2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【俺の】江戸川乱歩賞その34【ライフワーク】

1 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 23:52:17.72
前スレ
【釣られたら】江戸川乱歩賞その33【終了ですよ】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1353314703/

2 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 23:54:40.95
1乙です
みんな出したかな?

3 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 23:55:09.71
>>1
ていうかすげーサブタイだな

4 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 00:01:10.41
それいうならスレタイだろ

5 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 00:01:52.10
俺の江戸川乱歩

しか見えなくて飛んで来てしまった

6 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 00:11:38.32
締め切り過ぎましたね。応募した人、乙加齢

7 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 00:11:51.24
1乙です 。
一昨日から、立てようと思っていたのだが、ずっと規制で立てられなかった。

8 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 00:22:44.34
前スレ977です
結局、ちゃんと締め切りまでに出しました。
一度しか推敲というか校正出来ないと思ってましたが、
二回できました。けっこう良い線行きそうな感じです。
お休みなさい。

9 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 01:01:03.58
出した人お疲れ。
自分はこのミスには間に合うようがんばるよ。
そしてもっと計画性を重視して、執筆も資料集めもきちんとやらなきゃ。
乱歩も憧れの賞のひとつだから、来年に何か新しいひらめきが
降臨しますように。なむなむ
高橋克彦さんみたいに過去の受賞作を全部読もうかな。
乱歩に限らないけど、過去の選評だけの本を出してほしいな。

10 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 01:03:44.07
>>1
受賞することがライフワークになってってこと?

11 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 01:43:40.47
授賞式=葬式

12 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 10:13:04.18
うおしゃあああ。新スレ立て乙。
昨日朝から飯食わないで、推敲。昼には出せると思ってたが、7時ぎりぎり消印に間に合うよう出せた。
早速、スレに報告じゃと思ったら1000  Orz

プリンタの調子が悪くて、めっちゃ原稿が汚いわ。途中までプリントアウトしなおしたが、インク切れで、
購入したばかりの再生インクはプリンタが受け付けてくれずに、もう仕方なく汚い現行のまま出した。

びんがいは、午後6時から書いたが、誤字があってさ、ペンで消したり 

中身自体がミステリ違うから無理無理なのはわかってんけど、出してスッキリ。
もしかして読んでさえもらえんような気もするけど、インク汚いし手が汚れるわで、なんか下読みの人には申し訳なくて、
汚くてごめん、って一言メッセージ添付しようと思ったけど、ドツボに入りそうでやめた

下読みさん、申し訳ないっす

しかし、やっと出したど!!!これで次の作品にGOや!!!!!!
次は「このミス」引っ越し
だが、あのスレ腐ってるからな。どうすればいいんじゃ?
しばらく、ここに住まわせてもらうわ

13 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 10:13:28.95
>>9
選評は、読めるよ。検索してみ?

14 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 12:07:40.87
びんがいw

15 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 13:10:03.01
びんがい( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

16 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 13:16:39.67
梗概
確かに梗の字には便が入っているな。

17 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 13:21:52.24
インクジェットプリンタで印刷している人が多いのかな?
安いけどインクとか消耗品が高いよね。
おれはインクジェット(FAX複合機)とレーザーと両方持ってるけど、
原稿はモノクロだからもっぱらレーザーだな。
180枚印刷するのに20分かからないしノンストップでノーエラー

18 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 13:28:13.41
おかねもちめ!

19 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 13:40:08.38
モノクロ印刷する機会が多い人はモノクロレーザーの安いの買った方が
結果的に節約になることもあるよ

20 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 14:15:05.99
場所とるんだよー

21 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 14:27:29.71
用紙トレイが水平であれば、どちらもあまり変わらないよ。

22 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 17:11:48.16
前スレで60枚足りないって喚いてた者です
アドバイスくれた人ありがとうございました
漫談と、心理描写や情景描写を参考にしたら枚数到達しました!

23 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 17:27:30.41
応募原稿をPCで見直したら、ページ番号が梗概にも入っていた。
つまり全部二ページずつ多くなってる。失格にはならんと思うが・・・

24 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 19:57:30.06
>>22
まじで漫談入れたのかよw

25 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 20:56:59.50
てすと

26 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 20:58:17.28
一行の字数を、30じゃなくて、28〜29で出しちゃったんですけど、
失格なんてことはないですよね……?ワードで作成したもので……。

27 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 22:29:16.36
皆さん。余裕をもって推敲を重ねた原稿を出した人。なんとかスベリ込んだ人。
それぞれでしょうが、とりあえず今年の応募はおわり。

選ばれるのは1作だけですが、ここはまずお互いの健闘を祈りましょう。

28 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 22:33:53.30
ところで皆さんはどんな作品を出されましたか。

私のは社会派ミステリー。ど真ん中です。
自分の職業から得られるウンチクを、たっぷり盛り込みました。
うーんとキバって、ブリブリ出てきたウンチク。
ウンチクまみれです。

29 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/01(金) 23:30:40.73
おれはオヤジギャグもあるコメディピカレスクミステリー。
これまでの乱歩賞にはなかったテイストだから案外イケルかも。
だめだったらブラッシュアップしてこのミスに出す。
カテとしてはこのミス向きだから。

30 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 00:35:53.43
これまでの受賞作でコメディタッチのってあった?

31 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 00:55:12.88
>>30
過去の受賞作は全作読んでいるが、ないと思う。
しいていえば、少し軽いという意味で、
・モーツァルトは子守歌を歌わない
・ぼくらの時代
・浅草エノケン一座の嵐
とかにコメディタッチの部分が少しあるかな。
しかしどれも全体は全くコメディじゃない。
ハードボイルドに分類されるであろうテロパラにも
「プロの酔っぱらいなんだ」とか、やくざに
「デパートにお勤めですか」とかいう笑いは少しある。

32 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 01:01:05.56
俺のは官能推理だ。
芯からじんじん言わせるぜ。

33 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 07:36:12.79
応募数380内外だとして、一時通過の約90が選ばれるまでの
日数とか、それに係わる下読みさんって何人くらいなんだろ?
なんだか、ものすごい激務みたいな気がするんだけど。

34 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 07:58:47.31
↑下読みの書き込み

35 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 08:12:56.22
コメディでも官能でも、「今までに無い」と下読みと選考委員に思わせる
パンチ力のある作品ならば、いい評価を得られるでしょう。

ただユーモアミステリーも官能推理も、既存の作家がたくさんいるので
これを超えるとなると、ハードルは高いですよ。
売上げという意味で「謎解きはディナーの後で」や阿部牧郎を
超えられるほどのコメディ推理や官能推理を書けたと思うのなら、
それもいいでしょうね。

36 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 08:31:19.03
「謎解きはディナーの後で」もそうだけど売上げだけ見ると
本格ミステリーよりユーモアミステリーが売れてるからな
売れないと出版社潰れるしさー。出版社潰れたら賞もなくなる

37 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 09:46:33.71
ど真ん中ミステリーは衣良の渇望するところだが、
下読みがどう判断するかだろうな。
ハードルは、かなりいんじゃね。
彼等は過去すべての作品のトリックや謎解きのデータベースを持ってるし、読んでいるからな。
それを上回るものじゃなければ予選通過は難しいんだよな。

だから、ストライクゾーンぎりぎりを狙っちゃう。
綱渡りに失敗して、滑落。あーあ、今年もやっちゃったかなあ。

38 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 09:51:28.34
>>33
そら激務よ
くそつまらない駄作を読み続けなければいけないんだから
拷問以外の何者でもない

39 :名書き物無し@推敲中?:2013/02/02(土) 09:56:21.88
第4回受賞作・多岐川恭「濡れた心」はエロかったよ
半世紀以上も昔の作品だけれど

40 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 10:00:49.20
>>33
何ごとも仕事と割り切ってやってます
収入を得るための労働は、どんなものでも辛いものです

41 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 10:13:08.52
>>38>>40
釣れないねえ…くすっ

42 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 10:13:54.58
食えない雑魚が一匹釣れた

43 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 10:20:50.41
>>42
よかったね、仲間ができて

44 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 10:36:59.96
>>43
返しまでセンスない

45 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 10:37:27.00
まあ、私のど真ん中社会派ミステリーは、ミステリーとしては凡庸かな
とも思いますよ。

それを斬新なものにするのがウンチクでして、私はちょっと特殊な
職業についているので、そのウンチクで勝負してます。

今の時代、ミステリーのアイデアそのもので斬新さを出そうとしても
かなり難しいでしょう。それでウンチク勝負ってわけです。

46 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 10:58:01.72
イラが言う、ど真ん中ミステリーの意味について、
俺は、謎解きの面白さが感じられるものと理解したけどね。

47 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 11:02:22.36
ウンチク読みたくねえ

48 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 11:05:04.91
ウンチ踏みたくねえ

49 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 11:15:35.81
蘊蓄や海外での体験、特殊な仕事が主菜になる時代は、とうの昔に終わっている。
応募者は「魅力的な謎の提示→解法→その答え=ミステリー」という考え方で勝負してほしい。

50 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 12:05:26.20
>>49
石田衣良さんの選評をちょっと変えましたねw

いや。いつでもエンタテイメント小説にとってウンチクは重要ですよ。
その小説に独特の魅力を与えるとともに、作家デビュー後にそのウンチクで
何本か書けるからです。出版社に自分は「書ける作家」であることを
アピールできる。

新人小説指南の某先生も言ってますよ。新人賞応募作にはウンチクは
いくら書いても書き過ぎではない、ってね。

51 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 12:16:46.30
そのウンチクですが、例えばある種の植物の毒性をつらつらと地の文や登場人物のセリフで
書くより、ストーリーに溶け込ました方が良いですよね。

52 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 12:18:32.22
・・・特定されるから、詳しくは書けませんが。
私の作品もミステリーの分類のどれかに当てはまります。私もミステリー
愛好家ではあるので、それはわかってます。

私の作品の場合、1行目から始まる事件が私のウンチクが無ければ書けない
始まり方をして、私の職業についていなければこうはならない解決がされる。
そもそも小説自体が、私の職業世界の中で展開していきます。

謎解きが大切なのはわかってます。そもそも江戸川乱歩賞は謎解き小説ばかり
の筈で、それをどう他の作品と差別化していくか。
それがウンチクだと言ってるのですよ。

53 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 12:32:14.89
なるほど。
例えば医学の知識がある場合、ストーリー展開に医学的見地での解釈や医療機関職員ゆえの
行動を織り込むんですね。

それが株式投資でも、被災地の除染作業でも、漁船の修理でも、独自性あるウンチクを
かましながら書いていけばいい。そういう感じでしょうか。

54 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 12:43:24.62
なんか50以降は自演っぽいな……

55 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 12:46:32.39
>>53
それ以外に差別化の方法は無いと思うんですが。
某新人賞指南の先生も、下読みを突破して最終選考に残るには
それしかないって言ってますしね。

「チームバチスタ〜」なんかもろにそれじゃないですか。

この方法が通用しないのは、天才的なミステリー作家の卵が、今まで
誰も思いつかなかったアイデアで応募してきた場合だけで、
まあ、そうなるとさすがにウンチクでは勝てませんよねww

56 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 12:47:22.02
26ですけど、応募規定に「いずれもーー」ってあるから、
字数でも、やっぱ失格になるんですかね?
同じような経験して、一次以降突破された方とかいます?
何度もすいません……

57 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 13:05:00.29
うんちくを、ひとつも、入れなかった・・・
一次は通らないと覚悟した方がいいですか?

58 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 13:13:29.01
蘊蓄が一時突破の絶対要件ってこともないでしょ
楽しみに待ってりゃいいんじゃないの

蘊蓄を極力減らして(これまで書いた物と比べてという意味)
書いているけど、書ける物だなあと感じているよ

59 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 13:26:51.67
>>56
以下のふたつの要素を満たしていれば、失格にはならないと思いますよ。

1、故意にやったのではない。
2、原稿用紙換算枚数、実際の印刷枚数、共に規定内である。

1行が20文字とか、極端に違えばアウトでしょうけど。
なお、ワードでも1行の文字数は固定に出来ますよ。
今後はそうしましょう。

60 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 13:31:46.40
まあ、脅かすつもりではなかったんですが・・
ウンチクが無いからといって、一次を落ちるって言ってるわけじゃないですよ。

ただ、江戸川乱歩賞のようなハイレベルなミステリー賞の場合、謎の部分では
なかなか差別化しにくい。よほど独創的なアイデアを思いつかない限りはね。
・・・謎の部分に自信ありますか?

で、差別化しやすいのがウンチクの部分だと小説指南の先生は言ってるんですよ。
ありきたりのミステリーでも、ウンチクを盛り込むことで斬新な印象を
与えることができる。受賞後もそれで書いていけることをアピールできる。

61 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 13:34:12.03
再会なんかウンチクゼロだけど受賞

62 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 13:35:00.89
59様。返信ありがとうございます。
昨日から、胃が痛い思いをしていて……。
2文字ぐらいなら、大目に見てもらえるとは思っていたのですが、
なんせ、「いずれも失格」と明記してあったので、不安になりました。
ありがとうございました!

63 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 13:41:25.97
薀蓄ってどんなこと?その職業柄の仕事内容とか、専門用語?
ここの賞がお勉強ミステリーって言われてるのと同じこと?

64 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 14:12:32.39
俺の仕事も凄く特殊な分野。
ミステリー物やハードボイルド物には、この分野の物がよく使われる。
見ていて「違うわ!」とか「そりゃ無理だ……いくら創作でもなあ」と思って
しまうことがあってさ。なんで、状況設定は強引でも、トリックや結果には
嘘八百にならないように書いてる。
でも、三度連続で一時も通らないことを鑑みると、むちゃくちゃやった方が
いいのかもと気持ちがぐらついている。

65 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 14:35:06.62
これまでの受賞作で、濡れ場というか、ベッドシーンのある作品って
ありますか?

66 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 14:46:41.66
そんな謎だとか設定だとか薀蓄だとかトリック次第で1次かどうかが決まるかいな

論理的に破綻してないかとか,台詞が嘘っぽくないかとか
描写しなくちゃいけないところが説明になっていないかとか
人物が何があったわけでもないのに性格が変わっていないかとか
文章が独りよがりでないかとか、べたな慣用句がウザすぎないかとか
カッコいいと思ってやってる体言止めを笑われてないかとか
などなど、などなど……。
そういう基礎的な「小説にする努力」をしろよ
それだけで1次は通るから、どんな演技にするかは転ばずに滑れるようになってから考えろよ

67 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 14:46:51.02
あまり詳しくないけど、「顔に降りかかる雨」桐野先生のにあった。

68 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 16:16:45.51
蘊蓄はミステリーの花なんじゃないの

69 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 16:38:17.83
文豪が探偵になって事件解決って
ありきたり?

70 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 16:38:38.80
謎解きの面白いのを書けない奴が、懸命になって薀蓄を叫んでいるんだね。

71 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 17:00:19.68
おまえらがかなわぬ夢を追いかけている間に、じゅんさんは社長になったぞ

72 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 17:44:19.11
>>69
乱歩賞の『ベルリン-1888』で海渡さんが

73 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 18:18:53.00
うんちくんうるさすぎ

74 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 19:26:51.55
世界の中心でうんちくを叫ぶ

75 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 20:24:36.06
そういう基礎的な「小説にする努力」をしろよ
それだけで1次は通るから、

でも、螺鈿迷宮は一次落ちだよね…

76 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 21:45:05.98
うんち君 職業の一端ぐらい晒せよな

77 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:00:22.23
それを言っちゃうと、どの作品が自分のなのかがわかってしまう。
ここは下読みさんも見てるはずなのでね。

>>75
ここは一次通過が目的の人ばっかりですか。

78 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:05:56.44
>>76
俺もそう思う。蘊蓄がミステリーの主部だと語ってるやつ。
>>60のことだけど。
それだけの自信があるなら、晒せや。
発表が楽しみになるわ。
もしかして、その小説指南の先生の名字ってのは、「若」で始まってないか?

79 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:11:22.80
ぷっ。うんち君の師匠は公魚かよ。

80 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:12:41.60
若乃花?

81 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:20:13.01
視点を変えて出版社の側から見てみましょう。

新人賞は作家の発掘という側面がある。選考委員の選評を見ても、これから
書き続けることのできる人であるかどうかが、ひとつのポイントに
なっているのがわかります。
出版社が賞をあげたい人は、作家になって何冊も書いて、
出版社の売上に貢献してくれる人です。

では書き続けることのできる人とはどんな人か。
将来のことはわからないし判断が難しいでしょうが、書けるネタを
たくさん持っている人は、書き続けていけるとは言えると思う。
つまり自分の鞄の中にネタをいっぱい持っている人です。

このネタがイコール、ウンチクです。

82 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:32:53.86
つまり、うんち君のパンツには、うんちがべっとりついているということでいいかな
きみ以外は臭くてたまらないよ
せめて、うんちふいてから言ってくれ

83 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:35:08.07
薀蓄とか業界ネタでデビューした人って、むしろ引き出しがそれしかなくて
ネタの使い回しで段々薄くなってって消える率高くない?

84 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:40:47.07
てか、ウンチクは要らないとか言ってる人がいることが驚きですね。

自分の鞄の中を見せないで、どうやって賞にたどり着くつもりなんですか。

どうすれば一次下読みを突破できるか。どうすれば選考委員の目にとまるか。
出版社の求めている書き手とはどんなものか。
皆、必死で考えながら書いてるんだと思ってましたけどね。

85 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:47:08.37
読者や選考委員が見たいのは、うんちのついた鞄の中じゃなくて、
綺麗に整理された鞄の中だよ

この鞄の中からなぜ、こんなものが出てきたのか?
なぜこんなものが必要だったのか?
それが理路整然と解き明かされ、思いもしない発見があったとき、カタルシスを感じる

誰も、うんちまみれの鞄の中を見たいとは思わないよ

86 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 22:47:23.11
応募した作品、昨日は一日見向きもしなかった。
今朝からゆっくり読み直していたが、われながら傑作だと
思えて仕方がない。最終には残れると思う。

87 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 23:00:58.62
>>85
えらい自信ですねw
そこまで自信があるのなら、今年はあなたで決まりでしょうかねww

でも、下読みも選考委員もある意味「ミステリーを読むプロ」ですよ。
新人賞応募作の大敵は既視感です。彼らの豊富な知識で「どこかで見た」
と思われたら、次の瞬間その原稿はシュレッダーボックス行きになる。

既視感を回避する手段は「見たこともない事」を書くしかない。
つまり私のような特殊な職業についている者の鞄の中ということです。

88 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 23:15:30.04
普通に上手さとか、新規さを見るだろ
薀蓄って、逆にそれ1冊で終わりそうじゃん

上手で新規な新人なら、薀蓄なんか取材させればいいんだし

書けるネタがあるな、でも書く才能が無いなってのはどしようもないじゃん
訓練で才能は手に入らないもの、ウンチクは取材で手にはいるけどさ
ふつう鞄の中にネタとか引き出しが多いとかはウンチクの数ではなく、あらたな小説の発想の事を言うんだよ

89 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 23:19:37.32
多趣味とかならわかるけど
仕事の経験だと、医療物も裁判物も刑事物も、やくざ経験とか
ミステリーに使いやすい職業はすでに椅子が埋まってるしなぁ
それ以外で珍しい職業って珍しいだけで量産効かないよな

90 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 23:27:29.44
次の受賞作は、カツオ漁に出て行く漁師の話だ

91 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 23:33:13.56
嫌儲板で見てたスレにちょうどこのコピペ貼られてた


81 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:03/02/03 14:28 ID:4nRqUSsh
日本の漁師はドカタ系と同様、やくざと繋がってる低学歴のドキュンが多い。
マグロ漁船に慰安婦として小学生から大学生までの女子を拉致して搭乗させ、
漁港日程の1〜3ヶ月の間乗組員達に性の奴隷にされる。
用が済んだら生きたままコンプレッサーにかけて海にドボン。
まぁ、こんな話誰も信じないだろうな〜。
日本は未成年の女性だけで毎年数百人〜数千人の行方不明者が出ているんだが・・・。

90 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:03/02/03 15:36 ID:4nRqUSsh
>>86
本当なんだがな。この事を内偵取材していた某フリーライターも生きたままミキサーにかけられドボン。
その記者に取材を受けたことがあるんだが>私
まぁ、10年も前の事だから今はどうか知らないけど、
密輸・密漁・密入国量が当時と全然変わっていない所を見るとまだ平然と行われていると思われ。
密輸・密漁・密入国をサポートしているのは全てやくざと繋がった漁師、漁港関係者。
みんな表向きは気さくな「普通の漁師」面(つら)してるんだけどな。
まぁ、ええわ。

73 : 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] : 投稿日:2013/01/31 12:46:57 ID:sp8S/b560 [1/1回(PC)]
おまえら内房の港町でも行ってちょっと沖に出てもぐってみ
謎の紐がついた石やコンクリが同じ場所に何個か沈んでるから
考えたくないけどあれはそういうことなんだと思うわ

92 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/02(土) 23:48:18.77
>>71
「じゅんさん」ってどんな人だったの?
「じゅんさん」はどうして、2chを去ったの?
どうして、「【めざせ乱歩賞】じゅんさんを応援しよう」って、スレがたったの?
どの位前のこのスレを見れば「じゅんさん」の書き込みをみれるの?
教えて下さい。とても気になります。

93 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 00:37:35.07
「じゅんさん」現在、どうなったかはわかった。
”2006年江戸川乱歩賞をめざすblog ”とかも見つけた。
しかし2chでの活動が判らん。
誰か、教えて下さい。

94 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 00:52:34.73
じゅんなんてどうでもよい

95 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 00:57:51.32
みんな応募した作品はこの時期読み返さないのかな?
おれはこのミスのために早くも見直しを始めている。

96 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 08:13:39.20
>>81さん
「このネタがイコール、ウンチクです。」
ちょっと違うような気がします。
上手く言えないんですが、ネタは方向感とかテーマとか大きなもので
うんちくはそれを裏付けたり、支えたり、デテール・規模を示したりする
もののような気がします。いかがでしょうか?

97 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 09:50:45.96
>>81
蘊蓄は副菜。
大切だけど、主菜にはなりえないってことじゃないの?

98 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 13:26:36.53
蘊蓄がどうだの言ってる間は受賞なんかできないよ。
作家になる奴は、そんな観点から物を見てないからね。
いかにもワナビ的というか何と言うか。

99 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 13:31:36.18
作家さんはどんな観点で見ているの?
教えて、98のワナビさん。

100 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 13:44:17.17
さりげなくチクッと

101 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 13:52:16.32
四角い人にとって欲しいな

102 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 15:45:36.86
小説の形式に囚われていること自体、独創性がないということだからなぁ。

103 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 15:51:00.95
でも、形式美があるのも推理小説よ。

104 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 16:44:01.74
ところでワナビって何ですか?

105 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 17:00:36.35
ほら、お腹に袋がついてる……

106 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 17:07:56.17
>>103
アリバイ崩しものなんか、完全にパターンが決まってるもんな

107 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 17:53:00.64
発想力なさそう

108 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 19:42:34.77
アリバイ物は一見書きやすいと思われがちだが、パターンというか、
類型的になりやすい代表格だな。
それゆえ、短編で仕上げるのは案外難しい。と、なにかに書いてあった。
それをうち破るのも作者の腕の見せ所。

109 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 21:03:45.31
じゅんさんは2chとは関係ない。めざすblogが注目されてここで話題になっただけ

110 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 21:04:31.41
ダイイングメッセージものを応募したのだが、
読み返してみると、やはりおかしいな
ダイイングメッセージ自体が嘘くさもんな

ダビンンチコードに影響受けて書いたんだけど
ちと、強引だったかも
っていうより、ダイイングメッセージってよくよく考えると、嘘くさいよな

111 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 21:17:34.54
ちがう。
形式美といっているのはアリバイとか密室とかのカテゴリーの
話ではなく、
「発端の怪奇性→中段のサスペンス→解決の意外な合理性」
の推理小説の根本のこと。

112 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 21:21:49.36
>>109
ありがとうございます。
疑問がやっと解決しました。
「じゅんさん」は、小説家にはなれなかった見たいですが、
作家にはなれたようですね。

113 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 23:29:26.42
>>111
発端の怪奇性? それは、「本格推理」に近い形式美なのではないかな?
多くの人がそれを「形式美」と感じているかどうかというと疑問だな。
特に乱歩賞は広義の推理小説なので。

おれなんか特に、謎らしい謎がないサスペンス系ミステリを得意として
いるからよけいにそう感じてしまう。

114 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/03(日) 23:37:01.85
>>113
君は今の議論の前提になっている、イラの選評を読んだのか?

