2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◇ 心霊ちょっといい話 ver.18 ◇

1 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 09:24:38.14 ID:7tuJucQl0
心霊体験や不思議な体験でも、ちょっとホロリとくるような、そんな話ありませんか?
趣旨違いでなければネタでもOK。
細かい事は気にせずマターリ進行。

前スレ
◇ 心霊ちょっといい話 ver.17 ◇ (dat落ち)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1305038972/

■まとめサイト■
洒落コワまとめサイトのコンテンツの一つにあるよ
http://syarecowa.moo.jp/sinnrei-iihanashi/sinnrei.html

2 : 忍法帖【Lv=29,xxxPT】 :2011/08/04(木) 10:45:07.39 ID:+NbH/7T8P
1乙です

3 :100日目 1/3:2011/08/04(木) 11:37:17.73 ID:Eu5X0hWY0
先日体験した実話です。


出産後一ヶ月くらい義実家で世話になっていた。
義実家といっても夫の母(義母)の再婚相手の家なので、義父(超いい人)とは私も夫も血縁関係はなく
当然こどもとも血は繋がっていない。
けれども義父は実の孫かってくらいにものすごい子供をかわいがってくれている。

それから百日経って「お食い初め」をするために久々に義実家に泊まりにいったときのこと。
不思議な夢を見た。


4 :100日目 2/3:2011/08/04(木) 11:38:08.41 ID:Eu5X0hWY0
夜子供と夫と二階(産後滞在していたときに使わせてもらっていた部屋)で寝ていると外からドアを叩かれたので、なんだと思って出てみると
ぶわぁああっ!と子供からお年寄りまでいろいろな年齢層の人が部屋にはいってきてねている子供を覗き込み
「うわー、大きくなったねぇ」
「かわいいねぇ」
「いい子だねぇ」
と口々に話しかけてくる。
夜中にいきなり初対面の人からかなりなれなれしく話しかけられて私はパニックになり
子供をかかえて(夫置去りww)階下の義母のところに行こうとしたら
廊下にも大勢人がいて
(大人や或る程度の年齢いった子は並んでいるのだが、3、4歳くらいの小さい子は隅の方でかたまって遊んでいた)
なんなんだ一体!と階段にむかうとそこでも人が並んでいて
しかも1Fの玄関からもばんばん人が入ってくる。
ああ〜こっちは寝巻きだしこんな時間にどうしよう・・・とオタオタしたところで目が覚めたんだけれども
やけにリアルだったせいかそれからなかなか寝付けなかった。


5 :100日目 3/3:2011/08/04(木) 11:39:08.42 ID:Eu5X0hWY0
次の日の朝義母にそこのことを話したら
「ああ、それご先祖様が○○(子供の名)見にきたんじゃないの?」
といわれた。
私が産後へばって寝ているときに義母と義父が子守をしてくれていたんだけれども
抱かれるとこどもは何故か仏壇や遺影(義父母それぞれの両親)をじーっと見るのが好きだったので
「この子はご先祖様とお話しているのかねぇ」
なんて二人で話していたらしい。

あと義実家を建て替える前の家のとき、義父の娘さん(前妻さんとの娘さん)が
「夜お墓(家の裏にある)のほうから勝手口を通って人がぞろぞろ入ってくるので眠れない!」
といって勝手口をふさいだことがあったということもきいた。
義母曰く
「この家はお寺も近いし出るらしいからねー。あんた霊感あるんじゃないの?」
いいえ、今までの人生でそれっぽいことってなかったんですけれども・・・。

かなりびびったけれども、夢の中に出てきた人みんながニコニコ楽しそうだったので
ご先祖様達が子供の成長を喜んでくれているんだと思ってなかなか嬉しいです

6 :100日目 補足:2011/08/04(木) 11:43:05.35 ID:Eu5X0hWY0
冒頭に書いたとおり義父と子供とは血縁関係がないのですが
子供を見に来てくれたご先祖様は義父のほうのゆかりの方達なんでしょうね。

義母が毎日仏壇やお墓の管理している姿が評価されて
「あの後妻はなかなか感心だ。というわけで孫も見守ってやろう」
ということになったんじゃないかと勝手に解釈しています。

7 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 11:58:44.31 ID:ev8KlITrP
もしスレチならごめんなさい。
昔、仕事の関係で群馬に行った。そのとき泊まった栃木のビジホ。
寝て目を覚ますといいことが3つおきたの。体調・仕事・金銭で。
座敷わらしはでないけど、霊道の作用だろうかと思えて・・・


8 :本当にあった怖い名無し:2011/08/06(土) 14:17:06.68 ID:ewYkBPXlO
俺が見えるようになったきっかけを。

小学3年生の時。ダチの家からの帰り道。
その道は、周りをたんぼや畑に囲まれた、長い一本道だった。
周りは誰もいない。俺はその道を、自転車を押して歩いていた。
道の内側に自転車。俺は思い切り端を歩いていたんだが、道の真ん中ら辺で、不意に左足を滑らせて自転車諸とも畑にダイブした。
畑と自転車に挟まれた挙げ句、左足を捻ったのか痛い。自転車を持ち上げることも出来ず、俺は不安から泣き出してしまった。
そしたら不意に、大丈夫?って声を掛けられた。見上げたら、カップルが俺を見下ろしてる。


9 ::2011/08/06(土) 14:17:38.89 ID:ewYkBPXlO
助けてって言ったら、男性が降りてきて自転車を退けてくれた。俺を持ち上げて、道に上げてくれた。
女性は俺の顔や服についた土を、持っていた真っ白なハンカチで払ってくれた。その間に男性は自転車も上げてくれた。
やっと落ち着いて、ありがとうって頭を下げた。顔を上げるとカップルがいない。
見渡しても誰もいない。その時は足の早いカップルだなあなんて思ったんだが。
よくよく思い出してもおかしいんだ。カップルは男女共に真っ白な格好をしていた。
男性はシャツにスラックス、革靴。女性はつばの広い帽子にワンピース、ハイヒールを履いていた。
二人とも真っ白な格好だったんだが、顔だけが未だに思い出せない。
それから色々と見るようになったんだが、出来たらまたあのカップルに逢いたいと思ってる。
ちゃんと礼を言いたい。

10 :本当にあった怖い名無し:2011/08/06(土) 14:38:55.62 ID:SKv9+sLa0
幽霊になっても爽やかカップルでデートしてるんだね

爽やかな幽霊w
天国に行かせてあげたいなあ

11 :本当にあった怖い名無し:2011/08/06(土) 23:22:12.31 ID:Tx7MKTmpP
>>6
血縁がなくとも○○家の後継ぎには変わりない。
ってことじゃなかろうか。

12 :本当にあった怖い名無し:2011/08/07(日) 13:32:52.96 ID:VPtCYkpM0
age

13 :本当にあった怖い名無し:2011/08/07(日) 22:14:23.83 ID:74vu+kpKO
>>7
なぜわざわざ違う県のビジホに泊まったの?

14 :本当にあった怖い名無し:2011/08/07(日) 23:40:36.48 ID:0FRPlV9x0
>>13
仕事場が県境に近くて、料金か交通の便の都合でじゃないか?
それかその辺どこもいっぱいで部屋がとれなくて、という理由でならよくある話。

15 : 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 :2011/08/08(月) 02:12:57.77 ID:HFEHJ5ma0
>10
天国に逝ったあと里帰りする途中だったか、
許可もらって現世デートと洒落込んでたかもしれないじゃないかw

または幽霊じゃなくて気のいい精霊or妖怪だったかもしれない

16 :本当にあった怖い名無し:2011/08/08(月) 22:16:16.51 ID:Hona7WwVO
さっき玄関にセミ止まって鳴いてたwwwマンションだから普通にうるさかったw
でも、その前までちょっと落ち込んでイライラしてたから
ふっとんだ。
霊感とかないけど、先祖が魂のっけて来てくれたのかもって直感で思った。
だってマンションのドアに普通止まりに来ないもの。

17 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 06:28:38.60 ID:uLwncmy9O
意外と留まるもんだよ。蝉。

18 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 14:53:50.33 ID:eKLf2R4B0
       ピョコン
    .      , - 、
   /\  ヽ/ 'A`)ノ >>1
  /   \_{  /_
  \   /: : :ヽj :/|
   \/: : : : : :/  |
     | ̄ ̄ ̄.|

19 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 22:09:26.09 ID:VbVjqDXS0
学生時代、彼氏を事故で亡くした。
引きずりまくって、もう新しい彼氏も結婚もいらない、とすさみ
誘いも蹴り告白も断り、おひとりさまの老後を設計していたのだけど
ある日いきなりご縁が降ってわいた。
今までそんな気になれなかったのに、ふと付き合ってみる気になって
(これがそもそも不思議、色々と大変な時期でそれどころじゃなかったのに)
付き合い始めてみるとあれよあれよと結婚まで進んでいった。


20 :2:2011/08/09(火) 22:19:29.29 ID:VbVjqDXS0
そして結婚式当日。天気予報は雨だったのになぜか見事に晴れ。
式はつつがなく進み、招待客のお見送りの時間になった。
先頭に立ってきたのは10年来の親友(※女性)。
「今日はありがとう」と声をかけようとしたんだけど、その前に
「おめでとう、幸せに」と私→主人と握手。一礼して退場。
…仕草といい、言い方といい、まぎれもなく前彼のものだった。
一瞬!?となったけど、ああ前彼だな、来てくれたんだ…と
何となく納得してしまった。
二次会の時、親友にそれとなく式の間のことを聞いてみると
なぜか彼女、平謝り。


21 :3:2011/08/09(火) 22:23:02.77 ID:VbVjqDXS0
「乾杯のシャンパンしか口にしてないのに緊張してたからか酔ったみたい、
式がおひらきになる前後くらいから記憶がない。
気がついたら近所のカフェに座っていた。泥酔して迷惑かけたよね」
とのこと。いえあなた普通に素面だったし普段うわばみですよね・・・。
近くにいた友人2いわく
「酔ってた様子には見えなかった、そういう酔い方もあるんだね。
気分も悪くなさそう、っていうか『ああいい気分だ!』って言ってたよ」と。
もちろん親友はその記憶もなし。
ちなみに、式から二次会までそんな時間も空いてないのに
泥酔したはずの親友に酒が残っている気配は一切なし・・・。


22 :4:2011/08/09(火) 22:25:17.32 ID:VbVjqDXS0
ああ、前彼が祝福に来てくれたんだな、
心配かけていたのね・・・としんみりしてしまった。
そのうち子どもでもできたら、墓前に参って
「ありがとう幸せだよ。でも親友には謝っておこうね」
と言っておこうかなと思っています。

長い話にお付き合いただき、ありがとうございました。

23 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 23:19:53.92 ID:uLwncmy9O
前彼の事をこれ以上引きずらないように友達がグルになって一芝居うったんだな
いい友達に囲まれて幸せだよ。これからもお幸せに!

24 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 23:35:08.17 ID:iHvbUqof0
おい23!

どうしてそういう事言うかな?!
なんつーか、ただでさえだな、


もういい!



25 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 23:39:13.59 ID:hJxmHp/O0
>>19-22は幸せになるんよ

26 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 23:53:29.92 ID:4nWi1W1u0
4年前に体験した話です。
2007年の8月、釣好きだった祖父が危篤になった。
しばらく前に脳内出血で倒れていつ死んでもおかしくない状態だった。

祖父の影響で釣り少年だった私は山だと言われた夜一人居間でアユ釣りの仕掛けを作っていた、
チモトが無くて結ぶのが苦手だったアユ針がその夜はなぜか沢山結べて作っては祖父にもらった針入れに入れていた。

12時を回ったころ玄関の電話が1回鳴った。
観に行っても履歴が無く「もしかしたら」と思った。

5分ほどして祖父に付いていた父から少し前に祖父が息を引き取ったと電話が入った。




27 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 23:59:03.57 ID:4nWi1W1u0
今になって思うとあの夜は祖父が手伝ってくれていたのだと思う。
(後日仕掛けづくりをしたらいくらやってもアユ針をあの夜ほどうまく結ぶことはできなかった)

そして最後の電話でお別れをしたのだとも思う。

大したこともないが自分にはとても大事だった話です。

PS
祖父の釣り道具はすべて自分が引き取りました。
今でも現役で大切に使っています。

28 :本当にあった怖い名無し:2011/08/16(火) 14:53:28.28 ID:LhdxSYa00
心霊とは違うだろうけれど一寸良かったなと思った話

大学の頃、月に1度、深夜バス(途中PAにしか寄らない直通便)を使って旅行をしていた
行くのは何時も同じ処、利用するバスの時間もバス停も何時も同じ
ある晩、何時ものようにバス停に辿りついたが、待てど暮らせどバスが来ない
定時より30分以上経ってしまった辺りで集まっていた他の客達がザワつき始めた
(私自身はその時とても眠くて、ベンチでぐったりしたまま
兎に角一刻も速くバスに乗りたいの一心だった)
やがてバス会社の社員さん(?)がバス停へ来て皆を宥め始めたのだが
肝心の「バスが来ない理由」が「よく分からない」という説明
当然場は納まらず、客の不満を一身に受ける彼の姿は些か気の毒だった
そこへ
「遅くなってすいません」
高校生くらいの可愛い女の子が大きな旅行鞄を抱えて走って来た
同時に
定時より遅れる事一時間半、見慣れたヘッドライトがバス停へ近づいて来る
勝手に深く納得

バスはこの子を待っていたんだな
(あんな若い子が、灯りも落ちて真っ暗なバス停に茫然と立ち尽くすなんてのは流石に…だもの)

29 :本当にあった怖い名無し:2011/08/16(火) 15:02:35.09 ID:QA3zBxHr0
他の人とは比べ物にならんくらいくだらんかもしれんが
小4くらいの頃の話

1学期終業式の後、通知表を持ち帰り家でビクついていた
うちの親は毒親でどんなに頑張ってもまず誉めてくれないし
平均以上でも絶対アラ探しして怒ってくる
唯一怒られない裏技は、両親や兄弟以外の人と一緒にいる時に通知表を見せること
うちの場合は祖父母がいたので、特に祖父と一緒にいる時に見せればあんまり怒られない(祖父がかばってくれる)

30 :つづき:2011/08/16(火) 15:09:45.05 ID:QA3zBxHr0
ところが、その日いきなり昼に親が仕事から帰ってきて「通知表見せろ」と言ってきた
突然の来襲に焦り「い・今腹が痛くて…ちょっとトイレ…」とごまかし通知表を隠し、トイレに籠もった
「見たら仕事に戻る」と親は言うが、この間に戻ってくれたらいいのに…とトイレで祈っていた

しばらくすると(7分くらい)、「もう行く、帰ったら見るからな」と言い親は家を出ていった
ふぅ〜助かったぜと思ってトイレを出ようとすると、トイレの窓から風がヒュウヒュウと妙な音を立てて吹き出した
「何だこの音?」と思っていると、風の音がだんだん声に聞こえてきて
「もうすぐ帰ってくる〜♪もう少しそこで待て♪」と言っているように聞こえた
おれは声に言われた通りトイレ内で少し待っていると、本当に親がユーターンしてきた
「忘れ物した…」とかブツブツ言いながら家に入りしばらくしてまた戻っていった


31 :つづき2:2011/08/16(火) 15:13:26.72 ID:QA3zBxHr0
あの時「よし親は戻っていったな!」と思ってすぐトイレから出ていたら…と思うと
祖父母はちょうど留守中だったし、あの風の声が助けてくれたんだと感謝せずにはいられない

長々すまんな!

32 :本当にあった怖い名無し:2011/08/16(火) 15:20:18.78 ID:fUotAEq70
両方ええ話やな

33 :本当にあった怖い名無し:2011/08/16(火) 18:11:54.68 ID:YplW8d5s0
洒落怖まとめより
108 :本当にあった怖い名無し :2011/08/02(火) 08:49:46.14 ID:CRZD2TnL0
俺が小学生の頃、近所に百年近く続く小さな銭湯があった。
まあ老舗とはいえ時代の流れか、客入りはそれほど良くなかった。
俺の爺さんはたいそうお気に入りで、その銭湯に通うのが楽しみの一つだった。
何の前触れもなくポックリと死んだが、その前日も通っていたくらいだ。
ある週末の夜、親父に銭湯に連れて行ってもらった。
服を脱いで勢いよく浴室の扉を引くと、驚いた。
いつもは閑古鳥が鳴いているこの銭湯が、どういうわけか満員だった。
浴槽は芋洗いだし、洗い場も一つも席が空いていない。
後からきた親父も驚いていた。
「これじゃあ入れないなあ、ちょっと待つか」
といい、親父は自分にはビール、俺にはアイスを買ってくれて、脱衣室で待つことにした。
風呂前にアイスを買ってくれるなんて、いつもとは順番が逆で、俺はなんだかおもしろかった。
しばらく待ったが、出てくる客は誰もいなかった。
親父に様子を見てくるよう言われ、再度扉を開けると、また驚いた。
さっきまであれだけ混雑していた風呂場だったのに、客は2~3人しかいなかった。
さっきは確かにぎゅうぎゅうだった、それに出てきた客はいなかったぞ?
親父も驚いていたが、あまり細かいことを気にしない人で、
何事もなかったかのように、ひとしきり風呂を楽しんだ。
銭湯から変えるとき、番台のそばの貼り紙に気がついた。
なんと今月で店を閉めるという内容だった。
しかも今月というとあと1週間しかないではないか。
はたと気がついた。
子供ながらにも、先ほどの不可解な混雑の理由がわかった気がした。
閉店を惜しんだ遠い昔からの「常連」が、大挙して押し寄せてきたのではないか。
親父も同じことを考えていたようで、
「爺さんもきっと来ていたんだろうなあ、○○(俺の名前)も一緒なんだし、挨拶くらいしてくれても良かったよな」
とつぶやき、それ以後は黙ったままで俺と手をつないで帰路へついた。
銭湯には閉店の日も親父と行ったが、その日も相変わらず空いていた。
銭湯が混んでいるのを見たのはあれが最初で最後のことだった。

34 :本当にあった怖い名無し:2011/08/22(月) 06:04:00.70 ID:lLN+h8n90
(´Д`)エエ ハナシヤ

35 :本当にあった怖い名無し:2011/08/24(水) 10:46:24.73 ID:o3xGEUph0
パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ…
   ,.-─-、
   / /_wゝ-∠l
   ヾ___ノ,. - >
   /|/(ヽY__ノミ
  .{   rイ  ノ

何だかとても眠いんだ…パトラ…誰だよお前。
   ,.-─-、 _
   / /_wゝ'´,.::::.,`;
   ヾ___ノ| l;':◎'; l
   /|/(ヽ', `'''´ノ   キタロー !! ドコジャ?!
  .{   rイ ̄ ̄_)
        ̄ ̄

36 :本当にあった怖い名無し:2011/08/24(水) 13:30:07.52 ID:xUlrIOMt0
そろそろなんかねーか?
遠慮なく書いてくれ

37 :本当にあった怖い名無し:2011/08/26(金) 05:01:54.96 ID:8BByqE+f0
保守

38 :本当にあった怖い名無し:2011/08/26(金) 14:47:03.55 ID:jc5lHQtj0
先週のNHKの戦争特集で沖縄戦で
少年兵として戦って死んだ仲間の死に場所に
毎週行って拝んでるじいさんが出てた。
「死んだ場所で仲間の名前をよんだら、
はいと返事がした。こんな事ってあるのかねえ。」
と言っていた。

39 :本当にあった怖い名無し:2011/08/26(金) 23:30:09.31 ID:vGFa6w530
また、えらいこと良い話をブッ込んできやがったな。
泣きそうだ。

40 :本当にあった怖い名無し:2011/08/27(土) 07:03:33.48 ID:ZBYK5UBa0
猫に関する不思議な話4から。

780: 本当にあった怖い名無し [sage] 2011/08/27(土) 00:40:41.28 ID:njrmOXKO0
ガイシュツだったらスマソ

298 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2010/09/20(月) 23:52:00
八年連れ添った嫁に先立たれて早二年が経った。最近ようやく嫁の荷物を整理し始めたのだが、思い出が詰まりすぎてて捗らない。
生前、子供に恵まれなかった為に猫を2匹飼ったのだが、この猫達は嫁が大好きだった。寛いでいる時も寝る時も常に嫁の横から離れなかったんだ。
嫁がいなくなってからは大変だった。飯は食べない、トイレはしない、動物病院通いを余儀なくされた。
だが、ある日、2匹の猫が嫁の愛用していたソファーを見つめニャーニャーと鳴いたんだ。そしてグルグルと喉を鳴らし始めた。
俺はその光景を黙って見ていたんだが、突然猫達の飯が入った瓶が倒れた。
平らな場所にしかも太くて高さのない瓶が風もないのに。
俺は何故だかよく分からないが飯をやらなきゃと思い、容器に飯を入れた。
そしたら、猫達は嬉しそうに飯をガツガツ食べ始めて、その日から毎日ちゃんと食べるようになったんだ。
今迄誰にも言えなかったのだが、あれは嫁が現れたんだよな?
そう信じて良いんだよな?


41 :本当にあった怖い名無し:2011/08/27(土) 18:02:11.34 ID:Wrjeztk/0
>>40
猫ちゃんは霊視も霊聴も自在ですもの 絶対ですよ。

42 :本当にあった怖い名無し:2011/08/29(月) 13:07:21.19 ID:YBVEVlVC0
これは良いポルターガイスト

43 :本当にあった怖い名無し:2011/08/30(火) 08:33:06.94 ID:vjrW2DLC0
現世の皆さん、草葉の陰の皆さんもオハヨー!

44 :本当にあった怖い名無し:2011/09/04(日) 15:10:14.88 ID:00NTchAO0
保守

45 :本当にあった怖い名無し:2011/09/04(日) 20:52:10.05 ID:4HlYZ2BG0
どのスレに該当する話か迷ったけど、ここに・・・。
霊は出てこないけど、偶然が一致し過ぎていてちょっと怖い。
文章苦手なんで箇条書き。

・同級生だった陸君(仮名)が結婚した。相手は2才下の海さん(仮名)
・二人の苗字が「上田」「田上」(仮名)みたいに非常にそっくり。
・陸君には2才下の妹がいて海さん。
・海さんには2才上の兄がいて陸君。まったくの同名。年齢同じ。
・結婚した方じゃない陸・海が同じ大学出身(ただし面識なかった)」
・上田家は東京、田上家は名古屋でもちろん親同士はまったく知人ではない。
・結婚式の準備中に発覚したさらに一致が「母親が漢字1字違いで えみこ(仮名)」「父親が同じ大企業の支社違い・名前の漢字が1文字一致」
「両方の母の姉の子(従姉妹)が双子。名前は違うが4人とも季節にちなんである」

ここまでで「うわああああすげえええwwwwこえええwww」だったんだけど。
もう一方の陸・海が親戚になったのをきっかけにか付き合いだしてて
結婚するかもしれんとのこと。
さすがに不思議怖い通り越してちょっと気持ち悪いかもしれない。鏡みたい。

当人たちも家族もみんな仲良好。
心霊関係なくてごめんね。

46 :本当にあった怖い名無し:2011/09/04(日) 22:39:26.37 ID:lutNX1RIO
スレ違いはやめろ

47 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 00:35:47.31 ID:6ruqQNy80
前世からつながってるんじゃないかな

48 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 12:23:58.25 ID:Vn+yAV5z0
>>46

840 :本当にあった怖い名無し:2011/09/04(日) 12:57:01.39 ID:4HlYZ2BG0 返信 tw
書き込みしたい内容に合ったスレッドを探しています。

信じられない偶然の一致で、不思議通り越してちょっと怖いかも・・でも心霊話ではない。
結婚関係の話です。

よかったら誘導お願いします。


841 :本当にあった怖い名無し:2011/09/04(日) 13:21:01.61 ID:vkQMBong0 返信 tw
このぐらいしか心当たりがない

◇ 心霊ちょっといい話 ver.18 ◇
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1312417478/

49 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 13:06:36.11 ID:90hfaNoz0
>>48
これは840の説明不足だろ。
書きたい内容をざっと説明してれば違ったんだろうけど。

どちらかというとこっち向けの話だな
【因縁】家系にまつわるオカルト20代目【遺伝】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1311650532/

50 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 15:05:39.31 ID:fi9LIcWz0
エニグマじゃダメだったんか?

51 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 16:05:37.68 ID:Ssfge6dP0
面白かったんだけどね。

52 :本当にあった怖い名無し:2011/09/09(金) 14:24:34.94 ID:k8bvEAZG0

ノノノノノ   
( ○○) マイアガレー
  (||||)




53 :本当にあった怖い名無し:2011/09/09(金) 21:36:40.84 ID:/IPwCKbt0
>>52
釣り神様なにしてんすかwwww

54 :本当にあった怖い名無し:2011/09/09(金) 22:45:47.92 ID:r9mY1dpB0
>>19
遅レスだがとて良い話だ。
あなたが立ち直って元彼も嬉しかったんだと思うよ。
それと結婚おめでとうございます。

55 :本当にあった怖い名無し:2011/09/09(金) 22:59:27.16 ID:r9mY1dpB0
>>27
おじいさんの釣り道具。大切に使ってあげてくれ〜。しかし不思議なことがあるものだな。

56 :本当にあった怖い名無し:2011/09/10(土) 08:41:41.94 ID:fxdyp7yX0
949 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 00:10:24.35 ID:77gqvU8x0
俺のオヤジから聞いた話
オヤジが小さい頃の遊びといったらメンコが大ブームで、オヤジも色とりどり様々なメンコを集めていたが、腕はからっきしだったとか
あるとき、同じ町内のA君に惨敗し、彼に頼み込んで特訓を受けた
勉強そっちのけで血の滲むような練習を重ねたところ、かなりの上達を遂げ気がつくとオヤジは近所でも名うてのメンコ名人になった
師匠であるA君までもがライバルと認め、二人の直接対決は町内の子供たちがみな観戦に集まる名物となっていた
星取は一進一退でなかなか決着はつかなかったとか

しかし、A君は父親の仕事の都合で東京に引っ越してしまった
オヤジとはいつか必ず決着をつけよう、それまでお互い練習しようね
と固く約束したという
遠く離れても、オヤジとA君は手紙のやり取りを続けた
手紙にはメンコを同封し、たびたび互いの自慢のメンコを交換していたという
ある日の夕方オヤジは帰宅中に公園で見覚えのある子を認めた
A君だった
歓喜し、A君に駆け寄るとA君も嬉しそうに満面の笑顔で迎えてくれた
何を話したか覚えていないそうだが、オヤジは近況を語り、A君はにこにこしながら聞いてくれた
話もそこそこにメンコの勝負を持ちかけると、A君は
もうおれはメンコは出来ないんだ、たくさん集めたけどあげるよ
と巾着袋に入ったメンコをオヤジに手渡した
オヤジは驚き理由を訪ねたが、A君は
だいじにしてね、バイバイ
とだけ言い、帰ってしまった
釈然としないまま家に帰り、先程の出来事を母に話した
母は真っ青になり、そんなことはない、人違いだ、という
証拠とばかりにもらったメンコを見せると、母は
お前が気落ちすると思い言うかどうか今日まで迷っていたんだけど、
A君は先月亡くなったんだよ、、
川で溺れたんだって、、
お母さんどうし仲がよかったKさんの家に連絡があったんだって
オヤジは信じられず、しばらくの間塞ぎこんでしまったらしい
だったらおれが見たA君は誰だよ!もらったメンコは何なんだよ!と

57 :本当にあった怖い名無し:2011/09/10(土) 08:41:57.19 ID:fxdyp7yX0
950 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 00:11:51.77 ID:77gqvU8x0
しばらくしてA君の死を事実として認めたオヤジはなんとかお墓参りに行きたかったが、
小学生が一人で東京まで行けるはずもなく、結局線香をあげることができたのは4年が経ったころだった
オヤジはA君の仏前に当時お気に入りだった負け知らずの忍者のメンコを供えた
オヤジは思わず涙がこぼれたという
決着つけられなかったね、遅くなってごめんね
と仏前に語りかけた

その一年後、実家でボヤがあった際、メンコはほとんど焼失してしまったという
焼け残った数枚は経年変化でもうぼろぼろになっているが、オヤジは今でも大切にしまいこんでいる

この話を聞いたあと、試しにオヤジに勝負を挑んでみた
いつの間に買っていたのか、新品のメンコを出してきた
まさに鬼のような強さだった
俺が素人とかそういうのを抜きにしても、とんでもない強さだった
オヤジは、
A君はもっと強かったぞ
と自慢げに語っていた

58 :本当にあった怖い名無し:2011/09/10(土) 14:14:15.43 ID:JDJgXdQv0
>>56,57
(ノω・、)

59 :本当にあった怖い名無し:2011/09/10(土) 14:57:10.49 ID:ZzM39mf90
大津波にまきこまれた

霊のおかげで助かった人http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1074/20110708_01.htm
ペットのおかげで助かった人http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1074/20110613_01.htm

60 :本当にあった怖い名無し:2011/09/11(日) 12:58:43.16 ID:dhAxNbX70
>>56 57
よく出来ました。

61 :本当にあった怖い名無し:2011/09/12(月) 18:08:23.40 ID:iYhB2cKm0
おばあちゃんに聞いた、ささやかーな話

母と二時間ドラマを見ていて
「お手伝いさんの名前って大抵○○やねえ」と言ったら、母が
「そういやママが子供のころにいたお手伝いさんの一人も○○ちゃんやったわあ」
「お手伝いさんなんていたの!?」

つい今の時代と照らし合わせて驚いてしまったけど、
大金持ちというわけでは無いけど、戦前から田舎町の名士という感じの祖父母の家は大きく、
お手伝いさんがいても不思議ではないことなのかもしれません

後日、祖母の家に行った時に、その事を聞いてみました
「昔はこの家に○○さんって、お手伝いさんおったんやってねえ」
「ああ、○○ちゃんって子がおってなあ…」

その○○ちゃんというお手伝いさんは、田舎村から奉公に来ていた、まだ16、7歳の少女だったらしい
曾祖父母、祖父母も、○○ちゃんを可愛がり、母や弟二人も懐いていて
特に、よく買い物に行く商店のおばさんが彼女を可愛がっていたそうです

祖母がお誕生日か何かにプレゼントしてあげたコートが彼女は大好きで
どこに行くにも着ていき、商店のおばさんに褒めてもらったら
「奥様に買ってもらったの」
と、嬉しそうに言っていたそうです

62 :本当にあった怖い名無し:2011/09/12(月) 18:09:53.60 ID:iYhB2cKm0
でも、数年後、○○ちゃんは結核にかかってしまい、田舎に帰らざるを得なくなり
「帰りたくない」と泣いていたそうですが、そういうわけにもいかず、祖母も
「実家でゆっくり静養して治ったらまた雇ってあげるから戻っておいで」
と言い、迎えに来ていたご両親に預けました

数ヵ月後、商店のおばちゃんが祖母に言いました
「○○ちゃん、帰ってきたんやねえ!でも先日声かけたら無視されてん?どうしたんやろ?」

でも、○○ちゃんは帰ってきてません
「よく似た子やないかしら?」
「でも、あの、あんたに買ってもらったていうコート着てたよ?」
「それなら間違いないわねえ?じゃあ近くに来てたんかしら?」

数週間後、○○ちゃんの母親から○○ちゃんが死亡した旨の手紙が届いたそうです
商店街のおばさんが○○ちゃんを見た日に亡くなったいたようです

祖母は「この町に戻ってきたかったんやねえ…」と呟いていました

以上です

63 :本当にあった怖い名無し:2011/09/12(月) 22:06:14.60 ID:m+Nr1lpv0
伏せ字にしなくてもいいんジャマイカ。゚(゚´Д`゚)゚。

64 :本当にあった怖い名無し:2011/09/13(火) 15:48:01.23 ID:wOQpAyf30
哀しくて優しくて、何か美しい。
良い話だな。

65 :本当にあった怖い名無し:2011/09/14(水) 01:07:13.63 ID:8I0hmcWH0
ほ し ゅ

66 :本当にあった怖い名無し:2011/09/14(水) 02:25:38.10 ID:nG+aQFXUO
ええ話ばっかりやなここ

67 :本当にあった怖い名無し:2011/09/14(水) 09:00:47.46 ID:M7lVf3Io0
お前、どこ覗いてるか判ってんのかwww
スレタイ見直せwww



いらっしゃいませ

68 :本当にあった怖い名無し:2011/09/14(水) 12:36:21.32 ID:cLGP7RGz0
www

69 :本当にあった怖い名無し:2011/09/16(金) 07:43:42.96 ID:4rc9oYPv0
227 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2011/08/21(日) 23:39:45.36
   うちのせがれが2歳半でよくしゃべるようになったんだけど、実家に連れてくと
   「ちっちゃいかみさまいるの」って言って誰もいないとこ指差して言うのよ。
   姿は見えないけど母親と姉はなんか気配を感じることがあるらしい。

   俺は霊感全くないし、むしろそういうのに対してアンチだったんだけど、
   俺も嫁も息子に神様なんてワードは教えたことないし、
   おそらく神様っていう言葉の意味も理解していないと思う
   だけど神様って言葉を知ってるってことは、
   たぶん見えてるちっちゃい神様が自分で神様だよって話かけたからかもしれない。
   ちっちゃい神様はどんな服着てるの?って聞くと
   「虹色のきらきらしたやつ」てちゃんと形容もできてる。
   たぶん2歳児だから本当に見たものしか言い表せないと思うから、
   やっぱ本当にそういうのいるんだなと思って信じるようになった。

70 :本当にあった怖い名無し:2011/09/16(金) 09:31:08.01 ID:kleXu4QW0
自分を神様って言っちゃう神様ってw
志村の神様コントかよwww

と思ったんだけど、思い出したのでちょっと書いてみる。
ここからは母の夢の話しだし、実家の事が気になる深層心理が見せたんじゃない?と
私自身、思わないでもないんだけど、こんな事が有ったそうです。

母の実家の敷地内には近所の皆で使ってる井戸があるのね。
昔はキチンと管理清掃されてたんだけど、水道が普及した近年は
庭木に水をやるくらいの使用で、近所のお年よりも年々減る中
少しずつ井戸への敬意(?)が薄れたり、管理とかおざなりになってたみたい。
ある日、母が寝ていると、ものすごく眩しい光で目が覚めたんだって(←夢の中)
それは目を開けていられない程で、瞼の裏で光を感じながら
「何事か!」と起き上がると声がしてきたんだって。

「ワシは井戸の神さんじゃが、水が濁って苦しゅうてかなわん」と

で、母覚醒。
飛び起きて、明け方にも拘わらず実家の姉に電話して夢の話をすると
確かに最近、水が濁って来ていて自分も気になっていたのだと。
そんなこんなんで、その日のうちに近所召集。
台風が近づく中、清掃メンテナンスを行ったそうです。

母ももう年だし、実家のおばちゃんもこの間亡くなってしまったので
これからは私達世代が神さんのお世話をさせて頂かねばなーと。
>>69 良い話をありがと。



71 :本当にあった怖い名無し:2011/09/16(金) 18:43:02.93 ID:HIf/+IMf0
>>70世代がずっと元気で井戸神さんのお世話が出来ますように。

そういえば井戸って昔から神様が宿るというよね。
人間の姿だったり竜神様の姿だったり、いろんな話を聞くけれど
福島のDASH村の井戸は今後どうなっていくんだろう。
蜂さんたちがお引っ越ししてたけど 神さんは蜂さんと同居してるのだろうか…

72 :本当にあった怖い名無し:2011/09/16(金) 22:40:33.64 ID:qS7tGQcDO
>>70
神様も近所の人に言えばいいのにな

73 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 07:11:02.98 ID:wB9gOPki0
ノノノノノ   
( ○○) ツリノカミサンジャガ
  (||||)


74 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 12:35:52.70 ID:hIutEHVy0
>>73
森へお帰り

75 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 19:16:16.74 ID:+ibun2PB0

1年前、中々寝れなくて何となく寝室の扉を見たら
着物を着たのっぺらぼうが居た。

「(その内、居なくなるだろう)」と思い

寝ようとしたら急に頭の中に映像が流れる。

その映像には若い男女二人が仲良さそうに話していた
女の人が頭に笠をかぶっているから江戸時代あたりだろう。

話を終えた二人が「さようなら」と告げた瞬間に
男の人は馬車に轢かれた。女の人はその人を泣きながら
「起きて!起きて!」と体を揺さぶる。

しかし、男の人は即死。
女の人はそこから走った

遠く遠くへ・・・そして崖に着く
崖についたら下に海がある海へ向かって飛び降り沈んだ


そこで映像は終わった。

寝室の扉をみたら、のっぺらぼうは居ない
でも、私はなんとなく思った。

随分前に昼寝をしようとしたら
水に溺れた感覚になり苦しくて死にそうになった時があった事。

あの、のっぺらぼうは私に何を伝えたかったんだろう・・・。
そして映像中、意識があった私は鮮明に覚えている。

76 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 21:06:38.32 ID:zl3e/YnY0
>>70
いまどき使える井戸があるなんて凄いな
災害時にはとても重宝しますね
大切な井戸に神様がいてよかったですね

77 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 21:07:22.41 ID:P5h8LqH70
とりあえず江戸時代に馬車はないというツッコミ

78 :本当にあった怖い名無し:2011/09/18(日) 03:35:37.86 ID:lMKVecLE0
日本に馬車のあった時代って明治か?
笠と馬車が同時存在している時代っていつだ?

