なんだっけ?

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 11:11:22.59
専制君主国は中国台湾より簡単。
皇帝を自勢力に擁している方が正義でしょ。

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 11:12:27.80
外伝にリン・パオ中将やユースフ・トパロウル中将って出てくるんですが、
リン・パオって人はヤンて人と同一人物なんですか?性格が似たタイプかと。
まだ読み始めたばかりのド素人です。話の腰を折ってごめんなさい。

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 11:29:41.13
>>939
アッテンボローは「起こしたやつは、反革命罪で銃殺」なんて言ってるからなー。

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 11:30:25.53
リン・パオとヤンはどう見ても性格似てないだろ・・・

リン・パオはどっちかというとアッシュビー系の印象があるが

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 11:51:26.78
>>928
民主主義の良さが何も伝わってこないよな〜

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 12:06:26.03
>>946
ボヤキのユースフでしょう

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 12:26:40.13
>>938
ちゃんと代理がいたよ

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 12:55:14.15
>>924
あの養育制度はヤンにその気があったらやばったなw

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 12:57:06.11
>>950
さすがにそういう性癖がある人間は里親から除外されるんじゃないかな。

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 12:58:12.14
>>950
キャゼルヌもその辺は配慮してるんだろ

しかし、孤児をどこに送るかの差配を少将自らやってるって忙しすぎるよな

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 14:01:25.00
>>924
まあ、年月流れていくタイプの作品だから、そこは仕方ない。
>>952
規則上決定するのはキャゼルヌでも、
実務上は下の尉官佐官級が手配して本人は承認するだけ、みたいな感じなんじゃない?
ただ、決定権は持ってるからユリアンみたいなことも本人の権力でできる、と。



954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 14:12:12.71
自分の部下だったからだろ>ユリアンパパ

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 14:13:31.71
フリードリヒは本気になるとソコソコやる能力があったのか、単に状況を理解するのが得意だっただけなのか、どっちだったんだろ?
ラインハルトの叛意をほぼ確実に洞察してたり、外伝ではゴゴゴゴゴって感じでラインハルトにプレッシャーを感じさせたり
単なる無能じゃない演出はそこかしこにあるんだが

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 14:16:34.15
>>954
キャゼルヌ的には
「ミンツ大尉の子供だしウチで引き取るか」
という選択肢もあったわけだな
それはそれで、悪くない人生だった気がする

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 14:19:30.73
>>946
リン・パオはヤンとポプランとシェーンコップを足して2で割った感じかな。

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 14:23:29.23
>>957
2でしか割らんとは、随分と濃いいキャラだな

959 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 14:46:03.77
アニメの話で恐縮だがDVD版は濃いな。LD版はクールな風貌なんだが。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 14:54:14.56
>>952
そもそも独身は対象にならないのだが「手違い」でヤンのもとに
キャゼルヌは民主制を結果として救った。

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 16:47:21.83
独身で艦隊勤務の人間に預けるとは実に謎

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 16:55:10.95
>>961
独身者に子供をつけたら婚期も遠のくだろうし、普通に考えれば誰得状態だもんな
ユリアンについては結果オーライだからまあいいとして

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 17:06:07.38
トラバース法って軍関係に就職しないと養育費を支払わなければいけないんだっけ?
酷すぎるというか、遺族年金とか出ないのか、あの世界は。

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 17:06:27.31
ヤンも10年で100回以上の戦闘に参加して家にほとんどいないし、ユリアン・・・・・・

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 17:14:43.72
>>964
ユリアンがDQNだったら預金全額消えてるだろうな

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 18:02:06.33
>>898
ユリアンの年齢を少し上げて、イゼルローン行った時には、軍人になってヤンの後継者としての才能も現す。
キルヒアイスが死なない展開で、バーミリオンでラインハルトを守ってヤンと相打ち。
戦後、ユリアン地球に行かず(この展開、ボリスとの縁以外、ほとんど機能してないからね)、ヤンの部下だった
連中が粛清されそうになったので、ユリアンがまとめて決起。
―こう修正すれば、初期構想にちかくなると思う。

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 18:09:49.83
>>966
ユリアンの年齢を上げると、ヤンの養子になる時期も早くなるから、
導入部がかなり変わりそうな気がする

968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 18:33:17.72
ユリアンは、ヤンの被保護者であって養子じゃないだろう?
小説の中でも二つがゴチャになっているけど・・・・・・。
正式にというか、法的にはユリアンは養子になっていないと思うが?

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 18:39:21.37
ずっとミンツのままだったね
ユリアンの方から(養子縁組を)申し出ても、特に不自然じゃないとは思うけ

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 18:43:31.59
もうコリアンの話はイイヨ

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 18:46:47.91
>>952
ユリアンパパってキャゼルヌの元部下でしょ?
そういう背景もあったんじゃね?

