2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ライトノベルレーベルのSFを語るスレ

1 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 12:11:11
語りたい人がいるようなので語ってください。
ソノラマ、徳間、電撃からJAのラノベ寄り作品までご自由にどうぞ。

2 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 12:52:46
ラノベはうんこ。くそ。害毒。

3 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 13:46:58
早川スレで1000とった連投してるやつ
ここで好きなだけラノベでマッチポンプしててくれよ
どうせろくにSF読んだことないんだろうから

4 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 13:53:04
>>3
顔真っ赤だぜww

5 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 13:57:48
>>4
なんで顔真っ赤になる必要があるんだ?
お前用のスレなんだから好きに使っていいよ

6 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:05:41
>>4
だからさ、実際に読むべきラノベを挙げてみろって言ったら出てきた
『紫色のクオリア』がさ、何番煎じかでくだらないと言われてるんでしょ
それに反論してみろって言われてるの。反論できないくせに煽るだけ
だからろくにSF読んだことないとか言われるんだよ?


7 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:07:08
悪いけどここまで俺の自演でした^^

8 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:11:13
IDの無い板はクソだなぁ

9 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:12:12
>>7
ろくにSF読んだことないアニオタラノベオタだって認めなよ
なんでSF板を荒らしてるの?

10 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:12:14
糞なのはラノベ信者だろ

11 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:14:14
ラノベすら語りたいわけではないんだろ
SF読みたいスレ荒らしてるのと同一人物だね

12 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:15:42
>>10
ラノベラノベ叫んでおいて、実際的な話になると何も話せないからって
「ラノベはSFじゃない」みたいなことを自分で叫んで流そうとする
荒らし以外の何者でもないだろう

13 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:16:53
>>12
だからさ、実際に読むべきラノベを挙げてみろって言ったら出てきた
『紫色のクオリア』がさ、何番煎じかでくだらないと言われてるんでしょ
それに反論してみろって言われてるの。反論できないくせに煽るだけ
だからろくにSF読んだことないとか言われるんだよ?

14 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:17:43
>>13
それ、お前へのレスなんだか?

15 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:21:16
>>14
ラノベラノベ叫んでおいて、実際的な話になると何も話せないからって
「ラノベはSFじゃない」みたいなことを自分で叫んで流そうとする
荒らし以外の何者でもないだろう

16 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:25:26
>>15
それもお前へのレス

17 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:26:51
悪いけどここまで僕の自演でした^^


18 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:28:05
>>16
だからさ、実際に読むべきラノベを挙げてみろって言ったら出てきた
『紫色のクオリア』がさ、何番煎じかでくだらないと言われてるんでしょ
それに反論してみろって言われてるの。反論できないくせに煽るだけ
だからろくにSF読んだことないとか言われるんだよ?

19 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:31:20
はいキチガイが釣れました
っていう構図だね

伊藤けいかくスレでハルヒのパクリ言ってるやつもこいつかな
SFなんて元から興味もない。煽りたいだけのキチガイだ

20 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:33:15
まともに話すらできないレベルだなw

21 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:39:11
ここはワシはSF爺じゃがラノベ読むよと言ってた人の出番だろ
紫色のクオリアを擁護しろよ。俺はしないが

22 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:42:27
だからラノベを読む人間は嫌いなんだよ

23 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:43:20
昔のパルプマガジンの糞SFと比べれば、
ラノベSFはそう悪くない
というか、「スタージョンの法則」でおk

24 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:50:55
マジキチだな

25 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 14:59:25
アニオタ隔離スレとして機能してるんだから
ここもラノベオタ隔離スレとしてちゃんと機能してくれることを望む

26 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 15:00:08
アニメスレはアニオタ隔離スレとして機能してる


27 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 15:47:53
>>19
伊藤けいかくはハルヒじゃなくてMGSのパクリですよねー
後で公式二次書かせてもらってたけどw

28 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 16:02:39
SFだとかSFじゃないとかラノベだとかラノベじゃないとかはどーでもいいけど、
ハヤカワスレでそれを議論してたのは明確なスレ違いだな。

29 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 16:29:52
早川ちゃんスレに限った話じゃないけど、○○(任意の日本人作家や作品)はラノベwww
って煽られると頭ゆだっちゃってスレタイも見えなくなっちゃう人がいるから…

30 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 20:28:33
ついに隔離されたかラノベオタ

31 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 20:46:28
語るにしてももうすこし建設的に語れないのか

32 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/23(火) 20:50:01
ラノベバカは文字通りバカで能無しなんだから建設的なんて無理。

33 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/24(水) 01:09:10
「猫の尻尾も借りてきて」もここでいいのか?

あの時期のソノラマ文庫で出なければもっと注目されてたよなあ。
どっか出してくれないかね。

34 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/24(水) 13:06:48
猫の尻尾は復刊しないのかなあ
読みたい

35 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/24(水) 18:15:25
タイムリープ、君がいる風景、とか時間ものにいいのが多いな。
エマノンも今は徳間デュアルだし。


36 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/24(水) 19:03:22
つまりジュブナイルの末裔路線ね

37 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/24(水) 19:07:29
タイムリープは普通に時かけよりよく書けてるよ

38 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/24(水) 19:55:49
また捏造か。

39 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/24(水) 21:10:42
>>37
うん。
っていうか筒井康隆の作品の中では、時をかける少女はそれほどすごいものじゃないよね。
作者曰く「頼まれたから書いた」だし。

一方、タイムリープは、緻密に設計した作品だ。あれは広瀬正に読ませたかったよ。

40 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/25(木) 00:06:05
小さな魔女と空飛ぶ狐ってのが面白かったよ
SFと言っていいのかどうかちょっとわからないけど

41 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/25(木) 00:34:33
> 小さな魔女と空飛ぶ狐
が登場するようなシロモノを
> SFと言っていいのかどうかちょっとわからない
なんて、ラノベ脳推して知るべしですな。


42 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/25(木) 13:35:26
>>41
念のために言うけど、どっちもあだ名だよ

43 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/26(金) 19:39:30
初期の電撃文庫は実験的というか冒険的で良かったな
田中哲弥の諸作品とか
G・コスティキアンの"Cup & Sorcery"シリーズとか面白かった

44 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/27(土) 01:41:13
初期のコバルトも

45 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/27(土) 02:47:00
良くも悪くも、レーベルの色が定まると落ち着くからな

46 :43:2010/11/27(土) 06:25:03
>>44
ほほう! そうなのか 知らんかった
コバルトは全く分からないんでオヌヌメ教えてくれ

47 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/27(土) 22:35:49
ロマンチックSF傑作選とか出してたんだよな

48 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/28(日) 01:48:56
>>43
そりゃ「たんぽぽ娘」だけど、入手困難なんだよ。

眉村卓もあったよね。


49 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/29(月) 14:39:53
SFは心の底から大好きだけど、SF者(の一部)はやっぱり苦手だ。

「イヤなんだよ。自分が好きなものを持ち上げるために他のものを貶める奴。それは自分の好きなものの評判を自分でおとしてるんだってことがわかんない奴。そういう奴と趣味が同じっていうのがイヤ。そういう奴のお仲間だって思われるのがイヤ」

ラノベ部 2巻

50 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/29(月) 15:16:12
何かを持ち上げるためじゃなく、純粋にそれだけを貶めるのならおkってことか

>>49は上手い事言ったとドヤ顔してそうだけど、それってラノベ愛好者の中でよくやってる事だよね

ボクの好きな○○はラノベなんかじゃないやい、とか
ボクの好きな○○はそこらのラノベとは違う立派な作品なんだい、とか
ボクの好きな○○たんはそこらのキャラとは違うんだい、とか

全くラノベに関係ない巡回スレで禁書信者とかがやってるのをよく見てうんざりさせられてるw

51 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/29(月) 16:05:49

ドヤ顔

52 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/29(月) 16:31:24
自分はSF者というよりは雑食者だけどラノベはほとんど読まないな
そして早川スレなどのラノベ荒らしは単純に不快だった

53 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/29(月) 17:08:57
>>51
くやしいのうくやしいのう

54 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/29(月) 20:57:12
ラノベも読めないで雑食者とな

55 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/29(月) 21:38:43
雑食だって全てがOKってわけではないだろう

自分も>>52に近い感じ、SF以外も色々読むけどラノベはほとんど読まない
薦められたのを何冊か挑戦した事あるけどなんかラノベ独自のノリが苦手だったり

56 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/29(月) 23:44:33
キャラに萌えたいラノベ読みにとってはSF設定は邪魔なんだよな
SFっぽい後景があるくらいならいいけどそれが前景化して長い説明などが始まると途端に邪魔に感じるらしい
宝島社の新人のうち2人はSF書いてるけど、ラノベ読みの感想を漁ると「説明うざい」と言ってる率が異常だった
というか純文読みにとってもSF設定は邪魔だし、SF者以外には邪魔というのが正しいな

57 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/30(火) 00:02:13
奥泉光と最近のSFについて話した大森は
テッドチャンは人間を描き過ぎてるところが不満だと言われたらしい
まあ冗談だろうけど、SFは人間よりもアイディアや奇想を描くことが
重視される奇形ジャンルであるという一面は確かにある

58 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/30(火) 02:21:49
テッド・チャンについては、人間描きすぎってことよりはむしろ「お話」がない所や
道具立てとしての人間って所が不満だな

59 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/30(火) 06:51:51
そういえば大森はいつの間にかテッチャンの訳者に納まっているが
なんか気に食わないな


60 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/30(火) 08:24:12
大森はエンジンサマーの文庫版後書きがすげえキモかった
複雑なキャラクターをツンデレとか型にはめたがる思考がどうも

61 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/30(火) 13:59:15
ラノベ関係ないけど大森訳も悪くはないんだが
「あなたの〜」や「顔の美醜」の浅倉訳が
浅倉最後の名訳とも言うべき素晴らしい仕事だったからねえ

62 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/11/30(火) 18:39:43
>>56
平野啓一郎は東浩紀のクォンタムファミリーズを読んで
文芸誌掲載小説にしては詳細過ぎるSF設定の記述を
少し不要だと感じたと言っていたな
まあ邪魔だということだろうね

63 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/01(水) 04:25:58
>>60
大森を庇うと
ああいうのは、若い読者にも親しみやすいよう感じさせるために
してるんじゃないかなぁと思わないでもない
とは言え俺も、天の光はすべて星のあとがきにイラついた人間だが

64 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/03(金) 22:43:20
>>43 いまじゃほぼ100%入手不能だが、杉山卓「VIVA!プラザストリート共和国」とか。
中野ブロードウェイがモデルのビルが戦国時代にタイムスリップしちまって、
住人の青島幸男がモデルの参院議員が臨時大統領に選ばれて…って話がコバルトで出てたんだぜ。
後、山浦弘靖の<幻の黄金超特急>シリーズもインパクト強かったな。

65 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/04(土) 17:21:43
新聞広告で「キノの旅」が載っていたことがあって、読んでみたんだけど、酷い文章だった。
ライトノベルは全然読んだことがないので、どういうものがあるのか良く知らないんだが、
比較的ちゃんとした言葉で書かれたもので、おすすめの一冊があったら教えて欲しい。

66 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/04(土) 17:57:15
言葉が気になって内容が楽しめないようなら、最初からライトノベルは勧めないが…

67 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/04(土) 20:22:06
このラノベはそこらのラノベとは違う!って知人にお薦めされた西尾維新を
あまりにも文章酷すぎて速効投げ出してしまったの思い出した
その後も色々薦められたけど、最初の方に薦められて酷いなあって思ったゼロの使い魔が
実は結構ましな方だったという結果に終わった
禁書とか酷すぎて1pも読めなかったし

68 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/04(土) 20:37:13
オススメのSFラノベは?

69 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/04(土) 23:13:39
小林めぐみはもっとSFファンから注目されてもよかったと思っている

70 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/05(日) 00:40:03
実際のところオススメのSFライトノベル書いてる作家の多くは
ハヤカワ文庫JAにも呼ばれて書いてたりするから
この板の住人だと知ってる名前が並ぶだけじゃないかな

71 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/05(日) 02:18:32
SF好きも文章の美しさ云々を言い始めるようになったんだな

72 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/05(日) 05:38:33
美しさ以前に、最低限すらダメなのばかりだった

73 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/05(日) 06:41:02
最近そんな酷いの見かけないけどね

74 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/05(日) 08:04:58
ラノベ読まない人にも有名なやつでまともな文章なのってなんかあるの
大概はお話にならないくらい酷かったんだけど

75 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/05(日) 21:09:22
だから冲方なり秋山なり読んどけばいいじゃない

大ヒットしたキノの旅と禁書目録がものすごいヘタクソな文章だから
ライトノベル全体がそういう印象になるのは仕方ないけどああいうのは例外
だいたいは普通の文章

76 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/05(日) 21:30:33
『イリヤ〜』は作者の筆力自体は高いのに
キャラはオタク的なテンプレを踏襲していて物凄くアンバランス
グロテスクと言ってもいいくらいバランスが悪くて変なものを読んだ気分になった

77 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/05(日) 22:40:02
冲方はキャラ造形がキモいのと、こうすればウケるっていうのを狙って書いてる
養殖型厨二病っぽいところがどうにも受け付けない
どうせ厨二を食うなら天然物か本気で厨二世界を愛してる方が熱気があっていい

78 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/05(日) 22:57:04
本気でチュウニ世界を愛してるのって例えばどんなの?

79 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 01:43:59
き、禁書目録、とか?

80 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 08:55:21
元祖中二設定暗黒ファンタジーのムアコック御大とか

81 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 13:00:51
>>80
厨二とかマジックワードを通り越して馬鹿が使う言葉になってるな

82 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 13:06:15
どういう概念かが馬鹿にも判りやすいから伝達のためにって使い方もあるよ

83 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 17:00:17
散々既出だろうけど訊きたい
最近「涼宮ハルヒの憂鬱」読んでみて、正直とてもつまらなかったんだ。新しいアイディアもないし、ストーリーの起伏もないし・・・
SF板住人が持ち上げるような作品にはとても見えなかった。萌えキャラで劣化イーガン劣化レムしただけでは?
女の子がかわいいからアニメが流行ったのはわかるが・・・ハルヒ誉めてるのはどんな層なの?
それとも続編からSF的に面白くなるの?

ちなみに自分はラノベから一般文芸やSF/FTに進んだクチ

84 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 17:14:30
端的に言えばジュブナイルSFに萌えを大量に貼り付けたような小説だな
別に褒めるところなんて特にないだろうけど、敢えてSF的に褒めるなら
イーガンライクな強い人間原理の設定を、そのまま違和感なくラノベに
導入している手際の良さはある

85 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 17:41:12
イーガンが強い人間原理に基づいているという理解には、非常に違和感を覚える。

86 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 18:38:06
ハルヒは最初の「憂鬱」が一番まとまってると思うよ。そもそも読みきりとして書かれたもんだし。
それ以降はどんどん後付けで無茶苦茶になって、キャラ萌えなしじゃ読めないようになる。
ハルヒが万能すぎて動かせなくなって、長門主役で映画作ったぐらいだし。SF的要素は、
最初っからただの便利な小道具扱いでしょ。ハルヒとはなんなのか?みたいな根幹に
関わる部分は、あれだけ続刊出たのに放置されたままで中断してるし。

「そうかもしれないしそうでないかもしれない」とか「ありえないレベルだけど万能だから出来る」
とか、考察の基礎になりそうな物がなんにもないから、イベント起きても「はぁ、そうですか」としか
思えないんだよなあ。ひたすら運命?というか超存在に踊らされてる感じで。要所で登場人物の
意思決定が影響してるように見えるけど、それすらどこまで本当かわからないし。
次のページで「全ては私の思うがまま」とか言われかねない。

というような事を、ハルヒ繋がりでハイペリオン読んで思った。似てる、と言われてるのは
そういう事じゃないんだろうけどw

87 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 19:14:20
>>83
俺も「憂鬱」しか読んでないが似たような印象だな。
SFとしては物足りない。と言うよりSFに踏み込まないように気をつけてるように思える。
進捗しないボーイミーツガールによる話の希薄化をSF的アイテムやイベントで
埋めたり進めたり。ラノベは大体そんな感じかも知れんが。

88 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 19:23:51
要するにゴミなんだよ。ラノリンは。

89 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 19:48:21
ハイペリオンと似てるのは
作者がジャンルをメタ視して書いていたところくらいだな
どっちもその視点は消えてエンディミオンはただの冒険SFになって
ハルヒの続巻はただのSFっぽい萌えラノベになった

90 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 21:22:15
おー気になる話題のスレだと思ったら盛り上がってないねえ。
桜坂洋の「All you need is kill」がまだ上がってないじゃん。知ってる人も多いだろうけど時間SFとして秀逸だよ。
最近ではハリウッドで脚本が買われたって話題になった。

ハルヒはSFとしてどうこうってより、ストーリーテリングが上手いんだと思う。
極めて現代っ子的なメタ的価値観を持った語り手が、日常と非日常の境界をゆらいで、最後に非日常へ大きく一歩踏み出す。
まーそりゃ思春期の子供らは心をくすぐられるものがあるわけですね。そういう意味では普通のジュヴナイルSFだと思いねえ。
ただ面白かったのは「憂鬱」だけで、あとは惰性ってのはSF層以外からもよく言われてるよ。
メタライトノベルって意味では、SFじゃないが、田中ロミオのAURAのほうも読んで較べると面白いかも。

91 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 21:40:09
>>84-90
ありがとう
「憂鬱」がいちばん纏まってるとな・・・残念。続きは気が向いたら読んでみる

ジュブナイルとして優れてるかなぁ。いくら美少女とはいえ、ずっと誰かの作った世界(夢)の中なんて恐ろしいよ
そこがどんなに理想郷でも、夢から覚めるのがジュブナイルじゃね?
「美少女の夢=向き合うべき現実」なのが新しいの?
物語からプラスの感情もマイナスの感情も湧かず、何も得るものがないよ。ただ女の子かわいいってだけ
現代っ子はこういう話が好きなのか・・・自分も歳とったなあ

92 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/06(月) 22:42:39
> 現代っ子はこういう話が好きなのか・・・自分も歳とったなあ

子供の頃好きだった本を客観的に分析しつつ読み返してごらん。
「昔の自分ははこういう話が好きだったのか・・・自分も歳とったなあ」って思えるから。

93 :83/91:2010/12/06(月) 23:14:53
>>92
そのツッコミずれてね?
昔好きだったジュブナイルやラノベ思い出せるだけ思い出したが、夢の世界を夢と知りながら留まる話はなかったし、主人公はみんなどこか「成長」してたよ
憂鬱のキョンって成長してる?「無気力な若者が周囲に興味を持つようになった」程度じゃん。それともそこが肝なのか?
「ハルヒの作った世界」という「現実」を受け入れたのを成長と呼ぶのなら、ついていけんよ
SFとは呼べるかもしれないけど、ジュブナイルとして優れてるとは思えない

うざったい連レスすまん

94 :93:2010/12/06(月) 23:21:59
↑要するに「楽園から出ない話」が若者に流行った、って事実が怖かったんだ
よく考えたらそれは子供には心地いいかもな
グダグダすまん。やっぱ歳とっんだわ

95 :90:2010/12/07(火) 01:01:54
ハルヒのネタバレ注意。
キョンはむしろシリーズ序盤では非日常を拒絶するスタンスなんたけど、中盤である事件が起きて、
「元の世界」と「ハルヒが能力を失った、ある意味で正常な世界」の選択を迫られることになる。
ここでキョンは「よく考えたら非日常も楽しかったじゃん」ってことで考えを改めて元の世界を選ぶ。
「成長」の定義は人それぞれだが、この展開をキョンの成長と捉える人は多い。
一見、キョンは「非日常を選択した」という点でビューティフル・ドリーマーのあたると逆の選択をしたように見えるが、
「自分が本当に好きになった人がいる世界を選択した」という点からすれば何ら変わりはない。
まぁそもそもビューティフル・ドリーマーだって宇宙人がいる世界が日常かよって話だしな。
結局のところ「自分の気持ちに素直になる」というテーマを備えた極めてジュヴナイル的作品なんだよハルヒは

96 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 06:37:07
よくわからんが、憂鬱って
ハルヒが作り出した新しい世界を否定して、元の世界に戻らなかったっけ

97 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 16:53:42
わたしはキョンの最初の2ページのモノローグ、ようするに「なんでこの世界には
SF的なおもしろいことが起きないんだろう」ってのに同意しちゃったから、そのまま
キョンに感情移入で読んじゃった。キャラ萌えというよりシチュエーション萌え。

>>95的な選択は「消失」の長門のときじゃないかな。
ハルヒのスプラスティック世界と、バグ長門のまともな(でもラノベな)世界と
の選択を迫られて、前者を選んでしまう。


98 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 16:58:28
もいっこ。
ハルヒシリーズは最新刊でもう一回SFマインドを取り戻そうとしたらしんだけど
途中で挫折して止まってる(上下刊になるはずが、上がでたっきりもう2年かな)。

99 :94:2010/12/07(火) 21:08:24
ようは続きも読めってこったね。読んだらまたきます
今更ハルヒの話題でスレ消費してごめん

100 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 21:17:13
さんざん既出だったらすまんが、ふと思ったので。
ラノベとジュブナイルはどうやって識別するんだ?
あるいは識別しないほうがいいのか?
なんかでかい汽水域を見てるような気がしてきたんだが。

101 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 22:09:22
ラノベとジュブナイルと児童文学の違いって、ちょくちょく話題になるんだけど
よくわかんないんだよなあ。

例えば「西の良き魔女」とか「守り人シリーズ」とかは児童文学?
森絵都の「カラフル」はジュブナイル?
宮部みゆきの「ブレイブ・ストーリー」はラノベじゃないよな、じゃあなんだろう。
などなど

102 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 22:42:50
とりあえず今は、ラノベレーベルで出てる作品は
全部ラノベって流れじゃないかな
あと森絵都はヤングアダルトって言われてたな
恐らくピュアフル文庫で出てるようなのはヤングアダルトなんだろう

103 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 22:44:58
ビューティフルドリーマーにおけるあたると、消失におけるキョンの役割はよく似てるんだが、
どうもキョンの場合は予定調和感が強いというか、ただのフラグ立てでしかない感じがするというか。
箱庭世界の核に干渉したというより、干渉されるべく用意されてた感じがして没頭できなかったなあ。
ハイペリオンでも同じように感じたんだが、登場キャラクタが踊ってるんではなく、踊らされてる感を
強く感じるというか。でもハイペリオンもハルヒも人気あるし、そういう「運命に翻弄される」ような
お話が好きな人って多いのかな。

>>100
あれはSF、これは違う、とかやってたせいで衰退しちゃったのがSFというジャンルらしいので、
区分はしない方がいいんじゃないかw

104 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 23:34:19
>>102

SFが読みたいじゃ、2002年はヤングアダルト、2004年はライトノベルという
呼称になってるな(2003年が手元に見当たらなくて不明)。

榊氏がジャグルの後書きでラノベとSF(というか早川)の流儀の違いを
いろいろ書いてるね。まあ、どこまでほんとかは知らないけど。


ハルヒもラノベであれをやったから評価されてる気はする。
というか、大森氏もどこかで書いてたけど、日本SFが衰退しまくってたから
他ジャンルを必要以上に褒めてた、って背景もあるだろうな。

105 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 23:40:09
ハルヒもラノベでやったから〜ってのは良くわかるな
個人的には桜庭一樹もラノベ時代のほうが好きだった

106 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/07(火) 23:51:53
タイムリープはよくできてたな

107 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/08(水) 19:44:14
榊ガンパレ最強

108 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/10(金) 07:45:57
もう休ませてやれよ>ガンパレ
キャラクターが使い回されて痛々しい

109 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/10(金) 21:09:01
まだ、黒の月攻略戦がって、
今の展開だと黒の月に攻め込む理由がないよな。

110 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/10(金) 21:36:03
>109 とりあえず平和になったんで、小笠原のたんぽぽで黒の月観測再開したら、
黒い月本国軍(極東総軍でなく)が攻めて来たでござる、だと思うが。オケ青の章は本当にそんな話だったし。
たんぽぽ自体は、青の章の元になった南の島のガンパレードで、5121より前から設定されてるし、
大人の操作要員としては、オリキャラで天文学者の矢吹温子がいる。
小笠原に軍務で用がある夫の矢吹中佐と、ついでに娘の矢吹初音で、
一家揃って小笠原に赴くってのは不自然な展開ではないと思うけど。
(で、逃げ場がない孤島で追い込まれた初音が、祖父が見出した"才能"を振るって戦場で生き残りを図る…実はこれが見たいだけだが)

111 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/13(月) 02:58:36
>>93
あの世界を夢だって決めつけてる時点で
作品をあーだこーだ言うほどの読解力も持ってないレベルなんだけどな、おまえ

112 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/15(水) 19:06:06
決めつけもクソも普通に例えだってわかる書き方だろうに

113 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/16(木) 01:38:17
例えって何の例えだろう
読んでたら違和感を覚えるレスだが

114 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/29(水) 17:15:06
ラノベの新人賞にメタなスペオペ書いて送ったら、
「中高生はこんなの読まないからカテエラ」
って評価シートもらった
SFでラノベからデビューって無理なの?

115 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/29(水) 18:14:19
角川あたりはラノベ新人賞の対象ジャンルとしてSFを挙げてなかったっけ?

116 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/29(水) 21:05:02
SFがほしいんじゃなくて、キャラ萌えにSF要素をトッピングしたのがほしいんだろ
メインなのは萌えであって、SFじゃない
ニャル子は神話作品じゃなくて、オタネタ萌えラノベに神話単語をトッピングしただけみたいなもの

117 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/29(水) 22:57:21
何故そこでニャル子?
出すならハルヒだろ
まあ、言いたいことは同じなんだが

118 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/30(木) 02:08:08
ごめん、ハルヒがとっさに出てこなかった
言いたい事は同じ

119 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/30(木) 07:42:48
SFのしかもスペオペだと今は需要なさそうだよねえ。
この路線はほとんど出てないんじゃない?

そういう書き手はほとんどSFプロパーとして早川その他にシフトした感じ。

120 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/30(木) 08:14:31
ラノベの編集者って科学考証できなそうだしねぇ
はやぶさが帰還したことすら知らないだろ、きっと

121 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/30(木) 10:56:45
コピーのトナーが水に溶けて計画通りとドヤ顔するのが流行ってる世界なんだろラノベって
SF以前の問題だろ

122 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/30(木) 17:14:05
>>120
間違えた
×ラノベの編集者
    ↓
○ラノベ新人賞の下読み担当者

123 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/30(木) 20:56:11
>>114
マジレスすると、レーベルによると思うな

124 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/30(木) 22:04:20
少なくともスペオペって時点で厳しい気がする
女だらけの戦艦とかにすればなんとかなるかもだけど

125 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/30(木) 22:15:34
SAGEROU

126 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/31(金) 00:04:38
>>119
実際、早川でも書いてるような人らのラノベはSFが多いような

127 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/31(金) 00:40:51
スペオペといえば、太田の星海社のあれ
読んでないけど

128 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/31(金) 21:28:20
一応ラノベを意識して、幼女型宇宙人とか出したんだけど
焼け石に水でしたか

それでは皆様よいお年を

129 :名無しは無慈悲な夜の女王:2010/12/31(金) 23:01:37
まずスペオペ自体が日本のSFジャンルでもあまり流行ってないっぽいから厳しいんでは
アニメとかで宇宙が舞台のやつでもスペオペがメインじゃなくて青臭いガキの自分探しとか
ロボット同士がバンクでビーム打ち合ってるとかそういうのがメインだし

130 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/01(土) 16:06:03
>>129

そういう意味では、小川の天冥は頑張ったよなあ。
まさか3巻であんな展開になるとは。

131 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/24(月) 12:03:42
規制解除と聞いて

スペオペかどうかは知らんけど、昔、小林めぐみの『ねこのめ』三部作が好きだった
いや、いまでも好き
最近のラノベは読む気がしない

132 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/24(月) 18:49:20
それなら昔からラノベ書き続けてる人の作品でも読めば良いじゃないか

133 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/24(月) 23:27:18
別にラノベに嫌悪感がある訳じゃないというか、そういうものだと割り切って読めば全然読める
ただ禁書がSFと言われると辟易とする

スペオペがラノベで難しいのは閉じた世界が構築し辛いのと
話のスケールが大きくなってキャラクター重視で動かし辛くなるからじゃないか
市場で学園モノが幅を利かせてるような現状だと余計にそう感じる
しかしこれが学園+スペオペだとスペオペの強さを活かせないというジレンマはありそうだが
ラ板とかでガジェット(つか設定)論争は見るが、ガジェット先行型の作品はラノベ読者相手だととっつき辛いのかもな
禁書の設定考察で盛り上がるけど作品の構造そのものは盛り上がらないとか
あくまでキャラに付随した「キャラに萌えられる」設定考えりゃなんとかなるんじゃないか>スペオペラノベ

134 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 01:31:36
なるほど

そういや、このラノ大賞の大賞受賞作も、ガジェット先行型でそれほど評判にならなかったな
イーガンモデルの選択的量子脳なんたらってやつ

135 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 03:29:18
大森もツイート入れてたんだけどなあれ。
結局それきりだったが。
あれはラノベとしては中途半端なのとSF読者にはオマージュ加減弱すぎってのが痛かったと思う。
再読する気は起こらなかった作品だな。
キャラ小説なのにキャラ立てが弱いのは致命的だが、キャラ立てに失敗すると構造まで殺しかねん例だとは思った。
なんだかんだ言ってキャラを立てる要素に寄与する構造とかはウケてるっぽい印象はあるな。
学園モノにしても要素は結局そこに行き着くような。
読者層が共感を得られる範囲だからってのもあるだろうけど。

ラ板は狂信者に絡まれて以来書き込みたいと思った事はないw

136 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 07:57:27
わかったようなことを。
物語としてちゃんと成立していて、大多数に受け入れられる文章を書けるか
どうかがすべてなんだよ。
俺様スゲーとか思ってる奴が書いた文章は、厭味ったらしさが透けて見える
から誰も読まない。ジャンルがどうとか構造がどうとか以前の問題さ。

137 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 09:50:19
何も説明してないのと同じだな

138 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 11:02:17
>>136
プロの作品で「俺すげー」は論外だろ。
しかし、仮にそういうのが居るとして、厭味ったらしくてもどんな理由であれ味になってれば受け入れられると思うけど。
それ含めてジャンルにはジャンルの文法があるんじゃないか。
実際、上一連は投稿者が評価されたカテエラがどうのって話なんだから。
物語として成立してるのは最低条件だけど、その上でジャンルに合わせてどう書いてるかってのは重要だろ。
紫色のクオリアなんかはイーガンをラノベ風に仕立てたなって評価も多いし。
まぁ、これも想像で物言ってるだけだろと言われたら否定はできない。

139 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 12:26:57
想像ってことは、さては読まずに評判だけで語ってるだろw

140 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 12:42:19
そんな沢山読んでるわけじゃないけど、話題になった作品はちゃんと買って読んでる方だ、と思う。
紫色のクオリアも、ネット感想読む前にちゃんと自分で買って読んだw
でも、統計取ってる訳じゃないから、実際、どんな要素が影響して何が売れてるかわからんよねと。
見て回った感想から判断してるだけだから想像の域は出ないし。
主観と評判の兼ね合わせで言ってるだけだから「判った風な口を」ってのは間違ってない。
まぁでも、どんな層に受けるかって書き分けはあるんじゃないか。ハードSFファンに鎌池読めってのはきついだろう。
ラノベでは世界観を語るよりキャラの関係を語る方が好まれる、くらいには言えるんじゃないかな。
意見はほぼ>>56に同意ってことなんだけど、長々と悪かったw

141 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 16:11:23
ラノベはキャラ重視、というよりSF小説の『人物や物語より世界観・設定が重要』って姿勢の方が、文芸全般からすれば異端なんだよなあ。
間違っても何ページを使って世界観と設定を『説明』することは推奨されない。
SFの範疇に入る作品である程度評価されてるのって、イベントの中でほのめかすような形で断片的に出してるのが多い気がする。
極端な例だと上遠野作品とか。

142 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 16:29:52
今、長編SF小説の公募賞って、どこかあったっけ?

