2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

君のセンス5段階+αで評価するよ[vol.106]

1 :ちーちゃん:2012/12/10(月) 23:33:31.19 ID:2hdN9MRd
Aランクを目指して詩を書き込もう。
皆さん、ガンガン評価しましょう!

A:プロ並み。出版社にもってけ。
B:言葉の狩人。
C:光るモノを感じる。
D:素人。
E:まずは日本語の勉強を。

●セン五に関する心得

・このスレは投稿者と評価人のバランスにより成り立っています。
評価人が常に不足しているので、気軽に評価に参加しましょう。

・連投は禁止されています、一作品の評価が終わるまで投稿は控えましょう。

・評価の扱いや、未評価一覧に載せるか否かはまとめ人の判断に任せます。
この方針に異論がある方は議論スレである【語り合うスレ】をご利用下さい。

・投稿者による再評価依頼は一度まで有効とします(複数評価で権利消滅)

・また評価しやすいように定期的に未評価の一覧を作成してくれると助かります。

・同一の詩をポエム板にある評価系スレと併用する複数投稿は認めません。

・ブログや他サイト等からの転載は作者本人であっても許可しません

●NG推奨
二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB
ゲッパリラ
反現代死

前スレ
君のセンス5段階+αで評価するよ[vol.104]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/poem/1344165639/l50
君のセンス5段階+αで評価するよ[vol.105]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/poem/1346630661/

このスレに関する雑談・議論はこちらでお願いします
【セン五スレ】について語り合うスレッド Part15
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/poem/1328020097/l50

過去ログ倉庫
http://kako1005log.web.fc2.com/

2 :ちーちゃん:2012/12/10(月) 23:35:09.05 ID:4ooQww3M
よくあるようでない質問集

Q 連投したら怒られた
A 最近テンプレを読まない人が増えています

Q 僕の詩がずっと評価されません
A 貴方も評価に参加しましょう その発言は間違っています

Q ○○さんに評価してもらいたい
A 評 価 人 の 指 定 は 禁 止 さ れ て い ま す 
過去に自由参加推進派とコテ信仰派で別れ
セン5スレが分裂した無意味な歴史があるからです

Q 素人の僕でも評価して問題ありませんか?
A 冷静に見てほぼ全員がド素人です 真面目に評価してあげましょう

Q 作者の人へ感想を送りたいが未評価から外れてしまう
A ランク無しの評価文は感想扱いとして未評価扱いのままです【←重要】

Q やる気の無い一行評価をされてガッカリした!
A 未評価のまとめ人の判断で取り消せます 対応に問題があれば議論スレへ

Q 再評価を希望したら嫌われてしまいますか?
A 問題ない するしないは自由

Q あのコテむかつく
A 知るか

3 :ちーちゃん:2012/12/10(月) 23:35:36.28 ID:4ooQww3M
未評価一覧制作者の心得

【壱】 間違いを恐れない事
毎回失敗せずにやってくなんて無理
間違いを指摘されたら素直に喜ぶ

【弐】 決められたルールは守る事
作品へのアンカーは「>>」を使わず「>」を使用
(一度に>>を20個以上使えないからです)

1列5作まで 10作セットで行間を空る
(楽に目算しやすくする為)

【参】 引継ぎ番号は書く事
評価する側される側 百利あって一害なし 

【四】 連投や盗作は全てEで切り捨てる事
連投は全て却下 発見次第報告をしてください

【五】 わからなかったら議論スレで聞く事
勝手な独断で動かない

4 :ちーちゃん:2012/12/10(月) 23:37:06.30 ID:4ooQww3M
981 :名前はいらない [] :2012/12/10(月) 20:32:55.06 ID:oLqj7ZQi (6/13)
>>980

降る雪の静けさ

風や雨の声は鮮やかな

輪郭を描く しかしその冷たさ、

頬に積もる微かな重さは

知ることはできない いくら君が問おうとも

冷たい風が枯葉を散らす

雪は白色を失い、

可能性としての春を蘇させるだろう。


>知ることはできない いくら君が問おうとも

何故だろうか?頬の感覚が失われている理由は?
もうここから読む価値が無いとわかる。
伝わって当然と考える自己満の戯言の予告ムービー。
まあここに居る皆さんもそんなのが嫌だったら2ちゃんなんかやってないと思うので
どれ位自己満なのか期待して読み進んでみましょう。
ほう…ほうほう。なんか目を閉じてりゃ春が来たのも察知出来なくね?
みたいなのを言わんとしているようにも見えるが視覚が描かれてんだよね。
視点がまるでハッキリとしない。
可能性としての夏でかまくらでも作ってればいいんじゃないですかねえ。
夏だか冬だかはっきりしない七分袖で。E

5 :ちーちゃん:2012/12/10(月) 23:53:00.50 ID:4ooQww3M
982 :名前はいらない [] :2012/12/10(月) 20:49:50.48 ID:oLqj7ZQi (7/13)
訂正&ID:rIPQhfgT 早くしろ。あと10分だぞ
---------------------------

降る雪の静けさと言う空白で
風や雨の声は鮮やかに舞い
輪郭を描く しかしその冷たさ、
頬に積もる微かな重さは
知ることはできない いくら君が問おうとも
冷たい風が枯葉を散らす
君が言う眼をつぶるとき、雪は色を失い、
春という可能性を胎児した季節が蘇るだろう。


>降る雪の静けさと言う空白で

ほんとヘタクソだななんやねん「静けさと言う空白で」って
「これはこれ”ですよ〜」みたいな説明文。言い切らんかい!
言い切ってそう思わせたれや!
ヘタクソだから雪の中の風や雨音すら嘘に聞こえんねん。
1:詩テク 2:間違い 3:実際そう言う瞬間もある
のうちで絶対2を選ばれんねんお前の詩は!!
ゴテゴテと回りくどく訳がわからない。
元の詩を書いた人の心境考えてみいや?びっくりするぞ?馬鹿にからまれてるって。
お前の前スレの過去にろくに肉体労働もせず字書いてるだけで儲けたヤツ何人知っとるとか知らんねん。
自分は訳の分からん記号を連投して「セン五はレベルひくい」とか言ってる奴もいるがそれはそれで別にええねん。
しかしクルクルパーの前スレ>>982よ、セン五のレスの質を下げんな。以上。

未評価一覧

ヨロ

6 :名前はいらない:2012/12/11(火) 00:02:27.31 ID:8zfnG3Ez
「夢のたびに」

夢のたびに
かたまって死んでいる
せん妄にまみれた脳が
大きな乳房にしがみつく
冬の留置所の
見えない裁きに
怯えはだんだんひどくなる

夜なかに
怯えた目を向けて
なぜ泣いているのか
病まない人には
いつだって分からないのだ
幻影をひきずり落として
背後の世界をみると
危うい位置だけが
とり残されている

留置所の
どこを探したって
思想などはない
目を捨てて
口から尻へつながってゆく
棘のある性の怯えだけだ
舌で祈るかのように
憑かれた言葉を糸でひき
影を張る

夢のたびに
影が燃えている
背後からしのびよる
自分の死にも気がつかずに
父は母を追い
嘘の姿を見せて
性を汚していたのだ

母の身体から
父の幻影を追いだそうとすると
痛ましい目を向けて
怯えなければならないのだ
家の光影にさらされて
際のない死に
突き落とされてゆくからだ

膣をぬいつめて
かたちなしに生きている
恐ろしい胎児の眼に
ぼくの未来はさらされている
留置所のなかで
父や母に罵声をあびせると
母はそのたびに
怯えた動きを見せる

7 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 00:22:06.10 ID:mdlzyBRi
986+1 :名前はいらない [] :2012/12/10(月) 22:15:24.20 ID:oLqj7ZQi (10/13)
>>969
ID:2hdN9MRd

あんたの「詩」はパンク気取りだろうけど、たんなるルーズなファシズムだね。
ある種の前提を仮定して「立派な純文学」に対して「くだらないセックスの話」を対置しているわけだ。
権威に依存してるという意味で、それ自体がワナビー純文学だよ。「純文学」を前提にしないと成り立たない。
しかし、本当の問題はそういうことではない。あんたの臆病さが問題だ。

 <さあ揉みしだけマシュマロを>
 <揉んで揉んでぐちゃぐちゃの部屋中のマシュマロに>
 <全裸でダイブして咆哮し>
 <部屋中のガラス陶磁器をグレッチで叩き割れ>

ここであんたは文学なんて何も知らないよ、というふりをして、文学的な評価をくだされることを拒否している。
「マシュマロ」という比喩は陳腐な比喩だけど、しかし、

 <全裸でダイブして咆哮し>

「咆哮し」という「難しい言葉」でもって「純文学」に色目を送っている。なぜ、そんなことする必要がある?
そこから分かるのは、あんたは、自分は文学的に非難されたくないし、たんなる落ちこぼれだという事実を受け取りたくない、
というただそれだけだ。

あんたは好きなだけ、ダブルスタンダードを使い分ければいい。じゃね。


ちゃんとよく読んで頂きたい。マシュマロは現物だ。(おわり)

8 :名前はいらない:2012/12/11(火) 01:50:42.54 ID:VrnxXU5S
前スレのクソガキちゃんへ

>>851
>>858
>>889
>>896

俺が書いた詩は前スレのこの辺だよ
お前なんかのためにわざわざ新しい詩を設える気にならん

好きに駄文を連ねるがいい
俺の詩は未熟かもしれんが、お前の上げ足取りと無意味な人格否定なぞは一介の評価として受け取る気はないがな

9 :名前はいらない:2012/12/11(火) 01:58:34.87 ID:VrnxXU5S
>>6
B
まず気になる点として、せん妄の意味が分からない
普通に意味が分からない

全般的に抽象的で、それに多種多様な言葉を使ってるね
一言で言えば取り留めがないのに、退廃的な雰囲気はどの連も一貫している

高い技巧を感じるけど、まだ練りの余地がありそうなのでB

10 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 02:16:03.04 ID:XyGO6nwm
>>8
連投ですな

11 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 02:19:45.66 ID:XyGO6nwm
>>5
冒頭、 降る雪はだったら割りとイケてるな

12 :名前はいらない:2012/12/11(火) 02:28:13.03 ID:VrnxXU5S
>>10
過疎ってるんだから仕方ないだろ
評価人もいないし
日にせいぜい2つしか書いてないのにそれが誰にとってどう迷惑になるんだ

13 :名前はいらない:2012/12/11(火) 03:31:29.52 ID:SbGMqeT/
「東京の空」

人と車の喧騒を、少し残した公園
鎖が捩じれて、傾いたブランコの下
窪みの中に、捨てられた新聞が寝ている

ビルとビルの間、いびつな形の空
野良猫の瞳のような、乾いた光
大通りから外れた、こんな場所をも照らす

鎖が捩じれて、傾いたブランコの下
いびつな話ばかり載っている新聞

こんなにも愚かで、こんなにも美しい人々
ビルとビルの間、東京の空は、今日も人の温もりをくれる

14 :777:2012/12/11(火) 03:44:24.63 ID:GILs2O5x
連投確定
>744-745,>860,>867,>969
>858,>889,>896

>895,>915
セン五のEはEnglishのE〜。

15 :777:2012/12/11(火) 03:53:31.57 ID:GILs2O5x
>>13
なんかね、ミスチルとかバンプとかもおんなじような歌を歌ってたし、
福山とか桑田とかもなんか東京とかって歌うたってたような
なんかありそうな歌詞レベルなんだよね。
誰もが扱ってきたであろうテーマだからなおさらね。
D

16 :777:2012/12/11(火) 03:54:09.93 ID:GILs2O5x
未評価???

前すれ

>746 >748 >754 >763 >766
>776 >782 >797 >798 >801

>802 >803 >825 >826 >828
>832 >844 >847 >852 >859

>860 >874 >900 >903 >908
>910 >917 >918 >922 >923

>924 >925 >926 >927 >933
>934 >935 >939 >945 >946

>948 >951 >952 >980

さて?

17 :名前はいらない:2012/12/11(火) 05:42:09.82 ID:GFKhuAT8
ペテンはカードを刻むだけで
一枚選ぶのは 他の誰でもない君で
誘導 決まってしまう 負け

植えつけられていた ルールという種は
従順の雨浴び 根を生やし始める
名無しの日々でも 雁字搦めせめて
代償に 奇形の花が咲く

殺気立つ声の向こうに
答えがあるかよりも そう
一度でいいから自分に 頷けますように

さっきまでのぬくもりなら
次の街で買えるだろう
並んでまで待つほどじゃない
釣りならくれてやる

人並みの幸せ望む人に
それ以上欲しがる人
人並み以下でおぼれる僕は
どっち?
「泳がない」
「泳げない」

18 :名前はいらない:2012/12/11(火) 08:45:48.99 ID:VrnxXU5S
>>14
連投だから何やねん
くだんねえ
学校に自分一人しかいないのに廊下は走っちゃいけないと思いこんでても滑稽なだけだろ

19 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 10:21:34.48 ID:XyGO6nwm
>>18
そんな前例を許せばあらゆる不正に口実を与えますよ?お気持ちは理解しますが私も。

20 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 10:27:31.59 ID:XyGO6nwm
私も(連投してますし)。

21 :名前はいらない:2012/12/11(火) 12:10:09.66 ID:VrnxXU5S
>>19
形骸化した規則など無意味だと言ってる

22 :777:2012/12/11(火) 12:57:09.31 ID:GILs2O5x
知らんがな。

23 :名前はいらない:2012/12/11(火) 13:13:48.47 ID:kdqZTtRk
>>8
ID:VrnxXU5S
おまえの書いた詩を読んだけど、歌謡曲にすらなれない。まったく才能なし。
もう詩なんかに関わるのはよせ。他人の詩を批評するとか論外だ。

24 :777:2012/12/11(火) 13:28:51.04 ID:GILs2O5x
>>746
どこを楽しめばいいのかわからない。新たな視点も得られない。D

>>748
お題目のような平和論をパズルっていう型にはめただけ。
リズムはあるがそれがさらに言葉を白々しくしてる。D

>>754
妄想も空想もくだらないんだよね。
読者に届けるなら幻想にしなきゃ。イリュージョン。D

>>763
誰でも考えそうなんだ。短いなら短いなりに
なんかちょうだい。D

>>766
まあわかるというか表現としてはわるくないけど、
何にも残らない点は他と変わらない。D

>>23
一理あるがそんなこと言ったら誰も評価できなくなるぜ。

25 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 15:17:18.74 ID:XyGO6nwm
>>21
一理あるが法の理の前に逆切れはみっともない。
このスレでは再評価を希望せずに評価を受け入れた時点で投下詩は過去となる。
連投した貴方は今現在進行形の極悪人。
赤信号を横断中にクラクションを鳴らされて「俺は悪く無い、誰にも迷惑をかけていない」とは何事か。
そんな理屈が通るなら「赤信号を渡ってるヤツが悪いんだから轢いちゃってもいいよね」も受け入れなければならぬ。

26 :名前はいらない:2012/12/11(火) 17:20:04.93 ID:VrnxXU5S
>>25
よくよく考えたまえよ
このスレがこんなにも過疎ってる理由は?
評価人が圧倒的に不足してる理由は?
あまりに無思慮で大雑把な「連投禁止」の規則があるからじゃないか?


それに、もう一度言うけど窘めたいなら一日に一度か二度程度の詩の投稿で、誰がどう迷惑するのか納得できるように説明してくれ

27 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 18:32:05.21 ID:XyGO6nwm
ヒント:評価

28 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 18:41:34.92 ID:XyGO6nwm
>>26
よくよく考えてみたまえよ?
こんなにも未評価が溜まっている理由は?
評価人が不足してる所に新作ばっかり送り込んでどうすんの?
人数より書き込みの数だけ求めてるの?
協力して欲しいの?

29 :名前はいらない:2012/12/11(火) 18:52:36.00 ID:VrnxXU5S
>>28
連投どうこう言うくらいなら、一日に数作程度評価する気概くらい見せろ
日に二桁も投稿されてねえだろ

俺含めて目に止まった作品しか評価せず、数週間も未評価のままほったらかして、その上で連投禁止だなんてアホな規則を掲げるからこうなる

どんどんと投稿する人が減って、評価する人も必然少なくなる

口先だけで「規則だから連投禁止」と思考停止した主張してるだけじゃねえか
だったら、もう一度言うが十にも満たない程度の詩くらい毎日評価してみろ

30 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 19:24:04.50 ID:XyGO6nwm
>>29
てめえで出来る事をてめえでやらないで人にやれとか言って
誰もやらないから規則破って良いとかお前みたいな馬鹿とはもう遊びたくない。

31 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 19:28:25.72 ID:XyGO6nwm
>>29
お前に出来る事と言えばてめえのくだらねえ善悪証明で騒ぎ立てて>>24で取り戻せそうな流れを水泡に帰す事くらいだろ。

32 :名前はいらない:2012/12/11(火) 19:30:41.96 ID:BSHHE1wJ
>>776
出だしからして面白い。はねっかえされた、ときては、なにがはねかえされたの、と、
興味を引く。しんしんがはねかえされたらしいが、しんしんというのが意味がわからない。
たぶん、深深とした静けさのことだろう。とすればはねかえされたのはよあけか。
二連の詩情は結構雰囲気よく出ている。うそ、ばっかりのよあけを繰り返すのも、
意味を相乗効果で、いいと思う。うそというのは、誰がつかれたのかとか、細かいところが
気になる。つまり、主体の存在が、あやふやなところがよくない。D+

>>782
全体に、場面が変わりすぎてつながりが保っていない。しかし、そこをつなげると、意外に
魅力的に映る。さっぱりしたという感慨に至るまでの、出来事が、本当らしくリアリティがある。
インフルエンザなど、魅力的に使われている。さっぱりとした読後感が、しみじみと感じられる。
D+

>>797
優しい(はずの)雲が怒るというのは、愉快な想像を誘う。地平線の前振りも生きてくる。
誕生日を祝うというオチも、ありそうでないと思う。なにか、悲しいような雰囲気がいいと思う。
D+

33 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 19:33:53.45 ID:XyGO6nwm
>>29
いい加減気付いただろ?
上記二つの俺のレスを統合すると君は自分が出来る事をちゃんとやっているので別に問題ないと言う事になってしまった。

がんばって連投してください。
判決:無罪

34 :名前はいらない:2012/12/11(火) 19:48:32.72 ID:BSHHE1wJ
>>798
ちょっとエッチな詩ですが、全体の雰囲気は、だるい感じで悪くない。
ただ、特別に面白いところもない。このセンで行くなら、○学生という題を、
もっと特定しても青春の感じが出たような気がする。最後の連は良く出来ている。
キスの場面を面白く描いている。天国に行ってしまうという飛躍も面白い。D+

>>801
情念が、この文調で見事に描写されている。日本語が美しいので、
安心して読める。内容には特別の変化はないが、描き方がうまい。
若さの上に、というところがお気に入りです。C+

>>802
以下に描写して見せるか、を魅せる一発詩。気持ちの悪さは結構出ている。
無慈悲といった締め方は、気分が出ている。D+

35 :名前はいらない:2012/12/11(火) 19:57:38.08 ID:BSHHE1wJ
>>803
黙れという主張が面白い。君も形無し。冠という単語もよく使われている。
自分で自分を王様にしてしまうというのもしっかり描けている。D+

>>825
悪口の詩で、面白い。非常に能弁に語っているところが良い。
なんども笑ってしまった。D+

>>826
ユーモラスさがとてもある。ここまでむちゃくちゃだと、爽快感さえ感じる。
これも声を立てて笑ってしまった。D+

36 :名前はいらない:2012/12/11(火) 20:17:52.68 ID:VrnxXU5S
>>30
ああ、だから俺はこの連投禁止のシステムがばからしいと思ってる
全ての未評価に評価もしないがな

だがお前は評価を滞らせておきながら連投禁止だとほざいてる

俺もこれ以上は何も言うつもりはないよ

37 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 20:30:24.70 ID:XyGO6nwm
>>36
まあその相手が仕事をするのが当然と言う考えを改めようぜ?俺も連投してるし。
ただ俺は怒られたら全力で逃げる。そして逃げる後ろ姿がとても可愛い。だからモテる。

38 :名前はいらない:2012/12/11(火) 20:34:00.48 ID:VrnxXU5S
>>37
何か物を言うなら、それに義務が伴うというのは当然だろ
俺は形骸化した規則なんて改めて然るべきだと考えてる

39 :名前はいらない:2012/12/11(火) 20:36:41.39 ID:BSHHE1wJ
>>828
ゲッパリラさんの人気パネェww
24時間てwww
D+

>>832
静かなものだというのは言われないとなかなか思いつかない。気づかれないけど
つねに見守る。面白い。D

>>844
あふれるほどの思いの言葉が、共感を誘う。よくあると言えばそれまでだが、
悪くもない。D+

40 :ちーちゃん:2012/12/11(火) 20:44:51.17 ID:XyGO6nwm
>>38
好きにすりゃいいよ興味無いし

41 :名前はいらない:2012/12/11(火) 22:13:19.73 ID:qvasJTm4
白い息とともに
風がアンダースローされて
激しくさらに激しく
ほうきもちりとりも
凍って近づかない
僕がいる暖かい部屋のどこに
君がいるか僕は分からない

42 :777:2012/12/12(水) 01:17:03.46 ID:911OHQpg
>>847
効果的な繰り返しというより、
少ない語彙のごまかしに見える。
詩としては全体的に言葉が弱い。
D

>>852
繰り返される四行の出来が良くないと思う。
ここだけ読者じゃなくて明後日の方向に向かって
つぶやいてる感じ。
D+

>>859
接続系なのに接続しそこねた、みたいな。
なんていうかすごくどうでもいい。
興味がわかない。
D

43 :777:2012/12/12(水) 01:38:52.06 ID:911OHQpg
>>858
J-POPに洗脳されたような思春期の少年の独白が続き、
ウンザリさせたあとに「だからなんだ」とすべてを
なかったことにする周到な時間泥棒ですねE

>>889
天気が悪いから燻ぶり生木が乾くまで燻ぶり
ようやく火種が灯ったと思ったら
風通しがわるいから、きえちまったらしい
だからなんだE

>>896
ただじっと待ってたらしいだからなんだE



おいなんなんだ。

44 :名前はいらない:2012/12/12(水) 02:52:10.67 ID:Q6SZWs/M
こんなに人がいるのに
出会えるのはほんの
わずか

出会いはまるで
広大な大地で針の穴を通すよう

すばらしい人に会っても
最悪な人に会っても
楽しい人に会っても
面白くない人にあっても

それは
一億の中の一人
十億の中の一人
千億の中の一人
数えられないほどのなかの
一人

この出会い無駄にしたくない
出会いの数は限られてる

そこにはその人と出会わなければ
えられない答えがあるはず

その人と出会えなければ見ることが出来ない
景色があるはず

辛いことも悲しいことも
嬉しいことも喜びもあるはず

どうぞどんな出会いも
無駄にしないでほしい

砂漠の中でつかんだ
一握の砂

水をあげて
きれいな種を蒔いて欲しい



きっと素敵な花を咲かすから

45 :名前はいらない:2012/12/12(水) 02:59:02.10 ID:6xfxGtWN
「夜明け」

街灯を一つずつ、指でつなげてみた
冷えた窓の中に、ただ真っ直ぐな線
無機質な輝きが、宝石の様に転がる夜
机の上のコーヒーより、暖かな輝き

優しさの意味、はき違えていた
机の向こうに、ちっとも理解できない、人型の虚像が一つ

部屋の片隅には、忘れられた扇風機
じっと、夏を待つように俯いている
灯は一つずつ、等しい間隔で輝く
君はその光に、片目から涙を流した

優しさはときに、無表情な顔を見せる
夜が明けるころ、机の向こうは、もう違う世界になっていた

46 :名前はいらない:2012/12/12(水) 03:19:07.13 ID:TzKDLQHy
>>43
ID:911OHQpg
おまえの駄文は批評ですらないわ。自分のレベルの低さを自覚してない。
試しに、おまえの詩を晒してみろ。オレが評価してやるから。
それすらできないチキンか?

47 :777:2012/12/12(水) 03:44:16.48 ID:911OHQpg
めんどくさいなあ、もう。
罵声の浴びせあいがやりたいわけじゃないのよ。
レベルの低さを自覚とかどうでもいいから。
まずてめえの詩のすばらしさを語っていけよ。
それすらできないチキンかよ。
俺の詩晒せとか言ってそれ当り散らしたいだけじゃん。

48 :名前はいらない:2012/12/12(水) 04:22:33.77 ID:+eYNmcjn
「銃奏の夜」


豆腐から水 ホモ達の「if」
赤錆びたネオン街に灯る 雑踏の貴腐
腐ったシーツから見える シャトーの裸婦
昨日のパンはもう腐って食えない
孤児たちが銃握る世界はさらに癒えない
髪をなでる以外 この影に見つめられ絡み合う以外
許さない 心臓の網膜に刻みつけた「罰」という嬉々が
廃墟の腕の中歪んだ皮膚を
薄く剥がす それは純潔の夜の血
少女が夢見た楽園のショービズ
朽ちていく夜は文明の灯りをともす
意味よ そして奏でるソプラノの喘ぎよ
アスファルト腺液の虚ろなこの世界の創造を
許す以外の衝動に終わらない日々よ

49 :名前はいらない:2012/12/12(水) 12:22:51.87 ID:wX9KVyVN
トレノ


双子座の双子の
その半分の旅路を探し求めて
明日も旅をする
ボク達、星座クラブ

屋上にもうけられた望遠鏡はメガじゃ物足りない
悩み続ける、残念な話
これがボク達、星座クラブ

べつにオレンジとイエローは適当さ
どちらも借りればいい

50 :ブサメン:2012/12/12(水) 17:15:31.06 ID:l/Fb/4/7
なんかググるとざかざかヒットする。なんでなの。(・・;)
以下前スレ連投、転載っぽいの。
違ってたらごめんなさい。m(_ _)m

860-867 連投
896-900 連投
874 転載
903 転載
917 転載
933 転載
939 転載
945 転載
948-950 連投

51 :ブサメン:2012/12/12(水) 17:16:09.04 ID:l/Fb/4/7
>>910 D
鉛筆削り〜貫かれって出だしが想像出来ない。ビルを鋭利なものに例えるか、貫くじゃなく削ぐとか削るにした方が
合ってるように思う。たぎるような暖炉、も燃え滾る、ならともなくたぎるのみだとお湯っぽい。
燃え滾る暖炉に くべられた体 でも詩意は損なわれないと思う。あと内容が自己完結して十分に表現されていない気がする。

>>918 D
オチが弱い。繰り返しの語句はもっとさりげなくて目を引くような言葉にした方が雰囲気が良くなると思う。
儚げでいいと思うんだけど、もう少し切迫した部分が目立つとよりいいんじゃないかな。
構造って硬いカンジの言葉はこの詩に合わないように思う。

>>922 D
締めの部分がおざなりに感じる。三行目からの期待を受ける四行目が凡庸で残念。
もうすこし丁寧に書いてもらえると詩情が増す気がする。
シンプルで分かりやすい文面は好感が持てる。

>>923 D
最初に雲を突き抜けてって描写をしてしまってるんで、木陰とか言われても想像できなくなる。
大きさの表現がばらつくせいで、詩にもまとまりがなくなってる。
やがて〜今ではって言葉がヘンな気がする。

>>925 D
インパクトのあるタイトルに似合わず目新しさの無い内容になってる。
ぶつ切りの言葉が多くて共感しにくい。詩っていうより歌詞っぽい。

52 :ブサメン:2012/12/12(水) 17:18:08.90 ID:l/Fb/4/7
>>926 D
主題は良さそうなんだけど、あまり上手く文章が噛み合っていないように見える。
急に入るダジャレに脱力する。語句を繰り返し用いることで生じるはずの響きが無い。

>>927 D
恋人よ〜の下り面白い。締めの一行がイマイチで、全体が損なわれてる。
始まりが唐突過ぎて俗っぽいのもよくない。

>>934 D
うちの方にくる豆腐屋はぽぉ〜…ぺぇ〜…みたいな音だなぁ。最近見ないけど。
緩急がいい。連想もいい。詩情は、あまり感じなかった。

>>935 C
三連だけ少し微妙だけど、全体的にそつなくまとまってて、なにより雰囲気がイイ。素敵。
でも鬼語っていうのが分かんない。無知でごめんです。よければ後学の為に教えて貰えると嬉しいな。

>>946 D
ここそんなにコテいなくないか???

>>951 D
言葉それぞれの意味と繋がりにもう少し重さをおいた方がいい気がする。
言葉の響きに振り回されて、主題の軸がぶれているし、無意味に難解さを増してるんじゃないかな。
出だしの言い回しは雰囲気があっていいと思う。

53 :ブサメン:2012/12/12(水) 17:21:23.95 ID:l/Fb/4/7
>>952 D
タイトル、「一葉」でいいんじゃないかな。なんかへんにたどたどしい。
無駄な励ましを省いたほうがわびさびが出ていいと思う。

>>980 D
雰囲気と主題は好ましいんだけど、表現がとっちらかってる印象。
もう少し言葉を増やして、丁寧に重ねていくといいんじゃないかな。
あと往来より到来の方がここには合ってると思う。

54 :名前はいらない:2012/12/12(水) 18:28:37.58 ID:dAx5efkf
>>51-53
お疲れ様です。
ちなみにその中に少なくともひとつプロの作品が混じってますね。
低評価をされてますが、異論はないです。

55 :名前はいらない:2012/12/12(水) 18:51:40.56 ID:rjJLr1mg
>>54
どれどれー?

56 :ゲッパリラ:2012/12/12(水) 20:53:37.44 ID:r5426M6F
果てなきと
果てを知らずに
言いにけり

57 :ゲッパリラ:2012/12/12(水) 21:52:12.52 ID:r5426M6F
知らずしも
知るに足りける
その笑顔

58 :名前はいらない:2012/12/13(木) 04:14:00.31 ID:kcstan2H
やさしい気持ちで
人に接してみる
そんな僕に
手を差しのべてくれる
女性がいた
だけど現実は
思わせぶりなだけで
僕のそばから離れてく

僕はいつも何だか
夢ばかりを急ぎすぎて
期待をしすぎて
自分で転んでしまう
何を信じていいのか
分からない時がある
夢を持つ事で
希望を持つ事で
期待する事で
傷付く事がたくさんある

人前では平気そうに
見せながら
冷静を装いながら
強がりな笑顔を見せながら
誰も見てないところで
幸せになりたいんだって
一人悔し涙

僕は誰よりも弱い
いつも傷付く事を
選んでしまう
心には淋しさがあるから
支えになるものを
求めてしまう

いつも夢を描くけど
いつの間にか自分で
無理なんだろうなって
コントロールしてしまう

今年も来年も
ずっとずっと
サンタクロースを諦めなきゃ
そう言い聞かせて
生きるのかな

59 :名前はいらない:2012/12/13(木) 04:30:22.02 ID:kcstan2H
>>903

作者の鼓動が伝わってくるのがいいね A

>>917

味わい深くて実にいい、最高傑作 A

>>924

これも読ませる作品ですな、傑作です A

>>933

なんともいえない詩のうまみを感じます A

>>939

独特の味わいがあってすばらしいと思います A

>>945

いいねえ、実にいい。この調子で頑張ってくれたまえ A

豚野郎の代わりに寸評してみました
今後もどんどん作品を書いていきましょうね

60 :ブサメン:2012/12/13(木) 13:29:30.92 ID:/QEuCTmY
>>54
マジっすか……orz
不勉強ですんません。
差し支えなかったら作者教えて頂けますか?

>>59
お前豚さんに失礼だと思わねーの?(-_-メ)
不細工野郎でよくね?

61 :名前はいらない:2012/12/13(木) 19:20:07.88 ID:RMb24sMw
>>45
B
比喩が一々洗練されてて綺麗だね


ただ、優しさのくだりだけ表現が直接的すぎて悪目立ちしてる感じがある

62 :名前はいらない:2012/12/13(木) 19:26:20.05 ID:RMb24sMw
>>858
>>889
>>896

お時間の空いたときで構わないので、どなた再評価お願いします

63 :ちーちゃん:2012/12/13(木) 20:28:24.45 ID:Jpu54UlE
>>62
連投 E

64 :名前はいらない:2012/12/13(木) 20:57:16.10 ID:bzXFrIkl
「禁じられた遊び」

異形の森に縛られて嘲り笑う霧が
水鏡に偽りのない気持ちを映し出す
薬と毒の舞踏会
地獄の道化師が甘く囁き
心の隙間邪に染め上げる

二階堂はゲッパリラを抱きしめている
罪の領域に身をゆだね

怖いほどに眠りを焦がす死体に際の月が
未完成のこの体を儚く組み替える

猟奇を羅列し続けた不確定な賢者が
禁断の書物を開き結末を読み上げる

ゲッパリラは二階堂を抱きしめている
罪の領域に身をゆだね

色褪せた一言は二階堂のために
忘れられた思いはゲッパリラのために

二階堂とゲッパリラは絡み合っている
罪の領域に身をゆだね

色褪せた一言は二階堂のために
忘れられた思いはゲッパリラのために

作られた禁色は二人のために?
ありふれた禁色は二人のために?

65 :名前はいらない:2012/12/13(木) 22:01:21.19 ID:N393aGu7
本当にくだらねえ
だがしゃあない
悪法もま法なり、か

66 :777:2012/12/14(金) 05:49:19.46 ID:Lso6QOd7
「モラトリアム」

夜明けへの一本道に
未明ばかりが列をなして
じかんを食べる生物たちに
順番は来ない

女子高生は思う
なんかがなんかみたいだと
僕は思う
何かが何かみたいだと

ああ、
幸福は衛星軌道上
議論され遂行される
地球の安全な自転を見守っている

67 :名前はいらない:2012/12/14(金) 08:18:13.21 ID:KVMeG4q5
君に背を向けていれば
流した涙も見えないから

プライドなんかじゃないよ
たぶん

どうしたらいいか分からないだけ


僕等はね 出逢った時からきっと
少し似すぎてたんだ
同じように恋をしてさ

僕は僕よりもずっとずっと
君の方が大事だから

たとえこの心が壊れてしまおうと
君が幸せなら構わないよ

でも違うんでしょ?
幸せなんかじゃない
君は゛もっと″欲しいんでしょ?

我儘な君に愛想笑いを

でも ねぇ
そろそろ尽きてしまいそうさ

68 :名前はいらない:2012/12/14(金) 11:14:34.86 ID:zyRkyfwK
ドレスを着た君は綺麗だ

ドレスを着た君は綺麗だけど、僕は君が誰なのか知らない。
ドレスを着た君は綺麗だけど、今日は天気がいいですねの調子。

ドレスを着た君は綺麗だ。
ぴかぴかの靴を丁寧に履かせてあげたい。
モーニングスターで頭をぶち抜きたい。

君が誰かは知らない。

69 :名前はいらない:2012/12/15(土) 01:50:10.81 ID:ICc4lJAR
「青いソファー」

世界のカタチに、自分を合わせるのは
もうとっくのとうに、疲れちまったよ

渡り鳥ですら、あきれちまうくらいに
決まりごとばかりの、生き様だったよ

ソファーの上に、好きな向きで、寝転ぶように
何も考えずに、感じるまま、浮かんでいたい

自分のカタチが、あるがまま、収まるように
何も考えずに、感じるまま、浮かんでいたい。

ああ!凄い速さで過ぎていく
なんて鮮やかな青!青!青!あ.....

70 :名前はいらない:2012/12/15(土) 10:52:12.24 ID:PYn8Hcs9
要らないんだから
僕は要らないんだから

消えちゃえばいいよ

つらいんだから
どうせつらいだけなんだから

この心も壊れちゃえばいいよ

そうしたら何も感じなくてすむ
そうしたらもう泣くこともない


いなくていいんでしょ?
いない方がいいんでしょ?

鈍感なふりして
本当は最初から気づいてる

作り笑い浮かべて
取り繕ってるだけ

71 :ゲッパリラ:2012/12/15(土) 16:58:49.60 ID:9UpQi18U
冬陰り
震える風に
耳すまし

72 :ゲッパリラ:2012/12/15(土) 20:08:32.95 ID:9UpQi18U
一つ葉の
枝に下がりて
生き別れ

73 :ゲッパリラ:2012/12/16(日) 00:33:52.75 ID:xjv+uY36
風の音
聴きて部屋にぞ
独り居る

74 :ちーちゃん:2012/12/16(日) 00:51:36.04 ID:xmt7JpzG
Eねgoo!

75 :名前はいらない:2012/12/16(日) 06:17:19.95 ID:rXp1cPEO
夢は夢のまま
追いつくことはできなくて

I wanna be...
理想の自分と比べてはため息をつく

I wanna be...
このままでもいいの?

問いかけてみる
誰も答えは知らないけど

夢も引き寄せて手に入れられたなら

76 :名前はいらない:2012/12/16(日) 14:51:11.68 ID:5ue8JpXk
「雪見フクロウ」

雪見大福のような

ボッテリとした白いおなかに

朱色のあたまと羽の彼女は

黒塗りの板の上に座って

ちりめんの赤い花と頭上に吊るされた鈴を

フェルトのおおきなお目々でジッと見つめている

飛べないけどいいの

アナタは福を呼ぶ守り神

毎日玄関で見守っている…

77 :名前はいらない:2012/12/16(日) 14:55:47.28 ID:Hklw9r60
「雪見大福」
真っ白な 雪が 降る 夕暮れと一緒に
僕のペットの犬は
雪にやられて死んでた

雪だるまも 笑っていられない
凍える寒さの中
雪見大福を食べた

相変わらずの甘さに 恋人は
僕の分まで
食べてしまった

喧嘩をしても凍えるだけだし
僕はこたつをぬけたくはない

78 :ゲッパリラ:2012/12/17(月) 00:56:09.93 ID:aXek8JXB
やれるだけ
やってダメなら
そのときだ

79 :ゲッパリラ:2012/12/17(月) 01:52:43.30 ID:aXek8JXB
かかずとも
かくに足らんと
思いたる

80 :ゲッパリラ:2012/12/17(月) 02:27:02.52 ID:aXek8JXB
悪鬼らの
闇を信じて
落ち行きし

81 :ゲッパリラ:2012/12/17(月) 06:25:17.15 ID:aXek8JXB
世勢(よぜ)の外
我独り座し
灯かりとり

82 :名前はいらない:2012/12/17(月) 09:45:04.66 ID:USp1beXG
先を知らぬまま生きてきた
傍らの花々に想いもよせず

そよ風よ教えてよ時の流れ
移ろうすべての本当の意味
知らぬ間に生きる悲しさを
巡り来る季節の優しい心を

意味を探しては戸惑い迷い
鼓動の太鼓をたたき続ける

いつか血が流れても挫けず
繋がりを求め続ける勇気を
この世界に答えはあるんだ
傍らの花々に想いをよせて

83 :名前はいらない:2012/12/17(月) 10:48:10.34 ID:ZWiFPBrP
とうに枯れた筈の涙が
止めどなく溢れる午前0時
意味もなく不安や恐怖が僕槍のようにを突き刺す

どこからやってきたか知らないその槍は
彼女の言葉か?それとも、鏡の中の僕自身か?
考えるのも面倒だ
今僕は痛みに耐えるのに精一杯だ

今度は防衛本能からか、僕は言葉をナイフとして
彼女に突き立てた
その言葉は彼女を、僕を、切り刻み
未来をも切り裂く

それでも立ち上がり、手を差し伸べる彼女の愛は
僕を縛り上げ
僕をこんなにも苦しめるのだ

84 :名前はいらない:2012/12/17(月) 12:28:03.19 ID:USp1beXG
http://ameblo.jp/gepparilla-hikaru/
ゲッパリラ(佐藤光のブログ)

ゲッパリラ
佐藤光(さとうひかる)と
呼びにけり

85 :ゲッパリラ:2012/12/17(月) 15:45:03.68 ID:aXek8JXB
土踏まず
土を踏まずに
何を踏む

86 :ゲッパリラ:2012/12/17(月) 17:01:19.83 ID:aXek8JXB
さにあらず
さりとてそこに
さのありき

87 :ゲッパリラ:2012/12/17(月) 18:01:56.60 ID:aXek8JXB
安いAV
そんなにシゴいて
どこでイく

88 :名前はいらない:2012/12/17(月) 18:21:40.34 ID:xDql5bj3
>>84
気持ち悪いブログ貼るな

89 :名前はいらない:2012/12/17(月) 22:18:27.67 ID:p0SGoDp5
>>84-87
池沼に何を言っても無駄だとは思うが、
一度他人の立場になって自分の書いたものが面白いかそうでないか考えよ。

90 :ゲッパリラ:2012/12/17(月) 22:29:52.58 ID:aXek8JXB
ふるさとを
発ちて戻るも
変わりなき
変わりぬとせば
わがのまなこか

91 :名前はいらない:2012/12/17(月) 22:33:16.72 ID:nap0MfIA
三十度の熱が
向こうの電車に
物凄い速さで
吸い込まれていく

僕の周りは
寒いだけの時間が
ホームの人も
震え始めていた

あれからもう
列車は来る気配も
無いけれど僕らは
待っている

相変わらず僕らは
電車を待っている

92 :777:2012/12/18(火) 01:36:30.65 ID:PAzpiu62
>>17
表現したい内容に言葉が引きずられて
中途半端になってる。
たとえば三連なんか丸々自分語りのポーズだよね。
興味ない、
D

>>41
素材を置いただけ?
形は詩っぽくても何も伝わらない。
D-

>>44
うだうだと何が言いたいのかわからないし、
詩的でもない。根拠の希薄な断言調が鼻につく。
D-

>>48
豆腐から水 ホモ達の「if」ってなんだよダセェ。
ちょっと冷静になって考え直すべき
D

93 :777:2012/12/18(火) 01:39:46.38 ID:PAzpiu62
未評価

>49 >58 >64 >66 >67
>68 >69 >70 >75 >76
>77 >82 >83 >91

94 :名前はいらない:2012/12/18(火) 04:22:16.18 ID:LkIVKiU6
君を前にすると
僕の唇から溢れるのは偽りばかりで
だからほら
君が好きになった僕は
僕じゃないんだよ

ずっと。
「好き」でした なんて
君をつなぎ止めたいだけの嘘
好きって何か
分からなくなるくらいなのに
おかしいよね?

君が。
好き「でした」 なんて
本当は今も
………………ちょっとだけ好きだったり
気づかないふりをしたり

君はもう
きっと僕のことなんか好きでもなんでもなくてさ
僕を泣かせないように
僕が傷つかないように
優しくしてくれてるんだ

そうでしょ?

95 :ゲッパリラ:2012/12/18(火) 21:50:08.87 ID:Bn9FEXLn
腹パンチ
葉っぱランチと
間違われ

96 :名前はいらない:2012/12/19(水) 03:21:52.82 ID:FCFguTce
青くなる前の空

青い空を夏の日が照らす
日が照らすからあの空は青い
空の青さに消えた暗闇の空を、人は青空とは呼ばない
なら暗い空は何なのか

今僕はコンクリートの照り返しを歩く
帽子のつばの上にある空は僕をひたすら明るみに晒す
空の青さに僕を晒す

夜はいつくるのか
夜の空はいつくるのか
一日の終わり 太陽の終わりに
空が青でなくなるとき
僕はそれを空と呼ぶのだろうか

誰もみているこの空を
あなたを
僕の勝手で青空にして
青空と決めつけて

僕は大好きな青空を
手に入れようとしている
青くなる前の空が
手に入れようとしている

97 :名前はいらない:2012/12/19(水) 06:31:36.42 ID:EcMvwm7G
最後まで
君の嘘は優しい嘘だった

本当だなんて思わないよ、
僕は天の邪鬼だから。



でも、ねぇ、信じたいんだ
ちょっとだけ錯覚させて



最後まで
君の嘘は優しい嘘だった

no more cry
もう泣かないよ

98 :名前はいらない:2012/12/19(水) 08:54:42.10 ID:+Pkv5NFV
「仔牛のうた」

音楽を止めないと
私には必要ないもの
仔牛をつぶすため、朝早いもの

もやのむこうから
仔牛と朝を見た
楽しくって生きること
端から燃える地上を丘から眺めたの
雲がぐんぐん伸びて
空を包むまで私は見ていた

仔牛を引くわたし
うちにかえるとつぶす
どうしようかな
口をついででる、うた

仔牛とともに
すこやかな朝を
たからかな音がすらすらとなびく

音楽を止めないと
私には必要ないもの
仔牛をつぶすため、朝早いもの

99 :名前はいらない:2012/12/19(水) 21:23:17.14 ID:yKMf0L6N
刀傷の解釈


もうぼくらはずいぶん長い間歩いてきた

砂を噛みながら。
この刃のうえを。
赤く濡れた足。それに顔や腰や人差し指。

刃が交わる場所で出会った人たち。
言葉を交わすより先に傷口を差し出した。

頼むから舐めてくれ。

痛いんだ。ずっと痛かったんだ。と。

彼らの顔は数多の刀傷に埋れやがて消え、かさぶたに似た残滓だけが残った。


ぼくが立つ刃の切っ先はまだ見えない。
決してこの身を貫かない優しい刃の上を、ぼくは歩く。おそらくこれから長い間。

その途中で。

息も絶え絶えに、この傷口にも幾ばくかの意味があるんだ、とうわ言のようにつぶやきながら。

血にまみれ、それでも、熱をおびたこの傷が誰かを温めうるんだ、と高らかに歌いながら。

100 :名前はいらない:2012/12/20(木) 08:23:56.18 ID:Reqs7yRo
もしも生まれ変わったら

あなたは雨になるという

しっかり大地に降り注ぎ

生きるすべてを 癒すという


もしも生まれ変わったら

あなたは雨になるという

疲れた私の体を冷やし

生きる力を与えるという


もしも生まれ変わったら

私は私で生まれてこよう

そしてあなたをうけとめる

そんな私でうまれてこよう

101 :ゲッパリラ:2012/12/20(木) 20:21:32.24 ID:e1sS+t1N
神をして
奉らば
人の奉られる

102 :名前はいらない:2012/12/20(木) 21:31:20.11 ID:jD6B42OO
A@
若い者は一番に偉い。
それは若さたるもの
それは瑞々しいもの
なによりそれより若い者は若い。

AA
お年寄りは何よりも偉い。
それはどっしりとした
それは胸を突き動かす
なにより、なにより、長い。
生きた年月が長い。

AB
自分は年寄りか、若者か
何かを始める元気もないのに
懐かしく語る事柄もない
でも何より自分が偉い。

103 :ゲッパリラ:2012/12/20(木) 21:47:37.48 ID:e1sS+t1N
滅ぶとも
滅ぶに勝れ
我が拳

104 :ちーちゃん:2012/12/20(木) 22:18:57.21 ID:9wPngTpI
>>102
若くとも語る昔の有る者も居れば
老いて尚瑞々しく夢追う人も居る

では老いても無く若くも無い偉人とは誰か?
これすなわち死人の仏である
成仏せずに現世に居座る仏の骸
現代の日本はこのような骸で溢れかえって居る様な気がする
様な気がすると書いたのは実際俺はそんな事は良く知らんのであるが
「骸だらけ」と週刊紙に書いてあれば「へえ、そうか」
と俺は思うんだろうなあ位の気持ちで文を書いたからである
そして残念ながらこの作品からもその位の気持ちしか伝わって来ない
仏像などを彫って霊を入れる修行をして見てはどうか
大体その結論別に年寄り若者関係ないじゃん
魂がないからそう言うぬるい文章になる
この評文は自分の書きたかった想いと違う特集を組んでいるとか思うだろ?
しかしつまらん突っ込み所の有る作品はやはりつまらんのだ D

105 :名前はいらない:2012/12/20(木) 22:54:31.37 ID:qx4PDj9n
>>49

双子座の双子、という言い方は拙くて、半分というのも片方にしたほうがわかり易いけど。
明日に旅する予定というわけではなく、未来の旅という比喩でしょうね。
星座クラブといういいかたは、キャッチーで気持ちいい。二連と三連の
意味が取れない。望遠鏡という比喩によって、星座というのが人生
に重ねられているのに気づいた。オレンジイエローは本当にわからない。
題のトレノも、車かしらんというわけで、よくわからない。損をしている。D+

>>58
全体に、文章に破綻がなく、読み易いのでいい。よくある悩みという点は、
詩全体にアピール力がないが、共感できる詩ではある。優しい友達の話
を聞いているようで、いい。細かいキメのところで、ちゃんとうまい詩句を
持ってきていて、センスはあると思う。C-

>>64
やってきました、詩板名物二階堂&ゲッパリラターイム。技工を尽くして、
最高のワクワクした感じを醸し出している。どうなってしまうんだー。
思わずうっとりとしてしまうような描き方がうますぎる。B-

106 :雑草 ◆je5cNlouiI :2012/12/20(木) 23:08:13.06 ID:qx4PDj9n
>>66
モラトリアムを扱った詩ということに興味が湧く。難しいぞって。
一連は良く出来ている。未明が列をなすという言い方はうまい。
順番もこないなんて情けない、という感じがよく出ている。
なんかがなんかっていうのも、面白い。三連は少し毛色がちがって、
宇宙に視点が移る。安全な自転というのが、変化のない毎日という
感じでよく表現されている。全体的に、よく考えられ、表現されている。C

>>67
本音をいかに言うかという点で、詩にする意味がある。抑えた調子の語りだけど
実際にあった恋愛が、ドラマチックにも映る。C

>>68
短いけど発想表現共に高いレベル。句点が効果的だと思う。
ドレスっていう小物を、うまく使っていて、言葉の楽しみがある。
最後の一行が秀逸。C

107 :名前はいらない:2012/12/20(木) 23:09:28.62 ID:ivsTfenE
すいません
神話の世界ですから
夢の世界ですね

108 :名前はいらない:2012/12/20(木) 23:10:26.11 ID:ivsTfenE
双子でオレンジとイエローのジャンバーもってても・・

109 :名前はいらない:2012/12/20(木) 23:13:11.13 ID:ivsTfenE
双子座の双子 双子双子

110 :ちーちゃん:2012/12/20(木) 23:26:57.59 ID:9wPngTpI
>べつにオレンジとイエローは適当さ

いや、これはわからないテキトー過ぎて。
むしろなぜ「なぜこれがわからない」と思えるのかがわからない。

111 :名前はいらない:2012/12/21(金) 17:19:41.67 ID:cVA8fcwx
私って幸福になれないよ
そんな弱音を口にする人


いつも追えば追うほど
恋の女神は逃げていく
手を伸ばすとそこには誰も


数えきれない昔のことだよ
遠い世界の息吹に吹かれ
熱と熱がぶつかり合った




君はそこで生まれたんだよ
そして忘れているんだね


君は時さえ操れる
君は大地を見とおせる

112 :b反現代死/ゆいゆうゆみ:2012/12/21(金) 18:04:23.65 ID:DH3FmFff
http://mb2.jp/_prs/7294.html#a

113 :名前はいらない:2012/12/21(金) 19:46:20.33 ID:WFBedbC3
色を持つとか 色を纏うってわかりませんよね
双子は ホモ受けすると 思うけど
シモはだめってこと いろいろわかってもらわないと
無理
>110

114 :名前はいらない:2012/12/21(金) 19:58:43.67 ID:WFBedbC3
なんていうのかな
ダイヤじゃだめ コバルトじゃないとダメとか
ルビーじゃないとダメとか この石じゃないととか
そういう世界の話 ホモとか好きだよ
ロマンチックだとか シモはなし

115 :名前はいらない:2012/12/21(金) 20:04:12.18 ID:WFBedbC3
あとさ自動車産業とか経済とかインフレとかデフレとか
わかんないでしょ メガマックスのスキンヘッドとか
いろいろわかってよ

116 :ちーちゃん:2012/12/21(金) 20:25:07.60 ID:i3E4IlO5
>>115
わかったよ

117 :ゲッパリラ:2012/12/21(金) 21:51:36.36 ID:8FjoRetw
サナキ虫をぞ捕まえて
子供の思う、眠りしかと

サナキ虫をぞ眺めては
大人の思う、出るは何ぞと

サナキ虫の何を思うか
夕闇来たる

118 :ゲッパリラ:2012/12/21(金) 22:29:57.42 ID:8FjoRetw
虹の彼方の王国へ、花束持って参ろうか

いやいやあすこの王様は、花束なんぞじゃ喜ばぬ

雨のしずくをぶら下げて、傘も差さずに参じなさい

なんせあすこの姫様は、雨の報せが子守歌

119 :名前はいらない:2012/12/21(金) 22:42:07.85 ID:2KZN9LVQ
A@
高い山は高い
綺麗な花は悲しい
綺麗な花は悲しい
別に花を摘んでもいいけど

AA
僕は風邪をひいた
風邪は治ったけど
風邪を引く前には戻れない
別に戻れなくてもいいけど

AB
寒い、今日は寒い
飛行機雲も凍った
僕も凍るつもりで眠ったけど
冬に花は少ない
それゆえ悲しい

120 :くろく:2012/12/21(金) 22:52:57.75 ID:O3vJHOc1
アタマの中で わらう少女
髪のながいその娘
近所にすんでるその娘は


艶のある髪がまぶしい
教室に射しこむ
ちいさな光
やさしいかがやき
やさしい色
あたたかい教室 やさしさ教室

となりの席のあの娘は
冷たくて でもあたたかかった
太陽でした

121 :ちーちゃん:2012/12/21(金) 22:54:55.38 ID:i3E4IlO5
>>119
一行目から笑っていいのか悪いのか悩まされる。

山は高い花は悲しい摘んでもいいけど。
風をひいたひく前に戻りたい戻らなくてもいい。

(どっちだよ)

A3はちょっと雰囲気が出てる。D+

122 :名前はいらない:2012/12/21(金) 23:10:46.75 ID:QQs3wAE9
VIPで安価で作った詩

タイトル おっさん
散る頭髪に慈悲はなく
日も暮れぬうちから日々酒を呑む
我が息子も今は立たず。XVIDEOSにも無反応なり。
血糖値の数値は年々高く。我が小遣いは低く低く。
おならがぷぅ

安価で詩作るwwwwwwww
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355926968/

123 :ちーちゃん:2012/12/21(金) 23:11:23.55 ID:i3E4IlO5
>>120
頭の中で笑う少女
髪の長いその娘

ここまではええねん。頭に浮かぶねん。
でも「近所に住んでる」で「ああ、アンタの話かい」になるなあ。
どんな近所か言うか、ここは頭の中だけに集中しとったほうが
読み手に同じ体験した気ィにさせるのに得策かと思うたけど、
まあこの辺はアンタのスタイルやあ言う事で納得も出来る所やな。
しかし、「つめたくてでもあたたかかった」がわからんねん。
いや、あたたかかったはわかんねん。つめたくて?いや、知らん。
伝える気がないんやったら当人同士でどうぞやでホンマ。怒るでしかし。D

124 :ちーちゃん:2012/12/21(金) 23:12:12.78 ID:i3E4IlO5
>>122
VIP終わったな E

125 :ちーちゃん:2012/12/21(金) 23:16:48.26 ID:i3E4IlO5
>>118
いいね。世界が出来てる。あと連投E

126 :名前はいらない:2012/12/22(土) 00:21:51.57 ID:9YbHO5GN
あの地平線から 朝日が飛び出すとき
カーテンをひらいて
みんなみんな 外へかけだすんだ

いっしょに 手を取りあって
みんな はだしでかけだして

さあ いっしょに
カーテンをひらいて

きみも一緒に
やさしさのなかで

127 :名前はいらない:2012/12/22(土) 01:29:31.27 ID:bXsxAPse
「今夜は花曜日」

金曜日には花を買って

少しだけ誰かを思いましょう

お気に入りのグラスに冷たい氷を浮かべて

手の中で揺らしながら

ひとりディナーで憩う時

眠りにつく前のまどろみに

あなたを思い浮かべ

さみしさやかなしさをあたためていたい…

128 :名前はいらない:2012/12/22(土) 02:47:21.93 ID:e/S2QhcY
>>127
片思いっぽい でも誰かってことは
女の子なのかな 理想を抱いてる・・・的な
いろんな恋と すばらしい夢が 
垣間見える
ちょっとドキドキした そんなひととき
頂けました!   Dの+ 

129 :名前はいらない:2012/12/22(土) 08:19:37.68 ID:kSC4SF0J
言葉でも心でもなく
生きてゆきたいなぁ
誰もいない道を吹き
流れていく風に乗り

葉を散らし虫を転がせて
野に咲く花をなでながら

そんなふうにいたいと思う


恋をした丘のうえでは
何度も回って微笑んで
新たな風に溶け込んで
命になってゆくように

大きな自然になりたいな
いつまでも優しい世界に

私はそんなふうになりたいよ

130 :名前はいらない:2012/12/22(土) 09:27:04.59 ID:e/S2QhcY
>>129
いい香り 丘の上にある恋の香り
たくさんの色を 溶け込ませて
広い視野を 飛び回る・・・
でも自由の表現の影に もの悲しさが見えてくる
いつか 飛び出せると 信じて

Dの+です

131 :名前はいらない:2012/12/22(土) 12:17:57.33 ID:9YbHO5GN
>>126オナシャス

132 :名前はいらない:2012/12/22(土) 19:09:55.74 ID:e/S2QhcY
恥ずかしながら>>126

浮かんだのは 子供
子供の魂の色
希望? 春? イメージは沢山
宝箱の中に 見つけたのは
思い描く 傍に居て欲しい人
笑顔が見えた気がしました

Dの+

133 :名前はいらない:2012/12/22(土) 19:14:55.38 ID:T+vTtgaF
「私が全てである」
A1
寒い日も暑い日も
何もいい事はない

B1
いつも悪いことばかり
悪いことばかり

C1
私は私が全てである

134 :名前はいらない:2012/12/22(土) 19:26:09.77 ID:e/S2QhcY
>>133
この手の解釈が下手なので、あまり評価を真に受けないでください。

3人の人がいるならば 一人だけはズレルのでしょうか
回りまわって 替わっていくのでしょうか
この跡に続く鎖の中に 光ってくれる人もいるのでしょうか
影ばかりを見続けて 太陽がまぶしくなる前に

・・・ううむ、やっぱり難しい・・・  Dの+

135 :名前はいらない:2012/12/22(土) 19:36:32.39 ID:T+vTtgaF
>>104>>121
評価ありがとうございます
未熟な私に非常に参考になります
魂を込めるってのは難しいですね

>>134
はっきり言ってしまえば
それは私です。

136 :名前はいらない:2012/12/22(土) 20:30:49.39 ID:ugKW+9bv
「望みは叶えられなかった」

小さい頃からずっと追い掛けてた夢
運命(さだめ)からの自由
都会のアパート暮らし
そして二度と実家には帰らない

望みは叶えられなかった
長男という定め(さだめ)
実家から出たことがない
この鳥かごの外の世界で
貴女は美しく踊る

137 :名前はいらない:2012/12/22(土) 21:04:05.29 ID:e/S2QhcY
>>136
二本の道が 見えたような
でも一本しか 見えないような
見上げている花は とても高いですね
でも突然の綺麗な花に
ギクシャクした気持ちが 残りました

Dです

138 :ゲッパリラ:2012/12/22(土) 22:01:53.74 ID:oMEuz6EH
我が胸の
痛みの訳ぞ
誰の知る

139 :名前はいらない:2012/12/22(土) 22:23:05.29 ID:hhC6jGa7
しんしんと積もり
翌日には消えてしまう
今夜だけは君と過ごしたい

140 :名前はいらない:2012/12/23(日) 02:36:27.22 ID:/D3WJXIR
いつものように 朝日が顔をだす
今日も

いつものように ヒーローは起き上がる
今日も いつも

空のようなシャツを纏った
今日もヒーロー

朝の 霧のマント 身につけて
今日も 地平線に かけだす

ヒーローが 地平線に 消えたとき
みんな やさしい気持ちで 浮かぶ

だれひとり ヒーローには きづかずに

141 :名前はいらない:2012/12/23(日) 02:58:23.81 ID:w0Kr/Ezl
創価諸君よ!

