2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【釣られたら】江戸川乱歩賞その33【終了ですよ】

1 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/19(月) 17:45:03.83
前スレ
【カラマワリの】江戸川乱歩賞その32【受賞作】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1347446311/

2 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 01:40:33.45
来てやったで。

3 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 08:31:54.68
一次は通過したので来ました。
次は選評をもらいたいです。

4 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 11:20:26.16

松本賞公募原稿、第五稿の修正を終えて30枚削った。これで600枚ジャスト。
昨年もそうだったが、煩雑になりさらに五十枚削り乱歩賞に投下。

結果、二次どまり。今の状況で後半100枚書きなおしの課題がある。
松本賞〆切りまで十日。さあ、どうする。

5 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 12:50:48.03
頭が悪くてもミステリーは書けますか?

6 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 13:04:36.27
>>4
たくさん削った、結果予選を二次まで通過した。
いかにも偉そうに書いているが、そんなにたくさん
削るということはプロットがいい加減という印。
5の言うこともあながち間違いではないかも。

>>1
スレの劣化を端的に表したスレタイだね。

7 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 13:39:21.24
乱歩スレだけじゃなくて、創作文芸板全体がおかしくなってると思うぞ。
何でかは知らんが。

8 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 14:04:52.63
ラノベからミステリーに転向する奴が増えているっぽい。
今そんな作風が流行ってるし、コミュの中にもそんなのが大勢いる。小説学校では、ラノベ寄りの書き方指導をするみたいだな。

9 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 15:52:47.30
応募どころか小説を書いたことも無い、4の釣竿に6ががっつり
釣られてるから、このスレ終了〜

10 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 16:22:34.32
煽りにもセンスが感じられない。
ま、応募締切を過ぎれば、まともな連中が戻ってくるだろう。

11 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 17:43:34.95
まだ150枚あせる〜

12 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 19:27:45.51
今の時点で150枚ならいけそうだね。
がんばってください。
私は推敲に励みます。

13 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 21:13:18.54
改行のタイミングにこだわるのって無駄ですかね?

14 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 22:55:27.01
ワタクシはまだゼロ枚。
プロットはほぼできているが、今月末まで再考する。
10ヶ月かけて作ったプロットだから自信はある。

15 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 22:57:43.80
>>9
きみひとりがレベルを極端に下げてることには気付いてるよね?

16 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 00:22:54.43
30×40で150枚ではなくて?

17 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 01:43:29.74
乱歩賞に子供が増え、平均年齢が下がるのもよいだろう。
そうやって古株は淘汰されていく。
これからは、最終2回目ぐらいで受賞しておかないと、厳しいと思うよ。
常連は実力はあるだろうけど不利になる。

18 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 02:27:23.33
>>16
一般的には、注釈なしで枚数を書いたら、400字詰めと
考えて良いんじゃないかな?
30×40で150枚だと、もう規定に達してることになるし。

19 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 07:57:35.07
江戸川乱歩って、福島市の保原に疎開してたんだよね。

豆な。

20 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 08:23:39.99
もう20日か。
あっという間に一年が過ぎた。

21 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 17:11:27.05
冗長とそうでないものの違いってなんだと思いますか?
本筋に関係ない場面を加えることで、登場人物の人間性みたいなものが見えるし、説明するよりずっといいと思うのです。
でも、不要な場面と言われることもある。
そのさじ加減を、みなさんはどうされていますか?
ちょっと煮詰まっているもので。

22 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 18:10:57.05
説明してキャラクタへの理解が深まるとか、背景の理解が深まるならいいじゃん
気楽に書いて、クールダウン期間をおいて読み直してかんがえりゃいいじゃん

毒薬の説明
呑んだら死にます でいいという人もいれば
呑んだらどういう反応の後に絶命し、死体にどのような痕跡が残ります、としたほうが
いいって人もいるべさ

車だってそうじゃん
DOHCツインカムCCの咆哮が、と書いた方が盛り上がるならかけばいいし、エンジンが
雄叫びを上げた、ですむならそれでいいし。 

銃だってそうじゃん。ナイフだってそうじゃん。

焼き肉のたれは?

23 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 18:28:38.83
結局は好みの問題なら、公平な審査なんてあり得ないよね。
好みの合う下読みに、一発目当たるかどうかの運じゃん。

24 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 21:36:04.38
ふつう、好みはあってもおいといて、
好みにかかわらず、いい物を選ぶだろ、仕事だもの

俺だって仕事では「AとBどっちにする?」
って聞かれて好きじゃないけど、良いと思われるほう選ぶことあるもの
好き嫌いで選んでたら、そいつ仕事なくなるじゃん

25 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 23:09:08.69
文学は好みを優先させる仕事でしょ。
書評家が持つ好みを買われて下読みになってるんだから。
客観的に見るんだったら、わざわざ書評家に金払うわけない。

26 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 00:13:38.74
って本気で思ってるの? ばかなの?

27 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 00:35:17.33
たった一人が判定する1次では好み関係ねえよ
好き嫌いが介在する余裕もないほど、
落とさなきゃいけない箸棒がいっぱいあるからw
嫌いなものでも出来がよければ通っちゃう

それともうひとつ、乱歩賞に来るような作品
社会派とか本格とか冒険モノとか日常の謎とかいろいろあるわな
それらが嫌いなやつなんか乱歩賞の下読みに居ないんだよ

日ラブとかコバルトにノワール送ったら、こういうの苦手って言われて落ちるかもしれん
っていうかコバルトなら間違いなく落ちるなw

でもな、乱歩賞の下読みには、乱歩賞に送られてくる分野が嫌いなやつなんかいねえのな
もちろん「ボクと魔王が探偵で妹が犯人」なラノベ送ったら落ちるかも(いや落ちるなw)だ
それは下読みが好き嫌いで不公平な審査したってならねんだよ
わかるか? このへんの微妙さ

結局いいわけだろ? 下読みの好みと違ったから落ちたんだって
それ何の次につなげる進歩も無いぜ

28 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 01:37:11.46
でもさ、出来がよいという理由で客観視してるから、毎回同じ常連組が上がっちゃうんじゃない?
つまり優等生的な作品というか、没個性というか。
東野さんも指摘してたような。

29 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 01:44:13.42
だからといって、
1次で落ちるくらいの出来が悪いやつをごり押ししてもこまるだろ

ある程度は完成度を持った個性的なやつを上げるのはやってると思うけど
完成度がある没個性なやつを、1次で落とすわけにもいかなくね?

30 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 02:07:11.14
あ、そうか。
納得しました。
やっぱり常連さんは、実力があるってことなんだよね。

31 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 08:51:24.49
ちょっと暗くなり過ぎた。
心理描写の良し悪しがわからない。

32 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 09:30:08.84
>>21
さじ加減こそ好みかな
ただ、わかりやすい、納得しやすい、説得力は、必要だと思う
東野は凄く上手くて、読みやすい。説明が上手
山田ゆうすけも中学生に人気で読みやすいんだよな
多分、誰の台詞か、誰の考えなのか、が、きちんとしててわかりやすいんだよな
格式高い文章で長々と独りよがりの内面を読まされるよりは、削った方がいいと思う
キャラに同調できなければ失敗だし、つまんないから

あとね気晴らしに、ミステリの書き方、だっけか?、って本、読んでみたら

すごい作家陣が書き方を書いてて、なかなか面白いよ

33 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 09:53:50.09
東野が絶対ではないし、東野と違ったあり方もあるはずだ。
でないと型に嵌ったミステリしか生まれない。
自分の個性と書きたいもの、表現したいものに拘るべきで、
他人に方法論を訊くべきものではないと思う。
でないといずれ、壁にぶつかるし、自分の作風を深められない。
といっても、それでは受賞には近づけない。
効率的な勉強方法が求められている受験ではないのだが、
受験的な要素が強くあることが、ジレンマになっているのも確か。

34 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 14:37:00.16
簡単にいえば>>33みたいな文章は削ったほうがいい

35 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 14:49:07.72
読みやすさばかりを求める風潮がおかしい。
まわりくどい文章が物語に合っていれば、それは作風になる。
作家性が見えない物書き志望は、やめたほうがいいと思うよ。

36 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 16:33:34.61
娯楽は読みやすさが必須だろうよ
読みにくいけど何かあるってのは初期の大江とか中上とかだろ?

37 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 17:08:42.36
読みにくいんじゃなくて、作家性が見える文体ってこと。

38 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 17:33:38.22
本当の意味での冒険物っつてありだと思う?
アマゾンの奥地に入って危険な目に遭いまくり。雇われトレジャーハンターみたいな感じで、最後にちょっとしたどんでん返しがある。
社会風刺ゼロのエンタメなんだ。
このミスは嫌いだから、乱歩賞でいくつもり。

39 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 17:59:20.58
ありだと思う。
そういった受賞作は出ていないので、ある意味冒険ではある。

冒険ものなんだから、大いに冒険しよう。

40 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 18:09:03.04
レスありがとう!
なんか、書き切ってみようと思えた!

41 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 18:55:18.38
おー、プロット作り出したのと同じ方向性だ
俺も頑張ろう

42 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 19:11:35.11
>>39
過去ログ【プロット派】江戸川乱歩賞その31【非プロット派】
の38のリンク先を見てみたら。

43 :42:2012/11/22(木) 19:18:02.09
ご免。
>>40にだった。

44 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 19:42:02.58
俺はハードボイルド
直球ミステリが読みたがってるイラがいるから、不安

45 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 20:56:29.27
イラなんてどうでもいい。
ミステリーを書けない奴に審査されたくないな。
選考委員は4人だと思うことにした。

46 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 22:38:30.05
イラはおれも好きではないが、一応ミステリー出身なんだが。
それと、普段書いている作品はそれなりのレベルは保っているよ。
おれはその手の偏見は持たないことにしている。

47 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 19:59:08.75
先日の相棒で、偽装指紋が出てきた。
視聴率約15パーセント。
偽装指紋の知識の浸透で自作に影響出そうな人いる?

48 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 20:09:34.60
指紋ネタは地味だから、メインにはもってこないだろう

49 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 13:40:12.88
指紋ネタじゃなあ

50 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 16:00:50.74
最後のどんでん返しが指紋だったりすると、一気に萎えるな。

51 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 21:15:13.51
しかし、トリックはそれほど重要だろうか。
それよりも、人間と物語を丁寧に書いたほうがいいと思う。

52 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 21:43:56.15
>>51
その通り!

53 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 23:54:15.55
>>47
偽装指紋って、鑑識を騙せるぐらい精巧なの?

たとえば他人の指紋を採取してそれを侠気につけたら、完璧な冤罪ができちゃう
こわいな

54 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 00:20:52.30
怖いけど、あんまそそられない。

55 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 01:04:08.98
現状はスキャンした機械ごまかせるくりじゃね

指紋の成分調べろっていって、薄利した皮膚片や分泌物のDNA調べて
一致しなければ(あるいはまったく、そんなものがなければ)おかしいねってはなる
ごまかせるのは空港とかの機械だけじゃないかな

てのが基本なんだけど、
IPアドレスがお前だからお前が犯人って言って
何を言っても聞いてくれなかった例もあるので、本当にそうなるかどうかしらね

それにだな、偽装指紋ネタはもう乱歩賞作品ですでにあるし

56 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 12:42:29.46
13階段の汚点、的な

57 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:24:34.82
書き終わった!

58 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:43:46.00
>>57
おめでとう。
校正もがんばって下さい。

59 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 00:14:28.85
ありがとう!
ざっと見てから、一週間ぐらい寝かせてみる!

60 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 07:13:55.07
推敲だろ。

61 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 15:47:39.01
200枚
あせる〜

62 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 16:36:41.22
大丈夫だよ。
まだ二ヶ月以上あるし。

63 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 17:52:12.67
ありがと、がんばる

64 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 00:53:26.61
指紋の偽装は技術的にはむずかしくない。
鑑識をだますくらいのは簡単に出来る。
もちろん、本人の手を原型として使うという前提でだが。

65 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 09:21:23.70
そんなに指紋偽装を書きたいなら書け。

66 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 18:50:02.33
過疎

67 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 18:51:30.78
の村で起きた虐殺事件

68 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 20:08:50.98
の犯人はすぐに捕まった。
なにせ村民は3人しかないかったのだから。

69 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 20:16:52.30
第一発見者誰だよw

70 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 20:32:55.67
発見者はいなかった。
なぜなら3人のうち2人が虐殺されたのだから。

71 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 21:05:20.78
それ知ってる、2番目に殺された人が犯人なんでしょ

72 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 21:17:34.63
>>64
でも、そんな技術が出てきたら冤罪作り放題じゃん
指紋の信頼性そのものが薄れちゃうよ
証拠操作能力の根幹に関わる大問題じゃん

73 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 21:31:09.24
という問題提起作

74 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/28(水) 21:44:58.21
>>71
あなた、頭いいね。

75 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/29(木) 00:29:18.98
>>72
君も単純だな。
本人の手をシリコンゴムなどで型取りすれば簡単にできるが
そうなると、今度は本人に接触した人を捜査すれば良いから
すぐに犯人は割れるだろ。

76 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/29(木) 09:52:36.25
最初から最後まで偶然が重なりまくるバカミスを考えた。謎解き含めて全部偶然。
ここまで一貫してたら、もう瑕疵ではなくなる。

77 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/29(木) 10:02:50.00
>>76
海外ではヘンリー・セシル、日本では山口雅也の長編に先例があるな

78 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 00:30:19.85
偽装指紋の件だけど。
51のように「人間と物語を丁寧」に書くなら別だが、証拠として指紋が出てきた時に、
読んでる人にそれが偽装指紋でないと納得させないといけなくなったと思うんだけど、
その辺は、皆さんどう思います?

79 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 04:01:08.29
指紋の成分やDNAしらべてそいつの剥離した皮膚や皮脂があればいいじゃん
シリコンは指紋スキャンの機械をごまかすためのものだから
ガラスに跡がついたりしなから
なぜか、押すだけで跡がつく粘土だけに指紋が残ってましたとか、不自然だろ?
指さきをこすったり鼻の脂でもつけとけばしばらくは跡が残るだろうけど

っていうか丁寧に人間を書いてもトリックがしょぼいなら、それはそれで文句言われるよ
過去に最終でおちたやつで、非常に良くできてるけど無理やり犯罪入れてる。乱歩賞じゃないだろ、みたいなのとかあったし
人間と物語を丁寧に書いていればミステリーの賞でもいけるって、甘くね?

80 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 13:13:57.49
俺は単に、指紋の偽装が比較的簡単にできると語っただけだ。
指紋の偽装が簡単に出来るかどうかと、それがミステリーの
トリックの題材として適しているかはまったく別問題だ。

81 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 13:37:38.05
なに逃げ始めてんだよw
別問題なら、乱歩賞スレの話題じゃないだろ

82 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 14:36:17.47
>>81
それを「逃げ」だと感じること自体、君の感性が狂っているということだ。

83 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 19:08:03.86
そんな>>82に質問です。
チャンと読めば、君の書き込みが、みんなに可能性を示しているだけなのは、
誰でもわかる。
いや、流し読みでもわかる。
 
では、81は、そんなことも解らずに書き込んでいるのだろうか?
それとも解って書き込んでいるのだろうか?

84 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 19:13:54.91
乱歩賞スレで指紋偽装の話しをする
まあ、みんなトリックの話だと思うわな
そこで

「ふふふ、トリックの話ではないのだよ、可能性を語っただけなのだよw」

こんなの、「なんだよw 立場悪くなってごまかしかよって」みんな思うわ
思わない感性なんかいらんし、持っちゃいけない
狂って見えるなら、そっちが狂ってる、
壊れた時計が「お前の時間おかしいぞw 狂ってる」って電波時計に言うようなもの
残念だがお前以外は、みんなこっちだ

85 :83:2012/11/30(金) 19:50:11.90
釣りじゃなかったのか。
びっくりした。

86 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 19:58:01.78
主人公が何も活躍しないが、するする解決してしまうハードボイルドはどうかな
謎がなくてもハードボイルドならミステリだと思う?

87 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 20:03:28.72
ハードボイルドであっても
失踪人はどこ? とか 黒幕は誰? 
敵はどこ? こいつはこれからどうなる?
って感じの謎はあるんじゃね

読者にフェアな証拠の提示とかがないだけでさ

88 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 20:25:03.26
「ハードボイルド」と「謎」と「ミステリ」を
それぞれ定義してくれ 話はそれからだ

89 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 21:54:27.57
このスレの住人って、なんでどうでもよいことを
ネチネチ理屈っぽく掘り返すのかね。

90 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 22:00:19.27
だから万年ワナビなのさ。
視野が狭いからね。

91 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 22:02:33.80
釣り人が来てるね。

92 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 23:26:56.86
>>87
ありがとう
頑張ってみるわ

93 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 01:36:27.52
何回投稿してダメなら、作家を諦めよう…という基準は設けてますか?
応募者全員が受賞できるわけもなく、ダメなものは何度応募してもダメとか悶々と考えてしまいます。
年齢の焦りもあるし、いつまでも夢が叶わない絶望みたいなものもある。くじけない精神を持ってる人は、素直にすごいと思います。

94 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 02:13:49.12
>>93
私の場合は、特に基準は設けていません。
ただ、「くじけない精神」みたいな高尚でも殊勝なものではなく、
単に「ライフワークとして一生チャレンジしよう」というものです。
でもまあ、還暦になるまでに受賞できたらな、とは思っています。
なので、受賞しても本格的に作家に転身というわけには行かないかも
しれません。最初はほぼ毎年応募しましたが、最近では2〜3年に一度ですね。
これまでは二次通過が数回という程度です。さすがに一次落ちはなくなり
ましたが、あまり進歩はないですね……。

95 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 06:04:21.51
僕は別にチャレンジ精神でも、くじけないわけでもないですが
書きたいし書かずにいられないんで書いてます
そして、家においておいてもしょうがないんで(賞が無いんで)応募してます
だから絶望もありません、希望も無いわけです
もちろん毎回、作家になるつもりで応募してます

96 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 10:50:03.70
>>93
俺はネット小説書いてて単に金が欲しくなったから投稿小説を書きはじめた。
投稿作品が書けたら、ネット小説の続き書く
最初は投稿を意識して書くのが苦痛だったが、書きたいことを書くスタンスを取り戻したら、楽になった
楽しくなければ続かないかもね

97 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 13:42:41.70
アーサーゴールデンのさゆり、とか構想10年で大ヒットものはたくさんあるから
9年ねかせてもいいと思います。じぶんでも構想数か月のものはショボイとおもう。

98 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 19:51:50.02
みんな心が強いなぁ。
自分は落ち込んでばかりで自己嫌悪に陥る。評価されないと書く意味がわからなくなって、自作の良い所も見失う始末。
動じない強さが一番欲しいよ。

99 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 20:32:00.63
あんた、まだ若いんだろ

歳とると、逆に焦りはなくなるよ
小説なんて、ワードがあればタダで書けるんだから、趣味として、ライフワークとしてコツコツ書けばいいじゃん
芸術ってそんなもんだよ
ここにいるほとんどは、専業作家はムリだと思ってる人多いと思うし
みんな働きながら暇を見つけて書いてるんだよ
落選しても暇つぶしにはなるわけだし、創作そのものは楽しいし

100 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 01:02:11.89
11月中にプロットを完成させるはずだったが、瑕疵に気付いて
やり直したので出来なかった。12月最初の週に完成させないと、
あとが大変になる。

101 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 01:06:21.23
1月末締め切りだからもう無理だろ。

102 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 05:26:27.35
一日3枚かければいい。

103 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 10:11:01.04
>98
だめだったら人件費の安いフィリピン人に英訳させて印税率の高いむこうのKDPに出してみる、
とかいろいろ選択肢ふえている。逆に専業になると視野がせまくなるとおもうけど?

104 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 12:05:25.00
俺はダメなら、このミスに送る

105 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 15:31:02.23
正直な所、みんな受賞できると思ってる?

106 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 16:21:36.91
http://pbs.twimg.com/media/A9CJHnYCUAAQPPE.jpg

107 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 16:35:46.20
乱歩が駄目だったとしても、どこかに引っかかる自信はある

108 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 18:11:33.50
400枚を目指していたが、500枚ぐらいになりそう。
長いのは嫌われそうだな。。。

109 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 19:28:54.44
そんなことはない。
内容と枚数が合ってればOK。

110 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/03(月) 00:39:41.60
>>108
規定が550枚なんだから、その範囲なら、長いから嫌われるって
ことはないよ。これまでの受賞作なんかでも、上限いっぱい書いている
のが多いそうだし。
ただし、応募書式に変換したときの枚数オーバーは避ける必要があるが。

111 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/03(月) 02:34:45.69
だよな。
上限の185枚だったっけ? それで550枚分
なんとか印刷できないかと考えている。
改行がうんと少なければ近づくんだろうけど。

112 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/03(月) 11:40:42.74
めいっぱい書けば555枚分書けるぞ。

113 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 02:11:34.00
小説書いてると、自分の薄っぺらさを直視させられる。深いこと書こうとしても、心から出てくるものが少ない。
はぁ……。

114 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 08:06:19.96
でも、いらさんが、長いのは嫌だって。
400枚ぐらいの普通の推理小説が読みたいって。。
だから、500枚オーバーはまずいんじゃないかなと。。

115 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 08:10:10.26
イラ信者かよw

116 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/04(火) 14:38:09.37
イライラするよな

117 :100:2012/12/05(水) 01:52:50.36
>>101
いやいや、プロットが完成すればあとは速いから全然無理じゃない。
以前よくわいたような速筆自慢さんじゃないが、プロットが完璧なら、
3〜4週間くらいで書ける。それから1週間寝かせて、さらに推敲して、
と、時間的にそれほど無理ではないよ。
ちなみにおれはリーマン。39歳係長。最近残業少ないしね。

118 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 22:18:51.26
いやいや、ほんともう諦めて再来年にしたら良いと思うよ。

119 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 22:55:29.01
なぜ一年もあったのに、今頃始めるのか。

120 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 23:14:27.09
読めよ。

121 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 03:06:27.21
本当にできる人のプロット作りってのは、一年とか、ヘタすると
何年もかけるものだ。それに較べれば、執筆というか実際の文章にする作業
なんてのは、ほんの一部の作業にすぎない。
それが分かってない人がケアレスな書き込みをするんだろうな。

122 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 08:15:14.19
さ、次いこか

123 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 10:04:48.20
イラはつまんない上に長かった
っていいたいんだろ

124 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 12:40:56.59
イライラするよね

125 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 12:42:06.63
122のくやしさがつたわってくる

126 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 13:38:29.87
最近の創作文芸スレはレベル低下が著しい。世代交代が密かに行われたらしいな。

127 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 13:47:54.44
イライラする?
男にも更年期があるからね

128 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 14:48:21.74
団塊から更年期に世代交代?

