2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

君のセンス5段階+αで評価するよ[vol.109]

1 :名前はいらない:2013/11/28(木) 06:45:11.32 ID:+Ej06Ydz
Aランクを目指して詩を書き込もう。
皆さん、ガンガン評価しましょう!

A:プロ並み。出版社にもってけ。
B:言葉の狩人。
C:光るモノを感じる。
D:素人。
E:まずは日本語の勉強を。


●セン五に関する心得

・このスレは投稿者と評価人のバランスにより成り立っています。
評価人が常に不足しているので、気軽に評価に参加しましょう。

・連投は禁止されています、一作品の評価が終わるまで投稿は控えましょう。

・評価の扱いや、未評価一覧に載せるか否かはまとめ人の判断に任せます。
この方針に異論がある方は議論スレである【語り合うスレ】をご利用下さい。

・投稿者による再評価依頼は一度まで有効とします(複数評価で権利消滅)

・また評価しやすいように定期的に未評価の一覧を作成してくれると助かります。

・同一の詩をポエム板にある評価系スレと併用する複数投稿は認めません。

・ブログや他サイト等からの転載は作者本人であっても許可しません。

ゲッパリラ(佐藤光)は荒らしなのでNG推奨
心が病んでいるので相手にしないこと

2 :名前はいらない:2013/11/28(木) 20:49:11.94 ID:wVv8D3iD
「最近のニュースで」

もてない男が カネに言わせて
女の子の胸 手を入れてるわ

結婚してくれと 口びるぬらし
貢ぐ夢は わたしがつくってあげる

いわゆる 普通の22歳だわ
生身の女 知らなすぎるのあなた

童貞なのは しかたがないけど
似たようなこと 誰でもしているのよ

伝わらない 伝わらない
カネが尽きたら 女が逃げる

伝わらない 伝わらない
想いは ナイフに乗せて走るよ

どこにでもいる オマエそうなる
あなた ストーカーA 

3 :名前はいらない:2013/11/29(金) 04:53:24.51 ID:9P7UQ6Ys
生きるの飽きてきた でもおにぎり食べたい
働くの辛い でも逃げ出したら怖い
人の話聞くの憂鬱 でも笑顔忘れたら苦しい
私は不幸 お前より俺の方がつらい
お前になにがわかる 自分が一番辛いと主張
あいつおかしい 私は普通という前提
お前が一番性悪 じゃお前はとやり返す
むかつくからやり返す むかつかせたのが悪い
嫌なら見るな 弱者を黙らせる
資本主義の在り方 俺が偉いとわからせる
いつも応援ありがとう 金をよこせよ私をスターに
私生活までうざいんだけど 金だけよこしてへこへこしてる
むかつくやつらは邪魔するやつら そうさ気にいらないから
私がいつも正しい 私は私なんだから
浮気もするわ不倫もするしキープもする 私は私なんだから
金は払うさ好きだから これが俺の生き方
俺はお前らについていけない 生きるの飽きてきた
でもおにぎり食べたい

4 :名前はいらない:2013/11/29(金) 05:11:06.14 ID:ScR4DIMd
「ジャラジャラ」

やっつけ仕事でメルトダウン
プアー プアー プアー
セィヤ セィヤ セィヤ
障害あれば乗り越える
プラス思考の回路全開
だれもおいどんを止めれない
止めれないったら止めれない
ジャラジャラ
ジャラジャラ
ジャラジャラ

5 :ゲッパリラ:2013/11/29(金) 15:57:13.69 ID:CBn5BuuE
マフラーぞ
巻いて団子を
食べにける

6 :名前はいらない:2013/11/29(金) 19:47:00.66 ID:Aicrs3Uh
>>5

盗作するな、豚男

7 :名前はいらない:2013/11/30(土) 07:58:20.40 ID:fNzJBHck
夢を実現させる方法はひとつじゃない。

カタチにこだわらない 諦めない 変化をこわがらない。

いつも夢や希望は持ち続けたいね。

伊藤静子 53歳

8 :名前はいらない:2013/11/30(土) 17:28:14.19 ID:V4F6+/yh
「朋子、愛してる」

昨日みたらし団子食べにいって
お前のかわいい笑顔を久しぶりにみたんだ
おれも朋子の夫になって
こんなにうれしいことはなかった
お前の夫になって
そして一家の大黒柱になって
うれしいもんだよ ははは
子供の頃からお前は兄さんと呼んでいたけどな
おれはお前のことを心から愛していた
わかるび?
カルビのことじゃないぞ
お前と一緒になって
本当にうれしかったんだ
お前とセックスしているときはいつも
お前のことを考えているんだ
ところで妊娠した子供の名前をつけようか?
光?
ダメだ、そんな名前では
頭のおかしい人間に育ってしまう
そういえば従兄弟の郁恵がおれを支えてくれたな
よし
朋子の字をとって「郁子」にしようか
あれ、ダメ?
朋子の名前をとったんだけどな
どうすればいいかな
いっそのこと「悪魔」はどうだろう?

9 :名前はいらない:2013/11/30(土) 18:59:04.04 ID:29JSOLvj
>>2
だからなんだ?
テレビや新聞という便利なものが世の中にはあるんだぜ D-

>>3
ただの愚痴
でもおにぎり食べたいで終わらせたのは評価するぜ D

>>4
まさにやっつけ詩 D-

>>7
素晴らしい 元気がでてきました D-

>>8
つまんなすぎて読んでると恥ずかしくなってくる D-

10 :ゲッパリラ:2013/11/30(土) 19:35:02.59 ID:3tyQ6Pyg
悲しみに
紋白蝶を
飛ばせたる

11 :名前はいらない:2013/11/30(土) 20:31:29.43 ID:V2qT1LOv
「人生」

人生とは人間が生きること
人間とは人類
生きるとは生命
人類とは生物
生命とは命
生物とは命
命とは魂
魂とは宇宙
宇宙とは永遠
永遠とは繰り返し
繰り返しとは無限
無限とはゼロ
俺の人生はいつだって
ゼロからまた始めることができる

12 :名前はいらない:2013/12/01(日) 04:52:14.43 ID:HITgBJ6F
「朋子、濃密愛だ」

こんなにお前を愛したことはなかった
そのツンとした乳首に
べろんべろんと音を立ててすすったものさ
おかしいかい、ベイビー?
男は時に王様にも野獣にもなれるんだぜ
わかるだろ、ベイビー?
朋子を深く貫いたあと、オイラは北風に目をやり
そして明日という名の風をすいこんだのさ
え?
意味がさっぱりわからない?
そうか──
実はオイラも何をいっているのかわからないんだ

13 :名前はいらない:2013/12/01(日) 05:14:53.96 ID:dRAo5AI6
「だとしたら」

今日、Fさんに会えた。
何か言い足りなそうな空気。
分かってるよ。
俺のことが好きなんだろ。
俺も君が好きだよ。
あなたは既婚? だとしたら、
俺のは他人棒になる?
それとも独身? だとしたら、
俺のはマイ棒になる?
だとしたら、結婚したい?
だとしたら、一緒に暮らす?
だとしたら、俺の赤ちゃん産む?
だとしたら、俺は幸せ!

14 :ゲッパリラ:2013/12/01(日) 16:38:11.70 ID:YVWDi2q6
哀れなり
毛布の裾や
千切れたる

15 :ゲッパリラ:2013/12/01(日) 20:17:01.06 ID:YVWDi2q6
顔文字の
画面に雪も
降り積もる

16 :名前はいらない:2013/12/01(日) 22:33:05.42 ID:St+GDR7E
真夏の情景

べたついた枕に希望
ラムネの飲み口に赤色
手招きしたら憂鬱
一緒に歩いたら山を越えよう
長話に蜘蛛の巣
濁った息に油の海
立ち止まれば行き止まり
一人で逃げたら山には行けない
新鮮な空気に違和感
水色に惚れた花火
呟いたら入道雲
積乱雲に思い寄せてひとりぼっち

17 :名前はいらない:2013/12/01(日) 22:39:52.24 ID:St+GDR7E
灰と興奮

疾走感
だっだっだっだっだだだだ
敗北感
じわじわじわじわじわ
午前3時45分の陰鬱
そわそわそわそわそわそわ
瞳の奥の増殖因子
手のひら 天井のしみ 見つめる壁
消息通
ひらひらひらひらひら
薄明かり
しゅんしゅんしゅんしゃしゃしゅん
呼吸感
ふぅんふぅんひゅうんひゅうんひぃうん
早朝騒音の眼差し
しいしいしいいいいいしいいいしししっしっ
ゆがむ顔に不安感
台所 足音 電波の行方

18 :名前はいらない:2013/12/02(月) 02:12:56.11 ID:0QoxSYz1
旅人の速度で生きる君だから今日はパルコの始発に乗って

19 :名前はいらない:2013/12/02(月) 03:45:38.21 ID:XlSfaZc7
「くずかご」



ある孤独なひとがいる

いつも弱かった

そして希望を両手にもっていた

あくる日も変わらずだろう

日常は塵箱のように汚く醜い悪臭を放ちつ白痴なモノばかりが目に付くひと

何をしても才能は存在せず、総てを見てもひかりかがやく長所なぞあるわけでもなく、凡才に満たぬ風貌に頭脳 努力をするでもなく…

ただそんな人生なひと 希望という妄想にとりつかれたひと

20 :名前はいらない:2013/12/03(火) 00:57:38.45 ID:AgpNOAbF
「他人」

俺とお前は別
他人である
だから来た道も行く道も違う
人生は別々
余命3年のお前と
余命30年の俺
そう考えると
たった27年の差だな
でももう一回言うが
俺とお前は他人だ

21 :名前はいらない:2013/12/03(火) 00:58:35.48 ID:AgpNOAbF
「念の為」

しつこいようだが
俺とお前は他人だ

22 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2013/12/03(火) 18:45:05.06 ID:/0CYXjPT
>>18
一行なのにちゃんと詩になってる。
でも一行なのでD+

>>19
短い童話のような詩。
一行とばすのも良い効果を生んでいる。
D+

23 :ゲッパリラ:2013/12/03(火) 22:55:47.12 ID:U165t6OF
干し竿の
濡れた衣へ
肌ぞ触れ
あわやと言いて
風呂に入りき

24 :ゲッパリラ:2013/12/04(水) 02:23:03.22 ID:f/Bpyzl0
橋の下
咲いた花にぞ
月は落ち
明けも暮れてし
川や流れる

25 :ゲッパリラ:2013/12/04(水) 02:37:35.02 ID:f/Bpyzl0
訂正

橋の下
咲いた花にぞ
月は落ち
明けも暮れてし
川や流るゝ

26 :名前はいらない:2013/12/04(水) 04:17:41.49 ID:r42jvzPl
>>25

氏ねクソブタww

27 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 03:13:28.29 ID:Vo4fSGTc
ポケットの
懐炉冷めてし
昼寝する

28 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 03:36:14.52 ID:Vo4fSGTc
白鳥の
鳴くや見えずも
暖を取る

29 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 03:41:35.65 ID:Vo4fSGTc
訂正

白鳥の
鳴くや見えずも
湯を飲みき

30 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 03:51:32.74 ID:Vo4fSGTc
湯気は白
ただ冬の辺に
我一人

31 :名前はいらない:2013/12/06(金) 05:57:24.27 ID:5HIcgcxT
>>30

うるせえクソブタ、さっさと氏ねキチガイw

32 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 16:18:56.34 ID:Vo4fSGTc
ウサギの背
丸みを帯びて
スッとする

33 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 16:25:55.36 ID:Vo4fSGTc
訂正

兎の背
丸みを帯びて
スッとする

34 :名前はいらない:2013/12/06(金) 16:47:39.64 ID:5HIcgcxT
ゲッパリラ(佐藤光)の住所

新潟県新潟市江南区西町2−2−12
くたばれ、佐藤光w
お前の家に直接今度いくからな

35 :名前はいらない:2013/12/06(金) 17:08:40.22 ID:5HIcgcxT
お前、きったねえ所に住んでいるんだなw
何が「佐藤光」だよw
こ汚い絵を描いているアホが
地獄におちろ、うすらハゲがw

36 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 17:19:51.86 ID:Vo4fSGTc
つけペンの
インクや漫ろ
紙に付く
なぞる線をは
また楽しけり

37 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 17:21:08.74 ID:Vo4fSGTc
訂正

つけペンの
インクや漫ろ
紙に付き
なぞる線をは
また楽しけり

38 :名前はいらない:2013/12/06(金) 17:37:13.50 ID:5HIcgcxT
>>37

お前の顔見たけど、犯罪者みたいな顔してるな
別に訂正しなくてもいいよ
お前みたいな薄汚い豚は自分のブログでやってろ
気持ち悪い男だよな、お前w

39 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 18:19:01.60 ID:Vo4fSGTc
テレビつけ
チャンネル回し
飯を食う

40 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 18:26:08.01 ID:Vo4fSGTc
障子戸の
穴から見ゆる
郵便屋

41 :名前はいらない:2013/12/06(金) 19:14:40.21 ID:5HIcgcxT
>>40

お前凸電したら慌てて「切ってくれ」と叫んだだろ?
リアルのお前なんてこんなもんだよ
新潟の汚い部屋に住んでいないでとっとと独立しろ
泣き叫んで「切って!」と頼んだだろ、バカだなでぶ男w

42 :名前はいらない:2013/12/06(金) 19:21:47.53 ID:5HIcgcxT
>>40

お前の家汚いもんなー
一度、お前をぶん殴ってやるから場所を教えろ
自宅までいってお前みたいなゴミを殴るまでもないわ
新潟までいってやるから覚悟しとけよ、粗大ゴミw

43 :ゲッパリラ:2013/12/06(金) 21:52:55.31 ID:Vo4fSGTc
落ち葉積み
土は色をぞ
忘れたり

44 :名前はいらない:2013/12/07(土) 05:56:35.55 ID:Ab5m1OIO
>>43

脱糞野郎もしつこい男だね、何逆恨みしてるんだかw

45 :名前はいらない:2013/12/07(土) 10:14:50.23 ID:ZNN4SSs/
「荷異徒」

ドブ川に漬かった無表情の俺は
身体をくねらせのた打ち回る
肉を貪る愚かな荷異徒

存在理由
お前が死ねば
みんな悲しむ
ああ
なんとも軽い言葉たち

目を凝らしてよく見てみな
俺が食ってる豚の肉
虹色に輝いてるだろ
食欲そそる色をしてるだろ

目を凝らしてよく見てみな
俺が食べ残した残飯
胸糞悪い臭いをしてるだろ
心を腐らせる臭いをしてるだろ

さあ今にもドブ川にダイブ
排気ガスで黒く汚れた地上にサヨナラ
またひとり
この国に荷異徒が生まれ落ちた

今夜も無表情で叫び続ける
存在理由 存在理由 と

46 :名前はいらない:2013/12/08(日) 19:17:22.46 ID:9ZzrjsIW
有線放送


いつからか、学校に有刺鉄線がまきついて
体育教師がうれしそうな顔をしたのは。
午後のコーヒーに毒が入れられるようになり
コーヒー会社は自殺した

もともと中島みゆきが好きだったぼくは、
ひとつ昼の放送でかけて、元気になってもらおうと
漠然と考え、スイッチを入れた。

スピーカーの振動で、長く冬眠していた
うじ虫がたくさんやってきた。
中島みゆきの声にあわせて、うじ虫が
おどっているように見えた。

「みなさんこんにちは。中島みゆきです。
 今日はやけにうじ虫がおおいけど、張りきって歌いますので
 よろしくお願いします。」

もう、年をとったんだね。
春なのに 落ち葉は落ちてしまった
有線放送をききながら
抜け落ちた髪の数を数える

47 :ゲッパリラ:2013/12/09(月) 01:35:22.24 ID:CL+jOLxW
母と子の
鎖骨に落ちた
涙かな
呼べば付いてく
音は置き去り

48 :名前はいらない:2013/12/09(月) 05:15:09.28 ID:6cEDZJzs
>>47

白豚と
呼ばれてムキに
なる男

49 :ゲッパリラ:2013/12/09(月) 14:27:56.67 ID:CL+jOLxW
スープにと
キャベツの芯を
煮込みたる

50 :ゲッパリラ:2013/12/09(月) 14:32:58.54 ID:CL+jOLxW
蒟蒻の
出来良くてしぞ
味噌で和え

51 :ゲッパリラ:2013/12/09(月) 18:35:04.31 ID:CL+jOLxW
花潜
飛んで落ちたる
昼下がり

52 :ゲッパリラ:2013/12/09(月) 18:37:31.53 ID:CL+jOLxW
訂正

昼下がり
飛んで落ちたる
花潜

53 :ゲッパリラ:2013/12/09(月) 22:08:54.62 ID:CL+jOLxW
人参の
入りしカレー
又今日も

54 :名前はいらない:2013/12/10(火) 03:58:41.03 ID:oVzQPbjD
螺旋階段の病気

登りかけて
やめた
ぐるぐるぐるぐる
螺旋階段の病気
お母さんと
その上でおばあちゃんが手招きしてる
誘われて
僕もいこうとするけれど
面倒でやめた
螺旋階段の病気
きっと誰かがやっている
きっと誰かがやってくる
ぐるぐるぐるぐる
きりがないね
遊び疲れた
螺旋階段の病気
何を求めているのかわからない
ただそれは
変に美しく
僕をゆうあくしてくる
怖いのに
螺旋階段の病気
ぐるぐるぐるぐる
もう戻れない

55 :ゲッパリラ:2013/12/10(火) 17:11:21.77 ID:hTkuE6u3
稲藁を
持ちて座りし
農夫かな

56 :ゲッパリラ:2013/12/10(火) 17:19:48.95 ID:hTkuE6u3
蜜柑にや
入れる袋ぞ
良く似合う

57 :ゲッパリラ:2013/12/10(火) 21:53:06.77 ID:hTkuE6u3
鼻啜り
今年も来たか
サンタさん

58 :ゲッパリラ:2013/12/11(水) 09:37:13.27 ID:ZtTk0Bq6
首括るよりも
お先に
野垂れ死ぬ

59 :名前はいらない:2013/12/11(水) 13:51:59.29 ID:j6/Uwiw6
ネットで非常識な言動を俳句にしている人間は氏んだほうがマシ
佐藤光のようなゴキブリは氏んで
くたばった方がマシ、こういう人間殺せる人間は偉大

60 :ゲッパリラ:2013/12/11(水) 17:04:49.44 ID:ZtTk0Bq6
空高く
投げし林檎も
落ちて来ん

61 :ゲッパリラ:2013/12/11(水) 17:36:28.94 ID:ZtTk0Bq6
栗鼠な尾の
丸みに雨や
降り頻る

62 :名前はいらない:2013/12/11(水) 18:36:07.55 ID:j6/Uwiw6
ゲッパリラ佐藤うんこ光くんへ

ここは君のストレス発散の場ではないので
俳句書きたければ自分のブログでどうぞ

63 :名前はいらない:2013/12/11(水) 18:38:47.47 ID:j6/Uwiw6
http://profile.ameba.jp/gepparilla-hikaru
ゲッパリラ佐藤うんこぶりぶり光くんのブログ

こっちで好きなだけ暴れなさい

64 :ゲッパリラ:2013/12/11(水) 18:43:35.94 ID:ZtTk0Bq6
季語が無かったので訂正

栗鼠の尾や
銀杏ヒラリと
舞い落ちる

65 :ゲッパリラ:2013/12/11(水) 18:44:52.41 ID:ZtTk0Bq6
銀杏の実
落ちて踏んだり
風や鳴る

66 :名前はいらない:2013/12/11(水) 18:45:17.38 ID:j6/Uwiw6
http://profile.ameba.jp/gepparilla-hikaru
ゲッパリラ佐藤うんこぶりぶり光くんのブログ

こっちで好きなだけ暴れなさい
二度も三度も同じこと言わせないのw

67 :名前はいらない:2013/12/11(水) 18:47:34.23 ID:j6/Uwiw6
頭のおかしい新潟の人非人にいっても
通じないのかねw
相手にやられたらやり返すことだけ考えてる
キチガイ君には通じないのかもw

68 :名前はいらない:2013/12/12(木) 08:06:46.09 ID:vzl9uUMu
「虹をこえて」

神様 教えてくれよ
今まで生きてきたことっておれの中の
すべてだったのかな?
違うことして相手を怒らせて
いつもと同じ愛の歌をうたってきたぜ
てやんでい そして イエスタデイ
金がほしいと泣き叫んで
新潟の区役所までいって怒鳴ってきたんだ
佐藤の意地だよ そして光の維持だよ
赤ちゃんをみていたら空しくなってきて

天命よ 我につかえし サイキック

また頭の中のセキセイインコが鳴り止まない
金をくれ 13日に入ります
ちなみに生活保護には該当しませんでした

クリトリス いじくる女の いじらしさ

わりに合わない日々の逆境
おいこらタココラモザイクなしのコラージュ
虹の画像はいらねえ 二次の画像をよこせ

よこしまな たわわな果実に 口付けを

アディオス、佐藤光でした!

69 :名前はいらない:2013/12/12(木) 09:27:48.67 ID:vzl9uUMu
身長185センチのマッチョな私と
身長160センチくらいの小デブな佐藤光くんが対面したら
意外と佐藤くんの方が強かったりしてw

70 :ゲッパリラ ◆IF4OOrSzUw :2013/12/13(金) 07:48:07.31 ID:xCZUzoPw
佐藤白豚光といいます。
新潟の岡本太郎です。スカトロ童貞王という称号をいただき
本当にありがとうございました。
皆さんに迷惑かけてごめんなさい。
天秤座でO型の皆さん、僕と一緒ですね。
これからもクソ俳句を書きつづけます。佐藤白豚光でした。

71 :ゲッパリラ:2013/12/13(金) 07:51:48.70 ID:watrk2Ma
龍の目や
一、二、三、四
五、六、七
頭を打って
又戻りたる

72 :ゲッパリラ ◆IF4OOrSzUw :2013/12/13(金) 07:54:49.12 ID:xCZUzoPw
龍の目や
一、二、三、四
五、六、七
頭を打って
又戻りたる

73 :ゲッパリラ ◆IF4OOrSzUw :2013/12/13(金) 08:09:07.80 ID:xCZUzoPw
>>71

また太ったんじゃないの?
運動嫌いなら、少しでもいいから散歩しろよ、低脳w

74 :ゲッパリラ:2013/12/13(金) 12:00:56.53 ID:watrk2Ma
白鳥の
群れて遊ぶに
餌をやる

75 :ゲッパリラ ◆IF4OOrSzUw :2013/12/13(金) 12:18:21.58 ID:xCZUzoPw
>>74

お前、とうとう殴られたらしいな。ざまあw
次は東京湾に沈没か? 視ね、ゴミ虫

76 :ゲッパリラ:2013/12/13(金) 16:31:37.45 ID:watrk2Ma
大根の
髭細きをぞ
良く見やり

77 :ゲッパリラ:2013/12/13(金) 16:52:27.91 ID:watrk2Ma
洋梨の
有る風景に
間を置きて

78 :ゲッパリラ:2013/12/13(金) 17:22:55.92 ID:watrk2Ma
皿の鶴
青に染まらば
照り光る

79 :ゲッパリラ:2013/12/13(金) 17:28:36.05 ID:watrk2Ma
鮭の焦げ
黒か茶ぞとや
見まごいし

80 :ゲッパリラ:2013/12/13(金) 17:39:49.43 ID:watrk2Ma
鏡餅
丸みを帯びし
その刹那

81 :名前はいらない:2013/12/13(金) 18:53:28.65 ID:fmmtjnF/
多いお茶を買うと俳句がついてくるのですが、正直あまり面白いと感じませんでした
ゲッパリラさんの句は人間性が出ているのでいいですね

82 :名前はいらない:2013/12/13(金) 21:08:54.29 ID:9ZEpf4DN
例えば思い出の中に住む君が
あいつの思い出に住みたいと願えば
誰の許可も必要とせず住めてしまうことが僕は怖い

83 :名前はいらない:2013/12/14(土) 10:25:35.01 ID:G8m19zrG
73のなりすまし工作員底辺低脳ハゲ黒豚貧乏犯罪者優しく無い雅ではないどブスババアは下品な詩しか書けない黒豚だろう

84 :名前はいらない:2013/12/14(土) 10:41:25.46 ID:tx5fz6eW
さあ? 佐藤白豚光くんは住所を知らせて逃げ回っている
だけの白豚なのでわかりませんね
彼の履歴をみると童貞でキチガイなのは間違いないと思います
自殺しなければヤクザに刺されそうですよね

85 ::2013/12/14(土) 20:02:27.28 ID:Xgb2//Wk
[ 接続EXE. ]


「やあ、久しぶり!!」
って声に出して言ってしまった
昨夜クローゼットの大掃除をしていて見つけた
懐かしい
僕たちの接続exe.

この型は丁度
2人して抱き合ったまま地球から宇宙に垂直に飛ばされたような
急激な仲の良さとトキメキの加速途中だった頃のもの

1番、熱くて、輝いてて、笑顔で、夢が隙間なく広がっていくような
でも独りでも起動なんて
まるで本当の僕たちの関係と似ていて笑えない

僕たちの接続ツール
独りでも起動したみたい
あの
懐かしい接続exe.

独りでも
あの時と同じになれるってことはきっと

あの時もきっと
お互い独りだったかもしれないね
一緒にいた錯覚だよね

だけど
僕たちを包んでいる大きな袋のような
警戒心のようなものごしでも
お互いの体温、鼓動、魂の共鳴
リアルよりもリアルに感じたと
私の本能は記憶してるもんだから

独りでも起動するんだね
接続exe.
僕は今
何と接続されているのかな

でもこの感じは確かに
まるで隣に君がいて
なんなら
もたれかかってる感じだ

何と接続されていようが
構わないから
しばらくこのままにしておいて
接続exe.お願い

ねぇやっぱり僕たち本当は
ずっと独りで一緒にいたのかも知れないよね
また1つの真実だったのかなと思う

86 :85:2013/12/14(土) 20:04:57.72 ID:Xgb2//Wk

ごめんなさい
最期の一行は脳内削除して下さい。

87 :秋吉君@上海ガニ食べたい:2013/12/15(日) 00:21:55.42 ID:CaHSXAFM
きてすとぽいの即興バトルが熱い!
お題発表後1時間で書き上げる!瞬発力がモノを言う!
ひやとい君vs秋吉君の決着やいかに!?
http://text-poi.net/vote/42/
http://text-poi.net/vote/41/

88 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 06:25:26.80 ID:V+dawzIU
草萌ゆる
土の住処は
どこへやら

89 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 08:31:09.96 ID:V+dawzIU
子狐や
何を見てもぞ
シャンとする

90 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 09:24:13.30 ID:V+dawzIU
天海往く
鯨の群れに
糸垂らし

91 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 11:18:34.24 ID:V+dawzIU
蟹の手や
開いて閉じる
またひらく

92 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 12:20:39.49 ID:V+dawzIU
青蚯蚓
のたりくっては
道を行き

93 :名前はいらない:2013/12/16(月) 12:20:58.18 ID:Bcjn9mS0
慎ましい人ってのは たいてい みんなの温かさに包まれている
だから 慎ましくあれるんだね

評価されたいだけの私はどうやって生きていけばいいのかな

94 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 12:29:19.92 ID:V+dawzIU
椎茸や
乾物屋にぞ
置いてあり

95 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 14:18:03.36 ID:V+dawzIU
クリスマス
さぞ賑わいし
我がの街

96 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 21:11:50.97 ID:V+dawzIU
川辺から
山岸へぞや
馬肥ゆる

97 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 22:25:42.60 ID:V+dawzIU
足元に
稷植えんとぞ
御辞儀する

98 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 23:04:14.40 ID:V+dawzIU
教科書ぞ
ひまわりの絵や
沈黙す

99 :通りすがり:2013/12/16(月) 23:16:00.25 ID:Ed0dvVRA
甘口評価かもしれないので不満のある方は再評価申請ドゾー

>>11
簡潔な表現にしてる割には、いまいち焦点がぼやけてるので
単語を羅列しているだけに見える
最後の言葉もありきたりなのでどこを褒めていいのかわからん
D-

>>12
ギクシャクした感じのタイトルだけちょっと面白い
詩の内容はどうでもいい感じで
不条理詩として見ても中途半端。
D-

>>13
詩というよりセクハラ発言を改行しただけ
のような感が否めない。
最初の2行は何となく女性的な感じだったが
一人称は「俺」と来たのにちょっと違和感を感じた。
D-

>>16
言葉のリズムが良い。
ふつーの題材だが若干ねじれた視点が面白い。C-

>>17
これもリズムが良い。
何がいいたいのかわからないが、何がしかの深夜3時的高揚感は伝わる。
オノマトペの選択の仕方など表現にかわいさがある。
ただ連投するのは気にくわねー 心得読めや。 C-


>>20
これだけだと何のストーリーもないね。 D-
>>21
知らんて。D-


未評価:
>>45 >>46 >>54 >>68 >>82
>>85(最後の1行は消して読んであげましょう)
>>93 

以上

100 :ゲッパリラ:2013/12/16(月) 23:17:44.60 ID:V+dawzIU
干からびた
鼠を見たる
鉄の獄
我は舌を出し
眠り微睡む

101 :名前はいらない:2013/12/17(火) 13:28:31.77 ID:DjdPw1f5
>>8

いきなり最初から飛ばしますな
愛情を感じますよ、深い絆のようなものを
愛してあげてくださいね 評価A

>>12

すばらしい内容ですな
深く貫いたあとの情景描写がいいです
ハードボイルドに決めセリフを
言おうとしたけど忘れてしまった感じがいい 評価A−

102 :名前はいらない:2013/12/17(火) 13:33:58.87 ID:DjdPw1f5
>>85

これはね、結末がいいんですね
お互いの接続ツールとしての関係が恋愛模様に
発展しているような気がするんだけど
実は孤独だったというのが
ここにポエジーを感じましたね 評価B+

103 :名前はいらない:2013/12/17(火) 13:35:58.39 ID:DjdPw1f5
>>93

慎ましやかなキャラメルのような一品ですな
そしてその暖かい言葉がまた
なんともグッときました、最高ですな 評価B

104 :ゲッパリラ:2013/12/17(火) 19:05:46.14 ID:BUrpz2rv
泣けば鳴く
沈黙破る
阿呆鳥

105 :名前はいらない:2013/12/17(火) 22:37:17.51 ID:A9aOmg6M
自分で自分にA評価ってなんか悲しいね

106 :名前はいらない:2013/12/18(水) 05:54:23.66 ID:Ey5smsNx
>>68

これもいいね、佐藤君のサイコパスな性格が
滲みでていていいです
ツイッターでいきなり敬語に変わるところが
佐藤君の良心なのでしょうね 評価A

>>105

煽りに見事に失敗していますね
正当な評価に歯軋りしたくなるのはわかります
もう少しマシな言葉で責めてみましょう 評価E+

>>99

評価乙です

107 :ゲッパリラ:2013/12/18(水) 11:30:17.42 ID:FQVQC3bB
黒豆の 茶を飲みしぞも 七不思議

108 :ゲッパリラ:2013/12/18(水) 14:46:21.17 ID:FQVQC3bB
寒きより
雪に埋もれし
アスファルト

109 :ゲッパリラ:2013/12/18(水) 16:11:27.45 ID:FQVQC3bB
舌先に
匙で掬いし
豆を乗せ

110 :ゲッパリラ:2013/12/18(水) 17:46:24.23 ID:FQVQC3bB
金の音は
鳴っているかと
耳澄ます
泣けど笑えど
これで御仕舞い

111 :名前はいらない:2013/12/18(水) 20:00:37.53 ID:39oTf4jr
嗚呼昔
待てど暮らせど
もう来ない
夢を満たせど
もう来ない

112 :「あま酒売り」:2013/12/18(水) 20:29:07.35 ID:HPhIlOIv
たらりらたらりら あま酒進んじょ
あま酒売りが 手を叩く

たらりりらりら ここまでおいで
あま酒のみのみ あっかんべ

よろりのろのろ 近よりゆけば
あま酒そろそろおしまいだ

たらりらたらたら あま酒進んじょ
お湯でうすめたあま酒ひとつ
あま酒ふうふう召し上がれ

113 :ゲッパリラ:2013/12/18(水) 21:19:54.73 ID:FQVQC3bB
鳶の飛ぶ
向こう岸にや
何ぞ居る

114 :名前はいらない:2013/12/18(水) 23:53:05.62 ID:kLHqCqAn
>>82
詩の表現ではあるけどこれは部品だね。
ダラダラ長いやつよりいいけど。D+

>>54
何となく伊藤潤二の漫画を彷彿させる。
螺旋階段が何を示しているかだけど
おばあちゃんが上ってことは人生/時間的なものかしら。
全体で一本筋が通っているので読みようによって
何にでも投影できる汎用性の高い詩。
ゆうあくがポイントだね。幼い僕がいやおうもなく
巻き込まれる様子が出ている。
>きっと誰かがやっている
>きっと誰かがやってくる
ここも気持ち悪くて良い。
読んでみるとちゃんとした詩だとわかりました。C


未評価

>>45 >>46 >>112

115 :名前はいらない:2013/12/19(木) 11:37:59.31 ID:mrux//bJ
>>54

全然ちゃんとした詩ではありません
作者のバカ面を見てみたい気持ちになりました
最低の作品です
最悪の作品です
もう二度とこのスレッドを利用しないでほしいものです EEE

116 :ゲッパリラ:2013/12/19(木) 13:42:17.05 ID:24DJsxeI
砂浜で
木っ端を拾い
考える
我はこれから
何処へ行きしぞ

117 :ゲッパリラ:2013/12/19(木) 13:50:31.84 ID:24DJsxeI
木を
洗う音に
良く似た水平線
カタゝ鳴って
滑り落ち行く

118 :名前はいらない:2013/12/19(木) 16:50:55.62 ID:f0A1I9AH
>>45
退廃的な雰囲気ですが、言葉選びがありきたりで面白くありません
言葉が宙に浮いていて詩の中での繋がりが希薄です
自虐に走りきれても居ませんし、中途半端です
中途半端さを表したかったのならつたわります
D

>>46
有刺鉄線放送でしょうか
どことなくコミカルな雰囲気です
コミカルな中に少年期の潔癖さもみえておもしろいと思います。
しかし中島みゆきの口調に違和感を覚えます
雰囲気づくりに固有名詞を出すのは良いのですが、実物をしらずに出すと違和感だけが残ります。
D

119 :ゲッパリラ:2013/12/19(木) 18:22:12.98 ID:24DJsxeI
帰り道
家ぞ恋しや
雪化粧

120 :名前はいらない:2013/12/20(金) 20:45:21.09 ID:HfrmgZ+x
「真っ赤な川」

体がしびれたようになって 頭がオーバーヒートして
やっていることはいつも一緒だ
血まみれだらけのロックンロール
夕焼けの空が切り裂かれて 頭がおかしくなっちまって
やっていることがいつも同じだ
血に溺れたやつらのロックンロール
街頭の下 泣いている女 見たこともないメンヘラ
どこかで誰かが泣いていたって知らねえよ
おれはただただ バカを夢見た ラノベみたいな
ゴミを資源に歌うロックンロール
虫けらの空 煌々と 灯がともった 血潮がきれいだ
美しいのか 美しくないのか
そんなこと神様にだって解らないぜ
雑草みたいに 無様な姿 あからさまに 歌い吠えてた
血まみれのロックンロール 響いた
血まみれのロックンロール 響いた
真っ赤な川に流れてどこかへ消えていった

121 :名前はいらない:2013/12/20(金) 20:48:44.88 ID:MfaGqlZw
「朝から焼香」

焼香 焼香 焼香焼香焼香 朝から焼香
焼香 焼香 焼香焼香焼香 朝から焼香
日本の焼香 世界の焼香 地球の焼香
焼香 焼香

光を放ち 今立ち上がる
若きエースに 帰依しよう
僕らの日本を 守るために
焼香の力が 必要だ
焼香 焼香 朝から焼香

焼香 焼香 焼香焼香焼香 朝から焼香
焼香 焼香 焼香焼香焼香 朝から焼香
心の焼香 供養の焼香 光の焼香
焼香 焼香

供養するぞ 供養するぞ
救済するぞ 救済するぞ
救済するぞ 救済するぞ
帰依するぞ 帰依するぞ
帰依するぞ 帰依するぞ
救済は成功する

122 :ゲッパリラ:2013/12/20(金) 23:02:08.43 ID:AO5ik7+N
見頃かな
酔いし乱れる
花吹雪

123 :ゲッパリラ:2013/12/21(土) 00:16:10.45 ID:U7JfiF/r
狼ぞ
今は見ぬやと
鶏の鳴く

124 :ゲッパリラ:2013/12/21(土) 00:21:30.79 ID:U7JfiF/r
寒々と
夕も引き暮れ
枯立木

125 :ゲッパリラ:2013/12/21(土) 16:14:16.35 ID:U7JfiF/r
香を焚く
部屋に年の瀬
ペン走る

126 :ゲッパリラ:2013/12/21(土) 16:51:18.17 ID:U7JfiF/r
『一人きり』

一人きりの時に
人は人を想い出す

二人よりは一人
一人よりは二人

風は髪を撫でるけど
私は風に語りかけない

火は手を暖めるけど
私は火に同情しない

だって一人きりでは
孤独が宝物だから

127 :ゲッパリラ:2013/12/21(土) 17:19:03.07 ID:U7JfiF/r
『兎』

兎の耳は冷たかろ
兎の耳は温かろ

兎の足は冷たかろ
兎の足は温かろ

兎の子供は温かろ
兎の親は冷たかろ

128 :名前はいらない:2013/12/21(土) 19:32:22.85 ID:T7XIg12J
>>126-127
下痢E

129 :秋吉君@不愉快なタリスマン:2013/12/21(土) 22:23:11.21 ID:rHkbsLfl
【2ちゃんねる文芸部第一回創作祭り】
2ちゃんねる文芸部の創作祭り
下記サイトに投稿してください。
http://novel.jpn.org/
お題は「冬」「後悔」「衰退」全てのニュアンスを入れた掌編
※記名必須、タイトルに「文芸部祭り参加作品」と分かるように記載してください。
原稿用紙換算5枚以内
投稿期間12月22日〜12月23日まで。
結果発表12月29日(予定)秋吉君の都合により前後します。
サイト内のポイントは関係ありません。
「文章力」「物語性」「得体のしれない何か」の3要素各5ポイントで
秋吉君の独断と偏見で採点し、順位を決めます。

130 :名前はいらない:2013/12/22(日) 01:14:50.51 ID:KuhKrKhp
「大人の時間」

父さんと母さんがぼくに「早く寝なさい」というんだ
ぼくは寝るけどある日ふたりが声を出していたから
何があったのかとそっとドアを開けてみた
そしたら
父さんが母さんと一緒に裸になってくっついていた
母さんは涙と鼻水を流して「もうやめて」といっていた
父さんは「やめていいのか?」とおっかない声を出した
母さんはそしたら「やめないで、気持ちいい」と
いじめられているのに喜んでいた
ぼくにはちっともわからなくて
だけど子供が見たらダメなことなんだと感じてた
だから寝ることにした
翌朝お母さんは少しきれいな顔になっていておどろいた
父さんはどんな魔法をかけたのだろう?

131 :名前はいらない:2013/12/22(日) 17:33:53.33 ID:of2c4gne
青木さん、居る?

132 :名前はいらない:2013/12/23(月) 01:32:56.55 ID:nI/piOvr
「蛍光灯を買ってこい」

「おい、松村」
「はい。なんすか先生」
「お前、蛍光灯は知っているよな」
「知っていますよ、子供じゃあるまいし」
「よし、今から買ってきてくれ」
「いいよ」
「先生に向かってタメはなしだ。買ってきてくれるな?」
「いいですよ」
「ほら、5000円」

(1時間後)

「松村、帰ってこないな」
「おかしいですよね、探していきましょうか」
「うーっす。先生買ってきたよ」
「蛍光灯がないじゃないか」
「え? これじゃないの?」
「バカ! 豆電球じゃないか! しかも10個も」
「豆電球じゃないの?」
「蛍光灯だ、あれだ、あれ!」
「ああ、蛍光灯か。悪い悪い。また買ってくるよ。何個?」
「バカ! アホ! まぬけ!」
「先生の心の中に電球はないのかい?」
「ないわ! おい、吉田! お前買ってこい、1本」
「やだよ」
「うわ───────っ!」
「うるせえな。発狂すんなよ」

翌日、担任の藤田は学校に来なかった。(完)

133 :名前はいらない:2013/12/23(月) 12:49:31.42 ID:OGdMQ1ZA
「すべて」

天高く広がる空に雲もなく

燃える太陽が煌々と輝いている

無限に広がる草原の上でただひとり

目を閉じ全裸で感じる風は

母の愛情にも似た優しさで私を包み込み

無意識の内に涙がこぼれ 心を溶かし 涅槃を体感している

ああ、どうして

この世界はあまりにも美しく

あまりにも素晴らしい

ふと横を見渡すとゲッパリラ

尻から奏でられた音

下痢ブウウウウウウウウウウウッッ!!!!!

134 :名前はいらない:2013/12/23(月) 21:53:33.07 ID:lv6QQU7u
test

135 :ゲッパリラ:2013/12/23(月) 23:10:37.65 ID:91UBIu+t
湖の
畔に浮かぶ
甚平鮫

136 :ゲッパリラ:2013/12/24(火) 18:35:40.94 ID:ayuEQc/z
さしてぞや
祭りの油
澄んでゆき

137 :ゲッパリラ:2013/12/24(火) 22:56:28.85 ID:ayuEQc/z
オーロラの
涙も滲み
雪景色

138 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 00:01:58.05 ID:3v00StyM
唐揚げに
トマトケチャップ
ぶっかける

139 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 04:40:25.78 ID:3v00StyM
泥沼に
落ちしピンクの
桃源郷

140 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 04:56:48.24 ID:3v00StyM
寂しくて 己の首を 絞める蛇

141 :名前はいらない:2013/12/25(水) 10:43:54.33 ID:yH/nbv4H
連投してるクソコテはなんなんだ

142 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 17:30:46.47 ID:3v00StyM
銀色の
目高泳ぎし
川は白

143 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 19:16:51.59 ID:3v00StyM
雪達磨
丸みも僅か
土混じり

144 :名前はいらない:2013/12/25(水) 20:12:42.67 ID:VRammIeF
夢はすぐに答えを期待しない。

一生かけて付き合ってくつもりで近づいてゆきたい。

だって夢だから。。

伊藤静子 53歳

145 :秋吉君@腐りかけの水豚:2013/12/25(水) 21:05:10.26 ID:tB0ZmgGS
HEY! YO! おいらもお返しにアメリカンジョークをお見舞いするぜ!

「ようジョージ、そんなにあわててどこ行くんだい?」
「ホームセンターへ。バーベキューの網が焦げちまったのさ」
「HAHAHA、すごい火力だな。さぞかしでかい肉なんだろう」
「ああ、女房焼こうとしたら、家ごと丸焦げになっちまったのさ!」

146 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 22:23:24.52 ID:3v00StyM
鬼の目や
若布黒しに
良く似たり

147 :名前はいらない:2013/12/25(水) 22:26:46.29 ID:IypayBeZ
「マグロの鉄火巻」

蛍光灯のせいかいつもより赤くてかっているので
そっと取り出し肉眼でじっくりと見ていた
なんかあんまりおいしそうではないな
しかもいつもより10円も安い
これはごまかしているな
店長に呼んできいたが
「いつもと同じですよ」というばかり
こいつくさいな
内臓があまりよくないみたいだ
もわっとしていて髪の毛も薄くなっている
服装は合格点としておこうか
うーん
不思議だ
いかんいかん鉄火巻のことについて書いていたのに
なぜか店長が出てきてしまった
しょうがない「リング」でもみて貞子を堪能するとしよう

148 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 22:30:39.33 ID:3v00StyM
小さくて
瑞々しきが
若葉かな

149 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 22:46:32.27 ID:3v00StyM
歌ぞ有る
狐コンゝ
山の中

150 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 23:07:27.55 ID:3v00StyM
杓で汲む
清水はさぞや
冷たかろ

151 :ゲッパリラ:2013/12/25(水) 23:38:56.06 ID:3v00StyM
通り雨
過ぎてし後に
雨蛙

152 :ゲッパリラ:2013/12/26(木) 02:53:17.92 ID:xfMNnuCI
道すがら
栗を拾った
老婆かな

153 :ゲッパリラ:2013/12/26(木) 03:03:33.33 ID:xfMNnuCI
暇ぞして
月の兎も
微睡むか

154 :名前はいらない:2013/12/26(木) 08:16:42.16 ID:KVa0JpjH
「プレゼント」

あー、お前たちにプレゼントがある
受け取ってほしい
漢字1000問だ
なんだその顔は
オレは先生だぞ
こら服をつかむな、佐藤
お前らもゾンビみたいに次々に
立ち上がるのはよせ
よせ!
暴力だ!
うわっぷ、何だこれは?
私の顔が真っ黒になるじゃないか?
墨をぶっかける?
よせ!
よせよせ!
暴力だ!
暴力だ暴力だ暴力だ──!!

翌朝

「お前ら漢字の問題は解けたか?」
クラス全員が先生の顔を睨みつけている
なんだなんだお前ら
冬休みまで時間はあるじゃないか
そこで校長が登場

「岸本先生、佐藤光が人を殺したそうです」
「え? あいつが?」

理由を尋ねられても佐藤光は俳句を詠むばかり
岸本先生は佐藤の家に訪問しにいったが
家族は誰もおらず、佐藤は刑務所に入れられる
ことになった──

近所の人々の証言
「ヒカル君は少しノイローゼ気味でしたからね」

な、なんとあの臆病者の佐藤が?
彼は刑務所の中でひたすら俳句を書いているのだという

「俳句療法ですよ、岸本先生」

155 :名前はいらない:2013/12/26(木) 22:43:07.66 ID:F0U3UjiR
「運命」
                   作曲者:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
                   演奏者:ゲッパリラ(本名:佐藤光)

ブブブ ブウゥゥゥ!!! ブブブ ブウゥゥゥ!!!

ブリビチチッ (びちびちッ) ブブブブウゥゥゥ!!!
ブリビチチッ (びちびちッ) ブブブブウゥゥゥ!!!

ブニュブ ビッ!!! (びちびちッ)
ブニュブ ビッ!!! (びちびちッ)

ブニュブ   ビィッ!!!    ブッッ!!!

ブウウウウウウウウウウウウウウッッッ!!!!!!(ビチビチビチビチィィィッ!!!)