田浦本部横須賀桜山支部の高橋裕之氏が年末ジャンボで6億円当たるようにまた女子部と結婚成就と障害者年金1級受給と健康とご長寿を15分でよいので高橋裕之氏に題目を送って行こうではありませんか!

142 :名前はいらない:2012/12/23(日) 05:45:42.29 ID:2wqHp0q+
>>139
そろそろあの歌が 響いてきますね
1億人って 言ってしまうと簡単ですが
会えるときが 楽しみになる
そういう人を 見つけるのでしょうね

Dの+です

143 :名前はいらない:2012/12/23(日) 05:49:08.12 ID:2wqHp0q+
>>140
冬の今こそ 我らがヒーロー
お野菜の高騰が お財布を襲います
助けて ヒーロー
6時の鐘は 大将軍の罠よ
5時で・・・・

Dの+です

144 :ゲッパリラ:2012/12/23(日) 07:54:33.30 ID:6JRkeXVq
薬焼き
なおも聞こえる
罪の歌

145 :名前はいらない:2012/12/23(日) 23:16:21.55 ID:VGzx47DS
評価のほど、よろしくお願いします。

「VICTORIOUS VOYAGE」


 勝利の美酒を味わうのも 
 人生旅行の途中かい
 チーズとキャビアも付いてくる
 高級ジャンボの途中かい
 どんなに苦しい時だって
 僕は決して挫けない
 勝利の果ての栄光を
 僕は今でも信じてる


 大切な宝を探してた 
 この世という名の海原で
 地図は心に焼きついてる
 信念という名のコンパスも
 臆病顔が顔出せば
 ジャックナイフで抉ってやる
 迷いの気持ちが芽生えたら
 決意の花を咲かせてやる


 勝利の美酒の杯こそ 
 あなたと一緒に飲み干したい
 あなたと出会えた人生は
 この人生の至福だろう
 君を信じている以上に
 僕を信じて欲しいんだ
 千本の薔薇の花束を
 美しき君に今贈ろう


 最高の船を見つけたよ 
 人生という名の航海で
 君が隣にいてくれたから
 勇気の舵を僕は切れる
 虹が目の前にやってくる
 面舵切って渡ろうよ
 勝利の旅路の通行証
 握っていたのは君なんだ

146 :名前はいらない:2012/12/24(月) 01:41:24.39 ID:+8dUHN7t
あの地平線に あかあかとした火の玉が 沈むまでに
鐘がなる あの鐘が

消えてゆく声 紅くそまった背中に 感じながら
いま
ちょうちょうになった イルカになった

風をきって 宙を舞って
のびる影



いま せなかにかんじる
たしかにそこにあった もの
わたしは ちゃんと 感じたよ

147 :名前はいらない:2012/12/24(月) 05:18:45.66 ID:48KkZFgg
>>145
まさにびくとりあすぼやーじゅ
一つの形に 勝利の余韻が残る
金と 酒と 女と
人生の荒波は 上へも下へも行くけれど
大きく 堂々と そして晴れやかに
確実に進む 栄光の航路

Cの−です

148 :名前はいらない:2012/12/24(月) 05:29:05.60 ID:48KkZFgg
>>146
ヒトの心は 情景を煌かせる
一瞬の事を 永遠に
何気ない事を 宝石に
感じるままに 思い描くことが
詩になり 
心を映す鏡を 言葉の淵が彩る
この後は優しい 黒が降りてくる
海のような黒が
そしてまた 宝石が輝きだす

Dの+です

149 :名前はいらない:2012/12/24(月) 13:14:11.45 ID:ot7dFUJ2
ねぇ君は今誰を思っているの?
私は君を思っているよ。
窓を開けると感じた
ああ夜の匂い
今誰の顔が心の中に浮かんだ?
冷たい雨ずぶ濡れになってた私に君だけがその手を差し伸べてくれたんだ。
何故いつも君なんだろう
支えてくれる人は
その度また好きになってゆく

ねぇ何しても君に会いたくなるよ
好きになるって苦しいんだね
嬉しくなるのも切なくさせるのも何時でも理由は君だけだよ。


素っ気ない態度して
また今日が過ぎていく
本当は嫌になるくらい
君が気になるのに

どうして好きな人に
素直になれないんだろう
何時でも寂しさの裏返し

ねぇ気づいて欲しいよ
平気だよって伝える時ほど泣いてること

150 :名前はいらない:2012/12/24(月) 19:37:59.70 ID:48KkZFgg
>>149
すもも という果物
ももでは無いのです
すっぱいのです
恋は実ると 甘くなります
実る前は すっぱいのです
今回はまた 特別すっぱいです
お顔が 歪みます

Eの+失礼します

個人的には ”何時でも” は ”いつでも”のが好きです。
漢字が嫌いではなくて ストレートに読みたいみたいです。
だって、”いつも”は”何時も”じゃないでしょう?

151 :名前はいらない:2012/12/24(月) 20:35:33.94 ID:FB8M/tqz
わけわかめ

152 :ちーちゃん:2012/12/24(月) 21:39:00.35 ID:rOvNOjdg
>>149
ハッキリ言ってフラストレーションがたまります。
コマンドを打ち込んでも何も返してくれないバージョンのラブプラスが
おうちに届いたような気分です。
読み終えた後、交差した両手で自分の背中を抱き締めてみました。
とてもキモチが良かったです。こんな夜は特に。
意中の人には読ませられない秘密のノート。
ヤフーオークションに出してみるのも素敵かも知れません。
一冊500円くらいなら僕、購入しますね。ベッドに寝っ転がって夢中で読むと思います。
だから、なんか、少し腹立つ。C

153 :名前はいらない:2012/12/25(火) 00:04:32.08 ID:RCzcgwL7
「死体は喋らない」

何も見えない 何も聴けない
差し延べた手は 何も触れない
立ち上がろうとする膝に
力が入らない

こんなに頭 冴えているのに
喉を絞れど 声が出せない
何も出来ない やりたくても 
全てが……

もしかしなくても今 働いてる記憶も全部
何も出来ないままで 消えていくのだろうか
そんなの嫌だ

中途半端に 途切れたこの体から
広がるのは 無数の思念
取り残された 脳髄にのみ響き渡る
声無き者の叫び

中途半端に 途切れたこの体から
広がるのは 無数の思念
薄ら消えていく 記憶の隙間に流れ込み
声無き者が叫ぶ

ああ、くやしいなあ
このまま全て何もないことになるなら
ああ、伝えたいなあ
この気持ちが声になれば楽になれるのに

154 :名前はいらない:2012/12/25(火) 01:11:11.04 ID:MC2ZnPqV
評価、お願いします。

「閉鎖的らんきんぐ」

人間はモノとものとを比べて
「らんきんぐ」という山をつくるらしい
そりゃあもう何にでも「らんきんぐ」をつくるとか。

食事から着ているもの、キカイの性能、ペットの優秀さ。
挙げ句の果てにはニンゲン自身にも。

社会の隅から隅まで広がるらんきんぐの山。
あらゆるものみんなその山の上に立っていようと必死になってる。
誰かさんはそのらンきんぐの山の上でいやあな笑いを浮かべているし、
別の誰かさんはらンキんグの山にうもれて助けを求めているんだ。
殆どの人が山に埋もれる誰かさんに見向きもしない。

そしてある日山をふと見やった誰かさんは突然気付く。
ランキングとは


〜このないようはしょうきょされました〜このないようはしょう〜

155 :名前はいらない:2012/12/25(火) 02:12:47.74 ID:gJ1MMV+5
ねえ 聞いてほしいことがあるの
あの日 あの時 あの場所
オレンジにそまった 教室に
忘れてきてしまったの
おいてきてしまったの

今といえば 黒くつめたい道をあるくだけ
あのときの思い おとしもの


今 戻ってきたよ
今 ここに 遠い道のりから
戻ってきたんだよ 今

今 たしかに ここにいるよ
今 あの日 あの時から
舞い戻ったんだよ 今

もう 後戻りはできないんだよ
今 ここから また進んでゆくよ

オレンジの 教室から

156 :名前はいらない:2012/12/25(火) 07:19:45.35 ID:/OVmyBOe
意地悪で少し扱いにくくて
人のこといじめてくるし
思ってる事すぐ口に
出してくるし怒ったり
不機嫌になるとほんとに怖い。
でも優しくて
大事にしてくれる
りゅーくんが
いまもこれからもずっと
誰よりもだいすき。
意地悪なとこも
怒ると怖いとこも
ぜんぶ全部だいすき。
りゅーくんさえ居れば
他は何も望まない。


りゅーくんは
わたしのだから
誰も盗らないでね

157 :名前はいらない:2012/12/25(火) 08:37:21.80 ID:NDTG+jeM
>>153
静まりかえる墓地で ナニカを見た
一時的な話題は すぐに消えていきます
感知できること 感覚に訴えること
それすらも超えた 思いの強さ
ナニカが見えたら 何を思えば良いでしょうか

Cの−です

158 :名前はいらない:2012/12/25(火) 08:53:13.55 ID:NDTG+jeM
>>154
山、山、山・・・山
前も見ても 後ろを見ても
気づくのは 貴方か私か
ヒトの思想は 常に上を見てしまう
気づいた者は どんな景色が見えるのか

Dの+です

159 :名前はいらない:2012/12/25(火) 09:03:38.17 ID:NDTG+jeM
>>155
思いの変化とは 時間の変化なのか
時間の変化とは 戻ることなのか
経験を積み また初心に立ち返ること
戻ってはいない 進んでいるのだと
扉をあけて 前に行くのだと

Dの+

160 :ゲッパリラ:2012/12/25(火) 21:16:58.09 ID:iNXgN9UY
ささくれを
切りて撫でては
あたたまる

161 :名前はいらない:2012/12/25(火) 21:43:31.58 ID:BNNLcPgc
今日は雨 気分がいい
みんな晴れがいいと嘆く
僕も本当は
晴れがいいのかもしれない

もしもし具合はどうです?
僕がそう聞くと
冷たい風が気持ちいいと
君はそう返した

季節は春 空は青
季節は夏 空は青
季節は秋 空は青
季節は冬 空は青
僕はいつ生まれたの?

明日の気分は何色?
言葉も無くし
優しい笑顔に泣いて
泣いていたい

162 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2012/12/26(水) 03:26:34.90 ID:YBD9ivpi
>>161

「いい話」系のポエムとおぼしいですが、
説教系にしては言いたいことがよく分からないです。
言葉遣いに清潔な感じがあるのは良いと思います。

>季節は春 空は青
>季節は夏 空は青
>季節は秋 空は青
>季節は冬 空は青
ここのくだりはシンプルですが格好良いと思いました。
春夏秋冬が全部「青」という色の下に総べられてゆく印象です。

D+

163 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2012/12/26(水) 03:31:18.32 ID:YBD9ivpi
>>154

率直にお上手だと思います。
間の抜けた感じのする言葉遣いが詩の内容とマッチしてると思います。
ただ、最後の行は申し訳ないですが「逃げ」かなと思ってしまいました。

「らんきんぐの山」の化物じみた感じがもっともっと引き立つと面白いのではないか、
と個人的に思います。

C

164 :名前はいらない:2012/12/26(水) 08:34:49.30 ID:yr/LbT03
灰色空に明るい傘ふたつ並ぶ
俯く頬に君はふわふわ話すの
「俯いてちゃ何も見えないよ
冬の空 白銀の世界も」
足止め上向く

白い花 ふわり冷たく
君と私を包み込むように舞って
灰色の分厚い雲は
消えて空色映し出してた
知らなかった


二人過ごす 時が増えて
冬の夜空を見上げ 手を繋いだ
伝わるぬくもりだけ 君感じて
嫌いだったはずの冷たい冬
あたたかく 溶けること知った

165 :名前はいらない:2012/12/26(水) 13:37:07.01 ID:kBn/AmCb
>>99
お願いします

166 :雑草 ◆je5cNlouiI :2012/12/26(水) 18:40:10.46 ID:IKDWR+jX
>>99
解釈、というのは、第に使うには、イメージと意味が少し硬い気がする。まあいい。
ぼくら、というのが、だれのことかはっきりしない。砂を噛む、というのは、慣用句
として「無味乾燥で、少しもおもしろくない」という意味があるので、ちょっと微妙。
刀が交わる、というのは、少し考えさせるが、とりわけ面白いイメージというわけ
ではない。人たち、と傷口を差し出し合うというのが、この詩で中心的な主張の一つと
なっていると思う。舐める。痛い。この辺の展開がいい。残滓というのは、残りかすという
意味なので、ちょっと微妙な気がする。刃の切っ先は、視覚的な端のイメージだが、
刃の終わりといった表現もオルタナティブには考えられる。その途中で、何をするのか
という描写がないが、途中にいるということを言いたいのか。傷口の意味という
結句は、一応決まっている。
全体に、刀というイメージの周りで、傷つきながらも生きていくという主張がされている
と思うが、まだ比喩のイメージに便り過ぎの感があり、生き生きとした、あるいは、
胸を熱くさせるような感情の表現とまではいっていない。より良い詩を目指すなら、
ひとつの表現について、別の言い方ができないかとか、発想自体から取り組む必要が
あるんじゃないか、と思いました。
偉そうに言ってすいません。D+

167 :雑草 ◆je5cNlouiI :2012/12/26(水) 18:42:06.12 ID:IKDWR+jX
>>166訂正

第→題
便り過ぎ→頼り過ぎ

168 :名前はいらない:2012/12/26(水) 22:43:23.40 ID:ObzSS93Y


僕の心が小声で
「寒いです」と弱音を吐いた

焼けついた野原が
風に吹かれて凍り始めた

誰も彼も僕に
攻撃をしかける
僕が悪いなら謝るのに
今日から長い冬

犬も猫も笑顔で
お互いを傷つけ合ってる

湿度は10パーセント
幸せの風呂場も潤いが無い

僕は今すべてを
全てを失った気がする
今日から長い冬

169 :ゲッパリラ:2012/12/26(水) 23:40:08.02 ID:Q22oA94W
後出しに
恐れおののき
負け仕合

170 :名前はいらない:2012/12/27(木) 03:10:16.93 ID:Fosxxijs
ゲッパリラって限界スレにいなかった?

171 :名前はいらない:2012/12/27(木) 08:48:50.88 ID:SkA1pVaI
いつでも どこにいようと
母や娘、友 あるいは誰とも知らぬ人
つまり 私となって
君がいてくれる幸せ
ああ 誰かの子供が
まんべんなく光のあたる片隅で
泣いているとして
差し伸べられる手は
私へであり 君へであり
差し伸べるのは
君であり 私である
人称のない手が繋がり
彼や彼女を包む
雪よ降れ 光と共に
空から降るものはすべて暖かい
雪よ降れ 君の上に

172 :名前はいらない:2012/12/27(木) 11:23:40.64 ID:B/DotyGI
評価お願いします。

「ここまで」

夢をみつけて 夢をおいかけて
木々を見上げては 大きさに
葉を見つめては その数に
季節の流れは 雄大で
心が広がり 勇気がわいた

少し 雨が降ったのかもしれない
大きな世界の 小さな雨は
小さな世界の 夢の形を
粉々にしてしまった
小さな世界は 今壊れた

大きな木々が 見つめてくる
小さな世界を 見つめてくる
この世界で 大きく立つために
雨に負けるなと 見つめてくる

覚悟した
一度壊れた世界は 夢を失った
夢の無い世界は 夜明けが来ない
大きな木々は 種を落とした
夢を 見つけるのだ と

小さな世界に 夢が芽生えた
立てる 立てると祈った

夢を見つけて 夢追いかけて
木々は大きく 太陽は隠される
葉は多く 道を見失う
小さな苗は まだ追いかける
夢を
大きな木々は 風をとめ
多くの葉は 雨をとめ
大きな木々は 見守る

夢を背負い 追いかけるキミを

173 :名前はいらない:2012/12/27(木) 17:15:22.41 ID:iIf8HvTa
評価お願いします

「オンラインカジノ」

ねぇどうして・・・?
すごくすごく稼げるのに
とても知名度が低いのは

Uh,,,,

ドリームカジノなんだろう?

174 :ちーちゃん:2012/12/27(木) 20:38:09.14 ID:5lNAyiLE
>>173
人気の無い所での宣伝は効果を見込んでなのだろうか。
ビジネスの奥深さを感じさせてくれる。E

175 :名前はいらない:2012/12/27(木) 21:13:33.88 ID:/GIVm5eo
君の手袋がねじ曲がって
大きな音を立てる
携帯電話が僕の心を刺して

176 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2012/12/28(金) 00:44:38.42 ID:jpjSHxjw
>>172

典型的な「夢と希望の歌」ですね。
語り手がちょこまかと色々やっているのは分かるのですが、
結局どうしたいのかが分からない。

あと、「夢」という言葉を使い過ぎてるのが凄く気になる。
「夢をみつけて 夢をおいかけて 」とあなたは言う。
じゃあその夢って具体的になんなの?
何も考えずに「夢」という言葉を格好いい語彙だと見做して濫用しているだけに見える。

E。

177 :名前はいらない:2012/12/28(金) 05:16:19.99 ID:CmqRENMs
>>176
評価ありがとうございます。

夢は、足を失った自分がまた立てるようにと
負けない気持ちを表現するのに使いました。

178 :ゲッパリラ:2012/12/28(金) 14:11:47.00 ID:7Eb7i0NT
紳士見て
我が服見たり
乱れたる

179 :反現代死イルミナシオン:2012/12/28(金) 14:25:39.27 ID:L3c7ZLry
鎖詩です
よろしくお願いします
http://short-story.exout.net/cgi-bin/poem/poem_tanka_haiku.cgi?mode=view&log=584

180 :名前はいらない:2012/12/28(金) 22:04:21.40 ID:qEa+ou+a
「エネルギィ」

あなたを全力で愛せるかな

あなたと全力で生きられるかな

あなたと全力でかけぬけることができるだろうか

あなたに全力で運命を手渡せるだろうか…?

あなたはわたしは信じてくれるだろうか

果たしてこの恋愛にエネルギィをうまく使いきれるのか

不安でたまらないけど

今は全力でかけてみるしかない

体中、心中のエネルギィを使いきってでも

しぼれるくらいの熱いエネルギィを使って

自分を信じて、そして彼をも全力で信じながら…

181 :ゲッパリラ:2012/12/29(土) 01:12:40.95 ID:lpPqCg0T
機械仕掛けのブタが吠えると
パーティーの始まりだ
色とりどりのイヌ達がカーペットの上を行進し
小人妖精達がラッパを鳴らす

月は鮮やかに黄色に
夜は深紫に輝き
川は涙とせせらぐ

石の丘に孤独なオオカミが歌うと
宴に酒がかわされる

182 :名前はいらない:2012/12/29(土) 10:49:14.71 ID:YTFuF3QZ
私の体はあなたを求めてます。
私の心はあなたに支配されてます。
あなたが元気だと
私まで元気になります。
あなたが悲しいと
私まで悲しくなります。
私が元気だと
あなたは元気になりますか?
私が悲しいと
あなたは悲しいのですか?
同じ気持ちを味わう私たちなら
どんな壁も越えられますよね。
なんて柄にもなく思っているんです。

あなたの悲しみなら
あなたの苦しみなら
私は喜んで共に味わいたいのです。
なんでか、
あなたには分かりますか?
簡単なことなのです。
それは私があなたを好きだから。
ほら、簡単でしょう。
難しく考える必要などないのです。
実際は簡単なことで集まってる世界だから

あなたはあなたの気持ちに正直になって
それを言葉に出せばいいんです。

183 :鬱性凹chan:2012/12/29(土) 16:14:25.47 ID:40KKxCoi
僕はメインフレーム
--
僕の頭は糖分を失くして 今は空っぽの状態だ

頭は空っぽ空っぽランランラン
空っぽ空っぽランララン

羽生さんは名人戦を戦った後 チェスの試合に出られるそうです

脳味噌の体力が違います
頭の出来が違います

構造の差ランランランラン
才能の差ランランララン

後天的な方法で この差を埋めよう さあ埋めよう
直結だ脳内回路を
直結だ 外部世界から脳を切り離せ

僕はパソコンではなくメインフレーム
GUIはいらない
--
http://bokochan0124.blog.fc2.com/blog-entry-114.html

184 :名前はいらない:2012/12/29(土) 17:12:24.80 ID:ZzauNnd8
これを書いてる途中に今私が飼ってる猫も、
母が昔飼ってた猫も捨て猫だった事をふと思い出しました。
評価お願いします。

「ころされない家畜」

猫がないたよ
誰かかまってやっとくれ
私は忙しいのです

猫がないてる
無責任なやつだな
お前猫きらいなのか

猫のなきまね
ううん好きだけど
ここマンションだろ怒られるよ

猫のなく声
じゃあかまうなよ
ほっとけばいいのに

猫のウソなき
そんなの可哀想だろうが
見捨てる事なんてできる訳がないでしょう

猫のさけび
そっちの方が可哀想だろ
飼うこともできないくせして偉そうに。

猫知ったかぶり
何もしなかったらどうなるかわかるだろ
冷たい奴だな君は!


ヒトどうしのいいあらそい
べつにいっかいかぎりのあいならほしくないよ
ほんとうにいらないからなまごろしにしないで

これがどうしてもつたわらないから
なくしかないんだよねぼくらは。

185 :名前はいらない:2012/12/29(土) 17:38:09.60 ID:6mOArKIk
ぐらぐらたぎる雪
誰も立ち入ることができない
今では足跡も無い
僕の家に来るあの猫も
おすそ分けくれる隣の人も

186 :名前はいらない:2012/12/29(土) 21:47:31.82 ID:avLnoe0m
ひとりは寂しい
でもひとりは好きだ

なぜなら ひとりではないから

出会いと別れ
すれ違いの中で

言葉にならない思い出は
自分を癒すから

187 :ちーちゃん:2012/12/29(土) 21:58:04.25 ID:nd3wg7XE
>>186
ひとりは寂しいひとりは好きだなぜならひとりではないから

どないやねん。絶対一言たりないもん。そこを上手くやるのがセンスなんだもん。D!(;n;)rx

188 :ちーちゃん:2012/12/29(土) 22:00:22.63 ID:nd3wg7XE
>>185
どこやねん。一行目の表現だけ思い付いて力尽きた様な文だ。D!(;n;)rx

189 :ちーちゃん:2012/12/29(土) 22:06:27.98 ID:nd3wg7XE
>>164
いいね。とてもいい。感想のみで。

>>184
評価むり。もう泣きそうと伝えるのが精一杯。

190 :名前はいらない:2012/12/29(土) 22:24:52.24 ID:eGFpvtd+
パンツ

パンツが好きだ

パンツという音が好きだ
開放感溢れる半濁音に始まり、破雑音で締める
この小気味良さに私は震える
パンツ、パンツ、パンツ
何度も繰り返し発音する内に踊り出したくなってくる
実際に踊ると気持ちいい
パンツをショーツと呼ぶ奴は死ねばいい
パンティは許す

白のパンツが好きだ
その内側にきたないものを覆っているのに限りなく清らかだ
ちょっと汚れていても寧ろその清らかさが強調される
凄く興奮する
黒は駄目だ

ああ
パンツ食べたい
神様
かわいい子のパンツを僕にください

191 :名前はいらない:2012/12/30(日) 02:08:30.67 ID:VyxHby5y
>>98
評価お願いします

192 :名前はいらない:2012/12/30(日) 03:23:45.26 ID:25Vl9VlD
これは僕のゆりかご
何も知らないまま
ただ君に会いたくて
カラリカラリと
動き出す

幸せを詰め込んだ
素敵なゆりかご
言葉はまだ分からない
両手にあまる
この光の名前は
いつか知れたらいいな

君のゆりかご
静寂に包まれた
透明で薄いオレンジ色
それは、いつかの僕と共に

今はもうない僕のゆりかご
それは君の隣にいる僕の
永遠に目覚めたくないような
そんな気持ち

193 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2012/12/30(日) 08:59:04.79 ID:Vq5w7BUK
>>191
お上手だと思います。

朝の清々しい感じと、屠殺される牛の悲哀の対比が良いですね。
「うちにかえるとつぶす」という平仮名書きのこともなげな感じが良いです。
C-。

194 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2012/12/30(日) 09:00:25.86 ID:Vq5w7BUK
>>190

読んだままです。
態々詩のカタチで書く必要が感じられません。
E

195 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2012/12/30(日) 09:06:30.31 ID:Vq5w7BUK
>>192
全体的にマザコン臭い感情を昇華させて巧いことまとめたなあ、という印象です。

1連の掴みは凄く良くて、続きを読み急ぎたくなりました。
それだけに、2連の冒頭で「幸せを詰め込んだ素敵なゆりかご」という言葉で、
「ゆりかご」がどういう存在なのかを詳らかに説明し切ってしまったのが残念。

「ゆりかご」が語り手に対して幸福をもたらす存在であることは、
4連の内容だけでも読み手に伝わると思うのです。
だから説明過多の印象を覚えてしまいました……。

B-

196 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2012/12/30(日) 09:16:43.21 ID:Vq5w7BUK
>>182

正直なところ平凡な恋愛語りの印象しか抱けない。
ただ3連目だけはちょっと感じるところがありました。

>あなたはあなたの気持ちに正直になって
>それを言葉に出せばいいんです。

2連までは一方的に「私」の思いが語られていたところを、
3連に来て初めて「あなた」に行為を促す訳だが、
その促す行為が「正直な思いを言葉にする」というだけの間接的な行為なのが、
なんとも言えず寂しくなりました。

D

197 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2012/12/30(日) 09:36:14.57 ID:Vq5w7BUK
>>184
できれば詩の背景の解説は詩の本文を書いた後にして欲しかった。

各連の1行目の最初の文字を「猫」で揃える、という手法は良いと思います。
ただメッセージ性は月並みな動物愛護談義以上のモノではないですね。
あと、「ヒトどうしのいいあらそい」をセットにした意図も不明です。

E+

198 :名前はいらない:2012/12/30(日) 11:38:44.49 ID:hvKd4wv+
  ●●●ケネディ大統領は何故、死なねばならなかったのか?●●●
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1226114724/53

  ¥¥¥¥¥¥¥『万有サロン』書き込み大賞・総額100万円¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

  この掲示板に優秀な書き込みをして、総額100万円の賞金をゲットしよう!(*^^)v
    万有サロン
      http://jbbs.livedoor.jp/study/3729/
    書き込み大賞の詳細
      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1069922074/78-
    書き込み大賞の詳細(資料倉庫内)
      http://www2.tba.t-com.ne.jp/a-z/omake/banyu/taisho.htm

  また、あらゆる疑問に関する質問を、携帯電話やメールでも受け付けています。
    電話番号 080-4437-4187
    メール  aaa-zzz@tba.t-com.ne.jp

  ¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

199 :名前はいらない:2012/12/30(日) 11:51:33.82 ID:djPXuxS7
誰かがついた嘘を
真似するように嘘を吐いてみた
心がチクリと傷んだけど
心ってどこにあるんだ?とか
そんなどうでもいいことを思っていたり
軽快な音楽が耳元で流れ出して
お前は大嘘吐き者だろ?
まるで今の僕に問いかけるように歌うから
僕は大嘘吐きだよって
大口開けて笑ってやるんだ
突き刺すように風が思い切り吹いて
目の中に突き刺すように痛みが走って
右目だけから涙こぼれるんだ
おかしいな、なんて
大口開けて笑ってやるんだ
涙が溢れ出す
口元は歪む
嘘は身体を浸透する

「誰かが吐いた嘘は身体に染み込んで
いつしかその嘘は僕のだって気づく」

もうすぐで朝焼けが
世界を埋め尽くしてしまうまで
時間はもうないんだよ
僕の嘘がチクリと心を痛ます
最後まで疑問は消えないだろうけど
僕はやっぱりこの嘘は必要だと思うから
大口開けて笑ってやるんだ

200 :名前はいらない:2012/12/30(日) 13:39:44.06 ID:9Vz51DXK
>187
足りない一言は、君の為に残してあるんだよ。
つまり想像力の欠陥。

201 :ちーちゃん:2012/12/30(日) 15:18:28.67 ID:8T1mSZjg
>>200
いや、下手くそだから。誘い込む術を知らない。

202 :ちーちゃん:2012/12/30(日) 15:23:48.56 ID:8T1mSZjg
ひとりではないからひとりが恋しいんだろ?
で、出会いと別れ、すれ違いの中で…
どないやねん。言いたいことを絞れ。
あと君のためとかいらんわ。

203 :ちーちゃん:2012/12/30(日) 15:44:23.02 ID:8T1mSZjg
誰か>>186再評価よろ

204 :名前はいらない:2012/12/30(日) 16:02:56.52 ID:iB/Tw8py
「蜘蛛」

靴棚のクツの間を
ヨタヨタ動く影があった
ちいさな蜘蛛が寒さに凍えそうに危ない足取りでオシリを向けて歩いていた
掃除の手を止めてしばらく彼の行方を見つめていた
ガラス窓のわずかな光を受けて
そのちいさなカラダは白く反射して微細な毛が光っている…
掃きだしてやろうか、つまみ出してやろうかと思ったが
ちいさな動きがかわいらしくしばらく見つけていた
クモなぞこのとこ見ていなかったと思ってたけど
玄関脇のゲタ箱の陰にちいさな白い巣が張られていた
こんな寒さの中、ちいさな命がこんな場所に棲みついているんだと思った
気が付いたら棚の上の蜘蛛が消えていた

205 :ゲッパリラ:2012/12/30(日) 19:23:21.34 ID:yGG41aM/
バス停に
人の立ちしは
街の熱

206 :ゲッパリラ:2012/12/30(日) 19:25:46.33 ID:yGG41aM/
山の辺の
村はずれにぞ
雪畠

207 :名前はいらない:2012/12/30(日) 23:40:22.43 ID:L9vlbZvL
自分は高校生で軽音部です
今度軽音部で演奏するオリジナルの曲の詩なのですが、ここで歌の詩を評価していただけるのでしょうか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
カーテンの隙間から まぶしい光がSunSunと降り注ぎ
今日も始まる 二度とない日
後戻りできぬ 今日もやったる

背中に背負った 私には重すぎる相棒

平凡を壊して
今日も駆け抜ける 愛おしい日々
昨日の私とは 違うんだよ
別物なんだよ

昨日の私にさようなら
新しい道を行く

208 :ちーちゃん:2012/12/30(日) 23:56:20.89 ID:8C+xiBPl
>>207
えー最初の三行が本当ならかなりブッ飛んだ表現だとおもいます。
どこで盛り上がるのか見当もつかない。二番は?マジでこれだけ?
考えれば考える程是非楽曲として聴いてみたくなる。E

209 :名前はいらない:2012/12/31(月) 01:04:58.32 ID:EHBrNlTV
正月休み

師走は忙しい
猫の手も借りたいと人はいうけど

私はちっとも忙しくない
冷たい空気から逃れるるために私は布団に潜り込む

あぁ、このままずっと眠っていたい

休日をこの薄汚い部屋でずっと眠りこけていたい

そして休みが終わったら
冷たい風に吹かれながらいつもの暮らしにもどるのだ

210 :名前はいらない:2012/12/31(月) 02:35:37.10 ID:fr5AxIUX
甲高いBGM
室内に響き渡る人の音
思い出す君の視線
あちらこちらに向けられる

カートに乗った宝箱
明日を迎えるため
宝石ばかりを積んでいく
「必要なものはあるかい?」

いつのまにか宝箱
ただ今日を生きるため
がらくたばかり詰め込んで
ただの籠に成り果てた

思い出す君の視線はもう
僕に向けられたものばかり

211 :名前はいらない:2012/12/31(月) 08:32:49.16 ID:FGVMdSOq
日が沈むのが早くなって
寒さはどんどん増していって
いつの間にか
冬の真ん中に立っていた
これから雪がとめどなく降り
僕らが住んでいるこの町を白く塗り潰す

白銀の世界は足跡も赦さず
踏んでは
降って
踏んでは
降って
春が恋しく感じては
冬を愛しく思って雪に触れる

これから何をしようか?
雪だるまを作ってはしゃぐ君を見て
僕はあったかい缶コーヒーで
ぬくぬく暖をとって共に笑うのか、

これから何をしようか?
窓から見える白い景色をひとりで見て
君を頭の中で思い浮かべて
炬燵で猫のように丸くなるのか

212 :名前はいらない:2012/12/31(月) 12:44:23.58 ID:dPgHsbHw
冬、隣人に愛は香り、白い息に歌い、
薔薇の花びら、舞う街角。
貴女の静かな眼差し、透き通る景色、
夜は声を潜め、私を見ているのか?

言葉が魔をささぬよう、沈黙は問いかけ、
絡めた指のぬくもり、徐々に薄れゆく記憶。
過ぎ去りし時の欠落、ふたつの人生の日々達、
唇が触れあえば、私は知るのだろう。

冬、警告は点滅する、信号に帰路に急ぎ、
握り潰された広告チラシは、帰るあても無しに走っている。
ビルに反響したサイレン、幾度とも韻を踏み、
貴女の猫は目覚め、小さな伸びをするだろう?

くちづけのベクトルに押し出され、濡れるソネット。
愛すれば愛するほどに、狂おしいソネット。
何もかも、いつまでも変わらないと想えば孤独。
抱き合えば抱き合うほどに、そのぬくもりは孤独。

213 :名前はいらない:2012/12/31(月) 16:53:21.16 ID:JlZjZ6lS
「夏の日」

落ちくぼんだ冷たい場所、鉄くずを拾い集める彼は廃景と同化していくだろう
深く、深く、また深く
最果てまで彷徨い続ける、コンクリートに素足を乗せる彼女は彩色を失っていくだろう
一つ、一つ、また一つ

猜疑の欠片と「よぎる声」、濃紺の風と「薄白く光る部屋」
ずれてゆく時間に置いて行かれる

思い出の影がゆらゆらと、この景色に溶けてゆく
約束はもうおぼろげな、面影を残して

遠い草並みは、焦がされた憧憬に閉じてゆく
道行くは静かな夏の流れとその時

214 :名前はいらない:2012/12/31(月) 22:55:36.94 ID:bu+9E2zC
君といると いつもいつも 体の真ん中あつくなる
なんでだろって 考えたけど なんだかお腹がすいてきたよ
背筋伸ばして 息をすって
顔を上げて ちゃんと前見て
君のハートに きっと刺す

走れ 走れ 言葉よ
飛んで 飛んで もっと高く
ただの電子音なんかじゃないよ
下手でも イマイチでも
君にとどけ 弾丸Message

215 :名前はいらない:2013/01/01(火) 02:13:01.51 ID:iAMRLwe9
君をみてると いつも君の心ここにあらず
どこへいったの ホントのきみは
保健室のベッドの下にも
いつもの部室にも
どこにもいないね
捜索願い 出願中!

きみはいるけど 黄身がいないよ
いまの君は白身だけ
ああ ドーナツの真ん中みたいに
そこにあるけど そこにないんだ
きみのキモチはどこかな

216 :ゲッパリラ:2013/01/01(火) 03:27:32.90 ID:vBfRgxq+
カムナガラ
紙を流すは
水洗便所

217 :名前はいらない:2013/01/01(火) 09:06:32.62 ID:I9PL5s0I
「巣窟」

インターネットはなんて境界例の巣窟なんだ
この間も出会い系で出会った女に○されかけた
なのに今じゃ別の男に尽くしています

女なんて知るもんか
女なんて死んじまえ

支配欲に塗れたメス豚どもに
俺のムスコを預けたいとは思わないね

インターネットも女も、大嫌いだ!!!!!

218 :名前はいらない:2013/01/01(火) 09:37:22.70 ID:ROKBJwb7
カメラに収めた
空を映す一瞬の瞬間
ふと思えば見上げてる、
無意識に追いかける両手
私の大好きなもの。
君は見ているかなって、
そんなこと思いながら小さくわらう。

好きな人を思い浮かべるとき
人は必ず優しい顔をする
きっと私もそうなのかなって
君を思い出すたびに
すこしにやけちゃって
そのあとに照れちゃって
ひとりで幸せな余韻に浸ってる
君はどうなのかなって、
そんなこと思いながら幸せを噛みしめる。


最近の私は変わってるんだよ?
幸せって思うと
心があったかくなるの。
君ともっと幸せになりたいって思うの。

そんなの当たり前でしょ、
って思うひともいるのかな?
けども、
私には大きく変わったことなんだよ。

219 :ゲッパリラ:2013/01/01(火) 11:13:10.82 ID:vBfRgxq+
大を見て
小を知りては
大と成る

220 :ちーちゃん:2013/01/01(火) 11:19:40.85 ID:x6ot340j
犬を見て
小便してたら
大吉だ

221 :名前はいらない:2013/01/01(火) 15:29:02.34 ID:B6ZDl2ce
「誰のものでなく」

汚れのない体でないとは言えないけれど

自分のものであると思う

好きな男がいたとしても

男とどうにかなったとしても

わたしはわたしのものだと思いたい

ひとのものでもなく

誰のものでもなく

男のものでもない

わたしはわたしのものだと信じたい

なにがあっても生涯変わらないのだと信じたい

222 :名前はいらない:2013/01/01(火) 20:20:51.44 ID:9UAqFPeQ
「彩」

咲かない花は夕闇に佇む

蕾のままでも憧れの君

妄想では無い現実の刻

私は泣きながら貴女を見上げた

張り裂けた胸の中から

醜い蟲達が湧いて来た

咲けない花は夕闇にまどろむ

私は泣きながら貴女を見下ろす

223 :名前はいらない:2013/01/01(火) 21:56:50.37 ID:caoGcnOH
「迷え」

自分を守るために僕は迷路を作る
迷路の中心部は言葉が宿る
生まれるためにさまよった言葉はいつしか力尽き
宿らせた親にすら忘れられる

出口までたどり着いた言葉は凶器をもっている
か細く 殺すことはできないけど 最後の抵抗
脱出成功者がでて 外部から力が加わると
さらに迷路は複雑になり 成長する
出口なんてないと思えるほどに広大に

いつか この広大な迷路に屍であふれて壊れたら
彼らの無念は暴徒となるだろう
向かう先はわかっている 

君と僕だ

224 :ゲッパリラ:2013/01/02(水) 01:01:56.38 ID:iZYasCoL
神の糞
それを肥えにし
世の生える

225 :ちーちゃん:2013/01/02(水) 01:14:22.71 ID:dzfGULUA
紙に糞
体調知らす
神オムツ

226 :ちーちゃん:2013/01/02(水) 01:15:20.35 ID:dzfGULUA
どちらかと
言えばおすすめ
布オムツ

227 :ちーちゃん:2013/01/02(水) 01:16:35.53 ID:dzfGULUA
赤ちゃんの
けつにどっぷり
ゲッパリラ

228 :名前はいらない:2013/01/02(水) 01:29:42.87 ID:qfXkni13
>>224
アンタ、オカルト板にもいるのかw

229 :名前はいらない:2013/01/02(水) 03:47:32.69 ID:Tv7ViPrF
  ●●●ケネディ大統領は何故、死なねばならなかったのか?●●●
  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1226114724/53

  ¥¥¥¥¥¥¥『万有サロン』書き込み大賞・総額100万円¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

  この掲示板に優秀な書き込みをして、総額100万円の賞金をゲットしよう!(*^^)v
    万有サロン
      http://jbbs.livedoor.jp/study/3729/
    書き込み大賞の詳細
      http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3729/1069922074/78-
    書き込み大賞の詳細(資料倉庫内)
      http://www2.tba.t-com.ne.jp/a-z/omake/banyu/taisho.htm

  また、あらゆる疑問に関する質問を、携帯電話やメールでも受け付けています。
    電話番号 080-4437-4187
    メール  aaa-zzz@tba.t-com.ne.jp

  ¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥¥

230 :名前はいらない:2013/01/02(水) 08:39:12.83 ID:o4D153YG
今ある幸せを抱きしめよう


大切な人がいる、
その人たちを大事にしよう


求めることも大切だと思う
それでも
求めるばかりじゃなくて
今手元にあるものを
抱きしめて、愛することも大切だ。

人間は貪欲。
今あるものよりも、
もっと って望んでしまうけど
立ち止まって
ソッと覗いてみれば
自分の手もとにあるものが
どれだけ幸福なことなのか分かる。

231 :反現代死イルミナシオン:2013/01/02(水) 14:12:45.67 ID:/q5XARiV
宣伝です
http://mb2.jp/_prs/7317.html#a

232 :名前はいらない:2013/01/02(水) 23:03:40.12 ID:xTPVbTJo
「爪-ツメ-」

ツメは短い方がいい…

長くのばしてるヤツなんざ、信用できねェな

先とンがらしてよ、ネコみてェに伸ばしてよぉ

あんなのアブなくって仕方がねぇよ

なんしろオレぁ痔持ちでよ

ケツのツボと穴に四六時中この爪先が触れるのよ

だからさ、いっつも手当どきは切るのよ

医者だってサ、でなけりゃ触れねェじゃん

だから手入れはおこたれねぇのよ

マメに切ってマメにといどかないとサ

これでも気ィ使うもんなんだぜツメはよ

他はダラしがないんだけどさ

ツメだけは短くしとかないと落ち着かねェ

だからおまえさんらも切っといた方がイイんだぜ

233 :名前はいらない:2013/01/02(水) 23:27:58.13 ID:MuNZ/TcJ
太陽の下で祝福される
烏が木の枝にとまり
七色の歌を奏でる
成功したわけだ
少なくとも男は家庭を手に入れ
名声を手に入れそれに満足できずに
頭を撃ち抜いた
無名であることの喜びを歌う烏が
祝福を続けた

234 :名前はいらない:2013/01/03(木) 01:55:50.78 ID:HIHaQKWj
溜まりすぎだろ、投稿控えるか、評価して投稿するか、どっちかしろよろよ

235 :名前はいらない:2013/01/03(木) 09:27:43.36 ID:zC01BXFz
僕の声は君に届いているかな
遠い空の下
君はどうしているのかな
歩き始めて
雪を踏みしめる音が面白くて
僕はこんなことを思っているよ

僕の声は君に届いているかな
晴れ渡る空の下
君はなにをしていのかな
少し立ち止まって
両手で顔を覆い隠してみた
僕は君の幸せを願っているよ

両手下ろして
歩き始めようとしたらさ
目の前には
君がいるんだよ、

そんな世界に生きて
君に触れることができる
君を抱きしめることができる
君が生きている
そんな世界に僕も生きていて

堪らなく幸せだって思うんだ。

236 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/03(木) 18:23:59.73 ID:GA9WNoSm
>>179,>>183
他サイトからの転載は禁止されています。E E
>>220,>>225,>>226,>>227
連投です E E E E



未評価まとめ(>>93)

>69 >70 >75 >76 >77
>82 >83 >91 >94 >96

>97 >100 >111 >156 >164
>168 >171 >175 >180 >199

>204 >209 >210 >211 >212
>213 >214 >215 >217 >218

>221 >222 >223 >230 >232
>233 >235

237 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/03(木) 18:37:15.97 ID:GA9WNoSm
>>69
割と思いのままに随想的にまとめられた詩ですが、その質は決して低くない。
青いソファーという題がいいし、言葉遣いもしっかりしている。すごい速さ
で過ぎていくのが、何なのか、かなり想像を誘いますが、おそらく空だろう
という感じですが、それだとどうやって過ぎていくのかがイマイチ腑に落ちない。
疲れた感じがよく出ているので、何度も読み返せる味わいがあります。展開も
良く出来ている。C-

>>70
辛い気持ちが伝わってきます。全体に、読みやすく感情移入しやすい。
共感を呼ぶし、作り事めいたところもない。最後の方の展開については、
取り繕うという描写が突然感があると思います。C-

>>75
短いですけど、読む価値はあります。夢というテーマについて、読みやすく
まとまっています。このままでもいいの?といった辺、センスが感じられます。
非常に考えられて作られていると思います。C

238 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/03(木) 18:48:20.44 ID:GA9WNoSm
>>76
これはいい!描写が非常にうまく、色を思い浮かべる喜びがある。
ちりめんの花とか、鈴とか、豪華絢爛に素朴な姿を描写しています。
フクロウというのも意外性があっていい。素朴な美しさを感じさせます。B-

>>77
真っ白な雪というのが、いい描写だと思います。ペットの死も、どこか
物悲しい色合いを詩にあたえています。そのセンのうえに、雪見大福
の甘さを描いていますが、恋人というのがちょっと唐突にぽつんとあって、
最終連の描写がちょっと生きてこない。もう少し工夫ができそうな素材です。C-

>>82
生きることについて、非常にダイナミックに感情の動きが伝わってきます。
そよ風に問いかけたり、季節に優しい心を求めたり、三連の太鼓もいいアクセント
の展開だと思います。最終連の花々の再登場も決まっています。C+

239 :名前はいらない:2013/01/03(木) 20:25:30.35 ID:N9Q/pxlh
震えるぞハート
燃え尽きるほどヒート
刻むぞ血液のビート
山吹色の波紋疾走

240 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/03(木) 21:13:55.28 ID:GA9WNoSm
>>83
ちょっと描写の荒さが、三連などにみられるけど、感じは全く悪くない。
ソウルフルでエモーショナル、自由さがある。場面設定に苦しさがない
わけじゃないけど、この詩の形を崩してまで追求することもないと思う。C-

>>91
熱が電車に吸い込まれるというナンセンスさが、なんとなくうなずいて感じられ
てしまう。それは、作者の掴んだものがあるからだろう。電車を待つということは、
冬の中で意味深く現れる。これが夏だったら、味気ないだろう。C-

>>94
非常によくあるタイプの経験であって、その心を、描いていることに意味がある
と思う。よくある話のラブソング。その想いの真実さが、この関係というもの
の微妙さに思い至らせてくれるので、甘い痛さを感じながら読むことができる。C-

241 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/03(木) 21:30:09.20 ID:GA9WNoSm
>>96
一行目から引き込まれる。描写が能弁で想像力溢れている。しかも、
提起している問題の微妙さと普遍性が素晴らしいと思う。青空の前はなに。
滋味深い文は、何度も味わえる、青さにむせぶような、夏の青。とても
うまいと思います。B-

>>97
とてもよくかけていると思います。優しい嘘というものは、嘘のように
悪意はない。それを一語で表しているところ、とてもいいです。真ん中の
フレーズも効いていますし、優しく痛い詩だと思います。C

>>100
なんでもない、優しい言葉で書かれていますが、童謡のように味わえる。
雨になるというひとは、なんて優しいんだろう。私の寄り添いも、
自分に出来ることをしっかりと言葉にされていて、とてもいいです。C+

242 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/03(木) 21:40:56.49 ID:GA9WNoSm
>>111
ちょっと不器用でしょうか?問題に取り組もうという姿勢はとてもいいです。
正確でわかり易い言葉遣いを心がければ、のびしろはまだまだあると思います。D+

>>156
りゅーくんのことを褒めないのに、自分に優しくしてくれるりゅーくんに
ベタ惚れの作者です。思いが詩にされていて、なかなか楽しませてくれる詩です。D

>>164
優しい思いの交流と、その現れる場所である冬が、とても滋味深い言葉で
描かれています。ポツリポツリと確実に世界を描き出していて、冬
に対して、新しい気持ちで向き合ってみようというような気持ちにさせてくれます。C+

243 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/03(木) 21:55:48.25 ID:GA9WNoSm
>>168
特に変わったことはしていないけど、小技が決まっていると思います。
というのは、各単語が、意外な結びつきを持って、使われているのです。
犬や猫の笑顔とか、センスある。長い冬が始まるという決めゼリフは、
全体をまとめています。C

>>171
あらゆる人との想いの繋がりを、詩にされています。雪が降るという言葉
が効果的に使われています。三行目の私となってというところが、少し
解釈に困りました。C

>>175
君が携帯電話をかけたのでしょうか?なにか良いことが書いてあるような気も
しますが、ぼくには解釈は無理でした。D

244 :じゃばすくりぷと:2013/01/03(木) 23:46:40.29 ID:+/moK1GM
>>180
「不安でたまらないけど/今は全力でかけてみるしかない」
内容がこれだけで済むってどうなの。
思考がごく狭い語彙を歩き回ってるだけ。
D

>>199
「大口開けて笑ってやるんだ」ってダサいポーズを
強調しているひまがあるならもっと本質に迫れよって思う。
中盤は泣き言にしか聞こえない。もっと美しく。
D

