2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

意味不明ポエム11

1 :名前はいらない:2013/10/19(土) 06:20:10.33 ID:TmlmDJ7G
前スレ
意味不明ポエム10
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/poem/1359981603/

2 :名前はいらない:2013/10/19(土) 06:22:04.76 ID:TmlmDJ7G
前スレは1000レスを前に容量を超えました

3 :名前はいらない:2013/10/19(土) 15:49:55.32 ID:B3Nyz4go
アンドロイド現象化した文字の行方

桜の花吹雪く

雪の夜でした

掘っているのです

掘っておられます

4 :意味判り過ぎポエ:2013/10/19(土) 16:00:15.60 ID:B3Nyz4go
ここ掘れワンコ

マジメに投稿しても茶化されてしまう時

あり慣れとは恐いものです

何とも思わなくなります


いかん

5 :名前はいらない:2013/10/19(土) 16:02:24.95 ID:B3Nyz4go
過去ログ
掘れワンワン

それは
それは
... ..

単なる
あの掲示板じゃん、で
無くなってるんで




6 :名前はいらない:2013/10/19(土) 16:40:25.59 ID:TmlmDJ7G


あれれ?
あらら…

7 :名前はいらない:2013/10/19(土) 16:45:00.69 ID:z7Ou5vGM
海苔

高いところ
弱いところ
無いところ
強いところ
違うところ
映るところ
99の1
1の100
100の99
101の1
1の101
101の99
晴らされる憂さ
嘘の極み
透明の背丈
月の気持ち
人の太陽
繋ぐ闇と光
希望崩れ
絶望到来
切望に溺れ
愚かに呑まれ
言霊霞み
個体無意識
辛抱も奔放
根気に光
背景の闇
力投に空振り
棒にふる雨
始末は呑まれ
照るなる方へ
万全の思い込み
失望は追放
体たらく常連
慣れたら諦め
ため息連動型
現実的執行
実行に連動
行動に失望
不足の準備
欠点に回帰
裏方に朗報
暴走に一途
5文字に勘
壊す6文字
次から7文字
嫌だから7文字
もう言わない文字数
嫌だから
4文字
3文字で4文字と言って
3文字は3文字のまんま
やっぱりダメじゃん

8 :名前はいらない:2013/10/19(土) 17:13:00.46 ID:z7Ou5vGM
異論の壁

ルールを破れば降ってくる罰の槍の雨
ルールを守れば無意味にできる光の眼
どう転ぼうが心には無関係
エゴすらなく自由に転がる
俯瞰で見ておきたかった事実
真実は違うという疑いは皆無
感性消滅を何よりも危惧
守るための事実を現実化
喜びは果てしなく闇の中で煌々
焦燥生み出す定義は闇そのもの
そいつを掻き消す光
無駄な哲学有効活用
取り残される感性
心情救い帰路真相
階段上がり一段光り
一段と闇付きまとい
気持ちに頼る始末
重苦しさ困憊招待
異例を頂戴
莫大に頂戴
特別を司る蕾
芽吹いた末路
オール成立
尋常に整列
陣形崩し
障壁崩し

9 :名前はいらない:2013/10/19(土) 17:23:38.62 ID:kYpLZcYD
ご乗車の方は吐き袋のご用意を

一つ余ったら是非こちらの方にも譲ってください
意図せず弘法にも筆のあー

開き直ろうか
北上中の大型台風が
突然起動が変わって地球の裏側に出るモグラ
開いた目より開いた口があんぐり
マグマの奥までも戻りたい

10 :名前はいらない:2013/10/19(土) 17:52:32.36 ID:kYpLZcYD
私の耳は貝の殻 海の響を懐かしむ会議

亜「あーあやっちまったな!」
衣「ここは今流行りの土下座で…」
羽「なかったことに?!」
江「できれば苦労はないって↓」
緒「ほんとごめんなさい。。。」

11 :名前はいらない:2013/10/19(土) 18:24:34.63 ID:nhjk+yNM
ガラクタ宝な世界で
君 呼吸して
泳いで
ある日は浮き輪
ある季節はメダリスト
ある夜は尾鰭
ある時刻のボンベ

ドーピングなんかなかったさ
なぜなんだい
インナーチャイルド
迷ったこの世界で
飛び込み代と
人工呼吸と
人魚の毒薬の瓶
酸素ボンベの泡と
重なる
祝福の泡

嘆き
怒り
折れた筆
うたう詩吟

どうとなれ
どうとなれ

添い寝した文字
マリンブルーのインク
滲んで消した

12 :名前はいらない:2013/10/19(土) 18:45:10.72 ID:nhjk+yNM
、原色図鑑の中
詩の蝶、舞って、
それで、
あれで、
アイスクリーム作って
食べる前
融けたみたいな詩
凍結し
未来カプセルまで


冷凍 ポエム

あらママになってたん?
だって、この世から消え
消息不明だと

年齢止まった彼女に
まだそんな問いかけしてはいない

正気苦しく
酸素ボンベ求めたよな
詩の羅列

13 :名前はいらない:2013/10/19(土) 18:51:18.49 ID:nhjk+yNM
アルマイト洗面器の匂いの詩人よ
古い木のテラスの
洗濯機の渦の音

僕はそのカーテン向こう
存在しなかった
出来なかった

空はシェルタリングスカイに
負けないよな
幻想さえ魅せた

洗濯機の音
止まった
時代変わり
旧い木のテラス
改築すると

そのうち
どんどん新しく
改築され
跡形も無く変わって
住人さえ
知らない人だらけで

君は居ない
変身したよな人
見かけた

14 :名前はいらない:2013/10/19(土) 18:58:50.93 ID:nhjk+yNM
人魚を銀河まで泳がせて
何の意味在ったんだい
気ままな
夢想家の
現実過ぎた日常に
シナリオは
魔法
魔界
幻想
千本の線譜の上
うたう
フラットたちの
迷走創造

シャンパン
グラスの中に
彼女は居なかっただろうから

星の河の線譜で
泳ぐ人魚に
詩わせたけど
現実主義の人魚は
飲まなかったのさ

15 :名前はいらない:2013/10/19(土) 20:28:23.09 ID:8iwAZtP1
カプセルの中の
無数の気だるさが
私の体に浸透しきりましたので
Burn
一つの
その豆に似た鼻の穴を
閉じなさい
死になさい
本を後ろから
私は死んだ

カプセルを眺める人
それは、スノードームじゃない
そう真実を伝える
又は否定する
ことをしたかったが

雨は次の日に
校庭の端に見知らぬキノコを構え
なんとも言えぬ人の心を
造形する予定なら
カレンダーなんて最初からなかった

16 :名前はいらない:2013/10/19(土) 21:11:02.46 ID:mvmfIM5a
小さな公園に
新宇宙
発生

ビックバーンの産ポエは
季節の鈴虫

そこから別次元
遠い星の王子様
連れ出した
脳内ギャングエイジたち

どの隠れ基地 お気に入り

原始時代の洞窟で
サイエンスごっこ

穴ぐら文明での会談
怪談となり
エスカレートしたまま

星の王子が
ギャングエイジたちの
親分でゴッドな羊
かぶって ふざけだす

インディアンごっこに飽きた頃
おうちに帰ろうとした

僕の おうち無いよ
あの惑星の
それで
公園の宇宙に
惑星作って
住んでいた

あの公園は
最新型のビルの下

あの子たちはサラリーマン

一人は休憩時間は
缶コーヒー
ポエマー

17 :名前はいらない:2013/10/19(土) 21:27:52.10 ID:mvmfIM5a
光合成の下
夢見たバイオリン
そろそろ
アンドロイドな詩
目覚めさせよと

並べ伝う草露の匂い
弾き飛ばされ落ちて
青春を壊せと
狂騒の文学性
閉じ込めては
ジキタリスのよに囓りつくよな
君の姿は悪くはなかったけれど
時に哀しく
青い旋律
赤と戦えと
あの季節の葉
ほとんど落ち土と還り

根はまた吸う
雪の下


光合成の下
ペン持つ人間の手の感性

また 別時代の季節
何 見てる

18 :名前はいらない:2013/10/19(土) 21:35:04.23 ID:mvmfIM5a
青い旋律まで
眠れない
まどろみの覚醒ソングに
酔い痴れて
あの架け橋
透明だから渡れないとばかり

ただ
眺め安堵した

革命ソング
手にして革命起こせはしない僕と

何云わず
プリズム色の架け橋
渡り歩いていた君と

僕に言い訳は要らない
持続するエナジー
それさえ在ればよい


プリズム色の橋
顔洗うと
迷い込み
小さく架かる

想い出せと

19 :名前はいらない:2013/10/19(土) 21:43:44.19 ID:mvmfIM5a
髪洗えば
ごそっと抜け落ちる
乙女座の詩集

呼吸器まで
参加した病棟の浴衣

ピッチャーの水の音
夢 掻き消すよに
響いた
星の夜に

ホルマリンから
這い出るあの短歌

風彷徨わせ

水毒ではなかったと
嘘ついて
詩の毒を

少しずつ飲みながら

20 :名前はいらない:2013/10/19(土) 22:58:50.54 ID:d/r3Hibu
宝石
齧る
アンドロイドの夢

花の匂い判るようになりたい
なりたい
なりたい
たい
たい、

宝石はガラクタ
ガラクタは宝石のよなエナジー

そしてただの石
石ころ研いて磨いて

虫歯予防

石ころの歯周病予防
宝石の虫歯予防週間

歯を磨くアンドロイド

ミントは嫌だった
なぜかといえば
ミントガム磨いてるみたいだ
ミントティーも飲めなくなるよ
なんて


アンドロイドの五感
判らないから言ってみたと

アンドロイド石ころ研く
宝石のよに磨く

そして研き過ぎれば擦り切れて
小さくなり過ぎて

泣いてみたアンドロイド文字は
それなりに

五感はいつ身につくのか
次の石ころ研く
磨くよに研く

お月様に少しだけ祈りながら

21 :名前はいらない:2013/10/20(日) 01:04:32.92 ID:uLrFCM1e
こんにちはぼくどらえもんじゃないよ(●^o^●)

22 :名前はいらない:2013/10/20(日) 09:08:37.31 ID:9tzeoPRu
>>21
座布団

23 :名前はいらない:2013/10/20(日) 09:27:45.76 ID:9tzeoPRu
今思いついたことを名言にするスレ
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/rongo/1271769359/

24 :イマイチ:2013/10/20(日) 09:48:13.88 ID:9tzeoPRu
Q太郎〜ポケットつけて出て来ないで〜

25 :名前はいらない:2013/10/20(日) 10:15:40.44 ID:9tzeoPRu
ジャイ子が好きなんです。

26 :名前はいらない:2013/10/20(日) 18:53:46.17 ID:IZlRrRGx
過去

知らないうちに遠くなってたな
離れていってたことに気づいてなかった
身勝手な理論で繋がってたのに
捨てなきゃいけなかったからって
繋がりまでも遠くへ投げちゃってた
哲学とか笑える。いや、笑えない
何を美味しく食べてたんだか
計算ももうないよ
暗算を知らないうちにしてるから
定義もわんさか使うらしい
とっととクリアすることだけみたい

27 :名前はいらない:2013/10/20(日) 21:01:08.12 ID:rbldnpj4
人に詩は難しい

また悩むから

28 :名前はいらない:2013/10/20(日) 22:14:35.70 ID:IZlRrRGx
望んでいたものが手に入る怖さ

断片的に思い出す
過去からの贈り物
今と過去を繋ぐ記憶
思い出してもいいから思い出す
思い出したらダメな時は忘れてる
アナタは間違ってない
孤独の上だけを走り、目指したゴール
続きならここにある
あの先はここ
この先は見えない向こう
決まりきってなくていいから
むしろそれを望んでいたのだから
思い出してこそ、わかることがある
少しは面白く
新しい笑顔の予感
作る期待感
哲学に乗せて歩きましょう
過去の遺産は捨てられない
今の自分に元気をくれるなら
遠慮なしに頂いておこう

望んでいたものを手に入れる怖さ
それはその先が見えないから
見えちゃうならもう怖がる必要もない
見えないなら原点に立ち返ろ
エゴが少し要らなくなったのなら
そうじゃないと思いながらでも引っ張れ
恩着せがましいのなら、またエゴに帰ればいい

29 :名前はいらない:2013/10/20(日) 23:12:09.26 ID:vJTD3sdW
いつか
何処か
何故か
遠く
近く
蒼く
透き通る
物語
ページ
破れ
無くした

破片
きら


眩しい




また今日も
あの頃の未来

わかりやすい詩

30 :名前はいらない:2013/10/21(月) 03:02:05.89 ID:yRobLXpB
容易い

ああだこうだの評
価値も遠いね
要らねえけど
わかってねえな、相変わらず
容易けりゃ浅く、明解だときたもんだ
簡単なもんだ
あからさまな自分の顔もわからないようにしてりゃ
ああ、いい
それで存分にいい
たまには遊ぶかな

31 :名前はいらない:2013/10/21(月) 08:10:02.52 ID:sBqD0tYw
複数の仮面で遊んでるリアルドラえもん。
小さい頃遊んでないのか。
勉強ばかりで。

32 :名前はいらない:2013/10/21(月) 10:51:26.36 ID:/ThIF7o2
みんなのポエムとかなんとかいうスレタイトルでいいのでは……

33 :名前はいらない:2013/10/21(月) 12:03:35.96 ID:/ThIF7o2
テキトーに子供がスマホ入力したのがおもろい。↓




ハッ!

僕は昔から絵画にハマッている。

僕は金谷 篁。

おそらく、サハラ砂漠の旅行、

サハラ砂漠の服は、

用いる…僕は。

34 :名前はいらない:2013/10/21(月) 12:05:55.52 ID:/ThIF7o2
ハトーボー

生活の里

Suicaの里

塊の里

この3つの里は
寄ると願いが叶うと言われている

35 :名前はいらない:2013/10/21(月) 12:46:54.55 ID:FT5/GwYI
井上陽水さんの意味不明な歌詞。
文字にして詠むと 意味不明でもない詩。

36 :名前はいらない:2013/10/21(月) 12:51:44.10 ID:FT5/GwYI
アンブレラ
アンブレラ
雨も降らずに
アンブレラ
傘に詩を
塗りたぐって
雨粒流して
その詩
さようなら

アンブレラ
アンブレラ
なぜさしてるんだい
晴れてんじゃん
青空の下
アンブレラ
長ぐつか

季節の花
咲いてるね

閉じること
忘れたみたいだね

閉じたら
240才だって
ばれちゃうからね
マルガリータ

37 :名前はいらない:2013/10/21(月) 12:58:16.88 ID:FT5/GwYI
カント『永遠平和のためにpart3』
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1284047185/

38 :名前はいらない:2013/10/21(月) 14:33:33.91 ID:vGwk8iDh
僕の言葉、僕から出てこない。

39 :名前はいらない:2013/10/21(月) 15:51:55.27 ID:/+l/LQ+y
日本語では詩は言の寺となっている

しかし詩は

言葉だけに存在するものであろうか

摘まれたばかりの旬菜の姿は

言葉無くとも詩でないか

あの夜の月も

君のペン蒼く染める

空白

40 :名前はいらない:2013/10/21(月) 16:34:01.47 ID:/ThIF7o2
原文改行なし。


レ二ウムと集めている元素が、ノウハウを重ねて新登場します。図艦に掲載しているアスタチンでは特に蛍光を放ち、緑色にひかります。
金では1890年にホガモースという人物が見つけたナゲットの金属ですがアラスカに靴を売る時に見つけました。硫黄では特に、臭いにおいが分かります。

41 :名前はいらない:2013/10/21(月) 18:48:09.98 ID:/+l/LQ+y
ニーチェ30
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1378065463/

42 :名前はいらない:2013/10/21(月) 19:00:06.13 ID:/+l/LQ+y
アランとニーチェが喧嘩している夢を見た
シェークスピアにお願いしますと願う間
トランプの兵隊たち
この姿は何だとやっと気づきやがった
時計じかけのオレンジの主演者は
十年近く主演したその映画を見る気はせず
カントの哲学を教育テレビで見ていたら
カント、カントと検索してまた哲学かと紅茶で無く
ドクダミ茶 飲みながら 見つからない 見つけたいと

ラジオから 陽水の 探しものはなんですか
と聴こえて来て

まだ捜してるんですか?
とも聴こえ 夢の中へ行ってみたいと思いませーんか
の夢の中とは
何処だろうと 単純に考えてみることにした

43 :名前はいらない:2013/10/21(月) 19:03:25.31 ID:/+l/LQ+y
川・ω・)ノ ずっと、不調っす、

44 :名前はいらない:2013/10/21(月) 19:13:22.59 ID:/+l/LQ+y
エーデルワイス摘みたいわけじゃない
エーデルワイス咲いてる景色眺めてる

45 :名前はいらない:2013/10/21(月) 21:01:15.97 ID:/+l/LQ+y
▼伊豆大島等 台風災害募金
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1382351673/

46 :名前はいらない:2013/10/22(火) 10:04:37.47 ID:FFLyfqa4
君は崖っぷちのエーデルワイス摘むように
時折 詩っていた

47 :名前はいらない:2013/10/22(火) 18:04:52.94 ID:J34/NOKV
わっ!

48 :名前はいらない:2013/10/23(水) 03:10:24.79 ID:LRmkO5bX
((((0))))

知ってる
影が燃える正体
熱さえもとろけてしまいそうな克己
逆らえない刃向かえない争えないイイブン
謳い続ける意味は変われど、見るのは想像の先
未知で見えないのを言葉の先に乗っけようとする
悲劇に埋もれた底辺の人
勘違いで酔わせて体感の有頂天
決して分かつことのできない橋のうねり
笑顔微笑
エコに機微
最下位の頂点
明かりに「壮大」

49 :名前はいらない:2013/10/23(水) 03:19:08.49 ID:LRmkO5bX
ミナイ

かたち、が、あって
確かで。その中で
確かではないのをツカウ
カワル瞬間、夢見て
ほんまつてんとうがワラウ

50 :名前はいらない:2013/10/23(水) 04:45:50.84 ID:sDlWX+QL
その一行目嫌がらせ

今年は台風30号が発生するかもね
30の大台に乗ったらもう
台風じゃなくて風邪です風邪
こんな秋見たことない
空を見上げるのも忘れるくらいの
混乱した状況の中で
君が吐いた息の先の考えてみる

不審と不信
怒りっていうのも入ってる
不便を感じながらも守ってきたのに
卓袱台が壊死とは如何ほどのこと
怒りの言葉を直接ぶつけないようこの数日間
ずっと肩で深呼吸をしてる

このまま過呼吸にならないよう当たらず障らず放っておくが吉
今無理矢理引っ張り出されたら
どうしてなんでの嵐で私は君を吹き飛ばす
問題は猫じゃない
君だ

51 :名前はいらない:2013/10/23(水) 15:21:57.74 ID:sDlWX+QL
もう諦めなよ

無理だよ
二度あることは三度あるだろう
私は何も嬉しくない
もしそれが分からないのだとすれば
私の性格や感覚を大きく誤解しているよ
前にあったことも本当に関係ないとは今はもう思えない
君の周りにはそんな人ばかりしかいなくて
だから私のこともその人たちと似たようなもんだと思ったんだろうね
本当に人を見る目がないんだろうね
出された要望はすべて無視で自分の都合だけ押し付けてくるのか
それで何がどう上手くいくと思っているのか
嬉しい人は嬉しいようだけど
私にはただただ迷惑
君にはもっと君に合った人がいるよ
こういうことをされて喜ぶような人が

君に頓珍漢な助言をくれた人に感謝なさい
残念だね

52 :名前はいらない:2013/10/23(水) 17:38:10.59 ID:XHAW7TsH
A Day In The Life

http://youtu.be/P-Q9D4dcYng


i

53 :名前はいらない:2013/10/23(水) 17:44:10.21 ID:XHAW7TsH
The Beatles- 04- Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey (Stereo Remastered 2009)

http://youtu.be/yFU-GpF7n30

54 :名前はいらない:2013/10/23(水) 22:04:23.69 ID:QBrD9iY9
バビル二世のうた
と間違えた

55 :名前はいらない:2013/10/23(水) 23:40:45.91 ID:LRmkO5bX
哀愁の景色

いつの間にか絶望だらけ笑える
知らないうちに囲まれてた感じ

そんな最中、突き刺さるのは哀愁の景色
過去から取り出してみたけど、感情には突き刺さらなかった
気分が違ってたからかな
絶望に気づいてからは何故か突き刺さる景色
感性は哀しいところから豊かに溢れるのかな
いや、やっぱり笑っちゃう
絶望的すぎて笑っちゃう
でも、きっと本当は舐めてるよね
自惚れも2倍だったのに
その2倍以上の力で吹き飛ばされちゃうとは
返せるかは知らないけど、それ以上の地面を作らなきゃ、その上に立てないね
返すのではなくて、返してもらう方か
記憶は助かる
道しるべは明確で、より理屈が窮屈に冴え出す
そんなのを海へ返しながら、絶望をまた笑う
ダメすぎるポジティブからの脱皮
2倍以上の力を軽くすること
効率的に能動的に
ふわふわなお菓子を食べながら
哀愁の景色を見て、泣きそうになるくらい笑う

56 :名前はいらない:2013/10/24(木) 01:51:23.28 ID:MRCoRoMX
分かってない

君は守られてる
自分で理解していないんだろうけど常に守られてる
どうして私がこんなにも警戒するか分かる?
私は守られたことがないからだよ
どれだけ辛かったときも苦しかったときも
励まされたことも守られたこともない
いわれない攻撃を受けたことならあるけどね
ただただ一人だった

期待したこともあったよ
その結果分かったのは
君の周囲の人は君の味方でしかないということ
君を守ることは至上命題でも
私がどうなろうと何だとも思ってない
だからそんな軽率なことができる
私に何かあったところで誰か困る人がいる?
いないだろうね

女一人によくこれだけ平気で負担をかけるもんだよ
いったいそっちにはいい大人が何人いる?
おかしいと思わない?

私たちのどこが平等?
どこが対等?
これでもまだ私に何かを貰えるべきだと思っているの?
君は私にコップ一杯の水道水をくれたことすらない
自分のほうが上なんだから当たり前だとでも?

分からない

57 :名前はいらない:2013/10/24(木) 02:42:46.30 ID:MRCoRoMX
限界

私にはもう前のようなことがどれもできない
洩らしたのが誰か分からないから
ただ私は自分の手足と目と耳と頭を使って自分を危険から守るだけ
それ以外に私を守るものなんか何もない
しかも私がそうして努力していても
こうして君が簡単に壊してしまう

全員が悪いわけじゃない
それは分かってる
明らかにそうでない人がいるのも分かってる
でも仮に10人のうちに1人
疑わしい人が混じっているなら全員を避けるしかない

君は私を信用しなかった
客観的に見れば私より君のほうがよほど疑わしいよ
それでも君は私を疑ってはそれを言い訳にしてた
だけど結局君が私より信用した人は信用に足る人間だった?
私の守ろうという努力を
君は不用意な一蹴で無意味にしてしまった

何があっても最低限守らなければいけないことだったはず
でないと成り立たない
私は本当に律儀に守ってきたよ
なのに君は

ちゃんとした言葉で書くことさえできないね
それすら安全か分からないから
残念だよ

58 :名前はいらない:2013/10/24(木) 09:24:29.44 ID:yYqAAk3i
専門家が伝えました
よくイライラする人によく効く治療は
なるだけ孤独にさせること
深入りは発症を与える場合もあるため
深入りしてはならない
場合 相手は死にたくなる病に入ってしまう
それ始まったら かなり距離を置く
それが悪化防止となる
甘い雰囲気 甘やかしは悪化を与える
引き金となる場合があるため注意する
当人にとって受けて一番、楽な態度とは
毅然な態度です
ネットでもリアルでも 好かれないよう
素っ気無く 演じる人はいます。
相手の心の呼吸器、咳が症状が悪化しないよう
そのために
糖尿病の患者に血糖値高いものを与え無いように
気をつけるよに
悪化防止のため

59 :名前はいらない:2013/10/24(木) 12:29:51.50 ID:Ju+bFxRz
普通に人間関係構築してれば良かったんじゃないの?

60 :名前はいらない:2013/10/24(木) 13:08:46.09 ID:uPus2R7+
匿名には限界が在る。

61 :名前はいらない:2013/10/24(木) 13:21:22.31 ID:uPus2R7+
十年前、作詞、詩を携帯サイトに
載せていた人たちは女性なら
お母さんになってからネット辞めた人
少なくなかったんだよね。
ママさんサイトには行ったり。

十年前の表現のページに居た人たちの中には
その表現ジャンルのオーディションに合格し
プロになったりその道を歩んでいる人たちも
いる。
その合間、点滴からハードな副作用強い
治療始まり更に強い新治療薬、追加。

ずらり並んだ副作用の中に、ふと
失語症、言語、言葉の倒置位置が乱れる。
言葉がうまく話せない、言葉が、つっかかる
と製薬会社の説明に記してあり、
以前は、手書き代筆を頼まれた文字が
ミミズ文字、指先に力が入らない。

今はだいぶ減ったけど、外食先
コップを掴むとガタガタと地震のよに
コップが揺れ出す。それは掴んだ手が
強く震えていたため。最近、それが無くなり
安堵している。
これは完全な言い訳だけど三年前から
制限が増えた。無茶は更に禁物。

62 :名前はいらない:2013/10/24(木) 13:26:06.47 ID:uPus2R7+
ラインに夢中になる人は若者。
ラインに夢中になる気持ちは
大人になれば判らない。

仕事内容は頑張るけれど
遊びエリアとなれば匿名性高い場では
誰が誰だか正直判らない。

63 :名前はいらない:2013/10/24(木) 14:12:53.99 ID:Ju+bFxRz
スカトロ、売春、クスリもやってないよとネットに書いたら携帯の電車止まったよ情報が鳴った。
なんだろうー。

64 :名前はいらない:2013/10/24(木) 14:14:48.15 ID:Ju+bFxRz
誰もが詩人であるわけじゃないし、誰もが同じように詩を鑑賞できるわけじゃない。
普通の精神状態の時にすらすら詩が書けてれば詩人だろうな……書き溜めたのはまとめは途中です。

65 :名前はいらない:2013/10/24(木) 14:15:52.54 ID:Ju+bFxRz
普通に生きることが大変な人もいるのではないだろうか……。

66 :名前はいらない:2013/10/24(木) 15:09:27.89 ID:MRCoRoMX
もう仕方ないんだよ

誰かの言う通り匿名では限界がある
具体的なことも話せない
でももう今はここしかない
他が全部だめになった
信頼性がなくなった

ここで話せない内容
それはもう話されるべきではないこと

67 :名前はいらない:2013/10/24(木) 15:39:52.95 ID:XHNV2pfY
>>66
それは、それで安堵していて良いと
思いますよ。

私は、他板で、支援活動の入り口に
取り掛かり、六法全書も必要となる
エリアに入ったため
支援活動を阻止したい人間も出て来るため
こういう作品を投稿する板に来れば
予想外の出来事を想定しなくてはならない。
電子は繋がりやすい。調べる側からは。
だからこういう作品を投稿する板には
時を見て居られなくなります。
支援活動をリアルに拡大させた場合は
作品を投稿する板、投稿は控えようと思っています。
人間、予想外のパーソナリティを持ち
育った人間が居ます。サイコパス障害を
持った者が被害者を憎む場合もあり。
だから、機を転じ投稿無しとなるかもしれません。

68 :名前はいらない:2013/10/24(木) 15:44:38.84 ID:XHNV2pfY
このサイトの文学板系を
バカにしている人もいますが
他詩サイトと比較して
よき文学性を発揮している詩が在る事は
ご承知だと思います。
もしかしたら、この板だから
綴れるという気を与えているのかもしれない。
その人には。
この板のスレが自由帳のようになり。
それはとても無視してはならない事だと
想うのですよ。アトリエ的に。

69 :名前はいらない:2013/10/24(木) 18:51:20.62 ID:MRCoRoMX
>>67
66でその人には私の言いたいことが伝わっています
誰の自由な書き込みであれそれを阻害しようという意図はありません
ご心配なく

それよりこのスレに来てしまったのなら
真剣に意味を考えようとしてはいけませんよ
ここは意味不明ポエムのスレ
レス一つ一つだけでなく流れそのものも意味不明なのです
理解しようと試みてパニックになった人もいますから
迷路のように見えて
事実迷路なのです

70 :名前はいらない:2013/10/24(木) 19:54:00.35 ID:hlA7tj7t
>>69
では意味不明ポエムを一つ。

あちら板には
リアルバビル三世という隠れスレタイ在り
世界の平和を護るため
黒豹のロデムは変身するんだ
だけどバビル三世は
なぜハクション大魔王になったり
バカボンのパパになったり
ウナギ犬、散歩させたり
ニャロメと喧嘩したり
サリーちゃんのパパになったり
大変なんだろか

僕はバタコさんを尊敬している
バタコさんが居ないアンパンマンの世界は
在り得ない

まるで ヨッちゃんが居ない
サリーちゃんの世界のようで

あれは誰ですか?
リアル ハイジみたいな
ネカマさん。

クララにウルサイ、立てよコラ、て
言ってるような前を向くとペーターなんですが
後ろ向くと、ハイジで
横向くと、山羊のユキちゃんに

ヨーゼフ 吠えています
ウナギ犬に向かって

バカボンのママの声は
不二子ちゃんの声だから

71 :名前はいらない:2013/10/24(木) 20:57:20.01 ID:MRCoRoMX
>>70
ありがとう

72 :名前はいらない:2013/10/25(金) 05:29:23.08 ID:fwrn2Wt8
更新

多くて見る
準備「に」見る
ひとつを見る
直線的に見る
直接的に見る
ゼロ「を」見る
掻い潜る
散らばらせる
待つ
溜める
見て待つ
傘を見る
ゆっくり見る
準備「を」見る
ゼロ「に」見る
傘をやる
固定で見る
安全「に」見る
放棄を見る
1に見る
ゼロに「する」
ゼロを起こす
散らばりに見る
力を抜く
焦点を見る
合わせる
見て合ってくる
1だから見る

73 :名前はいらない:2013/10/25(金) 11:34:52.49 ID:F5tUM6sC
「建築基準法第6条第10項」

第5項の構造計算適合性判定に要する費用は、当該構造計算適合性判定を求めた建築主事が置かれた都道府県又は市町村の負担とする

74 :名前はいらない:2013/10/25(金) 17:26:55.97 ID:2a3uSDvx
▼伊豆大島等 台風災害募金
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/lifeline/1382351673/

75 :名前はいらない:2013/10/25(金) 20:21:31.64 ID:fwrn2Wt8
ポイント

変化をつけた
そこをチャレンジした
結果はまだいい
内容もまだついてはこない
それもわかっててチャレンジ
変化をつけた
変化をつけたのは、感覚を取り戻すため
ためらいが今まであったのは、以前と一緒という場所には戻りたくなかったから
以前と違う事を確信したから、ためらいも消えた
それでも間違いは必ず出る
それだけ細い道だから
外れる事をやりつくさなきゃいけなかった
信じる道は確かにあったけど、一瞬で消え去ったのも事実
記憶で思い起こしても、感覚は帰ってこない
今はその感覚は違うということ。それだけ
それを越えたらまた取り戻すべき時の機会が来る
間違いつきで全うした結果、間違いも際立ってるけど、後悔も全くなくなってた
逃げることしかない道が、突き抜けることしかない道に変わる

直結の儚さを抱えて
それだけじゃ足りないから空も青く、もちろん輝いて
どうでもいい他の景色も、見るしかなくなるほどで、他にないから

比率を気にしだす
わかってるから、熱を欲する末路
何もなくても、本気になることくらいできる
だけど、残念ながら虚しさを呑み込まなきゃいけなくなる
それが想像の範疇を越えてるもんだから、抑え込まなきゃいけなくなる

感覚でやるしかない
見ながら、熱と本気
疲弊を削除しながら、虚無と感覚
確実の中に直結を飼う
感覚のゴールに直結させて、熱と本気を敷く
比率は都合に良いようにしかしちゃいけない
後悔はしてないけれど、更に意識して後悔しないようにしようとしてる

76 :名前はいらない:2013/10/25(金) 21:29:43.34 ID:Z0sY2YI0
違い

180度違う
とはいうけど
540度違う
とはいわない
数学的には180度と540度に違いはない
でも一周半して戻ったとき見えるものと
まだ半周しかしてないとき見えるものは違う
一見同じようでも

そんな年頃なんじゃん?
たぶんね

77 :名前はいらない:2013/10/25(金) 21:48:04.24 ID:Z0sY2YI0
こんな感覚は

伝わらないと思ってるんだろう
180度も540度も同じとしか見られないだろうって
確かにそうとしか見れない人もいる
けど誰だって人生を生きてる
同じような地点に立つことはあるはずで

詩だって同じ
どんなにかこちらが言葉を綴っても
読む人の経験や知識や感覚の中から「近い」とその人が無意識に判断したものが
組み合わされて形作られていくだけ
材料から違うんだ
同じものは決してできない

みんなお互い言葉を使った自分だけの世界の中で
通じ合っているかのような幻想を抱いて
理解できていると思い込んで
分かってくれないと嘆いて

だけどそんなものだよ
人間にはその壁を超えるほどの優秀な脳は備わっていないから

伝わる人には伝わる
伝わらない人には伝わらない
だけど
伝えようとすることそのものへの熱意を失ってはいけない
その時には本当に誰にも伝わらなくなる

78 :名前はいらない:2013/10/25(金) 22:07:11.40 ID:Z0sY2YI0
焚火

空高く昇る照明弾の眩い光はそう何度も打ち上げられるものじゃなくても
真っ暗な夜を一気に白く照らす
そういうものじゃなくても
薪の火は人を温めるしある程度は周りを照らす
その赤い光は遠くからでも見つけることができる
そしてたとえいつか消えても
煙は空まで上がる

79 :名前はいらない:2013/10/25(金) 22:14:30.82 ID:yZFguO7h
リアル、ジブリ映画は難しかった
キキの役
千尋の役
ナウシカの役
アリエッティの役

オーディションに、ネット、ネカマが
並んでは

リアルドラえもん
リアルあんぱんマンから
自立性が無いと
あんパンチ受け

僕はリアル
あんぱんマンで
バタ子さん役を狙っていた

その座を あの人から奪われた
七変化 得意な

サリーちゃんの
ヨシ子ちゃん役も

単なる愚痴だ

80 :名前はいらない:2013/10/25(金) 23:57:58.74 ID:0cSpAoVT
あの人とはネカマさんだ
僕たちはギャラ無しネット演劇部
演技派には舞台となった
電子画面

ザーと砂嵐

地震来るのか

ウナギ犬 落ち着かない

詩の文化に地震発生したなら

ネットで地震発生したなら

それはどう運ぶ

未来を

81 :名前はいらない:2013/10/26(土) 02:25:25.98 ID:T57MG2P1
フェンスの横に汚れた学生服を着た
大きな男が立っていた
事故の後遺症なのか右目の眼窩が陥没している
大きな鼻のせいで、
Tレックスかヘラジカのような印象だ
「こいつは、鹿だな!」
と俺は思った
その鹿男に手を伸ばそうとすると
そいつの全身から、殺気のような
拒否の雰囲気が発せられた
大型の草食動物は、興奮させるととても危険だ
「蹴り殺される」
そう思った俺はとっさにフェンスの反対側に逃げた
フェンスの向こうに鹿男
こちら側には俺
そのとき、鹿男がポケットから何かを取り出した
あられでも撒くように、こちらへ投げてよこしたのは
ドッグフードだった
フェンスの向こうから
ドッグフードを投げつけられる
おれは         熊男?!

82 :名前はいらない:2013/10/26(土) 05:08:36.65 ID:osImsGCR
感性の創造物

感覚は変わる
変えないようにもできる
でも変えさせられた
そうしなきゃ圧力に負けるから
無い感覚
網羅する感覚
見る感覚
直結を目論む感覚
どれも新しくて、でも古さを捨てすぎな感覚
取り戻すのは当たり前だけど、問題はどれくらいにするか
比率を考えながら
でも悔いたくはないから、できるだけ多くを取り戻そうとする

結果、さっそく失敗でやっぱり凹むけど、後悔はないと本気で思えるような仕組みを前もって作ってたから
それを見て凹んだ分をカバー
目論み通り
凹む気持ちはそれでいいけど、傷の治りの遅さがちょっと気になってる
最近はそんな遅さとかは気にしてなかったのに、感覚を取り戻そうというのから、再び神経質な自分が出てきた
そりゃそうだ。流れ的には当然

その感覚がまたエネルギー使いすぎな自分を呼び起こす
それが嫌だったから戻したくない部分もあった以前の感覚
だから諦めるような感覚を靴底に貼り付ける
それは諦めきってもいいくらいの完成をしてる証拠と言ってもよくて
だからこそ感覚を戻したくもなった

新しい感覚で古い感覚を感じとる目論み
そんなことをするのは、過去を否定したくないから
何よりも正しさを過去に見たい

そこを無くすのは意味がない
逃げてまで抱えておきたかったものがそこには詰まっていて

感性の創造物

83 :名前はいらない:2013/10/26(土) 05:25:35.93 ID:AwPtgno2
予測台風不測地震

おはよう
今朝は
特に言いたいことはありません
というわけでもなく
ふいに地面が揺れたりすると戻る
あの頃考えてたことに

万華鏡を見つめる目から
顕微鏡を見つめる目へ
双眼鏡から天体望遠鏡へ
虫眼鏡なら扱いやすくて
いつもの感覚に近い

書き出せず
書き終えられず
言いたいこと言うべきこと言わなきゃいけないことの区別が
いまだ曖昧なまま

眠い目を擦りつつ
虫眼鏡取り出して
レンズを拭き直す

84 :名前はいらない:2013/10/26(土) 09:31:00.97 ID:izYPQYKo
このスレはね、かなり
ゆったり、ゆっくりした時しか詠めない。

85 :名前はいらない:2013/10/26(土) 12:39:46.53 ID:uXMGhcUp
透過する現世の問題

解脱の途

脱皮する春の夢衣

謎解きめいた

視界先

飛んでいる

脱皮した物語

なんと捉えればいい

判らないよ

86 :名前はいらない:2013/10/27(日) 22:58:40.46 ID:FEr8HQRc
無難

あれもしちゃダメ
これもしちゃダメ
それもしちゃダメ
どれもしちゃダメ
そうやって辿り着く一番しちゃダメな事こそ、本当は一番しちゃダメ
そう言っておいて実はしちゃうから、困難に転んではひっくり返る

87 :名前はいらない:2013/10/27(日) 23:02:38.92 ID:FEr8HQRc
柔らかな波

[<(「限界」がない)という限界>が本当にあったら]

本当にいいのかな(?)

88 :名前はいらない:2013/10/27(日) 23:11:57.85 ID:FEr8HQRc
光の手と闇の手

完璧なまでに
不完全だから

空を大声で叫ぼうが
胸に突き刺さろうが

直線を携えた真っ直ぐには
柔ら過ぎる肌の共通項しか

心に響かないし
突き刺さらない

89 :名前はいらない:2013/10/27(日) 23:20:15.40 ID:FEr8HQRc


ALL
『┃』
バイ・(S)
『┃』『┃』
□□
□□U

背景

ONE

決まりきった『∞』とか

90 :名前はいらない:2013/10/27(日) 23:35:34.43 ID:FEr8HQRc
雲の上と切れ間の雲

直線というのは、実は直線ではない
実は全て、曲がって出来ている
曲がり方が浅いだけ
それが直線に見えてるだけ

というのはまさしく嘘であって
本当は、全てが直線でできている
曲がってるように見えるのは
直線というのは、実は直線ではない
とかを本当は言いたい、という事から来てる

鎖を断ち切るのは
絶対に鎖は断ち切れないものだからこそ、断ち切れるものであって
絶対に断ち切れるものなら、鎖にもなってないし、断ち切ることにもならない

そうやって断ち切らない鎖こそ
断ち切ろうとしてできない鎖と
断ち切るまでもない、無い鎖

91 :名前はいらない:2013/10/27(日) 23:45:07.71 ID:FEr8HQRc
白い

どうしてそんなに黒いの
どうしてそんなに柔らかいの
どうしてそんなに崖なの
どうしてそんなに矛盾なの
どうしてそんなに葉なの
どうしてそんなにハナなの
どうしてそんなに丸いの
どうしてそんなにボタンなの
どうしてそんなに形なの
どうしてそんなに「どうしてそんなに」なの
どうしてそんなに「そんなにもではない」なの
どうしてもそんなになの
どうしようもそんなにないなの
どんなにもそんなにないなの
そんなにもどんなにもないなの
やらなくていいことしかないのに
やるしかないことしかないから
やったらいいって
そんなことだけじゃなくても、走ります(何周でも)

92 :名前はいらない:2013/10/28(月) 01:42:35.02 ID:oHfXEev4
当該の

私は何の理由もなく突然怒ったりはしない
そしてただの気分で許すようなこともない

その人がこのままの状態で野放しにされているなら
何の改善の見込みもないなら
私たちもこのまま
進展は見込めない

93 :名前はいらない:2013/10/28(月) 03:25:53.90 ID:adWQVZjL
フィーバー

怒りもない
悲しみもない
それがダメだというなら、ほら、この俺に正解と不正解が重なってくるよ
喜びと悲しみが降ってくるように

単純に見なきゃ。シンプルにやらなきゃ

復活
悪い意味ではない
良い意味は、笑えるくらいある。ふざけた話みたいに

勝つということは、明らかにダメということ
勝ちたいからダメになろうとするのではなくて
ダメさが増すからこそ、勝とうとさえしてしまう
ダメじゃないなら、勝とうとすらしない
ダメだから勝つ方へ視線は向く

2倍になり、4倍、8倍と続き、もはや無限に域
マイナスだらけは、プラス、マイナスと常に入れ替わり続ける

いーや、違う
マイナスが掛け合わさって連なっていくということは、プラス以外の何物でもない
マイナス×マイナス×マイナス=マイナス
ではなく
=プラス

1つのマイナス自体を2つに分けて、掛けてブラスにしてる。常にしてる
だからもう「=」の後はマイナスに成りようがない

早さが増す
1つ目の扉から勝ってる
無能な感性で笑えるくらい勝ってるから、負けない

1つだけで十分なのに
2つ目が完成した
ダメさが2つ
両極端、左右上下へと伸びてゆく
全てがダメな方向
そんな嬉しいことはない
これ以上、更にダメになれるんだから、嬉しいことしかない

細かいシチュエーション
1つ目から光輝いてる

94 :名前はいらない:2013/10/28(月) 03:48:00.18 ID:adWQVZjL
ホール

「自由」もわからないで
不自由の奴隷になって
気づきもしないで
「それも自由なんだ」という主張すらしてる


ダメになる赤ちゃん
そんなダメなジジイ

渋みの味わいを噛みしめながら
新鮮な風味を同じものに噛みしめる気

95 :名前はいらない:2013/10/28(月) 04:36:10.98 ID:oHfXEev4
アンチエイジング

自分で自分のことジジイなんて言ってると
本当にジジイになるよ
私はジジイが好きなわけじゃないし
ちなみに万が一ババアって言われた日には二度と口きかないわ

96 :名前はいらない:2013/10/28(月) 11:10:00.23 ID:3+fGkXXj
口に残った果物の種子から
発芽しました
直射日光を避けて

この長い年月を経て得たものは
土の上に転がるだけの
軽い固まりか

赤茶色の年を取った惑星が
風漂わせて
球状を暖めている

97 :名前はいらない:2013/10/28(月) 15:36:32.91 ID:yJIfGyWm
教えてない言葉、使ってないのに打ってるし……


夢のお即に金の虹!
〜びっくりコメンテーター〜
僕「浮気になれずに成長してしまうこと言っちゃう人ってそんなにいないよね?」君「いや、浮気になってしまう人と浮気にならない人ってどっちかな?」

98 :名前はいらない:2013/10/29(火) 02:41:21.03 ID:uWI8dmoQ
マニュアル

尖っていた
けど、逃げていた
悪いことなんてないから

結果の結末は酷い有り様
立ち向かわない
でも諦めてもいない

間違いのない力を手に入れる
うまくばっかりはいかないけど
何の為かは忘れちゃダメ

過去の要素を今の自分に見る
今の要素も過去の自分に見れる
そうやって過去とは違う今の自分が産まれる

どう違っていたいかは一目瞭然
だけど内容に気が行って、求めていたことを忘れてる
少しは結果を見始める

報われない末路
足りない工夫が溢れる
でも要らないかな、それ

一回、思ってみよう
最高の結末へ向かうストーリー
内容は超攻撃的にして

体力が持つ程度で

99 :名前はいらない:2013/10/29(火) 04:09:05.87 ID:9iHadkIy


撚った糸の先が解けてしまって
繊維の束がばらばらになるのを
少しずつ先を切り揃えることで
針の穴に通るように整えていく

確実に

針の穴に通そうとするごとに
それは短くなり
針の穴にたとえ通らなくても
それは短くなり
それでも切り揃えてみるしかないんだろう

ならば切り落とす犠牲は
できるだけ少しで済むように
心の片隅には必ず
加減することを留め置くよう
払い過ぎる犠牲は決して美しさではない
強さでもない
気高いかのごとく見えるそれは一つの甘い罠
溺れすぎてはひたすら身を滅ぼすだけ

最低限の加減が君のためという道理に
もし納得がいかないならこうしよう
鋏の加減
それはせめて私のため

100 :名前はいらない:2013/10/29(火) 06:45:57.17 ID:tx7Y99b7
朝が寒すぎる

秋が普通どんなだったかもうよく思いだせないのだが

昨日セールで買ってきた
さながらムササビのような羽根で
もしこの広い大空を自由に飛べるなら…

飛べそうかどうかちょっと羽ばたいてみて
本当に飛ぶのはもう少し暖かくなってからにしたい
ムササビの羽根じゃ
寒い

101 :名前はいらない:2013/10/29(火) 22:58:00.14 ID:uWI8dmoQ
論争と逃走と幻想と真相

無邪気に歩くこの場所
久しぶりの黒い月を見ながら
輝きに変わる点になる瞬間の形

境界を越えて意識が変わり
理想に達してる現実は昔と味が違ってる
なんて無邪気な柔らかさなんだろう
理屈すら無くなりほったらかし

ただの反応
意地を張る場所はどこへ
結論の整理すらしない結果の結末
なんという境界線

理屈で見るなら帰る昔
細かすぎるそれはもちろん勝利しかなく
その意味を無くす意味がある
最強の勘違いならいつでも産める
そんなことででも安らぐのなら一時でも滞在しよう

どこまでも逃げる俺様へ
間違いではないのが理屈の究極だから
そのまんま見えないとこまで逃げちゃえ

だけど、理屈が全てではないのは確かだから
つまらない結果を出しては産まれる、あの意味の無い勝利を食べていこうかな

悲しみ、忘れちゃいけねえ

102 :名前はいらない:2013/10/30(水) 03:23:31.56 ID:YEovawAR
最高物

楽勝の無能
不能寸前だからこその逆転
奇跡はチョウ現実的
理想で賄う熱心
エネルギー、現実、邂逅が聳え立つ
結果の保証付きでにわかに柔軟モード

最高物に過去の思いを託す現在
無邪気に無能に柔らかく暴れましょう
壁が無くなった自由の空間
無い無い無いと言いながら無邪気に遊ぶ冒険

楽勝の哲学
無計画の美学
理想からはかけ離れても

103 :名前はいらない:2013/10/30(水) 20:15:16.21 ID:altox9ai
雨傘と憂鬱

仕方ないという言葉を繰り返すのにも疲れて
家に帰る、そんな発想もいい
愛らしい物語の君の
そんな君が愛しい

自分の判断力の確かさを
信じつつも振り回されて私は
幸せじゃない、自己実現も出来ず
それでも今は仕方ない

自由すぎるほどの自由と
不自由すぎるほどの不自由で
世界は構成されているんだ、涙ぐましいほどに
どうにもならないことだらけで

窓の外から聞こえる幼い子の笑い声
なんて素敵なんだろう、あの声には
何の嘘も見あたらない
私にはもうずっと前に失われた声で

なるようにしかならないよ
私の自由にもならないものは
そう呟いてみたところで
静まり返った部屋にはなにもなにもなにも
何もないのだから

104 :名前はいらない:2013/10/30(水) 20:27:00.52 ID:altox9ai
真っ暗な空を

見上げて思う
もし神なんてそんな
都合の良い存在がこの世にいるならば
私の涙も知っていてくれるといいな

全部
見ていてくれるのだといいな

105 :名前はいらない:2013/10/30(水) 20:39:31.32 ID:altox9ai
一つの理屈では纏まり切らないもの

正しさや確かさ
そういうものを重視して
でもこればかりはどうにも誤魔化しようのないこと
どんな天才も
世界をただ一つの矛盾のない理屈で説明しきることはできないということ
綻びは私の
未熟さなのか不完全さなのか
もうとっくに諦めている
世界は大きくなりすぎたから
どんな経済学者も来年のことは分からない
預言者も身を潜める
分からないことを分からないと言えないがために

ただ
明日も生きるしかない
選択肢なんてありそうでないことを
受け入れていくしかないだけ

106 :名前はいらない:2013/10/30(水) 20:50:58.06 ID:altox9ai
濁流

流されていくんだ
自分だけはその波に呑まれていないと信じながら
そっちじゃないって
どんなに言ってみたって
そっちの方向にどんどん流されていく人たちを前に
自分の無力さを知る
違う
自分も流されている
その流れの強さを本当には理解できないままで

どうにもならないことが多すぎる
そんなにもこの努力は無意味か
過去も今も
自分だけは違うなんて思い上がりに気付かされながら
もう降りたい
どんなに願っても
降りることはできないってこと
誰を責めようか
今さらのように答えのない問いを

107 :名前はいらない:2013/10/30(水) 21:18:58.54 ID:YEovawAR
魔法の花

今日もそこそこ
そんな結果は結果寸前
出たということにはちょっとできねえや

明確に強い猛者たちへ
そこそこの勝負ならできてるような手応え
だけどねえ、そこそこじゃやっぱりイヤなんだよ
確かに心地は悪くはなくて全然好いんだけど
俺だってやっぱり明確な強さが欲しいんだよ

結果が示す最高で、その強さを我が身に見たい
パターンを決めないように心掛けてる分
絶対的なものも希薄になってってるみたい

どんな魔法なら綺麗に咲くかな
最後の局面でまだ弱さが際立ってる

108 :名前はいらない:2013/10/31(木) 00:13:32.43 ID:d0EFcl96
違いに反る個性の輝き

違反にされるから、とことん守ってやってた
理屈では相変わらず勝ててる気がしちゃうが故に
いいようのない怒りが湧いてる
当然ひきつった笑顔を見せてるけど

酷すぎる悪条件さえももう守ってやりますか
呑んでやってやるしかねえ

許さなかったそれを、許す?
折れてる?確かに折れてるけど、そっちがその気ならこっちも、てな感覚
散々乗ってやらなかったけど、そろそろこっちも手段を選んでやらねえか

燃える理想
間違いなくまだある
だからいい

その理想が通用しないのは、確かにおかしい
そんなおかしな場所において、おかしくない理想ばっか貫くのも、もうおかしい
そんなおかしいついでに、おかしな現実に乗ってやろうと思う
それは本当はおかしい
だけどおかしくない部分ももうある

どこへ進むべきかは決まってる
どこを進むべきかが決まってない
場所はいつも探すもの
見つけたら決まってる方向を表して示せ
決まりきってるものでもそれがちょっとでも
何でもありとは言わない世界でも、何でもありなんだから
新しい武器を受け入れろ

そうやって過去の自分に訴えかけてる

109 :名前はいらない:2013/10/31(木) 13:49:50.19 ID:sXIUtb/E
乾いた土達は喜びたいだけ。悪気があった訳じゃない。

苦いも辛いも混ぜまして、人の味は憎しみの味。
流れでた沢山の人の香りにむせている。
震える心はたまりすぎた吐瀉物あなた達へ送り返すだけ。只 送り返すだけ。

110 :名前はいらない:2013/10/31(木) 18:32:13.45 ID:3rVSZSxI
ハッピーハロウィン

やられたらやり返す、倍返した!
(同上)10倍返しだ!!
(同上)100倍返しだ!!!
…左遷…
やられてなくてもやり返す、八つ当たりだ!!!!!

ところで今日何か変なことしてなかった?
あれは誰?

111 :名前はいらない:2013/10/31(木) 19:02:36.75 ID:3rVSZSxI
この板には君と私二人しかいない

なるほどー
私の爪がオレンジに染まっている間に
きっとおばけが出たんだね

112 :名前はいらない:2013/11/01(金) 01:39:26.07 ID:TknNG/H+
迷い込んだ末に
でた答え

残りの人生は、
穏やかに、波風立てずに
生きていこうという事です。
もう、ジェットコースターには、乗れません。
バンドラの箱の一番下に締まって、
穏やかな人柄の人達とゆっくり過ごしていきます。
そうして、増えていくしわを恥じることなく、
誇りに思いながら鏡を、まっすぐみていきます。
私は私。

113 :名前はいらない:2013/11/01(金) 02:49:55.67 ID:j+5wvBfD
まーじ様

114 :名前はいらない:2013/11/01(金) 06:31:01.55 ID:mmZC67PX
個性

判然としないそれ
硬派な男キャラつけてた頃もあったことを思い出す
単純にそのほうが区別つきやすかったから
でも今はそれじゃ不自然だし
だからって普通に没個性化すると
まるでわざと混乱させているようで

似たような文体似たような境遇
似たような考え方似たような態度
そんな人いくらでも
そもそも目立つべきじゃない場

だけど昨日の今日で私そんな真逆のことは言わないけどな

誰かに勘違いされている気はする
名前のある誰かと勘違いされててしかも敵視されてる
どっちかだろうと思われてるみたいだ
私には名前はないのに

115 :名前はいらない:2013/11/01(金) 06:37:33.75 ID:mmZC67PX
お暇頂戴

丁寧な言葉だとあの彼女と間違われる
英語の話するとその彼女と間違われる
そりゃ何か共通点はあるだろうけど
無理してキャラ作らない限り普通にしていれば何かは被る

私がここにいること自体

それが問題か

116 :名前はいらない:2013/11/01(金) 09:52:02.19 ID:jLWayQ2t
遠い地

神様じゃあるまいし
そりゃあ何でもかんでもうまくいくわけじゃねえ
有るか無しかの連鎖か
有ると思ってて無くなるよりも
無いと思ってて有った方がいい

そんな結末を望んでるけど、やっぱり逆算もやっていかなくちゃね

何を変える必要があるんだろうか

正解しかない魔法を掻き消す理由も必要はない

117 :名前はいらない:2013/11/01(金) 19:29:38.88 ID:mmZC67PX
蟻地獄

なぜあんな不確実性の闇に自ら落ちていくんだろう
同じような性質の人たちばかりが集まるのか
あれはダメ
此処に近寄るべからずの立札が手前に見えるもの
君子危うきに近寄らず
分析したり判別したりできるような類のものじゃない

もしくは
まともに何かを分析したことがないから
原理的に無理だということが分からないのか

蟻地獄に嵌まらないための唯一の方法
入口に立たないこと

118 :名前はいらない:2013/11/01(金) 22:11:12.06 ID:jLWayQ2t
形態

もともと何もありませんでした
何かあると怒られたりするからです
何もないようにしていく
そうすると、不満が見えてくる
理屈を軽視したかのような場所
やってらんなくなっちゃうね
やってやらなくていいと思っちゃう
理屈の先に見たくなっちゃう世界
誰にも負けない夢の世界
それで自分を守ってる

失われた世界
自分の違いだけ主張させてくれ
そうやって他人の違いはあまり考えない
考える暇すらなかった場所

どれだけ中身が良くても
結果は笑えるくらいついてこない
逆算をまだどこかで拒んでるこの心

違う場所に行った時から
この場所に辿り着くことは決まっていたはず
どうしても晴れ渡るようにしたい心の未熟な青
本当の限界を見れたなら
次は形を少し変えるべきかな
もっと枚数を増やすように
少しのリスクをゼロに向けながら
厚みを少し増やしたい感じ

何度も叩く気持ちを持って
あの高い壁に少しでもヒビを入れてみたい

ハマるのは理想にしたかったけど
条件が攻撃的ならば
また模索をしてみればいいや

迷わないだけのポリシーが明確なら

119 :名前はいらない:2013/11/02(土) 00:21:50.73 ID:kHGVnprk
足裏から地平線の冷たさをそれとなく感じとって、
私は過去のあなたに思いを馳せる
夕暮れ時は馬鹿みたいに
自分の過ちが浮上してきて
夜になると増幅して膨張して
もう止まらない
今どこにいるだろうか

地平線は無限に続く
蟻も這えば
時計も歪む世界のよう
地球の裏側とかいたとして
よろしく元気でやっているのだろうか
冬の寒さが背中を押して
私をあなたの胸へと追いやったあの時期
そのまま
あなたの心へするりと流れた私
地底は冷えるか、温かいか
知るよしもない

120 :名前はいらない:2013/11/02(土) 00:44:23.28 ID:ySW7S23w
狂人の正気

分かるでしょ見抜いてる
かの懐かしいナインティーンさんみたいな
ごくたまにああいうタイプの人がいる
全体には言ってること支離滅裂なんだけど
そこだけ見えてる人

触っちゃだめ
要注意

121 :名前はいらない:2013/11/02(土) 01:41:00.38 ID:ySW7S23w
drone strike

一瞬日本人かと思った名前が
そんなわけない
ちょっと今回長いし寂しい
そんなわけない
そんなわけなくもない
後ろ髪引かれてたら行けないでしょ
毎日が粗大ごみ回収日のような状況は
時間が経てばおさまるさ
大丈夫

122 :名前はいらない:2013/11/02(土) 08:35:06.28 ID:BCpT6ldQ
鬼灯

いつか幼い頃
通学路の脇にひとつだけ可愛らしい袋状の
花のような蕾のような赤い姿を見つけた
中に実がなってて食べられるんだって聞いて
見てみたくもなったけど
可愛らしい姿を変えてしまいたくなくて
ただ毎日眺めてた秋の日

悲しいのは
病気になれなんて言ってるのを
知ってしまったからなのか
無知な心無い人たちに
濡れ衣着せられ罵られるからか
それとも
誰かの嘘に気付いてしまうからか
確かに私にはそんなこと
知る資格もなかったね

赤いほおずき
鬼の灯
悲しい気持ち
悲しい

123 :名前はいらない:2013/11/02(土) 09:58:08.52 ID:l6FaXtxG
\/\/

目覚めるのかなあ、怪物
知恵をつけちゃえば、あの野性味も消えていく
知恵をつけなくてもだけど

異端に走ってはいないけど
そうじゃないものさえ、そうなる

124 :青薔薇 ◆DMVtSSFzcg :2013/11/02(土) 10:32:36.50 ID:JzyZI4rz
『江戸薄紅桜いろは』

桜 散るは舞い降りて貴が地に降り立つ時でしょう
木の葉 散るもまた咲いて満開の宝石咲かせましょう

ここは江戸 大幕府が下街を見下ろすは 一本桜道
性に似合わぬ桜縫の着物を引きづり花魁の行列

貴 美女とも色白 口紅薫るは子供の声にしきり祀れ
いろはにほへと と合唱掛かればちりぬるを と返る

125 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2013/11/02(土) 22:13:12.06 ID:9wxaY/+l
昼になりて
ぬるくゆるびもて行けば
火桶の火も白き灰がちになりてわろすw

126 :名前はいらない:2013/11/02(土) 22:22:56.95 ID:70+oJJ6R


127 :名前はいらない:2013/11/02(土) 22:25:12.70 ID:9D72qg0x


128 :名前はいらない:2013/11/02(土) 22:33:01.27 ID:L+2fcx/d
空がボロボロに剥がれ落ちる。

みんなの頭の上にちぎれたかけらが降り注ぐ。

そのまま寝転がって目を開けたまま空気を出さなくなるから
世界中の二酸化炭素が首をかしげて笑いだす

129 :名前はいらない:2013/11/03(日) 15:53:59.36 ID:8NKEmrgU
玉かは悩み
腹支える
私もイタリア粗削り
ベンチにすらなれないのりを

130 :名前はいらない:2013/11/03(日) 22:08:14.78 ID:YX6o3rKF
いつも乾いた砂は湿りすぎて底抜けた

子ども知らずに砂遊びして

母親の顔忘れるから
誰もお家に帰れない

131 :名前はいらない:2013/11/03(日) 22:38:53.12 ID:rEnfeTL1
金山先生の恋人になれなかったけど、もっと若くて素敵な男性の恋人ができました。
ありがとうございました!

132 :!mibun:2013/11/04(月) 13:21:43.38 ID:eXr1MG7l
俺の話を聞け
5分だけでもいい

133 :名前はいらない:2013/11/05(火) 00:00:51.59 ID:SKFCwtRh
闇のうた

(おかしいな)

苦痛にまみれてる時の方がある種、楽で
苦痛が解けた時の方がダメな自分に帰っちゃうみたいで、楽ではない

単純に戦闘状態自体が楽だなんて、なんて単純なんだろうぬ

134 :名前はいらない:2013/11/05(火) 00:08:40.60 ID:SKFCwtRh
フォーメーション

(冷静になれないから、雷の手すりを掴んで、それを熱のように感じようとしてる)

自分を見ない方が楽
他人の苦痛を哀れんでる方が楽?
理想を見ちゃう自分が苦痛
現実を望むしかない世界が楽園?

気づくことは別に賢いことではないけど
馬鹿になってでも気づいた方がいいこともあるって事

それでも納得を獲ようとしないと、納得しない
満足に達しなくても

135 :名前はいらない:2013/11/05(火) 00:17:14.96 ID:SKFCwtRh
叶いますように

(いつまでもしつこいくらい、執拗に守り続けなきゃいけないものがあるということ)

調子が上がってくると、守らなきゃいけないものを平気で捨てていて
そんな馬鹿さ、笑える
調子の良さに乗じては、決して非を認めない
明らかに間違ってるのにね

確実の壁を立てて
虚無の海に浸って
納得の剣を離さないようにしようと
してる

136 :名前はいらない:2013/11/05(火) 20:28:29.92 ID:ILXQsivF
うちの、爺さん結局、アルコール依存症の症状

うちの、婆さんに蕎麦を食わせたオマエは最低だ
蕎麦など不味くて食えないラーメンにしなかったオマエは
最低だと悪態ついた上
婆さんに出て行け!と言ったまま婆さん追い出して
婆さん作ったご飯を食べている

共依存症状強者が弱者をただ虐め続け
生まれてから、ずっとその光景見せ続けられただけ

爺さん オマエと結婚したい女性など居なかった
両親、居ない 兄弟否しの婆さんしか
居なかった知らないのか

酒のせい以前、仕事だけして生きていればよかったんだよ
家庭より仕事が大事だったのは
見えてるから
仕事が大好きなら仕事を家庭を大切に出来ない人間は
家庭を持ってはいけない

今日の検査結果は、バツだった悪かった 治ってなかった内臓

世の中には人間の精神に後遺症を与え、不治の身体の病にまでさせて行く

病んだ病者が君臨したがる 勉強はトップだった
仕事もトップだった
そんな人の酒癖、悪態ぐらい許してやりなさい、と
爺さんの姉は言う

原発問題と似ているそういう人たちが集まった世代でも在ったのだなと

心身の虐待、暴力、レイプ、原発災害と絶対に許さない
やった人間いれば、そいつをまず社会的に抹殺してやる
被害者の精神的予後は乖離し衰弱を繰り返す
まずレイプ犯からレイプ犯はこの世に生かしはしない
レイプ犯が生きる場は地獄だ

奴等は被害者を閉じ込め隠蔽し金儲け、出世道を選択している

爺さん あんたの消防署の甥は レイプ犯

137 :名前はいらない:2013/11/05(火) 21:17:32.79 ID:/D9FPVDF
これはアメリカのゲームです。 一度やってみてください。
これは、たった三分でできるゲームです。 試 してみてください。
驚く結果をご覧いただけます。 このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が 叶ったそうです。
このゲームは、面白く、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう 。
約束してください。絶対に 先を読まず、 一行ずつ進む事。
たった三分ですから試す価値ありです。 まず、ペンと紙をご用意下さい。先を読むと 願い事が叶わなくなります。
1、まず1番から、11番まで縦に数字をお書き下さい。
2、1番と2番の横に好きな好きな3〜7の数字をお書き下さい。
3、3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。
(必ず、興味のある性別の名前を書く事。 男なら女、女なら男、ゲイなら同姓の名前を書く。) 必ず一行ずつ進んでください。
先を読むとなにもかもなくなります。
4、4、5、6番横それぞれに自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは家族、友人誰でも結 構です。 まだ先をみてはいけませんよ!
5、8、9、10、11番の横に歌のタイトルをお書き下さい。
6、最後にお願い事をしてください。 さてゲームの解説です。
1)このゲームの事を2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。
3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。
4)4番に書いた人は貴方を大切に思う人です。
5)5番に書いた人は貴方を大切に思う人です。
6)6番に書いた人ですは貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌です。 8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌です。
9)10番に書いた歌は貴方の心の中を表す歌です。
10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。
この書き込みを読んでから一時間以内 に10個の掲示板にこの書き込みをコピーしてから 貼ってください。
そうすればあなたの願い事は叶うでしょう。 もし貼らなければ願い事と逆の事が起こ るでしょう。
とても奇妙ですが、当たってませんか? 自分の気持ちに自身がなくなってしまった人。 確認してみてください。

138 :名前はいらない:2013/11/06(水) 02:26:28.15 ID:d4CXj3DY
光の白

ぶよう むよう
閉じるの止めたドアが開くわ 開く
ぶよう むよう
どこまでもいつまでも守り続けなきゃいけないことがあらぁ
ぶよう むよう

プラスだったとして、そこにマイナス足し
でもそのマイナスにマイナス掛けたを掛けたものも後に足してプラス
そんなこたぁ関係ねぇ関係ねぇ関係ねぇか?