143 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/25(火) 17:30:50
星海社

144 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/26(水) 00:26:30
バラード風のラノベとかありえないし世界観読みのSF読者にはきつい
なんとかいけそうなのは有川のカタストロフ物か
上遠野もだがラノベでSF要素はキャラに関係する内容でとどめてるのが大半だな
SFっぽいとか言われてるウィザーズブレインもキャラを立てるための要素だった


145 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/26(水) 10:14:51
>>144
キャラに関わらない設定を……というかどんなものであれ説明を延々と並べ立てるのは、SFとしてアリでも小説としては駄目だからなあ。
SF説明がキャラに関わる範囲に限られてるのは、そうしないとまともな小説ではなくなるから。
だから断片的に提供する形になる。
多分上遠野作品の全設定が一巻序章で語られようものなら(売れないというのも含めて)いかにもSFになると思うぞ。

ウィザブレはある面で正しい意味での『空想科学小説』だと思うけどな。
何が上手いって、架空の世界を設定するにおいて架空のルールをひとつ追加しただけで、しかもそれが現実に発見されてない理由が明確。
というか新たな学術分野の発見過程を物語として描写してるのはなかなか珍しい気がする。
進んだ科学の産物はSFに必須だけど、科学が進んでいく過程に着目してる……のはかなり最近=1巻発売から8年ぐらい経っての話だがw


146 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/26(水) 14:39:42
架空のルール追加でバトルラノベってことなら禁書もそうじゃないのか
まああっちはルールにロジックがなかった気もするが・・・

147 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/26(水) 15:58:57
上遠野作品の場合、虚空牙シリーズの方がSF設定が前景化してるな。
設定を語り散らすタイプではなかったけど、ラノベとしては比較的SF寄りだった。よく憶えてないけどw
ブギポもあくまで人物の繋がりで物語を動かしながら、並列して背景が語られるタイプだったような。
「空の境界」はあれの影響受けてるらしいし、設定のバランスで影響受けてる作家は多いのかもしれない。
内容は菊池秀之の伝奇+京極夏彦のネタって感じだったが。

ウィザブレは五巻かそこらまで読んだけど、あの設定の掘り下げに進んでたのか。
てっきり設定とかはバトルラノベの補完要素なままだと思ってた。
あっちもあまり憶えてないがエントロピー増大をメタなルール(魔法的な)一個追加して抑えてたんだっけ。
話題になってないせいか地味な印象があったけど、ぽつぽつ話進んでたんだな。
禁書と比較して話題になりづらいのはキャラ立てのせいか(割と)世界観主体のせいなのか。

>>144
ディザスターもカタストロフ後の世界もラノベにあったと思うけど、原因や解決を掘り下げない事が多い。
有川なんかは展開の解決をロジック主体でやればSFになる作品じゃないか。
最終的に人間関係主体に着地させたのがラノベらしさを作ってたと思う。

148 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/27(木) 01:59:32
「スワロウテイル人工少女販売処」とか「シンギュラリティ・コンクェスト」みたいな
ラノベレーベル以外からでたラノベSFはどうよ?

149 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/27(木) 03:15:35
前者はラノベのクセが抜けてないのかああいう体質なのかSFになりきってないような。
後者はもっと緩くすれば徳間ラノベ辺りから出そう。

150 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/27(木) 13:28:52
大西科学『さよならペンギン』はどう?

151 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/27(木) 15:04:38
ジョン・ブレイク「地球最後の野良猫」は「華氏451」のラノベ版では?
直球な児童文学とも言えるが。

152 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/28(金) 05:25:59
ブレイクだと「ラノベとは?」みたいな話になりそうな。
>>142
ミステリが書けるならこのミスでも。
「TOGIO」くらいのSF度でならだろうけど。

153 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/28(金) 12:04:00
つかジュヴナイルSFとラノベっぽいSFとSF題材のラノベって感覚的にだけど分かれてるんだよな
ゼロ年代作家辺りが最近の境界線か

154 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/28(金) 16:04:41
>>153
・ジュヴナイルSF
子供向けを意識して、難しい解釈や複雑な展開を取っ払った作品。
・ラノベっぽいSF
キャラクターに個性があり、物語として面白いことを重視した作品。
・SF題材のラノベ
SF界隈で用いられるような概念をメインテーマに持ち込んだラノベ。

個人的にはこんなイメージだな。
時代的には前後するけど、銀英伝は二番目の典型だと思う。
三番目については、SF映画が映像表現の派手さで生き残っているのに倣った、ラノベのガワを利用したSF小説と言えるかも。
というか二番目に今風のイラストつけたらそれだけで三番目になる辺り、ラノベって言葉の定義が非常にアレだなあw
便宜上レーベルで認識してるけど。

155 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/28(金) 16:21:18
>>146
禁書はルールってほど明確なものがないんじゃないか?w
能力に共通設定有ってもウィザブレのロジックとは根本的に違うような。
それ以前に文章とか設定とか認識とか波長合わせないと読むのにハードル高いがw

でもまだ大西科学読んだ事ないな。SFマガジンでもインタビュー出てたのに。
人類は衰退しましたとかはラノベ苦手でもキャラ主体のシンギュラリティSFとして読めそうな感じはあるけど。
なんというか、異化作用を強く持ってこれる作者はSF書けそうな感じはする。
上遠野の初期は、それをラノベ特化でやってたわけだし。

定義だと俺も154みたいなイメージ。
あとやっぱりレーベルの要素が大きいと思う。
ラノベレーベル以外から出るラノベSF(別にSFに限らないけど)はあっても、ラノベレーベルから出るとラノベ。
ざっくり分けるとアニメ・漫画的なリアリズムを背景に持つのが三番目になりそうだが。
「あくまでSFであること」を前提にしなければラノベでしかないラノベも入ってくるだろうし。
海外作家でラノベっぽいラノベ書ける作家だと台湾の作家くらいなのかな。
ラノベ自体が日本特有の概念だから、海外の作家だと翻訳を介する云々抜きに日本人の考えるラノベから外れそう。

156 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/28(金) 19:38:37
台湾は知らないけど、韓国のラノベSFだとこういうのがあるらしい。スペースオペラ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/EFSエクスマキナ
http://www.seednovel.com/pb/view.php?code=seedadv&didx=5934

157 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/28(金) 19:52:02
154のカテゴライズだと
@ジュブナイルSF『ふわふわの泉』
AラノベっぽいSF『天体の回転について』
BSF題材のラノベ『イリヤの空』『ハルヒ』『空の中』
でいいのかな。 番号に意味はないけど。

158 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/29(土) 00:00:05
ジャグルの榊氏のあとがきでラノベと早川の違いが言及されてる。

ラノベ:早川
枚数制限がある:逆に枚数増やせ(その方が読みごたえあっていい)
キャラクターの描写を増やせ:社会背景やメカの設定描写を増やせ

ラノベの文法だとそもそも難しい話を書きづらいという制約が
あるから、ほのかに匂わすか、他の意匠を持ってきて分かる人には分かる
形にしないとSFが成立しないんじゃなかろうか。

でも、昔(80年代とか)のライトなSF作品をみてると、今のSFは
難しいモノが生き残ってる(目立ってる)せいで、ことさら壁が
あるようにみえるだけ、という気もする。

159 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/29(土) 05:01:57
榊一郎ってこんなの書いてたのか……今の今まで知らなかった。
見た感じは、海猫沢めろんみたいなハヤカワのラノベSFって感じだが。
ジャンル書き分ける力はありそうだけど、面白いんだろうか。
しかし、えらく具体的なことを後書きに書いてるんだな。出自がラノベだから挨拶みたいなものか。

>>156
ちゃんと自国人を主人公にしてるんだなw もっとアニメ寄りになれば日本のラノベみたいなのも出てきそうだ。
そういえば日本のラノベは向こうで結構翻訳されてるし、こういうのに繋がったりするのかも。
台湾のは、なんだろう、日本人から見ると疑問符付きそうな感じはするけど、「ラノベ」はあったような。
日本の影響受けた作品だと台湾・中国はミステリで結構見るが、ラノベはこれから増えてくるかな。
アメリカだとFPSの影響受けた作家増えまくってるみたいだが、これはアジアとの違いってことか。

なんだかんだ言って、今のラノベは最初に定義された概念よりも畸形でグロテスクだから、
日本で同時代的にアニメとか漫画と連動してる感覚がわからないと掴み辛い感もあると思う。
ハルヒが海外翻訳されたとき、向こうで「ハルヒ主体にジュブナイルっぽく訳されすぎ」とか反発されてるの見たような。

160 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/29(土) 16:01:00
ハルヒは設定そのものが過去SFのオマージュでも文法がラノベだからな
キョンを解説役に置いて基礎知識なしで読める環境を作るのが巧い
というか何気に大抵のラノベより解説巧いんだよな、ハルヒ

161 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/29(土) 23:24:08
SFが読みたいの20位内ランクイン。(ラノベレーベル関連)

1999 11位私と月につきあって 12位ペリペティアの福音 16位鍋が笑う 18位クロノス・ジョウンターの伝説
2000 不明
2001 6位ふわふわの泉
2002 不明
2003 8位イリヤの空、UFOの夏
2005 9位空の中 12位All You Need Is Kill  17位ある日、爆弾が落ちてきて
2006 6位図書館戦争 19位煌夜祭
2007 15位人類は衰退しました 16位食卓にビールを6
2008 12位人類は衰退しました 20位屍竜戦記2(これは違うか?)
2009 10位紫色のクオリア 12位ハムレット・シンドローム

ハルヒはSFが読みたいでは2003年に1票(福井)、2004年に2票(福井、山岸)。
発表当時は意外に評価されてない。というか時期が時期だもんな。

162 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/30(日) 00:50:24
ハルヒは、山本弘の「トンデモ本?違う、SFだ!」で紹介されてから、
SF関係者に知られたんじゃないかな。
野尻抱介と大野万紀は、山本の本がきっかけでハルヒを読んだそうだし。

163 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/30(日) 03:01:26
>>161
2000 6位ピニェルの振り子 10位猫の地球儀 12位ぼくらは虚空に夜を視る 19位鵺姫真話
2002 7位サムライレンズマン
2003 1位かめくん

ハルキ文庫ヌーヴェルSFは一応はずしたけど徳間デュアル文庫は含めた

164 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/30(日) 14:24:42
>>160
まあどうしても読むために必要な知識が多いと思われがちだからなぁ……。
やっぱりラノベSFのアドバンテージは読者にわかるレベルから設定を解説することか。
わかりやすくするならホームズとワトソン形式でもいいが、
ヘタするとワトソンでもそれなりの知識人になるか(イーガンタイプ)、
本気で何も知らない一般人になるかの二択になる事も多いし。
SFだと後者はまずないが、ラノベはこういうサービスが行き届いてるって感じになるのか。

ジャンルが成熟すると読者の知識をあてにする状況はどこでもあるけど、
SFとかミステリの場合はある程度前提でないと踏み込んだ内容にならないしな。
といってもラノベはラノベで今の萌えラノベとか部外者お断り寸前にしか見えないがw

165 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/30(日) 23:15:06
>>164

一応、ミステリやSFは枚数増やす、って手段があるけど、ラノベは
それが使えないからねえ。

あと、シリーズ前提という面もあるだろうから、大技が使いにくい
というのもあるかもしれない。

166 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/01/31(月) 06:38:00
ランキングは時代が出てるな……。
秋山瑞人が寡作すぎてイリヤ以降はロクに顔を出さないのもあるけど。
うえおは新作もイーガンっぽかったし、また食い込んでくることもあるか。

>>165
シリーズが足枷になるってのはあるんだろうな。
SF的な設定でもSFなら一冊で完結させるネタを三巻くらいに跨ることも珍しくないし。
というかそういうネタを全巻に共通する設定として出していくのがラノベのスタンダードか。
大技として出してカタルシスを演出するのが難しい構成だが。
ブギーとか横道にそれまくった典型だし。

枚数は、ラノベだと一部の作家を除けば薄い方が好まれるらしいんだよなw
こういう条件もSFを書きたいって作家にとっては制限になってそうだ。

167 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/07(月) 18:17:55
ハルヒの一巻が出たのはイーガンの幸せの理由、マルドゥックスクランブル、イリヤ最終巻と同時期
大森も書評で取り上げていたけどイーガンマルドゥックイリヤが満点で谷川同時デビューはハルヒ3点学校2点とかだったよたしか
まあ埋もれた感じだね

168 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/07(月) 20:16:40
SF視点だと相手悪いわなそれ
特にイーガンとマルドゥック
まぁ学校までランクインしてただけでも驚きだが

169 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/08(火) 22:51:53
ハルヒも学校もラノベとしての評価は高かったけど、SFとしては
ほぼ評価されてない。

ただ、作品自体が超有名になったので、「ラノベSF」として
紹介しやすいというか言及しやすいのは確か。

170 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/08(火) 22:52:31
>>169

わるい、評価されてない、ってのは「当時」ってことね。

171 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/09(水) 00:02:19
ハルヒもハヤカワ文庫から出ていたら、
SFが読みたいの20位内にランクインしてたかも。

172 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/10(木) 01:53:33
イリヤもバックグラウンドでの処理がSFってだけで、ラノベSFとしての立ち位置はそう変わらなさそうだけど、
ハルヒはオマージュがかなり露骨だからな……。
今これだけ知られてる分、色々な視点から言及はしやすいだろうな。

173 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/11(金) 01:28:55
早川ちゃんスレから誘導された。向こうの話に関して。

文学ってのは人生やら世界についての真剣な問題を考察したり、
前衛的な手法で表現の限界を試したりするのが主眼の作品って感じかな。
受身の読者にカタルシスを与えるのが主眼ではなく、
読者からの主体的な解釈、読み込みを求めるタイプの。
で、それはラノベでも成り立ちうる。
そういうのはラノベじゃなく文学だっていうなら、
ラノベの定義の食い違いでしかない。
483みたいな萌えキャラ快楽主眼の小説に限定するなら
たとえSFであってもそのSF性が快楽の主眼でない以上、
確かにSF板でまじめに取り上げる必要はないだろうがね。

174 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/11(金) 17:39:04
SFが文学足りえるなら、それは科学や文明や社会を描写するのに適したジャンルだからだろう
例えるなら、SF以外の小説が人間について書くものだとしたら、SFは徹底的に人間以外を描く
ことで逆説的に何かを訴えてきたような奇形的なジャンル。

ラノベってのは萌えキャラ小説だろう。人間ではなく萌えキャラしか描けないのならそこでもう限界
それはお前みたいなアニオタにしか届かない。ラノベがSFである必要ってのもない。萌えキャラ小説
の装飾としてSFを使ってるだけだからな

175 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/11(金) 17:49:08
>>162
山本は自分もラノベ出身なだけに
ラノベSFにはかなり寛容だよね。
紫色のクオリアもいち早く褒めていた。
個人的にはあれ、後半はただの馬鹿SFで
いうほど凄いとは思わんけど。

176 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/11(金) 17:54:14
>>144
>バラード風のラノベとかありえない

それ、誰か挑戦しないかな。
テンプレキャラ使いつつバラードの質感とテーマ性を出すって
相当の高等技術だろうw

177 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/11(金) 18:27:54
>>174
しかしスペースオペラという、キャラクターがいないと成立しないSFのサブジャンルも
またあるわけで。

178 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/11(金) 19:07:06
>>177

523 自分:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2011/02/11(金) 17:10:36
火浦や高千穂なんて昔からカス扱いだろ?
そういうこと

もう早川スレ荒らすなよ

179 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/11(金) 19:11:59
>>176
俺の言ってることを全く理解してないなあ

180 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/11(金) 19:18:48
>>178 は何と戦っているんだ

181 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/11(金) 20:10:50
>>177
それが>>174と何の関係が?

182 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/12(土) 00:31:06
>>180
早川スレのラノベオタとだろ

183 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/12(土) 20:07:35
話の流れがわからないw
どこか別のスレの話題を延長してるのか。

ラノベと文学の相性についちゃ、成立するしない以前にこれまで積まれてきた
文学ってパーソナリティと食い合わせ悪いってのはまあどうしてもあるだろうとは思うけど。
「ジャンル」として考えると曖昧になっちゃうしな。
円城塔作品は文学か、みたいな話とか。

184 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/12(土) 20:12:31
て早川ちゃんスレって書いてあったな、すまん
巡回とかとんとしなくなってた…。

185 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/13(日) 00:24:05
>>183
ラノベしか読まない馬鹿だなってわかる文章だな

186 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/13(日) 16:41:57
↑頭良いんだな(w

187 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/13(日) 18:22:01
>>185
それはどうだろうか?

> ラノベしか読まない馬鹿だなってわかる文章だな
これがご大層な物を読んでますっていう人間の表現力だとすると>>183
との差を見出すのは非常に困難を究めると考えられる。

188 :183:2011/02/13(日) 23:02:56
ラノベなぁ…、
まぁこのところ文学っぽいナニか読んだかとか言われると
「ピンチョンとか古川日出男」とか(目を反らしながら)返答するしかないのでツラいw

まー、ラノベというフォーマットで文学が可能かどうかって
ジャンル意識と不可分な面もあると思うんだわ。
これまで「文学」自体がガチガチの箱庭の中での馴れ合いってのが芥川賞だったわけだし。
実験的な作品はラノベにもそこそこあるけど、それが文学かと言えばそうでもなかったし、
なによりラノベを求めてる層が文学としてのラノベを求めていくかって障害は大きい。
売れないものを書く作家はいないしな。
円城の名前を出したのもそれで、
円城はSFの文法でしか語れない手法で人間を書こうとしただろ。
同じ事はラノベにも可能かって話だと思うんだよ。
ラノベが持ってるテンプレ万歳な意識は俺も嫌いなんだけども、
そこで「自分の認めてるジャンル以外はクソ」って断じるのは
>>185みたいな(文学に触れたこともないのに空気だけで物事を語るような)
低脳と変わらないとも思うんだよな。

可能性としてでもあるかどうかはわからないけど、
>>176が言ってるように【完全に】ラノベの文法で書かれたバラード風の作品なんかが出てきたら
もっと認めていけるようなジャンルになるかもしれない。

189 :183:2011/02/13(日) 23:05:31
>>188
>円城の名前を出したのもそれで、
この一行要らないなw
文章書き直したときに消し忘れた。
荒れん内に消えるわ。スレ住人には妙な火種作ったみたいですまんかった。

190 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/13(日) 23:53:53
ていうかこのスレ覗いてる以上ラノベしか読んでない奴自体がいないと思うが・・
>>188
テンプレートである萌え要素に自己言及的なラノベも萌えラノベ文脈で回収される始末だからな
谷川も萌え批判程度ならやってたが、それ以上の事をラノベレーベルでやるのは難しい
生の人間が描かれる事をラノベ読者が求めてない以上、文学として成立するラノベを書くのなら
読者を無視するかラノベならではの方法で書くしかないだろうしな
筒井がまたラノベ書けば徹底してくれ・・無理か

つか、ここはラノベレーベルのSFを語るスレであって、文学とラノベを語るスレじゃないんだが
ラノベ:SFなんてニッチな需要を求めるスレで文学要素とラノベの相関求めても仕方ないと思う
いやバラード質感のラノベとか出てくれば俺も読みたいけど
とりあえずスワロウテイルは面白かったからああいうのをもっと出してくれないかなハヤカワ

191 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/14(月) 00:04:55
「スワロウテイル」は、まあ良かったけど、
同じ作者の電撃から出た「11番ホームの妖精」はひどかったよ。

192 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/14(月) 00:15:49
>>191
サンクス
一応あれ買おうとしてたんだが
正直、ラノベレーベル向きの作家じゃないんじゃないかと思う
ガジェットへの愛の方が、キャラ萌えに向ける力より強そうな

193 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 14:37:41
『ライトノベル』は無論のこと、『文学』もちゃんと内容で定義されているかというとかなり怪しい括りなのがなあ。
まあスレ的には読みやすい、あるいはキャラにも力入れてるSF作品を見ればいいだけなんだが。

冲方丁はマルドゥックよりシュピーゲルの方がSFしてる印象。

194 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 14:46:46
「女子供が戦うしかない歪み」がラノベを応用した皮肉にもなってるしな。>シュピーゲル
オイレンの方が特に強調してたが、あれの萌え要素は完全に狙ったグロテスクさだわ。

195 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 16:43:45
ラノベってそもそも対象年齢は中高生でしょ
いい大人が読むものじゃないような

196 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 17:24:57
SF自体おっさん向けラノベみたいなもんだよな

197 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 17:27:40
>>195
元々はな
それ言うと「ジュヴナイル小説は元々(ry」とか「漫画は元々(ry」って話になる
スターウォーズとかスタトレまで行くと流石に話は違ってくるが
子供の頃に好きだった物をそのまま好きな大人が増えたと言うより
好きだった物の側の変化が多様な消費者を獲得してるってのが近いんじゃないかね

ハヤカワも無視していられなくなったのはそういう世情の理由が大きいんじゃないか
たとえば出てくる作品がオタ要素をデフォルトの背景に持つようになると業界レートが変わるのは避けられんからな
「萌え要素は大嫌い」てのは読者の姿勢として当然ありだが、こういう状態が広がった結果として
SF要素をツマミ食いする側だったラノベレーベルにSF作家が書いたりする自体に繋がってるんだろ
「ラノベ」の定義がここ数年で変質しまくった挙句に対象年齢も曖昧なジャンルになり掛けてる様子もあるか
一般エンタメだと桜庭一樹が直木賞取ったりしてるが
一般エンタ自体がキャラ小説的な作りの作品も多くなってきてるって変化はあるな

SFはSFでボーカロイドネタ使ってるSF作家もいるくらいだしな

198 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 19:02:56
その上でラノベ的テンプレが作られてるって感じだからな。
そりゃ歪んだ作品も増えるか。
読者は傾向をレーベルで区分してるくらいだし。

まあ流石に揺り戻しがきてるようにも思うけど。
萌え要素が大なり小なり必要って事情に歯止めが掛かってきたりすれば多少はマシになりそうだが。

199 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 19:52:25
>>197

ジュブナイル小説は今も昔も子供向けだろ?

200 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 20:04:00
ラノベって小説なんて読まないアニオタには丁度いい読み物になってるって感じだな
ラノベを読んでる大人ってのはそういう層で、普通の本読みにとってはまともに読めるもんじゃない

201 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 20:15:18
だからまあ、そういう層と「ラノベは変化した」という層の喧々囂々は上で出てる数年来ずっと続いてる訳だな。
「ラノベレーベルのSFを語るスレ」的にはぶっちゃけどうでもいい話ではある。
アニメやらラノベが無視できん状況は変わらんが。

202 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 20:32:31
>>201
どう変化したの?

203 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 20:37:04
普通の本読みはと言うより、色々小説読んでればラノベの文章(内容も)ひでーって話は自然な流れで理解できるだろうけどな
今のラノベの場合はそれが「そうしないと成立しないジャンル」ってのが問題なんじゃないか
ラノベ的テンプレに引き摺られて文章も変化せざるを得ないし
で、それで売れる奴は売れてるからな
ラノベテイストの作家が増えるのは仕方ないとも言える
対象年齢がどうのと言うより「ライトノベルという空気」を持ったジャンルになり掛けてるように感じる
需要と供給って話で落ち着くが、読者にできるのは「ラノベうぜー」と「ラノベでも面白ければいい」って住み分けしてくくらいだろうな
このスレ的な作品だと冲方作品とか>>154の定義が近いんじゃないか
ジャンル論争なら然るべき場所の方が向いてるのは間違いない

>>199
悪い、ジュヴナイルは違うな

204 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 20:45:45
>>202
それこそラ板なんかの「昔のラノベと今のラノベは・・・」って話なんじゃ?
SFマガジンで取り上げられてるラノベ作家がいるって話でもいいが。
ラノベが変わっただけというより読者も変わったってことだろうけど。
俺は別にジャンルが変化したとも変化してないとも思ってないからなんとも。

http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/20986.html
この辺の作家が取り上げられてるのは変わったなあとは思うが。
ライトノベル関係の副読本は大量に出てるから読んでみれば流れとかわかりそうだけどな。
正直そこまで流れを知りたいとは思わないw

205 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 20:54:57
>SFマガジンで取り上げられてるラノベ作家がいる

そんなものは高千穂や火浦の時代からいるが何が変化なんだ?

206 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 21:10:43
「今のライトノベル」として定義されてからの作家ってのは違うな>上の
高千穂や火浦とは時代が違うといえばそれだけの話だが
つか多分今のラノベ読者は高千穂をラノベ作家だと思ってないだろう

まぁ単にラノベヘイトってだけの話題なら無駄だろうけどな
どこまで行こうが見下し合いにしかならん

207 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 21:20:37
何が「今の読者が」だよ。「お前が」の間違いだろ
「お前の認識」では「昔はいなかった」んだろ?
その狭い認識でわかった風に口を利くな

208 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 21:27:51
このラノベ君
宇野みたいな語り口だよな


209 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 21:28:45
はぁ
で、何が主張したいんだ
ラノベは下らないねって同意が欲しいのか
「こんな自分でも見下せる読者がいる」ことを認識して安心でもしたいのか

まあラノベそのものについての議論がいい加減スレ違いだからレスしたが
スレタイ読んで出直せ阿呆

210 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 21:33:46
>>209
お前の認識は恣意的過ぎるって言われてるだけじゃね?
宇野みたいだもん

211 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 21:34:48
ラノベスレに立てたら立てたで逆のモメ方してたんだろうなぁ、これw
俺ももういいや。

212 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 21:36:44
俺はここ以外でラノベ話したら叩くぞ

213 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 21:38:53
で、ラノベってどう変化したんだ?

214 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 22:28:14
>>192

でも、スワロウの話の展開のさせ方(結局個人の思いの話になっちゃう)は
激しくラノベっぽい気もするが。

まあ、今どきの特徴といえばそうなのかもしれんが、どうもラノベ系の作家は
人の気持ちがすべてを凌駕してしまう展開になってる気がする。
個人的にはSF的論理が人を振り回す話を期待してるんだけど。

215 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/15(火) 23:18:57
銀英伝はラノベなのかい、どうなんだい

216 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/16(水) 02:02:34
「ラノベってこういうもんだよね」ってのが自家中毒起こしてるのは否定できんが、それをどこ吹く風とガン無視して独自路線突っ走ってる作家も少なくないわけで。
ともあれ、具体的な特定作品についてではなくラノベ全般が云々という言い方は不用心じゃないかと。
「SFは小難しい理屈を並べ立てただけの作品しかない」みたいな言い方は何か間違ってるだろ。

>>215
個性的なキャラクター造形という点で、ラノベのはしりと言えなくはない。
あくまで強烈な個性を持った英雄達がメイン。つまり小道具がSF風なだけで、話そのものは戦記モノ。
ファンタジーかリアル中世でも何ら問題なく成立する、というか回廊周りとか政治形態についてはむしろしっくり来るぐらいじゃないかと。
電撃文庫の『ゆらゆらと揺れる海の彼方』とか。

217 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/16(水) 12:00:44
>>216
自家中毒なのは「お前」だろ…
頭悪いのに長文書くのはやめとけよ
ラノベ板に帰りな

218 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/16(水) 23:52:37
おまえも実のあること言えよ

219 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/17(木) 03:14:21
ラノベも多彩だからな。
マンハント大好きな基地外連中を殺戮する主人公がいたりするし。



220 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/17(木) 04:02:57
どこが多彩なんだその設定
安っぽい過激さよりも描写力や構成力で勝負しろよ
ラノベはそのあたりに問題有り過ぎ

221 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/17(木) 13:36:44
ある作品は粗雑である。ある作品はラノベである。よってラノベであれば粗雑である。
謬論の見本みたいだなあ。

言いたくなる気持ちは分からんでもないが。

222 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/17(木) 17:46:41
このスレでは笹本祐一の評価はどうなの?

223 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 03:13:46
>>221
なんでSFなんてろく読まないくせにこの板に来て必死にラノベ擁護してんのおまえ

224 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 12:08:58
別に誰がいたっていいけど
こういうラノベオタの内容のない長文垂れ流しは鬱陶しいな

225 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 12:41:17
排他的で長文な奴な


226 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 12:57:22
ここまで自演でした

227 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 14:16:08
ラノベってミドルティーン向けという建前で書かれてる萌えオタク向け小説
みたいな感じ。エロガキと萌えアニメオタク相手の商売かな。

228 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 16:18:01
そんな餌に釣られクマー

229 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 18:00:49
餌って?
自分の印象だけど

230 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 19:05:38
餌じゃ無いのならー思慮が浅すぎ知識足らなすぎー

231 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 19:33:01
印象とかチラ裏にでも書いてろハゲ

232 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/18(金) 23:47:29
餌って?
自分の印度象だけど

233 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/19(土) 00:12:39
>>222
彗星狩りはワクワクした

234 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/19(土) 06:43:49
>>232
すまんアフリカ象派なもんで

235 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/19(土) 16:16:44
>>230
じゃあ何なの?

236 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/19(土) 16:20:58
ラノベオタはラノベが小説のデフォルトだと思ってるからいろいろとおかしいんだよな

237 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/19(土) 18:35:03
>>235
知ったか馬鹿の一択だな

238 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/19(土) 21:43:22.42
>>237
だからライトノベルって何なの?

239 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/19(土) 21:58:09.52
>>238
自分で掻き集めてこその知識
半可通にこぼしてやるモノなんて何も無い

240 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/20(日) 16:29:15.60
>>238
あ(ry

便宜上、『自称ライトノベルレーベル』から出版されてる作品でいいんじゃね。

241 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/21(月) 23:32:10.64
ミドルティーン向けという建前で書かれてる萌えオタク向け小説

こっちのほうが全然しっくりくるね

242 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/22(火) 12:51:14.81
>>241
そういうラノベが増えてるのは確かだが、わざわざここで語る必要は無いだろw

243 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/22(火) 13:07:52.29
そんなこと言ったらSF板でラノベを語っても仕方ないしな
ラノベ君はここに隔離しとけばおk

244 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/22(火) 14:56:11.36
何かと思ったら最初の方にもいた荒らしか

245 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/22(火) 22:12:07.55
SF板で語る価値のあるラノベはないってことでFAか

246 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/22(火) 22:28:24.27
SF板で語る価値のある冷やし中華…

247 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/22(火) 22:42:00.98
読み捨ての萌え小説よりは冷やし中華のほうがまだSFだろ

248 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/23(水) 11:24:58.14
最近は萌えアニメやエロゲーオタ向けの小説という感じだな
普段小説を読まないオタクでも読めるようになってる
元から中学生か高校生くらいに向けてに書かれてるんだし

249 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/23(水) 12:56:10.21
言うことがコピペ同然で面白くないな。
そろそろ新しい釣り方考えろよ。

250 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/23(水) 17:35:52.05
時かけがこのジャンルの元祖って扱い?
ジュブナイルとラノベが未文化な時代だけどさ

251 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/23(水) 18:38:12.31
>「今のライトノベル」として定義

というものがあるらしいんだからライトノベルじゃないんだろ
このスレのラノベ先生による定義によるとさwww
ラノベレーベルから出てる萌え絵イラストがついてるキャラ小説
って認識でいいんじゃないの。講談社ノベルスとかJAはジャンル
小説とラノベが混ざってる感じ

252 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/23(水) 18:43:10.92
>>251
もう分りづらいから、ここ最近の萌え絵イラストのは豚ラノベとしようぜ

253 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/23(水) 19:09:27.36
スレ的にイラストとかどうでもいい。

>>350
そっちの流れは児童文学に行ってる気がするなあ。
キャラクターの個性は別に濃くなかったし。

254 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/23(水) 20:05:22.53
Togetter - 「SFタイトルをラノベ調にしてみた まとめ」
http://togetter.com/li/99864

255 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/24(木) 19:57:57.48
で、SF読みが偏見持たずに読んだ方が良い作品って何があるの?