>>204
日常の中のほんの小さな出来事への感動は
日記帳にでも書いとけば十分です。
D

>>209
日常の中で感動すらしない退屈な愚痴は
チラシの裏にでも書いとけば十分です。
D

>>210
宝箱ってゆうシンボルからしてどういう文脈で用いられたのか
不明だし、君と僕という関係性からして説明できてないのに
何を書いたつもりでいるんだ。
D

245 :じゃばすくりぷと:2013/01/04(金) 00:23:04.45 ID:Z/uXKP9a
>>211
たとえば白っていったっていろんな白があるわけで
白い景色って言えば雪の白さをだれもが浮かべてくれるのかとか
雪の白さにも実はいろいろあって、作者が思い浮かべて
酔ってるのを傍で見てる僕はあまりにいたたまれない。
D

>>212
どうなの、これ。各連それぞれ硬いというか、
狭い箱に無理やり閉じ込めたような窮屈さがある。
特に雰囲気がいい三連だけでもふくらませて
この詩ぐらいの分量かけるんじゃないの?
D+で。

>>213
言葉足らず。だけどこのくらいがいいのかもね。その筋の人には。
表現しきれているかときかれれば僕は首をひねるほかないなあ。
D+

>>214
本当は下手よりもイマイチよりも
上手で上等なヤツがいいんだろうが。
それは妥協。きみに届かない。
それで届くようなやつはサル。
でも届かなくても大抵うまくいくんだ。つまらん。
D

>>215
イマイチ。嫌いじゃないけど、
センスは感じない。がんばりましょう。
D

246 :名前はいらない:2013/01/04(金) 01:48:43.39 ID:KITvTBkP
「心のアンプ」

私のシールドケーブル 繋がれた瞬間から
ビビっと電気が流れたの
心の真空管 だんだんあったまってきてる
心に流れるこの音色
どんどん増幅させてるの

君と私の 見えないケーブル
たしかに繋がっているよ
胸の音がどんどん大きくなるよ
心のアンプで 大きく膨らむよ
チューナーなしの 私の生身の音
しっかり受け止めてね

247 :名前はいらない:2013/01/04(金) 06:40:02.12 ID:/yWNvnwh
鎖に繋がれた僕は睡眠薬を飲まされ
自由に空を飛ぶアイツに先を越された
生まれ変わりの再会の約束胸に秘め
僕は空へ飛び立つことにしたよ

次に会う時は自由な環境のうえ
幸せになろうね

248 :名前はいらない:2013/01/04(金) 06:43:42.70 ID:VfLXgmxh
見失う、
泣く、
うずくまる、
簡単なことなんだよな。
そうやって
何もできないことは、
簡単なことなんだよな。


あなたが言ってくれた言葉。
僕は胸に手を当て
立ち止まった足は
決して無駄ではないけど
歩むこと、
僕は進むことにしたよ
大切なことだって、気付いたよ。

歩む、
ころぶ、
それでも また歩む。
人生ってそういうの繰り返し

それでも
転んだ人ほど
壁にぶつかった人ほど
乗り越えたときに
強くなるんだよ、なんて僕は思って
柄にもなく
鼻歌混じりに歩いてみる。

249 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2013/01/04(金) 09:13:44.57 ID:uOUQjgzr
>>232

ネット詩人には詩を自己顕示欲を満たす為の安易な手段としか見做さない人が多いですよね。悲しいですが。
そういう人は他人の詩を読んだことなんて下手すると一度もないんじゃないかしら。

250 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2013/01/04(金) 09:14:28.84 ID:uOUQjgzr
>>232じゃなくて>>234でした。

251 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2013/01/04(金) 09:40:31.65 ID:uOUQjgzr
>>217
書き捨て系スレに書いた方が良いですね。
巧拙の前に内容にも形式にも他人の目に晒そうという意図が感じられません。
E。

>>218
頭のユルいスイーツ女の惚気が思い浮かびました。
私個人は内容は好きじゃないけど、表現の生々しさという点では悪くないと思います。
なんかムカっと来たので。
D+。

>>221
「体のきれいさ」と「体の所有権」を逆接で結ぶという掴みは悪くないですが、
そこから先が続きません。E。

>>222
何を言いたいのかは全く分からないですけど、謎めいていて詩らしい詩だと思います。
字面もシンプルですがきれいですね。その調子で頑張って欲しいです。
C-。

>>223
発想は悪くないと思うのですが、動作の主語の移り変わりが不明瞭であることが詩にナヨナヨした印象を与えます。
前の行で述べた要素を次の行にどう持ち越すのか、持ち越さないのかを今一度確かめてみてください。

たとえば一連の第一行での「僕は迷路を作る」という表現では語り手の作為の意思が強く出るのですが、
その次の行は「言葉」が主語になっていて、前の行で強く出ていた「語り手の意思」が見えなくなってしまいます。

あと、第二連二行目の「か細く 殺すことはできないけど 最後の抵抗」
はなんとなくイメージは分かるけれども、たどたどし過ぎると思います。
もっと流暢な日本語を期待しても宜しいでしょうか?
D-。

252 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2013/01/04(金) 09:50:23.67 ID:uOUQjgzr
>>230

こう言うのも申し訳ないですが、
そのテの「小市民の幸せ」系ポエムはJ-POPの歌詞にありふれているので、
どうしても書きたい場合にはそれなりの個性が欲しいところです。
ファンモンとかソナポケの劣化コピーという印象しか抱けません。

「私は私の思いをそのまま詩にしたい」という詩人本位の考えだけで詩を書くのも結構ですが、
2chと言えどもアカの他人の目に自作詩を晒す場合、「他人が読んだらどう思うか」ということを僅かなりとも意識して欲しいです。
E。

253 :詩を書かない読み専の素人アラサー ◆rhzLKz1rTo :2013/01/04(金) 10:00:37.34 ID:uOUQjgzr
>>232

語り口は面白いですが、
内容が月並みな愚痴にしか聞こえません。
D。

>>233
カラスの黒さと、歌の七色の対比が不吉な感じを出していていいと思います。
ただ、四行目の「成功したわけだ」がどうも全体から浮いているように思います。
誰が何に成功したのか、作者は仄めかしたつもりなのかもしれませんが、私のようなアホ読者には伝わりません。
そこにもう一工夫が欲しいと感じました。
D+。

254 :ちーちゃん:2013/01/04(金) 14:59:26.99 ID:BN1L1zzq
>>246
エロい

255 :名前はいらない:2013/01/04(金) 21:58:16.44 ID:H4fh9jJK
冬のトイレ


冷え切った便座
きついラベンダーの匂い
モザイクタイルの上に水たまり
壊れた蛍光灯の明滅

何もかもがよそよそしく
それでいて寂しがっている
ぼくはそこにつけ込んで
冬のトイレの孤独にうらぶれる

256 :名前はいらない:2013/01/04(金) 22:04:05.92 ID:3tayz895
>>253
カートコバーンの書いたall apologiesへのオマージュだけど意味分からんよね
直接言及はされてないけど、フレディマーキュリーみたくなりたかったカートは
観客を熱狂させることはできてもカートの思うフレディの域へは到達できないと書いたんだね
で、音楽的には成功してたんだけど死んじゃったんだ、27歳でね
いずれにせよ評価ありがとう

ちなみにメタファーの奥行きというか知識なしに読めない詩でいうとボルヘスが代表的だね
とかく骨が折れる

257 :名前はいらない:2013/01/04(金) 22:09:52.32 ID:3tayz895


家族を養うには金がいる
充分な金を持たない男は石に腰掛け
陽が落ちてゆくのを見ている
陽が落ちてゆくのを見ている
尻に塗りたくられた挫折の残した汁が
男の身体を固定するそれは強ち悪くない
一匹の猫、首に鈴をつけた白と黒の猫が
優雅に通り過ぎる……男の吹く
口笛などまるで気にもとめずに
その猫がかつてニュートンの前を横切った
その
時もまた、林檎の落下などどうでもよい
という風に猫は振り返りもしなかった

258 :名前はいらない:2013/01/04(金) 22:21:33.38 ID:/Jf1vwCr
やはり僕は大切な人の心を踏みにじっていく人間みたいだ

簡単に飛び越えてしまう
人が張った予防線を 躊躇なく ただ欲の赴くままに

そして僕は壊した
気丈に振舞おうとする人の思いを 信頼を

壊れたものは修復できない

欠片が散っていて
セロハンテープで誤魔化すけど、偽れない感情が砂のように零れ落ちてしまう

大切な人は去った
それを引き止めることができない

せめて僕と出会う前に戻れと強く願う

259 :名前はいらない:2013/01/04(金) 22:26:39.31 ID:3tayz895
何故いるのか
不毛な問い
ポートワインを呷る
生きているからワインを呷る
一月の寒風が吹き上げる新聞紙は
失踪した父親に似ている
何故いるのか
瞳の前に垂れ下がる希望よ
ポートワインをもう一本飲んで眠るよ
つかの間の安息
怯えた顔を、剥き出しの冬にうずめる

260 :名前はいらない:2013/01/04(金) 23:06:31.61 ID:KITvTBkP
>>254
言われると思った・・・
もっと詳しく評価オナシャス

261 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/04(金) 23:47:04.51 ID:MLklgTN7
>>258
あなたは本当に優しい人ですね・・・。嘘のない気持ちが表された言葉には、
また人を信じてみようという気持ちにさせるような、偉大な力があります。C-

262 :ちーちゃん:2013/01/05(土) 01:19:02.73 ID:iwLlWk/n
>>260
ウォーミーなハートのスクリームオブソウルをチューブアンプで表現したのがいいね。
シールドの繋がる先が「君と私」「私と心」とバラけているんだけど、まあそのおかげでイメージが膨らんで居る。
最後に聴衆として締められてしまう所など逆に「ヘッヘッヘ俺がチューニングを合わせてやるぜ」と思わせてしまう。
「お前を最高の音で泣かせられるのは世界で俺一人だけさ」ピロピロピロピロピロピロギュイーーーンドピュドピュドピュ。。。C

263 :ちーちゃん:2013/01/05(土) 02:02:02.29 ID:iwLlWk/n
聴衆であり演奏者であり共演者である。この辺はどれかに限定してしまうとお話が小さくなりそうだからね。
ぼかし方が上手いな。「見えないケーブル」の「見えない」はホント技だと思うよ。

264 :ゲッパリラ:2013/01/05(土) 05:31:23.82 ID:S2/GC+o2
終いには
終いかたをぞ
忘れたり

265 :ゲッパリラ:2013/01/05(土) 05:33:02.01 ID:S2/GC+o2
大いなる
時の歯車
動かして
音も無く只
此処に佇み

266 :ゲッパリラ:2013/01/05(土) 05:41:06.83 ID:S2/GC+o2
其の住まう
蝿の国にぞ
神の居る

267 :ゲッパリラ:2013/01/05(土) 05:55:55.96 ID:S2/GC+o2
訂正

其の住みし
蝿の国にぞ
神の居る

268 :名前はいらない:2013/01/05(土) 11:33:51.18 ID:wwf8WyWE
中途半端な時間で眠って

中途半端な時間で起きた

ぼーっとした頭で

時計を見てみたら 

いつの間にか「未来」が「今」になっていた



受信メールが一件

それが誰なのか分かっていた

だから胸は高鳴るだろうし

返せなかったことに後悔する



きっと、もう君は眠っている

ひとりで眠っている

「嫌な夢 見ないといいな」

「君が寂しくないといいな」

僕の頭の中は君ばっかりで

働かない頭で返信をした




中途半端な時間に起きて

中途半端に時間を持て余す

少しずつ時間を掴んで

勿体ないと目を開ける

いつの間にか「今」が「過去」になる前に



パソコンを開いた

特にやることなんてなかった

ぼーっと睨みあって

いつものサイトを開くだけ

269 :名前はいらない:2013/01/05(土) 14:46:54.05 ID:lGqthkh0
「サイレン、またどれくらい頻繁に」


冬は隣人に白い呼吸で歌われます。街角でダンスをするバラの花びらです。

それは静かな外観で、透明な場面です。二人は歌声と音声を低下させます。

愛は言語が悪霊を置かないように徐々に衰え、そして死ぬメモリの暖かさです。
静寂に尋ねられ絡まった指。唇のその時の不足と接触。

ふたつの生命が毎日に入るなら、私は知るようになりましょう。

それが去り、それが実行する、また冬に、警告は途中で急がせられます。

点滅信号への家路、および信頼、そのリターンはさらに棚に載せられた広告チラシを実行している。

さらに韻を踏むことに、建物は、あなたの猫が起きて実行するだろう、と繰り返しました。

キスのベクトルによって押され、それとしての愛は茜色に染まります。

すべてが永久に変わらないと、小さな成長と見なされる場合はただ一つです。

互いが抱き合えば、暖かさはよりいっそう、ほとんど、ただ一つです。

270 :名前はいらない:2013/01/05(土) 14:55:49.21 ID:lGqthkh0
「サイレン、またどれくらい頻繁に」

冬は隣人に白い呼吸で歌われます。街角でダンスをするバラの花びらです。

それは静かな外観で、透明な場面です。二人は歌声と音声を低下させます。

愛は言語が悪霊を置かないように徐々に衰え、そして死ぬメモリの暖かさです。

静寂に尋ねられ絡まった指。唇のその時の不足と接触。

ふたつの生命が毎日に入るなら、私は知るようになりましょう。

それが去り、それが実行する、また冬に、警告は途中で急がせられます。

点滅信号への家路、および信頼、そのリターンはさらに棚に載せられた広告チラシを実行している。

さらに韻を踏むことに、建物は、あなたの猫が起きて実行するだろう、と繰り返しました。

キスのベクトルによって押され、それとしての愛は茜色に染まります。

すべてが永久に変わらないと、小さな成長と見なされる場合はただ一つです。

互いが抱き合えば、暖かさはよりいっそう、ほとんど、ただ一つです。

271 :名前はいらない:2013/01/06(日) 02:22:02.93 ID:Z0YRtBFm
狂っちゃった 私の心のチューニング
ペグがゆるんで 錆びた心の弦
古い弦を ぶった切って
今 ピカピカのものに 変えてほしい

ボリュームノブ最大にして
アンプにも通さない
私の音 聞いてほしい
エフェクターなしの 私の本当の声
耳に届けるよ

今 私の心の弦が キラキラと
踊りだす
飛び回る

272 :ちーちゃん:2013/01/06(日) 05:04:16.82 ID:BOvfVNaT
>>271
いいね最高!アンプに通してないのにボリュームノブ最大とかイマジネーション無茶苦茶拡がりまくりんぐ!
聴かせてくれるのかい?裸の生音を!
弾かせてくれるのかい?魂の音色で!
AAA

273 :MADOKA MAGICA:2013/01/06(日) 09:22:44.25 ID:P3G/h8Lw
中学生の頃に作ったホームページにありがちなこと

274 :名前はいらない:2013/01/06(日) 10:09:27.64 ID:sVF1SitY
手を加えられなくなった

生命を失った 僕の絵


僕らひとりひとりは神のようだ

なにかに命を吹き込むこともできれば

簡単に壊し、殺すことだってできる


今もこうやって

中途半端な絵を持て余して

僕はそれを捨てようとしている

諦めを感じたのなら

完成を感じれないのなら

最初からなかったことにすればいい、と

僕の神さまのような自分勝手な両手は

今、捨てようとしている

275 :名前はいらない:2013/01/06(日) 14:43:47.92 ID:ARx75mtn
決して掴む事の出来ないような悲しみに

終わりは訪れる

決して掴む事の出来ないそんな喜びに

始まりは訪れる

プライド乗せた羽が今

目の前でへし折られてゆく様を

君は黙って見つめてるの

その瞳に映る現実はそんな安っぽいものなの

君の描いた夢が重くのしかかって

君の描いた希望が針になって

馬鹿な夢見てしまったと君は嘆き悲しむのかい

二度と掴みたくないような悲しみに

始まりは訪れる

二度と手放したくないそんな喜びに

終わりは訪れる



ライブハウスで歌ってる曲です

276 :名前はいらない:2013/01/06(日) 23:05:55.71 ID:DMkU39rm
吐息の白さに憂鬱は溶けて
排出されていく
少しの幸せとと共に
垂れ流しながら
明日の天気予報を見ている
どこにも行けっこないのに
誰も私を見ていなくても
私が私を見ているから
許せないの
カーテンの向こう
きっと雪が降っている
そんな気がする
音と一緒に
向こうまで
私、運んで

277 :名前はいらない:2013/01/07(月) 11:37:25.31 ID:CF3k8yO+
僕と君ってどこで繋がってるのかな?
なんて思ったんだけどさ

君は僕がそんなことを聞いたら
なんて答えるのかな?

笑って、しらねぇよとか言って
また笑ってしまうのかな。
なんとなく想像がついちゃって
僕はそれだけでなんだか笑えちゃって

そんなことを君に言ったら
なんて顔するのかな?

笑って、馬鹿だなとか言って
僕を馬鹿にするんだろうな。
なんとなく想像がつくんだから
僕は繋がりのヒントのような気がして

少し世界が輝いて見えるんだけど

278 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/07(月) 13:47:34.49 ID:jZU6OX6V
ここまでE

       U        /
             / ̄ ̄ ヽ,
            /        ',      /    _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <   バーカ!  >
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |

279 :名前はいらない:2013/01/07(月) 18:20:13.28 ID:RW3g2g3T
>>277
作者がひとりで突っ走っているような作品ですね。自分のなかでは何らかの感動があったのでしょうが、その正体を把握せずに上っ面だけを貼り付けているようで、読み手にはさっぱり伝わってきません。それこそ「しらねぇよ」って感じですた。D−。

280 :名前はいらない:2013/01/07(月) 18:31:07.83 ID:RW3g2g3T
>>276
前半は没入感が良い味を出しているものの、内容がありがちで残念。「カーテンの向こう」からは少しくどいのが難点ですが、結びに向かって加速してゆく主体を、「私、運んで」と読点で受け止めていて妙にキモチイイ読後感があります。DよりのC−。

281 :名前はいらない:2013/01/07(月) 18:44:29.16 ID:RW3g2g3T
>>275
とにかく説教臭くて好きになれません。最初がポジティブなのに結びがネガティブなのもそう。悪い意味で捻くれている。
仮に説教の内容までもが逆説的であったならば一読にも値しましょうがしかしそこはまあ普通。
これを歌うというのだから、それはもう、説教が好きなんですねぇ。D−。

282 :名前はいらない:2013/01/07(月) 18:54:23.77 ID:RW3g2g3T
>>274
絵を描く自分が絵に対して勝手であるという自覚がある。それは良いのだが、そこからの発展がないためつまらない。つまり深みのないと言う訳で、それだけですね。D。

283 :ゲッパリラ:2013/01/08(火) 03:56:20.02 ID:HpAaGAX7
日の陽中(ひなか)
光に惹かれ
あてどなく

284 :名前はいらない:2013/01/08(火) 06:35:50.68 ID:ngRBeBhr
自分が嫌いになっていく。
醜い感情が容赦なく襲ってくる。
ぐるぐる頭の中を駆け回って
押しつぶされそうになってしまいそう。
なんなんだ、
やめてくれよ、
そう願ってみながらも
僕は僕の中に駆け巡る感情に惑わされる。



手を伸ばしかけて
けれども何度も躊躇って
その理由なんて簡単だ、

幸せになってほしいの。
なんて上辺のものじゃなくてさ
きっと本心はもっと酷いんだ。
嫌われたくないとか
怖いんだとか
そういう臆病で小心者の答え。



誰か僕を叱って、
もうやめろよ。とかきつく叱ってよ、
そしたらさ もうやめるから。
やめたふりをして
頭に駆け巡る感情なんか
見ない振りするから

285 :名前はいらない:2013/01/08(火) 09:05:59.73 ID:zcMNaHbz
>270の評価をおねがいします。

286 :名前はいらない:2013/01/08(火) 23:16:31.78 ID:D1ivJK7v
「花がつお」

花がつおって伝えたくて
あなたに微笑むペドフェリア
繋がれた右手は
これからの運命を
ほら
こっそりと打ち明けてる

287 :名前はいらない:2013/01/09(水) 01:07:15.63 ID:4w6lsGur
貴女は幸せの代わり
幸せは金で買える

なぜなら

薔薇は気持ちの身代わりだから

288 :名前はいらない:2013/01/09(水) 16:08:13.87 ID:BTSEbkJ6
明日は学校をサボる予定。
短期のバイト面接をして
夜は友だちと会う。

お昼は少しばかり考え事。
ほんきで考える。
「これからどうするのか」
私がどうしたいかと
どうしなければいけないか
その2つが重なり合う答えをさがす。

考える、とか言いながら
今まで結局は答えが見つからなかった。
したいことを満足にも出来ず
どうすればいいのかも分からず
周りに相談をしていても
結局なんも決まらないままだった。
ぜんぶが中途半端だったの。

最後に出す答えは 
私が決めなければいけないから。
もうそろそろ目をそらすのをやめよう


どんな答えを選んだとしても
それは私が出した答えなんだ

誰のせいでもない。
私が決めたのだから
結果がどうであれ…受け止める覚悟は…

289 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/09(水) 19:37:21.00 ID:bIcdDUWm
>>288
読んでもらって感謝しろ

題名は大事だぞ



290 :ちーちゃん:2013/01/09(水) 21:52:00.47 ID:ed5ruG2n
何か懐かしいなタイトル厨

291 :ゲッパリラ:2013/01/09(水) 22:40:20.82 ID:obxyc7sh
飛ぶ雲も
浮く雲もまた
雲たらん

292 :ちーちゃん:2013/01/09(水) 23:16:05.57 ID:ed5ruG2n
>>291
題名は大事だぞ?

293 :ちーちゃん:2013/01/09(水) 23:17:43.90 ID:ed5ruG2n
おお、まるで自演のような荒れ伏線!

294 :ゲッパリラ:2013/01/09(水) 23:55:19.67 ID:obxyc7sh
生きるほどに研ぎ澄まされる心の刃は

誰かを守るために己を切り裂く

その血を浴びて笑う君は

幼い野性を失わず
静かに髪をかきあげる

風が吹いたような気がした

思い出を奪い去る優しい風が

血が乾き
静かに眠る

295 :ゲッパリラ:2013/01/10(木) 03:13:09.76 ID:MvOwG3Fe
心臓の
鼓動に遅れ
手を握る

296 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/10(木) 06:13:19.54 ID:LSTraZP3
>>286
読んでもらって感謝しろ

いきものがかりの、ありがとうに似ていると思ったのは、僕だけか?

大盤振る舞いの



297 :ゲッパリラ:2013/01/10(木) 06:13:46.58 ID:MvOwG3Fe
地獄釜
焚いて喜ぶ
修羅悪鬼

298 :名前はいらない:2013/01/10(木) 06:27:40.67 ID:Lhlwb9L7
「指先」

雨は魚
私の背に刻んだ
石畳を流れ落ちては沈む
ひとしずく

冷えた洗車場
毛の抜け落ちた猫が
静かに見上げた
水銀灯

丸く萎えた鉛筆で
人は人を書き写し
幾度も形を重ねては
指で弾く

まるで
壊れた映写機

雨は変わらない

だから、雨は魚

誰もが置き忘れた形を
拾い集めては消える、魚

今、両の手に乗せた
私を知らない気持ち

誰かが、それに名前を付ける前に
ゆっくりと、灯をともす

暖めるのは、指先だけで十分

それだけあれば

自分の形だけは

わかるから

299 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/10(木) 06:58:00.86 ID:LSTraZP3
>>298

読んでもらって感謝しろ

僕は、この作品嫌いじゃないな

でも、稚拙な感じがするな〜残念だ

題名もあるし

大盤振る舞いの



追記

たぶん、まだ学生さんだろう
青臭さが残っている
もっと本を読んで欲しいな

300 :ゲッパリラ:2013/01/10(木) 07:00:37.72 ID:MvOwG3Fe
花ふぶき
ふぶく意味すら
知らずしか

301 :名前はいらない:2013/01/10(木) 09:50:26.12 ID:AYCJLTrh
私の中には
もう一人の人格を持っている私がいる
不確かだけれども
そいつは今も確かに潜んで
きっと隙を伺っているんだ
私を支配することができる瞬間を

そいつが私を支配してしまえば
きっと私は私を捨ててしまうことになる
分かり切ったことだけども
それは非常に恐ろしいけども
どこか心の隅で乗っ取られることを希む

最近声が聞こえないんだよ、
そいつは全く話しかけてくれないの。
私の元から去っていったのか
なんて思っていた頃にふと帰ってくる

そして魅惑的な言葉と
支配的な命令で私を惑わす、

302 :名前はいらない:2013/01/10(木) 10:24:30.07 ID:hFUpG17D
>>299
暇だからおすすめの本おせーてよ

303 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/10(木) 11:59:51.35 ID:LSTraZP3
>>302
レスありがとう

再評価してもらった方が良いよ

ただ目について読んだだけの批評じゃなく感想だから

304 :名前はいらない:2013/01/10(木) 12:08:19.44 ID:hFUpG17D
>>303
ん?298じゃないよ
さっきちょうど古本買う予定だったからなんかおすすめないかな?と思ってさ

305 :ちーちゃん:2013/01/10(木) 12:12:39.07 ID:XTRTwWL3
雑談スレでやれ
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/poem/1355706931/

306 :名前はいらない:2013/01/10(木) 12:14:35.74 ID:hFUpG17D
そーりー。もう買っちゃったからいいけどさ

307 :ちーちゃん:2013/01/10(木) 12:25:19.19 ID:XTRTwWL3
いいからここでやれ
【文極少女と】世界の至宝 文学極道\【呼ばれて】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/poem/1355706931/

308 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/10(木) 16:48:17.63 ID:LSTraZP3
>>306

人様の本棚に興味があるから買った本を教えてくれ

雑談スレ Part88
http://t3.i2ch.net/z/VUt62.lS!mail=sage&skin=0-5-z-_-h-z/70/PLnKz/n#b

携帯からのアドレスでごめんね




ぼが〜ん

309 :名前はいらない:2013/01/10(木) 21:43:52.71 ID:5b7ZjDKy
ポケットの無いドラえもん

みんながポケットばかり欲しがるから
世界にはポケットのないドラえもんが溢れている
僕はそいつらみんな集めて
お手製のポケットを付けてやろう
ひとつずつ
ポケットの中に
小さな
キャンディーを隠して

310 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/10(木) 22:28:25.25 ID:LSTraZP3
>309
読んでもらって感謝しろ

題名は大事だぞ、

有りがちな作品ですね

最後に,ポケットからキャンディーですか
サリンでも撒くでもいいような

無題と題名なしじゃ、天と痔ほど差がありますよ

僕の場合は題名、タイトルなどで作品の半分くらい興味を持つし

題名、タイトルは、作品の軸だと思ってるから無いと読みづらいよ

他の評価人様は、どのように題名、タイトルに価値をお持ちかわかりませんが

ぼくが感想する場合は付けてね

長ったらしいレス書かせたので




文句無く







ぼが〜ん

311 :ちーちゃん:2013/01/10(木) 22:59:09.75 ID:SQFi3FDi
>>309
ぼくは非常にいいと思います。
便利な四次元ポケットを奪われた後無理矢理一ヶ所に集められ、
飴玉一個忍ばせたお手製ポケットを否応なしに付けられてしまう。
しかも如何にもこのお話の肝であるかのように細やかな改行の間を持って!
この後のストーリーも気になりますね。

312 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/11(金) 00:05:41.59 ID:fweJF5eo
おっ評価文があった

これでいいんだと思います

僕みたいな感想があってもいいと思うし

違った評価人様が(ちーちゃん氏も評価してない、感想文だと思うが)

読み手の坩堝のなかいろんな感性を持った読み手、評価人、一つすら同じ感想や評価が違ってくると思います

その為の再評価と言う権利があるためで
僕は詩のことは知らないし無知ですから、感想文書くのが下手ですが懸命に拝読します

自分語りしてごめんなさい




ぼが〜ん

313 :ちーちゃん:2013/01/11(金) 00:26:04.93 ID:z/licW7+
>>312
久々に現れて突然仕切り出すのは大変宜しいがぼが〜ん多用しすぎお前はパチスロ一人旅の名波 誠か!?コノヤロウ!とほほん

314 :名前はいらない:2013/01/11(金) 00:37:13.73 ID:tASY9eaq
いちいち言い訳しなくても大丈夫だよ。

詩のことは知らない無知がなんの参考にもならない感想を書くスレ

それが、「君のセンス5段階+αで評価するよ」 だから。



ぼが〜ん。

315 :名前はいらない:2013/01/11(金) 01:01:31.57 ID:tASY9eaq
>>301

読んでもらって感謝しろ。

題名は大事だぞ、

詩のことは知らないけど

有りがちな作品ですね。

大盤振る舞いの




ぼが〜ん。

316 :名前はいらない:2013/01/11(金) 04:43:15.18 ID:8gtLaos2
「夜警」

揮発性の感情を吸い込んで
かろうじて僕は
ヒューマンを口にする
美しさと醜さは
すりかえる盗人の手癖ひとつで
夜のように去っていくから
言葉は知らずに語り始める
「人のセックスを笑うかどうか」
そんな問題のように
僕の生は
張りつめていて
おぼつかない

317 :名前はいらない:2013/01/11(金) 05:39:02.56 ID:LR7vmC+S
この風に流されてゆく

その瞳の先に 何が 誰が 待っているんだろう

この手を空に伸ばして

掴みかけた夢は 何処へ 飛んで 行ってしまったんだろう

また迷って 別れ道を選んで 半信半疑の気持ちを頼りに

あの流されてゆく 雲を追いかけて

目的地のない旅へと・・・・



今 僕は何処にいるんだろう

道が分からなくて 不安ばかりが募る

そこへ雨粒が落ちてきて

何かを流してなくそうとしてる

この空の下 広すぎる大地が 目の前に現れて

足がすくんでいるんだ



この風に流されてゆく

その瞳の先に 何が 誰が 待っているんだろう

この空に手を伸ばして

掴みかけた夢は 何処へ 飛んで 行ってしまったんだろう

ただ 今に流されて生きている僕は 何も信じられずにいるんだ

あの流されてゆく 雲と同じように

自分の力で進めない・・・・



まだ 厚い雲が離れなくて

目の前が見えない 暗闇ばかりが浮かぶ

そのまま立ちつくすしか出来ない

臆病な風が吹いて来るんだ

今は青信号? それとも赤信号? 道しるべを探して

気持ちばかりが先走る

318 :名前はいらない:2013/01/11(金) 12:08:53.52 ID:z/licW7+
タイトル「interval」

飲んでもらって顔射しろ

319 :名前はいらない:2013/01/11(金) 13:33:57.07 ID:1/a7E8dr
>>318
まず、タイトルがあるのが素晴らしいね
タイトルでその詩が何を伝えようしたのかがわかるからね
ふむ。interval…つまり…休憩時間。 違うっけ?まぁいいや
とりあえず、この詩を素直に読みほどくと
休憩時間に飲んでもらって顔面に発射しろって事だ
ふむ、そうだね。あなたが言うように、これじゃ、まったく意味がわからない
そう。そこに作者が仕掛けた巧妙な罠が見え隠れしているわけだ
つまり、intervalという単語はある種のメタファーなのだろう
おそらく、この詩自体がこのスレにおいての休憩的な時間、
もしくは、新たな休憩的な時間に似た二次的な現象を表している
つまりだね、引用されている「読んでもらって感謝しろ」
この明らかに日本語として間違っているフレーズを
サンプリング的な手法で再構築する事によって、ある種の批評的な立場で
今我々が抱えている問題を再定義しようとしているわけだ
つまりだね、この詩が伝えようとしている事は、ただひとつ

タイトルは大事だよって事だ

ふむ。非常にリズミカルかつリリカルな手法で紡がれた一編だと思う
評価は文句なしに Dだね 素晴らしい。

320 :ゲッパリラ:2013/01/11(金) 19:30:32.24 ID:dEAC+0wW
正月に
網で焼いてぞ
おこり餅

321 :名前はいらない:2013/01/11(金) 20:09:52.37 ID:1/a7E8dr
>>320
ふむ。これは前衛的かつ庶民的な感覚を持った素晴らしい作品ですね
餅がふくれる様が怒っているようだという
百万人いれば百万人が思いつくであろう凡庸なアイデアを
あえて作品として提示する事で逆算的に革新的なスタイルを生み出している
これは、かなりの技術力と忍耐が必要な力作です
しかし、残念なのはタイトルがないことですね。タイトルは軸ですからね
タイトルがないと何を伝えようしてるのか、わからない
餅の味を伝えようとしているのか?はたまた社会情勢について一言物申したいのか?
それとも、タイトルの必然性について訴えようとしているのか?
なのでどうでしょう?この作品に「き餅」というタイトルをつけるのは
これであなたがこの作品で気持ちを伝えようとしているのがわかる
うむ。決定ですね これでやっと評価を出すことができます

評価は文句なしに Dです。素晴らしい!

322 :名前はいらない:2013/01/11(金) 20:32:18.45 ID:z/licW7+
>>319
娘が買ってくれたパーソナルコンピューターでのネットサーフインの途中偶然この詩サイトを見付けてしまい思わず
長年温めてきた私自慢の自信作を思わず書き込んでしまいましたハハ、インターネット初心者のクセに生意気ですよね(笑)
でもいいんです。こうして感想評価をお返ししてくれた319さんがいらっしゃったのですから。読ませてやって作家冥利に尽きますよ。沁々。
さて、感想についてなのですが、そうですか。intervalを箸休めと読みましたかそうですかそうですか。
日本男子なら「飲んでもらう」と聞けば当然「酒」もしくは「精液」の事を思い浮かべると思うのですがその後に「顔射」とあるので精液と断定するのが普通だと思うのですよ。
だってそうでしょう?酒を飲ませて前後不覚、或いはテンションを揚げさせて顔面に射精してやろうと言うお話なら、
「酒を飲ませて」ですよ。「飲んでもらって」はおかしい。「テキーラをガンガン飲ませてぶっつぶれたこの女の面をザーメンまみれにしてやる!!」
それしか無いでしょう!?それが私だ!!!!しかしこの詩では「飲んでもらって」とある。飲んでくれたら嬉しい物だ。やはり精液しかない。
飲んでもらった後に顔射をキメルにはintervalが必要でしょう!?これが解らない御仁とは休息不要の精力絶倫かはたまた処女か童貞か。
不思議に思い未だ嫁にも行かず家でごろごろしている娘にもこの詩を読ませ感想を聴いてみると一言 、

「複数?」

323 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/11(金) 21:12:20.45 ID:99ebEcLW
>>322
コピペ?

324 :名前はいらない:2013/01/11(金) 22:33:23.61 ID:z/licW7+
二行目までの思わずは一回の方がよかったですなハハハ(苦笑)(^o^;)

325 :名前はいらない:2013/01/12(土) 04:34:20.09 ID:0rNnCMHq
君の声が遠くなる
君の姿が見えなくなる
飲み込まれそうで
真っ暗な闇に吸い込まれそうで
幼児のように足掻いた
足も手も思うようにはいかない

君のぬくもりさえも
君の傷跡さえも
もう私には触れられない
そんな気がして
真っ暗な闇に包み込まれる
記憶が取られる
思い出が取られる
私の中から君が消えていく

足掻く術を忘れた

326 :ゲッパリラ:2013/01/12(土) 08:45:39.07 ID:o/k4dj3I
植木鉢
置く場所どこぞ
決めて置き

327 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/12(土) 09:10:08.09 ID:0s7yNlYg
>>325
読んでもらって感謝しろ

君って誰?言わんとしてることは、わからないわけじゃないが

流れてきにいって題名やタイトルが大事だぞになっているのに

オナニーじゃなく、たまにはセックスしろ

今後に期待して、おまけ





ぼが〜ん

328 :名前はいらない:2013/01/12(土) 09:38:36.01 ID:GTrvN5x7
>>322
なるほど しかし、これでいいんだと思います
僕みたいな感想があってもいいんだと思う
あくまで、僕のは感想であって批評ではない これはつまり
僕は僕の発言になんの責任も負わないということなのです
僕は傷付きたくない だけど人の詩には適当な事を言っていたい
これが批評と銘打ってあるのであれば無責任な事ですが
僕のはただの感想であるから問題にはならない
だから、僕はあなたの意見を全面的に却下し、全面的に棄却します
そして、これが一番重要な事ですが
僕は、ど童貞ではありません 本当に童貞ではないのです
本当です。童貞ではありません 以上です

329 :名前はいらない:2013/01/12(土) 10:09:41.67 ID:GTrvN5x7
>>325
なんて素晴らしい現代詩なのでしょうか
安易なシュールレアリズムには飛びつかず
シンプルな言語感覚で丁寧に言葉を選び
牧歌的にそして叙情的に生と死の間で揺れ動く感情を描いている
タイトルをあえて付けなかったのは正解ですね
無題にする事によって読み手の想像力を膨らましている
もちろん皆様はおわかりだと思いますが「君」というのは床の事ですね?
そうこれは、一匹のゴキブリが掃除機に吸われるあの一瞬の絶望感を忠実に描いた作品なのです
床にある傷跡…そうそれは生そのもの 床から手を離してしまえば…それで終わり
必死に床にしがみつくゴキブリ、迫ってくる掃除機そして轟音、部屋主である女性の悲鳴
悲壮感の中にある一瞬の生への息吹き…
素晴らしい。
評価は文句なしのBですね 素晴らしい詩をありがとう御座いました

330 :名前はいらない:2013/01/12(土) 11:11:41.09 ID:wIEGaFJ/
「オナニィ」

米の研ぎ汁のように精子を捨てている

331 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/12(土) 11:25:02.19 ID:0s7yNlYg
つじつま合わせに生まれた感想や評価や批評など

そんな言葉に興味はないぜ〜

ただ鉄の塊に跨がってゆらしてるだけ自分の命ゆらしてるだけ〜

ブランキー・ジェット・シティ


関係ない書き込みでごめんなさい




ぼが〜ん

332 :名前はいらない:2013/01/12(土) 12:27:36.58 ID:I2Ma5Dr5
>>328
都合のいいことばっか言ってんじゃねえぞボンクラ!飲みに来い

333 :名前はいらない:2013/01/12(土) 12:50:02.33 ID:GTrvN5x7
>>331
そのつじつま合わせ云々というのは
僕の感想について言っているのですか?
これは心外です これは非常にデリケートな問題です
あなたは>>312 でいろんな意見があってよいと言っていたのに
僕の感想に興味がないというのですか?
これは心外です これは非常にデリケートな問題です
説明してください
これは今後の我々の評価スタイルを根本から覆えかねない由々しき問題です

334 :名前はいらない:2013/01/12(土) 12:54:43.64 ID:GTrvN5x7
>>332
あん?だから僕は童貞じゃねぇと何回も言ってんだろ?
今度、また僕を童貞だと言ったらお手製のビーフストロガノフご馳走すんぞ!

335 :ゲッパリラ:2013/01/12(土) 13:30:15.49 ID:o/k4dj3I
サナキ虫
何いでるぞか
児の見つむ

336 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/12(土) 14:22:51.87 ID:0s7yNlYg
>>333

まぁまぁ、難しいこと言わないでくれよ

感想も評価も批評もAからEまでの評価記号使わなくちゃならないんだと思うよ

このスレではね


ただ、それだけです

言い訳して、ごめんなさい



ぼが〜ん

337 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/12(土) 14:41:07.73 ID:5y/+bmOj
ぼっがーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

338 :名前はいらない:2013/01/12(土) 15:22:44.41 ID:TuEsFkTM
>>334
んだとコノヤロウ!だから童貞じゃなくて処女なんだろ!?ハイ、飲んで。

339 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/12(土) 15:30:33.31 ID:0s7yNlYg
>>330

読んでもらって感謝しろ

題名が僕好みで、興味をそそられる

日常生活でよくする米を研ぐという表現がとても共感できる

米というのはとても大事にあつかうものであり、まさにその通りである

研ぎ汁は下水管をとおり下水処理場に送られ河に流される


とても事情的であり記憶に残るフレーズだ

言葉の狩人の称号を与えたい

C+

こんなもんでいいかい?




ぼが〜ん

340 :ゲッパリラ:2013/01/12(土) 15:46:18.31 ID:o/k4dj3I
時計針
動く目安に
時刻割り

341 :名前はいらない:2013/01/12(土) 15:52:34.28 ID:GTrvN5x7
>>336

?????

そっか…本当にアレな人だったのか… 失礼しました


>>338

その小指ほどのサイズで一体飲ませて何をしようというのですかっ?

342 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/12(土) 16:20:17.41 ID:0s7yNlYg
>>341

アレな人、コレの人、ソレな人

何でもいいが失礼なことではないから許すよ

三連休で暇だから、かまってくれ

お願いいたします



ぼが〜ん

343 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/12(土) 16:26:56.07 ID:0s7yNlYg
アレな人から一言もの申す

「詩とは、翻訳で失われる何かである」

byフロスト




ぼが〜ん

344 :名前はいらない:2013/01/12(土) 17:14:48.91 ID:TuEsFkTM
>>341
飲ませて顔射だろコノヤロウ!堂々巡りか物覚え悪い

345 :ゲッパリラ:2013/01/12(土) 18:40:14.14 ID:o/k4dj3I
雨降りて
雪解けてしは
冬の風

346 :ゲッパリラ:2013/01/12(土) 18:49:50.78 ID:o/k4dj3I
道の端(はた)
立ち伸ぶ壁に
冷た雨

347 :名前はいらない:2013/01/13(日) 04:21:12.27 ID:X1duh+NR
分からないことばかりだらけの世界に僕は確かに生きているんだなって再確認して少し安心なんかしたりする。
大人でも分からないことなんかいっぱいある中で一般的に見てしまえば大人とは言い難い僕なんだから、尚更安心したり。

結局君は僕の感情とかなんか無視をしてしまうんだよな。
分かっていたことだけども、なんだかそれが少し悲しいことだなぁって思いながら失恋の歌を聞いて、莫迦みたいに感傷に浸ってみたりするんだ。
これは主観的なものなんだから、実際はきっと違うんだろう。
君は僕を想って出した答えだっていうことも本当は分かっているんだけどさ、それを認めたら僕はとてつもなく悲しくなるんだ。
子供だからさ、なんて言い訳でも吐いとこう。

僕を好きだと言ってくれる人がいて、僕を大切だと言ってくれる人がいて、辛いときに会いたいって思う人がいる、そんな僕は幸せなんだろうな。
それでも足りない何かを探すために右、左に視線を動かして探してみるんだけども何を探しているのかも忘れた僕にはどうしようもなく無意味な行為に思えた。

348 :名前はいらない:2013/01/13(日) 15:34:58.40 ID:swupQqQA
「悲しきファービー」

オハヨウといえばおはようと返す
サヨナラといえばさよならと答える

でもわたしも誰もいなければあなたも黙ったまま
おしゃべりできるのはいつも話し相手がいるからなのね
ありがとう、ごめんね
いつもさみしくさせといて
これからもっとあなたに話しかけておシャベリさせてあげるよ
お互いがここでは話し相手
どちらかが口をきかないとどちらも答えてくれない

おはようファービー
こんにちわファービー

349 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/13(日) 18:02:55.17 ID:4r+4kFKT
>>347

読んでもらって感謝しろ

はて?どこをどう読めばいいんだ

題名、タイトルがないからだだの日記にしか読めないよ

ブログにでも書いてたら?

便所の落書きの方がおもしろい

今日は、機嫌がいいので、文句なしの







ぼが〜ん

350 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/13(日) 18:17:22.48 ID:4r+4kFKT
>>348

読んでもらって感謝しろ

題名がいいね

作者の言わんとしてることがわかる

僕も、限定のファービー買った記憶がある

箱から出してないが

孤独感を表すものとしてファービーを出したのは、とても良いと思うよ

独り暮らしなら尚更共感できる作品に仕上がっていると思う

ただ、そういう作品はただあるから読み比べてみると見劣りする

不満だと思うがメルヘンチックに






ぼが〜ん

351 :ちーちゃん:2013/01/13(日) 19:40:46.99 ID:bRooXPW+
我々は耐えなければいけないのだろうか。ぼが〜んに。

352 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/13(日) 20:27:50.84 ID:4r+4kFKT
爪が伸びるのが早いんだ

好調の証だ

とりあえずジョジョの「ダイヤモンドは砕けない」読んでこい

話は、それからだ



ぼが〜ん

353 :名前はいらない:2013/01/13(日) 21:41:49.85 ID:5YXPdQT3
つまんね

354 :名前はいらない:2013/01/14(月) 12:25:35.09 ID:k7gdqW0e
お部屋の掃除して模様替えもしてみた。
洗濯物たたんでタンスの中も綺麗にした。
ついでに
明日の服も決めちゃえばいいかなって
大好きなひらひらのワンピースに決めた。
洗濯機の音が部屋に響く。
それだけが活発で少し面白い。
テレビを点ける気はない、
どうせ面白いものなんかやってないだろ。
これからやることなんていっぱいあって
そんなケジメのために
掃除をしたような気がしてならない。
もしかしたら今が変わり時なのか、
そんな気がしてならないんだ。
気持ちとか感情とかを
どこかに置いたまま捨てずにいた。
持ち続けていれば、
いつか希望になるような気がしたから。
ただ気がしただけなんだけども。
私は私の感情を引っ張ることしか出来ず
正しいのか、間違いなのかも
分からないから宙ぶらりんって揺れる。

いらないものを段ボール箱に入れて
ふたを閉めてしまうのと同じで
埃まみれだった部屋を
掃除機で綺麗にするのと同じで
なんだか私の何かも閉めることが、
なんて思ったりしながら可笑しくて笑う。
ああ、そんなことよりも
なんて思っていたら玄関のドアが開いて
疲れた顔で母が帰ってくるのだから
もうそろそろこの話も終わりだ。

355 :名前はいらない:2013/01/14(月) 12:36:15.36 ID:k7gdqW0e
>>230

今の自分自身の立場を明確にしていて好感がもてました
ぼが〜んというバカは相手にしなくていいです B

>>235

複雑な心理を見事に表現した作品だと思います
これからもその気持を忘れずにいてください B+

>>248

言葉が独創的ですが、人の心にしっかり根付くすばらしい
作品を残していると思います、今後も精進してください B

>>277

人と人が簡単につながれない世界を表現している作品です
こういう内容を大事にしながら今後も詩の創作に
励んでいただきたいと思います C

>>274

非常に哀愁のこもった作品です
できれば登場人物を明確にしたほうがよかったのかなと感じました
瑞々しい世界を味わうことができました C

356 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/14(月) 12:42:13.24 ID:OOgkw2Ab
>>354

読んでもらって感謝しろ

何度も言うが、題名、タイトルは大事だぞ

ないならせめて「無題」くらい書け

これもどこをどう読めばいいんだ

テレビは点けないは、僕も同じだ

日記だろ?この作品も

ブログにでも書いておけ

誰も読まないと思うが

「砂の器」上巻読み終えて気分が少し凹んでいるので

乙女チック爆発させてこい

文句なしの





ぼが〜ん

357 :名前はいらない:2013/01/14(月) 12:47:52.46 ID:k7gdqW0e
>>288

非常に繊細な作品ですね
ただこの事実を一般化したところで賛同を集めるとは思えません
言葉遣いはやわらかくいいものを持っています C

>>301

人格の中に別の人格があるというテーマはわりと
多く使われています
そこにあなたのリアリズムがしっかり表現できていると
いい作品になると思っています C

>>325

文章は洗練されていますが、テーマとなっている対象が
いまいち掴みづらいですよね
もう少し言葉を勉強するといいのではないでしょうか C

>>348

細部をもう少し詳しく書くといいと思います
簡単な内容にしてしまっているために空洞化された感が
あるので、そこを気をつけて D

358 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/14(月) 12:59:39.99 ID:OOgkw2Ab
>>355

馬鹿はないだろ馬鹿は

キラークイーンの第一の爆弾は、触れたものを爆弾にする能力な

これ豆知識な

愛とはカタチがないというけど〜触れなければ寂しいものだよね〜



ぼが〜ん

359 :名前はいらない:2013/01/14(月) 16:09:50.02 ID:h7Z+/knR
「ミョウキドリ」

病気の鳥が渡って往った
あの空を割いて叫べ

俺はミドリ色だ
スーツの裾が流れ藻で濡れている
何処へも行けず
この岩場で死ぬつもりか

北極海からの風がだばだばだ
冷たさはなくただだばだばだ
体温を土壁のように引き剥がしていくだろう
ゆうちょ銀行口座に480万円の貯金を残して

病気の鳥が渡って逝った
あの空にもう裂け目はない

ミドリ色の俺は
いつまでも岩場に立って
ただ色をなくした空を見渡しているつもりか
口端に薄ら笑いを浮かべて

だばだばと
だばだばと過ぎる空気の中で
LEDの点灯を今こそ消せ

360 :名前はいらない:2013/01/14(月) 17:07:17.15 ID:MHe/HJ+t
「無題」













なんだよ? なに見てんだよ?










だからなんだよ? 読んでんじゃねーよ ナス野郎!

361 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/14(月) 20:50:21.27 ID:OOgkw2Ab
>>359

読ませてもらってありがとう

タイトル、題名が分からなくてググッてみた

ヒットは一件この作品だけだった

寝起きに拝読したけど、ぼく好みだ

色で触発されて、擬音も斬新でいい

ずいぶんと書き慣れているように感じる
貴殿の作品をまた読みたくなった

稚拙な感想で悪いが許してください

寝起きで機嫌がいいので

言葉の狩人の称号を与える

上から目線ですいません

文句なしの





ぼが〜ん

362 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/14(月) 20:56:53.81 ID:OOgkw2Ab
読んでもらって感謝しろ

いい気分でいたのに不快な便所の落書き以下だ

見てんじゃねぇ、読んでんじゃねぇ

なら、書き込むな

独断と偏見で





ぼが〜ん

363 :ちーちゃん:2013/01/14(月) 21:03:50.43 ID:ZJc+0WA8
ぼが〜んだけはやめようぜ?みんなムキーッ!ってなってるよ?

364 :名前はいらない:2013/01/14(月) 21:08:42.97 ID:MHe/HJ+t
読ませてやったんだから感謝しろよ!

つか勝手に読んでんじゃねぇよ!

便所の落書き以下の稚拙な感想め!

お前の感想文は

Kだよ

おっわ〜ん

365 :名前はいらない:2013/01/14(月) 22:14:54.47 ID:yGhRzDnz
「漁り歩き」

それは冬に、白い呼吸によって隣人に歌われます。

街角でダンスをするのはバラの花びらです。

静かな外観で、透明な場面です。

二人は小声で歌います。

そして徐々に傾き、言葉は思い出の死に際で散るのです。

平静に、より合わせられた指。

唇と唇は不足の接触を、繰り返し、去ります。

警告は冬を加速させていったのです。

点滅信号へ帰郷するのは信頼への危機だったのです。

広告チラシのような日々は棚に置きました。

それでも口づけのベクトルは予測できないのです。

もしも永遠に変わらない場合、私も貴女もひとりという証です。

白い息は、孤独の意味を、探す旅なのですから。

366 :名前はいらない:2013/01/14(月) 22:22:12.88 ID:tUcJw35e
それから


ソレハカラヲヤブリ
イウノダ

ココハドコダ

367 :名前はいらない:2013/01/14(月) 23:04:17.92 ID:h7Z+/knR
>>361
読んでくださりありがとうございます。
タイトルは単純に「妙気取り」でした。「病気の鳥」と「ミドリ」とかけたつもりもあります。
自分は気障なくらいに気取るかおちゃらけるかしないとろくに詩が書けないのが悩みです。
「キザだ」と言われるかなと思っていたので、気に入ってくださりとても嬉しいです。

368 :名前はいらない:2013/01/14(月) 23:06:05.21 ID:h7Z+/knR
「女」

俺の首筋にべったりと張りつけよ
なめくじを飴玉にしたようなお前
黒長い濡れ髪乱して
俺を深くまで戦慄させてくれ

どうも俺は遠い港まで来すぎちまったようだ
故郷の心地に麻痺している
狼が月の女神を喪い吠えるように
吠えるピストルを撃ちたがっている
だがしかしどうしたことだ
撃鉄は錆びた心臓にくっついてしまった!
滴る涙はあるものの
サイコストーリーから放たれる命令に過ぎない

おお女
お前だけが俺をはしたなくさせる
しかしかつて腹を撫でられて転げまわっていた子犬は
その程度のはしたなさなら素面でこなすようになってしまった
おお女
おお女!
お前に脊髄を引き出されたいのだ!
俺を粉々にして取り出してしゃぶれ
死なない程度が身についてしまった
俺をびちびちにして転がして啜れ

おお女
お前だけになら許せる
醜さの中にクリトリスをひくつかせる女よ
俺を生かせ
赤い唇に黄色い牙で紅を濡る女よ
俺をもう一度生かしてくれ
そして俺は月に噛みついてやるのさ

369 :ちーちゃん:2013/01/14(月) 23:52:23.73 ID:ZJc+0WA8
「眠れぬ夜〜裁縫道具で針を刺しておくヤツの名前が思い出せない〜」

額に針がたくさん刺さっている
ハリセンボンまでいかないが
針十五本程度の男前
じっと動かず我慢する

おやおやあの子ったらまたコンドームの先っぽを破いて
縫っても縫っても直ぐ破く

聞き慣れたぼやきの主はジェニファーおばさん
我慢の針をひとつすっと抜き
手慣れた動きで縫い付ける

継ぎ接ぎだらけの避妊具は
ジョニーの春の入学祝い
六年生まで使ったら
弟ジミーへお下がりだ

ジェニファーおばさん御慈悲があれば
額の針を全部抜いてくれないか
この仕事は嫌いじゃないが
時にはじわじわと俺を苦しめる痛みから
解放されてみたいんだ

俺の話を黙って聴いていたジェニファーおばさんは
優しい笑みで使い終えた針を額に刺し込んだ

このクソババア!ぶら下がり健康器に縛り付けてレイプしてやろうか!
そう叫ぶと同時にうっとりと目を閉じたジェニファーおばさんの唇が迫って来た

まあいい俺は愛の無いセックスなんか好きじゃない
だから俺は世界中すべての風俗嬢を愛している
それからジョニー君
コンドームは毎回新しいのを使わなきゃ駄目だぞ?

