2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【屋根裏の】江戸川乱歩賞その36【執筆者】

1 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 14:24:01.37
前スレ
【孤島の】江戸川乱歩賞その35【創作者】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1364045193/

2 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 14:25:20.61
('仄')パイパイ

3 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 14:25:26.83
あれ、たった今立てたら、タッチの差で新スレ立っていた。

4 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 14:28:09.97
スマソ 一応検索してから立てたんだが、そのときは表示されなかった。
専ブラじゃないんでこういうことが起きる。

5 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 14:38:19.65
乙です!

6 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 14:49:29.73
1乙です!

今野敏は武闘派ってイメージがあるんだが、受賞作に
はその傾向が現れているかな?

7 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 14:53:01.12
あまり関係ないんじゃない。
今野さんが気に入って推しまくったのが川瀬さんだし。

8 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 14:57:54.76
下村敦史がツイッターで、当面は乱歩賞一本に絞るってつぶやいてる。

9 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 15:00:02.70
その固執が良い方に転べばいいけどね。

10 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 15:11:59.99
>>6
逆に聞くけど武闘派っぽい作品ってどんなの?格闘などアクションシーンが多いとか?

11 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 15:19:52.53
>>10
あ、まあ平たく言えばそんなところです。

12 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 15:23:21.12
ごめん、上げてしまった(^_^;

13 :6:2013/06/02(日) 23:06:19.11
あれ、こっちが重複スレだったのか。しかし先に立った向こうのスレには、
そっちを削除した方が良いとかかいてあるし……

14 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/02(日) 23:53:48.74
こっちのレス数が多いんだから、臨機応変でよいだろう。

15 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 00:21:55.98
下村、四角は来年も残ってくるかね。
ガラッと作風をかえないと厳しい感じがする。

16 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 01:38:44.94
>>15
そうかもしれんが、今年の分はまだ誰も選評読んでないんだよね?
もしかしたら既にガラッと変えているのに落選したかもしれないぞ。

17 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 02:15:30.43
それならそれで、事態は深刻だよ。

18 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 03:15:30.31
そうかもな。作風を大きく変えても受賞出来ないんじゃ……

19 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 03:21:44.75
ところで、時代物ミステリーの構想を練っているおれとしては、
時代ものというだけで斬新かどうか、それに興味がある。
時代小説スレにもさっき書いたが、清張賞と乱歩賞、どちらが
良いかと思ってね。

20 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 06:34:07.00
時代色が強ければ清張賞、ミステリー色が強ければ乱歩賞。

21 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 07:24:10.43
時代ものとミステリーが絶妙にブレンドされてれば、斬新という理由で乱歩賞受賞できると思う。
謎解き密室捕物とか結構おもしろそう。

22 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 08:57:33.44
やっぱり斬新さを狙うならお色気ミステリー。

23 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 09:12:46.91
今回の受賞者は若いからね。
どんなテーマで書いたのか興味あるわ。

24 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 09:46:00.26
四連続最終落ち なんとか救済できないものかね
本誌に抄録掲載するとかさ

このミスだって隠し玉がある 乱歩賞もちょっとは温情があってもいいかなみたいな
でも本心は連続最終落ち作品がどんなものなのか読んでみたい欲求があってのこと
このわさわさ感 どうにかしてくれんかのう姉妹

25 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 10:05:37.78
落選作なんて興味ないわ
乱歩賞一本に絞って挑戦し続けている人なら余計に、そんな温情デビュー嫌がるんじゃない

26 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 10:11:21.07
>>25
まあ、でも最終に何度も残っている人はもう別ペンネームでデビューしている可能性も高いし

簡易電子図書で、販売ぐらいはやってあげてもいいと思う

27 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 11:34:40.51
佳作デビューはやだな。
とは言っても、佳作すら獲れそうにないのだが。

28 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 12:00:42.19
佳作取るくらいなら、よその賞で大賞取った方がいいと思う。
というかそんな扱いでいいなら、このミスにさっさと移ってるんじゃないかな。

29 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 17:18:35.38
横溝も佳作があったよね。
デビューできるなら、賞のランクにこだわる必要はないんじゃないかな。
デビューした後に巻き返せばいいだけだし。

30 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 18:42:40.44
佳作でも受賞には違いない
最終選考候補作だと受賞未満と思われそう

31 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 18:48:11.31
名誉の問題だけだな

32 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 20:44:09.63
大賞取っちゃうと権利関係を完全に縛られて、
バカ売れしたときとか映像化したときとかに何の権利もなくて悲惨とか聞くよね

33 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 21:00:44.53
どこで聞いたんだよw

34 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 21:35:17.98
リングの鈴木のグチを拡大してるな

35 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 22:17:51.31
鈴木のは愚痴じゃなくね

36 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 22:30:33.92
お前ら、まずはデビューしろ。
話はそれからだ。

37 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 22:31:20.84
なんでデビュー受賞にそんなにこだわるの?
佳作デビューでもいいじゃん
大々的に乱歩賞とっても続かなきゃ消えるだけだよ

島田ソウジなんて、最終候補デビューじゃん

作家なんて、数書かなきゃいけない職業なんだし

38 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 22:44:46.00
佳作デビューでもいいんじゃね
けど乱歩賞にはない
ただそれだけ

39 :24だが:2013/06/03(月) 23:08:28.31
ふむ、ふむ いろんな意見があるわけだ
本音をいうと悔しいのだよ

なんか選考委員だけが宝の山を選別しているみたいで
こっちにもちょっとは回してくれよ、という感じ

下山さんのさあ、あの執着心がなんで選考委員の胸を叩かないのか
読んでみたいでしょ オデはほんとじれったい 自分の感性で確認できないのが……

40 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 23:28:32.17
今の時代、作家になるにはなんらかの受賞が不可欠。
シマソウとか、大昔の話を持ち出しても無意味だろ。

41 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 02:53:31.08
伊坂も佳作デビューだな

42 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 07:47:15.77
腰巻に「第〇回江戸川乱歩賞落選作」とデカデカと記したら、勘違い組も含め、意外と売れると思うんだけどなあ。

43 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 07:48:34.91
受賞作より高く評価されたら選考委員の面目丸つぶれだが。

44 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 08:33:24.29
しかし、ここはたらればばっかだな。
受賞圏内にいる奴にはない思考だろう。
負の臭いが漂っている。

45 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 08:50:56.42
色々出して広告費分散するより、受賞作を力いっぱい押し出す方が得策と判断したんだろう。
このミスとは正反対の戦略だが、ここは乱歩賞なんだからそれでいい。

46 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 09:06:51.27
佳作デビューもいとわないやつは、他の賞に行け

47 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 09:12:14.33
新しくなった「新潮ミステリー大賞」には、
受賞作の映像化権に加え、最終候補作の「映像化優先権」も東映が持つ珍しい条件が設定されているようだ。

48 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 09:46:56.55
付加価値つけないと、数を集められないんだろうな

49 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 11:14:39.91
新潮ミステリー大賞には出してみたいな。幸太郎が選考委員だし。

50 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 12:28:45.78
伊坂は評価が高すぎる。
出始めに書評家どもが持ち上げて、それにアホ読者がのった結果にしか見えない。
春樹を意識しすぎだし。

51 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 14:26:52.98
え?伊坂って春樹っぽいトコある???

あの手のエンタメはそれまでは脚光を浴びなかった。
面白い方向性だと思うが・・・

52 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 15:02:04.33
文体とか鼻につくオシャレ感とか、村上春樹っぽいと確かに言われてたよ。
軽くて内容をすぐ忘れる本、という認識だな。

53 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 15:23:05.47
>>52
ふ〜ん。そうなのか。
春樹の文体はもっとクドイ印象だった。もうずっと読んでないがw
オシャレ感は80年代ごろの方が行き過ぎてて気にならなかったね。

軽くてすぐ忘れるのは同意だが、それはそれでありだね。
極上寿司の合間の回転寿司だなw

54 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 16:14:36.87
無駄にオシャレを絡めるのは石田衣良

55 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 17:09:09.61
その先をゆくのが道尾 秀介 ルックス、アナウンスも含めてな

56 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 17:19:03.32
あー、ぺらい発言が痛い人ね。

57 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 18:24:32.43
会社で支店の人が、乱歩賞を狙ってると噂で聞いた。
なんでも、かなりいいとこまで行ってるらしい(自称)。
最終に残ったことのある誰かなのかもしれん。身近に応募者と思われる人間がいて驚いたよ。会ってみたいもんだ。

58 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 18:48:57.99
会ったこともない支店の人の話とかまで広まっちゃうんだ
「××支店のあの人乱歩賞狙ってるらしいよ」って

59 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 20:55:26.40
そう、そう。
まぁ、自分が小説書くのが趣味だと飲み会で言ったからその話が出たんだけどね。
支店とはいえ、異動は頻繁だし割と繋がりがあるよ。

60 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 03:08:29.12
面白そうじゃん。素知らぬ顔して話聞きだして一本先に書いちゃえよ
でその人がお前を殺しにくる。その話でもう一本書けるな

61 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 11:26:17.02
そうやって今年までに五人くらい死んでいる  らしい……

62 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 16:03:16.40
今年の乱歩賞って、応募数どれくらい?
女は増えた?

63 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 22:25:20.80
しらんがな

64 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 22:35:49.05
知っとけよ使えねーな

65 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 10:57:29.13
立ち読みで済ませたから数は覚えてないや。
月末、小現の発売を待ちましょう。
あ、私は女で一次通過でした!

66 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 18:56:57.19
私も女!
一次落ち!

67 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 22:08:21.13
ついに四角は、タートルネックを脱いだな

68 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 23:59:20.79
見てきた ヘンな具合になっていた
なんで? このスレでいろいろいわれたから……

だったらひとこと 来年は参考資料が必要のない作品をぶつけてみたら……

69 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/09(日) 11:35:51.29
人の心配や妄想をするよりも自分の心配をしろよww

70 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/09(日) 11:55:00.16
まったくですな

71 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 19:43:15.98
伊予原新の『ルカの方舟』が出版されてるじゃないか。
『再会』の年の最終候補だったっけ?

72 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 20:46:01.85
ほんとだ。しかも講談社!

73 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 20:56:51.23
ある意味受賞作より期待できそう

74 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/11(火) 21:22:38.35
おお!
受賞後第一作も出てたのね。「ルカ」が三作目か。
最終候補そのまんまタイトルの出版は、「ゴルドフィン」以来か? 最近はなかったよね?

75 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 12:26:26.42
そんなに楽しみか?
まさか自演?
ちょっと痛々しい感じが……。

お台場アイランドなんちゃらを読んだけど、冗長で詰め込み過ぎで正直つまらんかった。

76 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 23:09:42.40
受賞作が売れねえから、引っ張り出してきたのかねえ。
伊予原も今頃声かけてもらって嬉しいのだろうか?
幻冬舎あたりからでれば頷けるものもあるのだが。

77 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/15(土) 18:35:24.20
今日、地元の図書館に行ったら、中にある地域センターで小説講座やってたぞ。
中を覗いたら、受講生は20人弱ぐらいで主婦みたいなのと老人が半々。
結構、需要あるのな。
講師は若い男だったが、誰だありゃw

78 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/15(土) 18:39:50.75
しかし、主婦層はどこの小説講座でも多いらしい(今までの情報によれば)。
プロ目指してんのかな。

79 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 09:43:20.10
旦那の稼ぎが少なくなる一方だから、一攫千金を狙っとるのやろ

80 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 12:05:14.09
どこぞの文学部を出て、主婦におさまる。
さて、おびただしい雑文に主婦の自分を合わせ見れば、
既成の文章は経験が浅い。そう勘違いするんだろうな。

だから主婦でありながらベストセラー作家という者書きには
猛烈に嫉妬する。
子育てがなければ、旦那の面倒に振りまわされなければって……いと哀し。

81 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 12:18:38.96
潜在的な作家志望者は、おそらく女の方が多いだろうね。
年齢問わず、一般的にみて女は文章力がある。人の裏側をわざわざ見たりするし、小説には欠かせないドロドロした人間関係を地でいっているからね。

だから書くものが、イジメ、不倫、虐待、主婦カーストみたいなもんに固定化されていて、既視感しか生まれないから作家にはなれない者多し。

その席には空きがないと気づけないんだな。

82 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 12:40:49.53
その昔、爺ちゃんが自費出版した人生のサクセスストーリーを読まされて、読書嫌いになった。

83 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 12:46:19.04
ちゃんと読んだのか
いい孫だな

84 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/16(日) 15:11:53.12
感想を熱望してたから読むしかなかった。
活字の上で目が滑り、単語が何ひとつとして頭に入ってこない、苦痛すぎて蕁麻疹が出る……といった体験をしたよ。
読者を意識して書くことを学んだ瞬間だ。

85 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 02:37:42.61
文体の合う合わないってあるよなあ
俺は福井晴敏の文体がすごく苦手。巧いんだろうけど苦手

86 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 09:25:58.75
言い回しの好みもあるよね。
だけどそれが作家の個性だから、好き嫌いがそこそこ出るようなのがいいと思う。

87 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 17:05:56.86
みんな息してるか?
選評の掲載直前だってのに、何この静けさ。
まぁ、俺も今さっき規制解除されたんだがね。それにしても、規制のやりすぎで2chも終わるな。どこ見ても過疎。
運営がバカすぎる。

88 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 18:19:28.60
イラは相変わらず見当違いなことを言っとるな。しかも朝日新聞で嬉々として語った訳か。

2013年6月18日 朝日新聞朝刊
tp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130618-00000002-asahik-soci
近頃、エンターテインメント小説に、愛国心をくすぐる作品が目立つ。なぜ、読者の心をつかむのか。

戦争素材に続々「右傾化」の指摘
(前略)
 優れたエンタメ小説を選ぶ山本周五郎賞。先月の選考会で、受賞を逃した
山田宗樹「百年法」について選考委員の石田衣良さんは「右傾エンタメのパターンを踏んでいて残念」
と講評した。同作の舞台は不老不死が実現した世界。ゆがんだ社会を立て直すため
リーダーは国のために犠牲になった先人らをたたえる。

 「右傾エンタメ」とは石田さんの造語。「君たちは国のために何ができるのか、と主張する
エンタメが増えているような気がします。」百田さんの2006年のデビュー作「永遠の0」から
気になっていたという。同じ年、安倍総理の「美しい国へ」がベストセラーになった。

 「永遠の0」は、特攻で命を落とした祖父の人生を26歳の青年が追う物語。特攻隊の男たちの
迷いや弱さに焦点をあてて、読者の支持を得た。石田さんは「かわいそうというセンチメントだけで
読まれているが、同時に加害についても考えないといけないと思う。読者の心のあり方が
ゆったりと右傾化しているのでは」。
(後略)

89 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 10:35:12.76
目立つことが好きなんだろうな。
自分の言葉には影響力がある、みたいな。
テレビに出たりしてるの観ても、自己顕示欲がすさまじく強そうなナルシストだ。

90 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 13:21:47.08
作家は右だとか、左だとか、安易に言ってはだめだよ、衣良さん。
それじゃあ2ちゃんの書き込みと同じになっちゃう。
まして、零戦扱った作品を右傾化とか……

91 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/20(木) 13:46:35.93
なんでこいつは評価されてんのか謎。

国のために何ができるのか、という物語を一緒くたに右傾エンタメなどと名付けるアホさ加減。
女子会、イクメンなんかの糞言葉をひり出す輩と同類だな。

92 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 12:28:53.44
資料も置かず 時代感覚だけで書いてきた作家の 嫉妬
憐れみを通り越し 朽ちてゆくだけの存在

語る価値もない

93 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 16:44:29.64
頼むから乱歩賞から抜けて欲しい。

94 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 18:05:26.73
そういや、もうすぐ選評掲載じゃん。
受賞者の影薄いな。

95 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 21:57:47.62
衣良の選評が楽しみだ

96 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:26:49.78
選考委員に文句言うより、最終まで残る努力をした方がいいんでない?
残れなかったら見てもらうことさえできんからな。

97 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/21(金) 23:34:01.85
文句じゃないでしょ。
作家が右傾エンタメなんて断定的な発言する愚かさを言ってるだけだよ。
名前を出された百田も激怒してるらしい。
選評でも、右傾って言葉を得意げに書いてそうで楽しみだよ。

98 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 00:29:49.26
その百田さんのツイートに豊崎社長が怒ってたね。
山本賞候補辞退のときに何か裏があったって話だけど気になるな。

99 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 01:12:22.59
豊崎は百田が大嫌いだからね。
年中、ケンカ吹っかけてる印象がある。
ま、百田もおかしなとこだらけだけど、衣良が朝日に右傾エンタメなんて口走るのがまずおかしい。
案の定、安部政権と右傾エンタメを結びつけてるわけだしさ。

100 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 02:53:17.44
名前挙がってるやつが全員胡散臭すぎ

101 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 15:36:12.28
若いから受賞させた。
選評から伝わってきたのはこれだけだ。
連続異常殺人鬼ものらしいが、既視感があるとみんなから指摘されている。

5作中2作が戦争もの。
四角い人は去年よりも出来が悪かったらしい。

102 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 15:50:53.85
選考委員の5人が誰も推してないのが事態を物語ってるな
東野さんは今年が最後だから残念だよ

103 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 17:58:40.07
来年の選考委員だれ?

104 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 18:18:36.33
四角い人って高齢者だったのか

105 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 18:37:12.08
おそらく50超え

106 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 18:55:38.29
受賞者は32歳だが最終候補者の平均年齢は50歳を超えてるらしいね。

107 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 21:24:32.10
四角って50過ぎなのか?

そりゃちょっとまずいだろ。

108 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/22(土) 22:45:32.68
おれはもうすぐ60だよ。
予選すら通らねえよ。

109 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 00:34:34.29
ここ最近、50過ぎの受賞者はいないだろ。
なんだかんだ言っても、主催者だって50とか60の受賞は避けたいと思ってるよな。

110 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 01:43:21.17
年齢ごまかして、覆面作家の体で送ればいいんじゃないか
経歴詐称ではじかれるかもしれんけど

111 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 10:26:58.59
しかし、若いから受賞と言わんばかりの今回は、あの過去を思い出すな。
受賞第一作が書けなくなるという。

112 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 10:53:43.60
kwsk

113 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 11:22:33.68
カタコンベの神山裕右だろう。
彼も「若さと将来性に懸けて」みたいな評で受賞したからね。
その後は書けなくなって迷走しているよ。

114 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 16:40:50.44
こんな乱歩賞に誰がした!泣けてくるよ。。。

115 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 16:58:22.96
多分今回は、どれもぱっとしなかったんじゃないの。
現に選考委員の先生方は、誰の作品も推してないじゃん。
だけど受賞作なしにはできないから、せめて一番若い奴を選んだってとこだよね。
なんか、選評からそう読み取れるんだけど。

116 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 19:16:31.18
ブージャム狩りというより応募者おやじ狩り。

117 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 19:41:58.34
は?

118 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 20:10:17.61
しかし、襲名犯ってタイトルどうなの?

