2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あなたの文章真面目に酷評しますPart74

1 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/30(木) 04:10:49.29
前スレ
あなたの文章真面目に酷評しますPart73
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1337860412/l50




まとめwiki:ttp://www6.atwiki.jp/kata/
過去ログなどはこちら。

テンプレは>>2-4あたりです。投稿・批評する前に必ず読んでください。

文字数が多いスレは、1000に行く前に容量オーバーで落ちることがたまにあります。
ブラウザで表示したとき、書き込み欄の上の表示が480KBを超えたら投稿を控えて次スレを立ててください。


2 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/30(木) 04:11:51.46
■投稿する人へ
・あなたが書いた文章を真面目に読み、感想・添削・批評を行ないます。基本的な投稿は
小説ですが、論説文やエッセイなどもOKです。掲示板にコピー&ペーストするのが一番
よいですが、自分のサイトの直アドレスやまたり文庫・アリの穴などの投稿サイトをさらすのもあり。
酷評スレまとめwiki(http://www6.atwiki.jp/kata/)でも投稿できます。
このような場合は、各サイトのトップページではなく、直接「作品の」アドレスを貼ってください。

・創作文芸板は最大改行32行、最大文字数は1024文字です。改行の少ない作品なら
1レスあたり原稿用紙2枚と少しくらい。3レス(原稿用紙7枚以上、もしくは100行以上)を
超える量の文章は、外部に晒してリンクを貼ったほうがいいでしょう。

※※ 時々いたずら目的で本人を騙ってHPアドレスを載せる輩がいます。
HP掲載の文章の批評を希望する人はそのページ、もしくは自BBSに<2ちゃんにて批評依頼中>
と入れてください。クリックして見られる『隠し』でもかまいません。 無い場合は高確率でスルーされます。
スレに直接貼る場合も、一言書いておいたほうがスルーされにくいです。

※※ また、いたずら目的で投稿者を騙って、レスをする輩もいます。
なるべく投稿者はハンドルにトリップをつけて投稿してください。使い捨てのハンドルで構いません。

・投稿する前に読みかえしましょう。痛い間違いは投稿後に修正できません。

・もしも文章を無視されてしまったら、もう一度批評をもらえるように頼んでみましょう。
目についたものから批評していくので、見落としもあります。

・辛辣なことを言われても落ち込みすぎないように。批評をした人とあなたの傾向の相性が
悪かったのかもしれません。でも、あなたの作品をそういうふうに受け取る人もいるという
ことを心にとめておいてください。

■批評する人へ
・批評への参加は自由です。
・当スレは投稿者を育てるのが目的なので、良い所と悪い所を具体的に挙げて、できるだけ
投稿者が納得する形で批評してあげてください。

3 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/30(木) 04:12:29.73
※原稿入力時の約束事と諸注意

○段落の行頭は一字下げる
○……三点リーダーは基本的に2個で1セット。なお「・」(中黒)は使用不可
○読点は「、」 句点は「。」を使用
○セリフをくくるカギカッコの最初の 「 は行頭一字下げない
○「 」カギカッコ内最後の句点は省略する
○空改行は最小限に。改行すべてを1行あける等はやめましょう。
○投稿が複数レスにわたる場合は、1/2 2/2 などのように、全体レス数がわかるようにしましょう。
○投稿には「酷評お願いします」等、投稿であることがはっきりわかるように書き添えましょう。
  本文だけを投稿しても雑談と間違われる場合もあります。
○荒らしはスルーしましょう。酷評のかたちをした荒らしには返レスは不要です。
○返レスがあまりに早すぎると、そのあとの酷評が貰いづらくなります。
  返レスは24時間以上あけて、酷評が出揃ったところでするようにしましょう。
--------------------------------------------------
関連スレ
【プロット】創作の技法【文章構成】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1329180872/

執筆力、語彙力をパワーアップさせる方法
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1321109645/