370 :ゲッパリラ:2013/01/15(火) 00:02:05.16 ID:KOlZovz7
苦をしてぞ
道をつくれば
世のたのし

371 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/15(火) 00:12:43.57 ID:b+AkKcOR
>>369
針山や、針山。

372 :ゲッパリラ:2013/01/15(火) 00:13:22.02 ID:KOlZovz7
苦をしてぞ
道を作らば
世の楽し

373 :ちーちゃん:2013/01/15(火) 00:26:31.60 ID:G5zoi6u6
>>371
いや、断じてそんな名前ではない。

374 :ゲッパリラ:2013/01/15(火) 00:29:48.41 ID:KOlZovz7
絶望の海に
希望の舟
浮かべ

375 :名前はいらない:2013/01/15(火) 04:31:15.89 ID:zYpeds3Q
人を大事にしよう、

私のそばにいてくれる

家族や友人、大切な人たちを

もっと大事にしたいって思うんです。



私が出来る限りのことで

笑顔にしてあげたいんだ。

この身体で出来ることなんて

本当に少ないことを分かっている。



救うことができるほうが

少ないことだって分かっている。

それでも私ができることは

確かにあるはずだっていうのも事実。



だから偽善者でも良い、

そんなの何とだって言えばいい。

それでも私は大切な人を笑顔にして

苦しみから救ってあげたいって思う。




私を支えてくれた人はいっぱいいる。

ほんとうにありがとう。

376 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/15(火) 04:48:21.74 ID:eSOG/8ks
>>363

ぼが〜んとは、雑談スレでも言ったけど、愛のカタチだ

止めないよ



ぼが〜ん

377 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/15(火) 05:10:10.17 ID:eSOG/8ks
>>364

ぼくは馬鹿だが、それ以下がいたとは

コピペで充分だ

読んでもらって感謝しろ

いい気分でいたのに不快な便所の落書き以下だ

見てんじゃねぇ、読んでんじゃねぇ

なら、書き込むな



ぼが〜ん

378 :ちーちゃん:2013/01/15(火) 10:22:18.21 ID:G5zoi6u6
愛の形か…独りよがりもまた人生じゃろて

379 :名前はいらない:2013/01/15(火) 11:25:39.30 ID:wFuyKMkr
「浸食」

ほら貝殻が今にも割れそう
風化してボロボロ
優しい風ですら触れると崩れてしまう

この砂浜は
そんな形を亡くした存在を受け入れてくれる砂浜
崩れていく思い出を優しく呑み込んでくれる砂浜

それなのにどうして
どうして僕は悲しくなるんだろう
砂浜の一部に変わりゆく貝殻を見て
僕はどうして悲しくなるんだろう

380 :ゲッパリラ:2013/01/15(火) 15:19:59.15 ID:KOlZovz7
祭り日ぞ
踊りおどらにゃ
酒乾く

381 :名前はいらない:2013/01/15(火) 22:01:03.77 ID:abQXBFVC
「回転」

壊れた戸口に張り付けられ、

生活のために回転する、

固定された貧乏人。

巡礼者が好きだった女に見捨てられ、

そして孤独の海に、私の生活は貫かれた。

川上から川下へ水は流れ、

穴の開いた私の生活。

それが人の生活として海に貫通され、

愛は知らずうちに理解されます。

私の知っている愛の中で、もう生活を望みません。

私はすべてを見つけます。

私の生活は回転します。

もう返らないと、あなたに約束します。


 

382 :ゲッパリラ:2013/01/16(水) 00:59:17.61 ID:iPC9g9KQ
クズカゴに
クズを入れんと
気合い入れ

383 :ゲッパリラ:2013/01/16(水) 01:06:37.99 ID:iPC9g9KQ
日月満ち
平らに平らを
重ね行く

384 :ゲッパリラ:2013/01/16(水) 02:22:52.82 ID:iPC9g9KQ
夕月と
朝日のあいだ
人の起く

385 :名前はいらない:2013/01/16(水) 03:04:56.86 ID:QysdWRPE
「狭間」

なんでもない
空を見上げる鼠の思い
全て全ては霧の中

狭間の猫は「ナーナーナー」
猫は鼠を平らげて

全て全ての歯車知った

386 :名前はいらない:2013/01/16(水) 06:27:52.66 ID:G14OxZ7T
「歌詞につっこみ」

「もう終わりだね」「何が?」
「君が小さく見える」「目の錯覚じゃね?」
「僕は思わず君を」「おい、よせよ」
「抱きしめたくなる」「勘弁してくれ」
「僕らは自由だね」「ニートかよ、お前」
「いつかそう話したね」「きいてねえって」
「まるで今日のことなんて」「何いってんだよ」
「思いもしないで」「お前だけだよ、それ」
「さよなら」「なんだよ」
「さよなら」「別れかよ」
「さよなら」「うるせえよ」
「もうすぐ外は白い冬」「みりゃわかんだろ」
「愛したのは確かに君だけ」「うるせえよ」
「そのままの君だけ」「どのままだよ、それ」

387 :777:2013/01/16(水) 06:35:00.12 ID:sMKVyCTf
>247
指示内容が不明な代名詞みたいに
言葉の意味性が空虚。
どうでもいいストーリーの断片だけ並べて何がしたいの?
D-

>255
言葉の使い方は間違っちゃいないがそれだけ。
ちいさくまとまりすぎ日記の域を出ない。
D

>257
別にいいんだけど
技術もアイデアもありふれたものだから
センスは評価しかねる。
誰でも書けそうなところが致命的だ。
あらがってみないか?
D

>259
何故いるのかという問いが不毛だとか
おそらく自嘲だけど作者にとって個人的過ぎて
素直に受け取れない。
バックボーンがないから感傷が空虚、
あるのはワインを傾ける飲んだくれの気取ったポーズだけ。
D+

>268
どうでもいい。
ぜんぜんたいしたことない内容なのに
それらしく改行してみたりしてポエム気分か
恥ずかしいやつめ。
D

388 :777:2013/01/16(水) 06:39:13.57 ID:sMKVyCTf
>>247
指示内容が不明な代名詞みたいに
言葉の意味性が空虚。
どうでもいいストーリーの断片だけ並べて何がしたいの?
D-

>>255
言葉の使い方は間違っちゃいないがそれだけ。
ちいさくまとまりすぎ日記の域を出ない。
D

>>257
別にいいんだけど
技術もアイデアもありふれたものだから
センスは評価しかねる。
誰でも書けそうなところが致命的だ。
あらがってみないか?
D

>>259
何故いるのかという問いが不毛だとか
おそらく自嘲だけど作者にとって個人的過ぎて
素直に受け取れない。
バックボーンがないから感傷が空虚、
あるのはワインを傾ける飲んだくれの気取ったポーズだけ。
D+

>>268
どうでもいい。
ぜんぜんたいしたことない内容なのに
それらしく改行してみたりしてポエム気分か
恥ずかしいやつめ。
D

389 :777:2013/01/16(水) 07:00:28.15 ID:sMKVyCTf
>>270
失敗した翻訳みたいなのは多分芸風なんだろうけど
僕は好きじゃない。文極のほうの作品もそうだけど。
こっちのほうが意味不明なだけましかも。
どっちにしろ、ジグソーパズルをする気はない。
いや、別にパズルでもいいけど美しく計算してやらないと
ただのモザイクだ。
D

>>284
もうやめろよ。ポエムなんかにして
自分を正当化するのは。
どうしてもやりたいなら
チラシの裏にでも書いて捨てちまえよ。
きっとスッキリするから。
D

>>287
それが作者にとっての真実なら
そんなもんで表現したつもりになってるのは
嘘っぱちだと思います。
言葉の使い方がなっちゃいない。
E

390 :777:2013/01/16(水) 07:08:18.90 ID:sMKVyCTf
未評価(>>236

>316 >317 >365 >366 >368
>369 >379 >381 >385 >389

391 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/16(水) 16:19:57.05 ID:IevVhw/O
>>390

評価、見評価まとめお疲れ様です

愛を感じた

文句なしの





ぼが〜ん

392 :名前はいらない:2013/01/16(水) 19:20:02.20 ID:3uMWmQyq
kin

393 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/16(水) 20:09:59.28 ID:1cp2pRZK
お、ボーナス野郎とボガンで大分スッキリしたなwww
もう一息だwwwwwwwがんばれwwwwwwwwwwww

394 :名前はいらない:2013/01/16(水) 21:27:31.10 ID:Qsz31tQD
俺は肉食
肉の塊
例えばスーパー
俺の腹の肉きりとり置いてみる
誰かが買って行く
あたり前体操



評価頼む

395 :ゲッパリラ:2013/01/17(木) 00:00:53.07 ID:JSJLgsTd
神の針
縫いて作るは
人の業(ごう)

396 :名前はいらない:2013/01/17(木) 04:15:08.05 ID:0T8W5xVB
注射してきた。
嫌過ぎて
逃げようと本気でしたけど、
看護師さんに止められたよ(笑
そんなことがあって
看護師さんに手握ってもらいながら
注射を受けましたとさ。
ってかね、注射する前に
血圧測る機械を使ったんだけど
なんか圧迫感のせいか
過呼吸になってしまうっていうね(笑
お医者様に「過呼吸ってどうやって治るんですか?」
って聞いてみたところ。
「自分で頑張るしかないね」ですって(笑
まあ、そうだよね。自分自身がパニックになったときとか
になるものなんだからそれ以外方法はないよな、そりゃあ。
ってことで・・・今日から頑張ってみようかな!
まず、過呼吸を治す。気合いで治す。とりあえず頑張る。

397 :名前はいらない:2013/01/17(木) 08:47:24.47 ID:QNU5cYr1
ててててれてれてんてんてれてーの
試食大好き
試食超好き
試食求めて生きていりゅ
特にイオンを狙ってりゅ
僕の名前は高橋あきりゃ

398 :名前はいらない:2013/01/17(木) 12:09:06.82 ID:piA2VXSa
ポエム評価よろ

ここに来るのは只の惰性
見るレス全てがひたすらだせえ
無様で惨めな独身男性
孤独で不憫で滑稽だぜ

キモヲタ、学生、そして無職
煽って論破し与えるShock
ひたすら叩いて砕くは虚飾
ひたすら煽る俺は肉食

399 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/17(木) 22:41:20.65 ID:WO76eWuK
>>398

読んでもらって感謝しろ

タイトル、題名がないのは、減点だ

ラップか?韻を踏んでるのは、面白い

内容も面白い

だけどタイトル、題名がないの残念だ

今後にしたいして

D+



ぼが〜ん

400 :名前はいらない:2013/01/17(木) 22:45:36.50 ID:r2UKHm54
ポエム評価よろ

ここに来るのは只の惰性
見るレス全てがひたすらだせえ
無様で惨めな独身男性
孤独で不憫で滑稽だぜ

キモヲタ、学生、そして無職
煽って論破し与えるShock
ひたすら叩いて砕くは虚飾
ひたすら煽る俺は肉食

401 :ゲッパリラ:2013/01/18(金) 03:52:39.82 ID:Q9aB1643
明け暮れの
日々に誰(た)がぞの
足の音

402 :ゲッパリラ:2013/01/18(金) 04:09:46.85 ID:Q9aB1643
空の色
逆と逆との
せめぎ合い

403 :名前はいらない:2013/01/18(金) 09:02:17.22 ID:tE9k8cNg
綺麗事だろ、なんて言われれば否定できないような言葉を綴る僕がいる。 
僕自身、時折そんな自分の言葉に苛立って思ってしまうことも
あるんだけれども、どこかできっと僕は綺麗事のような言葉を
欲しがって溜まらないんだと思った。
いや、だってさ、そういうものなんだよ。
結局みんな綺麗なものが欲しいだろうし、好きだと思うんだ。
たまに醜いほどのものを欲しがって、どこかで羨ましがるんだけども。
それは自分自身が幸せで満たされているからなのかなとか思っていたり。
どうなのかな。
ほんとのことなんて誰にも分からないよな。

綺麗なもので溢れているとは言い難い世界の中で
僕らは生きているんだからさ、どんな風に生きたっていいと思うんだ。
どうかな。

ほんとはどれが正しいかなんて誰も分からないんだし。
好きなように生きればいい、それが自分の人生なんだから。

404 :名前はいらない:2013/01/18(金) 11:27:24.93 ID:Q417fA8k
冬に稼いだ 金を使った
財布の中に 残った小銭

ツララのように 浮き出た肋骨
じっくり見ると 酷く醜い

音楽室で首を吊ろう ゴムゴムのスタイル
少年ジャンプ読んだそのあとで 海賊的に笑う

お金のない虚しさは 毛虫に似てる
キャベツの命と引き換えにして
紋白蝶になる 虫っ虫っ虫ぃいいい〜〜〜

405 :名前はいらない:2013/01/18(金) 17:14:16.30 ID:0OH9NDqB
じゃあ頼むよ。

『美しいひとすじのライン』

美しいひとすじのライン
小鹿を撃ち抜いた銃弾の軌跡
鉄の翼が天空に残したひこうき雲
大草原の真ん中を地平線へとはしる道路

そこにあなたがいた。

そしてそこにあなたがいた。
そしてそこにあなたがいた。

406 :ゲッパリラ:2013/01/18(金) 21:04:35.86 ID:Q9aB1643
明るさも
暗さと言えば
かわり無し

407 :リョンリョン:2013/01/18(金) 21:11:10.43 ID:ZZZejhQY
>>403
体言が少なくて用言が多いから全体的にねちねちしていて読む気が起きない。
自分の思いをまだ表現し切れない微妙な年頃の束の間の吐露としか思えない。
というかまだ下書きの段階にしか見えない。だからまた改めて投稿してほしい。
述べていることに関しては個人的に共感しなかった。D

>>404
言葉がばらばら。普通の日記よりもつまらない。E+

>>405
美しいラインという題材とあなたという素材がまるで差し響かない。
小鹿を貫通した弾の軌跡やイメージの湧きにくい鉄の翼のひこうき雲は、
とくに美しいと思わない。実際に見たら感じるものもあるかもしれないけど、
それを単体で文字に起こしたところで詩情は感じとれない。
つまり、最初に言ったことだけどこれらが別の何物かと差し響かない限り、
得てして詩というのは生まれないんじゃないかと思った。D

408 :リョンリョン:2013/01/18(金) 21:15:14.64 ID:ZZZejhQY
>>403
こういうとこ細かいんだ。
D  ×
D− ○

409 :ゲッパリラ:2013/01/18(金) 21:31:32.49 ID:Q9aB1643
水色で
水に色付け
水の色

410 :ゲッパリラ:2013/01/18(金) 22:52:36.03 ID:Q9aB1643
我がままに
誰がのままぞと
人一人

411 :ゲッパリラ:2013/01/19(土) 00:29:51.42 ID:AE7CU65F
人たるは
人たる意味を
探す道

412 :名前はいらない:2013/01/19(土) 08:18:11.64 ID:GkfDfM1I
自分の心が分からなくなってきている。

頭の中がパンクしてしまいそうで
頭の中が可笑しくなってしまいそうで
元気なんだけども
別段私は私なんだけども
少しずつ足元が崩れているのを感じる。

413 :名前はいらない:2013/01/19(土) 10:31:17.66 ID:st7Rc0ib
>>412
知るかアホ。
お前死ぬほどつまんないから
もうしゃべんないほうがいいよ。
E

414 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/19(土) 11:48:29.57 ID:dCWE6/P+
ゲリッパラ
下痢の腹して
ゲリ垂れる

415 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/19(土) 11:50:37.13 ID:dCWE6/P+
>>409
>>410
>>411
もう創作文芸板でしたほうがええんとちゃいまっか?
オールE

416 :名前はいらない:2013/01/19(土) 12:06:08.66 ID:GRI74swE
>>411
連投がみんなの迷惑になるようなスレッドで連投してる時点であなた人間失格だよ

417 :ちーちゃん:2013/01/19(土) 12:08:17.02 ID:s6/fdL/k
>>414
漢字とカタカナの使いわけが情緒的。下痢の腹してゲリ垂れるとかスピード感がある。
推敲を繰り返すうちに間違い直しに留まらず書いた時の感情まで殺してしまう様な人は参考にすべき。

しかし作品自体の出来はと言うと賛否分かれるだろうね。
ちなみにわたしのこの川柳への感想は迷うこと無く否。
(下痢が夏の季語であり、正しくは俳句であった場合はわたしの勉強不足です。謝罪します)
創作文芸板でしたほうがええんとちゃいまっか?E

418 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/19(土) 16:19:36.90 ID:dCWE6/P+
>>417
わかったちょっと創作文芸板覗いてくる。



ぼが〜んwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

419 :名前はいらない:2013/01/19(土) 16:32:30.22 ID:GRI74swE
今度「ぼが〜ん」って言った奴このスレ出入り禁止な

420 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/19(土) 17:15:39.07 ID:dCWE6/P+
OK。ついでに次スレ立てる時は>>1に盛り込もう。
セン5の歴史がまた1ページ





ほか〜んwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

421 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/19(土) 17:42:23.29 ID:clhZeclB
草大杉ワロタ

使ってる専ブラ調子悪く

新しい専ブラの設定でもするか
隣の焼き鳥屋で呑みながら



おーいぇ

422 :ゲッパリラ:2013/01/19(土) 19:19:10.96 ID:AE7CU65F
つうか連投禁止の意味が分からんわ
思いつくんだから仕方ないじゃんよ

423 :ゲッパリラ:2013/01/19(土) 19:21:32.18 ID:AE7CU65F
下らない日記みたいな詩(笑)を単発で出されるよりも俺のように意味のある川柳を連投するほうがありがたいとは思わんかね

424 :ゲッパリラ:2013/01/19(土) 19:22:19.79 ID:AE7CU65F
ヒーターを
消して部屋にぞ
名残熱

425 :ちーちゃん:2013/01/19(土) 19:25:46.29 ID:s6/fdL/k
いきなり喋りだすんじゃないよ

426 :ゲッパリラ:2013/01/19(土) 19:26:07.94 ID:AE7CU65F
髪留めに
髪の絡まり
女色

427 :名前はいらない:2013/01/19(土) 20:05:42.50 ID:GRI74swE
>>422-423
突然喋り出して俺もびっくりしているw
思いつくもんはしょうがないけどなんでこのスレに投下するんだよ
このスレ見て触発されたんだとしても専用スレ立ててそっちですればいいじゃない
ムラムラするもんはしょうがないからとか言って駅のホームでオナニーし出すタイプじゃないんだろ?
オナニーはちゃんと家とかでする人なんだろ?
ここで連投したらE評価確定なんだし意味ないよ
自信作ができたらさらに厳選して投稿してくれよ
そのほうが俺も楽しみだよ

428 :名前はいらない:2013/01/19(土) 20:08:18.10 ID:GkfDfM1I
繋いだ手と手は離さない
約束は守られるためにあるのに
気がつけば破られるためにある

はじめから破るはずではない約束は
しなければいいというのなら
僕は全ての約束をできない

私たちに精一杯に誓った嘘は
約束ですか
あなたは駆け足で逃げました
それははじめから決まっていたのですか

僕はその場から逃げ
事実から逃げ 自分から逃げた
いつまでも追いかけてくる
全てから逃げた

あの約束は果たされなかっただけ

事実を認めたくないから
僕はきっとそういい続けるのかもしれない
守りきれない自分を守るために

429 :名前はいらない:2013/01/19(土) 20:29:44.07 ID:HwwEHYo4
「雫」

闇を貫き
 
放たれた光で

眼は潰された

静寂を開き

響いた音色で

鼓膜は破られた

虚空を押し退け

現れた両手で

口は塞がれた

光を失い

音色を失い

言葉を失い

朽ち果て

無に還り

また

芽吹く


削除

430 :名前はいらない:2013/01/19(土) 20:41:20.67 ID:92j/NHhH
最近、お汁が 少ない
食い逃げの どさくさに紛れて

俺は汁だくが 食いたい
汁がないと 味気ねぇ

東の町に 食いに行く
西の町にも 食いに行く

汁無し牛丼 食いたかねぇ
お汁を多目にして欲しい

どこの店でも 同じ量なのか?

431 :名前はいらない:2013/01/19(土) 20:54:17.31 ID:GRI74swE
>>421
簡単にぼが〜んやめてんじゃねーよw

432 :リョンリョン:2013/01/20(日) 04:16:59.97 ID:76oYjT8V
>>428
世界設定が弱いから詩として感じとれるものがない。いいこと言ってるだけに勿体ない。
例えば初めに書いてある「繋いだ手と手は離さない」の繋いだ手を作品の軸にして様々
に展開させていくとか、もっと読者に鮮明に伝えられるように工夫できると思った。D

>>429
改行は間違えると読み難くなるだけだから気をつけた方がいい。
よく詩に使用される伝統的な単語と表現なんだけど使いこなせていないだけに伝わるものがない。
人は花束と手紙を渡されることで反射的に愛を感じたり、味方から視線とパスを貰うことで信頼を
感じたりするけど、この作品ではただ石ころだけを渡されたような感覚で?しか浮かばない。
あと最後の削除はいらないと思う。D

>>430
自分で作れば? E

433 :名前はいらない:2013/01/20(日) 08:12:50.66 ID:wlX6B/F2
灯りが 消えた時
何が見えたというのだろう

僕の悪い血
僕の紫色の横顔
最後の音!をあげそう
足りないジクソーパズル
満ちてくる夜の波
錆びた釘の
ボロと屑鉄
色褪せて
息も絶え絶えに
敷き詰められた舌
味はしない
敷き詰められた足跡
だけの部屋
わすれられて
音もなく
遠ざかる
靴音

434 :名前はいらない:2013/01/20(日) 10:54:50.17 ID:l5MaU7RV
「消滅マーチ」

消滅するのがやっと
消滅マーチは ぶらん♪ぶらん♪ぶらん♪

反対なんだよ 増税
2ちゃんで良いこと 書く人は
本当は悪い奴

途切れ途切れ 生き抜いたけれど
途切れ途切れ 苦しんだけれど

もう〜無し無し
ロープ1本でもう 無し無し

消滅マーチ♪
消滅マーチ♪

435 :名前はいらない:2013/01/20(日) 17:01:09.84 ID:/gsCMkgI
「四」

大きく踊り弾ける
そこに悪意はなく
今にしか感じぬもの
三つ目の背にある

ぶれる地、震える視界
形無きものが動かす
壊し生み出すもの
そして次へ繋がる

暗く移し得ること
これは「愛」とは違い
淵に沈みゆくもの
深くに滲む三つ目

口ずさむ其のメロディ
花達は咲き広がる
優しく包み込むもの
一つ目と折り重なる

436 :名前はいらない:2013/01/20(日) 17:22:42.86 ID:E94R0o8u
はるか昔から
それは落ちるもので
太陽に身を焼きながら
いつか消えるらしいけれど

奪われたのでも
燃えたのでもない
そう、確かに誇れるよ

わたしはわたしのまま
夢から覚めるように
夕日に心臓を預けるように
きみのことを思ったんだ

それを悔やむ日も
悲しむ日も
懐かしがる日だって
来ることはない

それはわたしが果てるまで
左胸の空洞の代わり
穏やかに、ただ密やかに
息をし続けるだろうから

最期の最後まで
わたしは笑って
それを恋と呼び続けよう

437 :名前はいらない:2013/01/21(月) 02:34:11.38 ID:BhCkfm9A
>>436
これは良い詩ですね
読んで気持ちよくなりました

438 :名前はいらない:2013/01/21(月) 08:58:24.27 ID:DlRow7ky
僕の足元 落ちた枯れ葉
遠く見ると ざわつく幻想の猫
少し強い風に 揺らいでる

こころ不安定 笑ってるみたい
そよぐ風 聴いてる歌かき消す
風の声のせい 嫌いな季節

積み上げた 枯れたこころの束
燃やしたい 次の季節までに
冷たい季節にはもう 灰になってて

感じないように

積み上げた 枯れたこころの束
火がついて ふわり燃えてくよ
全部無くしたいから 散り散り消えて

枯れ葉で 作られた猫は
膨らんだ 苛立ちで笑ってる
燃やしてほしいの 手伝ってあげるよ

思い出さないように

積み上げた 枯れたこころの束
いつかねえ 緑が芽生えたら
その時はそっと手で 大事に包む

穏やかに

きれいな光 差したこころには
過去の記憶 どこかへさよなら
緑色のこころの束 積んでくよ

積んでくよ

439 :名前はいらない:2013/01/21(月) 12:26:42.10 ID:WZ1/7ARr
雨に煙るイオン
乞食や灯油難民をかきわけ
向かうのは惣菜試食
僕の名前は高橋あきりゃ

440 :名前はいらない:2013/01/21(月) 15:36:19.83 ID:a/hyAnqn
リョンリョン厳しい評価ありがとう。だいぶ重いけど、これはどう?

『悔い』

おまえの中に注ぎ込みたいっていう性的衝動
子供なんざ知らない
計画的にピルを服用し、本能のままに任せるかもね。
生あるものの底力をなめていたのかもね。
子供ができるかもね。
其の子を堕ろしたかもね。
全ての生と死に目が向くようになって……
歯に巣食う蟲の命とかまでも?

でも歯医者には行くのさ。

この世で名を馳せたいっていう社会的欲望
行動力は伴わない
無益に時を浪費し、感傷の世界に浸るだけ。
命のこと軽んじ過ぎちゃいなかったか?
与えられた生を恨んだり。
本当に生命を捨てる決断
迫られ、堕とさねばならなくなって……
一生の後悔を背負い込む

だから敗者になるのさ。

でも、
歯医者に行くのはいいんだ。
何故なら そこに 答えを 見出せたから。

歯医者

廃車





野。

441 :リョンリョン:2013/01/21(月) 19:52:26.15 ID:s87gkZps
>>440
おう。
言いたいことは分かるけど全てにおいて稚拙だから重さを読んでて感じない。
特に一連目の初めや二連目は、エスプリがきいてなさすぎて読む気すら失せる。
性的衝動や社会的欲望と書いてあるけど詩作上使い方がなっていないと思う。
使うタイミングに関してはあれだけど使ったらいけないタイミングぐらいは心得ておきたい。
言いたいことは分かるんだけど最後の着地点は微妙だと思う。というか駄目だと思う。
詩を読ませることに関して何か勘違いをしているかもしくはまだ書きなれていないか。D

442 :名前はいらない:2013/01/22(火) 04:07:06.73 ID:7/lgNFlF
>>439 天才的と思っています

http://p2.ms/65xyg

443 :ちーちゃん:2013/01/22(火) 11:42:17.46 ID:TPw4TPAh
>>442
ムキーッ!またやられた!

444 :名前はいらない:2013/01/22(火) 13:12:09.43 ID:sIgiHpX9
「かげおに」

派手に縁取られた稜線がいやに艶かしいお前は女で、お前は海だ。
ささくれた海馬を撒き散らして喚くのがお前の仕事で、盲いた後はぼうっと空を眺めて眠ればいい。
夢の中で孕んだ子供はお前が殺して飲み込んだ漁師だ。
とっとと浜に放り出して、お前は又艶かしいだけの生き物になる。
お前は海だ。そうしてお前は山の前で黙り込む。

始終衣替えして体裁を繕う歪なお前は女で、お前は山だ。
訓戒を破綻させないように日がな一日騒ぐのがお前の仕事で、眠ることは無いが、大抵正気じゃない。それを理解もしていない。
漁師がやりまくるのを薄ら笑いで見過ごすせいで、麓は引き取り手の無い乞食だらけ。
奴らのすべてを咎めないのは、忙しい和裁の為だと本気で思っている。
お前は山だ。そうしてお前は海の前で黙り込む。

浜で生まれ、麓で暮らす俺は男で、死んだ漁師で、うろつく乞食だ。
常時汚泥まみれのびしょ濡れでいることが俺の仕事で、そいつは実に見事で惨めなざまだ。
セロファンみたいな矜持を四六時中被って過ごし、どうしようもなく落ち込んだ視力を唯一の自慢の種だと信じている。
俺は皮で、肉で、血で、骨だ。そうして俺はお前を見ずに影を見て、暗さに怯えて黙り込む。

445 :名前はいらない:2013/01/22(火) 14:31:16.25 ID:mji2busJ
「夢」

見た夢は覚えていない方がいい

見た夢は忘れてしまった方がいい

どうせ覚めてしまうのなら

長い余韻など浸る必要もない

そのほうが覚めてしまった時の虚しさを感じずに済む…

も一度好きなヒトに会えないのなら

忘れてしまった方がずっといい

楽しいことやウレしかった記憶など

最初から何も覚えていない方がずっとマシ

446 :名前はいらない:2013/01/22(火) 14:43:57.74 ID:sgaHB3VQ
>>リョンリョン
うおっ 厳しいな。でもありがとう。出直すよ。

447 :リョンリョン:2013/01/22(火) 20:46:11.59 ID:YXK9Xme5
>>444
一読した印象は、こけおどし。語彙が豊富で言いまわしも大層に見えるけど底に流れる詩情はそれほど感じない。
俗にいう、体裁の整った字面だけの詩。ともすれば小説的。一定の長さと大した物語がなければ売りにならない。
ここぞというときに詩の高度が下がる個所がある。「お前は女で、」の件では、詩を形成するというよりも「女性」
であるということを手っ取り早く示したいが為だけに書いた、間に合わせの安いトリックのような違和を感じた。
その他にも、「それを理解もしていない、」、「やりまくるのを薄ら笑いで見過ごすせいで、」、「大抵正気じゃない。」、
「本気で思っている。」等にも、迂闊というか脇が甘いのを感じる。最後の行の、「俺は皮で、肉で、血で、骨だ。」
は質素なのに深みがあって良い。ただ、そのあとの「暗さに怯えて黙り込む。 」はないと思う。C

448 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/23(水) 02:12:04.34 ID:gqpm6YU+
>>422
佐藤君うるさいぞ

449 :名前はいらない:2013/01/23(水) 09:25:25.74 ID:VOX0h9ep
雨の雫がやがて川になり
海になるというのなら
あなたの涙は何になるのでしょう

描いた夢は散り散りになり
砕け散り全てが消え去った

それは誰が決めたことですか

私の持つ花束ははじめはゼロでした
持ちきれない花束は
今はもう数え切れません

それは誰が決めたことでもありません

砕け散ったと決めたのは
本当は自分ですか
何も上手く行かないと決めたのは
あなた自身ですか
これからもずっとそうだとあきらめたのは
他の誰かですか


私はあなたに幸せだと思える
あなた自身の花束をもってほしいのです


大きさなんか関係のない
心が凪のようになる花束を

450 :ゲッパリラ:2013/01/23(水) 17:13:31.67 ID:jQ0zxoRd
祈り戸に
這う虫寄りて
祝いけり

451 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/23(水) 17:17:37.76 ID:PF+Ga7FI
リョンリョン氏の評価に、愛を感じた

これは、文句なしの





ぼが〜ん

452 :ゲッパリラ:2013/01/23(水) 18:16:14.86 ID:jQ0zxoRd
目を閉じて
眠りに
落ちる夢を見る

453 :ちーちゃん:2013/01/23(水) 18:37:52.34 ID:wio9kj8r
>>452
ゲッパリラさん上手くなってきてますね。ほめられると慢心或いは意識し過ぎて変なのを書いてしまうタイプだと思うのでBをあげます。

454 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/23(水) 21:32:42.08 ID:PF+Ga7FI
ちーちゃん優しいな

思いやりを感じた

文句なしの





ぼが〜ん

455 :ちーちゃん:2013/01/23(水) 22:51:46.93 ID:wio9kj8r
>>454
おまえはアレか?過疎スレ仕分けの請負人か?捗るのか?

456 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/23(水) 23:21:41.80 ID:PF+Ga7FI
>>455

書き込みが不快だったらごめんなさい

去れと言われたら詩板には来ないようにするよ

2ちゃんは広いからね



ぼが〜ん

457 :ちーちゃん:2013/01/23(水) 23:25:59.68 ID:wio9kj8r
ぼが〜んはデリケートか

458 :ケロリン:2013/01/23(水) 23:39:48.66 ID:PPYQa0vN
悲しいことがあったけど笑顔でいなきゃいけなかった
泣き笑いのうたです。評価のほどよろしくお願いします。


  「ケロリン」


 ケロロケロロン笑ってる
 泣きっ面に蜂の日も
 まともに人生生きてれば
 嫌になることはザラにある
 それでもお日様は輝いて
 恵みの雨は降ってくる
 ケロロケロロン笑ってる
 弱り目に祟り目だとしても


 ケロロケロロン笑ってる
 人生はベースボールだろう
 コールドゲームの日もあれば
 さよならゲームの日もあるさ
 スクイズ失敗してもいい
 この人生を敬遠だ
 ケロロケロロン笑ってる
 ベースボールは人生だろう


 ケロロケロロン笑ってる
 今日も一日何も無く
 恋人たちが行き過ぎる
 僕の心は頑なさ
 勉強以外の楽しみは 
 音楽と食べることだけかも
ケロロケロロン笑ってる
 明日は明日の風が吹く

 
 ケロロケロロン笑ってる
 人の幸せ祈りたい
介護の仕事も本当に
 頑張ってみようと思うんだ
父さん母さんこの僕を
 もうちょっとだけ応援して
 ケロロケロロン笑ってる
 僕の幸せはきっと来る

459 :名前はいらない:2013/01/24(木) 09:56:01.28 ID:XsG5Zqnf
「のんだくれ侍の足音のテーマ」

酔って候
バッサリうしろから斬ってくれい

BGM「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」

酔って候
明日の身に応える寒さ、寒椿

BGM「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」

旅路の支度じゃ
宵はせぬが宵越しの銭はもたねえ主義よ

さあ、どうか斬ってくれい

460 :名前はいらない:2013/01/24(木) 10:49:48.30 ID:5Q0Mctuz
>>447 評価ありがとうございました。もしよろしければ解釈も聞かせて頂けないでしょうか。

あと他の方の意見もお聞きしたいんで、

>>444 の再評価をお願い致します。

461 :ゲッパリラ:2013/01/25(金) 01:45:17.72 ID:rYN3GJqg
ヒトの目に
雲の孤独の
映らざる

462 :名前はいらない:2013/01/25(金) 04:27:56.50 ID:ZB4r7YeW
鬼殺し 囲う村娘
俺は 食うしか能がねえ
鬼殺し 囲う村娘
俺は 食うしか能がねえ

浮世ははかねえ 溺れちまった村の噂の海で
ばっちゃもじっちゃも
狂気染みた微笑のまま作る菓子を
ぐうたらな彼に 山ほど持たせた

猿、犬、雉は語らん
「正直者、馬鹿を見る」
英雄 言い聞かせる日々
俺は昨日と何にも変わっちゃねえ
俺は昨日と何にも変わっちゃねえ

鬼殺し 囲う村娘
俺は 食うしか能がねえ
鬼殺し 囲う村娘
俺は 食うしか能がねえ

浮世ははかねえ 溺れちまった本当の孤独感の中で
にいちゃんもねえちゃんも
狂気染みた微笑みのまま語る虚像へ
ぐうたらな彼は もうそこにはいなかった

猿、犬、雉は語らん
「正直者、馬鹿を見る」
英雄 言い聞かせる日々
俺は昨日と何にも変わっちゃねえ
俺は昨日と何にも変わっちゃねえ

463 :ゲッパリラ:2013/01/25(金) 05:13:56.51 ID:rYN3GJqg
西洋帽
かぶり歩いて
すまし顔

464 :名前はいらない:2013/01/25(金) 09:17:52.54 ID:UVeMIJ+3
>>459

何か詩というよりも脚本みたいで面白いw
ムッシュの音楽が入っているところになぜか侍が出てきて
しゃべるというのは映像に残したい気持ちがするw
バッサリ斬ってくれというのもいいね

Cだな、Bでも別にいいけど

>>462

ちょっとくどいな、言葉を重ねているところが
英雄に対するアンチテーゼなのかな?
聴いていて嫌な気分はしないけど
昨日と変わっていないというアピールが空回りしているなと思う

Dくらいでどう?

465 :名前はいらない:2013/01/25(金) 18:37:57.14 ID:jo8Y5SB0
「夢」

噛んで噛んで噛んで
もっと噛んで
刺激的な咀嚼効果に
二階堂はは溶かされて
逝く
もっと時間をタップリと
更に美味しくなって
絶妙なゲッパリラの口使いに
乾燥した肌は潤い解れて

あぁ、もう
どうにでもしてください

絡み付く蛇は
狙いを定め
牙には今にも零れそうな
夢が光っている

466 :名前はいらない:2013/01/25(金) 20:20:39.14 ID:mTIFjK45
「マーメイド」


ガラス張りの世界で君は歌う
水を大きく吸い込み むせびながら飛ばすその声は
鈍い液体を 泳ぎ けれど 透明な壁に弾かれ 吸い込まれ 泡となって 消える

船乗り達が震えた 嵐を呼ぶ不吉な歌
その声は誰にも届かない

でも 彼らは君を笑うのだ
満面の笑みで見つめ合って 君を笑うのだ
決して届かないガラスの向こう側で 阿呆みたいに不器用に 歌い続ける君の姿を

俺はガラスを叩く 水の中でしか生きられない君に向かって
知ったこっちゃ無い 思いっきり叩き続ける
叩き続ける

ガラス片 拳から血 水の抜け道
液体の奔流 悲鳴と怒号 耳元で息を呑む音 それらに混じってフルートのような音色が響き始めた

467 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/25(金) 21:42:51.38 ID:FPOgDrTF
佐藤君
ご飯じゃないよ
ゲッパリラ

468 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/25(金) 21:44:35.65 ID:FPOgDrTF
ゲッパリラ
サ○ウのご飯で
ゲリッパラ

469 :ちーちゃん:2013/01/25(金) 21:46:31.95 ID:U9qfsz7i
>>468
損害賠償を求められるかもね

470 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/25(金) 21:57:57.55 ID:FPOgDrTF
>>469
んで評価は?

471 :ちーちゃん:2013/01/25(金) 22:03:42.48 ID:U9qfsz7i
>>470
連投E

472 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/25(金) 22:09:12.86 ID:FPOgDrTF
ゲッパリラ
ゲリッパラして
ゲリラッパ

473 :ゲッパリラ:2013/01/25(金) 22:12:33.55 ID:rYN3GJqg
民の王を知らず
また王の民を憚らず
これ国の常なり

474 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/25(金) 22:14:37.22 ID:FPOgDrTF
下痢の王を知らず
また王の下痢を憚らず
これ尻の常なり

475 :ちーちゃん:2013/01/25(金) 22:32:42.99 ID:U9qfsz7i
>>474
二分四秒か。まだ短縮できるな。

476 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/25(金) 22:35:33.55 ID:FPOgDrTF
>>475
んで評価は?

477 :ちーちゃん:2013/01/25(金) 22:36:43.76 ID:U9qfsz7i
>>476
連投E

478 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/25(金) 22:39:08.88 ID:FPOgDrTF
('A`)

479 :ゲッパリラ:2013/01/25(金) 22:54:33.86 ID:rYN3GJqg
我成也獣以是想殺思

480 :ゲッパリラ:2013/01/25(金) 23:15:52.49 ID:rYN3GJqg
非生也以是非知退

481 :名前はいらない:2013/01/25(金) 23:15:53.48 ID:U12mrHjp
「愛しい」

彼が来るから私は綺麗な服を着て綺麗な化粧をして綺麗な装飾品をつけて

美味しいご飯を作って待つの

男が来たら

美味しいご飯を平らげて

綺麗な装飾品を外して綺麗な化粧をとって綺麗な服を脱がせて

セックスするの

それから男が殴るの
私の顔が血に染まり
男の手の皮が剥けて男の息が上がったころ

男は帰るの奥さんの所にいくのね

でも今日はクリスマスだから一緒にお祝いしたいの

だからいてここに居て
メシアの復活の日まで

綺麗な服を着て綺麗な化粧をして綺麗な装飾品をつけて

美味しいご飯を用意して

待つの、彼を待つの

482 :ゲッパリラ:2013/01/26(土) 00:20:23.33 ID:oNNZfELz
士不知士在故 亦商不知商在故

483 :ゲッパリラ:2013/01/26(土) 00:29:36.27 ID:oNNZfELz
人是来右帰右 左又

484 :雑草 ◆je5cNlouiI :2013/01/26(土) 00:35:20.45 ID:+8N10S88
>>481
立ち上がりからして、なめらかな文。綺麗に装うということの、目的について、
承認されるためではなく、男を惹きつけるためであるという面をつよく
表している。クリスマスのお祝いという、特別な行事についても、男
なしでは祝うこともなく、ただ待つ身である。哀切な関係について、
非常にぶれない表現で、心と状況のありようを示していて、非常に
心惹かれる詩である。C+

485 :ちーちゃん:2013/01/26(土) 07:46:23.52 ID:1dhDxALx
>>483
今日は爽やかな朝。いつものようにセン五を覗いてみるとゲッパリラと言う人がまた連投してた。漢文がこれからのブームみたい。
ここはあの人の日記帳じゃないのに。そうそう、ゲッパリラと言えば秘宝伝と言うパチスロで昨日も負けちゃった。もうギャンブルやめようかにゃあ。
ドラッグはタバコだけにしたように、ギャンブルも宝くじだけにしようかにゃあ。それで全財産ブッ込むの。E

486 :名前はいらない:2013/01/26(土) 08:07:48.71 ID:8I3i+88B
「ドラクエVの謎について」

「ねえ、レトロファミコンのドラクエVってさ」
「うん」
「冒頭のオープニングないじゃない」
「なかったっけ」
「いきなり冒険の書から始まるんだけど、なぜかわかる?」
「わかんないねえ、スタッフが手抜きしたとか?」
「ところが違うんだよな、これが」
「それならなんで?」
「ヒントはサブタイトル、そして伝説へ」
「ふーん。確か最後の敵を倒したあと、T→Uに続くんだよね」
「だから、そこがヒント」
「音楽をあえて鳴らさなかったんだろ?」
「そうそう」
「でも、ラストでは流れるんだよね」
「世界を救った瞬間にね」
「ふーん。そこがヒントだろうね」
「シナリオつくった堀井雄二が考えたのかもしれないね」
「あ! わかった!」
「どれ教えてごらん」
「(耳打ちしているため、読者は想像してください)」
「正解! 大正解!!」
「マジで? これセン5のポエムにのせるよ」
「いいよ、ただしネタバレしないでね」
「マジかよ、すげーなおい」

ということで質問です。
Q.ドラクエV(レトロファミコン版)で冒頭のオープニングが
省略されているのは何故でしょう?

487 :ブサメン:2013/01/26(土) 10:47:22.41 ID:da+A64Cx
>>316 C Dより。
出だし素敵だと思う。でも締めに向けて失速していっているように感じられる。
盛り上がりに欠けるというか、着地が丁寧すぎるというか。
もう少しいろいろ含ませてもよかったんじゃないだろうか。

>>317 D
不安定な様子を綴った詩自体が不安定というのはどうなんだろう。
こそあどが多すぎてもやもやするし、既存の表現が多くて目を引かない。
全体的に優しげで分かりやすいのは好印象。オリジナルな言い回しを指し色にするといいんじゃないかな。

>>365 C Dより。
>>381 C Dより。
翻訳詩みたいな雰囲気。表現は綺麗なんだけど、接続が歪な気がする。
なめらかさがないというか、喉越しが悪く感じる。
複雑で硬質で、柔らかさがない。好き嫌いでいうと好きです。

>>366 E
これだけじゃちょっと読めない。それからってどれからか、ソレってどれかが想像できない。

488 :ブサメン:2013/01/26(土) 10:50:00.07 ID:da+A64Cx
>>368 D
三連だけでいいと思う。

>>369 C
針山、針刺し、ピンクッション、くらいしか思い当たらない。
針が刺激だったら微小繊維が糸かしらとか考えてると面白い。
複読するほど味がでるけどさらっと読んでも楽しめるのは素敵だと思います。

>>379 D
どうしての部分にあてはまる言葉が詩なんじゃないかなって思う。
砂浜に貝殻のアイテムは詩的で、情景としても綺麗。
もう少し言葉を足すと共感しやすくなるんじゃないかな。

>>396 E
パニくった時になるのって過呼吸じゃなくて過換気なんちゃら(覚えてない)じゃなかった?
パニック障害の治療の方が先じゃないか?
ちゃんと専門のお医者さんに見て貰った方がいいと思うよ。

>>436 D
実際の恋というよりイメージの恋愛のように感じた。
よくいう恋に恋したみたいな。全ての表現が漠然としていて情動を誘うとこまではいかない。
夕日に心臓を預けるって表現はいいなぁと思った。

>>438 D
接続語がだいぶ省かれてて、詩と言うより歌詞っぽい。
光景が分かりやすくて安定しているけど、上記の理由で詩としては繊細さに欠けるように思う。

>>434 D
消滅するのがやっとって表現カッコいい。マーチだけど勢いないし語呂良くない。
淡々としたメトロノームってカンジ。
世事に関する部分が一行だけってのが残念。もっと不平不満をぶっこんだ方が勢いつくと思う。

489 :ブサメン:2013/01/26(土) 10:51:00.71 ID:da+A64Cx
U。・x・)ノ チワン!
抜けやミスに気付いた方は修正お願いします!

未評価まとめ(>>390

>385 >394 >435 >445 >449
>458 >465 >466


再評価希望
>444

490 :名前はいらない:2013/01/26(土) 11:11:16.66 ID:+mc/j5ay
「毒も緩やかに摂取すれば」

身体に溜まって往かない
無味で無毒な栄養素が
俺をぺらぺらの紙にして世間に晒す
その
痛々しさを感じない
世にも正しき無菌豚の群れ
どこまで白く塗り潰す気だ肺を
胃を 腸を      睾丸のなかの俺自身を



あぁ懐かしき
過味で毒々しいたべものたちよ
ムラサ気のケムリで俺を愛せ
あぁ俺も愛してやる
へつらい笑いのその裏にある殺気を
溜まって逝く
溜まって逝く 毒醤油 毒脂 ショベル一杯ぶんの
毒砂糖!


毎日スプーン一杯ぶんの毒を摂取する
毎日 毎日 悪魔とキスをする
かじりつくミクロの牙たちを可愛がる
毒も緩やかに摂取すれば生き損なうことはないと
信じながら致死量のダイオキシンを人生の地中に秘める

それが朝刊の一面で騒ぎ立てたものだから


見ろよ 俺を 白い

491 :名前はいらない:2013/01/26(土) 12:21:58.42 ID:uk6pVavZ
「朝の錦糸町」

「結婚しよう」と言ったら
「働いてる人じゃなきゃいや」と言われて
まぁ、当たり前だなと思ったけど
やらせてはくれてたあの娘

492 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/26(土) 12:45:09.42 ID:92oluXA7
>>489

ブサメンさん、評価、未評価まとめお疲れ様です

愛を感じた

もちろん文句なしの





ぼが〜ん

493 :名前はいらない:2013/01/26(土) 14:15:36.06 ID:HmQzGoTD
『炎とスプーンと約束』


錆びたスプーンにひとすくいのタマシイ。
それにマッチで火をつけて、僕らはなんとか暖をとる。
淡い炎が照らす範囲に名前をつけて、そこだけは守ると4つのてのひらに約束した。
冷たいスプーンが身体を刺すたびに、流れる涙を必死で堪えた。
涙であの炎を消してしまわないように。
絶対に、消してしまわないように。

だけど。
僕の約束を知らない、繰り返しのスプーンは無遠慮にすくいとる。
まいにち。毎日。まいにち。毎日。

そうして、いつしか。
一際優しいその日の炎。
新しいてのひらをそっと暖めた。

もう残り少ないタマシイが、
未だになんとか暖められるたった六つのてのひら。
僕はそれに名前をつけて、
今再びの約束を。

494 :ゲッパリラ:2013/01/26(土) 16:11:06.26 ID:oNNZfELz
続いてく
田んぼの畔と
暮れる日々

495 :ゲッパリラ ◆3H/4wGejElAB :2013/01/26(土) 17:04:43.26 ID:Dqtjtq4v
昼起きて
2chを眺めて
深夜寝る

496 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/26(土) 17:09:28.66 ID:Dqtjtq4v
てか詩板の看板スレがセン5と文極だけというのが終わってるwwww
創作文芸なら文学賞系、評価系、作家系、雑談系と色々揃ってるのに・・・

497 :ゲッパリラ:2013/01/26(土) 17:33:10.27 ID:oNNZfELz
正しさの
裏に小さな
わだかまり

498 :名前はいらない:2013/01/26(土) 17:48:07.01 ID:FfqcuJsg
二階堂スレ立ててくれればみんな参加するんじゃない?

499 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/26(土) 17:58:25.62 ID:Dqtjtq4v
>>498
二階堂収容所は2レスで落ちたわwwwwwwwww

500 :ゲッパリラ:2013/01/26(土) 22:06:20.75 ID:oNNZfELz
見る者を
アッと言わせる
はずれくじ

501 :ゲッパリラ:2013/01/27(日) 00:44:35.30 ID:dmqbAHLE
ふと刹那
寝んと思いて
床に就く

502 :ゲッパリラ:2013/01/27(日) 00:45:29.49 ID:dmqbAHLE
風のかさ
量るは涙
その報い

503 :ゲッパリラ:2013/01/27(日) 00:50:54.82 ID:dmqbAHLE
罪人の
同じ思いに
屁をたれる

504 :名前はいらない:2013/01/27(日) 09:47:03.84 ID:Nfzbph+5
「WILL」

明日できることは今日はやらないと
きみがいったその日から
わたしはきみを愛することをやめた
未来のために生きようとするきみが好きだったんだもん

505 :名前はいらない:2013/01/28(月) 09:34:16.62 ID:cY6StyGY
足に伝い落ちる血の感覚が
生きてるを教えてくれる
気持ち悪いような
気持ち良いような
そんな感覚が好きだとか思う

時々自分が何者なのか
分からなくなって目を閉じる
真っ暗な中に微かな光
それがなんなのかも分からない

僕はなんなんだろ
そんなのわかんないよ
自問自答を繰り返して迷う
此処はどこだろって戯言吐いて

迷う道でふと思う、
「僕はどこを歩いてる?」
何となく靴を脱いでみて感じる
靴を履いて歩いてるのと
裸足で歩くのでは
感覚が違うんだなって

足の先から後ろまで
痛さと冷たさが通じ合って
一歩、一歩 って
歩くのがちょっと嫌だった
けど何なんだろうな
その冷たさとか
その痛さとか
僕に「生きてる」を教えてくれる

506 :ゲッパリラ:2013/01/28(月) 20:20:55.46 ID:FAEClhx5
泣いてしも
笑ってしもぞ
雨は降る

507 :ちーちゃん:2013/01/28(月) 20:35:24.30 ID:7ryTZcn0
>>506
うーんやはり数段腕が錆び付いて来てますね。期待を裏切らない。ある意味安定しています。D-

508 :ちーちゃん:2013/01/28(月) 20:39:43.11 ID:7ryTZcn0
>>488
12作中最高評価有難うございます。少し自信が持てました。

509 :名前はいらない:2013/01/28(月) 23:10:23.01 ID:mooL/A1d
優しい顔してどこへ行く
「あいつが手招きしてるのさ」
そっちは崖だぜbaby

クラクション鳴らして夕闇に沈む
唸る彼女にガソリンを

険しい顔してどこへ行く
「あいつを回してやるのさ」
そっちに行くなよbaby

クラクション鳴らして月夜の果てまで
唸る彼女にケムリを

歩いて行くのは簡単だったさ

510 :ゲッパリラ:2013/01/28(月) 23:55:22.32 ID:FAEClhx5
空間(あきま)をぞ
器(うつわ)に見立て
口開く

511 :ゲッパリラ:2013/01/29(火) 00:12:58.20 ID:2E0QJLri
真(まこと)にぞ
真(まこと)を足しつ
四捨五入

512 :名前はいらない:2013/01/29(火) 00:17:01.85 ID:t61FVSe4
僕がうたう歌は、誰かが聞いた歌で、
誰かが聞いた歌は、誰かがうたった歌で。

世界はそんなnoiseに満ちあふれている。

Sign a World Noise.

だけれど、その歌は、ここにいる君たちの為に。
君たちは、きっと誰かの為に、その歌を響かせている。

子供が大きくなるように、僕たちの心も大きくなって、
でも心は優しくて丸くなくて、ただささくれだっているかもしれないし、
ねじ曲がっているかもしれない。

けど、今この一時は、Noiseを歌にかえて響かせよう。

SigN A WoRLD NoISE.
i
G
N

a

WORLD NOISE.

