2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【児童文学】童話書いたよ! 8枚目【童話】

1 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 11:44:34.38 ?2BP(777)
童話や児童文学を書く人のためのスレです。
雑談や状況報告などにご活用ください。
新人賞、文学賞などの情報交換もこちらでお願いします。

□前スレ
【児童文学】童話書いたよ! 7枚目【童話】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1337480776/

【児童文学】童話書いたよ! 6枚目【童話】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/128443034

【児童文学】童話書いたよ! 5枚目【童話】
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1275306396/

【児童文学】童話書いたよ! 4枚目【童話】
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1231580230/

童話書いたよ 3枚目
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1163076116/

童話書くのどうですか
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1108503902/

童話書くのはどうですか?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1062995256/

2 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 12:15:08.16
□公募
アンデルセンのメルヘン大賞(アンデルセングループ/〜20枚)
http://www.andersen.co.jp/mlhn/

講談社児童文学新人賞(400字詰め原稿用紙30〜300枚)
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/ehon/j_shinjin.html

日本動物児童文学賞(400字詰原稿用紙40〜60枚)
http://nichiju.lin.gr.jp/aigo/bungaku01.html

ちゅうでん児童文学賞
http://www.chuden-edu.or.jp/oubo/oubo4/index.html

JX-ENEOS童話賞 童話の花束(JX-ENEOS/〜5枚/5月31日)
http://www.j-energy.co.jp/hanataba/

ミツバチの童話と絵本のコンクール(山田養蜂場/5〜10枚/6月30日)
http://beekeeper.3838.com/activity/dohwasakuhin/

北日本児童文学賞(北日本新聞社/〜30枚/5月31日)
http://webun.jp/pub/hensyu/juvenile/

小川未明文学賞
http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/mimei-bungakukan/mimeibungakusyou.html

家の光童話賞(家の光協会/〜5枚/7月末日)
http://www.ienohikari.net/press/hikari/douwa/

新美南吉童話賞 一般の部(半田市、新美南吉記念館/〜7枚/9月17日)
http://www.nankichi.gr.jp/index.html

3 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 12:22:18.97
福島正実記念SF童話賞(岩崎書店/50〜60枚/9月末日)
http://www.iwasakishoten.co.jp/bosyu/sf/

ジュニア冒険小説大賞(岩崎書店/150〜200枚/6月末日)
http://www.iwasakishoten.co.jp/bosyu/jr/

ニッサン童話と絵本のグランプリ(日産/5〜10枚/10月31日)
http://www.nissan-global.com/JP/PHILANTHROPY/FAIRY/

グリム童話賞(グリムの里イシバシ/〜10枚/11月3日)
http://www.grimm-no.net/

Be絵本大賞(Be絵本大賞委員会/原稿用紙10枚以内/10月10日)
http://be-ehon.fujitvkidsclub.jp/index.html

※締め切り日や募集要項は前回と違っている可能性もあるので、各自確認してください。

4 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 12:27:32.19
ポプラ社ズッコケ文学新人賞
http://www.poplar.co.jp/zukkoke-taishou/
集英社みらい文庫大賞
http://miraibunko.jp/grandprize/
角川つばさ文庫小説賞
http://www.tsubasabunko.jp/award/index.php
朝日学生新聞社児童文学賞
http://www.asagaku.jp/bungaku/index.html
児童文学ファンタジー大賞
http://www.ehon-ej.com/info/?c=7
新童話の海 長編児童文学新人賞 絵本テキスト大賞 子どものための感動ノンフィクション大賞 新しい戦争児童文学
http://www.jibunkyo.or.jp/koubonews.html
日本新薬こども文学賞
http://kodomo-bungaku.jp/
キッズエクスプレス21創作童話・絵本コンテスト
http://kids21.gr.jp/2009_yomikikase_campaign/yomikikase_campaign_index.html
タリーズピクチャーブックアワード
http://www.tullys.co.jp/pb_award2012/index.html
はーと&はーと絵本原作コンクール
http://www.manabi.city.osaka.jp/Contents/jinken/ehon/gensaku.htm
阿賀北ロマン賞創作童話・児童文学部門
http://i-love.shibata.jp/agakita_roman5/
岐阜県文芸祭 児童文学部門
http://www.g-kyoubun.or.jp/jimk/youshiki/bungeisai.htm
鹿児島市子どもたちに聞かせたい創作童話
サイトなし

5 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 12:32:02.39
創作コンクール つばさ賞 隔年
http://zibungei.blog99.fc2.com/blog-entry-142.html
宮城学院ハートフル童話賞 隔年
http://www.mgu.ac.jp/home/index.html
森林のまち童話大賞 3年に1度
http://www.hamacul.net/station/2011/04/4.html
森三郎童話賞 3年に1度
http://www.city.kariya.lg.jp/chuotosyokan/index.html

6 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/12(日) 23:14:23.24
>>1
乙です。

福音館の母の友の
一日一話って、今年からなくなってしまったんですねえ。
残念。

7 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/13(月) 08:07:39.18
>>6
そうなんですか。
童話の公募って、どんどん少なくなりますね。

8 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/13(月) 21:36:17.95
家の光今年は6月締め切り

9 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/15(水) 19:07:19.64
家の光の入賞作品って、正統派の童話が多いのでしょうか?

10 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/16(木) 12:55:06.23
正統派の童話って?
ナンセンスとかじゃないってこと?

11 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/16(木) 15:07:57.83
>>10
そうです、そうです。言葉が足りなくてすみません。

12 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/17(金) 10:33:16.58
家の光はJA(農協)の組合員さんのための月刊誌です。
賞を取るとその雑誌に挿絵付きで掲載されます。
農業をやっている方々がお子さんと一緒に読む…
そういうことを想像すると、書く童話の方向性も見えてくるかと。
別に農業の話を書けと言っているのではないですよ。
実際私も、農業の話ではなかったから。

13 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/17(金) 13:27:02.28
疎開した児童が農村の根性の悪い連中に
いじめられる話が狙い目か。

14 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/17(金) 14:59:16.75
>>12
入賞者の方ですね。ありがとうございます。

15 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/19(日) 17:04:34.91
JXの締め切りが近づいてますね。
応募しましたか?

16 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/20(月) 12:09:27.09
出しましたよー。
超難関の倍率でも、出さなきゃ始まらないですもん。

17 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/21(火) 23:44:55.30
JXは考えてた話がどうやっても五枚以内に収まらず
今回の応募は無理かも……。

18 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/22(水) 00:03:25.08
何日まで?

19 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/22(水) 01:29:24.30
>>18 JX? 5月31日消印有効ですよ。

20 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/22(水) 11:48:16.27
>>19
d
間に合うんじゃない?

21 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/22(水) 11:59:16.93
トピ立て、ありがとうございます!!
とってもうれしいです!!

22 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/22(水) 22:59:17.01
>>20 無理に五枚以内に収めると良くない気がするので
ほかの話を思いついたら、がんばって出してみます。

23 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/23(木) 08:47:23.97
頑張って書いたもの、無理につめ込まず気楽に書いたもの、いろいろだな

24 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/26(日) 16:14:45.96
児童文学を書いてる方たちは、子ども好きな人が多いのですか?

25 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/26(日) 16:44:30.78
私はあえて声高に「子どもが好きです」と宣言するような
子ども好きではない。嫌いではないけどね。

26 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/26(日) 17:54:35.64
本が好きなのは確か

27 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/26(日) 20:00:41.15
わたしは子供も本も嫌いです

主婦を永くやっていますとパートとか日常多忙で
読書に疎くなりますし、自分の子供が大きくなってしまえば、
公共の場所で駆け回る他所の子供に不快感を持ちます

それでも執筆の趣味はこれまた別ですから

28 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/26(日) 20:49:07.65
子供と本が嫌いで児童文学というジャンルを選ぶのは珍しいというか、
別の目的があるんだろうけど、
要は自分が嫌いな材料使って料理が作れるようなもんだね
食べるのもまったく好きじゃないけど、とにかく作るだけに興味がある。
執筆が愛情とか好意の発露じゃなくて、ひたすらにドライな自己表現ツールという印象。
色んな人がいるなぁ。

29 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/26(日) 20:51:31.65
人間嫌いが小説家になることはよくあることだ。
珍しくもない。

30 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/27(月) 12:28:03.06
いろんな考えの人がいるんですねぇ。わたしは
子どもたちがみないい子に育って欲しいとか、
子どもたちの将来が平和な世の中であって欲しいとは思いますが、
好きかどうかは微妙です。生意気で小憎らしいと思ってしまう
子どももいますから。

31 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/27(月) 13:02:25.91
まあ、子供たちに「大人が好きかどうか」と聞いたら多分
いい人にはいて欲しいけど悪いヤツもいるよねとか、同じ事を言うと思うし、
小憎たらしいなぁ程度の感情なら、お互い様ともいえるし、いいんじゃないかな。

こういうのは自分の人生観に基づく思考なので
子供を特に憎悪したり、生き物として下等な物として見下したりしていなければ
(要は虐待レベルじゃなければ)
そしてそれを自分の作品に活かせるのなら、特に気にしなくていいと思うよ。

32 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/28(火) 01:43:19.55
童話は大人目線で書いたらだめだね。

33 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/28(火) 21:54:17.94
そうですよね。大人目線で書くと、妙に理屈っぽく
なることもあります。

34 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/29(水) 05:02:26.66
星の王子様の良さがいまいちピンとこない。
大人になって初めて読んだせいか。
でも寓話としてもあんまり・・ 子供の頃読んでもあんま気に入らなかったろうな。
書くのも読むのもエンタメ系童話の人間だな。

35 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/29(水) 09:12:06.36
エンタメ系童話ってはじめて聞いた。
どんな童話なの?

36 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/29(水) 10:26:52.96
エンタメ系って、
角川つばさ文庫のような、
ライトノベル系のものですか??

37 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/29(水) 11:34:20.93
すいません。このスレに初めて来ます
今の時代ってファンタジー色の強い童話ってどうなんでしょう?
例えるなら「バラと指輪」や「森は生きている」あとは「リボンの騎士」みたいな少女マンガチックなものです
公募の選考具合ですとか、そうした系統の作品が強い公募とか
あとは読者(子供や親御さん)の反応とか

38 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/29(水) 13:22:24.52
『バラと指輪』も『森は生きている』も『リボンの騎士』も
それぞれイメージが違いすぎて、なんともいえないけど
あんびるやすこさんのファンタジー色の強い物語とかは
親にも子どもにもすごく人気があるよ。

どんな系統のものでも、基本、実力と面白ささえあれば
認められると思う。

39 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/29(水) 15:42:02.58
>37 さん

公募されている賞の
歴代受賞作を読んでみたらどうでしょう?
そうすれば、各賞の傾向が見えてくるかと思います^^
あとは、選考委員の先生方の著作などなどを参考に……

なにはともあれ、38さんのおっしゃる通り、
子どもも読めるものであれば、
あとはおもしろければ、認められると思います!

40 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/29(水) 17:39:35.63
>>38-39
レスありがとう
公募自体は全然詳しくないんですよね
色々参考にしてみようと思います
ともあれまずは話を書いてみようと思います

41 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/30(木) 13:56:45.90
新美南吉童話賞、今年は生誕100年を記念して
「幻の童話」部門も設けられるそう。
南吉が残した創作メモを基に5〜7枚の童話を募集!!

42 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/31(金) 10:43:44.88
北日本出したよー
次は何に行こうかな

43 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/31(金) 10:54:38.71
JX応募したあとにふと気づいた。家庭の事情で遠出ができず、授賞式にはいけないや
なんて、応募のあとの生意気な余韻に浸る

44 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/31(金) 14:23:43.16
応募した
自信がなくても、書き切った満足感

45 :名無し物書き@推敲中?:2013/05/31(金) 20:28:57.74
北日本は受領書みたいなもんくるの?

46 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/01(土) 23:20:17.38
みなさんは、どちらを多く書かれます?

短編、中編、長編。
原稿用紙換算すると、
長編って、何枚からをいうんだろ?

47 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/01(土) 23:21:27.59
JXに2作品を最終日に1時間空けて出してみた。
登録番号が100番違ってて、みんな駆け込み応募かと感慨深くなったよ

48 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 00:39:14.31
>>46
長編ってだいたい、300枚以上でしょうか?
わたしは掌編というくらい短いものばかりです。

49 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 00:59:24.43
1冊の本として出版できる長さが長編。
できないのが中編。その場合、短編を1〜2つ抱き合わせる。
で、4〜5つ以上集めて1冊の本となるのが短編。

1冊の本になるのは、10万字、原稿用紙300枚といわれているが、
200枚以上あればなんとか大丈夫らしい。

50 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 01:25:01.02
>>48 さん
なるほど。
結構長いですよね。
ファンタジーものに多そうですね。

ちなみに私は短編が書けません。
200枚くらいのものが多いです。
アロマエッセンスのような、短くも芳しいものを書いてみたい!!



>>49 さん
丁寧なお返事ありがとうございます!!

童話は、もちろん短編がほとんどですよね。
児童文学は、いろいろと……

書いて、評価をいただいたなら、
本になってほしいなって思いますー^^

51 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 15:16:06.87
ミツバチの童話と絵本のコンクールの総評、結構厳しいこと書くんだね。何で入選させたんだろうと思うのは私だけ?

ttp://beekeeper.3838.com/activity/dohwasakuhin/con_14/prize/fairy/_SWF_Window.html

52 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 16:45:49.57
わたしが出してもらった本は150枚くらいですよ。
でも長編。

単純な枚数だけではなく(もちろん枚数もですが)、
読み応えだとか、構成だとか、そういったことも長編に必要なことです。

長編募集してるところの最低枚数はだいたい120枚以上ですね。
読む学年によって、長編という場合の枚数が変わるのです。

53 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 17:31:01.71
作風はどういった感じのものですか?

54 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 19:04:21.77
>>51
基本的には、CSRでやっているものだから、受賞作を出さないわけにはいかない。
そこで渋々、マシな作品を選びだす。
ただ、選考委員側も受賞作を手放しでほめることはできない。
そこで、受賞作なのに評価が低いという現象が起きる。
企業系公募が、出版社から信用されないのは、この手の理由もある。

55 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 21:40:44.87
>>54
なるほど、そういう事情があったのですね。なんか、企業系公募についての見方が変わりそうです。

56 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/03(月) 23:43:37.09
そのミツバチにさえ選ばれなかった……。

57 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 11:24:58.00
ドンマイだよ……。

58 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/04(火) 22:21:38.22
ありがとう。今年もミツバチに応募しようとがんばってるところです。

59 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 00:08:36.11
>>52 さん

お返事ありがとうございます!!

そうなんですね。
たしかに、ある程度文字の大きさや挿絵なんかで
調整することもあるって聞いたこともあります。


がんばって本にしてもらえるような作品書きます!

60 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 10:07:39.45
>>54
あまりに間違いが多かったので指摘させてくださいな。

CSRという言葉を覚えたばかりで使いたかったんだろうけど、
厳密にはメセナが正しい。ウィキペディアにもそう書いてあるしね。

ちなみに昨年のみつばちは、童話部門は一般の部・子どもの部とも、
最優秀に関しては「該当なし」だったんだけどな〜

>企業系公募が、出版社から信用されないのは、この手の理由もある
みつばちは最優秀の中から、過去に数冊出版されているけど、
そのへんはどう説明するのかな? それもP社という有名な出版社なんだが。

※※※企業系童話公募の最たるニッサンに関しては、最優秀作品は過去に
たくさん出版されているなど出版社にも信用が厚く、童話作家の
登竜門的な賞の一つだと、作家志望者にも広く認識されているよね!

よって企業系公募が、出版社から信用されないなんて大間違い!!
何を根拠に言っているのかな?良いものは良い。ただそれだけのこと。
良いものを書けば、いつか誰かが見ていてくれている。俺はそう思うよ。

いつぞやも長々と書いた、創作を愛する名無しより

61 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 10:57:35.27
みつばち受賞作ってP社から出版だったのか…
P社って、水嶋ヒロをP社大賞で八百長受賞させたって疑惑騒動あったから、
正直、いいイメージないんだよなぁ…

62 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 13:01:38.98
>>60
>>54だけど、特に異論はないです。
メセナが正しいですね。
CSRといったのは、童話賞を企画する部署がCSR室などを名乗る場合が多いので、誤解してました。

みつばちはポプラ社、ニッサンはBL出版と契約を結んでいます。
当然これも含めて、活動の一環です。
本が出ます、といったほうが応募者数が増えて、注目度が上がります。
本当に出版社が受賞者を評価しているのなら、2冊目がもっと出るはずです。
とはいっても、特にその点を主張したいわけでも、納得させたいわけでもありません。
このスレには受賞者の方も大勢いますし、そういう方が出版社から評価されているのなら、
いいことなわけですから。

わたしはもう応募する立場にはないので、ちょっと書いただけだったのですが、余計だったようですね。
失礼しました。

63 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 21:16:35.65
みつばちは応募された作品の著作権を全部持っていくからなあ
作品を捨てる気で応募しないといけない

ニッサンは受賞作だけなのでまともだ

64 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 23:03:01.53
>>62
丁寧なレスがあったので、敬体でこちらも書かせてもらいます。
まず思ったのは、54さんと62さんが同一人物に思えません。
「失礼しました」と素直に言えるお人なのに、どうして、
>渋々、マシな作品を選びだす。
という無神経なコメントを書いたのか、とても信じられません。
ご存じのように、みつばち童話賞受賞作の半数は、子どもの作品が選ばれています。
子どもたちが一生懸命書いた作品を、渋々とかマシとかで片付けないでください。
もちろん、大人の部門だってそうです。頂いた賞はその人にとって一生の宝物です。
本当はあなたのレスをスルーしようと思ったんです。でも、その人たちのことを思うと、
無性に腹が立ってしまって。自分がもしその当事者だとしたら、渋々とかマシとか言われる
筋合いはねーわ!と思うだろうし。審査員の辛口な講評は「受賞者に対するガンバレのエール」だと
私は思っています。62さんの書き方からするに、出版に通じていて、何冊も本を出している
おエラい方なんでしょうね。CSRの間違いとか正直なところ、どうでもいいんです。だが、その物言いが
自分は出版の内情に詳しいんだぞって言いたいがために、渋々マシなのを選んでるとか書くなって事です。
人として間違っているんじゃないですか。素直に人を祝福できないんでしょうか? 残念だな。
そもそもどうして創作文芸板に、応募する立場にないお方が居るのでしょう。理解不能です。
不快な能書きなんか要りません。同じ書くならその2冊目を出せるコツを書いてください。

65 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/05(水) 23:55:15.46
お前の態度が気に入らない、まで読んだ

66 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 00:42:47.65
応募する立場にない人でもたくさん情報を持っているなら
いてくれたほうがいいと思います。

67 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 00:49:49.94
>>64
>渋々、マシな作品を選びだす。
ここに引っかかっていたのですね。
わたしとしてはいくつかの選考の現場を見ていますから、一生懸命書かれた作品が、そういった企業側の事情で
選ばれるのは、応募者にとって、なにもいいことにはならないと思っているだけです。
その選考体制に対して、批判したつもりです。
渋々と選ばれている現場を見れば、応募を経験されている方は、憤りを感じると思います。
とはいえ、わたしの言葉で、多大な誤解を与えたようなので、その点は申し訳なく思います。

もう1つ誤解を解かせていただくと、内情に詳しいことを示したかったわけではなく、プロを志望されている方であれば、
企業系の童話賞に応募するのは、よく考えたほうがいいと、言いたかっただけです。
それ以外に他意はありません。
2冊目以降を出すコツも、デビューの仕方が重要ですので、企業系童話賞は避けたほうが良いというのが、
わたしの考えです。

わたしのような人間は来るな、ということですので、もう来ませんのでレスは不要です。
スレの住民のみなさまも、騒がしてしまい申し訳ありませんでした。
それでは失礼いたします。

68 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 01:52:48.68
優しい方だ…応募者は何も知らないので有難いとおもうよ

69 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 02:23:26.14
企業系公募はあくまで「企業の宣伝&イベント」で、
選考委員とスポンサーの意向が剥離する事は珍しくないなんて事、
正直、本気で書くプロを目指してる人間にはほぼ常識に近いんだけどな。


というか、
>64のヒステリック長文からわかるのは、
よっぽど「企業系公募の価値が下がったら困る人間」なんだなーと思った。

70 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 08:09:46.85
茶化すわけじゃないけど、企業系は応募したら賞金だけが
目当てに気持ちが切り替わります・・・w

71 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 09:19:09.95
朝起きて、夜中に自演・擁護レスが急に沸いていてびっくりしました!
企業系公募からプロ云々という件は、私は一切書いていないんですけどねw
そこに重きを置いて私はコメントをしていません。
54さんが51にアンカーを付けて、わざわざ特定の賞を引き合いに出して、
渋々マシな賞を選んでいるんですよ〜と、得意になって書きこみしていることを
問題視しているだけであって、そこにはその賞に関わるあらゆる人がいるのであって、
普通に失礼じゃないのかなってことです。話をずらさないでほしいです。
また、企業系公募とかいう無意味なジャンル分けをしてらっしゃるけど、
出版社も一企業であることに変わりないし、大賞は出版もあるという大きな副賞は、
スポンサー企業さんと出版社さんの長年の信頼関係があってこそだと私は思うんですよね。
どんな賞であれ、素人さんが書いた作品を、作家先生が審査する図式には変わりないんだけどな。
作家先生方の審査コメントでよく見る「光るものを探したい」とか「出会いだ」
「どんな作品が来るのか楽しみだ」というのをお見受けするたび、私はホッとします。
そこには渋々とかマシとかいうネガティブな言葉は微塵もありません。
企業系童話賞は避けた方がいい? 企業系公募の価値??
何をおかしななこと言っているんですか! 応募数が増えれば、私も書いてみようという
人が増え、少しは業界の活性化にもなるし、ひいては書き手全体の底上げにもつながります。
逆に問いたい。企業系公募で受賞すると、仮に2作目以降を出す場合に不都合でもあるのでしょうか。
むしろ、あの有名な賞のあの先生が審査した賞で入賞した→その人の自信や生きがいになるのでは!
この板には各賞受賞者が何人もいると思いますが、そのあたり、どういう意見があるのか聞いてみたい。

いずれにせよ、子どものための読み物を生業にしている立場の人間が、渋々とかマシという不快な言葉を
用いる点が不思議でなりません。匿名だったらネガティブな言葉を使っていいんでしょうか?

72 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 09:57:32.20
>>71
難易度の高い縦読みすぎてわかりません!w

73 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 10:13:47.05
ジャンル分けするのもおかしいけれど、
その「企業系」「と「出版社系?」の公募
二つを受賞されたことのある方がいらっしゃったら、
リアルな意見が聴けそうですね。

私のイメージでは、
「○○新人賞」という公募は、
2作目以降につながる気がします。

74 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 11:08:23.50
≫71
なんでそんなに熱くなってるんや…?

75 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 11:19:39.62
74さんへ。54氏の書き込みをもう一度読み直してみてください
こんなことを書いて一体誰が得すんのよ?って話
少なくとも良識がある人の文章ではないよね
不快にしない書き方って、いくらでもあると思いますけどね
そんな中で56さん、57さん、58さんのレスはとてもピュアでホッとするなァ

73さんへ。その新人賞の名のつくものをとった人でさえも
5年後、10年後…うーん。何人残っているんでしょうかね…。
企業系公募(それにしてもよく分からん言葉)であれ、他の公募であれ、
デビューされた方の御本を手にとって後ろのページを見ると、
プロフィール欄に過去の入賞歴を書いてあったりしますよね。
誰もそんなジャンル分けなんてしていませんよ。


はっきりいえる事は、どの賞に関わるにせよ、
審査員の方々は渋々マシで選考していないってことです。そりゃ真剣ですよ。
そんな方は日本中どこを探してもいません!! 54氏は選考した事が恐らく無いのでしょう。
渋々マシで選ぶようなストレスがたまる選考なら、しなきゃいいだけの話で。
著作を書くことに専念されたほうが、ご本人にも周囲のためにも有意義だと思いますけど。
54氏は企業系公募は避けた方がいいという持論ですが、何か嫌な思い出がおありなのかな?

76 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 11:36:19.79
とりあえず56さん、57さん、58さんが自演じゃなければ、
「うわ、なんかヘンなのに触られたっ」って泣くシーンが浮かんだ。

しかし、IDが出ない板だと、
こーゆー、場をわきまえないチラシの裏人間をNGに放り込めないから不便だね。

77 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 12:17:55.88
とにかく、54=67氏は選考に一切関わったことがない、
自称・作家気取りであることがよく解かりました。
54=67氏が本当に何らかの賞の選考経験者であるならば、過去・現在・未来にあっても
選考に関することは一切書けないからです。たとえネットであってもね。
妄想、お疲れ様でした!!

78 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 12:29:36.41
>>77
ここは自分の日記帳! みんな一生懸命読んでくれてるの!っていう【妄想】が、
これからも抜けないようならPCからしばらく離れた方がいいかもしれないよ。
お大事に。

79 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 12:49:30.74
ここもとうとう、にちゃんらしくなってきたね。
童話書く人以外の荒らし専門の人がいるのかな?

公募については、自分自身で判断して
出したいものに出せばいいだけじゃないの?

童話スレとはいえ、便所の書き込みにちゃんねるなのだから
あんまり細かいことで、つっかからず流していこうよ。

80 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 12:52:44.73
>>78
そのチラシの裏にいちいち相手している粘着・自称作家は
ここで「交換日記」でもしてくれるの? そろそろおやめ下さいよ
出版までするような作家さんは、まず最初からチラシの裏の相手をしませんw
あなたが心配です。こちらこそお大事に! そもそもの発端は、
54の思いやりのかけらもないレスですからね。

81 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 13:04:05.09
この精神科医の有名コピペを貼れと言われた気がした。


まさかとは思いますが、この「粘着・自称作家」とは、
あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。
もしそうだとすれば、あなた自身がチラシの裏であることにほぼ間違いないと思います。
あるいは、「粘着・自称作家」は実在して、しかしここに書かれているような異常な行動は全く取っておらず、
すべてはあなたの妄想という可能性も読み取れます。
この場合も、あなた自身がチラシの裏であることにほぼ間違いないということになります。

82 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 13:09:13.67
>>79
>公募については、自分自身で判断して
>出したいものに出せばいいだけじゃないの?
あなたのおっしゃる通りです。それを企業系公募は避けた方がいいとか
出版社に信用されてない云々とか難癖付けるから。そもそもマジ作家なら
そんなことわざわざ書かないでしょう。この自称作家と81こそ荒らし。
もうこのへんで終わります。

83 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 13:19:49.82
荒らし以前にさっきから終わる終わるサギやってる時点でうざい。

84 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 13:51:31.76
ただ企業系の中には著作権の扱いが怖いのがある
落選した作品でも著作権は全部もらうよ 広告に無断で使用するよ 当然使用料は払わないよ
という感じの泥棒みたいな規約が書かれていたりする
著作権を取るのが受賞作だけか応募作も全部かは応募前にチェックしたほうがいいね

85 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 14:24:34.29
>応募しただけで、作品の全ての権利が全部向こうに持っていかれるドロボウ賞

このパターンがあるのを知らない人が本当に多いよね。
どこにも再投稿できなくなるし、自分の作品をバラバラに分解されて、つぎはぎ童話を出版されても
文句も言えない。
だって、もう材料として提供しますって言ってるようなもんなんだから。

ちゃんと明記してる規約ぐらいは読んで自己防衛しないとダメだな。

86 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 14:56:25.55
何でも自己責任で!!