古橋秀行の「ブラックロッド」のシリーズは良かった。
「ある日爆弾が落ちてきて」も良かった。

あと上遠野のブギーポップや小野不由美は読んでるけど、それ以外のお勧め教えて。




256 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/24(木) 20:07:03.98
小野不由美の十二国記も西尾維新のクビキリサイクルも同じカテゴリなのか、、感慨深いな

257 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/24(木) 21:06:27.60
>>255
定番だけど秋山瑞人の猫の地球儀
桜坂洋のAll You Need Is Kill

258 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/24(木) 23:20:28.52
>>255
ブラックロッドが良かったなら川上稔の都市シリーズはアリだと思う。
SF感が強いのは巴里、DTあたり。
クロニクルとかホライゾンに比べるとギャグ分は目茶苦茶薄いからその辺り苦手でも問題ない。

あとは冲方丁のシュピーゲルシリーズが凄い。
『美少女サイボーグ三人組が戦う話』という説明に嘘はないが事実の一割も語ってない。

259 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/24(木) 23:35:27.35
シュピーゲルシリーズはあの文体がきつい。
オイレン1巻の第1話読んで挫折した。

260 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/24(木) 23:54:31.48
エルロイ文体は多少人選ぶな。

『ウィザーズ・ブレイン』は……どの巻から進めるか迷うな。
6巻以降のストーリー性の大転換とか文字通りの科学小説な7巻とかあるんだが、そこに行くまでが……
SF的にイケる2巻か一気に評価上がった3巻とかが安牌かね。
1、2、3は話にほとんど繋がり無いしメインキャラも全部別だし、ファンにも微妙と言われる1巻で切られたくはない。

261 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/25(金) 00:54:32.38
1人で何ブツブツ言ってるの?

262 :255:2011/02/25(金) 08:38:04.66
>>257-260

ありがとうございます。
秋山瑞人「猫の地球儀」
桜坂洋「桜坂洋のAll You Need Is Kill」
川上稔 都市シリーズ
冲方丁 シュピーゲルシリーズ

探してみます。





263 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/25(金) 10:51:49.42
>>262
> 桜坂洋「桜坂洋のAll You Need Is Kill」

なんか、ラジオ番組のタイトルみたいだなw

264 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/25(金) 20:10:32.24
>>262-263
映画化権をハリウッドが買ったってんで再版されて容易に手に入るだろうけど
個人的には「延々と戦い続けるだけのゲーム」みたいな感覚を受けた
設定も、その展開を作り上げるための方便でしか無い感じ
後あとがきで作者に何だかムカついた

265 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/26(土) 02:02:03.40
>>263
伊集院光のAll Night Nippon
みたいなもんか

266 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/26(土) 23:41:59.24
>>264 実際、ループしながら延々と戦い続けるゲームの説明書読んで(やってはいない模様)思いついたって作者がSFマガジンでばらしてる。
具体的に言うとGPMだが。やっぱり…w、と。

267 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/27(日) 00:07:01.56
夏緑って作家は漫画の原作もラノベも書いてるみたいだな
ゴルゴ13とか獣医ドリトルとか

ラノベも何かSF要素が有る作品が有るっぽい
実際に読んでないから断言出来ないけど

268 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/27(日) 21:37:25.85
>>267

夏緑はハルキ文庫のヌーヴェルSFシリーズでも1冊出してるから、SF的要素は
あるんじゃないか?

ヌーヴェルSFでは他に小川一水とか新城カズマとかが書いてた。

269 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/28(月) 18:13:25.88
>>262
それらSFか〜
SFじゃない気がするんだが・・・
SFマインドを感じないよ


270 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/28(月) 19:24:00.16
SFマインドって何だよw

271 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/28(月) 19:41:12.93
SOW

272 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/28(月) 21:43:44.05
僕の好きなモノがSFです。ただし、他人も同意すべきです。

273 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/02/28(月) 23:35:41.02
ラノベはガキと本読まないオタク向けなんだから
読み捨てで十分

274 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 00:33:09.05
はいはいそろそろ新しい釣り方考えまちょうねー

275 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 08:52:58.68
いや実際読み捨てだから

276 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 10:22:23.92
あなたがそう思ったならそうです。ただし他人の同意を得られるとは限りません。

277 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 11:02:51.04
ラノベでSFはカテエラだと思ってたよ…
いわゆるラノベって奴を一冊も読んだことはないがね

…「これはガチのSFで、しかもラノベだ!」って作品あるなら教えて?

278 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 12:17:30.50
『ガチのSF』が「これこれこういう要素があること」と定義するなら多分ある。
「こういった要素が無いこと」という見方をするなら多分無い。
その辺りどっちなんだろうな?

279 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 13:28:15.18
>>278
ああ、言い方悪かったかな?
つまり、科学考証とか出来てる作品のことね?
「未来の謎エネルギー」とかならまだいいが(「存在しない」と証明されたわけじゃないから)、気合いで銃弾弾くとかビーム消し去るとかは論外


280 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 13:48:55.06
>>279
そのレベルはギャグ作品でもないと逆に見つからんw>気合で弾く
VRでシステムにそれが組み込まれてるとかならあるが。

まあ、そういう意味でSFらしい作品ならウィザーズブレインかね。
その辺りの考証過程が物語として出るのは七巻だけど。
架空の技術について、
・現代で発見されてない理由
・その時代に発見できた理由
・実際の運用法
とかの点で完成度高い。現実の延長にあってもおかしくないと思わせる。
作者が「メラと唱えたら炎が出る世界観に違和感を覚えたのが書き初めた理由」とか言ってるから無理もないんだが。

281 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 16:42:29.37
>>276
お前、真面目な顔してラノベなんて読んでるの?ww

282 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 17:55:50.31
>>280
レスさんきう
その解析だと、作者はSF作家寄りの(「魔法です」で済まさない、理論的思考好きな傾向あり)人間みたいね

チェックしてみるかな……


283 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 20:49:02.25
>>282

問題は、「理論的思考」「考証」がおそろしくご都合主義な
作品がけっこうある、ってことだろうな。

結局、その辺をうまくぼかしつつ、SFを味付け程度に使った
作品の方が(物語としては)おもしろかったりする。

まあ、早川その他から出てるSF作品でも、その辺適当なのが
あるし、そこがうまくいけば、傑作ということなんだろうが。

284 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 21:13:04.29
理論的に裏打ちしない作品の方が今時珍しいからな。
詰めが甘いのも多い。
二極化しつつあるのがなあ。

285 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 21:16:35.19
SFだけでなく編集さんの好みの問題でエヴァみたいに
わざと説明させない本もあるというのに
クラークなんか描写の連続で説明ないじゃないか

286 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 21:24:25.03
ラノベには説明と明らかに食い違った描写がある場合が……
有名どころだと禁書一巻のレールガン打ち消しとか。

287 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 21:43:55.52
ラノベだしいいじゃん

288 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 22:04:01.00
>>285
>クラークなんか描写の連続で説明ないじゃないか
遠未来ものや異星人の科学技術なんかは説明ないが
近未来ものの地球人の科学技術に関しては裏付けのある説明があるぞ

289 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 22:04:40.71
>>282
ハイファンタジーの方が科学的な現実か・・・

290 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 22:07:21.35
【小説】ニトロプラスにより『魔法少女まどか☆マギカ』ノベライズ決定! 著:一肇、絵:ゆーぽん、監修:虚淵玄 ※全員ニトロスタッフ
http://orz.2ch.io/p/-/toki.2ch.net/moeplus/1298977175/

291 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/01(火) 23:57:58.99
>>289
科学技術が進みすぎて、かえって夢見れなくなってるしなあ。

292 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/02(水) 00:06:51.14
変身を空中元素固定装置とほざいたキューティーハニーはすごいと思う

293 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/02(水) 23:00:16.29
別に理論に裏打ちされてなくてもよくて、ワクワクできるギミック
さえあればいいと思うんだけど、、、。

しかし、多くのラノベは、既存の(SF的)用語を、もしかして分かって
ないで使ってる?ってレベルで濫用してる感じ。

294 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/03(木) 11:28:09.77
どんなのあったっけ。
……というかガチSFでも「とりあえず陽電子頭脳と言ってみる」みたいな話も……

295 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/03(木) 21:51:52.53
>>294
どっちかっつーと、ラノベの場合「陽・電子頭脳」とか「幼・電子頭脳」とかになりそうだ…

296 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/03(木) 23:30:38.71
ちょっと意味分かんないです

297 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/04(金) 00:18:13.06
ちょっとw

298 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/09(水) 21:51:14.34
書店での売り上げのランキング30で殆どがラノベだったな
翻訳書だとどうやってもそこまでの売り上げは有り得ないのだろうが

299 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/10(木) 00:06:30.62
つハリポタ

今のラノベは読者層に合わせて計算しつくして作ってるから。
他国仕様で作られている翻訳本では勝てない。

後は天才の仕事だな。

300 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/10(木) 06:34:46.16
禁書とか日本以外じゃ絶対ウケないと思うわw
つか、日本でウケてる理由もわからん。頭の沸いたリア厨しか読んでないらしいが・・・

301 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/10(木) 14:00:28.60
「細かい理屈は無視」「ノリと勢いが全て」という少年漫画的手法を小説でやったからだよ。
初期に解説した理屈とかキャラ付けとかランク設定が話が進むにつれて消滅とか、ジャンプではよくあるでしょ?


禁書をSF畑の人が書くと『円環少女』になる気がするんだがどうだろう。

302 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/10(木) 22:15:50.01
>>301

マンガじゃなくても、創竜伝とか似たようなノリの小説はあったよね。
平井和正とかも小説内で技とかインフレしまくってたし。

変わったのはキャラ(特に女性キャラ)の立ち位置じゃないかな?

303 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 00:08:28.62
ラノベの作家さんに、無理に続編書かせず新しいネタで書かせてあげればいいのに…
編集の奴隷みたいで、痛々しく感じるよ。

304 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 08:41:35.75
>>303
ドラゴンボールとか、北斗の拳とか、
延々と終われなかったジャンプ漫画に比べれば
それほど痛々しくも無い。

305 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 10:22:24.00
>>301
多分そうなるよな>円環
物理法則をそれぞれ違う体系で認識してるとか刷新するとか万物理論ぽいネタもあったし
まああれはラノベ的な極端なキャラ立てと相俟ってそれなりに受け入れられてた気はするけど

禁書は内容アレだけど速攻で脚本立てる能力とか設定の応用とかはあるんじゃないか
ラノベだと続巻出してって読者にキャラ憶えて貰うのは重要だし
ちゃんと読破してるSF読みに解説して貰いたいと思うことはあるが、読んでる人間があんまりいなさそうだからまあ無理か

306 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 11:07:54.13
>>286
妙な理屈は一応作品内で説明されてるんじゃ?
運動エネルギーごとかき消す右手がどうの。

307 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 13:43:14.08
>>305
つーかあれ、最後まで読むと結局時間SFじゃん
「過去の人間の動作を操作できる超能力者がいたら?」みたいな
1巻の頃から伏線はあったけど
あと「地には豊穣」を読むに、この人SFと見せかけてカルチャーギャップ・ジェネレーションギャップの問題提起するのが上手いよな

308 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 16:24:51.04
>>307
すまん最終巻だけまだ読んでないw
でも決定論ネタとか出て来た辺りであーやっぱりと思ったから時間SFは納得
あれは脳科学/哲学ネタみたいだったけど
全体的に今のとこメインガジェット寄り道しまくったSF読んだ感じ
その短編は読んでないが、ギャップ問題書くのが巧いのは早川刊のあなたのためでも堪能できるな

禁書と違ってあんまり有名じゃないのは話の筋立てにガジェット使いすぎるからか?
キャラがいちいち内面描写で悲哀とか憎悪に走るのが面倒からかもしれんが
「人間書けてない」はただの因縁付けにしかならんだろうが、突飛なキャラとしては特に禁書と差があるようにも見えないな
このへんメディアミックス展開で電撃と角川って差は大きいんだろうか

309 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 16:50:10.29
SFしてると評判だったランジーンコードの名前が出ないな
二巻出ても話題になってないが・・・。

310 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 17:37:12.19
>>308
突飛なキャラを出すのに、「〜という理由で彼(彼女)にとってそれは全く普通」とかやってるのが理屈嫌いな人には受けないのかもね。
ギャグ要素とかキャラ立てで済まさずに、それが意味することに徹底して踏み込まないと気が済まないタチっぽいし。
メイゼルのドSとかきずなの煮え切らなさとか、いやってほどきっちり理由付けてるじゃん。

311 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 18:08:30.27
>>308
最終巻のSF的ネタは
・神人遺物が世界の栞というのは、過去の改変で無かったことになって世界が消滅しても壊れないから、他の世界で拾えば世界の滅び方を解析可能
・《極星を追う者》の正体は、かつてのバベルにマルク・フェルゼーが乗り込んだ世界では死なずに生き残り、後に聖霊騎士化した聖騎士
神音世界の自然秩序=魔法索引は再演が何しようと変わらないから、別の時間軸でも召喚可能。でもその時間軸には本来存在してないから再演魔術で捉えられない
・きずなが再演魔導師として成長しなかったのは、そういう風に未来から操作されていたから
・再演魔導師の勝負は結局のところ「どちらがより先まで生き残れるか」だけで決着する
・よってあらゆる可能性世界で人類絶滅した未来に再演魔導師を送り込めばそいつは無敵→遠未来から人類を救う弥勒菩薩の原型
・学生闘争の話は「神聖騎士団三万年の闘争もまた、古い価値観による戦いに過ぎない」という伏線
こんな感じかなあ。

312 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 18:33:35.53
>>299
でも書く作家にはベテランもいれば新人もいるわけだよな。
新人が読者層に合わせる計算高さを持ってるとは思えないんだけど。
編集のリサーチが優秀なのか、ナチュラルに読者層と同じ感性だから問題ないだけとか?

313 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 18:50:52.41
>>312
両方だろ。編集がそういう新人を選んでる。

314 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 21:01:36.81
>>310-311
あれがなかったら円環少女の味になってる部分も失せるだろうしな>理由
コメディが一気に所帯じみた湿っぽい話になったりするのも心情の理由を描写してるからだし
個人的にはこのキャラはドSだからドSとかやられるよりはよっぽどいいんだが
まあ、でも、場面の爽快感やその場の癒し重視傾向の流行には合わないか

しかしよくまとめたなあ
最初からこれだけ全部プロットの内にあったわけじゃないだろうが、あの巻数で全体に筋を通したのは大したもんだ
ありがちなバトル要素も根性とか精神論とか実はこういうことしてましたとかの後付け伏線で片付けない辺り好印象だった
ただ>>312-313じゃないが、他の作家と同じ事しても仕方ないとはいえもう少しラノベ読者に寄ってみれば読者増えてたんじゃないかとか
あと弥勒菩薩とか百億の昼思い出す

315 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 22:04:02.19
円環が売れないのは、
・1巻の文章がとにかく読み辛い。ラノベでよくある酷い文章とは別の方向性で酷い。
・ギャグやほのぼのと見せかけて実はシリアス、というシーンが多い。
・信じていたものをひっくり返され続ける主人公。
・主人公が幾ら頑張ってもその場凌ぎしかできない、というのを割と隠さない。
この辺りが原因かね?

同じマジックキャンセル能力の設定を比較しただけでも、芸風の違いが割と分かるな>禁書と円環

316 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 22:25:14.80
能力にロジックを持たせるのはされ竜と同じだが、使い方はあっちより巧いんだよなあ
文章もあっちよりは読みやすいんだが、なんだ、文章の物理的密度とかセンテンスごとに漏れる心情が凄いことになってるな
ラノベの文章の酷さは純粋に文章力が足りてないか読者層の慣れた文に合わせたものなんだろうが、加減が全くない

主人公が勝ち続けるチートストーリーはあれだが、その場合は大概敵を攻略できるかできないかギリギリにしてあって
そういうお約束は守られてるんだが、円環少女は当座の敵を攻略しても視界が開けないってのを延々描写するからな
日常系ラノベが象徴してるような、安堵感や馴れ合いムードが全くないのはラノベとして拙かったりするんだろうか
円環少女の場合は超人でさえもがウジウジと日常の悩みとは無縁でいられないことを書いてるから余計にそう感じるんだと思う
禁書は作者がそういうのを割り切って漫画的なお約束テンプレに徹してるから受け入れられやすいのか
まあ嫌いな人も多いみたいだからなんとも言えないが、絶対数としては肯定派の方が多いんだろうな

禁書のマジックキャンセルはロジックとかあったっけ?
俺は途中で追うの諦めて右手が異能(漠然としてるが、大雑把に既存の物理法則外のもの)を排除するって理解だけだな
上で出てるレールガンがどうのは多分物理現象に乗った運動エネルギーのキャンセルどうすんだよって話だと思うが
円環少女の場合は世界観に統率された異能と、それに対するアンチ能力だからな
全体に芯を通してるかどうかの差みたいなものか

317 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 22:38:54.80
売れないのは描写や作者の性質の問題で、SF設定が厳密だったり過密だからではないってこと?

318 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 23:29:39.07
マジレスすると、ごく一部の例外を除いて時間モノは売れない

319 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/11(金) 23:44:58.64
それぞれの巻を見れば、時間モノとは言えないのでは。
時間モノのライトノベルと言えばタイムリープだけど、他にも電撃で二三あったかな。
谷川流の学校にもあったか。

320 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/12(土) 00:00:26.24
>316
あの右手は因果律に干渉してるとしか思えない。


321 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/12(土) 00:16:48.77
後付けでそういうオチになるってのは本当にありそうだなw
ドラゴンボールや男塾みたいに実はこうでした、と。
通常攻撃遮断できないから因果律キャンセルにも理屈が必要になるだろうけど。

322 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/12(土) 00:47:06.33
>>317
1巻に関しては、SFとかそれなりに読んでる人でもちょっと悩むレベルで説明が微妙。
いや、自分は神林とレンズマンとディックの短編ぐらいしか読んでないけど。
基本的に分かり辛い上にメイン敵のひとりの宣名大系というのが作中でも特殊な魔法だからこんがらがる。
魔法とかそういうものを社会や個人のあり方に結び付けるのは目茶苦茶上手いんだが、そのせいでストーリーが『個人で社会を相手にするにはテロリストになるしかない』といった方向に行く。
だからといってテロを正当化できるような理屈を主人公に与えるわけではなく、正しいと縋っていた理屈と内なる倫理の相反に延々と苦しめられる。
キャラじゃなくて人間を書けてるって意味じゃラノベ屈指の名作だと思う。メインヒロインが色々とアレなせいで怪作に見えるけど。
SF的というのは『この世界の人間は魔法を見ると消してしまう』という設定を、
・自然秩序が完全に安定しており魔法が存在しないこの世界の人間は、観測するだけで異世界の不安定な自然秩序を引き剥がし魔法を消去してしまう。
みたいに表現するのと、設定の作り方が独特。
「慣性とかどうすんの?」って疑問はこの手の能力の定番なんだが、時間を溯って作用するという設定で解決したり。
つまり魔法で加速した物体は、見掛け上、観測されることが確定した時点で運動エネルギーを失う。(実際は過去時点で魔法が弱体化してる)


323 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/12(土) 01:12:32.04
>>322
設定も世界観も描写も人を選ぶみたいだな…。
ライトノベルとしては、やっぱり軽さが重要?
>魔法
「目視したら魔法が消せる」理由が「実は最初から弱体化してるけど観測されない限り魔法的な慣性で飛んでる」という事か。
魔法を掛けられて800m/sで飛ぶ弾体が、目視された瞬間に0になるような。
禁書のレールガンはそういうの説明してないから無理だな。電磁砲キャンセルの何故→異能で与えたエネルギーだから何故か消える
それは上手いと思うんだけど、一巻ごとに説明しないといけないなら、ややこしいと思う読者もいそう。

324 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/12(土) 01:24:18.38
>>323
いや、慣性自体はこの世界の自然秩序に従ったものなんよ。
魔法(異世界の自然秩序に基づく技術)が使用されたその時点に消去の影響が溯るから、
観測確定前:パワー10の魔法発動→10の速度で石が飛んでく
観測確定後:パワー1の魔法発動→1の速度で石が飛んでく
となる。
ただし、その時間軸においてパワー10の魔法が発動したのは間違いないから、あくまで異世界の法則にしか作用しない魔法消去で石が急減速したように見える。

ちなみに「まともな物理法則に基づく運動を観測されるまでに挟む」ことで消去に耐性を持たせる概念は遡行抵抗と呼ばれていて、
いわゆる『魔法使いのローブ』は遡行抵抗を挟めない初期行程を観測されないよう袖口に隠すための伝統なんだとか。

325 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/12(土) 01:41:28.79
>>324
ややこしい!w
魔法使いが銃弾並の速度で野球のボールを飛ばしたのが、観測されたら普通のボールの速度に戻るって事だな。
魔法のみでエネルギーを与えられた飛翔体なら飛ぶ事できなくなりそうだ。
この場合、エネルギーどこから持ってきてるかが正に魔法か。
あの暑苦しそうな服にも理由付けするのは凝ってるw

魔法と科学の立場が入れ替わったオルタナ世界物のSFかファンタジーでありそうな設定だな。

326 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/12(土) 09:08:05.43
「音楽を奏でて魔法を使う」ってありふれた設定が、あの作品では、

あまたある魔法大系、つまりその世界における自然秩序の歪みは、大別して二種類ある。
ひとつは周期運動を支配する円環大系のように、世界に《魔力(魔法によって操作される力)》を見出す魔力型。
もうひとつが、あるものとあるものが同一である根拠(絶対有、エートス)の曖昧さにつけこみ、《索引》することで辞書を引くように事象を生み出す索引型だ。
最も強力な索引型魔法大系のひとつである神音大系では、特定の音が世界から魔法を引き出す索引になる。
つまり彼らの精緻な彫金が施された剣や鎧は、戦闘中に魔法を索引するための魔術武器――擦ることで特定の音を奏でる楽器だということだ。

こんな風になるからなw

327 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/12(土) 10:21:48.54
>>326
俺も面白かったと思うが、設定の煩雑度はウィザーズブレインより上だと感じた。
文章の難度もだが、設定を説明するための設定が多過ぎるような。
社会まであの魔法設定から語ろうとするせいか?

所で皆無事かー

328 :316:2011/03/12(土) 21:09:13.20
>321
通常攻撃遮断できないのは「超常を無効化する」という大前提だから
説明は要らない。「制」限ってことにしちゃえばいいんだから。

それより説明が必要なのはあの世界では科学技術の一つである
「超」能力が無効化できるところ。 「超常を無効化」じゃないじゃん。

また、あの世界の魔術は「手順で通りに行えば誰にでも発動できる」
というこれまた「超常」とは言いがたい設定。

俺の頭では仮想世界とか持ち出さないと説明できない(w

329 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/12(土) 21:34:43.63
いや316書いたのは俺だw

>>327
人外しか生存できないような極端な秩序を持った世界はないからな>円環
そういう前提で世界法則を変えた世界の思考実験で文化なんかのレベルも書いてるのがSFっぽい
それをやる為に、能力設定にも>>326のように工程を二つくらい積んでるのが少し面倒ではある
その理由がライトノベルというかゲーム的なカテゴライズ(>>326の書いてるような「何々型」)になってて
リアリティがあるんだかないんだか妙な気分になったりするな
あと、こういう超人伝奇バトルの異能力は伝統だが、「こいつはこういう力を持ってる」って理由が厳密すぎる
それが読みづらさにつながるかと言うと、こればかりはなんとも言えないんだが

ウィザーズの設定はかなりSFしてるんだが、人間の書き方は大分軽いと思う
現代の社会問題のメタファーとしてはキャラ付けがステレオタイプ過ぎて正義とか信念語るのが薄味というか
これはキャラの子供比率が高過ぎるからという理由もあるだろうが

330 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/13(日) 10:44:03.81
>>328
無効化できるものとできないものを分ける基準が無いんだよなあ。
超能力や魔法を動かすロジックと他の物理法則を分けるものがない。

331 :321:2011/03/13(日) 11:31:05.50
>>328
悪い、俺も大意はそういう意味。
因果律に干渉→「どうして無効化できるものが分けられる?」な。
前提の設定条件どこからみたいな野暮な突っ込みなので忘れてくれw

あれは手順を踏めば使える魔術とか、
一応理論の延長に含められるものを無効にできたりするのが判らないんだよな。
物理法則基準から外れるものをキャンセルが作者の言い分なんだろうけど、
無効化してるものがどこからどこまでか分からないよと。

あの世界の超能力は「個人の世界の見方が違う」だから個人差ありすぎてほぼ魔法と同義だしな。
作品に通ってる理屈の基盤が弱い。

あの世界が巨大な仮想世界だってのはアリだなw
量子力学ネタは偶に使ってるっぽいし(かなりいい加減だけど)。


332 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/24(木) 02:04:45.93
書き込みテスト

333 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/03/24(木) 21:18:56.43
読んだ。
ウィザーズブレインより円環少女の方が特徴的だった。
能力の説明とか、これどっちもアニメ化し辛いだろうなと思う。

・ウィザーズブレイン→アニメ化するとメディアの性質上ただのドンパチになりそう
・円環少女→能力の説明が必須、だけどアニメ尺の中で収めるのが難しそう

こういうのは禁書はただの能力発露ですむけど。
どちらかと言えばまだ円環少女の方がメリハリのついたアニメになるかな。

334 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/03(日) 14:03:11.85
許し

http://ameblo.jp/cocokara-world/entry-10796962474.html

335 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/05(火) 18:18:20.09
「化物語」の西尾維新、「ブギーポップは笑わない」の上遠野浩平、「阿修羅ガール」の舞城王太郎が、荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」のノベライズを担当する。

うーん

336 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/06(水) 00:30:04.68
乙一ジョジョはそれなりに面白かったよ。
上遠野と西尾はジョジョ信者だし、まあ味のあるもんができるんじゃないか。
舞城ノベライズはいつも通りだろうけど。

337 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/06(水) 04:13:27.59
安倍吉俊と小中千昭と中村隆太郎の『ですぺら』がついに本にまとまるぞ〜
アニメージュのロマンアルバムらしいが
アニメ化も何とか進行させて欲しい

338 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/10(日) 09:00:39.99
現代の技術水準で実現可能なロケット推進方式

比推力可変型プラズマ推進機(VASIMR)
(1)比推力:3000秒 - 5万秒
(2)推力:4キログラム - 120キログラム
(3)最大速度:秒速300km
※『比推力可変型プラズマ推進機(VASIMR)』について(日本語版)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E6%8E%A8%E5%8A%9B%E5%8F%AF%E5%A4%89%E5%9E%8B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E%E6%8E%A8%E9%80%B2%E6%A9%9F

核分裂パルス推進
(1)比推力:6000- 10万秒
(2)推力:10万トン - 1億トン
(3)最大速度:秒速1万km
※『オライオン計画』について(日本語版)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E8%A8%88%E7%94%BB

339 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/19(火) 10:16:24.20
萩尾望都がSF小説の作品集を出すのか
挿し絵が有ったら良いのに

340 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/20(水) 17:09:40.13
>>329
> ウィザーズの設定はかなりSFしてるんだが、人間の書き方は大分軽いと思う

円姦少女は最後まで未読だけどキャラがテンプレ過ぎるだろ
むしろキャラが動いてるのがウィザーの方だし

あと法則に一貫性が無いのも円姦少女の欠点だろ
地獄が無敵すぎる設定だから仕方ないけどさ

そもそも地獄がなぜ存在したのか?が語られると統一性上がったろうけどな
多分そこには踏み込まない作者だと思うし

341 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/20(水) 17:28:44.92
>>340
最後まで読んでないならネタバレになるけど、
すべての魔法世界が地獄由来の可能性も示唆されてるから、
まあ、とにかく読め

342 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/20(水) 18:56:14.44
円姦少女・・・はあはあ

343 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/20(水) 22:17:06.83
最後まで読まないで設定を語るなよw
最初から最後まで考えて作品作ってる凄い設定厨の作者なのにw

344 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 12:11:44.52
>>340
いや、テンプレか?
むしろ「テンプレの定義」を書こうとしてるように見えるんだが。>円環
ドSならドSでその理由を描写にまで滲ませるとか、テンプレ狙いだとしたら明らかに邪魔にしかならない要素だと思うぞ。
ラノベのキャラ造詣自体がテンプレから逃れられないんだから、奇形にして理由付けた方がテーマと繋げ易いっつか。
ウィザーズブレインは良くも悪くもキャラの味付けが一昔前の少年漫画っぽく感じる。
ビルドゥングスやってるっぽいからあれでいいとは思うけど。
内容が内容だけに、魔術師が世界間の戦力バランス崩すくらい奇形化してる円環のが俺TUEEE間薄れてていいなってのもあるが。

法則は>>341が書いてるけど、最後まで読んだ方が通りが良くなる。
全体通して「どうしてそういう理屈なのか」が出て来るから。
この手ので各法則間に統一性ゼロでゴリ押ししかねないのは禁書だろうな。
特殊な能力の力場だけで説明ってのが現状っぽいし。

345 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 13:47:12.00
円環は魔法設定が凝りまくりだよな
最初アレ理解するの苦労したわ

346 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 16:55:40.23
ある意味クロスオーバー作品を自分の作品のキャラだけで、しかも最初からやってる状態だからな
少し読むだけと凄く歪に見える作品って気はする
キャラ間の認識齟齬が能力と文化だけじゃなくて世界法則レベルだからな

347 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 16:56:28.94
今から考えると一巻からフルスロットルだったからな。

最終巻のメイン張る魔法設定がもうあの時点で出揃ってるってどういうことなの……。

348 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 17:06:44.03
体系の序列とか、最初だけだと「なんでコイツらだけ優遇?」だしなあ。
一巻で切られてたら本気でごった煮全開のカオス小説だった。
全巻通してやっとわかる類のラノベってどうよとも思うが。

349 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 17:58:45.29
最終巻であれだけ大事になったのにそれでも出てこなかった三十六宮第一位とは何だったのか。
ただでさえ魔法大系が多くて分かり辛いからそれ以上増やすわけには行かなかったんだろうけども。

350 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 18:17:58.73
神人の遺産の上で権力闘争やってた猿山のボスに
あの状態でしゃしゃり出て来られても……ねえ?

つか、手駒にされて終わるだけよねラスボス魔法のシステム的に。

351 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 18:30:46.84
番外でも書いたら出てきそうではあるな
ラノベだからこそ設定の完結性を重視するSFと違ってあれだけの長さで語り切ったとは言えるか
ブギーとか延々謎が膨らみっ放しで収束させるのが困難になってるし

352 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 18:36:12.19
事実上無限に分岐世界作れる設定だからね。

交錯するかどうかはラスボス一歩手前ヒロイン次第だけど。

353 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 18:39:34.73
つまり糞みたいなファンタジーってことだな
まあそんなのばっかりだが

354 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 18:41:57.62
主人公変えて別の側面から語ったりな
一つの体系についてもうちょっと語るくらいはありだと思う
バクスター式にでもいいし

355 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 18:44:24.12
ああ。
主人公はオルガだな。舞台も故郷で。
変態しか出てきそうにない。

356 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 18:54:37.04
>>350
後段の通り、ラスボスから見れば仮にも第一位の実力がある良い手駒だから、
特段の理由がなければ手駒として引っ張り出されるべきだと思うのよ。

357 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 19:03:50.86
作中では相性の問題がやたら強調されてたけど。

第一位クラスであっても魔法消去環境下という
魔法使いにとってのアウェーに引っ張り出したらさくっと終わるんでねえの?