115 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 00:07:42.87
イラの選評に異様にこだわってる奴ってなんなの?
片っ端から賞で選考委員やってて、同じような選評ばかり出してる芸のない作家なのに。
だいたい、ミステリーと呼ばれるものの範囲は広い。
形式とか体裁ばかり気にして書いて、その結果は今までどうだったんだと聞きたいよ。

116 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 00:13:52.80
峯岸に関しては正直あまりいいイメージはないです。
バレたからああやって反省してるけど、バレなかったらそのまま隠し通すつもりだったんでしょ?って

117 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 00:29:07.20
江戸川乱歩賞は、本格ものを嫌気していることを承知の発言かな。

石田衣良氏の選評にしても、普通の推理小説を読みたいと言ったまで。
去年は、冒険小説やらキワものが多かったからな。
石田氏にしても、ありきたりのミステリーを読みたいわけじゃないだろう。

どだい、本格もの、密室もの、アリバイ崩しは既読感ありありで、
しかも大家がいるジャンルだ。下読みではねられる危険性大だ。
形式美は既読感につながる。それを承知かな・・。

118 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 00:36:52.57
今年の傾向については、むしろ京極夏彦氏の選評のほうが参考になる。

京極氏の選評は長いが、俺なりに要約すると、最近の乱歩賞最終候補作は
どうみてもミステリーじゃない小説に、とってつけたように殺人その他の
犯罪をくっつけて、それをミステリーと称しているものが多すぎる。
・・・ということだろう。

「カラマーゾフの妹」が受賞したのも、これだけがミステリーらしい
体裁をとっていたからだ、と俺は解釈しているが。

119 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 00:45:46.28
>君は今の議論の前提になっている、イラの選評を読んだのか?

それが前提? 114以外はそんなこと思ってないだろ。

120 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 00:50:50.47
>>113
「本格推理」って何? 推理小説と違うの?

121 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 00:56:34.83
>>120
        ,.-─ ─-、─-、
      , イ)ィ -─ ──- 、ミヽ
      ノ /,.-‐'"´ `ヾj ii /  Λ
    ,イ// ^ヽj(二フ'"´ ̄`ヾ、ノイ{
   ノ/,/ミ三ニヲ´        ゙、ノi!
  {V /ミ三二,イ , -─        Yソ
  レ'/三二彡イ  .:ィこラ   ;:こラ  j{
  V;;;::. ;ヲヾ!V    ー '′ i ー ' ソ
   Vニミ( 入 、      r  j  ,′
   ヾミ、`ゝ  ` ー--‐'ゞニ<‐-イ
     ヽ ヽ     -''ニニ‐  /
        |  `、     ⌒  ,/
       |    > ---- r‐'´
      ヽ_         |
         ヽ _ _ 」

     ググレカス [ gugurecus ]
   (西暦一世紀前半〜没年不明)

122 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 01:01:56.47
うん、基本的にミステリー書きやファンが
推理の前に本格とつけた場合は
読者に対してフェアであったりする物を指すよ

推理、だけだと、偶然から犯人がわれたり探偵役だけが知っている事実があっても良い
刑事の勘で捜査して行くでも、まあありえる
あまりにも論理性が無いと(たとえばヤクザ殴って犯人聞き出すとか)推理小説ではなく
犯罪小説だけど

本格推理だと謎解きの前に読者が犯人を論理的に(ここ大事)指定できるだけの
証拠を文中に入っていることが大事

ただ出版社が広告に本格と書くのは売り文句であって必ずしもこの限りじゃないけどね

あと、この辺の分類って厳しい人がいるから、もしかすると俺のこの発言も
否定されるかもw

123 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 04:25:11.87
乱歩賞スレで本格推理の意味を知らない人がいたとは……

124 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 06:14:55.15
>>122
厳しいというか、人それぞれでいいんじゃね?
俺の理解だと、狭義のミステリ=謎解きミステリだな。
謎解きミステリの中で、トリック重視で人間ドラマ性が乏しいのが本格ミステリ。
その意味では、乱歩賞は本格の賞ではないといえるかな。

125 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 07:28:30.01
人それぞれだと会話が通じない
あなたなりの本格の定義を勝手に心に描いていてもいいが
この掲示板で誰かが喋ってるときは、(絶対にとは言わ無いがほとんどの場合)どういう意味なのか
自分とは違うのだくらいは把握しておかないと

本格であることと人間性は関係しない、人間がかかれてても良いし
通常、トリック重視で人間性に乏しい物は、しいて言えばパズラーあたりが適当に思える

126 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 07:44:48.39
まあ、怪奇性という言葉にとらわれずとも、
1,不可解な事件をできるだけ早く発生させ、
2,途中はサスペンスで盛り上げて
3,最後は合理的な推理で読者をアッと言わせる
というおもてなしの構図は、推理小説すべてに共通なのでは?

127 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 10:15:10.07
石田衣良って
今そんなに選考委員やってるかなあ
ここと、日ラブと松本清張賞くらいじゃね?

128 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 10:25:58.56
本格推理については、作家毎に一家言ある人が多く、それぞれ少し違うようだ。
しかし、それら異論を唱える人でも、基本部分は同じだろう。
本格推理=謎解きミステリーではあるが、定義としては以下の三つかな。

1、謎が提示される。
2、その謎を解くために必要にして充分な情報(ヒント)が明確に示されている。
3、最終的に謎が解明されるが、その解明は2のヒントによって論理的に導かれるものである。

怪奇性などの雰囲気や、終盤でのカタルシスとか、それらは本格推理を彩るもの
として重要だが、それがなければ本格推理ではないというものではない。
したがって、124氏の言う「トリック重視で人間ドラマ性が乏しい」という
のは、一面を言い得てはいるが、必ずしも当てはまらないことになる。
なお、2のヒントは正しい情報を示さなければ読者に対して「アンフェア」
ということになるのだが、上記の最終的なカタルシスとかを演出するため
には、作者としては、読者がなかなか真相に到達できない方がよいので、そ
のための故意による「ミスリード」は許されることになっている。
なので、これらの要素さえちゃんとふまえていれば、「社会派の本格推理」
などというのも、もちろん存在しうる。

129 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 10:44:52.89
>>127
乱歩賞と同じ締め切りだった小説現代長編新人賞でもやってるね。
これだけでもよっつだからけっこうやってる方。

130 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 10:55:54.42
わかったようで、よくわからん。
推理小説であれば、その定義にみなあてはまるのでは?

131 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 11:16:32.86
>>129 サンクス
小説現代 忘れてた
たしかに四つは多いな

132 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 11:17:18.73
>>130
ちょっと軽率な発言だな。
もっといろいろな本を読むように。作品のみならず、
本格推理について論じた評論なども。

133 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 11:31:37.19
読む様に、とか何様なのコイツ
本格推理を語るスレじゃねーぞ

134 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 11:51:12.33
すぐに切れるんだね。本格推理については語るスレじゃなくても、
それに君がレスしているんだから的外れじゃないだろ。
その定義に当てはまらない推理小説が多いということすら
知らないということは読書量が足りないと言うこと。
人の忠告は素直に聞くべきだよ。それが君のためになるんだから。

135 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 12:00:18.75
130は俺じゃねーよアホか
スレちだから俺ももう黙るけど

136 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 12:20:47.70
>本格推理=謎解きミステリー

謎解きじゃない推理小説ってあるか? 
ここで論理に無理が生じているんだな。

137 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 12:49:19.66
このスレは手練の集まりかと思ったら、初心者も多いんだね。
だから120、130、136みたいな無知な発言も現れる。

138 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 13:18:30.98
>>137
それを言ってはかわいそうだ。誰しも最初は初心者。

>>136
謎解きミステリー=推理小説で良いと思う。ただし、その
推理小説の中にも本格推理とそうでないのがある。
たとえば、ヒントがなくて、登場人物の一人が
白状することによって真相が突然明らかになるような小説は、
読者が論理的に真相に到達できないから本格推理ではない
ということになる。
つまりは、おなじ推理小説=謎解き小説のなかでも、基本に
忠実(読者が「推理する」という意味で)なのが本格推理と
言えるかな。

139 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 16:55:07.22
罵声だけ浴びせて、根拠も述べずに去っていく人が多いね。
ゆとりの人なのかな?

140 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 17:11:59.77
>>139 = 120,130,136

そう推測する根拠。
相手は単に忠告したり事実を述べているだけなのに、それを
「罵声」と表現しているから。逆恨みしている本人以外にはあり得ない。

141 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 17:20:09.49
根拠は? それとも根拠も述べずに君も去って行く?

142 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 17:21:06.58
>>141>>139への話ね

143 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 17:24:11.93
ついでに、133,135も130で間違いないでしょうな。
匿名だから何とでも言えるし。

144 :名無しのオプ:2013/02/04(月) 17:57:45.89
破線のマリスなんか
事件の謎を全てすっきり解いているわけではないぞ。
主人公のドラマとしては完結しただけで。

145 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 18:24:29.72
締め切り過ぎ去ったとたん香ばしいスレに

146 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 19:53:52.98
>>144
だから、本格推理でもないし、謎解きミステリーでもない
ミステリーもあるという話をしているわけで……。
上記の初心者に対するレスかな?

147 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 20:01:55.31
143の推理ははずれです。
予選落ちも決定しました。

148 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 20:10:54.00
みんなの議論に関する良質な回答、というか説明として、
お勧めしたい本。

関口苑生 『江戸川乱歩賞と日本のミステリー』

1999年までの受賞作全部、ひとつずつ分析してありためになる。
この人、15年間選考委員もやっていた人なので、選考過程の裏話も面白い。
こんなことまで言っていいのかなー、とハラハラするところもある。

149 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 20:13:43.71
今チェックしてみたら、もう絶版だった。
でも古本はまだ注文できるみたい。

150 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 20:16:51.72
いつまでたっても見苦しい147

151 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 20:32:14.42
応募原稿を見直していたら、誤字、誤変換が全部で8ヶ所も
見つかった。
ああ、はずかしい……。穴があったら入れたい。

152 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 21:22:54.34
誤字脱字も、あんまり目立たなければ問題ないわな。

俺も出して時間を置いた今読み直している。

・・・傑作としか言いようがない!
完璧なプロット。ストーリーにからめた蘊蓄。魅力ある登場人物を
キャラを立たせて見事に書き分けている。
悪いが今年は賞は俺がいただくことにする。

153 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 22:07:35.00
>152
それで一次落ちだったら、君はどうなってしまうんだろうな。
他人事ながら心配してしまうわ。

154 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 22:14:16.28
このミスに出すのさ。フッフッフッ

155 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 23:12:01.51
それにしても、教科書的な構成にこだわってる人が多いんだね。
ちょっとびっくりした。
そういうのに縛られると、いいことひとつもないように思うんだけど。
堅くて古くさい既視感ありありの小説になってるんじゃない?

156 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 23:30:40.55
>>152
キャラを立たせるのは大切だよね。それは現代劇でも時代劇でも言える。
プリズントリックの遠藤の作品は、どれもキャラが立ってないよね。
しかも登場人物が多くて人間関係が複雑で、頭が混乱しそう。セリフにも
キャラクターごとの特徴がないから誰のセリフか理解しにくい部分がある。
彼ももう長くないな。

>>155
>教科書的な構成にこだわってる人が多いんだね。

なんでそう思ったの? このスレにそれらしい書き込みがあった?

157 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 23:34:43.83
それに気付けないから万年ワナビなのさ。

158 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/04(月) 23:42:07.59
>>157
論拠を示せない人の典型的なレスだね。

159 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 00:59:39.83
おれも見直してみた。誤字くらいなら良いけど、
まるまる登場人物の名前を間違えてるところが一ヶ所あった。
たとえば、
「坂本、それはちがうだろう」と書くはずが
「井上、それはちがうだろう」みたいに。
井上はもう一人別の登場人物。もちろん、これは仮名だが。
あー、凹むぅ……

160 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 01:08:38.27
>>154
なにいばってんの。このミスにだすしかないって、情けない話だぞ。

161 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 01:43:08.82
>>159
あはは、アンタは俺か!
俺もそうだった。自信作なんで友人に読んでもらったら、その部分を
赤ペンで修正して戻された。もう数日早ければ修正して応募できたのに。
運を天にまかせるのみ。

162 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 02:29:14.83
ことし、十年ぶりくらいに応募しました。
まだ受領ハガキが来ません。
何日後くらいにくるのでしょうか?

163 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 05:50:57.14
プリズントリックの遠藤の作品は、どれもキャラが立ってないよね

で、あれが受賞して螺鈿迷宮が一次落ちだからな

164 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 06:35:46.02
螺鈿迷宮は、今でこそ筆を入れて読めるようにしてるが、乱歩賞応募作は
かなりひどかったって話もある。

ま、ネット上のウワサだけど。

165 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 06:48:52.19
そんな事言ったら
得意げに賞の運営を上から目線で批判してる奴がかわいそうだろw

あくまで、下読みや編集は名作を落としてキャラたっていない奴落とす
クソ野郎の集まりじゃないと、こいつら落ちたときに納得がいかないじゃん

166 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 07:11:07.14
あくまで、下読みや編集は名作を落としてキャラたっていない奴受賞させる

の間違いだった

煽ってる文章なのに言い間違いな俺、かっこ悪いw

167 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 12:20:35.18
渾身のギャグを言う時に噛むようなものかな。

168 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 16:18:04.96
ここで推理小説とは……みたいな講釈ぶっこいてるヤツって、どの程度の結果出してんのか知りたい。
昔、小説学校の見学に行ったら、そういうオッサンだらけで笑ったんだが、ほとんどが予選落ちか一次通過辺りをウロウロしてるようだった。
そんで、ろくに本読んでないようなフリーターが最終残ってたりとかさ。
つまり、書き方を知ってても知らなくても関係ないってことだよね。
才能すべてだから、オレも結果がかんばしくないんだけど。

169 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 16:29:55.34
>>168
それでも、少なくとも120よりはみんなレベル高いと思うよ。

170 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 16:43:41.30
あと、べつに小説の書き方じゃなくて
話通じねえから用語の統一くらいしておけよって意味の
「推理小説とはっていう講釈」だしな

学校いってたんだw

ま、ろくに本も読んでないフリーターの話は嘘だろ受けどさ
わるいけど現実には書き方を知ってても知らなくても関係ないみたいな
天才が突如登場して〜っていう漫画みたいなことはないから

日本語がおかしいって評判のあの作家だって読んでみると展開ではわりとオーソドックスな手順踏んでる

171 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 17:07:59.72
一見、本も読んでなさそうなフリーターだが実はバリバリの文学野郎ってこともあるぞ
東大、早大あたりの文学部にはそんな感じの連中が結構いるんだよ
人を見かけで貶めない方がいい

172 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 20:12:00.86
へぇ

173 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 20:12:10.16
【釣られたら】江戸川乱歩賞その33【終了ですよ】
752 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 02:00:34.40
>>746
応募時はその程度の出来だったんじゃないの?
駄作を落として、その後改良されたのが上梓されたからといって
その都度下読みが戦犯扱いされたんじゃたまらない。

↑こんなガキでアホなやつが下読み??

174 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 20:29:07.81
そんな訳の分からないものを必死で穿り出してまで下読みを貶めたいのか
要するに自分以外はすべてガキでアホだと言いたいわけか?
登校拒否児のメンタリティーそのものだな

175 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 22:41:06.18
乱歩の下読みは、ちゃんと読んでると思うよ

螺鈿迷宮は本として商品になった今でも、乱歩の最終には上がれない出来だと思うね
バチスタの次に読んだが、陳腐な印象しかなかった
あの海堂の二作目というネームバリューがあるから高評価するやつが多いだけ
作者名を除き、単体でみれば、ミステリとしてゆるい作品
応募時のままなら(想像するしかないが)一次落ちでも納得だな

176 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 23:10:45.20
>>174 >>175
まぁまぁ。
173が、本気で書いているのか、それとも釣りなのか?
どちらだと思う?

177 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 23:30:59.37
174を召還するために書いたならミスリード上手過ぎw
乱歩賞を目指す敵としては強敵かと

178 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 23:31:54.96
くだらねー

バカばっか
 

179 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 00:06:09.53
>>177
そうか?
あと、良くある釣りパターンは、「女は小説かけない」、「喫煙者はくず」、
「ワナビ」、「ゆとり」、「無職」。
「学歴」もあるのかな?

180 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 00:17:17.37
>>179
強敵なのはジョークだけど2chにいる下読みさんは
一種のアイドルだからどこでも人気がある
釣りかわからないけど「年齢」も荒れる要素かな

181 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 00:31:02.35
確かにある意味人気者だね。

182 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 01:02:37.15
はやくもこのミス向けに着々と修正中。

183 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 05:24:40.20
175 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/05(火) 22:41:06.18
乱歩の下読みは、ちゃんと読んでると思うよ

なぜ、そう言い切れる?
螺鈿迷宮おとしたバカはまだいるの?
このスレには、いるみたいだが…

184 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 06:19:09.21
このミス再投稿はどうなんだろうねぇ・・

あの賞は、再投稿にはことのほか厳しいと聞く。
おそらく乱歩賞残念組がどんどん送ってくるので、それを嫌がってる
んじゃないかな。

・・まあ、俺も送るつもりなんだけど。

185 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 07:22:00.79
下読みは最初の3ページしか読まない。

まあこれは冗談だろうが、それくらいの飛ばし読みで読まれてしまう
ってことだ。とはいえ、下読みは最初の部分しか読まないっていうのは、
当たらずといえども遠からずみたいだな。

だが、この読み方は正しい。
最初がつまらない小説は最後までつまらない、って言うのは俺もそう思う。
だから下読み対策として、書き出しの部分は重要なんだよ。

186 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 14:30:43.37
おれは、下読みはちゃんと最後まで読んでいると思うよ。
でも、例外もいるだろう。下読みも人間だから、ミスもある。
そんなことは分かった上で応募しないと。
ま、言うまでもないだろうし、みんな分かっていることだとは思うが。

187 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 15:42:46.88
「下読みが読み飛ばしたから、受賞に値する作品だったにもかかわらず一次落ちした」

これは魔法の呪文です。
この言葉を唱え続ければ、精神は正常に保たれます。

188 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 16:45:23.76
メフィスト賞に出せばいいんじゃないか

189 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/06(水) 19:05:39.70
メフィストはなんでもアリだが、賞金がないからね……。
やはり乱歩賞かこのミスだな。

190 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 01:34:34.92
さて、1000万円何に使うか考えるとしよう。

191 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 02:07:22.70
つ「とらたぬ」

192 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 12:48:56.57
締め切りを過ぎた消印の作品はどうなるんだろう?
そのままゴミ箱行き? 
来年回し?
今年のとしてお情けで審査?

193 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 13:36:50.53
一日遅れぐらい、あるいは消印が消えて判別できない
 ->バカが当日ポストに入れ回収に間に合わなかったかもしれないから、お情け
  (遠距離さんで正しい消印でもっと遅く届くのがあるわけだし)

数日以上の遅れ、つまり下読みに原稿送っちまった後ー>来年

だから、すこしぐらいはお情けで締め切りすぎてもいいはず
ってことは落選だなとか勝手に思って使い回ししないこと
2重投稿扱いになるかもしれない

194 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 14:37:13.49
>>193
下読みに原稿が送られるのっていつ頃なんだろう?
もう送付済みかな?

195 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 15:14:43.39
まあ、良い子は締め切りまでにちゃんと送っているから、
そんなことは考えもしないんだが。

196 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 15:41:04.22
も、もしかして今からでも間に合うかもとか思ってんのか?
さすがに来年分行きだろw

197 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 16:37:40.34
応募作を知人に読んでもらったら、「暗い!」と言われた。
登場人物のほとんどが内気で、悶々としてなかなか行動を起こさないのがイライラするんだと。
まったくそんなつもりで書いてはいなかっただけに、かなりショックを受けた。
そういや、いつだかの選評にもそんなようなのが載ってたな。
ユーモアを混ぜたつもりだったけど、読者には伝わってないどころか陰気小説と評されるとは……。

198 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 16:48:01.69
>>197
気を落とすな。
犯罪小説は暗いもの。探偵もしかり。
陽気な犯罪者や探偵、警察だとちとおかしい。
内気で悶々としたやつが大胆な犯行をやってのけるんだと思うぞ。

199 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 17:09:56.21
>>198
サンキュー。
恐らく、登場人物が行動を起こしていないように見えるんだな。
自分としては動かしているつもりでも、大胆さや度肝を抜くような展開にはなっていないんだろう。
進みが遅いとも言われたから、もっと不用意に動いてもよかったのかもしれない。
それと、キャラが立っていない、感情移入できないとも言われた。
自作には多大な問題があるなと検証中だよ。

200 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/07(木) 19:06:44.66
やはり、第三者に読んでもらうのは大切だよね。
そういうのを繰り返すことで、いつか自分一人でも
冷静な目が持てるようになる。
人の言うことは素直に聞いた方が良いよ。

201 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 01:02:27.28
締め切りが過ぎてから、みんなどうしてるの?
早くも次の賞に向けて創作している?
応募作を集成して次の賞に備えてる?
当面は触れずに別のことしてる?

202 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 01:51:30.99
>>201
気になるのか? 大物になりたけけばそういうのは気にしないこと。
そんな暇があったら新作の構想でも練った方がよほど君のタメになる。

203 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 02:09:20.10
なりたけけば・・・

204 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 11:36:57.73
エンタメを目指すのに人に読んでもらわなくてどうする?
文学プロパー外の読者を引き込んでナンボなわけだから
できれば普段から小説なんか読まない素人さんに読んでもらうべき
そいつを唸らせたらホンモノってことで

205 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 12:35:55.14
>>204
なんでそんなに偉そうなの?

206 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 13:16:48.15
現実的なこと言えばさ
読者をうならせるほどホンモノなら、別に読んでもらわんでも良いんだよね
読ませても、唸って終わりだもの、唸らせるほどなら人に見せなくても自分のレベルも把握してるだろうし
そんなら、さっさと応募して受賞して本出せばいい、見せなきゃそいつが買うかも知れんから、そのほうが得だよね

そうじゃなくて改善点とか欠点を教えて欲しいわけなんだと思う
まだまだホンモノになるために頑張ってる数多くの人にとってわね
で、プロバー外のアドバイスって役に立つのか?って事だわな

207 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 13:30:14.56
「プロバー」…初めて聞いた
カッコつけてもボロって出るもんだねー

208 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 16:57:29.79
「プロバー」外にも見せておくべき
こんな風に役立つこともあるんだっていう好例だなww

209 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 18:22:03.80
たぶんまだ気づいていないから放っておこう
どっかで恥をかくだろうから

210 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 21:47:41.38
プロの居るバー

211 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 22:20:24.42
「プロパー」という単語は、流通系の人ならつい言ってしまいがちだからな
206のあの文脈で、「プロパー外」なら間違いとはいえない
意味は通る
鬼の首とったつもりでさわぐやつが世間知らずなだけ
まして「初めて聞いた」とは馬鹿丸出しとしかいいようがない

もちろん、204の文脈で「文学プロパー」なら間違と言われてもしかたないが、広義に解釈すれば意味は通る

212 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 22:21:13.84
えっ?

213 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/08(金) 22:35:45.42
いや違うって、俺が>>206で「プロバー」ってまちがったんだって
「パ」じゃなくて「バ」ね
かっこ悪いから大事にしないでくれる?

214 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 02:26:11.75
タイプミスとか細かいことで突っ込んでると、このスレの権威を
おとしめるばかりだよ。もっとコーショーな話をしようよw

215 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 04:35:17.66
「pa」と「ba」じゃタイプミスと言い逃れるのは苦しいなあ…

216 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 05:29:14.56
>>214
それよりも、このスレの権威とかのたまうチミに突っ込みたくなるww

217 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 10:49:55.01
>>215
おれはよくやるよ、パとバのタイプミス。カナ入力だから。
しかもWindowsの標準フォントでは濁点と半濁点が見分けにくいから
ミスしても気付きにくい。
しかもタイプミス「とか」と言っているのであって……

218 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 11:53:04.62
もう、どでもいいあるよ。

日本人もよくビビンバてタイプミスあるよ。
ほんとはピビンバね。

219 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 12:43:30.41
あれはビビンバで良いんだよ 日本語だもの
コーヒーのことを、カフィのタイプミスだ、とか言うが如し
そもそも韓国人が言ってるのは俺には
ビビムパに聞こえる

220 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 13:11:42.41
ペヨンジュンのペの綴りがbaeだったな、そういえば。
PekingがBeijingになるくらいだから東亜大陸ではBとPの区別が曖昧なんだろ。

221 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 13:22:09.92
結論としてはプロバーでもおk?

222 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 13:49:14.26
そういう使い方が日本語でされていない以上、それは駄目だろ日本語として×
perとberをわれわれは違う音としてききわけるし
そもそも
韓国語の甘トみたいな字の音が日本人にパにもバにも聞こえると言うのと話が別

223 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 16:03:44.91
あれ?ビビンバがビビムパに聞こえるって事は、さいしょのビビまでは濁音なの?
十円五十銭と言わせて判別したとか、半島人は濁音が発音できないってのは嘘だったのか。

コーヒー、コフィ、コピーというジョークがあったのも思い出した。

224 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 20:51:01.74
語頭のzやjが発音できないんじゃないかな。

ペヨンジュンが冬ソナで演じてたカンジュンサンは
名前だけ呼ばれるときチュンサンになってた。

十円がチュウエンになることは類推の範囲なのだが。。

225 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 23:32:53.59
チョットみない間に、豆知識の発表会になっている。
では、ワタクシも発音に関する豆知識を発表させていただきます。
フランス語、イタリア語、スペイン語では、
ハ、ヒ、ヘ、ホ、が無い。

どうですか、皆さん?