119 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 20:50:17.45
↑売り上げが一万部ほど減ったな。

120 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 21:56:03.08
硬いタイトルだねぇ。
連続猟奇殺人ものなら、もっとこう若いヤツの気を引くようなのがよかろうに。
襲名なんつうから、一瞬ヤクザものかと思ったよ。

121 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 22:32:09.55
選評読んできた。イラは若い優秀な連中はラノベに流れ、
乱歩賞はあほな中年しか送ってこないという趣旨のことを述べていた。
今回は最終候補作全部だめで、若い奴にやっただけということ。
ブージャムもかなりしょうもなさそう。

122 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 23:28:15.81
そうか。いいたい放題だな。
だったら五十過ぎてすぐに百万部売る男はどうなんだって
ハナシだよな。あの長ったらしい表題の作品。

感性って若さは関係ないような気がする。

小説は書き手が表に出ればうざいだけ。
そうだろうイシダイラ君。って耳もとで叫びたいね。

123 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 23:34:50.07
>>乱歩賞はアホな中年しか送ってこない

んな趣旨のこと書いてないがなw
しかし、才能とセンスのある奴はラノベに行く……なんて、よくもそんな無責任なことが言えたもんだ。
衣良はラノベの惨状を知らんのか?
自分の言葉に酔うのもいい加減にしろと言いたいぞ。

ま、今回は、推せる作品がなかったというのが総意だろうね。
どの選評を読んでも踏ん切りが悪い。

124 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 23:49:01.33
俺はイラのようにはならないぞ!
それだけは思う。自分が権威になるなんて厭だ。

125 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 00:03:17.16
京極さんなんて、どの候補作にも触れない選評だったしな。笑ったわ。
だが、受賞作は楽しみだよ。
若い世代がどんなものを書いてきたのか興味ある。

126 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 00:09:58.51
大したことはないと思うよ

127 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 00:20:40.36
下読みがダメなような気がしてならない

128 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 01:20:10.58
ラノベはほとんどが酷いけど、いかんせん勢いが凄いからな。
若い奴は一般小説で細々と書くより、ラノベで売れる方がマシって考えるだろうな。
純文から大衆、大衆からラノベ、時代の流れは止められない。大衆に拘るのは古臭いと若者から思われても仕方がない。

129 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 02:18:36.52
まともな人間はラノベなど読まない。
そもそも、ラノベ作家なんて使い捨てライターと化してるしな。
売れないだの時代にマッチしないだの言われても、俺はプライドのある作家になりたいね。
恥ずかしくて誰にも言えないような作品を生み出すなんてぞっとする。

130 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 02:27:17.84
>>127
5作中2作が戦争ものって、下読みは作風のバランスを全く考えてないんだなと思ったよ。
普通、似た設定を選ぶかね。

131 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 04:56:41.10
全体的な傾向として一般的なエンタメにライトな小説が増えてるけど
ラノベ自体はなんか変なことになっちゃって
若い人はもうラノベ読まないらしいじゃん
30台40台があの歪んだ進化したラノベの読者なんだろ

132 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 06:24:17.57
狼と香辛料ってラノベ?
すばらしかったよ
ラノベ云々言ってる人は応募者じゃないよね?
狭い了見じゃどこの世界でも受け付けられませんて

133 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 06:57:55.36
>>132
あれで素晴らしいと思えるなんて、君の世界は狭すぎるよ。
そりゃ、あんたの極々狭い見識の世界じゃ受け付けられんわな。

134 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 07:39:16.97
すばらしいとは思うよ、一般エンタメ狙うならもっと時代考証をちゃんとしないとだめだろうけど
完璧にしろとは言わんけどさ
塩野七生や佐藤賢一なみにってことね、純文学にするなら平野啓一郎程度にはやらんとだめだね

たとえば中世ヨーロッパ風とかではなく、きちんとどこかの国にするってことね
(国をまたぐのはかまわないが)
名前がフランス風や英語風を適当につけて、ごちゃ混ぜとかやめる
(これって江戸時代にキムさんやリーさんが侍として出てくるみたいなことだからね)
金貨や銀貨のレートもきちんと調べる、あと当時の商売の仕方とか扱ってる商品とか衣食住とかの
描写もファンタジーだから適当でいいやではなくちゃんとしないとだめだろうね
狼人間出してもいいけど、納得する説明をつける
せりふとか性格、思考をアニメやらラノベっぽいのをやめ、当時の人のように書き換える
そうすればラノベと馬鹿にされないと思うよ。まっとうな本好きも読むと思う
(逆に言うと、そういうのちゃんとすると字が細かくなってラノベの読者は読もうともしないだろうけど)

135 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 08:20:36.33
論点をすり替えて熱く語るな。
特異な数作を挙げて「ラノベは素晴らしい」とか言うなって。
全体としてラノベは糞であることは変わらない。
よそでやれ。

136 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 08:27:27.05
>>134
もちろん皮肉で書いてるんだよね?
いろいろと痛いけど。

137 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 09:11:30.33
今回は応募作全体を通して低調だったんでしょうね。
だから下読みも、戦争ものを2本も上げなけりゃならなかった、と考えたほうが自然だ。

前、何かで読んだ記憶があるけど、最終候補の5作はバリエーションをもたせなければならないから、似た設定があれば出来が良くても一方は落とす、みたいなの。

138 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 10:42:57.26
乱歩だって子供向けと、大人向けで同じ話を書いてる
ちゃんとした小説の読者に「幼い、キモオタ好みだ」と思われないためには
書き分けが必要であろうってことだよ

「ラノベが」すばらしいなんて言っていないから
すばらしいが指してるものは別
>>132へのレスだもの、ラノベすばらしいとはならんでしょう

139 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 11:40:34.42
ラノベ読んだことないからなぁ
森のダウン・ツ・ヘブン、フラッタ・リンツ・ライフなら書棚にある
これはカテ違い?

読んでみっか、なんぞ、おすすめがあれば……

140 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 12:20:33.44
ねえよ、読むだけ無駄(というよりマイナス)
どうしても読みたければ、一般エンタメに越境に成功した人を読むのがいいんじゃないかな
ラノベ文体、ラノベキャラにそまりきってないし
桜庭一樹とか冲方丁とか
もしくはラノベがこんな風になる前の中高生向けの読み物だったころの作家とか
小野不由美や田中芳樹とかの

141 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 13:24:22.32
ラノベの話はよそでやってくれ。
すごい作品があっても読むつもりもない。
ロリエロ漫画みたいな表紙つけなきゃ、客が見向きもしないジャンルだろ?

142 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 13:38:26.82
来年から有栖川が選考委員に加わって、傾向が変わるだろうか。
この人の作品読んだことないんだけど。

143 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 13:45:34.54
年齢、50歳から上は引退したらどうか。
それか、島荘がやってる高齢ミステリー賞に送るか。

144 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 14:08:53.21
新潮社がミステリの賞新しく立ち上げたから
ますますこっちにはろくなのしか集まらなくなりそうだな

145 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 14:50:46.13
枚数を気にせずに書けるのはいいね。

146 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 14:57:32.37
>>144
ろくなのというより、乱歩賞は知名度は抜群だから、掛け持ち応募者が増えるんじゃないの。
獲れればラッキーみたいな人がさ。

147 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 15:16:05.68
店頭では軽い作品のほうが圧倒的に売れるだろうね。
なんだかんだ言ってもそういう時代。
でも、それを乱歩賞でやったら酷評されるし結局はダメの烙印をおされる。
それを考えると、伝統に縛られた難しい立ち位置の賞だと思うよ。

148 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 16:09:30.26
すまん
どうしても突っ込みたい
揚げ足取りと言われようが構わん

「ろくなのしか集まらない」ってなんじゃああああああ!
「ろくなものが集まらない」だろがあああああああああ!

149 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 16:15:20.47
はぁはぁ
「ろくなものがない」は満足できるものがない、良いものがないって意味だぞ。
180度違うのにスルーどころか、繋いで話してるって・・・

ここ乱歩賞だろ?

150 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 16:55:01.86
なにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!!!

151 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 16:58:36.58
いや、言葉の間違いなんか普通にスルーだろ。
いちいち指摘なんかしないよ。

152 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 17:04:21.36
謎解きはディナーのあとでが未だに平積みされてるぜ。
あのぐらい、簡単で奥行きがないミステリーの方が売れるんだよな。

153 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 17:39:44.02
軽いものも重いものも売れ行きに違いなんかねえよ
みんな売れ行き落ちてるよ
全体的に軽くなって、激重が敬遠されてるって事はあるかも知れんけど
ブームになっためちゃ軽を見て。全体を判断しようとすると痛めに合うよ
ブームのかげて軽いけどさっぱり売れてないものもあるわけだし

154 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 17:57:38.74
世の中の半分以上がバカなのだから、そのレベルまで落とさなければヒットは生まれない。
内容が難しくても、ブランチなんかで紹介されれば、なんかオシャレ……と勘違いしたバカが訳もわからず群がるのだ。

これは出版界に限ったことではない。
流行とは、バカから搾取に成功したものを言うのである。

155 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:09:00.83
じゃ、おまえは、だいぶレベルを上げないとな

156 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:12:12.81
そういう返しは予想できるからおよびでない。
世間の流行りを見てくだらないと思わない者は、自分はバカの領域なのだと悲嘆すべきだろう。

157 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:20:20.54
残念ながら、賢い奴はバカに伝わるように噛み砕けるし、交わることも容易い。
中途半端な知恵者は、噛み砕くことも交わることも出来ずに、ただ見下すだけ。

158 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:22:37.03
それ中二病なだけだろ
素敵な流行だっていいっぱいあるぞ、同じ馬鹿なら踊らゃにゃ損損!

世の中斜めない中学生男子の逃げだよ
そして君を唯一理解してくれる美少女妄想でもするんだろうけど叶うことは無い
美少女はたいていの場合、素敵に流行を踊るリア充を見て恋が始まるのさ

159 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:24:25.21
世の中馬鹿にして斜めに見るのはモテない中学生男子の逃げだよ

160 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:38:14.01
売れるもの、流行りものが総じてくだらないと解っているのに、できる奴はバカに合わせた小説も書ける、などと胸を張るのも滑稽な話だ。

いや、そこまでして作家になろうという貪欲さなのかもしれないが、才能をバカに合わせるためにすり減らすことは、本末転倒ではないのか。

結局、誰かが操作してる世の中に躍らされているだけだろう。

161 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:39:40.28
流行が大好きな知能の高いものもいっぱいいるしね
軽い小説にだって、当たり前だが軽いからこそ、知識やお勉強で押し切れない
センスや才能が必要だったりするし、坊主にして化粧を落とせばだれが本当の美人がわかるみたいなさ
「レベル落とさないといけないのだよ」とか、できもしねえのに受賞して売れてから言えよ
って思うわ

162 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:41:16.49
それにもうひとつ。

素敵なものは、流行した時点で終焉だ。
バカに食い荒らされて消えていく。

163 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:43:30.12
売れるものが良質だと勘違いしている人がいるね。

164 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:45:20.07
おまえが人とうまくやっていけない人だということはわかる
みなが熱狂する! それだけで素敵な事じゃない?

純文学へでも行ったら?

165 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:49:33.87
AKBに熱狂するいい歳したオタクを見て、素敵だなと思えるのかい?

166 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 18:59:06.19
売れるものがすべて良質とは思わないけど
良質を目指さないと売れないと思ってはいますよ
(良質なのに売れない場合もあるわけだし)
もちろん悪質が売れることもあるけど
そんなものは一過性のブームで運とか宝くじみたいなもんだし
(それを誰かが操作してるとか言うのは。まんま中二病の妄想じゃないですかw)
秋元康だって何回も失敗こいてますよ、

歌の上手さなんかとはちがう、俺らにはわからないアイドルの質の上下みたいなものが
あそこにあるんじゃないんですかね?

AKBのオタクはキモイと思いますよ、情熱はすごいなとおもいますが

167 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 19:10:58.58
いや、メディアの情報操作は確実にあるでしょ。
最近になって、ようやく国民もおかしいなと気づき始めたわけで。

168 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 20:20:37.81
くだらないものが売れるのは昔からある。
でも、そういった下劣な作品は時とともに人の記憶から消えて、残る作品は良質な作品が多い。
著者が死んだ後の評価を気にするのなら練りこんだ作品を書き続ければいい。
老いて過去の作品を後悔しない、もしくは死んだ後の評価がどうでもいいのなら、売上至上主義でも問題ない。

169 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 20:23:58.12
加齢臭漂うスレ
こりゃ、乱歩賞も終わりだな

170 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 20:37:56.31
ともちん一度でいいから俺のちんを

171 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 21:03:48.41
おれちん

172 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 21:50:17.92
いつも頭は柔らかくしておこうとは思うけどさ、売れ筋を追求して間口を広げた結果が今のラノベなわけで。
ああなったら、作家はプライドを保てるんだろうかと他人事ながら思うね。

173 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 22:04:36.12
おまえら、お題をやるから競合して書いて応募してみろ

「己の加齢臭で死んだワナビ」

174 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 22:04:42.91
それは、あんたの市場調査がおかしい
ラノベのみが売れ線でもなければ、量産されるマイナーなラノベは
純文学ほども売れない、数千部が普通
それにラノベは間口を狭めてオタクに特化することで今の地位を手に入れたと思う
本屋でも、ラノベコーナーはなんか隔離されてるしw

175 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/24(月) 23:15:21.75
俺の地元の書店は、漫画コーナーに並べてたわ。

176 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 00:03:46.32
あの内容を数十年後に読んだら死にたくなるだろうな。
「淫売婦のような内容で飯を食っていたのか」ってな。

177 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 01:01:08.06
客を楽しませるのがエンタメ作家の仕事
淫売婦上等じゃね? 他を圧倒する様なテク持った誇り高きいんばいに成ろうぜ
なんかくだらない物は作らないとかプライドとか、そんな勘違いは中学で終わり
潰しのきかない、粗大ゴミのような純文学くずれになるだけだぜ

178 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 01:06:02.67
石田衣良は後日検証不能な落選作品しか内容に触れてないのな。
とにかく安全安心なとこから叩きたいのかね。

でも後の選評はためになる。来年がんばろう。
東野圭吾じゃなくて、石田衣良が引けばよかったのに。

179 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 01:09:23.33
>>177
中学生みたいな文章と考え方だな。

180 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 01:31:56.28
石田に作品を評価する目はないよ。
毎回毎回、どこの選評でも同じようなことを書いて嫌われてる。
若いから受賞させたと言わんばかりで、受賞者の出鼻をくじいたな。

181 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 01:43:29.22
四角い人、応募を断念するのかね。
なんかブログがあらたまってる。
下読みに「様」とかつけてるし。

182 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 07:10:17.69
四角いおっさんは横溝に変更したほうがよいと思う。
残りの人生も少なさそうだし。

183 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 08:11:08.00
源太郎ラインか。
目先を変えるのはいいかもね。
俺は今年はがんばって二作仕上げるつもり。仕事が忙しいからハードになるが。
乱歩と、このミス以外のとこに出すよ。

184 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 08:12:35.80
下読みには冒険物大好きが多いのだろうが、選考委員は推理物を望んでいるみたいだな。
東野→アリスの交代で、この傾向は一層強化されるんじゃないか。
冒険物しか書けない人は、この点を十分に考慮したほうがいいと思う。

185 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 09:04:38.98
プリトリみたいなのが有栖川の好みだよ。

186 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 09:08:51.51
ロジック重視だろうな くどすぎて俺は好かんが

187 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 12:04:09.35
有栖川って月光ゲーム乱歩賞に送って一次落ちじゃなかったっけw
それにしても東野が抜けて乱歩賞獲ってるの桐野だけじゃん

188 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 12:59:39.30
四角いおっさんってwww
50過ぎだと発覚したら、おまえら容赦ないなw

189 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 13:30:48.58
四角の嫁の親父が、電通元幹部だとわかったときから、50は確実に超えてるのは想像できただろ。

190 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 14:05:43.22
四角いおっさんの落選作を一つの賞にまとめて送ったら面白いことになりそうだけどな

191 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 14:16:46.77
なるかいな
四角に幻想いだきすぎ

192 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 15:27:18.03
四角は30代だよ

193 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 16:22:24.36
ちゃうわ

194 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 16:25:36.31
>たくさんいただいた選評を道標にして、これからも小説を書いていきます。
>ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

一応募者が、選考委員や下読みに対して、声援をお願い??
なんかずれているね。
乱歩賞をあきらめて、コネデビューすることにしたのなら、わかるが。

195 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 16:31:25.85
ご声援のほど云々は、ブログの読者に対してじゃない?
でも、これからも乱歩賞を目指すと書いてないから、応募先を変えるかもね。
そのほうがいいかもしれない。

196 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 18:37:48.21
松本清張賞のほうの受賞者が6時のニュースに出演してた。
清張賞受賞で、NHkが取り上げたことなんてあったっけ。
食堂のおばちゃんだから、ニュース性があるのだろうか。

197 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 18:49:35.93
食堂のおばちゃんっていっても早稲田卒だもんな
それより最終で落ちた黒澤って人がすごいよ。
日本ホラー小説大賞、ホラーサスペンス大賞、このミス大賞、清張賞、
ぜんぶ最終候補までいってる。これでなんでデビューできないんだろう

198 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 19:05:19.43
うへ。俺だったら泣くか発狂しちゃうよ。
強い精神だなぁ。

199 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 19:33:15.87
いや、むしろウリになるんじゃないか?
「すべてのターゲットにロックオン!最終候補4の実力!」とかさ
まぐれでひとつだけ受賞するより凄みがある

200 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 19:45:25.31
>>197
それだけ残れば最低ひとりくらい編集がついてると思うが

201 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 20:03:30.26
全部最終落ちなんていうのは、根本的に何かが抜け落ちてるんだろ。
優秀だか魅力に欠けるとか。

ホントに良作なら、とっくにどっかからデビューしてる。

202 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 20:06:46.98
最終候補荒らしはどの賞にもいるね。
大沢によれば、最終に三回以上残って受賞できない者は見込みがないとか。

203 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 20:23:37.53 !
荒し、という言い方はひどいな。

204 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 20:27:27.86
>>202
もし一次落ち常連が、その大沢の言葉にすがっているとしたら、哀れだな。

205 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 20:31:32.40
去年の乱歩賞でも、確か東野が言ってたじゃん。
無難に書けてるから、突き抜けたものもないのに、何回も最終まで上がってきちゃうみたいなの。

下読みも、そういう最終荒らしは落とす方向で考えたほうがいいと思う。

206 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 20:33:06.41
>>204
むしろ一次落ちのが見込みあるんじゃね

207 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 20:56:50.21
>>206
いっそ応募しない方が最強なんだろう

208 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 21:03:53.70
読み専が最強さ。
書きさえすれば、受賞なんか簡単だと思い込んでいるからな。
このスレには多数常駐しているぞ。

209 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/25(火) 22:47:09.14
乱歩賞も司法試験みたく、応募回数の制限や年齢の上限について考えはじめている。
常連組はピンチだぞ。

210 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 00:24:37.99
おわたなw
それやり始めちゃったら、熱心な老齢がアンチ化するぞ
俺には関係ないがw

211 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 00:40:33.40
俺も何時か応募してみたい、と思っているだけの立場だけど。

回数制限や年齢制限はマズイでしょ。それなら新人賞である意味が無い。

212 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 01:37:13.23
そんなもんあるわけなかろう。
だが、常連が厳しい目を向けられてるのはあるような気がするな。
前作より確実にレベルが上がってないと、誰からも推されなくなる。

というか、下読みの時点で落とすことはできないもんか。
それとも、他の作品がしょうもなさすぎて、候補に上げるものが毎回同じになってしまうのか。

213 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 01:57:08.15
福井晴敏だって前年の最終落ちのがクオリティ高かったらしいけど受賞したしな
応募作のなかで突き抜けてれば何度目だって勝つだろうさ

214 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 02:08:34.29
そだね

215 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 02:30:27.86
ここで最終に残ったんだと教えられ
ルカの箱舟とやらを読んでみたがつまらんね
会議が多すぎ、人が多すぎ、生命の隕石と論文ねつ造事件が
絡み合っていない俺的には

216 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 06:30:39.75
だから落ちたんじゃないの

217 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 08:16:47.16
面白いつまらないは人による所が大きい。
デビューさえしてしまえば、いろんな作風に挑戦していける。
だから何が何でもデビューしたいわけで。

218 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 08:16:52.89
だな
215は選考委員と同じ目を持っている
当時の選評もそんなんだったぞ

219 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 08:26:36.48
1 回数制限
2 年齢制限
3 クーポン貼り付け

公募新人賞のトレンドが見えてきたぞ

220 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 09:15:24.81
くだらねえ。
何かに制限をかけた時点で、その文化は廃れていく。
文学に自由を求めないで、いったい何に求めるんだか。

221 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 09:38:06.34
無能な応募者はどんなにいても邪魔にはならん。
排除すべきなのは無能は下読みだよ。

222 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 09:43:20.71
どこの下読みも、だいたい同じような面子だね。
Twitterでの発言なんかを見ると、書評家も偉くなったもんだと失笑してしまうよ。

223 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 09:46:25.08
下読み様と書き変えろ

224 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 12:41:18.80
いや実際のところほんとにつまんないのしか
送られてこないんだと思う。俺はどっちかと言えば下読み同情派

225 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 12:42:50.25
>>222
>Twitterでの発言なんかを見ると、書評家も偉くなったもんだと失笑してしまうよ。

書評家だけじゃない。道端の石ころのような奴が偉そうに上から目線じゃん?
ワナビが書評家を評価するとかwww
誰もが発言しやすくなって、馬鹿の高説が溢れかえったw

226 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 13:27:03.57
松本清張賞の候補者の経歴、すごすぎ。
何冊も本出してるのに、郵便局長期アルバイトとか
食堂のおばちゃんも、2時間ドラマのプロットを多数作成とか
http://www.bunshun.co.jp/award/matsumoto/

227 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 13:37:05.33
松本清張賞は苦労人プロ作家再生工場やね

これぢゃあ、スイーツなアマチュアは立ち打ちできんとよ

228 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/26(水) 17:10:36.81
もともと太刀打ちなんかできませんがな。
スイーツなアマチュアなんかに未来などないわい。

229 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 01:39:33.76
ミステリーの書き方より勉強になる指南書ありますか?

230 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 08:35:56.07
小説そのものより勉強になるものないと思うけど・・・。
分析したいなら、その本が一番じゃね?

231 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 09:15:29.55
一番だね。次のレベルに、大沢在昌の野生時代で連載してたやつ。

232 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 11:04:17.09
読んで面白かったミステリーを、様々な角度から分析してみれば。
他人の評価が高いやつも忘れずにね。

233 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 16:25:15.90
大沢のミステリーの書き方は、ことあるごとに新宿鮫を自画自賛しすぎて辟易した。
まぁ、生徒作品の評はためになるところもあったが、大沢自体、視点のブレやらキャラの魅力のなさがあるからなぁ。
全体としては、へぇって感じだった。

234 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 16:52:42.30
おかしな二人(井上夢人著)が秀逸。

乱歩賞作家がいかに苦労しながら作品をつくりあげてゆくのか。
そして創作の過程で起こるトラブル。
とにかく、実話なので興味深く読める。講談社文庫で¥895
ステマじゃないよ。オススメだよ!

235 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 17:31:39.64
amazonで調べたらいっぱい出てくるじゃないか
これを片っ端から読むのがよかろう
しかし読んだところで書けるようにならないのが、つらいところよ

236 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 17:58:25.42
>>235
ほんとにそうだよね。
読まなきゃ書けないけど、読んでも受賞レベルのものが書けるようにはならないんだよねえ。
でも、読まなきゃ書けない。
堂々巡り。

237 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 23:09:34.64
おくればせながら、今日、小現7月号立ち読みしてきた。
今回は不作だったんだな。
このなかで選ぶなら、若いやつを、という選考基準だな。

「カラマ」から「人外」へとつづく今野のオマージュ批判。ぶれなくていいね。

しかし最終候補者の平均年齢が50超えとは。
受賞者が32だから、残り4人の平均は、(250ー32)÷4=54.5歳以上ってことだぞ。
さすが老舗の乱歩賞だけある。
来年も50超えは確実だな。

238 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 06:55:22.74
紙おむつが賞品でつくようになるな

239 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 07:14:52.00
もしかして、四角いおっさんではなくて、四角い爺さん?

240 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 13:56:01.54
>>238
卒塔婆じゃねぇのw

241 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 14:47:29.93 !
骨壺

242 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 15:02:39.84
純金の骨壷なら、喜んで貰ってやる。
と言うか目の色変えて取り組むわw

243 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 19:27:15.27
受賞者は32、高原は54。さて、残り三人の年齢は?