156 :名前はいらない:2013/12/27(金) 09:35:26.99 ID:PK2MUUwJ
「スカトロ佐藤光の悲しい話」

佐藤光はその日、ひたすら庭でうんこをしていた
ブリリリリリリ、グチャ、グチャ
その姿を隣の人が見ていていった
「光くん、うんこは外でしなさいね」
しかし佐藤光の肛門はとどまることを知らず畑一面に
うんこをばらまいた
「ああして俳句を詠んで過ごしているのね、かわいそうに」
隣の人は佐藤光を見てつぶやいた
そのとき、パトカーの声がした
「そこでうんこをしている男性、止まりなさい」
佐藤光は「やべえ」と呟いて自宅に戻ろうとした
中から鍵がかかっていて、
母親が何か念仏を唱えている
光は新潟を抜け出そうとしたが警察につかまってしまった
「さあ、警察に来なさい」
「やだやだやだ、お母さん、お母さん、お母さん!」
佐藤光は泣き叫びながら母親の名前を呼んだ
しかし母親は念仏を唱えつづけるのであった・・・

157 :ゲッパリラ:2013/12/28(土) 18:14:30.56 ID:XGNxITvi
水槽の
中に殖えてぞ
田螺かな

158 :名前はいらない:2013/12/28(土) 20:01:19.68 ID:ZRS7QrBE
「脱糞男・新潟の泥棒ハゲ佐藤光の逆襲」

脱糞男・佐藤光が吠えた
「呪ってやるぞ、永遠に俳句を連投してやる」
それに気がついた母親が止めに入る
しかし脱糞男はテーブルを壊しながら叫んだ
「許さないぞ───!」
そのとき玄関に熊が立っていた
脱糞男・佐藤光は泣き叫びながら何度も糞と尿をもらした
「た・・たしゅけて、たしゅけて」
脱糞男の隣で母が包丁を構えている
そして熊ではなく、光の脇腹に包丁が突き刺さった
「うげらぼああああ」
内臓からあふれ出す血しぶきに佐藤光が絶叫する
しかし熊の猛威は止まらない
佐藤光は玄関に転がり泣き叫びながら土下座をした
「熊さま、た、たしゅけて・・・」
佐藤光の頭上に巨大な壺が落ちてきてその上から
熊がジャンプして飛び乗った
佐藤光はこうして新たな涅槃の世界へと旅立っていたのだった

159 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 00:55:02.59 ID:z5bB2WWS
ストーブや
燃えて静かに
耳塞ぐ

160 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 00:58:29.56 ID:z5bB2WWS
暗い夜
また黒きより
雪白く

161 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 02:54:14.33 ID:z5bB2WWS
嗚呼さぞ也
炬燵と猫の
出逢いたる

162 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 04:11:08.00 ID:z5bB2WWS
足して引く
此れに十一を
使いたり

163 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 08:04:54.68 ID:z5bB2WWS
昼下がり
水で冷やした
西瓜かな

164 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 08:14:53.73 ID:z5bB2WWS
蝙蝠や
飛びて静かに
夕の暮れ

165 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 08:27:57.97 ID:z5bB2WWS
股引きを
干してや笑う
部屋の中

166 :名前はいらない:2013/12/29(日) 15:43:09.95 ID:nGe9y+uD
俺は犬である
どこにでもいる飼い犬だ
毎朝の散歩の時間以外は軒先の犬小屋で丸くなって過ごす

だが、今は違う
ふと夜中、気付くと杭につなげられていた鎖が千切れていた
飼い主の庭から抜け出す
自由だ

明るく全ての神様ありがとう
僕はこの世を恨んでいました
今僕は走るよ
車のライトがまっすぐに向かってくる
そして車から出てきた数人に囲まれる。。

こうしてこの犬は保健所の毒ガスで殺された
Happy End

167 :名前はいらない:2013/12/29(日) 16:56:49.31 ID:evowuLuI
あああ

168 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 20:24:30.73 ID:z5bB2WWS
オーブンで
餅を焼いてし
暖まる

169 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 20:46:43.38 ID:z5bB2WWS
御目出度い席も
何時しか
左様なら

170 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 21:30:43.25 ID:z5bB2WWS
明けも暮れ
餅片付けて
茶を濁す

171 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 21:44:28.35 ID:z5bB2WWS
海の夢
イルカ来たりて
泳ぎ去る

172 :ゲッパリラ:2013/12/29(日) 23:14:26.83 ID:z5bB2WWS
名乗り出で
勢い余りて
御辞儀せし

173 :ゲッパリラ:2013/12/30(月) 06:14:06.95 ID:g4IbmPT7
何と無く
耳当て帽子
被りたり

174 :ゲッパリラ:2013/12/30(月) 22:31:17.28 ID:g4IbmPT7
葉ぞ落ちて
山もやきっと
寂しかろ

175 :ゲッパリラ:2013/12/30(月) 23:20:23.85 ID:g4IbmPT7
年の瀬に
二三四数えて
鐘を待ち

176 :ゲッパリラ:2013/12/30(月) 23:37:13.95 ID:g4IbmPT7
して貰い
言うを聞きよぞ
良く見やり
誉めに因らずば
我は動かじ

177 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2013/12/31(火) 04:18:01.65 ID:0i/J9/DC
2ちゃんねる
電子ジャポニカ
学習帳

178 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2013/12/31(火) 04:24:23.31 ID:0i/J9/DC
FOX★も
芸能人に
なってみて

179 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2013/12/31(火) 04:27:11.96 ID:0i/J9/DC
ひろゆきの
花の香りの
ツイッター

180 :ゲッパリラ:2013/12/31(火) 07:48:41.60 ID:i7Y5cs33
束の間に
松陰嚢ぞや
落ちており

181 :ゲッパリラ:2013/12/31(火) 08:09:09.25 ID:i7Y5cs33
瞬きや
顎の重みに
堪え切れず

182 :ゲッパリラ:2014/01/01(水) 02:48:56.72 ID:GHiurJ9y
ペディキュアを
塗りし窓にぞ
雪明かり

183 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/01/01(水) 02:55:56.69 ID:UTz4mylj
ゲッパリラの
乳首を軽く
摘まみけり

184 :ゲッパリラ:2014/01/01(水) 03:04:27.26 ID:GHiurJ9y
訂正

ペディキュアを
塗る窓にぞや
雪明かり

185 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/01/01(水) 03:30:31.42 ID:UTz4mylj
ゲッパリラの
乳首を照らす
月明かり

186 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/01/01(水) 03:32:03.38 ID:UTz4mylj
服着ろと
回線伝う
カーディガン

187 :名前はいらない:2014/01/01(水) 09:17:10.61 ID:Dp/zSyZU
ひとつ目のピアス、とても痛かったよ。
ふたつ目のピアス。ずっと痛かったよ

でもね、ピアスを外した時。

それはあなたに寄り添う私に見えたんだ。

188 :ゲッパリラ:2014/01/01(水) 16:50:00.97 ID:GHiurJ9y
薄皮を
一枚剥いで
食べてみる

189 :名前はいらない:2014/01/01(水) 21:08:54.86 ID:U0F0WFWa
>>123

190 :ゲッパリラ:2014/01/02(木) 00:08:36.82 ID:s4Wp2a+Q
酒呑みし
良いどれ兎
空を飛ぶ

191 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/01/02(木) 00:27:27.84 ID:t0NmNtWH
がんばれ
ゲッパリラ
1000まで

192 :ゲッパリラ:2014/01/02(木) 02:09:19.46 ID:s4Wp2a+Q
笹くれに
蛇の一物
突き込みし

193 :ゲッパリラ:2014/01/02(木) 02:12:46.49 ID:s4Wp2a+Q
訂正

笹榑に
蛇の一物
突き込みし

194 :ゲッパリラ:2014/01/02(木) 05:31:19.79 ID:s4Wp2a+Q
蟹の眼や
出て入ったり
磯に居る

195 :ゲッパリラ:2014/01/02(木) 22:35:26.78 ID:s4Wp2a+Q
花に散る
チラ〃舞いて
月明かり

196 :ゲッパリラ:2014/01/02(木) 22:40:32.69 ID:s4Wp2a+Q
茶飲み児の
狸ぞ真似て
人化かし

197 :名前はいらない:2014/01/03(金) 04:58:00.77 ID:cX27US+5


198 :名前はいらない:2014/01/03(金) 05:05:55.87 ID:cX27US+5
ゲッパリラさん、本当に勘弁してもらえませんか。この通りお願いします。
ゲッパリラさんの作品はどれも素晴らしいですが、ルール違反はやっぱり駄目だと思うんです。
もっとちゃんと評価してくれるところもあると思うし、何より連投は他の投稿者の方々に迷惑が掛かってしまいますので控えてもらいたいんです。
どうさお願いします。少しずつでいいんで、謹んでもらえたら助かります。

199 :名前はいらない:2014/01/03(金) 05:47:38.16 ID:9amizfgm
ゲッパリラさんは御自分の専用スレを建てられるのが一番な気がする
そこで書きたいだけ書いて読みたい人が訪れて読むのが一番の平和的解決じゃないかな

200 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/01/03(金) 08:16:03.84 ID:LhGeIuS1
君のセン柳五段階+aで評価するよ[vol.1]

201 :名前はいらない:2014/01/03(金) 17:41:32.99 ID:cJrFgigA
「なるみちゃん」

いま すごく焦がれてて
言うならば 今世紀最大
超弩級の恋をしてる
君になら一生捧げていい かも
なんて考えて鳥肌が立った

いま 着信履歴を見てて
生温かい 君の番号に
何て名前をつけようか考えてる
結局 仲良くない子の名前で登録
あの人に見られちゃうから

ああ あれだけ好きと言って
朝起きると何だか湯冷め状態
幻覚だったと言い聞かせてみる
けど一番上にはどうでもいい名前
今度会ったら話しかけてみよう

202 :名前はいらない:2014/01/03(金) 17:43:14.68 ID:cJrFgigA
文字化けすみません

203 :名前はいらない:2014/01/03(金) 23:49:02.40 ID:GUnHXMOn
評価させてもらいます。

>>112
リズムがよく自然とメロディが浮かびます。
お祭りで歌われそうな詩で楽しくなります。
最後の「ふうふう召し上がれ」というのもあたたかそうでいいですが、
そのほかに内容がなく、おいしくてあったかそうだな、といった感想しか浮かびません。D+

>>120
ありふれたロック感から抜け出せていません。
かといってザ・ロックンロールだぜ、といった感じもありません。
ぽい言葉を並べてあるだけのように見えます。
なぜ傷ついているのか、血まみれなのかが描かれているといいのではないでしょうか。D

>>121
「尊師マーチ」の替え歌ですね。
朝から焼香をあげることとがなぜ救済につながるのかわかりません。Dー

>>130
よくある話ですね。
お母さんが鼻水まで出しているところにこだわりを感じます。
もっとほかの箇所にもこだわってみるといいかもしれません。D

>>132
意味がわかりませんしこれは詩なのでしょうか。
「先生の心の中に電球はないのかい?」というセリフだけ心にひっかかりました。Dー

>>133
前半をもっと神秘的に、オチをもっと下品に描写することに徹したら、
その落差に破壊力がつくと思いますが、このままだとただの一発ネタです。D-

>>144
これだけではなんのことだかわかりません。D-

>>145
おもしろくありません。D-

>>147
キュートで、ちょっと気になってしまう作品です。
でもそれだけのように感じます。D+

204 :名前はいらない:2014/01/04(土) 00:19:11.48 ID:0UcS5FAi
>>154
不条理ですね。
前半と後半は分けて別の作品にしたほうがすっきりすると思います。
「プレゼント」というタイトルも、この詩全体にかかってくるものとは思えません。
ところどころ面白い表現があるので、いらないところは削って、もっとまとめてみてはどうでしょう。D

>>155
下品です。オノマトペものとしてみてもありふれていて面白くありません。E

>>156
タイトルからして読む気がなくなります。
>庭でうんこをしていた
とあるのに、
>「光君、うんこは外でしなさいね」
とか、
>「やだやだやだ、お母さん、お母さん、お母さん!」
と呼んでいるのに、
>母親の名前を呼んだ
などの矛盾や、パトカーの声、という表現から、全体的に日本語ができていないように思えます。
逆にそこが味となって異物感ありありですこし面白いです。
>新潟を抜け出そうとした
も、いきなり新潟を抜け出すのかよ、と突っ込みをいれたくなります。
しかしやはり日本語ができていないので、E+

>>158
>>156と似た感想です。読む気がなくなるタイトル。
しかしこちらはそれほど変な日本語ではありません。
コミカルで哀れです。D-

>>166
唐突な三人称視点と全然ハッピーエンドじゃないのにHappy Endの文字は挑発的です。
しかしその挑発は空振りに終わっています。D-

未評価 (>>114,>>118から)
>>187 >>201

205 :名前はいらない:2014/01/04(土) 08:23:51.94 ID:wu0X6XPY
「戸惑う赤いランドセル」

今日はいいこと あったのに
突然不幸が やって来た
同じいつもの 通学路のこと
ハアハアハア!

声がするから 止ったの
誰もいないから 不思議なの
電柱の影 見落としてしまった
ハアハアハア!

目の前に誰か飛び出し ぽかーんと見ていたら
コートを広げて見せて 怪しげに踊り出す
狂いそう この状況
チチン プイ プイ 消えてしまえっ

幼い赤いランドセル 時には悲しいことがある
うえうえ、うえーん! 
涙を見せるのは降参の証し

涙の赤いランドセル 目の前 何かぶら下がってるよ
うえうえ、うえーん! うえうえ、うえーん!

自分は大丈夫と油断してたよ
あっと思ったら見てしまったの
コートを広げて泣かされていた悪夢

206 :名前はいらない:2014/01/04(土) 23:14:50.40 ID:HEQQOX09
どうも私のしらないところで
時間は進んでゆくらしい

こっちは夜中だってのに
あっちはもう昼間だってさ

待って待ってと言ったって
ちっとも待ってくれやしない
こっちの声なんて もう
全然届きゃしないのだ

だから声を出すのをやめた
もがくのを やめた

真っ黒な静寂の中
空に輝く星々を
さっと目でさらって
夜明けはまだかなぁ なんて

ほんの少し明らむ山の向こうに
手を伸ばす素振りだけした

207 :ゲッパリラ:2014/01/05(日) 05:06:29.48 ID:Sg0hHIk6
「佐藤白豚光の妄想日記」

○月○日

今日は大好きな鬼束ちひろさんと一緒に新潟で遊んだ
そのあと家に帰ってちひろさんをお風呂に入れてあげた
ぼくは全裸でちひろさんと○○クスをした

○月○日

お母さんのためにダイヤモンドを買ってあげた
お小遣いに百万もらったので
アダルトものを集めようかな

○月○日

ゲリ

○月○日

頭の中で蝿とカブトムシがケンカをしていた
ぼくは家の中にあるスプレーを耳の中に突き刺した
目玉が飛び出てぼくは失禁した
天秤座のO型は利口なのだ、ぐひひ

○月○日

今日は石田純一さんの娘さんと○○クスをした
あまりにも彼女の体がいいので
何度も出してしまった 何を?
それは秘密だよ、ぐへへ
俳句を連投して楽しいな、楽しいな

208 :名前はいらない:2014/01/05(日) 20:14:21.49 ID:DAEvkhz3
乾いた風に泣きそうです
冬は長いのですね、長いのですね、
家にいるので心配しないで、
今日は手が 小指から段々
昨日は足が 爪先が笑うように
笑うようにどうしようもなく凍りました 凍りました、

209 :ゲッパリラ:2014/01/06(月) 00:22:32.48 ID:qbTutEhe
心の中に住み着いた紫色の子猫が
「minma minma」
と鳴いて酷く騒がしい
僕は子猫を置いて
ハワイにでも旅行するかと
荷造りを始め
ホテルを予約し
飛行機のチケットを買う

210 :名前はいらない:2014/01/06(月) 15:21:44.83 ID:q2AIVhBm
>>209

全然ダメ、駄作だから書き直してこい E

211 :ゲッパリラ:2014/01/06(月) 16:40:41.31 ID:qbTutEhe

何時ぞや見たか
雨は夕

212 :名前はいらない:2014/01/06(月) 18:44:49.01 ID:sy1F5q9I
 >>206
 自分にしかできないことを探そう。それをしない人はニートです。D評価
食うものがある。寝るところがある。パソコンがある。
そのどれかひとつを失ったところを想像してごらんなさい。ぬくぬくとはしていられないはず。

 ぬくぬくの暮らしぶりがある人は自分が依存病にかかっていることにも気づいていない。
 苦労知らずの暮らしぶりがよく伝わってきます。

213 :名前はいらない:2014/01/06(月) 19:00:59.58 ID:cvaec7KV
評価させてもらいます。

>>187
句読点のブレが気になります。
意図的なものなのか、無頓着なのか。
どちらにしてもあまりいい印象を与えません。
また、タイトルなしでこれだけ短い詩だと、
なんらかのインパクトがないと心に残らないのではないでしょうか。D

>>201
生温かい、というところに若干の気持ち悪さを覚えます。
恋の揺らぎを表現しようとしているのでしょうが、
日記の範疇を出ることができていません。D

>>205
うえうえ、うえーん!にムーくんのポエムっぽさを感じます。
ステレオタイプな変態と、似た内容の繰り返しが、
想像性を狭めているように感じます。D

214 :ちーちゃん:2014/01/06(月) 19:09:58.69 ID:sk9MYHCa
>>211
まあ、ひと言で言うと遅えな。ノロマ。
いつぞや見たかじゃねえんだよカス野郎。
ええ?コラ。
限られた文字数だぞ?
いちいち頭に浮かんだ己の感想文をそのままカキするなんざ
twitterで十分事足りるんじゃねえのかボンクラ。
だから俺はtwitterをやっている。D-

215 :名前はいらない:2014/01/06(月) 19:25:38.16 ID:sk9MYHCa
>>211
蝸。これは期待の象徴なのだと感じました。
昼間の雨上がりに歩道や草木を這う蝸をふと想う。
暫くその姿を見ていない。
普段は視界に入っても気にも留めて居なかった蝸を見たいと思う。
しかしその日の雨予報は夕。
この物語の寂しさはその日全く雨が降らない訳では無いところにある。
夕方に降る雨が期待のすれ違いを深く印象付ける。D-

216 :名前はいらない:2014/01/06(月) 19:25:59.24 ID:cvaec7KV
「日曜日のふくろう」

日曜日朝の空気はシャザーンとしていて
一階のテレビの音が耳に心地いい
外ではふくろうが明るいのに鳴いている
ホーホー ホッホー
ホーホー ホッホー
ホーホー ホッホー ホ
えさを探しているのかな
眠る場所がないのかな
考えが足りないのかな
まあでも毎週のことなので
きっと大丈夫なんだろう
それ以上ふくろうについて考えるのはやめにして
階段を下りよう
きっとストーブがついていて
お父さんがフレンチトーストを作ってくれているだろう

217 :名前はいらない:2014/01/06(月) 19:52:24.96 ID:sk9MYHCa
>>211
いや〜ゲッパリラはん、いつもぎょうさん俳句読ましてもろてホンマおおきにやで!
今回のもホンマおもろい作品やと思いますわぁ。ワシも雨や蝸の不確定具合には手を焼いてましてな、
パチンコ屋でよっしゃ〜フィーバー大連チャンや〜言う時におもろいテレビの時間なので台ほっぽって家に帰らなアカン時ありますやろ?
そんな時無人になった台の下皿からパチンコ玉が雨のように…あ、今はハンドルに手を触れてなきゃ玉が出ないのでそんな事はないですな。
ハンドル固定は禁止ですさかいに。2ちゃんでもそうでっしゃろ?ハンドル固定はクソコテーとか言うて怒られますのや。
しかしホンダラ名前欄って一体なんなんやろな。ワケのわからんトリップ〜とか言う機能も実装しよってからにホンマ。
お前が本物だか偽者かなんて全く興味が無いんじゃボケコラFOX★コラ。蝸なんて図鑑で見るか昼の雨待っとけコラ。
あ、FOX★関係ないか。と、言うわけでゲッパリラはん!大変楽しく読ませて貰いましたわ!ホンマ、おおきに!D-

218 :名前はいらない:2014/01/06(月) 20:37:50.93 ID:i8SW6qQb
http://www.youtube.com/watch?v=lXs96toe-B8
これを聞きながら>>205を同時によく読んでみると・・・・・
誰か判る人いる?

219 :ゲッパリラ:2014/01/06(月) 22:58:16.74 ID:qbTutEhe
日を見てや
月ぞ知りたる
兎かな

220 :ゲッパリラ:2014/01/06(月) 23:04:53.96 ID:qbTutEhe
デジタルの 0と1をぞ 足してゆき

221 :神パリラ:2014/01/07(火) 00:10:15.24 ID:kgyXLvw8
「キモオタ至上主義」

日本人類はキモオタに目覚める
男たちはキモオタに憧れキモオタを目指す
キモオタ至上主義時代の幕開け

キモオタはかっこいい
キモオタは頼りがいがある
キモオタは素晴らしい

テレビはこぞってキモオタを報道する
アイドルはキモオタが人気を集める
映画俳優はキモオタが主演を務める
メンズノンノの表紙はいつもキモオタが飾る

みんなキモオタになろうとする
今までキモオタを侮蔑していた人たちも
みんなキモオタになろうとする
なぜならキモオタはモテるから
キモければキモいほどモテるから

女の子はみんなキモオタに憧れる
キモオタの彼氏ができれば大喜びして
手を繋いで誇らしげに街でデートを楽しむ
なぜならキモオタはステータスだから
キモオタは自慢できるから

今までドラマを見ていた人たちは
みんな萌えアニメを見るようになる
今までJ-POPを聴いていた人たちは
みんなアニメソングを聴くようになる
なぜなら今のトレンドだから
最先端のキモオタのトレンドだから

なにもおかしいことはない
キモオタ至上主義だって
なんらおかしいことはない
だってそうでしょう
時代はいつも同じことの繰り返し
なにもおかしいことはない

222 :名前はいらない:2014/01/07(火) 11:43:55.63 ID:fvqr45hU
>>221
まず、下手な歌詞のようでメッセージ性もなければ何を感じて創られた詩なのかも分からない。何を伝えたいのかはっきりするべき。
「目覚めた」は安易な表現に感じる。
全体的に言葉選びを考え直した方が良い。
D-

223 :名前はいらない:2014/01/07(火) 14:34:35.62 ID:S9zgcnl1
「佐藤白豚光の悪意妄想選手権」

頭の中が真っ白な閃光に包まれる
俳句がうんこのように吐き出される
天秤座が一番しつこいねといわれる
うるさい
お前なんかにわかってたまるか
悪意の螺旋
罪のない人間の罪つくり
新潟のファットマン
色々いわれたけど今日もうんこして生きている
誰にも負けやしない
天秤座だからってバカにするな
今日も俳句を連投してやる
この妄想についてこれるだけついてこい
犬に説かれるを善とし
豚に踏まれるを徳とす
頭の中は妄想だらけ
やることは俳句で世界征服
やることは頭の中の妄想を全部取り出すこと
お母さんお母さんお母さん
ああ
暴力がふるいたくてたまらない
やーい、うんこデブー
うるさいうるさい
俳句を狂ったように連投してやるぞ

224 :ちーちゃん:2014/01/07(火) 20:33:46.30 ID:Sni3VIFg
>>219
日を見て月を知る…いやはや深いです。
これは例えば今日は7日だから今月は十月じゃね?とか、そう言う事でしょうか。
流石は兎さん。私の様な素人ではやはり三ヶ月ほど遅れてしまいます。それとも八ヶ月進んでしまったのか。
ところで蝸の件ですが私、ふと疑問に思ったのは、夕方の雨の後にも蝸は這い出て来るのかって事なんですよ。
観測しようと思ったのですがあまり遅くなると懐中電灯が必要です。しかし懐中電灯は電池が切れている。
だから、やって来ました(笑)電気屋さんに!するとどうでしょう!電池って色々なサイズがあるんですよ?
単1、単2、単3。でもおかしいですよね?大きいお電池の方が数字が小さいんですね。
ああ、わかったきっと兄弟なんですよ。健一、健二、のりゆきみたいな。あれ?なんで三男だけのりゆき?
お父さん違うのかな?D-

225 :名前はいらない:2014/01/07(火) 20:38:04.18 ID:Sni3VIFg
>>220
おう。勝手に足してろアホンダラ。D-

226 :名前はいらない:2014/01/07(火) 23:33:03.51 ID:irQhDdsL
>>208 
誰かに温めてほしいなら書けや!やっぱりそこはちゃんと書かんとね
なんとなくは分かるんですけれども。ほれ、心に凍みるような寒さの表現が欲しいというかね。
D

>>166
シニカルですね。Happy Endも逆説かもしれませんが、読後感宜しくないです。
犬は生きた方がいいと思うんですけどね。それと繋がれたときと自由な気分が良く分からんです。
「およげたいやきくん」を一読することをオススメします。 D

>>130
ちっともわからなくて←逃げやん。両親のセックスを覗いたというと、トラウマにもなりかねん大事件でしょうが。
カマトトぶっとらんで、ちょっとね。どろどろしたものを書きなさい。 D

>>121
オウム真理教に訴えられるゾ E

>>120
「血まみれ」で傷そのほかを片付けちゃってるのが、真にせまってないですかね。
紋切りっぽいですから。 D

227 :名前はいらない:2014/01/08(水) 04:40:31.98 ID:g/a11xbk
「佐藤白豚光──豊かさとは多様性のことだ」

太り続けていく白豚のように
誰の意見にも耳を貸さない豚男
太り続けていく白豚のように
妄想が狂ってひとりごとのオンパレード
楽しかったら笑いなさい
悔しかったら泣きなさい
ご飯くらいは炊きなさい
あんた自分でやりなさい
皆が見ているよ
白豚のように太り続けていく
白豚のような顔して
おまわりに見つかって
泣き叫びながらも
開き直って犯罪者
いつか首を括るとき
白豚のように太り続けていく
白豚のように運動しないデブ
俳句を連投するデブ
何の取り柄もないデブ デブ デブ

228 :ゲッパリラ:2014/01/08(水) 07:15:46.05 ID:J30tZQ39
医者をして
見れば良きとぞ
薬出す

229 :ゲッパリラ:2014/01/08(水) 07:16:43.70 ID:J30tZQ39
訂正

医者をして
診れば良きとぞ
薬出す

230 :ゲッパリラ:2014/01/08(水) 16:46:20.50 ID:J30tZQ39
あれ何処
爪を切らずに
置いて在る

231 :ゲッパリラ:2014/01/08(水) 22:56:40.35 ID:J30tZQ39
爪切りに
シリコン入れて
引き千切る

232 :ゲッパリラ:2014/01/08(水) 23:46:48.13 ID:J30tZQ39
沼辺にぞ
井守泳ぎて
良く笑う

233 :ゲッパリラ:2014/01/09(木) 00:01:10.12 ID:+6ZPp8fy
大匙で
蝦蟇の油を
掬いたる

234 :ゲッパリラ:2014/01/09(木) 00:50:31.08 ID:+6ZPp8fy
松の木や
倒れておるに
海を見し

235 :名前はいらない:2014/01/09(木) 03:51:25.14 ID:Lqh2dwiv
「佐藤白豚光──オタ趣味の奴って、俺のこと否定してくるから嫌い」

あれ?
あれあれあれ?
白豚君は鬼束ちひろと結婚したかったのでは?
白豚君が実は一番キモヲタだということ
わかってないのかな?
ん? んんん?
血液型と星座の重篤ヲタの白豚光君は
普通の人たちから毛嫌いされているとわからない?
星座ヲタの天秤座の白豚光君
嫌われているのにわからないのかな?
キモいよ、お前
キモい顔をしているよ、ずっと家に居たのかな?

236 :佐藤光:2014/01/09(木) 08:10:40.96 ID:+6ZPp8fy
雪解けに
小猿嬉しや
木へ登る

237 :名前はいらない:2014/01/09(木) 10:54:20.98 ID:Lqh2dwiv
「佐藤白豚光──志村けんは、統合失調症」

あれ?  あれれれ?
白豚光君、とうとう怖くて逃げ出しちゃったのかな?
ブログもツイッターも怖いね 怖いね
たくさん狂ったように集めていたのに怖いね
追いかけられるとやっぱり逃げるんだね?
白豚光君、本当はとっても怖がりなんだね(笑)

238 :名前はいらない:2014/01/09(木) 11:14:50.94 ID:Lqh2dwiv
「佐藤白豚光──お前が死ぬんやで」

あれ? あれれれ?
白豚君、アカウントだけ変えて何とか続けようと
しているんだね
よかった、よかった
また逃げまくることにならないように
祈っているからね
お前が死ぬんやで
お前が死ぬんやで
素敵な言葉だね、白豚光くん、アメブロにも戻ってきてね
待っていますよ、豚男くん、けっこうせこい真似するんだね!

239 :佐藤光:2014/01/09(木) 17:19:47.51 ID:+6ZPp8fy
日は高く
蜥蜴や何処ぞ
考える

240 :佐藤光:2014/01/09(木) 21:55:34.06 ID:+6ZPp8fy
冬時刻
耳を湿らす
音ぞ聴き

241 :ちーちゃん:2014/01/09(木) 22:52:57.69 ID:1AQbeNBR
君のセン柳五段階で評価するよ〔vol.2〕
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/poem/1389275486/

242 :佐藤光:2014/01/10(金) 00:02:16.97 ID:+6ZPp8fy
座布団の
裏か表に
座りたる

243 :佐藤光:2014/01/10(金) 00:44:16.12 ID:5NAXdYg6
訂正

座布団の
裏か表に
腰下ろし

244 :佐藤光:2014/01/10(金) 23:02:33.74 ID:5NAXdYg6
石コロの
根や葉も無くて
植わりたる
風に吹かれど
耐え忍ぶ良し

245 :佐藤光:2014/01/10(金) 23:38:30.31 ID:5NAXdYg6
月をして
裏や表も
まん丸く
獣何処ぞと
探す太陽

246 :エクササイズ:2014/01/11(土) 07:30:33.57 ID:Vq1MITIi
 次に裸になり、脱力した状態より金玉と舌をほぼ、同じ速度で

ゆっくり前後にゆらす様な感じで動かします。この時、金玉の動きに

舌を合わせていく感じだと尚一層行いやすいと思われます。そして、声に出し

「あろぅぉ〜ん あろぅぉ〜ん あろぅぉ〜ん」と唱えながら行う事により

さらにこのエクササイズの効果が増す事でしょう。さぁ、いよいよ実践です!

247 :名前はいらない:2014/01/11(土) 08:23:11.56 ID:37oxm+NU
佐藤光(Sato Hikaru)
@libra_o_hikaru
男 1985/9/26/14時3分、新潟市生まれ 血液型O型
新潟県立新潟商業高校卒業、
日本アニメ・マンガ専門学校中退 職歴無し 資格無し
Japan, Niigata city(新潟市)

このスレで一日中俳句連投荒らししている佐藤白豚光について

248 :名前はいらない:2014/01/11(土) 18:52:26.27 ID:H/A9jRST
『反動形成』って  伊藤静子53歳

好き過ぎるっていうよりも自分に注目して欲しくて 

でも自分に自信がなくって 

相手に好かれたくてその人に依存してしまっているときに起こしてしまう行動。。

好きっていう自信があったらそんなことしないと思うけど・・・

まっしぐらでしょ(笑)

249 :佐藤光:2014/01/11(土) 22:59:49.57 ID:094ejNOd
馬は春
蹄の音ぞ
軽やかに

250 :名前はいらない:2014/01/12(日) 16:21:20.76 ID:kVsf5dwf
さあ今夜から悲しみを始めよう
悲しみが始まらないと嬉しさも始まらないよ、違うかい

悲しみを始めよう
喜びがあるから悲しみがあるんじゃない
悲しみがあるから喜びがあるのさ
昨日の涙があるから今日は笑顔でいられるんだ

悲しい世界を作った神様は
ごめんなさいの代わりに
世界を愛したのさ

悲しみを始めよう
裏切りを始めよう
傷つけることから始めよう

悲しもう
たまには裏切られてみよう
傷つけられようじゃないか

そうじゃないと本当の愛には辿り着けないさ

だから今夜からは
悲しみを始めよう
喜びばっか求めるんじゃあなくて
悲しみを愛することから始めよう

それが人生を謳歌するということなのさ

251 :名前はいらない:2014/01/12(日) 21:53:35.94 ID:UQxTdTef
「佐藤白豚光──社会的な価値観よりも、生産的なものがあるんだよ」

ん? んん?
自分のことを言っているのかな?
俳句が生産的だと思っているのかな?
白豚くん、傲慢すぎるぞ
君はまず仕事することから覚えたまえ
現実で逃げ続けてきた顛末
白豚くんに与えたもうた天罰
わかるかな?
家で地団駄踏んでいないで
外に出て一生懸命仕事してごらん
それからだぞ
職歴もないのに情けない男だよなあ、お前は
何もできない男なんだね、可哀相に
逃げて逃げて逃げまくる人生だね、白豚光くんは
太っていないで少しは運動したまえ

252 :名前はいらない:2014/01/13(月) 07:18:00.73 ID:PZQwWVvQ
「佐藤白豚光──日本では、非生産的な奴ほどでかい面しています」

ん? ん? んんん?
白豚君、自分のツイートをタイトルにされてむかついたかな?
非生産的な奴? 君のことだね、ふむふむ
中々良いこと言うんだね、ふむふむ
白豚君は俳句を量産していて皆の憎悪を買って
嬉しかったかな? ん? んん?
白豚君、少しは勉強したまえ
職歴なしなのかな? 怖いのかな、大人に批評されるのが??
白豚光君は臆病だからね、きっと怯えているのだろう
豚に説かれるを善とし
犬に踏まれるを徳とす
いつの間にか君の造語が軽蔑の対象になって、ふむ
慌てて削除したあとに
小さなことから、コツコツとか──ふむふむ
臆病者には臆病者の論理があるんだね
狂人なんだな、ふむふむ、ずいぶんと妄言が多いね、ふむ
点数をつけると──100点
ただしマイナスだけどね!

253 :名前はいらない:2014/01/13(月) 13:23:50.27 ID:/BXppYnh
伊藤静子53歳を見かけるたびに悲しい気持ちになる

254 :名前はいらない:2014/01/14(火) 06:33:55.81 ID:oeyo4xhb
「佐藤白豚光──知に長け、利に長け、人に長ける」

ん? んん? どうしたの?
白豚光君にしては、良いこというけど──ふむ
君のような職歴なし、傲慢、好きなものはネット──ふむふむ
どうしようもない人間でも呟くのかい?
仕事せずに親のスネかじりまくっていても??
甘えるなと他人に言われても構わないのかな?──ふむ
佐藤光君はいつの間にか「口先だけの実のない男」に
なりさがってしまったね
お金に興味なくても
人間に興味なくても
君の人生はこのままでは終わらないことだろうね
佐藤白豚光君は俳句を連投するしかできないものな──ふむ
まあ、せいぜい頑張りたまえ

255 :佐藤光:2014/01/15(水) 04:08:04.10 ID:F10zhwEg
デジタルの
ページに挟む
しおりかな

256 :佐藤光:2014/01/15(水) 04:51:50.85 ID:F10zhwEg
門松も
今は隅へと
置き去られ

257 :名前はいらない:2014/01/15(水) 05:32:49.98 ID:dBEWKkv4
 おまえら、くだらねえんだよ。
 なんでどこの馬の骨ともつかねえやつらが評価なんざ振りかざすんだ?
 そのエネルギー、べつのところに使えっての。
 ルーマニア出身の狼狂ことE.M・シオラン先生の箴言でもよんで、その腐った脳味噌をどうにかしろ。
 詩をみせてるやつらも安易な好悪に左右されてないで、中井久夫を読んでなさい。
 こんな塵溜めで喜んでも、ただの露出狂と同じだよ、尻の穴どもめ。
 きみらにはこのことばを贈るよ。
 
 「詩人であることはすごく簡単だ、しかし人間であることはとてもむつかしい」
 チャールズ・コウコウスキー「40,000匹の蠅」(詩集「指がちょっと血を流し始めるまでパーカッション楽器のように酔っ払ったピアノを弾け」)

258 :名前はいらない:2014/01/15(水) 07:10:41.87 ID:XKgSsReI
「佐藤白豚光──分かってないことすら、分かってない奴ら」

ん? どうしたのかな?
白豚光くんは自己紹介をするのがうまいよね
天秤座のO型だもんね、わははは
ずいぶんと顔も頭もでっかくなったね
おまけに態度も
職歴なし、彼女なし、絵もヘタクソ
取り柄のない白豚君に明日はあるのかな?
楽しいね、白豚光君が誰も居ない空間で
呟いているのをみるのは
精神科にでも行ったほうがいいんじゃないか?
君はもちろん、わかっていない白豚光
君はもちろん、何もできない白豚光
異常な人間ほど饒舌だからねえ、ふむふむ
まあ、せいぜい憎むことだね、自分の才能の無さを!

259 :名前はいらない:2014/01/15(水) 09:20:13.54 ID:XKgSsReI
「佐藤白豚光──因に応えて果を報す」

どーしたんでちゅか? 白豚光ちゃん
また脳内妄想はじまったのかな? んん?
なかなか俳句連投できなくなったんだね
才能が枯れてしまったのかな? ん?
今度は何、ポエムでも連投するのかな? んん?
メロンパンかじりながら
一日中文句を垂れながら──うんこみたいにね、ふむ
気弱で臆病な白豚光ちゃん
頭の中おかしくなってない? ん?
お母さんに熱でもはかってもらったら?──ふむふむ
すっかり怖がりになっちゃったね!

260 :名前はいらない:2014/01/15(水) 17:02:53.23 ID:XKgSsReI
「佐藤光──論理力の無い奴が論理を語る矛盾」

ん?
何を訳のわからないこと言っているのかな、君は?
論理力の前に大切なことはたくさんあるでしょ
仕事は? 彼女は? 絵は?
何ひとつない努力しない白豚君が言っても説得力ゼロだと
困ったね
仕事もできないし、社会に出たらいじめられるし
ネットでもただのアホだとしか思われていない
天秤座なのにまともな思考ができないのかな?
ん?
んんん?
佐藤白豚光君がなぜ本名だと証明できる?
はい、論破
所詮はニートだね、ふむふむ
怖いのかい?
傷つけられるのが怖いのなら、もうここに来なくていいよ
スタコラサッサとアメブロも放り出して
逃げたんだからね、ぷげら
頑張って俳句連投しなくなったね、ご苦労さん
時間は無限にあるみたいだけど、君の人相悪いよ!

261 :名前はいらない:2014/01/16(木) 08:00:56.61 ID:U+WfQfHh
「佐藤白豚光──自分が馬鹿にされてることに気付かない奴は、
馬鹿にする奴よりも質が悪い」

ん? んんん?
白豚光ちゃん、バカにされているって気がついてないのかな?
バカにされてるよ?
新潟県民の恥だと思われているよ?
ん?
頭の中にまた妄想がどんどん入ってきたかな?
職歴なし、資格なし、彼女なし、絵はヘタクソ
何をやらせてもダメだね、ダメだね?
頑張って少しでも見返せるようになろうね
白豚光ちゃん、ネットばかりやっていたらダメよ
お母さんに言いつけるよ
生活保護に頼らないで自分でご飯つくれるようになろうね
その割りにでかい顔と態度しているけどな!

262 :名前はいらない:2014/01/17(金) 08:54:05.79 ID:xSOx9s6S
「無題」 伊藤静子54歳

君が笑うと嬉しくなる 

君が悲しむと辛くなる  

私のココロは

だから元気だしてね  

ドンマイドンマイ (^_^)v

263 :名前はいらない:2014/01/17(金) 09:36:18.81 ID:/G4vdShI
「佐藤白豚光──新たなるストーカーへと」

【スタンド名】アクティブ・ハート
【本体】悩める少女
【タイプ】近距離型
【特徴】矢印マークが入った手袋をはめた人型
【能力】スピードに破壊力を乗せる能力

ん? どうしたの? 白豚光ちゃん?
また女の子にストーカーしているのかい?
漫画の影響、すごいねー
でも、相手にされてないよね
相手にされない天秤座のO型だもんね
白豚君、ストーカー行為はやめようね
職歴なし、資格なし、おまけに永遠童貞、彼女なし
太ったねえ白豚君、もうここには来ないでね☆

264 :佐藤光:2014/01/18(土) 01:25:34.17 ID:ZjVVFdis
CDの
回る音にぞ
目をまわす

265 :佐藤光:2014/01/18(土) 02:15:43.03 ID:ZjVVFdis
http://m1.gazo.cc/up/3178.jpg

266 :佐藤光:2014/01/18(土) 02:57:49.85 ID:ZjVVFdis
吊り橋の
流れ川にぞ
横たわり
道急ぐにや
背を貸し軋む

267 :佐藤光:2014/01/18(土) 03:05:01.60 ID:ZjVVFdis
訂正

吊り橋の
流れ川にぞ
横たわる
道急ぐにや
背を貸し軋み

268 :佐藤光:2014/01/18(土) 03:06:51.96 ID:ZjVVFdis
また訂正

吊り橋の
流れ川へぞ
横たわる
道急ぐにや
背を貸し軋み

269 :名前はいらない:2014/01/18(土) 08:06:47.50 ID:pewo6WLM
「佐藤白豚光──精神異常者が犯罪を起こすのだから、精神異常を理由に減刑は
ありえない」

ん? んんん?
自分が精神異常者だということに気がついてないの?
頭おかしくなって、一日中ツイート?
おかしいね、おかしいね、白豚光くんは
溢れる妄想に頭も少し壊れてきたのかな?
鬼束ちひろさんに求愛しつづけたこと忘れたの?
大丈夫かい?
精神科にいってお薬もらったほうがいいと思うよ?
白豚で危ない顔をしているよ
貧乏なんだね、仕方ないね
絵の価値ないし、白豚くんにも価値はないけど
今度親御さんと一緒に話そうね
また叫び声あげて逃げ回らないようにしてね
君の怒鳴り声は近所迷惑だよ、うんこたれぞうくん!

270 :名前はいらない:2014/01/19(日) 21:40:44.94 ID:PfTgdzM2
君たちセンスないなあw

271 :佐藤光:2014/01/19(日) 21:53:33.76 ID:SDQyYX9l
ブランコに
雪の積もりて
白くなる

272 :名前はいらない:2014/01/19(日) 21:55:31.13 ID:PfTgdzM2
佐藤くんセンスなさすぎてかわいそう

273 :ちーちゃん:2014/01/19(日) 23:38:16.54 ID:vt/tf7Jg
>>265
おや?まさのり君じゃないか

274 :佐藤光:2014/01/20(月) 05:31:16.03 ID:1o9L4heI
車の走り抜ける音
つんざく
耳障りな鉄の化け物
束の間の静寂
そして再び聴こえてくる

275 :名前はいらない:2014/01/20(月) 07:51:18.01 ID:qCMf+Bq7
>>274

全然ダメ。ポエムとしての価値ゼロ。評価E

276 :名前はいらない:2014/01/20(月) 10:00:09.40 ID:qCMf+Bq7
「佐藤白豚光──他人を馬鹿にしておいて、正義も糞もねーわな」

ん? んんん?
白豚光くんは完全な「悪党」ですけど、何か?
自宅で警備員をやっているただのブサイク喪男が
何を言っても聴いてもらえないのは
当然のことでしょう
あんた、頭おかしいから精神科にいって入院したほうがいいよ
あんたの言葉には誠意の破片もない
ただ自分のことだけ
だからいつまで経ってもろくな漫画描けないんですよ?
顔もキモい、職歴もなし、資格もなし
仕事してごらん?
すぐに役立たずと言われるはずですから!

277 :佐藤光:2014/01/21(火) 00:20:26.06 ID:Vz/AP0lr
デジタルの
1と5によぞ
6を見し

278 :佐藤光:2014/01/21(火) 01:21:59.78 ID:Vz/AP0lr
転がりし
小さくなれば
遠ざかる

279 :佐藤光:2014/01/21(火) 01:24:04.53 ID:Vz/AP0lr
転がりし
小さくなれば
遠ざかる
未だ先にぞ
何を求むや

280 :佐藤光:2014/01/21(火) 01:34:11.33 ID:Vz/AP0lr
何んぞ
緩くて回る
螺一本

281 :佐藤光:2014/01/21(火) 03:41:55.12 ID:Vz/AP0lr
干し葡萄
皿に盛られて
いるのかな

282 :名前はいらない:2014/01/21(火) 08:13:11.95 ID:zqwGrJqp
「佐藤白豚光──バカを馬鹿にする労力を考えたら、
ぶん殴ったほうが効率が良い」

ん? んんん? んん?
高校時代に苛められていた白豚光くんが
何を言っているのかな?
何をほざいているのかな?
仕事もせず、俳句を書き、親には叱られて
これからどうやって生きていくのかな?
コンビニの店員さえ満足にできないのに?
白豚光くんは電話で奇声を発していたそうだね
よっぽど苛められるのが怖かったんだね
貧乏なんだなあ、かわいそうに
白豚光くんは単細胞のバカだからね
ムキになって俳句連投するしか能がないからなあ
とりあえず家に出て怯えずにコンビニまで走ってごらん
運動しないとますます太ってしまいますよ、おでぶちゃん!

283 :名前はいらない:2014/01/21(火) 18:41:55.73 ID:zqwGrJqp
「佐藤白豚光──戦後日本の価値観として、「急激でなければ経済成長とは呼べない」という
風潮がある」

ん? 何言ってるのかな、この豚は?
歴史観もわからないのに間抜けなことを言ってるの?
大体、誰の言説?
仕事もろくにできない無能が何をほざいているのかな?
君は仕事も絵画も彼女もできないバカじゃないか
天秤座と言われるのが嫌でわざわざアカウントから
削除した弱虫の無能じゃないか
何を言っているんだ
戦後教育の本なら幾らでもあるからしっかり読んでこい
豚男、頭の悪い男だな、そうそう
お前の家にまた凸電してやるから今度は逃げずに
出てこいや、臆病者のヘタレ白豚くん!

284 :名前はいらない:2014/01/22(水) 19:50:20.36 ID:UCpfp2Es
「佐藤白豚光──逃げまくる28歳の豚人間」

アメブロもそそくさと逃げ出し
布団にくるまって寝ているんだろうな
もうお前は俳句を連投しなくてもいいよ
家の中でうめき声をあげながらせいぜい太っているがいい
お前の性格はもうわかった
お前の居場所もすでにわかっている
生意気だな、お前さんは
余りしつこくストーカーしていると痛い目にあうぞ、白豚くんよ

285 :佐藤光:2014/01/23(木) 00:18:40.37 ID:FCH0tUsh
マフラーの
隙間を縫いし
刺繍哉

286 :名前はいらない:2014/01/23(木) 08:05:18.00 ID:PgtKV2+9
「佐藤白豚光──「信用出来る人」って結局、「話が出来る人」だよな」

んんん? んん? そうなの?
会話さえ満足にできないのにポエムのスレッドで俳句連投
お前さんのような人間は信用されないよ?
ジョジョのスタンドを勝手につくって女の子に与える?
おかしいね
おかしいよね、白豚光くん、おかしいよね
そもそもお前さん、満足に会話できるのかな?
頭のおかしい白豚くんは俳句連投しているだけだよね?
違うのかな、白豚光くん
そろそろ仕事して立派な大人になろうね!

287 :名前はいらない:2014/01/23(木) 08:23:32.24 ID:6yVPIRw+
ある所に、ある女の子がいました。
その女の子はまだ生まれたてで色々な物を食べてぐんぐん育っていきました。
どんどん育って、ある日、長い長い旅に出たのでした。
旅はまだ終わりません。
旅はまだ続きます。
ずっとずっと旅していたある日、もう女の子も年頃になったとき、背が高くて、周りの人たちからも慕われて、光り輝いている男の子を見つけました。
女の子はもう、その男の子に胸きゅんです。
女の子はその男の子に惹かれていきました。
そして、二人は丁度いい関係になりました。
その関係で女の子は男の子にずっと恋し続けました。
そんなある日、女の子は体に異変を感じたのです。
何だか熱っぽく、けむったいような気がして、からだ中がむずむずする気がするのです。
風邪をひいたり、むずむずしたりすることは前にもありましたが、今回はどうもそれが強すぎて変です。
どうにも変なので、医者に行ったら、「体内のウィルスが原因だね。けど、そのうち菌同士で自滅するから放っておいても大丈夫」と言われました。
そんな妙な菌があるんだ、と思いながら放って置いたら、ほんとうに自然と消えていきました。
女の子は安心しました。
しかし、ある日、悲劇が起きるのです。
好きだった男の子は態度が大きくなり、どんどん太っていき、周りの人たちからもだんだん慕われなくなっていました。
女の子はそれをいやだと思いながら、今更好きなひとを変えることなんてできなかったのです。
そして、その日、女の子は男の子に無理矢理犯されました。
犯され、さらに燃やされたのです。
女の子は死にました。

288 :佐藤光:2014/01/23(木) 23:44:03.27 ID:FCH0tUsh
黒豆の
茶ぞ煎じてや
夢を見し

289 :名前はいらない:2014/01/24(金) 06:50:28.76 ID:NoWnkJqD
「佐藤白豚光系──努力が足りないのに、勝てるわけが無いだろう」

んんん? んん?
白豚光くんは何の努力もしないでひたすら
俳句連投しているよね
白豚光は凸電で泣き喚いていたから
お前の言うことは信じないし、誰も俳句連投に気がつかない
お前は最低の人間だね
これからも俳句で塗りつぶせばいい
お前の頭の悪さに辟易するだけだからね
なぜ、川柳のスレッドがあるのに、それを使わないのか
凸されて発狂した君はわかるだろうね
現実をみて考えたほうがいいよ、佐藤白豚光くん

290 :名前はいらない:2014/01/24(金) 20:32:34.42 ID:eDeEg72H
「亀」伊藤静子54歳 

星空は教えてくれる 
うつむいてちゃ 何も見えないと
前を向いて 歩きだそうよ 
ゆっくりでいいからさ 

291 :佐藤光:2014/01/24(金) 21:31:18.72 ID:YZHQagDu
芸人や
靴の裏にぞ
泥を塗る
さりとて人は
歩く他無し

292 :ちーちゃん:2014/01/24(金) 23:45:45.61 ID:NdGHNmFj
仏の顔もサンドバッグ

293 :名前はいらない:2014/01/24(金) 23:49:56.05 ID:NdGHNmFj
哀しげに
汚れた靴で
俳句人
続くモップの
顔色は無く

294 :秋吉君@得意のブーメラン攻撃:2014/01/25(土) 00:01:32.39 ID:uQYtdTJG
まるちゃんいる?

295 :名前はいらない:2014/01/25(土) 08:49:40.04 ID:ncVRJoO0
「佐藤白豚光──俺の発言の全てに、「乱暴に言ってしまえば」と
いう前置きがあるものと思って欲しい」

んんん? んん? どういうことかな?
お前が乱暴だと思っているのならお前が自重しろ
お前が悪いと思っているのならお前が出て行け
他人に責任転嫁してぶくぶくと太るのはやめろ
自分の俳句を連投してアピールするのもやめろ
お前のようなわがままな白豚がこの国をダメにする
日本から出て行って北朝鮮で生活しろ
お前は最低のデブだ
お前は最低のゴミだ
佐藤白豚光のブサイクな顔はみたくない

296 :名前はいらない:2014/01/25(土) 13:57:21.57 ID:Hfv7CW7i
日本人は働けよ 税金納めろよ

マスゾエ ばんざーい!!

外国人参政権ばんざーい!!

297 :神パリラ:2014/01/25(土) 19:24:22.34 ID:E+dP5Anc
「ゲッパリラ、俳句やめるってよ」

あいつのなまえ何だっけ
ほら、俳句連投してるやつ
ゲリパリラだっけ
ゲリッパラだっけ
あ、ゲッパリラだゲッパリラ

ゲッパリラ、俳句やめるってよ

え?そんなことどうでもいい?
どうでもいいことねーよ
二階堂っているじゃん
ほらゲッパリラの恋人の二階堂
ゲッパリラの俳句が読めなくなるって
気が狂ったように泣いててさ
夜な夜な俺に電話してくんの

ゲッパリラ、俳句やめるってよ

いや俺もよく知らねーんだけど
ゲッパリラと同じクラスのあいつ
まるちーずっているじゃん、まるちーず
あいつが言うにはさ
授業中ゲッパリラの奴が下痢漏らして
みんなに笑われてたら
「もう俳句なんかやめてやる!」って息巻いて家帰ったとかでさ
いや俺もよく知らねーんだけどさ

ゲッパリラ、俳句やめるってよ

298 :秋吉君@穢れきった豚穴:2014/01/25(土) 20:37:25.13 ID:uQYtdTJG
俳句?ヒッチハイク?
あれって俳句だったんだ。。。

299 :佐藤光:2014/01/26(日) 06:16:30.53 ID:PWbX0BsF
満月や
昇るにつれて
欠けし逝く
今も何処ぞで
日を見給うか

300 :佐藤光:2014/01/26(日) 07:17:39.14 ID:PWbX0BsF
人と云ふ
笊を被りし
猿の居る

301 :名前はいらない:2014/01/26(日) 16:22:46.48 ID:cPii41Lw
指揮者が最後に大きく手を振り上げたその瞬間に
私は青春を見たのだ

302 :佐藤光:2014/01/26(日) 23:03:44.04 ID:PWbX0BsF
降り積もる
雪や白くて
柔らかき

303 :名前はいらない:2014/01/27(月) 00:23:11.43 ID:NgwFU4iX
「お別れの朝」

月の見える真っ黒な空が私は好きだ
深夜4時夜明け前、聞こえるのは風の音と遠くの国道を走る車の音だけ
私を蹂躙する雑音は何一つ聞こえない
ここは誰にも邪魔されない私だけの世界
いつまでもこの世界にいたいと思う
でも気が付くと私の世界は消えていた
黒かった空は青みを帯び、鳥のさえずりが聞こえ、早起きの老人と遭遇する
ああ、目覚めてしまったかいつもの世界が
この世界は好きになれない
また明日会いましょう

304 :名前はいらない:2014/01/27(月) 01:19:27.80 ID:BVFbzIa8
「涙」

心は輝くときを持っている
小さく長く もの 強く短く もの
己が心を揺らして 重力のままに

朝目覚めた瞬間  光は広がってゆく
遠く遠くまで   ゆっくり進むんだ
影を沢山つくって 暗闇を満たして
刻まれる世界   全てに残してゆく

求め続けるんだ  大いなる籠の中で
キミはほら    まだ途中なんだろ?

心は輝く時を持っている
  糸のように    花の様に
己が心をゆらして providenceを打ち破れ

奇跡は起こらないんだ あとは分かるな?

305 :佐藤光:2014/01/27(月) 05:36:45.19 ID:+fXetMD2
川縁の
岩に飛び乗る
蛙かな

306 :名前はいらない:2014/01/27(月) 10:39:23.04 ID:iDY66Dmu
「佐藤白豚光──どちらが正義でどちらが悪か、判断するのはあなただ」

ん? んんん? 大丈夫、頭?
お前が悪です
お前が正真正銘の悪党です
凸電したときに大騒ぎしていましたよね?
お前が悪です
お前の個人情報すでに流れています
お前が悪い
お前が悪いのです、佐藤白豚光くん
せいぜい殺害されないように気をつけてくださいね

307 :名前はいらない:2014/01/27(月) 16:15:48.05 ID:s0ajxa7k
>>248
 野良犬か野良猫にえさをあげているところ。
不安解消のために。不安が強いほど動物との戯れの時間も長くなる。
それは現実逃避。
 この世でいちばんつらいことは、自分にうそをつくことだといいます。
あなたの生き方は本当にそれが正直な生き方であると言い切れますか?
自分が何をしたいのかもう一度問いかけてみてはいかがでしょう。
本当はどうしたいのか。
 C

308 :神パリラ:2014/01/27(月) 21:48:15.16 ID:aSDpdjnP
「主は熱い鍋の中に」

青く晴れた空 白い雲
そよ風優しく 昔を語る
思い出す あの煮汁
蕩けよ静かに 静かに蕩け

呼んでも還らぬ 遠い日よ
春夏秋冬 月日は巡る
思い出す あの煮汁
蕩けよ静かに 静かに蕩け

309 :名前はいらない:2014/01/27(月) 22:07:39.01 ID:yUuQOUHX
>>303
とても分かりやすい
ライオンは前に使ってました。
おはようから、おやすみ


310 :佐藤光:2014/01/28(火) 05:27:28.24 ID:p6S81zyi
雪は止み
我、長靴で
街を行く

311 :佐藤光 Rimix:2014/01/28(火) 18:20:58.14 ID:3JO72RFQ
下痢は止み
我、長袖で
尻を拭く

312 :名前はいらない:2014/01/28(火) 21:19:11.79 ID:HJYZC1wU
>>304
とりあえずC・・・か?