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 18:47:29.47
ローエングラム王朝って宇宙艦隊副司令長官いたっけ?

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 18:51:12.73
?
「提督 僕を提督の養子にしてください」と
ユリアンが言うのか?
いくらなんでもおかしくないか。

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:02:14.00
ユリアンが、ヤンの養子になったら
ヤン・ユリアン と呼ばれるのか?

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:12:00.53
なんでやねん

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:14:53.75
前王朝の失敗はラインハルト元帥に半分の9個艦隊を与えたことだ

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:17:15.59
狙い通りだから失敗じゃない。

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:20:58.46
>>977
意味不明。バカ?

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:22:14.11
>>976
預けた甲斐あって、同盟8個艦隊の侵攻を9個艦隊で
持って撃滅してくれたじゃない。

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:25:22.19
>>979
その後ゴ王朝まで滅ぼしただろ。これが失敗じゃなくてなんなんだ。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:26:49.70
ミュッケンベルガーだったらアムリッツァ迎撃失敗してたと?
どうなんだろうな……
フォールとロボスの立案に負けたらもう処刑もんだわ

982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:28:55.63
フリードリヒ四世の思惑通りって意味だべ
まぁ解釈が微妙なところではあるが

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:30:16.93
>>974
フレデリカ・グリーンヒルが結婚してもヤン・フレデリカにならずに
フレデリカ・G・ヤンだったから、元の姓名表記順を優先して
ユリアン・M・ヤンじゃなかろうか

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:31:16.15
>>983
語呂わりーなw

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:31:27.25
ミュッケンが迎撃に当たる場合、指揮下にまともな提督がいなそうなんだが。
ファーレンハイトくらいか?

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:36:36.32
>>980
失敗というか、現体制が続いて欲しいと願う人たちにとっては、
帝国同盟ともに半分くらい(4個艦隊づつ)討ち死にしあって、
痛み分けで何の成果も無いまま休戦状態になったほうが、
宇宙は統一されないままずるずると鼎立状態が長引いただろうってことだろ。

応仁の乱かクリミア戦争のあとみたいな雰囲気だが、
これで一番喜ぶのは両体制の搾取階級とフェザーン商人だな。

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:44:15.08
一番儲かるのは、軍艦や兵器を建造している武器商人
じゃないか。
フェザーン商人は、貿易商という感じなんだが。
まぁ 裏で支配しているというのもあるかもしれんが。

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:48:35.64
>>986
フェザーンはルビンスキー以前はそうしてきた。
ルビンスキーの時代にそのバランスが崩れた。
つまり自治領主としてルビンスキーは無能。
バカバカしいのはラインハルトの意図に気付いて置きながら
有効な手を打たなかったこと。

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 20:29:43.51
>>981
撃退していたかはともかく、回廊出口付近で待ち構えて決戦やらかして、相応に損害も出していたろう。
ま、同盟もそんな展開をアテにしていたようだが。

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 20:36:01.71
>>988
>バカバカしいのはラインハルトの意図に気付いて置きながら
>有効な手を打たなかったこと。
ミュッケンベルガーが任されていれば、門閥貴族通して圧力も掛けられたろうけど、ラインハルトはそういう弱み
がないからな。
ラインハルトが動いたのも貴族側から批判が出るギリギリのタイミングを見計らってだから、手を打っても突っ込
まれる隙はなかったろ。


991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 20:36:36.80
帝国軍正式艦隊18個艦隊、一斉に出動できるのは半分としても9個艦隊が繰り出せるんだから
回廊出口で正面切って勝負すれば負ける道理が無い。

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 20:38:04.77
>>991
アスターテで同盟軍が負ける道理もなかったことになるな。

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 20:38:43.51
皇帝誘拐事件は、フェザーンも地球教も同盟も門閥貴族残党の誰も得しなかった。
何で推進したのか不思議なレベルの大自爆。

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 20:44:39.39
補給と通信を無視した素人なら負ける訳ないと思って出口で待ち構えるだろうな

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 20:48:18.82
国力・軍事力で大きく優勢な側が焦土作戦なんか取るほうがよっぽど変だけどな。

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 21:08:21.31
>>995
国力・軍事力で大きく劣勢な側が焦土作戦なんかできないと思うが。

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 21:32:46.20
占領地での補給をさせずにに自前の物資を食いつぶさせ敵を撤退に追い込むだけだから
必要なのは逃げ続けられる広大な領土くらいだろ


998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 21:37:21.59
ついでに冬将軍がいれば、ほとんど戦う必要もないな。

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 21:38:49.02
回廊出口で正面決戦したらヤンやビュコックら猛将と戦うことになる
ラインハルトならともかくミュっけんベルガーなら負けるわ

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 21:48:39.85
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

242 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)