2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト Part21

1 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/01(土) 20:21:30.56
SF作品を主とした新人文学賞について語りませんか。

日本SF新人賞:第11回を最後に休止
小松左京賞:第10回を最後に休止

関連リンク
  東京創元社(創元SF短編賞)
  http://www.tsogen.co.jp/sftanpensho/
  ハヤカワSFコンテスト
  http://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000566

前スレ
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part20
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1332745497/

まとめWiki(過去ログ・各賞データベースetc)
  SF系新人賞まとめWiki
  http://wikiwiki.jp/sfrookie/

関連スレ
  【賞関連】創元SF短編賞【祭は総合スレ】1
  http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1331365128/
   ※Part19よりスレ分割。分割の主旨等は同スレにて)
  小松左京賞&日本SF新人賞 出身作家スレ2
  http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/sf/1286218283/

2 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/01(土) 20:31:06.76
過去スレ その1
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part19
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1330955007/
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part18
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1328619790/
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part17
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1327574061/
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part16
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1322524153/
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part15
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1305801054/
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part14
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1299426296/
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part13
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1294855060/
創元SF(臨時)※実質part12
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1284039340/
創元SF短編賞■SF新人賞総合スレ Part11
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1279871915/
※2ちゃんサーバークラッシュでDat落ち

3 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/01(土) 20:31:38.08
過去スレ その2
創元SF短編賞■SF系新人賞総合スレッド Part.10
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1273137195/
創元SF短編賞■SF系新人賞総合スレッド Part.9
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1269143316/
日本SF新人賞■創元SF短編賞 Part.8
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1265273640/
日本SF新人賞■創元SF短編賞 Part.7
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1259671573/
日本SF新人賞■創元SF短編賞 Part.6
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1255612688/
日本SF新人賞■創元SF短編賞 Part.5
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1252049267/
日本SF新人賞■小松左京賞 Part.4
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1246377481/
日本SF新人賞■小松左京賞 Part.3
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1228300747/
日本SF新人賞■小松左京賞 Part.2
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1214553045/
日本SF新人賞■小松左京賞
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/bun/1168439540/

4 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/01(土) 21:03:23.44
あーあーあー
せっかく総合スレだったのを総合スレじゃなくしちゃったのか

5 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/01(土) 21:18:23.50
文字数多くなりすぎて総合の字が入らなかったのよ^^;

6 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=4,xxxP】(0/5:0) :2012/09/01(土) 21:37:05.55 ?2BP(3)
              ∧,,∧
              ( ^ω^) >>1乙だお
              / つ¶つ¶
             / ̄ ̄ ̄ ̄\
              |) ○ ○ ○ (|
          /″   ν.    \  ウィンウィン
  (( (( ((  /________\  ウィンウィン
         ̄ \_\__/_/  ̄








7 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 01:53:18.43
ハヤカワのは再開第1回で傑作が出るといいな。
ファンノベの初回みたいな。

8 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 05:22:16.40
>>7
出るといいけど、ここの住人の力量じゃ無理じゃね?

9 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 06:46:20.29
前スレからの続きの質問です。
現在、「ダーティーペアー」のようなタイプの作品を書いた場合、
創元社やハヤカワ書房は、そして、SFファンは、その作品をSFだと認知してくれるかな?
それとも、
こんな作品はラノベへ行けって、SFのカテから追い出されるんでしょうか?

10 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 07:14:11.06
>>1おつ

ハヤカワSFコンテスト、略してハヤコン

11 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 07:17:55.86
ある程度理論にきっちりと筆を割くなら、スペオペはSFに含まれるだろう
しかし、SFではあるが、リアルフィクションは所詮リアルフィクション
SFコンテストで求められているものとは全く違うのでは

なんていうか、コンテストに求められているのは次世代SFを拓く先端作品で、
リアルフィクションは枯れたSFネタを利用した応用作品みたいな

12 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 07:31:50.38
途中で自分が本当に自分かわからなくなったり
世界が見えている通りじゃない感覚がしたりすれば
挿し絵のないダーティペアでも構わないんじゃない?

13 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 08:10:50.65
>>1
関連スレに「ハヤカワSFコンテスト」単独スレを入れないところが底意地の悪さを表してるな。

【復活】ハヤカワSFコンテスト Part1
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1346022812/

14 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 08:16:51.47
逆に言うと、ラノベ色の薄い(コアSFでもない)スペースオペラって
受け入れてくれる賞がないよね
ま、ぜんぜん新しいものではないし、読者もいまさら読みたいと思わないから仕方ないのかも知れんけど


15 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 12:28:24.66
伝統的なスペオペ、宇宙大作戦みたいなの?
そういうの書く力のある人がいない気はする。
オキシ氏のwhat we wantとか長編シリーズ化されれば
わりと近いものになりそうな。

16 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 17:30:22.75
パブーで無料公開している自作品がkoboで配信され始めて期待してたんだけど、
ファンタジーの伸びに対して、SF作品のアクセスが全く伸びないww
やっぱり、SFってジャンルは力を失ってるのかな

17 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 19:12:28.87
>>14
つい先日まで「ラノベ色の薄いSFって(短編しか)受け入れてくれる賞がないよね」だったことを考えると
隔世の感があるな

18 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 20:14:21.05
ちょっくら出してみるか。
また「趣味的だ」「書くことの快楽に酔っている」とか言われるだろ〜〜が。

19 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 23:16:44.76
>18
ひょっとして○○さんですかァ〜〜すごォ〜い
2chに顔出してくれるなんてェ〜〜

20 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 23:18:24.91
>>13
猜疑心が強いな。
俺は見落としてんなと思っただけだったが

21 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 23:23:03.60
総合スレは作品を晒したりコテを付けるなどして半分特定された応募者同士の歓談・切磋琢磨の場
創元SF短編賞は特定の賞そのものについて完全匿名で語る場

そのように使い分けがあったわけですが、総合がこのタイトルではどうなることか

22 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 01:40:50.29
いいじゃない、どうせどんなスレタイでも誰かが文句言うんだから
なるようになるでしょ

23 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 01:46:50.49
もう一つ賞ができたらどうするつもりだよ

24 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 01:56:02.48
そしたら諦めて「SF総合」でいいんじゃね

スレタイ検索で
「創元SF短編」「ハヤカワSFコンテスト」
どっちを検索してもヒットしないと(乱立スレもあって)
話にならないので妥当なとこだと思うよ

partのとこ総合の二文字に置き換えて詰め込んでも良かったか

25 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 07:27:09.41
もう1つ賞ができたらって?
素直に喜びますよ

26 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 08:50:06.83
「片山さつき秘書「東浩紀をSNSから抹殺する」」http://t.co/wYP0X7ps

27 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 09:15:06.21
>>24
どちらで検索してもこのスレはヒットしない

28 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 09:22:24.55
>>26
下手なことやると「抹殺」されるからやめとけよ
あずまんはまだ味方もいるだろうが、お前みたいなイナゴは名誉毀損で訴えられたら人生終了
騙りだった場合はもちろんのこと、事実であっても名誉毀損は成立するからな?

29 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 11:39:11.23
ところで、
皆さんは、次回作を創元とハヤカワ、どちらに出すの?
それとも、別作品で両方に応募?


30 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 13:37:28.13
>>27
試してから書こうよ。
全角/半角/大文字/小文字は同一視してくれるよ。
2ch公式スレッド検索も大抵の2chビューワーも。

31 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 13:40:24.08
>>29
両方。

32 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 13:47:18.01
いまさらながら虐殺器官読もうと思うんだけど、これ本格SF?

33 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 14:22:48.18
『虐殺器官』読まずにSFを書く奴がいるのか……

34 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 14:27:10.72
ぱらぱらはぐった感じだと、サイエンス・フィクションの香りはしなくて、スパイ小説かなにかという感じなんだけど

35 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 15:33:08.24
>>33
俺も積ん読に埋れてるw

古典以外でこれだけは読んどけってSFは?

36 :35:2012/09/03(月) 15:41:56.51
あ、幾らでもネットに転がってるよな。

そう言うサイトや書き込みは多いんだが、いかにも個人推薦なんだよな。

じゃなくて、書き手として参考になるとか。SFの古い皮を破った新機軸のフロンティア的なものでさ。
ここ読んで「虐殺機関」はその手の作品だと思ってる。

37 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 17:53:52.29
>>30
「SF」で検索
hit1件
【SF】SS祭り【短編】


謝罪しろ、キチガイ

38 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 18:12:36.94
どこで検索するとそんな結果が出るんだw
http://find.2ch.net/?STR=SF&TYPE=TITLE&x=29&y=7&BBS=ALL&ENCODING=SJIS&COUNT=50

39 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 18:53:51.30
というかJコレくらいは普段から全部読んどくのがデフォでは……
最近は読まないけど書きたいって人多いらしいが。

「傾向と対策」ってことなら出てる本ぜんぶ読むのが手っ取り早い。

40 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 19:07:58.08
>>9
ダーティペアのようなタイプ、のイメージも複数ありそう。
・美女二人組のぶっ壊し痛快アクションスペオペ
・ダーティペアを読んだ当時の面白さの再現
前者なら出来次第。
後者だと前者的なものを書いても今の読者には
感じてもらえないと思う。
当時は高橋留美子や平井和正の描く強い少女の活躍という
背景の上に出てきたからダーティペアも面白かった気がする。

ゼロ年代にダーティペアの新作が三本書かれたけれど
鳴かず飛ばずだったよ。

とはいえシンフォギアなんて90年代チックなアニメも
十代は楽しんだようだし当時の面白さの再現も悪くないのかもな。

41 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 19:36:29.99
>>39
昔はSF1000冊読むまで口きく権利もなかったよな
今は5冊10冊読んだだけのド素人も発言し、あまつさえ書きたがるから困る

42 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 19:41:02.30
虐殺器官のSFとしての魅力はなに?

43 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 20:36:19.05
>41
いや読むだけなら別になんだっていいんだけど
「新しいものを書きたい」って言ってるやつが
最近のを読んでなきゃ話にならないでしょう。

44 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 20:44:00.38
読んでたら書く暇なんかなくなるから
若い人は攻撃型のステ振りにしてどんどん書いて下さい

おっさんは今更だし、読む方にステ振って防御型に徹してもいい

45 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 20:45:33.90
ま、読書量が少ない人が書いた「画期的な作品」はたいてい「え? いまどきこんなの?」と別の意味で驚くような作品であることが多いな

46 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 20:52:09.58
今更だが、ハインラインの「宇宙の戦士」を読んだw
以前、B級映画のロボットを連想させるカバーイラストに偏見を抱いてずっと読まずにいたんだけど
読んでみると、冒頭から躍動感のある展開で、今読んでも面白かった。
やっぱり、SFは視覚的イメージも大事だと思った。

47 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 21:00:45.64
車輪の再発明を自力で行なってしまえるならそれはそれで

48 :35:2012/09/03(月) 21:52:27.83
>>41
多分1000ぐらいは読んでる。
小中高生の時だから、全然覚えてないし、
当時は創作なんて全然考えてなかった。

SFでも種々の新陳代謝があると思う。
その起点となった作品が知りたいと思うんだよね。
どこかで系譜のような形でまとめてないかな。

49 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/03(月) 21:57:22.95
>47
再発明された車輪にはたいていスポークとタイヤがついてないからすぐダメになります

50 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 00:03:21.14
そんなこと言われると、本を読まねえ俺は出す気が失せるな
今止まっているけど、他賞なの
やっぱ本を読まねえ奴は此処向きでねえかな

51 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 00:06:01.70
本読まない奴はどこにも向かないよ
出す気失せた方が幸せだと思う

特殊な専門分野について書いたなら別だが

52 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 00:54:56.25
特殊な専門分野なんて高尚なものを
俺が持っているはずねえだろ


53 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 01:58:22.55
ならお前に用はないからとっとと出す気失せろよ

54 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 02:18:49.96
いやだ、一作はいく。だってずいぶん先だろ


55 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 02:46:34.01
乙一なんかは小説ほとんど読んでないって公言してるけど
あのひとその代わりに映画アホほど観てるからな

プロデビューしてから他人の書いた小説読まなくなった作家は結構いるけど
他人の小説を読まずにプロになった作家というのはまずいないと思う
どんな作家でもアホみたいに読む時期というのはある

56 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 03:37:11.62
福井晴敏も小説は読まない人で、マンガと映画ばっかりだったとか
>>50もこだわらずに書くといいよ



57 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 04:10:42.82
つうかさあ
本読まなくてもダイジョウブダヨ!って言って欲しいだけのかまってちゃんに優しく望みの言葉をかけてやっても、
何もいいことないだろw

58 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 07:16:59.75
>>50
ありがとう、でもさあ、皆、いつ寝ているの、ファア、今日はちょこっとでも書くぞ


59 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 07:18:18.41
いけねえ、>>56だ。寝ぼけてら、さあ、ちょっと忙しい、バアイ

60 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 08:00:36.80
この手のレスに垣間見える文章作成能力の低さは悲しいな

61 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 08:14:07.76
そうか?
60年代の翻訳小説みたいでレトロフューチャーじゃないか

62 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 09:57:13.93
『百億の昼と千億の夜』
萩尾望都の阿修羅王のカバーに引かれて手に取ってみたら、
中身は小説版でした。
紛らわしいったらありゃしねぇ

63 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 10:06:09.66
その名前だけど今はもう要らない
二作も必死に書いて一次にもかからなかったのを思い出した

64 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 11:26:56.27
二作ぐらいであきらめるなよ。


65 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 12:59:20.49
1作が10000枚くらいあるんだろ

66 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 15:58:40.51
>>63
必死さとかがんばりが評価されるのは子供時代だけで
大人になったら結果しか評価されないのは認識するべきだお( ^ω^)

67 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 16:18:09.91
>>48
国産なら「日本SF精神史」だな。
今では読まれなくなったタイトルばかり扱うので
読んでみてもぴんと来ないかもしれない。

欧米SFでのこの手の本もあるはずだけど
思い出せないなぁ。

68 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 21:02:48.67
オールディスの『十億年の宴』と、
あとマイク・アシュリー『SF雑誌の歴史』は雑誌なんで短編中心だが。
この間出た『フランス流SF入門』も角度が違っておもしろい。

69 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 22:23:29.98
なるほどなぁ

話題になった作品を片っ端から列挙して、書評見比べるのもいいかもね。
ここ十数年で年間ベスト10ぐらいの書評なら大した分量じゃないしな。

とりあえず・・・、誰かやれ

70 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 22:54:05.42
最近のものなら大森望がSFのあらすじと評価を
まとめたものちょくちょく出してるし
SFMの編集部も「このSFが読みたい」というガイドを毎年出してる。

なるほど以前にSFに興味なさそうだな。>>69



71 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 23:01:18.33
まあ興味あれば体系的にではなくても話題になった作品はそれなりに読んでるだろうしね

72 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 23:13:01.77
傾向と対策を練るために、という意味なら
例えばねじまき少女を見てそうかこういうのがウケるのかと思って書いても箸棒なわけで
NOVAと原色でも揃えて通読した方がまだよさそうに思うけど

73 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 00:17:31.19
付け焼き刃で最近のやつを摘むくらいなら
ふつうに古典か現代外国文学読んだほうがいい気はするな。

74 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 00:18:56.77
>>68
十億年の宴!それだ。
懐かしい。20年、もっと経つか。

75 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 02:00:39.99
結局古典から最新まで全部読めってことだ

76 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 02:13:17.09
んな面倒なw
ハードSFマンセーな空気に嫌気がさしてSFから離れたんだが、
今でも似たようなものなんか???

SFは仲間意識が強く閉鎖的。広がらない悪因の一つだな。

77 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 02:28:54.81
仲間意識なんかあるかね?
隙あらば「お前は俺より劣っている」と位付けしようとするのが仲間だというなら仲間だが

78 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 04:10:32.96
浸かってると分からんだろ。つまりは

>>41
>>昔はSF1000冊読むまで口きく権利もなかったよな

こういうことだ。選民意識で群れていると言い換えてもいい。

79 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 04:25:28.64
今は口きいていいってことじゃないんですか
ダメなの?

80 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 05:26:50.70
>>79
字面のまま馬鹿正直に受け取っちゃだめ!

81 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 06:53:14.15
現状を知る労力もかけたくなくて
SFは閉鎖的/広がらない、か。

根拠のないルサンチマンだけで
自分で変える気もないわけね。

82 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 08:01:19.64
最低1000冊読めという言説が登場してからもう数十年経つので
今は、1200冊は読まないと駄目でしょうw

SFは拡散と浸透をしてラノベ(ハルヒ)やゲーム(シュタゲ)として消費されているのだから
ジャンルSFにこだわる領域が閉鎖的で広がらないのは当たり前なのでは


83 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 08:57:11.16
いや「読む」人にじゃなくて「書く」人に言ってるんだからさ>読め
意図的なのかどうかしらんけどそこ混同したらいかんだろ

84 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 09:00:55.08
「書く」側からしたら過去の作品を読んどいたほうがむしろ労力が省けるだろ。
他人が既に書いたことは、自分が書かなくても通じるんだからさ。
いまどき一からサイバースペースを説明する馬鹿はおらん。

85 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 09:36:21.89
色々な本を多量に読んで、現在の市場を解析して出版社や読者に受け入れられる作品を書く。
そう言う姿勢は、ビジネスとして間違いなく正しい。
でもさ、
自分が書きたいテーマからどんどん離れてしまうよね。

ビジネスとして好きでもない作品を書いてプロになるチャンスを掴んで、プロとして名をなした後で自分が本当に書きたいテーマにチャレンジするか、
プロになるというわずかな夢を諦めてアマチュアに徹して、自分の好きな作品を書き続けるか

ジレンマを感じることはないですか?

86 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 10:28:36.90
「本気出せばすぐデビューだわー本気出して書きたくもないもの書けば受賞しちゃうわー」って?
それこそ鹿馬鹿しい妄言だわ
とらたぬでジレンマまで感じてんなよ

87 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:15:26.04
>>84
それではあまりに非効率。
ちなみに85さんもビジネスの姿勢は問題ないが、方法は間違い。
なんでも自社で抱え込むやり方は自滅する。

別に至高の芸術って訳じゃないんだ。
傾向と対策を施して、エンターテイメントなSFが書ければいい。
泥臭い努力をする馬鹿正直と、要領良く取っちまう奴。
後者のタイプは潰しもききやすい。

88 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:18:37.40
>85みたいに「他人の作品を読むと自分のオリジナリティがなくなる」って
考える若いワナビーって
あれだけ馬鹿扱いされてもまだいるんだなー

89 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:20:14.17
効率よくやろうと思うなら最初から作家なんか目指すなよwww
死ぬほど儲からないし報われない仕事だぞ。

小説は書きたくないけど作家というステータスっぽい肩書きだけほしいでーす、ってか。

90 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:22:11.18
>85 >87
あれ? ひょっとして「市場分析のため」に小説読んでるの?
それって生きてて楽しい? なんのために小説書いてるの?

91 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:22:15.32
>>81
ハードSFや本格ミステリに閉鎖的な視野の奴が多いのも事実なんだが

92 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:25:43.02
そんな年寄はすぐに死ぬから問題ない。

93 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:26:53.02
>>89-90
創作も読書も趣味だが、泥臭いのは嫌いなんだよね。
どーせやるなら肩書は欲しいしな。
どこ行ってもそれなりに成功したんで、次は趣味だ。

94 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:30:57.99
過去の小説を読むのは
「市場分析のため」でも「既存ジャンルファンに受けるものを書く」ためでもなくて
「ジャンルの枠組みを意識しつつ壊す」ためなんだけど、
通じないのなら別にいいです。

95 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:34:01.27
>>94
それは当たり前のこと。どうやるか?が問題なんだ。

96 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:43:09.77
>91
それが事実かどうかは知らないが
そう思うならそのジャンルで書かなければいいのではないか

97 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:52:03.89
過去の小説を読むのは、楽しいから読みます
読まないでいい理由を必死に考える人はどっか行って下さいマジで

98 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 12:55:49.85
売れセンを徹底分析して確実にバカ売れするよう出版社と読者におもねった売文を書いて
本当に自分の書きたいテーマに徹して魂込めた自分にしか書けない大傑作も書いて
前者で売れまくった論功行賞で後者を出してもらえばいいだけ

心配しなくてもどっち書いても賞なんか取れない
ビジネスとしてウケるように書けば俺様なら速攻受賞だ、なんて思ってられるのは初心者だけ

99 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 13:17:55.13
読書の生活をつづけたいばっかりに作家になったというひともいたなあ。桜庭一樹だっけか

100 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 15:32:59.16
売れ線狙って書いて、それが認められて、実際に売れるんなら、才能あるな


101 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 00:45:15.85
>>97
読まないでいい理由なんて誰が書いてる?

102 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 02:32:21.06
>>85

103 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 14:16:31.39
お前らの書きたい物ってそんなに強固なわけ?
市場分析だろうが娯楽だろうが人生の為だろうが
本読んだら書きたい物が変化したりしないの?
変化っていっても書きたいことの本質はゆがませずに現在受け入れられそうなもの風に装うとかさ
あるいは次に来そうな新たな書きたいものを思いついたりしないの?

どんなに何読んでも書きたいものは全く変化しない
っていうか影響されたくないからこそ読まないってりっぱに感じるけど
そう言う人は書きたいもの書いてそれが受ける時代がくるのを祈ってればいいさ
そうやって時代が自分の方を見もせず
無名なまま死んでいったやつ小説に限らず芸術や音楽にもいっぱいるしね


104 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 17:23:49.80
その逆に、
売れたいから、僅かな才能にすがって流行を追ってみたものの二番煎じに過ぎて受け入れられず
結局、本来書きたいものを書けないまま消えていくケースもあるよね。
こっちのほうが悲惨じゃない?

どっかで自分の才能に見切りをつけて商業レベルの創作は諦めて、
同人誌やネット小説で好きなテーマで書いた小説を僅かな読者に読んでもらって満足するというのもいいかなぁって思ったりする。
こういうのはワナビとして堕落だってわかってるんだけどね。

105 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:5) :2012/09/06(木) 17:53:08.59 ?2BP(3)
ホラーさんも創作しているのかなあ。
五年以上前に、SF板にいたホラー好きの人で、
SF板を、SF/FT/HR板に改名するきっかけとなった名無しだけど。

106 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 20:36:19.33
>>103
書きたいものっても強固に長期安定してるわけではなく
ぱっと閃いた一瞬でキーになるシーンや全体像が決まったりする。
少なくとも俺はそうだ。
それを曲げたりイケルという閃きなしに良いものを書くのは難しいだけ。

戦略的にやっても閃きがやってくるならそれでもいいさ。

107 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 20:42:40.20
できるか星新一の新作 人工知能が制作挑戦
http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012090601001570.html

108 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 22:51:06.21
書きたいものがあると言うならそれ書いてデビューしろ
本当に良くできてるなら余裕でいける
出来ないなら、ただのオナニーだ
まわりに悪臭垂れ流してるだけ

109 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 23:31:01.23
いや
あんたの自慰が一番臭いから

110 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 23:38:52.75
>>103-104
突き詰めれば
「商業主義に堕せばデビューできる実力を持つのに拘りが凄すぎて世間に受け入れられない自分」
ていう設定に酔ってるだけ

111 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 02:52:21.60
>>110
そういうアンタは、「自分だけは真っ当な道を歩んでるんだ」という設定によってるだけ。

結局、正しい道なんて無くて、自分の信じる道で、自分にあるかどうか分からない才能にすがって
頑張るしかないんじゃないの

112 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 03:12:51.62
>>111
ま、ずばり言い訳を撃ち抜かれたらそうやってファビョるしかないわな

ワンチャンスしかないわけじゃないんだから、本当に商業主義でウケて売れるものが書けるなら書けばいいだけ
なのに書きもせず、分析して書けば簡単にデビューして売れるのに拘りがそれを許さないわー(ドヤッ)て?
商業的に売れるエンタメナメんのも大概にしろよ
実力の欠如を思い知るのが怖いからやってないだけだろ、お前は

113 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 07:23:31.35
>>112
みっともないからファビョるなよw
本当に書いてるなら
>本当に商業主義でウケて売れるものが書けるなら書けばいいだけ
これがどんなに難しいことか分かるはずさ。
それが理解できずに安直に口にするのは、経験不足、世間知らずの証拠だな。

ぶつぶつと能書き垂れてる前に、舐めてないで読者を楽しませるエンタメを書け。
そうすりゃ、エンタメの本当の厳しさが分かるよ。

114 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 07:33:46.56
やれやれ
ぼくちんが本気出せばすぐにデビューできるのにプライドが許さないお!とかほざいてるボケが
言い訳を論破されて必死ですなあ

115 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 07:49:38.28
>>114
ファビョるという言葉を使って表現するなら、
理性や事実は関係なく、激高する感情を押さえきれず、相手に暴言と中傷を吐き散らすのが特徴だ。
おまえのその書き込みこそ、それに該当すると思うが、どうかな?

おまえに『ファビョーン大魔王』の名を進呈しよう。
次からはそのHNを使いたまえ。w

116 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 07:51:55.37
実際、ありきたりのSFガジェットを最低限の日本語で書ければ、ラノベの賞ぐらいは簡単に取れる
パンツ丸見えの挿絵を付けられる事に自尊心が耐えられるなら、だが

しかしそんなくだらない小遣い稼ぎより本当に素晴らしいSFを書きたいのが人情
茨の道だよな

117 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 08:10:39.18
SF作家の中でも、秋山瑞人のように何の役にも立たないゴミラノベ書いてデビューした人もいる
取りやすいラノベで軽く一発賞もらっとくのもありかもしれんね

118 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 08:22:00.57
スレチになったらスマン。
ラノベのファンタジア大賞が、読者を審査員にするって面白いことをやってる。
たぶん、20代、30代の編集者だけでは10代の読者の感性や好みについて行けないという事じゃないだろうか。

このスレの大人のワナビさんもライトノベルだからと舐めてたら、10代の読者に鼻も引っかけられない作品しか書けないこともあり得ると思う。

119 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 08:40:53.23
文化女中器を猫耳メイド服でご奉仕しますニャンニャンって言わせるだけでいいんだろ?
萌えなんて底が浅いよ、楽勝

120 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 13:17:46.11
最近の中高生はもうラノベなんか読まない

121 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 13:19:52.60
ラノベ程度と馬鹿にしている物にすら引っかからないアホ共の巣はここですか?

122 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 13:30:16.74
はい、ここですよ

123 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 14:33:03.73
萌えおじさんをブヒブヒ言わせるのは、並大抵のことじゃないぞ、アホ共

124 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 14:49:53.14
もてないわりに好みだけはうるせえからな

125 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 15:14:25.51
SFで傾向と対策を練るのに比べれば、ラノベなんか楽なもんだ
バニーガールがきゃる〜んって言ってればおk

126 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 15:28:08.59
>>125
却下! w
以前、バニーガールをネコ耳呼ばわりしてラノベファンの失笑を買ったことがある。
動物の耳がついてる擬人化キャラを俗称して、ネコ耳っていうらしいけど、
ネコ耳とバニーガールは根本的に違うらしい。

おまえも俺もバニーガールって言ってる時点でラノベ失格ww

ところで、バニーガールがネコ耳に入らない理由を誰か教えてくれ。


127 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 15:35:38.75
ヒント:バニーは英語でウサギのこと

128 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 15:49:03.58
>>126
三次元と二次元の違いじゃないの
ラノベの女性キャラに必要な萌えなどの要素は、
艶めかしくリアルな三次元の要素で汚染させてはイケナイって事だよ

129 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 15:52:02.10
いや別にバニースーツもありだし……
ケモミミを猫耳と呼ぶという認識が誤りなだけ

130 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 16:02:56.39
ラノベ、ミステリ、SFと純文学の区別がつきにくくなってる気がするんだけど

131 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 16:28:08.27
http://ii.booru.org/index.php?page=post&s=view&id=1415
ロシア人もケモミミイラストを描く時代です
http://ii.booru.org/index.php?page=post&s=list&tags=japanese_clothes
深見弾さんがごらんになったらどう思うことでしょうか

132 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 17:26:28.53
>>126
小学生レベルの英語すら理解できない辺りが馬鹿にされてると気付けw
そんな頭でSF書くとか笑わせるなやw



133 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 17:27:36.84
>>126
ネコ≠ウサギ

これキチガイの目ですわ

134 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 23:37:54.98
ラノベとかどうでもいいから文化女中器一台くれ

135 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/08(土) 02:51:27.91
萌えぇ、、、
最近、何故か「侵略!イカ娘」にハマってるんだが、
http://www.youtube.com/watch?v=PrVEjd_r-aw

もし、ハヤカワがこれをSFとして受け入れてくれるなら、その懐の深さに敬礼。

136 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/08(土) 03:06:21.12
>>130
それはどうよ

純文学やラノベは人間の切り取り方
SFやミステリは要素

いくつか兼ね備えるものはあるだろうが
区別がつきにくいってことはないだろう

137 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/08(土) 11:21:08.59
イカ娘はマッドサイエンテストたちが今風だよね

138 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:5) :2012/09/08(土) 17:24:02.44 ?2BP(3)
これだけ売れても七万部なんだなあ。

607 :名無しは無慈悲な夜の女王:2012/09/08(土) 03:42:08.57
2012.09.06
7刷7万部! 屍者の帝国 伊藤 計劃/円城 塔 著


139 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/08(土) 17:33:25.63
十数年前。ぼっけえきょうてえは、いきなり15万部売れたと言うのに。

140 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=4,xxxP】(2+0:5) :2012/09/08(土) 17:44:47.14 ?2BP(3)
でも、発売日が8月24日だから、二週間で七万部売ったんだなあ。
そう考えるとかなりすごい。

141 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/08(土) 18:18:09.85
2週間ならすごいと思う。



142 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/09(日) 00:21:27.31
発売日前から増刷決めてたタイミングだろうなー。
思ったより取次が食いついてくれたみたいな。

143 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/09(日) 10:48:48.57
さっすが事情通〜〜〜〜

144 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/09(日) 18:21:14.02
石川喬

145 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:5) :2012/09/10(月) 18:32:02.00 ?2BP(3)
>>107が実現したら、歌の歌詞はプログラムで作詞できるな。

146 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/10(月) 18:54:59.60
官能小説自動生成プログラムが流行ったのってもう十年は前じゃないか?

147 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/10(月) 19:32:06.79
今後、ショートショートのコンテストは、コンピュータがライバル。

148 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:5) :2012/09/10(月) 21:35:03.44 ?2BP(3)
官能小説自動生成ソフト七度文庫
http://homepage3.nifty.com/yuki_nanotabi/

すでに、ある程度の小説作成ソフトはあるみたいだが。

149 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=12,xxxPT】(1+0:5) :2012/09/15(土) 18:53:52.24 ?2BP(3)
ハヤカワSFコンテスト、おれが読んだ時には、募集要項に次々作までの権利が早川にあるって
書いてなかったんだけど、こういう場合は従わなければならないのかな?
まあ、短編集でいいなら出版できるけど、長編書けとかいわれるときつい。


150 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/15(土) 20:11:39.19
原稿用紙100枚の短編で受賞しても早く1冊出させてあげようって親切心らしいよ
権利を押さえた上で「受賞第一作にはふさわしくありませんねえ」とボツにして飼い殺しにするつもりではない
ないったら

151 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/15(土) 21:08:01.50
そういうことは受賞レベルの作品が書けるようになってから心配すればいいんじゃないかと思うよ?

152 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/15(土) 21:13:58.97
「俺様が選考する側だったら、こういう作品は冒頭10枚目くらいで読む気失せるだろうな!」っての何かある?