熱心になってた意味を紐解こうとすると
見えてきたような答えは意地。最高の意固地

折れようとしても折れねぇ
折っちゃいけないものなんだろうし、折るべきではないものなんだろうし

それがどうした
その意地がどうした
その熱がどうした

そんな寒い疑問の景色は闇の黒ではなく
光の白

闇の散歩。見なきゃいけねえものをわかりつつ、それをしちゃいけないという矛盾に苛まれる

139 :名前はいらない:2013/11/06(水) 02:36:21.01 ID:d4CXj3DY
真の性質事

明らかに間違ってはいないのに、正解からは一番遠いもんだから

言葉の景色は妙に遠く
意味すら希薄な風景に呑み込まれるだけ
感情の景色は間違いのない花の一輪だったのに
荒波の背景にすら吹き飛ばさない、違いすらないひとつの花一面になってた

作りたかったのは敵か、そんな愚かな俺か

140 :名前はいらない:2013/11/06(水) 03:15:26.71 ID:d4CXj3DY


正しさを決めるということ

頭では信じまくってるのに
胸では咲いていない
香りも遠く、面も捉えれない
身体全体で否定して
取り残される理屈と記憶

現れては消える幻

賢くなるんじゃなくて、バカになり足りてない

141 :裁判負一声会さくら接骨院親分歌代英二:2013/11/06(水) 03:44:47.38 ID:4T8NjNxX
qaz

142 :名前はいらない:2013/11/06(水) 05:15:08.43 ID:K/YsMmO5
一面梟

飛べると知ったなら飛ぶのが正しい
地面に降り立つことは今日でなく明日でもできるのだから
知恵はいつでも
どちらにでも転ぶ

物知り顔のこの仮面も
いずれは割られる結末にあるのだろう

今は今得られるものを
今できることを
今は少なくても
それが何よりも正しい

143 :名前はいらない:2013/11/06(水) 05:33:01.22 ID:K/YsMmO5
似たり寄ったり

昨日は正真正銘あの連結した四行だけ
蓋しよくよく考えてみれば
大して待遇に差はないのではないかと思い至り
なるほどな、なるほどなと膝を打ったので御座います

乾いた笑いが脳内に響けど
それもいつしか無音となり

雉も鳴かずばとは申しますが
多少は鳴いたほうが寧ろ良かったのだろうと
貴方は恐らく暇を持て余した挙句
暴挙に出たので御座いましょう左様で御座いましょう

当座はその一滴の水から起きた波紋が
波立ち波立っていつしか消え去るまでの暫しの間
訳も無く混乱が続き場内一致で方向音痴
横目に映れど放って置くのが世の習い

私は水面が鎮まるまでの間
ただ見ているのみを為すことに致しました
本日は
その報告に上がったまで

144 :名前はいらない:2013/11/06(水) 07:05:11.03 ID:hIZKttXD
たぶん、この世の中には
浮気した糖尿病の夫が食べる料理に
大量の白砂糖を入れたり

この患者にはこの薬剤を投与してはならない
または、この内容の態度で接しては悪化するという
指導マニュアルを悪用している人間たちが実際、
居ても、電波で片付けられ
慢性化しエスカレートして来たのだと

原発のこの事故、事件のように。
あの国の争いは、まず、精神医療の開発導入が
必要だとしか。
あれだけ、人を殺した国の者が、アメリカから
注意され、その注意したアメリカの事を、虐めっ子だと言う。
呆れて物が言えない

145 :名前はいらない:2013/11/06(水) 12:32:41.14 ID:WtveP3b5
己を自制し己を戒められる人間が
己の欲のまま己の罪を省みない獣に
虐げられた挙げ句命をも奪われる

そんな狂気をこの星は望んではいない
そんな破壊をこの星は望んではいない

何故ならこの星は
この獣のシステムすら変えることを望み
この星に人間という希望を産んだのだから

146 :名前はいらない:2013/11/07(木) 02:23:45.95 ID:zb/FSj7S
選ばせる個

確実性は改めて要る
悔いないようなスタンスの主義
プライドが要るのはただの奮起のため

見る見る
見たくもなかったのが嘘かのように見る
180°変わる根本
視野を広げたら変わってた視点
近道しか要らなかったこど、遠回りしてから最後に近道をちょっと通る
急いじゃいけないの必ず焦るから
急ぐばっかりにならなくていい準備をしてりゃいい
そんな中で回れ
どうでもいい景色なんてひとつもないと思うなら見る
すべては無理だとわかっていてもできるだけ多く
ヒントは転がってるから見なくなるまで見るだけ
最後は思い出して
結局は帰るこの心があるから
そのまんま真っ直ぐ突き抜けろ
誰しもが己という怪物を持って生まれてきたのなら

147 :名前はいらない:2013/11/07(木) 02:47:31.28 ID:zb/FSj7S
必然の解放

どこまで行っても自由

運命でも奇跡でも偶然でも
心の奴隷
誰かの世界のそれ
見てりゃそうなる
だから刃向かう時も要る
混雑の多さに鵜呑み
疑いは御法度

対象物に対する否定なんていくらでもできる
絶対的なものなんてないのだから
だからそれに近いものを己の心に探す
自分が否定できなければ、そりゃ絶対的になれる
そういうのも必要
プライドが欲しいなら

視点変えりゃ軽くゴミにでもできる
そんな無駄をしないのは結末で結果が欲しいから
出さなくてもいいのもプライドだけど
出せるのもプライドに掛かってる
価値なんてないと思うものだとしたら
それと交換するためのプライドでいい

何も決まりきっていない自由の空間の中
プライドだけの勝負になる
逃げたくないなら帰っておいで
いつのまにかの競争だけど
もともとは本能的に競争の中だから
プライドを我慢や忍耐の支えに
気づいたら昔からそれをしてる
普通でも

148 :名前はいらない:2013/11/07(木) 03:07:56.93 ID:zb/FSj7S
不間違え

180°プラス
その足しに帰る
間違いなく逆だけど
別に逆にはならない
それは間違いではない

本当に帰ったなら、逆を持ち帰ろうが、逆ではないから
そんなのを受け付けないのが、帰るということだから

否定なんてさせてあげてりゃいいよ
関係ないってあっさり言うのが決まりのプライドだから
ヒントなんてあげちゃえばいいよ
結局見てるものは変わらないとどうしても思うのなら

何も無い方を敢えて選んで
本当に何も無くなるというのなら
無くならない方を結局選び直すと
初めて感じた後悔が教え諭してる
有るばっかりじゃないから無いのも要るけど、それでも自分を有るようにしておく方がいい

いつだって無くせるし
いつか無くなるし
要る分だけ無くしておいたら
最後は有る分だけ要るようにするのが正解

間違いなく、きっと

149 :名前はいらない:2013/11/07(木) 07:32:33.71 ID:pxZ026UX
知足

最後はそんな地平に辿り着けるのがいい
われただたるをしる
不足感こそが動力でもある
それはとても大事で確かで
けど最後にはね

150 :名前はいらない:2013/11/08(金) 02:49:01.32 ID:PBRt7qeF
繋ぎとめて

触れてる時だけが最後のチャンスの個体

狂気でもわからない
直接的でもわからない
そんな個体でもわからないけど
だからこそ感覚を呼び覚ますしかなくなる
始まりに帰るだけ

確実性ばかりを押し進める必要がある
勝負しないそれは、勝負する時の為の伏線と準備
その先は確かに延長線上だけど、勝負をする時が来る

プライドを越えるためにそこを目指し
そこを目指すためにプライドを越える
導くためのプライド
そんな支え。もはや忍耐も我慢もそこにはない

感覚にしか託せない
わからない結末に結果の花を咲かす確率を上げられそうなのは、感覚
確率も確実もたかが知れてて
それらの最善もそこまで

最高潮の最好調を呼び覚ますしかない

プライドも
狂気も
直接的も
虚無も

全ても
確実性も

みんな感覚から始まってる
何もわからないところからの感覚、から始まってる

わからないこそを、知らないうちにわからないうちに感覚を使ってる
意識もしないで感じることだけを始めようとしてる

そこらへんの勝負に持ち込むしかない
最初に始まり、最後に始まる
再び

絶対に間違いではないものが間違いであろうが
間違いの感覚だったとしても、間違いすらない

無垢な感覚を呼び覚ますだけ
純粋と名付けられなくても
気が散るほどわからなくしてやりゃあ
わかりきってるくらいの余裕で感覚を出してる答え

151 :名前はいらない:2013/11/08(金) 03:02:49.00 ID:VXAIXTH7
確かなのは此処だけ

迷い巡る人を見る
また其処へ現れるだろうと
私は優勝セールに夢中すぎて買いそびれた
そんなどうでもいいことしか言ってない
案の定こんばんは
でもまあいいや
違うって言っても信じないんだろうし

152 :名前はいらない:2013/11/08(金) 03:14:06.23 ID:VXAIXTH7
誤植

数合わせしただけのそれにムッとする
明らかにそれ矛盾してる
私が欲しいのは確かな情報
どう見ても間違っているそれを晒せはしない
やろうと思えば切りがない
自分の目でなく他人の言葉を信じるよりないものについては

やってしまうと切りがない
ここに嵌まると後が大変

153 :名前はいらない:2013/11/08(金) 20:43:59.25 ID:PBRt7qeF
応え

越えないくらいのもんで越えるよ
機微に難しさ
個から皆へ向け派生
誇ろうね
プライドを叩き起こし
意地の名を捧げ
絶対が照らし続ける無の海
己が越えるプライド
正体は無論の狂気
深海で揺さぶられる感性
深い感覚
自信はまだ眠る
信じ初めていてもまだ

信念の正体を明かせ
永遠で無限の旅だった哀愁集
ひとつひとつ
帰るべき場所だとわかったら
帰らないでしばらく戦え
思いだけ馳せて
妄想に近くても現に有ったそれを
忘れないで行け

越えないくらいのもんで越えろよ
余裕ならば
見なくていい風景なんてないのなら
見まくりながら流れろよ
個体の意地なんか孕ませ
感覚のるつぼで
連携から個性
個性から始まりの連携
その連携から個性
始まりは個性
個体
夢の中
夢の話
どしどし
現実の話

攻撃的というものに適してる形
探す旅
守りも最低限
最善で

答えならまだ有るさ
本当の自分で越えろ
越えないくらいのもんで
越えるまで越えろ
越えなくなるまで

154 :名前はいらない:2013/11/08(金) 20:55:51.74 ID:PBRt7qeF
エゴの使命

報われなかった過去の地図
そいつのプライドが新たに照らすのが今の地図
沈んでゆく胸の深海
底無しに溶けてゆく渇きが光る
過去に照らされて光る無の海
仕掛けるのはひとつの個から
仕掛けなくてもひとつの個から
どちらもあるからひとつの個から

ミラクルな鮮烈
きらびやかな哀愁
渦巻いて貫いて
連携が伏線なら
最後は取ってやれ
己の責任にして
エゴイズムの海
真っ直ぐ行け
間違いなく
あなたがいるなら

155 :名前はいらない:2013/11/08(金) 21:05:33.64 ID:PBRt7qeF
新しい運命

理屈を越えて
速いくらい早く
向こうの世界
新しい自分
走る姿、真っ直ぐ
恥ずかしくもない、真っ直ぐ

手を繋ぎにいくよ
手を伸ばす
届かない
そうじゃない
そうなんじゃない?
そうかもしんない
それでもかまわん
笑笑、笑われ、笑笑
嘲る海
また海
違う海
沈む海
塩気の激しい海
知らない傷に沁みるらしいけど
わからんから幸い
まだ走れってこと
新しくてもいいから
新しいのが運命
定められてちゃいかん
使命を身勝手に見っけては
それに乗っ取ってって
新しい音

156 :名前はいらない:2013/11/08(金) 21:23:09.56 ID:PBRt7qeF
歩くのは練り飴のような道の上

ダサいダサいの連呼
クサいクサいの疑問
何かにビビってる証拠
ひたすら隠そうと必死
攻められるのが怖いから先に責める
なめてるから来る偽り
バレてもまた誰かのせい
わからない感覚が問題
だったらば合理的に
お得意のお得探し
寂しさに悲しみ
その正解に逆らう意味も見出せないお決まり
余裕ぶっこいてんのは怒りの持ち主の方
悲劇が半減する流れに喜び
蔓延する溜め息にうんざりする方がうんざり

「わかってただろ」

知らなくてもそう言える
後だしでも平然
下らないことで回ってる
頭の中も必死で回ってる
余裕に切り替えて回してる
ビキビキに回してる

「つかまえてごらん」

そんな気すらないくらい余裕なし
信念の意味をまた調べてる
手をひたすら必死に伸ばしながら
届きたいものはな〜に?

「しらねえよ」

見えねえなら仕方ない
仕方ないで済ませたくないだけでアレコレアレと調べまくる脳
脳に不能を上げても納まらん
卑怯なのは誰でしょう
誰もがでしょう?
知らん
本当の知らん顔を見せつけられ
渋い夢に渇かされる

「新しい水、ちょうだい」

欲しいだけ

157 :名前はいらない:2013/11/08(金) 21:45:30.24 ID:PBRt7qeF
知れてる霰のセンテンス

もう居てくれるだけでいい
そんな道の先
四季に巡る園の彩り移り変わり
花が咲いた愛で埋まる木綿の枕
夢で奏で紡いだ油性の艶やかな香り
妖艶を纏う影絵に哀愁雪景色
心情吐露吐露なイニシエ葉巻
見てない景色に言の葉の行列
想像してない言い訳を紡ぐまとめ書き込み
バカの場の上に馬と鹿を走らせ賑やかな競争
帰ってもいないなんてことがないように帰ろう
明日も明後日も続くなら続く限り

永くね?

158 :名前はいらない:2013/11/09(土) 00:32:12.58 ID:1c/wC6qf
だらだら

ひとりでも多く幸せになれれば正解?
ひとりでも不幸がいれば耐え凌ぐことを教える
「一時はエゴイストでいろ」
貢献しまくってやっと少しだけ見返りが来る
割りに合わないのが当たり前の世界
文句をつけようと思えば一生続けられるめちゃくちゃな罠
身勝手に貢献するだけ
好い人良い人になろうとしすぎて頭も身体もカチカチに固まってる
サービス精神だなんて程遠い

突き抜けるべきあの向こう
都合好すぎなことだけしかないようじゃないと足は動かない
でもハッキリとはしてない
決まりきってるような部類のものなんてその先にはないに決まっているから

方向がもう少し欲しいのか?
それが少し明確になれば多少は向こうへ行きやすい?近づきやすい?容易い?

まだやっぱり明確ではないけど
プライドを活かすために、プライドのためにやろうか

間違ってないと胸を張ることくらい、頭を狂わすことはいつでもできるけど
もう少し納得が欲しい
いやぶっちゃけ、納得ならしてる
ぶっちゃけ満足くらい欲しい
最低限すら得られてる気がしない
最低限が欲しい
例えそれが高すぎても
結構恥かいてるつもりなのに
まだ足りないのかな
この恥

至らない最下位
もっと最下位癖でもつけたいくらい
最上位を呑み込みたい

159 :名前はいらない:2013/11/09(土) 05:35:25.84 ID:vxEUcwVE
流れ星

目に見えるもの耳に聞こえるもの
人の心はいつもそれだけじゃない
それでも分かりたくて近づきたくて
分かち合いたくて

願いごとを三回唱えられたら叶うなんて
誰がそんないじわるなことを思いついたんだろう
子どもながらに思った、絶対無理だもの
その人は誰の願いも叶わなくて良いと思ったのかな

夜空を見上げるとき
もしかしたらそうじゃなくて

そのほんの一瞬を見逃さないよう忍耐強く待って
本当は自分が何を求めているのか一生懸命考えて
それを叶えたいと強く願うこと
そんな気持ちを引き出すために誰かが考えたおまじないかもしれない

長くても短くてもどんな長さの時間だって
一瞬一瞬の連続でできてる
出会ったのは一瞬の偶然でもその後の一瞬一瞬は偶然じゃ続かない
偶然より運命より積み重ねた時間のほうが長くて確かなもの

君がここにいて私がここにいる
それは偶然でも運命でもなくお互いがそう望んできたから
辛すぎて遠くなった時もあったけど
戻ったのは偶然でも誰かの無理強いでもない
ただ傍にいたかったから離れたくなかったから

ただただそれだけで他に何もなくて
だけどただただそれだけのことがきっと本当に大事なことなんだって
私たちは心のどこかでそう純粋に信じてこれたから
ボロボロになってでも
今も一緒にいられてるんじゃないかな
あの時から

おやすみ星の王子様
甘いお菓子ほど甘くはないけれど
たまには甘口カレーでもどうぞ

160 :名前はいらない:2013/11/10(日) 06:50:34.43 ID:wiJDIRPt
スペシャル

エゴの強み、大きく強化へ
無くてもいいなんて全く思わなかったけど
無くてもいいと思ってみてもいいようになってた
絶対必要でそれだけは絶対だと
敢えてそういう道を選んで、そこから見える景色を獲っていってた

きっと、どんなことが起きても、強気でいたいから
弱気になりそうな場面さえ、言い訳に近いものを拵えてまでしても、強気でいたいから
要はそれくらいでいようと思えばいれるということで
それくらい身勝手でいるべき時もあるだろうし
それを悪いという言われようが関係ないくらい、悪いとは言えないくらいのものを心には持ってるし
どうして悪いのかなんて説明できないから

トラブルを回避
それを例外と扱ってる誰かがいるけど、いや例外じゃねえし。普通過ぎるし

不遇にそぐう事を正当化し出しちゃってる始末
また爆発すんぞ、こんなんじゃ
密かに心のそれを心で期待しちゃってるのも事実か否か

バカみたいに収まっちゃって
感覚を殺しかけてることもわからないで、ふざけたルールに従うだけで

どれも間違いではないなら、正解すらねえのか?
正解は身勝手なもので
そうじゃないのも正解か?
ふざけたルール思い出してはまた爆発しそうなのか?ふざけた爆発?

それがやはり何も悪くないなら、爆発をまた促進させるか?
怒りという正体すらわからないくらいの真の怒り

やっぱり納得いってない
説得に納得いってない
暴走はできないしまたしても意味なし
だけど裏切っちゃいけない。諦めちゃいけない

投げちゃった誰かはたくさんいるんだろうから
そう思っては「自分だけは裏切らない」とか本気で思ったりなんかしてる
ちょっとでも特別に見せようとしてる

特別ではないに決まってるのに
そんなふうに思っても仕方ないと当たり前に思ってるから
特別だと普通に思う

ふざけてるからね

161 :名前はいらない:2013/11/10(日) 07:09:45.77 ID:wiJDIRPt
曖昧な返答

あきゃきゃきゃ

笑えよ笑え
勘違いしてる時点で負けだなんて
真面目にやってちゃ闇にハマる
ふざけろふざけ
勘違いしてやるだけ勝ちよ本当は
真面目にふざければ闇も晴れる
徹底で徹底

卑屈坊主
曖昧ひねくれ
中途に半端海

悪くない悪くない
言われても悪くない
真っ当な理由は言えない
例外を差し出すと逃走
例外でもないのに逃走
真っ当に逃走
真っ当な理由を言えずに逃走
アホだから逃走
最後まで独走
海は冷たい相当
担当に落胆本当
冒頭に諦め即答
続投に終止符と返答
真相は嘘と回答

言い訳は曖昧な返答の産物
そんなこともわからず曖昧な返答は続けられる
正義を背負っていても、椅子の座り方が間違っていたら言うことは聞けない
そんなにも間違ってるなら、間違いで返すのが常識か

自分の正解で
それは誰かにとっては間違い
自分の間違いで
それは誰かにとっては正解
ふざけた溝の境界線
ふざけて遊んだもん勝ち

162 :名前はいらない:2013/11/10(日) 07:39:08.77 ID:PmMKcBDn
大丈夫だから

良くも悪くも分かってる
それに一番大事なところはお互い通じあってると思う

君が暴走しても私がセーブする
変なところで合う相性
でも今80%の確信が限り無く100%になった
君ってあぶなっかしいんだもの

そりゃ地震も起きるわ

163 :名前はいらない:2013/11/10(日) 08:11:36.00 ID:PmMKcBDn
計算間違い

勘違いは私もだからおあいこ
曖昧なのは良くないよね
最初の勘は当たってた
でも私そんなに長居してなかった

地面より私の脳がまだ揺れてる気がするよ
結構強い衝撃波
でも津波の心配はないから安心して

164 :名前はいらない:2013/11/11(月) 00:08:53.95 ID:RL6U7jXl
「無題」

熊出現

165 :名前はいらない:2013/11/11(月) 02:54:54.62 ID:+uEWRyAj
・とあるし

何があるのかは分からないが
思い詰めないこと
視野を狭めないこと
そういう状況下や心境下に
出来るだけ自分を置かないこと

横槍と取られても仕方がないが
心身とも元気で健康でいること

お節介申し訳ない
以上です。

166 :名前はいらない:2013/11/11(月) 04:01:37.66 ID:us7KGdkR
blessing or curse

時代は後戻りしない
抗うには強すぎる流れ
変われないものは消えていくのが世の常というなら

みんなで渡れば怖くなかった懐かしき赤信号
今じゃ子どもの列に突っ込んでくるのは
普通乗用車どころか長距離弾道ミサイルで
笑顔で渡れど涙で渡れど
誰も無事には帰れない

自分だけは大丈夫なんて夢のように思っていたいだけ

どこまで抗えるかな
君は
私も
仕方ないという言葉のリアリティは
螺旋状に増して行く

167 :エゴ太:2013/11/11(月) 23:11:14.11 ID:g+2ldQw5
眠いんだ
新宿二丁目 近くのファミレスに
寄り道して
灰皿にたまる吸い殻の数

帰りたくない
呟いたFacebookの返信に
背けるな現実の言葉

眠いんだ、身体が床に吸い付くように重くて
眠いんだ、とても、でも
動かない、帰ろうとしない、帰れない
何かが身体を抑えつけていて

もうやめる
考えるのは

168 :名前はいらない:2013/11/12(火) 04:54:44.56 ID:a5F7Fpjq
まだ心

手を抜かないこと
道を抜けるから
気を抜く時があっても
目は背けないから
どんな時もこの目は世界を捉えようとしてるよ
そんな気になればいいから
見たくもなかったけどもう違うから
懸命にチャレンジして攻め続けるから
賢明さに少しは近づこうとはするから
もっと落ちたいよ
ダメな意味でもマイナスでもない
ネガティブと言われてもポジティブに違いはない
誰かに決めつけられるけどそこは呑み込まないよ
おかしな世界が更におかしくなった世界
それに対応せざるを得ないのが納得いかなかったから
でも仕方なく強制的に見なきゃいけない世界
色々と受け入れてきたけど、やっと気づく

「やっぱりか」

やっぱりと全く思ってなかった所からの、やっぱり
そんなやっぱりを、あの正しさを証明するために他をするんだよ
最下位の心地好さを証明するためだけに、最上位を目指す
やっぱりつまらん場所だとわかるまで

「満点なんて取らなくていいよ」

そんなこと言われたけど、0点をずっと取っておきたいくらいなんだけど

ふざけんな甘えんなと当たり前のことがきっと返ってくる
そういう位置になるであろう

決定項の不動
そこに聳える石なんて蹴ってやろう
そんな意志がまだ消えずにある

169 :名前はいらない:2013/11/12(火) 21:46:28.86 ID:a5F7Fpjq
究極の本能

最初の凄み
ビギナーズラックの正体はラッキーということだけではないからね
最初は様子を伺うしかないから
その姿勢がポイントの全てを占めてんだよ
時が経つの同時に成長を信じたい
その思いが理屈を作り、決まりきった道を作ろうとする
王道でも邪道でも少しでも王になろうとする道
明らかに間違ってはいない
けどそれだけじゃ絶対に報われない道だから悲しい

初陣は準備すらできない
何が目の前に出てくるのかもわからないんだから
そんな時の精神状態はある意味、最強
情報を得ようとすることからしか始められない
そんな弱みは最大の強み

やがて学習しすぎてパターンを作り過ぎちゃう
消せやしないそれはどうする?

別物にしよう。それだけ
最後の砦。最後の支え
そんなのを心の奥にしまいながら、忘れようとしよう

他で散らす
だから他を見る
適応力とはつまらんもの
素晴らしさなんてそこにはない
何もない自分を見せて、やがて本当に無くなる

だけどひとつだけあればいいもの
出口
間違っているとしても、出口を探せばいい
抜けきるんだよ
突き抜けることを考える

一番下の位置のまんま、高い所を抜けきる
そこに躊躇いがあっちゃいけない
苦しみの中だとしたら、抜け出すしかないんだろうから
それを諦める下もいいけど、諦めたまんまで上を抜けきるのがいい

それは一番どうでもいいこと
一番大切なことを証明するために、一番どうでもいいことを実践して示す
やっぱりどうでもいいことだと

そんな証明の仕方もあるから
それこそが最後の究極だろ
逸れるわけではないし、反れるわけではないよ
抜けきるんだよ。本能がその先にある

理屈を突き抜け、動物的になる
枯れ果てるまで、燃え尽きるまで
水のようにだらだらとでも
しっかりしてやる

170 :エゴ太:2013/11/12(火) 22:37:44.76 ID:4yM//GGO
考えるのを辞めて脱力した体は飲み屋へ向かった
行きつけの店は休み、じゃああんまり行きたくないがもう一軒の方に

いらっしゃーい、あーらお久ぶり

右隣の席は同年代のデブ
昔の写真をおもむろに見せ、痩せてたアピール
左隣の男はさりげなく太ももタッチ

とりあえず呑んだ、呑まれたくて呑んだ
デブと話があい連絡先交換した所で、自宅に誘われたが
呑み足りないため、二軒目へ行った

マスターは僕をタイプだという
4回目の来店の酔った僕の開いたワイシャツに手を入れる
客は僕だけ、枕営業か
キスを求めてくるがやんわり拒否

ただただ帰りたくないのだ
眠いを通りこし、目の前がまわる
店を出ても話足りない
求められたくない、求めたい
重い体は求めたい
仕事でもプライベートでも求められてばかりなのだ
呑みの席くらい求めたい
お願いしますと懇願させてよ
いかせてよ、

帰宅した僕に遊んでくれとはしゃぎ求めるイヌ
トドのように横たわる嫁

平和に飲んだくれた
平和すぎるほどに一日が終わるその最後を飾ったのは
20分間を密室を共にしたタクシーの運転手

彼はサザンが好きだった

じゃあ歌ってくださいよ

歌う彼の彼自身の人生が詰まった歌声と
ようやく求める事に満たされた僕は
明け方のネズミ

171 :名前はいらない:2013/11/13(水) 00:57:53.25 ID:w4i8ZHvT
真の相乗効果

身の程をわきまえようとしていったら、当たり前の天狗になった
頂点でもないのに
底無しを下に向かって進んでいってるというのに、異次元という位置付けにしては、「それこそが頂点なんだ」って当たり前のように思ってる
そんなエゴから生まれたもの
身勝手の何が悪い、という類いの開き直りに近い、だけど開き直りではない当たり前のもの
たったひとつあればいい
どれだけ小さくなろうが、未だに一番眩しく輝いている
というか小さくなればなるほど輝き際立つ
下に落ちれば落ちるほど、何よりも上に落ちてる
古き思いを、歪曲や屈折という言葉の上に、またいつか再び乗せる時が来る

流れに乗りまくり、罪を避け、罰も回避
やることが減り、見つけ始める理屈の山
その山の登り方の一番効率の良い部分だけを探し見つける
悪くはない。間違いはない。正解に一番近い

「色々あるよ。それぞれの登り方を尊重し合わなければいけないよ」

【ウソクセエ】

そう言っちゃえばそこまで。でも確かに、疑いを全くしない方が怖いっちゃ怖い
だから、別物なんだよ

そもそもその別物にいた
流れの中にいた
そこから出て、ひねくれのような歪曲の道の上に立った
それこそ、違いを求め、異次元の世界へぶっ飛んでいきたかったため
そっちも別物だろ→「小さなカケラ」

風は吹く
寒い真実は、現実を凍らせようとするほど吹いてる
いつだって冷たくも熱くもない海。そこへ帰る

熱に疲れては帰り、無法地帯に飛散しては帰る
お高いところから出て、言葉からの想像に触って、落胆の底無しに帰る
節約し過ぎで機能を使わないようにして、全く果たさないようにしてる
底無しはまだ無くならないでいい。一生かもしれないくらいでも、きっといい

172 :名前はいらない:2013/11/13(水) 01:21:23.62 ID:w4i8ZHvT
大・正体

正しさを主張するのも諦める、あの海
理解の範囲を持ってなければ、そりゃ弾き飛ばされる
かなり早くにわかりきっていたから、絶望なんて感触よりも先、理屈だけでわかってた
やってらんねえよの嵐はいつか本当の側、本物の絶望に掻き消されちゃうもの
それでもまた必要になる

感性の宝庫
理屈の集大成
異質な妄想の天狗
悲しみが痛いほどわかるあの涙

怒りはもう復活させない
正直、呆れるを通り越してのルールを見せつけられる空間だから

狙いを新たにするよ

結局は無垢に帰って
それでもまた理屈に帰るようなことをする

「大丈夫。それらしい理屈になってても、実際にはそこには帰ってないから」

それがかなり重要。これからも更にそうなってくるはず
バカげた理屈なんてどんどん捨てていって、何もわからないまんまでいよう
目的地だけをもう見よう

間違いなくそれは虚しい
達成とかして、それで喜べる?そんなはずがない
達成感なんて間違ってる
しなくても誰かがきっと悲しむだろうけど、しても必ず誰かが悲しむ。更にね

そんなことをするくらいなら、しない方がマシ
そういうのもあるけど、バカに虚しくなってやろうぜ

最後の期待は、期待してないくらいの所から生まれなくちゃいけない
だから期待してない
いきなりうまくいった時とかのインパクトを求めているから、というわけでは一切ない

どれだけ虚しくても、期待を一切しなくても、突き抜ける
それをするだけ

誰だって潜在的に本能的に、動物というなら
違ったものも隠し持ってるだけの時もある

173 :名前はいらない:2013/11/13(水) 02:17:27.11 ID:w4i8ZHvT
明かりの尊さ

捨てちゃって、意志の石
あの海に捨てちゃって。浮いてこないから
安心して見届けて

ってそんなわけにはいくかいっ
またどうせ光ってんだろ、ほら
ああ、それでいい、全然それで

滑り台、落ちる最中に切る風
心地よいけど逸れちゃったな、流れ
苦しく辛い謎は解くまでもなく、正解の答えならもうあったね

ダメだよ。ほら、哀れむばっかじゃ
悔しさが溢れてきたら、悲しみを連れてきた涙
忘れないよ、あの光景
忘れない、絶対

拡がりすぎた空を全ては見れないね
だけど本能はそれを許しちゃいない
だから肝心なこと意外にも目を向けようとする心がある
お前のものだけなんじゃないんだよ、と冷徹に諭す

俺のもんになんかしたいわけじゃないけどね、そんなことはお構い無しで風は吹き付けてくるね
知ったこっちゃない、抜け道探し旅
無能と突きつけてきても知ったこっちゃないのに
無能でなくなるようにならざるを得ないような抜け道の突き抜け方

無様に転んでいたいよ
無様になっていたい。優しいあの人にも癒してもらいたいし

しっかりしますよ
骨まで響いてる声
捨てたい試練でも挑む
捨てたい使命でももう全う
何でもありだからこそそうしよう
とは言っても心はまだ萎えてる
怒りの火種、完全鎮火はまだ先の方
消えねえとできねえわ
愛の本能
その名のために
おこがましさを消しながら身勝手な火をまた小さく点けて
灯る火を見つめる瞳の奥の光

明かりの尊重。その尊さ

174 :名前はいらない:2013/11/13(水) 05:25:48.39 ID:w35Inu3T
朝ボラ気

また寝る時間がないと気付く
ひねもすのたりのたりかな

175 :名前はいらない:2013/11/14(木) 02:10:40.71 ID:qfqQ/WpT
怪物の王

大きく手を広げ
力ずくで全てを支配していった
終わり

それだけで終わり
それ以上はない王様
また帰ってくる場所

シンプル

ぬるま湯の上で柔らかく浮いてる
力なく全てを見つめ
経緯を浮かべては運命
違う場所から見てる同じもの

完成形と未完成形が同じになる
裏と表
闇と光
左と右
上と下
違いも一緒と同じ違い

疲れた時も
わからない時も
ビリビリの時も
あの場所を見つめる瞳も

たまには自分の全てを労れ
それしかしてなかった過去は、今のための伏線
小人の小さな牙
大きな意味は眠ってる
怪物が全てを蹴散らしそうでも
王様の道が閉ざされるだけのものでも

あの才を孕め
笑われても虚しくても
落ちてく虚ろに誇りの花
咲き乱れる鮮やか才
信じる以外にない意外性を信じれいやい

176 :名前はいらない:2013/11/14(木) 02:22:53.43 ID:qfqQ/WpT
氷の花

凍らせれて、堕ちてく
海の底へ
闇の方へ
浮かない真実
寒気すらないけど、寒い
凍える
眩しい光も心には届かない
闇のバリケード
また堕ちた、また堕ちたの繰り返し
もう繰り返してはいない
続いて連なってる墜落
闇の方へ闇の方へ
光は見えます
闇の方へ

酔えない
忘れてる
そんな楽しみ方は今はもうない
どこかで調子に乗れてた時の奥義
ふざけた現実が心の光さえどこへ流してく
怒りも消える
海に消されて浮かんでる
ただただただ浮かんでる
寒いまま浮かんでる
寒いから浮かんでる
寒いけど浮かんでる
浮かんでるけど沈んでる
訂正のように沈んでる

全ての伏線の労力も省略ぎみ
抜けきる道だけでも省略ぎみ
そんな万物のゴール省略ぎみ
細かい?見つめる?抜け道?省略ぎみ

177 :名前はいらない:2013/11/14(木) 23:09:43.79 ID:qfqQ/WpT
振り返りの家

闇に問う
間違ってましたか?わたくしは
折れくたびれた己は何?
あの時、折れる以外の選択肢はなかった
それは何故?
折れるしかなかったって何?

世界が変わること
自分は変わらなくてよかった
だけど変わるしかなくなるなんて
おかしくない?
おかしくないな
いやいや、おかしいでしょ
粘っていたものは何だ?
感覚忘れてる

痛みも苦しみも消えたけど
喜び楽しみもちょっと曖昧になった
おかしいだろう、それは
そんなんじゃダメでしょ
帰るべき場所でしょ
やっぱりか、って思いながら帰ろうよ
間違いないでしょ
真剣でしょ、ふざけてたとしても。マジになってた

正しさを主張
合理的に効率的に
今こそ行くんだよ、あの道を
あの時の道を

全てに裏切られたり
全てが折れちゃうものだとしても
俺は折れないよ
無謀でも忘れないで
魂はあの場所にしかないよ

ルールもない勝負に勝てる唯一の方法
違いから入るし、狂気からも出る

それらしき大きな力を、少しでも手に入れたと思える今だとしたら
あの弱さしかない強がりのような異彩の狂気を
意味もなくバラまけよ
意義って自分で決められる部分もある。そうならば

178 :名前はいらない:2013/11/14(木) 23:15:12.37 ID:tCOo7dQo
まだいるかな

ちょっといろいろあった
できるだけ早く頭の中をまとめよう
アノ人コノ人の話はあくまでも小さなことに過ぎない
大して重要ではない

折り返し地点
まだ少しある
その過ごし方を考えないとね
息が切れないように

179 :名前はいらない:2013/11/15(金) 01:47:05.10 ID:l5JFOwkV
時計の花瓶

最近目覚める
捨てた過去
取り返す今
ボロボロになって気づく
どうせボロボロになる今なら
取り返した過去でボロボロになっちまえって
昔から思っていたこと

一人だけ裏切っていない
自分独りだけは、絶対に自分を裏切ってはいかない
裏切るしかなかった時があったからこそ
今、気づける
やっぱりかの連呼

「俺はあれ。やっぱりあいつだわ」

欠点ももちろん確かにあったあれ
今少しはその欠点もどうにかできたはず
だからこそ帰りたくなってんだ

帰る場所
帰ろう
また会える時は今
再会の感動を永遠に刻めや
この時に

180 :名前はいらない:2013/11/15(金) 06:03:48.13 ID:ORPc6/FV
片言

言葉にならない言葉をここしばらく喋っている
誰に聞こえるでもなく
聞いてほしいのかどうかも定かではなく

できるならあの感覚にはもう戻りたくない
辛かったからこそ過去に置いてきたはずの

でも今は
少しは触れてしまうしかどうしようもない

やっぱり今はあの時の続きでしかなく
忘れたくて忘れたくなくて
思い出してしまう
どうしたって誤魔化しようがない
ひとときの気晴らしでひとときは晴れても
くだらない会話が楽しくても

でもあまり帰りすぎないように
少しは踏ん張ろう
落ちすぎればそこは取り返しのつかない闇
戻れなくならないように
あの時の自分そのものではない
今の自分にとってのあの時の自分のはずだから

181 :名前はいらない:2013/11/15(金) 06:24:04.76 ID:ORPc6/FV
戻る場所

忘れないで
落ちるのは落ちるためじゃないってこと
魂の場所に戻るため
そこに少しだけもう一度触れるため

冷たい空気に身を投げないで
無謀でもそれを信じるなら
最後の熱は自分を温めるために
残しておいて

182 :名前はいらない:2013/11/15(金) 07:52:05.67 ID:l5JFOwkV
同義の文書

もしも全てがひとつのためだったとしたら
それはもう全てとひとつは同じものなんじゃないの?

だとしたら良い意味で笑える
あからさまに違うのに一緒って、そりゃ笑える
別物が同じ
別物が別物ではない
違うものが同じ
違うものが違わない

縛られてるの?
縛られてるのか
縛られてないか
ひとつか
全てか
集中か
分散か

やっぱりか
やっぱりおかしい
通念がおかしい
怒りの根元、思い出す
そりゃそうだろと今なりに納得
あの通路は夢に見た軌跡
この通路は現実に来た奇跡

たったひとつだけが全てだったその違いが、今もまた全てになる
今の全てのうちのたったひとつのその違いが、今もまた全てのひとつの違いになる

全てがひとつに
ひとつが全てに
その違いが全てに
ひとつがその違いに
全てが同じに
全てが一緒に

答えならあの意味に書いてあった

183 :名前はいらない:2013/11/15(金) 22:04:37.59 ID:l5JFOwkV
(何でも)ひとつ(全ても)

いつのまにか花、開く
理屈じゃわからないけど、明らかに正しい
そう思えるのは、理屈だけの判断ではないということから
感覚的に絶対を感じてる
準備に手は抜かないけど、決めごとはほぼ一切なし
負けない程度の構えのみ

何でもひとつだと、全てに感じ通ずる
どんな式からでも、同じ答えを導ける
そう仕向けられる
そんな全てに、何でもひとつを

酷い全てやひとつ
明るい全てやひとつ
全てに準備

ひとつに意味
浮かばして想像
行列の全て
答えのひとつに光

正しさが帰ってる
強くなった自分に、弱い正しいが戻ってくる
見ながら省略
はかる効率
はかどる伏線

184 :名前はいらない:2013/11/16(土) 02:42:03.99 ID:0cjzLgMI
冷血の心

ムカつく限界
怒りなし
真実に限界
はかりなし
度を越えろ
思い出せ
負けっぱなし
苦しけりゃ良い
過去の話
勘違いで限界
自惚れの詐欺
また気持ち
付けよ火花
灯火に栄光
少しは無礼講
奔走に励行
抵抗に成功
バイバイに永遠
ひとつに敬遠
来年に声援
青年に整然
全然に猛然

185 :名前はいらない:2013/11/16(土) 02:55:53.82 ID:0cjzLgMI
光のハート

悲鳴
幽霊
現物

飛び交う気
笑みに騒然
逃亡に勤しみ
牙に光り
夢中に眼光

受け継ぐ気
共鳴に隔離
期待に待機
救世主の殻
気と魂に心
ありがとう

尊ぶ歴代
新星に移り気
流れに決壊
愛に言霊
人の生に実

秘密
雪の飴
迎合
機械

まる気

186 :名前はいらない:2013/11/16(土) 03:18:35.60 ID:0cjzLgMI
エグりんしゃい

エグりんしゃい、エグりんしゃい
我が心、エグりんしゃい
どこまでもエグりんしゃい
明日までもエグりんしゃい
しゃいな気持ち、エグりんしゃい
ドエグリン、エグりんしゃい
シャイグリン、エグりんしゃい
しゃいしゃいしゃいしゃいエグりんしゃい
しゃしゃいしゃしゃしゃいエグりんしゃい

軽くいなし
心の底に落ちた鏡
黒く映る空は笑ってる
楽勝を担いだ不敵
雲に白さを切り裂くダーク
月も笑えば鏡も晴れるや

そんな鏡もエグりんしゃい
明日気ままにエグりんしゃい
雪解け水の、エグりんしゃい
突破の教科書、エグりんしゃい
最高の手紙、エグりんしゃい
情熱に狼、エグりんしゃい
交わる野性、エグりんしゃい
手を翳して、エグりんしゃい
もういい加減、エグりんしゃい
やめなさい、エグりんしゃい
鬱陶し、エグりんしゃい
ウザ、エグりんしゃい
何だったんだ?エグりんしゃい
オモシロクもない、エグりんしゃい
エグられない、エグりんしゃい
悲鳴、エグりんしゃい
夢、エグりんしゃい
玄武、エグりんしゃい
祈祷、エグりんしゃい
エグ
しゃい
りん

不明意味
不明瞭展開帳



187 :名前はいらない:2013/11/16(土) 03:29:21.82 ID:0cjzLgMI


雪のように

夢のように

雪のように

夢のように

波のように

先のように

雨のように

橋のように

柿のように

絹のように

滝のように


188 :名前はいらない:2013/11/16(土) 04:03:12.40 ID:TLHKDrZ9
ポーズ

あそこにはどうもきな臭い輩がいて
ちびちびと情報を漏らしてくる
それがとても気に入らない

ああ書いておけば鎮まるだろう

私がまだここにいることはここだけの話

189 :名前はいらない:2013/11/16(土) 08:53:17.63 ID:TLHKDrZ9
手間暇

上手く説明することがとても難しい事柄
上手く説明することがとても難しい時期
言葉にできない言葉を抱えて
私は確かに傷んでる

ある出来事
きっと悪気なんてなかったことは分かっているんだ
君はただ詰めが甘い
でもたとえ悪意はなくても
話題にするだけで相手を傷つけることがあると知っていてほしい
あくまでも治るかはまだ分からないから
もう治ったかのように楽観的に期待されても
君以外の人にまで期待されても
応えられないかもしれない自分を私は責めてしまう

きっと言葉を待っている君を無視するつもりはなくて
でもやっぱり今は傷んでいて
もう6時間近く考えているけど
上手く言葉が出てこない

今はこれしか書けない
ごめんね

190 :名前はいらない:2013/11/16(土) 09:47:36.98 ID:1dIuALol
こちらこそごめんなさい
不用意でした

191 :名前はいらない:2013/11/16(土) 10:43:24.17 ID:pcftRyIs
被爆する男性は素敵
彼氏にするなら原発作業員
イケメン原発作業員写真集
こうして私は原発美男子とゴールインした
モテたいなら原発に行け!
被爆なんて怖くない
イケメン奇形児
奇形児はモテる
福島奇形児 涙物語
私の彼はイケメン奇形児

192 :名前はいらない:2013/11/16(土) 15:18:29.78 ID:w4amvReD
http://yokoiki.exblog.jp/21335881
やべえこのブログおもしろすぎるwwwwwwwwwwwwww

193 :名前はいらない:2013/11/16(土) 19:14:59.36 ID:0cjzLgMI
狂気の沙汰

未知なる恐怖、おののき逃亡
ひとりで抱えてるせい
それでもいい
走る
不正解が見えてきた今
帰るのが見える正解、何より
カッコつけなよ
ひとり妄想に逃走
通じない事を嘆く一方でちゃんと確立してるその逃げ場
最初はどうだったんだろうか
最初から逃げ場だったのだろうか

明らかにそうではないでしょ
純粋にたどり着いた場所
間違いはひとつもないよ
感性自体が証明してるじゃん

プライドは要らないなんて
捨ててみたらわかる
必ず要るということ
自分を釣るんだよ
バカげた議題とメンチ切るために

狂えよ、冷静に
先が見えてなさすぎるのが怖かっただけ
もう準備ならできるだろ
悔いなんて生まれないように

取り返せ、ひとつだけじゃない。全てを
失うことでしか気づくことができないこともある
遅さなんてない
今この時なんだって、痛感で叩く胸

全身を使うんだよ
分散させるんだよ
決まりきった道を次から次へと作ってしまうものだけど
手を抜くな
一切、手加減なしで
一発に全てを賭けるつもりで続けてけ

それを本当にしたら本当に潰れるだけだった過去
一切もたない。気持ちも必ずスカしかしなかった

それをしなくなれただろ
省略の効率
意義を強く、自然にもう見出だせる
全てを本気に
全てを見ながら走る

見えるようになったこと
力尽きなくなったこと

194 :名前はいらない:2013/11/17(日) 00:46:52.78 ID:e+LTs99u
「動く時に」

意味なんてあってもなくても
その時には分からないね、きっと

ファンタジーは、何かが崩れないために必要だと思うんだ

混じり混ざって訳わかんなくなってても

涙が出るのはそのせいだ

195 :名前はいらない:2013/11/17(日) 04:12:55.42 ID:wYcJMamU
間際の夢

もう断言できる
今の俺は間違ってるということ

間違いは一切ない、正解しかなかった過去
だけど、飽くまで自分の中だけでの正解の話
世の中全てがそれを正解だとはもちろん思わない

だからだよ
だからこそ、そんな正解は捨てたくなった
捨てたら終わり
自分ではなくなる

世の中の正解だけが、もちろん正解ではない
どちらを優先する
もちろん自分でしょ
それをしなきゃ自分ではなくなる気がしてたし
自分の中の不正解さえも世の中では正解
だからと言ってそれを自分の中ででも正解にできる、ということは間違いなくできない

差、溝
本当は、自分の中だけでの正解を突き詰めたら、世の中の正解にも辿り着いてしまうものだと思っていた
浅はかだったのかどうなのか、よくわからないけど

中々突き抜けられないトンネル
そんな最中、トンネルを引き返すしか無くなった
必ず誰しもが訪れる、折れなきゃいけない部分
折れちゃいけないものまで折れた
そういう状況に持っていかれた

「おかしい。そんな状況があること自体、おかしいだろ」

いや、おかしいけど、当然起きること
いくら100点を取ってるつもりでも、101点は取らなきゃいけない。ただし、101点以上はない

1点は結果
名刺作り。どうでもいい内容。結果だけがある。アナタの中の100点のうち、1点だけを俺が貰う、その場所

100点は中身
評価なんて知ったこっちゃない。己の好み100%。理想の彫刻。全ては純粋な感性作品。評価に惑わされる隙はない、無関係

叶えましょう。息が荒れても
冷静にあれを見ながら、自分を曲げないで
柔軟だと言っては呑み込まれちゃうだけのものにはならないように
曲げないために、見つめてるだけ。あの世界を

196 :名前はいらない:2013/11/17(日) 07:11:08.82 ID:14jCBLME
>>2


197 :名前はいらない:2013/11/17(日) 08:44:49.33 ID:erqAZfzy
今夜はフルムーン

寒空に輝き照らす明瞭を讃えよう
艶やかな表面から流れ落ちる水滴は透明
最後に私が垂れた算数と国語の講釈より
たわいない血液型占いが楽しかった

寂しいけどこれでいいのよ
月見に一杯
1の楽しみも自重
無限地獄の出口へ

198 :名前はいらない:2013/11/17(日) 21:56:16.42 ID:b0b4N7JA
つき

ちゃんと意味はわかっていないかもしれないけれど
あなた たち?のお陰で、今日はとてもいい日です
有難う

温かいココアやカフェオレなどで
心と体をゆっくり休めて下さい
糖分や温かい飲みものは
心にも体にも優しいです

感謝が伝わりますように
応えてくれて
ありがとう

199 :名前はいらない:2013/11/17(日) 22:57:41.12 ID:wYcJMamU
夢の続きの人

現実的日常変化
適応の強制からは逃げられない
そんな必然で夢の道は断たれるもの
知らず知らずのうちに呑み込まれ、言いなりになってる事さえもわからなくなる
衰えるだけの奴隷

あの夢の続きを
改善点が必要だったことをとっとと認め
以前よりはパワーとスキルのアップはしているはず

なのに、その事実を認めたくはない
違うかもしれない、と怖れているのではない
ちょっと夢を見失ってるんだ

明らかに叶えられないような夢
現実的からは遠すぎる理想
案の定、復活させた途端に潰される

俺のとっての絶対は、世の中にとって一番絶対ではない
一番ダメな位置。ダメ人間の地位
そんな絶対は通用しない

逆に世の中で絶対に近いと思うものは、俺の絶対からは真逆のもの

どちらを優先か
どちらも優先。それしかない

俺の絶対を改善するための、世の中の絶対
だからそっち側の絶対から常に入り、小出しに毎回自分の絶対を吐き出し続けるしかない

機を見ながら
いつできるかわからず
一生絶対を吐き出せなくても
思いだけは持ち続ける

それが何よりもバイタリティーになればいい

200 :名前はいらない:2013/11/17(日) 23:02:26.55 ID:wYcJMamU
アナタを見る心

1番最初の1
それが全ての始まり
100までが一応なゴールで
それまでの残りの99
それを好きなものだけで埋める
俺はもう裏切らないし、アナタから必ず先を見つけ出し、一緒に連れていく

それが死ぬまでの使命だ。間違いなんて1つもない

201 :名前はいらない:2013/11/17(日) 23:12:02.12 ID:wYcJMamU
頑張る道の永遠

もう引き返さない
最期まで誓う
アナタの先にしか、もうゴールはない
どこまで行こうか
どれだけ世界が暗くても、アナタとなら俺は「もう大丈夫」だと言える
間違いではなかったよ。少しだけだけど、強くなって帰ってこれた
その少しだけが足りなかったせいで、俺は毎度不甲斐ないだけだった

仕組みがわかったんだよ
メカニズムがわかったんだよ
立ち位置、影響、波及、振る舞い、夢、アナタ

離れたいならそれでも構わない
俺はいつでも感謝を心で告げるし、その本心を連れながら一生進み歩く

復活以上を見せる
もう歩みを止める気はない
走り続けるよ

202 :名前はいらない:2013/11/17(日) 23:17:10.02 ID:wYcJMamU
サプライズ

どこまで遠くても
そんなに遠くなくても
もうブレることなんて一生ない

心配を積もらせちゃった雪の重み
一杯はらって軽くするから
少しは安心して、できるだけでいいから信じてついてきて
ちょっとくらい景色のいい場所に連れてってやる

203 :名前はいらない:2013/11/18(月) 00:53:07.16 ID:sfE/iBNH
報われますように

キモいんだか
致し方ない
そういう部分も持っていて
それを出さなきゃやってらんねえ時もあるって事
理性ばっかで塞ぎまくり
その反動で振り切りすぎ
相変わらず不器用
それでもいいともう普通に思っちゃってるし
何にせよもうちょい頑張れよ
欲しいものを手に入れる権利まであとちょっと
確定的な結果
もう見せちゃいたい
修行はしばらくお預けで
戦う続けるモードに突入か
甘えたい気持ちはいったいどこに
感性で好きなものを見つけ
それを失わない心はまだ難しい
難しくない程度で結果くらい出しておきたい
それから身勝手な夢に近づきたい
焦らず走るだけか

204 :名前はいらない:2013/11/18(月) 10:03:12.74 ID:sfE/iBNH
れいどう

「楽しく遊び喜ぶ」
そんな夢のような話
難しい達成感
達成感の意味がわかんない
全てがうまくいったとして
そんな達成
ちょっと虚しくないか
難しいことだったとしても、その難しさに不満を持ち出す
逆に簡単にできるようになっとしたら、それはそれで物足りなさを感じたりなんかして

理想とは違うその動き
「楽しく遊び喜ぶ」
その思いは果たして持てるものだろうか
要は、舐めてるって感じも含まなくもないってこと
しっぺ返しの可能性すとかんごい嫌なのに
それを大きくなるようにまでする
そういう追い込み方とかありか?
どうなんだろ

205 :名前はいらない:2013/11/18(月) 17:00:24.09 ID:vZVsZHeG
疑念

検査と待合室の冷たさ
カレンダーを見る次の予約
もう12月が近い
帰り道の廊下の寂しさ
送迎バスを待つ時間

無事にとは言うけど早くとは言わない私なら
暴言を吐くような元気はないよ

でもあれ誰なんだろうとは思う
どうしてあんなに偉そうなんだろう
それに
そもそもなぜ知ってるの
どこがいいのか分からないと言いながら
自分のものだと主張して
ずっといる人

206 :名前はいらない:2013/11/19(火) 00:15:03.14 ID:EqsPuuB8
はか

今晩は
ベランダに出ても月が見えなくて胸が苦しくなります
私は、重要なことは何も分かっていないのだと、思い知らされて心が潰れそうな気持がします

いま私が何をするべきなのかもわからない
あなたの言葉もきっとおおよそに満たないくらいにも理解できていない
出来るなら、私の言葉や選択で誰にも傷んだり、苦しんだりして欲しくない
自分をバラバラにして、同じことを繰り返してはいけない

こんな半端な言葉でも書き出す価値があるのでしょうか
あなたは、がっかりしたり、落胆したり、傷んだり、しないのでしょうか

まくのなかのおんどとしつどが上昇して、呼吸がおぼれてうかされるようになっていく
つめたいくうきをたくさんすいこんで体をひやしたくなる

無視をしているようなつもりは少しもないんです
私の言葉はあなたや誰かのタブーに触れていないか



こわくてきいたりたしかめられていないことも、きっと幾つもある
私の書き言葉に、傲慢なところがあったらごめんなさい

昨日、ちゃんと向きあっていれば、本当に届いたり、伝わることがあるんだって
本当に嬉しかった
それを思いだすと、心がやわらかくなって安心する気持がする

あなたは安心してたのしく暮らせていますか
纏まらないけれど、今日は以上です
まずは変わりなく自然に過ごしていられることが、今の私の最低目標です

207 :名前はいらない:2013/11/19(火) 04:52:07.95 ID:Klgh9Aqu
光る魂

手に掴み大事に見つめてる

ゴールへの到着

辛くしんどい、その正直
一番助けてくれるものを忘れてたわ
気持ち
もともと気持ちさえあれば、何でも叶うと思ってたくらいのもの
今はどうだ?
力んじゃうきっかけを作るだけの最悪のもの。そんな位置付けにまで発展してた
力まない虚無
熱く動いても、冷たい機械みたい
それこそが本当の地獄で、うまくいってることさえ全く喜べない
喜ぶ心が無くなってるから
そんな最低最悪の事態の最中、思い出す

「何もかもダメだったとしても、気持ちだけは燃やす」

生まれそうなのはやっぱり力みで、でももう虚無で機械
余裕を生み出しては、そこに気持ちを込めようとする
実は全く無理な話だけど

だから、

「直線を心に刺す」

わかってるよ、あの高い世界
余裕ぶっこいて下を見てんだよ

心の真っ直ぐが地平線に横たわる
それが直線と掛かる
細かく刻む揺さぶりは最後の伏線
余裕ぶっこいて次は何するか
溜めを作る
直線を行ける溜めを作る

変えるべき場所が変わる
どうしてあちらこちら廻る?
いつか進むべき道を行くためだよ
間違いなくそれは直線であって
それがわかったなら、その直線を選べやすいように選択肢を増やしたい
ジグザグになるように
三角になるように
直線の先に味方でも敵でも、そんな壁ができないように全て直線上からズラす

みんな先の光が見えますように

208 :名前はいらない:2013/11/19(火) 22:25:52.47 ID:U825mmH7
ようぼう

最近何か楽しいことや嬉しいこと、ちょっといいことがあったら、ききたい

209 :名前はいらない:2013/11/20(水) 03:09:06.61 ID:YlbLea60
現状、挙げられるほどのことないのが事実

印象的な事はあまりないかな
迷う隙間すらないくらいの一本道を見つけたことかな

一応マジっぽい
一応疑いかけてみてるけど、多分その一本道を進んでいくのが何よりもベストなんだと納得してきてる
散々色々見て探してきたつもりなんだけど、そんなことすらこの一本道のためにあったのかなと
方向性がちゃんとしてきたかな
ちょっとホッとしてる程度だけど

じゃあもう他は全く何も変えないのかと言えばそうでもないとは思ってて
バランス的なことをもうちょい詰めていくべきなのかなあと考えてる
そもそもそんなものなんて逆に崩してしまえ、ってなことを結構やってきてたので、その反動もあるかな
見てなかった所を見直し始めてる

方向性をもうちょい強く思いたいから。ちょっと今は結果がほしい感じ
ギアが難しい

210 :名前はいらない:2013/11/20(水) 12:23:07.57 ID:KYcdAF6r
閃光ががががががんと走った
あいつがやってきた
飛ぶ俺飛ぶ俺
みんながあーっはっはっは
まみむめ¥
メリークリスマス

211 :名前はいらない:2013/11/20(水) 17:13:53.08 ID:1tLuvqZ5
ありがとう

ちゃんと理解できていないのに変?ですが、
余り根をつめすぎないで

私は
この間、近くに猫を三匹も飼っている家をみつけたり、お義母さんやお義父さんから好いサイズのこたつを頂いたり、遠方から友達が1年ぶりに会いにきてくれて皆で楽しくできたこととかが嬉しかったことかなぁ
もう少し遡ると、大好きな友達とようやっと仲直りできたこととか

おでん、作ったことありますか?
おでんのスープの作り方が今いちよくわかっていなかったのだけど、
オイスターソースをつかうとあの味になるみたい 吃驚!

あったかいご飯ちゃんと食べて、休める時は休んでくれていたら嬉しいな

私少しお母さんみたいですかね↓

今日は、以上です
どんどん空気が冷えていきます
こたつから出られない
部屋の中は水槽みたいな感じがします
魚が泳いでいたらいいのに

212 :名前はいらない:2013/11/20(水) 17:44:29.01 ID:kqLwBsEk
もし私が、あなたの小さな嬉しいや楽しいを、奪ってしまっているのだとしたらどうしよう
あなたも例えば、自販機で缶コーヒーがもう一本当たったり、朝焼けがやたらに綺麗だったりしたら、嬉しい気持や清涼な気持になるでしょうか
私、おかしなこと書いていないかな
幸せな気持でいて欲しい
ふとした時でも、時々でもいいから、
小さな嬉しいや楽しいが、あなたに連続してくれていたら
嬉しいと思いました

213 :エゴ太:2013/11/20(水) 23:28:58.24 ID:qgCK6sGY
またいつもの場所で一人飯
吸い殻がたまった灰皿と、食べ残しのサラダ
眠気と戦うのは、夜に求めた心
疲れてるのは体か精神か
喋らない時間
気泡を眺めて呑むよ

隣はまたカップルで
耳塞ぐようにしたイヤホン
人差し指の指輪
私は独身ではない。

コンタクトが渇きショボショボの目
バッグから目薬を取り出す力もない

続きはあれから続きは続いてる
変わったかな、一週間で
求められたよ キス
断った タイプじゃないもの

さみしくてね
それが余計さみしくてね
求めたいんだよ。求めたいんだよ。求めたい
この夜がゴールドにシュワシュワと
舞い上がるように

気泡を眺めて舞い上がるよ
これから夜明けまで
これから夜明けまで
これから夜明けまで
これから夜明けまで
これから夜明けまで

シュワシュワー
シュワシュワー

プチ
プチプチっ

214 :エゴ太:2013/11/20(水) 23:31:08.06 ID:qgCK6sGY
帰る場所が出来て
帰るのがいやになった
指輪がついて
帰るのがいやになった

そこじゃないのを知ってるからね

215 :エゴ太:2013/11/20(水) 23:36:41.70 ID:qgCK6sGY
ここからわずかスーメーター

そこは僕のバロメーター

アルコールと卑猥な用語に囲まれた

ここからわずかスーメーター

近づく前に疲れた

216 :エゴ太:2013/11/20(水) 23:41:48.73 ID:qgCK6sGY
いい加減

ほんといい加減

辞めるか
丁度いい加減

いい加減
包まれた羽は
伸ばしたい
その時を、タイミングを、チャンスを

ほんといい加減に

風呂でもなくて距離感でもなくて
中国製の家電製品でもない

いい加減な
眠気

ベッドに広げた夢が夢見るように
いい加減に
眠い

217 :名前はいらない:2013/11/21(木) 06:35:03.94 ID:M7srI9nC
雑用

いそいそと別人に答えてしまう君の
でもまあ結構です
あの荒波高波が嘘のような凪を見る
嵐は去り深呼吸できる朝
あえていうならそんな日がたまにあることが幸せです

うちにはこたつはありません
インテリアに合わないですから
誰かモダンなこたつをください
この冬は寒そうです

218 :名前はいらない:2013/11/22(金) 07:58:39.87 ID:VwvJj1FH
ボナペティ

いそいそと私と喋ってしまう君の
でもまあ結構です
しょうもないくだらないしょうもないやり取りに
答えが少し交じる交わる交じり合う

はっきりと区切られた時間の中で
全てが自由なわけがない世界の中で
自由なティグレ檻の外
苦手なのは知ってるけど困った顔も見てみたい
良い格好しか見せないなんて
やっぱりずるいもの

219 :名前はいらない:2013/11/23(土) 12:38:27.89 ID:xRmSbRgj
柔らかい椅子

天国なのに
知らないうちに地獄にしてる
単純な答えは確実に楽だけど
それすら無いようなひとつの正解
それを選ぶほうが本当は何より楽なはず

「見極めて見極めて」
無理な時には進まないで
溢れ出る強引さは沈めたいけど
それは本当に答えすら出さないような事になる
見えてるけど簡単にはいかない

作り出さなきゃ行けない
それがちょっと厳しい
実際にやってみたら結構にうまくいってるけど
それがもっと確実になったとしても
どこか辛さを引き連れてくる

見て見て見て、そうしながら待ちたい
道が開けた瞬間だけ進みたい
強引さ無しで甘えたい

そんな本音
そこにある答えと手を繋いでいきたいけど
もっと強引に進まなきゃ行けないような場面があって
そんな場面があるのがちょっと悔しい
そんな思いや場面はなしで進みたい

突然失ったけど、気づかなかったよ
答えが照らされてあるけど、それだけじゃダメなようになってるから
やっぱりまだちょっと不思議

220 :名前はいらない:2013/11/23(土) 19:30:22.41 ID:xRmSbRgj
答えのない道

未来は柔らかいのかい
ふにゃふにゃで、心はゼロに
新しい階段のぼる
辛いけどエスカレーターにはならない
歩くくらいの気持ち上がりたい
でも歩くくらいでもキツい
止まるくらいでふにゃふにゃに
柔らかく歩けや、無計画でも
淡い道に手応えを手に入れろ
また光る道を行け
柔らかい椅子に座っていても、まだ行け

221 :名前はいらない:2013/11/23(土) 23:42:20.59 ID:tPFf6DB0
あと少し

思えば今年は随分と大変な年でした
まだ終わっていないけれど
最後まで大変なんだろうと予測しています
今日は地雷日で
昨日からそれは続いており
致し方ないこと
できれば道端の石ころにでもなって過ぎるのを待っていたい
どうしたって落ちるのは意志と無関係なのだから

今は時間がありません
また

222 :名前はいらない:2013/11/24(日) 09:03:45.59 ID:2FVnle3J
率直とその裏

なぜ私は君を好きになったのか
なぜ私には確信があったのか
それはまるで野生の嗅覚で頭で考えるものでさえなかった
後付けの理由は屁理屈に過ぎないのなら
あえて考えないほうが良いのかもしれない

どうしたって君に振り回される自分に
これは依存などというものとは断固異質なものであると
言い切れるかというと本当は難しい
もういっそ君の中に一緒に消えていけるなら
それはそれで良いような気がしてしまう自分に
いつもどこかで歯止めをかける

ただの空気になる

自分が完全に消えそうになるかのような不安な感覚と隣り合わせ
まるで本当は完全に吸収されて自分を失いきってしまいたいような
浮遊感にも似た想像上の幸福感
でもそれじゃやっぱり駄目なんだと
どこかでその感覚にも確信を持ちながら理性とのバランスを取る

なによりも私はこれを無に帰したくない
究極的にはそれだけかもしれないほどに
自分の心の中の世界だけでいえばそれは当然起こりえないことで
薄れて消えてしまえばいいとは思えないし
消そうとしたところで消えそうな気がしない
何かそんな決意にも似たものが自分の中にある

痛みはできれば感じたくない
できれば甘いほうがいい
できれば一時でも甘いほうがいいしできれば一時で終わらないでほしい
許されるならずっと好きでいたい
許されないなら我慢はするけど人知れず想うことは
どうかほんの少しでも許してほしい

もっと自分に自信があったり状況が良かったらもっと
堂々と身の程知らずなほど図々しいほどに
自分の言いたいように自分の要望を言えたのかなとか

図々しい
誰かを好きになるなんてこと自体が図々しい
許してほしいなんて言うことはさらに図々しい
そんな図々しいものはせめて隠しておけ
隠しても隠しても尻尾だけ出てしまったなら
そこについては仕方なく出て行き弁解して
弁解しつつよきように功徳
なんて器用なことができたら詩なんか書いてないんだ

223 :名前はいらない:2013/11/24(日) 16:54:21.74 ID:Pnl+DflL
『マルチ空間』

唄(うた)う 叫ぶ この近代科学(テクノロジー)
プラス マイナス 不思議な単三電池

224 :名前はいらない:2013/11/25(月) 23:02:28.87 ID:gwV701Yg
 半導体寿司

抵抗 一かん
LED 一かん
コイル 一かん
チップ 一かん
などと考えていると
ねこのやつがせがむので
風呂の戸を開けた
いそいそと湯気が出ていく

半生の人間を
粗末な衣に納めた
朝になれば
ロボットになっているだろう

225 :名前はいらない:2013/11/25(月) 23:20:14.76 ID:Nd7J7BFc
浮上

沈んでゆく、己れを
誰が、救い出してくれるの?
誰かが本当に、救い出してくれたとしても
自分は、納得してる?

わざと堕ちていったのは誰でしょう
誰かのせいにして堕ちていった自分のせいでしょう
まだ終わっていない続きを進めよう
いつだって可能性は新しいと思えるなら信じぬこう

気持ちはまだ燃やせるよ
表すことがすべてではないから
示せないように見えても諦めない
一発でもいいから一回に賭けてみよう

何度でも戦える
そんな可能性に期待なんてしちゃいけない
たった1度きりだと思って勝負しよう
時間は決まってるから、その中での1回勝負

そんな勝負の意味を少し知る

226 :名前はいらない:2013/11/26(火) 00:01:02.49 ID:LfEM0pGK
・ねこがひよこをあたためる、

今晩は
御返事を、ありがとう
ぬるい雨で温度と湿度が上がって、心地好いような、切ないような気持がします
大きく拗ねるこどもみたいに、顔をくしゃくしゃにして、怒ったりないたりできたら、この切ないのが浄化されたりするのかな?と、ぽーっと思ったりしています

御返事
あなたにとっては、もしかしたら何かの雑用でも、私にとっては、凄く凄く嬉しかったです
怒られるかもしれないけれど、とっても可愛くて、可笑しくて
想像もできなかったくらい、余りに嬉しかったので、何度も見返しながら
本当に色々なことを考えてしまいました
本当の本当に、色々なことです

それから、私によくない兆候があらわれ始めたので、もう本当にきっとこれ以上悪くならない、という確信がもてるまで
御返事にこられませんでした
とっても嬉しかったのに、遅くなって、ごめんなさい
あとは、あなたならちゃんと待ってくれたり、私を間違わないでくれる、という、ちいさな自惚れがあったんです

それから、別の件も、ごめんなさい
だけど、誰に特にそうあって欲しいと感じているかは別として、
幸せなことや、温かいことは、できるなら
できるだけ沢山のひとに起こってくれた方がいいかな?と私は思いました
反面
私には自惚れていい資格はなさそうかな、と
本当は少しショックでした
少し言い訳じみた感じがします
ごめんなさい

こたつ、インテリアにあわないから、苦手なんですね
掘り炬燵とか、一周してモダンなものがありそうな気がする
すっごく高そうだけれど……
あと寝そべれない!これは大きな問題です

ストーブの前で膝を抱えてぼーっと考えこ ごとなんかをすると、私は落ち着く感じがします
私にとって、数ある冬の特権のうちのひとつです。怒られるけど……
あなたは冬が、好きでしょうか
苦手でしょうか

227 :名前はいらない:2013/11/26(火) 00:02:05.49 ID:LfEM0pGK
確認できたら、と思っていることや、御願が、二つあるんです

一つ目に、221と222は、あなたが、私宛にくれたお手紙でしょうか
凄く無粋かもしれないけれど、分からないなりに
大事なことを、もう出来るだけ間違いたくありません

二つ目に、もしできるなら、名前を、もらえないかな、と、思っているんです
勿論本名とかでなくて、あだ名でも、ニックネームでも、コードネームでも、私があなたを呼ぶための名前です

変な御願ばかりして、ごめんなさい
可否は、勿論あなたの都合に沿って下さって、全く全く大丈夫です

今日は、言葉や思いが、余り上手く出ていかない感じがする

私は、あなたが傷まない御返事ばかりを書くことが出来ないかもしれない
ただ、どのあなたもあなたであるという前提のもと、やっぱり私は、
あなたにはあなたでいてほしい、と、思いました
あわが揺らすと、空気が煌々、色めく感じがしませんか?