79 :本当にあった怖い名無し:2011/09/18(日) 10:35:55.46 ID:3owjzvad0
いかにもな作り話に釣られるなよ

80 :本当にあった怖い名無し:2011/09/18(日) 15:30:51.19 ID:zgB85PC60
荷車かもよ

81 :本当にあった怖い名無し:2011/09/18(日) 19:42:29.99 ID:7YWIPFcxO
馬車といっても、大八車を馬が牽いてるような感じでした。単語が思い浮かばないので馬車と書きました

82 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/09/18(日) 22:45:19.64 ID:UKcqWOjl0
それよりも、どこがいい話なのか解らない。

83 :本当にあった怖い名無し:2011/09/19(月) 07:56:28.03 ID:BOH6VJIz0
わろたw
ホント、どこがいい話なんだw

84 :本当にあった怖い名無し:2011/09/19(月) 17:45:57.16 ID:LAwy0HCuO
どうでもいい話でした

85 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 11:23:01.74 ID:PUFu+qQm0
今年のお盆は震災後の初盆。
家まで津波はこなかったがあの時は大変な思いをした。


うちの母方の曾祖母はある離島の出身で、その島の環境や風習の所為か
代々女だけ霊感というか感受性が凄く強い。
自分も小さい頃から不思議な体験を色々としてた。


86 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 11:24:57.96 ID:PUFu+qQm0
そのうちの一つが、田舎の父方の墓周辺で無縁さんの墓をよく発見する。
祖父母の代で都市部に出てきた為、田舎には戸籍と墓が残っているだけ。

古い墓地で小さな山の中腹辺りを簡単に整地しただけの場所だから
草や木なんかが伸び放題で凄い。
毎年、お盆とお彼岸の前は必ず家族総出で草刈りをするんだけど
私がその度に高確率で茂みの中や土に埋もれた無縁さんを発見する。
寺の和尚さんにも「またかい」なんて苦笑される程だ。

母はもともと墓の隣にあった無縁さん達のお世話もしてたし
私も一緒にその発見した無縁さん達にもお供えや線香をあげたりしてた。


あと私の部屋(集合住宅の1F)、いわゆる出やすい部屋なんだ。
近所に古くからある寺があって、霊道と言っていいのか分からないがそこへ向かう通り道が近くを通ってるらしい。
そして、私の部屋はそこの脇道にあたるらしい。
気にしなければいいんだけど、窓の外から視線と気配を感じたり(最初不審者が居るのかと思った)部屋を影が徘徊したり、寝ていて突然強い殺気みたいなのを感じて跳び起きたりとか、ちょこちょこ色んなのが来るからちょっと疲れる。
でも心霊現象とかないし特に害は無いから普通に生活してるけどね。


ここからが本題。


87 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 11:27:03.38 ID:PUFu+qQm0
そんな私の部屋が、何故か地獄の釜の蓋からの通路の一つに直結してしまったらしい。
確かに8月に入ってから部屋や家の外の様子がおかしかった。
市街地で灯りはあるんだけど暗いというより闇みたいな感じ。
部屋にも違和感があり、明るいのに暗く感じたり圧迫感というか違和感が凄い。
一番感受性が強い従姉も「これは酷い、こんなに凄いとどうしたらいいか分からない」と困惑しながらもアドバイスしてくれた。
「お盆になったらもっと凄いことになるから気をつけて」とも。
従姉も津波被害の大きかった被災地在住だから自分のことで手一杯だったんだろう。
まあ、死者も沢山でてたし当たり前かもしれないけれど…街全体がカーニバル状態。
むしろ県まるごとカーニバル。
多分、普通の人でも夜間出歩くのは気味悪かったと思う。


88 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 11:28:12.97 ID:PUFu+qQm0
そんなこんなで、12日に有給とっていつものように墓参りして、無縁さん達もお世話してお盆に突入するのを待った。
24時に向かうにつれて気味悪くなってく部屋に若干ビクつきながら酒でも飲んで熟睡しようと一人で飲んでたのね。
そして24時まわったとき、部屋の雰囲気が一変したんだ。
急に今までの気味悪さも暗さも何も感じなくなった。
何が起きたんだ…?と思ったら部屋の中に飛び回る無数のオーブ。

オーブって肉眼で見えるんだな、初めて見た。

不思議と怖いって感じなかったし、何故かこれで安心して寝れると思って寝たんだよ。

そして何事もなく翌朝。
母親にそのことを話したら、母親の夢に数人の見知らぬ男女と子供が出てきてニコニコ笑っていたらしい。
その人数、うちでお世話している無縁さんの個数とピッタリ一致してた。


89 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 11:28:50.49 ID:PUFu+qQm0
そして従姉からの電話。
「部屋にある地獄の釜の入口、その人達が塞いで他が入れないようにしてくれてる」って。

吃驚した。
その後、街中カーニバルなのは変わらなかったけど私の部屋だけは安心して過ごせるようになった。
感謝の意を込めてお盆中は毎日ご先祖の他に無縁さんの分も仏壇にお供えした。

そして何事もなく今に至る。
やっぱりさ、自分の先祖じゃないから関係ないとかじゃなくて近くに無縁さんがあったら損得関係なしにお世話して供養してあげてれば何かあるんだね。
次に墓参り行った時はお菓子だけじゃなくて、お礼に大きなお握りお供えして来ようと思う。

これが今年のお盆に体験した話。

てか、無縁さんに助けて貰ったのはいいけど亡くなった祖母ちゃんとかご先祖は守ってくれなかったのかが疑問…


90 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 11:31:23.37 ID:PUFu+qQm0
初めて書き込んだから色々読みにくいとか意味不明とか申し訳ない。
ちょっと聞いて欲しかったんだ。

91 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 12:19:36.73 ID:93rUIuMl0
>>90


先月のお盆に祖母の墓に行った時に
母が古いお墓(身内ではない)が何個もある場所を見て
「そういえば昔、祖母が《この墓にもおそなえして》って言ってた」
と言うのに家族は「暑いし身内じゃないのにしなくてもいいじゃん」と
何もせず帰った事を思い出したわw
90さんみたいに何かあるのを期待するわけではないが気になるので
数日後の彼岸にお墓行くからそこもお供えしてあげようと思う

92 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 13:25:20.13 ID:Q3UwDJQ/0
さわらぬ神に祟りなし
これ大事
障り受ける方が圧倒的に多いからね

93 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 15:02:58.97 ID:cwFlrIIUO
人が今も住んでいる所を霊のカーニバル状態とかフザけた事を書くなっつうんだボケ

94 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 15:36:15.79 ID:PUFu+qQm0
>>93
ごめん。
初めて書き込むから少しでも面白く書かなきゃいけないと思って。
不謹慎だった。申し訳ない。

95 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 16:20:57.53 ID:d+ZLNhUi0
うん。ちょっと不謹慎だったな
>>94>>93に感謝しろよ
叩かれて気が付いて、人は立派になるものさ

これに懲りずに、また他の話も聞かせてよ

96 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 16:45:43.26 ID:PUFu+qQm0
>>95
うん、有難う。


読んで不快になった人、本当申し訳ない。
うちは家族親戚全員無事に生きてたけど、当然家族を亡くした人だって沢山いるんだよな。
不快どころの話じゃないか。
面白おかしく語ったことを反省しています。

97 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 17:02:58.72 ID:9jVmt48o0
これは俺が部屋で勉強しているときの話。
数学の問題を解いていると後ろから「そこ違うよ」という声が・・・
振り返ったが誰もいない。
とりあえずその問題を答えと照らし合わせて確認すると本当に間違って
いた。
いまでも不思議に思っている。

98 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 17:24:16.12 ID:X1bnCKflO
亡くなった祖父が、葬式の前日に黄色いシャツを着て夢に出てきた。
というか寝室に浮いてた。
祖父だってすぐ解ったけどヘタレな私は無理矢理夢?から起きる→寝る→祖父が出てくる…を三回繰り返したあげく、結局何も話せなかったw
隣で寝ていた息子が翌朝『名前呼ばれて振り向いたら○○(地名)のおじいちゃんがいて、元気で強い子になりなさいって言われた夢を見たんだよね…』って話し始めてびっくりした。
服の色を聞いたら薄い黄色とのこと…。
じいちゃん最後に会いに来てくれてありがとう。
また会いにきてね。
次は怖がらないようにするからw

99 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 20:54:48.87 ID:dKS9kaHy0
じいちゃん24時間テレビ好きだったのかな…

100 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 22:02:08.96 ID:dA+2AsKHO
サライを歌いながら出てきたらやだな

101 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/09/21(水) 09:36:26.52 ID:xkeLjAOe0
爺「いつか帰る〜」

102 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 09:42:57.52 ID:IE21D02z0
やめれwww

103 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 10:21:04.08 ID:gTImHEQJ0
www

104 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 13:35:18.95 ID:b6eClMuH0
>>91
もしかしたらお祖母さんの代に友達か御近所さんだったか
何かしら縁のある御方の墓なのかもしれない
そういう無縁仏ならまだわかるけど
調子に乗って縁もゆかりもない無縁仏までお参りするのはやめとこうな
下手に拝むと喜んでついて来ちゃうらしいから
自分、見知らぬ無縁仏に手を合わせようとして
祖父に凄い勢いで止められた経験あります

105 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 13:49:42.07 ID:bea+EQ62O
>>104
数ヶ月前に某所を立ち寄った際、たまたま見つけた神社の境内に墓がいくつもあった
その1つに、全く知らない陸軍少尉の方の墓があったなんか手を合わせたくなったからお参りしてきた

でも霊現象は無かったw

106 :本当にあった怖い名無し:2011/09/23(金) 00:01:31.82 ID:yOXd7DdGO
>>105
これからだよ

107 :本当にあった怖い名無し:2011/09/24(土) 17:52:43.97 ID:pcgrB14V0
 .    △
    ( ´A`)  ツイテキチャッタ
  ((( (ν ν)
     )ノ       ∧,,,,∧  
             (   ≡) ))バッ!
             O旦⊂ )
             (_(_つ


108 :本当にあった怖い名無し:2011/09/24(土) 21:44:22.29 ID:DmSl4h2/0
91です。彼岸に古いお墓に行ってきたよ
縁もない無縁仏がダメってのは了解。

お墓関係といえば、父が昔の仕事仲間の飲み会で
仲間うちの知人が亡くなった事を知り
お墓の場所を聞いてみたら
身内の墓がある大規模墓地(3000区画)だったので
墓地の人に場所を調べてもらうと
先祖の墓から1分ほど離れた場所だったから
近すぎてビックリした。


109 :本当にあった怖い名無し:2011/09/25(日) 16:55:54.84 ID:2vJ5/oK7O
>>108
どこが心霊でどこがちよっといい話なの?

110 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 22:22:19.39 ID:VVbkMuk00
              ∧,,,,∧  
            (    ) ≡))バッ!
             O旦⊂ )
             (_(_つ


           ∧,,,,∧  
             (   ≡) ))バッ!
             O旦⊂ )
             (_(_つ



111 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 22:52:55.13 ID:VVbkMuk00
 .    △
    ( ´A`)  ツイテキチャッタ
  ((( (ν ν)
     )ノ        
                 ダ、ダレッ?!
              ∧,,,,∧  
             (ι  )≡))ビクゥ!
             O旦⊂ )
             (_(_つ

>>110
こっちの方が振り返ってるぽく見えね?とやろうしてミスッた。
反省?
しているに決まっているだろ!


112 :本当にあった怖い名無し:2011/09/30(金) 09:41:19.23 ID:C1yRKDSM0
ややスレ違いだが気にしない。
本を処分するのでお気に入りの話に適宜改行を入れ転載。


スプーン曲げ名人

会社の近くにある定食屋さんには、スプーン曲げのできるおかみさんがいて、
その辺ではちょっとした有名人です。
評判になった頃は連日満員で、お客もいっしょになって挑戦したりするから、
おかげでゆっくり食事もとれないほどでした。

そこで一度こんなことがあったそうです。

スプーン曲げに挑戦した土木作業員風の男性がいたのですが全然曲がる気配はない。
ちょっとお酒が入っているせいもあって、だんだんイラついてきたらしいのです。
大声で怒鳴るわ、まわりのお客にはつっかかるわで、なんとも険悪な雰囲気。

そのとき、おかみさんがその男性の肩に手を置き、目をつむって何やら念じる素振りを
見せると、男性の持っていたスプーンがたちまちグニャリと曲がってしまったそうです。
男性は急におとなしくなって、あわててすぐに帰ってしまったということでした。

今ではすっかり見飽きてしまったスプーン曲げですが、それでもたまに初めての客が
どうしても見せてくれとねだると、
「スプーン代は勘定につけるからね」
とか言いながら、相変わらずあっさりと曲げてしまうのはたいしたものです。

埼玉県深谷市S・N(男性)

(「ミステリー体験ゾーン 本当にあった怖い話<第2集>」(テレビ朝日 編)二見文庫 P57)

113 :本当にあった怖い名無し:2011/10/03(月) 19:15:44.68 ID:TI6Q/s9e0
スプーンおばさん

114 :本当にあった怖い名無し:2011/10/03(月) 21:16:47.55 ID:OygrA+J70
夢の中で、親戚一同が集まって宴会をしていた。
あまりの騒ぎっぷりに疲れ、家に戻った。
家には祖父が一人、いつもの定位置に座っている。
「あれ?みんなのところに行かないのか?」と聞くと
祖父は「もういい」と言って外に出て行った。

ついていくと、家の前の道路にタクシーが一台止まっている。
祖父は無言で後部座席に乗り込み
窓を開けて「じゃ、また来る」と一言。
そのまま祖父は行ってしまった。

印象深い夢だったので家族に話したら
「昨日はじいさんの命日だ」と言われた。
じいちゃん、タクシーであの世に戻ったんかい…

115 :本当にあった怖い名無し:2011/10/03(月) 21:29:33.43 ID:/Oe48uqoO
えーと、いい話?

116 :本当にあった怖い名無し:2011/10/03(月) 22:06:38.49 ID:6sD0lC9GO
だからなんやねん、という話。チラ裏行け

117 :本当にあった怖い名無し:2011/10/03(月) 23:53:17.74 ID:bGOgKQdN0
>>114
それは生きてる人間(親戚ら)がじいちゃんを忘れてほったらかしてる、ということへの
じいちゃんの無言の抗議だったんじゃ…
いい話じゃなく、悪い話の方かもよ

118 :本当にあった怖い名無し:2011/10/07(金) 21:37:15.86 ID:SdgGGDcb0
あげ

119 :本当にあった怖い名無し:2011/10/11(火) 20:06:48.52 ID:d2aAPhQ10
良い話がある子はいねがぁぁああ?

120 :本当にあった怖い名無し:2011/10/11(火) 20:52:31.74 ID:KDSeDQ/G0
なまはげが居る

121 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2011/10/11(火) 22:34:25.68 ID:+f/klFcz0
申し訳ない。
心霊話もなければ、ちょっといい話もないんだ。

122 :本当にあった怖い名無し:2011/10/13(木) 01:49:26.13 ID:c87jvLsB0
いい話かは微妙だけれども。

学生のころ、新選組にはまっていた。
同じようにはまっていた年上の人と一緒に、京都に新撰組ツアーをしたんだ。
壬生寺いってー、島原のあたりを歩いてー、
霊山歴史館行ってー、と、二泊三日であちこち歩いた。
その中で、伊東甲子太郎先生及び藤堂平八郎先生のお墓にもお参りした。

大河が始まる前の話で、あまり人は来ていないらしく暗い雰囲気。
軽くお掃除をして、お花を供えて、お酒も備えて手を合わせて帰ろうとお墓に背を向けた時に
「ありがとう」
って声がした。
それがどなたの声かはわからない。
全部のお墓をお掃除したりしたから。

なお、それからも京都に行くたびにお参りさせていただいたけれど、
大河が放送されたら素敵な献花台ができていて、
何となくあ、もういいんだ。と思ったので、それ以降は行ってない。

123 :本当にあった怖い名無し:2011/10/13(木) 16:35:02.21 ID:RjpeAzWt0
新選組なら藤堂平助じゃないか?

124 :本当にあった怖い名無し:2011/10/14(金) 00:22:33.51 ID:NmiX911zO
>>123
その程度のファンなんだよ

125 :本当にあった怖い名無し:2011/10/14(金) 01:17:25.48 ID:Ebrmz84c0
霊の世界に有名無名の順列はないだろうに
罰当たりが>>124

126 :本当にあった怖い名無し:2011/10/14(金) 07:22:03.78 ID:NmiX911zO
>>125
ハマってた、と言ってるのに名前を間違える人に対して、
「その程度のファン」って言ってるんだって。そんなに分かりにくかった?
あなたは知らないのかもしれないが、藤堂は新撰組の中でも
メインメンバーだから、マニアじゃない私でも知ってます。


127 :本当にあった怖い名無し:2011/10/14(金) 09:50:33.32 ID:DLF7hwqG0

ヤな奴だな
霊さんはお墓に花を供えてくれたり掃除してくれた>>122にありがとうって言ってんだよ
その行為が嬉しかったんだろ
名前とかそんな関係あるか?
ちっちぇー知ったか自慢したかっただけでスレ空気壊すようなレスすんなボケ

128 :本当にあった怖い名無し:2011/10/14(金) 16:19:41.26 ID:Rg940go00
↑見当違いのいちゃもん付けて恥ずかしくなったか?

129 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/10/14(金) 18:57:39.70 ID:6jXO6wTS0
確かに、墓の世話は嬉しいかも知れん。
しかし名前を間違えられるのは微妙な気持ちだろう。

130 :本当にあった怖い名無し:2011/10/14(金) 20:23:24.98 ID:0XzaHkSN0
人のお墓の前で泣かないでください
そこに私はいません

131 :本当にあった怖い名無し:2011/10/15(土) 01:06:25.63 ID:UDoXOl6B0
人のお墓の前で泣かないで下さい。

そこ、私のいるお墓じゃありません。

132 :本当にあった怖い名無し:2011/10/15(土) 01:10:21.60 ID:BokBqFdG0
>>131
くそ、不意打ちくらったww

133 :本当にあった怖い名無し:2011/10/15(土) 08:28:02.01 ID:hPcSB2ST0
>>131
ワロタ

134 :本当にあった怖い名無し:2011/10/15(土) 21:38:54.35 ID:89HjZ4Ij0
他人のお墓の前で泣かないで下さい。

ってのもあったな

135 :本当にあった怖い名無し:2011/10/16(日) 06:58:29.65 ID:4to3S3Xj0
んで、その他人のお墓の人が「ありがとう」ってなるんだね。

136 :本当にあった怖い名無し:2011/10/16(日) 07:35:55.64 ID:sSuF6bs70
良い話だなw

137 :本当にあった怖い名無し:2011/10/16(日) 09:01:49.58 ID:A3chAxKK0
糞ガキばっかのスレになりましたとさ

138 :本当にあった怖い名無し:2011/10/20(木) 07:05:01.81 ID:SMQMK4jy0

      ウロウロ
   △
  ( ´A`) )))
   (ν ν)   ∧_∧ 
   ヽJ 〜 (#・ A ・)
        (つ旦⊂)
        と_)_)

                  △
               ((( (´A` ) ウロウロ
         ∧_∧     (ν ν)  
        (; - д -)  〜 )ノ
        (つ旦⊂)
        と_)_) カマッテホシイノ?

139 :本当にあった怖い名無し:2011/10/27(木) 00:09:49.49 ID:Vh0hGQ7A0
弟が亡くなって、49日前の話。
仏壇開き?があるから二週間ぶりに実家に帰ったら、祭壇の前に私が2週間前にあげた梨がそのまま供えてあった。当然梨はブヨブヨ。
家族気づけよwとか思いながら片付けようと持ち上げたら潰れて汁が出た。
1人でキャーキャー騒ぎながらふと遺影見たら、遺影が満面の笑みに。えっ?と思って二度見したら元に戻ってた。
死んだのは悲しいけど、ちゃんと見てんだなあと少し嬉しくなった。

140 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/10/27(木) 00:29:10.96 ID:SlB6zdfx0
>>139
なんというか…。
もの凄く切ない気持ちになってしまった。

141 :本当にあった怖い名無し:2011/10/31(月) 18:15:46.46 ID:+tNTCZTrO
良い話じゃないかもしれんし、僕の実体験じゃないのだけれども、書き込んで良いんだろうか。

142 :本当にあった怖い名無し:2011/10/31(月) 21:23:41.95 ID:uA2vG2YTO
ダメに決まってるだろ

143 :本当にあった怖い名無し:2011/10/31(月) 22:44:47.19 ID:9vIGtaXf0
ペットの兎の話。

あたしは色々あって、学校に行ってなかった。
今では馬鹿じゃねーの、とかその時の自分のことを思う。
毎日泣いて、死ぬことばっか考えてた。誰も信じられなかった。すんげー厨二病だったんだよな。
家族と会話しなかった。友人とも話さなかった。そんなあたしを見かねて親が一匹の兎を飼ってくれた。
最初は「どうせ死んじゃうんだからまた一人になる」とか考えて拒否ってた。
けどその子は一番最初にあたしに懐いて、あたしもだんだんその子が可愛くなってきて。
あたしが自分の部屋で泣いてたとき、違う部屋だから気付かないはずなのに決まってケージかじってた。で、出してあげると背伸びして体摺り寄せて涙なめてくれた。
大事な子だった。この子はあたしのこと裏切らないとか思ってた。けど、やっぱり寿命でその子は死んだ。
あの子が死んだ次の日、寝てたらアレが起きた。

2011年3月11日14時46分頃 東北地方太平洋沖地震

あたしの住んでる場所は甚大な被害があったところだった。
丁度その日あたしは家に一人で、最初はそんなに大きいものでも、長く続くものとも思ってなくて無視ろうかと思ってた。
でもいきなり頬に柔らかい感触があって。あの子の、ふわふわの毛の感触があって。
まさかと思って飛び起きた。霊なんて信じてなかったのに、目の前にあの子が居た。
つい名前を叫んで布団から出た瞬間、足元の大きくて重い本棚が倒れてきた。
もう少し遅れてたら死んでたってびっくりするやら怖いやらでgkbrしてたらその子が廊下に飛び出して、外に出てった。
もう周りは色々なものが倒れてきてて、あたしはまだ埋めてなかったあの子の亡骸が入ったダンボールひっつかんで裸足で外に出た。
マンションの廊下にあの子が居て、まるであたしに「着いて来い」って言うみたいに前を走って階段下りてった。
必死にその子を追いかけてマンションの下まで降りた。マンションの人たちが「大丈夫?!」って近寄ってきた時にはもうあの子はいなかった。
あの子が守ってくれたんだと思う。
今でも、あのときの不思議な暖かいふわふわの感じ覚えてる。

長々とすまんかった。

144 :本当にあった怖い名無し:2011/10/31(月) 23:31:34.23 ID:07HMp2CN0
>>143
ええ話や。゚(゚´Д`゚)゚。
いい子と縁があったんだねえ。

145 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/11/01(火) 01:31:13.25 ID:1/kLwIwd0
>>143
そういう事って有るんだね。
良い話だ…。

146 :本当にあった怖い名無し:2011/11/01(火) 01:51:53.69 ID:fA3G+hGG0
>143
せっかく守ってもらった命なんだから、もう死にたいなんて思わないでね。

147 :本当にあった怖い名無し:2011/11/02(水) 00:50:46.77 ID:WsAe5+G00
>>143
泣けた
うさぎって小さくて臆病でビビリな生き物かと思ってたけど
この子は愛と勇気に満ちた良いうさぎ
うさぎに守られた命だ、>>143は元気にピョンピョン跳躍して生きてっておくれ


148 :本当にあった怖い名無し:2011/11/02(水) 01:04:10.16 ID:+PBGxlwT0
>>143
兎にもらった命なんだから無駄にするなよ

149 :本当にあった怖い名無し:2011/11/03(木) 17:26:00.45 ID:O4d8yk7X0
古いコピペでごめん。

798 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 00:44:43 ID:FKMdGbZRO
パワーか・・・
父が亡くなって一年くらいのころ、昼寝の夢にパジャマ姿の父が現れたことがあった
あまり疲れた様子なので寝室に案内して休んでもらう
でも程なく、突然パジャマのまま外に飛び出して行ってしまう
「お父さん、そのかっこのままじゃあんまりですから」と後を追ったけど見失ってしまう、そういう夢
その同時刻、主人が僅かの差で感電死から逃れるという事件があった
遠いところから、主人を救いにすっ飛んできてくれた父・・・


150 :本当にあった怖い名無し:2011/11/03(木) 21:48:10.16 ID:hCBB/2Bz0
パジャマおやじ大活躍!

151 :本当にあった怖い名無し:2011/11/03(木) 23:55:08.87 ID:YhUrOJST0
>>149
ご主人、危なかったね。
きっと着替えるのも忘れてあわてて助けに来てくれたんだね。

152 :本当にあった怖い名無し:2011/11/04(金) 00:49:10.61 ID:Q77QDyzr0
遺体 震災、津波の果てに って本の著者が出た番組で、被災地での幽霊話について触れられてたが、幽霊でもいいからって遺族が会いたがるみたいだね。
http://www.ustream.tv/recorded/18153943

153 :本当にあった怖い名無し:2011/11/04(金) 04:17:21.36 ID:eZoBHlhC0
>>143>>149もそうなんだけど
昔からよく聞く話で
あちらの世界に旅立った者たちには、こちらの世界の「ちょっと未来」が見えるんだろうか
ちょっと未来・ちょっと先にある自分の愛する者たちの危機が見えて助けに飛んで来てくれる感じ
しかも下手したらその危機を救ってくれるのは救われた当人らが知らないほどの遠い祖先だったりするのは何故なんだろう

見えない何かに守られて(もしくは呪われて)生きている現在なのかなあ
見えないものたちに恥ずかしくない生き方をしなくちゃいかんと切実に思う



154 :本当にあった怖い名無し:2011/11/04(金) 21:17:09.85 ID:LybFGqlTO
全く守られてる実感のないオイラには祖先がいないのかのぅ?

155 :本当にあった怖い名無し:2011/11/04(金) 21:26:53.94 ID:u1++/VLb0
>>154
恐ろしい事言ってるぅぅう
祖先がいなけりゃ、お前どこの生命体なんだよ

こうやって2ちゃんに書き込めてる現在まで
飯食って生きて来れているのが守られている証拠


156 :本当にあった怖い名無し:2011/11/04(金) 21:47:12.55 ID:qkZGQUNw0
>>154
そんなのんきな事言える状況が守られてるってことだろ

157 :本当にあった怖い名無し:2011/11/04(金) 23:35:51.86 ID:khrNLaYN0
あんまし迂闊にバカなこと言ってると
守りを放あ棄されるんと違う?

そうした守りを放棄された「心の空っぽな奴ら」が最近
その辺に沸いた魑魅魍魎にとり憑かれて凶悪事件を犯すことが増えてきたような気がする

人間、生きてる以上自分の身は自分で守る努力を一生懸命尽くさなくちゃならないのに
常に誰かの助力を求めてるような「自助努力をしないヤツ」なんて
生きてる人間はもちろんあの世の人にも見放されるのがオチだよw
自分の脚で立って自分で稼いで飯食って生きろ>>154
文句が出るってことはまだきっと努力が足りないんだ

158 :本当にあった怖い名無し:2011/11/04(金) 23:38:20.71 ID:khrNLaYN0
>>157
守りを放あ棄されるんと違う?→ 守りを放棄されるんと違う?

159 :本当にあった怖い名無し:2011/11/05(土) 06:09:32.34 ID:Kecc+6laO
>>157
サラリーマンは自分で稼いでるとは言わんの?

160 :本当にあった怖い名無し:2011/11/05(土) 20:01:33.99 ID:V3yMkA0c0
>>159はおつむが足りない

161 :本当にあった怖い名無し:2011/11/06(日) 00:00:40.00 ID:yNcljkpr0
君らは死後、全知全能の神に近い力を身につけるか、あるいはその力のいくぶんかを身につける
そんな怖い物知らずの状態になっていながら、自分の守護対象を見放すなんてことやると思うかね?
守護対象はほとんど何も知らない子供だ。
こちらに悪態をついていても、こちらには何の実害もない。
対象が全く学びの道を外れてしまっても、こちらはただ修正しようとし続けるだけ。
あの世には時間がないから、最期には皆が神の元に集うとわかる。
だから、どれほど罵られても反逆されても、ただ子供が大人になっていくのを助けるだけだろう。
それは神が俺らに対して始終やっていることでもある。

162 :本当にあった怖い名無し:2011/11/06(日) 01:13:05.14 ID:0L1exIba0
161もちょっと足りない

163 :本当にあった怖い名無し:2011/11/06(日) 22:44:16.45 ID:PoSPoagB0
大学2年のときの話。
俺はボランティアサークルに入っていて、全身の筋肉が動かなくなってしまう
難病で入院している患者たちの身の回りの世話をしたり話し相手になったり
する活動をしていた。
ある土曜日、いつものように病院に行き、何人かの患者と話をしたり、ベッド周りの
整頓をしたり、食事の介助なんかをしていた。帰り際、患者の一人が俺に
折り紙で折った何かをくれた。何を折ったものなのかよくわからなかったので
「これ、何ですか」と聞いたけど、声を出すのに苦労する患者さんだったので、
ちょっとよくわからなかった。

164 :本当にあった怖い名無し:2011/11/06(日) 22:58:26.16 ID:yseRt5Ho0
>>163
それで?

165 :本当にあった怖い名無し:2011/11/06(日) 22:59:21.52 ID:v/8iLhYP0
>>163
オチは?