153 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/15(土) 22:13:17.15
>>152
1 剣とか魔法とかドラゴンとか勇者とか王女が出てくる話

2 妹とかクラスメイトとかが一風変わった(超能力とか魔法とかアンドロイドだとか宇宙人だとかイカだとか)ドタバタコメディ

3 明らかに筒井臭いとか藤子不二夫劇場とか手塚治虫の短編集で似たのを読んだことがあるとき

4漢字とか、てにおはレベルでケアレスミスとはいえないほどおかしいとか
あるいは科学的知識がおかしい 
あるいは話のつじつまがおかしいとき

4番以外は俺個人ならおもしろきゃ全部読むだろうけど俺が下読みなら仕事なんだから
10ページ前にやめるだろうな

154 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/16(日) 11:26:09.09
しかし、冒頭10枚もほんとに読んでくれているのかな。

155 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/16(日) 21:01:32.66
>152
「ここは○○県〇〇大学、俺は〇〇を研究している大学院生だ」みたいな説明で始まるやつ

156 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=13,xxxPT】(1+0:5) :2012/09/16(日) 21:09:34.93 ?2BP(3)
ネズミの脳に直接記憶を書き込む実験が成功 ((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1347795575/
http://www.gizmodo.jp/2012/09/post_10892.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss
2012.09.16 18:00
http://www.gizmodo.jp/upload_files2/120915_artificalmemory.jpg

映画『トータル・リコール』の世界ですね...。

かなり信じがたいことですが、学術誌「Nature Neuroscience」に掲載された論文によると、脳の組織を操作して人為的に記
憶を作り出す方法ができてしまったみたいです。

この論文を書いたのは、米国ケース・ウェスタン・リザーブ大学医学部の脳科学および生理学・生物物理学教授のベン・ス
トローブリッジ博士と、博士課程学生のロバート・A・ハイドさんです。彼らは短期記憶を脳組織に直接保存する方法を示し、
試験管に入れたネズミの脳組織で実験、成功したんです。

「In Vitro(試験管内で)のげっ歯類の海馬における瞬間的刺激および一定時間のシーケンスの記憶表現」と題されたこの
論文では、ストローブリッジ博士らがマウスの脳組織に短期記憶を記録するのに必要な回路をどのように作ったかが書かれ
ています。短期記憶には、たとえば名前や場所、出来事を保存することができます。

海馬にあるこれらの神経回路に10秒間刺激を与えて脳細胞の活動をトレースすることで、記憶が保存できたことが確認でき
ました。ハイドさんによれば、今回の実験で見られた脳の一部で起こった活動は、他の研究でサルに短期記憶にもとづくタ
スクを行わせたときの脳活動と同様のものでした。どちらの場合も、その「記憶」は5〜10秒間ほど保持できたそうです。

...って、ちょっとこわいですね。試験管に入った、死んだネズミの脳に、記憶を書き込めちゃうんです。この実験では10秒
程度の短期記憶を保存できただけですが、いつか生きている人間に長期記憶を書いたり消したりして操れるようになっちゃ
うんでしょうか...。

後略

157 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/16(日) 23:35:24.34
>>152
固有名詞にヴを多用する作品も大概嫌いだが、逆に手抜きみたいな人名も読み続ける気が失せるな。主人公がケン、ヒロシとかヒロインがリツコ、ナオミとか。
英数字を適当に組み合わせたようなアンドロイドも駄目だ。

158 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=13,xxxPT】(1+0:5) :2012/09/17(月) 06:15:36.90 ?2BP(3)
>>157
いいじゃん、そんなの。

159 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 16:45:16.46
>>156
これは脳にニューラルネットワーク学習が
実在することを証した実験であって
電極から入出力したデータの意味と
ネズミの脳にとっての意味に関連がないと思う。

攻殻機動隊的な電脳はまだまだ遠そうだ。

160 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 17:48:23.92
>>157
単なる趣味の問題だろ。あんたが下読みさんなら別だが。

161 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=14,xxxPT】(1+0:5) :2012/09/17(月) 20:47:52.91 ?2BP(3)
ゲームとしての評価は低いが、
FF8の時間圧縮魔法って独創性は高いよね。

162 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(2+0:5) :2012/09/25(火) 16:28:41.68 ?2BP(3)
傾向と対策に合わせて書くというのは、つまらないので、
好きなように新しく書き直そうと思うぜ。

現代地球劇のディック的作品はあとまわしだ。

163 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/09/26(水) 17:30:31.83 ?2BP(3)
で、書いてみた掌編に感想がほしい。感想くださいな。

22、宇宙検索機
http://ncode.syosetu.com/n1646be/22

164 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 17:59:05.41
>>163これはマジなの?それともネタなの
?ネタだとしたら面白くないし、本気だとしたら……なんだけど。気分を害されたら、てか害するだろうけど、これが正直な感想です。

165 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/09/26(水) 18:05:00.50 ?2BP(3)
独創性は高いと思うんだが、完成度が低くてね。
まだまだ練り込めるアイデアだなあ。

166 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 18:11:14.51
>>164
だから、触らない方がいいんだよ。

167 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 18:54:43.84
とりあえずプリーモ・レーヴィとか読んでみたらいいと思う >163

168 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/09/26(水) 20:05:37.74 ?2BP(3)
>>167
プリーモ・レーヴィとか難しそうだなあ。

169 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 12:54:37.21
触るぞw

このままじゃ、今朝見た夢を忘れないようにメモしたもの、くらいのもので、
人に読ませるものじゃないんじゃないかな。

場面ってものがない。
どこに居て何をいつしているのか絵がうかばない。
ぼくの部屋なのか亜空間にでも浮かんでいる状態なのか?
検索機はハードなのかソフトなのか? 
どうやって操作しているのか、手か? 思考か?
どこでどの程度時間が経過しているのか?
ぼくと彼女のことも、18歳未満らしいこと以外、なんの情報もないようだ。

そんなもんいらないんだ、アイデアを読め、ということなら「小説だ」とは
言わないほうがいいだろう。


170 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/09/27(木) 15:37:58.68 ?2BP(3)
>>169
感想ありがと。
そういうことが気になるようなら、面白さや刺激が足りないのだろう。


171 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 18:42:59.04
おーい。このスレの人。
キチガイ引き取りにきてくれ。ハヤカワSFコンテストスレが荒れてて話にならん。
ここを本拠地としたクソコテを他所のスレに飛ばすな。

172 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 19:34:22.57
一人でガンガン書き込まれてるならともかく触って盛り上げといて何言ってんだ?
コテハンだからって排除すべきではないとか、名無しよりましとすらほざいてたくせに

173 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 20:05:31.70
>>172
文の一行目と二行目で、既に意見の統一が見られないんだが。気のせい?

174 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 20:35:38.35
は?

175 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 21:09:41.54
>>174
>>172の文章構造は以下の通り。
一行目:あのスレでのキチガイの暴れっぷりに対する批評。
二行目:このスレでのコテ擁護の意見。
このスレでキチガイが暴れているなら、二行目は理解できる。
でも、暴れているのはあのスレでなので、二行目の「このスレでのコテ擁護意見」は成立しない。擁護すら成立せず、全くもって意味をなさない。
・・・まぁ「このスレの住人」の文章力だと、その程度なのも理解できるけれどもwww

176 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 21:21:05.56
荒らしコテを大歓迎
無視しようと提案されても、コテハンの方が名無しよりまともだ(キリッ)と言って再度大歓迎
荒らしコテを煽りまくって1日100レス埋める
そして荒らしコテがキレて暴れだしたら「クソコテを他所に押し付けるな」と文句を言ってくる

アホなの?死ねなの?

177 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 21:32:48.14
>>176
一行目から間違っているのがなぁ。

178 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 21:45:19.04
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1346022812/212

179 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 21:59:54.35
>・・・まぁ「このスレの住人」の文章力だと、その程度なのも理解できるけれどもwww
劣等感がカタチを変えてにじみ出してるなww
自分の実力に自信があれば、意味もなくひとくくりに批判することは出来ないからね。

誰かを叩かないと優位に立てない、惨めな人間だと分析してみたがどうかなw


180 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 22:04:51.50
>>171
糞コテを他スレに押し付けて誠に申し訳ございませんでした。
ガン無視すればひと暴れした後で勝手に去りますので、放置しておいて下さい。
餌を与えないで下さい。居着きます。

181 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 22:09:18.41
>>178
歓迎しているのはそいつだけで、直後の書き込みから、キチ認定されてんじゃねーかwww
「一人でも大歓迎」扱いなのかよ、お前はwww

182 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 22:36:14.67
結局、コテハン構ってたら暴れ出したから
別のスレも荒らしてやるってことですかねー

183 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/30(日) 11:04:15.78
>>171
そういうときは、>>169みたいにこっちで触ってやればいいんだよ。そしたら
こっちに戻ってくるだろ。

184 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=28,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/01(月) 17:53:40.17 ?2BP(3)
舞城のジョジョが、第六部の循環世界と第七部の平行世界を扱ってる、
さらに、第二部の究極生物も扱ってるらしくて、
SFの爆心地を目指すおれとしては気になる。

185 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/02(火) 07:03:06.74
宇宙検索機 すごくいい話。もっとふくらませられないかなあ。

186 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/02(火) 18:47:04.90
>>185
コテ外して自演するな
小説に達していないゴミ文章がいい話なわけないだろ

187 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=29,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/02(火) 19:49:13.74 ?2BP(3)
>>185
一年寝かしてこれだからねえ。

188 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/02(火) 21:54:38.79
>>186
バカか。どういう根拠で断定してんの? で、おまえ、何書けるの? 
サラしてみろよ。ゴミかどうか評価してやるよ。
それができなきゃ、ワナビーやめな。単なる口先屑野郎だ。

自分で、できもしないやつがでけえ口叩くの、ホント、ヘドが出る。
劣等感の裏返しでこきおろしてんじゃねえの。
おめえがデキるってこと証明してみろや。できなきゃ、消えろ。

189 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/02(火) 21:57:23.89
>>186
記憶と違う文体ってことわかんなけりゃ、文盲だね。
サクラ、サクラ、からやりなおした方がいい。

190 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/02(火) 22:49:57.75
やたらと区切るの見苦しいからやめなよ
その文体のまんま物書き目指すの無理だぜ

191 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 08:43:39.72
ハヤカワSFコンテスト、枚数制限いっぱいまで書く人は
そろそろ始めないと間に合わないかもな頃合いですよ。

192 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 09:22:32.48
図星突かれて顔真っ赤かよ
そもそも長文書く奴自体ほとんどいないんだから特定されるのは必至だろ

193 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 09:28:54.24
流れを読めよ。
>>185は、>>183を受けて書き込まれたものだろうよ。特定もクソもあるかよ。

194 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=29,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/03(水) 09:29:10.07 ?2BP(3)
>>185はエスパイすると、321編隊だなあ。

195 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 15:03:45.97
SFは廃止すべき。

196 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 08:33:56.47
                  _,..-‐‐-..,,_
    _,,.-‐‐-..,,,        ,r':::::::::::::::::::::ヽ
  ,r':::::::::::::::::::::::ヽ      /:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 ./::_;;;::;;;_::::::::::::::::;;l//-‐-‐;l;;::::::::::::::;;:-‐‐--:;;l
 l/~   ~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;r'彡     l
 l     ヾ/   :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /
 ゝ    /      ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  _,,-''
  ~'‐.,,,,,_l /て^ヽ      ,;;r=i≦;;:::ヽ'~
      l |o ゝ,_ノ|     ''~      _l.
     .l ヽ( )_,,ノ  `'      _,,..-‐''',,,l,
     l_,,,,,,_   (__人__ノ    __,,,,,r'::::::l 荒らしが居ないうちにこっちを盛り上げよぉ
     ̄l_,,,.    ヽ:::::::l     ,r'~ ゝ;ノ
     -''ゝ、 ,,,   ゝノ        /
        ''r':::ヽ           /
        ゝ;;ノ          ヽ
        /             'l
        l              l
        ゝ             ./
        /^'‐-t''''^~ ̄ ̄~^''''t-‐^ヽ
        ~‐‐'~         ~'‐‐~

197 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 08:38:21.15
   ,.、   .,r.、
   ,! ヽ ,:'  ゙;.
.   !  ゙, |   }
    ゙;  i_i  ,/
    ,r'     `ヽ、
   ,i"  _,   _   ゙;
   !. ・     ・  ,! ・・・たいくつ
   ゝ_   x  _n;:''
    /`''''''''''G´。 ,.゚)
    (,!     ゙!っ(,)
    ゙';:r--;--:''UJ
    ゙---'゙'--゙'

198 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 08:42:20.68
     // 1  . {. . .ヽ. . ヽ. . ',. .ヽヽ
    / .:/ ハ: :!: :.:ト、:.:. :\:...l:.. :}: : |_⊥ 、
    j . {: .:{ :l、:l、: :.ト-ヽ、_:..`ヽ、j__イ_つノ
    l 1:ハ.::{ゝl=くヽ:.ヽ トィjr}Tァ┬ァ:.:´|
    |ハ :ヽlァ{トィrj \i ー_'っ /:.イ-、:。:|
     ヽ。ハ^rぅ' 丶 `   ノ', く } }:.ol゚ o
    。  `ハ 。  {ァ´ヽ     ,ー o':.へl お客様の中に元コテの方は
      ゚ ´ノi\  ー'   ィ:;:.ィ/|/゚ 。 いらっしゃいませんか??
   。 o  。 ゚ハヘ;:>ー--<_rv〈、_
         / ̄ヽ \/ll  }l}`'^'ト、
          /   ::Y77l  j l    !_`7
        l, ---::、〉 jl  l   ハゝ-i
        ヽ    Vi    }  ,' ノ, ー_ヽ
          }  , -‐ァl  ノ  / レ´,.- j
        j イ   !l /   /  ハ -,.く!

199 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/08(月) 13:14:50.06 ?2BP(3)
おれ以外のコテは、普段は名無しだよ。

200 :チンカス:2012/10/08(月) 13:16:07.60
熱いバトルをしてた皆さんは何処へ???
と思ったら、こっちは別スレでつね。

こっちの方が心と精神の安定が、、、
落ち着きまつ

201 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/08(月) 13:44:45.07 ?2BP(3)
たれこみがありました。

ここのまとめウィキの
>作品は創元の編集者もチェックしてる

そうです。
それなら、もっとちゃんとした作品のせたのに。


202 :取調官:2012/10/08(月) 13:50:50.31
それでは何かね、
(ドンッと机を叩いて)
記憶喪失君、君は今までの手抜きを認めるというのかね?


203 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/08(月) 13:59:00.20 ?2BP(3)
なろうにのっけてるのは本気だが、
ここの祭りは、テーマにそったちょっと質の落ちる作品が多いよ。

落選祭りはもちろん、本気だが。

204 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 14:24:12.47
本気もそれ以外も全部同じレベルの物しかないじゃん

一番ダメなパターンじゃん



205 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/08(月) 14:28:51.95 ?2BP(3)
>>204
あなた、おれの全部読んだんか?

206 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/08(月) 15:31:23.70 ?2BP(3)
>>204
答えろよ。
おれの何を読んでいってるんだよ。

207 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 15:42:13.35
「まだ本気出してないだけ」は笑い話だけど
「本気出したのに他と同じ」は悲惨すぎる
しかも本人無自覚だよこの反応からすると

208 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/08(月) 15:44:32.65 ?2BP(3)
>>207
どの作品の話?

209 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 15:51:20.59
どの、とかいうほど作品間に差がねーんだよ
読み取れよそれくらい
本気出して書いたのも手抜きして書いたのも同じレベルなんだよ


210 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/08(月) 15:55:17.87 ?2BP(3)
100個以上作品があるのに、差がねえわけねえだろ、アホが。
でなおしてこいや。

211 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 16:01:13.03
100個書いても進歩なしってことになぜ頭が回らない
出直すのはお前だ


212 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/08(月) 16:02:03.03 ?2BP(3)
はあ?
おまえ、その100個を読んだんか?

213 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 16:07:35.92
お前の尺度と世間の尺度は違う
お前の中で1と10くらいの違いを感じるとしても
それは世間じゃ0.1と0.2程度の差しかない

お前の尺度であーだこーだやってる限り一生進歩ないよお前
それでいいの?

人に噛み付く前にいかに世間と自分にずれがあって何を直さなきゃいけないのか
自覚して修正していくことが必要なんじゃないの?

214 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/08(月) 16:08:42.34 ?2BP(3)
だから、おれの100個を読んでいってるのか。
おれの大ファンだな。

215 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 16:12:07.83
逃げの方向にいっちゃったか
こういうやつは大成できないよ
まあ今でも一次落ちだし創元側も分かってるみたいだけど

216 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/08(月) 16:14:45.46 ?2BP(3)
>>215
逃げてんのはおまえだろうが。
おれの作品全部読んでいってる大ファンなのか。
実は、ひょっとしたらそうかもしれないなあと想像しているだけのどうでもいいやつなのかどっちだよ。

217 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/08(月) 16:23:59.49 ?2BP(3)
あれえ?
やっぱり、逃げちゃったかなあ。
うぇっ、うぇっ、いつものことだwwwwwwwwwww
アホだろ、こいつらwwwwwww

218 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/08(月) 16:28:05.33 ?2BP(3)
世間とのズレをなおしてどうするんだよwwwwww
バカじゃねえのwwwwwwwww
どこにも見たことのない変な作品目指しているのにwwwwwwwwww
それがSFだろうがwwwwwwwwwww

219 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/08(月) 16:39:55.93 ?2BP(3)
>>202
ここの祭りに出した作品で、なろうに採用したのは二つだけだ。
あとはボツ。
新生物研究所の逆襲は採用してもいいけど、楽屋落ちすぎるんで、
ここに置いておくのがいいだろうね。

220 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/08(月) 16:44:13.21 ?2BP(3)
「T君の冒険」と「はやぶさ探検隊」だけだと思うなあ。採用したのは。
T君の冒険はできは悪いなあ。
はやぶさ探検隊はわりと自信作。

221 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=34,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/08(月) 17:00:36.56 ?2BP(3)
「軌道エレベータラーメン屋」があった。

222 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 10:03:04.64
ネット上の作品公開だけど、
最近、ツイッターで中小の出版社の人に2回フォローされた。
貴方の作品を読ませていただいたのですが、是非ともウチで、、、などと
コレは噂に聞くスカウトかと内心喜んだけどそうじゃないようですw
フォローすることで相手の興味を自分に引きつけて、
出版社の宣伝をするのが目的の模様。

中小出版社の経営の苦しさというか、ひたむきな経営努力がよく分かったw

223 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 10:25:32.02
フォローし返してやれば?
DMできるようになるから、スカウトの気がなくても、
表に出しにくい話をしてくれることはあるかもよ

224 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 10:50:32.12
フォローは返しましたw
・最初、○○さんからフォローされましたという通知が来て、
・どんな人がフォローしてくれたのかなと相手のプロフィールを確認すると、出版社で編集をしていますとのこと
・更に記載されているリンクを辿ると今まで知らなかった小出版社のHPへ
・つい、何かの縁を感じてメルマガ登録までしました。w

普通なら知ることのない出版社のメルマガ登録までしてしまうと言うことは、宣伝方法として非常に効果的だと言うことですね。
しかも、ツイッターというと互いに興味があるもの同士が集うから、ターゲットに集中かつ波状攻撃をかけやすいw


225 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 11:15:24.84
宣伝もなにも編集者で個人アカウント持ってる人間なんて掃いて捨てるほどおるわ

226 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 11:52:35.73
なんで出版社つとめだったら、フォローしたらスカウトせねばなrなんのw


227 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 12:10:57.31
>>225>>226
お前ら、向こうで苛められてこっちへ逃げてきたのかな?
こっちでも荒らしはお断りだよ。

228 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 12:14:26.01
>>227
エンダーのゲームを読んでからおいで、伊藤さん

229 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 12:37:30.87
煽らないでよ気持ち悪い

230 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=35,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/09(火) 16:47:50.53 ?2BP(3)
キャプテンフューチャーって、名前格好いいけど、

日本語だと、未来船長だよね。

231 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 21:24:26.28
ミステリ新人賞でもラノベ新人賞でも、面白いおススメを言い合ったりはしてるけど
ただ読んだだけで自慢したり貶し合ったりできるSFは、やっぱり文化が異端だと思うね

俺はラノベ1000冊読んだって言われても「ふーん、萌え豚乙」だけど
SF1000冊はなんか自慢げに語るじゃん?しかもそれがまかり通るじゃん?
何故なんだぜ

232 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 21:30:11.38
鰯の頭も新人からって昔の偉い人は言いましてねぇ
ついでに井の中の蛙は何ちゃらとも言ってましたねぇ

233 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=36,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/09(火) 21:44:04.05 ?2BP(3)
ちょっと待て。SF1000冊読めというやつはいるが、読んだというやつは一人もいないぞ。


234 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 21:52:20.03
「読んだから偉い」という風潮は確かに変だよな
本屋で買って読むだけだから、漫画と同じなのにな

235 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 21:53:26.97
>>231
ミステリはSFと同じ文化
1000冊読めどころか過去作品を全部読めです
ハヤカワSFコンテストスレの海外SF既読査問委員さんがやってる踏み絵質問を、
全ての先行作品のトリックに対して行う

ラノベは複数のジャンルを内包してるからそうならないんだろう

236 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 21:57:44.97
ミステリは密室もので濃いマニアがいる(大学のミステリ研とかに)けど
SFはエンタメやキャラものとの交流が薄い分、濃さが半端ないんだよ
カルピス原液なんだ。SFのイベントに行くとマジで実感できるぞ

237 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 22:11:17.49
行ったらラノベの編集者やエロゲライターが来ててラノベ作家がトークしてるわけですけど

SFは他と交流がなく断絶していて濃い、という自己規定をウロボロスのように自己実現しているのでは?
自分の認識通りに見える世界を形作っているのは自分じゃないでしょうか
卑近な例で言えばTwitterのタイムラインのようなもの

238 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 22:18:04.80
いやあ贔屓目にみても現状は……

ライトSFがもっと流行すればいい
一般に売れるSFを!

239 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 22:43:44.76
そんでライトノベルしか読めない子たちをSFに連れ込む橋渡し作品が必要とか議論して鬱陶しがられるのねw

てか、ラノベSFは花ざかりだし、シュタインズゲートなんかも受けてるし、
オタクじゃない一般に売れるSFだってあるにはあるじゃんね
それは拡散し浸透したものであってSFと呼ぶに値しないキリリッってやってるから、ないように見える
孤高の隔絶を望んでいるから、望んだとおりであることにしているんでしょう

浸透拡散してるからSF要素に親しんでもらえるんであって
回収と収縮だっけ?やってこれはSFじゃないSFじゃないと片っぱしから叩きだしたら
ミステリみたいにウザがられると思うなあ

240 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 08:25:28.10
浅田次郎がどう言うかは無視
「椿山課長の七日間」は異世界SFです
「地下鉄に乗って」は時間旅行SFです
と、強引なぐらいに視野を広げることも必要じゃないですか、
排除ばかりしてるとSFがどんどん小さくなります。

241 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 11:06:30.31
エンタメに出てくるライトなSFはあり
ラノベに出てくるSFもあり
でも橋渡しとか無理だからw コアなSFに彼らが
来るとか夢のまた夢ってことだろ

SFじゃないとはいわない
サイエンスフィクションではなくすこし不思議のことだろうな

242 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=36,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/10(水) 13:17:21.41 ?2BP(3)
だから、常識主義を覆すのがSFだっていってるだろうが。

SFのアイデアが常識になったら、それを書いてたら、SFじゃねえんだよお。

243 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 14:04:56.68
おまえの「ぼくが考えたSFのていぎ」とかどうでも良いんだよ
SFは現状と違うことを書くけど、
科学の進歩で常識的に予想される近未来の生活
ちょっときみは思いこみとピントはずれな発言が多すぎる
(小説もそうだった)
とかも書いたりするんだよ

244 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 14:06:03.85
>>241
ほんと排他的だな
SFじゃないって言いたいが突っ込まれないように言葉でごまかしてるだけじゃないの

245 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 14:09:26.56
遠未来を書いてもええんやで

246 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 14:14:30.32
遠未来、地球人類のちんこはどんな変貌を遂げているだろう

247 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 14:36:05.42
動物と違って人類だけが性交渉の際に形状を気にするから
猿だったころに比べて大きくなってるらしいよ
小さい雄は嫌われることによって大きいものだけが子孫を残す(を繰り返すからデカくなる)
アフリカ系のペニスサイズが大きいのは彼らの方が裸でいる歴史が長いから
ただサイズは今の大きめな人くらいで頭打ちになって
(あれ以上の巨大化は雌にとって好ましいサイズを超えるから)
形状の変化に行くんじゃないかな


248 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 14:41:16.43
「現状か、それを少し発展させたぐらいが、一般的に言って最も望ましい最終的な理想形」
という考えは価値の相対化ができていない視野狭窄だと思うよ

月平均気温が24度を越える地域は人間の住む場所ではないと大英帝国人が考えていたように
肌色をスキンカラーと言った日本人が黒人にヘイトスピーチだと言って批判を受けたように
自分の固定観念から逃れられていない

249 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 14:52:41.06
そんなことまで書いてたら長くなるだろ でも書く
膣サイズは巨大化していないからだよ
それでそこで頭打ちだろうなと
たとえばセックスアピールなんだからどんどん巨大化するかと思うと
クジャクのしっぽだってある程度で止まる
逆に生きてくのに不便ならやっぱり子孫を残せないから止まる

250 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 15:58:33.41
男性という性が生殖器のレベルに退化して、
女性の体に取り込まれて<
元男性だった生物は、女性の腹の辺りにくっついてブラブラしてる・・・・・・
ということも考えられるw

ただ、発想の飛躍が要求されるSFにはなりにくい
地球上にそう言う生き物が既に実在するから

251 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 16:03:59.14
>>250
死者の代弁者

252 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 16:10:44.87
>239
逆だよ
シュタインズゲートとかマドマギはファン層のほうが
「これをSFと呼ぶな」って言ってるの

ここ10年くらい、SFを狭く定義するのはSFファンじゃなくてSF読まない層のほうに変わった

253 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 16:28:55.57
SFファンは昔からあれもSFこれもSFって他を取り込もうとして他から嫌われてる感じ

254 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 16:29:17.98
20代〜30代でSFファンを自称してる人々のツイッター読むと分かるけど
いまのSFファンはライトノベルから現代海外文学まで幅広く柔軟に読んでる。
もっと若い大学SF研のメンバーとかになると、
話してみたり会誌読んだりすれば分かるように
ラノベとアニメとギャルゲ、あとアメコミなんかのサブカルが主流で
むしろ海外SFはあまり(ほとんど)読んでない。

90年代中盤の『パラサイト・イヴ』のとき「これはSFじゃない」って
言ってたSFファンは確かにいたし、未だにいるけど、
あれから15年の間に若手SFファンからも排他性を疎まれるようになって影響力はない。
(当然、若い連中はみんなラノベとアニメで育ってきたから偏見がない。)
いまは年寄同士でmixiあたりでひっそり固まってるのがときどき漏れてくるだけ。

SFファンは「これはSFじゃない」と言いたがる、というのは
せいぜい2000年までの化石化した認識でしょ。


255 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 16:32:26.98
>253
だから、最近は「これはSFじゃない」も「これもSFあれもSF」のどっちも過去の遺物なんだって
なんでもジャンルSF中心に考えるSFファンというのはほぼ絶滅していて
いまの若いSFファンは数あるジャンル・メディアのなかの一要素って感じでSFを捉えてるよ。

256 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 16:57:33.82
>>255
いやSFファンは40代以上を中心に何千冊も読む勢いで生き残ってるぞ

257 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 17:35:48.91
どうだろうな
このスレの海外SF君もガンダムの話には乗ってただろ?
切断処理ばかりする偏見まみれの高齢ファン、アニメで育って偏見のない若いファンという風に
綺麗に二つに分けられるものではないと思う


258 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 18:05:05.69
たまに顔を出す、1960〜70年代をリアルで知ってるジジイワナビですがww

>SFファンは「これはSFじゃない」と言いたがる、というのは せいぜい2000年までの化石化した認識でしょ。

ジジイをなめんなよ。
当時の連中は、宇宙戦艦ヤマトのような荒唐無稽な話しを受け入れているし、現在のラノベの感覚でジュブナイルも喜んで読んでいた。
昔の人間が排他的だったというのは認識が違う。

259 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 18:05:54.66
話しがズレるけど、
祖父の時代から東京生まれだということを鼻にかけて、地方出身者を馬鹿にする自称江戸っ子がよくいるだろ。
人より偉くなりたいというのは誰でも思うことで、人として理解できるんだけど、
粋やいなせという精神から言うと、誰かを見下して優越感に浸るなんて最高にかっこわるいことで、
そんな奴は、それこそお江戸の流儀も理解しないハンチク野郎なんだな。

話を戻すけど、
ラノベを見下す連中も一緒だよ。
数多くの作品を読んだとか、マニアックな作品を読んだとかいうことを鼻にかけて威張ったり、
ラノベを叩いて優越感に浸る奴は、エセ江戸っ子と同じで、SFの寛容的で自由闊達な精神が理解できていないまま、
上っ面の知識でしかめっ面して、偉そうにSFを語ってるんじゃない?


260 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 18:20:21.56
>>259
お前こっちに逃げてきたのか
好きなSF挙げてみろって言ってんだろ
SFの慣用的で自由闊達な精神以前に、お前SF読んでねーじゃん

261 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 18:22:42.13
>>259
こいつ、ハヤカワSFコンテスト専用スレで、
好きなSF挙げてみろって言われてそれすら挙げられず、

>SFの寛容的で自由闊達な精神が理解できていないまま、

こういう漠然とした文言で他人に説教してチンコしこってるアホだから
SF読まない単なるワナビらしい

262 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 18:47:08.91
>>260>>261
>>259のジジイだが
向こうのスレも読ませてもらったが、
向こうは荒れたい放題荒れて、住人たちは誰が味方か敵か分からなくなって混乱してるだろ。
勘違いするなオレじゃないという、誤爆の犠牲者の声も出ていてそれも無視されてるな。

私は向こうで君に絡まれた覚えはないよ。
発言者を特定して議論したいなら、コテを使え、コテを使わずに議論するなら、
>>XXXの書き込みを勝手に決めつける馬鹿馬鹿しさを悟れ。

これ以降、このスレを荒らす君の書き込みはスルーさせてもらうよ。

263 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 18:54:45.84
>>262
誤解しないでくれとか言ってる奴がそもそも俺の騙りだからな
決めつけてるばかばかしさとか言ってるが、
お前もそうやって何の確証も無いのにあれが本当に自演された本人の嘆きだと思い込んでるじゃん

264 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 19:11:26.35
>>258
なるほど
昔からいる人間が総じて排他的なのではなくて、
昔はよかった今の若者はと声高に叫ぶ排他的な老害が目立っており、
そうでない人間は普通に混じって楽しんでいるから目立たないんだな

265 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(4+0:5) :2012/10/10(水) 22:48:16.79 ?2BP(3)
二十代のSFファンも、ラノベ好きとラノベ嫌いにはっきりわかれます。
性的なものは好き嫌いを激しくわけます。

266 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(5+0:5) :2012/10/10(水) 22:49:46.27 ?2BP(3)
おれはSFファンの議論で、相当なマニアの議論が、
結局は、映画「エイリアン」の半ケツが素晴らしいということなので、

性的な要素を否定はしませんが。作っていて、そういう要素は別に人気がでません。

267 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/11(木) 01:31:47.81
おい、面白いことになっているスレがあるぞ。

何でお前ら自費出版しないの?
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1335842399/



268 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=38,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/12(金) 11:35:00.73 ?2BP(3)
◆小説
「後ろで大きな爆発音がした。俺は驚きながら振り返った。」
◆ケータイ小説 
 「ドカーン!びっくりして俺は振り返った。」
◆ラノベ
「後ろで爆発がした。どがあああん。死んだ死んだ死んだ死んだ死んだ死んだ。
ぼくは彼女を救えない無力感をかみしめながら、振り返った。」
◆山田悠介
「後ろで大きな爆発音の音がした。俺はびっくりして驚いた。振り返った。」
◆荒木飛呂彦
 「背後から『爆発』だアァァァッ!これを待っていたっ!振り返ると同時にッ!すかさず叩きこむ!」
◆星新一
「背後で、N氏が爆弾を爆発させた。爆弾は核兵器であり、一個の都市が消えてなくなった。
おれは驚いて振り返った。」
◆村上龍
「背後で爆発がした。爆弾を仕かけたのは奥田珠子という若い女で、
彼女は十代で父親に虐待されて育ち、耐えきれなくなって家出をして、
よりすがった男に使い捨ての道具のように捨てられたため、自分を追い込んだ社会への復讐として
爆弾を仕かけたのである。爆弾は爆発し、俺は驚いて振り返った。
◆村上春樹
「背後で爆発がした。やれやれ、爆発とはもっと存在することに対して誠実であるべきだと思うのだ。
ぼくは図書館の女とセックスした。ぼくは驚いて振り返った。」
◆京極夏彦
「背後で爆発がした。爆発ですか。男が問う。爆発です。女が答える。
ならば、振り返りましょうか。男が迫る。あら、振り返ってもよろしいのでしょうか。女が退く。
よいのです。男はいう。では、振り返りましょうか。女がけらけらと笑った。
そして、男は振り返った。」
◆舞城王太郎
「背後で爆発が起きた。爆発したら、ぼくの体がふっとんじゃうとか、ぼくだけじゃなくて彼女もただではすまないとか、
だったら、ぼくは彼女を守らなければならないだろう、彼女の体がぐちゃぐちゃのひき肉になるのを、
黙ってみすごしていたら、きっと信じてもいない神さまか何か、悪い子に罰を与える閻魔大王みたいな人に怒られるのだと、
ぼくは思いながら、驚いて振り返った。」

269 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=38,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/12(金) 11:36:03.11 ?2BP(3)
おれが作った爆弾コピペ。

どうも、今までコピペの文体模写が気に入らなかったので、作ってみた。
評価してほしい。

270 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/12(金) 21:14:56.76
◆ケータイ小説 
 「ドカーン!バキッ!ドゴーン!そっちを見た。」

これ位にクリエイティブでスピリチュアルなセンスティブ文章でなければ
ケータイ小説とは呼べんのではないかね?君?

271 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 09:08:52.77
いま、別スレで話題になっていますけど、
こちらのスレはコテを自由につけても良いんですか?
それから
SS祭りって何ですか?

