2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

恋しき Re-cycled 世界 de l'image

1 :Mana魔名:2012/02/10(金) 22:07:50.51 ID:P3vczDk9
リリカルな動作とコミカルな言葉が、虚数軸中心に148°ほど歪んでいる
ラスプーチンのクスリで卑金属が貴金属に変化し、鳥は這いずり回るだけ
イラストは白一色 所々に原色の穴 刹那の痛みに君のくちびるを噛んだ
トルストイが描く狂喜の絵画に、僕は√37564スイスフランの値を付ける
ストイックな君の素肌に傷を付け、地下水路で釣られた魚の様に跳ねる血
レッスン場に響く嬌声のオペラが、ブラックホールの記憶を呼び起こした

前スレ?:美しき Re-created 世界 de l'image
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1037011550/l50

書き方の例は>>2-10あたりに・・・

2 :Mana魔名:2012/02/10(金) 22:09:10.06 ID:P3vczDk9
このスレでは
1.私の詩をみなさんにリライトしてもらう。(この場合、縦読み出来ない詩になっても構いません)
リライト用サンプル集
・美しきF××kin'世界 de sang 詩
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1030788069/l50
・麗しきP×s×y少女 de l'amour 詩
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1066920907/l50
2.みなさんがリライトして欲しい詩をここに載せて頂き、私が縦読み詩としてリメイクする。
といった感じで進めたいと思っています。

<1の場合のお願い>
タイトルは最後に入れて下さい。
タイトルの書き方は「(ネタ元縦読み詩のタイトル)〜○○Mix〜」で。
固定さんに限っては、〜○○Mix〜部分にHNを組み込んでいただけたらうれしいです。

では、以降よろしくお願い致します。

3 :Mana魔名:2012/02/17(金) 21:06:14.78 ID:WrHt88DF
[3]: 名前はいらない : 2011/01/11(火) 10:32:02 ID:1hRnGuri
リリカルな内科秘録とコミカルな永富独嘯庵が、納戸神に1637°ほど歪んでいる
蘭学逕の国友鉄砲鍛冶で筆算訓蒙が規矩分等集に変化し、豚病治療編は這いずり回るだけ
岩橋善兵衛は博物新編訳解 独独匿烏斯本草にケンペルの亞墨史草稿 占気筒訳説の伊東玄朴に牛病新書のくちびるを噛んだ
伊祇利須紀略が描く伊藤愼藏の引律提耳に、エレキトロ・マグネテーセ・テレガラフは七月の大槻俊斎を付ける
ストイックな和蘭沕乙蘭土文範初篇の阿蘭陀通詞目付大小通詞並末席稽古通詞内通詞小頭筆者小使勤方帖に華夷一覧図説を付け、臥雲辰致で釣られた片倉鶴陵の咬{口留}吧暦和解(からっぱれきわげ)に跳ねる漢訳洋書解禁
窮理通キンドルに響く黒田長溥の顕微鏡用法が、工部大学校の小林謙貞を呼び起こした

>>1 〜洋学史Mix〜

4 :Mana魔名:2012/02/17(金) 21:10:44.00 ID:WrHt88DF
空を頼りなくフラフラ歩いている、まるで糸の切れた凧みたい
中身の無い考え事ばかり頭に浮かんで、気持ちは常に不安定
しどろもどろなあたしの人生、どうせこのまま生きてくよりは
ばらばらになって消えてしまった方が良いのかもと思うけど
いつまでも決心がつかずに、今日もフラフラ街中を彷徨い歩く

「空中しばい〜tight rope mix〜」
(サンプル:http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/poem/1284527050/16

5 :Mana魔名:2012/02/17(金) 21:13:08.40 ID:WrHt88DF
[5]: ちーちゃん : 2011/12/25(日) 06:23:46.86 ID:xdnk9ICw
>>4
亀が頼りなくフラフラ歩いている、まるで電池がなくなる寸前のミニ四駆みたい
甲羅を開けて電池を取り替えようと思うなんて、気持ちは常に不安定
しどろもどろなぼくの人生、どうせこのまま歩いて帰るよりは
ばす停を抱いて寝てしまった方が良いのかもと思うけど
りこうな僕はひとりラブホテルに泊まり、暖かなクリスマスを過ごす
>
> 「空中しばい〜tight rope mix〜」
> (サンプル:http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/poem/1284527050/16

6 :名前はいらない:2012/02/20(月) 03:51:44.01 ID:tCASb2eT
「死にたい朝」

死にたい朝
もう太陽を待つ必要のない
死にたい朝
雲が分厚く空を隠す
死にたい朝
夜のうちに止んだ雨が霧の微粒子と化す匂いの
死にたい朝
アイツの読んだ弔辞が聞こえてくる
死にたい朝
「じゃあ、いずれ」。結句なぞり笑っている
死にたい朝
好きな季節はいつだったろう
死にたい朝
世の中が今日の始まりに騒然となる前の
死にたい朝
レンブラント光線の降り注ぐ
死にたい朝
あとはただ
天使の梯子をゆっくりと 辿り昇って行くだけの
死にたい朝




7 :Mana魔名:2012/02/25(土) 19:08:43.10 ID:/+oNMhvz
[4]: Mana魔名 : 2011/01/16(日) 18:30:32 ID:m0i2K85I
雨あられが雪みぞれに変わり、花が萎れかけている頃
張り巡らされた電線が少し揺れ、夕焼け空も霞んでいる
風が吹き抜ける街外れの石段を、少女達が駆け抜けていく
空と海の境目を眺めていると、愛した貴女の面影に触れ
夢うつつの夢の中、冬景色は涙にそっと溶けていく…

「ありがとう〜Mana 9th Re-cycled Mix〜」

この詩を>>3氏に捧げる。。。

8 :Mana魔名:2012/02/25(土) 19:10:26.24 ID:/+oNMhvz
[5]: 名前はいらない : 2011/01/21(金) 18:17:44 ID:qkkzOJ2J
雪は時間をかけて花を枯れている嵐を、みぞれに変更
針金は少し震えている、空は薄暗い夕暮れです
石段が街を、女の子を介して実行される風
空、海の境界線は、女性の愛に触れるな
夢の中で夢、穏やかな風景は、冬には涙に溶けて...

"ありがとう、再び〜9回転諸送樟Mix〜"

9 :Mana魔名:2012/02/25(土) 19:13:09.36 ID:/+oNMhvz
弦の張りに代表的な晩年ワールドが拡がるようだ
楽団は森の中を彷徨い、下界の凡人達に林檎を手渡す
四歳児の官能がベートーヴェンに似合わないように
十まで数えても駄作であり、言葉を間違えても傑作なり
奏でられる音と真珠の嘘は、完璧主義な豚には眩しかろう

「弦楽四十奏〜Quartet Over Dub Mix〜」
(オリジナル:http://love6.2ch.net/test/read.cgi/poem/1037011550/31

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)