226 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/09(土) 23:41:43.15
締め切り過ぎたものだから、みんな気楽なもんだ。

227 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 00:15:02.10
心を休める時間も必要だ
んじゃ俺も便乗
スペイン語で売女はラ・プタ だから天空の城〜は名前を変える必要に迫られた

でも日本じゃ関係ないし、というわけでダイハツのトント。 スペイン語だと馬鹿

228 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 02:09:51.41
応募作を何度も読み直し、ブラッシュアップしている。
そのままでも二次くらいは通過はすると思うが、こうも稚拙な表現や
基本的な誤変換、誤字などが多いのでは仮に最終に残っても受賞は無理だろう。
最終に残った段階で、修正原稿を再提出、とかないのかな? このミスだったか
他の賞だったか忘れたが、そんな制度があるらしいが。

229 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 06:32:07.36
さあ、貴方の作品は、どの予選委員の所へ届けられるだろうか?

230 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 07:19:43.97
>>223

正確には濁音と言うより、吐き出すように言う半濁音って感じ
「ピピ」って名前の犬を叱ってるおっさんの口調
あとムもムではなく何かに食らいついたときみたいな「ぁム」って感じ
それで半角で書いた
ただ、おれの耳には、ってだけで専門家は違うこと言うかも
ま、2chは韓国嫌いが多いから、あんまりこの手の話題も避けたほうがいいんだろうけど

231 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 09:01:09.42
北京官話の日本
リーベン ウィーベン? なんか、ふつうの日本人には発音できないよ。

232 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 09:38:14.27
シミュレーションもシュミレーションと発音しがち

233 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 10:02:57.58
>>228
「このミス」は修正を前提に選考することが、明文化されていたし、選評でもそのことに触れている。

乱歩のほうは曖昧。
「選評を踏まえ加筆訂正をした」と受賞作の巻末には書かれている。

カタコンベの選評で井上夢人が、
「なお、受賞決定後に大幅な改稿がなされることを前提として候補作を評価するという今回の
選考については、選考委員の一人として、かなり疑問を感じたことを付け加えておきたい」
とあり、
同回の逢坂剛の選評では、
「手直しを条件の受賞には異論も出たが、作品の根底に関わる部分を改変するわけではなく、
単純な文章の手入れが中心なので差し支えない、と判断した。」
とある。

54回の天童荒太の選評。
「ただし、受賞作となった二作とも、先に書いたように肝心の部分で弱点が散見される。
その修正が受賞の条件である。詳しくは書かない。読者の手に届くときには、歴代の
乱歩賞受賞作品にひけをとらぬ秀作として、存分に楽しませてくれると信じられる才能
だからだ」
とある。

その後東野圭吾なども「再会」の選評で、
「欠点は、万引き少年の心をフォローしていない点と、メイントリックに難がある点だが、
解決策はあると思うので一考してもらいたい」
とある。
あとどこかの回で誰の選評かは忘れたが、「とことんブラッシュアップしてほしい」
といっていたと思う。

修正に対してはけっこう曖昧。それを凌駕する内容であれば、修正を条件で受賞作を出すのだと思う。

234 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 11:14:37.86
誤字脱字を含め、ケアレスミスなどがいくつか見つかっても、
修正できる範囲なら、目をつむってくれると。
そう解釈していいのか。

235 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 11:47:15.37
それにしたって程度問題だろ
そもそも受賞作はそんなにミスもないからだろ
ケアレスミスや誤字だらけだが才能があるとか、そんなのそれこそお話の世界だし
受賞作はもっと良くするためにブラッシュアップする、これは当然
1次落ちが2次落ちになるくらいのやつは字がひどすぎて本来の評価もらえないとしても
それまたあたりまえ
(っていうか、それが本来なんだろうし)

つまり、同じ改稿手直し、修正、ブラッシュアップ、いろんな言い方あって
ワナビも最終も同じ言葉使うし一見似た作業に見えるけどやってることはまったく違うってこった

236 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 12:48:47.05
↑おまいは一次落ち確実のようだな。

文章がめちゃくちゃで、句読点も満足に使えない。
おまけに何が言いたいのかさっぱりわからんww

237 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/10(日) 12:56:53.73
>>234
最終に残ったとして、選考委員が協力にプッシュしてくれれば、そういうことだろうね。
ただ、そこまでいくには、234が言うように、かなり高いハードルがある。
誤字脱字やちょっとした勘違いやミスが頻繁にあった場合、かなりしょっぱいと思うが。

238 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/11(月) 05:12:01.41
236みたいなコドモって、このスレにもいたんだw

239 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/11(月) 18:19:53.18
みんな、次はどこに出すの?

240 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/11(月) 19:52:27.23
おまんこの中

241 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/11(月) 22:00:42.79
>>240
不覚にもワロタww

>>239
今月28日締切、第4回TBS講談社ドラマ原作大賞。
ドラマ化確約(自分の希望キャスティングなんかを、参考に別紙で添付しても良いらしい)が嬉しい。

……主役の名探偵は、ローラ希望。

242 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/11(月) 23:22:58.92
>>241
240は前スレの最後の方で書かれていた「中に出す」の二番煎じ。

243 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/12(火) 02:10:26.49
それいうなら「顔に出す」だろ。おれが書いたんだから

244 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/12(火) 07:31:19.00
おまえらほんとに2ちゃんが好きなんだな
ついていけないわ あばよ

245 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/12(火) 23:32:57.50
横溝の通過者に伊兼さんの名前があった。

それから来年の選考委員は東野さんから有栖川さんに変わったな。

246 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 00:54:38.34
>>245
うわあああ。東野先生のために乱歩賞送ってたのに
今年がラストチャンスってこと? 頼むぞ、下読みさん!!!

247 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 01:27:25.28
選考委員なんて誰でも良いよ。
特定の選考委員に読んでもらいたいなんて感情は
俺には皆無だね。
パワーのある作品なら選考委員なんて関係ないよ。

248 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 01:34:26.40
乱歩に送る理由って読み手が下読みさん
含めて豪華だからじゃない? 皆は賞金?

249 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 01:51:59.31
俺は金と名誉のみ

250 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 08:48:27.60
伊兼さん、横溝2〜3回通過してるよな。最終まで行ったことあったかな?
マジ凄いな。
乱歩も毎回最終だし。(去年は二次だったけど)
今年も乱歩応募してるんだろうな。
どちらかで受賞するか、両方もあったりして。新人賞二冠ってのは無理か。

251 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 11:08:41.09
あとはタイミングなんだろうね

252 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 13:27:11.22
伊兼氏の横溝への作品は旧作の焼き直しだって他のスレに
書いてあったが、乱歩に出したヤツかな? どれのことだろう……

253 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 15:44:06.76
下読みさんの指摘かね
情報漏らすような事をしていいのか

254 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 15:48:05.90
単なるやっかみじゃないの?

255 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 18:03:25.12
だな。タイトルからじゃ何もわからん。

256 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 18:05:30.24
しかし、伊兼さんはすごいな。
横関さんよりすごいんじゃねえかな。

257 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 18:32:23.02
そりゃ失礼だ。遠藤よりはすごいだろうが(笑)。

258 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 21:57:57.95
遠藤さんを馬鹿にするな!

259 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 22:13:21.67
遠藤先生は初応募で受賞。苦節うん年の横関さんとは対極におられるおかただぞ。
まだ受賞もできぬ者より落ちるだと?
ひかえひかえい。
頭が高いわい。

初応募受賞はそうできるもんじゃない。実力者のみができる離れ業だぞ。
悔しかったら肥やし買ったら?

何? 玖村さんも初応募受賞? 
高野史緒も? そうか、薬丸岳や翔田寛もか。けっこういるもんだな。こりゃまたシツレイしました〜

260 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 22:21:16.28
伊兼さんは技術的な完成度は高いんだろう。
いわゆる優等生作品。
しかしその先、選考会でよく言われる「魅力」の部分が弱いのではないだろうか。
常に予選を通るのに受賞できないのは、ある意味一次落ちより深刻な問題だと思うよ。
ほぼ完成されてしまってるわけだから。

261 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 22:56:37.07
このスレでは、伊兼さんは影が薄いといえるかな。
四角や下村さんの人気(といえるのかな?)と比べると、地味だしな。まあ、隙がないといえるのかな。

選評を読んで浮かぶ勝手な人物像は、気障な文章を操る元新聞記者という堅いイメージだしな。
文面には、難しい漢字が多く並んでいそう。
推理の仕方も、知り合いに訊くだけで自分の足を使わない、高学歴で無口なインテリって感じだしな。

あーあ、俺に彼の筆力があれば、二次ぐらいには行くのになあ。
ジャンジャン。

262 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 23:10:32.12
名前とタイトルと選評だけで、実際に小説を読んだこともなければ、知り合いでもない人たちに
よく感情移入できるな、みんな。

263 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 23:11:43.23
>>262
あなたが感情移入してるみたいなものよ、ここにいる人たちに

264 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/13(水) 23:54:24.60
ここに書くのは別に感情移入してないだろ

265 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 01:24:35.11
遠藤は5年後にはもういないよ。

266 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 05:16:43.99
遠藤さんをこれ以上バカにするな!

267 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 07:22:45.93
シャンプーのトリックは前代未聞だったな。

268 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 08:01:49.52
>>266
すまん、遠藤君。君は2年後にはもういないよ。

269 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 12:03:01.20
っていうか
そもそも自分が応募するわけなんだから
遠藤だろうが四角だろうがそもそもいない
応募できない奴が、話す事もなく「四角がー」とか言ってるだけ
誰がどうなろうと、自分でない限りどうでもいいのが普通

270 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 14:34:21.82
「そもそもいない」 はあ?

すこし日本語が不自由とお見受けしました。
生活は苦しいのに、核実験やミサイル打ち上げで
心にもない拍手をさせられた半島の人ですか?

271 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 17:57:58.87
一次通過の連絡はだいたいいつ頃ですか?

272 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 18:09:06.65
悪質な釣り師、登場

273 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 18:12:28.52
>>270
なんだこいつ? 反論ではなく文章に文句ってことは正解なのかw

「四角の事話題にしたい人なんか、そもそもいないニダ」

ほらこう書けば君も読みやすいんだろ?
すまんなマイノリティに対する配慮が足りなくて

274 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 18:25:45.16
>>273
釣られてどうする。

275 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 19:19:42.81
釣りじゃなくて、270こそ日本語が少し不自由なんだろう
「そもそも」がダブってるのは269の不備だとしても、「そもそもいない」は文法上まちがっていない

276 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 20:31:30.29
Macユーザーいる?

277 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 20:48:47.67
Androidユーザーだけど何か?

278 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 21:00:29.07
Linuxつかってる
満月がマックつかうワナビ馬鹿にしてたな
理由は忘れたけど

279 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 21:29:47.51
>>277
は?パソコン持ってない貧乏人は氏ねよ

280 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/14(木) 21:35:40.10
>>267
シャンプートリックは、推協のデータベース
「歴代乱歩賞トリック百選」の六位にランクインしたそうだな。
喜ばしいことだと思う。

281 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 01:28:42.75
>>275
文章として間違ってなくても意味がまった通じないだろ。
いないってどういうことだよ?

282 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 01:38:49.18
過去の受賞者や特定の候補なんてどうでもいいよ。
自分はベストを尽くすだけ。
今年ダメだった場合を考え、おれはもう来年に向けて
準備始めたよ。

283 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 12:44:35.07
>>281

かわいそうに、お前以外には通じてんだぜw

284 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 13:41:09.41
俺も分からん。
「自分が応募するわけなんだから遠藤だろうが四角だろうがそもそもいない」

「四角の事話題にしたい人なんか、そもそもいない」 <ー本人書込みだよな?
という意味だなんて、前後の文からも分からんかった。
遠藤や四角は応募するわけじゃないから、関係ないだろ?って意味だと思ってた。

285 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 14:38:08.07
その意味でだいたいあってるよ
応募するわけじゃないから、ではなく(四角は応募するだろうし)
彼らが応募しようが彼らの成績を気にすることとか無意味じゃん
自分に関係ないからってことだけど

「お前はいない」って方言か?
気にしないとか眼中にないとか、で伝わるかな

でも「応募してる人にとって眼中にない」とか言うと、
まるで彼らより力があって、いないみたいなニュアンスが入る
そうじゃなくて「気にしないだろ」って意味で、頭の中にいないだろ

286 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 14:42:19.11
言い換えてみた

ここは応募者のスレだろ
遠藤だろうが四角だろうが彼の新作の成果に一喜一憂して
話題にしたがる応募者なんかそもそもいないよ
応募できない奴が話す事もなく「四角がー」とか言ってるだけ
誰がどうなろうと自分でない限りどうでもいいのが普通

287 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 14:46:03.13
それは方言に近いんじゃないかな?
「いない」を連呼してる人の気持ちも分からんでもないからさ。
いないって聞くと「その場所には存在しない」って
実在的な意味でまず考える。
当てはまらなければ前後の文章で、意味を広げるけど。

288 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 16:32:15.66
>>286
最初からそう書けば良いんだよ。
269が不完全なのを棚に上げて、強引に、分からない
ヤツが悪い、みたいなことを言い出すから荒れるんだ。
自分が悪いときは素直に「ごめん」と言わないとね。

289 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 17:01:26.48
ごめんね、ごめんねー
俺のせい俺のせい

290 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 21:03:54.66
そろそろ応募原稿が下読みに送られた頃かな

291 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 22:56:07.89
なんにせよ>>269が、一次通過できないことははっきりした。
これで1人ライパルが減った。ワハハハハ!

292 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 23:10:54.05
チッチッチ、君には残念だが俺は1次はいつも通ってるぜ
ま、何回応募してるのか、とか前回はどこまでとか
あんまくわしく書くと、特定されそうなんで書かないけど

ミステリーの女神は訛ってようが才能あるもののところに来るのだよ

293 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 23:15:59.32
もうとっくに送られてるんじゃない?
乱歩賞は選考がよそよりずっと早いから、下読みも脈なし作品は途中でさっさと切り上げるんだろうな。
100枚は最低でも読んで欲しいと思うよ。

294 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/15(金) 23:25:39.39
読むのが辛い……というマッコイの呟きが前(去年?)にあったから、一応最後まで読んでるよ

295 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 00:44:44.59
今年はギリギリで推敲も不充分なまま送った。おそらく
一次通過程度だろう。もっと煮詰めていれば最終ら行く可能性も
あると思うが。
来年こそは受賞する。そのためには乱歩賞を生活の中の優先度
トップにしないと。今年はそのためにはもう残業も休日出勤も
しないことにした。有給も全部とる。妻へのサービスも無視。

296 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 06:38:30.66
>>292
アホぬかせwww
何回も応募して、ぜんぜんダメなのが何の自慢になるw

>>293-294
下読みは最初の数ページしか読まない。これ常識。

だがこれは正しい読み方だ。本屋で最後まで読んでから買うか?
普通は最初の数ページだけ立ち読みして、買うかどうか決める。
だから、下読みの読み方は実戦的で正しい評価の仕方なんだよ。

なのですべての小説指南は、最初の数ページに全力を注げと言ってる。

297 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 07:29:59.96
いまさらだろうけど、元岡嶋二人、現井上夢人さんの「おかしな二人」によると、
乱歩の下読みは推理作家協会の会員で、その数人のメンバーでひたすら回し読みするらしい

ってことは、五人が読んだらそのうち三人がおもしろいというような作品でないとキツそうだ

だとしたら、ひとりだけが強烈に推すような作品は二次とか最終前で落ちそう

つまり、乱歩賞を取るには個性を出しすぎてはNG…なのか?

298 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 08:44:08.09
数人のメンバーでひたすら回し読み、して
螺鈿迷宮、一次落ち?
売れない推理作家とかだったら最悪だな

299 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 09:58:18.48
下読みの現メンバーは明記されてるよ。全員評論家だったと思う

300 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 12:12:20.67
推協のメンバーだったのは昔の話
最終選考で一人が強烈に推すとかはあるだろうけど
(それは別に他人がそれを駄目というのの推すではなく、どれが1番かの話し合いだから)
駄作をはじく1次とかで一人だけが推すとかあるかいな
売れない作家だろうが俺だろうが、あんたらだろうが誰が見ても駄目なものは駄目

あと個性を出しすぎると一人しか推さない? アホじゃなかろうか
個性を出せば出すほど全員が推してくれるよ
おそらく個性を出す=物語として破綻とかミステリーから外れる思ってんだろ
ちがうね、完成度が高くてカテゴリーから漏れてなくても個性は出せる

変な文章とかミステリーじゃないやつは、それ失敗作であって個性じゃないから

301 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 12:23:03.57
エデンの戦士たちって面白い?

302 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 12:41:37.22
個性と言わず独創性と言えば解りやすいと思う。

小説に限らず、あらゆる芸術作品から商業的な新製品に至るまで
決め手は独創性だ。「今までに無い」と思わせるものであれば、
選考委員も下読みも、もちろん読者も推してくれる。

ただその独創性の出し方だな。
ミステリーからあまりにかけ離れたものを書いて、それを独創性だと
勘違いしてしまってはいけない。
たとえるなら、スーパーで画期的な新車を売り出してみても、それは
独創的な商品ではなく単なる勘違い。
そういうことだろう。

303 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 13:10:11.91
あれだろ、自分のつたなさを個性と言うことにしておきたいだけ
本当は別なところにもっていけば売れる新車ですらない

304 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 13:15:25.21
村上春樹の1Q84みたいな、野心家の編集者が売れない作家を使って、
応募作品を大幅に書き直し、下読みを通過させてしまうなんてことが
あれば面白いんだがな。

305 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 13:17:03.79
それに個性のない奴に限って、周りと一緒だよな。
しかも同じように見える奴らとつるむとかw

2chも?ははは。まさかな orz

306 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 13:20:21.89
俺の作品はまだまだ質は低いかもしれないけど、光るものがあるはずだ
(だってだって俺には面白いから)
文章のまずさだって賞とってしまえば良い大学出の編集者が直してくれるはずだ
(才能もないお勉強できるだけのあいつらはそのためにいるんだし)
いいやちがう俺の作品は質が低いのではない、これは俺の個性だ!!
でも全員が推すということはないだろうなぁ(そのくらいは気がついてる)
誰か一人くらい俺のような”できる”下読みなら強烈に推してくれるはずだ


という蜘蛛の糸のような希望

307 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 13:49:32.11
↑才能なしwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

308 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 14:07:14.01
推理小説の賞スレなのに、新しいトリックを開発するような話しが
一向に出てこないのはどうしてなんでしょうか?

309 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 14:17:20.54
盗まれると困るって思ってるんだろう。

・・・とは言っても、ほとんどのトリックはもう誰かが思いついてるんだがw

310 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 14:18:34.45
そんなもん、人に言わないでしょ普通

311 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 17:17:30.71
個性と書いたのが悪かったかも。俺が言いたかったのは、
評価が極端にわかれる作品は最終まで残るのが難しいんじゃないかってこと

「おかしな二人」に書かれていた選考方法がまだ使われているとしたら、
・1次、五人の選考委員で全応募作を等分する。
200作の応募があったとしたら、40作ずつわけ、その中から5〜10作選ぶ

・2次、通過作を、一次で読んだ作品と被らないようにまた五人で分担する。
その中から2〜3作選出

・3次、通過作をまた被らないように五人が分担して読む。そしてベストの作品を選ぶ
なので、最終選考には選考委員の人数と同じ五作が残る

という段階経ないと最終選考までは残れないことになる
つまり、最終までは合議されることなく、一人の選考委員の独断で選ばれる

このミスの選評とかメフィストの座談会でよくあるように、
「私(A選考委員)は評価しなかったが、B選考委員は絶賛していた」
って作品があった場合、一次はBさんに読まれることで通過できても、
二次三次でAさんに当たったら落とされることになる

もちろん井上夢人さんは、
選考委員は読み達者だ。一次で落とされるような作品は二次三次で落とされる、という風に書いてる。

でも、三回も独断で選ばれる以上、
一次二次で最終候補レベルと判断されても、三次のただ一人に駄作と判断されたら落とされる

ならアイディアが傑出していても、文章なり構成なりに荒があるが作品よりも、
すべてにおいてレベルが高い作品の方が最終に残りやすいんじゃないかと思っただけ

当然、俺もそうじゃなければいいなと思ってる。十角館のような革新的な作品に受賞してほしい
(俺が、十角館なみの作品をかける、と言っているわけではないけど念のため)

312 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 18:09:12.58
同じことだよ
多少の傷なら上に行くだろ、1次で落ちるほど難かがあるなら
そもそも商品として駄目なんだよ
コナンとかゴルゴ13などの会社組織の作家はアイディアや調査だけのスタッフいるらしいけど
そういうところの社員を育てたいわけじゃない、作家を探してんだよ
3回転ジャンプできるけど、まっすぐに滑れない人は用なしなの

そして、1次レベルでは評価が極端になんか分かれないの
クソはクソ、小説の体をなしてないと思うレベルなら
「アイディアがすごいから」とかいって高評価するやついゼロなの
だって作家になってから毎回だれかがリライトして小説にするわけいかないだろ?
だれが下読みでも上に行くくらいの小説能力は要るの

313 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 18:23:38.12
じゃ、革新的な才能を見逃すだろうって?
だいたいA選考委員は評価しなかったが、B選考委員は絶賛していたものは売れないじゃん
明らかに金払う読者には、B選考委員が持つ才能を見つける能力ないもの
つまり、多数レベルにも革新的であると思われないようなら一人くらい推しても無意味なんだぜ

そもそも世のなかに磨かれてない革新的な才能とかごまんといるんだよ
近所の八百屋の親父がそうかもしれない、ウチのばあさんがそうかもしれない
自分に革新的な作品を書く才能があると思うなら
それが破綻と思われないように、これは才能だと見せる必要が要るの
こういう技術的なものは、はっきり言ってセンスよりは努力の分野だから
自分でコツコツやるしかないし、出版社にとっては商業レベルになってから仕事依頼でも間に合うのね
だから、一人だけが推す「才能かもしれない」君は落ちてもいいのよ

314 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 18:59:36.34
>そして、1次レベルでは評価が極端になんか分かれないの
読めばわかるが、一次落ちレベルの作品は問題にしていない

>だって作家になってから毎回だれかがリライトして小説にするわけいかないだろ?
これは間違い。新人賞受賞作は手直しして出されるのが当たり前だから
大抵の受賞作には「受賞作を加筆修正した」という一文が入ってる
リライトが全面改稿の意味だとしたら、そんなのは落ちて当然
だれも全面改稿されるような作品を問題にしてない

>つまり、多数レベルにも革新的であると思われないようなら一人くらい推しても無意味なんだぜ
多数であってもその作品を評価しない少数はいる
その少数に二次や三次で当たったら落とされる
そこで合議があれば最終に残るかもしれないが、一次から三次までひとりにしか読まれないんじゃその可能性はない
乱歩賞は、他の一次、二次、最終の三段階選考の新人賞よりその危険性が高いと言いたいだけ

それと質問。
>だいたいA選考委員は評価しなかったが、B選考委員は絶賛していたものは売れないじゃん
これだけ言い切るなら、根拠を教えて。証拠もあげて
少なくとも通常の新人賞受賞作と、誰かひとりが推した受賞作では有意に売り上げの差があるって証拠ね

で、最後
>「アイディアがすごいから」とかいって高評価するやついゼロなの
仮にもこのスレにくるなら、若桜木さんの本や各新人賞の選考委員のコメントは読んでおきなよ
(たとえば横溝正史ミステリ大賞の有栖川さんとか黒川博行さんのコメントね)
新人賞は基本、オリジナリティ重視。つまり革新的な作品を求めてる
まぁ乱歩賞は完成度重視だから、アイディアがすごくても完成度が低ければ落とされるんだよ!
そう言いたかったのなら、確かに俺が間違ってたんだろうね
てっきり、乱歩賞も革新的な作品を求めてるんだと思ってたから

315 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 19:39:33.03
長い書き込み読めませ〜ん
めんどくさいで〜す

316 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 20:03:29.38
>>314
チミが何を問うているのかよく解らないな。
>>312-313は、言い方はキツイがその通りだと思う。

チミは「わからず屋の下読みが一人でもいれば、俺の革新的で個性あふれる
作品が落とされてしまう!」と言いたいのだと解釈する。
その通りだ。だから、わからず屋の下読みにも文句を言わせない作品を
書かなければならない。文章力、アイデア、プロット、うんちくの
全てが水準を超え、なおかつ革新的で個性あふれる作品でなければ
とてもじゃないが受賞なんか無理だ。

乱歩賞もそうだが、新人賞は選ぶための選考ではなく、落とすための
選考が行われる。そこを勝ち抜いていける作品を書かないと受賞できない。

317 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 20:50:14.82
>長い書き込み読めませ〜ん
めんどくさいで〜す


これを書いて羞恥心を感じない神経を疑う
とりあえず315と会話しても無意味とわかった。
最近小学校に仕事でいったんだが、そこの小学生を思い出した。
小学生と実のある会話なんてできないもんな。
チミの場合は小学生より低レベルだから余計にだ。
論理的どころかまともな会話ができない少年、もしくは少女には推理小説なんか書けないよ
もう乱歩賞への投稿やめたら。チミは下読みにも編集者にも迷惑だよ

あと316も、わからず屋の下読みにも文句を言わせない作品、というがそんなの無理だろ
315みたいなわからず屋は、江戸川乱歩さんだろうが横溝正史さんだろうが文句を言わせないなんてできるはずがない。
つうかすべての人を納得させるような作品なんかあるわけないだろ
(315と316は同一人物かもしれないが一応言っておく)

>チミが何を問うているのかよく解らないな
チミは日本語すら理解できないのか?
それでよく恥ずかしげもなく乱歩賞に応募できるな。そりゃ落選するよ

あと、新人賞が落とすための選考なわけないだろ
一次はともかく、最終目的は優秀な人材を『選ぶ』ために行われてるに決まってる
それぐらいのことは理解してから応募しなよ、チミは

マジで無駄な時間使った
もうここへ来る必要も意義もないな
ってことで俺はもうここへは来ないから
いくら反論しても暴言吐いても俺は読まないよ
それでも反論暴言をやりたきゃどうぞご自由に

318 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 21:26:43.73
>>317
チミも妙なことを言うな・・・
>わからず屋の下読みにも文句を言わせない作品、というがそんなの無理だろ

無理だと思うんなら、なんで応募するんだ。
文句を言わせたら、苦労して書いたチミの原稿は次の瞬間
シュレッダーボックス行きだぞ。
もちろん俺は文句なんか言わせないつもりで書いてるし、自分の
書き上げたものは、そういう作品だと思うから応募している。

もちろん受賞作であっても批評はされるし、実際には文句も言われる。
だけど下読みも突破できる自信も無いのに、じゃあ、なんで応募するんだ。

319 :316:2013/02/16(土) 21:30:46.37
ちなみに俺は>>318で、なおかつ>>316である。
>>315とは別人な。

320 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 21:44:37.96
乱歩賞って、一人二作品応募してもOK?