272 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=39,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/13(土) 09:58:09.45 ?2BP(3)
コテつけるのは自由だよ。

というか、ハヤカワスレにコテ禁止だなんてルールはないよ。
あれは創元の先入観で誰かがいってるだけ。

SS祭りは、時々、開催されるSF掌編をまとめウィキにのっけるイベント。

273 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 11:54:17.35
>というか、ハヤカワスレにコテ禁止だなんてルールはないよ。

ということは、
お前はコテを使うからじゃなくて、
その性格の悪さで叩かれてることが分かってるんだなwww

274 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=39,xxxPT】(4+0:5) :2012/10/13(土) 12:21:51.88 ?2BP(3)
>>273
おまえみたいな、頭の固いやつに叩かれているんだよ。


275 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 13:55:32.34
コテの話題はハヤカワスレでさんざん聞いたから、
こっちはちゃんとSFの話をしようぜ。

創元SF短編賞とハヤカワSFコンテストって、短編と長編という違い以外に、
原稿用紙100枚前後の部分でビミョーに重なるテーマも出てきそうだけど、
住み分けはちゃんと出来てくるのかな。

276 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 14:05:41.54
住み分ける必要性は別にないんじゃね?

ハヤカワは審査員の賞絡みの発言を見る限りは明確にSよりFだが
じゃあ創元はS寄りかっていうと、想像力を見た感じではそうとも限らない

277 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 16:06:42.25
みんな、創元社とハヤカワのどっちの応募に絞るのかな。
それとも、両方狙って応募するのかい?

278 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 16:25:02.45
俺は四月末締め切りのファンノベの原稿も書きたいから、
創元とハヤカワの両方は無理だわ。
とりあえず、SFはハヤカワに絞って応募するつもり。

279 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 17:05:03.55
電撃にも出したいから創元だけかなあ
〆切時期が一致する長篇賞に書いてる時間的余裕はないわ
SFとして出すと狭いSFファンにしか届かないが、ラノベとして出せば広範囲に届く
だから本命はあくまで電撃

280 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 15:45:44.64
創元SF短編賞、ハヤカワコンテストにはそれぞれ専用スレがあるので
各賞独自の話題はそちらで、ということを徹底するために本スレの名称を
「SFワナビ総合」に変更することを提案します。
実際の改名は新スレ移行時だから先になるけど。

281 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 16:03:31.43
スレの構成案1
・ハヤカワSFコンテスト
・創元SF短編賞
・SFワナビ一般

構成案2
・SF新人賞一般
・SFワナビ一般

場合により次のスレを追加
・SFワナビ執筆

単にワナビスレを新設すればいいような気もしてきた

282 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/14(日) 16:40:00.71 ?2BP(3)
いちおう、おれの意見としては、SF新人賞スレは、このスレが
創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト
のスレタイで一個あればいいというものです。
他のスレの都合でこのスレのスレタイを変更しないでください。

283 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 16:45:28.06
>>280
そもそもここは「SF新人賞総合スレ」だ
頭の悪い>>が勝手に、もっとも省いてはいけないところを省いただけ

今回のスレタイは悪く言えば個人の暴走、良く言っても手違いにすぎない
次スレは当然、SF新人賞総合スレPart22で立つ

284 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/14(日) 16:50:44.86 ?2BP(3)
>>283
今までのスレタイを全部見て、そういってるの?

285 :281:2012/10/14(日) 17:06:48.66
提案しながら思いついたのですが単にワナビスレの新設でいいのかなと。
各賞+新人賞総合が林立していいのかという話からも独立できるし。
私の意図は、コテのあるなしに関わらず作品晒しながら賞応募に挑める場の
確保だったりします。

286 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/14(日) 17:14:25.14 ?2BP(3)
>>285
それはここだよ。

287 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/14(日) 17:18:45.22 ?2BP(3)
創元SFでこのスレを出て行ったのは、作品をさらしたくないやつら。
ハヤカワSFのスレが立ったのは、このスレを知らない人がたてたんだろう。

288 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 17:46:22.78
また一人議論でスレ乱立ですか
まとめwikiにログも格納されない荒らし専用スレ

289 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 17:52:48.04
>>285-286
記憶と意見が一致するなんて心外だが、まさにそれがこのスレだな

290 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/14(日) 18:00:05.55 ?2BP(3)
まあ、おれは冷静に考えたら、

創元・ハヤカワ■SF新人賞総合スレ

のスレタイもありかなと思ったぜ。おれ以外の住人がどういうか知らないけど、
むしろ、おれ以外の住人のが権力強いから、
その人たちに了解とったら、こういうスレタイに変えてもいいと思うよ。

291 :ヨコハマ買いだし:アルファ:2012/10/14(日) 20:04:23.53
一ヶ月前の荒れ具合が夢みたい。
今はゆったり時の流れる人のスレ
この一年で世の中もずいぶん変わったわ。
時代の黄昏がこんなにゆったりのんびり来るものだったなんて。
私はたぶんこの黄昏の世をずっと見ていくんだと思う。

ということで、
みなさん、自由な批判はアリだけど、口汚く蔑むのは無しね。
アレはダメ、コレもダメじゃなくてあるがままに受け入れましょう。
福島SFも入れてくれると嬉しいな。
http://www.youtube.com/watch?v=CB6TokMJC0k

292 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 20:15:43.01
こっちは、アルファさんが降臨しとるw

293 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 20:17:55.21
>>291
そう言われると、創元とハヤカワの話題ばかりで
福島SF童話賞の話題は出んわな

294 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 20:55:52.29
SFの童話っていうと
ドラちゃんが頭にこびり付いて離れられる気がしないなぁ
というか子供向けって言われると思いつかんわ

295 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/14(日) 21:43:15.24 ?2BP(3)
童話の制限とか書いてほしいよな。
・エロ禁止
・殺人障害禁止
・犯罪禁止
・児童性愛禁止
とかいろいろあるでしょ。

おれは自分の書くものは、子供には難しすぎると思ってるので、
童話向けといわれてるけど、童話には応募しない。

296 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 01:18:03.54
難しい話(教訓じみた話)を子どもにも分かりやすく書くのが童話の王道では?
まぁ、記憶のは童話以前に読み物として読者を想定していない書き方だから無理だろうけども

297 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 05:30:19.49
佐藤さとるって童話作家がファンタジー童話の名作を何作も書いてるけど、
童話とファンタジーはしっくり合うよね。
科学と童話となると>>294が言うようにドラちゃんとか、
21エモンみたいな藤子不二雄ワールドかな。

298 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 07:48:32.94
佐藤さとるはファンタジーでもあるけど
電気工作のデテールをがっちり描いたり
二乗三乗の法則を持ち出したり
睡眠暗示を利用したりと
ハードSF要素もたっぷり備えてる人だと主張したい。

福島賞は二回応募したよ。

299 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 09:27:07.92
童話という視点で考えたんだが、
ハヤカワSFコンテストを議論する時に、伊藤計劃のSFを目指してってネタが出てるよね。
でも、ハヤカワの求めるものが「伊藤計劃という作家本人」ではなくて、
「(伊藤計劃、円城塔、冲方丁、小川一水など新世代の作家が新たな視点でSFを見せてくれたように、)
次は、伊藤計劃らに変わって、新たなガジェットや視点で新たなSFを作る人」を求めていると解釈は出来ないかな?

すると、
ハヤカワに童話の視点でSFを描いた作品もカテエラじゃなかったりして


300 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/15(月) 09:34:50.93 ?2BP(3)
童話も書きたいけど、
童話ばかり書かされることになると、体制との戦いという不毛なことに熱中しそうなのでやめておきます。

301 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(4+0:5) :2012/10/15(月) 09:43:02.34 ?2BP(3)
おれ、筆名、蜘蛛塚拓馬にしようかなあ。
こっちのがいいなあ。
受賞したら、筆名変えよう。

302 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 12:28:09.26
スレチだったらスマン。
みなさん、何かの音楽を聴きながら作品を書いてますか。
何か執筆が進むような音楽があったら教えてください。
ちなみにオレは、加古隆の「青の地平」とか、「大河の一滴」などを聞きながら書いてます。
http://www.youtube.com/watch?v=qE-v9iTGePg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=bow-SpDwIII

303 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/15(月) 12:41:10.27 ?2BP(3)
作業用BGMをようつべで聞きながら2ちゃんやってるね。

最近のPCはCDを読み込まないから、音楽がPCで聞けないのは苦痛。

おすすめ作業用BGM

テンションを上げたい人の為のボス戦神曲メドレー
http://www.youtube.com/watch?v=mpK88YvGenY&feature=related

【厳選】私的作業用ボカロメドレーU
http://l.moapi.net/http://www.youtube.com/watch?v=P1qIu00nuSs

作業用BGM ファイナルファンタジー1〜10全戦闘曲集
http://l.moapi.net/http://www.youtube.com/watch?v=CLXEcDfI1aI&feature=related

304 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 14:59:28.33
>>299
いや、出来ないかな?じゃなくてさ
普通ならそういう意図でしかありえない、それが当たり前、というのがまず前提にある

だけど、伊藤計劃は早く世を去ったことで神格化されている
塩澤快浩は伊藤計劃の三本目を他社に持っていかれたのを
今でも悔やんでいるし(それがこの賞の応募規定にまで影響している!)
神林長平は伊藤計劃の霊を呼び出して対話するイタコ作品を書いている
これじゃあ、伊藤計劃本人を求めていると取るしかないってこと

305 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 17:02:21.02
そのように神格化できる存在が欲しい訳だから
伊藤のようなものを書くのではなく
伊藤のように死ぬ作家が欲しいのでは?

306 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 17:19:54.34
伊藤計劃の後継者と目されるワナビが
一作品をものにする直後に次々と死んでいくというのはホラーだな

307 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 18:37:50.52
確かに傑作2、3本書いて死ぬ作家が欲しいかも

308 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 19:18:00.75
SFじゃなくミステリーで一本書けそうだな

309 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 21:16:04.13
若いSFの書き手で売れっ子は伊藤ぐらいだったからね
次のスターを欲しがるのは仕方ない

それでも審査員の言及が偏り過ぎだとは思う

310 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 21:55:34.77
ただ、ハヤカワが伊藤計劃を求めているとしても、
オレを含めたワナビが伊藤計劃のマネをして伊藤計劃並の作品を書くなんて器用なことは無理だよね。

やっぱり、自分の得意なネタで全力を尽くす方が良いのかもね。
って、以前誰かが言ってたね・・・・・・

311 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 22:08:09.36
オリジナルで書いたって自分一人の力量分のものしか書けないだろ?
パトレイバーやメタルギアソリッドの世界で二次創作を書いて、
固有名詞いじくってオリジナルにしてしまえばいいんだよ
そうすればしっかりした世界観を借りた自分の作品が出来上がるわけだ
結局、虐殺器官にしても機龍警察にしてもそうじゃんか

312 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 22:44:30.49
SFは集合知と集合的無意識で練り上げるジャンルだからそれでいい
もちろん、盗用になる完パクは不可だが

313 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 22:46:40.35
ちょ、メタルギアのゲームデザイナーが最終選考する賞でかw

314 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 22:52:12.26
小島秀夫が問題視するなら伊藤計劃を許さないはずだね
MGSのSSをオリジナルに発展させて発表した伊藤計劃を評価しているんだから、
世界観の借用は許されるってことだろう
まずいと思うなら攻殻やサマーウォーズでもパクっときゃいいんでね

315 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 00:01:21.26
確かに先人の二番煎じは楽で良いけど、

オリジナリティってどうやって作品に付け加えてるの?

316 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 00:18:01.18
オリジナリティってそもそも何、という話になりそうな。
でもまーMGSの世界観借りて固有名詞替えてー
って「だけ」じゃないから伊藤計劃は評価されたんだと思うよ。

先人から借りた材料の中から何を立ち上がらせたかってのは
芥川の「蜘蛛の糸」だって馬琴の「南総里見八犬伝」だって同じだろう。

317 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 00:32:41.31
思うんだけどさ
人それぞれだからオリジナルっていうんじゃね
こうやると良いよってのがあったら
もうそれはオリジナルじゃない

じゃ自分独自のオリジナルの付け方がさっぱり思いつかなかったら?

それは要するに才能がないってこと何じゃねーの
浮き輪(何らかの浮力を上げるもの)ないと
泳げないなら水泳大会とか無理だよ
ってことだろ

でもさ注意して本読んでると
おおこれ良くあるタイムパラドックス物なのに新しい
とかあるよね
あと、XXXすればちょっとは新しいよな
くらい思いつくと思うんだけど
それわからないと「伊藤も○○○の2番せんじだから
2番せんじで良いんだよw」とか言い出す人になって
そして落選する

318 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 01:02:57.68
北米・ソ連・中東という米軍の目に映る世界「以外」を描こうとしたのが伊藤計劃で
米軍の目に映る世界の方はMGSを借りればよかったし、それで重厚に見えている

319 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 03:00:34.41
いかんな。自分が書いてるものは近未来の戦後なのだが、
これをSFと読んでいいのだろうか現象に陥った。
一か月に一回ぐらい来るんだよね

320 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 06:05:55.16
オリジナリティの付け加え方
@切り口や視点の新しさ。例えば、子どもとは無縁に見える居酒屋で、主婦の立場に立ってみて、一見場違いな子ども向けメニューを提供する。すると、今まで来なかった主婦層が子ども連れでやって来るようになるとか。
A材料や調理方法の組み合わせ。フランス料理ベースに日本料理の素材や調理方法を持ち込んでみるとかいうこと。
Bスパイスの利かせかた。店の秘伝のたれとか、客層に合わせて塩加減やスパイスの種類を変えるとか

SFじゃなくてすんません。熾烈な競争に晒される外食産業のメニュー開発の事例でした。w
ただ、基本的な考え方として、小説にも応用できると思いますよ。

例えば、
@は>>318さんがいう伊藤計劃で、
Aは>>293辺りで出ているSFと童話の組み合わせのようなもの。ユーモアーのある語り口や登場人物で一見すると合わないハードSFと童話を融合させてみるとか、
Bは、誰でもガンマニアとか宇宙ヲタとか自分の得意分野ってあるでしょ。その得意分野の知識を駆使して、嫌味にならない程度に専門的知識を混ぜて作品に独自の味付けをする。

とかね。

321 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 06:13:51.22
>>319
おおっ、同志よ。w
オレもよくそういうことがある

322 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 06:45:47.34
スナッチャーは遊んだけどメタルギアシリーズは遊んだことないや。

伊藤計劃ってメタルギアの要素の人なの?
虐殺の言語とか面白えーと思ったよ。
描写はガジェット色々突っ込んでたけどあくまで飾りで
現代的な(アニオタ文化育ちの)神林みたいな印象だった。

323 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 07:51:50.69
しかし、本音を叫ぶけど・・・・・・
創元社もハヤカワも、ラノベを見習って
せめて一次通過者に評価シートを出せよぉ

って、切実に思わんかな?、君たちも。

324 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 08:00:03.06
評価シートはさすがに無理かもしれんけど、
ファンノベの審査員の選評とか
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/24/selection.html#contentAnchor1
Cノベみたいな対談形式の講評とか
http://www.c-novels.com/grand_prix/report/921.html

こんなのを掲載してもらうと、非常に参考になるよね。ハヤカワにも期待したいな。

325 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 08:17:54.32
スレを遡るけど、音楽+ゲームクリエイター小島秀夫ネタで、w
>>302
オレは、ファルコムやウルフチームの音楽聴きながら書いてるよ。
http://www.youtube.com/watch?v=JKQ94EfIFbA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=qYElgHUk7_g
いやぁ、PC88が懐かしいわ。

326 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 15:15:11.24
評価シートはくれる賞に出した経験からすると
無難なことしか書いてもらえない読んだ証明でしかないとは思った。

選考側が理想的な選考者でいられるとも思わないけど
疑心暗鬼対策なんかにコスト割かなくていい気はする。

創元は最終選考会議録を出すしあれくらいやってくれれば不満はないかな。

327 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 17:07:04.89
よし、星海社を見習って座談会しようか

328 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 19:36:21.60
星海社で検索した。
http://www.seikaisha.co.jp/

なんじゃ、この馬鹿高いラノベを売る出版社わぁ???ってメニューをクリックしてたら
会社として新しい試みに挑戦するぞーと言う雰囲気は感じたんだけど

その座談会ってどこで読めるの?

329 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 23:04:25.01
星海社 座談会 大田
でググれば概要は掴めるよ
まぁちらっと見ただけで出す気が失せると思うけど
これ以上はスレチ

伊藤計画のような作品って時点で
例え十年に一度の作品を送ったとしても色眼鏡に掛けられることは間違いないし
二番煎じってことで評価は下がる
フィクションの在り方を変えた人のような作品が欲しいんであって
同人みたいなものが受賞するわけないでしょと思う

330 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 06:48:35.98
>>329
ありがとう。
耳にしたことのない会社だなと思ってたら、Web制作をしてる会社なんだね。
アルファポリスもそうだけど、Web制作している企業が出版まで手がけるケースがあるね。

創元社もハヤカワも既存の出版社は伊藤計劃とその作品にこだわりまくりだけど、
新たに出版に進出してきた企業の中には伊藤計劃にこだわらない企業も出てくるのかな?

331 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 07:53:18.17
ワナビたち諸君よくきけ
おまえら勘違いしてると思うぞ

伊藤伊藤っていうが伊藤風を求めてる所なんか
1社もないと思うぞ
伊藤のポジションになれる人を求めてるだけじゃね
そう言う意味で伊藤を探してるだろ?ちがうか

反論あればくれ

332 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 08:01:54.53
伊藤計劃そのものを求めてる根拠は何度も出てますんで
過去ログ読んでね

333 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 08:06:30.59
>>330
ちげえ
ただの講談社メフィスト別働隊だ
紐付きの会社だよ

334 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 08:18:08.32
伊藤計劃の作風を系譜にした
次の世代が欲しいってのはそりゃ当たり前だ

>>332
それはキミにしか通じない根拠だと思う

335 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/17(水) 08:30:40.44 ?2BP(3)
おれは、おれの作品をさしおいて、伊藤計劃程度の作品が受賞するなら、
もう、SF業界なんて、知らねえ。

336 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 08:35:11.82
>>334
分かった分かった
3本書いて死んで伝説になってくれる作家が欲しいんだよな

337 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 13:56:12.40
余命一ヶ月の花嫁はどの世界でも欲しいんだよ


338 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 20:43:44.85
「他に誰か死ぬ奴はおらんのか」

339 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 21:13:34.82
>>335
伊藤計劃の足元どころか地下300mくらいに差があるのにな〜に言ってんだコイツは


340 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 21:18:04.22
正直、伊藤計劃が素人+300mもの高みにいるとも思えないのだが

341 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 21:30:50.43
伊藤計劃なんてたいしたことないんだよぉ〜って言い続けたら受賞出来るとでも思ってんのか



342 :大阪市長:橋○徹:2012/10/17(水) 21:36:23.37
君たちはいつもソレだ。
人の意見を否定してるだけじゃないか。
だから、荒れるんですよ!!
大阪だけじゃなくて2ちゃんも教育改革が必要だと思いますよ。

議論したければ、誰かの話を馬鹿にしたり、否定したりしているだけじゃなくて、
対案を出して欲しいですね。

343 :大阪市長:橋○徹:2012/10/17(水) 21:37:40.24
ちなみに朝日は大嫌いですよ。

344 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 21:52:17.05
海外もそのRPキャラやめろよ、うぜえ

345 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 21:55:05.95
>>341
伊藤計劃の虚像が実際より持ち上げられすぎていて
大したことある作家というよりも、無謬の神扱いでしょう

そこに及ぶのは、伊藤計劃本にであれ伊藤計劃越えの新人であれ、
全く不可能なことじゃないかと

346 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 22:27:40.46
「こういうのが欲しい」って具体例挙げるとほんとにそればっかり送られてくるんだけどなー

347 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 23:01:57.45
4人中3人が伊藤計劃そのものを求めている
しかし仮に、伊藤計劃の未発表原稿が送られてきたとしても
伊藤計劃の足元にも及ばないと言って捨てられるでしょうね
どうしろと

348 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 23:03:03.24
送ったら死ねちゅうことや

349 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 23:23:07.51
神格化された伊藤計劃級を求めている大賞本賞は絶対に出ない事を前提に
東浩紀単推しを狙うのがベターかと
狙うなら、ね
戦後初めて災害に遭遇した3.11後の日本で家族に回帰する話書いときゃおkpk

狙わないなら好きなの書いて送ればよし

350 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 07:57:09.64
いつまでも伊藤計劃ネタでループしてるけど、そろそろ別ネタで

みんな伊藤っぽいものにこだわるかどうかは別にして、
どんなSFジャンルで書いて応募するの?

オレは人の目が宇宙に向いている隙間を狙って、
クラークの海底牧場とか、星野之宣のブルーシティみたいな海洋SFに回帰するつもり。

351 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 09:51:23.39
え? もはや誰も宇宙ものなんか書かない隙間を狙って逆に宇宙ものだが

352 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 12:39:53.29
オレは「電脳+鴨川ホルモー」とでも言った感じかな

353 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 12:43:06.34
以前、誰かさんwwが言ってた「(誤)地球は美味しいヨーグルト」ならぬ、
本家の「地球はプレインヨーグルト」みたいなカジシンの後継者を狙う奴は居ねぇの?

354 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/19(金) 16:47:42.74 ?2BP(3)
>>353
おれはもうそういう作品は書いた。掌編だがね。

355 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 23:25:38.83
記憶氏の長編ってみたことないな。中編もない
アイデアだけで文体や台詞に全く気を使ってない掌編だけ載せてるから、実力が見えない

356 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 23:46:26.90
でもハヤカワに送る気なら最低百枚は必要なんだから
「出さないことにした」とか逃げの言い訳しない限りはこれから書くんじゃね?

357 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 23:54:50.13
100〜800って凄い幅だよな
受賞作はさっさと刊行して話題作りたいだろうから
編集部的な立場からすると、さっさと一冊出せる分量の方がウケが良さそうだ

358 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/20(土) 07:17:17.14 ?2BP(3)
>>355
例えば、中編だと「黒の帝国」ですね。

「黒の帝国」
http://ncode.syosetu.com/n8392k/

359 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 07:33:05.45
長編なら受賞作が当たれば前後賞まで付いてくるみたいな感じになるが
中編じゃ3本で1冊出せるようにサービスしただけになるからな

360 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 07:52:45.82
>>358

相変わらず読み手に絵が浮かばない話を書いてるんだな
これが俺の文体とか言わずにちゃんと描いたら?
2段階くらい見栄えが良くなると思うけど
話しも長くなるだろ
(君が掌編ネタだと思っているいくつかは短編のものだぜ
ショートショートの切れがないし)

これさまるで絵本の世界だぜ、おじいさんおばあさん桃太郎の絵があって
細かい描写はない 絵を見ると描いてあるみたいな感じ
君はアニメから入ってるから小説をわかっていない

もしくは舞台を現代の東京とか学校とか
描写が足りなくても読者が補える場所にしたら?
こういう世界を作り込む系のSFって、
もう、うんざりするくらい周辺描写してるのが普通だから気にして読んでみ

361 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 08:11:21.75 ?2BP(3)
>>360
>もしくは舞台を現代の東京とか学校とか
>描写が足りなくても読者が補える場所にしたら?

現代地球劇を書けということか?

>こういう世界を作り込む系のSFって、
>もう、うんざりするくらい周辺描写してるのが普通だから気にして読んでみ

それはあなたの気のせい。
具体的な作品名は何?

362 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 08:47:21.94
気のせいじゃねーよw 
お前に描写が足りないって言ったの俺だけじゃねーじゃん
そいつらすべてが気のせいなのかよw

つーか、なんだよ具体的な作品って、そこがすでに勘違いだ 
すべてだよ、もうちょと合っても良いかなってのもあれば
おおすぎてうんざりもあるだろうけど
(昔の未来モノSFとか未来アイテムを書くのに必死だよな)
それでもすべてのプロの作品があんたより
周辺の書き込みがある
つまりすべてだ

あれだろアニメとかばっかみてるから気がつかないんだろ
アニメは文ではなく絵で描いてあるからはしょってるんだよ



363 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/20(土) 08:54:26.78 ?2BP(3)
>>362
「トリフィドの日」がそんなに情景描写の多い作品だとは思わないけど。

364 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 08:56:11.89 ?2BP(3)
>>362
きみがアニオタなのと、おれの作品は無関係だ。

365 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:08:06.09
>>362
具体例くらい出せないと説得力なくなっちゃうよ

>>363
情景というか描写の魅力なら
バチガルピ「ねじまき少女」とかどうだろう
割とオーソドックスなアイデアで
キャラと構成とデテールで読ませてくれる

想像だけど記憶氏は読む時も描写はすっ飛ばし気味なのでは

366 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 09:18:12.65 ?2BP(3)
>>365
「ねじまき少女」は読んでないからなあ。

というか、そんなに「黒の帝国」つまんないかあ?

367 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:19:26.70
記憶さんにそんなミーハーな作品挙げるなよキレられるぞ

368 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:22:42.58
ねじまきはやめとけw
ニンジャスレイヤーでも読んでた方が、意図的にやってる分まだまし

369 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:29:10.59
SFとしてつまんないかの評価はできる立場にないけど、これ脚本かプロットだろ
○○するトマトレッド。ターコイズブルーがが○○する。
小説の表現としては足りないよ
控えめに言っても、味気なさすぎる

370 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 09:39:15.47 ?2BP(3)
>>369
具体的に、どの描写をどう変えたらいいの?

371 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:44:09.71
そもそも具体例を挙げる必要性を認めないほどスッカスカなんだが

お前ガリガリだけどもうちょっと肉付けたほうがよくね?このモデルみたいに って言ってんじゃなく
お前骨じゃん。スケルトンじゃん。骨格標本じゃん。 ってぐらい

372 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:44:41.36
べつに描写の魅力ある作品から学べって話じゃないだろ
具体例なんか上げなくても記憶の小説見れば
なるほど足りないねって思うだろ
それ以上の説得力なんかいらないよ

>>369氏も言っているように小説として足りなすぎるんだよ
プラスになる小説を読んで伸ばせって事じゃなくてマイナスだよ
せめてプラマイゼロまで書けよって指摘なのな


373 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:46:59.34
代名詞使ってみようか

374 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 09:47:51.85 ?2BP(3)
おまえら、みんな、具体論がないじゃん。

375 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:48:06.19
ほらみろw
>>371もまるで俺の自演かと思うくらい同じ意見だ
比喩が違うだけ

376 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 09:51:23.12 ?2BP(3)
おれの粘着のいないところで意見を聞くと、
「黒の帝国」は
ハッピーエンドで終わらせてほしかった、
書き出しはすごく面白そう、
というような意見なんだが。

377 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:52:37.30
>>376
そもそも純粋な読者であるなろう民からの感想がゼロの空気作じゃん

378 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(4+0:5) :2012/10/20(土) 09:53:10.28 ?2BP(3)
いちばん具体的だったやつの意見によると、
「黒の帝国」は、
読んでて爆笑した。だが、決闘の場面で、だからぬるいんだと思っていたら、
衝撃の展開が待っていた。

という感じだったのだが。

379 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:53:12.66
もっと書けって言うだけで十分具体的じゃね
こんな風にとかXXみたいに、とか出すと
あんたあれだろ
全く作風が違うとかXXの劣化コピーになるだけとか
(質ではなく量の話してるのに)
文句付けて勝った気になって話し終わらそうとするんだろ
だから具体、具体っていう
話しすり替えるためにその具体例を叩く気まんまんじゃん

380 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(4+0:5) :2012/10/20(土) 09:55:34.11 ?2BP(3)
具体的に描写の足りない場面をコピペしてくれよ。

改良案まで出せとはいわない。

381 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(5+0:5) :2012/10/20(土) 09:57:13.24 ?2BP(3)
おまえらの意見、>>369を除いて、読んでなくてもいえる文句ばかりだろ。
参考にならないよ。

382 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:57:40.95
>>378
その具体的な意見って実は自分で書き込んだものだったりしない?

383 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 09:57:48.16
具体的って、こいつ中身について語ってほしいんだよ
料理になっていない、とかじゃなく
良い素材だねとか、後味が良いねとか言って貰えると思ってる

器に盛れよwとか味付けしろよw (生食する食い物じゃないのに)生だろこれw
って言われるのは具体的じゃないと思ってる

384 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(5+0:5) :2012/10/20(土) 09:59:08.26 ?2BP(3)
SFに対する意見もまったくないし、参考にならないよ。

385 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(5+0:5) :2012/10/20(土) 10:02:01.46 ?2BP(3)
こいつらが具体的なコピペをなしで話を終わらせるに、
腕立て10回をかけるぜ。

386 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 10:02:18.22
お前の中でトマトレッドとかの絵って浮かぶの?
へたくそでも良いからイラストとか描ける?

SFの意見ってあんた料理じゃねえモノに
和食としてどうかとかあると思ってるのかね

387 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(5+0:5) :2012/10/20(土) 10:04:23.72 ?2BP(3)
トマトレッドは、赤く光る一色の人形だね。絵は浮かぶよ。

388 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 10:04:50.18
>>386
それはあれだろう、光学生命体なんだろう
ほら、銀河ヒッチハイクでウェイターが緑色の光だったじゃん?
ああいう感じなんだと思っていたが

389 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(4+0:5) :2012/10/20(土) 10:07:10.71 ?2BP(3)
「黒の帝国」は2ちゃんで、みなさんをモデルに動画をつくりたいといってた芸術系学校の学生さんが、
作った動画をイメージしていて、

ただ単に、少年が少女を守ろうとして強い悪役にはばまれる動画だったから、
どうせなら、おれが脚本を書いてやろうと思って書いたものだよ。

390 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 10:08:12.34
描写が足りないところをコピペ?
まだ勘違いしてるぞおまえ
描写が足りない部分があると思ってるだろw
ちがうよ全部だから誰もしねえんだよ
人型ってどんなだよ? 
サイズとか細身だとか太めだとかつるっとしてるとか
女性っぽいシルエットとか
いくらでもあるだろ? だろ?

391 :388:2012/10/20(土) 10:08:42.67
>>387
えっ

392 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(4+0:5) :2012/10/20(土) 10:10:47.28 ?2BP(3)
>>390
標準だ。
その動画にあった色と表情しかない人形の絵がイメージだ。

おまえ、読んでねえだろ。

393 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 10:11:29.59
ちょっとクールダウンしようぜ

記憶は嫉妬でバッシングされてると思って逆ギレして煽り始めてるし
おまえらもこんな態度の奴にアドバイスする気なくて煽り返し始めてるだろ
これ不毛じゃね?

いつもこんな感じだし言い合うだけ無駄無駄

394 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 10:19:01.42 ?2BP(3)
じゃあ、

> ある日、大規模な光狩りが行われた。闇を信奉し、暗黒を尊ぶ黒の帝国では、
>光を持つものは弾圧の対象だった。黒の兵隊に連行されながらも、
>しきりに逆らうトマトレッドのことを、黒の帝国の上層部が注目した。
>「いまだに我々に逆らうなんて、珍しい光のものだね。ちょっと、とびきり強いお仕置きが必要なんじゃないのかい」
> 黒の幹部がそういう。
> トマトレッドは体中を殴られて、ひとことの声も発する元気がないありさまだった。

ここをどう変えたらいいんだ?