513 :名前はいらない:2013/01/29(火) 00:19:30.12 ID:mzruhZt8
http://iup.2ch-library.com/i/i0839710-1359386121.jpg

514 :ゲッパリラ:2013/01/29(火) 00:48:06.93 ID:2E0QJLri
以(い)の後(のち)に
海と空とに
分かれたる

515 :ゲッパリラ:2013/01/29(火) 00:50:09.43 ID:2E0QJLri
おののきに
けもののつめぞ
よごれたる

516 :ゲッパリラ:2013/01/29(火) 02:52:10.20 ID:2E0QJLri
繋がりに
上(のぼ)り詰めてぞ
毒を吐く

517 :名前はいらない:2013/01/29(火) 04:32:42.76 ID:T61PvwPz
「living」

疲れた顔で家路急ぐ市民
くそだるい仕事する日々
生きる意味 考える暇もなくliving
苛立ち隠し持ち 現実に怯え尻もち
今を誤魔化し 雑魚に胡麻すり
ボチボチが一番と言うオチを心に持ち
レベル下げりゃなんでも幸
生を与えし神へ告ぐ 夢がねぇなら死を急ぐ
運に任せりゃ生き損なう
How to know 這う様にたどり着いた昨日
脳みそは真っ白なスノウ
思考しねえのが至高みてえなのがお利口か?
時効を待つだけのつまらねぇ技巧だ
半端な覚悟じゃ行き詰る
頑固すぎても息がつまる
壁にぶつかり逃亡 何もできねぇ一般ピーポー
救急車で運びだせ サイレンピーポー
ガナリ声でたまった鉛を吐き捨てる
yeah I don't know how to tell
闇へ向かって歯を立てる
それは切れねぇバックテール
行き場を無くした感情が
散らばっていくよ円状に
疲れた顔で家路急ぐ市民
くそだるい仕事する日々
生きる意味 考える暇もなくliving

518 :名前はいらない:2013/01/29(火) 08:19:46.36 ID:wCHQ9Th7
苦労らしい苦労もしない僕に
神様はちっぽけなプライドと
どうしようもない辛苦と取りかえるかと

僕はどうしようもない辛苦はごめんだった

そっぽを向いて歩いてきた
ずっとずっとそっぽを向いた
晴れの日も雨の日もずっと

今いる場所はきっと望んでない場所
全ての理由を考えても
未来に明るさを感じる事が出来ない

僕はちっぽけなプライドのために
今を見てる

もし神様がきいているなら
ちっぽけなプライドのかわりに
辛苦をくれてかまわない

明るい未来を感じる事ができるなら

519 :ゲッパリラ:2013/01/29(火) 16:44:33.45 ID:2E0QJLri
非転以唯車

520 :名前はいらない:2013/01/29(火) 18:46:15.45 ID:bKNehei4
「セックスだけの作法」

絡みあいうえお剥ぎ
升をかきくけこんして
棒をさしすせそなら
棒はたちつてとなり
棒はなにぬねのそり
乳をはひふへほ舐め
乳をまみむめもみもみ
嫌々やゆよ好きのうち
恋はらりるれろまん
僕はわをんわをんわをん

521 :ゲッパリラ:2013/01/29(火) 18:59:36.18 ID:2E0QJLri
幼児(おさなご)の
花の房にぞ
口づける

522 :ゲッパリラ:2013/01/29(火) 21:44:39.68 ID:2E0QJLri
庭先で
足長のっぽの
煙遊(けむあそ)び

523 :名前はいらない:2013/01/29(火) 22:57:24.71 ID:ahxS9mj+
>>ゲッパリラ
ルールを無視してまでセン五に投稿する意味がわからない

524 :名前はいらない:2013/01/30(水) 02:41:51.57 ID:zjOMvlG0
「誰も着ることのないTシャツ」

僕の部屋の壁には一枚のTシャツがかけてある
僕が着るには小さすぎるんだけど
別に元カノの思い出の品だとか
忘れ物とかじゃないよ
デザインが気に入ったから自分で買ったんだ

サイズは小さいかなって思ったよ
でも着れなくいいや
インテリアにしとけばいいやって思った
だけどそのうち彼女ができたら着て欲しいなった考えるようになった
それから何人か着ることがあったよ
似合う子もいたし、サイズがぴったりの子だっていたよ

でもいつも最後は誰も着ることがなくなって壁にかけることになるんだ
今度はどんな子が着るのかな
今度こそボロボロになるまで
ヨレヨレになって穴があいて
もう着れないねって
2人で笑いたいなあ

525 :名前はいらない:2013/01/30(水) 09:05:57.47 ID:9SBlDCoc
>>486

謎を最後まで明かさないところがいいですね
読んでいて面白かったのでこれからも精進してください B

>>504

これもいいネ、短い文章の中に自分の思いを伝えきっている
くどさがなく読んだ後にほわ〜んという香りが残ります A

>>505

いいネ! 自分の感覚が実際に歩くことと意味を結んで
読んでいる人にきちんと痛みを伝えている、すばらしい作品 A

>>524

素敵な作品だネ! この詩のいいところは作品の中に
しっかり時間を添えていること
数々の歴史をひもとくひとつの栞のようで好感が持てました C

526 :名前はいらない:2013/01/30(水) 09:13:37.36 ID:9SBlDCoc
>>518

切ない作品だけど、いいネ!
読んでいて艱難辛苦を味わっている気分になれたよ A

他にも評価したい作品があるネ!
また溜まってきたら、ぼが〜んとブサメンさんの力を
お借りして評価するんでよろしくネ!

527 : ◆YAPoo/LC/g :2013/01/30(水) 13:26:58.41 ID:ECwKUpsx
>>526

名前はいらないさん

評価お疲れ様

できればコテで評価してみませんか?

とても思いやりと、愛が感じた

もちろん文句なしの





ぼが〜ん

528 :ゲッパリラ:2013/01/30(水) 14:33:59.34 ID:tmOcouOF
小刻みに
動く足指
たくましき

529 :777:2013/01/30(水) 17:13:41.58 ID:jSuW0wqh
>>525
なぜそんなに純で天真爛漫な感性を持っているのに
ゲッパリラさんの渾身の一作一作には無反応なのか

530 :ゲッパリラ:2013/01/30(水) 17:45:36.53 ID:RUPklFDH
ようかんに
金魚ぶち込み
夏の雲

531 :ゲッパリラ:2013/01/30(水) 17:58:02.31 ID:RUPklFDH
黒頭巾
授業の途中
乳首たつ

532 :ゲッパリラ:2013/01/30(水) 18:13:11.64 ID:RUPklFDH
陰毛を
舐めて貴女の
帰り待つ

533 :名前はいらない:2013/01/31(木) 03:19:11.78 ID:3HYIqrze
詩は老嬢の慰みか
詩才のなさを喜べ
今日の仕事に励め
お前が流した汗の雫は
なによりもうつくしい

534 :名前はいらない:2013/01/31(木) 07:22:22.22 ID:1f3a2vRH
>>490
 道楽に酷使された細胞の痛みですね。

 40歳くらいの人が書いているのかと思いました。
 長い間自分の心の中で出さないでいた思い・感情・観念がやっと人まえに出せるようになった言葉で書かれた、って感じがしたから。
 成熟したコーヒーのように。いや、ワインか。いや、醤油か。なんでもいいや。

 封じ込めてうまみが十分に引き出された、ってことがいいたかったの。

 共感しますよ。
体に悪いことをして、痛みを伴うとわかっていてもついやっちゃうというのは。
そんな体に悪いことをしても、ちょっとずつなら許してください、神さま。

 悪いことをなんとか正当化したい試みです。やっぱり20代後半の人かな。男でしょうね。作者は。
 死ななきゃいいんだ。体に悪いことも死ぬまでやらない分には許されるんだ。だからもう少しやろう。
もう少しもう少しといいながら毒を摂取している。やめられないとまらないカルビーかっぱえびせん、などという軽いのりではなく、
致死量を覚悟した上で毎日毒をとる。甘えのような気もします。致死量の毒をとることが生きることと勘違いしていると思います。
そういう風にして(道楽にふけりながら)年をとり、死に近づくことが、生きることであると思ってる人、なんだなと思います。

 道楽にふけることの言い訳の詩(うた)。言い訳の努力をし、成熟した言い訳を作ったんですね。
 あなたの力が及ぶのは言い訳に対する努力だったんですね。こんなに成熟するまでよくがんばったね。言い訳を。

 詩って言い訳をするためのものかな?自分の無力さを嘆くものじゃないかな?
できないものはできないと認めて嘆くことからはじまるんじゃないかな。詩作りは。
 かっこつけたり、強がってみせてるほうがダサいぞ。

 自分が弱いことの言い訳をするのが詩なんじゃなくて、自分が弱いことを包み隠さず嘆くのが詩なんじゃないかなあ。
 以上がぼくの意見でした。

535 :ゲッパリラ:2013/01/31(木) 18:09:43.23 ID:FCBoz5z8
獣如以不食其肉之刈毛

536 :ゲッパリラ:2013/01/31(木) 18:13:59.55 ID:FCBoz5z8
>>535訂正

亦獣如以不食其肉之刈毛

537 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/01/31(木) 18:20:06.94 ID:f8sckThE
>>535
ゲッパリラさんは30代無職なの?
E

538 :ゲッパリラ:2013/01/31(木) 19:59:05.93 ID:FCBoz5z8
成苦以苦 然楽又

539 :名前はいらない:2013/01/31(木) 20:26:01.97 ID:iKIskIex
定期的に変なの湧くのはセン五スレの宿命か…

540 :名前はいらない:2013/01/31(木) 22:31:53.03 ID:YSXTIrFu
  『ノースタルジア』


  夢に敗れた人達よ
  北へ一緒に行かないか
  永久凍土の真ん中で  
  数万年は眠らないか
  冷えた夜空の真上には
  北極星が光ってる
  眼を閉じ息を吸い込むと
  オーロラが頬をかすめたよ


  恋に敗れた人達よ  
  北へ一緒に行かないか
  一直線の君こそは 
  イノシシよりもマンモスだ
  フラれた人を恨みもせず
  そんなに簡単ではないよ
  でもその人の幸せを 
  願う君にも幸せが


  敗北の意味を知ってるかい
  何故南ではないんだい
  挫折したことないならば
  そうすることを勧めるよ
  南は確かにあったかい
  でもこの寒さも捨て難い
  でも南極も寒いから
  頭がおかしくなっちゃった


  全てに敗れた人達よ
  北の故郷へ帰ろうか
  常春の世が来たならば  
  地軸が垂直になるんだろう
  全てを凍らすこの土地で
  情熱の薔薇を咲かせよう
  光る太陽の架け橋より  
  日曜日よりの使者が来る

541 :ゲッパリラ:2013/02/01(金) 05:22:01.39 ID:3Xa/Mf/l
挟み込み
挟み込んでは
挟み込む

542 :名前はいらない:2013/02/01(金) 14:55:19.29 ID:9n5RNL8v
少しずつ朝とは言えない
夜に支配された時が終える
近づいていく
そんな確かな期待と
そんな不確かな不安抱えて
僕は星を見送る
どうか消えてくれなんて
願っている間もない時間なんて
今や朝焼けが包んでくれた

543 :名前はいらない:2013/02/02(土) 00:55:01.08 ID:fAsQrtKs
明けない夜はないと君は言う。
沈まぬ日はないと僕は言う。
いつでもあなたの為に。
いつでも私の為に。

煙草を吸ってみる。
紫色をして、ゆらゆら、ゆらゆら。
目に見えるだけわかりやすい。
いつでもゆらゆらと。

隣のあの子が火を付ける。
火を付けると瞬く間に広がって、ぱちぱち、ぱちぱち。
やっぱりね、とあの子は呟く。

そんなこと関係ないと、あなたは言うけれど。
私にとってはそれがすべて。

544 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/02/02(土) 06:44:50.33 ID:qAYAA4fr
「叫び」

ヴぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
ヴぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ヴぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwっをwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

545 :ちーちゃん:2013/02/02(土) 07:48:29.74 ID:gv79WbEh
>>544
オリジナリティに欠けるD

546 :名前はいらない:2013/02/02(土) 08:24:32.82 ID:RbX1L4t/
「ゲッパリラのコーヒー屋さん」

ゲッパリラのコーヒー屋さん
二階堂行きつけのコーヒー屋さん
全体的に汚いコーヒー屋さん

ゲッパリラがコーヒーメーカーいじってる
狂った目つきでコーヒーメーカーいじってる
個体交じりのドロドロした液体が滴り落ちてる
ゲッパリラご自慢の狂ったコーヒーが滴り落ちてる

二階堂がコーヒー飲んでる
悦びながらコーヒー飲んでる
狂った目つきで狂ったコーヒーを
悦びながら味わってる

この店は狂ってる
ゲッパリラは狂ってる
二階堂も狂ってる
なにもかもが狂ってる
ゲッパリラのコーヒー屋さん

547 :名前はいらない:2013/02/02(土) 08:31:58.53 ID:tIaIw0tE
ここには地獄がたくさんあるらしい

あの人もこの人も地獄が好きと
言っていた
うつろな目で地獄に行きたいと

僕は地獄がなんだか知らない

あの人もこの人も地獄はおちつくと
言っていた
悲しい目で地獄はおちつくと

僕は地獄について少し聞いたことがある
この世は地獄のようだと
それなら行く必要などないのに


地獄から地獄へ
変わらぬところへ行くのなら
意味などないのに


僕はよく知らない地獄は
たぶん好きじゃない
なんだか黒い虫がたくさんいそうだし
よどんだ目をした人々が束になっていそうだ


いやだ いやだ
僕は釣竿をもって海に向かった
釣りのほうがよっぽど楽しい
おどろおどろしい話はごめんなんだ

548 :ちーちゃん:2013/02/02(土) 10:10:42.36 ID:gv79WbEh
>>546
これいいね。テクもあるし何よりレビューが書きやすい感じがいい。書かないけど。

549 :ブサメン:2013/02/02(土) 12:17:43.30 ID:fHfIQKh7
>>385 D
Cより。象徴的で想像の余地が多すぎて評価し辛い。少し童話っぽくて好き。
「全て全て」の部分があまり合ってないように思う。

>>394 E
意図が分からん。表現が詩的じゃない。

>>445 D
端から「夢なんて見ないほうがいい」じゃないのが未練がましい。
可能性を捨てきれないけど現状に満足も出来ない状態でモヤっとする。
等身大の言葉ってカンジで、俺にはちょっと共感できない。

>>449 D
自己啓発みたい。散り散りになり、砕け散り、言葉の重複が目につく。
心が凪ぐってのはいいことだと思う。

>>458 D
タイトルから勝手に蛙の詩かと思ってしまった。
人生を敬遠って表現面白い。人生はベースボールだろう、はいいけど逆はどうなんだろう。
あとケロリンの立ち位置がだだ漏れてるのが受け付けにくさを増してる。
オレオレ主張はもう少しオブラートに包んだ表現にして欲しい。
詩的かどうかは別にして、ケロロケロロンって響きがよくって好きです。

>>465 D
なんだろう、この二人の関係は。よく分かんない。
表現が淫靡で素敵です。

>>466 D
ハイネの詩にローレライのがあったっけ。
マーメイドってタイトルなのに、どっちかというと「俺」が出張ってるせいか短絡的で繊細さに欠ける。
詩というより短編小説のよう。

550 :名前はいらない:2013/02/02(土) 14:43:02.96 ID:TbZjzJ+U
「タイガー」

ハイホー淫らな少年
ドアをノックして
ぬめるハート掴みたいよ
開いた後はカギ掛けて♪

お前海は好きかよ?
お前海は好きかよォ?

んん濡れた瞳の少年
肺の奥に独居して
俺を困らせるよ
刻んだ耳に唾つけた♪

お前海は好きかよ?
お前海は好きかよォ?
南港と東京湾選べよ
お前海は好きかよ?

あー俺はタイガー・バイ・ザ・テイル
俺はタイガー・バイ・ザ・テイル

やぁ!理不尽な少年
壊れそうな少年ね!
腕に刻みたいよ
刻む名前はタイガー・バイ・ザ・テイル☆

お前俺が好きかよ?
俺の俺が好きかよォ?
南港と東京湾選べよ
お前俺が好きかよ?

551 :◆Ui8SfUmIUc :2013/02/02(土) 15:29:22.17 ID:O81GP7FZ
『おさらば俺の陰部』

針先を落とすと、思想が波紋を追い越してゆく。
枯れ木の中で古時計は脈をうち、血や枯れ草が這いまわる。
時を止める想像力が12ラウンド殴りあう。
俺は俺の背中を目掛け、ナイフを投げる男。
12,756キロメートル向こうの俺を殺せるのは俺だけだ。

@スープ葬でいこう。
俺の屍を灰汁なく煮込み、参列者にスープを振舞う。

A空中ブランコ葬でいこう。
プラネタリウムの一番高いところにロープを吊るし、
ロープで俺の屍を縛ってぶら下げ、力いっぱい俺を揺らすのだ。
参拝者は星空の影でブラブラ揺れる俺の屍を見て、俺をハグしてほしい。

Bハグ葬でいこう。
屍が倒れないように上手く細工をして、
俺は座布団に座っている。参列者は俺の生前を偲び、
俺の屍に一人一人ハグをするのだ。

火葬場で俺の屍が台車に乗って大釜に運ばれる。
大釜に寝そべっている俺の手元に、「手動消火スイッチ」の設置を怠るな。
俺は焼かれているときに生き返ると思うのだ。
そのときはスイッチを押して、すぐに消火できるように。

ドイツ人が墓を掘り返したとき、棺桶の蓋の裏を見たら、
手で掻き毟った後があったと言っていた。それは困る。苦しいのも困る。
だからくれぐれも宜しく頼む。消火ボタンの設置を頼む。

任天堂の本社があるので、京都市をマリオランドにしたい。
ピーチ姫という名のソープランドを作りたい。
クッパと呼ばれる朝鮮料理街で、サンボという黒豆を栽培し、
サンキューと言いながらホットドッグを食らう。

空が広いのは誰のせい?海が青いのは誰のせい?あなたに見せたいこの心。
言葉と言葉、手と手、瞳と瞳、私とあなた、一瞬が永遠になる。
時と時、想いと想い、心と心、あなたと私、同じ空を見ている。
空も心も一緒だね、無限に果てしなく、深くてずっと続いてく。
目を閉じて、明日が眠る夢の国を、あなたとふたりでみれるよう
虹色のリボン、月と小指に結んで、死んでください。

Cシダックスでカラオケ葬
必ず割引クーポンをわすれないように。

552 :名前はいらない:2013/02/02(土) 18:05:59.35 ID:dCIJtqnZ
>>551
規則的で退屈。しゅうまい君のほうがマシ E

553 :◆Ui8SfUmIUc :2013/02/02(土) 18:32:43.09 ID:O81GP7FZ
>552
>550の作品をとばしてまでの個別評価。ありがとうございます。

554 :ちーちゃん:2013/02/02(土) 18:51:53.10 ID:gv79WbEh
>>551

「ワァーオゥ〜デラシネさん」

これが私が初めて読んだ北さんのレスだった。
三、四年前の夏。たしか遠くの山で二十五、或いは二十六匹のアブラゼミが鳴いていて、
ガリガリ君ソーダ味の棒にあたりの刻印が無いことを確認した時の事だ。
「やっぱり梨味のほうが良かったかな」
涙がこぼれた。散々悩んだ末に納得して買った筈なのに。
「もういい、ぼくは2ちゃんねるで好き勝手にいろんなひとの悪口を書いて発散してやるんだもの!」
そして涙で滲んだ視界のままで
長くて遅そうな波長の信号で2ちゃんねるのサーバーに負担を掛けてやる為に携帯電話でアクセスしたスレッドで見たのが冒頭のレスポンスだった。
レスポンスのアンカー先にはデラシネさんの美貌。
ワァーオゥ〜デラシネさん!デラシネさん!デラシネさん!デラべっぴんやらせろー!(;o;)rx

555 :名前はいらない:2013/02/02(土) 21:30:27.85 ID:yocfuZAh
「輪舞曲」


人混みの中に足を踏み入れて
雑音を覆い被せてもこの曲は消えはしない

誰かの肩とぶつかって
私の体が揺らいでも
肉壁の裏、ただ巡り回る血液のように
私の中に始まり終わる一筋の旋律
誰も触れられない、私でさえも


今この時も流れてる


音量は絞れても消すことは叶わない


心臓の鼓動が鳴り止まない限り
心電図をあてがったら波打つだろう

輪舞曲のリズムが途切れない限り
私は知らぬ間に踊ってしまうだろう


好奇の瞳に囲まれながら
これは自分ではないのだと首を振り
いつも以上に私は私を纏い
地団駄の合間にステップを踏む

ステップの合間に手拍子をする

月が満ちていくのを横目に見ながら

ひとり靴底をすり減らし


素足をアスファルトに焼き付け帰る

556 :    ◆UnderDv67M :2013/02/02(土) 23:02:37.80 ID:ZLBD+eji
あ? ポエ板が誇る隠れアイドルのデラシネさんいるの? どこどこ?


>>547
http://cowa.qiqirn.com/doc/16/319.html

557 :    ◆UnderDv67M :2013/02/02(土) 23:22:04.89 ID:ZLBD+eji
北海道で深度5だって こっわ

558 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2013/02/03(日) 00:17:29.04 ID:MFHztrjt
「荒らし」

ふぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
ふぉふぉふぉっふぉふぉふぉふぉっふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉおふぉふぉおっふぉふぉふぉおふぉっふぉwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwww

559 :ちーちゃん:2013/02/03(日) 03:52:27.42 ID:HKXfq1ZC
震度ですね

560 :名前はいらない:2013/02/03(日) 04:52:37.73 ID:EyIb4vq5
>>542

短い文章の中にも朝というイメージが感じられていいネ!
朝を的確に表現していてもお見事でした A

>>547

地獄のとらえているイメージが膨らんで面白い作品に
なっているね、もっと短く書いてもいいんだよ B

>>550

読んでいて思わず踊りだしたくなるようなポエムだね
これだけの物を書けるなんて作者は相当なモンだぜ C

>>551

おーう! いいネ! 新しい感覚、ズバズバ入ってくるよ
この調子で頑張ってほしい、きみならもっといい詩書けるよ C

561 :名前はいらない:2013/02/03(日) 14:39:40.14 ID:qEMS6INh
「河童寿司の歌」

                作詞   河童
               作曲   河童
               編曲   河童


1. 河童河童河童のマークの河童寿司
  河童河童河童のマークの河童寿司


2. 河童河童河童のマークの河童寿司
  河童河童河童のマークの河童寿司


(終)

562 :◆Ui8SfUmIUc :2013/02/03(日) 17:05:48.87 ID:lpropbMI
>560
ありがとう!

563 :名前はいらない:2013/02/03(日) 17:16:24.87 ID:AllVhKyy
>>561
これはプロの詩ですよね。ダメです。E
しかも宣伝(プロパガンダ)目的で作られた不純な詩である上、
あくまで「河童寿司」を印象づけるための連呼型であり、節をつけなければ面白くもなんともないタイプの詩です。
ただ作詞作曲編曲すべて河童であるところにのみちょっとだけ感動しました。

564 :名前はいらない:2013/02/03(日) 21:04:42.11 ID:7Xuc5NQq
煙にまみれて、ゆらゆら、ゆらゆら。
雲をもとめて、ゆらゆら、ゆらゆら。
涙につられて、ゆらゆら、ゆらゆら。
私をかかえて、ゆらゆら、ゆらゆら。

煙に変わって、雲になって、涙になって、私になって。
そうして世界は廻っていくのかな。
どうして世界は廻っているのかな。

煙になって、ゆらゆらと。

565 :ゲッパリラ:2013/02/03(日) 22:05:58.84 ID:dsaBL0MK
栗拾い
しばしウニぞを
思いけり

566 :ちーちゃん:2013/02/03(日) 22:16:00.69 ID:qxkRFYcV
>>565
しょーもないE

567 :名前はいらない:2013/02/03(日) 22:17:42.57 ID:YvPXYPyJ
>>565

なんだコレ
なんだコレ
なんだコレ






ぼが〜ん

568 :ちーちゃん:2013/02/03(日) 22:18:37.01 ID:qxkRFYcV
縦一文
柔き刺撫で
栗拾い

569 :ゲッパリラ:2013/02/03(日) 23:09:16.00 ID:dsaBL0MK
性非悪 又非善

570 :ゲッパリラ:2013/02/03(日) 23:51:43.56 ID:dsaBL0MK
亡霊の
墓場でうたう
子守唄

571 :ゲッパリラ:2013/02/03(日) 23:59:25.14 ID:dsaBL0MK
逆らいて
知らぬ心を
傷付ける

572 :ゲッパリラ:2013/02/04(月) 00:03:25.61 ID:OE6Tl3Y8
恋ぞして
恋のなんたるかを
忘れ

573 :ゲッパリラ:2013/02/04(月) 00:10:09.82 ID:OE6Tl3Y8
人のさが
愛を忘れて
それを見る

574 :ゲッパリラ:2013/02/04(月) 03:40:23.74 ID:OE6Tl3Y8
負けてしの
傷からあふる
赤い華

575 :ゲッパリラ:2013/02/04(月) 03:58:47.18 ID:OE6Tl3Y8
その身にぞ
祖(おや)の眼(まなこ)の
焼き付きし

576 :777:2013/02/04(月) 05:51:35.49 ID:PhedRcHI
ゲッパリラの言葉には文脈がない歴史がない
人間としてあるべき深みがない
根拠もない説得もない
創作としてあるべき最低限のオリジナリティがない
言葉に遊ばれ言葉に思考を乗っ取られた
悲しき悪の人造人間(サイボーグ)
自分が何一つ物語れていないことに
なんの疑問も持たずに
ギアをまわし続けるお仕事に
呑まれ続ける最低賃金

577 :777:2013/02/04(月) 05:52:43.26 ID:PhedRcHI
とこのスレのレス数

578 :777:2013/02/04(月) 05:53:51.32 ID:PhedRcHI
おやすみなさ……おはようございます。

579 :777:2013/02/04(月) 05:57:47.92 ID:PhedRcHI
あと使えもしない古語を使うのまじで気持ち悪いから。

580 :名前はいらない:2013/02/04(月) 10:36:45.51 ID:jPa2zgAA
社会不適合者を構うのも社会不適合者

581 :名前はいらない:2013/02/04(月) 10:51:52.10 ID:xXrNNNYg
そんなことより>>555の評価おね

582 :名前はいらない:2013/02/04(月) 11:27:54.68 ID:jPa2zgAA
>>555
とても内向きな絵。
読みはじめてすぐに「ロンド」とは「脈動」のことかと思ったが、
>肉壁の裏、ただ巡り回る血液のように
とあるのでどうやら違うらしい。漠然とした何かだが、それが漠然とした形ですら表現されていない。説明されているだけだ。
その説明に作品の半分以上が費やされているので読んでいて退屈。
雰囲気もなければ具体もないただの説明なので味わいが何もない。
後半もよくわからないがステップを踏むということの説明に8行も使うのはダラダラとしすぎている。
最後の一行がこの作品中唯一の非説明的な、つまり「表現」なのだが、
そこへ辿り着くまでの説明(しかもひとりよがりで伝わりにくい)がやたらと長いので、
もう表現を味わう興味も失せてしまった。
何かを描こうとする気概は買うが、よくわからない説明ってのは結局正解のあるクイズみたいなものだと思う。
読者が作品の中に入って楽しめるようなものを私は詩だと思うので、私にとってこれは詩ではない。【評価:D】

583 :名前はいらない:2013/02/04(月) 11:32:20.47 ID:jPa2zgAA
>>582冒頭で「とても内向きな絵」と書いたが、正しくはそれは絵ですらない。
作者が描こうとする絵は作者の内にあるが、この作品は口でそれを説明しているだけのようなもの。
その絵を描いてみてください。

584 :名前はいらない:2013/02/04(月) 11:32:52.12 ID:962jRRbS
電車に乗って
僕は揺られ揺られ

どこへ行く?
大荷物なんかいらない
必要なのは
ほんのちょっとのお金と
チョコレートで十分さ
ああ、大事なものを忘れた
今の僕にぴったり
そんな小説手に持って
電車に乗ろう
僕は揺られ揺られ



言葉なんかいらない
ひとりだって
歩むことはできるのさ
しゃがんで 
うずくまって
見渡して そして
立って歩けばいい
何度迷っても転んでも
僕にはチョコレートと小説がある

電車に乗って
僕は揺られ揺られ
探し求めるのは
僕が望む「幸福」だ

585 :名前はいらない:2013/02/04(月) 11:58:27.65 ID:xXrNNNYg
>>582
“自分ではどうにも出来ない習癖のようなものがあるよね”
っていうのを表したかったんですが、表現出来てなかったみたいで残念です。
書いてる最中に何回も読み、自分で印象を受け取ることが難しくなっていたので、
「あぁ、そういう風にしか見えないんだな」ととても参考になりました。
ありがとう!精進します。

586 :名前はいらない:2013/02/04(月) 12:55:24.18 ID:Jj2kjIZj
>>582
勉強になるな

587 :命の順番:2013/02/04(月) 18:33:42.44 ID:fua1ooIi
僕らは何番目に生まれたのだろう
お父さん、お母さんが僕らの前
おじいちゃん、おばあちゃんがその前
ひいじいちゃん、ひいおばあちゃんが、またその前
ずっとたどってくと一番はアダムとイブ?

ずっと数えたら僕らは何番目ぐらいだろう
100万番目くらい?
じゃあ父さんは99万番目?
だけど人間の先祖が猿だとしたら
猿の先祖が霊長類だとしたら
霊長類の先祖がモグラだとしたら
モグラの先祖がネズミだとしたら
ネズミの先祖が両生類だとしたら
両生類の先祖が魚だとしたら
魚の先祖が三葉虫だとしたら
三葉虫の先祖がバクテリアだとしたら
バクテリアの先祖が地球だとしたら
地球の先祖が宇宙だとしたら
宇宙の先祖が・・・

僕の命の順番は何番目だろう
そしてこれから先も命の順番が続いていくのだ
早く100万1番目の命を創りたいな
まさに命のリレーなのだ
親からもらったバトンを子供にあげるのだ
それが僕がこの世に生まれた意味なのかもしれない

自分は何者でもない
ただ命を繋いでいく途中の小さな命
小さな生き物でしかない

588 :名前はいらない:2013/02/04(月) 21:07:42.49 ID:KIjzXJIH
酒乱の父とネグレクトの母
行き場をなくした思考がこう言った
Sさん、猫に生まれ変わって僕の元に来て下さい
どうせ叶わぬ夢
叶わぬ夢なんだから
せめて夢の中で会いたい
孤独に飢えた今にも死にそうな夜より

589 :勝手にリライト:2013/02/04(月) 21:27:56.10 ID:FYtakQM1
>>555

「輪舞曲」


人混みの中に踏み込んで
雑音を覆い被せても消えはしない

誰かの体とぶつかって
この体が揺らいでも
肉壁の裏、ただ巡り回る血液のように
私の中に始まり終わる一筋の旋律
誰とも混じらわない、私とでさえも


今この時も流れてる


心臓の鼓動が鳴り止まない限り
輪舞曲は途切れない
消すことのできないリズムに

私は知らぬ間に踊ってしまうだろう


好奇の瞳に囲まれながら
これは自分ではないのだと首を振り
いつも以上に私は私を纏い
地団駄の合間にステップを踏む

ステップの合間に手拍子をする

月が満ちていくのを横目に見ながら

ひとり靴底をすり切らせ


素足をアスファルトに焼き付ける

590 :名前はいらない:2013/02/04(月) 22:41:58.83 ID:z/R+yF0q
「恐怖」

フト見上げるとこちらを見つめてる「他人」の目

確かに自分と同じカオで同じ髪型で同じ服装

だのに今見た鏡の中には見たことも無い赤の他人の目があった…

いつもの私ではない冷たい敵視するようなまなざしでこちらを睨んでいる

何故?

歯を磨く動作も口をゆすぐ動作も何だか違う、怖い

2,3度顔を上げ下げして繰り返しチラチラ見つめると向こうも同じように睨んでくる

だが洗面台のライトを消し、薄暗い鏡越しに見るとその顔は

生気なく頼りも無くなってていつもの自分に戻っていた

先ほどの恐怖は何だったのだろう

わずか数分だけの出来事だ

591 :名前はいらない:2013/02/04(月) 23:33:58.63 ID:xXrNNNYg
>>589
わわ、感激です!
元は自分の作品なのにとても新鮮に読むことができました。
自己完結な作品なのかもしれないけれど、やっぱり私はこの作品が好きなのだと思います。

>この体が揺らいでも
自分でも「“私”という言葉がしつこいかも、いや、でも……」と迷ってたんでいい指針をいただきました。
“肩と体”より“体と体”のほうがより大きく“私”が揺れますね。
他にも、丸々リライトしていただけたことで何処をどう感じられたかを汲み取ることが出来、
私にとって大変有益な体験でした。

ありがとう!

>ひとり靴底をすり切らせ
>素足をアスファルトに焼き付ける

鮮明に情景が浮かび、納得してしまった次第です。

592 :ゲッパリラ:2013/02/05(火) 00:31:21.99 ID:xhyTC8+1
囚われの
魚(うお)に従う
いじけ糞(ぐそ)

593 :ゲッパリラ:2013/02/05(火) 00:59:44.56 ID:xhyTC8+1
脈々と
地の鼻高く
聳(そび)え立つ

594 :名前はいらない:2013/02/05(火) 01:17:43.01 ID:NujB5sJx
「笑顔」

いつも笑顔でいたいね
でもそんなことは無理
いつも笑顔なんて無理

それは自分の気持ちを騙すこと
素直じゃないこと
自分にウソをつくこと

笑顔って難しいかな?
我慢しないとできないもの?
自然に笑顔になるなんて日常茶飯事だけど
それが多いければ多いほど幸せなのかな

相手のためだけを考えてがんばって笑顔でいても
相手が求めなければ意味がない
自分だけ楽しくて笑顔でいても
自分だけが楽しいって意味がない

なるべく笑顔でいたいね
相手のためにも自分のためにも
みんなのために笑顔でいたいね

595 :ゲッパリラ:2013/02/05(火) 01:23:51.77 ID:xhyTC8+1
生きとしの
前から後(あと)へ
昇りける

596 :ゲッパリラ:2013/02/05(火) 01:29:19.61 ID:xhyTC8+1
民肚(たみはら)の
話に寄らぬ
羽の虫

597 :ゲッパリラ:2013/02/05(火) 01:57:33.86 ID:xhyTC8+1
入(い)り反れて
出るに出られぬ
摩訶不思議

598 :ゲッパリラ:2013/02/05(火) 02:57:47.08 ID:xhyTC8+1
木の幹と
風の流れに
森渡り

599 :名前はいらない:2013/02/05(火) 08:15:04.56 ID:Z1a0xSiZ
振り回すのはやめてよ
お願いだから

「暇だから」って
そんな理由ならいっそメールしないでほしい

君の名前でメールが届くたびに
この想い
よみがえるんだ

君は知らないでしょう?

どれくらい苦しいかなんて
想像もしてないでしょう?


無邪気な言葉が僕の体を縛って
離してくれない

「次の恋に進めたらいいのに」
そうやってつぶやく君は
気付いてもないんでしょう?

同じこと考えてるね
なんて
喜べないよ

どうしてこんなに伝わらないのかな

隠そうとすれば隠せるような
たったそれだけの感情だった

そういうことさ

600 :名前はいらない:2013/02/05(火) 17:15:04.61 ID:JGLAtoDM
「雨」

雨、やみました

お気に入りの傘たたみました
お気に入りのレインコート脱ぎました
お気に入りの長靴しまいました
お気に入りの人いなくなりました
お気に入りの指輪外しました

雨、降りだしました

雨、もうやまない

※ネガティブかポジティブかは読み手次第な感じを狙うぜー

601 :ちーちゃん:2013/02/05(火) 18:35:42.39 ID:8phM92+3
>>600
涙がとまらねえなオイ。

602 :ちーちゃん:2013/02/05(火) 18:36:29.85 ID:8phM92+3
嬉し涙が

603 :    ◆UnderDv67M :2013/02/05(火) 19:05:41.89 ID:6Qkt75ow
>>600
これは推理モノだ ただそれは悪くは無い
どうせ推理するなら 根拠や理由を 示す必要がある


雨が止んだから傘を畳んだんじゃない
家に入るから畳んだんだ 当たり前の事だ

いや 外から玄関に入ったのではないのかも?
きっとこれは比喩というヤツかもしれない

「雨、"もう"やまない」とあるから
この類の雨は初めてではないんだ

前にもあったんだ 似たような雨が
だって実際に1行目の前には降っていた

だが自身の雨であるなら傘もコートもいらない
比喩にしても外部の犯行か
お気に入りの人か?
だが『靴を仕舞っている最中に居なくなる人間?』
気に入っていた人は窓から逃げ出したというのか?

これじゃよっぽど嫌われている事になり
自業自得という結論が出てしまう

つまり 冒頭のはただの雨だ
外から 家に 入ったんだ
そして待っていた人は
買い物にでも出かけていたんだ

俺は傘や靴と同等の人間じゃ満足できないけど 

まぁそれだけのことだ D−

604 :600:2013/02/05(火) 19:18:57.64 ID:JGLAtoDM
熱く語ってくれて嬉しいぜ!
言葉遊びしたったんだ!
「雨ちゃん」は病んじまったんだ 病んだらいろいろ大切な物をなくしちゃったんだ
だから雨ちゃんの心に雨が降ったんだ でも雨ちゃんはもう病まないってさ!

雨降りだしたところは ひらがなで「ふりだし」にしたほうが面白かったなーって後から気づいたよ

605 :    ◆UnderDv67M :2013/02/05(火) 19:27:20.22 ID:6Qkt75ow
ネトゲで外人煽って遊んでいたら2週間垢BANされたwwwwwwwww

持ってて良かったサブアカウントwwwww

>>599
せやで 次の作品いこ

>>594
『難しいのかな? いつもは無理』も糞も既に自分を騙して日常的に出来てるじゃん
寝ている時も笑ってないとアカンの どういう事?

そこまで深く? ずっと? 真剣に? 考えて? 導き出した答えが?
「幸せなのかな〜」って特に何も考えてないやろ君 ちょいイラきたんだけど

>>590
でも結局その後に電気つける事になりますやん?
なんか無駄に「意味分かると怖いコピペ」を思い出した

「こつらを見ている他人の目」が宙に浮いてるのかなぁ〜?
と思ったら「鏡の中でした」
これ「フト見上げると」から始まるから誰もコイツの姿が見えないよ
「じつは洗面台の鏡でした〜」って後からくる答えはいらない
聞き手は「どの鏡でもそうなのか?」とか思うし
無駄にミスリードになってるだけだと思うよこれ

606 :    ◆UnderDv67M :2013/02/05(火) 19:33:51.58 ID:6Qkt75ow
>>604
あれが良い これが悪いなんで無粋な事は言わないよ

そういう台詞をどっかのサークルでもなんでも
他人の目の前で胸を張って言えたら
作品として完璧なんだと思う

なんでも気兼ねなく投稿できるのが
このスレの良い所だけんどね

607 :ちーちゃん:2013/02/05(火) 19:47:07.54 ID:8phM92+3
流石アンダーさん無粋で右に出る者は居ない!

608 :    ◆UnderDv67M :2013/02/05(火) 20:00:46.47 ID:6Qkt75ow
なんだ虫か 更新して損した

609 :ちーちゃん:2013/02/05(火) 20:28:07.06 ID:8phM92+3
>>604
一応誘導しておきます。

拙者のアタイの名作劇場
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/poem/1351870143/

610 :    ◆UnderDv67M :2013/02/05(火) 20:39:18.66 ID:6Qkt75ow
>>609
勝手に俺の名前を使用するな!
なんも俺関係ないだろこれ寄生虫が いい加減にしろ

611 :ゲッパリラ:2013/02/05(火) 22:24:52.40 ID:xhyTC8+1
冬の夜
ぼやけた光りに
閉ざされて
あの暗き日を
思い徒然

612 :ゲッパリラ:2013/02/05(火) 22:54:50.70 ID:xhyTC8+1
暮れていく
旅に少しの
雨ぞ降る

613 :名前はいらない:2013/02/06(水) 01:19:27.49 ID:RiK24GGj
げっぱりらのにっきちょう

614 :名前はいらない:2013/02/06(水) 01:28:33.29 ID:ZDui7K07
>>584

なかなかいいネ! 幸福のありかを探しに出かける様子
そして文章の雰囲気が絶妙にかもしだされているネ! A

>>594

これもいいネ! 読んでいるだけで気持のよい作品
今後も精進していいポエムを書き続けてくださいネ! C

>>599

これもナイスな作品だネ! 切ない心のあらわれを見事に
描写している 読んでいて感情移入しちゃったネ! A

みんな凄いいい作品を書いているネ!
この次も評価できるものあったら評価するからネ!

615 :名前はいらない:2013/02/06(水) 01:49:37.90 ID:HOtz/DCL
「永遠に続く映画」

永遠に続く映画があったらいいなあ
映画って別世界
見てる間は別世界
いやな事だって忘れる
別の世界で生きていける

永遠に続く映画がたくさんあったらいいなあ
その映画に飽きたら
別の映画に切り替える
そして別の世界で生きていく

そしたらみんな悩みなんてなくて
幸せに生きていけるのになあ

616 :名前はいらない:2013/02/06(水) 04:52:36.65 ID:kp7nkFhH
「自然を仕舞うもの」


野良猫に餌をあげてはいけないと
いつも母に言われてしまう

「飼うわけでもないのにアテにしたら可哀想でしょう? 」

お正月はゴミ屋さんが来ないから
ゴミ置き場はしばらく空っぽだ

雨もここ最近降っていない

猫はお腹が大きかった
沢山の鳴き声を抱え、歩いていた

我が家の冷蔵庫は満タンで
正月前の買い置きに溢れている

きっとまた腐らせ、ゴミになるんだろうな

そして、とうに猫のことを忘れた金曜日の朝、
私はこの猫に餌をやっているのだろう

トナカイならぬチワワを引き連れて
白いふくろを投げ入れるサンタクロース
三ヶ日が過ぎるまで

ずっと道に迷っていたらしい

617 :名前はいらない:2013/02/06(水) 04:53:10.12 ID:kp7nkFhH
しばらくしても猫が気掛かりで
窓の外を眺めていた

彼女は今自転車置き場で
タイヤに寄りかかりまるまっている

一列に並んだ黒いサドルは、
天に向けられた傲慢な舌のよう

トタン屋根から降り注ぐ貧弱な日差しを
我先に食わんと舐め回している

足元で短い毛足の舌を
ペロペロと動かす彼女をよそに

私のバイクの黒い舌も
たんまりとぬくもりを含んでいるようだ

地面から生えたテーブルの下じゃ
私達は上手く分け合えないから

地面から生えたテーブルの下で
笑うのか泣くのか怒るのかどれにしよう?


テーブルの傍にそびえ立つマンション

この町に据えられた巨大な冷蔵庫は
夕時には太陽さえ仕舞い込んでしまう


「アテにしたら可哀想でしょう? 」


そう私達を優しく追い払いながら

618 :名前はいらない:2013/02/06(水) 11:35:09.58 ID:FUf2Qz/d
>>615
おそらくは誰もが思ったことのあるだろう妄想をそのまんま書いたところで
味わいは作中ではなく作品の外、つまり読者それぞれの共感の中にあるのみだ。
そしてこんな妄想はマンガや小説の登場人物がいくらでも呟いているし、
ブログで書いている人も多い気がする。この作品は極度にありふれているということ。
しかも「映画」である必然性がない。マンガでもいいし、音楽でもよさそうだし、
主体を役者にして「演劇」にするのが効果を狙うなら1番よさそうだ。
ツッコミさせていただくと「永遠に続く映画」とは「映画に終わらない映画」のことであり、
飽きたら別の映画に替えることができるのなら「永遠」の意味が浮いてしまう。
しかも主人公が映画の中で「生きる」というのは比喩であり実際は「見てる」だけらしいので、
それならば普通にDVDをとっかえひっかえ観ているのと同じではないか。
永遠に(死ぬまで)観続けられる量の映画は既に市場にあると思うので、そうすればいい。
それをみんなにも薦めればみんな幸せに生きて行けるはずじゃないか。
人間が一回きりの人生しか生きられない不幸を描いたというにはあまりにも杜撰すぎる。
他人に読ませたいと思うのならもっと練り上げる必要がある。
このままではありふれたブログにある駄文と変わりない。
1連が「映画単体」2連は「複数の映画」最終連で「飛躍」と構成に気は遣っているようなのは好感がもてる。【評価:D−】

619 :名前はいらない:2013/02/06(水) 13:32:39.78 ID:FrmJZzvF
感化されよう
「映画」

ハッピーエンドにゃなりやしない 俺にはわかるんだよ
演技も構成も脚本も下手糞だ おまけに演者の数も少ない
決めては俺に似ている主人公 だから分かるんだよ
なんでこんな映画見てる なんで席を立たない
ハッピーエンドにゃなりやしないのに
ハッピーエンドが見たいのに

620 :名前はいらない:2013/02/06(水) 21:55:58.26 ID:vFS4wzPa
>>555
これは文明社会、スーツ男のサラリーマンと、
人間の進化をさかのぼったところに位置するサル的な動物的な本能に従う
素足ぺたぺたと、(サルのような生活観と、)
文明と野生の間を行き来するSFが見えるような
人間の脳みその中にある
人間であることと
サルであることの中間に位置するところの脳みその
踊り。ぼくのいいたいことわかってもらえたらいいんだけど。

ぼくは最後の二行を読んだ時、白い女の素足が浮かんだ。絵にかいてみようと思った。

女であれ男であれスーツ着用で出歩くわけだけど、
その中は裸であって
サル的な本能もあるわけだ。それに習ってすることがこのステップなのだ。

社会の営みに従う社会性・人間性がある一方で
基本的な欲求に従う動物的な本能で動く行動もあるのだ。脳みそが勝手に出してしまう指令に従ってしまうのだ。
それは自分の意思ではないのだ。私の中の動物がそうさせるのだ。

社会性と動物性の間。たとえば卵の殻と身の間の薄皮。うまくいえない。
つまり、おしっこをがまんしている人のもじもじした動き、
社会性を保つためにここで出すわけにはいかない。でも出したい。
ここの、社会性と動物性の間でもがく姿がこれだ。

つまり、踊りたい。
踊りたくてむずむずしている。だけど人通りの多いところだと好奇の目に遭う。
だから人のいるところではがまんしている。
そこで、作者はこう、きたわけだ。
「月が満ちていくのを横目に見ながら」つまり夜になるのを待ちながら。人がいなくなるのを待ちながら。
誰も見ていない夜になったら気兼ねなく踊れる。夜になったら、さあ、踊ろう。
本能を出す動物になろう、と。

人が見てないところだと実力が出せる、とも読める。興味が持てました。
評価はもうちょっと読んでからにしようっと。

621 :名前はいらない:2013/02/06(水) 23:34:45.50 ID:EA1GMgr4
一緒に歩こう

君の笑顔がみたかったの
こころの底から 無邪気に笑う君をみたかったの
ずっと昔におき忘れてきた あのたわいもない笑顔が

君の横顔 素敵だよ
なのに いったいどうしたの
何があったの
君と初めて出逢ったとき 訳もなく涙が出たよ
こんなにも悲しい瞳に 胸が締め付けられたの

でも 大丈夫だよ
私だって ほら  こんなに元気になれたんだから

一緒に歩こう ゆっくりでいいよ  
一緒に歩こう 何処までも歩こう 

君がもういいよって、言うまで  手を離さないから
どこまでも いつまでも     手を離さないから 

君の笑顔がみたいから  ずっとずっと一緒に歩こう

君が笑えば  君の周りの全てのものが踊りだす
君が笑えば  君の周りのみんなが歌いだす

みんなが君を待ってるんだ

だから ほら
明日に向かって  手を繋いで  歩き出そう

622 :555:2013/02/07(木) 01:04:02.41 ID:AUvsGraF
>>620
拙い作品をむしゃむしゃ咀嚼して貰えて嬉しい限りです。
“おサル的本能”と“社会的通念2013年版を固守しようとする理性(?)”を両側に据え広げられた独自の解釈に
大変惹きつけられました。
ほんとだ、そうも読めますね!「わーわーこれ面白いなー!」と逆に私が>>620さんの世界に浸ってしまいました。

もともとは、『自分の中のタブーをまた犯してしまった、あぁでも止められないよぅ!→以下反復』という私と自我との
葛藤を描いた作品だったんですが、なんというかそれを“ダメ人間”と一言で表すのは簡単なものの、でもそこに至る
までには明らかに“自我と私”の力関係による動的作用(?)が働いているわけでして、結局作中では自我は私を
制御することが出来ず地団太の合間にステップを踏んじゃうわけなんですが、その力関係というか主従関係というか
それを描けたらいいなーと思い作りました(読みづらっ
「自我が主とは限らないよね!ベースは“私”であんた指令塔でしょ?」みたいな!

なもので、野性と理性に視点を置かれた>>620さんの考察は遠からずなんだと思います。
本当はこんなうだうだと説明することなく、作中ピンポイントに視点を提示出来ていれば最高なんですが、
悲しいかな技術が伴いません。でも、おかげでこうやって私の作品から新たな世界観を描いて貰うことが出来、
「なんかこのほうが嬉しいなー」と今浸っている次第だったりします。

人様に読んで貰えるっていいものですね。ありがとう!

あっ、評価はもういただいているので大丈夫です。考察して貰えたことが何より嬉しいですっ!

623 :名前はいらない:2013/02/07(木) 01:26:44.79 ID:nj3zCH1w
影が伸びる

憂鬱な僕らを見せる

なんて残酷な黒

そうやって僕はあざ笑う



雲が動く

悲しい僕らを連れてく

なんて残酷な白

そうやって僕は泣き笑う




不安定な年頃なんだよって

僕らは言い訳吐いてみて

進むふりをして後ろを向く



ひとりでいることが何よりも怖いんだ

誰かといることが何よりも嫌いなのに




黒と白が混ざり合うように

僕らは不安定な生き様を見せるんだ

624 :名前はいらない:2013/02/07(木) 10:54:25.36 ID:nj3zCH1w
優先順位こっちを評価してもらえると嬉しいです☆

「まぐろババア」

んだすけ、まんぐろばとりにいったってせ、ほれー
大間んところ高い値段で売れるってばさ、
漁師にきいて一本釣りできるのかってきいたべせ、ほいで
ほいでよ、「ババアムリすんでね」っていったっきゃ、わーは
「やってみねばわがらんきゃ」いったっすけ、ほれ
「じゃあ竿もってこいよ」いってからかったんだすけな、あれなー
わーもほんかくてぎな竿ばよもっていったきゃ、そんで
「これで船ばよ、のせでくれって」いったっきゃ、んだすけ
一緒にばほれ、のって大間の港さはいったんでしょー
そこでマんグロ釣れればいいねっていってくれたきゃーだすけからに
してきゃー、ほんで釣ってみたばちいっこいマんグロ釣れたすけ
「わーば、なー、ふざけこいてるすけとったみたはんづ、
まー、ちっこいのでも釣れるべせ」、いったすけ
「まあまあビギナーズラクあるべせ」といわれたっきゃはらんたでて
「釣れたもんこれからウニもとるべし」いうたすけなー
それから30分いじょうば、海でウニとったっきゃ、なー
なにごとにおいてもほだ、やってみねばわがんね
こんどさ、アマのままこさいで、マんグロとってぐるったさー
いったきゃ、まだこんどね、うん。でんわしで。

(おしめ)イコール(おしまい)のこと

625 :名前はいらない:2013/02/07(木) 11:01:14.50 ID:lOlJ0ZyO
>>623
「僕」ではなく不特定多数の「僕ら」を題材にした作品は大抵無理矢理世界を単純化した感じになる。
この作品も例に漏れず、僕らの世界は残酷な黒と白の混ざり合いのみによって作られる。
ただ、この作品の「僕ら」は必ずしも不特定多数ではない。あくまで「僕」のツレであり、時には数十人、時には二人だけかもしれない。
だから「その『僕ら』の中にこの俺様を入れるな!」というありがちな反感は私からは沸き起こらなかった。
しかしこの「僕ら」は「不安定な年頃なんだよ」と言い訳をする。
私がその年頃を過ぎているから(いや、まぁ今でも不安定には違いないんだけど)他人事として
あるいは思春期を振り返って「こんなんだったかなぁ」程度の思いで読めるから反感を覚えないのであって、
同じく不安定な年頃の人が読んだら「お前と一緒にすんな」という感想が出るかもしれない。
世界を単純化、抽象化することには異論や反感がつきまとうので注意だ。
「世界に一つだけの花」がどれだけ皮肉屋の反感を買い、小馬鹿にされたか(話題になるのはいいことかもだが)。
姿の見えない「僕ら」の中から2回だけ「僕」が姿を見せる。
やたらと多感な彼から見た集団の姿であったことがわかる。
「僕ら」の中の他の誰かからは世界は違って見えているだろう。
しかし「僕」にはそれは省かれる。あくまで自分に見えたものが絶対である。対話はなく、沈黙している。
それでいて「僕」はアウトサイダーでもなくどっぷりと集団の中に浸かっている。
理由は誰かといるのが一番嫌いなのに一人でいるのが一番怖いから。
そしてそれは「僕」ではなく「僕ら」の問題だと言う。
このへんに興味をひかれたが、その他の部分は猫の集会よりも何もせず立ちつくして影を動かしているだけだ。
語彙に激しい欠乏を感じる。影を動かしている暇があったら本でも読んでみることをお勧めする。
長文失礼しました。【評価:D】

626 :名前はいらない:2013/02/07(木) 11:13:26.89 ID:lOlJ0ZyO
>>621
J-POPの歌詞とすれば完成度は高い。
独自性はまったくなく、手垢にまみれているが、完成度という点では高い。
悲しい瞳の彼に手を差し伸べて笑ってよというのはお節介すぎる気もするがそんなお節介が嬉しい時もある。
踊り出したいくらいニコニコな世界、語り手に悩みはあるのかと言いたくなるが心の奥にちゃんと陰を匂わせる。
詩とすれば色がないが、メロディーで色づけすればいい感じになるだろう。
何も文句はない。が、既存のJ-POPに対する懐疑や不満はないのかな、と思ってしまう。【評価:C++】

627 :名前はいらない:2013/02/07(木) 11:16:55.85 ID:lOlJ0ZyO
>>624
連投ルールにより失格。【評価:E】
>>623も失格となります。【訂正評価:E】

628 :名前はいらない:2013/02/07(木) 11:38:10.95 ID:lOlJ0ZyO
>>616-617
内側から見えた外側からの風景。
後半に出てくるテーブルはもう少し描いてみてもいい。マンションとの比較でイメージすることは可能だが。
小さいものを描くことでより大きなものを相似により描き出すのはよくある手だが、
サンタやバイクのサドルといった遊びがちりばめてあるのが読んでいて楽しい。
猫が鳴き声を抱えながらというのも想像力があり面白かった。
ただ全体的なありがち感は拭えない。
文学に対する懐疑や不満はないのだろうかと思ってしまう。【評価:C+】

629 :名前はいらない:2013/02/07(木) 14:29:09.17 ID:bfpihhav
象られた、貝殻の襟を疼かせて。
上擦った、猫撫で声をべたつかせて。
渦巻いた、菫色の繊維を撒き散らせて。

まるで、仔犬みたいに。
慟哭にふるえた君の瞼をそっと、押し上げたんだ。
窓枠の淵から、闇。星に埋れないように、月へ肢を掛ける。
僕を君を遮る屋根は何処にもない。
隕石に揺蕩って、脆く剥がれ堕ちた地球に。
愛と幻と命を振りまくこと、今、此処で誓ったんだ。

630 :ゲッパリラ:2013/02/07(木) 22:20:57.23 ID:FfIpt7fc
荒くれの
追われ生きるぞ
日々と呼び

631 :名前はいらない:2013/02/07(木) 22:26:33.44 ID:54HdOH49
僕は布団の中で丸くなるのが好きだ。膝を抱えて深海に身を任す。昨日聴いた曲が無意識に頭の奥で鳴り出す。嫌なこと、未来のこと、過去のことあらゆる妄想が身体中を駆け巡る。息苦しくなってたどり着いた四畳半。針の音が気持ち悪い鼓動を刻んでいる。

632 :名前はいらない:2013/02/07(木) 22:27:52.69 ID:54HdOH49
僕はとじこめられているような、広い世界に閉じ込められているような、自由は無いぞと親に拳銃を突き付けられている気がする。やっぱり今日も逃げられなかったんだなと今日の僕は今日の僕を責め立てる。昨日出してないなと思い出すも僕は眠たかったので静かに瞼を見た。

633 :名前はいらない:2013/02/07(木) 23:01:49.04 ID:J3aFulH9
「死人の計算」

今日は3人死んだ
昨日は8人死んだ
おとといは6人死んだ
明日は何人だろう

3+8+6=17
毎日毎日計算している
死人の計算をしている

先週は22人
先々週は29人
先月は86人
今月は何人だろう

俺ってなんて幸せなんだ
死人の計算をしている
そりゃ楽しいことじゃないさ
でも生きている・・

毎日毎日計算している
死人の計算をしている
やがて俺も数えられる日がくるのだろう

634 :名前はいらない:2013/02/07(木) 23:55:39.13 ID:AUvsGraF
>>628
テーブルくだりは、しつこくなったので省きました。
逆に肉薄な印象を与えてしまいましたか、難しいなー。
評価ありがとう!