サビ?っぽいところのスペースに違和感が残るけれども
間違いなく何か入るよね。
涙が出るとき、心の揺れとか感動だね
えらく小気味いいから、パクリ無いか思ったがまぁ無いか
格好つけるのも良いけど感動モノなんだから
もっとほのぼのした文がいいんだがこれも色なのかねぇ

313 :秋吉君@穢れきった豚汁:2014/01/28(火) 23:21:22.45 ID:PW0wgaYC
このスレはもう機能していない

314 :ちーちゃん:2014/01/29(水) 02:49:36.10 ID:MwKKpePG
>>294
いねえよ

315 :名前はいらない:2014/01/29(水) 10:17:06.69 ID:V8ueGK8d
いるやんけ

316 :佐藤光:2014/01/29(水) 18:49:15.80 ID:dMrmYydY
鳥や来て
蜥蜴の尾をぞ
切り離す

317 :佐藤光:2014/01/30(木) 00:21:13.71 ID:FQ5ngU5f
暇を以て
鴎の巣にぞ
帰りたる

318 :佐藤光:2014/01/30(木) 00:46:51.01 ID:FQ5ngU5f
養生の
医者が海苔をぞ
片付ける

319 :神パリラ:2014/01/30(木) 08:13:31.56 ID:c7G8Bbn/
「エキセントリック川柳ボウイのテーマ」


エキセントリック エキセントリック

エキセントリック 川柳ボウイ


今日もセン5スレが平和なのは

エキセントリック 川柳! ボウイがいるからさ


速いぜ 速すぎるぜ 

駄レス投稿


全部評価E 嬉しいな

仕置きの主段さ

アンビリーバブル連続投稿!


がんばれ佐藤 がんばれ佐藤

僕には真似できない


くらわせろ くらわせろ

誰も読まない変な川柳 80連投


エキセントリック エキセントリック

エキセントリック 川柳ボウイ

320 :わたがし:2014/01/30(木) 23:59:10.17 ID:cJV6JlFg
まやかしわたがし
ふんわりとけてなくなる
軽そうで甘そうで天上のおかし
次の瞬間にはとけてきえる
存在まやかし
残ったのは空白
ただただ甘く誘う蜃気楼

愛なんてまやかし
恋はふんわりあまくち
ふわふわくもみたいにやわらかくて
次の瞬間霧散してきえてく
愛なんてまやかし
消えた後に残るのは
ただただ目の前の景色

321 :つけめん:2014/01/31(金) 03:14:46.68 ID:Dj2jjGvV
ゲッパリラさんこと佐藤光さんへ
ゲッパリラ最後の俳句>234
泣きました
東北をを偲ぶこの句は
被災者の支えとなるでしょうね。
どうぞ俳句の短歌を通じて
誰かを支える活動をなさって下さい。
ググってみると、教授・・・
見なかったことにしようw

佐藤光の名前に変えたとたん
プロの句・短歌になってしまって、
逆にアマチュア的というべきか。
心にほろりときませんよーw

ゲッパリラの名前も大切にしてくださいねーノシ

322 :名前はいらない:2014/01/31(金) 16:01:46.59 ID:l2V5w3ma
感想やアドバイス等頂ければ幸いです
よろしくお願い致します

「こっちおいで」

こっち、おいで。話、聞くよ
こっち、おいで。話、聞くよ

ノットファウンドなメール、置き去りのリング
僕は嘘つきだ
嘘つきだ

うん、うん、うん、ん


こっち、おいで。ぎゅって、したげる
いいから、おいで。おいで、おいで

違う子の名前で、呼んだっていいよ
誰にも言えないこと
聞いてあした忘れるよ

うん、うん、うん、ん


私は平気なのかって?
燃えないゴミに出したし
時々思い出すかな
時々、そう、そんなもんさ

週末十年ぶりの、流星が降るらしい
一人はさみしいし、一緒に来てくれないかな

うん、うん、うん、ん

323 :佐藤光:2014/01/31(金) 19:18:10.71 ID:0dfjLI8M
よた歩き
雛転ぶや
笑われる

324 :名前はいらない:2014/01/31(金) 23:39:04.05 ID:YyLCj2EF
>>322
こっちにおいでって誰が誰に言ってんのかよくわからん

もしかして「私」が
なんだかよくわからん理由で自己嫌悪に陥っている「僕」に向かって言ってるってことかいな?

んで私が僕に優しくしてるのはただ寂しさを埋めたいだけさ
てきな事が言いたいのかね?

リングだけ出されても具体的なこと想像できんし
もう少し読む人に伝わるように努力してくらさい
評価D−

325 :名前はいらない:2014/01/31(金) 23:53:30.57 ID:YyLCj2EF
>>320
愛といわれましても
愛にだって色々あると思うんですよ
それを全部ひっくるめてまやかしといわれても
なんか困っちゃうなぁ
勿論そういうまやかしな部分もあると思いますが

んで、愛はまやかしだとして
あなたはどうしたいんでしょうかね?
そこまで突っ込んで書いてくれたらもう少し面白く読めたのかもしれませんな

評価 D

326 :名前はいらない:2014/02/01(土) 01:19:09.96 ID:5PDILAgQ
「好きな人の前では」

また逢いましたね? わ・た・し でーす
お前か〜! なんて思わないでください

あなたの前では 照れてしまい
おバカキャラ演じています

あななたの 笑顔が好きで
あなたを 笑わせてみたい
はぁ〜 私の想いに気付かない!

ららら ららん らん
歌声が届くように
オンチな私だけれど
好きな人の前では あがってしまい
からんでしまうツンデレ ですっ

327 :佐藤光:2014/02/01(土) 02:52:43.89 ID:kyIJdNup
トンタカテ
狸踊るや
森の歌

328 :佐藤光:2014/02/01(土) 02:56:24.54 ID:kyIJdNup
訂正

トンタカテ
狸踊るや
森の唄

329 :名前はいらない:2014/02/01(土) 05:24:43.61 ID:BL4Cr3pI
「月光」

何の取り柄も無い
きっと犠牲になる為に産まれた
だってそれしか出来ない
どんなに悲しくても
どんなに貶されても
誰かの為に生きられない
泣くことも叫ぶこともない
ただ笑うことしか出来ないから
それでも辛くは無い
自分で自分を照らせるから
明けない夜は無いから
出来ることなら月の下
誰にも知られず笑いたい
自分の為だけに
願いは必ず叶う
風に揺れる水面に映るのは
月光が照らす惨めな現実
光の前で死んでいる自分の影
夢を見るほど可笑しくて
笑っていた

330 :名前はいらない:2014/02/01(土) 07:04:25.65 ID:fwCHfcge
>>324
ありがとうございます!

331 ::名前はいらない:2014/02/01(土) 20:27:11.95 ID:JupNgoYP
『村の頂上で春の樹は咲かず。』
水道の蛇口が開かれて、水の塔が勢い良く建設されてく
コップに溜めて飲み干してまた閉めるまでの間に
美しい時代がありました
………
それは良く晴れた、人の居ない11時の町で
声だけ生き物を追いかけていました
化粧の海で遠くが揺れていて
水着姿で歩いていましたが辿り着けず
呼んでも出てこない駄菓子屋で
そっとお釣りを置いてアイスを食べていたのです
お日様を眺めていると瞳に何かが蛍光で描かれて
目を閉じると黄色と緑の波紋と星が広がりました
………
犬だけの町へ御遣いに行って迷ってしまった少女は
骨の詰まった袋を渡されてはいなかったのです
虚ろな目で吠える犬達に少女が約束を守れないから要らないと
平たい石で小指を差し出すまでの間に
美しい時代がありました
………
家に帰る途中で蛹が降り注ぎ
車がパリっと音を経てて進むのが聴いてられなくて
心療内科に逃げ込んだのです
そこに居た彼等は蛹のまま院内を徘徊し
先生達は早く孵化しなさいと薬を渡してました
二階の白いベッドの並ぶ病室から見下ろすと
足の不自由な名の知らぬ蝶達が
羽を削りながら体を起こそうとしてました
山の方から黒い川がやって来て
多くの蝶達を運んで行きました
………
泳いだ気分で居たくてゴーグルに水を入れた
液体モザイク、視界だけの水中に
あなたが呼吸を出来ずに溺れ出すまでの間に
美しい時代がありました
………
黄金の臓器を覗かせる天使が売られているスーパーで
テルテル坊主の影を見ました
その影はまるで人の様な形をしていて
店員さんが新しく吊るした時にはジタバタと動いてました
店内の畑から引っこ抜いたじゃが芋
店内の海で釣った鰹は都会使用なので切り身だけで泳いでます
でっかいカプセルに女性が一人、ゲルに包まれて入ってたのです
産道に機械を装着していて
お金を入れて欲しい卵の数分、顔を苦めながら産んでくれたのです
………
こんなのでも美しい時代でした

332 :名前はいらない:2014/02/02(日) 13:00:01.65 ID:cjIDZAv4
>>303を書いたものです
>>309評価ありがとー
どの辺がよろしくない?

333 :名前はいらない:2014/02/02(日) 13:10:23.04 ID:+yNjnrBO
「己を知らない投稿者のように」

ほら 今日もポエマーがやって来る
一方的な思い込みをぶつけに
この 詩を書き終えたら 
噛みつかれるような気がした

誰かが書いたポエムを 
見てすぐに凍りつく
こんなのを どうやって
誉めるのが難しい

冷めてしまった食事の様に
冷静になって読み返せば
こんな詩を 投稿できるわけないよね?

そんな思い込みがたくさん
投稿してくるから
キチガイかと思ったでも今は
寂しがり屋だと思っているよ
ここには 採点する僕らがいるから

334 :名前はいらない:2014/02/02(日) 14:28:53.58 ID:npWxebS7
「佐藤白豚光──過去の偉人なんか糞食らえ。
俺が、現代の偉人なんだからな」

ん? んんん? んん?
また狂ったこと言っているのかな?
ほとんど無意味な、いや全部無意味なツイートして
ひたすらアピールしているのかな
この頭のおかしいお坊っちゃんは?
佐藤白豚光
佐藤白豚光
あまりにも薄気味悪い顔をしているね
病んでいるんだね、かわいそうに
佐藤白豚光
佐藤白豚光
天秤座だということはナイショなのかな?
佐藤白豚光
佐藤白豚光
殺意があっても人間恐怖症なので何もできない
殺意があっても弱虫だから自宅警備員、乙です

>>333

全然ダメ もう来なくていいよ 評価E

335 :名前はいらない:2014/02/02(日) 16:22:52.60 ID:+cZsDSRU
「口づけ」
ちょっと恥ずかしがりな
彼女は目を瞑っている
今夜も腕の中で
離すと消えてしまいそうな
やさしい口づけを・・・
その味は甘くてクリーミィで
こんな素晴らしい口づけをもらえる私は
きっと特別な存在なのだと感じました
今では私がおじいさん
孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル
なぜなら彼もまた特別な存在だからです

336 :名前はいらない:2014/02/02(日) 17:12:13.60 ID:HgFOyveL
>>331
物語調であること、情景色彩に気を使っていることを評価
だけど視点があっちこっちにいくし読んでて混乱する
美しい情景があったからなんなのか。悲しいのか懐かしいのか嫌やなのか、その感情が浮かび上がらない
幼い頃の思い出のような情景は良い。後段に行くほどファンタジーになってしまって最初感じた郷愁を手放して台無し
評価C

>>335
評価D
なぜなら彼もまた特別な存在だからです

337 :名前はいらない:2014/02/02(日) 17:32:27.54 ID:BSLF47ea
>>308
意味はわからないけど、昔飲んだ煮汁に恋い焦がれているのは理解した
評価C

>>326
古い歌謡曲みたいな言葉センス
評価D

>>329
自分を奮い立たせるために書いたのかな
自分は泣くこともできないって悲壮感に溢れているけど表現が乏しくて中二病みたい
観念的な文が多くて詩というより日記
評価D

338 :佐藤光:2014/02/03(月) 04:38:31.11 ID:uQzQLH9T
春や来て
一つおまけに
咳をする

339 :名前はいらない:2014/02/03(月) 08:32:09.63 ID:W7WN/rt6
佐藤白豚光、もちろん俳句はE
あと薄気味悪い顔を出すな、市ね

340 :佐藤光:2014/02/03(月) 18:06:59.86 ID:uQzQLH9T
校庭で
芋洗いては
日を浴びる

341 :名前はいらない:2014/02/03(月) 23:08:56.72 ID:TLu7vdAm
>>339
おまえも他人を叩いてないでさっさと消えろよ常駐ウザイ
見ててみんな不快に感じてる
隠語で死ねとか言ってまともな大人ではないな
オタクはしつこくていかんわw

342 :名前はいらない:2014/02/04(火) 07:21:31.20 ID:1H2aAuHn
>>340

佐藤白豚光、評価はもちろんE
ずんぐり体型にでかい顔面きもいからさっさと詩ね

343 :名前はいらない:2014/02/04(火) 07:27:13.83 ID:1H2aAuHn
アスペルガー症候群の患者は、自身の病名に敏感になる──佐藤白豚光

凸電したら、大騒ぎになって発狂した白豚男
マジで詩ね
お前のきたねえツラみたくねえんだよ
何が現代の偉人だ、変態
せいぜいびくびくしながら俳句連投してろ屑

344 :神パリラ:2014/02/04(火) 17:15:55.14 ID:0Xhe4T9Q
「パラフィリア」

壁に青い泥を塗り
傍観者を演じて気を失う
向こう側には
左手首にシンプルな絵を描いた君

夕闇

青い泥が赤い夕陽と混ざり合い
影を落としたその情景が
君の左手首の絵に鮮明な色を残したから...

倒錯

男に抱かれながら
左手首の絵を見せつけては絶頂を迎える君と
愛を注ぎながら
左手首の絵を舐めては絶頂を迎える男が

その一瞬が
その光景が

狂おしいほどロマンチックだったから

耐えきれず僕は
口から脳みそを吐き出してしまった

愛の匂いが充満している部屋の外で

345 :名前はいらない:2014/02/04(火) 17:34:36.31 ID:eGOKtVrM
おもうほどに

唇を肛門みたいに閉めてみた
強く強く口輪筋を締めたり緩めたりした
唇とケツの穴の見分けがつかなかってきた
どっちが唇かもう僕にはもう分からない

唇と肛門を間違えて君にキスしてしまったら…
脳裏に不安の屁臭い風が吹く

唇は湿るけど、ケツの穴もそう
ケツの穴は湿るけど、唇もそう
ただ、匂いが異なるだけさ
さあ勇気を出して次の次元へ行こう

346 :名前はいらない:2014/02/04(火) 21:49:43.72 ID:XmgwpOHv
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22760276
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22760176
可愛くない?(興味ない人は見ない方がいいです)

347 :名前はいらない:2014/02/04(火) 22:15:51.44 ID:1H2aAuHn
どんな時代だろうと、背中に負った一文字だけは貫かなきゃいけねえんだよ
──佐藤白豚光

その割りに電話あったとき発狂してたよな
お前のようなクソに背負う文字はただひとつ「糞」
俳句連投してアメブロから逃げた
デブが生意気なこと言うなよな
仕事もできず、芸術家ぶっているけど糞は糞だぞ、佐藤光

348 :名前はいらない:2014/02/05(水) 05:08:51.48 ID:C+u3BZbS
お前が死ぬんやで。──佐藤白豚光

得意技がまた出ましたな
お前が死ぬんやで
お前が死ぬんやで
凸電して絶叫していたわりにご大層な言葉だな
お前にいってやるよ
お前が死ぬんやで
お前が死ぬんやで
お前の住んでいる場所で糞だけしているハゲが死ぬんやで
佐藤白豚光
佐藤白豚光
お前が死ぬんやで、俳句連投しかできんアホは

349 :名前はいらない:2014/02/05(水) 05:15:07.39 ID:C+u3BZbS
人間は、本能的に体調を保全しようとする傾向がある──佐藤白豚光

だから、どうした?
ん? 新潟のマジキチデブ男、だからどうしたの?
お前のような勘違いのアホははよ市ね
生きていても無意味だろ
ただのっそりと太っているだけで
仕事もまともにできない豚には居場所などいらん
さっさとくたばれ
お前が死ぬんやで
お前が死ぬんやで
どうした? もう怖くなって俳句連投やめたのか?
太っているだけで何の価値もないヘタクソな絵描きさんよ
お前が死ぬんやで
お前が死ぬんやで
また凸電してやろか、お前が死ぬんやでいうて

350 :名前はいらない:2014/02/06(木) 01:36:46.48 ID:FybC4s0g
森と部屋

森にそれはあって
私の部屋にはないのです。
私がよく買う細々とした品々の
ひとつひとつは散乱しています。
足にそれらが刺さったまま
アパートを越えて
森へ行くのです。

351 :青木龍一郎:2014/02/06(木) 09:44:36.94 ID:VOGPvJDM
「性欲処理天国」

おっぺけぺー おっぺけぺー
おっぺけぺッぺッぺー

まだ知り合って1か月くらいしか経ってない彼氏が家族よりも大切な存在です

おっぺけぺー おっぺけぺー
おっぺけぺッぺッぺー

褒められなくていい評価されなくていいと叫ぶ売れないバンドマン

さあメガネをねじり潰そう
女々しいオルタナヒョロヒョロソングに合わせてねじり潰そう

それが俺たちのプライド

頭に華が咲く頃に去勢しましょう

352 :佐藤光:2014/02/06(木) 16:49:33.31 ID:2iMF+Iz9
鬼が来て
人の居ぬ間に
豆を食う

353 :佐藤光:2014/02/07(金) 01:30:05.64 ID:hyyOuywI
雪解けて
遥かに残る
白き山

354 :名前はいらない:2014/02/07(金) 02:31:48.51 ID:s+CSW+8z
日なたぼっこ

日なたぼっこをして
字を書いています

どこにも通じることのない
優しいやつら
ごめんな

355 :佐藤光:2014/02/07(金) 02:54:36.88 ID:hyyOuywI
栗鼠や来て
枝揺らしたる
鳥の囀り
夜は静けき

356 :佐藤光:2014/02/07(金) 03:11:40.95 ID:hyyOuywI
五七七七の音数の定型詩を、和詩と呼ぶことにする

357 :名前はいらない:2014/02/07(金) 05:49:31.11 ID:QS8zYGv1
志願者相手に話しかけてた
青い髪の 中枢神経
蟋蟀紛れた 粉末スープを
注ぎ込んでは 歯が痛い
プラシーボ効果だから踊れ

駐車場には金色の鳥類
桃色のピアノ線を首に巻く
眼球を食った 人間がいたよ
あれはプロパガンダだろって呟く俺の心はカエルに似てるね

シャム猫潰して ソーセージ
ハムスター焼いて ハヤシライス
屠殺場の豚の絶叫は
あらゆる広告に 勝るって
気分は青いらしい
デカいヨットで旅したい

志願者相手に話しかけてた
青い髪の 中枢神経
リスザルが嬉しそうに 宝物を持ってたから
戦車かなんか知らんが 紫の煙を吸いながら
叩き潰したのは カワウソの群れさ

プラシーボ効果だから踊れ
プラシーボ効果だから眠れ
プラシーボ効果だから黙れ
プラシーボ効果だから腐れ
プラシーボ効果だから笑え
プラシーボ効果だから沈め
プラシーボ効果だから回って

尻からレッドアイを飲んだ自慢なんか俺には知らん

358 :名前はいらない:2014/02/07(金) 08:07:33.56 ID:baQezIz2
>>344
君が手首を切った理由は何か、これを想像できていい
そこまで書いてしまったらつまらなくなるから書かなくて正解

傍観者を演じて気を失ったり、壁に塗りつけた青い泥が君の手首を切るくらいだから君というのはもしかしたら恋人で
この詩はNTRシチュで隣室からのぞき穴かなんかから覗いているのだとすると
ロマンチックとか愛の匂いとかいう言葉は皮肉的すぎて冷静的すぎるような

もしこの詩が性的に倒錯している男女を標本のように部屋の外から覗いているだけで
僕と君と男の間には倒錯の共通事項しかないならちょっと拍子抜け

全体的に人間の感情が薄い
対岸の火事みたいな、やっぱり標本を眺めているみたい
それを覗いている異常な自分に対しても僕が一言言ったらまた感情がのったのかも

色んな解釈が取れる割にはすっきりした構成
色んな解釈ができるという事が伝えたいことを真っすぐ伝えられていないと考えるのか、それとも世界の広がりや幅があると捉えるのかは
好みの問題なので好きにして下さい

評価C

359 :名前はいらない:2014/02/07(金) 08:25:01.28 ID:baQezIz2
>>345
妄想の新しい扉を開いたようで何よりです
評価D

>>350
森に行くから何
何を言いたいのかまるでわからない
森にそれはあるのだとしても、そのそれが全く浮かんでこない
読む人の想像力に任せ過ぎ
評価E

>>351
おっぺけぺーというよくあるフレーズを登場させることに意味があるのか
既存の表現を使って楽しようとしているとしか思えない
バンドマンとバンギャを揶揄る目的ならこの詩は成功しているけど、世界に対する愛が足りない、冷たい
ただ揶揄る為の詩なら読むに値しない、詩にするまでもない
時事評論やお偉方の説教でも読んだほうがマシ
評価D

360 :佐藤光:2014/02/07(金) 15:17:18.64 ID:hyyOuywI
ダボ鯊や
波に打たれて
舞い上がる

361 :名前はいらない:2014/02/07(金) 18:35:52.34 ID:BTMtEvWr
佐藤白豚光が学生に絡まれておたおたしていたな
お前のような糞虫は仕事しろだとよ、正論だな

362 :名前はいらない:2014/02/07(金) 21:44:14.69 ID:UE+ThYl0
排水溝

排水溝は欲望もなにもかも流して 僕のゲロも君の流した涙も
流れていく景色も記憶も手首の血も はっきりいって君も僕も異常さ

海へいこう 赤く染める夕凪も 世界すべて 君の涙と血だ

彼女 前髪を切る 反現実共産主義者
小さな世界 幾千の世界 排水溝に流れ


寂れた雑居ビル街のホテルで 首を釣って死んだあの娘はハッピー
吐き気がするほど美しい世界で 隠してく僕のPOPアンドLOW衝動

海へいこう 赤く染める夕凪も 世界すべて 君の涙と血だ

彼女 手首を切る 反現実共産主義者
赤い世界 鉄の味世界 排水溝に流れ

363 :佐藤光:2014/02/07(金) 22:07:19.50 ID:hyyOuywI
焼けぬなら
焼くるまで待て
石焼き芋

364 :名前はいらない:2014/02/07(金) 23:18:10.77 ID:en2wmhhT
>>351
これ本当にあの青木龍一郎さんですか?
昔の才能あふれていた彼はどこへ・・・

365 :名前はいらない:2014/02/08(土) 14:13:29.33 ID:btZKzOh8
佐藤白豚光は遊んでないで仕事しろよゴミ屑男ww

366 :名前はいらない:2014/02/08(土) 16:26:42.13 ID:kykO4XnX
「雪の世界に熱湯の雨」


閉ざされた街に満たされたエゴ

すべてが白くすべてが儚い

氷点下の心を抱いて群れをなす鳥を眺める 

雪の世界に熱湯の雨

祈りに似た願望

雪の世界に熱湯の雨

ため息一つで消える幻想

367 :名前はいらない:2014/02/08(土) 18:35:12.87 ID:dn6GEBsL
>>366
雪の世界ってだけじゃ氷点下まで心が下がるのに違和感
熱湯の雨の雨がふったところで閉ざされた街なら意味ないじゃん
結局最後が幻想とか昇華しきれてないからNG

368 :名前はいらない:2014/02/08(土) 21:05:15.45 ID:kykO4XnX
↑ 俺の糞詩がNGなのはわかったけど
せめて五段階の評価ぐらいしてくれ
これなら評価じゃなくてただの中傷じゃねえかよ・・

369 :名前はいらない:2014/02/08(土) 22:59:24.77 ID:dn6GEBsL
>>368
D:素人。

370 :名前はいらない:2014/02/08(土) 23:49:09.62 ID:5WjijHhc
「しにたい魚」

うみはくらいお
さむいお
お魚になったのに、のどが渇くお
からからだお

ちかちかと光るものがあるお
くらげさんかな?ちょうちんあんこうかな?
あれ、むこうでおじぞうさんの群れが徘徊してるお
毎朝ごくろうさまなんだお
小惑星のかけらはまだみつからないのかお?

ぐるぐるとまわりつづけるどぶねずみさん
彼らにこわされちゃったんだね
いつものことだお
うひ
一昨日よりのどがかわいたんだお
みずがほしいお

毎日がつらいお
しにたいお

371 :名前はいらない:2014/02/09(日) 00:04:07.33 ID:l9Zn2n2b
>>370
>お魚になったのに
前後の脈絡がないのに意味不明

>毎朝ごくろうさまなんだお
なぜ毎朝知ってるのに あれ?と気づかないのか 矛盾

>小惑星のかけら
前後に説明するようなイメージを膨らませるような言葉がないので ただかっこいい言葉使ってるだけ

>どぶねずみさん
海の話でいきなり陸?は?

E:まずは日本語の勉強を。

372 :佐藤光:2014/02/09(日) 03:18:47.52 ID:jlrRBuuh
娘子の
葱を売っては
歩きたる

373 :名前はいらない:2014/02/09(日) 09:31:19.65 ID:CJL+Fxov
>>354
短い詩だとしても内容が薄すぎ想像力に任せすぎ
自分が書いた詩がどこにも出て行かないってことかな
自分の詩を大切にしているのは良い
自分の詩にセンチになる気持ちもよくわかる
評価C

>>357
動物しばりなんだろうか
色彩豊かで動物いっぱい出てくるので、なんとなく熱帯雨林ジャングルを旅行している気分
登場させる動物の種類と状況をもっとよく考えたほうがいいかも
詩の意味はわからないがなんか好き
評価C

374 :名前はいらない:2014/02/09(日) 10:09:42.63 ID:VUQ7r6I1
「君からの電話」

深夜2時 君からの電話 
しばらく会っていなかったけど
今すぐ逢いに来て 
どんなに時間がかかっても

自転車に飛び乗った
星空に背を向ける
こぼれそうな汗をぬぐい
夢中になって急いだよ

コンビニのあの坂を登れば
君の元に声が届く
独りにさせないことが
今僕にできること

真夏の風を切って 
必死でペダル踏み込んだ
やっとたどり着いたと思ったら 
窓の明かりは消えていて
君はぐっすりと 眠り込んでいた

375 :名前はいらない:2014/02/09(日) 10:43:26.16 ID:l9Zn2n2b
>>374
D:素人。

深夜二時ってのがバンプを連想させて失笑
季節感である真夏という言葉を最後に使うのはアホ

こぼれそうな汗をぬぐい
真夏にこの表現もおかしい

376 :佐藤光:2014/02/09(日) 23:33:51.58 ID:jlrRBuuh
塵箱へ
ポイと投げたら
ホームラン

377 :名前はいらない:2014/02/10(月) 00:19:59.71 ID:mPLfg/Mz
蝶と鶯

空を飛ぶ羽を喪った哀れな蝶よ

僕のことも哀れんでくれ

愛を語る嘴を喪った鶯のような僕を

一方的な同情なんて、つまらないさ

同じ一時の感傷なら

互いに傷を舐め合う方が愉しいだろう?

378 :名前はいらない:2014/02/10(月) 00:21:58.42 ID:32RgLqqe
>>377
>鶯のような僕を
ような ないほうが詩的

同じ一時の感傷なら
互いに傷を舐め合う方が愉しいだろう?

ここが弱い 前半の比喩はさておき落ちでもっと独創性が欲しい

D:素人。

379 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/10(月) 01:26:14.19 ID:mL0t+j/w
俺の虫歯がこんなに痛いのは、どう考えてもトンキンが悪い

380 :佐藤光:2014/02/10(月) 19:58:15.95 ID:JtVfcUQS
生きる毎
恩に御の字
足して行く
業を為さねど
修むと申せば

381 :名前はいらない:2014/02/10(月) 22:10:42.97 ID:IX7TAG/X
「ひとつの疑念」

投稿した人が納得いかなくてなぜかと聞く人いるよね?
もし投稿者より
批評家が
レベルが低くて
社会的にも底辺で
詩も書けない
アニメマンガしか読まない
無職ニートが
偉そうに鼻くそほじりながら批評する
誰も知らない秘密が真実なら
笑止千万w

批評する人は偉いと思う先入観が
簡単に騙される原因となる

彼は35歳?になって定職もつかなくて
こんなところに住んでいて
死にたくもなりますよねえ〜

382 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/10(月) 22:27:25.34 ID:mL0t+j/w
高いレベルの教育が必要とされる社会など、そもそも誰に求められているのか

383 :名前はいらない:2014/02/10(月) 22:28:52.41 ID:32RgLqqe
全然いい詩がねえなあ
全員ターゲットさえ不確かな
オナニーぶちまけ

自己嫌悪なのか
はたまた自己愛の塊なのか

もうちょいまともな作詞を頼む

384 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/10(月) 22:30:17.32 ID:mL0t+j/w
教育の「基礎レベル化」と「専門分野化」が必要。
つまり、「誰にでも分かる専門知識を教えよう」という事だ

385 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/10(月) 22:32:03.27 ID:mL0t+j/w
戦力は拡大もしくは縮小し、それを一定に保つ事は出来ない

386 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/10(月) 22:47:50.89 ID:mL0t+j/w
法的に優位な立場に立とうとする意志そのものが、うざい

387 :神パリラ:2014/02/10(月) 23:33:15.04 ID:sBALxpfg
>>358
評価あざっす
感情表現はできるだけそぎ落として冷たい印象を与えるように書いたつもりだったが、
評価さんの言うとおり主人公の感情を表現できたら奥行き広がったかも
これからの詩作りの参考にさせていただきます

388 :名前はいらない:2014/02/11(火) 00:34:58.87 ID:6bBCTZgn
>>381図星でC
さっそく傷ついた人がいたからまさかの図星確定でワロタWwwwwwww
それを言っちゃ終わりだろ。
気持ちよくその気にさせておけばいいものを。
いつもの彼がすねてるじゃねーか。
ポエムで無理やりレスさせようとするところが策士だな。
いつも酷評してる割には彼のメンタルは意外と弱かった。
たぶん認めることになるから彼は書けなかったのが想像つくけど、もっと優しくしてやれよ。
判ってもおとなしくハイハイ騙された振りしとけばいいのこれはお約束な。

389 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/11(火) 06:18:08.99 ID:wW8iQte4
恐らく明日、風が吹く事は無い。少なくとも、そう仮説を立てる事は出来る

390 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/11(火) 20:24:37.27 ID:wW8iQte4
トリップを取られたのははっきり言って悔しい

391 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/11(火) 20:29:49.25 ID:wW8iQte4
そろそろ童貞は卒業したい。

392 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/11(火) 20:59:54.81 ID:wW8iQte4
豚と呼ばれることには慣れてきたつもりだ。

393 :無名草子:2014/02/11(火) 23:12:35.68 ID:7a9nhfsm
降り注ぐ小雨が俺の全身に降り注いでいる。

どうしたものか、
どうすればいい、
なにをすべきなんだろう、

必死に考える、
小さな段ボールの中で俺に鳴いてくる猫を見つめ

たとえ見過ごそうとも、誰も責られまい

残忍な子供の手でぼろ雑巾と化しても
保健所の自己満足の涙と共に消えても

変わらない変えられない

棄てられた猫が減らない限り
人間の中途半端な覚悟がある限り

降り注ぐ小雨が俺の全身に降り注いでいる。

触った段ボールの中の猫は哭くのをやめた…

僕の手によって

394 :名前はいらない:2014/02/12(水) 00:14:40.24 ID:Nc8MO5QB
>>393
E:まずは日本語の勉強を。

小さな段ボールの中で俺に鳴いてくる猫を見つめ
触った段ボールの中の猫は哭くのをやめた…

日本語がゴミ
伝えたい内容も薄っぺらい

395 :名前はいらない:2014/02/12(水) 05:06:46.81 ID:v8R+JC3l
血が流れるように全てを忘れてしまいたい
この感覚こそ真理合理先は灰
誰もかれも解る気がする
そこは美しい模型かそれとも花か

396 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/12(水) 05:11:33.24 ID:g+2z79kV
アーノルド坊やみたいだと良く言われてるよ。

397 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/12(水) 05:12:46.60 ID:g+2z79kV
仕事したら負け。仕事せずに毎日絵を描くほうが楽しい。

398 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/12(水) 05:32:45.76 ID:g+2z79kV
日本人だけど日本人と呼ばれたくない、宇宙人だ。

399 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/12(水) 08:46:06.02 ID:g+2z79kV
顔が木魚みたいだと言われる。事実だけれども。

400 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/12(水) 16:58:06.83 ID:g+2z79kV
俺は新潟の恥知らずである。そのことについては謝罪したい。

401 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/12(水) 17:00:13.27 ID:g+2z79kV
俺の肛門は誰にでも貸すし、返却期限は特にない。

402 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/12(水) 17:15:09.42 ID:g+2z79kV
紙ふぶき 空に飛び立ち 舞い降りる

403 :名前はいらない:2014/02/12(水) 21:59:09.20 ID:tduYNESX
「業」

安らかな操り顔

二人で見た景色と今では血塗られ
蝉と鳴く夕暮れに

滴り堕ちる 幸福の千

気を千切らす
下は見ない方が良いから

手と手を取り合って豪快に飛び散る
俺の名を叫べ
眼と眼を向き合って月光が覗く
今夜、無邪気なお前に万歳三唱

山道、ゴミ袋を
鼻歌にのせて進む
行く先に必ず…
さあ 終わりが今始まる

愛し疲れた 墨色の犠牲
子宮で者を語り 朽ちる色彩
雁字搦めの思想
いつからこの場所にいるの?
雁字搦めの理想
股開く嘘に笑い合う

気を千切らす
あからさまに見せつける
お前が憎い
許す事が愛せない

下は見ない方が良いから

手と手を取り合って豪快に飛び散る
俺の名を叫べ
眼と眼を向き合って月光が覗く
今夜、無邪気なお前に万歳三唱

404 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/13(木) 14:20:03.77 ID:80SuigRe
新潟はすでに戦争状態だ、もちろん俺は不参加だ。

405 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/13(木) 14:20:55.36 ID:80SuigRe
いとをかし ちぢにものをぞ 言うなかれ

406 :名前はいらない:2014/02/14(金) 18:18:21.86 ID:nj4ZCPsf
「運命の女神」

そうさあの日僕は恋に落ちたんだ fall in love
百万ドルの夜景より魅力的な君に。
僕は君を守るために生まれてきた
世界中を敵に回しても僕だけは君の味方だよ
なにがあってもこの手だけは離さない

407 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/14(金) 22:52:59.59 ID:b8jhKjX1
星明り 空にパレット 描きたる

408 :名前はいらない:2014/02/14(金) 23:59:38.77 ID:sCRqdsRK
このスレ
ねえいつまでやるの
死んでしまうまで
そろそろはっきりして欲しいの
ただの遊びか
本気なのか

そんなに長く待ってられないわ
もうすぐ30よ
その気がないならキッパリさよならして
もう疲れたあなたとは

409 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/15(土) 06:38:45.11 ID:+AoVhh5g
痔になってしまったようだ。

410 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/15(土) 06:39:49.48 ID:+AoVhh5g
エナメルの 靴をはいてる シンデレラ

411 :名前はいらない:2014/02/16(日) 07:48:21.15 ID:fWtjlpJM
>>406の詩の世界は深い。

412 :名前はいらない:2014/02/16(日) 08:33:48.07 ID:Og57FTxH
グラニュー・ストーン
口笛を吹いて ハチミツを舐めながら
散歩してる 草原を

グラニュー・ストーン
ヒステリーのカミキリムシ
カナキリ声を あげるけど
あんまり 関係ないね
麦のジュース 飲んで歩こう

グラニュー・ストーン
びっくりするぐらい
深い谷底へ
真っ逆さまに落ちた
這い上がれたり 這い上がれないまま
消えていく星は 宇宙の色

グラニュー・ストーン
ときどき思い出す
皆 壊れたっていうけど
本当は壊れてないよ
あの子は 矢印さ
まっすぐすぎたんだ
毛布をかけて お休み

グラニュー・ストーン
草笛を吹きながら
砂糖をまぶしたパンに
バターをつけた それをかじって
のんびりしようぜ
太陽は ミルクだろう

413 :名前はいらない:2014/02/16(日) 09:23:47.72 ID:Dr38Wj9R
>412
グラニュー・ストーン のCMですかローカル局なら充分流せますね D

414 :名前はいらない:2014/02/16(日) 09:56:40.51 ID:Dr38Wj9R
>>409 お大事にD
>>410 
ガラスではなく一般に市販されているエナメルの靴を選んで書いたと言うことに、
意図が感じられます。このシンデレラは現実社会の一般女性ですか
最近街で見かけた女性に心奪われたのでしょうか
シンデレラから時刻は0時と連想できますが実際は見かけた時刻は夜遅くだと思いました
また週末がバレンタインデーあったことから場所は洋菓子のあるデパート近辺でしょうか
また雪が降っていたかもしれません。だから女性はシンデレラ同様に急いでいた駅に向かって。
この時刻あなたは外に出ていたか
出ていなければニュースで流れた街の様子を見て思いついたと推測できます

短い文章にこれだけの情報が読み取れるんですけど深読みしすぎでしょうか?
意図して書いたのならCです
たぶん違いますよね残念です

415 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/16(日) 11:37:29.93 ID:RHvzSLF5
風車にて 闘い挑む 偏屈者

416 :名前はいらない:2014/02/16(日) 19:44:30.74 ID:Og57FTxH
サイケデリックな笑顔を振って 黄緑色の卵を割った
機関車はもう終着駅に つくことしか考えていない
誹謗中傷 慣れ親しんだら
終着駅ってなんの話?になる

新聞紙に書かれた 無償の愛っていう題名の話
ロック・ショック・バレル 600ピクセルの
白紙の裏に住んでる ヤギの顔 眺めたことある?

後ろめたい思い引きずって 人殺しになる夢は
あまりに純粋すぎて 触れられないくらいに繊細だった

後ろめたい思い引きずって 加害者になる夢は
あまりに暴力的で 革命的に峻烈だった

ヒヨコの脱け殻は白い本で 増長しきったギタリスト
俺のを罵るたび 鉄格子に入る
青い警官のルーズリーフに シナリオライターは隠れてんだ
そこから逃げ出したくて 透明なダダリオを動脈に巻く
作為的 作為的な話で 革命的な雨 革命的な雨

417 :佐藤光:2014/02/17(月) 01:41:43.71 ID:RLD/l9KU
白塗りの
大地に乳房
蕗ノ薹

418 :佐藤光:2014/02/17(月) 02:27:28.00 ID:RLD/l9KU
血や流れ
赤より黒へ
落ちし逝く
湿る傍から
また乾きては

419 :名前はいらない:2014/02/17(月) 06:34:42.68 ID:LBgT3bbM
夢が無ければ生きなかった
あそこに見える あの人も
今は肩を落としているけどね
いい夢ばかりじゃないんだよ
いい夢みたいと思うなら
鳥のように飛ぶしかない
そうしてね だからね
みんなここに来るんだよ
夢をみるほどひたむきに
生きる今日も夢のまた夢
夢から覚めたら さやうなら

420 :名前はいらない:2014/02/17(月) 12:26:08.02 ID:Ku5U2m3h
まだ途中だけど↓↓

ありふれた朝 いつもの布団の中で目を開けたとき
ぼくはもう幸せなんだか不幸なんだかわかんなくなっちまった
確かなのは
あの太陽がぼくを燃やしたとき
最後に残るのはひとつ
哀しみなのでしょう

421 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/17(月) 12:42:02.56 ID:795m3Ik9
風立ちぬ のめどつくせど 満ちたりぬ

422 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/17(月) 12:42:38.17 ID:795m3Ik9
無重力であれば人間は皆生きていける

423 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/17(月) 12:43:24.29 ID:795m3Ik9
発展の転換

424 :佐藤光:2014/02/17(月) 16:44:50.66 ID:RLD/l9KU
雪解けの
音に良く似た
オルゴール

425 :佐藤光:2014/02/17(月) 18:56:22.10 ID:RLD/l9KU
山から山へ
野から野へ
旅路に踏んだ
道は知らねど
あの日の君や
嗚呼あの君や
また何処かで
逢い去らばえる

426 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/18(火) 07:34:21.68 ID:MLUrNKOL
都にて 在りて想うは 東福寺

427 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/18(火) 07:37:23.37 ID:MLUrNKOL
俺はセックスできないのではなくしないだけだ(強がり)

428 :佐藤光:2014/02/18(火) 23:46:29.09 ID:6nfto4qw
藤の花
咲きし開いて
道譲る

429 :秋吉君@澄み切った美女の脂肪肝 ◆2itMTGf8Qk :2014/02/19(水) 01:14:47.14 ID:vJKrB4Ls
豚はどこまでいっても豚のままだ

430 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/19(水) 10:51:36.87 ID:kkzb0OYA
如律令 欺かるるは 理なり

>>429

正論です。

431 :佐藤白豚光 ◆IF4OOrSzUw :2014/02/19(水) 13:56:13.81 ID:kkzb0OYA
文明の 開化を告げる 蒸気船

432 :名前はいらない:2014/02/19(水) 14:09:38.81 ID:MNG5NlUF
>>362
ありきたりな表現と言葉
ただどこかで見た言葉を組み合わせるだけじゃ詩になりません
「首を釣って」がわざとじゃないならもっと自分の詩を見直しましょう
評価D

>>395
前2行と後2行のつながりの意味がわからない
人に伝える気はある?
評価E

433 :佐藤光:2014/02/19(水) 15:29:26.86 ID:Xwt9Am//
草の芽や
靴音軽く
伸びし育き

434 :名前はいらない:2014/02/19(水) 20:00:13.68 ID:4U0SVeat
「螺旋階段」

憎悪よ 我を動かす糧となれ
狂気よ 我が精神に宿れ
この霞に覆われた瞳
この穢れに満ちた両手
惨劇よ 全てを浄化せよ

435 :名前はいらない:2014/02/19(水) 22:57:10.61 ID:41HwwQdf
言葉にもならない断片が体を裂いて出てきそうだ。
蠢く虫に食われそうな精神の脆さに早くも絶望より半歩引いたところで、俺を軽蔑してる俺がいるんだ。
一言でいえば誰か助けて。
そんな幼い言葉で甘えてみせたい。
この身を擂り潰して誰かに食わせたい。
誰かの命として消費されたい。
俺の関与しないところで命の一部でありたい。しかし、もう全部は御免だ。
かわいそうな俺にキスをくれ。
抱き締める代わりに潰してくれ。
春の気配は駄目だ。理性がきかない。体の内の欲望がちりちりする。
殺してくれとはいわない。ただ、少し、誰かに命を預けたいだけなんだ。

436 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:5) :2014/02/20(木) 03:05:44.42 ID:5baLwXLh
カラメルさんが止まらないね

ちょっと評価してみようかと思って来てみたら
流れてて見辛かったね・・・

>>434 D
タイトルから読んだからかなり勝手な妄想が
なんか救われたいんだね
イライラにはとりあえずブーケを
ちなみにバラが良い香り

>>435 C
まっすぐな気持ちが伝わって来ました
割と歪んだ私の目と口のフィルターは
ラブレターと受け取りました。

ラブレターと受け取りました。

照れますね///

437 :名前はいらない:2014/02/20(木) 05:31:25.05 ID:TmbRAz8D
太陽は登る
太陽は沈む

月は登る
月は沈む

あんたは生きる
あんたは死ぬ

食べ物は死骸
子供は命

悪い人がいる
良い人がいる

悪い人なんていない
良い人なんていない

魂は錆びない
魂は錆びない

DNAはなに?
DNAはなに?

あんたは生きる
あんたは死ぬ

太陽は登る
太陽は沈む

Don't need remorse
don't need remorse
don't need remorse

438 :435:2014/02/20(木) 08:04:39.66 ID:71GfhKHJ
>>436ありがとう

439 :名前はいらない:2014/02/20(木) 17:09:58.41 ID:78xw8SME
「女心」
ねえ人は
完璧なもの求めるけれど
いざ完璧を目にすると
壊したくなる生き物なのよね
二人の愛もそうなるのかと
思うと怖いの
でもそれをあなたに言ってしまったら
あなたはまた苦しむのよ、きっと
だから自分に言い聞かせるんだ
愛と不安はあなたと私
二つで一つの運命なのよと

440 :名前はいらない:2014/02/20(木) 19:09:18.63 ID:71GfhKHJ
>>439

441 :名前はいらない:2014/02/20(木) 19:30:06.16 ID:71GfhKHJ
>>437

442 :名前はいらない:2014/02/20(木) 22:22:10.70 ID:RlLoW8CS
君の笑顔が好き
君の声だけで満たされてる

君の涙で愛しくなる
君の腫らした目で抱きしめたくなる

本当に
本当に
本当に

情けない僕

443 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/21(金) 05:25:08.04 ID:stdq19fT
>>428
フジとウジが被って不快になった。 G−−−−

>>433
 一見春を謳う俳句のようだが
まだ肌寒く、低気圧吹き荒れる現在の天候を考えると
多少、フライングをしたように思える。 G−

444 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/21(金) 05:38:11.42 ID:stdq19fT
>>442
相手の腫らした目で相手を抱くシチュエーションが全く想像できなかった。E

445 :佐藤光:2014/02/21(金) 23:11:14.88 ID:iImPmTLw
草の芽に
緑や落ちて
溶ける白

446 :名前はいらない:2014/02/21(金) 23:22:32.73 ID:A90ukqwI
君の本質は?

原子論を信じるなら君はこれ以上分解出来ないものの集合体だ。

けど

違うよね?

全部で君だ。

君という要素はこれ以上分解出来ない。

なら君は魂が本質?

それも違う。

君は肉体で思考する。

なら君は形が本質?

それも違う

形じゃないものがたくさんある

そう

全部違うんだ

じゃあもう一度聞こう

君の本質は?