395 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 10:25:15.95
ディテールを細かくして五十行に敷衍してください

396 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 10:37:21.71 ?2BP(3)
>>395
嫌だよ、そんなのは。くそつまらん作品になるだけだ。

397 :イカ娘:2012/10/20(土) 11:01:21.89
>>394
>ここをどう変えたらいいんだ?
キャラの命名が単純ですよ。記憶さんらしいでゲソ。
トマトレッドをリコピンレッドにするでゲソ。

398 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 11:04:29.21 ?2BP(3)
トマトレッドってのは、とあるボールペンメーカーの色指定によっては、
とてもきれいな色なんだ。

トマトの色ではなくて、だいだい色でね。
そこからつけたんだよ。きれいなんだよ、とても。

399 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 11:25:42.71
外見は、それぞれの人種はさほど変わってはいなかった
たった一つの点、光を放つ者がいると言うことをのぞいてだ
ある者はトマトレッドを、ある者は輝く白を体から発光していた
ときにその強さは体調や感情で変化し怒り狂ったときは
まぶしくて目を開けれないほどであった
また色は、そのもののルーツを表し、どんなに他民族の言語を流暢に話したとしても
明らかに違う民族だと言うことは隠しようがないのだった
そんな中、光を発しない者たち黒の一族は自ら光を発しないことを引け見に感じるのか
闇を信奉し帝国を築き好んで黒衣装をまとい光を持つ者たちを弾圧した

がりがりにやせて目ばかりギョロっとしたトマトレッドの若者が手袋を外し薄く光る右手を見つめていった
「くそ、この色のせいで俺たちは…」

こんな感じ
本当は文明程度とか町の様子、服装、残飯がどんなでどんな食事だとかも書きたいが
長い

400 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 11:29:38.57
↑ほらこうするだけで中学生が書きそうなSFラノベくらいにはなるだろ

401 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/20(土) 11:46:48.84 ?2BP(3)
>>399よりは>>394のがうまいだろ?
おれはそう思うぞ。

402 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 11:56:01.43
そうやって主観でしかない
絶対どっちって言えない上手い下手の話しに持ってくると思った
案の定だ
必死で具体例具体例って
結局何言われても「俺の方が上手いと思うけどな」
って書くつもりだったんだろw
数字ででるわけじゃないから絶対こっちが上とかだれも言えないもんな

でもな違うんだよ、上手い下手じゃない
あんたのは足りないよって指摘だって忘れてる
わざとだろうけどw
具体的にどんなだか書くとこんな風って事な


403 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 12:02:20.03 ?2BP(3)
>>402
はあ?
だいたい、>>399の書いてある内容は、>>394と全然別の場面だろ。
>>399に当たる描写なら、こっちの方が相当すると思うぞ。
おれのが絶対に上手だと思うけどなあ。

> 黒色によって塗りつぶされた暗黒の要塞、黒の帝都。黒の帝都にあって、
>黒の戒律に従わないわずかばかりの色たちがいた。その一人は、黒の帝都にあって、
>奴隷のように虐げられてきたボロクズの戦士トマトレッド。
>トマトレッドは、黒の兵隊が行進する中、疲れ果てた体で、黒色の町を這いずりまわっていた。
>この町には、黒色しかない。黒以外の色を持って生まれたトマトレッドは、
>隅に追いやられ、虐げられ、やがて、滅びゆく定めにあった。


404 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 12:04:54.53 ?2BP(3)
しかし、描写にしか文句が出ないけど、
おれのSF性については、誰も文句はないわけね。

405 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 12:18:53.16
>>398
そういうのをちゃんと文章の中に入れていけばいいんじゃない?
トマトレッドだけ書かれても、トマト色とかトマトっぽい登場人物しか目に浮かばないよ
冒頭の黒とか黒色っていうのも、せいぜい漆黒とか闇とかいう言葉を使ってるくらいで、
どんな風に黒いのか、黒い様を描写してないよね
それじゃ読者の頭の中には単に黒色、黒い状況しか浮かばないし、
そこを装飾なり比喩なり言葉を駆使して、
単なる黒以上に黒いイメージを読者の脳に与えるのが文章じゃないかな

406 :イカ娘:2012/10/20(土) 12:20:01.28
SF性は皆無でゲソ。
携帯小説に溢れてる二番煎じファンタジーでゲソ。
SFを前提にしっかりして世界観やキャラ設定をしていないから、
SFっぽさがまったく、ちっとも、全然でゲソ。

407 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 12:20:19.25
おお、楽しそうなことやってるじゃないか。俺も混ぜろ。

>>358
まだ「3、心の底は闇」魔でしか読んでないが、先まで読む気力がなくなったので途中だが感想を書く。
この話はどう読者に読ませたいんだ? コンセプトがはっきりしない。正直、SFというよりはファンタジーではないだろうか。
SF性というが、SF性は皆無。
色をキャラクターとして扱っており、数行は期待して読んだ。
が、名前が色であるだけで、なんら人間の物語と変わらない。
光ゆえの、闇ゆえの、価値観や世界があるのならいいのだが、人間の世界と変わらない。
その世界にさえも魅力を感じられない。そもそも、闇の連中の正義とはなんだ? 美徳とは?
何故光をしいたげるのか?
そういう世界のにおいが全くしないので読む気が失せた。
3まで読んだ感想は、ボーイミーツガールのファンタジーのできそこない。

そんな感じだな。
文章表現についてはもっと突っ込みたいがそれは希望してないようなので割愛。

408 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 12:23:32.73 ?2BP(3)
>>407
未来を書きかえたという時間SFだ。

闇の連中の正義とは、宇宙の色は黒だから、全部黒にすることだ。
書いてあると思うのだが。

難解だったかな?

409 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 12:23:51.66
混ぜろと言っておいてなんだが、飯の時間になってしまった。去る。

410 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 12:24:48.08 ?2BP(3)
おれの知る限り、未来を書きかえるというSFは「黒の帝国」以外にはない。

411 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 12:26:09.42
>>408
返信が早いなw ちょっとだけ返しておこう。黒の帝国とやらに説得力がないんだよ。では飯落ち。

412 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 12:33:16.82 ?2BP(3)
まともそうな人が来てくれた。
飯を食い終わるのを待とう。

413 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 12:34:39.72
>>408
>闇の連中の正義とは、宇宙の色は黒だから、全部黒にすることだ。

それはただの設定だよね
闇の連中がどうしてそういう風になったのか
どういう構造でそういうことになってるのか
それが何を意味するのか
それらを描写して初めて世界観の説得力がでるんじゃないかな
人間は金儲けが好きだ、って書かれてもただの設定だよね
どんな風に金儲けが好きか、どうしてそういう性質になってるのか、
それが何を意味するかを書かないと
例えば宇宙の色がなぜ黒なのかを説得力もって書けるといいんじゃない?
物理的な科学的なことではなく、なぜ宇宙が黒でしか有り得ないのかを

414 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 12:38:27.58 ?2BP(3)
>>413
作者が書いてないことを後付けで説明するのもなんだが、
この物語は、ブラックホールにすべての光を吸い込まれる惑星で、
光がブラックホールを蘇らせ、生きた星にする物語だ。

まあ、物語は複層構造をしているが。
そういうわけで、深く読み込めば、意味はちゃんとあるんだよ。


415 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 12:45:57.59
>>414
だからさ、読者が深く読み込むだけのエサをまかないとね
今のままではただの説明や設定集で、読者が解読しようと思うためのエサがないよ
例えば闇と光があり、闇から光が生まれましただけ書かれてさ
それを、これは消滅と育生の輪環や破壊と再生を表してるんだ深く読み込んでくれって言われても、
それじゃ単なる作者のわがままだし、読者はポカーンでしょ
深く読み込んで、意味があるかないかじゃなく、
深く読み込ませて、意味を見出させるための文章を書かないとね

416 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 12:47:56.94 ?2BP(3)
>>415
あなた、飯食いに行った人?
エサは大量にばらまいてあるけど。
演出の問題を説いているのか?

具体的に、どういう演出をどうするべきなのさ?

417 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 12:58:13.45
>>416
いや、飯食いに行った人じゃないよ
俺の書いたのは>>405なんだけど、そういうふうに読者の脳内にイメージがわくように
描写するべきだと思うよ
黒ならどんな黒なのかさ
例えば文中に「どっしりとして、重量のある重たい剣だ。これで斬れば、人など一発で真っ二つになることだろう。」
ってあるけど、これじゃただの説明だよね
本当に重たそうな描写が必要じゃないかな
どんな風にどっしりしてるのか、持った感じはどうなのか、持ったら何がどうなるのか
読者が「この剣は確かに重てえええ!!!」ってイメージするようなさ
読者が脳内でイメージをわかせられることがエサだろうね

418 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 12:59:19.31 ?2BP(3)
「黒の帝国」は三つの独創的なアイデアからなっている。
その三つをまとめる構想にはかなり苦労した。
これが最善だとはとても思えないが、まあ、読む価値のあるSFにはなってるよなあと自負するね。

419 :イカ娘:2012/10/20(土) 13:01:31.70
んーーとね、光や色で語ると、
・赤い物体が赤く見えるのは、その物体が受けた光の中で、緑から青緑色の波長の光を吸収して
残りの波長の光を反射しているので赤く見えるでげそ。
白いものは可視光線の全波長帯を反射するので全ての光を受ける人間の目には白く、
逆に可視領域の波長を全て吸収してしまうと、反射する光がなくて黒く見えるでゲソ。
それから、
蝶のように紫外部の光が見える生き物もいるし、蛇のように赤外部のセンサーを持ってるのもいるでげそ。
そういう生き物がみる景色は人間が見る景色と全然違うでゲソ。

色をネタにSFっぽさを出すなら、この辺りの科学を利用して、トマトレッドが赤外領域の光で物を認識していて、
ブラックさんは光では何も認識できず、得体の知れない生体センサーで世界を認識しているとか、互いに見ている景色が違うとか言う設定が出来そうでゲソ

420 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 13:02:30.20 ?2BP(3)
>>417
宇宙の色は黒、って書いてあるんだから、宇宙の黒だよ。
夜空の黒だ。
それくらいはわかるだろう。

あなたは創作歴がかなり少ないと見受けるのだが、
はたしてあなたのいう文学論を具現化した作品が存在するのかね?
あなたはよくいる語られるだけで見たやつはいないものに対して批評する人に思えるね。

421 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 13:04:56.56 ?2BP(3)
>>419
「黒の帝国」のネタバレするけど、
そんなアイデアや考察は誰でも思いつくだろ。

おれの「死んだ星を生き返らせる能力者」のが絶対に面白いはず。


422 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 13:10:53.13
>>420
いやあ、子供に見る宇宙の黒と、大人の見る宇宙の黒と、
普段明るいところで生活してる人の見る宇宙の黒と、
普段暗いところで生活してる人の見る宇宙の黒、
宇宙に行ったことのある人とない人の宇宙の黒は違うと思うよ
仮に視覚としての黒は同じだとしても、心理的な見え方、感じ方が違うよね
だから、小説には描写の工夫があるんじゃないかな

例えばこの宇宙の黒、夜空の黒は誰にとっても同じ黒かって話をさ
組み入れてみたらおもしろくなるかもよ

423 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(4+0:5) :2012/10/20(土) 13:14:25.88 ?2BP(3)
>>422
おれとしては、そういう描写はなくなるように意図的に排除したいね。
黒の帝国を、統一化された独裁国家の雰囲気にするために、
黒の帝国の黒はすべて同じ色の黒であるべきだ。

424 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 13:14:27.38
記憶はアイデアだけで満足しちゃってるんだろう
それじゃプロットやあらすじなんだよ
プロットやあらすじだけでおもしろがることはできるけど、読者は小説(物語)が読みたいんだよね

425 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 13:18:12.63
>>423
だったらそういう作者のこだわりを描写によって入れればいいと思うよ
「黒の帝国の黒はすべて同じ色の黒であるべきだ。」っていうのを描写でね
今のままだと読者の感じるのは「ただの黒」で、「同じ色の黒であるべきだあるべきだ」って深みが感じられないからね


426 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/20(土) 13:41:18.58 ?2BP(3)
なんでも書けばいいってもんじゃない。
何をきっかけに黒の統一性の話にもっていけば自然な流れなのかわからん。

飯食ってる人はまだか。


427 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 13:44:36.81
とりあえず3まで読んでみた
前の人も言ってるけど、これは小説じゃなくてプロットだよね
描写がないというか……語り部が物語を箇条書きで喋ってる感じ

428 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 13:50:58.71
こういう書き方しかできないなら、そりゃどの賞に送っても一次落ちるわ
アイデアがどうとかいう問題じゃない

小説になってない

429 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 13:58:42.71
アイディアがしょーもなくて文章力もない

せめてどっちかは持っておけよ


430 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/20(土) 14:00:29.45 ?2BP(3)
>>429
アイデアがしょーもない?
どんなアイデアかいってみろよ。
読んでねえだろ、おまえ。

431 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:06:33.79
誰彼かまわず噛み付いて決まり文句は読んでないだろ

あぁみっともない

自省出来ない人間はいつまでたっても伸びない

何故万年1次落ちなのか?読んだ奴が悪いんだと自分を納得させてりゃ満足かい

せめてここで欠点上げてくれてる人の言葉を素直に受け止めて修正しなさい

432 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 14:08:59.88 ?2BP(3)
ろくな意見がないじゃないか。
こんな意見を参考にしろとか無理に決まってるだろ。

433 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:16:25.34
読者の意見を取り入れないと作品にならないよ
自己満足でやってくならいいけど

434 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:18:21.89
だーもうめんどくせぇな
お前がどう感じたかは意味ねーんだよ
みんなの意見は有用で全て真面目に考えるべきなんだよ

ろくな意見が無いなんてありえねーから
お前の自尊心守るために全部拒否してるだけだろ

435 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:19:05.17
>>432
自分の作品が賞を通らないのは何が原因だと思ってるの?

436 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 14:19:16.91 ?2BP(3)
具体的な意見はほとんどない。
参考にならん。

ただ、文章が下手だの描写が足りないだのという印象論は読まなくてもいえる。

437 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:20:23.91
>>435
読んだ奴が悪いんだよぉぉぉ!

いやそもそも読んでないんだ!俺の作品は悪くないっ!


こんなんでしょw

438 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 14:21:39.19 ?2BP(3)
>>435
おれがカテゴリーエラーにならないでSFをまともに応募したのは、
創元SFの第一回だけだ。
五作も応募するおおはしゃぎしていた。

その第一回の審査が何かおかしかったとしか思えない。
おれはあの一回に人生をかけていた。


439 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:21:58.71
>>436
ちょっと上を見るだけで具体的なのがわんさかなんだがぜーんぶ無視してるのな
耳が痛くとも真摯に受け止めるべきだよ

440 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:22:46.02
>>437
マジでこのまんまかいw

441 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:23:15.24
一般読者の評価って印象だぞ
どういう印象を持たれてるだって大事にしろよ
そこから自分がどうするかを自分自身で考えるのが作家だろ

442 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 14:24:54.34 ?2BP(3)
アンチのたまり場でない場所で披露すれば、おれはけっこう評価されている。
おまえらが使えんとしか思えない。

具体的な意見とやらのレスを示してくれ。

443 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:25:47.03
>>438
だったら、またどこかに送ればいいんじゃない?
自分はおかしくない、審査がおかしかっただけなら、それでいいでしょ
自分がおかしくないなら、次に出したらどこかに通るだろうね

444 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 14:27:02.65 ?2BP(3)
>>443
どこにあんだよ、他にSF短編の賞が?
ああ?

445 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:29:44.34
>>444
SF以外もいろいろ書いてるだろw
もしくは長編書けよ
今度の早川のも長編ってほど長くないぞ

446 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:30:01.38
>>442
ワナビどうし傷なめ合う場での評価なんか意味ないよ
というか落ちてる段階で評価に値してないのまず理解しよう
まずそこからだよ

ついでに具体的な意見についてだけど長文の人とイカさんのは目を通しておいたほうがいいと思う
キチンと悪いところと修正の仕方書いてくれてるからさ

447 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 14:31:19.15 ?2BP(3)
>>446
もう返信しただろうが。

448 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:34:24.58
描写が乏しい←読まなくても言える?
アイデアが弱い←読まなくても言える
プロット・箇条書きでしかない←読まなくても言える?
総合して小説になっていない←読まなくても言える
5作品が創元一次落ち←審査がおかしかった
大多数の人の意見を参考にしてみてはどうか←具体的な指摘がなく参考にならない

「アンチのいないSFスレであれば、自分の作品は評価されている」

・・・・・・何という防御力ッ!!!
・・・・・・何という厚顔無恥ッッ!!!

449 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 14:37:32.54 ?2BP(3)
>>394>>403に例文まで出しただろうが。
どう変えればいいんだよ。

450 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:39:52.56
>>447
言われた事全然理解できてないやん
反論になってないしそれでドヤってどうする
まず理解しろ
理解出来ないなら100回音読
スタートラインに立つならそこおろそかにするなら
読者の意見は宝の山だそこから逃げるな

451 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:42:54.87
昔のSFには結構あるけど、最初に設定語りまくるってのは
今じゃ素人丸出し失敗例の代表じゃね?

452 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 14:42:59.04 ?2BP(3)
>>450
どのレスの話だ。レス番をいえ。


453 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:45:50.36
>>451
現代は、長編なら物語(主人公の周辺描写)をしながら背景にある設定を理解させるのが
ノーマルな書き方。記憶氏のやり方は描写が貧弱な上、構造のリーダビリティが弱いので
今風の小説に慣れた大多数の読者からは見放される傾向にある

454 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:46:29.35
>>451
でも足下固めずにフラフラされるのもそれはそれで困る
少なくとも読み始めるのに問題ない程度の情報開示は欲しいところ

455 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:49:37.23
>>453
物語進めながらとか難しいことやらせると記憶はパンクしそうだから
設定語りをマトモに書けるように練習させたほうがいいかと

456 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 14:54:09.03 ?2BP(3)
なんという水準の低い議論だ。
演出効果とか考えてんのか、こいつら。

457 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:56:08.70
ライトノベルの日常パートほど露骨である必要はないけど、
世界観の羅列だけで、登場人物たちの生活描写や会話が皆無に近いから
その辺りが読みにくくさせている原因だと思う

458 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 14:58:16.63 ?2BP(3)
設定でも物語でもいいから、最初はつかみから入るだろ。
それが、ワイドショー的に攻めるか、純文学的硬派に攻めるかとか、
わかれると思うが、

つかみはそういう発想で、どんな演出で勝負するか考えるものだろう。
わかってんのか、こいつら。

459 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:58:37.44
記憶のは根本的にネーミングセンスと台詞の妙がない

460 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:02:29.78
お前らは親切だな

普通の読者は最初の一ページ開いて「何これ下手糞だなぁ」で閉じるだけ

アドバイスしてるあたりツンデレだよな

461 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 15:03:29.12 ?2BP(3)
おれの面白いSFを読めないおまえらが損なんだよ。

462 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:08:00.03
>>461
うわぁ・・・

463 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:09:10.52
やっつけ改稿でわるいけど、へんに凝らなくても、このくらいの描写はしていいんじゃないか?

> ある日(いらない)、大規模(どのくらい?)な光狩りが行われた(どんなふうに)。闇を信奉し(なぜ?)、暗黒を尊ぶ(なぜ?)黒の帝国では、
>光を持つものは弾圧の対象だった。

大規模な光狩りが行われた。光を持つものはそれがどんな微細な光であれ見つけ出され、晒され、駆除された。
光を持つこと、持とうとすること、その行為だけでもう許されない。いますでに光を持つものは、みな弾圧の対象となってしまっていた。
これが黒の帝国と呼ばれるもの。その支配への残虐な過程は光狩りと呼ばれていた。
黒の帝国が光狩りをするのはその根幹に闇の信奉があり民はおろか国自体闇の性質で構築されているからだろうか。
彼らはなにより暗黒を尊んでいる。あるいは光を恐れている。
光が少しでも残っているこの世界では自身を肯定することができないからだ。
暗黒は帝国を完成させる唯ひとつの求められるべきものだった。

464 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 15:15:08.83 ?2BP(3)
>>463
まあ、最後まで読んでないのかもしれないが、気に入らん。

おれは、黒の帝国は圧倒的権力をもつ独裁国家として描きたいから、
>あるいは光を恐れている。
>光が少しでも残っているこの世界では自身を肯定することができないからだ。
のような文章は入れたくない。
推敲で削除するだろう。

光狩りという単語はあまり格好良くない。光狩りという単語ができるほど、
この黒の帝都で光は勢力をもっていない。
もっと、トマトレッドは孤独にひとりぼっちでいじめられてる印象だ。

というわけで、半分以上の文章を推敲で削除すると思う。

まあ、試に書いてくれてありがと。ちょっとはマシな人のようだ。

465 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 15:17:19.12 ?2BP(3)
すまん。光狩りという単語はおれが使った単語だった。

謝罪する。
どちらにせよ、その文章はおれはそれほど評価しない。

466 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:18:07.88
>>464
まあ、俺は流し読みだけだし、言いたいのは描写が足りないってことだよ
圧倒的権力があるなら、それが読者にわかるように、記憶なりに描写すればいいと思う

467 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(4+0:5) :2012/10/20(土) 15:19:16.49 ?2BP(3)
第一章は、つかみとして、詩的に書いているのだ。
文章にはこだわっている。

文章が短いのも演出だ。

468 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:42:38.43
出たw 演出です。わざとです
これが俺の文体ですw こだわってます
本当はみっちり書けるけどわざとです

じゃ、おまえすべての小説が全く同じ描写足らず(に見える)の演出ってことかな?
つかみ?だって?
掴んでない掴んでない 読者つまはじき
とか読者拒絶な演出だぜ


469 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/20(土) 15:44:32.31 ?2BP(3)
おれの小説が全部、描写が少ないのは演出だ。
わざとやってる文体だ。

ちがうように書けというのは無理だが、描写が少ないのは、読みやすいようにおれが心がけて目指してつくりあげた文体だ。
ぜんぶ、わざとだ。


470 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:46:50.71
わざとはいいんだけど、それを何の前知識もなく読む読者が評価できないとね
誰の文体であれ、その人にとってはわざとなんだから

471 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 15:48:45.96 ?2BP(3)
どうでもいいが、誰も「黒の帝国」読み終わらないのか?
感想が聞きたい。

472 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:50:51.80
読みずれえよ 何勘違いしてんだよ
言葉少ないから読みやすいんじゃない
何言ってるか何が書いてあるか伝わらなかったら
読んでて苦痛なんだよ

言わなきゃいけないことを抜かすやつと会話って苦痛じゃん
「トマト色がなぐられたのね闇に」
「トマト色? 闇が殴る? なんじゃそら」ってなる
「ちゃんと わ か  る よ う に い え」
って思う 


473 :イカ娘:2012/10/20(土) 15:51:55.22
>>358以降、
大半が記憶さんへのアドバイスと記憶さんのアドバイス否定でゲソ。
議論が進んでいない状況を荒れていると表現するなら、
貴浮くさんってすっごい荒らしの才能の持ち主ではないでゲソ?

474 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 15:52:49.80 ?2BP(3)
>>472
「黒の帝国」で目指したのは難しすぎて、あれが限界だ。
目標が高すぎたか。
寓話的に見せた方がまだ面白いと思ったんだが。

475 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:54:25.80
>>471
誰も読み終えて感想を文字にすることができないぐらい
読みづらかった、という理解にならないところが記憶さんの凄いところだぜ

476 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:57:48.21
俺の記憶ではこう言うのもう3回はやってる
いつも同じ 記憶が調子コいたことを書く
えらそうにいうならお前の小説はどうなんだ?と言われる

これだ俺の小説読め
これ小説じゃないだろ、もっと描写しろ
いいや、これはわざとだ、おまえらなぜ俺のSF性の話とか中身の話しない?
いやだって、酷すぎるし
ったく、ここには小説を語れるやつはいねえのか

みたいな流れな

477 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 15:59:35.53 ?2BP(3)
ああ、三回はやってるな。

478 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:01:20.86
寓話になってないんじゃない?
人物とか普通に戦ってるし、なんかそのまんまって感じ
寓話にするなら、せっかく色なんだから、色そのものの不定形生物にするとかさあ
戦いじゃなく混ざり合うとか補色で打ち消されるとかさあ
せっかくSFなんだからさあ

479 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 16:02:56.13 ?2BP(3)
じゃあ、時間切れってことで、ネタバレするね。

トマトレッドが死ぬところはどうだった?

480 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:02:58.64
俺の記憶では小さいのも含めると4、5回はやってる

でもさこの記憶氏ばかみたいに大量の小説モドキを書いてるんだぜ
それにはびっくりした
あんなに書いても上手くなんねえやつはならねえんだなって
涙出そうになった
SFとか以前に小説のフレームワークみたいな物学ぶべきだと思うが
言うこと聞かねえんだろうなw


481 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:10:22.24
自分の書いたものに満足してたら、そりゃ上達はしないだろうな
満足しちゃってるんだもん

482 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 16:12:58.19 ?2BP(3)
二十一世紀のウェルズを目指していたが、その目標には一生かかってもとどかないという挫折は感じている。

483 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:17:28.99
だったらさ
誰かがあっちに行くとい良いぞって言ってくれたことを
やってみる事も大事だぜ
見ず知らずの人が3回も同じ方向指さしてるなら
信じてもいいんじゃないか?
あんた、足踏みばかりして地面がへこんじゃって膝くらいまで埋まってるぜ

484 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 16:18:53.73 ?2BP(3)
>>483
あっちって何?

485 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 16:22:47.69 ?2BP(3)
あっちって、文章がうまいといいって話?
ああそうだねえ。文章がうまいといいねえ。
ふーん。

486 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:29:12.83
読んでて、めずらしく比喩を使ってる箇所があって、へえっと思ったんだけど
「かつて、恋する運命にあるとされた相手ターコイズブルーと剣を構えるトマトレッドの心境は、錆びた鉄橋のように崩れかかっていた。」
全体的にこういう比喩表現で文を飾ったら? 〜のような 〜のように
いまのままだとほとんど全文見たまんまの記述してるだけだよね

487 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:29:18.18
またごまかそうとしてるw
文章が上手い、じゃないじゃん
そんなの当たり前すぎてアドバイスじゃない
文章が無い、から付け加えるように、だよ

488 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/20(土) 16:31:58.14 ?2BP(3)
>>486
すごく初歩的なことをいうが、
〜のような、〜のように、というのは暗喩といい、おれが知る限りあまり多用するべきではない。
直喩というのを使うように心がけている。

489 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:35:28.99
>>488
いや、それは知ってるけど、多用以前にほとんどないじゃん
かといって直喩で文が飾られてるというわけでもないと思うけど
自分で比喩を凝らした箇所がいろいろあるというなら抜き出してみてよ

490 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 16:35:34.93 ?2BP(3)
SFだと、直喩がそのまま現実となる場合があり、面白いという現象が起こる。
まあ、そこまで高度なことはできていないが。

豆知識として知っておくといいだろう。

491 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 16:39:09.00 ?2BP(3)
>>489
そもそも、この書き出しが直喩だな。

> 宇宙の色は、黒。
> この宇宙を黒色が支配していた頃の話である。

492 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:44:37.05
>>490-491
そういう、世界観のせいで直喩になってしまうというのじゃなく、ちゃんと比喩を使ったほうがいいよ
文章表現としての比喩を

493 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:45:29.75
初心者ほど他人に何かを教えたがるんだよね

494 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:45:34.80
話題を変えようと必死だなおいw

どうあってもお前らが言う方向へはいかないってことだろうな
今まで書いてきたモノや時間の全否定だもんな

なんか珍妙なこと書いて誰かのつっこみ待ちなんだろ
話題が変わっていくように

495 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 16:46:37.26 ?2BP(3)
>>492
おれは比喩はあまり好きではない。
SFではない比喩は嘘であり、正確な描写ではない。

496 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 16:49:18.77 ?2BP(3)
例えば、これが直喩を使った話だ。

紫陽花
http://ncode.syosetu.com/n9299w/14/

短いので五分もかからず読めるだろう。

497 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:52:36.18
記憶もなんかの賞で1次だか2次つうかしたことあんだぜ
こんな風にゆがんじゃって固まっちゃうずっと前な
もうだめだろ 
今から矯正してもまっすぐにならずにぽっきり折れる
掲示板の調子に乗った発言ばかりしてる万年ワナビで良いじゃん


498 :大河原博文氏 ◆KHEcL71icf4Q :2012/10/20(土) 16:52:42.71
ツッコミたいけど部外者だしなあ。

499 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:53:26.38
ついに比喩否定か
そうなったら小説である意味がないだろ
アイデアとストーリー展開だけ売りたいなら、漫画原作でも目指すことだな

500 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 16:55:10.22 ?2BP(3)
>>499
比喩が小説だとは知らなんだ。
おれの知ってる小説の話じゃないね。

501 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 16:58:14.01
>>500
比喩=小説だなんてもちろん言ってないが、
記憶は比喩を使わないからこれじゃプロットだと言われてるのだろうよ

502 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 16:59:29.41 ?2BP(3)
>>501
そんなやつは小説を知らんのだろう?

503 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 17:04:52.24
流れで俺まで間違ったが直喩と暗喩間違ってるぞ

504 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 17:08:04.01 ?2BP(3)
すまん。直喩と暗喩が逆だった。

おれは暗喩を心がけている。


505 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/20(土) 17:10:43.17 ?2BP(3)
まあ、この辺は、おれは文学の勉強はほとんどしてないので、
いつの間にか、ディレイニイやバラードのやり方を良いと認識していたのだろう。

506 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 17:43:06.36
飯食って帰ってきた。時間かかりすぎ、とかナシな。
ざっとレスに目を通したが、ねらって作り込んだシンプル文体ということか。
それにしては無駄が多い。個別に指摘してもいいがとりあえず話を聞いてくれ。

今年、俺は創元SFやハヤカワに精神世界のファンタジーものを書こうと思っていたんだが、ごく最近、出来の良いファンタジーもの(個人的にはSF:Speculative fictionととらえてよい気がする)を目にしたためあきらめた。
記憶氏の目指す表現がその作品と方向性が似ているのかもしれないと思ったので書いておく(一致しているとは思わないが同じ方向のベクトル成分は持っていると感じた)。
今年の群像10月号に掲載されている、岡崎祥久著「ファンタズマゴーリア」だ。日本ファンタジーノベル大賞の最終選考落ちと噂を聞いたがよくは知らない。
ご丁寧にも群像11月号で合評作品として取り上げられているから、勉強にもなるだろう。合評の中では海猫沢めろん氏のコメントが、私の感じたことにいちばん近かった。

この作品、平易な文章で物語が進み文章単位では難読な点など何もない。しかし、内容が突拍子もないファンタジーで、ななめ読みではよくわからない。
普通に読んでも内容が十分理解できているとは言い難い状態だった。にもかかわらず、最後、感動した。負けたと思った瞬間だった。
知らない間に世界に引き込まれていた。
群像くらいメジャーな文芸誌ならどこの図書館にもあるだろう。記憶喪失氏になんらかのヒントを与えると思う。

自作の小説を紹介したのに対して、他人の作品を読んでみろ、という返しが失礼千万であることは重々承知しているが、だまされたと思って一読してみて欲しい。
全然ちげーよ!っていうんだったら、それはすまん。俺が低能というだけのことだ。

と言ってる間に次の飯の時間らしい。では去る。

507 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 18:02:34.27
おもしろそうだね
そういや海猫沢めろんも平易な文章で表現しようと努力してる小説家だなあ
俺が平易な表現で記憶が読むのにいいと思うのは高橋源一郎の『「悪」と戦う』かな

508 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 10:50:21.40
ふと、感じた疑問ですが、

文体や表現方法について、小説以外の他のメディアのSFが参考になったという話があまり出ていませんね。
SFに共通なネタとかガジェットは別にして、物語の構成とか場面の切り替えとか、カメラアングルとか、
他のメディアの表現方法を小説の参考にしたり取り入れたりすることはないんですか?

私は小説を読むより映画を観ることが多いので、小説を書く時にも何となく映画を意識してます。
こういうのって異端かな?

509 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 12:21:01.37
そんなこと普通、もう話題にすらならないほど至って普通
むしろ逆で
村上春樹とかあえて他メディア(映像とか)で実現不可能な比喩とかが評価される時代

ビールはまるで南極の地下冷蔵庫に何年も入れっぱなしだったかのように冷たかった

何年入れても飲めるんだから冷たさの下限はあるんだけどね
南極って言葉からのイメージも冷たさを強調するが映像化はできない
南極の映像映してみても、ちがうだろ

このスレの住人で言えば
今時あえて映像化を無視してる代表が記憶氏じゃないかな
彼の小説は(さんざん言われているが)絵が浮かばないイメージがビジュアルで伝わらないのが売りでしょ

510 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 13:02:03.31
>>509
記憶を高く見積もり過ぎ
元の映像にあった通り人の形です、とか平気で言うんだぜ
読者置き去り杉だろ
まったく小説に描写を書いてないだけのものだ、あれは

511 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 13:57:00.84
>>508
俺は、他メディア、特に映像作品ではストーリー構成は参考にするが、文章表現として参考にはあまりしない、
というか>>509ともかぶるかもしれないが、他メディアは宿敵!くらいの気持ちだな。いや好敵手としておこう。

文章だからこそ、小説というメディアだからこそ読者に伝えられるものがあると信じてやっている。
簡単なところで言えば、登場人物の心境を細かく描けるのは小説だろう。
映像は基本的に、直接的な視覚表現になる。
509のビールでいけば、ビールの入ったコップの表面についた水滴であるとか、氷であるとか、白く見える冷気であるとか、視覚に限った表現を使うしかない。
一方で、文章は、読者の記憶や体験を刺激するような比喩を使うことで、ただの「冷たいビール」よりも509のビールの方が、ずんと腹の底から冷える冷たさみたいなもの、を伝えることができる。
うまい人間になってくると、日常のシチュエーションを比喩に用いながら、未体験の感覚までも伝えてくるから恐ろしい。

まあでも、映像に勝てないな、と思うことがよくあるのは事実。
そして、俺の腕では、その感動を文字では読者に伝えることができない、という現実。
だから、俺は心象世界に逃げている、というのが真実、なのかなと思う。
困ったもんだ。

512 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/21(日) 15:55:17.44 ?2BP(3)
おれは小説の場面は、映像としてイメージしないとうまく書けないことが多いです。


513 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 16:14:35.57
まあ、そうだろうな
頭の中にあらすじの映像浮かべてそれを見たまま視覚通り書いてる感じ
だから映像をいかに伝わる文章に加工するかの工夫をしないし、
あらすじ映像で映像化されきってない質感だの情感だの細部も書かない
そんなふうに思える

514 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 17:59:43.07
SFに親しくない人が読んでも面白いことが大ヒットの必須条件だから、
リーダビリティには気をつかってるわ

515 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 20:03:03.06
遅レスだが >>394
・「光狩り」の弾圧がどんな風に恐ろしく行われたのか具体的に描写しましょう
・いかにしてトマトレッドが帝国の裏をかき、知恵を絞り、どのようにしてたったひとりで「逆らった」のかを描写しましょう
・トマトレッドがいかにして帝国の手に落ち、いかなる拷問を受け、いかにそれに屈しなかったのかを描写しましょう

描写がなくてあらすじだけだから、読者は
「へー弾圧されたんだ、へーいきなり掴まって殴られてるんだヘボいなこのトマト」ぐらいにしか思わんですよ
トマトの苦労も気概も葛藤も挫折もなにも伝わってこない

516 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 20:30:33.41
>>513
それはそれで、変に技巧に走らずに分かりやすいものならありだが
自分だけわかっていて読者には何も書いてないんじゃどうしようもねえ

517 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/22(月) 09:37:20.88 ?2BP(3)
>>515
第一章しか読んでないようで。
感想ありがとございます。

518 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 11:46:56.16
鬱、鬱、鬱、鬱、鬱で
書けそうにもありません
100枚でいいのですよね?
それで試しにいってみてもいいですか?