358 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 19:22:36.74
全体からするとグレンとか単機戦闘だと上位何位レベルだったんだろうな。

359 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 19:29:52.57
相似の中では最上位クラス、
ただし他の大系に相似で対応困難な攻撃手段があったらアウト、
てなところでは。

円環世界の連中なんか頭吹っ飛んでも動作してたからなあ。

360 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 19:32:27.46
やっぱ(一部の例外除いて)相性デカいかな。
グレンのセンスは『天才』だって断言されてたし、生きてたら出力が同等になった弟とも違って応用とかどんどん作りそうだったけどな。

体系の順位に関係なく強い奴は強いってのはあるみたいだし。

361 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 19:55:55.14
「できる事が多い」のと「戦って生き残れる」は微妙に違うんだよな。

主人公からして一芸特化型であとは猛訓練の精華である体術と狙撃という
ラノベ主人公にあるまじき能力だし。

362 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 19:59:54.55
あそこまで凝った世界観そのままにするのは勿体ないよな
三十六宮ほとんど出てないし。
たまにあるラノベみたく世界観共有で別作品書けば良いのに

363 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 20:33:47.65
グレンは何でもできる研究者が前線に出てきたって感じだったからな。
戦闘が素人でもそれすら応用に含めてどうにかしてしまうというか。

つか最近のラノベは割合一芸特化多いんじゃ?
そんな数知らんからなんとも言えないが、万能系とか見ないような。
成長物語が真っ当に機能しないのは大分前からだけど、
増えてきてるのはあるものでどうにかする、現状を肯定する話みたいな。

364 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 20:49:45.29
巻が進むにつれて訓練不足でパワーダウンしていく主人公、つーのはあまり見ない気がする。
その分を魔法アイテムで補ってたけど。

365 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 21:07:22.74
主人公もそうだけど魔法とか出る作品なのに学生運動が出るとは思わなかったな
魔法使いにとって一番怖いのが地球の一般人達ってのもまた変わってたな

366 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 21:12:32.58
巻が進むにつれて社会的地位がダウンしていく主人公もあまり見ない

367 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 21:35:20.32
異世界召喚ものの場合、向こう側に馴染むにつれて現世がおろそかになっていくけど
円環少女は現世に留まったまま社会的地位が下がっていくという……。

368 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 21:44:55.96
SFっていうかただの設定厨だな

369 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/21(木) 23:16:52.59
円環少女は世知辛い内容だった

370 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 00:29:02.16
ロリコンは社会から疎外されていくという教訓だよな>円環少女

371 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 01:30:38.28
魔技エターナルフォースフレイム呪文!?♪。

372 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 05:44:06.70
星海大戦はどうよ?

373 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 08:28:47.52
>>365
それぞれの時代が囚われた象徴として書かれてる部分もあったんだろうなと思った。
核とか極端に強調されてたし

374 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 08:45:47.81
異世界召還モノというか「異世界が召還」されるモノだからな、あれ……。
「あちら」と繋がる類の話は結構ありそうだけど(内容は微妙だが最近も自衛隊ネタのとかあったし)、
視点が常に「こちら」側だから認識の差異を最後まで強調できる内容ではあるんだよな。
次々に来訪する「どこかの異世界」を覗く訳だし。
ギャップの調整をやりようもないのが歪さの一つの原因かな。

>>364
完全覚醒がラスト直前だしなw
ゲームと違って読み手(プレイヤー)が実感するほどのパワーダウンじゃないけど、
敵がどんどん強くなるせいで主人公はサポート抜きだと確実に死ぬ大将って感が強かった。
訓練不足でってのも比率としてはあったのかな。

>>370
同じ作者がモロにそんな話をSFマガジンで書いてた。

375 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 08:47:43.32
キモいな

376 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 08:52:12.49
>>372
紋章かと思った。一応、少しだけ読んだ事ある。
っても、海外SFでも未だに現役のジャンルだからなあ。
日本の場合、銀英伝が先駆者として偉大すぎてこの手のは新規開拓難しいジャンルだとしか。
マクロ的な視点に拠らなければ別の落とし所もありそうだが。
スペオペ下火の日本だとキャラ強調も難しいんじゃ?

377 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 09:50:22.68
訓練不足っつっても、狙撃スキルが低下してただけだろ
剣技に関しては東郷先生を超えたりしてるし

378 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 10:23:00.40
ほぼ破壊不可能な神人遺物の剣がなければかなり微妙だったぜ。

379 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 10:23:09.10
あれは超えたというかパワー押しでどうにかなったのと武器能力の差では
単に底力出したのもあるだろうが

380 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/22(金) 20:01:53.63
魔技卍†凸凹エターナルフォースブリザードリバースリンク∞!?♪。

381 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/23(土) 00:22:23.88
>>373
終わってみればカルチャーギャップ・ジェネレーションギャップってのが共通項だよな
『地には豊穣』といい、そういうテーマが好きなんだろうな


382 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/23(土) 11:07:41.37
Toy Soldierもひでえカルチャーギャップの話だったな。
十代の肉体で作り出されてから機械兵と戦って死ぬまでせいぜい数年の
ハンバーガー・ソルジャー達とか。

老人と宇宙の特殊部隊と通じるものがあるけど、こっちの子供兵士達は
ただひたすらに安価な使い捨て兵士として生産されていくというね。

383 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/23(土) 16:23:50.08
それカルチャーギャップとは言わないんじゃないか。

384 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/04/25(月) 08:02:44.84
差異を設けることを主題に据える作家ってことだろうな。
>>382のはモロにデビュー作を踏まえた上で書かれた作品だろうし。

385 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/08(日) 21:44:48.85
ラノベ板でやれよ
ラ イ ト ノベル板で

386 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 01:21:20.99
円環少女の作者がblogで色々解説してるね。
時間・並行世界に関する概念が結構面白い。

387 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 01:35:08.81
>>386
SF部分の説明過多で読みにくい言われたから、設定説明を削りに削ったらしいけど
補足説明読むと、さすがに削りすぎだぜ!?って思うよな
設定以外にもライトノベルだからか、キャラクターのそれぞれの結末も
主人公達以外は結構投げっぱなしだし、ライトノベルでSFは厳しいのかもなあ

388 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 10:55:21.95
休み中に紫色のクオリア読んでみた
玩具修理者とほむほむが百合しているような小説かな?

面白くないわけじゃないけどSF的に見るとそこまで
すっ飛ばしていいんかなあという感想はあり。
これも読みやすさや尺の都合でこうなっているのかな。
次はタイムリープでも読むか


389 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 12:34:42.57
>>387
あんだけ削っちゃうとファンタジーと見分けがつかなくなっちゃうよね。

説明過剰でもSFになってない人も世の中いるけどさ。

390 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 13:17:57.42
>>389
SF的に面白い部分が結構削られちゃってるよな。
上手く説明するタイミングが無かった(作中人物でそれを把握してる奴がほとんどいないとか)は分かるんだが……
神人遺物が剣である理由、ラストページ問題、螺旋の化身の作動原理まわりは作中でやって欲しかったなあ。
螺旋同位体の説明を見ると、『存在という円環』ってつまり、自然秩序を軸にぐるぐる回りながら時間経過に伴って上昇して描く螺旋を、上から見た図だったわけだ。
破滅の化身はその軌道を書き換えて、同じ時点に複数の自分を存在させる。
実態はほぼ同じ時点へのタイムトラベルで、『全てが同一でなければ消滅する』というのもタイムパラドクスによるもの?

391 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 13:22:38.78
ぶっちゃけそういうの満たしても設定厨向けになるばかりなので切って正解だわw
作者がそれなりにちゃんと設定してあればいいだろ

392 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 13:34:14.00
>>391
いや、螺旋同位体についてはそうだけど、作中で、
「魔法使いを倒すとき、地球人は飛び道具を使ってきたのに、神話の終わりには(飛び道具ではなく)剣が現れるのは何故か」
とか疑問を提示してるけど、最終巻でも謎のままだったのもあるのよw
説明するタイミングがどこにも無いのは分かるんだが、どうにかならなかったのかと……

393 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 13:35:44.09
謎が説明されるけど凡作みたいな感じよりはマシ


394 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 18:15:03.17
両立できるだけの力業ができる人は少ないから、しょうがないね。
風呂敷畳む力業とかもそうだけど。ていうかまさしく風呂敷を畳む話か。

昔、SF大会でプロの先生の誰だったかが、
話を膨らませるのは才能、畳むのは力業、とおっしゃっるのを聞いた記憶があります。

395 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 22:34:07.43
>>388
SFというよりほとんど多世界/可能世界ファンタジー
そういうの増えてるしポストイーガンの1つの流行かな
円城がもうそういうのいいでしょって言ってた 同意

396 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 22:45:48.98
多世界っていったら時空のクロスロード思いだすな
あの人の作品における世界観って多世界的な意味で各作品繋がってたよな確か

397 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/09(月) 23:11:44.82
くだらない

398 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 00:38:36.40
>>395
円城のSREも正にそういう小説だったじゃないか……と思ったけど、
ある意味そういう設定を茶化した多世界設定だったな、そう言えば

399 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 01:13:53.14
ライトノベル読者が頑張って難しいお話してるね
精一杯背伸びしてるみたいだけど、文体にアニオタ特有の気持ち悪さがにじみ出てるよ

400 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 08:28:38.51
何かを指摘する時は、その箇所を指定しないと。

401 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 11:07:37.39
不可能なこと要求しちゃダメだよ。いくらSFFTホラー板だからって。

402 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 11:22:21.30
不可能を可能にするのがラノベ。

403 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 13:14:36.33
コーヒーで熱膨張とか?

404 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 13:17:35.15
何か変なの湧いてるな

405 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 14:25:35.44
結局キャラ小説だからキャラが全て

406 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 14:47:05.74
日本語でおk

407 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 15:44:59.11
ラノベは萌えるゴミって言ってるんだろ
だからお前みたいなキモオタはこの隔離スレに隔離されてるんだし

408 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/10(火) 16:01:16.14
なんだ、ただの頭が弱い可哀相な人か
アニメにしか興味ないから>>399で脈絡無くアニオタとか出てくるんですねwww

409 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/11(水) 15:46:47.34
SF板に湧いてるこのスレが変だと思うけど

410 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/11(水) 17:05:50.10
やめて気持ち悪いからこないで

411 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/11(水) 19:33:09.85
SFファンって、全然関係ないものさえ「これはSFだ」とか言ってうさんくさがられる
ってもんだと思ってたんだけど、いつのまにか排他的なやつがでてきたんだなあ。
そういうこと言ってると、文化として袋小路に入るぞ。


412 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/11(水) 20:07:42.20
>>411
いつのまにかというか、昔から
やたらと「これはSFじゃない」という保守層(SF右翼と言われたりする)と、
何でもかんでも「これはSFだ」という層(SF左翼と言われたりする)はいたんじゃないの。
で、両者とも外から見たら同じSF者だから、
「SFファンは他ジャンルのものを勝手にSFに引き込んだあげく
勝手にこれはSFじゃないとか否定する難儀な人種」
と見られていたりする。

413 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/11(水) 20:11:29.11
普通の日本人が徒党を組むと、そういうアレがあるとどんどこ分裂しちゃうんだけど、
SF者の場合普通じゃなくて、なかなかそうはならなかったと。

その代わりどこかで頭打ちになって、ブームがたまに起きても基本的に一過性だったり。

414 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/11(水) 20:29:23.69
なんでもSF派の方がまだ理解できるな

415 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/12(木) 00:06:50.20
ハヤカワもラノベレーベルを出すべき
そんで神林の短いヤツとか星進一とか何食わぬ顔で出すべき

416 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/12(木) 01:35:46.30
つハヤカワ文庫ハィ!ブックス


417 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/12(木) 01:54:23.24
そもそもSFがラノベと比べて高尚だという認識がない

418 :415:2011/05/12(木) 01:56:26.82
全18巻 だと?

419 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/12(木) 07:18:00.00
ほんとガキしかいないスレだなw

420 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/12(木) 07:43:16.22
そういうスレも必要だろう。餓鬼を笑う者は大人になりきれていない!

421 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/12(木) 09:05:37.91
ハヤカワハイは本当にハヤカワのレーベルというよりもラノベレーベルだったからなぁ

422 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/12(木) 14:01:52.73
ニフティの頃から頭の悪いラノベオタには馴れてるからまあいいけど

423 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/12(木) 22:42:09.10
慣れてるのにスルー出来ないとはこれ如何に

424 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/12(木) 23:34:13.14
バカにしてるだけだろ

425 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 00:16:29.06
「ライト」って括られてることには不満ないの?
バカを自覚してるってこと?

426 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 00:41:00.43
>>412の、SF右翼の排他性を嫌ったSF左派が、分離独立ついでに領地拡大したのが初期のライトノベルなんで、初期段階で馬鹿にされてるのはどちらかというとSF右派ですな。
最近はアメリカ十三植民地が五十州になるまでの領地拡大してるんで訳が分からなくなってるが。

427 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 13:01:36.18
今やってるラノベのSFって何があったっけ?
ウェスタディアはもう終わってたよな?

428 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 13:32:50.79
人類は衰退しました
敵は海賊

429 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 13:37:24.76
境界線上のホライゾンとか

烙印の紋章も設定はSF風味だな
別の惑星に移民して、文明が退化してしまったって設定の中世ファンタジー

430 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 17:51:56.63
ウィザーズブレインが終盤入ってきた感じだな。

431 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 21:51:50.96
>敵は海賊
一体何十年間「今やってる」を続けてるんだよそれw


432 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 21:55:03.26
何を以てSFと言うべきか。例えばISってSFと違うの?

433 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 22:01:43.68
敵は海賊ってもう出ないの?

434 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 22:02:08.07
あ、スマン。まずググる

435 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 22:03:00.21
SFは、劇中の科学的な嘘をもっともらしく説明する部分が必ず必要だと「思ってる」んだが
ISにはそんなものは全くないので、あれはSFとは呼べないと思う

が「貴方がSFだと思ったものがSFです、ただし他人の同意を得られるとは限りません」の精神に則れば
>>432がどう思おうが自由


436 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/13(金) 22:05:28.68
必ず必要・・・ ちょっとアレだったな

437 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/14(土) 22:34:20.61
ミニスカパイレーツを忘れてるような・・・

最新刊が出たはずなのに、書店にないのは、震災の影響か・・・はたまた、出版社がマイナーだからか・・・

438 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/14(土) 22:55:34.20
ちゃんとミニスカ宇宙海賊って書いてあげようよ


でもSFと関係ないよあれ

439 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/16(月) 20:19:08.42
>>437
マイナーってあーた……
朝日新聞出版って朝日新聞の関連会社だし、朝日ソノラマからいろいろ引き継いでるし。

>>438
スペオペはSFのサブジャンルじゃなかったっけ?
それとも>>435の定義に従うと、宇宙船の飛行原理を科学的に説明する必要があるのかな。

440 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/16(月) 20:40:30.95
>>439
とは言っても、新書で徳間や講談社等に比べたら、置いてない書店は多いよ?

441 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/17(火) 01:40:03.12
新刊の意味かな?
新書サイズのノベルスだしててもおかしくないんで、ちょっと混乱した。

442 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/17(火) 03:28:59.43
>>440
多いというか
10件本屋があったとして、そのうち1件にしか置いてないとか
そういうレベルだけどな

徳間やら講談社のはどこにでもある

443 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/17(火) 08:18:57.91
>>439
スペースオペラが必ずサイエンス・フィクションと呼べるかといえば少し疑問が残る。
サイエンス分が無かったりすると。
まあ銀英伝とかそういう意味じゃSF要素がかなり薄いんだが。

444 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/17(火) 08:46:46.88
パルプ系は SFじゃないとかいいそうな輩だな
SFなんか、元来出自は相当インチキくさいんだから、あまり気取らなくてもいいよ

445 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/17(火) 08:56:48.92
>>443
それはスペースオペラと言う言葉が使われ始めた当時から言われているかと。
西部劇の設定を宇宙に置き換えただけ、馬を宇宙船に、銃をレイガンに置き換えただけの冒険活劇を
「スペースオペラ」として蔑称したのが始まり。

だからサイエンスを除くと西部劇になってしまうのもSF。


446 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/17(火) 10:04:07.81
アシモフも「ギボンを宇宙に置き換えただけでSFになっちゃうからチョロいチョロいフヒヒ」と公言してたでそ。

447 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/17(火) 10:13:14.56
ファウンデーションのそういう安易さは、実際にはSFの魅力の一部だと思うんだw


448 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/17(火) 22:29:04.57
SFの範囲は考えるだけ無駄だよなぁ

449 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/18(水) 11:11:58.66
大河ドラマの江なんてSFじゃない?

450 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/19(木) 22:15:30.93
偶に見ると伸びてるよなここ。
まあラノベの変遷辿らないと(説明もしないと)説明もできないジャンルだけに齟齬はなくならんよな。
両方読んでる読者なんてどこにでもいるんだから「どっちも面白ければいいじゃん」でカタが着けばいいんだが。
駄作が出てくるのもどっちだって一緒だしな。

451 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/19(木) 23:27:54.61
>>386
最新日記見ると番外みたいなのを書く予定はあるらしいな
放り出しっ放しの設定とかグレンが生きてた時間軸の話とか未登場係官(誰かの兄らしいが)とか出んものか

452 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/20(金) 21:19:29.09
>>427 星雲賞受賞ゲーム、ガンパレード・マーチの小説版。
小説版オリジナルの話が原作分の倍出てるって普通ありえん。全く終わる気配なし。

453 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/21(土) 00:14:18.10
糞アニメのコミカライズなのに、アニメが終わったあとに
数年間もの間連載されたりする事はたまにありますですおし

良作のノベライズならもっと上を行っても不思議ではないですしお

454 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/21(土) 13:44:18.12
>>395
円城は何かのインタビューで?
最近色々出てるみたいだけど追えてないなあ
イーガンはあんま好きじゃないみたいな発言してたのは知ってるけど

455 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/23(月) 09:53:22.81
ガンパレはもう29册も行ってんのか…
あれは作家より固定ファンがすごい
ランキングが10000部以下にも以上にもならない状態がずっと続いてる

456 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/23(月) 17:47:16.50
もちろん読者ありきなのは当然だけど
本当にすごいのは、コンスタントに新作を出し続けられる作者だよ・・・

457 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/23(月) 18:27:09.43
分冊すれば、毎月刊行できそうなんだが、なんだかんだいって、毎年のように、分厚いのを2〜3冊出す作家もいるしな
本業は別にあるからなんだろうけど

458 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/23(月) 20:41:41.65
本業が別にあるのに
分ければ毎月文庫本を出せそうなほどの分量を書く、筆が早い作家・・・?

どんな神様のおはなしなの?

459 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/23(月) 22:46:08.59
川上稔だろ。テンキーの社員。
年に2000ページ前後だから毎月は流石に厳しいと思う。
隔月ならできるだろうけど、どっちにしろ絵師が死ぬ。

そういやあの手この手で誤魔化してるけど都市からずっとSF色強いよなあ。

460 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/24(火) 07:03:49.50
スニーカー文庫なら、何とか月刊で行けそうな気がするんだがw

「終クロ」の刊行ペースって、どのくらいだっけ?

461 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/24(火) 09:49:07.94
とりあえず境ホラ

境界線上のホライゾンI<上> 2008年9月初版発行 543P
境界線上のホライゾンI<下> 2008年10月初版発行 771P
境界線上のホライゾンII<上> 2009年6月初版発行 905P
境界線上のホライゾンII<下> 2009年7月初版発行 1153P
境界線上のホライゾンIII<上> 2010年6月初版発行 737P
境界線上のホライゾンIII<中> 2010年7月初版発行 833P
境界線上のホライゾンIII<下> 2010年9月初版発行 897P

終わクロはページ数なかったわ

462 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/24(火) 14:21:34.16
刊行ペースがライアン時代のクランシーそっくり

463 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/26(木) 06:34:36.48
絵師の負担って大きいのかな。
週間連載の漫画とかに比べれば緻密に描いてあるんだろうけど、月間連載の漫画でも数十ページあるわけだろ。
カラー込みでも隔月くらいならどうにでもなりそうなイメージあるんだが。

464 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/26(木) 09:05:54.00
絵師の忙しさと体力と手の早さによる
バッカーノで3ヶ月連続刊行っていうのがあったが
当時のエナミには出来ても、今のエナミには無理

465 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/26(木) 11:52:23.08
ラノベの挿絵なんて30分もあれば描けそうなものばっかりだけどな

466 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/26(木) 12:56:59.58
描くまでの準備の方が時間はかかるだろうな


467 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/26(木) 13:22:10.14
一体何を読んだのかという以前に絵を描いた経験が無さそうだな>30分

468 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/26(木) 15:51:59.13
ああそうか、色々掛け持ちしてるわけだもんな。
忙しさはかなり影響しそうだ。

469 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/26(木) 18:38:27.68
文章読んで状況をイメージしてそれのイメージが正しいかどうか作家に確認するのに時間がかかりそうだ

470 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/26(木) 19:02:30.77
30分で描けそうな絵は確かにあるが、絶対無理だろって絵もある

ラノベの挿絵、でくくっても意味はないな


471 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/26(木) 20:08:50.35
編集のラフ→イラストの構図試作品群→編集の決定→最終校といった流れを無視しての話かな

472 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 09:23:01.57
個々の作品によるだろ

これあきらかに文章が最終稿以前の段階で絵の方はfixされてるな、ってのも結構見かけるし

473 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 16:10:40.11
最近ことに絵があること前提で文章書いている作品が多い
のは確かだけどなぜかそういう作品でも文章と書かれてい
る絵で矛盾がある場合も多い

例:袖で涙を拭いた→挿絵はノースリーブ着ている


474 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 16:24:03.65
>>473
挿絵描く前にキャラのラフデザインあげて作家に見せてるはずだから
作家側のミスと言えない事もない

だいぶスレチだな

475 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 18:18:09.94
やっぱりラノベってそういう代物なんだな。


476 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 18:25:19.96
スレチだな
まあこれまで気にした事なかったから参考になったが
ハリウッドに脚本売れた桜坂の作品とか、イラスト描いてる人も有名で豪華だなと思った
ただ描写力高い作家ならむしろ絵とか付けない方がいいんじゃないかと思ったりする
付けるとしても読者にインパクト与える表紙だけとか
挿絵はなんでかウザく感じる事多いんだよな

477 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 18:39:22.53
最近の流れだと表紙だけイラスト付いてりゃキャラの仔細は読者が勝手に脳内補完するんじゃねって気はするな。
pixivとか二次創作的な補完もあるっぽいし。

SFマガジンで付いてくる挿絵は何気なくイメージ喚起してくれて好きだな。

478 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 20:24:49.71
>>473
昨日読んだ某ラノベなんか、本文では喫茶店でパフェ食ってる(食ってないけど)って説明してるのに
挿絵だとコーヒーが置いてあった

やっつけだなあ、時間は山ほどあったはずなのにな

479 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 20:51:24.52
ディアスポラに挿絵が付いてたら面白いんじゃないかと思った。
というか付いてたらイメージし易い章とかあるよなあとw
まぁイーガンの作品はイメージ湧くのに元ネタに当たる理論とか理屈知ってるかの方が大きい感じだけども。

480 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 21:51:26.93
> SFマガジンで付いてくる挿絵は何気なくイメージ喚起してくれて好きだな。

雪風初回のイラストを見て吹くがよいw

481 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 23:38:18.45
安彦良和は小説も書いていて挿絵も描いていた
当然の如くしっくり来る物だったな

そういや富野もイラストを趣味にしてるから
キャピタルGの物語とか自分で挿絵を描いてたな

482 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/27(金) 23:50:25.39
樹川さとみはなぜか自分で書かないが、きっと自分で書くともっと間に合わなくなるからだろう。

483 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/28(土) 04:05:35.07
>>480
昔のSFマガジン買った事あるけど雪風の初回は見たことないなw
そんなに凄かったのか。

484 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/28(土) 12:34:20.15
川上稔は小説も書けて絵も描ける人みたいだけど、
挿し絵はいつも描かないんだよな
なんでなんだぜ

485 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/28(土) 12:56:21.82
>>484
萌え絵描けないんじゃね

486 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/28(土) 15:30:24.81
>>484
相方の画力に満足してるからだろ
ゲーム用のイラストとか、あと個人的に色々と描いてるし

487 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/05/28(土) 22:36:44.94
>478
4年間の間に表現が変わったんだっよきっと。

488 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/06/09(木) 21:41:50.81
幾原邦彦が「ノケモノと花嫁」というタイトルの小説を
連載しているんだな

設定を見るとライトノベルみたいだけど
どういう話なんだろ
読んでる人いる?

489 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/06/09(木) 22:23:22.39
倦怠期の夫婦の姿を赤裸々に描いたドキュメンタリーかなんか?

490 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/06/09(木) 23:16:37.15
KERAで連載してるマンガの原作じゃねぇかw
このスレに知ってる奴がいるとは・・・

491 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/06/13(月) 23:21:31.36
「ノケモノ」は漫画化されてなかったかな?

安彦センセの鋼馬の小説好きだったな

492 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/06/14(火) 22:01:10.63
上のレスも読めないのか

493 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/06/21(火) 16:25:08.44
スレタイと合致したレスの少なさにワロタ

494 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/06/28(火) 20:46:47.93
【小説】文体が時代に挑戦しすぎで話題に… HJ文庫『僕の妹は漢字が読める』公式サイトで試し読み公開
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1309241401/

495 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/06/29(水) 02:50:04.97
これ試し読みして筒井っぽいと思ったw
まぁ筒井も似たようなことやってるし、あっちの場合はもっと構造面への皮肉だったが。
こっちは文章の実験っていうにはわざとらしくて『文体が〜』っていうには普通のラノベだし。
中二視点や萌えに対する皮肉なら敢えてラノベでガンガンやってほしいw

496 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/23(土) 23:08:48.99
とある天下をとったライトノベル作家がいて、彼がかつて毒舌混じりのSF系のブログを熱心にやっていたのはその筋ではとても有名な話。僕は独断と偏見であえて決めつけるけど、彼はそのブログを潔くやめることで、作家になれたのだと思う。
@FAUST_editor_J

誰の事だろ。
谷川がサイト持ってたのは知ってるけど、ブログとなると想像できない。
天下を取ったとまで言うような作家なら、それこそ限定されてくるんだが。
SF(ラノベ)界隈にそんな作家いたっけ。

497 :救助男 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/07/23(土) 23:10:53.92
まあ結局は幸福の科学はSF作品ですよねー!?♪。

498 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 01:19:49.90
>>496
ブログに書いてたのはSFでも書いてる本はSFじゃないんちゃう?

499 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 06:22:37.22
敢えて偏見混じりで言うと、大文字のSFが嫌いな編集だからな>太田
SF系のブログと指定して書いてるのはそのせいだったりするのか。

しかしWEBで有名人でラノベ作家だったとなるとゼロ魔の作者とかだが
あちらもブログじゃなくてサイト持ちだったしな。
まさかここで西尾のことじゃないだろうし、さっぱりだな。

電撃なら鎌池とか伏見とか該当しそうだけど、鎌池はそもそもブログ持ってた気配なさげだし。
ブログで何か書くって時期を考えたらあんまり旧世代の作家じゃなかろうしなあ。

500 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 06:47:12.15
天下をとったライトノベル作家って時点で語義矛盾

501 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 07:00:00.56
ラノベ内での天下(一時でも)、じゃないのかw
あるいはSF系のマイナーブログって言っときゃなんとなくそれっぽく見えるってだけか。

まさか伊藤計劃の事を勘違いしてはいないだろうし。

502 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 12:40:28.45
川上稔
は違うか

503 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 13:23:34.72
谷川流のことだろ。
ブログじゃなくSF・ミステリの書評と朝松健のファンサイトだったが。

504 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 15:22:04.26
つーかさっさとファウスト(ry

上から発言にせよ言葉の重みがなくなってきてるからなあこの人
アンチSF発言もだが見えない敵を気にしすぎだろ

505 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 18:24:33.21
>>503
ありがと。やっぱりブログは太田編集の勘違いで谷川かな。
朝松健をベタ褒めしてたのは俺も印象に残ってるw
あと森博嗣とかも褒めてたっけ。
アーカイブで読んだ程度だけど、毒舌ってほどの印象はなかったな。

506 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 19:49:16.71
>>498
すこし・ふつうじゃない

の意味で確かにSFだ

507 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/24(日) 20:48:59.28
>>498
俺も最初そう考えたんだけど、「天下」とまで言っちゃうと該当する人物が少なすぎた。
谷川流がサイト持ってたけどあれはブログじゃなかったしなと。
ハルヒならライトSFに分類してもいいような気はするかな。

508 :506:2011/07/25(月) 20:38:53.30
今更だけど
×>>498
>>497


509 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/28(木) 10:48:46.93
谷川って朝松好きなんだ

そういえばこの板のスレが鯖移転の影響で沈んで以来
スレが見当たらないね

個人的にはアクション厨なんで旋風伝が一番面白かったし
ラノベ作家という印象だな

510 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/28(木) 17:42:36.42
谷川作品は、SFっていうより
SF好きが書いたただのラノベって感じだ

511 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/28(木) 18:36:20.02
>サイト持ちだったしな
ゼロ魔だけに

512 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/28(木) 21:42:11.35
>>510

出た時はハルヒよりもSF的評価の高かった「学校を出よう」の方は今や
全然話題になってないしね。

ハルヒはアニメの影響力が半端ない。

513 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/28(木) 22:14:03.71
そりゃ止まってるシリーズと現役のシリーズでは当然としか

514 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/29(金) 18:10:37.02
長門「あなたがわたしとくっつけば何もかもが解決する」
キョン「何もかもって…?」
長門「本当」
キョン「……………」

さあどうするキョン?

515 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/29(金) 18:19:41.10
クウガがやってたクレカの宣伝思い出した


516 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/29(金) 20:55:37.12
>>509
魔術戦士がハルキで再刊されて完結した時は「一度に読める人は幸福」とか書いてたな。
もっと凄い褒め方だった気がするがw

特徴的な文体とかキャラのディティールじゃなくてアイディアとか構成を褒めてたから、
そういう傾向は最近のラノベ作家とは全く相容れないな。
ハルヒもライトノベルとしてはかなりオーソドックスだけど。

>>511
誰が巧い事(ry
どんな作品か思い出してようやく意味が判ったw

517 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/30(土) 00:12:56.54
かなり遅レスだが
>>496
佐藤友哉じゃなかったか?