87 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 15:23:21.15
>>84

著作権の扱いは自分も気になるし、疑問に思う。
角川つばさ文庫小説賞なんかは、
「•出版権、映像化権、および二次使用権など入選作に発生する
著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む)は各発行会社
に帰属します。」
なので、出版社系も似たり寄ったりか…

88 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 15:41:28.71
>>87
そのパターンとはちょっと違う。
それはあくまでも「入選作」の著作権について。
上で話してるのは落選したものを含む「応募作」の著作権。

例えば、みつばちだと、入賞してない「応募作」でもこうなる。

「今後、その作品を同人誌やサイトには乗せてはいけない」
「企業が内容を改変し、また企業が指名した者がそれを無償で使う事がある」
(サイズ、色合い、構成、文言、テーマ、名称その他の表現の改変)
「内容改変して元の作品ではなくなったものにも、応募者の名前を使う事がある」

 ぱっと見ただけでこんな感じの規約がある。
 ・・・ほんとにちゃんと読んで送った方がいいな。真面目に。

89 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 20:16:38.20
よく考えてみると、著作権は持っていても「出版権」を版元に取られちゃ手も足も出ないような…?
著作権利用のパーセンテージも「出版権」を楯にいいようにされそうだし。
稼げるのは二作目以降ということになるのかな。

90 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 22:25:00.86
岩崎書店の場合は「オプション(優先出版権)」についての
記載がある。

「なお、全応募作品について、賞の発表(授賞式)後6カ月間は
岩崎書店にオプションを設定します。」

自社(岩崎書店)で一次すら通さなかったような作品でも、
仮にその後に他社が拾って大きな賞を受賞したら、
「こっちに出版優先権がある!」
と主張したいらしいね。全応募作品が対象でこれだよ。

91 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 23:25:11.40
>>90
要するに、応募作品を使い回しするな、ということだろうけど。
もしかすると自分たちの鑑定眼にまるっきり自信がないのか?
自分たちで落としたくせに、よそで受賞したら「コレはウチの〜」って
みっともないなんてものじゃない、馬鹿丸出しだと思うけど?

92 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 23:36:52.27
受賞して賞金もらえたならその見返りとして出版権ぐらい好きにしてくれていいんだけどね
落選した作品の権利を全部取られて別の賞に応募するどころかブログにすらアップできなくなるのは勘弁

>>89
著作権者はそこまで弱くない
出版権は契約交わしてから半年以内に出版されなければ著作権者に戻る
そして出版権だけの場合、著作権者に著作権だけじゃなく著作隣接権も残ってる
著作者人格権もあるし

けど俺が見た中で一番度肝を抜かれたのは
規約に著作者人格権までも譲渡させることを明記した賞があったこと

93 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 23:49:54.40
>>92
「著作者人格権」の事を知らなかったからぐぐってみたけど、
これ、>88で言われてる、
「企業が内容を改変し、また企業が指名した者がそれを無償で使う事がある」
(サイズ、色合い、構成、文言、テーマ、名称その他の表現の改変)
「内容改変して元の作品ではなくなったものにも、応募者の名前を使う事がある」

これはもしかして思いっきり
「応募作品の著作者人格権を全部貰う」って言ってる?

94 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/06(木) 23:55:34.01
>>93
つまり発注して作らせた自社のPRパンフレットとかと同じ扱いってことかな?
広告会社はそんなもんに著作権は主張しないだろうし

95 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 10:12:54.56
>>93
違う
著作者人格権はその作品を人に見せるか見せないかを決める権利
製作者の人権に関わるから、著作権は他人に移せても著作者人格権だけは譲渡できない死ぬまで本人にある
>>88が言うのは著作権とかその周辺の権利になる

著作者人格権はその作品を生かすか殺すかの権利みたいなものなので
著作者人格権を行使すれば発表させないかわりに自分でも発表できなくなる、はず

例えばあなたが姑の愚痴や不倫の実状を綴った誰にも見せるつもりのない日記を書いてたとして
間違ってそれを応募してしまった時あなたはきっと「公表しないで! 誰にも見せないで!」と言うはず
自作を世間へ公表するかどうかを決める権利が著作者人格権です

96 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 11:21:47.60
で、次どこに出そうとしてんの、お前らさん
オイラは家の光いってみよっかな

97 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 11:49:52.80
じゃあ、オイラもそうするっぺよ

98 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 15:27:45.41
わたしもみつばちやめて、家の光に出してみようかな。

99 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/07(金) 15:47:24.96
両方出すよ
落選したら自サイトに載せたいのを家の光に出して
みつばちはどうでもいいのを一本出す

100 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 00:32:14.61
賞金を稼ぐために企業公募賞に向けて書くか、
プロを目指すために新人賞などにむけて書くか、
そのどっちかです。

どちらでもこの板にいていいけど、混ぜて語らないほうがいい。
私は後者。

101 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 17:52:29.86
金とか賞とか、権利とか、それは認められた作品を書いたあとで考えるよ
書かないと。書き上げないと。でも、アイデアひねり出そうと難しい顔をして書きたくない
じゃあ書きたくなったら書くから、そのほうがいいや
・・・これが・・・まずい・・・たった5枚といいつつ、気が乗らないと1枚もかけん
しかし気分だけ作家気取りだから、次の賞に出せばいいや、そこで1番になればいいや
うああああ

102 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 18:50:08.92
つ 習慣付け

童話が書けない時でも、
日記でも映画の感想でもいいから、一日一枚、手を動かす。
「書きたいけど、どうしても書けない日」はあっても、
「書きたくないから書かない日」があるのは、フェードアウトの危険信号。

人間はナマケモノに出来ているから、
書きたい時に書く(でもその日はずっと来ない)ヒトで満足する怖い事になる。

103 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/08(土) 20:20:47.68
企業公募賞に応募するのは、賞金めあての人ばかりでは
ないと思いますよ。

104 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/09(日) 03:30:06.27
長編が間に合わん。
家のやもりに出そう。

105 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 05:07:36.26
>>75
>審査員の方々は渋々マシで選考していないってことです。そりゃ真剣ですよ。

君、審査員?何で真剣とか分かるの?>>54の渋々てのは主観だろ?んで君の真剣てのも主観なわけだ。いい加減の度合いは54も君もおなしや

106 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/10(月) 09:55:02.72
>>105
せっかくスレの流れが正常に戻ってるので、また召喚の鐘を鳴らさないように。

107 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 09:48:50.04
家の光に初めて出そうと思ってます
未就学児を対象とのことですが、漢字は使わないほうがいいんでしょうか?

108 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 10:01:52.08
あと、児童文学で子供と書いたら評価は下がるでしょうか?
2chでもNGに入れるくらい混ぜ書きに嫌悪感があるので、子供かこども表記のどちらかにしています

109 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 10:21:05.10
「キッド」でOK。

110 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 10:45:23.15
>>107
自分も同じことで悩んでいます。
漢字ゼロだとかえって読みづらいのですが、
「いく(行く)」「くろ(黒)」などは平仮名にしました。

111 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 14:32:08.62
私が入賞した時は、小学一年生くらいの漢字を目安にしました。
家の光は、雑誌を親が子供に読み聞かせすることも考えに入れているので、あまり読みづらくしないほうがいいとおもいます。
実際、賞に入って雑誌に載る時点で、修正されることもありますし。
読みやすさ重視です。

112 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 16:25:53.28
読みやすさってどちらに対して?

113 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/13(木) 17:40:12.58
>>112
すみません。私の言葉が足りなかったですね。
すべて平仮名にすると、大人は読みづらいし、5枚の短い枚数だと、内容を薄くする必要があってもったいないです。
一年生程度の漢字を入れると、大人も読みやすくなるし、小学生前の子供も、大人に聞きながら読めます。
と、言っても、どの漢字を使用するかは、その人の感性もあるので、なんともいえませんが…

昔、すべてを平仮名で書いた童話が入賞したこともあるので、これもありなんだと思います。

114 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/14(金) 11:49:02.39
はじめまして。
実は童話系のものを「小説家になろう」に上げているのですが、
あんまり反応がなくて。

自分の書いたものがどの程度か知りたいもので、
一度公募に送ってみようと思っているのですが、
ネットで発表したものを送れる賞はあるでしょうか?

115 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/15(土) 15:46:53.80
>>114
基本的に、公募の世界でいう「未発表」とは入賞していない作品を指すのだけれど…
公募によっては、以前どこかに応募したことのある作品はすべて不可というところもあります。
ネット発表のことはわかりませんが、出すコンクールをしぼったら、事務局に確認の電話をしてみたらいかがでしょうが。

116 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/15(土) 16:40:40.59
>>115
ありがとうございます!
枚数的にもジャンル的にもコンクールは決まっていますので、
確認の電話をしてみようと思います。

117 ::2013/06/16(日) 23:14:56.08
家の光、応募したぜ!

118 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/17(月) 11:00:51.54
家の光、これからとりかかる。でもストーリーがまだ浮かんで来ない。

119 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 16:20:18.79
家の光、書いた。出すぞ=118

120 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/18(火) 23:45:36.33
一日でストーリーを考え、書いたんですか?
すごい。

121 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/23(日) 12:20:55.62
家の光書けたー
対象年齢を考えて平仮名多めに書いたら、目が滑って頭がおかしくなるところだった

122 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 13:33:51.49
家の光は書いたけど今回は見送り。自信がないのではなく、
先にJXに出したやつがこれうまく書けたなあって満足しちゃって
家の光のほうは書き上げてもそこまでテンションが上がらず、
出す気にはなれない・・・何様のつもりだ状態w

123 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 15:50:22.82
家の光、さっき出してきました。
5枚で就学前後の子に向けて書くのは、難しかったです。
このところ、10枚ものばかり書いていて、
すっかり10枚頭になっています。
何を書いても10枚くらいになってしまいます。
他にもそんな方、いますか?

124 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/27(木) 16:59:05.37
自分は短いほうが性に合っているので、10枚は長く感じますよん。

125 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 12:59:07.65
うらやましいです。
短い中に起承転結、うまく入れられなくて。。。
特に家の光はひらがな多めなので、五枚では
「内容がないよ〜」状態になりそうで、苦労しました。
さて、次は何をめざそうかな。

126 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 16:05:18.33
阿賀北、新潟県民でないと書けないんじゃ…

127 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/28(金) 16:53:40.10
>>125

自分は雑誌「飛ぶ教室」に送ろうと思っています。
童話(400字詰め原稿用紙10枚以内)なので125さんにも
向いているのではないでしょうか。

128 :名無し物書き@推敲中?:2013/06/29(土) 11:06:50.71
飛ぶ教室、何冊か読んだことあります。
この掲示板ではあまり話題になってない気がするの
ですが、、、なぜだろう。?
さっそく最新号をチェックしてみます!

129 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
今年は未明に照準を絞っている。
入賞したことある人さん、どんなことを心がけて書きましたか?

130 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN
>>4
「第35回子どもたちに聞かせたい創作童話」作品募集
http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/shimin/5kyouiku/5-3bunka/_40385.html

131 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
100枚の童話を書いたことがある人は、10枚の話もきちんと書けるが、
10枚の童話しか書いたことのない人は、100枚の話そのものが書けない。

本当?

132 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
そんなことないと思う
長編は書けるけど短編は駄目って人もいる

133 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
教えてちゃんで申し訳ないんだけど・・・

最近童話を書き始めて、今度「日産童話と絵本のグランプリ」に応募してみようと思ってるんだけど、
参考にと思って第29回の入選作品を読んでみた。「わけありリンゴの・・・」という作品が優秀一席だった。
とてもいいお話だとは思うんだけど、何千もの応募作の中からなぜこの作品が選ばれたかが、いまひとつ
よく分からないんだ。

1) お母ちゃんの誕生日を祝う父と息子の話を、兄弟を思うリンゴの話しが短い枚数に収められているので、
 焦点がぼけている
2) 説明会話が多く、話しにすんなり入っていけない
3) (これは私個人の嗜好だが)、擬人化されたリンゴを焼いて食べるという感覚が分からない

3)は別にして、どうしてこの作品が高い評価を受けたのか、どなたか教えてくれませんか。
もちろん絶対的に良い作品を書けば、「傾向と対策」なんてないのでしょうけど、やっぱり
よく分からんのです。

純粋に自分の分からないことを知りたいだけで、もちろん作者や賞を批判しているわけではないです。

134 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/17(水) NY:AN:NY.AN
ほかが酷かったんじゃないんですか?
擬人化したものを食う例なんか、たとえばアンパンマンとかいくらでもありますよ
ただ私も童話は他の応募(たとえばエンタメ小説や純文学)に比べても
出来不出来より運不運の要素が大きく、宝くじ的な感じがします
バカバカしいだけの物が高い評価を受けるかと思えば、古臭い教訓的な物が賞をとったりもします
作家を探すわけではなくイベント的な賞だとそんなもんなのか?と邪推してみたりもします
(もっともこれは私が子供の心を失っているから良さが見えないだけかもしれませんが)

135 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
日産は毎年の入選作品を読めばわかると思うけど
独特の世界だよ。
絶対的に良い作品といっても、あるレベル以上いっていれば
あとは審査員の好みになってしまうから
やっぱり傾向と対策はあるわけで、
日産の入選作品が腑に落ちないならば、他の賞を
狙ったほうがいいんじゃないかな。

136 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>134さん
>>135さん

どうもありがとう。審査員の好み含めて運不運もあるということで(まあこれは童話コンクールであれば日産に限らないかもしれないけど)。
そうなるとある程度枚数を要求されるコンクールに応募するのも一つの手かもしれないけど、10枚ものの童話しか書いたことのない自分にとって
正直100枚とかは未知の世界なんだ(131の発言も自分です)。>>132さんはそんなことないって言うけど、やっぱり
10枚作者にとって100枚は難しいんじゃないかと思う。みんなはどうなんだろう。

いずれにせよ100枚とか書くにはもう少し練習が必要なので、日産には自分が納得できる10枚の作品を書いて
挑んでみようと思ってます。ありがとう。

137 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>136
とりあえず、一番簡単なのは、同じ主人公と同じ舞台を使って10枚童話を十本書く事。
そうすると自動的に100枚の童話になる。
要は「10枚童話を全十回連載すれば、100枚の物語」。
まずはここからやってみるといい。

同じテーマでずっと連作を続けている内に、
だんだん一話につき10枚じゃ足りないって思うようになってくると思うよ。

138 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>136
>10枚作者にとって100枚は難しいんじゃないかと思う。みんなはどうなんだろう。

自分も短いものが好きだし、書きたいので100枚は長いと感じます。
むしろ5枚くらいの枚数の方が向いている気がするので、
小説現代のショートショートコンテストに送ったりしています。

139 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>137さん
目からうろこでした。100x1ではなく10x10と考えたら、目の前にそびえる果てしない
枚数の山もなんだか低く感じます。

>>138さん
ショートショートは星新一がブームだったころ(ずいぶん前ですが)書いてみましたが、難しかったですね。
でも短い話をうまくまとめることも練習してみます。

140 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
長くダラダラ書くのは誰でもできるけど、短い枚数で綺麗に納めるほうがテクニックはいると思う

141 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
長くびしっと書きやがれ。

142 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
>>140さん

>>137さんが良いことを教えてくれたんで実践するけど、長い話を書いた自分(=136)にはたとへダラダラでも
なかなか長く書けない。とにかく枚数をこなせる人はそれだけですごいと思ってしまう。

143 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN
ごめん、以下が正解です。

長い話を書いた(ことのない)自分(=136)にはたとへダラダラでも・・・

144 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN
ごんぎつねとか短い作品なのに中身ぎっしり詰まってるからなあ

145 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
これは名作だ、と思う童話ってありますか?

146 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>145

せなけいこ「おばけのてんぷら」
名作すぎる!

147 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>146
読んだことないです。
図書館でチェックしてみよう。

148 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
図書館wwwwwwwwwww
買えよ貧乏人。それとも生保?
がんばってね!

149 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>148
どんだけ貧乏臭い本棚図書モドキしか見た事無いんだw

150 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN


151 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>149
本くらい買えってニュアンスだと思うの

152 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>151
一ヶ月に十数冊も読んでる人にとっちゃ、
本なんていちいちポンポン買ってたら家の床が抜けるよ。
それをビンボーやら生保やら間の抜けた事言ってるから、
あー、この人ビンボー人の本棚みたいな図書館しか見た事ない所に住んでるのねって思っただけ

153 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
狭い家だと大変かもね

154 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
図書館って何のためにあるの?

>>148
「買えよ貧乏人」って矛盾した言葉のような。
図書館で勉強しましょう。

155 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
図書館があるとその近くにはパチンコ店や風俗店はつくれません。
図書館は地域をきれいにするためにあります。

156 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
図書館の本が汚いw

157 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
君の心根よりも?

158 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
貧乏人とか生保って言い方はどうかと思うが
読みたい本ぐらい買えということならわからないでも。
それよりも>>152の書き方のほうがひっかかる。
本当に本が好きな人の文章じゃないだろ。

159 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>158
本当に本が好きなら、通りすがりの人を捕まえて貧乏人ってあざ笑っていいと思う?
読みたい本をどんな方法で読んでも、
それはその人の自由だよ。バカにする権利も筋合いは無い。
むしろ、「本が好きな人」って言葉をどういう意味でどんな人に使ってるのかこちらが聞きたい。

160 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
十数冊で多い気取りだもんな
おれ病気でもしない限り毎日1,2冊は読むぜ

161 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>157
うんw

162 :148:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
本は図書館で借りようが本屋で買おうが読みたいの読めばいいじゃん。
読者はそれでいいんだよ。

ここは創作板だろ。
商業作家目指す奴が図書館とか言ってんじゃねえよ。
プロデビューして「本が出たら図書館で借りるね!」とか「立ち読みしました!」「友達に借りました!」なんて作家として死ねって言われてるのも同じ。
商業作家を目指しているなら本ぐらい買え。
名作と呼ばれる本も買えないぐらいおまえは貧乏なのか?生保なのか?って。
本を買えるようにがんばってね!ってこと。
この話はここで終わりだ。あとは絵本や児童書の話をしてくれ。

まあ>>152はクソだなwwwwwwwwwwww

163 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
正直、図書館で借りられたぐらいでやっていけない「商業作家」なんて爆笑ものだと思うよ

164 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
クソだの、なんだの、汚らしい言葉使っている人が
作家志望だなんてね。

図書館で借りようが、買おうがどっちでもいいと思うし、
言葉使いの汚い人のほうが気になるよ。

165 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN
>>148>>152もどっちもどっちというか両方とも偏った考えの人ですね
プロ作家の人が出版してから半年から一年は図書館に入れないでほしいって訴えてたのは見たことはあるけどそういう話はどこか図書館スレかよそで話してほしいです

166 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
あれだよな図書館にでも買って貰わないとまったく売れない純文学作家
が大きい顔してる限り難しいよな
一度図書館枠に入れば誰も借りなくても1,2万冊売れるわけだからさ

167 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
いや、そんなにも売れない。

168 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
俺も基本は図書館で借りる。好きな作家は最初から買うが。
人のおすすめは自分に合うか分かんねーし、気に入ったら買う。
宮部みゆきもほとんど図書館で済ますらしいがそれでいいじゃん。

図書館で借りるってだけで罵倒してる奴は人格障害。

169 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
宮部みゆきに限らず有名作家になると
付き合いのある出版社・作家から献本されるから新刊を書うことないんだよ
図書館にいくのは資料集めぐらいじゃない

簡単に人格障害って決めつけるのもずいぶん偏った意見だと思う
このスレはこんなのばっかしなの?

170 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
図書館は大事だが、子供や金のない学生のためにあるようなものだな。つまり未来への投資だ。

大人で金のある奴はちゃんと買え。

高いと思うのなら、割安の電子書籍を買え。
電子書籍で出てないのなら、電子書籍を普及させる運動に参加しろ。

しかしブックオフはやめとけ。あれは著者まで回らないから意味がない。

171 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
お金を出してでも読みたい本がたくさんあるので、
借りるだけですむ本なんか読んでるひまがない。

172 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
ちゃんとまともな考えの人もいて安心した

173 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
もういい加減スレチだから。
まだ語りたいなら、どっか新スレでもたてて
移動してください。

174 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
近くの図書館はガンガンふるいの捨ててベストセラーを増やしてる
あほかと、本屋行けば売ってるような新刊なんか入れんなよ、買わせろよ
ブックオフが買い取り拒否するようなものこそ残せと

ああいう誰も読まないけど、たまーに読みたいなと思う人がいるようなのガンガン捨てるのやめてほしいわ
資料的なやつね、チェーホフの誰も聞いたこと無い短編が入ってるやつとかさ
70年代のフランスのミステリ作家特集とかさ、昔の巡業先の相撲部屋の建築方法とかさ
8ビットマイコンでの図形処理とかさ、俺が子供のころキオスクでかならずあったエロとバイオレンスの作家とかさ
読みもしねえのに、もって行ってくださいコーナーにあるとつい拾ってしまう

175 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
田舎の図書館ほどそういうイメージがあるね

176 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>174

お前の持論つまんない。

177 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
図書館っつうもんを自分の蔵書と勘違いしてるな。
あそこは子供を育てる場所だ。子供に古いもん読ませて何になる?
できるだけ最新のものを与えてやれよ。

178 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>176

馬鹿かお前、面白がらせるための意見でも興味深い意見でもねえだろ
つまんなくて当たり前
しかも持論じゃなくて、こうなるといいなあって言う希望、

179 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>177

おれは子供も新しいものだけでなく、
自分が読んだ少年探偵団シリーズとか
フライデーが犬に書き換えられていないロビンソンクルーソー
黒人モコに選挙権がないと書いてある15少年漂流記など
を読むことは大事だし、また同じ作品について子供と話し合えるのは喜びだと思うよ

180 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
おじさんたち、いい加減に別スレ行ってよ。
ここは童話書く人の情報交換の場所なの。

181 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>180

>>1読め
ここは雑談や情報交換の場所だ。
図書館の児童書の話をしているだろ。
おまえが勝手に決めるな。
移動してほしいなら>>180が移動先のスレのリンクを貼れ。

182 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
雑談の域を超えて、荒れているから言っているのに。
だいたいが、言葉使い荒すぎ。とても作家目指しているとは
思えないよ。
移動先くらい自分で考えたらいいと思うよ。大人でしょ。

183 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>180はどんな童話を書くのかおじさんたちに教えてくれよ

情 報 交 換 しようぜえええええ

184 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
雑談の域を超えてるかどうかのジャッジをなんで>>180がするの?
>>180はこの板の権限者ですか? 
そうじゃないなら、なにか勘違いしてるんじゃない。

作品以外での書き言葉が荒れてても汚くても、作品がしっかりしていればなにも問題ない。
むしろ、言葉使いが荒れてるからなんだっての? 
それが作品と関係あるの? ここは2chだってわかってる?

>移動先くらい自分で考えたらいいと思うよ。大人でしょ。
移動しろと言った本人が責任もって移動先のリンク貼るのが筋だろ。大人だから筋が通らないことは受け付けないんだよ。

言葉使いがすばらしい>>180がそんなに高尚な作品を書いているなら、みんなで見てやるからリンク貼れよ。貼ってください。お願いします。

185 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
145と147です。
自分のせいみたいですみません。
図書館でチェックして自分でも名作だと思ったら、買います、たぶん。

ちなみに自分が名作だと思ったのは、小学1年の国語の教科書に
載っていた「こびとといもむし」。ずっと心に残ってました。

186 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>184
クソガキ相手に必死すぎ。

>>185
おまえ火消しのつもりだろうが「たぶん」ってなんだよ、たぶんって。
名作だと思ったら買いますでいいだろ。
謝っておいて喧嘩売るような物言いするんじゃねえよ。

187 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
なんかヤンキーのたまり場みたいになっているね。

188 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
夏なので、この種の連中が涌いてしまうんですね。

189 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>180=>>187=>>188
逃げたかと思ったら流れ変えるのに自演はじめちゃったよ
見え見えの自演なんかやめて早くリンク貼ってくださいよ
お願いしますよ大先生

190 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
暴言多すぎ。本当に児童文学を書いてる人なんでしょうか?

191 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
児童ポルノ文学だったりしてw

192 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
けっこう穏やかなスレだったのに
あの住人たちは引っ越してしまったのですね。

193 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
暴言でも正論だから
>>180がリンク貼って、>>185がちゃんと謝らないと終わらないんじゃない。

それに児童文学書いてるから暴言吐かないってのも偏った考えだろ。

194 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>193
>185は何も悪い事してないのに、何をどうやって謝らせるつもり?

>>192
夏休みに入ったから、どこのスレでもこの阿鼻叫喚はしばらく続くよ。今まで普通に語ってた人は多分避難してる。
あんまりまともに取り合わずにチンピラどもが大人しくなったらまた書き込めばいい。

195 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
だから、おまえはリンク貼れよ
文体がみんな同じだからバレバレなんだよ
なにがあんまりまともに取り合わずにだよ
おまえが一番顔真っ赤にして反応してんだろ
言葉使いがどうこう言うわりには自分で「チンピラ」とか使ってんじゃん
頭悪いなおまえ

196 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>193
あなたが自己中やめて、人を服従させようとしなければ
きっと終わりますよ。

さあ、避難しようっと。

197 :193:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
>>194
たぶんは失言だろ。ちゃんと訂正して謝るべきなんじゃないか。
>>194>>180だとするならきみもこの騒動を煽っている当事者だ。
チンピラどもなんて見下すような姿勢ならいつまでも終わらない。

198 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN
一番の自己中はおまえだって
誰も服従させようなんて思ってないって
自分の思い通りにならないからって逆ギレすんなよ
避難するとかいっても気になるから毎日見にくるんだろ
そんな暇あったら友達と遊べよ
友達がいればだけどな

199 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
もうネタバレしてもいいね?

お騒がせしました。うっとおしいのが出てってくれたのでこれで一旦仕舞いとします。
いつも穏やかな児童文芸スレが今回珍しく序盤から荒れ出したので、
次があったらこの元凶の長文自演クソ野郎をとっちめてやろうって思ってました。

俺の標的ははじめから>>145
こいつがこのスレを荒らしてた長文自演クソ野郎と同じってわかってから、釣り上げて引きずり出して追いだそうとしたのがこの流れです。
流れにのっていただいたみなさんありがとうございました。

>>145が順調に網にかかっていたのに、途中で空気読めない>>180が噛みついてきて邪魔だったんでついでに追っ払いました。
あまりにバカだから簡単に論破してしまい、かわいそうなことしたなって。
>>180はもう少しがまんしてればよかったのに。
作家の言葉使いに過敏な>>180は図書館で井上ひさしでも読むといい。
>>180はまたこのスレにおいで。遊んでやるから。

200 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
自演クソ野郎の>>145
おまえここがID出ないからって自演ばれないと思っているだろ。
2ch長くやってる奴ならすぐわかるんだよ。みんなわかってたんだよ(180以外)

これがおまえの書き込みだ。
>>145>>147>>154>>185>>190>>192>>196

謝ったふりして影で舌を出すような二枚舌の自演野郎は大嫌い。
なにが目的なのかもわからないし。
俺はおまえを服従させたいんじゃない。追い出したいんだよ。
もうここには顔出すなよ。次、荒らしたらおまえの小説、ここと小説批評スレに晒すからな。

以上です。
スレ住人のみなさん失礼しました。
これ以降のスレは通常進行でお使いください。

201 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
夏だなぁ

202 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
>>200
っていうか、緑の名前を羅列しただけ……。

203 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
こいつだけsageてないのかwwww
わかりやす!

204 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
二人いるのかもしれないのに?

205 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
三人かもしれないよなーw

しかしこの文章のアホさ加減、ツッコミどころ満載すぎて困る。
でも凄いドヤ顔して一生懸命書いてそう。

206 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
185です。もう黙ってようと思いましたが、勘違いされているようなので。
自分は小説を出しているような人間ではありません。
すみませんと謝ったのは200(たち?)を怒らせて、他の方に
不愉快な思いをさせだろうから。「たぶん」と書いたのは、名作でも
買うかどうか迷うこともあるので。貧乏人と言われても他人に強制されて
直さなくてはならない考えでもないですし。
それと追い出されたわけではないです。
社会人なので平日の昼間は書き込めません。
話題を引きずってすみません。他の話題になったら参加させてください。

207 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/22(月) NY:AN:NY.AN
本人はもう避難するって言ってたから、
わざわざ夏厨の安い挑発に乗って、のこのこおびき出されてこないってw
ニセモノさんまで仕立てて、余計なカキコミを装うとは……今回の夏厨は凝りすぎだわ

208 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
流れを変えます。

ところで講談社の連絡は今月?