答えは

全て

447 : :2014/02/22(土) 00:32:08.94 ID:RA4nZcKS
>>446
深い。ゲーテなんかより深い。でも語彙が貧弱。B

448 :佐藤光:2014/02/22(土) 00:37:16.05 ID:Di4YFboJ
赤蜻蛉
飛びて喜ぶ
空の色

449 : :2014/02/22(土) 00:41:46.36 ID:RA4nZcKS
>>448
うーん、ランボーの共感覚っぽく読めて、その実、浅い。
でもなかなかいい。


450 :佐藤光:2014/02/22(土) 01:51:44.34 ID:Di4YFboJ
蟋蟀も
暗き只中
寂しん坊

451 :佐藤光:2014/02/22(土) 01:55:24.20 ID:Di4YFboJ
鮒や来て
濁る流れに
泳ぎ去り

452 :佐藤光:2014/02/22(土) 02:06:24.14 ID:Di4YFboJ
とは言えど
器は薄き
物の良し

453 :佐藤光:2014/02/22(土) 02:10:31.31 ID:Di4YFboJ
訂正

とや言えど
器は薄き
物の良し

454 :名前はいらない:2014/02/22(土) 04:42:01.24 ID:hQV7g6nf
「思い出になったラブレター」

私は熱い想いで満たされていた
勢いにのった川下り
岩を避けるように 水は弾けて綺麗に
赤い赤い色が 消えない様に
大事に包まれていた
きっと届くように祈った夜に
私の思いは流れ星になった
私はつぶれた 想くて 辛くて
水はまだ流れているよ
傍を通る 出ない 傍を通る 出ない


私は熱い想いで満たされていた
崩れて行く水 止まらない水
潰れていた私 もう動けない赤い色

暗くて冷たい箱の中 
まぶしい時は 命を失う想像が走る
暗い時は あの熱気がとてもつらい

いつからか 箱の中が温かくなった
ちょっとずつ ちょっとずつ
あの頃の想さが 消えていくように

あ まぶしい まぶしい

でも違う 死なない 
想いが温度があの頃の
あぁ
あぁ

流れが動き出した
ゆるやかな川下り
おめでとう そして 頑張れ
私は貴女の 思い出のカケラ
ありがとう よく頑張ったね

455 :佐藤光:2014/02/22(土) 10:50:25.13 ID:Di4YFboJ
靴履きて
帽子ぞ被り
春を待つ

456 :名前はいらない:2014/02/22(土) 14:31:45.55 ID:EtTzh5ua
>>454

457 :名前はいらない:2014/02/22(土) 14:32:43.91 ID:EtTzh5ua
>>446

458 :名前はいらない:2014/02/22(土) 14:33:45.25 ID:EtTzh5ua
>>450>>451いずれもD

459 :名前はいらない:2014/02/22(土) 14:34:45.41 ID:EtTzh5ua
>>453

460 :名前はいらない:2014/02/22(土) 14:35:31.48 ID:EtTzh5ua
>>455

461 : :2014/02/22(土) 15:37:35.33 ID:RA4nZcKS
>>454
D。それ推敲したんですかね?もうちっと刈り込めると思うが。
てか、支離滅裂な感じ。

>>455
D、だから何? という感じ。
帽子かぶらなくても、春は待てます。

462 :!ninja:2014/02/22(土) 18:44:47.36 ID:BWDOqAC6
>>461
評価ありがとうございました。
推敲してませんでした。

ちょうど引出し片付けてたらおもいついて
そのままでした。

463 :名前はいらない:2014/02/22(土) 20:43:07.51 ID:OpPmZID7
未完作品は評価してもらえないのかしら;;
途中なのですが…

ありふれた朝 いつもの布団の中で目を開けたとき
ぼくはもう幸せなんだか不幸なんだかわかんなくなっちまった
確かなのは
あの太陽がぼくを燃やしたとき
最後に残るのはひとつ
哀しみなのでしょう

464 : :2014/02/22(土) 21:11:06.65 ID:RA4nZcKS
>>463
未完成でも構いませんよ。


惜しいですけどね。哀しみが残るとは個人的には思えませんので。

465 :名前はいらない:2014/02/22(土) 22:32:16.28 ID:OpPmZID7
>>464
そうですかー。残念です。言葉の説明が少なすぎて意味が伝わらないのかも。
今の気持ちそのままなんですが

466 :名前はいらない:2014/02/22(土) 23:12:03.07 ID:EtTzh5ua
気持ちは本物でも表現が素人

467 :名前はいらない:2014/02/22(土) 23:17:18.01 ID:klPPVoSY
>>416
ぱっと見の感じはすき
曲の詩としてならB
読んで意味はわからないけど言葉のチョイスはいい、目が潤う
評価C

>>419
さやうならはわざとらしい
いまいち詩がはっきりしないパンチもない
評価D

>>403
情景は浮かぶけど詩として平凡
「子宮で者を語り」はわざと?そうじゃないなら見直しましょう
評価D

>>408
昭和歌謡曲
評価D

468 :名前はいらない:2014/02/23(日) 19:43:45.09 ID:a019mw9g
『だあーく』

やめてほしい
削られていく身体
叫び声と歓喜の声が混ざる

やめてほしい
突き刺さる鋼鉄の聖書
目と耳と口と、目と耳と口

天を焦がしてしまう
悲鳴がデザートのように吸い込まれて
笑う笑う高笑い

なんのために歩いてきたのか
世界が裏切った信仰の壁

身体が落ちる
願わくば
これまでの旅の意味が
あるように

469 :名前はいらない:2014/02/23(日) 21:18:56.71 ID:DP/3Vtye
>>468
光りそうで光らないD
次に期待

470 : :2014/02/23(日) 21:52:14.69 ID:J2QTnhSF
>>468
なんだか、現代詩かぶれの詩というか、読んでて発見も何もないという感じ。
しかし、どうにか「詩」っぽくこしらえようと工夫を凝らしているので


471 : :2014/02/23(日) 22:08:15.46 ID:J2QTnhSF
>>416
適当に書いてあるねえ。もしくは、自動書記じゃない限り、
なんの必然性もない言葉の羅列からは、なにものも構築できない。


472 :名前はいらない:2014/02/24(月) 11:25:32.02 ID:ltw/8AWM
あの子の指先には一等星が光る
星は誰にも触れないような光彩で
冷たい蒼色を放っていた
その指先はきっと誰にもさわれないものだろうと
そう思い込んでいたのだから

どんよりとため息をついて
細かく机を叩きカップをカタカタ揺らす
その指先はきっと
誰にもふれないものだと思っていたもので

彼女の指先は光り輝いていたので
冷たい色で光り輝いていたので
ぬくもりのあるものは凍りつくものだと思っていたので
フニャフニャした肉体の赤ん坊なんぞ
あっという間に死んでしまうはずだった


壊れ物のような仕草で
彼女はゆっくり布をめくって見せる

赤ん坊は目を大きくあけ
不思議そうな顔でジッと私を見ている

彼女そっくりの一等星が
目の中にチカチカ

あの子の震える冷たい指先は
ずっと気高く指先を飾っていた星は
あっけなく抜け落ちて

今じゃほんのり血を通わせて
赤ん坊のほっぺたをつついている

473 :名前はいらない:2014/02/24(月) 12:15:41.54 ID:ifuqub9+
>>472
中身は陳腐ながらいい感じ
表現がそれらしく整ってるけど
光ってない

474 :名前はいらない:2014/02/24(月) 13:20:08.42 ID:Rd09xtG/
ひとりきり

ひとりきり 部屋に
寝転んで 夜を
貪り食べている

歩くのは 夢のなか
いつかの記憶の迷路のうえ
ひとりきり ふらついている

見えるのは 僅かな光
消え入りそうな蝋燭の
輪郭だけが浮かんでいる

子供の頃の 広い道
駄菓子屋さんの 看板がある
振り向けない となり
誰かが 笑っている

甘い口の中 プラモデルのパーツ
コミック雑誌 濁った音で
テレビが喋る

ひとりきり 部屋に
寝転んで 明日を
貪り食べている

歩くのは 夢のなか
いつかの記憶の迷路のうえ
ひとりきり ふらついている

475 :佐藤光:2014/02/24(月) 16:54:28.34 ID:As4mgIr+
皹分れて
春ぞ恋しや
踵かな

476 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/24(月) 17:23:44.67 ID:ToyoYiUd
パチンコか
スロットするか
なやむぜよ。

477 :名前はいらない:2014/02/24(月) 17:24:25.17 ID:6s8NkCLN
>>474
ひとりきり、という単語が詩をつまらないものにしている
と思うので、なんとかならないか

>>475
そういう日常の感情は、もっと共感させるか
突き抜けて幻想にいくか
なんにせよ、もっと言葉に力が必要だと思うよ

478 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/24(月) 17:29:49.05 ID:ToyoYiUd
すかしっぺ
かましたはずが
下痢噴射

479 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/24(月) 17:33:44.16 ID:ToyoYiUd
                 :::;;;;;;,-''''  ''''-;;;,;;;;;;
                ;;;;;;;;;;i´      `i;;;;;::::
               ;;;;;;;;┌' (=・=)(=・=)'ヘ;;:
                 |        | 
                  |::::/.(i).\: |    ぷりんぷりんぷり〜ん
                /    ___ ゙ ,:-'´ 丶
              /´ ヽ` ̄        ー-゙:.、
             i          - 、         `ヽ_
             l:    、.:         ヽ       ゙i"
               !    i ; n  .:c.:   ',    _..ハ
              |    ハ/ {   _,..-ァノ 、r‐、>ー ヽ
             |   ト./  ` ̄__,.:=彡  :.ヾ、ニ二 /
             ,r'´       `''‐ ニ=  '´,..-‐' ``ー、
            /              ',      ', ヽ
           l                l        l ',
           |      、           l       l l
          ./        ヽ、        人       ノ  l
       | ,ネ、.._             ヾミヽ、/-=・=->
       └''~  <゙ヽ.               ` ーヽ ヽ__7
             ヽ. ヽ.              `ー/

480 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/24(月) 17:35:50.49 ID:ToyoYiUd
    三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
   三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
 三三三三三三三三                      三三三三三三三三
. l,‐、i三三三'  ,. -"二三,、: : : : : .          . : : : `ニ三こ-、、.   三三ニ彡´^ヽ
.i l ll三三三  ´;ィ彡'",ニ、`ヾ、、: : : .      . : : : : ;彳"ニ、ヾミ、、: :. 三三彡//^、',
i l  !三三三 .::メ《″(::о::) ,l:ヾ、: : : .    . : : : :,イ'ヘ,.(::о::) ゞヘ、::   三三彡ノ  i l    
ヽ', :l.ヾ三三  : : : ::``ーゞ='-‐'"ンソ : .:    :  、´``'-`''‐="‐'"´:: : : : : 三彡ソ i  //
 ヽY ヾ三ミ  : ::`ー---‐'''"´: :ノ   :    :   ヾ、`ー--- ' ´:: : : : :  三彡  l //
    ヽ       '′     ,ィ_'_,,,,,,_,,,,,,_ヽ、、       'i        ツ
      ヽ         ,r‐''"イ⊥T'T'T''T''T''T`i`=‐;-、、__.   :l       /
       \      .:ノ⌒ヾ「T''i`lー|ー|ー|ー|ー|ーl´ゞ',ノ"´ ヽ :i     /ヽヽ、
       \    .ノ     `゙゙゙'ー'ー'ー'ー'ー'ー'ー'´''"´     ノ      /:l ノ |:\
         lヽ        `ー─--------一 ´           /;;;;;;l/   l:::::::ヽ
        /l、\                              /;;;;;;;/   ノ::::::::ヽ
            \________________/

481 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/24(月) 17:37:35.92 ID:ToyoYiUd
           _,,xr==ニ==‐x  /
        x≦圭圭テ´:::;;;;`'寺圭ミ7、
   . /::`Y圭圭ア:::::::::彡''"ヾ:::::::::::`ト、
    i:::ト、:Vエア:::::::::::::::ミ-=・=-ミ;;彡'' ミ:i
    {:::i〈i:::}l/::::::::::::::::::::::::=彡仆iミ-=・=-
    ‘;:V::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::{i::::::|!::彡イ
   . ∧z=::::::::::::::::::::::::::::::::;ィf::::::::::}:::::::::i
   . /l7::::i:::::::::::::::::::::::::::/:::`¬=イi:::::::::}
   ゞ干ミ} :    /  _J_ 丶     }'´ /
    '、Yヾ :.   l  /ィ三三シ'^     / ノ
     ヾ.f'、:.:.    '´ '"~"'      /l'
      ヽ._):.:.、          ,. ' l
        トi、ヾ:.. 、     _,. - '   |
       /^ヾ!、丶 ` ¨""´         |
     /ヽ   丶、  `¨¨´       ト、
    /::::::::::丶、  `丶、  丶    | rゝ、

482 :名前はいらない:2014/02/24(月) 18:10:56.42 ID:Rd09xtG/
「球体のように揺れる夏」

流れる音の群れ 散らばる光
長く伸びる陰 寂しそうな風

球体のように揺れる夏
ぼんやり見つめていた

チリチリと 燃える夜
ぼんやり見つめていた

遠くを見ている 瞳の中には
黒く朽ちゆく 篝火の儚さが
鬱蒼と茂って見えた

覚束ない季節の足取りは
今にも崩れそうに 筈れ拍子をとる

鈴虫 川の音
遠くへゆく 子を守り損ねた猛獣の
後ろ姿 揺れる 蜃気楼のように

球体のように揺れる夏
風鈴が響いていた

ザラザラと 翳る夜
風鈴が響いていた

483 :名前はいらない:2014/02/24(月) 18:58:02.93 ID:KTNmFTmY
「二階堂とゲッパリラ 禁断のお料理教室」

ゲッパリラがなんか作ってる
茶色い何かを練り合わしてる
黄色と白の液体入れてまぜまぜしてる

ゲッパリラがなんか焼いてる
変な物体をオーブンで焼いてる
股間を反り立てながらなんか焼いてる

二階堂がお腹をすかして待ってる
パンツ一丁で待ってる
股間をあり得ないくらい膨らませて待ってる

ああ溜息混じりのお料理教室

484 :名前はいらない:2014/02/24(月) 19:00:32.43 ID:6s8NkCLN
>>476>>478
いずれもD

>>482
申し訳ないが、読んでも何も入ってこない
どんな夏か本当に伝えたいのか?

485 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/24(月) 19:21:52.04 ID:ToyoYiUd
--------------------------------------------------------------------------------
              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
        ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
        ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′
       /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:...:,:.:.、;、;:.:,:.:. ._  .、)  、}
       ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′


--------------------------------------------------------------------------------

486 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/24(月) 19:31:24.47 ID:ToyoYiUd
--------------------------------------------------------------------------------
              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
        ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
        ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′
       /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:...:,:.:.、;、;:.:,:.:. ._  .、)  、}
       ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′


--------------------------------------------------------------------------------

487 :名前はいらない:2014/02/25(火) 08:31:14.90 ID:6mCgzUe+
>>483
きめえ
二階堂とゲッパリラって出来てんのか?

488 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/25(火) 10:18:36.98 ID:f+uQXnEH
--------------------------------------------------------------------------------
              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
        ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
        ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′
       /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:...:,:.:.、;、;:.:,:.:. ._  .、)  、}
       ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′


--------------------------------------------------------------------------------

489 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/25(火) 10:29:28.80 ID:f+uQXnEH
--------------------------------------------------------------------------------
              )
             (
         ,,        )      )
         ゙ミ;;;;;,_           (
          ミ;;;;;;;;、;:..,,.,,,,,
          i;i;i;i; '',',;^′..ヽ
          ゙ゞy、、;:..、)  }
           .¨.、,_,,、_,,r_,ノ′
         /;:;":;.:;";i; '',',;;;_~;;;′.ヽ
        ゙{y、、;:...:,:.:.、;:..:,:.:. ._  、}
        ".¨ー=v ''‐ .:v、,,、_,r_,ノ′
       /;i;i; '',',;;;_~⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′..ヽ 
       ゙{y、、;:...:,:.:.、;、;:.:,:.:. ._  .、)  、}
       ".¨ー=v ''‐ .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′
      /i;i; '',',;;;_~υ⌒¨;;;;;;;;ヾ.ミ゙´゙^′.ソ.ヽ
      ゙{y、、;:..ゞ.:,:.:.、;:.ミ.:,:.:. ._υ゚o,,'.、)  、}
      ヾ,,..;::;;;::,;,::;):;:;:; .:v、冫_._ .、,_,,、_,,r_,ノ′


--------------------------------------------------------------------------------

490 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/25(火) 10:37:52.49 ID:f+uQXnEH
榎本健一は神

491 :名前はいらない:2014/02/25(火) 11:14:44.66 ID:X3G+qyWf
「tell me...」

どうか教えてくれ
ドーナツの穴を食べる方法を

どうか教えてくれ
ドーナツの穴を食べる方法を

かつてあなたは言った
蓮根は穴が美味いって
ならば教えてくれ
穴の味を

492 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/25(火) 12:46:16.25 ID:f+uQXnEH
道をあるいていると
どこからかレモンのかおりがする
ああ。もう。そんな季節か。

493 :名前はいらない:2014/02/25(火) 13:24:33.56 ID:5EeiS2q1
>>491
>>492

494 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/02/25(火) 14:44:55.30 ID:f+uQXnEH
柔らかい地面に
日差しが鋭く突き刺さる
ここは、わたしのものよ

495 :名前はいらない:2014/02/25(火) 15:10:17.80 ID:5EeiS2q1
>>494ややおまけのC
わたしのものよ、で飛躍があってよかった

496 :名前はいらない:2014/02/25(火) 16:36:18.55 ID:tgluRzJ9
「とうふ」

貧しいから今日もとうふでがまんする
人生負け組なんのその
とうふと酒さえあればじゅうぶん
生きているってシンプルなことだから

497 :名前はいらない:2014/02/25(火) 17:13:22.67 ID:5EeiS2q1
>>496

498 :名前はいらない:2014/02/25(火) 17:35:56.24 ID:5EeiS2q1
>>496

499 :名前はいらない:2014/02/25(火) 18:59:53.84 ID:HkTGy3j5
「バビブベボン」

釈迦釈迦釈迦釈迦釈迦釈迦チキン
釈迦釈迦釈迦釈迦釈迦釈迦チキン
他人の生き方が妬ましくて仕方ないなら
いっそ 全てを捨て 浮浪者になろうぜ
財産だけを捨てるんじゃなく 胎児に返るのさ
全てを失おうぜ そんな俺が妬ましいかい?

バリバリバリバリバリバリバリ島
ロンドンロンドンタワーのネズミ達
発症発症ブラックの小鳥達が
キミドリキミドリジャガイモプレゼント

頭が割れそうに痛いなら
痛みをなくすんじゃなくて
涙がこぼれることすらなくなるように
痛みを受け入れろ
道徳観の腐りに縛られたあんたを 抱きしめちゃダメだ
道徳観の腐りに縛られたあんたを 叩きつぶしちゃダメだ

バリバリバリバリバリバリバリ島
ロンドンロンドンタワーのネズミ達
発症発症ブラックの小鳥達が
キミドリキミドリジャガイモプレゼント

巡り巡る 輪廻と業の中で また発症だ

バリバリバリバリバリバリバリ島
ロンドンロンドンタワーのネズミ達
発症発症ブラックの小鳥達が
キミドリキミドリジャガイモプレゼント

500 :名前はいらない:2014/02/25(火) 19:28:10.91 ID:MIchFiBa
影法師

何処かの街の淡い風の中
悟った様な顔をして
片足の無い老猫が

笑う 笑う 笑う
何を笑うのか

何もかも分かり切ってしまった
おそらく霧に紛れてゆくのだろう

散歩道に落ちていた 橙の
散歩道に落ちていた 陽炎の

古臭い言葉 見えない明日に吸い取られ
老猫の亡骸の上に
秋雨の中燃えている

いつかの淡く切ない泡のような夜が
音の群れのように飛んでいた
それは黴臭い記憶の中の
昔のまま揺れていた炎だった

影法師 覚めた霧の奥
影法師 夜の群
夢のあと

501 :名前はいらない:2014/02/25(火) 19:48:46.30 ID:3Cpg0KMT
>>499
どう評価したものか

とりあえずDな気がします。
あんまり仏教は詳しくないんですが
ロンドンって・・・そうなんでしたっけ?
貴方のイメージが読み取れれば良いんですが
なんとなく鳥になったような気がしました。

502 :名前はいらない:2014/02/25(火) 20:22:33.15 ID:5EeiS2q1
>>499光るものを感じる予感はするのに
なんとなくCにできない
ジャガイモが出てくる辺り、好きだが。
強いていうなら言葉選びは光るが、言葉遊びはいまいち。

503 :名前はいらない:2014/02/25(火) 20:27:06.54 ID:5EeiS2q1
>>500 Dプラス
>いつかの淡く切ない泡のような夜が
音の群れのように飛んでいた
ここが光る。
けど全体のバランスが良くないので
総合すると、印象はD

504 :おくむら:2014/02/25(火) 23:48:43.02 ID:+unzBFIy
評価してみようと、
何度かスレを開いてはいるけれど
なかなか何か言いたくなるような詩というか
文というか、言葉でもいいのだけど
そういうのに出会えなくて
結局、やめちゃう

ただ一つを愛するということは、
その物の固有性をかけがえのないものだと捉えることだと思うのだけど、
多分最近ここにあがっているものは、自分の言葉に対する愛が足りないんじゃないかなぁ
常に何かの言葉に置換可能な文が続いてる印象で、
そうじゃない言葉に、これしかないような表現に
出会いたいです

505 :名前はいらない:2014/02/26(水) 04:36:39.96 ID:w2YMfHVf
「明日」

日当たりの悪い土に植えた
甘い実のなるこの子に
まぶしいような優しさと
絹よりも水らしい心をありがとう

もうすぐ咲いた小さな運命が
きっと胸の中に綻んでいく
砂糖菓子がゆっくりとなじむように
あなたの心が開いていくよ

感謝の気持ちは遠くまで
苦しい痛みはここだけで
ふたつの愛は同じ時間で
熱いまぶたをおさえてくれる

あぁありがとう
今日の日を

ごめんなさい
明日の光を

灯台のように
時計のように
そして
太陽のように

ただ、ただ、そばに

506 :名前はいらない:2014/02/26(水) 06:13:09.34 ID:H1vxfrkF
>>505
なんかいいこといってそうだけど申し訳ない

507 :名前はいらない:2014/02/26(水) 08:30:26.79 ID:Wfrr7yCD
>>505
;; C
なんか、いろいろ思い出した
たぶんなんだけれど
お母さんが亡くなったってことだよね

明日ってタイトル・・・いいなぁ
私はかなり好きかも 

508 :名前はいらない:2014/02/26(水) 10:20:34.66 ID:qOQxJQvy
「運命は天にあらず」

君が呼吸していられるのは神の采配かい
いいや
違うね
それならどうしてこの世界に不幸が連鎖するんだい
きっと
そうだね
ニュースが少しでも明るくしたいと望んだから
言葉で人を救えるなんて驕っていたけど
忘れていたことばが
たったひとつだけあったんだ
もしかすると運命に抗えるかもしれない

そうさ
そうだ
よし言おう

心からありが

509 :カカシ:2014/02/26(水) 14:28:50.45 ID:vYSG9QLy
しまうよ


ぐちゃぐちゃな鞄の中身のように

いのちがどこにあるかわからない

つくえの上に逆さまに振り出せば

いつかの景色がのこっているかな

思い出に耽るのはうつくしきかな

誰がいったかわからないけれども

振り返りたくもない記憶ばかりが

わがものがおで中身をちらかすよ

だから今日あったことがらたちも

どこにあるかわからないようにね

一昨日の上と昨日の下にしまうよ

いのちがどこにあるかなんてもう

わかるはずが無いとわかったのは

かみさまのせいいっぱいのひにく

510 :佐藤光:2014/02/26(水) 20:09:24.03 ID:6ZMQxDm+
黒革の
指貫手袋
また来年

511 :佐藤光:2014/02/26(水) 20:15:11.07 ID:6ZMQxDm+
春は色
黒革光り
置いてある

512 :名前はいらない:2014/02/26(水) 22:37:47.49 ID:H1vxfrkF
>>508
>>509

513 :名前はいらない:2014/02/26(水) 22:42:21.77 ID:H1vxfrkF
>>509しまう場所のところは光ってるから
Dプラスに 変更

>>510>>511いずれもD

514 :鬼平の秘蔵っ子:2014/02/26(水) 23:48:07.55 ID:XRlCUHfl
じゃ、おれな!!

邪魔したな。おれな!!

また来るよ!おれな!!!

心折れたら、それもまたおれな!!!

ぐっばい!!おれ!

また明日!!おれ!

さよなら!!おれ!

σ(゚∀゚)オレオレ

515 :名前はいらない:2014/02/27(木) 00:40:24.68 ID:RhqlVa+U
「馬鹿」

馬鹿だなぁ

僕はもう
君の甘い言葉や都合の良い愛の囁きに騙される程子供じゃないんだよ。

笑わせないでくれ

魂胆が透けて見えるから呆れちゃうよ

516 :505:2014/02/27(木) 02:05:21.54 ID:VNusL4Wq
>>507
評価ありがとうございます。

こう思ってくれているならと・・・自惚れですね
そばに居てくれていると信じてます。

517 :名前はいらない:2014/02/27(木) 21:29:16.51 ID:73r7ZAXa
全身に砂糖をふりかけて 甘い曖昧ダンスで狂えば踵が割れた
王様まやかし俗悪 お城のてっぺんで
猫の腹裂き胎児を油で揚げていた

燃えた先の煙は 汚染された 虹色の川の神様で
知らぬ存ぜぬは通らぬほどに 知識を盾する偏見で 押しつぶせ

謝罪じゃ 彼女の手首から 流れる血飛沫 ソーメンの
汁にしていて食ったなら 豚さんの気持ち理解せよ

即ち恐怖 即ち恋愛 即ち誕生 即ち労働
即ち恐怖 即ち恐怖 まるで砂遊び
王様まやかし俗悪 お城のてっぺんで
猫の腹裂き胎児を油で揚げていた
死にたくないと言わんばかり

518 :佐藤光:2014/02/27(木) 22:03:30.92 ID:hz/GWYru
歩道沿い
塵置場にぞ
桜落つ

519 :佐藤光:2014/02/27(木) 22:52:59.58 ID:hz/GWYru
名も言えぬ
鳩の目にした
老爺かな

520 :名前はいらない:2014/02/28(金) 05:24:40.74 ID:PNfgTQke
「日常」

波紋の奥に隠した海賊の心は
水平線の中に溶けてゆく
砂時計は少しずつ戻り
硝子の刃が胸に入っていく

錆びたトレイに鳥がとまり
明るい歌声が響くけど
モスグリーンの壁紙は
答えを望んでいない

数多の日記帳が呼んでいる気がする
ささやくようにマーチのリズムで

石は動かない
ころがる事が怖くて
石は待っている
雨と風と

波紋のように消えていく海賊の心は
水平線へと進んでいく
砂時計はそれでも戻り
硝子の刃は優しく突き刺さる

トレイに残った羽を拾う
モスグリーンの壁紙は
それでも答えを望まない

日記帳を隙間に入れる
まだまだ埋まらないマーチの楽譜

石は動かない
ころがる事が怖くて
意志は待っている
海賊が連れて来るオーケストラ

521 :名前はいらない:2014/02/28(金) 07:14:43.34 ID:EChBH2Nk
「伝えたいこと」


「ごめんね」

君に 伝えたいことが

伝えきれないくらいあるんです

「ありがとう」

口を開いても天の邪鬼が邪魔をして

気持ちが喉を通ってくれない

いつからだろう

あの夜からだろう

そんなことわかってるんだ

君の笑顔

目が合うたびそらしてしまうのはきっと。

君の「いちばん」になる未来を夢みたりもするけど

やっぱりそんなんじゃなくたっていいや

伝えたいことが

伝えきれないくらいあるんです

522 :名前はいらない:2014/02/28(金) 15:06:36.84 ID:9LWBxEvD
今IKEA
買わず飛び込む
見ず帰る

523 :名前はいらない:2014/02/28(金) 18:48:19.17 ID:EChBH2Nk
「快楽におぼれて」

幼い感情論 振り回してさ
笑わせないでくれ

不可能はどう頑張ったって
できないからそう呼ぶんだろう?

「なんとかなるよきっと」 なんて
なるくらいなら苦労してないさ

楽観的な君の態度に苛々してるから
恋だとか愛だとか
正直それどころじゃないんだってば

愛しあって?
一つになって?

馬鹿みたいなこと言うのはやめて
快楽ばかり追い求め 手を伸ばして

524 :名前はいらない:2014/03/01(土) 06:34:57.69 ID:JEBp3qFV
「約束」

ステンドグラスの前でね
ありふれた待ち合わせ場所で

明日のお昼にね
そう言ったくせにさ

来ないんだ?
連絡もない

携帯握りしめて君を探す

人混みの中
たくさんの色に紛れて どっかにいるんじゃないかな って淡い期待

こんなにたくさん人がいるのに
ひとりも君じゃなかった背中

電車遅れてるのかな ってありえない心配

来ない訳はない
だって約束したんだ……

525 :名前はいらない:2014/03/01(土) 14:07:10.43 ID:JEBp3qFV
「愛なんてもういらない」

どうせどうせ
君の゛愛″なんて
所詮はそんなもの

都合良く 綺麗事を囁いた
甘ったるい午後
気持ちが悪くなりそう
脳はもう糖を拒んで

要らない要らない要らない
中身のない言葉ばかり

胸の奥がむかむかして
きっと甘過ぎたお菓子のせい

吐き気をこらえれば
残るのは唯 嫌悪感だけ

お口直しにkissはいかが?
後味の悪い一日

526 :名前はいらない:2014/03/01(土) 18:28:25.21 ID:MW1EtrSP
舟歌

出発しよう、いつ終わるかわからない夢を背に抱きながら
明けの明星は蒼い祝福を放ちつつ頬に口づけしている 天を尊とするならば地もまた私等に微笑みをくだされるだろう

天地命運は宿命を育み新世界への綱だ 歩みを停めず 今は困憊した帆布を優しい風に乗せて 潮騒を愛おしく思う

527 :名前はいらない:2014/03/02(日) 00:05:11.58 ID:xFM1Hh/V
多い!  けど頑張る

>>526 D
言い回しはかっこいいんだけれども
意気込みがまどろっこしい
もっとガッとガッときてくれると小気味良いな
好きだぜ

>>525 D
あれか、コーヒーに砂糖入れて
ミルク入れて、上にバニラ浮かせて
氷まで砂糖水製、あげくチョコケーキまで頼んだか
甘ったるい表現だけじゃ、”愛”って弱く感じるな
最後のkissも甘い分類なんだろう?
もっと甘く響かせて
好きだぜ

>>524 D
いいな、もちょっと期待と困惑を強調できそうだ
まずはキャラ設定を安定させて
”さ”、”だ”でキャラって変わるんだなって思った
好きだぜ

528 :名前はいらない:2014/03/02(日) 00:15:53.89 ID:xFM1Hh/V
さて・・・

>>523 CにしたいがおそらくDだ

きっと単語が弱いんだな
気持ちを単純化したらこんな言葉配りになるんだろうってね
思ったから私はCでも良いと思うんだが
おそらく弱い、強引さが欲しい
好きだぜ

>>522 D
来るIKEA
買わず と be come
M'sの音

>>521 D
一言で言うと分からん
一貫性が無いから・・・?違うな
なんとなく中二病のイメージだな
好きだぜ

529 :名前はいらない:2014/03/02(日) 00:27:56.98 ID:xFM1Hh/V
これなぁ〜、とりあえずカラメルは知らんよ

>>520 Dって言いたいがBにおまけだ

長すぎだって思ったやつは多いと思う
私もともと歌詞を読むの好きだから慣れてんだね
あのなぁ、言い回しがくどい
くどいがそこが良い、イメージをさせる言葉だね
1番目で世間の煩わしさというか流されてる自分の評価
2番目で流されながらも希望を持たせる展開って感じか
良いじゃん1番だけで
寂しかったのかな?
だが好きだぜ
なんかの曲合わせれんかな

530 :佐藤光:2014/03/02(日) 02:55:37.19 ID:yf9sleDE
灰皿に
落ちたピンクや
梅の色

531 :佐藤光:2014/03/02(日) 03:00:35.82 ID:yf9sleDE
青空や
天道虫を
追いかけり

532 :名前はいらない:2014/03/02(日) 04:21:50.99 ID:0BrDn6bv
「待ちあわせ」

ステンドグラスの前でね
ありふれた待ち合わせ場所で

明日のお昼にね
そう言ったくせにさ

来ないんだ?
連絡もない

携帯握りしめて君を探す

人混みの中
たくさんの色に紛れて どっかにいるんじゃないかな って淡い期待

こんなにたくさん人がいるのに
ひとりも君じゃなかった背中

電車遅れてるのかな ってありえない心配

来ない訳はない
だって約束したんだ……

533 :名前はいらない:2014/03/02(日) 17:33:21.64 ID:0BrDn6bv
「20」

20歳を過ぎたら、
大人と考える人が多すぎて
大人になれない人がいるような気がした

新幹線に乗ってて
そんな気持ちが強くなった
山にまだ残ってる雪
錆びたトンネル
わたしはすぐヒロイン気分になってしまう
そんな自分に気がついたのは、つい最近

ぼくは彼女が好きだ
どう検索しても彼女は現れない

彼女はネットに存在しない
彼女はエラー
ぼくはテンプレート
髪型、性格、すべてがテンプレート

おはよう、で一日生き延びれる
アイドルがスタートで
目指すべき終わりなのか

534 :名前はいらない:2014/03/03(月) 01:51:53.38 ID:YZhMv94L
「メンヘラごっこ」

前髪ぱっつんが濡れている
あの日から
彼女は性格ブスになった
浮気を浮気といわない

言い訳だけしてる
ゆとり世代だからかな
ぼくもか

化粧とか気にしなくていいのに
最近、女優のひとの綺麗さに
改めて気づいた

彼女は可愛いだけで
20歳を超えたら
急激に加速するだろう

アイドルばかり聴いて何になるんだろう
早くパンツを履いて下さい
じゃないと日常に戻れなくなるから

悲劇のヒロインになるには
性転換しなくちゃ
彼女をぼくのものにするために

独占欲っていうのかな?
メンヘラごっこっていうのかな?
すべてを終わりにしたい

535 :名前はいらない:2014/03/03(月) 13:00:34.52 ID:YZhMv94L
「教祖様に恋をしました」

ぼくは教祖様に恋をしました
巫女になるために
自慰を禁止されました
ダッチワイフになれといわれました

ぼくには意味が
よく分かりませんでした

サブカル女子
詩は宗教的価値が低いそうです
つまりお金になりません

パパママ
おばあちゃんおじいちゃん
お兄ちゃん妹
みんなに好かれる者にならなければなりません

ぼくはいつも言い訳をしていた
ディズニーランドにいる時に気づいた

おしゃれ最先端のきゃりーぱみゅぱみゅでもなく
メンヘラガールに愛されるセラームーンでもなく
いつも笑顔でいるミッキー・マウスが最強であることを
知ってしまいました

536 :名前はいらない:2014/03/03(月) 16:01:32.60 ID:YZhMv94L
「友達なんていらない」

ポスターを剥がすと 
画鋲が壁から弾けとんだ

ぼくのゴーグルはずれ落ちて
どんどんプールの水が目にはいってくる
  
教室は一匹のぼくを溺死させた
ぼくはりゅうになれた気分だった
もっと、となりの友達と笑っていたかった
 
教室は塩素だらけで  
ふやけたぼくを笑う
   
図体のでかい冬だけが
ぼくを抱きかかえて
空に横たえる

現実逃避してる暇なんて
ないんだなって
いまさらになってぼくは知る

友達はいらない
なんて強がりだった

537 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/03/03(月) 16:27:49.88 ID:AknyidAP
>>530->>536
連投EEEEEEE

538 :名前はいらない:2014/03/03(月) 19:13:53.55 ID:YZhMv94L
「赤点だらけのきみへ」

きょうは遅刻した
だから飛び込む

そんな感じだった ぜんぶ
ぼくは駅員に道を聞くのが怖かった
ぼくは赤点をとるのが怖かった

田舎者だからばかにしてるんだろ?
結局、ぜんぶぼくの妄想だった

ぼくはあの日、あの緑色に恋した
冷たいパステルグリーン
きっと何度も痴漢されたんだろうな

山手線はどうやって交尾をするんだろう
ぼくは毎日きっぷを買って
きみをストーキングしてあげるよ

539 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/03/03(月) 19:43:57.81 ID:AknyidAP
>>538


540 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/03/03(月) 22:21:55.42 ID:ABJazLOn
>>536
最後の2連が余計というか蛇足。それ以外はいい感じよ。
D+

541 :名前はいらない:2014/03/03(月) 23:43:51.51 ID:FOfGsnh1
垢に塗れた唄

遠くで泣いてる子犬の声も
何処かの町の屋台の行燈の光も
もう感じられない もう何も

寂れたアパートの汚れた一室
据えた臭いのするこの部屋で
垢に塗れた唄が流れている

暗闇に映える鋭いナイフのような
いつかに忘れたままの置き去りの
黴だらけの体 横たわる

ひたすらに 落ちていく日々
それもまた一つの意味だが

チョコレートで型どられたように
くっきりと浮かんでいる
お世事にも 語れない日々を

垢に塗れた唄が笑っている
垢に塗れた唄が笑っている

542 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/03/04(火) 11:07:46.97 ID:OkxrfU3l
>>541


543 :名前はいらない:2014/03/04(火) 11:25:45.66 ID:sIX4ovOB
「戻りたいけど戻れない」

きょうも学校に行かずに
ずっと電車のなかで寝ていた

女子高生に戻りたい
あの全然楽しくもないことを
ひどく楽しそうにしている
退屈な女子高生に戻りたい

惨めな存在なんだね、きみって
夢の世界
この世で一番の詐欺師を見つけた
夢だ

フツーの恋愛をして
フツーの結婚をして
フツーのフツーのセックスをするんだ

雌にならないでください
お願いだから
ぼくだけのアイドルでいてください

恋バナなんてぼくにはできない
ぼくは女の子じゃないから
恋なんかしない

生脚で歩ける歳じゃなくなった
それだけは分かる

夢か
ぼくはきょうも騙されてる

544 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/03/04(火) 12:42:20.07 ID:OkxrfU3l
>>543


545 :佐藤光:2014/03/04(火) 14:29:24.90 ID:Rf+T23yn
ガガンボや
窓に囚われ
いとすなる

546 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/03/04(火) 16:46:11.82 ID:OkxrfU3l
>>545
なんかE

547 :名前はいらない:2014/03/04(火) 18:42:37.09 ID:sIX4ovOB
「インターネットなんてださいよ」

BGMのない世界なんて
とっくに卒業してる

音楽を聴いて
メンヘラになっちゃうのは
自然の摂理だから心配しないで

ぼくたちはアイドルに
多額の大金を投資する
恋人になれる気がしたから

ご臨終です。お悔やみ申し上げます。

インターネットなんてださいよ
もうブスでも
恋人に困らない時代だよ
なんでそんなに必死になるの?

依存症なら
早く診断書もらいにいきなよ

早く3次元になって
きみを悩殺して
地下アイドルまで沈めさせたい

ぼくが2.5次元を卒業したら
いちばんに逢いにきてね

548 :名前はいらない:2014/03/04(火) 19:34:58.79 ID:DFMf8ZWF
>>547

549 :名前はいらない:2014/03/04(火) 19:37:40.63 ID:DFMf8ZWF
>>543
>>541D 単調
>>538 D 嫌い 何が言いたいかわからん 変態でもせめて詩にしろ

550 :名前はいらない:2014/03/04(火) 19:44:42.22 ID:DFMf8ZWF
>>536 D 共感できない
>>535D つまらん 無理解に酔うなら美しく酔え 単なるアホに見える
>>534 D 何がつまらないのかわからんがつまらん
陳腐、視野の狭い間抜けを書いてもつまらん

551 :名前はいらない:2014/03/05(水) 03:33:34.45 ID:VnCqGQuW
白くてきれいな自由帳買った
青赤黄色なんの色?
あおいろあおいろお空のお色
あかいろあかいろお花のお色
きいろきいろは空飛ぶちょうちょ!
綺麗な色が重なって
僕の世界がきらきらり
まるでおもちゃの箱みたい

552 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/03/05(水) 04:01:13.47 ID:NjvjopWS
>>551


553 :名前はいらない:2014/03/05(水) 11:29:58.73 ID:e8SZ8KNT
「前髪ぱっつん」

前髪ぱっつんが濡れている
あの日から
彼女は性格ブスになった
浮気を浮気といわない

きみはきっとブスなんだろうね

言い訳だけしてる
ゆとり世代だからかな
ぼくもか

化粧とか気にしなくていいのに
最近、女優のひとの綺麗さに
改めて気づいた

彼女は可愛いだけで
20歳を超えたら
急激に加速するだろう

アイドルばかり聴いて何になるんだろう
早くパンツを履いて下さい
じゃないと日常に戻れなくなるから

悲劇のヒロインになるには
性転換しなくちゃ
彼女をぼくのものにするために

554 :名前はいらない:2014/03/05(水) 11:43:33.83 ID:e8SZ8KNT
「ながいよる」

長い長い 夜が明けた
細い細い 光が差した


昨日にさよならだ
また進まなくちゃいけない

たとえ今日がどんなにつらくても

涙をこらえて上を向いたら
悲しいくらいの青空が見えた

雲ひとつなくて
晴れ渡って

あぁ
君はどれだけ無理をして
こんな綺麗な空を作ったんだろう

ところで、お前の知りたいことはなんぞ?

555 :名前はいらない:2014/03/05(水) 12:06:47.57 ID:e8SZ8KNT
「ぼくがいた」

僕がいた
其処にいたんだ

ただ笑って
君を見てた

手を伸ばしても
どう足掻いても

すり抜けてく
掴めない影

あれからどれだけの時間が過ぎて
あれからどれだけ僕等は変わっただろう


不思議だね?
今 掌の中で光る文字が
君からの着信を告げる

「今から犯りにゆきます」

556 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/03/05(水) 16:37:52.20 ID:NjvjopWS
>>553-555
連投。失格。残念。EEE

557 :名前はいらない:2014/03/05(水) 21:39:44.39 ID:i55ir3Td
中身もDDD
歌詞の切り貼りみたいだ
そこらへんの石ころレベルにありふれた
ふっつーの気持ちを
どっかで拾ってきた他人の言葉で羅列して
詩を書くおままごとをしている

558 :名前はいらない:2014/03/06(木) 01:23:26.18 ID:DrjSM5Kj
題「影は語りかける」

影が 見えぬ口が 何かを呟く
僕の肩より後ろから

やるだけやったか?
やってない やればできるのさ

お前の"やれば"は見たことねぇな
出したことないからな

そう 出したことない
だからお前はそれまでの奴さ

僕は影を掻き消すように空を殴る
滑稽なシャドーボクシング
腕のきしみだけ感じる

やがて膝から落ちて
影は 僕自身であると気づく

559 :名前はいらない:2014/03/06(木) 03:52:08.07 ID:Y32zlR/F
「刺身はマグロがいいです」

手にしたら
失うのが怖くなった

握りしめて手の中で砕ける
そんな夢を見た

怖くて 怖くて
どうしようもなく臆病になって
また何もできない


願ったのは何も特別なことじゃなくて
昨日とかわらない今日
ただそれだけなのに

変わらずにはいられない

どうせ変わっていくなら
二人がもっと笑顔になれるような
そんな明日がいいな

560 :名前はいらない:2014/03/06(木) 08:43:05.35 ID:Y32zlR/F
「好き」

あの時
たった一度の「好き」を言えていたら

遠ざかる背中
ひきとめることができたのかな

君はとっくに冷めてるのに
……切なくて 嫌になって
「同じだよ」なんて言った

あの時
たった一度の「好き」を言えていたら
今でも「好き」を言えたのかな

素直になれるならまっさきに
逢いに行きたいよ


口に出した言葉は
どんなに悔やんだって戻ってこなくて
言い直したいけど
今からでも本音を伝えたいけど

561 :佐藤光:2014/03/06(木) 12:36:24.62 ID:vW8jrBmb
苔の青
空に映えてや
澄み渡る

562 :名前はいらない:2014/03/06(木) 13:54:36.93 ID:nn62bAVi
>>561
>>558>>559>>560に比べて(みんなD)
三倍以上いい。
涼しい

563 :名前はいらない:2014/03/06(木) 14:36:39.99 ID:Y32zlR/F
「あふれだす愛情」

抑えきれずに溢れた 君への感情を
恋と呼べたら良かったのに

好きだった
それは事実で
愛してた
それも多分本当で

でも、もう愛なんて
どこにあるのかわからなくて
まだ残っているのかさえわからなくなって


好きじゃない
もう終わった恋だから

今はただ
思い出に浸っていたいだけ

そう呟いて
君の優しさも手の温もりも
全部全部なかったことにしたんだ

564 :名前はいらない:2014/03/06(木) 14:38:22.22 ID:Y32zlR/F
「うざいヤツらが評価する世界(嘲笑)」

詩は合言葉のようなものだ
詩は心情を語らない
詩はどこかで発信されたメッセージ
詩はあこがれと呼んでもいい
詩は言葉ではない
誰かの胸で弾ければそれでいいのだ

夕日のシャボン玉が三月のライオンを映し
無数の赤いライオンが個々にくるくると回っている
夕日に染まるメロンソーダの中の赤い泡沫のように
捕まえきれない誰彼の夢の片々が
三月の空に放たれふきたってゆく
「あこがれ」と呼んでもいい
はじけてはまたはじけてはまた

565 :名前はいらない:2014/03/06(木) 14:39:22.99 ID:Y32zlR/F
「失笑」

夕日のシャボン玉が三月のライオンを映し
無数の赤いライオンが個々にくるくると回っている
夕日に染まるメロンソーダの中の赤い泡沫のように
捕まえきれない誰彼の夢の片々が
三月の空に放たれふきたってゆく
「あこがれ」と呼んでもいい
はじけてはまたはじけてはまた

三月のライオンはどこかで吠えていてくれ
その声がいつかわたしにとどくまで

566 :名前はいらない:2014/03/06(木) 14:40:51.56 ID:Y32zlR/F
「仕事できない人間の住む世界(嘲笑)」

見知らぬ人々と乗りあわせて海までの道のり
ラジコンカーの走る漁師町の広場
うんこと幼いころに来たことがある
この狭い路地を歩いていこう
高速道路を降りて
ラジオのボリュームを上げる
車線を変えて車を追い越す
細かな雨が降り出し遠くまできてしまった
私の犬は走り去り呼んでももう戻りはしない
かまってもらえない野良犬
わたしの手を噛み
一足ごとに音のする鍵盤の坂道を走る
岬を巡る船に鴎が並走する
沈んだ王国の眠る宮殿の柱
くずおれた女神の巨像の半身
その胴や顔や腕が水底に霞んで見える
冷えた飲み物とカットされ盛りつけられた南国の果物
屋外で見るリクエストに答えてくれるバンドのショー
人懐っこい犬たちが街のそこいらじゅうを彷徨く
バスに酔ってしまい見知らぬホテルへ
名物の夜景もつまらない

567 :名前はいらない:2014/03/06(木) 19:37:12.09 ID:nn62bAVi
>>558愛読書はマンガですねD

568 :名前はいらない:2014/03/06(木) 19:38:08.23 ID:nn62bAVi
>>559オリジナリティーなしD

569 :名前はいらない:2014/03/06(木) 19:42:14.23 ID:nn62bAVi
>>565>>566C

570 :名前はいらない:2014/03/06(木) 20:36:04.37 ID:nn62bAVi
>564繰り返しが単調でつまらないD

571 :名前はいらない:2014/03/06(木) 20:37:36.53 ID:nn62bAVi
>564繰り返しが単調でつまらないD
三月のライオンってマンガからなら
ダメダメ
借り物で飾ってどうすんの

572 :名前はいらない:2014/03/07(金) 00:13:39.23 ID:6R3ACsjm
「何か妖怪」

木槌を手に手に御礼参りさ
ファックオフを古本屋に売り得た二銭さえ
君の不機嫌に奪われた
買ったコレYoutoo瑪瑙枯れ
湿布をしたなら暗礁に乗り上げた部屋
導いて引き込んでくれるかい
傷血とてふてふほれとおりゃんせ
%OFF表示に覚える狡い疑いみたいな
君の態度に奪われた
片っ言よう吸う雌>メの浮かれ
湿布じゃ足らない深淵を漂う迄
満ち干いて咳込んでくれるかい
《目玉。閉じる。喰わぬ喧嘩の味。華。中華恥。懐の小さな鬼。怨前。臨・兵・闘・者。怪人列座eジェンヌ?》
氣の無い箱に規則正しく寝息
黄の内箱に理性但し苦nakid!
苛立ちの声を漠の餌にと買うて遣るのかい犯るのかい演るのかい吞るのかい
逃げ込むミミックそれ撃たれChina.
君の不機嫌に奪われた
甘い時間に罰を
白い夜に名誉を
害なき異形におはこんばんちは
世直しじゃ手直しじゃ×2茶番じゃ
処で君、朽ちてるけど、菌ノ子だけど、八日いい?
何回怒っても何か言えないから難解に綴って何か好いになる迄南海に逃げる
わけあるかい!ファックオフ!
ーー意味の無さを所望。土台NASAは東大。theもと暮らし鬼。カフェ怒悶☆ミミ
帰りたくない。売りたい。購入して欲しい。銭で。
鏡は偽りを求めていた。何時は逸話よりit's worry.気に病んできたコロコロ、薄気味機密舐める。
私に名前がつく。溶解する前に。呼んで。ようかいつまんで訊きな>浮名。→通和を終了死魔數可。いいえいいえ否可否可否可否可。
光ってる。眩しい。

573 :名前はいらない:2014/03/07(金) 08:56:32.18 ID:cS+83Xrt
「笠地蔵に積もる雪」

深くしわの刻まれた手
きっと雪が重たかろうと
毎日せっせと雪をかく

冷たくなった手を
息でふうふうと温めながら
今日も雪を落とす

じさまが死んだその夜も
息子が死んだその朝も
一人でそっと雪落とす


もちの代わりに
数え切れない労苦はあった

それでも毎日雪を落とす

574 :名前はいらない:2014/03/07(金) 16:22:19.63 ID:BiWeBLI1
>>572 D
妖怪らしさを出したかったのか
溶解させたかったのか

内容は無い様ですし、評価も厳しいものに
おそらく言葉や文字の羅列ではない所で感じが有るのでしょう。
しかし、イメージの誘導なら飛躍が足りない
詩が本来持つべき創造力が言葉の檻で窮屈そうに感じます。
こんなに多彩なスペルをお持ちなら積み木してみて下さい。

575 :名前はいらない:2014/03/07(金) 16:43:44.21 ID:2XDrRSYx
>>573Cか、Dか悩む
読んで好きな詩だと思った。
好きだという気持ちでうまく判断できない。
とにかくまた読みたいと思った詩だ

576 :名前はいらない:2014/03/07(金) 20:36:35.13 ID:euJDZcmo
>>574
あら残念。評価ありがと
喧嘩してうまれたどうしようもない苛立ちを消化したくて沢山遊びました
こここうすればよかったはまだまだあったんですが、広がりのある世界観ではないながら遊びと必殺フレーズの連弾連鎖みたくて自分的にはちょっと気に入ってました
どうしたら読むひとにも楽しんでもらえるかな
積み木ってどんな感じだろう?
久々の投稿評価嬉しかったです
ありがと

577 :名前はいらない:2014/03/07(金) 22:30:00.97 ID:euJDZcmo
追伸
内容は無い様なのでがじわじわ面白かったですw乗ってくれて?有難う

578 :名前はいらない:2014/03/07(金) 22:32:48.58 ID:R4yGjzIy
私は夢を考える
あなたが誰かを愛していれば疑問に思う
無意識のうちに涙
神秘的に輝く光
彼が言ったように私が振り返る
私は一人でどこに行くのですか

579 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/08(土) 00:21:27.49 ID:qe2DUg9p
なんか、投稿者は連投するし、評価人は適当だし、
なんだかねえ。

そんで、言葉の抽象性と具象性をいろいろ吟味したほうがいいんじゃないのかな。
視点がマクロからミクロ、ミクロからマクロへと、揺さぶりを書けないと
言葉が迫ってこない気がするよ。
と、偉そうにアドバイス。
Bクラスの作品を読んでみたい。

580 :佐藤光:2014/03/08(土) 01:56:26.64 ID:On2d8P0y
プディングの
黄色を何に
例えよう

581 :>>:2014/03/08(土) 12:55:14.97 ID:IkVbXKxQ
隗より始めよ>>579

582 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/08(土) 14:09:44.60 ID:qe2DUg9p
>>581
命令はいらない。
それならすべての評価人にも、詩を投下させてくださいな。
評価する人間は、詩を投下した人間でなければならないルールですか?