166 :本当にあった怖い名無し:2011/11/06(日) 23:14:10.57 ID:PoSPoagB0
別に

167 :本当にあった怖い名無し:2011/11/07(月) 10:11:19.57 ID:hnQKUCXi0


168 :本当にあった怖い名無し:2011/11/08(火) 04:04:29.83 ID:2Lfxmlaa0
これはひどい

169 :本当にあった怖い名無し:2011/11/08(火) 14:37:30.69 ID:oOqbSvae0

    (~)      (~)     . (~)      .(~)     . (~)
  .γ´⌒`ヽ   .γ´⌒`ヽ   .γ´⌒`ヽ  .γ´⌒`ヽ   .γ´⌒`ヽ
  .{i:i:i:i:i:i:i:i}   {i:i:i:i:i:i:i:i}   {i:i:i:i:i:i:i:i} . {i:i:i:i:i:i:i:i:}  .{i:i:i:i:i:i:i:i:}     (~)
  .(::ー ゚ ー::)  .(::ー ゚ ー::)  (::ー ゚ ー::)  (::ー ゚ ー::) . (::ー ゚ ー::)   γ´⌒`ヽ
  ,:'´l__l`ヽ ,:'´l__l`ヽ ,:'´l__l`ヽ ,:'´l__l`ヽ ,:'´l__l`ヽ  {i:i:i:i:i:i:i:i}
  |;::...,l^i^l、.::;| |;::...,l^i^l、.::;| |;::...,l^i^l、.::;| |;::...,l^i^l、.::;| |;::...,l^i^l、.::;|  ( ・ω・` )
  |;:川.人.川:;| |;:川.人.川:;|. |;:川.人.川:;| |;:川.人.川:;| |;:川.人.川:;|  (::::::::::::::)

170 :ちょっとアレすぎるので勝手に修正した:2011/11/08(火) 15:58:43.68 ID:LwrdfP7y0
    (~)      (~)     . (~)      .(~)     . (~)
  .γ´⌒`ヽ .γ´⌒`ヽ  .γ´⌒`ヽ  .γ´⌒`ヽ  γ´⌒`ヽ
  .{i:i:i:i:i:i:i:i}   {i:i:i:i:i:i:i:i}   {i:i:i:i:i:i:i:i} . {i:i:i:i:i:i:i:i:}  .{i:i:i:i:i:i:i:i:}     (~)
  .(::ー ゚ ー::)  .(::ー ゚ ー::)  (::ー ゚ ー::)  (::ー ゚ ー::) . (::ー ゚ ー::)   γ´⌒`ヽ
  ,:'´l__l`ヽ ,:'´l__l`ヽ ,:'´l__l`ヽ ,:'´l__l`ヽ ,:'´l__l`ヽ  {i:i:i:i:i:i:i:i}
  |;::...,l^i^l、.::;| |;::...,l^i^l、.::;| |;::...,l^i^l、.::;| |;::...,l^i^l、.::;| |;::...,l^i^l、.::;|  ( ・ω・` )
  |;:川.人.川:;| |;:川.人.川:;|. |;:川.人.川:;| |;:川.人.川:;| |;:川.人.川:;|  (::::::::::::::)

171 :本当にあった怖い名無し:2011/11/08(火) 17:25:08.90 ID:wCQ3d9EH0
170優しいw

172 :169:2011/11/10(木) 08:54:07.05 ID:UQhleZzd0
>>170 すみません

173 :本当にあった怖い名無し:2011/11/10(木) 23:21:04.31 ID:48B2xaN40
幼稚園の時にじいちゃんが亡くなり、葬式に出るため家族で北海道へ行った
親戚は多くが本州に住んでいるので久々全員集合

懐かしさもあり葬式の写真を撮ったのだが(多分叔父が)現像した写真はオレンジ色の光が入りまくり

まだフィルムの時代だったので途中で開けちゃって光が入ったのかなと

後日寺の坊さんがその写真を見て
「仏さん嬉しくてはしゃいでたからなぁ」と他人事

親戚が揃って嬉しかっにじいちゃんがへやの中を飛び回ってたそうな

174 :本当にあった怖い名無し:2011/11/11(金) 03:59:13.40 ID:AbuPiB3o0
>>173
似たような事があった
昔 伯父さん(父の兄)が亡くなった時30年近くぶりに親族が集まった
私は小学生の頃に両親が離婚して母側に育てられたせいで父側の親族とは離婚前の幼稚園位の頃しか会った事は無かったのだけど
養育費の支払いを拒否した父の代わりに伯父が私と兄の養育費を払い続けてた関係で
私にとっては伯父は心の父同然の恩師だった

父を憎んでた母のおかげで私自身その幼稚園頃からずっと、伯父の家には行かずいとこの顔も忘れてたけど…
通夜に駆け付けた私をみて快く招き入れてくれた伯母といとこたち
悲しい通夜の席だったのになぜか本当に久々に会えてよかったみたいに言われた
そのまま葬儀の朝を迎え、その際かなりいっぱい写真を撮ったんだけど
後から全部光が入って失敗してしまったと謝罪された
2枚ほど何とか撮れた方の写真をもらったが
それも不思議なオレンジの光が写り込んでた

あれは伯父さんが一緒に写ってたんだと今も思ってる
あれからもう何年も経つけれど未だ時々伯父さんのご加護を受けてると強く感じる時がある
ずっと会わないまま、伯父さんの記憶では幼稚園児のちっちゃい人みしりの女の子でしかないんだろうけど…

失敗した写真でもいいから欲しかったな
伯父さん 私は今やすっかりおばさんですが伯父さんを困らせるような生き方だけは避けてるつもりです
もうあちらへ逝ってしまった父にもよろしくお伝えください
お墓参りにもずっと行けないでいるけれど
きっと心は伝わってると思ってる





175 :本当にあった怖い名無し:2011/11/11(金) 09:40:54.13 ID:4zBRJsJn0
>>174
173ですがやっぱり写真に出てくるんですね
あまりにもじいちゃん(オレンジの光)が出すぎで写真としては失敗でうちも貰ってないんです

もうばあちゃんも亡くなったので家も無くなってしまったのですが、
時々思い出しては心のなかで感謝しています

176 :本当にあった怖い名無し:2011/11/12(土) 16:19:09.51 ID:7DFXUF+C0


177 :本当にあった怖い名無し:2011/11/13(日) 11:32:02.53 ID:uogHo88BO
いい話かは知らんが、昔愛犬が死んだ時の話。

長い事一緒にいて、いつ死んでもおかしくない位弱ってた。享年十七歳、長生きだろ。
飯をやりに出たら、よろけながら膝に甘えに来た。しゃーねーなってワシワシしてやったのを覚えてる。昔みたいに飛びかかってこなかったからかもな。
抱き抱えて毛布に寝かしてやって、ゴミ捨ててきたら冷たくなってた。
ゴミ捨てるのに一分か二分しかかかってなかったのに本当に冷たかった。どう考えてもかなり経ってる感じ。
春の矢先で寒かったけど、ワシワシした時あったかかったのに。そんなすぐ冷えるもんなのかな?

最後に甘えてくれたんだと思ってる。

178 :本当にあった怖い名無し:2011/11/13(日) 12:17:18.56 ID:9CbPajCH0
>177
犬にとっても最後にワシワシしてもらって幸せだったと思う
目から汁がでてきた


179 :本当にあった怖い名無し:2011/11/13(日) 22:13:41.38 ID:zvk45MqG0
>>177
うちの犬もワシワシが大好き
でも尻尾の近くはくすぐったいようだ

11月だと言うのに暑いな
目や鼻から汗が出てくるよ

180 :本当にあった怖い名無し:2011/11/17(木) 22:34:41.72 ID:dEtOqII90
>>177
うちのワンコは早朝なくなったけど
ガンで衰弱してて寝たきりだったのに
なくなる前の晩にやせ細った身体で起き上がってすりすりしてきた
なんか思い出したら泣きそうになってきた


181 :本当にあった怖い名無し:2011/11/17(木) 22:35:24.89 ID:dEtOqII90
スレ違いだったわ。ごめん。

182 :本当にあった怖い名無し:2011/11/19(土) 13:33:13.61 ID:z8c/nYSa0
心霊になるちょっと前のいい話でオーケーじゃねw

183 :本当にあった怖い名無し:2011/11/21(月) 06:20:19.90 ID:Wb/EfVbE0
>>182
座布団一枚

184 :本当にあった怖い名無し:2011/11/22(火) 23:26:37.91 ID:K/a7LBywO
>>143
目から汁が。
良かったね、ホント良かったね。
ウサちゃんもあんたも良い子だよ。

185 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 08:58:58.40 ID:GCe8gAw+O
>>184
レスが遅すぎる。バカみたい

186 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 09:44:59.64 ID:k8eM6rTn0
忘れないうちに書き込む。

居間で祖父母・父母・弟妹に修学旅行みやげをあげてた。
そしたら祖父と父母が寝始めて、居間には祖母と自分と弟妹だけになった。
こたつに入ってあったかくて、すごく幸せだったから祖母に言ったんだよ。
「私、死ぬなら今がいい」って。
そしたら祖母が悲しい顔して言ったんだよ。

「夢の中だからずっと一緒にはいられないんだよ」

そこで全部思い出した。
20年前に祖母は死んで、高校のときに祖父は死んで両親は離婚した。
それに自分は25歳だって。修学旅行行くような年齢じゃないってことに。
その事実を受け入れたくなくて、泣きながら「いやだ一緒がいい」って祖母にすがった。
祖母は悲しそうな困った顔でこっちを見てた。そこで目が覚めた。

恥ずかしいことに、私の口癖は「死ぬなら幸せなときがいい」だった。
祖母はそんな私を戒めるために夢に現れたのかもしれない。
起きた後は滅茶苦茶泣いて、泣きながら祖母にお線香上げて母親にびっくりされたw

でももう二度と「幸せなときに死にたい」とか言わない。
生前一度も見たことのない祖母の困った顔見せられたら、二度とそんなこと思えないよ。

あんまオカルトじゃなくてごめん。

187 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 10:23:31.65 ID:yyGUfznb0
>>185
バカ?
別に1年後に読んでレス書いたって、かまやしないんだぜ。
お前さんとメールやチャットしてるわけじゃねーんだからよ。

188 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 10:43:49.21 ID:0jO+EWz/0
>>186
良い話だ。
しかし一度も見たことのないおばあさんの顔は正しかったのかな?
写真とかで確認できたのかな?

189 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 11:21:09.52 ID:OM30AEkk0
顔は覚えてても困った顔を見た事が無いんじゃ?

190 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 13:19:56.76 ID:k8eM6rTn0
186だけど>>189で正解。言葉足らずですまんorz

191 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 13:51:07.72 ID:yaSCfi6S0
>>190
いや、普通の人はわかるから、問題ないよ。

192 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 15:56:39.88 ID:Ibqe07vH0
すれと関係ないけど、↓みたいな文章はいつも読解に苦労する。
「今まで予防注射をしたことのないA国の国民は、大多数が○○の病に命を奪われていた。」

193 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 19:55:46.35 ID:MLj17mvf0
>>192
えっ! この文章ってそんなに解釈できる可能性があるかな?
「今まで予防接種を受けたことのないA国の国民は、それを受けることで防ぐことのできるであろう病によって命を失った」ってことでしょ?
「大多数」は「命を失った」にかかると思うので、予防接種を受ければ死なない病で死ぬ人が、そうでない病で死ぬ人を大幅に上回るという意味だと思うけど。
違うのだろうか?

194 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 22:34:15.90 ID:gL8BpQRT0
A国の国民(すべて)は今まで予防注射を受けてなかったから、病に倒れたのか、
A国の国民の中で、予防注射を受けてなかった国民はすべて病に倒れたのか
わかりにくいってことでしょ。
この例文だと分かりにくいけど、それまでの流れで普通はわかると思うけどな。
>>186なんかは、一文取り出しただけでも、普通に分かる。


195 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 23:38:22.83 ID:53LL0LXZ0
>>194
ああ、なるほど。
「予防注射をしたことがない」が、A国の国民の中の一部なのか、A国民全体なのかという点と、
「大多数」がその何れにかかるのかという曖昧さの問題か。


196 :本当にあった怖い名無し:2011/11/24(木) 03:47:20.21 ID:YpHKkmwI0
引きこもりでリアル社会と交流できないような2ちゃんねらーが
そこまで読解力も無かったらもうお終いだろ

197 :本当にあった怖い名無し:2011/11/24(木) 07:30:27.60 ID:Mjza811f0
>>196
ほう、たいそう素晴らしい読解力だね。
「引きこもりでリアル社会と交流できない」というのは、
何を根拠に読解したのか、誰にでも理解できるように説明してくれる?

198 :本当にあった怖い名無し:2011/11/24(木) 11:29:59.31 ID:QEDIQFNc0
>>197
お前さんにゃ何言っても理解できないからムリ

199 :本当にあった怖い名無し:2011/11/25(金) 17:11:14.16 ID:RCXImTZC0
ほす

200 :本当にあった怖い名無し:2011/11/26(土) 03:26:32.81 ID:soPc33r80
>>198
いいや違うね。
根拠がないのに勝手な思いこみだけで書いたから、答えを用意できないだけ。
思いこみの強さで根拠もなく他人を罵倒できるのは、
現実世界でのコミュニケーション能力の低さと経験の無さを示している。
よって、本当に終わってるのはキミの方だ。

201 :本当にあった怖い名無し:2011/11/26(土) 08:09:06.28 ID:KOvz7pHd0

そんな夜中にだいぶ前のレスに言い返すとはw
よっぽど言い当てられて涙目なのな
おかわいそうに


202 :本当にあった怖い名無し:2011/11/27(日) 00:55:58.61 ID:Tn9C1pXz0
こんな争い>>186も望んで無いだろうよ

203 :本当にあった怖い名無し:2011/11/27(日) 07:55:02.11 ID:ouDsCFLI0
201がすごく悔しかったんだろうなってことは感じた

204 :本当にあった怖い名無し:2011/11/27(日) 09:00:46.43 ID:Dl7o6d9f0
バイク板のスレにちょっといい話があったので貼っとく

バイクでの心霊体験・スポット[再々]
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/bike/1315504918/352n-

205 :本当にあった怖い名無し:2011/11/28(月) 21:16:05.37 ID:poJ+jIwz0
>>177
うちの犬もガンで死にました。バイトに行ってるときに帰ってきたら
冷たくて動きません。顔は安らかな顔でした。

死ぬ前も私はよしよししてやりました。

思いだしたら泣けてきた。わーん・・

206 :本当にあった怖い名無し:2011/12/01(木) 00:00:39.97 ID:U4i6I3BG0
十数年前、横浜の曙町で霊感がある知り合いとBARで飲んでいた。

店の隅に霊らしき気配を感じた。

俺「いるよね?」
知り合い「うん。いる。」
俺「赤い・・・」
知り合い「ワンピース」

カウンターで水をもらって、店の隅に置いて延命十句観音経唱えてみた。

俺「ついてきた?」
知り合い「うん。うしろに嬉しそうにたってる。」

外が明るくなってきたので、帰ることに。
店の外に出て階段を下りた。

知り合い「階段のとこ・・・」
俺「見送りに出てきてるよね?」
知り合い「相手してもらってうれしかったんだろうね」

207 :本当にあった怖い名無し:2011/12/01(木) 15:03:56.82 ID:XqUBpPSb0
粋なお二人さんまた来てね

208 :本当にあった怖い名無し:2011/12/01(木) 20:57:13.35 ID:qlkiO3kMO
粋、か?

209 :本当にあった怖い名無し:2011/12/01(木) 23:41:49.02 ID:U4i6I3BG0
学生時代から凄くかわいがってた柴犬のポチ(仮名)が死んだのは、
俺が就職して東京に行ってからだった。老衰だった。

Uターンで地元に就職してからのこと。

年末に友達と会う約束をしていて、夜中に車をかっ飛ばしてた。
川沿いの山道を走っていたのだが、スピード出し過ぎてた。
カーブを曲がった直後にハンドルを立て直せずにスピン。

そこからは途切れた記憶しか無い。
どうやって車から出たのかも全く覚えていない。

(つづく・・・)

210 :本当にあった怖い名無し:2011/12/01(木) 23:42:51.39 ID:U4i6I3BG0
(つづき・・)

夢か現実かも解らない朦朧とする意識の中、
崖を登るときに、下からポチ(仮名)が背中で何度も押してくれた。
足には毛の触感もあった。

道路にたどり着いて座り込んでいると、ちょうど車が通りかかった。
俺「すみません。今日は何日ですか?」
相手「は?31日じゃん」

そのときやっと自分に何が起こったのか理解できた。
大晦日で友達と会う約束してて、飛ばしすぎて崖からダイブしたんだ・・

通りがかった車は、中学の時の同級生だった。
すぐ救急車を呼んでくれて病院へ。

年が明けて退院し、事故現場へ行ってみた。

高さ5m以上はある断崖。

こんなとこ・・・フリークライミング無理(−_−;

やっぱ、ほんとにポチ(仮名)が押してくれたから登れたのかな?

211 :本当にあった怖い名無し:2011/12/02(金) 07:09:41.05 ID:9RzNx5FwO
ホントのはずはないし、背中を押されたら崖は登れない。

212 :本当にあった怖い名無し:2011/12/02(金) 07:23:58.47 ID:3keD4oP70
わんこが背中を足場にしてくれたと思ったが

213 :本当にあった怖い名無し:2011/12/02(金) 08:58:44.48 ID:NffZlcUM0
もしもしは文章もまともに読めないのか全く

214 :本当にあった怖い名無し:2011/12/02(金) 21:55:10.73 ID:9RzNx5FwO
ありゃ、ホントだ。読み間違えてた。すまんすまん。

215 :本当にあった怖い名無し:2011/12/02(金) 22:37:43.44 ID:7Y6LnbvW0
本人だが、あえてアンチな見方をしてみる。

”火事場の馬鹿力”って言葉があるように、
人間って窮地になるとすさまじい力を発揮することだってある。
しかも意識がもうろうとしてたから、脳が勝手に虚像を作り出しただけかも知れない。

第三者が見てたわけじゃないから真実はわからない。

ただ、実際は自力で登ったのだとしても、
思わぬところでかつての愛犬に会えたことが
俺にとってはすてきな出来事だったよ

216 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 00:07:41.60 ID:e8iT04z/0
>>209-210
サードマン現象に似てますね
遭難、行方不明など窮地に陥った時などに、いないはずの第三者が現れる
手を差し伸べてくれたり、出口へ先導してくれるとかそういうのです

この前NHKで特集されていたので、まだご覧になってないなら一度ぜひ
どこかに動画あると思います

217 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 00:32:15.33 ID:NGP0pxUu0
>216
ググってみた。
おぉ!これだ。状況ぴったし。
サードマン現象っていうのか。

でもなんか・・・ちょっと寂しいな。
ポチ(仮名)と違ったのか。

218 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 00:40:32.97 ID:e8iT04z/0
>>217
科学的に見ればサードマン現象ですけど、
非科学的に見ればポチ(仮名)くんですし

以前どこかのスレで、山に遭難した際に道案内をして助けてくれた若い男性二人が、
軍人だったご先祖様の生前の部下だったと後から判った、という話を読んだことがありますよ

219 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 12:13:28.54 ID:THYfIEr80
非科学的な私…はポチで泣いた
なんか目からあたたかい液体が…
ポチポチっとな

220 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 12:29:14.39 ID:THYfIEr80
普通に

>高さ5mはある断崖。

からダイブしたら死ぬだろうから
車がダイブした瞬間からポチが守ってくれたんだと思うよ

221 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 17:49:00.01 ID:bZnIt2yt0
ちなみにシートベルトはしていたの?

222 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 18:13:40.98 ID:NGP0pxUu0
>221
シートベルトはしてた。
なかったら車外に飛び出てたと思う。
事故後の車両は、窓から上ペシャンコで、
なぜかシートはリクライニング倒した状態だったらしい。

着てた革のハーフコートはガラスでボロボロ。
そのボロボロ具合が、3本平行線入ってるみたいなとこが何カ所かあって、

ひょとしてポチ(仮名)が「起きて!」ってやったのかなぁ?

なんて想像させる。

ひっかきキズじゃなくて、きれいに革が切り裂かれるぐらいだから、
犬の爪じゃなくてガラスなのはわかってるけどね。

223 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 18:49:23.99 ID:bZnIt2yt0
でも、3本平行というのが気になる。

224 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 07:08:47.44 ID:cvsjhLPE0
創作の釣り

225 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 07:46:06.29 ID:G/s7V+nB0
。・゚・(ノ∀`)・゚・。 adidasの恩返し

226 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 11:54:31.22 ID:vnwoi/Rl0
>事故後の車両は、窓から上ペシャンコで、
なぜかシートはリクライニング倒した状態だったらしい。

どうやって車から出たんだろう…

227 :本当にあった怖い名無し:2011/12/04(日) 20:56:12.43 ID:AY1i+eiJO
ポチがくわえて引きずり出してくれんだよ

228 :本当にあった怖い名無し:2011/12/08(木) 11:03:31.98 ID:BY7AyFd20
保守
     ●
  ('A`)ノ ハッ !!
  (ヽ )
  <●>

  ●
  (('A`) ハッ !!
  (  /)
  <●>

  ●  ●
  (('A`)ノ ハッ !!
  (  )
  <ω>



229 :本当にあった怖い名無し:2011/12/08(木) 15:07:12.38 ID:nmt1EzWr0
結局最後に出すのかw

230 :本当にあった怖い名無し:2011/12/13(火) 16:43:56.92 ID:lMOZ1NSJ0
ほす

231 :本当にあった怖い名無し:2011/12/15(木) 04:05:09.51 ID:gLPwV+/i0
書き残したかったので来ました。

父の会社が倒産し、家族で田舎に夜逃げすることに。
父は会社の整理をしてから追いかけると言ったのに、家族が田舎に到着したのを確認して以降音信不通。
2日後に闇金が自宅に押し入った際、父の自死遺体を発見したと警察から連絡がありました。
10年前の5月のことでした。

232 :本当にあった怖い名無し:2011/12/15(木) 04:07:42.36 ID:gLPwV+/i0
ショックでPTSDを発症(現在完治)した私はその土地での思い出に完全に蓋をし
その土地にも二度と足を踏み入れることはないつもりでした。
それが先日の蝕の日、ふと「あの土地に行って家がどうなっているか見てみたい」という衝動にかられて車を走らせることに。
事実を確認してみたくなったのです。

233 :本当にあった怖い名無し:2011/12/15(木) 04:10:36.63 ID:UNRrQ/ieP
家は面影を残したまま古びているものの今は別の家族が住んでいました。
父が大事にしてた家が荒れ地にならず誰かに大事にされていてよかったと、現実を穏やかに受け入れることができました。
時間はこうして流れているわけで、私も過去に囚われないで生きていかなきゃなー、と。

10年間の空白を取り返すようにそのまま町をドライブし、その帰り道にふと気づいたのです。

234 :本当にあった怖い名無し:2011/12/15(木) 04:12:54.45 ID:gLPwV+/i0
「そういえば、今日はお父さんの誕生日だ」、と。


残された家族にとって父の最期は本当に言葉では表せないほど辛い過去で
父の存在を思い出すたびに辛い気持ちになっていたことも事実です。
命日の供養は忘れたことがありませんが、誕生日を祝うという気持ちにはなれていませんでした。

235 :本当にあった怖い名無し:2011/12/15(木) 04:15:58.61 ID:gLPwV+/i0
ですが生前はとてもよくしてもらいました。最高の父でした。本当に誇りに思っていました。
最期は力尽きたけれど、家族のために最大限がんばっていました。
父も亡くなって丸10年経ったところで、お互いに楽しかった過去もあるじゃないかと私に思い出して欲しかったのかもしれません。

記憶障害を患い当時の記憶はおぼろげだったはずですが、雪崩のように色々な過去の記憶が蘇ってきました。

236 :本当にあった怖い名無し:2011/12/15(木) 04:20:25.66 ID:gLPwV+/i0
不思議なこともあるものだと、同時に少しうれしかったのでチラ裏しに来ましたが
レベルが足りないとかでぶつ切りに・・・orz

父が死んで失ったものも多く、どこかで父を責めながら10年もの月日が経過しました。
いい加減もうこれからは、父が生きて残してくれたものを大事に感謝していこうと思います。

237 :本当にあった怖い名無し:2011/12/15(木) 11:13:00.09 ID:ghizurLn0
>>231
自分も似たような感じで5年前に亡くなった父の誕生日を迎えました

悲しい亡くなり方をした人は
自分の命日よりも誕生日で自分を思い出してほしいのかもしれませんね




238 :本当にあった怖い名無し:2011/12/16(金) 00:47:34.18 ID:tfYtQj81P
>>237
健康な命を自ら断ち切ってしまっただけに、生きてれば○○歳って思いが強いのかもしれませんね。

所謂、見える方に出会うと必ず「顔の四角いおっさんが張り付いてる」と言われるので、父か…wとは思ってましたがw
私は何も見えないけど、生前の思いを忘れないようにしようと思います。

239 :本当にあった怖い名無し:2011/12/17(土) 09:52:40.52 ID:KS7Zibo50
自殺者は死んでも報われないんだよー
きっと自責の念から地獄のような寂しい場所に留まっていたものが
10年の歳月を得て霊界入りしたのではないかなー
お父さんにとっても第2のスタートを切った誕生日だったのであるまいか

240 :本当にあった怖い名無し:2011/12/17(土) 10:22:27.13 ID:AgK/ulR70
>>239
>自殺者は死んでも報われないんだよー
>きっと自責の念から地獄のような寂しい場所に留まって...

詳しいね。体験したの?

241 :本当にあった怖い名無し:2011/12/18(日) 08:53:57.70 ID:Po7cHoLM0
>>239
あんた優しいな

242 :本当にあった怖い名無し:2011/12/21(水) 04:35:53.52 ID:tu5mN2MH0
やっぱり呼ばれたんだろうね

243 :本当にあった怖い名無し:2011/12/23(金) 13:21:42.24 ID:5XzONbiL0
いや、呼ばれたというより
きっと神様がそこへ行かせたのだと思う。

>父が大事にしてた家が荒れ地にならず誰かに大事にされていてよかったと、現実を穏やかに受け入れることができました。
時間はこうして流れているわけで、私も過去に囚われないで生きていかなきゃなー、と。

>>231にこう気付かせるために。
そして自殺をしてしまったけれど常に>>231のことを気にして憑いてる?お父さんの気持ちに気付かせるために。

優しいところもあったお父さんだもの、
今後も一生恨み続けちゃいけないんだよって気付かせてもらったんだよ。
本当の犯罪者じゃない限り、人は人を許すことも必要だと思う。
きっと、お父さんにとっては「許されたこと」が
>>231にとっては「気付かせてもらえたこと」がいい記念の誕生日プレゼントになったんでしょう。

本当にお父さんのことが嫌いなままだったら誕生日だと思いだした途端
更に不快になったろうし。
>>231も大人になった、それだけ時間が経過した、ということでしょう。
お父さんの自殺の罪の刑期も十分だった、出所したんだと思いましょうよ。

244 :本当にあった怖い名無し:2011/12/24(土) 18:24:33.51 ID:/uZ5eNewO
>>243

おとこのこ
まもる
えいきょう
ばくはつ
かしわざき
だんらん
ろうどう
うわさ


245 :本当にあった怖い名無し:2011/12/24(土) 20:46:14.17 ID:ZH+r7UccP
たくさんレスいただいて、ありがとうございます。

父が死を選ばざるを得なかったことは仕方ないと思ってたんですよね。
会社の経理を見ていたこともあったので不景気に耐えられなかったことは責められないと。
ただ、父の思い出というとどうしても亡くなった時のシーンが強烈すぎで、それを直視できないばかりに他の思い出も封印してたと思います。

今後は亡くなったときのことを封印して楽しい思い出もたくさん思い出して、お互いにとって癒やしや供養になればいいなと思います。

246 :本当にあった怖い名無し:2011/12/30(金) 10:48:52.31 ID:NYDaHZCC0
               | | | l
   ツカマエタ!       l | | | l
              ,x'X⌒Xヽ、
 .  ∧_∧       /Xx , - 、+x'i
  (`・w・)、     lX.ヽ/ 'A`)ノ l ヒャー
  (⊃==∪=======|K {  /xxx|
   しーJ    < |Kx ヽj xxxx|て
          <  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ て ビタッ
           レ^v'⌒v'⌒v'⌒ヽ(


                      , - 、
   ア・・・             . ヽ/ 'A`)ノ バイバイ
              ,x'X⌒Xヽ、  {  /
 .  ∧_∧       /Xx , - 、+x'i ノ_ノ
  ( `・д・)      lX     .+xl.´  スルリ
  (⊃==∪=======|K    .xxx|
   しーJ      |Kx   xxxx|
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


247 :本当にあった怖い名無し:2012/01/02(月) 18:24:49.62 ID:gPL1WGtE0
かわいい!

248 :本当にあった怖い名無し:2012/01/05(木) 22:30:52.77 ID:z+D9jyaV0
おばけのてんぷら思い出したw

249 :本当にあった怖い名無し:2012/01/06(金) 01:37:19.17 ID:2c+NzP0G0
以前ポチの話(209)を書いた者ですが、もうひとつ体験があります。
過疎って来た時用にとっておきましたw

高校一年の時、林間学校へ行くときの事です。
友達とバスの中でマンガとかのくだらない話をしている時でした。
楽しく話をしていたのに、何故か不意に涙がポロポロっとこぼれました。
友達「お前 何泣いてんだよwww」
俺「いやぁ、なんでかわかんないけど、涙でたw」

その夜、じっちゃんと魚釣りに行く夢を見ました。
なかなk釣れなくて、じっちゃんが「すまんねぇ」と言ったのを今でも覚えています。

林間学校から帰ると、隣の家に「忌中」の張り紙が・・・

自宅に入ると、お袋が
「じっちゃん亡くなったよ。ちょうどあんたが林間学校に行った午前中に」

じっちゃんは俺とは血縁もない隣の家の人でしたが、
小さい頃からよく魚釣りに連れて行ってくれて、
本当の孫のようにかわいがってくれてました。

急いで隣の家に行って、仏壇に手を合わせました。

きっとあの涙は、俗に言う「虫の知らせ」ってやつなのかなと思う。
そしてその日の夢は、お別れを言いに来たのかなって・・・

実家に帰ってた時、小学生になる息子と魚釣りに行くと、
今でもじっちゃんの事を思い出します。


250 :本当にあった怖い名無し:2012/01/07(土) 12:02:13.59 ID:9PWy1vg10
隣のじっちゃん乙。・゚・(ノД`)・゚・。
遠い旅行先にお別れに来るなんて
じっちゃん>249のこと本当にかわいがってたんだなあ

251 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 22:23:42.95 ID:HXk85ZxJO
夢落ちになっちゃいますが、最近体験した事を書きます。

ふと気付くと、家族団らんをしていた。
父と母、亡くなった兄、私と娘の5人で。
楽しそうな雰囲気はあるけど、会話は何故か聞こえてこなかった。
テーブルの上には、ちらし寿司と和菓子が乗っていて、皆で食べていたようだ。
ふと、父が冷蔵庫を開けると、中には大量のケーキが。
「ちょっとw多すぎw」

252 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 22:25:43.45 ID:HXk85ZxJO
>>251
思わず口に出してしまった。
私は食卓の椅子に座っていて、隣には娘がいたけど、椅子から降りて、その後は兄が座っていた。
娘は兄が座っているのに気付くと、服を引っ張って降りろと催促w

ずっと憧れていた光景…。

兄が生きていたらと何度も思い描いた光景だ。


253 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 22:28:41.02 ID:HXk85ZxJO
>>252
ふと、私はこれが夢だと気付いてしまった。
(嗚呼、これは夢だ。でも覚めたくないよ。まだ一緒にいたい。)
そう思った。でも、その日は用事があって、無理にでも起きなきゃいけなかった。
(起きなきゃ。でも…)
心の中で葛藤するも、どうしょうもなくて、涙をボロボロこぼす私。

254 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 22:31:07.15 ID:HXk85ZxJO
>>253
そんな私に気付いた兄が優しく笑った。

そこで目が覚めた。

そういえば兄が亡くなる一週間前、兄の死を予感して、ボロボロ泣いた事があったっけ…。

来月は娘の誕生日。
ちょっと早いけど、お祝いに来てくれたのかなって思ってる。

255 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 22:46:47.34 ID:HXk85ZxJO
>>251-254
私のスキルじゃ、これが限界です。
読みづらくて、スミマセン。

オカ板神社スレでおみくじの事を載せた事があったのですが、おみくじも関係あるかもしれません。
悩み事は神仏に頼れと書かれていました。
私は理由あって、神仏に頼るわけにはいかなかったんです。

256 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 22:53:27.44 ID:HXk85ZxJO
>>255
頑なに頼る事を拒否していました。
そのさなかの出来事でした。
おみくじの事も、兄の事も、神や仏に頼っていいんだよと言われてるようで嬉しかったです。
これから頑張れそうです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました(^―^)/

257 :本当にあった怖い名無し:2012/01/13(金) 23:58:16.91 ID:VowiuDXR0
娘の居るべき場所を、兄が占領している。

>ID:HXk85ZxJO
貴方は生きている家族を大事にしていますか?

258 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 00:35:03.86 ID:59erQNV/O
>>257
そんなキツい書き方するなよ
>>256
神仏を頼らなかったからお兄様は亡くなったんですね

259 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 01:59:25.22 ID:xOSnZqJX0
>>258
そんなキツイ書き方するなよ
神仏を頼っても頼らなくても人は死ぬ

生きてる人間が死んだ人間に、そこをどけと言っている
冷蔵庫には生きてる娘の誕生日のため?のでかいケーキ


>>251-256
そろそろ自分の中で大切なものの順位が変わる時期だと自己分析してる夢なのだと思う
自己分析は娘が兄に椅子から降りろと催促するまで…
お兄さんが笑ったところは、霊示だと思う

それでいいんだよ 娘を大事にしてやれ
ってお兄さんが娘さんの誕生日プレプレゼントに出てきたんだよきっと

お兄さんが出来なかった分まで、いい親いいお母さんになってください
それが一番素晴らしい供養になるとおもいます

260 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 02:06:57.19 ID:uM7hrL0X0
そんな事書くなよ

261 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 13:56:25.26 ID:gU4KfBM20
他所でやれ

262 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 18:45:55.91 ID:HJhoT0Ma0
何も見えてないので心霊事象じゃないかもしれないが、ご先祖様がいつも助けてくれていると
実感できた事を記載します。
みんなが、ご先祖様のお墓を大切に守らなきゃと思ってくれる事を期待します。
少し長くなるけど4件のケースを記載します。 長いと思ったら読み飛ばしてください。

1)海水浴場沖のテトラポットでの事件

小学校低学年まではクラス代表となるくらい泳げていたが、中学校以降は
なぜかむしろかなづち気味にまで落ちぶれていた。
大学1年くらいの時に、友人と沖合にテトラポットのようなコンクリートで
できた消波用のものがあったんだ。
そしてちょうど行った時には、間違いなく引き潮の時であり、海岸線からすごく
ちかくにあったんだ。 友人は、目を輝かせて、行こうぜって言ってきたが、
俺は一瞬躊躇したが、頑張れば全然行ける距離と判断して、泳いで行ったんだ。
で、行ってみたら、周りは海だらけ(当たり前(W))すごく楽しくて随分そこで
遊んでいたんだ。 



263 :256A:2012/01/14(土) 18:47:06.56 ID:HJhoT0Ma0
で、はっと悪い予感がして、海岸線を見たときに、海岸線が
絶望的に遠くに見えたんだ。
その瞬間、友人と即断した判断は、このままここに残ってもっと満潮になって
海岸線が遠くなると、今よりより絶望的な距離になる、今しかない、泳ぐぞ!
って感じで慌てて飛び込んで泳ぎ始めた。
その時の判断としては、クロールは早いが、遠泳は不向き、だから、遠泳ができそうな
平泳ぎとした。  でも、いくらかいてもかいても海岸線は近づかない。
で、体力の限界点に達してしまった。あっ駄目だ、溺れたなあって感じ。
でも、わずかの奇跡を求めて、泳ぎを諦めた俺だが、足先はつま先立ちの状態で底をつける
体制をとったんだ。 無理だと思っていたが、そこで奇跡は起きた。
遠浅の海岸線だったので、ぎりぎりバレエのつま先立ちで底に指先が届いたんだ。
あとは、浮力に任せてその状態で何事もなかったかのようにそのまま海岸線に帰れた。
助かった!