209 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN
恐らく今月ではないかな?
以前、某ブログで7月25日に最終選考に残った通知がきたとありました。
今もそうかどうかは、わかりませんが。

私も出したので、どきどきしますね。

210 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/25(木) NY:AN:NY.AN
209さんありがとう。
そうですか。自分も初応募だからドキドキで。

まだ望みがあるなら、お互い残っているといいですね。

211 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
フェリシモ文学賞ってなくなったんですか?今年は募集してないようですけど。

212 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
児童文学および童話新人賞の序列みたいなものを知りたい。
何か一覧性のあるサイトとかってありませんか。

213 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/26(金) NY:AN:NY.AN
序列って?

214 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
どちらの賞がより格式高いかとか、デビュー率およびその後の生存率など。

215 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
自分で調べたほうがいろいろなことがわかって身のためになるのではないかな?

216 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
格式高いところに出したって、受賞しなきゃ意味ないでしょう

217 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN
講談社児童文学新人賞の最終選考が発表されてますね。

218 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
他の賞でも見たことある名前の人が残ってる。才能あるんだなあ。

219 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN
>>217
個性的な名前(ペンネーム?)の方に、私は秘かに注目している
ググったらF賞の大賞も獲っているみたい。実力は折り紙付きだね
俺もそろそろそっちに出そうと思うが、思いのほか他事で忙しく…ま、近いうちにw

220 :名無し物書き@推敲中?:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN
うんこ!!

221 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
うんこ!!!

222 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN
うんこ?

223 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/04(日) NY:AN:NY.AN
幸運!!!

224 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/05(月) NY:AN:NY.AN
書き込める?

225 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
独り言
児童文学に沿ったテーマで、400字詰めで160枚書きあげた。
ポストに投函、かしわ手を打つ。
目指すは単行本化!

226 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>225
おめでとう! 書き上げるのって、なかなかパワーいるよね
今書いているけれど、終わる気配が見当たらんわ…
今の時期っていうことは、ちゅうでんとか? どこに投稿するの?

227 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>226
投稿じゃなくって、出版社に直送した。
以前、短文エッセイを採用してくれたとこへ。
社交辞令で「またなんか書けたら送って下さい」と言われてたから。
精神は当って砕けろ、で。
当方地方なんで、直接持ち込みと同じ気持ちで。
迷惑がられてるかもしれないな、とびくつきつつ……。
届いても読んでくれるかどうかわからないんだけど。
無反応だったら、あきらめるつもり。

228 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>227
そういうのの送ってくださいって、コンテスト的なのにまたどうぞってニュアンスじゃないのかな?

229 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN
>>228
うん、そうかも。
ああ、見える!(ような気がする) 
ゴミ箱にダンクされた自分の原稿……。

230 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
ダンク?
マイケルご冗談をww

231 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
>>229
持ち込みのいいところは、少なくとも目の前では捨てられないことかな
郵送だと、それこそ未開封のまま資源ゴミ回収車行きの可能性もある
いろいろ考えさせられたよ

232 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
>>229
何処の出版社ですか、興味あります。私も御伴させていただこうかな
よろしかったら教えてください

233 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
232ですけれど、いい加減なレスでした。おつきあいする作品が
ないわけではありませんけれど、やめておきます
いきおいでレスしました、すいませんでした

234 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN
>>233
児童文学を扱っている出版社のどれか、ということでお許しを……。
自分は勢いで送ってしまったので、迷惑だった可能性を後で思いついて、
身もだえしているところです。
おとなしく、普通の児童文学コンテストのところに送れば良かったァ……。
後悔、それは必ず後でする物。

235 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
うんこ!!

これで全て解決するw

236 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN
「排泄」「トイレ」は児童文学のなかでも重要なテーマの一つですね。
なぜなら、通学する子ども達の、こども110番の家に助けを求める度合いで
一番高いのが、「トイレを貸して下さい」
次に「水をください」ですから。
入学当初の児童を持つ親の悩みが、
「我が子は通学の行き帰りにキチンとトイレ問題を解決できるだろうか」
児童本人の悩みも「学校の授業中や、通学路で、おもらししてしまった、笑われた」
はては、学校にちゃんと大のトイレ個室があるのに、
「学校でウンコするの恥ずかしい」などという小学生たちの存在など。
緊張するとおなかを下す子。
学校でトイレにいくのが恥ずかしい?ばかりに膀胱炎や重症の便秘になる子など。
子ども達の排せつやトイレへのこだわりをなくすような物語がときどき
図書館でも読めますが、実に良いテーマだと思います。

それはそれとして、掲示板でなんの脈絡もなく、
「うんこ!」と連呼する輩に対しては、ああ、夏休みで小学生がレスしているのだなあ、と感慨を覚えます。
小学生って、何故、大人に向かって「うんこ」って言うのが大好きなんでしょうね。

237 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN
>>236
大人の反応を見るのが楽しいんでしょう。困った顔をすると、喜びますよね。

238 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
>>229
かりにも出版社が原稿を捨てたりしないですよ。
多忙のため、机のうえで忘れ去られたりは
あるかもしれませんが。

ちなみに福音館はちゃんと受付番号入りで、没ハガキがきちんと
届きます。

239 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
持ち込みがデビューの最短ルートでもないようですな〜
デビューできそうなビッグな賞に懲りずに送って受賞するのが、
なんだかんだ言って王道なんじゃなイカ? デビューしたら実力次第。
なんて分かりやすいw

240 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
日本児童文学者協会の『長編児童文学新人賞』は、途中経過を発表しないのでしょうか?
それと、協会の方で応募作のための添削、講座、スクールとか(有料)やってるみたいですけど、

そこからしか入賞者って出てないんでしょうか?

次は○○先生(審査員)の生徒さんのあの作品で。みたいな。

241 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
>>238
情報を有難うございます。
没ハガキ、結果を教えてくれるのが手厚いですね。さすが老舗出版社。
福音館は心に沁みる絵本をたくさん出版されていますね。
あんなお話を作りたいです。

自分が送った原稿の件ですが、
「原稿受領しました。まだ読んでいませんが、とりあえずお預かりしますので」
と、メールで返事を頂けました。
手が空いたら読んで下さるとのことで、ひとまずホッとしています。
次の作品に神経を集中して行こうと思っています。

242 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
没かどうかだけで感想は無し?

243 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
>>240
どうにもよく分からないんですよね
調べたのには調べたのですが、
受賞前からかかわっていたのか、受賞後にかかわりを持ち始めたのかわかりませんでした。
外部からも受け入れているから、そんなことはないと思うんですけど、
でも、内部でかかわりを持っている人の方が受賞しやすい気もします。
時期的に出してみたいのですが、ちょっと悩んでしまって……
どうなのでしょう?

244 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN
>>241
原稿受領メールもらえてよかったですね。
これで安心して次の作品に行けますよね。

>>242
没ハガキのみで感想はなしです。
採用となれば、もちろん感想はもらえるでしょうが。

245 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN
>>240
>>243

スクールや講座などから受賞者を選ぶということはしません。
そうじゃなかった本人が言うのだから間違いはありません。

途中経過ですがありません。
年末に選考やって年内にそのお知らせが葉書できますが、
ネットなどにおいて自分で発表するのは3月になるまでできません。
逆に言えば、年内になければ、というところでしょうか。

内部にいるからとか、そういう政治的なことは考えずに、よい作品を書いて出してください。
(審査員は投稿者の氏名はわからずに選考していますし、
 通常、投稿する側も自負の思いがありますから、投稿作品を事前に読んでもらうなんてこともしません)。

246 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN
>>245
もしかして受賞者の方でしょうか?
こんなに詳しく教えて頂けるとは思いませんでした。
ありがとうございます。
少しばかりそういうこともありえるのかなと思っていた矢先だったので、安心しました

初めて投稿するので不安ばかりですが、頑張ります!

247 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
以前ここで、フェリシモ文学賞は募集してないのか、という質問を
した者ですが、フェリシモに問い合わせたところ「今年は休止してます」
という回答がありました。「再会する場合はWEBサイト等で案内する
予定にしております。その際はまたよろしくお願いしたします」
ということでした。

248 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
↑字を間違えました。「再会」じゃなく「再開」でした。

249 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
フェリシモが再開されたら、反原発でエコな童話書いとけばいいんだろ
あとどっかの出版社が憲法9条に反対って書いてて引いた

250 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
憲法9条に反対・・・

251 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
>>249
たぶんあそこだと思いますが、憲法9条改定に反対の間違いでは?

ところで、皆さん推敲ってどうなさってますか?
誰かに読んでもらいたいのですが、身近にそういう友達もいなくて悩んでます…

252 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
>>251

推敲は基本的には自分でするもので、誰かを当てにしてはいけない
のではないか?と思います。
ちなみに私も、身近に読んでくれそうな人はいません。
しかし、多少の時間を置くと推敲は楽しいです。
何となく「良くなった!」という実感を得られるので。
スティーヴン・キングの本に「初稿−10%」という目安が
書いてありました。

253 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
>>251
改訂に反対のほうが臭いでしょ

254 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
>>252
ありがとうございます
やはり自分で良い推敲方法を見つけないとダメですよね
常に誰かに読んでもらうわけにもいかないですし
何日か自分の目に触れないようにしてから、推敲してみます
一割を目安にすると、相当減ってしまいますね><

>>253
臭いかどうかはともかく、そう書いてありましたよ

255 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
>>254
多分、9条改訂に反対って言ってるってほうが臭いってことだろ
いかにもな思想持ってそうで

256 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
こんなとこにまでネトウヨが沸くのか…

257 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
×沸く
○湧く

258 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
クソサヨよりはいいと思う

259 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
はいはい、+に帰ってね。ここは童話のスレだから。板違いです。

260 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN
出版社の話だからあながち…いや、やめとこう

261 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
下から読んでもきつねつき
埼玉文学賞から単行本って、既成のルートじゃないよね?

262 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN
埼玉文学賞ではなく埼玉文芸賞のほうだと。既成のルートじゃないって、入賞しても出版できる賞ではないのにということですか?

263 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
少子化でも児童書の売上がアップしてるのはいいことだ

264 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
埼玉文芸賞の方みたいですね。
受賞=出版なのは出版社系以外の賞では珍しいのと思ったので。

265 :sage:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
みんな童話以外だとどんな作家や本が好きなんですか?

266 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
官能小説ですね
そちらが本業なので

267 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
朱川湊人さんや恒川光太郎さんが
書かれる異世界の話が好きです。

268 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN
泉鏡花、石川淳、山田風太郎で〜す!
あと佐藤雅彦関係の本など。

269 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
北日本の最終選考残った人に連絡ってそろそろかな?

270 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
JXえねおす、そろそろの時期かな?
今年こそ、今年こそ、俺の所に来てくれ

271 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>269
北日本の昨年のホームページをのぞくと、今の時期は第一次選考の結果の頃ですが。
最終は、もっと先なのでは? と思います。
北日本、今回初めてのチャレンジなので、違ったらすみません。

272 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
家の光は確か9月上旬でしたよね?

273 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>272
家の光は昨年は9月下旬でしたよ。

274 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
>>273
教えてくれてありがとうございます。

275 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
最終に残った時や、入賞した時の電話って、時間帯的にはいつごろ来るのでしょうか?
平日の日中? それとも、会社員が家にいそうな土日や、夜?
毎日、留守にしていると、留守電にドキドキしてしまいます。

ちなみに、家の光さんは、平日の夜でした。日本新薬さんは、平日の夕方。5時前だったかな。

276 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
>>275
入賞の常連さんキタ!!

277 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
>>276
常連なんて、まだまだです。
ここにはもっとすごい大先輩の方々が大勢いらっしゃいますから。
ポストに出したら、次の公募を目指せばいいのだけれど、やはり結果がでる時期は、ソワソワしちゃいますね。
それで、電話がないと、ガックリ落ち込みます。何度やっても、それは同じです。

278 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN
>>277
謙遜なさらなくても、少なくとも私よりは入賞の女神に愛されてますよ〜
JXあたりがソワソワする時期かな? 最終100人に残ったって確か今頃よね?
山田養蜂場の入賞連絡は来月でしたっけ? 南吉は書き終えてこれから見直します
それからニッサン、グリムを書こうかと…もうすぐ執筆に持ってこいの秋ですからね!!

279 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
私も南吉の「幻の童話部門」に応募する予定です。
いつも10枚くらいの作品を書いてますが、
次は頑張って小川未明に挑戦したいなあ。

280 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
>>278 >>279
ありがとうございます。
私は、JXと、北日本を待ってます。
今書いているのは、小川未明。次はニッサンを頭に入れてます。
頑張りましょう!

281 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/25(日) NY:AN:NY.AN
北日本は明日かな?第一次。

282 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
JX、最終に残ったよ連絡もう済んでいるんでは??
ただ、この板にキタ!!カキコないから、まだ期待してみる・・・

283 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
JXって、最終100人全員に電話連絡が来るのですか?
それもすごいですね。

284 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
北日本一次いつだろうね、ドキドキ

285 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
>>283
100人は多すぎるw 電話する人何人かは知らないけど大変でしょ。。
もう少し人数しぼるんじゃないかなー、常識的に
JXは、ほぼ諦めた。次行くよ、あっしは

>>284
北日本一次突破できるといいね!あっしは出せなかったけど

286 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
ヒンニュウガリ女はもっと情報だせよ、知ってるくせに情報ださないカスってなんなんだ

287 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
講談社は審査が終わったようですね。
審査員の先生がTwitterでつぶやいておられました。
今回は受賞者が出たのかな。

288 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
サイト更新
今年も佳作のみで新人賞は該当作なし

289 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/26(月) NY:AN:NY.AN
どこの賞もなかなか大賞が出ませんね
不作なのか景気なのか…

290 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>266
>>267
>>268

ありがとうございます。やはりいろいろ読まないといけませんね。たいへん参考になりました。

291 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN
>>137
遅くなりましたが、連作での童話を書き始めました。最初の話しのサブキャラが次回では主人公となって、また別のサブキャラが次の次では主人公になるみたいな感じで。

はやく100枚を越すような作品を仕上げてみたいと思っています。あらためてアドバイス、ありがとうございました。

292 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
「新美南吉童話賞」って枚数が7枚以内で
プロフィールを書いた紙を入れても8枚までだよね。

これってどうやって綴じる?

紐綴じが一般的だと思うけど
公募ガイドか何かに「枚数が少なければホチキスもあり」
というようなことが書いてあったと思う。

みなさん、どうしている?

293 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
ホチキスはバラしにくいし捨てる時面倒だ
相手の事を考えた対応が吉かと

294 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
>>292
私も気になったので、問い合わせました。
ホチキスでもクリップでもかまいません、ということでした。

問い合わせた後、細かいことを聞いて煩わせちゃったと、ちょっと後悔。

295 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
北日本は今月中に経過来るかしら?

296 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN
>>292
>>294さんも書いておられますが、ホチキス、クリップ、紐綴じ、どれでも問題ないと思いますよ。

私が疑問に思ったのは、
住所や氏名などは「通常部門の応募用紙」でリンクされてるPDFファイル(応募票)を印刷して
書けばいいんでしょうけど、筆名を書く欄がないんですよね。
前回の受賞作品を見ると筆名はOKみたいですが、
応募票のどこに書けばいいんでしょうか?
氏名の欄に書くべきでしょうか?

297 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
うんこっこ

298 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
角川のつばさ送ってきた。
急に思い立ったから練れていない気もするけど送っただけで満足したw

299 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
>>298
 
自分も今日、郵送してきました。
今日は開放感に浸りたいです。

300 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN
お疲れ様です><
私は来年のみらい文庫に送りたいんですが、つばさとみらいって傾向が似てますよね
小学生が楽しいと思う話って結構難しい気がしています…
書いてみてどうでした?

301 :299:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
>>300

「小学生が楽しいと思う話」というのは、確かに難しいかも
しれないですが、「小学生」を出発点にせず単に「面白い話」
を小学生の理解の範囲内で書くという風に自分は考えています。
自分もみらい文庫にも出そうと思っています。
お互い頑張りましょう。

302 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
北日本、一次発表されましたね。
私はダメでした…  
次、頑張ります。前に進もう。うん。

残ったかた、応援してますよ。

303 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
今回はダメでした…
前回が奇跡だったんだ…頑張ろう…

304 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
私もだめでした

305 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
ここで練習しな
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1367214935/

306 :名無し物書き@推敲中?:2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN
那須先生俺のを落とすなんて……
小学生の頃ファンレター出したのに

307 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/01(日) 15:36:26.65
↑それとこれとは関係ないw

308 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 14:20:32.20
入賞経験者が多いとされるこのスレでも、
連絡キタ!って書きこみが最近ないところを見ると、
簡単に入賞できるコンテストはない事をあらためて感じますね

309 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 17:11:37.90
JXはそろそろですか?

310 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 17:48:49.75
↑この板の住人には連絡行ってなさそうな気がする…何となくネ↑
今年は応募総数が落ち着いたから例年通りなんじゃないかな?
まあ、、、、その例年の日程がよく分からないんだけどね(汗)

311 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 18:31:20.37
>>310
レスのしかた覚えるといいよ

312 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 21:47:26.38
>>311
知ってるよ
でも↑がマイブームなんです
コテハンよりはいいでしょ

313 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/02(月) 21:53:44.54
コテハンの方が「場合によっては」歓迎されるよ。言ってる意味がわかるなら。

314 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 09:16:38.72
うんこが2つ

315 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 10:02:41.18
おまえたち寄生虫親子の朝飯か?

316 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 11:28:15.23
おまえたち寄生虫親子の朝飯か?

317 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 15:13:18.78
おれたちひょうきん族

318 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/03(火) 15:48:21.44
test

319 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/04(水) 13:37:44.74
家の光、JX、ミツバチ、北日本
何か新たな動向(入賞連絡等)があった人いますか?

320 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/06(金) 09:00:36.69
南吉童話賞
幻と通常、どっちの部門が入賞しやすそうですかね?

321 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/06(金) 16:43:17.47
>>320
ご自分の書きやすそうな部門を選択すればいいのではないでしょうか。
筆が進まなければ、何も始まりませんからね。

322 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/06(金) 17:13:10.26
>>319
全部に応募したのですか?

323 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/06(金) 18:02:47.22
>>320
自分は両方出すつもりです。
とはいえ、まだアイデアがない・・・

324 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/06(金) 19:49:58.23
>>323
えっ!?

325 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/06(金) 20:51:38.38
新美南吉童話賞、今回は幻部門のみに応募します。
昨日、頑張って書き上げました。幻部門にも佳作はあるのかな。
最初から佳作というのは、弱気ですね。

326 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/06(金) 20:56:35.40
>>323
まだ10日ある。がんばれ!!
わたしは幻部門に出します。

327 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/06(金) 21:35:30.32
新美南吉童話賞に初めて応募します。
皆さまの仲間に入れてください。

328 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/06(金) 22:38:16.70
11月には新美南吉童話賞の入賞の連絡きた、
の報告があるかもしれないですね。
私が報告できたらなあ。

329 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 08:07:30.30
私は新美南吉童話賞は通常部門だけ応募しました。幻部門は見送ります。
次は初めて長めのものを応募したいので、「福島正実記念SF童話賞」か「小川未明文学賞」を考えていますが、
まだ書き出していません。

みんなで頑張ってよい結果を報告しあえたらいいですね。

330 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 09:25:12.40
この板、俄かに新美南吉ブーム到来 受賞連絡とかは皆無

331 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 10:37:40.76
三年前に「福島正美記念SF童話賞」に応募し、
第一選考を通過したことがあります(16/234)。
児童文学を書き始めてまだ半年も経っていないころの作品なのに、
主催者側から送られてきた18ページのパンフレットに自分の名前を見たときには、
受賞を逃しはしたもののうれしかったです。
私はもう応募していませんが、みなさんの中から受賞者が出るといいですね。

332 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 11:10:18.01
>>331
今はどういう賞に応募されてるんですか?

333 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 14:14:03.52
>>332
いったん児童文学から離れ、一般の小説を書いていました。
少しばかし結果を出せましたので、今回、再び児童文学に戻ってきて、
小川未明文学賞に応募しようかと考えています。
児童文学を書く楽しさを味わいたいからです。

334 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 18:30:17.27
>>333
あなたが思う児童文学を書く楽しさとは?
大人のことをそのまま描けない表現の制約に挑戦し甲斐があるから?

ところでYAって、その制約が緩い、エンタメ小説とコミックに寄っている
児童文学と私の中で勝手な定義をしていますが、YAも視野に入れてますか?

335 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 19:44:26.59
>>334
ときには人間関係の複雑さや、男女の愛憎劇から逃れたいと思うからです。
児童文学は私にとって、「表現の制約に挑戦し甲斐がある」からではありません。
むしろ開放感を覚えます。
YAって、ヤングアダルトのことですね。
ネットでちょっと調べてみたのですが、YAはほぼライトノベルのようです。
私にはYAは児童文学と大人の文学の間に位置する、主に思春期の人を対象とした小説のように思えます。
だからちょっとはHもあるのでしょう(児童文学より制約が緩い)。
私はラノベは読みませんし、興味もありません。ですからYAは視野に入れていません。

336 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 20:22:21.96
児童文学=小中学生のものと思っていましたが、
大人の書き手の「日常からの開放」の役目も担っているのか。児童文学奥深し。
このほど引退を発表した宮崎駿監督は、最後の作品となる『風立ちぬ』で
自身の心の開放も描いているように私には見えましたね。
物を創るという行為は、人に見せるばかりでなく、自分自身に向けても
表現している面があります。書くことで自我が自由になれたらいいですね。
今の日本は原発だの天災だの閉塞感が充満してますよね。開放感か…そのために書くのもアリだな。

337 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 21:10:07.12
>>333
わたしは10枚程度の童話を書いてましたが、今回
小川未明文学賞を目指して100枚を目標にがんばっています。
ですが、あなたのように一般の小説で結果を出された方も
応募されるのなら、わたしに入賞の幸運はまわってこないだろうな。

338 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 21:46:28.31
ヤングアダルトをほぼラノベと言い切るには語弊があるんじゃないかなあ
児童文学=小中学生なら、ヤングアダルト=中高生の読み物であって、決してライトノベルではないよ
魔女の宅急便や空色勾玉、守り人シリーズもYAだし、それに外国の翻訳ファンタジーなんかもほぼYAに属するもの
ヤングアダルトが好きなので、ラノベと一緒にされるのはもやもやする

339 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 22:44:31.61
>>337
一般の小説では、文章の修辞・表現が重要となりますが、
童話は想像力がものをいうと思います。
だから、一般の小説はよくても童話ではダメということは大いにありうることです。
現に私は童話では結果を出していないので、あなたと同じチャレンジャーにすぎません。
>>338
ヤングアダルト≒ライトノベルを撤回いたします。私の認識不足でした。
英語圏では、一般の小説と児童文学の間に、ヤングアダルトがあるといいます。
そして、ライトノベル(和製英語)はヤングアダルトの一部らしいですね。
YAにしろ、ラノベにしろ、一致した定義がないらしく、私も混乱していました。
といっても、いまだにその境界が私にはわかりませんが・・・

340 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 23:25:39.51
分からないならわざわざ書かなくていいから

341 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 23:56:08.88
>>338
横からで申し訳ないけど、私もYAとラノベの違い(定義)がよく分からない。
具体的な小説名を出して教えてくれると助かるのだが。

342 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/07(土) 23:58:41.14
自己レスですが、YAと比較になるラノベの具体的な名前を教えて欲しいということです。
混乱させてすみません。

343 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 00:21:16.90
>>342
つまりYAらしいライトノベルの作品ということですか?
ライトノベルはあまり読まないのでよく分かりません。
YAとしての作品なら、森絵都「カラフル」や綿谷りさ「蹴りたい背中」、
上橋菜穂子全般、荻原規子全般、「十二国記」、
ダイアナ・w・ジョーンズ、ラルフ・イーザウなど

>>339さんの言う通り、元々英語圏の言葉なので、
日本での定義は明確化されていません。
あえていうなら、角川の「銀のさじ」がYAレーベルっぽいという感じでしょうか。
思春期の葛藤を描いた物語や、
ライトノベルよりはある程度の重厚感がある(大人でも楽しめる)ファンタジーって感じですね。

344 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 00:25:21.03
中高生がよむヤングアダルトだろ ジュブナイルとかだね
学校の図書館に(昔から)あるような冒険物とか青少年主人公ものだろ
男も女も読む

萌キャラが出てきたり、主人公がやたら強かったり、ハーレム状態だったり
お決まりの妹とか魔王とかツンデレとか、女装した男とか
出てきて、ほぼ男性主人公で表紙にパンツ見せてるアニメ絵の女の子が描いてあったら
ラノベだよ そして読者の平均年齢は30代後半の男性
むしろ今では中高生読者は少ない
ジョジョねたとかガンダムネタとか、中高生はなにそれ?だろ

345 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 00:33:14.83
>>343
>>344

ありがとう。例えば「蹴りたい背中」は自分は普通に小説(純文学)として面白く読んだが、なかなか
明確な定義、違いは難しいようだね。でも読む年齢層の違いと言うのは説得力にある解答のように思える。

私が志向しているのは何なのかもう一度よく考えてみる。

346 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 00:43:55.94
ダーティペアとか幻魔対戦とか女性で言うと氷室冴子とか久美沙織のころは
たぶんラノベとヤングアダルトが読者層が一致してたよね
ラノベはこんな風になって、女性向けもBL系がでかい顔するようになって
そして一般の人が読まなくなっていったんだと思う

347 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 00:52:25.96
その辺の因果関係は逆だと思うけどね
携帯の普及で本が読まれなくなったから萌え系が突出した感じ

348 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 00:52:31.64
>>345
講談社児童文学新人賞の過去受賞作を見てみると、
YA系も混ざっているので参考になるかもしれません。
あとは、ヤングアダルト出版会なんていうのもありますよ。

>>346
ラノベの初期は、それこそジュブナイル系で中高生向けだったはずなんですけどね
ラノベは本当に独自の進化を遂げていったなあと思います
BLではない女性向けも、キャラ重視と萌える展開重視になっているし…
ラノベって、幅広いように見えて、実は幅が狭いなと思います。児童文学の何倍も。

349 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 01:14:17.76
>>348
それなら、ラノベは行きつくところまで行ったら、
進化の袋小路に入って、一気に衰退するのかしら?
「またこれか・・・」って読者に飽きられるのかな。
ハーレクィーンロマンスみたいに。

350 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 01:27:20.06
>>349
というか、既に飽きられかけていると思います。女性向けも男性向けも
しかし、読者母体がハーレクイーン系よりも大きいので、衰退というよりは違う方向に進化していくのではないかなあと。
ネット小説(小説家になろうとか)を取り込み始めていますし、そちらの方面に向かうのかもしれません。

351 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 01:30:27.50
ありえるんじゃね 
ハーレクインも、市場調査して売れ筋の自己模倣をくりかえしてってやって自滅したし
それも売れる主人公と話を会議で決めて作家に書かせるとかやってたらしい
(すげえ昔の雑誌で自慢げに書いてあるのを読んだ)
今のラノベも何かヒットが出ると皿まで舐めつくすように同ジャンルの話が出るじゃん
内容も作家が1から考えたものでなく企画書比べて会議で決めて作家に書かせる商品になってるってさ
恐竜のように絶滅するかも(トカゲやワニみたいに細々とは残るだろうけど)
ハヒルとかがTレックスかな あそこまでのヒットはあれからもう出てないし
(そもそも驚異的な大ヒットなのに一般人はみな知らんしね)

352 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 01:41:41.10
ヒットはタワー型とドーム型。

ハーレクイーンやラノベは前者。
グラフで言うと、縦方向に高く深い。
一般層への訴求力は弱く特定層以外は知らない。

ドーム型は横に広く長い。誰でも知ってるようなベストセラーだ。
国民的なヒットとかはこっち。

同じ「ヒット」で、部数は同じでも中身が大きく異なる。

353 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 01:50:50.77
井戸は数本掘れという。
一本が枯れてもほかのがある。そのうち、枯れた井戸にも水が戻ってくる。
おいらはドーム型をめざすよ。
長くやるには、その方がいいからね。

354 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 01:56:25.46
男だけどハーレクイン好きだけどな
なんつうか物語の基本構造みたいなの学べるし
英語版は底辺層でも(っていうメインターゲットが底辺層だけど)読める様に
難解英単語とか言い回しとか禁止なせいで日本人にも読みやすい
正直英語の勉強って意味ではおすすめ

355 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 02:19:52.16
ハーレクインは安易な形容詞が多くないか?
「悲しい」「きれい」…
移るの怖くなって読むの止めたよ

356 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 02:53:21.84
スレタイ見て「みんなで創作童話を書き込むスレ」かと思って、読んでみようと
開いてみたら「賞に応募する」という話で応募者同士が雑談するスレだった・・・

357 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 08:53:18.92
>>355
そこは自分の中で適切に訳すればいいんじゃないの

358 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 09:17:41.75
児童文学の未来はどうなるんでしょうかね…
この少子化の中で。

359 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 10:58:46.04
>>337
329です。
私も5〜20枚くらいの話しを書いてきましたが、長いものが書きたくなりいろいろと考えています。
しかし長編は未知の世界で、今までプロットも立てたことがないので分からないことばかりです。
でも長い話を書くことで短編も見えてくるものがあると思うので、とにかくひとつ仕上げたいと思っています。

360 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 11:01:36.34
日本は少子化だけど、世界の人口は増えてますからね。あと、世界じゅう誰もが見られるネット。
アイデア次第で、それを突破口にする日本の児童文学作家も増える気がします(増えてほしい)。
ただ、その場合に考慮しなければいけない問題は、世界中の人々が、日本と同じ環境ではないことです。
日本は幸いにして、母国語を話せない子どもは(よほどの事情がない限り)いないでしょう。
しかし、世界を見渡せば貧困や紛争等の理由で、不幸にも字が読めない子どもがたくさんいます。
学校や町の図書館で、児童文学を読める日本の子どもは、そういう意味において幸せですね。

361 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 12:37:58.96
割り込んですみません。新美南吉童話賞の件です。
過去の作品集に目を通しましたが、内容的には中学1年以下を読者対象と
しているのでしょうか。
私が今回応募を検討している作品は、どちらかといえば、中学2年以上の
大人向けなのです。
地元の小中学校の先生が下読みのようなので、そこで撥ねられそうですね。

362 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 13:29:17.33
書きたいものを書けばいいだけ
合わない作品は違うところに出した方がいいよ

363 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 13:46:25.04
>>361
紅茶吹いたwww
中学2年と中学1年の差ってそんなにないでしょ
中学と小学校高学年ならまだしも〜
あなたの言う、下読みが地元の小中学校の先生だったら
中学2年以上の作品ならストライクゾーンに収まっているのでは?
細かすぎですよwww

364 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 13:47:26.83
中2以上は毎日マスカキしているから大人ってことじゃね?