519 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 11:56:00.06
だめです、やっぱり無理みたい
皆さん博学ですし
ノーテンパープリンなんです、わたし……

520 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 13:55:02.40
>>519
ふっふっふっ、、、秘密を暴露してやるでゲソ。
ここの住人も得意分野以外はノーテンパープリンなんでゲソ。

得意分野の知識を振りかざしているので博識に見えるけど本とは違うでゲソ
自信をもって得意分野を利用した作品作りをするでゲソ。

(ふっふっふっ、、、斯うやって優しい言葉で私のファンを増やしてこのスレを侵略してやるでゲソ!!)

521 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 14:00:38.89
>>518さんのような鬱状態ってみんな経験するんじゃないですか、
私、
中指立てて、文句があったらかかってこんかい、ゴルァって自信満々な時と、
もうダメだ、最低だ、最悪だと落ち込んでる時期が繰り返し来ます。
今は>>518さんほどじゃないけど作品作りで行き詰まって鬱状態・・・・・・

他の人はこんな経験はあるのかな?

522 :イカ娘:2012/10/22(月) 14:09:14.04
あっ、
>>520にコテをつけるのを忘れたでゲソ。

523 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/22(月) 16:10:59.25 ?2BP(3)
このイカ娘とか、絶対に男だからつまらんよな。

524 :イカ娘:2012/10/22(月) 16:56:57.05
????
記憶さんでも、男女の区別が気になるなんて、
ちゃんとちんちんついてる証拠でゲソ。
ちなみに、
イカ娘とか人類は衰退しましたのような中性的なキャラは演じやすいでゲソ

ていうか、、、
こら、記憶!!
自分はさんざん他の住人にアドバイスもらったり励ましたりしてもらった癖に、
落ち込んでる>>518さんを見て励ましてあげようとは思わなイカ?

525 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 18:25:00.69
皆さん優しいですね、ありがとうございます
書くものだって支離滅裂パープリンなのですけれど
ガンバリマスと言いたい…
今一言い切れない…
それでも何とかと思っておりまして
脳味噌にピ〜プ〜風が吹き抜けてカランコロン音がしております…

526 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/22(月) 18:44:29.08 ?2BP(3)
参考までに、ぼくの応募作は197枚です。

527 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 22:54:07.31
>>526
単行本で考えるとこれで60〜70ページぐらいか
やっぱ一冊の分量になるぐらいまで増やすとしよう

528 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/24(水) 13:09:24.40
みなさん、作品の資料集めってどの段階でやってるの?
私の場合、ネタを選んでから資料集めを始めて、
そのネタが破綻せずにまとまるかどうかの確認をして、ようやく書き始めます。

このスレなどを見ていると、他の皆さんは直ぐに作品を書き始めてるように見えるけど、
ネタや資料は日頃から集めてあってストックしてあると言うことですか?

凄いですね。尊敬です。

529 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/24(水) 13:41:35.00
ずううううと設定やプロットばかり考えてる時期もあれば
資料が気になって図書館行ったりスクラップ作ってる時期もあれば
書きたくて書きたくてしょうがない時期もある

なんていうかもっとまんべんなくやらないと職業作家にはなれないだろうなって思って暗くなる
1年とか2年おきに長編数作と短編2、30個とか書いて
後また数年後まで何も無しとか変だもんな
書いてる段階で集めた資料が明らかに古くなってるのに
そのまま書くし


530 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/24(水) 22:57:20.97
東浩紀 「AKB48から“広告に協力しないか”という依頼が来た」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1351086817/

531 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/24(水) 23:39:08.69
東はフラクタルの失敗+失態があるから、只の口だけのおっさんってイメージが強いんだよな
正直、こいつに認められても嬉しくもなんともない

532 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/25(木) 16:58:43.17 ?2BP(3)
これがサイバーパンクだ!!!

http://www.youtube.com/watch?v=_D6YLsGd1bU

533 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) :2012/10/25(木) 17:57:08.17 ?2BP(3)
ニンジャスレイヤー、バカ売れしているなあ。

最近の海外SFの代表作は、イーガンでもチャンでもなく、
バチガルビでもなく、
「ニンジャスレイヤー」と
「リヴァイアサン クジラと蒸気機関」「ベヒモス クラーケンと潜水艦」
なんじゃないかな。売れてるし、評判も高い。

534 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(3+0:5) :2012/10/25(木) 17:59:31.68 ?2BP(3)
ラファティの短編集が謎の出版延期らしいね。

535 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/25(木) 19:22:28.12
そもそもイーガンとか本国でも全く売れてないしチャンは一冊しか出してない

536 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/25(木) 21:10:50.79 ?2BP(3)
イーガンの本国ってどこだっけ?


537 :イカ娘:2012/10/26(金) 19:54:49.85
クロコダイルダンディでゲソ

538 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:46:59.10
創元向けの原稿を、海底都市を舞台に書き始めてるんだけど、、、
映画「アビス」やマンガの「ブルーシティ」みたいな雰囲気になってくるw

海底の工作基地や都市がでてくるSFとして、
あの2作品って影響が避けて通れない王道派なのかな?

539 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/30(火) 16:38:49.85 ?2BP(3)
むかし、おれにかかってきた出版社を名のらない電話で、
おれに編集者の担当をつけるから、ネット小説を全部削除してほしいという
話はのった方がよかったのかなあ?

出版できるんですか? と聞いたら、それはできませんといったので断ったのだが。

540 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/30(火) 17:45:27.64
>>539
>出版社を名のらない電話

どう考えても怪しいだろ

541 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2012/10/30(火) 19:35:02.82
いいな、みなさん、プロっぽくて。わたしはさえてないしい
また暗いどんよりした12月を送りそうです〜
とりあえず、書けるか書けないか未定も新作11月から執筆します
もちろん例によって毎度のことながら構想ゼロでせまりま〜す
なるたけ今年中に200枚2本抜かします〜
書けるかな? わっかんないですけれどガンバリマス
早川創元推理賞ってお初の処ですもんねえ

542 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2012/10/30(火) 19:37:18.75
あれえ、レス先間違えましたか〜
そろそろ一次通過できそうじゃあないかあ
毎度そう思って↓↓↓なのですけれどお
今日と明日遊んで一日から書き始めます〜

543 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2012/10/30(火) 19:43:18.65
明るくいこうよ、ランランラン
鬱鬱鬱鬱、吹きう飛ばそう
ガンバリマスカラア〜♪

544 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:5) :2012/10/31(水) 13:04:38.45 ?2BP(3)
おお、このスレにも陽性さんという癒しキャラがついに登場した。
よかった。よかった。
ちなみに、最近のおれの気分は激しく沈んでます。

545 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 03:41:36.27
>>419
そもそも「黒」というのが漠然としすぎなんだよね……。
可視光以外の電磁波全てじゃないか。
範囲が広すぎて、「宇宙は黒だけだった」なんて言われても、そんなの当然だろうとしか思えない。
人間の感覚で感知できる電磁波は可視光が全てだろうが、人間の感覚なんて宇宙にとってはどうでもいいことだしね。

546 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2012/11/01(木) 10:34:21.94
わたしも話の設定上、宇宙空間はまま出しますね
そんな皆さんのような頭もないから黒に黄色い星が点々とある感じ?
戦闘シーンで少しオーロラ模様搭載かな、そんな感じです


547 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 10:52:12.04
波長と視覚というと、
映画の「プレデター」でプレデターの視点の映像があるよね。
あれって、赤外領域の電磁波で物を見てるのかな?

548 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 22:50:49.86
>>547
映画を見てないから分からないが、
逆に人間が見えている光が見えていない可能性もあるぞ。

ミツバチなんかは、確か赤色が視覚の範囲外なんだ。
だからミツバチにとっては、赤=黄外線は永遠に未知の「色」なわけ。

549 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 08:04:17.12
お前等バカじゃねw
ハチとかかんけーねーよ
プレデターとか本当は存在しねえもの
映画は(後付けの設定があるかもしれんが)
っぽい画面を作ってみましたってだけだよ


550 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 08:26:51.55
想像力が欠如してる奴だな。
宇宙人が居たとして、
地球人類と同じ波長の電磁波の反射で物を認識しているなんて都合の良いことは考えられない。
紫外領域や赤外領域、或いはもっと波長の短い電波、
電磁波と無関係に、空気の振動や磁場をキャッチしているのかも・・・・・・

そう言う想像力がリアリティのあるSFを生み出してると思うね。

551 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 09:30:37.94
でもあれって、プレデターはなんかの機械通して見てたから赤外線で見えてただけだよね。マスク被ってたし。
人智を超えた存在を読者に示すには、相当力のある文章表現が必要そうだ。
なら自分はできるだけ読者に共感してもらえるものを使うかな。
どちらが正解とかはわからないけれど、やっぱり伝わらないと意味ないもんね。

552 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 10:18:19.71
宇宙人が我々が生命体と認識できるようなものである保証すらないからな

553 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 15:31:19.14
みんな、創元の原稿の進み具合はどぉ?
オレは予定80枚の作品をやっと書き始めて、
希望的観測だけど、
今月末に第一稿が上がればいいなって思ってる。
遅筆ぶりを笑ってくれw

554 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2012/11/02(金) 18:53:27.15
がんばってください
何気にショート・ショートはロングとは
別のむずかしさがありますよねえ
私は苦手でそっちはダメです……

555 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 21:55:29.99
>>549
本当は存在しないものの話がバカだって言うなら
どうしてSFなんかのスレに来てるんだろう
矛盾に気付かないのは○○だから?

556 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 22:43:39.96
よーく読め
そうすればSFやフィクションをバカだと言っているのではなく
虚構である映画のシーンがどうしてそうなってるかを必死で考えている事の無意味さを
バカと言っている事に気がつくよ

もちろん、そういうことをわかってワイワイ考えたり言い合ったりすることは楽しいけど
だったら俺の
「でも本とはあれ映画だぜ」って突っ込みもよくあるものだし
「だよなーw」で終わるだろ普通に
それを激怒して反論とかSF書きとしてかっちょわるくないか?

長文失礼

557 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 22:55:34.50
それって、ループ・・・・・・w
どうしてそうなってるかを必死で考えている事の無意味さがバカなら、
虚構であることを前提に、この場面でこんな表現をしてるんだなって言ってる奴をバカ呼ばわりしてるのもバカ

バカがループしてるな。

要するにこのスレの連中って揚げ足取りの批判で優越感に浸りたいんじゃねい?

558 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 23:24:05.12
何言ってるんだ? 
把握するのに4回くらい読み直しちゃったぞ

揚げ足ってさ別に優越感とか味わいたいためでなくやっちゃうよな
理由は思いつかないけど 
俺2ch控えるべきとは思うわ

559 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 00:23:23.54
プレデターってエンタメSFであって、設定について深く考えるようなSFじゃないし

560 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 01:00:11.80
屁理屈を楽しむのがSF者なんだから、
モノがサザエさんでもプレデターでも思う存分やればいい

561 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 20:17:46.78
虚構のできごとに理由付けがないならそれはSFじゃなくただのフィクション
わざわざS付ける意味は何もない
いちゃもん付けるのは○○だからとしか言いようがない

562 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 20:44:59.18
どこに理由付けがなくてどこからシミュレーションかは任意でいいので
ない部分にSがないからただのフィクションだというのもちょっと

563 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 22:17:49.50
小説はみんなフィクションなんだけど
そのうち現実世界とことなった物理法則とか近未来とか出てくる物があって
それがそれなりに科学的理由付けがあるのもあれば
そんな理由付け無い物もあったりする、しかも多い
でもSFに入ってたりして
SFに入れるべきか入れないべきか
そもそもSはサイエンスじゃない方がいいんじゃないか?
サイファイとか少し不思議ってのはどうだろう


みたいな議論って何十年前だよ おまえらのお父さんがやってた議論だろ
子供なのか? 無知すぎるだろ

屁理屈を楽しむのもファンとしてあり
バーカそれお話だよw そうだったなワハハ
みたいなぶちこわしのもあり

564 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 22:19:11.59
親父は真面目で頑固な文系人間だからやってないよ

565 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 22:49:02.71
と、言っていた564はその20年後驚愕の事実を知ることとなる
父親のタンスを調べていて 引き出しが2重底になっていたのだ
おそるおそる開けてみるとそこには鍵があった
この鍵はもしや…
そう開かずの扉になっていた屋根裏の鍵だった
そして屋根裏には筒井康隆や高千穂遙、栗本薫、そして大量のアメリカのスペースオペラ
のパルプフィクション、自分で書いたうる星やつらのラムちゃんの絵があった。
それだけではないスポック船長の耳まであった
おもわずそれをつけてみる564
そして鏡を見て驚いた
こ、これは俺がSF好きになるきっかけになった
毎晩夜夢に出てきてSF話をしてくれた宇宙人のスポックさんじゃねえか

ってことはあれは親父…だったのかぁああああ

566 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 23:03:43.68
コンコン!
564の子供「だれ? パパ?」
564「ウホーイ、開けておくれ、スポックさんだよぉ、今日も面白いSFをしに来たよーん」
564の子供「ごめんパパ、宿題があるんだ明日なら遊んであげられる」
564「……、ウホイ」

567 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2012/11/04(日) 11:18:03.36
「SFってサイエンスなんだぞ、菜園zでないぞ」
「すこしふしぎなというよっか足らない脳味噌といった意味でもないのだぞ」
「おまえの場合はなんだ」
「Sうこしでないですけれど、カビがFくらんで、こっまた頭持っていることですかあ」
「いいか、SFってサイエンスフィクションなんだ」
「サイエンスですか、さいざんすかあ、サイザンスでしょう」
おあとがよろしいようで

568 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/04(日) 14:25:25.46
こういうのってよく見かけるけど
いっつも3人目くらいがつまんないこと書いて
なんだかなぁって感じにしちゃうよな
1、2もそんなには面白いわけではないけどさ

569 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/04(日) 15:06:58.05
まあ面白いネタがあったら2chではなく原稿に書くべきだよ
ミステリーズの受賞作のアイディアが2chにあったネタそのまんまらしいし


570 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2012/11/04(日) 19:41:57.56
「受けてないよ、駄目だよ、お前才能ない」
「そうですか、せいいっぱい考えましたあ、駄目でしたかあ、ああ、天を見上げますう」
「見上げて何か飴でもふってくるか」
「何も降ってきまんせんけれどお、よおし、次の2チャンネタを考えます」
飴、飴、ふれ、ふれ、象さんがジャングルからお迎えうれしいなあ
脳内ピンチピンチ、アイデアがサエナイサエナイ、ランランラン〜♪♪♪

571 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/05(月) 03:30:41.24
>>563
文章力ゼロだけどとにかくケチがつけたいんだよ!
ってことだけは通じた

572 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/05(月) 03:50:07.48
↑本当はちゃんと通じてるんだけど
「ああそう言うことか」的なこと書くと言い負かされたみたいだし(そんなこと無いのにね)
俺の書き方にもカチンとしたのでとりあえず文章力に文句言ってみてる例


573 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/06(火) 18:08:46.02
えーーん。
フィリピン海プレートとユーラシアプレートが衝突して頭の中がごちゃごちゃですw
創元SFの応募作品に科学的雰囲気を盛り込もうとして地質学にどっぷりとのめり込みました。
難しく、理屈っぽくなるのみで、作品の面白さにとってマイナス面の方が大きくなりつつあります。

SFの面白さと純粋な学問は、どこかで切り離して置かなきゃいけないことを痛感ww

574 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 08:12:21.75
>>573
それを上手く見せるのが「文章力」でないの?切り離せないとダメってことは、それらを結びつける「筆力」がない。ということかと。

575 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2012/11/09(金) 12:22:00.28
なんかすっごい小説みたいですねえ
えらいなあ、ウワアア、尊敬しますよお

576 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/09(金) 20:01:14.95
>>573
日本沈没と日本以外全部沈没を足して二で割ってみるんだ
きっと酷いものが生まれるよ!

577 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/09(金) 21:02:49.15
そしてジオイドが生まれた

578 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 01:38:08.37
アニメや映画などの他ジャンルに進出を目標に掲げてるってことは、
概念系のSF色が強すぎると厳しいかな

579 :陽性 ◆4wUrSVDVFOee :2012/11/11(日) 11:30:37.20
何でもいいですけど、だんだんめんどくなりました
でも50枚書いたし、後半分書いて100枚で出しちまおう
つうそうですか、概念系のSFって何か今一わかりませんけれど
どうもそれっぽいかな。大人風に仕上げちゃってますから、駄目でしたか
でも乗りかかった船(泥舟以外書いたことがありません)ですんで
いっちゃいまう。後10日以内に仕上げちゃおう
いいなあ、↑わたし、そんな頭ないでしょう、最悪です、すんごく裏山です

580 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/11(日) 18:00:22.79 ?2BP(3)
838 名前:記憶喪失した男 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/11(日) 17:51:51.20 2BP(3)
電聖戦は、囲碁ソフト対プロ棋士。
2013年3月20日と日付まで決まってる。

ちなみに、2012年11月25日(日)に九路板の囲碁ソフト対囲碁棋士対決がある。


839 名前:記憶喪失した男 忍法帖【Lv=10,xxxPT】(3+0:5) :2012/11/11(日) 17:54:17.84 2BP(3)
コンピュータ科学に詳しくはないが、
五年後に、星新一に匹敵する文章作成ソフトが完成する予定なので、
文学もひとごとではない。

小説家がコンピュータにとって代わられるのも時間の問題。

581 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:04:44.23
コンピューターじゃないけど、ハーレクインのレーベルが発売される時に、
豊富な恋愛小説のデーターを元に読者の嗜好も詳しく分析して、仕上げた恋愛小説シリーズということで、
宣伝段階では日本の恋愛小説を席巻刷るんじゃないかと思った。
でも、
結果はそうでもなかった。

読者が感じる面白さって、必ずしもデーターや基本的な登場人物や舞台設定のパターンの組み合わせだけでは無さそうですね。
だから、コンピューターが小説を書くのは直ぐに出来るかも知れないけど、おしろいとか感動するという小説が書けるのはまだまだ先の話だと思う。

582 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:12:34.02
ハーレクインが日本の恋愛小説を席巻しないのは明らかでしょう(苦笑)
海外小説読んでると(SFもね)すぐセックスセックスペニスペニス!って言い出すが
これを喜ぶ読者の嗜好を詳しく分析してマッチさせたものは
こりゃ日本人の恋愛小説観には合わないよね、基本
それポルノ小説だもの

セックスセックスセックスセックスしか書いてないシドニィ・シェルダンが流行した頃は
まあ、バブルだったし、ポルノでオゥオゥイケイケドンドンの価値観が日本でも通じたんでしょう

583 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:33:30.56
1 ハーレクインは日本人を分析対象にしていない
  (褐色の石油王の王子と結ばれる話はたぶん日本でうけないと彼らは気が付かない)
  するし、日本人作家を起用って説も聞いたことあるが

2 ハーレクインにはソフト、官能、ゴシック(貴族とか城とか)、ヤング、キャリアウーマン、
  ファミリー、異常な体験告白物等
  いろいろあって、ペニスペニスが出てくるのは官能と思われる、
  ヤングアダルトならせいぜいが卒業ダンスパーティで軍に行く彼氏とキス程度

584 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 20:53:37.07
ハーレクインは知らんが、国内と海外で性に関する感性の違いを強く感じるのは確か。

量子盗賊読み始めたら30ページでもう3回おちんぽ出て来てるんだが、どういうサービスなんだよこれ?
海外展開前提のハヤカワコンテストではプロローグで美少女の股間に宝石入りの蛇突っ込んどくべきなのかね。

585 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 21:56:23.69
コンピュータに意味のある文章が書けるか?ってwww
それが可能なら線文字Bとかの未解読過去文字が解読できるわwwwそっちが先だろ。「文章が紡ぎ出す物語」がそんなに単純なものと思っているバカがいるのかwww

586 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 22:36:27.71
なーにラノベ(日本版オタク用ハーレクインだろ)だって
売れ行き見て会議で設定やあらすじの企画書作って、作家何人かに
「この設定で書ける人?」みたいな事やってる

ま、文章を書いてくれるのはどーーーぶん先だろうけど

587 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 01:30:04.81
全自動物語生成機はよく出てくるガジェットじゃないか
官能小説はジョークソフト有るよね

588 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 02:34:17.54
つべで見たけどアメリカにはワナビ向けのプロット作成機があるよ、通販で買える

「キャシーどうしたんだい?」
「小説を書いてるんだけど、続きが思いつかなくて」
「それなら、これ、このボタンを押してごらん」
「ぴ、『恋のライバル登場』ですって、なるほど、そうすればよかったのね」
「だろ? ほかにも、主人公が交通事故、実は宿敵がお父さん、死んだと思ったのは双子、
 などなどいろいろあるんだミステリ、ロマンス、…ジャンル別にアドバイスが出るよ、
 ほらココで君のプロットの登場人物のプロフィールを選ぶ」
「まあ、これは便利ね」

みたいなやつ

589 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 14:31:01.27
じゃあ、
コンビューターが人間に代わって、人間の作家と同じ小説を書くためには、
人工知能が感情を持つレベルにならないと難しいのかな。

590 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 15:17:56.08
まったく同じで良いのであればcopyコマンドで
今でも簡単にできます

591 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 15:54:11.86
源氏物語もセックスセックスだけど?
と言ってみる。

592 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 16:04:03.30
その場に応じた「プロットを提示する」ほぼ人工無能みたいなものと、自動で小説が書けるモノでは、何もかも違うのに同じだと思っている奴が小説を書くから、
「それは小説じゃなくて、単なるプロット」と言われる文章しかかけないのだなぁ、と実感した。
「エロだけの人工無能」を、あたかも「誰もやった事がない新しいアイデア」のように言い回ってた人もいたっけか。いろんな意味で残念すぎるな。

593 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 21:30:51.03
人間はコンピュータの書いた小説読んで面白がったり、まして感動したいとは思わない。

594 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 22:22:01.11
>>593
ふっふっふっ、、、
みんな、記憶喪失した男が実在の人間だと考えてるなww
彼が本当は最新鋭の人工知能で、小説家になろうで作品を公開しているとしたらどぉかな?

595 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 22:38:52.77
お前はお薬を飲んでから2chを開け

596 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 13:27:46.25
村上春樹だってセックスセックスだしな

597 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 15:20:48.52
セックスが多めに出てくるとセックスセックスはちがう
源氏も春樹も
ここをああしてあれをこうして、そしたら何がどうなって、思わず私はそれをXXXしてしまった

的なやつは書かない

弁当にカレーコロッケが入っていても、「今日の弁当はカレーか」とは言わない
源氏も春樹もカレー味はするが量は一部だし衣に包まれてる

598 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 15:23:48.62
いやいや、半分くらいセックスだよね(前戯含む)

599 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 15:59:01.68
じゃ春樹はカレーコロッケではなく
トローリあふれるカレーコロッケで

600 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 16:08:18.94
セックスだけど、いろいろ理屈言ってるのと
男が性欲丸出しじゃない(やるけど)から
自己投影しても恥ずかしくないんだろうな

601 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 18:02:32.47
セックスとSFを絡めて、
例えば、
スタートレックのスポック副長がきわめて冷静で論理的に、
バルカン星人の妻と濃厚なセックスをしている描写とか、
「ソラリスの海」の惑星ソラリスが、ひとりエッチであへあへあへって喘いでいる
雄大な性描写とか、、、

SFファンに受けるのかな?

602 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 18:09:32.29
>>601
>スタートレックのスポック副長がきわめて冷静で論理的に、
>バルカン星人の妻と濃厚なセックスをしている描写とか、
スポックではないが、モンティパイソンのスケッチに「セックス授業」というのがあって、似たような描写をしてたな。

603 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 18:56:52.74
スポックは7年に1回ものすげー情熱的な発情期がくるし、
バルカンのセックスは殴り合いなので、
人類にはちょっと早い

604 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 19:03:13.85
そういうのなんていうんだっけ?
ファンコミだっけファンノベルだっけファンフィクションとか
70年代にアメリカで(日本でもか)
SFブームのときにもう嫌ってほどあったんだよ

スタートレックものだけで2次小説やコミックがうんざりするくらいあった
今のコミケとか同人誌みたいなかんじでパソコン通信(笑)で売ってたりとか

605 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 19:08:34.53
小学生かよw
二次創作の話じゃねえ……よね?たとえだたとえw

606 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 19:17:17.66
Fan Fiction spock Vulcan sexでぐぐったらいっぱいある
画像検索で絵のやつが見れる

小学生でもないだろ
かれらのうち一部はしごくまじめに、そういうの書いてるやつもいるぜ
まじめにやっても、2次創作扱いなのは仕方ないんじゃね

607 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 20:08:42.63
スタートレックのファンフィク知らんなんて小学生か?って意味じゃね?
何読んでるの?

608 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 20:10:15.90
「こういうセックス」だったら、ていうたとえに
二次創作があるんじゃない?とか的外れにもほどがあるやろw
二次創作なら別に素人作品で全然おっけーやわw

609 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 20:57:42.35
スタートレックのスポック副長がきわめて冷静で論理的に〜SFファンに受けるのかな?

ファンフィクション(2次創作)あつかいされますよって事だよ

>二次創作なら別に素人作品で全然おっけーやわ

あんたが今書いてもそれ素人作品あつかいですよね

ね、的外れじゃないでしょ

610 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 21:00:15.95
もしかしてさ、オリジナルな星人作って、オリジナルな性行為のシーンを学術的な感じに書いたら
評価はどうかね? ってこと?
ならそう書いてよ

例として、バルカン星人ではなく、オレカンガエタ星人にするとかさ

611 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 21:11:11.87
そんなことよりスポックが船長ではなく副長だったのが驚き
みんな知ってた?

612 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 21:22:16.82
>>611
70、80年代のSFファンには常識。
でも、オレは、その後のシリーズのピカッとかいうハゲが船長のシリーズは見てない。ww

613 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 21:44:16.97
611書き込んじゃってから
「ばーか、船長が死んでそのあと船長になるんだよ」
みたいなことかと一瞬思ったけど、そう言うこともないんだね

614 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 23:28:14.25
>>613
カーク船長の下では副長。んで、カークが引退して別の船の船長になってたけど、カークが復帰(?)してから、また彼の下で自分の意志で副長に。
スタトレ映画版の話だよな。カーンの逆襲でスポックが見せた最期の理性的行動が泣けた。

615 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 23:31:06.45
>>610
オリジナル性行為も既存であるし、性別が三つのもあったような。
あと、異星人間の性行為の話もある。
そもそもが目新しいプロットではないね。話の流れからある話ではあっても。
・・・でも、「SFは斬新なアイデア!」という人ほど、この手の事を「目新しいアイデア」と勘違いするんだろうね。

616 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/14(水) 00:58:23.07
オスとメスの交配による生殖行為という発想自体が既存の枠組みの内側じゃないかね。
まあ、スタートレックはハードSFでもないのだから、物語を面白くするための要素としてセックスが必要なら書けばよい、それだけ。

617 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/14(水) 01:21:52.24
まぁ、「科学考証」っぽいものをしつつ、物語に期待を持たせ、最後に、
「ドンガラガッシャーン!」
という意味では「ブラックホール」という映画をお薦めするね。本当に、あれは、何と言えばいいのか表現のしようがない話なんだ。
登場するSFガジェットは、目を見張るイカしたデザインなんだけどね。

618 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/14(水) 01:44:13.59
>>616
小川一水が最近手を変え品を変えやってる
無機物なんかとっくに通り越してもう文化同士の結婚まで行ってる
あ、天冥IVではないぜあれはだめだ

619 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/14(水) 02:06:04.40
炭素系生物の代わりに、ケイ素生物という仮定生物が思いついた段階で、
「他の生物の人間に類似した行動/人間にとっては異なる様式のそれらを社会に組み込んでいる(ex.宗教)」
なんてのは、何人もがとっくに考えている「手垢のついたアイデア」であって、
「アイデアの斬新さ」で語るのではなく、「なぜ、そのようなことになったのか」という文化的側面で描かないと、5番煎じでも遅いくらいだよね。

620 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/14(水) 03:00:21.93
5番目で煎じたらもうジャンルだな

621 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/14(水) 20:43:44.39
原色3って出るのかな?全然聞かないけど1・2が売れなくて販売計画中止か?
次の短編出そうと思うんだが、最終選考の半数が原色のせてもらえるのが魅力なだけに迷う

622 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/14(水) 22:01:14.03
迷うくらいならやめとけw

623 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 00:37:15.18
出るだろ
そして、特に売れてないと言うことも無いだろ
べつに大ヒット来るな、とは思ってもいないだろうし

624 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 02:34:10.02
いや、売れなくてもう出せないという発言があったとかと聞いたぞ
3はともかく4はないかなと

625 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 02:41:24.63
文庫本として出せない、じゃなかったか
残念ながら文庫本で出せないってのは編集や製版のコストにも見合わないってことだから
刷らずに電子なら行けるんじゃないか、なんて言ってみても的外れだろうな
お値段2倍取れる単行本なら出せるのかもしれんよ

626 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 03:36:52.40
「売れないと出せなくなるので是非買ってください」
と中の人が授賞式だったかな?で言ってた。
売れなくて出せないとはそのときは言ってなかった。

3は受賞組が原稿忙しい風なので出るだろ。
年内に出るといいね。

627 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 09:45:27.74
実は、オレは原色は1も2も買ってない。
出版側は日本にはSFファンはこの程度居るから、
そのうちの○割は買うだろうと予測して刷ってるんだろうけど、
オレみたいなのが数多くいて、販売部数が伸びなかったと言うことだよね。

買った奴に聞きたいんだけど、金を出して買った価値はあったのかい?

628 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 14:40:19.22
書き手スレなのに最終選考作の選集(しかも文庫)にさえ
出す金を渋るとか悲しくなるね。

629 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 14:41:17.81
>>628
買ったけど読み進まない(´・ω・`)自分の作品も他人から見たらそうなのかもな。

630 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 14:51:04.68
test

631 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 14:55:21.35
west

632 :ニーチェ男:2012/11/15(木) 14:55:38.71
創元、一日で書いて出しました。

ところで、私と記憶氏の
どこが似ているかというと、
描写が毛髪なところ

他は違うのかな?

多分一次を通らない作品
さらしてもいいんで、
まあ、そういうことで。

633 :ニーチェ男:2012/11/15(木) 15:49:10.80
会話の流れ切って申し訳ない

ところで、SFって
アートなんだろうか
エンターテイメントなんだろうか

634 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 16:50:31.20
アートであって欲しいけど、
SFの世界を楽しみたい読者の事を忘れて、
SFは崇高なアートだと思い上がってしまうと、SFの衰退を招きそう

エンターテイメントで良いと思います。

635 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 18:30:53.73
高いレベルのエンターテイメントは芸術的評価も得られるのでは……と言いつつ、
面白さは人それぞれ、芸術的な評価も読み手によって意見は分かれるものかも……
なので、そう言う事に気を散らさず、
書き手側は自身のオリジナリティを追求する事に意識を集中すべきかな。
所詮は書けるものしか書けない。
などと、思います。

636 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 20:46:59.92
アートでエンタメなSFを書いてもええんやで

637 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 22:46:42.28
>>627
読者としていうと
アンソロジーって元々、単体で買った価値があったと思うもんじゃないじゃん?
知らない作家と出会うためのカタログ
その意味では当然知らない作家ばかりなんだから価値はある

応募者としていうと
ガチのサイエンス小説は(全く送られてないのでなければ)ウケないんだな、というのが一つ
SFは伝統的に、科学技術や国家権力のもたらす弊害への警鐘が鳴らされてきたが、
科学技術=悪扱いは今も通用するのに対し、国家・システム=悪扱いはもはや鼻で嗤われ、
国家・システム=善と描くものでなければならないようだ、というのが一つだな

働きたくないニート問題の解決→国家が彼女をマッチングすれば働くんじゃね?っていう
ポルノ作家の舐めきった小説には俺の怒りが有頂天
科学は人を不幸にすることもあるが、国家権力や監視システムは市民を幸福にするという思想が
(少なくとも創元SF短編賞では)貫かれていて、空恐ろしいものを感じる

638 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 23:06:42.06
うちょーw

639 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 23:44:47.55
>俺の怒りが有頂天

ちょっとわらった 怒髪店だろ?