244 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 21:42:55.82
年齢を推理するミステリーだな。

あのタートルネックのイラストがみごとなミスリードになっていた。
ひっかかったワナビは大勢いたはず。俺もそのひとりなのだが。

245 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/29(土) 06:58:12.50
タートルネックが50過ぎか。
ブログやツイッターの言動じゃ30代だと思って不自然じゃなかったんだが。

246 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/29(土) 08:44:09.65
四角いおっさんは言動が幼いから騙されたね。
無職の50過ぎて太平洋戦争マニアでブログの内容では廃人かと
思ったわ。

247 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/29(土) 17:46:44.94
食堂のおばちゃんamazonでベストセラー1位だと!
これは清張賞に流れるやつが大勢出るぞ

248 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/29(土) 18:18:19.87
んなことあるかいな
賞は売れ行きを決める主たる要因じゃないでしょう

249 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/29(土) 19:33:03.25
田舎だけど、月下上海買おうと思ったら、でかい店でも、もうなかった。

これ評判いいんだよね。今回、レベル高かったらしい、清張賞。

250 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
>>237
京極さんがタイトルの付け方について長々書いてるのは笑った
よほど内容に関して書くことがなかったのかなあ

251 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
選評読んだけど、どれもボロカスに言われてるな。
最終候補でこれだったら、最終より下の作品は相当酷かったのかな。
最終候補は還暦にさしかかる人達、若年層でも3、40代のおっさん。20代以下はどこいったんだよ。

252 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
一次落ちでしょうな

253 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
純文の賞と違って感性だけが評価される賞じゃないんだと思う。
若い人にしか書けないものもあるように、ある程度経験を積んだ人でなきゃ書けないものもまたある。
人生経験と執筆経験のボトムラインが高めに設定されてるだけじゃないのかな。

254 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
過去10年の受賞者平均年齢約40歳。
最近の20代の受賞者は2004年の24歳。
30代より若い奴らが乱歩賞に応募しないのは当然。
おっさんに希望を与えま賞ってかww

255 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
反面、若い応募者が優遇されている賞ともいえる。

今年がそうだったように、最終にさえ残れれば、若さが理由で受賞できる。(残るのがたいへんだが)
最終組の高齢者たちに、突き抜けるような作品がなければ、来年も若い人が受賞となるだろう。
高齢者しか残らなかった場合、高齢者にならざるを得ないだろうが。

「最終にさえ残れば、若い人有利」この法則はこれからも続くだろう。

256 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
そもそも下読みって何歳の奴がやっているんだ?
若い奴がいなけりゃ年寄りの作品に対して同情心から評価が甘くなるんじゃないか?
そうであればチャンスは四十代にこそある

257 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN
下読み、選考委員が五十代だから、受賞者も五十代。
受賞作を読むのも当然五十代。
小説を購入するのも、五十代が中心。

この高齢化社会に五十代は若いほうだろうな。
登山界でも、「山ガール」の「ガール」の定義はそんなもんらしいし。
年金受給年齢も延びるし、若者受難の時代だな。

258 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/01(月) NY:AN:NY.AN ID:igJL2R4F!
>>256
年寄りだから評価が甘くなるなんてないだろう。
むしろ、この歳まで生きてきてこの程度? みたいに思われるんじゃないか。
若い奴が優遇されることはないだろうが、今回のように妥当なものがなければ若さを推すだろうな。
今回の選評は、選考委員の後ろ向き加減が伝わってくるようだった。

259 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
乱歩賞は昔から若い作者に甘いよ
で、そういう若い作者の受賞作って、ハズレが多いだろ(あれとか、あれとか、あれとか)
この賞は、若いと下駄を履かせてもらえるんだ

260 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
わかったような事をしたり顔で語る
君たちには残念だが乱歩賞は
審査の段階でプロフィールみれないから
若者も年寄りも優遇しようがない
結果だけ見てなにか裏読みしようとするのは
JRAの標語に勝馬情報が隠されている
てこじつけと同じ

261 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
むしろ、そういう偏向がないからこそ
ある人には若者重視に別な人にはおっさんおばさん重視にみえるんだろうな
中道が右からは左に左からは右に見えるみたいにさ

そしてこう言う意見きいても
「いやいや右だろwなにいってんの?」とか
「プロフィール非公開審査とか信じてんだ」
とか言い出して話にならんだろうけど

262 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
年寄りだろうが若者だろうが
プロフ伏せてようがなかろうが
やれる事は決まってんのにな

ちなみに内容と文体で分かるんじゃね?
読み違いも多いだろうが

263 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN
ぺンネームはふせないらしいから
中性的なものにするとか
いっそ年寄りポイものや
キラキラネームにすると良いよ
なにも変わらんだろうけど

264 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/03(水) NY:AN:NY.AN
キラキラネームにほっこり
DQNネームとか糖質ネームとか色々ありそうだ

265 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN
糖質ネームっぽいの

ナオコーラ
吉本ばなな
あせごのまん

自由って良いよな

266 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
福ミスの過去の受賞作や優秀作をいくつか読んだ。
けっこうレベル高いな。
今年の受賞作、それらに劣らなければ良いが……。

267 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>260
ああ、そうなのか
最近はそういう仕組みにしているんだ
で、それを知ってるあんたは末端の関係者だよね
2ちゃんぐらいしか威張るところないだろうから、また覗きにきてください

268 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
将来性にも期待して受賞させるんだろうけど、こればっかりは会って話してみないと分からない
別にイケメンうんぬんの問題じゃなく、将来性は性格や人柄に直結しているから
舞い上がってたり、早くも上から目線だったりするのは論外
コミュニケーションがきちんと取れなきゃ「作家」としての将来はありえない
悲しいかな、会ってみるまでは分からないんだよ、さっぱり
文章のイメージからこれは大丈夫だと思っていて、本人がうわぁぁぁだったり

269 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>266
そりゃありえんだろ しょせん地方文学賞

270 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
いや、今年はマジであり得ると思う。
以前若いやつが書いたカタコンベとかひどかったもんな。
当時、こいつは伸びないと予想したら、その通りになった。

271 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
福ミスの商品品質が良いのは島田御大のチェックとおらないと出せないからだろ
内容の変更要求すらあるって島田が言ってるじゃん

それを面倒見が良いと考えるか
自作にたいする冒涜とかんがえるかだな

272 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>271
そりゃ物凄いラッキーな経験じゃないか!?
超一流作家が駄目出ししてくれるなんて、普通ありえないよ
それを不満に思うだぁ?タヒれ!そんな奴はタヒるべきだ!

273 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
その島田の占星術を落として、猿丸に受賞させるのが
乱歩賞クオリティだからな。
いくら本格が通りにくいといっても、猿丸のようなとんでも作品
よりは、王道中の王道な占星術を拾い上げるべきと思うが、
よくわからんね。

274 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
伊沢元彦だってその後それなりに良い仕事してるし
当時の読者の好みから言っても妥当だと思うけど
日本史シリーズとか、ミステリー以前に文学としても誰かがやるべきだったと思う
島田だって新本格ブームが来るまでは苦しんだみたいだし
それを何年もあとのブームまで見通して賞を上げるべきなんて
今だから言えることであってさ

275 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
それは正論なんだけど、応募者としては、不安な気持ちを払拭できないんじゃないかな。
まあ、そんな不安から起因する愚痴を言うよりも、最終に残る努力をするべきなんだけどね。
でも、その努力が先見性の欠く評価をされたらショックで立ち直れないかもしれないしな。堂々巡りだわ。

276 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
先見性なんて結果論。
ごまんとある予想でたまたま当たった奴が「ほれみろ。俺の言った通りだろ」となるだけのこと。
地に足が付いていれば、今、何が求められているか嗅覚の方が優先される。
単なる便乗野郎と区別出来てない気もするが・・・

277 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
>>273
客観的にみて、猿丸の方が占星術より何倍もできが良いと思うよ。
本格好きは占星術を推す人が多いが、占星術は死体の隠し方が
斬新という以外はかなり冗長だと感じた(途中まで探偵がほとんど
仕事してなくて最後にひらめくだけだし)。
猿丸もまとまりがわるくて不完全だが、ものすごいパワーがある。
授賞は至極当然と言える。

278 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
突破力は確かに猿丸のほうが上だと思う。

新人に求められるのは、完成度や描写力やトリック、斬新さよりも、突破力なんだと思う。
じゃあ、突破力って何だって言われても答えられないけど。
得体の知れないパワーってことかな。

猿丸の単行本につてる伊沢元彦の写真を参考にしてくれ。二枚ついてるのも異例だと思うが、この時代はみんな二枚だったのかな?

279 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN
納得できるようなできないような・・・
ギラギラした情熱みたいなもんか?

280 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
両者を読み比べれば自然に分かるでしょ。

281 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
「熱」も感じたが、謎の魅力や話の展開で読者を引っ張る力が猿丸のほうが上。
教養小説の側面も見逃せない。

282 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>281
ふ〜む。難しいね。
読者を惹きつける牽引力、純粋に魅力ってことかなぁ。
君のおかげで興味湧いたよ。

283 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
俺も来年で40。
人を笑えない歳だ。
40までには作家デビューしてるはずだったのに、未だ最終未経験。
だから、50過ぎで最終に残ってるなんてのを聞くと、俺もまだまだ大丈夫だと思えるよ。

284 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
280<魅力がない
281<引っ張る力がある

目の前に好例があるじゃんw

285 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
俺も40。
顔のたるみがひどいから、受賞作の見開きは風景写真にする。

286 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
俺は28歳のマッスルモンスターだ。
受賞作の見開きは全裸でオリバポーズにする。

287 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
はい。発禁処分ケテーイw

288 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>284
もしかしてうまいことでも言ったつもりになってる?

289 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
割とw 280が反応するのも想定内w

290 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>289
でたな2ちゃんねる特有の症状

291 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>290
その手の揶揄も2chテンプレw
つまり想定内w

292 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
さ、アホは無視して有意義な会話をしよう。

「それも想定内w」ってレスしたければどうぞ、さあ早く、さあレスしろw

293 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
想定内、なんて後出しじゃんけんなんだから。
煽る方も煽られる方ももっとよく考えろよ。
話変わるが、乱歩賞一次落ちの作品を発表してるようなサイトってどっかないんかな。

294 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:ZytwHqT9!
小説家になろうにあったような気がする。

それに遅レスだが、カタコンベは駄作ではないと思う。

295 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
カタコンベが駄作とは誰も言っていないと思うぞ

296 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>294
サンクス

297 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
オシャマンベ

298 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
>>295
270が言っているしおれも駄作だと思う。

299 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN
まあ、カタコンベはそんなに言うほど悪くはないだろw
海底地下洞窟を探検する探検小説だと思えばいい
突っ込みどころは多いけどなw

「興信所で調べてもらいました」は笑ったがw

ただちょっと若すぎたなぁ
若いモンにあんまり乱歩賞のプレッシャーをかけるもんじゃない

作家としてみたら、海底洞窟ものという眼の付け所はよかったが、それだけかもな
カラマの作者と同じで、あんまり作家性はないと思う

300 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>292
待った?はい。想定内。

つか284がそんなに気に障ったのか?
しょうもない横槍だったんだがw
ま、読めば分かるなんざ誰でも言えるしな

301 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
まだひとりで粘着してるよこいつ

302 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>299
いや、悪いとおれは思うね。
内部の様子も分からない洞窟の中で水が一杯になる
時間が計算できるはずがない。それひとつで興ざめだった。

303 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
カタコンベの人の受賞後作品を読んだ人いる?
だいたい、それをみれば伸びがあるのかどうかが分かるけど。

304 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
受賞第一作になるのだろうか、南極大陸の話なら読んだ。
カタコンベと同じで、脱出不可能状況でのサスペンスミステリーだが、
どちらかというと、カタコンベの方が娯楽性があり読みやすいという
印象かな。
でも充分よく出来てるてし、他の乱歩賞作家との差を俺は感じなかった。
寡作というか、書けなくなったのは本人の心の問題じゃないの。

305 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
結果がすべて あー肩凝んべ

306 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
書けなくなったというより、編集のOKが出なかったんでしょ。

307 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
OKがでないってことは、そのレベルのものが書けなくなったってことだよ。
つか、授賞時がまぐれでたまたま比較的良いのが書けたというべき。

308 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
受賞は若さが買われた結果だよ。
選評が軒並みそう。
で、今回も似た構図だろうね。

309 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
マジで福ミスの受賞作や入選作を読んでみて。
変若水ってのを読んだが、ヘタな乱歩賞受賞作より
よく書けてるよ。

310 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
そう簡単にスラスラ書けるかよ。
受賞してからが地獄だろ。

311 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
作家とは別の道を見つけた人もいるんじゃないの?

312 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
>>310
誰に言ってんの?
きみ、カタコンベの作者? 受賞後鳴かず飛ばずって人は
けっこういるが、神山裕右はそれが極端過ぎるよな。

313 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN
神山以前の最年少受賞者、「風のターンロード」の
石井敏弘もお忘れなく。彼もぽつぽつ作品を出してはいるが、
ほぼ消えた作家と言っていいと思う。

314 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
わからんぞw
ペンネームを変えてラノベとか官能小説を書いているかもしれん
ミステリー界で乱歩賞とってペンネームを帰るのは不合理だから、社会派ミステリーはもう書いてないだろうけど

まあ、そう考えると、作家って言うのはやっぱりコンスタントな持続力なんだよな
一作面白い作品を書くのは誰でもできるが、10作書くのは至難だ

315 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
小説現代読んだ?

受賞作はタイトル変えて出版の運びのようだ。やっぱりと言うか、
選評はなかなか手厳しいなw A判定付けた選考委員は一人もいなかったとか。

梗概を呼んだ限りだが、おたしかにありふれた作品のように俺にも思える。
また「これで受賞作か?」と若桜木さんあたりが酷評するのかもなw

316 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
それから、四角い人の「運命の箱舟」はやはり戦時中ものだったらしい。
というか今回の最終作には、戦時中ものが2作も入ってたとか。

下読みの高齢化か。それとも大ベストセラー「永遠の0」に
引っ張られてるのか。

317 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>ペンネームを変えてラノベとか官能小説を書いているかもしれん

石井敏弘に関してはそれはないね。

318 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
清張賞受賞作が他の賞の一次落ち作品だったとは。

319 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
よくよく読むと、そのまんまじゃなくて
改稿して受賞、なんだけどね

でも半年もすると1次落ちが受賞した例ってことで
広まってくんだろうなw
新作書けない使い回しさせろ派のよりどころになってさ
誤字直すくらいで再投稿くりかえしてさ
新しいの書いた方がいいよって言われても
清張賞がーっていいつづけてさ
罪作りだと思うわ

320 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
果ては、俺が一次落ちしたのは運が悪かっただけ
だって清張賞がーってことになるんだろう。

321 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
>>318
どの賞か、わかるの?

322 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
これか?
http://shuppan-pr.bunshun.co.jp/wp-content/uploads/2013/07/NL_283.pdf

323 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
その記事によると、「これの元になったものが」って書いてあるから、
ちょこっと改稿したという程度じゃないみたいだね。

324 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
日ラブは、年齢チェックで引っかかったのかも。

325 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN
元になったって・・・
全然別もんやん

手直しなら、元になったもんがあるとは言わないもんな

326 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
噂のカタコンベを読みだした

327 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
そして放り出した

328 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
もし受賞者が、軽く推敲した程度で使いまわしたなんて言い出したら、どうなるか?
一次で落とした、下読みの犯人探しとなり、下手をすると、下読み全員から憎まれてしまう。
下読みのほとんどは書評家だから、プロ作家として、大きな敵を作ることになってしまうわ。
だから、デビューしたら、使いまわしなんてしたことありませんというポーズをとるのが普通の大人の対応だな。

329 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
はいはい。頑張って使いまわしてね〜

330 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
そういえば、乱歩賞の選考では使い回しがどうのという話はあまり出てないね。
乱歩賞はあくまで作品主義で、使い回しかどうかは気にしないのかな?

331 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
爺投稿が多いからだろ
古い人間は迷信深いからw

332 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>>330
おれの予想では、使い回しをする人はいても、乱歩賞は最も権威があるから、
最初に応募し、落選したら他の賞に回すからじゃないかと思う。
現にこのおれがそうしているし。

333 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>>332
ああ、なるほど。それはありそうだ。
使い回し批判をよく見かけるのは、このミス大賞と日ミスの下読みの講評だからね。
締め切りの関係で、乱歩で落ちたのを応募しやすいんだろうな。

334 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
ちっ。負けたよ
お前らの方がずっと説得力あるしまともだよ!

335 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
おれは鮎川の一次落ちを乱歩に使い回したことあるよ。乱歩では
一次通過だった。ただし、ロジックにミスがあったのが一次落ちの
理由かな。それに気付いたから修正して送った。が、ワナビ仲間から、
おい、乱歩にガチガチの本格を送るかよ、と非難された。

336 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
今年の二次の寸評であったよ
「他の新人賞の落選作と内容が酷似しているとのこと」

何年か前にもこのミスの使い回し(同タイトル、同PN)があったが、
二次寸評では触れられてなかった。

332が言うように、最初に応募する賞だから少ないんだね。

337 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
四角い人はもう新作を半分書き終えたって。
乱歩賞に出すには早すぎるけどどうなんだろ。

338 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
>>337
君は自分の作品の心配だけしてればいいよ!

339 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
君はここに来ない方が好かれるよ!

340 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN
337はゲイ

341 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
そういうお前は不能?w

342 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
四角い人? 長瀬氏ね。彼はそういう書き方をする人なのかな? おれはプロット作成に
9割の時間を費やす人だからまだプロットも未完成だし原稿なんて一枚も書いてない。

343 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
最終常連の人の書き方なら、参考にしたい人もいるかもね。

344 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
そう思う人もいるかもね。だがおれはそういうのはお勧めしないな。
プロットに時間をかけない人はたいていダメだよ。それでも大成する
人は天才だから、一般人がまねしない方が良い。

345 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN
素性がまったくわからない、2ちゃんの名無しの方法論を参考にする人もいるかもしれないね。

346 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
冒険ものなら、アバウトなプロットのほうがいいかもね。
臨場感とか出そうだし。

本格ものならプロットに時間を割かないと、あとあときつくなるし。

プロット派も非プロット派も、一長一短があるよね。

347 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
プロット派に短所は特にないと思うが。

348 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
プロットをきちんとと作る場合、短所というか課題はあるな。
・話をうまくまとめるために、こじんまりとしたありふれた内容になりがち。
・後から浮かんだアイディアを取り込むのが難しい。
・キャラが勝手に動き出すと、収拾がつかなくなる。
・書きながら、アイディアが次々と浮かんでくる醍醐味を味わうことができず、創作がつまらないものになる。

349 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
まあ、そんな心配している間は初心者を卒業できないね。

350 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
思い付きじゃ、500枚書けないもんな
短編なら別に思いつきでもいけるだろうけど

351 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
ロジック重視のがちがちの本格ならともかく、社会派ミステリなら、簡単な設定だけでも書けるだろ。

352 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
四角や下村への講評を読むと、
「いっぺん、ただの単なる推理小説を書いてみろよ」と言われているように思えるのだが、

なんかこの二人は、推理そっちのけのテーマに挑みたがるよね。
基本的に推理小説作家は向いてないんじゃないかね。
無理にミステリにしないで、空母信濃のセミドキュメンタリーでも書いた方が良いんじゃないかな。

353 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
下村さんも、「スペインについては良く調べているし、上手く書けてる。だけどミステリがダメ」
とまで言われてるんだから、
俺だったら、スペインを舞台にした冒険小説に書き直して、清張賞とかに送り直すけどね。

354 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
>>351
だったら君はそれで書けば良い。永遠に受賞できないことを保証する。

355 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
>>354
他人事なのに、どうしてそんなに必死になるの?

356 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
体育館の殺人とか消失グラデーションとかが賞を取って、ランキング本で持て囃される業界だ。
新人の手に余る壮大なテーマは回避した方が良さそうじゃなイカ。

現地を知ってる元商社マンとか、そのテーマで取材してきたジャーナリストが小説家に転身する、とかいうのなら、
話はまったく別だろうけど。

357 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
いい手法に気づいたのなら、ここで言わずに、さっさとそれで受賞して見せろよ。

358 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
>>357
お前に言ってねーからw

359 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
>>355
えっ? テキトーに見下しているだけですが。
必死に見えるということは、君が必死だからじゃない?(笑)

360 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
プロットがいらないとかどうとか、レベル低すぎね?

361 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
ここでのやり取り全部じゃね?
レベル低いのってさw

362 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
それでもお前ほど低くはないぞw

363 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN
なにをおっしゃるw
あなたほどじゃないw

364 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
ここに書きこんでる奴は二次にも残らない奴だから皆レベル低いよ。

365 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
2ちゃんでの勝負は先に降りた方が勝ちだって言ったよな?

366 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
二次に通った人もいると思うよ。おれは何度もあるから。
でも、そんなの自慢にならない。受賞しなければ皆同じだ。

367 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
で、ずっと2ちゃんに入り浸る、と

368 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
最終に残ったやつもここにはいる

369 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
しかし、普通の推理じゃ最終に残れないだろうな
誰も思いつかないトリックとかじゃないと
だから、プリトリはすごいと思う
遠藤センセイバンザイ!

370 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
ここにいるのは、一次どころか応募者もいないよ。
自分は二次通過したとか、最終に残ったとかを妄想
している基地外の巣窟。

371 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
自分がそうだからほかのヤツもそうだと思い込んでる。さびしいヤツだね

372 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>369
また出たか遠藤信者。いや、信者じゃなくて親類縁者か出版関係者か本人かだろうな(笑)
遠藤は近年まれに見る一発屋だよ。後の作品がどれもダメだもん。早晩消えていくだろう。

373 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
作品はもちろん消えていくがあの顔は記憶に残る

374 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>366
自称、二次通過常連の君がどんなレスをしてきたか、興味があるな。
このスレの君のレス番号を教えてくれないかな?