635 :名前はいらない:2013/02/08(金) 00:05:17.08 ID:wS8wMD3V
はわ、肉薄の使い方間違えてた

636 :名前はいらない:2013/02/08(金) 04:23:02.98 ID:s8199hKZ
いい作品がまたそろってきたネ!

>>623
ちょっとダークな面もあるけどこれはこれでいいネ!
できれば改行あまりしないで書くともっといいでしょう C

>>624
本日のイチオシだネ! マグロ漁に出かけるババアの
強烈な方言と濃いキャラが生み出すネタは新鮮で面白かった
ババアがマグロをせっかく釣ったのに漁師に
「ビギナーズラク(ラック)?」だといわれて今度は
なぜかウニを捕りにいくという設定もいいネ!
非常にまじめに書いていて好感がもてました! 特A

>>629
まじめな作品でいいネ! 漢字のバランスあんまり良くないけど
日本語を勉強するテキストになっていて中々の作品だネ! C

637 :名前はいらない:2013/02/08(金) 10:54:43.61 ID:qjOy4k73
「ハブ酒飲んで」

酒 買って夜中に 帰宅
部屋には誰も 待っていない
から ただいまもない

ただ埃のように 積もる
乾いた声が 音のない部屋にうずくまっている

「もういいかい?」

ハブ酒飲んで 一人で飲んで
おつまみにはネバネバ系 のウィンナー
ハブ酒飲んで 一人で飲んで
また繰り返す言葉は もういいかい?

珍しい酒は じぶん
沈んだ何か 革のかけら みたいなじぶんに似たもの

たった ひとつの恋の 記憶
ぼくが好きと 動いた君の唇
罰ゲームだったね

「もう、いいかい?」

ハブ酒飲んで 一人で飲んで
おつまみにはネバネバ系 のウィンナー
ハブ酒飲んで 一人で飲んで
また降り積もる言葉は もういいかい?

(ギターソロ)

ハブ酒飲んで 一人で飲んで
おつまみにはネバネバ系 のウィンナー
ハブ酒飲んで 飲まれて飲んで
明日もまた仕事へ もう、いいかい?

638 :名前はいらない:2013/02/08(金) 18:48:18.01 ID:6700TLcw
「繰り返し」

一か月前はマシだった (きっと)
年末までもまだマシだった (やっぱり)
秋までもマシだった… (たぶん)
半年前ははるかにマシだった (必ず)

去年までだってマシだった
以下同じことを毎回毎年繰り返し、自問自答している
老けるとはこういうこと
老いるとはこういうことなんだ
ささやかな過去すらも愛おしく感じて
我が身の衰え変化に傷つき悲しむ
日々待つものは落胆、驚きのみ

639 :名前はいらない:2013/02/08(金) 22:11:19.10 ID:GUa+OQub
「うきうき」

うきうきさ 僕はとってもうきうきさ!

うきうきしてたら面白いんだ!
みんな僕を見てるんだ!
遠くの方からもみえるんだ!
足もすくわれないんだ!
もつれることだってないんだ!
足下冷えるから太陽へ太陽へ
うきうきしてたら暖かい!
どこまでもどこまでもうきうき うきうき!

止まるな!止めるな!
うきうき!うきうき!
止めるな!止まるな!
うきうき!うきうき!

640 :    ◆UnderDv67M :2013/02/08(金) 22:38:32.98 ID:C9o0oND3
>>638
老いは選ばれた者だけに与えられる権利だとも思っている
簡単に思うだろ? だがなかなか出来ないこと 恵まれているのさ

>>623
2連目でやめとけば良かったのに なんという蛇足感

>>621
これコカコーラのCMで流れてるヤツ? もう完全にカルトだ

>>616
なんかやっと見ていてうっとりできるような作品と出会えた(感動
三ヶ日……?「三が日」の間違いじゃなくて?
「妊娠猫=彼女猫」の一匹だけかな 冒頭の野良猫は数多く居るはず?
お正月ムード演出してるんだからクリスマスネタ出さないで欲しかった 砕ける

>>615
映画をドラマに言い替えても特に問題ない内容だね
映画と言ったのなら邦画・洋画・吹き替え・字幕・主演者・音響・映画館か自宅か
数多くの主張や表現を創り上げることが出来る それを君は放棄してる 無価値

641 :    ◆UnderDv67M :2013/02/08(金) 22:42:59.05 ID:C9o0oND3
老いは選ばれた生命に与えられる権利であると

あー俺って稀に良い事を言うよな
格言っぽい何かの製造機か

あー天才かね俺って うっとり

>>638
IDがなかなか格好良い

642 :名前はいらない:2013/02/09(土) 00:34:07.99 ID:XUKqbX15
>>640
調べたら三が日の間違いでした(ひどいや、三ヶ日って町があるなんて

作中に登場する猫は親猫だけです。
“それまで何度も母に野良猫に餌をやるなと注意されてたのに、今回もまた言われました”
という経緯をやんわり伝えたかったんですが違和感を与えてしまいましたか、うーん。

クリスマスのところは最初相当重々しいことを書いていて、でも、
「私そんな猫のこと考えてないよな、うそくさ」と後から置き換えてしまいました。
もうちょっと滑らかに軽く着地出来てたらなぁ。

読んでくれてありがとう!うっとり嬉しいですうっとり。

643 :    ◆UnderDv67M :2013/02/09(土) 13:24:15.76 ID:3V3+ytwE
>>489
誰もやらないので未評価をまとめてみようかと
土曜だしのんびり2時間くらい待っててください

>>642
素敵な評価をもらえると良いですね

644 :名前はいらない:2013/02/09(土) 13:35:13.14 ID:RPlbqI26
「AV女優」

☆本番前
男優「今日もよろしくね、ひなちゃん」
女優「緊張しましゅー♪ ドキドキですけど頑張りますねっ」

☆本番
男優「ここをゆっくりとなめられるとどうなるの?」
女優「んんっ!! 感じてしまいましゅ〜♪」

☆本番終了
監督「OKでーす♪ おつかれさまでした!!」
男優「ひなちゃん、今日もよかったよ。今度一緒にご飯にいこうね」
女優「はいっ♪ 監督とスタッフの皆さんもおつかれさまでした!」
監督「今度はもっとHな演技しようね、ひなちゃん」
女優「はいっ☆ もっといい演技しまっしゅ♪ 頑張りまーす♪」

☆控え室にて

マネージャー「ひなちゃん、お疲れ様」
女優「あの男優マジできもいね。乳首のなめかたもヘタクソだし」
マネージャー「機嫌直してよ」
女優「今度一緒にご飯でも、だってよ。ざけんなっつーの」
(コンコン、扉の音)
女優「はーいっ♪ どなたですかあっ??」
佐藤光「挟み込み 挟みこんでは 挟み込む」
女優「えっ? 誰、こいつ・・・」
佐藤光「女郎花 咲いては明かず 眺めやる」
マネージャー「誰なんだ、君は?」
警備員「おいっ! 勝手に入ってきたらダメじゃないか」
佐藤光「反り返る 亀頭の穴に 墨を入れ」
女優「きもいっ! きもいよ、こいつっ!」
佐藤光「照り返す 空の蒼さに 肝煎りの」
警備員「早く出るんだ! 出ていきなさいっ!!」
女優「怖い、マジで? ストーカー?」
佐藤光「探してぞ 開けてはくれず 黙り込み」
警備員「このデブ、出ていきなさいっ!!」

(おしまい)

645 :    ◆UnderDv67M :2013/02/09(土) 14:11:25.42 ID:3V3+ytwE
>>642
既に評価済みでしたね そうですね地名になるようですね

>>644
なんなんだこれは……(困惑

>>631-632
連投扱いで 他のスレにも持っていってみたら?

>>636
特Aとかないんでとりま保留


542 584 587 594 599 
615 621 633 全部転載

大半の転載元のブログ
http://ameblo.jp/hattori66/

転載ならそう一言書いとけばいいのにとは思うけど
そもそも連投になるのでダメなものはダメです
そこまでしてココで宣伝しなくても良いでしょう
アメブロの中でやっててください

IPアドレス180.233.142.129
description
いぬぬんのブログ、コンニチワ。ボクヌイグルミです。ファン募集中!ファンの方には特典が・・♪
keywords
コンニチワ。ボクヌイグルミ,いぬぬん,ブログ,アメブロ,アメーバ,ameba

646 :    ◆UnderDv67M :2013/02/09(土) 14:13:14.32 ID:3V3+ytwE
未評価まとめ(>>489

>435 >490 >491 >493 >509
>512 >517 >520 >533 >540

>543 >564 >588 >590 >619
>629 >637 >638 >639 >644

再評価希望
>444

647 :ゲッパリラ:2013/02/09(土) 18:47:26.44 ID:uX2ewD0q
四苦八苦
知らずハッタリ
七五郎

648 :名前はいらない:2013/02/09(土) 20:25:02.41 ID:h3n4/Hx3
「うつろ」







 からん












                                         ころん

649 :名前はいらない:2013/02/09(土) 23:38:11.68 ID:gT251NPR
>>435
難しいクイズというか、黙示録を読んでるみたい。
ヒントが漠然としすぎてて頭が痛くなっちゃいました。
書き慣れた感はあり、なんかの感情を示唆してるんだと思うけど、読み取るのが難しすぎ。C−

>>491
しょーもない、としか。
せめて「あの子」のこととか、僕の知らない「錦糸町」という町のこととか、
なんでもいいから描いてあればよかった。D−

>>493
これもなんだかクイズっぽい。
「僕ら」とか「4つ」「6つ」とヒントはあるけどイマイチ絵が浮かんでこない。
子供を育てる貧乏な父親の話? 炎の色が見えない。D

650 :名前はいらない:2013/02/09(土) 23:56:36.44 ID:gT251NPR
>>509
ロックの歌詞? ちょっと「雨上がりの夜空に」の劣化版ちっく。
正直自己満レベルのストリートミュージシャンの雑音を聞かされてる気分。
出て来るんならもっと練習しろよ、と思う。D−

>>520
さ行〜な行の徹底した棒の描写が素晴らしいほど盛り上げる。
や行のみ五七五風のリズムになってるのがちょっと浮く。
クライマックスが弱いけど、縛りの中で頑張ったほう。
タイトルは直截すぎてイマイチかな。好きだけどD+

>>543
短い中に「君」「僕」「私」「あなた」「あの子」と五つも人称が出てくるとゴチャゴチャする。
それが不思議な効果を産んでいるとかいうこともなく、ただ読みにくいだけ。
タイトルもないし、背景もないし、伝える気とか表現する気を感じない。D−

651 :名前はいらない:2013/02/10(日) 00:00:26.29 ID:oH0e4Mgl
未評価まとめ(>>646お疲れ様です)

>490 >512 >517 >533 >540

>564 >588 >590 >619 >629
>637 >638 >639 >644

再評価希望
>444

652 :ゲッパリラ:2013/02/10(日) 00:06:47.98 ID:ZJ8NuuAK
日の落ちる
速さに合わせ
眼を閉じる

653 :名前はいらない:2013/02/10(日) 07:53:00.47 ID:5VaXvPHt
「オスマン・サンコン」

高田馬場駅の前に立ってやってくる地下鉄を待っていると
急に記憶の花が咲き乱れてオスマン・サンコンの顔が
思い出される
あの早朝バズーカでぶっ放されたときの鬼神の形相
あの餅つき大会で子供に「気持ち悪い」といわれ泣きそうな表情
あのこんな外人は嫌いだSPに出てまじめな討論をした姿勢
あの実はエリートだったという勲章を見せびらかさない態度
すべてオスマン・サンコンから教えてもらった
デーブ・スペクターの「住めば都はるみ」という下らないジョーク
ボビー・オロゴンの「俺しらねえよ」と人に物をいう高慢な態度
私はオスマン・サンコンのお陰で外交官になろうと思った
そして今はその外交官になるための学業をこなしつつ
いつか日本のオスマン・サンコンになろうと胸に刻むのだった──

ケント・デリカットも捨てがたいのだがそれはまた別の話

654 :名前はいらない:2013/02/10(日) 09:41:10.05 ID:ZoCSGWw5
>>645
質問です。どうして転載ってわかるの?

655 :ちーちゃん:2013/02/10(日) 11:15:01.84 ID:V25V0H0B
「二階堂本館 バースデイ」

マリアはマリファナが好きで
だけど男嫌いつまり
チンポを知らないチンプな妊婦さ

マリア

大好きなマリファナもポンプも棄てた
母性が目覚めちまった
自分への戒めを左腕にイレズミにして
日記をつけ始めた

心待ちマリア
愛しの腹の中

車を盗んで売り飛ばして
ガキを脅して財布を奪って
企業を潰して在庫を捌いて
懸命に働いて金を貯め

身重のマリア
育児の準備を整える

臨月 臨月 ついにこの時
陣痛周期臨界点
ブラストビートさ
ラマーズブレスシャウト
蛍光灯を撃ち落とし
内から押し付けて処女幕を裂き
カリブトペニスが
ニョキリ

二階堂本館 バースデイ
二階堂本館 廊下
二階堂本館 パーティー

世界を統べる王者の誕生日
未熟児のベイベー
カリブトペニス

656 :名前はいらない:2013/02/10(日) 13:36:23.69 ID:HPcJVOrM
>>639
懐かしい感覚を思い出しました。
自分の気分次第で物事が左右されてしまうという強迫観念のような。
この詩好きです。

657 :名前はいらない:2013/02/10(日) 14:30:22.38 ID:qMDmmTUS
>>639
僕からこの“うきうき”を取ったら不幸で惨めな暮らししか残らないんだ。
だからこの“うきうき”を止めちゃいけないんだ!

うきうき止まるな、うきうき止まるな。廃れた暮らしの中で見つけた唯一の楽しい気持ちがこれだから
止まらないでくれ。

なんでそう思ったかというと、
「足もすくわれないんだ!
もつれることだってないんだ!」この2行。
ということは、うきうきしていない時は足元すくわれて、もつれている。つまり人生に負けている。(ちょっと飛躍してるけど。解釈。)
もっと言っちゃうと現実逃避。うきうきだけを見てその他の現実からは目をそむけるという。

自分の心と体の中のうきうきした気持ちにだけ目を向けているというのがわかります。
うきうきだけを見るというのは、やはりそれ以外の事象を見たくないからでしょう。
それが何を意味するかというと、一番最初に察するのは、やはり現実逃避でしょう。

喜んだ気持ちに感動してそれを表現したというよりは、
辛さを感じなくするために無理をして出している気持ちと採れる。

本当に感動して書かれた詩なら何に対して感動したのかが書かれているはずだ。
つまり、このうきうきは空っぽの“うきうき”なんです。空威張りのように、
本当はうきうきするようなことなんて何もないのに、うきうきしているように見せているだけ。
虚勢を張ったうきうき。空元気。

だから、この解釈だと、このうきうきはうそということになるな。
うそを本当であるかのようにみせるのは社会のずるいところだと思います。
嘘は嘘、真実は真実として捉え書くのが詩人の目と手なんだと思います。
あなたはまだ本当の詩人ではないのだと思います。

辛いことを楽しいことであるかのように捕らえて書くからだめなんです。
辛いことは辛いっ!として書くことをすすめます。

658 :名前はいらない:2013/02/10(日) 15:20:50.65 ID:HPcJVOrM
「焼肉」


月曜日も鍋を作った

水曜日も鍋を作った

土曜は、さすがに鍋ももう飽きただろうと
焼肉にしたらなじられてしまった

「寒いのになんで焼肉なの? 」

「鍋だと思ってたのに……」

「冷蔵庫に牡蠣があったじゃん! 」

べたべたべたと
泥団子を私の体で押し潰して


泥人形は思うのだ
思いやりとお節介の境界線の頼りなさを

泥人形はいつもふらついているのだ
その境界線の右か左で

喜びに体を震わせて
剥がれゆく泥に何もかも忘れ

戸惑いに体を固くして
いっそただの団子になるかと目と耳を覆う


でも、もう泥人形は微動だしない

畑に泥を撒くことを覚えたから

内なる畑の境界線は、
地平線と見事に合致する

太陽がいいよと言えば
それでいいのだと

こちらの大地に足つけ
生きることにした

659 :名前はいらない:2013/02/10(日) 15:21:26.13 ID:HPcJVOrM
カラカラとまわる風見鶏を横目に
静まり返った稲穂に触れる

風もないのにまわるアイツは異様だと
草も木も山も全てが語っている

なんて落ち着くんだろう、この世界は

ここで水を飲み、私の肉にしよう

煌く星を愛でながら
誰かに見せびらかすことはしない

ただせっせこせっせこ耕すだけ

あちらの世界からジュウジュウと
血のたぎる音が聞こえてきても

ただせっせこせっせこ耕すだけ

そんなものあちらの私に任せておけばいい


プレートの上にのせられた自家製の人参

あなたの箸先に与えられた自由と責任

660 :名前はいらない:2013/02/10(日) 15:40:35.75 ID:5v5kU1HY
プレートの上に作り上げたのは白くそまった不格好なペンギンで
その中に青いペンギンを間違って製造しちゃったもんだから
ちょっと苦情が来ちゃって
醜いアヒルの子を生みだした責任をどうにかとれやと
青いペンギンは、一人ぼっちのまま海にダイブしようとするし
何故だか愛着湧いてしまって
醜いアヒルの子が特別みたいに思えてきて
不格好な白く染まったペンギンたちは、プレートの上から海へダイブしようと
よくあることさと目を背けられるのに
醜いアヒルの子がそんな真似をしようものなら
顔色変えて追いかけるようになってしまった
死の境界線はそんなに簡単に踏み越えたりは出来ないとそう誰かに忠告されたけれど
聞き入れてなんていられない
そんな

661 :639:2013/02/10(日) 18:47:22.85 ID:HnquFlJE
>>656>>657
感想ありがとう!

うきうきとは浮き浮き 浮いてる人間ってイメージです!
浮いてるから見られるし救われないし人とも絡まない 生きづらい→太陽に近づくほど浮こう=死のう死のう!って感じの流れでした!

ウキウキじゃなく浮き浮きだから暗い詩になれるよw!意味がなん通りかあると面白いかなって書きました!

暗い詩を暗くしようとすると黒くしか塗れない課題はあります ズバリです

662 :名前はいらない:2013/02/10(日) 20:04:01.59 ID:HPcJVOrM
>>661
なるほどー。
もう一回読んだら全く違うイメージが見えました。
おもしろいっ!

663 :ゲッパリラ:2013/02/10(日) 23:39:53.94 ID:ZJ8NuuAK
近道を
してぞ見えぬは
人の道

664 :ゲッパリラ:2013/02/11(月) 00:18:56.01 ID:usfTN90w
感無量
知りて知らずの
シンパシー

665 :名前はいらない:2013/02/11(月) 03:56:35.48 ID:hNDWhUdJ
「無題」
 目がさめて、起きて身ぶるい
 指もひんやり、体もすくむ
 白湯を一杯

666 :ゲッパリラ:2013/02/11(月) 05:19:17.31 ID:usfTN90w
満天の
星に傷付け
アウトロー

667 :ゲッパリラ:2013/02/11(月) 05:24:30.89 ID:usfTN90w
愛情の
切れ端つまみ
若せせり

668 :ゲッパリラ:2013/02/11(月) 05:30:54.48 ID:usfTN90w
神の庭
獅子蝶枝堂(ししちょうしどう)
そびえ立つ

669 :名前はいらない:2013/02/11(月) 07:21:14.38 ID:GyNwP4o1
>>644

「まぐろババア」の作者と同一人物なのかな?
相変わらず強烈なキャラ設定。
二面性を見せるAV女優の傲慢な性格を破壊するように
現れる佐藤光(ゲッパリラ)の連投を逆手にとったような
相手の話に耳を傾けない傲慢さが爆発していていいネ!
ちゃんとストーリィを組み立てているところもグッドだネ!
あなたは詩人というより、クリエイターに近いかな。
非常にまじめにふざけた作品を投下するところに愛情を
感じました。また強烈な作品を期待します! 評価A

670 :名前はいらない:2013/02/11(月) 07:28:39.23 ID:GyNwP4o1
>>653

これもいい作品だネ! まさかあのオスマン・サンコンを
題材にポエムを書くなんて……(絶句)。
それなのにあのサンコンの顔がすぐにイメージできるところは
流石の技巧というべきでしょう。
間にデーブとボビーのキャラを絡ませて比較することで
より一層サンコンのキャラが引き立つこの絶妙な語りに感動
これくらいの愛情を感じる作品には敬意を払うべきだヨ! 評価A

>>655

まるちー氏の強烈なメッセージがついに爆発したネ!
得意の言葉遊びと二階堂という今ではポエム板に
なくてはならない存在(そうでもないか?)を絡ませて
独特の納豆のような粘りけを感じさせる作品だネ!
イメージの奔流を音楽のように響かせていて好感触だったヨ!

評価C

671 :ちーちゃん:2013/02/11(月) 10:12:19.57 ID:2m61vWoK
>>670
ぼくだけCなのは全然納得がいかないので>>655再評価おねがいしまうす(;n;)rx

672 :名前はいらない:2013/02/11(月) 10:38:34.81 ID:GyNwP4o1
>>615

これは本当にいい作品だネ!
仮想空間とも読み取れる映画の中のテキストに自分の
欲望や願いが瑞々しく迸っている
読んだときの喜びを味わわせてくれるすばらしい作品だネ! 評価B

>>658

泥人形という言葉がむしろ日常の背景をくっきりと
描きだしている作品だネ!
あえて日常とそこから逸脱する世界を照らし合わせた技法。
なかなかの傑作だよ、これは。
できれば説明調でもいいからどこへ読者を誘導したいのか
考えて書くとよかったネ! もう少し推敲が必要かもしれない 評価C

673 :名前はいらない:2013/02/11(月) 12:10:16.75 ID:zivhlXJd
>>564
読者の頭をキャンバスに見立てて絵を描くように書いてみてはどうだろうか。
メロディーに乗せればまだいいのかもしれないが、詩としては絵が描きにくい。
構成は整理されているが使いにくい、いわゆる整理下手。タイトルがないことからもそれが窺える。
短い中に同じ言葉が多いのも読む気にさせない要因。D+

>>588
詩のタネに過ぎない。
自殺した少年の自室から見つかった大学ノートから発見されればそれなりに価値はあるだろうが、
その場合ですら少年の背景というメインテキストにおける1アイテムに過ぎない。
ぽつんとこれだけ置かれていても同じような境遇の人間が共感するだけで、
文章のほうから発する力はあまりにも取るに足らない。D−

674 :名前はいらない:2013/02/11(月) 12:24:55.67 ID:zivhlXJd
>>590
日常における不可解な恐怖を的確に説明している。絵もくっきりと見えた。
素直な作品で好感がもてるゆえ「ヒネろ」とか「描け」とかあまり言いたくない。
しかしこれではやはりまだ下書きの段階だと思うのだ。詩というよりは百物語の語りに近いというか。
もっとぞくりとさせるような「作品」に練り上げてほしいと願うのは贅沢か。D++

>>619
これも説明にすぎない。頭に浮かんだ順番に書いただけ。
即興というにもあまりにも言語世界が閉じていて退屈。私はあなたに興味などない。
「自分に似ている主人公がハッピーエンドになりえない悲哀」でも描いてあるならまだいいが、
そんな情感は作品の外、作品には「ボクはダメ人間だからどうせダメ」ということが書いてあるだけ。
そんなものに興味はない。D

675 :名前はいらない:2013/02/11(月) 12:28:15.24 ID:zivhlXJd
未評価まとめ(>>651

>490 >512 >517 >533 >540

>629 >637 >638 >639 >644

>659 >660

再評価希望
>444 >655

676 :名前はいらない:2013/02/11(月) 12:30:28.64 ID:zivhlXJd
訂正します。

未評価まとめ(>>651

>490 >512 >517 >533 >540

>629 >637 >638 >639 >644

>659 >660 >665

再評価希望
>444 >655

677 :名前はいらない:2013/02/11(月) 12:34:22.35 ID:zivhlXJd
またまた訂正すみませんm(__)m


未評価まとめ(>>651

>490 >512 >517 >533 >540

>629 >637 >638 >639 >659

>660 >665

再評価希望
>444 >655

678 : ◆YAPoo/LC/g :2013/02/11(月) 12:49:01.40 ID:DNOXdIDF
>>677

評価、未評価一覧作成お疲れ様です

閲覧していて

セン五愛を感じた

もちろん文句なしの





ぼが〜ん

679 :ゲッパリラ:2013/02/11(月) 22:45:49.42 ID:usfTN90w
青春ぞ
若い苦いの
三拍子

680 :658:2013/02/12(火) 07:28:06.99 ID:2Qfa45Rs
>>672
たしかにそう言われて読んでみると、一連目とかすごい自分視点でした。
なんで気づかなかったんだろ。客観的な視点を持つのって難しいなー。
評価ありがとう!もうちょっと伝えることに重点を置き書いてみます!

681 :名前はいらない:2013/02/12(火) 07:30:03.78 ID:2Qfa45Rs
未評価まとめ(>>677

>490 >512 >517 >533 >540

>629 >637 >638 >639 >660

>665

再評価希望
>444 >655

682 :名前はいらない:2013/02/12(火) 10:59:19.74 ID:/ZNPfYWt
「坊主の読経」

がんが〜しんにょ〜にょこうろ〜
がんが〜しんにょ〜ちえか〜
ねんねんざいぶつ〜くえそ〜(中略)

なむあみんだぶつなむあみだんぶつなむあみだんぶつ……
ポクポクポクポク…(木魚の音、暫く続く)

なむあみだぶつ、なむあみだぶつ〜
(重低音の声で親戚一同、神妙に頭を垂れる」

暫くの沈黙のあと──

(アニメ声で)
坊主「今回は本当にありがとうございましたっ!!」
親戚一同「はあ、ありがとうございました…」
坊主「ところで、お布施、ハウマッチ??」
親戚一同「お金の話ですか??地声甲高いんですね」
坊主「カラオケのヴォーカルで女性の声、歌ってます☆」
親戚のひとり「坊主なのに、カラオケかよっ!!」
坊主「AKB全曲歌えますっ♪」
親戚のひとり「お布施出すので、すぐに帰ってもらえますか……」

(おしまい)

683 :ちーちゃん:2013/02/12(火) 12:14:19.17 ID:8+04Bt27
>>682
とても可愛らしく書けていますね♪p(^-^)q
これ凡人ならAKBを呼んじゃうと思うんですよね。
「お経は読めないけど髪型が坊主なので来ました」みたいに。
で、参列者一同が「読経は無かったけどいい握手会だった」と満足して帰るわけですよ。
故人も遺影でニッコリスマイルまさにYEAH!!(遺影)
みたいな面白ギャグ歌詞のおどろおどろしい曲を僕は昔バンドで歌っていたのですが
爆音で何を歌っているのかわからないのでみんな真面目な顔をして聴いていました。ははは。
おっと失礼蛇足でした。でも足があったらトカゲだと思いませんか?
と言う訳で日常からほんの少しだけ飛び出したニコニコ厨房のようなシュールレアリズム、
私のような鬼才の目には新鮮に映りました。私だから評価するのですよ?凡人なら酷評すると思います。E

684 :名前はいらない:2013/02/12(火) 13:46:08.57 ID:/ZNPfYWt
>>683 再評価希望します。できれば「いいネ!」さんから
寸評をいただきたいと思いますので……。

685 :ちーちゃん:2013/02/12(火) 15:12:00.44 ID:8+04Bt27
!(;o;)rx

686 :ちーちゃん:2013/02/12(火) 15:13:38.28 ID:8+04Bt27
ぼくもうやめる!(;n;)rx

687 :名前はいらない:2013/02/12(火) 15:22:36.44 ID:Mas5E6+B
「繋がらない電話」

2人で買いに行ったiPhone
ケースもプレゼントした
初めてのスマホに2人で四苦八苦したっけ






電話解約はショックすぎた
ショックすぎて家押しかけようかと思った
でもSkypeはパソコンでオンラインになってる
つながってるみたいで少し安心
薬いっぱい飲んじゃった
一歩一歩歩いていくしかない
空は繋がってる


繋がらない電話
誰にも聞こえない
俺の声

688 :名前はいらない:2013/02/12(火) 17:47:38.32 ID:TqY39Wk+
がんばルンバ

689 :名前はいらない:2013/02/12(火) 17:56:01.61 ID:WWi2y8EK
>>600ですがちょっと修正したので再評価お願いします!
「雨」

雨、やみました

お気に入りの傘置いてきました
お気に入りのレインコート脱ぎました
お気に入りの長靴しまいました

お気に入りの人いなくなりました
お気に入りの指輪外しました

雨、ふりだし

雨、もうやまない

690 :名前はいらない:2013/02/12(火) 17:59:13.18 ID:2Qfa45Rs
>>682
上手く言えませんが、この作品は昆布な印象です。益にも害にもならず、ただ漂っているような。
切り口と呼べる箇所が見当たらないので、心のお鍋に入れることがとても難しいです。
幾重にもユーモアを織り込むことが求められる高難度なスタイルだとは思いますが、
>>624ではどこか後ろ髪をひかれてしまう危うい魅力を感じましたので、
作品の仕上がり具合を決めるのは、ご自身のセンス云々ではなくユーモア神のご機嫌次第?なのかな?
D−

以上、評価人指定による再評価希望はテンプレ違反ですので、拙いながらも評価させていただきました。

>>689
わ!ラスト2行素敵ですね!

691 :名前はいらない:2013/02/12(火) 19:19:40.81 ID:2kFpsQkz
今までAとった人いるの?

692 :名前はいらない:2013/02/12(火) 19:59:29.54 ID:IbVeV5nb
>>616-617
解釈@
胎内に宿す自分の赤ちゃんが生まれてくる時を夢見る(待ち望んでいる)、妊娠してる人の心境と情景。
表現の端々に内に秘める思いが見受けられるから、そのように解釈しました。あと、初見でうっとりさせるちからがあったから。この詩には。
このうっとりさせる気持ちはどこからくるのだろうと考えたら、こういうことかな、と。

解釈A
いつか自分も赤ちゃんを胎内に宿して生まれてくる時を夢見る乙女の心境と情景。

たくさんの愛情に守られてる、って感じがします。
作者は両親に絶大な信頼を寄せているようです。
私の両親は自然さえも超越しているんだよ。
だから、自然を仕舞い込むのは両親の愛情。

作者にとっては太陽よりも両親からのほうが多くの恩恵を受けているんだよ。
母の言葉は、まるで太陽さえも仕舞い込んでしまうようだ。

両親から絶対的な恩恵を受けていることをあらわしていると思います。ふつうにいうと親のすねをかじる。

解釈B
親のすねをかじる。ただし親を尊敬している。自分を守ってくれる親の愛にうっとりしている。

比ゆが下手ですね。
「白いふくろ」が何のことかわからない。初詣のお賽銭?親類のお年玉?

猫の形容で「寄りかかる」は不的確。猫がまるまった姿勢では、背骨は壁にもたれかからないから。

「足元で短い毛足の舌を」ここの表現なんか変じゃないですか?

「地面から生えたテーブル」このテーブルは比ゆなのか本当のテーブルなのかわからない。
「バイク」とは自転車のことなのかエンジンのついたバイクなのかわからない。
ぼくにはあなたがバイクに乗るような人には見えない。おとなしそう。
最初読んだときは30代半ばの男かと思ったけど、いまにしてみると女かもしれない。年齢はわからない。大人ってことしかわからない。30代前半?

とりあえず親を尊敬できる立派な人なんだなと思います。評価はC−
じゃね。

693 :名前はいらない:2013/02/12(火) 20:41:05.93 ID:2kFpsQkz
投下

汽車ゴーと鳴って 息絶えるも……
でも食堂は明るくってね
蠣フライ 橙酢搾らなくってばならないわ
肩脊寒くって 口惜しくてね
汽車ゴーと鳴って この橙酢酸っぱいわ

694 :名前はいらない:2013/02/12(火) 20:44:59.20 ID:2kFpsQkz
>>693の評価よろしくです

695 :ちーちゃん:2013/02/12(火) 21:07:07.84 ID:Xi7FvIc4
>>693
久し振りに読みましたけどいいですね。

696 :ゲッパリラ:2013/02/13(水) 00:59:38.16 ID:xQ7QfbgH
前々の
後ろよがりに
行き転ぶ

697 :名前はいらない:2013/02/13(水) 01:24:36.49 ID:L+2Q/1vJ
>>692
丁寧な評価に感謝します。

この作品から>>692氏が受け取ったイメージを私も見たくって、
再度意識的に自分の作品を読んでみたのですが、
残念ながら先入観に邪魔され見ることは叶いませんでした。
胎盤に守られている赤ちゃんのようなうっとりさでしょうか?うーん。

自分の表現力のなさを晒すようで恥ずかしいのですが、この作品は、
「まったく、人間は猫から住環境延いては食べ物を奪っているのに、
餌を貰いに来た猫に“アテにしたら可哀想”なんてよく言えたものだな。
アテを奪ったのはそもそも人間様じゃないか」
というメッセージ性を打ち出した(否、打ち出せてない)作品でして。
そして、そのメッセージに対しなんら方向性を見いだせてない自分も
そのまま織り込んだので余計焦点の定まらない詩となってしまいました。
でも等身大な作品なので、数年後改めて読んだ時に赤面せずに済みそうではあります。

>「白いふくろ」が何のことかわからない。初詣のお賽銭?親類のお年玉?
白い袋は、ゴミ袋から連想しました(させなきゃダメです)

>猫の形容で「寄りかかる」は不的確。
ごめんなさい。「寄りかかるは体重をかけるという意味のはずだから間違ってないはずたぶん」と腹の底で思ってます。
でも、背骨が上についてるという意識が全くなかったので指摘されて、はっとしました。

>「足元で短い毛足の舌を」ここの表現なんか変じゃないですか?
やっぱり変ですよね……。無理せず素直に書いたほうがよかったのかな。

“テーブル”は駐輪場の比喩のつもりで書きました。上手くイメージして貰えるよう間に
ワンクッション挟もうとしたものの、お手上げでした。
“バイク”は伝わるだろうとばっかり……。
作中の“私”のイメージと合致しないから伝わりにくいんですね、きっと。なるほどなー。

詳細に伝えてくださりありがとうございました。
私の作品はこちらで散々誤読を招いていて、しかも評価してくださった方が明らかに
私より文学に触れておられそうな方ばかりなので、今回も自分の拙さを改めて痛感しました。
親のすねをかじりつつ少しずつ精進していきたいと思います!

698 :名前はいらない:2013/02/13(水) 03:39:17.91 ID:De7WKbtq
>>682

う〜ん、今回も強烈なキャラをつくってきたネ!
読経の低い声、そして木魚との一体感それが
終わったあとでいきなりただのAKBオタの金にがめつい
アニメ声の坊主へと──あなたのつくっている世界は
トリッキーなんだけど、「なんかいたらいたでちょっと
やだネ!」というリアルな触感が楽しめる作品になっている
思った以上に深いテーマなのに書くとあら不思議、
ひとつの面白い世界になってしまう──奥が深いよネ! 評価A

>>687

電話というひとつのツールを使って自分の存在の儚さを
上手に表現した作品だネ!
インターネットでもなかなか孤独から抜けられない人が
多い中で少しずつ依存していくことによって
むしろ寂しさが募っていくという──それが凄く伝わってきて
切ない中にもどこかひとつの諦念を感じさせるものに
なっているよネ! なかなかいいんじゃないですか? 評価C

699 :名前はいらない:2013/02/13(水) 05:26:37.35 ID:/NZN7wtP
>>698
逐一ねをネに変換するの面倒だろ。無理しなくていいぞ

700 :ちーちゃん:2013/02/13(水) 06:10:40.11 ID:f9gex8CM
>>693
やっと時代が追い付いたという感じです

701 :ちーちゃん:2013/02/13(水) 06:13:07.47 ID:f9gex8CM
ああすいません>>694を何故か「再評価よろしくです」と読んでしまっていた…

702 :ゲッパリラ:2013/02/13(水) 07:14:51.26 ID:xQ7QfbgH
食み事へ
寄る死神ぞ
つらつらに

703 :ゲッパリラ:2013/02/13(水) 07:20:32.67 ID:xQ7QfbgH
老いた手の
ぬくかつめたか
長らえる

704 :名前はいらない:2013/02/13(水) 07:59:19.56 ID:zQmXyuqD
「たとえばヒロがそうだったように」

「たとえばヒロがそうだったように」


ほっておいたらおもしろいくらいおもしろいことがない
ほっておいたらかなしいくらいかなしいことがない
陽の光は星の裏っかわからぬるっと現れて
諸々の影を線にして
点にして、また線にして、
また星の裏っかわにぬるっと消えていく
これは日々なんかじゃない
ぐずぐずぐずついたかさぶただよ
根こそぎバールでひっぺがして
俺が見たいのは鮮血だ。
目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ

消し忘れたタバコの煙のようなゆらついた眼差しの少年が
俺の視界をゆらゆらと横切っていく
あぶねーあぶねー、反射的に殴りそうになったよ
睡眠薬たらふく食らって勝手にくたばったヒロ
おまえにそっくりで
あぶねーあぶねー、反射的に殴りそうになったよ
そーいや、おまえの親父から電話があったよ
出なかったかったけどな めんどくせーや

街は眠らない
だからこっちが目を閉じるしかないんだ
街に静寂はない
だからこっちが耳を塞ぐしかないんだ
新しいものが生み出され、新しかったものが古くなり
古かったものが忘れ去られた
と思ったらくるんとバック転して
古かったものが今一度新しいとされたりして
挙げ句の果てには古かったものを
わざわざ新しく生み出し始めたりして...

705 :名前はいらない:2013/02/13(水) 08:01:00.18 ID:zQmXyuqD
これは時代なんかじゃない
ぐずぐずぐずついたかさぶただよ
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ
目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ

背筋と根性を直角にひん曲げてパソコンの画面を覗き込む
人の悪口を言って楽しんだり
人の悪口を言ってる人の悪口を言って楽しんだり
表面温度0℃、湿度0%
ただひたすらにひたすらな記号の連続、応酬、雨あられ
世界のどこの誰とでも繋がっているようでいて
世界のどこの誰とも繋がっていない

良し悪しではないけれど
そこへいくとヒロ、おまえは拒食過食で
ときには極端に縮んだりときには極端に膨らんだりしながらも
ここしか居場所がないんです、なんてくそみたいなセリフを
真顔で垂れ流しながらも
“ライブハウス”というこの世で最も窮屈な空間の中で
しかし、世界のどこの誰とでも
繋がっていこうとしていたのかもしれねーよな
さておき、おまえ、この世で最も金髪が似合わなかったよな

706 :名前はいらない:2013/02/13(水) 08:02:22.46 ID:zQmXyuqD
綴りようのない切実を切実という
綴れる程度の切実は切実とはいわない
全ては、“切実”でしか変えることができない
だから例えば、歌で世界を変えることはできない
歌で人を変えることはできない
世界を変えることができるのは
世界が抱く綴りようのない切実だけ
人を変えることができるのは
人が抱く綴りようのない切実だけ

マスクをつけよう 風邪の予防の為に 喉の保湿の為に
自分が吐き散らす言葉の胡散臭さを噛み締める為に
嗚呼、臭いったらありゃしない

これは歌なんかじゃない。
ぐずぐずぐずついたかさぶただよ。
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ
目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ

707 :名前はいらない:2013/02/13(水) 08:03:16.51 ID:zQmXyuqD
俺もやってみたいんですけど、余ってるギターありますか?って言ってきたおまえと
やってみろよって、余ってたギターをプレゼントした俺
あの時の俺とお前以上に暇で愚かな人間っつったら
例えば、軽々しいことこの上なく、サークルのりでお祭り騒ぎ
原発賛成反対云々ケンケンガクガクわーわーきゃーきゃーやってるやつらくらいのもんだろうな

哀しいかな、消えてなくなって欲しいやつっているな
俺も誰かにそう思われてるだろ
そこへいくとヒロ、おまえはあくまで俺的には
ギリギリ、あくまでほんとにギリッギリ
消えてなくなって欲しくない、まあそーだな 友達だったぜ。
おまえのライブ、見てみたかったなぁ
おまえも歌うたいになればよかったのになぁ。
持ち時間30分なら30分 1時間なら1時間 3時間なら3時間
それが歌うたいの寿命なんだ
わざわざ自らわざわざ永遠にくたばるまでもなく、毎日、毎回くたばることができて、
そして何より、毎日、毎回生まれることができる
なんとも自分勝手で都合のいい存在なんだ。
そーいや、おまえにあげたギター、
サトシってやつが持ってっちゃったぞ
おまえのツレだって言ってたけど本当か?嘘なら呪い殺しとけ

708 :名前はいらない:2013/02/13(水) 08:04:22.48 ID:zQmXyuqD
ほっておいたらおもしろいくらいおもしろいことがない
ほっておいたらかなしいくらいかなしいことがない
陽の光は星の裏っかわからぬるっと現れて
諸々の影を線にして、点にして、また線にして
また星の裏っかわにぬるっと消えていく

これは日々なんかじゃない
ぐずぐずぐずついたかさぶただよ
根こそぎバールでひっぺがして、俺が見たいのは鮮血だ
目が眩むほど、真っ赤な真っ赤な鮮血だ

生きたいのか、死にたいのか
そんなことはときにどっちでもいいような気がする
そんなことより、生きたいなら生きたいなりに
死にたいなら死にたいなりに
ちゃんと人間か?
ちゃんと人間か?
目が眩むほど
真っ赤に真っ赤にちゃんと人間か?

ちゃんと人間か?ちゃんと人間か?目が眩むほど、真っ赤に真っ赤にちゃんと人間か?

709 :名前はいらない:2013/02/13(水) 17:47:30.61 ID:L+2Q/1vJ
「ばれんたいん」


ぐりこ

ぱいなつぷる

ちよこれートを手渡すまであと3日

あなたは喜んでくれるかな

それとも私の作ったチョコなんて
宇宙から墜ちてきた茶色いおにぎり?

ぐりこ

ぐりこ

やっぱ買ったやつのほうがいいかなぁ

ぐりこ

ぐりこ

あ、でもそれだと義理っぽい!

なつぷる

ぱいなつぷる

でも料理とかへたなんだよなー

ぐりこ

ぐりこ

ぐりこ

ぐりこ

ぱいなつぷる

ぱ い な つ ぷ る

ぱ・い・な・つ・ぷ・る



くつくぱつど

くつくぱつど

“チョコレート”

710 :名前はいらない:2013/02/13(水) 18:34:41.01 ID:XpmQ4DzU
>>709
これ全部踏んでくと3日になりました〜ってことなのかな?
グリコチョコから手作りチョコまでにいく発想が面白い!

711 :名前はいらない:2013/02/14(木) 00:38:12.30 ID:VaRI16vX
>>710
ありがとう
伝わって嬉しい!

712 :名前はいらない:2013/02/14(木) 10:15:27.07 ID:A8H43bZv
皆さんも前むいて歩きましょう
後ろなんてみてたら
転んじゃうから。

まっすぐ前見て歩きましょう
下ばっかみてたら
何かにぶつかるから。

たまに休もう
急ぐことなんてないんだから

ゆっくり自分という者のペースで
歩けばいい。
他人のペースで歩くなんて
ただ疲れるだけだから。

自分という確かな存在を
みんなの記憶にいれて消えましょう。
それが人間という生き物だから

わがままでごめんね。
でも、ありがとうの方が言いたい
それが自分という人間だから。

そして時々、足元みましょう
平らな道なんて誰も歩いて
なんかないから。

自分だけの獣道。
醜く見えるかもしれないけど
これが私の歩いてきた道です。

713 :ゲッパリラ:2013/02/14(木) 19:29:42.45 ID:Kx8pF6kM
縦チンちん
上の前方
新皮質

714 :ゲッパリラ:2013/02/14(木) 22:50:54.03 ID:Kx8pF6kM
日暮らしの
尽きて土盛り
照らす波

715 :ゲッパリラ:2013/02/14(木) 23:35:13.18 ID:Kx8pF6kM
宙返り
能隠してぞ
鷹の飛ぶ

716 :ゲッパリラ:2013/02/15(金) 01:06:22.49 ID:O90aLI8M
赤星の
外に広がる
全宇宙

717 :ゲッパリラ:2013/02/15(金) 01:36:16.61 ID:O90aLI8M
馬に乗り
駆けるに道ぞ
宛ても無き

718 :ゲッパリラ:2013/02/15(金) 02:06:13.96 ID:O90aLI8M
御仏に
馬鹿の形見と
花の束

719 :ゲッパリラ:2013/02/15(金) 02:12:04.53 ID:O90aLI8M
テーブルに
置く物探し
空の色

720 :名前はいらない:2013/02/15(金) 14:45:13.60 ID:bcmyLETf
「幻想夢」

彼女のビロードの髪をなでたらソレはイヌだった
髪に結んでいた赤いリボンはほどけて飛んでった
やがてボクは現実に還り全てを知ってゼツボウした
ユメから覚めた2人はもうそこにはいない…
今は誰もいない草原に冷たいそよかぜが吹いているだけ
こんな悲しい白昼夢はいらない
こんな恐ろしい現実ならいらない
彼女とのあの楽しかった日々を返して
もう一度2人を笑わせてよ
こんなつべたい怒涛の悲しみに迷わせないで

そう一番のエゴイストはボク
誰よりもキ印で愚かだったのもボク
悪いのは世間じゃぁなくてボク自身
なによりも気づかなかった世界一馬鹿だったのはボクなのだから
謝らなければなりません
ゴメンなさいしなければなりません
許されないのでスミませんしなければいけません

ああでも繰り返し
ただ思うは彼女の残り香ばかりなり
クンクンクンクン
みすぼらしくイヌのように嗅いでいる
クンクンクンクン
やがて俺が俺を捨ててイヌになるまで

721 :名前はいらない:2013/02/15(金) 21:24:55.58 ID:bAEI7Ba2
「ゴロゴロー」

ゴロゴロー
寝たり起きたり・・
ゴロゴロー
立ち上がったり座ったり
ゴロゴロー
お気に入りの散歩コースで猫とじゃれたり
ゴロゴロー
雨が降ってきてカミナリ光って
ゴロゴロー
転がって転がって穴に落っこちて
真っ黒な世界で時間が止まった


ゴロゴロー
目が覚めたら布団の中で
外は真っ赤なキレイな夕陽で
ゴロゴローってお腹が鳴ったから
もう起きよう


君と一緒にゴロゴロ
布団にもぐって
君の顔じーって見つめて
キスして
幸せいっぱいで
いつの間にか寝ちゃうんだ

ゴロゴロ・・

722 :名前はいらない:2013/02/15(金) 22:03:08.66 ID:ZKnWKyrn
評価はできないので一口感想を

>>720
めんどくささがある文だなと
めんどくさい人だから なんかめんどくさいことになってんだねー と

>>721
多様な意味をもたせる発想は好きですし 全体を通してほのぼのな感じがでてて良かったです
君と一緒から蛇足感な気もします

723 :名前はいらない:2013/02/16(土) 01:19:40.84 ID:Pi2FEkLQ
>>490
ぺらぺらの紙という比喩は、想像力があるね。痛々しさという単語は、表現力はあるけど、
正確さにはかけるかな(とは、痛々しいと想像する主体の、判断条件が、栄養素だけでは、
痛々しいという判断には至らないと思うから、つまり現実感がないような気がする、逆に、
痛々しいと感じる場合には、見た目から痛々しいという判断を下した十分な条件が、
豚の姿が痛々しいという意味であると思われるので)。白く塗りつぶす〜というのも、
言いたいことだっていうのはわかるけど、ちょっと比喩が仰々しいような気がする。
二連に至って、さらに主張に味がかかって、いい感じ。殺気とか、これも仰々しいけど、
この連の雰囲気に従っては、ちょうどいい感じ。
三連で、題の通りの、緩やかに摂取すればという、明察があって、とても感心した。
人生の地中というのも、なかなか味があると思う。
朝刊の一面というのは、いまいちよくわからなかった。別の表現でも悪くはないと思う。
最後もいまいちよくわからない(すいません)

以上で終わり。まとめは、毒についての考察が得られるため、非常に考えさせられる。
比喩の使い方が特徴的。最後のほうが難解で困った。

C-

724 :名前はいらない:2013/02/16(土) 01:50:57.17 ID:Pi2FEkLQ
「酒交わす」

ほんとの自分と今の自分は風が吹き一瞬で過ぎてしまう
お前は死に焦がれるから
灯篭のように並ぶほおずきを前にして片隅に体操座りするお前
川に浮いた油のように一輪の花びらを散らす夏の日の陰り
すみれの瞳火の裏返る美しさお前の愛
音楽から解放された赤ちゃんは自分の中に入っていく
夜に泣く
うなだれて丸まる
体を震わせている
心の叫び
祝福の酒

725 :ポラス:2013/02/16(土) 02:05:24.27 ID:l4ahRIGF
「林檎」

君の赤いその頬に
まだ甘酸っぱい口付けを

僕の幼いこの心
受け取ってはくれないか

まだ青い春の僕らにも
季節の向こうを知ってみたい


我ながら気持ちわるいぞww

726 :名前はいらない:2013/02/16(土) 15:28:47.05 ID:Z6EoyQ+3
わたし松の木の下であなたを待つの
北風小僧が走り回るこの公園で
わたし松の木の下であなたを待つの
いつもと同じ青色の空を見上げ
わたし松の木の下であなたを待つの
そっと詰まった息を吐き出して
わたし松の木の下であなたを待つの
快晴の中雨の香りを感じながら

727 :名前はいらない:2013/02/16(土) 17:39:57.76 ID:Hc5PoAQD
例えば、>>726
「走り回る」は「はしゃぐ」「遊ぶ」などではいけないのか?
「見上げ」は「見上げて」のほうが文末の韻が揃わないか?
「わたし」はないほうが全体のリズムが揃わないか?

例えば、>>725
「僕らにも」?
「にも」はどこに掛かるのか、「には」ではないのだろうか?

例えば、>>724
「お前」は字面的に適切だろうか?
「おまえ」のほうが良くはないだろうか?

詩とは文字で綴る韻文だ。
推敲の結果としてその表現を選んだのか?
ただ惰性で文字を並べてはいないか?
上記で指摘したような部分を書き手が疎かにするようなら、
詩のセンスは高いとは言えない。

728 :ちーちゃん:2013/02/17(日) 00:35:39.60 ID:bAb/ikr0
例えば、>>727
「はしゃぐ」「遊ぶ」などは「走り回る」ではいけないのか?
「見上げて」は「見上げ」のほうが文末の休符がアクセントとならないか?
「わたし」はあったほうが全体のリズムに緩急が付かないか?

例えば、>>727
「僕らには」?
「には」はどこに掛かるのか、「も」ではないのだろうか?

例えば、>>727
「おまえ」は字面的に適切だろうか?
「お前」のほうが良くはないだろうか?