365 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 13:56:19.50
俺は中1だったよ。

366 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 14:46:12.16
個々人に合わせてたら収拾がつかんじゃろ
だから中二以上なんだよ

367 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 14:47:17.23
>>359
長編を書くと力がつくよと言われ、今回チャレンジしてます。
2年くらい前に考えていたテーマで書き始めていますが、この短い
期間でも時代の波を感じています。流行の移り変わりって早いですね。

>>361
わたしが持っている新美南吉の入賞作品集には、幼年っぽいものから
大人っぽいものまでありますよ。

368 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 17:28:09.94
361です。
皆さん、ありがとうございます。
自分の経験からすると、中1と中2との間には大きな差があると思います。
もう少し、作品集のバックナンバーを揃えておけばよかったですね。
2010年度の作品集を読んだだけなので。
幼年向け、大人向けという以前に、童話らしい文章のリズムに欠けるみたい
です、読み返してみると。
もう少し考え、他の公募も検討してみます。

369 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 17:59:01.76
中2で区切るのは、
厨二病っていう言葉(2ちゃん語?ラノベ語?伊集院光が最初に言った?)が
あるくらいだから、その影響もあるかもしれませんね。
厨二病の名前の由来は、この板に詳しい人がいるでしょうw

370 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 22:15:04.60
新美南吉童話賞の「幻の童話」部門で、
三つのうち、どれを選ぶか迷っています。
すぐに思い浮かぶアイデアでは、
ほかの人もすぐに思いつくだろうし・・・
ああ。

371 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/08(日) 22:34:38.19
>>370
幽霊電車は応募する人多そうですね。

372 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/09(月) 01:15:12.71
>>371
同感です。ゲゲゲの鬼太郎の幽霊電車みたいなプロットで応募する人、
いるのではないかと思います。
それだけに、入り易いが、入選の可能性は低いかもしれませんね。

373 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/09(月) 08:51:31.24
>>372
同じテーマで書く分、比較のスタンダードがあるので実力の差がもろに出てしまうのではないかと思い
弱点をいくらか「発想」で補いたく私は一般部門だけ応募しました=329

374 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/09(月) 14:20:00.80
今年は受賞連絡来たよ〜の書き込みないなァ
主催者側からネットでキター!!さえカキコ禁止されているんだろう

375 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/09(月) 17:51:07.09
カホーは寝て待てと言うが、さすがにJX諦めた。気を取り直してまた来年頑張ろうと思う。

376 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/09(月) 23:06:37.77
JXは今年も、とてつもない応募数だったでしょうね。

377 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/10(火) 00:01:02.55
8870通だったとサイトにあるね。

378 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/10(火) 00:21:57.88
>>377
前回より、かなり減ったんですね。

379 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/10(火) 09:15:42.86
毎年の応募総数は南吉、ミツバチで2000作前後、日産が3000作ほどだから、
9000作弱のJXは、それでも群を抜いて多いコンテストですよね。
おそらく原稿用紙5枚という枚数の少なさが初心者にも書けそうっていう印象を
与えるのではないでしょうか(家の光さんも同)。でも、実際書きだすと分かるですが、
5枚はどうしてもオーバー。泣く泣くカットのシーンが増えます。最低10枚は欲しい。
でもまあ、入賞に枚数も応募総数も関係ないですよね。結局、作品しだい。JXと家の光は
どうやら私今年もホタルのひかりっぽいです。まだ選考に残っている方の吉報をお待ちしてます。

380 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/10(火) 09:24:36.73
>>379
「家の光」の電話連絡もこの時期なのですね。JXを諦めた私は密かに「家の光」に期待して
いたのですが、こちらもそろそろ来年に向けて気持ちを切り替える必要がありそうです。

375でした。

381 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/10(火) 09:52:23.81
家の光の発表はまだ先だと思いますよ。去年は9月の最終週でしたし、10月前半の年もあったと聞いています。
皆さん、焦らず、そして諦めないでくださいね。

382 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/10(火) 16:02:17.08
>>381
379です。ご指摘ありがとうございます。
家の光はまだでしたか。私の早合点ですね。
もう少しだけ夢を見させてもらいます。
ずっと夢のまま…かもしれませんが(汗)。

383 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/10(火) 16:13:34.96
>>381
>>382

自分ももう少し夢に中にいることにします。

384 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/10(火) 19:56:50.87
神様、ここの住人に正夢を見させてあげてください

385 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/10(火) 22:13:00.35
200レス連続で「うんこ」と書いたらあげるよ。

386 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 06:50:29.33
児童文学ファンタジー大賞
今回も大賞はなし佳作は出たようだ

387 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 07:00:12.95
>>385
あなたが今まで「うんこ」って書いていたバカのようですね!

388 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 07:35:11.82
バレたかw

389 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 08:54:30.38
ミツバチはもう終わったのかなあ……

390 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 09:43:04.44
5枚で収まるかな、と思って書き始めてもすぐに10枚オーバーになってしまう。
ちょっとストーリーを作ったり、情景描写や心理描写を入れるとどうしても5枚で終わらない。
それで、ほんとワンシーンだけを抜き出して書くか、描写をやめてその代わりに説明会話や
地の文で説明してしまうと全体が薄っぺらい仕上がりになってしまう。
読み返して「で、何?」、自分ではSo what童話と読んでいますが、という内容のない話になってしまう。
これじゃJX無理だなと思ってしまう。

みんな5枚と言う制約のなかでどのようにうまく書いているのだろう。

391 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 10:51:11.52
そういう時は、その話はボツにするよ もっと長いキャパの賞に出せば良いし
さっさと違う話を書く
賞の枚数に合わせて話を変えると、あきらかに劣化するでしょ
仕事依頼されたわけじゃないんだし、品質上げることのほうが重要

392 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 13:06:00.96
>>389
えっ、ミツバチは今来る時期なの?

393 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 13:46:01.02
>>392
情報が少なくて、よくわからないのです。
結果発表が10月末だから、電話連絡は一か月前くらい?
まだ、待っていても大丈夫でしょうか?

394 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 15:08:13.10
>>391
ありがとうございます。でも何を書いても10枚を越してしまうんです。
動物だけ出てくる話でも、生活童話でも、ファンタジー系でも。書き方の問題もあるんですかねえ。

品質上げなければいけないことはその通り、基本中の基本中ですが、プロ志望でない
私にとって賞金の高さはあ魅力的であり、JXにはひかれるものがあるんです。

395 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 15:27:51.25
いやだってマラソンに向いてる人が賞金に目がくらんで短距離やってもダメでしょ
持ってるカードで勝負しないと、はったりでそれらしくこしらえても
プロの目からはバレバレなんだからさ
10枚ごえの賞を複数とろうって考えるほうが建設的でしょう
なんか尊大でとらたぬだけどね でもそういうことでしょ
安いものをたくさん売って稼ぐ人も居れば、高いものを少数売って稼ぐ人も居る

もしくは、毎日図書館でも言って短めのやつたーくさん読んでリズムを体に叩き込むとか

396 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 15:35:04.77
JXってつかみどころがない。

397 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/11(水) 17:55:37.53
自分は何でも短くなるので、長いのを書ける人の方がうらやましいです。
実際、仮にデビューしたとして、求められるのは長いもの(受けたら
シリーズ化)でしょう。
逆に短いもので入賞したとしても、賞金を貰ってハイ終了では?

398 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/13(金) 14:52:11.80
短いが何枚をさしてるのかわからないけど、
短くても本になるよ。
原稿用紙で
15枚:園児〜1年生向け
30枚:1〜2年生向け
60枚:3〜4年生向け
90枚:4〜6年生向け
150枚:5〜中1向け
200枚:中学生向け
300枚:中〜高校生向け
 (学年内にも読める子と読めない子がいるのでばらつきがある)。
と、だいたい換算できる(これは編集者に聞いたのを計算しなおしたもの)。
30枚以下のものでもシリーズ化されてる幼年童話はあるし、
短くておもしろいものを書ければいいんだよ。

399 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/13(金) 20:20:52.99
南吉だしてきた。
ガンバレ、こがね虫!

400 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/13(金) 20:36:51.96
原稿用紙を基準に、短いのが書けない・長いのが書けないとお悩み相談する
人がいるけど、パソコンで作っていると短い・長いとかあまり関係なくないか?
なんか最近、そう思えてきた。
10枚分を1日で書ける人は、それを10日続ければ100枚になる。
理屈は要らない。じつに単純なことだよ。

401 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/13(金) 22:18:19.74
>>400
それで整合性のある話が書けるかは別じゃない?

402 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/13(金) 22:24:27.29
話が短く終わってしまう
あるいは、なかなか終わらない
ってことであって、媒体関係ないだろ
それを調べて見たら原稿用紙でx枚だったって話であってさ
実際に原稿用紙に書いてる人なんか少ないだろうし

10枚分を1日で書ける人は、それを10日続ける、これができたとして
00枚の1作になる人もいれば、、10枚のが10作できたの人もいるぜって話だ

403 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/13(金) 23:18:45.45
10枚が10作書けても、10枚の一作は書けないだろ
枚数書くトレーニングにはなるだろうが、長編作りのトレーニングにはならんよ

404 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/13(金) 23:24:52.18
なるよ。

ならないと言って何も書かない奴こそ、何もならない。

405 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/14(土) 01:04:56.95
そりゃゼロと比べりゃなるだろうけど
そういう0か100かの話ではなく
長編作りには5くらいしかトレーニングにならんだろってことじゃ

406 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/14(土) 01:18:00.82
10枚×10作は、感覚で100枚の執筆の「距離」を掴む為。
ただし、世界や主人公を同じにする等の、連続性を持たせる事。
これを「長編」を意識して続けていくと、一つのテーマに対する書きたい事が増えたり、
短編用の単発アイディアが、連鎖を起こすようになっていく。これが起こればしめたもの。
次は20枚×5作、30枚×3〜4作の地力がついていく。

要は脳自体に、短編の起承転結から長編の起承転結をなじませるのが大事。

407 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/14(土) 01:27:28.79
ま、とにかく書くこった。

408 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/14(土) 01:36:32.22
ちゃんとプロットから入ればいいだけな気もするんだが

409 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/14(土) 03:48:36.20
今、新美南吉に出すやつ清書してる。
漢字の割合をもっと減らそうか減らすまいか迷ってる。

410 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/14(土) 10:22:51.18
どこのでもいい。受賞連絡、誰も来てないのか?

411 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/14(土) 10:27:24.46
>>410
何でそんなに必死なんだよ。
仮に来たとして、ここに大喜びで書くような人間がいるか?

412 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/14(土) 10:46:24.17
>>411
それもそうだなw

413 :sage:2013/09/14(土) 15:54:54.68
詳しくは書けませんが、JXは、もう連絡すんでますよ。

414 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/15(日) 18:50:33.17
「福島正美記念SF童話賞」ですが
募集要項に「あらすじ」添付と書いてないのですが
付けなくていいのでしょうか?
募集枚数は50枚〜60枚です。

415 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/16(月) 15:49:26.05
>>414
その前に福島先生のお名前が間違ってますよ
南吉先生の姓も間違って書く人をよく見ます
みなさん、人名の誤字は注意しませう!!

416 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/16(月) 16:23:41.85
先生とかキモい

417 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/16(月) 16:36:33.01
>>413
そうですよね。この時期になればJXは終わりと思ってました。
次に向かいます。しかし、本当にJXって難しい…。

418 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/16(月) 17:14:27.13
>>417
JXよりミツバチ童話賞のほうが私にはムズイ(> <)
ミツバチとハチミツがテーマって、書くことがだいたい絞られてくるし…。

419 :sage:2013/09/16(月) 18:57:49.25
〉417
実は、友人の友人のところに、9月7日だったか8日か9日あたり、電話があったらしく。
自分もJX出してたので、頭をきりかえて、新美さんに出す作品頑張ってました。

420 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/16(月) 19:52:26.62
>>419
「採集線香に残りました」電話でしょ?

421 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/16(月) 20:29:54.40
どんな誤変換だ

422 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/17(火) 17:59:02.89
http://minwa.fujipan.co.jp/hagukumu/minwa/tyugoku/tyg_017/

昔話ってのは、分析すると色々長い時間をかけて書き換えられているようにみえるね

おそろしい意図とともに

423 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/17(火) 18:12:38.19
無知な貧乏人を貶めようとする悪意に満ちた童話
中々感動的な良くできた話ではあるが
これ読んだ真人間の子供はホームレスになるだけ

424 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/17(火) 18:13:57.96
似た内容のストーリーには
・水戸黄門
・ドラマ 半澤直樹
がある

425 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/18(水) 09:22:10.57
>>419
そうでしたか。私も新実南吉、出しました。
あと、小川未明もほとんどまとまりました。
後はニッサン、森三郎童話賞に向かいます。

落選の傷は、次の作品を書き出すのが一番の薬です。

426 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/18(水) 15:15:07.75
初めてニッサンに出そうと思ってます。
皆さん、原稿用紙のサイズはどうしてますか?
手元にA4とB5があるのですが・・・

427 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/18(水) 15:43:17.34
>>4
タリーズ
http://www.tullys.co.jp/pb_award2013/
阿賀北
http://i-love.shibata.jp/agakita_roman6/index.html
はーと&はーと廃止

>>5
つばさ賞
http://zibungei.blog99.fc2.com/blog-entry-238.html
宮城学院
http://www.mgu.ac.jp/home/news/archive2013/news0415.html

428 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/18(水) 19:11:41.29
>>426
一応公式文書ってA4が多い

429 :sage:2013/09/18(水) 20:17:43.82
>>428
ご丁寧にありがとうございます。A4でいきます!

430 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/18(水) 20:18:16.98
ageてしまいました。失礼しました。

431 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/18(水) 23:20:51.19
新美南吉は通常部門だけ出せました(幻は諦めた)。
応募数が多いので、ほとんど自信なし。
幻の童話部門を出した人、何を選択した?

432 :sage:2013/09/18(水) 23:21:47.42
ついでに、折ったりせずにA4のまま送った方が、印象が良いですよ。

433 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/18(水) 23:26:44.06
とりあえずsage方覚えよう
迂闊な奴は門前払いだよ

434 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/18(水) 23:52:47.17
>>431
こがね虫にしました。
今回はどのくらい応募が
あったでしょうね。

435 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/19(木) 07:24:14.89
>>3
Be絵本大賞 創作童話部門廃止

436 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/19(木) 07:51:35.75
Coby Fairy Tail Award 童話部門
http://www.coby.jp/news/2013/06/coby-fairytailaward.html

437 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/19(木) 07:53:24.12
「幻の童話」に応募続々
http://opi-rina.chunichi.co.jp/topic/20130906-3.html

438 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/19(木) 14:54:50.00
>>437
へぇ!Bの幽霊列車に人気が集中したんだ
Aの笑わなくなった少女の話は書きようがないものな
これはみんな避けるだろうと思ってた。多分三つの中で人気薄。
@のこがね虫は競争率的にちょうどいい感じな選択かもね


幽霊列車は鬼太郎のイメージがどうしても先行するけど、
これ選んだ人、どんな創意工夫をしたんだろう。読むの楽しみ♪
ちなみに私はこがね虫。これが自分的に無難だったかなあ

439 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/19(木) 22:15:01.46
私も幽霊電車を選択しました。
うーん。。。応募数多いのは予想していましたが。
落選確実だな。

440 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/20(金) 08:43:50.71
>>439
気が早いよ。締めきったばかりじゃない。
諦めたらそこで創作終了ですよ。。。。。

441 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/20(金) 09:42:01.66
>>436

ありがとうございます。応募してみました。

442 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/20(金) 17:23:34.06
>>427

阿賀北に応募する人はいますか? お題が難しすぎてパスせざるをえないかも。

443 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/20(金) 18:20:40.53
阿賀北応募した。
でも新潟県の人間でないと難しいお題だよね。

444 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/20(金) 23:29:33.96
>>438
2も3ももう設定だけで面白くなりそうだから書きたかったけど、
7枚じゃちょっと短すぎてまとめるのが難しいなー。
実際3は書いたけど超過したので断念して1にした。

445 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/21(土) 10:18:27.02
>>445
私なら1行で済ますレスw

446 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/21(土) 10:19:47.77
アンカーミス本当は>>444

447 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/21(土) 12:40:10.48
済ますんじゃなくて、一行以上しゃべれないんだろ。
ネラーでも三行以上しゃべると意味不明になるから三行以内だ。
まずは三行を目指せ。

448 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/21(土) 14:36:30.20
家の光、9月17日に電話来たそうです。

449 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/21(土) 15:30:37.47
JXだめで、家の光だめで、あとはみつばちだけになったよ(もう電話来ていたりして)

450 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/21(土) 18:43:08.65
>>440
439です。ありがとうございます。気を取り直して、吉報を待つことに
します。

451 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/21(土) 23:01:50.64
イエスの光来ました。

452 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/21(土) 23:07:20.08
>>451
入賞の連絡がきたんですか?

453 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/22(日) 14:32:49.32
ホタルの光聞こえました

454 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/22(日) 15:44:00.97
>>453
パチンコ屋の閉店ですか?

455 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/23(月) 13:53:45.00
私の耳にもホタルの光が聞こえます。来年まで閉店です。

456 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/23(月) 15:02:10.88
チョット面白い流れw

>>455
来年まで閉店って、南吉には出さなかったのかな??
南吉は年内発表があるから、今年ギリギリにキターがあったかもしんないのに…
(日産、森三郎あたりは出しても発表は来年だから、年内に間に合わない)。
私も静かに作品という玉を打ち続けるしかないですね〜。
JXや家の光に入賞された方は、今頃軍艦マーチかな。ウラヤマシス…

457 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/23(月) 19:45:46.66
>>456

おおそうだ。家の光に落選したショックで、南吉と宮城学園に出していたのを忘れていた。
思い出させてくれてありがとう。
もうしばらくちょっとだけ扉を開けて、細々と営業します。

458 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/24(火) 13:26:10.87
日産、あっちもこっちも推敲しすぎてgdgdになってきたんで
ちょっと早いけど送ってしまった。
数打っても全然当たらないけど、もう1作品書いてみるかな。

459 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/26(木) 16:31:14.88
死を扱ったのはだめですか

460 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/26(木) 18:32:30.99
いいんじゃない?
夏の庭だって死から始まって死で終わる

461 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/26(木) 18:45:33.52
ありがとう。でもほんとに幼児向けのではどうかなぁ。。

462 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/26(木) 20:38:03.20
南吉の通常部門を出したけれども、
本命は小川未明文学賞。
初めて応募します。

463 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/26(木) 21:54:48.64
>>462
私と似てる!!

464 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/27(金) 09:06:57.86
>>461
幼児の場合、死をどう説明するのかが難しいですよね。
例えば、簡単に天国に行きました…などの表現で、はたしていいのか。
命がなくなる重さを、どう表現するのか…
書きたいテーマではありますが、幼児目線の技量が必要かと。

児童向けとはまた、気の配り方が違うような気がします。

465 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/27(金) 09:37:24.95
100万回生きたねことかはっぱのフレディとかずうっとずっとだいすきだよとか思いつくだけでもたくさんあるけどね

466 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/27(金) 10:15:15.67
<<465
自分もそんなふうに書けたらいいなと思います。
でも、やっぱり難しくて、ついつい書くテーマからははずしちゃうんですよね。

やはり技量の問題かな。

467 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/27(金) 16:58:14.89
ミツバチと絵本テキストは、もうおわってる?

468 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/28(土) 11:52:48.26
次は講談社児童文学新人賞に出そうかな
ここは短編が主で長編の人は少ないのかしら?

469 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/28(土) 13:18:00.91
SF童話賞に応募します。
枚数としては中編ですが…。
のちのち、長編にも応募できたらと思っています。

470 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/28(土) 15:49:53.19
>>468
自分も検討してます。
原稿用紙換算で30〜300枚だそうですが、過去の入賞作品は
どれぐらいの枚数で受賞したんでしょうね。
幅が広いのでどれぐらいまで書き込めば良いのか迷ってます。
でもさすがに下限の30枚〜50枚ぐらいでは単行本にはなりませんよね
やはり最低100枚でしょうか・・・

471 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/28(土) 16:15:45.57
>>470
対象年齢に寄るのではないでしょうか
傾向を見てみたのですが、最近はYA作品の受賞が多かったようです。しかし、今年の受賞作は低学年向けのようですし…
最近はファンタジー作品の受賞がないみたいので、ここらへんでファンタジーが受けたりしないかなぁと淡い希望を抱いております…!

472 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/28(土) 17:23:42.66
でもまだ半年先ですよね。
皆さん、落選した作品を手直しして他の賞に出すことあるませんか。
どうしても書いたものをあきらめられないわ…

473 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/28(土) 17:33:07.12
愛着沸くよね
でも心を鬼にしてなかったことにする

474 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/28(土) 22:06:00.40
今回の講談社児童文学新人賞の最終選考に残った作品の短評で、
誤字脱字と文章のミスがたくさんあるのを指摘されている作品があるけど、
そんな作品でも最終選考に残ってしまうものなのか?
それほど内容としては面白い作品だったのか。
なんか気になった。

475 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/29(日) 00:33:14.46
誤字脱字は受賞後にいくらでも直すことができる。登場人物の名前さえ変えられる。
作品発表前に主催者側から誤字などの指摘があり、そのとき訂正すればよい。
だからほとんど内容がすべて。
経験からですよ。

476 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/29(日) 09:28:12.36
>>472
私も落選作はすっぱりと諦めて、新しい作品を書きます。

477 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/29(日) 21:39:19.36
今年いろんな公募の入賞者で、よく名前を見かける方のインタビュー記事を
見たんですが、月に一作品書いていたそうです。
わたしはそんなに書けていません。
みなさんはどのくらいのペースで一作品書いていますか?

478 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/29(日) 21:54:34.63
一作品といっても、ページ数が違えば書きあげる期間も異なります。
私は120枚を二週間で書いたのが最速でした。
もっとも、ストーリーが頭の中でできていたから可能だったのでした。
実際に書く時間よりも、ストーリーを練る時間の方がかかります。
一日に二、三時間執筆できれば、百数十枚なら月に一作品は難しくありません。

479 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/29(日) 22:27:42.76
>>478
わたしからすると、あなたはかなりすごい方です!!

仕事している人はなかなか執筆時間がとれないと思いますが、
やはり夜中に書いてる人が多いんでしょうか?

480 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/29(日) 22:49:49.43
>>479
478ですが、私はテレビを全く見ません。
だから夜は時間があるのです(独身の一人暮らしです)。
その時間は読書や執筆に費やせるので、深夜には書きません。

481 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/29(日) 23:15:51.20
基本的な質問ですが、皆さんどのようにストーリーを練っていますか?
自分は起承転結を意識しながら
A→B→C→D・・→オチ(アルファベットは大きな出来事)
を考えますが、つなぎの「→」部分(小さな出来事?)がなかなか思いつかず、
自分の限界を感じています。

482 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/29(日) 23:34:51.50
失礼ながら、全体が見えていないからじゃないかな?
オチに収束するように出来事が発生し、その中に伏線が張られる。
短編や中編ならそんなに難しくはないと思うけれども。

483 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/29(日) 23:51:01.56
>>482
いえいえ、失礼なことはないです。ありがとうございます。
短編なら何とかいけるんですが、中編以上となるともうめっきりです。
確かに全然伏線が張れてないです。自分で自分の作品読み返しても
本当につまらない。
もう少し全体を見据えてストーリーを練る必要がありそうですね・・・

484 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 08:46:54.80
>>480
答えていただいてありがとうございます。

485 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 09:29:05.36
テレビとインターネットをやめると
忙しいと思っていた自分にたっぷり時間があることがわかって
驚くよな

486 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 10:00:23.93
キッズエクスプレスって、今年募集してない?