129 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 15:04:00.28
団塊はそんなにいないんじゃない?
一番多いのは40代前半のような気がする。
俺も来年で40だ…。

130 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 17:10:00.05
四十代
メランコリーに
気をつけろ

131 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 20:12:20.99
鬱病、君も経験したの?
おれも39歳で患った。今は治ってるけど。

132 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 20:30:10.40
まあ、中年期の鬱はなぁ
治すというよりも、受け入れるべきだろうな

133 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 22:33:21.40
ほとんどの場合は治るが、かなり時間がかかるな。
気長に休養取りながらやるしかない。
それと、心の病気とは言っても所詮、脳という肉体の
異変が原因だから、「精神力で治してみせる」なんて
思わないことだね。今は良い薬もあるし。

134 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 23:34:16.95
だからさ、今回は諦めればすっきりすると思うよ。
気も楽さあ。

135 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 01:42:58.90
なんか短絡的な134にあきれる。
それって、
・今鬱だ ─────これはだれもそんなこと言ってない。
・プロットが遅れている ── 病気の話している人と同一人物とは言えない。

136 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 03:23:58.46
小説現代に自分の名前が載ってなかった瞬間から、鬱状態が始まる。
立ち直りに半年はかかる。

137 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 07:13:20.37
そんなこといっているから医者が切れないのさあ

138 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 08:47:21.24
中年の鬱はマジしんどい。
先がない焦りが入るし、なに無謀になことやってんだと我に返ったりする。
で、作品も暗くなっていくと。

139 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 09:05:10.28
カルシウム剤飲んでもダメ?
おれはイライラするとそれで治るがな

140 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 14:34:28.04
明日、「再開」のテレビドラマやるな

141 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 17:45:36.85
地震でそれどころじゃねぇ!

142 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 09:00:59.90
一応録画するけど、それよりもう寒いから今年は諦めるのがいいさあ。

143 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 13:23:51.24
録画しておいた、CSIを見ている
凄いなこれ

144 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 14:44:28.64
でも、日本でもやろーぜってなると
科捜研の女とかさ遺留捜査になるんだよな

145 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 16:46:16.72
科捜研や遺留捜査は見ていたが、CSIの方が面白い?
今度、録画して見てみようかな?
Bonesもそこそこ面白かった記憶があるな。

146 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 18:24:27.16
個人的には科捜研の女よりCSIのほうが数倍おもしろかった

147 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 19:30:43.79
乱歩賞ってファンタジー色が強い作品ってどうなのかな?
メフィストにずっと投稿してたんだけど、ちょっと路線を変えようと思って。
異世界で、人外のものも登場するんだよ。でも、ミステリー要素も満載なんだけど、斬新と取ってくれるだろうか。

148 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 21:00:04.27
駄目だと思う、いいや広い意味のミステリーだって意見もあるだろうけど
それでも現実的にどうなるかって言ったら駄目だと思う
もんのすげえ面白くて、結果本になったとしても
乱歩賞は取れないと思う

なんていうか、乱歩賞は乱歩作品だから買うって読者に縛られすぎてる
彼らが「なんか欲しいのと違う」って思う作品は選ばれない
推理作家協会がバックにある賞だし、
せめて、このミスか、メフィストじゃね

149 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 21:27:31.92
CSIのほうが面白い。
ちょっと「ソウ」に似てるジキルが難だが

150 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 21:37:33.73
でも、お茶の間ドラマは人情に流れる科捜研の女とか
エキセントリックなはみ出し君が、孤立奮闘する遺留捜査の勝ちだろ
CSIは版メシ時にながせないシーンとかあるだろうし
(なぜか昼飯時は制限がゆるい、BSもゆるい)

あとCSIは映画でちょっと流行った俳優がテレビでがんばってます感が
なんか切ない

151 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 21:45:00.70
ミステリー書くうえで、CSI10を見ておいて損はないよな
「科学捜査」っていうう意味でだけどさ
ちなみに、放送はもう終わってるけどね

152 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 21:56:06.15
今、「再開」のドラマやってるみたいだけど、うちフジテレビ映らないから見れない
キャストが豪華だから見てみたいんだが
そのうちDVDとかになるかな?

153 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 22:01:12.21
なると思う

154 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 22:54:57.76
ああ、そうなの。CISのほうが面白いのか。
テレ東で昼の放送だから侮っていたよ。
来週から録画してみてみるわん。
教えてくれてありがd。

155 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 23:18:19.57
>>148
客観的な意見をありがとう!
乱歩賞の肩書きは魅力だし、メフィストも路線がズレてきたしで悩んでた。このミスは嫌いだし。
乱歩賞の読者層に受け入れられるかは疑問だけど、新しい読者は獲得できると思う。
まぁ、受賞できなきゃ話にならないけど、試しに出してみようかと思います。

156 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 23:23:05.23
では、乱歩賞でこんなのはどうか?
SF色が強いミステリー
ピカレスクもののミステリー
倒叙ミステリー

もし過去の受賞作に例があるなら示して欲しい。
俺が知る限りではどれもないと思うが。

157 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 00:20:32.08
岡島二人が倒叙で始まって、でも…
ってのを書いてたよ
すげえよくできてる、
あ、でも落選作か

158 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 02:25:29.70
まあどんなのにしても新機軸を打ち出そうとする意欲は買いたい

159 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 05:27:05.09
何で、新人賞でクソみたいな作品しか受賞しないと思う?
既存の、しょうもない作家を守るためなのさ

160 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 07:12:15.84
そうだね。
君の作品の方が上だよね。
下読みの目は節穴だね。

161 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 12:21:56.61
再会のフジのドラマおもしろかった。

実況してたけど、途中までは、またレイプかDVか、って批判もあったものの、
最後で伏線回収したら、おおむね好評なレスばかりだった。

162 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 13:06:56.42
この土日にうんと書き進めようと思って頑張っているんだけど、
読み直したら、肝心のトリックに関連した部分で重大な瑕疵が
見つかった。いや、ほとんどの人は気付かないようなことなん
だけど、一度気になるとどうしようもなくて次の筆が進まない。

163 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 14:30:27.09
270枚
既にラスト近いんだよ… 350届くかな(-.-;)

164 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 14:58:50.36
>>162で気になったのですが、
皆さんは作品が書き上がって、推敲する段階で自作のトリックに
大きな欠陥があった場合、どうしていますか。
それも、もしかしたら見逃してくれるかもしれないぐらいに分か
り辛い欠陥だったら。
最初から書き直す? それとも一部修正に努める?
程度による、実際になってみないと分からない、という回答は無しで
ちなみにわたしは最初から書き直します。
作中のトリックを完全に理解した状態で書いた文章とそうでない文章
では一見無関係な記述にも些細な違和が生じるように思われるからです。

165 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 15:22:17.20
162だけど、私もあなたに近いですね。だから気になって仕方ない
んです。でも、全部書き直しとなるとむずかしいんで、結果的に、
最初から読み直しながら、最小限の加筆訂正にとどめるかな……。
ただ、今のところ、その瑕疵をどう修正しようか、それが案出で
きなくて悩んでます。

166 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 16:23:45.72
今回は諦めて、来年のためにじっくり書き直せば良いと思うよ。

167 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 17:11:33.92
↑ この人、こういうことしか書かないね。何が面白くて生きているんだろう。

168 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 19:36:16.87
物語の根幹にかかわる致命的な瑕疵なら、大幅に改稿しないとダメだろうなぁ。
それ以外であれば、ぼやかして目立たなくするだけ。

169 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 20:16:57.76
このミス大賞「魍魎拳幻瞑十身剥」
江戸川乱歩賞「フラッシュピストンマッハパンチ」

170 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 21:32:56.47
なんだよ、四角い人って今年も
この賞に出すじゃねえか。
違う賞っていった奴、なに考えてんだ?
俺は四角い人応援してんだよ

171 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 21:54:35.11
なるほど
やっぱり出すか

172 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 22:36:16.06
四角い人、これまでの戦績はどうなの?

173 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 22:50:56.63
33戦31勝(28KO)2敗

174 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 00:38:16.21
なんだかんだ言っても受賞圏内でしょ。
指摘された箇所に注意して、本気で狙ってくるだろうね。

175 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 01:11:11.95
第53回:2次
第54回:2次
第55回:最終
第56回:1次
第57回:1次
第58回:最終

176 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 02:24:10.87
一次落ちはないのかねこの人

177 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 08:30:00.98
常連ではあるが、すごくムラがある印象だね。選考委員も今回はことさら厳しい目で見るだろう。

178 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 12:32:35.22
東野氏がすげえ辛辣に選評書いてたしな
このままのスタイルを続けるなら受賞は遠いとか

179 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 12:48:47.16
辛辣というか、選評は普通だと思うよ。問題は、
違うスタイルの作品が四角い人に書けるかどうかだ。
その人のことなんて俺はどうでも良いけど。

180 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 13:07:44.02
意識すれば書けるでしょ。
ただ、個性は消えるかもしれないけど。

181 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 18:28:28.59
この場合「書ける」っていうのは、最終に残れるくらいの
レベルを維持したものが書けるか、ってことでしょ。

182 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:14:14.83
伊兼源太郎を忘れてないか?

183 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:56:46.09
ああ、また出てきそうだね。
リベンジみたいに。

184 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 23:32:04.76
四角、げんたろう、下村さんで3枠決まり。

185 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:14:34.32
そうは、いかね…

186 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 02:28:05.41
3枠決まりとしても、結局、受賞作は残り2作の中から
出るんだよね。2013年は俺の作品で決まりだけど。

187 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 02:29:38.33
横関さんの偉業を忘れるな。

188 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 03:15:17.97
横関はクソ
なんであの程度で評価されるんだ
乱歩賞を貶めている
遠藤ほどじゃないが

189 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 03:25:54.17
うん、うん、分かるよ。
つらいよね。
苦しいよね。

190 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 07:16:59.23
なんだ、テレ東のCSI、今日で終わりじゃないか。
せっかく、見てみようと思っていたのに。

191 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 08:55:47.30
なんか最近、乱歩スレは余裕のない人が増えてるね。
印象だけど。

192 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 12:38:13.13
自分がそうだからそう思えるのでは?

193 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 14:26:39.83
もうすぐ締め切りだし
そろそろ完成間近になってないとまずいからな
せめて半分はいってないと

194 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 15:05:23.59
あせるのはわかる
四角はもう5、6稿あたりいってるし
それに、彼にはインタメ通に感想をもらうという秘密兵器もある

195 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 22:55:26.84
インタメじゃなくてエンタメだろ。
嫁の親父さんのことらしい。
たまに歌舞伎に連れて行ってもらっている模様。

196 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 01:24:55.09
なんだかんだ言っても、みんな四角が好きなんだね。
それに、恵まれた環境が羨ましす。

197 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 01:28:37.99
俺の予想
10年後もお前らは(もうメンバーは入れ替わってるかもしれんが)四角の話をしていて
「一番近いよね」とか「今回は1次どまりかよ」とか「いつまで応募続けるんだろ」とか
「いいかげん、スレ違いだもうアイツの話やめろ」とかやってる予感


え? そういう俺はそのころどうしてるかって? 当然小説家になってるさ

198 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 01:37:55.45
「四角い人」から「四角」にトランスフォームした件

199 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 02:31:42.67
おれは四角のヤツきらい

200 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 07:11:27.25
良い人そうだが、働いていなくてあの暮らしがねたましい。

201 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 08:43:01.82
四角に死角なしか。
だよな。
早く資格でも取って刺客にでもなるか。

えっ、刺客に資格は必要ないって?、六法に載ってるって?
すまん、視覚異常なのでその文言読めなかったわ

何だって?

おまえは仁鶴の弟子だから、絶対に四角にはなれないって?
そうだった、俺は仁鶴の弟子で二角という落研出身のインタメ好きなワナビだった。

202 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 09:22:50.42
四角の人気に嫉妬。

203 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 10:26:56.68
□は人気があるのか。なるほど。

204 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 11:26:49.24
□になったか

205 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 13:34:29.30
ちょw

206 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 14:17:50.99
四角い人てだれ?

207 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 15:59:31.80
俺のこと呼んだか?
六角セイジカだが。
四角や二角より、俺のほうが角が多いぞ。格上だよ。しかも有名だし。今度小説でも書いてみようかな。

え? ジャンルだって?

もちろん、インタメだよ。タイトルは「六角館の死角」受賞はもらったようなもんだな。
四角の刺客は六角だったって落ちで、久しぶりの満場一致だな。
これでイラも納得だろう。ワッハッハ。♪ディューワー♫

208 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 18:20:55.31
もうスレタイに四角を入れろ。

209 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 18:47:55.45
>>208
それは絶対に拒否

210 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 18:55:43.64
しかくといえばペヤングだろ。

211 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 21:26:27.81
ばかばっか

212 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 21:48:20.70
ばかばっか ばかばっか
暴れん坊将軍の乗った馬が疾駆する

213 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 08:56:31.93
乱歩賞の未来は明るい
確実にレベルは上がっている
おめでとうございます(大沢在昌の口調で)

214 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 10:29:27.40
震えるほどいい作品ができた。
乱歩賞には何回も挑戦してるが、ここまで手応えがあるのは初めてだ。
これから徹底的に推敲する。
今から楽しみでしゃあない。

215 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 12:44:43.85
>>214
本当だとしてマジレスするよ。
良かったね。俺はまだ途中だが、やはりこれまでにない最高傑作だと
いう手応えがある。プロットの段階でそれを確信した。
最終選考で戦いたいね。

216 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 14:19:44.48
330枚で終わりそう………

217 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 14:27:02.21
中身が濃ければそれでもなんとかなると思うよ。応募書式に変更したら、
おそらく、115枚の最低ラインは超えると思うから。

218 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 15:16:04.34
俺のケース 毎年起こる

1今までに無いものを思いついて興奮する
2書いてみると意外と陳腐だ
3ネットで調べてみると、似たような発想の作品がある
4手に入れて読んでみると、明らかに俺より上手い(書く前には読まない)
5でもまあ出す

219 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 16:29:11.80
1今までに無いものを思いついて興奮する
2書いてみると意外と陳腐だ
3ネットで調べてみると、似たような発想の作品がある
4手に入れて読んでみると、明らかに俺より下手(書く前には読まない)
5捨てる

220 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 19:52:09.27
>>217
ありがとう。せちがらい2ちゃんで応援してもらえるなんて何かめちゃくちゃ嬉しいです
最後まで頑張ります

221 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 19:55:38.87
>>214
そんなに自信があるのなら、なんか作品を示すヒントをくれよ

どの業界を題材にしたとか、主人公の名前とか、事件の起こった地名とか

受賞作がそれに当てはまっていたら、あいつは口だけじゃなかったということになる

222 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/13(木) 22:56:49.82
俺もそうしてほしいなあ。
たまにはそういうヒントがあるのもたのしくていいよなあ。
頼んだよ。

223 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 00:18:33.25
受賞に近い奴が、2ちゃんに少しでも晒すわけなかろう。
未来を潰すことになる。

224 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 01:29:58.80
それは期待したいが、最低限のヒントにとどめた方が良いと思う。
なぜなら、今からそれをヒントに斬新なプロットを思いついて
書き始める人もいるかもしれないから。
おれなんかまだプロットが半分できた程度だから、新しいアイディアは
ノドから手が出るほど欲しい。

225 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 07:17:55.85
ヒントを公開→受賞→あの人かと乱歩スレで賞賛→ネット全体に波及→
受賞作出版→10万部を越える大ヒット

226 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 09:50:36.11
受賞者はみんなここ見てるよ

227 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 11:03:21.01
受賞者はこんな肥ダメ見ないよ(笑)。

228 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 12:51:43.62
ここを見る人はそれなりにいても、上記の人が受賞するとは
限らない。いや、可能性はかなり低いだろう。

229 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 14:43:06.29
ヒントを公開→受賞→あの人かと乱歩スレで嘲笑→ネット全体に波及→
受賞作出版停止→馬鹿として語り継がれる

230 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 15:55:51.67
何の賞だったか忘れたけど、受賞者が降臨してたよね。ちゃんと名乗ってた。
ハゲがどうこう言ってたけど、誰だったか思い出せない。

231 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 23:58:09.05
そんなヤツいた? どの賞だろう。ハゲと言えば
ミステリ界では二階堂か綾辻ってことになるが……。

232 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 00:28:34.41
鮎川かな。
確か、作者と作品の悪口が散々書かれてて、「大勢の人が出版までにはかかわっているのだから、賞を貶めるようなことは止めてほしい」みたいな書き込みを作者がしたのは見覚えがある。
うろ覚えだから、鮎川じゃないかも。

233 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 01:09:53.40
鮎川が死んでからもう10年以上だぞ? しかも晩年は活躍していなかった。
いろいろ文句を言いそうなのは冷凍だよな。だがあいつは大きな賞には関わってないからな。

234 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 01:13:59.04
純文学の賞だろ
ハゲは満月のこと

235 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 01:36:52.28
>>233
鮎川賞だろとマジレス

236 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 00:13:03.20
鮎川とか呼び捨てにすんなよ。鮎川御大とか鮎川先生とお呼びしろ

237 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 03:47:11.44
236大先生が崩御あらせられました。

238 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 13:19:56.80
完成したが、くそつまらん(ーー;)

239 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 14:00:59.42
まだ1ヶ月半あるから、プロットから見直したら良いよ。

240 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 14:55:32.50
寝かせてから再読したほうがいいね。
それに、つまらないと自作にレッテルを貼らないほうがいいよ。
良いところまで潰してしまうから。

241 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 17:09:26.51
>>239、240
ありがとう
最近、癒されるスレになったなあ
頑張る

242 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 13:14:48.71
まだプロットすら完成していない俺から見るとまだまだ楽勝じゃん。

243 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 18:16:10.20
気ばかり焦る。
映像として頭には浮かんでるのに、なかなか文章に落とし込めない。
特に人物の心理描写。

244 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 01:15:31.91
242だが、例年だとこれくらいではめげないんだが……。
年が明けてからプロットが固まり、徹夜の連続で書いて出したことは何度もある。
速筆自慢をするつもりはない。そういうのも可能ではあるというだけの話。
しかし、今年はちょっと様子が違う。今までにない舞台、分野を設定した
おかげで、資料のまとめや調査に苦労している。これは一筋縄では行かない。
というわけで、今回は途中で断念するかも。もちろん、その場合は一年かけて
煮詰めて来年に勝負をかけるが。
せめて238のような人にはあきらめずに頑張って欲しい。

245 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 11:34:16.02
歌野昌午の「葉桜」をつい先日読み終えたんだけど、
あの手法を転用すると現代の話と見せかけて実は舞台は江戸時代でした、という
話が作れそうだな

 俺の稼業はといえば、まあ万屋とでもいおうか。
 独り身だから気楽なもんだ。女・賭け事には目がない。

こんな文体で

>>214-215 両氏の健闘を祈る ひとごとながらわくわくするな

246 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 11:36:29.19
いまからプロット書いて、一ヵ月で書いて出すって、プロでもそんなことしないと思うよ。
もっとじっくり書いて推敲するべきだと思うよ。

247 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:37:33.35
>>246
244です。
たしかにそうだが、それは人それぞれの考え方しだいだと思う。
森村誠一は締め切り前1ヶ月で募集に気付いてそれからプロット作って書いて応募したそうだ。
ちなみに俺は、プロットはまだ8割しか完成していないから上記のように
書いたんだが、構想そのものは数年前から抱いていて、資料集めは
そのころからやっている。それらを読んで頭の中で煮詰め、プロット作成
に着手したのが今年の4月。始める時期としては決して遅くないと思う。

248 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 18:06:52.85
なるほど。ぼくはプロットを作らないから、ネタかと思いました。お互いがんばりましょう。

249 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 18:17:20.73
寂しい。
燃え上がるような恋したい。

250 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 19:15:16.83
>>249
俺と恋する?

251 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 20:01:38.47
四角が本当に妬ましいわ
せめて働けよ

252 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 20:13:00.66
>>251
大丈夫。大沢在昌の小説作法本に書いてあったけど、
五回応募しても受賞しない人は一生プロにはなれないらしいから。

253 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 21:27:24.28
つ 横関さんェ

254 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 21:29:27.47
>>250
39歳独身、営業職の男ですがよろしくお願いします。

255 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 21:39:46.23
>>252
へえ、大沢がそんなこと言っているのか。自分がそうだったとか
自分の門下生がそうだったからって、それがすべてと勘違いしてしまうってのは
彼のような大御所でもあるんだな。

256 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 22:34:04.35
>>254
俺にしなよ

257 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 22:47:53.15
>>255

30年がんばってプロになった人もいるけどね、とかのフォローも入れてたよ
浅田次郎のことかな

258 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 23:03:29.40
アマゾンからデビューしちゃえば?
やってみそ

259 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 01:50:47.44
5回以上応募してプロになってる作家なんてざらにいるじゃん。
何言ってるんだ大沢は。

260 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 11:55:38.27
そう自分に言い聞かせないとな
5回以上落ちてる人は自分に才能がないってことになるもんなw

大沢が言いたいのは
文書のねじれも物語の論理的破綻も視点の乱れもなく、ちゃんと盛り上がりとか
魅力あるキャラとか作ってるつもりなのに
つまり技術的なことはクリアしてる(つもりな)のに
それでも3回落ちるなら、それ才能ないぜってニュアンスだと思う
けっこう正しいと思うけどな
四角は最終まで行ってるんだから、大沢が言う線は超えてることになるんじゃね

261 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 14:05:00.13
大沢 

262 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 14:16:27.88
ああ、落ちるって一次落ちのことね。
そりゃあ、5回連続で落ちたら諦めたほうがいい。

263 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 15:03:11.15
処女作で二次通過。それから20年経った今もデビューできていない俺はなんなんだ……

264 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 20:20:30.56
臆病な自尊心と尊大な羞恥心による怠惰が原因だろうな

李徴は(若いころ、へんに自分に才能があるかもと思うようなことがあったために)
本当は才がないかも知れないのを自ら認めるのを恐れ、
そうかと言って、苦労して才を磨くのも嫌がった。
                      by 山月記

265 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 21:55:04.75
前にさ、誰か選考委員の作家が、乱歩賞は二時間ドラマではなくて、
二時間映画的な内容のものを求めるみたいなことを言っていたじゃない?
たぶん、ネタ的な大きさのことを言ったんだろうけど。
それで、読み返してみたんだけど、どう考えても、二時間ドラマ向きのネタなんだ。
これってどうかね?
誰か真面目にコメントくれないかな。

266 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 22:01:08.94
乱歩に限らず新人賞は所詮、ど素人か売れないプロが受賞する形態だからねえ
高額賞金とネームバリューだけで、そんなに期待されても困るんだねえ

267 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 22:10:00.98
それ、恩田陸だ。

268 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 22:27:42.00
おんだりくと読みます。

269 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 22:38:51.91
>>265

別に映像メディアの人は映画にしたきゃ映画に、ドラマにしたきゃドラマにするだけだ
西村ケンタの小説ですらアイドル映画にするのが彼らの仕事だ
新宿鮫は「若者向けに渋谷にしよう」って案もあったんだぞ
原作レイプどころの話じゃないだろw
大画面ではえるスペクタクルがないから映画無理とかないだろ

そんな心配は、落選したさいに
「ほらやっぱり、映画じゃなくてドラマっぽかったから落ちたんだな、2chで俺が言ったとおりだ」
って自分をだますのにしか使えない
そんなことで落ちない、落ちたとしたらつまんないから、だいたい映像化が無理メなやつですら受賞してる
今からエキスキューズ作っておくのやめたほうがいい

270 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 22:53:05.38
265です。本当に真面目なコメントが来たので驚きました。
わかりました。いまから真面目に推敲します。ありがとう。

271 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 23:06:32.48
「再会」は二時間ドラマになったばかり
小説もおもしろいが、ドラマもおもしろかった

272 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 23:09:19.55
脳男は映画になるが、どうだろうか

273 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 00:04:15.44
「脳男」
主演:茂木健一郎

274 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 01:21:20.63
創作真っ最中の方々はドラマとか映画とか、今は眼中にないだろうな。
というか、そういう人はここを覗いてないか。

275 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 01:24:42.56
受賞しなけりゃ、映画も何もないからね。

276 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 01:25:53.80
俺も創作真っ最中なのになんでここに来ているかというと
肝心のトリックに関する部分が トリックとしては面白いんだが
そのトリックを使わなければならない必然性がない と思えるように
なって 先日から毎日それで悩んでいる。
早く修正しないと締め切りまでに書き上げられない・・・

277 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 01:34:09.76
必然性は一番言われるところかもね。
だけど、それを打ち消すぐらいの面白さがあればオケ。

278 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 01:54:12.32
ありがちなのは、すげえトリック思いついたから使ってみたくなっちゃった
だろw

279 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 10:41:25.18
いや、映画化するか、ドラマ化するかではなく、
単純に、小説の核になるネタが、大きいか小さいか、という問題では?