375 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
おれはいつも、エンドーの夢を見る

376 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
去年、朝日時代小説大賞・小説現代長編新人賞をW受賞し、今年は歴史時代作家クラブ賞を受賞した仁志耕一郎氏は、
10年間、乱歩賞に落ち続けた人間だ。
歴史時代小説に転身したら、一瞬にしてこれだけの業績を残せる作家でも、ミステリでは落第点しか取れない。
ミステリはそれぐらいに特殊なジャンル。
四角も下村氏も、ここまで評価されながら落ち続けるってのは、ミステリ部分が瑕疵になってるとしか思えない。
向き不向きを知りたいなら、一回ただの単なる推理小説を書いてみるべきだ。
人間ドラマや描きたいテーマは、それだけを書いて、松本清張賞や小説すばる新人賞にでも送ればいい。

377 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
仁志耕一郎が描く歴史大河ロマンと、体育館の殺人を読み比べたら、
歴史大河ロマンのほうが、どう見ても格上の小説なのだが、
推理小説として見たら、体育館の殺人のほうが上なんだよ。

そういうことが理解できないと、カンボジアだの空母信濃だのをテーマにしちゃうんだ。
違うんだよ。そういうテーマは小説すばる新人賞でやりなよ って話。

378 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
↑本人? ステマ?

379 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>377
君は小説すばる新人賞に落とされた過去でもあるのか?
なんでそこに小すばなのか分からない

380 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
こっちは2ちゃんねらーなんか相手にしていないんで、
そっちもスルーしてください。

381 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
>>378-379
大変に悪いんだが、
ステマだの私怨だのといった、典型的な2ちゃん脳の発想しかできない人とは
共に語り合うつもりはない。君たちには共に語り合うだけの値打ちがない。

382 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
↑ここに入り浸ってるアンタが2ちゃん脳

383 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
なかっち 動画
http://www.youtube.com/watch?v=z2qK2lhk9O0s



みんなで選ぶニコ生重大事件 2012
http://vote1.fc2.com/browse/16615334/2/
2012年 ニコ生MVP
http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=103374&bm=
2012年ニコ生事件簿ベスト10
http://niconama.doorblog.jp/archives/21097592.html


生放送の配信者がFME切り忘れプライベートを晒す羽目に 放送後に取った行動とは?
http://getnews.jp/archives/227112
FME切り忘れた生主が放送終了後、驚愕の行動
http://niconama.doorblog.jp/archives/9369466.html
台湾誌
http://www.ettoday.net/news/20120625/64810.htm

384 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
便所ムシに向かってご高説なんて、便所ムシになるより虚しいぜ。
ま、這い上がるしかないね。

385 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
朝日時代小説大賞・小説現代長編新人賞W受賞体験談 仁志耕一郎さん

四十代後半から五十代の、新人賞を狙っている方々に申しあげます。
新人賞を獲得するには努力だけでは取れません。
やってはいけない禁じ手や、コツがあるのです。
それらのことを、今まで自分が作り上げてきた世界に加味すればいいだけのことです。
オリンピックのメダリストの陰に名コーチがいたように、小説にも名コーチは必要です。
私のように時間を無駄にしないためにも、若桜木先生から教わってください。
十三年間、落選ばかりしてきた私が言うのだから間違いありません。

386 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
そのコメント、どこで読めるの?

387 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN
ぐぐれば、すぐに出てくる。

388 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
そりゃ、若桜木の弟子ならそう言うだろうな。

389 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
やけにマイナーな作家の、知る人ぞ知るようなエピソードだなと思ったら
若桜木か

390 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
君たちは絶対に前向きにならないよね。どうしてか、その理由を知ってるよ。
前向きに努力してしまったら、努力しても結果を出せないダメ人間なんだ 
っていう「現実」と向き合わなくちゃならないから だよねー。

斜に構えていれば、「俺はまだ本気を出してないだけなんだ」って
自分に対してのいいわけできるもんね。

391 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
なんだ、背伸びしたガキか

392 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
なんだ、くたびれた落伍者か

393 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
若桜木は発言が上から目線だから嫌われるが、言っていること
自体はほとんど正しいから、素直に彼の本を読んでみると良いよ。
しかし、その割りに、自分で書いた名作というのがないんだよな。
書評専門のライターがいるのと同じように、若桜木はコーチ業に
活路を見開いたか?

394 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
おれは390は、映画の宣伝かと思った

395 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
活路を見開いたw

396 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
残念だけどワカサギよりおまえらワナビのほうが
わかってると思う
速読とか付け焼き刃でいろいろコーチ業やってるけど
活路見いだしたってほどじゃない
誰かが言ってたけど
お利口な東大出だから
受験のようにお勉強すれば合格できるとおもってんだよ
しかもそれも古臭くなっていて
「あの選考はおかしい、俺なら落とす」とかいいだしてるw
賞の選考委員なんかやったこともないのにさw
新本格ブームも理解できてなくて僻み的な文句いって炎上してたろ

名作って言うかノベライズくらいは原作作家の才能いらないし
成功してるよ

397 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
卓球の入門書もだしてるよなw
弟が小学校の時もってて衝撃だったわ
ワカサギさん、メール添削会員の更新時期になると
ここくるよな
以前はスレタイに名前入れるのに成功してた
やりすぎで反感のほうが多かった気がするけど

398 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
露出が増えるとアンチが増えるのは良くあること。
悪いところは悪い、しかし良い面もあると認められるだけの
度量が欲しいね。

399 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
本人

400 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
君たち、本物の知的障害者だよな。

401 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
本人

402 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
俺は、下村や四角の目に留まるようにと願って書き込んだんだから
お前らみたいな知的障害者の駄レスで流されたんじゃ困るんだよな。

403 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
本獣

404 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
石田の選評読むとイライラするよな 
衣良だけに

405 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
うまい! さすがだなぁ〜! まいった!

406 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
あのーすみません。江戸川乱歩賞もらうにはどんな勉強したらいいですか?

407 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
公魚に師事するといいよ

408 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
>>406
江戸川乱歩先生の作品をすべて熟読

409 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
乱歩って本格書こうと思って結局書けなかった作家だよな
孤島の鬼とか密室ネタは出てくるけど

410 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
それはないw

411 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN
乱歩賞の受賞作と乱歩の作品の傾向とはかなり違うから読んでも意味ないね。

412 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
東野離脱で傾向変わりそうかい?

413 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
東野って、あまり自己主張しない人だったからなあ、それほど変わらないでしょ。
もっとも、強く主張したときは、意見が通る存在だったけど。

414 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
上に出てた仁志耕一郎という人は乱歩賞を十回落ちたというが、
最終に残ったことがあるのだろうか?
それとも、二次? まさか一次どまりの十年じゃないよね?

415 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
一次すら通らなかった10年らしい。
おそらくずっとただの時代小説を送っていたのだろう。

416 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
もしそうなら公魚の助言以前のただのバカ?

417 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
↑この人、言葉遣いをしらないタダのバカ?

418 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
どうせ馬鹿ばかりだろw

419 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>385
若桜木先生とやらから教えを受けなければ乱歩賞はとれんよってことですか!ことですか!

420 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
公魚に限らず、ちゃんとしたコーチに師事すべきだってことだろうね。

421 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>オリンピックのメダリストの陰に名コーチがいたように、小説にも名コーチは必要です。

メダルを獲った選手のコーチは、名コーチと呼ばれます。それだけの話です。

422 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
>>415
一次落ち十年ってのも、凄いな。いや、凄すぎる。

423 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
ここまで関係者のステマ

424 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
「名選手、名監督にあらず」っていうから、若桜木先生はその条件にあうと思います。

425 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
しかし、一次落ち十年って馬鹿じゃね

426 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
馬鹿にするのは自分が受賞してからだな。

427 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
十年一次落ちってのもそれほどめずらしくないかも。
おれも一次通過は3度目の挑戦で初めてだったし。
ましてやカテエラだったら永遠に日の目を見ない。

428 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
貴志は7年間一次落ちだぞ

429 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
ありゃ落ちても仕方ない。
まさに教科書的で、完全に努力の人だね。
ノウハウがあってこそ活きるタイプじゃね。

430 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN
乱歩賞にもカテエラとかあるんですか
何書いたらまずいんです?というかどんなジャンルが適カテなんですか?

431 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
プロットの話だが、長瀬がまたtwitterでつぶやいてる。プロットが不完全
なので悩んでいるようだ。あれだけの御仁にしてこのようなことをするとは……。

432 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
不完全ってのがどの程度か分からんからな。
おれなんかから見たら完璧なのに彼にとっては
気になるっていう程度かもしれん。

433 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
人のことなんかどうだっていいでしょ

434 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
お前のことはその100億倍どうでも良いわな。

435 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
ここは書き手のスレだ。
最終常連がなんぼのもんや、来年はおれが受賞する!という人だっている。
読み専の人はオチスレでも立てて、そっちでやって欲しいわ。

436 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>435
言ってることは分かるんだが、それって、431みたいな
ウォッチも排除って意味か? 431はあくまでもプロットという
小説作法議論の一つとして語っているつもりだが。

437 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
読み専にとって「つもり」であっても、書き手にとっては無意味、無益な話だな。

438 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
それは受け取る側の姿勢による。
俺には、読み手の視点は重要。

439 :436:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>437
ずいぶんと心が狭いんだね。おれは書き手だよ。最終に何度も残るような
人は実力者だから、その人の書き方は参考にしている。だからウォッチしているだけだ。

440 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
つまらんツッコミしてないで、書き手ならではの書き込みで流せばいいだろうが

441 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
君の書き込みが一番つまらん

442 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>437
もしかしてメフィストスレの150を書いた人?
雰囲気が似ている。

443 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>442
妄想乙だわ。

444 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
こんな掲示板で、ちょっと共通項があるような気がするとすぐ特定しようとする奴の頭の中ってどうなってるんだろうね。

445 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
おまいら読解力0だな。断定はできないからこそ「もしかして」と
書いてあるんだろ。

446 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
俺も指摘されて似てるって思った。
大量規制で書き込んでる奴激減してるから、そう考えても不思議じゃない。
というか、数撃ちゃ当たりそw

447 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
脳みそ腐ってる馬鹿がいるな
もしかしても何もあるかよww 特定しようとしてるんじゃねえか実際にwww

448 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
君の考えが正しいなんて思わない方が良いよ。

449 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>442にそこまで悪意は感じないな。
違うよw or バレたかw
で、なぜいけないのか不思議。
発狂したように嘲る意味が分からない。
やましいことでもしてんじゃw

と言ってみるw

450 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
こいつ何が言いたいんだろう?

451 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
449はラノベ読みだろ?
思考過程を全部文章で論理的に書かないで
心に浮かんだ断片だけ書くやつ
俺はラノベ小林秀雄技法ってよんでる
将来はラノベがセンター試験での作者の真意当てにもってこいの教材になるかもね

452 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
センター試験の問題ってwwwワロタwww
ところで今の日本の国語教育に関してなんだが、特に読解問題についてどう思うよ?

453 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
ぶった切りゴメン。
応募初心者、乱歩賞初心者で、執筆関係で知らないことが多いんだけど、上で出てた若桜木という名前を検索してみたらすごかった。

というか、この人変じゃない?
器の小ささが窺えるエピソードばかりだけど、これは本当?
本当だとしたら、受賞してまで賛辞コメを出す信者もいるってことだよね。
なんか、文壇っておかしい奴の集まりだ。

454 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
エピソードって、結婚申し込んだってやつか?

455 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
それとか、組織票とか門下生が乱歩賞の最終に残ると豪語するとか、新人潰しとか。
ちょっと尋常じゃない気が……。

456 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>452

塾や家庭教師のバイトしたんだけど
作者が思ってもいないことまで深読みさせるのはさすがに無くなってるよ
母親と故郷の山が出てくりゃ主人公の気持ちは望郷の思いにきまってる
みたいな決めつけはまだあるけど

小説的な話で言えば
小学生に成りきり作文って言って彼や友人の目線で三人称視点で書かせて
彼が見てないはずの事を書くとミスとかある
今の子供は漫画なれしてるから人の気持ちも書いちゃうw

457 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>453

お金たろ?
たいしてやらなかったとしても
お金貰えば
「ずっと公文です」とか
「この化粧水のおげです」とか「サメ肝油でこの年でも週3で、嫁もおお喜び」
とか言うじゃん、それみたいなもんだ

ワカサギさんの営業手法はなかなかのものらしいから

458 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
難しい日本語ですね。
かの国の人ですか?

459 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
半島の住人です。

460 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
石川県? 千葉県? 和歌山県?

461 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
半島になんか住んでねえよ
むしろ盆地に住んでるよ
スマホの入力が壊滅的に苦手なだけさ
指つりそうになる
変なとこさわって違う画面になるし
あーあ、キーボードが最初からついたスマホでねえかなぁ

462 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
若桜木先生は神様です。どうしてこんな素晴らしい教えを享受しないのでしょうか。一緒に成功へと進みましょう。

463 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
横関さんがアニメ表紙の新刊出しててワロタ。
帯に「妹を好きになって悪いか!」みたいなキャッチコピーがついてて、さらにワロタ。

464 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/16(火) NY:AN:NY.AN
>>460
ノルウェーとかスウェーデンとかデンマークとか
イタリアとかギリシャとかスペインとか
いう発想はないのか?

465 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
受賞作は毎年買っているんだが、ことしほど期待しない年は
珍しい。1575円がたまらなく惜しく感じる。
読後、買って良かったと思わせて欲しいものだ。

466 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>369
立場を挽回したいの? ステマ?
遠藤の人気のなさは異常。
アマゾンで中古本にほとんど1円とか
送料込みで送料とほぼ同じとか、
めちゃくちゃ安い値段がついてる。

467 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
遠藤さんは、内容云々より文章構成に難がありすぎる。
というか、まだプロになっちゃいけない段階の人に見えてしゃあない。
東野さん推しだけどw

468 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
頻繁な視点移動な。でも、あれは指摘されればすぐに治せるでしょう。

469 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
直すより極める方が尖ってていい。
違和感なく読みやすい形で実現したら凄いよ。

今のままじゃイラつくだけだがなw

470 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
そうなんだよ。
あと人物に魅力がないし、全体的に硬い。
でも、編集は何も言わないんだろうなぁ。
あのまま出版されてるってことは。

471 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
売れなくても出してもらえるんだからいいじゃないか。
作家なんていつ化けるか分からんからこそ、プロデビューしたもん勝ちだよ。

472 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
ただなあ。本格って、作り手の作為にうんざりするところがあるでしょ。
「さあ、これから騙しますよ」っていう作為。

実行者の意図しない密室っていうのは、今後の方向を示しているとは思った。
そういうところは、いろいろ応用させてもらう。

473 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
プリトリは密室トリックそのものも破綻しているが選考委員が気付いていない。
代わりに忍び込んだヤツが一晩いたのはどうして見付からないの?

474 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
そういうのも含めて、文庫版の最後に「エピローグ、手紙」みたいな説明が付け加えてあったよ。
超蛇足だが。

475 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
遠藤さんは顔がすべて

476 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
タンスを担ぐのが特技なんだよね

477 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
乱歩賞で本格ものって少ないよね。それなりに本格の要素が
あるものはかなりあるけど、いわゆる「新本格」とかの
ガチガチのヤツ。

478 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
来年そんなのを出せば通りそう。
有栖川が加わるからね。

479 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
その可能性は高まるかも知れないが、反面、期待できないとも言える。
数年前、綾辻が選考委員になったのに、本格ものはまったく受賞できなかった。
彼らは最終候補作しか読まない。本格でそこまで勝ち残れるのがないんだよね。

480 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
「ああ、そうだ。これだけは、はっきりさせておきますが、
選考委員の手にわたる最終選考作品からは作者の履歴経歴その他一切が省かれています。
ペンネームから男か女かくらいは推察できますけれどね。
小説現代の新人賞など、以前はペンネームまでもが省かれていて、
題名、即本文でしたので作者の性別さえも不明でした。
つまり情実の入る余地はありません」(花村萬月)

選考評で最終候補者の年齢が問題になっていたが、
何故乱歩賞は、選考委員に年齢が分かっているのだろう。

481 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
もう自分の歳は変えられないんだから歳相応のものを書くよりほかないよなあ。
20歳なら20歳の、50歳なら50歳の。

482 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>480
乱歩賞では、下読みにはいかないが、
選考委員には、応募者が書いた「プロフィール用紙」がつけられのでは?

すぐに思いだせないが、
以前にも、「まだ若いのだから」「若さを出して」「記者という経験をいかすのはいいが」とか、「作者はケイビングの経験がないらしいので」(カタコンベ)とか、
プロフィールに触れる選評はあったと思う。
(「」内の言葉は、うろおぼえなので間違っているかもしれない)

483 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
池井戸潤が自らのブログで、下記のようなことを書いていた。
作品の内容以外でバイアスがかかることを防ぐために、
名前さえ伏せた状態で選考が行われるということだ。
ましてや、年齢など伏せておくのが原則ではないのかと思っていた。

「送られてきた応募原稿をぱらぱらと見ていて気づいたんだけど、応募形式を間違えてるひとがいますね。
乱歩賞の応募既定によると、一枚目にタイトル明記で、氏名(筆名)、住所などは別紙で付けることになってるはず。
原稿の一枚目に、タイトルだけじゃなく、氏名まで入れてるひとがいました。
正しくは、原稿の一枚目に、タイトルだけを書きます。氏名(筆名)は入れない。
タイトルだけで一枚使ってもいいし、一行目にタイトルを入れて、そのまま二行目から書いてあってもいい。
原稿に名前を入れないのは、「ああ、この人は去年のあの人か」とか、「この人は他でも書いてるプロだな」とか、
作品の内容以外でバイアスがかかるのを避けるためなんですね。
来年は乱歩賞を狙おうというみなさん、規定はよく読んで応募しましょう」

484 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
ついでに言えば、選考評は選考が終わって受賞作も決まってから書くので、
選考中は伏せられていた情報も見て書けるのだろう。
もちろん、作者にとってはそのほうが具体的な指摘を受けることができて有意義だ。

485 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
乱歩賞はプロフィールは最後まで見ないで選考だよ。
池井戸もそうだが、下読みの書評家も何かで書いていたと思う。作品本意の選考だって。

486 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
常連や、常連入りをめざそうとしている応募者は、
池井戸氏のブログを読んだだろうし、それでもペンネームを入れたんだろうな。
(池井戸しの指摘は、2〜3年前のものだったと思う)
ペンネームを覚えられることが、有利に働くと思っている。
(じつは、俺もそう思っているのだが)

今年の下村さんだって、ペンネームを書かなければ、「前回応募時に指摘された欠点が解消されていない」という講評は書けなかっただろう。
それと、今年の二次の講評で、「デビュー済みの書き手だが、勝負作とはとらえがたい」というのもね。

みんな、ペンネームを入れているんだね。
入れない方がいいのかもね。よくわからん。

487 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
名前を一緒に書いちゃったら、即失格なの?
それはひどいなあ。

488 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
常連は名前書いたらむしろマイナスじゃね?
二回目ならリベンジしてきたな、みたいに好意的に受け取られるかもしれないが、それ以上だとデメリットのほうが多そう。

読むほうも、ああ、またあいつか、みたいに思うだろうし。

489 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>486
下村さんが名前を書いていたかどうかは知らないけれど、
選考が終わればプロフィールも見るでしょう。
それから1ヶ月もあとに書く講評の段階にはすべて明らかになってますから、
いくらでも書けますよ。
選考評は、選考しながら書くものじゃありませんからね。

490 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>487
いえ、名前を書いたくらいじゃ失格にまではならないみたい。
あなたの作品が落ちたのは、そんなことじゃなく、出来がよろしくなかったのね。多分。

491 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
まあでも、選評に「若さに期待して」みたいなことは書くべきじゃないよ。
今回は、それを書くしかないほど低調だったのかもしれないけどさ。
選評で作品内容にあまり触れないなんて前代未聞だ。
選考委員の後ろ向きさが伝わってくるほどだったよ。

492 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
やる気になれない選考か・・・
身につまされるな

493 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
でもね、選考の参考にしないのなら、どうしてプロフィールなんて書かせるのかしらね。
受賞作が決まってから、その人に確認すればいいだけのことなのに。
まさか、受賞して、個人情報を明らかにしたくない人もいないでしょう。
それ以外の人の情報は、使われないまま破棄されるのだから、
意味のないことだと思う・・・

494 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
住所、氏名、筆名、電話、タイトル、本文、換算枚数、だけでいいじゃない。

495 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
できるだけキチガイを振り落としたいんだろ。

496 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>494
同意。

作品本位といいつつ、本当はプロフで加算減算しているのかもね。
学歴も評価基準になるし、
変わった職業や経歴、学歴の人の書いた作品は、売り出しやすいからね。
若い女性もアピール材料だしね。
最近では男でも若ければ優遇されているようだし。(最終までいけばだけど)

497 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
本を選ぶときに、まず変わった職種だからという理由で買ってるやつみたことねえけどな

498 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>496
賞の運営はボランティアではないからね。ある意味履歴書と一緒。
最終的には一緒に仕事するわけだから、社会常識としてプロフィールぐらいキチンと書けて当然だと思うよ。

例えば作品が素晴らしくて、プロフィールが支離滅裂ならパクリを疑えるし、他にも防衛策を張ったりデータの収集ができる(読者層としても)。
だからプロフィールを見て運営側の思惑が加味されても全く不思議じゃない。むしろ当然じゃないかな。

499 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
>>498
何か筋違いなことを仰ってるみたい・・・
プロフィールくらいきちんと書けて当然だけど、そんなこと無関係でしょ?
就活で履歴が必要なのは、その人の人格や思想、特技、学歴なども評価するからであって、
作品を評価する新人賞で、人格や思想、特技、学歴なんか見る必要ないじゃないですか。
一緒に仕事をするから必要? パクリが疑える?
冗談言わないでよ。ボケてんじゃないの?