487 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 11:27:58.37
小説を書くのに夢中になっていて、気づけば三時間が経過していたことはよくある。
テレビを見なくなってから集中力がついたと実感。
テレビ番組では十数分でコマーシャルが挟まるので、そこで意識が途切れる習慣がつく。
小説家になりたい人にとって、テレビは一番の敵だと思う。

488 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 16:30:15.04
中高生を主人公にした純文学と、YA作品の違いってなんですか?
自分が書いた作品がどのジャンルに属するかが分からずにいるのです・・・

489 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 17:09:59.26
ヤングアダルト作品では過激な性描写やグロテスクな表現などはNGですよ
また、いわゆる物語の面白さは入れないとダメです
(仮にそれが上手で無いとしても入れないとダメです)
いわゆるケータイ小説ではエログロの縛りは緩和されてますが、
それでも露悪的書いてしまえばNGです。
盛り上がりやカタルシスを求められるのは一緒です

中高生を主人公とした純文学ではそういった縛りはありません
つまらなくても、盛り上がらなくても、途切れたような終わりかたでも平気です
そのかわり、今までに無い何が文学的な仕掛けが必要になります

文学的仕掛けが、現代の若者を写し取るみたいな事でもいいんですが
それは10年ごとに出てくるような、いわゆる若くして作家になる人だけが
描ける分野です、そして多くの場合
成長し、若者ではなくなって書けなくなってしまう分野です

490 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 17:23:06.09
>>489
すごく分かりやすいご説明、ありがとうございました。

491 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 17:30:53.76
小川未明、あと一か月ですね。
A評価をもらえるものを書きたいものです。

492 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 19:11:32.70
絵本テキスト、26日に審査があったって審査員の日記に書いてあるから、
受賞者にはもう電話連絡とか行ってんだろうね……
ということは落ちたんだな……

493 :名無し物書き@推敲中?:2013/09/30(月) 19:49:59.73
>>487
ソリティアも敵だと思う。

494 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/01(火) 09:30:30.28
>>492
絵本テキスト、数年前、最終選考に残ったんだけどな。そこから上に
はいあがれない。今回も残念!

495 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/01(火) 09:48:07.20
>>494
気になっていたのですが、最終選考に残った作品って、もうそのまま
お蔵入りなんですか?
最終選考に残るレベルなら、手直しして再応募とか、他社に持ち込んで
あわよくばデビュー・・・なんてことはできないのかなと。甘いですかね><

496 :sage:2013/10/01(火) 10:06:25.87
今はなき、某童話賞で最終選考まで残っていました。
それも5回残りました。選考委員にコメントも何度も頂きましたが、
その作品はすべて、日の目を見ていません。
お声もかかりません。
そんなものだとおもいます。

こんなふうに最終選考に残った人にコメントがつく場合もあるのですが、
「最終選考に残るくらいなのだから、頑張って、賞をとってください。
○○に応募されたらどうですか?楽しみにしています」
こんなかんじかな?
最終選考に残ることと、受賞すると言うこととの間には、ふかい溝があると思いますよ。

497 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/01(火) 10:25:25.79
496です。

ひさしぶりに書いたら、書き方を間違えました。
すみません。それと494さんに聞いていらっしゃったのに、
横からごめんなさい。別人です。

498 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/01(火) 12:13:30.33
>>495
私もそう考えたことあります。 でも、496さんがおっしゃるように、
やはりなにか足りないのでしょう。

とりあえず蔵に入れて、発酵するのをまっています。
ほかの作品に、アイデアとしていかせたらと。

そのまま腐ってしまう気もしますが…

499 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/01(火) 15:38:04.89
>>495
落選してそのままではどうかと思いますが、もう一度手直しして
他の賞に出すのはありだと思います。

少なくとも、友人は、そうして受賞してデビューしましたよ。

500 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/01(火) 15:42:59.62
宮城学院、今日が締切。
迷いましたが、応募断念。一度応募の経験ありますが、入賞者の割合が、学院関係者に
やや偏っているように思えました。
これは、身びいきというより、童話賞のアナウンスが足らず、身内の応募者が多いのと、
やはり「キリスト教」という宗教色も感じます。
書きかけて、止めました。

501 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/02(水) 09:10:14.70
>>494
スレ前(あるいは前スレ?)のほうで、
最終選考に残った人にも選考後にはがきで連絡が行く、
みたいなニュアンスの書き込みがありましたけど、
絵本テキスト、やっぱり選考前に候補者には事前連絡がある感じなんですね。
気持ち切り替えて次に行かなければですね。
他社に糞みたい扱われて、他では受賞ってのもあるとおもいますけど。
その賞の求めるものからは何か足りないってことなんでしょうね。
そのすりあわせが難しい。

502 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/02(水) 10:04:53.83
>>501さん
絵本テキスト。選考前に候補者に事前連絡は、ありません。
私も、最終選考に残ったことがあるし、知人が佳作に入賞
したことがあるので、間違いありません。
事前に候補者に連絡があるのは、JXくらいだと思います。
>>494さん、私も今年も撃沈しました。

503 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/02(水) 11:22:53.60
>>502
そうです。結果通知の葉書に最終選考に残りましたが、選ばれませんでした。
と、いったような内容が書かれていました。
入賞者には、葉書以前に電話連絡があるんでしょうね。

以前最優秀をとられた方が、出版されて、それが絵本大賞かなにかで注目をあびていたので、
この賞は魅力的です。

それだけ、選考もキビシイと思うのですが。
また、来年頑張ります。

504 :501:2013/10/03(木) 00:59:30.62
>>502さん
>>503さん
ご回答ありがとうございました。
そうなんですか。事前連絡はないんですね。

絵本テキストみたいな賞がもっとあればいいんですけどね。
各々頑張りましょう。

505 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/04(金) 10:21:00.83
みつばちはそろそろですか? 私の花にはとまってくれるのやら。

506 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/04(金) 13:43:42.90
まあ奥さまったら、そんな卑猥なこと言うもんじゃありませんよ

507 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/04(金) 15:32:01.06
>>505
あなたwお友だちから「頭ん中お花畑が咲いてるね」って言われない?
直前のレスを見たら、答えは出ているよ。。。

508 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/04(金) 19:56:02.40
絵本テキストは終わってみたいだが、みつばちも?

509 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/06(日) 12:30:56.00
>>499

僕も、落ちた作品を入念に手直しして手直しして……それで、ほかの
文学賞に応募したことがあります。

それで、以前一次にかすりもしなかった作品が二次までいったという
ケースがあります。

むしろ、自分の作品を練り直すという作業は必要じゃないかと思いますよ。
「きっぱりと捨てる」という方もおられるようですが、むしろ改稿に
改稿を重ねて、自分の至らない点などを矯正していくほうが必要じゃないかなあ。

510 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/06(日) 13:08:39.39
私も落ちた作品だってあきらめません。まだ先ですがポプラ賞に
送ってみようかと思っています。改稿を重ねると結果はどうであれ
愛着がわいて進化していると自分だけはそのように思います

511 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/06(日) 15:58:25.15
落ちた作品の改稿も大事なことだろうさ
でも新作の作成だっておなじくらい大事だぜ
改稿に改稿を重ねてすげえよくなってデビューできても
続く弾がなけりゃ、もう終了なんだぜ

多作できる能力の訓練もしておこうや

512 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/06(日) 16:59:21.73
話しは変わるけれども、
「朝日学生新聞社児童文学賞」について、どう思う?
この賞についての情報がほとんどないのでね。

513 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/07(月) 01:48:44.35
t

514 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/07(月) 01:53:55.53
>512

穴場って言っちゃあいけないのかもしれないが、
そうだと思ってる。だって、応募総数50くらいだし、
賞もらえたら賞金と連載と書籍化。おいしい。
最終選考に残るだけでも、本になる可能性もあるみたいだし。
(ソースはwikipedia)

515 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/09(水) 14:44:47.55
>>514
210枚から230枚か…
今、中編(50枚程度)で苦戦中の私としては、遠い目標かな

516 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/09(水) 15:50:25.54
会話文増やせば、それぐらいの枚数は稼げることに最近気がついたが、
同時に、地の文書くよりも会話文書くほうが難しいことにも気がついて
しまったorz
会話を書き始めると途端に陳腐になる自分の文章。。人によるのかな〜

517 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/09(水) 17:17:52.55
>>516
童話とは関係ないが、最近シナリオを書いて妻に見せたところ、会話がなっとらんときつい
ダメ出しをくらいました。勉強します。

518 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/09(水) 20:07:07.06
>>516
会話で引っ張るんだったら、よほどやりとりを面白いものにしないと
下読みに「こいつ、枚数稼ぎしとるな」と思われ、上にあげてくれないかも
無言をあらわす「……」の多用とか、論外ではないでしょうかw

519 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 00:51:09.07
でも会話文がうまくいくと、一気に何行も書けるわけだから、
上手く書けたら気持ちがいいよな。

日頃の発話から注意する、か……。


>515
私は短編長編が書けない。
でも、210枚〜230枚と条件付けられると、書きづらい。

ちなみに最近、その賞の受賞者と知り合った。

520 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 01:39:22.95
ばかか、上手かろうが下手だろうが
余計な会話は、やはり余計な会話でしかないんだよ
くっちゃべってるのが売りの小説もあるだろうけどさ
そういうのじゃないんだろ?

521 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 09:25:15.80
面白い戯曲読んだ時など会話に酔いしれるが、直接童話では使えないわな。
シナリオの方が参考になるかも。

522 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 12:02:14.14
無知な失礼で申し訳ありませんが、
原稿用紙200枚とか300枚の長編は、「童話」なんでしょうか?

効果的な会話は、頭に残るから有効ですよね!

523 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 13:21:08.14
>>522
童話っていうより、児童文学でしょう。
小学校高学年から中学生向けの。

524 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 13:52:49.01
会話内容もしくは会話構成の上手な作家は誰? 赤川次郎はダメだけど。

525 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 14:02:00.67
個人的には森絵都が好き。

526 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 14:19:21.21
会話文がやたら多いと、登場人物に説明させている感が否めない
3人以上で会話するなんて、児童文学ではもってほか
会話を増やして枚数満たすっつーのは工夫なさすぎじゃないかな
描写を細かくしていけば、自然に枚数は増えてゆく気がする

527 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 14:21:13.00
>>526
説明会話は童話に限らずNGでしょう。

528 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 14:27:20.52
説明会話・・・

「その登場人物しか知りえない衝撃の事実の告白」シーンの時に、
どうしてもやってしまいがちです;
自分の中では一番の見せ場のはずなのに、一番陳腐になってしまうという。
だめですね・・・

529 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 17:39:54.52
>>527
説明会話の点は童話にかかってないんですけど
改行してるでしょ それは会話の人数の話

530 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/10(木) 18:20:00.23
>>529
うーん、分かりづらくてごめん。

「説明会話は童話に限らずNGでしょう」は、「会話文がやたら多いと、
登場人物に説明させている感が否めない」から思った会話文に関する私の
個人的な意見です。どうも説明会話が苦手なんです(自分でもよくするので)
誤解を与えて失礼いたしました。

ちなみに、>>133を書いたのは私です。

531 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/11(金) 07:21:13.99
ホントどうでもいい話

532 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/11(金) 10:34:14.04
ニッサン出しましたよー。
クリスマスプレゼントになるといいけど

533 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/12(土) 10:37:22.90
>>532
クリスマス入賞か。それ、いいね!
ニッサンタさんにお願いする作品を書いてみようかしらん

534 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/12(土) 14:59:56.98
わたしも来週、ニッサンに出します。
去年はサンタさん来てくれなかったけど、今年こそは!!

535 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/15(火) 10:06:18.52
教えてください。

某児童文学賞で、登場人物がとても小学生とは思えない文章だった
と講評されていた作品がありました。それが、単語レベルの指摘なのか、
口調の問題なのかはわかりません。

そこで疑問に思ったのですが、児童文学で一人称で書く場合、
地の文もできるだけ子どもっぽい口調にしたほうがいいんでしょうか?

〜なのだが→〜なんだけど
〜なのだろうか→〜なのかな
だが・しかし→でも

みたいな感じです。

536 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/15(火) 11:44:26.29
主役が小学生の話の一人称=それはその小学生の心の中の言葉、だから
「〜なのだが」「だが」「しかし」等の断定口調で思考している小学生は「個性的」の範疇に入ると思います。
(そして、ほぼ何かの影響を受けてそうなっている事が自然だと思います。
好きな本やマンガや周りの大人の口調で)

出来れば、その子が断定口調で物を考えるのが自然なんだなと
読者に思わせる「理由」を書いておくのも手かもしれないですね。

537 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/15(火) 12:05:02.58
>>536
やっぱり小学生がこんな口調で話すのはおかしいんですね。
自分では全く違和感を感じずに書いてしまってたので、ご意見が伺えて
よかったです。ありがとうございました。

538 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/15(火) 12:18:10.04
>>537
まわりに小学生はいませんか? 
今の小学生がどんな言葉を使って、どんな世界で生活しているのか、観察したり想像したりするのは大切だと思います。
もちろん、自分の昔のことを思い出してもいいですが。

539 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/15(火) 20:56:29.61
ニッサン出してきました。
つぎは小川未明です。

540 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/16(水) 18:12:45.17
小川未明書きました。100枚程度です。
あと10日ほど置いてから推敲します。

541 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/16(水) 18:59:22.37
>単語レベルの指摘なのか口調の問題なのか

そんなの両方だろ
そして1人書で書くなら、そいつの心の中の声の言葉で書くのは当然
3人称なら、

よしおは激怒した。

もありだろうけど(児童文学でも中高むけなら) 

断定口調とか断定口調じゃないとかじゃなく
口調もボキャブラリも子供の年齢にそろえるべき
子供だって断定くらいするし

以下、蛇足だけど上の話は基本であって
わざと口調や単語を大人っぽくすることで天才少年とか
大人ぶってるおしゃまな娘とかにするってのも当然ある

542 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/16(水) 20:41:33.04
というか口調すら考えてないってそりゃ落ちるわとしか

543 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/17(木) 20:19:00.80
長編を書いておられる方は、最後まで書きあげてから推敲してますか?
わたしは続きを書くときに、前回までに書いていたところを見直すと
手直ししたいところがどんどんでてきて、なかなか次に進まないのです。

544 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/17(木) 21:10:28.03
前回書いた文(前回までに書いた文ではない)を見直す。
そして、新しい部分を書き足す。
全体が出来上がったら、全文を通して推敲する。
私はそんなやり方で書いています。

545 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/17(木) 21:45:40.44
私も前回の分を見直して新しく書くやりかたです
時には(時間があるとか気分が乗らないとか)もっと前から見直します
書き終わったら数回最初から見直します。
なかなか次に進みませんが、そもそもそんなもんだと思っています
一気に書くよりゆっくり進んだ方がこれから書く部分のシーンなんかに
良いアイディア等がたくさん浮かぶように思います(書きとめておきます)
それでも数年前に比べれば完成するまでの時間が短くなってることは確かです

546 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/17(木) 23:18:40.67
544さん、545さんありがとうございます。
前回の分を見直されてるのですね。
参考になりました。
わたしは長編の初心者なので、公募の締め切りに
余裕をもって書かないとだめですね。

547 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 00:29:05.25
僕は書き終わってからも、何度も何度も作品を織り直しています。
まさに改稿の嵐です。
見直しもろくにしないで応募するなんて技は持ち合わせていません。
だから、一気に書き上げて、そのまま〆切直前に投稿して受賞した
なんて話を聞くと、「すごいなあ」と思ってしまいます。

たぶん、それって「才能」なのかもしれません。
僕にはそういった天賦の才がないので、何度も見直して微調整して
乾坤一擲、急降下爆撃で撃沈を狙います。

そうしていただいた賞は3つあるので、僕にはこの方法が自分に
合っているのだと思っています。

548 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 10:54:18.53
僕も

549 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 11:00:47.32
>>547
何度も何度も推敲して、ポストに入れても、あとからじわじわと、あそこはああしていればよかった、
こうしていればよかったと思う箇所が出てくること、あります。

短編は勢いでもいけますが。長いものは推敲しまくりですよ。

550 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 11:07:40.84
>>547
最後の2行が少し嫌味だね。で、この2行があるせいで、
「うん……そう。自分に合ってるんだったらそれでいいじゃん」になるね
どういうレスを期待してるんだろうね
乾坤一擲って書きたかっただけなんだろうね

551 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 11:09:39.63
あれだ、高い買い物したあと別な店で
もっと安い値段のやつを見つけて悔しいやつ

552 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 13:15:24.67
>>549
あとからじわじわと、っての、わかります。
だから、一度投函した作品は、結果出るまでもう読み返さないで、
次の作品に頭切り替えるようになりました。

553 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 13:41:08.91
>>550
ひがみっぽすぎるよ

554 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 14:39:02.00
>>550
>この2行があるせいで
むしろ、これが一番言いたかったことだろw
プチ自慢したいわけだ。察してやれよ。


国語で習ったろ。作者の一番言いたいことは最後に持ってくるって。
自慢したいだけのチラ裏なんだから、スルーしてあげて。
スルーできないのなら、「君、3つもかい。すごいよね」で流してあげてw

555 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 16:51:55.17
え、あれ自慢なのか? ああ、そういう執筆スタイルいるよねーで流してたんだが

556 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 17:36:09.39
私も、自慢には聞こえませんでしたよ。

入賞3つなら、この板の中にはたくさんいると思うので。

557 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 21:05:44.26
私は一回も入賞どころか一次通過もしていませんから自慢に聞こえました

558 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/19(土) 21:14:08.07
>>545

それ、わかります!!
一気に書いてしまうより、ゆっくり書くほうがいいものになるように
私は思います。

食パンを焼く時に、いきなり強火にすると中まで熱くならずに
表面がこげちゃうけれど、
弱火にすると時間はかかるけれど、中まで熱が入って、
しかも表面の焦げ具合は好みで調節できる!

みたいな感じです(*゚▽゚*)

559 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/20(日) 10:24:36.26
(*゚▽゚*)

560 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/20(日) 13:02:01.31
前のを直して先を続けていく方法でも、
最後まで書き終えてから推敲する方法でも、どっちでもいいんだよ。

あえていうなら、後者のほうがましという感じ。
なぜなら「最後まで書き上げてる」から。

前者の人で、書き上げられない人を何人も知っている。

561 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/20(日) 13:19:15.98
題名は忘れたけど、ネットで読んだ作品で、
少女が幼い男の子に語って聞かせる童話の中に入り込んで旅をする作品があって、
童話ってこんな風に繋いだら長編ファンタジーになるんだって感心したことがあります。

今の私は、ショッキングな事件に遭遇した人物が本当の記憶を封じて、
断片的な記憶が短編童話のようにとりとめもない話としてつづられるのを、
辿りながら事件の真相に迫ると言うミステリーに挑戦中。

皆さんは、得意な童話を使って、他のジャンルの作品を作ったりはしないの?

562 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/20(日) 15:38:47.08
>>561
まだ書いている最中の作品のアイディアとか、あまりこういう場所に
書き込まないほうがいいのでは?

真似て似たような作品を書く悪い人だっているかもしれないですよ?

563 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/20(日) 18:09:22.48
>>562
どこの国から来た人ですか?

564 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/20(日) 19:38:24.03
>>563
猿真似日本

565 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/20(日) 19:49:29.61
おとぎの国からこんにちは

566 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/20(日) 21:05:37.63
>>562さん、
>>561です。ご心配ありがとうございます。
でも、書きかけたんですけど、普段はミステリーなど読まないので、
意外に筆が進まず、最後まで完成しそうにないんです。

そのネタをヒントに、何かのインスピレーションがわいた方は
どうぞご自由に作品になさってください。

567 :古参 ◆FQXRjk4xig :2013/10/20(日) 23:16:35.80
te

568 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/21(月) 17:34:58.09
JX正式に発表あったね。来年また頑張ろ。

569 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/21(月) 20:29:53.55
頑張ろう!!!

570 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/21(月) 21:01:09.52
>>568
楽天の斎藤隆が応募していたとは驚いたぞw

571 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/21(月) 22:05:14.46
そ、それも佳作じゃないか!!

572 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/22(火) 10:18:46.53
小川未明だしました。
次は、森三郎童話賞をめざします。

573 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/22(火) 10:46:38.23
私の夢は一度でいいから毒舌の西本センセーに自作を論評してもらうことだが、
遠い道のりだ。いつかは叶うよう、出し続ける。

574 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/22(火) 17:27:56.75
あなた、Mでしょ

575 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/22(火) 17:53:23.11
私の夢は一度でいいから毒舌の西本センセーをムチで
ピシピシと叩くことだ。いつかは叶うよう、出し続ける。

576 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/23(水) 03:24:02.40
JX決まったんだ。
家の者が間違って切った電話を気にしてたけど、違っていてよかった。

577 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/23(水) 13:27:19.95
>>574
そりゃあそうだよ。西本センセーは別として、落ちても落ちてもこりずにあちこちに応募を続けているからね。
これをMと言わずして、何をMと言う。

578 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/24(木) 03:00:36.31
第11回北日本児童文学賞20編が最終選考へ
http://webun.jp/pub/hensyu/juvenile/11_2013/result2.html

579 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/24(木) 19:02:57.36
第五回日本新薬こども文学賞の作品がアップされているね。

ttp://kodomo-bungaku.jp/book.html

580 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/24(木) 21:55:19.70
JXで落ちた作品がアンデルセンで受かった例あるかな?

581 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/24(木) 23:23:14.42
>>578
別の公募で入選して出版デビューまでされた方が
二次では落ちているな。

582 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/25(金) 03:22:54.54
11月第1週の連休中に、新美南吉童話賞の最終選考があるのでしょうか。

583 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/25(金) 08:21:43.54
にっさん、今から書いても間に合うかな?

584 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/25(金) 14:12:27.80
10枚〜20枚程度で暗い話(身内の死が出てくるとか、自分自身の深層を見つめるとか)が
入選した公募があれば教えていただけないでしょうか。企業系でも出版社系でも構いません。

ざっくりとした印象ですが、企業系は明るい話、ほのぼのする話、道徳的な話が多いようで
応募するところがなくて迷っています。このままオクラにしてもいいのですが。

585 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/25(金) 15:10:10.11
ニッサンはなんで入賞したのかよく分からんのがあるよな。

586 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/25(金) 19:09:33.35
>>584
講談社 北日本 つばさ賞

587 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/25(金) 20:15:22.91
>>586

ありがとう。調べてみると講談社が30枚からで、北日本が30枚以内(でも20枚では短すぎる?)ので
枚数規定からだけだと、つばさ賞の15枚かなと思う。推敲して応募してみる。

588 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/27(日) 16:55:24.04
(もう締め切り過ぎたのが多いけど)高校生以下を対象にした童話の公募なら結構あるね。

全国高校生童話大賞
 ttp://www.koukousei-douwa.jp/require/index.html

昭和女子大学児童文学賞
 ttp://swuhp.swu.ac.jp/university/nichibun/jidobungakusyo.html

おはなしエンジェル子供創作コンクール
 ttp://www.kumon.ne.jp/angel/boshu.html

KOBELCO 森の童話大賞
 ttp://www.kobelco-mori-ohanashi.jp/

それぞれの主催者の思惑は透けて見えるが、入選作は読んでいてなかなか面白い。

ネリヤカナヤ創作童話コンクール
 ttp://www.library.pref.kagoshima.jp/amami/?p=6505
これは応募者のしばりがあるが、レベルも高く地域の取り組みと童話がうまく結びついている。

大人向けの童話公募は少なくなる傾向にあって残念だが、こういった若い書き手が書き続けて
童話公募全体を盛り上げてくれれば、将来が楽しみだ。

589 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/27(日) 18:50:00.70
南吉童話賞の個人連絡は例年11月上旬(10日前後という情報もあります)が、今年は
募集部門が増えているので、もっと後にずれる可能性もありますよね。
どうでしょう。

590 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/28(月) 17:08:54.91
落選が続くので、童話を書くにあたって禁則を決めた。

1)イヌ、ネコ、クマ、キツネ、タヌキ、鳥、虫を登場させない。
 (ただしミツバチだけは一年に一回だけ許す)

2)天狗、河童、鬼など架空の生き物を登場させない。

3)擬人化をしない。

4)会話で話を始めない。


童話がまったく書けなくなった。

591 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/28(月) 17:52:18.42
そもそもその四つが落選の理由である根拠は?
そして禁じる事で得られるメリットは?
計画性のないむやみな断食は役に立たないよ。

592 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/28(月) 18:47:19.64
>>590
今年のニッサンの最優秀賞は、りんごがしゃべってましたよ。

593 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/28(月) 19:58:43.22
>>590
その4つを仮にすべて使っても、センスある人は入選するんだろうなw

594 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/28(月) 20:19:10.23
ねたでは

595 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/28(月) 20:24:01.80
>(ただしミツバチだけは一年に一回だけ許す)

ワロタ。

596 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/28(月) 21:21:23.93
>>589
582です。情報ありがとうございます。もうちょっと夢を見ていて
いいのですね。

597 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/29(火) 15:04:35.89
このスレ初めて見たけど、なんか初々しい子がいっぱいいるな
煽り合いでホッコリさせられるなんて初めてだわ
白鳥隆二くんみたいな天然素材の巣窟だな
オレ場違いだわw

598 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/30(水) 11:38:54.91
590ですが、説明不足の点があったようなので、補足を。

自分の中で動物を登場させれば、架空の生き物を出せばあるいはうまく擬人化をすれば
その設定だけで童話になるとの考えがあったようで、つまり童話の本質が分かっていないまま
設定に頼った創作をしていたということに気づき、あえて禁則を設けました。
もう一度原点に戻って、童話とは何かを勉強するためです。
会話文で始める方法も5枚とか10枚とかの短い話を書くときは有効だと考えて使ってきましたが、
テクニックよりも本来の文章の力を磨きたいと思います。

>>591さん
答えになっていますか。

>>592さん
はい、存じています。他にもいろいろなケースがあること、
例えば去年のミツバチコンクールの優秀作にはてんぐが登場しますし、
今年の日本新薬の最優秀賞は、雨が擬人化されていますね。

>>593さん
その通りだと思います。

599 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/30(水) 11:45:46.94
>>598
意味はわかったけど、そのせいで、童話がまったく書けなくなったなら
元も子もないような気がするけど。

とにかく書く。何作品も沢山書くのが、上達への近道だと思うよ。
スランプに陥るような禁則設けるのって意味ないよ!

600 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/30(水) 11:47:49.34
一言でいうと、意味ない禁則は禁物ってことですか

601 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/30(水) 16:51:05.75
ようは、子供が、ドキドキワクワク夢中で読めるものを目指せばいいのでは?

602 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/30(水) 20:48:21.30
子供のドキドキワクワクと審査員の好みが一致しないと思うことって
時々ありませんか?

603 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/30(水) 23:30:56.61
スランプに陥るような禁則かどうかは、
やってみないとわからないねえ。
思った以上に「リアリズム」系の人かもしれないしね。

>>590 がんばってください。

604 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/31(木) 09:20:10.25
犬でもキツネでも、架空の動物であっても、そこに必然性と、作者の言いたいこと、
伝えたいことがあればいいとおもいます。

とにかく書くことで、違うアイデアが生まれたりするので、私は599さんの意見に賛成です。

あまり悩みすぎて、書くことから遠ざかると、よけいに書けなくなりますよ。

605 :名無し物書き@推敲中?:2013/10/31(木) 13:52:57.19
JXの結果通知って、みんなきた?
毎年、10月中旬には届いているんだけどな。

落選なのはわかっているけど、通知がこないと落ち着かない。

606 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/01(金) 14:47:17.57
みつばちの落選通知は、10月30日に来たよ。

607 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/02(土) 14:17:39.58
>>606
みつばちは、私のところにもきました。
うーん、JX。どうしたのかなあ…

608 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/02(土) 16:48:51.71
童話の花束と一緒に送られてくるとか?