321 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 22:11:47.31
>>320
応募要項に書いてないからOK。
おれは3作一度に送ったことがある。

322 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 22:38:21.59
バカバッカ

323 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 22:40:28.51
313

>これは間違い。新人賞受賞作は手直しして出されるのが当たり前だから
>大抵の受賞作には「受賞作を加筆修正した」という一文が入ってる

そりゃ修正はあるが、作家になってから毎回商品化に耐えるほど
直してくれる様な出版社はいないって話だよ
君の言う全面改稿のことだよそして、全面改稿が必要なものは
落ちるよってのは、そもそも俺の意見

1次2次なんていうのは合議するまでもなく駄目なものを落としてるんだよって話な
「ああ、これ全面改稿しないとだめだね」ってやつ
こんなものを見つけるのに合議は要らないって事
1次で落ちるような、ぼろぼろのやつは、製品と変わってるけどそれは才能とかオリジナリティじゃないの

あと、オリジナリティが優れてるのを推すのは当たり前
それは、出来上がっているオリジナリティなの
完成度とアイディアならアイディア推すの当たり前
アイディアがすごくても最低限の足切りはあるのね
「ははは、この人、面白いこと思いつくな、でも失敗作」で終わりなの

324 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 22:58:06.72
最終選考でA,Bでどっちが良いとか言うときに一人だけがAを推す
とかいう事例はよくあるだろうけど
(だってフルターを通ってきたものだけの勝負だからね)
それは1次2次ではないよ
仮にあったら、そんなレベルでだれかが推さないものは、読者も選ばない
もちろん、多数の好みを嫌う人もいるが、その少数君でさえ駄作は選ばない
って事

325 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 23:35:05.77
新しい質問よろしいですか?
ポリティカル・コレクトネスについては、審査でどう扱われるのでしょう?
皆さんは、普段からポリティカル・コレクトネスについて気おつけていますか?

326 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/16(土) 23:59:06.54
>>325
過度に気にするようなことはしないが、差別的な意味で使う場合は気をつけているね。
よほど露骨じゃなけりゃ選考ではスルーだと思うよ。

根拠としては新人作家掘り起こしだから他に見るべきところが多い。校正で直せる。
てことで個人的には世の中に喧嘩うるようなものじゃなきゃいいんでない?と思う。
世の中に喧嘩売るようなものでも、うまけりゃ通るかもしれない。

327 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 00:00:32.43
あ、ここは新人賞じゃなかったか・・・

328 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 00:29:40.34
>>326
なるほど、審査については、よほどの事がなければ大丈夫と言うことですね。
では、作品ではなく普段の行動や書き込みではいかがでしょう?
326さんは、そんなことないでしょうが、このスレでさえ、
ポリティカル・コレクトネスに全く配慮のない書き込みがあったりするので、
他の皆さんは、どうなのかなぁと思いまして。

329 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 01:17:26.99
かつて乱歩賞で出版されないことがあったよ(その後出たけど)
あと、だいぶ改稿必要と言われたものもあったよ

小説現代では露悪的な差別用語を直さないとごねて
最終へいけなくなったって話を花村満月がしてた

330 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 04:05:23.13
ポリティカル・コレクトネスに全く配慮のない書き込みがあったりするので

↑いろいろ分野がありますが、全般? 半島系? その他?

331 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 11:55:15.41
ボリティカルなんとかなんて、関係ない小説の方が多いだろ。
そういうのが必要な人は独学しろ。ここには専門家はいないから。

332 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 14:01:21.02
花村萬月って、乱歩賞と小説すばると小説現代と小説推理で最終に残ったんだよな。

333 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 16:26:41.21
萬月が乱歩賞に応募歴があるのは知っているが、
最終に残ってたってのは初耳。いつの回の、なんて作品名?

334 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 20:44:52.41
1次通過じゃなかった?
本人はミステリのような論理的構造にして落ちが必要なものは堅苦しいって言ってるけど
オールラウンドに何でも書けると嘯くが、それでも結局は得意不得意が
あるってことでしょ

335 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 23:31:52.54
まんげは才能がないということでオッケー牧場?

336 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/17(日) 23:36:46.75
>>330
このスレで最近あった人種差別系のものは記憶に新しいところですが、
良くあるのは、知的障害をもつ人々の呼び方を蔑称として、
用いる物ですね。あと、蔑称としての「ゆとり」も如何かと思います。
どう、思われます?
>>331
ミステリーでは、関係ない小説の方が少ない、とまでは、
言いませんが、気をつけねばならない、ことの一つじゃないでしょうかね。
ミステリーじゃないけど、ちび黒サンボは有名な例でしょう。
乱歩の小説の一部はもちろんのこと、Yの悲劇もかなり際どい線ですし、
砂の器も社会派だから許されたという面もあるのではないのでしょうか?
今は、問題に成っていませんが、「サイコパス」という言葉も、
将来インコレクトな言葉に成るかも知れません。

337 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 00:26:20.17
こういう、しれっと自分は正義に側にいる気取りで
どんどん言葉を増やそうとしてるやつ大嫌いだわ

「いかがと思いますか」「成るかもしれません」だってw 
禁忌な言葉にしたくてしたくてしょうがないんだろ?

成らないように抵抗するのが作家だろうが

338 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 01:02:39.19
>>331
ポリティカルの意味分かってる? ミステリでそれがそれほど重要?
リーガルじゃないんだよ?

339 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 01:03:10.16
>>337
「ゆとり」「サイコパス」は別として、その他の言葉は、
差別的に用いることは、すでに「禁忌」と成っているのではないでしょうか?

>成らないように抵抗するのが作家だろうが
人種的差別用語の「禁忌」と戦う作家の代表とも見なせる政治家でもあるI氏は、
一方で「非実在青少年」と言う言葉を言葉を作り出すことに荷担した。
はたして「成らないように抵抗するのが作家だろうが」と、言い切れるものなのでしょうか?

340 :339:2013/02/18(月) 01:08:32.81
チョットずれたこと書き込んじゃった。
331に対して336で言いたかったことは、
意外に関係するんだよ、と言うことなのでよろしくお願いしますね。

341 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 01:13:32.96
>>338
ミステリーだから裁判とか法律とか関係したのはあるが
リーガルコレクトネス(という言葉があるか知らんが)
もあまり要らないだろ。
ポリティカルコレクトネスもそれほど気にする
必要はないけどな。

342 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 01:16:33.86
325はなんか頭でっかちな感じがする
そりゃ、差別公平とか配慮は大事だが、そういうのは
良い小説を書くためには枝葉末節なことだとオモ

343 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 06:52:35.70
ねえねえ、「遠藤さん」も差別用語?

344 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 07:02:04.70
こういう下らんことを聞く奴に対して、差別用語を使いたい衝動に駆られてしまうよ。

345 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 07:06:09.88
↑遠藤さん

346 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 14:04:00.50
一次通過の山に入ってますように。
下読みさん、お願いします。
(>人<;)

347 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 17:57:00.45
キャラクターを立たせるにはどうしたらよいのか。この壁を未だに越えられていないように感じる。
このあたり、無意識にできる人が羨ましい。なんか、人間が書けていないと、自分が深みのない人間だからだと思えて辛い。

348 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 20:30:08.95
ノータリンって使っていいの?

349 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 22:41:53.49
キンタマ野郎っていうのはどうかな?

350 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/18(月) 23:16:21.06
作家志望者の世代交代が始まってるみたいだな。
創作文芸板全体に言えることだが、軽口叩いて喜ぶヤツが一気に増えた印象だ。
なんのメリットがあるのかは知らないが。

351 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 00:35:09.31
いやいや、単にこのミスのスレがまじめになったんで、
そっちで暴れていたお子ちゃまたちが少し流れてきただけでしょう。

352 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 03:10:39.14
作家志望だと酔った勢いで同僚に言ったら、鼻で笑われたわ。
挙げ句に「夢があるっていいよな」とアクビ交じりに言われたわ。

353 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 12:25:57.08
趣味で絵を描いたり、小説書いたりしてる。
って言えば問題ないよ。
キモは「趣味」と他の文化的要素も並列すること。
「最近、力入れてんのは小説だけどさ。お前って小説読んだり・・・」
なんて続けば普通に会話できる。
他にも「アウトドアはキャンプで、インドアは小説読んだり書いたり」とかw

354 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 15:25:06.55
作家志望とは、そんなに現実的でなく嘲笑の的なのだろうか。
だとすれば、何が原因なのだろうか。
志望歴が長いせいで、一般的な印象がわからなくなっている。

355 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 15:52:02.84
>>354
俳優志望、とか、歌手志望みたいな感じだと思う

356 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 16:37:00.10
例えば、40過ぎて歌手志望だの俳優志望だのと言えば痛い感じがあるけど、作家とか芸術系は許容されてると思うけどなぁ。
何となく、自分と向き合ってて崇高な感じ。

357 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 17:06:33.65
手が届かない無理っぽい夢であることには変わらないから。
宝くじで一等当てるより、非現実扱いだよw
作文ですらみんな苦労してるし、その崇高っぽさも臭い。
残念だけど理解されにくいさ。

嫁さんと嫁さんの両親は割合受け入れてくれてる。
理由は彼女らが読書家で、俺が創作物を読んで貰ってることと
一応キチッと仕事しているからじゃないかと。

358 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 17:18:14.60
家族に理解があるといいよね。
うちなんか嫁が読書しないし、一緒にくだらんテレビ観ること強要されるから、パソコン起ち上げるだけでイライラされる。

359 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 17:28:29.03
それは痛い!
おバカなTVもたまには良いけど、強要とは・・・。
ただ逆に、マンガ読んでヘラヘラしてると冷たいw

360 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 17:52:10.12
嫁が自立してないと結婚は辛い。
ま、逆もあるだろうけどね。
いつも一緒に……的な人は苦手だが、理解があるパートナーだと嬉しいな。

そもそも、作家は結婚してるのだろうか。
遠藤さんとか横関さんは独身だと思ったが。川瀬さんは結婚して子どももいると何かで読んだし、高野さんも既婚、玖村さんはわからん。

男の場合は稼ぎがないと結婚は厳しいな。

361 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 17:57:44.25
ヒモになりたい

362 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 18:23:27.64
>>360
乱歩賞作家じゃないけど、
一週間ほどまえ、BSの加藤コージの司会の番組で、
貴志祐介がでていたが、40代になってから結婚したと言っていた。
相手は、出版社の編集者。

363 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 18:33:56.78
あんなハゲ面でも、金に目が眩んだ編集はゲットできるわけか。
やっぱ男は顔か金だな。

364 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 18:46:56.82
>>363
ゲットって、あんた、結婚は重婚を認めずに、一対一対応するんなら、相手を選ばなきゃ、
みんなできるようになってるんだよ
結婚できないんじゃなくってしないだけ

365 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 18:51:56.70
相手を選ばなくても、結婚できないヤツなんざ山ほどいるわな

366 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 18:52:33.46
貴志の才能に惚れたんだろう
イコール金という言い方もできるが

367 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 19:02:31.63
若い頃の貴志は髪もふさふさで、男前だったと思うが
(まあ、若い頃はみんな髪がふさふさで男前だが)
確か、青の炎のCMに、スーツ姿で出ていたような気がしているのだが、
俺の勘違いかもしれん(拳銃を抜く動作をしていたような気が…)

368 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 21:21:53.69
今って作家もタレント性が必要
乱歩賞とか、最終的に電話出た時のトーク力で決めてるって
編集長の裏話で書いてあった。
いまはテレビ出ないと本が売れないから。

369 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 21:34:26.17
電話に出たときのトークって、意味不明なことかくなよ。

370 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 21:43:49.18
トーク力以前に、作品力だろ!
そんなもので選別されるなら、とっくの昔に俺が受賞してるぜよ。
まあ、今までに、最終に残ったという電話がかかってきたことはないがね。 

371 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 21:57:20.87
>>370
トーク力あるならタレントか芸人になれよ!

372 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 23:43:24.39
電話くる夢見た。
正夢になりそうな予感……。

373 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/19(火) 23:48:59.13
貴志祐介はサイコパス顔

374 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 03:06:45.98
もう実質的に一次審査は終わっているだろうな

375 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 08:30:53.40
え⁈
早くない?

376 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 10:03:38.37
ドキドキ…

377 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 11:34:59.81
一次通過する自信はある。
が、その上となると、途端に自信が揺らいでくる。
どこをどう工夫すれば、二次、三次に進めるのか。未だに掴めないんだよ。

378 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 12:27:38.55
一次審査は一人の予選委員が決めるからね。まだ決まってないに
しても、割り当て分はほとんど読んでしまっているだろう。
一人の予選委員が50作以上読むことになるが、予選委員は
読むのが速いからね。一日に数作は軽く読むよ。

379 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 13:14:45.50
マッコイのツートは乱歩?

380 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 15:17:55.60
どれ?

381 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 15:39:00.43
「なぜこんなものを二次に残すかと」というやつだと思う。
横溝とか松本清張じゃないかな?

382 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 16:00:35.59
こんなもの、か。

383 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 16:33:02.84
マッコイってよく下読み関連のこと呟くけど、サービスのつもりなのかね。
自分の見識こそが正しいと思ってる、マヌケにしか見えないんだが。

384 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 16:51:01.11
それなりに需要があるし反応もあるからつぶやくんだろ。
痛い発言もたまにあるが、まあまあまともなことを言っているとは思う。

385 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 16:51:36.24
マッコイの情報は貴重。
どんどんつぶやいてほしい。

386 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 16:53:37.27
直木賞とってから、池井戸先生はつぶやかなくなった。

387 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 17:00:58.92
下読みがもらす情報は精神安定剤的な意味はあるが、
実質上、何の役にも立たないもんばかりだろ。
そんな情報なくたって、獲る奴は獲るからな。

388 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 17:01:05.50
そもそも、どの賞でも下読みが偉ぶりすぎ。
応募者は人権を与えられてない奴隷のよう。

389 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 17:12:20.53
そりゃアンタの被害妄想だ。実力つけなさい。

390 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 17:25:44.14
実際、受賞者以外はゴミだから。

391 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 17:34:19.01
編集者は最新5作しか読まないみたいだし、その他大勢は名前すら覚えてもらえない。
人生の縮図のようだ。

392 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:07:59.90
思うに、下読みはミステリーを書かないのだろうか?
最初から読み専なのだろうか?

1 かつて書いていたが挫折した
2 最初から読み専で、書いたことはない
3 今でもプロフィールを隠し応募しているが、落ち続けている
4 いつかは大作を書こうと心に誓っているが、今はそのときではないと思っている

2が多いと思うが、1と4もいるかも

393 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:14:25.63
誰かが言ってたよね。
編集者と書評家は、所詮作家になれなかった奴らだって。

394 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:25:42.34
プロ野球でいえば、選手と審判の違いだろうな。
ところが、下読みは審判ではなく、コーチだと勘違いしている人が多い。

395 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:33:19.32
ああ、なんとなくそれわかる。
ジャッジじゃないんだよな。
妙に上から目線。人のフンドシがないと食っていけない人種なのに。

まあ、創作者と評論家のバトルは大昔からあるわけだが。

396 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:34:39.98
>>394
なるほど。わかりやすい説明だな。納得。

コーチと勘違いしやすいな。
コーチは選手経験がある者がほとんどだしな。

397 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:35:07.92
下読みがどうであろうが、実力のある作品が上にいく。

398 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:36:26.33
相撲にたとえると溜飲が下がるかもな

力士と行司

399 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:39:02.04
音楽、映画、小説、絵画。
どの世界でも評論家はデカイ顔してるからウザがられるわな。
つか、評論家は偉いみたいな風潮って、いつからできたんだろう。

400 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:42:33.12
評価する側をどうこういってどうなんの? 俺らは全力で物語りを創作して
乱歩賞に投稿した。後は結果を待つだけじゃん。学校の面接官の事どうこう
言う奴いる? 全てが実力と運なんだよ。

401 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:50:34.03
>400
四月まではどうせ俎板の鯉で、ただ待つだけだろ。
このスレも、愚痴ったり、ネタ振って遊んだりするだけなんだから、
野暮ったいこと言うなよ。

402 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:52:51.37
皆さん揚げ足取りしか能がないですなw

403 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 18:54:54.06
いつの時代も、声のでかいヤツができるヤツと勘違いされがち。
どの会社にもいるでしょ。
もっともらしいことを声高に言って、周りを煙に巻くタイプ。

404 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 19:00:30.76
確率的に一次審査が最難関ですよね?

405 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 19:10:44.82
>403
一つの会社しか知らないっす!

406 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 19:18:22.18
>>404
受賞が最難関だろ。

407 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 19:31:19.83
受賞以外は無意味。

408 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 19:48:27.56
ここに書き込みしてる奴らで、受賞する人っているのかな……

409 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 19:58:14.99
悲しくなるようなことを書くなよ。

410 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 21:19:57.23
受賞作が決まれば、350人近くが、
カス、クズ、資源の無駄、妄想野郎と言われて落ち込むんだからさ
それまでは受賞するつもりでいようぜ

411 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 21:27:24.90
うん!

412 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 21:28:11.35
マッコイのツイートは乱歩じゃなかったようだな
先ほど、予選会が終わったとつぶやいていた

413 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 22:24:27.42
動物虐待者のリスト・氏名・住所・電話番号
http://kogenta-site.tripod.com/index_f.shtml
http://mimizun.com/log/2ch/seiji/981414861/9
http://mimizun.com/log/2ch/dog/1021995311/2
http://mimizun.com/log/2ch/dog/1021995311/16
http://mimizun.com/log/2ch/dog/1021995311/26
http://mimizun.com/log/2ch/dog/1021995311/36
http://mimizun.com/log/2ch/dog/1021995311/38
http://mimizun.com/log/2ch/dog/1021995311/136

414 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 22:45:01.06
予選会で、気に食わない作品が上げられたということか。

415 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 23:10:54.26
>>393
そういう人もいるだろうけど、ほとんどは違うだろ
編集者は高学歴で将来も保証された一流企業の社員
作家みたいないつ消えてもおかしくないヤクザな稼業とは違う

416 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/20(水) 23:30:31.37
横溝の二次選考だな。一次通過作の中に「こんなもの」があったわけだ。
もし俺が応募者だったら、応募者に対する侮辱だと角川に抗議したくなるな。

417 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 00:38:58.68
そういや、伊兼さんは横溝通過してたんだっけ。二次に進めたのかな。

418 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 01:44:09.76
自制や自省のない傲慢野郎は、大抵「こんなもの」レベルだよな

419 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 02:11:21.71
は?

420 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 09:07:02.94
4月まで、次作に取りかかれそうにないや。結果が気になってしゃあない。
まあ、乱歩賞は選考が早いからいいか。

421 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 13:26:32.55
一次審査の結果っていつ分かるんですか? 通ったとしたらですが。

422 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 14:01:06.51
>>421
最終選考に残ったら直接電話があるらしい。それが4月上旬くらい?
一次審査に関しては連絡はない。以前は、受賞者の発表がある小説現代7月号に
載るだけだったから、それまで分からなかった。
今年は5月号で三次選考の結果も寸評付きで載るらしい(つまり、二次を通過
した作品は全部載る?)から、その時点で発表されるかも。
去年はどうだったのかな?

423 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 14:03:54.52
あ、ごめん、俺が参照したのはこれ

ttp://www.bookclub.kodansha.co.jp/books/bungei/gendai/index.html#box7

これって来年の募集要項だったから、今年とは違っているかも。
どこかに今年の募集要項は残ってないかな?

424 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 14:12:41.39
>>422
じゃあ一次通過したかどうかは分からないわけ?

425 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 14:27:48.46
一次通過、去年は5月号にのってたはず。
だから、わからんことはない。

426 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 16:25:43.44
4月まで結果はわからねーわけか。なげーな。
5月号って4月のどんくらいに発売??

427 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 17:05:26.88
小現の発売は20日過ぎだよね。
で、最終に残れば4月の2週目までに連絡があるんだっけ。
下読みの選考会から、3日後ぐらいまでは望みがあるらしい。
川瀬のブログに書いてあった。

428 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 17:16:24.89
去年は4月4日が予備選考会だった
今年はいつかな

429 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 17:35:11.99
>>426
なーに、11月末締め切りの小説推理は中間発表が7月号、
8月号でやっと最終発表だからね。
乱歩賞はけっこうはやい方だよ。

430 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 17:36:21.86
去年は早かったんだね。
そう考えると、もうすぐじゃん。
あー、ドキドキする。

431 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 17:46:32.79
最終に残るのは夢みたいな感覚だけど、電話がないならないでガックリくるんだよな。
あの落胆はなかなか他では味わえない。

432 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 17:56:59.84
妄想w
乱歩賞は落選にも電話が来るんだなこれが

433 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 17:58:08.39
こねぇよ

434 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/21(木) 23:52:41.52
選評ほしいなぁ。

435 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 01:46:01.80
二次通過すれば選評はもらえる。

436 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 08:52:46.03
でも、あまり意味のある選評はないような気がする。
ただの駄目出しで、だから?というものが多い。

437 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 10:42:57.63
自分のためだけに印刷された活字ということに意味がある。
つか、誰が選評入れたのか下読みの名前を書いて欲しい。

438 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 11:05:29.08
自分では斬新だと思ったのに、既視感ありありと言われても困るぞ。
それで受賞作は二次創作だったりすると、途方に暮れる。
結局は受賞と落選のどちらかしかないんだよ。

439 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 14:32:18.62
受賞作が二次創作なんてこといままであったの?

440 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 14:50:21.22
去年

441 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 15:50:00.15
二次創作というより、いい目のつけどころだったんだよ。
有名小説の続編を乱歩賞に応募すれば、斬新だと注目されて受賞の確率が上がる。
しかも売れないプロで、話題性も充分。
もう二度とできない禁じ手に、いち早く気づいた受賞者の勝ちだな。

442 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 17:21:21.49
結果がすべてであって、受賞者が勝者というのはその通り。
でも、自信作を応募した落選者が本音でそう思えるかは別だな。

443 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 18:06:54.19
的確な戦略だし、ある意味清々しいじゃん。
カラマーゾフという下敷きがなければ、彼女は受賞できなかったよ。
現に、受賞後の短編は退屈な仕上がりで、なぜ今まで売れなかったのかがわかる。
だけど、どんな手使っても乱歩賞を取りにくる貪欲さは認めていいんじゃないか。

444 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 18:15:26.81
あらゆるミステリーの禁じ手を、ごった煮にしてる印象。
既存の名作の続編もそうだけど、多重人格とか犬ロケットとか「聞かれなかったから言わなかった」とか。
カラマという名がなければ、とても受賞できないでしょう。
だから、戦略勝ちだよね。

445 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 18:19:17.22
これを落とすのは読書通のインテリじゃない、バカだ、と選考委員に思わせた心理戦

446 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 18:22:22.15
偉い下読みさんの目まで騙せたのか、それとも敢えて騙されたのか
ただの戦略だけに目が奪われたとしたら例の偉い下読みさんの見識って?
まさかそんなことはあるはずがないので、きっと優れた作品なのだと思うよ

447 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 18:25:18.53
今野敏のような考えが選考委員の主流を占めてたなら、受賞はなかっただろうね
その場合、四角が受賞したかもしれない(今野敏の一推しだったからね)

448 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 18:27:14.89
螺鈿迷宮一次落ち!!