583 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/03/08(土) 14:29:18.27 ID:Xen4cchk
>>580
正直、佐藤の俳句はどれも色を強調しすぎていると思う。
一つの事柄を比喩で凝縮するのが詩の醍醐味だから
もう少し洗練した表現を望む。D

584 :二階堂@御殿場やさぐれ荘:2014/03/08(土) 14:31:43.16 ID:Xen4cchk
>>582
作品の投稿と評価に関係ないレスは雑談スレでお願いします。

585 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/08(土) 14:50:15.15 ID:qe2DUg9p
>>584
ああ、そういえば雑談スレがあったのか。見落としていた。

586 :名前はいらない:2014/03/08(土) 15:03:52.39 ID:IkVbXKxQ
>>578

587 :名前はいらない:2014/03/09(日) 01:19:30.47 ID:eculfwSi
歌詞なんだけどどう

「ライトグリーン」

新しい朝が照らした
何万回目かの君の声はいつもより遠く聞こえた
「遠回りしてきた」と君と話す人生
おなじみの小説みたいな話だ

胸が踊って 数マイル先に飛んで行った
ああこうやって今日が
始まってまた終わるまでに
笑っては泣いてる きっと
笑っては泣いてる


人生という傑作が
僕らをせかしていたよ
意地はるほど遅すぎることはない
時には辛いんだろう
でも目の前はもう眩しいほど
綺麗な世界だ


日曜日から、日曜日に
毎日は回っていくけど
君の切った髪は元通りにならない
君はもう悟ったような顔でぼやく
「恋人の証なんて本当くだらない」


ああこうやって明日が今日になる
もうこの幻を死ぬまでみよう
名前をつけてまた昨日から始めよう
ロールプレイングとは違うけど

ねえもう知っているよ
覚悟もしたうえだよ
君の人生の半分と
僕の分を とりかえっこにして
君といきていきたい
そう信じていたい

ねえ友達とも話すよ
望むなら恋もするよ
尊いほどの明日なら壊してしまう
喧嘩も嫉妬も大体わかるよ
でも約束してよ

もし毎日が楽しいと
「目を覚ませ」って言われなくても
思えたなら そう思えたなら
きっと僕に教えてよ
そう覚えていて

588 :名前はいらない:2014/03/09(日) 12:02:52.71 ID:ZSlOeOgE
「白鳥」

霧深く立ち込める湖にたたずむ白鳥よ
その羽撃きの響きによって私の倦怠を打ち砕いてくれぬか

今、お前は眠そうに頭をかしげ翼をたたんでいる
先の見えぬ中では空間を見いだせぬと言うのか

しかし、その凍りよりも白い輝ける翼は
いつの時にか、硬い氷塊を叩き割り
勇壮に羽ばたく時が来るだろう

君は白い服を着て窓辺で物憂げに佇んでいる
ただ、私にはわかるのだ
いつの日か消え失せた空から勝利の光を掠め取り
その身で辺りを照り輝かせることを

貴女の微妙な黒髪は私には女王の被る
宝玉の冠よりも美しく今にも黒薔薇の花びらが
散り開くように見える

その白と黒の対照が私を目眩に陥れるのだ

私は君を舞踏会に誘おうと思う
白鳥のような君は黒髪を揺らめかせながら
舞い踊るだろう

589 :名前はいらない:2014/03/09(日) 19:34:05.91 ID:WD/HEWe/
>>587 評価パス
歌詞は歌ありきだと思うので。
歌詞は耳からの情報しかないとすると
あんまり訳がわからないのは伝わりにくいと
思うんだが、抽象的でよくわからん
というのが感想
歌が良ければなんとなく伝わるものがあるのかもね
誰か判断してあげて

590 :名前はいらない:2014/03/09(日) 19:39:01.74 ID:WD/HEWe/
>>588
微妙な黒髪って。
その「微妙な」ところを表現してこその詩
だと思うよ、特にこんな美しさを謳う詩は。

全体的に美しさが伝わらない

591 :佐藤光:2014/03/10(月) 01:26:38.41 ID:1mK5umO5
「火の竜」
火を吹きながら
竜が今
水の中に
落ちていった

聴こえるか
嗚呼
あなたがたに
聴こえるだろうか
断末魔と呼ぶには
あまりにけたたましい
その叫びが

火は
しばらく水面を泳ぐと
静かに
主の後を追い
消えていった

592 :名前はいらない:2014/03/10(月) 06:52:45.77 ID:0dAJngcu
「ニンフ」

おぼろげな谷に住むニンフよ
そなたたちの美が永遠のものであるように
わたしは願う

谷水に身を浴した乙女らがパンの笛の音に
合わせて美しきセイレーンの声を奏でる
ニジマスが彼女の足に触れると
それは、たちまちに銀色の尾びれに変わる

ヘーパイストスから逃げてきたアプロディテーが
ニンフたちに囲まれて白い裸身をさらしている
ここなら彼も追いかけては来まいと
安心して眼を閉じてたゆたいて

おお、羊の足を持つパンの神よ
笛を吹くことをやめないでおくれ
娘たちが歌をやめないために

水草から浮かび出る泡が生み出す
この楽園の驚異を賛嘆しよう
萎むことのない花々の赤い色の
上に浮かぶ永久の寝床を

ああ、湖のそよぐ緑の叢むらでわたしは微睡んでいる
そはまぼろしか

溜め息をついて、わたしはまた眠る
美しき夢の覚める朝がくるまで

593 :名前はいらない:2014/03/10(月) 21:25:42.31 ID:7/6rhgLu
異国の詩をもっとまじめに勉強しよう
詩が詩たる基盤が何かを考えよう
真の韻文の素晴らしさを知らずして
詩の読み書きなどできはしない

594 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/10(月) 22:06:00.69 ID:0Zf1+5eC
>>560

この「好き」は>>563に続くんでしょうけど想いだけは是非伝えて欲しいと思いました。
そして告白の後意中の人が突然挙動不審になりよそよそしく敬語で謝り出したらしめたものです。
是非動画を撮影しといて下さい。三千円で買い取ります。
私が何故このようなあなたの純愛をちゃかした酷い冗談を書き込むのかと言うと、
規制中だからです。書き込みボタンを押してもエラーメッセージがでて終わりだからです。
決して先程ニュース速報板で携帯規制解除の報せを聴いてテストしてみようとか、
そう言うつもりは毛頭ございませんのであしからず。
それにしても(嘲笑)とか「失笑」とかあなたは音楽系板で話題のズーム君とかですか?必死チェッカーとかでおなじみの。
それならば抱いてやる。たとえ違ってもそのふりをしていればいい。
「はあ?別にお前になんか抱かれたくないから(失笑)」とか思っていたとしても、
そこは抱かれたいふりをしてみてはどうかと考えます。これは不意に訪れた神様からのチャンスなのですから。
眼を潤ませて俯き加減で私のMA-1の袖を掴み「今夜は帰りたくない」などと言ってみればいいと思います。
その直後私は急によそよそしくなって敬語で謝り出すと思いますので動画を撮影しといて下さい。三千円で買い取ります。

連投 E

ps.
因みに昨日も一昨日も書き込めなかったので再チャレンジです!q(^-^q)
私の知能レベルに優しいとても読みやすい文章でした。\(^o^)/

(上記の文章を何度書き込もうとしても規制中なので浪人とか言うのをFOX君から購入してのテスト)

595 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/10(月) 22:15:26.00 ID:0Zf1+5eC
流石はFOXくん。流出させたり追放されたふりをしたりしてもタダでは起きない。素晴らしいサービスを提供してくれます。
FOXくんにならジャブジャブお金をあげてもいいですよ〜♪みんなもFOXくんのふりをすれば僕からお金を巻き上げられるかもですチャンス!

596 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/10(月) 22:16:49.08 ID:0Zf1+5eC
荒らせ荒らせーーーーー!!!!!!(;O;)rx

597 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/10(月) 22:35:46.87 ID:0Zf1+5eC
ぶち壊せ!(^o^)rn'

598 :名前はいらない:2014/03/10(月) 22:50:29.75 ID:ZlQMPZ7k
ちーちゃんの変わりなさに少し萌えました、少し

599 :佐藤光:2014/03/11(火) 01:12:12.66 ID:93raQpDN
深き淵
蛙の子はや
微睡みし

600 :名前はいらない:2014/03/11(火) 03:10:21.50 ID:4VBZdQzM
「アイドルになりたい」(自信作!)

寝る前に音楽を聴くか
詩を書くか悩むんだ

音痴な初音ミクはいらないかな?

恋愛ごっこがしたくて
インターネットに溺れたけど
どこもかしこも閉鎖状態

いつかばれる危険性ばかり気にして
ひきこもりニートしてたら
何も変わらないじゃないか

逃げ場所にしちゃだめだ
ぼくはアイドルになりたい
きみに忘れられたくない

決めたんだ
全力で楽しもうって
すべてが終わったら
全力で抱きしめてください

午前0時のぬるま湯に
いくらつかっても
美脚になれないのなら

1分でも早く寝てクマを消そう

601 :名前はいらない:2014/03/11(火) 23:45:03.25 ID:pnhPMzyX
>>600頭がおかしな人を描いた詩ですか
よくわからないのでパス 個人的にはワケわからないし
感じる凄みもないのでD
早く寝て下さい。
規則正しい生活が、精神的な
療養にも繋がっていいと思いました

602 :名前はいらない:2014/03/11(火) 23:46:10.42 ID:pnhPMzyX
>>599Dリズミが悪い

603 :佐藤光:2014/03/12(水) 05:43:27.85 ID:eRUtH/2O
蜂蜜や
喉に絡まり
溶けしゆく

604 :名前はいらない:2014/03/12(水) 09:43:51.75 ID:I0d1ldq3
「言葉そしてことばあるいはコトノハ」

我にあるは、蒼穹に残る鷹の軌跡と乙女の輝きに満ちた何ものか
私はこの言葉を、どこで聞いたのか思い出すことが出来ない

きのう、燕が黒い稲光のように
天空のいただきから
私の住む家の巣にやってきた
燕は何故、この広い世界の中から
この軒に巣を作ったのだろうか
不思議な出来事だ

この夜、私は夢の中で彷徨した

そこは、山の広大な斜面であり
途方もない風景であった

多くの者たちが、おおがかりな出発の準備をしていた
天幕が畳まれ、馬の背中に家財道具が積まれている

見渡すと豪奢な天幕の装飾が見えた
その中には、青白い一人の女が横たわっており
その前を背の高い痩せた男が横切って行った

彼は老人であり、風になびく髭を持ちターバンを巻いていた
すらりとした体の、腕は若い男のようであった

風が吹き、女が哀願するように身を起こした
男を呼んでいるようだったが、その声は私の耳には届かなかった

605 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/12(水) 10:17:13.82 ID:tj9FAJlF
>>595
うん、FOXくんの仕事ぶりは実に素晴らしい。
どこが素晴らしいかというとしれっと前回の●より大幅に値上げしている所など。
震えが来るね!

606 :名前はいらない:2014/03/12(水) 20:12:45.17 ID:YHk7q1Ug
>>603E とけしゆく
現代の言葉にするなら、とけたいく
ということになりおかしい
「し」は完了を現すんじゃないのか?

607 :名前はいらない:2014/03/12(水) 20:16:35.49 ID:YHk7q1Ug
>>604文章はきれい
だけど、伝わってくるものがない
Dプラス

608 :名前はいらない:2014/03/12(水) 23:38:43.62 ID:Ut6oqfa8
アンパンマンは 皆のヒーロー
助けを呼ぶ声に 颯爽と現れて
悪い奴らをやっつける
そして 泣いている子供には
「ボクの顔をあげるよ」と言って
自分の顔をちぎって子供に与える
アンパンマンの顔は 優しくて甘い味がする
泣いている子供は笑う それを見てアンパンマンも笑う
アンパンマンは皆から親しまれ 愛されている

アンパンマンは 皆のヒーロー
でも どんなに愛されても アンパンマンは孤独
アンパンマンの心を 理解している人はいない
助けを求める声に苛まれる気持ちを
悪い奴らをやっつける時の罪悪感を
自分の顔をちぎった時の強い痛みを
皆は 知らない

もしも アンパンマンの心を理解できたら
きっと 「助けて アンパンマン」とは言えない
アンパンマンを優しく抱きしめて 「ごめんね」って謝るだろう
「もう戦わなくていいよ アンパンマン」って言うだろう
その言葉を聞いたアンパンマンは 涙で顔がグシャグシャに濡れて
戦う力を失うだろう ヒーローを辞めて ただの人に戻るだろう

でも 大人達はアンパンマンがヒーローを辞める事を認めない
戦う力を失ったアンパンマンの存在を 決して許したりはしない
すぐに濡れた顔は新しいものに取り替えられて 心も取り替えられて
元気百倍の掛け声と共に アンパンマンはヒーローに戻される
もう そこには泣いていた人としての面影なんて残っていない

アンパンマンは 笑顔を絶やさない
助けを求める声は いつまでも絶えない
誰にも アンパンマンを助ける事はできない

609 :名前はいらない:2014/03/12(水) 23:39:46.80 ID:Ut6oqfa8
おいしいパンを作ろう アンパンマンの顔を作ろう
小麦を練って 餡を包んで 形を整えて 竈で焼いて
一つ一つを丁寧に 手の温もりまで伝わるように
誰よりも優しいアンパンマンになるように 愛情込めて作ろう

この世界は とても暗くて寒い
無垢な子供達を脅かす現実が沢山あって 不幸は絶えないから
子供達を守る為には アンパンマンが必要だ
寂しい子供には 微笑みかけて励まして
飢える子供には その温もりあるパンを与え
子供達を脅かす敵には 勇気を持って立ち向かう
アンパンマンの生き方から 子供達は正義を学ぶだろう
愛と勇気の素晴らしさを知るだろう

もしも この世に寂しさに震える子供が一人でも居たなら
もしも この世に飢えに苦しむ子供が一人でも居たなら
それは我々 大人達の責任だ
どんな子供にも等しく アンパンマンは駆けつけて
守ってやらなければならない
それができなければ アンパンマンの存在する意味は無い
だから おいしいパンを作ろう アンパンマンの顔を作ろう

この世界は とても暗くて寒い
鉄の様に硬くて冷たい地肌が剥き出しになっていて
立ち止まっていたら たちまち足元から心の熱は奪われていく
心の熱を失わない為には ひたすら働き続けるしかない
もしも 心の熱を失ってしまえば 手の温もりは伝えられないだろう
もう二度と アンパンマンの顔を作る事は出来なくなってしまうだろう
アンパンマンは 子供を守れないだろう

さあ おいしいパンを作ろう アンパンマンの顔を作ろう
子供達が寂しさに震えないように 飢えに苦しまないように
アンパンマンが敵と戦えるように 不意の涙で力を失わないように
働き続けていなければ 作り続けていなければ
大人達は心の熱を失ってしまう 心の熱を失ってはいけない

610 :名前はいらない:2014/03/12(水) 23:40:51.07 ID:Ut6oqfa8
アンパンマンに会いたくなったら
まず パン工場に行ってみるといい
そこには アンパンマンと同じ形をしたパンが
綺麗な焦げ目を浮かべながら並んでいて
パートのおばちゃんが 溶けたチョコで目と口を描いている
それらはラッピングされて 一つ150円で売られるだろう
パン工場に アンパンマンはいないと知るだろう

次は 玩具工場に行ってみようか
そこには 熱せられてドロドロの塩化ビニールが成型装置のパイプを通って
型締機に押し当てられて 冷やされて アンパンマンを模した形にされる
コンベアで運ばれた沢山のアンパンマンモドキが 人々の手で塗装されて
それらはカプセルに梱包されて 一回200円のガチャガチャの景品になるだろう
玩具工場に アンパンマンはいないと知るだろう

例えば テレビ画面の向こう側で微笑んでいたり
絵本の中で悪い奴をやっつけていたり デパートの屋上で愛と勇気を歌っていても
それはアンパンマンではなくて 誰かに作られた偽物だ
本物のアンパンマンはもう どこを探したって会えないんだ
本物のアンパンマンは 死んだ

日々を生きる為に 糧を得る為に 家族を養う為に
僅かな給料を握り締めながら 働き続ける人々がいて
夢を望む人々に夢を見せる仕事をする人が 夢を描く為に悪夢に苛まれて
そういう人々を支配する偉い大人達が お金というカミサマに支配されていて
心臓は望んでもいないのに動き続けて 地球は回っていて
宇宙は その殆んどが真っ暗な闇に覆われている
それを隠す為に 地球は青いのだと太陽の光は嘯く

僕は アンパンマンを探しているんだ
この世界を救えるのは もうアンパンマンしかいない
アンパンマンはヒーローだから きっと世界を救える
でも アンパンマンには会えないって分かっているんだ
だって アンパンマンを殺したのは僕だからさ
パン工場で 玩具工場で テレビ画面の向こう側で 絵本の中で デパートの屋上で
どこでも いつでも 会えるはずだったのに
僕は アンパンマンを殺したんだ

助けて アンパンマン
この偽物だらけの世界を滅ぼして
それが出来ないなら 僕を殺して

611 :名前はいらない:2014/03/12(水) 23:41:54.21 ID:Ut6oqfa8
飽食の街の真ん中で 誰かが独りで立ち尽くしている
壊れたラジカセのように 優しく穏やかな声で呟いている
「ボクの顔をあげるよ」
でも 彼には顔が無い
彼は この世界の悲しみを代表していた

いつ頃からか パンを作る事を辞めてしまった大人達は
テレビ画面の向こう側で繰り広げられる野球の試合に一喜一憂している
自分に価値を見出せなくなった大人達は野次を飛ばしながら
一日の価値を野球の結果で計るようになった
応援したチームが勝てば今日は良い日 負ければ今日は悪い日
まるで 何かを埋め合わせするみたいに
何かを忘れてしまったみたいに
そんな大人達の背中を見るのが辛くなった子供達も
今ではテレビ番組に夢中だ
日曜日の朝には カッコいいヒーローが凶暴な怪獣と戦っている
放送回数を重ねる度に 怪獣は強さを増していき
強い敵に立ち向かう為に ヒーローには新しい必殺武器が作られる
その必殺武器も翌週にはデパートの玩具売り場に並び
子供達から好奇の視線を浴びるだろう
親から買ってもらえた子供は友達の輪の中でヒーローになり
友達の輪の中で一番弱い子供は怪獣の役を強要される
怪獣役になった子供は必殺武器で叩かれながら 心の中で叫ぶ
「助けて! 助けて!」
でも 怪獣役の子供は誰に助けを求めれば良いのか分からない
愛と勇気を歌っていた 彼の名前は失われてしまった

本当の正義が失われた この世界には
虐げられる弱い人と 虐げる弱い人だけが存在している

612 :名前はいらない:2014/03/12(水) 23:42:58.78 ID:Ut6oqfa8
ヒーローごっこの遊びで ずっと怪獣役しか出来なかった子供が
必殺武器で付けられた胸の傷を隠しながら 幼い疑問に思い悩む
「何の為に生まれてきたのだろう?」
子供はそのまま歳を重ねて 社会に出て仕事をしている
ヒーローごっこを遊べない子供には 野球観戦も楽しめない
ヒーローごっこの延長に過ぎない社会に心から疎外する
誰にも馴染めないのを誤魔化す為に 作り笑いが得意になる
胸の傷が痛むのを抑えながら 笑えないものを笑う

古新聞の三面記事には 遠い国で起きた戦争の結果が記されている
勝った方にはヒーローの役が 負けた方には怪獣の役が与えられる
誰かの心を傷付けても まるで純粋な子供であるかのように笑える
胸の傷が痛くて堪らない 思わず吐きたくなる
貧しい国も 豊かな国も 大した違いはない
人の心は慢性的に飢えている

胸の傷の激しい痛みを抑えきれない子供は
もう誤魔化すことも出来なくなって ナイフを握り締めて街へ出た
通り過ぎる人々を傷付けよう 誰とも構わず壊してしまおう
誰にも会えないこの街で どこにも行けないこの場所から
この世界のあらゆるものを恨み 滅ぼそう

子供はしばらく彷徨い歩いて
誰にも会えない街の真ん中で 顔を無くした彼に出会った
子供は奇声を挙げながら 使った事もないナイフを無闇に振り回した
無抵抗なままの彼を何度も何度も切り付けた
何度も 何度も 切り付けた
ズタズタに裂かれた赤い服から 深く抉れた胸の傷が覗いている
思わずナイフを落とした その傷跡は子供のものと全く同じだった
彼は優しく穏やかな声で呟いた
「ボクの顔をあげるよ」
ボロ雑巾のように捨てられても 誰からも忘れ去られても
彼は世界を恨まなかった

子供は・・・僕は大声で泣いた

613 :二階堂 ◆3H/4wGejElAB :2014/03/12(水) 23:47:43.58 ID:5v/Uii+p
>>608->>612
連投EEEEE

614 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/12(水) 23:49:29.11 ID:KCULWZ9x
連投ちゃうやろ大作やで二階堂のおっちゃん。

615 :名前はいらない:2014/03/12(水) 23:55:31.43 ID:YHk7q1Ug
>>611までは好きだったし、光るものがある
中身も好きだけども、
最後の締めかたがやっつけのような
それが残念
B

616 :二階堂 ◆3H/4wGejElAB :2014/03/13(木) 00:06:11.33 ID:eBlH2+uv
もうやりたい放題だな。

617 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/13(木) 01:38:55.45 ID:/jDtIVuN
それとまだ規制中の人も多いと思うんですけど、おいらそう言う人も浪人とか言う2ちゃんサービスを利用すればいいと思うんですよね。
多分皆の中にはなんか難しそうとか、浪人って名前からしてよくわかんないって人も多いと思うんですが、
でも大丈夫です。浪人で検索してください。2ちゃんねるにも確か浪人の説明スレが立っていましたし。
で、説明を読んでみるとまずマラガを買えと言われますから、「マラガってなんじゃい!」と怒鳴って下さい。
次にマラガでびんたんを買います。(この時点で「びんたんってなんじゃい!」とまた怒鳴っていたら購入は無理だと思います。)
そして最後にマラガで買ったびんたんで浪人を購入して下さい。そして小声で
「だから浪人ってなんじゃい。」とつぶやきながら対応専ブラにパスワードなどを設定すると、
ジャジャーン!規制回避です。2ch mateでもイケました。

「でもまた個人情報流出とかあるんじゃないの?そう言うの怖いし…。」

奥さん!大丈夫です。わたくし手続きの中で彼の名前を確りと確認しましたので。
彼とは…そう、FOXです。流出してもFOXが追放されて万事解決!さあ、 皆さん流出までの数ヶ月、浪人でLet's enjoy 2ch life!

近頃ギター小物の買い物依存症のちーちゃんでした!see you.

618 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/13(木) 01:46:09.67 ID:/jDtIVuN
専ブラの設定の時なんですが、
「支払い一回で済むようにしれや」とか、
「札幌の雑木林のカッペが」と言う台詞もおすすめですね。

619 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/13(木) 02:08:30.66 ID:/jDtIVuN
あ、それと邪推ですが浪人の宣伝スレで最初にFOXの名を冠したスマホ2ちゃんブラウザアプリのリンクがあるので、
恐らくFOXはあえて対応専ブラにスマホアプリを載せなかったものと思われます。
有名アプリでも使える2ちゃん有料会員サービスとして売り上げを伸ばすことより、
自社開発アプリのシェアを拡大しての広告収入、と言うよりとりあえず開発費の回収を重要視しての決断だと思われます。
やはりクリエイターとしてサービスよりも製品を売りたいと考えたのではないでしょうか。

だから僕、言います。
2ch mateでも使えます。

620 :名前はいらない:2014/03/13(木) 06:36:38.58 ID:1xbCtU8A
無くした顔の輪郭をなぞろう 優しく抱きしめよう
こんなに冷え切っているのに なんて暖かいのだろう
「ごめんね」 謝らずにはいられない
「もう戦わなくていいよ アンパンマン」
なぞり描いた輪郭から涙が溢れ出てくる
涙で全身が溶けだして 後には大きな水溜りだけが残った
まるで 最初から僕一人だったみたいだ

飽食の街はざわめいて また一日が始まる
大人も子供も関係なく 手を繋げない人々が
今日もまた どこにも行けない場所で戦争ごっこをする
そして胸に傷を負って ナイフを握り締めた人が
怪獣と呼ばれてヒーローに倒されるまで 彷徨うだろう
人の心は慢性的に飢えている

僕の名前を呼んでくれ
どんなに小さな声でも聴きつける
どんなに遠くからでも駆けつける
たとえ 空を飛べなくても それほど強くなくても
煮ても焼いても不味そうな顔でも 決して笑顔は絶やさない
人の心が飢えるなら 心を満たすパンになろう
胸に傷を負ったなら 同じ痛みを分かち合おう
戦うことを求められても 愛と勇気を歌えなくても
誰かを助けられたなら 生きる喜びが溢れてくる

アンパンマンは 死なない
アンパンマンは 僕だ

621 :名前はいらない:2014/03/13(木) 07:32:33.94 ID:ZYnpwaiJ
「安寧と泥濘の間1/4」

入りたくもない隙間に
押し入れられ
均衡の一部とされつつあるが
この臭気
堪らんや
長い日月が同様の傷み具合も
悪くないかと
強要されし安寧に
朧な微笑(えみ)と錯覚せし
御歯黒を持たぬ自我は
やはり隙間に入り切らぬ
蜘蛛の糸一縷の
中庸に惹かれつつ
墨のついた面(かお)で歩きたい

衝き立てた鉛筆の
一点の観念だけを持って
排他の目
を撞きたい

622 :名前はいらない:2014/03/13(木) 07:35:16.30 ID:ZYnpwaiJ
「安寧と泥濘の間2/4」

含羞みながら嘘吹く醜態
口の端は心も失く独り歩き
裏手で呵呵と嗤う
頷きながら毒吐く無様
伏目の行く手は右往左往
帰途で軋軋(きしきし)と臍を噬(か)む


朝映(み)る鏡は画餅なれども
煌(きら)と等身以上に笑む
夕映る鏡は当然なれど
酷と宛(さなが)らに噎(むせ)び嘆(な)く


端(はじ)を歩き歩き舌出す不憫
欹(そばだ)つ地獄の耳は此処に在らず
半歩の後ろで視視と猜(そね)む

623 :名前はいらない:2014/03/13(木) 07:37:40.00 ID:ZYnpwaiJ
「安寧と泥濘の間3/4」

羊に跨ったビートルズがビル風にのって
イエスタデイを唄いながら空からやってくる
僕はこの世のキャラクターたちに口づけさ
進化論も退化論も遅い遅い
初恋を何万回でも
ぼくったら弾かれっぱなしのピアノ
歴代自分大統領たちがファイヤーダンス
自己破産の夜逃げより静かで
金持ちの引っ越しよりもけたたましい
裸でぐるぐる洗濯機に廻ってる
稲妻
稲妻だ
ドラゴンがサナギをむかえにやってくる

ぼくの勝利と敗北のパターンは
数年のしこりの軌道敷内
求む!はるかなる一瞬
着火!爆炎のロマンス
新しい人間を撃つとき

624 :名前はいらない:2014/03/13(木) 07:41:04.87 ID:ZYnpwaiJ
「安寧と泥濘の間4/4」

漠とした静もる混沌に
躊躇いは隠せず
狂おしい契りの牽制は
微動だにせず
至高の悪戯の傷痕は
新血統の悪意の威力に
戦慄しつつも
別離を怖れて効率的に
癒着してゆく
堕天使の癇癪の一閃に
反応することもなく
惨痛への陶酔に
余念がない毛細血管
絶対零度の無垢な囀り
深々と苛む
心を占めるのは
泥濘花の過誤涙
漠とした静もる混沌に
躊躇いは隠せず
寡黙な物量で
摩滅してゆく呵責の欠片
安寧と泥濘の間にある言葉

625 :名前はいらない:2014/03/13(木) 11:27:10.02 ID:1xbCtU8A
>>615

連続投稿の規制により最後まで記せませんでしたが
>>620も含めて全てです。 評価をありがとうございました。

626 :名前はいらない:2014/03/14(金) 06:49:27.75 ID:oeOFCrg4
【晴子ぜったい負けない!】

全部選択ワンクリック 
年齢が30に変わっても
学生の頃より始めたコピペ
ノーベル賞と名誉は得られない
コピーされた場所たどって
その嘘やさしく黙ってくれたなら

勝気な想い
嘘は私を照らす光になれる
注目を浴びて

たとえ描く未来
そこに私がいないとしても
いまはそっと何も言わず騒がないで

ノーベル賞だって
引き寄せて輝き続けたいよ
コピペだって
許してくれるって信じたい
信じたい

627 :名前はいらない:2014/03/14(金) 07:14:16.83 ID:myhTUI9O
「何度も1」

大切にしたい
それがどれだけ大事か
わかっているのに
ぼくはいつも
自分でそれを壊す

望めば望むほど
それは手の中で
消えてゆく

得られるものなのに
自分で遠くに投げすてる

大切なあの人さえも
ぼくは手放してはならないと
わかっていながら
傷をつけてほどこしようがなくなる

あの時放した手は
もう握ることができないのか

僕はもう一度握りたい

なのにまたきっと自分で
すべてを台無しにするんだ

何度でも繰り返すんだ

628 :名前はいらない:2014/03/14(金) 07:16:13.49 ID:myhTUI9O
「何度も2」

僕はなにもできない
僕は才能もない
僕は偉くもない
僕はお金もない

でもあなたがいるからいいんだ
それでいいんだ

僕は友達がいない
僕は愛想がない
僕は余裕がない
僕はなにもない

でもあなたがいる
そう思っていた

一緒にいたはずなのに
振り返った足跡が一つ
君はいつだって一緒にいるって
そういったのに

629 :名前はいらない:2014/03/14(金) 07:17:54.62 ID:myhTUI9O
「何度も3」

夜空を見上げれば
星々が瞬いている

大きな星
輝いている星

彼らはやがては砕けて散る
運命にある

つまりは、死に向かって、刻々と
自ら命を燃やし続けている訳だ

生があれば死がある

その事を彼らも知っているに違いない

そうでなければどうして
あれ程に懸命に生きるだろうか

エクスタシーの中にも虚無を抱えている
その張り詰めた両極のエネルギーこそが重要だ

630 :名前はいらない:2014/03/14(金) 07:20:40.62 ID:myhTUI9O
「何度も4」

何度も何度も何度も何度も

昨日聞いた小鳥のさえずりは
遥か彼方から迷い込んだ
旋律のようでした

小川に膝まで浸かりながら
少女がスカートを持ち上げて
川べりの小花を見つめていました

あなたはあの日
あの少女の姿を
じっとみつめていたのでしょうか

どこまでも流れを止めない
清流の音を聞きながら
夢の日を思い出していたのでしょうか

橋の上から見る景色
まるで変らぬ風景に
あなたの微笑みが見えます

どこまでもどこまでも
変わらぬせせらぎの音は
耳からはなれません

631 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/14(金) 19:26:37.60 ID:fl8dKB8W
長編詩の投稿についての議論が巻き起こるかどうか。
これはこのスレの利用者数を推測する一つの指標となるでしょう。
>>618
「石狩の原生林のビチグソ野郎」もいいね。

632 :名前はいらない:2014/03/14(金) 20:58:09.15 ID:GO5XLBXV
>>621-624 「安寧と泥濘の間」
言葉の選び方が毒々しい方向に良い雰囲気を出していたのに
>>623で何で唐突に抽象的な横文字交じりにしてしまったのでしょう
モノクロのサイレント映画が途中で唐突にフィルム越しに極彩色を上塗りした様なアンバランス感が不快です
おしゃれな感じだったのに、そればかりが残念でなりません 評価:C

>>626 【晴子ぜったい負けない!】
勢いがあって、大変よろしいと思います。
嘘に対する自己欺瞞の自覚(それも酷く独善的な)をよく表せているのではないでしょうか
読み手に不快感を与えかねない内容ですが、それを意図しての事であれば、まだ弱いと思います。
第三者の利権の都合など、当事者のみならず周りの(救いようもなく無情な)事情も表現できたら
更に深みある面白い内容に昇華できると思います。その方向で頑張ってください 評価:D

>>627-630 「何度も」
表現者の「あなた」に対する依存が病的で、おそらくペットレスの酷いものではないかと心配になります。
ですが、少なくとも>>629での死に対する観念的な理解から、「あなた」が精神的には正常に弔われているのが分かります。
「あなた」の幽霊めいたものに一方的に想い囚われる状況から、今一つ前に進んだものの表現に挑戦してみてください
それが出来れば、もはや「あなた」を使わずとも真っ直ぐな言葉で喪失感を表せるでしょう 評価:D

633 :名前はいらない:2014/03/14(金) 21:58:47.08 ID:s3Uz6LQE
「胃」

不満もなく 意志もなく
ゆっくりと 溶けてゆき
なにかのかけらとなって 死ぬ

不満もなく 意思もなく
ゆっくりと 集まってゆき
なにかの かけらとなって 生まれる

生まれてしまう 生まれてしまう

634 :名前はいらない:2014/03/14(金) 23:13:53.87 ID:37H6jjMR
>>633つまらない繰り返し
内容を薄めているだけ


635 :名前はいらない:2014/03/15(土) 03:02:06.48 ID:nBBZwBOo
「モブスクワッドその1」

いい人でも悪い人でもない気持ち
歯並びのわるいビル群

彼女って髪を切るのをとめている手みたい
つむじ風を階段にして空へあがるゴミ
誰かが満腹になるとどこかの誰かが空腹になった
彼が当たり前というと彼女がありえないと言う

野良犬はいつもなにかをしゃぶるね
白い服の人が夜に朝を被せて
黒い服の人が朝に夜を被せて
だんだんよく知ってる人が七色に縮んでいき
誰にもわからないように日々はそうなっていったけど
なんど問いかけてもこの扉がある部屋に人間はひとりだけ


畑の暖房 川の冷房
太陽のライター 月のシャワー
あの世みたいなハイウェイ
なにかしらの矯正器具を感じる
海の生理
熱帯魚がその血


薄い氷上を重厚な命が爪先立ちで歩くように
一本の研ぎ澄まされた針で世界観に穴をあける
そこからすべての割り切られた数が
膨大に飛びだしてくるかもしれないが
愛を強いクリームだと信じたし
偉大なきみは転び続けた石を覚え
ぼくは朝の月に目を奪われていたよ

636 :名前はいらない:2014/03/15(土) 03:03:48.85 ID:nBBZwBOo
「モブスクワッドその2」

君は君を呪うから
いつか必ず呪うから

容姿 中身 外も中も
世界も自分自身も
視線が自然に下がり
手首に目をやると
血管が通っていると
少なからず実感して

おもむろに掴んだ剃刀を
当てて初めて気づくんだ

首に掛けられた縄を外して
嫌だと嘆いたこの先を
それでもと醜くく浅ましくすがるんだ

君は君を呪うから
いつか必ず呪うから
生きていることさえも
死んでしまうことさえも

そうしていつか全てが
馬鹿馬鹿しくなって
考える事をしなくなって
死ぬまで生きていけばいい

637 :名前はいらない:2014/03/15(土) 03:05:20.33 ID:nBBZwBOo
「モブスクワッドその3」

忘れたい何かがあるわけじゃない
これから続く未来に不安がないと言ったら
嘘になる

風をそのまま感じたい

失ったものは数え切れない
得たものも数え切れない
すべては風と共に空気に溶けるから

自分のペースで走りたい

周りにあるのは景色だけでいい
抜かしたり抜かされたり
そんなことはどうでもいい

答えが出ないのはわかってる

答えを出すためじゃない

浮き上がるようなこの一瞬に
乗っていたいだけ

スピードは最高速度で

638 :名前はいらない:2014/03/15(土) 03:07:04.27 ID:nBBZwBOo
「モブスクワッドその4」

ただ 吠えたいだけ。
ただ やっかみたいだけ。
ただ 一番近くにいたいだけ。
ただ 言うことを聞かなかっただけ。
ただ すれ違いがあったという事実だけ。
ただ 見えてるようで見えていなかっただけ。

ただ 仕事を終えて帰るだけ。
ただ 温もりが冷たさに変わるだけ。
ただ 永久に動かなくなるだけ。
ただ 困ってるのを救いたいだけ。
ただ そういう顔を見たくないだけ。
ただ いつでも笑って許すだけ。

コーヒーに ミルクと砂糖を入れるように
ただ なんでもなかったということだけ。

639 :名前はいらない:2014/03/15(土) 05:10:58.43 ID:sIBqbDU/
恐れることなかれ君よ
人を愛することを
人に愛されることを
唇よ愛を語れ
日が沈み新たな夜が来ようと
君の心は誰よりも貴く誰よりも美しい

640 :国産車:2014/03/15(土) 08:27:47.00 ID:hD5Gi68C
走り続けて三千里
脇目も振らず進んできたが
さすがにこれはマジやばい
腹も減ったし眠気もすごい
角を曲がれば四千里
給油ランプはまだつかない

ウォッシャー液は空ぶかし
投げつけられた鳥の糞
薄く伸ばすワイパーさえも
ガタガタ音を立てるだけ
坂を登ってあと千里
給油ランプはまだですか

目的地まで近付けど
次の丁字路工事中
迂回ルートを示さぬナビは
このまま進めと言うばかり
アイドリングで千里分
給油ランプはそっちのけ

ここまで燃費がすごいとは
思っていたけど予想外
技術がいいのか性能か
それとも根性だけなのか
六千里なら超えました
給油ランプがつきました

あと何千里進むのか
あと何千里進めるか
そんなことは知らないけれど
そんなことはどうでも良いのだ
七千八千九千里
給油ランプは知らぬふり

641 :名前はいらない:2014/03/15(土) 09:23:16.02 ID:26sAyF9Q
「晴子のせいじゃないもん!」

サヨナラの前にもう一度 
世間に確かめておきたいよ
私を愛していたかしら?

だけどこのネットに見る 
この罵声のまま私は永遠に
生きてゆけないよ
人を悪く言う事で喜んでいるでも
自分が標的になれば 
おまえらだって傷ついてゆくんでしょ!

ハルコがハルコ様で輝くために
無かったことにして欲しい

コピペしたものは愛嬌よっ 
可愛さに免じて許すまで
ハルコはマスコミに叩かれて 
少しふらつきながら
この男社会の中で
たくましく生きていく

642 :名前はいらない:2014/03/15(土) 15:05:03.14 ID:xYPAKAEk
ヒビワレテユク

窓際 手を当てた少女は
目をつぶったまま
揺れている 薄緑色に
揺れている 洩れる光

行列が行く
雨で消えた 足跡を
記憶で辿りながら

一人が呟く
「薄れゆく明日は
ヒビワレテユク」

風に紛れた本当は
薄汚れて虚構になり
揺れている 薄緑色に
揺れている 兆し

壁際 眠る少年は
耳をふさいだまま
流したラジオ そっと
夕凪の中 沁みてゆく

少年が呟く
「振り返らない過去は
ヒビワレテユク」

行列は行く
酩酊した 世界の扉を
鍵も持たずこじ開けながら

643 :名前はいらない:2014/03/15(土) 15:07:07.29 ID:xYPAKAEk
氷点下の蠱惑譚

氷点下の蠱惑譚 無常にも儚い期待感
あゝ北の発狂夜 宵闇の焦燥感

今いますぐにでも官能の衝動が走る
予感を掻き立てる気づきの連続が
薄野にはある 確かに存在している
酒と香水の匂いが鼻を優しく撫で
愚息と企み密かに膨れあがり
欲望と金と精液が舞い飛んでは
誤ちと成功が苦い膣内で混じりあう
カオスティックな夜のざわめきが
背徳心の破水を誘って止まない

滲み出る劣等感を忘れ置くため
仮初な虚妄の栄光を思い出すため
正気を放棄し少ない信用を垂れ流し
陰気溢れる穴ボコの両眼を眩ませる

氷点下の蠱惑譚 無常にも儚い期待感
あゝ北の発狂夜 宵闇の焦燥感

果てた瞬間 迎うる賢者タイムに
突き飛ばしたくなる売女とではなく
抱きしめたくなる淑女との情事を営みたいなどと
叶わぬ羨望やひとりごちる世迷い言
嗄れては渇き続ける喉が鳴らし
路地裏に吐き捨てられた唾と誇り
目を細め見ては紫煙をくゆらす

幾度も幾度も幾度も幾度も
幾度も幾度も幾度も幾度も
酔っ払って騙されて吐き出して
喪失って掴まされて頭が痛んでも
極まる心寂しさ
道化は躍り続ける
廻る不条理廻るエロス廻るSTD
脳髄に引っ掛かり離れないOD
足りない 足りない 安寧などない
ひとり歩きのフラストレーション
満ちない 満ちない 何も得てない
創成川に沈む未来と解せぬ愛
サブロクを吹き抜ける荒んだ風雪
強く抉るように痩けた頬を刺すのか

644 :名前はいらない:2014/03/15(土) 18:10:09.55 ID:nBBZwBOo
「モブスクワッドその5」

そこには色鮮やかな華やかさもない
自然な寂しさが落魄を映していた
ただ、かたわらには澄んだ泉が湧き
白樺の大樹があった

さらに行くと修道院があるはずであるが
それがはっきりと見えないことは不思議だった

修道僧がひとり入り口に立っていた
黒い頭巾をかぶり裾の長い黒衣
私を見ると彼は両手を開き軽くお辞儀をした

落日の黄金の色で染められた中に
古い礼拝堂が中庭の一方にあり
低い声で賛美歌を歌い始めた
それは、永遠のかなたに響くような壮厳なものだった

下男らしき男が生垣のところから現われた
バルコニーから声がした
「どうかしたのか」
「お客様でございます」
「わかった、犬に気をつけるように」

この対話はささやかなものだ
しかし、こうした言葉が千年の昔から話されていたのであり
生命をもった何かがあり、世界の全てを創造しているものなのだ

645 :名前はいらない:2014/03/15(土) 18:12:11.43 ID:nBBZwBOo
「モブスクワッドその6」

生きている理由が
満たされた時は
じゃあどうするの

そこで立ち止まりは
しないだろうし
だって待たないくせに
待ってはほしいんだし

最初は迷った嘘も
つき続けて麻痺して
当たり前になって
たまに思い出して
悪いなって思いつつ
結局直らず直さず

好きなアーティストに
肯定の歌を歌われて
このままで良いんだって
本気で言ってるのなら

じゃあもう死んでるのと
大差ない気がする

646 :名前はいらない:2014/03/15(土) 23:44:31.59 ID:FhiFwO5b
  ‐呼応‐

ざわめき
遠く近くの雑音
人ごみの中雑踏の中で
シンクロする
通じ合う
聞こえてくる互いの声
それは呼応しあうふたりの

こんなちいさな吐息までも
手に取るようにわかるよお前の心が
まるでそばにいるかのように
何故と問う前に
それは
泣いている時も
燃え立つような怒りの時も
凍りつくような恐怖の時も
それはどんな時でも
離れているのに通じ合う

運命かもしれない
さだめとしてあたえられた
それを僕らは認めなければ生きられない
笑うものは笑えばいい
疑う者は疑っていればいい
神様を恨んでも誰を恨んでも
この絆は変えられないのだから
それが我らふたりだけの
それが我ら双子の
それが我ら兄弟の

生きてゆくための
呼応する絆

647 :名前はいらない:2014/03/16(日) 07:38:53.51 ID:tFDZfmSg
「呪怨1」

君は君を呪うから
いつか必ず呪うから

容姿 中身 外も中も
世界も自分自身も
視線が自然に下がり
手首に目をやると
血管が通っていると
少なからず実感して

おもむろに掴んだ剃刀を
当てて初めて気づくんだ

首に掛けられた縄を外して
嫌だと嘆いたこの先を
それでもと醜くく浅ましくすがるんだ

君は君を呪うから
いつか必ず呪うから
生きていることさえも
死んでしまうことさえも

そうしていつか全てが
馬鹿馬鹿しくなって
考える事をしなくなって
死ぬまで生きていけばいい

648 :名前はいらない:2014/03/16(日) 07:40:09.51 ID:tFDZfmSg
「呪怨2」

もぅ 思わせぶりな
だけの絶妙な包み具合のveil に‥
恋い焦がれる想いは
簡潔に消え失せた

壮絶なだけの建前は
寂寥感の集合場所に
複雑に捨ててきた

そぅ 積み上げてきた
本音の迷走する青春の
幻滅の体積が気ぜわしく膨張してゆくものの‥

誰一人
針を用意してはいない
だから やっぱり

眩しい機能美が
沈んでゆくのを
指をくわえて
眺めているだけ‥

649 :名前はいらない:2014/03/16(日) 07:41:40.21 ID:tFDZfmSg
「呪怨3」

ノクターンから
ジムノペティを借り受けて
掲げた月映える窓に
指に意をこめて
呪(まじな)い言葉を、はべらせる

螺旋が続くバベルをボルダリング
月の君 太陽の君 星の君 雲の君
手を伸ばす
雨が濡らす 風が削る
斜塔ピサに しがみつく


今宵のひととき
いかがなものか


紅茶を静かに注ぎみる
器の みなもに君の写しを見守りて

650 :名前はいらない:2014/03/16(日) 07:44:18.83 ID:tFDZfmSg
「呪怨4」

今日が変わらないのは
昨日を変えなかったから

あの時種を撒いとけば
今頃は見れたんだよな
世界に対する些細な抵抗を

叩かれて立派になるのか
おかげで顔は青アザだらけ
身近な人間にさえ心を許せない
そんな時代になりました

それを許せと言うのなら
僕みたいな奴生きていけないよ
復讐心と劣等感を
動けない花にしかぶつけられない

くだらないね 最低だ
それが僕の人生で
それでも死ぬのが怖いから
余計に救いようがねぇや

651 :名前はいらない:2014/03/16(日) 07:47:16.49 ID:tFDZfmSg
「呪怨5」

揺れる機体の中で黒い煙があがる
二人は覚悟を決めていた

機内の酸素に比例して薄くなる意識の中
乗客一斉に携帯を取り出す

止める乗務員なんていやしない

もしもし パパとママだよ
ちゃんとご飯は食べたかな
温かくして寝るんだよ
友達は大事にするんだよ

ごめんね 帰りは遅くなる
1人でも大丈夫だよね

もう少しだけ頑張ってくれ
飛んでいてくれ
おやすみ
呪いをかけて眠ることにするよ

652 :名前はいらない:2014/03/16(日) 14:46:30.47 ID:Daf5FERF
>>633 「胃」
死ぬものが、生まれ続ける様な、生きる事の切なさを感じました。
「生まれてしまう」のではネガティブな発想になってしまうので
生まれる事のどうしようもない喜び、つまりは生理的な幸福感が表現できたならば
更に良いものになると思います。 評価:D

>>635-638 >>644-645 「モブスクワット」
これ等は個々にお互いの関連性を見出す事ができないのですが
モブスクワットとはそもそも何なのでしょう?ググッてみましたが分かりませんでした。
635と636、645が個人的には好きですね、全体的に陰鬱な雰囲気の詩ですが
645の好きなアーティストのくだりは、逆に好きなものをディスっていくスタイルを貫こうとする
天邪鬼な感じがして、これからも自分から好きになれたものを嫌っていくであろう救いの無さにグッときます。
評価:C

>>639
素晴らしいですね、何かの舞台の台詞みたいな、ステキな綺麗事に思えます。
この詩の続きに期待したいです。愛の顛末は悲劇が好ましいでしょう。個人的な趣味ですが
評価:D

>>640 「国産車」
運転手はどこに向かっているのでしょうね? 目的があるからそこまで進んでいるのだと思いますが
艱難辛苦の末に辿り着く場所は国産車の未来なのかもしれません。(スクラップ工場とは言いませんが…)
そろそろ、自動車を越える未来の交通手段が発明されても良いのにと思うのですが
誰か、ロケッティアみたいな機械を生み出してくれませんかね? 評価:C

>>641 「晴子のせいじゃないもん!」
こういうタイプのものは不祥事が起こる度に形式の流用が出来そうですね
でも、三十路でそれなりに見た目が悪くない感じの女子という前提がなければ性的に許せません
というより女子というものは、何故に女子であるというだけで、あらゆる権利の行使を容認され
その権利に伴う義務や責任を男子に押し付けても良いという身勝手な思考回路を備えているのでしょう?
この男社会の影の支配者は当然ながら女性であり、男は男であるが為に常に奴隷に過ぎないのかもしれません。 評価:D

653 :名前はいらない:2014/03/16(日) 15:06:26.70 ID:tFDZfmSg
「呪怨6」

花々の予定調和は
もぅ近しくて
PSYCHO-PASS の蠢きも
芳しい
胃酸に とろける扉の
軌跡を疑うこともなく
小春日和は
執行を猶予され
出来うる限りの正しい
裏切り方を1つの鍵で

数多の蛹もcoordinateを済ませたようだし
それを狙う鴬の声音は
狂気への透明感を
助長する

だから今 脳が痒い …

654 :名前はいらない:2014/03/16(日) 15:09:38.06 ID:tFDZfmSg
「呪怨7」

僕が去ろうとするこの街に
君が越してくることを友人に聞いた
僕は駅のホームで
八時五分着の特急を待っている

あの六月の夕方、庭園の小道で
君と友人のあとを自転車で追いかけた
髪に揺れる紫の蝶結びは紫揚羽が飛んでいるように見えた
突然の雨、あずまやでのひととき

次の日、女友達を連れないで君は一人できた
みずうみに浮かべたボートが橋の下を通り過ぎる
まばゆい光がオールの水にきらめき
そして、告白と確かめるような口づけ

手紙を交わし合った三年間の愛の日々
吹雪の中で会った時、君は毛皮のコート
君は寒さに強くて、僕は君に暖められた

そして別れ
そして遠い日の中で発狂を繰り返す

655 :名前はいらない:2014/03/16(日) 15:16:58.10 ID:tFDZfmSg
「呪怨8」

僕って必要?

何度も裏切られた
けど『好き…』だから

いつも帰りを待ち続けた

けどやっぱり
耐えられない


一人で越えることが
出来ないよ
君と一緒に乗り越えないと


僕を本当に必要されてる
違う人の元に行くよ


君が泣きながらすがっても
僕は、君の涙なんかより
曖昧な関係より
『僕だけを見て』欲しかった
僕のワガママを許して

呪いの言葉が繰り返される
呪い殺すかのような甘いささやき

656 :名前はいらない:2014/03/16(日) 15:24:15.98 ID:tFDZfmSg
「呪怨9」

私は八月の夜、
声なき慟哭に揺さぶられた。
慟哭、ではないかもしれない。
声はかすれていたから。
だが、あれは「慟哭」だった。
だって声をあげようにも、
隣には小さなサナちゃんがいるし、
怖がらせたくない小さな家に住む私は、
声を出して泣くことはできなかったのだ。
涙も出ない、声も出ない、
苦しみの中から這い出るように、
私の苦しみを昇華させるように、

次の日には笑おう。
その次の日は怒ろう。

呪いをかけろ、呪いをかけろ、呪いをかけろ、呪いをかけろ
呪いをかけろ、呪いをかけろ、呪いをかけろ

ただ今は、泣くに泣けない声なき慟哭。

657 :名前はいらない:2014/03/16(日) 18:15:57.09 ID:FzB2r0vt
ID:tFDZfmSg

慟哭とは、悲しみのあまり声をあげて泣くこと。
「声なき慟哭」と書き、またそれを否定しようとする場合に、
「慟哭」を否定しておいて「声はかすれていた」と繋げるのは、
いかにもセンスがない。
かすれていても声が出ていたというのなら「声なき」を訂正するべきだ。
「慟哭」を強調したいのであれば、
はじめから「声なき」などと余計なことを書くべきではない。

評価E 

658 :名前はいらない:2014/03/16(日) 20:14:33.72 ID:tFDZfmSg
「呪怨10」

凪の海の月は鏡に写る月のよう
私を写す鏡はこの世にありますか?
愛はがんばって得るものですね?
努力して得るべきですね?
精一杯のがんばりの残骸
積み木が崩れたあと
囚われているとするなら
それは私がわがままで自分勝手で
そこまで呪われているのでしょうか
努力がたりなくていじわるで
いけない子だから
やっと手に入れられるものまで
自分で踏み潰してしまう
自分で踏み潰して
誰かのせいにする
お前はすでに呪われているのだ
それは私が価値のない人間だからですか?
全ては努力で手に入れられる気がする
その中に私が本当に欲しいものがあるのだろうか?

659 :名前はいらない:2014/03/16(日) 20:19:38.83 ID:tFDZfmSg
「呪怨11」

今のあなたは好きじゃない
だっていつも我慢しているから
我慢がいっぱいでもう壊れそう
泣いてもいいのに
涙流してもいいのに
お前はすでに呪われた存在なのである
いっぱいいっぱい泣いて
泣き笑いになって
最後には笑って
気がつけばお前は呪われているのだ
いつものあなたが
そこにはいる
お前は呪われた存在になるのだ
泣いちゃダメって誰が決めたの?
いっぱい泣いて呪われろ
いっぱい話して呪われろ
いっぱい笑って呪われろ
また歩いていこうよ
泣いてるあなたもきらいじゃないんだ
呪われていることに気がついてはおらぬ
もちろん笑ってるあなたもね

660 :名前はいらない:2014/03/16(日) 20:25:39.31 ID:tFDZfmSg
「呪怨12」

かじかんで傷口から
血がにじむ手
呪われているのだ
冬の水仕事は傷口にしみる
そんな頑張りやのあなたに
手の傷が全てなくなり
きれいになるクリームをあげたい
小さくなった靴を買ってと言えなくて
足にまめが出来ても履いている
本当は大きい靴が欲しいのに
お前はすでに呪われているのだ
そんな優しいあなたには
あなたの足がどんなに大きくなっても
足にフィットして壊れない靴をあげたい
掲示板を読んでいることでお前は呪われることになる

友達といても
いつも自分じゃないみたいで
背伸びばかりしているあなた

そんな無理してるあなたには
自分を好きになれる
そんな心をあげたい


どこにいても孤独で
一日中だれとも話さず
そんな日が何日も続くあなた

そんなあなたには
孤独を癒す愛をあげたい
愛はあなたをつよくするから

661 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/16(日) 20:49:40.70 ID:aeqvGExa
640はおしいんじゃないかなあ。七五調で、人生の五段階って感じで。
ただ、あくまで無機質。形容の馬力が足りない。
ぎりぎりCかねえ。

662 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/16(日) 20:55:20.68 ID:aeqvGExa
643は、意味不明ポエムか。
韻を踏むのがうまいのかへたなのか微妙なところで、完璧性にかけるので、いらっとする。


663 :名前はいらない:2014/03/16(日) 21:29:35.77 ID:x8k+ruAI
空の色

空の色は 青く塗れと
何もわからないままに
教わった

走り出した 路地裏の
何だかわからない言葉
聞こえる暗い 四時半
空は 灰色に見えた

塗り絵の中の
よく知っている君は
分かりきったように
出来上がって行く

君の空は青い ひたすらに青い
それでいいんだろう?