280 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:10:48.64
「ネタが大きい小さい」がそもそも意味不明だし

映画用に画面が派手ってならわかる
ビル爆破とか、ジャンボジェット乗っ取りとか、綺麗どころの海外ロケが必要とか
でも、そんなのを求めてはいないし

281 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:12:21.07
どうでもいい。
というより、素人ワナビがそんなこと気にしてるさまが滑稽。

282 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:16:26.54
おれの書き方が悪かった。スケールの大きさだよ。
小説でも、地味なのとスケールが大きいのとかあるじゃん。そういうことじゃないの?
地味なのは、ま、二時間ドラマ向けだよな(笑)。イコール、つまんない。

283 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:46:53.35
だからなんのスケールだよって話だよ
タネが小さい大きい、スケールが小さい大きい
それ両方ともサイズの話しかしてなくて
「何が」って言うの言って無いじゃん

たとえば年末時代劇とかかなりスケールでかいって言われてるけどドラマだし
小津とかこじんまりまとめてる良い映画いっぱいあるじゃん

戦艦大和内部で起こるミステリーと昭和と言う時代を書きました
とか映画にすればど迫力のスケールでも描ける
しかし、そういう見た目のスペクタクルを乱歩賞は求めてないだろ
逆にドラマ化すら絵の栄えなくて難しいような家庭内で起こるちょっとしたミステリ
とかでも良くできてればいけるだろ

284 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 11:58:40.71
乱歩賞という賞は、全国一斉ロードショー公開できるような
「大きい」作品を求めていると思うので、自主映画みたいな作品は困る。
賞の性格や自分の作品の資質について、送る前に一考してほしい。
(第54回乱歩賞 恩田陸 選評より)

285 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 12:16:48.63
盛り上がってまいりました(笑)。

286 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 12:44:38.14
松本清張なんて、いまだにドラマ化される作品がある。
読んでみるとあまり知られていない短編だったりする。
それで2時間に展開できるんだから、やはり中身が濃い
んだろうな。
それと「松本清張ドラマ」っていうとみんな期待するから、
それなりに金もつぎ込んで作るからさらに良いものが出来る。

287 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 14:19:04.21
恩田の意見などどうでもいい。
だいたい、物語は大きさより深さだろう。
よくこんな恥ずかしいことを選評に書けたもんだ。

288 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 18:50:22.65
今回は誰が最終まで勝ち上がってくるのかな。
自分は客観的に見て、今は二次通過がせいぜいだと思ってるから、密かに楽しみでもある。
一次からこんなに常連が多い賞も珍しいし。

289 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 18:58:54.54
松本清張は、その名前がつくだけで、一定の視聴率があるらしいよ。
だから、今みたいにタレントで数字稼げない時代には、使われるんじゃね。

290 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 20:38:50.29
子供の頃は松本清張って通俗的な作家だった気がするけど
(電車で週刊誌とか読む人用って感じの)
今では、なんか社会を見つめた文豪扱いだよな

291 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/21(金) 23:21:06.70
いやいや、通俗というか、それだけ超売れっ子だったってことだよ。
彼は日本が産んだエンタメ作家の中では最高峰だと俺は思っている。
誰かが言っていたが、清張は、日本語というハンデがなければ、
デュマとかと並んで、いやそれに勝るとも劣らぬ偉大な作家として
認められて良いとか。それには俺も同意だ。

292 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 00:39:26.67
それって書斎の意見だろ

293 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 00:55:21.95
書斎? はあ? ( ゚Д゚)ポカーン

294 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 01:15:16.33
誰が松本清張の話をしろって言ったんだよ。

295 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 01:25:04.89
デュマじゃなくね?
そんなに、手に汗握るストーリーの巧み者じゃないだろ
吉川英治あたりがデュマ

清張は海外にいたらディックフランシスとかエドマクベインとか
あのへんの仲間になると思う
主人公のハードボイルドくささを取ったロスマクとか
社会の矛盾に光を当てる感じが似てると思う

296 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 01:36:10.69
ぜんぜん関係ないがデュマのモンテクリスト伯を日本で出版したときに
主人公エドモンダンテスは江戸門段鉄って名前を変えてる
江戸川乱歩とかってこのての感覚でペンネーム決めたんだろうな

297 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 01:39:39.60
誰かが言ったんだろ。そのソースがなきゃはじまんない

298 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 01:46:17.30
話豚切ってわるいんだが。
歴史ミステリでチャレンジするつもりだった。
つい昨日まで、それに没頭していた。が、残りの短期間では無理と
気付いた。いや、もう三年くらい前からやってるんだけどね。
俺にはまだ重すぎる。古文書の解読も一部出来てないし。
というわけで、以前から温めていたライト路線で今回は応募する
ことにした。プロットはほぼ出来ているので、今からでも、そちらなら
充分に間に合うと思う。

応募を予定している人たちの多くは、もう第一稿くらいは済んでいるのかな?

299 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 01:51:32.26
清張か、もう30年以上前、すでにメジャーだったな。
中学二年のとき、0の焦点と点と線を友達が貸してくれた。
当時、社会派なんて言葉を知らなかった私には、
推理小説として受け入れられなかった。

300 :299:2012/12/22(土) 01:55:37.32
>>298
ごめん、まじめな話題、書き込んだの気がつかなかった。

今、書き込んでる人は今回見送りが多いんじゃないの。
だから、298、がんばれ。

301 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 02:00:32.35
>>298
いまさら路線変更?全否定はしないが・・・
つか今なら原稿は出来ていて当然かと。
締め切りギリギリなんてのは一部の
例外を除いて上位は無理だよ。

302 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 02:15:33.50
このミスに出せよ。あそこいっぱい拾ってくれるぞ! 最終候補は基本出版!

303 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 02:57:23.46
真面目な話、推敲には最低でも一ヶ月ぐらいは取ったほうがいい。
読み込んでいくと、さらにいい展開が思いついたりするよ。
一作一作が勝負だしね。

304 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 11:16:21.89
俺も四角みたく、余裕で沖縄旅行にでも行ってみたいもんだ

もう少しで第一稿が終わるのだが、何となく破綻が見えてきた
強引なラストになるかもしれない だが、変えられない あせるぜ

305 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 12:47:17.11
俺は今日、1行目を書き始めた

306 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 14:56:17.59
>>296
江戸門段鉄って誰の作品に出てくるの? ググると、それと同じ
名前が少しヒットするけど。

それで思い出したが、ずっと前のクイズ番組で、
「厳窟王の本名は?」というのがあり、正解は「モンテクリスト伯」
になっていた。でもこれは、二重の意味でおかしいと言える。モンテクリスト
というのは爵位に付ける領地の島の名前だし、黒岩涙香の厳窟王であれば、
「團友太郎」が正解というべきだろう。原作の本名なら、エドモン・ダンテス
を正解とすべきだろう。
と、まあ、重箱の隅をつつくようなチラ裏はこのくらいにしておこう。

307 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 15:26:26.94
なんだか知らね
涙香じゃないよ 明治とかの頃の子供向けの本の話だよ
ちなみにピノキオの和名は「檜夫(ひのきお)」な
これは上手くできてると思う

308 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 19:46:23.50
かなりいい出来。
満足。

309 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 23:38:00.31
>>308
どのくらい行きそう?
君自身のレベルにもよるが。
一次通過、二次通過、最終候補、受賞……。

310 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 00:39:03.56
四角い人?

311 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 02:05:24.43
乱歩賞って二年連続(っていうか3人連続)女性が受賞してるけれど、
今回、同じレベルの男女が最終で競ったら、女性が選ばれる確率のほうが低いんでしょうかね?
審査は公正でも、売るための対策としてのそういうバランスみたいなのってやっぱあるのかな…と心配で。
芥川賞なんて、そういった作家本人が話題の取れそうな人を選ぶ、みたいなのってあるし。
少しでも可能性が低くなるなら、このミスの方に出そうかな?と思っているんですが。
たぶんここ書き込んでらっしゃる方は男性が多いのでこういう心配はピンとこないかもしれませんが、どう思われますか?

312 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 02:17:57.58
そのあたりは杞憂というか、気にする必要はないと思う。
男女による有利不利というのは、明確には推測しにくい。多少あるにしてもね。
もちろん、時の運を掴むのも実力の内。でもそれは人知の及ばない+αの世界。
細かいことを気にするよりも、自分に書ける最高の作品で臨む、
それだけを考えれば良いと思う。

313 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 03:14:23.43
311みたいな考えの人は、どこに出しても受賞できないと思う。
自信があるなら、まずそんなくだらないことを気にしないだろうし、落ちても女だったからだと言い訳にしそう。
過去数年にわたって男ばかりが受賞してきたけど、だからって男が不利だと思うんだろうか。
まさに女々しいやね。

314 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 09:35:42.93
>>312
心強いお言葉、ありがとうございます。
実にその通りだと思います。
作品で勝負ということはわかっているつもりですが、どうしても編集者目線でもモノを考えてしまって。
算段つきの選考を私は否定していないので(賞の選考も商売ですからね)。

>>313
たしかに女々しいですねw
自信もないですし、くだらないことも気にしてしまいます。
だからといって、「どこに出しても受賞できない」ってのは暴論じゃないでしょかね。
作品の良し悪しが精神論で決まるとは思えませんが…
313さんは、ぜひ雄々しく頑張ってください。
3人連続女が受賞しているということに何も感じないのであれば、私の言ってるニュアンスは伝わりにくいかもしれません。
それより、些細なひっかかりをもった人間を頭から全否定するなんて、推理作家の卵というより等々力警部的な思考だと思いますが。

315 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 11:02:33.15
自分を賢く見せたいバカばっかw

316 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 12:10:38.76
下らない意見聴いてないで、確率的に考えたら、このミスにでも出せば?

317 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 12:39:05.77
女性2人受賞はマーケティングな意味合いでむりやりでしょ?
乱歩賞「初の」女性2人受賞?だっけ?それでも大ヒットでもない。

でもかなりいい作品があったら男1人女1人でもだすとおもうけどね?

なんだっけ?芥川賞はブルジョワのご令嬢とプロレタリアートの正反対の組み合わせだったっけ?
どっちもどうしようもないほどおもしろくないけどね

318 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 13:29:22.98
>>316
考えましたが、やはりこのミスに出すことにします。
寝かせてチェックする時間もできるし。

>>317
出版社もいろいろ考えてるなーと思いますよね。
商品を売るために試行錯誤してる。
2作品受賞させれば、読み比べてみようと思う人が出てくるし、文学作品のパロディ(?)
であれば、その元になった作品も読んでみようと思う人もいますからね。
1回の受賞で2冊売れる、というのは大きいよ。
芥川賞の二人はまさにビジュアルまでそれっぽくて、マーケティング的には大成功じゃないですかね。

319 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 14:01:06.32
乱歩賞はいまこのミスに押されてるからね。
ただ、このミスはプロデビューできる確率は高いが、生き残る確率が高いかどうかは別だよ。
ということで、みんな、ひとりライバルが減ったな(笑)。

320 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 14:10:26.47
んことなと思うw
事後的に「ああ女2人は売りになるよね」はあるだろうけど
事前に試行錯誤で「次は女性二人ってのはどうだ?」とかやってるわけねえじゃん
まさに313が言う所の「どこに出しても受賞できない」マインドを持ってる
しかも、そう言われて「なるほど」って思っちゃってるみたいだし

蛇足ならがら付け加えるなら講談社のカラマゾフの兄弟はとっくに絶版

321 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 16:41:25.72
>>320
糞女乙

322 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 16:45:18.38
前田希美クリスマスパーティ2012〜まえのんサンタが下北沢にやってくる〜

323 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 17:16:45.38
「あたし女だから次受賞できない。だって、女受賞がもう3人も続いたでしょ? いくらあたしの作品が受賞圏内ても、主催者側ははずしてくるはずだわ」
てなことを言ってるわけか。
上から目線で駆け引きできると思ってるとこが痛い。
だから女はバカだと言われるんだよ。

324 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 18:09:04.35
何このスレ、女性蔑視も甚だしい(笑)。

325 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 18:42:22.71
いつもの例の彼が登場。

326 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 19:03:16.82
いやだけど、昨日の女性の質問は自意識過剰だと思ったよ
実力ある人は、ああは書かないし

327 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 19:42:57.85
>>324
件のアホ女乙

328 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 19:57:51.29
>>309
なんかすごく飛んじゃったけど、二次は通過できる自信はあるな。
本当は、最終以上の自信があればいいんだけどね。

329 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 10:22:25.38
審査員のイラの本読もうと頑張ってるが、いちいちイラっときて読めん
下品だし頭悪いし、
学歴みたら、成蹊だし、クソだわ

若い男性一人称で株取引の興奮を、
手作りチョコレートを渡す小学生の女の子みたいにドキドキする、、、
とか、
もう少しまともな比喩はないのか。
男性一人称が小学生女子にドキドキをたくすのかよ

今野さんや桐野さん東野さんは、硬質でいいのになあ。東野はおっぱい小説でも工夫や頭の良さが滲み出てるし

イラは年寄り男性のくせに何故、稚拙なのよ
乱歩賞的にも浮いてるよな、こいつは
第一こいつミステリー作家かよ
ミステリー好きでこいつのファンはいるのかよ漫画しか読まない奴が何とか読む程度だろ。
すまん、イライラして愚痴った
頑張って読んでみるわ

330 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 10:30:40.98
おれの目の前に魔法みたいに一人の老人があらわれた、BYイラ

水嶋ヒロのレベルの作文!

331 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 13:01:29.89
イラはおれも個人的に好きじゃない。でも作品はそこそこの
レベルじゃないかな。最初から偏見を持って読んだら、そりゃ
誰の作品だって欠点だらけだわな。
それと彼はもともとミステリーで受賞してデビューした人だよ。
個人的に彼の性格が嫌いとかいうのと作品のことは別レベルで
論じないと。それが冷静な大人というもの。

で、俺はイラが大嫌い。

332 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 13:21:59.25
手作りチョコレートを渡す小学生の女の子って、ホントにそんな比喩なの?
しかも成人男の心情を語った比喩?
ちょっと信じ難いんだけど。
こんな文章読んだら、ぞっと鳥肌が立つと思う。

というより、この感覚がわからないから、作家になれないんだろうか。
ズレてるのは、もしかして自分?

333 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 13:25:58.33
げんたろうは難解な比喩を選考委員に指摘されてたけど、小学生の女の子とか魔法みたいとか、それなら良かったのかね。

334 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 14:07:16.27
なんつうかさ、スイーツさん向けのケーキ食って
「甘すぎw」とか「甘いだけじゃん」って馬鹿にするようなのやめたほうがいいぜ
ああいうのは、ああいうのなりに良い物悪いものがあるんだしさ
君らにはどれも同じようにクソだろうけどさ

あとさ、おれもまったく気がつかないんだけど
イラはイラなりに川端康成とか泉鏡花のせりふや文体をエンタメ小説に入れたりして
文学好きスイーツに「ニヤリ、イラよ私は気づいたぜ、フッフフ」
って思わせたりしてるらしいし

>この感覚がわからないから、作家になれない

わからないなら賞の選考委員とかは成れないだろうけど
すくなうともスイーツわからなくても、せんべい職人にはなれるだろ
そういう作家目指せばいいじゃん
サイン会にむさくるしい男だけが並ぶような作家

335 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 14:15:00.68
石田衣良って頭悪いの?
良さそうじゃん

336 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 14:26:21.77
あれ売るためにわざとやってるんだろうし
つまり小賢しいって意味で頭良いと思う、もとコピーライターだっけ?

あれだぜ、わかってると思うけど
お前らの小説の空気感とか文体とかまったく無視して、突然
「手作りチョコレートを渡す小学生の女の子のようにドキドキした」
ってまねして書いたら、そりゃ笑われるんだぜ

337 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 14:32:49.68
ああ、なるほど
コピーライターかw
流行りには敏感なわけやね

338 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 14:35:42.56
秋元康の「象の背中」っていう小説はどうなの?

339 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 14:52:41.91
ミステリーじゃないと思うよ

340 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 14:55:51.52
329 :若い男性一人称で株取引の興奮を、

読了した?
波の上のでしょ?  あれが彼の唯一の傑作だよ、俺基準じゃ

341 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 14:55:59.86
イラってエッジが効いたオサレさん、ってイメージで読みはじめたんだ

だが、オサレどころか昭和臭がプンプン

342 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 14:57:43.80
イラを否定はしないが、乱歩賞の選考委員にするのはどうなのか、とはいつも思う。
というかこの人、あちこちで選考委員やり過ぎだろう。

343 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 15:03:28.95
>>340
その通りです
池袋がバカらしすぎて読めなくて再チャレンジ
アマゾン好評だったし
経済ものなら、池井戸のほうが全然いいわ
頑張って最後まで読みます

344 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 15:05:00.42
>>332
ズレてないと思う

345 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 15:06:44.54
>>334
イラは同人誌かよ(笑)

346 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 19:04:47.08
石田衣良はどの作品も主人公は同じなんじゃないかってぐらいキャラが一緒
IWGPはぼくのかんがえたすごい池袋キャラ

347 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 21:19:58.17
イラ氏はどの賞でも似たような不満が挙がってくるなぁ

348 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 21:26:27.52
まあ、ここなんかでいろいろ言われてる内が華だよ。
一言も語られなくなる日も近いだろうから。

349 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 22:34:51.53
つーか、ここに書き込んでるやつ全員
あきらかにイラに負けてるのに上から目線すぎ
ワロス

350 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 23:08:53.89
イラに負けてるとか別に気にならんわ
イラと勝負するつもりないし
乱歩賞作家は、俺的には、全員イラより面白い
イラに比べれば、プリトリもオンサイトも、上だと思う

スイーツが乱歩にまで拡大する必要性は感じないわけよ
東野、京極、桐野、今野に比べて、イラだけ異質過ぎるだろ

351 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 23:27:49.33
イラは序章に過ぎないよ。
そのうちきっと、ラノベ上がりの作家が選考委員になるときがくる。
そうやって時代は変わっていくんだよ。
だから応募者も昔のままでいいわけない。
鮎川賞だって、テンプレキャラミステリーを続々輩出してるしね。
乱歩賞にこだわってる人は、頭が堅い印象がある。

352 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 23:29:08.99
いらいらのイラ公ね

353 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 23:46:41.03
死ぬ前の井上ひさしが選考委員たくさんやってたよな
平和憲法にこだわるくせにDVで女房半殺しにしてたんだよな
イラもお迎えが近い?

354 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 23:54:42.25
石田が審査員をやたらやったり、テレビに出たがるのは
新しいお洋服を見せたいから

緑のスーツとかこち亀に出てきた人かと思った
おしゃれなのかあれ?誰か止めないのか?
山村美紗リスペクトしてんのかな

355 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 00:03:43.80
この話題もうやめようよ。
書けば書くほどイラを意識していることになる。

356 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 00:04:21.60
↑本人

357 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 03:59:36.70
>>356
まちがえてね?

358 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 09:03:46.07
イラがいようが誰がいようが、選考委員の一人が猛烈に推してくれれば受賞はできる。
たった一人の心を掴めるような作品を書けばいいだけさ。
瑕疵より魅力、まさにそう思う。

359 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 13:31:49.56
艶麗な女体への凄絶な惑溺

360 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 13:41:48.72
書き上がったぜ。
年末年始は寝かせて、5日から徹底推敲に入る。
ちと暗い内容になったかも。

361 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 14:15:45.52
おれもそれくらいの予定で、そろそろ書き上がってなきゃ
いけないんだが、この分だと成人式くらいまでかかりそうだ。

362 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 17:59:47.26
おー、がんばろう!
なんか主人公が暗すぎるから、そこをいじる必要があるなぁ。
内向的ではないんだが、どうも自分が堅物人間だから、明るくほがらかなキャラを創るの苦手。

363 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 20:02:07.43
軽薄なキャラよりは、受けると思うよ
俺はギャグに寄りすぎて困っていたが、思い切って、描写を削れば、真面目キャラになった
描写削るのはツライが、不要な描写は削るべき

東野が、ナガナガと愚痴を書かれてもつまらない、と書いてあったことがあったな
社会批判のつもりが、愚痴に見える場合もあるし

364 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 00:17:52.40
暗いキャラは読んでてイライラするな。
すべてにおいてマイナス思考というか、過去を引きずる設定が多過ぎ。
回想がまたうじうじと悲劇的で、作者がそれに酔ってるようなのが見えて萎える。
不幸な境遇の主人公は、もう腹いっぱい。

365 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 00:25:27.51
主人公が幸福で順風満帆だったら、物語にならないだろ(笑)。

366 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 02:38:29.19
幸福で順風満帆の主人公が、ある出来事をきっかけに堕ちていくほうが現実味がある。
過去のトラウマ抱えたストイックなキャラとか、もう飽きたわ。

367 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 02:48:27.90
俺もとっておきのネタがあるんだが、それは軽薄なキャラなんで、
このミスに回そうと思ってる。

368 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 11:04:13.70
あー、なんか進まない。
面白いかどうかが分からない。
終いには、なんで小説なんて書くんだろうとか思う始末。

369 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 17:01:12.08
このミスと乱歩賞を両方だす人いる?

370 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 17:20:15.15
おれは両方出す。もちろん別々の新作だよ。

371 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 17:45:50.41
きちんとした「出版社」からデビューしたい。ゆえに、このミスは嫌だ。

372 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 19:07:05.75
民明書房からデビューしたい。

373 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 19:18:38.82
5パ6シバ以外でデビューしたい

374 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 19:45:44.02
>>368
女はおまんこでも磨いてろよ

ぼけ@

375 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 20:04:57.97
宝島社のどこが気に入らないの?