264 :256A:2012/01/14(土) 18:48:15.69 ID:HJhoT0Ma0
で、ここまでは、ただの偶然だと思っていた。本気で。 これ以降も奇跡が続き
俺を生かしてくれる何か超越した力を感じるようになったんだ。
次の事件は、それを最も感じた一件です。

2)即死を免れた奇跡のバイク事故回避事件

 <事故現場>

 説明するにあたり、事故場面の地図と概況を説明しますね。
 線がずれるかもしれないので、補足説明も書いておきます。
               /
              /
             / 
大学からの小道→ −−−−/*信号
           ↑I*信号の前には、大きな大型車が止まっていた。
    ↑I
     I
     I
         *信号から先は少し右曲りの国道 
 


265 :256B:2012/01/14(土) 18:50:15.65 ID:HJhoT0Ma0
 *ポイント 1)奇跡の事故は上記地図の三叉路にて発生。
       2)右曲りの国道は、いつも渋滞しており、そのも渋滞中。
       3)原チャリの俺は、その渋滞する道路の左端を軽快に走り抜けていた。  
       4)バイクで三叉路にスピードを緩めずに、突入したのは、信号の先もずっと車が繋がって
         おり、交差点の信号は、青信号だが、車が渋滞しているだけと信じていた。
       5)ところが、三叉路に入った瞬間、それまでは、大型車で見えなかった信号が
         赤信号である事を確認。 左の大学からの小道から国道に侵入してくる車を
         確認。 あかん、急ブレーキや! 思い切り、前後のブレーキをかけた瞬間に
         後輪が滑り始めたのを実感。 あかん、転倒でして、すべってしまうと車に
         轢かれるタイミングになってしまう。
         一方、目の前の車は、事故を避ける方策として、ブレーキでは間に合わない、
         と判断したようだ。 ブレーキをかけずに、逆にフル加速で、交差点内に侵入
         してきた。後輪のタイヤのすべりと同時にこの事実を知った俺は、瞬間的に
         もう死んだと思った。観念した。
 

266 :262C:2012/01/14(土) 18:52:37.47 ID:HJhoT0Ma0
        7)ところが、なぜか俺は、後輪が古ブレーキですべったにも関わらず、転倒せずに
          交差点内で止まった。
          えっ? 何が起きたの? 突っ込んでくる車はどうなったのっ?えっ車が見えない、なぜ?
          って思った瞬間、バイクの後ろ側がコンと軽い衝撃を感じた。
          あれっ俺は、進行方向と逆を向いて止まっているぞ、今のコンって音はまさかまさかって感じ
          で俺は、大学の小道に行って、恐る恐るバイクの後ろ側を確認した。
          唖然とした、なんとバイクの一番後ろのナンバープレートの右下部の数o角程度が削れて白い
          塗装がはがれて鉄板がむき出しになっていた。
            


267 :262C:2012/01/14(土) 18:53:27.91 ID:HJhoT0Ma0
        <結論>@バイクはマトリックスの映画のように後輪がすべりつつも転倒せず180度くるりと回って
             奇跡的に前後逆向きで止まっていた。
            A実際に接触事故は起きたが、ほんの1mm以下の接触であり、もしブレーキがきかず数mmでも
             ずれていたら、少なくともバイクを跳ね上げる大事故になっていた。
            Bバイクが前後逆になって止まった事は私に2つの安心を与えた。        
               1)前から突っ込んで、仮にわずかな接触でけががないとしても、その恐怖感は一生抜け
                 ないはずだが、背を向けていたので全然怖くなかった。
               2)転倒なく、ずっと前後のタイヤのゴムが地面と接触しており、最後まで止まる距離を
                 縮めていたこと。
            
            なんで、こんなことがおきるだんろう?ご先祖様の力しかないと確信した件でした。   

268 :262D:2012/01/14(土) 18:54:35.80 ID:HJhoT0Ma0
 3)バイクでの事故
 
  大学3年くらいの時に、おきた事故。
  その日、テニスサークルの仲間たちとテニスではなく小旅行に行く事となって
  いて、浮き浮きしながら大学に向かっていたんだ。
  そしたら、旧道の狭い道を走っていると小学校低学年の女の子が進行方向前を
  横切ったんだ。 駄目だ!間に合わないっと思った俺は急ブレーキとバイクを
  意図的に転倒させて膝もついて止めようとした。
  かなりスピードは落ちたが、の小学生とは接触してしまった。大きな衝撃は
  なかったはずだが。
  道路の周りは騒然となってきた、病院までも一緒に行って、検査した結果は、
  問題なしとのことだった。スピードはなかったが押されて後方に転倒したが
  どうやらランドセルがショックを吸収したようです。
  で、ここまで書くとわざわざ記載すべきではなかったのですが、実は、自賠責保険
  が切れている事を思い出したのです。もし、大事故になっていたら、支払い能力もなく、
  相手の家庭にも、また私の家族にもとんでもない悲劇をもたらす事故になっていた可能性
  があったので、助かったと思いました。社会人になってからは保険期限は守るようにしてます。


269 :262C:2012/01/14(土) 18:56:12.79 ID:HJhoT0Ma0
 4)社会人1年目の夏の事故

   就職をしてからの初の夏季休暇の時に学生時代の友人と昼夜が逆転して遊んでいたんだ。
   夏季連休明けの初日の日は、体がだるくて仕事が苦しくて何とかこなして寮に戻った。
   その夜、寝る前にトイレに行って出たところでふらついて頭を強打して意識を失った。
   はたと気づいた時は状況が飲み込めなかったが、すぐに倒れて気絶したことを理解した。
   頭はずきずきしたが、倒れたからしょうがないだろう、強烈な睡魔もあり眠いし、
   血も出てないのでそのまま寝たんだね。
   で、ふと頭が気持ち悪い感じがしたので、触るとねちっとした液体の感触を感じて電気を
   つけると手が血だらけだった。 で、寮のすぐ隣に病院があったので夜間深夜受付として
   診てもらった。 そこの病院の外科の夜間緊急処置は1週間に1日だけで私が倒れた日が
   たまたまその日でありすぐに治療消毒してもらって針でぬってもらいそのまま入院
   した。 先生にこのまま気づかず朝まで寝ているとどうなってましたかって聞いたら、
   死んでたよって言われてぞっとした。



270 :262F:2012/01/14(土) 18:58:43.27 ID:HJhoT0Ma0
   *それから20年後の5年前にも、低血圧のせいで倒れて意識を失って、救急車に乗せられて、
    周りを慌てさせたが、この時も何もなく今も元気でいる。 
    脈拍計が以上に下がっており、みんな駄目かもと思ったらしい。  
   
 これ以外にも、小さい事が何度かあるがそれは割愛します。
 こんなことが積み重なって、何か超越する力が私を生かしてくれていると
 強く感じております。 それは間違いなくご先祖様の力と思います。
 特に、私が、赤ちゃんの時にあやしてくれていたと聞いた『おたま婆さん』
 も力を貸してくれていると信じています。
 だから、ご先祖の方に感謝することは、私にとって大事な事なのです。
 長文失礼しました。
*初めて長文投稿で、名前欄の連番とかがごちゃごちゃになってしまい
 すみませんでした。


271 :262:2012/01/14(土) 19:03:03.52 ID:HJhoT0Ma0
バイク事故の地図がやはりずれてました。
矢印と斜めの右曲りの斜め線を頭でずらしてもらったら幸いです。
今の地図のままですと何を言っているのかわからないと思いますので。。

272 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 19:22:48.52 ID:ONVSP5ee0
長い!とにかく長い!

273 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 19:56:00.73 ID:qGj3kMkd0
ちんこ大きくなった、まで読んだ

274 :本当にあった怖い名無し:2012/01/14(土) 20:10:36.88 ID:oMmBR76/0
>>262
ご先祖様に感謝するのはいいけど・・・
最後まで読むとそこそこのお歳のようだし、自分の行動を反省するほうが先では?
最初のバイク事故なんか、信号が青でも渋滞した見通しの悪い交差点なら
対向からの右折を予測して減速して通過が基本でしょうに

ご先祖様に感謝してるなら、あんま間抜けなことして手間掛けさせんなw

275 :本当にあった怖い名無し:2012/01/15(日) 23:38:27.79 ID:UXMT2S9M0
>>274
そうそう。まずは反省。

俺の同級生は昔スピード出し過ぎで事故って大けがした。
でも奇跡的に助かってからは、信心深くなったよ。
安全運転するようになったのはもちろん、
毎日、朝夕は仏壇に手を合わせてる。
今では結婚して3人の子持ちのいいパパだよ。

276 :本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月) 10:27:15.36 ID:5no4VqJl0
これはひどい

277 :本当にあった怖い名無し:2012/01/16(月) 21:00:21.66 ID:SZQI+KBEP
てか守られているのであれば、こんなに多くの事故は起きないように思うがどうだろう?
あなたのことを悪くいうわけではないが。

あとできれば一度読み返して推敲してくれると助かる。

278 :本当にあった怖い名無し:2012/01/18(水) 01:35:23.86 ID:LzoVgus+0
>>262-271って面白いですか?

279 :本当にあった怖い名無し:2012/01/18(水) 02:26:47.17 ID:OhC+BzU50
正月にあった話です。
母の実家に親戚で集まった日のこと。

母方の祖母は5年ほど前になくなっています。なので祖父、叔母一家、私の家族総勢10人で昼食をとり終え、のんびりしていました。
お酒も入って賑やかに話していると、突然ガラスの引き戸を開ける音が聞こえてきました。

猫が開けるのとは違って、明らかに人が通るために、ガラガラと引き戸を開ける音でした。
でもその音がしたとき10人全員が同じ部屋にいたんです。叔母が「今音したよね?」と聞くと全員「引き戸の音がした」と答えました。
全員揃ってるのに何で?と思いましたが、母が「賑やかだから、おばあちゃんが私もいるよって鳴らしたんでしょ」と言うと妙に納得してしまいました。

私はお婆ちゃん子だったので、直ぐに仏壇のところへ行き二度目の新年の挨拶と元気で過ごしていることを報告しました。(ついて直ぐにも仏壇は拝んでいたので)

新年のそうそうの心霊体験は祖母の「私もいるよ」アピールだったので、なんだかほっこりしました。

280 :本当にあった怖い名無し:2012/01/20(金) 12:04:38.78 ID:qx5iXIPv0
>>278
読むだけ時間の無駄
ルパンに2時間盗まれた方がマシ

281 :本当にあった怖い名無し:2012/01/20(金) 23:34:48.57 ID:CDBiCDq30
こんなところにクラリスがおる

282 :本当にあった怖い名無し:2012/01/21(土) 18:32:58.11 ID:s2ssn0kI0
>>280
おじさまは何も盗んでいませんわ

283 :本当にあった怖い名無し:2012/01/21(土) 21:47:04.90 ID:0nC6uY740
なんてきもちのいいわかものたちだろう

284 :本当にあった怖い名無し:2012/01/25(水) 10:21:58.86 ID:pEHFjA4r0
hosyu

285 :本当にあった怖い名無し:2012/01/25(水) 10:23:47.32 ID:pqYP4pe80
※既女内容注意



二人目の子供を流産した
あまり母性愛がなく、仕事のことばかり考えていたので、そのせいだと自分を責めていた
それから3年後妊娠。つわりがとにかくキツくて、「こんなにきついなら、もう子供いらない」とすら思った

その夜夢をみた。長女が立っていて、その前から2歳ぐらいの女の子が笑顔で私に駆け寄ってきた
起きた時に、お腹の子供だと思った。あんな可愛い姿を見せられたら頑張らないわけにいかないと、
その後切迫になって、寝たきりになっても耐えられた

この子は私の父にも挨拶に行ったらしい
冷たい父で、長女の保育園の送り迎えなど、お金を渡してようやく行ってもらえていた
それが夢を見てから文句を言わずに手伝ってくれるようになった

もうすぐあの夢と同じぐらいの年齢になるけど、笑顔が同じです。ちょっと太ってるけどw
何となく、流産した子がまた時期を見て戻ってきてくれたような気がする
胎児からの励ましってあるんですね

286 :本当にあった怖い名無し:2012/01/25(水) 17:23:40.59 ID:yHTB/VyAO
いい話っていうか、胎児必死だったんじゃない?

287 :本当にあった怖い名無し:2012/01/25(水) 17:33:22.01 ID:Ve8XpRb80
長女可哀想

288 :本当にあった怖い名無し:2012/01/25(水) 21:47:53.11 ID:zOQwutO90
>>287
何で可哀想なの?

289 :本当にあった怖い名無し:2012/01/25(水) 22:21:02.23 ID:o5enRZuR0
>>288
横槍だけど「あまり母性愛が無く」は「長女に対しても」当然適用されるからじゃない?

290 :本当にあった怖い名無し:2012/01/26(木) 02:03:49.12 ID:4hXOy8Vy0
>>285
いい話だ…

291 :本当にあった怖い名無し:2012/01/26(木) 15:58:17.91 ID:cumx2H5N0
>>285
うん、いい話ですね。愛情いっぱい注いだ分太っちゃったと言うのがまたw
>>286
「このお母さんがいい!ここんちに生まれるんだ!」て必死だったのかも
>>289
こんな夢見ちゃったら子供大好きになるんじゃないかな。
よし今度は男の子生むぞ!と三人目作ろうと思ってたりして。

292 :本当にあった怖い名無し:2012/01/26(木) 17:36:55.93 ID:NZqN5wVn0
妊娠ネタが続いて恐縮なんですが、
私は共存奇胎という病気で、妊娠が半年近くわかりませんでした。
猛烈な体調不良がずっと続いてて、どうも子宮に「何か」ある、と。
月一で出血があったので生理だと思っていて、婦人科の先生も妊娠を疑いもしませんでした。
MRIで検査をすることが決まった日に、仏壇の前にちっちゃな女の子が座っていて、
私の方をくるりと振り向いた夢を見ました。
そんな夢をみたこともなかったので不思議だったのですが、
更に翌日の夢では、昨日の夢に出てきたちっちゃな女の子が私の顔を覗き込んで、
赤い大きな海老を手渡してきました。
幾らなんでもこれはおかしいと感じていたら、MRIの結果妊娠が判明し、先生もパニックでした。
やはりというか、性別は女の子でした。
生まれたとき、目がものすごく夢の女の子に似ていると思いました。
共存奇胎というのは、双子のうち一人が胞状奇胎という泡になってしまう病気で、
先の夢に出てきた仏壇の前の女の子が死んだ子で、赤い海老をくれた子が生きている子なんだろうな、と思っています。

293 :本当にあった怖い名無し:2012/01/26(木) 21:55:29.80 ID:L8peQDnu0
>>292
いい話だね!
だけど、何で赤い海老だったんだろw

294 :本当にあった怖い名無し:2012/01/26(木) 23:49:28.00 ID:inWomvE90
>>292
海老って縁起物だよね、「海の老人」腰が曲がるまで長寿でめでたいな、みたいな
心細くなってるお母さんに「大丈夫だよ」って見せに来てくれたのかもね。
それにしてもえらく伝え方が格調高いというかクラシックだなーとびっくりw
新しく産まれて来てくれる人たちは何だか頼もしいね、特に今時は。

295 :本当にあった怖い名無し:2012/01/28(土) 10:46:42.34 ID:ogoLKYsP0
胎児の成長初期段階がエビっぽい形だった気が…

2度目の夢はお母さんに一度胎児をお返しします、ということだったりして。
だったら将来またもう一人産むことになるんだろうなあ。

296 :本当にあった怖い名無し:2012/01/28(土) 18:49:36.35 ID:Mhf3yqf30
>>292
その子は今、海老好きなの?もしそうだったらすごすぎるw

297 :本当にあった怖い名無し:2012/01/29(日) 20:45:54.13 ID:RXTS3aT60
>>292
何だかBJに出てきそうな話だね・・・
泡になってしまった片方の子は可哀想だけど
もう一人のお嬢さんが無事生まれてきて何よりです!

298 :292:2012/02/01(水) 11:36:24.41 ID:dI8o3bSf0
292です。
レスありがとうございます。

ものすごく赤くてみずみずしい抱えるほどの海老でした。今でもあの赤さははっきりと覚えています。
今まだ8ヶ月なので、まだ海老類は食べさせていませんが、もしかしたら大好きかもしれません。
共存奇胎は、母体が絨毛癌になったり、生き残りの子に染色体異常が出たりするので、判明次第中絶がデフォなのですが、
判明したのがあまりにも遅く、法的に産むしかない状態だったので、先生達全員御通夜状態でした。
紹介された大学病院では、中絶を嫌がって逃げた野良妊婦扱いで、あんたどうなっても自己責任だよ!?と会う先生皆が言いました。
32wに入ったところで、栄養の殆どが奇胎に行ってしまうようになり、2000gを超えていたので急遽出産したのですが、
どこにも異常が無い元気な赤ちゃんが生まれました。絨毛癌にもならずにすみました。
看護士さんから先生にまで、二度とこんなことするな!危険すぎる!と叱られまくりました。
本来が中絶するものなので、2011年の共存奇胎出産事例は全国で私一人と言われました。

2010年の8月に弟が癌で死に、母親が発狂してしまったので、夫と二人で法事を仕切ったのですが
49日法要の日に、母の為にも孫を!と、仲良くして出来た子だと後から計算してわかりました。
出産後、これは黄泉の国から死者を連れて帰ってくるときには、
振り返ったら黄泉の国に連れ戻されるとか、そういうことだったのかもしれない、と
夫婦でしみじみ納得してしまいました。
弟が死んでから、本当に不思議なことだらけです。

299 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 11:57:54.59 ID:QNAa3gP00
そこまで書いて特定されないかい?大丈夫?
母子ともにお元気なら何よりですね。

300 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 12:16:57.68 ID:Xb9Pvvyx0
>>298
本当だとしたら、医師団の対応は最悪だな。生命を何と考えてる?
あんたは医師を殴っても良いと思う!

301 :本当にあった怖い名無し:2012/02/01(水) 14:40:00.08 ID:r2xmJqPd0
>>298

医者の対応が酷いですね…
母体の心配からだとしても、言い方がちょっとわるすぎる;
元気な赤ちゃんが生まれてよかったです。
ご本人も元気そうで。

家族みんなで、腰が曲がって老人になるまで元気に過ごしてくださいね。

302 :本当にあった怖い名無し:2012/02/02(木) 07:01:40.73 ID:jSo0AzBu0
>>301
いいこと言った

>>298
野良妊婦扱いなんてあまりにひどい。
しかし、本当に大変だったんですね…
苦労した分取り戻すべく、これからはお子さんと共に思いっきり幸せになれますように。


303 :本当にあった怖い名無し:2012/02/03(金) 20:35:07.29 ID:XfSDPvnX0
福島県立大野病院産科医逮捕事件というのがあってだな、
>産婦は前置胎盤であった事が検査で判明していた。
>しかし、医師が出産時の危険性を説明し、より設備の整った
>大学病院での分娩を勧めたところ、
>「大学病院は遠い。交通費がかかる」と妊婦と家族は地元の
>大野病院での分娩を希望した
妊婦死亡で産科医逮捕になって、危険な妊婦には医療界はナーバスになっているのです。

304 :本当にあった怖い名無し:2012/02/03(金) 22:53:16.12 ID:el0oyRaW0
どんどん産婦人科も小児科も減ってるんだよね。
医者の中で、なり手がいないんだってさ。
真剣にアドバイスして訴えられるんじゃあ
誰もやりたくないわな。
小児科は、大人より手間がかかるのに医療点数が低くて
経営が成り立たないと言うし、どっかが狂ってる。

305 :本当にあった怖い名無し:2012/02/04(土) 00:00:28.47 ID:oEcA02pJ0
産んでも育てられないからね、経済的に
すぐ「女性の社会進出ガー」で、働けってことになって保育所作れだの何だの
専業主婦で子供を見ている若いお母さんには何のサポートも無くて
ママ友作ろうだの育児サークルを地域に作ろうだの、寝言しか出てこない
どの母親の立場からしても何かヘンなんだわ。

306 :本当にあった怖い名無し:2012/02/04(土) 05:49:26.71 ID:91Ddoe3UO
すごい

307 :本当にあった怖い名無し:2012/02/04(土) 13:28:08.09 ID:uiLcev06O
ちゃんとやっても失敗することはあるのに、患者は裁判に持って行くからな
医者側の対応に不満があるなら今まで医者側に対する態度を全体で改めるべきだと思うよ
まじめにやって訴えられるなんて堪ったもんじゃない

308 :本当にあった怖い名無し:2012/02/05(日) 00:06:44.15 ID:z0wOHqJx0
野良妊婦扱いは、当然で、むしろ扱った病院の医師連の絶望感と恨み辛みを思うと何ともはやw
逆に、enigmaスレに奇跡が起こったと言う書き込みが有ったんじゃないかと…
断られなかった理由を考えると、後味の悪いスレかも…

ほぼ確実に、胎児は死ぬだろうし、妊婦も死ぬ。
生き残ったキチガイ親と旦那が、下手したら病院が倒産する程の額を毟りに来るんだから
「先生達全員御通夜状態でした。」はお気の毒としか言えない。
>298を見る限り、姑が恐ろしすぎる(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

何のミスが無くても、莫大な慰謝料と、検察の投獄が来るので、今や産科医が日本中から蒸発して、
皮膚科や美容系の医者にジョブチェンジしています。
福島から一瞬だけ千葉でほとぼりを冷まして、現在は仙台に栄転した片岡康夫検事正の功績が大ですw

ドラマじゃ良くある病院行って、赤ちゃん出来たのよ三ヶ月だって♪ じゃ、今は遅くて産院が減っているために
予約で埋まっているので受け付けて貰えない病院が増えています。
命を取り上げる仕事という使命感で踏ん張っている様ですが、間もなくそれも検察と、民事訴訟と地方裁判所の
努力で終わるでしょう。産科医のなり手は絶えて久しく、後に残るのは、婦人科や皮膚科の美容整形医だけ。

そんな中で、それでも産科医をしている医師を、脊髄反射で医師を非難するのは止めてあげて下さい。
今の世の中で、「避けられる」事には、十分以上の理由がきちんとあるんですから。
今の日本で、忌避される集団、団体、民族を思い浮かべてみると判るかと。

309 :本当にあった怖い名無し:2012/02/05(日) 01:29:39.91 ID:Hdf5ejc60
お産っていうのはな、今も昔も命がけなんだよ。
お産に限らず、病気でも、病院に行きさえすれば、全てのケースで絶対に助かる、
うまくいくと信じ込んでいる層がいる。そして、日頃の不摂生ぶりや野良妊婦、
助かる確率の低いケースすら全て医師のせいにする。
層言う連中が一番たちが悪い、って病院の人がいってた。

310 :本当にあった怖い名無し:2012/02/06(月) 07:09:32.16 ID:VbDr/mJi0
もういいよ

311 :本当にあった怖い名無し:2012/02/06(月) 08:01:56.14 ID:whv3280yO
医者や看護士の言い分は正当


312 :本当にあった怖い名無し:2012/02/06(月) 08:20:58.77 ID:/oyZgC5p0
298の医師たちの言が正当とは思えないが・・

313 :本当にあった怖い名無し:2012/02/06(月) 08:28:47.90 ID:ODbjVcfx0
そろそろ該当板でやって。

314 :本当にあった怖い名無し:2012/02/06(月) 16:51:15.84 ID:eM2cBtq90
過剰反応過ぎるね
子供も産めない・結婚も出来ない喪婆ですか?
いい話スレにこんなヒス起こして顔真っ赤にして…痛すぎる
そんなんだから誰にも相手にされないんだよw


315 :本当にあった怖い名無し:2012/02/06(月) 17:40:48.31 ID:hcewYEWJO
妻もいるし、子供も普通にいる
現実見てね

316 :本当にあった怖い名無し:2012/02/06(月) 21:03:51.38 ID:5D6WF4HoO
何よりまずスレチという現実を見るべきだと思うよ。
ここはオカルト板だ。

317 :本当にあった怖い名無し:2012/02/06(月) 23:23:48.59 ID:H2jkbqfJP
>>315>>316
ああ、やっぱりアンタのケータイだった
高齢喪婆乙w

318 :316:2012/02/07(火) 01:59:43.23 ID:QXZCxHjBO
>>317
私は315さんではありませんし、まだ十代です。
せっかくいい話のスレなんですから、あまりピリピリせずにのんびりいきましょうよ。

319 :本当にあった怖い名無し:2012/02/07(火) 06:58:38.83 ID:h9iDdP9C0
いい話には必ずヒス起こす>頭の湧いちゃった人

スレ荒らしばっかり

320 :本当にあった怖い名無し:2012/02/08(水) 03:32:27.41 ID:leUdKWAa0
いるかどうか解らないけど、小さい頃の話をば。
途中に少しだけグロい表現がありますが、いいと言う方は読んでくださると嬉しいです。

小学2・3年生ぐらいの頃の話なんですが、当時私は庭で一人遊びをするのが大好きな子で、空になったプリンの容器に土を詰めて、それを玄関の石段に積み上げたり、地面を掘って虫を探したり、お花の輪っかを作って母親にプレゼントしていたりしていました。
その日も庭の探検をしていたのですが、ふと道路に続く歩道に目を向けると、ちょこんとした小さな物体を見つけました。近付いて見てみると、雀の死骸でした。
見た目には外傷はなく鳥の目も閉じられていたので、それほどの嫌悪感もありませんでした。
わたしはその死骸を拾い上げて生きていないことを確認すると、庭に隣接した畑の奥のほう(石壁で隔てられてあり、そこだけは整備のされていない場所でした)にのぼり、そこに穴を掘って、冷たい雀を埋めてあげました。
そのときは悲しいとかそういう感情はなくて、ああ、埋めてやらなきゃなとぼんやり考えていたと思います。埋め終えたわたしはそれで満足したのか、その後すっぽりと、その雀の死骸のことは忘れていました。


321 :本当にあった怖い名無し:2012/02/08(水) 03:34:39.01 ID:leUdKWAa0
二週間ほどしたあるくもりの日、わたしはいつも通り庭でひとり遊びをしていたのですが、ふと、あの雀のことを思い出し、どうなっているんだろうと、子供ながらの残酷な好奇心が頭を掲げ、雀を埋めた穴を掘り返すことにしました。
今考えるとなんて罰当たりなことをと思いますが、そこらへんはスルーしていただければ幸いです。

そして、雀を埋めたときと同じスコップで、埋めた辺りの場所を思い出しながら掘っていくと、やがて雀らしき感触がスコップに当たって、発見することができました。

今思うと、礼節うんぬんより切実に、掘り返さなければ良かったと思います。

雀の身体は、虫に食われて内蔵がはみ出してぐちゃぐちゃになっていました。
翼は変な形に剥ぎ取られ、だらんと垂れ下がり、片目もなくて、蟻が体の隙間から出てきて・・・わたしは悲鳴をあげて雀を地面に落としてしまいました。
怖くて怖くて、でも次第に、悲しみが襲ってきて、わたしは嗚咽をあげながら、雀の身体にまとわりつく蟻を払い落としました。

出てけ、食うな、食べないで、出てけ!と、雀の体をはたいて蟻を追い出しました。それが終わる頃には、わたしは目が痛くなるぐらい泣いていました。
ごめんね、ごめんねと何を謝っているのか解らないぐらい混乱していて、ただひたすらに雀に謝っていました。

くもり空から雨が降ってきましたが、わたしは構わず石段の上に雀の死骸を置いて、土をかけて弔いました。
地面の中にいると、虫に食べられる。でも埋めてあげなきゃ、と考え、辿りついた答えだった気がします。
わたしは後悔と悲しみでいっぱいになりながら、家の中に戻りました。

322 :本当にあった怖い名無し:2012/02/08(水) 03:36:55.39 ID:leUdKWAa0
雨に打たれた所為だと思いますが、その日から言葉通りに三日三晩、風邪をこじらせてしまい、学校も休んで寝込みました。
熱にうなされながらわたしは、雀が怒ってるんだ、わたしがあんなことしてしまったからと自己嫌悪に陥りました。
わたしは元々身体が弱く、風邪を引いたら一週間休むことも度々あったのですが、今回の風邪は何故か絶対に、雀が自分に怒っているんだと信じていました。

三日目の深夜のことです。わたしは薬が切れ、頭の痛みに目を覚ましました。
起き上がることもできなかったので、目を閉じてまた睡魔が訪れてくれるのをじっと待っていたのですが、頭の痛みが邪魔をして、上手く寝付けませんでした。
親を呼びたい気持ちを堪えていた、そのときです。

額に、何か羽毛のような、柔らかい感触が当たってきました。
わたしは眼を開けて周りを見渡すと、顔の直ぐ横、こめかみあたりに何か小さな黒い物体があることに気付きました。
こんなに近くにいるのに、明確な形は視認できませんでしたが、わたしはその物体が雀のように思えたのです。

その翼のような感触は、何度も何度も額を撫でてくれました。頭の痛みは引きませんが、確かにぬくもりがあるそれに気分が落ち着いていくのを感じ、わたしは涙をこぼしました。

許してくれるの?と心の中で問い掛けると、
ちちっ
と返事をするような鳥のさえずりが聞こえてきました。
それに安堵したわたしは、いつの間にか眠ってしまいました。

翌朝に眼が覚めると、昨日まであんなに酷かった風邪が嘘のように治っていました。
すっきりとした爽快な目覚めに母親さえ驚いていましたが、良かったねと言ってくれました。

わたしは今でも、あの雀が治してくれたのだと信じて疑いません。

子供の頃の不思議な体験でした。長ったらしくなってしまいましたが、こうして書けて満足です。
ありがとうございました。


323 :本当にあった怖い名無し:2012/02/08(水) 09:36:35.76 ID:RSKER2in0
いい話じゃないですか。子供ならではの好奇心から掘り返したんだろうし。
すずめも満足だったんだろうね。

324 :本当にあった怖い名無し:2012/02/08(水) 11:03:20.06 ID:Jk/fNamiO
なでなでする雀萌え。
雀は怒ってなかったんだろうね。

自分も叔母の体験を書いてみる。
叔母が旦那の運転で子供二人と実家に帰る最中、免許取り立ての
若者の車が対抗車線をはみ出し突っ込んできた。
真冬の北海道。
天気は最悪、しかも猛スピードでトラックが前方を走っていた為
舞い上がる雪煙で何も見えず。
相手の車に気がついたのは衝突の直前。
事故の瞬間、叔母は小さな娘を必死で抱き抱え亡き母に救いを求めた。
叔母の脳裏を優しい母親の顔が過る。

気が付くと車はグシャグシャ。木っ端微塵。
フロントガラスに突っ込んだ旦那は顔面骨折。
助手席の長男は左腕骨折。
叔母と末娘はかすり傷一つなかった。
しかし、叔母の周囲にはガラスや金属が散乱、叔母が着ていた
ジャケットの内側は何故か血だらけだった。
救急隊員が、叔母のジャケットを見て重傷者と勘違いしたくらい。
ぶつかられた叔母の家族が誰も亡くなってないのが不思議な程の
大事故で皆奇跡だと感心した。
私にとってはお祖母さんなんだけど、仏壇の写真の笑顔が
仏様のような優しい表情で、娘と孫を守ったんだろうなと
確信している。

325 :本当にあった怖い名無し:2012/02/08(水) 14:24:59.25 ID:TNg7Lqyn0
↑ええはなしやわ〜。

326 :本当にあった怖い名無し:2012/02/09(木) 13:47:19.95 ID:2kcvpL5T0
ナデナデ雀かわゆす
母の愛強し
いい話続きで心が温まりました、ありがとう

だけど、叔母さんのジャケットの内側の血は誰の血だったんだろう
かすり傷一つなかったというのに血だらけって…ちょっと怖い

327 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:10:53.50 ID:vgbMiZYq0
2年前、彼と死別しました。

彼が亡くなる3ヶ月ほど前、デートでの出来事です。
彼は私の膝枕が大好きで、公園のベンチで膝枕をしていたときのこと。

私が「なんか○○ってクマさんみたいだね」って言うと
彼は「そうかな? 生まれ変わったら優しいクマになってお前を癒してやるよ」って
優しい笑みを浮かべて言いました。

彼はその後、病でこの世を去りました。

私は生きる望みを失い、呆然としたまま毎日を過ごしていました。

友人が見かねて気分転換にハイキングに誘いました。
春の日差しが暖かい、近くの山へ行ったときのことです。

久しぶりに自然に触れた私は、友人の優しさを感じて
久しぶりに憂鬱な気持ちを忘れていました。

そんなときです。遊歩道の近くで私たちは1頭のクマに遭遇しました。
そのクマは体長170cmほどで、冬眠を終えたころみたいでした。

友人は恐怖心からそそくさと逃げ出しました。わたしも冬眠明けのクマの
恐ろしさは知っているつもりでした。

私は恐怖のあまり腰を抜かし、その場にへたり込みました。

328 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:18:04.47 ID:vgbMiZYq0
そのクマは、私に近づいたかと思うと、いきなり匍匐前進のように
私の元へやってきました。

「食べられる」と直感しました。

しかし、私の膝のにおいをかぐと、いきなり膝に頭を乗せて甘えだしたのです。
私はあっけにとられました。野生のクマがそんな行動をするなんて・・・
しかも体長170cmといえば立派な大人のクマです。

クマは私の膝で頭をすりつけたり、私に向かって甘えるように手を伸ばします。

いつしか私は涙を流していました。

クマが頭をすりつけたり、手を伸ばす仕草は、まさに彼の動きとそっくりだったのです。
「本当にクマに生まれ変わったの・・・?」と涙ながらに思っていると

クマは私の顔を不思議そうに眺めました。

329 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:22:57.53 ID:vgbMiZYq0
そうしてそのクマは私が流した涙をペロッとひとなめすると

「○○が元気そうでよかった」と言っているように見えました。
それから私にキスをするかのように鼻を近づけ、もう一度私の唇をなめると

森の奥に消えていきました。

友人は「大丈夫だった? 食べられるかと思った」と泣きながら寄り添ってきました。

私はいまだにあのクマが彼の生まれ変わりだと思っています。

乱筆乱文失礼しました。

330 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 21:32:08.26 ID:MPnWUKTdO
>>329
野性動物には寄生虫やらバイ菌がたんまり付いてるから、
とりあえず医者に行って精密検査してきなさい

331 :本当にあった怖い名無し:2012/02/10(金) 23:10:01.18 ID:5sGz6+aH0
>>329
目から汗が出た…。

332 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 10:52:41.43 ID:CfbYvssI0
>>331
このキン肉マンソルジャーめ

333 :本当にあった怖い名無し:2012/02/11(土) 17:59:40.76 ID:QTbZggB10
>>330
熊話もすごいが冷静な忠告もすごいw物知りだねえ


334 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 09:41:33.25 ID:+WeSP6Qk0
いやそれ常識。
特に野鳥には気をつけないと、高病原性(強毒性)鳥インフルエンザに感染する恐れがあるから
野山で野鳥やその糞、死骸など見つけても直接触れちゃダメなんだよ。
(子供に注意を忘れずに)。(もし触れた場合はすぐに手を洗う。)

野鳥の死骸を見つけた場合は、役所の自然環境課などに連絡。
自分で処理しなければならない時は、絶対に、素手で触らずに、
ビニール袋などを用意し、それで包み込むようにし、中に入れる。
その死骸は、燃えるゴミと一緒に出し、焼却処分。

こういうの、動物病院や区役所・保健所なんかでよくポスターになって張り出されてるから。
これから暖かくなってきて、子供連れて郊外へ出かける時には気をつけないといかんのよ。


335 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 10:25:53.27 ID:esPNiEFF0
一昨年あたりだったか、秋田か青森か、あっちの方で
強毒性の鳥インフルエンザが白鳥の死骸から検出されて
一時的に騒ぎになってたことあったね。
あれ以降、日本のあちこちで白鳥や渡り鳥へのエサ撒きで
湖や沼地に白鳥を集めていたのが、とりやめになったんだよな。

336 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 20:20:09.47 ID:s/kSo7HO0
>>327

守護動物の話でも非常に興味深いケースですね。
野生のサルと握手したケースを知っているけどね。
恐怖はなく言葉を超えたコンタクトだったという点ではそっくりです。
バイキンの話は心配しなくていいですよ。
これは違う次元の話ですから。

337 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 21:02:17.16 ID:0PNHPnhkO
>>336
異次元なねはあんたの頭の中だろ!
あんたが病気なのはかまわないが、あんたの無責任な言葉で
彼氏に続いてこの人まで病で苦しんだらどう責任とるんだ?