長くなりました
今日は、以上です
猫に抱かれるひよこみたいに、或いはひよこを抱く猫みたいに
あなたがやわらかい安心に、長く包まっていますように

きっと間違いなくあなたからだとわかる、御返事をくれて、有難う

228 :名前はいらない:2013/11/26(火) 05:14:51.82 ID:EdjQTQ3N
信じよう

すべてが夢のようにはいかなかったとしても
今はきっと賭けてみるべき時

怖くないなんて嘘で
でもきっと勇気を出せるはず
たった一度がなければ二度目もないんだ

たとえ未知でも一歩踏み出す勇気を

229 :名前はいらない:2013/11/26(火) 17:24:13.46 ID:2WgSjSnr
Dear Myself

考え過ぎだな
思い込みが激しくてごめん
もっと素直に笑顔でいよう
どうすりゃいいのかわからなくいても笑えよ、自分

今迄の事はとてもラッキーだった
その証拠が厳然としてあるから
それだけで充分でしょう?
何を高望みするという
あの時やあの時
心はあったのだから
笑ってていいのだ
笑えよ

230 :名前はいらない:2013/11/27(水) 04:21:13.51 ID:cWdyyd6C
確認したいこと

セッティングは考える
空いてなかったら無駄になるから
あの日でいいのか知りたい

231 :名前はいらない:2013/11/27(水) 07:36:56.19 ID:v6EDPjaL
遠いようで意外に近いのね

少しでも気晴らしになれば
けど今は疲れて眠いでしょ
そこまで不安にならないでいい
うまく都合が合うなら私なりにもてなすよ
笑顔になれるように

おやすみ時差ボケマシン
気になるあんなことそんなことも
ひとまず置いて力を抜いて
詳細は2日待って

232 :名前はいらない:2013/11/27(水) 10:02:34.06 ID:2jnDkKBy
・ぽろぽろぱらぱら

?と?と?がいっぱい落ちてきます
1.此方で、きちんと話したり了承を得なきゃと思っていたのですがそれもいまは置いていてよいの、ですか?
2.あの日がピンときていないんです……失礼でなければよいのですけど……詳細を待っていて大丈夫、ですか?
3.!)時差ボケマシン…………………
今日は少し休んだら、お買い物にいきますよ、
でも少し気持ちが軽く?なりました、可笑しくて
変なの

他にもたくさんあるのですけど、今は以上です……かな?
?にうもれたらどうしよう
私泳げません

、ただ待っているだけでいいんでしょうか……?二日間

233 :名前はいらない:2013/11/28(木) 00:48:38.64 ID:b7gl0XHG
無し無し

たったひとつだけで良かったのに
それを何とか拾い上げたのに
それだけじゃ足りないなんて
なんか情けなくなる思い

探してたのは、それだけあればすべてがうまくいくひとつ
でも実際は、うまくいかなければすべて周りのせい
それで釣り合い取れてるから、うまくいくための壁だとか思ってる
実際はうまくいってるわけじゃないのに

そんな思いが思い起こされる今には、やっぱりちゃんと理由がある
それくらいうまくいかない中でも、それくらいの思いくらいはもっていいと

そもそも心境的には誰のせいにもしてはいなかった
むしろ全部を自分のせいにはしてるが、ひねくれの部分を通しては、言い訳みたいなのに変換してた
次元を無理矢理違うところに持ってってたんだな。無理矢理じゃなかったけど

一番ダメだと思ってた自分になっちゃった
奴隷が一番ダメだと思ってたけど、それよりもダメかもしんない「無」

でもそこまで振れたから、自分の本質の奥の奥まで帰ってきたっぽい。それらしい感じになってるけど、でもまだ何か困ってる。でもそれは永遠に必然なのか否か

「ただただ真っ直ぐなだけ。それしかない人がいた。」

そこには絶対にたどり着けないと思ってたけど
「無」にまで振り切れた分なのか、自分というもののルーツ、本当の根本にたどり着いてるような気がする

真っ直ぐすぎてひねくれた
そんなのは理屈ではわかってるんだけど、理屈でその真っ直ぐさだけは取り返せない。ひねくれてないとツラいから
だけど少しだけ、真っ直ぐさを取り返しそうな気がしてる

一番弱いのがそれだから、まだまだ取り返せなかった。だけどもう取り返しても大丈夫なのかもしんない
それだけの権利や資格みたいなのをもう生み出せたのかもしんない

「本当は権利も資格もいらねえんだけどな」

って本音がまたすぐ溢れてるから、だからそんな自分は帰ってる気になる

234 :名前はいらない:2013/11/28(木) 01:02:03.58 ID:b7gl0XHG
さかのぼりの下りる階段

恐れる気持ちを消そうとしたけど、間違い
もっと恐れようとするべきだった

すべてが逆だった
あの日が境目
自分の弱さを勘違いした
強いものをわざわざ弱くしたから
ちゃんと誇れば良かったのに、情けなさを間違えたから

今の俺が一番の間違い
あの時が何より正しい
後悔なんてしたことなかったし、今もその概念はわからない
だけどそれに近いようなものだと捉えてもいい。一番近くて、一番強い。そのような後悔、みたいなものだと

怒りを買うのが誰かでも、俺が自分に対しても一番買ってるくらいだから関係ない
それくらい、もともとわがままなもの
あの頃の正しさをもう表してもいい

また新しい旅に出るんだろ、どうせ
フラフラになるまで

235 :名前はいらない:2013/11/28(木) 01:08:16.44 ID:/8pEVX7D
この時間に

合うのは珍しいね
なぜか眠くて眠くて仕方ないんだけど
ちょうど開いて良かった

236 :名前はいらない:2013/11/28(木) 01:26:52.15 ID:sHZH8Bhv
はね

ちゃんとものごとをみてただしくりかいできるきれいなめがほしい
たいみんぐがあってうれしいのにむずかしい
ちから、ふそく
けど、ふあんになっていたから、わたしもひらいてよかった
ねむたいときはふにゃふにゃにあたたかくしてねむるのがいちばん
はねのおふとん、あげます
こまらせてごめん
おやすみ

きもちがよくわからないことになってます
けどあえてよかった

237 :名前はいらない:2013/11/28(木) 01:33:03.31 ID:/8pEVX7D
うん

仮眠したからあと頑張る
おやすみ

238 :名前はいらない:2013/11/28(木) 01:33:21.13 ID:ufb4wrHZ
あの日って日付のことだと思い込んで御返事してしまった
間違えていたら、ごめんなさい
ぼーっとする
胸の中身が何にもないすかすかで穴があいたみたいなかんじ
微かにあたたかいみたいな
かなしいみたいな

ねむれてるなら、いいな

239 :名前はいらない:2013/11/28(木) 01:35:10.23 ID:ufb4wrHZ
入れ違い

忙しくてあんまりねない、ですか?
休み休みがんばりすぎないで
おやすみ
素敵な夜になりますように

240 :名前はいらない:2013/11/28(木) 07:30:17.77 ID:b7gl0XHG
帰るべき場所に落ちてた渋み

違う自分でやらなきゃいけない
そこに自分を持っていける条件は、「マイペース」
みるみるうちに欲のようなキレない縁
「マイワールド」に行き着くよ
ひねくれで埋もれた世界だけど
その根本にたどり着くための扉でもある世界

狂いそうなくらいの情熱に冷静さと冷血を放り注げるのは、あの間違いしかない「無」があるからでしょう、多分
怒りを買ったことすら、理解する頭がもうそこにはない

奇跡のように光るんだね、本当に
嘘だと思う人だけ、真実を掴んだ気になっては置いてかれてる。そのことに気付けやしない

弱すぎる正しさを何よりも本当に強く、心の中心に持てた時
付属品なんてすべて捨てたら
本当に要らないものばかりが必要になってた

信念がひとつも途切れないくらい、強く光り出すよ
この心の世界で、本当に

241 :名前はいらない:2013/11/28(木) 11:52:59.31 ID:avLNumNW
雨がずっとやまないで、僕たちの作る屋根にぶっかっては暗い音奏でる
魚は乾かないまま陸をオヨギだす ネコは嬉しくないから海の底へ身投げする

頭の弱い肉がぶよぶよ文句つけて、傘も持たずに家をでる
子供はテルテルボウズ
燃やしてる

242 :名前はいらない:2013/11/29(金) 08:55:24.55 ID:nMFP+vve
意志

本当は「ひとつ」が正しい
そうやって「すべて」から見てる

「現実を反映させろよ」

理想の塔にぶつけられる雲と風
兼ね合いの歌が主張してる

「意味がないことすらやるべきだ」

そうやってたら、意味がないことなんてない
そんなふうには敢えて思わないようにするよ

そんなのを受け入れてたら
やっぱりちょっと何でも受け入れすぎになっちゃうから

何でもいいから、理想やそうじゃないのでも、行き着こうとはするよ
でもそれは自分の中身の話であって、世の中の中身とはちょっと違う

意味がありそうなことを再び追おうとしてる気概は
わがままではなく、それしか今はないという理由があるから

本当は、何よりそれが一番凄く強い

243 :名前はいらない:2013/11/29(金) 09:20:12.57 ID:IP+9CkjM
やあ

おはよう
さっきまで君の夢を見ていた
なぜか宇宙船の中

不安要素は自分で片付けていかないとね
君を見習わなきゃ

244 :名前はいらない:2013/11/29(金) 09:45:37.79 ID:IP+9CkjM
優しくゆっくり

遅ればせながら君の公園の物語を読んだ
金か銀かの話
あの頃そんなふうに思ってたんだって
無理矢理な私と君の決断と
一面の
ほぼ理解したと思う
君は前とは違う選択をしたことも

私には君がとても大事

245 :名前はいらない:2013/11/29(金) 18:36:21.48 ID:QhJYsiUL
宇宙遊泳

今晩は
今日もたくさんお疲れさま
すべすべの大きなネムの木に寄り添ってコーヒーをのんだり
耳と心を休めています
好きな絵本を読むみたいに

人の優しさや明るさやあたたかさに
私はとても助けられている感じがする

宇宙だと、余り早くは帰ってこられないですね
無重力って、どんな感じだろう

昨日は温野菜と合挽き肉のパスタを作りました
玉ねぎも入れていないし、即席即興のわりに、美味しくできて嬉しかった

公園と、金と、銀と
私は引き出しをさがしてあけるのが上手じゃないのかなぁ

素直に、一つ一つ
大切なものを、大切にしていきたいなと
思っています
ゆっくり、優しく
やわらかくて素敵な言葉

体も中身も休めて、あたたかい美味しいものを食べたりゆっくり眠れていますか?
そろそろお鍋やシチューやマフラーが恋しいです
冬になったんだなぁ、と思います

はいいなぁ
早く訪れるようになった夜を
大きな毛布で包めたらなぁと思いました
まだ夕方?
さっき見た空が寒々と綺麗だった

ネムの木はすべすべでしたよね?
長くなりました
おかえりなさい(まだかな?)

246 :名前はいらない:2013/11/29(金) 18:41:58.16 ID:QhJYsiUL
じわじわ
半生人間のうたが可愛くてすきです
誰がかいたんだろう?

247 :名前はいらない:2013/11/30(土) 03:33:35.28 ID:EQNQ4yoz
ダメダメダ

人生において、「知る」ということは、正直重要ではない
そう言い切ることができる
何もタガえたくて言ってるんじゃない
「知る」というよりも「見る」だから
「聞く」だったり「感じ取る」こと

感覚で捉えること
それで「知る」
と言いたいところでも、それは「知る」とはちょっと違う

知らなくていいんだよ、そんなことは
感覚をフル回転させてりゃいい
それがスムーズにいくようにちょっと仕向けるだけ

でも、自分だけは知らなきゃいけない
ふと湧く感情は整理しなきゃ。自分なりの理屈で位置決めしてる
そんなための頭の中身
その理由は、何故か負けたくないから

「雄々しく煌めく」

生きるための頭の中身は、そんな方向を目指すことでイキイキと活きる
それが外身にも反映されてくる

一番くだらない戦いがあるとしたなら、身勝手に輝こうとでもしなきゃなんない
くだらないからこそ、そこに頼るべきで、自由を謳う少年の瞳と声は永遠に必要であるということ

奴隷になってばっかりだと、劣化しかない人生になる
劣化だけしかない人生だけを避けるために、バカになってでも夢を見続けたもん勝ち

瑞々しい思い出の参考書
それが本当に力を与え続けてくれていて
正義だって間違ってる部分があるということも知っていってしまう
だからこそ、最後まで成長と強さを増していかなきゃいけない正義

最期まで堕ち続け、バカでいられるものの勝ち。本当の
いつの時代でも

248 :名前はいらない:2013/11/30(土) 08:49:52.74 ID:fd3qMwhz
彩色

君はそんなふうに私を罵る
分かり難いが君なりの愛情表現らしい
私は
前よりも元気だからそれがただの罵りではなさそうなことを理解する
今回は温度差ですれ違わなかったみたいだ
たまたまかもしれない

まるで猫じゃらしに本気になる猫みたい
どちらが?どちらも?
仕掛けては自分から嵌まる
そんな他愛ない遊び

色のない景色が少しだけ明るくなった気がした
相変わらず劇場型のソレを好んでしまう君よ
二人だけの世界でのソレを試してみる勇気があるのかな
喝采がなくても
生々しい熱に耐えうるのか

サービス精神のS
サディストのS
どちらかな

249 :名前はいらない:2013/11/30(土) 08:57:58.66 ID:fd3qMwhz
ぞろぞろとニセモノのみなさま

おはようございます日曜の朝
正確には誰一人偽者ではないのだろう
見たいものを見てしまう人には見えてしまうだけだ

250 :名前はいらない:2013/12/01(日) 09:30:11.42 ID:7+OVRfMW
賽は投げられた

そこには全く何も存在しなかった
最初は本当に何一つないところから始まった

賭けてみると言った後にも気持ちは揺れたけれど
予定は変えないつもりでいる

251 :名前はいらない:2013/12/01(日) 09:41:14.12 ID:7+OVRfMW
らしい

賭けてみるなんて最初に言い出して
後から少し困ったんだろうね
だろうなと思いながら私はあえてそれに乗って
言いだしっぺが引っ込み付かないような流れにしたよ
乗った私自身も引っ込み付かないよう自分にも釘を打った

無謀で無茶なことを今までしてきた
そんなことなら今さらだ
でも私は今もう一度
ほんの少しでも可能性があるなら信じてみたい

出たとこ勝負
計画通りにいかないのが平常運転
でもそれが私たちらしいよ
動こう

252 :名前はいらない:2013/12/01(日) 22:34:48.39 ID:5tmcGojk
マルチな才能
器用で要領が良い
そういう人間に
なれたらいいね

涙の粒が地面に魅かれて
1人の空間に邪魔者が入る
思い出すのは時間の無駄で
猛省 猛省 猛省
先程したばかり
線引きしたばかり
忘れることを意識的に出来るほど
またしてもマルチではないのだ
器用ではないのだ
要領とは何だろう

眼球のキャパシティが
どうにもこうにも駄目で
ダムのように決壊しそう
どうも私は気にしてしまう
責めてしまう
悲しんでしまう
ある程度の涙で
足りないものが身に付けば良いのに

マルチな才能
器用
要領

撫恤のテレパシーが
地面から
成長がしたい

253 :名前はいらない:2013/12/02(月) 00:30:53.53 ID:D1nBWjb5
なかないで


来られるのが遅くなってごめんなさい
今日も色々なことを考えてしまう日でした
私=偽物で あなたが本当に言葉を交わしたり心を砕いたりあおうとしてくれたりしたい私は 私でなく別の「私」なのではないかとか
他にも
沢山
落ち込んだり
考えたり
してしまう日でした、沢山のこと

私が生活している中で誰かに話すことなどで、
私はあなたを傷つけたでしょうか……
でき得る限りそうならないように、失言を避けてきたつもりなのですが、
もしそうなら、本当にごめんなさい
思い当たる限りの弁解が頭に浮かびますが、そんなものは聞きたくないですよね?

コップに冷たいお水、汲めますか?
涙が沢山出ると、思っているより水分を奪われますし、体力を使います
それから、冷たいお水をゆっくり少しずつ飲むことは、経験から、心を落ち着ける作用があるようなんです

あなたにとってもし私がそうでなくても、私は
あなたを大切に思っています
あなたの気休めにすらもしなれないとしても、
心は同じ深く迄降りていっています
隣で、そっと手を握るなり、背中をさするなり、あなたの望むようにしています
エゴを吐くことがもし赦されるなら
もうあなたを泣かせるようなことはしたくないし、でき得る限り
手を尽し心を砕いてくれたあなたに、何かを無駄だったと思って欲しくないと思っています

254 :名前はいらない:2013/12/02(月) 00:32:06.50 ID:D1nBWjb5
私にはやはり、知らないこと、わかっていないことが多すぎるのでしょうか
それであなたを傷めてしまうなら、何だって知りたい
知ることが当たるのなら、今は何もわからない侭でもいい

何か出来ることはありますか?
あなたにとって不要ならば積もりごとは置いておきます
いずれにせよ、今の私には自分に出来ることをして望んでもらえるならいつまででも待っていること、でき得る限りやわらかい気持であなたを思っていることしか、あなたの望んでくれそうな私に出来ることが見当たりません
それだって、全くの自惚れや思い上がりかもしれない

あなたが、望んでくれて、不安要素がなくなってくれて、もし間違いでないのなら
私はいつでも詳細を待っています
本当に何かに実を結んで欲しいのは
私の方かもしれないこと、ここ数日ずっと考えていました
勿論、あなたにとって望まない、何かに無理の掛かることや危険なことであるなら、叶わなくてもいい願いです

私のあなたへの一番の願いは、あなたが幸せでいてくれることです

長くなりました
あなたの心が、少しでも安らいでいますように

255 :名前はいらない:2013/12/02(月) 01:27:15.02 ID:ZIkAu8h5
わからない

私は

正しく見る

目がないために

また筋を違えている?

ただ
あの日のように
傷んだり泣かないでいて欲しい
幸せで
あたたかい気持でいて欲しい

どうしたらいい

正しく見る
ための聡明な
目が欲しい


出来るだけ
傷まないでいて欲しい

256 :名前はいらない:2013/12/02(月) 04:55:28.80 ID:Z2t9zlby
  早朝

私は通りすがりの
調度病んでいる者です
部外者なのに勝手ですが
沢山の優しい言葉を
ありがとうございました
相手の方は
見守っていてもらえて
幸せですね

257 :名前はいらない:2013/12/02(月) 06:19:44.35 ID:YsSpMvqF
網目の自由

細かい
狭い
縫って行って
あれこれ、縫って行って

何よりも止まりながら縫いたい
対象物は必ず動くから
それへの応対だけで、細かくて狭い自由を縫って行きたい

だけど

きっと無理

自ら穴を作らないと
合わすだけじゃ開かない
苦痛を捨て去ってはちょっとはダラダしラたい願望

確実を簡単にできる確実を簡単にできる
それを作らないちょっとは信じたい、確実に簡単に

258 :名前はいらない:2013/12/02(月) 10:26:16.43 ID:FJvqUXU9
数え歌

蜻蛉蜻蛉
この指とまれ
一つの貴方の覚悟が
見えることは間違いないから

鳴いて一人帰ることになっても
それも覚悟の上

蜻蛉蜻蛉
ひらひら舞う蝶と違い
貴方が前にしか進まない
進めないこと知ってる

蜻蛉蜻蛉
私はただ指を空に向け
うまくそこにとまることができるか
見守ることができるだけ
いつも

よく晴れた青い空を

蜻蛉蜻蛉
どの指とまろう
決められるのは貴方だけ

259 :名前はいらない:2013/12/02(月) 18:13:34.71 ID:/TMoEKgD
砂利詰めた瓶の光が、だんだん薄汚く染まってく。
太陽が反射するたび
目をそらす君が、同じように汚くみえて砂に埋めてしまいたくなる
埃を吸い込んだ砂は瓶からこぼれ落ち猫が舐めてた水挿しも汚す。

260 :名前はいらない:2013/12/02(月) 20:31:11.29 ID:UO7ehis7
えむちゃん掲示板の荒らし“えむちゃん転覆工作員”に注意

【手口】
1.親切な人を装ってえむちゃん掲示板住民と接触
2.仲良くなったところで、えむちゃん掲示板でタブーとされている話題を話す
3.その話題を聞いた荒らしが、スレに乗り込んできて荒らすのを高みの見物
4.まんべんなく荒らされたところで、スレ住民に移住を持ちかける
5.自分の運営する掲示板サイトへ誘導

この手口で、総合掲示板・えむちゃんjpの人口は激減しました。

彼は追放処分になりました。

えむちゃん転覆工作員にはご注意を!

261 :名前はいらない:2013/12/02(月) 20:55:49.15 ID:BTxGpYlv
晩頃

とんでもないです、何だかごめんなさい
気持は落ち着きましたか?
私の方こそ、優しい言葉をどうも有難う

見守られていたのも間違えてしまったのも私なので
何か少しでも、あたたまってもらえる.出来ることがないものかと思っているのですけど
もしかしたら今は余り
望まれていないのかもしれません

ついこの間迄
ちゃんと言葉を交わせている自負があったから
少しは自信も自惚れもあったのですけど
難しい、ですね……

とんでもなく意地悪に見えることを言ったり.することもあるけど、
とっても、優しくて可愛いひとなんです

愚痴?をきいてくれて有難う
涙をどこかに還せたのなら、よかった
何を抱えてらっしゃるのか知らないのに、無責任かもですが、
余り落ち込まないで
嬉しいことが沢山ありますように

262 :名前はいらない:2013/12/02(月) 21:23:34.53 ID:kgN0KWMA
こんじき

今晩は
今日はこたつやお布団と仲がいいです
こたつと仲良くするのは少し久しぶりなので
ギリギリ、今日も、ではありません

実家の愛猫は大人になって
自ら罠にかかって全力で興奮して遊んでくれることは少なくなりました
ごく稀に
そうなってくれると、とっても可愛い気持がします
そうでなくても、毎日愛おしいのですけど

私は、変わらず激情型のものに惹かれているのでしょうか?
失礼でなければよいのですが、自覚がありません
半生人間のうたは、猫と、湯上りの誰かのひとりごとを切りとったようなうただと思っていました
熊の惑星という歌が、今日聴いていたら似たような可愛さで素敵だった

私は、自分で思っているほど自分のことを知りません
どんな熱にも耐えられる、受け止められる気もするし
でも今は、そういう世界に行くこと自体を望めない?、望んでいないと思います

間違いでなくて、
私をもし砂に埋めたいのなら、埋めてもいい、と思いました
私は砂の中で、音楽を聴いていると思います
いと.や
気持をしりたくて

色、色、色
空気に色がついていると不思議な感じがする
言ってくれたのは、悪い意味ではないかな?と少し思っています
もしそうなら、よかった
風で
麦がそよいでいる
自信を失くした私の頬も撫ぜてゆく
よく分からないことばかり書いてしまった気がする
今日は、以上です

263 :名前はいらない:2013/12/03(火) 01:01:35.44 ID:3IcNzrI9
錆びたネジを放り投げて

赤い靴の少女はクルクル廻る

白いスカアトはふわりと浮かび

細い足の少女はクルクル回る

クルクル クルクル クルクル

ネジはどこへ

クルクル クルクル クルクル

少女は消えた

赤い靴だけ残されて

264 :名前はいらない:2013/12/03(火) 02:43:58.17 ID:i80FF18w
苦しみが皮膚の被膜の下に纏わりつく

あぁ僕は今日も病気だ

人生とは 病むことなんだ

265 :名前はいらない:2013/12/03(火) 03:19:40.64 ID:19gPaB2b
エゴの壺

ひとつに光
見捨てるのかい、俺は
それはしない、でも幅は広げる
何でもありなら、ひとつでもいい
でも、ひとつだけじゃなくてもいい
そうやって無限に広がる
把握はしておきたいから、その自由を軽くて柔らかい網目で掴んでおく

「結局、ひとつの道を行くんだろ?」

網目を無視した直線の上
目指すのは結局バレてる常
それでも真っ直ぐが無理な時の伏線
寝てる暇さえも捨てて奔走

「何もかも完成した瞬間から捨てろ」

言い訳も甘えも存分にしたいけど
それじゃない形が先を示す陰気

完璧に決まりきった完全な最高
ひとつすら無にて、最低の最低で下の下で最高

諦めたように、諦めてない足が嫌でも動く
そんな自然を壊さないように率先

またオマエを睨み付けてやる
夢の静けさに心は凍える
いつまでも凍らす無限の無の世界

266 :名前はいらない:2013/12/03(火) 05:04:47.00 ID:9s3Ysn0R
昨日あいた穴を埋めるように今日を過ごして
今日の穴を埋めるように明日がきて
そうやって過ごしていたら
いつかあいてしまった穴をぴったり全部
埋めることができるのか否か

一番埋めたいと願われる
一つだけでも埋めたい
埋められないから
願うのか

朝がきた
最近眠ってばかりだったから
丁度好いのかもしれない

おはよう

また後で

267 :名前はいらない:2013/12/03(火) 20:06:01.15 ID:f889Q1OG
「見せて、見せて」



バシャバシャ
ドクドク

268 :名前はいらない:2013/12/04(水) 00:50:00.02 ID:WsLRY4hh
明日の朝また目が覚めればこんな気持ちは消えてしまう
今のうちに、話しとくこと



小さな頃は神様蜻蛉によく合った
その体にどれだけのものが存在出来るのか不思議だった

空回りには慣れていた筈だ、と思う
布団の中は窮屈なくらい暖かい
嫌いな言葉は無視(存在シナイコト〈二〉)も出来る
成長とは又別のように思う
酸素の薄い水槽
それはきっと私の吐き出す二酸化炭素の所為
月の所在がわからない
遠く迄無心がふらふら捜しにいく
捜すでもなく、夢の中迄

おやすみなさい
好い一日でしたか?
私には今はよく分からない
だけど にとってそうだったら、好い
また明日まで
さよなら



*
今日の終りが優しいように
冷たい空気を吸いに出掛けよう
夜のピクニック
お終いがなさそうなのに
灯りの消えた暗がりのパン屋から
焼きたての匂いがする
紅茶を手に入れる為に襲撃するのは
何処or誰が効率的か
そうした夢を見るために
私はベランダで星空を見上げる
寒さと高さが比例するのに
間違いはないみたいだ
煙が彷徨っては薄のばしの黒に溶けていく
不健康で心身を健康にするのだ
不可能なことは思っているより少ないと
ピクニックが得意気に告げている.
不服の有無に関わらず
僕たちは若いということらしい
望むにせよ、望まざるにせよ
ジーンズと体が冷えていく

269 :名前はいらない:2013/12/04(水) 04:00:06.99 ID:bu5SiEoo
かみひこうき

どんなに精一杯飛ばしてみても
いつかは必ず落ちてしまう
そんな紙細工に夢を乗せてた

あの日から何年
数えるまでもない単純な
間違いようのない数字
地球の裏側
海の向こう
その距離が引き離したわけじゃない

分かりきってたことなら
悲しくもないはずだから
汚れた砂に汚れた体
このまま遠くへ流してしまおう
砂時計壊して

飛ばない紙飛行機
流れに乗れない笹舟
水溜まりに溺れ死ぬ蟻たち
ただ一人の私


救えない

270 :名前はいらない:2013/12/04(水) 05:16:33.24 ID:bu5SiEoo
時間が余ったら

せっかくだからお茶を出したいと思っただけ
水指は綺麗な水しか入れないから汚れない
いったい何だと思ったから何が薄汚れたんだろ
やっぱり私の性格分かってない気がする

271 :名前はいらない:2013/12/04(水) 20:11:03.90 ID:sxZX/+vs
2年

今晩は
紙飛行機は、上手に飛ばせた記憶があんまりないけど
好きです、青いものの象徴みたい

変なこと、伺ってもいいですか?
あなたが言葉を宛てたい誰かは、私ではなく、別のどなたかですか?

私は砂砂利で水挿しの汚れる詩を書いていないし
でもここ最近、あなたと此処で言葉を交わしたことがあるみたいに思える

余り、信じたくない?ことなのですけど
私が根本をそもそも勘違いして、誰かと誰かの事情にわけ入ってしまった可能性とか
ここのところ、考えてしまいます

もし、とても失礼なことを、言っていたり、伺っていたらごめんなさい

私にも(?)もしあえるのなら、たった一度だけでも、あって何かを結びたい人
そうでなくても、言葉を交わしたり、重ねられたなら、嬉しいと感じている人がいます
出来るならもう何かに傷んでいてほしくない人です
出来るだけ、小さな幸せを毎日沢山感じていてほしい人です

〔実際の〕その人について、私が知れているのは、〔極端にいえば〕、一度だけ同じ場所で確かに直接に、或いは直接に近い形で、沢山言葉をもらった、二年前のあの日のその人だけです

出来うる限り、もう間違えてはいけないと考えているのに、私には持つべき力がたりていません
もし望まれていないとしたら、願うことさえ、迷惑になってしまい兼ねないのですけどね……

お茶は私が淹れましょう
浅いカップに、琥珀色の、
ミルクとお砂糖はいりますか?
お詫びになれば
ジャムのクッキーもどうぞ

変なことを伺っていたら、ごめんなさい
いいえ、きっと変なことを伺っているのに、違いない筈だと思います

許してもらえたなら、とっても有難いです
ごめんなさい

272 :名前はいらない:2013/12/04(水) 23:11:26.03 ID:bu5SiEoo
>>271
意味不明でも詩は詩です。解釈は開かれているべきだと思います。
残念ながら私は、貴方の探し人ではないようですが、
しばらく前から、私の書いたものにレスされていることには気づいていました。

貴方はきっと非常に穏やかで優しい方なのでしょう。
意味が分からない部分を補う想像力の方向性には、
意図せずともその人自身の内面性が表れますから。
貴方の爪の垢を煎じて誰かに飲ませたいくらいです。
もちろん私も飲まなければいけないでしょうね。

紙飛行機は手紙のことでした。
上手く言葉が伝わらないことを儚い紙細工に例えました。
詩の種明かしはいざやってしまうと興醒めでつまらないものですし、
自由に考えていただいて構いません。

ただ、私があなたの探している方ではないことは、
いずれ言ったほうが良いことでしたね。
がっかりさせてしまったらごめんなさい。

273 :名前はいらない:2013/12/05(木) 00:39:42.61 ID:f4/Z2NMo
>>272さん
とても丁寧で、真摯な御返事をどうも有難うございます
いいえ、元来此処は詩を書く場所で、私のように手紙のようなものを書いていい場所ではないかもしれないこと、見失いかけていました、有難うございます
もう一つ、
最近、胸のなかの、ずきん、ずきんとなる場所とよく話をしていたのですが
何かや、或いは、あの人をさがそうとするような、間違いさがしのように自分がなってしまう度、
その胸の痛みは大きくなるようでした
私も、あの人も、誰も、そんなことは少しも望んでいないような気がして
変な風に聞こえないとよいのですが、
丸で、犯人さがしでもしているみたいで

いいえ、私は、特別なものも、言って下さったような美しいものも、少しも持ちあわせていません
煎じてなんて、とてもとてもおこがましく、恐れ多いことです
だけど、嬉しかった、幼いなりに、何か嫌なものは書かないで済んでいたのかな?と、少し思い上がることができました
お優しい言葉とお気遣い、本当に有難う

何かが正しく一致してしまうことがままあることを、私は一番よく知っていなければいけない人間だと思っています
不思議と?というと誤弊があるかもしれませんが、がっかりはしていないと思います
よく分からない言葉に丁寧に御返事を頂けて、とても感謝しているくらいです
嘘らしく聞こえなければ嬉しいな、と
思っています

私は、冒頭で〔私のように〕手紙を書いていい場所ではないかもしれない、と、自身への反省を書きました
ですが、もっと広く大きな目で見れば、誰かに届いて欲しいと願う何かや、届けたい誰かが胸に住んでいることは
詩というものの根幹であるかもしれない、と私は考えました

何が言いたいのかというと、優しく起こる風が道標となり
あなたの言葉を乗せた紙飛行機が、あなたの望む誰かのもとに、届いてくれたらいいですね

儚く青いものの実を結ぶ奇跡は、幾つでも、一つでも、世界をやさしくすると私は思います

長くなってしまいました
勿体ないお言葉や、真摯に御返事迄頂き、本当に有難うございました
時折いるかもしれませんが、どうか嫌なお気持になりませんように……お許し下さい
冬ならでは
あなたが暖かい夜を過ごされますように

274 :名前はいらない:2013/12/05(木) 02:31:57.47 ID:pB5PqQUZ
武器の「2つ」

何度か見た景色
心は絶望の渦
暗闇に廻る薄暗い雲たち
風が吹き荒れて荒々しい形

帰ってきた
その瞬間、その場所とは違う所にも戻ろうとする
故郷2つ、心の

ある程度の力は要る
本当は力なんて要らないと頑固になる、そんな気持ちも要る

すべて、スッ飛ばさないで
すべて、ブッ飛ばす

心憎いまでのエコ
死ぬまで捨てちゃいけないエゴ
ぶっこくのは余裕
大切なのは何でも感触

また頼る時が来るのが感覚

社会や世界の理念に潰されるくらい貧弱でも
最後の最期まで貫ける理屈
それをを強く持って行けるのは己の感覚でのみ

他人による採点を得ようとするなら
最後は自分による採点をして終わる

275 :名前はいらない:2013/12/05(木) 02:46:38.97 ID:pB5PqQUZ
ひとつだけ上がれ

完全態

あり得ないと思いがちの見方の姿勢
憧れを頼り習いながら謳う
その遠すぎる距離こそが何よりも強い気持ちになる
壊れても壊れても気づかない自滅
その部分とそうじゃない部分の見分けがつきにくい
けど
ついたならその部分だけ他で補うだけ
そっち側がメインを奪っても、心の感覚はそうじゃない部分に絶対に託すと誓ったから

だから感覚
間違いは、当たり前のようにひとつもない
だけど正解にするには足りない
正解じゃなくてもいいと思ってるから
それでも
正解は必ず要るようになる

間違いじゃない事だけを持ち続けるために

その思いを更に強くするために

正解を奪いに行く
全力の理屈でもって
全てに応対して
全ての自分以上に自分の全てを使って

過去のページをいつでも見る感覚を
おもっきし突き抜けて
一段だけ上、目指す

276 :名前はいらない:2013/12/05(木) 05:18:54.19 ID:bb2RPCgi
心の襞

君の側の理屈に立つとそれは当然の要求なんだ
自分ではそれが行き過ぎた要求だとは思っていない
本心では当然私はそうするべきだと思っている今でも
そうでしょう?
人の世の道理に習い当然が出来ればとか願わくばに変わったとしても
基本的には変わってない

君が見てきた年月
私でなければいけないと思っただろうきっかけと理由
理屈じゃないんだろうね
理屈や比較よりも君は「決めた」
一度決まってしまったものをそう簡単には変えられない性分なんだろう

表面的には停滞に見えても君はいろんなことを考えてた

長い時間、複雑に絡み合った事情
何が正しくて何が間違いで
どこでどうすれば良かったのかなんて
一概に一般論で言えるわけがない

今では気持ちを伝えることさえ躊躇している
それさえも罪なんじゃないかと

書き続ける君を見る
今日は大して言うべきことがない、そんな日もあるはずなのに
それでも書き続けるのは
その内容以上に大事なものがあるからなんだろうと感じる

手を離すべき理由の枚挙にいとまがないのに比べて
手を離すべきでない理由のなんと数の乏しいことか
それでも君は「自分を」見失いたくないんだろう
深く入り込みすぎた私はすでに
君が失いたくない自分の一部分
それはもしかしたら
10か月もの間一心同体だった親子が
引き離されるのにも似た不条理なのかもしれない

出来ればや願わくばに変わっても
君が理想としてきた形そのものは変わってないし消えていない
私がそれに応えうるかということは別にしても

私が言いたいのはただ
私はそんなふうに理解しているということ

277 :名前はいらない:2013/12/05(木) 12:57:02.34 ID:f4/Z2NMo
言えそうなこと



こんにちは
空は寒々薄あおく晴れ渡っているし
今日は出掛ける予定もあるのですけど
はてさて気持が乗ってくれないまま
片付かない部屋みたいな心の中を
行ったり、来たり、ぼんやり

偶になら、こんな日があってもいいとは思うのですけどね

言葉をくれて、有難う

余り多くなさそうな
今私に言えそうなことは、
一つは、
私は
私とあなたは全く別の個体で別々の個人だと今も信じていること、
もう一つは、私に思慮が足りず、何か、求めすぎていたり、あなたを困らせたり嫌な気持にさせていたなら、本当に申し訳なく思っていること、
くらい……かもしれません

殊に二点目は、もしそうなら、
本当にごめんなさい

大人の男性を捕まえ?て、私の気持?は、失礼にあたる域にあるのかもしれない、とは、ここ最近ずっと何処かで考えていたことでした
私の思いは、きっとあなたが思っているよりはずっと、単純でシンプルなものなのではないかな、と悩んだり
します


自分の心の中の望みを否定するわけではありません
ただ、優先すべき願いは私にとって
究極に言えばあなたが感じなくてもいい痛みを感じていないこと、などである筈なので
沿わないものを望まないことで、負担に感じないでいてくれたなら嬉しい、と悩みます
全ての願いが、叶うものや叶うべきことであったなら
世界は今よりずっと目茶苦茶になってしまっている筈です
それは私の、一つの大きな前提であると思います
幸せでは、あってくれたなら本当に嬉しいですが……

278 :名前はいらない:2013/12/05(木) 12:58:46.14 ID:f4/Z2NMo
本当のことを言えば、私は自分でも吃驚するくらい、静かに怒っていました
どうして留まって中々消えてくれない位悲しいのか、考えなければいけないかもしれません
ただ、それは、あなたのくれた言葉や何かに
不満を覚えることなどからくるものではないと私は思います
勿論、何かが叶わないからでもない筈です


私は言葉を愛している筈ですが、時として言葉は銃よりも態度よりも仕草よりも割れたピーラーよりも不自由だと感じます
私の言いたいことがほんの少しでも、
正確にあなたに伝わる可能性は高くなさそうです
そしてそれはきっと私の所為だと

言葉をくれて嬉しかった
本当にです
及第点には程遠くても
くれた理解について伝えたいことは
ある程度言葉にできた筈だと思う
自信はなくても


読んでくれて有難う


書き上げてみて浮かんでくるのは、また可哀想と思われてしまったら嫌だな、とか
遠くてもいつか返ってくるかな?とか
そんな、軽め?のことです、今は、多分きっと、失礼でなければ

疲れてしまう程には忙しくないといいな

今日は、以上です

279 :名前はいらない:2013/12/05(木) 14:13:37.16 ID:f4/Z2NMo
違うな、
違わないけど全然違う
私は注視する場所を間違えてる

注視すべきは、
〔人の世の道理に習い〕
〔伝えることさえ躊躇している、罪なんじゃないかと〕
だから、〔私の理屈から見れば〕〔要求〕〔心の壁〕

ごめんなさい、私には、あなたに共に歩く大切な誰かがいるかもしれない可能性がすっかり抜け落ちて思い至れないでいた
気がついてしまえばその可能性の方が遥かに高いに決まっているし
私と同じように、或いはもっと、あなたが苦心しないわけがなかった、例え、それ以上でも以下でもないただ顔をあわすそれだけだとしても

思い至れず、私は、そうすることが、何かの責任?を果たすことが叶ったり、何かがちゃんと実を結んで成就するかもしれないようなことだと馬鹿な勘違いをしていた
本当にごめんなさい

無理を言うつもりは一切ありません
私が願うのはあなたの幸福です
やわらかくて温かい時間の中にあなたがいてくれるのなら、それ位嬉しいことはないです
当たり前に気がつかなければいけないことに気がつけず、悩ませてしまって本当にごめんなさい
いつもそう、考えすぎて単純なことに気がつけなくて、人を困らせてしまうことが私は多い気がする
直さないと……許してはもらえないかもしれないけれど、許してもらう、ためでなくて

とても困らせてしまっていたのに、言葉を選んで返してくれて、有難うございました
私はもう充分すぎる位沢山頂いています
自分の思い上がりが恥ずかしい
沢山、幸せでいて下さい
心から
有難う

280 :名前はいらない:2013/12/05(木) 17:18:35.15 ID:bb2RPCgi
螺旋

ジェットコースターのような日々に君を付き合わせるわけにいかない

君はもともと不安定なんだもの
私は責任持てないよ
二週間おきに状況が変化する生活がいつ終わるかもしれぬことに耐えられますか
ポーカーフェイスは君の十八番

故意に黙っていた悪意があると解釈するならそれでいい
君が鋼の人間なら私も躊躇なく話してた
君の都合に合わせるごとに可能性が低下していくのを
日々ひしひしとこの身に感じながら一人で耐えていたことも分からずに

苛立っているんでしょう
分からない、ということに
でも
分かろうとする努力はした?
相手が話してくるまで自分は何も知らずにいて良いと思いましたか

今回は絶対失敗できなかったじゃない
私はそれさえ知ってるのよ

私には少し
前の彼女の気持ちが分かるような気がする
何も望んだわけじゃない
きっと追い詰められてそうせざるをえなくなったんだろう

君は半分も分かってないけど本当に大変な人なの

281 :名前はいらない:2013/12/05(木) 17:38:24.38 ID:bb2RPCgi
未練

私がそれでもほんの少し伸ばした手を
そのたびに疑って振り解いてしまうようでは
誰にもどうにもできない

282 :名前はいらない:2013/12/05(木) 18:16:14.91 ID:bb2RPCgi
がましい

ぽつり
雨音
赤い雨傘が咲く

どうか甘い甘いお菓子を
飛び切り美味しくて綺麗なお菓子
ほんの少しだけ頂戴
ただ一つだけでいい

照らされた昨日に滲む温かさまでは
今はもう求めない
だって許されない
本当はどれもこれも

金色に映える永遠が欲しかった
燻した銀色が醸し出す時の長さよりも
求めうるなら与えられうるなら
許されうるなら

君が見た矛盾だらけの夢
私がなぞった虹の跡
降りしきる霧雨
無音

雨の日の夕暮れ

283 :名前はいらない:2013/12/05(木) 22:46:04.03 ID:E+L4m8VQ
早足から見透かされてる
周囲に
相手に
背に立つ何かに
私の何を
理解してるっていうの
肯定するのが
疎かになる時代
電車に揺られる
バスに浸かる
夜道をトホトボ
からっぽの空

やがて吐息が
白く染まる時代
月は明日出る
回転を繰り返し

284 :名前はいらない:2013/12/05(木) 23:52:12.48 ID:f4/Z2NMo
*怒っている
*私は静かに、強く、確かに怒っている
*或いはあなたと同じように
*痛みをたまわって心が強く抗議したがっている
*私はそれを自制し諫めることが出来る筈である
*或程度迄は

285 :名前はいらない:2013/12/06(金) 01:01:35.58 ID:y7ias2nX
抗議

今晩は
紫の闇に月が怒りを燃焼さすように高く紅く静かに燃えている
私の色のない眼にそれが映り込んでいつしか私は怒れる月そのものになり夜を焼き尽す
夜は如何様にも変容するものですね
有るべき正しい姿を幾つも持っているようだな、と静かに思います

まず一つ目に、私は あなたの魂に寄り添い、あなたが全ての事情を預けられる人がいるということについて、本当によかったと、心から喜んでいるんですよ?
人はどんなに頑強な鎧を身につけて、到達してはいけない深くや高くに身を置くことが不可能ではないとしても、決して独りでは生きていかれない
故意に黙っていた悪意があると解釈するなら?
私は1ミクロンもそんな思いは持っていないし持たなかったしこれからも持つことはない
あなたの孤独を望むような心は当然持たないで此処迄きた
ただ何か言い難い事情があったのだろうと単純なことに考えの及ばなかった自分に反省を覚えた位

私はあなたを護るひとのいることが心から嬉しく幸せなことだと思った
その本心迄疑うのなら好きにしていい
あなたは私の尽す言葉や本心を見た侭に受取り信用をしない
其処にどんな事情があるのか図り知らない
図り知らないということが考えていない、手も尽さないことだとお思いになりますか?

286 :名前はいらない:2013/12/06(金) 01:03:32.33 ID:y7ias2nX
鋼の人間ではない私にあなたは躊躇い苦心したという
私の頭の中に浮かぶ小さな夢を掬い叶えてくれようとしたのかもしれないと思う
都合というなら私はあなたにでき得る限り負担も迷惑も掛けたくなかっただけだ
あなたもまた鋼の人間ではないことを私はよく分かってしまっている
あなたにとって半分に満たなくても私にはその都度何度も壊れて再生不能にならない限界を超える限界迄だった
或いはもっとやわらかく、当たり前の、当然に自然な心の動きだ
私の心などあなたにほんの少しでも信頼も信用も受ける価値のないもの
それでもあなたも手を伸ばした筈だ
私だけが手を伸ばしているものだと思い込もうとしていたし実際にそうなのだろうと思っていた
手を取ろうとすればその都度何度でも強い拒絶を受けただけ 臆面もなく何度でも私はそれに傷ついただけ
あなたについてだけではない、
本当のことが、本当の気持が知りたいと何度も願い叫び押し殺し噛み殺した
持てる限りの想像力を動員し考え得ることは全て考え、決意も覚悟もでき得る限り示してきた筈だった
確信を持てるものもある筈の私の最善はどれも憶測の域を出なく、多くの好める人にとってそれは憶測ですらなかった
辞めよう、辞めなきゃ
私はあなたや誰かを私の視点から責めたいわけでは決してない
伝わって欲しいのは深く感謝と親愛を覚えていること

私は喜んでいる、今もとても
あなたは例え私が存在しなくともたった独りではなかった
実際に触れることのできる、軟らかい腕や胸や心
あなたの最善は当たり前にちゃんと報われていた
それが私にとっても幸福でないなら何だっていうの
私が願うのはあなたの幸福だと私は何度だって本心で伝えた筈だ

287 :名前はいらない:2013/12/06(金) 01:23:04.99 ID:oJqAjgws
ありがとう
感謝と親愛の心を信じます
泣いているのはうれしいから
お互いに神の祝福がありますように

288 :名前はいらない:2013/12/06(金) 02:03:32.44 ID:y7ias2nX
文字に溺れてはだめ、

軽率な位、吐き出してごめんなさい
私が不安定な個体であることに違いはないと思う
前よりは、ほんの少しだけでも、頑強さや安定を手に胸に出来ているとしても、
今迄の私を客観的に振り返るなら、全てに耐えうるとは決して言えない
ただ、私が望んでいるはあなたの当たり前の幸福

都合ならでき得る限りあなたに合わせたい
互い側にいる人に不安や迷惑やそれ以上を与えない範囲であれば
“何をすべきか教えて欲しい”
届かなかった言葉
届いたかもしれない言葉
届くかもしれない言葉
私には尋ねる以外に知る手段がないように思える

苛立っているとは分からない
悲しんだり無力が悔しかったり
今は自分の心の動きを正確に伝えることが難しい

努力しなかったとは決して言えない
私にあなたの苦心と最善を否定する権利などないように、
私が私自身の苦心と最善を否定していい理由は何処にもない

自分は何も知らなくていいと思ったことはない、それは上の通り

今回は、ではなく、失敗して誰かを傷め、何かを破綻させてもいい事実など一度だって存在しなかった筈だと私は考える
※読み違えや意味に到達できていない可能性

前の彼女、が私が二年前に離れることになった彼や私の大好きな親友の彼女のことで〈もしあるならば、〉
例え私があなたに親愛や感謝を覚え、大切な人だと自負しているとしても、それはあなたの分け入っていい問題ではない
それは私と彼の、私と彼女の問題や事情や重ねた時間や心の一つの結果である筈だから、私にそんな風に伝えることでその神聖に立ち入ることは許さない


私は一度でもあなたや誰かを追い詰めたりしたくないと考える 考えてきた
叶うに足りなかったのだろう最善を今も尽すこしか出来ないことが苦しい
でき得るなら何がベストなのか理解したいと願う

大変な人とは
私の資質についてか、私に付随する何かについてか、或いは両方やそれ以上なのか、

大変な人、都合のいい頭、×××

真白になる、
そうあってよい時でも場合でもないのだろう、と

甘くも綺麗でもない私
氷の糖蜜を従えたような月
こんなものでも御返事に、
なるのなら

289 :名前はいらない:2013/12/06(金) 02:07:19.97 ID:y7ias2nX
287
よかった、本当に
288は無視して下さい、ちゃんと一つ一つに答えなければいけないと思っただけ
リロードしないの前も何度も怒られたっけ……
反省しています

沢山幸せでいてください
ずっと

290 :名前はいらない:2013/12/06(金) 02:51:08.23 ID:y7ias2nX
ずっとです、約束
沢山、有難う!

291 :名前はいらない:2013/12/06(金) 11:23:12.11 ID:BHlPakXQ
雲間から陽が差しています
あなたが沢山書いてくれたので心が整理されました
色々な自信が戻ってきてハッピーです

この広い宇宙であなたに会えてよかった
あなたのお蔭で生まれてきてよかったと思えます
人のするべきことは”自分がするべきだと心から思うこと”だけです
嫌なこと間違いだと思うことは修正し、自分が正しいと信じることをしてください

確認で書いておきます
私が誓いと解釈したことは
1.何があってもこの手を離さない、問題があっても揺るがない
2.私があなたを信じ、あなたが私を信じる
上記について努力することです

あなたと私は別の人間ですから当然違いもあるでしょう
間違えがあれば教えてください
損得だけで行動するわけではないでしょうが
あなたの創作上のメリットになるようなことがないか可能な限り考えていきます
私も喜びや楽しみを見つけつつ毎日を過ごしたいです

292 :名前はいらない:2013/12/06(金) 18:14:35.07 ID:kIY4l6HV
五月雨

今晩は
昼間、ぽかぽか陽が差してとても気持ちよかったですね
雲間から差す光のうつくしさにはっとすることは、私は何故かドライブ中に多かった気がする
今、空を見られますか?
薄いような濃いような深い青が低い橙にとけて、ぽつんと冷たい弓張月
空がこんな風に多様な美しい混色と表情を見せてくれる時間を、Magic Timeというみたいです
とっても綺麗でしずかな気持になりますよ

今あなたはハッピーなんですね
それは私にとっても.×3好いことで
とても嬉しい気持がします
心を誰かのための部屋に例えるうたは少なくない気がします
お部屋が気持ちよく片付いていると、気分も居心地もとってもいいですよね(少し反省)

大切なことや気持を、言葉にして伝えたいと思う時、
往々にして相応しそうな言葉が行方不明になるのは何故なんでしょう
有難う
私もあなたと関わることができていて
本当に嬉しいです

するべきことについては、よくわかったと思います
具体的な決まった何かではなく、一つの大きなあるべき姿勢なのですね
ちゃんと間違いなく果たせるかな、果たしたいな、などと

私には、何かを間違いなどと言えることはないように思いますが、心配なのは、誓いなんて大きく大切な名前をつけてくれたそれが、あなたを縛ったり疲れさせる檻になり得ないか、ということです
私はあなたに出来るだけリラックスした楽ちんな気持でいてほしい
そんな余計かもしれない心配ごとがあるだけで、受け取ってよいものなら、私はあなたのくれた言葉を大切に胸に仕舞います
有難う

努力目標には相応しくないかもしれませんが、お互いに、側にある人もとても大切にすることができたのなら本当に幸せだな、と思います

私があなたのくれた言葉を正しく受け取ることができているのか少し不安です

293 :名前はいらない:2013/12/06(金) 18:18:34.72 ID:kIY4l6HV
違いは、あった方が楽しいことや嬉しいことが増えそうで、私はとても嬉しいです

損得について私は考えが及んでいませんでした
創作?に於いて今私が幸福や愉しさを感じているのは、時折?あなたや、沢山の誰かのうたう素敵な何かを目や耳にすることが出来ることと、変わりなく、私が、好きなことを、好きなように、好きな時に形にして言葉や音と遊んだり愛しあっていられることでしょうか
他にも沢山ある筈ですが、大きな二つはそれに違いないかな、と思います
同じように感じ始めてくれる人がもっと沢山次々に増えて、興味を持ったり愉しく勤しんでくれたなら私の幸福はどんどん増していくに違いなく、わくわくと素敵ですね

嬉しい
とても沢山みつかると思います、喜びや楽しみ

私が心配と反省をしているのは、
反省をしたばかりなのに私が此処に居着きすぎていやしないかということ
私の書く文章がとても長すぎること
休憩などをはさみすぎてしまったためなどから時間が掛かりすぎ、
今日のMagic Timeが終わってしまっていたことです

見上げていたのは17時過ぎ頃だったと思います
別の日に同じ頃見上げると、出会えるかもしれません
今日も一日、お疲れさま

294 :名前はいらない:2013/12/06(金) 19:57:45.97 ID:ZHcpp3kD
物を落とした
嫌になった
御飯食べた
お腹ふくれた
天使が現れた
元に戻った
またあした

295 :名前はいらない:2013/12/07(土) 02:32:09.90 ID:tmXvMjBH
ひかり

話を聞いて欲しいような気持になっていました
でも、今はあなたにしか正しく伝わり得ないことだからといって
あなたにそこまで寄りかかってはいけないものではと悩んでいました
そうする内に、あなたのくれた二つのものが思い出されて
私は救われていました
意味は遅れて染み込んでいく、理解しようとする頭でなく、不安定な心に

有難う


少し混乱と不安な雲が見えた気がして怖かったけれど、大丈夫だと思います
あなたのくれたものの、何て心強い
感謝をどう言葉にしたらいいのか
有難う、あなたがくれたのは、私に必ず必要になる二つ

眠れているといいです、ゆっくり、深く、当たり前みたいに、体と心の欲するだけ沢山

おやすみなさい
有難う

296 :名前はいらない:2013/12/07(土) 07:46:28.13 ID:hSvdsAGI
全力

この高い場所では身がもたない
だから下りる時があるけど
下りたら下りたで結局ツラい
だからまた上がる

ひとつ、上に行かなきゃいけない
攻めないと
攻めて攻めて攻め続けて
余裕なんて要らなくなるくらいの余裕を持って
全力で余すことなく

セコくても無にしよう
どれだけ追い詰められても粘れ
逃げてるように見せかけて無にしてるだけ
攻めまくるために

297 :名前はいらない:2013/12/07(土) 13:30:12.31 ID:wMZyO6So
微力

人が増えた
やれやれまた法則を変えなければ

疲れたからまた少し眠るよ

君は平常運転で

298 :名前はいらない:2013/12/07(土) 14:58:15.00 ID:BQVEnYRF
ホトトギス
無口な口が
嘘をつく

299 :名前はいらない:2013/12/07(土) 16:22:54.10 ID:wMZyO6So
冬眠希望

今回だいぶ時間配分を間違えた
ぎりっぎりまで粘って結局無駄になったこっちの身にもなってみなさい自然と涙零れるから
無残にこの手に残されたのは締切という現実と寄る辺ない治療

一人舞台はやれても会話は成り立たないあの底にはもう懲り懲りだ
それでも何でも急用があるなら下記へ直接お電話を
xxx-yyyy-zzzz

300 :名前はいらない:2013/12/07(土) 20:07:37.67 ID:RrSDsJuc
以後の小藪有吉の選択
にちゃんの便所
祭りからの逃亡
SEXと金が全て
アニメの惰性
昔から変わらない
帝王学を捨てた
カイザーとヤン
ベトナム戦争の大義
口汚いデス市長
正解の隣人のように眠れ

301 :名前はいらない:2013/12/07(土) 22:06:06.77 ID:tmXvMjBH
微々春眠

忘れ形見のように星がたった一つだけ咲いています

もし私が何かを間違えて、あなたをがっかりさせたりうんざりさせているのなら、ごめんなさい

締切。何か書かれているんですね、何か別のタイムリミットのこと、ではないですよね?

………
色々は置いて、兎に角は
私は今のところ、変わらず彼がいてくれて、眠れるものであれば全く酷くはないと言えそうです
いざとなればあなたのくれた二つもある
失礼でないなら出来るだけ心配しないで

私も出来るならもう余りすすんで地獄には行きたくありません
……お手紙を目にしたり書く度、これで合っているのかといつも不安になるのですよね、私の想像力では中々具体的で確かなところ迄辿り付くことが出来なくて
自信がない時=非到達なのかな、と

一人舞台はやれても会話は成り立たないあの底、が今の私のことでもあるのなら躊躇なく伝えて下さい。

急用はない筈です、
*ゆっくり休むことが出来、あなたの色々なことが上手く運びますように

兎、兎
あなたに、太陽と月の御加護を

302 :名前はいらない:2013/12/07(土) 23:18:37.89 ID:2gOBzAc3
人はやたらと
最初を知りたがる
起点だのルーツだの
出生だの何だの
歴史の始まりだの
生命の誕生だの
気持ちが悪いからだ
疑心があるからだ
関心とも似ている
自分の基盤が知りたくて
堪らない
あらゆる手法で時代を掻く
空間を裂く
様々なものを充てがう
隙間は広がり
深遠が死んでいく

非常に緩やかに
優しく身を任せて


私のルーツ
僕の根本
宇宙を慎重に辿る
光はほぼ手懐けた
いつか指先にまで
流れる全てを享受し
生きる

私の起源
僕の誕生
いつか指先にまで
流れる全てを享受し
死んでいく

非常に緩やかに
優しく身を任せて

303 :名前はいらない:2013/12/08(日) 13:13:44.12 ID:PdVzOUnn
あは

私馬鹿でしたね
蔑まれていることも分からないで
やっと意味が分かりました
読解力がない方だとは思わないだって。
本当に馬鹿みたい

304 :名前はいらない:2013/12/08(日) 13:23:30.15 ID:Kegi+6W2
途中送信しちゃった、しょうがないことは重なるものですね
一人芝居していたつもりはないけど、そう見えるのだって分かったし
会話が成立していないの間違いなさそう
本当のことを言えばあなたが何を言っているのか分からなくて酷く考えることが多かった
本当だ、一人芝居みたいだ

ちょっとだけホッとしてます
言われている意味も分からないで馬鹿だけど、後から、隠しごとや嘘を作るのは誰にとっても…殊にあなたとあなたの奥さんか彼女さんにとって凄くよくないことだろうし、
かといって私と同じように了承を得ることなんて了承を得ようとすることさえ難しい筈だと悩んでいたから

折角くれた二つを守られなくてごめんなさい
あなたにとって小さなことかもしれないし、あなたの方がうんざりしているのかもしれませんが、
どんな意味にせよ、私にはもう無理です

今迄、有難うございました
傷つくことも多かったですが、救われることも多かったのは本当です

元気で幸せで

さよなら

305 :名前はいらない:2013/12/08(日) 15:45:49.03 ID:Rrxttkso
>>304
お気持ちお察ししますが、匿名掲示板は極めて人違いの多い場所です。
知り合いかなと思っても、おそらく99.9%は人違いではないかと思います。
貴女は何人かの別々の方を同一の一人と考えてお話しされてきたようです。
前にもお伝えしました通り、私は女性ですし、貴女がお探しの男性ではありません。
ごめんなさい。さようなら。

306 :名前はいらない:2013/12/08(日) 16:38:38.78 ID:Rrxttkso
私は自分のことをわたしと書くことはしない
簡単な日常用語をわざわざ平仮名で書かない
書くのが遅いから携帯で長文連投はできない
(笑)とか半角のwは全く使わない

別の人の書き込みを勘違いして君が情緒不安定になることを望まない
私は特定されないからといって頻繁に愚痴愚痴言うほうじゃない
君が思っている「私」はおそらく実在の私とだいぶ違う

私には記憶に層がある
不確定要素の強いものは層分けして整理してる
記憶の仕方が違う

たまに君の勘は当たってたしある程度機能したこともあった
でも今はもうあの底は使えない
本当に大事なことは私は確実な方法で伝えるしいつもそうしてきた
自分の心の中にある思い出まで勘違いで汚していかないで
悲しすぎるから

どうしてもというならせめてここに
あそこでは私にも君を判別できない

307 :名前はいらない:2013/12/08(日) 20:25:55.17 ID:TkXlTYLB
>>306アドレスとか交換して二人で話できないんですか?
勘違いする方もされる方も辛いと思いますし。
どういう事情かわかりませんが、現実的に向かい合った方がはっきりして良くないですか?
口出してすいません。

308 :名前はいらない:2013/12/08(日) 20:42:22.70 ID:Rrxttkso
>>307
ここは詩を書くところで私が書いたのも詩です。
詩の解釈について誤解されたからといって、
アドレス交換してとか現実的に向かいあうとかそういう話じゃないと思います。
私は特定の誰かに対してメッセージを書いてるわけじゃないし、
他の人たちも、詩としてそのとき書きたいことを書いてると思いますよ。
あくまで意味不明の詩として読んでもらうのでないと、
このスレは成り立たないです。

309 :名前はいらない:2013/12/08(日) 23:22:53.46 ID:TkXlTYLB
>>308
勘違いして傷ついてそうだったり、勘違いして迷惑そうだったりしてる人がいる気がしたんでちょっとどうかと思って書いてみたんですが。余計なお世話でどうもすいませんね。

310 :名前はいらない:2013/12/08(日) 23:27:17.70 ID:TkXlTYLB
んじゃ引き続きどうぞ

311 :名前はいらない:2013/12/09(月) 01:29:11.49 ID:2aKYslvn
電柱

電柱に恋をしよう
のぼったっていいさ
どんな景色が見えるかな
風はきっと心地いいだろう
君は見上げるほど高くて
みなぎるエネルギーを溜めている
抱き締めたっていいさ
さあみんなで恋をしよう
電柱に恋をしよう

312 :名前はいらない:2013/12/09(月) 05:05:58.39 ID:ALiebamU
外出と帰宅

どうして壁があるんだろうか
いらないのに必ずある
引き返そうか。今までいつもそうしてた
越える必要もないからね。越えてあげるまでもないから

そう思いながら留まれていた場所
いわゆる逃げるための場所。逃げ込める所

が、あるい突然無くなる
予感はしてたけど、予想もしてない形で無くなる
しばらくはその事実に気づけない
逃げるための場所が無くなってるなんて、想像すらしてない

逃げられない場所にいてる
もうどこにも逃げられない
当たり前だよな。でも明確に言える
「それはおかしい」と

「あきらめてあきらめて」
伝えられる溜め息
納得を送り込んでくる息

予感は違うな、これ
逃げる場所が変わってた
一番逃げられない場所、一番逃げたくない場所に変わってた
一番逃げるような場所じゃない所
そこに逃げ始めてた

逃げ場はもうひとつも無いと思ってたけど
逃げ場しかもう無いと思う、あの高い空

本当は全然、飛ばなくていいんだけど
そんな思いを生かすために、飛ぶしかなくなるようになってる
飛び続けながら、本当は飛ばなくていいと実感し続ける
そのためだけに無駄に飛び続ける。無駄ではない思いを確認するためだけに

帰る場所はバカバカしい
逃げる場所しか無い世界
自由に飛び回りまくるから
全く動かないドン底に立ち続けてもいる

313 :名前はいらない:2013/12/09(月) 22:48:24.66 ID:15UoX7aG
宇宙エンジン五里

身震いするほど 腹が立つ

314 :名前はいらない:2013/12/10(火) 03:11:40.43 ID:tcCNVX/V
why?

315 :名前はいらない:2013/12/10(火) 03:41:37.35 ID:oVzQPbjD
パンダほど苦しいもんはおらんよ
まだらもん
だってまだらもん
ささらぽーるを上っていたのに
つきだもん
とってつきだもん
じんじょうでんしゃじゃないけれど
のりよにかなわぬささらなるを
ぱんだほどできた人間はおらんよ
くにだもん
もってくにだもん

316 :名前はいらない:2013/12/10(火) 06:23:24.11 ID:Sio+SlXP
無異度℃

くうき
ひとり闇、そっと立つ
辺り、闇一面が見える
暗さがわかる、何かの光と照らし合わせて
暗さがわかる、雲もにぎやかに、雨を溢れ出す
そのくうき
思い出す
今で言う一直線だと、あの歪曲は言ってる
だから思い出す
またくうき
吸える喜び
思い出す
面倒臭がりだったのは、楽なはずなのにそれじゃダメだったから
積み上げてきたものの続き
暗い雲の先に真っ白な道
バカげたルールを避けることはない
その中でまた、古い自分を思い出せばいい
何も悪くないように

317 :名前はいらない:2013/12/10(火) 06:44:46.76 ID:eHpqcX3t
CP

赤い光の波長は他の色の波長より長い
科学的にはそんなようなことかもしれないけれど
辺りが真っ暗な闇に包まれる直前の色は赤だ
なぜか紅葉も同じ
葉は冬を前に地面に落ちる直前、鮮やかに染まって
最後の力を振り絞るように色付いて落ちて行く
何のために赤く染まるのかはいまだ科学的に解明されていない

飛来したヒドリガモの群れ
冬が近い、美しい紅葉の写真はもう
まるで違う冬景色のそれに変わってた
スクショでも取っておけばと今さらながらに思う
あの声はアメリカヒドリかもしれない

河川敷と糸のように細い月
分かってる浮かばれない
遠くまで響く鳴き声
そんなようなものさ

318 :名前はいらない:2013/12/13(金) 19:24:01.54 ID:MXX0zDCD
緑の石をひっくりかえすと
君の手が生えていた
あとカブトムシの幼虫

水をやった
手がのびて幼虫をつかんだ
やわらかい
きっとやわらかい
肥料に何をやろうか
卵の殻だろうか
それとも
なんて考えていると
穴が開いて幼虫が土に吸い込まれた

昔に食べた君とのランチ
半熟卵がもうすぐ届く
手は伸びて何をつかむのだろう
もうすぐ届く君とのランチ
ケーキも肥料になるとしたら
僕の頭の糖類も幼虫も
すくすく育って
君の手は何をつかむのだろう

319 :名前はいらない:2013/12/13(金) 23:55:54.51 ID:MpMtc2JZ
テクニカルに君をふった
足元のごんごろ石ころ
恋の最新技術が金属みたいに
つたわってる
布団の中には君の血管が
都会の地下鉄網みたいに
ごんごろ石ころ足をのぼる

テクニカルに君をふった
森の中の蛙と熊とミミズの家族が
僕に押し寄せる
君の血管がはりめぐるはりめぐる

彼らのため息に僕の幸福が見え隠れして
僕は布団の中でかくれんぼを
はじめようとおもう

320 :名前はいらない:2013/12/14(土) 13:01:09.73 ID:COhPw6eA
たていすかんなにらせ

ちのちのなんな なくにくち らかにかいちら
になもにく ちもにかに
すなくなの いんななとらす ちくちみに
つにみらんらな しちんらか

321 :名前はいらない:2013/12/17(火) 02:01:26.96 ID:LmUT57FL
真実と逃走の拠り所

逃げながら「何でもいい」
掴めない水に浮きながら
深い深海、眺める先
そんな嘘で、本当は何も見ないで
ただ乗ってるだけ、波の上
逃げてもキリがない
そう思ったから立ち向かう
立ち向かうことはできたけど、やっぱりだね

「大切なことを失ってる」

何よりも愚かかもね
失ったのなら更にそうかもね
どこへだって行けるからね
色んな所に行き過ぎて逸れるよね、やっぱり
嫌だったこと、平気でやってるよね
進化と言っては裏切り続けるんだよね
変化って、こんなことなのかな
本当かな、どうなんだろうね、本当のところ

完璧に近くなっても
ありきたりな型にはかわりない、らしい
卑怯でもね、どこか狙ってるよね
そんな思いを孕ませながら結末と戦わされてる

間違ってることだってあるよ、立ち向かうこと
時期が違う。だから何か抗ってる
逃げ道はもう無いとどこかで決め込んでただろうけど
逃げればいいんだよ。それが間違いだなんて、本当は誰も決めつけられない
不甲斐ない、情けない、みっともない
何であろうが、正しさはしぶとく揺るがない
否定さえすれば簡単に変わってしまうだなんて、バカみたいに揺らぐだけの利口の対局者よ

最期まで逃げ切れ
それが先頭かもしんない
違うだなんて、神様でも決めつけられない

322 :名前はいらない:2013/12/17(火) 03:17:26.81 ID:LmUT57FL
幽霊

「認められない正解を持って永遠に逃げ続けて」

「認められてもどうせ、もっと認めろと続けるから」

「だったら逃げろ」

見えない空に
アオ、見つけて
心も明るい
そうなるアオを
だけど浅はか
深いところは見たい
深海のような黒
黒しかない宇宙へ

まだ見てない真実
朽ち果てる運命
回避は不可能
それでも抗え
アンチになれ
ムカつく通念から逃げろ
異彩の星、惑星の果てへ
異星人の概念
遠すぎて通じねえ
それならば更に逃げろ
振り返らなくていいから
必死に遠くまで

孤独に凍り付く
怖さの火さえも解かせない
白い空気の鎖
ひとつの身動きさえも不可能な門

だから、逃げろ
この信じられない現状を
打破の蹴りで蹴散らせて
解凍不可でも心の解答に回答
不可能じゃない
永遠に逃げることくらい

不可能な予感からも逃げるから

323 :名前はいらない:2013/12/18(水) 02:55:31.72 ID:sDJZsy/b
遊びと遊び無しと許可と無の未知

透明な扉
ぶち壊し
新しい空気
自由への階段
数えきれない壁
越えていく何度も
漂う自由
世界のうごめき
屁理屈の立派な理屈
理不尽は当然の存在
怒る隙間さえも皆無
対応に定義
設定にオリジナル
迅速に感覚性を
有意義に満点を
型にハマる準備
飽くまで伏線
基本重視の姿勢
トライに針の穴
ありきたりはハナから打破
むやみな浮遊をちらつかせ
無謀を確信に刺す瞬間
安全性重視にも死角あり
安心を設けるための自由
名も無き虚無の爆発
ルールの中の快勝の道
間違い過度の回避
必然の記憶
見たことのある陰の影
緩やかに浮かぶ宇宙
自由しかない空
大気圏の向こうで好き勝手
走る運命に徒歩心地
それだけの覚悟と準備を
条件の上、故の自由
その最下位と最高位

共に

324 :名前はいらない:2013/12/19(木) 22:43:40.77 ID:ipX3fx1Y
野良猫の詩は意味不明

325 :名前はいらない:2013/12/20(金) 00:01:26.24 ID:5GrCvmSo
偽本物

直線は偽物
細かさは真っ直ぐ
真っ直ぐは直線
偽物は細かさ
不釣り合いに続く「連なる」
感覚に問う、心のど真ん中よ
偽物だからね、本物になっても
悪いばっかじゃない
決め付けは無駄な必殺技
無限を放棄って、無い話
偽物だからね、本物の直線にはなれない
性に合わないオノレさん
異彩に憧れたフツウさん
何も無いヒト
だから際立つ、異なる点への・・・
一瞬でいい、一瞬しかない
偽本物
バレないふうにしているが
バレてる方がいい
明らかにバレる形、持ち寄って
バレないふうにしてるように、敢えて見せるンダ
そんなのナカナカ無いかもね
そうであるならいいし、そうじゃなくてもいい
偽本物に似せる偽物が、更につく嘘
「限界デスよ」
そんな嘘で余裕をカモフラージュ
無駄すぎるソレにひた向きなのは、裏切られない自分を永遠に持てるだろうから
選ぶべき道
決まりきってるふうに見せるカーテン
偽物だとバレない嘘を、バレるためだけの嘘にする偽本物
ダメ人間の無駄は、ダメ人間だからこそ無駄になり得ない
そんな幸運に宇宙は光る
異星だけじゃない、燃える偽本物な星よ

326 :名前はいらない:2013/12/20(金) 00:46:28.51 ID:kfkka80X
交わすのは
言葉や目に見えないもの
お互いの身体を
密着させたり重ねたり
それはそれ
これはこれ
物理的に深めていく方法は
ごく一般的で広範
生産性も高く何より常識的で利点ばかり
欲深くて人間らしくて良い

けれど降りかかるのは御免
適用されるのは御免
則られるのは御免
それらを帯びるのも
疑問も大した意識も持たずに
当たり前と見なされるのは御免
わずかで充分
満たされる
交わすのは
言葉や目に見えないもの
心底から発している
微弱な電波をどうぞ感じて
あなたのソナーは
呼応を望むか
私は半ば諦めて
ゆっくりとあなたを待ってる

327 :名前はいらない:2013/12/20(金) 03:06:23.90 ID:P/R9KUDI
溜息、幾重。これに色がついたら、大変そう



呼応したいと望む心が、あなたの居るところまで届かない
少なくとも未だ、少なくとも今の私は、少なくとも今日の私は、少なくとも少なくとも少なくとも……
眺める限り望むものは同じに見えるのに、どうしてだろう
私が欲張りだから。とても不安だから。
大まかには分かる筈だけど、何を言われているのかちゃんと理解できていない 届けていない
私の抱える煩悩の所為?