518 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/30(土) 00:21:47.13
ユヤについては太田もかなり触れてるけど、「天下を取ったラノベ作家」って書き方はしないと思う
別に「最年少の三島賞作家」って書いてたことはあったし

519 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/30(土) 00:29:37.97
>>515
手札がヒロイン三人かw

520 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/30(土) 00:32:42.73
そうか違ったか。
太田の言うSFが、世間で言われてるSFなんだろうな なーんか違うんだよなぁ

521 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/30(土) 01:15:52.66
太田の言ってるSFは、第一〜第三世代くらいまでを見据えて発言してると思う
ラノベ作家流入後のハヤカワSFとかはあんまり意識してないような
星海大戦とかは予定してたSFへのカウンターとして機能してない感じだし

522 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/30(土) 06:10:02.25
>>513

数ヶ月前まではどっちも止まってた状態だったけどな(笑)。

523 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/31(日) 18:15:37.35
原作が止まっても、アニメの新作+再放送、消失の映画化
ツガノの漫画は連載中
ハルヒちゃん、ちゅるやさんもあるしで
まだまだがんばってたよ
エンドレスエイトがあったけどね

524 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/31(日) 19:46:30.78
エンドレスエイト、原作読んだときは良い話だと思ったもんだったけどなあ・・・
TVのはすごかったな

525 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/07/31(日) 20:31:14.36
長門のスピンオフもあったな。ヤングエースの

526 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/01(月) 00:56:52.74
エンドレスしょっぱなにやってたら、(原作のSF的設定含めて)ここまで
評価されてないと思うし、最初のアニメの見せ方が上手かった感じ。

あと、「食卓にビールを」とかSFが読みたいではけっこう得票してたけど、
早川で書いたやつは完全に空気状態だったし、ラノベ補正ってのもけっこう
入ってるのかな。

527 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/01(月) 22:04:03.48
どうかな
桜坂のAYNIKとスラムオンラインは入れ換えた方がいい感じだし
サマータイムトラベラーも無理やり埋めた感があって、早川だと舞い上がるとか

528 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 07:49:25.41
SFとしていろいろ書き込んじゃうとおもしろくなくなるんだろうな。

いい意味で軽いノリが持ち味のラノベ系作家が早川で書くと、説明的な
描写が増えて、全体にもっさりしちゃうことが多い気がする。

529 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 21:19:53.02
ラノベ向きじゃないとか言われてたスワロウテイル作者はハヤカワだといい案配に変わったな。
こういう逆の例もありそう。
しかし、SFの濃さを保ったままラノベで絶妙のバランスを取ってる作品は中々ないな。
ランジーン・コードもバランスはラノベ寄りだし。

530 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 21:27:42.59
読者の捉える「ラノベ補正」はSFが読みたいだとあまりなさそうだが
作者はどうなんだろうな、ハヤカワだとSFを強く意識するのか?
新城のサマータイムトラベラーはあれライトSFとして普通に面白く読めたけど

というかラノベはラノベで設定とか人間関係でごちゃごちゃしてるんだよな
SF的な煩雑さとは違う意味で
両方をバランス良くこなしてる作品とかあるのか?
され竜は進められて読んだけどなんか違った

531 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 21:30:44.40
円環はラノベジャンルで平然と別のことをやってるというか。

532 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 21:37:31.40
あー、円環少女があったな
変に科学寄りにせずにラノベスタイルでゴリ押しできたのが強みか

533 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 21:41:59.00
変態キャラとかロリコン未遂主人公とか、ラノベ受けするキャラ構造が緩衝材になってる?
実際どうかわからないけど。
ウィザーズブレインは王道ラノベ+SF設定だからあまり話題にならないしな。

534 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 22:00:41.46
魔法&異世界というスキンをうまく被せてあるのが大きい。

SFだと「諸条件が異なる他の惑星の住人」という形になるところを
円環少女だと「法則が異なる別世界の住人」という前提で進められるから
受け手があんまり身構えなくて済む。

535 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 22:08:48.15
魔法、特に超絶設定(過去に干渉してなかったことにしてしまう、だの、人間に
観測されると消えてしまう、だの、物理法則が根本的に通用しない)系は、
単に「他の惑星」では説明できないから、どうしたってああいう設定になる
だろうと思うんだけど。

536 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 22:09:22.55
ああなるほど。
SF的な要素は文化ギャップでメタファーにしたりしてるしな。
読み手がアクセスしやすいようにスキンの方を巧く作り込んでる感じか。
ラノベでは全条件が違う別の生命体はボスとかそんな扱いで大抵は深く関わってこないし。

537 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 22:21:30.46
超光速前提の遠未来とか説明過多のスペオペな世界観はラノベと相性が悪いからな
想像しやすさは強みか
>>535
物理法則超越系の能力は理由付けをどこまでするかだからな>魔法
半端に説明する禁書やらやらよりバランスは取れてると思う
といっても、円環は一巻で投げる読者とか多そうなんだが

538 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 22:29:08.89
別の惑星でなく「別の次元の住人」という例え方もできるけど
その場合「なぜ別次元の存在がこちら側に来れるのか」から解説しなきゃならんから
たぶんその時点でどん引きされるだろうな。

魔法使いという「対象範囲が広い」概念をスキンとしてうまく使った例だと思う。

>537
端的に売り方がマズい。
世界観説明やら掴みを兼ねた本来の第一話が一巻ではなく二巻の頭に入ってるから。

539 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 22:38:01.48
円環は中盤から終盤にかけてがおもしろいけど一巻から入りにくかったからなぁ
世界観やらその他諸々を理解するのに手間取ったわ

540 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/02(火) 22:46:17.31
別次元だと(ある意味エターナルチャンピオンとかそうだが)「魔法世界」より厳密になるからな
どうしても説明が「その次元と繋がるのはどうして」な設定に引き摺られる
これが物理的な高次元だともはやラノベ向きではないし
「魔法」って言葉が持ってくるイメージの差だな
>売り方
見様によっては一巻完結予定だったんじゃないかと思った
グレン編はスピード感出てて一巻よりもラノベしてると思う
掴みになる一巻が判りづらいのはどうかと思うが

541 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/03(水) 16:52:02.58
仮想空間モノではグランヴァカンスがあるが
アクセルワールドとかの流れではラノベでアピールできないかな

542 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/04(木) 18:48:22.25
ラギッドガールが美少女イラストになったらどうするんだよ


543 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/04(木) 19:35:32.37
ニャルラトホテプが美少女になるのが日常のラノベで、そげなこと言われても・・・

544 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/04(木) 21:28:19.44
グランヴァカンスよりはラギッドガールの方がラノベでは相性がよさそう。
うえおの作品にもあの系統のあったし。

グランヴァカンスは比較的思考実験やってないけど、
アクセルは仮想世界でやってるのって人間の延長だしな。
ラノベはあんまり感覚の実装から感覚が何か、とか人工生命の定義とかに寄ると相性悪くなるんじゃないか。

545 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/04(木) 22:21:41.48
今月発売のHJ文庫の新刊「僕はやっぱり気づかない」読了。
先月、話題になった妹漢よりよっぽどSFしてるような気がした。
まあ、どっちもSFとして売り出してないからなんとも言えないんだけどさ。

546 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/05(金) 11:33:35.88
この系統もいい加減同じような作風になってきてるな>HJの
メタ風味も行き過ぎると物語がすかすかになりそう
ハルヒの最初とか丁度良かったんだが

547 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/22(月) 17:09:44.74
タイトルパロってるの多いなぁ最近

ホラー系とかラノベだと少ないよな
甲田学人のが一番クオリティ高い感じだな

548 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/08/22(月) 17:31:41.72
タイトルパロは一種の芸風になってきてるな
いい加減食傷気味というか、いもかんは流石にモロ過ぎたw

ホラーだと、badとかかなり中途半端だしな
まあ甲田学人もホラーとしては相当にライトだけど
どこまで『ラノベとして』適切なのかって塩梅があるのかもな
感想ブログとか読んでるとあれでもグロいって感想結構あるし
わかりやすくて、かつ、視覚的に怖い(痛い)のがラノベホラーの条件か
三津田ホラーとかとは別のベクトルっつか
あんまり描写が仰々しいのは正直ホラーとしては萎える

549 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/06(火) 19:21:55.60
積んどいた桜坂洋のAll You Need Is Killを読んだけど、
シュタインズ・ゲートの記憶を過去に送るアイディアの元ネタはこれだったのか。

550 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/06(火) 19:45:33.36
えーと、俺はシュタゲ見てないんで判断できんのだけど、情報を過去に向けて送る、
というアイディアは古くから一般にあるぞ。

551 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/07(水) 12:57:12.43
シュタゲは概要だけ見た感じだとループ物を成立させる為にああしてるからな
AYNIKと共通してる部分もあるんだが
情報送信メインの作品は結構あったと思うんだが、名前がぱっと出てこないな

552 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/07(水) 15:23:29.55
たとえば「タイムスケープ」とか?

553 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/07(水) 16:20:38.79
漂流教室とか

554 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/07(水) 16:25:02.76
情報を過去に送信する作品はいくつかあるが
人間の記憶を過去の人間の脳に送る作品はあったかな?

555 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/07(水) 16:52:54.15
小松左京の短編にあったな。
太陽が膨張して海が干上がった頃にやってきた異星人の調査員が
現代の人間と意識を共有してしまう話

556 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/07(水) 17:31:58.56
長門有希の同期がそれっぽいかな

557 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/07(水) 17:34:27.08
この流れで戦う司書の1巻を思い出した
予知能力者が未来に向けて残した記憶と
それを見つけた主人公とで、恋に落ちる話

558 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/07(水) 21:05:42.82
「未来からのホットライン」なんかメールを過去に送るし、そのまんまだと思ってるんだが
そう思ってるのは俺だけらしい・・・

559 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/08(木) 02:07:13.49
作品じゃなくて部分的にだけど
邪神大沼6巻で、あるキャラクターが金のために
自分の名前や発言の一部を切り売りして広告体になるってのがあったんだけど
それ読んで、ミエヴィルのあのクリスマスが権利化されたって短編を思い出した

560 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/08(木) 02:11:47.39
それ、どっちかっていうと新城カズマの短編みたいな感じだな。

561 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/08(木) 22:14:09.08
>>549 どっちかってえと、作者が認めるAYNIKの元ネタ、ガンパレード・マーチ(原作)由来だと思うが。
シュタインズ・ゲートの原作者サイドがこれやってるのは確定してる。

562 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/09(金) 21:28:53.05
ガンパレはなんでだかいいイメージなかったんだがネタの作り込みはしっかりしてたのか

563 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/09(金) 22:38:33.05
GPMは、わりと大風呂敷をしっかり広げてる感はある。
広げ損なってはいないけど、ほころびはちょっとあるねw

564 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/09(金) 22:45:23.30
俺はあのキャラに多層的に設定されてるバックグランドが苦手だったw
まあ作品そのものより作品信者の意見に流されてた気もするが

565 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/10(土) 02:12:55.82
コマンドの選択肢で男性と女性がそれぞれまとまっているのに、なぜかひとり
女性の中に男性がまじってる、とか、妙な深読みができそうなポイントが結構
あったりするがw
公式裏設定とかは、公式が一次同人をやってるようなものと思っている。

566 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/11(日) 00:21:33.29
>深読み可能なポイント
一応プレイしたけど、意識はしなかったな。男女で何か違いとかあったんだっけ?
俺が触ったのは最初の作品だけだったけど。

567 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/11(日) 07:55:07.05
メニュー中で人名がリストになってるところで、男女で並び順が分かれてるのに、
来須銀河がなぜか女性の中に一人入ってたりするんだ。

他にも最終日の陳情が次のプレイの初日に持ち越されることがあるとか
(世界がループしている?)。

568 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/11(日) 21:17:54.55
名前でどのキャラか思い出した。それっぽいなあれは。
ループ的な要素はちらほらと思い出すんだけど、シュタゲ的となるとあんま意識してなかったかもしれん。

569 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/12(月) 21:34:37.12
GPMの榊涼介版小説は、ループ要素は完全に排除されてるが正にここで語るに相応しい傑作なんでどーぞ。

>>565 来須のあれは特に深い意味はなく、スカウトプレイの最中に割り込み陳情で移動させられなようにする、ゲームシステム上の対策だとか。

>>568 GPMは2000年、シュタインズ・ゲートは2009年だから、ループものとして先発のGPMを研究して作った訳で。
(ま、航時軍団とマイナス・ゼロの影響の方が遥かに大きいとは思うけど。話の構造がそのまんまだ)

570 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/12(月) 21:47:53.50
>>569
悪い、GPMのが先なのは知ってたが、シュタゲ見て思い出さなかったなと。
マイナスゼロは未読だし、こっちの小説版と合わせてちょっと読んでみるか。
てか小説GPMはノベライズってだけで完全スルーしてた。
あれだけ長く続くノベライズも珍しいよなぁとは思ってたけど。
ハヤカワ刊のノベライズアバタールチューナー(というかゲーム原作に近い)とか、ゲーム周りにもSF系作品はあるな。

571 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/12(月) 21:49:25.02
ああ、時間ものを語るスレじゃなかったなそういえば。

572 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/12(月) 22:30:21.44
>>570 広崎悠意版は踏むなよ>小説GPM。
あと、古くは久美沙織のドラゴンクエスト以来、ゲームノベライズの良質なのは意外と名作多いよ。
作者が原作ゲームにはまって徹底的にやりこんだ挙句、私これ書いてみたい!ってノリにのるパターンの奴。
海羽版シュタゲも無論これだし、古橋秀之のデモンベイン外伝なんかもこのパターンだ。

573 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/12(月) 23:42:42.27
>>572
あんがと。
SFに限らずだと結構出て来るな。ゲームをそっくり描写しようとしてるのとかあって萎えることも多いがw
古橋のは薦められて読んだけど、完全に古橋ノリで楽しめた。
で、その後にネットで原作の文章撮ったスクショ見たらこっちは無理だと投げ出したけどw
古橋的には「このネタ使ってみたい」な感じだったのかね。

574 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/13(火) 09:15:31.08
>>573
古橋のはスピンオフで、本編とは無関係だったんだが
評判が良くてゲームの外伝にオリジナルキャラが逆輸入した

本編のノベライズもあったんだが、頼んだ相手が良くなかった
ロボットものなのにあとがきで
「ロボットの描写はあえて全て外しました!」と書いてた通り
読んでてコレジャナイ感がすごかった

575 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/13(火) 22:24:51.31
明らかに逆効果なノベライズはあるからなぁ。これ読んだら原作プレイとかありえんわってやつ。
ただゲームプレイせずに言うのは間違ってるんだろうが、雰囲気的にあの原作の仰々しさは無理だったかな。
古橋フィルタのお陰で割とすんなり話の概要に入り込めた覚えがある。

てかシュタゲの海羽版って普通に読み流してたけど、
この作者、電撃デビュー作でハイデガーネタでタイムリープ物やった人か。
二作でぱたんと消えてたけど、まさかこんなとこで名前見るとは。スワロウテイル作者より驚いた。
というか、シュタゲノベライズはコミカライズと勘違いしてた。コミカライズはコミカライズであるっぽいが。

576 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/14(水) 07:54:56.68
コミカル化?

577 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/14(水) 14:07:33.05
角川の漫画化だろ

578 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/14(水) 22:39:03.00
デモンベインってアレだろ?
ファントムとかヴェドゴニアみたいな、ドシリアス路線だと思って買ったら
つまらないタイムボカンだったっていう糞ゲーだろ?

・・・勝手な期待した俺がバカなだけなんですけどね


579 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/14(水) 22:51:50.87
伊藤氏のメタルギアは個人的には(ゲーム内の)人物説明、状況説明が
えらいくどくて、「どうもなあ」と思ったけど、ゲームやった人には評判
いいよね。

ラノベとはちょっと違うが、SFが斜陽の時代には、ノベライズ的な小説を
SF作家がけっこう書いてたよなあ。

580 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/14(水) 23:03:20.89
>>578
良く見るとシュタゲもこの会社なんだよな。ビックリした。
ゲームはどれも未プレイだけど、スニーカーの鬼哭街とか読む限り俺は虚淵の方が好みかな。
見た感じでタイムボカンは想像しなかったw

>>579
MGS4の場合、脚本を先に渡されてのノベライズだから、ある程度は説明の義務と制限はあったのかも。
それでも作者なりに解釈と愛着が篭ってて丁寧な出来だとは思った。
虐殺の次があれだったから、ハーモニーに比べると管理社会ディストピアに対する姿勢の違いが浮き出てるけど。
作者としてやりたかったのはハーモニーだったんだろうなと余計に強く感じた。
ちなみに、SF作家のノベライズというと、伊藤計劃はカードのノベライズに影響受けてたらしいな。
あれはノベライズって次元と違うけど。

581 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/15(木) 10:00:21.35
>>578
ライター調べてから買うべきだったなw
まあ、ファントムやヴェドゴニアは、ニトロの社風というより
虚淵の好みであんなだったんだと今ならわかるが
当事はライターで買うとか考えてなかったな

582 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/15(木) 10:14:42.30
>>580
シュタインズ・ゲートは5pbとニトロプラスの共同名義ではあるが
ニトロプラスはそんなに深く関わってないので、ニトロ作品とは言い難い
PC版はニトロプラスが販売してる

>>581
信用買いって奴だった
まあ勝手に信用とかした俺が(ry

583 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/17(土) 02:21:50.10
>販売元
ああ、そうなのか。
アプローチとか全然違うように感じたから、やっと納得できたw
ノベルゲームはプレイすれば嵌るものもあるんだろうが、矢鱈時間掛かりそうな先入観があって敬遠してばかりだ。
シュタゲはアニメで一通り見られたから満足したけど、ゲームはゲームで面白いのかもな。

584 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/18(日) 02:17:08.04
この板のアニメのスレッドとはえらく評価が違うなw

585 :!ninja:2011/09/18(日) 03:05:17.10
SFは大当りですよねー!?♪。

586 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/21(水) 04:42:52.69
恥知らずのパープルヘイズ読んだ
色々と言うべき所は有るのだろうが
フーゴのスタンドのウイルスが「強力になり過ぎて自分たちで食い合い消滅する」という成長を見せる所に疑問符が付いた

パープルヘイズのウイルスはスタンド自体ではなくスタンド使いの肉体のみを破壊するから
「フーゴが死ぬ事になればノトーリアスB.I.G.のようにスタンドのみが存在し続け被害を蔓延させるのではないか」という危惧には納得しつつも
チョコラータのグリーンデイのカビにはそんな事は無かったからな
ウイルスとかカビとか、一体どういう存在なんだJOJOワールド

そんでジョルノのDIO化が著しく、こら最後は独裁者になるんじゃねえの?と思えた

587 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/21(水) 13:54:45.86
フーゴのウィルスって日光で消滅すんでしょ。

588 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/22(木) 03:17:17.43
西尾と舞城は何部を題材にするんだろうか?

589 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/27(火) 03:44:55.13
ラノベレーベルのSFとは逆だが、榊一郎のジャグルってこのスレ的にどういう評価なの?
俺はてっきりSFレーベルで書いても通用するアイディアが有るんだと思って買ったら、ラノベで書いてた時と全く変わってなくて読むのやめた


590 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/27(火) 05:49:03.68
メディアワークス文庫と変わらない感じだな
ってか挿絵を付けろよ
JAだって挿絵付いてるの有るんだから

591 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/28(水) 01:03:26.38
ジャグルはラノベレーベルで出そうとしたけど
SFは売れないって拒否されて早川に持ち込んだやつだからな

592 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/28(水) 02:44:59.16
んじゃアニメの企画として持ち込みでもしとけば良いのに
アニメでも脚本やってんだろ?

593 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/28(水) 03:21:25.49
JAがちょいちょいラノベ作家にSF書かせるから
星海社の太田の言う、新しいSFってのが全然インパクトなくなっちゃったな

594 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/28(水) 06:19:42.69
今時オリジナルアニメ作れる地力があるアニメ会社なんて、どんだけあるのよさ。

595 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/28(水) 21:16:10.04
>>592
すてプリが盛大にすっコケたから
無理じゃね?


596 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/29(木) 11:14:46.10
売れるアニメとそうでないアニメとの差が未だに見極められない

とりあえず榊一郎は原作は面白くなかったが(主観ですんで一応)
アニメになったら佳作になってる例は有ったな
それでも売れてないけどよ

597 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/09/29(木) 11:30:06.22
SF小説は大好評発売中ですよねー。

598 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/29(木) 17:48:53.87
舞台装置の設定に科学的にちょっと疑問符がつかないことはないが、“同じ時間を何度も繰り返して、よりよい結果を出す”
って話の筋なら、日本では来月の終わりごろ公開の「ミッション:8ニミッツ」がまんまそのネタを使っていたが、
あっちのほうが遥かにうまく話しを作ってたし、見終わった時はちゃんと感動したなあ。
「シュタインズゲート」の時間ループとハッピーエンドは何かただどたばたと馬鹿があがいているだけで、結末はひどいご都合主義
にしか見えなかった。
あと「ミッション:8ニミッツ」の科学的設定の無理はまあ許容できなくもないレベルだったが、「シュタインズゲート」はアニメしか見てないが、
ゲームでは一応詳しく説明されているらしいが、時空論からタイムリープの理屈まで、到底納得のいくものになってるとは思えない。

599 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/09/29(木) 18:00:53.03
幸福の科学はライトノベルレーベルのSF小説って感じですよねー。

600 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/29(木) 19:32:37.69
600ぬるぽ

601 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/29(木) 19:36:03.75
>>598
シュタゲはSFじゃあありませんので

そもそもラノベですらないんですが
(ラノベも出てるけどね)


602 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/29(木) 19:59:43.15
シュタゲの元ネタは「未来からのホットライン」
まんまDメールだし文字数制限あるし送れる日数制限はあるし
日数制限を破るために何度も何度もマシンを経由して過去に送るし。
Dメール送った瞬間に世界が再構成されて、主人公たちが切ない事になるし。

603 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/29(木) 23:47:32.47
読めばそう思うわな

どうやら違うらしいけどな

604 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/09/30(金) 14:35:06.93
>>592
ジャグルはそもそも、アニメ企画だったのだが、流れたので、ハヤカワに持
ち込んだようだ。

605 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/01(土) 21:02:38.66
ジャグルはおもしろいと思うよ。
へたにハヤカワJAというSF的な背伸びしてなくていいんじゃないかな。
早川から出てるラノベ系はみんな背伸びして微妙になってる感じだから。

昔のJAではジャグルくらいのSF濃度の作品がけっこうあったよなあ。

606 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/01(土) 23:23:00.58
>>602 元ネタなら他にも山ほどあるぞ。
それぞれ白の女王(まゆり)と赤の女王(助手)を擁する2つの相争う世界線ってのは「航時軍団」
始まりと終わりのプロローグからあれこれあって終りと始まりのプロローグへ至る、東京の時代風俗をたっぷり描写したループSFは「マイナス・ゼロ」
タイムマシンを製作して歴史改変が可能な世界においては、最終的にタイムマシンが最初から存在し得ないように改変が収斂するのは「ニーヴンの法則」
「それが、シュタインズ・ゲートの選択だ」は勿論「高機動幻想ガンパレード・マーチ」冒頭「それが、世界の選択である」
ジョン・タイターが実は少女・阿万音鈴羽なのは「時をかける少女」。これは原作者が断言済み。

最低限でもこの辺は元ネタとして確定だろう。

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/01(土) 23:28:44.79
>「ニーヴンの法則」
BTTFじゃない…だと…!?


608 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/02(日) 01:30:54.45
>>607 そうだよ。ニーヴンの法則を記述した"The Theory and Practice of Time Travel"が入ってる"All the Myriad Ways"の刊行は1971年。
その翻訳書「無常の月」の一片、「タイムトラベルの理論と実際」として翻訳されるのが1979年。
BTTFは1986年。了解?

ついでに言うと、「航時軍団」は原書1952年(連載1938年!)、訳書1979年。「未来からのホットライン」が訳書1983年。
「時をかける少女」が1967年、「マイナス・ゼロ」は1970年(連載1965年)。「ガンパレード・マーチ」が2000年。
GPMはともかく、他はネタが古すぎて(時かけはさんざん映像化されてるからともかく)ついていけんのは判る。かなりの時間SF読みが作ってるよ。

609 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/02(日) 07:02:46.19
いろいろ読んでない本があるなー

アシモフの永遠の終わりがあるよ、これくらいしか読んでないけど

610 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/02(日) 09:16:41.08
>相争う世界線
未プレイ未見だが、一つの時間(つか時空)軸を固定させようと争う話なのか。
興味出てきたな。
ゲームだとルート(?)ごとに時間SF原作を使い分けるとか?

611 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/03(月) 23:39:07.27
>>607はただの冗談というか軽口だろう。ってのはいいとして。


まあ、SF的にはかなりスタンダード(ネタをあんまひねってない)な感じで、
そこが称賛にも不満にもなりうるというか。

アニメしかみてないけど、個人的にはかなりおもしろかった。ガチのSFかどうかは
ともかく、SF的な雰囲気はかなり濃厚だと思うし。結末はちょっとできすぎだけど。

612 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 00:13:52.62
アニメは見てないけど、ゲームでXBOXぶっ壊した俺としては
結末を見たときの達成感は異常


613 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 13:39:08.94
つ「タイムスケープ」
(個人的に好きなので名前出したいだけ)

614 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 14:12:27.48
『タイムスケープ』は、しかし(科学者作家ということもあってか)硬いよね。
『不確定世界の探偵物語』(最後2文字をとりちがえないように)みたいなgdgd感のほうが好きだ。
3年後には逆のことを言うんじゃないかという気もするが。

615 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 14:23:21.54
ラノベ関係ない話題だと盛り上がるのな

616 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 18:03:28.79
ラノベのSFベスト5って何なの??主観でいいけど

617 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 18:03:43.67
>>590
なんかMW文庫自体がぱっとしないな
売り込みが弱いっつか、よくわからん部門な印象
講談社BOXとかよりかは方向性はっきりしてるけど、電撃なのにキャラ小説要素弱い作品があそこに分類されるだけ?

618 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 18:08:16.42
>>616
俺は

1.ブラックロッドシリーズ
2.サマー・タイム・トラベラー
3.星の、バベル
4.紫色のクオリア
5.スワロウテイルシリーズ

主観っつか最近目立ったの入れてみたかっただけかもしれん
あと銀河英雄伝説とか並べて入れるべきか迷うな
それにハヤカワ文庫のライトSF入れていいかどうかでかなり変わる気がする(ラノベレーベルがイコールでラノベかどうか)

619 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 18:12:05.20
>>618
早速ありがと
SFのとっかかりに読みやすいやつ探してるのだけどオススメある?
伊藤計劃の虐殺器官が面白かった

620 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 18:19:54.54
>>619
虐殺器官のテクノロジーとスノビッシュな空気とを混ぜた軍事SFとなると代わりはないかも
デカルトネタに掛かる脳科学系の方向なら円環作者の「あなたのための物語」とか
技術的なガジェットの扱い方がそれより巧いのなら飛のラギッドガール
もっとガチなのがいいならイーガンで、読みやすい短編の「しあわせの理由」
既読だったら申し訳ないが、伊藤計劃はハーモニーも読んどいた方がいい
あれが合うならあなたのための物語はテーマも近い部分がある(処理が全然違うが)

621 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 18:32:36.57
>>620
ふむふむ〜ありがと。SFのこと何も知らんから助かった!
>>618>>620もざっと検索して見たけどどれも面白そう!特に620のやつ
手に入ったやつから読んでみる〜ありがと

622 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 18:40:22.61
>>621
あ、計劃的とは全然言えないけど
肉っぽい人工生命が出てくるスワロウテイルはライトなシンギュラリティ系で読みやすいかな
他、ベタだけど谷甲州とか雪風はいいかも
普通の軍事系はともかく軍事SF(特に日本の)はあんま知らんのでこれくらいしか出なくて申し訳ないw

>>618の新城カズマはサマタイだけ入れて星のバベルを円環に変えるか
上遠野のブギポとか虚空牙とか入れたいけどSFというには微妙か

623 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 20:47:02.67
長谷敏司が月刊ニュータイプで小説を連載しているが
あれはどういう話なのかな?

624 :606=608:2011/10/04(火) 20:49:47.21
>>610 活字SF読みなら、小説版「円環連鎖のウロボロス」を勧めとく。二巻完結。ただ、一巻当たり月は無慈悲な〜くらいの厚みがある。
原作だとたどり着くのにえらい手間がかかる、ループを重ねた末の最終決着まで手際よくまとめてるよ。
(これはアニメも同じ。尺の分原作に近いが)
ただ、小説ってこともあっていろいろと原作と違えてるとこもあるんで、これをベースに話をするとちと危険。そこは気をつけて。
あと、ルートを使い分けるって言うよりは、>>602>>606の元ネタを全部組み合わせて物語の全体構造が出来てるってとこ。凄い力技だ。

>>611 原作だとゲームなんで、アニメだと出来過ぎに見える結末に至るまで散々試行錯誤するんですよ。
だからこそあの結末が輝くんだが、アニメじゃさすがに無理。

625 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 21:28:23.31
>623
不気味の谷を越えたヒト型遠隔操作ユニットhIEがそこかしこに導入されてる世界。

彼女らはモノなんだけど普通のヒトとまったく区別のつかない表情や言動、行動を取ることができて
浮かべる表情や交わす言葉にヒトは人間同士の会話と同じように「意味」を見出すんだけど
目的を果たすための道具である彼女らはその機能を「ヒトを誘導する」ために使ったりもする、
てな感じ。

人間と区別の付かない「モノ」が人間のように振る舞う事で
思考誘導や広告宣伝を行う手法として作中では「アナログハック」なる技術が一般化されてる。

公式サイトで前月分までPDF公開されてるから読んでみた方が早いかも。

626 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/04(火) 21:42:31.55
>>625
詳しくありがとう。面白ければ過程は全く構わないw
ゲームなら葛藤を巧く処理してるとかは気になるが、ノベルゲーは相当手間らしいので自信が。
その二つのネタ組み合わせてエンタメにしてるってのは確かにすげーなと思う。
とりあえず、簡単に触れられそうなノベライズ版買ってくるよ。

しかし「あなたの」で長谷にハマった身としては>>623のも気になるな。
毎回web公開されるならそっちチェックすればいいんだろうけど、購読も考えるべきなのか。

627 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/05(水) 20:31:50.13
ヴァレリアファイルは要るだろ

628 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/08(土) 13:46:38.29
web公開も何話までやるか分からないしの。

629 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/08(土) 14:14:40.90
何話分単位で単行本化されるんだろうな。

それと今更だが626の>>625宛てアンカーは>>624宛てだった、悪い。

630 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/09(日) 21:33:01.24
80〜90年代のJAは今読むとまんまラノベ的な気はする。

あと、JAからでたゼロ年代ベストはけっこう読みやすいんじゃないかなあ。
ラノベ出身者が多いのでとっかかりにはならんかもしれんけど。

ダイナミック・フィギュアはラノベ的観点からみるとどういう感じなんだろ。
軍事SFといえば言えなくもないけど。

631 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/09(日) 23:38:27.55
http://livedoor.2.blogimg.jp/rjc/imgs/a/0/a0cafa8b.jpg
http://livedoor.2.blogimg.jp/rjc/imgs/4/9/494ce45f.jpg
http://livedoor.2.blogimg.jp/rjc/imgs/4/9/49d62769.jpg

632 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/10(月) 11:48:35.69
ジャグルとかほんとにラノベそのまんまだけど、どっちで出してもいいような作品と
テーマ的にハヤカワじゃないと無理ってラインはあるよな
性とか(エロじゃなくて)の描写にしてもラノベ読者向けじゃない書き方はあるように見える

マルドゥックとか>>630の定義に近いような
ソノラマで出てそうな作品というか

633 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/10(月) 23:49:03.33
昔のJAがラノベっぽいってよりは、最近のラノベの拡大解釈が止まらないせいでそう感じるってだけでは?
ラノベって絵がついてて会話主体で展開されるやつ、程度の意味合いだった気がするんだけど。

634 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/11(火) 00:04:31.05
>>630 ソノラマとは違うライトノベルの原型レーベルを最初に試したのが早川だったろ…Hi!ブックス忘れんでくれ。無理かも知れないが。

635 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/11(火) 19:12:32.03
>>630
へ?
今のJAもラノベそのものじゃん・・・


636 :415:2011/10/12(水) 20:03:17.15
自己レスになるけど「そんなモン作らんでもJAで出しゃいいだろ(つかこちとら一回爆死してんだぞ)」が早川の回答なんだろうな

637 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/12(水) 20:14:46.85
スワロウテイル2読んだ。前回よりルビが目に辛かったw 冲方丁のシュピーゲルシリーズは毒々しくてポップな印象を与えるのに一役買ってるけど、
当て字振りまくりはこの作者には合ってないかも。
似非サイバーパンク的な漢字とか和製管理社会状態の世界観には合ってるんだけど、通常会話ルビはどうにも。
あとかなり露骨な奈須きのこの引用は狙ってるのか判断し辛かったw

ラノベ出自の軽さを活かした話の作りは良かった。ラノベレーベル含むこの手の作品では最近だとこれが一番好みかも。
もってまわった言い回しの多用はややくどいと思わないでもないが。続きが出てくなら買ってくと思う。

638 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/13(木) 20:01:14.93
http://www.jpcul.jp/articles/view/2988.html
雨宮慶太の小説か
SFじゃなくてホラーだそうだが

639 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/14(金) 04:44:29.49
僕は友達が少ないのアニメを見て気付いたが
作中で、登場人物たちがゲームをプレイしていて その様子を記述するという形を取れば
どんなジャンルのゲームでも描く事が出来るんだな
どんなゲームでも表現が出来るなら 現実世界の普通の学生たちの生活と何ら矛盾する事も無く
アクションもホラーも各種シミュレーションも舞台として登場させて人物たちを活躍させる事が可能という事か
そういうノベルは既に有りそうだな

640 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/14(金) 08:40:54.88
>>639
もう少し詳しく解説して

641 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/14(金) 08:54:36.04
>>639
オンラインゲーム以外は、話が作りづらいと思うぞ?