376 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 20:06:34.07
5パ6シバは大賞受賞者には適用されないと思うし。

377 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 20:38:24.35
このミス、大賞受賞者は三作縛りだけど、売れないと確か6%だよ。初版はね。

378 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 21:09:38.87
ハツシバ電産

379 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 02:55:30.36
だから良い子は乱歩賞に応募しましょう。講談社なら多い日もなら安心。

380 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 12:58:35.59
何が多いんだよ

381 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 17:45:58.98
乱歩賞受賞はいくらで買えますか?

382 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 21:31:05.72
相場は知らないが、おれに20億円払ってくれたら、
どんな手段を使ってでも君に受賞させてあげるよ。

383 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 09:52:37.21
女受賞続きだから、講談社の策略で私の作品が落とされないかと心配です……と語っていたアホ女は、まだ乱歩スレにいますか?

384 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 12:00:30.81
それは知らんが、例の女嫌い(と言うか憎んでる?)やつがまだいることはわかる

385 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 14:29:42.70
例の女嫌いではないが、女というのはすべて自分本位で考えるものなのか。
女ゆえに落選を危惧していた女性のことだが、悩み所が恐ろしく狭い上に妄想も入っている。
女性差別を受けてきた弊害だろうか。

男なら、男の受賞者が続いても性差で落とされるとはまさか思わんだろうし。
この違いを作品に生かしてみよう。

386 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 17:28:54.25
>それは知らんが、例の女嫌い(と言うか憎んでる?)やつがまだいることはわかる

ほんと、強烈キャラだからそれを小説にしろっての。

387 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 20:14:24.14
俺、普段経済板にいるが、キャラが濃いくて、純文学にバッチリな奴いるよ、たくさん
経済ネタの話なのにカタカナしか使わない奴とか、(笑)を語尾に必ずつけるとか、やたら文語体とか、ビートルズポエジィな奴とか、HNなしで誰の発言かわかるくらい無駄に個性的
意外にこの板は薄い
ただ、乱歩は作者のキャラは薄い方がいいと思われ
キャラや文体が濃い人は、純文学に行けばいいと思う

388 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/29(土) 03:19:09.92
板の住人のキャラと、その人が書くキャラはまったく別次元の話だろ

389 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/29(土) 03:25:25.45
それと、キャラが濃いのが純文学向きってのも
明らかに認識がおかしいよな。

390 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/29(土) 03:27:18.09
普段は経済板にいることを言いたかったんじゃね。

391 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/29(土) 10:11:46.08
純文学向きがどうかは知らんが、そういう人が純文学に引かれてるのは良く見る
「女だから次無理でしょうか?」並みに学歴とか年齢とかコネとか本気で気にしてる
で、己の言いたいことだけを読みずらい文章(を文学と勘違いして)書いて送って落ちまくってる
そしてあらすじくらいしか読んだことのない平易な文章のプロをへたくそとののしってる

そういうの踏まえるて純文学(スレ)へ行けってならあってると思う

392 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/29(土) 23:11:43.89
>>390
直接は知らないが昔このスレに、「じゅんさん」という人がいたそうな。
387は「じゅんさん」じゃないか?

393 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/29(土) 23:22:25.91
じゅんさん?
誰?
ぐぐっても出ないけど。

394 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/29(土) 23:40:08.42
>>393
「じゅんさん」という人がいたとしかわからない。
「乱歩賞 2ch  じゅんさん」で検索すると色々と出てくるのだが、
実際に「じゅんさん」の書き込みとかは、見つけられなかった。
「じゅんさん」という人が作ったと思われる(根拠はないので思い込みかも)
blog等は見つけることが出来た。
と言う訳で、「乱歩賞 2ch  じゅんさん」で検索してみて。
それから、知ってる人は教えてください。

395 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/29(土) 23:55:05.85
えっ、じゅんさんって四角い人じゃないの?
ずっとコンドームしてた。

396 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 00:00:43.83
「カラマーゾフの兄弟」が土曜23時から連ドラでやるそうだ。これって「カラマーゾフの妹」をいきなり実写化するとわけわかんなくなるから一応原作のほう先に作りました、みたいなことか?
乱歩賞取るとほんとに実写化してくれるんだな

397 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 00:11:35.57
え、そうなの?
妹のほうをドラマにしてもつまんなそう。
一昨年辺りからドストは地味にブレイクしてたからね。なぜかスイーツ層を取り込むことに成功したみたいだし。
高野女史は商売上手な印象。うまく乗っかった感じ。

398 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 00:15:47.59
じゅんさんとやらのブログ見た。
四角い人同様、すごい自信家だね。
今も投稿してるんだろうか。

399 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 00:40:49.20
>>398
たぶんね。たまに、このスレにも書き込みしてると思っている。
blog読んだなら、どうして387が「じゅんさん」だと思ったのかもわかってくれた?

しかし、このスレにどんな書き込みをしていたのか、どうして去ったのか、
どうして人気者だったのか、全くわからない。
だれか、教えてくれる親切な人いないかなぁ。

400 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 00:41:17.80
>>396
まじか
まあ確かに原作を他の局にやられたら高野のほうをドラマ化しづらいとは思うけど

401 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 01:33:22.70
頭のいい人の創作した作品は面白い。馬鹿の描いた作品が面白い訳がない。
作家に学歴は関係ないが、地頭の良さは必要。
バカには向いてないよ。

402 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 02:03:49.73
罪と罰とかドラマ化してなかったっけ?
あの流れじゃないの
違う局かな

403 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 06:07:42.60
いくらなんでも、高野のやつをドラマ化するために原作を連ドラでやるなんて、そんな壮大な予算をかけるかねw
売れっ子アイドル並みじゃねえの。

404 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 06:11:05.35
>>401
急にどうした。
作家に限らず、地頭が悪いバカに満足な仕事はできまい。

405 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 09:16:57.42
できるだろ
ブルーカラーは池沼みたいな奴ばっか

406 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 09:38:38.41
底辺は底辺で、頭の良さと仕事の出来不出来は関係あるだろ。
レベルの差こそあれ、どの世界でも一緒。

407 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 10:49:15.25
いや、カラマーゾフの妹は、ただ続編を書くという発想が面白かっただけで、内容は面白くないからw
一作の作品として完成してないし
小説ならいろいろ解説薀蓄入れられて、副読本として読めるけど、あれを映像化してもつまらんとおもうよ

408 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 11:57:08.22
多分次回は、売れないプロと女の応募者がさらに増えるだろう。
バリエーションが広がるという意味では、いいような気もするが。

409 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 12:52:42.67
女がつまらないことは明石家サンタ見てればよくわかる

410 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 12:53:49.10
>>407
なぜそんな作品が受賞したのでしょう?

411 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 12:58:34.02
>>410
パロディ作品としてインパクトがあったからでしょ
カラマファンならちょっと読んでみたいと思うじゃん
あと他の作品がそれ以下だった

つまり俺らのせい

412 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 13:08:27.22
カラマーゾフの妹の場合、不自然なところがたくさんある。メール欄とか
明らかに無理があるし。

413 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 13:16:46.14
この前「再会」のドラマがやってたけど、他の受賞作ももれなく実写化されてるの?

414 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 13:25:14.38
>>413
もれなくはされないよ
天使のナイフとかもされてないはず

カタコンベはここでは叩かれたけど、ハリウッドかなんかで映画化したら面白そうだけどね
突っ込みどころは多かったけど、映画なら許されるでしょ

415 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 14:07:49.18
登場人物が外人なのに日本で実写化ってすごいな

416 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 14:15:05.17
ドストのファン層を狙うつもりだろう。
で、ジャニーズも使って女どもも呼び込むと。

417 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 14:17:51.57
>>411
なかなか潔くてナイスガイだな。

418 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 14:36:00.10
なかなか潔くない菅井君だな

419 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 19:55:06.22
肩凝んべ

420 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 20:01:11.02
神山裕右もほとんどあの一作だけだったな。
まだ引退はしていないようだがもはや作家とはいえない

421 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 20:47:16.97
それでも乱歩賞作家

422 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 20:56:53.32
若くして乱歩賞なんか受賞したら、逆に本人がかわいそうだよ

社会派ミステリーなんて、どうしても経験つまなきゃ味のあるものは書けない
社会派以外だったら、西尾や乙一みたいに早熟の天才もいるけど、社会派には天才はいないよ
30歳以下は、受賞させないほうがいい
むしろ本人のため

423 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 21:25:28.12
兄弟と妹を続けてドラマ化したら、見事に破綻するよw 妹は良くできた同人作品のようなものだから

424 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 23:16:55.66
>>422
乱歩賞は別に社会派ばかりじゃないけれどね。
むしろ社会派は最近では少数派では? 
カタコンベも社会派とは全然違うし。

425 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/30(日) 23:31:40.29
SFミステリーを一年がかりで書き上げたが、これが結構面白い。
選評でそれっほいのがあったら、俺だと思って。

426 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 01:42:16.73
>>425
ぐわむばれ! 乱歩賞にはこれまでない趣向だね。
しかし、SFミステリーとか、以前禿人が言っていたな。

427 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 04:13:01.19
禿人って二階堂のこと? 
>>425
乱歩賞は広義のミステリだがSFはどうだろう?
要はどんだけ面白いか、だな……

428 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 07:58:15.17
せっかくの長い休みなのに、掃除だの買い物だのでまったく書けない。気ばかり焦る。
こんなとき、独身が羨ましいと思う。

429 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 11:58:59.78
選評読むと、たまにSFミステリって最終に残ってるよね。プリズントリックの年もあったし。

430 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 16:39:47.77
SFは乱歩賞向きじゃない。だから、おとされる。

431 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 17:33:53.64
オルドリンの無念 直原冬明 だね。
その作者、他の予選でもたまに名前を見たことがある。

432 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 18:26:40.54
まだ受賞はできてないみたいだね。
最後の壁を越えられないのは、しんどいだろう。
はやく抜けたいもんだ。

433 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 18:56:18.59
やべまだ120枚 この分じゃ締め切りに間に合わないかも・・・

434 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 19:29:06.36
お前、去年もそうだったろ

435 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/31(月) 22:30:25.65
ちがうぞ きょねんは大晦日で110枚だった

436 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 00:32:28.67
SF推理はセンスオブワンダーの上で納得感のあるロジックを
追求するのが難しい。
選評では直原氏は最後にロジックではなくアクションで逃げてしまったようだ。
鋼鉄都市や星を継ぐものクラスなら間違いなく受賞できる。
まあ、何十年に一度の傑作だから、なかなか書けないのは当たり前。
ジュラシックパークも純粋推理ではないが受賞できると思うよ。

437 : 【小吉】 【1356円】 :2013/01/01(火) 01:45:26.08
ジュラシックパークはちょっとカテエラすぎると
思う。まあ、広義のミステリーに近いものとして
冒険ものがあるのは事実だが、受賞は厳しいのでは?

438 : 【末吉】 【1063円】 :2013/01/01(火) 07:27:25.92
大吉が出たら受賞確実

439 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 13:18:51.65
大吉出たよ。

440 : 【豚】 !:2013/01/01(火) 19:48:18.31
ひょい

441 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 19:48:50.50
豚って何w

442 : 【豚】 :2013/01/01(火) 19:49:31.04
もう一回

443 : 【末吉】 【1653円】 :2013/01/01(火) 20:37:07.52
昨日までプロットを考えていたが完成しなかったので、それを書いて
応募することは断念した。
ただ、予備にと思って作っておいたまったく別のプロットがあるので、
それを明日から書き始める。少し軽いからこのミスにと思っていたんだけどね。
こっちのプロットでも二次通過は行くと思うが、あまり上位は望めないかな……。

444 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 23:38:52.61
ぷぷっ

445 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/01(火) 23:40:28.38
予告しておくぜ
今回の乱歩賞受賞作品は、題材は医薬品業界、主人公のイニシャルはS.S、舞台は北海道だ

446 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 00:13:36.23
言い切るのはよいことだよ。
声に出して言ったり文字に書き出したりすると、夢が現実にあなるからね。

447 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 00:50:04.11
コミットメントってやつだよね。

448 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 00:53:30.05
男らしす。

449 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 02:24:39.50
>>445
なんか、数年前のおれみたいだな。
北海道じゃないが、医薬品業界ものでチャレンジした。
二次通過止まりだったけどね。

450 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 06:32:44.28
かっこいいじゃん
花形満の予告ホームランみたいだ
古いか…

451 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 10:46:23.77
小説家って色々と人づきあい大変なんだな
そういうの怠ると干されるらしい

作品さえ良ければそれでいいと思ってたわ

452 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 11:07:08.40
突然どうしたんだ?
人付き合いが大切なのはどの業界も同じ。しかし、小説家は
担当の編集なんとか普通に接していれば、人間関係の問題で
干されることはないよ。
その意味では、人付き合いは楽な方じゃないかな?

453 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 16:37:53.79
どうして新人賞スレって、自称二次通過が多いんだろうな。
匿名掲示板にそんなこと書き込んでて自殺したくならない
のだろうか?

454 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 17:09:53.89
今から書いて間に合う?
もちろん今月末締め切りの乱歩賞に

455 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 18:24:11.10
そんなの人が知るわけなかろう。

456 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 18:28:37.33
>>453
逆に書くからこそ生きていられる。
架空の世界でも一次落ちとか一次通過程度では、それこそ自殺したくなるだろう。
精神の防御反応だよ。

457 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 19:40:24.24
どうして新人賞スレって、二次通過と書くとウソだと思う人が多いんだろうな。
匿名掲示板にそんなこと書き込んでて自殺したくならないのだろうか?

458 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 21:20:14.85
わずかに残った自尊心を守りたいだけなのさ

459 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 21:20:21.30
二次通貨ぐらいでがたがたいうな。
おれは採集まで何度も言ってる。

460 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 21:23:39.56
昆虫採集か

461 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 21:37:31.82
>>457
なんで嘘だと思うの?
仮に嘘だとしたら書いた本人がむなしいだけだろ

462 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 22:37:35.40
それを知ってどうするつもりなのか俺は知りたい。

463 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 23:11:29.67
それより今から書いて間に合うのかという話ですよ

464 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/02(水) 23:33:55.56
>>461
良く読んでみて。
ちなみに457じゃないからね。

465 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 00:25:00.36
>>463
例年だと残り一週間で書いて出すなんて猛者(?)もいるから
今から書くならまだ可能性はアリかな。>>443みたいにプロットが
出来ていればの話だが。

466 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 01:37:34.07
>仮に嘘だとしたら書いた本人がむなしいだけだろ

なのになんでウソ書くんだろうなってはなしだろ

大学はマーチです
身長は170です
学生の頃は彼女いました、キスまでだけど

みたいなさ、なんでウソならもっと大きく出ない?
その程度のウソだと信じてもらえると思ってるんだろ
ってことだろ

467 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 01:53:31.20
じゃあ、本当のことを書いてみるか。
乱歩賞ともうひとつ中央の賞で最終に残ったことがある。
ちなみに一次落ちはしたことがない。
最終に残れる作品というのは、書いている時から確実に手応えがあるものだ。
結果が楽しみになって、不安が一切なくなる。

逆に、少しでも疑いをもった作品は最終には残れない。これは経験上間違いないから、皆の衆も冷静に考えたほうがよい。

で、最終と受賞の壁は厚いと感じる。
運の要素は、ここで初めて発動されるな。
こんな感じだが、何か質問があれば聞いてくれ。わかる範囲で答えるよ。

468 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 02:20:45.31
ぎゃくに1次落ちの俺がアドバイスしてやるよw
運の要素が発動とかぬかしてるかぎり
その壁は厚いままだな、運じゃねえよ実力

未経験上間違いない

469 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 02:53:28.55
じゃあ聞きます。西村京太郎的な二時間ドラマのネタで受賞できますか?

470 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 07:27:28.61
>>468
実力があるのは当たり前、という前提で話しているのだよ。プラス、そこに運をもたない奴は受賞できない。総合的に高い実力が必要になってくるわけだ。
運という文字を見て、反射的に宝くじみたいなものを思い浮かべたのだとしたら、言い方は悪いが低レベルだな。
運だけで生きてきた、と言う者がいたら、それはバランスのよい実力保持者だということだ。

>>469
斬新であれば、ある程度は評価されるとは思う。
つまり、既視感がなければよいし、著者ならではの切り口を見せればよい。
ドラマ的という言葉を応募者はとかく悪く捉えがちだが、売れている作品はその要素が濃い。ページをめくらせ、旨味を凝縮してコンパクトにまとめる力が要求されるからね。
つまらない作品は、必ずと言っていいほど冗長だから。

471 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 08:49:28.97
四角い人の推敲を重ねるていねいな仕事ぶりを読んでいると
この人が授賞しなくて誰が授賞するだろうか、という気になる。
なんだか特に今年は完璧っぽい。

472 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 09:40:09.86
黙々と推敲を重ねる人→物書きとして至極あたりまえ。吹聴すること自体、馬鹿馬鹿しい。

すごく推敲しているぞ!とブログに書き立てる人→四角

473 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 09:53:45.91
四角はブログを通じて競合を威嚇しているのかね?
四角は毎年、推敲だけはばんばんやっているが、
推理小説として根本的な問題があるからはねられる。
今回は刑事物のようだが、結果は刮目だな。

474 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 10:01:12.08
冒険ものでの受賞は無理と踏んで、刑事ものに鞍替えか。
まあ、受賞できるかもしれんね。

475 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 10:06:30.04
構想の四角

476 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 15:01:17.47
四角い人は自信があるんだろうな。
理由のない自信を持てる人は強いと思う。

477 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 17:11:50.93
エンタメ通の知人に感想を聞けるのがうらやましい

478 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 17:25:47.40
みんな四角をマークしてるようだが、残念ながら彼は今回も涙を飲む
日体大の総合優勝が読めなかったように、
今年は思わぬやつが受賞する。
そう、ここ五年ほど応募していなかった俺

予備選考会 トップ通過
本選考会 満場一致

新たな伝説が、始まる

479 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/03(木) 22:13:46.21
俺もエンタメ痛だよ

480 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 00:47:24.41
四角い人なんてどうでも良いよ。
おれの敵だという感覚もない。彼の過去の作品のプロットを
少し読んだことがあるが、おれとはまるで傾向が違う。
選評にもあったが、彼はこのままでは受賞できないんじゃないかな?

481 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 01:38:15.40
だから路線を刑事ものに変えたんじゃボケ。
受賞に一番近いのは四角だってことを忘れんなよ。

482 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 02:14:10.20
なんか痛い人がいるなw 本人?

483 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 02:29:58.02
横やりごめん
481は本人じゃないだろうが四角に熱狂的なファンがいるのは
事実っぽい。それだけでもすごことだと思う。
現実は無理でも二次元とかネットではそれなりに存在価値があるよ四角い人。

484 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 03:05:03.79
なんかこのスレつまらねーわ
おまえらの書く小説も糞つまらないんだろうな

485 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 08:08:10.45
四角ってまだ最終候補までいったのは一回だけだろ

486 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 08:19:03.62
まあ、このスレに最終に残っている人間が何人かいるのは事実。

487 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 09:33:42.52
>>485
2回だよ。
それよりすごいのは下村敦史という人だな。
去年ふくめて過去4回も最終に残ってる。

488 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 09:41:41.36
下村さんもねえ・・・はぁ〜

489 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 10:09:52.57
げんちゃんだって3回も残ってる。
去年は二次止まりだったが、今年は巻き返してくるだろう。

490 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 10:53:18.63
3回も4回も最終に残り、なのに受賞できないのは、何か重要なものが抜け落ちてるからだろう。
実力がありながら上がれないのは辛いよ。
その点、実力がなくて一次二次あたりをウロウロしてる連中は気楽だな。
文句だけ言ってりゃいいし。

491 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 11:48:57.13
もう十年以上前だが、小林ひとみって人が何度も最終に
残っていた。有名なAV女優と同じ名前なんでおぼえている。
あの人はその後どうなったのだろう?

492 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 12:13:36.17
最終に残りながら、結局は受賞できずに消えていく者は多いだろうね。
他の賞でも最終常連という人はいるけど、ある日突然姿を消す。

493 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 12:21:11.30
>>490
いちばん気楽なのは、君のように一次にかすりもしない人じゃないかな?
というか、書いてすらいないのかもしれないが。

494 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 13:13:52.02
他の賞でもチーム・バチスタあたりは乱歩賞のほうにだしてても受賞できただろうね

495 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 14:25:00.08
海堂はバチスタの前に「螺鈿迷宮」を乱歩に出している。
結局、一次止まりだった。
(応募痔のタイトルは違うと思うが、一次落ちを書き直したものが「螺鈿迷宮」だという)

それにショックを受けて次作を「このミス」に出した。
とどこかで読んだ記憶があるのだが。

496 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 14:26:57.94
訂正×一次落ちを書き直したものが
  ○一次止まりを書き直したものが

497 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 17:35:58.20
wikipedia によると、一次落ちだったらしいよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9E%BA%E9%88%BF%E8%BF%B7%E5%AE%AE

498 :495:2013/01/04(金) 17:48:45.37
かなりいい加減な記憶だったようです。失礼しました。

499 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 18:21:28.18
受賞者>>>最終候補>>>>二次通過>>>>>>一次通過>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>(超えられない壁)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>応募者>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>(更に越えられない壁)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>書き始めるが応募作を完成させられないレベル>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>プロットを作ろうと思うが、結局何も始められずこういうスレに書き
込むしか能がないレベル

500 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 18:27:45.68
これを見ると、一次通過以上は受賞圏内だと言えるね。
そんなわけないけど。

501 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 18:33:18.68
応募さえすれば受賞圏内。

502 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 18:40:46.66
すべては下読みしだい

503 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 18:44:48.73
堂場瞬一も乱歩最終落ちだしな。
彼の場合は即小説すばる新人賞受賞し「8年」でデビューできたが。

504 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 19:24:21.80
8年……。
50歳を越えてしまうわ。

505 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 19:40:08.28
おまえら無職だろ

506 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 19:44:05.08
フリーターです

507 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 21:49:40.20
働いてるよ。
今日は仕事はじめで疲労した。
あと一章分残ってるっつうのにorz

508 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/04(金) 22:51:40.51
1年があっという間で怖い。
一作仕上げるのに、丸々1年もかけてちゃダメなんだよ。
なのに結果を出せないのも怖い。

509 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 12:24:29.24
将棋はいくら努力する気があっても芽が出なきゃ21歳で強制退場させられるけどな
才能ない奴にいつまでも努力させるのは酷、という理由で
小説はそんな制限ないからダラダラとこじらせる奴多いな自分の才能の無さに気づかずに

510 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 12:54:31.51
そうかもしれん。
でもその人の人生だから、他人がとやかく言うことではないな。

511 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 13:09:25.81
>>509
おれの記憶が正しければ、21歳で強制退場というのは、初段に昇格する
までの年齢だね。26歳になるまでに四段(=プロ資格)に昇段できなけ
れば奨励会を退会させられる規定だったと思う。
才能ないやつにいつまでも努力させるのは酷、というよりも、
将棋しかしていない人が社会に放り出された場合、25歳位であれば
まだ取り返しが付くから、という理由が主だったような気がする。

乱歩賞の場合、応募者はすべて自己責任でやってるんだから別にかまわんだろう。
夢を追い求めるのは、何歳になっても良いことだ。

512 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 13:16:18.95
以前はそれで放り出されたらそれっきりだったが、
何年か前に、アマでも好成績を収めればプロにチャレンジできる
規定が出来たね。良いことだと思う。

513 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 13:59:22.78
将棋が趣味。それで「殺人の棋譜」が生まれた。

514 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 14:39:46.90
まゆゆの肛門舐めたいな

515 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 15:47:26.44
おまえらに追い打ちをかけるニュース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130105-00000302-bjournal-bus_all

516 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 16:45:08.01
それでも講談社では二十代で年収1千万円超はゴロゴロしてるっていう
から、なんか社会のあり方が間違っているように思える。

517 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 17:16:20.82
>>516
そら一流企業だし

518 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 18:17:44.91
フジがスポンサーをやめたら、昔みたいに賞金はなしになるな。
乱歩賞自体が、応募を一時ストップするかもね。
景気回復が見えてきたら、賞を再開するとか。

519 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 20:12:03.73
>>518
おれはそうは思わないんだよね。講談社が一流企業なんてちゃんちゃら
おかしい。なんせ、つい20年位前までは出版社で上場企業なんて学研
しかなかった、そういう世界。
600万円出せば同じくらい仕事できる人は世の中にゴロゴロしてるはず。
労働市場の開放化が進んでないんだよ、この国は。

520 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 20:26:55.87
>>518
鮎川賞みたいに賞金のない賞もあるしね。
でもやっぱりミステリ界では最高峰だから
それなりに存続すると思うよ。

521 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 21:00:23.71
>>519
黙れよ底辺

522 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 22:45:44.73
>>519
労働市場の開放化って何だ?
フリードマン流のえげつない自由化か(笑)
519=521だったりするんじゃないの

523 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 23:39:09.89
「流動化」な。

524 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/05(土) 23:59:56.77
なにいってるんだ。編集者なんて何も生み出さない癖に!