4 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/30(木) 04:13:03.02
・出典を明記せずに引用した場合は著作権法違反となり、刑事罰に処せられます。
・自作でない文章を自作のものと偽った場合も同罪です。
・一部の語句の修正を行った場合も同罪です。この場合は無断改竄により更に悪質
 であると判断され、刑が重くなります。
・2chへの匿名投稿でも、投稿者は特定されます。過去に多くの逮捕者が発生しています。
・このスレッドでプロの文章の抜き書きを自作と騙って載せても、すぐにばれます。
 検索避けに語句を書き換えようものなら、その部分からあなたの無様さがあふれ出るで
 しょう。ご注意下さい。

5 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/30(木) 04:15:32.31
「薫さん、別れてってゆったらどうする。」「大橋薫さんと楠桂さんと事実重婚して限界まで孕んでもらう。」
「本気でゆってるでしょう。」「うん。」

http://youtu.be/uvbaM-URygs

6 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/30(木) 12:59:01.50
「このおじさんの半径6500キロメートル内に入ると妊娠しちゃうから。」「お前それ地球の3分の2くらい安全なことになる。」「どうでもいいです。」

「よかったネどうでもいいっていっちゃった。」「ばかもの。」

http://youtu.be/uvbaM-URygs

7 :名無し物書き@推敲中?:2012/08/30(木) 17:41:55.35
>>1

8 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 08:35:51.57
頼むわ
http://ncode.syosetu.com/n0746bh/

9 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/02(日) 22:29:56.83
>>8
初心者だが一応指摘しておく
序章が長いと思った。主役となる登場人物も多い。
1066について書かれていることがどうも空振りというかどういう事件があってどういう橋渡しをするのか内容が全く書かれていない
登場人物の生い立ちばかり書かれていて登場人物のモノローグが書かれていない
他にある人いる?

10 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 10:32:11.37
「ねえ薫さん。」「ん?」「ぜったいに。」「うん。」「地球中心部にいっちゃだめ。」「…。」

http://youtu.be/uvbaM-URygs

11 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/04(火) 18:07:50.26
よろしくお願いします。

http://anovel.sakura.ne.jp/ANOEL/mt/anoel/2012/09/post-252.html

12 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 00:35:30.81
>>11
書きたいことはなんとなく伝わる
ただ全体的に説明不足で理解に時間がかかる

あと、自分の読解力不足かもしれんが最後の場面がよく分からない

抽象的ですまん

13 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 02:02:06.48

>>11 
初心者だが。 
・句点を打つべき場所で読点を打っている。 
「なるほど変わっている、なにしろ」は 
「なるほど変わっている。なにしろ」とすべき。 
・扇の描写が曖昧でイメージが湧きにくい。丸って要の留め具のこと?よく分からん。キーアイテムなのに。 
・思わせぶりな表現を多用しているわりに意味が読み取れない。 
「剣は円なり円は剣なり。肉は人なり人は肉なり。人肉はこれ不老の薬」 
この表現にはきちんとした意味があるの?ないなら自分で「この表現良くね?」って勝手に盛り上がっているだけになってしまう。 意味があるなら作中で描写して欲しかった。 
・全体的に話が飛躍していてよくわからない。


14 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 02:04:43.09
>>12
最後は友人は結局無事で主人公だけ扇に喰われたんだと思う。
違うかな?

15 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 02:28:44.37
三連投わるい。13、14だけど>>2を読んだら良いところも挙げろとあったので。
2ch自体初心者だから許してくれ。
>>11の他のssも読んだが、枕の話もわらわらの話も意味が分からないのに何かぞっとするものがあった。
ホラーに一番必要なのはこの「ぞっとする」感じだと思う。
現時点でもそれを持っているということは励みにして良いのでは。
特に枕の中身の描写は脳みそを連想させてきてぞわっときた。

16 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/05(水) 19:04:18.96
>>13
批評ありがとうございます。
「円形の扇子」は、そんなんあったら面白いよね、という発想だけで書き始めたんで、
正直自分でもどこがどう怖くすればいいのかはっきりしてなかったことがわかりました。

あと扇は友人も食ってます。
扇の要を見た人が、扇の中に傍にいた人もろとも連れ込んでしまう感じですね。
絵の中に入った、としっかり書けばいいとわかりました。

忙しいなか三連投もありがとうございました。

17 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/06(木) 18:02:25.10
さぁさぁ、このコピペを酷評するのだ!(1さん、ゴメン!)