霊界の乱歩が、もうお前らおれにこれ以上恥かかせるなって怒ってるぞ

449 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 18:34:55.28
昨年の予備選考会は荒れたみたいだね

「今日は頑張りましたよ」と夜九時過ぎ頃、マッコイのツイートにあった
(正確な文面は忘れたが、自説を主張したというような内容だった)
マッコイが、賛否のどちらの意見だったかはわからないのだが
(果たして、カラマで揉めたのかも定かではないが)

450 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 18:37:45.86
カラマは他人のふんどしで相撲とってるのにエラそうな語り口が嫌だった

451 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 19:03:40.59
なんか同じ奴が一人二役してんな〜w バレバレだっつーの。。

452 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 19:19:13.54
受賞作けなさないと生きていけないんだろ
さっしてやれ

453 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 19:21:49.06
>>452
きみだよ

454 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 19:42:54.76
香山さんはカラマを上げるのに反対してたよ。去年の小説推理のコラムに書いてた。
やっぱり、二次創作を乱歩賞候補にしていいのか、みたいに思ったみたいだね。

それに、四角は恐らく一般ウケすると思うよ。
冒険とかエンタメに徹してるわけだし、単純に楽しめそうだしね。

455 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 19:56:26.34
いい加減、四角四角うるせえな
いちいち話題に出すなよ
本人なのか。 キモいんだよ

456 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 19:59:14.62
君はなぜ四角に反応するんだい?

457 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 20:03:01.22
>>443
>>444
戦略の勝利といえばそうだけど、カラマの続編を書けという課題を出したら、高野史緒よりも面白い
続編書きそうな奴はいくらでもいるだろうけどな

458 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 20:03:46.23
四角はかみ終わったガム
もう味がしない

つーか受賞作について語るなわかるが、受賞してもいない人が
出版したらどうなるかと気にしてるほうがおかしい
おまえは自作を応募してないのかと

459 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 21:05:40.15
>>454
なるほど。さすが香山さんだな。
(なんとなくノリで言ってみたのだが、香山さんってミステリ命って感じで、
俺としては以前から好印象だった。更にポイントアップ)

460 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 21:08:49.97
>>457
おお! 気づかなかったが、それはまったく正しい意見だと思う。激しく同意。

461 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 21:47:44.93
あれだろ、コロンブスの卵
いま鉄腕アトム描けっていう課題出したら、もっと上手なやついくらでもいるけどなw
って言うみたいな恥ずかしさに気がつけ
(しかも書けない奴が言うって恥ずかしさ倍だろ、それに激しく同意してる奴は3倍)

462 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 22:37:54.54
日本語書けないの?

463 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 23:18:30.12
反論できないやつは日本語に文句

464 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 23:26:12.64
新人賞では禁じ手といえるやり方だから、誰もやらなかっただけだろ。
コロンブスの卵とは全然違うわ。
反対した委員もいたが、プロがなりふり構わずやってきて、
タイトルだけで売れると判断できたから、授賞させたんだろ。

465 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/22(金) 23:56:27.47
四角に反応とかいろいろ言っているやつがいるが、
だれか四角の作品を読んだことある人いるのか?
もちろんおれはない。

466 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 00:05:45.89
あれはプロだからこそできたんだよ。
賞に落ちたとしても、営業かけて出せる出版社はあるだろうからね。どっちに転んでも作品が無駄にはならないから、そのへんは余裕があるよ。

俺みたいなズブの素人は、二次創作ネタを思いついたとしても、それで勝負を仕掛けるだけの余裕がないし、なんか倫理に反するような気にもなる。
100パーセント自作で臨みたいからなぁ。

まあ、あれを超える候補がなかったんだからしょうがないけど、乱歩賞作家とは呼びたくない感じ。

467 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 00:16:16.37
>>466
その通りですな。
「あれを超える候補がなかったんだからしょうがない」、これに尽きます。

468 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 00:21:37.89
事あるごとに四角の名を出すのは、本人だろ。気持ち悪いからすぐ分かる。

469 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 02:59:33.97
本人のわけないだろ
こんなとこに来るかよ

470 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 03:04:29.74
見苦しい人だね

471 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 03:40:08.93
>>470
本人はあまりこんなところに来ないだろうね。
決めつけている君の方がよほど見苦しいかも。
しかし俺も四角い人の話題は毛嫌いしている一人。

472 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 07:26:49.71
気持ち悪いスレだな。

473 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 07:28:19.62
おまえがな

474 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 08:03:08.49
気持ち悪い?
そうか?
いろんな話題が出て面白いスレだと思うけど。

475 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 08:20:00.23
応募作を読んでもらった友人からメールがきてた。
ダヴィンチコードに似てるだって……。
確かに暗号を謎解きに使ったけど、んなメジャーどころが思い出されるようなら失敗じゃんかよー!
既視感だけでアウト。泣きたい。

476 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 09:09:47.86
ねえ、ところで、みんなどんなの書いたの?
さわりだけでも教えてよ。

477 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 09:32:25.00
岩手の兼業農家で飼っていた牛30匹が、ある日突然33匹になっていた。
子牛が生まれたわけではなかった。
同じ朝、その農家の主人、川尻藤吉郎は隣の布団から妻のハツがいなくなっていることに気がついた。

478 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 09:34:38.95
>>475
殺人事件で殺された被害者が暗号を残す。
その暗号はモナリザのような一般教養としてのアイテムに隠されたもの。
暗号を解くうちに、主人公は犯人と、隠された歴史の謎に迫る。

こういうプロットなんでしょうか?

日本が舞台だったら徳川の埋蔵金に迫るようなものかな?
それなら犯人側にも殺す動機があるし、読んでみたい気はするなあ。

479 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 09:39:18.91
牛は一匹二匹じゃなくて一頭二頭だろう。
推敲しなくてもそれくらい書けるようになれよ。

兼業農家で30頭って酪農と畑作の兼業か?
なんか3行なのに突っ込みどころ満載ってのも珍しい。

480 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 10:26:35.73
>>479
さすが鋭いな。
そして面白く読めた。4行のなかにミステリーのすべての要素が詰まっている。
最近読んだミステリーのなかでも、上位にはいる。
応募作にもそのキレがあれば、
今年の受賞は479氏で決まりだと思う。

481 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 10:42:12.28
宗教的には地球は平らのだから、コロンブスのやったことも禁じ手だよ

っていうか、どの賞も
「あれを超える候補がなかった」なんだよ、バカじゃないの?

482 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 10:49:42.53
日本語で頼む

483 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 11:43:35.20
なんかさ乱歩賞を公平で公正なアマチュアリズムの祭典、みたいなものと勘違いしてるんだよ
ちがうんだよどんなに卑怯でも、
日本のミステリの市場や推理作家協会の繁栄のために
元プロ他ジャンルプロからでも才能集めるためのものなんだよ

つーかワンピースの主人公が探偵でとかなら禁じ手って言われてもわかるけど
(そして受賞しないだろうけど)
カラマゾフの続編が倫理に反してたり禁じ手だったりするわけ無いじゃん
嫉妬や妬みが気持ち悪いわ

484 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:04:59.98
馬鹿か?
倫理に反するわけじゃなく、

485 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:07:23.59
それは
倫理に反するような気になっている奴に言えよ

486 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:10:33.75
ミステリの世界では、禁じ手というは軽い意味で使われる。
絶対許されないわけじゃないけど、興ざめとなる場合が多いから、やめたほうが無難という意味だな。
例えば、実は双子がなりすましてたと、最後に明らかになるようなトリックを禁じ手と呼んだりする。
ワンピースであれば明確の著作法違反だから、わざわざ禁じ手なんて言う必要ないな。

487 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:12:49.69
ミスった。
物語を構築する上で、名作を下敷きにしてお茶を濁したようなもんなんて、精神的に嫌だっつう話だろ。
嫉妬なんてしてない。
作品の良し悪し以前の問題があるから、何人もの選考委員が首を傾げてるんだよ。

488 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:25:21.13
じゃ、受賞しねえだろw 文句言ってるの今野だけだろ

今時講評がネットでみれるんだぜ、なにしれっと「何人もの審査委員」とかいっちゃってんだよ

489 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:26:32.02
こんな感じ

石田衣良
「普通」のミステリーを、次回は期待しています
問題はこうした二次創作的な作品を、
乱歩賞としてどう評価したらいいのかに絞られた。
ミステリーとして読んでも、カラマーゾフ家をめぐる
メタフィクションとして読んでも、帝政ロシアを舞台にした
スチームパンクSFとして読んでも、見事におもしろい奇跡的な一作
京極夏彦
既在の小説に全面的に依拠した作品ではあるのだが、
著者が「だからこそ出来る試み」に挑戦したことは間違いのないことであり、
その狙いは成功している。パスティーシュでもオマージュでもなく、
世界観を継承したオリジナル作品として構築されている
桐野夏生
タイトルも秀逸だし、何と言っても発想がよい。
東野圭吾
問題となったのは、既在の小説によりかかっている点だ。
しかしそれを禁じ手にすれば、おそらく本賞の間口を狭めることになる。
ミステリの可能性を広げてくれたと解釈したい。

490 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 12:50:03.79
下読み段階から、二次創作は問題になってるし、みんな少なからず疑問をもっている。それでも受賞できたのは、誰かが言ったように他候補作の出来がよくなかったから。

受賞作を読んだが、決して面白くはなかった。通常のミステリーであれば失笑もののトリックだし、深みやキャラに魅力もない。
だが、カラマを下敷きにしたことで、そういったマイナス要素を煙に巻くことには成功していた。

491 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 13:02:08.29
嫉妬も何も、カラマなんちゃらなどどうでもいい。四角ぐらいどうでもいい。
しいて言えば、二次創作で受賞しちゃうと、次で苦労するだろうということだ。
SF、ロシア、欧州しか書けない感じだし。

492 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 13:09:59.82
ついに40歳になってしまった。
予定では37までに受賞していたはずなのだが。

493 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 13:43:51.94
それじゃあ、偶然以上じゃないな。
もっと一致させないと。

494 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 14:01:36.47
俺も四〇で受賞するつもりでいたが、それからまた二〇年が経って
しまった。再来月から年金が出る。

495 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 14:27:41.22
◆〜〜◆ 酔狂より緊急告知 ◆〜〜◆

【江戸川乱歩賞は来年第60回を迎え、大きく変わります】

受賞以外にも、ポイントを貯めれば作家デビューが可能になります。さあ、君もポイントを貯めよう!

■9ポイント貯まれば『明智小五郎賞』として文庫デビュー(賞金なし 授賞式なし)■
 (初版印税は6% 五冊しばりとする なお重版より規定の印税をお支払いします)


一次落ち→0ポイント

二次落ち(一次通過)→0.5ポイント

三次落ち(二次通過)→2ポイント

最終候補 →3ポイント


◎来年の第60回は、記念大会として、2倍ポイント進呈(ポイントを貯めるチャンス! ライバルに差をつけろ!)
◎出版する作品は、著者と相談のうえ決定します(大幅な改稿となる場合があります。酔狂の意向に添えない場合デビューできません)

※ポイントの有効期限はなし
※適応は第60回から(それ以前の応募作には、ポイントはつきません)
※ポイントは自動的に積算されます(登録の必要はありません)
※筆名は統一することとします(変更の場合積算されません)
※二重投稿等、規約違反者のポイントは没収します
※獲得ポイントの確認は酔狂のHPで

496 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 14:44:55.21
これまで乱歩賞に二次創作がなかったのは、たまたまだったと思う。他の賞では、ホームズものや源氏物語の世界を描いたミステリが受賞してるからね。

497 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 15:03:04.72
>他の賞では、ホームズものや源氏物語の世界を描いたミステリが受賞

賞と作品名を教えてくれませんか?

498 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 15:25:14.64
エノケンのことだろ、あとモーツアルト物もあったな

499 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 15:37:51.18
それは実在の人物を使っただけで、二次創作とはいわないんじゃね?

500 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 15:45:44.19
難しいんだなw 二次創作の基準って
エノケン語録やモーツアルト研究本とかから引いてきて書いてるのも文句言うのかと思ったら
それは許すんだ
(エノケンのときも日記だかを延々と写して、これだめだろ?みたいな審査委員の意見あったはず)

501 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 15:54:17.75
資料丸写しとかは、パクリの問題だな。

502 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 16:17:47.41
≫497
面倒な事、簡単に頼むんじょねーよw
まっ、調べたけどな。
1986年「源氏物語人殺し絵巻」長尾誠夫、第4回サントリーミステリー大賞読者賞
1992年「わが愛しのワトスン」
マーガレット・パーク・ブリッジズ、第10回サントリーミステリー大賞特別佳作賞

どっちも今は亡きサントリーミステリー大賞だけど、当時はメジャーな賞だったよ。
ああ、しんど〜

503 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 16:21:50.59
もうホントどうでもいい

504 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 16:34:31.03
>>502
ありがと!どっちも面白そうだね。
こんな古い作品で、しかも大賞でもないのに、よく覚えているね。
ちょっと、驚いたわ。

505 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 17:01:40.17
2次選評に書いてあることを完璧に直せば、
翌年、同じ作品でも受賞できる、なんてことはありますかね?

506 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 17:08:59.32
ねえよ、これ作品にくれる賞に見えるけど
作家を探す賞だからさ
「多作できないやつ奴」扱いでつぎは良くなってても1次落ちの可能性の方が高い

507 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 17:10:22.05
ストックしておけばいいんじゃない。
受賞後、いくらでも出せるから。

508 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 17:13:13.04
なるほど。たとえば、どんなに良作でも、誤字が多くて落とされた場合、
それを直しても、一次を受かるかどうかはわからないわけですね。

509 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 18:44:00.46
まず受からないでしょうね

510 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 18:57:14.59
本当に魅力のある作品であれば、致命的な瑕疵があれば別だが、
誤字程度では落とさないと思うよ。

511 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 18:57:45.10
良作なら誤字脱字なんて問題にならないでしょ。良作ならね。

512 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 19:30:08.90
程度によると思う。一行ごとにあったら・・・。
お話になんないってw

513 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 19:30:37.84
>>498
ここに来ている中で君が最低レベルだということが分かった。

514 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 19:35:59.17
なんで?

515 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 20:07:23.05
一行ごとに誤字があるようなら、それはもう知的障害者の域。
作家は諦めた方がいい。

516 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 21:06:26.01
>>495
せっかく考えたのに残念だな、相手にされなくて。

でも君の考え、いいと思うよ。
ポイント制って、このミスの「隠し球」を制度化したもののような気がするな。
印税なども先に明文化して。もし、乱歩賞がそういう方向で行くのなら、
他賞への人材流失が食い止められるし、常連もデビューできるし。

517 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 21:08:43.57
程度について、例えの話なんだけどねw
2行なら?3行なら?4行なら?・・・
許容と非許容の境界がどこかにあるじゃん?w

518 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 21:10:19.53
年によって豊作、凶作はあるでしょ。
それでいうと、やっぱり去年はたいした作品がなかった感じ。
今年、優秀な作品が多いって可能性はあるよね。

牛の話だって、匹ではあってもけっこういける話かもしれない。というかあんまり追いつかない話ではある。

519 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 21:30:18.59
豊作か凶作かなんてのは、ずっと後になってからじゃないと判断できない。
というか、みんな高野に嫉妬し過ぎw
いい加減、前を向けよワナビども。

520 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 21:35:30.77
>>516
レスリングもオリンピック競技から落ちたし、
乱歩賞もそろそろそういう時期にきてると思うよな。

隠し球や佳作を出すのは、今更な気がする。
ポイント制は、いいんじゃねえのかな。
小説現代のクーポンを貼るのだけは勘弁してほしいが。どこかの賞のパクリになっちまうからな。

521 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 21:44:50.93
もし、ポイント制をやったとすれば、
画期的なことだな

522 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 21:58:06.05
うしろむきすぎる
努力すれば才能無いものでも何かしら手に入るっていう世の中は狂ってるよ
二次落ちが最高位なのに本が出ても
(レベルが低いので)売れないのにさ

賞の存在理由を考えろよ
何十年、乱歩賞に出し続ける忠誠心が欲しいわけじゃない
乱歩賞は人生の記念に本を造ってくれる所じゃない
出版社は、たった一回しか応募して無くても、面白いものが欲しいんだよ

523 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 22:11:41.95
俺も522に同意。
チョコボールの銀5枚じゃないんだから、賞のあり方としておかしい。

読者として、二次落ち18年連続とかが作者の物語、金払って読みたいか?

524 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 22:13:45.36
>二次落ちが最高位なにの本が出ても

>>495の考えに基づくと、0.5ポイントだから、9ポイント貯めるのに、16年かかる計算だな。
16年間一次通過どまりのものを書き続けるって、驚異的だと思うね。
(俺なら書くのを辞めてるね)
ワナビどもに興味を惹くんじゃね。
大きなヒットは望めないが、確実に三千部ぐらいさばけるんじゃねえか。
実に面白いものだと思うね。

525 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 22:15:27.08
訂正 
×16年間
○18年間

526 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 22:16:58.81
ねえよ
2chで「16年落ちまくりで、努力賞だよwww」って笑われておしまい

527 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 22:19:54.84
四角は喜ぶだろ。
最終三回で明智小五郎賞だからな。

528 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 22:20:31.31
漫画とかテレビドラマの見すぎなんだよ
漫画の中では努力がいつも報われるからさ 
努力だけは評価するみたいな美学もあるし

漫画やアニメ見るんでも「フランダースの犬」みたいなの見ろ

529 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 22:22:58.18
てか3000部じゃあ元取れませんよ、出版社も。

530 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 22:29:04.63
ある意味画期的なことではあるな

531 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 22:33:26.40
斬新な発想だと思う
このミスの隠し球タレーラン50万部もあるしな
波紋は広がるかも

532 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/23(土) 23:31:06.39
>>495

(初版印税は6% 五冊しばりとする

  ではなく

(初版印税は5% 六冊しばりとする

  ですね

533 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 00:57:22.28
いつまでもつまらんネタにレスすんなよ

534 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 01:02:51.17
大騒ぎの負け犬どもは、なんでこのミスに鞍替えしないのか不思議。
乱歩賞に文句があるなら去ればいい。
で、隠し球でも佳作でも特別賞でも取って、売れっ子として羽ばたいていけばいいじゃないか。

535 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 01:03:04.31
斬新、画期的と思う = 才能が無いのでなにかしら抜け穴が出来ないか考えてる
バカな話、つまらん = まっとうに受賞するつもりの人

536 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 02:19:33.97
応募者の大半が、受賞できずに年老いていくことを自覚しなさい。
文句を言ったり騒いだりしても、ほとんどの人は作家になれません。

537 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 03:58:35.38
別に良いじゃない。そういう人の集まりであり、
そういう人のガス抜きみたいな役割をも果たしているのが
このスレなんだから。
まあ、俺だけは例外だが。

538 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 09:26:31.60
536さんのご意見のとおりで、正直なところデビューできれば
乱歩でなくてもよいのだが、なぜか毎年、乱歩向けに書いていて
落とされまくっているこの不思議。
マゾなのかしら。

539 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 10:28:42.13
俺はドSなので、一次落ちするたびに
今回も下読みのやつに苦痛を味あわせてやったぞと思えて気持ちいい。
くくく。

540 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 10:44:03.15
539氏には「下読みキラー」という名を授けよう

陳腐な内容だったが、読み終わって初めて気づく驚愕の真相。
そうだったのか。
この作品は、受賞を目指して書かれたのではない。下読みに苦痛を浴びせるために書かれたのだ。
壮大なトリックに気づいたが、やはり一次落ちの評価は変わらなかった。
だが、下読みたちのあいだでは、「下読みキラー」の存在が驚異であることは言うまでもない。
恐ろしや「下読みキラー」

541 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 12:06:26.08
ちらっ。ぽいっ

542 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 13:16:37.84
賞に落ちるたびに精神状態が悪くなっていく。このまま一生作家になれなかったら、どうなるのか。
考えるだけで怖い。

543 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 13:26:04.34
ネットで公開すれば?
山田悠介みたいになるかもよ

544 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 13:39:19.50
「下読みキラー」になることをすすめる

545 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 13:51:41.45
なんか、みんなすごいよね。
作家になれなくても趣味として書くとか、とてもそんな気になれないよ。

546 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 13:55:55.29
プロになって言えよw

547 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 14:26:48.80
そんな弱気じゃ、万が一プロになれたとしても、すぐつぶれるだろう。

プロになったらなったで、
「本が出ても、売れない現実」
「連続初版どまりの恐怖」
「評価はボロクソ」
「プロットが通らないプレッシャー」
「次作が書けないプレッシャー」
「2ちゃんでいじられ、アマでは酷評」
「ビリージョエルの『プレッシャー』を聞きながら、深酒」
そのほか、もっと厳しい現実が待っているのだから。

548 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 17:37:11.80
どんな世界でも厳しいよ。

549 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 19:31:45.15
山田悠介って文章上手いな

550 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 19:45:16.01
厳しい現実があっても、自分は乱歩賞を取ったんだという自負が糧になるだろ。
簡単に潰れるようなら、それだけぬ器だ。

551 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 20:02:47.36
今日、地元のマクドナルドに行ったんだが、そこで「乱歩賞」という単語が聞こえて耳をそばだてた。
少し離れたとこにいたおっさん二人が話してて、応募とかニ次選評とか聞こえてきたから、多分応募した人たちだと思う。
なんかすげえ嬉しくなって、声かけそうになった。つうか、応募者仲間がいて、おっさんたち羨ましい。
千葉のほうだけど、ここにも出入りしてる人?

552 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 20:08:41.66
すごいな! 全国で300人程度しかいないのに
その百分の一の3人がそのマックにいたということかw

553 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 20:51:13.95
それは、わしや。

554 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 21:20:24.65
ホントですか!
またマックで会えたら声かけます!

555 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 22:09:12.66
おお、気軽に声をかけてくれ。

556 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/24(日) 22:19:14.54
文壇マックw

557 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 02:31:48.15
そういう仲間がいるのはうらやましいよ。いや、今はまだ他人でも、
同じ話題を共有できて、これから友人になれるだけでも。
おれなんか、周囲に同じ趣味の人は皆無だもんな。唯一、mixiで知り合った
人とたまにメールするくらいで。
同人とか、けっこう探したんだけど、地元ではまず無理だね。

558 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 02:33:15.17
追伸。
乱歩賞の予選通過者は名前が載るけど、同じ県の人を一人も発見した
ことがない。東京あたりだとけっこういるんだけどね……。

559 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 09:45:59.12
>>545
作家になりたいか、小説書きたいか、で違うな。
俺は、小説書くのも好きで、これで飯が食えたらなって思ってるから。
趣味でも書いてネットに公開してる。ファンがついてるし

560 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 11:17:52.25
俺の場合は、半分趣味で、半分作家になりたいからだな。
いや、生活の糧はちゃんと得ているから、「乱歩賞作家」という
名誉が欲しくて作家になりたいだけだが。
もちろん、賞金も魅力ではある。

561 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 12:41:54.18
名誉ならはじめから芥川賞か直木賞狙えよ

562 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 12:53:43.73
頭は大丈夫だろうか。

563 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 14:36:31.90
>>561
まずは常識力を磨きましょう。

564 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 16:17:01.75
反論できる言語能力なしと

565 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 17:13:27.22
趣味で書いてる人は、誰にも読んでもらわなくても平気なの?
ネットで公開といっても、ろくな読者がこないような。というより、ろくな作品がないイメージ。
書くだけで満足っていう感覚が自分には分からないんだけど、プロになるためには明らかに趣味の域を超える必要があるわけで、本気度みたいなものが薄いなと思ってしまう。
なんか、趣味だから受賞できなくても大丈夫……っていう予防線張って、自分の逃げ場所を確保しているように見える。

566 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 19:08:49.60
>565
あまり、追い詰めるなよ。
趣味と言い訳しようが、500枚の長編を書き上げるのは、大変な労力だからな。
逃げ場所を確保しておかないと、人生が大変なことになるぞ。

567 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 19:12:38.56
趣味とは言っても自分の実力知るために応募してみたり、プロ目指してるとまでは強く言えないがいつか本を出してみたいって人も居るだろうし、やり方は人それぞれだろ
落ちて傷つかないように予防線張るのも本人の自由

568 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 19:19:42.12
>>565
自分の認識を常識と勘違いしてないか?
プロになるということは「お金のために」書くということ
逆に言えば、「お金がもらえない」なら書かないということになる

趣味は「お金がもらえなくても」書くんだよ
プロになる(お金がもらえなかったら書かない)ことを目指す人より
一生趣味で(お金もらえなくても)書き続ける人の方が本気度は高く見えるぞ?