338 :本当にあった怖い名無し:2012/02/12(日) 21:33:07.76 ID:HnDAZge80
>>334
てことは待てよ
飼猫が野鳥(土鳩とか)を獲って食し、
その口で飼い主の顔なんかぺろぺろしたら・・・

339 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 06:33:24.51 ID:DIjC2gck0
猫を外飼いするのは危険だとだから何度も…

しかし、飼い猫で完全室内飼いの家猫様はともかく
自由に屋外で生活する猫様は鳥どころか虫やネズミを捕獲して食せられる
黴菌のかたまりのようなものを平気で食す
家猫様でもトイレの後は自分でお股の処理をなさる
…それで病気になった猫様っている?
その解毒能力こそオカルト

ぺろぺろなんて怖くないやいw

340 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 15:58:30.63 ID:RWiZD09o0

潔癖症は一生部屋の中に住んでろよ。

オマエの肌にダニが住んでることもショックだろうなwwww

341 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】 【東電 81.5 %】 :2012/02/13(月) 21:44:24.59 ID:qw3kkPpo0
そういや鳥インフルや豚インフルによるパンデミックは拡大しなかったね。
薬屋さんが儲かり、インフルテロリストがデータを得たって事? スレチ?


342 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 21:51:29.00 ID:y0sk9XYKO
>>340
じゃあお前、キタキツネとベロチュウできるのか?

343 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 21:55:42.23 ID:qnNnZT8G0
>>342
エキノコックスがいるからそれは無理。

344 :本当にあった怖い名無し:2012/02/13(月) 22:13:43.06 ID:euVRzY5n0
キタキツネはエキノコックスいても、なんで平気なん?

345 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 06:10:32.68 ID:jeIH41/L0
クマーのいい話?から
ほんとどうでもいい話になってる

346 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 14:55:26.19 ID:wBLuUOWz0

この空気の読まなさは、間違いなくアスぺだな

347 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 17:27:44.36 ID:DcHjReLv0
そんな事より「パンでミックは拡大」が「頭痛が痛い」的な違和感でもにょり。

348 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 17:35:17.97 ID:YPmVg7LW0
人間にも同じようにばい菌が沢山あるのは知らないのかな。
自然界の生き物で清潔なのはいないってことさ。

349 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 17:43:00.01 ID:4Q2VrgFR0
つか正確には「無菌なのはいない」だと思う
菌がいても清潔は清潔

350 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 18:14:15.94 ID:1onws3ph0
>>347
パンでミックに違和感が

351 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 21:39:09.64 ID:uGRnw5vMO
どうでもいい
ほんとにどうでもいい
くだらね〜

352 :本当にあった怖い名無し:2012/02/14(火) 23:02:33.41 ID:Uk40rJQbO
作り話を書いた奴がからかわれているだけ。
本人は気付いてるからここまで反応してない。


と書くと、急に「今まで書き込めませんでした…」とか反応したりしてなw

353 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 16:29:53.05 ID:NDDc0gAw0
横から失礼します。
以前勤めていた、アルバイト先の社員さん(男性)から聞いた話ですが。

その社員さんが小学校低学年のころ、道を自転車で結構なスピードを出して走っていたそうです。
そのとき、目の前に大型のトラックが道を曲がってくるのが見えました。
どう考えても、ブレーキをかけても間に合わない距離。
「危ないっ!」
と思いぎゅっと目を閉じたその瞬間、急に体がふわりと浮き、気がついたら自分は地面の上に立っており、
さっきまで乗っていた自転車はトラックに轢かれ、見るも無残な姿になっていたそうです。
すぐに周りを確認したのですが、誰もいなかったそうです。

私はあまりこういう話は信じない性質なのですが、なんだが不思議で、ちょっとほっこりしたお話でした。

354 :本当にあった怖い名無し:2012/02/23(木) 18:55:02.07 ID:7FA/XaZW0
>>353
へえ不思議だね
誰かが助けてくれたのか、守護霊が助けてくれたのか
それとも自身の危険回避能力が一時的にアップしたのか

子どもって軽くて柔らかいから
大人じゃ死ぬ高さや衝撃でも
結構無事なこと多いって聞いたことある

355 :本当にあった怖い名無し:2012/02/29(水) 14:37:45.82 ID:9XFxLAJkO
親父から聞いた話です。
昔親父が雪深い山の現場でバイトしてた時の事。

妻子をおいて、季節労働に来てる男性がいて、皆から頼られる
リーダーとして、現場を仕切っていました。
ある日、現場に入ったばかりの若造二人が、猛吹雪の中調子コイて
飲みに行ってしまいました。
案の定、いつまで経っても帰ってこない。
一件しかない麓の飲み屋に電話した所、とっくに店を出たと言う。
リーダーは収まらない吹雪の中、若造どもを探しに出掛けました。
作業開始時刻になるまでに戻らなければ、警察に連絡するよう
残った人間に伝えて。

視界0、息が出来ない程の吹雪の中、必死で運転し若造どもの姿を
探すリーダー。
しかし、深い雪に車が埋まり身動きが取れなくなってしまいました。
外に出て必死で脱出を試みるものの、車は全く動かず。
途方にくれていたリーダーの前に大型のトラックが。
古い作業着にスキー帽子をかぶった体格のいい男性が出てくると
一言も喋らずに、あっと言う間に車を引っ張り、轍から救出。
トラックはそのまま、リーダー達の現場がある頂上へと走り去りました。

356 :続き:2012/02/29(水) 14:38:50.78 ID:9XFxLAJkO
そこへ行方不明だった若造どもが現れました。
やはり彼らも大型トラックの男性に、脱輪していた所を助けられたとか。
これは、何としてもお礼を言わなくてはと、揃って男性が向かった筈の
現場に戻りましたが、男性とトラックはどこにもいませんでした。
一本道なのに何故?
麓に戻ったのならすれ違う筈?と訝るリーダーの元に嫁から電話が。
死んだお父さんが貴方の事を心配してる夢を見た。
ニュースでそちらがひどい悪天候だと見て不安になったと。
それを見て端と思い出すリーダー。
義理の父は大型トラックのドライバーで、いつもクタクタの作業着に
娘が高校の時に編んでプレゼントしたスキー帽、無口な人だったと。
工期が終り、久々に家に帰ったリーダーは、義父が大好きだった
煙草とワンカップを持って墓参りに行ったそうです。
奥さんは、お礼にと、新しいスキー帽を編んでお墓に供えたんだとか。


長文失礼しやした。

357 :本当にあった怖い名無し:2012/03/01(木) 00:45:06.22 ID:ciu0TEwR0
>>355-356
久々にいい話をありがd

お義父さん、わざわざあの世からトラックで救出に来てくれたのか。
かっこいいなあ。
飲酒運転の迷惑な若造どもにその後バチは当たらなかったんだろうかw


358 :本当にあった怖い名無し:2012/03/01(木) 17:08:41.81 ID:YsO81yNP0
>>355-356
イイハナシダナー こういう系大好きだ。山は舐めたらあかんよね
>>353を読んで自分の経験を思い出したから、まとめてくる


359 :本当にあった怖い名無し:2012/03/01(木) 17:25:34.70 ID:YsO81yNP0
私は事故に遭う確立が高い。というかほぼ自分のせい
6歳:自転車で急カーブを曲がったら、DQN車が突っ込んできて正面衝突。無傷
7歳:眼を瞑って歩くのが流行っていて、2m下の側溝に落ちる…はずが、奥の畑に着地。無傷
8歳:自転車で坂を下っていて、前の子を追い抜く為に反対車線へ。車が来て正面衝突。かすり傷
13歳:横断歩道を渡っていたら、突っ込んできた軽トラックにひき逃げされる。見事な受身を取ったらしく無傷
16歳:バイクでカーブを曲がりきれずにこける。軽傷
17歳:バイクで対向車線の車がハイビームで眩しくて、左ガードレールに激突…するはずが、偶然そこに農道があって助かる
19歳:歩いていたらT字路から出てきた車に轢かれる。無傷
20歳:バイクで雨でスリップして、交通量の多い国道でこけるが、歩道側に落ちて無傷

車に乗るようになってから、事故に遭うことも無くなった
不思議だったのは7歳のやつ。落ちた時にふわりと身体が持ち上げられる感触があり、
幅1mもある側溝に落ちるはずが、奥の畑にふんわり落とされた
16歳のやつも、ふわりと身体を支えられて助かった

最近私に蛇神が付いていると教えられた。腰に巻きついているらしい
そういえばあのふわりとした感触は、長く太いものだったように思う
こんなそそっかしい女を守ってくれて、蛇神様本当にありがとうございます

360 :本当にあった怖い名無し:2012/03/01(木) 22:39:41.62 ID:tzoWKV/v0
>>356
良い話だなぁ〜。

361 :本当にあった怖い名無し:2012/03/01(木) 23:31:47.13 ID:5ajya7+L0
>>359
女子にしちゃ、すげぇな。
中身は男みたいだな。いや、おまえさん只の男だ…


362 :本当にあった怖い名無し:2012/03/01(木) 23:53:22.32 ID:FyLXT4720
>>359
まあ、ぶっちゃけそれくらいの経験は多くの人がほじくり返せば出てくるよ
運の悪い人が、そのうちのどれかで大怪我したりする

363 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 00:23:20.62 ID:2n9wAx3P0
>>362
> まあ、ぶっちゃけそれくらいの経験は多くの人がほじくり返せば出てくるよ
いやいや、ほじくり返しても出てこないよ…

364 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 05:13:40.97 ID:BJUqclsT0
>>362
普通はこれだけの事故はそうそう経験しないってw
しかもほぼ無傷か軽症とかありえない。
俺なんて、たった2回しか事故ってない(しかもこちらに非は全くなし)のに内1回は1ヶ月以上通院したぞ。


365 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 05:42:39.86 ID:D7D7C38d0
まあ、普通ならこーいう>>359事故のうち3回に1ぺんは致命的大怪我になっとるわな・・・

366 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 08:26:44.48 ID:24hfqjp70
そんな幸運もいつまで続くか分かんねーぞ。それより不注意すぎる。もっと身の回りに注意しろよ。

367 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 09:21:00.61 ID:n56ZF1vq0
読んでみてw
http://look2.jp/r.php?id=tarekomi&no=9098879

368 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 09:31:30.24 ID:eWQo7g/10
>>363
よく読んでみな
三回はバイクでこけたとかだぞ

雪国で車つかってるけど、結構長い距離も乗るから安全運転でも年に一回二回ヤバイって目にはあう
でも、今のところ車はダメになっても幸い怪我はない
車やバイクに頻繁に乗る人は、結構いろんな目に遭うよ


369 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 12:17:41.79 ID:2n9wAx3P0
>>368
俺も免許持ってるから “車やバイクに頻繁に乗る人は、結構いろんな目に遭う“のは理解できるが、正面衝突(チャリ)が二回で車に轢かれる(徒歩)のも二回で共に[無傷]→ ぶっちゃけ“それくらいの経験“は“多くの人が“ほじくり返せば出てくる。とはちょっと…

それとも俺は“箱入り男の子“のマイノリティーなのか?…

スレチを引っ張って申し訳ない (-人-;)


370 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 12:38:06.47 ID:AQsMlPFv0
>>368
自分でも判ってるようだけど自ら事故呼び込んでるよね・・・2、3、5回目なんか明らかに
6、8も単なる技術不足

バイクや自転車は自爆になるけど、車の運転はミスっても
周囲に迷惑がかかるだけで本人は気づきもしないこと多いでしょ

>>359は自分でも不注意でミスが多いとわかってるんなら車の運転もやめるべきだと思う
蛇神様は>>359の身は守ってくれても、あなたの運転ミスの巻き添えで
後ろでこける二輪ライダーの身は守ってくれないでしょ?

371 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 14:06:09.72 ID:h7GHBPmC0
>>370
車運転しない人?
飲酒運転でもない限り、枝がかすった程度でも気付くものだよw

しかしよく生きてたなー。バイク事故は転んだだけでも大怪我するもんだよね

372 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 14:56:08.59 ID:AQsMlPFv0
>>371
しますよ、車も自転車も大好きです
自分の車が当たらなくても、不注意な動きする事で周囲で事故が起こることはありますよね
直後に二輪がいるときに変な動きをすれば、避けようとした二輪だけが転倒することもあります
その場合自損事故に扱われますが、要因になってるのは紛れもない事実です

二輪を抜いた途端、まるでその存在が消えたように急ブレーキ踏んで左折や
まだ並んでるのに幅寄せするドライバーすごく多いです
勿論悪意でやる人もいるけど、本当に悪意なく二輪の存在忘れてやっちゃう人も多いですね
自転車に乗ってる時抜かれたら、相手のミラーで運転手の様子見てるので
悪意かどうかは判ります・・・

373 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 15:00:44.92 ID:AQsMlPFv0
>>369
スレチ返しですみませんが自分も結構色々あったですよ、大人になってからだけでも

歩いてたら突風で上から植木鉢が落ちてきて背中直撃(3週間昏睡、連絡取れず失職)
歩いて横を通り過ぎたばかりの路駐車が突然バックして背中伸された(ひき逃げ、半年療養)
横断歩道で車に足を踏まれた(ひき逃げ、車椅子4ヶ月、杖なしで歩けるまで1年)
自転車で直進中、ずっと右折待ち停車してた車が自分とすれ違う瞬間発進(二年後の今も療養中)
等々、まだまだあるけどほとんど巻き込まれ

道交法に異常に詳しいと良く色んな人から相談を受ける、普段から道の端っこ歩く、
集団で歩いてても後ろから車が来たら一番に気づく、もちろん常に信号厳守、
と「一番事故に遭いそうにない人なのに」と言われてるんですが・・・

ので>>>362さんじゃないけれど>359が特別多いとは思わないんすよね
(確かに歩行中轢かれて軽症はすごいと思いますが)
自分が自転車乗ってて車がこっちに気づかず幅寄せされたり
峠道で対向車がはみ出してきて、避けて路肩へ突っ込む、なんて数え切れないけど
自分で意思を持って避けることができるときは大怪我することは少ないですよ
だけどやっぱりどうしようもないこともあるわけで・・・

>>359は大変羨ましい良い話だと思うけど、色々感じるところあって
>>370を書かせていただきました、皆さんご安全にー・・・スレ違い本当にすみません

374 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 15:43:16.61 ID:8KQzVMTm0
まあ人間「おかげ様で」という言葉の通り、
何某かに様々な危険な場面から加護されてるということはあると思う。
ただ、それを自慢げに他人に吹聴すると一気にご加護が無くなるとも聞いたよ。
気を付けて。
他力本願とまではいかなくても、
人間生きてる以上自分の身は自分で守るのは当たり前なんだからさ。
交通事故は自分が起こすのも他人から巻き込まれるのもどちらもアリで
どちらも非常に危険かつ迷惑なわけだから…
>>359は「私は不死身よ、ハッハッハ」と自分の不注意を棚にあげた勘違いのように見えた。
交通事故で、巻き込まれのもらい事故で身内を亡くした自分としては不快なレスだ。

375 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 15:52:00.03 ID:BJUqclsT0
>>373
普通の人からすれば、十分>>373の体験も異常だから。
そんなにしょっちゅう巻き込まれて怪我するか!
植木鉢とか、下手したらそれで死んでるから。
>>359も凄いけど、>>373もよく今まで生きてるな。

376 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 15:52:51.56 ID:7itPAC52P
>>359に巻き付いてるのは蛇神様なんていいものじゃなく
ただの事故や不運に巻きこむだけの邪霊じゃないのか


377 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 20:41:00.19 ID:17X49k5F0
上には上がいすぎ、ワロタ いや、本人には笑い事じゃないだろうが・・・
>>373をめぐる死神と守護霊の鬩ぎ合いって感じなのか。
まだまだある体験も知りたいもんだ。

378 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 22:26:03.64 ID:a+C6Kwoa0
>>359は「私は不死身よ、ハッハッハ」と自分の不注意を棚にあげた勘違いのように見えた。
交通事故で、巻き込まれのもらい事故で身内を亡くした自分としては不快なレスだ。


ホントだわ。
>>359はカンチガイの目立ちたがり、無神経で注意力散漫過ぎるガサツな女()
ってことでFAだね。

379 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 22:50:27.93 ID:17X49k5F0
>>378
おれも>>359にはあんまりいい感じはしないが・・・

あんたも単なるストレス解消に誰か叩く相手を探して
たまたま見つけたレスの尻馬に乗ってるようにしか見えないよ

380 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:25:48.78 ID:a+C6Kwoa0
>>379
最後の二行が余計過ぎ。同じ鈍感・無神経なモラルの無い人種?

大切な人を巻き込まれ事故で亡くした人の気持ちなんて判んないんだろうね。

381 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:35:53.23 ID:/VhWTWJJ0
>>380
いやなら見なかったことにすればいいだけの話で
このスレ見てる誰かの知りもしない事情を考慮して書くなんて不可能に決まってるでしょう

みんなに「残念だったね、かわいそうに」ってよしよしされなきゃ気が済まないの?
誰が死んでしまっても、自分が生きてるかぎりは自分の足で進んで行かなきゃならないんだよ

382 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:38:53.99 ID:a+C6Kwoa0
>>359の目立ちたがりが自演し始めましたよw
やっぱりキテるね、私には蛇神様がついてるなんて言う位だからwww
気持ち悪!

383 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:59:31.61 ID:YUZbsEqY0
>>381
みんなに「大変だったね、かわいそうに、大丈夫?」と心配されたがってるのは>>359の方だろうよ
それだけならまだしも、蛇神様が〜という時点で
よくある○二病系の「私は霊が見えるの!特別な能力者なの!w」と主張する目立ちたがりの糖質と同類だと思ったよ

普通に身近でこういう話をされたら
ああ、この人のそばにいると事故が多くて危険みたいだからあまり近付かないようにしよう…と思われて
注目されるよりどんどん周りから人が離れていきそうな感じだけど

そのうち本人がそばにいる友達や彼氏、旦那さんや自分の子供を亡くしてから気付くんじゃないの
自分だけ取り残されて生きてたらどう思うんだろうね、こういう人は
やっぱり自分は守ってもらえてる特別な存在なんだと主張するのかねえ

384 :本当にあった怖い名無し:2012/03/02(金) 23:59:33.00 ID:17X49k5F0
本物か
さわらないでおこ

385 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 00:01:58.20 ID:YUZbsEqY0
ヘビ以下の脳味噌と思いました>>359=ID:17X49k5F0


386 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 00:04:21.28 ID:2DGpjwAs0
日付でID変わってるかもしれんから>>384だと名乗っとくが、

>>385
あほか、俺の最初のレス見ろ

387 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 00:08:08.38 ID:nH/hkUPo0
ハイハイ 同じ無神経で粘着質
少なくとも多くの人には不快な書き込みであって全くいい話ではありません
カンチガイの目立ちたがりは放置しておk には同意
だけど、無神経だねw


388 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 02:00:47.30 ID:DAUJherE0
目立ちすぎの勘違いってのは穿ち過ぎた見方だと思うけどな。
なんと言うか、わざと歪曲して物事を捉えてるというか。
>>374の言い分までは理解できるが、>>378>>383はちょっと過剰反応しすぎじゃないか?
>>379の言うように、ただ叩きたいようにしか見えない。
煽ってるように見えて気分悪いよ。

389 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 02:25:54.89 ID:R+JcDYav0
>>359の書き方見てみ
ただのレス乞食だろ
アタシ凄いのよ〜ってかまわれたいだけ、勘違い

>>383は正しい指摘だと思う


390 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 06:25:38.56 ID:G9mPMad1O
ここでいいのかな

391 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 06:29:15.79 ID:ewymRZXq0
自分に神様がついてると公言するのはほとんどが統合失調症
もしくは畜生・動物霊が取り憑いてるか

本物の神様は間違ってもこんなところで公言しません
オカ板住人ならニラニラヲチして流してますよ

392 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 06:31:03.54 ID:G9mPMad1O
携帯からでごめん。

亡くなる前の人、生き霊?みたいなのを見たことある人いる?

自分は、祖父でした。

霊感なんていっさいないから最初見たときは、怖いとゆうより不思議な感覚で。

退院してきた祖父と祖母が居間にいて、祖父に縁側の雨戸閉めてって言われて居間の襖を開けたんだ。


393 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 06:35:33.49 ID:G9mPMad1O
そしたら浴衣を着た祖父が縁側の外(裏庭)にこっちを見て立っていて。

居間から縁側まで10mくらいだし、夕方とはいえ夏だったからはっきりしてて。
数秒見て襖を閉めて後ろを見たら祖父は新聞を見てる。

じぃちゃん、裏庭に居た?って聞いたらココにいたよと。

当時、心臓を患い、歩けなくなっていた祖父に居間から裏庭に行くなんて無理だし、一分くらいの出来事。

394 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 06:40:49.97 ID:G9mPMad1O
浴衣の柄を書いて嘘でしょって問い詰めたが、祖母も?って感じの反応。

半年後に亡くなるんだけど、じぃちゃん二人事件の時は余命半年だったらしく、まだ小5の自分は知らなかった。

ただあれは絶対に祖父だったと思えるのは、病院から帰ってきた祖父は、縁側に居た祖父と同じ柄の浴衣を着ていた。

親戚も誰も信じてくれないし、チキンな自分は怖いの苦手だった。

395 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 06:45:29.11 ID:G9mPMad1O
ただ縁側の祖父は、今でも覚えているくらい穏やかな顔をしていて、全く恐怖を感じなかった。

大好きな祖父が死んで悲しかった。

祖父は子供が八人いて、初めての内孫?が自分ですごく可愛がってくれてたし。

だから、亡くなったじぃちゃんが思い出巡りをしていて、最後に自分に会いに来てくれたのかなと。


そんな体験や心霊体験はその時だけ。


長くなってすみませんでした。

396 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 06:54:15.89 ID:ewymRZXq0
>>392-394
いい話 とはちょっと違うと思うけれど...


>>392
たぶん今学生くらいの若い子でしょ?
これから徐々にどういう意味でそういうものを見たのか判らされて来ると思う


397 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 08:29:24.64 ID:4FLz1ZkPi
>>392
流れを変える投稿乙
解釈はいろいろあると思うけど、出会った本人が嫌な感じしなかったんなら悪くないと思うよ


398 :本当にあった怖い名無し:2012/03/03(土) 10:21:29.67 ID:G9mPMad1O
>>396
ごめんね。あと四年で30です。
ちなみに14年くらい前の話。


>>397
はっきり覚えてる唯一の体験。
怖いより、なぜか不思議な感覚でした。

なんか見守られてるのかなぁって。

399 :本当にあった怖い名無し:2012/03/04(日) 05:59:02.59 ID:+PvWhjPhO
いい話とはちょっと違うけど、最近話題の洗脳に少し絡んだ話。
離婚したうちの父親は、昔、妖しい坊主と組んでカルトをやってた。
うちの姉は子供の頃から勘が鋭く、それに狙いを付けた坊主と父親が
教祖に祭り上げようと画策していた。
幼女がズバズバ言い当てる真実に信者はほとんど洗脳状態。
金庫には札束がぎっしり、坊主と父親、仲間たちは毎晩豪遊。

姉は勘が鋭い割にはボーッとしている子で、自分が利用されて
いる事も気づいていないくらい。言う事を聞かなきゃ殴られるし。

母はオカルトが大の苦手。妖しい宗教で金儲けするのも嫌だし
何より娘が巻き込まれているのが凄く不安で仕方がなかった。
母は何とかしたくて、人伝に妖しい坊主が昔修行したお寺に行き
そこの住職に相談した。住職は昔から地元住民の相談を受けている
善良な人だと聞いたからだ。
住職は母の話を親身になって聞いていたが、妖しい坊主のやってる事を
聞き鬼の形相になったそうだ。そして
『心配いらない。娘さんは大丈夫。旦那とは別れる事になるがね』
と言った。

400 :本当にあった怖い名無し:2012/03/04(日) 06:11:12.55 ID:+PvWhjPhO
それから数週間後、妖しい坊主は突然の発作でこの世を去った。
心臓の血管が破裂したらしい。
そして姉は体調を崩して入院。
宗教の知識などない、父親と手下達だけでは信者を留めておけず
カルトは解体。一気に仲間割れ。
一人が金を持ち逃げし、金のない父親やその手下達は夜逃げした。

姉は入院中、朦朧とした意識の中で住職にお会いしたそうだ。
住職は『辛かったな。◯◯(坊主の名前)はわしが連れていく』と
言われたんだとか。

その後、住職は亡くなられ、縁者がお寺を継いだと風の噂で聞き
母と姉はお礼を兼ねてお寺へお参りに行ったそうだ。
現在姉は普通に働きながら、つぐないを兼ねて無料でいろんな
人からの相談を受けている。
何かの因縁なのか、家族がカルトにハマり困ってる人からの
相談も多いそうだ。

401 :本当にあった怖い名無し:2012/03/04(日) 06:21:30.82 ID:R17Z9k0p0
で、弟であるあなたは?

402 :本当にあった怖い名無し:2012/03/04(日) 06:23:41.03 ID:R17Z9k0p0
で、弟か妹であるあなたは?に訂正。

403 :本当にあった怖い名無し:2012/03/04(日) 09:15:01.53 ID:T7UeGbmV0
>>402
弟ないしは妹である書き手に何を求める事があるんだ?

404 :本当にあった怖い名無し:2012/03/04(日) 18:31:19.58 ID:+PvWhjPhO
私は妹だよ。
私自身は恐い話大好きだけど、霊感とか全然ない。
カルトの話も私が1、2歳の頃の話だからサッパリ知らなくて
中学生くらいの時に、酔った親戚からポロッと聞いたのが初。
姉が色んな相談を受けているのも分からなくて、友達多いんだとか
割と美人だから、やたらモテるなーとか思ってたくらいだしw

母は今もお寺の住職さんに感謝してて、毎年お寺にご挨拶に行ってる。
あと、妖しい坊主はすごいデブだったらしい。
中島さん洗脳した占い師とか、女優さんと結婚した宗教家とか
織田無道とか朝原とか江原とか、やっぱデブの自称宗教家や
霊能者には近付かない方がいいのかもと思った。

405 :本当にあった怖い名無し:2012/03/05(月) 00:37:52.66 ID:9cfSpyYcP
煩悩と欲が人間を太らせるわけだから

人間の体というのは魂の器だから、その自己管理を怠って太ったり
酒煙草に浸って健康を害するような人間は魂が汚れてるとも言えるわけで

メタボになったら降格かクビという会社もある現代、
デブは宗教家に限らずダメ人間の象徴とされるのも理にかなった話
みんな、贅肉落とすんだ!(`・ω・´)

406 :本当にあった怖い名無し:2012/03/06(火) 00:29:06.28 ID:TH2+9Uuw0
煩悩=飢餓感 だもんね
欲深い人間はデブ
木嶋佳苗もデブだもんね

407 :本当にあった怖い名無し:2012/03/06(火) 06:33:47.11 ID:H3W/YIQ20
霊的な話じゃないけど私も便乗して坊さんの投下してみる。
坊さんって言っても祖父の話なんだけども。

10年前に亡くなった父方の祖父さんは70年以上僧職に就きながらも
一度たりとも霊を見たことのない0感者。
だから霊の存在はまったく信じてなかった。
葬式でお経をあげるのは故人じゃなくご遺族を慰めるためのものだって言ってたぐらい。

で、次男坊である私の父は寺を継がず人形店に就職した。
その人形店で人形供養サービスを始めた。
人形店も当時は人形供養サービスをしているお店なんてあまりなかったし
社員の身内がお寺さんならちょうどいいんじゃないか?という軽い気持ちで始めたんだけど
思いの外利用するお客様がいらっしゃった。

人形供養サービスが軌道に乗った頃、いつも通り人形を燃やしていたら
祖父が突然「あそこに観音さまがおらっせる」って煙を指さし言った。
その時、人形供養に立ち会っていたのはお経を読んでいた長男と私の父。
父と叔父は最初は「とうとうボケたか」と思って聞き流していたけど
あまりにも祖父がしつこく言うので、持っていたカメラで指さす方向を撮影した。
(ちなみに父がカメラを持っていたのは、上司命令で宣材用の写真を撮るためだったらしい)

ここまで書けば察している人もいるだろうけど、現像したら観音様が写ってたわけだ。
父は「煤かなんかだと思うけどね」って言っていたけれど、そのわりにはハッキリ観音様のお姿が判る。
どれぐらいハッキリしているかというと、しばらくして地元の新聞に写真が載ったぐらいw

だからといって、その後特段いいことも悪いことも起きてないんだけどね。
せいぜい祖父が亡くなる時、文字通り眠るように事切れたぐらい。

408 :本当にあった怖い名無し:2012/03/06(火) 10:00:17.08 ID:xJIRBdRc0
>>407
霊が見えるのは波長が低いほうに合う人。
観音様が見えるなら、高いほうにあっているんじゃないかな。
霊が見え無い坊さんは意外といるし、そういうひとでもお払いは出来る。
徳が高いってやつかもしれないね。

409 :本当にあった怖い名無し:2012/03/06(火) 16:59:51.58 ID:ZrjPYz2c0
>>408
意外といるって、普通は見えないよ
坊さんをなんだと思ってんだ

410 :本当にあった怖い名無し:2012/03/06(火) 23:06:49.70 ID:H3W/YIQ20
407だけど409が言ってるとおり、普通の坊さんは見えないと思うぞ。
寺を継いでる叔父も、祖父の弟子の大半も見えない人。
坊さんだって普通の人間だからね。
祖父もプライベートでは「健康にいいから」とか言って
猫と一緒にマタタビを食べるただの健康マニアのじいちゃんだった。

ただ祖父が住職だった時代、檀家さんの家で葬式がある前日、
真夜中の誰も居ない廊下から軋む音が聞こえてきてた。
代替わりしたらピタリと止んだから、徳みたいなのはあるのかもね。

411 :本当にあった怖い名無し:2012/03/08(木) 09:11:07.49 ID:AR7VowXI0
>>348
僧侶=霊能者
って、漫画の読み過ぎ・2chのしすぎ

412 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 00:10:40.91 ID:jAOe0bpy0
今時の坊さんは生臭坊主が多いからなあ
葬儀や法要、仏教知識についてはプロだとしても
意外と霊能者というものは普通の一般人の方に多い気がする
…あまりいい話じゃないなスマソ

413 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 01:06:28.41 ID:GPJPlLZ40
>>412
そういうこっちゃなくて、
僧侶の修行ってのは、霊能者になるための修行ではない
そもそもが畑違いなんだよ
生臭坊主でも、霊感ある人はいるだろうし、きちんと修行を積んだ僧侶が霊能があるかっていうと、それは違う

414 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 01:37:56.79 ID:n3DP5F5L0
僧侶ってただの職業だからね
言い方はよくないけどただの自営業者だから

415 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 03:18:16.14 ID:jAOe0bpy0
…霊が見えない僧侶にお化けは供養できるのだろうか?

/△ヽ
 ( ^ω^)
  (∪ ∪
   )_ノ


416 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 10:58:38.67 ID:acHpWZS10
>>415
お化けを祓う事が仕事じゃないから
亡者化したお母さんを霊能力で成仏させることが出来なかった目蓮に対して、釈迦は法で供養しなさいと言ったわけだし

417 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 13:24:06.46 ID:jAOe0bpy0
目目連が!?と思ってビックラしたw

418 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 13:28:25.04 ID:jAOe0bpy0
_||__| | |(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||
   _||__| | |(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||
   _||__| | |(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)|| 目目れーん
   _||__| | |(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||
   _||__| | |(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||
   _||__| | |(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||
   _||__| | |(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||
   _||__| | |(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||(・∀・)||
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                    ∧_∧      \
                   (lll@д@) ひぃぃぃ
                   (  つ  つ
                   )  )ノ
                  (__)J


419 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 14:13:31.98 ID:eXGGOdE40
目目連って口あったっけ?