609 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/02(土) 18:15:01.25
>>599さん
>>603さん
>>604さん

個人的な悩みにもかかわらず、アドバイスありがとうございます。
童話を書けない時間を利用していくつか始めました。未読の童話が多いので読み始めました。
短い話の書き方を勉強するため川端康成の「掌の小説」の再読を始めました。
文學界新人賞に応募するための小説を書き始めました。小学生の男の子や女の子を主人公にした
話のメモを幾つか書きました。

時間は少しかかりそうですが、自分が書きたい童話が何かの原点に戻ることが
できれば、その時は(1)から(4)の禁則は必要がなくなりまた童話を書きます。

私は必ず童話に帰ってきます。

610 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/02(土) 20:21:10.74
グリム童話賞、今日投函しました。

611 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/02(土) 21:36:15.00
私もグリム童話賞、今日出しましたー。今年はあと森三郎童話賞。

612 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 12:37:05.85
582です。新美南吉童話賞の最終選考ですが、審査員の方のwebサイトの情報だと、この連休中では
なさそうですが・・・

613 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 13:35:48.68
受賞の連絡は、日曜日の朝一でまわすようです。私の時は、10時ちょっとすぎでした。
おそい朝御飯食べていたので、あわてました。

土曜日に選考会があるのだとおもいます。
例年も、選考会の日程はもう少し後ですが、
今回は通常募集より部門が多いので、
もっと後になる可能性がありますね。

どきどきですね。
良い知らせ来ますように・・。

614 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 20:11:32.79
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★「通名」を利用して複数の身分証を使い分け携帯端末不正売買★
 容疑の在日韓国人を逮捕 埼玉

在日韓国人:文炳洙(ぶんへいしゅ)容疑者は
約160台のスマートフォンやタブレットなどの端末を購入、
古物商へ転売し不正に利益を得ていた。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131101/stm13110121480007-n1.htm

「通名」は役所で簡単に手続きができ、自由に何度も変更が可能。
その為「通名テクニック」として通名を使い分け取得された複数の架空口座が
脱税、犯罪などの温床となっている。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

615 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 20:42:29.95
>>613
だいたい、いつも日曜日に連絡が来るんでしょうか?
わたしのときは平日でした。
今年は応募数がかなり多いらしいので、選考に時間が
かかるでしょうね。
どきどきです。

616 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/04(月) 21:28:05.77
582&612です。
情報ありがとうございます。最終選考は、応募数が多いのならば23日あたりでしょうか。

617 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 04:27:11.14
このスレはなんだかお上品な雰囲気に包まれていますね
バーティミアスとか、ダレン・シャンとか、そういう児童文学が書きたいのですが、
つばさ文庫だと年齢層低すぎるでしょうか?

618 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 12:00:56.49
>>617
スレをちゃんと読んでないのバレバレwwww
自称作家やウンコが数回登場したスレなのに

619 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/05(火) 19:56:52.70
613です

去年は土曜日が選考会
2年前も土曜日
3年前が、金曜日
4年前は、?
5年前は土曜日
こんなかんじですかね。

土曜日一日かけて選考会で、次の日曜日の朝から電話をかけ始める。
たま〜にですけど、受賞辞退というのもありますから(たまにですが)
最優秀賞からどんどん電話はまわしていくようです。概ね家にいることが多い、日曜日の午前中を
ねらってかけてくるのかなって、思っていました。

関係者ではないので、憶測ですが。

620 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 08:57:30.31
>>619
憶測という割には、なかなか具体的に書いてますねw

621 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 17:06:01.86
第11回北日本児童文学賞発表
http://webun.jp/pub/hensyu/juvenile/11_2013/index.html

622 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 18:06:27.20
607です。
JXの結果が郵送されてこないので、事務局に電話してみました。
今年から、ネット発表のみで、封書やはがきで落選報告は無しになったとのことです。

経費削減でしょうか…

まあ、それならそうと割り切って次にむかいます。

623 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 20:18:46.99
>>621
受賞者の年齢層高いですね

624 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 20:20:30.70
>>622
大使のN山さん、授賞式に来てくれるよね?

625 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/06(水) 22:59:34.29
>>624
入賞したんですか?

626 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/07(木) 11:43:15.36
ジュニア冒険小説大賞はもう連絡行った頃かなー。
自分は連絡なかったからダメだった。連絡あった人、おめでとう

627 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 09:21:11.33
南吉ソワソワしてきた
何も連絡ないのだろうけど、淡い期待をしてしまう
かなしい習性だわよ

628 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 09:54:26.27
622です。
>>624さん。
授賞式は、華ですから豪華に開催されるとおもいますよ。
楽しんできてくださいね。

629 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 10:12:26.06
>>627
それは、みーんな同じですよ。

630 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 10:39:01.12
企業系の授業式は、豪華ですよ〜
社内報に載せるために、写真もばちばちとられて、
ちょっとだけ有名人
気分。ご馳走も美味しいし〜〜!
い〜〜な!

631 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 11:28:48.92
>>630
授賞式が授業式になってるよ((笑)

632 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/08(金) 12:55:26.29
なんかコスプレパーティみたいな…
なんかいやらしいな、オイ

633 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 00:52:16.61
630でっす
授賞式に訂正!
すみませ〜ん

コスプレって、あんまりだ。

634 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 10:01:57.97
なんか疲れるだけの気がします
そんな人なかは嫌いです
むろんいけない僻みもまじっているとおもいますけれど

635 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 17:22:02.00
大賞のかたで、授賞式を欠席される人っているんでしょうか?
634さんのように嫌いな人もいるでしょうし、人前でのスピーチが
苦手な人もいると思います。
わたしは大賞になんて縁がないので、その心配はしなくてもいいんですけど。

636 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 20:44:00.42
南吉、今日が最終審査??

637 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/09(土) 23:32:34.46
例年通りなら今日だったんでしょうけど……。
いつもより応募数が多いから、どうでしょうね。

638 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 11:21:02.64
今の時点で電話なし。南吉童話賞、落ちたか。

639 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 13:12:28.80
私も電話無し。落ちたか。。。。。。。。。

640 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 19:54:18.04
南吉で今日電話きた人いる?
私は来なかったよ。

641 :sage:2013/11/10(日) 20:44:32.04
某所で二日前に「南吉記念館から入選候補連絡がきた!」と
叫んでる人をたまたま見かけたけど
そういう連絡ってあるのかな

うちの電話は相変わらず無言だけど

642 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 21:16:40.91
616です。
入選候補者に電話連絡となると、今日なのでしょうね。
来週が最終選考なのでは。諦めることにします。

643 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/10(日) 21:59:11.84
過去の南吉童話賞受賞者で「最初に入選候補連絡が来る」と語った人は
私の知る限り一人もいない。今年からやり方が変わったのだろうか。

644 :641:2013/11/10(日) 22:49:38.11
叫んでた人をよーく見てみたら、どうやら中学生のようでした
部門によって連絡方法が違うとか……は、ないですよねぇ

なんだか混乱させたみたいですみません
このスレに報告があるまでは望みを捨てないようにしたい

645 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 08:49:34.37
>>644
混乱云々より、厨房の書いたことに反応しているほうが(ry
どういういきさつでそのサイトを見ていたのかが少し気になる
なんか怖いから知りたくないけどw

646 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 16:11:47.49
わざわざ候補に残ってます電話するようになったのか?N吉賞
最終審査いつか知らないけど、部門が増えた分手間だろうな
その人だけ確認したいことがあって電話したと考えられないかな
いずれにせよ、近くわかることでしょう。日程からして

647 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 16:29:49.53
冒険南吉

648 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/11(月) 20:02:27.32
10年以上前は、最終選考20作品に残ったって連絡あったそうですよ。

649 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 16:19:54.21
日本書籍出版協会の出版広報に「新美南吉童話賞25回」の
選考日が7日だと載っていました。
http://www.jbpa.or.jp/

650 :無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 22:14:31.76
>649
そうか、落選確実だな。

651 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/15(金) 22:36:10.56
予定通り7日選考だったとしたら、上の方で8日に候補になったと
連絡もらった人がいたという話はどこへ行くんだw

652 :無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 08:45:42.57
勝手な憶測ですが、選考日が7日と書いてあるだけで、それが必ずしも最終選考日
ではないとも言えます。出版広報にはたくさん情報載せられません。
8日に連絡もらった方は、7日の一次選考で通過しただけとも言えなくはないです。
もっと言うと、中学生(未成年)だから親の了解を得るために電話が来た、なんてことは
ないですか。
しかしまあ、未練がましい人間だ。われながら。
これ、ほとんど妄想。

653 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 12:03:58.58
出版広報11月号を見てきました。
ほんとだ、11月7日選考会と書いてありますね。
で、授賞式が12月14日ですね。
今回は、大きな授賞式になるようで、記念館ではなくて駅前にできた商業施設で行うようですね。
もう、授賞式から逆算して1ヶ月切っているので、やはり、7日が最終選考ではないかな?

654 :無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 14:25:14.99
南吉は終了。
切り替えよう。
次は森三郎か、アンデルセンか。
アンデルセンは入選作の傾向がわからず、いつも題材選択に悩む。
「メルヘン」とは何か。・・・
ファンタジーがいいのか、生きた日常生活をベースにすべきか。

655 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 14:33:44.41
>>651
私も気になる、その微妙なタイムラグ
最終審査終わってるのに、候補に残った〜って騒いでる人が
本当にいたのなら・・・想像すると、かなしすぎる。ぬか喜びってか♪

最終は今日あたりじゃないのかな〜と単勝1点で予想してみるが・・・
真相はいかに!?

656 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/16(土) 17:57:32.56
すみません、南吉童話賞にこだわってしまって。
う〜ん、総合的に判断して、もう審査は終わっていますね。

657 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/17(日) 12:03:39.62
656です。
今の段階で電話連絡なし。気持ちを切り替え、次の公募への応募を検討
します。

658 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/17(日) 18:42:59.88
654です。
656さんのおっしゃる通りです。がんばりましょう。
南吉は終了。
切り替えよう。
次は森三郎か、アンデルセンか。
アンデルセンの攻略法、伝授願います。

659 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/20(水) 09:58:06.90
南吉候補に残った〜って言ってた子は、その後受賞の連絡来たのかな?

660 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/20(水) 18:13:12.61
>って言ってた子
その言い方、加齢臭w

661 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/20(水) 23:47:14.16
ガセじゃないの?
そういうのって公式発表があるまで、個人ブログ等で暴露するの禁止なはず
だけど。経験上。

662 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/21(木) 00:00:43.60
>>660
っていうことは、あなたも同じ中学生ですね。

>>661
個人が特定されなければ発表するのでは?
ここでも連絡きたかどうかの書き込みを待ってるし。

663 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/21(木) 18:16:31.53
審査員のひとりが、ウエブサイトで南吉童話賞のことを書き込まなくなりましたね。
南吉記念館サイドから何か言われたのかもしれません。

664 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/21(木) 22:32:21.69
ウエス

665 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/22(金) 21:04:56.48
失礼

666 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/22(金) 21:06:19.88
悪魔さんよろしくお願いします

667 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/23(土) 23:54:43.87
663さん、それって誰でどこにあるんでしょう?
今年応募して、控えめに見積もって、大賞かもね♪とか思っていた、私はおばかさん。

668 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 13:01:03.41
>>667
このスレで初めて反論の余地がない文を見つけた

669 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/24(日) 13:27:42.42
控えめに見積もって大賞って…。

670 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/25(月) 03:30:29.98
ホームページではいつごろ受賞作発表なのかな。
どんな作品が受賞したんだろう。

671 :667:2013/11/26(火) 04:05:05.14
世界でロングセラー、絵は○○さんがいいなとか夢想してたの。アホです。
昔、なまずの童話を募集していて、惜しくも入選にはいたりませんでした
という通知が来て、全員にこの文面で送ってるのかな? ホントに惜しかっ
たろうか??? どうなの?

672 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 11:56:41.58
初書き込みです。
初めて、児童文学のジャンルに入ると思われる作品を書いているのですが、
あらすじを書くのに苦戦してます。

小さな出来事が伏線となって最終的には1つの場所に集約されるのですが、
その小さな出来事を1つ1つ列挙していくと、どうしても規定(原稿用紙1〜2枚)
を超えてしまいます。
重要な出来事と言いたいこと(結論)だけを書けばよいのでしょうか?
そうなると今度は短すぎて原稿用紙1枚にも満たないぐらいになりそうですが…;;

673 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 12:20:07.80
規定が原稿用紙1〜2枚なの? じゃあ3枚でもいい物なら評価されるよ。
そうじゃなくてオーバーする枚数が原稿用紙1〜2枚というのなら、絶対無駄を削れる。

674 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 12:56:51.16
>>673
わかりにくくてすみません。規定枚数が1〜2枚ということです。
3枚になってもいいのでしょうか。
ネットでもあらすじの書き方を調べてみたいと思います。

675 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/26(火) 13:47:44.26
すみません、読み違えました。分かりにくくなんかなかった。
その作品の内容を見ないと答えは出ないと思いますが、
あらすじは企画書みたいなものだから、あらすじ自体を読み物のようにしなくていい
と教えているレクチャー本が多いようです。

676 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 12:43:44.86
>>658
アンデルセンは、わたしも書きづらいなあと思ってました。
私は森三郎に挑戦します。

677 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 12:50:17.73
南吉の結果発表はまだか〜。

678 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 13:31:52.71
南吉はもう出てるだろ

679 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 13:41:04.05
っていうか、あらすじが長くなっちゃうよー
って話でしょ
小さなエピソードのいくつかを書かなきゃいいじゃん

680 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 13:52:07.03
>>677
ホームページでの発表でしょう?

681 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 13:59:50.54
>>680
そうだよ

682 :678:2013/11/28(木) 14:18:24.70
>>680
ごめん、俺へのレスと勘違いして>>681書き込んじゃった
>>681は無視してくれ

683 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 16:19:43.16
南吉もうホームページ上で発表されたの?
発表されるのは記念館のホームページだよね。

684 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 16:22:11.81
>>683
ホムペ見てきた 筆名が多いような?!

685 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 16:59:25.95
南吉記念館の入賞者の発表って、24
回のままじゃないですか? 更新されてる?

686 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/28(木) 19:46:29.01
されてなす

687 :名無し物書き@推敲中?:2013/11/29(金) 22:15:40.95
663さんではありませんが、667さん
遅レスですが
南吉童話賞で「童話作家」との肩書の選考委員はお一人だけです
その方のHP内の「おたよりコーナー」に、選考日だっただろうなという
書き込みが以前ありました


公式発表があったようなので来年の参考までに

8日に「入選候補」「詳細は郵送にて」と電話
翌日の消印で「○○賞の入選候補」と封書
未発表・オリジナルであるという念書に署名押印し返送
公式発表

これ以上の書き込みの予定はありません

不愉快に思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません
この情報がどなたかのお役に立てば幸いです

688 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/01(日) 09:42:31.15
岩崎…何が日本ファンタジー以外を!だよ
そういうのを今までずっとしつこくデビューさせてきた賞だからだろ


はいはい 次!次!

689 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/01(日) 13:05:31.37
ジュニア冒険大賞は投稿したことがありませんでした、そうですか、
今発表でしたか、受賞された方、おめでとうございました

そうです、次いきましょう、ドンマイ、ドントマインドですから

690 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/01(日) 18:10:14.76
一人妙に嫌味な選考委員がいるなあと思ったら腐女子公言作家かよ……

691 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/03(火) 20:44:49.59
みなさん、応募する賞の過去の受賞作は、
全部読んでます?
もしかしてコレ、当たり前すぎる質問かもしれませんが……

692 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 00:01:13.71
読んでますよ!
読めるものは全て読みます。
で、選評も必ず読みます。

693 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 09:31:00.22
読んでません、読む必要を認めません。選評位は2チャン書き込みのため
チェックします。それくらいかな?

694 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/04(水) 11:16:17.29
>選評位は2チャン書き込みのため

作品抜きで選評だけ読んで、何をいったい書き込むつもりなのか、
とかは知らない方がいいんだろうな…

695 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/05(木) 16:49:36.25
見当違いの作品を送ったら恥ずかしいので、
応募しようと思っている賞の受賞作は
読めたら読みます

696 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 00:05:02.47
>>691 です。

読んだ方がいいのはわかってるんですが、老舗の賞だと何作もあるしで……。
読まない方がショック受けずに執筆できるかもしれません(笑)
でも、たしかに、見当違いかどうかを知るのは大事ですよね。

697 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 03:00:01.48
出版社系の賞に限っていえば、趣味で書くんなら、やめたほうがいいと思うんですよ。
命がけで書いてください。

企業系は逆に趣味で書いていきましょうよ。

前者は就職試験、後者は宝くじみたいなもんですからね。

698 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/06(金) 08:36:19.17
それでも常連さんとかおられますよね、何かきっとコツがあると思うんです
企業系と申しますか、アンデルセンにどういった物をお書きになられて通りましたか、
とるにたらぬ話で結構です。こちらも宝くじ感覚で応募させていただきますので
入賞のうちわ話とかございましたらお願いします

699 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/07(土) 06:56:49.34
童話の花束を待ってたのに、、

700 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 01:41:24.44
この板に、プロ志望、もしくはプロってどれぐらいいるんだろう……。

701 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 08:54:31.43
プロはいないのでは?
以前はたまに、デビューされた方が書き込んでるのを見ましたが。

702 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 09:00:56.40
プロ志望の方はいると思いますが…。
でも、仮に大賞を取って本を出版しても、
大抵の人はそれ一冊で終わってしまう現状を
プロ志望の方って知っているんでしょうか。
児童文学に限らず、どの文学賞でも、
5年先まで残っている作家さんて
ほとんどいないようですが…。
それでも、プロになりたいという方は、
よっぽどの覚悟があって目指しているのでしょうか。
いろいろ調べていくうちに思い至った、素朴な疑問です。

703 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/08(日) 10:53:20.45
>>700
自称プロ作家と冷やかしならいると思う だってここ2ちゃんだもの

704 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 03:06:22.23
>>699
12月に送るとWebサイトに書いてる。前レスはガセだよ

705 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 08:34:21.21
>>699
>>704
JXの落選通知の話でしょうか?
今年からなくなったのは、昨年まで10月に送られていた落選通知の封書です。
童話の花束は、とうぜん全員に送られてくると思いますよ。

毎年、応募されている方にはわかる話ですが。

706 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 18:51:28.76
>>702
あなたは生き残ってるプロ?
それとも自分だけは生き残る自信があるワナビ?

707 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 20:46:36.63
そういえば、グリム童話賞はいつごろ入選の連絡が来るのでしょうか?
こちらも期待しないで、待っていますが。。。

708 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/09(月) 23:24:26.85
プロ志望です。

生き残るとか残らないとかじゃなく、
書けるか書けないか、だと思います。

確かに、2冊目が出せるかどうかがまず第一関門でしょうね。

709 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 09:40:12.24
金太郎や桃太郎や孫悟空を根本からリメークしろ。
http://www.youtube.com/watch?v=X9WbC8_Txhw
http://www.youtube.com/watch?v=Jz8se76EgDc

710 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 11:23:24.15
どうして大賞作一作で終わってしまう人が多いのかな
長編なんか、作家になりたいという強い意志で書き上げていると思うんだけど
長編を書き上げる、それだけでも立派な才能だと思うんだけど、
だからこそ、一冊で終わってしまっている人がもったいないな
これって、出版社が新人を育てようという気持ちがないから
そういう事が起こるのかな
売れなきゃ出版できないから

でも、JKローリングの例を見ても、売れるか売れないかを
明確に判断できる出版社って、そんなに多くないようにも感じる

711 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 11:30:23.70
受賞作は長年あたためてきたネタってパターンが多いんじゃない

712 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/10(火) 13:57:11.51
711さん
なるほど
渾身の一作ということですね

713 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/11(水) 07:21:49.99
童話の発行部数が少ないですからねえ

714 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 15:05:31.65
ミツバチの童話集とカレンダーが来ましたねえ。

審査員の総評……「この賞は、童話作家の登竜門ではありません。
ミツバチやはちみつにかかわる自然や命への思いを楽しく書き出すためのコンクールです」
とのこと。
ふーん、そうなんだ。早く言ってよ。

715 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 15:38:18.07
>>714
前にこのスレで話題に上がってたけど、
ミツバチの応募規定には、
「賞を取った作品の権利は全部こっちが貰いますよ・改稿も自由にやります」
みたいな意味の事が書いてるから、作品出す人はよく読んで気をつけてって言われてたから、
当然、本人の登竜門にはなりえないよ。

716 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 18:03:06.79
ミツバチは賞を取った作品じゃなくて応募されたすべての作品は主催者のものになるんじゃなかったっけ

717 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/12(木) 18:20:00.37
そうだ。確かそっちだったと思う。>送った作品の権利は全部、主催者のものになる。

自サイトにも乗せられなくなるし、他賞に再投稿も出来なくなるから
お、おう…それは…マズイな…みたいな話にここでなってたはず。

718 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 08:36:24.56
714です。
うん、権利のこともあるんだけど、「この賞はあくまで趣味で書いている人が集まってね。
プロを目指す人は来ないでね。選ぶほうも、そのつもりでそういう作品を選んでいるから」
って、いうふうに読めてしまいます。

今年は出したけど、やっぱり来年はもう出しません。

719 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 15:50:02.52
どうしていちいち「童話作家の登竜門ではありません」なんて
記載するんでしょう。わかりきってるのに。
718さんの言うとおりかな。

720 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 15:59:36.69
わかりきってないやつがいたんでしょ

そして権利全部取るなんて酷いって苦情があったり、
「ふーんそうなんだ早く言ってよ」って言われたりして
それで注意書きのせるようになったんだろ

721 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 17:53:02.16
椋鳩十文学賞を来年度廃止 応募減、地元受賞なし 鹿児島市教委
http://373news.com/modules/pickup/topic.php?topicid=29&storyid=53340

722 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/13(金) 22:05:42.34
>>720 そうかもしれないですね。

723 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 00:37:49.51
童話の花束って、もう申し込みできるのかな?期間がありますよね。

作品応募された方は、きましたか?

724 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/16(月) 13:45:28.20
ちゅうでんに応募された方で中間発表の電話がいかれた方はありますか、
そろそろと思っているのですけれど

725 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 09:32:19.41
>>723
童話の花束、届きましたよ。
落選した身分では、読むとちょっと心がヒリヒリしますが…
次回の参考のために読まなくては。

726 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 11:59:09.82
723です。725さん、ありがとうございました!私は今年応募していないので、プレゼント企画で入手します。楽しみです!が、やはり勉強のために、しっかり読まなくては!!
奨励賞もネットで読めたらいいのに。

727 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 12:07:59.37
童話の花束がきたー。無職の二人は面白い
。ロウソクの話は綺麗にまとまっていてほっこりした

728 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/17(火) 20:23:37.61
https://twitter.com/hermes_trism/status/407529200812171265
http://d.hatena.ne.jp/tonmanaangler/20101024/1287869577
http://seetell.jp/24802

729 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/18(水) 12:56:45.14
つばさ文庫2次選考発表

730 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 11:54:09.64
足腰を悪くしました。
家でパソコンの前に座っている毎日です。
童話を書いてみました。
どうせ目も当てれないような駄作ですが、どこかに送ってみたいです。
ド素人が初めて書いた童話、どこに送ればいいでしょうか?
あまり競争率が高くなくて、ちゃんと読んでもらえるところがいいのですが・・・

731 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/19(木) 13:55:53.25
私の場合、童話を投稿しても自己満足になってしまいます
趣味でなさろうとのおつもりならばネットの投稿サイトはいかがでしょうか
http://yomou.syosetu.com/search.php?word=%E7%AB%A5%E8%A9%B1
こんな感じのサイトにのっけて皆さんと遊ばれるのはいかがでしょう。
私で試した事も読者になった事もなくて他人にお勧めするのもはばかられるのですが
脚がお悪くて趣味でなさるだけのおつもりであれば一案と思います

732 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/20(金) 01:38:17.97
応募数が多いから無理とか
思わないほうがいいですよ!
JXの作品を読まれたことはありますか?どの作品も、日常の生活のなかにありふれたものばかりです。

初めて書いたという人が、最優秀賞をもらってたこともあります。
審査員は、テクニックだけで書かれた作品は、見抜くだろうし。

足腰のお具合はいかがですか?
冷える時期ですから、無理はなさらず、たくさんステキな作品ができるといいですね!

私は、アンデルセン、がんばりまーす!

733 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/20(金) 09:20:23.19
730です。
やはりこの板の方は2chとは思えないほど、優しい方ばかりで心にしみます。
ありがとうございます。

足腰の不自由を嘆いていましたが、頭は活発に動くようです。
どんどんストーリーが浮かんできます。
私も皆さんを見習って頑張ります。

734 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/21(土) 21:20:34.41
今年のニッサンタは24日に来るのかな?
それとも、もう来てたりして。

735 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/22(日) 14:05:10.53
てすと

736 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 14:47:31.37
 ニッサンタ、本日、電話連絡あったそうです。

737 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/24(火) 16:38:21.61
明石家サンタの電話がほしいわ

738 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/25(水) 11:56:10.43
ニッサンタ、来なかった……

739 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/25(水) 17:48:42.67
俺はそもそも出してなかった・・・

740 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/26(木) 20:31:59.04
ちゅうでん、落ちた。
結構、自信あったのになぁ。死にたい。

741 :トヨタ:2013/12/26(木) 20:45:53.69
私もニッサン自信あったのになー!

742 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/27(金) 01:22:03.61
イ`

743 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/28(土) 06:14:18.12
阿江美穂さん(兵庫)に家の光童話賞
http://www.jacom.or.jp/news/2013/12/news131227-23079.php

744 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/28(土) 10:16:02.83
>>733
同感です。
でも、そもそも他人を誹謗中傷することに汲々としている他スレのような
精神では、子どもたちを感動させられるような作品なんか書けないような
気がします。
一緒に頑張って書いていきましょう。

745 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/29(日) 18:17:05.61
>>744
私もそう思います。
それから、落選した時は無性に孤独な気分になりますが、みなさんがここで
がんばっていると思うと、次も頑張ろう!と、いう気持ちになります。

森三郎賞、出してきました。
次はつばさ賞と日本新薬を書きはじめます。

746 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/31(火) 13:57:39.00
来年は結果を出したいな
頑張ろう
みなさん、良いお年を

747 :名無し物書き@推敲中?:2013/12/31(火) 14:16:57.34
良いお年を

748 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/01(水) 10:11:41.60
あけおめ、1番乗り〜

749 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/01(水) 11:00:05.89
2番は俺だ!
1番が最優秀賞なら、2番は選考委員特別賞みたいなものか。

750 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/01(水) 13:15:02.39
正月早々・・・めでたいやつらだなw

751 : 【凶】 【1393円】 :2014/01/01(水) 23:09:39.40
大吉なら受賞

752 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/01(水) 23:21:25.07
>>751
ごめんワロタ

753 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/02(木) 15:33:12.75
>>751
わははは

754 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/03(金) 12:17:20.46
なごむ〜w

755 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/04(土) 19:13:09.79
輪ゴム〜w

756 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/05(日) 13:27:41.08
小川未明、一次通過者発表ありますか。

ニッセンも一次通過者、わからなかったのでしょうか。

757 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/05(日) 18:28:32.76
アンデルセン、賞の傾向としては、ほのぼの系なのでしょうか。
過去何度か応募し落選していますが、私のは何というべきか・・・怖い童話に
なってしまうのです。

758 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/06(月) 00:14:46.60
>>757
文字通りアンデルセン流童話の理解が必要。

759 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/07(火) 08:15:20.47
怖い童話をお書きになれるなんて素敵です
アンデルセンには向かないかもしれませんが、他に向けれたらよろしいと思います

760 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/07(火) 20:32:31.76
757です。
ありがとうございました。アンデルセン大賞事務局への発送の準備は済んでいます。
悩んでいます。
アンデルセン童話にも怖い話があるので、これまでも応募してきました。

761 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/11(土) 08:43:36.87
流れを断ち切ってすまないが、グリムはもう連絡あったの?
(自分にはないけど・・・)

762 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/11(土) 21:03:21.12
俺は出してないから関係ないわw

763 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/12(日) 22:27:02.42
今ちょっとグリムをのぞいたけど寒い……

764 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/13(月) 13:42:02.87
757&amp;760です。
私もグリムに応募しました。連絡はありません。
アンデルセンも無理だとは思っていますが、とにかく、書くことが大切だと
考えます。

765 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/13(月) 15:47:20.08
選にもれると落ちこんでしまう。
みんな、どうやって書くモチベーション、保っているの。
すごく辛い。

766 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/13(月) 18:15:36.89
現役女子高生輪姦中絶祭り

テーマ:現役女子高生が弱みを握られて輪姦された結果妊娠し中絶する話

下記サイトに投稿してください。
http://novel.jpn.org/

※記名必須
原稿用紙換算5〜7枚
投稿期間1月13日〜1月13日まで。
サイト内のポイントは関係ありません。
「文章力」「物語性」「得体のしれないエロさ」の3要素各5ポイントで
私の独断と偏見で採点し、順位を決めます。

どしどし投稿してくれ!