569 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 21:25:14.40
>>565
しかし、まだ発表前のこの時期にそんなに弱気になってるってことは、
応募作の瑕疵に気づきでもしたか?
落ち込むのは発表があってからでもいいのでは?
最終候補に残る可能性もあるんじゃないのか?
いや、きっと残ってるよ。
一生懸命書いたんだろ? 魅力的な謎を考えたんだろ? 自信を持てよ。

発表まで、受賞した気でいればいいじゃないの。
受賞の言葉でも考えとけよ。
俺はもう考えてるぜ。

570 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 23:38:55.13
>>569
きみ、どうして565を読んでそんな風に思うの?
かなり的外れな指摘していると思うよ。

571 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/25(月) 23:47:41.10
授賞式までに痩せたい。
それに、このハゲ散らかった頭もなんとかせねば。
ちなみにスカルプDはまったく効かないぞ。気をつけろ。

572 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 02:37:08.43
俺は授賞式やその後の写真撮影が楽しみ。
スタイルも顔も抜群だからね。
「ミステリー界の貴公子誕生!」
「ビジュアル系作家に密着取材」
「乱歩賞作家A氏、ミスユニバースと婚約発表」
そんな見出しが目に浮かぶ。

573 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 07:11:43.83
そういう妄想が書く原動力になるよね。

574 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 08:13:35.22
しかし、昨日の読売新聞はためになった。
東野圭吾と湊かなえの対談。
作家の住む場所と作品の舞台についてなんだが。
舞台は地方か東京か。

作品のために東京に引っ越す。さすがだな東野圭吾。

575 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 08:23:58.36
>>565
結構読んでくれるよ。
一作品につき、3000〜5000回最後まで読んでくれて、
これまで読んだ小説で一番感動した、とか何度も読んだ、とか感想をくれる。
それが励みと自信になっている。
ネット小説で最後まで読んでもらえるって、かなり自信になるよ。

投稿は相手が見えないだけに、手ごたえがない。

デビューしたら、一定のファンがついてくれるだろうとの自信はある。
乱歩にもミステリにもこだわっていない。
好きなことを仕事にして、自分の作品を気に入ってくれる読者をひととき楽しませたい。
そんな感じで緩く挑戦している。

576 :日本人は、この人種の奴隷だ!売国奴政党を排除せよ大和魂:2013/02/26(火) 09:28:17.78
祖国の危機日本の恩、莫大な無償援助を仇で返す在日コリアン組織と在日議員が日本乗っ取りに本腰を入れて来た!
ツ目を覚ませ立ち上がれ日本人・

http://www.domo2.net/ri/r.cgi/hanryu/1318060550/44

フフフ■この法案は人権と言論弾圧日本乗っ取り日本総不幸化計画ですn【人権侵害救済法案】【外国人参政権】【地方分権化、道州制、TPP】特に厳重警戒政党nl民主党l日本維新の会l小沢党l社民党lみんなの党これらはエセ日本人で日本弱体化反日組織ですフ

国民の知らない反日の実態nYouTube検索
日本のTV、新聞マスゴミは反日組織です!!信じてはならない!!
・真実を伝える 【チャンネル桜】・YouTubeをご視聴ご支援お願い致します。

577 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 19:23:40.56
>>575
俺にも読ましてくれよ

578 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/26(火) 21:23:21.34
>>577
お読みになりたいかたは、まずサイトに登録して下さい(無料)。
その後、お持ちの口座番号と暗証番号、住所氏名生年月日を入力して下さい。

579 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/27(水) 07:23:13.89
>>575
ちなみにどこのサイト?

580 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/27(水) 08:44:34.59
個人の小説サイトは批評禁止で、オンライン作家の仲間同士で絶賛し合うのがルールだよ。
ルールを守れない2ちゃんねらーに、サイトを紹介するわけないだろ。

581 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/27(水) 10:50:47.27
>>580
無条件で絶賛し合う場所で575は粋がってんのかwww
きもすぎるw四角といい勝負してるわwwwwww

582 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/27(水) 16:28:40.54
創作コミュやレビューって
白々しい褒め合いか、殺伐としたけなし合い、もしくは気持ち悪い分析
ばかりだよな

感性と理性をうまくブレンドした有意義な批評って皆無
それが一番大切なはずなのに・・・

583 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/27(水) 23:23:10.35
四角は仕事もしていなくて、うまいものくって、7回も8回も推敲する時間が
あってうらやましい。宝くじ当たったのかな。

584 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/28(木) 06:33:20.47
「誠意を見せろだ?お前らの好きそうなセリフだな」
っていうセリフを入れても問題ないかな?

585 :名無し物書き@推敲中?:2013/02/28(木) 20:28:02.46
「おらおら」も入れてね。

586 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/01(金) 00:40:25.89
コミュ障で頭がいい人って見たことがない

コミュ障はもれなく頭が悪い
これが真理

587 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/01(金) 01:08:14.46
突然だな。おい。
自分の経験だけで真理とか言うヤツも頭良くないと思うけどな・・・。

588 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/01(金) 05:00:28.72
すげえ頭良いのに馬鹿に見えるくらいコミュ障はいるよな

そう言う人の頭が良い所を「見れない」のもあるんじゃね
学生なら成績なんかを通じて頭の良さを知り得るけど
大人になると会話とかでしか相手の知能を判断する材料無いもの

589 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/01(金) 08:38:44.72
586は学生か? 社会に出ると東大院卒の研究者たちはコミュ障気味で
高卒の営業のお兄ちゃんはコミュ力高いから頭の良さはコミュ力と関係ないだろう

590 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/01(金) 12:22:15.76
コミュ障は性格や精神的な問題
その人がそれまで生きてきた環境のせいでコミュ障になる場合もある
コミュニケーションが下手なだけで、頭が悪いとは限らない

591 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/01(金) 12:57:34.09
学力、機転、センスは全然別物。
院生時代の先輩は勉強はすげぇのにバカだったw
実験なんて酷いもんだ。
「なんで今そんなことしたんですか?」「良いかと思って」
良いかと思ってじゃねぇぇぇ!後始末俺じゃぁぁぁ!

「頭の良さ」にも色々あるし、得手不得手がある。

592 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/01(金) 21:29:23.08
どんな実験してん?
カップめんに硫酸と水酸化マグネシウム水溶液入れてみるとか?

593 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/01(金) 21:34:16.49
さあ、一次選考の91編が出そろった!

594 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 00:08:08.16
俺のあった?

595 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 00:26:00.67
君のは3番目だった。

596 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 00:50:00.85
コミュ障で頭がいい人って見たことがない
コミュ障はもれなく頭が悪い

作家はみんな雄弁です

597 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 00:51:56.27
頭と口は連動してるからな

598 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 00:54:19.67
コミュ力のある人が必ずしも頭がいいとは限らないが
コミュ障は例外なく頭が悪い

599 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 00:58:18.16
>>592
あんま細かく書くとばれるので簡単に。
先輩の課題は、ある種の微生物中で生成されるある化合物の生成タンパクの同定。

そんときは微生物と化合物生成に関わる物質と培地を三角フラスコにぶち込んで、
インキュベーターって温浴のゆりかごwでゆすって(自動)
培養させるって学部生でもできる基本的な確認実験。

ヤツは栓がしてあるからって、こともあろうにフラスコを寝せやがった。
2時間後、栓は外れて温浴内は菌と培地と化合物で汚染だよ!
インキュベーターの管理はオレ。
先輩は使いもんにならんから、ほぼオレが片付けた。そんなことばっかすんだよ。

半分グチ。つか特定されるかこれ?w まあ、数年経ってるしいいよなw

600 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 01:01:03.29
おまえらのいう頭のいい基準って学歴じゃん
学歴なんていかに小さい頃から勉強してきたかってだけだろ

601 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 01:04:56.30
他人の事を自分勝手な基準で頭が悪いと決めつける人間はもれなく頭が悪い

602 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 01:08:12.12
>>596
作家全員が雄弁ってか? いやもうこれ、ただのツリだろ。

てか言ってる本人がコミュ障に思えて仕方ないんだが・・・。

603 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 01:22:32.64
>>601
バカ乙

604 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 01:40:14.37
作家でコミュ障は見たことないな
変なしゃべり方の奴はいるけど雄弁だわな
物静かでもよく喋る、みたいな

理系ならいるがな
理系は言語以外の能力が優れてるから

605 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 03:28:25.07
>>603
601に反応するって、君は……(笑)。

606 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 05:38:25.33
まあたしかに、頭の良さというか、学校の成績の良さと、良い小説書ける
かどうかは、必ずしも一致しないね。頭のよいヤツの方が書ける傾向には
あるようだけど。
ずっと以前このスレで、東大に入るのと乱歩賞とるのでは乱歩賞の方が
ずっと難しいという意見が書かれていた。それは事実だと思う。
しかし、乱歩賞取れる人がまじめに勉強したら必ず東大に合格できるってわけ
じゃないからね。

607 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 09:54:08.07
だから何?

608 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 09:54:42.60
なるほど。

第ゼロ回乱歩賞は「黒のトランク」だったのか。
光文社文庫、芦辺拓の解説を読み、何となく納得。

609 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 09:56:58.34
訂正
「黒のトランク」×
「黒いトランク」○

610 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 10:49:30.08
あるていど勉強のできるやつならば、最低限の小説技法は
身につけることができるだろ。
あとは発想力とか、センスになるんだろうけど。

611 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 11:11:15.70
「黒いトランク」がゼロ回乱歩賞というのは的外れじゃないだろうね。
このような作品が今の乱歩賞に応募されたとすれば、受賞間違いなしだね。

携帯電話や防犯カメラを無力化できれば、アリバイトリックはできるかもしれないけれど、
トランクの指紋や殺害現場は、遺留品などの科学捜査ですぐに特定されそうだしね。
乗船名簿も不明者はすぐにわかっちゃう。
車が少ない時代だったから、トラック走行中のトリックも可能だったと思うしね。

現代では、アリバイものは難しいが、頭をひねれば、きっと、超える作品は生み出せると思っているよ。

612 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 13:09:36.76
>>596
お前の理論だと「大阪のうるさいおばちゃん」が頭がいいんだろ?
そう考えてるのお前だけで一般論ではない

613 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 14:17:56.82
>>605
バカ乙です

614 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 14:18:55.57
>>606
だから頭の良さと学業の成績は別物だろうが
同一視してる時点で全くわかってない

615 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 14:19:34.87
>>612
コミュ力のある人が必ずしも頭がいいとは限らないが
コミュ障は例外なく頭が悪い

616 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 14:20:23.89
大阪のおばちゃんは頭いいよ
お勉強とかそういうことじゃなくてさ

617 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 14:21:34.02
>>606
おまえのいう頭のいい基準って「学歴」じゃん
学歴なんていかに小さい頃から勉強してきたかってだけだろ

618 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 16:26:23.82
歩合制の営業職に勤めたらいいんじゃないか?
そういう考えじゃないとやっていけない世界だろうし

インフラ高給の研究職には来るなよ、絶対に来るなよ

619 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 17:23:28.66
>>599

逆に考えるんだ。
バイオサスペンス小説の予想外な研究室汚染ネタに使えると、
先輩に感謝するんだ。

しかし三角フラスコ寝かすってなあ……
「寝る子は育つっていうから、フラスコ寝かすと形成速度倍増する仮説立てた」
って感じだろうか?

620 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 21:32:12.43
>>608
ゼロ回乱乱歩賞って違うんじゃね
1回2回は公募じゃねえし

621 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/02(土) 21:40:42.58
「黒いトランク」なんて読んでるやつ、このスレにいねえから関係ない。
「黒いトナランクスは却って汚れがめだつ」って質問なら食いつくやつ、いねえよ、そんなもん。
「素人は、黒いパンティーなぜ穿かない」っていうんなら、話は違うんじゃね。

622 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 02:08:56.53
>>617
戦後世代に「国民」なんているのかね
自分の身より国が大事だって言い切れる奴がほんとにいるのかね
自分の事しか考えてない「人民」だの国なんか寄生相手ぐらいにしか思ってない「市民」ばっかりじゃないのかね
マスコミの偏向報道以前に教育の問題だよこれは

623 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 02:14:54.01
>>621
いくらでもいると思うが。

624 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 04:16:27.91
このスレの住人というか、ミステリ作家を目指す人なら、黒いトランクくらいは
読んでいて当然かな。だが、読んでないからどうこうというつもりはない。
名作との評判が高かったんで俺も買って読んだが、それほどすばらしい
作品とは思えなかった。クロフツの「樽」とモチーフが似ているらしいね。
樽は読んでないので分からないが。
まあ、当時としては画期的な作品だったのだろう。特に、本格推理の分野では。
少なくとも、乱歩賞を目指す人の必読書ではないと思う。

625 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 09:04:27.70
>>624
お前、大丈夫か?
何が言いたいのかさっぱり分からんぞ

626 :316:2013/03/03(日) 09:11:32.45
>>624
こういう文章書く人が一次下読みを落ちるんだな。

627 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 09:18:23.47
ああ、こいつが純文スレの嫌われ者「辺境主」ってやつか
知りもしないのに上から目線で講釈したがるという
確かにうざいな

628 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 09:35:12.37
黒いトランクを読んだら何がどうなる、という点を
論理的に書いてほしい。

話はそれからだろう。

629 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 11:27:12.63
ここって、へその曲がったヤツしかいないな。

630 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 14:39:44.13
こまけえことはいいんだよ

631 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 18:13:34.94
四角は55回であの遠藤に負けたのか。。。

632 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 19:35:34.74
いつまで経っても応募できないお前は、誰にも負けることがなくて良かったな。

633 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/03(日) 22:58:24.10
その「四角」氏のことは検索してみてよくわかった。

それにしても、何回も応募して2度も最終まで行って、それでもダメ
ってのは、ある意味1回で受賞するよりスゴイ感じが・・・

634 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 03:10:59.24
もう四角のわだいはナシにしようよ。
一部の人しか書いてないみたいだし。

635 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 04:02:28.10
本気でそう思うならおまえが食いつくな。

636 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 14:30:39.32
>>626->>629
なんだこの酷い自演w
つかここまで自演くせぇぇぇぇwwww

637 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 17:17:26.29
自分が自演していると他人もそうだと感じるよね

638 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 18:18:08.66
>>636
628は俺だけだよ?

きみがその結論に至った理由を論理的に書いてくれ。
話はそれからだ。

639 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/04(月) 19:09:41.78
馬鹿は相手にしない方がよい

640 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 00:03:24.98
636だが、じゃあお前ら3兄弟か?
626あたりから、
提起(age)→同意(age)→突き放したまとめ(sage)
とキャラ一致でほぼ連なってんだが?

俺の636より下3つも明確すぎて笑った。

641 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 02:25:31.79
横レスすまん
誰か教えて下さい

最終選考まで残ると出版社から確認の電話がかかってくるってのはどの賞でも一般的だよね?
だけど最終選考に落ちてもその結果って電話で知らせてくれるの?
それとも公式発表が出るまで音沙汰なしなの?

642 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 04:18:57.35
さあ、それはどうなんだろうね。ただ、一般常識として、
「あなたは最終選考に残りましたよ」と連絡をしておいて、
結果を知らせないということはないでしょう。おそらく
なんらかの連絡はあるのではないかと。

643 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 07:13:47.86
乱歩では最終で落選すると、残念でしたと電話くれると
四角い人が書いていた。で、目の前が真っ暗になると。

644 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 07:58:56.61
なるほど。そうなのか。サンクス。

645 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 15:11:57.77
紛らわしいので、本人降臨のとき以外は、固有名詞を使わないでね。

646 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 17:05:50.24
>>645
固有名詞を使って紛らわしいって、具体的にどこ?
また、他人のことでも固有名詞を使わずに話したり書いたりすることって、
普通にあるんだけど。たとえば、あなたの名前はみんな使うでしょ。

647 :646:2013/03/05(火) 17:40:56.37
間違えた。

【誤】
>他人のことでも固有名詞を使わずに話したり書いたりすることって、
普通にあるんだけど。

【正】
>他人のことでも固有名詞を使って話したり書いたりすることって、
普通にあるし必要なことなんだけど。

648 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 18:17:59.38
>>641
最終5作に関して言えば、「あなたは最終候補には選ばれませんでした」という意味合いの連絡はない。
通過者の晒し上げを懇願して2ch釣り祭に参加し、結局、小現の4月号で自ら名前を確認して静かに鬱になる。
最終に残り、本選で落ちればもちろん連絡はくる。

649 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 18:22:16.54
もう一次はとっくに終わって、二次選考に入ってるよね。
どうしても選評が欲しい。いや、最終に残りたい。
はぁ、ドキドキ……。

650 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 18:29:19.98
小現は5月号だぞ!

651 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 18:33:14.39
一次通過から選評、最終までの名前が載るのは今月末だよね?

652 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 18:49:37.98
嫌な緊張してきた。
もう3月だもんな。
こないだ出したばっかだと思ったが、時の流れが恐ろしく早い。

653 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 20:56:32.33
>>651
小説現代5月号
4月21日発売だが、地域により店頭に並ぶ日は前後する
都市部で早く並ぶところがあり、ここで晒され、お祭りになる
時折、ガセネタなども混じり、けっこう緊張する
おそらく、4月15日あたりから、このスレは要チェックだ
今年もみんなで盛り上がろう!

654 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 21:07:50.71
昨年の予備選選考会は4月4日だったと思う
今年もそのあたりだろうから、
4月4日から7日あたりまでに電話がなければ、最終には残っていないことになる
けれども、今年は5、6日が土日なので、予備選考会は7日の線もあるかもしれない
池井度先生や下読みのツイッターは要チェックだ

655 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/05(火) 21:16:11.68
訂正
×池井度
○池井戸

656 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 00:14:03.30
カレンダーの見方は知っておいたほうがいいぞ。

657 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 00:15:44.78
>>654
電話がかかってくる猶予が、選考会からたった三日?
いつも一週間ぐらいとか言われてたような……。

658 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 00:47:01.57
一週間もかける必要はないからね。
たしかに過去の書き込みでそれくらい時間がかかった例が示されていたが、
普通は決まったら一両日中くらいには連絡するでしょ。

659 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 02:13:21.37
コミュ障

660 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 02:14:48.93
おまえらみたいな低学歴が作家とか…

661 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 02:57:36.94
東京大学からMITに編入して博士号を取り、今はベル研究所で
働いているおれになにか文句あるか?

662 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 03:42:34.25
いい歳こいて学歴を誇るヤツは大抵バカの法則。

663 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 03:54:25.98
ネタにマジレスするヤツはそれ以下w

664 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 05:39:49.47
どこがマジレスに見えるんだか

665 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 08:16:41.66
そういや、横溝で一次通過してた伊兼さんはその後どうなったんだろう。

666 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 08:22:31.38
まだ公式発表はないな 今回はいくんじゃねえか(ただ、なんとなくそう思う)

667 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 08:33:37.48
そうか。
多分だけど、乱歩賞にも応募してるよね。
今まで散々指摘されたところが直ってれば、それなりに評価されそう。

668 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 09:03:41.56
四角、げんた、下村で三枠埋まる。

669 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 09:52:46.70
「三年連続最終候補のあと二次に沈みそして受賞」という横関さんの「黄金ロード」を覚えているだろうか?
今年の伊兼さんはこれにあてはまっている。
つまり、受賞の本命。
「黄金ロード」は長く辛い。
それを超えたとき、栄光が待っている。今年は伊兼さんの飛翔の年となるだろう。

乱歩に応募していればの話だが。

670 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 13:04:47.50
黄金プレイ。

671 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 13:43:28.93
講談社から電話がくる夢を見た。
今年に入って何度も見てるから、正夢になるんじゃないかと期待。
最終に時代物が入ってたら俺だと思って。

672 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 18:49:21.24
ちょっと意見を聞きたい。
三人称で500枚ぐらいの作品なんだが、視点が三つは多いだろうか。
というのも、視点が変わる章の初めが、どうも浮くというか、突然で戸惑う感がある。
せっかく感情移入しながら読んでたのに、またふりだしに戻されるみたいな。

三人称はそんなものだとは思うが、自作を読んでると違和感がハンパじゃない。
で、前章で視点を持つ人物が、次の章では脇に回るから、今度は別の視点から観察される。

今まで一人称ばかり書いていたせいか、すごく不安になった。
これは普通の現象なのか、意見を頼む。

673 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 19:04:09.74
おもしろければいい。

674 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 19:06:33.07
今、過去の作品の選評を読み返しているんだが、その当時は粗や瑕疵、誤字脱字が
ある程度あっても、内容がよければ最終に残っていたみたいなんだけど、今はそう
いった作品が通らない気がするんだけど、どうかな?。
過去っていうのは、51回とかの話。
選評で、『ほとんど推敲することがなかったのだろう』とか、『三人称の視点に一人称が
入っている。』とか『圧倒的に小説技術が不足している、入門者に見られがちな欠点が
目立つ』とか。

675 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 19:13:17.87
瑕疵より魅力。
そういう結論に達したと思うが。

676 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 19:40:13.03
乱歩賞は、最終に残っても、本選考のために修正できないんだっけ?

677 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 20:07:15.17
できないよ

678 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 20:10:35.35
小説技術には優れてるけど、面白味とか個性に欠けるのが下村さんとか伊兼さんの印象。
優等生には違いないが。

679 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 21:28:28.70
>>675
おっしゃるとおり

680 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 21:37:48.36
黄金ロードが都市伝説になることを祈る
まあ、あんな説に根拠などないだろうが、ちっとビビルな

681 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 22:11:48.40
今年は初応募の俺が受賞するから心配ご無用。
初応募受賞組の偉大なる先輩、遠藤先生の二世と呼ばれた俺の作品タイトルを言っておく。
「三十九畳の客室」だ。
本陣殺人事件も真っ青、和室の密室ものだ。
常連どもよ、まいったか! 完璧な仕上がりだぜ。

682 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 22:25:14.37
乱歩賞はきちんとした作品が多そうだよね。
だから横並びが似たように見えて、出来が良くても印象にそれほど残らなそう。その他大勢みたいな。
で、その枠にはまっていない作品が受賞する。まぁ、ある意味個性があるということだろうし。

683 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 22:48:52.84
黄金ロードってなに?

684 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 22:56:16.63
確かに、乱歩賞は「きわもの」は少ないような気がするよね。
品行方正っていうか、枠からはみ出ないというか。
本気で受賞を狙っている常連が多いせいもあると思うけど。

常連組は、どうしても冒険しなくなり、瑕疵を出さない作品になる。
推敲に時間をかけ、文章や表現に、より一層磨きをかけていく。
(スケートでいうと三回転半を飛ばないで、表現力や構成で点を稼ぐというような感じかな)
結果、一点の光るものはあるが、文章力が不足した初応募組は最終候補に残りづらくなり、常連の指定席となる。

だから、弾丸みたいな突き抜けた魅力を持った初応募作品が最終に残ると、授賞の可能性が高くなる。

685 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 23:04:51.42
>>683
「黄金ロード」とは、
横関さんが受賞した軌跡のこと。
最終、最終、最終、二次、受賞。というパターン。それが今年の伊兼さんにあてはまるってこと。

民明書房刊 「乱歩賞の秘密」より抜粋。

686 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 23:06:49.40
なるほど良く分かった。ありがとう。

687 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 23:14:09.09
>>684
それを「弾丸遠藤の法則」という。

民明書房刊「乱歩賞の秘密」第二章、常連はなぜ常連なのか より抜粋。

688 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 23:18:23.64
ワロタ

689 :684:2013/03/06(水) 23:23:34.14
>>687
了解しました。この長い文章を「弾丸遠藤の法則」という文言で言い表すとは。
さすが、民明書房だけあるな。

690 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/06(水) 23:45:46.49
なんだかしきりに読みたくなってきたぞw

691 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 00:18:19.85
>>689
おいおい、皮肉でレスか? さすがだな。

692 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 01:00:35.40
第三章は「瑕疵より魅力の法則」。サブタイトルは<内田選考委員、選考会退場劇の真実>。
第四章、「名作の続編で売れないプロからの脱却はなるか。受賞戦略の手引き」。

693 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 03:01:28.29
そんだけねつぞ、もとい、創作の意欲があるなら、
それを小説に活かせよ。

694 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 07:36:23.84
いや、下読み選考委員あたりが「乱歩賞の秘密」をまとめてくれないかな。
一次選考で応募作が振り落とされ、受賞作が頂点に立つまでの経緯を年別に細かく読んでみたい。
本線よりも、それに至るまでの経緯だな。

695 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 09:49:31.99
一般読者からみれば、カラマーゾフの続編も、
男塾のパロディも似たようなもの。

696 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 12:06:35.63
既に一次敗退作品は、シュレッダーにかけられたんだろうか。

697 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 13:05:37.30
何かで読んだが、シュレッダーかどうか知らないが、
応募作が処分されるのは、最終選考が終わったずっと後らしい。
何年か前、応募した作品を見直そうと思ってファイルを開いたら、
一つの章がまるまる欠損していた。講談社に電話したら、
以前は有償で送り返してくれたが、今は無理だ、と言われたことがある。
ってことは、ずっと以前は、かなり長いこと保存していたことになる。

698 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 13:15:38.45
場所とって大変そう。
小説現代新人賞なんて、応募が千以上もあるのに。
つうか、なんで乱歩賞は400そこそこしか応募がないんだろう。

699 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 13:23:06.21
場所取るといっても、保管庫の半分に楽に入るよ。
小説現代新人賞は終わってるから小説現代長編新人賞のことか?
ハードルが低いんだろうな。

700 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 13:43:33.07
>>698
有名な賞だから、後は受賞作の出来とネームバリュー。
受賞作読んで「これなら俺にも書ける」と思う応募者が少ないのと、
ネームバリューやイメージに尻込みする奴が多い。

701 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 13:46:53.96
出すだけならただだから、増えない理由がイマイチわからないな。
賞をクジみたいに思ってる層も多いし。

702 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 14:11:17.52
クジみたいに買えば玉が増えるわけじゃないしなw
少ない持ち玉なら当たりやすい方へ送るだろ。

703 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 18:01:46.01
>698
ミステリ作家志望者は、金だけが目当てというイメージがある。
俺なんかはまさにその通りだが、こういう考えは軽蔑の対象になりやすい。
そのためか、ミステリ作家よりも普通の作家になりたい人が多いんだろうな。

704 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 18:06:48.32
そうなの?