420 :本当にあった怖い名無し:2012/03/09(金) 23:09:18.40 ID:jAOe0bpy0
ねっすw

421 :本当にあった怖い名無し:2012/03/11(日) 00:34:26.17 ID:0hfU388a0
>415
目標なんて視認出来きなくたって、この辺だと思った所に燃料気化爆弾落とせば、
周囲数キロの生きとし生けるものは疎か、地形だって変えられるんだぜ。
艦砲射撃だって、距離と方位を合わせたら、あとはバラ撒いて直撃するのを待つだけ。
見えなくたって、辺り一面、ごっそり削れば問題ないじゃない?


422 :本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 00:39:28.33 ID:M2R2IGa10
>>415 >>421
なんか、夏目友人帳の田沼のお父さん思い出したw
まさにそのタイプの人だったはず。
実際のところはどうなんだろうね?
守りが強力だから零感って人もいるようだから有り得そうな気もする。

423 :本当にあった怖い名無し:2012/03/12(月) 22:55:02.91 ID:JoyRZO7A0
>>421
何気なくファブリーズしたら(見えてないけど)祓っちゃった、みたいなのはあると思う

424 :本当にあった怖い名無し:2012/03/13(火) 05:57:57.76 ID:8HAyQ8570
坊さんファブリーズ以下なのか
安いな

  /△ヽ
 ( ^ω^)
  (∪ ∪
   )_ノ



425 :本当にあった怖い名無し:2012/03/13(火) 09:12:10.46 ID:fqXSPOvl0
ただ、ファブリーズでは葬式あげられないけどな

426 :本当にあった怖い名無し:2012/03/13(火) 12:35:18.65 ID:+Zwp1m+j0
引導も渡してくれないな

うちの菩提寺の住職さん、人柄がよくてよかったよ。

427 :本当にあった怖い名無し:2012/03/14(水) 06:32:08.96 ID:uL2qhWX20
保守

428 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/03/14(水) 22:02:36.24 ID:vTAoSnh40
あまり書き込んだことないから、読みづらいかも。

先週の土曜日、旦那の実家で桃の節句をした。
義父母だけじゃなく、娘にとっての叔父や曽祖父、大叔父も来てくれた。
娘はかなり人見知りが強く、大叔父も慣れるまで半年近くかかった。
曽祖父は滅多に会うことがなく、子供が生まれてから顔を合わせたのは3回目か4回目。ちなみに娘は今2歳8ヶ月。
絶対泣くだろうな、人見知り全開になるよなあ、と皆思っていたと思う。

でも、娘は泣かなかった。それどころか自ら「こんばんは」と曽祖父に挨拶をして、お辞儀までしたww
曽祖父が座ると、隣に行って「おひなさま、ぼうし取れちゃったの(左大臣の烏帽子がどうしてもうまくかぶせられなかった)」
とその日あったことを話し、ひな祭りの歌まで歌い、挙句の果てに曽祖父と一緒に夕飯まで食べた。
娘の人見知りは全員知っているので、「ちょwwwなんでじいちゃんだけwwww」と和気藹々とその日は終わった。


429 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/03/14(水) 22:04:16.12 ID:vTAoSnh40
翌日、娘に曽祖父と仲良くできてよかったね。楽しかったね。と言うと、娘は元気よく「うん!」と答えた。
変な訊き方だけど、「どうして大きいじじ(曽祖父)と仲良くできたの?」と訊くと、娘はつたないながらもこう答えた。

「あのね、なむなむさんのとこにね、大きいばばいた」
「○○(娘)のとこに、すーっと来たの」
「にこっと笑ってね、『うふふ』って言ったの」
「『仲良くしてね』って、言った」

義母が「亡くなった曾祖母に見てもらいたい」と言ったので、ひな壇は仏間に設置していた。
すぐそばに仏壇があり、その真上に遺影がある。
桃の節句だし、旦那(曽祖父)も久々に来たし、遊びに来たのかもね、と旦那や義父母と話した。

娘には霊感とまではいかないけど、たまに??なことを言うことがあるので、何か大人には見えないものが見えてるのかも、と思っている。

430 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2012/03/14(水) 22:05:02.86 ID:vTAoSnh40
先週じゃなかった、先々週だった。間違えたー

431 :本当にあった怖い名無し:2012/03/14(水) 23:17:57.86 ID:Wi9S6JzN0
前、実家で飼っていた犬が、犬の命日の日に夢に出てきてくれたこと。
柴犬飼ってたんだけど、夢に出てきたのはなぜかビーグル犬w
でも直感で
「あ!タロー(犬の名前)だ!」ってわかって嬉しかった。
かわいかったーまた会いたいなあ〜。

432 :本当にあった怖い名無し:2012/03/15(木) 00:42:12.29 ID:Pn4WY+2U0
>>428
なんか可愛い、優しいほっこりするお話ですね。
親族みんな仲良さそう。(見えない人も含めて)
お嬢様のご多幸をお祈りします。

>>431
近々、ビーグルになって生まれ変わってくるのかも。
いいなあ。うちの子はまだ夢にも出てきてくれないや。

433 :本当にあった怖い名無し:2012/03/15(木) 01:10:09.30 ID:f0WsFAehO
スレチだったらごめん。

祖父が亡くなった。
最後は酸素や点滴、機械が繋がっているような状態。
寝たきりのような状態だったけれど、まだ手は少し動かせた(握り返したり痛いところを指さしたり)
亡くなった日。
日中、手を真上にのばして、もうほとんど喋れないのに『あっ…あっ…』と言っていたそうだ。
そして容態は急変し逝ってしまった。


434 :433:2012/03/15(木) 01:12:54.51 ID:f0WsFAehO
本文長すぎた。続き。

その事を他の人に話していたら言われた。
それはお迎えの人が見えているのだそうだ。
亡くなった祖父の母(ひいばあちゃん)も亡くなる前、同じように手を真上にのばし、
『あら、○○さん。お久しぶり。××さんもいるじゃない。』
など言っていたらしい。
そこで言っていたのは全てもう亡くなっていた人の名前。


435 :433:2012/03/15(木) 01:16:11.99 ID:f0WsFAehO
最後。

不思議な話で本当かは分からないけど、誰か来ていたのなら、祖父は寂しくなく逝けたのかな。
じいちゃんが寂しくなかったなら、霊の存在なんていくらでも信じるよ。
と思った孫でした。
書き捨てでごめん。

436 :本当にあった怖い名無し:2012/03/15(木) 02:01:21.42 ID:jweC0+so0
>>435
祖父想いのあなたが居たのだから寂しいことはありませんよ。

437 :本当にあった怖い名無し:2012/03/15(木) 05:21:56.18 ID:Pn4WY+2U0
>>433>>436にほっこりさせていただきました。

この頃は辛いニュースや2ちゃんの中でも痛い書き込みが多い中、
今日はいい話が聞けました(読めました)。
ありがとう。
優しい人たちみんなにいい朝が訪れますように。

438 :本当にあった怖い名無し:2012/03/15(木) 14:47:00.08 ID:q+PCxHoNO
亡くなる前に幻覚が見えただけ

439 :本当にあった怖い名無し:2012/03/15(木) 17:00:21.38 ID:Ksqt8s7A0
 私が生まれる前に亡くなった祖父も、亡くなる前に
12使徒の聖人が夢に出てきたと言って
3日後に亡くなった
 最近、亡くなった知り合いも「夢にマリア様が現れた」
と家族に怯えながら話した数日後に亡くなった
マリア様の絵をよく描く人だった
 この2件で、キリスト教系は上の人の迎えが来るんだなーと思った
 うちは仏教系だけど、父が亡くなった時は死んだ祖母か誰かが
やっぱり数日前の夢に出たけど、
病気でぼけていたので、家族間では珍しいこと言ってると
しか思わなかった記憶が

440 :本当にあった怖い名無し:2012/03/15(木) 20:30:05.96 ID:sEcpwS280
>>439
そりゃ、日頃から接してる思想が映像として現れるのは当然だろ
キリスト教に転生の概念はないし、主の力によって天に召されるんだろうから


441 :本当にあった怖い名無し:2012/03/16(金) 00:33:41.67 ID:2/8Azgwv0
つまり、その瞬間まで真摯な信者、つーこったね・・・

442 :本当にあった怖い名無し:2012/03/21(水) 16:35:59.17 ID:wDFdSWKsO
>>410
そういえば狩野英孝も坊さんになれたしな。

443 :本当にあった怖い名無し:2012/03/23(金) 00:58:45.25 ID:hmDBnYfG0
>>442
神主じゃなかったっけ?

444 :本当にあった怖い名無し:2012/03/23(金) 22:36:10.42 ID:efYkXdp90
このスレ好きなんだ。
突っ込みどころのある話とか、議論したくなる気持ちも分かるけど、
そういうのは別スレでやってほしいと思う。

現行スレでいうと、結婚式に来た前彼の話、ウサギに助けられた話、
スズメの翼に額撫でられて風邪が直った話。

この3つが特に好きだ。

445 :本当にあった怖い名無し:2012/03/24(土) 08:21:09.18 ID:7krZxHVgO
あなたの好みなぞ誰も興味ないので、そういうのは別スレ、いや、むしろチラシの裏でやってもらいたい。

446 :本当にあった怖い名無し:2012/03/26(月) 16:55:16.92 ID:pmLnaJdz0
OMAEMONA

447 :本当にあった怖い名無し:2012/03/28(水) 12:53:33.30 ID:x2jYv8qP0
>>445
.          ____
  .ni 7      /ノ   ヽ\   壁に向かってしゃべってろゴミ
l^l | | l ,/)   / /゚ヽ  /゚ヾ\      .n
', U ! レ' / /   ⌒   ⌒  \   l^l.| | /)
/    〈 |  (____人__)  |   | U レ'//)
     ヽ\    |lr┬-l|   /  ノ    /
 /´ ̄ ̄ノ    ゙=ニ二"   \rニ     |

448 :本当にあった怖い名無し:2012/04/01(日) 19:15:53.39 ID:IVe3qCDq0


449 :本当にあった怖い名無し:2012/04/02(月) 21:27:07.10 ID:8zeuAHlJ0
桜がキレイな季節になりましたね。
この時期になると、大学の入学式の日のことを思い出します。
私は進学校から、そこそこの地方国立大学に入学しました。
憧れのキャンパスライフ。期待が膨らみます。
朝、一人暮らしするために借りたアパートから出て、大学へと向かいました。
大学までは歩いて五分ほどの距離です。
その道の途中に、大きな交差点がありました。
歩行者信号が赤だったので、私はとりあえず青になるのを待っていました。
向いの歩行者道路には、老人夫婦が信号をまっているのが見えてました。
その老人夫婦、なんだか見覚えがあります。
二人ともキレイな白髪です。
おじいさんは、その髪を後ろで短く結び、白い立派な髭を生やしていました。
おばあさんは、年のわりににはキレイな髪をさげ、ロングヘヤーにしています。
しかし、思い出すことができません。
遠い、遠い記憶の中に沈んでいる・・・。

450 :本当にあった怖い名無し:2012/04/02(月) 21:27:39.85 ID:8zeuAHlJ0
信号が青になりました。
横断歩道から足を進めます。
すると、その老夫婦がすれ違いざま、二人とも私のほうを向いて
「まさみ」
と呟きました。二人とも同じ声で。
しかも、聞き覚えのある声です。
わたしは二人のほうを振り返りましたが、そこにはもう誰もいません。
しかし恐怖は感じません。
あの声は、幼少のときに死んだおばあちゃんの声でした。


451 :本当にあった怖い名無し:2012/04/02(月) 21:28:12.95 ID:8zeuAHlJ0
おばあちゃんの趣味は、人形を集めることでした。
西洋の人形から、日本人形まで、さまざまな人形がおばあちゃんの部屋に飾られていました。
その中で、不気味な人形がありました。
熊手をもった、キレイな装束をきた、おじいさんとおばあさんの人形です。
しかも、顔のつくりが奇妙でした。
顔面がお面のようになっていました。
お面の表情は笑っていますが、まるで般若の面のような禍々しさがあります。
私はその人形が嫌いでした。
おばあちゃんにこのことを話すと、
「こう見えて、この二人はまさみを守ってくれるのよ。」
と言いました。
今までのイメージが一転して、なんだかこの二つの人形が一生私の味方であるような気がして、心強く感じました。


452 :本当にあった怖い名無し:2012/04/02(月) 21:28:36.10 ID:8zeuAHlJ0
おばあちゃんが生きている間は、おばあちゃんの部屋は私にとって楽しい遊び場でした。
しかし、おばあちゃんが死んでからは、不気味な雰囲気が漂いはじめました。
見かねた私の母は、その人形たちを供養寺にあずけてしまいました。

あの時、おばあちゃんは人形の体を借りて、私に会いにきてくれたのでしょう。
おばあちゃんが今でも見てくれている。
そう思って、いままで頑張ることができました。
ありがとう、おばあちゃん

453 :本当にあった怖い名無し:2012/04/02(月) 22:18:24.09 ID:ZfpgD/MY0
>>451
「不気味な人形て、おそらく縁起物の高砂の人形でしょう

454 :本当にあった怖い名無し:2012/04/02(月) 23:19:29.91 ID:8zeuAHlJ0
>>453
調べてみました。多分そうです。

455 :本当にあった怖い名無し:2012/04/04(水) 00:01:35.51 ID:o7X+lT0V0
>>449
素敵なお話ですね。
ご年配の男性で、髪を後ろで結ばれている方って今は少ないような
気もします(比較的若い世代では時々見かけますけど)が、人形の方の
おじいさんと髪型が同じだったと言う事でしょうか。もしそうなら、
人形のおじいさんはあなたに会いに来られたおばあさんをエスコート
していらしたんですね。
あるいはもし、あなたが今もその地方都市にお住まいなら、また偶然
にそのお二人とお会いできる機会もあるかもしれないですけど、きっと
その時は気配が変わっているんだろうな。

今後もずーっと守ってくださるといいですね。
関係ないけど、文章がきれい。文系の方なのかな・・・。


456 :本当にあった怖い名無し:2012/04/04(水) 00:21:38.43 ID:ZR3e6znN0


457 :本当にあった怖い名無し:2012/04/10(火) 10:06:59.07 ID:IW1ZKEPQ0
今月姉が台湾に旅行したときの話。
うちのじいちゃんは台湾で終戦を迎えたんだけど、台湾では嫌な思いはしなかったって
生前語ってたのを思い出してじいちゃんも連れて行こうって姉が写真を持っていった。
姉はもともとオカルト好きな所があり、陰陽師の先生に作ってもらった数珠も持っていっていた。
台湾に着くと数珠をつけるのを忘れて観光していた。しばらくして姉は数珠を慌てて付けた。
すると探していた店や食べ物などがスムーズに見つかったり、食べれたり。
観光途中デジカメのメモリーカードがいっぱいになってしまったがすぐ近くにフジフィルムの
取り扱い店があって助かったこと。
など偶然だけどタイミングのいいことがあったそうだ。
そして台湾から帰るとき「ありがとう!ありがとう!」とどこからかじいちゃんの声が聞こえたそうだ。
全部気のせいかもしれないけどじいちゃんも旅行を楽しんだのかもって思えた。


458 :本当にあった怖い名無し:2012/04/10(火) 17:26:24.75 ID:JuDDPvon0
>>457
なんか、霊感商法に引っ掛かり易いタチみたいだな

459 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 02:13:01.16 ID:9AX5w/EK0
>>457
いい話だ。
じいちゃん思いの姉さんだねえ。

>>458
ホント興ざめなヤな奴。お前といるとしらけるわ!って嫌われてるだろw

じいちゃんのご加護があるだろうから、姉さんが霊感商法に引っかかることはきっとないんじゃないか。

460 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 18:33:42.67 ID:cltUJiiR0
>>459
>陰陽師の先生に作ってもらった数珠

すでに引っかかってる件

461 :本当にあった怖い名無し:2012/04/11(水) 21:28:25.21 ID:FpLTdc/R0
だよなぁw

462 :本当にあった怖い名無し:2012/04/12(木) 00:59:05.68 ID:LvG5nWvoO
興ざめとか言ってる段階で面白半分に過ぎないって自白してるしなぁ…

463 :本当にあった怖い名無し:2012/04/12(木) 07:47:09.12 ID:1WT98q740
ノノノノノ   /
( ○○)  ミンナ、ナカヨクナ-レ
  (||||)  \




464 :本当にあった怖い名無し:2012/04/14(土) 12:18:09.25 ID:XTO7ZeYD0
韓国やら中国なら陰陽師なんてどうなのよと思うが、台湾なら許す。

465 :本当にあった怖い名無し:2012/04/14(土) 14:41:47.30 ID:6a9yjZis0
>>463
神様お久しぶりですwww

466 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 19:49:42.25 ID:qwMoeG0E0
俺の実家の近所に「指きり地蔵様」と呼ばれてる地蔵がある。
指の部分がちょうど指きりできるみたいに変に曲がってるから「指きり地蔵様」。
小さい頃、その地蔵様と指きりをしたことがある。近所の婆様方には止められてたけどね。
どうしてもやりたかったんだ。
で、指きりした後も何にも起こんなかったから「なんだつまんね」と思ってそのまま帰った

467 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 19:54:58.27 ID:qwMoeG0E0
そんなこともすっかり忘れた頃、右手の小指に小さな切り傷ができた。
まあその頃はやんちゃなガキだったし、またどっかで切ったんだろと思って放置してた。
そしたら次の日も小指に切り傷ができていた。それから毎日一つずつ、切り傷は増えていった。
ついには小指だけが切り傷だらけになってどうしたもんかと思った。
不思議と痛みはなかったんだよね。

468 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 20:00:04.58 ID:qwMoeG0E0
そこでふと指きり地蔵様のことを思い出した。あ、指きりしたのは右手の小指だったなって。
急いで指きり地蔵様のところへ行ってみた。そしたらね、指きり地蔵様の前にある台
(よくお供え物とかが置いてある)の上にタバコが数本落ちてた。そこで分かったよ。
指きり地蔵様は助けを求めてたんだなって。このタバコが邪魔だからどけてくれって。


469 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 20:06:12.22 ID:qwMoeG0E0
どうやら俺はあの時「指きり地蔵様を守る」と約束してしまったらしい。
それから指きり地蔵様に何かあるたびに俺の小指に切り傷ができるようになった。
もうかなり前の話で俺も実家を離れちゃってて今まで忘れてたんだけど
最近久々に切り傷ができたんではっと思いだした。ちなみに先週実家に帰って見てみたら
顔にクモの巣張ってたんで取ってきた。

470 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 20:11:26.02 ID:qwMoeG0E0
俺は今大学生だが、就職して金稼いだらあの指きり地蔵様のところに小さな
祠でも建てようと思う。ずっと雨風にさらしっぱなしなんだ。あそこ。
毎回呼びだされてもめんどくさいしな。それに約束も最後まで守り通したいし。
今度また掃除でもしに実家に戻る。
長文失礼しました。

471 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 21:54:10.23 ID:yHQIMJDhP
…不思議スレ向き?

いやたしかに466はちょっといい人だと思いますが

472 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 23:04:47.10 ID:po9Kfug70
>>470
良い話だね。
そういう善行をすれば、かさこ地蔵のように、
本当に困ったときに助けてもらえるかも?

473 :本当にあった怖い名無し:2012/04/25(水) 23:13:41.14 ID:qMY+of520
怨霊に館に招待された

何人かやられる

メガネのやろうがやられる

残った人脱出を試みる(二人)

片方取り残された

メガネのやろうが幽霊になってでてきて開けてくれる

脱出成功

こんなホラー映画に感動した

474 :本当にあった怖い名無し:2012/05/11(金) 08:09:00.16 ID:j+uxVeES0
>>470
いい話、ありがと。

若いのに感心。
お地蔵様、すごく喜んでるだろうね。


475 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 22:48:28.38 ID:j3ZfLDFE0
妹が体験したマジな話。
うちの祖父は去年の一月に亡くなった。
それから二カ月後の、三月十一日。
うちの妹は友達3人と松島に旅行に行った。
電車に乗って帰ろうとしてるときに、激しい揺れが襲った。
ガガガッ!って音立てながら多賀城駅に到着。
電車動かないから、タクシーで仙台まで向かうつもりだったんだけど、
タクシーも動かない。
そのうち津波が押し寄せてきて、タクシーがパワーウィンドウじゃなく、
手動式の窓だったから、窓から脱出。
流された場所が建物が袋小路になった場所だったから、
洗濯機みたいにグルグル回り続け、その後、工場の二階に避難してた人たちから救助された。
工場のおばちゃんたちは優しくって、体拭いてくれたり、
服脱いで着せてくれたりしたとか。
で、工場の人たちに保護されたときに、妹の背中を誰かがツンって突っついたらしい。
振りかえっても誰もいない。
誰かが突っついたなら、うしろに人がいるはずだし、
いくら足が早い人でも気付くはず。
でも、誰もいなかったんだって。
その時に妹は何となく「じいさん???」と思ったらしい。
翌日、うちの母と妹の友達の保護者達が、仙台に向かった。
母は避難所しらみつぶしにしないといけないのかとか、
無事だったとしても、そのまま連れて帰れるのかとか色々心配してたんだけど、
母親たちがバス降りた向こう側から、とぼとぼ歩く4人組み発見。
パワーウィンドウじゃなかったこととか、流された場所が袋小路だったり、
近くに工場(一階が天井高くて、二階が休憩所)あったり、
翌日すぐに母親に会えたり、偶然重なりすぎ。
で、4人のうち3人が同い年だったんだけど、
妹の友達が本屋で占いの本?見たら、3人揃って凶方角に行ってたそうだ。
突っついたのが祖父だったのか、誰なのかは不明なんだけど、
祖父さんか守護霊か誰か分からないけど、誰か見守ってたんじゃねぇの?
って思ってる。

476 :本当にあった怖い名無し:2012/05/17(木) 22:50:42.04 ID:j3ZfLDFE0
あ。書き込んでるとき気付かなかったけど、長文だった。
読みづらくてごめん。
分ければよかった。

477 :sage:2012/05/17(木) 23:56:58.91 ID:kPG6xjEG0
>>475
妹さんは大変な災難だったね。でも無事で良かった。
人知を越えた何かがあるかもね。

478 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 05:49:31.42 ID:Z9LHyoA20
いい話だけど結局生きるも死ぬも自分の努力ではなく神様まかせということでしょうか

479 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 10:21:16.23 ID:wCO7Zifh0
絶対、祖父さん。
このカシオミニを賭けても良い。

480 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 18:27:58.45 ID:cXwl3lhW0
皆死にたい人はいなかったはず。
そう思うとさ、ねえ。運命って、過酷だよな。

481 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 20:44:45.84 ID:Bfddn2I/0
>>479
ジェイムス君、乙。

482 :本当にあった怖い名無し:2012/05/18(金) 21:21:33.50 ID:1bK0sDYQ0
>>480
だよね。いくら抵抗できない天災によるものだったとは言え、
元気にピンピンに生きてた人達が一斉に大勢氏ぬ羽目になるなんて、あんまりだ。
生き残った自分らはその人方の為にもいい生き方をしなきゃいけないと心から思う。

亡くなった方々のご冥福をお祈りします(:人;)

483 :475:2012/05/18(金) 21:48:13.30 ID:hmCFRoOe0
偶然重なりすぎ。
「お前よく生きてたな」って言ったら、自分でもそう思うって言ってた。
生きるか死ぬかは努力は関係ないでしょうねぇ。
運命なんだろうなぁと思う。
祖父さん近くで見ててハラハラしただろうな。

聞いてて怖かったのは、工場で保護されたときに、
窓の外から助けてー!!って声が聞こえてたらしい。
どんどん声が小さくなって、翌朝には聞こえなくなってたんだって。
妹は自分のことで一杯一杯。
低体温症になってガタガタ震えてたから何も出来なかったそうだ。

484 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 08:03:52.71 ID:4UjnvqZx0
>>481
鳥坂先輩、乙。

>>483
津波の恐怖もだろうけど、助けられなかったって
思いのほうが引きずりそうだよね。

妹さんが、良い意味で早く忘れて、青春を謳歌出来ます様に。

485 :本当にあった怖い名無し:2012/05/19(土) 08:07:09.43 ID:4UjnvqZx0
あ、間違えた。

>>479
鳥坂先輩、乙。

おっさんでごめん。

486 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 21:02:29.89 ID:azKnleoi0
事故で死んだりするとその場所で地縛霊になってしまう霊が多いが、うちの市には
「もう二度と私のような死に方をする人が出ませんように」と願い、事故を防ぐ
ためにそこにとどまってる霊がいる、と言われている橋がある。

そこで亡くなったのは20歳の女の子。
車を運転してて、スリップして欄干にぶつかったかなんかで亡くなったらしい。

本当に優しすぎるくらい優しい子だったんだな…と。

487 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 22:10:49.69 ID:4O1jeIJh0
>>486
その無くなった女の子の目撃談とかあるの?
悲しいけど良い話だね

488 :本当にあった怖い名無し:2012/05/20(日) 22:14:34.97 ID:Ql2PcDpt0
>>486
事故起きなくなってんの?

留まり続けたために悪霊化した……みたいなオカ話あるけど、大丈夫なのかね

489 :本当にあった怖い名無し:2012/05/25(金) 10:22:53.94 ID:qQe5OIrC0
休憩なしの15時間労働×6日間で上司からは怒鳴られまくる
同期いない(勤務する県に)、友達いない(勤務する県n)、家族いない(勤務s)、恋人いない(いない歴=年齢)、仕事以外でほぼ口開かない=愚痴も言えない
で、その6日間目に上上上司から絶望的に怒られしにたいと思った
仕事なんかでって思ったけど、まじでしにたくなったんだよ

翌日出張行ってそこのお世話になった人にぽろっとしにたくなりました
って言ったんだ。上上上司まじきつかったすよ、みたいな感じで
で、昼休み30分くらい母親と電話した。こっちから電話掛けた
20日間ぶりに連絡取ったと思う
そしたら、俺が母親の夢に出てきたっていうんだ
俺が小さくなってすごく不安そうだったから、ほんとに心配してたって
言われた

490 :続き:2012/05/25(金) 10:24:33.98 ID:qQe5OIrC0
帰り、車にはねられた
運の良いことに鎖骨骨折で済んだ
痛いってひとしきり思った後、心底ぞっとした
しにたいなんて思ったからこうなったんじゃないかってさ
しかも、そこの支店で設立日に一人交通事故で亡くなってるそうなんだ
たまたま助けてくれた支店の人に聞いて、引きずられたのかなと思ったし
逆に死んだらなんもできないよって言われた気もした

何が言いたかったって、昼間母親と話したから生きてると思うってことと
虫の報せはんぱない
あの30分のリフレッシュがなかったら今このスレ見てない

ま、その後会社でくそ肩身狭い思いしてるけどね!
生きてるのに比べたら屁でもないですよww


491 :本当にあった怖い名無し:2012/05/25(金) 17:06:52.86 ID:I84QdYzz0
>>489
色んな人に助けられてるね。
しっかりお礼しなよ。

>>489に沢山良いことがありますよーに

492 :本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 01:38:26.88 ID:1voyw8B20
489が生きててよかったよ

493 :本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 13:28:30.72 ID:mggjnPIw0
>>490
>生きてるのに比べたら屁でもないですよww

死んだのか?

494 :本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 18:23:21.44 ID:In6LiKrp0
まぁ何でもいい
無理するなよ

495 :本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 18:38:49.66 ID:Gq6UYsUB0
>>486 昔テレビで見たんだけどアメリカの話
ずっと昔にスクールバスが踏切りで立ち往生して事故って
子供たちが大勢亡くなったんだけど、その踏切りで車が止まると
子供たちが出てきてみんなで車を押して踏切を超えさせてくれるとか
だから、その踏切りではその後事故は起こってないそうだ

車に小さな手形がいっぱいつくんだって、実験すると
なんか涙出たよ・・・

496 :本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 20:46:53.77 ID:5SL4T2VH0
( ;∀;)イイハナシダナー

ケドトテモカナシス

497 :本当にあった怖い名無し:2012/05/28(月) 21:18:34.75 ID:s8fxGMgmO
>>495
そもそも踏切事故ってそう何回も起こるもんじゃないだろ?

498 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 05:59:43.49 ID:DXaNtat+0
>>490
>>493
ニートや生活保護の不正受給者でもない限り、
普通の人間なら生きていくのに努力は必要
時代が時代であるために 要らん他人の業・お荷物まで背負わされて苦労する人間の
如何に多いことかを嘆かわされる昨今の日常

目が二つ 手が二本 脚が二本 歩ける 話せる 物が聞こえる 字が書ける
これらが出来ない人の苦労を考えたなら、多少の仕事の不平不満なんて言えないはずだよ
過保護な現代人になってしまった自分を恥じて
生きてる苦労を堪能しよう

生きてるからこそいろいろ辛い
死んじまったら何にも感じないし変えられない
不平不満のある日常を変えられるのは生きてる自分の今からしかない
辛けりゃ酒でも水でも飲んで早寝しちまえ
朝は来る
生きてる以上 ガンバるべ


499 :本当にあった怖い名無し:2012/05/29(火) 08:27:28.25 ID:7shKMBlq0
>>497
バスの事故以降は起きてないんじゃない?


500 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 10:56:43.58 ID:SgIFIRCz0
うちの母の話です
ほんのりいい話…?

母の祖母は昔、住んでいた村では占い師(イタコ?)のような特殊な人だったそうです
母は5人兄弟のちょうど真ん中でしたが祖母には一番気に入られていたそうです
何でも母が祖母の能力を受け継いでいたからだとか

母自身、幽霊は見ることはなかったらしいんですが、
直感がよく当たり(無くした物を一発で見つける)
私から見てですが、人徳でトラブルを乗り切っていたり、
占いに行けば100%占い師にならないかと誘われたりします

祖母は母が小学生の時に亡くなったそうですが、
時々、母が精神的に参ってたり困ったことがあると夢に出てきて慰めてくれたりしたそうです。

ある時、父と大ゲンカして自殺まで考えながらうとうとした時
金縛りにあって部屋いっぱいに大きい祖母や小さい祖母がぎゅうぎゅうに現れたそうです

祖母は口々に「あかん、あかん」と言い母もさすがに自殺を思い留めたそうです。

それから暫くして、夢に祖母が出てきて「お盆になったら帰ってくるからな」と言い去っていったそうです

占い師さんにそのことを言うと母の祖母は守護霊だったそうですが
生前の徳が高かったためあの世で出世?したので母から離れたとか

以降夢に祖母は出てこず母は寂しがっておりますw

501 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 21:52:01.57 ID:kXcFPGyq0
>金縛りにあって部屋いっぱいに大きい祖母や小さい祖母がぎゅうぎゅうに現れたそうです
祖母さまの必死な感じが伝わりますね。こういう現れ方はまだ聞いた事なかったです。

お祖母さまもあの世で忙しいと思いますが、きっとお母さまの事をいつも気にかけて
いらっしゃると思います。
興味深いお話をありがとう。

502 :本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 21:57:29.54 ID:NRTMWjog0
おっきいおばあちゃん
ちっさいおばあちゃん
ぎゅうぎゅうのおばあちゃん
想像するとかわいいwww

503 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 00:16:37.13 ID:QzImbDGXO
そう思えるのはアニメ絵で考えてるから。
絵面を電車やスーパーで割り込む婆さんにしてみな?