525 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 00:38:45.18
その編集者に見初められないと、作家にはなれないのだよ。

526 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 01:43:53.48
編集者なんて、売れない作家には強く出て、売れっ子になると
もみ手をして平身低頭するだけの最低限の種族だよ。

527 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 03:57:31.04
どうせ非社会人だろうが、519に「一流会社」の定義を訊いてみたいもんだ
上場していたら一流っていうなら、ブラック企業も一流になるわな

528 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 09:29:47.12
>>523
流動化なんて聞えはいいが
実体は労働者の使い捨てと固定費の削減と変動費化だ
ハイエナになって目先の利潤のみを追う金亡者たち(詐欺師)の
民衆を巧妙に騙す手口
御用経済学者の言う事を鵜呑みにするなよ酷い眼に遭うぞ!

529 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 10:58:21.13
>>526
そりゃ、売れっ子作家に嫌われたら大変なことになるからね。作風が嫌いでも鼻持ちならない奴でも、商売として絶賛して持ち上げるだろう。
たが、よいものを書く芽の出ない作家を、世に認めさせたいとも思ってるはずだ。
これが編集者の性だし、これすらない奴は編集者失格でホンモノの能無しだよ。

530 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 13:27:44.60
>>527
黙れよ底辺

531 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 13:47:57.05
結局、発売当日に買ったのにカラマ、正月でも読み終わらなかった
ちっとも文章が頭に入ってこないのは、酒で頭がふやけたせいなのか

532 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 15:00:39.34
別の病気は?

533 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 15:28:15.19
あれは物語じゃない。
80%以上が説明文。

534 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 16:01:21.96
男はその本を壁に叩きつけた。
「こんなものが受賞だなんて…そうか、審査員は自分らのライバルになりうる原石を恐れているのだ。
だから、どうでもいい作品を持ち上げてお茶を濁しているのだろう。きっとそうに違いない」

535 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 17:13:01.36
ここにいる連中の作品がなんかの間違いで受賞したら、凄まじい酷評の嵐だろうな。
今までの受賞作なんかとは比べものにならないほど、読者が一丸となってこき下ろすだろう。
きっと、二度と書けなくなるな。

ま、自分の実力を客観視してみたほうがいい。

536 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 17:34:36.54
10年以上前にカラマを読んだことがある俺は、内容はすっかり忘れていたけど、
登場人物の名前が眺めただけで、ワクワクできたし、序盤は楽しんで読めたな。
だが、ミステリとしてはショボイし、文章も軽すぎて興ざめだったわ。
それでも、最近の乱歩賞受賞作の中では並レベルかもと思っていた。
それが年末のこのミスランキングで7位にランクインしたので仰天した。
これを1位に投票した奴を、追放したいミステリ書評家リストに追加しておいたわ。

537 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 17:53:05.53
>>535
つ 鏡

538 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 18:39:26.22
とてもランクインするような作品ではないよ。原作の土台がなけりゃ、誰も読まない程度レベルだし、最近の受賞作の中で並とも思わない。
なんせ、物語を構築できてない。
でも、ランキングに綾辻の糞作品なんかも入ってるし、信ぴょう性はなしと思った。
仲良しクラブみたいになってんな。
巷のランキングともかけ離れすぎw

539 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 19:01:18.37
同感。
ひとりよがりでカラマを解説してるだけ…

540 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 19:55:09.53
何度読んでも今野の選評には納得してしまうよ
受賞第一作に何を書くかだね
小現の短編はダラダラとしたロシアものだったし、知識のない読者をただ煙に巻いてる感じで面白味はなかった

541 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 20:07:09.31
四角を応援しよう!

542 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 20:11:06.61
四角さん、ごめんなさい!

543 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 21:57:07.70
次は四角、くるよ。

544 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/06(日) 22:18:39.54
カムォ〜ン! シカク!!

545 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 00:23:54.78
このスレにいる人たちは、本当に応募しているの?
なんか、長編を仕上げられない人の溜まり場みたいに見えるんだけど。

546 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 00:34:31.19
それを言うのはエチケット違反です!

547 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 00:34:53.80
>>545
あはははははははは^^
ははははは^^






殺すぞ!

548 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 02:30:01.90
人を応援している場合か?
おれはとてもそんな気はないわ。

549 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 08:30:51.03
当然。
一作一作に賭けている。
仕事も忙しいし、年に一作書き上げるのが精一杯だ。
が、過去の受賞者もみんな仕事と両立して、しかも年に何作も書いてどれも最終に残るとか、尋常ではないパワーがあることは間違いないんだよな。
そのぐらいの本気を出す必要がある。
今年の応募作は何度も推敲しているから、ギリギリに読み返して送ろうと思う。

550 :無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 10:35:12.50
1つの作品に3つぐらい凄いトリック入れた。1つのトリックでも十分受賞狙えるのに、
それを3つもだぞ。
野球で例えて言うなら1試合にエース級を3人投入するぐらいの凄いこと

それだけ凄い作品だが、ただどこの社の賞に出すかは未だ検討中。正直乱歩賞の
今月の締切には間に合いそうにないし・・・

551 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 11:11:41.27
トリックが多すぎると、落ち着きのない作品になる。
それよりも、人物と背景をしっかりと書き込んだ物語のほうが魅力的だと思う。
そういうのはこのミス向きじゃない?

552 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 12:25:05.07
読んでみらんとなんとも言えん

553 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 17:12:42.40
自作を凄い凄い言うこと自体、たかが知れてると思われても仕方あるまい。
凄いトリックを三つ入れることにより、凄さが三倍になると考えているようだし。

554 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 18:37:22.00
↑びびってるw

555 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/07(月) 19:12:33.17


556 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 00:00:34.46
トリックをたくさん詰め込んだといえば高層の死角がそうだな。
おかげで全体としてはピリッとしたものがない。

557 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 03:41:53.24
あの時代だから受賞できたんだな

558 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 04:49:09.56
いまでもいけるだろ今風に変えるだろうけど

読者として能力がないんだよ、なんだよピリッってw
そういうこと言っておけばとりあえず、どれでも通用するけどさ
意味があるようで実態はまったく何を言いたいのかわからん批評だな

559 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 08:59:56.52
読者としての能力w
便利な言葉だね。
つまらないと思う作品は、読み手の能力が低いわけか。

560 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 09:52:40.74
逆だよ。高層の死角は全体としてはピリッとしてるが、
トリックが雑なんだよ。タイトルにもなってる高層階の
スイートルームでの密室の謎は、バカミスレベルの子供騙し。
しかし、それでも読ませる力があるのだから作家としての
力量はあると、当時の選考委員は考えたんだろう。
その後の森村誠一の活躍を見れば言わずもがな。傘寿を
迎えても未だ書き続けている健啖さも見習わねばならない。

561 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 13:36:52.62
人の解釈はそれぞれだから、全否定はしないが、おれは
やはりあの時代だから受賞できたんだと思う。
今の感覚からすると、ちょっとトリックに頼りすぎかな、
と(おれは)感じる。
あんなにたくさんトリックを羅列したのに、それを解く手段に
工夫がなく、単にホテルの喫茶コーナーみたいなところで
熟慮してその結果解けるというのが多い。

562 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 13:50:17.34
まあ、カラマみたいに設定頼りで興味を引かせるような作品は、もう受賞しないだろう。
「まっとうなミステリー」と出版社も選考委員も考えてるんじゃないかな。でも、人間ドラマは必須みたいな。

563 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 18:15:01.73
乱歩賞はなんだかんだ言っても常連が多いからなぁ。
一定基準以上の筆力がある人がほとんどだろうし、そうなると一発屋ネタで目を引く方法が手っ取りばやい。
今年は売れないプロも押し寄せるだろう。

564 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 18:44:39.67
既に何年も前から押し寄せてるけどね。

565 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 22:37:07.85
失礼しますが、そんなにプロの応募あるの? プロが名前出してるの?

566 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 23:10:25.01
一次通過から名前をググると、何人もヒットするよ。
筆名を変えて応募してる作家もいるだろうし、プロはそこそこいる印象。

567 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/08(火) 23:38:28.74
プロ=優れた書き手ではないからね

568 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/09(水) 00:14:20.53
カラマーゾフで受賞した彼女もジャンルは違うがプロだしね。
上で名前が出た森村誠一も一応プロだったらしいよ。
無名だったらしいが。

569 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/09(水) 22:40:48.14
四角い人のツイート見てるんだが、今回は苦戦みたいね。
見違えるようになった、いい感じになってきた、
って11月ごろから言い続けているけど、
これって、いまだに問題が多すぎるってことじゃないの?
人のことはほっときなさいって?
でも、ファンなんだもの、心配で……。

570 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 00:48:38.24
心配しなくても大丈夫。かれは最終に残ることすらないから。

571 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 09:20:26.10
いや、実力は君よりもずっと上だよ。

572 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 10:12:39.05
最終に残れないヤツは、明らかに四角よりも下。

573 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 10:34:35.56
過去はどうあれ、今年の応募者はすべてスタートラインは同じ。
過去の最終組に特典はない。
その証拠に、四角は最終に残った翌年に、一次止まりが二年続いた。
今年最終に残る保証はどこにもない。

574 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 12:28:29.05
>>571
私は過去の受賞者だが、なにか?

575 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 12:42:05.98
某小学校校内作文コンクール優秀賞受賞

576 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 14:52:56.32
馬鹿が多いな。

577 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 15:24:16.72
今年はプロが多いらしい。最終レベルじゃどうかな。

578 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 15:29:20.97
執筆の途中の小休止。
今週末で脱稿かな。後はゆっくり推敲。
プロット作成に一年をかけただけの手応えはある。

579 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/10(木) 18:10:42.72
もう10日か。
まだ二ヶ月あると思ってたのに、もうカウントダウンの始まりだ。
少し詰め込みすぎの感が否めないが、話としてはかなり面白いと思う。
いい線行きそうだ。

580 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 02:16:35.65
やはり今ごろまでに書き終えるのが良いんだよな。
おれはギリギリになりそうだから、もう少し煮詰めて来年に回そうかな。

581 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 18:55:14.54
作家を目指してから生きづらくなった。
落胆と焦りに日々追い回されて、受賞者に嫉妬して失敗と挫折を心底望んでいる。
作家を目指す前は、平凡そのもので穏やかに生きていたのに、今では醜悪の極み。
つくづく病んでるなと思う。
あと10歳若ければ…と不毛なことを何度も考える。
前向きに夢を追えるヤツは、もともと優れた土台があるんだろうな。
いろいろと疲れたよ。

582 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 22:09:26.86
いやになったらやめればいい。
ほかに道はいろいろある。
無理に書けとは誰も言ってない。

やめるのがいやなら、
しばらく休めばいい。

きっときみは物書きに向いてないんだよ。

583 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 23:45:19.09
まだ240枚くらいだよ。
1末はもう無理なので、4月のあの賞の方に出そうかな。
それとも5月のあの賞にしようかな。

584 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 23:50:58.43
このスレのみなさんは、実際、焦りとかないの?
581じゃないけど、40過ぎたとたんに時間がないと思うようになったよ。
1年が速くて困る。

585 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 23:53:10.18
>>581
あー、それ分かるわ。
作家に限らず、目標とするものが大きければ大きいほどその傾向は
強くなると思う。
たいした目標がない人生は平和でそこそこ楽しくて良いかも知れない。
どちらを選択するかは君次第。
しばらく休んでからじっくり考えれば良いよ。

586 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/11(金) 23:57:32.98
まずい。こんなときに「64」を買ってしまった。
読んでしまった。
止まらない。
どうする。
くそっ。
それでもサツ官か!
D県の矜持なのか!
東洋のリークか!
横山秀夫。罪だぜ。

587 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 03:43:11.82
確かに64はすごい作品だな。
だが、その何が悪い?
執筆途中で読まなければならないから進まないのか?
あるいはそのレベルの違いを痛感させられたのか?
おれもちゃんと読んだが、それはもう過去のことだ。
仏壇(書棚)にでも入れて、もう二度と見ることはないだろう。

588 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 06:52:12.84
嫉妬はよくない。嫉妬して得るものはひとつもない。その代りに、心身の健康を失うぞ。

589 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 07:58:55.51
嫉妬はときには力になることもある。

590 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 09:23:03.61
確かに、嫉妬や怒りは力になることもある。
だが、やはり心身の健康を失う上に、その力は長くは続かない。
また、私が思うに、運命も味方してくれなくなる。

591 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 10:32:02.35
>>581
そこまで思いつめているのなら、もうそのモチーフで書くしかないんじゃないの

>落胆と焦りに日々追い回されて、受賞者に嫉妬して失敗と挫折を心底望んでいる。
これは自分には出てこなかった発想だわ。おれは感心したけどね。

64買ってたけど、おれ読むのが惜しくて途中でやめているw 

592 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 10:51:49.31
64は、あまりにもネチネチとした心理描写とマイナス思考に辟易したけどな。
ラストはさすがだと思ったが、復帰ご祝儀的な高評価をしすぎる点がどうかと思ったり。
俺には合わない作品だった。

593 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 11:00:42.81
横山秀夫は最も好きな作家だ。
だが、傑作と評価できる作品においても、
物足りないものや大きなミスの存在がいつも気になってしまう。
俺にとっては、98点の作品が多いんだな。
だからこそ、俺が書く意味があるんだと思うようにしている。

594 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 11:18:16.65
どうすれば運命は味方してくれますか?

595 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 11:31:23.77
どっかの滝に打たれてこい。

596 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 12:01:33.40
運を意識し始めたら終わりだぞ。
己の実力しか信じるな。

597 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 13:37:13.18
>>581
何歳よ?

598 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 13:39:46.78
>>584
焦るよ
今年中にデビューしたい。だが、小説を書くのが好きだから、一生書くよ

好きなように書いていけばいいよ
プロデビューしてもゴールじゃないし、一生書く訳だしね

599 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 13:42:03.12
>>594
590です。
愛だろうね。愛に溢れている人の周りには人も運も寄ってくる。
運は人が持ってくるものだからだよ。

600 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 13:42:04.43
今、寝かせてる間に、福田和代の、ウ゛ィズゼロ、を読んだ

もー、自分の作品がしょうもなくて、出す気が失せた

601 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 13:48:00.44
ミステリ部分がないに等しいんだよな
だが、福井晴敏や、オンサイトの例もあるし、冒険ものも、大丈夫なんだよな
だが、今年はミステリが受けが良さそうだよな
ミステリ強めの奴は、ドンドン正攻法で攻めてくれ
ダブル受賞枠で、今野さんか桐野さんあたりに推してもらうのを狙うから

602 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 15:09:57.01
オンサイは冒険ものだろうか。
そこまでのワクワク感も疾走感もなかったが、一発勝負ネタで受賞をもぎ取った感じはする。現に受賞一作目なんて、浅い人情物で乱歩賞作家とは思えない出来だった。読んだ人いる? 完全に有川とかあっちのジャンルなんだが。
川瀬の方は、受賞一作目で目を引いた印象。作者独特の視点があって、次が気になった。
ま、好みもあるから何とも言えないけど、一発ネタで受賞は後が危険。

603 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 15:12:17.50
ライトな層にウケればそれもあり。
玖村女史について付け加えときます。

604 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 15:14:03.90
と言うより受賞したもん勝ち

605 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 15:21:17.76
本当に面白かったら、受賞の可能性は十分あるだろう。
ただ、去年の選評を読んで冒険物で応募したら、
謎解きミステリを書けない人だと思われてしまいそうだな。

606 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 15:26:09.09
冒険物がダメだと言ってるわけじゃないでしょ。
去年の候補者が書いた冒険物がダメだと言われてるだけで。
自分を貫いて、選評に一喜一憂しないほうがいい。

607 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 15:47:18.67
確実に落とされるのは、古典文学の続編みたいなやつのみ。
その他は質が良ければ大丈夫。

608 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 16:22:12.14
とにかく、誰か一人に猛烈に推されたい。そうすれば、必ず受賞できるからな。

609 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 17:36:29.92
それよりも、最終に上がれるかだな。

610 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/12(土) 18:29:12.46
うぐぐ….…。

611 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 00:04:41.38
じゃおれは厳窟王の続編を書く。

612 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 08:57:04.47
推して欲しい選考委員の続編でも書いてりゃいいだろ。
桐野に推して欲しけりゃ東京島沈没とかさ。

613 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 11:26:40.63
>612
君は読み専だな?
小説を書こうとする人間としては、発想が貧弱すぎる。

614 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 12:11:51.13
ネタを解さないマジレスですか

615 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 12:20:07.38
マジレスです。

616 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 12:25:28.38
「容疑者Yの成人病検診」で東野先生の心を鷲掴みにするしかない。

617 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 12:49:21.27
面白いネタを思いつけない人はマジレスだけしたら?

618 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 13:46:29.30
虚無僧ゾフィー、を真剣に書こうと思った時期がありますた

619 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 17:41:55.16
冗長だと感じる小説は山とあるが、なぜ新人賞ではそこばかり指摘するのだろうか。毎回必ず、冗長の評をつける奴がいる。
読み手に興味のない話題なら、少なからず長いと感じるのが当然だと思う。
カラマなんて、読む気すら失うほどの冗長さだった。

620 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 21:08:49.88
読んでどうだった?カラマ

621 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 22:06:27.78
>>616
 もうひとひねりほしかった。少ししか笑えなかった。

622 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 22:33:13.11
疑問。

上で出た横山秀夫はサンミス佳作で新聞社を辞め、ワナビになり、松本清張賞受賞でデビューするまで、
7年ほどあるのだが、乱歩賞に応募はしなかったのだろうか?
(新聞社を辞めてから、漫画原作や警備員のバイトをしていたというが、
どこかの賞に応募しなかったのだろうか? とても気になっています)

松本清張賞も何度目の応募で受賞したのだろうか?

乱歩の最終候補とか二次くらい通過していたのだろうか?
誰か知ってる人いますか?

623 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/13(日) 23:10:06.15
wikiかなんかに書いてね?

624 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 02:05:29.78
>>622
なるほどな。
おれも知らないが、ある程度の推定はできる。
彼は「ルパンの消息」が長編という以外、最初の頃は短編ばかりだった。
乱歩賞は短編連作は受賞例がないので、応募しなかった、あるいは
予選の段階で敗退していた、とも考えられる。

625 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 09:44:54.25
勝手な推測だが、一度ぐらいは乱歩に応募しているのでは?

7年間もどこにも応募しないとは思えないし、いきなり松本清張受賞というのも、違うよな。
「ルパンの消息」は読んだが、そこから「陰の季節」執筆に至るには、
かなり精進しなけりゃ行き着けない領域だと思う。
つまり、心血注いだ自信満々の力作が無情にも落選するとか。

「ルパンの消息」のあと長編を書いて乱歩に応募してるかもな。
無責任な推測しかできんが。

626 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 09:59:23.76
長編で応募しているとすれば、デビュー後にそれを
改良したものを上梓していると思うんだけどな……
横山氏は短編の名手。反面、長編は少ない。
ルパン、クライマーズハイ、64くらいじゃないか?
時期からしてこれら長編で応募した可能性も否定できない。
だが64は規定に収めるのは無理っぽいね。

627 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 10:03:21.66
無口・口ベタに作家は向いていません
サヨウナラ

628 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 13:23:41.59
半落ちは?短編だったっけ?

629 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 13:25:28.40
謎解きよりは、社会派のイメージ

横山は乱歩にぴったりのイメージがある

630 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 13:32:50.51
>>627
なんで?

631 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 14:33:48.72
横山スレでも作れば?

632 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 17:04:18.44
誰も落選歴は語らないからな。
ミステリー作家志望なら、誰しも乱歩賞は一度はロックオンするだろう。
他の賞でデビューした人達でも、乱歩賞に応募経験ある人は少なからず
いると思う。

633 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 18:23:20.01
>>628
wikipediaの記述もそうだが、震度0や半落ちは長編扱いになっている。
しかし、内容的には連作短編に近い形を取っている。
それぞれの短編だけで決してすべてが完結するわけではないが、ひとつを
読んだだけでもそれなりに楽しめる。

634 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 19:02:51.08
横山信者が湧き過ぎ

635 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 19:28:51.57
意外と1人2人じゃね

乱歩賞に出してないのかな→1度くらいは出してたかもね→可能性高よね
すれ違いって言われたくないからだろうけど
こんな理由でスレに延々と書き込まれてもなぁ

636 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 21:52:23.43
だったら自分でせっせと建設的な話題を提供すればよい。
普段は傍観しかしない人にかぎってわずかな脱線に茶々を入れる

637 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 22:17:03.24
オンサイトやプリトリみたいに着想は抜群だが、全体的に難あり、より、
放課後や沈底魚みたいに、物語的に地味ながらも破綻なくまとまった方が、作家としては、大成しそう

実は、良いアイデアがうかんでも、破綻なくまとめて読ませるって、すごく難しい

しようもないアイデアを、誰も思い付かなかったトリックに仕立てあげるのが、プロット力だと思う

638 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 22:46:16.97
>>637
オンサイトの着想は「奇抜」ではあるが良い意味の「抜群」ではないね。
出来としては乱歩賞史上に残る駄作だと思う。
カタコンベよりもひどいかな。

とまあ、これはどうでもよい話。
そう、プロット力は大事だとおれも思う。

639 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 22:51:21.28
以前、大学のサークルで乱歩賞の予選で一次か二次を通過した
先輩を崇拝していた彼、今ごろ何やってるんだろう?