詩とは文字で綴る韻文だ。
推敲の結果としてその表現を選んだのか?
ただ惰性で文字を並べてはいないか?
上記で指摘したような部分を書き手が疎かにするようなら、
詩のセンスは高いとは言えない。

729 :名前はいらない:2013/02/17(日) 10:33:35.86 ID:I8UiaPta
五段階評価しろよww

730 :ちーちゃん:2013/02/17(日) 12:20:51.22 ID:Oxc4CVal
>>725
国語の成績が悪い小五の発情。蹴りたい。E

731 :名前はいらない:2013/02/17(日) 12:51:28.44 ID:Rr7E/dT4
「昼夜逆転」

絵を書くよ 寂しいから
月を書くよ 一人だから
あいにく半月だ おもしろ味ないなあ
向きを変えると帽子みたいだから ちょっとつばをつけて
麦わら帽子
その下に顔を書きたかったけど 全く誰も思いつかなくってさ
代わりに この哀しい思いを帽子の下に塗り尽くしてやろう


なんか水平線みたくなっちゃったなあ
半笑いで呟いて 仕方ないなと朝焼け空を塗った
さんさんとしだした朝日に向かって「今日」の決意を静かに叫ぶ

月夜だったのになあ
そう思いながら風呂に入ってスヤスヤと眠った

732 :名前はいらない:2013/02/17(日) 13:07:42.73 ID:lzz5ImzQ
草のはえた、こうやに巣穴を掘って生活するの
枯れ草に集まるイナゴを求めて外に出れば
空は満天の星

733 :名前はいらない:2013/02/17(日) 18:49:07.49 ID:wBIKuueQ
風が吹く、
夜になる

風が吹く、
冬になる

風が吹く、
雪がふる

風が吹く、
僕は、今、

734 :名前はいらない:2013/02/17(日) 21:04:24.86 ID:kXodgmN4
人魚の詩吟
その泡
夜風 吹き飛ばし

掘り起こしてはならなかった
ミイラ化した希望
ゾンビ化した夢

在の人たちを
再生復活させるんだと

ロビンソンの弓

地を 海を 空を未来を

そして的外れの

希望 君臨し

人魚の詩吟

泡となり


砂嵐の後
画面は変わった


地球はデモを起こしている
その上での夢 希望

夢見た方が勝ちだって

夢を忘れた頃

気づくよ

735 :名前はいらない:2013/02/17(日) 21:24:12.42 ID:afVSlWNu
大切な暦が一部欠け
遺された月達は盛大に葬うだろう。
加わり損ねた睦月は
一人で霜月の影を追い続ける。
花が葉もろとも涸れ朽ちて
血塗られた緋の眼の地に臥す傍らで。
それでも蜘蛛は止まらない
遺る手足が半分になろうとも。
貴方は永い眠りを強いられ
仲間と墓標に血を添える
霜月が寂しくないようにと。
何よりも孤独を恐れなさい
2人きり程怖いものないのだから。

736 :名前はいらない:2013/02/18(月) 00:45:09.35 ID:ltuS2J37
イカ臭い満月が揺れている

誰かが舞台装置によじ登って
アレを吊してあるロープを引っ張ってやがる

おかげで街中がイカ臭い
だから僕は、
憤慨した人々が造り上げた貨物船に乗り込みたい

そして草原を滑り降りる

「僕はオリーブ」

「君はウェンディ」

という独り言を呟いて、窓をぶち破る

誰かがいる気配がしたので

「ひっ…」と声をあげて振り返る


誰もいない…



いや、上だ!



そう、俺の名は上田



下の名前は知らない

737 :ちーちゃん:2013/02/18(月) 01:11:56.70 ID:t+9ZtRJ1
>>736
いいですね。透明感がある。

738 :名前はいらない:2013/02/18(月) 06:26:16.44 ID:oBaqDqXz
月より火星が善いというシナリオのなかでの宴に
降る春雨

その孤独に幸福は育つだろうか

楽しさに嵐吹き飛ばす永遠のよな色彩の花畑

生物を生み育てる事無き環境の月は

地球にその条件を能えた

晴れ渡る雪景色この青い惑星で

降る詩

その向こう
懐かし気な月

739 :ゲッパリラ:2013/02/18(月) 08:38:26.06 ID:Y33IWNrk
風呂敷を
たたみしまいて
忘れたる

740 :萬ちょ:2013/02/18(月) 15:41:01.86 ID:54eyj6rT
やられた・・・

http://www.youtube.com/watch?v=ctnRI7B4xSw

741 :540:2013/02/18(月) 18:34:09.15 ID:rgnhc8mn
駄作かもしれませんが、どなたか
>540の評価お願いします。

742 :名前はいらない:2013/02/18(月) 18:58:29.38 ID:L0NJRzBg
たぶん小学生の時にクソみたいな詩を綴ったんだが・・・
見るか?

743 :ちーちゃん:2013/02/18(月) 19:02:26.38 ID:Vyr8Q+3+
みたいみたーい!(^o^)rc

744 :    ◆UnderDv67M :2013/02/18(月) 20:21:47.40 ID:5MbXUuBU
>>693 の汽車ゴーと
>>704-708のはコピペなんで
他にもあるかもね

>>740
宣伝マルチ死ね その方に対して失礼だろ

>>742
はよ

745 :    ◆UnderDv67M :2013/02/18(月) 20:34:05.10 ID:5MbXUuBU
>>654
質問は語り合うスレでやってくれると嬉しいです っていう亀レス

746 :名前はいらない:2013/02/18(月) 22:20:25.17 ID:L0NJRzBg
すまん遅くなった
探してたわ
クソだが昔の俺を多目に観てやってくれw

「命」

とある小さな病院で
生まれてくる命

とある小さな森の中で
生まれてくる命

とある小さな湖で
生まれてくる命


とある小さな病院で
消えていく命

とある小さな森の中で
消えていく命

とある小さな湖で
消えていく命


たったこれだけ

747 :名前はいらない:2013/02/18(月) 22:26:45.15 ID:L0NJRzBg
まだあるが明日にしよう

748 :名前はいらない:2013/02/18(月) 23:16:39.18 ID:ZUHgtRt5
子どものころ

無人島にいきたかった

一人、思いのままに叫んでみたかった

一人で遊んで一人で食べて一人で寝る

みんなでもできる事を一人でしたかった
一人はとっても大変だと思う

でも海と森と太陽さえあればどうにかなると思ってた

今は無人島に必要な物が増えた

ライターとテントと大切な人と携帯電話に船に釣り竿にそれとあとなんだっけ

ああ、自分を忘れてた

それと何が必要なんだろう
無人島に何を持っていくべきか

もう分からない

749 :ゲッパリラ:2013/02/18(月) 23:35:46.99 ID:Y33IWNrk
王方良客方良民方良之以成国方良

750 :    ◆UnderDv67M :2013/02/18(月) 23:38:28.12 ID:5MbXUuBU
>>746
VIPでやれ

751 :ゲッパリラ:2013/02/18(月) 23:40:26.40 ID:Y33IWNrk
一人身の
崩れに崩れ
悔やまれる

752 :ゲッパリラ:2013/02/18(月) 23:59:22.10 ID:Y33IWNrk
ゴミ虫の
ゴミを食いけり
糞の山

753 :ゲッパリラ:2013/02/19(火) 00:11:50.87 ID:8BHXjH98
別れての
訳の何ぞを
分かり合い

754 :ゲッパリラ:2013/02/19(火) 00:27:20.10 ID:8BHXjH98
切り株に
座る我にぞ
陽の射さる

755 :名前はいらない:2013/02/19(火) 04:33:28.69 ID:HV81XOUw
か細い文ですが、よろしく

電源を入れる

沢山ある

いくつかが興の物 いくつかが機能の物

変心する

選択肢が増える 選べない

カーソルはまだ動いてない

エンディングは遠い

プレイ時間は標記していない 数えられる

フルオートセーブ たまにアクティブセーブ

もうステータス上がらないのかな

また、残ったけど 電源落とさないと

電源を落とすよ

756 :ちーちゃん:2013/02/19(火) 06:24:19.85 ID:oT2Qdqmp
>>746
安価

757 :名前はいらない:2013/02/20(水) 01:02:02.90 ID:US5P8/hl
KAWASAKIー563G と
殴り書いた段ボールに俺は乗り込んだ

厳密に言うと

詰め込まれた

そう、俺はこの街じゃお荷物ってわけだ

つまり、俺は一匹狼

そして俺は、捨てられた子猫


誰か助けてください


真夜中の通学路で俺は白菜を殴る

汗が口に汗が入って塩辛い

嗚呼

無性にプリンが食いたい

758 :ちーちゃん:2013/02/20(水) 08:23:33.57 ID:XfF6DqMy
>>757
すなわちアナタが最終的に味覚を感じる部位は汗だと。
味覚器官が口に入り味覚器官自体の味を感じる。
この味は私の味。ここは誰?面白いスレはどこにあるの?D

759 :名前はいらない:2013/02/20(水) 08:44:03.34 ID:WURla4Pd
>>757
おもしれぇー。乗り込んだと詰め込まれたとか、気の利いたこと書いてあるし、街の雰囲気も
いい。白菜とか町田康に負けないセンスがある。B-

760 :ゲッパリラ:2013/02/20(水) 23:38:36.21 ID:EKm18Kg9
幸せぞ
乙女の指で
緩やかに

761 :ちーちゃん:2013/02/20(水) 23:42:51.26 ID:Fk0H8XVL
>>760
風俗。風流ですね♪p(^-^)q

762 :名前はいらない:2013/02/21(木) 00:14:27.26 ID:TCAMurd4
見てやるぞお前の骨を

汚れちまってどぶにまみれた

見つめてやるぞお前の骨を

アスファルトに突き刺さった
見てやるぞお前の骨を

ボロボロの穴だらけのレンコンのような
見つけてやるぞお前の骨を

763 :ゲッパリラ:2013/02/21(木) 00:18:54.49 ID:DA5ifzPH
境目の
広がりながら
抑えゆく

764 :ゲッパリラ:2013/02/21(木) 00:24:25.60 ID:DA5ifzPH
三つ児より
四つ児の魂
千歳まで

765 :ゲッパリラ:2013/02/21(木) 00:31:03.86 ID:DA5ifzPH
耳の中
五つの万(よろず)
人の奥

766 :ゲッパリラ:2013/02/21(木) 01:23:26.61 ID:DA5ifzPH
月の夜(よ)に
見えぬに見える
海の果て

767 :ちーちゃん:2013/02/21(木) 01:30:36.98 ID:DaSqP1Up
合わせ目を
広げ埋もる
鼻の息

768 :ちーちゃん:2013/02/21(木) 01:33:39.47 ID:DaSqP1Up
春雨に
宿る軒先
濡れそぼり

769 :ちーちゃん:2013/02/21(木) 01:39:48.80 ID:DaSqP1Up
>>764
勇ましく
迷彩服で
千歳まで

770 :ゲッパリラ:2013/02/21(木) 02:43:09.67 ID:DA5ifzPH
男色(おとこいろ)
四隅(しすみ)に通ず
鼻の穴

771 :ダボシャツ:2013/02/21(木) 02:46:33.48 ID:3HpGe2Dh
意味上の、津軽海峡
回転しながら 新千歳まで

772 :ダボシャツ:2013/02/21(木) 02:48:53.18 ID:3HpGe2Dh
カナカナカナと鳴く
すべての
ひぐらしではないものたちの
鳴くころに

773 :ダボシャツ:2013/02/21(木) 02:50:43.38 ID:3HpGe2Dh
TENGAい孤独だよと
尿道につかまって昇り降り

774 :ダボシャツ:2013/02/21(木) 02:58:55.84 ID:3HpGe2Dh
唯々が諾々と流れてしまって渇くねどうも

775 :名前はいらない:2013/02/21(木) 11:58:50.06 ID:MUkNrmCR
「学生時代」

ねこのねこみのねこみみおそう
ねこのねぐせはかわいいもひかん
なでてもなでてももどらんもどらん
ねこはねごとでうれしいっていった

776 :名前はいらない:2013/02/21(木) 21:53:51.77 ID:SZ/7Y0ck
「一目惚れ」

思った以上に恋に落ちそうだったので
私は自分の太ももを強く、つねった


千切れるほどに


そして、見事に千切れた

激痛である


もう、恋どころではない

大丈夫ですか?と女が声をかけてくる


うるせぇ!ブス! と怒鳴り返し

私は千切れた肉片を隣のオッサンの顔にむかって全力で投げつけた

耳をつんざく程の衝撃音が世界中に鳴り響く


そして


どこか遠い国で、赤ん坊が泣き止んだ


赤ん坊はゆっくりと窓辺に目を移す


そこから真っ赤な夕日が沈むのがよく見える


その瞬間


赤ん坊は生まれて初めて恋に落ちた


とても美しい夕日に


彼は恋しちゃったってわけさ

777 :名前はいらない:2013/02/22(金) 00:39:22.67 ID:++NZWwQV
これけっこういいね
http://tr.im/zvxx

778 :ゲッパリラ:2013/02/22(金) 20:30:34.50 ID:6SfG6lzS
「いい」と「いや」
その違いすら
いやなのよ

779 :名前はいらない:2013/02/22(金) 21:02:43.67 ID:Y712jifp
何か瑞々しいものが
何かスカッとするものを
例えば爽やかなリンゴ
例えば爽やかなナシなど

この世の瑞々しい
全ての瑞々しいものを
一つ残らず食べ尽くし
僕を瑞々しくしたいのだが

果物にも旬がある
たちまちだらしなくなって
僕の素晴らしい計画は
全ておじゃんになった

しなびた果物の
山に匹敵をするような
僕のこれまでの暦が
途切れようとしている

780 :ゲッパリラ:2013/02/23(土) 06:20:26.56 ID:4NDcXsu8
傷付けて
血も出ぬうちに
生き絶える

781 :名前はいらない:2013/02/23(土) 07:11:32.89 ID:6RSSz8m+


782 :ブサメン:2013/02/23(土) 13:12:12.40 ID:YpwR4h8X
>>512 D
ノイズと歌の境界線をもう少し詳しく表現して貰えると共感しやすくなりそうです。

>>517 D
詩としてみるなら俺的にもう少し繊細なのが好ましいです。
しかしこれだけ韻踏むの大変そうっすね。
最後の方の行き場を〜の部分の韻が微妙に感じた。

>>533 D
情動をさそうには軽率な文章だと思う。

>>540 D
率直な表現と詩的な部分が交じり合ってて所々説教っぽい。
説く文章ならもっと高圧的で硬くていいと思う。
そうでないなら周りを巻き込む表現でなくもっと自分の気持ちを丁寧に書いた方がいいんじゃないかな。
ノスタルジアをノースにして北とかけてるのはなんか違和感があった。
でも南極も寒いから〜のとこは面白くて好きです。

>>637 D Cより。
ハブ酒を飲んだことが無かったんで友達に頼んで持ってきてもらったら見た目怖かった。o(;△;)o
ハブ酒を前に複読すると、この詩の淡々とした雰囲気が凄い良く思える。空白とか繰り返しが特に。
ただこの詩単独で一読してもそれほど訴えてくるようには思えないので、間を取って上記評価です。

783 :ブサメン:2013/02/23(土) 13:13:39.98 ID:YpwR4h8X
>>638 D
たぶん、おそらく、きっと、絶対、の方が分かりやすいんじゃないかな。
感傷が少ないと思う。過去を愛おしく感じられることの価値が綴られてないのが残念に感じた。

>>639 D
このテンションには詩より絵の方が相応しいように思う。

>>648 E
この空白部分を文章で表現すると詩になるんじゃないだろうか。
詩的というより絵画的。

>>660 D
文章として少し歪に感じる。
息継ぎ無しでだらだら続いて、言葉の配置なんかもあまり考慮されてないように思う。
詩というよりSSのようだけど、主題は伝わってくる。
一人ぼっちのまま海にダイブって一文が寂寥感があって好き。

>>665 D
目がさめて、と、起きて、が被っているように見えてくどく感じる。
起きて、は身を起こしての意味なのは分かるんだけど。
指「も」より「は」の方がいいと思う。
白湯ってアイテムの選択にはセンスを感じた。

784 :ブサメン:2013/02/23(土) 13:14:23.40 ID:YpwR4h8X
U。・x・)ノ チワン!
抜けやミスに気付いた方は修正お願いします!

未評価まとめ(>>681

>689 >709 >712 >720 >721
>724 >726 >731 >732 >733

>734 >736 >738 >746 >748
>755 >762 >775 >776 >779

再評価希望
なし

なんか未評価溜まってるんで俺の投稿した444の再評価希望は取り下げます。(;д;)
655の未評価は767-769で連投があるんで無効にしました。(;д;)<ごめんね

785 :名前はいらない:2013/02/23(土) 16:13:01.99 ID:VRlGUfDv
>>689 雨やんでお気に入りの雨具をしまうのはわかるけど
指輪とかお気に入りの人とかは、雨と特に関連がないので
読んでて「なるほど上手い!」とならなかった
最後の雨は心象的なものなんだろうけど、それ自体はベタなので、Dでどうでしょう?

>>709 なんか鼻歌みたいで楽しそうですね ただ書かれてる内容は普通なので D−
オニギリがウンコだったらDでした。 嘘です

>>712
綺麗にまとまっていると思いやす。
好きな人はこういうポエム好きでしょう
ただ個人的にはD+
何故ならどっかで聞いたことあるフレーズばっかなので
物足りなさを感じやす。おこしやす。

>>720 彼女の幻影をイヌに見たのか、彼女に捨てられて「わい、イヌのようやで」なのか
よくわかんないけど、何にしても
どっちか一つでまとめたほうが、よろしいかと思うよ
まぁ、良いお手本としてsyrup16gの「負け犬」という曲を聞いてみてください 評価はDでございます

>>721 ゴロゴローで寝返りだったりお腹の音だったり猫の鳴き声とか雷とか
アイデアは良いなと思いましたよ
ただ、できれば最後にゴロゴロを使って上手くオチを作ってもらえたら
評価は鰻登りに登ります。すごく登ります
あと寝返りを使いすぎが気になるところです
評価はオマケのD+でどうですかね?

786 :名前はいらない:2013/02/23(土) 16:17:02.17 ID:4Q27YxiZ
>>724
最後の2行がリズムもいいし、どことなく漢文のようなイメージで雰囲気もいい。
それだけに頭でっかちな部分が少し残念。
でも全体として雰囲気はイイとおもう。D+

787 :名前はいらない:2013/02/23(土) 16:56:09.92 ID:VRlGUfDv
>>726 いや〜一途で爽やかなポエムですな
ただ…なんか怖いです。
多分、この人がどういう気持ちでどんな人を待っているのか
これ読んだだけじゃ、よくわからないからです
別に説明的に書いて欲しいってわけじゃないです
もう少し詩的に色々想像させてもらえるとありがたいです D

>>731 タイトルの使い方が上手いですね
読み終えてから「なるほど!」となりました
ちょっと所々、絵が想像しにくい部分が個人的にありましたが
評価はC−でどうでしょう?

>>732
ワタクシも時々、人間をやめたくなる事があります
評価は D−でどうでしょう

788 :ゲッパリラ:2013/02/23(土) 21:54:30.34 ID:4NDcXsu8
貧民の
戦争気分で
ノーテンキ

789 :名前はいらない:2013/02/23(土) 23:34:54.84 ID:17AgMiYx
>>648
俺はこれ好き

790 :名前はいらない:2013/02/23(土) 23:47:27.10 ID:EKsbtKT9
「ハードボイルド」

赤いラメ入りのシャツに黒い革のパンタロン

チョコレートの匂いのする銃に弾丸詰めて夜に飛び出す

危険は夜に踊りだすんだ
一緒に踊ろう

火薬の匂いのする恋愛

クラクラするね甘い恐怖に

トランクから飛び出したダイナマイトが

導火線ギリギリで止まって悲しげな顔をするから

火を付けてあげたんだ

虹色の閃光的な恋愛

791 :ゲッパリラ:2013/02/23(土) 23:58:51.19 ID:4NDcXsu8
決意して
結局ケツを
蹴っ飛ばす

792 :名前はいらない:2013/02/24(日) 00:05:58.33 ID:M3zNKeLm
アメ公のミサイルこんにちは

カニ食う俺の頭上を狙い撃ち

俺の人生さようなら
残った三本タバコの涙顔

血黒のジュースをガブ飲めば
文明開花の音が止まる

女工のえれじいをお囃子に
イギリス仕込みの盆踊り

狸腹の資本家の腹太鼓が調子を上げはじむ

金魚鉢までイギリス製
ふんどしまでもイギリス製

おまけにヘチマはフランス製
つるはげ親子の髭づらに

和尚の袈裟がよく似合う

散切り頭から文明開花の音がしたー
うるせえあまりに剃刀で綺麗にしたら
木魚の音がした


日本よさよならアメ公の猫も杓子もアメ公の

くせえワキガよこんにちは

はぁーよいしょキリスト音頭だよぉおいおいよいしょ

793 :689:2013/02/24(日) 19:41:09.45 ID:bCxQsY+N
>>785
ありがとうございます!&お疲れ様です
書いてて指輪にいくくだりは強引だとは思っていました ただ こういう関連を入れないと「雨ちゃん」の人間味がだせないかなと
二重意味の詩は統一したほうがいいのかな?

最後の雨ちゃんがふりだしの状態からもう病まないと決意したラストは自画自賛の境地だったので悔しいですwつぎはガンバリマス!

794 :名前はいらない:2013/02/24(日) 22:13:27.15 ID:pMVfGLEF
「山本」
僕が二歳だった頃、山本は天才小学生でした。

彼の頭脳がどれほど明晰だったのか、そもそも本当に天才だったのか?
凡人には到底理解できない程、彼は天才でした

僕が五歳だった頃、山本は軟式野球部のエースでした。

もしこれがバットだとしたら、山本の投げる球はこんな具合です
おわかりのとおり、彼は非凡な才能の持ち主でした

僕が八歳だった頃、山本はロックバンド「ヘルペス」のリードボーカルでした。

クラスメイトと始めたカジュアルなバンドにも関わらず
彼らのオリジナル曲「イカルスがさっきからこっちを見てる」は
YouTubeで万単位で再生されレコード会社による壮絶な争奪戦が起こりましたが
ドラムの石井が盲腸であったため、あえなく解散してしまいました

僕が十歳の頃、山本はオテンバ大学生でした。

遅刻しそうになって食パンをくわえて走りだす、あの感じです

僕が十四歳の頃、山本は少し柴犬に似ていました。

汁系の食べ物を啜るときが特にそう思います

僕が十八歳の頃、山本には第三の腕が生えていました。

なんか気持ち悪いから、すぐ切除したそうです

僕が二十歳の腕、山本は蒸気機関車でした。

ブォォォ! ポッポォォォ!!! と公衆の面前で奇声をあげる姿は
他の誰よりも輝いていました

僕が三十六歳の腕、山本は…

795 :名前はいらない:2013/02/24(日) 22:19:55.52 ID:pMVfGLEF
腕と頃間違えちゃった てへっ

796 :名前はいらない:2013/02/25(月) 00:45:36.95 ID:Y3YFq9wZ
「宝物」

宝物を手に入れた
タイミングがよかったんだろう俺の手元にやってきた
俺は大事に大事に大事にしようと思った
毎日丁寧に磨いて誇らしげだった
だってこんな素晴らしいもの手に入れたんだもの
俺はなんて幸せなんだろうと思った


ただ、ちょっと小さな傷があった
だけどうまく修理してやろうと思った
うまく治せると思ったんだ
手に入れたときは・・


ただ、思ったより傷は深かった
俺は色々と手を尽くした
インターネットでその品の歴史、修理方法などを調べ尽くした
そう、調べ尽くしたつもりだ


だけど根本的に何かを間違えていたのか
それとも俺の手に負える品ではなかったのだろうか
宝物の傷は広くなり美しかった部分も
色褪せていった
そして
彼女は壊れた・・


僕は自分の不甲斐なさに絶望した
あんなに美しかったものを汚してしまった
涙にくれ何度も首をくくろうとした
そんなとき彼女は言った

毎日祈ってるよ・・・・
新しい宝物見つけて・・・・

俺は震える手でロープを外した
宝物探しに出かけよう

797 :sage:2013/02/25(月) 03:03:06.19 ID:K6QFHL6W
できることならふかふかのベットで寝たいの
そう思いながら、ごつごつの、ざらざらの、ぺとぺとのベットで寝るの

なるべくふかふかなところを探して
ちっちゃくまるくなって

辛くはないよ
憧れてるだけ

798 :ゲッパリラ:2013/02/25(月) 18:23:53.99 ID:5diC2srP
人生の
はさみと糸で
紡ぐよう

799 :名前はいらない:2013/02/25(月) 20:28:01.37 ID:XhhdD0yV
他人の間違いを笑うつもりが自分のほうが思い違いなんてたえられないものだよ。
自分の体験談になってしまって申し訳ないが俺ウンコの事ずっとオシッコだと思ってたんだよね。
それである事件でその事を見ず知らずの美人女子短大生に知られ、
バラされたくなければセックスをしろ。さもなくばTwitterでなうるぞ?って脅されたんだわ。
自信が無くなった俺は命令されるがままに美人女子短大生とセックスする所だった。
でもね、そんな時だよ。彼と出会ったのは。
彼は遠くの方でホモ雑誌を読んでいたただの他人だったんだけど、俺たちのやり取りを見るに見かねたらしく、
すっ飛んで来て「自分をもっと大切にしろ!」って言ってくれたよ。
感激してお礼を言ったら「礼なんかよりレイプさせろ」って言うから、
「でも僕はホモじゃありませんし」とやんわり断ろうとしたら、
「でも僕はホモですし」
「でもホモじゃありませんし」
「でもホモですし」
みたいにやりあってたら側で農作業してたオジサンが「うるせー!」って言って怒り出しちゃってさあ、
ホモやろうが「でも僕はホモです」ってまだ言ってたら「デモもカカシもねえ〜!!」だって。
カカシはあったんだけどね。畑だったから。

800 :名前はいらない:2013/02/25(月) 21:02:49.61 ID:EIsYI5f1
「縛るための服」

ビルの屋上から投げられた薄汚い服は思った
誰かを縛るために縛られる事はもうないのだろう
流されて落下して行く、思ったようには動けない
それでも風見鶏に憧れていた自分には十分だ
内側に風が通り少しだけ人の形を成した
縛られる者達の自由と不自由を知った気がした
空を塞ぐビルは傾いて見える
これを邪魔だと言うのは暴慢なのか
確かさに溢れたこの時は袖をはためかせ少しでも長くと
魅せられたものは空音を立てて
静かにアスファルトを叩く

801 :ゲッパリラ:2013/02/25(月) 21:28:33.59 ID:5diC2srP
ボブ・サップ
ボブもサップも
良く知らぬ

802 :ちーちゃん:2013/02/25(月) 22:27:24.80 ID:XhhdD0yV
チャンピオン
アーネスとホースと
どっちだよ

803 :ゲッパリラ:2013/02/26(火) 01:37:43.23 ID:iAqyYtsT
紫の
刺繍の糸を
なぞる爪

804 :ゲッパリラ:2013/02/26(火) 02:17:56.78 ID:iAqyYtsT
古しえの
栄華も映画に
成り果てり

805 :名前はいらない:2013/02/26(火) 09:19:54.88 ID:qg0FRRIA
「寂しげな笑顔」

深淵の眠りの中で訪れる夜

月はただ蒼く瞬いて

貴女を淡く映し出した

花言葉ならば白い椿だろうか

口ずさむ鎮魂歌が舞い降りたなら

きっといつもの様に

泣き濡れた私の心を覆い尽くし

手の届かない夢の中で

今宵もひっそりと鮮やかに

咲くのでしょうね

806 :名前はいらない:2013/02/26(火) 22:07:30.98 ID:/6oODYBr
「鏡」

寂しい。とっても寂しい
だから笑ってみた

寂しい時に寂しい顔してると、余計に寂しいので
満面の笑みを浮かべてみた


気持ち悪い


我ながら、なんて気持ちの悪い顔なんだろうか

寂しさは薄れたが、非常に気分が悪い

誰のせいだ?

俺のせいだ

いや、顔のせいだ

畜生、顔の野郎 ニタニタ笑いやがって
俺を馬鹿にすんじゃねぇよ 顔のくせに

なんだよ?やんのかよ?こいよ!なんだよ?やんねぇのかよ?
なんだよ?誰だよ?お前誰だよ?お前一体誰なんだよ?
なんだよ?俺は顔だよ!俺の顔だよ!だからなんだよ?顔ってなんだよ?やめろよ!
顔はやめろよ!だから顔はやめろって!顔は俺の顔だから顔はやめろよ!
なんだよ!はなせよ!どこ行くんだよ?やめろよ!なんだよ?ここ?どこだよ?
えっ?顔かよ?ここが顔かよ?知らなかったよ、顔にこんな顔があるなんて知らなかったよ
なんだよ、一杯顔があるじゃねぇか!こんなにも顔があるんなら、もう寂しくねぇよ
ありがとうな顔…やめろよ泣くなよ顔 悪かったな顔 大好きだよ顔

807 :ちーちゃん:2013/02/26(火) 23:23:58.63 ID:68gPlh+J
状況は何も変わって無いのに解決した感が素晴らしいです。

808 :ゲッパリラ:2013/02/26(火) 23:39:55.91 ID:iAqyYtsT
トドの王
矛と盾とで
武装せり

809 :len=105:2013/02/27(水) 14:13:14.86 ID:nN7iriiT
「擬態」

口元の紅を拭う衝動が 愛とも否定ともつかぬまま
トンネルのように響き渡る 暗号の
隠された意味を
俺はまだ知らない

それゆえ
黒塗りの顔が どこにあるのかをみたことがない
口封じのように
なにもかも許して
乳首を口に含み
愛し合う素振りをしても
歯が首筋で笑い 唾液を垂らし
噛んだ肉体をボコボコと腐らせる
手を突っ込んでも骨が言葉の切れ端となり
ザリザリと音がするだけだ

黒塗りの顔はまるで漆のように美しく光る


肉体を欲する
顔はどこかで
繋がっている

810 :名前はいらない:2013/02/27(水) 17:34:22.84 ID:88iSF+ju
>>785
>>709の評価ありがとう!成程うんこだとトリュフですね

811 :名前はいらない:2013/02/27(水) 22:02:04.82 ID:vgbR0XW5
「きよし」

“こだまでしょうか?”
いいえ、俺です。
さっきからずっと、あなたの傍にいました。
そして、あなたが何か呟くたびに
小声で繰り返してました。
何故そんな事をするのかって?
もちろん、暇だからです。
迷惑ですか?
一刻も早く俺を追い出したいですか?
嫌です。俺はあなたの傍から離れません。
何故かって?それはもちろん、
暇だからです。
ムカつきますか?殴りたいですか?
どうぞ、好きなだけ俺を殴ってください。
すぐに然るべき所へ訴えでますから
どうぞ好きなだけ俺を殴ってください。
泣くのですか?
都合のいいときだけ、あなたは女を出すのですか?
構いません。どうぞ好きなだけ泣いてください
その間、俺は読みかけのあなたの詩集を読みます。
そして時折、半笑いであなたの顔を伺います。
気になりますか?俺の感想が気になりますか?
ふふ。あなたもなかなか可愛らしい人ですね。
はい。俺の名前ですか?
申し遅れました。俺の名は、マサルです。

812 :名前はいらない:2013/02/28(木) 19:38:30.74 ID:vIy37QHd
「魔王」
刹那 魔王がやってきた
聖域に
だが遠い
遠くはない
だが遠い

時間が加速していく
取り残されスローモーションになる

魔王が笑いだす
時間が止まる
視界は良好だが何を見ているかわからない
耳は聞こえているが右から左へ通り抜ける
口は開いているのか閉じているのかも分からない
寒くもないのに汗が吹き出す
しかし拭う余裕などない
ベートーベンが運命を奏でだす
運命は大音量になっていく
鼓膜を破り音が漏れそうだ


やぶれてしまった

時間がゆっくりと優しく動き出す
春と夏と秋が一気に訪れる
涙が止まらない
魔王はしっかりと爪痕を残したが もうなにも言わなくなった
すぐに冬がくる

813 :汚釜親爺・佐藤雅樹:2013/02/28(木) 23:43:47.40 ID:LSJiiJbh
$$$$$僕を評価して下さい。$$$$$

僕を100点満点中で評価お願いします。
昭和50年1月生まれ独身マザコン禿豚ウケ汚釜親爺です。
趣味は温泉旅行ドライブ、ディズニーグッズ収集、
中学生の頃から毎朝オナニー、舌を入れる濃厚キス、
チンコフェラして精子飲む、アナルにチンコ入れられて精子出される事です。

www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3996167.jpg
www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3996181.jpg
www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3996191.jpg

814 : ◆YAPoo/LC/g :2013/03/01(金) 13:21:05.21 ID:0VgIAIiY
最近の投稿作品に

お題やタイトルがあるの多いですね

読みやすくて、初心者の、ぼくにも感じるようになってきました

ありがとうございます

フリーウッド・マックのタンゴ・イン・ザ・ナイトを聴きながら



ぼが〜ん

815 :名前はいらない:2013/03/01(金) 13:35:10.37 ID:dtsKTjke
お題やタイトル?
どっちも同じ事じゃん






ばーか

816 : ◆YAPoo/LC/g :2013/03/01(金) 14:02:43.62 ID:0VgIAIiY
>>815

読んでもらって感謝しろ

人の挙げ足とりは上手いな

文句なしの





ぼが〜ん

817 :ちーちゃん:2013/03/01(金) 15:14:35.58 ID:6Hk4OVJ9
>>814
タイトルなし 感想のみです。

818 :ゲッパリラ:2013/03/01(金) 16:21:33.47 ID:yD4VNgMx
ほつれ糸 ほつるに至り 悩みたる

819 :ゲッパリラ:2013/03/01(金) 23:00:14.04 ID:yD4VNgMx
野良猫の しばし鳴いてぞ いなくなる

820 :名前はいらない:2013/03/02(土) 17:29:23.54 ID:7RErw09F
どんなにうやまったって自分と愛する人が一番かわいい
どうしたって自分の不完全さに目がいく
本当に完璧な人間はすべてがあるにんげんである
足りないから不完全だから埋めることをはじめるのだ
どんなに不完全さをせめても何もならない
あるのは悲しみとか憤りとか
いつかそんなものいらないと思える
それくらい心は強い
誰かを守るための弱さからくる劣等感は消えないだろう
それも人間らしいだろう

821 :ゲッパリラ:2013/03/03(日) 02:50:19.11 ID:FhYVPWx5
端(はた)を行き
前方不注意
後回し

822 :名前はいらない:2013/03/03(日) 03:03:36.14 ID:9K3P4zF7
なんか評価されてないのいっぱいたまってまんな

823 :ゲッパリラ:2013/03/03(日) 18:50:49.60 ID:FhYVPWx5
真昼空
照るに足らない
星の屑

824 :ちーちゃん:2013/03/03(日) 20:44:49.24 ID:Poq6E3a1
昼火事の
燃える炎と
バーベキュー

825 :名前はいらない:2013/03/04(月) 00:16:32.25 ID:+p38KhRO
「呼び声」
僕の背を追うもの
僕の影を踏むもの

気配を感じて振り返る
ただただ闇がそこにある

僕の闇
他人の闇

闇の呼び声は
確実に僕の名

顔を伝う汗の汁が
目に入って

しかし一瞬でも気を許せば
なにかが僕を掠めるだろう

あぁ怖い
あぁ怖い

826 :名前はいらない:2013/03/04(月) 03:08:01.55 ID:2tyh/eug
>>814
マジメなトーンの詩なのか
わざとふざけてる詩なのかよくわからない
>あぁ怖い あぁ怖い に緊張感を感じない 
>汗の汁 じゃなくて 汗が目に入って でいいじゃん
僕の瞳から涙の汁があふれた って変でしょ? 
まあそれはそれでおもろいけどw
あと、どうでもいいけど闇が影を踏むってのもなんかおかしくね?

てな感じです D

>>820
うやまうの使い方、変じゃね?
自分と愛する人、合計2人、一番は一人しかなれないぞ
>本当に完璧な人間はすべてがあるにんげんである
これって完璧な人間というのは完璧なものである えへん
と言ってるのと同じで「本当に」も無意味
>あるのは悲しみとか憤りとか
いつかそんなものいらないと思える
それくらい心は強い
悲しみや憤りを自ら望んでる人はあんまいないので
>いつかそんなものいらないと思えるって書かれると望んでるようにみえる
もしかしたら、不完全な部分を悲しみや憤りで埋めちゃだめだよ坊主
ってことが言いたいのかな?だとしたらそうわかる様に書いていただきたい
>誰かを守るための弱さからくる劣等感は消えないだろう
すんません何回読んでも意味がわかりません どゆこと?
誰かを守りたいのは私が誰かを必要としてるから
人は一人じゃ生きていけない 孤独に耐えれないのが私の弱さで
その弱さに対する劣等感は消えないってことかな?
かなり飛躍させたぜ 頭いたい

てな感じです E

827 :名前はいらない:2013/03/04(月) 03:10:52.06 ID:2tyh/eug
>>826
あっ間違えた >>814じゃなくて>>825

828 :名前はいらない:2013/03/04(月) 22:55:44.98 ID:x9cS5tGW
夏空の
下でくるりと
回る君
その背に流るる
髪に見惚れて

夏の日の
2人を包む
囃し声
顔赤らめる
君が愛しい

空き教室
ふと眺めてから
見つめ合う
入ろうとすれば
走って逃げられ

紅葉を
見ながら食事
横見ると
紅葉を口に
運ぶ君

冬の日の
モーニングコール
大好きよ
ああそうと言えば
死ねと怒られ

君と見る
桜の下で
3ヶ月
綺麗な涙と
こちらこそ

夢を見た
濡れた瞳で
言う君の
髪を撫でると
ふわりわらって


いっつ20分クオリティ
俺の彼女は所謂メンヘラだったんでこういう彼女に憧れますね

829 :ゲッパリラ:2013/03/04(月) 23:42:06.68 ID:c2iUbD8t
離れては
悪の善しをぞ
知りたむる

830 :名前はいらない:2013/03/05(火) 01:24:01.22 ID:MuEvuW/x
コジキの大運動会
ゲソトワな気分
麻布のイレブン
ケミカルいい気分
刺青にアナル
タトゥーにマグラ
マグロの腕まくら
メイクラブ目くら
フィストファックイメクラ
あうあうあ あう あうあう
叔母さまの捻り出す
ウンコをみて
フルスイング金属バット
生活保護に親族抱っこ
消えろよ生ごみ、こちとら納税者
道を空けろ、土下座しろ当然だ
さも当然だ まどろむ権利なんてねえ
お前らには。払え金。税金で保護する前に屠殺しろ。ぶった斬るてめえの玉筋を

831 :ヤタロク:2013/03/05(火) 14:28:27.56 ID:ISb/XvzG
「そしりすすり、蕎麦の温盛」

どうしてだ、どうしてったってどうしようがどうてん。
錠剤の形になった意思が赤茶色の瓶の中に収まっていて静かに震えている。
いずれこれは熱を発するだろう。瓶は割れてしまうだろう。
おかしいな、それはそれで悪くはないはずだ。
十万円貯まる貯金箱に放り込まれた千円札では買えないものばっかりが欲しい。
煤の溜まった肺にいがいがする喉、エアコンの音。
天井も黒ずんでいる。
気づいてる? 君がいると君といるとわたしはどんどん削れていく。
君がいるから、胃の奥の、身体の何も入ってないところに君がいて、わたしのことをくすぐるから、わたしは早足になるし時計を気にするし、何をしていてもなにも入らない。

君の名前は知っている。
でも、でもわたしは君を飲み込まなければいけないんだ。
飲み込んで、飲み込んでサーカスに行けるように、揺れるブランコを目をつむって渡る。
それは、どこでだって同じこと。
わたしはいつも盲目。

そうやって、いつまでも中途半端に戦って、あと少しで負ける。
それを4次元のせいにして、愚痴りながら少し下に収まっている。
それが心地いい、そんなことを繰り返して、少しの後悔を薬味にして生きていく。

灰色の空に椋鳥が飛んでいる。
わたしはその下で自転車をこぐ。

832 :ゲッパリラ:2013/03/05(火) 20:43:11.76 ID:1x4wzQby
虹孔雀
見て知りたるは
その姿

833 :ちーちゃん:2013/03/05(火) 21:25:01.56 ID:tuq3OGiJ
>>832
素朴なアホっぽさがいいですね。

834 :ちーちゃん:2013/03/05(火) 21:26:17.46 ID:tuq3OGiJ
>>830
うしじま君を読みすぎてはいませんか?

835 :名前はいらない:2013/03/05(火) 21:37:02.05 ID:+UrW28Ax
>>831
もっと壊れてください もの足りません E

836 :名前はいらない:2013/03/05(火) 21:50:27.20 ID:+UrW28Ax
>>828
たった二十分でこれだけのものを書き上げるとは、たいしたものです。

二十分もかけてこの程度しか書けないのですか?笑止
二十分もあれば、あんな事やこんな事ができたのに…

死ねは平仮名のほうがいい気がします
やっぱり、漢字で表記されると可愛さが半減されます

見知らぬカップルのいちゃつき程、鬱陶しいものはありませんが
まぁこれはそんなに悪くないとは思います

ただ、やっぱり若干イラッとくる所もあります

D+に近いC−をあげましょう
有り難く頂戴しなさい

837 :名前はいらない:2013/03/05(火) 22:08:02.88 ID:+UrW28Ax
>>830

Mr.チーの仰るとおり、うしじま君の読みすぎですね
ただ、ロックやパンクのように自分の内にあるフラストレーションを
外へ爆発させたような表現は時に世界を変える程の力があるということを私は知っています
私はこの詩から苛立ちや満たされない劣情などを強く感じました
きっと今の自分の現状にちっとも満足していないのでしょう
そんなフラストレーションを
自分よりも立場が弱いものへ全力で向ける
そんな性根の美しさに私は非常に感動しました
A−に近いA+を差し上げましょう
どうぞ、お納めください

838 :名前はいらない:2013/03/05(火) 22:13:07.59 ID:P0yepNru
>>833
ちーちゃん!早く文極スレッドを建てるんだ!

839 :ちーちゃん:2013/03/05(火) 22:15:37.28 ID:tuq3OGiJ
お前おかしいだろAはアホでEはエクセレントの略か?Dはで?

840 :ちーちゃん:2013/03/05(火) 22:18:06.93 ID:tuq3OGiJ
>>838
スレチですよ?ポイェップさん。じゃあスレタイを決めてください。

841 :名前はいらない:2013/03/05(火) 22:18:58.29 ID:+UrW28Ax
Dはダルメシアンです

842 :名前はいらない:2013/03/05(火) 22:22:09.14 ID:P0yepNru
>>840
じゃあ、
「あっちゃんは」「いずこへ」?でw

843 :名前はいらない:2013/03/05(火) 22:23:27.53 ID:P0yepNru
>>840
あ、「あっちゃんは」は「乙女は」でもいいやw

844 :名前はいらない:2013/03/05(火) 23:42:48.76 ID:HS9Y+teK
目を瞑るとぐるぐる廻るのは、酩酊してるから。
ぐらぐらと、入ってくる情報は曖昧。
曖昧な世界で踊るの。
あなたもおいでと手招きしてる。女の子の方に。
女の子は人形だった。こっちに来て手招きして。心地よい倦怠感に身を任せ。ついていく。
爆音でサージェントペッパーっていう似非サイケロックがかかっているのね。もう全部きらい。きらいき、らいきらい、きらい。

845 :名前はいらない:2013/03/06(水) 00:03:23.32 ID:kGObQwqh
>>844
陳腐、ついでに死ね。E

846 :ブサメン:2013/03/06(水) 18:31:53.46 ID:hnKXC2Io
>>733 D
短い文章でいろいろイメージ出来るのはいいっすね。
でもちょっと締めの一文が微妙。前部分の流れが千切れてるように感じた。

>>734 D
書き手にしか分からない系の表現が多いように感じる。「在の人たち」分かんない。
複雑な出だし、難解な繋ぎなのに、締めがあまりにありきたりじゃないだろうか。

>>736 D
>>776 D
>>806 D
全体的に面白くまとまってる。不可解な妄想っぽくて好き。
詩というより文章として、疾走感が素晴らしい。ただ盛り上がり以外の部分が乱雑な印象。

>>738 D
もっと普通の言い回しの方が情感がわきそう。
月、火星、地球の関係がこちらに十分に伝わってこなかった。

847 :ブサメン:2013/03/06(水) 18:32:37.90 ID:hnKXC2Io
>>746 D
シンプルでいい。ただ「とある小さな」の部分の必要性が感じられない。
この過度な繰り返しでさり気なさが崩れてしまってるように思う。
締めの一文の「たったこれだけ」にも重さが加わってしまってる。
「ただそれだけ」の方が浅薄でいいんじゃないだろうか。
タイトルと本文の関係は好ましいと思います。

>>748 D
文体が作文っぽい。着地点は定まってるのに、肉付けがきちんとなされてない。
文章の流れは分かりやすくって好きです。

>>755 D
情感を出すには表現が少ないんじゃないかな。
もっと微に入り細を穿つ描写を畳み掛けるように繋げていくとイメージしやすいし共感しやすくなりそう。

>>762 D
どぶって言われると溝を想像しちゃう。泥まみれの方が一般的じゃないだろうか。
執拗さ、哀切なんかが伝わってきていいと思うんだけど、言葉の重ね方が少ない気がする。
なんか物足りなくて勿体無い。

>>811 D
マサルはそこそこのイケメンでないとこの状況は成り立たないなぁ。
一人でぶつぶつ呟く「あなた」はちょっとどうなの。情緒不安定なのかおばちゃんなのか。
あなたの詩集、があなたの持ってた詩集なのか、あなたの書いた詩集なのかで
あなたのイメージが変わるけど、詩としてというか文章として全体的に上手く纏まってて面白い。

848 :ブサメン:2013/03/06(水) 18:33:25.30 ID:hnKXC2Io
U。・x・)ノ チワン!
抜けやミスに気付いた方は修正お願いします!

未評価まとめ(>>784

>775 >779 >790 >792 >794
>796 >797 >800 >805 >809

>812


再評価希望
なし

849 :名前はいらない:2013/03/06(水) 19:23:14.09 ID:0m0V2q0P
金子みすずも知らんのか

850 :名前はいらない:2013/03/06(水) 19:32:47.84 ID:ZrgR+qLB
>>848
乙です

851 :ヤタロク:2013/03/07(木) 14:36:04.63 ID:cz55A/Kt
「恋、くたばっちゃえよ」

イラッと来るね、花屋の店頭。嫌いだ、女臭い。
香水、嫌いだね、むわっとするよ。
女、嫌いだね! 
老人、嫌いだね!
男、嫌いだね! 
子どもだって嫌いさ!

バスに乗ると、嫌いな人ばっかりで嫌になるよ。嫌だから嫌いなんだ。
ワニが好きだよ。よく食べるし、かわいいし、化粧もしない。
えらぶったりしないし、すけべなんかじゃないし、うるさく喚いたりもしない。
ワニ、好きだなーっ。
なりたいなーっ、ワニ!
ガオーッ。

なんで愛をしてるんだろうな! お母さん。
お父さん、かっこ良くないよ。
お母さん、美人じゃないよ。
映画の人なんて、どこにもいないんだよ。
嘘なんだよ、作り物なんだよ。どこにもないんだよ。

子どもぶるの楽だなー。
みんな優しくしてくれる。
頭おかしいふりするのもいいよなー、わたし、きちがいになりたいな。

テレビ、嫌いだ。
新聞、嫌いだ。
自然も機械も人もだいっ嫌いだ。
私だって、私のことを嫌ってるはずだ。
鏡を見ると、イーって顔して私をみてる、私。怖いよー。

「ね、同じクラスの彼、千佳ちゃんのこと好きだって」
嫌いだ!
誰? 勝手に私を好きになるな!
だって困るもの、だってどうしたら、どうしたらいいのか知らないもの。
学校で、教えてもらってない。好きなこのつくりかた、片思われのきりかたも。
ザリガニみたいな顔して、嫌いだよ。
ワニが好きだな、ワニ。かっこいいじゃん。
ワニとなら結婚したいな。

でもさ、
みんな、結婚しなくていいよ。子どもだけ作ってさ、楽しくやろうよ。
コウノトリさ、殺してさ、人間だけで子どもつくれたら、いいよね。

恋さ、くたばっちゃえよ。みんな頭おかしいよ。
みかんとかぼちゃが好きなのを、恋するって言わないじゃん。
なんで人だけに恋するの? ワニに恋しちゃいけないの?
おかしいよ、変だよ。
恋、おかしいって。くたばっちゃえ。もういらない。
ふられるとか、つきあうとか、意味分かんない。

私、ほんとはすっごく偉いんだ。
みんなが知らないこと知ってるから。
みんな馬鹿だもの、仕方ないけど。
教えてあげるよ。
誰も恋してない。

852 :ちーちゃん:2013/03/07(木) 15:18:47.74 ID:sAFfai3n
>>851
いいね。ほめたら逆に怒られそうな感じがとてもいい。

853 :ゲッパリラ:2013/03/07(木) 15:23:10.99 ID:xEFnsgfH
引き止めて
ひいてひっても
カブト虫

854 :ゲッパリラ:2013/03/07(木) 18:28:19.35 ID:xEFnsgfH
日子月(ひこづき)の
峠をくだり
またのぼる

855 :名前はいらない:2013/03/07(木) 18:45:47.49 ID:ydLyxf/v
自転車まっすぐ全速力
信号無視して突っ切るその先
制服ふわり無重力
月を背景にして夢見るロマンス
普通じゃだめ
宇宙に向けて募集中
きっとすぐに王子様が現れるから
人差し指突き合わせて愛を確かめるの

856 :ちーちゃん:2013/03/07(木) 18:54:17.34 ID:sAFfai3n
>>855
あの映画ってはしゃいで見たわりに内容全然覚えてないんですけど本当に面白かったんですかね。

857 :ゲッパリラ:2013/03/08(金) 17:17:38.98 ID:AG0nu4Cs
罷(まか)り行き
人の生きてし
道と成る

858 :ゲッパリラ:2013/03/08(金) 18:34:08.66 ID:AG0nu4Cs
我の方(かた)
児(こ)の笑みよりぞ
易(やす)かりし

859 :ゲッパリラ:2013/03/08(金) 20:11:53.63 ID:AG0nu4Cs
児(こ)らの声
空にまでもと
響きゆけ

860 :    ◆UnderDv67M :2013/03/09(土) 02:29:43.59 ID:NtQ5x21/
>>844
なにこれ 聴き手に携帯でググらせるつもりなん?
「なんと人形だった!」→はい次 なんてやる気の無さ
こんなのいらないわ 無価値 E

>>851
前半がくっそ面白くなく
中盤から面白くなる珍しい作品

後の方で実は私は○の子でしたぁ〜 とか大嫌い
聴き手に伝える機会は一度きり やっちゃいけない

好きな人も少しだけいるような出だし
バスに乗るとすぐ「嫌いな人ばっかり!」とくる
非常に混雑 座席に座れないから立ってよう
もし皆ワニさんだったら縦に細いからやっぱり好き

でも「ワニはよく食べるから好き」→「バスの乗客はよく食べない?」
乗客は痩せてるの? ココに主人公の姿があればなぁ と

あと1行目ですけど香水が花の香りだっただけじゃないの?(マジレス

>>855
なんだこれ

>>856
なんだパクリなのか

861 :名前はいらない:2013/03/09(土) 04:25:46.06 ID:dLretWTM
「瞬間パラドックス」

違う道を歩いてみたくて
いつもと違う風景をみたくて
ただ それだけで

あの日あの時何をしてたの
賑わう公園で風に触れた日

空の上までいけそうな気がした

頭の中が繋がった

いま走り出したら変わる全てが
何千何億先の未来が
いま自分の掌の中に握られてるって知ってる?
足の裏で感じるアスファルトが
胸で感じるこの鼓動が
信じられない先まで続いてる道だって気付いた

862 :ゲッパリラ:2013/03/09(土) 19:11:51.38 ID:spaLBpsQ
虫無幸(むしぶこう)
人の幸より
親知らず

863 :ゲッパリラ:2013/03/09(土) 21:50:28.51 ID:spaLBpsQ
どれと聞き
どれでもないぞと
返される

864 :ゲッパリラ:2013/03/09(土) 22:00:03.07 ID:spaLBpsQ
顔を見て
きを付けてしは
床と成る

865 :名前はいらない:2013/03/09(土) 23:57:42.26 ID:XCTe36xp
>>831
他人本位な自己犠牲の精神に勇気をもらえます。

勇気がある。
影絵の車輪が回ります、
ゾウさん ピエロ つなわたり。
空中ブランコ フラフープ
不安飲みこみ
くるくるまわる
ここが新芽の台所。
内なる花が咲きました。

この詩から朝の香りがします。
準 無意味なことを続ける根性が本当に可愛い。
完璧な技を見せるため
永遠に訓練中のサーカス団。
素朴なことを許せないサーカス団。

個人的にA評価

>>851
おもちぷにぷにしてるみたいで可愛い。
ぼくがワニになっておいしく食べてあげたい。

そのおもちの中には甘いあんこが入ってんの。
そこにワニになったぼくの牙が皮を破ってあんこに到達するの。キャー

そこっ失笑するな!


個人的にA評価

だってそれって、本当は恋したい気持ちが裏返った言葉じゃないか。

ああ、どうしよう、見れば見るほど可愛くなってくる。ああっ、どうしよう!

ありがとう

866 :名前はいらない:2013/03/10(日) 09:45:25.06 ID:r5yFfJNZ
「悲しみ」

もし君が悲しい人なら
その悲しみを喜びに変えてあの光の中で静かに微笑めばいい
そうすれば、君はもう悲しくない
君は一人じゃないんだよ
その羽根はなんの為についてるの?諦めないで
空は逃げていかない
いつも空は空のままだよ

だからもう、そんな悲しい顔しないで…



えっ

具体的にどうすれば悲しみを喜びに変えられるのかって?