どれ。裏の納屋さ行って、漬物石ふたつ運んでくるべぇか。

裸にひん剥いて縛り上げた>>1の縮こまった包茎チンチンの下に
大きな方の石をあてがい、
手ごろなほうの石を振りかぶって・・・

ベチーン!
オオゥ!オオオオオオオゥ!
肉が潰れる感触が腕にズシィィンと響くゥ!
断末魔の絶叫がこだまするゥゥゥウッゥゥウ!


さてと。
ミンチになったチンチン肉に葱と生姜と大蒜を臭い消しにつき混ぜ、
片栗粉も加えて団子にして、
鍋料理にしたてて食うべぇか。



18 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 17:29:03.55
>>17
登場人物が>>1の陰部を潰すことでやたらテンション上げていますが
彼の高揚感が読者には一切共感できないと思います。
ストレス解消に勢いで書き散らした文章なのでしょう。

それと3つ目の段落、食べる目的で潰すのであれば
作業としては非常に雑だと思います。
また、擬音を多用していますがこれも安易で
グロテスクさやホラー的な趣が全く感じられません。

端的に言えば、漢字覚えた中学生レベルです。

>さぁさぁ、このコピペを酷評するのだ!(1さん、ゴメン!)
これでご要望に添えましたでしょうか>>17さん。

19 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(2+0:5) 天井智将 ◆fV146ZJdLc :2012/09/07(金) 18:14:34.24
>>8
もしかしてまたお前か……(;ω;)俺だ……(;ω;)覚えてるか……(;ω;)
なんで重厚な歴史風パートといかれたラノベパート混ぜてんだよ……(;ω;)
ハルテロスだったっけ……(;ω;)アルベルトだったっけ……(;ω;)昔そんなんあったよな……(;ω;)
本当は二人いるだろ……(;ω;)片方はなんかそのスレの常連だろ……(;ω;)
歴史風パートだけ読んだわ……(;ω;)ラノベパートやべえよ……(;ω;)
今回も長くなるのか……(;ω;)お前(お前ら)とのやりとり……(;ω;)
今夜は月が赤いからな……(;ω;)赤飯やな……(;ω;)

20 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/07(金) 18:30:24.52
>>11
江戸川乱歩?みたいな怪奇系ショートショートやな。その辺詳しくないけど。

気になったのは冒頭の扇の描写。文章の真ん中らへんにさらっと書いてるから
一読しただけだと読み飛ばしてまうな。

>なにしろ、普通の扇子なら扇形という通り円の一部だが、この扇子はぞろぞろぞろぞろ広げていって円形になる。
→この扇子は、なんと円になるのである。広げた端が止まらずに、ぞろぞろぞろぞろ相方の縁と合わさって円になる。
扇子と書けば形は皆想像するから、扇形などという説明は不要。
そして絵柄のレイアウトがイメージしにくい。山を遠景にして漁師と桃の図柄?
後の老爺と荒武者が、何故この扇子から繋がるのか、少し脈絡が弱いかも。

あと、桃が後半の「不老不死の薬」の伏線になってるんだろうか。
記述トリックとかは良く知らないが、あまり巧みな感じはせんね。
なんか国語のテストさせられてるような、楽しい感じではない。

21 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/08(土) 18:52:42.51
>>20
酷評ありがとうございます。

扇の描写は、推敲して頂いた方がわかりやすいですね。
桃は不老不死です。
最初は桃源郷を書いた扇の中に迷い込んで…でしたが、
扇=奥義というくだらない駄洒落を思いついて入れたせいで
主題が煩雑になってしまいました。
楽しい感じになるよう頑張ります。

22 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/08(土) 19:11:59.25
>>19
屍国の屍国読みますお。

23 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/09(日) 10:31:23.18
文芸サロン行ったら面白いことあったのー♪……(;ω;)

24 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/10(月) 19:22:44.09
私はハルを抱きしめたら、と思った。愛の言葉をささやくことができたら、と思った。
私が先に死のうと冷静に思った。ともかく私はどうしようもなく、二人で机の木目を眺めていた。
時間が刻んでいなかったら、私達は永遠にそうしていたかもしれない。私達が現実に引き戻されたのは12月6日午後五時丁度。定刻通りのチャイムが鳴った。
本当に明日、この人は死んでしまうかもしれない。時間が解決してくれる問題じゃない。
なのに私には即座に打つ手が思い浮かばない。校門を抜けても、私達は一言も交わさないまま、目的地までの距離が縮んでゆくのみであった。
私が何かを言うべきことだけは分かっていた。
「ユウの家、行っていい?」
「うん」ユウはうなずいた。

最近小説書き始めました。やっぱり全文載っけたほうが良いのでしょうか・・?