500 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
なに突然発狂してんの?
世の中そういうもんじゃん。

と言うか「人格や思想、特技」って無茶苦茶飛躍しやがるな。
応募に必要なプロフィールなんて大して無いでしょうが。

作品主体、ついでに作者のバックボーンも加味する。
こんだけのことで、そんなに怒る意味が分からない。
そんなに知られたくない事でもあるのか?

501 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
だから、ある意味履歴書と一緒、という、あなたの考えが的外れなの。
ほとんど役に立たないプロフィールで、一緒に仕事するときの役にたつっていうの?
パクリが疑えるの? 東大出た人はパクリをしないって?
今どき、そんな馬鹿なことを言うひとがいたなんてね。お笑いよね。

502 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
世の中ってそういうもんじゃん、っていう言い方も気に食わない。
世の中におかしいことはいっぱいあるけど、
お気楽でいいですね、世の中の言いなりに生きていきなさいよ。

503 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
じゃ君は
どうでもいいことにも逆らって(と言うよりは逆らいもせず文句だけ言って)
生きていなさいよ
厨二病ってそういうもんだしね

504 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>501
あんたの発狂具合の方が笑えるんですけど?

「ある意味」って意味分かる?
なにも就職するような人物選考があると言ってる訳じゃないんだが・・・。
というか、いきなり東大云々ってどっから出てきた?俺もう、ビックリだよ!
わざとか?いや、わざとだろ。そのうっざい女キャラ。

作品は素晴らしくてプロフが支離滅裂なら「これってホントにこいつが書いたのか?」って疑うだろうがw
別に今どきでもなんでもなく、普通の反応。
あんたのその飛躍さ加減と過剰な反応の方が、今どきこんなベタな奴居るんだって驚くわw

505 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
お前ら、言いたい事はラップで語れ

506 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ワナビだYO!

必死だYO!

507 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ラップだぁ?ウゼェよ、んなもん。

俺もう疲れてんだよ。うっざい奴なんざ、懲り懲りなんだYO!

508 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
下読み「使い回しはゲットオンファイア! 焼却サイロにダンクシューッ!」

509 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ハハ、上手いね

510 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
不安を感じてしまって(汗)。
乱歩賞の予備予選は応募者を伏せて選考してくれるはずなのに、
文体や作風からバレてしまうのか、どうしても前作と比較されてしまうんです。><
僕には文体を変幻自在に操る器用さがないので隠せません。

511 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>510 表紙とか文頭に、筆名とか書いていませんか?

512 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>503
私が厨二病だったら、あなたは小二病だー(爆)
でも、ちょっと尖った反応見せたら、
まんまと乗せられちゃう人たちが、なんて多いんでしょう(笑)
これからも、いろいろ言っちゃおうっと。
楽しみが増えますねー

513 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>510
やはり講評が書かれる時期というのが>>484で書かれているように、
後付けだからじゃないでしょうか。
「あ、この人だったのね」と気づいてから、
「そうだったんだ」と思うんじゃないかしら。
文体や作風だけで見抜ける書評家や作家が、そんなにいるとは思えませんから。
そうなのに「僕は見抜いてたよ」みたいな調子で書くんだと思いますよ。

514 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>513
本選考はそうかもしれませんが、予備選考会ではどうでしょうか。
下読みさんには、別添の個人プロフを見せるとは思えないんですよね。
最終5名を決めて終了。
どこの誰を最終に上げたかは、PNが書いてないかぎりわからない。

ほかに考えられることは、510氏が自分では気づかないが、
1、特殊な印字である。
2、特殊な綴じひもである。
3、特殊な書体である。
4、特殊な字間である。
5、特殊な用紙である。
6、原稿を入れた封筒に、会社の名前とか、自分の住所氏名とかが入っている。
7、特殊な匂いが原稿から漂う。
8、最後に書く「了」の文字が、「おしまい」や「Fin」、「完結」である。
9、いつも同じ舞台のネタである。設定や職業、舞台となる都市名など。
10、主人公がいつも同じ。
11、会話文を字下げしている。
12、ルビのふりかたに特徴がある。

下読みさんは些細な特徴から推理しますよー。

515 :1:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
下読みさんは推理できても、確証も無いのに寸評で書いたりしないでしょ。
それに、プロフが見れないルールになっているんだったら、その趣旨を理解して、
不用意に「知ってるぞ」みたいな講評は出さないと思いますけど。
たとえ7行コメントであっても・・・

516 :515:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
すいません、1じゃありません。なんでこんなの入ったんだろ?

517 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
つーか、本選考でもないのに
前作と比較されてるかどうかをどうして知りようがあるのさ
評価で前作のこと触れられてた人いたっけ?

妄想でしょ

518 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ラップで言えYO!

519 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>517
下村さんね。
「前回応募時に指摘された欠点が解消されていない」

520 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
最終5作が決まった時点で、二次通過作品も含めてプロフィールは見るでしょ。
特に二次通過作品の選評は、著者に向けてのメッセージだよ。
常連なら、前作からの指摘が一番ためになる。

521 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ついに、あの下村さんも降臨したか

522 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>515-516
お前、いたるところに出没しているんだな
松本清張賞スレ、さらには太宰治賞スレにまで
太宰スレにいたっては空気読まずにスレ立てまでして大顰蹙
スレの節操のなさからして、書いているんじゃなくて単なる荒らしだと確定だがな

523 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>522
出没だなんて言われると人聞きがわるいけど、
乱歩賞、清張賞、太宰賞を目指してるんだから、
そんなことを言われる筋合いは、全くありません。
別に大顰蹙を買った覚えもないし、節操ってなんなのよ。
顰蹙だっていう人は手をあげてみて。何人くらいいるの?
それに、スレを削除しろっていうのなら、削除の仕方を教えてよ。
出来っこないんでしょ?

524 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>520
そうだとすると、下村さんが最終に残れなかった予選会での理由は、
「前回応募時に指摘された欠点が解消されていない」
ではないことになりますね。

選考時にプロフや筆名がわかっていなければ、そういう理由で落とされるはずはないですし。
講評を書いた下読みの、個人的なメッセージということになりますね。
下村さんとしては悩むでしょうね。落とされた理由がほかにあると知ったら。

結局、
@予備選考時に、下村さんが書いた原稿だとわかっていた。
A下読みが発した個人的なメッセージだった。

のどちらかということですね。わたくしは@を支持しちゃいますが。

525 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>523
太宰スレでミニスカがどうのこうのとふざけたことを書き散らして「目指している」?
どんだけ低レベルの荒らしなんだよ?
自分が何をやっているのか読み返してみろ
それでもまだ言うなら、新人賞をナメ切ってるな、お前

526 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
少なくとも俺は、名前出さなくても作品読めば「あ、あいつのだ」
ってわかってもらえるような文体を目指してる。

気がつかれたのならおれなら作戦成功と思ってうれしいけどな

527 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ミニスカートをはいて新人賞を狙っちゃいけないの?
それで転んじゃいけないの?
応募当日に雪で滑っちゃったから、みんなは滑っちゃ駄目よ、と言って何が悪いの?
ホントにあったことを書いて、何がいけないの?
全然ふざけちゃいないけどね。
いちゃもんつける方が荒らしでしょうが!

528 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ごめんなさい、乱歩賞のスレで書くことじゃなかったですね。

529 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>524
私は、前回応募作のことまで覚えてくれていた下読みさんに、好感を持ちますね。
ご本人からしたら、どうなんでしょ?
今回はいい方向で参考にされたけれど、必ずしもそうなるとは限らないということかしら。
あくまで作品単体で評価してもらいたいという気持ちも分かります。

530 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>524
読んでみて、欠点Aに気が付いた
あとから書き手の名を知って、あぁこいつか、以前Aについて指摘したのに直ってないじゃん
と思った、のでは?

531 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>530
選考は選考、指導は指導と分けて使われてるとしたら、
二次選考評を載せはじめた趣旨がよく理解されてると思いますね。
新人賞は最終選考に残らい限り手ごたえがなかったですけど、
いい方向に改善されているのではないかしらね。
それだけに、応募者にいらざる疑心暗鬼を与えないようにして欲しいですね。
特に、本選考の年齢の件はいただけないなぁ。歳だけは改めようがないじゃない。

532 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
「聞くところによると、直木賞の選考会というのは
一流料亭でメシ喰って酒飲みながらやるらしいな。
真剣に選考して、終わってからメシ喰えよ」(百田尚樹)

乱歩賞はどうなのかな?

533 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
事前に読み込んで推しが決まっていれば、宴会しようがカラオケしようが、ブレはないはず。

534 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
気に入らなければ立ち上がり、椅子を蹴とばしながら意見を言うのが乱歩賞のやり方。
びびったら負け。
それくらい真剣みがある。

535 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
だけど若さで受賞を決めちゃうんだよね。

536 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
年齢ぐらいしか決め手がなかったんだろう。どれも似たり寄ったりの低レベルで
本来なら受賞者なしが妥当な回だよ

537 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>530
俺もそれに近い想像したね。
524の二種しかないとか想像力に疑問感じてしまうよ。

俺なら「あ、こいつもしかして」と記憶に留めて、プロフ渡される段階で確認するよ。
「ああ、やっぱりあいつか」と思えば愛着も湧くし、色々アドバイスしたくなる。

538 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
下村敦史が悩むべきは、言葉尻ではない。

「本当にミステリで勝負できるのか」という一点について悩むべきだ。

下村の小説は丼物なんだよ。闘牛スペイン丼 ガウディ丼 カンボジア丼 違う違う。ミステリってのはそうじゃないんだ。

なにで丼を作るかではなくて、まずは基本の美味しいごはんで勝負してくれ。ごはんだけでも美味しいことを実証しろよ、という話だ

539 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
四角い人はしょっちゅうtwitterでつぶやいているが働いてないのかね

540 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>539
2ちゃんにおいてすら、そんなことしか書き込むことのできない己を恥じろ

541 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>539
書き込むことがないのなら、無理して書き込まなくてもいいから

542 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
あと、自演で自分宛に返事を書き込まなくてもいいいから

543 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
と言ってる本人が一番くだらないように見えるのは俺だけか?

544 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>538
ためになった。
俺は下村氏ではないが、そのことを心に刻んで、プロットを組む。
ということは、謎主体になると思うが、そうなるとどうしても本格に近くなるのだが、どうだろうか?
人間ドラマは薄くなると思うが?

545 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
もうそろそろさ、「ここは2ちゃんねるだからw」と言い訳して
現実の価値をひっくり返したつもりになるのはやめないか?

546 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
現実社会のダメ人間なら、ネットでもダメ人間だろ。
それが現実だろう。
ネットに逃避しているだけなのに、ネットで番長気取るのはやめようぜ。

547 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
源太郎の受賞作の乱歩賞と合わせて読むつもり。
最終常連でありながら、なぜ落ち続けたのか答えがそこにある。

548 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>539
長瀬氏は上の方で話題になっていたが、かなり年なのでは?
定年過ぎてるんじゃないかな?

549 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>543
禿同 しかも3連投とは……

550 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
定年はしてないと思うが、映画のシナリオを書いてるとブログにあったし、フリーライターなんじゃないの。

551 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
そのわりにはプロットが不完全とか、いかにもアマっぽいな。

552 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
俺さぁ、前から書き込もうと思って、遠慮してたんだけどさぁw
平均年齢が高いからって、全員が五十台ってことには、ならないよねぇ?www

553 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
続き
いや、もしかしたら本当に五十台かもしれないよ?
だけど、平均年齢が五十台だからって、五十過ぎだとは決めつけられないよねえ?ww

554 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
どうでもいい

555 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
俺ぁ。80代だが?
90の婆さんもおるぞ!

556 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
顔の見えないインターネットでも、
やっぱり馬鹿であることを露呈して、笑い物にされてしまう。
それがお前らだ。

な? ネットも現実も同じだろ?

557 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
脈略のない、上から目線の誹謗レス。
それな。ありがちなんだわ。
むしろここじゃ罵倒が常態化してんのよw

お前、りあるd

558 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ありゃ。送信ボタン触ってまったw

まあ、お前も現実世界で頑張れ。

559 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
平均年齢が五十台だからといって、
四角が五十台とは限らないと気づいて、

さすがにショックと恥ずかしさを隠しきれずにいるようだな。

うん。君たちは本当に恥ずかしいよ。見ているこっちが恥ずかしくなるほどだった。

560 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
大滝詠一といえば?

561 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
でも、受賞者が30代であるって特別に強調していることから考えると、
四角さんは30代や40前半じゃなさそうね。
衣良さんの文章を文脈的に読み取れば、だけどね。

562 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
君たちは馬鹿なんだから、馬鹿を自覚して、馬鹿なりの幸せを見つけられるように頑張りなよ

って教え諭してあげようと思ったんだが、
よくよく考えれば、馬鹿なりの幸せってやつを2チャンネルに見つけたんだよな。

馬鹿の幸せを壊してゴメン。心ないことをしてしまったわ。

563 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
皮肉にもならんくだらない文字列だな。

564 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
四角は50代だよ。
それが見抜けないようでは、洞察力が皆無と言っていい。
ヒントはあらゆる所に転がっていたのになぁ。

565 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>562
残念だが、何度応募しようがお前は落ち続ける。
他人嘲って矮小な自尊心でも満たしてろよ。

それがお前の一生だ。

566 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>565
完全に同感だが、あんな安い釣り、相手にするなよ
コミュ障のガキ丸出しじゃねぇか
放置あるのみだ

567 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
2ch議論のすげーとこをチェスで例えてみる。

・ 右端から出て左端から移動してくる。しかも大真面目の超本気。
・ チェスなのになぜか将棋の駒があったりする。しかも本人は気付いてない。
・ キングが居ない。相手をただただ疲弊させるだけ。
・ キングだけ。果てしなく一人でイミフな乱投暴投。
・ キングが不死身。倒しても倒しても起き上がってくる。
・ 星一徹のちゃぶ台返しが、霞んで見える必殺2ch返し。ひっくり返し過ぎて元に戻ったあげく、奴のキングだけ板上にある。
・ キングが本人。本音言い過ぎて見てるこっちが辛い。

と、イミフなレスでした。他にないかな?w

568 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>567
チェスに詳しい人って日本では少数派だよ。
たとえとして使ってもあまり共感は得られないかな。

569 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
150枚ぐらい書いた。
テーマは斬新というか、ほとんど犯罪者しか出てこない話。
嫌悪感をもたせずに、いかに感情移入させるか……というところに苦労してる。

570 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>569
悪者が主人公という、いわゆる「ピカレスク」ものかな?
悪者の主人公に感情移入させるとか好きにさせるには、いくつかの手法がある。

・悪さが徹底していて、痛快なほどであること。
・悪いことをしていても、その背景に家族、生い立ち、民族などの理由があること。
・コメディなど、軽いノリの要素を持たせる。
・ワルの世界にもいろいろいるから、主人公と対立するやはりワルなヤツを設定する。
・相手が巨大な組織や社会悪などで、主人公が小さいけど一人で頑張っているなど。

まだほかにもあるかな。これはおれが研究してきた手法のほんの一端。頑張ってみて。

571 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
サンキュー。
いくつか参考になった。

572 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>568
まさか全くルール知らないのが普通?
将棋とほとんど一緒なんだが、下手すると将棋すら知らない人も多いのかな。

中高生時代はセブンブリッジやナポレオンで賭けて遊んでたんだが(ジャン牌は煩いw)、
スマホが普及した今はLINEやソシャゲって話なんだよな。
俺のオヤジはトランプじゃなく、まさに将棋だったらしいw

俺、30半だけどすげー世代差感じるよ。

573 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
60代かと思たw

574 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
やめてw

575 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>572
人を小馬鹿にしないと発言できないのかね。

576 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
チェスで思いついたが、おれが考えたトリビアを紹介する。

チェスの一番弱い駒はポーン(PAWN)といって、将棋で言う「歩」にあたる。
将棋の歩は、江戸時代に、質屋の看板としてよく使われたらしい。その理由は、
相手の陣地に入ると、歩が「金」になるから。つまり、品物が「金」になるのが質屋だから。
一方、イギリスでは、質屋のことをPAWN、あるいはPAWN SHOPという。
これって、偶然にしてはできすぎていると思う。

577 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
興味のない薀蓄をだらだら語られる小説って、作者のひとりよがりで読んでいて苦痛だよね。

578 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>577
人を小馬鹿にしないと発言できないのかね。

579 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
576 おもしろい
木村鷹太郎はそんなのばっかりだぞ

580 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
道路が地球の裏側の国ではロード
みたいなやつだろ

ケンネル(犬寝る)で犬小屋とか

581 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>575
すまん。572のどこが小馬鹿にしてる?

「まさか全くルール知らないのが普通?
将棋とほとんど一緒なんだが、下手すると将棋すら知らない人も多いのかな。」
ひょっとしてここか?

「知らない事を知らないと言えないどころか、知らない事を気付かれると怒り出す」
って先生になった奴が言ってたが・・・
別にバカにするような意味じゃないぞ。

582 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
将棋を知らない奴など稀だと思うからこそ、「将棋すら知らない人が多いのか?」という問いかけが小馬鹿にしてると感じるんだろう。

知らないことを気づかれると怒り出す、というのと訳が違うと思うのだが。

583 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>582
結局、俺と同じく稀であると言う認識か?
普通や多いって言葉で緩和したんだが、それでもダメなんだな。

小馬鹿にするなら

「まさか全くルール知らない奴なんているの?
将棋とほとんど一緒なんだが、下手すると将棋すら知らない奴もいそうだな。」

ぐらいか。もう、こっちでいいわ。

584 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
将棋「すら」知らない……というとこには、侮蔑を感じてしかるべきじゃないかい?
言葉とは、そういう繊細なもんでしょ。

585 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
平均年齢が五十代だから四角は五十代だと決めつけていたことを馬鹿にされても平気なのに、
どうしてそんなつまんないことで、馬鹿にされたと立腹するの?ww

小学校の算数を理解していなかったことのほうがよっぽど恥ずかしいじゃん。

586 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>584
繊細どころか過敏じゃない? 腫れ物みたいで、気疲れする。

587 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
いやいや、過敏じゃないよ。
だから、知らずに人を傷つけたり不快にさせたりする事態が起こる。

言葉を扱う仕事を目指すなら、誰より気を配る必要があるね。
言わせてもらえば、きみは洞察に欠けると思うぞ。いわゆる子どもだ。

588 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
沸点が低いね
チョン?

589 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
そんなことより平均という概念を理解していない大人がいた件について

590 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
キング降臨だな

591 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
583って女?
何かカタクナだし女成分を感じるw

592 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
ここに女はいないよ。
たまに湧くけど、乱歩スレは圧倒的にほかより少ないと思っておる。

593 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
そういや、ポプラ小説新人賞ってどうなったんだろう。
あの一件以来聞かんが。

594 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>593
スレはほかにあるよ。排除するつもりはないけど。
賞の話も聞かないが、ヒロの話はもっと聞かないね。
期待通りだ。

595 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
あー、そうなんだ。
ヒロは次の作品が出来上がってると言っていたような。
それにしても、ポプラは地に落ちたな。
最後までヒロの面倒をみて、定期的に刊行してやればいいのに。

596 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
いや、最初から一発屋で良いと思っていたんだろ。
実力がないのは分かっていたと思うから、芸能人のネームバリューで
売るだけ売って、あとはポイって感じだろ。

597 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
鬼畜だな

598 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
芸能人自体が使い捨てw作家も危うい

599 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>591
小馬鹿にするだの傷つくだの言ってる方が女じゃねぇの?

600 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>599
乙w
意味分かるよねw

601 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
ポプラは元々児童書中心の会社。一般エンタメ文学は専門外。
その賞にしてもなんの実績も残せなかったし。

602 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
超高額賞金に釣られたヤツが多そう。

603 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>602
確か初回だけだったよな

604 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
>>600
基地外っぽい奴の思考は分かりたくねw

605 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
この時期、もう書き始めている人がいるってのがおれには信じられない。
今は構想の時期でしょ、普通なら。

606 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
いつ書くの? ヒマでしょ

607 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
鮎川用のを書いてるよ。
年に二作は出したいからね。

608 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
そうだね、プロを本気で目指すなら、一年に長編を二つは書きたいところ。
おれも多い年は三つ書いたんだが、最近挫折気味で、年に一作しか書けてない。

609 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
横溝と鮎川がちけえよな、この時期から書いていかないと
できれば適当にあいだ空けて欲しいもんだな

610 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:/4E68rpo!
もうすぐ発売だね。

611 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>522
仰天の受賞者なんですよ、これが。
興味のある方は松本スレの真ん中辺からどうぞ

612 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
横溝賞の伊兼源太郎の受賞理由、日本を舞台にした小説だからだってよ。
その他は橋棒2本と、なぜかアメリカが舞台で米人しか出てこない小説で必然性が
わからないとのこと。

613 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>611
ねえよカス

614 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
そんな理由で受賞?
つか、海外もののデメリットは計り知れんな。

615 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>612の文章は省略がへんなふうで誤解を生むだろうなと思ってたら
案の定、614が誤解しててワロタw

616 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
誤解してないよ。

617 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
じゃ612が誤読だな
→ではなくー>の時点で情報がゆがんだ

雑誌 −> 省略書き込み → それを読んでレス

618 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
誤読じゃないよ。

619 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
誤読してる人に誤読じゃないかどうかとかわからんだろ

620 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN
海外を舞台にして書くと、自分では壮大な物語だと思っちまうんだよな。
俺も経験あるわ。
留学してたサンフランシスコを舞台にした小説。
でも、中身は日本がアメリカになっただけだと言うw

621 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
海外ものを書く必然性ってなに?