黄色い花が咲き乱れた
よく遊ぶ公園の向こう
お爺ちゃん達が集まる
変な教会があるんだ

やけに白い教会
ところどころ
金色に光っていて
何だか芝居じみているんだ

空の色は 青く塗れと
何もわからないままに
教わった

辿り着いた 教会の
何だかくだらない言葉
頷く人たち 六時半
空は 鴉色に見えた

塗り絵の中の
よく知っている君は
分かりきったように
出来上がって行く

君の空は青い ひたすらに青い
それでいいんだろう?

うなずかないあの人に
本当に映るその色は
何色なんだろう

瞳の中のその色を
僕は見て見たんだ
確かに見て見たんだ

お爺ちゃん、
本当のことを教えて

664 :名前はいらない:2014/03/16(日) 22:10:01.99 ID:tFDZfmSg
「呪怨13」

家族がそこにはいた
たしかにいた
たしかにそこにはいた
しかし家族はそれぞれ危惧類であった
ある日起きた出来事
父親の和美は母親のむくろと結婚記念日に
何を食べたいのかと話していた
兄の七郎はピザが食べたかった
弟の英彦はピザが食べたかった
母親のむくろの財布から金を取ろうとしたとき
激しい衝動におそわれた
死への果てしない欲望
煉獄のなかにいるという絶望
ピザのことを忘れて兄弟は互いの体を
殴り始めた
父親は母親に連絡せず消息不明
母親は別の男と強姦プレイのあと死体となり処分された
兄と弟は血まみれのまま
廃墟とかしたその世界で鳴り響く歌がある

死を祈れば救われる
生を呪わば助からず
地獄いくるに相応しく
眠れぬ夜の物語

呪われぬように気をつけろ
お前の脳のなかにはすでに寄生虫がぎっしりと

665 :二階堂 ◆3H/4wGejElAB :2014/03/17(月) 04:18:39.54 ID:9Wjr3E4P
ホテルの傍に
いやなにおいのする
池があった
なんでこんなにおいするんやろと思って
池をぐるりしたら
ああそうか
底にびっしりと
ヘドロがつまっているのだ
これじゃあ魚も人もよりつかねえよなあ
俺はそう思いながら
ドブ池に痰を吐いた

666 :名前はいらない:2014/03/17(月) 06:16:29.32 ID:xMMSEdNt
「呪怨14」

えたいの知れないかいぶつが町にあらわれて
その町を大きな顔をした女が
のたうつように叫びをあげながら
おもてどおりを劈いていきました
コロシテヤル
コロシテヤル
そうくりかえすたびに胸のなかから
どす黒い霧のような
ものが辺り一面をつつみこみ
互いちがいにいきかう人どおりの中央で
顔面からなんまんびきもの
白いミミズがふきだして
そのミミズがどんどんふえていき
脳のなかまでミキサーに
していくのだった
コロシテヤル
コロシテヤル
ひとびとはにげまわりながらも
いつか訪れるあんねいのために
内臓をなんどもなんどもうごかして
うごめく白いミミズと対峙するのだった

667 :名前はいらない:2014/03/17(月) 06:21:48.77 ID:xMMSEdNt
「呪怨15」

その日、私は七時間の道のりを進んだ
そこには色鮮やかな華やかさもない
自然な寂しさが落魄を映していた
ただ、かたわらには澄んだ泉が湧き
白樺の大樹があった
さらに行くと修道院があるはずであるが
それがはっきりと見えないことは不思議だった
修道僧がひとり入り口に立っている
黒い頭巾をかぶり裾の長い黒衣
私を見ると彼は両手を開き軽くお辞儀をした
落日の黄金の色で染められた中に
古い礼拝堂が中庭の一方にあり
低い声で賛美歌を歌い始めた
「我が血に染めし呪いのことばを手にのせよ」
それは、永遠のかなたに響くような壮厳なものだった

668 :名前はいらない:2014/03/17(月) 06:28:11.15 ID:xMMSEdNt
「呪怨16」

僕は二月に作られた雪うさぎ
創生者の彼を捜す ねぇ 温もりを与えて
太陽より先に 僕を溶かしてほしい

「呪われた言葉よりお前の頚椎をへし折るがごとき」

溶けながら何を思うだろう
思考回路は無い 矛盾が生じて笑った
気が付けば 氷の粒といつもの静寂

丸い太陽にくっついてる猫は欠伸
何も無い世界を嘲笑うの
僕の居る場所を誹謗するの
傍の亡骸を見もしないの

僕もあの猫と同じ 理解は捻じ伏せる
「際限のない誘惑こそが呪いへの通過点なのだ」

僕は二月に作られた雪うさぎ
創生者の彼を捜す ねぇ 温もりを与えて
太陽より先に 僕を溶かしてほしい

生きてないなんて嘘だよ ほら
青い涙が流れてく 眠気に襲われながら
響いてきた言葉 ラヴユーとシーユー
「呪いとはおのれの耐えざる悪意によって抱きしたましい」
遠くで猫の鳴き声 悔しいなら
僕に近付いて 怖がらないで溶かしてよ
でももう遅いんだ 彼が来たからコロシテヤル

669 :二階堂 ◆3H/4wGejElAB :2014/03/17(月) 07:10:29.71 ID:9Wjr3E4P
やわらかな
泪散らした
宵桜

670 :名前はいらない:2014/03/17(月) 07:58:04.28 ID:tVQ+9G4a
「DAY」
いつもと同じ一日を終わり
気がつけば昨日と同じ場所

確かなものってなんだろう
確かなもの探している

あれでもないこれでもない
気がついてまた海の底

記憶の遺跡に映る人影
どこまでも美しく

不意に訪れる遠い眠気に
目を閉じれば今日も幸せ

671 :名前はいらない:2014/03/17(月) 10:48:17.79 ID:jDR/tgB7
>>669
今の季節で散る桜となると河津桜ですかな
桜が散る様子の儚さは古くから親しまれていますね
桜吹雪をやわらかな泪と表現したのはとても美しいと思います。
評価:B

672 :名前はいらない:2014/03/17(月) 18:12:01.63 ID:DB5JikLd
こんなに言の葉に笑して
こんなに哀しんで
夕闇を一人歩いてるような優越感
何故に空は青いのかとか
海の紺碧だとか
きっと誰もが頭の隅に眠らせてる
有名な女優が演じる劇のように
僕もそっと瞳を閉じてみよう

673 :名前はいらない:2014/03/17(月) 18:43:38.57 ID:kmWmH7Pj
>>672
評価はできないけど(それだけの知識がない)深く澄んでて切ない雰囲気が好き

わたしは今日も生きてます

死んでしまえと突き飛ばされて
醜いねって踏みにじられて

傷だらけのあのこ 泣いたら差しのべられるあたたかな手
傷だらけのわたし だれも助けちゃくれません

それでもわたしは生きてます
自分の手当ては自分でします

伸ばした茎はぐねぐねと
青い空ははるか遠く
雑草みたいなわたしでも
ちゃんと笑って生きてます

泣くもんか 泣くもんか
どんなに踏みにじられたって
見上げた空が灰色だって
向かい風がわたしを打ったって

わたしは今日を生きるのです
わたし自身を認めるために

674 :名前はいらない:2014/03/17(月) 21:25:39.42 ID:Jnkqbx+d
>>672
最後の2行がきもい。
おしい。

675 :名前はいらない:2014/03/18(火) 06:56:18.01 ID:BA52aFKY
「呪怨1─16」

普通に書かれている言葉から次第に
呪いの言葉がサブリミナルに入っていく
壊れていくところが面白かった
これからも精進したまえ 評価A

>>672

最後の2行を消したほうがよかった
それと優越感という言葉のイメージが
あまり結びつかなかった 評価D

676 :名前はいらない:2014/03/18(火) 12:18:45.50 ID:mpzaJo4Q
>>642 ヒビワレテイク
文章配列がバランス良く、読みやすいのが好印象ですね
「風に紛れた本当は 薄汚れて虚構になり」という表現が
移ろう時代の中で形骸化されていくものの空しさを想起させてしんみりしますね 評価:C

>>643 氷点下の蠱惑譚
ビジュアル系の人がギュイギュイけたたましく鳴らしながら歌う感じのアレですね
難しい漢字が多過ぎて読むのが疲れます。タイトルの蠱惑とか変換すらできませんでしたし
ただ、こういうものを書き切る労力とか普通にスゴイと思います。 評価:D

>>646 -呼応-
神様を恨んでも誰を恨んでもこの絆は変えられないのだから という事ですが
やはり、理解し合う事の弊害というものは深刻な問題なのでしょうかね?
プライバシーが無いに等しいですからね、アレをアレする時のアレがアレでしょうし
でも、そういうの嫌いではありませんよ ┌(^o^┐)┐ 評価:C 

>>663 空の色
与えられた常識の中で生きられずに社会から孤立していく精神の葛藤が
空の色の変化(青から掛け離れていく様子)から残酷な程の説得力で描写された力作ですね
正直、そういう捻くれた感じは余り好きではありませんが伝わり易いので良いと思います。 評価:B

>>665
汚れているものに無関心で、汚れているからと汚していく身勝手さが
実に人間味に溢れていて、素直に嫌悪しました。 
これを汚れているからと綺麗にしようなんて言い出したら、偽善じみて更に酷くなった事でしょう
そういう意味で、これは完成されているのだなと思いました。 評価:D

677 :名前はいらない:2014/03/18(火) 15:54:07.73 ID:fHgF0mEn
睦月の庵


今宵(こよい)も月は煌々(こうこう)と 夜のしじまは心地良し
仏の笑(え)みはありがたく 菩薩のささやき柔らかし

ここは寂しき庵(いおり)にて 君ぞ遊びに来て給ふ
茶の一杯をくゆらせて 心行くまで微笑(ほほえ)まむ

睦月(むつき)の空の大きさに 我が思いも輝かむ
青春(はる)の時めき思い出し 三十路(みぞじ)の今を生き抜かむ

君は知らずの縁(えん)なれど 我が胸には刻みたる
異国(とつくに)の麦食(は)みつつも 味な忘れそ大和(くに)の米

ここは寂しき庵にて 君ぞ遊びに来て給ふ
膳の一つを囲みては 君が子の夢聞かせ給ふ


叶うことなき思いはせ 我今宵(こよい)にも一人夢見る


(学生の頃、一方的に憧れていた1月生まれの先輩を想って書いた古典調の詩です。)

678 :名前はいらない:2014/03/18(火) 18:47:40.40 ID:d+0dKJBx
「明日の朝でいいじゃない」
青黄赤
風に吹かれる信号機
さあ歩行者よ歩き出せ
進め。
注意して。
止まれ。

青黄赤
影を生み出す空の色
さあ人間よ悩んで悩んで考えろ
進め。
注意して。
止まれ。

朝方は青
悩め悩め存分に
昨日とは少し違った角度から
昨日の悩みを解きほぐせ
皆が持てる一人の時間
自分の中の一つの答え

昼は黄色
注意しろ
今日の悩みが生まれるぞ
他人の意見が聞こえるぞ
何が正しい?何が嘘?
注意しながら考えろ

夕方は赤
終わりにしよう今日はもう
溜まりに溜まった悩みも静めて
燃える夕陽で心を鎮めて
そろそろ家に帰ろうか

じゃあ夜はなに?色は黒?
信号機なら無いのと同じ
夜は悩みが無いのと同じ
だから昼にはできないことを
意味のまったく無いものを
寝るも遊ぶもいいじゃない
大事な悩みは明日の朝に

679 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/18(火) 20:39:35.74 ID:Mb2luBMR
>>677
もう一歩でBかな。惜しいです。

七五調で調和を試みるなら、最後は「夢む」でいいでしょう。

睦月に対応させる青春を「はる」と読ませるのは、ありきたりすぎて、ほかになにか言葉をあしらったほうがいい。

680 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/18(火) 20:46:23.32 ID:Mb2luBMR
ちなみに呪怨シリーズは、Cですね。

花々の予定調和は
もぅ近しくて

「ぅ」の字に萎えます。

何度も裏切られた
けど『好き…』だから

三点リーダーは二つうったほうがいいんでは?
『好き……』


復讐心と劣等感を
動けない花にしかぶつけられない


花は動けないでしょうか。
もう少し深い洞察からくるモノローグにひたりたいですね。
物理法則や生物学をこえたところで、言葉を紡ぎだすのが、詩でしょう。

681 :名前はいらない:2014/03/18(火) 21:29:16.05 ID:fHgF0mEn
世を恨む 我を諭すか水仙よ
花の白さは 無垢とばかりに

682 :秋吉君@ブタゴルファー豚 ◆2itMTGf8Qk :2014/03/18(火) 23:24:26.53 ID:eoc9AXRa
>>681
言葉が上滑りしてます! D

683 :名前はいらない:2014/03/19(水) 00:00:54.23 ID:aLbfIZEO
Sorato View

やっと見えてきたよ。
ずっと探していたよ。

そっと抱いてみたよ。
ちょっと泣いてみたよ。

セキレイを五十羽つかまえて、立派なドレスを仕立てよう。
オウムを五十羽つかまえて、言葉をいっぱい空に放とう。

ハッピーエンドなんて気にしない、
ラッキーガールを夢見て生きている。

いろんな時に心をこらえて、
空に噛み傷をつけたりしたよ。

ともすれば壊れてしまうけれど、
座り込んで歌なんか歌ってれば、
案外世界は勝手に回ってくんだよ。

684 :名前はいらない:2014/03/19(水) 01:25:48.22 ID:JOo1h94q
点が一つあったとさ

サーファーが上を通りすぎ
モグラ探偵団が上を通りすぎ
電子書籍の波が上を通りすぎ
パレスチナ軍隊が上を通りすぎ

点が一つあったとさ

仏陀が点に顔を埋めて
なにか聞こえない言葉を放つ
それから元の道にそそくさと戻り
弟子たちは点に気が気でない

点が一つあったとさ

ドラえもんの道具で時間を進め
1000億年後になったけど
点は誰とも待ち合わせせず
にっこり笑って嬉しそう

点が一つあったとさ

点を溶かして液にした
点を伸ばして線にした
点を燃やして灰にした
それでも点は一つだとさ

685 :名前はいらない:2014/03/19(水) 01:29:39.40 ID:JOo1h94q
君の口にさくらんぼの種を

飛ばして胎児に届けてやる

怒った胎児は体駆け上がり

ぼくと君のキスの邪魔をする

686 :名前はいらない:2014/03/19(水) 01:48:38.08 ID:JOo1h94q
グラスのように棚に並ぶ陰茎
常夏の島にようこそと彼女は呟いた

クリスタルディルドを愛してくれと左手を肩に載せ
つぶらな瞳に写る閃光が僕のトラウマに落ちた


知らない叔母さんに乳首を舐められた光の落ちる窓辺
ママの名前を言いながらごめんなさいと泣いていたその人
狂っちゃった僕の筋肉をあやすように口に入れてくれた
白い液体は爽やかで夏の風みたいにそよぐ


クリスタルディルドの頂点に僕は立てる訳もない
クリスタルディルドの底辺は一番気持ちいいかも

687 :二階堂 ◆3H/4wGejElAB :2014/03/19(水) 03:39:17.23 ID:QQaFVLF5
ゲリッパラさんみないな。

688 :名前はいらない:2014/03/19(水) 05:50:52.00 ID:KErda1cl
少し彼方に滲む山際の橙と
曇天に咲く桜もまた一興
一雨来そうな朝ぼらけに
塀に苔生した緑の深呼吸
緩く舞う風に髪乱れ
淋しい私の寄り添いに
彼らの芽吹きが優しく呼応する

689 :名前はいらない:2014/03/19(水) 10:19:24.74 ID:k37OlcxE
「ねずみに噛まれたライオン」

ぼくは百獣の王だ
この森でいちばん強いんだ

そりゃあぼくはぼくのお父さんやお母さんには勝てないよ

だってぼくを生んでくれたのはお父さんお母さんだもん

だけれどね君たちねずみのお父さんやお母さんには負けないよ

だってこんなにちっぽけな君たちねずみにどうしてぼくが負けるのさ

あれれ?お尻が痛いや
目が見えないや
耳が聞こえないや
なんだか呼吸も苦しいな

なんでそんなにたくさんでぼくをいじめるの
どうしてそんなにたくさんでぼくを責めるの

ああそうかぼくは君たちをたくさんいじめたんだね
ぼくは君たちをたくさん苦しめたんだよね

ああそうだぼくはこの森の外に出たことがなかった

ちょっとあっちの泉の水が飲みたいな

690 :名前はいらない:2014/03/19(水) 18:23:54.09 ID:fFBwPe9b
「しずく」
わたし濡れたくないからと
傘がどんどん
大きく大きく

わたしを守るためなのと
道はどんどん
狭く狭く

押しのけられる女の子
当たってよろける老婦人

傘の淵からポツポツリ
目から涙がポツポツリ

どんな傘でも
完全な
防水なんかできぬから

あなたが濡れるか
あなたを濡らして誰かも濡らすか

濡らすしずくが
涙か雨か

それでも傘は
大きく大きく

691 :名前はいらない:2014/03/19(水) 19:33:37.75 ID:xUju8TeD
〜けしゴム〜

自分が書きちがえたのではないが
いそいそと けす

自分が書いたウソでもないが
いそいそと けす

自分がよごしたよごれでもないが
いそいそと けす

そしてけすたびに けっきょく自分がちびていって
きえてなくなってしまう

いそいそと いそいそと

正しいと思ったことだけを
ほんとうと思ったことだけを
美しいとおもったことだけを

自分のかわりのように のこしておいて

692 :名前はいらない:2014/03/20(木) 04:46:13.19 ID:ty+1MG3m
「佐藤白豚光容疑者逮捕までのポエム」

本日新潟県N市にて丸坊主頭の男が店に
押し入り強盗しようとしていたところを店員に
取り押さえられ逮捕されました。
男の名前は佐藤白豚光(28)と見られています。
取調べに対し佐藤容疑者は
「俳句を書くためのペンとノートがほしい」
「オレは現代の巨匠だぞ」
「メロンパンが食べたい」などど意味不明の言葉を
連発しており、なおも厳しい取調べが進められています
佐藤容疑者に犯行の原因をたずねたところ
「誰なんだ、あいつは」と訳のわからないことを
つぶやいており、今後も厳しい取調べを続けていく方針です

ニュース(ポエム)でした

693 :名前はいらない:2014/03/20(木) 09:01:10.96 ID:ty+1MG3m
佐藤白豚光のプロフィール

男 1985/9/26/14時3分新潟市生まれ
血液型O型 新潟県立新潟商業高校卒業、
日本アニメ・マンガ専門学校中退 職歴無し 資格無し 醜形性愛者

694 :名前はいらない:2014/03/20(木) 11:11:14.90 ID:5/XkGV1C
ミドリとピンクのカメムシを
潰してジュースにしていたら
近所の犬が吠えてきた
なにしろ身体がむず痒い

ネズミの頭を撫でている
老人男性85歳
有意義な人生であるのかい?
答えはしばらく出ぬままで

オセロを楽しむアツコちゃん
綺麗な洋服 身を包み
あれやれまたでた修行僧
難解なる文字並べては
世界の平和を祈ってる 祈ってる

ミドリとピンクのカメムシの
ジュースにアルコール垂らしたら
燃えるがごとき脳髄に
白い人間踊り出す やれ踊り出す
彼女の名前はアツコちゃん
黒髪 青いワンピース
彼女の名前はアツコちゃん
赤トンボ追いかけ 笑ってる

695 :名前はいらない:2014/03/20(木) 22:00:07.65 ID:9g3N/JoR
なんかさ〜
ここに居ついた人たちは凄く濃いのよねキャラが。
同じような思考パターンでまるで精神科の患者のように
何度も何度もぶち込んでくるポエム
何なのこのスレ?
それを感激してレス返すのも凄いなあ
オマエラ相思相愛じゃね
いや嗜好がベストマッチングしてるよな
死が分かつまで一生愛し合ってろよ うん

696 :名前はいらない:2014/03/21(金) 05:35:56.72 ID:nvMOlbtB
「待ちぼうけ」

待ちぼうけ

ぽっかり空いた心を抱え

ぽっかり浮かぶ雲を見る

少しずつ形を変える白い雲

少しずつ流れ行く白い雲

私の心はどんな形になるのだろう

私の心はどこに向かって行くのだろう

待ちぼうけ

むなしく溢れる涙を溜め

むなしく進む時計の針を見る

少しずつ角度を変える時計の針

少しずつ進んでいく時の流れ

私の心はどのように変化するのだろう

私の心はどの方向へ進んで行くのだろう

空っぽになった昼下がりの時間

温かな陽の光に包まれる

空虚ながらも穏やかな時間が過ぎていく

空っぽになった向かい側の椅子

温かな陽の光に照らされる

無人ながらも柔らかな空間が広がっている

私はただ待ち人を待つばかり

697 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/03/21(金) 12:32:35.91 ID:m7yPylt/
>>683
>セキレイを五十羽つかまえて、立派なドレスを仕立てよう。
>オウムを五十羽つかまえて、言葉をいっぱい空に放とう。
この部分だけC、それ以外はD+

698 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/22(土) 00:47:23.37 ID:s5BFW1N7
「ユーフラテスの踊り」

ふらつく足取りで軽やかな匍匐前進
どうやら上腕二頭筋には酔いは回って居ないようだ
パタパタと湿った部屋の空気を撫でる脹ら脛より先は
体重十キロより重い猫を探している

ゲロ ひと口のリバース
ゲロゲロ 続いてもう少し
ゲロゲロゲロゲロゲロ

滝のように溢れだす己の吐瀉物の上を這って俺は進む
滑らない板を求め両手を交互に前へ前へと突き出す

ゴンと壁に頭を打った

699 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/22(土) 00:51:49.20 ID:s5BFW1N7
それは夢だった

なぜなら壁に頭をぶつける前に手が先に着くはずだから

俺はほっとして複雑骨折した両手でゲロまみれの頭を掻いた

あと、うんこ

700 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/22(土) 00:52:57.39 ID:s5BFW1N7
あ、うんこはトイレでしました

701 :名前はいらない:2014/03/22(土) 09:30:03.09 ID:mDwTqPuL
「後の祭り」

傷ついて傷つけて
奪い合うこんな世界では
正気な心を持ったままでは
壊れてしまうよ自分の全て

だから歪ませた
自分守るため自分汚した
「自分」が何か分からなくなった
もしこうなると知っていたなら
いっそ綺麗に壊れたかった
もう遅いよね
また傷ついた

702 :名前はいらない:2014/03/22(土) 18:54:20.57 ID:qnFfO7/Y
>>696

リフレインさせていて心がゆっくり明るく
なっていく感じがしました
これからも頑張ってください 評価C

>>701

傷ついたという言葉に説得力がない気がした
もう少し推敲してから
書いたほうがいいとおもいました 評価D

703 :名前はいらない:2014/03/22(土) 18:56:38.14 ID:qnFfO7/Y
>>692

ポエムをニュースのように読ませる
アイディアはいいと思います
もう少し工夫は必要ですね 評価C

704 :名前はいらない:2014/03/22(土) 20:35:57.56 ID:CPPMK0wl
  ★★★日本の経済成長率を上げるには、高度成長時代の税制に戻しさえすれば良い★★★
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1226114724/72-73

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
  この掲示板に優秀な書き込みをして、総額100万円の賞金をゲットしよう!(*^^)v

705 :名前はいらない:2014/03/23(日) 00:07:33.48 ID:X09C75Dg
ねこのアジト


まだらの黄昏スカイ
ライフジャケット身に着けて
沈んでは浮かぶ

太陽が丘に居座って
パラサイト パラサイト
幽霊が丘に居座って
パラサイト パラサイト

生命科学にのっとって
胸を張って冷めた目で
この世代ひとつスポイル!

真っ更の憧れみたいに
空想波止場に寝そべって
眠っては起きる

魔法が丘に居座って
パラサイト パラサイト
天空が丘に居座って
パラサイト パラサイト

生命科学にのっとって
胸を張って冷めた目で
この世代ひとつスポイル!

長生きはしてみるつもりだけど
どうせすぐに飽きるでしょう

ちょっとした特権階級。

706 :佐藤光:2014/03/23(日) 01:02:42.06 ID:eZHepapT
セメントに
落ちた桜や
美しき

707 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/23(日) 03:07:15.60 ID:LOQydEKo
>>706
これわちょと凄いんで無いか。
美しきとかなんだよwwww美しきてwwww描けやアホンダラww
などと思いもしたが美しき以外無いとおもう。

見事!E

708 :名前はいらない:2014/03/23(日) 09:05:55.78 ID:+AzABu8u
き、が酷い
五文字にするためだけのき

709 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/23(日) 17:15:45.37 ID:LOQydEKo
セメントに
落ちた男を
塗り込める

710 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/23(日) 17:17:16.87 ID:LOQydEKo
セメントに
落ちた光を
蹴りまくる

ダブルミーニングやね。

711 :名前はいらない:2014/03/24(月) 01:06:08.79 ID:EqLtfwpm
‐ベンチ‐

朝スズメがちょんと座っていた
道行く人車見つめながら
昼過ぎにお弁当を食べていく男のひと
一時間ほど昼寝していなくなる
夕方子供があつまってゲームをしている
いくつかの汚れたくつあとを残して
とっぷりと日が暮れたころネコが来て毛づくろい
街灯にはムシが舞っていた
真夜中誰もいないそこに雨が降り注ぐ
ビタビダビタビタと音をたてて

712 :佐藤光:2014/03/24(月) 03:28:15.37 ID:1LBnwXR5
空き腹に
林檎を齧る
獣かな

713 :二階堂 ◆3H/4wGejElAB :2014/03/24(月) 04:05:25.52 ID:iNDxaQob
空き腹に
うんこを齧る
ゲリッパラ

714 :名前はいらない:2014/03/24(月) 18:38:11.47 ID:Ijp0KlYy
少し彼方に滲む山際の橙と
曇天に咲く桜もまた一興
一雨来そうな朝ぼらけに
塀に苔生した緑の深呼吸
緩く舞う風に髪乱れて
淋しい私の寄り添いに
彼らの芽吹きが優しく呼応する

715 :名前はいらない:2014/03/24(月) 20:14:31.49 ID:IvBzNm/t
例えば想像して。
穴あきの舟にのって漂流しているあなたを。
濁った水があとからあとから
足を濡らし腰を濡らし這い上がってくる。
必死で水をかきだしてはいるんだが
それでも水が引かない。
穴を塞ぎたいと一生懸命、それこそ死ぬもの狂いなんだ、あなたは。
水をかきわけ、汗まみれになって、泣きながら歯をくいしばって穴をひとつ塞ぐ。
ああ、塞いだよ、やったよ、しのげたよ神様ありがとう。
そう思う端から、また穴が別の場所に開く、
その気持ちを。

それでも生きたいあなたは、また穴を塞ぐために動かないといけない。
水もかきださなければ。
それだけではない。
そもそも進まなければならなかったはずだ。
何のために舟に乗ったのかさえ遠い昔のようなのに、
なにも進んでいなかったことに気づくあなたは
どう思うのか
想像して。
そして、そんな気持ちにすら一瞬でふき飛ぶように
穴から水が溢れ続けている舟にいるあなたを
想像して。
穴はもうひとつではなくふたつかもしれないし
みっつかもしれない。
穴を塞ぐ材料も尽きかけている。
それでもどこかに行きたい、せめて乾いた場所にいきたいあなたを
想像して。
してくれ、頼む。

もうなにもかも忘れて眠りたいと思わないか。
俺はそんな気分なんだ。

716 :名前はいらない:2014/03/24(月) 22:19:29.28 ID:AnG+5yxD





花は紅(くれなひ)
木は緑
鳥はさへずりて
日はのどか

春ぞ来たるや
東(ひがし)の大和(ヤマト)へ

富には遠い 今日だにも
我は思わむ
幸(さち)多かりと

茨の這いし 道だにも
我は見つけむ
生きる意味をば

717 :名前はいらない:2014/03/25(火) 15:29:56.57 ID:VLqI8+T3
>>711

客観視しているのはいいけど、作者の想いが
届いていないです 評価D

>>715

読者に想像力をかきたてるのはいいけど
饒舌になるとむしろ読みたくなくなる
もっと敬虔にポエムを書くべき 評価D

>>716

定型はいいのですが、ポエムとして
読むといまいちですね
わざわざカッコをつけているだけに残念 評価D

718 :名前はいらない:2014/03/25(火) 22:11:35.40 ID:dT4mI/Tl
「心当たりありますか?」

世間知らずの社会の窓に
一緒に歩く私の戸惑い
言うべきものか
黙ってるべきか
視線を送ってもサインに気付かない

Please watch it
チャックをあげてよ
I want to escape
他人のふりしたいの

言いたくない
恥ずかしくなるから
でもそのままはもっと嫌

白いシャツの裾が
あそこから飛び出してる
ありえないわごまかすのはもう無理
今はっきりと言ってやるわ

719 ::2014/03/25(火) 23:23:41.89 ID:8Tco+QbE
「林檎の匂い」
僕の目の前に、林檎はあります。
僕は、その甘えて腐ってしまったような腐臭を嗅ぎます。
僕は、その林檎を、あまやかし過ぎてしまったから。
僕は、その林檎が、可愛くって、切なくって、そうして、とても、やるせなかったから。
僕は、その林檎を、捧げもちます。
甘えた腐臭をこぼした、その林檎は、まるで、僕に甘えているようで、
僕は、思わず困った顔をするのです。
その甘えて腐ってしまった僕の可愛い林檎に見せつけるように。
嗚呼、僕の林檎は、転げてしまった。
あの切ない夢の奥へ。
ねえ、お願いだ、僕の林檎を、踏み潰してしまわないで。
ねえ、お願いだ、僕の可愛い林檎を僕に返してくれないか。
僕の林檎は、とても可愛くって、僕の林檎は、とても切ない。
夢の奥で、僕の可愛い林檎を持ち去ったあの娘は、僕に向かって印象的な瞳でツンと見つめた
ビロードが揺れる
緑の木陰のむこうで
湖で美味しそうに水を啄んでいる白い鳥
嘴を上に傾けて
白いスラリとした喉元が美しい
僕の林檎は、あの夢の奥へ消えてしまった。

720 :名前はいらない:2014/03/25(火) 23:26:05.50 ID:PqYPHmFq
「風船」
風船がとぶ
河川敷
1人で座る僕の心と
風船がとぶ

降り注ぐ雨と罵声
吹き付ける埃に悪口

こびりついた汚れは
固まりヒビとなる

ふらふらふらふら
風に煽られ

ふらふらふらふら
世間に晒され

高く高く上がって上がって
どんどんどんどん
膨らみ続ける

やがてどこかで破裂する
「自殺」や「鬱」が紙面を飾る

でももしどこがで
優しい手が
一縷の光が
穏やかなそよ風となり
道を示してくれるなら

僕の心はどこへ行く
あの風船と風に吹かれて

721 :名前はいらない:2014/03/26(水) 01:35:27.46 ID:aGsrDPR6
「エンディング」
自由になりたい
ボーっと月を眺めて
お酒をのんで
タバコを吸って
なに たまにはいいさ
ここまでやってきたんだ
それに 先は長い
これまでのようにやって行ける
静かに時は過ぎて
あの喧騒も 何故か静かだ
自由になりたい
自由なのかな
とめどない繰り返しに溜息一つ
まるで昔やったゲームのエンディング
終わりなんかないと
ただぼんやり眺めていた
あの頃と同じ曲
なのに涙流れてる

722 :佐藤光:2014/03/26(水) 02:50:14.78 ID:6uORHkKH
川温み
泡立つ岸に
苔生える

723 :名前はいらない:2014/03/26(水) 09:45:22.21 ID:+RkqASYv
今更だが前スレに書いたけど評価されなかったのがあったと思うんだけど
もう一回書いたら評価してもらえる?

724 :名前はいらない:2014/03/26(水) 12:54:25.86 ID:8suA2x4s
未評価ってずっと前からちょくちょくあるけど、それは作品が評価に値しないという意味なのか?
それとも単に忘れてるだけ?
評価する人はフラッとやって来て、たまたま目に入ったポエムだけを評価しているのか?

725 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/03/26(水) 13:57:29.86 ID:nP9mZ3wv
>>724
僕の場合は名無し&気に入った詩のみ評価しています。

726 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/26(水) 19:01:40.88 ID:dUnrlS1g
専属の評価人がいないスレなんですね。
でも、評価しようとさせない詩も評価しなくてはいけないとなると、大変ですね。

727 :名前はいらない:2014/03/26(水) 19:30:45.06 ID:CE0VJdd8
あなたと違った場所で
育ったことが、
知らないあなたが居たことが
怖くて仕方がない。
あなたの悲しみが見えない
過去になったから
そこで見つけられなかったから
あなたの、あなたは
僕には永遠に見えない。

728 :名前はいらない:2014/03/27(木) 03:20:46.86 ID:4Xb4EQYX
□ 投影 / the projective method □


君が知ってたはずの私
それは君の中の私

理想の君に近く
実在の私からは遠い

理想と現実との間に
君の失望が浮かぶ

今の私には
見つめることしかできない

ごめんね・・・2002年の君
気付いてあげられなくて

ありがとう・・・2014年の君
今まで想っていてくれて

会わないでいよう
それが君のため

行くのはよしたよ
緊張させたくないから


怖くて仕方がないのは
使用がないから

私への気持ちは
もう手放していーんだよ?!


元気になって・・・
それだけを祈ってる



理想の崩壊は
現実の序章って知ってる?!

君が受け止められるのなら
そんなに暗くなることないよ?!

私が傍にいなくても
君の未来は明るい




---------------------------

>>727がM・Fという
只今入院中の知人の書き込みのような気がしたので
返歌として書き込んだだけなので評価はしなくてよいです。
別人だったらスミマセン。では、おじゃましました。

729 :Beep beep beep beep yeah !:2014/03/27(木) 22:13:12.67 ID:wR4ziIEJ
>>719
理想の女性像を林檎に例えて「僕」連発で自己陶酔が素晴らしいB

>>720
風船はどこにも行けません死が待ってるだけですね悲しいB

>>721
晩年過去を振り返ってのほほんと現実逃避羨ましいB

>>727
一方的で愛を受け止めきれません困ったわB

>>728
背後霊のようにねっとり絡みつくような愛情ゾクゾクしましたB

730 :名前はいらない:2014/03/28(金) 21:47:25.07 ID:na6/Mog1
「評価人の特徴」

高い評価が出るとそれを打ち消そうとして
わざと高い評価をつけようとする

持論を誰もきいていないのに勝手に述べるやつ

本当はそれほど評価したくないのにわざわざ出てくるやつ

荒らしていたくせにポエムのルールを説くやつ

誰もまともに読んでないのに俳句を連投するやつ

731 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/28(金) 23:43:15.69 ID:77XdNvSO
おっおっお…おぅちんぽぉう?

732 :佐藤光:2014/03/28(金) 23:50:17.65 ID:CGvzoi+9
月は前
雲に隠れて
日を数う

733 :名前はいらない:2014/03/29(土) 00:14:51.61 ID:cN0PQTm0
>>730
IPアドレス可変コテ変幻自在のちーちゃんのことかw
「高い評価が出る→褒め殺し」真に受けるお前の脳みそがただの味噌だったとはw
自分が一番なんて思い込むのは、井の中の蛙大海を知らずだな


>>731
ちーちゃん最近己を知らないドキュン投稿者が思い上がってますよ
辛口批評で絞めてやってください

734 :佐藤光:2014/03/29(土) 00:26:43.27 ID:kjfRfiFP
水星の
裏に隠れた
お月様

735 :佐藤光:2014/03/29(土) 00:38:40.86 ID:kjfRfiFP
両極を
端から見れば
両極端

736 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/29(土) 02:12:19.39 ID:8veMAioa
>「評価人の特徴」

>高い評価が出るとそれを打ち消そうとして
>わざと高い評価をつけようとする

これは主体が曖昧で説明文としては未熟である。
はっきり言って高評価が連続したからと言ってそれを
「後の評価は先の評価を打ち消す為の高評価だ」と捉える人はあまり多くないと思う。
ただ前の評価がハードルの高さを変えてしまう事はあるね。
前の尻糞詩がAだったら次の鼻糞詩はA'にしなきゃならなかったり、
まあスカトロマニアだったらその限りでは無いけどね。
あとBばっかり連発してもBBBばっかりお前それ標準じゃねえか。とかね。

>持論を誰もきいていないのに勝手に述べるやつ

ああ、それはよくあるね。いきなり詩と言うものはとかお前デバイス相手に酒飲んでにグダまいてんじゃねえよコノヤロウみたいなね、
で、しょうがないからレスしてやると会話が止まんなくなってスレが潰れちゃったりしてね。
スレの前に人が潰れちゃって返事が来なかったりもあるけどそっちの方がスレ的には平和なのかも知れないね。

>本当はそれほど評価したくないのにわざわざ出てくるやつ

あー、これは僕も反省してすっかり心を入れ替えました。ほとんど評価してません。

>荒らしていたくせにポエムのルールを説くやつ

二階堂ですねわかります。まあそう言う所こそ彼の魅力なわけでね、いっぺん抱かれてみると考えも変わるかもしれませんよ?

>誰もまともに読んでないのに俳句を連投するやつ

ゲッパリラ(佐藤光)ですねわかります。でもああ見えてあの人は誰もまともに読んでないのに俳句を連投するやつなんですよ。
そこんとこ分かってほしいなあ。

評価:なし

737 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/29(土) 02:15:37.51 ID:8veMAioa
>>733
ボケーーーー!!!!!

738 :名前はいらない:2014/03/29(土) 22:55:45.38 ID:bchp2322
「愛のうた」
大丈夫
怖がらないで
さぁおいで
胸のもじゃもじゃかき分けて
愛しいツンデレ
僕の樹海に迷い込む
君の匂いを嗅ぎたいな
爽やかな君の吐息は
ジャングルに刺す一筋の光明
さぁ存分に
さぁ愛しあおう
さぁバッチコイ
おしいよ
君を肴に飲む酒は
蜜にもまさり芳しい
息苦しいほど狂おしい
さぁいくよ
さぁこの想い
生霊にのせて
君に送るよ
ラブアゲイン

739 :名前はいらない:2014/03/29(土) 23:23:27.00 ID:bchp2322
「ドウナツ」
詩はいいね
とてもいいよとてもいい
まるで心のひだを見られるようで
とてもいい
君のひだも見せておくれよ見たいんだ
一緒に見せ合えば嬉しさ二倍
詩を謳えば心はハッピー
地球を抱きしめたい気持ちさ
愛してる愛してるよ愛してる
僕を見て笑う君が愛しいよ
それを見て僕も笑ってる
でも本当は切なくて儚くて恐いよ
今すぐ駆け寄って耳元で叫びたい
消えそうな情熱を奮い立たせてくれる
君は勇気の丘なんだ
君無しで謳う詩など意味は無い
君は詩で君のひだで君を・・・
激しく求め合ったなら
激しく解り合ったなら
一緒にドウナツを食べようよ
きっと愛の味がする

740 :名前はいらない:2014/03/29(土) 23:41:14.94 ID:bchp2322
「ありがとう」
こんな時代の
こんな僕だから
言えることが一つある
それは
ありがとう
つまり
ありがとう
君に
ありがとう
掛け替えの無い
今に
ありがとう

三連投すいません。
衝動にも似た抑えきれない想いを綴りました。
見てくれた、評価してくれた皆にありがとう。

741 :名前はいらない:2014/03/30(日) 02:49:29.41 ID:kNqYXeCl
「あさもや」

あさもやが次からわいて
いつまでたっても
通り過ぎることができないまま
知ってることは
少しだけ
知らないことは
特にない
そんな年齢になってしまった
使えない、
特急列車の片道切符が
手の中で
ただ、色あせていく

742 :名前はいらない:2014/03/30(日) 03:13:53.60 ID:kNqYXeCl
>>738
>「愛のうた」
『うた』というのが抽象的過ぎる。
平仮名にしてるのも逃げ。
表現が見つからないから適当に『うた』とかつけた感。

> 大丈夫
> 怖がらないで
> さぁおいで
>胸のもじゃもじゃかき分けて
>愛しいツンデレ
いきなり状況が不明。主体が不明。客体が不明。
ただただ気持ち悪くて不快なだけ。
擬態語に独創性がない。表現性がない。
ただ置かれた表現。作者自身も読者も意識されてない。
ツンデレという俗っぽい言葉をあえて使うことで
文を正真正銘のゴミにしている。

>僕の樹海に迷い込む
>君の匂いを嗅ぎたいな
>爽やかな君の吐息は
> ジャングルに刺す一筋の光明
君が不明。僕が不明。関係性が不明。
比喩が安易。内容がキモい。
『ジャングルに刺す一筋の光明』表現が不明。

続く

743 :名前はいらない:2014/03/30(日) 03:14:48.91 ID:kNqYXeCl
>さぁ存分に
> さぁ愛しあおう
> さぁバッチコイ
> おしいよ
>君を肴に飲む酒は
>蜜にもまさり芳しい
>息苦しいほど狂おしい
中学生が書いた官能小説みたいな。
表現が稚拙。独創性がない。
何一つ価値がない。



> さぁいくよ
> さぁこの想い
>生霊にのせて
>君に送るよ
> ラブアゲイン
「生霊にのせてラブアゲイン」
こんなん書いてるヒマあったら
国会議事堂前で公開オナニーしてイッてろよ
きっといろんな人に想いが届くぞ。

744 :名前はいらない:2014/03/30(日) 11:28:29.48 ID:4Hdbm39F
言葉に気持ちを
乗せるのは
伝えたいことがあるから

言葉はそれを決して伝えない
けど、
そうしようとすることが
残酷なくらい他人のあなたにも
考え方も受け取り方も未知のあなたへも
届き得る唯一の方法だと信じている。

745 :名前はいらない:2014/03/30(日) 12:45:09.06 ID:jogTuvDJ
東芝テレビお客さまセンターに電話したら、
「あー、それ、HDDの故障ですから、HDDを代えてください」っていわれたんだけど、

HDDを買い直しても、録画が空録画のまま(不規則に途中から)だ・・・

無茶苦茶やな、東芝・・・・

746 :名前はいらない:2014/03/30(日) 16:52:17.28 ID:Cwh88FqH
「街路樹」
ああまだ洗い足りない
ああまだ飲み足りない

さっきまで
あんなに雲が
絨毯のように
へばりついていたのに
ずっとずっと
覆い隠しているのかと
思ったのに

さっきまで
あんなに雨が
シャワーのように
吹き荒れていたのに
ずっとずっと
降り続けると
思ったのに

強い風
身体をへし折ろうと
強い風
雲をごっそりと

急な晴れ
恥ずかしそうに太陽が
急な晴れ
強い照りと乾きが

まあいいか
そろそろ身体でも温めようか
どうせ動けないのだから
何も変えられないのだから
まあいいか

747 :名前はいらない:2014/03/30(日) 21:47:24.91 ID:khvw4H99
民生チックだね

748 :スタンドアンドプアーズ:2014/03/30(日) 23:07:27.15 ID:LcRzN1fy
>>745
キモイ妄想ポエムとは違い実話は素晴らしいAAA

749 :名前はいらない:2014/03/30(日) 23:13:11.63 ID:kNqYXeCl
>>748
自分のどうでもいい現実でも面白がってろカスE

750 :名前はいらない:2014/03/31(月) 01:28:00.36 ID:R7IfO6ZP
>>729

>>728だけど、
言葉の狩人Bランク・・・ね。
スルーしてよかったのに
サンキュー、ジジー。

改めて冷静に読むと、ややキモの詩になっちまったから
フツーの手紙を送ることにしようか検討中だ。
因みにM.Fは、福山雅治じゃねーよっと。じゃね〜。

751 :佐藤光:2014/03/31(月) 18:29:14.83 ID:BFR6s8M5
甥っ子の摘む
新しき
土筆かな

752 :名前はいらない:2014/03/31(月) 19:21:56.11 ID:9bM3x35n
3年前
2ちゃんに初めて書き込んだのに
ポエム板に誘導されて傷ついた・・

今はもう
あのころのわたしじゃない

今はもう
安価だってできるし
既女板すらもロムできるようになったよ・・@21歳

753 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/03/31(月) 22:31:55.21 ID:qHdzTySp
>>752
ポエム行け

754 :佐藤光:2014/04/01(火) 06:28:18.09 ID:sJvOvQRi
タイトル「一夜の夢」

ペットショップでお楽しみ袋買ったら中にハムスターが入ってて、店員に飼えませんって言ったらじゃあ殺せば良いんですよって言われたから店員をぶっ殺した
帰り道、車の運転をミスったら父親が責めてくるからじゃあ運転替わってよって言ったら「そうじゃなくてなんでこんなミスしたの?」って言われたから父親をぶっ殺した
母親が発狂して泣き叫ぶから、ぶっ殺した
弟が「なんで殺したの?裏切らないから教えて」って言うから理不尽なこと言われたからって返したら、じゃあ警察に通報するわって言われたからぶっ殺した
ケータイで警察に電話して「人をたくさんころしました」って言ったところで電池が切れたから警察まで歩いていく間に、道端に桜が咲いていた

755 :名前はいらない:2014/04/01(火) 09:06:21.75 ID:hcpn7K2r
「スリーソウル・ワンハドレッド」

変わらないものだけが本質だといわれた

そうか

変わらないということを概念にしておけば

固定されることになる

しかし変化のない人間など存在するのか

血はめぐり細胞は生まれ変わりそして

オレたちはくそをする

生きていることは変化なのだろうか

夕焼けが沈んでいく

明日も出会うだろう この地平線にて

756 :名前はいらない:2014/04/01(火) 13:22:37.94 ID:0AaICO0w
>>753
つっこみありがとうございます。。(*‘ω‘ *)

757 :名前はいらない:2014/04/01(火) 13:40:04.05 ID:XtBR9zMc
桜花、雪柳、空の青
木蓮、連翹、日の光

春の初めの緑、肌寒さ
花の匂い 込み上げる眠気
でも冬のほうがよかった
冬のほうが優しかった

758 :名前はいらない:2014/04/01(火) 19:39:09.16 ID:XtBR9zMc
ありがとう、ありがとう
私は人に優しく出来ました
あの目が見えないでがんばっていた人に
安心を届けられた

あの名前も知らない人は
自信を備えてなんとかなると
日の光のもとへ出かけていける
人を信じて

759 :サプリ:2014/04/01(火) 23:23:33.32 ID:j6E5QT4V
>>758>>757>>755>>754>>752
ビタミンC げっぷ


>>758どういたしまして、そりゃ良かったわねC
>>757凍え死にたきゃ裸でどうぞC
>>755顔が崩れていくだけよドモホルンリンクルC
>>754今度はリアル社会でゴーC
>>752あら嫌だ、根性ひん曲がってしまったのね坊やC

760 :佐藤光:2014/04/01(火) 23:57:01.32 ID:sJvOvQRi
指を折り
数やかぞえる
童児と
湯掻き回す
女の湯船

761 :佐藤光:2014/04/01(火) 23:58:56.93 ID:sJvOvQRi
訂正

指を折り
かずや数える
童児と
湯ぞ掻き回す
女の湯船

762 :佐藤光:2014/04/02(水) 00:10:20.26 ID:Kbp93+d1
訂正

指を折り
かずや数える
産毛のと
湯編みしたるは
親子風呂かな

763 :名前はいらない:2014/04/02(水) 00:13:03.31 ID:X0UCwDXy
訂正

指を折り
かずや数える
鼻毛の粉
湯編み髪編み
まなかなかな?

764 :佐藤光:2014/04/02(水) 00:14:00.92 ID:Kbp93+d1
訂正ラスト

指ぞ折り
かずを数える
産毛のと
湯編みしたるは
親子風呂かな

765 :佐藤光:2014/04/02(水) 00:22:28.45 ID:Kbp93+d1
すまん
これで本当にラスト

指ぞ折り
物を数えし
産毛のと
湯編み居たるは
親子風呂かな

766 :ちーちゃん ◆maltese.Zk :2014/04/02(水) 00:33:45.04 ID:Elv222UI
誰も読む
人なき事と
ゲッパリラ
同じ想いで
数人の読む

767 :名前はいらない:2014/04/02(水) 01:05:18.49 ID:X0UCwDXy
すまんこ
これがほんとのほんとにラスト

指を折り
数やかぞえる
童児と
湯掻き回す
女の湯船

768 :名前はいらない:2014/04/02(水) 01:37:23.22 ID:i82XEyay
太陽のまぶしさに向かって手を伸ばす
本当は、ずっと昔からアレが欲しかった
広げた手のひらの閉じたり開いたりを繰り返して
いつかなにかの間違えで掴めるんじゃないかと
何度も何度も試してみた


物理学的な距離感覚は
じつは、なにかの間違えで
ただあると言われているだけで
実際には隔てるものがないんじゃないかと
疑いを捨てることができないでいるのは


目で見ることもできないのに
あれより近くにある宝物を
知っているからかもしれない


目に見えなくても触れられるのに
目で見えるのに触れられないのは
なぜだろう
そこにあるはずなのに


どこから来たって関係ないでしょ
心臓の脈をつぶすほど震える叫びが
すぐそこまで出かかっているだけ

769 :名前はいらない:2014/04/02(水) 01:54:38.56 ID:vBGjcefH
題:Als Mann

男のくせにと
いつも言われる
男らしさを
いつも問われる
小さな頃から少数派だった
男に出来る事
僕には出来ない
強く逞しく
僕は振舞えない

男って何だ
身体の問題だと思ってた
それが社会的差別をも孕むものだと気づくまでには
そう時間はかからなかった
僕は大人しくて
スポーツなんか苦手で
本ばかり読んでて
数学は駄目だけど語学は大好きで
渋い色より水色とピンクが好きで
思いの外傷つきやすくて
女の集団の中にぽつりと居て
男と呼べるのは外見だけ

それを
世間は草食系と呼び
男とみなしてやるからと
また社会の端に追いやり
こうなったら女になれと
言われた事だって何度あったか

でもね
僕が女になったら
絶対レズビアンだよ
だって
僕は女好きだもん

770 :佐藤光:2014/04/02(水) 04:02:03.91 ID:Kbp93+d1
タイトル「GUN OF MINE」

俺の銃には引き金が付いてない
俺の銃弾には火薬が詰まってない
俺の銃口には穴が空いてない
でも、これが結構使えるんだ

771 :名前はいらない:2014/04/02(水) 04:18:39.11 ID:cp5De/eC
がんおぶまいん
がんおぶまいん
がんおぶまいーん

772 :佐藤光:2014/04/02(水) 04:28:43.34 ID:Kbp93+d1
タイトル「Animals family」

A pig says I love pork.
A cow says I love beef.
So chicken?
He is running away.