640 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/14(月) 23:27:07.26
>>638
同意します

641 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 00:02:09.63
アイデアは鍛えて出るモノじゃないと思う
逆に構成力は・・・
まあ、数うちゃ当たる方式なら

642 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 00:22:25.40
オンサイトの足許にも及ばない連中がよう言うわ。

643 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 00:41:34.57
>>したがって多くの事柄が投げっぱなしになって話は終わるのだが、私は目をつむることにした。
>>物語をうまく収束させる技術など、これからいくらでも身につく。
>>良い意味で、後先を考えない才能を評価したい。

東野のオンサイトの選評だよ。まあ、異論のある人もいるだろうな。

644 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 00:48:34.39
受賞第一作を読んでみろって。
もう本当に困るから。

645 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 00:53:17.62
受賞作なんかより、その後が大事だろう
常に受賞作でしか評価しないヤツはアホだと思う

646 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 00:58:36.97
だって作家論をやりたいのではなく、賞の動向を話しあてるんだもの
しょうがないじゃん

647 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 01:02:59.46
賞の動向なんて、その時の選考委員の気分だよ。
明確な基準なんてあるわけない。
今までの受賞作を見ればわかるじゃん。

648 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 01:03:44.77
結局フィーリングなの

649 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 01:34:20.60
>>647

そうなんだw
俺は逆に審査委員が変わっても評価する点とか不変なんだなな
と思ってたよ

650 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 01:54:32.62
選考委員として名だたる作家達を配しているが、
それが選出にプラスに作用しているとは思えないね。
書評家だけで選出した方が良い作品が選ばれると思う。

651 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 05:01:51.78
書評家が最終5作を決めてるんだから、実質賞を牛耳ってるのと一緒。
どれが選ばれてもいいところの5作だよ。
つうか、書評家連中にすべての権限を与えるなんてまっぴらだ。
何も生み出さないヤツらを有難がってる風潮もクソだよ。

652 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 06:32:19.36
マッコイさんとかなら大丈夫だろ
素人に任せられないだろうし
今はなくなったのかな、売れない作家に読ませたりするよりは
有名書評家のほうが安心だよ

653 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 07:53:09.93
>>644
読者を困らせる本には、金出せんでえ
立ち読みしてくるか

654 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 07:56:36.89
しかし、オンサイトやプリトリが最終まで残ったのも不思議
あの破綻作品って読むのもつらかった
最終の中では、多分、異色で、光って見えたのだろうが、一次や二次を超えてきたのが、凄いよね

655 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 09:14:28.98
だから、その二作よりもお前らの作品がとてつもなく劣ってたっつうことだろ。
いい加減、認めろよ見苦しい。

656 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 09:21:30.60
劣ってるのもあるし、面白みがないのもある。読者に向けたサービス精神みたいなものは絶無だろう。

657 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 09:27:18.42
自作の欠点がわかればワナビを卒業できる。
わからないから、万年ワナビ。
ワナビの耳に念仏。

658 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 10:31:35.08
ワナ耳w

659 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 10:45:14.44
一昨年のこのミスの隠し玉、「タレーランの事件簿」が発行部数40万部突破だってさ。
乱歩賞受賞作で最近発行部数が40万部いった受賞作ってあるかな?

660 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 10:52:03.07
ラノベキャラ小説にすればいくんじゃない。くだらない限りだけど。

661 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 10:59:47.97
ワナビが売り上げを気にする現象には、そろそろ名前をつけたほうがいいな。

662 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 11:25:28.44
でも、一般文芸が売れなくなっているのは事実。出版不況は尋常じゃない。
売れたもん勝ちだろうな。

663 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 11:41:42.32
じゃ、そういうの書けばって感じ

664 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 12:48:22.19
>>641
>アイデアは鍛えて出るモノじゃないと思う

たしかに天性のものがあるの事実だが、アイディアの出し方
も鍛え方で伸ばすことが出来ると俺は思っている。

665 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 12:51:59.37
http://www.youtube.com/watch?v=_I9NquzPTH8

666 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 12:52:18.74
そだね。
物事の見方を変えてみるとか、その程度だったらやってるよ。

667 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 13:26:28.83
664
俺も昔はそう思ってたし、実際自分はアイデアマンだと自負してた。
転用や逆転、組み合わせとかアイデアノウハウも確立してるし。
しかし、ある日愕然とするんだ。

ノウハウでは絶対導けない。そういう本物の発想に出会ってさ。
まあ、小説書くぐらいならノウハウで十分だと思うが。

668 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 14:09:16.09
何の話をしているのか、さっぱりだ。
確かに才能はなさそうだな。

669 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 14:50:48.67
何の話をしているのかさっぱりだ、の意味がわからん。何の話かわかるだろ。

転用や逆転や組み合わせをアイデアノウハウというのかどうかの疑問は残るが。

670 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 15:01:35.15
分かってくれてサンキュ。
転用云々はアイデア系のノウハウ本見れば載ってる。
創作でも当たり前のことだと思ってたよ。

671 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 15:09:21.40
いや、当たり前すぎて、それをノウハウと言われても困る。
本物の発想とやらを具体的に言ってくれないと、話が繋がらないわ。

672 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 15:17:48.68
困るといわれても困るってw
一部には当たり前でもそうでない人も多いんだからさ。

ちなみに667以上繋げる気はなかったよ。
「どんなものでも発想できる」もしくは「鍛えればいつか発想できる」
と固辞できるのはよほどの天才か馬鹿のどちらかだからね。
相手が天才にしても、馬鹿だとしても疲れる。

673 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 15:25:08.25
身の程知らずの馬鹿に一票

674 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 15:46:28.26
良質のミステリを100作も読めば、それなりのストーリーは作れるし、
文章力やキャラ立てなど基本的な技術を身につければ、二次通過ぐらいまでいく。
でも、それだけだと、既視感ありの寸評をもらって落とされる。
その壁を乗り越えようとして、七転八倒している人が多いんじゃね?

そこで、本物の発想というものを、ご教示願いたいのだがな。

675 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 16:29:27.95
しつこい人だね。そんなに気になる?
667でなぜそんなに突っかかってくるのか不思議なんだが。

小説での「ホンモノの発想」を期待するなら667を良く読んでくれと答える。
実際、俺もおたくが言うように苦労してるわけだし667で分かるだろ。
ご教授?って大げさすぎる。やり込めたい感がちょいとキモイ。

そうでないなら巷に幾らでも転がっている。
車輪の発明、0の発明、行間という概念
抽象画、ラーメン(笑)、ミステリー
思い付き列挙だから突っ込まれても困るが、
既存を元にしない無から有を生み出すものだね。
とくにデザイン系は驚かされる。

つかあんたさ。自分でも分かってんだろ?
674に該当しなけりゃ、それがあんたにとって「ホンモノ」になるわけだよな?
と言うことは逆に受賞まで辿り着いた作品のなかで、目の覚める発想があれば
それがホンモノなんだろうし、無ければ同じように発想できているにも関わらず
あんたが料理できないカタワの天才ってだけ。

しかし凡人じゃクソみたいにひねり出しても、100のうち1つ2つがそれなりのもん。
鍛えりゃできると思ってる奴は幸せだってだけだよ。
とにかく山のようにひねり出すしかない。

676 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 16:55:50.55
この人が書いた小説はつまらなそうだね。
これだけ書いて、心にかかる言葉がひとつもない。

677 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 16:58:53.78
だからここにいる。
あんたがそうでないことを祈るよw

678 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:07:22.30
>>676
心にかかる言葉ってやつをくれ

679 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:11:12.55
結局、ワナビは形式とか論法に囚われすぎて、頭でっかちなんだと思う。
そういうものを素通りして、書きたいことを躊躇なく書いた人が受賞してるんでしょうね。
最終常連の下村さんとかげんたろう、四角い人なんかは、自分の作った法則に縛られすぎてるから、これでは受賞は無理とか選評をつけられる。
他が整ってるだけに、伸びしろのなさが浮き上がるっていうか。
ホント、小説って難しい。

680 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:12:09.24
お前はもう死んでいる

681 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:13:02.25
心に残る話だったのか、そりゃ確かに才能ないわ

682 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:15:50.56
>>681
違うだろうがw

683 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:20:13.18
必死こいて粘着するやつも答えるやつもきもちわるいですね

684 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:20:52.40
みんな孤独で寂しいのさ。

685 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:26:14.94
ちょ。真面目ってダメなん?
聞かれて答えてこの仕打ち。ひどい・・・

686 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:28:37.41
みんな素直さがないなぁ。

687 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 17:41:44.87
昔、小説講座に通ったことがあって、そこでの議論とここは似てると思った。
作家志望者がとにかく理屈っぽくて、ああ言えばこう言うで会話が成立しない。
小説指南書みたいなのを読みあさってるから、執筆関連の知識だけは感心するほどすごいんだ。
書く作品は杓子定規的で、構成だけガチガチに固めてる。
目新しいネタは入れてあるんだけど、なんか新鮮に見えないんだよね。
賞の最高記録がみんな二次通過ぐらいだったら、ほぼここと同じじゃね?

688 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:04:46.66
俺の書く物の斬新さをどうして下読みは理解してくれないのか?

と、ここで愚痴るしかないんだよな。

689 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:07:16.26
斬新じゃないからでしょうね。

690 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:19:47.69
どの賞もそうだけど、次も書ける人材かどうかは見ると思う。
しかし、遠藤さんは書けば書くほど質が落ちていく珍しい作家だ。

691 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:23:06.23
もう出した人いる?

692 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:25:41.99
乱歩賞の写真どうにかならないのかな、特に遠藤さん、可哀相だろ
あれ、本人選ぶの?勝手に選ばれるの?
あれがあるから、多少出すの迷う

693 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:27:59.83
心配はいらん。
受賞できないから。

694 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:29:11.78
覆面作家を名乗れば、写真は免除じゃね

695 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:33:19.00
>>690
というか、遠藤氏はもう次はないと思う。
消えた受賞者は他にも何人かいるけど彼もその一人だな。

それと、次も書けるかどうかというのは多少考慮するだろうが、
まったく考慮されていないと思える受賞者もいるね。

696 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:35:36.38
>>692
おれも似たような悩みを持っている。
今年は俺が受賞するんだが、写真が載ると、イケメンすぎて
男性ファッション誌からオファーが殺到するだろうし、
次の応募者が、気後れしてしまうんじゃないかと思って。

697 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:38:44.03
プリトリを本棚から抜いて、わざわざ写真を見てしまったではないか。
すごい寄りで驚いたぞ。

698 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:40:12.63
大丈夫。君以外の全員、審美眼狂ってるから気にも留めないと思うよ。

699 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:41:30.42
書けさえすれば、どこかから本は出してもらえるだろう。
腐っても乱歩賞作家だし。

700 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:42:29.45
>書けば書くほど落ちて行く珍しいタイプだ

普通はこれだと思うけどね。受賞した途端に、ワナビの時より真剣に小説読んで勉強し出すんじゃね。
いい作品はいっぱいあるし、多少の文章力があれば、そこそこまねできる。
でもそれは自分のスタイルとは違うから、なんかしっくりこない。受賞作の再現ができない。

なんでもそうだけどね。迷う人間は自分のスタイルを信じてなくて、常にスタイルを捜している。
受賞者1〜2割は自分を信じている、ってとこじゃないの。

701 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:44:46.12
写真も含めて伝統なんだろうね。
白黒でわざと古臭い感じにしてるし。
まあ、受賞さえできれば顔晒されるぐらいどうってことない。

702 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:46:35.77
ああ、そうか。俺も信じてない輩だな。
どんなスタイルも書けるぜって、ただの言い訳だよな。
本当は一本に絞るのが怖いだけ。

703 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:47:01.38
>>700
だから受賞一作目が重要なんで。
出版社もそこに重点をおくよ。

704 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:48:39.32
プリズントリックに対する面白い書評、見つけた。
一読してみては?
ttp://cinemacell.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-5c99.html

705 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:49:51.77
書き忘れ。
特に前半部分。

706 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:58:03.06
>>703
読者側のブランドイメージ視点ではなく?
そこまで考えてるのか。

707 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 18:58:35.28
>>699
そんなわけないでしょw
乱歩賞を過大評価しすぎ
後続作が売れなきゃ、簡単にポイだよ

708 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 19:00:12.84
じゃあなぜ遠藤は出せているのか。

709 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 19:02:30.01
>>704
読んだ。かなり好意的に見ているね。
それで、最後の一文。
>この作家がこの先どんな作品を書くのか楽しみです。

外れとしか言いようがない。
選考委員も反省して欲しいところだが、あの人たちは反省とかしないんだろうな。

710 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 19:04:11.89
ワナビは自作と比べて「自分の方がすげぇ」を探すが、
プロは「俺よりすげぇ」を探すと聞いたことあるなぁ

711 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 19:10:10.75
下読みは?

712 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 19:30:56.54
>>692
見たいな、その写真。

713 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 19:49:00.58
かなりぎょっとする写りだよ

714 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 19:54:31.71
ますます見たい!

715 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 20:22:39.73
>>704
おそらく、原稿の段階では、もっと悪かったはず
なのに、良く最終まで残ったな、と、疑問

716 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 20:30:35.37
これこそ、将来化けるかも…みたいな理屈なんじゃないのかね。

717 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 20:31:27.91
遠藤さんをずっとけなしてきたが、本格ミステリ好きには、プリトリは、微笑ましいんだよな
密室とか身元不明の死体とかでドキドキするんだわ
だが、冷静に考えて、ネタだけだと難しいんだな、書く技術がないと、と思った
ただ、本格に飢えている人が多いから、数年に一度はこんなの来たらいいよね

718 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 20:48:31.24
受賞作がその人にとっての奇跡の一作で、後は落ちるだけという人が多すぎだわ。

719 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 21:08:53.96
お前は一つの奇跡さえも起こせないけどな。

720 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 22:18:37.43
そういえば遠藤さんは乱歩賞とって、会社やめちゃったんだよね。
専業作家目指していたはず。
また、新しい仕事探さなきゃならないのは、あの年ではきついだろう。
売れないと今度は時代劇とか架空戦記に流れちゃうんだよね。

721 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 22:19:27.84
俺には他人の才能を見抜く才能がある(キリッ

722 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 22:25:14.84
>>708
実質、「出せてない」んだよ。本家である講談社からは
見捨てられている。699の言うのはある意味正しくて、
「腐っても乱歩賞作家だから、他から出してもらえている」
という状態だと思う。
最新作読んでないから分からないが、それらが売れなかったらもう
完全に終わりだよこの人。
今ためしにアマゾンのレビュー見たけど、最新作だけは高めの
レビューが一つあるが、これはおきまりの内部の人によるものでしょう。
その他のレビューはどれもひどいね。

723 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 22:33:10.94
遠藤さんは大川栄作
流しで生きていく

724 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 22:34:21.72
タンスを担ぐのは上手そうだ。
体力なら自信あるのでは?

725 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 22:39:10.34
>>723
それを言ったら大川栄作に失礼だ。

http://www.e-net.or.jp/user/stako/Entry/20090920.html
http://p.twipple.jp/rpIXD

726 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/15(火) 23:04:37.13
ひどい連中だ。
自分のキモ面棚にあげて、バカじゃねーの。

727 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 00:51:53.09
写真撮られるってだけで騒ぐんだ
察してやれよ

728 :704:2013/01/16(水) 01:09:17.80
>>709 >>715
とりあえず、レスありがとう。
しかし、紹介したかったのは、
>やりすぎちゃったらイカンやろ」〜そういうスタンスが好意的に受け入れられることがある
>「とにかく読者を驚かせてやるぞ」的な作品は読んでいてそれなりに面白い
こんな感じの部分。まぁブログの作者の主観かも知れないけど。

確かに、受賞者のその後は気になるところだけど、
江戸川乱歩賞を目指す人が集うスレなのだから、
どうして受賞作が他の作品を押さえることが出来たのかを、
主に見るべきなのではないでしょうか?

729 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 01:48:07.77
>>728
君の言うのが正論かもしれんよ。
でも、多くの人が選評を読んで、選考の理由を一応理解していると思うよ。
でも、納得はしていないんだろうな。
どういう作品を面白いと感じるかは人それぞれだからね。
魅力的な謎があっても、それをきれいに解決できなければ俺は面白いと思わない。
俺は自分が面白いと思うものしか書けないから、参考にもならん。

730 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 01:51:13.72
一番勉強になるのは、最終選考で落選となった諸作品を読むことなのだが。
それはどうしても不可能なのかな。

731 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 01:53:19.01
運の要素もあるから、受賞作も多少の出来不出来はあるだろう。
しかしプロを目指すなら運も実力の内。
ゴタゴタ言っても仕方がない。自分はベストを尽くすのみ。
それから、複数の賞に出すのも、その「運の要素を軽減する」一つの
試みとして良いと思う。今や江戸川乱歩賞だけが突出してる
ということはないのだから。

732 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 07:17:22.19
螺鈿迷宮も運が悪かったの?
あれが一次落ちはおかしくないか
あれよりくだらないつまらない作品が受賞してるように
思うんだがちがうかい?

733 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 07:48:50.44
螺鈿迷宮読んでないから、わからんが、海堂氏の書き方が、ライトノベルっぽいからじゃね?
好きだし、面白いと思うが

オンサイトとよろづは、選評見れば、何か策略が働いたんだな、とは思う

734 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 07:54:39.74
>>732
あ螺鈿迷宮読んでたわ。面白かったかなあ?つまらなくて走り読みした
バチスタは最高だったが。
海堂氏のは、なんだろ、やはり、漫画チックな書き方なんだよな、人物が

何冊か読んだが

735 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 09:45:45.17
螺鈿迷宮読んだが、一次落ちは納得できる。
かなり改稿して出版したようだが、それでも一次通過どまりの作品。

海堂の名前で読まれているだけ。
文庫二冊。このミステリーが買って損した大賞受賞。

736 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 09:55:56.32
螺鈿迷宮ってアマゾンの評価高いよね。

737 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 13:44:30.24
すみません、今来た者です。
歴代乱歩賞受賞作品で、これがいい、読んどけ、ってのあったら教えくだしあ

738 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 14:29:27.56
ここは傾向と対策に縛られない選考を目指しています。
ぶっちゃけ、選考委員の好み重視です。
選考委員の作品を読んだほうが安全です。

739 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 14:46:51.20
738の言うとおり。
応募作がかぶらないように、全作品のあらすじ程度は把握しといたほうがいい。

740 :737:2013/01/16(水) 14:48:48.16
>>738 >>739
おおぅ……ありがとうございます

741 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 16:28:22.11
歴代の受賞作ぐらい、全部読んどけよ。
読んで損することは無いし、どんな駄作でも得るところは有る。
平成以降の受賞作なら、大きな図書館にいけば大抵揃ってる。
古いものでも、アマゾンなんかでいくらでも入手できる。
口絵の著者近影を見るだけでも価値がある。

742 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 17:04:59.72
>>737
猿丸幻視行ははずせないな

743 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 17:32:47.74
受賞作はすべて購入する意気込みがないと駄目だな。
受賞すれば、全作品をコレクションしたくなるんだからさ。

歴代のハードカバー初版本は高値で売ってる。サイン本もあるよ。

744 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 18:06:42.00
俺は読めさえすれば良いから、ハードカバー、文庫に関係なく
集めて全部読んだ。が、本というのは本来読むための物。
コレクションには興味ないね。

745 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 18:22:28.63
受賞作は年3冊ぐらいしか読まないのに、
いつのまにか全作読んでしまったという
超ベテラン応募者が多いのが、このスレの特徴ですね。

746 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 20:20:09.52
螺鈿迷宮を一次で落とした下読みは始末されたの?
また今年もやってるなんてことないよね?

747 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 21:01:27.27
下読み互助組合の仲間が懸命にガードしているから、安泰ですよ。

748 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 22:02:53.82
で、もう出した奴いる…………?

749 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/16(水) 23:38:09.80
>>748
ごめん、ついさっき我慢できずに…
ドピュッ

750 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 00:34:31.29
中はダメ
口で頂いたわ、ごちそうさま

751 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 00:43:48.83
>>745
どの情報を整理したらそういう結論になるんだろう。
もしかして君自身がそうだから?

752 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 02:00:34.40
>>746
応募時はその程度の出来だったんじゃないの?
駄作を落として、その後改良されたのが上梓されたからといって
その都度下読みが戦犯扱いされたんじゃたまらない。

753 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 04:46:00.81
だけど逸した利益は物凄いだろ?
ここの主催者が組織に甚大な損害を与えて何の反省もない旧日本軍のような
集まりだったらいやだなあ、と…

754 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 06:14:47.55
いいネタを思いつかないので、金田一少年の事件簿でも読んでみようと思うんだけど、意味ない?

755 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 08:29:31.66
しかし、75歳芥川受賞者のワナビぶりはすごいな
ワナビの鏡といっていいんじゃないか

経歴やインタビュー記事などを見ると
ワナビの中のワナビ、そう「スーパーワナビ」だと思う

756 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 09:40:17.67
>>754
二階堂だか綾辻だかが
墓場島までは充分面白いとか言ってたから、いいんじゃないか
参考にしても

757 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 09:47:39.16
>>756
ありがとう。がんばります!

758 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 15:17:11.13
>>755
すげえな

759 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 21:38:34.15
『トゥエルブY.O』って、冷静に考えてミステリー(謎解き)要素がほとんどないよね。

実質的ヒロインの殺人マシーン少女リサちゃんは可愛いけど。


『蟻の木の下で』が一番後味悪かった。

全登場人物が奈落に突き落とされてエンド。

『高層の死角』
……真犯人が途中で判明し、刑事と犯人の知恵比べのストーリーに移行。
ただ、わざわざアリバイ工作する必要がないような犯罪(笑)

760 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 02:24:56.90
あー、もうすぐ締め切りだというのに300枚手前で足踏みだ。
プロットは完璧と思えるまで煮詰めたのだが、どうも筆が進まない
というか、集中力が続かない。心のどこかに、これがベストではない
という迷いがあるんだろうな……

761 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 06:14:03.44
ここに出す小説って、必ず人が死なないといけないんですか?

762 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 06:34:27.64
いいや、そんなことない

763 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 06:47:34.17
よかった。ありがとうございます!

764 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 11:32:14.53
>>760
少なくとも構想段階では、
「すっげえ、俺って天才!
 今度の乱歩賞はもらったぜ!」
くらいじゃないとね。

765 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 12:14:24.69
で、ドピュッ以外を出した奴いる?