504 :500:2012/05/31(木) 16:47:48.94 ID:KuzzkLeN0
>>501
ありがとうございます。
占い師さんも見守っているとおっしゃっていました。
あの世に階級があるのがびっくりですが(笑)

>>502
聞いた当初私は気持ち悪っ!って思いましたよ(笑)
でも母は怖がるどころか安心していたので…可愛いかどうかはわかりませんがw

505 :本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 20:23:18.89 ID:zRbTl3Wk0
>>503
アニメじゃないけどたしかに原ひさ子さん的なおばあちゃんを想像してたw
菅井きんさんで想像するとちょっとこわいw

506 :本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 07:26:15.55 ID:Zi47vJIT0
無数のいじわるばあさんが湧いて出たと聞いて

507 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 01:31:33.49 ID:Vcvv7YCf0
210 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/06/09(土) 20:27:54.07 ID:677iIxR60
不思議な経験してる人って結構いるんだね
私は手術した時なんだけど 手術が終わると酸素の管を抜いて起こされるんだけど
私は目が覚めない→自発呼吸が出来ない→医者が背中を叩いたり呼びかけをするがダメで
酸素の管をもう一度入れ直さなければってなってたらしいんだけど 
息をしろ!って男の人に怒鳴られて思いっきり息を吸い込んでむせて目が覚めた
後から先生にその話をしたら 反応が???
私の担当チームは男の先生が一人でその先生は親族に切除した部位を見せながら手術の説明をしていた。
残りの先生は女性でその時は男の先生はいなかったはずだけどって 夢でもみてたかなと思ってたんだけど
旦那に話したら 亡くなった祖父が守ってくれたんだよ 手術の前日に夢枕にたって、大丈夫○子は絶対に守るからって言ってたよって
祖父は私が生まれる前に他界してるから声も聞いたことないのに どうしてわかるのか聞いたら仏壇の遺影と同じ着物だったって
ただの夢かもしれないけど、私は旦那の話を信じたいよ。

長文ごめんね

508 :sage:2012/06/10(日) 01:42:14.22 ID:baj90YIc0
>>507
いい話だね。ご先祖を大切に今を生きてくださいね。

509 :本当にあった怖い名無し:2012/06/10(日) 02:04:14.94 ID:Vcvv7YCf0
>>508
こちらからのコピペです。

【恐怖】既女が語る恐い話【心霊】52
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1337180940/

510 :本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 14:55:33.40 ID:sKQVxWke0
保守

511 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 03:58:21.14 ID:0BnSUM4E0
嫁が変な夢を見る。
内容を聞けば聞くほどぞっとしてしまう。

内容:ウエディングドレスの女性が、俺のことをお願いしますと何度も言ってくる。でも顔は日本人。
   特に、俺が悩んでるときやピンチの時は決まって出てくる。

だから嫁は俺が仕事でやばい時は不思議と察知できていた。

何がぞっとするか?夢の女の人が聞けば聞くほど昔の死んだ彼女にそっくりだからだ。

彼女とは大学時代から付き合ってて社会人になってプロポーズしたが断れた。
理由は彼女の癌のせいだった。若年性の癌は進行が速く、発見した時はすでに遅かったらしい。

俺の初任給はほとんどが彼女の遺体の上に飾るウエディングドレスに消えた。

昔っから俺の心配ばかりしていた。まぁ俺がだらしないしどっか抜けててへまばっかりするからだが・・

512 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 04:36:41.59 ID:OsOYOIMU0
今の奥さんは外国の方なのかな?
いろんな人から愛されててうらやましいぞ!
守られてるな〜

513 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 05:03:07.21 ID:0BnSUM4E0
嫁は日本国籍で見た目日本人そのものですがオーストラリア出身です。
すいません説明不足でした・・・・。こんなへまばっかりしてる俺は守られてないと・・

514 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 06:41:03.24 ID:40nXH1Gh0
コープスブライド思い出した
生きてる嫁さんも死霊世界の嫁さんもどっちもいい娘さんなんだよなー

515 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 06:59:50.52 ID:bThtMu5s0
2人の女性に愛され守られてるかぁ
凄いじゃない
きっと甲斐性のある男なんだよ

516 :本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 20:59:25.77 ID:zH5+ljs80
嫁さんに託されてるんだからぞっとする理由はないだろ
恨みがましく夢に出られたらぞっとすればいいけど

517 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 01:53:11.37 ID:bdMEHiYO0
もしかしたら、>>511は冥婚したことになってんじゃないのか?
まあ、両方良い人で良かったな。


518 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 02:39:14.27 ID:dvI0p30d0
冥婚だと相手も向こうに持っていかれるのでそれはありえない

519 :本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 07:29:30.64 ID:AejhXum+O
釣れてよかった♪

520 :本当にあった怖い名無し:2012/06/20(水) 00:02:59.25 ID:znKdEIy90
 

521 :本当にあった怖い名無し:2012/06/27(水) 01:17:40.72 ID:yFH33gcB0
つぎどうぞ

522 :本当にあった怖い名無し:2012/06/28(木) 22:44:43.06 ID:G8EV4mW70
保守

523 :本当にあった怖い名無し:2012/06/29(金) 11:29:09.07 ID:v0iKVtu60
相変わらずいい話が多くて荒んだ心に透き通った水が満たされるようだ

524 :本当にあった怖い名無し:2012/07/02(月) 14:47:22.89 ID:ksnmckxhO
ちょっと違うかもしれないが…長いので二分割、すまない。

うちの父方(新潟のド田舎)はかなり代々オカルティック。
父含め見えるひと・狐がつくひと(最近だと自分と姉)などなど…
でも怖い話はさておいて…
今ぐらいから盆の時期、毎年不思議な来客があるんだ。

525 :本当にあった怖い名無し:2012/07/02(月) 14:54:24.87 ID:ksnmckxhO
スイッチョンっていう名称で呼ばれてるんだが、ヤモリが来る。
で、これがどうやらご先祖様なんだとさ。
このスイッチョン、新潟の祖父母の家は勿論、東京にある実家にも出る。引越しても出る。
毎年同じ日に新潟・東京の実家・一人暮らしの私の家に出る。

ただの偶然かもしれないけど…
去年また引越したのだが、昨日スイッチョンが挨拶にきたので思い出した。

526 :本当にあった怖い名無し:2012/07/02(月) 20:44:05.88 ID:awG0U2LH0
ヤモリって白くて目が赤くて雰囲気あるよね。
私は中学生位まで、ヤモリが白いこと知らなくて
「凄い!ウチは白いヤモリが守ってくれてるんだ」って思ってました…。
(ヤモリもイモリも似たような色かと)
そのヤモリをサッシュで挟んで怪我させた時の冷や汗は忘れられない。
思い出語りごめん。

因みにスイッチョンはウチの地方(中国地方)では
キリギリス?みたいな奴の事だよ。


527 :本当にあった怖い名無し:2012/07/02(月) 23:20:28.08 ID:ksnmckxhO
526
キリギリスのことを言うんだ?
なんかうちはスイッチョンて呼ばれてるんだよなあ… 何故か。
由来は聞いたことないんだよね。

まぁご先祖様が毎年ご挨拶に、と思うとちょっと嬉しい。

528 :本当にあった怖い名無し:2012/07/02(月) 23:30:00.71 ID:XBFpcxcD0
ヤモリは家守、イモリは井守。
俺はゴキブリが大嫌いなので、ゴキブリと戦ってくれるヤモリは友達だ。
昨年実家にはヤモリがいるのを確認したけど、アパートにはいないな。
しかしご先祖様か…。
そういう話は聞いたことがなかったな。

529 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 02:00:04.41 ID:BOv98gXG0
>>527
スイッチョンって呼ばれてるのは、キリギリスの仲間のウマオイだと思う。
鳴き声がスーイッチョンだから。

530 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 07:21:12.78 ID:lnOa4Ey+O
二分割って最初に言ってるのに三分割なのが不思議なところ?

531 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 08:46:43.05 ID:FEjAPZMOO
529
みたいだねー。
だけど何故かうちの家はヤモリがスイッチョンなんだなー…なんでだろ。
よく食ってたのかね。

532 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 08:49:58.33 ID:FEjAPZMOO
530
え?二分割だろ…?
>>526は自分じゃないよー

533 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 10:19:37.26 ID:nCgVDI8E0
>>531
ヤモリって、キュッキュ鳴くから、
その鳴き声をスイッチョンて呼んでたのかもね。

534 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 11:03:15.45 ID:yEA4XXIQ0
>>529
そうだよな!
新潟でも俺のところだけそうなのかと一瞬心配してしもたわ

>>531
家ごとのルールがあるみたいにその家だけでの呼び名ってのも多いよね

535 :本当にあった怖い名無し:2012/07/03(火) 21:20:06.58 ID:sA6xUCxQ0
福岡じゃ「かべちょろ」って言うよw

536 :本当にあった怖い名無し:2012/07/06(金) 00:23:31.68 ID:YaOXu7ix0
以下コピペ


戦時中、海中で特殊潜航艇の訓練中に死亡し死亡場所不明の親友Kさんの遺体を
船の甲板から探していた人がいた。ある海上で急に火の玉が上がって落ちたので
そこか!とすぐその場所を探したらKさんの遺体発見。
戦後、Kさんの両親が靖国から大祭に呼ばれてお参りに行く途中の船内で
父が仮眠してると夢の中に息子が出てきて、父が見た事がない港の風景を見せながら
「僕はここにおるから来てくれ。いつでも僕はここにおるから・・・」と言うので慌てて起きて
甲板にあがると遠くに島が見えるので船長にここはどこかと尋ねると
見えている島(半島だった)の名前と今いる沖の名前を教えてくれた。
靖国からの帰り道、見えていた島がある県の県庁や役場に行って調べてみると
息子がいた宿舎(船から見た半島にある)でお世話してた人に会えるわ、
息子が見せた港の風景と同じ場所(宿舎があった村で慰霊祭をした)を見つけたりしたと言う。

旧日本軍に興味があって戦争本読み漁っていると
「遺体から火の玉が出た」とか「戦死した人が身内の元に帰ってきた」とか
「戦死寸前に生きてる身内の声や死んだ身内の声がして助かった」とか
普通に出てくるのでビビるわ・・・

537 :本当にあった怖い名無し:2012/07/07(土) 00:23:05.03 ID:GMH+jetJ0
>>536
切ない話だな…。

538 :本当にあった怖い名無し:2012/07/07(土) 17:37:42.45 ID:FqYqEslp0
人魂と言うか霊魂は虫にもあるとか聞きました
猫と一緒に瀕死のカブトムシを見てた人がカブトムシが死ぬ瞬間に
体から白い物が抜け出るところを見たとか
上に向かって出たそうで猫もそれを目で追いかけてたと言うのは聞いたことがあります

539 :本当にあった怖い名無し:2012/07/07(土) 18:58:31.92 ID:NpQpWNiz0
線虫・・・?

540 :本当にあった怖い名無し:2012/07/08(日) 12:09:58.32 ID:tqm2HQTd0
Gの幽霊、ハエの幽霊、軍曹の幽霊の話が
別スレで出ていたので、余裕でいると思う。

自分が(直接)聞いたのは、Gの幽霊目撃談

しかも引っ越し直後の部屋に出たwww

541 :本当にあった怖い名無し:2012/07/09(月) 11:58:30.82 ID:1dFCN7DD0
昨日、一昨日に庭のまるむし、ナメクジを大量虐殺したけど、
そんな幽霊気持ち悪すぎ…

542 :本当にあった怖い名無し:2012/07/10(火) 12:27:12.38 ID:49WQWxvX0
思うのだがGの幽霊等はどうやって退治するのか?
専用のシューッとかw

543 :本当にあった怖い名無し:2012/07/10(火) 19:37:52.76 ID:yET5bsGg0
ファブでなんとかなんじゃね?

544 :本当にあった怖い名無し:2012/07/11(水) 07:53:17.22 ID:AvC6QSiY0
たしか仏教系では虫に魂はないが乗り移ることは出来ると聞いた
幽霊になれるのは知能の高い生物のみだと

じゃないとひろみGOなんてヒトラー以下の扱いでとっくに呪い殺されてそうだし




545 :本当にあった怖い名無し:2012/07/11(水) 09:30:10.83 ID:xazkWIp70
>>544
ひろみGO? 

あーちっちーっ!と熱湯を掛けられたゴキブリ?

546 :本当にあった怖い名無し:2012/07/12(木) 00:08:00.12 ID:9zvCI+QkO
トリガーノズルで

547 :本当にあった怖い名無し:2012/07/12(木) 00:56:07.15 ID:0WBHuzxR0
よこっしーまなハエハエw
ふらっちーなカーカカw♪
アチッチなシィーズン ねらいーうち〜〜
Go!Go! ジェット! アースジェット! トリガーノズルだ〜
Go!Go! ジェット! アースジェット! ジェットの効き目さ〜
アースジェット!  ピンッポーン♪ ☆ヽ(^○^)ノ☆


虫に魂があったなら、
楽しげに歌いながら殺戮兵器宣伝してるなんざトンでもねえ!
てことでしょう


548 :本当にあった怖い名無し:2012/07/12(木) 07:47:13.98 ID:X8QxlMNZ0
>>547
理解できました!

549 :本当にあった怖い名無し:2012/07/12(木) 14:51:49.26 ID:P5VCOzzb0
>>547
この歌耳から離れなくて困るw
ヒロミのダンスはキレキレだしよ

550 :本当にあった怖い名無し:2012/07/13(金) 01:58:42.49 ID:4LjULfpQ0
あそこまでぶっ飛んでるとマジカッコイイ

551 :本当にあった怖い名無し:2012/07/16(月) 17:58:51.45 ID:ulokRQXuO
風邪なんてひかない母が珍しく風邪で体調を崩し、朝から寝込んでいました。
あいにく私も仕事を休めず、何かあった時の為に寝床に電話を用意し、出掛けました。
結局連絡もなく帰宅すると母はすっかり良くなっていて、『大丈夫なの??』と聞くと母はこんな話を始めました。
昼間、寝ていると電話が鳴ったらしいのです。
母はそれまで少し寝ては覚めるの繰返しで、なかなか思うように行かなかったようでした。身体中が熱く、気分が悪い…。
そして電話に出てみると、それは母の父親で、『大丈夫か?? お前がこんなになるなんて珍しいじゃないか? 昔みたいにお粥を作ってはやれないが、治るようにおまじないをしてやるからな』
気が付くと汗はびっしょりでしたが熱はすっかり下がっていて、時計を見ると、あれから1時間が経っていたそうです。
いつの間にか寝ていた母の手に持っていた電話からは『プープープー』と聞こえるだけ。
母が小さい頃、母のお父さんは母が風邪をひくとよくお粥を作ってくれては、おまじないをしてくれていたそうです。
娘が心配だったのでしょう。3年前に亡くなった祖父からの電話,,,


552 :本当にあった怖い名無し:2012/07/16(月) 18:48:53.25 ID:d/7AOJS90
じいちゃんかっこいい
こんなお父さんいいなあ

553 :本当にあった怖い名無し:2012/07/17(火) 00:13:15.15 ID:GMezk2BW0
いい話なんだが、ここはやっぱり成仏して頂かないとw

554 :本当にあった怖い名無し:2012/07/17(火) 01:04:25.42 ID:B+oud0Tm0
いいじゃん

たまの家庭訪問くらいw

555 :本当にあった怖い名無し:2012/07/17(火) 01:17:04.17 ID:GMezk2BW0
盆、暮+アルファーってとこかw

556 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2012/07/17(火) 23:21:47.17 ID:EHS3uaEv0
>>551
かーちゃん更年期?風邪は確定?
免疫の強いかーちゃんが原因不明の高熱出したら、リウマチの予兆の可能性がある
早いうちに対処すれば悪化を遅らせられるから、
風邪の確信が無いなら念のため医者に行かせてあげて

557 :本当にあった怖い名無し:2012/07/18(水) 20:43:04.59 ID:Zycbnpod0
募集中です宜しくお願いします

【開催予定】8/18(土)21時〜
現在、運営スタッフ募集中
百物語2012
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1340528783/

558 :本当にあった怖い名無し:2012/07/20(金) 10:52:39.93 ID:rdCWiiuy0
でもそろそろ盆だから帰ってくる方もいるだろう
お盆になると人間は誰もいないけど墓場は騒がしくなるよね

559 :本当にあった怖い名無し:2012/07/20(金) 11:37:22.51 ID:0ha2IUuz0
ウチは7月盆なのでまた来年。

560 :本当にあった怖い名無し:2012/07/21(土) 00:35:34.31 ID:pnt7aKRd0
覆水盆に返らずとも言うしな

561 :本当にあった怖い名無し:2012/07/21(土) 00:43:27.59 ID:UPllBY790
>>560
その盆は、盆違いだと思うぞ。

562 :本当にあった怖い名無し:2012/07/21(土) 01:03:58.37 ID:5aa+fPFh0
C'est si bon.
施 志 盆

563 :本当にあった怖い名無し:2012/07/23(月) 02:15:18.54 ID:5mbPVX7n0
心霊とはちょっと違うかもしれないけど不思議な体験したんで書かせてもらいます
4レスほど使わせてもらいます

この間の三連休、彼女と海に行った。詳細は伏せるけど、そこはいわゆる管理された海水浴場じゃなくて
気を付ければ泳いでもいいよ的なとこで沖にブイもないようなとこ。その分、人が少なくて穴場
その日は人が全然いなくて、まさに貸し切り状態で俺も彼女もテンション上がりまくり
彼女はそんなに泳ぎ得意じゃなくて、浅場でしばらく泳ぎ教えつつ遊んでた
で、少し上達も見えてきた辺りで、彼女が「あの辺まで往復してみよう」って沖の方差した
一応、浮き輪は用意してたんだけど泳ぐときに持ってると邪魔なんだよねあれw
そこまで沖に行くわけじゃないし、まあいいかと並んで泳ぐ形で泳ぎ出したわけ
最初のうちはゆっくりしか進まなかったけど、ある程度泳いだらペースが上がってきて、ああ成果出てるなーとか
考えながら俺も気分良く泳いでた
んで、陸から結構離れて、そろそろ戻るかーって話しだした時にようやくおかしいことに気付いた

564 :本当にあった怖い名無し:2012/07/23(月) 02:16:29.00 ID:5mbPVX7n0
なんか、腹に冷たい流れ感じるのよ。しかも立ち泳ぎしてるはずなのに景色が動いてる
管理されてるわけじゃないだけあって、どうやら離岸流に巻き込まれてたらしい
彼女も異常に気付いて、パニックまで行かなくてもかなり焦ってる様子で
俺の方も「あ〜流されてんな〜、ちょっとやべえな〜」とか思ってた
ちなみにやたら他人事っぽいのは、今まで何度も死ぬような目に遭ってきてもはやこのぐらいじゃ動じないからw
ただ、一人なら余裕で逃げられるんだけど、彼女も一緒だからそういうわけにもいかない
沖まで来てるから戻るのに時間かかるし、俺一人戻って浮き輪取ってくるにしてもたぶん彼女が溺れる
かといって俺も彼女連れて泳げる自信はないし、そもそも俺の方も体力があまり残ってない
彼女の方はもう体力やばいみたいで、こりゃ俺も死んだかなーとか思った瞬間、いきなり変な記憶が再生された
夢の中で十年ぐらい経ったとか経験ある人ならわかると思うけど、あんな感じで唐突に流れ込んできた感じ
なんか、俺がどっかのド田舎の川で泳いで遊んでる。周りは小さい子ばっかりで、自分もそれぐらいの年齢だってのはわかった
しかもその小さい子は全部友達で、ほんとに楽しく一緒に泳いで遊んでるっていう、そんな記憶
一応言っておくと、俺は川で泳いだ経験なんて一度もない

565 :本当にあった怖い名無し:2012/07/23(月) 02:17:18.06 ID:5mbPVX7n0
その記憶が流れた瞬間「ああ、あの泳ぎ方ならいけるかも」と思って彼女の首を後ろから絞めるみたいにホールド
「ちょ、何すんの!?」とか言われたんで「力抜いて浮いてて。浮き具合は適当に調整して。大丈夫、助けられる」と
改めて書くとちょっと恥ずかしい台詞を吐いてから、流れに対して直角に泳ぎ出した
足を挟みこむように蹴って、右手を伸ばして進行方向の調整に使う。左手で彼女引いてるから多少水を掻くのにも使う
いわゆるのし泳ぎね。これも今までやったことなかったんだけど、思ったよりかなり速いし、顔がずっと出てるから楽
やったことないはずなのに、記憶では得意な泳ぎだってのは不思議な感覚だった。フォームもきれいに決まってたはず
じりじりと流れを脱出して、多少体力の戻った彼女にバタ足で補助してもらったりしつつ、泳ぎ出しから離れた陸地に無事生還
人心地ついてから、俺は唐突な記憶に関して色々考えてた。んで、思い当たったのが婆ちゃん
今はボケちゃって施設に入ってるんだけど、昔は外で遊ぶのが好きなお転婆だったとか、そういう話は聞いたことがあった
じゃあもしや婆ちゃんが……とか思ってたら、10分ぐらいして携帯に親父から着信
「どうした?婆ちゃんが死んだとか?」「いい勘してるな、でも死んでないw」
曰く、寝てるのかと思ったら呼吸が止まってるようで、慌てて救急車呼んだら着く頃にはケロッとしてたらしい
でも一応大事を取って入院させる、という電話が施設からあった、ということだった

566 :本当にあった怖い名無し:2012/07/23(月) 02:20:45.90 ID:5mbPVX7n0
あとで婆ちゃんについて詳しく聞いてみたら、やっぱり泳ぎが得意だったらしい
しかも半端なく速くて、クロールで泳ぐ級友をのし泳ぎで抜き去るほどだったとかw
帰ってから婆ちゃんの見舞いにも行ってみたけど、快調にボケててやっぱり俺の存在絶賛抹消済みで
「どちら様?」「あなたの息子のAの息子ですw」「Aは小学生なのに息子がいるわけないでしょw」
みたいな会話しか交わせなかったw
でも婆ちゃんが助けてくれたもんだと俺は思ってるんで、一応ありがとうって言ったら
「はい、どういたしまして。ところでお宅どちら様?」「あなたの息子のAの友達です」「あらぁ、大きなお友達ね……ところd(ry」
といった感じで文字通り話にならなかったw

婆ちゃん死んでないし、ボケまくってるし、その状態でどう俺を認識してるんだか本当に疑問だし
その辺を考えると心霊かどうかは判断に迷うんだけど、少なくともおかしな記憶が入ってきたのは事実だし
婆ちゃんが助けてくれたんだと俺は信じてる
あと顔ははっきりしないけど裸の幼女達の記憶とのし泳ぎの技術はこれからも大切にしていこうと思ってる

567 :本当にあった怖い名無し:2012/07/23(月) 04:26:48.73 ID:RLw1ovch0
>>裸の幼女達の記憶と

おひw うらやまwww

568 :本当にあった怖い名無し:2012/07/23(月) 09:50:23.76 ID:BPcNkT690
ええ話や……と思ったらオチがwww

現世では呆けてるけど、魂はきちんと覚えてるんだよ。

569 :本当にあった怖い名無し:2012/07/23(月) 20:25:27.25 ID:au+C/ktc0
ばあちゃんかっこいい

570 :本当にあった怖い名無し:2012/07/23(月) 21:19:06.80 ID:pEAZRPMW0
あぁ、わかる
一瞬でアビリティを習得する時の感覚だよね

571 :本当にあった怖い名無し:2012/07/27(金) 02:10:29.21 ID:6paRpkQ00
でもその幼女達は今……いや、思い出を大切にな。

572 :本当にあった怖い名無し:2012/07/29(日) 23:49:40.36 ID:tH3Q8wCe0
お邪魔いたします。皆様のご協力お待ちしております。

【開催予定】8/18(土)21時〜
現在、運営スタッフ募集中
百物語2012
ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1340528783/

573 :本当にあった怖い名無し:2012/08/06(月) 22:37:29.89 ID:SUJ/2hD+Q
保守

574 :本当にあった怖い名無し:2012/08/07(火) 10:44:14.71 ID:t/pHefcV0
>>563-566
面白い話でした
ありがとうございました

575 :本当にあった怖い名無し:2012/08/08(水) 17:42:42.66 ID:7nhNkM4G0
スレ住人の方、別スレの話で失礼ごめん!つーかこのスレ住人には是非読んでほしい。

このスレを見るといっていた、ほんのり怖いスレの>>953ことS氏へ。

576 :本当にあった怖い名無し:2012/08/08(水) 17:45:10.32 ID:7nhNkM4G0
ごめん、本文長杉エラーでたので分割、
そっちの>>998氏の言うように、最初に和服さんと遭遇した日を命日にするといいじゃないかな。
本来の悲惨な命日よりも、悪霊であることを止めたあの日こそ、真の命日と呼ぶに相応しい日じゃないかと思うわ。

577 :本当にあった怖い名無し:2012/08/08(水) 17:47:58.26 ID:7nhNkM4G0
それから、遭遇の日から最終日までどこにいたかはわからんけど、
今はもうあの部屋ではなくその櫛に宿ってると
思われるので、その櫛に手を合わせればいいと思うわ。
Cちゃん大事にな!!
お前こそ『漢』だ!!

578 :本当にあった怖い名無し:2012/08/08(水) 18:05:45.85 ID:9r5K4/Bg0
そー言うことはほん怖の次スレでやれよ・・・

579 :本当にあった怖い名無し:2012/08/11(土) 17:47:20.17 ID:vyrYHQnwO
友人A子の話。

A子は約10年前に結婚したが、結婚が決まった時から姑・小姑から酷くイビられてた。

A子の母親は商売をしていた。常連客のBさんというおばさんに、娘が心配だといつも話していた。Bさんも我が子のことのようにA子のことを気にかけていた。
そんな中、Bさんが病気で亡くなったんだが、ちょうどその時間にA子は不思議な体験をしていた。


A子は、暖かいふっくらした手で優しく手を取られ、心地よい感触に包まれた。「私がついてる。大丈夫」って声が聞こえた気がした。

そしてA子の隣で寝ていたご主人は、見えない何かに頭をひっぱたかれた。


ご主人は声は聞いていない。だが、もし声があったとしたら
「てめぇしっかりしろよ!」で間違いないと思った。



580 :本当にあった怖い名無し:2012/08/11(土) 19:03:19.76 ID:vYt3M+Fc0
続き、続き!

581 :本当にあった怖い名無し:2012/08/11(土) 19:48:38.43 ID:ASgX5tde0
昔、小学生の時の事。通学路の途中、左手に神社があり、右はガードレールはあるが崖になっている場所があるんだけど、ある日その崖から生えた大きな葉の上に、真白なヘビがとぐろまいてた。目が真っ赤でね。でも葉の上にとぐろとか無理あるよね、あれは一体なんだったのか?
ヘビて金運じゃないの?佐世保の大久保小学校の近くです。今は神社も整備されています。

582 :本当にあった怖い名無し:2012/08/12(日) 14:31:49.63 ID:vLw7DRcY0
姫路城にいる幽霊さんたちが陽気で楽しいという話を
たしかこのスレで読んだような気がしていたが
体操・内村選手が城好きで、いっとう好きなのが「姫路城」と聞いて
さもありなんと思ったのでカキコ
そんな雰囲気してるよね

583 :本当にあった怖い名無し:2012/08/14(火) 08:22:43.48 ID:rG3+vxRL0
>>581
目が赤いのはアルビノ個体の特徴。
蛇がとぐろ負けるくらいの葉なら茎もそれなりに太いだろうから重心がズレてなければ充分支えられるだろうし、なんら不思議はない。

584 :本当にあった怖い名無し:2012/08/14(火) 15:29:55.56 ID:ojGz0stI0
>>581
で、この文章のどの辺に「いい話」要素があるのか説明してみ?

585 :本当にあった怖い名無し:2012/08/14(火) 20:14:23.54 ID:nIhyWoLL0
ヘビが格好「いい話」

586 :本当にあった怖い名無し:2012/08/15(水) 07:50:04.03 ID:J5OBE2rBO
>>584
縁起が「いい」って話じゃないかな

587 :本当にあった怖い名無し:2012/08/18(土) 21:43:53.04 ID:eqd9uYSdO
どうでもいい話だったな

588 :本当にあった怖い名無し:2012/08/20(月) 21:39:51.91 ID:8imsniWnO

どこに書いて良いのかわからないので、投下してみる。
本題までが長い上に、ほとんど関係ないけれど、暇潰し程度に読んでもらえたら。
規制かかったらスマソ。


589 :本当にあった怖い名無し:2012/08/20(月) 21:42:56.12 ID:8imsniWnO
子供の頃、親の知らない、または見えない友人と言うものと遊んだことはないだろうか。
自分は、それが酷かった。
何もないところに、手を伸ばしてみたり、話しかけてみたり、笑いかけてみたり、と、まるで誰かがいるかのようにしていた。
始めのうちは、親も一人遊びが得意な子だと思っていたらしい。
うちの親のおおらかさと言ったら、もうビックリ人間レベル。


590 :本当にあった怖い名無し:2012/08/20(月) 21:45:11.16 ID:8imsniWnO
多分、と言うか絶対なんだけれど、見えなくなったきっかけは、大叔母だった。
大叔母は、やっぱり見える人で、自分を見た後、「7歳を過ぎたら、いつでも良いから、髪の毛をバッサリと切りなさい」と言ったらしい。
まぁそんな訳で、7歳を過ぎた頃、嫌がる自分を無理矢理、美容室に連れていき、ロングストレートだった髪の毛はショートカットにされてしまった。



591 :本当にあった怖い名無し:2012/08/20(月) 22:04:05.24 ID:8imsniWnO
その頃の記憶は、酷く曖昧で、髪の毛を切られるのが嫌がったって言うことと、髪の毛を切られた後に大泣きしたことくらいしか覚えていない。
ただ、母の実家に行った時、曾祖母と曾祖父に、何回も遊んで貰った記憶だけは、しっかりと残っている。
ほとんど寝たきりだった曾祖母と、曾祖父と3人でお菓子食べたり、お茶を飲んだり、おしゃべりしてみたり。


592 :本当にあった怖い名無し:2012/08/20(月) 22:06:28.97 ID:8imsniWnO
それは、自分が5歳の時に曾祖母が亡くなるまで続いた。
遊んでくれたおじいちゃんが、亡くなっなっている筈の曾祖父だって気付いたのは、たいぶ後になってからだったけれど。
結局、曾祖母も見える人だったのかな。
曾祖母が亡くなって、曾祖父が居なくなったのは、なんだか当然のように思えた。もう2人に会えないんだなぁって、漠然と思った。


593 :本当にあった怖い名無し:2012/08/20(月) 22:09:02.12 ID:8imsniWnO

でも、今でも見守っててくれているような気がする。


長文な上に、駄文で申し訳ない。

594 :本当にあった怖い名無し:2012/08/21(火) 22:03:32.21 ID:McdM6aMTO
>>593
スレタイを24万回読め。

595 :本当にあった怖い名無し:2012/08/22(水) 01:39:25.74 ID:jd+WI8Rs0
>>588-593

                  .  - ‐─━…|
             . : : : : : : : : : : : : : : : :|     て   誰
           /:: . : : : : : : : : : : : : : : |     め   だ
            /:/: : : : : : : : : : : : : . : : :l     |   よ
           /.:/ : : : : :i: : : : : : : : : : : : : }     は
        /.:/ . : : : : .:i : : : : :i: : 、: : : :ノへ、          /
         / ,′. : : : : : .:i : : : : :i: :i: '.: : :!::i:l\\         /
      /: .′. : i: : :i..::i : : : : :i:斗rヤ笊仄 ハ i>‐----<: ゚.
.     /: : ! . : : : i: : :i 人:. : : .:i::::.\l:斗-=ミ、}i|: : : :ハ: : : : : : ゚.
     /: : : i:. : : : :i: : ;ャ≦ \::八:人〃斧笊ハ 刈ハ: : : l- 、: : : :|
.    /: : : : i:. : : : :iX:八_ \ \:.\ 、 マ)  .::i }} }:.:.i.:!h ハ: :. : |
   厶 -‐ i:.: : : :∧ .〃斧_  \   、_.:ノ   八ノリ.ソ }: :!: :l
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: :∧{ マ  .:i               / }ノ.ノ : |∨
   ね 好 .い  ヽ: ヘ 弋.:ノ   ,           r<: : :ハ|
   | き  き    Y゚:.                     /.:.:∧.:{ j
   ぞ 勝  な    Vi:!:.        ,   ¨フ       V.:( )ノ
     手  り     W八      ー      /  ∨}
     言 現    L__ ` ..           /     〉- 、
      っ れ     √      ¨¨  ¬ ´     /_三二ニ=‐-
      て  て    ;            __ハ    /. : : : : : : : : : : :
     ん       /          ノ.:r'ヘ /: : : : : : : : :斗ャ≦
     じ     /         /: / / : : : : : : 。≦ニ〃/
       ゃ   /        /: : :/ /: : : : : : /三=‐ {{/

596 :本当にあった怖い名無し:2012/08/22(水) 08:49:21.51 ID:Jv7J/Dgr0
>>588-593
いい話だ。ありがとう

597 :本当にあった怖い名無し:2012/08/23(木) 10:52:17.42 ID:VFWKiA280
>>596
自演乙

598 :本当にあった怖い名無し:2012/08/23(木) 15:22:25.40 ID:QYEBA+i+0
>>588-593
いや、なんかほんのりしたよ。乙。

599 :本当にあった怖い名無し:2012/08/23(木) 19:49:33.75 ID:uxzdkHwvP
髪を切る話と、曽祖父曾祖母に会えなくなった時期は違うのな。
大叔母はなんで7歳という年齢限定で髪を切らせたんだろう。
曾祖母が無くなったのが5歳の頃で、それをきっかけに会えなくなったってのと
髪を切った時期が違うのに、なんで

>見えなくなったきっかけは、大叔母だった

なんていうんだよ。
話が無茶な上に尻切れトンボと言ったらもう、びっくり人間レベル>>583-593

600 :本当にあった怖い名無し:2012/08/23(木) 22:46:16.58 ID:NcFJRP6Z0
>>598
自演乙

601 :本当にあった怖い名無し:2012/08/25(土) 17:36:12.34 ID:UKeT3nDF0
昔、無職になって資格の勉強するために実家に居候してた。
昼食後、庭の草むしりをするのが日課だったんだけど
いつからか、一匹の大きな虻が自分の周りを飛ぶのに気付いた。
さらに小さな蜂が犬小屋のあたりを飛ぶのも。
毎日そういうのが続いた。人を刺す虫だけどなぜか怖くないんだよ。

その後、新しい職も見つかり生活の軌道が乗ってきて、あの虻らのことも忘れかけた頃
庭でふと気見上げると、あの虻と蜂が並んで自分の方を向いて浮遊してるの。
それからその虫たちの姿を一切見なくなった。

今思うと、あの虻はご先祖で蜂は死んだ愛犬だったのかもしれない。
だって、1年以上も虻蜂が生きるわけないし、真冬に活動する虫じゃないから。

602 :本当にあった怖い名無し:2012/08/26(日) 12:05:05.32 ID:AS5F18GU0
虻蜂取らずで終わらないよう見守ってくれてたんじゃろ。

603 :本当にあった怖い名無し:2012/08/26(日) 18:16:44.97 ID:pbwJc6uo0
ご先祖様だけじゃなくて、犬も一緒に来てくれたってのがいいね。

自分が子供の頃に飼ってたわんこも見守ってくれているといいなあ。

>>602
www

604 :本当にあった怖い名無し:2012/08/27(月) 10:19:02.67 ID:oIL8DUh+0
ああ第一汽船買ったあんたか

605 :本当にあった怖い名無し:2012/09/08(土) 01:45:05.07 ID:FqFiRT1qO
3ヶ月前、飼ってた猫が病気で死んだんだ。
やっぱり悲しくてさ。
あいつは幸せだったかな?とか、厳しく躾した事もあったから俺を恨んでないかな?とかずっと考えてた。
そしたら二週間くらい前、俺は仕事の都合で昼間寝るんだけど途中でトイレに起きたんだ。
廊下に出たら灰色の猫が風呂の扉の前に座ってた。
こっちに背を向けてたけど、死んだ猫だった。
一瞬、死んでるってのが分からなくなって「あっ!」と気づいて見直したらもう居なかった。
普段泣かないんだが涙が出た。

あいつ、幸せだったよって言いに来てくれたのかな…


606 :本当にあった怖い名無し:2012/09/08(土) 13:25:33.72 ID:puhm8XwU0
「よく、覚えてる」と出てきてくれたんだよ

607 :本当にあった怖い名無し:2012/09/08(土) 18:31:29.15 ID:qpL7JrxT0
動物モノは卑怯

608 :本当にあった怖い名無し:2012/09/10(月) 12:02:55.46 ID:U6lJ0F6wO
心霊ではないんだろうけど話させて
※ちょいグロ注意
救急隊員さんから聞いた話。
ある夜普通の乗用車がでっかいトラックに突っ込んだかなんかで事故った(ごめん、正確にはどんな事故か覚えてない)
すぐに救急車が呼ばれた。
車は凄いことになってて隊員は運転席のほうに駆け寄った。中年サラリーマン風のおっさんが乗ってた。

隊員は大丈夫ですか!大丈夫ですか!ってずっとおっさんに呼び掛けてたんだけど
車から降りてきたおっさん本人は
「あ〜、やっちったよ〜。母ちゃん怒るだろーなー…一本電話させてくれ!」
ってカバンから携帯電話を取り出した。
隊員はずっと大丈夫ですか!大丈夫ですか!って声をかけてる。
おっさんはそんな隊員をうるさそうに少し離れたとこまで歩いて
「もしもし、母ちゃん?ごめんな〜、俺事故っちゃったよ、悪い悪い!車?ぐちゃぐちゃだよ〜。…飲んではないよ〜。今救急車きたから。…うん、すぐ帰れるよ。悪いなぁ!」
と奥さんらしき人に沢山謝ってたらしい。
電話を切って「やっぱり怒ってるよ〜参ったよ〜!」っておっさんは困った風に笑ってたらしいんだけど
実はおっさん、腸が完璧に出ちゃってて腸をひきずっちゃってる状態。道路におっさんがひきずったとこまで血痕が線になっていて
そのあとすぐ救急車の中で亡くなったらしい。
おっさんの電話の様子からか後から奥さんにもう一度掛けなおしたときには信じられないといった様子だったらしい。
即死でもおかしくない状態だったのに救急車がくるまでもっていたどころかそのあと歩いたことやしゃべってたことが信じられないと聞いた。
なんかソレ聞いたら胸が熱くなった。
どうしても母ちゃんに謝りたかったんかな

609 :本当にあった怖い名無し:2012/09/11(火) 17:05:24.21 ID:Pgy/bYkg0
瀕死の重傷で神経麻痺るとそうなると聞いた

いい話ではないなあ
かーちゃん、電話で怒っちゃったの後から後悔したろうなあ…

610 :本当にあった怖い名無し:2012/09/19(水) 05:12:22.03 ID:Po6OQ69K0
>>605
ぬことあまりにも一緒にいすぎると、少しでも一緒にいたいのか、
風呂やトイレまでついてくる。
水が嫌なので、入り口で待ったり、できるやつは、戸を開けてうかがったりする。
そいつは、風呂の中の方を見ていなかったか?