705 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 18:53:11.16
ミステリーが好きというだけで、作家なら「普通の作品」だって書けるでしょ。
何をもって普通かは分からんが。

706 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 19:37:15.49
>>703
>ミステリ作家志望者は、金だけが目当てというイメージがある。

そうか? そりゃ君の偏見では?

707 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 19:42:18.69
ミステリーのコアなファンというわけじゃない人は、自分が書いたものがミステリーのファンに受け入れられるかどうかが不安になる。
これぞミステリーって物は書けないし、ミステリー手法を使っていてもミステリー風味にしかなってないのではないかと考えてしまう。
だから、ミステリーっぽい作品もミステリー限定ではないオールジャンルの賞に送る。

708 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 19:52:12.80
才能ある作家はどんなジャンルでも書けるからな
オールジャンルOKとミステリーのみOKなら
前者が多くて後者が少なくなるのは必然だろう

709 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 20:40:17.76
おまえらみたいな低学歴が作家とかw

710 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 21:03:38.45
俺が低学歴だとしたら世の中の9割以上が低学歴だな。
と言いつつ、世の中学歴じゃねぇと心底思い知る。
中卒や高卒や普通の大卒が俺より稼いで人生楽しんでる。

俺はといえば、嫁と子供抱えて地道なフリーランスのほぼ負け犬。
ここらで一発あてたいw

711 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 21:28:28.83
推理小説は書くのが難しいから、応募者が通俗小説の新人賞より少ないのは
仕方あるまい。

712 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 21:37:00.11
難しいんじゃなくて、調べたり取材することが多すぎる。
それができなくて、ミステリー作家を目指すのやめたヤツを知っている。

713 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 22:31:06.42
調べもの頑張ってミステリー作家でデビューし、受賞後第一作から
通俗ものでもラノベでもテキトーに書けばうま〜じゃないの?

714 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 22:51:56.78
一般小説は逆に言えば分野を特定しない
「その他全般」だから、ネタはいくらでもある。
ミステリーは、数ある小説の中の一分野に過ぎない。
だったらその分、応募が少なくても当然。

715 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/07(木) 23:56:20.16
>>714
小説分類とネタを一緒くたにしたらあかんやろ?
広義のミステリーならなんでもネタになる。
ただ乱歩は社会派だからなぁ。ネタ自体が限定されるのは同意する。
社会派は調査(取材含む)が欠かせないのも同意。

716 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 00:14:01.40
完全に一緒くたにするつもりはないが、相関関係はかなりあるぞ。

717 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 00:26:27.49
広義のミステリはなんでもネタになるといっても
ミステリっていうくくりに入れるためには制限があるからな……

718 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 01:25:55.58
おれは逆に一般小説の方が難しい。
ミステリーは謎解き要素を入れれば出来るから
書きやすいよ。

719 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 02:38:38.23
一般小説書いた経験がない奴が多いんじゃね?
ミステリーなら仕掛けや謎と意外な結末放り込めばいい。
一般はそう言うわけに行かないからな。
書こうと思えばなんでも書けるが、読ませる一般小説は簡単に書けない。

720 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 07:36:15.24
一般だって小さな謎は必要だよ。
それに、ミステリーとは根本的に書き方が違う。
そっち系の賞で二次通過したことあるけど、謎は回収しなくても効果的に使われてればいい感じ。

721 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 08:06:56.92
俺はすばるに出してたんだが、試しにミステリー書いてみたらすげー楽しかった。
謎の積み上げとか伏線とか盛り上げ方とか、書いててワクワクする。
で、2年前からミステリー作家志望に転身したわけだ。

722 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 12:44:59.28
>>720
やはり一般の書き方を分かってないと思うぞ。
謎はあっても良いレベルで、全く必要じゃない。
まあ、こじつけるならどんなことでも謎になるが。
乃南アサあたり読んでみると良いかもな。

723 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 13:41:57.67
すごいですね
プロ作家の方ですか?
まさか、小説の書き方は講釈できるけど、選考落ちを繰り返してるワナビではないですよね?

724 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 13:57:12.99
そんな下らない煽りは要らない。
俺はまだ2作目だが、これぐらい知ってて当たり前の話だ。
知らずに書いてることの方が驚くね。

725 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 14:07:13.19
勉強になります(^-^)

726 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 18:53:16.03
小説の書き方なんて人それぞれ。
他人がどうこう言うことではない。

二次通過作品の回し読みが始まってると思うが、今年は下読みの呟きがないね。
他の賞もあまりない。

727 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 21:03:18.32
去年の現代5月号読んだ。
二次通過の選評のってる号。

あれってどういう順番で並んでるの?
著者名や作品名のアイウエオ順じゃなかった。
受付順??
ガイシュツならスマソ。

728 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 21:47:05.83
>>726
むやみにつぶかないよういわれてるのかもね。
数日前、マッコイが「砂かみ読書」ってつぶやいてた。乱歩かどうかは不明だが。

729 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 21:50:06.90
二次で砂噛みだったらやばいね。
つうか、マッコイは毎年そんなことばかり呟いている。
下読みなどやめればいいのではないか。

>>727
多分、受け付け順だと思うよ。

730 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 22:16:56.01
>>729
サンクス
やっぱ、そうだよね。

去年の号なのに
なんか読むのドキドキしちゃったぜw

731 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 22:18:10.21
今日あたりが、二次通過作を提出する締め切り日だと思うんだ。
(根拠はない、予備選考会の日にちから逆算した勝手な推測)
各下読みから上げられた二次通過作は、コピーされ、
来週の頭に下読みと関係者に発送。

各下読み、他人の選んだ二次通過作を読み始める。

4月4日あたりに予備選考会開催。ここで最終候補が決定。

関係者とは、司会者の池井戸や講談社社員、フジテレビ社員など。
(選考に口出しはできないが原稿は送られる。※二年前の池井戸氏のブログにそう書かれていた。)

732 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/08(金) 23:52:48.45
>>672
最近の作品で言えば「悪の教典」みたいなものかな?
あれは三人称だけど、章ごとに蓮実・怜花・その他の登場人物の視線でかたられている。

こういうのは、ライトノベル辺りではかなりポプュラーな手法として定着しているみたいよ。
だから違和感といっても、手法自体が単純に悪いというわけではないと思う。

733 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 01:48:54.62
>>732
遅レスだな。わざわざレスするほどでもない低レベルな質問。
経験が少ないだけだろ、672は。

734 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 03:00:02.79
>多分、受け付け順だと思うよ。
それはあると思う。予選通過者の名前が出るとき、おれは最後の方になることが
多い。一度なんかは一番ケツに乗っていた。毎回31日の12時ギリギリに出すし、
地方在住だもんだから、到着はおそらく一番遅いんだろう。

735 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 04:52:12.24
>>732
章ごとに変えたとしても三人称一元視点。ラノベ関係無しに一般的。

>>672
横山秀夫の『半落ち』を読んでみるといいよ。
章ごとに違う人物の固定視点かつ三人称で書かれていたと思うが。しかも5人ぐらいw
ギミックは弱いが人情物として読めば良作。プロットも手本になるはず。

736 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 08:48:57.88
「半落ち」は、さまざまな視点から事件を見る、という点を小説の
面白さにしてますからね。

結局、プロットの必然性から複数の視点を必要とし、それが面白さに
つながっているのなら、それは○ではないでしょうか。

私も今回の応募作は2人で視点を変えています。2人なら普通でしょうが
私の場合は、主人公と犯人みたいな大きな視点変更をしている。
これもプロット上、どうしてもそうせざるを得なかったからですよ。

737 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 09:10:02.18
評論家きどりの○○ばっかw

738 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 09:43:49.04
章ごとに視点を変えるのは、ある意味物語の流れを止めることになる。
だから、下手な書き手がやると一気に萎える原因になる。
キャラが立っていないのに視点を多くするのは自殺行為。
ただでさえ感情移入できないのに、焦点を絞るべき人物が益々いなくなる。

三人称一元視点は珍しくもないが、素人の場合は、一人を書き切る体力がないために、多人数でごまかしているのがほとんどだ。
下読みはそのへんを見て、筆力の判断材料にしている、と老婆心ながら書いておく。

739 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 10:49:18.01
いよいよ二次か。
残っていますように。

残っていたら、朝一で読まれますように。
神社にお参りしてこようかなっと。

740 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 11:01:39.17
そうか、俺もお参りしてくるか。

741 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 12:08:24.91
5億の宝くじを買っておいたかい?

742 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 17:54:12.33
講談社に送り返された一次落ちの箱の中に、俺の作品が入っていませんように。(>人<;)

743 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 17:59:11.83
みんなそう思っているよ。

744 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 18:08:03.97
うん。

745 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 19:28:26.80
予選落ちはしたことないから不安はないけど、その先にどうしても行けない。
自分なりに魅力的なキャラを書いてるつもりだが、オレ自身に魅力がないから程度がわからないのが痛い。
人付き合いが苦手だし、コミュ能力も低い。
作家って、なんだかんだ言っても社交的で面白い人なんだと思う。

746 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 19:35:11.93
今日のブランチ見てわかっただろ
作家はああいう人が向いてるんだよ

喋りが無口なのに、書くと饒舌なんていうのはありえないから

747 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 19:38:21.07
あり得ない? 誰が証明したんだ。

748 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 19:38:31.78
観てねーよブランチなんて
情弱バカ女の番組だろ

749 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 19:39:48.42
>>747
闘わなきゃ現実と

750 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 19:46:00.36
>>749
戦ってるよ。

751 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 21:25:28.53
作家に一番必要なのは、文章力じゃなくて、「新しさ」です。
いままでに書かれていない、映像も含め他のジャンルにもない
斬新なアイデアや作風こそ求められている。既存の作品を彷彿
させてしまう小説ではデヴューできません。だって、そのひと
をデヴューさせなくても、すでに書き手がいるわけですから。

752 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 21:26:24.56
>>751
どこかに書いてあったことの受け売り乙
あなたの書き込みがすでに「新しさ」皆無です

753 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 21:37:54.65
平均水準以上の文章力は必須。そして斬新さも。よく言われてることだけど
初心忘るべからずです。

754 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 21:48:16.81
そもそも出版社に入れた連中は就職勝ち組なので
おまえらみたいな人間的魅力の底辺連中が共感して面白いと思うような作品なんて
評価してもらえないんだぜ

755 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 21:52:16.23
そもそも出版社に入れた連中は就職勝ち組なので
おまえらみたいな人間的魅力の無い底辺連中が共感して面白いと思うような作品なんて
評価してもらえないんだぜ

756 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 21:52:58.83
どの辺が人間的魅力の底辺か具体的によろ。

757 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 22:24:21.58
最近の受賞作で、新鮮さを感じさせる作品があったとは思えん。
乱歩賞の選考では、編集は直接関与しない。

以上

758 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 22:27:34.80
カスが多いな
乱歩賞は出版社が選ぶ賞じゃない
下読みは、会社員という安定を捨てたフリーランス
いわば、安定や老後の厚生年金なんてものを蹴った人種 
勝ち負けなんて関係ない部分に目がいっている
そいつらが選ぶのは、ありきたりのものを超えているものだぜ

759 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 22:32:41.42
>>755
煽るスレを間違えてるぞ。メフィストにいけ。あっちは社員が選考してて
書評家や有名作家が選考する乱歩賞とは格が天と地の差ほどあるから

760 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 22:58:03.50
今年は「古典的準本格」が受賞するような気がする
密室とアリバイ崩し、暗号解読、ダイイングメッセージ、アクションが入っているものだな
それらをハードボイルドな私立探偵が解いていく
そう、俺の作品のことだ
タイトルは、
「ぶつ切りの東京、流し込む大阪、名古屋のパフェ」

761 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 23:32:02.68
出した直後はほっとして、むしろ気が楽になったもんですが
なんかどきどきして来ますねw 発表が近づくと・・・

それにしても、原稿をまた見直して見ると誤字脱字の多いこと。
それに文章も直したいところがやたら目につく。推敲の時、気がつかなかった
というより、その時はそれでいいと思って出したんですが、見直して
みるとやっぱり・・、と思ってしまうわけです。

困ったもんですねww

762 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 23:35:54.72
>>760
面白そうやな。

763 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 23:43:25.45
>>760
いやいや、私の社会派ミステリーもなかなかいい線いってると思いますよw

まあ、誤字脱字と変な文章なので減点法でやられるとアウトなんですが、
ウンチクの豊富さ、社会性、時事性を盛り込んだプロット。なにより
ユニークな視点という意味では、今回応募作の中ではピカイチと自負してます。

764 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/09(土) 23:44:30.58
本格ものは、よほど出来がよくなければ受賞は無理。
すでに書き手が大勢いるから、わざわざ乱歩賞をくれてやるまでもない。
二作目以降も、新味を保って書ける人間かどうかが一番知りたい所だろう。

765 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 00:58:15.09
>>764
本格で受賞したら、よほど出来が良かったことになるわけですね。
嬉しくなりました!

766 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 02:09:01.65
受賞の時点で、よほど出来がよいと思う。

767 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 03:28:44.07
たしかに本格の受賞は近年ないな。綾辻を選考委員にし本格ものの応募を
促した年もあったが、最終に進む作品がなかったし、綾辻そのものが
ヘタレだったこともあり、結果は出なかった。
おれも過去二回、本格もので応募したが、どちらも一時通過止まりだった。
それ以来、乱歩賞には本格ものは応募しないようにしている。

768 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 03:44:27.79
誰か本格ものの定義を羅列できる人いますか。教えてください。

769 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 08:28:47.49
>>760
「古典的準本格」というのが、よくわからんが、どうせこんな奴だろ。

密室の謎→誰もその存在を知らなかった合鍵を犯人が隠し持っていた。
アリバイの謎→双子の弟が犯行時刻に別の場所にいた。

770 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 09:35:12.71
768はここでその質問をしてはいけません。
危ないから早くかえりなさい。

大乱歩自身が本格ではありません。
やはり「これまでにない斬新さ」で攻めるしかないのです。

見えてこない犯人像→登場人物全員が目が見えない人

771 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 10:16:52.75
本格で出してる人がいるのが驚きですね。
本格もので勝負するんなら鮎川賞でしょう。

すべての文学賞指南が、乱歩賞は本格ものを嫌うと書いています。
乱歩賞は社会派の牙城で、「特殊な世界や職業」を舞台に「社会性」や
「時事性」を盛り込み、殺人事件を起こすのがコツだと。

772 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 10:25:03.13
>>770
その手法は今の流行なんでしょうかね。
「十角館〜」「葉桜の季節〜」なんかもそうですよね。

つまり、最後に実は登場人物は全員目が見えないことが読者に披露される。
登場人物には解っているが、読者には伏線にしておくという手法。

773 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 11:03:16.49
いまさらながらプリズントリックを入手して読んでみたが、ここやアマゾンレビューで叩かれてるから
ひどいのかなと思ったけど、けっこう面白かったw

志の高さは確かに感じだw
なんとか読者を驚かせてやろうという熱意は感じた
まあ、でも単純に話し詰め込みすぎだったね、あれは
ページ数があの三、四倍あれば、ちょうどいいぐらいだったかも

小説というよりも、長いあらすじ読まされてる感じだった
でも、そこがテンポよくて俺はスラスラ読めてよかったけど
よくあるでしょ、大長編のあらすじを数ページで読めます的な要約本
あんな感じで
下手くそな心理描写とかダラダラ読まされても、なんだかなあってなるし

まあ、でも小説として読んだら、確かに欠点は多すぎるわなw

774 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 11:07:15.35
社会が書けてないのが本格
人間が書けてないのが本格
仲間内で受けてるのが本格

775 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 11:11:38.06
本格マンセーの人達の鬱陶しさと言ったらもう。

776 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 15:09:49.33
おまえらつまらねぇんだよ

書き込みからつまらなさが滲み出てる
 

777 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 16:35:43.43
すげえの書き込んでくれよぉ、あにきぃ〜

778 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 16:44:20.42
>>776
それにわざわざレスしている君も同類かそれ以下だと思うけどね。
もちろんおれも(笑)。

779 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 16:46:23.86
笑マークに句点付ける奴ってセンスないわ〜w

780 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 16:55:39.01
言い訳も出来ない苦しいヤツほど、どうでも良い重箱の隅を突くもんだね。

781 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 17:01:48.42
「突くじゃなくてつつくだ」と突っ込み入れてもいいよ、779君

782 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 17:03:37.13
春だなぁ
ガキ臭い書き込みばっか

783 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 17:04:10.29
くるってるな。

まけいぬどもが
おのれのしっぽにかみついて
ぐるぐる
まわってる。

ああ、めがまわる。
きもちわるい。
きもちわるい。

まけいぬどもの
おまつりだ。

784 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 17:07:42.98
重箱の隅は、ほじくるんだよ

785 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 18:13:02.37
ほじくるのは鼻の穴とケツの穴だ

786 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 20:58:26.77
乱歩賞はシャープ。このミス大賞はサムスン。

787 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 22:20:26.68
>>783
おまえセンスある
詩人になれ

788 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 23:33:35.78
>>787
おまえ見る目なし
創作とは縁がない世界で頑張れ

789 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/10(日) 23:39:54.04
>>788
涙拭けよ無能w
見る目ないのはおまえだろ

790 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 00:47:52.44
最終が出そろうまでもう一ヶ月ないんだな。
それまでは黙して待とう。

791 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 01:08:50.28
おれは二月一日から改良に取りかかってるよ。
受賞したら改良版で出してもらいたいし、落選したらこのミスに
出すから。

792 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 05:33:41.81
眠れなくなった。
で、応募作を読み返して鳥肌が立つ。
もしかしてこれ、あんま面白くない?
あれほど書き込んだと思っていた人物造形だが、まるで魅力を感じない。
怖い。

793 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 06:50:21.93
よくあることですよ。
執筆中は作品の世界に、入り込んでしまってますからね。

私も冷や汗もんですよ。
私の場合は文章で、よくこんなひどい文章書いたもんだと・・w

794 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 07:39:40.19
応募前は気分的に高揚してるから、いくら冷却期間を長く取っても客観性を欠いてしまうよ。
本当の客観性が出てくるのは出した後。
そこでだいたい冷や汗が流れる。

795 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 12:10:50.44
作家志望者ならすべからく体験することだよな
客観視は難しい

796 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 14:01:28.35
だから、プロの水準に達していない人は、読んでくれる第三者
を持つと良い。もちろん、それなりのレベルの人で。

797 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 14:31:31.73
誰かに読んでもらった原稿は、すぐに分かると言うね。
下読みか編集が何かで言ってたと思う。
きっと、独りよがりが減るんじゃないかな。読者を意識できていると言うか。

798 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 15:45:59.36
プロになる者は、第三者の眼を自分の中に持っている。(それを作り出す努力をしている)
自分にダメ出しが出来る者だけが、上に行ける。

799 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 17:40:42.20
>>795
「すべからく」の意味、用法を確認してください。

800 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 18:06:24.72
当たり前に、だろ?
間違ってないと思うが。。

最近よく見かけるすべからく厨?

801 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/11(月) 18:07:12.54
プロになれば、担当編集がしっかり第三の目になるから心配すんな。

802 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 02:07:27.03
ところがどっこい、自分で第三者の目を持てないレベルの人は受賞は
もちろんプロにさえなれないから、やはり必要なんだな。

803 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 11:45:27.03
はい。
おしゃる通りです。先月までは賞とったときは会社やめるかどうすればいいのか考えていましたが、
プリントアウト打ち出してみると。
・・・・・・。

804 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 12:33:41.89
三点リーダーもまともに使えない君は
もっと自分を冷静に見つめ直した方が良い。
……

805 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 12:51:42.73
読者メーターは正直や。
受賞一作目の読者数が、玖村と川瀬で倍ほども違う。
こういうのがあるから、デビューは怖い。
俺はメンタル弱いから、こんなのがあると凹むだろうなぁ。

806 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 13:04:30.54
見なければいい。
以上。

807 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 13:42:58.13
川瀬は来月に新刊が出るね
出版社は刊行数を減らしてるから、作家の椅子取りゲームみたいになってる
乱歩賞取れば、出せないなんてことはないよな
受賞しなけりゃどうしようもないが

808 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 14:00:06.44
受賞してからのほうが大変。
だからワナビが勝ち。

809 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 14:04:35.25
ところで君たち。
なんで作家になりたいの?
生涯、苦しみを背負う孤独な生き方なのに。

810 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 14:13:39.80
逆だろ。
孤独で苦しいから小説を書く。

811 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 14:25:29.04
受賞できなくても、小説を書き続けるということですか?
一度足を踏み入れたら抜けられないとは思いますが、読者がいて初めて満たされるものだとも思うのです。
誰にも読まれないことを直視すると、あまりの報われなさに落ち込みます。

812 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 14:38:30.03
ずっと受賞できなければネットで公開して読んでもらえば良いだけ。
今の時代、誰にも読んでもらえないなんてことはあり得ない。
ネットの海にもたまに衝撃を受けるような作品が転がっていることがある。(読者が少なそうな個人サイトとかに)
そういう作品を読むと、小説って素晴らしいなって思うし、書く意欲が湧いてくる。

813 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 14:41:59.56
ネット小説など読むに値しない。
オナニーの吹き溜まり。

814 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 14:46:11.53
小説なんて商業も含めて全部オナニーだよ。
商業の方が読めるレベルのオナニーが多いというだけ。

815 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 15:09:14.50
>>812
作品発表の場ができたのはでかいよね
創作は孤独な作業じゃない

課金システムが発達したら、個人で電子図書出版して利益を出すのだって不可能じゃないと思う

まだ、中間搾取が大きいからね
作者と読者、直接のやり取りが理想だよ
価額が全部作家のものになれば、専業作家だってもっと増えるはずだ

816 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 16:19:38.69
だれが無名ワナビの本に金なんか出すんだよ。
そこそこ知名度のある作家が、電子書籍を個人的に出すならまだしも。

817 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 16:23:10.04
夢を見たらいいさ。
それが人間ってもんだ。

818 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 16:31:38.56
ネット上に作品を垂れ流し、編集者の目に留まることを夢見ている。
または、口コミで話題になり出版、映画化、ドラマ化に期待。
あまり頭が良いとは言えないアクションだな。

819 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 16:58:37.05
だれもそんな話はしてないような……

820 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 17:34:55.27
じゃあ何の話だよ

821 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 19:00:40.59
プロになれなくてもネットなら人に読んでもらえるという話と、
出版社を挟まずに小説を売れようになればいいという意見と売れるわけ無いだろという意見の話

ネットを介してプロデビューの話は誰もしてない

822 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 20:11:25.66
これは、同人ゲームの話だが、ひぐらしのなく頃には、同人で発売された
同人だから当初話題にならなかったが、ネットで無料配布してからブレイクしたんだ

出版社を介さなくても、個人でも、ネットの時代だからビジネスチャンスは作れるということ
これは、いい参考例になると思う

まあ、乱歩賞スレで言ってもあれだが、編集者に目をつけられなくても、他にも選択肢はあるという意味で

アイドルなんかはこの例が顕著で、ネットですぐ宣伝できるから地下アイドルが最近増えてきている
同人ロムで、専業で生活できるぐらい稼げるらしい
事務所の搾取がないからね

823 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 21:30:50.84
伊兼さん、横溝の最終に残ったね。

824 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/12(火) 22:54:32.79
乱歩賞を見限ったのか。
それともダブル受賞を狙ってるのか。

825 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 00:06:19.76
乱歩賞にも投稿はしてるだろうね。

826 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 01:19:55.27
みんな小説完成させて、何人に読んでもらってる?