766 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 15:27:33.68
>>765
数年前にこのミスを受賞した「さよならドビュッシー」の
ことかと思った。

767 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 22:19:55.78
>>766
あれは、タネは面白かったが、つまらんかったな
このミスは、乱歩賞に比べると、作品の質は、かなり下がると感じてしまう
ラノベテイストなんだよな

読み手としては、乱歩賞作家の方が確実に安心して読める

768 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 23:04:45.36
梗概が苦手なんだよなあ。こいつが終わればすぐにでも出したい

769 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/18(金) 23:52:12.68
>>767
それは偏見が過ぎるとおもう。ドビュッシーは
本格物という観点でいうとかなりレベルは高いよ。
ただ、冒頭から事件が起きるまでが少し長くて退屈かな。
欠点はそれだけだと思う。

770 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 00:31:30.78
>>768
わかるわかる。

771 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 00:51:31.19
なにレベルの低い話してんだよ。普通にそこそこの小説が書ける人なら、梗概なんて
30分もかからないでベストのが書けるだろ。
オチを書くかどうかで悩んでいるなら、「以後、真相に言及します」と一文を挟んでから
オチを書けばよい。審査員だってオチが分かってるミステリなんて読みたくないからね。

772 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 00:54:57.73
ちなみにおれはそうして書いた真相部分には大きなポストイットを
貼ってから応募している。下読みとかは速読が出来る人がいるから、上記の
注意書きがあっても一気に読んでしまうことがあるからね。

773 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 01:13:07.34
さすがに何度も何度も応募しているベテランさんは違いますなぁw

774 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 04:37:08.80
ていうかよく何作も推理ものかけますね。みんな頭いいんだなぁ……ウラヤマシイ

775 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 05:30:49.58
いや、まともな推理物があまり応募されていないんじゃないかな。
だから、最終残りに冒険物が多くなってしまうんだろ。

776 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 07:34:01.13
752 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/17(木) 02:00:34.40
>>746
応募時はその程度の出来だったんじゃないの?
駄作を落として、その後改良されたのが上梓されたからといって
その都度下読みが戦犯扱いされたんじゃたまらない。

↑下読みは気楽でいいなあ

777 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 07:42:48.69
下読みは下読みっていう身分から上がることがないから八割くらいヤケなんじゃないの

778 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 08:35:54.93
776はきっとモンスタークレーマーになるような人種だろうな

779 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 08:38:07.90
778 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 08:35:54.93
776はきっとモンスタークレーマーになるような人種だろうな

↑下読みは気楽でいいなあ  その程度の発想しかないんだろな

780 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 09:16:00.20
やっぱモンスタークレーマーだわ 図星

781 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 09:25:42.44
女って粘着質だな
ネチネチと気持ち悪い

782 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 09:39:06.29
リーマン応募者はこの土日が勝負かもしれん

783 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 11:15:02.13
推敲後の直しで、「詠太」は威力を発揮するなあ
ライバルに薦めたくないが、つぶやいてみる

784 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 11:25:55.09
次の一太郎では、詠太ってバージョンアップしてくるのかな?

785 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 12:02:59.02
どうだろうか?
あまり不便に感じないが、もう少し読みが正確だといいというくらい
でも、企業として売り上げが絡む以上、アピール用の改良はありそう
もう少し流暢に読むとか、話者が増えるとか 
推敲の道具として、そう劇的な進歩はなさそうだけど

786 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 12:07:12.60
詠太持ってるけど使ったことないわ(´・ω・)y━~

787 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 12:41:31.45
作者本人だとついつい見逃してしまうタイプミスとか、
詠太だとたいてい不自然に発音するからチェックには便利みたいだね。

788 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 12:54:22.93
探偵役の主人公が超能力者で速攻で犯人とかからくりを見抜いたりするというのはNG?

789 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 14:11:13.03
NGじゃないが、おもしろくないと思うよ

あと詠太はタイプミスの発見にしか使えない
そんなの推敲の作業の一部

790 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 16:09:27.57
おもしろくないですよねぇ……。どもです

791 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 18:52:00.01
>>790
こういうのは、どうだろう。
1.探偵が見抜けても、証拠がない。
2.逆に犯罪者側が主人公。神のような探偵をいかに出し抜くか?

いずれにしても、乱歩賞向きじゃない気がする。既視感もある。

792 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 19:00:58.57
>>790
ありがとうです。結構いい!と思ったんですが。乱歩賞向きじゃないんですね……。どないしょ

793 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 19:01:40.35
間違えた。>>792 は >>791あてですたごめんなさい

794 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/19(土) 21:32:35.81
詩の劣等生が小説家になるらしい。

795 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 01:32:37.93
散文のミステリーも、思い白いかも知れない。
ところで、散文のミステリーって、何かあった?

796 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 02:02:53.19
なんて格好悪い失策だろう。
散文と韻文を間違えていた。

797 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 16:17:48.38
101歳の詩人、柴田トヨさんが死去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130120-00000518-san-cul

798 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 22:30:52.14
もうすぐ締め切り
みなさんはいかがお過ごしですか?

ことしは謎解きものが受賞すると思いますよ

ここ数年の選評を見ても、「お仕事もの」や「内暴もの」「蘊蓄もの」が欲っせられてないことがわかるでしょ
「冒険もの」や「海外もの」そして「新聞記者もの」も同じです

既存作を上回るものがあればいいですが、大抵は既視感がただよい、突き破るものがないんです

「謎解きもの」、ここに主眼をおいて、応募作をいまいちど見直してほしいものです
謎を解くという意味をもう一度、よく考えてみれば受賞に近づくと思います

799 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 23:44:22.53
>>798
君の言っていることは正しいかもしれんが、
それは去年の選評が出た段階で考えるべきことだな。
今頃言っても遅いわ。
というか、君は自分では書いていないのか?
他人にアドバイスめいたことを言って、悦に入っているだけか?

800 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/20(日) 23:53:02.79
「〜もの」だから受かりました「〜もの」だから落ちましたとかないから
いろんな「もの」が来て面白い順にならべて1位が受賞してるだけ

「ほーらやっぱ謎解きだった」とか「また冒険かよ、賞の性格かわっちゃったね」とか
「うわあ分析が間違った、俺はXXX物書いちゃったよ、どうりで1次落ちトホホ」
とか一生やってれば良いよ、落ちた理由は実際はつまらなかっただけなんだけど
少なくとも自尊心は守れる

801 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 01:38:25.55
そう言ってしまえば、その通りだが、それでは身も蓋もない。
「適応機制」という言葉を思い出した。
「出版社の陰謀」とか「した読みはカス」とか、
言い出すより人より数段まし。

802 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 01:53:40.61
受賞作より自作の方が面白いと感じた人
→ほとんど勘違い野郎だが、そのうち運がめぐってくると信じて書き続ける。

受賞作が自作より面白いと感じた人
→自分を客観視できる人であり、自分には才能がないと悟り、さっさとあきらめる。

どっちが幸せかはわからんけどね。

803 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 03:57:44.00
大抵は既視感がただよい、突き破るものがないんです

螺鈿迷宮なんか俺が下読みならタイトルだけで通すけどな
どこに問題があったのかな?

804 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 05:06:13.40
新人賞のシステムに過大な期待してはいけない。
下読みの好みはいろいろなんだから、
良作が一次で落とされることなんて、
普通にあると思っていたほうがいいよ。

書き続ければいつかはデビューできると信じるしかない。

805 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 08:51:10.59
最低でも75歳までは書き続けるべきだろう
むしろ、賞に応募しないほうがいいものが書けるらしい

806 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 12:19:31.23
応募要項に、原稿の右肩を閉じるってあるけど、クリップで閉じればいいのかな?

807 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 14:26:41.73
いやダメだ。ヒモで綴じろと言われた。
おれ自身がヒモなんだけど、どうやっておれで綴じるんだ?

808 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/21(月) 14:30:26.07
>>807
なかなか面白いことをおっしゃる( ^ω^)

809 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 09:53:42.98
締め切りを二、三日延ばす方法を考えた。
定形外郵便で、わざと切手を少なくして30日に投函する。もちろん窓口
じゃなくてポストに。
遅くとも31日の消印は押されるが、料金不足で返ってくる。
その封筒を開いて出来上がった原稿を入れて、不足分の切手を貼ってから
再度投函する。
最初の切手には消印が押されているから「消印有効」となる。
ダメか?

810 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 10:36:38.22
>>809
新しく貼った切手の消印はいつの日付になる?

811 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 12:28:07.26
実際にやってみればわかる
そんな小細工をしている暇があれば死ぬ気で書いて時間外窓口に特攻した方が早い
アタマの中だけで考えた、リアリティのないトリックだよ
理系的な

812 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 12:32:08.30
ネタにマジレスかよw

813 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 12:41:08.80
>>810
2月3日くらいの消印でも、最初に出したのは31日の消印
だから、受け付けられるのでは? 少なくとも、ちゃんと規定通り
に出して、「わずかな過失で」返送されたわけだから。
そのためにも、重量はわずかな超過になるようにした方が良いかな。
と「マジレス」してみる。

814 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 12:54:32.20
ポストまで二往復して、封入作業も二回
わざわざ穴をあけて紐で綴じる作業もやりなおし(あ、これは1回目はしなくてもいいか)
おまけに開封作業も加わる
しかも定形外郵便って、今ならレターパックだろ
最近は乱歩賞クラスの枚数を納められる定形外用封筒って珍しい
どう考えても無駄過ぎる

815 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 13:40:53.87
>>813
なるほど。
消印はふたつとあるということですね。
ということは、最終判断は「神のみぞ知る」という不確定要素を含んだ計画ということですね。
完全犯罪(犯罪とはいえませんが)ではないので、作品として見た場合、ご都合主義ととられる可能性あり。
と「マジレス」してみる。

816 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 13:56:04.23
ていうか書けよお前ら

817 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 15:12:12.60
スケールがPCP並だな

818 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 16:01:30.74
PCPっていろいろな意味があるが、もしかしてバクマンのやつ?

819 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 16:03:15.87
ヒント:完全犯罪

820 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 17:40:16.79
何度も訊いているのだが……

で、出した奴はおるんか?

821 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:17:25.01
そんなことが気になる?
2月1日になって聞けばいくらでもいるよ。

822 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 18:26:09.81
こういう場合、えてして820自身が出していなかったりするんだよな

823 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 19:26:22.61
ごめん、間違った。

正) こういう場合、えてして820自身が出していたりするんだよな

824 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 21:10:55.53
こういう場合、822自身が案外820の自演だったりするんだよな。

825 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 22:25:45.05
で、こういう場合どうせ824も同じやつなんだろ


え? 825はどうなのかって? 聞くなよww

826 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/22(火) 22:40:09.05
809のトリックをマジで実践してみようかな?
今回はどのみち取っかかりが遅かったし、一次は通ったとしても
それ以上は行かないと思うから、ものは試しで。
締め切りまでに推敲終える自信もないしね。

827 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 01:35:19.46
さて、やっとプロットが完成した。明日から一気に書く。

828 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 02:07:40.86
毎年恒例の……

今日は何十枚書いたとか、報告しないでね。

829 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 02:20:46.08
饅頭怖い

830 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 11:24:17.35
>>828
しないよ。「今日は百何十枚書いた」と報告する。

831 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 13:15:22.24
あと一週間くらいですか

832 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 19:10:55.04
ねえ、穴ってどうやって開けるの?

まだそこまで行ってないけど。

833 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 19:50:36.29
>>832
アマゾンで「1穴パンチ」で検索かけると幸せになれるかも

834 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 20:18:36.07
2穴でも開けられると思うんだが・・・

835 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 20:26:05.88
確かに二穴でもあけられるけれど、一穴は一穴で特化してるなりのことはあるよ。

836 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 20:39:11.43
片方ばっか使ってると
なんか片方だけ切れ味の悪い2穴パンチになるよな

837 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 21:05:32.05
な〜んか、スレじゃなく板的に一人、面白い視点の奴がいるなぁ。

838 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 21:47:02.30
>>827
今年は君か。数年前は俺が似たようなことを書いた記憶があるが、
数日早かったと思う。さすがに今日からでは俺は無理だ。
俺は今年はパスかな。プロットの良いのが出来なかった。まだ
引き続き練っているけどね。この分だと完成はこのミスくらい
の時期になりそうだ。ネタじゃなかったら頑張ってくれ。

839 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 22:10:10.08
>>838
ありがとうネタじゃない。がんばるよ。
ただ、君の言葉が理解できなくて戸惑ってる。

840 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/23(水) 23:51:01.31
その程度の言葉が理解できなくてよく小説が書けるね。
こんなとこ来てないでどんどん書かないと間にあわないよ。

841 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 02:09:36.22
わーん書き終わったけど、30×40にすると195枚あるよおおおお
要綱みたら超過失格って下線引かれてるから死ぬ気で削らなければ

842 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 03:51:19.49
乱歩賞までに間に合わない場合、1ヶ月後の2月28日締切『第4回講談社・TBSドラマ原作大賞』という手もある。

大賞作品は乱歩賞と同じく講談社から書籍化。ドラマ化確約。

枚数も乱歩賞とほぼ同じ位だったはず。
ただ、今年は「女性キャラが活躍する広義のミステリー」という募集要項があるが。

まあ参考までに。

843 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 03:55:09.43
いろんな賞があるんだねぇ……(・ω・`)

844 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 03:57:59.52
>>841
あなたの場合、超過分は5%ですから、
頁当たり(30字x40行として)、平均2行ずつ
削るつもりでやればいいのです。
がんばってください。

845 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 06:19:50.60
>>844
ありがとう
400字換算だと約520枚分だったから、185枚制限に引っかかるとは思わなかった
頑張って削る

846 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 06:34:55.41
>>842
こんな賞があるのを初めて知ったわ。
昔、乱歩一次落ち、メフィスト一行切りだったのを使いまわしたら、ばれるかな?

847 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 08:13:42.42
あきらめて新しいの書けよw

848 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 08:14:02.43
高確率でばれないだろうけど
両方1次落ちなら無駄じゃね

849 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 08:38:54.94
>>847-848
構ってくれてあんがと!
今書いている、乱歩用の新作はもう間に合わんし、このミス狙いになりそう。
で、旧作で女性物という点でぴったりのがあるんだ。
どうせダメでも、発表待ちという少しは幸せな期間を過ごしたいわ。

850 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 09:36:06.80
大方の流れはできてるんだけど、全然ミステリじゃない……(;・∀・)

851 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 10:17:29.01
おれもw なので小説現代のほうに出しちゃったw 

852 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 11:58:27.32
レーザープリンタなんだけど、一気に印刷すると紙が揃わなくて大変
静電気もあるのか、とんとん机のうえでやっても全然揃わない
一枚一枚はがすようにして並べ替えるの大変なんですが、これって紙のせいですか?仕方ないのかな

853 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 13:30:19.51
>>852
おれも原稿に限らずレーザープリンタをよく使うが、
確かに揃えにくい。でも、何度かトントンとやればちゃんと
揃うけどな。どこのメーカーのプリンタ?

854 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 13:36:10.24
>>853
ブラザーです。コピー用紙使ってます。
何度トントンしても揃わないんですよね……(・ω・`)

855 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 13:36:19.63
うちはそんなことない 紙はホムセンの200円くらいの安いやつ
加湿器でも買ったら? やかんでお湯沸かすとか

856 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 13:43:13.95
>>842
そんなのがあったんだ。間に合いそうにないからそっちに出そうかな。
ただ、おれのは女性が主人公じゃない。但し、準主役クラスに、
女子高生、モデル、オカマと3人がいて大活躍する。
ちょっと厳しいかな?

857 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 13:47:55.46
>>854
853だけど、おれもブラザーの2040って機種だよ。
上下を逆にしてトントンし、少し揃ったら、束ねた端をもって
全体を反らし、逆の端を持って逆に反らす、という動きをすると、
全体が斜めに揃ってくる。それからまたトントンやれば
割と短時間で揃うけどな。それと、乾燥はあまり関係ないと思う。
むしろ、ちょっと前のレーザーコピー機なんかは紙の保管庫を
加熱して乾燥させていたくらいだから。

858 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:16:50.83
紙の保存時の乾燥ではなく
なかで印刷してるときに発生するのを、大気中に逃すための加湿
保存場所を加湿はしけるからだめだよ

ネットで見ると出てくるところにアルミ箔でも貼ってアースに落とせよ
ってのがよくあるワザみたいだね

859 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 14:24:48.11
>>855 >>858
加湿ですね。試してみます。アルミ箔とはまたすごい技ですね……

>>857
次に大量印刷する時、そのトントン試してみます!


みなさんありがとうございます!

860 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 15:06:29.31
紙の揃え方とか綴じ方とか、そういうのはわざわざここで話すようなことかな。

861 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 16:18:17.69
他スレ住民だけどそのアルミ箔で静電気を逃がすというのは凄いな
さっそく試してみるよ、ありがとう

862 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 17:06:52.25
>>860
話題の一つも提供して

863 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 17:51:01.99
遅いかも知れないが、
紙の間へ息を吹きかけながらそろえると、
だんだんと静電気がすくなくなって、そろえやすくなる。

864 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 17:54:29.22
>>863
ありがとです!φ(._.)メモメモ

865 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 18:10:15.46
文具やでゴムマットみたいなの売ってた気がする
そこに置くと静電気が消えるやつ、車のキーにつけるやつの親戚みたいなかんじ

866 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 18:28:44.56
なんにもしなくても普通に揃うでしょ。

867 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 18:36:52.76
ベビーパウダーをふりかけると良い。

868 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 19:27:07.85
下読みが原稿をめくる。気がつくと服にはベビーパウダーが散って真っ白。
さて下読みは平静に評価することができるだろうか。俺にはできない。

869 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 19:37:06.36
>>868
どっちかっていうと>>863のが嫌だな
この原稿、にんにく臭い・・・とかさw

870 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 19:56:28.32
風の中をポニーテールを揺らしながら
君が走る僕が走る砂の上

871 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 20:14:30.72
>>870
小学生の女の子を変質者870が追いかけているイメージ

872 :860:2013/01/24(木) 20:48:59.28
>>862
テロリストのパラソルって名作らしいがおかしいところだらけだよな

こんなんで良い?

873 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 21:02:57.71
ええい、伊織先生の悪口を言うな
もうお亡くなりになられたんだ

874 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 21:31:33.16
「死者をむち打て」が好きなもんで。
鮎川ファンなんで。

875 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 21:37:00.22
>>871
870は869の「にんにく臭い」からヒントを得て、
「臭い」文章を書いただけでしょる

876 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/24(木) 23:11:01.81
でしょる・・・

877 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 08:14:13.64
カナ入力特有のミスだな

878 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 08:16:19.04
>>856 >>842の要項に付け加えると、講談社ドラマ原作大賞ミステリーは、主役キャラでなくても、準主役が女性なら良いと明記してあった。

賞金額は芥川賞や直木賞なんかと同じく100万円。
実は、乱歩賞よりも応募総数が多いらしい。

講談社からの単行本化という点からも、話題作が出ればそれこそ『テロパラ』みたいに、後に直木賞受賞も夢ではない?

879 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 08:42:04.03
藤原伊織は東大卒で純文学の「すばる文学賞」受賞のほか、いくつもの公募新人賞の最終候補実績のある超実力派だからな
乱歩賞も文章力ではやはり別格だった
合掌

880 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 08:58:52.56
かな入力してる強者がいるんだ……すごいね。そっちの方が効率は良さそげ

881 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 09:27:25.13
効率はローマ字入力が上だよ
使用するキーが少なくてすむから
カナ入力のメリットは言葉の感覚が手書きと変わらないこと
「鉄板」を「teppann」じゃなくて「てっぱん」と入力できる
手書きからシフトしても割合と違和感がない
但し使用キーはほぼ倍で、句読点と濁点、半濁点はちょい面倒かな

882 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 09:59:24.59
親指シフトはどうなんだろう?

883 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 10:32:36.15
まだあるのけ? fujitu機種?

884 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 11:12:32.66
fujiでも出してるみたいだけれど、サードパーティからも出てるみたいね、対応キーボード

885 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 12:25:39.07
>>879
でも、逆に言えば、あの文章力をもってしても、あの歳まで芽が出なかったとも言えるわけで
やっぱり、ストーリー構成力に難があったからな
純文学作家であっても、ミステリー作家じゃなかった
長編書かせたらすぐグダグダするからな

886 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 12:38:41.19
>>881
カナ、数字、アルファベットとか、いろいろな用途に
応えやすいという意味ではローマ字は便利。ただし、
スピードでは明らかにカナ入力が速い。
プロのキーパンチャーでローマ字入力をしている人なんて
いないことからも明らか。
ただしキーパンチャーはカナ入力+連想入力とか、純粋
なカナ入力とは少し違うらしいが。

887 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 12:41:51.57
>>885
あの年まで芽が出なかったというより、兼業作家だったから余暇で書いててそうなっただけでは?

888 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 12:42:37.82
親指シフトは少数ながらいまだに熱烈な支持者がいるね。
おれもやったことがあるが、あれはそれなりの習熟が要る。
自然な打ち方が出来るとかいうが、カナ入力よりも便利とは
言い難い。指の動く範囲がローマ字並に小さくて済むという
以外に特にメリットはないと感じた。
キー入力のスピードを競う大会などでも決して好成績を上げて
いない。俺は少しやって止めたが、完全に習熟するとまた
メリットが見えてくるのかもしれないが。

889 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 12:59:02.80
藤原伊織は泣く子も黙る電通の社員だったからな
しかも毎晩、月収が半荘で吹っ飛ぶ違法レートの麻雀に明け暮れていたそうだ
破産寸前のところで手を引いて書き上げたのがあの「ダックスフントのワープ」
すばる文学賞受賞作だ

890 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 13:08:37.32
そういう生活していたから早死にしたんだね。

891 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 13:16:07.36
そういう生活したら食道癌になるのん?

892 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 13:44:39.18
まさに無頼派
毎日ヤクザ相手に博打を続けるなんざ並の気合いじゃねーな

893 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 13:47:58.83
作家の身の上話を信じる人もいるんだな。

894 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 13:55:28.77
>>893
さすがにヤクザ(893)さんは言うことが違いますなぁw

895 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 18:57:38.80
乱歩賞の賞金一千万円が、右から左に
借金の返済で消えたのは事実なんだろ

896 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 19:37:10.61
俺、個人的に伊織先生の最高傑作は、テロパラじゃなくって、雪が降るに収録されている『トマト』だと思う
10ページ程度の短編で、立ち読みでも読了できるから、みんな読んでみて

元人魚だと名乗る女の子(まんま性格は塔子ちゃん)に逆ナンパされて、バーでトマトを食べるという
だけの話なんだけど、これを読んだら伊織先生は純文学の人なんだなって思うよ

もともと、伊織先生は作風はハードボイルドじゃないよ
一人称は「俺」よりも、「僕」が似合う、綺麗で優しい文章を書く
テロパラはたまたまハードボイルドっぽく書いたら、思った以上に高評価されちゃったって言うだけでしょ

897 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 22:41:55.30
俺も奨学金とローンで消えるな・・・

898 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 22:44:33.29
文体は腐った北方謙三で団塊世代のマスターベーションって言う人もいたけどな

899 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 23:04:53.07
皆さん、そろそろ締切ですね。印刷は終わりましたか。

ところで、縦書きで出される人は、印刷どうしてます?
両面印刷にしてますか? それとも片面印刷?