767 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/14(火) 09:16:06.77
わたしも山のように落ちている。
たぶん、150は落ちている。(我ながらすごい)
落ちこむけど、何とか続けているには、あたりまえだけどどんどん応募を続けることかな。
ひとつの公募を落ちた段階で、次の公募の発表がひかえているという状況だと、
「さてつぎはどうかな?」と思えて、比較的落ち込みがましかなあ。

768 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/14(火) 13:03:15.80
前回、講談社児童文学新人賞に応募された方に聞きたいのですが、
通知の封筒に新人賞って書いてありますか?

>>765
落ち込んで書けないときは、ひたすら本を読みます。
そのうちまた書きたくなってきます。

769 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/14(火) 14:21:57.06
確認しました
書いてありましたよ
宛名(自分の名前)の下に小さく「講談社児童文学新人賞事務局」
裏には大きく社名が印刷されている封筒で届いてます

770 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/14(火) 18:03:03.01
詳しい描写をありがとうございます。
合否を聞かれると辛いので迷っていました。

771 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/14(火) 21:47:10.42
1月15日夜10時にBS-TBSで放送する「巨匠たちの輝き」

童話作家アンデルセンの「人魚姫」と宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」から読み解く「幸せ」とは?
童話から巨匠たちの美学を読み解きます。
http://www.bs-tbs.co.jp/kyosyo/

772 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/19(日) 16:29:24.16
グリム童話賞、公式に発表きてますね
入賞された方おめでとうございます

773 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/21(火) 17:55:35.85
>>756
「小川未明文学賞」は、2月半ばに一次選考と二次選考の通過者が
HPで発表されますよ。

774 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/23(木) 12:40:59.57
>>765

誰しも精魂こめて作った作品を落とされたら落ち込みますよ。
だから、「落ち込むなよ」っていっても、どだい無理な話。

僕は、落ち込んだら、とことん落ち込んで、会社も休んで
ノートパソコン片手に小旅行に出かけます。

そこで、思いきり悲しい物語を書いて、自分を慰めて、
そのあと、旅の景色や出逢った人たちとの邂逅を書き記して、
つぎの作品の「糧」にします。

運よく、旅の途中でインスピレーションが湧いて、
帰ってくるときに小さな一編の作品が出来ていることもあります。

それをCD−Rに落として、発酵させます。
いずれ、良い作品に生まれ変わることを信じて。

かなりの自己愛的逃避行動ですが、ヤケ酒飲むよりかは建設的ですよ。

775 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2014/01/24(金) 20:12:38.76
白鳥はかなしからずや空の青 海のあをにも染まずただよふ

思わずこの短歌が心に浮かびました。素敵ですね、きっといい作品が紡ぎだされます
明日の貴方に乾杯させてください

自分はどうなんだ?
さえてませんから
やけ酒派です

776 :名無し物書き@推敲中?:2014/01/25(土) 16:23:28.51
>>775

いい短歌ですね〜♪
旅情あふれる見事な出来栄えです。誰がつくった歌ですか?

777 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2014/01/25(土) 18:32:50.85
>>776
若山牧水です
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1168277401
ロマンチックですよね

778 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/01(土) 17:28:36.45
アンデルセンは、最終選考に残った場合は2月中に何らかの連絡があるのでしょうか?
あまり期待はしていないのですが。。。

779 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/01(土) 21:20:11.11
3月にしか連絡こないと思います。

780 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/01(土) 23:47:16.02
>>779
778です。ありがとうごいました。

781 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/02(日) 00:10:09.94
どういたしまして。
お互い連絡くるといいですね。

782 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/02(日) 06:16:44.56
創作童話と絵本のコンテスト、受賞作が同時出版
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20140127-OYT8T00710.htm

783 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/02(日) 06:17:18.20
「漬物石」でグリム童話大賞 岡山のフリーライター
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2014013109374621

784 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/03(月) 08:57:41.41
「赤い鳥」の鈴木三重吉は若い時は子供が大嫌いで、
滞在してる漱石の家でも子どもがうるさいと
「タンスの引き出しに入れて鍵かけるぞ」
と脅しつけて怖がられていた。

豆知識な。

785 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/07(金) 19:42:14.69
朗報はありましたか?

786 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/07(金) 19:51:42.77
ないでーす

787 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/08(土) 09:46:05.68
小川未明賞、1次・2次通過作品、発表されましたね。

春一番 2次選考  通過作品
噴水猫の物語  
月の舟と空飛ぶはにわ  
お江戸におまかせ 2次選考  通過作品
さぶろう山と、ゆうれいの木  
子ねこを育てよう 上級編  
影なし山のりん 2次選考  通過作品
七匹のヤモリ  
吾作親爺 2次選考  通過作品
木いちご文庫にいらっしゃい  
虹蛾物語 2次選考  通過作品
港町のラーメン屋さん  
でんでんホルン  
歌のつづきを教えて  
ひなた虫、ひかげ虫  
夏の雪  
ゴーストはお嬢さま  
青空の下で  
黒い子ネコと魔女おじさん 2次選考  通過作品
なの花畑のローヤより  
リュートと空の王 2次選考  通過作品
それでも海は輝いて 2次選考  通過作品
海のオルゴール  
ひがん花 そえて

788 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/08(土) 10:21:10.43
あちゃー、ダメだったわ

789 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/08(土) 12:59:20.88
>>785

>>787を受けて、吾輩もダメでありんした。
残念だけど、次に行こう。

790 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/08(土) 20:30:54.82
投稿し始めて2年目だけどあまりにも鳴かず飛ばず1次にすらたどり着けずでめげそう

791 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/08(土) 21:01:01.27
>>790

たかだか2年で諦めなさんな!
僕も、児童文学を書きはじめて2年目になるけど、境遇は同じです。
棺桶にまで原稿用紙を持ち込む気合いで、歯を食いしばってでも
頑張るのです!

792 :790:2014/02/08(土) 21:20:07.43
>>791
うう、ありがとう
簡単に諦められるものでもないものね
頑張る

793 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/08(土) 21:21:09.72
たぶん創作の仕方が間違ってるな。
児童文学や童話は、母親がターゲットだぞ。

794 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/08(土) 21:22:36.77
つまりおかんに感想もらえばいいんだな

795 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/09(日) 11:46:29.49
私、最初に最終候補に残ったのは、
書き始めて4年目。
受賞したのは、10年目です。

そんなものかなと・・。

796 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/09(日) 21:17:51.36
初めて書き込みます。
第6回日本新薬こども文学賞の締め切りが明後日になっているので
とりあえず応募してみたいのですが、応募規定に
”絵本の原作となるような「物語」”とあります。
賞にはほとんど応募したことがなくてよく分からないのですが、
過去の受賞作の文章や構成を参考にするものなんでしょうか、
それとも絵本の字数などは無視して一つのお話を書いて送って
相手側が編集するということなんでしょうか?

797 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/10(月) 10:57:30.07
>>796
日本新薬童話賞は、物語部門とイラスト部門で、それぞれ最優秀賞を選びます。
そして、その物語にイラストの最優秀賞者が絵を描きます。
だから、結果発表が5月あたり。それから絵本作成に入り、絵本が出来上がって
お披露目パーティが10月あたりです。

物語は、自由にかいて大丈夫です。
でも、絵本なので、イラストにしやすい表現や見せ方は必要だと思います。

798 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/10(月) 12:40:33.77
>>797
ありがとうございます。
イラストのことも考えながら書くのは重要そうですね。
ギリギリになりましたが物語部門に応募できるように頑張ってみます。

799 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/10(月) 14:45:49.55
>>798
私も応募しました。
お互い良い結果がくるといいですね。

800 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/10(月) 22:17:55.89
時間はあるのに、ニッサン、アンデルセン、日本新薬…と応募できていない。
書こう書こうとは思っているんだが、他のことに気が向いてて…言い訳かな?

801 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/10(月) 22:53:34.87
あれこれと悩む前に、とにかく書きはじめないと、なにも始まりませんぜ。

802 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/11(火) 09:33:50.84
>>800
私もそういうときありました。今思うと、時間を無駄にしたなと。

801さんの言うとおり、とにかく書き始めることですよ。書き始めると
驚くほどどんどん書けてきます。

803 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/11(火) 12:39:36.09
日本新薬みたいにメール応募が増えると楽だなあ

804 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/11(火) 13:32:54.18
日本新薬、間に合った〜!
さて次は何にむけて書こうか。皆さんは?

805 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 11:53:40.19
>>803
4月から郵送代も上がるからね〜、ぐわァ、増税いやだわ、こわいわ。
ワード添付でメール送信…他の公募でも増えていってほしいって切に願う!
JXエネオスさんもメール応募できたよね、確か。こういうのありがたい。
消印を気にしなくていいし、締切ギリギリまで校正できる利点もあるね。

806 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 12:15:37.01
出不精なんで郵便局に行くのがねw

時間的にも楽だし、土日祝とかも気にしなくていいし

807 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 13:24:12.51
メール応募だと、郵便局の窓口で「この人童話書いてる〜
って思われたかな」っていう自意識過剰を感じなくてすむ。

808 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 13:27:04.07
あるあるw
簡易書留とかにすると特にね
ポストに突っ込んでしまえばいいんだろうけどギリの時は消印が心配になる

809 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 15:03:16.04
皆さんは、長編を送るときって、簡易書留?それともゆうパックや
宅急便ですか?

心配性だから、追跡できて、手渡しのものじゃないと
と思うんだけど、そのなかでも、どれが一番
安心安全なのかなと、いつも考えてしまう。
本当に心配性だなと自分でも思うけど。
大切な原稿だから。

810 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 15:37:46.77
>>807
〒窓口の人は誰が何を送ろうか気になんかかけてないけど、
私はその窓口の人(特に異性)の目をつい見てしまうのよ。目をw
メール応募は、自意識を感じる場面をスキップできるのでイイネ

811 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 15:48:16.04
メール応募は何時までとか書いてなければ24時までなんだろうか

812 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 16:08:30.12
条件に書かれてなければ24時までだけど、
もしものトラブル考えると締め切り当日の夜
に送信はなるべくなら避けたいよね。

813 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 17:48:06.08
>>809
レターパックとか便利

814 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 18:07:35.87
レターパック知らなかったけど、よさそうだね!

815 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/12(水) 19:17:21.16
>>813
レスありがとう!

レターパック500は買い置きが家にあるんだけど
今回の長編は分厚いから、ギリギリはいるかどうか。(^_^;)

816 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/15(土) 21:34:35.78
頑張って書いて投稿した後は、しばらくボーっと
してしまう。すぐ次の作品に没頭できるスイッチがほしい。

817 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/16(日) 13:10:51.62
理想を言うと、これで完璧という作品が仕上がっても、一か月ほど寝かせて
再度読み返した方がよい。
そこで「アラ」に気づくことが多々ある。
逆にその時点で再読し問題なかったら、それ以上の作品はあり得ないということだ。
だから締め切りの一か月前に仕上がるようにスケジュールしたいところ。
あくまでも理想。
一度も実現していないが、今年はぜひやってみたい。

818 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/16(日) 16:11:15.79
>>817
確かに寝かせておいたほうが、アラがわかって理想的ですね。
僕は、脱稿してから長期間にわたって寝かせておくほうですが、
〆切まで「これ以上は自分の実力では無理!」というほど、
改稿を繰り返します。

でも、それでも一次が通らないことのほうが多く、がっかりです。
たぶん、才能も実力も自分には無いのだろうなぁと、ため息ばかり
ついています。

819 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/16(日) 19:11:04.29
おいらも1週間寝かせて、推敲してから投稿してる。
寝かせて読むと、説明的な文や説教臭い文がみえてきて
グッと推敲が進むし、文章の完成度もあがっていい線
までは残れる。
ただ、最終選考で審査員をうならせるだけの展開を
ひらめく発想力……これが足りないんだよなぁ。

820 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/17(月) 21:52:52.31
>>819
そうですかあ、わたしはすぐ次にいっちゃいます

せいぜい完成度を上げてがんばってください
ああたは審査員のために書いているんですか

いいんですよ、自分が満足する作品を書ければいいって思います

いつまで書けませんよねえ、歳ですもの、今が華かなって思います

完成度を上げても何しても審査員なんて糞ですもの、信じていません
児童文学界はあきらめています

821 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/17(月) 21:55:08.88
言い過ぎましたね、すいませんでした

あやまります

822 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 00:22:50.50
人それぞれに個性があるように、
やり方もそれぞれでいいんじゃないでしょうか。

823 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 06:00:30.96
>>820
確かに応募する回数がどんどん増えるうちに、審査員を
意識しすぎるようになっていたかもしれない……。
意見ありがとう。

824 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 07:57:34.36
原稿をいったん寝かて推敲するのって
ごくごく当たり前の、普通のことで、別に審査員を意識した
やり方ってわけじゃないと思うけど。

推敲しないと、最低限、誤字脱字も見つけられないよ。

825 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2014/02/18(火) 08:10:58.98
>>824
誰もまったくしないなんて言っていませんよ。十回以上読み直しますけれど
またあっさり出しちゃいますね。推敲が苦手ですから。目下推敲中です

「一週間寝かせる」についてイチャモンつけません。なもの寝かせるうちに入りませんし

826 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 08:11:14.32
えっと、推敲するのが審査員を意識したやり方といってるん
じゃなくて「審査員をうならせる展開……という考えが
審査員を意識したやり方だ」というやりとりだよね。たぶん。

827 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2014/02/18(火) 08:17:26.11
>>826
単にからみました。すいませんでした。どこに出されるのですか、
がんばってください。心から応援しています

828 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 08:29:38.60
>>827
いえいえ、こちらこそありがとう。応援しています。

829 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 08:35:37.87
なんか勘違いしたみたいで、すみません。
当人同士で分かりあっているなら、それでいいです。
荒らしだと思ったので。

830 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 08:47:23.27
>>829
心配してくれたんだよね。感謝します。

831 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 09:02:38.85
>>830
いえいえ、ただのおせっかいです。
本当に心の広い、暖かい人ですね。
私も見習わなきゃ。

832 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 13:41:47.37
この版、とっても好きだわ。

833 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/18(火) 20:33:42.94
版?

834 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/19(水) 20:59:23.31
番場蛮?

835 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/22(土) 14:21:12.89
バンコランだろ パタリ口のw

836 :sage:2014/02/22(土) 14:27:57.15
質問です。
講談社児童新人文学賞って、商業出版していても応募可ですか?
絵本の方はダメみたいですが、こっちは明記してないので混乱中。

837 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/22(土) 22:54:32.11
>>836

私もそれ、知りたいです!

838 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/22(土) 22:59:43.61
社会人

839 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/23(日) 12:49:27.31
この板には、プロ作家さんがかなりいらっしゃるんですかね…

数年前の受賞者に他社で出版経験のあるプロ作家さんがいらしたようです

ですが、今現在の情報ではありませんし、
私は出版社の関係者でもありません
ここではなく、出版社に直接問い合わせるのが一番だと思います

840 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/23(日) 21:08:03.72
836です。
839さんお答えありがとうございます。
そりゃ、出版社に聞くのが正しいですよね。
ちょっと面倒くさがりました。……すみません。

ちなみにプロではないです。
以前、出版してもらえる機会があっただけで。

841 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/23(日) 21:46:05.10
どうなんだろう?
一度でも、商業出版されていれば、それで「プロ」と見做されるのでは?
そこが自主出版と商業出版との大きな違いだと思いますが……。
どうなんでしょ?

842 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/24(月) 15:18:03.96
>>836
何年か前、審査員の令丈ヒロ子さんが、
ツイッタフォロワーさんの質問に答えるために、編集部に問い合わせたところ、
OKになったのだとのこと。

843 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/24(月) 16:42:27.95
再デビューかけて参戦してるプロが結構いるってことか

844 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/24(月) 17:01:38.88
1つ出したらもうプロとは言うけど、
それだけで素直に食っていけるほど楽な世界じゃないしね

845 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/27(木) 23:06:14.89
一般の小説でさえ出版不況だと言っているなかにあって、
児童文学なんかは、もう風前の灯かもしれない。
みんなゲームに走っちゃっているからね。
そのなかで、「食える作家」になろうと思ったら、
そりゃ大変なこっちゃ。

846 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/28(金) 09:16:51.09
黒魔女さんやNo.6のように、アニメ化されるくらいの作品が書ければ
専業作家になれるかもしれないね。すっごい難しそうだけど……

847 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/28(金) 12:57:44.58
 読書コンクールの課題図書になると、中古なら家が買えると聞いたことあります。

848 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/28(金) 17:58:31.79
まあそういうことはなってから悩もうよ
まずは賞取らないと

849 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/28(金) 21:24:10.93
僕が図書館に勤めていたとき、課題図書でさえも買わないで借りよう
と躍起になっていた人々がたくさんいた。
リクエストだけで10〜20人待ちがザラだった。
10番目なんか、夏休み中になんか読めるはずがない。
結局、そういう人たちは課題図書を自分で買ったのかな?
だとしたら、売上も伸び、中古家が買えるというのもうなずける。

850 :名無し物書き@推敲中?:2014/02/28(金) 23:19:49.77
過大評価になったらどうすんだ

851 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/01(土) 02:17:50.22
まあそういうことはなってから悩もうよ

852 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/01(土) 08:05:53.03
小川未明文学賞の受賞作が決定
http://www.city.joetsu.niigata.jp/site/mimei-bungakukan/bunngakusyou22.html

853 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/01(土) 16:09:55.97
むう。
小川未明賞決定ですか。おめでとうございます。

僕は一次すら通過していませんでしたが、どういう作品なのか、
今後の勉強にさせていただきます。

早く出版されるといいですね。

854 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/01(土) 20:51:34.21
アンデルセンは、明日あたりに電話連絡があるのですか?

855 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/08(土) 14:46:26.95
アンデルセンは3月初旬に連絡があるようです。
今日は3月8日・・・
今の時点で連絡なかったら絶望的だろうと思われます。

856 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/08(土) 19:52:53.41
>>855
854です。情報ありがとうございます。明日まで待ってみます。
ほとんど絶望的ですが。

857 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/09(日) 07:22:02.81
日産童話と絵本のグランプリ、入賞作品を決定
http://response.jp/article/2014/03/08/218746.html

858 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/09(日) 23:20:51.57
童話。シンデレラは時間になったので、いそいで階段をおりました。
その時、転んでガラスの靴がぬげてしまいました。
さらにシンデレラは悲鳴を上げながら転げおち、肺挫傷で救急車で運ばれました


859 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/10(月) 14:43:22.49
JX、今年から審査員の方が増えましたね。

860 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/13(木) 12:30:14.38
第15回「創作童話・絵本・デジタル絵本コンテスト」
入賞者発表!
http://kids21.gr.jp/2009_yomikikase_campaign/contest_nyusyou_top.html

861 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/13(木) 19:43:07.59
>>856
それからどうなりましたか?

862 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/13(木) 19:54:25.24
>>861
856です。連絡はありませんでした。

863 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/14(金) 08:22:50.97
次がんばりませう

864 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/15(土) 07:36:07.98
大人の視点から童話を書いたら、同人にメッタクソに批判された。
くそー。なんでだ?

865 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/15(土) 09:00:48.18
>>864
自信作のときは、批判されると、えっとなるし、
全て他人が正しいとも限らないけど、他人の目からの意見は、すごく
勉強になるよね。
手直し、頑張って!

866 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/15(土) 16:13:51.49
その批判こそ、自分の糧になるんじゃないかな

もし「糧にならないほどの相手」だった場合は
何で見せるの?って思う

867 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/15(土) 18:14:19.22
「同人」って、子供向けの絵本とか童話を無料配布
または自費で販売してる人達なんているの?
ただネット上でサイトに投稿してるだけじゃ、普通同人て言わないよね

868 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/15(土) 18:25:40.44
それも同人に入るんでない?

869 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/15(土) 19:15:05.42
いや言わねーだろw

870 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/15(土) 20:02:36.22
>>867
同人なんて、無数にいると思うよ。
私もごくごく小規模だけど、同人やっている。

871 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/16(日) 19:49:30.77
二次創作とかエロ系ならそりゃわんさかいるけど、童話の同人て
まずどこで売ってるの?>>870はオリジナル?どこかで発表してるの?

872 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/16(日) 20:04:55.15
見識狭すぎ
コミケってエロばっかじゃなくて創作や手芸作品の発表の場でもあるんだよ

873 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/16(日) 21:03:41.96
871さんは、きっと童話書いている人じゃないんだよね?

童話の同人そのものをまったく知らない童話書きの人なんていないものね。

大きいところでは季節風とかあるのしらないかな?

童話の同人って、あの、コミケとかそういう販売そのものを
目的にしているのではなく
プロ作家やプロじゃない人も、童話を書いている人たちが
作品の向上を目指して、作品発表しつつお互いに批評しあったりしている団体
のことだよ。

雑誌は、会員が購入したり、児童文学雑誌などで販売されたりするよ。

874 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/17(月) 19:44:18.71
「第16回ちゅうでん児童文学賞」選考結果
http://www.chuden-edu.or.jp/oubo/oubo4/kekka2013/main.html

875 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/17(月) 19:53:21.18
再稼働反対!

876 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/19(水) 16:00:10.80
つばさ文庫大賞発表
http://www.tsubasabunko.jp/award/announce-otonaVol02.php

877 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/21(金) 16:13:59.96
朝日学生新聞社児童文学賞 発表してた
http://www.asagaku.jp/bungaku/

878 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/21(金) 19:10:59.11
>>873
「季節風」は有名だよね。
児童文学にたずさわっている人なら、たいていは知っているんじゃ
ないかな?
また、ここの同人誌から「児童文学者協会賞」が大量に輩出されて
いることも確か。
かなり実力派がそろっている同人誌みたいだよ。

879 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/22(土) 04:10:12.42
朝日、応募数25って…

880 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/22(土) 06:10:17.54
少な

881 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/23(日) 08:25:08.32
もう講談社の募集が始まっていますが、皆さん、応募されました?
僕は、今日、郵便局に投函しに行く予定です。

882 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/23(日) 13:28:57.21
>>881
講談社、出したよ。今は北日本を考えてます。

883 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/23(日) 16:04:18.72
>>882
おお、お互い良い結果が出るといいですね。
僕なんかは、せめて一次でも通過したい気持ちでいっぱいです。

884 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/23(日) 19:24:53.47
講談社出そうと思っていたのですが
間に合いそうにないです。

北日本も今書いているところですし、どちらも危ういです。

だいぶ前に書き上げたものが、気に入らないので、
直している最中なのですけどね。そのまま出すのは悔しいので。

885 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/23(日) 20:57:45.77
講談社、なんとか間に合わせたい

886 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/23(日) 21:09:25.96
季節風とか購読会員になってる人多い?
読んでみたいような
雰囲気がなんかよくわからないんだけどどうですか

887 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/24(月) 19:24:13.59
日本動物児童文学賞って出版してくれないんですよね

講談社か日本動物児童文学賞か迷っているのですが……
内容的には日本動物児童文学賞のほうが合っていると思います

888 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/24(月) 19:25:01.80
目標にもよるんでないの
作家として食べていきたいなら講談社でない

889 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/24(月) 19:27:28.21
>>888
早速のレスありがとうございます
日本動物児童文学賞取れれば自費出版しようかなとも考えたんですが
講談社のほうがメジャーですよね
講談社にします

890 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/24(月) 19:32:37.31
取らぬ狸の皮算用過ぎるw
賞を取ってから考えても遅くはないよ

891 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/24(月) 21:14:54.79
やー、でもせっかく書いたなら上狙いたくない?
名前知られてない賞もらってもなんにもならんし
思い出作りとかならそれでもいいかもだけどさ

892 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 11:07:35.95
>名前知られてない賞もらってもなんにもならんし

とってからいいなよwプッw

893 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 11:09:50.73
>>891
そういう自信と前向きなイメージは大事だよな

894 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 11:13:35.73
×自信と前向きなイメージ→○妄想と勘違い

895 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 11:24:37.34
>>894
自信も一種の妄想みたいなもんだからいいんだよ
勘違いかどうかはやってみなくちゃわからない

896 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 12:14:54.83
他人ぷぎゃーしてる暇があったら書いたら?
他人見下す人間にいい童話なんか書けるはずないし書けない奴ほど自信満々だって言うやね

897 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 12:41:24.13
>>896
ブーメランw

898 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 17:46:53.22
無名の賞でも、突破口になることもある。
何が起こるかわからないのが人生。
何か起こせる人生にするのだ!!

899 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 18:01:47.46
大学行く前に赤本読むのと一緒で、投稿先のことは色々調べるのが当たり前でないかな
中には著作権は全部こっちがもらいますなんて賞もあるんだしね

900 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 19:48:58.20
童話で最優秀賞か宝くじで一等当選。どっちか選べって神様に言われたら




迷うことなく後者を選ぶわ♪

901 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 21:01:42.41
俺は両方とも断る。
自分のじゃありません、とな。
すると文芸の泉から女神が出てきて両方授けてくれる。

>>900は今もっていた環境も奪われて……いや、やめとこう。

902 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/25(火) 21:02:24.17
うまい
ワロタw

903 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 01:39:47.43
俺だったら後者を選んで乱歩賞の下読みから何から買収するな

904 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 05:27:32.75
すぐにとらたぬとらたぬと言うが、まぁ多少は自分もそうだとは思うけどさ
一般小説とかラノベなんかと違って、実際童話や児童文学系の賞って
一度受賞したからといって、それで作家になれるわけじゃないみたいだからね…

経験者の話もネット上に結構あるけど、受賞経験があっても
次作の話が来るわけじゃ無し、他の出版社へ営業や企画持ち込み
の様な事をしても、まともに相手してもらえないとかさ

905 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 05:28:10.61
需要が低いジャンルなのは事実なんだから、その中で次作を書かせて
もらおうと思ったら、それなりの知名度の賞や、大手の企業・出版社を
最初から目指した方が良いってのは正論でしょ

>>891も言ってるけど、記念受賞みたいな感覚で、一冊で良いから
形になれば良いって人ならそりゃ何処でも構わないけど
「児童文学、童話、絵本を安定して出版させてもらえる作家」を
目指すのだとしたら、一般小説よりも遥かにハードルが高いんだからさ

906 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 08:54:24.89
>>901
それは話がおかしくね? その寓話は斧を落とす行為がないと始まらないわけで、
宝くじ一等も童話最優秀も持ってない人は、泉に落とすものが、そもそもない。

しかも、世知辛い今の世の中に置き換えると、
「どちらも自分のものではありません」と答えた日にゃ
言葉通りにとらえて「あっそ! ラッキー」となり、
女神が両方ゲットするパターンにww 女神もいつまでもお人好しじゃねーわ

907 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 09:15:09.85
>>906
おかしいのはおまえじゃね?
そんなおかしな二択を提示してくるのが泉の話と同じだってことだろ。
あれは人間の欲望を天秤に掛けたもの。それも努力なしでどっちがいいか?という話。
努力もなしに、提示された甘い話を選ぶ人間の愚かさをあざ笑った寓話。
おまえには何の教訓にもなってないな。

908 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 09:19:19.90
あと、どちらも選ばないということは、自分の斧を使うということであり、
それは努力していくという意味。努力していたらいつか両方入る。
楽をしようとしないで、自分の斧を使いながら日々鍛練しろ。

909 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 09:34:37.86
平日の昼間から2ちゃんとは…906も907のどちらも気楽な身分でw
あっ 俺もかwwww

910 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 09:38:03.39
そう思うのはおまえが毎日をちゃんと生きてなくて、自分自身にやましさを感じてるから、だろ。
自覚しろ。

911 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 10:15:30.35
906です。補足です。そもそもその寓話は、
持っていた粗末な斧と持っていない金の斧の二者択一を聞いているのであって、
900さんのは、金の斧しかない二者選択。どらちかを選ぶほうが人間的に“正直”なんでは。
分かりやすくいえば、上司に「今日はおごりだ。高級ステーキと特上寿司どっちがいい?」と聞かれ、
「どっちもナイっすわ」と答えるのと同じ。たいてい「かわいげのないやっちゃのう。別のやつに聞こか」となる。

>>908
努力努力もいいけど、自分に正直に生きないと疲れるよ。
世の中、自分の斧だけでは、切り開けないものがたくさんあります(いやマジで)。
金のニンジン(欲望)を目の前にぶら下げないと、私みたいな駄馬は前に進めんのです。
日々鍛錬すれば、両方得られるんだと言い切るあなたは、きっと駿馬なんでしょう。
私はやましい人間です。毎日ちゃんと生きていると胸を張れるあなたを尊敬いたします

>>909
私は21日に出勤したので、今日は代休で〜す。
たまった本と時々創作、時間つぶしに2ちゃん
今日は雨。晴耕雨読日和 うは☆

912 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 10:36:43.68
>>911
銀の斧はどこいったんだよ?