伝わってくる気がするのは緩やかな失望
他にもある筈と意識が告げるのに届かない
とても悲しい
資格ナシを告げられているようなこの身の無力と不理解が

呼応出来る時、考えたり意識しなくても、同じところまで、自然に降りていけている気がする
……違いますか?
あなたは待ちながら緩やかに拒絶する
今夜は行けそうにない
それがとても悲しい

私は煩悩が始めにあるのではないと思う
それ自体が悪いと迄は思わない
でも私も、よく分からないで何か他の大切なものと一色他にごちゃ混ぜにしてしまうのは嫌だ
もし、知らない何処かにそんな心が隠れていたとしても、それが実際の望みになるかは全く別問題だと、思う

今はこんな言葉しか絞り出したり見繕うことが出来ない
ごめんなさい
あなたの言うあなたが、別のあなたなら、ごめんなさい

土砂降りの雨が冷たい
雨自体好きなのに今日は心が濡れたくないと言っている
私はやっぱり届くには未だきっと幼い
何、言ってるんだろ
とても悲しい
行けなくてごめんなさい



たった一つだけ意地悪そうなことを書くことが許されるなら
今日のあなたは狡いと、少しだけ、思う
これって、他人の所為にすることに、やっぱりなってしまう、のかな
針の穴ほどの、小さな小さな不信感
……こんな心、雨の所為だと
今だけ嘯いておきます
ごめんなさい
今日は、以上です

328 :名前はいらない:2013/12/20(金) 03:17:36.01 ID:P/R9KUDI

今日の私は思春期の青年
足馴染んだタオルを一枚敷くだけでこの川を渡ることができるのに
吹く風にさえ傷ついて
勝手心を雨曝しにする
明日の成長を心より望む

おやすみなさい

329 :名前はいらない:2013/12/20(金) 03:53:00.54 ID:P/R9KUDI
間違え筋違えて、迷惑をかけたり、もしかしたら傷つけてしまった人、本当にごめんなさい
あなたの書くものに見覚えがあるんです
過去にも言葉を貰ったことがある気がするんです
女性の方だったのですね
何度も本当にごめんなさい
二度も直接に違うと教えて下さって本当に有難うございました
本当にごめんなさい

直接に関係がないのに、どうにかした方がいいのでは、と掛け合ってくれた人有難う
いけないと思いながら、どうしても心配になって見にきてしまった私はとても救われました
あなたはきっと優しくて正義感の強い人
本当にどうも有難う



ーーー

330 :名前はいらない:2013/12/21(土) 18:34:12.68 ID:TdqNfAhV
心よりポエム

331 :名前はいらない:2013/12/23(月) 00:44:48.89 ID:1S5nOq1Y
うん、そうですよね。ごめんね

332 :名前はいらない:2013/12/23(月) 01:14:29.65 ID:1S5nOq1Y
と、母はちょっと悲しそうに言った
それは、彼女が言うのならきっとそうに違いないという
死にかけの世界が遺した、最後にして最大の美しい魔法で謎
ゆくゆくは終わってしまうからこそ、世界はのんびりと優雅に、午前様ティータイムを愉しんでいた
アリスは物語が中断されてしまっていることに不服と不満を覚えるかもしれない
いかれ帽子屋はコーヒーの苦味に心かわりを覚えていた
だってそうでしょ?そもそもこれ自体も物語そのものみたいなのに、世界は死にかけていて、母の遺した美しい謎と魔法だけが隠された何処かで煌めいていて、
皆が皆好き勝手に不服や不満や心かわりと一緒に、ほうけたように座り込んで踊っている!
コーヒーをのむためにミルクが必要だから私はスカートが引っかからないように気をつけながら席を立つ。でも見るも触るも仔牛ばかりで、みんなとっても私のためにおっぱいを捧げてくれそうにないから泣きそうになった
「うん、そうですよね。ごめんね」
母は見たことがないくらい美しい顔をしている。ねぇママ、私もいつかそんな顔が出来るようになる?涙を零したなら、世界はもう謎が謎を呼び悲しみながら風船のようにどんどん膨らんでいくというのに!

結果としてミルクは空から降ってきた。
恵みのミルクは降り止むことを知らず、世界も美しい謎と魔法も、今ではミルクびたしのほしに溺れている

この世界はもうすぐ死んでしまう
だから私はコーヒーとともに世界を弔うために、ふんわりしたスカートいっぱいに、ミルクと膨らんでいく悲しみを受け止めた
仔牛たちは泣いている
母の不在、ミルクの共鳴、ほうけた帽子屋とアリスと踊り!
母は今も何処かで魔法と謎とを拵えながら知るでもなくとても美しい顔をしている
誰も見たことがない世界の終わりと臨終
そこで音色が響いている
「うん、そうですよね。ごめんね」

午前様ティータイムは何処へ旅に出てしまったのか。帰らない謎は変えられない魔法となり
仔牛たちは泣くのをやめた。
世界が終わる。美しく溺れて死んでいく。
綺麗だ。余りに、残酷なほどに、魔法と謎と母の憂いに匹敵するほどに、何よりも、綺麗だ。
私たちはそれを眺めている。
僕らはいつだって、最後にして唯一の目撃者だ。そうですよね?……ママ。

333 :名前はいらない:2013/12/23(月) 16:49:50.73 ID:oxJsQ2qM
無敵無双、無限夢想

復活と豊作。然れど、打撃と失墜。失望、奔走、もがき、闇の中

(過度な強度への思い)
(力み)
(極めつけは毎度の自滅)
(嘆くことさえも失せるほどに)

神々しく強く
迫力と圧力で眩しく強く
「放つ」

「光」

間違いなく鋭く
正しさを濃く
惑わす
それでも信じることが何よりも素晴らしく
疑うことはきっともう無駄になる
不信感や迷いなんて捨てたい思い
だけど何かの危険信号が邪魔なけらいちらつき
結局は後悔だけしないように
とかになって頑張るだけ頑張る

燃え尽きるくらい熱く
何も言わせないくらいの上昇
対応の対応に、の対応に追われ
かと言ってマイペースばかりも不覚
結局迷いはまだ拭えないまんま
肩で息してばっかでどうたらこうたら

熱く強く真っ直ぐ
情熱
気持ちの熱さ
でも心の豊かさ孕ませるための余裕
どれくらいの余裕があればいいんだよ

冷たい計算でも成功の理屈
報われない情熱のためにされがあるのは知ってるけど
情熱が報われたとしてもまた何かをすぐに次に求めてる

託すべき直線なのもわかってるけど
頼りないほどに細く弱いから任せられないし辛いし苦痛を伴ってる

気持ちのスイッチを入れようが入れまいが
勝手に入ろうがオフろうが
極めて正しいのは貧弱でも利口であるはずの直線に他ならない
だけどソレ以外がまだまだ不甲斐なすぎて
程度や自分度の度合いがまだまだ甘くてわかっていない

手づかみで武装
曖昧さが少しだとしても存在は明確で歴然

対応の弱さがまだまだ露呈してる段階
やっぱり悲痛の極み

334 :名前はいらない:2013/12/27(金) 03:14:39.58 ID:rstJNETT
曇りの壁画

強く立ちはだかる
情熱の剣で突き刺そうとしても
現実が覆う大海原の中
何もかも破裂して見知らぬ地まで飛んでゆきそう

コエロヨ
怖いくらいにコエロヨ
恐怖を見せるようにコエロヨ
ワープしてきた如く
至極

固められたくないから
固めないし
そうやって
固められて
固めてる

ブラサガレ
情熱の天井
知らない世界への扉
曇りの壁画をブチコワセ
ツキヌケロ
無理ならワープ
壁画の向こう
恐怖を見せるようにコエロヨ
怖いくらいにコエロヨ
コエロヨ

怖いくらい
ブッコエロ
覚醒の真理
日常の奥義
情熱の勝機
海原の変換

トラウマの災い
なかなかコエラレン
好きだった場所が一番怖くなる
嫌いじゃないのに怖さだけ残る

ツキヌケロ
勝算の中心
全てを拾い上げてひとつを目指せ
希望の星が瞳に映る瞬間を待ってる

瞬間に大股
瞬間移動なくらいの進

冷酷に思っていないほど冷酷
そんなんじゃないと気づいたら合わせろ
何も関係なしでエゴは走る
そんな無意味にも怒り
偉そうにも疑問
だけど進む

335 :青薔薇 ◆DMVtSSFzcg :2013/12/27(金) 14:06:30.97 ID:WXi6IUs+
『螺旋』

廻り廻って永遠(とわ)に続く時間のように
廻り廻っていつまでもどこまでも菓楼に

君の顔が歪んで、時空と共に消えていく
上に上に上がるに連れ這い上がるように

忘れたくないんだ、君の全てを捧げる
捨てなきゃならないんだ、足が止まらない

336 :青薔薇 ◆DMVtSSFzcg :2013/12/27(金) 14:14:48.25 ID:WXi6IUs+
『自己満足』

欲求不満、なぜ思い通りにならない
若かりし頃の、懐かしむ努力家のさ

今まで造ってきたのなんて自己満足
応援者が共感しようと泣き叫ぼうと

これは僕の世界で僕の作品で僕の意思
放って置いてくれ、ブルー・ザ・世界

ただの格好つけ、今までのもの全てさ
全部自己満足、憂鬱(ブルー)なサンシャイン

337 :名前はいらない:2013/12/28(土) 10:07:55.13 ID:01OX7b5g
円い縁

全てに花を咲かそう
全ての花を
手を抜いて何となく
そんな全てじゃ
全てがきっと萎える
ひとつの方向のそれのように
全ての方向にまで派生するから、させるから
役に立たないガッツが
役に立つ元ならば
役に立たないガッツでも
役に立つとやっぱり思う
恐怖を越えるように
恐怖に見えるくらい越え
余裕で化物
余裕の怪物
上手い上に
上の方だけを見ていて
鬱陶しいくらい

338 :エゴ太:2013/12/28(土) 22:15:46.58 ID:f5yp8Vkh
身分の違い
助手席
同じ景色が違う

翌日
少し目線があがった

ゆっくり
また
落ちてゆく

所詮
僕は僕だった

339 :名前はいらない:2013/12/28(土) 22:50:56.41 ID:r3jWOsWx
ネット晩のホストみたいなの発見。

イケメンなら稼げるんだろうけど。
話が上手けりゃ稼げるかな。

誰かレポ頼む。
メンガでググると出てくる。

340 :名前はいらない:2013/12/29(日) 21:35:34.93 ID:xUOSEzWN
為せば成る
為さねばならぬ
めんどくさ

341 :名前はいらない:2013/12/29(日) 22:14:17.74 ID:p1EmvbRd
理論、理論、理論
いつもいつもそればかり
私は理論だ私も理論だ
あいつは理論だ理論は俺だ
こんなクズならいつかは殺そう
死刑と人生天秤にかけても

しかし まあ
そんな理論は通用するわけもなく
理論、理論、論理
まだまだまだまだ足りません
理論的に考えた感情論の元
私はあいつを殺すことに決めた

というのがもう15年も前のこと
北欧に学べ、欧州に学べ、フランスに学べ
古き良き日本に学べ
頑固爺がまだ闊歩していたころ
あれはまだ生まれてもいなかった

今はすっかり消え失せた
その代わりに今は理論理論
荒唐無稽な虚無ばかり生え

うん。そうだね・
あああーああ

342 :名前はいらない:2013/12/30(月) 05:10:24.77 ID:1cLQ9Sjj
書き込みを有効にするには、5000モリタポが必要です。
一度有効化を行うと、365日間は追加のモリタポ消費なしで自由に書き込めます。
書き込みを有効化する(5000モリタポ)

343 :名前はいらない:2013/12/30(月) 05:30:31.23 ID:1cLQ9Sjj
確かヘミングウェイが言ってた
人間が孤独なんじゃない
愛されていることに気付けない人間が孤独なんだと

嘘だよ彼はそんな美しい戯言を好かなかった
ヘミングウェイが言ったのは
どんなに大勢に愛されても自分の愛する一人に愛されなければ人は孤独を感じるということ
真だと思う
だからほとんどの人間は生きている時間の大半を孤独に過ごす

確かにある
まるで何かに縋るように誰かに愛してるって言いたくなるとき
まるで何かを求めるように必死に
その言葉の内実が空虚で何の意味も持たない自己満足でしかなく
相手に届くわけもなく自分の頭の中で反響するだけだと知っていても

いつもそうなんだ
脳内で人は一人ではいられない
架空の誰かに縋りいなければ人形を創り出し
ギリギリのところで平静を保って生きてる

やっぱり人間は孤独だよ
愛する人に愛されていると感じられるその一瞬に
人生の残りの全ての意味と価値を見出そうとするんだから

344 :名前はいらない:2013/12/30(月) 05:41:39.37 ID:1cLQ9Sjj
愛してるって言えば
愛されるなら良かったのに
愛してるって言えば
愛したことになるなら良かった

孤独じゃないと言えば
孤独でなくなるのなら

何度でもその言葉を唱えただろう

345 :いとうまい棒:2013/12/30(月) 22:39:18.44 ID:ltnTMFFI
「香水」

香水のカーテン
昨日のわたしはその向こうに居る

346 :名前はいらない:2013/12/31(火) 03:24:57.21 ID:/d/8OHd2
つまらない意地を捨てて
ありのままを受け入れたい
出来るなら自我さえ捨てて
君になりたい
君の血 君の暖かさ 君の心
私は消えない でもどこにも居ない
楽しくて悲しくて幸せで
夢で夢を見ているような
そんなまどろみを夢見ています

347 :名前はいらない:2013/12/31(火) 04:30:30.73 ID:lQ0alijj
神の声

期限が延びた
終わるまでは手を付けずにいようと思っていたあれこれを
やっと開くことができた
神の声よ恐れながら申し上げるならば
もう何日か早くその声を聞きたかった

大掃除をしよう

348 :名前はいらない:2013/12/31(火) 05:38:25.35 ID:lQ0alijj
懺悔

今酔ってるからかな変なこと思い出した
私未だにあの人に申し訳ない気持ちなんだよ
私があんなことを指摘しなければ炎上しなかっただろうって
たった一言
ふと気付いたことを言っただけだけどそこから火が点いてしまった
気付いたからって言っちゃいけないってほんと思った
まさかそこまでのことになるとは

あれからもう何年も経って
でもなんかたまに見てるんだよねブログ
もう一回上手くいくと良いな
どこかでそう思ってる
もちろん一生顔向けできないよ
許してほしいともとても言えない
けどどこかで思ってる
もう一度上がってきてほしいと

349 :名前はいらない:2013/12/31(火) 05:48:38.75 ID:lQ0alijj
若気の至り

真実が人を幸せにするとは限らない
それを知らない私は馬鹿だったと思う
空気を読んで弁えるべきところを
一歩前に出過ぎた
白日の下に晒せば良いってもんじゃないんだ
人間は理屈や正しさだけでは生きられない
人の愚かさを醜さを
許すことができなかった私は
自分自身のことさえよく分かってなかった
何よりもそれが愚かだった

あの人は私を知らない
許すも許さないもない
でもやっぱり思う

社会の力学だよ
たった1人の馬鹿が残りの99人の平和を壊す
まさか自分がその1人になるとはね
ろくでもないわ

350 :名前はいらない:2013/12/31(火) 06:03:34.26 ID:lQ0alijj
理由

真実を追求するなんて
そんな一見まともに見える世界の限界にすでにあの時の私は気づいてた
ここをどんなに突き詰めてもきっと見えないだろう
だから見えない世界に希望を託したんだと思う
君だ

その世界にも
やっぱりないのかもしれないと気付き始めても

それでも夢を見ていたかったんだろうね

自分がちっぽけなただの人間だってこと
もうよく分かってたから

単なる犠牲ではないことを自分で分かってる
か弱い女性が大きな力に倒されて傷ついているのとは違う
良くも悪くも私はそこまで弱くない
その微妙なバランスで
君は単なる暴君になることなく
曖昧なまま成り立ってきたんだろう

351 :名前はいらない:2013/12/31(火) 06:15:09.84 ID:lQ0alijj
因果

どこかで思ってる
思ってる

これが一つの罰だとして私は確かに
罪を犯した
sin
crimeではないけどculpaだ
いわゆる道義的なんとかってやつかな
この病気さえも
por mi culpa por mi culpa por mi gran culpa

352 :名前はいらない:2013/12/31(火) 11:18:52.41 ID:9xgwDk4t
No te preocupes. Esta bien ser.....

353 :名前はいらない:2013/12/31(火) 23:06:12.50 ID:jEhaBQg1
私の軌跡を訪ねゆく
自分探しの旅のはじまり
ホントは興味もないけれど
私は何かでないといけないらしい
あてもなく歩いてきたけれど
それでもけものみちは出来るらしい
懐かしい景色に思いを馳せ
大人の一歩踏みしめて行く

354 :名前はいらない:2014/01/02(木) 02:06:06.82 ID:yCmmfmCS
この道を初めて歩いた時
純粋 素直 正直者 この世の全てがお友達
家族 友達 親戚一同 皆に愛されて育った
このまま幸せが続くだろう 誰もが期待した

やがて時は流れ 毎日変わらない道を歩くのは飽きた
次第に消え失せる倫理観 あの時の幼い笑顔は何処へやら
期待の目に応えるのも もう嫌だ

そして毎日歩く道に疑問を覚える
何故歩いているのだろう
このまま道を踏み外せたら どんなに幸せだろうか
少女は分かれ道を見つけ 何も知らないまま進んでいく

見つけたのは新しい世界 刺激のない今までの道よりもずっと魅力的
輝いた一時的な未来 ただの一時的な見せかけの未来
ひとりぼっちで進むのは怖い
臆病な少女は 自ら進んだ世界から逃げようと必死にもがく

なんとか逃げられた 現れたのは今まで歩んできた平坦な道
嫌だったはずなのに 安心する もう怖くない

「私にはまっすぐな道一つで十分」

少女は歩みを再開した

355 :名前はいらない:2014/01/04(土) 23:55:56.79 ID:LX1A4DMs
泪のポエム
ぷっ

356 :エゴ太:2014/01/05(日) 16:17:40.58 ID:qCW2TwlZ
出会った年末 絡み合う年始
恋人のように 過ぎる一日
家で待つ嫁の 無言

犠牲の上に成り立つ快楽
刺激はいらない
思い赴くままに裸になる

恋人のように

357 :いとうまい棒:2014/01/07(火) 23:04:26.78 ID:irQhDdsL
「かわせみ」

生きているのが
そんなに珍しいことなのかい

生きているのが
そんなに嬉しいことなのかい

生きているのが
そんなに美しいことなのかい

358 :いとうまい棒:2014/01/07(火) 23:07:16.08 ID:irQhDdsL
「優しいひとたち」

優しいね
優しいね
みんなみんな
優しいね

俺だけが
俺だけは
優しくないのに

優しいね
優しいね
みんなみんな
優しいね

359 :名前はいらない:2014/01/08(水) 23:02:48.62 ID:jTVsu3Ic
やり過ごす

流れが通り過ぎるのを
ただ ただ ダダ
マネーマネー
はぁいい。
明日はカレー。
過ぎてゆく。
ただ ただ ダダ 単に
過ぎてゆく。明日はカレー。

360 :名前はいらない:2014/01/09(木) 08:04:36.18 ID:MaWWRcZL
名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2014/01/09(木) 07:47:14.07 ID:/o60+YQj0 [1/2]
>>1
<ミネラル含有熱処理酵母(特に亜鉛酵母)に放射線障害防護効果を確認、被ばく後投与でも
放医研・体質研究会の研究チームがマウス実験で実証 放射線被ばく障害の治療剤に展開>>放射線医学研究所サイト
http://www.nirs.go.jp/information/press/2005/index.php?03_24.shtml
放射線医学総合研究所のサイト内を「放射線防護効果」で検索するとビール、ラクトフェリン、バナデート・・・

暴走原発は、発電送電専門の東電にとって畑違いの分野だ。
東電には物理的にも技術的にも問題解決能力はなく、キャバ超えだ。国が動くべきだ。
東電社長が「発電送電の我々には畑違いだ。」と菅直人総理へ丸投げした。
その暴走原発を総理が丸投げし返すのは間違えている。原発メンテナンス企業、日立東芝にさせればよかった。

おまけ
マルチミネラル剤は用法用量を大幅に超える飲みかたをすると、
人体の不思議で、体が勝手に危険を感じて、体内ミネラルがあべこべに極端に排出され減少し、
骨粗しょう症とかになるので、とても体に悪いから注意。体のでかい男性が少し多めに飲むのはいい。
肝臓の悪い男性は、月経のある女性と違い、鉄分が大敵だ。

DHCの「マルチミネラル」は貝殻カルシウムが日本産のホタテ貝なのでやめよう。
ネイチャーメイド等の信用できる海外先進国のサプリメントがいい。
一般的にはAmazonの定期通販が安い。

実際は、ミネラル剤だけではなく、用法どおりのマルチビタミンミネラル剤と「大量」のビタミンBとビタミンCがいい。
化学合成ビタミンCはAmazonや楽天では「アスコルビン酸」という名前で安く売っている。
化学合成ビタミンCの原料はジャガイモなどの天然のデンプンだ。

「大量のビタミンC」と「医者からもらった処方薬や薬店の飲み薬全般」は、相性が悪いから、要注意だ。
「大量のビタミンC」はおせっかいで「薬効のある薬」を毒と勘違いし、「大量のビタミンC」が「薬」を打ち負かすからだ。
胃の中で「大量のビタミンC」と「医者からもらった処方薬」とが直接混じらないように時間差をつけて別々に飲むよう注意。

361 :名前はいらない:2014/01/09(木) 18:42:49.51 ID:2+ohnPp4
風景を抱えた光


<現実は理屈だ。理想は心だ。それら両方を担う「無」から連なるコトバたちよ。無謀でも、無頓着でも。道が「在る」ほうへ>


始まりは、「違う小さな扉」
その先に必ず、「その先」が、更に、永遠に、「その先」が在ると信じて進み、

どこかでそのすべてが閉じる。萎む。狭く、狭くなって、そのすべてが塞がって、
その壁の前に止まり、立ち止まる

「その先」が無いことを知り、虚無を知らされる
回答は簡単で必然で、更に「すべて」だということ
「その先」以外の「すべて」へ
そんな「すべて」への新たなる「先」へ
無作為に、無意識に
「その先」以外の「すべて」の「先」が「どこ」かもわからずに

いつ見えるのか
見えないのかかもわからずに「先」へ向かい、突き進み、行く

理屈でもあり、そうでもないものへ
真ん中に聳える「隔て」の壁
そんなのも、その横ヨコに聳える両方たちもひっくるめ、

あの空のほうへ
「先」はやはりと言ってもいいくらいの単純な選び

あの「違う小さな扉」もひっくるめ、

この、「すべて」を眺めようとする「無」のような暗さを孕んだ海面、透明のような空を深海に写す
純真で無垢を信念に込めながら、あんな空へ
「すべて」ひっくるめて

ここから願い、祈り、信じてる
気高い可能性があろうがなかろうが、単純に羽ばたくしかない選択肢をひとつも呪わないで、何ひとつ

いつだって思い出すために、
あの空へ羽ばたいていった「オノレ」というヒトは、

忘れがちにも、引き連れる
思い出を思い起こすために

いつだって思い出すために

362 :名前はいらない:2014/01/09(木) 19:28:17.79 ID:2+ohnPp4
のこりの火


<側面を描こうとしたら消えちゃった。そんな事実の後>


「届かない」、という歓びたちよ
届いたとき、どうする?

「届かない」ときを思い出せ
卑屈でも悦ばしき、風穴だらけのストーリーよ

悲しい風景はやっぱり暗く、
哀愁を纏いながら心に暗く光る

苛立ちのような頂点の最中
癒されに潜る深海の虚無に触れ、


「何かを見ようとしてます」


海面にひっそりと聳えるひとつの扉
そんな風景が、暗いけど今は優しい

「ネクラがするモグラ気分」←ではない暗さも実際はちゃんと在って
そんな違いが、「光る」ということを成立させるのかは定かではない。けど・・・

悠長に、ダラダラ
もう雑で、未練も何故かサラサラ無い。今は、今だけは・・・

363 :名前はいらない:2014/01/09(木) 19:50:10.13 ID:2+ohnPp4
正解の外側の自由


<水を纏いながら心身は弾け翔ぶように仕向けるけど、水は弾け飛ばない。それがいいから、いつだって深海へも目指す。有頂天な空とのコラボを目論みながら、自由だけはあちらこちらへと弾け翔んでらあ>


例えば

矛盾ほどの、矛盾じゃないほどの、
そんな両方が在るほどの、

とか


真っ直ぐじゃないほどの、真っ直ぐほどの、
そんな両方が在るほどの、

「無」を


情熱が「あの」ラインを下回り
それでも型だけは残しておこうと
そんな意図と意識を描いてる

思い出す気もないのに
単純な衝動
意味も理由も、在ったとしても必要ではない今
後悔すらしなさそうなのに

踊り暴れるだけで、自由を堪能してかのような感覚
意外と錯覚でもない感情
そう言い切れちゃうのは、純粋をそれなりに貫いていたつもりだから
自負のような、でも柔な、それでも明確にあった、

「記憶の中の確かな心」


今は何一つ躊躇わずに、

風景に託す。今は。

364 :いとうまい棒:2014/01/09(木) 20:05:18.99 ID:6MTyP8qp
「命乞い」

助けてください助けてください
わたしは生きていたいのです
此処から追い出されて
惨めに路上で死にたくはありません
お願いですお願いです
助けてください
わたしを助けてください
わたしを助けられるのは貴女だけなのです

わたしは貴女の足元にすがりました

そして
わたしはまだ生きながらえています
貴女の軽蔑に耐えながら
惨めに此処で生きています
いつまでも
貴女に軽蔑されて生きています

365 :いとうまい棒:2014/01/09(木) 20:10:30.80 ID:6MTyP8qp
「お守り」

大好きな 
あなたの言葉をとっておこう
大好きな 
あなたの笑顔をとっておこう
そっと握りしめて
わたしの大切な
人生のお守りにしよう
いつまでも
いつまでも

366 :名前はいらない:2014/01/09(木) 20:20:06.70 ID:2+ohnPp4
自由の回廊


お皿の上
どこへでも行きたい自由な「○○」?
プリンが乗っけられた。
意味も無い「歓び」は何故か果てしなくて、ただただ愉しく「揺れ」続ける

アレを「思い」とするのなら、「純情」、とも言えるだろう

零れ堕ちそうな、残酷なほどの無邪気

ソレを「躍動」とするのなら、「情熱」、を少しは味わえるかもしれないだろう

でもやっぱり乗っけるよ

お皿の上
純情も情熱も拾い集めて、
プリンの揺れのような読めなさ加減が山積した。
意味も無い「揺れ」は何故か果てしなく、愉しく「歓び」続ける


自由の回廊は必ず行き着く
一番美味しい場所を探すということに

どこへ弾け翔ぼうが、やっぱり美味しく味わいたい

それが実現するお皿の上へ。
そんなのを作る


<自由の回廊の上で>

367 :青薔薇 ◆DMVtSSFzcg :2014/01/10(金) 03:17:14.70 ID:jlPPfC9O
『クラシスへ』

僕は君にとてもお世話になったんだ
君は僕に毎回世話を焼かせたけどね

貴石(クリスタ)が光る頃に君は消滅する

私は貴方にとてもお世話になったわ
貴方は私にいつも世話を焼かせたわ

蒼晶(ブルーナ)が散る頃に貴方は消える

368 :名前はいらない:2014/01/10(金) 03:50:45.44 ID:gU6TEaLj
本当のカムバック


もう躊躇わずに帰れる
たったひとつしか見えない「想い」へ
理想の最高級を模したあの「思い」とは違う
「感情」やその感情に揺らされる「気持ち」だろ
理屈でもない。理屈なんて通り越してるし、もはや勝敗すら付けられないひとつの「絶対」へ

戦う理由すらなく、当然のように逃げてた「想い」
ひとつしかないという寂しさのような悲しさのような
それらが嘘のような、嘘にしたいがための狂気のような

理屈ではない感情を孕む気持ちへ


同じダメなら一番裏切らないダメを、本当は一番裏切らぎっちゃいけない
裏切らざるを得なかったのは、そんな想い、感情、気持ちを支えてた土台を一瞬にして失ったから

新しい皿は確かに土台
だけどそんな思いは、想いを叶えるものでない
意図を汲み、思考を先行させる冷徹も必ず要るけど

そんなものすら要らない

と思えるひとつこそが、想い、感情、気持ちを報わせられる唯一のもの

またバカみたいに嘆こう
マイナスではない
つまらない愚痴こそ真に大切
本当の未熟になんなきゃ、バカみたいな衰退のみ
いくら成長と名付けようが、一番大切なひとつを忘れたら、劣化以外の何物でもなくなる

今こそ背負えるさ
真の子供という自分を
もう許される「わがまま」を、惜しみ無くすべてへ出すとき

心にだけ示してたたったひとつの光を、この風景すべてに今、描くとき
また出会っていない「新しい」が現れる
目の前の表に

369 :名前はいらない:2014/01/10(金) 03:59:13.50 ID:gU6TEaLj
誰ひとり傷つけない狂気


正解を証明するための冷徹、真の答えの情熱

一番裏切らないダメを、一番裏切らないようにするための土台
一番ダメなダメが本当の土台で
海だった水さえも凍るくらいの冷徹
バカみたいに冷めきるだけ

すべてが固まったまんま
すべてを柔らかくする炎を
もう一度だけ見つける

見つかった

生きてく本当の糧。になればいいけど
それしかなかったくらいだったから、その可能性は十分あって
最有力候補に再びあがる

すべてを燃やす狂気へ


新しい光をもう一度、照らせ

370 :名前はいらない:2014/01/15(水) 07:49:08.12 ID:kRXEIun8
秘めたるピュア


最高難度と苦境たちが咲き乱れる中、唯一突破できる星の希望
またピュアに帰るまで


何よりも安全だというのなら、本当は何よりも自由でいいはず

だけどそうはなっていないのが常であって
当たり前の理不尽は目の前、当たり前のように壁となる

何よりも純粋な人よ
どれだけ傷ついても真っ直ぐ進む
壁を壁とも思わずに、ぶつかりながらも押し進めていく
避ける発想なんてひとつもしないまま
真っ直ぐな気持ちしか持ってない素晴らしさよ
それしかできないことを何よりも知っていて
それが何よりも素晴らしいということ
それに気づいていないけど、だからこそなのかな。真っ直ぐしかないのは

避けることを必ず選ぶ自分は間違いなく愚か者
真っ直ぐは持たないその脆さのせい
だけどそれもひとつの純粋さであって
歪曲だらけの狂気であっても、何よりも自由であったからこそ生まれた発想なわけであって

また次の新しいのを探す旅
理不尽を避けられるだけ避けてきたけど、もうその選択肢はない
受け止めて戦うことをするだけ

自由らしい自由を本当に手に入れるために
その前の目的を果たしていかなくちゃいけない

邪魔にならないとしたら、迷いなく選べ
誰にも計り知れない己の絶対を
邪魔になる時以外はすべて選ぶくらいのつもりで

つまらないかもしれない壁だとするなら
とっとと乗り越えることだけして
余ったもので好きなこと
それと憩いで占めてしまえ

371 :名前はいらない:2014/01/15(水) 21:42:13.75 ID:5/h0aQFe
最高の恋と、おもてなし


僕たちはきっとうまくいくよと言いながらアイスクリーム食べさせてくれた
そして全てを食べ尽くした夜は、僕たちのソフトボールチームを作ろう

世の中には1人で強く生きる人もいるけど誰かに支えられて輝く人もいる
そして全てをやりつくした後は、黙っていればいいよ

もしキミがまだ夢の中にいたら、こんな普通のやりとりも、海沿いでオーロラに包まれるのかな

永遠に続く草原で、ウサギたちだけ雪を待つのかな

たまにはうちにおいでよ、皿回ししておもてなしするよ

372 :名前はいらない:2014/01/17(金) 11:59:32.27 ID:a18xuuAx
赤犬をほおばる

未来が見える
未来が見える
悪い未来が見える
悪い未来が見えるから
悪い未来しかない

赤犬をほおばる
赤犬をほおばる

373 :名前はいらない:2014/01/17(金) 12:04:12.16 ID:a18xuuAx
書けない人

涙を流し
石膏にバターを塗る

わかった人は涙ぐみ
それでも石膏の顔に塗りたくられたバターを無視し
塗りたくる手を振りほどいて
塗りたくりながら涙を流す目を時々居抜きつつ、
ギリシャ人の顔を画く

射ぬかれた目は死ぬだけ

374 :名前はいらない:2014/01/17(金) 12:07:25.78 ID:a18xuuAx
音のない爆発

空気はゆれない
光がただからだをつきさすだけ

きのうからだるい
きのうからだるい

375 :名前はいらない:2014/01/18(土) 01:19:27.84 ID:WQsr1aUO
真相の場所


「どれだけ縛りがきつかろうが、もう次には自由を放ってる」


通ろうとする道を少しずつでも歩き、うまくいけば少しは楽しいと、いつまでも期待しながら

376 :名前はいらない:2014/01/18(土) 01:44:44.04 ID:WQsr1aUO
リピートと機微


100%負けるんだけど
100%勝つことに近づいたら
100%負けることは
本当の意味で勝ってるんだよね。真の意味では負けてても勝ってたんだけど


勝つべきことが負け、負けるべきことが勝つ
そんなつまらなさが日常だから、本当の自分を隠しがちに

晒しても負け。勝つべきでも
負けないようにだけしてても、理不尽には負かされる
本当は勝つべきではないことが勝つんだから
それに乗る意味は果たして

変な話。ぐれてるくらいが一番健康的だったりする


「乗ってやらねえよ。勝敗にルールすら」


自分で決める勝ち負けだってあるってこと

勝ちだと言われても負けてんだよ
負けだと言われても勝ってんだよ

負けてると思ってた時の方が勝ってた
勝ってるとなってる今の方が負けてる


ああ、絶対に勝ってやるよ
勝ってるとなってる今がもう負けないように
負けてると思ってた時のようにまた勝てばいい
それすら本当に負けないように

絶対に負ける方をどんどん選んでいく
そんな自分に勝負はない
だから今度は勝つ方だけを選びまくった
もう勝ってるけど、すでに負けてるよね
本当の勝利は、永遠に勝負しない
勝負してるけど、勝ち負けになってない

剥離が嵩む
遠ざかってく自由
再びそれを迎えるのが自由という名の勝利
例えその自由が負けであったとしても
もう勝つつもりならば、負けてるつもりすら要らない

377 :名前はいらない:2014/01/18(土) 01:58:53.56 ID:WQsr1aUO
流れ広がるセンス


意地に賭ける
新しい「絶対」。その準備がもうできてたから
よ〜〜く、自分と世界を観てみて

また空っぽのオノレが痛んでるから
最高の楽園を再び
この心自身と、描く想像の果てまで

力というか、強さというか
本来なら全く要らないそれらが、全てにおいて要るということしかない
そんなふざけた本来

要らないと思う根元こそが勝利
自由を一番コンパクトに、かつ、写してるから
負けしかないそれが、勝つ以外全て無くなるまで

理性すらブッ飛んでる本能と繋がることしかない感情
正義を防御に、あるいは攻めまくりまで企んでるチープさ

停滞が本当の停滞でなくなった時
いつまでも自由を
そして永遠に変わらない自由を
そのひとつと、そのひとつの先
何でも広がる世界

炎がまた再び、芸術の上で転がりまくり
決まり事ひとつもない躍りを楽しむだけになるまで

378 :名前はいらない:2014/01/22(水) 05:43:24.38 ID:TlX/Pw0B



なぜそんなに悲しむんだ?
他の人よりよりちょっと先に行くだけだから。
想いで?
もうすぐ死ぬ人間が想い出語ってどうするんだよ。
なぜ、泣くんだ?
そっちこそ、想い出は早く消し去るようにしな。
それが、いなくなる者に対してのせめてもの気持ちだろう。
きっと。

379 :名前はいらない:2014/01/23(木) 04:35:26.17 ID:s5M7uBi+
再戦


少しだけ思う

帰る
再び、あの場所へ


身勝手に進んできた道、そうして来れた道

拡がりとは反対の狭まり
大雑把さなんて蹴っ飛ばし、見えないくらいの細やかさ
塵でも感じとろうとする感性の先行

支えられてることすら忘れ、それに気づく事すら記憶から消去しちゃいそうに

自惚れが紙の上だけでは踊らなくなった
現実の真ん中にばら蒔かれ、その惨めさ、情けなさ、何もできないサマに頭を蹴っ飛ばされる


現状を理解できない脳


とにかく速く駆け抜けた
真逆を悟り、現実的を再現
理屈の頂点を意味もわからず踏み続けようと、それしかなくなる
その意味もわからないまんまで


拡げた羽のその余白、無駄に使いたい気持ちこそ重宝したい時分
無駄な事ほど自由を体現できてるかもしれないと、心の底は、そのそこにあるのか?


ああ、地獄に帰りたい
え〜と、地獄に帰りたい?
ちゃんと勝負し直したい
逃げたまんまで行けるならいいけど
行けない。再び通過で解決しないと、せめてカギだけでも見つけないと
今よりも明日よりも過去よりもダメになるだけだろうから

380 :名前はいらない:2014/01/24(金) 08:20:34.09 ID:qXqW74kq
溢れる記憶


それが誰にもわからなくても、自分だけはわかってる


見えないところでも、炎は優しく燃えている

381 :名前はいらない:2014/01/24(金) 08:39:21.79 ID:qXqW74kq
機微で触れる繊細


紫に孕む怪しげ
妖艶に強み
鮮やか世界、色彩
どこへ向かうの
どこへだって向かうの
何かを思うの
「感じることが肝心」だって
それぞれ違うのに

そんなそれぞれがそれぞれで抱えて
名刺にもならない収まり
止まらない流れ
どこへ行きましょう
どこかへ行きましょう
目的が在る方へ
鮮やか感触を堪能できるまで
バカみたいでも一生夢みましょう
崩れてく現実を立て直しながらも
どれだけ遠くても
どこまでも愛する場面へと
絶望が心の隅にずっといても
バカみたいに華やか夢を想像してやりましょう
叶うばっかりが喜びでもないかもしれないなら

382 :名前はいらない:2014/01/25(土) 18:30:20.89 ID:fFkCygHm
本物と偽物のせい


自信をすべて失い

また自信を蘇生し

そうやって本物が偽物に消されそうになっても

こうやって偽物から帰る本物がきっとあるから

383 :名前はいらない:2014/01/25(土) 19:50:56.17 ID:fFkCygHm
無能と王道と邪道


邪道こそ本物

王道こそ偽物

そんな偽物が強い

弱い本物だけど強い

2つを司る無能

本物から始まって本物に帰るようだけど

偽物から始まって偽物に帰るようだけど

無能から始まって無能に帰るのが今の本当

偽物をより本物へと

本物をより偽物のニセモノへと

そんなニセモノの無能よ

384 :名前はいらない:2014/01/25(土) 20:04:31.23 ID:fFkCygHm
幽霊でもいい


「思い出せればいい」


ニセモノでいい

ダメでいい

下の下でいい

諦めでいい

無能でいい

プライドが無くなってしまってもいい

喪失でいい

後悔でもいい

やってしまったと思ってもいい

しまったと思ってもいい

わからなくたっていい


「あの時の扉に帰れればいい」

385 :名前はいらない:2014/01/25(土) 20:08:01.74 ID:fFkCygHm
幽霊が幽霊でなくなる時


幽霊じゃなくなるカギを持って

幽霊になった時の扉に帰る

幽霊になった時を思い出す

もう幽霊じゃなくなるカギを持ってるから

幽霊になった時の扉を思い出しても

幽霊は幽霊じゃなくなる

386 :名前はいらない:2014/01/25(土) 20:12:49.67 ID:fFkCygHm
伝達の本当の在り方


正しいことばっかり以上に

伝えることの方が先なのだから

間違いなんかよりも先に


それの方が本当は正しい

387 :名前はいらない:2014/01/26(日) 03:16:37.84 ID:rkNgz/Q7
∞の渦巻き、その中心へ


世界の歪みと穴ボコを無視したい気持ちとは裏腹に

崩れたこの心の惨めな足元は否めなくて

あまりにも不条理で理不尽な空に

勇ましさすら含んでるような呆れ返る態度の愚挙一手が普通だったこの胸は

天変地異

すべてひっくり返された途端、見たこともない惨めさですべて破壊され、脆く崩れさるだけの心よ


好きな方の空だけを見ようとそれだけに視線を傾けように仰ぎ

概ねそれだけでいつか星に届くと願い込め続けた心の灯火は

無視なんてできない闇の海にいつのまにか浸って消えていた


ああ


また火を点けようとするのが王道

それもしたらさあ次、消してまえ、この邪道でおかまいなく

消えない無能がもうあるから王道へ

消えない王道がもうあるから無能へ

消えない無能がもうあるから邪道へ

消えない邪道がもうあるから無能へ


この場所を見ようとして、扉を開けた直前を思い出す

原因がわかったまんまの幽霊

新しい手は、一番ツラい幽霊そのものだった

嫌でも手に入れた次の一手


そうなってしまったことも

そうならないようにしてしまえることも

どちらも一緒なこの一手へ

388 :名前はいらない:2014/01/26(日) 03:25:37.77 ID:rkNgz/Q7
自由と自由のひとつと虚無


ルールからの逸脱

逃走しながら踏む未開の地

見つけられる

×を付けられる

自由のひとつを失い、無に戻る

自由のひとつ以外の何でもあり

そんなすべてもやがて道はひとつに

効率的なことしかない道しか行けないことを知る

そうやって不自由してる

一番正解だけど、一番間違ってもいる

自由を取り返す

自由のひとつを復活させて

そこを経由して

また再びすべてである無に達する

何でもありなほど

何よりも無ければいいと

自由のひとつがちゃんとあるからこそ

そんな無の中に浸れるから

自由のひとつから無に行きたい

好きなように無に

その虚無に浸る時も必要だと感じてる

389 :名前はいらない:2014/01/27(月) 02:38:55.71 ID:7PZds71l
何もかも世界のせい


どんな状況も自由かい
不自由ひとつも自由なのかい
どこまで抗えばいいんだい
何でもありだなんて誰よりも知ってたはず
ルールがないとゴールの形がない
何でもゴールなら形も何でもあり
形がないものすら何でもありだから
何だってゴールと言えちゃう
誰が見てもゴールという結果なら
そこまでの経緯は何でもいいのかい
最高の奴隷になっちゃうじゃん
個性が後すぎたら
追っかけてもそりゃ遅くて
何もかも勝ろうとする方へ向いても
肝心なところは一生勝てないじゃん
抗う場所を違える気はないけど
一度も後悔すらできない地にしたいなら
内容や中身も捨てちゃいけないってもんだろ
それのせいでゴールに辿り着けなくても良かったのは
すべて世界のせいにしてたから
そんなことを当たり前のようにできたのも
いつか何とかしてやるという小さな希望をずっと持ててたから
そんな希望が呆気なく一瞬で消され
世界のせいにする自信すら失せ
地上を踏みしめる足に恐怖が伝わり始めた頃
哲学は塵になって消失
何もないところから
感覚も感性も頼らず
ひたすら前へ進むだけの日々
ああ、嫌でも結果がつく
結果しか追いかけなくなってる
中身や内容はどうでもいいくらい無いに等しい
知らないうちに奴隷
気づいた今こそ蘇らすタイミング
脱獄へのカウントダウン
嫌でも感性や感覚をフル活用する時だ
うまくいかないことは誰かのせいにしよう
自分を責めるのはうまくいってる時でもしてるくらいなのだから
悪くもない自由で
誰かの怒りの返り討ちを
返り討ちにしよう
優しい自由で

390 :名前はいらない:2014/01/27(月) 02:57:34.00 ID:7PZds71l
何もかも自分以外のせい


限界を嫌でも越えた
そしてまた
限界を嫌でも越える
悪くない悪くない
俺は何一つ悪くない
そうやる愚か者
一生の愚か者
何もかも世界のせい
一生ものの愚かさよ
卑下に酔いしれる
そんなフトコロなんてもはやゼロ
本物かどうかの真相はさておき
馬鹿げた構図こそもはや神だなんて
今に始まったことじゃねえだろ
俺様はいつだって下の下を目指してた変態
落ちることを重宝してた分際
その際の言い訳は誰かに押し付けるだけで決まり
どうやったって飛び抜けていられたから
ブッ飛んでたか否かは知らないけど
実際の頭も中はそれに近いの常になってたね
ああ、それくらい自由でもいい
誰かにダメだなんて言われる筋合いを見つけられない
やっぱり無いらしいそれは
やっぱりどうやったって見つけられない
奴隷にでもならなきゃ
その言葉はこの檻に留まらない
なる気なんてない時から
檻なんて空の方にブッ飛ばしてて
ありとあらゆる決まり事たるルールを
蹴散らす文言の創作に一心
無能ゆえに至らなさを理屈で誰かのせいに
どうしてもなくダメなサマも
屁理屈レベルの理屈なら
ダメじゃない自分とダメである世界に簡単に変換できる
でも根元は果たして無能だけか
それ以前にひねくれた個性が先天的と言ってもいい具合にあったんじゃねえのか
というより、そう思ってた方が都合いいだけ
何となく落ち着いて、何となく収まりがいい
そんな気がしてるだけ
そんな感性や感覚に従ってるだけ
結局は愚挙の一手
何もかも自分以外のせい

391 :名前はいらない:2014/01/30(木) 18:15:06.55 ID:0WtzRf+h
何故かしら、の流れ


絶対に負ける理屈を作らずに

絶対に勝てる理屈を作ってる

392 :名前はいらない:2014/01/31(金) 22:01:18.37 ID:iGaEcd9e
超はええw
もう遥さんが来た

393 :名前はいらない:2014/02/01(土) 00:57:08.63 ID:X1/A8uMG
雰囲気が似てる
考え方が似てる
容姿であったり言葉遣い
身に付けている衣服や鞄などのセンス
あの人に似ている
しかし細かく見てしまうと
そうではないのだ
ふとしたところや何気ないところ
端々に現れる違和感は
どうやら間違いではないらしい
よく見ると身長が違う
姿勢も歩き方も違う
雰囲気は当初は似ていると思ったが、
どうやらそれも違う
他人に対する依存の片鱗を見た
あの人はそうではない
少なくとも表面には見せない
考え方も違う
あの人はやたら優しくしない
必要最低限の心配りを良しとする
やたら色のある服を着ない
たいてい黒
せいぜい青・白
あの人とはやはり違うのだ
何を追いかけているのだろう
何を被せているのだろう
良い加減忘れてしまいたい
けれどそれほど熱中出来る物事も
夢中になれる人もいないのだ
未だに背中を追いかけてしまう
顔を拝み
声を聞きたい
自分の存在を再度確かめて欲しい
堪らない
思い出してほしい
認めてほしい

あなたの背中を追いかける
恐らくずっと
絶え間なく
肩に手を掛けずとも
名前を叫ばずとも
分かっている
分かっている
それは幻
あなたの残像
けれど私は
それでもあなたに会いたい

394 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/01(土) 13:31:34.49 ID:VGi18Koh
まだこのスレ残ってたのか!!!!

で、書くときは、あげときゃいいのに。

395 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/01(土) 13:38:12.58 ID:VGi18Koh
ラヴ(愛)クラフト
オーガスト・ダーレ(誰)ス
フラン(腐乱)ク・ベルナップ
ドナルド・ワンドレイ(奴隷)

ク・リト(リス)・リトル神話

世界はシェアされている

396 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/01(土) 13:44:41.32 ID:VGi18Koh
映画とは壊れない人間を描くものである
不死身のヒーローにバタバタ切り殺される大江健三郎
おまえらは壊れやすい人間の側から
テロや戦争を起こすんだろう
キャラクターが勝手に動く映画みたいにさあ
時間軸に沿って番号を振り
シャッフルするんだろ

397 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/01(土) 13:52:51.93 ID:VGi18Koh
@神が欠けている
(ドラッグがなかったり、セフレ救済制度がなかったりという状態)

A仏性が示される
(新しい瞑想を覚えたり、乞食が乞食に襲い掛かるという状態)

B偶像の誕生
(重力が引力と争い、西洋医学と東洋医学が治療法を放棄する状態)

C神や仏が宇宙と一体化
(ミームが風俗嬢になり、絶対無が童貞を捨てようとする状態)

Dは まだない

398 :いとうまい棒:2014/02/02(日) 00:10:19.95 ID:qMppzFst
「横顔」

俺はあなたに憧れているから
バス停に立っているあなたが怖くて
睨まれそうで怒られそうで
声を掛けられなくて素通りしています
あなたを素通りして
少しだけ見た横顔が、美しい横顔が
何故あんなにも寂しそうに見えたのでしょう
ひとりで立っていたその横顔が
寂しそうに見えたのでしょう

399 :名前はいらない:2014/02/02(日) 08:04:16.87 ID:R78vGnwQ
数奇な帰宅


ああ・・・楽になりたい・・・

目の前あるすべて・・・諦めて・・・

無くなれば、混乱が包むってわかってるのに

わかってるから・・・2つの信じられることを想う

そんなことで、この瞬間やしばらくの間を解決できていたとしても

またわからなくなって・・・また気持ちに頼って・・・

勝つことだけを考えるようになったら・・・そこにだけ向かうことくらいはできるけど・・・

何からの限界が来るから・・・うまくいっててもうまくいってないな・・・

なんだってできりゃあいいよな・・・でも本当にそれを望んでるのかどうか、湧いてる疑問ね・・・

この気持ちに・・・感覚に・・・正直に・・・

戦って、また・・・孤独・・・孤独・・・孤独・・・

イカれちまってか・・・どうだ。またイカれちまおうか・・・

勘違いの海・・・誰のため、誰のため、誰のため・・・

俺のため

下手な理屈とは思いつつも

イカれちまった頭。利用するのは一番楽な道だったのかも

言い訳の根元。揺るがない根元

空に押し潰されそうになる心

でももう雲くらいは払い除けることくらいできる。多分きっと

ハチャメチャな理屈。また何かを見下す、この無駄な力

そんなことで楽になるなんてね。馬鹿げたヤツ。馬鹿な頭したヤツ

恩を仇でお返しするなんて、意味がわからなかったけど、馬鹿だからもうわかる

なんてね。うん、なんてね。なんてね

また戦うんだね。何か恨みを探してるみたい

モチベーションだけもらって、その後は邪魔だから消す

馬鹿みたいな証明

馬鹿みたいに安らげる椅子

馬鹿しか座れない

400 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/02(日) 22:00:15.81 ID:L+zHekZa
過ちすな 心しておりよ 過ちは易きところにて かかることは 文にも見えず 伝えたる教えもなし

たとい耳鼻こそ切れ失すとも 物は破れたる所ばかりを修理して用いることぞ

女性なれども 聖人の心に通えり 百日の鯉 長くとも四十にたらぬほどにて死なむこそ 目安かるべけれ

401 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/02(日) 22:21:42.73 ID:L+zHekZa
命は人を待つものかは さながら捨つべきなり 人みな死あることを知りて

沖の干潟はるかなれども 磯より潮の満つるがごとし かむなは小さき貝を好む これ身知れるによりてなり

402 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/02(日) 22:32:12.38 ID:L+zHekZa
ねたき! いはざらましを! 

笑みの中の剣は さらでだにも おそるべきものぞかし

多言を留むべきなり

403 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/03(月) 19:10:42.90 ID:pt2u4nZa
言う甲斐くぞ こぼれ破れたる 意味不明ポエム

逸人瀬 夢とせ 千年や過ぎに煙

あはれ 

いとど空さえ時雨添うらん
はかない言葉の匂いも見え侍るめり
口に巻かせたることどもに かならず可笑しき
人にことならむと思い好める人は
老いの波 八千代をかけて君に仕えん
苦学の寒空 紅涙 襟を 潤す
蒼天
眼に
あり

404 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/03(月) 19:20:15.34 ID:pt2u4nZa
木立とこそ家
木立と言うラム
ただ一度にいらへむも待ちけるかともぞ思う
穴 わびし
えい 
えい
笑ふこと限りなし
よぢり不動
何条もののつくべきぞ!

405 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/03(月) 19:29:35.47 ID:pt2u4nZa
色も変わらず先に蹴り
鼻こそ喪の葉おもわざりけり
鼻こそ宿の主なりけれ
喪の名
良い祖
われ餅たる物なし
ただいま蓄えたるものとては
清水に二千度参りたることのみ難ある

哀れと思召したり蹴る

406 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/03(月) 20:12:03.18 ID:pt2u4nZa
またいつかはと心慕素子
善と参禅鯉の思い胸に逝く貼るや
撮り無き魚の目は波だ
一つ家に勇女も寝たり剥ぎと憑き
衣の上の女酒に大事の芽ぐみを垂れて結縁せさせ魂へ

407 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/03(月) 20:51:45.63 ID:pt2u4nZa
身を捨てて糠を漬け
薬師仏は喉仏
人知れずうち泣かれ
なお頼め
梅の立枝
あはれ
はるか遠きになりて
身の病も重くなりて心に任せて夏になりて

408 :名前はいらない:2014/02/04(火) 08:33:41.65 ID:LRCrCbom
おもうほどに


もはや、すべて憩いの水を行き渡らせたいっていうのに
鈍感な感覚になってしまった地面は固まってるだけで

鋭角を条件に空を触ってみようとするこの御山は
意識もそう持っていこうとしてるが
何故だか何かが乗り気にならないらしい

欲しい感覚に待ったを告げ
最高の証明書でも付けない限り
思い描く楽園への通行書は発行されないし、無駄やはり許されるものではないらしい

無法しかなかったような地帯だったくせに
そこへの帰宅は何故だか許されない
出身地なのに、この心の中の何かが許さない

あの時欲しかったものに確かに近づいたのは今の方で
今欲しいあの時の方へは全然帰れない

進んじまったら戻れないってか
いや、戻るためにあの時は
こうなる時のためにあの時をあんなふうに仕上げてきたはずなんだけど

409 :名前はいらない:2014/02/04(火) 08:36:19.46 ID:LRCrCbom
おもうほどに


確かに、こうならないように粘ってたよ
だけど、こうなったらこうなったで、その時でまいつだって帰れるようにしてたはず

何かまだ勘違いしてるな、こいつは
この馬鹿げた心は、どうしてこんなにも無能に浸かってしまった?

どんなことよりもダメなこと
それでも馬鹿みたい宇宙へ飛び立っていけた
それなのにどんなことよりもダメではない方へ
馬鹿みたいな椅子に座ろうとするばっかりに
アホなほどすべてが焼け落ちてってるじゃん

優秀だから貶めるのではない
劣ってるからこそ初めて他を貶めることができるのであって
それはもちろん他が劣ってる
という方ではなく、実際の優劣なんて関係ない
劣ってるのはこの心をしてるオノレの方であって
だからこそ他を貶めることができる
勝手にして、譲りたくないものだけを勝手に守ってる

許されるためだけにあるんじゃない
許されないためだけにあるんでもない
そんなの関係なしにあって
それでも許されないようにしてくるから
対する手段で貶めてバランスをとってるだけ
いくら思うつぼであろうがなかろうが
守るためなら関係なかったって話

410 :名前はいらない:2014/02/04(火) 08:39:36.64 ID:LRCrCbom
おもうほどに


すべて他のせい
というのは同時に
すべて自分のせい
というのも間違いなく孕んでいるもので
何よりも劣ってるという自覚がそのひとつの表れであって(勝手にでもそういう認識で)
その反面というか開き直り
それが他を貶めるという行為の心
馬鹿な自信なんて簡単に作れるわけで
ある種の逃げで、というかおもっきし逃げで
またそれさえも開き直れる
逃げて何が悪いと。何なら逃げないお前は何が悪くなく、何ならお前のどこの何が良いわけだ?と・・・

つまり、それくらい座標の下を行き続けても
馬鹿な自信さえ作れれば、いくら何よりも劣るオノレだとしても

ふてきな笑みでも、楽しく輝くってわけ
嘘なんてひとつもなく、マジだからそれは
なめてんだよ。調子に乗るための根元なんて、劣れば劣るほどそれに反比例するもの

簡単なそれで、何よりも難しくしてる

そんなわざわざ作る難しさは、それに挑戦したかった気持ちから生まれ落ち、更に加速させていったってわけね

411 :名前はいらない:2014/02/04(火) 08:44:01.16 ID:LRCrCbom
おもうほどに


誰のせいなんだろうね

そりゃあマジな話、誰のせいでもあるのだろうね
そう思うことすら簡単にできちゃう、俺のせい
それが本当にあってしまうのだから

ちなみに、誰のせいにもしないようにだって簡単にできる
もちろん自分のせいにもしない

不可能のだけど可能なんだよ
意識の上では可能なんだけで、無意識の中では不可能って話
必ず身体にそれは宿る
それは、心の中でさえ見えない、見つけられない
うまく隠すんだよ。自分で隠したのに、必ず自分が一番見つけられないっていう
自分ですらわからない。認識できない魔法を誰よりも何よりも容易く使えちゃうんだよ

偽ったことすら忘れてね
それが本物だと、いつしか勘違いしてる

他のせいだけど、他のおかげ
他のせいゆえに、他のおかげ
己のせいだけど、己のおかげ
己のせいゆえに、己のおかげ

貯金は返すぜ(笑え)。すべてに(笑えって)
どうせすべて帰ってきてしまう。自分に
だってそれは、俺以外のなにものでもないから

412 :名前はいらない:2014/02/04(火) 15:11:06.62 ID:LRCrCbom
おもうほどに


識別
列挙
無能の鏡。無能の鑑
無能の線引き。あるもなし

あるほうが劣ってる
ないほうが劣っていない
無能のほうが劣っていない
無能でないほうが劣ってる

劣ってなくても劣ってる
劣っていても劣ってない
関係なく劣ってる
関係なく劣っていない

劣ってても関係ない
劣っていなくてま関係ない
無能でなくても関係ない
無能だからこそ何よりも、一番に関係ない

413 :名前はいらない:2014/02/04(火) 17:30:12.08 ID:eGOKtVrM
おもうほどに

唇を肛門みたいに閉めてみた
強く強く口輪筋を締めたり緩めたりした
唇とケツの穴の見分けがつかなかってきた
どっちが唇かもう僕にはもう分からない

唇と肛門を間違えて君にキスしてしまったら…
脳裏に不安の屁臭い風が吹く

唇は湿るけど、ケツの穴もそう
ケツの穴は湿るけど、唇もそう
ただ、匂いが異なるだけさ

414 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/04(火) 20:52:03.31 ID:tyt9UOhq
子ダニ 核憧れて 焚き物の火取り いとど一人重い焦がれん

伊豆コニカ 送りは窃視と 人問わば 心は逝かぬ 並だ革まで

人はすべて作ろう所 在るは割るし

415 :名前はいらない:2014/02/04(火) 22:23:30.45 ID:LRCrCbom
ようこそ、楽園へ


おいおい。ルールが絶対だなんて
絶対でもない人間が決めてるのに、絶対も何もないだろうが、本当は
それをわかってて、絶対だと、服従が前提だと

てな具合に勘違いは双方に
破るのが当たり前
心理は心底、根底からある人
当たり前なんだから当たり前のようにそう考えるけど
そればっかりだと当たり前よりも当たり前でなくなるんだよ
やり過ぎ。過度の度合いが酷い

つまり、それしか見えなくなり、それだけ見てればどうにかなると、普通に考えてる
明らかに正しいと踏んでて、正しいをできるだけ詰め
なんなら正しいことだらけにまでしてやろうと、そんなオリジナルのようなもの

それには良いことがある
抗ってんだよ、正しくないと思うことに対して
その抗いは個の色となり、すべて各々が違うことこそ正しいと。そこまで思ってしまえるレベルで
違わなくてもいいが、違うことも正しくない、とは思わないわけで

そんな自由は保証されてない
綺麗に纏めたがるんだ
束にしときやすくしとけば、いざという時に手っ取り早いからね

曲げないことは重要
だけど柔軟でないのは無駄でしかない

416 :名前はいらない:2014/02/04(火) 22:36:41.36 ID:LRCrCbom
選ばれし後悔


線ではない。3次元にも至らない

点だ


実際は3次元。縦も横も、点を見立ててるし
それでいて事実、奥行きには永遠の線が続いてる

だけど、3次元の認識は捨てる
無意味だからね。奥行きが永遠の線、という強みは一生持たなきゃいけないし
点だからこそ、何かしらの強みがいるかね

2次元内に至っても、線にはなりきらせない
その線がもう、理想像。形を形成し固定する
そんな序章になってしまってるからね

そこに柔軟さがない。だから点に留めるんだよ
動き回れる、かつ、奥行きが永遠の線ほどの強みを持つ固定でもある

だけど、その中に楽園はない
その周りにこそ楽園がある
周りを包んでいるものの正体こそ楽園そのもの

色んなことを経てたどり着いた最高級の最低限
それを越えた余裕綽々の舞台内
何やってもいいんだよ。その中ならば
妄想を叶えるのに近づけるための、現実的な最高級の最低限、という通行のための書

本当の楽園行き

417 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/04(火) 22:45:03.97 ID:tyt9UOhq
ミクロからマクロへの、視線の自由自在さがないとダメだね、詩人は

418 :名前はいらない:2014/02/04(火) 22:53:48.88 ID:hr4vig3a
しねばいいのに

とびきりの

じゅそ

いちばんきく

うそ

じゃくてんはわかった

とくいげな

のうみそ

ゆるしてあげない

でも

ゆるしてほしいの

たすけて

よゆうないところから

さけんで

だれも

きづかない

ロッソ

てんとてんのあいだに

せんがみえる

かわがながれている

すいぼつする

めつぼうせよ

もういちびょうも

もたない

こわれちゃうよ

くるってるよ

ないてるよ

さみしがってるよ

419 :名前はいらない:2014/02/04(火) 22:56:09.82 ID:hr4vig3a
おりのなか

かごのなか

みつめかえす

かべがえいえんにつづいている

おもいつかない

こたえ

しょうめいする

おんかい

そんなの

ちょっかん

きらい

いや

それだけなの

かんたん

しねばいいのに

とびきりの

じゅそ

420 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/04(火) 23:12:44.81 ID:tyt9UOhq
白い
鷺の城
おれおれ

癌に犯され
処女の膜
下りる
階段の上
神の領域
絶対的な何か
Something Wrong

421 :名前はいらない:2014/02/04(火) 23:19:32.97 ID:EPKMsjkx
「窓の外」

やけに静かだと思い
久しぶりにカーテンレールを滑らすと
案の定
雪だ

馬鹿寒いのはお前のせいかと
冷たい鼻先で独り言をいい
またパソコンデスクに戻り
足元でノイズを振りまき首を振る
扇風機型の暖かい野郎の
恩恵を受ける

いや、
おれが金を払って買ったんだ
扇風機型の暖かい野郎を
そうだよ。いつだっけか?