900 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 23:20:34.24
両面はありえないだろ

901 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 23:22:41.88
>>896
おれは短編の「台風」が良いと思った。
純文学とは違うけど。
受賞第一作の短編は犬も食わない駄作だったけどね。

902 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/25(金) 23:27:14.76
>>899
900氏の言うように文芸作品の場合、両面はないですね、普通。
というのは、特に読みにくくはないですが、
最終に残った場合、原稿を5部くらいコピーします。
その際に両面だとやりにくいからです。
一方、これがオーケストラや吹奏楽などの作曲公募だと、
スコアを両面印刷した方が良いと言われています。

903 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 02:54:43.07
今日は126枚書きました。

904 :899:2013/01/26(土) 06:10:00.92
ありがとうございます。

今日印刷するつもりなんですが、片面にします。

905 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 09:40:59.94
おれはカナ入力派だけど、文芸作品を書く人にはカナ入力をお勧めしたい。
なにより、入力するときに自然だし、やはり速い。
たくさんの文章を打ち込む人にとっては、それは代え難いメリット。
ローマ字入力で特に問題ないなら無理にとは言わないが、
一度カナ入力に習熟すると、もうローマ字はかったるくて
戻る気になれない。キーの数が多いと言うが、普通にタッチタイピングで
届く範囲だからまったく問題ないよ。濁点がたくさん続くと面倒なのは
確かだが、それでもローマ字より打鍵数が多くなることはないるw

906 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 09:53:26.01
https://twitter.com/komorikentarou/statuses/179916352948154368

これを見ると、親指シフト最速の様子。

907 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 15:02:40.30
まあ、最速でも別にかまわないが、ハードソフト共に
衰退している現在、新たに採用するメリットはない。

908 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 16:04:58.03
>>907
二階堂禿人乙!

909 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 17:25:17.19
親指シフト。
いまやフリーのソフトがWin、Macいずれでもあるし、
キーボードもスペースパーの短めのものならそのまま使える。
ある意味では、昔ほど親指シフト用に金をかけなくても良くなっている。

なんといっても打鍵数がローマ字打ちの約半分だから、指が楽で静か。
そういう物理的メリット以上に感じるのは、思考を日本語にして表すとき、
アルファベットを介さなくていい、という気持ちよさかな。
入力するときの自然さ、という意味では905の人の体感と同じだと思う。

おれ、親指シフトに変えて三年だけど、生産性1.5倍はあがったと実感。
腱鞘炎寸前の指の疲れも一切なくなった。

910 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/26(土) 18:06:28.29
おれ受賞作が出る八月の時点で24歳2ヶ月だから受賞したら史上最年少?

911 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 13:29:29.10
才能のない連中がせっせと駄作を書き綴っててウケるw
せいぜい時間を無駄にしてくださいな

912 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 13:35:02.35
老人受けしかしない時代小説書いてる連中よりは全然まし

913 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 13:44:44.78
宮部とか赤川次郎とか沖丁とか時代物書いてるけどあれって別に老人向けじゃないだろ
老人向けの時代作家でも、若者がゼロってことはないわけだし
そもそも老人も読むんだからさ

無駄はどっち?っていうなら
自分と1次審査の下読みしか読まないような駄作書いてるほうが無駄だろ、やっぱし

でもさ無駄があってこその人生だぜ
>>911はロボットのように、せいぜい役に立つことばかりの人生を送ればいさ

914 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 14:39:24.11
昨日から書き始めた。いや、マジで。
1日100枚ペースで書けば30日には完成するかな。
31日に推敲ってかチェックして発送。
だが昨日は96枚しか書けなかった。

915 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 16:08:04.79
185枚まで削れたよ、480枚になったわw
185枚で550枚上限まで書けてる人って改行しないの?

916 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 17:12:56.18
185枚で550枚分書ける人はほとんどいないのでは?
たしかに、改行がかなり少なければ、理論上は550枚以上
書けるわけだが。

917 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 21:11:11.23
914はマジでネタだよね?

918 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 21:19:49.10
今日入れて5日あるから余裕っちゃあ余裕だろうなぁ。仕事してないならね。

919 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 21:36:05.99
無職にまともな小説が書けるわけない
社会や人間を描くのが小説だからな

920 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 21:51:31.66
おれは一時間に15〜18枚ぐらいは書ける
だから一日100枚ぐらいは余裕だな
ちょっと速すぎるかw

921 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 21:53:27.69
無職にも色々いるわけで、十把一絡げにして先入観を持つ頭の固い男の人って……。

922 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/27(日) 23:50:28.84
2chでスレ立てしてる人が中の人だとわかってる
なんでわかるかというと守秘義務がどーたらこーたら

923 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 00:34:54.02
>>921
無職女きもっ

924 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 00:36:16.89
仕事しないで小説ばっかシコシコ書いてるって相当キモイだろ…

925 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 15:48:23.54
だが、そういうものになりたいでござる

926 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 16:37:01.96
無職にまともな小説が書けるわけない
社会や人間を描くのが小説だからな

927 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 17:38:45.49
殺人を犯したことがある、又は殺人事件を捜査したことがある奴らにしか、
殺人事件が起こるまともなミステリー小説は書けないと言っているのと同義で、
下らん理屈だ。

928 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 17:48:02.86
ちょっと違うのはさ
殺人とか捜査は普通読者も知らんのよ
つまりね、まともな殺人事件を書けていなくても読者もしらんからOKなのね
だいたいまともな殺人事件や捜査はそんなに読んで面白くなかったりする
でも社会とかは読者も知ってて普通じゃん
そこがまともに書けてないと、その上でおこる殺人事件もうそくさく見えるじゃん

929 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 18:09:41.98
なにかで読んだなソレ。
みんなが経験してる事を未経験者が書くと悲惨な結果にw
童貞や素人童貞のエロ描写が匂うのと同じだな。
逆に経験していない者には、リアルに見せることは容易になる。

930 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 19:14:04.68
あのー、皆さんは、社会の(何を)もって、社会を知ってるとのたまっているわけ?
「だからー、勤め人として(あるいは自営で)一般的なことだよ」、「常識的なことだよ」とかの抽象論じゃなくて。
どんな仕事をしてようが、この世のすべての仕事の詳細なんか知らないでしょう?
それに、どんな職業や業界を扱った名作と言われる作品でも、本職の人が見れば(あるいは無関係の職の人も)
違和感を覚える場合はあるはずです。やはり、作品は、作品ごとの全体としての評価が下されるわけだから、
この議論は意味がないな。

あと928さん、情報社会の今、殺人事件の捜査の詳細は、かなりのところまで広く開陳されています。
ミステリーをお書きになるのなら、御承知のはずです。殺人については、いわずもがなで、公判記録があります。
ゆえに、殺人とか捜査は読者も(知らんのよ)とは言えません。(体験していない)なら、まあ、ぎりぎりで納得しますが。

931 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 19:21:18.26
別に無職とか関係ないでしょ。
生まれてこの方ずっと無職ってんなら
ちょっと問題あるかもしれんけど。

932 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 19:35:43.48
>殺人事件の捜査の詳細は、かなりのところまで広く開陳されています。

なあ、そういうことじゃなくてさ
でも大学行ったり、会社入ると、あるいは田舎から東京へ出たりすると
文章や写真、映像ではわからなかったなにかがあるじゃん
そこにいる人に取って普通であえて書きもしなかったことね
そういう空気みたいなもの吸ってないと
「何だかわからないけど、何かこいつ知らないこと書いてるよ臭」がするじゃん
露骨に間違ってるときもあるけど「間違ってはいない、でも何か違和感」みたいなこととかね
>>929さんとかが言う童貞臭っていうのもそう言うことだと思う

>この世のすべての仕事の詳細
やってない仕事ばかりだけど、Aだけでも知ってればこういうところはBもそうなんだろうなとか
Cはそこが違うところがCらしいなとかあるじゃん
もちろんプロの作品で専門家がみれば嘘っぱちだとかあるかもしれない
だからって言って読者のほとんどを占める社会を知ってる人に嘘っぱちだと思われてもいいのよ
って結論はまずいって

933 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 19:38:53.56
あるいはこれはあなたのいう抽象論であるかもしれない
だけど、その抽象を皮膚感覚で「はいはい、わかるわかる、具体的に言えないけどわかる」
ってのが普通じゃね、っていうか作家に取ってかなり大事な事じゃね

無職でも文献だけでリアリティを構築できる人がいるのは確かだと思う
でも、一般論としてあるいはそういう天才であっても「社会知ってた方が有利だよな」ってのはあると思う

934 :929:2013/01/28(月) 20:17:24.89
>>932
そうそうまさにそれ。実体験に培った視点と、調査による視点は違うね。
体験者のインタビューでカバーできる部分で構築するなら、まあ、匂いも薄れるだろうけどさ。
>>930の考え方で済むならAV研究しただけで、達人とか思ってるイタい男と変わらんw
そういう奴は、女が影で笑ってるか生あたたかく流されてる。
女性のエロ雑誌の投稿見てみ。そういう勘違い野郎の多さに驚くよ。
俺も嫁さん言っちゃって借りた雑誌読んで赤面したわ。
ネットや書籍だけで十分と思ってる奴は、大抵余計なとこまで書いて墓穴掘るね。

935 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:26:31.65
過去の受賞作で、これは無職には書けん、と思う作品がどれだけあるのかね?

936 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:32:11.04
もうここでのやり取りからして視点の相違が明らかなんだが・・・
社会経験者の「社会経験はあった方が良い」という言葉が、理解できない時点でアウトだし、
必死に無職でもと言い続けてる「臭さ」に気づいていない。

937 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:34:56.46
どれも才能有る無職なら書けるんじゃね
書けないものはゼロでしょ
(っていうか何か例をあげさせて、いいや書けるって方向に話持っていきたいんだろうけど)

でも、そういうことじゃないって言ってるじゃん
無職は絶対に社会を書けないわけでもなければ、社会人をやれば皆社会を書けるわけでもない
そんな白か黒じゃない、絶対な条件じゃない

それでもでも「社会知らないと書けないってあるよなぁ」ってグレーな位置の話
一般論とか傾向の話じゃん
わからんかね? ならしょうがない

938 :899:2013/01/28(月) 20:38:02.87
↑「プリズン・トリック」なんかそうでしょう。

作者は損害保険会社勤務で、交通刑務所について詳しかった。

ご承知の通り、選評でも評価は非常に高かった作品です。
この仕事についてなかったら、この内容では書けなかったはず。

939 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:42:08.92
>>935
もちろん無職でも書ける内容はあるさ。
ただ臭さが目立たないかスルーできるレベルだからね。
ここで「無職でも〜」と必死に自己弁護してるやつはムリ。
その無職臭に気づいてないし、気づいてないから隠せない。

940 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:42:28.09
プリゾンは作者の顔が決め手だがな

941 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:46:34.57
あれだよ

受験するのに学校の授業で教科書だけで充分ですか?
予備校や塾行ったほうがいいよ、参考書も買おうよ
ほう、塾行かないで教科書だけで勉強の者で合格者無しの大学があるのかね?
い、いや無いけどさ、そういうことじゃなくて……
ほらみろw すべての問題がのってる参考書があるのかね?
ないよ、でも問題集やればわかることってあるじゃん
それは教師には無理かね? 頭の良い生徒なら教科書読めばわかるんじゃないかね
まあ、そうだと思うけど
ほらみろwww 塾も参考書もイラン、教科書で充分
(……あくまで社会経験はあったほうが「良い」って話なんだけどなぁ)

942 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:46:52.48
932,933さんへ。

途中までのあなたのお話は、多くの矛盾を孕む、ご自身で「抽象論かも知れないけどさあ」とエクスキューズした通り、
自らの書き込みに都合のいい観念論でしたが、933の最後の二行は正鵠を射ています。

最初から、933のラスト二行だけならば、「正にその通りだ」と、何も異論はございません。
933のラスト二行が、FAです。(ただ一点、「社会」というこの場合は曖昧な言葉より、例えばはっきりと「会社勤め」とかの方が
良い気がします)

最後は、口語や俗語でなく、丁寧な言葉でお別れしましょう。みなさま、おやすみなさい。

943 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:53:22.87
明日読むときにそなえて、「おはよう!」

いや大学生活とか海外とかさ町内会とかさ
会社勤めだけではなく「社会」を知っておいたほうが多分いいぜ
子供作れば子供を通じて忘れていた、あるいは最近の子供社会の事もわかる
無職であることに対して出された例だから会社勤めの話が多いけどね

944 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 20:59:55.30
>>942
ん、まあ、おやすみ
自壊をまねく頑張りやら、萎縮する客観性は要らないと思うよ
不必要な自己や他者の追いつめは害になるだけだからさ
まあ、のんびり柔軟に行こう! 良い夢を

945 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:02:05.85
知らないって言えることは大事

946 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:08:44.50
人生では、な
小説に「この辺適当、実は知らないから」なーんて作家のいいわけ書いてあったらw

むしろ
知らなくても、まるで見てきたことのように書ける事の方が大事

947 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:09:55.51
何を書くかによるね。社会から疎外された孤独を書きたいなら、無職のほうが経験値高いからね。
町内会や会社づとめやカルチャーセンターに通ってたら、孤独をモチーフにして書いても、皮膚感覚で
ずれてしまうことはあるかもしれない。逆にね。

でもなあ、自分の意見でいえば二次元情報との体験のほうが決定的だと思うけどね。
二次元情報の解釈や再構成のしかたにおいて社会経験が影響するような気はする。

948 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:22:02.43
ものごとをどう捉えるかは、もちろん本人の資質や経験、習慣、癖そう言ったものに影響される
それに社会経験は最新の知識かつ必要度が高いだけに、より大きく影響するのは間違いない

しかし、そういう視点の違いが小説の醍醐味でもあるよな
未経験者が未経験を隠して「見てきたように書く」のも確かに力量の一つではある
それ以上に、その人間にしか書けない視点は必ずある
そんなことすら満足に出来ない俺らは、才能がぁ、力量がぁ、技術がぁに捕われ過ぎなんじゃないか?

949 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:31:39.18
一般論じゃなくてさ

お前ら自身は経験無しにリアリティをゼロから組み上げられるの?
俺は社会経験がいるなぁ

社会からの孤独を書くのでも、
部屋で一人ってのより共同体が盛り上がる中で自分だけついていけない
って書き方の方があってる気がするし

950 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:36:18.33
なんか、盛り上がってるみたいだが、
919は、大笑いしてるだろうな。

951 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:38:44.49
ある意味賛同するが大笑いしてるなら無知の笑いだろう

952 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:43:32.40
正直な感想言っていいか?
正直おまえらの能書きなんかどうでもいい。

953 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:45:49.00
>>949
俺も同じように思ったけどね。
特に日向にある「影」は、乃南アサが凄かった。
ただ影から書く日向や影の中で自己完結する影は、
俺には書けんなと思ったよ。

954 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:50:32.39
>>952
じゃあスルーして、原稿書いてればいい。
その方が建設的だろ? どうでもいい能書きに口を挟む必要はないぞw

955 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:55:15.92
チラ見してなんか言いたくて仕方ない奴だろほっとけ

956 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 21:59:28.06
たぶん919

957 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:11:28.69
クソが水差しやがって
目から鱗でも出てくるかと思ったんだが

まあ、あれだ
どんなことでもネタに出来ん奴はクソってこったな

958 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:21:00.86
社会経験なしでも書けるぐらいでないと、プロで活躍するなんて無理だろうな。

959 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:23:33.71
だからそういうことじゃないって
社会経験なしでも書けるぐらいのやつが社会経験があったらもっといいだろ?
そのことが、社会経験はいらないのだよって事にはならんだろ

喧嘩強いやつが棒持ったらもっといいだろ?ってことだよ

960 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:31:55.18
反論じゃないけど、
空手の有段者相手に素人が棒を持っても、結果は見えている。

961 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:52:26.56
社会経験はあったほうがいい。いや、必須だと思いますよ。

社会経験を積むことにより、その人は「世界」を持てる。
ウンチクは作家にとって強い武器ですよ。どんな世界であれその人にしか
語れないウンチクを持てるというのは、作家の存在に価値を与える。

引きこもりでも小説は書けるでしょう、ファンタジーくらいなら・・
でも、少なくとも江戸川乱歩賞向きの作家ではない。

962 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 22:56:59.50
ところでスレの本題に戻りますが、皆さんもう原稿は出されましたか。

私はさっき封筒に封をしました。明日出します。
印刷はとっくに終わってたんですが、原稿を見直してみると、やはり
ここは直した方がという箇所が次々と出てくるんで、もう腹をくくって
封しました。

あとは天のみぞ知る。

963 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/28(月) 23:48:11.65
私も明日出すよ。
大安だしね。

964 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 00:06:25.00
社会経験ってバイトでいいの?

965 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 00:13:59.37
梗概で止まってる

966 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 02:21:34.97
印刷\(^o^)/オワタ

967 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 08:50:08.53
914です。ネタじゃないですよ。
昨日までで、297枚。一日平均99枚ペースですね。
今日と明日で書き上げます。

えっ仕事? いまはしてないでーす

968 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 19:09:03.09
>>966
資源の無駄乙です!

969 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 20:00:29.95
>小石川郵便局
>お届け先にお届け済み

配達\(^o^)/オワタ
>>968 /(^o^)\ナンテコッタイ

970 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 22:23:07.20
もう出した人たち乙
最後の追い込みの人は頑張れ

みんな次はどこに出す?

971 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 23:14:09.11
顔に出す

972 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/29(火) 23:25:35.27
>970
今日出してきた。
次は日ミス行こうかと思ってる。

973 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 10:31:04.84
助けてえええええええええええ
あと80枚足りないいいいいいい

974 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 10:31:48.52
間違えたあああああああああ
あと60枚足りないいいいいい

975 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 10:41:29.09
エロシーン
漫談
軍隊の整列

これやればすぐ埋まる

976 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 12:30:32.39
出した人、明日確実に投函できる人は偉いよ。
おつかれさまでした。
明日の夜12時にも間に合わないので、このミスに出します。
スケジュール配分、その日の体調や気持ちがどうあれ、
毎日すこしでも書かないとって痛感しました。
974さん、60枚はどうにかなると思うよ。
キャラの外見、その時の気持ち、場所とかご本人の頭では
わかっていても、読者には絵が見えてこないってこと、
けっこうあるから、臨場感の分を加筆していけば、逆に
削りが必要ってとこまでいけるのでは。
あと1日半、がんばって。

977 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 14:35:38.70
徹夜続きでもう限界です。一時間の仮眠のつもりが、がっつり九時間寝て
しまいました。これでアウト決定。
明日の12時に出そうと思えば出せますが、書き上げて誤字脱字チェックが
一回しかできないので推敲が不充分です。
どのみち落ちるならと開き直り、2月1日にクロネコメール便でだします。
締め切り違反は承知の介。
消印が押されないのでもしかしたら受け付けられるかもしれません。
批判はご自由に。

978 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 15:07:16.84
応募要項を見たら、下記のように書いてありました。

■氏名等の明記 別紙に住所、氏名(筆名)、生年月日、学歴、職業、
電話番号及びタイトル、400字詰め原稿用紙での換算枚数を明記し、
原稿の一番上に添付のこと。

この「別紙」というのは、原稿の一番上に貼付とありますが、一緒に
綴じてはいけないということでしょうか?

979 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 15:26:59.34
そう。個人情報は下読みに回せないから

980 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 15:34:29.69
一番上だから綴じるんじゃないの?
綴じないなら「一番上」って書かないような?

981 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 16:19:51.13
出してきた。ま、参加することに意義という感じだが……。

982 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 17:21:25.65
>>978
添付、ですから綴じません。
一番上、と書いてあるのは、中に挟んだりしないでね、という注意。

983 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 22:46:45.05
今朝、一番で出してきました。
なんかホッとした気分。

>>977
批判はご自由にってことなので・・w

こういう出し方をする人の気持ちは解らないな。
受賞の見込み、ぜんぜん無いじゃん。どうせ文章は誤字脱字だらけで
荒れてるだろうし、だいたい期日過ぎてる時点で失格。
頑張ってるみたいだけど、そのくせ9時間ものうのうと寝たりとか。

まあ、一千編を超える応募作のいくらかが、こういうのだと思えば
こっちは安心できるけどね。

984 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 23:00:39.19
乱歩賞って応募数400ないよ
ttp://www.ta-kumi.com/harimaze/publication/03_rampoprize_p.html

985 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 23:05:41.51
じゃ、便乗して。
>>977
>時間の仮眠のつもりが、がっつり九時間寝てしまいました。
これは、作品がまだ貴方と別れたくないと思っていると言うことじゃないかな。
折角書き上げた作品なんだから、もう少し大切にしてあげれば良いんじゃないかと思うのですが。

986 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 23:17:37.86
ご自由にって言われたからとか、便乗しますとかいってへらへら書き込んでる男の人って……

987 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 23:21:25.20
やっちまった。
プロフィール一緒に綴じちゃったよorz

一番上にはしたがこれはアウトか……?

988 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/30(水) 23:22:24.27
しまった。
どうやら、釣られてしまったようだ。

989 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 01:37:44.84
>>987
いや、別に一緒に綴じたからって、それだけで失格には
ならないでしょ。少しヒンシュクものかもしれないけど。
以前、おれもそうして出したことあるけど(応募要項が
同じかどうかは覚えていないが)、一次だけは通ってたし。
>>977
万が一受け付けられたらラッキー。
結果発表がある以前に推敲してこのミスに備えたら良い。

990 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 02:51:55.03
誰か新スレよろ
感想戦はそっちでやろう

991 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 06:37:13.01
俺も綴じて出した。
たくさん応募作が集まるわけで、綴じないとバラけてしまうのが心配だった。

まあ、ちょっとわかりにくい要項ではあるな。
でもそれだけで失格とまではいかないんじゃ・・・

992 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 08:18:22.77
綴じてもいいだろ。ちょっと引っ張れば、すぐ別々に。悩みすぎ。

993 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 11:34:20.31
>>972
俺は敢えて乱歩賞用に書いた原稿を断念した。
実は、個人的な友人(小説家関係ではない)が、今回の乱歩賞審査員の一人と数年前、一緒に仕事してたことが直前に判明した。

よって、来月の講談社ドラマ大賞か日本ミステリー大賞のいずれかに原稿を回す。どちらも音羽グループなんで。

まあ、一次通るかどうかも分からないのに、自分でも杞憂と思うがww

もし『夢見る〇〇〇〇〇〇』というミステリーが講談社文庫か光文社から出たら拍手くれww

最後に、今回応募したみんな乙! 吉報をwktkしながら待つ。

994 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 11:57:51.02
そんなにバラして大丈夫か
特定されるぞ

995 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 12:27:17.54
『夢見る○○○○○○』の伏字部分が気になる
○○○○○○ → マグナカルタ
○○○○○○ → ガチロリさん
○○○○○○ → キハダマグロ
○○○○○○ → すいみんやく

996 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 13:56:24.23
夢見る、できたらラストは『ン』か『ー』だよ。

997 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 14:13:05.31
じゃ「ガチロリさん」か?
「行かないでー」とか
「ウルトラマン」ね

998 :993:2013/01/31(木) 14:43:47.14
>>996 >>997
かなり近いぞw
ンで終わる。

◆作中では犯罪事件が一切発生しない
◆5日間限定の物語
◆全登場人物が舞台の町から動かない
◆なのに犯人当ての社会派ミステリー

自分でもワケの分からぬ異様作だと思う。

乱歩賞次スレに加えて、誰か第4回講談社・TBSドラマミステリー大賞も立てて欲しい。

999 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 15:03:03.15
『夢見るアクアマリン』
綺麗だろ?

1000 :名無し物書き@推敲中?:2013/01/31(木) 15:08:00.13
だしてきた 疲れた
でも次の書く

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

208 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)