622 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
必然性なんて無能が使う言葉だ。
ブラジルを舞台にしようがスペインだろうが、著者が思い入れがあるから書いている、つまりそれが必然だろう。
海外が理解できないからといって難癖つけるのは、視野が狭いと思ってしまうよ。

623 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
以上、必然性を理解してない一時落ちの戯れ言でした。

624 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
思い入れがあればいいんじゃね
出てくる人がどうみても日本人で、話とブラジルが関係なければ

ブラジルにした必然ってなんだ?って思うだろ

例えば宇宙ステーションを舞台にクローズドサークルもの書いて
最後までへやの中で話すすんだら
え? 宇宙にした必然ってなに?
ってなるだろ

なんか無重力とかのトリックかなと思ったら
そんなこともなく

625 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
まさか下村さんクラスが、必然性のない海外物なんか書いてないだろう。
さらなる必然性が求められてるんでしょ。
最終常連のデメリットだね。

626 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
馬鹿はほっとくがいいよ

627 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:Mdtigwrb!
俺もだけど、みんな規制なの?
受賞作がもうすぐ出るってのに、なにこの静けさw

628 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
最終常連がどうとか、なんの参考にもならん他人事に夢中になれる低レベルな奴らと会話しても無益。
悪貨は良貨を駆逐する。本気で目指している人は、どんどんここから離れていくわ。

629 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
そうだな、最後まで残ってるのがアンタみたいなクズな

630 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/02(金) NY:AN:NY.AN
そろそろ書き始めるか

631 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
やっと規制解除された
受賞作発売いつだっけ

632 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
やっと規制解除されて、満を持しての書き込みが

受賞作発売いつだっけ

これが2ちゃんねらのレベルですw

633 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
いやいやいやいや。
満を持しって、2chカキコどんだけ待ち望んでる奴だよw

他にネタなかったんだろ。
本気だったら・・・、ごめん。
ちょっと糞でもしてくるわ。

634 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
立派な奴、出産したか? >>633

635 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
いやぁ。にゅるってるわぁ

636 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN
和式水洗だと立派なブツをしげしげと見ることが出来るが

殺人現場に必ず残される長さ一フィート、直径二インチの
大便!

637 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN ID:kW8yJGT2!
受賞者は今が一番わくわくする時期だろうなぁ。
俺は乱歩賞作家なんだと噛み締めてることだろう。
そして刊行されれば、ネットでエゴサーチして凹むに違いない。
ああ、羨ましい。

638 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN ID:+rcNK/Ws!
また規制だ‥‥。
2chは駄目になりそうだけど、創作文芸板はどこかへ移動して残って欲しいな。
特に乱歩賞スレは。

639 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
襲名犯、評判いいね。

640 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
提灯記事じゃないの?

641 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/06(火) NY:AN:NY.AN
提灯に決まってんだろが
選評があんななのを忘れたか?

642 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:MTQk0ijQ!
横溝のげんたろうの作品も9月刊行だよね。

643 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
「半沢直樹」の原作本、累計で150万部突破だと
池井戸もついにブレイクしたな よかったよかった

644 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
ロケットのやつも数十万部行ってたろ
ついにブレイクというよりは、のりにのってる感じ

645 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
デビュー16年目でブレイクか。
これが若いやつを受賞させる、いちばんの理由だな。

646 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN
俺もブレイクしてぇ〜!
つうかその前にデビューせんとな。

647 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
まず2ちゃんやめることだな

648 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:rpFHHDiR!
皆の衆、もう応募作を書き始めてるか?
夏が過ぎると後半はあっという間だぞ。
そういうわしは、200枚ほど書いた所だ。

649 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
俺はやっとブロットが完成した。斬新でなかなか面白いんだよ、これが。
そろそろ書き始めるつもり。

650 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
ぶろっと・・・

651 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
ぶ〜じゃむが死刑になったところまで読んだ。

652 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
早くない?
もしかして関係者?

653 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
受賞作は毎年買っているが、今年はなんとなく買う気がしない。
去年の「カラマ」だって即買いだったのに。
食指が動かないのはなぜだろう?

654 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
タッチみたいな話だったな
須見工の新田は出てくるし双子の兄弟の一人は死ぬし律子は南だし霜野は西村だし

655 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
設定は面白そうじゃん。
連続殺人犯を襲名する信者。
ただのキチガイで終わらせず、きちんとしたオチをつけて欲しい。

656 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
ただの基地外で終わる方が、無理に理屈をつけてこねくりまわすよりも潔いけどな。

657 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
なに、もう読み終わっちゃったの?
はええなあ。
死刑になったあとの、図書館紹介コーナーを読んでいるところ。

658 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
結構、新人賞をとった推理小説は読む。
この1年なら横溝賞のデッドマン、日ミスのロストケア、乱歩賞のカラマ、
それにこのミスの生存者ゼロ。鮎川の体育館の殺人は未読。
生存者ゼロは推理小説でも何でもないので除くと、小説の佇まいでは
ロストケア。最初の引きではデッドマンだった。だが、全体としては低調な
感じがする。襲名犯を読み始めたところだが、冒頭の引張りは弱いな。
まあ、最後まで読まないとわからないが、1600円の価値があることを祈るのみだ。

659 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
犯人が誰なのかすぐにわかる。
ごちゃごちゃしてて読みづらい。
犯人に都合よく操られすぎ。
動機に無理がある。
まったく驚きがない。

退屈な話だった……。

660 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
それが本当だとすると、例年に比してセールスポイントがないね。
今、主人公が図書館の下っ端に資料集め手伝えとか言われているところを
読んでいる。
選評ではいつも早く事件を起こせという割には、まだ事件がおきていない。

661 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
やっぱり選評の通りだ。
言うべきことが特にない。
無個性。
子どもっぽい。
でも、絶望的につまらないわけじゃない。
困った。

662 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
こいつは怪しすぎるから違うだろうと思っていた奴がそのまま犯人だったw

663 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
http://www.webdoku.jp/newshz/sugie/2013/08/09/191556.html

664 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
無言のままリンク貼るなよ。

665 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
失礼

666 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
悪魔さんよろしくお願いします

667 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN
お前もラブドールにしてやろうかぁ!

668 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN
しっかし、つまんねえ話だなあ。
再会の時もそう思ったが。

669 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN
襲名犯読了。予想どおりのつまらなさだった。
ここ十年の受賞作で最下位。
読む必要なし。買わずに図書館で借りればよかった。

670 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN
斬新さもなく、動機や殺害方法にも新味はない。
トリックもなく、仕掛けも弱い。
ロジックもない。そして、倒叙が機能していない。

671 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
四角い人、鞍替えしたのかな?

672 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
また懲りずに、太平洋戦争秘話でも書いているんじゃねえの

673 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
律子がトライアンフに乗っていることに、さしたる意味はない。

674 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
律子が警部補であることにもさしたる意味はない

675 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
カーステから流れる「ホテル・カリフォルニア」もだな。

676 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
アマゾンで1件、5つ星で激賞してるのは仕込み?

677 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
5つ星をつけたひとは立ち読みで読んだって書いてあるよ。

678 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
仕込みにしか見えん

679 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
5つ星をつけたひと

遠藤さん?

680 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
読了した。
終わりの方が、淡泊なような気がした。
想像だが、枚数制限に会わせるために、
最後の方は、随分削ったんじゃないだろうか。
当初の予定では、s氏失踪後、同級生と同僚は、
殺すつもりじゃなかったんだろうか、と思う。

681 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
再会と比べてどちらが上ですか?

682 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN
>>681
再会、読んでません。ごめんなさい。
自分が書こうと思っているのが、
連続猟奇殺人の連鎖なので、
今回、読んでみました。

683 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN
>>681
再会が100点とすれば、襲名犯は30点ほどですよ

684 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN
襲名犯読了。
このスレでは酷評されているようだが、なぜこの作品が受賞したのか考えてみた。

1、現代物だった。(候補作のうち現代を扱ったものは二作だけ)
2、謎の提示(?)、そして謎解き(?)があり、意外な(?)犯人がいるという一応推理小説の形になっていた。(ほかは冒険物など)
3、作者が若かった。(池井戸氏のように、16年後のブレイクに期待。そのときは48歳。まだまだ書ける)

1に関しては過去の選評でも、「現代日本を舞台としたものを」との要望があった。
現代日本以外の受賞作は近年でいうと、「カラマ」「三年坂」ぐらいか?
(「誘拐」「ダモイ」はの過去の事件について現代からのアプローチ)
3に関して、50以上の受賞者だとつらいかもしれない。高齢の場合、即ブレイクする作品じゃないと資金回収が難しい。

685 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN
たんに、他がレベル低かったからでしょ

現代物だから、オーソドックスなミステリ形式だから、年齢が若いから
あとなんだ?、3人称だから、舞台がどこそこだから、女性が活躍するから
等々等々で決めたりしないって

それって賞じゃなくて、つまり、レベルは低くてもいいから、みんなで
出版社や賞の主催者が欲しがってる題材を当てるゲームになるじゃん

686 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
400の応募があって、これなら俺のほうが面白いうという人はいないのかね?
もう読んでてつまんなくて嫌になってきた。
1600円返してくれよ。ほんとに。

687 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
志は高いが本格好きには受けないな。
俺は興味深く読んだ。最初はまたお勉強ミステリーかと思ったが、
ちゃんと主人公の悩みというテーゼもある。
ここ数年は原著未読のカラゾフ以外読んだが、
そんなに言うほどひどいか?

個人的には、イラの選評でかなりマイナスのイメージを受ける。
あれが最初にある(しかも具体的な指摘は一切無い)から、
悪い印象が拭いきれないという人が多そうだ。
選評によるイヤミスという新しいジャンルだな。
最後にカタルシスがあって、その後に選評でボロクソだから、
これはボロクソなんだという気分になる。
(アマゾンレビューも選評選評言い過ぎだろ)
俺は小現の選評先に読んでたから、全く期待しなかった。
だから面白く読んだ。ある意味選評に感謝。作者は気の毒だが。

688 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
最後が淡白と書いたものだけど、
確かに、悪い物語では、なかったと思う。

689 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
まあおれたち2ちゃんねらから見れば受賞したってだけで
もう雲の上の存在だよ

690 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
自分の応募作はブージャムより劣っていたと自認できる?

691 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
出来る出来ないではなく
それが現実

692 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
自認できないのなら、別の賞を狙いましょう。
自認できるのなら、別の道に向かいましょう。

693 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
やっぱりそういう結論か・・・

694 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
で、ほとんどの人はあきらめることすらできない。
惰性で駄作を書き続け、年中行事のごとく応募を繰り返す。
そして、結果が出ると、いつも通りにここで愚痴るわけだ。

695 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
無限地獄ですな

696 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
よろずのことに気をつけよが文庫化されてたので
読んでる途中なのですが
別にそれだけです

697 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
よろずの人、続作でた?

698 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
昆虫のやつが最新じゃないですかね
僕はよろず〜、が初めてです

699 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN
変な話だし、つまんねえだろ。

700 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
川瀬は書評載りまくりで評価高いんだぞ。
2作目、3作目を増刷してるのは、ここ最近の受賞者でこの人だけだ。
確実にファンを増やしてる印象。
玖村は完全に差?をつけられて3作目も出せてないしな。

今回の受賞作はつまらなくはなかった。
目新しさはないが、そこそこの実力はあるんじゃね。
一定水準は超えてると思った。

701 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
お前らさ。
受賞者の足元にも及ばないくせに、レベルだの増刷だの分析だけは一丁前でバカジャネーノ。
ブージャムはお前らの応募作よりもおもしろいから受賞できた。確実なのはそれだけさ。

702 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
ひ〜んひ〜ん

703 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
今さら指摘されるまでもなく、分析だけで頭でっかちになるのがワナビという生き物だよ

704 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
バカジャネーノリオデジャネイロ

705 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
そろそろ書き始めるか

706 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
はい。

707 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
二作同時受賞は比べられるから絶対にやだ

708 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
このミスと乱歩、どちらがレベル高いんですか

709 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
比べる意味はなんだ?
両方とも質にばらつきがある。
受賞後に伸びる奴もいれば、一作で打ち止めになる奴もいる。

710 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
乱歩賞に決まってんじゃねえかよ

711 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
決まってないよ。
賞には色があるから、好みは分かれるだろうけど。

712 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
俺は乱歩に一票。

でも書籍代はこのミスの方が多かったりする。

713 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
他賞と比べるヤツは定期的に現れるな。

で、今年の受賞作は個性が薄いと思った。
面白くなくはないが、サラッと読めて心に残らない。
駄作までは思わないのに、1600円出したことがすごくもったいなく感じる。
なぜなのか今考え中。

714 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
来年は俺の受賞作で満足させてやるよ

715 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
初版止まりでも単行本をどんどん出してくれるんだから、乱歩賞の権威はすごいね。
たとえ売れなくても、ずっと作家でいられる賞だと思う。
書いてさえいればだけどね。

716 :708:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
これだけ競争率も賞金も高いのに、どちらの受賞作も毎回辛辣な言われ方がされているので疑問に思いました
このミスの方がライトな印象だったんですが、乱歩でもオンサイトのような作品が受賞してますし
確かに作品ごとのバラつきがあるので一概には言えませんね
歴史や権威を考えると乱歩の方が「賞そのもの」のレベルは上という感じでしょうか

みなさんありがとうございます

717 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
賞そのもののレベルと言うか、伝統がある分、冒険もできないんだと思う。
軽いノリを試したくてオンサイを受賞させたのかもしれないけど、結局受け入れてもらえなかったわけで。
まぁ、受賞作以降が勝負というのはどこも変わらないね。
そういう点で乱歩賞は生き残り率が高いと思う。

718 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
このスレでは、川瀬を持ち上げて玖村を落とすとか
遠藤を小馬鹿にするとか、横関を生暖かく見守るとか
一定の流れをつくりたい奴が数名いるよな。

719 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
なにひがんでるの?
元気出して!
愛情一本
チ・オ・ビ・タ

720 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
やっと読めた−。襲名犯。ミステリである必要性はあんまり感じなかった。
サスペンスにしても良かったんじゃないか。でもここ数年では一番良かった。
選評のケチョンケチョン具合は、意味わからん。ものすごい改稿したのかな。
京極夏彦の選評が一番良かった。小説家を目指す人全員の金言だろあれ。

721 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
んー。
俺は合わなかったな。
つまらない訳じゃないが、なんかこう胸に響くようなものがなかった。
可もなく不可もなく、まんべんなく無難という印象だ。
選考委員の、なんかよくわからないけど腑に落ちないみたいなのに共感。

722 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
13階段とか誘拐児よりは上だろ

723 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
は?
あんた著者?

724 :720:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
722は俺じゃないぞw

>723 胸に響くかー。褒めててなんだけど、
なんとなく同意。グッとくる場面もあれば、
全然外れてる部分もあった。乱歩賞である必要性は無かった。
これが他の賞なら、おっ!て思うけど、やっぱ乱歩賞は
ミステリーとしての完成度の高さも欲しいな。

725 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
>>720
京極さんの選評、読み直しました。
確かに、金言ですね。

726 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
子供かよ。
金言じゃねえよ。
当たり前のことを言っているだけだろ。
京極はいつもあたりまえのことを念仏のごとくに唱えているだけ。
委員になってからずっとそうだぞ。

727 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
イラもね♡

728 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
大沢在昌の「売れる作家の全技術」を読んだ。
テレビにやたらと出ている作家はレベルが低いんだってさ。

729 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
まぁ、そうした方が稼げるからね。
コメンテーターとか適当なことしか言わないけど、肩書きが作家というだけで重みが増すみたいな。

730 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
宮部みゆきはかたくなに出演拒否だそうだ

731 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
728だが、その本、ちょっとぬるいよね。正しいことは書いてあるんだろうが、
全体的に冗長。教えることはあまり上手くないのかな、大沢親分。

732 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
きみの理解力が足りないだけじゃない?

733 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
当たり前のことを言われるのは、当たり前のことが出来てないってことでは?
出来ているなら言われない。

734 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
大沢は親分肌なんだろうが、先生としてみたとき、威張り性で断言するのが大好きなオヤジにすぎんわ。

735 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
テレビと言えば、筒井康隆や村上龍しか思い浮かばないが、作家としてはどちらも一流じゃね。
「やたらと」に該当するかは微妙だが。

736 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>732
おれの理解力というより、君の読解力がないというべきだろうな。
本の内容は良いんだよ。ただ、もっと凝縮して書くべきだと言っているのが
理解できてないようだね。

737 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>734
野球の故大沢親分を思い出すな。
在昌氏は威張り性とは思わない。
若桜木の方がずっと威張り性っぽい。
けど指導本の内容は大沢よりずっと良い。

738 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>718
俺は玖村作品のほうがよかったなあ

739 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
オンサイトを褒める人は客観的に見ても少数派だと思う。

740 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>738
唐突に蒸し返すとかw
○ムラさん?

741 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
めちゃめちゃ古典的な本格ミステリーを書いてしまったんだが、鮎川か乱歩か迷ってる。
館&密室&孤島&探偵もの。
象徴的なアイテムをすべて盛り込んだら、エンタメっぽく面白くなったわ。

ただ、来年から選考委員に有栖川が入るから、いかがなもんかとも思う。
東野に読んでもらいたかった。

742 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>739>>740
呪いの札とか、宗教的なものはダメなんです。先へと進ませない。
だから「魍魎の匣」も全くダメ。まだロッククライミングとか盆栽の
ほうが全然よい。

743 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
へ?
宗教、全然関係ないと思うんだが……。
でもまぁ、面白さは好みだよね。
つまらんと言われる一方で、必ず面白いと言ってくれる人もいる。
作家っていいなぁ。

744 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
テレビに出てる作家って、あれだろ
源一郎の元嫁とか、関西でやたらでてる、このあいだ死んだ白髪のやつとか
林真理子とか(最近すくないか)
ドラゴンとかは。テレビに出ててちゃんと書いてる人は少ない、の少ない一人だろ

若桜木本のほうが良い、はねーわ、ワナビの俺でもあれは酷いってわかる

745 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>743
シャーマニズムは宗教じゃないんですか?
逆に、なぜオンサイトを推さないのか少し語って
いただけると参考になります。

746 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
シャーマニズムが本筋になっているわけではない。
それはあくまでもスパイスだ。
文庫の解説で日下三蔵が書いている通り、「被害者重視」で書かれた「文化人類学者の研究対象となった科学的で理知的なミステリ」が根底にあると俺も思う。
宗教色の強い観念的な作風ではないよ。

オンサイトは別にダメとは思わない。
ただ、勢いで突っ走った感があるからね。
これは東野さんも指摘してる通りだよ。
後先考えていない構成が、幼い感じはする。
だからと言って駄作ではない。

747 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
オンサイトが好きっていう読者だってたくさんいるでしょ。
それこそ好みの問題なんだから。
つか、745がなんでそんなにオンサイトに固執するのか不思議。
蒸し返してまで語りたいか?

748 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>744
大沢の小説本は、あまりにも主観的だと思うな。
本を一万冊読まないと作家になれないとか、最終に二回残っても受賞できなければ、作家の才能はないとか。
魅力的なキャラで新宿鮫を出されても、俺はまったくピンとこないね。
むしろひどいキャラで、特に女キャラなんて失笑もんw

749 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>744
大沢は小説指南の本はあまり出してない。教えることが得意でもない。
君は若桜木の本を読んでないだろ。読んでいるなら偏見を持って
読んでいるはず。それを排して読んでみて、辛辣ながらも的確な
ことを書いてあるから。

750 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>746
本筋ではないことは想像できますが、十数ページで止まってしまったことは事実です。
乱歩賞は9作品ほど読みましたが、唯一導入部で止まってしまっている作品です。
そういった読者もいるということです。また再読してみようと思います。
>>747
特に他に書き込むことが無かったんでしょうw

751 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
門下生?みたいな連中と、雑談形式で進行するワカサギ指南書なら読んだ。
なんというか、内輪で褒めあってて気持ち悪いことこの上なかった。
だから、内容が頭に入ってこない。

752 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>750
だからそれが好みってもんだろ
他になんて言って欲しいのかわからんわ

753 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>746
後先考えていない構成ですか、うーむ、あまりピンときませんが...
あとで再読してみます。ありがとうございました。
構成といえるのかどうかわかりませんが、評価の高い13階段について
感想を述べさせてもらえば、犯人が殺害した保護司は同情できる人物
ではないし、探偵役も報われずに終わり後味が悪かったです。
序章数ページの勢いは凄いですが、尻すぼみ感があるのはぬぐえません。
勿論駄作ではありませんが。

754 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
はいはい。
あなたが1番だよくむらさん。

755 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
だんじてくむらではありません、御本人の名誉のために

756 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
京極の選評によれば、オンサイトは内容の軽さに対して、ディティールまで
しっかりと調べつくして書いてあるが、その為に小説としての弾け方が弱い。
よろずは、看過できない小説としての瑕疵があると書いている。
どう考えても、小説家としての力量は玖村の方が上ってことだろ。

757 :742:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
ダメというのは語弊があったようです。関心がない、アレルギーがある、
ぐらいの意味です。私にとって、読み進めるにはダメだったということです。

758 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
なんで京極の選評を鵜呑みにするわけ?

759 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
よろずを、瑕疵をしのぐ魅力ある作品と京極は書いているよ
わざと端折って文脈を変えるとかw
朝日新聞かよw

まぁ、どうでもいうけど玖村の二作目でも読んでみれば?
それこそ作家としての力量が見れるから

760 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
しかし、降って湧いたように玖村絶賛厨がわらわらと…。
いきなりなんなんだろう。
いまだかつてない展開だな。

761 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
好きだと思った作家を贔屓にすればいい
人に同意を求める事が間違い
自分に自信がない証拠だな

762 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>747
タイミング的には襲名犯について語るべきなんでしょうが、あらすじや書評など
から購入に踏み切れないでいます。やっと近くの図書館に入荷しましたが
貸出中です。

763 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
も、いいよ、きみ
新手の嵐か?