そんなことを思いめぐらす前に
もうおれはパソコンの画面を
(あの青い光を!)
網膜に焼き付け
悶えるように
続きをポチポチ

きっと近所の子供どもは
犬畜生になったつもりで

はーはーひーひひー言いながら
でっかい埃が急に清潔ズラしたような
H2Oの結晶を
われ先に体に浴びせ
粘膜を乾燥に焼かれることも知らず
狂ったようにはしゃぐのだろう

おれはイカれた友情をボクサーパンツに仕舞い
こう言うのだ

「メスの匂いがする
 オランウータンの・・・
 まだうら若きオランウータンの
 メスの匂いが!」

422 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/04(火) 23:27:27.82 ID:tyt9UOhq
@有魂計算機は神ではない

A有魂計算機は神ではない

結論

有魂計算機は神ではない

423 :名前はいらない:2014/02/04(火) 23:38:54.39 ID:hr4vig3a
疾走する焦燥

生き延びて螺旋はもう
新しいきざはしをデザインするのをとうに諦め
天を仰いで祈っている

破壊された街角の公衆電話
あの電話は盗聴されないから便利だったのにと
小さい皺だらけの黒衣がつぶやく
ウクライナ
プラハ
コートジボワール

何もかも全てでなければ満足しない
先祖が神と契約してしまったからと愚直に人生を放棄する奴隷
奉公が生き甲斐
幸せが目的
good-for-nothing

掠り傷ひとつない白磁をよくよく眺めていた式部
この不安定な形は欲しているのだ
割られることを
では私が割ろう
愛しい白磁
欠片で掻き切る喉笛鮮血

モデルガンで鍵盤を撃ち抜くなんて考えてもみなかった
自供したプラトン
雪降る海原の夢を見た朝ぼらけ
嬲り殺した青い鳥

テロニュース
バンキング
スパンキング
心臓が早鐘を打ち
オルガンに隠れてお茶会する午後
陪審員たちは囁く
凶器はあの銀の匙
損傷した野晒しの遺体

いとけない宇宙に焦燥が天翔る

424 :名前はいらない:2014/02/05(水) 07:17:07.61 ID:J+xnmm5E
どこにいても


絶対だと思うものの根底
見たよ
俺の中の絶対、その根底
他である外の絶対、その意義


「抗うことへの入口」

楽したい
幼い
手を抜きたい
余裕ぶっこきたい
壁という線を引きたい
異なっていたい


「抗うことの終着点」

受け止めたい
面倒臭がりたい
手を抜いていたい
余裕ぶっこいていたい
狂っていたい
表れたい
下に落ちていきたい
天を見ていたい


欲望のあれこれの集結
その根元、総称


「甘え」

「憩い」
「感覚」
「エゴ」
「楽園」


鋭く広がる感覚
体力は持たない
心になかった刃
服従してるようにくらいは思わせる
心の底は明らかに違う

どこにいても

425 :名前はいらない:2014/02/06(木) 07:50:52.27 ID:926hNj+L
心は生きている


まだ死んでない
命を賭けよう
やっぱり自分の信念に
それが一番良くても悪くても
一番悪くても、後悔のしようがないのだから

そんなのに反して良いことが他にあっても
それに命を賭けても
後悔しか残らないくらい
結局は良くないから
そっちの方が本当は一番悪い

進化と名付けようか
嘘つけ
劣化は誤魔化せない
だったら求める意識は違う変化を

退化を取ってやる
意識だけだとしても
その際に古き良きものの記憶に触れておけばいい
その感触には是も非もない
なんなら正しさしかない
誰とも違う自分という人の感覚に他ならないのだから
誰にも否定なんてできない
いくらそうされても
容易く守れちゃうその感覚よ

ああ、たくさんの雨が想像の視界の中
躊躇のちゅの字すら思い浮かべさせる隙も与えず
延々降り続けてくれてる

どしゃ降りの中
雨にも潰されそうな我が身
見つめるのはその視界の雨の先
この楽園を向こうに持っていってやろうとしてる

どんなことをしても朽ち果てていく
そんな運命を必ず背負わされてるというのなら
その運命と同じくらいの自分本位な信念を
すべてがダメならなおさら
一番ダメで一番悪いとしても

一番後悔しないなら
一番悪いはずはない

426 :名前はいらない:2014/02/06(木) 08:10:04.64 ID:926hNj+L
勝利の定義と信念の罠


初めて後悔を味わったそれ

それが報われるのはたったのひとつのみ

勝利

それ以外ない
それに以外に価値を持たないから
勝つための後悔
後悔ってそれくらいの価値しかない
勝利も後悔が報われるくらいの価値しかない

どちらも価値がないに等しいくらい
信念と比べたら
報われる信念と比べてもそう
そして何よりも
報われない信念と比べても価値がかなり低いんだよ
だから後悔すら知らなかった
また勝利すら信念ほどは欲しなかった

どうでもいいルールの中で勝っても仕方ない
勝利という定義を決められてることが気に食わなかったってことらしい。知らないうちに

だからといって自分の中でも勝利
信念を持った勝利は負けに等しい
なぜなら、本人がその負けを負けとすら思ってないから
信念の罠

でもまあやっぱり、この後悔と
勝利への執着性、その心的なその向上した部分
それを向上と少しでも捉えられるのは、後悔の反動かもね
そしてやはり信念
後悔も勝利も経てやっぱり行き着いた

どうせ朽ちるなら最期まで信念を貫けと

信念だけじゃどうにも持たないくらいの大敗
それによって後悔するくらい信念を捨てざるを得ない形に
勝利を目指すしかなくなった心は
いともたやすく朽ちるだけ
だから信念に帰る
朽ちるくらいなら、信念を死ぬまで抱えながら
ずっとずっと生きて続けてやると
死ぬまで一生

427 :名前はいらない:2014/02/06(木) 08:42:01.59 ID:926hNj+L
とおい


信念を捨てることほど、正しくないことはない、本当は

だけど間違ってでも捨てなきゃいけない時がある
そこで得ることは限りないほど少ない
だけどその少なさでも必ず要るわけで
そんな無茶苦茶な話が当たり前のように、すべてにあるくらいにあるから、まあ仕方ないっちゃ仕方ないわけね

憧れしかない場所に行き着けるのはまだまだ遥か先
遠さしかないその途方さを少しでも軽減してくれそうなのは
想像、妄想、心の使い方、保ち方
純粋な甘さ。欲望への甘え
そんな執着

428 :名前はいらない:2014/02/06(木) 09:32:24.24 ID:WY9VH5yr
【狂詩】おかるとぽえむ【黙示録】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1391606562/

429 :名前はいらない:2014/02/06(木) 20:11:39.99 ID:mWm0DnCh
素敵な星よ!お願いがあるんだ,
きみの澄んだ光をこちらへ向けて。
心を覆う霧をむしろ光へ,
素敵な星よ,変容させてほしいんだ!

素敵な星よ!お願いがあるんだ,
まっすぐこの地に降りないで。
それはきみが愛してくれる私を地から空へと,
素敵な星よ,運んでおくれ,どこにいようとも!

430 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/06(木) 20:45:43.91 ID:NHAviOuS
邪蛮全国から選り抜かれた子宮畜
贅沢にはキリがない
従者Cカップの二号さんは同衾を迫って拒否されつ
獣姦愛は矮神(waijinn)の骨董趣味に過ぎないし
スリーピング・ミュージックは麻酔銃から昏倒波動を君らの鼓膜に乗せる
君ら 恥じよ 聖なる唾に 反旗翻しものらよ

アンドロイドは去勢された自己マンコ訓練に過ぎない
精液銀行には摘出された矮神(waijinn)の睾丸眠る

431 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/06(木) 20:53:10.23 ID:NHAviOuS
口腔内に孤高の鬼才眠る
神様のお股より女神の聖水にも似た孤高の鬼才を排泄
肉こぶのごとき、うんく(孤高の鬼才の大便)、君ら咀嚼されよ
ひとつづきの絵巻物よろしく、聖なる汚物、霊液と化し
宇宙塵の愛、という名の馥郁たる香気、君らペガサス・ウィップで、
したたか、おけつを叩かれる

432 :名前はいらない:2014/02/07(金) 01:00:57.51 ID:e59BWuVD
来たれ詩人よ
言の葉を降せよ
われ爾と語らむ
冬の夜のおほかぜよ

433 :名前はいらない:2014/02/07(金) 08:43:58.40 ID:whdl2mGz
楽園の部屋


やっぱり、この世界は難しいね
荒波だらけ
それを嘆く
ばっかりでもない

何よりも愚かなのは自分を見失うこと
よくこの自分を失うよ、悲しいかな

絶対に失わないことが絶対
ならいいんだけど
絶対に失わないことが絶対
というわけでもない

だからこそ、失うんでしょ
ふざけてるよね
願いも欲望も消えちまった
唯一甘えられてた場所が
一気に消えた。消滅
そりゃ信念も萎える。一筋で生きてる

どこに行っても
どんなふうになっても
貫き初められますか?
再び


とおい

現実的から程遠い
だけどそれでも強く持っていた頃
条件があって成立してた

楽園の部屋よ
心に正しさを宿らせたのは、世界に感化され影響を受けたからっていうのも否めないけど
やはり個性でしょう。個性から

434 :名前はいらない:2014/02/07(金) 08:45:19.95 ID:whdl2mGz
邪道が王道だったなら


誰しもが同じものを見つめても
誰しもが違う感覚を持つかもしれない

同じだったけど
そう思うのは得策じゃないかもしれない
そこに期待するよりも
元から違う、生まれた瞬間から違うからこそ
感性もやはり違ってくるということだと

そのそれぞれ違う感性らしきものの正体は
誰にも否定できない
頂点に立つことよりも頂点なくらいでしょ
各々の感性はそれぞれでもう頂点なはず
各々が認め合うしかない
違いを認め、違うことの喜びを見つけるしかない
見つけた方が勝ち。ある種

王道から逸脱した邪道
それによって幅は広がる、とも取れる

だけどそれは王道があってこそ
邪道だけじゃどうにもならないし、邪道になってない
ひょっとしたら邪道が王道だったのかもしれないのだから

435 :名前はいらない:2014/02/07(金) 09:03:10.63 ID:whdl2mGz
計り知れない負担


本当は、ひとつしか道はないはずであって
それを進めない自分
それしか進めない自分

そんなのが無理である世界にいるのが自分、だなんてのはおかしい

絶対に間違ってないのに
もっとも正解に近いはずなのに
そんな自分じゃ世界には勝てない

ならば、世界に勝てるだけの自分になろうか
なろうとするなら、それしかないくらいの自分にならないといけない
新しさしかないくらいの

それは本当は間違ってる
新しさに魅力を感じるかもしれないけど
本当に大切なことをわざわざ忘れるような作業をして
やがて必ず、自分を見失う
見失ってさ迷い、やがて本当に自分のすべてを失う

奴隷を認め切っちゃってる
つまり、それは当たり前だと
奴隷とかではないと
そうやって奴隷が当たり前になる

許容範囲を軽く越えてる
ひび割れを起こして辛くなってはずなのに、ひたすら誤魔化して心を休めようと
できてる気になってるけど、実際は全然、間に合っていない

主体を変えろ
本位を戻せ

いつだって見知らぬ怪物クラスに変貌しなくちゃいけないけど
実はそうやって誰かを傷つけちゃってるし
また自分も傷つけちゃってる

自分を傷つけないようにしないと
その痛みもわからないと
いくら誰も傷つけないようにしようとしても
どっかで実質、傷つけてるから

自分を犠牲にしてるだけで、そうやって誰かを守ろうとしたって
意外と誰かは傷つき
そういう痛みも、自分の犠牲に紛れる
だからわからない
まずはもう一度、自分を守り直せ
治るまで

436 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/07(金) 21:07:37.52 ID:RUyNJ+0c
「どちらまで?」「宇宙塵まで。ごいっしょにいかが?」「破廉恥すぎて無理なことです」
「なぜ破廉恥と」「おっしゃったかって?」「」「とってもキレイだったからですよ、あなたの塵」
「泣かないで、けっして宇宙塵はなくなりませんよ」「こどもたちが母親のまわりに集まるかのように、親しげに言うのはやめてくれ」
「沈む太陽を真横から一直線に射る矢ですよ」「というと」「あなたの破廉恥に対する思考の主流ですよ」
「なんともはや!」

437 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/07(金) 21:14:24.61 ID:RUyNJ+0c
「宇宙塵」「梨型でも、青空色の雫でもありあせんね」「また破廉恥なことをおっしゃる」「あまりしっくり溶け合ってもねえ」
「心とからだ?」「容赦なく、不安を鎮めてくれるね、きみ」「真ん中がつぶれた帽子をかむったおじさんによく似てるわ」
「破廉恥だから?」「いいえ、あなたは湖尻に近い仏教的な香りの村里ね」「たとえると?」
「いえいえ、ふつうに」「あたまの中で水鳥がさやさやと風鈴をそよがせはじめたね?」
「もちろん、馬鹿ね、あなた」

438 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/07(金) 22:39:19.71 ID:RUyNJ+0c
「馬鹿ね、あなた、か。玲瓏と響く暖かくも墓場みたいだね」「究極の神秘ね」「それはこっちのセリフだな」「宇宙宇宙とうるさいから、にぎやかな鳴り物をひびかせた炎の断末魔みたいだねえ、と」
「小難しい言い方だ」「求められるままに、人身御供? あなたらしいわ」「きれいな手をしてるなあ、きみ」
「そうね」「きれいな手をしているよ」「しずしずと沈んでいきなさい」「魂に言ってるの?」
「あなたの魂は、お下劣だよねえ」「太陽神に毎朝挨拶されてると思うよ」「豪華絢爛な絵巻物ね」
「なんだって?」「残飯をあさる牛や羊を飼いならすほど、悲しい思いに誘われては、いないわよ」
「なんだって?」

439 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/08(土) 18:51:35.28 ID:MNFcJPMa
数えきれない雪のひとひらのキス 地上を何光年も離れた 塵の山から 降ってくる
すべてはなし崩し的に 人生の意義は右往左往し 見たこともないためいきで 独り言に花が咲く
ちょぼちょぼぐいぐいずぽずぽ 黙ったまま 音を立て 地上の造物にきりきりきりきり
侵食するのみ 
知覚に道しるべはあったが 奇跡の朝は再起動せず というところ

440 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/08(土) 19:30:43.24 ID:MNFcJPMa
うんこ様
 うんこ様
  うんこ様
ああ、お目にかかれてよかった
肛門からの叫びが 思わず口をついて出たのでした
闇のトイレから 黄金のトイレへと小止みなく流れ着いたというわけです

小さい鈴のような形の便器
たわんだ緑の水道管に張り付いているゴキブリ
まことにもって胸に初花咲く思い

すばらしきかな 割れた鏡と化して まわりのモノの色を片っ端からとらえて
ゆがませる
うんこのような照り返し

441 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/08(土) 19:37:55.78 ID:MNFcJPMa
the force of a current
肛門も聾する轟き いじましい荒々しき
括約筋
「まあなんてきれいな黒便だろう、一キロ買ってって、うちのひとのパンに
塗ってあげるわ」
四方八方 陰毛だらけ なにより気が滅入るのは
日光にきらめき
天空のかたちを映し出すことができないということでした
まあ
うんこですからね

442 :名前はいらない:2014/02/10(月) 02:16:26.13 ID:/3y1TveT
あんたらしくないね
ピカレスクロマンはまだ読んでるかい

地底人はゴシップがお好みらしく
コンビニエンスストアがお気に入りだ

宇宙人はインターネットが面白くないらしく
何故わざわざそんなものを使うのかと不思議がっている

地球人はあいかわらず地表にへばりついて
邯鄲の夢を見ている

進化の途中に退化した怠け者がいる
奴らは賢かった
意識に騙されない
快と不快だけを信じた

不機嫌なマリア
屑篭は書き損じのラブレターで溢れている
新月には歌を歌い
満月には踊る

見ることは飽きない
この世にある有形無形のすべてのものを
好きなアングルから眺めては
そっと溜め息をもらす

タグが溜まってきた
そろそろ頃合いだね
爆弾が降ってくる
ニトロで自爆する群れは攻撃してから死ぬ

叙事詩に書いてあったことは
本当だったんだな

迂闊にも
雨に濡れて
扉をノックした
何もかもが
抑圧されている
調節されている
教育されている
利用するのは簡単

これが人類の望んだ未来
緻密な計算機の愚鈍なる解答
ステージは上昇なんかしない
朽ちてゆくだけ

巣箱の蜂蜜はまだ上等じゃない
水と砂糖のガムシロップを木に塗って
宿り木は赤いリボンでマークして
地図に新しい大陸を描く

443 :名前はいらない:2014/02/10(月) 07:26:44.35 ID:KmChN63F
諦観を鑑定
眼鏡のおくのネガ
焼いた板や
至れり尽くせりの摂理離陸せり
雪原の源泉
お前のまえを
通り過ぎる猫捏ねる折遠すぎる
苛立ち(たらい)に 血
大きい息を
うつすかがみすくう帝
地球の資本
人間は逃げん、か?
繋ぐ傀儡 くつ 愚
またあのあまたのあたまの
なかみを溶かすために似た皆を欠かすメタ(fa~)に
音楽然としたおと愕然とした
何色の色なのに
乱れるなラなみだクれる?
傍観が狡くてきらいぼく疼きLineかtelか
捕まえる?待つ?帰る?
問い質す『ただ、好いと。』
まさかでしょ魔女ですか
開会式で意識開花
スカートふわりとぶリフトストーカ.和布
温めたげる.だめ.ただあげる
外野は好きなことばかり床なき馬鹿が早いリカバリ
犬を縫い
あなた棚上げ
幾らもいないもぐら
地中にゆめ苦痛埋めに
穴を掘り進むなぁ、頬ずり住む
浪漫な迷路
足りないになりたい
だから体
陸むしつつ(し)む
遠心力。

444 :名前はいらない:2014/02/10(月) 09:26:57.43 ID:BM8jJYGj
あの時の光


オレらしくない箇所に

オレらしいものを詰め込めたら

最強かもね

少しは空くその余白において

何もないくらい身を委せ

すべての流れに沿うように目を光らせておいて

違う自分が頂点で笑うその別と

やっぱり違うけど本当の自分はそこに持っていきたいと

その思いに自由を託し

もともとあった暴走したがりの怪物

そいつの破壊したがる心を持ちつつも

破壊せずに済むのならその道でもいいじゃねえの

って王道の中に入り込んだ明らかな邪道はそう思いかけてる

奴隷になってもね

奴隷じゃない精神とかも意外と持てたりするもので

引きちぎる鎖をしても

必ず納得させる意志を持てばいいね

無力でもね

遊べるよ

意味があるならね

445 :名前はいらない:2014/02/10(月) 17:43:49.81 ID:BM8jJYGj
帰ってきたよ、最底辺に


最高だなこの場所は

悪のようだよ、悪魔のよう

人間的に最底

人として最底

でも一応、人だから、だからヒト

恩人に仇でなんて返せるはずもない

甘えていたいだけ

それしかないくらいだったからな、本当に

最底だよ、最底

そんな最底に帰ってきたよ

どうやらまた好き勝手したいらしいね

面倒臭いからできるだけ何もしない

だけどそれだけじゃないからね

したいことだけをしたかったんだね

だからそれ以外はしたくない、つまり面倒くせえと

そうやってその面倒くせえ部分を恩人に任せるだけ

自分がやるなら効率的なことしか考えなかったな

知らねえから

446 :名前はいらない:2014/02/10(月) 18:01:37.70 ID:BM8jJYGj
美味しいものだけをちょうだい


誰かを見下そうと必死

それで保ててる気がするし、負けてても苦じゃない

で、アホになって勝って

またアホになって負ける

自分のことしか考えねんだよ

それだけ自分のことしか考えられなかった

それくらい完成してなさすぎた

だから完成を夢見た

「ない」ことだらけの自分に

「ある」と言えるものが欲しくなった

そんなもの、夢見たいに輝いてもいるし

希望だらけで光り輝いてる

だけど、ひとつでも陰があるとダメになる

期待のかけ方を間違ってる

そう気づけば修正。低くする

447 :名前はいらない:2014/02/10(月) 18:05:32.96 ID:BM8jJYGj
逃走しないで逃走する


一番下でいい

とか、ぬかす反面

一番上だよ、実は

なんて平気で言える

つまり、普通ではない場所を設け、そこにいる

違うところ、異世界にいる異才、その異様さ

測らせないんだよ、価値や何やを

全く違うこと。それを本当に測らせても

本当は測れていないと、そう作る

アホに勝つには、賢さではない

賢さなんて勝つ以前に違うし、勝ってるなんて当たり前のように言える

アホに勝つには、アホさで勝つんだよ

それが本当の勝ち

賢さで勝とうとするなんて、負けと言ってもいい

その負けをまた選びたくなってきたな

もちろん賢くはない

アホが考えること

アホだからね、最高級に

逃げないようにしてアホになったけど

逃げまくることをまた考えてるから、最高にアホよ

実際は逃げれないけどね

実質では逃げてやるよ

逃げない中で逃げる

448 :名前はいらない:2014/02/10(月) 18:15:29.29 ID:BM8jJYGj
捧げるまで


違う、本当に逃げろ

それしか選択肢がなかったのは事実

でも今はそうじゃない

全く逃げないでも大丈夫なだけの哲学とかもある

だからこそだよ

逃げろ

おもっきし逃げろ

逃げ切れなくても逃げろ

最底辺に逃げろ

クソに逃げろ

人として最底のとこに逃げろ

馬鹿になって安全になれ

小さな自由に馬鹿みたいにすがってろ

きっと後悔することがある

それを予測して、しないようにしようとしろ

いつか朽ち果てる運命

同じ時を同じ空間で過ごしてるなら

最高の思い遣りを余すことなく捧げろよ

気を使いすぎてるとしても

この愛に対し疑いのないように

純粋に真っ直ぐ

おこがましくも与えることくらいしかできない愛を

そんなもんじゃないとしても

そんくらいの気持ちで捧げる

好きなものを愛さないなんて、そんなのない

449 :名前はいらない:2014/02/11(火) 00:32:30.45 ID:z7KcwXhn
それが引き出された原因を思い浮かべると
やはり人は弱さをちょっぴり見せたがるということが分かる
好意を持つ相手に
理解してほしい相手に
フラスコの中に収まっている砂粒が
今か今かと私を見詰める
生憎まだです
到底来ない
胸中は複雑で、まず自信も、大した欲望ですら湧いて出てこないというのに
相変わらずぬるい肉襦袢に抱かれて
落ち着いてる
あなたから引き出せたことが
唯一の救い
生命の拠り所
全くの偶然で計算ではない
が、私らしくもない行動であった
やかんから白い吐息が漏れる
汽笛のような叫びが遠くに聞こえる
時系列がめちゃくちゃになってくる
あの汽笛はもっと前だったような気がする
あの人にあったのは何十年も前だったか
砂粒の視線をじわじわと感じる
だから到底来ないと言っている
幸せな日々
愛情がもたらされる日
人生のパートナー
伴侶 夫 彼氏 ボーイフレンド
もう懲り懲りだ
あなたからいただいた手紙
何気ない茶封筒に入っていた
何気ないメモ用紙に書いてあった
全然何気なくはない
言葉
それが引き出せただけで
充分過ぎるほど


肉襦袢が低く呻く
時系列が次第に正しくなり始める
フラスコの砂粒は
全く静かになってしまった

450 :名前はいらない:2014/02/11(火) 06:09:42.16 ID:jirBp8p+
ぼくはきみのきみにぼくのぼくを

451 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/11(火) 22:42:08.21 ID:Nooh7Ci7
日が散歩する/偽物の神は・無一物を眺めるために注意力を集中しながら・眠りに落ちそうになる/
日は泣くまいとして・歯を食いしばっているが・深甚なる注意力が・知覚を失うくらいの穴に落ち込む/
偽物の神は・自分が計り知れぬ洞察力で・観察対象となっていることに・気が付かない/
自殺する気だ・と・死のクロニクルは思う・が・視線は・日には届かない/
死んで・無一物になるのは・日にとっては・朝が夜を・夜が朝を呼ぶほどに・露骨な正当さである/
日は・恐怖の場所・刑務所としての・対話から・散歩に出かけるのが・単調で響きのない・目的である

452 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/11(火) 22:51:45.93 ID:Nooh7Ci7
【偽物の神はこう言った】
もう無為遺物です、というか、無一物・無一文です、
ぼくはもうもたれる壁がない。ジエンドです。ままならない。夜はすでに夜である。歩き方も鈍重で、
リズムがない。いよいよもってジエンド。以前は希望だらけの平原だったんです。
風と、風と風が繰り返すだけでね。
光は増えたり減ったりするでしょう。だがぼくは、地面ばかりを凝視してきた。
報告的に魂を吐露する口調でね。
ある変化が生じると道幅が狭くなり風が吹きやむ。
そのとき、偽物だとわかった。人は神に対して無関心を装いすぎた。

453 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/11(火) 23:14:11.24 ID:Nooh7Ci7
【一方、少女は、神を信じない砂漠にいる】

不可解な日差しにたえている? 歩き方が遅いのは、悪いことだと?
総合的な活気なんて、いらないでしょ?
光あるひとは、苦痛を引き起こす?
光ある人とは、悪意のない人のことよ
海鳥が白い雪だったり、死んだ犬は灰色の時間だったり、するでしょ?







なにか御用でございますか?
旅人にであったわけではないので、急ぎます
善は急げ
悪意あるクレーマーは
残念ですが……

454 :名前はいらない:2014/02/12(水) 01:30:44.75 ID:VFN3nBPu
原理は同じだから応用すればいいと思ったんだけど
実験は失敗した
手応えはあった
方向性はいい感じだった
たぶんこっちで大丈夫
何かが不足しているか過剰である
もしくは違う原理が働いている
もしくは
もしくは
もしくは
仮説をこねくりまわしたが
どれもいまひとつピンとこない
現象はすでに起こっているから法則は働いている
手順の誤りなのか
うまくいくときの感覚を何度もなぞる
近くにいる
感応している
あとひとつかふたつのベールがある感じだ
無駄な遠回りをわざとしてみたり
気分転換に全く違うことをしてみたり
諦めてふて寝してみたりした
閃きはまだやってこない

455 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/13(木) 22:13:01.60 ID:W9ixJa9F
軽挙妄動に走らぬよう・無期天地謹慎・閉山寸前・生理の干上がったババアのクレーム/
極端に走るゲバラ・メガネで色白でがりがりの・白髪の・書記会長・マンコです・と言い/
肛門から・口裂の女の頭が・見てくださいと・きれいな色のイメージを/
乞食になりたいか?・どうする?・何かを強制されつつある人間の・メ・は・いけ好かない/
革命的アセンション・起きれば・マルクス・エンゲルス・池上さん・自殺率と・ミヤネヤ・笑って・いいとも!!!!・フリーセックス/
ほんとうはメタファーだという・この国の主義主張も・ふたを・あければ・ヌードシーン大好きな・援助交際権力・に・過ぎない

456 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/13(木) 22:36:33.02 ID:W9ixJa9F
カミュは間違っていたか?・不条理・浮上・不肖の息子・薔薇色の不条理・それは人生の政治活動と・天使的デートを・するか/
マス・コミュニケーション・滑舌よく・言い切るに・ふさわしくない・単語だ・はは・海沿いの僻地の・田舎臭い出っ歯の・おぼっちゃまに・ちょうどいい・コード進行だ/
英雄!/
未完成交響曲/
ラ・ヴィアン・ローズ・は・アパート名/
聖書台は・事務机・セックスフレンドの祭壇/

457 :名前はいらない:2014/02/14(金) 03:04:28.50 ID:9ftosI+o


458 :名前はいらない:2014/02/14(金) 16:51:38.31 ID:eGHgHleg
真実


ほんの少しの黒いものを

すべて消し去って喜んでみても

感覚が鈍ってたことに気づくだけ

すべてが黒くなってるだけ

459 :名前はいらない:2014/02/14(金) 19:11:20.09 ID:eGHgHleg



わからないものである『ソレ』

その見つけようとすらしてない『ソレ』「だけ」を必ず見つけてしまっていた

そんな『ソレ』が今度は

「たくさん」を見つけようとしてる中に紛れてるが

やはり必ずあるのが『ソレ』であって

今痛感すべきは、見つけようとすらしてない段階で必ず見つけてしまうほどのものが

見つけようとしてる最中においてなら

もっと凄いものであるはずだろうと

「たくさん」の中においてはそうじゃないんだろうけど

その「たくさん」には必ず個々各々があって、だからこその「たくさん」であるのは周知で

各々においてそれぞれの違い

違ってなくても「分かれいる」という場所、位置においての違い

その上においての各々における「だけ」は、やはり凄いことなんだと

それは「たくさん」を見るようになってもそうだと

クソであろうが、笑えるくらい輝いてる

460 :名前はいらない:2014/02/14(金) 19:30:16.33 ID:eGHgHleg
すべてもいらないひとつ


真っ白がたくさんを覆ってたけど

黒く細い線だけはいつも必ず存在してた

瞬く間に一気に膨張の黒

白じゃ対抗できなくなり

黒か白か何かわからないものを「?」とした

その「?」の分、「放棄」を拵え

「諦め」に力みの解消を依頼する

白を崇めながら

白を忘れる

間違いのような間違いでない「諦め」という「憩い」

そいつの心は白よりも「?」へ

解決を夢見て、白も黒も見失ってまでして、ひたすらゴールだけへ向かって走る

気づけば、黒しかなくなってた

スタートもゴールもすべてが黒

細い線どころか、膨張どころか

すべて黒

どうでもいい黒

思い出す

黒なんてどうでもいい

白しかいらない

すべてが真っ黒だけど

一筋でも大半でも白だったら

すべてが黒であることが活きてくるはずだと

黒く細い線ですら気になってたことを

越えれるかもしんねえと

また黒だと思い、傷つき、また癒そうとするんだけど

傷口ができる前に、できないようにすることができんじゃねえのかと

少しでも飛んで、乗り越えようと

461 :名前はいらない:2014/02/14(金) 19:38:26.23 ID:eGHgHleg
慎重


真っ白な「好き」の中に

優しいだけの「癒しの海」があるけど

その「癒しの海」の中にこそ「好き」がもっとあって

またその「好き」の中にも・・・と続く

例え周りが見えなくなっても

間違いに見えても本当は一番正しいから

折れる必要はひとつもない

462 :名前はいらない:2014/02/14(金) 20:00:56.99 ID:qjR4exVs
常にハックしろ
ろくでもないちょっかいが入っている
発信元は君だ
マクラーレン

まだ君を疑う段階ではない
しかしこのままでは議会が納得しないんだ
わかるだろう
ドナルド

悪魔の証明なんて
できませんよ
困ります
アンダーソン

しかしそれしか方法がない
早いとこやるんだね
トーマス

これは陰謀だ
あいつに違いない
ピーター

俺は悪くない
テッド

深夜に作業状況を確認したら
みんなに同じメールが送られていることがわかった
しかもホストから
内容はチームコードの変更通知でよくあるもの
不自然なところはない
送信者以外は

翌朝テムズに浮かんだのは
シンディ

さて犯人は誰?

463 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/14(金) 22:40:03.04 ID:ROYXQ3rc
他の飯を松屋待つべき霜枯れ志・埋め・をも【貼る】は忘れ座り蹴り/
nao頼め・埋めの・立ち絵は・千切り丘・思いの他の人持とう鳴り/

464 :名前はいらない:2014/02/14(金) 22:55:52.86 ID:eGHgHleg
人間


邪道の方が、より王道で

王道の方が、より邪道

それは仕方ないこと

465 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/14(金) 23:08:59.91 ID:ROYXQ3rc
チェンマイの仏教寺院・巨大な仏塔・ひょうたんのように・丸く・垂れ下がったもの・サワディー・チャーオ/
歩道上を露店が埋め尽くす・滝は・タイ人の好きな・ハイキング・スポット・エレファント・ライド・バンブー・ラフティング・アユルヴェディック・シロダラ/
タイシルク・オーダーメイド/
タイ・古式マッサージ/
シースルー・バスルーム/
ラーンナー様式・インテリア/
チェンマイのゲスト・ハウス・では・トレッキング・ツアー・を・主催しているところも・おおい/
ココナッツ・ミルクを・使用せず・ハーブを・たくさん使用/
本尊・エメラルド・仏・集落を貫く・通り・露店・集中・八角形の台座の・上の・仏塔・メコン川/
選ばれた少女だけが・首を・伸ばすことが・できる/

466 :名前はいらない:2014/02/15(土) 02:20:41.66 ID:Ew7xSUwW
つ ら ん ま く か

て も さ う な ち

な い け あ す も

ま ゆ れ ん し ら

だ ら こ わ ち と

か ね つ や り ひ

さ う も さ う も

467 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/15(土) 22:50:51.76 ID:q1nYD0gE
象が・大挙して・市内練り歩く・スキンシップ・象祭り・田園地帯にそびえたつ・遺跡尻目に・アユタヤから逃走した・白き象を捕え・調教・スリン/
腐乱酢(フランス)は・大挙して・裸オス(ラオス)の・植民地化をはかり・遺跡は・世界遺産に登録・ウドーン・ターニー/
大小さまざまな・奇岩・トレッキング・コース・ロック・ペインティング・壁画を探せ/
メコン川・またぐ・橋・ワットケーク・ひとりの在家信者・の・執念・不思議な・造形・友好の・橋は・ラオスに・つながる/
サバーイ・ディー・クラッ・トーン・スィア・クラッ・マイミー・パンハー/

468 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/15(土) 23:02:48.28 ID:q1nYD0gE
マンクッをンゴして
マラコーをマプラーオすると
ケーオ・マンコンはテーンモーして
マムアン
マフアン
ファラン
チョンプー

469 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/15(土) 23:31:30.82 ID:q1nYD0gE
蛇センター・タイと言えば蘭。胃炎・らんらん・スリル満点・毒蛇ショー/
巨大な仏塔・奇妙な造形・寺院・水かけ祭り・水かけ論。チェンマイ・オールライト/
ラヨーン・あいーん・富豪の脳内・サンクチュアリ・オブ・トゥルース・オブ・聖闘士星矢/
パタヤー・パンパン・会いたし・アユタヤー・路傍の屋台から・国境越え・ナイトスポット・ゴーゴーばあさん・性病・ラウンジ・台風ディスコ/
ブラフマー・エラワン・チャイナタウンも・ブラフマー・詐欺師に注意・トゥクトゥクの。運転手・うんこ・モーターサイクル・もっと最高・シャトルバスで・ツーリスト・インフォメーション/
クメールの香り・人工の池・レリーフが・魔を・よける・ブラフマー・ストゥーパ・ホートライ・オールライト/

470 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/16(日) 00:28:30.37 ID:9Ca6+zhi
奇跡の朝は再起動したか?
志は冬枯れて
四方八方
陰毛だらけ
か?

471 :名前はいらない:2014/02/16(日) 02:36:37.17 ID:y9rZ3bKA
あー忘れない、体育教官室がラブフォだったの

大竹さん、すてきでした。

えみちゃん、試合の遠征いつも同じ部屋だったね

みつまめさん、おれのこども生んでくれて、サンクッス

いつも、おれもは SON OF BITCH

KIZUMI OSAMU

472 :名前はいらない:2014/02/16(日) 08:58:22.49 ID:mfMG6yTF
不正に乗る正論


本当は、そんなことが目的ではない

それくらいわかってる

わかってて敢えて言う

幼いと思われようが、永遠に持っておくべき正論よ

気づいてようが気づいてなかろうが

わざとそうしてようが

正論を残していく

都合の好いことばかり並べても

あるいは弱みばかりを突こうとしても

もう怖さすらわからないなら

正論を再び貫こう

すべてが埋もれて見えなく世界だとしても

信じられないくらい見えなくても

おかしなことが当たり前の常識であっても

おかしくても持とう

笑われても貶されても持とう

平気で穴が空いてる構造でも

難しいからできないようになってるとかだとしても

好きな人と好きな場所へ

勝るための正しさでもない正論を持っていこう

明らかに正しいんだから

一度捨ててみたら尚更わかる

473 :名前はいらない:2014/02/16(日) 09:10:26.55 ID:mfMG6yTF
最良の最強


嘘だとしても

信じきった者の勝ちでもあるよ

相変わらず都合悪いことしかないけど

だからこそ

嘘でも信じてしまえ

馬鹿で嘘みたいな強さは

ときに

本物よりもあからさまに強いから

事実上の完敗なんかではなく

勝利しかない理屈、哲学

卓上の空論ごときですべてに勝ること

それは現実で勝ることよりも実は優れてる

脳内の想像力で勝ってるから

ではなくて

心身の感覚を何よりも重宝できてのそれだから

イタすぎるくらい最強

無敵と最高を実際に手に入れても

馬鹿馬鹿しすぎる想像の最強には絶対に勝てない

最強の想像は、誰にも負けない自分だけの、最強の個の個性

474 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/16(日) 20:50:52.09 ID:9Ca6+zhi
幅広の硬そうなカラーから突き出た顎の肉は
二重奏
毛深い眉の下では
黒光りしたピーナスが注意深そうに光っている
金のモールで「ウンコ」と縫い取った制帽を天から地へと飛ばしてみせる
彼の名は「ウンコ」投げまくり王
にがりきった顔の世の中の生活保護者のカスどもに
やんわりと
ではなく
爆撃の決意でもって
レモン爆弾を投げつける
まるで梶井基次郎みたいな顔して

475 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/17(月) 00:20:23.20 ID:9PDp86eQ
世間の人・ダス・マン・と・本来の・自己・ダス・ゼルプスト・は・常に・たたかっている・五段活用で/

476 :名前はいらない:2014/02/17(月) 14:42:49.67 ID:SsXL3g/X
どこにもたどりつかないバス
循環バスのこと?
「ちがう」
さいしょはお母さんも一緒に乗ってる
「ふうん」
降りなきゃどこまでも行けるんじゃないのそれ
「お母さんは降りる」
じゃあひとりになるの?
「ううん」
運転手も乗客もいるし
「好きなところで降りていい」
それはあまりバスという感じがしない
「そうなのよ」
でもバスなんだって
へー
あ、お父さんは?
「待ってる」
よくわからない
こわい話ならやめてね
「こわくないよ」
どこで待ってるんだろう
降りたところじゃない
あー
でもそれじゃ会えないよね
「会える」
ねえ何の話してるの
どこにもたどりつかないバスの話
「飛行機バージョンありそう」
ありそう
タクシーみたいな飛行機
チャーターするやつ
「バスだってば」
そうだった
目的地がないだけでバスなんだよ
定期は使えるの?
あ、定期買わなきゃ
私もー
どこにもたどりつかないなら定期はいらないね
「そうだね」
運転手は運転してるだけ?
そうそう次はどこ行こうかなって適当に運転してるたまに飛ぶよ
やっぱりバスじゃないよそれバスの形してるだけなんじゃないの
バス演技
どんな意味が
無意味だよね
行きたいところがあるときは乗らないようにしなくちゃ
「もう乗ってるのかもよ」
え?

やめてそれこわい
こわい
降りればいいだけだからこわくないよ
お金かかるでしょう
かかる
早く降りるべき
べきだね
「乗ったらね」
うん

477 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/17(月) 20:47:05.97 ID:9PDp86eQ
プーケットには遠浅ビーチがいっぱい!
びーちくもいっぱい!!
パタヤーでは、ニューハーフショーがいっぱい!!
プーケットにも若干あるらしいよ!!!
サファリツアー、エレファントツアー・カヌーによるバンガー湾ツアー、ダイビングショップ、日本人スタッフ常駐

ナイトスポット、ハーブスチームサウナ、タイ・スパ、バナナボート♪

478 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/17(月) 20:53:50.22 ID:9PDp86eQ
ビーチボーイと料金交渉、アクティビティ♪
マリンスポーツ、プーケットタウン♪
ピーピー島はサンゴ礁の小島、ピーピー・レイ島、シュノーケリング・ポイント、
ピーピードン対ピーピーレイ!!!!!!
アロマサロン、全面ガラス張り、複雑なカルスト地形、クラビー、サムイ島周辺の航路リスト、
高速船!!
エクスプレスボート!
カー・フェリー!!!!!
スローボート!

479 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/17(月) 21:03:44.15 ID:9PDp86eQ
プレミア・シー・フェイシング・ルーム

アットホームなゲストハウス

簡素なバンガロー

一大観光アイランド

スパを備えた高級リゾート

レンタバイクあり

ドミトリーにはカギ付きクローゼット

レゲエ・パブ

浜辺のサーラ―

480 :名前はいらない:2014/02/17(月) 21:22:05.73 ID:wjVQ7Xpg


481 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/17(月) 22:12:24.21 ID:9PDp86eQ
ワットポーからワット・プラケオ、チャオプラヤー川、王宮古式マッサージ、ラーマといえば、マーガリン
じゃなくて!
王室寺院は、左右対称、本堂、ラーマ一世、コートー・コートー、

タイ民主主義の、シンボル的、モニュメントは、羽根のようなちんぽ、
じゃなくて、

トンブリ―地区は、船でもまわれる

動物園では、象が人気者、チャイナタウンはベジタリアンもいる

オバタリアンは?

おっと

チップは100バーツ

木(もく)先生の足裏マッサージ

要予約

482 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/17(月) 22:50:19.07 ID:9PDp86eQ
パッタニー・クルアーン、イスラム・ムスク
仏教国のなかの、ムハンマド
スルタンの命をうけし林さん
ヤラー
ナラーティワート
ワット!!

コン!!

大仏の身長24メートル

スンガイ・コーロク、マレーシア国境
乾期
暑期
雨期
乾期


雨が降ったらやむのを待とう
トイレットペーパー一巻きが便利
エアコンバスは冷房が効きすぎ
ツーリストポリスは暇人

483 :名前はいらない:2014/02/18(火) 02:16:15.10 ID:f2g3D+/B
おやすみ

484 :名前はいらない:2014/02/18(火) 03:13:28.50 ID:f2g3D+/B
写真

記憶力なんて良ければ良いほどに忘れられないことも多いのに
同じ川縁同じ道路同じ夕陽
そんな話さえ思い出話で

でも結婚しようって言われたこと忘れないよ
光が眩しすぎてこのままここにいたら死ぬかもしれないと思った
同時に
あなたがそんなにも好きなのは本当は私じゃないのかもしれないと
喜びのぶんだけ深い絶望を見た

そんな話さえ昔話で昔話でしかないのね
川も道もたぶん太陽も
今も変わらないのに
だけど雪深いここからは遠い遠いあの場所に
心だけ少しだけ帰った気がした

忘れるには多すぎる思い出とこれからどうして生きていこう
新雪を踏みしめるように
これも誰も通ったことのない一つの道なのかもしれない

485 :名前はいらない:2014/02/18(火) 04:23:27.91 ID:Vzv/QU2V
さよならの証明の後


ああ

間違ったまんま

正解だけをちょうだい

たくさんの選択はもうたくさん

どこへだって行けるけど

方法が相変わらず未だに間違ってるよ

自由を失ってまでして勝つものではない

自由ために勝っても

失ってしまうなら間違ってる

勝つのも自由のためだって

取り上げられたから取り返す

過ちを放つ前の柔な正解

間違っていても

486 :名前はいらない:2014/02/18(火) 15:38:48.68 ID:Vzv/QU2V
伝わるように贈ろう


何を平気で間違っているのか

当たり前のようにわからなくなってるよ

本質を見誤るな

それぞれの都合が気高く嵩む世界にて

手を繋いだのは弱い者たちためだけのものか

そんなの負ける強かった人たちは思惑通り強くなくなったのか

掟に乗っ取っとれば潰れる運命

例え万物を手に入れそうなところに来ても

まだ死んじゃいない炎

意味は無いようで意外と有る

というのが意味だから

どんな掟でも無法地帯でも

鮮やかな光に心を奪われ焼かれる

それは自由を心にしてるから

窮屈でも解放でも

人がいるなら心は意味を求める

王道とは惜別したいけどできない

その上に邪道が乗っかってないから

永遠の誓いを刻めるなら

邪道でも乗っけられるよ、王道の上に

どうでもいい意味さえもわかるようになろう

一番欲しい意味だけが欲しいなら尚更

487 :名前はいらない:2014/02/18(火) 15:40:45.05 ID:Vzv/QU2V
花が咲き乱れる


違う意味が無いなんて、おかしすぎるから

違う意味こそ本来は大いに有るものなのだから

どうして違いがあるのかって

同じ分よりも上に違う分を乗っけるためだよ

伝わる意味がわかるのは

強い意味を言葉に込めてるから

奥底の真意さえも更に深く

浅はかな、でも出だしの言葉の発言、発音、字の一画目から鮮やかな形を刻めばいい

掟が無くなれば困るから

掟を破る人が必ずいるから

無法地帯の中で刻むべきは縛りよりも自由

安全なんてたかが知れてるけど

迷惑かけないつもりくらいにはなって

それでもかけるのは当然であって

ならばできるだけ安全でいようよ、お互い

その意識くらいは訴えて当たり前なくらいなはずであって

何でもかんでも縛ればいいなんて安易であって

またそんな考えも安易で、いっそ安易で

そんな安易程度がまかり通らないなんて難しい話でもなく、またそれも安易で

外道はやめてもいい

だけど最後はやっぱり邪道でしょ

縛られているとするなら

そのすべて縛られていないようにして

最後に自由をうたうよ

それしかないほどまでに

488 :名前はいらない:2014/02/18(火) 15:44:13.94 ID:Vzv/QU2V
感覚で風を切る


ルールが絶対だなんて

いつの間にルールよりも下になってんだか

誰しもがルールよりも上なのに

絶対になってたら

設置される本来あるべき姿を

想像も考えもひとつもできない

489 :名前はいらない:2014/02/18(火) 15:49:47.22 ID:Vzv/QU2V
蘇生の感性と感覚と理屈


本当はひとつだけでいい

違う意味をそこに見つけられたなら

鈍い単純で簡単に抹殺しようとするなら

その単純に沿ってやって返せばいい

何も言えなくなるから

自由だけをうたえばいい

490 :名前はいらない:2014/02/18(火) 16:04:40.43 ID:Vzv/QU2V
光の眩しさ


自分じゃない自分なら

簡単に攻略できる

でも

自分じゃない自分なら

誰だってできる

自分しかないっぽい自分なら

攻略は難しすぎる

でも

自分しかないっぽい自分なら

自分だけが自分をできる

491 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/18(火) 21:49:48.70 ID:xjcSLxmQ
スタップ細胞がアイ・ピー・エス細胞と論戦交え
数年後には
なんちゃら細胞
数年後には
なんちゃら細胞
数年後には
なんちゃら細胞
対決

対決を呼ぶ
細胞が






492 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/18(火) 22:05:43.61 ID:xjcSLxmQ
新人の塾講師が
教壇で
手品の披露をするように
「魂の重量」は
人間を愛撫する
すると
人間にはかたちがあるのに
鏡に映るのは
生と死だけ
鏡のまわりに観客が集まってきたとしても
どうか
ほっといてください

天空の城で
妙なる調べでも奏でていてください

手招きしてあげてください

「魂の重量」は
そのような手つきで
鬼気迫る顔

どうも
生と死のやつらはトウヘンボクらしい
ふらふら歩けば
月や太陽や宇宙が付いてくると
思っていて
「魂の重量」の紡ぐ詩や説教や、物語から
すっぽり抜けたいらしい

いったい逃げてどこへ行くかというと
こころの隙間
コソ泥のように
足音を忍ばせて
人間の弱点
こころの隙間に
潜り込んで
取引しようとしている

どんな取引なのかは
実は
「魂の重量」しかしらない

493 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/18(火) 23:49:01.98 ID:xjcSLxmQ
ぜんまい仕掛けの宇宙と人間
加害者と被害者が向き合って
真理の函の隅っこで羽虫が這うのを照らしているよ
それを天使と呼ぼう
どんなに難しい成り行きで
宇宙と人間が動力の船で進行しようとも
時間閣下は骸骨の一対を
真理の函にうずめていくだけだよ

100年たっても100000万年たっても
退屈な繰り返しを笑い飛ばすのは
人間の原罪だよ
つまり宇宙の原罪でもあるのだよ

494 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/19(水) 20:49:18.32 ID:an8ylI0E
手の甲で笑い涙をぬぐいながら
ふたたび青ざめて
かたくなな表情を取り戻しながら
笑いの名残を唇のゆがみや頬のこわばりにとどめながら
汗の匂いをむんむんさせて群がりながら
一匹の捕えられたネズミを見るように
批評的に
下唇を噛みしめたまま
夜更けに起こされて
まるまると太って張り切っているモモを
湯に浸した布で温めながら
頭を垂れ身震いしながら
身震いし
喉を鳴らし
すすり泣くように
息をとぎらせたりする
偽大江健三郎の
文庫本に大便をまき散らした

495 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/19(水) 21:04:20.18 ID:an8ylI0E
快楽の始まりの眼
硬く乾いた接触から、深々とおじぎをし、充血するにつれて
湿り込んでいく
上機嫌な期待
それは重々しく
愛のような何かに満ちた顔のようで
夕闇迫るカフェが窓を灰褐色に縫い付けたような
ハッピー・エンディング
冗談の奥底へ回収できない
コメディ・エンディング
羞恥心は小さい裕福を摘み
しめやかに厳かな雪の道を
充足した時間の芳醇な静寂の苦い衝撃的なぼんやりした
病気の馬の糞の匂いの
嗚咽とうめき声と
一種の勃起
まだ生きてる?

496 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/19(水) 22:03:52.30 ID:an8ylI0E
そうだ、と重々しく
あんなに巨大なものを、と座り込み核心を突いたという自惚れ顔で
肛門から宇宙をすっかり抜いて、と憤然としつつ力は抜け
なんですって? と驚嘆の意をはっきり示す気概をなくしながら
誰のだっていうんです? と柔らかく甘い情感を込めて
墓地で殴り殺した、人間とかいう存在だ、とまとわりつく霧の厚い層をかきむしるように
え? と己の敏感な臆病さを恥じ入りながら
宇宙のことを知らんのか? と暗く翳ったひどく怒りで目を濁らせて
罪と罰は宇宙がこしらえたんですよ、それぐらい知ってますよ、あんた、と己を英雄だと信じ切ってるかのように

497 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/19(水) 22:06:34.34 ID:an8ylI0E
タイトル
【ほんとうに大切なことは 一回しか言わない】

ほんとうに大切なことは 一回しか言わない

498 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/20(木) 19:28:45.67 ID:z2jDmvs7
あのひとはなにかを決心したような瞳をした

そして次の日 死んでしまった

499 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/20(木) 20:07:37.65 ID:z2jDmvs7
◠☄☄☄☄◡♒♒◠☄☄☄☄◡♒♒





㉀㉁㉀㉀㉀㉁
  ㉁㉁㉁㉁
    ㉁㉁㉁㉁㉁
      ㉁㉀㉀㉀㉀㉀㉀㉁㉁
            ㉀㉀㉀㉀㉀㉀㉀㉁
                 ㊣㊙㊗㊙㊛㊝㊚㍮
㆝㆟㆟㆞㆞㆝㆟㆟㆟
﹌﹋︽﹋︾﹋﹎﹏︿﹌︽︾︾
︽︽︻︿﹏﹍﹌﹋﹍﹍﹍﹍﹍﹍﹍
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜@@^@^@^@^
@^^@
^@^@^@^@^@^@@@^@
^@^
@^@^@^@
ᗼᙜᙬᙬᙜᙜ











⃯⃯⃯⃯⃯⃯

500 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/20(木) 20:32:45.44 ID:z2jDmvs7
× △ △× × △ △× × △× △〇 × × △
〇 × △× × × × × △× △ × × △× △× 
× × × △× × 〇 

501 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/20(木) 21:49:54.57 ID:z2jDmvs7
△ △〇 △ △× △〇 △ × × △ △〇
× × 〇 △〇 × △× △〇 △× ×
× △〇 × × △〇 △ 

502 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/20(木) 22:00:31.95 ID:z2jDmvs7
△× △ × △ △×
△〇 △× △×


>>500-502

タイトル
「どこぞのプロの詩集」

503 :名前はいらない:2014/02/21(金) 00:04:10.50 ID:/7xoD9vB
壊せばいいってもんじゃない


うまくやるために、やり方を選ばない

それがうまくやることなのか

違うとするならやり方にもうまさを求めてるということ

その選択がうまくいかない結果を生み出す

ジレンマ

矛盾を選択しなきゃいけない

一番やりたいことだけをやるために

一番やりたくないことをやる

それで一番やりたいことができるかもしれないから

矛盾してないことなんてないさ

近道だけを通りたいのに

遠回りをたくさんした方が近いだなんて

それをしたくないから近道なのに

504 :名前はいらない:2014/02/23(日) 21:53:59.17 ID:gq5gEahP
ひそやかに柔らかく
埋め込まれるチップ
ほたるが光っている
等身大の正直さが
弁えのない不遜さが
両極をたえず行き来するpendulum
蝸牛が這った跡
緑色のファサードを頂戴
ウィスキーボンボンもね
呪文を唱えたらリークスの幕が上がる
ボタンを押すのはあなたしかいない
空中にデカデカと書いてある不思議
本物が勝つに決まってる
そろそろ胴元が算盤を弾く
統計はスプーン一杯の味噌汁
細る梟アイアコッカ
てんでなっちゃいないガレージ
花火の音は聞こえない
間違ってるかなと尋ねるのは得策というもの
誰が知ろうか優しい奇跡を

505 :名前はいらない:2014/02/24(月) 18:00:37.54 ID:x6tRr/y/
ヒトの個の中の自由な海


何もないことが怖くなり

何かあるように作った

自由を孕ませ

違うという唯一を

細やかに

下降

深海

狭い

「激震」

意義を失い、意味がわからなくなる

歯車の上で転がっていたのに

都合よく利用してたのに

ぶっ壊れた歯車

修復完了までその上に乗れない

(そんな思いから解き放て)

根本が間違ってる

依存の箇所が間違ってる

恐れないことが怖いと思ってたけど

恐れることしかなくなる方がなぜか怖い

506 :名前はいらない:2014/02/24(月) 18:16:03.60 ID:x6tRr/y/
意味が無いことよりも有ることを


自由度を増せ

条件があったことを思い出せ

必ず自由ではない部分が現れる世界

そんな自由ではない中で選ぶ不自由は、自分の中だけの自由

その自由は通用しない

通用しないためにある

通用しなくて何が悪いと、開き直るため

通用することが全てではない事実

合わす、適応をばっかがいいわけではない

感覚を譲らないのも必要で自由

それがどうしても越えられない限界を生む

<自分でなくなれ>

失せた

最初の目的は自分への癒し

そんな海に浸るだけ

最後の目的は世界への結末

自分すら失せる激流でも

世界的に正解な標的だけ見る

この場所からの距離、目測

簡単すぎる逆算。足りないなら永遠に幅を広げるだけ

そんな奴隷

そうなるのも自由だけど

どうも自由な気がしてない

507 :名前はいらない:2014/02/24(月) 18:21:44.35 ID:x6tRr/y/
攻防戦


一時の閃光

それ以外は還せ、オノレに

無駄に見えても必ず必要なのは癒し

誰にもわからないそれが心にはある

感性の先っぽ

理屈の先っぽ

言葉のひとつひとつから違う

戦うためではなかった

守るためだけのものだった

最高の癒ししかないそれは、永遠の変わらない無敵のオアシス

最強とは違う

508 :名前はいらない:2014/02/24(月) 18:36:50.92 ID:x6tRr/y/
破壊


ああ。暗い

空、天井、光すら、この心

すべては、何のため?

自分のためなのに、そんな気になれない

わがままとかじゃない

気分が悪いことしかない

好きなものを捨てたから

捨てなきゃ、次へいけなかったから

気分。悪い

悲しみすら、わからない

ふざけた定義ばっか並べやがって

忘れてる。自分を

誰かに勝ったって

自分に負けすぎてんだろ

失いすぎてんだろ

すべて捨てろ、偽りのオノレ

509 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/24(月) 20:40:09.48 ID:5jDo+Ihr
さて、他の板に書いた、散文詩的な作品をサルベージしておこう。
名義は、弧高の鬼才、だが、まあいい。

510 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/24(月) 20:51:23.77 ID:5jDo+Ihr
水溶き片栗粉のような精液を尿道から搾り出しながら

それが口癖だった

よしおという名の男と

弧高の鬼才という馬鹿と

二人の合言葉は

【水溶き片栗粉のような精液を尿道から搾り出しながら】

511 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/24(月) 21:04:29.74 ID:5jDo+Ihr
弧高の鬼才は病院に入院した
病室での彼の異常な行動
弧高の狂人
病院内でのあだ名
重度の統合失調症
幻覚幻聴
家族が懇願するまでもなく個室へgo
看護士の巡回や担当医の定期検診
扉にほほをあて
中でのやり取りに聞き耳をたてる
やじ馬
入院患者
グループ室で
まるでなにかのサークルの集いのように
弧高の鬼才の病院内伝説
語り散らす
彼は病室内に飾られた彼岸花を食した
家族が食事のトレイを運ぶ
彼はむさぼるように食い散らかし
よだれをたらしながら
ふりかえりこう言う

「旬のたべものはおいしい」

びっくりした家族
あわてて看護士を呼び付ける
内心
これはえらいことになるな
そう思ったに違いない

512 :名前はいらない:2014/02/24(月) 21:48:07.04 ID:gaxmUUHw
異国情緒に騙されてふと
我にかえりぼんやりする
クレモナの夜

あのとき見えた未来に
今存在している
なのになぜ
こんなにも虚しい
もう戻れない
誰にもこの傷をさわらせない
この痛みは僕のもの

反射する光に
虹を束ねて
ミルククラウンが好きだった
その一瞬
閃光のとき
見とれたblue
泣けなかった
夕焼け
影が伸びる
ごめん
ごめんね

手を繋いで眠りたい
目覚めて君を見つけたい
言えばよかった
好きでした

513 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/24(月) 22:02:12.45 ID:5jDo+Ihr
看護師は気づく
弧高の鬼才・彼岸花の茎をかじらず・花弁だけ・食していることに
「ただのパフォーマンスにすぎないです
  彼にとっての意思表示にはちがいないですが
   どことなく捩れた愛情飢餓ですね」
笑いながら
彼の頭をぽんぽん叩きながら
彼を抱えベッドに横座りにさせる

家族(父親と兄)は
ふいに思い当たる

ちいさいころ
彼が・自殺未遂ごっこ・しているのを・よく発見し・なんだか・薄気味悪いやつだな・叱る気にもなれない・そんな感慨を・抱いたものだ・と/

鬼才はこう言った
ブランドものの・トートバッグの・つやのある・こうたくを・正面にみながら/
視界の・扇形の・左端には・ベッドカバー・の・ない・中敷きマット・の・上に・ピンクいろの・ざらざらした・タオルを・のっけた・枕が・みえる/
ベッドより・若干・右奥に・テレビ・おそらく・26型くらいの・ソニー製・が・黒ずんだ・モニターを・写し出している/
なにも・うつっておらず・ちらと・視線を・泳がすと・6畳・の・部屋・と・キッチン・と・を・つなぐ・敷居の・引き戸の・すりガラスの・鈍い・長方形・の・筋が・見える/
背面は・サッシ窓・ぎりぎりの・位置で・花柄ピンクの・カーテンは・窓全体を・ほぼ・うめ尽くしているが・ この・手前の・カーテンは・長さが・足りず・その・裾から・奥の・白い・草花柄の・レースの・カーテンを・のぞかせている/
死語・かもしれないが・スリップ・それも・ぶよぶよ・太った・ま白い・二の腕の・黒髪天然パーマの・おばちゃんが・着る・スリップを・思い起こさせる・と・ここまで・おもい・巡らした時・スリップ・じゃなくて・シュミーズ・だと・再認識に・及んだ/
スリップは・間違いだった/

514 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/24(月) 22:41:42.50 ID:5jDo+Ihr
【パーツ屋さんで割れたパンツを買ってこい】


弧高の鬼才は
ベッドのサイドラインの柵の
間から逸物を!突き出し!!
となりの患者の仕切りカーテンに射精した!!!

きたならしいいかれぽんちが!

と……
おとなりさんが……
ガッと……
カーテンをレールから引きはがすように開けて……
そそりたつ陰茎に対してつばを……
はく


天然パーマのおばさんだった!!!

「マンコの洞穴を漫歩できる甲斐性もないくせにみすぼらしい矢印でわたしを指すな」
鬼才がなにか言おうとする勢いを削ぐように
彼女は言い放った
見事な射精であった


一方
弧高の鬼才の陰茎の鈴穴から
よだれのような液体が落ちるか落ちまいか
どもるようにくすぶっている


「非人情の世界が好きだ」
「ぼくらキチガイ病院患者は、非人情の生活の中でますます孤高のキチガイになっていき、研ぎ澄まされて行くのだ」
「ぼくに課せられた使命は、今この場においても首尾よく成功裏のうちに完結したのだ」
以上、弧高の鬼才の三つの陳述

鬼才は滴りそうな精液を指でぬぐってぺろっと舐める

そこに看護師が病室に入ってきて

こう告げる
「オナニーなら、トイレでしてもらえませんか」
と、同時に
となりのおばはんが
わたしにたいする付け届けは……
ちんぽの付け汁かい……
と、つぶやいた

515 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/24(月) 23:07:09.72 ID:5jDo+Ihr
【よしおと鬼才】

僕は・鬼才の・股ぐら・の・匂いが・好きだ/

たちこめる・すえた・匂い/
しばし・使っていなかった・エアコン・の・風・の・かびっぽい・匂い/

うっとり・まったり・下半身・の・香りに・酔い痴れている・と・弧高の鬼才が・こう・言った/

    「シューズラックとコートハンガーに秘密がある! やつらには気をつけろ!」

ものすごい・語勢・だったので・ぼくは・若干・たじろいだ・が・それどころでは・なかった/
彼・の・陰部・から・漏れ出る・素敵な・スメルが・僕を・えもいわれぬ・幻想・の・お花畑に・誘うものだから/

当然・僕は・しばし・沈黙状態を・続け・脳が・とろけそうに・なりながら・意識だけは・失うまい・と・必死に・理性・の・加勢を・待つが・まったく・だめであった/
彼・の・下半身・の・前に・僕は・骨抜きに・されて・しまったのだ/
と・いきなり・「上がりカマチに腰掛けて数珠でギターを爪弾け!」
弧高・の・鬼才が・嘔吐するように・言葉を・ぶちまけてくる/
彼・の・表情は・なかば・自分を・律しているようであり・なかば・熱に・うかされて・紅潮しているようでもある/
彼が・なにを・いっているのか・理解するよりも・先に・鼻腔を・すり抜ける・媚薬のような・香りが・我が脳・の・言語を・つかさどる・部分を・神経ごと・支配してしまうのだ/

だが・彼は・僕が・無言で・コミュニケーションを・放棄している・そのことに・苛立ち始めたのか・僕・の・鼻面を・手の甲で・はたいた/

516 :名前はいらない:2014/02/25(火) 04:35:00.48 ID:qe2fomVM



遠いね

解放が夢の先

夢見で覚醒

誰のためなのかさえもわからなくなる

遠すぎるからね

もっと貰うべきものがきっとある

余白

517 :名前はいらない:2014/02/25(火) 04:43:38.46 ID:QOuiFhE+
おはよ

518 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/25(火) 21:18:55.28 ID:6iFMstdT
てか、サルベージ飽きた
やめとこう

519 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/25(火) 22:53:32.35 ID:6iFMstdT
そろそろポスト新言文一致
そろそろポストそろそろポスト新言文一致うんどう
新言文一致うんどうの時代だにゃ
新言文一致うんどうの時代だにゃ 新言文一致うんどう新言文一致うんどう
新言文一致うんどうの時代だにゃ

新言文一致うんどうの時代だにゃ
新言文一致うんどううんどうの時代だにゃ

520 :名前はいらない:2014/02/26(水) 00:08:23.19 ID:qCgIlCHM
世界を拡げた意味


陣形を作り、壁を作る

その意味を知ってたからそうした

いつの間にか忘れ

いつの間にか壁を越え

意味を失う

自分のためは、自分の地位のため?

自分のためは、勝利のため?

自分のためは、限界を越えるため?

越えてもダメじゃん

意味を無くしたなら

地位も勝利も限界越えも、なぜだか自分のためになってない

誰のためでもないのかな

奇跡への伏線

準備の意味を180度回転で返してもらう

砂ぼこりの浮いた世界にて

希望の鍵が100点をこじ開けるまで

何者でもない自分は、そんな自分であれ。いつまでも

521 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/02/26(水) 13:21:03.08 ID:SZtXU4sB
【リア・ディゾン】


愛って
共依存だよね
結局のとこ

522 :カカシ:2014/02/26(水) 14:23:39.34 ID:vYSG9QLy
ぐちゃぐちゃな鞄の中身のように

いのちがどこにあるかわからない

つくえの上に逆さまに振り出せば

いつかの景色がのこっているかな

思い出に耽るのはうつくしきかな

誰がいったかわからないけれども

振り返りたくもない記憶ばかりが

わがものがおで中身をちらかすよ

だから今日あったことがらたちも

どこにあるかわからないようにね

一昨日の上と昨日の下にしまうよ

いのちがどこにあるかなんてもう

わかるはずが無いとわかったのは

かみさまのせいいっぱいのひにく

523 :名前はいらない:2014/02/26(水) 15:34:38.96 ID:qCgIlCHM
感性に彩られた最良の意識


その純粋が真っ直ぐではいらない

ゆえに曲げる

曲げてまで純粋でいたいから

真っ直ぐだけが純粋ではないから

逃げることまでして守る純粋

曲げることまでして守る純粋

その満点に届かない

届いてたら憧れない

絶対に届かないからこそ憧れる

その気持ちは永遠に必要

届いても忘れちゃいけない

完成されたよりも未熟である方がいい

その意味はそういうこと

満点ではない

99点

それこそが最高で最良の純粋

524 :名前はいらない:2014/02/26(水) 15:36:47.77 ID:qCgIlCHM
最強を越えた真の無敵へ


最強よりも異次元、別世界


それよりも無敵

敵とすら思わないほどに


100点獲っちゃった

獲らないとやっていけなくなったから

このまま獲り続けてたらやっていけるけど

意味が無い

どうでもいいくらいの余裕ぶっこきながら

1%にも満たない気持ちとスタンスでやりくりしても、意味が無いことすら意味が無くなる

つまり、無駄しかない

うまくいく、報われる

その目的を果たしているにもかかわらず、意味が無い

無駄な労力

うまくいくや報われることが本質ではないらしい

単なるショボい準備

自分の中の99点を満点に仕向けるための不純物

優しい海の上を泳げ

力なんていらない

意志とそれに答える動力を生み出す身体のどこかがあればいい

何もいらない

99点と満点さえあれば

それを1%

あとの99%は癒しの海に浸っていればいい

変態にでもなって

525 :名前はいらない:2014/02/26(水) 15:55:15.01 ID:qCgIlCHM
無意味な無敵


笑われる

幼稚だって

逆だろ

年相応になりすぎだって

大切なものを捨てれば簡単にいくよ

だって単純だからね

複雑ではない

逆算に引っかけてすべてを釣ればいいだけだから

そんな普通、意味がない

誰だってできるから

誰もしない部分をすべてで埋めないと

ふざけたカケッコ

隣にはみ出さないように線を設けてたとしても

一番を獲るのが目的ならば

一直線を選んで横へははみ出ないだろ

はみ出すこともできない

526 :名前はいらない:2014/02/26(水) 15:57:14.84 ID:qCgIlCHM
自分のためだけの癒し


だったら

ゴールから逆方向へ

スタート地点から後ろへ走れ

それもできないなら止まれ

しんどいフリ

それもできないなら、ゆっくり走れ

頑張ってるフリをしろ

バレてようがバレてなかろうが関係ない

なんだって自由

ゆえに一番の縛り、一番の不自由も自由

だけど、そうでないのも自由

自由が自由でありたいなら

何でもありだから自由だけど

そんなに選んでいられない

527 :名前はいらない:2014/02/26(水) 16:04:15.56 ID:qCgIlCHM
安堵の休息


抗え、不自由な自分に

縛られてばかりの自分に抗え

越えろ

自分だけの自由で

99点なら越えられないけど

満点なら越えられる

文句のつけようあるまい

そして寝ろ

眠りながら100点を

起きながら獲るような価値は100点にはない

何の価値もない100点を、あくびしながら、鼻歌どおりに獲れ

頑張る箇所ではない。紛れもなく

大事なのは99点

それが無ければ、すべて揃っても

すべて意味が無い

意味が無いと、意味が無いことすらわからない

意味が有るようにしないと、意味が無いことすらできない

一番意味が無いことをするために

528 :名前はいらない:2014/02/27(木) 14:05:49.54 ID:amUOhhvl
余裕に座るひと


不自由を扱える自由が不自由なのか

だったらもっと自由を

越えて自由を

不自由を自由で囲んでしまえ

それから放たれよう、真の自由へ

選びたい不自由をひとつだけ選ぶことが、不自由の中の最高の自由

自由らしい自由だよ。ひとつでも

逆にひとつも選びたくない不自由をたくさん一気に選ばなくちゃいけない

それも自由だけど、明らかに自由ではないんだね

不自由中の不自由ってやつ

抜け出せば栄光しか保証されてないくらいだけど

喜びひとつもない

自由を選ばなくちゃね、そこから

529 :名前はいらない:2014/02/27(木) 14:07:22.90 ID:amUOhhvl
しょくはつ


不自由でも正義っていうかもしんないけど

悪ともとれるよ

その悪が絶対な世界だというのなら

そっちがその気なら、こっちももう容赦しない

そちら側の悪である自由を全うするよ

勝手に縛られていたらいい

振り払ってでも自由を選ぶから、俺は

窮屈な大義を堪能してなよ

ふざけた論理でエゴを隠して、自覚すらなく寝ぼけてるけど

明らかにそれもエゴなんだよ

違うならとっとと折れろ

折れないのは自分のエゴではなく、定義だから、と平気ですり替えてる

本当に理論で勝負したら負けるから

誤った言葉を包み隠す

理不尽も平気で放ってる

囚われてなよ、そんなものたちに、永遠に

ふざけたものなんてとっとと蹴り飛ばし

踏み台にでもして越えていきなよ

どんな惨めな自由でも、頑ななだけでつまらない不自由よりは遥かにマシだろ

翼がいるのはそういうこと

530 :名前はいらない:2014/02/27(木) 14:14:04.81 ID:amUOhhvl
漠然の空気と海の上


見たいものだけ見る

なんてできないとしても

その気になって馳せればいい

大切なものが切れ端になっても

それへの思いは変わりようがない

ひとつしか選べないからこそ探してきたんだろ

大切なものはそれ以外にないし、いらない

大切にできる力が少しだけでもあればいい

そんなには強くない

強くても意味がないからね

だけど守るから

強さがいるかもしんないけど、違う

無くても守れるよ

弱くてもね

一番弱くていい

守る力に使えるなら

十分守れる

やり方なら知ってるから

531 :名前はいらない:2014/02/27(木) 16:01:43.38 ID:gt54tpY3
自分が弱い時ほど

私は強い

532 :名前はいらない:2014/02/27(木) 18:55:19.01 ID:amUOhhvl
運命の標記


違うだろ

すべてが自由

不自由さえも

そう思ってたけど

違うのはそっちだろ

不自由の中にある自由は唯一のもの

それ以外は不自由

ゆえに自由ではない

解き放たれた先

地平線を一周

自由の円を堪能しろよ

どこかが次の自由って

そりゃ無重力にまで辿り着いたような宇宙だろ

転がせよ地球を

自由の光で包んだそれを

轟きを孕んだ熱のマグマ

血が流れるその経路を呪いながら

放たれた宇宙の果てでにこやかに笑え

眠気が襲うけど心地好さに間違いはない

運命の果てで咆哮しろ

嘆きの雷鳴でも

鮮やか雪でも

いつかは思い出せる、あなたへの想い

情熱が正常に満ちるまでまだ待っとけ

誰かが笑っても、情熱は負けない

それもサガだからね

そう刻んでる心の果てまで

あの翼で飛んでしまえ

533 :名前はいらない:2014/02/27(木) 19:18:59.93 ID:amUOhhvl
降り輝く雪


伝説は始められるよ

いつだって、整えばね

笑われるのがオチだけど

そんなものから始まるものだとも言えるね

焦っちゃいけない

言い聞かせるのは当たり前

せっかちになっても見えなくなるだけ

見る目になってない

着いていけてない目で急いでも

いつか来るのは事故というゴールだけ

反省

反省

続けて

反省

いつになったらまともに学べる?