611 :本当にあった怖い名無し:2012/09/19(水) 06:16:12.61 ID:5BgFHKbB0
>>610
風呂好きの猫もいるよ。
自分から湯船に入る。

612 :本当にあった怖い名無し:2012/09/20(木) 00:27:30.59 ID:qBws6+L3O
ダンカンぱかやろうの飼い猫も飼い主と風呂に入ってたのを思い出した

613 ::2012/09/21(金) 03:57:00.53 ID:oJy43l8h0
全然大した話じゃないんだけど誰かに聞いてもらいたくて書き込みます。
長いけど付き合ってくれたらうれしい。

その頃私は朝5時くらいに散歩に行くのが習慣になってたんだけど
ある日歩いてたら1匹の野良猫にあったんだ。
凄いやせてて、顔もこけてて今にも死にそうだったけど愛想があってかわいい子だった。
あいにく食べ物とか持ってなくて「ごめんね」っていってその日は別れたんだ。

次の日「昨日の猫に会えたらあげよう」と思ってキャットフードもって散歩に出た。
そしたら昨日あった猫が車に轢かれて死んでたんだ。
かなりショックだったけど、頭一発で苦しまずに逝けたみたいだから
飢えて苦しむよりよかったかも知れない。
そう思って近くの田んぼの脇に体をよけてやった。

614 ::2012/09/21(金) 03:58:25.27 ID:oJy43l8h0
本当は埋めてやりたかったけど、シャベルなんて持ってないし
人様の土地に勝手に埋めるのも気になった。
それにその時は田んぼにはシロツメクサがいっぱい咲いてて綺麗だったから
ちょうどいいかもしれないとも思った。
で、持ってきたキャットフードとその辺でつんだ花を供えて帰った。


それから、歩きに行った日は毎日そこを通るたびに声をかけていくようにして
行きがかりに花が咲いていればつんで供えてた。

そんなことを2・3ヶ月?くらい続けてたんだけど
仕事が忙しくなってきて歩きにいく余裕がなくなってたんだ。
そんで昨日の夜中、ていうかさっきなんだけど
仕事のこととかいろんなことで家族とちょっともめて
しんどくなって深夜だったけど一人で散歩に出た。

615 ::2012/09/21(金) 04:00:09.12 ID:oJy43l8h0
最初は近所の神社に参ったらすぐ帰ろうと思ってた。
でも、なんか気分が晴れなくて
そのとき最近猫に会いに行ってないなってことに気がついた。

私がにゃんこのお墓だと勝手に思ってる場所は
家からは若干遠くてちょっと気がとがめたけど
なんかどうでもいいやって気持ちになってそこまでいったんだよね。
で、お墓の前で愚痴言って(心の中でだけど)泣いてしばらくそこにうずくまってた。

ひとしきり泣いてすっきりしたからそろそろ帰ろうと思って
「久々に来たのに愚痴でごめんね。またくるね」って(心の中で)いったら
後ろからニャー!!!って聞こえたんだよ。
すごいびっくりしてリアルにちょっと叫んだ。
周りに猫がいるのかと思って付近を捜してみたけど、いなかった。
ただの気のせいかもしれないけど、勇気付けられた気がして凄くうれしかった。
さっき家に帰ってきて、風呂入って誰かに話したくてたまらなくなったからここにきた。
無駄に長い前置きなうえ。オチ詰まんなくてごめん。

もうちょっと仕事が落ち着いたらまた、歩きにいけたらいいなと思ってる。


616 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 04:05:44.31 ID:ZxCovuuy0
>>615
ええ話や
書き込んでくれてありがとう

色々うまくいくといいね

617 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 07:00:02.39 ID:+kZ+uOguO
>>615
猫もきっと応援してるよ。

交通事故死の猫の遺骸をいじると、死んだ猫がこの人が殺したのかと勘違いして祟ると聞いたことがあって、私は遭遇したらどう対処したらいいかと思ってましたが、理解ある猫ちゃんだと思いました。

618 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 11:02:11.77 ID:spkLKk4aP
>>613は心優しい人 きっとそのうちいいことあるよ


>交通事故死の猫の遺骸をいじると、死んだ猫がこの人が殺したのかと勘違いして祟る

これって単に事故死した遺体を触るのがイヤなヘタレが自己中な言い訳作って広めただけじゃ?
実際に猫葬って祟られた人の話なんて聞いたことがない

619 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 14:24:54.33 ID:aw/tXWC50
今年の1月1日に大好きだったばぁちゃんが逝っちまった。
病院から帰ると急いで門松とか正月関連のものを片付けてじいちゃんは親戚に連絡。
昼間は葬式の準備とか手伝いで忙しく泣く暇すらなかった。
4日くらいたって正月ムードも終わりようやく葬儀を行えるようになるのだが
その前の晩布団に入り泣いていたんだがいきなり金縛りにあった。

つづく

620 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 14:26:55.33 ID:aw/tXWC50
金縛り自体初めてだったのでめちゃくちゃビビっていたら視線の先の壁から
真っ黒な人型のものがスゥっと現れてこちらへ向かってきた。
なんだこれぇ!!とか思っていたら顔の前に真っ黒な顔が近づいてきた。
ぎょろっとした目が浮かび上がってきてじーっと俺を見ていた。
気がつくといつの間にか寝ていたようで真っ黒な人型もどこにも見当たらなかった。

つづく

621 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 14:34:04.12 ID:aw/tXWC50
まさかばぁちゃんか?とは思っていたが起きたら急いで葬式に行かなくてはいけなかったから
そんなことはすっかり忘れていた。
葬儀が終わった晩も泣いていたんだけどそのまま寝ちゃってた。
昨日のが怖かったので布団に潜り反対むきながら寝ていた。
そしたら朝方にばぁちゃん特有のすり足の音がした。
しかし寝ぼけていたのもあってその時は気にしていなかった。

つづく

622 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 16:17:27.72 ID:aw/tXWC50
背中の方で何かを喋っているのが聞こえたのだがばぁちゃんの声だった。
「うん、うん」と返事をしていると「じゃあな」と言って部屋の引き戸の締まる音がした。
勢いよく起きたが誰もいなかった。
その日は納骨の日。
最後にばぁちゃんが会いに来てくれて嬉しかった。
でもあの真っ黒な人型は一体・・・。

623 :本当にあった怖い名無し:2012/09/21(金) 16:22:47.23 ID:aw/tXWC50
ちょっといい話とは違う部分もあるけど一応こっちに書かせてもらいました。

624 :本当にあった怖い名無し:2012/09/22(土) 01:19:20.59 ID:P43VgJap0
>>613を書き込んだものです。レスくれた人ありがとう。

交通事故で死んだ猫を〜っていうのは自分も聴いたことある。
でもそれって死体をゴミみたいに扱ったりした場合なんじゃないかな?わかんないけど。
自分は交通事故にあって死んでた猫を葬ったのは2回目だけど心霊関係で困ったことは多分ない。
むしろお墓に参ってたときは以前より物事がうまくいってた気がする。

道路で何回もしかれたりするのはとても見ていられないので
見かけたら葬ってあげてほしいな。



625 :本当にあった怖い名無し:2012/09/22(土) 09:44:41.34 ID:yy1B+eq50
通りすがりの黒い野良猫が自分の家のガレージのあたりで
死んでたので埋葬したら宝くじ高額当選した人の話が本に載ってた

626 :本当にあった怖い名無し:2012/09/22(土) 20:06:39.52 ID:9ch7gVw10
そんな、何か恩返しとか御利益を期待したり
回りにいい人だと思われたいから、なんて理由で葬ったりしたら
バチが当たるよ

やせ細った猫に餌をあげようと思ったとか、自然に行動してた613は本当にいい人
こういう人は猫の恩返し?なんてなくても自然に自力で幸せをつかむと思う
オカ板的解釈でなくてスマン


627 :本当にあった怖い名無し:2012/09/23(日) 01:49:29.03 ID:f4SCWhSY0
猫で思い出した。
数年前の話。

職場の先輩が電車でカバンをなくした。
カバンを網棚に置いていて、乗降のごたごたで目を離したときに
酔っ払いが間違えて持って行ったらしい。
乗り換えの駅で先輩が気づいて駅の窓口へ駆け込んだら、
既に、先輩が降りる駅(乗り換え駅から3駅ほど先)に届けられていた。

先輩が本来降りる駅までカバンを取りに行くと、中身は全部無事で
駅の人に聞くと、顔に引っかかれたような生傷をいっぱいつくった
千鳥足の酔っ払いが、「ごめんなさいごめんなさい」と言いながら、
カバンを置いてあっというまに立ち去ってしまった。
千鳥足なのに駅員が追いかけようと窓口から出たら、もうどこにもいなかったそうだ。

先輩は1週間前に可愛がっていた猫を病気で亡くしていた。
有休とって看病していたが、亡くなってからずっと落ち込んでいた。

酔っ払いが生傷だらけだったと聞いて、先輩はなんとなく
拾ったばかりの頃は引っかき癖が直らなかった、
あの子が戻してくれたのかなーと思ったそうだ。

628 :本当にあった怖い名無し:2012/09/23(日) 08:53:46.44 ID:+ha/KLmp0
>>627
千鳥足の酔っ払いというものは
よろけてその辺の小枝の多い生け垣なんかに顔から突っ込むように転んだりするよなあ

だけど、引っかき傷=猫の思い出、に結びつけた先輩
常に心の中に亡くした猫がいるんだろう

カバンがすんなり戻ってきたのが単純に運が良かっただけとか
単純にホントの酔っぱらいの不注意で間違えただけのことだったとしても
(何気に酔っ払いを装った窃盗犯の疑いもあるもんね)
それを「あの子が戻してくれたのかなー」と思える人は
きっと心の柔らかな人


真黒な猜疑心まみれで常に人を疑って
難癖付けて絡んでくる人より、この先輩はよっぽど常に心おだやかでやさしい人なんだと思う

窃盗…? と一瞬でもこの言葉が脳裏によぎった自分、心が汚れ疲れてるっぽい…orz


629 :本当にあった怖い名無し:2012/09/23(日) 17:04:55.48 ID:Ke9SshHZ0
>>626
だからこのスレッドは好きだけど、苦手だ。
いい話なのに自分がそういう立場になると打算とかが頭に浮かぶから。
この夏も巣から落ちたツバメを戻して、無事にその兄弟も皆、羽ばたいていったのだけど
冗談半分でも恩返しを期待してしまう自分がいたし。

630 :本当にあった怖い名無し:2012/09/23(日) 23:49:31.28 ID:R/InSB8sP
>>629
ツバメ可愛がってる人…何か覚えがあるなあ

恩返しを期待するロマン、いいんじゃないの素敵だよ

631 :本当にあった怖い名無し:2012/09/23(日) 23:51:36.09 ID:JiI059tO0
それも人。
打算があって行ったとしても善行は善行に変わりない。
しないよりは100倍マシ。
少しの打算もなく善行を行える人は少ない。
でも、いつかはそんな人間になるべく、努力するのが人生なのかも
と俺は思っています。


632 :本当にあった怖い名無し:2012/09/24(月) 00:18:41.51 ID:nh0bBndSP
オカ板的に解釈すれば
現実に、現生利益的な恩返しがなかったとしてもきっと
自分が死んだ時に天国からいっぱい可愛いツバメがにこやかにお迎に来てくれる、と思えば楽しいだろうね

打算を考えてしまう自分をちょっと反省してる>>629はやっぱりいい人
ツバメも毎年絶対ありがとうって言って巣立ってる
きっと南の国でも仲間に「あの土地にはいい人がいるよ!やさしいよ!」って噂になってるかもw
 


633 :629:2012/09/24(月) 08:10:35.95 ID:QPCA+hlh0
みなさん、ありがとう。
この話の続きとしては、巣に戻してから親鳥が手を伸ばせば届きそうな距離で
自転車の上などにとまることが何度かあった。しかも、そのすぐ側を歩いても逃げない。
長年、巣作りに来てくれていてもこんなことは初めてで
家族も「安全と思ってくれているのかも」と喜んでいた。

634 :本当にあった怖い名無し:2012/09/24(月) 10:04:31.43 ID:RSMxPlEV0
ツバメは元々他の野生動物を避けるために民家の軒先に巣を作るぐらいだし基本的に人間なら安全って思ってるんだろうね
そこで629が落ちた雛を前に食べたりせず返してくれたから「やっぱり間違いなかった!」って確信に至ったのかも

635 :本当にあった怖い名無し:2012/09/24(月) 22:32:28.82 ID:nh0bBndSP
>>633
>巣に戻してから親鳥が手を伸ばせば届きそうな距離で
自転車の上などにとまることが何度かあった。しかも、そのすぐ側を歩いても逃げない

それ、多分ツバメ語かテレパシーで「ありがとう」って言ってたんじゃ
警戒心の強いツバメが人のそばに来るなんて、まず聞いたことがないもんなぁ

そのうちお礼にミミズ捕って来てくれるかもw

636 :本当にあった怖い名無し:2012/09/25(火) 13:30:10.46 ID:A7im3l090
ツバメ「なんて優しい人なの! 子育てが終わったら、次はあなたの卵を産みたいわ(はーと)」

637 :本当にあった怖い名無し:2012/09/29(土) 20:23:16.57 ID:sLJtRtTN0
そしてある日>629の家に娘がやってきて
「決して中を見ないで下さい」と勝手に機を織り始めて
布を残して居なくなるんだな・・・


638 :本当にあった怖い名無し:2012/09/29(土) 21:35:20.73 ID:2yfjhHb00
這い寄るんじゃないのw?

639 :本当にあった怖い名無し:2012/09/30(日) 05:53:00.90 ID:jrXcmi600
みんなツバメを愛してる

ttp://www.biodic.go.jp/reports/5-4/p028.html

640 :本当にあった怖い名無し:2012/10/06(土) 21:37:06.91 ID:yrSB23kK0
いい話に水を差すようで悪いけれど、
野鳥の親は、少しでも人間の匂いがついたヒナを育てないって聞いたことあるから、
むやみと野鳥のヒナは助けてはいけないみたい。

そのツバメの親が、しっかり子育てしてくれる親で良かった。

641 :本当にあった怖い名無し:2012/10/06(土) 23:19:07.01 ID:doska/He0
>>640
自分もそれ聞いたことあって調べたら鳥の臭覚はあまり発達してないらしく
親鳥がいない間にこっそり戻してやる分には問題ないらしいよ

ただ飛ぶ練習してるだけの雛を保護してしまうのは問題なので
弱っている場合だけにしたほうがいい

642 :本当にあった怖い名無し:2012/10/08(月) 02:02:58.10 ID:ApihZJyC0
自分は空っぽの蜘蛛の巣に引っかかってミンミンもがいてる蝉を助けたことがあるよ
蜘蛛の糸を外してやったらちゃんと飛べたしそのまま逃げるのかと思ったら
何故か途中でぐるっとUターンしてきて自分の近くまで来てからどこかへ飛んでいった
御礼を言いにきたのかと思うのは気のせいかな?

643 :本当にあった怖い名無し:2012/10/08(月) 10:43:00.45 ID:/u/Y1IFW0
>>642

あなたが恩返しを期待しているなら…・・・・気のせいで終了です。
あなたが恩返しなど期待せず、蝉を助けたように周りを助けるよう生きていくなら
ある日、奇跡は起こります。でも誰も気がつきません。
なぜなら、それはあなたにとってもう超普通な出来事になっているはずです。



644 :本当にあった怖い名無し:2012/10/12(金) 21:44:45.52 ID:4xnEadUi0
資格の勉強をしてた頃「一番偉い人は人の気持ちがわかる人です」って言葉に感銘を受けて
人に優しくしまくった。他にもゴミを拾ったり、寄付をしたり。できる限りの善行を試した。

試験前日の夜、なぜか酒が飲みたくなり日本酒を飲んだ。そしたら目が冴えて朝まで一睡もできないの。
「あんだけやったのに」絶望感でいっぱいの中、試験場に。
「もういいや」と朦朧とする意識の中でとりあえず思いつくままにマークシートに印をつけた。
後日、答合わせをすると…なんと上位10パーセント以内に入る高点数を取れてた。
模試でもそんなに取れなかったのに。もちろん余裕で合格。

単なる偶然だったのか、何かの力添えがあったのか今でも分からない。
>>643を読んで、そのことを思い出したよ。

645 :本当にあった怖い名無し:2012/10/12(金) 22:45:52.86 ID:Wxj3+zSFO
>>644
亡くなった近い身内に酒好きな人は居なかったか?
ご先祖さまでも、じいちゃんとかでも。


646 :本当にあった怖い名無し:2012/10/13(土) 06:25:18.49 ID:NdJw2ostO
>>644の氏神様が酒好きだったとかw
真似する人が出そうだ

647 :本当にあった怖い名無し:2012/10/13(土) 09:01:53.14 ID:QjPeuiyf0
>>645
母方の祖父が大の酒好きだったかな。亡くなってその当時でもう20年近く経ってたけど。
>>646
そん時は神社にはお参りしてなかったよ。
単なる偶然かもしれないからマネしちゃダメだよw。試験前はたっぷり寝た方がいい。

648 :本当にあった怖い名無し:2012/10/14(日) 06:23:06.07 ID:kvwXjJC70
バーちゃんの話で思い出した

バーちゃんは1995年の正月に倒れた
その年、ずっと休暇だった正月俺は関西に友人がいるので
ずっとそっちで過ごす予定だった

前の年の暮、「こっちで過ごしなよ」とバーちゃんは言ってたけど
頑として行くと言い張っていた。
その辺りバーちゃんは不思議な行動を取っていた
普段は親戚の家とかに遊びに行くのだが、もちろん運転手は俺。

649 :本当にあった怖い名無し:2012/10/14(日) 06:23:37.84 ID:kvwXjJC70
人当たりもよく人気者だったバーちゃんが来ると皆、喜んでいたものだ
ただし昼間に限るが、その頃は夕方過ぎに突然、行きたいと言い出した
こんな時間にと思ったが何件か回って、最後はお墓に寄った
「いきなりどうしたのと」聞くと「いつかはお墓に入るから掃除よ」
「不吉なこと言うなよ」って言ったものだ。
まだ「来年はこっちに居なよ」とずっと言っていた

650 :本当にあった怖い名無し:2012/10/14(日) 06:25:57.61 ID:kvwXjJC70
そして年明けに胸騒ぎがして一階に降りたらバーちゃんは
「頭痛い…」普通じゃなく痛がったたので救急車を呼んだが
原因は脳溢血だった
手術のかいもなく15日にあっさり逝った。
お通夜が終わり17日が葬式だったが、朝早く親戚が集まる
TVを付けたら、神戸地区が震災に見舞われるという未曾有な危機だった
もし行ってたら、確実に震災に合っていたろう

もしかしたら知っていたのかもしれない
そしてバーちゃんはそれから助けてくれたのかも…。

今でも助けられてると感じることがある
危ないところに行くときなどは特に。

651 :本当にあった怖い名無し:2012/10/14(日) 16:35:09.91 ID:prn/eiC50
ばーちゃん。・゜・(ノД`)・゜・。

652 :本当にあった怖い名無し:2012/10/15(月) 22:52:27.40 ID:/ocCghOiO
知ってたら地震があるってはっきり言うだろ
ばかだなぁ

653 :本当にあった怖い名無し:2012/10/16(火) 09:22:17.13 ID:Xgwmk6up0
基本的には
言ってはいけないルールなんだよ。
たぶん地震とは本人もわかっていないんだろうけど。

言った瞬間に未来が変わるから。
地震という言葉を使わずにどうやって知らせるか?
なぜなら、言霊は時空を超越して存在できるから。

どんな解釈もできる、まわりくどい劇になるのさ。
その劇に登場した人物でしか味わえない奇妙な三文芝居。
でも、何年たっても色褪せないだろう。

654 :本当にあった怖い名無し:2012/10/16(火) 13:06:10.72 ID:cVvo2teMO
>>40
凄く亀だが(ToT)

655 :本当にあった怖い名無し:2012/10/16(火) 13:14:34.27 ID:cVvo2teMO
>>57
(ToT)

656 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 22:40:34.28 ID:hCQa0QHa0
今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。
戦中予科上がりだけど、特乙や特丙よりも前に出たので、
それなりに操縦士の中でもエリート意識はあったらしく、飛行時間をよく自慢していた。
こっちから聞けば積極的に当時の話を聞かせてくれた。
その中で印象に残ったいる話を一つ。

1944年、祖父ちゃんは台湾海軍航空隊に所属していて、台湾に住んでいた。
本土から呼ばれて宿舎に空きがなかったので、基地近くの台湾人の人の家に下宿していた。
その家には台湾人の老夫婦が住んでいて、いつもとても良くしてくれるので、
小さい頃に母親を亡くしていた祖父ちゃんも嬉しくて、奥さんの方を「台湾のお母さん」と呼んで、
親孝行の真似事なんかもしていたらしい。

657 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 22:44:41.42 ID:hCQa0QHa0
そしたら夏の暑い盛り、いつも元気なお母さんが寝込むようになった。
祖父ちゃんも心配して、薬を工面して渡していたりしたらしいんだが、なかなか回復しない。
ある日枕元に座っていたら、お母さんがこんなことを言った。
「実は飛曹(祖父ちゃんは他の人から○○飛曹と呼ばれてた)さんが撃ち落されて戦死する夢を見たことがあった。
夢見が悪いだけかとも思ったが、もし正夢だったら大変だ。折角できた息子が死んでしまう。
なので神様にお願いしたら、代わりがいると言われたので、私と代えてもらうようよくよく頼んだ。
私はもうすぐ死ぬが、これで飛曹さんは大丈夫だ」
祖父ちゃんは、きっと病気で気弱になったのだろうと思って、大丈夫ですよと答えたそうだ。
旦那さんに聞いてみると、
「『敵をたくさん撃墜できますように』のようなお願いの方が軍人さんらしいが、
うちの神様は『敵を殺したい』のような悪いお願いはしてはいけない。」と答えた。


658 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 22:45:43.77 ID:hCQa0QHa0
そんで10月の台湾沖航空戦。台湾海軍航空隊も米軍迎撃のために出撃。
結果は知ってのとおり壊滅だ。祖父ちゃんの同期もほとんどが未帰還になった。
祖父ちゃんも撃墜されたが、機が火を噴かず落ちて、幸運にも着水脱出。
とはいえ、島影も見えない海のど真ん中にプカプカと浮かんでる状態で、
このまま漂流して死ぬのか、と思っていると、なんと台湾から出漁していた漁船が通りかかり、
「日本人だ! 助けてくれー!」と叫んで、引き上げてもらい、無事生還。
下宿に帰ってみると、お母さんは亡くなっていた。
旦那さんに尋ねると、ちょうど祖父ちゃんが出撃して飛んでいる時に亡くなったそうだ。
何の神様に祈ったのかは分からない。

659 :本当にあった怖い名無し:2012/10/25(木) 23:16:30.59 ID:1zi5vzazP
>>656‐658
すごい話だ…祖父ちゃんも台湾のお母さんが亡くなって泣いたろうなあ
お母さんを亡くすのは二人目なわけだし 台湾人でもない祖父ちゃんを自分が身代わりになってまでして助けてくれたわけだし
台湾の人は慈悲深いのな

祖父ちゃんが救われたおかげで今の>>656-658があるわけでもあるんだ
おまいも命を大切に、人に優しく生きていってくれ
いい話をありがとう

660 :本当にあった怖い名無し:2012/10/27(土) 10:09:10.85 ID:qRtZ/+FX0
>>656
戦争話あればもっと聞きたい

661 :本当にあった怖い名無し:2012/10/31(水) 14:30:54.88 ID:WBv/k0mZO
>>656
映画化決定

662 :本当にあった怖い名無し:2012/10/31(水) 16:43:44.33 ID:X1K1Qwbi0
霊感なんてまるでなくて昔に一度亡くなった祖父を見ただけなんだけど、去年の冬死んだ犬が出てきてくれた。

旦那見送って布団で転がってたら、居間から犬が私を探して呼んでくれる時の声が聞こえてきた。
○○ーこっちだよーと呼ぶと、ベッドに乗って来て匂いをかんで、伸ばしてた手を舐めてくれた。
ああ目を開けたのがバレちゃ駄目なんだよなと何故か思って、薄目開けてもう片手を伸ばして撫でた。

直後にふっと現実に戻った感じで、目を開けたらまあいるわけないんだけど名前呼んで号泣したわ。
旦那と相談して、家もソファもベッドも全部あのこに合わせて購入したくらい大事だった。
夢なのか来てくれたのかわからんけど、本当に嬉しかったので記念に。
いい年して幽霊怖くて夜トイレ行けない位なのに、あのこにはまた来て欲しい。

663 :本当にあった怖い名無し:2012/11/02(金) 14:20:27.23 ID:FSj6PT3/0
>>656
日帝が侵略しなければ死ななかった

664 :本当にあった怖い名無し:2012/11/02(金) 14:23:36.28 ID:AtAMXX9f0
>>663
おおかた、お前の先祖がやったんじゃねーの。
当時の日本軍には朝鮮人が大勢いたんだからな。

665 :本当にあった怖い名無し:2012/11/05(月) 04:01:34.58 ID:GTl1wYT00
>664
ということはアイツラが日本軍にレイプされたとか言ってるのも、
実はソレが原因じゃねーの。

666 :本当にあった怖い名無し:2012/11/08(木) 05:09:25.90 ID:I+f6+2fK0
>>662
それはただの夢ではない。その犬があなたの所に“里帰り”したんだよ。

667 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 17:27:28.94 ID:TwsdpeyU0
>>662
うちのにゃんこも帰ってきてくれたらな(´;ω;`)

668 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 22:24:24.37 ID:DgT8m2nmO
>>666
なんで断定できるの?

669 :本当にあった怖い名無し:2012/11/17(土) 22:35:31.18 ID:tp/9zJYR0
オカルト板でまた
無粋なことをw

670 :G:2012/11/22(木) 21:38:27.08 ID:JLsD0W6L0
数年前......2006年にバイク仲間が亡くなった。
知らせを聞いたオレは、"何で!?何で今なんだよ!?"ってムカついたし怒りもしたし、
文句の一つも言ってやろう......と思ってた。
......が、火葬場で最後に見た仲間の顔は、"苦笑い"だったんだよ。
"やっちゃったぁ〜!!ごめんな〜!!"という感じの、苦笑いだったんだよね。
その死に顔を見た時、"あぁ、自分が一番良く分かってるんだよな。"って思った。
文句も言えねぇ......ちとずるいと思ったのはオレだけじゃあるまい。
.....でまぁ、火葬に立会い、骨を拾い、仲間の親が仲間の遺骨を持っていくのを見送った。

そんな日を過ごして大体1〜2週間後だろうか。
オレはDL1000 V-Stromというバイクを乗ってるんだが、
仲間は死んだ時に乗ってたバイクの他に、DL650 V-Stromも乗っててね。
夢の中で、いつものようにバイク屋に走っていくと、仲間がDL650で店の前に居たんよ。
オレが、”え? xxさん、あれ? 死んだんじゃ.....あれ?"
と少し混乱してたんだが、そんなオレに気付いてたのか下を向いて苦笑いし、
その後、胸を張ってオレの方を見た。
......という夢を見たんだよね。

その話を、週末にバイク屋で仲間に話したら、仲間も"あぁ、オレもxxさんが夢に現れたよ。"
と言ってて、仲間と"最後の別れに来たんだろうね。"と話をしてたよ。

671 :G:2012/11/22(木) 21:42:22.60 ID:JLsD0W6L0
形見分けでオレは、その仲間が事故った時に履いてたブーツを貰った。
ある日、そのブーツを履いてバイクに乗って走り、家に帰ってきた時、
かなりトイレに行きたい状態となり......ブーツが中々脱げず、 漏らす寸前になったw

その日の夜、そのバイク仲間が夢に現れ......
仲間は花壇に腰掛けてタバコを吸ってて、オレに向かっていつものように
"よっ!"と手を挙げて挨拶、俺も"どもっ!"と手を挙げて挨拶して隣に座る。
そして、バイク仲間が一言、"あのブーツ、脱ぎにくいだろ"
......起きてから、"あぁ、仲間も同じ経験してたんだw"と笑ってしまったw

672 :本当にあった怖い名無し:2012/11/23(金) 05:37:54.81 ID:M591xmZh0
>>670-671
乙w

673 :本当にあった怖い名無し:2012/11/23(金) 12:36:49.04 ID:LkftvmXs0
ほっこりした

674 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 00:54:42.98 ID:zoGLd43d0
精霊スレのGさんお久しぶりです

675 :本当にあった怖い名無し:2012/11/24(土) 00:56:58.27 ID:E0tuGOFVP
泣ける

676 :G:2012/11/24(土) 13:27:57.91 ID:/368e25G0
>>672,673,675
この話が読んだ方の心を和ませる事ができたら何よりですよ。
そして、久し振りにオレも仲間を思い出して、故人を偲ぶ事ができたかなと思いまするよ。

>>674
オイラの事を知っている方がいてくれて嬉しく思いまするよ。

677 :本当にあった怖い名無し:2012/11/25(日) 11:44:31.69 ID:MxxIqL3x0
ここであってるかどうか・・少し話させて

幾度となく命にかかわる大きい災難も乗り越え、小さな苦しみもすんなりと解決して、幼少のころから
あ、だれかが助けてくれていると思っていました。
あまりにも煩雑な毎日で感謝の心を忘れてしまっていて
この板のどこかに感謝を忘れていたとお詫びといままでの感謝を書き込んだところ
ステージの高い女性?がいつもあなたを守っていますよ とレスをくれた方がいました。
あまりにもパワーの強い方なのでこちらまで苦しくなるほどだ・・と2度レスを書き込んで
くれていました。

思えば、ある事故で窒息寸前の苦しい中、もう死んでしまう・・助けて・・と念じたところ
鼻の頭がフッと冷たくなり、大きく息をすると息ができるようになり
涙が溢れ助かったことに感謝したことがあります。緊急の病気にも医師に恵まれ
助かったこともあります。

いつも守ってくれているのは、神様もそうですが
幼少のころ私を養女に欲しがっていた伯母ではないかとこのごろ思うようになりました。
夢かもしれませんが、夢枕に出て来た女性は優しい声で 心配しなくていいよ・・と
諭すような穏やかな声でした。白い着物で正座して、顔を見ようとしても体が動きませんで
胸のあたりまでしか見えませんでした・・

氏神さま、お観音様、ご先祖さま、伯母、たくさんの神さまや仏さまに守られているようです。

678 :マジックリン伊藤 ◆JrBk63tM8o :2012/11/26(月) 13:07:15.92 ID:6jUXPJVg0
神様を信じて救われて良かったね
次は生きている人にも感謝してみよう
今まで一人で生きてきたと思い上がっていると死ぬ時は辛いぜ

679 :本当にあった怖い名無し:2012/11/26(月) 16:45:53.75 ID:/HHYgUqp0
あなたよりは平穏に幸せに暮らしているんじゃない?

680 :本当にあった怖い名無し:2012/12/01(土) 18:59:18.10 ID:ZNsnDsQz0
>>644-645
曾祖父さんあたりが酔えば酔うほどよくできる酔験の達人とか

681 :本当にあった怖い名無し:2012/12/02(日) 21:21:23.77 ID:8OaHCB4WO
>>679
いちいち噛み付くなよ。生理なの?

682 :本当にあった怖い名無し:2012/12/02(日) 23:53:11.39 ID:2PErBbrc0
いちいち足引っ張るなよ、おもしろいか?

683 :本当にあった怖い名無し:2012/12/03(月) 12:17:23.42 ID:n9Re+Ceg0
人の不思議な話を素直に聞けない奴なんだろう
よかったなと感じられない奴なんだろう
コテ名見ても粋がってるアホだよ、ほっとけ

253 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)