642 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/14(金) 09:19:54.68
読んでないが、僕と彼女のゲーム戦争がそんなんじゃなかったか
主人公はゲーム初心者だが、ゲームにのめり込みやすい性格で
作中に作中ゲーム視点での小説が入るとかなんとか

643 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/14(金) 14:18:31.62
ハルヒの射手座の日がパソコンでのゲームで勝負をする話
アニメのほうは見栄えよくアレンジされてる

マンガならゲームセンターあらしからいろいろあるよね
TVゲームだけじゃなく、囲碁、将棋、は以前からあるし
変わったとこではTRPGもあったな

644 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/14(金) 14:31:51.09
>>639
スラムオンラインが格ゲーをネタにそれやってるね

645 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/14(金) 16:07:22.83
スワロウテイル読んでみたが、ネラーのSS読んでるみたいだったわ。
評価の定まらない時事ネタポンポン突っ込んで、10年もつもの目指してますとか無理だろ。

646 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/14(金) 17:48:33.05
>>645
デビュー作は、時事ネタ的な設定がもっと目に付いたな。これでも、そこら辺
の話はあまり出さないようにしているようだ。電撃文庫の「魔法科高校の劣等
生」も時事ネタの使い方が上手くないという点で、結構、似ている。

647 :637:2011/10/14(金) 18:57:41.91
>>645
上のレスで勧めるみたいになったらすまん。
時事ネタの使い方の他にも設定羅列傾向のある語りのペースなんかも可読性を削いでたりするけど、
人工生命ネタが好きなんで個人的には嫌いじゃないんだよな。
十年持たなくていいから適当なペースでシリーズにしてくれればキャラ主体の作品としていけそうな気はする。

電撃の「魔法〜」は未読だけどどんなか気になるな。

648 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/14(金) 20:31:43.13
ネラーのSSってあんな感じか?
まあ時事ネタにキャラ放り込んで書いたSSは割に見る気もするが
>>639
格ゲーなら他にソリッドファイターとか
ゲームって土台をどう扱うかでドラマ作りが左右されるからな
青春物にしたらベン・トーのゲーム版みたいになるかもしれん

649 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/16(日) 05:52:11.91
スワロウテイルの2巻で時事ネタをあえて入れまくったのは、作者にとっての記念碑的作品にしたかったからだと好意的に解釈してみる

650 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/16(日) 14:37:40.15
どんな時事ネタが使われてるの?

651 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/16(日) 16:20:53.90
長谷敏司のBEATLESSはここで語ってもいいのかな。

最新話で産総研の未夢が出て来て吹いた。
あそこからフレーム問題を乗り越えて解放環境で動作させるために
ネットワーククラウド前提の動作に移り変わっていくと考えると実に胸熱。

オーバーテクノロジーがあるとはいえこういう「それっぽい理論展開」はSFの醍醐味だわ。

652 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/16(日) 21:27:42.94
>>650
電力不足をひっくり返したような電力余剰対策、閣下がなう民、ジャスミン革命
本筋には絡まないけどね。スワロウテイル1は時事ネタっぽいのは無かった気がする。

653 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/16(日) 21:28:58.17
>>650
電力不足をひっくり返したような電力余剰対策、閣下がなう民、ジャスミン革命
本筋には絡まないけどね。スワロウテイル1は時事ネタっぽいのは無かった気がする。

654 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/10/16(日) 21:42:26.98
本筋以外を何で埋めるかで作品の色も出てくるかな。
伊藤計劃の虐殺器官はサブカルネタ扱うにしてもキャラと不可分で、そういう面の構成がタイトだった気はする。
まあ前提のネタが完全にオーバーテクノロジーだし、世界観比べるのもどうかとは思うけど。

>BEATLESS
クラウド系のネタだと長谷敏司はどうしていくかってのは楽しみだな。
技術としての可能性や応用ネタなんかだと新城カズマあたりがやってくだろうし。


655 : 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2011/10/16(日) 21:57:17.02
分かり易いSF小説は楽しいですよねー!?♪。

656 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/07(月) 15:48:34.90
登場人物の年齢層が低いとライトノベルなのかな?

657 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/07(月) 18:24:28.93
中高生への配慮が元々の理由だったんだろうけど>年齢層
感情移入しやすさなんかの考慮だったのが、最近はもうテンプレとしての主人公=高校生になってる感も
後は中二っぽさとか未成熟感の捉え方とかハーレムラブコメ(漫画)の空気引用とかの理由で
基準はラノベ独特の文脈を捉えるしかないと思う
ここで出てるスワロウテイルはラノベっぽいけど電撃で出せるかというと恐らく無理
その点、円環少女だとあちこちのガジェットや構成がラノベにこそ向いてたと思う

658 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/07(月) 22:45:40.97
若年層が減少して高齢者社会に移行していっているのだから
中高年に向けたライトノベルが有っても良いと思う

659 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/07(月) 22:58:26.27
このスレに限って言えば、ラノベレーベルから一度でも本出したら作家の本はラノベ…になるんじゃない?
このスレが出来た経緯を考えるに

660 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/08(火) 09:04:16.15
>>658
新書のノベルスがそれに当たると思う
駅の売店で売ってるようなミステリーとか

661 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/08(火) 11:28:17.68
赤川次郎

662 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/08(火) 17:16:42.35
この世の本は全てライトノベルって言われそうな雰囲気だな

663 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/08(火) 17:25:35.30
キャラ読みできる=ラノベとかな
>>660
テンプレ化された作品って意味なら時代小説が共通点抜群だと思う
あっちは枠から外れない事がむしろ美徳になってるが

664 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/08(火) 18:10:28.78
講談社BOXなんてぼったくりだよな
値段に見合った面白い本は有るのかね?

665 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/08(火) 18:33:16.74
成熟した大人が持つなら判る能力や態度を少年期の人間に持たせるのも
ギャップ萌えとかに回収される(単に少年少女主人公に見てる価値があるだけか)のがラノベだよな
俺TUEEE!系とか願望充足系の最強主人公とか普通の作法なら真っ先に否定されるパターンだが
過度な戯画化でそれを敢えてやれるストーリーを作ってる
まあ最近はこういうのとか「妹は漢字」のようなテンプレに突っ込むタイプの作品も煮詰まりまくってると思うけど
新しいテンプレ見付けるのに必死て感じが

>>664
あそこはほぼぼったくりだがBOXで西尾維新が出てるから仕方なく買う、はあるような
絶版漫画の再録とか、たまにいいのはあるよ
大体は古本で買えばいいやって気になるが

666 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/09(水) 07:49:55.83
MAGネット「ラノベ特集」のネタコーナーで、シスマゲドンが、取り上げられるとは、思っても見なかったw
普通に妹物と思って読むと、グレンラガン並の荒唐無稽SFなんだがな

667 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/09(水) 16:54:48.59
今年はラノベSFが不作だったな
ハヤカワのラノベシリーズやランジーンくらいしか目ぼしいものがなかった
少女人形は百合が描きたかっただけだろと思ったけどまあ良かった。
ランジーンは2・3巻あたりで文章や構成が結構こなれてきた感じ。
あとR.I.P.はSFに含めていいのか知らんけどラノベレーベルでクーンツあたりの翻訳文体を真似してくる度胸が良かった。



668 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/09(水) 17:12:43.43
>>666
MAGネットは三木編集に池沢春菜が入れてる業界飽和状態のツッコミが面白かった。
「池が濁れば鯉は死ぬから別の池を用意するとかエサを変えるとか」てw
話題的には>>658と被ってるのかな。いい加減学園ハーレムラノベ飽きてくるよ的な。
世代が移り変わった時にどう変化していくかの手法としてのネタ&提供する場の拡大は妥当だな。

>>667
またシュタゲ関連でタイムリープ物が見直されたりするかもしれないけどね。
ランジーンはネタに二巻あたりでダレてきてた。
ラノベとしてのガジェットは考えられてていいなーと思うんだけど、そういう特化だと他のラノベでいいかなと。
ていうかあの詰め込みすぎな一巻で投げてる読者はかなり多そう。
個人的にはシュタゲが一番の収穫だった(ノベライズのも含め)。

669 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/09(水) 17:51:47.69
ハヤカワラノベって、アバタールチューナーとか榊一郎のとかスワロウテイル?

670 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/09(水) 20:51:48.35
ハヤカワJAから出るやつ全部だったと思う
何故だか早川スレでJAについて話すと荒れるんでこのスレ出来た

671 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/09(水) 21:04:23.78
>>667
「僕の妹は漢字が読める」があるじゃないか。
「すーぱー☆なちゅらる」……は去年だったか。

672 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/09(水) 23:16:38.63
一時期ブームだった架空戦記あたりは大人のライトノベルって感じ。

ドラマ化されてる謎解きはディナーのあとで、あたりのユーモアミステリ系
も感覚的にはラノベにかなり近い気がする。

アクション、超能力系は菊池作品あたりが大人版って感じなのかな。

ただ、今のラノベ読者って大人も相当いるだろうし中高年に向けなくても
読まれてる気もするが。

673 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/09(水) 23:41:43.41
後は上でも出てるけど、徳間とかのノベルスなんかそんな感じだね。
他、ミステリだと京極道シリーズはどうとでも取れるけどルー=ガルーなんかラノベ読者と範囲はダブるだろうし。

少年漫画がボーダーレスに読まれてるのとは感覚的に違うけど、
「これはこういうもの」って割り切って読むスタイルはあると思う。どの年齢層向けとかでなくて。
結果的にアイディアの裏づけや筆力も求められるようになって、書き手の幅も広がってる。
ただそれも飽和状態なので新しい方向性探ろうとしてた(まだしてる?)のがMW文庫とかなんだろうな。
無理に年齢層高く見なくてもいいけど、徐々に他の変化を与える事事態は業界全体ではアリかも。

674 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/09(水) 23:54:53.96
>>670
そんな経緯あったのか
つかJAについてだと、割と普通にSFしてる作家も含まれるんだが・・・

675 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 00:00:42.54
排除主義者など知らん

676 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 18:25:20.86
MW文庫はここに来てビブリアが大ヒットしたからな
軽い一般層向けに売るなら謎解きはディナーのあとでみたいなライトミステリーが当たりやすい時代なんだろう

677 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 19:49:21.06
ラノベの線引きはどこでも良いけど、ミステリーはスレ違いじゃない

678 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 19:58:52.64
その話題ばかりになるとあれだが、ラノベと一般小説の境界線に関しての脇道ならまあ
ライトノベルがどこまでって話なら他のジャンルの例もあるとわかりやすいし
MW文庫は俺も気になってたが、ヒット作出てるとは思わなんだ

679 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 20:05:57.12
軽いミステリーが当たるなら軽いSF風味だってあたりはず…
そのあたりを追い求めるとハルヒ路線になりそうだな

680 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 20:21:42.08
じゃあ、間を取って三雲岳人のM.G.Hみたいなのをw
SF「風味」ミステリというのが表現としては正しそうだけど。
ハルヒは大概の読者に読めるようにかなり上手く作ってあるから、場所は選ばなそうだな。
逆に、今の電撃やGAのようなインパクト重視路線には向かさそうだけど。

681 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 20:28:22.10
>逆に、今の電撃
自己レスだけど、「逆に」じゃなくて、「それでも」だな。
レーベルのカテゴライズが進んでる以上、やっぱり場所は選ぶか。
あと角川は今年中にBEETLESSを本で読みたい……。

682 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 20:36:23.68
三雲岳人もデビュー当初はもっとSF寄りの作者になると思っていたけど
時間が経つとむしろ離れていったな。
高畑京一郎みたいに期待していたのに行方不明になるよりはいいが

683 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 20:38:10.32
電撃ならウィザーズブレインだっけかが昔から頑張ってるよね
それと一般書とラノベの境界は引かなくても良いと思うし、引けるもんでは無いと思うよ

684 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 21:03:20.77
>BEETLESS
タイトルの意味が変わるな。それ鼓動ちゃう、甜菜や!

>>682
器用で、大体のジャンルはこなせる作家って印象だな。だから途中でSFに拘らなくなったんだろうかとも。
SF的なガジェットを強く意識してきたうえおとは逆のような。
高畑京一郎は、どうなんだろうな、今の読者評価は。

>>683
他だと、批判も多いけど禁書は「SFをラノベでやりたい」電撃の姿勢を体言してるらしい。
SF的には禁書より似非SFなハリウッド映画を意識した同作者の別作品がSFMのレビューで取り上げられてるけど。
ウィザブレはガジェットはSF寄り、話の作りはラノベらしいバトル物なんだよな。
あれだけ息が長いと固定読者向けになってくるか。

685 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 21:44:06.06
>>680
>ハルヒは大概の読者に読めるようにかなり上手く作ってあるから

出た当時に読んだけど、
作者の底の抜けた悪意が見えてしまって、それほど売れるかなあ、
と思ったもんだが、あれくらいの隠し方で十分なんやね。

686 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/10(木) 22:26:49.80
悪意って読者へのメッセージのような態度?
だとしたらあれはあんなもんだろうと思う
当時の時期からすると露骨だが、アニメ化した時期はもうあんなラノベばっかだったしな
今だとあの「お前等こんな展開を望んでるんだろ」な一巻はオーソドックスに読まれてるんでは

687 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/11(金) 22:29:26.89
MW文庫と言えば、特異領域の特異点は?
イーガンっぽいとか話も出てたみたいだが
作者のサイトで公開してる話の改訂版ってことになるのかね
読まずに言ってすまんが

688 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/11(金) 22:30:51.59
ラノベ風味かつSF風味だと、有川浩が(人気的に)一歩抜きんでてる感じ。

秋山瑞人がもう少し頑張ってればちょいと展開も違ったのかな。

689 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/11(金) 22:55:50.49
有川浩はSF”風に”書けるって感じがする
秋山瑞人は職人肌なのか知らんけど、出したものを勢い任せにでも完結させてくれれば・・・
EGはどうなったんだ

690 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/11(金) 23:36:32.68
EGは原作者が急に動き始めて続きが出るんじゃないかという話になってきてる

691 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/11(金) 23:46:56.10
凄いなそれ。
全くチェックしてなくて知らなかった。

692 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 00:30:21.82
>>690
マジか
そういえばあれ、作家の事情じゃなくて原作者の方が止めてたんだっけ・・・
ほぼ秋山瑞人のオリジナル作品のように思ってた
鉄コミは原作を上手く自分流に仕上げてたけど
EGは話全体の中でエピソードの一つとして書けないのが問題だったのかな

693 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 09:30:42.42
しかし、野尻や桜坂とか、SF的に注目された人は最近ご無沙汰な
人がけっこういるな。

まあ、ラノベのペースが速いだけといえばそうなんだけど。

694 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 13:24:58.36
ラノベだと数ヶ月出てなかっただけでも行方不明に近くなるしな
新人だと忘れられる危険性すら
レーベルによっては新刊まで掛かったペースが打ち切りの目安にも見える
実際打ち切りとか多いんだよなラノベ

695 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 13:36:02.42
>一時期ブームだった架空戦記あたりは大人のライトノベルって感じ。
は?
あれらはどう考えても中二病患者向けでガキ向けだろ?


696 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 13:59:54.11
架空戦記って三国志の人物が日本軍の将校に憑依する改編歴史物とかああいうのか。
某国侵攻とか古本屋のそれっぽいコーナーには固まってるような。

697 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 14:16:55.44
全ての仮想戦記は戦国自衛隊の壁を破れないだろうな

698 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 14:22:03.02
>>696
紺碧の艦隊ブームが大きかったからなぁ
紺碧の前は戦国時代の仮想戦記が多かったけど
アレ以降は世界大戦中心になってしまった

現代におけるvs中国とかvsアメリカは創作の世界ですら色々と無理があるので
あの時代が丁度いいんだろうけど

699 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 14:36:08.95
戦国自衛隊は真っ先に名前が浮かんだw

>>698
もし現代でvsアメリカだと、それまでの歴史を丸ごと作り替えることに焦点を当てればSFとして読んでみたい。
クランシーの場合はテーマごとに現代を抽出するから日米であれやったんだろうけど。

700 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 14:49:42.21
戦国自衛隊は原作読んでなくても映画があるからなー
続編もあるしね

古いけど地球0年があるね、マンガ版なら読んだことあるよ

701 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 15:18:22.27
戦国自衛隊は大半の人が映画で知ってるんじゃないかね
徳間だかカッパだか最近も戦国自衛隊系の作品出してるの見た

702 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 16:50:23.50
架空戦記もシミュレーションノベルって呼べるレベルの、厳密な軍事知識と考証に基づいて書かれたもの
(例1:Dデイの惨劇 ―ノルマンディ上陸作戦実行時に、史実では妻の誕生日祝いの為に帰国していたロンメルがドイツ軍を指揮していて、
連合軍を迎撃したらという想定― 例2:幻の英本土上陸作戦 ―史実では実行されなかったあしか作戦がもし実行されていたら結果はいかに。
大戦当時独英両軍の将校指揮官だった面々を集めての図上演習の結果を小説化― )もあれば、
歴史や軍事面での知識や考証はそれなりだが、設定とストーリーはあくまで願望充足のためのもの(例:レッドサンブラッククロス
―日露戦争に負けた日本が大陸に進出しなかった結果、返って発展して、世界の大半を支配したナチスドイツと第三次世界大戦を
戦う― )もあるし、それこそ日本が勝てば理屈なんてなんでもいいってものもあるんで、単純に一くくりにはできないと思うぞ。

703 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 17:35:38.57
願望充足な作品の方がイメージ強いから、自分の中にも食わず嫌いはあると思う
SFなら歴史の変質を楽しむのが肝だが、こういうのは考察に基づいた戦略作り方を楽しむものか
歴史物が歴史を語る事に力を入れすぎて固定ファン以外を取りこぼすのに事情は似てるような
下はナチスがどの時点でどうしたら世界大半の支配に辿り着けたかの方が気になるな

704 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 17:41:07.34
仮想戦記は最初は面白いんだけどすぐグダグダになるからな
終着点を探すのが難しいジャンルだ

705 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 17:45:22.16
>>700
地球0年と戦国自衛隊の漫画版は同じ漫画家だったな
地球0年はなかなかの名作
漫画家の事実上のオリジナル作品である続戦国自衛隊も大好きだったよ

ただし米軍が出てくるまでは…
なんだあの展開は

706 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 20:06:28.83
>>703
ルーズヴェルトがスキャンダルで失脚、後を継いだ共和党の大統領が孤立主義を守って軍備の増強もせずに時が過ぎて大戦勃発、
ドイツではゲーリングが愛人宅で腹上死し、空軍の人事と作戦がまともになって、そのおかげでバトルオブブリテンに勝利
して英国を占領。それにビビったスターリンがドイツに先制攻撃するが、これが裏目にでて、ドイツは兵站線の問題の無い
ポーランドで赤軍主力を壊滅させて、その後軍事力の無くなったソ連は敗北、崩壊して征服される事に。
で、すっかり親独国家になってる軍事力の弱体なアメリカにドイツが奇襲攻撃を掛ける所から小説本編は始まってる。

まあ、大分昔(20年近く前)に書かれた小説なんで、今読むと無理のある設定だが、当時としては結構よく出来てたんだよな。

707 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 20:32:25.45
>>706
おお詳細thx
流れだけだと「これがやりたいからこういう出来事が起きた」な感が強いな
>空軍の人事と作戦がまともになって
特にこの辺りw
軍モノ好きな読者だと雑談に上る類いの話をシミュレーションしたような
ちゃんと読めば展開とか面白いのかもしれんけど

708 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/12(土) 23:37:45.72
>>700
いや映画版ではバッサリ切られた最重要部分【光秀の反乱は何故?】

〜【家紋は菊】な所からの指令〜は読んで置かねばナラヌ 漫画版でも可
当時のメンタリティではホント逆らうなど o(゚Д゚)っ ムーリ!だろうねぇ』と納得してしまった。
イイトコ出身で有るホド余計に。〜嫁さん公家の出だそうだし。
 ソーユートコ頓着しない信長さんだから"御所"から煙たがられた
 だから秀吉は公家衆に迎合して正一位を貰ったとも考えられる。
コンナ"話"は『SFだから,半村だから』許された ・ と思ってる

709 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/13(日) 00:43:31.97
>>687
特異領域はまあそこそこ良かったんだけど、
途中から能力バトルものにシフトしていってしまったのと、
ガジェットが平行世界量子力学クオリアシュレ猫と流行りのものを集めてきました感が強すぎて中途半端。

まどかやシュタゲの影響でタイムリープものが増えるってのはないかな。
結局まどか(フォロワー)でクローズアップされてるのは異星人と人類の折衝やタイムリープじゃなくて、
かわいい絵柄の女の子がひどい目にあうっていうところだし、
ラノベだけ見てもAllYouNeedIsKillとか紫色のクオリアなんかがもうあるわけだし


710 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/13(日) 01:14:01.97
うーん、やっぱりあの二作でSF的なものが流行ってくれる、は早計か。
まどかは確かにそうだよなあと思う。pixivとかで傾向調べて実感したw
エントロピーの受け止められ方もそうだけど。
>特異領域
俺もこれ未読だった。
尼とか調べたら面白そうな気配もあるんだが、これで能力バトル行っちゃうのは残念だな。
まあ軸になるネタがこれだとなんでもありにして物語の枠を作る事になるのか。

711 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/13(日) 01:22:16.03
てかまどかフォロワーってもうそんなに出てきてるか?
セルフパロの作品は知ってるが
ラノベだとアンチマジカルなんかは時期的に違うようにも思えるし

712 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/13(日) 02:23:11.91
まどかは4月にシュタゲは9月に終わったばかりなのに影響語るにはさすがに早くねえかw
pixivって言ってもSFを絵で表すってかなり困難だし
まあSF大賞候補の騒ぎ見ると無理だろうなとは思うけど

713 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/13(日) 03:07:37.38
騒ぎになってたのか
ファンの数も多いだろうし無理もないが

714 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/13(日) 04:13:40.18
少し前、まどかマギカはディスコ探偵水曜日からの流れだと思って、
一人興奮してたんだが、冷静に考えればおそらく違うんだろうなあ

715 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/13(日) 18:31:20.33
>>693
野尻は最近だとSFMの初音ミク特集に書いてたよ。
短編だから条件大分違うけどw

>>712
わかりづらいこと書いてすまない。
pixivだとキャラの関係性重視の二次創作が多かったように感じたんだよ。
タグとか追ってくと出てくるけど。
あそこでSF絵を探すなら絞り込んでくしかないけど、作品の見られ方がSFかどうかって違いはあるのかなと。
長谷敏司のTwitterでもこんなようなツイート見たけど。

716 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/13(日) 20:11:12.69
>>711
アンチマジカルはまどかの前だろ・・・
つーかウォッチメンのフォロワーだそうだ

717 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/13(日) 21:14:25.53
>>716
まああれがWATCHMENのフォロワーなんつったら
ムーア御大のAAが貼られるだろうな

作者は魔法少女に群がる変質的な小児性愛者たちが
幼女を殺す場面こそ一番描きたかったのだろうし
実際、「幼女を殺した連中の心は汚れておらず清らかだった」と
作中人物が絶望した箇所が読んでて面白かった部分だった

718 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/14(月) 11:25:14.27
アンチリテラルはSFネタとは違うけど数学モノだったな
正直電撃というかラノベの作風と相性悪いんじゃないかと思う
伝奇だと話を膨らませる手法のが重要になるし

まあアンチ~と名前で思い出しただけなんだが

719 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/14(月) 13:14:11.18
>>715
pixivはキャラ萌えの最前線だよ
アニメイトで海外SF作品探すようなもので
傾向調べる場として適切じゃない

720 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/14(月) 20:35:05.02
pixivは女性層が強すぎ

721 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/14(月) 23:50:32.57
二次創作界隈は女性の方が圧倒的に多いです

722 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/15(火) 00:02:11.96
>>719
実感したw
でも流行の作品だと、どうしてもニコ動とかpixivは即応性高いんだよな。
初音ミクにしてもここまで認知度高くなると無視できないし。
「SFとして作られて」ないまどかがSFとして受け入れられてるのって
元からSFとしての評価と別の割が大きいと思うから、需要の傾向としてはああした場も含むんじゃないかと。

723 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/15(火) 15:23:57.83
電撃で一番ポルノ寄りなタイトルって何?

724 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/15(火) 16:55:11.03
>>722
なんかその界隈だとSFが権威付けに使われてる雰囲気なんだよな
ハルヒあたりによく見られたけど
「この作品はSFを扱っているから他のラノベよりすごい」みたいなやつ
勘違いでしかないんだけど、まどかもそれに似た匂いを感じる

725 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/15(火) 18:42:21.81
>>724
まどかみたことあんの?
どうせ食わず嫌いなんだろ?

つーかSFなんて低俗なものにコンプレックスを抱いてるとか
どんだけなんだよあんた

726 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/15(火) 19:17:06.62
>>724
アニメとアニメの比較とかではよく見るかな。
スタトレとSWのどちらがSFか比較するような感じじゃないかと。
ぶっちゃけ作品が面白ければそれでいいんだけど、そこでSFだからいいってのは違うとは思う。
SF大賞についてはSF側の思惑もあるから何とも言えないところがあるけど。
ハルヒは作者がSF好きで、リスペクトしたようなネタがそこかしこにあったから
ファンがそういうのを楽しめたのは素直に良かったと思うし。

>>725
>>724のは単に「SFらしさ」をわざわざ持ち出して作品の価値に付加する必要ないんじゃって話では?
ハルヒの時は「SFファンも(早い話ライトノベル以外の読者も)読むハルヒ」みたいな言い方もちょっとはあったし。
SFと関係ない(ように見える場所で)「これはSFとしても評価されてる」とか言っても仕方ないとか。
低俗かどうかはどうでもいいけど、それはSFがどう思われてるかの話になりそうだな。

でもこのスレの定義としては関係ない場所に見えてもSFっぽい作品であればいいんじゃとも思う。
シュタゲとまどかならどっちかというとシュタゲの方がこのスレ向きだろうけど。

727 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/15(火) 19:42:41.21
アニメのSFは他にスレなかったっけ?
マギカってノベライズもされてるの?

728 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/15(火) 20:10:09.99
>>727
されてるよ。
あとはまあSF作品として直接関係してる訳じゃないけど、
SF評論賞の最終候補に残った評論家がまどかでオフィシャル評論書いてる。

ノベライズの方というか、まどか自体がラノベっぽくはあると思うけど。

729 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/15(火) 21:54:43.76
>>724
勘違いだよ。
むしろ、SFの方が権威付けにまどかを引きこもうとしている。

730 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/16(水) 00:06:08.33
SF関係者(とファン)が「これは本格SFだ」的なノリでラノベを評価する、って
パターンは昔からあるような(ラノベは他に置き換え可能)。

とはいえ、同じ物がJAあたりから出たとしても、同様の評価は得られないというか、
レーベル的な面での補正はかかってる感じ。

まあ、まどかはそういうのとは関係なく、単に人気にすり寄ってる気はする。

731 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/16(水) 01:18:35.65
科学の発達のおかげで近未来やその先の話を描きづらい現在では、定型が許容され易いラノベはSFへの入り口として重要。
みたいな話がハルヒの頃にも在ったな

ラノベがSFとファンタジーのごった煮から、萌えハーレムに移行してくとは想像出来なかったんだろうな

732 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/16(水) 02:28:26.30
ハルヒがハーレムなのに?

733 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/16(水) 02:32:15.68
>>732
読ませ方の違い
ハルヒとハルヒフォロワーの意図する所は違う。
アニメで話題になってた頃はもうハーレム系が氾濫してた憶えもあるが

734 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/16(水) 03:15:15.17
作者がどういう意図で書こうともSFファンがちょっとでもSFマインドを感じたらSF認定してるだけの話だし認定されたところで特に意味は無いのに

735 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 :2011/11/16(水) 06:55:02.01
超楽観的なライトノベルSF小説は大好きですよねー。

736 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/16(水) 21:33:24.62
神野オキナのライトノベルってどんな感じ?

737 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/16(水) 21:44:50.88
>>734
ふむ、一介のSFファンの戯言での認定と、
権威ある人間の(ある程度)公的な発言での認定が同列であると?

738 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 11:33:16.15
>>737
権威ある公的な認定というのは星雲賞とかSF大賞とかのことを言ってるのですか?

739 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 14:07:26.56
基本的に大差無いよなあ

740 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 15:56:03.42
ここはライトノベル板ではない。SF・FT・ホラー板
その「ライトノベルレーベルのSFを語るスレ」
ということはここの書き込みはすべてSFのレッテルを貼った上での発言

>>724は多分、売り方(宣伝)、受容(批評、感想)に
SFというレッテルを使った格上意識を感じるという意見だと思う
で、格上なの?w
ラノベ側からの取り込み(ラノベに疎いSF好きも取り込みたい)
SF側からの取り込み(売れてる人気ラノベをSFに取り込みたい)
両方の気がするけど

741 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 16:12:14.75
>>740
すまん
724までの流れ読めばわかるけど、読者側の話をしてる
SFを知らない若い層にとって「SF」という言葉が
他作品との差別性を示すための便利なワード扱いされる事があると言いたかった
pixivにおいての「SF」というのは、その程度の認識でしかないという話が
何故か「SFは権威だ」という話にされていて、今びっくりしてる

742 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 16:13:40.44
日本人が理系離れして久しい…カミオカンデで何をしているのか、一般の人に説明するのは困難だ

743 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 16:43:41.34
権威になったり忌避されたり大変だなSFって

744 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 17:11:21.95
作者読者ともに選民意識の高いジャンルだったからな

745 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 18:31:29.50
士農工商犬SFでしたっけ?

746 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 19:28:36.46
帯にSFを書くと売れないと忌避されてたSF(今も?)を
ラノベ読者が積極的意味合いで使用してくれるなら
SF好きにはよろこばしいこった

747 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 21:16:27.18
ラノベの氾濫(と言っても今と比べればかわいいもんだけど)が始まったころ、
これでやっと日本も、パルプフィクション時代を通り抜けることになるのかも
しれない、なんて思ったんだけど(それをサークルの奴に言ったら、今時
パルプフィクションなんてないわー、とか言われたけど)、どんなもんですかね。

748 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/18(金) 23:15:59.96
>>738
権威ある『人間』の公的な『発言』
って書いてるんだが……。どこから『賞』が出てきたのよ。

ついでにSF大賞はともかく、
星雲賞のどこに権威ある人間がいんの。

749 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 00:50:59.45
読者というか作品のファンが
「この作品はタダのラノベじゃなくてSF的にも評価されてる作品なんだよ」
ってな意味合いで権威(というか箔)付けする、ってパターンはあるのかも。

昔けっこうみられた「文芸作品における純文学的権威づけ」と同様の感じというか。

750 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 01:23:35.15
>>747
パルプフィクションって、今のペーパーバックじゃなくて、
1920〜30年代に全盛だったアメリカのパルプマガジンの話か?
あれのジャンルは恐ろしく多彩でターゲットは大人寄りが多かったと思うぜ
アメージング・ストーリーズやウィアード・テールズのイメージで言ってるなら
SF・ファンタジー黎明期という屑も宝石もごった煮の状況があってのことだろうから
だいぶかけ離れてないかな

751 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 02:00:37.08
>>748
権威ある人間なんていないと思ったので。
権威ある人間っているの?
「○○氏絶賛」とかいうので誰の名前が入ってたら期待する?