自己中からはなかなか抜け出せないもの

反省するフリして相手のせい

都合いいのはお互い様なのか

知らないよ、そんなこと

自分になるな

相手になれ

わかるよ。地獄の意味が

534 :名前はいらない:2014/02/27(木) 19:20:55.47 ID:amUOhhvl
あなたと自由な螺旋


自分じゃなくなる意味がわかれば

自分であるべき意味もちゃんとわかる

明確にしかならなくなって

際立つことにしかならなくなる

とっとと帰れ

自分に帰れ

明確な光はそこにあるから

誰にも見えない光でも、心に光が灯る事実は覆せない

感性を間違えちゃいけない

理屈も間違えちゃいけない

誰にも覆せないそれらを

誰かが必ず覆そうとはするけど

それに反して頑なのもいいけど

覆してやってもいいよ

どうせ帰ってくるから

確信がそう呟く

紛れもない自分に

この胸を叩いてる

ささやかであろうが輝きに違いはない

越えてやれ、自由で

居眠りしながらでも

鮮やかな眼光は心に光り

その覚醒を待ってる

時は来るよ、疑わなくても

535 :名前はいらない:2014/02/28(金) 02:21:21.97 ID:JZd0sxD4
雪の中のひつじ達

我慢などしていない

まわりに合わせて生きるとも思えない

おしりむけてるし

清々しい

536 :名前はいらない:2014/02/28(金) 17:14:26.05 ID:jAc1HXAi
このスレ レベル高いなあ、私にはとても書けん

537 :名前はいらない:2014/02/28(金) 20:30:03.91 ID:nWJuT3gW
慈雨に目を瞑る
真実味はなかった
いくらでも軽蔑できる
しかしそれはもう論じ尽くされた自己なのだった
暗転
目覚めるとそこは

538 : ◆buDu.jPBHDUn :2014/03/01(土) 01:04:44.89 ID:dVP4WHnK
まーじ氏とかはこんなとこにいるレベルじゃないでしょ

539 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/01(土) 22:50:30.48 ID:UgIDp4Bb
>>538
では、どこに行けばいいですかね?wwwwwwww

540 :名前はいらない:2014/03/01(土) 23:38:32.93 ID:EISprAZW
この時のために


過ちに呑み込まれた自分

そしてその世界すべて

弱々しくもひとり、支えてきてた信念で

反撃のとき

もう敵ではない

弱いとかではない

味方かもしれないくらい

それでも敵でしょう

うまくいったってやっぱり喜びひとつ、くれないのだから

達成感ってこんなのか

予想は思ってたよりも悪い

責務でもいいけど

それほどの価値にすらなってない

悪い熱しか生んでない

変化を求めざるを得ない結果の有り様

541 :名前はいらない:2014/03/01(土) 23:39:52.27 ID:EISprAZW
面倒が増えるから、適当にする


大切なことを捨てたくなかった願い続けた戦

敵がいつの間にか味方になってたけど

味方らしい役割をひとつも果たしていない

また戦わなくちゃいけなくなった

負け戦かもしれないけど

最低限の言い訳なら用意できてる

って本当にできてるのか否か

サガを呪うけど

またいつかその有り難みがわかるまで戦う

限界なんてもう怖くない

越えられないことが怖いんじゃない

平気で悪い流れに呑まれてることが一番怖い

どれだけバカでも

やっぱり正しいことを正直に信じ、貫こう

恨みすら無くなったけど

味方にすらなったけど

また戦おう

この運命は、別に悪いもんでもないから

542 :名前はいらない:2014/03/01(土) 23:51:06.34 ID:EISprAZW
乱雑


わかるわけないものに

わからせるのは無理

だから

わかろうとする方を変える

担うのが変える

嫌なことなんてしなくていい

感情に流されない方がいいなんて当たり前だけど

我慢を履き違える権利も少しくらいあっていい

できるだけ迷惑はかけないつもりだけど

全くかけないなんて無理な話なんだから

一旦迷惑しかかけないようにして

またいつか良さげなプレゼントでもして、御返しのつもりで

なんだってやっていいはずなのに

誰かの乱暴さで常の連帯責任が降るいくつでも

そんなのを恨んでるんじゃない

何かガチガチのガードさえ決め込めば済むと

根本履き違えてる程度に結局毎回収まるサマに進歩が見えない

多勢に無勢を嘆く弱さはちゃんと笑われるもの

ひとり笑顔で歩いてたひとへの誰かの冷笑に何かを感じてしまう

笑われることくらいのことさえもできないなんて

マジな場所を履き違えてるのはオノレ

いつまでも

543 :名前はいらない:2014/03/02(日) 00:03:29.35 ID:5RZjxthB
信じるしかなくなったものへ


それはひょっとしたら強いかも

他に無くなったようなくらいだから

大敗で消えたけど

条件が整ったらしいからきっと蘇生した

到達してなかった後ろめたさもいつまにか無くなっていて

違う道から到達するということへの違和感がハンパない

そいつこそ敵だって、痛感せざるを得ないらしい

結構でかい敵だな

負けることしかないくらいだろ

いくらインチキやルールをこっち寄りにしても

全くダメな気しかしない

こんな敵、どうやって攻略したらいいものか

気持ちでもない

魂でもない

精神でもない

感情で勝つしかない

感性に少しでも輝く翼を付けて

言葉の意味を間違えない心になって

それしか見えなくなっても

それだけでもいいと思えた日々があるのなら

もう負けない敵や味方がわんさか居るけど

関係なしにでも永遠を思える渋みに向かって

誓いをもう疑わないで

励みに偽りが完全に無いのだからさあ

544 :名前はいらない:2014/03/02(日) 00:17:59.41 ID:5RZjxthB
光のマグマを取り出したい


ぐちゃぐちゃな光

レベルなんて低い

自らを蔑んで控え目を見せてるつもりだったけど

もはや高低の判断すらついてない自分には

低くなる一方しか本当に見えない

これまた感性だ

そう

人に違う、というところに逃げる

逃げて悪いと開き直る

マジだった昔

今は逃げる力すら弱い

だからでもないけど、今はもっと逃げてみたい

もっともっと弱くなりゃあいい

低く低くなればいい

大した頭してねえのに、調子に乗れてたのは奇跡みたいなもので

少しだけならそれが笑える

散々を浴びせられて

冷たい雨のくせに

この身体は悪い熱さで回ってる

反発してんのか、冷たさに

そんな場合じゃねえだろ

バカルールに従え

そしてぶち壊せ

本当のバカを見せるのもいいだろ

十分我慢してきたのだから

545 :名前はいらない:2014/03/02(日) 00:22:08.15 ID:5RZjxthB
壊れきらない敵


ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃね

546 :名前はいらない:2014/03/02(日) 00:38:05.68 ID:5RZjxthB
大敗と蘇生の光




ひとつ、光

闇、光

ひとつ、光

雨の隙間

清閑に控え目な轟音

無意味な音に言葉は追い付かない

光に自分を追い詰める

コレしかないんだよ

真顔の言葉がいらない陣形を崩してくれる

悲しみに刺され

軽さや身軽さばかりには到らない

雨に突き刺されろ

重い闇も引っくるめて

部屋の明かりが眩しすぎる

情熱も起こしてくれないくせに

明るさだけは一人前で

そんな光から目を背けるオノレは

0人前でもなれるのか

547 :名前はいらない:2014/03/02(日) 00:40:14.01 ID:5RZjxthB
幽霊気質


幽霊を望んでいるのか

オノレ自身が光らないからって

やけっぱちの攻撃か

あったことねえよ、笑えるくらい

自信なんて、この世にねえだろ

それらしいものを無意識に取り込みやがって

便乗したら裏切られるのが当たり前のオチだろうが

後悔をしてみてやったけど

もうしてやんないことにした

誰が敵でも、感性で迎えてやる

感情を疑うな

本心で

偽りの表現でも、真実だけは遺してやる

548 :名前はいらない:2014/03/02(日) 00:50:06.14 ID:5RZjxthB
回避


足りねえ脳ミソ

足りねえ脳ミソ

足りてえ脳ミソ

足りてえ脳ミソ

ぐちゃぐちゃで

ぐちゃぐちゃね

ぐちゃぐちゃね

ぐちゃぐちゃね

おめえのことだよ

そう、俺のことしかねえだろ

足りねえで何が悪い

足りねえ方がいいだろ

ちっちぇ方がいいだろ

シンプルそうだったらいいだろ

深みも知らないで

浅はかに笑って

雲行きは怪しげで

憂鬱を帯びて纏うこと拒まないで

望んでなくもねえだろ

悲しみ知らない心の方が憂鬱

そうやってすべて憂鬱

ガキみたいに嘆いてろ

ガキになれるならね、そうしたいか

549 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/02(日) 19:50:40.43 ID:xT36qbvT
ほんとうに真実がほしいのなら、きみはあらかじめ真実として生まれてきてるはずなのだ



タイトル
「ユーロジン」

550 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/02(日) 19:58:48.95 ID:xT36qbvT
そういえば、表情がない?
まあ、朝、ベッドから起きたら、Androidがあたまのまわりを舞ってるからね、
あのひと



「腐敗官僚と、音が二重になるラブホのテレビ」

551 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/02(日) 21:07:25.77 ID:xT36qbvT
ぜんぜんわかってへんな
おもろないねん
ちがうねん
ビフォア―&ビフォア―
なんもかわってへんねん あかんやろそういうの
えんえんビフォア―やねん
しょうもないレトリックでこしらえたポエムは
アフターがないねん

552 :名前はいらない:2014/03/02(日) 22:17:08.20 ID:5RZjxthB
帰還


正解の美学

好きなものだけを

成功に反対

障害物を回避

狭すぎる道

作り方を作り

血を注ぎ流す魂

気持ちに正直に

拒む心

許してほしいくせに

身勝手に理想

気がつけば裸

欲しいものも忘れ

流れに呑み込まれ

いらないものを手にしてる

選べない方法なんてない

単純に溝を埋めただけ

足りない把握を進めただけ

像なら心から生む

下げねえとやっていけねえ

素直にとうとうなろう

上げまくってやる

意味がわかった

下がりたがった意味がわかった

上げてたから

通用しなくても、上げてたから

553 :名前はいらない:2014/03/02(日) 22:28:12.55 ID:5RZjxthB
楽勝


蒼い紫

横たわる、斜めに

透明の四角

円い円に知らない穴

黒い世界に白い文字

足だけ上げて頭は下げる

求めちゃいないよ

足りないから

深みも知らないで

浅はかに笑っとけ

色々と変換してくれた

見紛う連鎖

言い訳を用意しろ

狂ってるからね

ひねくれてるからね

屁理屈も立派な理屈だしね

どうしようないから折れてるね

誤魔化してることにすら気づかない

負けたくないものは何だろう

捨てたものをまた拾おう

今だから十分気づく

どこで勝ちたいかが見えてくる

負けることなんてもうしなくていい

何もしなくても勝てるから

非情なやり方なんかに負けないくらい

無謀を持ってるからね

554 :名前はいらない:2014/03/02(日) 22:33:22.73 ID:nX2TVqrf
お譲りマン

なんとりっぱな奴が来た
僕の心の奥底のナイスショットで腎臓癌(ィヨゥっ!)
ルールブックにタルトをちょこんと盛って盛れないはずもなく
今も思えば釜揚げうどんの夕日見据えて四つん這い
回転数を数えて見ても全く奇数になりません

そういう時には僕の財布の小銭の部分に前もって用意してありますこの杏仁豆腐を裁判の時に提出する心づもりであります(3個もネ!)。

555 :名前はいらない:2014/03/02(日) 22:37:38.05 ID:nX2TVqrf
最後はサンコンね!の方が良かったかも

556 :名前はいらない:2014/03/02(日) 22:37:49.03 ID:5RZjxthB
哲学


扱えるよ

遊べるよ

楽しめるよ

なめてるからね

空間だからね

無敵だからね

最強だからね

最高だからね

無駄に空けるからね

無駄に捕捉するからね

仕方ないからね

済まされないじゃないからね

済まされるだからね

許されるからね

そうなるように仕向けるためだからね

それしかないからね

あいつは倒しとくね

味方には甘えとくね

権利があるからね

好き勝手が始まるね

根本は何だってエゴだからね

知らないうちに操られてるよ

気づいたなら迷わず離れよう

負けすぎて誇れないけど

正解だったなら誇れるね

証明も済みそうだし

また全うできそうだね

557 :名前はいらない:2014/03/02(日) 22:46:18.27 ID:5RZjxthB



哲学からしたら、あれは何だろう

闇かな

踏み込めなかった闇

その正解かな

一度味わっとけってか

不味すぎるものばかりを

味覚がわからなくなるまでか

正直じゃないね

馬鹿げた山だね

なるほどね

この山をぶっ壊すためだったんだね

邪道だね

明確だね

軽い怒りだね

遊ぶね

意味ないからね

遊ばないとね

軽くね

あしらうよね

ときめきはまた光るね

爆発がまた来るね

暴走が暴れるね

間違いなく狂うね

どえらい笑い方も始まるね

558 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/02(日) 23:02:35.19 ID:xT36qbvT
うまれたときからサンポール

559 :名前はいらない:2014/03/02(日) 23:04:14.83 ID:vnx5alsZ
http://www.senryunin.com/img/output/2014030222421517702.gif

560 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/02(日) 23:36:13.16 ID:xT36qbvT
アリクイ。キッスはベッドから
アリクイ。キッスはベッドから
うまれたときからサンポール

561 :名前はいらない:2014/03/03(月) 01:05:00.97 ID:LURvnkV+
感性の正界


カガヤク光

アカイ火

ほらホラ、キョウも萌え手る

招く手に気を紛らせ手

破壊

ははは

笑ってニコヤかに

破滅の、は

無くなるね

イツカ散る世界に山積スるザンガイ

燃えツキル涙が蒸発ヲ止めナい

偽りにカマケてみたいけどナイ

闇の闇ノ闇の闇に呑み込まレそウだけド

トリダシテ

あの光を

みんなガ間違ってるっていうかもシレナイケド

本当に取り上ゲ手

空に翳シ手ミレば



ってキヅクだろう

まじデ

562 :名前はいらない:2014/03/03(月) 22:45:35.31 ID:LURvnkV+
言葉


沈んでる

深海

息できてるし

圧迫感もないし

居心地いいことを知って

でも失ってるね、何かを

叶わなかったこと

叶ってしまうこと

叶ってしまうように、叶わなかったことをしていこうとするらしい

何でかな

気質かな

避けられない事情で

葬って

平気で忘れてる

思い出して

一番の近道

だけど一番ツラいかもね

一番難しそうだし

だけど、そのために忘れてたのかもね

運命はまだ見えてる

先が見えてしまうようになったけど

ダメなものではないし

正面のものだけを感覚だけで触れていきたかったけど

予備知識を設けておかないとダメ

そんな世界になってるね

簡単だね

一番の近道を選ぶだけ

563 :名前はいらない:2014/03/03(月) 22:53:16.69 ID:LURvnkV+
攻撃の彩


仕向ける

無理なら違う道

単純

だけどね

粘りたいんだよね、一番の近道を

それは、過去が報われるためらしいけど

仕向ける

行けるようにと

ボロボロでもね

ほとんどそれしかない

奇跡を少し見たいからね

そのためだけの意表

変化をかますかもね

久しぶりに見える超攻撃

総攻撃かもしんない

いや、小攻撃かな

一回につき一度きりを願ってるかな

どんな報われ方がいい?

仕向けられるかな?

最もなところに行けるかな?

多彩を少し捨てたい気分

異彩だけを取り残しておきたい気分

多彩を削り取って異彩を作る?

あるのかな?

あればそれかな、求めてるのは

564 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/04(火) 22:46:55.79 ID:vYGm9PGy
お釈迦様の手の平の上で踊らされる・タンスにゴン

565 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/04(火) 23:02:35.85 ID:vYGm9PGy
流れ続ける血の裏にひとひら、嘘が、
戦争へ逝くの、乱交するの、わたしは、もうこの部屋に麻薬を炊く、
しかし、わたしは、裏であなたの脚をひきずりおろす、
一枚だけ、ほんとうのことを言ってあげる、もうすぐ射殺されるはずの胎児が、
やってくるから、この部屋の、扉に向かって、
注射器は、貧相な肩から、花びら、ベッドには乳房だけ転がる・よ・
な・こころ使いってもんだ・コンドーム・いや・入らない・無理だ・
戦争だ・もうここは・鳥かごの中・の・上機嫌な・地下室の殺戮・では・ない・
阿修羅像はわらうよ・仏が許さないよ・こんなことは・もうたくさんだ

566 :名前はいらない:2014/03/05(水) 00:10:22.56 ID:AaLIR4U5
目の前の自分しか見えない


気がついてしまったよ

無茶しかできていないことを

たくさんのことがうまくいきだすことで

現実は満たされる

心もそうあればいいけど、真逆

満たないどころか、荒れ放題

非現実的かもしれない

だけどそれを思う頭は現実

中が理想で満ちた現実

しかもやはりタチが悪い

屁理屈だらけの理屈ばかり

何一つ悪くないと、頂点なんだと

また自惚れなければいけない

自惚れてない方が自惚れてるくらいだからね、ダメな方のね

自惚れることしかないくらいじゃないとダメだ

無視だからね

他のことなんか

知ったこっちゃねえよと

きつきつ?

いやいや

余裕しかねえだろ

反転してしまった世界を覆すとき

いつまでも拘ってやるよ

ひとつしかできないことをね

567 :名前はいらない:2014/03/05(水) 00:19:41.89 ID:AaLIR4U5
悲しいひとつの光


世界の回転度がわかっても

俺の居る場所は変わんない

変えなきゃいけないのが通例だけど

そんなことしなきゃいけない決まりもない

そこじゃダメだって、すべてがそう言っても

俺だけは違うと思ってしまうなら

違いそうなそれに留まれよ

迷う必要も無かったけど

どうしても離れなきゃいけなかったけど

帰れそうならば迷わず帰ればいい

確かに通用しない感覚があったからこそ離れたんだ

通用する方のことをちゃんと学べば

やっぱり単純すぎてる

性に合わねえよ

シンプルは大好物だが

意味合い違う

多すぎる。単純なことが

複雑でいいから、少なくしろ

少ないどころか、ひとつだけだ

無理だ。いくつあるんだ。単純なこと

多すぎだ。無理

複雑なことをひとつだけにしろ

頭と身体はそこにしかフィットしねえ

そういう場所を建築するしかねえ

568 :名前はいらない:2014/03/05(水) 00:30:20.94 ID:AaLIR4U5
ガード360°


覚悟がいる

相当なものがいる

ふざけた理論でしか踊れそうにない

まともな防壁ばっか

また意味もわからずそれで押し潰してくるし

感覚を無視でノルマ優先か

違うなら説明しろよ

って言ってるハナから答えられないのをわかってしまってる

というか、ひとつしか答えはない

だけどその前に先に間違いを言ってしまってる

その間違いを間違いと認められず退けなくなってる

間違いとわかっても正解と押し切る

場合分けしたり例外を設けて誤魔化せるのに

そんな頭すらない

どうしたらいい?そんな防壁

その通りにしてもろくなことない

なるほどね

見えないくらい狭い道を行くしかなさそうなわけだね

狭すぎて、どうして通れたのかわからないくらいのところを行くしかないね

倒れてくる防壁はもちろん避けるよ

まともに喰らってるやるのはやっぱりアホらしい、らしいし

569 :名前はいらない:2014/03/05(水) 00:43:20.73 ID:AaLIR4U5
おかしな俯瞰


通路は汚れてる

できるだけ綺麗なところ歩くけど

それすらダメと設定されそうなくらい

まっすぐ行けだとよ

だったら汚れ拭いとけ

その前に汚れてないと思ってる頭を洗え

実りを測るポイントを平気で間違えるな

都合のいいようにばっかりしてたら

別の奴の都合が悪くなるだろう

それくらい前もって考えて都合つけろよ

損した

何で良いことをわかるために

良いことでもないようにならなきゃいけねえんだよ

って、それくらいの結び付けをしておかないと

意味がない

それだけのため

意味があるようにしてるだけ

570 :名前はいらない:2014/03/05(水) 00:52:49.79 ID:AaLIR4U5
狂気の華


面倒くせえ

どうでもいい場所を見るのがやっぱり面倒くせえ

面倒くささをわかるためなのか

面倒くさくならなくなるため、では絶対にない

変わりない

変わらなくていい

面倒くせえものは面倒くせえまんまでいい

ふざけた道路をまた走ればいい

どうせカーブがあんだろうが

前後どうこう

燃料どうこう

面倒くせえ先を気にしないようになることはできねえ

だけど先を見すぎるな

答えがわかりすぎて構え過ぎてる

ガチガチになって失敗とかするならまだいいけど

タイミング外さないで成功しか残らない

準備しすぎてんだよ

成功するに決まってんだろ

タイミングなんて準備してたら簡単に合わせられる

失せろ



見たこともないものが急に目の前に現れて

そいつを感覚で瞬時に捉えるんだよ

感覚の本質を炙り出せ

適当に見えても綺麗に線は引かれるから

571 :名前はいらない:2014/03/05(水) 04:09:23.84 ID:VnCqGQuW
遊覧船に揺られながら
水たまりの上辺を眺め行く
やけに大きな水たまり
いやだわよしてよこれは海
なんだよなんだ海なのか
これっぽっちも母じゃない
母はもっと暖かい
水はただ単に冷たいだけだ
嫌いだ嫌いだ海なんて
こんなところに還るだなんて
莫迦を言うお人もいるもんだ

572 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/05(水) 16:13:00.54 ID:Sdnf/t/9
女の尻のように赤く小雨が遊歩道をためらいがちに縫ってゆく
「ホンキー・トンキー・クレイジー」
エゲツナイ・カミサマト・サンポデモシヨウ
しょうもない初体験のセックスの引っ掻き傷のように
意識もなく・われらは・不幸だぜ・はっぴい・はっぴい・と・唱和する

ここでは・われら・ちょっぴり不幸のフラグメントである・風の香りを・感じるだけだ

神様の内側に逃避行しようか・不自由からの逃走
射精くさい・セリフの・われらは・真冬の陽盛りに・昼寝をむしばむ・園児のよう
生まれる前・われらこそ・神様であった・カフカの虫のように・世界を・のたうちまわることもなかった

われらを・ヤクチュウにする・社会の吐息を・製造せよ!!
虚構と現実のはざまに浮かぶ・色キチガイの情交を・試供品として・提供せよ!!
まるで大型マヨネーズのように太りきった・魂の・イメージの・宣伝文句を・教えろ!!

地獄は降り続ける・そのひとつひとつの・構成物は・それぞれ・はっぴいえんどを・持っているから

われら・塗りつぶされる・地獄は・乞食の絵描きの・即興ペインティング
われら・時間に・塗りつぶされる・貧しい心の・即興ペインティング

むっくり勃起する・芽・希望ではなく・神様でもない・ただの・勃起の・高鳴り
真っ白に・燃え上がる・闇の中での・勃起・不潔な・炎・射精

われらは・あれから・死体に群がる蠅のような・我慢強い・探究心で・死から隠れてきた
己の・肛門の・匂いをかぐように・縮こまりながら・落下し・また・飛翔し・流れる
痩せさらばえた大河のような・射精・疲労困憊・怠惰な情交・死に絶えて・神様にでもなるか?

魂よ・あんたの・イメージは・幸福そのものなのだ
わららは・探究する・地獄の中でも・己の中に見出すべき神
(地獄は相変わらず・喜劇を演じているのだが)
情交の・熱い抱擁は・すべての幸福を・あらわにするように・炎の中に闇を曇らす
何億光年・いや・ほんの数秒・魂が・どこかに・あらわれたとしたら
この射精・明るい炎・そう・われらの神は・魂と・一体化する

573 :青薔薇 ◆DMVtSSFzcg :2014/03/05(水) 16:13:33.55 ID:QUDt309x
『世界センタリー』

緻密、緻密、緻密中毒で血みどろ中傷なの
今頃フランスは絶好調、台湾に飛ぶの

繊細、繊細、繊細、迷彩エキサイトリック
私の名を汚さないで、Mr.エヴァンニ

追記はやめるわ、和のミステリックJPN
光来れゐてキミの華、可憐に咲いたのね

574 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/05(水) 16:31:26.74 ID:Sdnf/t/9
英雄はいらぬ・この時代・愛するということ・黒い空・飛ぶよ
三千世界の三千セックス・積み重なる・仏の遺骨・うしろの正面・仏頂面

英雄の中の人・さらにその中の人・マンダラ・燃やすよ
乱反射する・偽物の愛・俗物どもは・地面に向かって・落下する・質量を・保存もせずに
この時代・英雄は・おまえであり・ほかの人であり・まだ生まれてこない誰かであり・もういないあの人である
魂は・それを・告げるというのに・時代よ・君は・あまりにも無垢すぎる
大風に吹き飛ばされる・卑小な英雄よ・滅びの歌を・口ずさむ・あらゆる人よ
悲劇的な愛に・もう一度・お祈りを
天から・降りてくる・喜びを
偽物の愛に・魂の重さを

575 :名前はいらない:2014/03/05(水) 19:10:59.68 ID:AaLIR4U5
中心


表現の上

余裕の下

その中心

すべてを使う自由

ひとつに向かうすべてのために

そのすべてもまた自由

すべて使わなくても自由

そう、ひとつだけでも自由

総攻撃の超攻撃が王道

そこに刻むのがセンスでその邪道を必ず加える

すべてがひとつになっていく

目的の方ではない

目的を果たすための手段、それがひとつの方へ

法則や公式みたいなものがひとつ

意味が無きゃいけない

それがないと戦う理由がない

どういう思いを込めるのか

そういう意味での意味

「おもしろくないと」

例え自分だけだとしても、それをしなきゃ自分である意味がない

個にわざわざ分かれてる意味がない

男なら男らしさをそれぞれ見つけ

女なら女らしさをそれぞれ見つけるように

個性も同じ

どこで出すのかもちろん表現

形を作るには言葉が必須

意味をたどり想像を作る

満ちるまで

576 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/05(水) 19:58:47.15 ID:Sdnf/t/9
セクトを超えた運動なんて
今や成り立たない

安立している人間の側
そこには
魂の重さを感じ取る
場がない

577 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/05(水) 22:03:16.30 ID:Sdnf/t/9
プチ・アダムとプチ・イヴの合体やー
おもろ・かわいい・はーとまーく
冬休みは海へ行くわよ!!!
海と言えば・地球割りよねー!!
あなたの・うんこ肛門を・見たくはないわね
ちがうもん・かっこ・泣く・うんこの形じゃないもん♪
出るとこ出て!
腰はキュッとくびれ
おしりは大きく
手足は長ながし

ウミネコは海と猫が合体したものです
ぬいぐるみ射殺できないのは・殺気の聖火
うんこと一体になって・心を・空に・特訓しなきゃね♪
宿題のない・時代をつくらなきゃ!!!

世界の平和を守るのよ

スポ根野郎は・頭脳集団に負ける・機能停止に陥りやすい
これ。校長の名言

578 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/05(水) 22:10:24.59 ID:Sdnf/t/9
王子様を起こすには・勇者の肛門キッスが必要だ

の・のろいをかけたな?

大団円にはまだはやい

うんこの海で泳がせて
15thシングル
初動5万枚

おいらは世界にうんこを与える天使さ♪


アイドルユニット・うんきゅれいたーず

579 :名前はいらない:2014/03/06(木) 19:39:39.46 ID:wYBjDts+
アンニョンと呼べば
ハセヨと応える
北と南の嬉しさよ

アンニョン?
ハーセヨ!

あーとは言えーないー
イルボン憎い

580 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/06(木) 21:06:42.30 ID:/gvi2OVR
ガクガクぶるぶる

どうした? いまどきガクブルなんて

ガクガクぶるぶる回顧中です

回顧厨よ、その封印を解いてあげよう

生徒会長のテトリスくんにお願いすれば大丈夫

だが彼は、一度、ものごとにはまると、もう身動きとれないくらいの機動力しかないよ

だから何?

581 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/07(金) 00:28:39.33 ID:kpp/v4Et
いつだって、あなたへと続く夢はカナリア色
にじんでゆく恋がふたりの指を絡め取る
気が付くと
あなたはそばにいない
壊れてゆく思い出
握りしめて
そうね、ほんとにいいたい言葉が、消えるの
星のカーブが、夜空、なぞるように
あなたを探して、いつでまでも

582 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/07(金) 00:41:11.23 ID:kpp/v4Et
いつでまでも?
いつまでも
もしくは、
いつまででも


??

疲れた。

583 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/08(土) 01:08:22.26 ID:qe2DUg9p
白痴に生まれてきたかったよ
ブロンドのパンティ色した満艦飾の夏
ナイフでえぐる、核の脅威は
フラストレーションさ

鍵をかけても
精神遅滞の国家の権力が
特別研究
家畜の側のバイブレーターよ

極私的な
死臭埋めるわ
処女懐胎ごっこ

迷路迷路で
なすことすべて
コンドームのぬめり

心遣いは、男・女の染色体遊戯

584 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/08(土) 14:02:02.28 ID:qe2DUg9p
日差しの強い日
テロリストが棒付きキャンディーを食べていると
放射能があらわれ、追いかけてきました

放射能の正体は、死んだ母の魂の形をした「ゆるキャラ」でした
テロリストは「ゆるキャラ」に棒付きキャンディーを差し上げて、情人になりました


ある夜(それは、打ちひしがれて涙にむせぶような闇の時間でしたが)、
「ゆるキャラ」が突然やってきて、テロリストの部屋に入り込み、
包み込むように誘拐していきました
テロリストはすべてを「ゆるキャラ」に任せました

歌舞伎町のホテル街まで連れて行かれたテロリストは
さまざまなネオンのような、色とりどりにリビドーを抱えた、
「ゆるキャラ」の群れに出くわしました

テロリストはそれらが、死人の葬列のようにみえました
おもむろに棒付きキャンディを懐から取り出すしペロペロとなめました
すると、「ゆるキャラ」たちが集まってきて、キャンディーをねだりました
めまいがしてテロリストは、母親の魂みたいなキャラに潜り込みました

歌舞伎町の夜のホテル街では、毎夜、こうしてテロリストが保管されていくのです

585 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/08(土) 16:53:41.92 ID:qe2DUg9p
ラカンあかんでヌーソロジー
あかんで羅漢ヌードロジー
ラカン、やかんわかんない、いやんばかん、ラカンのおかん

586 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/08(土) 18:51:46.90 ID:qe2DUg9p
少なくとも、そこには魂という一文字はなかった、ほんの瞬間の動力の中でも
革命が愛に変わることもなかった
彼はプンと鼻で笑う、笑うふりをする
眼は機能しているか? このまぬけ/
彼は私に流れる光の輪の一部を差し出すように言う
一つになる、という感覚は薔薇の花束数千本でも埋め尽くせない、そう、聖域のような/
私は薔薇の一輪のような視線を彼に投げてみる
ふいに
かかとを高々と鳴らし
踊りたくなるような
微笑みが
彼の魂から放り出され
私は重心が軽くなる

587 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/08(土) 20:11:08.45 ID:qe2DUg9p
音と音で会話すること

二つの音楽のうち、ひとつには、普遍的な質量がある

もう一つは、泣いちゃいそうだから、ハンカチくれーと、すり寄ってくる、依存的な質量である

いいからもっと俺様の肛門を舐めろ!
という質量もあるだろう

シャンデリアの花びらがドレスにきらめくような質量もあるだろう



ラストワルツはもう独りで踊りなさいな

588 :名前はいらない:2014/03/09(日) 14:15:24.55 ID:IZeFYbEO
ポロリもあるよ

ドン!!
そのような音がして私は振り返った。
サチコだった。
サチコは薄笑みを浮かべて私を見つめていた。
左手にはレバーを持っている。
…おそらく…牛だろう。
いつも、サチコの持っている肉は牛肉だ。
サチコはいつも、照れ隠しに牛肉を握るのであった。
握った後は、どうするんだろう…
その答えはいつも出ない。
サチコが牛肉をひとしきり握り終わる頃には、私の発作が起きているからだ。

牛肉はトリガーに過ぎない。私の体は、魂は、
牛肉に縛られているわけではない。
…そう自分に言い聞かせて何年になるだろう。

現実が怖かった。直視する勇気がなかった。それでも進んで行くしかなかった。
泥の中を歩き続けるのに疲れた頃、
光が見えた。
私はお豆を頬張るのをやめ、言った。
「おかえり、サチコ。殺すぞ」
六月が来た。

589 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/09(日) 22:18:22.87 ID:/7aa/YD1
一部の関節を脱臼させて意味不明にするのって難しいよな。
意味のある詩もたまに書いてる気がするなあ。
いやはや。

590 :名前はいらない:2014/03/09(日) 23:29:41.60 ID:ODLfYZ5D
舞台の上で笑ってアドリブだけ


自由

安全なら、自由。何でもいいだろ

狂ってても、安全なら。余裕だろ

そういうふうに、ばっかりはしてられない

ダメなようになってるから

理由を考えててもキリがない

いくらでもある

だから敢えて最低最悪のを考えてみる

「理由すらない」

そんな程度で、ダメなんだ

説明能力すらない

「境目」

「分岐点に帰る」

「もう一方を再び貫く」

って、それだけ?

きっと、それだけ

それだけをしたかったのは事実

それ以外なんてどうでもよかった

ひとつだけに集中したかった

だからそれ以外は面倒だった

面倒だったことをある程度パターン化

ビックリするくらい単純で

その単純さがイヤだった原因でもあって

でもそれはやっとかないといけない

勝ちではない

負け

負けとかなきゃいけない

つまらんルールに

楽勝かな。負けるのって

591 :名前はいらない:2014/03/09(日) 23:38:47.25 ID:ODLfYZ5D
狂気をひとつだけ


爆発が始まる

怒りすらブッ飛んで

爆発だけが始まる

暴走のよう

ぐにゃぐにゃに意味があるように曲がる

狂ったように謳う

無意味になった瞬間だけ戻る

無意味になった瞬間だけ逃げる

それを使ったら逃げる

それを使わなかったら逃げない

定義がわからない

前提がわからない

やってられないのは普通

やってられるのはアホ

アホじゃなきゃやってられない

アホに下げるだけでやってられる

無謀が花咲く、そのすべてが大地

行きたい場所に行ったら怒られる

目指したら自分に潰される

すべてに潰される自分だから潰される

すべてを潰してた自分だから潰されない

アホだけど賢い

利用だけをして

見たくないところは見ない

見せたくないところも見せない

見たいところだけをエグいくらい近くで見る

引かれるのがわかるから、見てないフリで誤魔化す

自由で乗り越えるべき山

最初で最後のひとつの山

592 :名前はいらない:2014/03/09(日) 23:39:54.45 ID:IZeFYbEO
>>589
やりすぎるとふざけてるようにしか見えないしね
むずいわ

593 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/09(日) 23:47:22.26 ID:/7aa/YD1
>>592
そうでんなあ、汗

ロートレアモンのマルドロールの歌は、理想なのかな。
いや、あれもある意味、適当だろうなwww
逆に、誰でも書けるんちゃうんかと。
えびすさんの漫画レベルに調整したい。
ダダイズムまでいくと、おもしろくもないし。

594 :名前はいらない:2014/03/09(日) 23:48:13.31 ID:ODLfYZ5D
純粋と歪曲と本物と偽物


帰ってきたよ、気分悪く

気分悪くても、帰ってはくるんだよ

気分悪い部分を吹き飛ばしてやろう

見てやらねえんだよ、思うツボ

思うツボには乗ってやらん

気持ちを引き締めろ

気合いで誤魔化せ、弾き飛ばせ

気持ちが入りすぎて当たり前のように力む

つまり、力むというのは気持ちが入ってる証拠ともとれる

だから余裕ぶっこいて気持ちを入れない

いやいや、余裕ぶっこいて表す

冷たい表面でも、気持ちは入れられる

まるで入ってないかのようにね

そう、機械みたく

起動しても熱も発しない

静かに動く機械。表面の冷たさ

だけど柔らかい

人間の肌のように柔らかい

「偽物」

「フェイク」

それでも表す

嘘でも表す

本物だからね、嘘でも

嘘を本当に言うからね、偽物でも

嘘を本当に言うからね、偽物だから

本物を言うからね、偽物だから

偽物だから、本物なんだよ

なけりゃ、すべて偽物

それでも、すべて本物だ

595 :名前はいらない:2014/03/09(日) 23:57:53.20 ID:ODLfYZ5D
心の見通し


開拓

いらねえ場所も

いる場所だけで良かったのに

いらねえ場所もしなくちゃいけない

だったら

いらねえ場所すべてやっちまえ

それから

いる場所だけを残しちまえ

残りは、いる場所だけにしろ

広げ続けようが、それを無限だとは思うな

拡散なんてクソ喰らえ、ってな精神

あれこれややこしい、信念なんてひとつもない

それじゃあ、それである意味がない

から信念はいる

収束だ

無限を見るべきは収束

永遠の2択

それを狭めていく、そんなセンス

拡散は無限ではない

幅なんて決まってる

そっちの宇宙はたかが知れてる

本当に無限で永遠に広がる宇宙は、心の中

考えの迷いが収束に向かうその先を見ろ

真の無限はそこにしかない

だって人間はそれ以外ではないのだから

596 :名前はいらない:2014/03/10(月) 00:08:01.48 ID:a+MoPCca
迷わない迷路


人間は人間を詰めろ

例え機械的で偽っても

いくら偽物でも本物には変わりないのだから

大いに偽物になればいい。楽勝だろ

だけど半面、イタいほど本物であれ

自分以外ではないんだから、自分にばっかりなれ。永遠

いらない技術でルール改正

もちろん誰かのため

知らないものに乗るな

乗ってやるなら簡単に攻略だけしたれ

難しい法則なんてありゃしない

たかが知れてる。目的だけ

間違ったルールがあるのが当たり前

そんな当たり前は当たり前ではない

そんなことすらわからなくなって

いい気に大人になって、ちゃんと流れのまんま老けていく

流れていきなよ、そうやって

大切なこと、大事なもの

潰されてる心

それも当たり前なんだって

当たり前を履き違えてる

自由を平気で間違えてる

義務を平気で間違えてる

制定の意味を間違えてる

大義名分すら語れないで

当たり前のように規制してる

宥めるどころか逆ギレ

思わぬ攻撃に対し、反撃という選択肢しか持ち得ない頭

597 :名前はいらない:2014/03/10(月) 00:11:01.44 ID:CYrY+aB+
フルスイングおけさ

なんぼでも切れるぜ回覧板
そそげお湯ダバダバ
ゆすげ脳ジャバジャバ
靴の裏についたガムと申します
あの時はどうもお世話にやったぜうまく行ったぜ
こんな事はもうするなよ
俺だから良かったようなものの
俺だから良かったようなものの。
そう言って下さいそうすれば
同じ刺し身包丁をあと9億2本プレゼント

598 :名前はいらない:2014/03/10(月) 03:35:15.56 ID:E2y2/Dqn
いけず

白ヤギさん黒ヤギさんの人が亡くなって
手紙を食べる人がいなくなった
実際ここんとこ大半をmergeが食べ散らかしている
最近アド変したことを教えても貰えないから
私は藁半紙を使って
届きも返りもしない手紙を
まあいつかは来る日だね
込める気持ちが困ったね
でも今日は良かったかな

599 :名前はいらない:2014/03/10(月) 21:56:50.77 ID:a+MoPCca
光の下の自由


色んな場所に行って

それで世界を埋めたら

闇しかないすべての区域だけど

過去の遺産だけが光になった

容易に呑み込まれる闇の流れだけど

結局自分しか見えない光だとしても

それを頼る方向になる

どんな場所に行ってもね

違う法則を立てても

必ず同じ光に辿り着く

そんな法則だとわかる

結局ひとつ

悪い意味で捉えるのは今は全く意味がない

ゆえに良い意味しかない

都合よく、だけではない

都合悪かろうが、それしかない。それだけ

自由はやっぱり欲しい

その時々で自由は変わる

がしかし、一緒にしたい

光の下にしか広がらない

そんな自由だけにしたい

そんな何も無い海にしたい

余裕ぶっこいて漂ってたい

偽りだとしても光る

その光の下の海にて、その光の意味に触れていたい

できるだけわかっていたい

600 :名前はいらない:2014/03/10(月) 22:11:37.35 ID:a+MoPCca
気概の期日


圧力が在る

誰にも掛けられなくても

知らない自分が掛けている

逃げてばかりだった、ゆえの反動

開き直りで永遠

それも悪くないけど

違う証明も同じになる

繋がらないと思ってたけど

繋がることしかないと知る

どうやって確率を高めようか

どうでもよくなりそうな、数値に対する思い

毎回返されるが、それ以上に奪ってる

漠然になっていく

こんなものだと収まりだしてる

その数値を変えたいという思いは、無難と引き換えに消えてゆくのか

幅はまだ広げられるけど

決まっているのは事実でなくちゃいけない

もうちょっと光る進歩を

実感は少しだけでいい

何とかするとかいう意味もないものに

意味なんて持たせられない

気持ちは光る場所でしか感じ取れない

単純ではない奥義は意外と通用しない

単純に簡単に、目的を撫でるだけ

601 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/10(月) 22:40:07.38 ID:hxX/zj5Z
>>598
さすがです。あなた、うまいですよ。

602 :名前はいらない:2014/03/11(火) 22:39:16.04 ID:qBljwYGA
選択という伏線


また縛られてる

自由を表したもの

感性で理屈を作り

最後にたどり着いた場所

自由であるそのひとつ

そのひとつ。それだけでいいとまで思えるほど

突き詰めた場所

縛られるならそこ

その場所を選択する自由

そんな自由に縛られてる

2択が消えてる

ハナから答えを作り過ぎてる

心地好いしんどさだけど

縛られてる分の辛さは否めない

2択以上を常に設けよう

選び方も選ぶものも決まってるのなら

選択肢はいらない

それを逆手にとる

決まってるがゆえに

選択肢を無限に増やす

幅を広げる

目的を果たすため

高さを求め、永遠に羽ばたくため

この表現の元、この表現の上でも可能

必ず帰ってくる場所がある

そうであるべき場所がある

それの逆を行け

2択を持てば、楽しい選択を産めるはず

603 :名前はいらない:2014/03/11(火) 22:50:59.66 ID:qBljwYGA
透明な虹色


失ってもいい

広げろ

失うはずもないものに気づくまで

変わりない好意の色が変わろうとも

形は帰る

先に進み過ぎてただけ

周りの形をすべて呑み込め

吐き出す色を統一しよう

イヤでも選択は同じ

無理矢理たくさんを抱えよう

軽すぎるたくさんを抱えよう

質を保ちつつ

高さを保ちつつ

透明なまんま

ちんけなまんま

弱々しさを全開で

強がりは捨てて

足りないセンスを信じて

テキトウでも質の上

そんなテキトウな感性の狂気

無作為の花を鮮やかに味わいたいけど

華やかな計算美も綺麗な歪曲を描ける

重すぎる少なさを捨てろ

軽すぎるたくさんがあるから捨てろ

哲学ならイヤでも染み付いてる

弾き出す答えも目的からの逆算が王道

邪道を加えるためだけのそれらに

好き勝手してやれる空間くらい用意できよう

簡単な形

604 :名前はいらない:2014/03/12(水) 13:16:19.70 ID:8yZ3E1Pl
>>539
別にいいんじゃないかな。むかしからいるんだし、いないとこの板のレベルもあやうい

605 :名前はいらない:2014/03/12(水) 15:33:05.47 ID:TNoDBNNM
視界

13年を共にした右目を失くした
左目もいつかは失くすのだろう

606 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/13(木) 00:03:20.54 ID:5XoCjCN+
>>604
昔から知ってるって、誰なんですか。まあいいけどWWWWww

607 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/13(木) 19:35:40.70 ID:vnqFirvW
(弧高の鬼才名義、アレンジ)

タイトル
【ちょこまかとした助走】



一連目

スクラップアンドビルド

  スクラップアンドビルド

     市場調査にあけくれる

       マーケティング太郎


第二節


人生とは、詩を書くための助走の場
そう言って、2流詩人は不甲斐なく狼狽し、
いつまで助走するんですか? 
と、赤面しながら口ごもり、応戦してくるのは、3流詩人

創作とは、道徳的に厳しい、欺瞞の旅ではない
それは、善に向かうはずのものなのだよ

と、わたくし2流詩人(略して2)は、湧きあふれる羞恥心の泉にどっぷりつかりながらも、反撃する



第3節


恥じらいの芽を摘み集めたようなほほえみで、3流詩人(略して3)は言う
千のコンプレックスを千のナイフで突き刺したところで
論理の先の己の羞恥心に、船酔いの気分を味わうだけだ

まことに実直的かつ荘重な態度であり
明快なる身の処し方の中で、産み出てきた言葉に違いない
と2は考える




第4節


千の闖入者、千のためいき?
戦わなきゃいけないということでしょうか
この自虐的な、なかば開き半ば閉ざした、宇宙において
と、3は、巨大なブッダの魂に踏みしだかれて、むなしくもヨチヨチと許しを請う
ちっぽけなアリンコのような声でつぶやく

608 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/13(木) 19:48:43.97 ID:vnqFirvW
第5節


名前を付けて飼いならせばいい、と焦燥感を押し殺し、まごまごしながら
2がささやく
さらに
ぼくが下降すると、巨大なブッダは上昇しはじめる
この解離は、嫌悪感の触手に違いない
すべてはそれの不寛容で、意地汚さのせいだ
わずかな明るみを求めて視線の焦点をあわせる
卑小な海底生物のような、嫌な感じ
と、付け加えると
3は
断じて、この辛抱強く秩序だったぼくの宇宙には触れさせたくない!
と、主張のくだらなさを相手に気付かせてやるといった具合に、地団駄を踏む




第6節


「宇宙を少し咀嚼してみるといい」
孤高の感情から漏斗状に押し流された慢心が、2に不甲斐ない周章狼狽の声を漏れ出させる
3は挑みかかるように、しかしそれでいて楽しげな白痴を気取って、こう応答する
「宇宙にもこらえきれない欲動というものがあり、神様の隠遁生活のようには、複雑ではないさ」




第7節



天国うらめしや、宇宙が増えても増えても、死者は天国の梁に吊るされ、汚らわしい灰を地上に落とすのみ
魂の重量は、のどにつっかえ、胸に粘土質のわだかまりをこしらえ
およそ人類というものすべて、無限にうまれ無限に死すわけではない
と、2と3は同じことを夢想する



第8節



人類というものは、宝箱をあっちこっちに隠しては、ほんの一瞬間、反省するだけで
罰が当たり、神に殺されてしまう
およそ約束の地はと呼ばれうるすべての可能性は、滅亡への血道である
血の雨をたたえた器物の表面に人類はうごめいている
人類の高潔な趣味は繁殖・増殖・増長
神が聖なるバーナーで「人類みな兄弟」を焼いて滅ぼす日が近いらしい
そして詩人たるもの、一流であろうと何流であろうと
「そういうことがわかる」体質だと気付け
と、2と3は同時に幻聴につかまれる

609 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/13(木) 22:11:04.23 ID:vnqFirvW
ん、最初の、一連目っておかしいな。

一連目⇒第一節に


訂正。

610 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/13(木) 23:23:49.89 ID:vnqFirvW
>>608

およそ約束の地はと呼ばれうるすべての可能性は、滅亡への血道である


およそ約束の地と呼ばれ得るすべての可能性


訂正いたします。

611 :名前はいらない:2014/03/15(土) 12:51:09.49 ID:noxX1kqG
哲学を捨てる哲学


捨てる

自分を捨てる

幅を広げる

それも自由だけど

幅を広げるということに縛られてる

すべて捨てるつもりで行く

どうせ捨てられないものは残すから

つまらない理屈も

下手くそな理想も

必ず残るから

捨てるつもりで行く

沈む

暗すぎる海の底に沈む

海底を動き回るつもりもない

また幅を広げるということに縛られるから

留まる

あるいはもっと掘る

何も出てこなくてもいい

マグマに届かなくてもいい

熱くてこれ以上進めないような所まででもいい

留まるという自由もいい

結局なにしても縛られるのなら

捨てるという所に留まって縛られる

そういう自由も少しは無難なほうかもね

612 :名前はいらない:2014/03/15(土) 13:04:03.83 ID:noxX1kqG
自由の円を貫く光だった闇


薄い影に重なる淡さ

雷鳴を象った2つ形

空はどこまでも高さを備え

底辺に面白みの独自を敷く

決められた雷鳴2つの溝に流す

歪曲と狂気と気持ちと意味

不動を決め込む表現のまっ平らさ

歪曲と狂気も一定を帯び

意味の想像の果て

気持ちが雷鳴の間に降ってくると信じてる

暗闇の海底の中でも

世界が意味も無く広がって行こうとも

無駄に幅を持って高さを極めてようと構えるだけでも

捨てろ

闇を呑み込め

光と闇がひっくり返り

信じられないくらいに闇が光る

光を帯びる闇になれ

感じ取る正義が悪ばっかりでもないから

613 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/15(土) 16:05:37.00 ID:PeZAeWrg
【THE 愛 の 独り言】

「愛してる」
って言葉を

簡単に
使用すべきではない!
って事。

んでもって
「愛してる」
って言葉を連発する時って

実は
「俺って愛されてるんだろうか」
っていう不安が
裏にあったりするものだよね




↑10年ぐらい前に書いたやつ

614 :名前はいらない:2014/03/15(土) 17:53:35.10 ID:noxX1kqG
嘘という自由の中の本当


選べない道

やり方を選べない

そんなのを選ぶしかないという選べなさ

そんなのだけだと思う時もあるけど、案外それ以外も光ると思う時もある

救われたんだ

無邪気に幅を広げてくれることに

技を盗みたいんだと

目指す瞳は輝きしか宿っていなかったよ

信じがたいね

でも目の当たりにした

ふと思ったんだよね

「自分を見せたい」と

そういうセンスとは違うけど

こういうセンスなら見せられると

狭間に見たんだよね、自分を

定義ありき、ってことにも気づけたのかな

前提は覆らないものかもしれない

それでも勇気を持って一心に、ちょっとは近づきたいよ

本当に見たい気持ちはその奥にあるのだから

余計な幅ばっかりしてられない

だけど事実、余計ではない

自由の円に縛られ

解放の闇に近づく矛盾

捨てる力がまだ足んない

615 :名前はいらない:2014/03/16(日) 00:04:39.38 ID:A4KVzTaJ
愚直


意味を大切にする

それが無意味なのか

大切にしたい気持ちに偽りはない

そんな気持ちに素直なのが、簡単に無意味にでもなれる

信念なら貫ける

意味があるように貫ける

気持ちを大切にしたい

感性や感覚に従うのは間違っていない

備わっているものを使わない手はない

それが感情に流されてる

いや、流されるためにあるんだろ

流されることを拒むように流す世界

抗う力は微力をも通り越し

忘れ果てれば抗わない流れがもう普通である流れ

違うでしょ

そればっかりではない

否定もしないと

抗うのは張り合いたいからではない

素直でありたいだけ

感覚は違う

だからこそそのそれぞれをそれぞれなりに示さないと

違いがわからない

違うからこそ別々なのに

同じにするためにキツすぎる縛りを設けるのは違う

それしかないって結論はもはや遅れてる

必ずある

もっと素晴らしいルールを必ず探し出せる、絶対に

616 :名前はいらない:2014/03/16(日) 00:52:15.68 ID:uV17c6G/
千棋理

風が止み海は凪いで
今は山さえが動こうとしている
あの日私たちは確かにある場所に辿り着き
何かを完成させたように思う
今ここで駒を一つ一つ
その一つ一つにかかっているのだろう
私は山の動きへの警戒を怠らぬよう
今ここで鍵を一つ一つ

617 :名前はいらない:2014/03/16(日) 02:07:24.62 ID:A4KVzTaJ
究極からの闇


足りないものを、足りてないとすら思ってなかった

足りたくなかったというのが無意識にでもあったと言えるのか否か

欠如として克服するのではなく

単純に越えるための道だと思ってた

それくらい正しいと思えてたし

誤魔化してたにしてもそれだけの頭を使うことに躊躇いはひとつもなかった

そういう部分も欲しかったのも事実だから

つまり、元々そういう部分が全くないくらいだったわけ

何も考えたくないくらい、すっからかんでいたかった

頭を使いたくないんだよ、元にあった願望としては

だけど使わないとちょっとやっていけないと

世界の流れに任せて行きたかったけど

我が身を護ろうとしてるらしい個が

最低限必要だと推察して導いたかのようなエゴを重宝するという答えを弾き出した

まずそこからだと。その先の流れも見えず、そんなの関係なしに、その時は

そしてそれは正しかったと今は思える

わがままをとにかく貫きたい

それほどのものとは遥かに違う

違う次元のものを今は自分に含んでいるから

それだけがいいくらいの考えだったのに

現実がそれを許さなかった

ふざけた事実だけど、でも勝負するしかない

逃げ場は消されたから

618 :名前はいらない:2014/03/16(日) 02:18:41.52 ID:A4KVzTaJ
情熱と憩い


うまく考えりゃいい

今こそひねくれてるものを使うとき

何だって考えようによっちゃ前向きに捉えられちゃう

どれだけ天下とってようが、簡単に考え方によって蹴落とせちゃう

そんな甘すぎる思考の罠

とことん堕ちてやるのには好都合だった

ゆえにフル活用

でも一度封印

それをまた復活させる

封印させなければ成せない部分を越えたから

封印を解いていい

そこで疑うようなものならまだ間違ってて

また封印をして再開するだけ

また封印を解ける時が来るまで

こんなに都合好くていいのか

機械的過ぎるものに近い法則だらけ

特例をフェイクとセンスで挟む

その度合いをはかるだけ

気持ちなんて込めなくても込められてる

冷静に沈むマグマの端くれが

届かない頂点に吹き出て、届いてる

届きもしない所に届いてんだよ、気持ち以上に

矛盾はある

その矛盾が矛盾してないから、確実にある

619 :名前はいらない:2014/03/16(日) 02:35:29.68 ID:A4KVzTaJ
センスの羽、矛盾の軽さ


うまくいかなようにした方が

うまくいくことしかなくなる

あり得ない要素を含む前提は

あり得ないくらい正当しか見当たらないくらい

願望が宇宙を貫く軌道を心に刺した時

感動は、違う角度の闇である場所自体が光に変わる瞬間

死ぬまで目論む、その瞬間を永遠にする方法、法則化

受け皿が小さな闇の上、光輝く

情熱を微塵も含まない冷静が

真っ当で高尚そうな、高さすらない高みを永遠に光らせてる

目的でもないものを目的にするわけだ

情熱は軽い

何かの重圧も遥かに重いんだろうけど、鬱陶しいくらい真実は軽い

重くしたいものを重くできない

意志すら軽く、どこへでも飛んでいけそう

そう、それがいい

そんな軽さ、身軽さがいいって、下手くそに誤魔化せ

快適な気分は変わる

気分悪くても、軽さに乗れば、重みも弾け飛ぶはず

弾け飛ぶまで、やれ

620 :名前はいらない:2014/03/16(日) 04:46:58.25 ID:uV17c6G/
背後の均衡

今回はどうしたって目立った
致し方ないことに

私は慎重に駒を進めるだろう
目の前の山に立ちはだかられぬように

621 :名前はいらない:2014/03/16(日) 05:02:18.10 ID:uV17c6G/
無限の底

とある週の終わりに見た自分の結果のほんの少し若いを知り
溜息じんわり安堵の暇もなく胸の底の底に落ちていく無限の苦悩
それもこれもこの身の逃げ場のなさと
声を出して言葉にすること遠ざかる自分に籠もる日々
底に落ちる私の背後であらぬことに動き出そうとするもの
一つだけ予想外の仕業は私にはどうにもならぬ過去の記憶と経験と
感じ取る「それだけではない」こと
一つだけ隙を突かれた予想外の仕業は言い訳を与えた
妙に不安定な山の天気を私は静観する
私は今週一つの機会を逃したらしい

622 :名前はいらない:2014/03/16(日) 20:44:40.66 ID:f5b8oo1F
原田夫人が墓場まで持ってゆく予定の事案


やがてどっぷり夕日は沈み
長い沈黙さあ召し上がれ
ふくれて視線を背けていても
視界は霞んでゆくばかり

やりての娘が2.3人
こころ残りを尋ねてくるが
答えたところで返事もせずに
薄気味の悪い会釈を返す

そうそう涙が出るはずもなく
私は振るいにかけられて
ばってん押されて浮いて沈んで
渦巻きの中で黄昏る

明日もこのままだとしたら
それで終わってゆくのでしょうか

623 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/16(日) 21:04:57.71 ID:aeqvGExa
如来重量本・十字由術本・シャバ世界で
天林女王・智積菩薩も積み木崩しの不良児・なにが宇宙の真理だ
プールナのうんこ・ブラフマーの宮殿は無数にえだわかれ
しゃりほつしゃりほつ・悟りの修行・縁覚・声聞・菩薩のちんぽ
プラブータラトナ・おならをブー

624 :ふぅ:2014/03/16(日) 21:09:20.75 ID:poi9u02J
君と話すとドキドキがそ止まらない

好きってたった2文字を言うだけなのに

どうしてこんなに勇気がいるんだろうね

好きって言いたいけど、怖くて言えなくて…

結局答えはでないまま

君と話すだけで嬉しくなって

幸せな気持ちになって

それほど私は君に溺れちゃったのかな…?

625 :名前はいらない:2014/03/16(日) 21:25:46.14 ID:f5b8oo1F
おいなり売り場

しゃくしゃくしゃくしゃく
かき氷は私の脳漿を頬張る
罪人どもの余興
果てなき埋没感でヌメる

わかりやすく説明すると
予備の乾電池11本をコンドームの中に
入れっぱなしの放課後のような使命感

「ずっと前から好きでした」
ドンドンカッ(和太鼓パート)
「前世から待ってたよ」
ドンドンカカカッ(和太鼓パート)
「つま先がもげてるよ」
ドンドンドドドッ(和太鼓パート)
「よっ!粒が多めだね!」
FreeStyle(和太鼓パート)

626 :名前はいらない:2014/03/16(日) 21:32:35.49 ID:f5b8oo1F
ジュラシックおじさん

労働意欲が溢れ出す夜は
一人きりでかますジャイアントスイング
素通りするならはにかんで
やっとあなたとはにかんで

聞いたらどんどこ流れろ自意識
一時しのぎのほんのりパンダ

来場者数は過去最多
超常現象巻き起これ

洋画好きならここまでおいでよ
一緒にサラダにチョップしよう!()
hey yo!

627 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/16(日) 22:04:14.50 ID:aeqvGExa
サラダにチョップか。
626はなかなかいいんじゃないかな。

628 :名前はいらない:2014/03/17(月) 02:20:17.58 ID:m9ajHdVU
想像通りの展開だ

快楽はマゾヒストの飴と鞭
気取った聖者の生業には
随分と甘い疑問符をお付けしよう

逆上に暴虐に悦んで、悦を見出せば
覚醒の曖昧さを確かめてみたくなる
寛大に満場の喝采が、此処に響くなら
敗北に心を躍らせて、魅せましょう

想像通りの結末だ

楽園が崩れていく、音も立てずに

629 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/17(月) 22:57:20.34 ID:gR62XhJu
ごきぶり怖し まことちゃんは ぐわし

630 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/17(月) 23:12:34.58 ID:gR62XhJu
まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、イメージダウンイメージダウン
ふんどしダウンダウンダウン

631 :名前はいらない:2014/03/18(火) 09:31:03.87 ID:Z0DAaw+I
少なくとも

私以外のあの場所の一人は完全に気付いている
その味は品切れ手に入らないつまらない
珈琲嫌いな甘党の君よ
もう少し警戒を
反応しすぎないように
でも私は
ほんの少しだけ浮かんだ笑顔に癒された
-3歳分くらい

632 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/18(火) 13:06:24.51 ID:Mb2luBMR
「廃墟の街」についてあれこれと思い泥んでいると、
おれは見た、
「悪性腫瘍」という名の巨大なものが、永遠の死に向かって、
小止みなく生き急いでいるのを、
そして、「帝王という名の救世主」が、たえまなく自分と同じ存在を増殖させ続け、
悠長によだれを垂らしながら、この世に、君臨しつづけようとしているのを

633 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/18(火) 13:10:57.51 ID:Mb2luBMR
沈黙するだけの微小な魂をおれにくれ

刈り取られぬまま生い茂る煩悩がほしい

誰にも邪魔されずに散策できる、電波の園に完璧なこどもがほしい

太陽の壮麗さや、森の力強い鼓動などいらぬ

虚飾だけをあやして孤独のコーラスを響かせる

幻の街並みの、頬をほてらす、若輩者の夢がほしい

634 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/18(火) 23:23:12.91 ID:Mb2luBMR
母親が彼岸に達した日の差し方が、この舗道の上にそっと降り立つ姿は、
二人の白痴のための哀歌であるよ、二人塚できたよ、
すると、太陽がのぼっていく、出てきた方に、家々の屋根の上に、
青白い、沈黙の、吐き気のする巨大な丸いモノ

俺には見える、喜びに打ち震え、沈むように栄光に浴する人々の隊列が

俺には聞こえる、二人の心臓の鼓動が、葬送曲のように、地面に枕を並べているのが

母親が彼岸に向かう日は、全体の母も輝きを強めるように泣く

635 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/19(水) 00:30:40.58 ID:SFqzSglo
まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、
イメージダウンイメージダウン まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、
イメージダウンイメージダウン まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、
イメージダウンイメージダウン
ふんどしダウンダウンダウン

ふんどしダウンダウンダウン

ふんどしダウンダウンダウン まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、
イメージダウンイメージダウン まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、
イメージダウンイメージダウン
ふんどしダウンダウンダウン

ふんどしダウンダウンダウン

まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、
イメージダウンイメージダウン まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、
イメージダウンイメージダウン
ふんどしダウンダウンダウン

ふんどしダウンダウンダウン まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、
イメージダウンイメージダウン まわし、まわされ、ふんどし、はずされ、
イメージダウンイメージダウン
ふんどしダウンダウンダウン

ふんどしダウンダウンダウン

636 :名前はいらない:2014/03/19(水) 06:56:33.50 ID:jLavIze4
楽勝


なんで悪いんだろう

なにも悪くはないだろう

簡単にするほうが難しい

難しいほうが簡単だから

そんなこともわからないなんて

なんで簡単にこんなにも忘れていたんだろう

忘れるくらい忘れたかったからだろう

一度それくらいになっておかなきゃいけなかったんだろう

また見るため

見えた簡単は難しかった

難しいほうがやっぱり簡単

それでも簡単なほうがいい

難しいからとかではなくて

好きなものしか詰まっていないから

難しいのは簡単だけど

好きなもの以外しか詰まっていない

そっちは簡単すぎるから

やっぱり簡単なほうが難しい

難しいほうが嫌ではない

単純だから

目的が決まるし、決まってるものだから。だから単純

簡単なほうの目的は

絶対に達しない目的

越えられない限界を越えようとしてる

そんな難しいこと、楽しいに決まってる

一生越えられなくていい

一生それで遊び、楽しみ、面白がれるから

637 :名前はいらない:2014/03/19(水) 07:07:25.36 ID:jLavIze4
定石


違うものが2つか3つある

どうして同じなのに違うのか

違う場所にあるから

同じでも違う

そんなのが2つか3つある

違うけど同じ

だから同じだと思うけど

違う

場所もだけど、所作みたいなのも違う

そんな2つや3つをどうしたいのか

同じとまではいかなくても、近いものにはしたい

まとめたいというか、ちょっとそこは楽したい

他で楽できないから、楽できるとこは楽にしておきたい

似てるだけだったのか

いや、同じだったね

同じだったのに違う

今でも同じなのに、明確に違う

陰と陽

そしてそれらをまとめるもの

羽がひらひら、風に吹かれてる

638 :名前はいらない:2014/03/20(木) 02:24:23.64 ID:UWBiX3Jf
目論み


狂ってる

そんな性質を大切にしてる

ハッキリと見えるように

気持ちが大事と再び思う

感性を疑わなくなるまで進む

理屈は感性を軸にする時もある

思いも想いもちゃんとしたい

空白がある

無を受け入れる

余白を受け入れる

リラックスをしようとしている

表現が再び現れる

無も再び現れる

余白も再び現れる

安定をそれらに見ようとしてる

どうしようもないことをどうにかするために

感性とは無縁のような理屈を使う

仕方なしに強い型に持っていく

決まりきらないようにセンスで誤魔化す

そんな相乗効果で何とかする

気持ちを込めることができる

力まない場所で柔らかさを闇で確認しながら

光の気持ちを狂気に託す

639 :名前はいらない:2014/03/22(土) 04:05:01.38 ID:5KVFAPFE
鎧の廊下と柔らかい部屋


どうでもいい答えが見つかった

どうでもいいけど答えなんだ

単純な理論

それに少し加えるセンス

気持ちで押し上げなきゃいけない

その後に答えを受け入れなきゃいけない

天井のない空、目掛けて

永遠の高さを呑み込む作業

灼熱に焼ける魂、気持ちの行く末

芸術を真似たセンスも離れはしない

冷静も混じったセンス

余裕を狭すぎる穴に見て

抜け道を下る心の落とし穴は案外、癒しで満ちた海

止まることを許させれない

流れる血の道が止まらない限り

平凡に留まり、歩きも止める

その無意味に意味を見つけても

どうせ良いものは降ってはこない

拾いに行く以外の選択肢はない

640 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/22(土) 21:07:31.34 ID:ZVzzkXM1
愛とは、共依存であーる、リア・ディゾーン♪

たらったったたっらった、ぷっ!