640 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 00:59:31.63
>怒髪店だろ?

いや、それも微妙に……

641 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 01:28:21.00
ぼくはモヒカンになるために植毛に出かけたんだ。

642 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 22:31:05.46
>>637

国家の中心が、悪の人=主体
から、
構造に移ったってことだよな

だから、人々が幸福になる構造
とは?がSFの問いになる。

643 :米国兵器開発局長官ストレンジラブ:2012/11/16(金) 22:57:00.38
なに、では、、、
世界を滅亡に導くマッドサイエンティストは時代遅れだとでも???
http://www.youtube.com/watch?v=JOvpsL11XPg

644 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:24:37.52
>>俺の怒りが有頂天
文芸と無縁な人間であることだけはわかった

645 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 00:06:08.92
使い古されたネットスラングに対しマジレスの嵐
このスレ案外おっさんが多いと見える

646 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 00:10:15.84
毛髪が乏しくなるには
時間が必要だからな

647 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 00:32:01.54
>>642
ハヤカワと創元に(賞においては)正反対の思想があるのかもしれない

創元SF短編賞は人間賛歌なんだな
科学技術は疑っているが、人間は信じている
人間は技術の問題点を運用で乗り越えられる、というもの
ビッグブラザーだって人間なんだから良きに計らってくれる、と一種異様なものまで出てくる

ハヤカワSFコンテストはなにせ伊藤計劃が欲しいというのだから、その逆なんじゃないか
科学技術は信じているが、人間を疑っている
進んだ技術を人間は故意なり合成の誤謬なりで悪い方に使ってしまう、という古典的な木鐸

648 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 01:19:18.39
>>647
逆に人間不信や人間の行う政治に対する不信という解釈はどうだろ。
ニートな彼と〜だと出会いを演出しているのはシステムであって
為政者が我を通すために大衆操作をしているという
昔風の権力=悪の象徴的なものではなく
情報処理によって人の恣意の介在しない最適化が描かれているような。

GoogleやAmazonに見るように統計手法が民間の手で運用され
国家がそれを後追いしている現実の中で
恣意的に振る舞われかねない国家権力の否定が
情報社会によって生み出されて行くというユートピア観は
(ちょっと古めかしくはあっても)
現実をよく反映しているのではないだろうか。

649 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 01:41:07.68
>>648
なるほど、一理あるな
とはいうものの、Google八分のような案件を考えると、
やはりそれも大層楽天的に過ぎる印象は変わらないが

一見フェアなクラウドに実は隠然たる権力の恣意的な操作が、ってSFを最近銀背で読んだぞ

650 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 19:05:31.67
>>649
普通にディストピア小説で見る風景だろ。珍しくもない。

651 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 20:09:10.64
ひょっとしたら、
韓国人歌手の動画のランクを上げようとする韓国人が、
国民総出でF5キーを叩きまくって、情報を意図的に操作して、
YouTybeからしめだされるようなもんかな

652 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/18(日) 00:01:11.75
>>650
文脈の読めない奴だな
脊髄反射するなよ低能

653 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/19(月) 00:10:10.05
>>652
意味も理解せずに脊髄反射で「低能」と罵る「低能」乙www

654 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=19,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/20(火) 22:30:11.53 ?2BP(333)
将棋電王戦。

607 :関係者:2012/11/07(水) 06:40:42.69 ID:lygBaTh/
5番勝負は船江、阿部光、佐藤慎、塚田、三浦の5人です。
すでに非公式に5局指しております。

608 :関係者:2012/11/07(水) 06:44:14.61 ID:lygBaTh/
ちなみに対局料は当然ながら800万は出ません。
格安の対局料のようです。

696 :関係者:2012/11/18(日) 02:49:20.60 ID:W6jyGxCw
船江、阿部、佐藤、三浦、塚田の5人は
内密に行われたコンピュータとの対局で全敗しました。

おそらくメンバーを変えるための調節で発表が送れるでしょう。

697 :関係者:2012/11/18(日) 02:57:32.86 ID:W6jyGxCw
主な有望若手棋士の先生には、理事会が打診しましたが
断られたそうです。
断った理由はやはり対局料でした。
「引退している会長が1000万の契約金のうち800万を懐に入れて、
なぜ現役の我々がその10分の1なんだ」
というのが若手棋士の先生方の本音です。

655 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 23:03:35.07
たしか、IBMのデープブルーっていうコンピューターが、
チェスで人間の世界チャンピオンに勝ったのが15年ぐらい前だったよね。
その時に、将棋でコンピューターが人間に勝てるのは四半世紀先だって聞いたことがある。
技術の進歩で、その予想がだいぶ早まったわけですね。

656 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 23:39:27.46
ワープに関する理屈で、ダークマターの存在を絡めた手法でのワープ航法を思いついたのだが、
・・・ワープするのに、そんな理屈をいちいち語ってられないので、物語内で、どう関わらせたらいいのか、解らなくなった(´・ω・`)
まぁ、SFガジェットってそんなもんだよね。物語の核心に関わるものは、あんまり思いつかない感じ。

657 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 23:41:24.51
>>655
チェスと将棋では、空間が閉じているか、開いているかという大きな違いがあるので、将棋で勝つのはしばらくかかる気がする。
(何が閉じていて、何が開いているのかは、このスレの諸兄は理解していると思うので、説明しませんが)

658 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 03:51:34.15
も、もちろん知ってるよ、ハハハ
うんうん、閉じてるよね、おれも閉じてるなあって思ってたんだ、はさみ将棋やるときにさ

659 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 00:00:01.40
>>656
短編に投稿するのに
舞台装置の説明を一々していたらあっという間にページが足りなくなるな
そんなグダグダなSFが一般的としてもな

660 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 08:42:06.75
むしろ舞台装置の説明だけで埋め尽くしてラスト一段落で行動始めて衝撃のエンドの方がSFとして美しい

661 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=20,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/22(木) 10:56:59.23 ?2BP(333)
おまえら、ミステリ板では、SFファンなら都築道夫を知ってて当然と
いわれてるらしいが、知っているか?
おれはさっぱり知らんのだが。

662 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 12:17:05.70
>>661
それはミステリ板で、お前は福島政実を知ってるかと質問するようなもの。
都築道夫はSFと無関係じゃないけど、ほぼ99.999%ミステリー分野の作家だし、
その名を知ってるのはかなり年配のSFファンだけだと思う。

663 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 14:39:11.63
>都築道夫はSFと無関係じゃないけど、ほぼ99.999%ミステリー分野の作家だし

ムチャクチャ言うなよ。日本のSF出版草創期のキーマンの一人だぞ。
旧銀背の初期のセレクトと解説も、いまだに読まれてる異色作家短篇集の
企画立案も都筑道夫じゃないか。

「SFマガジン」に寄稿していたのは初期のうちだけだが「奇想天外」や
「SFアドベンチャー」にはかなり後まで質の高い作品を発表している。

十代か二十代の若者でジャンルの歴史にまったく興味がないような人なら
ともかく、三十代以上のSF読みなら名前は知ってて当然の作家だろ。

664 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=20,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/22(木) 14:40:57.11 ?2BP(333)
>>663
その質の高い作品とやらの題名は何かね?

665 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 14:45:58.13
>>662
都築じゃなくて都筑ね。人の名前を間違えるなよ。

「宇宙大密室」「飛び去りしものの伝説」「未来警察殺人課」「暗殺心」
「銀河盗賊ビリイ・アレグロ」……。どれも面白かったな。

「ショートショート集成」の中にもSF作品が数多く含まれていた。
「ほぼ99.999%ミステリー分野の作家」なんてこたあないよ。

666 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 14:49:08.48
>>664
都筑道夫のSFはどれも面白い。光文社文庫の都筑道夫コレクションの
SFの巻の解説で新保博久氏がその理由を分析しているよ。

俺の好みで言えば一番凄いと思ったのは「暗殺心」だな。

667 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=20,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/22(木) 14:49:40.13 ?2BP(333)
都筑道夫は、日本SF第一世代のSF作家のようだ。
日本SF全集の一巻に収録されてた。

どうも、おれが知らんだけだな。

668 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 15:04:12.92
>日本のSF出版草創期のキーマンの一人だぞ。
「本の雑誌」に連載されている高橋良平氏の「戦後日本SF出版史」でも
実によく都筑道夫の動向に言及されているな。楽しみにしているんだけど
まだ本にならないのかな。

>都筑道夫は、日本SF第一世代のSF作家のようだ。
分類すればSF作家ではなくミステリ作家ということになるだろうが
SFもホラーもたくさん書いているんだよ。

SF大会で聞いた話では、日下氏のあのアンソロジーは「実際に全集を
作ったら一人一巻を作れる作家の作品を対象にした」とのこと。

例えばあれに収録されている河野典生も分類すればハードボイルド作家
ということになるが、素晴らしいSFを5、6冊書いている。

669 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 15:17:46.46
都筑道夫と言えば、福島正実とともにハヤカワSFシリーズを創刊した人じゃないか。
日本のSF好きが知らないなんてことあるのかいな( ゚д゚)マジで?

670 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 15:34:12.55
(ミステリ・捕物帳作家としてしか)聞いたこともない

671 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 16:00:07.72
童話スレで福島正実が過去の偉い童話作家だと思ってる人がいたけど、
都筑道夫も同じで、SFの業績が正確に知られていない過去のおじさんという位置づけだと思う

672 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 17:05:59.08
>>670-671
「聞いた事もない。誰?」よりはマシだけど・・・(´・ω・`)知らない人多いのかよ。ハヤカワSF読んでいて。

673 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 17:19:34.95
新刊で置いてあるのと図書館の開架に並んでるのぐらいしか読んでないですよ
みんながみんな年季の入ったコアなSF者だと思ったら大間違いだぜ

674 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 18:13:26.34
素人は帰れ、とは言わないが、最低限まず千冊はSF読め。
掲示板に書き込んだり自分で書いて投稿するのはそれからだ。
無知を晒すと恥かくぞ?
何らかの専門家でその専門分野を生かして書くならその限りではないが。

675 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 18:30:25.27
ぶっちゃけ書くだけなら1000冊読んでる必要はないぞ
車輪の再発明をしてしまうリスクはあるが、それだけだ

だが、SF界は1000冊読んでるのが前提になる社会
1000冊には確実に入る作家にあなたの作品未読ですなんて言ったら、
勘気を被ってSF界では生きていけなくされる
未読ですと言ってもああそうですよねで済むラノベの方が生きやすい
猫耳文化女中器を入れてラノベの賞に送った方が生存確率高そう

676 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 18:32:52.89
多分読んでも進歩しない俺たち

それに関しては妙に自信があったりする

677 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 18:35:10.55
うん読んでも成長しない自信だけはある
何百冊かは読んでるだけに千冊読んでも変わる気はしない

678 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 18:36:29.09
すごいアイデアだと思ったら既出だったり、理論的にダメ出しされてたり、を避けられるから
無駄な時間を使わなくて済むかもしれない
成長はしないだろうな・・・

679 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 18:37:53.12
ラノベでも、僕ラノベなんて低俗なもの読みません西洋史の専門書読んでますって全力アピールして
レーベル作家総出でハブられた作家がいましてね……
新人だらけで出入りが激しいだけあって、「あんた誰」が許される程度に緩いのは確かだけど

680 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 19:10:32.69
「職業SF作家になりたいんだー」というワナビーが都筑道夫氏を知らないのは勉強不足以前の問題。その素養すらないよ。
それ以前に「SFしか読まない人間」が「職業SF作家」になれるとは到底思えないけれどもさ。

681 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 19:37:50.25
人の入れ替わりが無いSF小説界は衰退著しいよね

682 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 19:56:47.41
ハヤカワSFシリーズを立ち上げたひとの、唯一のSF短編集が創元SF文庫からしか出てないのはふしぎ。

683 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 20:19:01.42
>>680
俺は都筑道夫の功績知ってるんだゼェと知識自慢してチンケなプライド満たしてる方が、作家としての素養がないよ
評論家としてなら話は別

684 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 20:23:23.80
SFを1000冊読めっていうのは、SFの読者として分かりそうな気もするんだが、、、
SFワナビとして実際に1000冊読む自信はないな。

オレ、今回の創元向けの原稿を書いていて、熟読した専門書が3冊、断片的な情報を求めて流し読みした書籍は十数冊。
SFってこんなに多くの周辺知識に支えられてるんだなって感じてる。

SFを作るために読まなきゃいけない本って数多くあるよね。オレはこっちの本が多くて、SFそのものはせいぜい150冊ほどしか読んでない。

他のワナビは、数多くのSF作品を読むのと同時に、どうやって、書くための資料となる知識の仕入れを両立させてるの?

685 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 20:37:33.49
ああ、腑に落ちた
「過去作品読め」は、先行作例のアイデアを押さえておくという意味においては正しいが、
SFはその範囲を越えて、評論家や史学家であれと求める棺桶に両足突っ込んでるんだな

過去に書かれた作品のアイデアを知っておくことは重要
しかし、個別の作家の業績の顕彰自体は、作家志望に必須のものではあるまい
打ち立てられた良アイデアは以後の作品に取り込まれ改良されつつ変奏されていくものだから、
ガイドや新作でフォローしておくことも可能だろう

686 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 20:47:30.62
千冊読まなくてもいいように
新作で圧縮してリピートすれば
いいかもな

687 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 21:04:30.59
千冊読んでもアイデアの重複防止にはならないとも気が。
大概のアイデアはSFだけでなく思想、科学史の中で既出になっちゃってると思う。

何か思いついたらとりあず日本語と英語で検索、ですな。

688 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 21:11:26.61
プロは実際に大学教授に取材に行ったり駄目出しして貰ってるからな
読まないよりマシだけど専門書なんかいくら読んでもね
SF作家もなんだかんだ言ってデビュー前後の作品が一番面白い人がほとんどだし

689 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 22:55:17.00
なんか、作家になるために読む必要があるかって話しかしてないが、
デビューできなかった時のことも考えると読んどく方がいいぞ?
千冊読んでないとSFのことを何も知らず作家にもなれなかった負け犬にしかなれない
読んでおけば、偉そうにふんぞり返ってニュービーに威張り散らせる

690 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 23:03:52.74
形態:児童文学もラノベも漫画も特撮もブルーバックスもニコニコ技術部も
ジャンル:ミステリもファンタジーもホラーもロマンスも戦記もノンフィクションも
何だってSFの糧になるさ

広範囲で1000冊読んでるのと、ジャンルSF1000冊読んでるのと、どっちが上か何とも言えないね
ジャンルSF1000冊読みつつジャンル外も1000冊読んでれば最強だけどね

691 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 00:07:49.60
>>689
で、お前は千冊読んだの

692 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 00:08:18.59
都筑道夫がSFの分野でも大きな功績を残しているなんて、ある程度のSF読みなら
常識だと思っていたが、知識自慢と受け取る人もいるんだね。

SFを読んで「面白い」と感じたから「自分もSFを書こう」と思うんじゃないのか。
書こうと思うまでには1000冊とは言わないまでも何百冊かのSFは読んでるでしょ。

SFをあまり読んでおらず、SFが好きでもなく、SFの初歩的な知識もないのに
SF作家になりたいもんなのか?

693 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 00:09:48.19
日本には読んでおくべきSFなんてのは無いから都筑道夫なんて知らなくても全く問題無し

694 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 00:14:09.81
作家志望者のハードルが下がりまくってバリアフリー状態になってるのかもな

半村良は「作家は読者のチャンピオン」といった。

かつては作家になるような人は古今の小説を大量に読みまくって、それでも
飽き足りなくなって自分で書き始めたものだった。

いまは何にも読まずにただ「作家になりたい」だけの人が多い。

695 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 00:32:12.68
都築がSFで功績残したとかいうけど、
世界的にみたらウンコみたいなもんでしょ

696 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 00:39:45.22
まあ今回の応募者には悲報だよな
このおれが参戦するんだから
格の違いというやつを思い知らせてやろう

697 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 00:47:57.96
千冊読んでない奴はSFのSの字も語る資格がない
ライトノベルの賞に送りなさい

698 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 00:54:17.31
>>692
聞いたこともねえっつってんだから、じゃあ覚えといてね、でいいじゃん
えっ常識なのに知らないの?SF者として本気度が足りない!クソワナビめ!なんて叩いて快感得るのは
知識自慢よりもっとろくでもない、みっともない
よし見下してやろうと思って見下してるならまだいいが、自分が何やってるかわかってないんだなあ

699 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 00:57:14.08
自分が書こうとしている小説ジャンルについての無知を指摘されて
そんなこと知ってる必要はない! と開き直る人が作家になれるかねえ。

好奇心も知識欲もジャンルの先人への敬意もなく、デビューもしてないのに
プライドだけは一人前って……。

700 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:06:59.40
好奇心も知識欲もジャンルの先人への敬意があってもデビューしてなきゃ目くそ鼻くそ

701 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:09:34.69
漫画が小説より売れてるのは手塚治虫を知らずに漫画を描いても許されるからだろうなあ
かの有名なブラよろなんてブラックジャック読まずに描かれたらしいし

702 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:14:17.36
>>683
「都筑道夫」を普通に読んでいるSF読者から見たら、「都筑道夫」も知らずに「SF作家になりたい!俺は沢山SFを読んでる!」と発言するのは、

「何も解ってない勉強不足の失態を自分で晒しているバカ」

という意味なだけですよ。SFに限らず、職業作家は、ジャンルを超えていろんな作品を読むのが普通だと思ってるしね。

703 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:15:14.12
無理して読んでも身にならないんだから読まなくていいよ

704 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:17:29.05
都筑道夫読んでるぐらいで尊大な態度取る方がアホにしか見えない
知識を問うならともかくも敬意とか言い出してな
どこの体育会系よwそらSFも滅びるわ

705 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:18:30.65
>>703
だね。一次落ちで怨嗟の声を上げる「何も理解してないワナビー」を最初にゴミ捨て場に送るのには楽な事なのかもしれない。

706 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:20:44.06
>>705
確かに、俺は「都筑道夫」を知っているから偉いんだ!という「何も理解してないワナビー」を、
最初にゴミ捨て場に送るのには役立ちそうだ
優れた読者や批評家が優れた作家になるわけでもない
教養と素養は別モンだからな

707 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:21:06.77
日本のSF読むくらいなら山田風太郎でも読んでた方が遙かにマシ
それくらい日本のSFは退屈で眠い

708 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:23:03.28
>>704
「都筑道夫くらい普通に読む」というのは尊大な態度でもない、「日本SF創世記」の作家だから、SF創世記の作家だから、どんなものかと読む。ただその程度の事なのに。
でも、今日の今日まで名前も知らなかったワナビーが、「それを読んでない事の何が悪い!」と頭の悪いワナビーが叫んでいるのが今の状態だろ。
海野十三先生も面白いぞ。青空文庫で無料で読めるから、一読してみな。

709 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:23:14.35
都筑道夫の功績を知っていようが知っていまいが、三作遺して夭逝するのが良い新人だ
こんな所でクダ巻いてる野郎どもは新人にすらなれない

710 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:25:10.78
だから日本SF小説自体大した価値は無いから知る必要無いんだって
ガメラでも見てた方がよっぽど身になる

711 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:26:17.26
>>707
エンタテイメント性で言うなら、柴田錬三郎「われら九人の戦鬼」を推したいなぁ、あれは面白かったよ。何度も繰り返し読んだ。

712 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:27:53.77
>>711
いや山風はある意味SFって話をしたつもりだったんだけどね

713 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:30:18.60
>>712
ありゃ、そう意味でしたら。すいません、

714 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:31:47.48
>>708
創世記の作家の本なんて今更読む必要あるわけねーじゃん
読みたきゃ趣味で読むだけよ
あんまハードル上げてやるもんじゃないよ

つか、せいぜい海野十三までしか読んでない俺は都筑道夫が創世記の作家とは知らなかったわ
つーことは、押川春浪らへんと同じ時代の作家なのか?
割と最近に訃報を聞いた記憶があるが

715 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 01:48:52.07
都筑道夫振りかざして悦に入ってた方がヌルかったってオチですかw

716 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 02:10:37.44
ジャンルSF出版の草創期の重要人物と言ってるだろ。

それまでSFは書かれていたがジャンルとしては確立していなかったし
アメージングストーリーズとか室町書房のシリーズとか軒並み頓挫して
西部劇とともに出版界の鬼門と言われていた。

717 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 02:13:07.43
ものを知らない方が開き直って威張ってるのかwww

718 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 02:21:16.52
新参を古参気取りがいじめたらマジ古参にやり込められたみたいな
この辺で両者遺恨なしで矛を収めないかね

719 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 02:25:15.11
海野十三を読んでるけど都筑道夫は知らない人がマジ古参なのか???

720 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 02:29:25.65
日本SFに価値はないから読む必要もないし知る必要もないと言ってる人は
どんな作家になるつもりなんだ?

721 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 02:46:13.30
>>716
こういうカテゴライズ論打ってる作家ってまず本書いてないよな
過去の遺産で大きい顔してるか、コネで評論活動して糊口凌いでるだけという
本の一冊も出してないうちからこんな有様じゃ行く先が知れるわな

722 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 03:00:04.17
カテゴライズ論?

723 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 03:41:15.32
で、SF千冊読んでるとどんなすごいものが書けるの?
それだけ読んで人に見せられない程度のものしか書けないってオチか?

724 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 03:53:52.66
数多く読んでさえいりゃ書けるということではなく
書ける人は必然的に多く読んでるって話だろ

練習しないでプロ野球選手になれる人は、まず居ない

日本SFは読む必要ないとか言える自信がどこから来るのか不思議

725 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 04:23:31.81
>>722
分類論の事だけど?

726 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 09:01:57.90
読む必要ないっつか、読んだけどツマランから

727 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 10:20:41.26
ここはワナビのカテと言うことを前提にして、
SFの古典を読むとか、1000冊を読むことで、書くためにどんなメリットがあるんだろう。
この作家のアイデアの出し方が参考になったとか、
こっちの作家の表現力に学ばされたとか、

創作のために役に立つ事って何かあった?

728 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 11:33:03.76
>練習しないでプロ野球選手になれる人は、まず居ない

素振りもしないでプロになれる天才も何十年に一人はいるかもしれないが
自分がそうだと思うのは妄想だよね。

日本SFに限らずなんでも大量に読んで自分の中の引出しを増やしておく
のは作家になるための第一歩だと思うけど。

小説なんか読まなくても小説を書ける。古い作品を読んで何か得になるのか
と豪語している人は、よほどの大天才なんだろうな。

729 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 13:53:41.39
SFが好きなら自然に1000冊ぐらい読んでるもんだよ
おまえら正直ベースで話してもう50年前後生きてるだろ?
年30冊としようか、それぐらい、好きなら勝手に読めるだろ?
メリットで語る事が理解できない

SF読み始めの高校生なら何も無理しなくていいぞ
でもいないだろそんなの
大学生以上ならちょっと無理はして下さい

730 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 14:30:52.79
小説読んで小説書いてたらパクリだw
SF千冊分に相当するインプットは要るかもしれない
だが何らかの別のインプットを十分行なっていれば、SF読破数は少なくてもいい
百だとちょっと取りこぼしが出るかなという気はするが、千冊を目標にするのは良くはない

731 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 16:17:33.30
というかワナビにとっての素振りは読書じゃなくて書くことじゃないの?

732 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 16:37:36.12
書いたら才能の無さがバレるだろ
1000読んだら次は1500、1500読んだら2000
いずれ書ける傑作のために今はSFを読む時

733 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 16:48:10.20
>>731
たいして読まずにいきなり書いて、いいものが書けるかって話だろ

「自分の中の引出しを増やしておく」とか「インプットを十分に行なう」と
言われているのは作家になるための最低限の条件

734 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 17:17:40.47
誰がそんな事言ってんの?

735 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 19:10:13.88
>>733
それは正論だが、SF1000冊主張陣営ではなく、SF1000冊反対陣営から出ていた意見なので
流れ的に論旨がツイストしてしまってないか?

736 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 19:35:47.91
├才能だけで十分だよ派
│ ├日常生活や研究、趣味で十分だよ派
│ └俺は天才だよ無頼派
└インプットが必要だよ派
   ├SF1000冊読めよ派
   │ ├1000冊はスタートラインだよ派
   │ ├1000冊今すぐ読んで打ち止めだよ派
   │ └長い人生の内に1000冊読めばいいよ派
   └SF1000冊読まなくていいよ派

737 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 22:07:56.14
机上の空論は別にして、
1日は誰でも等しく24時間。睡眠時間、学校や仕事の時間を差し引いて、家族や友人と過ごす時間を差し引いたら、
何時間残ってる?
仮に、残った時間を全て創作に当てるとして、勉強のためにプロのSF作品を読む時間は何時間ある?
逆に、
1000冊を20年で読むとして、1年で50冊、およそ1週間に一冊のペースで読み続けるって事だろ
SFを書くためにSF以外の知識も持って置かなきゃならないから、実際に読真名伽ならない本はもっと多くなる。

そんな事、本当の可能かい?

書き込みを見ていて思うんだけど、自分て経験していないし経験するつもりもないから、
理想的な机上の空論を振り回してる人がいるような気がするけど・・・・・・

738 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 22:50:44.06
お前らいそがしいんだなw
俺、普通に週4,5冊読むわ(SFだけってことはないが)

これを机上の空論とか、本当に可能かい?って本気で言ってるの?
地方の大学での俺が(短大出の俺の嫁もだ)やってるのだから、こういう読書家は数百万人単位で居るぜ
そういうのが、おれらが作家になったときのお客様なんじゃねえの

俺の子供も、そのくらい読む、かいけつぞろりとかだけど

739 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 23:28:22.99
ttp://chosa.nifty.com/cms_image/chosa/report/121018001216/20121019_01.gif

週1冊以上読む人は(ビジネス書も含むだろうけど)18%もいる
2週に1冊も18%だ、足せば36%
別にX冊読めとは思わんけど
読める人なんているかなw的な考えまで持ってるのは、なんていうか、
ちょっと読書量がすくなすぎやしなかい?
まるでエベレスト登るみてえな言いぐさじゃん

740 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 23:53:14.92
古い作家なんて読む必要ないとか、日本SFは読む価値がないとか
1000冊読んで何かメリットがあるのか、といってる人たちはなんで
SF作家になりたいと思ったんだろう?

とにかく楽して「作家」という職業の人になりたいというだけ?

741 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 00:32:49.64
>>738
日本人全体の統計だともっとも本を読むのは小学生で
年齢が上がるに連れて読書量が減っていくらしい。
社会人の平均読書量は1冊/月以下だってさ。
趣味で読む人とまったく読まなくなる人に二分されるみたいだ。

742 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 00:40:25.40
そもそもSFなんて趣味の人にモノ売る職業だろ
釣りマニアに手作りの釣竿作って売ってる爺さんみたいなさ

本読まないってのは
その爺が「おれ釣りやらないんだよね」って言うようなもの

743 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 01:13:33.12
ハルヒの谷川先生はSFマニアだな。最近筆が進まないけど、多分充電中だ。
SF含む古今東西の小説を読みまくっていると推測する。

744 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 01:22:04.12
たぶん税金対策で5年間、新作書くの止めてるだけかと

あるいは「あれ? もう働らかなくていいんじゃね」って気がついてしまったとか

745 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 01:24:23.60
千冊読んでいればその内容を適当に組み合わせてそれらしい原稿がたくさん書ける。
元ネタを全部知ってる審査員にぶつかれば落とされる可能性もあるが、そうでないかぎり上位に入る可能性は大きくなる。
見た目がサマになっている原稿を多数応募し続ければいつかは入賞する。
自分なりに書きたい、訴えたい内容がないけど作家にはなりたいという志望者にとってはいい方策。

746 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 01:34:42.94
アシモフを読まない事を「SF作家としてダメダメ」と批判するのなら、
「スターウォーズが解らない奴」は「ダメダメ」とか、
「福島正実を知らないのはダメダメ」とか指摘されるのと同義だろ。
少なくとも都筑道夫はSFに限らず作家としてきちんと評価されている。
言い換えるなら、「SF以外の小説を読まないと、妙ちきりんなSFガジェットもどきが出てくるだけの駄文しか産まれない」
てー事だと思うね。SFワナビーが読んでいるSF以外の小説を「面白かった」と情報交換する方が有益なんじゃねぇの?
この歳になるまで筒井康隆「大いなる助走」を「時かけ作者の小説だろ。興味無し」と断罪して読もうともしなかったSFワナビーもいたみたいだしwww

747 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 01:43:21.22
>>742
魚釣りをほとんどしない釣竿師はけっこう多い。

748 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 01:53:05.85
>小説読んで小説書いてたらパクリだw

>千冊読んでいればその内容を適当に組み合わせてそれらしい原稿がたくさん書ける。


そうじゃないんだよね
千冊も読めば、物語のセオリーが身について、新たな話を作れるようになるんだよ
新しい話を生み出したくなるんだよ

最初は何かにてるかもしれない、ヒロインの危機にヒーロー登場みたいな
べた展開を書くかも知れない、
もしくは、悪の科学者が出てきてどうのこうの、みたいなまたかよ話かもしれない

でもそれは、小説読んでパクリを書いてるわけでも、何かと何かを組み合わせて書いてるわけでも無い
差はわからない人にはわからないかも知れないけど、たくさん小説書いたことあるならわかる

きみ、ワナビじゃないでしょ、ワナビなら大体の人はこのことに気がついてる

749 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 02:11:55.60
>>747

釣ってもみないで
こっちよりこっちがいいなとか、もっとこうすべきだなとか
何で判断するんだ?
あれは飾って眺めたり、磨いたりして楽しむものなのか?
名のある人のはクソ高いんだろ、知らんけど

750 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 03:27:29.34
基本的にそういう職人の世界は先輩に言われるままにまず基礎を叩き込まれて、
創意工夫はそれから先の話

751 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 04:30:45.21
だから小説をたくさん読んでるなんてのは、作家にとっては前提というか
基礎中の基礎でしょ。そりゃ何も読まずに素晴らしい小説を書ける天才も
いるかもしれないが、そんなのはごくわずかな例外であって。

そしてSFやミステリのようなジャンル小説を書くならジャンルの歴史に
ついての知識も必要。評論家レベルとまではいわずとも一般のファンより
知識がないのではお話にならない。

そもそも過去の作品をたいして読んでおらず、読む気もないジャンルの
作家に、どうしてなろうと思うのかが不思議。

752 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 05:02:06.75
たぶん、ラノベやアニメのSF風味のやつだけ読んで
こういうのだろうな、と思ってスレに来てみたが
まったく反応悪く、というより反発されたりして
驚いちゃって、なんだよあのアニメはSFファンもお墨付きの最先端だったり
あのラノベは学者も認めるSFが書いてあったんじゃねえのかよ、と不安になるが
とりあえず
「コアなSFファンは考えが古いな」とか「日本のSFなんてレベルが低いからいらんよな」
「読んだ量じゃねえだろ、才能だろ」とか
不安な自分を納得させる意味もあって書いてるんだろうな

それでも不安は消せないから図書館で見てみたら字ばかりで読み通せず
しかたなく、ネットで荒筋だけみたりして、読んだこと無いなーって人を叩いて憂さを晴らす

753 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 08:56:55.32
>>俺、普通に週4,5冊読むわ(SFだけってことはないが)
>これを机上の空論とか、本当に可能かい?って本気で言ってるの?

たぶん、1000冊読むっていう人の基準がずれてるんだよ。
確かに週に数冊読む読書家はいるけど、ちゃんと読んでないね
要点をかいつまんで斜め読みだろ?
それならオレでも読める。
だけど、このワナビスレでは創作活動に役立つ読書という基準で議論すべきだと思う。
そうすると、一冊を熟読して、ガジェットの斬新さ、構成や表現力などを考えてるかどうかだと思うよ。

SFを1000冊読めって、経験の浅い人間の机上の空論だと思う。

754 :SFは衰退しました:妖精さんA:2012/11/25(日) 09:56:33.63
にんげんさん、にんげんさん、
このスレ、また、荒れかけてるですぅ

755 :SFは衰退しました:お菓子ちゃん:2012/11/25(日) 09:57:44.88
SFをたくさん読むのも、SF以外の本を含めて読むのも、創作活動に役立つなら人それぞれで良いと思うんですが、
みんな、自分のやり方が正しいって言いたいんですね。
人間の悲しい性でしょうか。
こういう時こそ、あの世紀の天然ボケキャラの記憶さんに登場いただいて話題を変えていただきたいものです。
玩具の記憶さぁーん、どこかにいらっしゃいませんか?