764 :738:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
一言、「のほうがよかった」と書いただけでこんなになるとは思わなんだw

765 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
「の方がよかった」で終わらせずに、宗教がどうとか誰か説明しろとか、13階段も嫌だとか、人にやたらと同意を求めるからでない?
あなたの中でオンサイトが近年で一番楽しめたというなら、話はそれで終わりだよね。
好みがバッチリ合った訳だから。
作風ってものがあるんだから、何かを引き合いに出さなくていい事だと思う。

766 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
同意を求めていたとするのは妄想というものですよ。Amazonのレビューを
読んで参考にするように、2chを読んでいるだけです。

767 :718:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
俺か、俺が一番悪いのか。俺は事実を書いただけのつもりだけどな。

768 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
事実というより感想でしょ

769 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
この流れでどこが川瀬上げなの?
必死で川瀬落としをしてる奴が何人かいるとは思うけど。

770 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
まぁ、こんなとこで上げたり落としたりしても意味ないけどね。
か弱いワナビの悪態ってとこだろう。

771 :750:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
全部読んだわけではないので、"途中までは"玖村作品のほうがよかった、に
訂正しておきます。

772 :750:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
猿丸幻視行や写楽殺人事件は途中まではなかなかページが進みません
でしたが後半がらりと読みやすくなりましたからね。

773 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>771
何かすごい粘着質だね
ちょっと怖いわ
それに、アマレビューとか2ちゃんを参考にすると豪語しちゃういわゆる読み専なんだろうから巣へ帰ってね

774 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
もう触らないほうがいい

775 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
触った俺がミスをした

776 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
食堂のおばちゃんの文章にケチつけて喜んでいた困ったちゃんだろ。

777 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
規制解除されてたーーー!
うれひーー!
\(^o^)/

778 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
個人情報流出がすげぇなおい。
お前らは大丈夫か?

779 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
キャリア以外は知らないはず

780 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
キャリア?
何それ

781 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>779
そういえばノンキャリアの犯意後にも受け取れるなw

782 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
運輸業者もキャリアです

783 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
現代推理小説の醍醐味はどこにあるかというと謎解きが終わったかにみえた後の
どんでん返しにある。そのネタがなかなか閃かない。

784 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
ああ失礼、冠されたお方の「二銭銅貨」や「人間椅子」から既に
どんでん返しが肝でした。

785 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
どんでん返しには、あまり重きを置かないかな。
どちらかと言うと、仕掛けより人物に力を入れて書きたい。書いてる時は掘り下げたつもりなのに、読み返すと薄っぺらいキャラで愕然とすことがある。

786 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
どんでん返し好きな人は多いんじゃね。
故横溝氏も、クリスティの作品やルブランの『813』を好きだ、と書いてた覚えがある。
最後の数ページで返されると非常に爽快感があり、直ぐにでも読み返したくなる。
どんでん返しの可能性を予見し、実際にそうなると、読者として「やはりな!」と予見できてうれしい気持ちがわき起こる。
といっても、好みと作風を同一視して書くべきでないかもしれんが。

787 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
なんか俺は、根が純文ナイズなのかもしれん。
でかい仕掛けとかどんでん返しとか、読んでも、へぇ、うまいもんだ、ぐらいの感動しかない。
ミステリーを書くには適さないタイプなのかもしれんが、書いてて楽しいのはミステリー。
困ったわ。

788 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
どんでん返しがなくても面白い推理小説はあるわけだから気にすることはないんじゃない
俺は読者をハラハラさせてグイグイ読ませるようにするのが苦手

789 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
どんでん返しと呼ばないまでも、驚愕の結末があればそれに越したことはない。
読後に「ああ、読み応えがあった」と思わせるために必要な要素のひとつで
あることは事実。
でも、そのためだけに延々と退屈な話を引っ張られても困るけどね。

790 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
そう、それだ。
最後のびっくり結末のために、内容のほとんどを犠牲にしてる作品が多い気がする。
最近読んだのでは、ラバーソウルがそれ。
冗長ですごい。

791 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
>>783
難しいよな

792 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
テロリストのパラソルも比較的に意外な結末の一点に重きをおいているような気がする。
犯人の部屋の前で、「カムイン、プリーズ」、と返事があった後の場面。
単行本の表紙も白人の男の顔だし。ホットドックが食いたくなる話だったw

793 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
テロパラはなかなか良く出来た作品なんだが、
テレビ化されたのは最悪だった。
メガネの指紋だけで死体もないのに死者の身元を特定するはずないだろ。
(これ、原作にはないからネタバレじゃないよ)

794 :792:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
ああスマン、ここにいる人なら既読の前提で書いてしまった

795 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
まあテロパラ自体そんなに評価の高い作品じゃないからな〜
ハードボイルドとしては連鎖とか八月のマルクスのほうが上だよ

796 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
連鎖は読みにくかったわ。

797 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
犯行の動機が納得できる作品がいいな〜

798 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
君が書きたまえ。

799 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
はい

800 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
伊兼さんの横溝受賞作、読んだ方いますか?

801 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
まだ出てないだろ

802 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
現在が舞台の設定だと、街角防犯カメラやら何やらで犯罪が難しくなってしまった。
強いて描くとすれば国家権力の犯罪か。

803 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
だから戦中戦後、または海外みたいな設定に逃げるわけだよ。
選考委員には見透かされてるけどね。

804 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
今まで読んだ中じゃ大誘拐がいちばん面白かったけどその頃(1978年)はまだまだそんな犯罪が成立する時代だったんだろうなあ

805 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
>>803
銓衡委員の方々も執筆が困難になったということですね

806 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
昔は夢があった。
今はすべてにおいて雁字搦め。

807 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
>>805
いや、応募作品で逃避はダメだろうと。

808 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
横溝受賞作の「デッドマン」では、
現代の新宿や麻布十番の犯罪で、防犯カメラは無力だった。
その二箇所を含め、都内で六人を殺害し、遺体の一部をバッグ等で運ぶのだが、
犯人が利用したと思える車の目撃情報、Nシステムや駅の防犯カメラは本文中では捜査された気配はない。

本文で、警察の近年の検挙率はかなり低いと具体的な数字を列挙して読者を煙に巻こうとする。

六つの犯罪は難なく成功してしまう。(警察は捕まえられない)
具体的な侵入の手口や殺害に至るまでの方法や、逃走方法は最後まで説明されずに終わる。

そんな瑕疵はあるが、「デッドマン」は面白かった。要は中身。
(しかし、乱歩ではこのあたりが突っ込まれて受賞できなかったかもしれないが)

809 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
今は山奥の中でさえカメラが設置されていると想像する

810 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
>>808
俺も読んだが、ダミーの防犯カメラだったというオチは怒りを超えて、笑ってしまったぜよ
作品はおもしろく読んだけどね

811 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
一般に普及しているスマホのレンズの小さいデジカメ
でさえよく映るんだから、最先端のハイテクのカメラ
だとどんだけクリアにばっちし撮られるかっつーの

812 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
>>807
「大地震でインフラが壊滅したときの犯罪」

これも逃避と見做されますかね?

813 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
選考を銓衡とも書くって初めて知った。

814 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
デッドマンって乱歩落ちだったのか

キャラはどんどんリアリティから離れていくのに、警察組織の薀蓄だとかシステムだとか一般人が知らないところばかり突き詰められてもねえ

815 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
久しぶりに書き込みます。

私はある特殊な職業についている者で、今回はその知識を生かした作品で
応募しましたが、そこは評価されませんでした。残念w

ウンチクは自分の作品に他作とは違う魅力を与えられるので、強い武器になる
とは思うんですが、なにしろ警察ものは多いし少々のウンチクではパンチが
弱いと感じられてしまうのでは。

816 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
今回受賞作「襲名犯」も、まあ、ひがみと言われるのは覚悟で言わせて
もらうと、そのウンチクの部分で弱いと感じましたね。

作品の中では図書館というのが大道具として出てきますが、たとえば
図書館の人間関係の裏話とか予算の不正流用みたいな、他の人の知らない
部分を書いてもらえれば、そこが魅力になったと思うんですがね。
そういうのはあまり出てこない。

なんだか作者の人柄がにじみ出てる、みたいな作品の魅力と関係ない
部分で評価されているようで、ちょっと納得いかない受賞ですね。

817 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
つうか、話自体がつまらなかった。
引きが何もない。

818 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
>816
相対評価なのに受賞が納得できないのは、自作のほうが上だと思っているからだろ。
その勘違いを正せないうちは、どんなに書いても無駄だな。
もちろん、勘違いではない可能性を完全に否定できるわけではないが、
薀蓄がどうのと語っているあたりで、大体わかるわ。

819 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
と、万年ワナビが何か言ってますww

820 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
蘊蓄含蓄学識造形、衒学よりも見学だ

821 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
作品をよく読めていないと論評できないように、現実の世界をよく知っていないで小説を書くとあとで笑われてしまうからなあ

822 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
デッドマンが乱歩落ちって、どのへんで落ちてるの?
最終候補で名前を見た記憶がないんだけど

823 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
若干のネタバレ(メール欄のみ)があるので未読の人は注意。
襲名犯でトリックらしいトリックって、メール欄くらいかな。
専門知識が使われたトリックだけど、かな〜りインパクトが
弱いね。

824 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
受賞作の粗探しばかりしてないで、自分の応募作がダメだった原因を掘り下げるぐらいすれば?
酷評してるものより数段劣ってるんだから。

825 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
ここに書き込んでいる傍らでちゃんとやってるヤツもいるだろう。

826 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
自分を顧みてれば、人の作品にどうこう言うのがバカらしく感じるよ。
いや、バカらしくというより虚しくか。

827 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
>>826
それこそ論理の飛躍でしょ。
プロ野球でファンが選手を批判して、その批判したファンに対して、それなら自分が
投げてみたら?打ってみたら? あのプロ選手より打てるの?
そう言い返すのと同じでしょ。

あくまで作品に対する読者としての感想なんだから。

828 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
ここはファンの集いじゃねえだろ
笑わせんな

829 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
本当だw
悔しかったらお前も受賞してみろよ、が正しい所だからねぇ

830 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
>>827
ここは作家を目指す人達の板。
タダのファンなら読み専スレに行くだろ。

831 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
だよな
作家志望者が特定の作家のファンになったら終わりだしな
ただの物真似になっちゃうし

832 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
ファンであってもいいじゃん。
何がファンにさせてる要因かを考えられるし、真似から入ってもいいと思う。

833 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
>>808
うへー、何じゃこりゃ。途中まで(75ページ)までしか読んでないけど
これオカルトホラーじゃないんですか?防犯カメラ云々以前に、
現実に有り得ないお話なんじゃないんですか?

834 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
話は最後まで読んでからだ

835 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
その一言がなければ投げ出してたよ。紛らわしいにも程がある。

836 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN
文字だけだからどんな口調だか分からんけどさ
「何じゃこりゃ」って言った瞬間に負けってことだよな

837 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
げんたろう人気だねー

838 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
>>836
ではジーパン風ということで

839 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
ジーパン? このスレって年齢層高いのね、おれも含めて。

840 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
>>834
「最後」ではなく「直後」に医師に否定させてるじゃないですか。
しかし今思ったんだけど推理小説の装幀って大概内容とよくマッチしてる

841 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
>>815-816
蘊蓄って……読者はマニアな世界の解説書・入門書を読みたいわけじゃないんだよ。
マニアックな世界を利用したトリックを書くのはむしろ推理ものでは邪道。
ネタ自体が枯渇してきてるから、邪道で読ませるプロが増えることは自然な流れだと思うけど、
邪道を正道と勘違いして、他の人が知らないことを書けばいいと思ってるなら大間違い。

誰もが知っている、気づけばわかることだからこそ、読者は推理ができるし倒叙にも意味が出てくる。
正道でなければならない訳じゃないけど、邪道は邪道で欠点になりうることは認識した方がいいよ。

842 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
邪道ではない。
ひとつのミステリーの形だろうに。
決めつけは視野を狭くするし、人に説くなんてもってのほかだな。
創作はどの分野でも自由なものだ。
違うか?

843 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
邪道では無いな、形って言うほど区分けできたり取り出せるもんでもないな
恋愛とかと一緒で、一緒の彩りだろ スパイス、トッピング

もし、マニアックなものをトリックにして説明無しに読者に提示したら
そりゃあんた、邪道というよりアンフェア
創作は自由だが、それでもはみだすと失敗作になる境界はある

844 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
はみ出すと失敗作になる境界なんてのは、作者が勝手に決めるもんだろ。
そして、この作品は破綻してると思うのは読む方の勝手。
その許容度は人によって差があるわけだから、創作という分野は自由で幅が広いんだ。
下手な固定観念は世界を狭めるだけ。

845 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
841を読んで思った。襲名犯のトリックにインパクトがないのは、
図書館司書とか特殊な人でないと知り得ない知識を元にしたトリック
だから、最後の方で暴露されても、ああそう、ってなってしまう。

846 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
>はみ出すと失敗作になる境界なんてのは、作者が

決めるのは読者だろうな、差があるっていうか、ある程度は共通認識の多数決だろうけど
(その後の作品も含めて売れ行きっていう名の投票ね)
あきらかに全員一致で「失敗作」もあるじゃん

たとえば、同じようなレーベルから出てジャンルは違えど同じように薀蓄系の作品書いてるけど
片方は一般的なファンをつかんで、片方はマニアックな層からの支持はそれなりにあるものの
なぜか作家向け賞レースにはトンと顔を出さない
あの作家とあの作家とか見ると、違いはそこ(ジャンルに詳しくない人が納得いくかとか、フェアだと思うか)だと思うけど

847 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
広く浅くミーハーなファンを掴んだヤツにくれてやる賞なw
売れたが勝ちの持ち上げ商戦
ま、商業作家なんてそんなもんだが、くだらん限りだ

848 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
そのお前が下らんと呼ぶ競争に参加するための競争に必死になってる人が集まるのが
このスレなんだけどな
純文学とか行けば?

849 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
売れたかどうかではなく、ちゃんと質で評価してるだろ
作家向けの賞では取ってもべつに売り上げに関係なさそうなのもあるし
あんまり、世の中の権威的なもの馬鹿にして
斜めに観てる自分だけ別です気取りとか、いい加減にしろよ
中学2年生かよ

850 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
そりゃすまなかったねw

851 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
草はやしてるもの、意外にすなおな良いやつでワロスw

852 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
おお
ちと間違ってたかなと思えばすぐ認めるタイプなんでw

853 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
邪道大仁田参上。電流デスマッチ、受けて立つぜー
邪道が俺の生きざまだぜー  ちと遅かったかな?

854 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
遅いわ

855 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
なにがなんだか〜

856 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
懐かしいな大仁田 
自分が作ってきた自己イメージと一般が考えるイメージの差を勘違いしてるよな
自分も半端な議員の癖に新人議員に「教育係になってやる、鍛えてやる」
とか言って素で嫌がられて断られてたのがおかしかったな
頭はたいたり、どなって気合いれたりするアニキと舎弟みたいなの
やりたかったんだろうな

857 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
大仁田議員が所属していた派閥の首領が野中で、
あの時、野中が裁判にかけられてたんだよ。
その裁判にネット民の目が集中しないように、大仁田議員はピエロを演じさせられてただけ。
そしてまんまと2ちゃんねらーたちの批判を浴びることに成功した。大仁田議員はバカじゃないよ。

858 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
このミスとことさら比較するつもりはないんだが、乱歩賞の場合、
選評は以前は最終候補しか載らなかった。それが今は二次通過作も
少しだがもらえる。それはひとつの進歩だと思う。
そしておれは、選評をもらったことがない。以前は何度か二次を
通過しているのだが……。
来年は是非選評を、とか考えずに、一気に授賞を狙う。

859 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
頑張ってね、お父さん!

860 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
わるいが、おれには子供はいないんだ。独身なんで。

861 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
薀蓄は物語の虚構を構築する上で読者により説得力、迫真力を持たせるためにある。
ストーリーに不必要な薀蓄は読者は冗長と感じてしまうときもあるだろう。
話のもっていき方が上手ければ興味をもって読んでもらえるかもしれない。

デッドマン読了したが、テーマ性、メッセージ性があり内容の濃い佳作だと感じた。
ただ、医療と警察司法の関係について少し疑問符がついた。
もっとも小説は虚構なので、作者が世界はこうあって欲しい、
という希望的観測になってしまうのは止むを得ない。

862 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
冗長ってさ、そういう不必要って意味の意味の無駄じゃなくて
同じ事や物が複数あったりした時の無駄をさすもんだぜ
そして、無駄とか不必要な時ばかりでなく
予備(つまり必要性がある)って場合も冗長をつかうよ

863 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
ああそうなんですか、大変参考になりましたw

864 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>862
それIT用語だろ。スレチだな。

865 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
何なのこの揚げ足を取ろうと虎視眈々と狙っているお方は

866 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
俺も862は不適当だと思うな
別業界の話持ち込んで云々って、どんだけ加味しろと
切りがない

867 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
IT用語だと? 
普通の日本語だよ、匿名掲示板でよかったなw
ま、このあとプライド守るために俺への文句を書くだろうけど
それでも、君はもう間違って使わなくなるから、それで俺は良いよ

868 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
そうゆうのを冗長というんでないかい?

869 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
場長の裁定が下った

870 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>867
普通の日本語だが使い方が問題になってんだろ

普通の日本語を並べたからといって
普通の日本語として機能するとは限らないね

871 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
862は、これほど粘着される発言をしたようには、思えないが。

872 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
正確には、冗長性、冗長化、だな

873 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
860さんへ

見損なったわ
書いた作品は自分の子供じゃないかしら

874 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
無知晒しておきながら、867(キリッ
だからな〜www

875 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>871

文章の間違いへの否定は人格へ否定ってしか思えない人なんでしょ
そもそもが、なんか中学生がんばって背伸びして書いてるみたいな文だし
恥ずかしかったんだろうな

876 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
それが冗長かどうか、上長に聞いてみるわ。

877 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 00:51:59.17
冗長、場長、上長、情調、日本語は難しい。

878 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 01:26:23.19
>>861
>ストーリーに不必要な

話の本筋に関係のない

とした方が良かったかな。ぎこちない文章はやはり気になってしまう。

879 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 07:58:39.31
もうやめろや

880 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 08:05:33.45
巡回冗長検査(CRC)ってのがあるな。フロッピーディスクなんかで、
データの間違いがないかチェックする手法としてよく用いられた。

881 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 08:15:32.97
IT用語であって普遍的な用語じゃないってのw
特にITは一般的な意味と乖離するもん多いだろ?

882 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 08:20:23.92
880だが、たまたま思いついたから書いただけで特に何を主張するつもりもないのだが……。
「冗長」という言葉がIT用語だというのは明らかな間違い。
ずっと昔からある言葉。国語辞典を引いてご覧なさい。
少なくとも創作文芸板に来る人がそれを知らなかったら恥だと思うよ。

883 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 08:25:50.51
>>882
昔からあるが862のような意味では使われない。

884 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 08:33:25.17
>>862>>867>>882
こいつ。
何を指摘されているか未だに理解出来ていない。
それでも上から目線。
こういう奴はIT業界に腐るほど居る。

885 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 08:37:21.63
IT用語=昔からある=一般用語なんだろ

886 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 09:03:42.40
冗長→昔からある

冗長"性"→IT用語

こんなとこだろ?IT業界の人間は冗長性を冗長と略して
使うかもしれない。そこんとこの薀蓄は俺にはない。

http://www.nttpc.co.jp/yougo/冗長.html

887 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 09:07:14.61
>>879
推敲しちゃいかんのかw

888 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 09:16:31.90
>>886
いや。略さん。略すなら、そこは初級。

wiki「心の理論」より
--------
人は一般に他人にも心が宿っていると見なすことができ(他人への心の帰属)
他人にも存在する心のはたらきを理解し(心的状態の理解)
それに基づいて他人の行動を予測することができる(行動の予測)
--------

ITの功罪は、この能力が低く(ないわけではなく理解力が劣る)
それを自覚していないか、もしくはこの能力を幻想だと頑なに否定する奴に
社会的な活動場所を与えたことだな。

どんだけコミュニケーションが苦手な奴が多いのか、
IT系の資格試験には「コミュニケーション」に対する注意書きがやたら多い。

これだけでも業界の体質が分かるだろ?
一を聞いて十を知るなんてことしたら、電波扱いされるぞ。
回りくどいし、略すなんてとんでもない。

試験には、大人向けの「誤信念課題」を盛り込んで欲しいぐらいだ。

889 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 10:08:23.00
Redundancyを「冗長性」という言葉で翻訳したのが悲劇の始まりだな

890 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:22:07.44
>>888
それに加えて乱歩賞には程遠いかもしれない人がここにいますね

891 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:35:12.13
>>885
IT用語は昔からないだろ、バカか

892 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:37:39.74
分かってるよw
そいつにとっては、だ

893 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:39:52.31
>>884
882だが、862,867と一緒にするなよ。まったく分かってないヤツだな。

894 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:47:05.60
>>893
しかし少なくとも「巡回冗長検査」という用語はあるんだろ?
何故「巡回冗長性検査」としない?