827 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 01:30:29.23
嫁さんのみ。

828 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 01:45:22.00
辛口の奥さんだったらいいね

829 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 01:56:57.42
私が何か言うと、主人はいつも辛口批評だなと嬉しそうに言います。
でも、本当は違うんです。当たり障りのないことを言っているだけです。
私は一次落ちでも全然構わないし、何よりも夫婦円満が大切ですからね。

830 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 02:05:57.22
ですね。お幸せに(^_^)

831 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 04:39:54.95
最終に残ったとしたら、四月の第一週の連絡が濃厚ですか。

832 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 06:28:25.34
多分、そのくらいだろうね。
選考会が終わると、下読みがツイートするのが毎年のこと。
それから2、3日以内に電話がかかってくる。4月頭は、電話がくるこないでちょっとした祭りが起きる。

833 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 07:15:02.72
伊兼さん、残ったか。
これで乱歩、清張、横溝の最終をコンプリートしたことになる。
いよいよ受賞か。が、ここで落ちるとドツボにはまるな。

834 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 08:25:55.32
伊予原新に続くか?

835 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 18:36:28.14
伊予原だって、横溝より乱歩が欲しかったんじゃないのかな?
もし乱歩の方にお台場アイランドを応募していたら結果はど
うなっていたろう?

836 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 19:03:02.54
お台場アイランドは好みが分かれると思う。
ミステリ度は低めだし、近未来ものは、どうも乱歩では評価を得るのは難しいように思う。

3.11以降に読むと、液状化や津波の描写などは、大いにクエスチョンがつく。
(東日本大震災前の選考だから、そのあたりはつっこめるはずもないのだが)

「再開」と「お台場アイランドベイビー」を読み比べた場合、俺なら迷わず「再開」に票を投じる。
「お台場」が受賞となったら、内田より早く椅子を蹴っ飛ばして退出しているだろう。
勿論、選考会の写真には載らず、小現を買ったワナビに謎を残す結果となることは、言うまでもありません。

837 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 21:13:41.91
ワナビの嫉妬は見苦しいなぁ。

838 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 22:04:08.70
386を嫉妬と思う837は伊予原本人?

839 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 22:34:08.77
近未来ものは、現実に起きちゃったときにリアリティが削がれる場合があるから、
乱歩では評価が低いのかもよ。
一瞬で作品が陳腐化し、末永く愛読される可能性は低くなる。文庫の売り上げも落ちるだろうし。

近未来ものを書く場合は、注意が必要だな。

840 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 22:51:13.36
乱歩賞でも近未来ものはあるんだよ。
どれだか分かる? 

841 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 23:09:13.90
そんなのあったかな?

842 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 23:18:55.79
トゥエルブは近未来だったのでは?

843 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 23:20:27.23
近未来を描いたのだが、その後描いた時代が到来してしまった
のがひとつある。全部読んでいればすぐに分かると思う。
ただし、現実は小説の内容とはかなり違ってしまったが。

844 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/13(水) 23:24:07.21
すんません
プリズン・トリックの著者近影は、「なんだかな」って言う写真だったらしいですが、どんな写真
だったんですか?

845 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 00:29:17.98
受賞して満足げに笑っている写真。
顔はブサイク。
だったと思う。

846 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 05:12:08.99
遠藤さんはかわいいよ。

847 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 05:21:07.73
あれは大川栄作

848 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 05:51:57.11
人懐こい雰囲気で憎めないタイプだよな。

849 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 06:02:29.67
中年のホモに根強い人気
遠藤さんじゃないよ

850 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 09:03:00.82
お前らに人の顔をどうこう言う資格はない。
そもそも受賞もできない低脳連中。
レベルが違う。

851 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 14:28:31.61
ところで。いよいよ落ちたときのことを考えはじめました。

江戸川乱歩と松本清張の下読みは、かぶることはあるんだろうか?

852 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 17:05:09.32
あるんじゃない。
名のある賞は、だいたい知ってる書評家がやってるからね。

853 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 20:50:03.66
しかし相変わらずこのスレはクズみたいな人間ばかりいるな


精神的に余裕のない奴ばっか

 

854 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 21:08:41.50
君が筆頭だね。

855 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 21:14:46.52
言い合いの連続。。

856 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 21:22:01.02
しかし、ここ1、2年で乱歩賞スレのレベルは確実に下がったよ。
いや、レベルが下がったと言うより年齢が下がったのか。
古参はみな出て行ったの?

857 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 21:25:09.69
捌け口にはなっても、得るものがないからだろうね。

858 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 21:25:16.97
螺鈿迷宮、一次落ち

859 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 21:38:03.54
俺の作品も一次落ち

860 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 21:40:58.37
毎年200作近くが一次落ち

861 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 21:49:53.54
その熱意を職場で発揮していたら、いまだに平社員ということも
なかっただろうに。

862 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/14(木) 22:45:26.14
空回りして頑張っても結果は出ない。
何事も自然が一番。

863 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/15(金) 01:47:28.84
しかし相変わらずこのスレはクズみたいな人間ばかりいるな


精神的に余裕のない奴ばっか

 

864 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/15(金) 02:05:38.22
君が筆頭だね。

865 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/15(金) 08:12:42.91
否が応でもあと三週間もすれば、大半の人が死刑宣告を突きつけられるわけだ。

866 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/15(金) 08:18:22.67
300人以上が悶絶する瞬間を見逃すな!

867 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/15(金) 17:00:09.43
来週あたりからそわそわしそう。
携帯を常に確認し、留守電もメールもチェック。
四月の一週目なんて胃が痛くなる。
頼む、電話きてくれ。

868 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/15(金) 18:06:54.07
もう少し泰然自若に構えろよ。

869 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/15(金) 19:01:01.92
あと三週間か〜。。

870 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/15(金) 23:45:01.80
かま首を固くして、いや長くして待て

871 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 00:45:27.73
やべ。
ホントに緊張してきた。
胃袋の辺りが気持ち悪い。

872 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 03:43:16.81
おれは全然緊張しない。今年は一次は通るだろうが最終に残ることは
ないだろうから。応募後に見直して瑕疵に気づいたから。
それもちゃんと修正したから、今はこのミスがターゲット。
そっちなら最終に残る可能性は高い。

873 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 03:57:51.68
使い回しで選考通過した例があっただろうか。
しかも、同年の他賞応募作で。

874 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 04:10:00.10
>>872
そういう場合ってタイトル変えたりするの?

875 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 04:30:47.31
確認はしていないが、「禁断のパンダ」は乱歩賞一次通過だったというレスを見たことあるな。

876 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 08:08:43.08
大幅加筆修正して別作品と言えるほどになってるなら、他賞応募も
かまわない。
ただし下読みは同じ人たちがするんだから、よほど変えてないと
同じように一次どまりになる。

しかしだ・・。乱歩賞→このミスはかなり厳しいときく。
このミスサイドは、乱歩賞落選組が使い回しでどんどん送ってくるのを
嫌がってる。乱歩賞落ちこぼれの吹き溜まりになるのを警戒してるとか。
このミスは、ブランニュー作品でないとまず受賞は難しいんじゃ。

877 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 08:18:59.64
このミス側は売れる作品が欲しいんだから
締切時期を考えても 乱歩賞→このミス で作品が
流れてくることを狙ってる。宝島社は嫌がってないでしょ

878 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 08:27:23.11
ここで話題になってる「四角い」さんのブログ読んでみた。
この人、もう10年近く応募し続けて2回も最終に残って、でも受賞して
ないんだよな。ある意味、受賞するよりすごいw

「四角い」さんのブログを読んで、この人が落選し続けてる理由がよくわかった。
この人は、戦時中・終戦の時代背景にこだわっているようで、最終に残った作品も
「謀略の翼」「焼け跡のジハード」と、戦時中・終戦ものだ。

だけど「焼け跡のジハード」なんて小説が本屋に並んでたとして、
読みたいと思うか?
戦時中・終戦ものは、ノンフィクションに傑作がずらりと並び、
素人が書いた小説なんかじゃ太刀打ちできない。選評でも「事実誤認が
多い」とかこきおろされてるしな。

879 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 08:32:37.57
「四角い」さんは、応募戦略を考え直した方がいいんじゃ・・
戦時中・終戦ものは、賞も出版社ももちろん読者も求めていない。

最終に2回も残るんだから、文章力とかは確かなものがあるんだろう。
あと必要なのは「時代の風」をつかむセンスかな。

880 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 08:42:27.97
「パンダ」は乱歩一次通過どまりだったが、「このミス」への応募は翌年。それでみごと受賞した。

ちなみに、翌年も乱歩に新たな作品を応募している。これも一次通過どまりだった。
それで、前年作を使い回したんだと思う。
つまり、一年以上かけて改稿したんじゃないかな。もしくはかなり冷静になってから書き直した。

大賞を受賞したから、過去はどうでもいいことだけど。
おそらく自信作が二年連続で一次止まりだったから、どこかに突破口を見出したかったんじゃないかな。
安易に使い回したんじゃないということが、これらの軌跡からわかる。

881 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 08:46:24.22
>>878>>879
四角に直接メールでもしたら

882 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 08:52:24.30
多分ね、ベースを戦時中にする必然性がないからダメなんだと思うよ。
現代小説の舞台がそっくりそのまま戦後に変わっただけでは、説得力がない。
それに、若者が書いた戦後のどさくさとかスパイ活動的なものって、ハリウッド映画みたいな感じなのかなぁと。
まあ、今回は警察ものらしいけどね。

883 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 09:00:15.71
みんな四角のところに見に行っているねえ。
気になるよね〜

884 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 10:16:44.70
まあ、2回も最終に残ってるから気にはなるわな。

885 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 12:32:54.22
四角もすっかり人気者だな。

886 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 12:44:27.22
刻一刻と処刑の日が近づいてくる。
外が春めいてくると、余計な焦燥感に苛まれて暗くなる。

887 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 19:40:21.78
嵐の前の静けさ

888 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 19:57:14.21
遠藤さんがギター片手にやってくる…

889 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 21:35:53.14
遠藤さんはおもむろにマイクを握り、
サザンの桑田の物まねで歌い出す。
似てない。実に似てない。
自身の小説にもかなりでてくる、サザンの物まねで歌うリーマンは、自分自身だったのだ。
エリー♫マイラブ♪ソー スィー♫

890 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 23:25:48.74
何が言いたいと??

891 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 23:31:44.51
そうそう、おもろくもないしw

892 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/16(土) 23:49:09.56
遠藤さんは人気だなぁ。

893 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/17(日) 00:19:55.77
人気だね。

894 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/17(日) 01:39:16.39
また四角の話か
相変わらずきもいな

895 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/17(日) 07:27:06.23
友達の妹が小説学校に通ってて、そこに乱歩賞に出した人が二人いるみたい。
おっさんと主婦。
クラス内では、なかなか優秀な二人だそうな。

896 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/17(日) 08:01:23.00
小説教室を舞台にしたミステリってある?
愛憎劇がありそう

897 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/17(日) 21:05:17.79
結果が出るまでに干からびそう。。

898 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/17(日) 21:42:54.39
>>896
使い古されたネタ

『ミステリ講座の殺人』クリフォード・ナイト
『ミステリ講座の殺人』キャロリン・G・ハート
『ミステリー教室殺人事件』吉村達也
きっと探せばまだある

899 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/17(日) 23:25:12.76
なんか急に過疎だな。

900 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/18(月) 04:55:54.65
四月初旬に電話が来たとか来なかったとかでまた小さく盛り上がるさ。

901 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/18(月) 10:22:58.61
ドキドキして落ち着かないわけね。

902 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/18(月) 19:00:23.61
西村京太郎のトラベル物にも、小説学校内での嫉妬が
動機ってのがあったな。

903 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 03:37:42.99
役所が出してる広報紙に、小説教室の宣伝が載ってたぞ。
公民館で定員30名、講師は元編集者。
うっかり電話しそうになったぜ。

904 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 03:50:34.53
>>903
電話すればいいんじゃね? 元々公営の小説教室なんてないし、
仮にあったとすれば、民間よりおそらくレベル低いし。

>>840
超亀レスだが、どれなの?

905 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 04:43:38.20
食人鬼が小説教室を口実に婦女子を集める小説にとりかかってる

906 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 08:21:53.17
今日の読売新聞朝刊、月刊エンタメは興味深い。
高野史緒の新刊評なのだが、
「昨年の乱歩賞受賞に際しては物議をかもしたが、新刊を読めば、意義があった」
といった内容だった。
受賞後第一作が講談社じゃないことも、注目だな。

907 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 08:32:55.61
あ、そ。

908 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 09:01:14.94
もしかして、小説カルチャースクールみたいの今流行ってないか?
無料配布のタウン情報誌に、小説の書き方みたいな講座がいくつも載ってたんだが。
老人をターゲットにしてんのかね。

909 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 11:50:46.82
年寄りを小説教室に通わせて、自費出版に手を出させる。というか、勧めなくても間違いなく本を出したくなるはず。
暇と金を持て余してる老人に金を使わせることで、微細ながらも経済効果が期待できる良いシステム。

910 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 12:38:39.77
団塊の世代はいいカモだね。
ミステリーを書きたいなら、乱歩賞全集を買って全部読めとか指導して欲しい。

911 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 13:35:36.88
一度でいいから暇と金を持て余しているって言いてえよ

912 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 13:47:58.81
暇はともかく金がない。

913 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/19(火) 20:10:05.42
暇もカネも、そして残された時間も無い

914 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 12:55:50.57
シマソウが団塊世代をターゲットに賞を新設するくらいだもんな。

915 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 13:37:13.50
ビジネス本、人生の教訓みたいなもんを経てから、おっさんは小説に移行する。
戦後のどさくさとか疎開、全共闘をテーマに糞つまらない文章を書きまくる。
ソースは俺の叔父。
自費本を送りつけられ、感想を求められる辛さよ。

916 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 14:24:10.08
>>915
糞つまらない中にも、発見や独創性があるんじゃない?

917 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 15:22:28.02
独創性など皆無。
ただ昔話と教訓を書きまくってるだけ。
親戚の集まりで、オヤジどもが酒呑んでしつこく自分語りを始めるだろ?
あれと同じだよ。

918 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 15:33:42.42
俺に送りつけられた本は、写真なんかも載ってた。
本棚に置いとくのは、ちょっと厭で目に付かない場所にある。
ブックオフでいくらか値がつくだろうか?

919 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 15:42:57.58
若くして(20代かせいぜい30代前半までに)名の有る賞を受賞してデビュー。
その後はパッとせず、売れない作家という烙印を押され、実質無職の人生。
40代以降に乱歩賞を受賞してデビュー。たとえ数年でも、乱歩賞作家として
遇される濃密な晩年。どっちがいいだろう。

920 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 17:56:39.11
>>919
どっちでもデビュー後数年で死亡すればいい

921 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 19:33:39.66
自費の本は、ブックオフで0円だよ。
引き取ってくれるだけ有難いけど。

922 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 20:47:15.24
そうか? ブックオフは本の状態を見て値段決めるんやないん??

923 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 21:27:01.19
自費出版は無価値
図書館でも断っているそうだ

924 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 21:39:30.98
売れてたら別やと思うがな

925 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 22:02:49.65
地方の名士的国会議員の本は、ブックオフにけっこう置いてあるぞ。
(自費出版とはいわないかもしれないが、それに近いものがある。
後援会などで配られる、というより年会費とかに入って買わされてる本ね。
誰も本屋で買わないやつ。つか、本屋で見たことないやつ)

926 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 22:58:57.24
なんで自費のスレになってんの?

927 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:02:29.03
賞金ゲットして早く引っ越したいぜ

928 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:14:46.66
なんか団塊の世代と戦中派を混同しているヤツがいるようだな。
かなり違うぞ。

929 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:22:29.46
>>926
賛成!

930 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:26:58.06
>>927
賛成!

931 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:31:41.87
高卒女は小説書くな

932 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:35:55.41
なんで?

933 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:42:18.73
>>932
  (´A`)つ☆ペチペチ
  と_⌒))
    (_ノノ

934 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:44:13.49
作家目指してるんなら、言葉で交わそうよ。。

935 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:51:31.79
もうすぐ発表だね。
まだ余裕があるけど、4月に入ったら携帯片手に悶絶しそう。去年も、ポケットに入れた携帯を四六時中気にしてた。
結局、誰からも電話なんてこなかったわけだが。

936 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/20(水) 23:53:55.16
>>935
多分、そうやって待っている人には連絡こない。そう思う。

937 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 00:02:25.37
『今から風俗行こうと思ってた』みたいな人が受賞する

938 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 03:00:15.65
なんでみんなそういう風に画一的に決めつけるかね。
もっと柔軟な頭脳を持ちなよ。

939 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 08:56:09.44
エンターテイメント作家は量産できなきゃ大成しないから、受賞発表の時に他の作品を作ることに集中しているような人のほうがセンスはあると思う。

940 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 10:02:08.21
ガキみてえな固定観念ばっかだな、おい。
携帯片手にドキドキしようが、次作執筆に集中してようが、受賞するやつはするんだよ。

941 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 10:45:45.56
まぁ、そりゃそうだ。だからなんだって話だし、常識的すぎて面白くもなんともない意見だが。

942 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 11:47:18.35
面白くする必要性がない。

943 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 19:57:23.58
創作する人間が、会話が止まってしまうような一般論を述べるのはあまりよろしくないでしょう。

944 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 20:26:46.49
早く四月にならないかな〜

945 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 21:01:39.77
だね。
早いとこ息の根を止めてもらわないと、次に集中できない。

946 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 21:05:30.01
>>934

  (´A`)つ☆ペチペチ
  と_⌒))
    (_ノノ

947 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 21:43:35.91
>>946
wwwww

948 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/21(木) 22:25:46.61
来年は密室もので勝負だな

949 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 01:59:50.55
今年は選考日が早くなったようですよ。
最終候補への電話はもう済んでます。

950 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 02:20:03.06
こういうヤツって毎回現れるね。
おれは特に気にならないからゆっくり待つよ

951 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 02:21:23.58
>>949
ニュースソースは?

952 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 10:38:34.08
ホントに連絡は済んでいるらしい。
Twitterで検索してみ。

953 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 12:25:22.98
見つからなかった
検索ワード何?

954 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 12:49:54.34
壇蜜

955 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 12:50:37.17
「ヶッィ ゎ ョィヵ? っぇッヵィ ュヵ ょ」
「ぃぃゎょ」
「ぃょぃょ ョゥヵィぉぅ ぉ ぅっ」
「ぇぇ、 ぁぃっ ぉ ぅっゎ」
「ゃっ ゎ っょぃ。 ヵォ ぉ ッヶ」
「ヵォ ゎ ょゎぃ?」
「ァヵィ っぇ ぉ ッヵェ」
「ォゥヶィ ょゅぅょ」
「ぉぉ ぇぃゅぅょ ゃっ ぉ ぉぇ。 ぁぉぃ ぃぇ ぇ ュヶ!」

ゃぉゃ ぉ ヶィュ。ぃゎ ぉ ゥヵィ。
ュヵ ゎ ぃょぃょ ぁぉぃ ぃぇ。
「ョゥヵィぉぅ ゎ ぅぇ ヵ」
「ぅゎぁ ぇぃゅぅ ゃ」
ョゥヵィぉぅ ゎ ぉぇっ。
「ィィヮヶ ゎ ぃぃ」
ュヵ ゎ ヶィヵィ。 ァヵィ っぇ ぉ ょぅぃ。
「ぁゎゎ、ゎぃ ゎ っぇ ゎ ぃゃゃ。 ぉぅぃ ゎ ぇぇ。 ゅぅぁぃ ゃ」
「ヮヵィ? ぃぃゎ。ヵィヶッょ」
ぉぃゎぃ ゎ ょぃ ぉゃっ。

956 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 12:57:30.14
今は貯金で食いつないでいる。つまり、収入ゼロ。これで受賞したら、
賞金と印税で二千万は超えるよな。
税金を安くするにはどうしたらいい?

957 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 13:36:39.19
受賞してから考えろ。
で、仕事探せ。

958 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 13:50:25.05
Twitterって電話きたヤツが呟く率が高いな。
出版社に止められてないんだろうか。

959 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 13:58:51.73
ツイッターで確認したって本当?

960 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 14:34:22.28
日本で五人しかいないのに、呟く率は低いだろうに。。
出版社側からも止められてるよきっと。

961 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 15:11:59.63
ねえ、知ってる人がいたらおしえて。
電話が来るときって
編集者の携帯からくるの?
それとも出版社の固定電話?

962 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 15:55:01.41
なんで?
登録してない番号から着信でもあったの?

963 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 16:16:50.66
そう。
でも、その後で宅配便きたから
それかなーとも思う。

964 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 16:32:55.61
電話でなくても何回かくるだろう。向こうとて、作品重視なわけなんだから。
一度でなかったくらいで、はいやめ、とはなるまい。

965 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 16:49:09.72
4月2日以降だよ

966 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 17:15:35.03
ソースは?

967 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 17:41:48.45
過去の予備選考会の開催日
 (小説現代5月号に寸評が載るようになってから)

 56回……4月5日(土)
 57回……4月4日(月)
 58回……4月4日(水)

松恋氏のツィートより
 「3月28日から4月1日早まで京都に滞在予定」とのこと。

※4月1日の線も残るが、年度初めなので行わないだろうと勝手に解釈。


これらから、4月2日以降と推定。
今年も4月4日ぐらいか?

968 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 17:47:53.08
だから、もう終わってるって。

969 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 17:54:12.66
訂正

誤「3月28日から4月1日早まで京都に滞在予定」とのこと。
正「3月28日から4月1日朝まで京都に滞在予定」とのこと。

970 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 20:41:31.33
悲しいね。

971 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 20:41:49.54
荒れてんな

972 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 20:47:27.68
え?
どのへんが?

973 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 21:17:10.55
4月4日が濃厚だな

974 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 21:24:42.03
6日までに電話がなければ、アウトってやつだな。

975 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 22:02:02.87
>>952
がツイッターの検索ワードを答えられてない時点で、もう連絡が済んでるというのは
ガセネタだよ。

976 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 22:20:00.98
いろいろと必死だな。

977 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 22:26:59.41
じゃあ、連絡あったって根拠と証拠を『具体的に』よろ。

978 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 22:29:57.33
そしたらみんな納得する

979 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 22:33:42.72
ほら、こたえられない

980 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 23:04:00.53
緊張してきた。
いかんいかん。
久しぶりに「カタコンベ」でも読むか。

981 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 23:10:43.16
ガセネタを流すヤツは、「ガセネッター」という呼び方にしたらどうか?

982 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 23:25:20.34
安心しろ
おまえらみたいな無能に電話なんてこないからw

983 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 23:32:32.26
認めちゃった

984 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/22(金) 23:43:29.46
『低脳』って単語つかうのが癖みたいだねw
遡るとすぐわかる。

985 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 03:27:49.26
>>981
このスレで「低脳」って言葉を使ったのは850だけなんだが。
もしかして、低脳と無能の区別も付かない?
さすが低脳のご本人(笑)

986 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 03:48:42.85
緊張してきた。
いかんいかん。
久しぶりに遠藤さんの写真でも眺めるか。

987 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 08:15:03.69
遠藤さんの写真は文学史に残る事件

988 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 08:59:13.69
安心しろ
おまえらみたいな無能に電話なんてこないからw

989 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:04:37.70
>>985
984の間違いだろw きみもどうるいさ  ご丁寧に単語数えたんだね

990 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:12:46.86
さすが高卒の溜まり場スレw

991 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:13:46.35
大卒だろうが、受賞できなきゃね〜

992 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:15:06.98
次のスレタイどうするか。
俺は立てられんから誰か頼む。

993 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:15:36.68
>>991
高卒乙

994 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:16:04.25
大卒だろうが、スレ立てられないならね〜

995 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:16:22.93
もう立てなくていいだろ
ロクな人種がいないから
創作板とは思えない馬鹿ばっか

996 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:16:54.82
>>994
妬むなよ低学歴w

997 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:19:54.61
緊張してきた。
いかんいかん。
久しぶりにシャンプートリックで使われた銘柄で、シャンプーでもするか。

998 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:20:35.21
>>993
大卒乙 今時学歴ってw

999 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:20:57.10
知性のない低学歴が小説なんて書くな
ゴミだゴミ

1000 :名無し物書き@推敲中?:2013/03/23(土) 09:21:29.39
>>998
作家に学歴は重要

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

220 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)