752 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 02:16:38.41
東原亜希

753 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 02:41:22.13
>>751
SFで権威がどうのとかアホすぎだよな

754 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 09:54:38.94
>>751 >>753
なんかさ、『権威』と言う言葉を過大に考えてないか、お前。

755 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 11:17:34.90
なんか話題が噛み合ってないような。大体は>>749くらいの意味だと思ってた。
〜氏絶賛とかならシンギュラリティ・コンクェストを冲方が推薦帯書いてたのがそうだろうし、
小松賞とかジャンルの「権威」に肖った小説賞もあったからな。

どんなジャンルでもそのくらいのはあると思うんだが。
ミステリなら島田荘司が推薦してれば買う人間は幾らかいるし、サブカルなら権威めいてるのは東浩紀とか顕著だろうし。
公共の出版で名前が知られた人間が推薦してれば箔付けにはなる。
虐殺器官に厳密には畑違いの小島監督や宮部や伊坂が書いてたのもそうじゃないかな。
まあネットだけでもアルファブロガーとか普通に影響大きいけど。
単に信頼できる(あるジャンル内部においてそう判断していい)人間の基準ってだけでいいと思うんだが。
円城塔推薦って書かれてたら俺は間違いなく買うと思うw

756 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 17:11:42.01
上の方(>>700前後あたり)で架空戦記の話をしてたが、今日本屋にいったら朝日ノベルスから架空戦記小説専門の作家さんが
ウェルズの「宇宙戦争」のオマージュみたいな小説出してたな。
カバーイラストと作中の描写だと、火星人の兵器はスピルバーグ版のトライポッドと、ジョージ・パルのウォーマシーンだってもろわかりだけど。
地球の病気を克服した火星人が、41年ぶりに、第二次世界大戦真っ最中の地球に侵攻するって話。
作者は小松左京の「見知らぬ明日」をリスペクトしたってカバー裏のコメントに書いてたけど。
ただなあ、設定にちょっと無理があるわあ。1900年のロンドン火星人攻撃を外国、列強がほとんどしらず、攻撃されて始めて火星人の
存在を認識するってのはありえないだろ……
一応、ライトノベルのレーベルから出てたんで紹介。

757 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 17:41:09.74
All You Need Is Killの神林長平大絶賛って帯みたいなことか
ただあれってSFファン以外に効果あるの?逆にラノベ読者遠ざけるような気が

758 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 20:08:18.83
だからSFファンへの効果狙いじゃないの。

知らない人間の推薦が帯にあるからって、躊躇するか?
別に遠ざけたりはしないべ。

759 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 23:09:57.63
神林の前にSF界の重鎮だかなんだか書いてあったし
SFとして扱われるのを嫌う人は今も大勢いるだろ

760 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/19(土) 23:18:54.50
桜坂は前後する時期にリアルフィクションでハヤカワに書いてたし、
読者への位置づけがある程度決まってたから神林に頼んだって気もする。
ラノベ読者を遠ざけるかどうかは作者によるんじゃないかな。
ハルヒ並に売れてたら遠ざけるも何もあったもんじゃないし。

761 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/20(日) 00:01:06.49
>>756
追悼作品ラッシュの影響がそんなところにまで……。

762 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/20(日) 01:08:42.45
>>756
それって・・・



?

763 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/20(日) 01:45:53.70
つかマグネットでのAYNIK紹介がほぼ>>749だったな
編集が「ラノベにはこういう可能性だってあります」とかやってた
引き合いに出してたのはハリウッドだが

764 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/21(月) 03:07:24.68
朝日ではゼーガペインの小説版の続刊が来月に出るな

765 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 09:33:15.66
>>746
某レーベルの宇宙海賊モノが散々な売上だったのでそれはない。

766 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 18:49:05.23
え?ミニスカってそんなに売れてないの?

順調に巻が進んで、アニメ化までしてんのに?

767 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/11/24(木) 18:56:51.72
幸福の科学もライトノベルレーベルのSF小説の仲間に入りますですよねー。

768 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/24(木) 21:56:29.38
>>766
新書扱っているところが少なくなっている上に、レ−ベルが、マイナーだからなぁ・・・
下手すると、そこそこ大きい郊外店ですら、置いてなかったりする

ノリは好きなんだが、売れ線からは、外れているよな

769 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 03:12:35.22
朝日は何だかんだ言って好きな作家やジャンルが多いレーベルなんだがなあ
売れないだろうというのは分かる

770 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 03:59:32.82
>>768
ミニスカを扱ってる本屋は、俺の行動範囲の十数店中わずか二店だけだ
アニメ化決定までは一店のみだった

ARIELに至っては0店だが、関係ないか・・・

771 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/25(金) 20:53:57.38
新書は回転速いしな

772 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 09:51:16.16
新書以前に朝日ソノラマ文庫の中盤以降はずっとそんな扱いだったしなぁ

773 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 12:49:22.29
朝日ソノラマ文庫の海外シリーズって挿絵は付いてたのかな?

774 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/26(土) 18:10:53.50
>>772
DとARIELだけはそこらの本屋でも入れてたけどね

775 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 07:06:33.72
今の若い奴ら菊地や夢枕を知ってんのかな?
夢枕はTVによく出るが

776 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 08:24:04.34
菊地は今年7冊も出しとる
若いのが読んでるのかは知らんが

777 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/29(火) 10:19:08.30
各所で関連に名前が出るから知ってるのもいる
読んでるとなるとどうだか微妙だけど
あと空の境界に寄せた後書きで知ったのもいるかも

778 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 10:03:37.98
夢枕獏は知ってて陰陽師の人、ってとこじゃないかなあ
ゲーム雑誌で連載してるが週刊見開き2Pの長編なんて普通飛ばす

779 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 12:28:50.17
餓狼伝が漫画でやってるからそこから入る人もいるかもね。

780 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 12:51:54.58
夢枕は山に登っている人のイメージが付いていそうだ

781 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 13:41:41.66
タイポグラフィックのイメージであろう。

782 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/11/30(水) 14:55:01.85
テレビの印象だけだと釣り特番の人だな

783 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 09:01:59.35
>>775
うちは私が揃えてるから知ってる。(子供は17と14)
菊地の魔界都市ハンターがすごい好きらしい。

784 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 11:07:47.96
ハンターと魔界学園の描き手の細馬が絵を描けなくなったのが惜しいが……

古い物が好きって大抵が家族か恋人からの影響だよな

785 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 21:15:12.90
吸血鬼もののラノベの文脈で菊地は外せないだろ、赤川次郎は外せても
狼男の平井和正みたいなもんで
川尻Dからの人もいるだろうし

786 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 23:21:34.53
親子で伝奇好きとかいいなぁ。
こっちはブクオフとか古本屋で魔界都市に惚れ込んだ。
同じ作者の名前が書店でずらっと並んでると気にはなる。
新宿作品でも秋せつらの魔界都市ブルースとか文体もやりすぎててキャラ小説より面白かった。
HELLSING作者はウォルターはせつらが元ネタって公言してたんだっけ。

>>782
見た事ないけどそれは見てみたいw

787 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/01(木) 23:48:24.21
妖神グルメは後世に残すべきだと思う

788 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 03:20:50.82
菊地自身が影響を受けたのは山田風太郎と永井豪(石川賢っぽさも有る)か
この人たちの作品も若い奴ら読んでるのかなー 映画とかアニメでは近年も出てるけど

菊地は海外SFやホラーの影響も色濃いかな

789 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 16:02:56.64
>>788
山田風太郎は実に良い(エロい)コミカライズがあるし
石川賢オマージュのアニメもあるし、
そういう二次作品なら若い人にも身近だろうけど
原本はなあ

790 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/02(金) 16:21:56.22
山風はサラリーマンに人気出たはず
講談社か忍法帳シリーズの売上が漫画化してから大きく伸びた
ただ、忍法帳以外は読まれてないだろなー

791 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 22:25:29.62
友達が「銀英伝みたいだよ」なんていうから
電撃の「ウェスタディアの双星」っての読んでみたけど、まあひどかった。
どこが銀英伝じゃ!読んだ人いる?

スペオペの大作ってなんかないかなあ。

792 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 22:41:54.85
挙げても貶されそうなので、教えない。

793 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 22:49:02.74
>>792
読む前から貶したりしないよ。教えてよください。


794 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/07(水) 23:44:16.72
マルペとか・・・

795 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 06:50:27.22
>>791
漫画ならスペースオペラ有るんだけどな

796 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 07:43:44.50
電撃だとどうしても傾向が縛られるからな
つか銀英伝を比較に出すと作品がかなり絞られる気がする
どの要素を持ち出してそれっぽいと言うにしても

797 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 08:51:13.55
>>791
銀河乞食軍団

798 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 10:37:01.09
>>797
いや、話は面白いとは思うけど銀英伝を期待してる人に薦めるものじゃないだろう。
個人的な評価として、前向きでハンサムなパタリロ(と愉快な仲間たち)の話だと思ってるから。

799 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 11:10:30.91
>>798
銀英伝にこだわるわけじゃないけどね。ハードルが高いのは確かだし。

ウェスタディアは5冊くらい読んで
毎回、おいおい兵隊や国民はどんだけ単純なんだよ・・・っていう
ご都合主義展開ばかりだったので、
それなりにしっかりした宇宙ものはないのかなあ、と。

800 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 12:47:13.78
>>799
このスレ、ライトノベル限定だからなぁ。
世界観が、って限定なら星界の紋章?
ぬる過ぎるかもしれないが。

いっそいわゆるSFの名作にどっぷり浸かってからどこが合う合わないを考えたほうがいいんじゃないかと。
古典になるがハインラインの未来史(短編集だけど)あたりならライトノベル感覚で読み始めても大丈夫だとは思う。
女性ならマキャフリーの歌う船から薦めてみるかも。

801 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 13:07:36.64
歌う船で思い出したけど
シェルブリットってラノベが面白い、少なくとも自分は気に入った
2巻までしか出てないけど
最近、ニュータイプでは「この企画はまだ終わってはいない」と諦めの悪い記述が有ったので
もしかしたらいつか続刊が出るかもね

幾原邦彦が文章で永野護が作中のイラストやデザインを担当してる

802 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/08(木) 19:44:25.92
>>800
いろいろありがとう。もちろんラノベの話でいいんだけどね。
昔は「宇宙一の無責任男」とか「宇宙戦艦ヤマモトヨーコ」とか読んでて
10年ぶりくらいにラノベに戻ってきたので、
その空白期になんか名作は出てなかったのかなあと思ったので。
星界はリアルタイムで読んでた。

803 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 08:25:15.40
>>801
たぶん続刊が出のは、火浦の完全新作が出るのと同じ確率・・・

804 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 08:50:59.21
>>802
林譲治や笹本祐一なら今でも書いているような

805 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 09:03:03.76
銀英伝限定でなくていいなら、
むしろ日本アニメとかMANGAの影響受けた海外作家の方がスペオペには向いてそうな。
ここ十年くらいでスペオペラノベの傑作って思い付かない……。
小川一水とか読んだ方が喜べそうな気がw

806 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 10:29:23.33
>>804
笹本祐一ならARIEL以外は読んでいるはずだが、お薦めはしなかった。
今のミニスカ海賊は面白いとは思うんだけど、どこをメインにしたいのかよく分からないので。
スペオペとは真逆でキャラ萌えしたいのならいいと思うけど。
主人公が真の海賊に目覚めるか、お姫様がLv99の遊び人になったら(ライトノベル的に)傑作になると思うので、その時またw

807 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 15:19:38.96
富野おじいちゃんはやくGレコ?とかって企画を始動させてよ
古希を超えちゃったんだしお迎えが来る前にさー

808 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 20:05:01.63
>>805
>むしろ日本アニメとかMANGAの影響受けた海外作家の方がスペオペには向いてそうな。

そういう人はアメコミの作家の方を目指すと思う
ま、そういう趣味で有力なライターやアーティストを思い出せないけどねー

809 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 20:21:39.61
>>808
スプアーのスペオペ(と言っていいか)が丁度そんな感じだったんだよw
まあ、他で有力なそれっぽいのが訳されてるかというと思い浮かばないけど。
向こうだとゲーム的ならFPSの影響受けてそうな作品とか多そうなんだけどな。
アメコミだとむしろあっちの形式が定まってて影響受け辛い面もありそうだな。
以前なら影響公言してるアメコミ作家とかもいた気がするけど。

810 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 20:23:22.17
>>804
笹本氏の今の作品を「名作」と表現することは
とうてい無理

811 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 20:24:19.91
IDないが連続ですまん

>>806
結局ARIELが最高傑作なのに、最高傑作を読んでないって・・・


812 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 20:42:02.39
「宇宙が舞台 ライトノベル」みたいな言葉で
検索をかけてみたら
それならにタイトルは引っかかるね

813 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/09(金) 22:05:19.99
>>811
ここで語ることじゃないんだけどさ。
以前10巻くらい出ていたときに読むかどうか迷ってさ。
とりあえず1巻だけお試しで読んでさ。
「後9巻一気に買うくらい面白いか」って自分に問いかけたわけだ。
で、現在に至る。

まさかあんな長期シリーズになるとはw

814 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 19:01:39.52
早川以外のラノベレーベルでスペオペとかの宇宙モノ(未来世界で主人公が宇宙船に乗ってどうにかするタイプの話)は鬼門くさい。
一部の例外を除いて、売上伸びずに次が出ずに作者の次回作はハーレム能力バトルになるパターンが多い気がする。

815 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 21:03:32.44
>>814
きっと編集側の考えることがワンパターンなんじゃね?
ジャンプで行き詰まるとバトル漫画化するみたいに、
安易に前例に飛びついて劣化コピーを繰り返しちゃう。

816 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/12(月) 23:19:38.73
野崎透にはもっとアニメやライトノベルを書いて欲しかったんだがな

817 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/15(木) 22:27:58.13
荻野目悠樹あたりはどうかね。入手しにくい?かもしれんけど、
一応銀英伝の直系的な雰囲気はあるんじゃないか?

818 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/16(金) 21:18:43.83
ttp://mystery-i.youblog.jp/archives/4964177.html

819 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/17(土) 19:13:09.48
>>801
今月中に復刊されんのねシェルブリット

俺があれを面白く読めたのは「普通のロボットアニメ」っぽかった所なんだよね
幾原のアニメ特有の臭さが無かった 謀略はあるけど
テロリズムやセックスは殆ど無かったから読み易い

820 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 10:38:38.43
シェルブリットって幾原邦彦だったのか。タイトルと序盤のあらすじくらい
しか覚えていないけど

821 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 12:41:34.15
雨の日のアイリスがすごくよかった。ちゃんと読んでいなかったせいなのか、なぜ一人称が僕なのかよくわからなかったが。

822 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 21:37:47.25
シェルブリットって
抹殺の、とか
衝撃の、とか
撃滅の、とか
頭に付かないの?

823 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/19(月) 23:12:53.49
>>822
それよりちょっとだけ前に出版されてるよ

824 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/24(土) 06:17:46.44
ベストセラーBOOK TV BSイレブンにて2011年12月23日放送 第132回

その中での年間ライトノベルランキングTOP10での結果です 部数は発表されていません
※調査期間:2010年11月22日〜2011年11月20日 ORICON BiZ online調べ

1.涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版
2.バカとテストと召還獣9
3.新約 とある魔術の禁書目録2
4.僕は友達が少ない5
5.新約 とある魔術の禁書目録
6.俺の妹がこんなに可愛いわけがない8
7.俺の妹がこんなに可愛いわけがない9
8.僕は友達が少ない6
9.バカとテストと召還獣9.5
10.IS<インフィニット・ストラトス>7

このランキングが紹介されてから
コメンテーターである山田真哉氏が
一押しのラノベとしてはがないについて特に取り上げたのです
夜空と星奈、そして隣人部の活動についての紹介が殆どでした
他のキャラクターについてはあまり言及されておりませんでしたし
恋愛劇としてはあまり認識されていないように感じましたね

これらの映像のキャプチャーについては>>230を参照のほどを

番組の終了間際の総評の際に
司会者の古瀬絵理女史が「ラノベを集中して読んでみようかな
何か分かんな過ぎて分かんな過ぎてこれは読むしか無いなと思いました」
と笑い交じりに述べておられた事も付け加える必要が有るでしょう

825 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/24(土) 06:18:55.55
対応する画像
http://2ch.at/s/20mai00494640.jpg
http://2ch.at/s/20mai00494641.jpg
http://2ch.at/s/20mai00494642.jpg
http://2ch.at/s/20mai00494643.jpg
http://2ch.at/s/20mai00494644.jpg
http://2ch.at/s/20mai00494645.jpg

826 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/24(土) 08:32:23.46
はがないとか特にそうだが、この手のはネタの過剰供給でしか成り立たん面もあるからな
ジャンル的に井蛙なのは前からだし、こういう取り上げ方で見えるもんとかあるのか
ちょっと前に新聞で残念系について触れてたりもしたけど、消費されるためのネタとして流されてるだけっぽいんだよなあ
空気系のやってるスタンスがそんなだから仕方ないと言えば仕方ないが

827 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/24(土) 09:07:03.31
西尾維新を掛け合い要素だけにした作品って印象だった。>はがない
空気系の意識を考えると、物語を意識して書くかどうかの差も大きいのかな。

SFとしては、キャラ物の方向性で作者が満足しながら書けて、
尚かつ市場に適応してるかどうかがハルヒみたいに売り上げに繋がる要素なのかな。
ラノベ市場のパイがどうしてもキャラ重視だから、物語&ガジェット寄りだと受け入れられ辛いような。
空気系、かつSFだとジャンルの相性でつまらん事になりそうだしなぁ……。
禁書はともかく、円環が売れてたならいいサンプルだと思った。他、ISとか読んでないけどあれはSF要素あるんだろうか。

828 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/24(土) 13:36:53.68
バランス次第じゃない。
ハルヒだって、突き詰めりゃ絶望系とそう違うものじゃないし。

バックグラウンドとしての物語、設定、ガジェットが同じでも、
ラノベ的に書く(落としこむ)か、SF的に書くか、と。

829 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/24(土) 22:24:56.58
西尾維新?

830 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/24(土) 22:31:09.76
>>828
もっと単純に、作者が作品を納得して書いてるかどうか、の方かな。気になったのは。
設定と「落とし方」は分けられないから、多く読まれようとするなら、
SFとしての落とし方をどこまで妥協していけるか、と。
世界を技術から書こうとしようとしても、あまりラノベ寄りになると難しいような。
SF書こうとする作家は単なる未来設定モノで満足しそうにないし。
だから、ガチのハードSFでもキャラが魅力的なら売れるジャンルなら明るいなーと思ったりする。
ハルヒのディストピア読み…どちらかというと思い出すのはヒッチハイクガイドだけどw

>>829
戯言シリーズじゃなくて化物語シリーズの。
俺ははがない流し読みもいいとこだったから、いい加減な感想かも。

831 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/25(日) 16:16:01.12
>>827
ISはパワードスーツの一種だから少なくとも広義のSFには入ると思うけど、
それについて科学的解説がなされてないからSFではないという意見もあり。

832 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/26(月) 03:10:16.16
そーいや西尾のJOJO買ってきたけどまだ封すら開けてない

上遠野の奴はまあまあだった
っていうかノベライズはどれも「まあまあ」くらいにしか感じないけど

833 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/26(月) 08:44:02.63
ジョジョ限定の話?

そうでないなら、最近だとアバタールチューナーがなかなか凄かった。

834 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/26(月) 18:19:54.89
>>831
SFを主張するなら全裸で因果地平まで飛ぶようなサービスシーンは不可欠だろう。


835 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/26(月) 19:05:25.94
ブレンパワードも富野がノベライズしたなら
面白くなっただろうか

836 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/26(月) 23:18:33.99
アバタールチューナーは元原作だから、ある意味ゲームよりストーリーが見えてるな。
ノベライズは二次創作としての読みを織り込んで書くしかないから、手綱をどう取るかになるか。
西尾もホリックとかデスノはちょっと。
ジョジョは清涼院原作を自分の作品化した舞城が残ってるからどうなるか。

>>831
ありがとう、パワードスーツ物だったんだな。キャラばかり宣伝されてて詳細知らなかった。
ちょっとくらい調べろって話なんだろうけどw

837 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/27(火) 03:10:05.91
ISに関しては、アニメ見たら「こらSFじゃねえな……」とすぐに分かるよ
面白そうな設定は有っても、深く描き込もうとかはしてないんだよな
つか、SF者以外には面白そうとすら感じない部分なのかも知れないが

838 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/27(火) 09:50:35.14
特殊なシチュエーションを作るためにSFな設定を作って
そのあと設定を発展させずに、シチュ側だけ力入れた感じだな


839 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/27(火) 21:15:49.81
あれで作者は設定厨を自認してるんだから恐ろしい


840 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/27(火) 21:33:51.36
いわゆる個々のパーツの設定にはすごく凝ってても、それを成立させる
世界の成り立ちについては無頓着な場合がほとんどというか。

最初はキャラや会話の魅力でおもしろく読むんだけど、いろいろと話中の
謎や設定が明らかになるにつれて、登場人物の感覚や行動とのギャップで
ついていけなくなる、ってパターンが多い。

841 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/27(火) 22:38:18.69
ニニンがシノブ伝のサスケの語る妄想話みたいなアニメ見るヒマがあったらニニンがシノブ伝を見るべき。

842 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/28(水) 02:02:31.89
>IS
なるほどなぁ。つか、原作読むよりはアニメのがマシと聞いたりしたw
アニメはいっそ割り切ってシチュ描写重視になってるのかな。

なんか、別にSFだから設定を語りまくれ、というのでなく、拘ってるのが見えるかどうか、はあるな。
それこそバランスなんだろうけど。
物語の表面的には軽く進行してても、それが見える作品は面白い。
世界の成り立ちをさらっと読者に浸透させるのは相当な技術が必要だろうけど。

843 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/28(水) 02:08:59.57
>>839
設定厨と言っても良いのは、川上くらいじゃないかなぁ・・・
BDの特典で見た、作者本人が作った設定書の極一部だけでも、かなりの量があったな
アニメ用に設定し直さずに、そのまま使えるという代物らしい
ゲーム会社で、企画制作やってるから、あれくらい普通だと思うけど、・・・思って良いんだよな?

844 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/28(水) 02:12:01.20
あれが普通は嫌だな…w

845 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/28(水) 03:09:39.35
川上はさすがに特殊例だろう。

……つっても短編一冊書くために艦隊編成とかまで設定した(らしい)
長谷みたいなのもいるからなあ。
円環少女の設定は一巻時点でほとんどできてたとか地味にとんでもない。

846 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/28(水) 14:04:33.33
まあ、設定もやりすぎると「だからどうした」って感じになって難しい。
伏線を回収することだけに夢中になってる話と同じような感じを覚える。

まあ、SFプロパー系でもその辺きっちりかけてる人はそれほど多くない
しなあ。(プロパー自体あまりいないか、、、)

847 :名無しは無慈悲な夜の女王:2011/12/30(金) 21:58:57.82
>>842
アニメ版は主人公の思考の描写とか全部スッ飛ばしてて、ちょっとアレではあるんだが
今となってはそんなものどうでもよかったな

アニメ化としてはあれでいいと思う。
最終回の夜空〜夜明けが異常に綺麗だったし、アレみられただけで満足だわ

848 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/02(月) 07:58:10.60
西尾維新のOVER HEAVEN
DIOの黒歴史ノートだった

面白さや独自のアイデアという点ではあまり見るべき所は無いが
DIOが出会った数少ない女性たちへの恋歌である、と読む事も出来る
ホリィに対してまでも執着を見せている
エリナ以上にエンヤ婆を記述した箇所がかなり目立ち
これはDIO、というか作者の西尾が好きなキャラクターなんだなと分かった
でもスージーQはジョースター家の血脈じゃないからか全く言及してないのが残念だ

こうやって書き出すとこの本を意外に気に入っていると自分で分かった
上遠野のノベライズはJOJOを再現しようと苦心したであろう事が丸分かりだったが
こちらは一部と三部と六部の間隙を埋めて
納得のいく理屈を付ける事に苦心したのだろうなという作風で
たからかより好ましく感じたのかな?

しかしDIOの語彙は口語訳に過ぎる
「空気を読まない」なんて昔の人間は使わんだろ

849 :848:2012/01/02(月) 08:01:49.38
つうかこれじゃ感想スレみたいじゃねえか

舞城王太郎のも出たら改めて三人まとめて直して書き込むわ

850 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/03(火) 19:03:34.01
ジョジョ六部の「時間が加速していき世界は一巡し人々はあらかじめ人生を経験する」という結末に
ハードSF作家が上手く理屈を付けて欲しい

後、六部のラストバトルは『ジャッカルの日』のジャッカルの殺され方並みに脱力ものなので
ガチガチに描き直して欲しい

851 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/03(火) 19:58:47.07
むしろ筒井がやれ。セルフパロディのノリで

852 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/03(火) 21:00:04.78
>>850
タイムリープやらループものって結構よくあるよね

853 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 00:34:28.61
ビッグバン宇宙はやがて熱的平衡状態になるか、ひとつのブラックホールになってビッグバンからやり直すって、
仮説を取り入れたSF読んだことがあるような気がする。藤子Fだったかな。
そんな珍しいアイディアではないな。
実際の宇宙は加速膨張しているから、以前より書きにくくはなったが

854 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 01:47:38.73
>>850
ミライザー・バン /松本零士  も似たような世界設定だったな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミライザーバン

855 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 05:57:58.89
>>845
それにしては円姦少女の設定は矛盾だらけじゃねw


856 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 17:38:10.80
259 名前:なまえないよぉ〜[] 投稿日:2011/10/26(水) 01:12:18.59 ID:dSt6oNg/
小説のパクリと聞くと平野啓一郎を思い出す。確か京大卒で西尾は同志社だよね。
同じ京都の大学で年齢も近いのか。平野も8年経ってから2chで追求されたんだよ。
大江健三郎曰く、
「君は色々な作家の作風をそのつどうまくトレースするのが巧いね」
これ、まんま西尾のことだよなー。

857 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 17:38:46.53
・鮎川が麦稈帽子を飛ばす→恭介キャッチでエンカウンター
・戦場ヶ原が落ちてくる→阿良々木キャッチでエンカウンター

・孤高の鮎川=孤独な戦場ヶ原
・昔は快活な鮎川=昔は活発な戦場ヶ原
・文武両道で音楽が得意=文武両道で絵が得意
・ロングストレートの美少女=ロングストレートだった美少女
・元祖ツンデレ=毒舌ツンデレ
・ピックの鮎川=文房具の戦場ヶ原

・鮎川とひかる=ヴァルハラコンビ
・ひかる=神原=ショートカットの痛い子

・共に主人公が能力者

・共に長女ポニーテールと次女セミロングの妹

・ミニ=ニュービートル

858 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 17:40:00.77
338 名前:なまえないよぉ〜[sage] 投稿日:2011/09/27(火) 23:56:05.25 ID:ug1Tz1y+
今更パクリなんて変だが今日その話が出たので報告。期限付がしたってndaはなかったと。
実際08年かな、盗作が問題にはなった。権利者が睨んだのは黒の契約者とtrue tearsに化物語だったはず。
特に下二つは協賛もなく製作は丸儲け。AとLだから以降しませんで済んだけど。K社はリーマンで溶かしたしね。
本日の議題は逆にC数の急落。

859 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 17:40:13.77
252 :なまえないよぉ〜:2011/10/25(火) 06:22:42.39 ID:P9+Nkcw0
F1みるのにe2fujiはいってて
きまぐれオレンジロードみてる。
最初は普通にみてたんだが、
指摘されれば雰囲気は確かに
似てるなあと思った。
アムロのツイートと
アララギさんの独り語りとか。
25年前のオサレアニメを
現代版にしたら化になった、
みたいな。
ガハラさんが教室で佇むポーズと
まどかさんのポーズが一緒なのは
ワロタ。

860 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 17:40:55.83
マブラヴオルタのコミック巻末に、進撃の巨人の作者が
「パクってすみませんでした!」って書いててワロタ。
そもそも進撃の巨人は中身がないからパクリにすらなっていないと思うけど、
それでも元ネタへの愛情が伝わる気持ちのいい土下座っぷりだったよ。

最近パクリだって騒がれているのは、こっそりやるから汚いよね。
で指摘されると開き直るw
作者もファンも朝鮮人だよなw

861 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 17:41:16.84
数年前やってたtrue tears ってアニメが
東京ラブストーリーもろパクリだったじゃん。

リカもどきと結末まで一緒だぜw
あれでパクってねーとは言わせねー。
ただヒロイン寝取られはヲタ受け悪いから
幼なじみは二人に分けてたなw

新房って監督がパクリばっかで有名なんだそーだけど、
化物語とか元ネタ20年以上前だぜ?
誰も見てねーっての。
パクリと知らず今期最高!とか叫んでるヲタマジ哀れ。

862 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 17:42:12.83
600 :なまえないよぉ〜:2011/10/23(日) 01:20:26.01 ID:juON94kA
>>345
映画鑑賞を教養と呼べるかは別として、、、
最近のヒット作は同じ業界からパクってくる。

エヴァもパクリだって話になるが、少なくとも
根幹は同業者からじゃあない。
パクリ天国のテレビドラマにしたって
釜の飯は犯さないよ。

まどかに対するぼくらの。、化物語と、
新房監督作で連続している引用(パクリ)
をどう説明するかだな。
然るべき所は診ているよ。

863 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 19:03:06.29
自覚的引用をどのジャンルでどう許容するかだけの話にはなってる
オタ文脈の共用なんかもそうだけど
つかぶっちゃけ一連のこと気にしてる奴の方が少ないよ
面白ければそれでいいって話で
SF→SFの引用でも許容できる文脈とそうでないのがあるが、その差と似てるっちゃ似てる

あと多分スレ違い

864 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 19:30:44.51
わざわざマルチにレスせんでも…
抜粋でパクリ判断とか無茶な面もあるしな。
まあラノベ業界として見た場合、芸風の縮小再生産になってる西尾以降のが問題だと思うがw

>>847
未見作品ちまちま試してるからまだ掛かりそうだが、その「最後のシーン」だけ見たくなってきたw
アニメだと映像で伝えられるインパクトの取捨選択が重要だから、
いっそ大胆に原作の流れを端折った方がいい場合もあるからなあ。

865 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 20:47:41.06
黒髪ロングのヒロインってラノベでも漫画でも
何か似たような感じの娘が多いんだが
もしかしてそういう娘たちの源流にあたるのか?

866 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/04(水) 23:13:53.40
)源流
竹取か落窪だろ

867 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 00:02:41.08
>>856
西尾は元々編集者が徹底的に鍛え上げたサイボーグだからな
納得といえる

868 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 00:30:18.18
意図的に西尾を鍛えられるならあの箱の凋落振りは・・・。
>>855
そんな矛盾多かったっけ
設定多すぎて逐一チェックしてなかったが気にせず読めた

869 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 00:33:58.96
>>868
言い捨てで、碌に分かってないで言ってるにいっぴょ

870 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 01:38:46.67
>円環
読まずに突っ込むならきつい作品だな。
あれだけ長いと作者本人も忘れてたネタ、とかはありそうだが。
矛盾は気にならなかったな。

871 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 10:23:30.90
>>868
鳥山明もマシリトに鍛えられたろw

872 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 11:52:12.68
http://www.enterbrain.co.jp/cp/fbcd/
これらはパッと見ただけで
ああ既存の売れたタイトルのヒロイン達の影響下にあるのねと丸分かりだな
むしろ意識的にパロディやってるのかな?