それはね…

知らない。

それは、自分で考えて
私、君の事よく知らないし、私は私で手いっぱいだから
そもそも、ぶっちゃけお前の悲しみにさほど興味ないんだわ。こっちは
たださ、詩だから これ
やっぱ、なんか良いこと言ってるな風がさ、いいじゃん?違う?
つか、何なのお前 冷めるわぁ〜
人がせっかく盛り上がってんのにさ すんげぇ冷めるわぁ〜
ぶっちゃけお前友達いないっしょ?
恋人とかさ、論外か? チョーうける
お前、チョー寂しい奴だな
だから悲しい奴なのか?
チョーうける
悲しい人とかチョーうける
チョーうけるわ悲しい人
悲しい人

チョーうける。

867 :名前はいらない:2013/03/10(日) 10:39:51.62 ID:9zi9Q8nA
「実験(読んで嫌にならない詩のために)」

1:09/06(木) 17:38 [sage]
これほど面白い詩はないではないか

230:03/08(金) 00:37 [sage]
読みやすい……。

231:03/08(金) 03:61
これほどの詩はない

232:03/08(金) 04:12 [sage]
>>2-55 56-231
めっちゃ楽しかったです! ありがとう

233:03/08(金) 04:13 [sage]
花のメロンもひとり味

234:03/08(金) 04:14 [sage]
七つの海を渡る風のような味

235:03/08(金) 06:43 [sage]
イカ味

236:03/08(金) 18:31
砂を噛むような食感

237:03/09(土) 00:01
鯵のたたき味

238:03/10(日) 00:07
スギ花粉&PM2.5味

239:03/11(月) 44:44
そして過去はまた雪崩落ちて消えた、
記憶のむこうに小さな無数の光を浮かべる暗い海へ

868 :ゲッパリラ:2013/03/11(月) 00:12:48.13 ID:mp+d8J4V
続き行く
悪に染まりし
人の途(みち)
ただ正しさの
なんなんとやら

869 :ゲッパリラ:2013/03/11(月) 11:41:23.16 ID:mp+d8J4V
かけひき算
五あまり三四の
七十二

870 :ゲッパリラ:2013/03/11(月) 12:48:26.16 ID:mp+d8J4V
戯呆けの
言いて言われぬ
ことのあり

871 :名前はいらない:2013/03/11(月) 16:19:44.54 ID:zW4mpkGW
「あの娘」

タンバリンを抱えて、あの娘は踊る。
赤いドレスに、赤いシューズを履いて、あの娘は踊る。
あの娘の動きは何か、何かの不安や焦りを振り払うかのような動きだった。
努めて明るい動作をしているように見える。
そんなあの娘を見て、嫌な予感を胸に抱きつつ、私はその場を後にした。
いつの間にか空に雲は無く、でも、少し空気は湿っていた。

872 :名前はいらない:2013/03/11(月) 18:51:37.32 ID:aY4gcLFz
「アイの名に寄せて」


砕けて砂に塗れてる    ヨウ素は熱を与えれば
紫煙となって立ち上り   冷やせば昇華の花となる
冷たく硬い球根は     冷たく暗い土の中
春が来たれば芽を出して  内に秘めたる華咲かす

枯れてしまったスミレには 小さな種子が残ろうか
その翌年の春来れば    紫の花は見えようか
多忙の漢字が示す様に   心を亡くした貴方にも
再び心は戻ろうか     再び笑顔は戻ろうか

今となっては過去の日々  貴方が見せてくれた物
昇るヨウ素のその煙    黒紫の華のその写真
貴方が好きだと言っていた その讃美歌の詞の世界
花を秘めたる球根を    思い返して今願う

嗚呼願わくば今一度    その名のIの字の如く
今覆われた多忙から    解放されたその時に
心を向けたその先が    私でなくとも構わない
私の記憶にある様に    笑ってほしいとただ願う

873 :名前はいらない:2013/03/12(火) 00:16:00.07 ID:jicYYTpY
「ドンキーコングは生きている」

ドンキーコングは生きている
管に巻かれて 生きている

ドンキーコングは生きている
彼女に触れる ことさえできずに

ドンキーコングは泣いている
彼女に触れる 夢を見て

ドンキーコングは頑張った
一生懸命 力を込めて

ドンキーコングは生きている
彼女を攫って 彼から奪って

ドンキーコングは泣いている
彼は確かに 目の前に

ドンキーコングは生きていた
恋に焦がれて 生きていた

ドンキーコングは動かない
彼女もそこから 動かない

ドンキーコングは分からない
彼女が自分の 頭を撫でた

ドンキーコングは拭えない
彼女の瞳の その雫

ドンキーコングは動かない
彼女はそこに うずくまる

ドンキーコングは生きていた
ドンキーコングは生きていた
恋に焦がれて 生きていた

安定の10分クオリティ

874 :777:2013/03/12(火) 01:51:52.66 ID:YXM4agv9
七五調(しちごちょう)とは、詩で七音・五音の順番で繰り返す形式。

五七調とは対照的に優しく優雅な感じを与えることを特徴とする。主に古今和歌集に使われている。
by wikipedia

>>873のほうが七五調に合ってるよね。
面白いかどうかは別として。
>>872はなんかちぐはぐしてるよね。
面白いかどうかは別として。

どちらにせよ形式に踊らされてる感が強いけど。

875 :873:2013/03/12(火) 02:27:13.90 ID:jicYYTpY
>>874
ホントだ、書いてて気付かなかったわサンクス

876 :名前はいらない:2013/03/12(火) 07:09:57.75 ID:dHYzwW4F
「悲しみから笑えたなら」

心はこんなにも浅い所にあるのに、悲しみはずっと深くからやってくる。
心は浅瀬で泳ぐ魚達のようにくるくると方向を変えて、形すら変えて進んでゆくのに、悲しみは深海魚のように重い体を引きずり、貝のように沈んでは押し黙っている。
心は誰のものだろうか。私のものだろうか。
心は簡単に人に明け渡せるものだ。ちょうど両手いっぱいの花束のようにみんなのものだ。
悲しみは誰のものだろうか。私のものだろうか。
悲しみは簡単に理解できるものだろうか。私の知りえないものだろうか。漠とした不安だろうか。
私は心から笑うことはできるだろう。浅い夢から覚めて、現実という夢に戻るとき、幸せを感じることができるだろう。
恋をすることもできるだろう。あなたの笑顔を見ることができるだろう。魚のように泳ぎ回ることができるだろう。
太陽の眩しさに目を奪われることだろう。
生きながら悲しみから離れて。
もしも次に笑うのなら悲しみから笑いたい。繕わない現実に向き合えるといい。
海底に沈んだ魚や貝のささやかな営みに目をむけていきていきたい。もっと素直にいきたい。
いきればいい。だって悲しみは人をあいするから。人といきることができるから。
悲しみから笑えるなら、一巡りして、深い海の底からしあわせがあふれ出すなら、あなたに会いに行くよ。
それがわたしだから。それがわたしたちでありたいから。
だって、人がいとおしいから。

877 :名前はいらない:2013/03/12(火) 17:34:44.34 ID:J1GbIlXE
『ぼくの平和』

眠るは言葉
言の葉眠る
黒猫走る
走る黒猫
それを追うぼく
ある午後のこと

878 :名前はいらない:2013/03/12(火) 18:43:18.86 ID:J1GbIlXE
>>877の評価よろしくです

879 :名前はいらない:2013/03/12(火) 20:52:21.64 ID:L0DfKEU/
>>871 んと、読んで最初に気になったのは、この真っ赤っか女はどこで踊ってらっしゃるの?ってこと
舞台上?街中?お空の上?それがわかると二人の関係性がもう少し見えてくるんだけどなぁ〜
お客として見てんのか、それとも私だけが見た幻なのか?とかさ〜
とりあえず、これだけだと、ウンコ我慢しながら踊ってんのかな?ぐらいしか想像できん
もしかしたら真っ赤っかだから、この娘は太陽を表してんのかな?違うか 以上 D

>>872 丁寧に書こうと頑張ってる感じはする
ただ行き着くとこは結構ベタな感傷ぽいので、読んでてあんまオモロくないな〜
色々喩えてるけど、なんか一貫してないようにみえるんで、貴方がこの人にとってどんな人なのか想像できん
貴方も見えない、貴方が人間じゃない可能性も、もちろんあるさ!
んな感じ D+


>>873 ゲームあんまやんないからアレだけど、ゲーム詳しい人が読むと「わかるわかる」って感じなのかね〜
彼女はピーチ姫で彼はマリオみたいなこと?違う?違うわなぁ〜
とりあえず、読んでてどこに面白みがあるのかわからんかったな
構成も上手くいってる感じがしない
10分クオリティーはこの詩のオチ?
読んでる方からすると、五分で書こうが丸一日で書こうが関係ないんやで〜 男なら黙って評価やで〜
評価はDかな

以上10分クオリティー

880 :名前はいらない:2013/03/12(火) 21:03:06.62 ID:L0DfKEU/
>>876
わたしが言うのもあれだけど
まずは日本語の勉強を って感じかな


>>877

平和やなぁ〜

ほんま

平和やなぁ〜

って感想




終わり

881 :名前はいらない:2013/03/12(火) 21:43:30.50 ID:t/v8YRDo
>>861お願いします

882 :名前はいらない:2013/03/12(火) 21:44:27.18 ID:FbIh7MOp
『モグラ叩きみたいな人』 伊藤静子
モグラ叩き みたいな人
好きだな〜(笑)
叩かれても 叩かれても
また頭を出してるよ(笑)
生きたいように 生きればいいよ
だって自分の人生だもの
人に 気兼ねなんかしなくていいよ
言いたいこと 言って
行きたいとこ 行って
やりたいこと やって
もっと自由に 生きようよ
でも いつも
ありがとうの気持ちは忘れないよ 
いつだってね!!!

883 :ゲッパリラ:2013/03/12(火) 22:33:09.56 ID:hwlg2Tg6
「夢現(ゆめうつつ)」

くだらぬ夢に現(うつつ)を重ね
日々の無常にただ骨を折る

雲より白いものを知らず
空より青いものをもまた知らぬ

そのきっかけは何であったか
やはり夢現に消えゆく無常

骨を折り
日々をも知らぬ

884 :名前はいらない:2013/03/12(火) 23:14:50.95 ID:5bWZ3LQp
800より前の評価が溜まってる

885 :777:2013/03/13(水) 01:52:41.19 ID:z9TnQL3b
>>775
タイトルと本文の関係を考えるのがだるい。
韻律的にもやってそうでやれてないし。
読者置いてきぼり
D

>>779
だからなにという一言に耐えうるだろうか。いな。
このテーマについて書くにはもっと
知性の枝葉を広げなきゃいけない。
深みがない。
D

>>790
形は整ってるように見えるが
さして目を引くところもない。
短いし。
D

886 :名前はいらない:2013/03/13(水) 03:55:04.64 ID:r5MsJ54o
「君のために空は回る」

君はツいてる だって月がついてる
君が泣きながら飛び出したってどこまでだって着いてくる
君の目が日の目を見るまでは

君は本当にツイてる だって太陽もついてる
涙を堪えて戦う君にどこまでだって着いて行く
それは月が出るまでのお月合い

昼間は太陽が夜は月が君を愛している
どんな時も月は君を優しく照らし出す
どんな時も太陽は道を正しく照らし出す
もし雨が降っても悲しまないで欲しい
君の痛みが分かるから泣いているんだ
止まない雨さえ君を愛して止まないんだ
君は本当に本当についてる
どの天気予報ある意味当たりなんだ

全ては君を愛している
君のために空は回る
月並みだが君の人生が日の目を見ますように

887 :名前はいらない:2013/03/13(水) 06:04:53.75 ID:qK4RtYZH
>>861
D 「瞬間パラドックス」? 何が逆説的なのかよくわかりません。
>>877
D 言葉遊びですか。とても平和です。題の通りです。
>>886
C 3連以外は面白かったです。月・日・目という漢字の使われ方も良いと思いました。
言葉の転がし方も上手だったと思います。3連がとてもありきたりでもったいないと
思いました。

888 :名前はいらない:2013/03/13(水) 10:04:45.02 ID:XKJMddFh
「回答」

木々の間をすり抜けて 暗闇と鬼ごっこ
捕まらぬよう
始まりは知らぬ間に 森の中連れられて
鏡は答えた「お逃げなさい」

命令下すは自らの母 綺麗な娘
殺してしまいなさい
一番綺麗は私だけでしょ?
誰にも渡さない だから

邪魔なものはいらない 娘でさえ
今あの娘の心臓この手の中に
食らい付けば広がる狂気の性
歪み始めたことさえ気がつけずに

命令下すは自らの母 綺麗な娘
殺してしまいなさい
一番綺麗は私だけでしょ?
誰にも渡さない だから

直接私が行く 逃げずに待ちなさい
プレゼントも持ったの あなたの為特別
受け取ってくれるよね これが最期審判
さぁさ皆のもの答えなさい

殺意さえも忍ばせ 向かう先は
そうあの娘の隠れる扉の向こう
かごの中の果実に添えたものは?
悟られることなき甘美な狂喜の跡

889 :名前はいらない:2013/03/13(水) 15:12:36.15 ID:s2b5o1c6
「ほこりとり」

何段にも積み上がってる本を避け
空き瓶を踏まないように進んでく
唯一座れる場所に腰をかけ
薄暗い部屋でマヌケな光を浴びる
マヌケな顔で光を浴びてたらマヌケな光の奥からまばゆい光
その光は全身を硬直させる
記憶をなくす程 大きな大きな深呼吸
苦しい顔して咳き込んだ
浮かぶような腰をあげ
本を崩しながら
空き瓶を踏み壊しながら
ろくに思い出のないものが溜まった場所へ行き
せいいっぱいの力でカーテンを開ける
ほこり舞い上がる部屋
たてつけが悪い窓をぶち破る

新しい空気を吸う

890 :名前はいらない:2013/03/13(水) 16:43:52.02 ID:dU0sJPrZ
わたし汚いの
だって頭から爪先までぎっしり中身つまってる

わたしさくらんぼになりたいわ
だってそうしたら赤い身が詰まってたって気にならないし
何より君が食べてくれるでしょ

わたし汚いの
だってホントは知ってるの
君が好きになってくれないのはわたしが汚いからじゃないって

でも信じたくないから
やっぱり中身のせいにしておくわ

891 :名前はいらない:2013/03/13(水) 17:18:01.88 ID:dU0sJPrZ
タイトル抜けてました
>>890は「果実」です

892 :名前はいらない:2013/03/13(水) 17:26:02.67 ID:AibViLYU


嘘をつくのは嘘つき
大丈夫、月が分かってる
あいつもこいつもわたくしも
嘘つきばかりのウサギさん

泣いてばかりは泣き虫
大丈夫、月も泣いてる
満月新月三日月に
姿を変えては泣いている

死んで行くのは動物
大丈夫、月が見守ってる
あいつもこいつもわたくしも
死んだら月へ旅行する

893 :名前はいらない:2013/03/13(水) 18:34:36.07 ID:RwRTaFje
『証明』

誰もいないこの世界が好きだ
ボタンひとつで誰もいない
みえない
みたくない
しらない
しりたくない

そんなことすべて置いていける

誰が僕を責めるだろう
誰が僕なんだろう

僕がこの言葉を書いている証明はない
僕がこの言葉を書いている証明はない
僕がこの言葉を書いている証明はない
僕がこの言葉を書いている証明はない

今ここにいて
生きている僕は
何日もここにいない
生きていた僕だ

生まれ変わり、なにも変わらず
ただ目を背けるだけだ

めんどうくさいなと思った

今僕が生きている証拠はない

いま嘘をつくとしたら

ぼくはいきている

894 :名前はいらない:2013/03/13(水) 20:57:20.43 ID:Qq1SV+wd
>>882 ゴミみたいなポエムだな。
こういうのはチラシの裏に書くか自分のケツにでも彫り込んでろ!
なんて、叩いても懲りずに何度も顔出すあなたが私は好きだな
評価してあげた私に対するありがとうの気持ちをいつまでも忘れないでね!約束よ!D

>>888
鏡よ鏡で毒リンゴ渡すのって眠れる森の美女だっけ?
別の親子を眠れるの物語に重ねて語ってんのかな?
でもあまり巧いパロディーになってないな
これ単体の話だとして読んでも描写不足な感じがいたしますわ
でも臨場感はある そこは評価したいのでD+

>>889
だからなんなのよ? ゴチャゴチャ言ってないでお部屋を片付けなさい
という感想 D

>>890
中身がつまってるから私は汚いってどういう事だね?
それだと生き物みんな汚いしその彼も汚いって事になりますよ
まぁ言いたい事はわかるけどさ
なんか不細工なポエムですな D

895 :名前はいらない:2013/03/13(水) 21:20:06.77 ID:Qq1SV+wd
>>892
月と嘘“つき”でなんか巧い事を言っていくのかなと思ったら、これはこれだけで終わってるし
月が何故みんなの嘘を見破っているのか
その理由を巧い事言ってくれるのかと思ったら、そうでもないし
泣き“虫”は、もう月関係ないし、月の形が変わっていく事と泣くって別に関係ないし
最後も別に巧い事言ってるわけでもないし
何なの!期待ばっかさせないで!ぷんぷん!
といった感想です D

>>893

ボタンひとつでって事は
そこは何か機械の中なんすかね?
ネットの中?ゲームの中?
僕は生きてる実感が持てないよ!
みたいなポエムは嫌いじゃないけど
なんか、ただ吐露しただけで終わってる感じがするな
Dでいいかな?


以上 一人で評価しすぎたかもしれんので再評価申請はお気軽に

896 :名前はいらない:2013/03/13(水) 21:45:58.16 ID:Qq1SV+wd
ちゃうわ白雪姫だwまあいいや

897 :名前はいらない:2013/03/13(水) 23:15:17.45 ID:F0CtpanT
>>895

>>893です。評価ありがとうございます。
仰られたとおり、ネットの中(SNS)の話です。
もっと練ってみようと思います。

898 :名前はいらない:2013/03/13(水) 23:46:25.76 ID:r5MsJ54o
「ラストシーンは突然に」

決して客の入らない映画館
虚しい音がフィルムが回す
頼りなく雨雪崩れるスクリーンでは
傑作のノンフィクションムービー

音割れの酷い音声と
たまに途切れる映像だけど
ハリウッドも目じゃない物語性
僕達役者陣一同は
本当のストーリーを演じてる

そうだラストシーンは突然に
知らされていない終了時間
いつクライマックスか分からない
フィルムはいつ擦り切れても
おかしくないぜ
ダンスホールで踊り狂え
魔法のステッキ振りかざせ
ハイウェイを駆け抜けろ
そしてあの子とキスをしよう


そうだラストシーンは突然に
そうだラストシーンは突然に
でもラブシーンだけは永遠に

899 :名前はいらない:2013/03/14(木) 00:59:57.74 ID:ADkD0NYx
「羽つきバス」
青い空に薄紫の雲が映えて
羽つきバスは今日も光りながら飛んでゆく
赤色はシャイで黙りこくって
黄色ははしゃいでわいわいがやがや
羽つきバスはぶんぶん進む
運転手さんはベルを鳴らす
カカンカンカン
「赤色、着きましたよ」
カカンカンカン
「黄色、着きましたよ」
新しいお客さんも光り輝いている
「いわし雲までですね。赤色の方は一名で60度になります」
赤色はいっそう輝いて、運転手さんはにこりと笑った。
ぴかっ ぴかっ
びゅーん びゅーん
ぴかっ ぴかっ
びゅーん びゅーん
羽つきバスは今日も光りながら飛んで行く。

900 :名前はいらない:2013/03/14(木) 06:49:50.64 ID:eokOc5P0
5月6日


2011年5月6日 07:13
おはよー

2011年5月6日 07:18
@souetie33 @loglocke おはようございます!

2011年5月6日 08:22
バス待ちなう。今日は蒸してるな〜

2011年5月6日 08:28
めっちゃ道混んでる

2011年5月6日 08:36
#nowplaying グライダー(rmx ver.) / capsule

2011年5月6日 10:20
まずった

2011年5月6日 10:25
@loglock いえいえ^^大丈夫ですよ〜

2011年5月6日 10:31
そろそろどうするか決めよう

2011年5月6日 12:23
昼飯なう。生姜焼き丼うま

2011年5月6日 12:52
決めた。今日で終わらせよう

2011年5月6日 13:01
うーん眠い。だが午後の授業は寝ない!

2011年5月6日 14:52
トイレを我慢する心理ってなんなんだろう

2011年5月6日 15:28
最近記憶力が悪い

2011年5月6日 15:45
自販機で買うお茶は生茶か爽健美茶

2011年5月6日 16:34
なんか気持ちがふわふわしてる

2011年5月6日 17:25
歩いて帰ろう

2011年5月6日 17:31
メガネを外して視界がぼやける。イヤホンをして外の音を遮断した。孤独を味わう簡単な方法なう

2011年5月6日 17:34
自分だけが動いてる感覚

901 :名前はいらない:2013/03/14(木) 06:54:52.68 ID:VTXQludS
「目には見えない月の光に」

夜更けて訪れるお客様
目には見えない
月の光に

さあ、さ
お茶をどうぞ
いえ、
甘いホットミルクがいいかしら

月にはないでしょ
ともかく飲んで

縁側に光る
月のひかりに
見えない御仁は座布団の上

積もる話もあるでしょが
積もる願いもありましょが
月のない星空見上げて
並び聞く

私からは
蛇と巻き付くイバラの
棘巻くつるを
あなたに返して空を見る

帰る道はあちらから
月が空に帰れば
明るい夜道
迷わずまっすぐ帰れるわ

902 :名前はいらない:2013/03/14(木) 09:40:10.81 ID:LvoKx32Z
「ひとりぐらし日記 3/14」

朝風呂に浸かっているとどこからかドウゴウバシャ、と
クイーンの「ウィー・ウィル・ロック・ユー」のドラムの音が聞こえてきた
ドウゴウバシャ、ドウゴウバシャ、と繰り返す
誰が鳴らしているんだろうと思ったら自分が回している洗濯機の音だった
僕はそれで安心して、正確なそのリズムにフレディーの嫌らしい声を乗せて遊んだ
ゲートリバーブの効いた歯切れよくも深い、重厚なリズムは観客とヴォーカリストを熱狂させるに充分だった
次にブリトニースピアーズの歌声を乗せてみると頑固だった朝勃ちもようやく収まってきた
温まった肺からはふぅぅと息を吐いて
洗濯機、楽しそうだなぁと微笑ましくなる

洗濯機がリズムを変えた
すすぎに入ったのだろうか
夜を流れるようにスローなシャッフルは、AC/DCのナイト・プロウラーだろうか
いやそんなマイナーな曲誰も知らねえってw
浴槽の中でニヤケながら、やっぱり洗濯機、楽しそうだなぁと思ったが
べつに洗濯機は楽しくないのだと当然のように思い当たると、死にたくなってきた
世界でじぶんひとりだけが楽しい気分になってる気がして

歯を磨き、シャワーを止めると洗濯機のリズムはまた元に戻っていた
ドウゴウバシャ、ドウゴウバシャ

903 :名前はいらない:2013/03/14(木) 11:23:39.96 ID:RAYRNFSF
『哀想笑い』

血にまみれたままでは
だれも救えないと思い
顔を包帯で巻き付けてみた
そして何も見えなくなってしまいました

見えなくなってしまうことを望んだのだと
知りながらそれからも逃げていた

広がっていく腐敗
続く菜の花畑

蚊に喰われただけの瞼を腫らして
いかにも傷付いた風を装うことで
自分を護っていました

悲劇に目を伏せて

脳内で勝手に生きている僕は
好きなものを好きなだけ貪っている

目を背けていない振りはもう
板についていて
同情を振り撒く表情が
能面のように張り付いた

誰か 助けてください
痛いくらいに平常だ

渦巻く不幸の中で
ただ一人健康だ

今日もまた、生きてしまっている

にやにやと、哀しく

904 :ゲッパリラ:2013/03/14(木) 16:07:02.92 ID:xgSBzZHN
鼻ぐずり
泣いてやまずか
立ち呆け

905 :ゲッパリラ:2013/03/14(木) 16:42:16.72 ID:xgSBzZHN
蛇の道
十(とお)と一つの
三つ巴

906 :名前はいらない:2013/03/14(木) 17:39:06.38 ID:/toQzHtu
「不安も消えてく」

夢のようなな ふわふわ感
雲に抱かれた 安心感
親に抱かれた 安心感
全てを失くした 不安感
明日も見えない 不安感

白に抱かれた 安心感
それはきっと 偽物で
それでも彼には 本物さ

907 :777:2013/03/14(木) 17:50:07.65 ID:APpf7cu+
>>792
風刺としてはナマクラな切れ味
もっと切り込まないと書く意味がない
歯切れもいいようで悪いな。
D

>>794
この文章のいたたまれなさは
作者がすぐさまセルフつっこみを入れざるをえないほど。
なにがおもしろいのかわからないこれ。
D

>>796
なにこれケータイ小説から感情吐露だけ抜き出したような感じ。
すごくどうでもいい。
D-

>>797
短過ぎ。もっと攻めろよ。
手持ちの言葉と感情をころころ転がして並べてみたところで
子供の落書き以下だよ。
D

908 :777:2013/03/14(木) 18:15:17.03 ID:APpf7cu+
>>800
ひとつの作品として足りなさ過ぎる。
視野狭窄。言葉によって何一つイメージを獲得できてないから
全体にうそっぽい。情念が軽い。
D

>>805
古典の和歌でも読むといいよ。
その程度のことはもっと短く雅に歌い流すことができる。
花言葉に頼ろうとしてるのも好きじゃない。
そんなものは言外に放流してもっと表現を凝らすべきだ。
D

909 :777:2013/03/14(木) 18:18:00.13 ID:APpf7cu+
未評価(>>848

>809 >812 >855 >866 >867
>876 >898 >899 >900 >901
>902 >903 >906

910 :名前はいらない:2013/03/14(木) 18:49:07.24 ID:4XAdReKD
>>809
情景は伝わってくるような気がせんでもないが
すぐに置いてけぼりを食らった
抽象的、自分的な感覚が多くて何を言いたいのかわかりづらい
D

>>812
終止形ばっかりでつまらない文
そして魔王がどうしたというのだろうか
D

911 :名前はいらない:2013/03/14(木) 19:11:07.67 ID:4XAdReKD
>>855
ETのオマージュ?
リズムが良さそうで悪い。
E

>>866
言葉変えれば意外とちゃんとするんじゃないかと。
E

>>876
ごちゃごちゃ詰まってるし、日本語おかしいところがあるし
言いたいこともっとまとめれば?
D

912 :名前はいらない:2013/03/14(木) 19:30:00.96 ID:4XAdReKD
>>898
ノンフィクションの物語=人生
いつ死んでもおかしくないってことだろうか。
そうだと思う。言葉選びがなんかダサい。
最後は好き。
D

>>899
赤色と黄色ってなんだろう
バスって何のことだろう
絵本で読みたい
こどもにいろいろ想像させられそうでいい
D+

913 :812:2013/03/14(木) 19:57:48.39 ID:36097Dv0
>>910
ありがとうー
う〜ん うんこもらす詩だからなー ストレートにしか伝わらないかー がんばろ

914 :名前はいらない:2013/03/14(木) 20:29:17.24 ID:2mwshHk3
「その人が筆を走らせるとき」

「嵐だ。
 灼けつくような
  嬌声が聞こえる。
黒々と立ちはだかり
 その人のものとなる。
  類似するすべてのものの
   存在の可能性を
    粉砕する」

一呼吸の合間に。

完結を迎えるとき、深い轍が残るだろう。
 最も相応しいものとして君臨して。

「この痕跡を塗りつぶさんとするものは恥じて自害せよ」

915 :名前はいらない:2013/03/14(木) 21:53:47.86 ID:4XAdReKD
>>913
納得しました。Dです。

916 :名前はいらない:2013/03/14(木) 22:34:56.76 ID:gad80hMP
「透明な飛行機」

古びた椅子の上で
視力を失った犬が
操縦士の夢を
見ている

雲一つない空が
くすんだ犬の瞳を
空色に
染めてゆく

本当は
誰ひとりいなかったこの街で
僕は
季節が変わるたびに
また何かを
失ってゆく

見えない何かのために
見えていた何かを見失う
そんな馬鹿げたことを
繰り返す

もう空なんて
見えやしないのに
いつまで君は空を
見上げてるつもりなんだろう

春のからっ風が吹く

君はゆっくりと目を閉じ
全身で
それを
感じている

僕には見えない
透明な飛行機のエンジン音が

鳴り響いた

917 :ゲッパリラ:2013/03/15(金) 02:46:07.40 ID:gZwDuu4I
善ゆえに
悪と諍い
傷付きて
かく泣きたるも
また善であるゆえ

918 :名前はいらない:2013/03/15(金) 06:08:16.14 ID:N5u6tEoE
「僕は道化」

君の笑顔だけを 取り戻したかった
声をかけてみたり
おどけてみたりするけど

君はどこか 遠く見ながら
失ったものに 想い馳せてる

その姿は痛ましく 儚くて哀れで
人と触れる喜びも 笑う楽しみも忘れ

時が痛みを薄める
それは気休めだけで
僕は傍にいること
だけしかできなくて

君と僕とを 繋ぐものは
偽りの手で
僕は道化だ

失ったものは二度と
戻らない 帰らない
君の笑顔も同じで
二度ともう戻らない
君はそう 心を閉ざす

年月が過ぎ 会いたいと言う
君の言葉は 寂しげだから

月に祈りを捧げる けして神ではなく
平等に愛してなどくれないのだから

919 :ちーちゃん:2013/03/15(金) 15:15:09.00 ID:dmdif5HI
男なら
敵と戦い
勝利して
雄叫びあげて
三つ編みを結え

920 :ゲッパリラ:2013/03/15(金) 19:45:43.64 ID:gZwDuu4I
「月と孤独のワルツ」

ルンタッタ ルンタッタン
ルンタッタン ルンタッタ

月の姫と孤独の王子のワルツよ

ルンタッタ ルンタッタ
ルンタッタン ルンタッタン

今宵は王も酒を飲まれる
妃も部屋からお出でになった

ルンタッタン ルンタッタ
ルンタッタン ルンタッタ

道化も騎士も憂いを忘れ
みな笑顔

ルンタッタン ルンタッタン
ルンタッタ ルンタッタ

921 :名前はいらない:2013/03/15(金) 22:25:47.14 ID:wotkmr5Y
「かんかく」

あ と い 離れてるからくっつけたい
い と う 離れてるからくっつけよう
う と え 離れてるからとうつむかない

えーと その ね…


おー

922 :名前はいらない:2013/03/15(金) 23:47:19.42 ID:FuQxHPpP
>>867
何がしたかったんだろ?よかったら説明してほしい。
目的がわからんし、内容もつまらんしで、読んでて嫌になった。E

>>900
別に何か事件が起こるわけでもなくこれといったオチもない
試み自体は否定しないけど、もうちょっと頑張ってください。E

>>901
夜更けて訪れるお客様 目には見えない 月の光に
まず、これが意味不明。難解でわからんって事ではなく、文章として意味不明。
あと目には見えない月の光にってどんな状態なのかまったく想像できない。
月にはないんでしょ とあるのでお客は月から来たのかな?と想像。
最初、月の光をお客として描いてんのかな?と思ったんだけど
縁側に光る月のひかりに とあるんで、違うようだ。
で、また意味不明なのは 月のない夜空を見上げて
散々、月の光がどうとか言ってたのに空に月はない。どういう事でしょう?
そして最後に 月が空に帰れば とある。もしかして月がお客だったって事?だとしたら今までのは何だったんだ…E

>>902
読んでてちゃんと洗濯機の音が聞こえてきたし、光景も見えたけど
どうせならもっと洗濯機の音から空想を広げてってもいいんじゃないですかね。 D

923 :名前はいらない:2013/03/16(土) 00:26:25.12 ID:EIjGYcv6
Eって日本語が不自由なレベルなんだろ?
そこまで酷くはないと思うが…

924 :名前はいらない:2013/03/16(土) 00:56:51.70 ID:CpRvcgeK
どれのこと?

925 :名前はいらない:2013/03/16(土) 01:22:15.49 ID:CpRvcgeK
>>923
まぁ>>900はDでもいいかも。一応その人の1日が想像できるようになってるし。
ただ、この中では洗濯機が一番マシだと思ったんで、それよりは下にしたほうがいいかなと思ってEにした
あとのはE なぜなら、読んでてうんざりしたから(笑)

926 :名前はいらない:2013/03/16(土) 09:23:42.58 ID:Hy0HKI9d
「藍色の空」

藍色の空に
横たわる三日月
笑う光
伏せた君の目
開いてほしい
見つめてほしい
きらめく星影映す
その瞳
僕の手には
一番星
空を渡る道案内
君までの距離
一瞬に越えてく
夢に流れる星屑の川
伏せた君の瞳に
僕を映して
ひと夜静かに
語る夢をみよう

927 :名前はいらない:2013/03/16(土) 10:08:50.19 ID:SvCbPoEH
「ばく」

ある動物がいた。体は全身真っ白で
また、真っ黒で透きとおっていた。

∞に広がる砂漠時計の
束縛された中心で、粒の様な波の様な夢を
ゆっくりとばくばく食べていた。
ただ漠然と、決められた現実という場所に居てしまったのです。

その動物の頭上で突然に原子爆弾が炸裂した瞬く間の出来事である。
今でも産まれ続けて死に続けています。

その動物は、ぼく達の0cmに存在しています。

928 :名前はいらない:2013/03/16(土) 11:59:32.21 ID:EIjGYcv6
>>925
そういうことか
Eだと日本語の勉強から始めようって書いてるから、E評価は可哀想だなと思っただけなんだ。

929 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:5) :2013/03/16(土) 13:29:55.01 ID:G9x/YeLt
評価の幅をもう少し広げたらいいんじゃないかな
10段階とかに。
って議論はここじゃダメか。

930 :    ◆UnderDv67M :2013/03/16(土) 14:12:10.66 ID:FuuYhEL/
>>923 >>928
AからEまでの評価基準みたいな何かが>>1にありますけどね
正直深く考えてませんでした(本音)

テンプレの変更等は語り合うスレで語って
賛成意見募って有力な反対意見なければドンドン変更してってください

>>929
スレッドのタイトルにある「+α」って+−評価の事で
(どこかのコテが勝手にスレタイ変えやがった)
D+とかやってれば5×3で一応15段階あります 一応ね(2回目

931 :    ◆UnderDv67M :2013/03/16(土) 15:10:23.51 ID:FuuYhEL/
>>927
体と全身で重言になってる 動物の場合は人間と違って全部の扱い
タイトルは読み解く道具に利用するもんじゃない なぞなぞ嫌い

>>926
これ好き 世界観や動きが見えて良い

>>921
伊藤さんと江藤さんがなんだって?(難聴

>>919
妥協する人嫌い

>>918 
これ嫌い その君という都合良い設定ありき 
哀れ楽しみ楽しみペタペタと単語を設置するだけ 君いらない

>>916
芸術分野において「何か」で妥協していく男の人嫌い 
操縦士と繋げるのは良いけど俺操縦した事ないから分からない
人間の勝手な思い込みで犬を利用する人嫌い

>>914
空白入れて雰囲気アピールする作品は笑いが出るから嫌い

>>902
知らない世代に全く伝える気の無いおじちゃん嫌い

932 :ゲッパリラ:2013/03/16(土) 20:20:04.56 ID:xgDjwwB9
光り葉の
茂りてさそう
夏日和

933 :名前はいらない:2013/03/16(土) 20:50:51.97 ID:mVG6HgTd
『過去 現在 未来』伊藤静子@54才

一年前の君は 何を思った?

不安?  希望?  現実?


じゃあ 一年経った今 何を思う?

努力した分 良いことあったかな

そして 更に 一年後の君は 何を思っているのだろう

何かいい事起こらないかなって

何かひとつ 挑戦してみよう


一年後の今日

今よりもっと

楽しめてたらいいね

934 :名前はいらない:2013/03/16(土) 23:05:39.36 ID:mEDbFDU9
アブドゥクスメイリャー ソブドゥスクメイリャー ブブドゥスクメイリャー

カンドュラー ソンドュラー メッシャス アシャス クノッシャス

チョンビヤ ソンビヤ ガンビヤ ビンビヤ メルフォイ セルフォイ ハルフォイ

オンドーレ ワッフィン メンドーレ ワッフィン

ドスクス メスクス マンジャラース ゴンゾルゲスファスジャバラグネグス

935 :名前はいらない:2013/03/16(土) 23:16:06.93 ID:cdFurlP1
夕暮れ時の
桜の木
それは確かに赤くって
でも本当は赤くない

夕暮れ時の
君の顔
それは確かに赤くって
でも本当はどっちかな

936 :dipika:2013/03/17(日) 05:52:52.62 ID:Gt81A07o
>>933
D 「そうですね」と言いたくなります。
悪く言えば、押しつけがましい説教のようです。
冬休み明けの宿題帳に書いてありそうな言葉です。
>>934
E コピーするにしても、持ってくるところくらい考えたらどうですか?
意味のない言葉を並べたら詩になると思っているのなら
それは間違いだと思います。
>>935
D どっちなのでしょうね。
桜の木から君の顔までにもうちょっと連を作るか関連を持たせるかして
読者に「君の顔」が赤いのは本当なのかどうかを想像する余地を与えて
欲しかったです。
この2連だけではあまり興味を引くことができないと思います。

937 :名前はいらない:2013/03/17(日) 08:20:25.34 ID:OCF4YvWJ
「尽したいあなたに」

どんな話をしようか
何をアピールしようか
頭の中で準備はするけど
あれこれ複雑に
考えてしまううちに
僕は恋に臆病になる
無意識に壁ができる

奉仕の心は持っている
好きな人のために
自己犠牲だってできる
愛の深さは負けない
限りない優しさは負けない

だけどアピールしようと
思っても
僕は弱気になって
いつも腰が引けてしまう
気が引けてしまう自分に
自信を失っていく
受け身になっていく

してあげたい事を
素直に実践したい
繰り返すうちに
きっと気付いてくれる
そう信じて
気付いてもらえるまで
僕は尽くし続けよう

938 :ちーちゃん:2013/03/17(日) 09:24:27.01 ID:cQN5Po4w
「一時」

Hi!僕まるちーちゃん
一時セン五では
++、--などの記号を使用した
25段階評価のムーブメントが
有った

過去形だ

アンダーバーと言う人は
「どこをどう計算したらそんな数になるん?」
等と言って居たが
それは彼以外全ての人にとっての
ゴゴニジュウゴ

おっぱいが揉みたい
おっぱいを揉みながらこんな話をして
「どうしておっぱいを揉みながらそんな話をするの?」
と聞かれてみたい

エロ話ばかりしてヤリチンだと決め付けられて
警戒されて居たい

「ねえ、アンダーバーって、どんな人?」
幻聴だ

ポコチン擦りすぎて痛く候

939 :名前はいらない:2013/03/17(日) 11:38:27.45 ID:/lvWziqV
>>903
>>906
>>914
>>916
>>918
>>919
>>920
>>921
>>926
>>927

が未評価ですかね。

940 :名前はいらない:2013/03/17(日) 12:04:44.20 ID:PxYs2CHT
自分の中にどうしようもないやり場のない攻撃性があるくせに、
潔く認めることも出来ず、さも自分が平和であるかのように振る舞い、
無謬性に囚われるが、自分の中にある攻撃性が消えた訳でもないので、
都合の良い怒りのぶつけ先を探して、あたかも自分に正義があるかの
ような立ち振る舞いをして攻撃的になるが、目的が仲裁ではないので
ひたすら事態が悪化していくだけで味方にいると却って都合の悪い
疫病神になっていき、心の奥底では自分は正しく善でありたいが為に
世界や社会は悪であって欲しいと望んでしまう救いようがない性格だが、
そこまで自覚しつつもなおも自分の性質を認めたがらないので、悪への
渇望は永遠に満たされることなく、邪な気持ちを内包したまま世の中は動く。

941 :名前はいらない:2013/03/17(日) 12:12:08.47 ID:/rj+NQUh
A-1
思いを届けろ
届けなくてどうする
溢れる気持ちを上手に伝えろ
B-1
隠せ
とにかくひたすら隠せ
何も話すな
何も考えなくて良い
C-1
人に命令してはならない
自分の考えを押し付けてはならない
1人で生きろ

942 :名前はいらない:2013/03/17(日) 15:10:28.20 ID:Q21bQpiR
「好きです。」

藍色の猿が水パイプで自分の乳首を吸ってやろうと、さっきから躍起になっている。
そんな事って本当にあるのかしら?と彼女は二匹目の豚を両手で仕留めながら青空に尋ねた
あるわけねぇだろ。と猿は答えた。空は答えない。何故なら空はただの気体だからだ。
僕は自分で自分の事を結構男前だと思ってたんだけど、さっき鏡を見たら違った。
恥ずかしい。自分が恥ずかしい。僕は世界をまた何度も強く呪った。でも、一銭にもならなかった。
どうして?。どうしてなんだろう?。どうして、人は憎しみあうのだろう…。
知らない。すいません。ごめんなさい。助けて。TSUTAYAに行きたい。
TSUTAYAでlost全巻借りて一切観ずに放置してたい。
ごめんなさい。あんなにも空が青くて、ごめんなさい…。
好きです。君の事が好きです。嘘です。食べる事が一番好きです。

943 :    ◆UnderDv67M :2013/03/17(日) 16:03:26.14 ID:QTHiBX1G
>>933
何度でも言う 創作分野で「何か」は多用したらアカン

>>937
愛と恋は違うと思うの

>>938
身内ネタとか冷めるんで 伝わらないんでいらないッス E

>>939
まだあるんじゃね ランク無しは乾燥扱いだよ テンプレ見てね

>>940
コピペは失格です すいません

944 :    ◆UnderDv67M :2013/03/17(日) 16:15:34.66 ID:QTHiBX1G
>>939 ゲッパなんとか以外に1つだけ連投混じってた 惜しい
ちーちゃんてコテには気をつけてね

>>876 それなりに好き


間違いやコピペがあったら教えて


未評価(>>909

>903 >906 >914 >916 >918
>921 >926 >927 >937 >941

>942

945 :名前はいらない:2013/03/17(日) 16:22:56.33 ID:KzbqGkuH
少し暑い、祭りの日に
リンゴ飴を舐める君を見て
ほんの少し、どきっとする
ふっとこっちを見て
瞳を瞬く君を見て
顔を赤らめそっぽ向く
もう会うこともないのだから

金魚を見つけてはしゃぐ君
射的で落せず不機嫌な君
ヨーヨー釣りで笑う君
別れの時に俯いた君
もう会うこともないだろうだから
君は遠くに
僕は変わらず

頭も二度と撫でられない
共に遊びにも行けない
泣き出す君に、何にもできない
もう会うこともないのだから
もう会うことは、できないのだから

だからほら、泣き止んで
僕には何も、できないのだから

946 :    ◆UnderDv67M :2013/03/17(日) 16:25:45.38 ID:QTHiBX1G
>>945
これ大嫌い

947 :名前はいらない:2013/03/17(日) 16:31:24.94 ID:KzbqGkuH
>>946
そか、すまんね

948 :ちーちゃん:2013/03/17(日) 16:37:35.41 ID:cQN5Po4w
「閃光」

あなたって冷めるわ…

ひろゆきちゃんの2ちゃんねるで
ある一匹のメス猫がわたしにそう絡み付く

あんだバカ野郎

そう呟いてマルボロに火を点けたとき
その言葉のある事実との一致に気付く

アンダーバー
バカ野郎

彼は身内だった

949 :ちーちゃん:2013/03/17(日) 16:51:19.14 ID:cQN5Po4w
>>943
じゃあゴハンとか食べに行こうぜ?

950 :ゲッパリラ:2013/03/17(日) 21:38:24.02 ID:GfbldV+o
高り音の
皆を揃えて
響きたり

951 :ゲッパリラ:2013/03/17(日) 21:45:40.83 ID:GfbldV+o
1つ取り
2つ成りとて
丸3つ

952 :ゲッパリラ:2013/03/17(日) 21:47:31.00 ID:GfbldV+o
>>951
訂正

1つ取り
2つ成りては
3つ丸

953 :ゲッパリラ:2013/03/17(日) 21:53:49.89 ID:GfbldV+o
日の巡り
ふたつご破算
その通り

954 :ゲッパリラ:2013/03/17(日) 23:18:49.30 ID:GfbldV+o
叫びしの
響き渡りて
悪を追う

955 :ゲッパリラ:2013/03/17(日) 23:34:24.96 ID:GfbldV+o
洞穴に
水したたりて
凍え死ぬ

956 :ちーちゃん:2013/03/17(日) 23:46:43.07 ID:cQN5Po4w
>>955
怒りを覚える程の低クオリティですD

957 :dipika:2013/03/18(月) 00:04:53.15 ID:lQqEgYbB
「いし」

予報通りの雨。
恋人たちは肩を寄せ合い相合傘。
俺はそれに体温を感じない。
そんなもの偽物すぎる。
口から出る言葉はアットランダム。
意味をなさない記号だ。ここは異国か。俺は異人か。
それとも路傍の石なのか。誰もそれには答えられない。

この土砂降りの中、俺だけが異質だと思うのは思い上がりだろうか。
いいえ、僕もいますよと呟く声がした。
そいつは青い目をしていた。
首をかしげて立っていた。
なるほどこいつは異質だ。
それでいいのですよ。とお前は笑った。

この街には貴石が多すぎる。
俺たちは何だろう。
コランダムだとお前は言う。
すり減って、すり減って、相手をきれいにして散っていく。
散っていくなんて大層なものではない。
捨てられていく。無くなっていく。
それでいいのだろう。と俺が言う。
それでいいのですよ。とお前も言う。
どうせ噛みあうことができない歯車なのだから。
すれ違うことしか許されないのだから。
せめて、いたことくらい残していいだろう。
貴石を研ぎ澄まして円になればいい。
もうどこにもとっかかりが無くなればいい。
孤独になればいい。望みが無くなればいい。
期待を抱かなくなればいい。

それでいいのですよ。とお前は言う。
それでいいのだ。と頷く俺がいる。

そして俺たちは背を向ける。
コランダムも磨けば光るものがいる。
俺はどうだろうか。
お前はどうだろうか。
知ってどうにかなるものか。
光ってもこの街の貴石たちにはかなわない。
それなら俺たちがとる方法は一つのはずだ。
それでいいのですよ。とお前が言った気がしたから、
それでいいのだ。と俺が確かめた。

958 :名前はいらない:2013/03/18(月) 06:45:44.42 ID:swZWV78Z
「花酔い」

花の香辿って 君を探す辺り
僕は梅の毒に 侵された様
樹々が光放って 眩しくて
みんな毒の所為なら ねえ
君の場所まで行けそうだよ

空を見上げたら 歪曲 赤空
枝に目隠しされ 進めないや
温い風が花の香を流してく
解毒されない様吸い込む 嗚呼
春の森が僕に言う「おいでよ」

みんな光り輝いて
綺麗 綺麗
僕は梅の花を千切りだす
一つ一つ瓶に詰めたら
ほら 遠くで迦陵頻伽の声

春が咲いて毒を放つ
キラ キラ
傷付いても枝を潜り抜け
埋もれる光の中手を伸ばす
ほら 君に触れた 春ボヤな夢

空はレンズフレアの渦 閉眼
灰色で寂れて 嫌いな季節
居ないやってただ 呟いた
瓶から溢れる 毒付いた春 もう
囚われた僕 君の虚像はリアル

春が咲いて毒を放つ
キラ キラ
傷付いても枝を潜り抜け
埋もれる光の中手を伸ばす
ほら 君に触れた 春ボヤな夢

959 :名前はいらない:2013/03/18(月) 16:13:07.41 ID:32zPR1as
                     /j
                   /__/ ‘,
                  //  ヽ  ', 、
                    //    ‘  ! ヽ             …わかった この話はやめよう
                /イ       ', l  ’
               iヘヘ,       l |  ’
               | nヘヘ _      | |   l            ハイ!! やめやめ
               | l_| | | ゝ ̄`ヽ | |〈 ̄ノ
               ゝソノノ   `ー‐' l ! ¨/
            n/7./7 ∧        j/ /     iヽiヽn
              |! |///7/:::ゝ   r===オ        | ! | |/~7
             i~| | | ,' '/:::::::::::ゝ、 l_こ./ヾ..     nl l .||/
             | | | | l {':j`i::::::::::::::::`ーr '         ||ー---{
              | '" ̄ ̄iノ .l::::::::::::::::::::::∧       | ゝ    ',
      , 一 r‐‐l   γ /、::::::::::::::::::::::::〉ー= ___  ヘ  ヽ   }
    / o  |!:::::}     / o` ー 、::::::::::::i o ,':::::::{`ヽ ヘ     ノ
   / o    ノ:::::∧   /ヽ  o  ヽ::::::::| o i::::::::ヽ、 /   /
   /    ノ::::::/    /::::::::ヽ  o  ヽ:::| o {::::::::::::::Υ   /

960 :ゲッパリラ:2013/03/18(月) 18:06:19.59 ID:K4bg3pps
為善悪以唯義

961 :ゲッパリラ:2013/03/18(月) 19:12:04.38 ID:K4bg3pps
人のふむ
明らかなりて
紛うもの

962 :ゲッパリラ:2013/03/18(月) 19:16:02.83 ID:K4bg3pps
母の踏む
ミシンの針と
糸と布

963 :ちーちゃん:2013/03/18(月) 21:03:44.97 ID:MsFZfIP4
ほほうふむ
なるほどそうか
へえまじで

964 :ゲッパリラ:2013/03/18(月) 23:08:28.45 ID:K4bg3pps
よろこびの
みつによらずば
しにおわる

965 :名前はいらない:2013/03/19(火) 08:40:11.19 ID:eJ7AFdzx
「試練と未来」

掌で語る
笑顔の感触は
盲目でみる
光と色彩
聾唖で聞く
音と呟き

火が一人
孤軍奮闘するとき
孤独にならぬように
風が躍り出る
大地に支えられながら
光に抱きしめられる


雨雲の絨毯の上では
常に太陽が座している
希望と勇気と情熱と
夢を脱ぎ捨てた目標よ
試練と未来 共にあれ

966 :ちーちゃん:2013/03/19(火) 12:26:29.46 ID:tPd4lOtk
ころびよの
よつばらにみず
にわしおる

967 :ゲッバリラ:2013/03/19(火) 13:55:25.22 ID:fA+xXZHY
>>966
お前うざい
もう出てくんな
針刺すぞ

968 :ちーちゃん:2013/03/19(火) 18:56:04.96 ID:tPd4lOtk
無法者
イライラさせた
俺の勝ち

969 :ちーちゃん:2013/03/19(火) 19:03:31.14 ID:tPd4lOtk
964 ゲッパリラ 2013/03/18(月) 23:08:28.45 ID:K4bg3pps
よろこびの
みつによらずば
しにおわる

966 ちーちゃん sage 2013/03/19(火) 12:26:29.46 ID:tPd4lOtk
ころびよの
よつばらにみず
にわしおる

確かにこれはちょっとやりすぎたな勝利すぎる。

970 :ちーちゃん:2013/03/19(火) 19:06:17.02 ID:tPd4lOtk
「は?なにそれ」などのみんなの意見もお待ちしていまうす。(^o^)ry

971 :    ◆UnderDv67M :2013/03/19(火) 19:17:21.85 ID:OApJAfQJ
新スレ立てれたら立てます

972 :    ◆UnderDv67M :2013/03/19(火) 19:29:51.37 ID:OApJAfQJ
残り30レスしかなかったので新スレ

君のセンス5段階+αで評価するよ[vol.107]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/poem/1363688373/l50


ココはこれから適当に埋めてく感じになると思うんで
それが嫌なら新スレの方を先に使っても別に構いません

ご自由にどうぞ

973 :名前はいらない:2013/03/19(火) 19:31:39.02 ID:6si6g5+/
>>970
おめでとうございます!

974 :名前はいらない:2013/03/20(水) 00:19:39.89 ID:S/JPA/MP
あの日夢の中
あの想いこの想い
暗闇のトンネルの中を駆け抜けた
走っても走っても離れられない
いやだ 逃げたい 逃げられない

僕を嘲笑う
強がってみたりもしたけれど
ただの本の山 崩れ去る

君の目の奥のその光
この手で握り潰して
ああ空へ浮かんで消えたい
水のような心

975 :名前はいらない:2013/03/20(水) 01:16:59.79 ID:VdqONiJE
Under the law

法律で決められたかのように
君は大事なことを喋っちゃくれない
法律で決められたかのように
君は真ん中のこと話しちゃくれない

爪先で額を小突かれた人が
君をそこに立たせてくれたんだろう
そうとは知らずに 尊敬してるフリしかしないで

ちゃんと影のある橋の下で 君の代わりに惨めな思いをする
勘違いした秋のノルタルジアが 僕に見かねて襲いかかる
悪い気はしないな

法律で決められたかのように
君の隠し事は見つかってしまう
法律で決められたかのように
君の願い事は叶うはずない

僕は世間の博識人方とは違って
君が悪人だと気付けなかったんだ
ただ単純に最初から気に食わなかっただけです

中途半端にはみ出してるなら 遠くまで行っても変わらんだろう
意気込んでみたけど 道路交通法の下でいつの間にか生きてる
笑いたきゃ笑えよ

どことなくアテもなくまたとなく彷徨う
僕たちの今夜はやっぱり橋の下
普通に戻った君には理解できないでしょう
それか檻の中はもっと酷いのですか?

976 :ゲッパリラ:2013/03/20(水) 02:29:53.73 ID:MERzkQir
横長の
島の終いに
縞模様

977 :ゲッパリラ:2013/03/20(水) 03:29:41.83 ID:MERzkQir
伸縮の
くだに月影
くぐらせり

978 :ゲッパリラ:2013/03/20(水) 03:39:30.08 ID:MERzkQir
白濁の
無駄に流るる
水の音

979 :dipika:2013/03/20(水) 08:58:21.77 ID:qn55h1Vk
>>903
D わかりにくい。文書がばらばらになっていると思います。連と連の
つながりがよくないので、全体を通じて印象が悪く、哀想笑いという
タイトルも浮いた感じがします。正直言ってこれ以上はわからなかっ
たので、もし的外れだったら再評価希望してください。
>>906
D- 語彙のなさが悲しい。韻を踏んだつもりかもしれないけど、同じ言
葉を並べることと、韻を踏むことは違うと思います。あなたにはわか
るのかもしれないけれど白に対して私は興味を抱けないし、それが偽だ
ろうが本物だろうがどうでもいいです。短すぎて読み込むことが不可能
ですのでもっとさらけ出すといいと思います。それと「夢のようなな」
は誤字ですね。

980 :903:2013/03/20(水) 12:55:01.49 ID:lIo+c5Fh
>>979
評価ありがとうございます。
地震の時に書いたやつで、頭の中ではつながってるんですけどね。
伝わらないと意味ないですね。

981 :dipika:2013/03/20(水) 13:22:04.26 ID:NsPUyeoo
>>980
細かく言うと「目を背けていない振りはもう」と「同情を振り撒く表情が」が
わかりにくかったです。視点が分かりにくい。だから評価は変えません。

419 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)