773 :名前はいらない:2014/04/02(水) 04:53:36.47 ID:cp5De/eC
えねもぅずふぁむ
えねもぅずふぁむ
えねもうずふぁーむ

774 :ちーちゃん:2014/04/02(水) 05:00:15.88 ID:HME5xLNz
おねまあどぅふおめぇぃ

775 :名前はいらない:2014/04/02(水) 05:09:27.76 ID:cp5De/eC
そんおぶまいん

776 :名前はいらない:2014/04/02(水) 15:34:56.04 ID:xF6+jn0N
「マネーがほしいね・ロト710回ハズレ中」

いっしょうけんめい考えて

数字を7つ選んでいるのに

当たらないよねとつぶやいた

隣のオジサンが笑っていったんだ

「あんた運がないんだよ」

わかってるわい、ドアホ

運があれば今頃豪遊三昧じゃボケ

「そうですよね」

涙目で今日も宝くじを買う

どうか末等でもいいから当たりますように

777 :佐藤光:2014/04/02(水) 15:39:03.43 ID:Kbp93+d1
到らずに
至りて座る
仏かな

778 :佐藤光:2014/04/02(水) 16:00:14.77 ID:Kbp93+d1
花散らす
風に桃色
道は黒

779 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/04/02(水) 18:59:27.86 ID:O7uPnYyU
>>776
全体に漂う微妙な情けなさがGOOD。
D+

780 :名前はいらない:2014/04/02(水) 19:18:24.41 ID:+PIJJPCo
多額な借金で炎上中。

http://manta.blog.jp/

http://sisutore.blog.jp/archives/1000786211.html


http://livedeaichat.blog.fc2.com/?no=1

781 :名前はいらない:2014/04/02(水) 20:31:41.80 ID:ry11HHtv
「行き交い」

不完全燃焼なソーダの海で両手に抱えた銃に怯える
それはまるで不自由な滑り台が折れてしまったみたいだった
誰も見向きしない珊瑚の上、変化を恐れさせないあなたがいたんだ

ワルシャワの瓦礫に積もった白雪が溶けるほど額寄せて
ユングフラウに咲く花の名前をまだ聞いてないね、教えてね
いつか二人で見に行けるかな

打ちつける波に押されて割れた、広さが妙に怖かった
地面に落ちたガラス片が私の色んな面を映してた
人からもらったサーフボード、懐かしむにはまだ早いのかな

空の波に乗っかって天使みたいに舞って、白い軌道が飛び交って重なって
青天に生まれた涼しいクッションへ独りでにさらわれても手を伸ばして
引き戻してくれる

ちょっと変わった左手もこの緑の翼も綺麗だってそう言って受け入れてくれた
あなたとじゃなきゃ、きっとなにも上手く行かないって思うから、黙ったまま手を繋いで
お互いの想いが月まで届いて行って、辺りには恥ずかしいくらいのハートの雨
ユングフラウに咲く花の名前をまだ聞いてないね、教えてね
いつか二人で見に行けるかな

782 :佐藤光:2014/04/03(木) 00:01:42.31 ID:25fa+LKa
燃え滓も
落ちたり桜
白に咲く

783 :名前はいらない:2014/04/03(木) 00:45:53.96 ID:XpeCy0f7
>>782
あとおまえ、二度と来るなよ。下手くそなレトリックに、無言。なんの意味があるんだよ。
しかも連投。評価されても無言。
はやく消えろ。

784 :名前はいらない:2014/04/03(木) 02:12:10.29 ID:9AtrBwdY
>>781
言葉にセンスがあり美しい
読後、純粋で繊細な想いに優しい気持ちになれた

評価 A

785 :ちーちゃん:2014/04/03(木) 05:31:52.23 ID:BaC2Jd2y
君の指を嗅ぐ
意識は指紋をなぞり
香りの元へ辿る
血塗れの爪の間
白いチンカスの中のコスモ

窓の柔らかな返り血を浴びた
君の横顔の甘い香り

オチンチンにサビオを
君は頷いて
僕のオチンチンにわさびを塗る

うぎゃあ
僕はおどけて泣く真似を

わさびの付いた君の爪の間では
数百億の細菌によるコロニーが壊滅

君は笑って指先を舐めて
僕は静かにグンゼを履いた

786 :佐藤光:2014/04/03(木) 16:54:42.34 ID:25fa+LKa
海原に
鴎の居るや
船は行く

787 :佐藤光:2014/04/03(木) 17:34:23.97 ID:25fa+LKa
ポコパカと
蹄の音や
競べ馬

788 :名前はいらない:2014/04/03(木) 17:42:58.20 ID:ZqoJ5wtZ
まーめぃ ゆーきゃん
にあ にあ にあ
ていきっ とぅいーじ
おんざ ろっく
いえす あいどぅ がんおぶまいん
いえす ゆーしゅど そんおぶまいん

789 :名前はいらない:2014/04/03(木) 17:51:06.19 ID:h33xhOha
「こはるびより」

うららかな秋のくうきをすっていますと
ほのかなにおいをかんじるのです
何か透明なものをそこにみて
じっとしていると白いしずくがこぼれました
さよならはであいへのはじまり
くりかえし くりかえし あいがこぼれる
忘れないでいてくださいね
あなたのにおいとともに明日もいきてゆきます

790 :名前はいらない:2014/04/04(金) 07:53:05.12 ID:YmMQblDm
「鮮血」

無数の風船が空に消えていく
大地に染みついた言葉も記憶も消え
心をなくしたぼくらが
泣いていた

水滴が虹色に染まっていく

嫉妬にメスをいれ
地球はその血に沈んでいく
長い長い羅列に迷い込み

死刑囚のあの笑顔を見ていると
機械に染みついた根も葉もない嘘にも
ほとんど関心はなくなっていった

ここは楽園なんだ
こんなとこが

きみは自爆を装って
みにくい悲観を吐き捨てた
嘘だけでできたその体で
底のない真っ赤な穴を
誰も知ってはいなかった

嫉妬にメスをいれ
鮮血ほとばしる白い海
ぼくは声も出せないほど
本当に驚いたよ
誰の足音もなくなった

きみは自爆を装って
みにくい悲観を吐き捨てた
嘘だけでできたその体で
底のない真っ赤な穴を
誰も知ってはいなかった

無数の風船が空に消えていく

791 :名前はいらない:2014/04/04(金) 08:02:54.17 ID:bRo/RnxM
【あの夏】

高校生の私たちには、
夏休みという時間は、
余りにも高級すぎたのです。

たった一か月と、十日くらいの休み。
何の予定もない夏。
たくさんの宿題を片付けた後にある日常。
思い出、そして花火。

月並みな答えを探して、
誰より早く星を見つけた。
笑う君が、愛しいけど憎らしい。

そんな、夏。

792 :名前はいらない:2014/04/04(金) 08:30:16.46 ID:tk6pBdp8
佐藤白豚光

くだらない俳句をひねっているようなら
お前のブサイクな顔に銃弾をぶちこむぞ
安心して氏ね
お前のブサイクな顔は誰もみていない
お前が自殺しても誰も困らない

お前が死ぬんやで
お前が死ぬんやで
佐藤白豚光が首を飛ばされて惨殺される場面を
じっくりと見た
佐藤白豚光が読んだら必ずお前は死ぬ

お前が死ぬんやで
お前が死ぬんやで

評価A 文句のない最高傑作、佐藤白豚光には自殺してもらいたい

793 :名前はいらない:2014/04/04(金) 08:34:31.91 ID:tk6pBdp8
http://twitter.com/libra_o_hikaru

精神異常者・佐藤白豚光のツイッター
お前が死ぬんやで
お前が死ぬんやで

794 :名前はいらない:2014/04/04(金) 10:49:06.52 ID:Ourf6Fvl
朧月
桜と共に
散り失せて
後に残るは
朔のみよ

795 :名前はいらない:2014/04/04(金) 11:42:23.00 ID:abK09Gg3
雨降る朝
僕は潜った
汚い水溜まりから空を眺めたよ

雨降る昼
僕は動いた
この水溜まりから抜け出すんだ

ほら空は変わらず晴れやしないよ
そんな事わかってたんだろう?

雨降る夜
僕は泳いだ
浅瀬に付くんだ歩こうと

ほら空は変わらず晴れやしないよ
だけどだけど見つけたろう?

796 :名前はいらない:2014/04/04(金) 15:27:37.79 ID:chybfs55
「気だるい午後」

しなる物干し竿。
くたびれたシャツが風に舞い
網戸を抜けた風が肌をなでる。
テレビが大声でやかましく笑う人たちを映し出す。
大して興味もないけれどその画面をぼんやりと眺めながら
ソファに沈み込む。
ふと目をそらして眺めた空には
主張の大きな太陽の横で申し訳なさそうに佇む白い月。
同じあの月の下で誰かが何かに殺されて誰かが自分を殺してる。

芸能人の痴話喧嘩。
スポーツ選手のスーパーゴール。
そんな大きな記事と載る
申し訳程度の小さな事故。
死者3名と負傷者1名。
残された1人のその後も載らず
注目されるは金メダル。

命の重さが狂ってる。
矛盾が世界に生じてる。
そんな世界に嫌気がさして自分を殺す人がいる。
自分を殺す勇気がある人も生きる勇気はないらしい。
僕は自分を殺す度胸がないからしかたなく生きなきゃいけない。
矛盾の中でいきていく。

そこまでぼんやり考えて
かすかな眠気に身を任せるんだ。

797 :名前はいらない:2014/04/04(金) 15:48:33.00 ID:qJCroN/K
長い黒髪から花の気配は止まず
季節変わりの微熱が水鏡に潜む頃
月明かりに似た金盞の燐火は貴女を探し始める
囃し立てるような鈴の音に、かの深緑は厳かに幕を引き
物憂げな枝垂れ桜が 君が春へと永久を誓う
 
後ろ髪引くは魔の声 眼差しは凛を纏う刃
バテンレースの日傘にクロスオーヴァーする
遠く去りし恋文の華やかなピルエット
 
四月一日に逢いに来て
四月一日に逢いに来て

798 :名前はいらない:2014/04/04(金) 19:53:10.16 ID:abK09Gg3
飲んだんだ息を
ビルとビルの間に見つけた純粋な空の美しさに

見張ったんだ目を
僕の心に居座ってる不安も怖れも無い美しさに

それは純粋な世界 君も僕もいない世界
純粋な純粋な純粋な

799 :名前はいらない:2014/04/04(金) 21:25:42.60 ID:l6IhVQ6o
這ってうめいて
辿り着いても

指先まで
あなたを想って
悲しむばかり

途方もない
私の心の旅路は
あなたのところまで
あと少し届かない

800 :名前はいらない:2014/04/04(金) 21:36:41.71 ID:d0JkdpVF
月が好きなんだ
全てを許してくれるような気がして

あの柔らかさに僕は吸い込まれそうさ
ゆっくり時間は流れ 
痛みも哀しみもとけていく

人も自然の一部分ならば
僕の中にもこの上ない美しさがきっとどこかに在るはずなんだ

801 :名前はいらない:2014/04/04(金) 21:51:11.85 ID:abK09Gg3
>>800
感動した

802 :名前はいらない:2014/04/05(土) 00:25:37.55 ID:mFEpGmaR
>>801
気のせいだった

803 :名前はいらない:2014/04/05(土) 12:23:11.11 ID:rhdMdU+F
「溺れた豚を叩いて真珠を吐き出させる」

こわれものがありました
だからこわしてあげました
後悔はしていません
あるのはただひびわれたスレッドと
怨霊のようなポエムだけ
俳句もありましたね
かなしくてないているのはさやか水
さびしくてほえているのはたぶん犬
二階からも声がきこえます
ななめ45からも声がきこえます
ほら耳をすませてください
怨霊の声たちがかたるカタルシスにようこそ
ちなみにいまはニートで候

804 :ちーちゃん:2014/04/05(土) 15:13:40.24 ID:MpeWy01I
>>800
書き出しをうんこにしてみるともっと深みが出る。D+

805 :ちーちゃん:2014/04/05(土) 15:15:31.38 ID:MpeWy01I
>>803
俳句もありましたねの一文が冴える。D

806 :ちーちゃん:2014/04/05(土) 15:18:43.82 ID:MpeWy01I
>>799
ブラウン管の内側に頭をぶつけた貞子が連想されました。C

807 :名前はいらない:2014/04/05(土) 17:14:53.52 ID:mFEpGmaR
評価するから未評価まとめてよ。

808 :ちーちゃん:2014/04/05(土) 18:05:52.65 ID:MpeWy01I
>>776
710回ハズレとかよく数えてたなと思いましたがすぐに気が付きました。

809 :名前はいらない:2014/04/05(土) 20:18:00.85 ID:rhdMdU+F
「五木寛之の夜」

こんばんわ、五木寛之です
多くのラジオ番組がありますがこの番組が
おそらく一番暗い番組だと思います
多くの人に向けて今日も話していきたいと思います

お便りです、北海道在住の「ちーちゃん」かわいい名前ですね
もっと歌がうまくなりたいのですが
どうすればうまくなれるでしょうか
うーん、むずかしいよね
ぼくもカラオケにはたまに行くんですけどあまり歌は
得意なほうではありません
ちーちゃんはバックホーンというバンドが好きなんですね
今度きいてみたいと思います

次のお便りです、新潟県在住の「佐藤光」さん
偉人だと思っていますが五木さんはぼくのどんな
ところが偉人だと思いますか
うーん、まず佐藤さんの言っている意味がよくわからない
偉人にも色々な定義があると思うので
そこから探してみるといいのかもしれません

女性の声で「五木寛之の夜」いかがだったでしょうか?
多くのご意見・ご感想をお待ちしています

それでは皆さん、また来週おあいしましょう

810 :名前はいらない:2014/04/05(土) 22:32:42.82 ID:gRqckn2/
>>809
丸写し感動した。
元ソースがあってこその発想A

811 :名前はいらない:2014/04/06(日) 16:52:47.21 ID:gwIQJweV
「ロト7ではムリなのでロト6に変えるかなラブソング」

オイラは貧乏丸かじり いつまでたってもこりゃダミだ

常日頃からの善行は いきあたりばったりの人生さ

なあ みんな 愛してくれよ この小さな世界の上

そしてオイラに春をくれよ 金がなくてコメを買ったよ

消費税 消費税 やめてくれ マジで家計が火達磨

消費税 消費税 国民年金 払えないよマジで

あなたのために歌います 貧乏ニートここにあり

あなたのことを歌います オイラは金なしろくでなし

812 :佐藤光:2014/04/07(月) 02:22:07.61 ID:J/t/Hcxe
艶歌に
踊る桜も
散りて落つ

813 :佐藤光:2014/04/07(月) 02:40:34.65 ID:J/t/Hcxe
新聞を
読む背ぞ急かす
甥子なり

814 :佐藤光:2014/04/07(月) 02:43:57.07 ID:J/t/Hcxe
訂正

新聞を
読む背ぞ急かす
甥子哉

815 :佐藤光:2014/04/07(月) 02:52:51.97 ID:J/t/Hcxe
洋物の
下着が尻ぞ
破けたり

816 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/04/07(月) 13:38:07.62 ID:jGA9AApr
>>797
自分の詩です。無条件C

817 :名前はいらない:2014/04/07(月) 18:53:31.02 ID:PughHPSu
「オスマンサンコンは実はエリート」

オスマンサンコンは実はエリート
外交官をやっていて日本の文化にも造詣が深かった
それなのにオレたちは
肌が黒くて品のない笑いをしているだけだと揶揄した
それならダンカンをバカにしたほうがよかった
韓国の人の中にも知的な人がいることをオレたちは知ってる
しかしマスコミで取り上げる韓国の人は攻撃的な人だと揶揄する
同じことだ結局は
日本人も韓国からみればお金と性に奔放なオタクだとしか
思っていないじゃないか
桜の花びらが舞い降りて美しい日本の情緒あふれる光景も
そんな情けない日本人がダメにした
明日からオレは部長になる
もっと仕事して金を稼いで多くの人間を育てていきたい

818 :名前はいらない:2014/04/08(火) 15:50:44.53 ID:vLti4TR7
世界の国々の中でも
日本は肌の色で差別をしない国である
特に黒人に対してはむしろ
運動能力や天性の音楽性等に羨望すらもっている


黒人を露骨に差別する国ってどこなんだろう


日本では肌の色や国籍よりも
倫理的な可笑しさや虚飾や誤魔化しといった
実際に理不尽なものが比較的まっとうに批判されている

世界の人々に日本人の精神性の高さが評価されていることにも繋がっているのだろう

819 :佐藤光:2014/04/09(水) 00:11:57.31 ID:agRdLkCR
清水にぞ
獣寄りてや
舌を出す

820 :名前はいらない:2014/04/09(水) 06:58:29.49 ID:Haq0ZoOJ
>>789

美しい日本語で書かれていていいですね
長さもこれくらいのほうが情緒があってグッドです 評価B

>>809

このラジオ番組をそのままポエムにするという
発想がいいですよね、五木寛之さんは私も大好き 評価A

>>811

確率的にはどちらもわずかな違いでしかないのに
ロト6に変えれば少しはお金が戻ってくるというのが
庶民の感覚なのでしょうね 評価B

>>817

オスマンサンコンを知らない人には「誰?」と
思うかもしれませんね
まじめに書いていて好感を抱きました 評価B

>>818

人種差別の問題をまじめに扱っていて希望がもてました
これからも頑張ってくださいね 評価D

821 :名前はいらない:2014/04/09(水) 11:30:31.69 ID:Po/Ei4MR
「こう思う」

もしも手、足、頭を失う代わりに願いを一つずつ叶えられるなら
まずは右手で涙を拭く
次に左手で右足をもぎ取る
そして残った左足でなるべく大げさに倒れ込む
最後に大きくも小さくもない声で冷静に皮肉を言って終わり
胴体は好きにしていいよ、邪魔なら隅に置いといて

822 :名前はいらない:2014/04/09(水) 22:28:07.32 ID:29FEgHwJ
>>798 >>799 >>800 >>818

素晴らしい。評価A

823 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/09(水) 22:56:48.64 ID:gvowtCH7
サンコンといえば、トラブルメーカー

824 :名前はいらない:2014/04/10(木) 01:46:29.32 ID:hwf1hq1/
皆様お疲れ様でした。
直近の製作活動ならびに評価活動について反省会を行います。

製作については相変わらずといった所でしょうか。
身なり気なりの詩は良いんですが
センスを評価するには基準が難しく思います。
感性を確認するために今一度推敲されますようよろしくお願い致します。
長い時を経て熟考された皆様のセンスお待ちしております。

評価活動について
評価人様お疲れ様です。毎度毎度の評価真にありがとうございます。
直近では同一作品での多重評価が多くなっており
作品を撮るカメラが多く存在しております。
製作側としましては多くのご意見を賜り感謝しております。
今後とも皆様の謙虚な気持ちにご期待すべくお祈り申し上げます。

以上で反省会を終了致します。ありがとうございました。
※翻訳は必要ないかと存じ上げております。

825 :名前はいらない:2014/04/10(木) 21:03:10.36 ID:gRgbAUgq
「あゝ素晴らしき蒼穹」

ゲッパリラが下痢ぶううう
二階堂が口あけてうがい

826 :名前はいらない:2014/04/11(金) 12:40:19.82 ID:HB1mrbrW
「厳しい評価人さんがいるとスレッドが引きしまる」

なぜ佐藤光さんを冗長させてしまったのか
それは彼にも書く権利を与えたからです
彼は私がつくった掲示板にも何度もカキコして
いましたが
彼をアクセス規制することで彼の俳句を
削除しました
もっとも自分のブログでもたくさんの批判を
いただいた佐藤光さんですが
この人から掲示板を奪うとツイッターで発狂
しかねないので仕方なく残している次第です

お前が死ぬんやで 
お前が死ぬんやで

アクセス規制の前にも彼は呪詛を投げていました
私は2ちゃんねるの管理人になったら
ちーちゃんを削除人に指名します

あ、山田太郎のスレッドが消えた

827 :名前はいらない:2014/04/11(金) 12:46:39.50 ID:HB1mrbrW
>>798

純真さはあらわれていますがもっと具体的に
書くとなおいいでしょう 評価D

>>799

心を書くときは抽象的にならないように
ていねいな描写を心がけるとなお良いと思います 評価D

>>800

ボキャブラリーが足りないのかポエムとして
いまいちアクのない作品になっています
どうすればよりよくなるのか考えましょう 評価D

>>818

日本人の評価を少し高く見積もっているような気がします
国際情勢について書くときはもっと
調べてから書いたほうがいいと思います 評価D

828 :名前はいらない:2014/04/11(金) 15:01:31.84 ID:FdIDoAq5
青き時夢語り笑う
朱き時夢語り嗤う
白き時夢語り独り
黒き時夢語り死す

夢に殉ずるが人では無い
夢に向かうが人である

進め
心が荒もうと
晒せ
哀しみの扉のその先を
導け
己に続く種子らのために

己が信じる正義のために
己が夢見る未来のために

青き時夢語り笑う
朱き時夢叶い退かず
白き時夢の果てを見る
黒き時夢の軌跡を綴る

早く未来を掴まねば

魔物に変わるその前に

829 :名前はいらない:2014/04/12(土) 01:43:33.62 ID:Q1TdbI8y
>>827
先生になった気分はどうかい?評価E

830 :ちーちゃん:2014/04/12(土) 12:24:48.77 ID:6jdmsym9
北海道かい?

831 :名前はいらない:2014/04/12(土) 14:13:15.81 ID:izD+o9sQ
揺れて蝶々の花、陰の舞う葉っぱ
泳ぐ鯉のぼりが川の上でボートをみている
それを欄干から望むドンキホーテの甲冑
透かし硝子の間に着いた羽は穏やかに残る
海につながる水のほとり

832 :名前はいらない:2014/04/12(土) 17:06:18.37 ID:uMzUTxvo
運動会?

833 :名前はいらない:2014/04/12(土) 19:40:23.52 ID:uMzUTxvo
教室
からのばされた
輪郭線にそって
歩いてきた僕らは
消失点にたどりついて
そのまま消えてしまえれば
よかったのにね
世界は
美術館ではないので
美しい絵画は
美しいだけ
途方にくれたような絵画は
途方にくれるだけ

834 :佐藤光:2014/04/12(土) 22:15:48.84 ID:HrEB2+Kf
松落葉
地に這う幹と
別れたり

835 :名前はいらない:2014/04/13(日) 07:08:31.55 ID:VSYB4skh
自分の作品に安価つけて
無条件Cとか言っちゃうのってどういう遊びなんだ

836 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/04/13(日) 09:25:43.02 ID:w2t3190B
>>835
だって誰も評価してくれないんだもん

837 :名前はいらない:2014/04/13(日) 12:05:38.37 ID:0jY48dMX
>>797

言葉を使って自己陶酔している面があるようです
自己評価をせずに評価人に評価を託しましょう
読んだ内容は日本語をていねいに扱っていない点を
みたので 評価D−といたします
研磨して自分の言葉をかくとくしてください

838 :佐藤光:2014/04/13(日) 19:19:05.34 ID:ETDPZajK
星は海
また在りし日の
桜かな

839 :名無し:2014/04/13(日) 22:46:26.58 ID:EUryIVrK
思い出って名残惜しいけど
思い出のメモリーには限界がある
だから風化してしまう景色もあるけれど
目を離しても
自分の見た景色ということにかわり無い

840 :名前はいらない:2014/04/13(日) 23:42:45.75 ID:PPLh7jrE
君の瞳の
輝くきらめきは
瞬く星のように
その宇宙の
この世界
小さな銀河の
小さな地球の
小さな島の
小さな街の
この部屋で
君を見つめる
小さな僕は
君の大きな瞳にどう映っているのかな

841 :名前はいらない:2014/04/14(月) 03:00:55.50 ID:gWjElAcT
アースR w(くん煙剤)

ゴキブリ・ダニ・ノミ・曲者などの総合害虫駆除に!
薬剤が部屋中行き渡り、隠れた害虫や曲者をまとめて駆除

842 :名前はいらない:2014/04/14(月) 18:55:51.74 ID:y8DyRIQU
知らぬ間に決められた言葉の意味の
硬いカバンを背負う。
「なにを語っているかよりただ聞いていたいだけ」
君はそう言って僕は少し安心する。

自意識と建前の透明な皮膜を気にしてるばかりだけど
そこにある無意識の混沌へ旅に出よう。
リアリティは靴底で触れたらいいだけだ。

限りあるものが思いのほか多い。
わかりやすく「時間」がまさにそうだ。
そこにある紫の空が僕を夜に呼んでいる。
だからウヤムヤは膿として出せばいいだけだ。

843 :名前はいらない:2014/04/15(火) 00:15:31.56 ID:eC7u9W1c
無関係な別板のネタで作ったやつ(笑)


欠けた孤独

ただ今夜だけは
そばにいてほしい
夜の風にふかれながら
今、やっと気づいたよ

夜の風は刹那さと
懐かしい香りを運ぶんだね

君に伝えたい
ぼくの思いを
この風に乗せて
あの日の葉山のきみに

844 :名前はいらない:2014/04/15(火) 00:57:07.15 ID:elNarCjL
〜チェリーボンボン〜

ジンワリとした甘さがまだ残る
小さな樽にサクランボとお酒のミックス
紅い包み紙
開けたとたん漂う濃厚さがとても
哀しくて
せつなくて艶っぽくて
たったひとつぶのランデヴー

まるで恋みたいに
今ひとときだけ酔いたい
ひとりきりのティーブレイク

845 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/04/15(火) 18:29:00.54 ID:enadUhqw
>>837
どうもありがとう。

846 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/04/15(火) 20:25:28.16 ID:enadUhqw
夏は夕暮れ線香花火
浴衣姿に頬染めて
涙ひとつぶ 落ちたならば
あなた恋しい夏の夜

二人寄り添って夕涼み
一つの花火を見つめてる
たった一言綺麗だと
あなたの言葉を待っている

ぴりり火花落ちる宵ふけて
薄紅 あなたの頬に
いつか気付いてくれるでしょうか
私の好きな人

西瓜 ひと齧り 蝉時雨
お祭りの賑わい聴こえてる
疲れて眠るあなたの横で
わたしの夏が終わっていく

夏は夕暮れ線香花火
浴衣姿に頬染めて
涙ひとつぶ 落ちたならば
あなた恋しい夏の夜

涙ひとつぶ 落ちたならば
あなた恋しい夏の夜

847 :名前はいらない:2014/04/16(水) 06:42:04.18 ID:HzWniU2+
眠ろうとする中の私の自我
早く帰りたいけどどこに帰ればいいのか迷子
朝は寒くて居場所がないの
毛布が逃げて嫌になって起きるよ平気

起きようとしたら足が気持ち悪い
早く治ればいいと三年目のポンコツ
治るというのは幻のものなのかもしれない
逃げてくれない現実にいやいやながら
落ち着くしかない

848 :名前はいらない:2014/04/18(金) 00:22:31.36 ID:QHS+JrP0
原色を混ぜたグラスに世の光
儚む吐息を忘れるほどに
あめつちほしそらどれだけ道を開いても
明日の意味を知らないままで
手をつなぎ二人小路を歩けたら
青い若芽の葉桜の下
この恋は行方も知らず果てもない
日々を重ねる心ひとつで

849 ::2014/04/18(金) 01:51:20.12 ID:tH7BuuwR
>>729
詩を評価して下さった方、有難うございます。見つけた時、驚愕致しました。
嬉しかったです。お礼が遅くなり、申し訳なく思います。精進致します。

「海の音」
青く深い海の音が包み込んでいく
嫌いな色に
包まれる不快感に嘔吐する
つま先立ちして、飛び立って
下には月面銀世界
嫌いな色に震えながら
愛しい色を抱え込んで
後ろの闇に閉じ込められないうちに
冷えたつま先を重ねて
嫌いな色に不快感に包まれるたびに嘔吐する
後ろの闇から逃げ切りたくて
温みでつま先
まるで、つま先に小さな羽が生えたようです
青く深い海の音に沈み込み
嫌いな色に包まれながら
私は、子宮にかえります
膝小僧を抱えて、つま先に生えた羽をいじろう
青い深い海の底に沈んでいく過程で
私は、開ききった目で一枚の羽根を捉えて

850 :名前はいらない:2014/04/19(土) 01:50:37.36 ID:XiSQn6L9
>>846

風流でいいですね
言葉もこのていどの軽さくらいが適当かと 評価C

>>847

現実で逃避しようという行動が
なんともいえずビミョーな空気出してますよね 評価D

>>848

冒頭の一文がいい味出していますよね
終わり方が少しあっさりしているのもいいですね 評価D

851 :名前はいらない:2014/04/19(土) 06:07:59.13 ID:wQNoFlz8
「コンビニの濃厚ソースのヒレバーガー」

人の手で撫でられたら
小麦も大麦も機械になって
無機質な姿をうまげにさらす

その核に
ペドリとミデロに包まれて
やたら白色のデペリペリ

豚さんも
こんな姿になるために
生まれて来たのではなかろうに

豚さんの代わりに生産者を呪った、
買ったのは僕だ。

852 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/04/19(土) 07:49:56.76 ID:xhjPe+0h
>>850
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13699473

853 :名前はいらない:2014/04/19(土) 13:59:11.13 ID:VHVeJaHE
誰かが書いたドラマだとか誰かが作詞したJPOPの曲をきりはりして
なぞるだけの歌詞なら、いくら風流でも何の意味もないよね。
何の価値もない。表現にすらなってない。ゴミ。

854 :佐藤光:2014/04/19(土) 17:19:42.49 ID:vCk8C9fa
行きは暮れ
帰りや宵の
一人旅
置いた鞄に
土産も漫ろ

855 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/04/19(土) 17:21:34.06 ID:xhjPe+0h
ちなみに>>852は俺が作詞作曲、ちーちゃんがアレンジしとりますです。
よかったら聞いてね。

856 :つけめん:2014/04/19(土) 23:46:59.60 ID:FRKTuZfN
成人の日

現実の悪を丸々包み込むも

勧められても微笑み流す

たとえ手を染めたとしても人には絶対に勧めない

これからはただこの道を真っ直ぐ進めばいいだけ

今日は俺の成人の日だ

857 :名前はいらない:2014/04/20(日) 08:26:09.55 ID:4Mw3LZHz
>佐藤白豚光

お前の作品はどれもE評価ですよ
ツイッターでひろゆきに絡もうとして失敗しました
それがお前の限界です
ニートを脱却しないデブハゲは相手にされません
今までの評価 E−

>>856

何が言いたいのかさっぱりわかりません
現実の悪を見つめてから改めて投稿してください 評価E

858 :ちーちゃん:2014/04/20(日) 17:17:47.28 ID:J848BecX
>>852
あん?主婦コテだと思ってたら正体は犯罪的ペド愛好コテ界の大物だったかこのヨンゴー眼鏡。
私が上げた同名動画より再正数が大幅に多いのでこれはセクシーコテリストからの除名も検討する次第であるナリヨ?

859 :名前はいらない:2014/04/21(月) 01:43:24.10 ID:6u1iaqkQ
「自家撞着」

いままで面倒に考えすぎてただけなんだ
制約を設けるないようにすることは
制約を設けているのとおんなじだった
なんでも良かったし
なんでも良いとも思わなかった
自己否定は言葉の錆釘

面倒になるのは面倒を飼ってるから
文脈は足あとのように
後ろからつけてくる
背中の側から腹の向こうを感じてる
足あとよりも
白昼夢のつぎはぎを
分裂した声帯から漏れる言葉

嘘を塗り固めると固くなる
本当の事のように
楔を打ったら粉々になってしまうの
雰囲気を気にして無言でいよう
詩なんかより音楽のがよっぽどいい

860 :佐藤光:2014/04/21(月) 05:04:32.62 ID:XXjFJUNd
「LOVE&HATE」
乾いた砂利道の匂いが好き
夏の日のプールの匂いが嫌い
そこはかとなくI LOVE
そこはかとなくI HATE

861 :にゃにゃめよんじゅうごー!:2014/04/21(月) 13:17:34.81 ID:rEWPN0/A
>>858
ノ(;´Д`)すんませんっす先輩

862 :名前はいらない:2014/04/22(火) 00:43:54.68 ID:sJJ7GlS5
命は重いと言うけれど
命は軽い方がいい重たすぎると
置いていってしまうから
両手で持てるくらいでいい
ずっと一緒にいるのだから 置いていけないし
自分と同じ場所にいて同じ物を見ていたいから
命は軽い方がいい

863 :佐藤光:2014/04/22(火) 07:02:54.50 ID:cAm0Y81T
LOVE&HATE

雨、雨、あめ
なにかのあとの
あめ
ひとつぶなめたら
甘くて
その
舌先からじわり広がっていく
あめ、あめ
あい、することのあいまいさ
憎むことの明快さ
ぽつりぽつり
小さな波紋の
あめ、あめだま
いつも舌先で受けるから
ほのかに甘いの
LOVE&HATE

864 :佐藤光:2014/04/22(火) 07:19:43.95 ID:cAm0Y81T
あさやみ
ゆうけれ
はかいされたげんご
なづけそこなったじしょう
さみでれ
すとし
さっさらなさら
こんなあさ
だからこそ
だからこそ
できそこないの
できそこないの
ぼくたちで
うん
いていいの
いていいの
そそれそそう
ぼくたちのそれ

865 :佐藤光:2014/04/22(火) 07:25:06.48 ID:cAm0Y81T
ひとつ
相合傘の下にいる
そのことが
どういうことなのか
君は考えない
僕はわからない
黒板の隅に
チョークで書かれた
それのように
無意味な記号になる
もう
雨が降ってるかも
わからなくなった

866 :ちーちゃん:2014/04/22(火) 10:29:33.07 ID:BOwYvOgD
>>865
深い場所だと思う。
高度な精神が現実と剥離する。A

867 :名前はいらない:2014/04/23(水) 03:28:58.31 ID:UNA23rAe
「仕込み」


僕はもう家から出ざるを得なくなってしまった
家で平穏無事に暮らしたいだけだったのに
安全神話が崩壊したのだ
家の向かいには学習塾があり小中学生が集まってくる
そしてそこから彼らの怨嗟や苦悶やらが毎晩放たれて
家の壁や屋組を侵食したのだ
で、3月の中旬に志望校に落ちた可哀想な奴らの
絶望に満ちた感情の火災で塾は焼け落ち
僕の家もなんかひからびたカエルが大量に張り付いて汚い色のオガクズと化した
春めく季節に僕は理不尽とブラックジョークが渦巻く外界に放り出された
どうやって生きていけというのでしょうか
僕にできることといえばカレーうどんを飛ばさず上品に食べることぐらいしかない
そんなものが一体何の役に立つん?
何の役に立つん?

868 :名前はいらない:2014/04/23(水) 09:15:25.85 ID:N90Cz+WB
「はじまり」

ありふれた詩情を 大切にしてね
一粒の小麦粉が 川を流れる素麺のように
ありふれた詩情を 伝えていってね
ひとりひとりの力は あまりに小さいから

あなたは独りではなくなって ジェイポップになる
安定した大地を踏みしめて 夕焼けと赤とんぼに浸って
母の胸を愛する心地を現(うつつ)に宿す
私たち日本人の母が微笑みを放つ空に
オーバーラップする恋人は石原さとみ

独りでいるひとも 大切にしてね
一粒の小麦が やがて金色の風を吹かせるように
憧れるひとを 失くさないでいてね
ありふれた詩情も はじまりは独り

869 :名前はいらない:2014/04/23(水) 21:08:25.30 ID:ATuf63Zy
>>867
真面目にどうこう言う詩ではないんだろうけど何か言うとしたら
何て適当な詩なんだと
これは勝手な妄想だが、ただの愚痴を行き当たりばったりな手癖で書いてオチが浮かばなかったからふざけてしまったような感じだ
こういうのは基本的に書いてる方も読む方も楽しくないと思うよ、別にたまになら良いけどさ
全体の雰囲気的に「オガクズ」は「大鋸屑」でも良かったと思う
D+

>>868
これも真面目に評価する詩じゃないんだろうけど
(うつつ)はいらないよ、読めるから
もしかしたらそれにも何か意味があるのかもしれないけど分からないし、詩が薄まっちゃうからなるべく無駄はなくした方がいい
それと非現実的な言い回しの中に現実の人物を入れるのも面白くない、つまらないだけ
なんだかある程度定まった人へと語りかけてるみたいだけど、好きにさせとけよと自分は思う
D

870 :名前はいらない:2014/04/23(水) 22:48:32.85 ID:M2P0HsHx
「鮮血」

無数の風船が空に消えていく
大地に染みついた言葉も記憶も消え
心をなくしたぼくらが
泣いていた

水滴が虹色に染まっていく

嫉妬にメスをいれ
地球はその血に沈んでいく
長い長い羅列に迷い込み

死刑囚のあの笑顔を見ていると
機械に染みついた根も葉もない嘘にも
ほとんど関心はなくなっていった

ここは楽園なんだ
こんなとこが

きみは自爆を装って
みにくい悲観を吐き捨てた
嘘だけでできたその体で
底のない真っ赤な穴を
誰も知ってはいなかった

嫉妬にメスをいれ
鮮血ほとばしる白い海
ぼくは声も出せないほど
本当に驚いたよ
誰の足音もなくなった

きみは自爆を装って
みにくい悲観を吐き捨てた
嘘だけでできたその体で
底のない真っ赤な穴を
誰も知ってはいなかった

無数の風船が空に消えていく

871 :名前はいらない:2014/04/24(木) 18:03:10.04 ID:yHu/UyeH
佐藤白豚光くんの俳句もポエムも
全部評価はEです
こいつは仕事もできないのに語っているので
多くの人から嫌われています
今後も相手をしないでください

佐藤白豚光 評価E

872 :名前はいらない:2014/04/24(木) 20:57:16.84 ID:WYFZ/DSa
>>859
その気持ちはよく分かる
詩よりも音楽、詩よりも映像
でもそう思いながら詩を書くってことは大体が言い訳なんだよね、好きな事が上手く出来ないから妥協して簡単なことをしてる
そうじゃなかったらごめんね
歌詞っぽいのを書きたかったならこれでいいけど、違うならもっと言葉遣いを柔軟にしたほうがいい
C−

>>862
凄く簡潔に纏まっていで余計なものがない、読みやすくて内容も気持ちいい
でもただただ褒められてもつまらないだろうから敢えて言うけど
強い言い回しがない、平凡で平坦な作品だ、雰囲気に沿いつつも強く心を掴まれるような言い回しがあれば最高だった
まあ具体的に何を書けば良かったかの例はだせないけどね
二行目の「命は軽い方がいい」ここで改行して後を三行目にくっつけたほうがもっと読みやすくて綺麗になったと思うよ
C+

873 :佐藤光:2014/04/24(木) 21:30:55.63 ID:38CoSLJT
うん。>>871君の詩は?

874 :名前はいらない:2014/04/25(金) 04:26:55.25 ID:MRZH3pcH
「うつくしいこと」

うつくしいこと

うつくつしいこと

うくつちいこと

うくつくいこと

うつくし
。。。……

うつくち

うくつちい


うつくしい。

875 :名前はいらない:2014/04/25(金) 09:55:17.62 ID:kak3aLve
佐藤白豚光を模倣した人間もいるようですね
どうせ何を書いても評価は変わりません
ツイッターで「死ね」だのいう人間に
興味はありません。
日本語の理解できない性格のようなので
暴れだしたらまた注意します。

876 :佐藤光:2014/04/25(金) 18:02:25.25 ID:XffZ/Cte
>>875君も日本語不自由なんだね。かわいそうに。

877 :名前はいらない:2014/04/25(金) 20:50:51.15 ID:MRZH3pcH
>>872
その気持ちはよく分かると言ってもらえるのは嬉しいです
言葉って難しいですね。音楽は即理屈じゃないですからね
でも楽器もできないので音楽みたいに書きたいんですけど難しいです

878 :名前はいらない:2014/04/25(金) 21:17:28.73 ID:X+XVeyw+
>>870
沢山の人が死ぬ内容なのかなと思った
そうだとすると戦争でもしてるのかな、自爆というとそれを連想する
「きみ」も含めた「ぼくら」は辛い世界に絶望して心をなくした死体になったみたいな
自分はそう思った
「水滴が虹色に染まっていく」意味は明確に理解できないけど、赤黒く陰鬱で重たい雰囲気の中にこういうのがあるのは凄く好きだ
でも風船は死を少し美化してしまっているように感じて良くない
六連目と八連目、すぐに全く同じことを書く意味はあったのだろうか、そこを読み取れなかったから八連目はない方がすっきりして良いと思った
C

>>874
これはとても音読するのが難しい、それくらいしか感想がない
読んでて楽しくないし、面白みもないし、書き手に技術があるとも思えない
なんなんだろうねこれは
E

879 :名前はいらない:2014/04/26(土) 03:35:58.72 ID:j4yLfgzU


880 :佐藤光:2014/04/26(土) 05:10:02.86 ID:SPuIitBk
>>872
詩にしても音楽にしても学ぶべきだと思うよ。
音楽には決められた音階とコードがあり、
それが折り重なって曲になる。
あるべき羅列の重ね合わせをいくつも積み重ねて、
まだ見ぬ美を探ってゆく。
言葉、文を知るものこそが詩をかくべきなんじゃないかな。

881 :佐藤光:2014/04/26(土) 05:11:37.92 ID:SPuIitBk
>>880
>>877

882 :名前はいらない:2014/04/26(土) 16:38:57.24 ID:UFqZymLi
割と細かい訂正だが>>878>>874への評価
「書き手に技術があるとも思えない」じゃなくて「書き手の技術も感じられない」が正しいな
評価って難しいね、もっとしっかり考えなきゃな

883 :名前はいらない:2014/04/26(土) 21:05:46.49 ID:UFqZymLi
>>849
内容はいいよ
でもくどい、吐き気を催す程にくどい
何度も読み返している内に、この詩には同じことを何回も言われているようなくどさが必要なんだろうなと思えてきたりそうでもなかったり
自分はあまりこういうのは好きじゃないな
八行目から十二行目までの辺りは読点を使ったり改行したりしたほうが良いと思う箇所がいくつかあった
D+

>>851
食材が調理されたからって機械にはならないだろと冷静な自分はつっこんでしまう
二連目のは擬音?なのかな、面白いけど絶妙に擬音に思わせないような所がある、これ擬音じゃないのかな
終わり方は何だかカッコいいね、少年漫画のキャラクターかRPGの主人公みたいだ
正直嫌いじゃないけどね、本気で伝えたい感覚みたいなものはなさそうだから良い作品だとは思わない
D

884 :名前はいらない:2014/04/26(土) 22:06:27.50 ID:b1SAxfjn
>>872
詩を評価して頂きありがとうございます

885 :名前はいらない:2014/04/27(日) 01:40:31.25 ID:bxOGR3Vs
「被写体」

レンズには現実が映る
できれば見たくはない現実が
ふとレンズ越しに映った被写体の老いに
思わずためらい目が逸れるとき
シャッターを切る指が震えブレるけれど
深く刻まれた刻印をこちらに向け
待ち兼ねるように笑顔を見せた

886 :名前はいらない:2014/04/27(日) 07:42:55.52 ID:vlRaoJUL
>>885
もう少しすっきりさせたら?同じ言葉何回も使わずに
できるだけ原文を残してアレンジしてみた↓

レンズに映る現実は
ときには見たくはないもので
被写体の老いにためらって
僕は思わず目を逸らす

シャッターを押す指が震え
あなたの姿がブレるけど
刻まれた刻印(しわ)をこちらに向けて
待ちかねたように笑顔を見せた


レンズ、レンズ、

887 :名前はいらない:2014/04/27(日) 07:44:42.49 ID:vlRaoJUL
>>886ごめん

レンズ、レンズ、って消し忘れた

888 :ちーちゃん:2014/04/27(日) 09:44:44.44 ID:bi9nWnHr
「被写体」

レンズには現実が映る
レンズには見たくはない現実が
レンズ越しに被写体の老い
思わずためらい目が逸れる
レンズの中の嗄れた老人
震える指のシャッターを
待ち兼ねるように笑った
そして二十時間後
お互いの顔に疲労の色が見える
おい、早く撮れや
うるせえな、じゃあお前が俺を撮れ
老人がカメラを構える
レンズには現実が映る
レンズには見たくはない現実が

889 :名前はいらない:2014/04/27(日) 11:11:51.81 ID:4JZsvMTZ
>>880

佐藤白豚光の代わりになりすましている部分が惨め
お前の代わりなんて誰でもできるよ
ツイッターで白豚が煽っていたけど
誰も乗らなかったので可哀相だったw

890 :名前はいらない:2014/04/27(日) 21:11:42.38 ID:yrhPQmP0
>>844
ふと思いついたつまらないギャグを、詩という形で書いてつまらないことにも気付いてますよアピールをしているみたいな
そうじゃなくても、悲しさもせつなさも艶っぽさも伝わってこない
もっと真面目なのが読みたい
E+

>>885
レンズ越しに現実を見る主人公から始まって、淡々と丁寧に状況が描写されていくけど
現実を映すレンズから見た光景の表現に刻印という言葉があることに違和感を覚える、全体的に見て現実的な言葉を選んだ方が良かったと思う
「深く刻まれた刻印」も少し変かも、この辺りが重要な部分という位置づけで書いたならそれ以外の部分を見直すといい
D

891 :まっちょ:2014/04/28(月) 02:55:23.16 ID:uVhrzH3D
歌詞形式に書きました
評価をお願いします

【arm】
最初に傷付けたwrist
ジワジワと溢れるblood
見たら荒くなった息は落ち着いた

だけど隠しきれないwound
中途半端な人のsympathy
僕の本旨なんて知らないクセに

消えなくなった無数のscar
興味本位 探って comfort
ほっといてよ 気休めなんか要らない


解って欲しいなんて思わない
だから否定もしないで欲しい


別にね…死にたくて付けたのは最初だけ
別にね…死ねるなど思ってない最初から
ただ…目で肌で痛みを感じると思う
こんな僕でも生きてるんだなって…




最初に傷付けたwrist
今でも辛いとbreak
流れ落ちる温もりに実感する

多分 心が麻痺をして
元気な僕になりたくて
孤独な想いから逃げたかったんだ


それでも大切な君の涙が流れた時だけ
やっと胸が「痛い」と言って泣きだした


解って欲しいなんて思わない
「やめて」と言われてもやめらない


別にね…死にたくて付けたのは最初だけ
別にね…死ねるなど思ってない最初から
ただ…目で肌で痛みを感じると思う
こんな僕でも生きてるんだなって…


こんな僕でも生きてきたんだなって…
今度はその証を見えない様 左armに

892 :名前はいらない:2014/04/28(月) 04:17:54.94 ID:vRl5b0PP
試作


難しくなる自慰...
頭は良いと解らない
右も左も無くては
前も後ろもあるしあれ
世界史って何だっけ
大人は何処から此れ

昔あなた曰く
あたしいつか星になり花になり
晴れるといいねー(*^^*)
なれるといいねー(*^^*)うんち!

893 :難しくなる自慰:2014/04/28(月) 05:04:10.32 ID:WWGtq46k
新参なんです。
時間が悪かった、かなあ。
皆の詩を読んでいます。

894 :ちーちゃん:2014/04/28(月) 05:21:46.72 ID:cLCy10Sl
なるほど自慰


難しくなるほど自慰...
頭が悪いと解らない
右と左を覚えたら
前と後ろもご覧あれ
この墓石誰のだっけ?
大人は墓から出ていけ

昔孫子曰く
携帯の基地局を二倍にします
持ち歩けるといいねー(*^^*)
ひとり2つくらい持てるといいねー(*^^*)うんち!

895 :ちーちゃん:2014/04/28(月) 05:40:52.13 ID:cLCy10Sl
>>891
左armとか舐めてんのかお前そんなに苦労して真剣なライム深刻なクライム
震えるこのブレス右armでレスポンスASCII配列親fingerでタイピング
A.B.C.D.E.F.G評価しろと言うお前に俺からのアドバイス Yo
傷シールデザインして量産すればサクセス Yeah

D

896 :ちーちゃん:2014/04/28(月) 05:57:10.50 ID:cLCy10Sl
※参考
ハリウッドも絶賛! 血、傷、痣などを 表現する特殊メイク用のタトゥーシール
http://www.ta2.com/tribal/scarr.html

リアルさを競うよりかえって下手くそな感じでデザインすると売れるかも知れません。

897 :まっちょ:2014/04/28(月) 15:21:01.77 ID:uVhrzH3D
>>895
評価有り難う御座います

ちょっとラップ笑ったwww

898 :名前はいらない:2014/04/28(月) 19:04:53.92 ID:znxU+fQl
「お前なめてるでしょ」

会社の通勤途中できいた知らないハゲとヒゲの会話
ハゲ「最近の若いやつなめてるよな」
ヒゲ「それお前がハゲだからでしょ」
ハゲ「それもあるんだろうけど周りの視線が痛いんだよ」
ヒゲ「それお前がハゲだからでしょ」
ハゲ「やっぱりカツラ買おうかな、マープもあるしな」
ヒゲ「それお前がハゲだからでしょ」
ハゲ「お前おれをなめてるだろ」
ヒゲ「それお前がハゲだからでしょ」

そのあとつかみ合いになって途中で下車を命じられた

899 :名前はいらない:2014/04/28(月) 21:06:16.57 ID:ALP43aE1
>>842
二連目の言葉の響きがすごく好きだ、意味ではなくその美しさで納得させられる
静かに語っている感じだけど、優しさを感じるのも良い
でも最初の入り方は少し下手、一節が一行に収まってないというか、無駄に引っかかってしまう
それと連の区切りが繋がってなくて詩が分裂している、狙っているものでないなら関連する言葉を散りばめてみるのも良かったかもしれない
C+

>>843
一行目がタイトルなのかただの導入なのか分からない
「欠けた孤独」というのは「きみ」を思うことで孤独を和らげるという意味なのだろうか
「ぼくの思いを」の所は想いの方が的確だったと思う
とにかくくさい詩だけど、半分笑いながらでもこういうのが書けるのはいいね、羨ましいよ
D

900 :名前はいらない:2014/04/28(月) 22:44:58.60 ID:RbY+dP9P
April

それでもはぐれ鯨は また旅に出ることにしたんだ
群れを見失って 長い長い時間が経ってしまったけど

自由を手に入れて だけど自由は君のことを縛り付けてた
何だってできるよって 君は世界に脅迫されていたよね

それを自分探しだと呼んでいた 無理矢理意味をこじつけて

君は君でいいんだよ もしもそれでうまくいかなかったら
こっそりと 世界とか社会とかのせいにしてしまおうぜ


大きな船に出会ったことがあった だけどあれすらも
世界に比べればまた ちっぽけなものなんだって知らされた

生きる意味や自分の価値 自分で何とか知ろうとしたけど

それらはきっと もっともっと広い枠組みの中にあるんだろう
得体の知れない とてつもなく大きな力に支配されている
きっと死ぬ間際になって ようやく端っこに手が届くような
というよりも球体で 終わりが始まりになってたりするかも


暗闇は君が見つけたいものを隠していた
同時に見たくないものも隠していただろ
光は君が見たくなかったものさえ照らし出した
同時に見つけたかったものも照らし出したんだ

怖がることはないさ 自由の反対は不自由なんかじゃないから
何もかも捨てなくちゃいけないって 思うかもしれないけど
君は君でいいんだよ もしもそれでうまくいかなかったら
こっそりと 神様とか仏様とかのせいにしてしまえばいい

君は君でいいんだよ もしもそれでうまくいかなかったら
こっそりと 世界とか社会とかのせいにしてしまおうぜ

901 :名前はいらない:2014/04/28(月) 23:07:44.12 ID:J8DM/fkL
例えば自分達の死ぬ日がわかったら
今よりもっと人や自分を大切に幸せにできるだろうか?
ああしていればとかこうすればよかったと
後悔しない人生を全うできるのか?
もし全う出来たとして
それは自分達にとって心から
幸せだと言えるとは思えない
人はいつ死ぬかなんて知らない方が
幸せなのかもしれない

902 :名前はいらない:2014/04/29(火) 19:32:38.04 ID:fTChq67A
「外人より日本人は薄情だった」

監視カメラの向こう側
着飾った男女が
ホームレスを突き飛ばした

汚いもの見るような目線で
手で鼻をつまむしぐさを
することをせず助けてやれば良かったのに

強い奴には尻尾を振り
弱い奴には噛みついて
楽しいなんて 本気なのか?