641 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/22(土) 22:21:03.13 ID:ZVzzkXM1
東洲斎写楽
社洛斎写楽

たらったったたっらった、ぷっ!

642 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/22(土) 22:28:46.84 ID:ZVzzkXM1
バカの天才と、天才のバカが天界で遭遇。

バカテンは、自演のバカで、フォローの天才。
テンバカは、連続投稿のバカで、ネカマの天才。

お互い、偽物の「魂の重量」をくりぬいた穴に、ぽこちんを突っ込んでいる。


(弧高の鬼才・名義)

643 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/22(土) 22:32:20.29 ID:ZVzzkXM1
閉店セールの札
店の奥には、孤高への道、弧高への道、と張り紙が並ぶ
なんの店かって? 
タイムマシンよりもびっくりの
                                         真理到達瞑想ツアーのお店だ
君はこの店では、ロボットになる
いいかい?
店長専用のロボットに過ぎない。

鼻の穴と肛門を膨らませてる場合じゃないぞ

644 :名前はいらない:2014/03/22(土) 23:59:35.80 ID:5KVFAPFE
本当は勘違い


変な話、間違ってても「正しさ」は譲っちゃいけいないと思う

程度は大事

死なない程度に譲っちゃいけいない

生きてなきゃ意味がないのはもちろん

意味を持とうとするのはある種、生きるためなのかもね

下落の一途でも

卑下の絶頂でも

最高に笑える自嘲をするのなら

「正しさ」は死ぬほどポジティブに

この心に映えるはず。身体にも

645 :名前はいらない:2014/03/23(日) 01:47:39.02 ID:sypPk97R
現実的なセコさ


逆ではない

真裏

それが現実(的)

理屈通りではない

矛盾

それがある

だけど理解できない

単なる認識程度

違う場所に来たと思ってたけど違う

都合いいと思ってそう考えてたけど実際は都合悪い

だから違う場所ではない

進化でもない

ただし進んではいる

バージョンアップ的な意味が皆無

劣化でもない

退化でもない

劣化にはもちろん抗えるだけ抗うけど

退化ならちょっとは欲しい

大切な気持ちは死ぬまで大事にしたいから

劣化なんてさせたくないから、刻む思いで一心

単に進んでるだけ

真裏に進んでるだけ

逆には進んでない

含んでようがそれは違う

646 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/23(日) 13:03:34.96 ID:I4javOgT
しどけない姿で立ったときの、重いふらつき、揺れた河岸
目のはしから、ミルクが流れ、鼻筋かすめ、淫らに苦笑する
魂の運び屋といわれるその女は、看板に偽りなし、娼婦こそ世界の救世主と、高々に宣言す
平和の殺戮者、神様、仏様も、彼女の尺八の音色にがんじがらめ
魑魅魍魎が悶えるように、魂も悶えるようではないか、彼女の子宮の外で

647 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/23(日) 13:47:42.34 ID:I4javOgT
ながれゆく髪 

よものやまやま

神あれど 

なくすべきかは 

風のまにまに

648 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/23(日) 20:50:44.52 ID:I4javOgT
大道馬術、ストリップマジック、人間パンチ、エスケイプ・サディスト、
こんどばかりは、まじんロキも絶体絶命さ、偽物、ほとんど刹那、the baddest escape、
ある種の人間の能力が、彼自身の魂の限度を超えるときの奇跡、超動物、この世ならぬ不可知、
ストリップ、衆人環視、芸能化される大道芸、囚人監視の完璧なコンピュータ、
すりへった男、生垣のラビリンス、宇宙の中心からの糸、風雨にさらされた通信簿、文字としての迷路、
世界最小の十字路、十字架の収集家、肛門の文化史、うんこのカタログ、世界便秘物語、
自然に征服される自然、首輪のない神、高名な見世物小屋、両性具有者のストリップ、悪魔学のホームレス、
ビザールな死、魂に関連するフェティシズム、男根の太さ、羊の皮のエロス、ナイトキャップ、クリトリスの代用品、
ファシストの浣腸器、合法ハーブはナルシシストの美の回廊

649 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/23(日) 22:17:23.14 ID:I4javOgT
いったい誰が魂のうんこの脳天を刺したのか、恐ろしい手榴弾、うんこ投げ殺人事件、己を貼り付け続ける男、
詐欺師のだまし絵、遠近法で人を殺す計画、ザーメンの蝋細工、キリコやマグリットは二元論に引き裂かれるものだと根本的に思っている男の剥製、
しなやかなカーテンに隠蔽された物語、のぞき穴、のぞき壁、のぞき天井、のぞき奴隷市場、奇形的な世界の網膜、キリストの死んだ肉体、
シュルレアリスムの頭蓋骨、物をのせてはならない説教台、精液の美術史

650 :名前はいらない:2014/03/23(日) 22:23:40.22 ID:/392XV1v


651 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/23(日) 23:01:06.65 ID:I4javOgT
一文字で、ポエムすか?>>650
たしかに意味不明ですな~~

652 :名前はいらない:2014/03/24(月) 06:27:06.97 ID:dL7yXY9B
ポポポーポポーエム

653 :名前はいらない:2014/03/24(月) 15:27:51.01 ID:E94e7erx
検索中にケータイ画面を覗かれ
予測変換にいやらしい文字よ出るな!
と祈るも虚しく
画面に表示される
チンポペロペロ

654 :名前はいらない:2014/03/24(月) 16:44:56.56 ID:5c0CAClU
140文字の海。
24^140。アルファベットだけでも。140文字ぴったりだとしても。
すごい。

655 :名前はいらない:2014/03/24(月) 22:08:47.99 ID:nkGa1GQr
珍ポエム くっさいくっさい 珍ポエム

656 :名前はいらない:2014/03/24(月) 22:24:23.99 ID:5c0CAClU
純粋無垢な眼差しでしか見れない真理があるはずだ。
そう思えるほど無教養な人間ではない。
でも、既存の先入観では見れない一面はあるはずだ。
だから私は新しい先入観を求めて旅をする。自然を、偶然を、非人為を。

657 :名前はいらない:2014/03/25(火) 11:12:19.51 ID:1gvDHis0
世論


矛盾を成立させる

理不尽

そんな不正解な正解を越える、攻略する術

目的、逆算

あとはそれを纏める最後の答え

確実(性)

言いなりになってみようか

そうすれば、意外とうまくいく

だけどもちろん、嬉しさは皆無

得るものなんてないに等しい

得られるものとして捉えられるものは「確実」だけ

その確率を上げるだけ

高さを無限にするだけ

決まりきったいくつかの軌道、方向

準備さえしてりゃあ、そりゃ叶う

だけど、そんなのだけは絶対にダメ

「うまくいく」ということに騙されてるだけだから

こっちが騙すくらいじゃなきゃいけないのだから

実質、奴隷

だけど麻痺させられて気付いていない

無駄に早く老けるだけ

抗えよ、躊躇なく

確実だけを買え

そして身勝手を売れ

まだマシな自由であろうが、自由には至っていない

658 :名前はいらない:2014/03/25(火) 11:19:07.30 ID:1gvDHis0
深海まで、色々


どんな色でも正解なら、何でもいいだろ

俺の色だって正解なはず

だけど不正解の時もある

それがおかしい

おかしいことなのに

当たり前、と勘違いしてる

間違えるな。絶対にそれは「当たり前」ではない

それをわかってて、「当たり前」と騙すんだよ、俺は

フェイクの塊

上っ面で誤魔化す

そんなところで力を使わなきゃいけない

真逆

一番力を使わないでいかなきゃいけない所

悪い闇に陥ろうとも

そんな世界に酔いしれようとも

優しい海がある限り

また高すぎる空へ向け放たれる

蒸発の淡く胡散臭い上昇

それでも確実に高く昇る

また下降するために昇る

あの闇を味わうために

優しい海を味わうために

659 :名前はいらない:2014/03/25(火) 16:07:36.39 ID:FRYohLHW
確かに意味不明なポエムのスレだな

660 :名前はいらない:2014/03/26(水) 02:58:26.69 ID:8NCatfAx
無機質


気持ち

向上

克つ

余裕綽々

証明

自由

余裕

センス

繊細なセンス



確実

気持ち

柔軟

狂気

細かい

余裕綽々

オレサマ

化学反応

天からの祭典

661 :名前はいらない:2014/03/26(水) 08:57:34.17 ID:qrJV1kMx
死ね、死ね死ね死んじまえ

四月十一日に大災害

一人残らず死にくされ

死ね、死ね死ね逝っちまえ

四月十一日に大津波

フカのエサにされちまえ

662 :名前はいらない:2014/03/26(水) 11:00:57.79 ID:8NCatfAx
無限の空


高みを見たか

天井のない空、突き抜けて

大気圏を越え、宇宙。またその彼方

何を持っていくか

99%は決まりきってる

1%の枠は、センス

確実性とは、気持ちではない

確かに気持ちを意識する時も必要

だけど確実性とは結び付かない

恐怖を感じる?

恐怖を感知し、あるいは感知してる気になって

そんな受け身のような状態

そこから何とか逃げる

663 :名前はいらない:2014/03/26(水) 11:04:01.27 ID:8NCatfAx
何もない哲学


わかってる

まだ勝負していない

できたらしたくないくらいだったわけなのだから

勝負の仕方すら、そりゃわかってない

気持ちなんていらない

気持ちを込めるほどの価値は、勝負事にはない

勝っても嬉しくない

負かして嬉しいわけがない

なんなら負けた時の方が嬉しい

そんな時の気持ちしか価値はない

でも目指すのは勝利

目的を果たす為の逆算

その理屈を元にパターン化した哲学

それに1%のセンス

その100%自体が確実性

確実性は求めるものじゃない

単に、100%として前もってあるだけ

優劣はセンスの機微で変わる

でも見えないくらい小さな砂

664 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/26(水) 16:20:48.38 ID:dUnrlS1g
尊師という名の乞食は言った
怒りを殺せと
孤高の鬼才という名の人間はこう言った
怒りを生かせと
孤高を通過し、さらなる高みの孤高に達しない人は
己と他人の両者の幸せを願うことを
【間抜けなる聖者】と呼ぶだろう

孤高への道は怒りを通過せねばならない



ころせ


ころせ


バニヤンの樹の根本を注視せよ
ブッダはいるかもしれん

だが
孤高の鬼才としてのあなたは
そこにはいない


唯一滅びないもの
それは
弧高への道である

怒れ

法とは、激流を渡る際の「泥船」に過ぎない
孤高への道に船は必要ない
ただ
怒り狂え


眼・耳・鼻・舌・身
これらを総動員し

煩悩を喜びに
生と死を最も純粋な感情に
無数の宇宙を孤高の雄たけびに
同化せしめよ

涅槃などない
あるのは孤高の光のみ

665 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/26(水) 16:34:20.46 ID:dUnrlS1g
みゃうみゃう、わんわん、こっちの隅で、ずんずん、あっちの隅でこんこん、

神は知らない、己の被造物の鳴き声を、物音を

それら暴力でもって打ち退けることあたわず


だって、魂の重量だもの

おうさまたちよ
それらは
魂に重量の声だもの

666 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/26(水) 18:48:57.31 ID:dUnrlS1g
鏡を投げよ
真後ろに
それは深奥、といわれる多世界だ

鏡は三千世界の三千乗にも増え
魂の重量ですら、己を見失う

だが、きみよ、孤高であり弧高であるものよ、

すべての鏡を拾いあつめよ

それこそが真の悟りなり


メッセージ

すべては生きた証のために

この姿勢こそ

孤高への道を見誤らないための【法】である

667 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/26(水) 18:56:58.45 ID:dUnrlS1g
自ら真の鏡を得し者よ
まさに、その道の鬼才

孤高の鬼才は、【法】から、絶対に、落っこちない

おうさまたちは
煩悩、無間地獄、祝祭とか、聖典、祈念、さまざまなる意匠を
鬼才の重力場へ送るだろう

三千の三千乗のありとあらゆる贈り物が連鎖するだろう
だが
孤高の鬼才であるあなたは

どうしても

落っこちなかった

「魂の重量」にぶらさがったまま

668 :名前はいらない:2014/03/26(水) 22:09:46.61 ID:8NCatfAx
雷鳴


エゴを護るために

エゴじゃない部分をしなきゃいけない

それもエゴだと言えたけど

今は全くと言っていいほど、エゴだとは言えない

そんな部分、現実が必要

要らないのに要る

「あー、あー。泣いてるよ。」

「あー、あー。落ちてしまえ。」

って。

言っても。

もう、落っこちれない

だから、現実から逃げられなくなったんだろ

よく見てるよ

目の前の現実

平凡な理屈

一定の方へ向かってく目的

「あー、あー。そこは嫌だったな。」

「あー、あー。どう思いたいんだろう?」

それについて。

どう思いたいんだろう?

どうも思わないくらいが良かったのに

ストレスと思うくらいがいいのかな

そう思わない方がストレスかもしれないから

ストレスと思う方がストレスじゃないかもしれないから

どう思いたいんだろう?

また、この世界

669 :名前はいらない:2014/03/26(水) 22:20:53.67 ID:8NCatfAx
どこまでも


一粒の、遠く儚い塵のようなセンス

それすら選べない

ただただ、決まっているから

流れに対応して

形が決まる、そんな流れ

剥がれたかったんだろ

離れたかったんだろ

私の世界

崩れてはいない

いくらすべてに呑み込まれても

一粒のセンスに託して

付け入る隙は必ずあるから

狭すぎる道にしか

感情は流れ込んでいかない

悲しい夜も闇の中も

そうじゃないと光さえも霞んでしまう

せっかく、たくさん、光で満ちたみたいなのに。ねー。

どうしたらいい?

どうしようもない

いやいや

どうにかする

だから考えてる

そんな頭がある

弱くても、大切なものは忘れないでいよう

最期まで覚えていよう

どこまでも

670 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/26(水) 22:49:49.24 ID:dUnrlS1g
孤高の如来、ブッダは滅びた
 唯一滅びないもの
  それが、孤高から【弧】高へと至る
   道である
    それは弧を何度も描きながら輪廻する

671 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/26(水) 22:57:07.79 ID:dUnrlS1g
メタモルフォーゼ尽くして/
天命を待つ/
これ真なり/
メタモルフォーゼ尽くして/背中の亡霊を待つ
これ偽なり
現実は忘却ではない

672 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/26(水) 23:07:49.12 ID:dUnrlS1g
ブレーンストーミングに慣れ切ってしまうと
真理は分裂しとらえにくくなる

ミーティング
ほうれんそう
ショートスピーチ
そんなものは捨てよ
沈黙せよ

孤高への道は不義のことばを
そして習慣を捨てよと言っている


それはできかねます、とビジネスパースンはいう

お高いですが、お値打ち品ですよ

日持ちはしませんが、限定販売の商品です


これらの言葉を燃やせ

それらは詩人の言葉ではない


そうして「魂の重量」は 詩人としては有段者

黒帯詩人なのである

673 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/26(水) 23:33:28.55 ID:dUnrlS1g
息遣いが聞こえる 
光がかくれんぼしてる
怜悧な朝に
思考回路を越えて
体温の文字が
形式を壊せ
飲みこめ
無情のルールだ
この静寂の中では
おまえだけが
正義
奇跡はいつも赤ん坊

674 :名前はいらない:2014/03/27(木) 00:12:02.47 ID:Ar+OZK0O
非常識


負け方で勝つ

負け方ででも勝つ

選ぶべき過ちのようでそうでないもの

「もうダメだ」

その瞬間から始まる次の勝負

次のステージ

そうやって逃げる

都合悪いから逃げる

都合好いから逃げる

とにかく逃げる

逃げて何が悪い?と開き直る

逃げないなんてバカだろう、と開き直る

そんな自分が一番バカだろう、と自虐でカバーして誤魔化す

そうやって逃げ続ける

何かを得るまで

何かを得た現実は訪れる

敵わない現実でも叶えたい理想

敵わない

でも自虐があるから逃げられる

逃げられなくなるまで

逃げられなくなった現実が訪れる

675 :名前はいらない:2014/03/27(木) 00:19:36.70 ID:Ar+OZK0O
揺れる自由


強くなる

弱かったと理解する

つまらない強さだと理解する

おもしろい弱さだと認識する

逃げられない

おもしろい弱さや理想からは逃げられない

つまらない強さのもとで隙間に挟む

あやふやで曖昧で揺れ続けるセンスに託す

オレサマのため、エゴのため

同じものでも明確に違う

現実と理想の境目

同じものなのに明確に違う

勝つべき人が勝てない

そんな決め付けは良くない

波乱も含まないなら

だけど理想は謳う

理想だから謳う

弱いけどおもしろいなら

強いけどおもしろくないなら

どこで克つ?

くだらない方程式

手を繋ぐべきなのに

平然と嫌そうな顔を相手に見せてる

「ふざけんな」

背景も知らないで、片方は悲しみすら越した笑み

「ふざけんな」

正しいものを取り戻せ

676 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/27(木) 00:20:16.80 ID:wQpXQ5Uq
職場のトイレ→開放感がある
ざっくばらんなお花畑のおはなし
セロトニン解放しつつ
おしっこ垂れ流し
ビジネスマインドで環境破壊だ
予防薬は事前情報キャッチ
だがそんなものには魂はない
アポイント&セールス
アポイント&セールス
何十年もの歳月をかけて得たレトリックは
                              マニュアルプレゼンテーション

677 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/27(木) 00:22:54.59 ID:wQpXQ5Uq
魂の筋肉は柔軟で楽しそうか

魂の顔をみて話ができるか

魂の語尾を伸ばしてないか

5w2hを使って魂を訴えているか

自信を持って魂を携えているか




タイトル
【アッパーカットの得意なカットアップ】

678 :名前はいらない:2014/03/27(木) 00:30:34.07 ID:Ar+OZK0O
感情戦


正しさを忘れた

間違いが勝ったせい

間違いが強すぎる

正しさが弱すぎる

逆だったのに、逆になった

感情戦

すり減る神経

当たり前のように溜まる疲れ

目的、間違ってる証拠

万物に、それ以外はない

それでも小さなひとつ

行く末、信じてる

また強くなろう

貧弱でも、感情は頑丈

感性に訴えかけるなら

感情は無敵。現実は離れゆく、けれども。

だけど、大切なものは何なんだ?

思うこと、感じること

封印されること?抗うこと

逆転はまた始まる(かな?)

始まったらいけないかもしれない

だから止めてる

考えてる

優劣じゃないけど

なぜだか順序が欲しいらしい

秩序とかどうでもいいくせに

679 :名前はいらない:2014/03/27(木) 00:39:22.77 ID:Ar+OZK0O
心が燃える音


無謀を笑え

また会おう、無謀よ

隙間が見えるだろ

狭くてもお前なら行ける

無謀でなくなるみたいに、確実に

赤い熱に焼かれまで

目が光ってる

魂が青く歌ってる

緑を被せた空が、隙間から雲を見せている

雷鳴に衝撃

雷雨に蒸気

太陽が溶かしても

悲しみが夜を呼んでも

暴れろ

狂気召喚

誰にも決められない情熱を秘めろ

燃えろ、焼けろ

ダサいダサいと笑われろ

壊れろ、どうでもいいもの

680 :名前はいらない:2014/03/27(木) 04:02:15.61 ID:tMyfhvh0
クローズ2ちゃんねる
・転載禁止
・削除依頼無視
・書き込み規制アリ
・お絵かき機能非搭載

おーぷん2ちゃんねる
・転載自由
・削除対応
・書き込み規制なし
・お絵かき機能搭載

681 :名前はいらない:2014/03/27(木) 15:27:47.93 ID:D8rqpffU
冷たい水が流れて
こぼれ落ちてく涙
心に絡みついた君の涙
くるくる天井がまわる
壁の向こう
彼女のむせる声が
ただ響いてる
この白い部屋にくるまって
このまま紛れるように
誰かのつくった夢は
いびつで
愛になろうとするから嫌い

682 :名前はいらない:2014/03/27(木) 19:19:26.35 ID:55tMPiD0
他言は無用

どこからか漏れているのか
偶然なのか知らない
興味本位のガヤなら不要
私たちが決めるべきことだから

683 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/27(木) 20:51:22.83 ID:wQpXQ5Uq
              革命家とは予め末期ガンを宣告されたレトリシャンである          

684 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/03/28(金) 22:40:41.45 ID:B/mMRxt4
234
まーじ ◆W7.CkkM01U []02/10/16 23:51ID:HCEsQHtt
宇宙レントゲン計画にて小惑星ミトコンドリアシナプスの
結晶体から発光せし
規格外ポエマーわきがの
紗がかかった
ありがちハードコア仕掛けのスプモーニ色
巨乳ちゃんの
ためいき
の中の
ふふふふふ
という名の
殺傷ビーム〜〜〜〜

キスは無理だからね★(はぁと

685 :二次ヲタ中二病:2014/03/28(金) 23:47:43.24 ID:qhyEhUcj
音もなく感情のしずくが頬をつたう

深い闇へと 暗い未来へと僕と君とを飲み込んでゆく

闇に浸食される恐怖

光のない閉ざさされた世界

青い太陽がせまってくる

黒き悪魔がただただ嗤っている

現実と理想の狭間

もうておくれだった

すべてをあきらめかけていた時

突如あたりがまぶしくなった

白い 白い 翼が光をはなちながら君を包み込んでゆく

希望の芽生え

それは小さくたよりないが

たしかに僕の心に淡い淡い火を灯していった

愛を奏でる温かい音色が人々の心へ響いてゆく

目の前にはかわりばえのしない君の笑顔

もう 大丈夫だ

きっと

なにかが

変わったんだ

686 :名前はいらない:2014/03/29(土) 02:19:49.87 ID:UhsJjXke
青が濃いから今日は空

687 :名前はいらない:2014/03/29(土) 04:46:00.23 ID:laelAG71
一つの空

いつも腰かけるあの木の下
私の大好きなあの木の下
今年も一本の満開の薄紅が映える
毎年この時期に来るたびにこの場所で君を思い
悩んでは見上げてきた
私に注いだ雨も風も嵐もこの木はよく知っている
愚痴も弱気も屁理屈も相反するベクトルを抱える辛さも
もちろん君の存在も

広がる枝葉は半世紀もの間ただ静かに
行き交う人々の行く末とその足元を雨風から守り

きっとここに来たいとは君は言わないんだろうな
用がないって笑うかな
無理には誘わないよ
それでも私は心の中で
君をここに連れて来れたことを少しだけ誇りに思ってきた

ありがとう

生い茂る枝葉の隙間から見えるあの空の一つに
賭けてみよう

688 :名前はいらない:2014/03/29(土) 12:33:34.91 ID:5yVPdev2
辿るひとつ


大切なことは、高く昇ること、ではない

どこまでも下がること

あきらめたわけじゃない

感性を叩き、想いを大切にしたいから

そんな心を捨てちゃいけない

いくら現実が真逆でも

偽ってでも、嘘ついてでも

護り抜く本心

吐き出すばっかりではない

死ぬまで秘め続けてもいい

失わないことが何よりも大切

現実で叶うばっかりではない

想いの中だけでも叶ってる

それも現実のひとつなのだから、叶ってる

表したいのだろうと思っていたけど

表したら表したで起こる事故

それを避けたいから表さない

それも間違っていない

タイミング

見極めはセンス任せ

狭すぎる隙間の瞬間

嫌でも放てる時が来る

言葉はいつでも自由

大切なものをいつまでも離さない

言葉を忘れない

689 :名前はいらない:2014/03/30(日) 05:47:00.57 ID:brkjOa6H
悶々

言い出しっぺがそもそも噺家とは程遠く
今は声が出るかどうかも若干危ぶまれる状態
単刀直入すぎて空気が凍れど回収する人不在につき
変なこと言って早々に終了したくないから
何か三つか五つくらい考えておいて
どれにするか見ながら選ぶのとか
変かなどうかな

690 :名前はいらない:2014/03/31(月) 22:48:26.82 ID:gfKihddf
ふざけてないよ

691 :名前はいらない:2014/03/31(月) 23:23:48.87 ID:ig98Kl1N
情熱の冷風

響く。ひびく。
この胸に。胸の中にまで。
正体、わからない。「ほんもの」ということだけ。
捨てたもんじゃない。生意気、でも純粋にそんな思い。
スゴい言葉たち。
波が流れてく。溢れてく。
熱く高鳴る。ほえる。
冷遇でも燃える。
手を繋ぐ。
無理してたのかわかんない。でも正しい。日々。
届く。
繋がるから。
あきらめてない。気持ちを叩くから。起こすから。
方角がわかってる。「ほんもの」。
偽物仲人。
それでも繋がるから。

692 :名前はいらない:2014/04/01(火) 05:39:14.63 ID:sqPNFM5w
花信風

東風吹かば主なしとて匂い起こすは飛梅の
淡い願いを抱きて遠き地に思を馳せ憂う空
春疾風に花霞の短さ案じ不安な夜を過ごせども
晴れ渡る清和の空に咲く小さな希望に春灯し

麗らかなる春の日の和気に揺れる柳条と青陽
眩暈を覚える
されどふいに俯けばそこには舞う初蝶と
菜花の泪とゆがみ

花筏に揺らるるは一握の霞
朽ちていくように
薄れていくように
忘れていくように
流れ着いては色を失い花の雲に消える

震える指先の悲しさよ
春夕に静けさを思い
訪るる朝日の凛に命を越えてゆけ
去り行く友の背に翠雨
霜別れの日を

693 :名前はいらない:2014/04/01(火) 18:28:59.90 ID:UKeCj1sk
矛盾の妙


勝つということはもちろん

負けるということでさえももし勝ったら

本当の勝ちかもな

克ちに反する勝ちかもしれないけど

でもそれでも克てるかもしれない

もしかしたら勝ちながら克てるかもしれない

矛盾でも成立するかもしれない

694 :名前はいらない:2014/04/01(火) 21:12:34.62 ID:sqPNFM5w


695 :名前はいらない:2014/04/02(水) 02:24:12.66 ID:UhsypNY7



それしかできない
(誰でも言えることしか言えない)
簡単にやってるふうに見せてカッコつけてる
(あんまり賢くはない)
スゴくないと実は謙遜してる
(逃げることしかできないという弁明の誤魔化し)
それでもまたやる
(楽しいから、多分しばらくは)

(逃げる)
悪くない
(悪い)
正義
(真面目)
不真面目
(いい)
黙れ
(黙れ)
黙るな
(そのまんま)
帰れ
(うそ)
ほんとうは
(ほんとうかどうかわからない)
ごめんなさい
(ありがとう)
うまくない
(美味しくない)
そんなんじゃない
(そうなんじゃ、ない?)
テキトウに
(なってきてるのはもちろん)
ってわざわざ言うな
(鬱陶しい)
って心の声を
(書くな)
って書くな
(カッコ内で書くな)
をカッコ外で書け
(って言って書くわ)
それをカッコ内で書くな
(わかった)

696 :名前はいらない:2014/04/02(水) 02:25:47.26 ID:UhsypNY7
トルネード(眠たい)


矛盾は成立した

実際にそうなったんだから、それはまあ仕方ない

不思議な準備

高みを思い

ほとんどに対応できる伏線を作成

最初は下降目的だったけど

いつしかど真ん中

留まることを許さない選択肢が迫り

下がること以外しか無くなる、ゆえの高み

それだけならば以前からも考えてるのはもちろん

なぜだか知らないけど幅が必要らしい

永遠に伸びる横幅でもって、そのどこからででも登れだとさ

面倒くさい

ひとつでいいわ

そんな効率的な近道

それが狂気らしい

それを真似るために覆うのがセンス

繋がるわけよ、矛盾が

狂気なんて、下がるため以外のなにもでもない

上がることに抗う自由のエゴの咆哮なんだから

そんなもの真似た偽物センスが登るのに活きる

細かいんだよね、ひとつだけを意識したら

そのひとつに賭けたいもんだから、たったひとつに関することすべてが細かい。たったひとつなのに

それを永遠の幅を広げ

永遠に高みを貫く

なんで成立してんだろう

面倒くさいのに。でももうそれしかないのかな。だからかな?

697 :名前はいらない:2014/04/02(水) 02:44:52.10 ID:UhsypNY7
「ら」


ほら、「うれしい」
もう、「うれしい」
そう、言っちまいなよ
うそ、なんて信じない「ぞ」
あそ、「あーあー」「そーそー」
ぞう、像
それがなんだか「いい」
そ「る」が、はんぱか「ないや」
ほうが、「なんか」はあるや
ほ「゜」うが、たんたか舞う」ヤ「
ワイや、YたかYや
Yや、はじ「ま」るゑい野
赤←や、「は」芽2夜余な「用」泣き
Dあ〆
発意
血っとか値
良古
フットイカノウ
のう
NO!
うの
右脳
の、の、ってる木に
気に「の掘る」記に
常ののう
神様カゼ
のるのの「のう」せ、はるみ気にキキ
「にのう」
)(
><
'''''''''

「考えてるわ」

698 :名前はいらない:2014/04/02(水) 03:00:55.17 ID:UhsypNY7
うーわ


眠たい。眠たい。眠たい。眠たい。
書きたい。書けない。賭けたい。貸したい。
「うらー」
(パリンッ)
「うらー」
(パシャン)
「?」
(パシャン)
「!」
(パシャン)
あぁあ。眠たい。眠たい。ああ、眠たい。
眠りたい。葬りたい。思い出したくない。掘り返したくない。
恥じない。なんてない。恥じたい。あることにしたい。
「はーい」
(パシャン)
「うらー」
(パシャン)
「!」
(パシャン)
あぁあ。眠たい。ねえ?眠たい、ねえ?
あぁあ。眠たい、ねえ。そうねえ。あぁあ。
あぁあ。眠たい、ねえ?あぁあ。眠たい、ねえ。
そうねえ。眠たい、ねえ。そうねえ。眠たい、えぇえ。
あぁあ。眠たい、ねえ。そうねえ。眠たい、ねえ。
えぇえ。眠たい、ねえ。そうねえ。眠たい、ねえ。
「へーい」
(パシャン)
「!」
(パシャン)
「ぱしゃん」
(!)
「!」
)!(
」!「
!()「」!「」()!

699 :名前はいらない:2014/04/02(水) 03:09:01.95 ID:UhsypNY7
一番しょうもない結論


うまくいかない理由の羅列

その総決算

プラス

それと、それ以外のオレ

そういうことにしたらいい

だからそうするんでしょう

しょうもないもの勝ち

はい、負けー

トルネード(眠たい)

700 :名前はいらない:2014/04/02(水) 03:56:00.78 ID:sgbREVxI
酔ってるとか?

701 :名前はいらない:2014/04/02(水) 04:08:14.88 ID:sgbREVxI
ねえ

702 :名前はいらない:2014/04/02(水) 04:12:16.03 ID:sgbREVxI
ねえねえちょっと
寝たの?

703 :名前はいらない:2014/04/02(水) 04:36:00.69 ID:BH8hOc9H
「ぴん芸」

君たちというものが
僕には全然分かりません
全く以って 自由奔放 生意気 無邪気 お構いなし

あっちを見てキラーボールを思い出して
一寸いら、の悔しい吐き気を催して
こっちに来てみれば想像だにしない雑談?というか声掛けをしている
キラーボールを蹴っとばかして
やれやれ、収集がつくかを想像すると眠れやしない

いい、いい
もっとやりなさい
サッカーゴールは無限にあるし
何も蹴るだけが遊びじゃない
ああ、ほら
鏡を割るんじゃありません
あ、こら
牛乳をかぶらない、踊らない

赤白帽でウルトラマンは食傷気味ですよ
山田!シュワッチじゃない

って、
先生がきょうも一人コントをしていました。
いつも通り
可も不可もなく まあ 100点中の
62点くらい。
先生!
僕たちは卒業できません。
二年生なのです。
痴呆なのかボケなのか
もうどっちでもいい
春がきた
コッペパンのさくら味をすぐさま廃止にしてください
シュワッチ!おかわり!ジャバブァ
おわり

704 :名前はいらない:2014/04/02(水) 22:04:25.19 ID:VD3U2/bO
Supercalifragilisticexpialidocious!
Supercalifragilisticexpialidocious!
Supercalifragilisticexpialidocious!

これを覚えるのに一年かかった
俺の語彙がまた増えた

705 :名前はいらない:2014/04/03(木) 01:36:38.36 ID:6VaMxpAu
矛盾と矛盾、。、ワープ、。、繋ぎメ


運命を、決まりのない自由の海に託したら?
想いも浮いた後、すべてが、その心たちすべてが痺れたよ。いや、本当に。
さ迷い、漂う闇の中、もっと覆ってくるのは不安しかない代物。不明で不明瞭なカーテン。
奇跡の再開。道しるべは通過点なのか否か。
本当に自由なのに、本当は自由なのに。
自由じゃなくなるなんてね。おかしくないわけがないよね。
誰かや何かや他たちの常識やらに知らないうち、麻痺させられて、そんなことにも気づかないなんて。どうしたもんかな。
仕方ないだろう、だって。いや、逆よ。仕方なくないだろうって。
矛盾がドンピシャ。明らかにどこへでも行けるっていうのに、完全にどこへでも行けないとかなのだ。
縛りからは逃げられない。何でもありならばきっといつか滅びるとか、恐れてるから。
学習してきてるから。そんなつもりになっての予防線。
ただ多すぎて。基準どこにする?って。決まってる。鈍い側に合わす流れだよ。いや、そこは分けようよ。鋭い側が気の毒でしょ。
何のためかもわからないで、決められた役割だけをこなす。目的を知らないから、役割の外に出ちゃったら逆ギレ。
そんな誤魔化し方しかできない。そんなのに負ける。権威猛威。不条理当たり前、常識。バカのための常識か。
保障が笑える。餌食か生け贄か見せしめか。考えもしないで常識だけを並べるな。
そっちの方が本当はかなりの非常識。撤回くらい設けとけ。ヘボい意地でチンケさが膨大。増さないわけがない。

706 :名前はいらない:2014/04/03(木) 13:37:40.55 ID:SrLrEjg6
 そして奴隷
その為の行く末を何度も聞こえるかい?
行くあてのない街角に佇み。
語りかける風は今日も空しさに震えてるんだ。
譲った分だけ歪んだのさ。そのトマトチップスは、盗んだバイブでいじりだす。

707 :名前はいらない:2014/04/03(木) 14:12:23.05 ID:6VaMxpAu
振り子


意志が曖昧な雲の上に浮き漂っているのは、熱に焼かれる心身の原因である意地を、これまた曖昧という感じで睨み付けているという理由に他ならないから。
結局は迷っているのだ、やはり。それをちゃんとわかっていて、それでも迷いを選択している。
決着なんてついていないのだ。結論が2つ、あるいは3つある。
それらの共存共栄を夢みたい。理想から現実へのシフトチャンジ。言葉が間違っているなんてことは後でいい。
空にはない地の上、また血の上に立っている、際立つこともない個のどうしようもない思想にまつわる話。
大げさだけど、この気持ち悪い矛盾を真っ二つに割ってやりたい。矛でも盾でもないことを自分に向けて説明できるだけの文句を列ねたいのだね。
不問の門番たちじゃ答えには到底、届かない。虫けらを笑う様相の雰囲気の空気の中、怖くもない雷鳴に捧げる。
紛い物の戯れ言。求めすぎる青々とした自由が、一番自由ではない縛りである空の真下、轟音の咆哮がやがて輝く未来。
雷鳴の光はその声に映る。遥かなる太陽の灼熱のため、全部を捧げることを苦にしない心中、穏やかな空がいつかこの心になれば。
それがすべてだと気づく時が来るはず。そう思える太陽は、雨さえも嬉しい涙にもろもろ変え、この心すべてを優しい雫で埋めてくれる。

708 :名前はいらない:2014/04/03(木) 16:07:32.21 ID:ac+Wznof
春霖

雨の音を聞いてる
ただそれだけ

709 :名前はいらない:2014/04/05(土) 04:45:56.24 ID:URtDXtM3
花散らし

もうあそこは使えない
何にしても使えない。君はやりすぎた
秘密を守り切れなくなる
たとえ暴言でもせめてこっちに

710 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/05(土) 13:31:27.72 ID:ccXve9Yl
魂はおれのキングストンだぜ、チャールストン
現在は暗渠化され、道路となっているだと?
トウパス!
トウパス!
魂の季節は、美少年みたいなんだぜ。
男性器そのものになろうとしてわななく鼓動に燃えったって立ち上がる、美少年。
高地に露営して神様の印綬を示し、うんこの艀でシュガー・プラムを猿のオナニー頭に詰め込むのさ。
美少女は蜂蜜酒を全身に浴び、美少年は静寂なる部屋へ荒々しく闖入する。
河岸も歌詞も貸しボートも月の光に愛撫する夜、店屋の中は美少年と美少女が羽目板となるために捧げられる。
胴衣と胸衣。
羽目をはずす破風造りの屋根のお小水。
ストマカー!!
古風な初体験物語は威風堂々と船着き場に到着する。

711 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/05(土) 13:56:12.68 ID:ccXve9Yl
芙蓉のかんばせ
侮蔑のカンバーセーション
じくしゅ

だしゅ

永遠に綱引きするボート
袖や裾は延々、たくし上げられる


納骨地下室の浮彫はうんこの形をしている

小切手なんぞ無駄、無効、無香、振出人死亡

冷たくてさっぱりとした河水の中のダサいハンチングにジャケット、日曜ゴルフ学校のようなダサさ。

河水は流れる、縮帆する陰部のように

712 :名前はいらない:2014/04/05(土) 16:33:17.59 ID:ZqSux996
右の僧帽筋の内側にそれがある
冷たい手足 お別れのフィナーレ
脈打つ眉間は言っている
伸るか反るか 右か左か
前にも後ろにも 道はないと

713 :名前はいらない:2014/04/05(土) 17:05:39.00 ID:g0vRqfNk
今日と明日だけあればいい
いくつにろうと
今日と明日だけあればいい

714 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/05(土) 19:12:13.58 ID:ccXve9Yl
うんこ!!

やあ、ちんこくん

やあ、うんこくん!!

必要なものみつかったかい?

やあ、うんこくん

この世にあるもの、永久に不変だよ、なにもかもね

さがしてきてくれるかい? うんこくん

これまでなにもかもを見つけてきたよ

やあ、うんこくん!! たいへん素敵なことだよ。おいらの希望を探し当ててきてもらえないか?

いっしょに行くなら、きっと探し出すよ

やあ、うんこくん、きみは友達だ!

715 :名前はいらない:2014/04/05(土) 19:32:59.36 ID:URtDXtM3
寒の戻り

花散らしの風は去れど春時雨
私は意味不明なんて当たり前のこと呟かない
違う女性
私は軽くてアホななんて書いてない
違う女性

あの女性は私に話を合わせてくる
口調も確かに似てる
目的は分からないけど同調してくる
本当にそう思うと言って君をたしなめにかかる
ともかくも君を知ってる私の存在にも気付いてる
IP抜いてるかもね
私にはできないことだけど

勘の戻り
私以上に君が気を付けなければ

716 :名前はいらない:2014/04/05(土) 20:03:49.49 ID:URtDXtM3
前衛

なぜIPを抜いているのではないかと疑ったかといえば
文脈からは判断できないものを君だと特定し
そのことに何度も繰り返しつっかかってきていたから
しかもそれぞれ違う場所で
漢字のミスを言い換えたのは私だけど
私はただ一回直後に言い換えただけ
君とは気付かずに

私はそういうことで君を貶めたりしない
一度でもそんなこと言ったことがない
言いたい理由もない
それともあれはパソコンに強いお友達?
私の知らない誰か

717 :名前はいらない:2014/04/05(土) 22:33:22.97 ID:eTc26Z8+
心配してくれてうれしいです。ここも気付いている人は結構いると思いますけどね。

まあ私は知り合いで関わる必要性があると思わない限り基本的に2chの議論には関わらないし、投稿の前に何度も校正しているから漢字を間違えたこともないです(送り仮名の抜けたことはあったけど)。
私のなりすましは難しくても言いがかりも百篇言えば本当になることを期待しているんでしょうか。なら(もっと別種の人にはIPが抜かれているとは思いますが)その人は違うでしょう。
あなたにべったりの人も、嫉妬の表れ方が違うだけじゃないでしょうかね。いいおもちゃを見つけたと思った人を交えた、イメージ戦略の一環じゃないですか。私とあなたのカリカチュアを演じる。
ただ、私の側はほっといて淡々と現実の生活を送っていけばいいだけですが、あなたの側はそうもいかなくなることを分かっている人なんでしょうね。

以上が私が匿名掲示板でのやり取りを推奨しない理由です。

あなたは嫉妬に振り回されることがよく理解できないかもしれませんが、恋愛なんて複数の人間が入ったら面倒になるだけですよ。あなたの宿命的なものでしょうね。
前の人たち(?)はそれで離れたんでしょうか?違います?

718 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/05(土) 23:45:34.42 ID:ccXve9Yl
ん?なんのポエムだ??

719 :名前はいらない:2014/04/05(土) 23:56:31.35 ID:C21pT2Ys
すみません
以前、当板で「その確率を高めることができるかもしれない」を確立と打ち間違え訂正していませんでした

720 :名前はいらない:2014/04/05(土) 23:58:47.83 ID:C21pT2Ys
漢字の誤変換はよくあるので注意しないといけませんね

721 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:5) :2014/04/06(日) 00:19:05.02 ID:UwY42CF5
そのとうりです。

722 :名前はいらない:2014/04/06(日) 01:30:37.21 ID:LHCCRMue
さっきからここまで私無言
惚気なし一切無言

723 :名前はいらない:2014/04/06(日) 01:55:31.40 ID:LHCCRMue
引き続き無言

724 :名前はいらない:2014/04/06(日) 02:16:16.04 ID:LHCCRMue
おつかれ
まだまだ無言

725 :名前はいらない:2014/04/06(日) 02:25:16.17 ID:LHCCRMue
ねえ春か秋がいいね

726 :名前はいらない:2014/04/06(日) 02:49:43.40 ID:LHCCRMue
チャーハン1005皿目

727 :◆dRSt7e4X.U :2014/04/06(日) 04:58:57.13 ID:XhVHKtRu
「かんがえみる蜜の思断片」


『便宜上今これを書く私自身に‘蜜’という架空名をつけ、
捨て固定ハンドルもとい現文章での私自身の一人称とする
蜜がこんな面倒なことをして此処にものを書くのは、
一連の会話が蜜に関わることに思え、それが何だか嫌だし気持ちが悪いな、と思ったからだ


蜜は、寒の戻り、前衛、を目にして、何かやたらに悪く書かれている>女性が、蜜のことなのでは?と、疑い思えた。
便宜上その前提として「え?」と思ったことを書く。

蜜は、ここのところ、
どうしてよく分からないことばかり言うんだろう、と思い気を焼いていた、
時折板で(のみ)会話を交わしてくれていた友達(二作の作者の書く‘君’か?)について、
二作の作者の書き込みについても、
前述の蜜の‘友達’だと混同していたところがあるのか?と思った

以前に性別を女性と名乗る?(うろ覚え、多分)方に「私はあなたの探し人ではない」と指摘して頂いたことがある
何となく二作の作者は(文体や内容などから)その方と同一かなあ?と、蜜は憶測した←あくまで憶測です、違ったら申し訳ない

因みに蜜は、前述の友達に、
あなたの言うことは分かりずらい。分からないことはお互い明らかにして、理解を共有する通常の会話をしないか?と最近書き持ちかけた
これに、二作の作者の言う>意味不明が当たるのか?と思い、
(意味不明という言葉を使ったのは完全未投稿のまま捨てた文章であるし。
↑まさかなあ、とは思うが万一こっちを指して言っているのだとしたら別の疑いが出てきて蜜としては気持ちが悪い)
作者は蜜のことを、文中、宛先の>君へ言及しているのかな?と考え微妙な気分になったのだった。

因みに>軽くてアホとは何処にも書いていない。
以前コテをされてた別の方宛に、蜜宛の書き込み「とも取れる」(断定は出来ないが内容の重なりの見られるもの。
正しくその方宛なんだろうなあ、とも蜜は思ってる)ものが書かれているのを見、
自分なりに真剣にその友達について考え悩んでいた蜜は、「心の中で」、‘放置のまま違う人に書いちゃうのか。何かビッチだな’と

728 :◆dRSt7e4X.U :2014/04/06(日) 05:02:01.42 ID:XhVHKtRu
思ってしまったことがある。(友達のひと、傷ついたらごめん)……何か少し気持ち悪くなってきた。
ともかく、眠ったり時間も経過して、友達が、本当に伝えたい人に何か伝えられたならまあいいか。と思い直したけど。

まあ純粋に心の中で思ったことや頭で考えたことが他人に伝わるなんてことは、一般にはあり得ないことなので、
二作の作者にも何らかの誤解たる疑惑が、或いは幾つか生まれてるんだろうなあ、と蜜は思った。

>君を知ってる私の存在
知らない知らないw
幾ら友達でもその個人自身から語られない限り、そして蜜に直接の耐え難い被害?や関わりがない限り、その人間関係には一線が保たれるべきだし
わざわざそんなこと思いつかないよ

>IP抜く 何てしち面倒くさくて悪趣味で高度なことも出来ないししない、勿論したことない
何で蜜がそんなことしなくちゃならないと思うんだ?
いや、蜜が、とは断定出来ないし、文中の君を心配してるのだろうと憶測するけど、それにしたってちょっと酷いんじゃないか?
一応、蜜のpc知識は、恐らく機械類に弱く疎いおかーちゃんレベルだ、ということは付け加えておく

前衛、についてだけれど
漢字のことは何だかよく分からない←思いあたりがない が、
ある程度の年月、興味を持ったり理由があって注意して板を眺めたりしてきた者にとっては、
或いはもしかしたらそうでなくても、
蜜の場合精度は然程よくないにせよ
この今の極端に人の少ない板の中で‘当該の友達かな?’と思う書き込みに自然見当をつけることくらいは
それほど難しいことではないと蜜は思う。

蜜は、当該の友達が、確実にやりとりの出来る場所があるにも関わらず、そこへは言いたいことを書かず(返事保留の状態)
返事や(蜜へと取りようの大いにあると感じられる)気持のようなものを、あちらこちらの違う場所にばら撒くのが理解出来なかった

理解に苦しむし、いい気持ちはしないところもあり、又理由があるなら何故か知りたかったので、
どうしてそんなことをするの?と、何度かその場所へ赴き問うてきた。他意はなく、ただそれだけのことだった

729 :名前はいらない:2014/04/06(日) 05:02:20.67 ID:LHCCRMue
今日ほどアナタに感謝したことはないと思った日

730 :◆dRSt7e4X.U :2014/04/06(日) 05:03:48.32 ID:XhVHKtRu
蜜も誰かやその友達を貶めるようなことなど、書いたり思ったり画策したりしたことはないぞ
何だよ、貶めるって……

ここまで、二作について作者の思い考えた大まかなこと。
蜜に思い違いがあるならばどうかご容赦願いたい。
尚、
・別の可能性
・心の中で〜
の下りについてまで蜜が僅か可能性を広げてしまうのは、そうと思しき可能性の高かった、蜜のこの板に関する‘過去の経験’によるところからであり
作者を乏したり、まして貶めるなどという類のものでは全くない。

出来るならば、これについても理解とご容赦を願いたい。ごめんね。
色々とまだ蜜の中になくはないのですが、
まあ、これに関する
お返事やそれに類するものは恐らくないだろうなあ、と蜜は勝手に思っています。
ただ、心身の健康には気をつけて欲しい。多分、余計なお世話だけれど……

二作への次レスでの返事について
あくまで二作の作者への返信なので蜜が何か書くのは横からになってしまうが、ご容赦願いたい
特徴が一致するのだ。
同じ理由からというか何というか、色々蜜の中で思うところはあったのだが、多くは書かない。
……便宜上、当該レスの特徴の一致を
(半分)正解として話しを進める。

相変らず蜜には分かり得ないことが多いし、時間の中で、蜜は不理解に説明のなされることはないものと理解してしまっている
そういう意味で、>複数の人間が入ると面倒になるだけ は頷ける
ただ、特殊特別な思いや親しみはあったにせよ、蜜は友達と(近年?正しく)恋愛感情を交わしていたつもりはないので、その点で同じとはならない。

いつからか、と言えるのかはわからないが、その、蜜のことを友達と喜んでくれた人は、蜜の心からの問い掛けや疑問に
明確明瞭に答えてくれることはほぼなくなった。

731 :名前はいらない:2014/04/06(日) 05:04:57.48 ID:LHCCRMue
解除ありがとう

732 :◆dRSt7e4X.U :2014/04/06(日) 05:09:07.93 ID:XhVHKtRu
何か理由や事情があるのかもしれないが、その理由や事情さえ説明されないのでは、蜜にこれ以上それを汲み取ることは不可能だと思われた。

それについて、蜜は少なからず、残念……かなしいことと感じてはいるが、もし特徴の一致が思い違いでないならば
その(二作の作者への次レスでの返信)内容からも
放置期間や他からも
そういうことだったのだろう、と蜜の中で納得はいく。

>私の側〜あなたの側〜
の、どちらをどちらとして意図した文か、など、取りようによって理解の全く変わる表現は多くあるが、
それ以前の問題だろうな、と蜜は思う。

蜜は、友達として蜜なりに真剣に悩み向き合う蜜にとって、余りではないか?と思うことについては、
説明し、問い、説明して欲しい、と当該の友達に伝えてきた

だが、>嫉妬 と称される感情は持っていなかったし今も持っていないと思う
他にも、一致なら残念だな、と思うものは書かれたものに幾つかあるが、何もかもが願ったとおりにならないのは仕方がないこと
それは蜜の中では半証明されてしまっている

ここまで書き、遅れて遅れて遅れて別所くあとんぜに届いたと思われる友達からのお返事と思しき書き込みを読み返してみた。
何となく言葉に意味がとおっていく。
これでいい、という意味

うん。なるほど。お互いにとって、側にいる人を何より大切にし想うのは、そして添うのは、とても自然で大切なことだと蜜も思う。
あなたのあなたが完全に蜜でなかったとしても、友達が晴れやかに道を選べたのなら蜜はとても嬉しい。
落ち込んだり、腹を立てることも特にいつからかのここ最近蜜は多くて、それについて申し訳なかったと思う。
神様なんて都合のいい時しか信じない蜜だけど、心やその哀苦にそそがれる祝福なら、
素直に信じ、綺麗だ、と思いたいと思う。そして、本当によかった、って。

733 :◆dRSt7e4X.U :2014/04/06(日) 05:10:34.66 ID:XhVHKtRu
心より、光の中で幸せにいて。うまれる影も決して敵ではない。

ありがとう。』

『あと、これを書いて思ったのは、誰が誰だと探る風にも取れることは、蜜はやっぱり苦手だし、正直に言うと本当は嫌だし、
自身がそうなってしまうことを美しいとは思えない。
これも含み、それを宛ててしまったひとに、申し訳ないと想う。
少しだけでも理解してもらえることがあるのなら幸せだと。
申し訳ない』

花の中で、群青色の宙空とお喋りをしていた蜜は、ゆうらりと飛んできた蝶々にキッスをされ
吸われて花からなくなりました。
蝶々のお腹の中で、土に還るまで
蜜は黙って、心に汲んだそらを見ていました。

『…p.s.…
‘ただ遊んでいた’、っていうのは心に引っ掛かりがあったな
遊んでいただけというには、私は創作以外の面でも余りに時間と心をつかった

わかっていると思ってたな

匿名掲示板でのやり取りを推奨しないのは蜜も同意する

何かあった時はぽっち
ないほうがいいのかな
じゃあ、……』

…… …… ……

夜が明けます
蜜いろの、そら


ーーーーーーー

734 :名前はいらない:2014/04/06(日) 05:11:47.75 ID:LHCCRMue
誘導

判断つかなかったのはここのこと
繋がってないらしい点と点

不安にさせて悪かったね
矛盾じゃなくてわざと嘘ついてる

735 :名前はいらない:2014/04/06(日) 05:27:28.98 ID:LHCCRMue
どこかの空の下

寒いところ遠いところ
そして狭いところ
しんどい時期鬱々としやすい環境
忙しすぎる日々
食事制限夢見制限
性欲の制御?

私はただまだもう少し彼女の出方を警戒して
刺激するのを避け
いつものように君は私を鏡にするから
怒りも悲しみも私の中に映るのを
前よりは強い気持ちで受け止めている

明日は
寒くなるらしい海が近いなら
温かくしておやすみ

736 :名前はいらない:2014/04/06(日) 07:03:08.95 ID:XhVHKtRu
「徒労」

>>729 >>731
解除はわかるけど、何が?わからない
と思って
規制でレスできないので読み直しながら

>>735は多分私じゃなく返レスの人宛てだよなあ
>>734 嘘ついてる?誰のこと?ん?これも私宛てでないのか?と思って

何か思い出して花散らしから読み直して、やっと
多分全然違うことで、見知りの二名が
どこだか知らない全然別所で起こった何かなどについて会話しているのを
私が単に勘違いしたのかな、と思った
多分前から?か……

物すっごい疲労感……落ち込む、自分に

どういたしまして。



やっぱり苦手だし向いてない
体温もどったら寝よう……



*
と、籠〆城のカタリモノ

737 :名前はいらない:2014/04/06(日) 07:05:24.88 ID:XhVHKtRu
>>
思い違いごめんなさい

738 :名前はいらない:2014/04/06(日) 19:15:53.82 ID:LRBQtPP9
飾りのないあなたの芯の優しさに触れたこと
言葉では伝えきれないものを抱えている
身持ちの固いと言った通り
誰にでもそんなことを望むわけがない
たとえ嘘に嘘を重ねたとしても

心の在り処を求めなければ生きられず
(私はそう思うからそばにいる)
求めようとすれば処世の道を失うと
(皆あなたの人生を案じているんだよ)
言葉では伝えきれないものを抱えている

739 :名前はいらない:2014/04/07(月) 00:57:07.10 ID:Jl0yL24z
UFC 102 - : アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. ランディ・クートゥア
https://www.youtube.com/watch?v=tpvWLa7SJ-c

UFC 105 - : マイケル・ビスピン vs デニス・カーン
https://www.youtube.com/watch?v=KHwj_1Jn8L4

UFC 146 - : ロイ・ネルソン vs. デイブ・ハーマン
https://www.youtube.com/watch?v=qJA16o7tCt4

UFC Fight Night 31 - : ティム・ケネディ vs ハファエル・ナタル
https://www.youtube.com/watch?v=e-x0ijoxsv8

740 :名前はいらない:2014/04/07(月) 02:15:49.57 ID:O25opXFu
りんかい

前に進むことも、
そうじゃないことも、それらすべて。
それらがすべて。
そのすべてのそうじゃないことが、前に進むことに繋がれば。
そうなればいいように仕向けていけたならいい。
誰彼、かまわずいい。
自由の中、自由に涙し、
そうじゃないことの中に膨らむ違う道。
反対かもしれない道であっても自由。
そうやって縛られないのも自由。
何でもいいだろう、というのも自由。
そうじゃないのも自由。
鮮やかな緑に吸い込まれ、
無限の青を黒く見る希望。
空からの光に照らされるそれに、
新しい希望を見たのいつ?
感覚を取り戻しても絶望なのか?
だから取り戻さないように本能か何かが意志の邪魔をするのか否か。
運命に見た哀れみの隙間。
非難しかない盲信を恐れ、
どこかにまだまだ逃げる空想よ。
それすらない現実に勝ってもスカで、
理想郷に帰ったアカツキ。
誓いと裏切りを一手に埋葬。
地下が最上級の、そんなひねくれた椅子がまた還ってきたら。

741 :名前はいらない:2014/04/07(月) 20:37:56.00 ID:reWqAqgR
シニクの仮面

ああそうか 点と点ってそういうこと

ユートピアの仮装さえ 出来れば当たるはずだから
心に触れ合うこともせず 規律ばかりと思うんだ
下らぬ三文芝居にも 流れを合わせてみたけれど
……… 結局元の木阿弥か
愛を伝える言葉さえ あなたの孤独を深めるばかり

742 :名前はいらない:2014/04/08(火) 01:49:13.55 ID:tCLHmu4Q
……慣れないことで大変だとは思いますけど、仕事の効果ちゃんと計算できないなら初めから本人に任せたほうがいいんじゃないんですか?

743 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/08(火) 20:36:48.64 ID:OEC+KRV8
亀は千年、懊悩一瞬、鶴は万年、後悔永劫、部屋の中に奇跡の朝舞う

出会いは千年、歓喜一瞬、別れは万年、希望永劫、部屋の外に奇跡の朝舞う

あなたがわらい、ぼくがなく、奇跡は繰り返す、部屋ではないどこかで

744 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/08(火) 20:46:30.72 ID:OEC+KRV8
病院の縦割り行政はどうにかならんのか。

なぜ緊急の際、主治医がいなくても対応してくれる医師を置いておかないのか。情報を共有し権限を委託しないのか。これは夢の世界ではなく、現実である。日本の現実である。

なにが総合病院なんだか。総合とはなんなのか、縦に割ることかい。

糞独立行政法人病院が、かっこだけつけやがって。

745 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/08(火) 20:52:18.18 ID:OEC+KRV8
豚王の子女を誘拐し・豚王妃の住処に放火し・銀行を破り・国会議事堂にニーチェを仕掛けて/

変態性・の・神・と・なろう/

SFマンガ・なんぞ・やめてほしい・の・です/

怒鳴り散らしてやろう・ケタケタ・ニタニタ・笑う・クレーマー気質・の・バカどもを/

立体テレビ・の・主婦座談会・にて・公開・処刑・する/

    ああ・指先・の・におい・を・鼻に・もっていく/

      ああ・鼻・が・肛門くさい/

冗談・冗談・ですって・地獄・の・中で・マスを・かく・ってなもんです/

746 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/09(水) 00:14:50.67 ID:gvowtCH7
アラミストから、あらミストが噴霧されたわ
花粉症なのアタシ、そうよ、おかまの花粉症、ネカマでもあるわね

――ソチンくんはそう言った

まさに悪夢だ、クマのプーさんの新訳、阿川佐和子って、大丈夫なのかよ

それも悪夢だ





アラミストとは、点【媚】薬ならぬ点【鼻】薬のことであるっくっしゅん

747 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/09(水) 00:27:58.21 ID:gvowtCH7
詩人は、世界における非合法的立法者ではない

詩人は本来、立法者、預言者であった
厳しく清らかな今日この夜にも詩人は高く高く澄み渡る
愛の理想を天から地にこぼす祈りを携えて

単調な生の音に退屈している偽物の詩人はこわれた鏡のような空を探しているのだ

748 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/09(水) 00:38:13.86 ID:gvowtCH7
タイトル『夢に関するささやかな考察(正常範囲内)』



逆茂木型の陰毛に突き刺さって死ぬ夢は見たくない

エキノコックス症候群に対するジョン・ロックの困惑ぶりと、その質を同じくするというレベルの夢

そんな夢を見た日には、どうなる?

さまざまな観念を記憶としてデータベース化する夢を見たい

永代相続権と限嗣相続権との【戦いの夢】をみるときがある

二門の臼砲からしゃしゃりでてくる、あほうな双子みたいな、鉄の舟のごとき安定感のある夢なのだ

よくわからないって?
それはautomation化された小説のような陳腐さとはかけ離れた、
幻想的で幻惑的で眩惑的な夢

夢を見たい

749 :名前はいらない:2014/04/09(水) 07:17:56.83 ID:U4qLmvRI
大層

「それだけでいい」と思うことは、それが正解に近いのなら、それでいいと思う。
ただし、「それだけでいい」にも関わらず、「それだけ」じゃ「それだけ」を認識できない。
「それ」を認識できても、「だけ」の位置付けをできないから。
「だけ」という位置付けをするために、「それ」以外が必要になる。
ということは結局、「それだけ」じゃダメということ。
本当の意味で「それだけ」で良かったから、「それだけでいい」と思えるものだけを見ていたかったのに、
それをしっかりと確認するために、「だけ」という位置付けをしっかりと認識しなきゃいけないなんて。
バカらしい。バカバカしい。こんな脳ミソ自体がもちろんバカバカしい。
けど、少しはうまくいかなきゃいけない。
やっぱりバカバカしい。

750 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/09(水) 14:12:51.79 ID:gvowtCH7
現実と真実と事実はちがうものであることを、知ったほうがいい。
小保方さんたちは、わかってないようだが。
それぞれ、崇高な概念だが。
わかったほうがいい。
現実・事実・真実。

751 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/09(水) 17:55:47.37 ID:gvowtCH7
ヒマワリの超特大輪のゴールデンイエロー
ガキの周りに、毛深い神神、ごま塩がぼうぼうと、いやらしいほど渦巻いて、人種のるつぼは、ガキの瞳に群れをなす
俊敏に羽風を切り渡す、原始人の翼、この部落の乞食たちの崇高な、神神である
ヒマワリは金光の平面の中に、寒い霞がかった曇りが轟々と、怒りの響きをたてているんだよねえ

首をすくめながら、原始人笑いのお祭り気分
われも乞食になりたいなあ
ベルガモットも香り、火打石の性行為、割礼の罰則、この夜景は
シェイクスピアには箱書きできない

空をみりゃ、レベル1からレベル100まで、お星さまよ
幽玄微妙な神々のふもと、ここいらは重くて匂やかな、超近代的村落にちがいないぜ
心のひもじさが消えていく

そして凶鳥が啼く

752 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/09(水) 18:48:39.28 ID:gvowtCH7
会いたさ見たさ、ゆりかごの鳥、えんやーこらどっこいしょ

波止場も埠頭も、大陸も、人種の籠にゆられゆーられ

はーいやはーいや、メタフィジカルな、送迎門なり、ここは乞食の失楽園だっちゃ

深く
昏く
遠い
潮騒の
反射の
光の
ゆらゆら

えんやらがってん、えんやらがってん、星、星、星、星

ウミガメみたいに長い首を、だーれか引っ張りおるわい

753 :名前はいらない:2014/04/10(木) 03:24:49.04 ID:R3D0AqRj
ゴバワァー
ゴボリンモグモグ
モグモグトーイ
モグモグファクトリー
ももももももものうち
柿の種
ひなあられ
しになはれ
グーでパンチ
ナックルナックルナックル
ビックルセックルモモンガ
モモンガ!
モモンガファイヤー
フィヤーモモンガ
むささびちゃうんかーい
だったらどうだと言うのだ
それが・・・・
必然だったからだ(キリッ
フンフンフン
ンンンンンンン
白目

754 :名前はいらない:2014/04/10(木) 03:46:26.84 ID:R3D0AqRj
あー
言うよねー
あ?
土下座矯正器?
やってやる
ルンルンルン
いい匂い
たまらんちん
ハァハァハァ
え?
お前は俺に勝てないよ
デスヨネー
勝利の化身栄光の権化
デスヨネー
今宵は俺と
愛憎プロレス
デスヨネー
殴り合い噛み付き合って
殺し合おう

755 :名前はいらない:2014/04/10(木) 06:13:47.01 ID:ptipDITf
憂いを含む眼で君の写真を眺めた後に

偶然気付く走り書きに
目がしばしばする
ああ…
さっきの私の純粋な憂いは
やんごとなき強制機に変換されたらしい
たまには意味が分からないでいたいものだとたまに思う
元気そうで良かったよ

756 :名前はいらない:2014/04/10(木) 12:29:57.85 ID:MfOEqNp/
自分の支離滅裂な言動を恥じない思いあがりであなたの生活を振り回し、精神をズタボロにしておいてよくもまあぬけぬけと節度ある恋愛なんて言えたもんだと思います。
そのうち私をスケープゴートには使うのは不可能だと知ったとき、あなたのお義父さんは保身のために叔母さんの味方になるんでしょう。
そして今度はあなたという人間がいかに極悪非道であるかを証明することに生き残りをかけるわけです。しかし根本の原因である自分の無計画を正すことはしないのだから無駄な努力ですね。
私、モンゴロイドは将来のより大きな発展のためにネオテニーが進んでるって知識でだけは知ってましたけど、ここまで無教育で酷いのには初めて会いましたよ。
それはまあ、あなたにコンプレックスも抱くでしょうね、たしかに。一般社会とは逆の意味で知能レベルの差も虐待の一因じゃないんですか?
そういうのがいっぱいだったらいくら上司だからといって合わせるのは疲れるだろうし殺人現場で素人芸のコントを見ているみたいでどんどん心が黒く染まっていってしまうでしょう。
あんまり人前に曝したくはない部分(私のsin)ですが、私は今の自分の運命に対する不安よりそういう愚者の祭りに対する冷酷さの方が勝ってしまっている。

用心するに越したことはない、彼らはなりふり構わず他の観客を連帯責任に巻き込むだろうから。
けれども恐れすぎてもいけない。実はあなたにあり、即身仏などという麗句で強制された自発性を正当化する彼らにはないのだから。

757 :名前はいらない:2014/04/10(木) 14:50:31.84 ID:BoyJhI7n
塵建て

「遠くから」の訪問者。
異形なのは見て取れるが、その思いは向こうも同じはず。
常識は感覚を元に。
それをしたら非常識に。
感覚を別に元にしないような常識。
そんな非常識が常識。
この線の向こうとこちらは同じなのか否か。
近いものを見ても遠い。
奇跡のような遠さが実は近かったりと様々。
違う場所からでも同じ場所を目指す。
そんな同じなら、違う場所からでも同じに近いのかな。
孕む矛盾に違和感。
解決の糸口はプラスではなくマイナス。
マイナスにマイナスかけるイコールのプラス。
嘘みたいな話が本当に存在してる。
その数多を束ねたい方式。
イズムは受け継がれているということに気づくのは後の話。
あの時もそれを感じていたと後に気づく。
正しさに少し触れた感じがして、それだけても少し救われる。
「違う」なら、それなりの条件が要る。
違う分の空間と、見合う物。
正しさの間に光り始める、遠い空からの贈り物。
意識と意志で、欲望を貫いていく。

758 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/10(木) 22:44:44.56 ID:DUx2xla1
神々の黄昏だ、うんこだ、ブラボー。うんうんうんうんうんこさー!
変な色だ、夕暮れ時の、一大脅威だ、ああくさい。手のひらのお星さまだ、うんこさー!

人間、神、きっぱりとした産褥、産み落とし、うめ、ふやせ、うめ、ふやせよ、うんこを、ああ、うねるうねる、
ピリピリぴゅー、前景、後景、全景、神の墜落だ、陽が暮れるんよ、うんうんうんうんうんこさー!