756 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 10:01:59.58
お前らさあ、読め派も読まなくてもいい派もちょっと高尚に考えすぎなんだよ
アイデアの変奏やパロディを楽しむには原典知ってなきゃダメってことでしかないだろw

新作SFにはそれまでのSFのアレンジ、オマージュ、パロディが盛り込んであるものなんだよ
十全に楽しむにはそれまでの古典名作と流行物を全部読んでる必要がある
タオル持って行けとか女中器とか、人差し指合わせたり月の前を自転車でよぎったりして、
それで笑える読者と頭が「???」になる読者じゃ、やっぱり楽しめ方が違うよね?

本当はアイデアを別のチャンネルから仕入れていれば別にSF読んでなくてもSF書けるけど
でも、SFは過去のSFネタでのくすぐりを期待する読み手しか生き残っていない化石ジャンルなんだよ
過去のSFネタを仕込んで読者サービスしないと仲間と認めてもらえないわけ

ラノベ読み書きするならガンダムとジョジョは押さえとけっていうのと同じレベルの話として、
やっぱりSF数百冊(千冊とは言わない)は大前提になるよ

757 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 11:49:58.97
>確かに週に数冊読む読書家はいるけど、ちゃんと読んでないね
>要点をかいつまんで斜め読みだろ?

かいつまんでねーよwちゃんと読んでるって
娯楽として楽しみながらよむんだよ、
なんだよ要点をつまむなら俺にもできるってw
はらはらどきどきわくわく、読んでるんだよ、金出して買ってるのに斜め読みなんかしねーよ
本好きはみんな要点斜め読みなわけねえだろ、おまえ本好きの事知らなさ杉

そして1000冊はそれで良いのな、
深層心理に無意識レベルで物語りフレームワークを作るのが目的だから

熟読して分解して、なーんてのは、たまに興味を持ったものだけやればよろし
熟読して分解してノートとって作品作るときにそのお勉強したものを
ってのがそもそもおかしい
1000冊って言ってる人は、そんな作業的な事言ってるのではない(と思う)
英語で言ったら翻訳しながらしゃべるのではなく、自然にフレーズ出てくるレベルにしろ
って事だと思う

758 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 14:16:35.82
あのさ
千冊って多そうに思えるけど、週一冊読めば二十年で読めるんだぜ?
週二冊なら十年だ
読めない時期を考慮しても三十年あれば、好きで読んでるだけで誰だって到達するわ

それを千冊読む読まないでぐだぐだ言ってる奴は、本当にSF者ですか?
十八歳のニュービーには要求せんよ、今後十年二十年で千冊に到達しなさいとしか言わない
だが、そんな若者は2chなんかに来ないだろ?
若くても四十の声は聞いてるおっさんばっかりだろ?
それでたった千冊も読んでないってのは、どうなのよ?

759 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/25(日) 14:52:15.27 ?2BP(333)
おまえら、嘘つきだろ。
絶対に。
それか、よっぽど読みやすい本を読んでるんだな。

大いなる助走は面白かったけど、SFじゃねえだろ。

760 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 15:03:41.31
俺は星新一はぜんぶ読んでいるから確実に1000話以上読んでいるぜ

意味ねえwww

761 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 15:13:53.06
ああ、お前の小説(とお前が主張するもの)読んだことあるけど
あれから想像するお前の読書経験とか読書の好みを考えると
お前がそう主張するのはわかる、うそつきって思っちゃうだろうなw

でもな、世の中いろんな人がいるのな
何オクターブも声が出る人も居れば、すごく高くジャンプできる人も居るだろ
君には苦痛でしかなものを、心躍らせてページめくってる人も居るんだよ

762 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 15:14:47.51
761はアンカつけなかったけど記憶に言ってるのね
わかると思うけど

763 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 15:16:23.23
中学生か高校生、早けりゃ小学生の頃からSFにハマって読み続けている人は
たくさんいる。千冊なんて学生のうちに到達してるわ。

自分の狭い視野ですべてを判断して他人をウソつき呼ばわりするなよwww

764 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 15:31:30.42
学生のうちにSFだけで千冊に達するような奴は他を犠牲にしすぎていて
千冊自慢する千冊強要じじいにしかなれない

765 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/25(日) 15:32:42.92 ?2BP(333)
囲碁棋士が強い。囲碁ソフトに六戦全勝しそう。

oh-

766 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/25(日) 15:50:10.17 ?2BP(333)
SFで読みたい本のリスト作ってもたぶん1000冊いかない。
そんなに読みたいのがない。

767 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 15:51:14.52
たんに他の人ほどゲーム時間がすくないとか、ネット見る時間が少ない
帰宅部だとか、寝る前に読書の習慣がある

その程度で千冊行くと思うぜ

あ、でも面白い本だと授業中教科書に隠して読んだり昼休み弁当食いながら
読んだりもあったな
別にそれが常習化して、そこまでしてやっと達成、ってのではなく、
面白くてやめれなくて、だけど

あと読書スピードはあがるよ、速読みたいなフォトリーディングではなく
ちゃんと読みつつスピードアップする

768 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 16:00:35.58
学生の内にSF1000冊読んでしまうぐらいならSF以外も読め!
不健全だ
学業も人との交流も別の趣味も他ジャンルの本も健全にこなしながらSF1000冊は無理だ
SFに青春を捧げてしまったような奴を基準にするのはダメだ

769 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 16:04:03.20
千冊読む時間があっても、そのリソースをSFに全部投入するよりは
理科系の新書や入門書、いろんなジャンルの小説なんかに振った方がいいわな

770 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 16:12:33.41
>>738みろ

>俺、普通に週4,5冊読むわ(SFだけってことはないが)

1000冊に文句言えないってわかって、今度は偏りにもんくかよ
食ってないやつより、偏って食ってるやつのほうがましじゃね

771 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 16:16:53.54
SFだけとして4、5年
SFだけでないと言っている以上、まず10年

やはり学生にまでSF1000冊を要求するのは無理があるな
不可能ではないが、人生をSFに捧げることを要求するのと同じ

だからSFは悪の秘密結社扱いされるんだよねえ

772 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 16:23:11.91
本読むの好きなんだから、別に良いんじゃね
君がAVとか見てる時間、あれ人生をアダルト動画にささげたって言うか?

773 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 16:44:56.27
自分が捧げるのは自由だが、千冊さん達は他人に捧げろと要求してるからな

774 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 16:56:34.63
行き当たりばったりな作家=このスレの1
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1352295497/l50
マジすか

775 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 17:21:22.77
俺より劣った作家など要らぬ!

1000冊読んだ俺が創元SF賞で一次にも引っかからないんだ
作家は1000冊をはるかに上回る読書家でないと許されない
もしSFを数100冊しか読んでない奴が作家になってしまったら、
俺の人生は何だったんだ?

776 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 17:31:46.61
いやいや、大概のSF作家は1000冊どころではない数を読んでるでしょ。
もちろんSFだけでなく幅広いジャンルの本を読んでいる人が大多数。

そういう人のうちのごく一握りが作家になれるんだよ。

SF読んでなくてもSF作家になれる(あるいは読まずに作家になりたい)と
言ってる人たちは考えが甘いと思うな。

777 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 17:39:00.93
>>771
中一から読み始めたって大学出るまでに10年はあるだろ。

読書が趣味ならSF以外の本も読んだとしても、社会人になるまでに1000冊は
別に不可能な数じゃないよ。

778 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 17:47:30.12
荒俣宏とか凄い量を読んでそうな気がする

779 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 18:08:43.33
それは機能勢委、藻利の背委

780 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 18:33:56.33
1000冊という基準がわからんな。
例えば、シリーズ物は1冊なのか、読んだ冊数になるのか。ペリー・ローダンとか、グインとかどうカウントするんだ?
短編集やアンソロジーはどういう扱いなのか。1冊?それとも話の数が冊数?
ジャンルに限らず物理的に読んだ小説の冊数なら、1000は超えていると思うけれど、ジャンル限定すると難しいな。
意外と推理小説読んでないんだよね。あと、スティーブン・キングは肌に合わなくて読んでない。
あとね、科学系ノンフィクションとかのハードカバーを一時期貪るように読んでたな。そのくらい普通じゃね?

781 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 18:48:06.64
1000冊って言ってる人たちって、読書自慢に夢中になって、
視野が狭くなってる感じ、、、
1000冊の小説を読むことが可能だとして、書籍以外のメディアは?
アニメや映画、それ以外にもSFはいくらでもあるのに、読書だけに専念して人生を送ってるの?

782 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 19:01:04.27
中1から大学卒業までにSF1000冊読むのはあまり恵まれた人生ではなさそう

783 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 19:05:48.28
>>781
視野が狭いから、自分が千冊読んでいたらそれを理由に他人より優れていると言い出すわけよ
SF千冊読んでる事しか自慢がないからそうなる

視野広かったら、SF千冊を強要したり他人を見下す道具にしたりはしない
他に誇れるなにがしかの事を成し遂げてるからね

784 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 19:46:38.06
対象となるジャンルの作品をたいして読みもしないで、どうして
いきなりそのジャンルの作家になろうと思ったのかが知りたい。

公募ガイドかなんか見て送り先を決めてるの?

ミステリでもSFでも時代小説でもジャンル小説の作家はそのジャンルの
小説を大量に読み漁った挙句に自分でも書いてみたくなるものでしょ。

たくさん読んでるという人のことを「嘘だろう」とか「自慢するな」としか
受け取れない人はSF作家にはなれないと思うよ。

785 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 20:03:46.87
司馬遼太郎なんて資料代で原稿料無くなるくらい古書店に通ったらしい。凄まじい読書量
好きが高じて作家目指すなら好きなだけガンガン読んでガシガシ書けばよくね?
就職試験じゃないんだから自己流でいいと思うぞ

786 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 20:04:51.61
そうそう
ライトノベルしか読んでないくせに公募ガイド見て投稿しようとしてる奴はSF1000冊読んでから出直せ
そんな奴にまかり間違って受賞でもされたら死にたくなる

787 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 20:08:34.63
マス向けの小説なら自分の体験や空想を綴ってもいいだろうけど
SFってニッチなマニア向けだもんね
千冊読破しているのが作者と読者の共通の前提になる
SF千冊読んでない奴はSFを読む資格はない

788 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 20:24:54.72
1000冊を主張してる方は結局自分が威張りたいだけっていうのがな……
アドバイスでも驚きの表明でもなく、自分が他人を見下せるから必死に主張しているだけ

優秀ならとっくに創元SF短編賞で商業デビューしてますよね(苦笑)

789 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 20:26:33.10
>>787
SF千冊読まんとSF読む資格無いって、転生とか時空改変しないと厳しいぞ

790 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 20:37:55.93
>>788
>優秀ならとっくに創元SF短編賞で商業デビューしてますよね(苦笑)

1000冊読みさえすれば作家デビューできる! なんていってる人いるか???

作家になるような人はたくさん本を読んでいる
プロ野球選手になるような人は人の何倍も練習している

そういう当り前のことをいってるのに威張っていると捉える感覚がおかしい。
どんだけ努力したくないんだよwww

しかも自分で書くとなったら努力と忍耐が必要だけど、読むだけならば
娯楽の範疇だろ。山のように読んでるけど作家になる気はないマニアも
たくさんいる。

791 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 21:24:22.84
>>787
>SF千冊読んでない奴はSFを読む資格はない
誰も最初はSFを読む資格がないのだな。じゃあどうやって読み始めたらいいのだ・・・

792 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 21:25:00.27
  自分は千冊読んでいるからプロになる条件を満たしている!
  千冊読んでない奴は出直せ!

とか啖呵切ってた人が

  千冊読んだからって作家になれるわけじゃない!

と泣き言(微苦笑)

作家になれないバカが「お前のようなバカは作家になれない!」と他人を叩いても
笑い話にしかなりませんなあ

793 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 21:37:58.82
読んでようが読んでなかろうがここでじゃれ合ってる手合いには無理w

794 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 21:41:17.54
読書量がナンタラカンタラとうるせーぞ
しょーもない議論する前にさっさと書いて応募しろよ
応募して入賞した奴が偉いんだ
落ちたら同じ所から出直しだ
読書量関係ねーよそんなもん後付けだ

795 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 21:56:17.13
>  自分は千冊読んでいるからプロになる条件を満たしている!
>  千冊読んでない奴は出直せ!
>とか啖呵切ってた人が

そんな書き込みあったか? レス番を挙げてみてくれ。

というか1000冊読んだからって自動的にプロになれるわけないだろw
なんか錯乱しているとしか思えん。

796 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 21:57:43.22
正直言うと、オレはSFには科学的な裏付け、或いは、
科学的裏付けから発展した空想が基本にあるべきだって偏見を持ってた。
もう一方で、銀英伝が面白いと感じてる。
その矛盾に今気づいた。ww

銀英伝って、科学的考証は皆無、
描写されている戦術や戦闘は突っ込みどころ満載、
政治や人々の生活など社会学的、民俗学的にも矛盾だらけ。
要するに、学問的にあらゆる面でデタラメの集約なんだけど、
物語としては面白く読めるね。

これがファンタジーじゃなくてSFに入るなら、必ずしも科学は必要ないのかな

797 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:38:25.31
>  千冊読んでない奴は出直せ!
>とか啖呵切ってた人が
>  千冊読んだからって作家になれるわけじゃない!
>と泣き言(微苦笑)

↑こういうこと言う馬鹿は必要条件とか十分条件とか、習っていないのか?
ならっていても忘れているのか?

798 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:41:31.44
>>796

また、その議論かよw SF書きのニューカマーなのか?
その議論は何十年にもわたって腐るほどされてきた議論だ
サイファイとか、すこしふしぎ、とかでググれ

あ、でも銀英伝までいくとファンタジーだな

799 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:42:19.39
まあ必要条件ですらないんですがね

800 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:47:51.74
>>796
こういう常識をいまさら新発見みたいに言い出す新参は何なんだよ
そんな甘っちょろい認識でSFが書けるか

801 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:50:39.61
>>799

うん、読まなくても書ける天才は居るだろうしね

だださ

命題にたいして逆を言って、それが成り立たない時に
そんなこと主張してなのに
勝った気で居るってのは馬鹿だろうと指摘したかった


かぼちゃは野菜です

野菜はみんなかぼちゃだってよww ばかじゃね
そんな事言ってねえし
かぼちゃじゃないやさいがあるって泣き言www

簡潔に言うと↑みたいなこと

802 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:53:19.26
「俺は千冊読んだ」
「それでどうなった?」
「どうもならない。作家にもなってない」
「だから?」
「お前も千冊読め」

803 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:57:51.88
読書は娯楽、千冊読んで楽しかったらそれでいいじゃん
苦痛で苦痛でとても無理です、千冊読むとか机上の空論
それであんた作家になれんの? 
千冊読むことと、書く事関係ないだろwwww
いやまあ、そうだろうけどさ(ま、いっか所詮他人)

804 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:58:03.41
こんな床でうじうじやってねぇでもっと視野を広げろよ!

805 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 22:58:13.86
なるほど、わかりやすい喩えだな
つまりさ
千冊読めさんは、メロンの品評会に出かけてきて、かぼちゃに対して
「野菜が来てんじゃねーよボケwww」と言ってる奈良漬みたいなもんだということか

奈良漬もかぼちゃもメロンでないことに変わりはないし、そもそもメロンは野菜だし、
奈良漬(瓜ではある)とかぼちゃ(夕張メロンの親の一つ)のどちらがメロンになれるかも何とも言えないが、
とにかく奈良漬さんは自分は瓜という必要条件を満たしているからメロンに近いと言ってかぼちゃには勝ったつもりだと

806 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:00:15.71
どちらも作家でない以上、千冊読んでる方が読んでないより偉大
読んでない奴が作家になった時に初めて上下関係が逆転する
作家になった奴はこんなところにいない
だからやっぱり千冊読んでる方が偉い

807 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:03:12.17
千冊読んでないさんが「読んでなくても作家になれる!」と言い張るのは別におかしくないが
千冊読めさんが「千冊読んでなきゃ作家になれない、読め!」と必死なのにはどういう得があるの
合理的な説明がつかない

入賞するかもしれないライバルが第一回に送るのを妨害して自分の受賞確率上げたいわけでしょ?
つまり、千冊読んでなくても入賞は可能、と認めてしまっているわけで
ただの卑怯者だよね、それ

808 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:07:48.69
>>804
ぬか漬けだったか……

809 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:09:00.66
>>807

ちがうよ
もともとは
千冊くらい読んでないと駄目だろ、はははは
っていう、普通の会話だったんだよ
それが売り言葉にかい言葉で議論になっただけ

読まなきゃ駄目だ、駄目なんだー!っていう説得とか教育だったわけじゃない

810 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:13:24.64
>>809

千冊にたいしてなんていうか感情的になってるからさ
ほかのこと、たとえばぜんぶひらがなで書きたい君がいたとする
そうするとわかりやすくね

ひ「かんじしらんから、ぜんぶひらがなでもいいよね」
千「読みやすいほうがいいから、最低限は使おうよ」
ひ「じゃ、なんですか?ぜんぶひらがなは、じゅしょうできないと」
千「いやいや、そんな事は言っていないし、天才ならあるかも、でもみんな漢字使うじゃん」
ひ「ははーん、ぼうがいですね、ぜんぶひらがなでもおちるわけではなのに、ひきょうだ!!」

こんな感じ

811 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:18:04.05
たくさん読んでいるから偉い訳じゃないよ。面白いから読んだだけのこと。

でもSFを読みもしないでSF作家になりたがっている馬鹿よりはマシ。

812 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:26:24.64
ひ「かんじつかえくんは、かんじがかけることをじまんしている」
千「使うのが普通と言ってるだけで、自慢してる訳じゃないんだが」
ひ「かんじつかえくんは、かんじがかけることぐらいしかいばれることがないんだね」


後はこんな感じかwww

813 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:28:44.86
千冊読め派が理屈こねるのと例え話が大好きってのが良くわかった
そりゃ千冊も読めばそういう人間になるかw

でも新興宗教の教祖の話みたいに、良い事言ってっても
なんとなーく、だまされてる感がただよってる

814 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:42:00.33
自分は千冊読んだから作家になれる
お前は千冊読んでないから作家になれない

自分は幸運の壺を買ったから幸せになれる
お前は幸運の壺を買ってないから幸せになれない

815 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:43:32.01
>>813
ぶっちゃけどっちも相手を馬鹿にするごっこをしてるだけよ?

俺は読んでるけど、読め読め言ってる奴の態度が気に食わないから読んでない側についてるし
読まずに読んでる側についてる奴もいるんじゃないの

816 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 23:55:38.30
作家、特にSF作家になるならたとえ話と理屈は大好きであるべきだお

817 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 00:07:03.33
作家になるつもりなら、他人を見下すためでなく楽しませるためにたとえ話と理屈を使うべきじゃないのかな
山本弘にでもなるつもりか
今の時代、他人を見下してオナニーしたいだけならネットで暴れてりゃ十分だよ

818 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 04:18:44.03
「ろくに小説読まずに書いてデビューする馬鹿より千冊読んだワナビのほうがマシ」

819 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 07:16:14.72
>ろくに小説読まずに書いてデビューする馬鹿

まるでそんな馬鹿が結構いるみたいな言い方じゃねえか
問題はこれが皆無だってことだな
読書嫌い、読書しませんでした。が売りの某作家は
本の重さで棚が壊れ、そのときの事故で骨折したらしいし

820 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 07:26:40.42
今、なんとなく本棚を眺めたんだけど、w
・歴史とか宇宙とか、自然とか、、小説に関係のない本が7割、
・小説が約2割で、そのうちで2割がSF
・その他、1割

読了後に処分した本を除いて、手元に残してる本はそんな比率だったw
オレはSFファンとか、SFワナビだという資格はあるのかな?

821 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 08:48:50.06
小説を読んだり書いたりするのに資格は要らない。すべて自分で勝手にやること。

1000冊読んでないと作家になれないとか逆に読んでればなれるということもない。
そもそも作家になるような人は勉強のためでなく自分の楽しみとしてそのぐらい
読んでいる人が多いだろう、というだけの話。

822 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 09:12:35.02
今度の件の発端は記憶がミス板で都筑道夫に粘着して「こんな作家は
誰も知らない無名の二流作家だ」と騒いでいる荒らしの尻馬に乗って
「俺も聞いたことがない」とやって袋叩きにあったこと。

もちろん都筑道夫を知らない人がいても別におかしくはないがSFにも
関係の深い作家なんだからSF好きで名前も知らないってのは自慢には
ならないよね、少なくとも。

名前を知らなかった人もミステリ作家だとしか思っていなかった人も
「へえ、そうなんだ」で終わった話。

でも自分の無知を正当化したいのか、そんな作家は読む必要ないとか
知らなくても問題ないとか、都筑道夫の業績を知ってると知識自慢を
しているとか、開き直ったようなことを書くから知ってる方も次第に
エスカレートして「1000冊読め」「読まなくていい」というたいして
中身のない言い争いになってしまった。

823 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 09:22:30.22
SFで道夫しらなくてもまあ良いけど
ミス板で知らんのは致命的だわな

824 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 09:46:51.00
オレは道夫って聞いたら、写真家の星野道夫を連想するな。w
ちなみに、星野道夫さんは多数のエッセイ(紀行本?)を書いてるけど、
いずれも、情緒的な情景を厳しく温かい目で、難解な語句も使わず描写していて、
綺麗で読みやすい文章です。
このスレの読書自慢の人も
SF小説ばかりじゃなくて、カメラのファインダーを通して事実と向き合い続けているような
星野道夫さんの文章も参考になると思うよ。

825 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 10:46:28.13
都筑道夫は最初に知識自慢側が喧嘩ふっかけたんだろ
へえ都筑道夫ってSFも書いてたのかあ、で済むところを
知らない奴はSF者を名乗る資格が無いみたいに言い出してさ
しかも海野十三を出されて、自慢してる方が浅学なのがバレた

そりゃあ千冊議論でも自慢してる方が底が浅いと見抜かれるでしょう?
年齢にもよるけど好きで読んでたら千冊読んでるぐらい誇ることでもなく
逆に年齢やSFに入った時期によれば読んでなくても別に恥じることではない
なのに執着するのは、他に誇れることがないからそんなことを嵩に着たがってるってこった

826 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 11:47:57.37
簡単な話、最終選考くらいまで残れば、デカい口叩いても、みんな沈黙するだろうに。
結果が伴ってなければ、どんな偉そうなことを言っても無意味。そういう世界じゃないのかね。
まぁ、それでも「このスレの古参だぞ!」とか厚顔無恥にデカい面しているバカも散見するけどなw

827 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 11:57:27.68
>しかも海野十三を出されて、自慢してる方が浅学なのがバレた

その人は創生期という言葉の揚げ足を取って都筑道夫は海野や春浪と同時代なのか
といってただけでしょ。

>>663だとちゃんと「日本のSF出版草創期のキーマンの一人」と書かれている。

828 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 12:11:21.22
【韓国】建国大の『読書王』キム・ユナさん、4年間で1,300冊読破(写真)[11/26]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1353896305/-100

829 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 12:49:40.94
>>828
ニュー速でも
普通じゃね、ありえるよね,周りでもいるぜって意見なのに
創作文芸板の住人が「机上の空論」とか「自慢」とか
とうちゃん悲しいわ

830 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 12:57:04.32
>>829
創作文芸板の人は「創作に時間取られているから」読む時間がないんだよ。きっとwww

831 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 12:58:58.98
>>827
海野や春浪って言ってた人は、明らかに「流れが読めてなかった」だけの頓珍漢発言だよねぇ。
「都筑道夫なんて知らなくていい!」的な開き直りがダメだしされてただけだろ、あれって。

832 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 13:01:47.52
500冊とか1000冊とかそれ以上の本を読んだ人が「自分でも書いてみたい」
と思うのが普通だと思ってたけど、そうでもないんだね。

50冊か100冊読んだだけで「創作活動」を始めてしまう人って想像つかんわ。

833 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 13:09:05.63
>>831
最初に海野十三の名前を出した>>708は、かなりまともなことをいってるのに
それを受けた>>714は頓珍漢だね。わざと揚げ足を取ってるのかと思ったけど
そうでもなくて本当に勘違いしているみたい。

834 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 13:12:21.70
読書家はただ楽しんで読めばいいと思うけど、
ワナビって自分の創作活動のためになるような読み方をしていないと意味がないよね。

1000冊読めという人たちから、
読書で何かを学び取ったという感じが全然してこないよ。

835 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 13:18:29.27
掲示板の戯言を見ただけで作品に読書経験が反映されてる感がしてくるほうがおかしい
そんなのとりあえず言ってみてる憎まれ口でしかない

836 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 13:21:54.93
>>834
免許持ってても偉いとは限らないが
免許持ってない奴は最初から資格がない

837 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 13:24:40.97
あ、でも1000冊読まない派からは
読書経験の無さが作品に反映されてる感ががんがんしてるのがおかしいw

で、記憶氏の作品読むと、それが当たりだった事がわかっておもしろい

アニメばかりだと、あんなふうに、すっぱり情景描写が落ちるんだなーって
漫画にしろアニメにしろ活字や声の部分はせりふとかナレーションだけだもんな

仮にだぜ
記憶氏が1000冊とは言わない500冊読んでたら
もっと情景描写書くだろ

838 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 13:31:42.88
創元SF短編も、ハヤカワSFも、〆切はまだまだ先なのに、
「もう書き上がって送っている」
という時点で、推敲が足りなくて落とされると思うんだよね。それこそ半年くらい寝かしていた自慢の一作ならまだしも。
創元SF短編用のがだんだん分量増えてきて、ハヤカワ用になりそうだわ、
そっちばっかりに手をかけていて、ハヤカワ用の作品は話の胆の部分の取材すらまだ足りてないとか、
そんな風にあたふたして、ここに逃避で書き込んでいるのは自分だけなのだろうか?

839 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 13:49:19.16
>>838
SFを千冊読んでいれば自動筆記で書いてもドンピシャの長さで収まる
短編長編それぞれ作品の展開のスケール感が自分の中にできるから

840 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 14:09:17.43
>>839
すげー。そこまで出来るのに、なんで賞取れないの?www

841 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 14:11:12.85
いつ見てもクソのスクツですねここは

842 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 14:17:03.17
>>841
まだまだですよwww
クソまみれになるのは一次通過発表とかが始まってからwww

843 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 14:58:09.66
>>840
SFの新人賞は存在しなくなっていたのだが?

844 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 15:09:24.53
そうそう
長編賞は2009年まで存在したが、短編賞は92年に終了してから17年間存在しなかった
その間にSFを読みまくって腕を磨いてきた人と、読まなくていいじゃんと抜かして遊んでいた輩じゃ、
覚悟も実力も比べ物にならないよ
素人の作文しか書けない子はおとなしくライトノベルの賞に出した方がいいんじゃないの

845 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 15:10:59.37
>>843
じゃあ、今回は受賞間違い無しだねwww

846 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 15:13:44.45
>>844
92年なんて、まだ厨房だったからなぁ。SF読み始めの頃だよ。自分で書こうなんて思っても見なかった頃だ。
そこから20年のキャリアって、すごいなーo(*´д`*)o作品期待しちゃうね!

847 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 15:26:00.80
仮想戦記なんかもユーザーが軍ヲタばかりで突っ込みが的確で鋭いから
読者を凌駕する知識は必須。しかもその量は結構膨大だ。そんだけ苦労して書いてもパイは小さいし
小うるさい少数派に向かって書くのは好きでないと無理だな

848 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 15:27:45.06
でも実際に創元短編賞の受賞者はファン歴が長いか他の賞やゲームなどでも
実績のある人ばかりじゃん。

>>845とか馬鹿にして草はやしてるけど笑ってる場合か?

849 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 15:49:08.10
>>848
「実績がないと受賞できない」じゃなくて、それだけの力量・分量自慢しているんだから、それなりのものを書けて当然なんだよね?と指摘してるだけなんだけど。
1000冊必須の人たちは違うなぁ、と思っただけだよwwwすごいSF話が入選するんだろうなぁwww

850 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 15:54:51.80
1000冊読んでないド素人には想像もつかないレベルの争いになるわ
ラノベ厨はおとなしく電撃ファンタジー大賞にスペースオペラ投稿すればいいんだよ

851 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 16:15:33.10
いやいや
ラノベのスペオペは、吉岡平や庄司卓が完結巻や続編を出してもらえないほど冷えきってんですよ?
まだハヤカワの大好きなミリタリーSF枠狙う方が目がある

時間もの(ループやタイムリープ)はシュタインズゲート効果で大流行中だけども

852 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 16:55:53.49 ?2BP(333)
おれは、文章がいちばんうまいのは、「ハイブリッドチャイルド」初稿か「ほうけ頭」の
大原まり子だと思ってるから、そういう一行に凝縮した早い展開の小説を
目指して、それに至っただけだ。
大原まり子の文章は、一行に感情が書いてあるが、おれの場合は、できごとが書いてあるという、
致命的ちがいがあるが。
そういう理由からじゃ。読書量はおれは少なくないよ。

853 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 17:00:39.64 ?2BP(333)
だいたい、SF作家は文章へたくそだっていわれてたからな。
おれはそうは思わないし、生き残ったのはSF作家の方だけど。

SF作家の文章が下手だといってた文学者の名前なんて誰も覚えてないだろ。
星とか小松や筒井はみんな知ってるのに。

854 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 17:07:18.34
いいか、説明してやる
お前の文章を要約してみる

文章が一番上手いと思うのはAだ。Aと致命的に違ってA’を書いてる。
そういう理由からだと俺の読書量は少なくない

1行目が2行目の理由になっていないだろ
読書量が多い(っていうか普通だ)と、こういうのは「ん?」って思う
あとなんで致命的なんだ? 致命的って辞書引いたか? 

855 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 17:09:23.68
こういうのってSF作家は文章がへた、以前の問題だぜ
下手でも良いよな、SF作家も下手っていわれてたし、俺と同じだ
ってはならんのな

856 :イカ娘:2012/11/26(月) 17:27:12.33
記憶喪失した男にお勧めでゲソ。
直接書き込むんじゃなくて、一度、メモ帳に考えてる事を書き出して、
言いたいことが伝わるかどうか文章を簡単な推敲してから、コピペして投稿するといいでゲソ

言いたいことが頭の中でまとまらないうちに、書き始めるから
>>854>>855さんたちが指摘する状態になるでゲソ

857 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 17:30:18.15
何かおかしいか?

シンプルな文に憧れて意図的にシンプルに書いている
致命的に下手だという差はあるが、読書数が少ないから描写不足になっているわけではない

普通に意味は通るだろ

858 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 17:32:32.78 ?2BP(333)
おまえらの読解力不足。

だ。

859 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 17:41:15.02
文章ヘタ過ぎワロタ

860 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 18:00:53.45
>>857
致命的に下手だと、どうしようもなくね?何も伝わらないよな。それは「描写不足」と表現される事象だろ。
あと、「理解できない奴が悪い」って、作家に憧れている人間が一番言っちゃいけない言葉だよね。
なんのために「小説」というスタイルを選ぶのか、まったくわかってないというか。「大いなる助走」に書かれていたことを何も理解してないというか。

861 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 18:03:46.58
>>849
1000冊読む必要ない派の人は読んでて当然派の人に対して自慢されてる
としか感じないんだねえ。

作家への入り口、前提条件だと何度言われても認めたくないみたいだ。


子供のころから毎日野球漬けの高校球児と年に何回か草野球の試合に出るオヤジ
プロに近いのはどっちかって話。

高校球児がみんなプロになれる訳じゃないしプロ志望でもない。狭き門だよ。
でも草野球オヤジがプロになる可能性はゼロではないにしても限りなく低いだろ。

862 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 18:06:38.82
>>861
よく理解出来る

千冊さんは
>年に何回か草野球の試合に出るオヤジ
でしかないのに
>子供のころから毎日野球漬けの高校球児
だというエリート意識を持ってるわけだ

いやはや鼻持ちならない自意識だね
尊大、という言葉がふさわしいよ

863 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 18:18:28.55
>>861
「1000冊必須派」が批判されているのは「書く資格がない」と断じているからだと思うよ。
書くのは誰だって自由だろ。そんな規定があるわけじゃなし。
ただ、賞を取るかどうかは別問題だし、もし「読んだ冊数で受賞率が変わる」のなら、ここで「1000冊必須」と言っている人は入賞するんだよね?
という「簡単な話」だと思うんだけど。インプットが必要なのは解るよ。でも効果的でなければ、
「シンプルに書きたい」と言って、単に「描写不足の文章を書く」だけになる。インプットは質がより問題で、量比較で断ずるのはどうよ?ってことだ。

864 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 18:18:33.45 ?2BP(333)
>>860
大いなる助走はギャグだとしか思ってないです。
あれがなんか小説論に関係あるんですか?

865 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 18:20:36.76
>>864
ダメだこりゃwww
本当に「小説もマトモに読めない」んだねぇ。そこから何も学べない、というか。

866 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 18:31:45.07 ?2BP(333)
>>865
大いなる助走で語られる小説論は、全部、まちがった考えとして出てくるだろ。

867 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 18:40:17.47
読む必要ない派は頑なにインプットを拒み続けているから疑問の声が絶えない。

SFを書くのにSFをインプットしないでどうすんの?
SFをインプットするのにSFをたくさん読むより効率的な方法って何?