873 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 12:58:14.66
昔はSFばかり読んでたが、今はラノベばかり読んでる。いつからSFがつまらなくなったんだろう? それでもSFぽいラノベの方が好きだが。
最近読んだSFでもラノベでもない小説は「サンシャイン&バンパイア」だが、ラノベばかり読んでたため何だか読みにくかった。充分面白かったが。
「紫色のクオリア」は面白いと思ったけど、『「人間がロボットに見える」が実は真実だ!』という方に追求してくれないとSFとして不満だな。
谷川流の「学校を出よう」は充分SFだと思ったし、作者はかなりのSF好きだと思った。
笹本祐一の「ARIEL」は全部持ってるが、スペースオペラのパロディみたいだからラノベSFなんだよな? 宇宙人の侵略に経済原理を持ち込んだのはSFだと思ったが。
「ウィザーズ・ブレイン」は魔法の原理が面白かった。「ブラッド・ミュージック」と同じネタのはずだが使い方が違うと別物だね。

874 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 13:30:13.99
「化物語は俺が書いて西尾がパクった」つってた電波が芸風変えただけに見える

875 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 21:39:06.35
犬とハサミはちょっと読んだが既視感強すぎってのは感じた。
西尾の影響以外はそんなに元ネタ判らなかったけど。ガハラさん以外のヒロインだと誰だろ。

>>871
前にインタビューで、編集にネギまを漫画喫茶で読破してこいって言われたっての思い出したw
戯言シリーズが完結する前あたりだから、方向性が定まり始めてた頃かな。
キャラの扱い方なんかは教えられてるかもしれないが、センスもあるんじゃねーかなとは思う。
電撃でもキャラ人気に引きずり回されっぱなしの作品とか多いように見えるし。

>>873
あれだとブラッドミュージック意識する読者も少なそうだな。
最近は物語の比重が強くてSFアイディアを使ったラノベって感が前より強くなったような。

876 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/05(木) 22:04:53.97
日日日なんかもパクりの集合体

877 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/06(金) 00:11:48.20
日日日はフランケンネタがSFやろうとして失敗してた感が
まぁ生命の意義ネタで古いっちゃ古いだけなんだが
要素の掻き集めではあっても作者の主張が優先される作風だから
最近はラノベ受けが微妙だな

878 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/06(金) 07:02:58.08
>>874
素人や登校作のパクリとか色々あるんだけどね
当たり前だけどw
商業作品でパクリあいなんだしな

879 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/06(金) 09:08:35.37
>>878
化物語まず読んでみろ
西尾本人が言ってる通り、京極夏彦の影響受けてるのがわかるから

880 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/06(金) 10:36:31.36
「プロ作家が投稿者の作品パクった」ってそんなワナビの言い訳テンプレな…
どっちかといえば電波テンプレな気もするが
そんだけ書ける素人いるなら拾い上げるだろ
ネタ渡したとして作家が巧く料理できるかどうか判断するって相当骨だ

京極の影響は戯言時代から文章面で本人言ってたが、化物語でも言ってたか
憑き物落としは力任せもいいとこだがw

881 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/06(金) 10:47:13.86
化物語に限定して言ってたわけじゃないが
日常会話に後に登場する妖怪のキーワードを混ぜていって
後半の蘊蓄に下地をつくる手法が似てる

オリジナルの妖怪だから京極より難易度は下がるが
パクってどうにかできる部分じゃないよな

882 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/06(金) 10:56:12.69
最近はインタビューとか碌に見てなかったが、なるほど
そういうのなら題材に絡めて登場人物に葛藤を飲み込ませる所なんか似てるな
京極夏彦の完全トレースは、下地が相当な量で必要になるからまあ無理だが
パクってどうにかできるなら読者的にはそれでもいいってレベルでもある
あのテンポを西尾以外がやれたとは思えん
西尾フォロワーの会話劇なんかも会話の為の会話でグダグダすぎる

てかこれ西尾維新は複数作家のペンネームとかってネタにも似てるな
本当に「作家」は存在するのか、とかにしたらSFネタにも持ってけそうだ
投稿作パクリなんか横行したら新人出す意味がなくなるか代理人でよくなるw

883 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/06(金) 20:33:58.64
単に西尾はメヒ賞系ってだけだろ
浦賀佐藤西尾ラインみたいな

884 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/06(金) 20:44:42.64
メフィ系にしても西尾は京極森清涼院ラインじゃないか?
浦賀もまぁありそうだが、浦賀は西尾のこと皮肉ってたな
佐藤はモロに同じ時期に出てきて別方向行ってるし

885 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/06(金) 21:02:35.99
ところでスレタイのSFって何なの?
何をSFって言ってんの?


886 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/07(土) 07:08:44.29
Science Fiction

887 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/07(土) 19:02:26.54
サーティースファークショ〜ン♪

888 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/07(土) 20:16:37.54
>>886
西尾とやら個人の何がサイエンスフィクションなの?

>>887
スラングル!

889 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/07(土) 20:24:59.15
話題の流れじゃね
流行りのラノベとの対比要素
そのツッコミ自体は余計に話題ずらすわけだが

890 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/07(土) 20:32:05.25
京極のルーガルーはライトSFでいいのか

891 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/07(土) 20:43:38.06
魍魎の匣はSF

892 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/07(土) 20:47:27.75
西尾は改変ものが少し目立つか
メタ要素からすると、そうなるのも分かるといえば分かるが

893 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/07(土) 22:20:25.89
>>891
脳科学ネタの扱いは瀬名より面白かった。考察だけ追ってくと雑学SFネタ読みもできるな。
キャラ小説としても面白いけど、出してくる話が自然にラストで飲み込めるバランスがいい。

>>892
戯言の変態世界もパラレルワールドになりそうだなw
改変歴史だとりすかで、物語は平行世界ネタをゲーム的なフラグ解釈で書いてたか。
考察はないも同然だが、あれは読者が自然に平行世界ネタに馴染んでるの見越してるからかね。
ジャンルSF外で代替の効かない個人をライトに書こうとするにはあれでいいのかもしらん。
紫色のクオリアも個人と個人の関係に収束させてたし。

894 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/08(日) 02:45:31.58
>>890
アニメの方がよりSF寄りになってたんで自分はアニメの方が好きだわ、ルーガルー

ミニスカ宇宙海賊のアニメ観ました 1話目なんで途中も途中ですが
スカートひらひらさせるならパンツ見せろや!と思ってしまった俺はSF読み失格
まあ、チラリと見えてたけどね!

895 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/08(日) 03:13:50.45
×ミニスカ
○モーレツ(笑)

896 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/08(日) 03:37:41.30
西尾は最初からキャラというか会話が全てで、物語自体はどうでもいい感じ
だったような。最初のミステリ作品も内容はほぼゼロだったし。
多分、ストーリーに関しては才能ないというかあまり力点おいてないんだろう。

西尾に限らず最近はフィルター通さずにそのまま作品に出しちゃう、ってのが
一般的になってる気はする。

まあでもラノベに対する影響はバカでかいよなあ。
ある意味、SF的なもの(というかストーリーで読ませる話)が追いやられた
要因のひとつなのかも。

897 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/08(日) 06:05:52.26
最初は新本格へのアンチテーゼと読むには…あの頃はそう考えてないか多分。
ミステリに愛着はあるけど拘らないスタイルだったし。
物語面はキャラとか設定はペラペラだけど、それを言葉遊びの力でゴリ押し、のような。
場の空気や状態を演出する為だけにキャラが存在するというか、語る内容の為の道具っつか。
ぶっ飛んだ設定とかは『最初からリアリティは求めてませんよ』って事だろうし。
清涼院もそうだったけど、西尾がそれをキャラが戯れてれば満足、にまで推し進めたと思う。

メタな立場とネタを前提化した内容の影響は甚大だと思う。悪い意味でも。
西尾本人は自覚的なんだろうが、後続は掛け合いの楽しさだけ、の方が多いからなあ。
構成や話の運動で読ませる物語的なものが減ってきた理由の発端ではありそう。
SFの場合、それに加えて世界そのものが語る面白さの方が大きいからなあ。

898 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/08(日) 08:33:02.46
チャールズ・ストロスはラノベ読む感覚で読めたな
残虐行為記録保管所とアッチェレランドが特に面白かった

899 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/08(日) 09:53:55.69
「女の子一人救えなくて何が科学だ!文明だ!」みたいな台詞はすごい説得力あるけど、
「俺一人救えなくて何が科学だ!文明だ!」って言い出したらクズ感しかないから、
何かを主張したければなるだけ小さな女の子をダシにしたほうが良い

900 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/08(日) 11:03:16.44
昔の海外医療ドラマ見てれば10話に一回は
「子供一人救えなくて何が医学だ!」とか言ってるわー

901 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/08(日) 14:53:18.57
ストロス好きだなあ。もっと表に出てくれんもんかなあれ。
マニアックながらネタはかなり日本向けだと思うんだが。

>一人救えなくて
口当たりの良さではパターンになってるなw

902 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/10(火) 22:23:32.52
ベンケーシーか

903 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/11(水) 07:51:24.29
>>899
>「俺一人救えなくて何が科学だ!文明だ!」

最高にカッコいいな

904 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/11(水) 10:56:09.78
俺一人救えなくて何が科学だ!文明だ!

ってこの言葉を叫んだのが落ちこぼれの職無し男だったらまさにSF。


905 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/11(水) 19:14:05.96
>>904
もう長谷敏司作品の登場人物のセリフにしか見えない。

906 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/11(水) 20:32:17.08
>>904
全然SFじゃないな・・・今のお笑い番組に出てくるコントレベルかな
SFじゃないね

で、書き込み時間を見るとwww  まさかねwww

907 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/12(木) 21:39:52.91
長谷る 長谷る 長谷る 長谷る

908 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 04:16:52.68
輪廻のラグランジェが面白過ぎるのでノベライズも読もうかと思ったが
書いてる人はガチガチの萌えラノベ専門作家みたいだな

909 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/23(月) 16:24:18.36
MF文庫Jはレーベルを挙げて萌えラノベに特化する事で
業界第2位にまで成長を遂げてきたからな

910 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 14:17:01.60
二位って角川だとばかり

911 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 17:35:03.15
角川はどうやったって1位だよ

912 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 18:16:08.12
電撃も富士見もエンターブレインもファミ通も角川だしな

913 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 18:57:16.91
そういえばラノベ板のファミ通文庫のスレをザッと閲覧してみたら中々面白かった
「西尾維新スタイルの小説を増やす事で生き残りを図っているのだ バカテスは単なる例外」というのが大体の論旨だった

914 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 19:37:09.05
むしろ>>910は、どこが一位だと思ってたのか知りたい


915 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 22:23:23.47
MFも角川だぞw

916 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/24(火) 23:35:50.79
ラノベ内って括りなら、俺は角川=角川スニーカーだと思ってたw
角川内だと今は電撃が一位になるんだろうけど。

>>913
前に見たことあるけどそんな感じだよな。ネルリと召喚獣だけ特別みたいなw
実際少しだけ読んだ範囲だと、犬とハサミは西尾だがBADは奈須って雰囲気だった。
BADの一巻はモロ。
SF的にはふわふわの泉が出ただけでも貴重なレーベルではあるんだろうが。

917 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 10:05:26.92
エンターブレインとファミ通って別レーベル?

918 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 11:11:59.17
グループ名:角川
会社名:エンターブレイン
レーベル名:ファミ通

919 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 22:24:58.51
徳島
SF板にあらわる

920 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/25(水) 22:39:28.72
徳島?

921 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 09:19:51.25
ちょっと前の西尾アンチなら、別のだろ
西尾スレにたまに沸いてた「化物語をパクられた」さんだろ
ニュー速に自分で書いたレスにリンク貼って
これがソースだと言い張る電波

徳島は作家スレで「こいつは西尾のパクリ」と言ってまわる西尾アンチ

922 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 10:16:17.10
昔は平野啓一郎氏に佐藤アキがいいがかりをつけた件でネットを荒らしたキチガイとか、
最近だと伊藤計劃氏の作品中にハルヒの台詞を意識した一文があったからって
パクリパクリと騒いでるキチガイとか、その手のキチガイはまとめて桜島あたりに
捨てたい程いるぞ。

923 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 11:04:26.99
ソースまで用意って気合い入ってるな。

後者の「西尾のパクリ」は>>916のレスもそう見えた部分があるかもしれないから言い訳したいんだが、
化物語の西尾に似ているのは、あの掛け合いスタイルが流行にすらなってて、
それが魅力的なのか意識せざるを得ないのか、一部ラノベのフレームになってるという
逃れにくい要素があるとは思う。
どこのレーベルか忘れたけど、投稿者に掛け合い要素求むとかやってたらしいし。
だから、その要素が強すぎると悪目立ちするってのはあるんだろうなと。
作者の背景もセンスも違う以上、文章一つでも単純に「文体をパクる」とか無理だしな。
奈須を引き合いに出したのは、ジャンルと構成が似すぎてたからだった。

924 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 11:32:58.07
>>923
大丈夫
常駐スレに徳島が沸いた事があるが
基本2行、長くて3行程度の文章しか書いてなかった
そもそも元の小説読んでないからな
内容に言及してる時点で徳島じゃないのはわかる

925 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 12:03:29.86
>>924
あ、そういうのなのか。
気を遣わせて申し訳ない。

パクリがどうのだと、>>922で出てたハルヒ粘着(あれはどう見てもパロディ)とか
諸作家のクラークオマージュとかそういうのと「パクリ」は別物ではあると思う。
(伊藤計劃に粘着してるのは都合のいい発言だけ思考停止に連呼してて意図的じゃないかと思ったが)
ラノベだと去年だったか、既存作家の継ぎ接ぎ作品を電撃が出して問題になったが、
あそこまで行くと「パクリの基準とは何か」になってきそうな勢いだった。
端的には一から自分で物語を作れて(影響を受けてても)、細かな描写にまで気を配れて、
先行作品の構成とは別物になっていればいいんじゃないか、と。
ミステリでもSFでもガジェット借りてる作品とか幾つもあるし、
意識的にしろそうでないにしろ、完全に先行作家の意識から逃れるのは不可能だと思う。
あとはそこでどういう作品を書いていけるかじゃないのかなと。
ただ読者が昔よりも作品をテンプレ化して読んでるだけに、これが厳しくなってるのかもしれないが。
そういうので安直に既存の作品を繰り返してるだけだと、読み手も「パクリ」と一蹴したくなるのもあるかもと。

926 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 12:10:39.42
>>925
「ハルヒ粘着」ってこれ、判りづらいな、すまん。
ハーモニーのハルヒパロディをパクリって連呼してるのがいるってことで。

927 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 13:02:06.89
そういう、パロディとは何か、とかそういう論考に触れたことすらなく、
「パクリだ!」と喚いて正義という暴力を振り回す馬鹿を、みんながスルーすれば、
いいんだけどもねぇ。

928 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 13:28:59.96
まあパロディの定義とか考えてないのもいるかもな

伊藤計劃のパロセンスは好みだがああいうのは先行作品への敬意でいいのか
このスレで出たのだとスワロウテイルのとか

929 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/26(木) 22:26:45.12
パクリ:元ネタを知られると困る
パロディ:元ネタを知っててもらわないと困る
オマージュ:元ネタを知ってもらいたい

930 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/27(金) 01:03:06.19
School Daysのどの部分に敬意を表したんだろうか……>スワロウテイル

931 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/28(土) 02:04:41.08
>>927
不快さを煽るのだけが目的な荒らしだと、スルーしててもキリがないってのはあるのかも。
スルーしかないから、そうするのが一番なんだろうけど。

>>928
パロディなら大体そんなのでは。ガジェット借りて判りやすく敬意を示すとか、逆に皮肉を提示するとか。というか>>929だと思う。
元ネタ参照を前提としてるから、風俗とか時勢とかを理解した上で楽しめるのが多いような。
ハリポタパロディのハリウッド批判とかあったけど、ああいうのとか、ゲームだけどMGSとかいい例の宝庫だと思う。
虐殺器官はディティールがMGSでオセロットも出てて、そうした敬意も凄く判りやすかった。
スワロウは参照先のネタがマイナーな分、パロディではあっても違和感を感じたけど。
というかあれとか虐殺のフジワラ豆腐店はオマージュだと思う。

>>930
>>928のもだけど、最近は単に「○○ネタ」って感じで処理されてる事が多いような気はする。
ラノベでよくあるパターンだと漫画やアニメ、ゲームから抜粋した描写とか。
パロディだとテーマごとの単位、比較できる単位である事が多いけど、
単に別作品から得たネタをオマージュ気味に入れてみた、というような。
オマージュはオマージュで意味があった方が良いのか、って話にはなりそうだけど。

932 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 18:53:30.01
最近ガンダムのノベライズ出てる?

933 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:19:34.53
模型誌展開のティターンズものがメディアワークスから。

934 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 19:34:42.95
それ今野敏のやつ?

935 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/29(日) 20:06:43.90
違う人。あとスニーカーであげがんが出たみたい。

936 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/30(月) 22:39:25.30
ラノベSFといえば、南井大介の本は読んでる?
デビュー作のピクシーワークスはすごい神林リスペクトって感じでよかった

937 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 00:18:21.79
軍事ネタと相性がいいから小さな魔女と空飛ぶ狐から読んでた。
文章は好みな部類だしSFっぽさも出せそうだし、神林っぽいならそっちも読んでみるかな。

938 :柄にもなく長文でヘイトを吐く:2012/01/31(火) 11:24:54.90
このスレで名前を挙げられていたから、という訳でなく
ベテランによる上手い挿し絵と
題材を目当てに新品買って読んだが
金と時間を損したな

まず最初の章からして酷い
「どうよ? 俺が書くのはそこらのラノベとは違うんだぜ!」つう意識が見え見え
ふぅーん、なら少しは楽しませてくれそうじゃんか とお手並み拝見したが
都合の良い世界観に ペラペラなキャラクター 説得力の無いガジェットとただただ呆れたね
読み終えるのが苦痛だった! 挿し絵が勿体無い!

「天才がいるので超越的な兵器も開発できた」
こればっか きちんと、その世界や時代の設定に有った技術や材質を元に
どのように開発していったか、そこを綿密に描写できないんなら
背伸びしないでくれませんかね?

最悪なのは男の主人公の性格 二十歳そこそこなのに若々しくなく その癖に幼稚
単なる作者の代弁者もしくは自己投影

似たような題材と世界観なら虚淵のアイゼンフリューゲルの方が
楽しめる深夜アニメ的にまとまっててずっと良い
まどマギやFateは大嫌いなんだけどね

939 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 14:37:09.91
タイトル書かずに感想落とすようなやつに文章どうこう言われても

940 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 15:13:10.67
天才が作った時代超越の超兵器って魔女狐は上で出たばっかりだったような気がするな
飛空士でもなかろうし、なんだ一体

ただラノベ的に技術的特異点を想定しようとすると
ロストテクノロジーか外部の超越者(天才もこれと同じ)に預けた方が早いって気はするな
世界から書き込む手はあるだろうが、ラノベだとキャラ重視だから面倒なことになる

941 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 18:54:55.65
技術的特異点っつーと、長谷のBEATLESSがまさにその真っ最中だな。

人間は超AI様に枷付けておっかなびっくりその生産物を解析してる状態。

942 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 19:01:55.91
イーガンのAIモノもそんな感じだな。
主題とは違うが、そのガジェットで短編長編やり通してたことがあった。
てかBEATLESS最新まだ読んでなかった。

943 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:00:10.29
流れとして小さな魔女と空飛ぶ狐のことだと思うんだが・・・
主人公の態度はライトノベルの戦時物な作品バランスの要請じゃないかと。
むしろヒロインとの対比で出てきたか。
作品が好きかどうかはおいて、ラノベとしてはあんなもんじゃないかと思う。

しかし「ラノベだからそこまで精度を要求されない」は、
「ライトノベルだから読者に配慮する」でもあるわけだし、
力のある作者であればあるほど読者層に気を使う面もありそうだな。

944 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/01/31(火) 21:52:56.67
ラノベは基本的にご都合主義だからなあ。
理屈をこねすぎて過程を緻密にすると、むしろ編集側に
カットされちゃうんじゃね。

945 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 00:22:18.67
このスレはいつもラノベSFについて語ろうとする人の後に
ラノベの編集だとかラノベ周辺のことに語るレスで埋まるな

946 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 01:14:42.73
ラノベに限らんが、
「編集のせい」は一番簡単な思考停止ツールですから。

947 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 01:25:55.88
実際むごい編集も多いからな

948 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 02:42:33.64
>>944
『封仙娘娘追宝録』 - も富士見からと言うからにはラノベの範疇か。

しかし・・ありゃあラノベと一括りにしてしまうには"格"が違い過ぎる。
持ち込んだ先、出してくれたのが富士見』と言うだけで
私ャ 星雲賞候補にコレを入れた位。 なにより機転と発想が凄い

949 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 06:37:27.78
ラノベ周辺というのも無視できないような気はする。
編集、というか、ジャンル制約は割合に強いみたいだし。

フルメタの作者がラノベだからこそ平易に表現する難しさを話してた。
あと、こういうのはSFジャンルでも活動する新城カズマも似たような事は言ってた。
作家がジャンルで活動する上で、編集は市場に対してアプローチする窓口になってくれるから、
そうしたデータのやりとりはあるだろうけど。
プロとして活動してる以上は、作家と編集の共同作業でもあるし(中には村上春樹みたいなのもいるけど)、
意見が全く入らないって事はないと思う。

ラノベSFについて語ろうとすると、結局、「ラノベだから」って制約コミで何がいいのか、ってことになるんじゃないか。
「ラノベだから読者層に合わせる必要がある」が、「ラノベだからできる表現」も同様にある訳で。
ラノベのSFとしてよく出る紫色のクオリアは、ライトノベルだから出てきたいい例だと思う。
長谷の円環少女とか、キャラクター表現優位の内容だから出てきた作品に違いないし。
今のラノベは、経験の浅い書き手が出てくる事のできる場所でもありながら、
プロパー的な性質を持った書き手が一般エンタメで書けないことをやろうとして出てくる場所にもなってるしな。
難解さとどう付き合うかのセンスみたいなものはどんどん上がってきてるように感じる。
虚淵とかキャラ小説をやりながらかなりマニアックな内容だから、一般ではちょっと出てくるのは難しそうだ。

950 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 06:48:37.88
ラノベだから世界を詳細に書かなくていいかといえば、それはやってる世界観に拠るんだろうなと。
ドラえもんで四次元ポケットの原理を書く必要はないが、
スペオペ以上の技術要請がある作品なら空間をどうしてるか書くのは必須だろうし。
>>938で出てる作品がガジェット重視だったら、ラノベでもそれはあった方がいい、と思う。

そういえば伊藤計劃の虐殺器官だと、細かいツールは殆ど内容が書き込まれてなかったが、
あれはあれで舞台に花を添えてたと思った。
AR技術は現実から演繹して想像できるレベルなのに、人工筋肉の技術がやたらとブッ飛んでたり。

朝っぱらから二連続で長文すまん。

951 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 10:30:56.87
個人的には、何故ラノベでは世界観が描かれないか?より
世界観が面白いラノベを語るべきなんじゃないかと思うんだが。
>>945も言ってるが、ラノベSFの話をするスレなのに
ラノベ自体を語るスレになってきてる

952 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 10:33:18.55
そういうことじゃなくて、最初のほうみたいに
物語についての話をしようよ、ってことだと思うけど

953 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 12:01:32.25
一棟の超巨大校舎に10万人の全校生徒が血と汗と涙と色々な体液を流しながら
勉学と終わらない学園祭を両立させてるからこその蓬莱学園なんであって、
「合理的に考えると広い敷地があるんだから複数校舎に分割した方がいい」
とか言い出したら革命1巻で終わっちゃうんだお。

954 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 13:53:39.06
魔女と狐の感想からなら他のラノベと比べての感想だし「ラノベだとどうか」についてレス入ってもおかしくないんじゃ
感想は>>951と同じだが、ラノベだからどうなのかというのもこのスレの範疇だと思う
この作品はラノベかって話も多いし

955 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 14:44:19.35
おかしかないけどいい加減飽きたよ
ラ板でもSF板の他スレでもできない話題ではあるが
そろそろもっと単純に、SF要素のある面白いラノベの話がしたい

956 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 19:38:44.92
自分からは特に話すネタはないが、いまの流れは気に入らんてか。
わがままなやっちゃのぉ。

957 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:06:32.28
>>955
ハヤカワJAのラノベ嫁よ
地球移動作戦とか天冥の標とか沈黙のフライバイとかおもしろいよ?

958 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 20:46:55.92
>>957
挿絵を付けて欲しい 

959 :943:2012/02/01(水) 20:47:19.15
そう違和感ない作品だったから反論ぽくバランスでは、としたけど、
もし内容について語ろうとしたのを阻害したなら悪かった。
作品を語る場でもあるというのはその通りだろうし。

960 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 21:11:49.89
まぁまぁ、スレの流れもバランスを取りながらということで(上手いこと纏めた)

961 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/01(水) 21:13:11.87
そういえば次スレは980?

962 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 09:01:39.26
>>956
長文で語ってるのが複数人いるならかまわんが
現状どうみても1人の文体なんだもの

963 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 12:00:38.99
>>949
>フルメタの作者がラノベだからこそ平易に表現する難しさを話してた。

文章力ない奴はこういうこと言うよな
まあ物書きとして才能が無いだけだからな〜 

964 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 13:20:37.89
煽りがまとはずれすぎて吹いた
せめて読んでから叩けよ

965 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 13:28:52.72
軍事や技術の専門用語でなんとなくごまかされてるだけ。
オタクによくある。

966 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 13:33:15.96
ちょっとこむつかしい漢字混じりの時代がかった大仰な言い回しとかなw

967 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 13:52:39.02
賀東がすごいのはそういう専門用語使ってるのに読みやすいとこだろ
ミリ系知識が一切なくても頭使わずに理解できる
漢字多ければ文章力高いなんてさすがにないわw


968 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 14:05:20.17
フルメタがどうとか言うんじゃないが
賀東の文章はそこそこ読み易い
ラノベとしての面白さを大事にしていると感じる

この流れで書いても、なかなか受け入れては貰えないかな

ただ自分が一番好きなラノベ作家は富野で
富野の文章が大好きなので
説得力には欠けるかな

969 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 15:08:09.77
ハンパな軍事ネタで書こうとするイタさも賀東本人が初期を振り返って語ってたな。
半知半解なミリ系用語やネタで誤魔化しても、ちょっと詳しい奴には確実に見破られるから、どう書くかが問題なんだと。
ラノベは動きで伝える作品も多いから、可読性の高さが「文章力」の定義になるとも思う。
大仰な言い回しが合うかどうかにしても作品がどんな内容かで決まるけど、
ある程度こなれたプロにそこまで破綻した文章はあんまり見ないような。

>>962
長文は>>931とか>>949とか>>950できっと俺のことなんだが、
俺は「ラノベとしてのSFはどんなのがいいか」に拘泥したいわけじゃないよ。
作品論みたいなのが語りたいとかでもないし。
あれらでなんかに反対してるように見えたなら申し訳ないが。

970 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 15:46:00.58
量子論とか数学基礎論とかになると、本職の物理学者や数学者でも、
その分野が専門でなければ正しく理解してなかったりするから、わりと
あやしくてもいけるらしいがw

971 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 16:46:58.82
まあ専門だから小説が書ける、ではないからなあw
軍事ネタだと、SASの隊員が書いた作品で、戦闘ツールなんかの描写はともかく、
情報機器に関する理解や扱いがいい加減すぎて緊迫感を殺いでたりする例とかあったな。
SFではどう嘘を広げるかが重要だけど、
ある程度はネタの飛躍を思い切れるセンスが必要ではあるんだろうな。

972 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 17:17:46.10
>>969
正直、本職でもない奴の薀蓄なんて話半分だろ
SASにでも所属してたのなら判るけどさ

973 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 17:28:29.95
>>972
その薀蓄が話の面白さにどう繋がるかは大きいんじゃないか。
どんな作家にしろ全部の分野に通じてるわけじゃし、その中で書けるネタを書くしかない。
読み手が非ミリオタの場合、専門的であることよりも重視されるものもある。
フルメタがアニメにまでなるくらい受け入れられたのって、マニアックさが要因じゃないと思う。

こういうのだと、手嶋龍一も自分の分野以外になるととんとレトロタイプだったな。

中には円城塔みたいに発想そのものが別の分野ならではって作家もいるが。

974 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 19:00:31.79
ハッタリが受けた禁書のような例もあるな
考証すると悲惨だが売れるには売れてる

975 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 19:19:54.59
正直、作者と(出版)関係者が「ハードSF」とうたってない限り、そのへんの正確さはどうでもいいと思う。

976 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 19:31:28.35
禁書はSFの下女みたいな感じだからな〜 だから受けた
日本SFは銀河英雄伝説みたいな売れるハードSFを次々出してたら海外に負けない位進化してたのに

977 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 19:50:56.39
銀河英雄伝説みたいな売れるハードSF
銀河英雄伝説みたいな売れるハードSF
銀河英雄伝説みたいな売れるハードSF

978 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 19:54:42.75
まあハードSFではないな

979 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 20:42:43.17
別ジャンルに言い換えると
AKBみたいに売れる演歌
マックみたいに繁盛する料亭

980 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 20:49:48.79
銀英伝は群像小説のイメージ。

981 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 21:10:52.10
>>963
ガトーで文章力がないんじゃ
SFやラノベは全部ゴミだな


982 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 21:46:31.49
SFでも津原は上手い。

983 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 22:07:56.28
同じ著者の
「情報は1冊のノートにまとめなさい」
「読書は1冊のノートにまとめなさい」
「人生は1冊のノートにまとめなさい」
が並んでて、お前が1冊にまとめろよって思っている。

984 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 22:34:51.43
次スレたてるのは980の人?

985 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 22:37:06.96
いってきた。

ライトノベルレーベルのSFを語るスレ 2
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1328189802/

986 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/02(木) 22:44:55.50
お疲れー。

987 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 00:02:20.17
賀東は何か山本弘みたいな文章

988 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 01:32:12.88
ガトウは硬いよな、でSFマインドが低いよ

でもエンタメとして導入してる感じだ 山本は昔は本当にSF好きだよな

989 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 01:43:19.56
ラノベから早川村に行くような人はSF愛アピールすごいよな

990 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 02:00:59.73
桜坂あたりは普通に誘われた感じだな。
藤間は消息不明からハヤカワで急に出てきたけど。
あのへんは電撃よりかハヤカワにいたほうがいいと思う。

991 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 08:15:38.06
ラノベでメカ物書いて成功させたフルメタの作者は別格だと思う

992 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 11:16:14.38
>949_>963
平易な書き方』 でフと思ったが / それってジョブナイルと違うか?


どちらも書き分けた小松さん他、SF作家倶楽部の方々ってやはり凄い ・・合掌
(どっか”少年ドラマシリーズ”落っこってないかな?)

993 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 13:15:03.03
>992
ジョブナイルって仕事が無い事かと思ったw それはさておき、992の中では
ジュブナイルとラノベやYA小説との間で明確な区別があるの?

994 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 19:29:01.43
こだわる人間にとってはある
が、俺にとってはそんなもん存在しない

995 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 20:55:56.05
そういや挿絵って小説家が絵描きを指名できるの?

996 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 21:36:52.91
編集が相性を見て決めてるっぽい。ラノベの顔になる表紙も挿絵の絵師が描くから重要かも。
ラノベの賞によってはイラストも賞を設けて公募してるみたいだし、そういう兼ね合いもあるんではないかと。
でも作家が希望を出してる例もあるのかな。

997 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/03(金) 21:46:00.12
>>992
賀東は現在のあのレーベルでも大御所に入るから、
ジュブナイルと明確に分化する時期に差し掛かってはいそうだけど……。
平易な書き方をしてても、ガジェットの選び方でラノベと言い切れる作品が増えてるんじゃ?
どう見てもラノベな文章もあるけど、YA〜ジュヴナイルと接近したレーベルって、
文庫媒体のラノベレーベルでは殆ど見ないような。フルメタも「どう見てもラノベ」ではあると思う。
読んで楽しむ分にはそれぞれのジャンルごとに楽しめばいいだけだしなw

つうか小松世代は後追いで読んでも別格過ぎるからなんとも。

998 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/04(土) 07:25:21.37
歴史もろもろを無視して、現状だけ見ると
YAとラノベはある程度きっちり分かれてるかもな
ちなみにYAのレーベルといえばピュアフル文庫

999 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 00:32:33.03
メディアワ−クス文庫もそんな感じが

1000 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/02/05(日) 01:05:48.03
挿絵が無い分、安くしろよ!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

273 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)