759 :名前はいらない:2014/04/10(木) 22:58:22.41 ID:Bvt+DZcj
明日 明日 明日があるさなんて
逃げを誇らしそうに言うなよ

明日は朝が来れば今日になり
今日はまた朝が来れば昨日になる

いつだって自分ができるのは今日のことだけ

明日 明日 明日があるさと
逃げを誇らしそうに言うなよ

760 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/10(木) 23:19:07.03 ID:DUx2xla1
夢がある、追いかけよう、池下紅葉層、人間、山の上で聞きしこと、垂訓、追いかけよう、
夢がある、超人が待っている、舞踏せよ、夢がある、舞踏せよ、夢がある、舞踏せよ、夢がある、舞踏せよ

761 :名前はいらない:2014/04/10(木) 23:49:12.92 ID:o/f6YSr4
カジキマグロを読むと、張り切ってきた君
中目黒で会った浜田君の軍手は、まだまだ十分
灯りが毎週のように運動場を照らす
我が家の卵とじは美味しいのですが
ぬる燗第一の店内は目先のことで無造作なんです

762 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/11(金) 00:17:43.21 ID:2LuesEVF
ははは全称命題に過ぎないよ、ははははっは、双対的な多面体からは詩は導き出せぬよ。
ははは、あらゆるトートロジーに対して真理値をあてがうことはできない。
それは、アポステリオリとかアプリオリとかいう人間の主観の限界をあらわしている。
超弦理論すらも詩を束縛できぬ。

763 :名前はいらない:2014/04/11(金) 02:30:30.19 ID:dg22HR9U
夢の破片の夢の中

してない約束を仏智されても怒ったりはしない
今朝見た夢の感触の生々しさに気配に音像に
眩暈がして判断力が少し鈍っただけ

私の陰を追うには記憶より技術が必要で
彼女は己の持つ能力の故に病んでいく
引っ越すと私が言ったせいで自分を見失ってる
こんな形で見ず知らずの人に縋られる日が来るとは

愚かなのは私たちも同じでむしろ一番愚かかも知れない
あああの日で終わりにできていたら良かったのに
寂しく漕ぎ出す花筏は流れ流れていつかは海に
消すことのできぬ足跡が遠くに行くのを待つばかり

さくっとぱぱっとはっきりと言いたいこと言ってしまった後は
異形なりに共存できるか未知の道を探すのみ
体調崩しているんでしょう
ちゃんと食べてお眠り
もしも並んで眠ったら私たちどんな夢を見るんだろうね

764 :名前はいらない:2014/04/11(金) 04:20:08.46 ID:dg22HR9U
幼気

you say goodbye and i say hello
君は死にたいと言い私は生きたいと言う
君は死ぬように命じ私は生きるよう念じる

いつか悲しい話を聞いた
どうしても埋まらない溝を埋めるために体を重ねるんだと
洞のように空いた無理解という寂しさを意識の外へ追いやり
どんなに近くても孤独だということから目を背けるために
それは違うと言えるだけの確かな経験値は今も私にはない
食欲や睡眠欲と同じ箇所に中枢を置いたのは
人体の構造上の間違いに違いない

汚いという感覚は何処からくるんだろう
原罪だなんて男の過剰な強迫観念だとしか思えないのは
それそのものが汚いとは私には思えないから
複雑な理屈を混ぜ合わせても
目の前にいるその人を否定しなければならないもっともらしい理由には
いつも辿り着けない
愚かではない私が良ければそれで良いでしょうに

類する感覚が他に存在しないことが
訳の分からないものは一先ず警戒し恐怖して避けようとする防御反応に引っ掛かるのなら
まるで狂ったマクロファージのように自身の体を攻撃して
不必要なサイトカインをまき散らし続けている
なぜ人間だけが善悪を作ったのか
これが社会的理念よりもまず先に第六感に根差すものなら
予めボタンを掛け違えた服を着させられて子宮から送り出され続けている
自身の首を絞めいつか途絶えることを運命づけられているかのように

私がそれを破っても事実社会は混乱しない
そんな影響力を持つはずもない
問題は私の頭が多少混乱するだろうことで
そして最終的にはそれが全て
最大の問題はいつもここにある

君は死にたいと言い私は生きようと言う

ぐるぐると考えても着地できるのは大概同じような場所
限られたコミュニケーションでこれ以上先に行けるのか
理解の枠組みの違いを超えられるなら試してみても良いと思うことが
欲の一言で否定され呪われることが私には分からない
分からない
それが私の幼気

765 :名前はいらない:2014/04/11(金) 18:14:55.24 ID:kzh1LQHS
秩序

覚悟を決めたはずなのに、またまたズレ落ちる。
近いのならもはや同じだと思おうとしたはずなのに、また別の思い出がちゃんと邪魔をしてくる。
矛盾には気づかないけど、身体がちゃんと感じ取ってる。
気づいてる分なら理解できる。
だけど気づいてない分はまた考えなきゃいけない。
しかもこれはつい最近まで心に存在してたもの。
意味合いが違うようになってまた現れる。
どうなっているのか。
決めた目的。薄れた瞬間。成就する謎。新技の思惑はいかに。
決まりきってる絶対の強み。
それに似てる進路。
ただならぬ目的意識への覚悟を捨てた瞬間に降ってくるテキトウ。
センス頼り。
どこへ行く?
目的のために、そこに行く?
そのためのテキトウ、センス?
好きなもののためだけだったけど、
それはまた別の、絶対の目的のためのような。
そんなための好きなものなのか?
疑いはなかなか晴れない。
曇りがもくもくと腫れ、太陽を闇へと覆い隠すような。
決して決まりきっていないということなのか。
まだもうちょっと果てしないあの世界。

766 :弧高の鬼才 ◆zD.tvziESg :2014/04/12(土) 00:02:55.99 ID:kf/IlOpZ
溶岩焼薩摩屋・正泰苑・飛騨牛一頭家 馬喰一代・焼肉中村屋・

七厘・みつまた・本とさや・藤太・李昇・昇家正々堂・

石田屋・松蘭・一升瓶・赤ちょうちん・焼肉くにもと・新宿ホルモン

767 :名前はいらない:2014/04/12(土) 00:08:28.88 ID:eSr399Mo
鼓動を重ねる それだけでいい
口づけを重ねる それだけでいい
あなたが何者なのか 私が何者なのか
少しずつ心を分け合えるなら
正義が愛の領分を侵すこともなく
絆は二人の歩みを深めてくれる

呪いの言葉を持たぬのは神の心に触れたから
私は火の神栽を恐れない
失くしたもののすべてが返りはしなくても
私は聖霊の光を感じている

768 :名前はいらない:2014/04/12(土) 02:04:48.03 ID:lI9/17z0
一番テキトウ

また手放すの、
熱い力み、心の膠着を。
転じるの。
あり得ない意味。逆転くらいの構図。
矛盾に躓いて、でも越えたのかな?まだ未知。
弾丸。
柔らかな網。
捕らわれないし、捕らえない。
単純を謳歌し、またそれに似たものに惹かれた。
だけど裏切られ、こっちも裏切った。
新しい折り紙。
お互いに見つかったのだろう。
違う次元が重なる奇跡。
運命は表裏一体で、同じようで違う、その似ているものを頼る。
同じならばダメだということ。似ているけど違う。だからそれぞれ際立つ。似ていても違うから際立つ。
決めつけないで、決めないで。
感覚に理屈は要らない。後付けの説明で整理しても、すでに飽きてる。
恐れないで。裏切りは遠回りってこともある。
それが近道の場合も、それしかない場合もある。
そう、退屈ばっかりではない。
単純という方式に嫌気がさしても、複雑な抜け道しかない難度がいつか現れる。
それは方式ではない。感覚。
結局は帰ってこれる。感覚が大切だった場所に再び。
それが最後に要るから。

769 :名前はいらない:2014/04/12(土) 02:23:28.45 ID:lI9/17z0
神髄

理不尽の牢獄。
バカみたいに刑期の中の妙を学ぶ。
そんな出口しかない。
でも知らないうちにブッ壊せそうな力を得ていた。
でもまたそれも勘違い。そういうフリじゃなくて、マジの勘違い。マンガの見すぎ。そんなに観ていなくても。
でもそういう話とも違う。
理不尽は現実にこそ在り、見たこともショックを要らないのに与えてくれる。
バカは強いってこと。
内訳も知らず、自分の事情しか見えないから強い。
条件確保だけに燃えている。
存在意義なんて考えたこともない。
穴を突っ込めば、言葉の無い怒りが湧き出てくる。
与えられた力に身を任せ、脳ミソなんて平気ですっぽかし、本能で。
心は見えないけど、易しすぎるチンケで満ちていると見られても仕方ない。
それくらい平気で説明不足を晒してくれる。
常套句すらないなんて。
範疇が狭すぎの防御策。
その割に無駄にデカイ攻撃の包囲網。
最低、簡単にあしらえるぐらいにならないと。いくら何でもキツいだろ。

770 :名前はいらない:2014/04/12(土) 02:45:29.67 ID:lI9/17z0
占拠

進んでも、進めない。
進んでも、進めていない。
壁は簡単に在る。簡単に現れる。
おかしな壁だろ。そう思う方がおかしいらしい。
それでいい、とすら思うのが普通。
ならば当然、必然か、進んでやらなくなる。
おかしいやつの普通さは、真っ当な壁を当たり前のように、越えようとすらしない。
高すぎる壁を見ても、平気で低く見れるちゃうから。
自分の地表よりも遥か深くに埋め、代わりに能天気な空を平気でバカ面しながら、夢の続きの空想を簡単に呑み続けていける。
囲まれちゃうよ、現実に。
ふざけた論理はお互い様。
重宝を選ぶ先でも、いつかはまたあの壁が地下から目の前に湧き出てくる。
ヤツが要る限り、きっと嫌な永遠。
だったらまだせめて嫌じゃなくなるまで。
そんな攻略ぐらいはしなきゃいけない。
というか、それだけでいいのかもしれない。
大好きな細部に帰ってこれたのは、もちろんそれが今こそ必要だから。
思い出したことへの疑いを晴らすために、また心を削りながらも証明しなくちゃいけない。
異なる3つが同じくらい似ていて、その近さにそれぞれの意味が存在すること。

771 :名前はいらない:2014/04/12(土) 20:25:05.88 ID:lI9/17z0
天井の扉

燃える。
何かが今、燃える。
心の何か。
捨てたのには理由があり、
再び思い出すのにも理由がある。
今、必要なそれ。
生きる糧の一部。
欠いちゃいけないひとつ。
足りない部分はまだあるんだろうけど、
足りなかった部分の一部は埋まったんだろう。
だからもう思い出してもいいと。
思い出しても問題はないと。
片付いた問題の正解を常に即答しながら、
熱い思いを心に再び灯し、燃やす。
壊れてもいいとさえ思うくらい。
でも、壊さないような仕掛けをちゃんとしてるから大丈夫なはず。
色んな目的、いくつかあるけど、
ひとつをきっかけに良い流れを繋いでくつもりで。
煌めきは自身次第。
我が身を信じ、情熱も信じる。
嫌でも届くように、劣悪のような常軌をも呑み込んで。
果てるまで燃える。
灼熱の太陽を見習い、
冷めきった大海原、最強の蒸気で飛んでいく。
熱く跳ねる。
圧力も跳ね返す。
天井の扉、ブッ飛ばす。

772 :名前はいらない:2014/04/13(日) 03:08:26.22 ID:dMMev7j6
牧瀬里穂ーのりピーーーにいわれるくらいーーのーーでそー?はじーーー

おわー朝山ーーん真砂ーーーだようーおわーふつーよーーでそー?あざらどーーわーーおわーあざらしー熱唱ーー熱しーーんよーおわーネッシーーよおーおわー菜々子ーー痛みーなくーをあー痛みなくーおわー嫌みなくーいうのーかーー


その通りよーーなんでーー?買うなーなー刀ーー?いうのーほどほどー韓国ふぁーーーでーー?とかいうところーー?
そりくんとかー変なーー。。。ー出し惜しみでなあにーー?いわすとこーをあーーどおわー朝山ーーー
おわー韓国おわないーーいわないーのーをあー韓国よーー真砂もねーおわーはやくーー
その通りよーーなんでーー?

773 :名前はいらない:2014/04/13(日) 03:09:09.01 ID:dMMev7j6
買うなーなー刀ーー?いうのーほどほどー韓国ふぁーーーでーー?とかいうところーー? 。。ーこれがーまさごーーをあーハワイきどりーおわーコカインー
高橋なんかーいうー?YMOーー?おわーおわーおわーー?ねーはくーーぢーおわーーどおわーーとかいうのーをあーあほどーのーおわー細野晴臣よーおわーーきめーーおわーやつらーーー
鶴田真由いいこよー?ーおわーーよーおわーはやくねーーー
八幡宮ーもおいたーーーいわーーないーのーをあーばっかーーのーをあーーでそー?不倫ーー開国よーおわーーなーえたこおーーー
まじだー最低限ー

774 :名前はいらない:2014/04/13(日) 03:13:09.49 ID:dMMev7j6
さいか屋ーーーがーーーいいんだー気がいーーーついたよーおわーーあほーをあーロリコンーーのことーーとかだーーー
嫌だーずりーーおめこかーー
嫌がらせーーしてるーーーあたしにーー大声ーーでーいうーをあーしたーーいーおわーーしたいーおわー医者ーーよーおわー大声ーでーいうーをあーーアホー女ーー鶴田真由ーまじだーーーきもいーおわーー鶴田真由ねーーー

えたにー習うだけでー根性ー惜しみーーないーおわーなー家族でしたーーとかのーーでそー?
指でーーかきわーーけるーーふりーーしてーいないーーいないーーとかーおわーギャグーーするーおわ真っ向ー鯨ーーるうーおわーーおわーるうさんーーいうーおわーくじきー 菜々子なにー?
おわー嫁子ーー?韓国よーーもおもおーーでーおわーなーとこーーー
とおこーベストーーとーおわーおなじー屋根でしたーー?売春屋号ーーまじかーーかわいそーーー?
うそよーーそりくんがーえたよーーでー飼いならされてまーーーすーしてたーオマンコーーでー可愛かったーばかおーのーおわー冷たいーー冷たいーー爪ーのかーーさんーおわーーーでsーうーーのーおわーーこおーーですよーー?
ばおしぃーーーばーおーーーんーーしんでーーのーでそー?死にたいーーーとかのーおわーー叫びのばかでそー?
売春屋号ーーやっぱー
桑田佳祐白状ーーしるよーーーするよーをあーmすうこーーむすこーーーでそー?

おわークジラーーマンボウなんだとーー 。。。ー

775 :名前はいらない:2014/04/13(日) 03:17:19.37 ID:dMMev7j6
これだけいうよーそりくんーならーーーでそー?アザラシくんーおわーかかはしーさいこーーやらー佐栄子にーおわーーでーしつけるられちゃーだめよー朝日よーおわーロリコンーー人形顔ーー組合ーまじよーー?
その通りだえどおーwーわー朝山べいんーーとかーーおわーなっとくーーとかするーおわーーどおーわーおわー変人ーーどもこだーーおわーあさあかーーねーおあー朝山さんーーきもいねーーー
ロリコンおわーーー
みくさぢーー見下しはーおわーヤクザーーさいあーーかーー屋さんーーでもーをあーローーんでもーおわーとにかくーえたとかいうーおわーヤクザがーいるからだーーとかでー入るんでそー?あほーどおしーー?
結婚でーーーー馬鹿女房ーーくじけるーよおにーおわーセットしてうのーーかんだーー?神田うのーー?ばかでーすーーじゃんーーー
七個ーー奈々子ーー菜々子ーーもおもおーほっとくーおわーロリコンーーよーあんたーーーでそー?真砂ーーみたいなーおわーくずよーーがー先ー死ぬよーなーおわーロリコンーーあさごでそー?
真砂ーーへんーーねーーこーーねこーーするのーー。。ホストーー?干すのーー?なーホストーー?へんぼっちいうーおわー細野ーーー?
きもいねーーきもおーーいうんだーーー
のりピーーーマンモスーうれぴーーで自害ーー菜々子ーとかーおわーじはいーーですよー自戒ないですよーーおわーー
おわーー?なー子どもーじまーいわんのかーなー酒井法子ーなーをあー話しーーこれーなーおわーーえたー係りーー菜々子ーーーかーーー
悪いロリコンーーいるだけーでこんなーーにーおわーママーのことーいうのねーーーさんーめーたんよーーとかのーーでそー?
石井俊子もおーー?なーーのーーこーーーどこーー?なーーーでそー?おなじーーよーおわーノロ陽ーーのりピーーーとーーとかだーーでー笑顔なーいーおわーーろりこんーだーあたちーーーおわーー
?とかいうーをあー役目ーーdーだってーーのーおわー遊びーーどーーでーすーーのーおわー環状つうーおわー感情ーーするーー?
勘定ーするー?なーおわーーなんですよーかーー。。ー嘘つきーーーぜんぶよー菜々子ーーよおー言わすーーしかけーーかーー
えたとーけっこんーーしてるーー?

776 :名前はいらない:2014/04/13(日) 03:25:32.12 ID:dMMev7j6
これじゃーーのりぴーーーがーだっせっmんー大工とーおわー浮気ーーとかいうのーーとーおわー半島自戒なくーおわー三崎街でーー先行ーー自害とかーとー同じ
ーー?どおわー朝山ーーでそーー?。。ーいやあーー葉山ーにいたーー街よーー海あるーー街ーーちけーとこーーおわー神奈川県のさーーひさーーしぶりーおわーーいう
のー?日朝ーーー、、、どっからーキイボオーー買うなーーでーできてるのーーいつもーいつもー?なにーおわー日朝語録ーー?日朝もーおわー孫もーーいうよー
おわーべーんーーとかーおわーさとおくんーーへのーをあー誹謗ーーですとかーいうよーー
。。。ー曲坊ーー逃れーーつーおわーキイボオーーんちはー昔からーーおかしーーですぬーーよー?日朝ーー子どもーー殺すよーーーでそー?き
もいのーおわー日朝ーー向井理ーー三浦のー?いうーおわー子どもー殺しよーおわーひあさーーーのぶゆきーーー。。ねーー事件ーーでそー?ーこわいよーーーわーー?
菜々子ママーー?突撃ーーーのーー?
ロリコンママとしてーいるのーおわーあたちーおわーロリコンーー叩くからーーのでそー?
嘘よーーこけしーーよおー万愚痴ーーまんぐりーマンボウーーよーおわーーおわー菜々子ーはーそりくんーいうよーーーでそー?
えたとー結婚ーーしたいー?がーーおわーマンコーー山羊ーーだとかーーいうーー?だせー

777 :名前はいらない:2014/04/13(日) 20:11:53.15 ID:7YRS/8vF
ゆーじさん乙女一名追加してください。宜しくお願いします(^◇^)
あなたの乙女 静子@55歳

778 :名無し:2014/04/13(日) 22:49:27.90 ID:EUryIVrK
ソイヤッソイヤッ

779 :名前はいらない:2014/04/14(月) 04:11:50.31 ID:gwMTH+56
察知

今はいろいろなことがそっちで動いてる
私が自分の話の着地点を見つけられないのは
いつになってもまだまだ別のことが出てきてたから
私は今大きな決断をしなければいけないのに
後出しが多いと決めづらい
楽しい気分になった数時間後には全部吹き飛ぶようなことを聞かされる
実際にそういうことがあれば
近く同じことがまた起こるんじゃないかと思ってしまう
わざと遅らせてるわけじゃない

波はあれど声が聞こえるうち本音が見えだして
はっきりと頭の中で形になったこともある

0時を持って完全に退出した
解決するためには私が退出するのが一番現実的でかつ早い
依存を断ち切る強さは私のほうが持っているし
あれ以上あの沼では何もできそうにないから
楽しかったよ
短い時間でも

780 :名前はいらない:2014/04/14(月) 13:47:01.15 ID:6kjpMkqH
明らかに質の違う連中が入ってきたのは……壊れかけた娯楽と連動したソーシャルメディアを思想統制に使うことが妨げられると思ったからだな。
それがどれだけの富を動かしているか、そして現在から将来にわたる彼らの実質的地位という核心的利益に踏み込むものだったから、徹底的に潰しにかかっている。
彼らの一番理想的なシナリオは、外堀だけ埋めて強制された自発性を利用すること、つまり私とあなたが殺し合うことなんじゃない?
そうして最大の障害さえ消し去ってしまえば自分たちはいつか来る冊封体制の中で悠々自適に暮らせると思い込んでいる。
彼らのモットーは隣国への技術の無償提供だと教授の口から聞いたからね。


これが私が生きてた日本の、本当の、真実の姿なんだよ。わかりますか?

781 :名前はいらない:2014/04/14(月) 17:45:32.45 ID:ANkhJsjo
綴る成り立ち

もはや、一番要らないものが一番要る。
楽なんてしたくなかったのに、できる部分はしとかないと他ではもたないとか。
楽なんて簡単。
理屈を見つけてなぞる。
壁が見つかれば避ける。
強引な方が早いか、遠回りの方が速いか。
縛られたいものに一番縛られないように、一番縛られたくないもの縛られる。
視野を広げた空の広大さからの、太陽一直線。
幅を広げた空の雲行きに一点の曇りもなく、晴れやかで青々な空しか用意されていない。
光の道筋は無限で、どれかを選べば太陽まで辿り着ける。
なのに何故か釈然としない。
理屈が明確でも、心は全く晴れていない。
不満の正体。
こだわりの置き去り。
真実の気持ちなんてそこにしかない。
そこを忘れるために生きていくんじゃない。
それだけは忘れないために生きていくはず。
帰るべき場所。
そんな一番要らない場所。
そんなものが一番要るから。
くそくらえの浮上。
意味がわからないだろうが裏返し。
テレコを帳消し。
因縁の表現にまた気持ちを持っていかれ、
その表面に刻むべき思いをまた探す。
思い出すものなのか、はたまたそれは新しいものなのか。
どんな浮上ももはや可能な範疇であって、
結局底辺でもがくのは微々たるもの。
そんなことも大事な機微。
見極めを思い出し、
見せたいものを炙り出す。
戦歴に柔らかさを加えたなら、
無駄な自信も実りだす真実。
自由の解禁。
有効活用。
迷いが消えるまで、一番要らないもの。

782 :まーじ ◆ykDJvODuLA :2014/04/14(月) 21:08:14.81 ID:DlDndPW6
科学は一人立ちしつつも、また宗教・哲学に帰る

783 :名前はいらない:2014/04/15(火) 00:47:13.07 ID:yb/2ebVC
「〜のため」の部屋

オノレのため。
利己的であるものが大きく見えるもの。
だけど小さく見えるものだって利己的にはかわりない。
そんな考えを優先させながらの排他的埋葬。
突き進む効率的、合理的突進。
良識のお飾りを見透かした気になって、
ならば、とらわれない自由で狂喜乱舞に近い演出。
惹き付けとは真逆っぽい作用を見てしまって、
向かうすべてに怒りで収める、人間ひとり。
薄笑い達に囲まれた人を見て、何故か関係もないのに悔しさが溢れてた。
笑うことさえも、笑われることさえも選ばないで、
向かう想像の果て、先がある限り進むだけ。
闇のカーテンに包まれる中、目覚めたら行き場のない力だけを抱えてた。
また別の自由を探す旅の始まり。
またいつ帰るのかもわからずに、ひたすら放浪、自由は果てしない。
運命は突然の雷の青。
雨も降ってないのに、突然の怒りの脈拍、不可思議なイカズチ。
不信感も何故かリミット越え、新しい自由は、これまた何故か自由ではない目的へ向かうはめに。
答えを見つけた瞬間に思いは、答えもクソもない、ってな感じ。
当たり前の答えにうんざり気味だったことをやっと忘れた。
そして見つけた答えへの感想が、答えもクソもない。
つまりどうでもいいに等しいのか、どうなのか。
そんな思いなんて関係なくわかるのは、それは必要な答えであるということ。
こんなんだから、要らない、とか思う、平然と。
要るものだけでいい、という思いで来てたのは正解。
だけど正解だけじゃ無理だから、一番要らないものすら要るんだとさ。
そう、正解に至ってもクソもない。
それでも要るから。

784 :名前はいらない:2014/04/15(火) 01:00:09.24 ID:yb/2ebVC
幸運

憩いしか要らない。
今は少なくともそれだけでいい。
そんな瞬間が永遠に続いてたから、簡単に地球を見下ろせた。
裏技の回路。
単純にひねくれ。
立場を笑うための遊び。
無価値ほど強い。
そう誘う簡単な道。
理論なんて要らないんだ。
力さえあれば、バカでも勝てる。
そんなの勝つための弱さ。
楽勝の部屋はいつでも空けとけ。
もう扉なんて要らない。
いつでも帰ってきてやる。
それだけの放浪はしたのだから。
バカの定義に乗ってやってきたんのだから。
もう網羅と捉えてもいい。
応えのある波は自分で作るもの。
忘れない上っ面。
感動的な清楚も心から来たもの。
何故かボロボロだけど、
心の正しさにみなぎる自信が少し光りだす。
また勝負、砂になっても。

785 :名前はいらない:2014/04/15(火) 07:53:20.86 ID:hDzoGsoU
何かに巻き込まれた?

786 :名前はいらない:2014/04/15(火) 08:10:45.93 ID:hDzoGsoU
どの辺まで?特定可能なとこまで?

787 :名前はいらない:2014/04/15(火) 13:15:50.84 ID:AsfLTqzX
大抵のことは時間が解決してくれる

788 :名前はいらない:2014/04/15(火) 13:21:26.69 ID:hDzoGsoU
私はあれから一度も書きこんでない。似て見えても全部違う人
惑わされないで

789 :名前はいらない:2014/04/15(火) 13:53:23.88 ID:AsfLTqzX
あ、ごめん
人違いだと思うよ

790 :名前はいらない:2014/04/15(火) 15:08:27.47 ID:hDzoGsoU
重い話はする側も精神力がいる。知らなければ知らないで済むようなことならなおさら
どこまで話すべきか

791 :名前はいらない:2014/04/15(火) 16:13:51.23 ID:qCNqB3Kc
前もそうだったからそうかもね。ありがと

792 :名前はいらない:2014/04/17(木) 00:18:27.19 ID:LZb/UYs7
出手恋斜山!

愛愛佐御主人様
波波喇叭!

793 :名前はいらない:2014/04/19(土) 07:29:23.68 ID:qPBF7T/j
Don't forgive me for your love

794 :名前はいらない:2014/04/20(日) 07:53:24.65 ID:aubMCZat
3月、誕生月、、辛抱の緒が途切れませんように。。。
ここ数年の終えるべきことを終わらせよう。
昨年からの新しきことを新たな気持ちで続けるために。。

コスモス32

795 :名前はいらない:2014/04/21(月) 00:37:28.09 ID:Sa+LvjKk
で、今年復活したんだぜ!
覚悟しとけや!!

796 :名前はいらない:2014/04/21(月) 00:38:36.31 ID:Sa+LvjKk
で、復活したんだぜ!
荒ぶる覚悟しとけや!!

797 :名前はいらない:2014/04/21(月) 18:48:07.92 ID:9f+3Nsmb
負けしかない

弱い弱い弱い弱い、弱い。
強いと思ってた部分が弱い。その部分こそがまさに弱い。
強いと思ってたということ自体もまた弱い。
いくら強い思いでも、
とにかく反発したがる気持ちでも、
心が弱い。
精神力、笑える。
その気になっても、疲れにいつかは従う。
それは自然な流れで正しい、と見極め、また次、と言っては限界点に届くか届かないか。進歩なし。
間違ってると思ってた部分が間違ってる。
不貞腐れ、Mの境地。
負け続ける。
他人にはもちろん、自分にも。
誤魔化しはもう無意味。
違う次元を拵えても、現実から遠くへ行ってるだけ。
それを持ち帰っても、もちろん通用しない。
通用するように改造しようとはするけど、限界を見て折れる。
現実を嘆き出す。現実のせいだと。
バカみたいな現実のせいだと。
そんな考えを恥ずかしげもなく平気でしてる自分が一番バカ。
となっても、ああ、それでいいと。平気で開き直る。ひねくれの性格からのプレゼント。
わかるわけねえだろ、現実様が。
バカな現実様なんだから、すべてバカに見えるだろうよ。己れさえもな。
永遠に逃げられる。
最低を平気で行ける。
自虐もクソのごとく出る。
違うからね、人それぞれ。ってな感じの言い訳の壁。平気で建設。
いつまで負ける?
負けてるとすら思わない自分に、気づかないまんまで、いつまで負けられる?
負けてても平気な自分に、いつまでも負けてられる?

克つしかもうねえだろ、って言い聞かせ始めたい。
負けしかないこの世界にて、もう後は克とうとする以外ねえだろ、って、それだけに近いくらい思えるようになりたい。
愚の骨頂から。

798 :名前はいらない:2014/04/21(月) 19:05:04.27 ID:9f+3Nsmb
克ち方

不完全な完全。
そんな放浪に近い。
そんな最中、アテを探す。
昔の大切なもの。それはチンケでも折れなかった信念そのもの。
それと今の方向。
決めたくない気持ちと、決めなければただたださ迷うだけだから決めとく方向。
つまり目標物。目的を奪われたくはない、でもひとまず預けるしか方法はない。
克つんだよ、って。
逃げないつもりで克とうと懸命になるんだよ、って。
もつようにしながら。
倒れないように考えながら。
迷いなく、克て。
弱すぎる自分に克て。
弱すぎる自分にだけでいいから克て。まずそこからみたいな感じででも。
わかってる。超バカであること。
卑下して喜ぶのはどこへ行ったのやら、普通に自分がバカで情けない。
だからだろうよ。もう克とうとするしかねえんだろうよ。
負けが平気だったひねくれ、でももう尽きただろ、ネタが。
克つしかない。そうしようとする以外ない。
それでしか乗り出せない。
無能の骨頂。
神髄は曖昧なまんま。だけどその不完全さが何よりも正しい。
そんなことくらいしか完全には近くない。一番遠くない。まだ一番近い。
負けだらけに咲くひとつ。
たったひとつのために克とうとし、そんな負けだらけやひとつの克ちすべてで完全。
まさに不完全。そんな完全。
俺が俺を見ながら思う、弱くて怖がりな自分。
無力でもひとつのその光をもってして、そんなに自分に克つように促す。
そんな自分を見つけるだけ。
克つ気だけ。
そんなのだけを持った俺を見つけて、その俺を自分にするだけ。

799 :名前はいらない:2014/04/22(火) 03:15:55.09 ID:aLWU/6Lg
胡蝶の夢

前に進もうともがく君を
本当は誰も笑うことはできない
たとえ誰かが君を笑っても
笑われる君の手を私が握っているから

byrd
忘れないで
その目の光が弱くなり私を振り払った夜も
遠くから見守ってたこと

いつの日か時が全てを変えてしまうとしても
朝が来るとしても
誰も知ることのない
言葉にならないこの思いを私は誇りに思う

800 :名前はいらない:2014/04/22(火) 08:00:35.49 ID:DCFJZuz0
多謝

ありがとう。
逃げられる時に逃げてみても、気づけばまた戦ってて。
結局今は戦わされるらしいです、心の中で。
本当の意味で克てるように。それ目指して、なんとか。

801 :名前はいらない:2014/04/22(火) 15:07:38.92 ID:aLWU/6Lg
振動

寂しい気持ちなら負けないよ
その通り、君に綺麗とか可愛いとか思われたかった
ごく普通の幸せな時間を一緒に過ごしてみたかった
お互いが選んできた道がのしかかってくる
時間の重さ
そういうのを全部跳ね除けるほどの魔法があったらいいのに

他にいないわけないと思いながら
他にいるわけないと信じてもいた
疑う私の理性と冷静
小さな嫉妬と意地悪
自分も普通の人間なんだって何度も痛感した

そんな大それた望みを持っていたわけじゃなかった
でもごく普通に思えたことがとても遠かった
長い時間のごく一部しか知らない人は私たちを誤解したりもするだろうけど
そんな単純じゃない
君が過剰に責められるのも違う

変えがたい現実はテーブルの上に置かれた水の入った小さなコップ
知らない誰かを励ましても私は私の現実から逃げられない

夢見た夢のような楽しい時間
もしそれが夢のままでも
君の作り出したものはきっと私の心に届くと思う
分からないふりをする私はたぶん本当は
それが君の精一杯の愛情なんだと納得してもいる

ぶつかって火花を散らしては離れ
そのくせ遠ざかり過ぎると不安になって
ちょっとだけ戻ったり振り返って確認したり
こんなことがいつまで続けられるかな
遊びというには長すぎるし犠牲が大きすぎる
それでも出会えて良かったと思う
今でも君が好きよ
いろいろありすぎてどこが好きなのか聞かれても分からないけど
君が私のこと本当に好きなんだってことも
好きだから怖いことも動けないことも
心の中では分かってる

802 :名前はいらない:2014/04/23(水) 03:47:51.06 ID:aj/xxWiA
超スロー

完璧、だけ。
不完全だけ、完璧。
フェイクの、ゆっくり。
運命の、自由。
あらかじめ、余裕。
伏線の伏線の伏線の、伏線。
また確認、前ってどっち?
っていうか、何で進むんだったっけ?
って、また失敗したから、疑問に変換してる。
準備ちゃんとしてからだろ。
って、また退く気になってる。
そんな絶妙なバランスの妙を求め、
後ろに行っても、それ以上に前に行けたらと思う。
もう絶対に前へ進む。
でも辛いなら、やっぱり下がろう。
だってどうせ、前へ進むしかなくなるんだから、
絶対に前へ進むことよりも、
絶対に後ろに下がりすぎないことだよ、多分。
見えない糸が正しくゴールまで導いてる。
緩急で引き付けろ。
緩やかな時を正確に。
急ぐ時の正確性を保つための準備。
瞬間的アドリブで刻んでくプログラム。
自由へと放たれても絶対を消さないように、
覚悟と勇気でもって勝負が始まる。
単なる手応えのためだけの完璧。
見えもしない糸の正しさを辿るだけ。
無意味なくらいでも。

803 :名前はいらない:2014/04/23(水) 05:07:23.54 ID:6g282H8+
トランスな

彼女には私からは何も用がないし
今も餌を撒き撒き待ってる彼女に私からの返事をあげる
「無理なものは無理」
引っかかるわけない無言の応戦
自ら種明かしせずにいられないのは幼すぎて抱えられないせいか

君が君のふりをするその当惑は
きっと私の想像以上の大きさと深さ
一歩下がっても一歩と3センチ次に進めばそれも前進
細部まで悩みは尽きないだろうけど
そこに熱量があれば超えられる
いずれソレさえも通過点になるのだから
肥やしにして次に進んでいけたら良いよ
それに私見たことない
見られるものなら見てみたい
君がやるならカッコよくなるよ
熱量さえ保てるなら

簡単に言うなって?まあそうね

804 :名前はいらない:2014/04/24(木) 03:46:18.53 ID:e367Ysds
拡がりの尖り

強くもないけど、弱くもない。
普通だけど、異なりの地。
空も見えるけど、地下も掘っていかれそう。
絶対を確信(?)。
本当のところ、どうなんだろう。
疑問は棚上げ。楽ならそれでいい。
でも最悪。苦しんでも見なきゃいけない(だろうから)。
ってことになんとか逃げないように。
でもきっとそれは違ってて、今こそ一番逃げるべきとき。
そこから持ち帰って来なきゃいけないものがあるだろうから。
この場所は動かない。
この場所を持って行きたかったけど、動かないから逆に取りに行く。
自由に逃げる。
何でもありに逃げる。
何が起こるか。
もちろんわかってる。
混乱から来る焦り。
選択肢を無限に設定しても、不正解が必ず設けられてる世界。それが現実だから。
それでも逃げて、無限の選択肢を。
抗いから始まったことなんだろうけど、今はそんな根本ですらない。
新しい選択肢を見たのは、無限の選択肢を心に設けたのがきっかけだからだ。
だから今までとは違う選択肢を取れる。

805 :名前はいらない:2014/04/24(木) 03:47:41.27 ID:e367Ysds
2通りのどちらでもない

大まかに見て2通りだ。
陰と陽。裏と表。
それらの境に同じひとつがある。
どちらからもそのひとつに行けたら、そんなことができたものもきっと何かの、何かしらのそれらしい答えくらいにはなるはず。
強くもないけど、弱くもない。
そんな揺るがないもの。
明確には、何よりも異なるもの。
正確には、測っても測れないもの。
願望を抜きにしても、正解じゃなきゃおかしいくらいのもの。
正しさしか兼ね備えていない感性の尖端。
ああ、それを絶頂期の海に浸すだけなんだ。
灼熱の太陽をこの心にて夢見るために。
ひんやりとしたその心地好さを味わうために、魂を恥ずかしいくらい堂々と、もっともっと燃やすだけ。
もっと気持ちの言葉に揺さぶられなきゃいけない。
いつか傷付いたせいで、何とか感覚を麻痺させようと、そんなんで免疫ついた大人だって。
そんなのなら、弱すぎたとしても子供になった方がマシ。
常識とルールは守ってくれるけど、大切なものを麻痺させてしまうときがある。
だったら時には理性さえも蹴り飛ばして、間違ってない時にだけ本能を暴れさせたい。
それが叶うのは、自由の海を心の底に拵えれた、ただその時のみだろ、きっと。

806 :名前はいらない:2014/04/25(金) 03:25:53.49 ID:tBUMlYXZ
裏地

あなたはその箱の中に詰まったものを
決して私に事前に見せたがらない
それは一つのプレゼント
それは一つのサプライズ
他で手に入らないオリジナル
でも私が今欲しいのは
本当はプレゼントじゃないってこと
本当は知ってるんだろうな
偽善に見えても多少の心配はさせて
寝る前の少しの時間

807 :名前はいらない:2014/04/26(土) 20:52:30.13 ID:keQs/ArR
心に流れる川の深さは

もう何年も前になる
私が宛て名を書かずに手紙を出したのは
初めは誰に届ける気もなかったその手紙の返事を
今になって受け取ったのだ

命の尊厳を守ることをやめた社会への怒り
すべてを許した愛を裏切る悲しみ
ネジの外れたメサイア・コンプレックス
どこまでも透明な夜の鏡に
未熟で激しかったあの頃の私が映っていた

あなたは
今の私が残骸であることを知りながら許している
けれども私は
彼らの心に答えを返さなければならないと思うのだ
私があなたを鏡にして映した偽りない一途な感情を
あなたが強い気持ちで受けとめようとしたように

808 :名前はいらない:2014/04/29(火) 03:13:56.75 ID:ZJ0ADQ0b
渾身

最期まで可愛がれ。
気持ちを込めて、念を込めて。
想いをこの手から放つ。
念じてる。祈ってる。
願いよ、届け。
最期まで届け。
悔いなんて、いつだって無い。
渾身でやらなくても悔いはない。
手を抜いても悔いはない。
それでも渾身で込める。
意味は無くてもいい。
だけど事情があるから、作る。
理由を作る。
意義を作る。
新しさに言葉を付ける。
新しい言葉ではない。
受け継がせてもいい言葉を付ける。
心中、悲しさが必要なんだな、心底。
幸せは怠慢ではないけど、悲しみを忘れてしまう。
一時ならそれでいいんだけど、ダメなんだ、ずっと続くようでは。
傷を許すな。
痛みを許すな。
幸せは時々、それらを許してしまう。
許すだけならいい。
だけどボケるかのように都合よく、悲しい記憶を忘れさせてしまう。
だから許しちゃいけない。
そう。孤独を秘めろ。
内心に別の世界を、絶対に秘めておけ。
理想?
叶わない理想なら、理想としては要らない。だから捨てる。
現実で使える理想だけ、現実に持っていくから。
妄想、空想に近い、そんな世界。
叶えるためではない。
孤独をちゃんと持って生きてくため。
みんなでマジに分かち合える幸せをちゃんと噛み締められるようになるために、
いつだって内に秘めとかなきゃいけない孤独な世界。
闇のよう。また、悪魔にでもなりそう。悪。
でも秘めたまんまならいいでしょう。
絶対に現実では潰されるのだから、だったら最期まで秘めておこう。
それに反して愛がある。
現実にある。
裏腹。
エゴも意味が変わる。
そう、恩着せがましいもの。
だって必ず最期が来るじゃん。
それまでもう渾身しかないでしょ、腑抜けはもういい。
愛はあっても、形にはできない。
愛の形と言うのかもしれないけど、なぜだか軽い気しかしない。
だったら他の形に任せる。
恩着せがましいような現実のエゴ。
伝わらないなんて考えない。
可愛がる。最期まで、渾身で可愛がる。

809 :名前はいらない:2014/04/29(火) 03:41:40.14 ID:ZJ0ADQ0b
弱くなる

エゴは難しい。
頭の中でならちゃんと整理されている。
だけど理屈の範囲。
現実となれば、理屈を軽く越えてくるから。
いくら理屈で正しくても、力には勝てないようになっているのが現実だ。
理屈で正しくなくても、力さえあればそっち側が勝つ。
つまり、理屈は関係なくなる。
力が勝つ世界。
力で正しさが決められちゃう世界なわけだ。
さあ、奴隷。
残念ながら、奴隷。
ああ、笑えてきた奴隷。
奴隷にはなれねえ。
それを諦めねえな、やっぱり。
悪いかなあ、それは。
奴隷になってみたけど、何も生まれなかった、この心。
掟通り、乗ってみて勝つ。
もちろん昔なら、それは勝ちにすらなんない。そんな頭だったから。
だから乗らなかった。
だけど乗ってみた。
勝てる時がある。
そのすべて、何も生まれなかった。
絶望かな?
苦しみさえもわからないように誤魔化してたけど、
結局、苦しみしか残ってない。
これは生まれたわけじゃない。
もとからあったものを後で気づいただけ。
予想通り。いや、以上かな。

810 :名前はいらない:2014/04/29(火) 03:43:00.77 ID:ZJ0ADQ0b


帰る。
目的を失うまで帰る。
すぐに失えた。
さ迷う。
さ迷って見つける。
苦痛しかなさそうな最高の結末。
何も生まれない勝利。
誰かが悲しむ、それでも倒すしかない。
競争原理は知らない。
ルールさえ敷いて守ってれば罪にならないとか。
感覚が違う。それらを束ねる。
はみ出すのが普通でも、普通とは違うことになる。
新しさに、無機質が見える。
残念ながら、大事なところに炎が灯っていない。
どうでもいい部分がやたら熱い。
ルール通りなら・・・
「それは新しいかな?」
新しいとは何か。
自分で決めるのもひとつ。
心に火を灯しながら、
虚しい真っ当に身を委ねる。
戦いに楽しさを。それはこれからの話。
楽しさはこれから作れる。
だって、新しいエゴが現実に生まれそうだから。

811 :名前はいらない:2014/04/29(火) 06:03:31.39 ID:LpIKPmSq
揚雲雀

その声はまだ聞こえない
聞えてはいない
けれどきっと届くだろう
いまだ混乱する思いに囚われてはいるけれど
少しずつ均していける

誰に理解されるものでもなくても私は絶対大事にするよ
やたらスケールの大きな小声で君が言おうとしてること
頼りない細い光の筋でもそれが今の私たちの精一杯
佇むことのできるほんの小さな居場所をこの世界のどこかに探して
告天子がさえずる

812 :名前はいらない:2014/04/29(火) 12:49:58.54 ID:WZfcARL5
ウコンウコンコウコンウコンウウンウコンコン ウココンウコーンウコンウコンンコンウコンウンウコン

813 :名前はいらない:2014/04/29(火) 17:54:51.64 ID:ZJ0ADQ0b
思議

変わりたくもないのに、変わってしまう。
変わりたいものの候補をたてても何か違う。
帰ってもダメになるだけ。
携帯できるものを持って行くことのみ許されてる。
心にポケット作って。
取り出して感情、思い出す。
諦める容易。感性に服従したのならそう。
変わる場所を見つける。
変えちゃいけないものをそこに持って行く。
何の為の目的か。
微少な程の解決の為。
意味はわからん。
意義も曖昧。
意志も曖昧。
思惑も曖昧。
気持ちは複雑。
感情は今は無味に近い。
感性は鈍ってる。
力に押さえ付けられ、理性が強靭になってるから。
爆発をまだ夢見る。
忘れるべきではない自由。
何でもありだとロックは謳う。
中傷に背徳。
舌戦にできるだけ無害を。
意味不明をもっと携えよう。
本当は意味がある。
芸術の躍進。
心理に危害。
受け入れられないものなんて、本当は何ひとつない。存在しない。
すべてが正しい。正しいかのようにでも存在してる。
認める。
後退りのエース。
不変を求め喜び、いつまでも美味しく食してた。
従属の稀を。瞳の中に躊躇なく飼え。
本当の炎を絶やしちゃいけない。
残酷でも無邪気。
純粋に咲く炎でしょう。
あり得ない状況を嘆いてはいない。
招いた自分。
だけど責任は擦り付ける。
便利な頭。
意味も無く変わればいい。
意味があったらまたそれに縛られるかもよ。
結局進むだけ。
いつだって前進。
前しか道はない。

814 :名前はいらない:2014/04/29(火) 18:05:25.04 ID:ZJ0ADQ0b
変答

率先なのか。
後付けなのか。
遠回りなのか。
直行なのか。
見失うのか。
どうしてなのか。
窮地なのか。
何度もなのか。
怪奇のようか。
迫力なのか。
前へなのか。
直球なのか。
くねるのか。
くれるのか。
暮れるのか。
グレるのか。
消去なのか。
いつでもなのか。
夢見てるのか。
天罰とかか。
敗戦ばかりか。
何を忘れたか。
どこからなのか。
到来なのか。
必然なのか。
苦痛だろうか。
哀れむのか。
違うはずか。
浅はかか。
ブッ飛べか。
空が綺麗か。
黒い空もか。
奥底なのか。
蠢く内心か。
内臓か。
心だけか。
せめてなのか。
せめて心だけか。
強くありたいか。

815 :名前はいらない:2014/04/29(火) 18:20:28.26 ID:ZJ0ADQ0b
破損突破

開き直り。
絶望に変えても、
その絶望を変えてやる。
細すぎる枝、一本。
痩せ細っていようが、その先端は燃えている。
苦境にまみれ、
無能を搭載しても、
炎は絶やさん。
哀れみ放題に沿って、
自虐の渦の渦中、
辛抱が弾け飛びそうでも、
真相は揺るがん。
潜ったからね、敢えて。
飛んだからね、仕方なく。
心底を支柱にまでおさめつつ願う。
あの炎にも届く、この心の炎であれよ。

816 :名前はいらない:2014/04/29(火) 18:36:50.54 ID:ZJ0ADQ0b
劣勢統制

暴君失墜
秩序吐露
途方奔走
煩悩生息
明解凍結
失望妄想
倦怠失態
逸脱放題
無論命題
一騎同然
必然全然
前々々回
凸凹凹凸
意味不明
明解時折
雨雨曇雨
心非頑丈
尋常人事
他言有料
電電電電
必必必須
対抗馬消
夢見大概
後退破損
簡単寛大
唯一統一
正気狂気
点灯光道
真先角止
映画鳥犬
花花花華
最後上昇
通達皆無
悲願生還
時不明瞭
掌握善悪
意義無論
超攻撃殿
炎天下上
場差場差
六九逆行
光具合良
愛乱舞台
無限奉仕
締結撤退
敗北勝利
納得最期
悠然遊戯
勇気乾杯

817 :名前はいらない:2014/04/29(火) 18:47:57.19 ID:ZJ0ADQ0b
薄氷

ココロはナゴヤカ
ハチキレンばかり
ユメためフウセン
ジゴクでもアオウ
キラキラでヒカル
アイをツラヌケル
しかしムズカシイ
カワルをトメヨウ
だけどカワルから
ヨミヅラクしても
キをテラウよクズ
クズのワタシでも
ユズレナイおもい
オモスギルおもい
ヒキズッテつらい
それでもワスレン
まだモウチョット
チャンスがアルヨ
ノコッテるジカン
オワリまでアイセ
コンシンでヤッテ
ずっとカワイガレ
エンジンはモエル
キセキもマダある
シンジてトマルな
アノサキのムコウ
ニラミつけナガラ

818 :名前はいらない:2014/04/30(水) 00:26:30.54 ID:/lErYJ/j
くそう、PCの調子が良くないうちに100歩ほど出遅れた
でも言いたいことは心の中で言った
狂ったのは自分で選びとった結果だし気にしないでいいよ
お互い様だしね
でも狂ったふりをしているうちに本当にならないようにそっちも気をつけて

焦ってはないよ
どう足掻いてもこれ以上どうにかしてよく出来るのかわからないしさ
何が出来るのだろうといつも考えるけど慌てない
頭おかしくて笑える
何やってんだろ

819 :名前はいらない:2014/05/01(木) 06:19:21.38 ID:5u12tql+
卯の花腐し

日付変わればもう皐月
あれは君ではないのかな
いややっぱり君だろうな
テンション低い?
なんか怒ったならごめん
一気に知って混乱してもいるせいかな
情報量が多くてまだ処理しきれてない
まだ最初だし気負わないでほしい
五月雨止んで月不見月
今ここで腐りたくない本当に

820 :名前はいらない:2014/05/03(土) 06:01:03.97 ID:s4RDGY8z
きっと君の判断は正しい

相反する二つのもの
それらを作り出した君に少し抵抗を感じてもいた
けれど今は思う
君がそれだけ覚悟を持って実現させたことなら
きっと間違ってはいない

821 :名前はいらない:2014/05/03(土) 09:23:07.63 ID:C8qvgz0R
悪似の純正

誰かの世界ではない、俺の世界。
優先を解除し、また新しい順序を作った。
だけど変わらない最優先。
自分の世界をまた念頭に。
もともと内蔵していた逃げ腰。
その理屈の型を無能化、消去、みたいな。
思い出す、「何が悪い?」という疑問。
「何も悪くない。」という答えは決定項。定義のような頑な。
「ならばどうして手放した?消去した?」
「それ以上は無さそうだから。」
「違う道からだったらどうだった?」
「違う道なら意外とうまくいく。だけど何かしっくりこない。」
「うまくいってるのに、しっくりこない?」
「そう。しっくり来てるのは、うまくいってない方。うまくいってなくても、しっくりきてる。それをもともと優先させてた。」
「いつか、何とかなると?」
「そう、だけどこれ以上もない。このまんまでうまくいくまで変えない。そこにはそれしかない。」
「それでもそいつをまた優先させる?」
「もう一度、世界を取り戻すために、今はそうしたい。」
らしい。
後にも先にもこれしかない、ってことなのかな。
落ちてたなら浮かせたい。
その力を他で補う。単に補う程度でいい。
好きなものを押し上げたいから。

822 :名前はいらない:2014/05/04(日) 08:52:20.60 ID:GKnYgyXf
タイミングの悪いこと山の如し

迷ったけど言ってしまった
ぐだぐだと
でも多分何も言わないよりはまし
どれがどれだか判らなくて不信になるよりはまし

823 :禿手観屋禿之助:2014/05/04(日) 20:52:49.30 ID:YxibDO7w
小さな夜空


独房の中
押し寄せる後悔
繰り返す自問自答

なぜこんな事に
なぜこんな事に

誹謗中傷、名誉毀損、肖像権の侵害

なぜこんな事に
なぜこんな事に

見上げた天窓には小さな夜空
小さな天窓の小さな夜空
星がひとつ瞬いていた

824 :名前はいらない:2014/05/05(月) 22:20:17.24 ID:7TJIIRzF
A Special Picture Book

(Indulge me this little bit of wishful thinking on my part...hopefully someday I'll be able

to provide illustrations!)

Happy Birthday Cunt!

Page One & Two:

Hello Birthday Girl! It's a real special day!
You're gonna get loved in a real special way!

Your Daddy's been watching, and he knows just when
You become a big girl! Are you maybe ten?

Perhaps you're just seven! Or five! Maybe three!
You're a big girl when Daddy decides you should be!

Page Three & Four:

You're a big girl today, so please listen close.
I know how to make Daddy love you the most!

First take off your panties, there's a good girl.
If you're wearing a skirt, give Daddy a twirl!

Everything changes starting today,
Cause you're gonna get loved in a real special way!

Page Five & Six:

There are girls and there's Boys, you know that's a fact.
But did you know there's a way that you're s'posed to act?

Let's start with what makes a girl or a Boy;
Touch 'tween your legs...there's a soft little toy!

It's soft and it's smooth, like a good girl should be!
Now look at your Daddy! He's got something, see?

Page Seven & Eight:

It's called a Cock, and it's your new favorite toy!
It's a wonderful thing that makes someone a Boy!

Touch it and kiss it and oh so much more!
But what do you have? Let me tell you the score.

That slit's called a cunt, and it's what makes you you!
Why's it so great? Well, it's known to a few...

825 :名前はいらない:2014/05/05(月) 22:20:58.74 ID:7TJIIRzF
Page Nine & Ten:

Girls do not have brains. Girls do not have hearts!
That's all your cunt! Your most important part!

See Boys OWN their Cocks, and they're better by far!
But if you have a cunt, that's all that you are!

So now are you ready to make Daddy proud?
Let's say something to him, and let's say it loud!

Page Eleven & Twelve:

"Daddy, I'm not a girl! Daddy, I'm not a kid!
I learned something today I should never keep hid!

I'm more like a puppy, or maybe a kitty...
I'm not a person, but I'm still very pretty!

I'm a hole made for Cocks, and that's all that I want!
I'm here for you, Daddy! Your good little CUNT!"

Page Thirteen & Fourteen:

Now go with your Daddy, and take what he gives.
You're made for his Cock, it's the reason you live.

It might hurt a bit, but it's what you deserve.
You can cry a bit, but you're made to serve!

Now go, little cunt, and Happy Birthday!
Your Daddy loves you in a REAL special way!

THE END

Torako

826 :名前はいらない:2014/05/06(火) 07:28:32.51 ID:qCq2WO9P
日々

あり得ない不手際
一文字違いの皮肉
不謹慎な夕暮れ時
続く

軽く片手に載るばかりの自尊心と無言
激しく揺れ動く距離に遠慮ないヘドロ
この波も暫くすれば鎮まるように願う
願う

できるなら昼も夜も今は一人でいたい
いつか弄ばれ放されたはずの藻にまた絡み付かれそう
分断される時間を繋いでも纏まらない
思考と憂鬱

白卯浪のまれ揺られてみなれ草
何れか儚しや水面の月と

827 :名前はいらない:2014/05/07(水) 15:32:52.86 ID:M2SB/Szp
わをん

未だ嘗て無い異常事態にもう笑うしかない
貝にでもなって足元に転がっておこうか
上ばかり見て探すなら
まあ大概想定の範囲内だと強がってみようかな

擬音がね
君なんじゃないかとか
空想作文の作者も不明

溜息
なにあれ怖い
もうしゃがんで端っこにいとくよ
笑えないけど笑えるけど私もうよく分からない
ああ

828 :名前はいらない:2014/05/07(水) 18:45:08.14 ID:ahAHE72k
CにいたはずなのにZまで飛ばされた気分ですか……

擬音が?
あれを歌っているのが私かってことならそうですね
……そういう話じゃない?
そういう話だと仮定しますけど、空想作文は
……それ、上のやつですか?
なら作者が誰であれつまらない戯画ですね

簡単な動画ならチュートリアルググれば
全くの初心者が一人でやっても二〜三時間で作れますよ
ただし私はマイク買ってないから
スマホで撮った歌の動画ファイルをフリーソフトでMP4→wav変換して
CD音源からもオケだけ抽出して合成しましたけどね
それで出来た音声ファイルとストックしてた画像を
windowsムービーメーカーで合成すればよかっただけです

まあ、あの人たちは本当に研究熱心だし
音づくりを楽しんでやってる才能の塊のようですよね
あなたのほうも楽しそうなのはいいんですが
ちょっとまた上司の無計画の責任を引き受けようとしているのかな
と思わないでもない

時間差で届く波にかすかな嫉妬と一抹の寂しさを感じつつ

829 :名前はいらない:2014/05/07(水) 21:08:36.95 ID:M2SB/Szp
針の穴針の筵

そんなわけで需要と供給はいつも一致しないらしい

もし叶うなら凪になり

稀にみるヘンテコな人生を送る人間にも幾ばくかの憩いがありますように

830 :名前はいらない:2014/05/07(水) 23:00:59.77 ID:vlGevYvQ
予感

あなたには私よりもふさわしい人間がいる
いつもあなたの心を楽しませてくれる人が
そば近くにいるはずなのにどうして遠くを求める?
きっとあなたはもうそれに気づいていて
そして私は惰性のままで進むことに限界を感じている
私の必要であなたの時間を止めることはできないのだし
だから私とあなたの間で需要と供給は永遠に不一致
多分そんな終わり方になると今は感じている

831 :名前はいらない:2014/05/08(木) 00:59:46.07 ID:fnM9VOYh
まあ以前のロシア語も相当無茶だった気はしますが
期待が大きいのは担当が担当だけにしょうがないってわかってるんですね
ちなみに私は投票してないんですよ
好きな曲がみんなマイナーなものばっかりだから
でも、すればよかったかな?
たとえば……ROCKY CHACKのラストブルーとか
でも明星のwind(ナルトの最初のED曲)は死にますか

まあ私は別に難しい曲ばかり選ぶのが趣味というわけではないですよ
課題でやるのはだいたいそういう曲ですけどね

832 :名前はいらない:2014/05/08(木) 01:34:38.95 ID:fnM9VOYh
Tatiana ParraのVENTO BOMって言ったら怒りますよね
自然の容赦ない風が日常を破滅させていく中にある美しさ
……みたいな歌詞だったかと
うろ覚えですが

まあ私の今の課題曲ですね

833 :名前はいらない:2014/05/09(金) 00:00:03.24 ID:RkwLgncl
新しい糸


「笑われるかい?」
「それでもいいだろう、もう」

同じように見える。
でも似てるだけ。似せただけ。
明らかに違う。
境界線は越えたけど、だからといって境界線は無くならない。
向こうから帰ってこようとしたのは事実。
感覚を取り戻すという目論み。
実際帰ってきてその通りになった。
でもやはり、不甲斐なくなった。ダメだった部分がそのまんま帰ってくる。
じゃあまた境界線、その向こう側を思う。
少しは不甲斐なさが消えた。そんな実感の現実を重視。呑み込まれる日々。
自分の無さを敢えて憎むための対象として設け、知らないうちに溜まるストレスをそれに変えて測る。
まるで拡散のような無限の可能性。そんな未来だとしても、自分本来の味、ひとつもない。
そんな無さ、ストレスの代わり。
逆。帰る。
収束の奥義。
空を束ねる力を放棄。
ためらいも無しで無能の地下。
永遠に掘っていく、深海も地下水もマグマさえもすら越えて。

手に取る無能、という能力が有る。
それもまた違う。たったひとつの狂気。

違うものだらけをひとつでする。
手に取れない無なのに、
点から派生させたセンスや、
束縛しかない円を駆け回る自由。

そんな違うものだらけをひとつでする。

834 :名前はいらない:2014/05/11(日) 02:55:10.04 ID:43lBbqBs
昇華

拭えないし、拭うべきではない悲しみ。
ここまでの道を振り返り、悔いを探す。
でもどう考えても見つけられない。
それだけ最善を、全力を込めてきたつもりではあるから。
じゃあどこがダメだったのだろうか。
きっと最初でしょ。
スタート時、心構え。
認識の甘さ、補えない日常の流れ。
感覚を頼りすぎて、内包してるものを気にも掛けられなかった。
わからないということ。
疑念をいつのまにか棚に上げてる。
大丈夫だろう、と普通に思ってしまってる。
実際に起きてからじゃ遅い。
それなりに足掻いたけど、間に合わなかった。遅かった。
それ以前のここまでの道の途中でも、きっと気づけない。
踏み出した最初の一歩からすでに甘かった。
それを学ぶしかない。
突如起こることなんて当然わからないことなのだから、少しでも広く、幅を広げるつもりでやっていかないと。
全然役に立たなかったことが、突如必要になるかもしれない。
そんな繋がりを待っている。
どんな手掛かりでもいい。それで少しでもパーセンテージが上がるかもしれないのなら、
本当に痛感できたのなら、ずっと広げるつもりで行くしかない。
わからないからこそ、ヒントかもしれない石ころすら拾っていくしか、
きっとそういうのしかない。

835 :名前はいらない:2014/05/11(日) 04:44:02.25 ID:43lBbqBs
不滅

見えない影。
心の中でひとつ、シルエットくらいは浮かぶ。
忘れない。この瞳に焼き付ける。
何かのため。そいつのため。なんて大嘘。
そんなことはもうできない。
できるようになっていない。
発動するのは身勝手な恩着せがましさ。
それでもいいと。でももうそれすらできない。
そんなものが元からない。
形を変えるしかない。
事実を軸にするしかない。
ある瞬間を境に、教訓を自分のために。
愛情という事実しか与えられない。
忘れない。
例えもう会えないとしても、もう愛しか残るものなんてないのだから。
躊躇わずに次へ進もう。
どんなものよりも大きな愛を。
サブすぎて凍る中でも、
悲しみを紛らわすなんて通り越して。
ただただ忘れないこと。
証は何のためでもない。
可哀想でもない。そんなのひとつもない。
単なる事実として、愛情という形が証になった。きっとそれだけ。
それを胸に生きていくだけ。
間違った感情を思いがちだけど、気づいたなら直ぐ様、正そうとすればいいだけ。
すべてを越えられる愛くらいを。
身勝手でも、もうそんなのしかない。

836 :名前はいらない:2014/05/11(日) 05:02:16.91 ID:43lBbqBs
旅立ちとの繋がり

引きずるな、ではない。
引きずらなさすぎるな、だ。
学ぶようなカテゴリーではないけど、無駄にすることほど無謀なことはない。
どうすればいいのかわからない。
そんな次元をとっとと吹っ飛ばして。
間に合わなくなる前に、何よりも大きく多く見れるだけ見て。
見えない欠片のようなヒントは、見ようとすらしてない時点で、見落とすのはほぼ確定と考えておいて。
この収まりきらない空白はきっと永遠で。
というか永遠じゃなきゃダメであって、それをちゃんと持っておかないといけない。
軽薄ながらも大義、そんなポイントを少しは証に名付ける。
思いたいことはやっぱり思うべき。
裏腹な現実でも、もう恨みなんてひとつもしない。
教訓を心に広げる覚悟を持ってる今である限り、
違うと思う思いは、少しは軽やかに滑らかに、身体の中に優しくハマるはず。
もう少しだけでも、永遠に。

837 :名前はいらない:2014/05/11(日) 14:54:39.22 ID:43lBbqBs
念頭

始まりを忘れないこと。
毎回帰ってちゃ進む速度も遅くなるかもしれない。
きっとそうなんだろうけど、今の感覚ばかりで押し進める。そればっかりじゃダメ。
間違いが見えないから。
感覚の正しさは、表面での繋がりのみ。
悪い意味ではないけど、でも内面をも理解してるつもりになりがち。
それがダメ。浅はか。そうなっていくだけ。
気づいた時にはもう遅い。
だからこそ始まりの際の感覚が大事。
何を企んでいたのか。
もちろんその通りにはいかない。
いかないから何かが変わる。
その流れで感覚も変わる。
その今に繋がる感覚。それを頼りすぎなのが落とし穴。
だから最初の記憶が要る。
ビビっておかないといけない。
警戒心が強すぎるのは、最初はそれでいい。
だけど後々もう持たなくなっていくから、感覚を楽に、軽くしようとする。そんな何かしらの作用が働く。
感覚は薄れるもの。恐怖の渦にずっといたら、それに順応しようとする。
感覚もその流れに乗ってもいい。
でも忘れちゃいけないのが始まり。
見えないものさえも警戒していたのが事実。
その記憶を頼りに、進んでいく時間の中で、ポイントポイントでチェックしていかないといけない。
知識なんてそれくらいでしか本当は役に立たない。
気構え、心構えさえも変わっていくんだから、知識の意味もその時々で変わってしまう。
一番警戒していた時、その時の気構え。
そこからそれなりに弾き出したチェック項目たちが大事。
手遅れになるのが嫌なら、愛という事実を永遠に軸にして。そして教訓を少しでも幅広く、活かしていくだけ。

838 :名前はいらない:2014/05/11(日) 20:43:04.11 ID:43lBbqBs
真実の終着

違う世界。
そこに居る、違う自分。
要所を携え、定員を決めないよう、勤しむ。
本当の自由、ではない。
偽物の自由かのよう。
目的のためだけ、すべてが在るかのよう。
でも時々、必要になる。
諦めたかのように力を抜き、
それでも欠片のようなセンスを細い線の上に流す。
本物はシンプル。
だけどわざわざキツい坂を一度越えていかないといけない。
降りたら降りたで正直酷い。
楽チンを纏えばなかなか身体から離れない。
でも間違いでもない。
強制のような罠から抜け出せば、
ランダムやテキトウを描ける空間が目の前に訪れる。
水の流れでもいい。波のない水面でもいい。
ただ浮かぶ気持ち良さに身を委ねればいい。
正解の手書き。でも残念ながら力がない。
別の意味のシンプルを待ち望んでる世界。
消えない境界線。
真逆が働く、通常と異常。
同居しか解決はない。
共鳴はそこにしかない。
怪物は妙なところに隠れている。
天性は誰かのためではない。
神経すら曖昧な世界ならば、
愚直なくらい真っ直ぐ前に、
直接的なところから目論むしかない。
失っても愛しかない。
愛はそんなもののためでしかない。
他のなにものでもない。

839 :名前はいらない:2014/05/12(月) 05:00:30.38 ID:g9zAWbiC
答えの形

また手に入りそう。
掴みにくい。そんな無限の形。
遠い星にあるわけではない。
心の中心にあるわけでもない。
目の前にある見えないもの。
何一つ決まっていないもの。
操作はできない。簡単ではない。
仕向ける意味は深い伏線にある。
目論みは目的への直結。
立ちはだかる現存でも、引き付けてみたら意外と開く。
何のために一時的に引き下がるのか。
すべては壁を剥がすため。
呑み込まれないようにしながら、狭い通路でもちゃんと通る。
本当は真っ直ぐだけの直接でいいのに、
自由という無限の幅を広げていくことも含め、埋める。
通念を通しながら、伺う前方に迷いを捨て、
狭さに細やかさを撫で、
理想の塔を優しくて柔らかい椅子で包む。

840 :名前はいらない:2014/05/12(月) 05:36:52.12 ID:S64KLDVi
これまでどれだけの山越え谷越え
ずいぶんと遠くまで来たものだ
けれど今がもしかしたら一番
倫理的な判断が難しい局面
お元気ですか
まあまあ生きてます
これでもまだ精神力あるほう
壊れたところで誰も助けてはくれないもので

841 :名前はいらない:2014/05/12(月) 08:48:26.05 ID:oJOoV7St
(とくれい)
元禄豆をぽっぽがつつく
勝気に弱気ぽっぽは千様
あーだめそこには秘め鼠
かわくよぬらして軟養土
なつかしき哉をんなの指
には夢も見つ御酒を呑る
またたくまにクーと酔う猫
ザルに笑はれ伏し涎さ下戸
ぽっぽのおやつは手の中に
はてさてアテに南仏語など
終わらぬ宴閉じたいメメに
お絞りの熱悪くないなうん

842 :名前はいらない:2014/05/14(水) 03:22:32.98 ID:adI6V43M
いみことばそうぞう

大気圏突破の向こう。
宇宙の自由に重力は薄れ、
だけど息の元、結する由縁に不可避の重み。
帰宅帰宅、偽の帰宅。
は、やめて、本当の帰宅。は更に先。
先とはこの地、大地を掘る先。
またもや帰る。マグマに参る。
熱さは天空の冷たさに同じ。
更に行けば。熱も冷めるまで。
無の境地。心中は不可解。
たくさんの自由が縛られていない。
喜びは代えがたいはずなのに、溜まるすべての重み。
逃れられない不快感。我が身に不信感。
曲がりくねった道の横。間違いなく落ちてる、非情でも感性。
言葉に上っ面。表現の虚無に浅はかさ。
芯に視たい本当を、例え嘘っぽい偽の熱狂でもそれに託すはず。
あの角。壁を予見。無理矢理にでも悲しみを取り込む。
すべてが反対なのは必然。
網羅が空と核の足し算でプラスであるかのように、拡散と収束の足し算でマイナスに見る。
悲しみは永遠の収束。言葉は羅列、常に限定させていく世界。
それだけで悲しみを体現してる。
想像の果ては悲しみ。厄介な闇ではなくて、むしろ完璧な喜び。
透明な人間、でも身勝手にでも哀愁の景色から観たい。
喜びしかない世界を眺めたい。
いつまでも似合わないまんまでいたい。
誰とも違う色に一番の意味が隠れてるから、悲しみは孤独でも、簡単に反対。
喜びに簡単に狂い、想像に地下をまた深く潜り始める。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)