895 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:47:13.81
IT用語だろ
の指摘の意味が理解出来てない時点で一緒

896 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:48:39.44
>>894
ITの権威が日本語を理解しているとは限らないからだ

897 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:53:18.58
>>894
めんどうくさいヤツだな。俺には関係ないし細かいことは知らないよ。

898 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:53:57.42
下手

899 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:54:59.20
>>896
その指摘がちゃんと正しく伝わるように書かれていたか、
そこに問題があることに早く気付けバカ。

900 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:55:44.74
知らぬは本人ばかりなりwww

901 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:57:59.53
888の該当者だな
分かれよ

902 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 11:59:43.95
>>895
いいからこれを読めよ

http://www.nttpc.co.jp/yougo/冗長.html
「データのバックアップ(二重保存)もシステムの二重化も、大いなるムダ、
つまり冗長な状態だけど、今のところこれに勝る安全策はない。」

しっかり用いて使ってるだろう。

903 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:02:46.51
  , -=〜=―- 、
 ミ          ヽ
二 ノ (          i
三 ⌒ へ    /` |
二    _     _ |
三    ┰     ┰ |
l^          (
} !  ヽ /  {\ ノ
l    i  ( 、 , ) {
∪、      j   |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  ‐――――┴、  < だめだこりゃ
  |     ̄`ー―ァ'′  \_____
  \______)

904 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:03:34.35
>>862>>867は俺だけど>>882はおれじゃない
IT関係者でもない
俺の主張は>>862 IT関係でどう使われようとしったこっちゃない

ITに行くと意味がかわるんか? 
XXXだって言うのと、XXX性っていうと
本質が変わるのか? ばかじゃね
XXXな性格を持ってるからXXX性っていうんだろ

905 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:10:30.04
902
こいつ真性だわ。

厨房を料理する場所の意味で使えば一般用語
中坊という意味で使えば「2ch用語だろ」と
指摘される。

902のURLに書かれている内容=正しい日本語とか、アホ過ぎ。

906 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:11:03.53
こういうことか?

冗長 もともと余計なもの、無駄という意味しかなかった
IT関係者がRedundancyの訳語として「冗長」をつかった
Redundancyが現場では形容詞的に使われることが多く
冗長にも冗長性と「性」が着くようになった
また、Redundancyには無駄、余剰という意味以外に
かぶり、(使っていない)予備、の意味もあったために
TI業界では、冗長ってことばにかぶりとか予備の意味を付加するようになった

よって日本語ではたんなる、余計なもの、無駄、の意味でしかないが
かぶっている無駄をさすのはIT用語である

反論や指摘ヨロ

907 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:13:55.51
>>904
辞書で調べてから文句言え
業界によって意味が変わる
もっと言えば、最初に翻訳した奴次第

889が正解

908 :864:2013/09/01(日) 12:14:12.52
>>862がIT用語の意味で言及したのでなければ
862は「冗長」という言葉の意味を誤って理解している
ということだな

こりゃ御見逸れ致しましたw

909 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:18:30.45
>>905
だから「それIT用語だろ」と書いたんだろ。
かまってしまっている俺が術中にはまっているわけだがw

910 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:21:57.15
>>909
905は「IT用語だろ」の指摘で問題ないと言ってるわけだが、端折りすぎたかな?

911 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:27:36.99
>>910

905の
>902
>こいつ真性だわ。

の意味がわからん

912 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:31:52.85
>>905

902のURLに書かれている内容=正しい日本語

ではなく、

902のURLに書かれている内容=IT業界の人の「冗長」の用い方の実例

だよ

913 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:33:13.20
>>906
それで問題ない。
ただ、自分の業界用語が、一般にも通用すると勘違いしたまま、ブログやら雑誌記事で使いまくってるのが現状。

914 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:38:01.61
>>912
>>902は、>>895に反論したんじゃないのか?

てっきり「IT用語だろ」と指摘された理由が分からん奴かと思ったんだが。

915 :902:2013/09/01(日) 12:39:29.93
>>895
ああ、今895の言いたいことを理解したかもしれんw

916 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:41:51.47
そか、良かったw

917 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:49:27.10
これ本当なの?

冗長化とか冗長性でITでそう使っているというのはわかる
でも日本語でも

すべて全部持ってきた

とかを冗長表現とか言うじゃん

なんか強引に押し切って騙そうとしてね?

918 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:53:31.20
冗語とかあるじゃん

アホウドリとかエンゼルフィッシュ
みたいな鳥に鳥ってつけるみたいなダブってる表現のことね

919 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 12:56:02.32
ホントだw

さーて怪しくなってまいりました

920 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 13:20:31.05
917、918
だからといって冗長に、予備的な意味があるということにならんのだがw

言葉がどのような経緯で作られたかが大事。
冗長性の意味を冗長にまで拡張する行為と同じだな。

921 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 13:25:21.50
涙目で必死に取り繕ってる厨房はスルーしろ

922 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 13:39:47.85
919に噴いたやつ〜挙手w

923 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 17:06:09.50
つまり

「冗語」「冗長表現」には、ダブってる、余計なもの、の意味がある

がしかし
「冗長」にダブってる余計なものという意味があるとは限らない
ってこと?

924 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 17:16:41.57
以後「IT用語」「冗長」を禁止とします。

925 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 17:23:31.12
IT業界の冗長→ 主にバックアップ機能のこと。「本システムはこうやって冗長性を保っております…」

文芸界の冗長→余計、余分な無駄な部分

ぜんぜんちがう

926 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 17:34:56.23
>IT業界の冗長→ 主にバックアップ機能のこと

いやちがう、複数のシステムに同じもの入れて、個別に並列に対応して
スピード稼ぐとかも指すよ
そりゃ、相手が死んだ時に、補ってやるって機能もあるだろうけど
緊急時のものじゃないし
メイン、バックみたいな、主と従の関係ばかりではない

927 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 17:37:36.97
>>925
そもそも>>862
どんな無駄か?、単なる無駄を指すのではなくかぶってる無駄を指す
って話だよね
やっぱIT関係ないじゃん

928 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 18:02:26.68
926

きちがい

929 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 18:13:03.47
石田の選評を読むと、最終に残った応募作全てに傷があったが「襲名犯」の作者は唯一の30代だからとりあえず受賞させておくか、という感じで読める。
しかもライトノベルに流れる風潮に批判的なのに、自らライトノベルを書くとはどういうことだ?
大沢在昌が「石田という人間は本当に心がないねぇ」と作家が何人か集まった対談集で批判していたぞ
要するに「軽い人間だ」ということが言いたいようだった。

930 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 18:29:09.00
>自らライトノベルを書くとはどういうことだ?

金だろ? 
目に痛い緑のスーツとか サイケなネクタイとか
ただじゃないんだろうしさ

931 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 20:46:06.54
不毛だ

932 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 21:32:52.53
石田みたいになりたい、尊敬してるっていうワナビはおるのか?

933 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 22:40:00.07
慶子は突然の騒々しい音に、ハッとして、膝の上に置いたファッション雑誌に
落としていた視線をテーブルの上に向けた。スマートフォンのディスプレイが
メールの着信を告げる表示の、いつもよりどぎつい色彩を慶子の網膜に向けて
放っていた。慶子は不吉な予感を胸に抱きながら恐る恐るメールの受信の一覧
画面までタッチパネルを操作した。未読の印がついた発信者不明のメールアド
レスの不気味な文字の羅列がそこにあった。慶子は思い切ってメールを開いて
みた。慶子の目にとびこんできたのは簡潔な一行だけの文章だけだった。
「お前は冗長だ。すぐに○○テレビのニュースを見ろ」
慶子は心臓をしめつけられるような苦しみを感じながら白いモノトーン調の部
屋の壁に据えつけた大画面液晶テレビのリモコンのボタンを震える指で押した。
画面が明るく光り、林のある景色が映し出されて若い男性アナウンサーの声が
部屋に響いた。
「・・・・・・時30分頃、近くの○○警察署に通報があり、若い女性の遺体が
発見されました。遺体のそばには被害者の所持品と思われる財布が落ちており、
中に残されていたクレジットカードなどから被害者の女性の名前は○○慶子さ
んと推定されています・・・・・・

934 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 01:37:20.39
↓推敲してみた

935 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 01:38:33.67
慶子は少しばかり出たボーナスに気をよくして、前から狙っていたスーツ
の写真が掲載されているファッション雑誌を熱心に見入っている。慶子の
部屋は落ち着いた白いモノトーンで統一されていて、壁には大画面の液晶
テレビが据えつけられている。慶子はコーヒーをすすりながら、生活費と
スーツの価格とのバランスを考えていた。突然、スマートフォンのメール
の着信音が騒々しく鳴り響いた。
「亜紀かな、それとも店長かな」
慶子はスマートフォンをテーブルから取り、操作を始めたが、途中でぴたり
と指の動きが止まった。発信者が不明で、メールのアドレスのアルファベット
が無作為に並んでいたからだ。
「やだ、迷惑メールかな」
メールを開いてみると、次の奇妙な一文だけが目にとびこんできた。

お前は冗長だ。すぐに○○テレビのニュースを見ろ

慶子は心臓をぎゅっとつかまれたような感覚に襲われ、あわててテレビの
リモコンのボタンを押した。
画面が明るく光り、林のある景色が映し出されて若い男性アナウンサーの声が
部屋に響いた。
「・・・・・・時30分頃、近くの○○警察署に通報があり、若い女性の遺体が
発見されました。遺体のそばには被害者の所持品と思われる財布が落ちており、
中に残されていたクレジットカードなどから被害者の女性の名前は○○慶子さ
んと推定されています・・・・・・

936 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 02:12:29.75
「あなたはいったい慶子さんのアパートで何をしてたんです?」
40くらいの色の黒い無精ひげを生やした刑事はそう言った。薄暗い取調室で彼は何度も同じ質問を繰り返した。
「違います、あそこは私の部屋です、私が慶子です」
「すると、あなたが本当の慶子さんで、昨日の死体は別人だ、そう言うんですね?」
「はい」
目の前の刑事はペンをくるくる回すと笑ったような口の形をして言った。
「いや、じつはね、昨日のうちにご両親、慶子さんのですが、来てもらって面通しも済ませてるんですよ」
「でも……」
「でもじゃなくて、アパートにあった指紋も確認しているし、DNA検査も98%本人ってことになって――」
「でもでも、私に両親なんかいません 高校の時に火事でなくなりました」
「じゃ同姓同名の別なかたなんでしょ」
「いいえ、あのクレジットカードの住所は私のアパートです」
「あなたカード持ってなかったでしょ」
「なくしたんです」
「あれだろ、あんたは慶子さんのアパートに忍び込んだ不法侵入者なんだ」
「ち、違います」
 その時だった、扉があいて若い刑事が入って来た。
「警部、検死解剖でこれガイシャの体内から出てきたらしいんですが」
警部といわれた男は面白くなさそうに写真を眺め。そしてそれを慶子に見せると言った。
「これに、見覚えありますかね?」

937 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 02:16:17.88
↑続き書いてみた

938 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 02:31:48.85
933はなんなの? 自分の文章? まさかイラのを
引用したとか?

939 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 02:54:27.23
みんなも続き書いてよ、どうせもうすぐ1000なんだからさ
ライバルのレベルをちょっとだけでも覗いてみたくない?

940 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 03:18:50.77
同意できない。

941 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 08:41:27.15
石平は広告屋だからな。
話題をふりまくのが仕事。

942 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 09:49:36.74
>>938
933は石田氏のような文体なの?

943 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 10:18:24.94
デッドマンではEメールが縦書き(URLが90度回転している)になって
しまっていましたが、出版社はEメールの文面を小説のなかに使うとき実
際の携帯電話の画面をプリントしたように製作してくれないんですかね?

944 :943:2013/09/02(月) 10:29:25.78
文面× →文書

945 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 14:18:57.51
する必要ないし

946 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 15:24:57.17
メフィスト作家のだれかの作品で、してるのが過去になんかあったような
チーズはどこへ行った、見たいな感じでさ

縦 → 横 → 縦 ……
って変って行くから、見づらいし、醒めるし、読者からすげえ評判悪かったって何かで読んだ
みんな挿絵や図表的に思って飛ばしちゃったりするんだって
ま、醒めるとか見づらいってのは、ページの割り振りや内容でカバーできると思うから
弱い反対はあるかもしれんけど、してくれないってことはないと思うから
もし作家になったらチャレンジしてみたら?
書き下ろしはともかく、雑誌掲載でやると、原稿料稼ぎって思われるような気もするけど

947 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 15:34:06.24
見づらくて評判悪かったのか、ふうん

948 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 16:59:22.63
>>946
ありがとう、参考になった

949 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 18:22:17.44
メフィスト作家の本は講談社の黒字減らし部門だとか

950 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 18:24:38.15
ソース。

951 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 03:58:12.31
いしだいら、すげえ面白いと思うんだけど、そんな俺ってダメなんかな
それともお前らがダメなんかな?
つーか、なんでここで評判悪いんだろ? 
乱歩賞と方向性がちがう気はちとするけどさ

952 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 05:11:23.77
別に自分が良いと思うならそれでいいんじゃないのか?
作家や書かれた小説を評価する基準なんてあってないようなものだからな
スポーツみたいに、速いとか高いとか遠いとかみたいな明確な基準がさぁ
でも、それ故に何を良いと思うかは自分自身を写す鏡だと思うけど

953 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 09:22:26.28
石田の悪口言っておけば、ワナビ界ではちょっと上になったつもりになれる
ってやつだろ 
IT関係のやつがマイクロソフトの悪口言うみたいなこと
アニメオタクがジブリの悪口言うと通ぶってるつもりとかさ

954 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 09:27:14.30
>IT関係のやつがマイクロソフトの悪口言う
あるあるw

>アニメオタクがジブリの悪口言う
あるあるw

違いが分かるふりで満足する愚かさに本人が気付いていないという。
それって全然普通人だろがwって罠。

955 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 10:27:25.99
清々しいほどの自演だわ。

956 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 10:35:02.23
残念だが違う。
時間の短さと同調行為だけで自演認定しないでくれ。

957 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 11:29:29.04
あら図星w

958 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 12:02:05.45
実際、俺と953しか知らんしな。
少なくとも俺は、お前の思い込みを笑える立場だw

959 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 12:09:15.52
>>953 >>954
これぐらい、スルーしろよ。

960 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 17:49:47.38
俺はスルーしてたんだけどなw
>>953だけど

961 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 20:31:50.41
すまんね。
単発の即レス同意で自演認定とかイラついちまった。

962 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 22:30:19.23
>>960
すまんね。
お詫びのしるしに次スレ立てといた。
 
皆さん、次スレはまったりと行きましょう。

963 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 03:06:38.84
それは乙。だけど、まだちょっと早いんじゃね?

964 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 04:05:37.27
皆さんは、受賞後第一作とかその次の作品とかも考えて応募しているの?
受賞したは良いが鳴かず飛ばずの人がけっこういるから心配になってる。

965 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 04:36:57.88
最初は考えてなかった
でも乱歩賞挑戦も4回目くらいだし
シリーズ物2つと、独立した長編が数個と
足の指も使わないと数えられないくらいの短編のストックがある
いくつかは実際に書いて別な賞で落選したものだし
いくつかはアイディアの段階で、いくつかは書きかけで止まっちゃってるけど

もちろん、今書いてるのが書き手の能力も品質的にも最高値だと思うから
それぞれ大幅にブラッシュアップが必要だけどね、とくに5年前のやつなんかは
中学の時のラヴレターの下書き見るみたいに恥ずかしいけど

966 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 12:22:10.74
受賞圏内にもいないのに受賞第一作の心配をするとか……。

967 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 12:50:33.00
受賞圏内にいるかどうか分かるなんてすごい超能力だね。

968 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 12:58:41.73
>>966
それでも君よりはマシじゃね?

969 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 16:17:53.16
Amazonのレビュー読んで知ったんですが、さあ、地獄へ堕ちようと
暗号名サラマンダーの表紙の類似性はどうかと思いました。

970 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 16:40:56.78
ひどいねw
作家のせいじゃないんだろうけどさ
英語版は表紙違うみたいだし

971 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 21:04:25.15
デザイナーもピンキリだし、どこかで見たのを忘れて「考えついちゃう」こともあるだろうからなあ
書いてて同じようなことをしてないか心配になることがある

972 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 00:35:13.13
それあるわ〜

当たり前のことドヤ顔で言うKY見てるとイライラするが、
自分もどっかで見たアイデアで自己満に浸ってないか、とか

973 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 03:34:24.44
>>969
なるほど、そっくりだな。
しかし、なんでこのスレに書いたわけ? 乱歩賞受賞作
じゃあるまいし。もっと適したスレがあるでしょ。

974 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 04:39:52.71
>>971
それ、たまたま思いついたにしても、ちょっと似すぎ。脳裏に潜在的に
あったイメージを再現したとしても、普通、そこまでは似ないと思う。
少なくとも、ガスマスクの形が異なるくらいはあると思う。なのに、
その両者はまるでコピーのようにそっくり。
それぞれ、装丁は誰がやっているのか分かるかな?

975 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 04:53:47.73
絵はフリー素材でした
ってのに1票

字の色まで同じはどうなんだろ?
赤を使いたく絵ではあると思うけど

976 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 04:56:19.39
フリー素材って言うか、プロなんだから有料の許可得て使う素材だろうけどw
要するに描いたんじゃなくて買って来たんだろ
そして、そのデータ使用の契約に独占的使用権がついてなかったんだろって言いたいだけ

977 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 04:58:36.05
俺が受賞したら、装丁も俺がやりたい。
ちょっと自信あるんだ。それに近い仕事のプロだし。

978 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 08:51:10.65
>>973
わたしは840なのですが、自分の言葉に責任を感じてしまいまして
違う内容の話にほぼ似たようなイラストはないだろう、と

979 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 09:02:15.33
さあ、地獄へ堕ちよう、暗号名サラマンダー
たまたま同じ写真を使っただけでしょ
そんなこともわからんのか2ちゃんねらは
ちなみに深町秋生の「ダウン・バイ・ロー」と
ライアン・デイヴィッド ヤーン「暴行」もまったく同じ写真
もうちょっと世のなかのこと勉強してから来てくれ

980 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 09:12:16.96
>そんなこともわからんのか2ちゃんねら

よーく、過去レスを読めば、わかってる人もいたと思うんだけど

981 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 09:18:05.55
たまたまw まあ確率的にゼロではないのだろうけれど

982 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 09:35:10.61
たまたまかどうかはガスマスクに関係あるかどうか話をよく読めばわかる

983 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 10:03:22.99
>>977
安部公房の作品は奥さんが手掛けてたよね
俺も才能があれば自分でやってみたい
受賞はそれ以上に難しいけどねw

984 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 12:08:03.41
>>979
ああ、こういった訳なんですか?
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1494924894

個人的にはだけれども、もし自分の単行本の表紙の絵が他の本のものと
共用されていたら嫌だなあ

985 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 14:00:16.69
>>979
なにをひとりで粋がってる? 素材が同じかどうかは小さな問題。
大きな問題は著作権に関すること。
そんなこともわからんのか979は(笑)

986 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 14:23:14.06
二次創作にも著作権はあるというのが現在主流の考え方。
今の時代、二次創作はいくらでもあるから近似したものも多いだろう。
だが、似すぎているとやはり著作権侵害になる。サラマンダーと地獄は
似すぎている典型。日本社会は訴訟を好まないから提訴しないのかな?
暴行とダウンバイローもかなり似ているが、文字の配置、色の違い、
地平線の高さのわずかな違いなど、まだ許せる部分はあるかと思う。
それでも訴訟となれば、やはり後発の方はかなり不利だろう。

987 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 15:35:17.80
えーっと、上の方でも誰か言ってるけど、これは有償の素材なんだよ……。
かぶってても不思議はない。

988 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 16:21:26.10
著作権に問題がないにしても、装丁デザイナーにプライドはないのかと。

989 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 18:50:58.37
素材を個売りじゃなくてDVDでまとめて買ったとしてだな
この絵が他で使われてるかどうかとかこっちはどうかとか、
探す術とかないだろ(ないこともないけど)彼らにできないんだろ

テレビでも音だけど
「うふ〜ん」みたいな声とか猫の鳴き声とか、まったく同じの多いぞ

990 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 19:01:32.38
だから、それがプロ意識が低いってことでしょ
そもそもプライドがあるヤツがフリー素材なんて使わないよね

991 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 20:21:21.96
だからフリー素材じゃないって
ちゃんと金出して借りてるの
もうちょっと世のなかのこと勉強してから来てくれ

992 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 20:43:19.51
デッドマンの方も、あのイラストは何を表してるの?

993 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 20:50:44.22
抽象的に描かれた、犯人に操られてる例の刑事
に見える

994 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 21:15:42.77
素材を個売りじゃなくてDVDでまとめて買ったとしてだな
この絵が他で使われてるかどうかとかこっちはどうかとか、
探す術とかないだろ(ないこともないけど)彼らにできないんだろ

テレビでも音だけど
「うふ〜ん」みたいな声とか猫の鳴き声とか、まったく同じの多いぞ

995 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 21:43:46.61
>>991
あのガスマスクにいくら出したんですか?

996 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 21:54:51.89
ここの人達って、自分が目指す賞作品はメチャクチャにこき下ろして、他賞作品を褒めちぎるのな。
普通逆だと思うし、乱歩の受賞作がそこまでひどいと思ったためしがないから不思議。

997 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 22:02:41.28
>>996
あなたが選ぶ乱歩賞作品歴代ベスト3を挙げてください

998 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 22:18:13.96
>>997
無意味なので遠慮します。
自分は何回も横溝に出してるけど、受賞作にあって自分になかったものを探すようにしてる。
無駄かもしれないけど、そうやって少しでも受賞に近付きたいから。
あらを探すんじゃなくてプラス面を意識して読むと、受賞理由がわかるし納得できる。

999 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 22:19:11.16
>>996

俺の大好きな乱歩賞にコレかよ、とか思うんじゃね 娘が変な男連れてきたみたいな
あるいは、自分は落ちてるわけだから、目がくらんじゃって受賞作否定しないわけ行かないとか

他賞は素で読めるわけだ、それで「ま、こんなもんだろう」と

1000 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/05(木) 22:25:36.32
せんげと

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

208 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)