インプットが絶対的に足りない人がどんな文章を書くかのサンプルが
まさにこのスレに書き込まれているけど……。

868 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 18:51:17.02
>>867
SF以外も読む。小説以外にも触れる。等々。
マンガ家に憧れる人に良く言われるアドバイスは、「マンガ以外のものにも触れましょう」だ。
SFしか読んでなかったら、そこからしかインプットしてなかったら、ロクでもないものしか書けないと思うんだがね。

869 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 18:52:05.26
>>866
そう思うなら、そうでいいやwww

870 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 18:58:49.23
>マンガ以外のものにも触れましょう

にも、って書いてるじゃん、にも
ってことはマンガも触れるべきじゃん
マンガに触れないでいいわけない

つまりSF読めって言うのは
SF以外も読むべきって言うその下のSFすら読んでない人に向けての話だろ

871 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 19:03:32.04
>>870
だから、「SF1000冊読め」って人間は、それ以外をどれくらい読んでいるんだ?ってことだろ。その表明もなければ、
「SFしか読んでない」と思われてもおかしくないぞ?1000冊ってどのくらいの量か想像ついてるか?週1冊で20年だぞ?
週にもっと数多く読んでいるのなら「その程度の薄い内容」ってことだからインプットにもなりゃしねぇ。

872 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 19:13:02.75
>>871

>>731をみろ
>俺、普通に週4,5冊読むわ(SFだけってことはないが)

反論に詰まると話題くりかえすのやめろよ

873 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 19:17:33.26
>その程度の薄い内容」ってこと

これもそうだな、反論の繰り返しだ
全然読まないやつには週1以上読むやつは
机上の空論か、斜め読みか、要点だけかいつまむか、薄い本で当然
なんだろうけど
そうじゃねえんだよ、別に人生を読書に突っ込んでなくても
そんくらい読むやついっぱいいるのな

童貞が、「彼女とか机上の空論だろ?」って言ってるみたいなこともうやめろよ

874 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 19:22:18.35 ?2BP(333)
おれがだいたい17年で1000冊読んでるけど、
無職のニートだからな。
働いてる間はほとんど読んでないぞ。

875 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 19:28:26.75
おまえw、ちょっとまえに

>記憶喪失した男 忍法帖【Lv=22,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/25(日) 14:52:15.27 ?2BP(333)
>おまえら、嘘つきだろ。
>絶対に。
>それか、よっぽど読みやすい本を読んでるんだな。


って書いてるだろ、なにしれっと千冊読んだことにしてるんだよwww
ま具体的に「千冊読んでない」とは言ってないから、そんなかんじの反論するだろうけど
明らかに読んでない人の発言じゃんwww

876 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 19:32:46.47 ?2BP(333)
SFを1000冊も読んでないよ。
いろんな分野の本を合わせて1000冊は読んでるよ。

877 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 19:41:29.43
SF2以外もあわせると千冊は読んだその人が
SFのみ千冊読んだって人に対して
「おまえら、嘘つきだろ。 絶対に。」なーんて言うわけねえだお
だって量はいっしょだお

かーちゃんの目を見て言え 読んでねえだろ!

878 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 19:49:58.39 ?2BP(333)
まだ、このスレで、おれの読書録を知らない人がいるの?

「シベリアにラノベ含む読書の話その3」
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1340462818/

大学以降に読んだ小説だけで950冊なんだから、
一般書入れたら、1000冊は楽勝だ。

879 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 19:56:10.32
>>863
屁理屈こねずにまず千冊読めよ、ガキ
学ばないで許される理屈こねる前にまず学べ!
こういうガキ、リアルなら殴って言う事聞かせるわ

880 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 19:56:41.90
>>872
見ましたけど、何です?

881 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 19:57:52.68
「1000冊読めって言ってる奴はSF以外の人生はちゃんと送ってるのか?交友とか他の趣味とかさあ」
「SF以外も読んでる!週4,5冊は読むわ!」

うん、なるほど

882 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:00:44.43
>>878
でもラノベとアニメ化されたものをテレビで見たのと
あとは、あらすじばかりなんでしょ

君の文体から言ってさ

883 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 20:01:35.51 ?2BP(333)
おれは無職でSF作家目指しているけど、
その水準を基準にしたらダメだろ。

学生、会社員を基準にするなら、1000冊読めなんていってるやつらはみんなバカで、
10冊でも100冊でもいいよ。

おれは、一冊でも面白いのを読んだら書けばいいといってるけどね。

884 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 20:03:01.89 ?2BP(333)
>>882
書名が全部書いてあるから、見ろ。
疑問に思うんなら、リストにのってる本の内容の話題をふればのってやる。

885 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:07:28.34
>>871
俺はSF界ではもっとも若い世代に入るアラフォーおっさんなんだが
それでも大学時代から週1冊読んでれば1000冊に達する
もっと年上なら10日に1冊、半月に1冊で1000冊には到達しているわけだ
それぐらいはさすがに読んでて当たり前だ
まさか高校生や大学生のニュービーがこんなスレで時間潰してないだろうw

結局、1000冊も読んでない奴はSF好きじゃないんだろ?
公募ガイドかライトノベルでも読んで応募しようと思っただけなんだろ?
悪いことは言わないから、やめとけ

886 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 20:09:17.93 ?2BP(333)
>>885
あなたのような完全に感覚がおかしい人の方が失格です。はい。
滝に打たれて修業してから、もう一度、自分を見つめなおしてください。

887 :イカ娘:2012/11/26(月) 20:20:33.55
とりあえず、
一次通過発表の後、このスレの一次通過者に、1000冊読んだかどうか聞いてみたいでゲソ

第三回創元SFの一次通過者の人は、1000冊読んだでゲソ?

888 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:21:53.21
読んでないSF者がいるわけないだろ

889 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:28:16.61
こういうワナビーが、SFを排他的にしているんですね。わかります。

890 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:34:36.22
>>885
アラフォーで「若い世代」で1000冊ってことは、
「1000冊読め!」と豪語してたのは、それより上の人間かよwww大人げないというか何と言うか、その歳までで入賞しない時点でアレだとは思わないのかな?
下手したら孫もいる世代でワナビーとか、ワロエナイwwwまさか、そんな事はないよね?www

891 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:38:31.56

50歳以下でSF読んでる奴なんてほとんどいないんじゃないか
40代はまだいるとしても、30代以下は基本ラノベに流れてるだろ
そもそも2ch自体が30代から60代の遊び場だぜ?

京大にはSF研があるが、東大SF研なんてアニメ研に改組されてしまったぞ
その上でSFアニメの監修をやっているから知っているわけだが

892 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:40:15.08
>30代以下は基本ラノベに流れてるだろ

むしろ若いやつラノベ読まないだろ
ラノベはキモイおっさんのもの

893 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:43:32.01
え?SF千冊は50代の世代自慢?

894 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:43:36.97
さすがに40、50で今のラノベを読んでるのは想像しにくいな
ガンダム世代が60に届く時代だからスペオペやロボット小説を読むこと自体は特に違和感ないが
ハレンチ学園小説で喜ぶ歳じゃあないだろう?

895 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 20:45:16.45 ?2BP(333)
だから、ラノベはハレンチ学園小説じゃねえってばよ。

896 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:45:27.05
いや、その見方は、ある意味あってると思う

まさかハヤカワや創元がいまさらラノベレーベル起こして
強豪とぶつかり合いたいとは思ってないでしょ、そんな体力ないし
編集者にラノベがわかるセンスもあるとは思えない

年いった輩とか、若いのにSF読んじゃってる絶滅危惧種な人あつめて
SFの文芸復興が目的でしょ
ニッチだけどゼロにはならない読者がマーケット

897 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:47:13.19
いや・・・自慢じゃなくて1000冊ぐらいは読んでて当然なだけ
それは、40、50代以上の話

20代で1000冊読んでても不思議はないが、誰しも読んでろと求めるのは無茶だ
高校時代から年200冊ペースで読めば大学卒業前に1000冊達成可能ではあるが
それはSFに打ち込み過ぎだろ
もっと若い時期を大事にしろ

898 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 20:48:31.18 ?2BP(333)
だから、今の若い読書家にけっこうSFの評価は高いんだって。
買って読むかは別とすれば、
SF作家が、漫画やゲームやアニメの元ネタを書いていたんだってことは
評価しているんだって。

899 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:49:08.91
ラノベ 表紙

で画像検索すると今風な絵のハレンチ学園だということが良くわかる
魔王が出てくる女装した同性愛も妹との近親相姦もOKなハレンチ学園

900 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:51:23.52
ラノベに行為はないよ。ヘンタイがテーマでも

901 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:51:54.40
それは偏見だろ
表紙が時代ごとに恐ろしく変わるのは俺達の方がよく知っているじゃないか

表紙で判断せずに買って読めよ
そんな破廉恥な内容なのは7割じゃ8割程度だぞ

902 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 20:51:54.58 ?2BP(333)
今の十代にとって、手塚治虫とか、神なんだよ。

日本の漫画文化を世界一の水準に高めた超偉人なんだよ。
その手塚が読んで参考にしていたのがSF小説だってことを知れば、
SF小説を評価せざるを得ないんだよ。

903 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:53:26.76
ま、SF作家になりたいんだろ?
そんぐらい打ち込めよって気もする
スポーツ選手とかミュージシャンとか秀でるやつは、
若いころから青春捨てて打ち込んでるじゃん
(というより打ち込むのが若さの特権だな)

いろんなことに手を出しました、スポーツに音楽に遊びに勉強に
そして大人になった今、特にこれといって趣味も無い人です
学生時代の思いでも特に人に話すようなことはありません
でもいいけどさ

904 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:57:34.21
ラノベでSFに興味を持ちましたって言っても、JAで出てるリアル・フィクションすら読まないんじゃないの
入間人間すげえシュタゲすげえって言ってる程度だろ
ラノベ出身の秋山瑞人の「おれはミサイル」なんて存在すら知らないだろう、あいつらは

905 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 20:57:38.66 ?2BP(333)
ラノベは、エロ書くとカテゴリーエラーになるからね。
いかにエロを書かずに色気を出すかを工夫している異次元空間なんだよ。

906 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 20:59:44.54
ラノベ読者は萌える挿絵が付いてないと読めないからな
おかげで人工処女受胎に挿絵が付いてしまったわけだが

907 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:01:13.80
セックスよりパンツに性欲を刺激されるように訓練された読者がラノベ読者
極めてSF的だし、小説になりそうだよな

908 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 21:02:31.20 ?2BP(333)
美少女文庫とか、フランス書院の存在は、ラノベ読みは知っていることが多いですね。
やっぱり、エロゲにもおれより詳しいことが多いです。

でも、エロだけを求めているわけではない印象です。

909 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:04:07.72
このスレ年齢層高いんだな…

910 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:05:08.03
>>909
アラサーでも若手とか思わなかったよ。新人賞的な賞のスレじゃなかったのかよ、ここ。

911 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 21:05:51.44 ?2BP(333)
まあ、大学時代、おれの知ってるオタクは「エロゲじゃないRPGやるやつって変態じゃないの?」
といってましたね。
印象深いです。

912 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:06:12.30
このスレというかSFも2chも年齢層高いからな
平日の真昼間からやりあってるのは定年退職したおじいちゃんだろうし

913 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:07:24.76
若さを求めるのはマンガやラノベの新人賞だけ

914 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 21:14:09.29 ?2BP(333)
だいたい、おれの思考はこうたどってる。

金田一少年の事件簿よりミステリ小説のが面白いな
 ↓
図書館に行く
 ↓
SF小説って漫画やゲームより面白いな
 ↓
SF小説にはまる
 ↓
SFで読みたい小説もうないよ。他のジャンル読むか → SF板でフルボッコされる
 ↓
SF板住人に嫌われ現在に至る

915 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:18:36.27
昔いたゲーム会社がエロゲにシフトしていって
開発者やデザイナーがどんどん技術力が無く、
人間としてキモイ人間ばかりになったのをみてるので
ああいう人が作ったエロゲはさっぱりやる気しない

916 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 21:21:15.41 ?2BP(333)
エロは規制が入るので作る気がしないです。

エロは好きですけど、おれの堪能したエロ漫画とか現在入手できないですしね。
エロは後世に残りづらいです。大ヒット作でも。

エロ関係の文化を維持してほしいですが、世界的な規制があるので、
難しいですね。

917 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:44:51.79
>>914
マンガが金田一少年からかよ。
両親が手塚治虫好きだったから、火の鳥やBJ、リボンの騎士、ユニコとかからで、マンガ雑誌は読んでなかったし。
小説は母親が好きだったアガサ・クリスティからだったしなぁ。>>914の経緯なら、あの「ヘタクソ」な文章も解るわ。

918 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 21:48:32.83 ?2BP(333)
>>917
六十代ですか?

919 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:51:38.94
>>918
たぶん君と同世代くらいだよ。残念ながらね。

920 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/26(月) 21:52:39.62 ?2BP(333)
>>919
ゲームセンター嵐とか、ファミ拳竜とかわかる?

921 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:54:25.23
>>920
友人がファミコン持ってたくらいの世代。うちは諸事情で買ってもらえなかった。

922 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(3+0:5) :2012/11/26(月) 21:56:22.88 ?2BP(333)
>>921
それは可哀想だな。
うちは親が厳しくて、ファミコンは土曜日に一時間だけだと決められていた。
今では信じられないよ。
そのせいで、おれはアクションゲームが苦手だ。

923 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 21:57:55.10
>>922
うわ。下手したら年上かよ。それでアレか。残念すぎるな。

924 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(4+0:5) :2012/11/26(月) 21:58:33.32 ?2BP(333)
>>923
おれは三十五だ。

925 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 22:04:43.17
>>924
wwwそれでアレかよwww「SF1000冊読め」さんの意見、実は当たっているんじゃねぇかと思っちゃったwww
君はね、「何もかもが足りなすぎる」よ。それだけの年齢なら獲得しているのが普通な「経験」すらねwww

926 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(3+0:5) :2012/11/26(月) 22:05:42.96 ?2BP(333)
>>925
きみも頭のおかしな人の一人なんだね。滝行をおすすめする。

927 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 22:10:09.92
なんか
1000冊読まなくていいよ派=全員記憶と同じ
1000冊読んどけよ派=全員週4,5冊読破さんと同じ
という非論理的な決め付けで話が進んでるよね、
逆は必ずしも真ならずが論理学だキリッとか言ってた奴がそれ言ってるんだからもう嘲笑しか浮かばないよね

928 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 22:17:11.51
>>927
そう単純には思ってないけど、そういう認識の人が多いのかな、という印象はあるね。なぜなら、「どちらの立場の人も積極的に否定しないから」。
まぁ、「読まなくていいよ派」は記憶という足かせがあるから説得力が欠ける状態だしw
もちろん「読んどけ派」が入賞している事実も提示されてないから、そっちも説得力は弱いんだけどねw

まぁ、ロクに推敲もせずに送って時間が余っているから暇なんだろ。

さて、そろそろ創元用の執筆に戻るか。ハヤカワどーすっかな。

929 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 22:24:00.86
1000冊嫁派と否定派の対決で一冊書けそうw

930 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 22:27:08.98
>>928
そんなこと言うなら否定しとくわ
否定したら記憶記憶記憶記憶記憶記憶記憶記憶とわめいて上塗りしようとしてくるから面倒なんで否定してないんだよ
いけしゃあしゃあとよく言うぜ本当

931 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 22:27:50.26
>>929
「SF作家になりたければ」という前提のないその論争なら
広辞苑何冊か書けるほどこれまで繰り広げられてきたと思うよw

932 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 22:33:23.95
スレあるよね、読書嫌いのなんとかって言うやつ
あっちは、読まなくても平気派が強いよ
山田が証拠、って感じ 
ま、証拠って言っても山田のたった一人なんだけどねw
もう神のようにあがめてる
他のスレでは、文章がおかしいって扱いの作家なのに

933 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 22:38:13.11
>>930
記憶擁護なぞしたくもない。という気持ちは伝わった。それを今回の選挙で主張していきたい。政権交代ー!!!ヽ(・∀・)ノ

934 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 22:39:23.83
1000冊読め派  「やつの文章みりゃわかる」
1000冊読まない派「記憶と一緒にすんな!!」
記憶      「ボクもじつは1000冊読んでるんだけどなぁ」

記憶は読まなくてもいい派にすら千冊読んだことを信じてもらってねえwwww

935 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/26(月) 22:47:01.42 ?2BP(333)
1000冊読め派が、五十代以上のおっさんだとわかったところで、終了でしょ。

936 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 23:00:13.36
既に応募したってコテハンの人がいたね。
でも、推敲が不十分だという書き込みなんか無かったと思うけど、
既に完成して投稿した奴は推敲が不十分なはずだって、決めつける馬鹿が居るね。
自分を優位に起きたがるものなのかな。

真面目なワナビは、ハヤカワをどうするかなんて考えてないで、数ヶ月も前から創元もハヤカワも両方書いてるんじゃない。
中途半端に暇だから、ハヤカワをどうしようなんて悩むんだよな

937 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 23:01:39.86
やっぱ萌え萌えにして電撃に送るわ
受賞後インタビューで千冊読んでるか踏み絵踏まされるようなのは勘弁

938 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 23:18:08.16
僕は読書量が少ない

939 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 23:25:00.90
スレの流れを見ていて、マジな質問ですけど、
皆さんは一作品づつ仕上げて、投稿してから次の作品に取りかかってるんですか?
私の場合、
・先々週、創元向けの原稿の二回目の推敲をやって放置。
・現在はハヤカワ向けの原稿を書いていて、1月末に第一項が仕上がる予定。
・来週初めから、ハヤカワ向けの原稿を中断して、間をおいて冷静になったところで、創元向けの原稿の最後の推敲をやって投稿予定。
・ファンノベ向けの作品のテーマとプロットは、決まっているので資料集めを継続していて、2月初めから作品を書き始める予定。

こんな感じで、幾つものスケジュールが重なって苦労してるんですけど、
皆さんの場合、執筆が重ならないよう、年間の投稿先を選別してるのかな?

940 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/26(月) 23:36:47.21
「絵を描いてきたわ」

「絵を描いてきた」

「絵を描いてきたの」

941 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 00:07:29.79
なんでこのスレの流れみてマジな質問する気になるんだろう

942 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 00:50:26.61
1000冊読んだ50代の猛者がまさか落選するわけないよな

943 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 00:56:12.54
>>939

俺の場合、基本は1作仕上げて置いておいて次のに取り掛かって
締め切り来たら置いておいてるやつ推敲して出して〜
ってのを年間文カレンダーに作ってる

もちろん、うまくいかなくて、乱歩がこのミスに変更とか
ホラ大がファンノベに変更とかはよくある
なんか煮詰まって書けない時に、全然違うもの思いついて3日くらいで書いちゃって
適当なリストにない賞や地方の賞に出したりもする

成績はよくない

944 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 01:47:31.83
SF読んでないし読む必要もないと豪語している人が、どうして
SF作家になりたいのかがどうしても分らない。

945 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 09:06:34.05
読んだ上で読む必要ないって言ってる

946 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 09:39:35.50
時かけしか知らないような奴が公募ガイド見て送っても通りません
SFナメるのもいい加減しろよ
黙って千冊読んでから出直してきやがれ

947 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 10:45:23.29
1000冊読んだ派の代表格が記憶だぞw
1000冊読んで知識を涵養しても小説にする技能に繋がらないのがよくわかる

948 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 10:46:36.74
>>945
何冊ぐらい読んでそう判断したの?
どうして読む必要ないと思う程度のジャンルの作家になりたいの?

949 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 11:16:28.69
1000冊読むことが受賞への早道なら読むけど、
1000冊読んだという人は読書自慢っぽい話ばかりで、
読むことで創作技術が向上したって言う体験を全く語ってないよね。

950 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 11:26:21.14
受賞への早道って…
SF好きなら1000冊ぐらい読んでて当たり前、っていうだけの話だぞ
当たり前のことをやっている程度で受賞できるわけないだろ

だが、当たり前のことすらやってない=SF好きですらない奴が書いても低レベルなラノベでしかなく、絶対受賞しない
だから読んでないゆとりはおとなしくラノベの賞に送りなさい

951 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 11:53:48.65
エベレスト登頂をゴール(作家デビュー)だとすれば、まず「自分で麓に行く」ことが
大前提だと思うんだが。

山登りが好きでもなく、登山の経験もない奴が、家で炬燵に入ってミカン食べながら
俺も登山家になってエベレスト登頂を目指してます! といってもなあ。

「まず山に登れ」「そんなことしてなんのメリットがあるの?」
「麓に来なきゃ始まらないよ」「そういうあんたはあっという間に頂上にいけるんだね?」

ずっとこんな感じだから、そりゃナメるなといいたくなるわ。

952 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 12:27:24.77
同意
「小説を書く」が目標なのに「濫読した」と威張り散らしてるのって
家で炬燵に入ってミカン食ってるのと同じだ

「お前ミカン千個食ってないの?登山家にはビタミンCが必要!」と説教されてもなぁ
滑稽なだけだよな……
ミカン百個食って裏山登山に(習作書き)勤しんでる方がまだ登山家に近いよな

953 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 12:41:58.50
小説を読まないやつが小説家になろうというのが笑止千万

趣味で書く分には好きにすればいいと思うけどそんなの送ってこられても
出版社は困るだろうな

954 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 12:51:18.80
まったくだ
SFばかり読んで他の小説をろくに読んでない奴が偉そうな口をきくなど笑止千万
短編ならそれでも成立するが、長編は科学に翻弄される人間を描いてこそだからな
SF以外のジャンルをどれだけ読んでいて書けるかが重要になる

SFも1000冊、その他の小説も2000冊、知識も人生経験も豊富、凝り固まったロートルでもない、という
時間の使い方の上手い人間ならスペックは申し分ないが
それでも書くものが上手いかはまた別問題なんだよな

955 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 12:55:00.91
「大学時代にSF1000冊ってSF漬けだろ、学業も疎かにして、まともな青春も送れてなかったんじゃないの?」
「失礼な、SF以外の本も読んでたわ!」

なるほどなるほど

956 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:05:10.85
料理人になろうと思えばまず食べ歩きで舌を鍛えるのが当然
それは数多の有能なシェフに師事するに等しい

SF読んでないし読む必要もないと豪語している人は、ちょっと料理を齧ったら
クックパッド見ながらすぐ料理の修行を始めるようなもの
そんな料理、マクドナルドのハンバーガーにも劣る

957 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:09:27.73
SFマガジンの編集部で仕事がしたい!編集になりたい!SFの書評書きたい!
とかって人は1000冊じゃ足りないかもな。作家志望の恥ずかしくない最低読書量ラインがどのくらいかは不明

958 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:10:51.34
みなさん、自分の作品のネタやインスピレーションってどこから得てるの?
私は他のSF作品より、科学技術や自然科学の本から得ることが多い。
SFを1000冊って言ってる人は、既存のSF小説の知識は得られるかもしれんけど、
それ以外のことは、時間的におろそかになるよね。
SFばかり読んでるワナビって、他の人が書いたSFにインスピレーションを受けて、
新しい自分の作品を書いてるって事かな?

959 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:14:19.91
科学の本から得たネタなんて完全な1次創作にしかならないだろ
そんなもの一般でやれと・・・
SFは互いにオマージュを捧げ合って共鳴する1.5次創作の世界だぞ
SFを読み込んでいないと失格

960 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:15:36.76
>>957
雑誌で書評やりたいなら千冊はスタートラインですらないな
小学校出てますぐらいのレベルだ

961 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:17:53.28
>料理人になろうと思えばまず食べ歩きで舌を鍛えるのが当然
それは、グルメと料理人の区別がついてない。
グルメとして料理を語るなら食べ歩きが必要だけど、料理人はひたすら師匠や先輩の味付けやテクニックを吸収してるだけ。
更にそこに自分のオリジナリティが加わって一人前の料理人になる

962 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:21:23.15
>SFは互いにオマージュを捧げ合って共鳴する1.5次創作の世界だぞ
SFだけしか知らなきゃパクリしかやれないよ。
基本的な科学的知識があって、
その上で、他の作品を参考にするならオマージュも可能だと思うけど

963 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:22:18.04
千冊さんは料理人になりたいと言いながらレストランほっつき歩いてんのかw
料理の練習してもいないんじゃないのかw
そう言う手合いよりはクックパットやマクドナルドの方がはるかに上だよ

964 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:24:34.32
>>962
もちろん、メタルギアソリッドとときめきメモリアルとパトレイバー2も知っている
そうして出来たのが伊藤計劃の虐殺器官
最初メタルギアソリッドの2次創作だったのは有名な話だ

965 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:25:59.50
話は変わるけど、
そろそろ次スレを立てる時期だけど、以前、スレ名に艦居る話題が出てたよね。
次スレのスレ名ってどうしたら良いんだろう。
このまま引き継いで、創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト Part22でいいのかな?

966 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:28:35.36
小説を書くことが目的なんだから小説を読んでいる必要はない!
千冊読んでると威張っている奴だってデビューできていない!

でもデビューしている人は、たいていメチャクチャ本読んでる

967 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:43:20.05
考えれば分かると思うけど、百冊しか読まずにデビューしても、
インタビューでは余裕で千冊読んでますよアハハって答えるし、
マイナー本を挙げて「こいつ深いな」と思わせるよ

968 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 13:48:51.04
読んでなくても恥ずかしくはないけど、
書いてて、前の人のと被らない?どんなの書いてるの?

969 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 14:28:29.57
>>965
いや、「SF新人賞総合スレ」が必要
それにハヤカワ・創元といった装飾が欲しければ付ける形で

ここはあくまでSFの新人賞総合スレだからな
ハヤカワと創元しかないなら別に現行タイトルでもいいけど
少なくとも福島正実記念SF童話賞も管轄だし
ライトノベルの賞もSFを出すなら語ってもいい
今のスレタイじゃ勘違いを生むよ

970 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 14:59:50.38
それだとハヤカワや創元フルタイトルで
スレタイ検索してくる人に見つけられず
荒らし氏が立てた乱立スレに行ってしまうよ

>>965
「創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト Part22」
を少し変えて
「創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト 総合22」
あたりで妥協しないかい?
もう二文字入るようなら
「創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト SF総合22」
かな。

971 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 15:02:54.84
乱立じゃなくてここが総合スレ、創元とハヤカワがはそれぞれの賞の個別スレでしょうがよ
創元はさらに落選作晒すコテハンスレとコテハン禁止スレに分離してるが

>「創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト SF総合22」
これはありかな
総合22では何の総合だか分かりゃしない

972 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 15:12:29.43
おー、また落選作晒しがあるのか。バカは死んでも(ry

973 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 15:13:54.71
んじゃそれで立ててみるね。
夜になったらまた1000冊の話題ふっかける人が出そうだし。
「創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト SF系新人賞総合22」
からチャレンジして文字数制限にかからないとこまで切り詰めてみる。

974 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 15:14:28.21
SFを半角にすれば良かろう

975 :973:2012/11/27(火) 15:33:05.06
次スレ立てました

創元SF短編賞■ハヤカワSFコンテスト SF系総合22
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1353997476/


「新人賞」の文字は入りきりませんでした。残念。
半角全角は関係ないっぽい?

976 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 16:13:17.56


さあ、SF新人賞スレ1000レス埋める作業に戻るか

977 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 16:43:25.72
>>948
ハヤカワSFって翻訳作品がほとんどなんだけど

978 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/27(火) 16:58:38.69 ?2BP(333)
ハヤカワの青背と創元の紫背が合わせて何冊あるかわかる?
3000冊いくかどうかだと思うけど。

979 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 17:01:20.38
>>977
ハヤカワJAを知らんのかよ。日本人作品のSFも刊行しているんだが。再版率低いけどな。

980 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 17:08:30.62
>>979
本屋でみたことない、田舎のせいだけど

981 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/27(火) 17:16:47.55 ?2BP(333)
ハヤカワJAを本屋で見たことはおれもないぜ。

982 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/27(火) 18:02:28.58 ?2BP(333)
今回はわりと真面目に受賞を目指しているので、おれはおとなしくしているぜよ。

983 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/27(火) 18:03:47.46 ?2BP(333)
いや、毎回、真面目に目指しているんだけどさあ。
今回は、第一回創元の時のように直球だからさあ。

984 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 18:45:23.57
>>979-980
JAなんか完全にラノベだろ
SFってのは海外SFの事だ

985 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/27(火) 18:47:19.49 ?2BP(333)
>>984
また愚か者が来たようだ。

986 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 18:53:20.69
というか小松左京の時代は別にして、今のJAにSFなんてほとんどないだろ?
ミステリー、ファンタジーが中心
SFに分類されるのも愚にもつかないSF風ラノベばっかり
SFと呼べるのは伊藤計劃、円城塔、天冥の標ぐらい

987 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 18:56:16.65
ハヤカワJA見て「この程度でいいんだ」とか思ってる奴は送らない方がいいな

988 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 19:36:23.40
神林長平や飛浩隆もラノベかよwww

989 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 19:37:00.35
まぁ、全ての発言は入賞しないと恥ずかしいだけ、とそろそろいい大人なら気づくべきだとは思いますがね。

990 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 20:02:18.30
>>988
ラノベだと思う

991 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/27(火) 20:04:18.33 ?2BP(333)
SF風ラノベで、別に全然かまわないと思うんですけどね。
SF風ラノベじゃないSFってなんすか?

992 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 20:13:29.54
ラノベテイスト入ってると読みにくいよな、何で読みにくいんだろうな
でも世間ではラノベは軽く読める読み物って認識になってる
納得いかねえ

それどころかラノベの連中は一般小説をかっこつけた文章で
無駄に小難しく書いてるみたいなこと言う、納得いかねえ

つかラノベにある要素(ラノベ要素とまるでラノベ起源みたいなこと言う)
を一般小説に見つけただけで、あるいは簡易な文章な小説ってだけで
一般小説もラノベ化してる、とかアレもコレもラノベだよねとか言い出す
納得いかねえ

993 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/27(火) 20:21:20.71 ?2BP(333)
なんつうか、おれは歳とってから、エロアニメの代表作でも見てみようかと思ったですよ。
まあ、記憶にあったのは「淫獣帝国」ですな。
どんなアニメなんだろうって思ったですよ。

でも、アマゾンで検索しても、アダルトカテゴリーにすらありゃしない。
検索される「淫獣帝国」というAVは、AV女優が、AV魂を込めて、
アニオタにリアルの女の良さを知ってもらいたいと願って作った同名のAVなわけですよ。
ストーリーも同じはずです。

つまり、淫獣に犯された女の子が二人の女の子を誘って、三人とも淫獣に犯されるけど、
それを助けに来た心正しい女の子すら、淫獣に負けて四人とも犯されてエンドというストーリーのはずです。

アマゾンにもないんですけど。このエロアニメは、AVより卑猥で反社会的なんでしょうかねえ?

994 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 20:24:44.99
ラノベって「お約束」を知らないと読みにくいものだよね
ほんとラノベって読みにくいけど、今の子は「お約束」叩き込まれてるから
読み易いんだろうね
でも現代日本にいて「お約束」から逃れることは難しいのかな
編集があれやれこれやれって言うんだろうか

ラノベ読みに迎合したせいで、ラノベ好きからも嫌いからも
ハブになってる気がする、日本人SF

995 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/27(火) 20:25:50.26 ?2BP(333)
日本人SFはラノベにまったく迎合していないですよ。
ラノベに笑われますよ。
まったくちがうものです。

996 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(3+0:5) :2012/11/27(火) 20:37:12.85 ?2BP(333)
わたしは反妹派ですので、ラノベの傾向を妹がいるだとする説には
大いに反論したいのですが。

それ以外に、ラノベの傾向ってなんでしょうかね?
登場人物が十代なことでしょうか?
十代だと規制がはいるのでエロいことはできないんですよね。
それでもあえて十代にするのがラノベで。
SFもどちらかといえば、二十歳前後のエロなしを求めている気はしますね。

エロありなんでしょうか? 需要は? わかりませんね。

997 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(4+0:5) :2012/11/27(火) 20:38:41.12 ?2BP(333)
漫画やゲームのキャラも十代になるのは、業界のお約束みたいなものですね。
こんな濃厚な過去がある渋いおっさんキャラが十代かよとか思いますけどね。

998 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 20:56:31.56
先日、久しぶりに『オネアミスの翼』を見たんだけど、
何回見ても、20代の若者たちが中心でこんな凄いアニメを作ってたのかって感心した
しかし、
ほとんど無名に近い若者たちに金を投資してアニメを作った会社も偉いね。

999 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(1+0:5) :2012/11/27(火) 20:58:22.27 ?2BP(333)
機械の体はおりのもの。

1000 :記憶喪失した男 忍法帖【Lv=24,xxxPT】(2+0:5) :2012/11/27(火) 20:58:59.05 ?2BP(333)
1000なら、おれさま大賞受賞。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

290 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)