「努力がいいけど」じゃなくて、努力しかないんだよ。
努力という言葉に拒否反応があるのかもしれないが、
あれもただの斧が、金や銀になるだけの話で、斧自体は変わらない。

斧は仕事をするための道具だ。けっきょく光り輝くのは努力。
ようは努力の形が金に見えたり銀に見えたりする話。それが与えられるという話。
だから、努力をすることに喜びを見出せって話にもつながる。

童話でもいいが、児童文学は奥が深い。
作家が意図したものなのか無意識で書いたものなのかわからないが、
なんらかのインスピレーションを与える書き方をしている。
そういったものが読めない奴は、書くことなんかできやしないぜ。

人生の終わりに、思ったような成果がでなかったと気づくかもしれない。
しかし、どんな人生であったとしても、おまえの努力は必ず金や銀になっている。
努力をすれば、の話だが。

913 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 11:26:40.89
ここまで議論になると
>>902の発言がなんか悲しく見えてくるよな

914 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 19:14:29.30
何やらよくわからん流れに

915 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/26(水) 23:41:57.74
話は変わるけど上橋菜穂子さんがすごい賞取ったね
あんな話を書いてみたいもんだ

916 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/27(木) 07:51:03.68
自分なら賞を貰うな〜
とりあえず神様がどういう過程で賞を寄越すのかが気になる。
審査員を洗脳するのか、自分の感性がそのまま認められるパラレルワールドへ連れていかれるのか、
神様がゴーストライターになってくれるのか、神様が自分で作った賞をくれるのか…

917 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 10:50:24.83
>>905
>「児童文学、童話、絵本を安定して出版させてもらえる作家」を
目指すのだとしたら、一般小説よりも遥かにハードルが高いんだからさ

本当にそうだよねえ
普通の小説家なら何百人といるけど、童話がメインの作家って
いったい日本に何人いるんだろか…50人もいれば良い方な感じ

918 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 11:37:08.11
消費者の特性を考えると、童話や絵本は繰り返し読む傾向が強いしごく一部の定番に集中する傾向があるよね。
ただでさえ読者層が限定されてるのに、ほとんど金を出してくれない。
同じような話でも次々と消費していく大衆小説とは真逆の消費傾向だね。

本を大切にしてる、大切に読んでいると美名で語られるけど、
商売的にはつらい。

919 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 14:55:43.93
10ページや20ページで終わらせられるような物語ではなく
かといって文庫一冊って程でもなく、悪い意味で子供っぽすぎない、大人も読める
宮沢賢治のような詩的で文学的なファンタジーが書きたいんだけど
送るのに適した賞が見当たらない……ここではこういうの書いてる人いない?

920 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 15:13:14.88
>>919
児童文学ファンタジー大賞とかは?私も次回出してみようかと思ってるとこだけど
一応小学校中•高学年〜中•高•一般までを対象としたファンタジー文学 って書いてある 枚数は80枚〜500枚
ここ十数年大賞は該当なし

921 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 15:34:47.88
>>920
d。そこは知ってるけど…そもそも大賞を出す気は無いように
感じられるとこだし、受賞作も微妙だし、どうにも賞金も宣伝費もケチりながら
適当な人を拾ってるだけの賞に見えて、いまいち気が進まないんだよねぇ…

922 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 16:07:18.20
児童文学ファンタジー大賞、いま久々HP見に行って思い出したけど
まず第1回が出来レースくさかった上に(西の魔女が死んだ、の人)
受賞者は全員大卒でしかも大半は文学部卒だしで、なんかコネか学歴で
取ってるような賞だって言われてた事あるよね、そこ

923 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 17:26:08.69
>>921
確かに大賞受賞者の少なさとか受賞作のピンとこなさとか いまいちなところあるよね...申し訳ない
私はエンデのような どっしりした暗めで繊細な世界観を目指して長編を書いてるんだけど しっくりくる賞探すのってやっぱり難しいね

924 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 17:40:33.77
小樽市って過疎地域に指定されたんだな……
町おこしのための賞だろうか?
賞金5万円のために自費で小樽まで行くのかなあ

925 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 19:02:48.63
>>924
小樽までの交通費や宿泊費は出してもらえると思うよ。

>>923
ファンタジー大賞がダメなら講談社は? 今年はもう、来週火曜日が
締切だけど。私はようやく見直しが終わって、明日提出するところ。

926 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 19:03:47.43
>>923
いやいや気にしないで。エンデ良いよね、そういう感じわかる
重厚な世界観のファンタジーって日本にはあまり無いよね
どうせ売れないから発掘する気も無いって事で、賞も無いのかな…

927 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 20:12:21.01
私もどこに出していいか迷ってる
とりあえず今度はC☆NOVELSに出そうと頑張ってます
講談社はもう少し幼いイメージだったので見送り
十二国記とか守り人シリーズみたいなファンタジーの受け皿なくて困ってる

928 :名無し物書き@推敲中?:2014/03/31(月) 20:42:01.68
>>925
講談社は上限枚数がちょい足りないかなあと思ってたけど、もう一回ちゃんと調べたりしてみる サンクス

>>926
ありがとう エンデ昔から大好きなんだけど ああいうファンタジーってやっぱり日本で売ろうとすると難しいよね..

929 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/01(火) 01:48:28.33
「童話物語」を出版した幻冬舎とかはどうなんだろう?
賞はラノベっぽい印象を受けるし、自費出版でトラブル起こしたとこだからやめた方がいいかな。

930 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/01(火) 09:34:20.97
>>927
十二国紀とか守り人の様なのだったら、そのままC☆NOVELSで良さそう
というかその辺の路線なら、童話の賞よりラノベの方が合うんじゃないかな
電撃とかもキノの旅なんて大ヒットしたんだし

でも宮沢賢治やエンデとなると全然ラノベ向きじゃないし
正統派の児童文学って感じだからねー難しい所だよね

931 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/01(火) 09:38:48.18
福島正実記念SF童話賞発表
http://www.iwasakishoten.co.jp/bosyu/sf/result/31/

932 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/01(火) 09:41:52.53
>>922
受賞者の顔写真や学歴を、なんかこう、これみよがしに並べて
書くあたりがなんか臭いよね
色んな賞のホームページ覗いてみてるけど、顔写真出すとこさえ
滅多に無いのに学歴までって、何か権威主義の小説の賞みたい

933 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/01(火) 11:43:19.98
>>932
こんなブログ記事見つけた
http://blog.livedoor.jp/du105miel-vivre/archives/65649402.html

児童文学をなんでもかんでもユングの分析心理学で解釈するのって結構嫌がられてるよね。
権威的に解釈するってことは型にはめることだしファンタジーの本質から離れる事を、
その手の解釈をする人には分からないらしい。

934 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/01(火) 13:07:30.58
>>933
うわ、本当に初めて読んだけど、やっぱりそうだったんだって印象…
ユングとは関係ない部分だけどね


>河合隼雄と梨木香歩とが師弟関係にあった

>絵本・児童文学研究センターの各種事業には、基礎講座プログラム(児童文化講座)があり

>社団法人であり、文化庁(文化部芸術文化課)の監督下にある公益法人である

>河合隼雄は元文化庁長官だった


これ略歴をこれみよがしに書くのも納得の、完全に毎年コネで決まるような賞にしか見えない
自分は本格的に童話創作に興味をもってからまだ日が浅くて
ここまで深く調べてなかったから知らないだけで、結構有名なのかな?

935 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/01(火) 17:20:58.45
選考委員に○○スクール、○○塾の講師がいて
そこの生徒が賞を取るのって
他にもあるよね

936 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/01(火) 20:51:16.30
一般の小説がそういうのやるのはまだ分かるんだけどさ
純粋に「夢のあるファンタジー」を読みたいし、書きたい
というか、そうじゃない童話なんて童話として価値が無いのだから
そういうのって一番あってほしく無いことだよね

937 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/01(火) 23:55:06.36
ここの賞は特に作家を育てようて感じより、
自分らの考えを布教する道具程度にしか考えてない感じもあるから、
こだわることはないんじゃない?

とにかく出版しないことには誰の目にも留まりようがないという部分は、
今はキンドルとかもあるわけだし、
後は自己研鑽と営業を地道にするしかないのかな。

938 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/02(水) 05:54:47.02
児童文学ファンタジー大賞は高尚な感じがして二の足を踏む…。
ちなみに、第一回目の受賞作である梨木さんの「裏庭」読まれた
方はどのくらいいらっしゃいますか。
私は梨木さんの文章が好きでよく読むのですが、あの話はあまり
好きではなかったなあ。梨木さん得意の英国風の描写や、
主人公の両親の心情など、引き込まれるところは沢山あったんですが、
肝心の主人公の冒険の結末に納得いかなかったかんじです。
佐野洋子さんは、「これを大賞にしてはならぬ」と反対したと何かで
読んだんですが…。

939 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/02(水) 07:14:48.54
梨木さんの『裏庭』読みましたよ。もうずいぶん前のことなので、
今よんだら、また印象が変わるかもしれませんが、私も梨木さんは
大好きなのに、あの作品だけは、あまり……という印象でした。

佐野さんのその話は、ファンタジー大賞の佐野先生の講評のところに
書いてあったと思います。意見がかなり割れたみたいですよね。

でも、二回目の大賞をとった伊藤遊さんの『鬼の橋』は大好きです。

940 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/02(水) 07:52:31.25
939さん

講評で書かれていたのですね。
ありがとうございます。

伊藤遊さんの「鬼の橋」、未読なので
今度読んでみます。

941 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/04(金) 19:31:48.01
絵本だけど、ターシャテューダーとかビアトリクスポターみたいな
ただ穏やかで優しくて、暖かい動物の世界のお話とか書きたいんだけど
今の時代だと目新しさなんてゼロだし、単調すぎて、何のひねりも無い
って感じの印象にしかならなくて難しい…
2人の様に絵が描ける人ならまた違うと思うけど、自分は描けないしね

942 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/04(金) 21:21:57.89
>>941
福島や東北ぽい場所を舞台にして
再建をテーマにそういう穏やかで暖かい話は需要ありかなと思った。
時間もたってるしあざといと言われそうだけど・・・

943 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/04(金) 21:50:54.61
>>942
私もそれ考えたけど、被災者でもない人間が語っていいものかな
ヘタするとダシに使ってると思われるんでない?

944 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/04(金) 22:12:12.54
ターシャテューダーとかビアトリクスポターはお話がよくて人気なんじゃなくて
絵の世界の人だよね
絵ができるひとが選ぶ道

945 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/04(金) 23:07:31.18
>>943
おっしゃるとおり。
自分も被災者じゃないから直接的なのは気が引ける。
でも、震災に限らず「被災と再建」、「理不尽な破壊と堅実な再生」て普遍的なテーマだし日本だけの話じゃないから、
そこまでのテーマ性があれば影響は受けてても、ダシに使うことにならない気がする。
でもまあ他から見ればダシにつかう部分も出てくるから気が引ける。
しかし、だからそういう話は自粛しようて雰囲気にのまれるのもかえって変な気がする。

・・・というとこで自分でもグダグダと悩み続けてるしだいです。失礼。

>>944
絵にこそ説得力がある人たちですよね。
絵という表現手段を持ってる人は、素直にうらやましいなと思う。

946 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/05(土) 00:00:25.60
>>942
レスありがとう。ここID出ないから不便な板だよね
復興といってもね、ただの地震と津波なら…全力で応援できたんだけれども
原発事故が起きてしまった現実を考えると、そこに留まって復興すること自体に
複雑な感情が芽生えちゃってるから、自分には素直に書けなさそうで無理だなぁ

947 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/05(土) 00:00:59.63
>>943 >>945
ちなみに自分(941,944)は、ちょっと被災者で (正確には実家)
原発関係なく、普通に津波の被害で全壊に近い家が多くて
うち含めて7割くらいの家が、取り壊して引っ越した様な地域

別に被災者じゃなくても語って良いと思うよ
あの津波で何を思って何を感じて、そのうえで人を勇気づけられるような
お話を書けるのだとすればそれは素晴らしい事だとも思うし

948 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/05(土) 00:06:13.97
ただ、翌日自分の家が、泥やガレキや人の家の屋根やでかい木なんかで
グチャグチャに埋め尽くされてるあの光景を見た自分が抱いた感情と
恐ろしく冷たい泥水に一晩浸かりながら、必死で生き抜いた父が抱いた感情と
実際に目の前で津波にのまれてく人を何人も見た人が抱く感情とでは
かなり異なるものだとも思うから、本当にデリケートな題材だとは思う

結局、岩手宮城福島以外では「もう3年も経ったでしょ」って感覚になるだろうけど
実際あれを体験してしまった人にとっては、フィクションで描かれる自然災害なんて
可愛いもの、低俗なものでしか無いし、かといって(仮にも童話や児童文学の世界で)
災害のリアル感を出されても変に鬱になるだけだから、難しい気はする

949 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/05(土) 00:09:57.14
話の単純さと言ったらいいのかな、動物の何気ない話…は
上手で個性的で味のある魅力的な絵とセットならありだと思う

ただその動物のやり取りそのものはたいしたことないのに
「震災と絡めて」「震災の後だから何気ない動物のやり取りも輝いて見えるのでは」は
なんかちょっと違うって思ってしまう
きつい言い方かもしれないけれど
「話の魅力のなさを震災復興の感動で底上げしてる」感が否めない

950 :942:2014/04/05(土) 00:37:43.76
>>949
>>941さんは動物達の何気ないやりとりというほっこりする話をされてるのだし、
被災の話は変に他とからめず、それ独立で人の心に届く話を書くべきなのだなと思いました。

>>941
おつらい話、貴重な話をしていただき、本当にありがとうございます。
再建・再生といってもそれをする原因になった破壊・喪失とは切り離せない話ですし、
実際にそういう体験をされた方や子供達、もしくは将来あうかもしれない人たちに
自分は何を伝えられるか、何が出来るかで考えないといけないなと強く思いました。

951 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/05(土) 09:44:08.77
狼の眉毛

最後に正直者が讃えられるのは
子どもたちを洗脳するのが目的
こうして周囲の人間を従順にし利用しやすくするのが目的

952 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/05(土) 21:21:00.65
>>950
いや、私自身は全然ツラい思いなんてしてないから、なんか滅相も無いです

>将来あうかもしれない人たちに自分は何を伝えられるか、何が出来るか

この部分には凄く共感出来るんだけどね
この時代に生まれた者として、あの震災で感じたものを、伝えたいと思う事はある
でも、それこそノンフィクションで体験記として書くなら簡単だけど
童話として、最後にはちゃんと明るく前向きな気持ちにさせる物語となると
今の自分には思いつかないから……書ける方には是非書いて頂きたい所です

953 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 16:10:53.72
再生の話って、あれこれ登場人物たちがやった後の最後の段落で
「ふと目をやると、枯れてしまったと思っていた木から新芽が」
「何もなかった地面から小さな緑色のものが」
「壊れたコンクリートの隙間から花が」的なオチばっかりなんだよね

954 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 16:38:16.38
>>941で「ぐりとぐら」や「いやいやえん」の中川李枝子、山脇百合子姉妹を思い出した。

955 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 18:36:15.51
絵本で最後真っ暗な終わり方はダメですか?
子供への啓蒙を考えてこうなったのですが

956 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 18:41:11.25
「啓蒙」ってすごく上から目線というか
子どもに教えてやる、わからせてやるって印象なんだけど

957 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 18:58:41.23
すいません。実際そういう目線で書いたので

958 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 19:09:13.29
子供の目線に立って、それ読みたい?
私なら嫌だ

959 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 19:20:38.44
そんな押し付けがましい話なんて読みたくない

まあたぶんどこの選者も苦笑して「選外」箱に入れるだろうけど

960 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 19:29:53.74
誰かのために
その人のことを思って書いた話は伝わるよ
受け入れられるかどうかは二の次でも良いと思う
頑張れ

961 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 19:35:56.21
「子どもへの啓蒙」は子どものことを思って書くのではないよ
子どもに自分の考えを押し付けてるだけ

962 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 19:39:20.44
啓蒙って言葉がすでに押し付けがましいもんね

963 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 19:44:47.64
子ども向けの読み物で「啓蒙」という言葉が頭に浮かんだことないな…

964 :960:2014/04/06(日) 20:19:14.06
>>961-963
おまいさん達と同じことが言いたかったんだけど
言葉って難しいなw
引き続き日々精進します

965 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/06(日) 23:22:16.51
啓蒙とはちょっと違うけど、日本昔話系の物語って
あとの世代が勝手に「教訓」「戒め」みたいに感じた部分を、わかりやすく
クローズアップさせて、そういうお話なんだよって伝えてる所があるよね

残酷な描写は徹底的に消し去って、子供向けのメルヘンな話に作り変えた
グリム童話の真逆のようなもの

966 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 00:00:45.23
日本昔話は純粋に楽しむ物語系と教訓系の二通りあるわけで
後の世代が勝手に教訓と感じたわけじゃないよ

いわゆる「ことわざ」の物語バージョンっていうかさ
「これこれをしたら痛い目にあいますよ」「正直な人が得をしますよ」って
最初から子どもに教え聞かせるためのお話

967 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 01:14:15.06
古事記の因幡の白兎などのように、
古い神話にも既に教訓話と言えそうな説話はあって、
それはキリスト教の聖書のストーリーにもあるね。

平安時代に成立した今昔物語に、インド、中国、日本の因果応報譚が収録されてたり、
鎌倉初期に書かれた宇治拾遺物語にも、「わらしべ長者」や「雀の恩返し」、「こぶとりじいさん」と
現在に通じる教訓が入った説話が収録されてるところを見ると
必ずしも近代の価値観で改変されたものばかりじゃないかもしれないね。

968 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 01:55:51.36
真っ暗な終わり方の絵本があったとして
子どもが繰り返し読みたいか、心に響くかと考えたらね
 
そりゃものすごく文章力と画力があって
子どもが心から魅力を感じるものであれば繰り返し読むかもしれないけれど
素人モノカキが「お前たちに教えてやろう」みたいな意図でかいたものを
子どもたちが喜んで読むかと言ったらどうだろう

そもそも真っ暗な終わり方にしないと絶対に伝えられないことってあるのかな

969 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 03:51:39.91
真っ暗なお話書き終わりました
数日後に推敲して、どこか応募します
子供が何度も読み返すだろう内容だとは思っています
が、確かにどこも門前払いでしょう

970 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 07:08:03.74
子どもの頃は、
寺村輝夫さんの「こまったさん」シリーズが大好きで、
一人で何度も何度も繰り返し読んでました。
ああいったナンセンスな話って、子供心をくすぐりますね。
どんなときにもつい口から出ちゃう、こまったさんの口癖も
好きだったな。
あと、食べ物の話だったことも、
ひきつける要因のひとつだったかも。
でもやっぱり、「こまったさん」のほうが、
のちに読んだ「わかったさん」よりも魅力的に感じました。

971 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 11:51:15.60
そろそろ次スレだけど、スレタイ変更しない?

童話書いたよ!って晒しスレか、他で上げてるものを宣伝してるかの様な
ニュアンスがあるし、普通に 「童話・児童文学・絵本の賞について語るスレ」
とかの方が判りやすいと思うんだけど

972 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 12:43:33.82
その方がわかりやすいかもね。同意。

973 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 12:49:50.11
教訓ものは、読み終わったとき「…お、おう」って感想しか出ないが、
長さんの絵本みたいに何が飛び出すか分からない作品は、
大人になったいまでも、これどういう意味なんだろうと何度も読みたい。
子どもには、意味を持たない何かが伝わっているんだろうけど…。
素人がこの作風を真似て書いても、ただのメチャクチャになるだけ。
作家は匙加減がうまい。この匙加減こそ、私が手に入れたい技術。
創作は料理に似てると思うけど、ほどよい味付けってやっぱ難しい(汗

974 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 13:18:46.18
>>971のスレタイでいいとおもう

975 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 14:34:34.12
私も最初、感想ほしい人が晒してるスレかと思って、読んでみたくて開いたのに
普通の新人賞スレだったからちょっとだけガッカリしたw

976 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 14:54:42.54
絵本は絵本板にスレある

977 :971:2014/04/07(月) 15:31:46.98
じゃあスレ建て準備してくる。リンク確認や古い情報は書き換えるから
ちょっと時間かかるので、重複させないで下さいな〜

>>976
初めて見てきたけど、あれは「自分で絵を描く」人達のスレだと思うし
ここ以上の過疎だったし、童話の賞はあくまでお話を書くだけだけど
結果としては「絵本」の装丁で売られている物も多数あるのだから
普通にここで話して良いと思うな

978 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 17:11:00.17
板自体が息してないよね、絵本
一番勢いあるスレが、あちこちの板に乱立させてるおやつが食べたいな〜キチのスレだしw
その次がその絵本作家スレだけど1.3って…まともに話せる場所じゃなさそう

979 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 17:44:16.62
建ててきた

童話・児童文学・絵本の賞について語るスレ 9枚目
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1396859616/

大雑把だけど、出版社系と企業系とかで分けてみたのと、枚数を記載しました

980 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 17:45:31.02
>>979
おつかれさまー
かなり充実したいいテンプレですね。

981 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 18:01:37.18
>>979
乙です、ありがとう

982 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 18:23:43.59
乙ー
埋めがてら終わった話題でも

啓蒙も大震災の話も、上手いプロがやればいい話になるんだろうけど
アマチュアがやっても選者の神経逆撫でするだけでないのかなぁと思う

983 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 20:14:34.04
>>979
おつおつ

984 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 20:25:30.42
>>979
おつー ありがとう

985 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 20:51:44.14
>>982
上手い下手とかってより、賞はどこも当たり障りの無いものを選びたがるから
そういう作品が欲しい場合は既に知名度がある人に頼むんじゃないかな

一般でもそうだけど、現代に一石を投じる作品!とかって、大作家先生(笑)
みたいなのが書けば認めるけど、新人でデビューした人が書いても評価されないし
売れないのが現実じゃん。だから出版社も取りたがらないわけでしょ

986 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/07(月) 21:03:32.75
>>979
おつです。

埋めがてら自分も…

例えば子どもたちに「動物をいじめたりしない」ことを伝えたいと思ったときに
ストレートに「動物を可愛がればいいことが起きる、いじめたら悪いことが起きるよ」という
ストーリーを書く人もいる。これはわかりやすい。

「いじめられている動物を助けて可愛がる子どもが次第に周囲に認められ、
最後に先生がみんなにそれをまとめて語る」ストーリーを書く人もいる。
これも流れがはっきりしていてわかりやすい。

「動物を細やかに観察して、その様子を物語風に書くだけ」の人もいる。
これはテーマが貼り付けてあるわけじゃないけど、繰り返し読むうちに
その話の中の動物が知り合いのように思えて、心の中にじわじわと
《動物にだって気持ちがあるのかもなあ》なんて思うようになったりする。

人それぞれ表現の仕方があると思うけど最後のタイプを小さいころ何度も何度も読んだな。
あからさまな説教や訓示が書かれているお話は手が伸びなかったよ。

987 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 02:07:58.42
みなさん、小3〜4年向けとかの賞では、漢字をどのように扱いますか?
ルビをふるのか、文科省の指導要領の漢字限定にするか

988 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 07:57:39.84
>>987
賞のほうで、とくに規定がない場合、漢字にはとくに気を使いません。
公募の作品を読むのは、審査員ですし。受賞して、本などになるときに
指摘されたら直せばいいだけのことだと思っています。

989 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 21:07:31.09
>>988
なるほど、ありがとうございます

990 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 21:24:04.33
埋めようか
必ず作家になります

991 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 21:25:59.11
むしろ枚数が少なめの賞では、なるべく漢字にしておいた方が
そのぶん内容は濃く出来ると思う

一般の小説でも全部そうだけど、出版するような賞なら当然編集が入るので
誤字脱字のチェックとともに、同じ文字での漢字とかなの統一だとかの
校正があるから、応募段階では気にする必要ないってのが一応一般論だと思う

992 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 21:32:32.25
あ、埋めよか
なら久々にでかいAAでも貼っておくw

         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /                   ヽ|
     l                         l
    .|    ●                |    
     l  , , ,           ●     l
    ` 、      (_人__丿    、、、   /   うめにゃ
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´

993 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 21:33:44.61
         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|   つ
     /                ヽ、::::|   っ
    /     ノ             ヽ|
     l              ヽ        l
    .|    ●             u  |    
     l  , , ,           ●     l
    ` 、 u    (_人__丿    、、、  /   うめにゃ?
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´

994 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 21:34:28.95
         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|   つ
     /                ヽ、::::|   っ
    /     ノ             ヽ|
     l              ヽ         l
    .|    >             u  |    
     l  , , ,           <     l
    ` 、 u    (_人__丿    、、、   /  うめにゃー!
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''"

995 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 21:42:03.27
かわええw

996 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 21:49:07.99
かわいいにゃー

997 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 21:52:51.16
   ___%
  γ´   `ヽ
  i. ●  ● i
''∩. ¨ ∇ ¨ .|
 ヽ ─── ‐ν
 │廿 ∞   .|
 ├―――― .|
  ヽ_:´`:._丿

998 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 22:07:59.19
  +     ゚  . +            . . .゚ .゚。゚ 。 ,゚.。゚. ゚.。 .。
   . .   ゚  . o    ゚  。  .  , . .o 。 * .゚ + 。☆ ゚。。.  .
               。       。  *。, + 。. o ゚, 。*, o 。.
  ゚  o   .  。   .  .   ,  . , o 。゚. ,゚ 。 + 。 。,゚.。
 ゚ ,   , 。 .   +  ゚   。  。゚ . ゚。, ☆ * 。゚. o.゚  。 . 。
。 .  .。    o   .. 。 ゚  ゚ , 。. o 。* 。 . o. 。 . .
        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。 いつかきっと
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .  . 
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。   .  あの
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,   .  天の川で
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。   .   .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .     .  .   。      ゚ .
 .  .     . ,     。       .           .  ,    .
      。                 ゚   .           。
 , .        .           ,       .     .
     。          ∧∧   ∧∧       。
                ( :;;;;;:::)  ( :;;;;: )
.   .            /:;;;;;: |    | :;;;:ヽ
              〜(::;;;;;;:/.    |:;;;;;;: )

999 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/09(水) 23:29:34.56
1000頼んだ

1000 :名無し物書き@推敲中?:2014/04/10(木) 00:59:42.06
終わりです

次スレ
童話・児童文学・絵本の賞について語るスレ 9枚目
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1396859616/

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

260 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)