暖かさのカケラもなく
人の不幸を笑ってるよ
その行為を 世界中に晒してみろよ

背負わされた不幸や 身なりや学歴で
いったい他人の何を笑えると言うのか?

ああ神様 あの二人に
世の中の厳しさを教えて
外人に支えられた ホームレスの目の前で

ホームレスの目の前で…
ホームレスの目の前で…

903 :名前はいらない:2014/04/29(火) 21:20:26.51 ID:AfjQFTwO
>>900
優しいね、優しい励まし方だ
自分の事を他人のせいにするのは好きじゃないけど、それくらいの気構えでいたほうが上手くいきやすい
こういうのを読むと一瞬だけ捻くれた考えが浮かぶけど、その後にやっぱり少し感動してしまう
意図してかは分からないけど、海をイメージさせる言葉も深く広いように思える作者の伝えたいことと合っている
後半の盛り上げ方も良いね
「だけどあれすらも」の所はこの雰囲気なら「だけどあれさえも」のほうが個人的に好きだ
「してしまおうぜ」は丁寧なのか軽いのか良く分からない言い方だ、何だか違和感があって惜しい
B

904 :まっちょ:2014/04/30(水) 00:13:19.91 ID:4RoXh7cb
ひとりぼっちで過ごす夜は淋しいよね?
ヒトに理解されないのは苦しいよね?

だけどもっと辛く悲しいことは
大切な人に逢えなくなること
それがたまにしか逢えない人でも

「僕は元気でいるよ」
「君は変わりはない?」
繋がった電話の向こうで君が笑った
それだけで僕は救われる

905 :名前はいらない:2014/04/30(水) 01:11:13.16 ID:/rQJPrHx
Tick Tack

信じられないほど狭い夢の世界。 
僕らの呼吸はほんの気休め。 

カーテン越しに常世のレプリカ。 
いつまでたっても未熟なまま。 

何も望みなんてないし、下手な助けもいらない。 
誰がどうしようと、何に転ぶわけでもないし。 

感じるものは発動機の音。 
心の在処はほんの気まぐれ。 

妖精のそばで緩やかに握りつぶされていく。 

光に満たされて眠りに誘われるように 
すべてが空へほどけていく静かな終わり。

906 :名前はいらない:2014/04/30(水) 01:44:49.52 ID:u7FCf/H+
>>902
詩っぽい感じが無いと思う
俺が思う詩っぽい感じとは、
常識イメージ(言葉)+常識イメージ(言葉)=非常識イメージ(非言語)
なんだけど、この詩は詩って感じじゃない。

>>暖かさのカケラもなく
>>人の不幸を笑ってるよ
>>その行為を 世界中に晒してみろよ

ここらへんとかブルーハーツみたいだね
てかだれでも喋れることだと思う。それが悪いってことじゃなくて
「詩」なら誰も喋れないことを喋るのが仕事ではないかと思う。

個人的にはこんな人達がいるとするなら許せないと思う。それは共感するとこもある。
でもでもでもセンスうんぬんを評価するなら、私としてはまず詩を書いていないとおもう。
よって評価なしで。

907 :名前はいらない:2014/04/30(水) 01:47:24.29 ID:u7FCf/H+
「ジャパニーズ殺して」

ジャパニーズジャパニーズ
エンドオブジャパニーズ
殺す日本の私
殺す日本
西洋技術の人造人間
が裏切りのカタナを持ってやってくる
さあ殺せ子どもたちを守るため
殺せ殺せムラに平和が訪れるその日まで
つまりムラに誰もいなくなるまで
ジャパニーズ君は血を流さない
ジャパニーズ君はペットボトルの戸惑いで出来ている
つまり死ぬだけの価値があるってこと
殺せ私も殺せ
西洋人形人造人間
無邪気で澄んだ目をした大人である
躊躇いなく殺す私を殺せ
その赤いマントはヒーローの証
偽の刃は超合金
ロリコンペドコン勃起不全
切り取りチ(ギ)リ取りジャパニーズ
その土地を何でもないもので染め上げて
なんでもない僕らを殺せ

908 :名前はいらない:2014/04/30(水) 03:16:47.35 ID:u7FCf/H+
「kioku」

sonokoro bokurato
ittala
kanojyo to issyoni
sugoku gehin na
adult video wo
tukutte iru tokorodatta

sepia iro no watashi tachi

my...

lieses on yet I speak to

watashi no kioku
sugoku gehin na
koko no kimi no kiokuno komagire
fragments.

909 :名前はいらない:2014/04/30(水) 06:24:33.47 ID:BU1cd3FC
佐藤白豚光くん、おはよう。
今日こそ勇気を出してハローワークにいって
仕事を探しておいで。
名前に恥じぬ生き方を。
白豚くんが訳のわからない独り言を呟いても
誰も相手にしないからね。
佐藤白豚光くんは他人にとやかく言う前に
ちゃんと仕事すること。わかったね?

910 :名前はいらない:2014/04/30(水) 06:48:10.11 ID:Iq1dfs0t
ネタにやっと気が付いたかw遅いわ

911 :名前はいらない:2014/04/30(水) 14:10:29.04 ID:5dUzSeWP
「取ってつけたようにその場の思い付きで行動する男」

日が昇る
私は滅びる
シーズンオフの誰もいないキャンプ場に勝手に入って
大自然の息吹に包まれながら最期の朝食をいただきます
ハムエッグ&ごはんを拵えます

しかし私の料理の腕は低調で
それは義務教育をまともに受けずに家事手伝いもせずに
テレビゲームばかりやっていたからなのですが
飯盒炊飯の際に延焼して右手が燃えちゃった
これではゲームができない
あ、違う これでは調理ができない

太陽から投げかけられる美しい光の筋
きらめく小川
せせらぎと森のざわめき
自然の美しさに私は心を奪われた
もうハムエッグとかどうでもいい
この生命溢れる光景を胸に刻み付けて一からやり直そう
そう、私の名は
大自然の賛歌リザレクションとしあき

912 :佐藤光:2014/04/30(水) 17:36:26.46 ID:r+3Nxmmk
気づかれないネタなんてゴミ。

913 :名前はいらない:2014/04/30(水) 18:40:47.55 ID:qonAD+/2
>>892
駄作とわかってるものをわざわざ評価してほしいってなに?
これ自分で読んで面白い?
投げやり破綻が悪いんじゃなくて単に面白くない
ふざけるにしても真面目にどうぞ

>>911
ウケを狙いにいってる?てかウケをねらってませんよシュールでサムくて面白いでしょ?って感じか?
でもやっぱサムいだけでした

ハムエッグ&ごはん
とか
大自然の讃歌リザレクションとしあき
の言葉の感覚は好きです

評価はどちらもD。

914 :佐藤光:2014/04/30(水) 19:08:29.52 ID:BU1cd3FC
>>898

これはいいね。面白くてやみつきになりそうだよ。
僕のようなハゲでも生きていていいんだね

評価A

915 :佐藤光:2014/04/30(水) 19:15:08.58 ID:BU1cd3FC
>>904

心が思わずほっこりさせられる世界観
読んでいて短いのになぜか心地よかったです

評価E

916 :名前はいらない:2014/04/30(水) 20:35:32.58 ID:ims2F64e
わかれのうた

お別れの準備をしている 心ではもうすぐだって気付いてても
何食わぬ顔で会える友達 何だかちょっと不思議な気分だな

こんなの僕には似合わないな 鏡の前に立って練習している
なるべく後を濁さないように 最後にどんな綺麗な言葉を言おうだとか

時が来れば驚くほどに
自然に人はひとりぼっちになって

これが未来なんだよって 少しだけ嘘をついて
また歩き出すのさ そういう風にできているのさ


残すものと捨てるもの 或いはそのどちらにも分けられないもの
片付かずむしろ散らかるばかり またいつか使うだろうが口癖で

ごちゃごちゃなまま箱に詰め込んだ
結局は分別されないままで

また取り出せばいいさ その中に君にとっての
本当の「大切」があるのならば
きっとちゃんと いつか必要になる時がくるの
そういう風にできているのさ


今の自分では見つけられない
鍵の在りかは未来の何処かでいつか

探し当てる時が来るさ その時の君にとっての
本当の「大切」だと気付いたならば
きっとちゃんと いつか分かる時がくるの
そういう風にできているのさ
そういう風にできているのさ


お別れの準備をしている 心はもうすぐだって気付いている
なるべく後を濁さないように 最後にどんな綺麗な言葉を言おうだとか

917 :名前はいらない:2014/04/30(水) 20:59:54.67 ID:az/ex1X6
>>901
詩的な表現がないような、テーマは詩的なんだけどさ
ただ自分の意見を述べただけみたい、言っていることには同感する
詩的にするならもっと言葉を変換、圧縮するべきだと思うよ
D+

>>905
雰囲気を書くのが上手いなと思った
でも夢ならもっとおぼろげな感じを出してほしい、全く無いならそれはそれでいいけどそうでもないし
それとも夢側から見た現実がそれに当たるのかな
とにかく夢ならではな部分が少し足りてない、それ以外も無情すぎて伝えたいものが良く分からない
タイトルは合ってないね、どんな詩なのかイメージの掴みやすいタイトルにしたほうが良いと思う
C

918 :佐藤光:2014/04/30(水) 22:30:03.85 ID:w7ngyWh1
月灯かり
人の心に
影落とし

919 :名前はいらない:2014/04/30(水) 23:10:48.12 ID:u7FCf/H+
>>918
悪くはないけど良くもない
ってことはつまり悪いってこと
みたいな俳句。退屈は悪だわ。
ほんとに現代人かよって言いたくなるセンス。イメージがイメージを裏切らなさすぎる。
俺ならなにかエロティックなものだったり悪徳めいた七七をくっつけたい。
これはあくまで私の主観というか好みを言ってるだけなんで許して。

920 :まっちょ:2014/04/30(水) 23:18:35.78 ID:4RoXh7cb
>>915
有り難う御座います

本当は続きがあるんですが
殴られそうなのでやめときます(笑)

評価E(日本語勉強しろ)レベルだから
余計に…ね(笑)

921 :まっちょ:2014/04/30(水) 23:21:03.79 ID:4RoXh7cb
>>915
有り難う御座います

本当は続きがあるんですが
殴られそうなのでやめときます(笑)

評価E(日本語勉強しろ)レベルだから
余計に…ね(笑)

922 :佐藤光:2014/04/30(水) 23:57:30.02 ID:r+3Nxmmk
>>921
別に日本語勉強しなくてもいいけど、
殴る価値もないっていうか、
この文章には一片の価値もないっていうか、
こんなこと書くやつこの世に必要ないっていうか、
ひみつのにっきちょうにでも書いとけっていうか、
うんどうしようもないよね本当に。

923 :佐藤光:2014/05/01(木) 00:25:32.50 ID:Y2pSZQps
みんなお前のことなんか何一つ興味ないし、
お前が口を開いて何かを言おうとも雑音程度にしか思わないし。
ましてやそんなお前の勝手に想定した僕とか君が
いくら救われようがいくら落ち込もうが
誰も見てくれないし誰も聞いてくれない。
そういう世の中だと自覚して書きはじめれば
ちょっとはマシなもん書けんじゃねえの?
知らんけど。

924 :名前はいらない:2014/05/01(木) 07:14:50.68 ID:FePyFuqv
厳しすぎワロタ

925 :名前はいらない:2014/05/01(木) 09:59:34.55 ID:hGSKUTVc
あげて書いている俳句バカの佐藤白豚光くんへ
相変わらず誰にも鎌ってもらえないみたいだね
ツイッターで伊集院光にかみついたのに
何の相手にもされていなかったね
現実としっかり向き合っているかな?
ただの白豚くんで終わらないようにしないとね
しっかりとハロワにいって殊勝な態度で
仕事を見つけてくるんだよ
お前の俳句もツイッターもくだらないだけの
産物なんだからね
何も生み出せない豚ほどよくかみつくから
注意しないといけないね
それから知っていたかな?
天秤座の男が一番女々しいということは?
白豚光くん、君のことだよ
何の功績も残さずにしがみついていないで
白豚くんは仕事を探して仕事しろ
これは命令だよ佐藤白豚光くん

926 :名前はいらない:2014/05/01(木) 20:56:47.33 ID:VL2Hfzd/
>>840
妙に回りくどくてテンポが悪い、言っている事も大したことないような
そんなに規模の大きい綺麗な言葉で飾り立てて言う事かね
主人公は最後まで疑問に思っているだけみたいだし、どんな考えがあってこれを書いたんだろうと思う
借り物っぽいというか、とにかく自分の好きなものを深く理解して色々生み出すと良いよ
「輝くきらめき」は意味が微妙に被ってないようでやっぱり被ってる
D

>>916
タイトルは何故ひらがななのだろうか、雰囲気だけでそうしたのならあんまり上手くいってない、漢字でもよかったと思う
未来はまだしも何処かとかいつかとか曖昧な言葉が多いね
どれだけ語ってもこういう言葉は具体的な事が分かってないように見えるから説得力ないよ、もう少し控えたほうが良い
それと鍵が出てくるけどその鍵で開けるものが出てこないね、箱が出てくるけどそれっぽくも見えないし、その場限りの安っぽい言い回しになっていて良くない
D+

927 :名前はいらない:2014/05/01(木) 21:02:33.41 ID:h133d23S
詩集

詩集は僕をぶちのめす
嘲りの視線をこっちに向け

僕に残された言葉は一体何処にもない
自分に才覚が無い だがあまりにそれは全てを言い含めない
どこまでいっても知っている道のように在る或いは無い 一体僕は何を語ればよくない

まるでボロぞうきん引き裂かれ散らばり片付けたさっぱり
あたりはぐにゃりと黄昏 気づけば朝
足蹴にされたズタズタのプライドそんなこと去年のこと
電球のようにぶら下がりぶら上がる
僕は詩集をぶちのめす
一体なにを言えどこに俺の為の真実が
そんなもんは雑音
のめしのめし
のめされのめされコギレイになって早く死ね

いや

928 :名前はいらない:2014/05/02(金) 01:22:42.66 ID:rvrTXi+J
>>376
これはいいですね
子供が学校の宿題で書いたような素直さを感じます
でもそれを言うならストライクじゃね?
評価D

929 :ちーちゃん:2014/05/02(金) 06:13:09.67 ID:6gLgfoDH
いや打たれるに決まってるよゲッパリラだから。

930 :名前はいらない:2014/05/02(金) 11:03:19.59 ID:tTTaKsbC
俳句万年童貞、佐藤白豚光くん
昨日は家から一歩も出ないでツイッター三昧なの?
お母さん、お前のこと心配してるよ?
統合失調症かもしれないけど仕事できないお前についてね
それから俳句や短歌を連投する人間って
頭がおかしい証拠なんだってね
佐藤白豚光くんはひろゆきやはるかぜちゃんに
つきまとっているからやめて全うな仕事に
ついた方がいいと思うよ!

931 :名前はいらない:2014/05/02(金) 20:45:52.69 ID:PJ5ZRntz
「手紙」

彼女は花のかたちに寝そべって
月に手紙を送ります
涙で滲んだ宛名のことを
今夜も誰も知らないままで
想いは夜風の荷台に揺られ
夜空へそっと昇ります

きっと
彼女がひとりで夢見る頃に
手紙は雪に変わるでしょう

きっと
冷たい朝日で目覚る頃に
哀しい優しさに気付くのでしょう

彼女は鳥のかたちで窓を開け
どこまでも遠くを
見上げるのです

932 :名前はいらない:2014/05/02(金) 21:00:16.58 ID:Dk80aw9Y
>>927
そんなの読まなくていいよ、詩を書くのには必要ないから
とにかく自分の書きたい事を書き続ければいい
比べなくていいし比べられても大して気にしないようにすればいい、まあなんだかんだと言っても楽しんでるんだろうけど
途中ラップみたいだと思ったけど韻を踏んでる訳ではないから違うのかな
最後のいやは何か言いかけてるのかそれとも嫌なのか、何にしてももっとはっきりさせられたと思う
D

933 :名前はいらない:2014/05/02(金) 23:21:00.97 ID:C6QVqLG5
一行だけ思い浮かんだんですが...


会話を望んだテトラポッド

934 :名前はいらない:2014/05/03(土) 00:16:15.55 ID:3yTzM522
そして会話を拒んだもう片方のテトラポット…

935 :名前はいらない:2014/05/03(土) 01:42:03.35 ID:yB0OU+MK
「挨拶」


昏い目をしたみんなが
雲間が切れた夜空の隙間に浮かぶ

さようなら楽しかった思い出
こんな不思議な歌がまた流行るときまでさようなら
みんなには見えていたのに僕には見えなかったものが
そのときは分かるかな

自由帳を買ってもらっても
何を描いたらいいか分からなかった
あの人たちはみんな春の家畜のように優しかったけど
昏い目をしていた

見ず知らずの人同士が
互いにものが見えておらず
互いの主張を譲らずに対立する
こんな光景をあとどれくらい見ることになるのかと
想像するだけで気が滅入る

こんにちは小学生のとき好きだったあなた
自由帳に可愛いらしい怪物をよく描いてましたね
できれば違う選択をしたあなたと
あなたを完全に忘れる頃に会いたかったです

936 :名前はいらない:2014/05/03(土) 01:47:04.72 ID:+lhDQ/T6
百年も眠り続けたのは
貴方の接吻の為でない

肉体の処女で居なさい
精神の娼婦で居なさい

処世術を教えてくれた
彼女だけが好きだった

百年も眠り続けたのに
世界は変わってなくて

処女でも娼婦でもなく
人の妻に成ってしまう

私はもう眠らずに居て
朝が来るのを待ってる

937 :名前はいらない:2014/05/03(土) 03:54:18.89 ID:3A9xN3lY
凱歌を謳え 死に
行く者よ
滅びの呵責も
戸々の 閾を跨いでは おとずれまい

信仰告白の 裂罅した
基督者と
猶太人は 再び
同じ獄舎に 異なる主を をを、創造主の相違

漆喰の壁は 立棺列ぶ 
シュルレアリストの 部屋に 
赤い 錠扉を求愛し 
開かれた侭の 新約聖書

混淆土の壁は 抽象形
ネオダダイストの 懊悩が
荒削りな 偶像撤廃運動を
訳の解らない 辺縁模倣美術を崇める

『主題とは冒し難い越境に拠って為遂げられる禁忌への果敢な挑戦である』

或は 政治的な意図を 含み
未来派は スペイン戦争の 
戦犯的価値を 贈与された

ポップは
ベトナム戦争を 覆い隠し
キャンベルスープ缶の様な 愛の賛歌を謳った

君達の町に 
朝鮮人や 中国人がやってきて
君達は 油虫の様に 労働移民を 厭うだろう

白人に 憧れさえ持つ 婦人達が
ディズニー映画と ビスケット菓子の平和に安穏しながら  
自由よ、自由よ、と謳う 字幕通りに

然し 作家は緘黙する
他人の物語に 嫌気を差しながら
プロパガンダしか 読み取れぬ 国家劇場絶賛の嵐

汝ホモセクシュアルを愛せよ
汝レズビアンを愛せよ
汝貧民窟を愛せよ
汝障碍者を愛せよ
汝死刑廃止制度を愛せよ
汝海棲哺乳類を愛せよ
汝別居家族を愛せよ


そこに謂われている 愛とは何か
国家総動員の 優しさは何処か 安楽死の奨めを 告示しつつ

938 :名前はいらない:2014/05/03(土) 13:33:01.80 ID:yDoi8tUZ
佐藤白豚光くん、今日はずいぶん攻撃的なんだね
相変わらずやることなすこと思い通りに
いかなくて悔しいね、悔しいね
これから彼女と遊びにいってくるから
白豚光くんはツイッターで寂しくツイートしていれば
良いと思うよ?
アルバイト雑誌を買って仕事して
少しでもお母さんを楽にしてあげてね
それがお前が唯一できることだと思うよ
それじゃ、バイバイ、デブうんこたれ新潟商業の恥、佐藤白豚光くん!

939 :名前はいらない:2014/05/03(土) 15:28:28.54 ID:DSHsCjF5
>>935
月に手紙を送る事わけそして手紙の内容、もしくはどの辺りでその内容が示唆されているのか、
そもそも内容なんかより送ることに意味があるんだみたいな寒い底企みを持って書いたような
この粗末っぽさは何とかならないのかって感じでこれは確実にごみ文章そのもの間違いない

あと語り方がすごく気持ち悪い
〜でしょう、とか、〜のです、とかだれだよお前はって読み手が思うとは考えなかったのかこれを書いた人は
D-

940 :名前はいらない:2014/05/03(土) 20:52:09.80 ID:Gc6fppnp
>>936
愛した女性の事を想っているんだろうけど、一方的すぎて怖いわ
ストーカーの事を書いたのだろうか?眠り続けるのは彼女と結ばれる夢を見続けているという事?
もっと大げさな比喩的表現を増やしてみると良かったかも、何だか物足りない
D+

941 :名前はいらない:2014/05/04(日) 00:13:00.99 ID:pjgcgk0w
ゴーストライター

長いと言えば大袈裟かな 僕はまた少しだけ旅に出たんだ
いつものように 暇潰しに適当な小説を鞄に忍ばせて
窓の外の景色が変わってく 開いたページから零れる物語と
相まって僕を 知らない世界へと運んでゆく

ふと考えてみる 僕の物語は今何ページ目くらいだろうか
序章はとっくに過ぎたかな すでに終章に差し掛かっているのかも


小説は佳境を越えて たくさんのカラクリを解いて終わった
主人公にはそれが終わりだって 知らされることもないまま

そもそも生まれたことも 自分以外の誰かと誰かの意思だった
それが少しずつ 自分の意思なんだってすり替えられていった
ようやく一人になった頃 独りじゃ生きられないと知った
僕の物語もきっと たくさんの言葉や出会いで動いているって


テレビの中で男が喋ってる
「私はゴーストライターでした」
その言葉通りの
幽霊みたいな冴えない男でした

きっと誰もが 誰かの物語のゴーストライターなんだ
名乗り出たりすることなく お互いの白紙を埋め合ってゆく
独りじゃ生きられない君を 誰も一人にはさせない
君の物語もきっと たくさんの言葉や出会いで動いているって

942 :名前はいらない:2014/05/04(日) 00:32:41.60 ID:1A/NUCxm
『虫に鋲』

介在し混濁する光の尺度に葉脈は震え
私の淵にある廃家同然の家屋の窓は開く
拘泥を重ね錆びあがった指先は
真新しい指先との間で磨耗し
我を失いながら唯一無二の享楽を模索した行為で
それとそれに纏わる物総てを解体していく
冬の甲虫は蝕まれたまま光の底は頬の先に触れ
羽根のない幼少時の漣を虚栄が追い掛ける
束の間と永遠の連なりにある瞬間を見分けながら
華は咲く場所を老いは散る場所を模索する
永劫回帰の応答のない閉塞感に明日は萎え昨日が行き場を失う
音を知らない者が音を語り音を知る必要はないと諭しだす
無から生まれるものが真実であるという幻想が無に返っていく丑三つ時
虫に鋲が突き刺さる

943 :名前はいらない:2014/05/04(日) 00:49:55.85 ID:K+4jz7hX
>>937
これは俺には難しくて評価できない。
だからE。分かる日本語で書いて。
なんて言いってみたり
いやでも好きよ。衒学的な気がして少しムカつくけど。
それは俺に教養がないだけかな?
作者の人にお願いだけど少し解説してくれないかな?
詩を解説するなんて作品を殺すようなものだしイヤならイイけど。

944 :名前はいらない:2014/05/04(日) 00:57:31.27 ID:K+4jz7hX
政治家は詠われ 政治家は例えられ
政治家は絵葉書にされ 政治家は捨てられる

政治家は今日もしゃべるのをはばからず
口臭が本音が
政治家のセックスほど公にされ
パックリと割れた青いレタスの絵
政治家の葬式ほど矛盾して

共食いするコウロギを容れた虫かご
政治家はそれでもなにかの宿命で図々しくそこにいて 
偶像や銅像や石像にされ
そして忘れられ

政治家は笑われ政治家は蔑まれ
政治家は尊敬され政治家は崇められ
政治家はハメられ政治家はネタにされる

清く正しく

945 :ポエム田ポエ子:2014/05/04(日) 11:56:17.95 ID:IRn+xrsY
>>923
このひときびしすぎ

946 :名前はいらない:2014/05/04(日) 21:01:12.92 ID:h8ljgXQh
>>941
最初に少しの引っ掛かりはあるものの綺麗にまとまってて読みやすい、しっとりとした感じが良いね
伝えたい事を順序良く説明していける所にセンスを感じる
「自分以外の誰かと誰かの意思だった」ここは誰かじゃなくて人でよかったと思う、親の事なんだから知らない人みたいに言わなくても
「幽霊みたいな冴えない男でした」ここも自問自答のような形で進んでいく中で、突然読み手に語りかけるような口調になるのは良くない
C−

947 :名前はいらない:2014/05/05(月) 00:40:22.35 ID:MC3QyHdG
季節は波にさらわれて

頬から熱を奪う潮風は高く高く昇り雲を散らした
誰とも分け合いたくない記憶に凍りついた涙を星にして
またたくこともない夜の海に逆さまの月が映りこむ
天は上弦 波間に下弦 きっとどちらも真実で
指先から吊るしたキーホルダー 捨てられないままのディスオーダー
寄せては返す波に足元の砂がさらわれていく

あなたの手は モザイクパズルに魂の軌跡を埋め込んだ
心に血を流させたガラスの破片に澄んだ命の鼓動を
季節は巡り 花が色を変えても 別れるひとを慈しみ
痛みと涙を代償にしても優しい嘘を重ねて
指先にあそばせるイノセンス 捨てられないままのダイヴァース
寄せては返す波に絆の意味をたしかめるように

948 :名前はいらない:2014/05/05(月) 02:04:49.23 ID:7TJIIRzF
>>947
いくつか感想を

まず取ってつけたように韻を踏んでるとこがちょっとダサいと思います。
文脈的にディスオーダーがしっくりきてないですよね。ダイヴァースも。

あと「心に血を流させたガラスの破片に澄んだ命の鼓動を」の部分が意味不明瞭です。
「モザイクパズル」が「ガラスの破片」で「魂の軌跡」が「命の鼓動」ですか?
恐らくそうではないでしょう。そう読めてしまう書き方はこの詩の場合はマイナスだと思います。

一連の夜の海の描写は好きです。
二連でもそのイメージを支柱にして書き継いでいったほうがまとまりが出たのではないでしょうか。

評価できる立場じゃないので評価はしません。

949 :名前はいらない:2014/05/05(月) 02:54:29.10 ID:MC3QyHdG
>>948
アドバイスありがとう。
参考にしてちょっとアレンジしてみるよ。

950 :ちーちゃん:2014/05/05(月) 08:14:10.91 ID:AYYMQh+n
>>945
ちんポコ

951 :カナリア:2014/05/05(月) 18:37:50.43 ID:4h2nCF4g
未評価一覧 (>>204)

>216 >246 >250 >287 >406
>420 >437 >439 >491 >508

>509 >514 >515 >517 >551
>578 >587 >592 >670 >673

>678 >688 >689 >690 >691
>694 >705 >714 >718 >730

>744 >746 >768 >769 >790
>791 >796 >828 >831 >833

>839 >931 >933 >942 >944
>944 >947


漏れや連投があったら訂正よろしく
あと俺の独断と偏見で選抜した節もあるから
自作がなかったりしたら申し出ておくれよ

952 :名前はいらない:2014/05/05(月) 19:40:53.30 ID:qujEDaas
ここから始まる物は 誰も知らないとこだろう ここから知るべき事は あなたと過ごしてた宝物 暖かい空のこの空気にバイバイ.


評価してくれや

953 :名前はいらない:2014/05/05(月) 20:58:10.21 ID:LwSO9DSx
>>951
未評価一覧乙
>>821が抜けているように思う、他は知らない

>>942
難しい詩だね、少し疲れてしまった
分かりにくくする為なのか凄く回りくどくて固いし、物量の割に中身が少ないような感じがした
でも重苦しい雰囲気を出すことには成功してる
自分はもう少し分かりやすい方が好きかな、意味が伝わらないより伝わったほうがいいし
C−

>>944
ちょっと直接的すぎやしないかと
他人のどうでもいい愚痴につき合わされた気分だと思った
時々入る比喩の繋がりが悪い、意味以外の部分で前後と隔絶させずにもっとなめらかに
D

954 :ちーちゃん:2014/05/05(月) 21:02:53.13 ID:AYYMQh+n
>>952
結構有名な作品のようで評価も星の数程頂いていてこれ以上感想を聴いてどうしようと言うのか不明だが一言で言うと空虚。E

955 :カナリア:2014/05/05(月) 21:09:56.34 ID:4h2nCF4g
>>953
サンクス

未評価一覧 (>>204)

>216 >246 >250 >287 >406
>420 >437 >439 >491 >508

>509 >514 >515 >517 >551
>578 >587 >592 >670 >673

>678 >688 >689 >690 >691
>694 >705 >714 >718 >730

>744 >746 >768 >769 >790
>791 >796 >821 >828 >831

>833 >839 >931 >933 >942
>944 >947

956 :名前はいらない:2014/05/05(月) 21:47:11.26 ID:6qrFfiAB
GWの間も仕事あるんだよ、佐藤白豚光ちゃん。
またツイッターでキチガイじみたツイート
していましたね
「全人類は滅亡するしかない(キリッ」
おばかさんでちゅねー。俳句バカ。
家の中でくっさーい煎餅布団をかぶって寝てばかりいないで
外に出て新潟のおいしい空気でも吸ってみたら?
自己中のカタマリみたいなことばかり言ってないで
アニメーション学院中退したんだね
みんなにいじめられているのが怖かったからかな?
ブサイクな顔アイコンにしていないでもう少し
まともなこと言えやw くっさーいフケだらけの不潔貧乏童貞男
彼女ができたら教えてね

パカポコと 馬がいななき 鹿もなく

お粗末でしたー貧乏童貞男! きもい!!

957 :こまっち:2014/05/06(火) 01:31:54.90 ID:zTxoQ4Ve
どうしてそんなに
あなたは優しいの?
そう言われ君は
いつも言葉をなくした

遊園地の閉園の知らせ
ひっそり届いた街
言葉にしなくても
希望は消せない

君を知ってる
僕は君を知ってる
廊下に出ると君と僕は
同じ顔をしているはず
君が隠していて
本当はそうじゃないと
言いたくても言えずに
笑ってるなら
僕は君を知ってる

会った事がないから
この詩(うた)を
君が他人に優しくするように
気づかれずにそうする事も
出来ないのが悔しいけど

それに、似てると言えても
君はそれで心を開かないだろうし


夕日が沈んだ街に
君が出て行った
泣きそうになるなら
笑っていてくれ
演じる自分を健気だと
抱きしめてくれる人
それを希望と呼ぶなら
いい出会いがあるよ
自分にはなんて思わずに
いてくれたら嬉しい

958 :名前はいらない:2014/05/06(火) 21:29:17.12 ID:lTqx0wck
>>947
歌詞っぽいイメージで書いたのかな
サビのような部分があるのは盛り上がりを意識して書くから良いと思う
読んでて綺麗な情景が浮かんできたからそういう所は上手いね
でも一体どの言葉が何を指しているんだろうと、分からなかった
全体を見てもストーリー的な部分の内容はイマイチ掴めないし
その所為で細かく見ても伝えたい事と言葉の関連性が薄いように思えてしまった
自分の理解力も足りてないと思うからこの評価と感想に不服だったらごめんね
D+

959 :名前はいらない:2014/05/07(水) 18:55:04.61 ID:ahAHE72k
>>958
評価と感想ありがとう。
アレンジしたやつでは別れてしまったけど同じ月の海を隔ててまだ互いの影を探してる二人、みたいな感じになったんだけど……
まあ歌詞にするとしたらもうちょっといろいろ足してみるよ。

960 :名前はいらない:2014/05/07(水) 21:04:06.23 ID:9pAJPcZk
>>957
遊園地の辺りとか好きな言い方なんだけどね、読みにくい
改行が多すぎるような、テンポの悪さと読みにくさが強く出すぎている
凄く個人的な意見だけど主人公はほとんど何もしてなさそうなのに、ひたすらにカッコつけてるのは好きじゃない
カッコつけた考えをカッコつけた台詞にして書けば良い詩になる訳じゃないし
D

961 :名前はいらない:2014/05/07(水) 22:46:20.38 ID:kJj2mG35
 <キミ>  

薄ら笑い 窓ガラスに映った
破れたふすま 穴の開いた壁

ためこんだ君のイライラ
同じ誰かを傷つけても
繰り返し まだやるの?
嫌われてる

醜いだけの心映して
他人を陥れるのは幼さ 
大人のくせに

歪んでいくだけの心晒す
もうやめようと思わないのは性格?
書き込んだスレ 後悔の味

気づかずにそのままでいる
今も誰かに噛みついている
生の感情むき出しで
勝ち誇った顔しながら 

自分を否定されたから
誰かをやり返してやろうと
心の隙間 埋められない

962 :名前はいらない:2014/05/08(木) 20:59:50.34 ID:v+3vEiDk
>>961
こういう内容で君を強調して使うのはどうかと、だれかれ構わず攻撃してしまっているような気がする
それに人のレスで少し気分が悪くなる事があるのは分かるけどさ、この詩で言っている事をこの詩自体で体現してしまっている
そんな矛盾を抱えていると思う
「後悔の味」は凄く安易な言い方だと思った、突然出てくる味に後悔との関連性もないし簡単な言葉すぎるかなと
D−

963 :名前はいらない:2014/05/08(木) 22:51:04.75 ID:YZ2VRojk
Naginami Termination


まぶしく光る風

短い髪の少女

力尽きた海鳥

はかない白夜
  見ぬふりをして・・・

また時間に裏切られた。

泣きじゃくって

濁流に飲まれながら

暖かい太陽を知る

静かに沈んでいきながら

子守歌を思い出す

寝間着をひきずって

ほつれたカーテンの夜

ねじまき時計とはしゃいで

964 :名前はいらない:2014/05/08(木) 23:22:22.14 ID:FQKpDDW+
ひょんなことから
意図もせず
突然ここに生まれ落ちて
支配されたことのない感情と
受け入れられない現実に
戸惑ってばかりだけど

誰かが言うように
いつまで耳をすましても
「明日の声」など
都合よく聞こえない
「風がうるさい」と
ある朝僕は深い眠り落ちる

そこにある透明な
無意識の凍土へ
旅に出よう
悩みだとか考えごとは
ただの混乱だ
答えはもうでているんだろう

965 :名前はいらない:2014/05/09(金) 00:02:01.39 ID:AYDIeoQA
「花束」

惑星の果てることすべてが今、目も眩む程に
歴史の一秒一秒を超えて永続的な飛来を予感させる
それは、記憶の集合体と未来の儚い欠片の鋭い切っ先で
色彩は右頬を微かに振動させた光に変色し囚われた悦びを貫いた
乱れた波の足跡はその揺らめきに沿って
驚喜と悲哀の平野に変わっていくのだろう
塔の上でクピドは懇願したまま息を引き取り
射手のパリスは盲目的な足取りで運命に従った
あの美しい踵を射ちに行くために、幾千の鳥は地上の空虚さを暴く
私達は生き物のままではいられずに機械のままでもいられない
白い水鳥のような瞳で死の傷口から略奪者と審判者の顔を覗き見る
蒼くなだらかな小貝の絨毯は永久に広がりまた一輪の薔薇を摘む
高潔な人間を一人失うために、そんな事を繰り返すために

966 :名前はいらない:2014/05/09(金) 02:11:09.04 ID:MJcA7L9K
「あなたに」

私は飢えた 灰の虎
アナタは哲学的に 深い

海の底に      モグッテ
子どもたちを    キズツケル
置いていくのは   シカバネカ
それともアナタの  ムシメガネ
見えない       コトダマ
滲む          エクスタシイ

私は知らなかった
乙女が本当は美しいことが
私は知らなかった
アナタが本当に美しいことが

私は滲む 灰の虎
アナタは 刹那に現れ消える  

967 :佐藤光:2014/05/09(金) 04:20:01.33 ID:pgHOsmn0
音楽と
熱した鉄に
彼岸花

968 :佐藤光:2014/05/09(金) 17:23:16.05 ID:pgHOsmn0
猪も
獣に堕ちし
山の中

969 :名前はいらない:2014/05/09(金) 18:08:26.00 ID:M15xpSdw
佐藤白豚光くん、今日もお仕事しないで家にこもって
ツイッターおつかれさまでした
職業は漫画家らしいですがあなたの画はヘタです
俳句もセンスないです
賢い人はもっと本を読むべきだと言ってましたが
本を読む前に対人関係しっかり築いてからいいなさい
あなたのような愚者には評価をつけるつもりはないですが
あえて言うなら評価E−です
あなたは愚者だということを理解しないたわけものです
佐藤白豚光くん、少しは勉強しなさい、じゃあねクソデブw

970 :名前はいらない:2014/05/09(金) 21:05:23.32 ID:hclGbIlk
>>963
空虚さが伝わってくる
冷たくて静かな雰囲気だ、だからこそ「静か」はなくてよかったと思う
全体的に伝えたい事を綺麗に表現できている、好きだな
タイトルは何だか変、別に完全に日本語にしなくてもいいけどさ
気持ちが入りすぎてて読み手が感情移入しにくくなると思う
C

971 :ちーちゃん:2014/05/09(金) 22:27:53.03 ID:7Gaqhibe
>>964
今朝読んだ時に「なんか下手」とレスしようとしたが何かを感じて思い止まった。
昼、夕、夜と読み返して見て朝に脊椎反射の返信をしなくて本当に良かったと感じました。

始まりから下手。E

972 :佐藤光:2014/05/10(土) 21:52:30.84 ID:UkwSbpQi
『夏』

石を投げる

蛙が跳ねる

雲が流れる

蚊取線香

西瓜

あの子がうちわを持っている

973 :名前はいらない:2014/05/10(土) 22:12:58.70 ID:mBfmAv7D
『空き缶』

きみは舌打ちしてしまう癖を
なおした

ぼくも同じように
死にたいって言ってる人をバカにするのを
やめた

974 :名前はいらない:2014/05/11(日) 00:24:57.43 ID:VNtEWhVc
アフロディーテ


アフロディーテ、血は濃くない。
難産でもない。圧迫もない。

アフロディーテ、不健康ではない。
神様を呪ってもいないし、教えに背いてもない。

アフロディーテも猫が嫌いだった。
何も知らない顔が目の敵、
交雑の末に歪んだ本能の!

975 :佐藤光:2014/05/11(日) 03:02:50.60 ID:Bk4Sgmt+
明けも暮れ
涙は酒の
肴かな

976 :佐藤光:2014/05/11(日) 03:05:17.48 ID:Bk4Sgmt+
訂正

桜木に
涙は酒の
肴かな

977 :名前はいらない:2014/05/11(日) 03:40:18.10 ID:xOB7rZwm
「うんこやろう」

きみはうんこやろうですね
そんざいがうんこみたいなものですね
というよりそんざいがうんこですね

うんこよりおとるなんてことはないですよ
よかったですね
せめてうんこぐらいはましですが
うんこぐらいはうんこですね

そんなにおちこまないでください
おちこんだうんこなんてうんこよりおとりますからね
うんこやろうならうんこらしくしていればいいのです

きみがなんでうんこやろうかというと
おや きになりますか
うんこのくせになまいきですね
うんこやろうがうんこであることにりゆうはありません
うんこくさいのであっちにいってもらえませんか
といれにながしますよ

あなたはうんこなのです
じしんをもってください
みんなあなたがきらいですが
むねをはってください
そしてくさくてみぐるしいのでどっかいってください

978 :こまっち:2014/05/11(日) 20:53:22.85 ID:DcHa7LuB
>>960さん
評価ありがとうございました。
見透かされてるような的確な評価で、
特に「主人公は何もしてなさそう」という所は、
えぐられるくらい的確でした。
D評価で悔しいです。もっといい詩を書きたいです。

ありがとうございました。

979 :名前はいらない:2014/05/11(日) 21:06:18.51 ID:EJh+fYzV
>>964
悪くないんだけどね、落ち着きすぎていると思う
三連目みたいなのがもう少し多い方が好きかな
連が変わる毎の展開は上手いと思う
「支配されたことのない感情」はどんな感情の事を言っているのか、そのままの意味で捉えるべきなんだろうけど共感できない
D+

980 :名前はいらない:2014/05/11(日) 21:17:49.25 ID:qPoSOy+J
「被写体」

レンズ越しのキミ
あくびをする顔 しかめる顔
どんな表情も惜しくて
シャッターを切る間がなかなかない
コロコロ変わりつつもふと見せた笑顔に
涙が滲み大事な瞬間をうっかりと撮りそこねた

981 :名前はいらない:2014/05/11(日) 22:07:34.73 ID:kIciX/mj
name

真夜中に胸の奥の扉が みしみしと音を立てて震えている
言葉になれない感情が 出してくれと声無く叫び出した
眠れずにまぶたの裏側 君の笑った顔がフラッシュバックする
ねぇ、どうすればいい? 君に問うてみても返事はない

名付けられない感情が 触れてほしいと泣いている
本当は名前も形も 僕がよく知っているものなのに


自分の心の中で むくむくと育っていく醜い怪物は
みだらな欲望に支配されて 僕の心を食い散らかしていく
綺麗な君の姿を汚して 残ったものは後悔と虚しさだった
どうしてこうなったの? 僕は君の方へと腕を伸ばすけど

君の口から吐き出されるのは 違う誰かへの想いを紡ぐ言葉
目の前に居る僕を 置き去りにして通り過ぎて消えていく


本当はこんなに
女々しい人間ではないのだと
そんな言葉自体がもう
君が好きだということを語っている

名付けられない感情 名付けることを怖がっているだけ
本当は名前も形も 僕がよく知っているものなのに

この世でもっともきれいな名前のひとつなのに

982 :名前はいらない:2014/05/12(月) 00:57:26.05 ID:+T2t0KBe
「被写体」

ノンキに転がる太った毛皮
同じように這いつくばる自分は
他人から見るとヘンな男だろう
奴らが気を許すように目線を低く
これがわたしと猫とのテリトリー
決して驕ることなくその姿をキャッチしたい
呼ばれればどこにでもついていくぞ
毛皮たちと会話していると
なんだかそのうち自分も同化してしまいそうになる

983 :ちーちゃん:2014/05/12(月) 01:30:50.02 ID:3Gsgy/b6
ニャン、ニャン、ニャオーン!

984 :名前はいらない:2014/05/12(月) 18:30:01.96 ID:hgFR1cSy
石橋を叩きながら
周りの顔色うかがいながら
目立たぬように遅れぬように
秘めたる想いは秘めたまま
いつになったら僕たちは
甘い蜜が吸えるのだろう

舗装された道で立ち止まり
方位磁石の針を指で止めて
途方もない方角へ歩き始めるとしよう
抑えきれない感情が蓄積し
ついに羽をつけたから

今夜、僕は暴発する

985 :佐藤光:2014/05/12(月) 20:07:48.78 ID:cYI3i+7J
月の街
選りにも依って
大迷路

986 :佐藤光:2014/05/12(月) 20:23:39.13 ID:cYI3i+7J
『冒険者』
背中にサック
軽いワイシャツ
ダメージジーンズに
白いスニーカー履いて
冒険者は今日も行く
街の天気は晴れ後曇り

987 :名前はいらない:2014/05/12(月) 21:01:39.46 ID:g/WzTbF8
>>965
神話とか叙事詩を元にして書いたのかな、その辺りに詳しくない自分は「踵」はオイディプスと関係があるのかなと適当に思ったり
しっかりと考えて書いていそうなんだけどその深い所までは入り込めないような、自分が無知なだけな気もするけど
前半六行目までが読んでて疲れる、そういう雰囲気を目指して書いたならいいんだけど意図せずなら
読み手がイメージを定着させる前にそれを変化させていくのが良くなかったんだと思う
C−

>>966
「アナタ」の、「乙女」の美しさを書いてるんだと思ったけど
肝心なその美しさが書き切れてないような、答えは見えるけどそれを詩的に表現出来ていないというか
もう少し核となっている部分を感覚的に表現した方が良かったと思う
「アナタ」が何回か使われるけどタイトルは「あなたに」、ひらがなとかたかなの違いは何なのだろうか
もしも見た目だけで使い分けたのならこの場合は良くなかった、基本は統一して意味を込める時に使い分けた方が良いと思う
D+

988 :名前はいらない:2014/05/12(月) 21:38:26.19 ID:hQMuwHLx
帰り来て
靴下脱いだら
足 くっせー!

989 :名前はいらない:2014/05/12(月) 21:59:40.88 ID:hQMuwHLx
>>975
>>976

こういう訂正がまかり通るのが詩歌の世界
うそっぱちやんけ!
俳句的にこっちのほうがいいかなー?っていう作為で言葉をこねくり回して明けも暮れが桜木になっちゃう
俳句のために桜木の下で酒を飲めって言ってるわけじゃないですよ
そうじゃなくて、誰かの真似した詩歌をひねり出すんじゃなくて自分の土俵を自分で作らなくちゃつまんないんじゃないの?
ココのスレでみる詩もほんとそういう、書かれた叙情のまねごとなんじゃないの。
あえてする思い出づくりみたいな気持ち悪い詩は俺は嫌いだ。まあ自分でも書いちゃうけど。

990 :ちーちゃん:2014/05/12(月) 22:24:38.45 ID:3Gsgy/b6
>>989
書いちゃうよな

991 :名前はいらない:2014/05/13(火) 00:08:18.74 ID:Iljh3XYJ
「再会」

3年ぶりに見る姿は
消えた頃と同じだった
この汚れた首輪のおかげで
戻って来てくれたあのこ
甘えた優しい声
黒い毛並みは美しいまま
ただ見慣れぬ首輪に付けられた鈴が
世話してくれていた誰かの匂いを残していた

992 :名前はいらない:2014/05/13(火) 01:01:19.47 ID:GmdG4H0g
「また明日」

永遠から永遠へ旅をすることに慣れすぎて
触れれば壊してしまうかもしれないと思ってる
きっとお互い面倒な心を持ってるんだよ
めぐる四季を教えてくれたのはあなたなのにね

ずっと前から私は知っていた
歌よりもあなたが求めていたもののこと、言葉じゃなくて伝わるもの
壊してしまっても触れたいと胸のドアを叩く鼓動が
望まれたとしても罪にはなるんだろうね

グラウンド・ゼロが神様の心だとしてもさ
あなたの組んでるパズルに作るって言葉が合わないなら
いくら元の形と違うものを持ちこんでも何も作ってないことになる
自分の命を注いでもそれは違う誰かのもののままだって
遠回りしてるのはわかってる
迷ってたわけじゃない、ただ知らなかった

993 :名前はいらない:2014/05/13(火) 03:13:29.46 ID:9NiizaYm
「ジャンピングニー梭子魚にかますザマス」

ジャンピングニー梭子魚にかますザマスよスネちゃま!
ザバスのんで筋トレしてムキムキになって
梭子魚殺すザマスよ!
       (デスヨ!!)

闇夜に消えた らくだ屋の主人
申し訳ない  うふふふふ

梭子魚ザマスよ! スネちゃま!
       (デスヨ!!)

ザバス飲むのよ! スネちゃま!
       (デスヨ!!)
スネちゃま!
       (デスヨ!!)

ジャンピングニーかました
梭子魚ザマスよ!ジャンピングニー
梭子魚ザマスよ!

申し訳ない うふふふふ

うふふふふ
 うふふふふふふ
  うふふふぬ
       (デスヨ!!)

       (デスヨ!!)

       (デスヨ!!)

愛してます
心の底から

ウソデス
カマスデス。

994 :佐藤光:2014/05/13(火) 17:44:52.70 ID:m2A7sXE6
燕の子
泣けや騒げよ
親を呼べ

995 :名前はいらない:2014/05/13(火) 20:51:36.27 ID:Q3DdQ+N7
>>973
だから何なのだろうか、何が言いたいのだろうかと思ってしまった
影響されやすい空っぽな自分を書きたかったのか
それとも本文にはとんど意味はなくてタイトルに全て集約されているような事なのか
それ以外の意味が込められていてもこれはつまらない詩だと思う
楽しませる要素が足りないというか、書き手にその気が欠如してしまっている
E+

>>974
神様の話って大体そんなイメージ、試すという名目で相手を貶めるような
手を出す癖に助けてあげようなんてつもりは無いんじゃないかと
そういう事をを書いたんだと思った
最後に突然ヒートアップしてるけどちょっと付いていけない、それに言葉遣いも変
D+

996 :ちーちゃん:2014/05/13(火) 22:43:54.48 ID:I4IfU4CL
>>994
0点

997 :名前はいらない:2014/05/14(水) 02:17:00.54 ID:czs4CbCv
自然の神々に
感情などなく
ただただ厳しく圧倒的

不自然は自然に正され
真理が残り再生される

998 :名前はいらない:2014/05/14(水) 02:46:45.91 ID:Ok8Sc7Lh
>>997
カッコつけたいならまずはかっこいい語彙を勉強しましょう。

E

999 :名前はいらない:2014/05/14(水) 19:34:07.65 ID:czs4CbCv
大自然を支配せられる神々よ
国家鎮護、国家守護の神々よ

日本の穢れを祓い 再生へ
日本の穢れを祓い 清い世へ

日本を守護してくださり感謝いたします
日本を守護してくださり感謝いたします

1000 :名前はいらない:2014/05/14(水) 20:53:51.73 ID:9V9kF6Hu
>>981
フラれたんだろうけど、「君」の描写が少し足りてないのかな
重要なのは自分の感情というのは分かるけど、それを書く中で相手の事も感じられるように書かないと
一方的で見方によってはストーカーっぽさが出てしまうと思う、そこまで歪んでいなくて綺麗に見せたいならそういう所が余計になる
「君の口から吐き出されるのは」ここは「君」を悪く表現しているように見えて良くない、主人公からしたら心情的にそう見えるかもしれないけど
自分と結ばれる事が正しいと思ってるような、悪意が込められてるようにも見えてしまうから
D+

>>984
「僕たち」とは何なのか、自分の事しか書いてないんだから周りを巻き込む必要はあったのか
それに「抑えきれない感情が蓄積し」この部分を色々な魅力ある言葉を組み合わせて表現していくべきだった
そこを書かずに突然決意して暴発するとか言われても、二〜三行にまとめても差し支えないような密度になっている
そういう意味で二連目の最初の三行はまだちゃんと表現できている方だと思った
D

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

381 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)