25 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/10(月) 21:01:42.09
全文載せると話の構成も批評してもらえると思うよ

言葉の使い方に違和感を覚える
一行目「……たら、」は「できたなら」
三行目「時間が刻んでいなかったら」意味は分かるけど言い回しが変じゃないか?
最後の会話「ユウの家……」は誰の台詞?
「私」と「ハル」の二人?
「私」=「ユウ」?

26 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/10(月) 21:26:21.56
良いところも

どうにかしたいけど踏み出せない
焦燥感?の描写は良いと思う
あとまだいろいろ明かされてない謎な感じとか

下手な批評で済まん

27 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/10(月) 21:55:10.61
>>25
ごめんなさいハルかユウかで迷ってて、修正しきれてなかった
ユウ=ハルです

28 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/10(月) 22:31:34.53
よくわからんお題で次の人がSS〜で書いたのだが同スレの感想スレが埃被ってたので此方で酷評して頂きたい
SSにすらならねぇ短文なのは良く理解しているので見逃して頂きたい
題は「青空の下の黒い影」

 煌々と照り付ける暑い日差しのなか私は主人と共に寸分違わぬ動きでただひたすらに歩く。
主人はエイギョウという仕事に就いているらしくこの暑いなか外へと出なくてはならぬ。
 都会特有の焼けるような熱さのアスファルトで私の体は益々黒く焼ける。
主人がカイシャに戻るとよく周りの奴等から「また一段と黒くなったな」などと茶化される。
 時に主人はクルマに乗って移動するがあれは狭苦しくて仕方がない、クルマよりはアスファルトで肌を焼いた方が幾分ましだ。
それに最近になって私は外を歩く際の楽しみを見つけた。
 私の頭上……正確に言うなら私に焼き目をつけるアスファルトの反対側に広がる空を観察する事だ。
幸い日差しは主人が防いでくれるので透き通る様な青空を私は何の煩わしさも感じずに仰ぎ見ることが出来る。
空に浮かぶ雲や自由に動き回る鳥達が作り出す空の表情を見ているだけで熱さや味気無い日常を忘れられる。
 広大な青いキャンバスに描かれた雲や鳥達を眺めつつ、今日もまた私は主人と共に青空の下を歩き続ける。


29 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/10(月) 22:42:01.98
>>28

三行目、「…焼けるような…焼ける。」というのはちょっと嫌なかんじ。
三行目で「私の体」が焼けているのに四行目は「主人」が「黒くなった」
のは視点が定まらない感じがする。
あとの展開でそういう視点の揺れの話になるならいいのかもしれないが

この人が「熱い」「焼ける」のは、下からのアスファルトの熱のせいで、
上の空は開放的で眺めていたくなるものなんだということのようだが、
「暑い」から始まるとどうしても上からの太陽のせいで暑いのが不快と
最初は解釈するわけで数行読むあいだに読者が頭のくみかえを強いられる。
今後の展開でよほど意図があるなら別だがそうでもないならちょっと引っかかるところ。


30 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/10(月) 22:55:13.96
>>29を書いてから気づいたが最初からアスファルトが熱い話をして
夏だとほのめかすだけで日差しに触れず、徐々に視点を上空に ってのが綺麗


31 :小山内劇場 ◆N3s1i5.BCEOr :2012/09/10(月) 23:30:05.41
やったことがない人が幹事やった方が面白いんじゃないか。
いい祭りになるかどうかは、だれがやったところでその時その時だよ。

32 :小山内劇場 ◆N3s1i5.BCEOr :2012/09/10(月) 23:41:27.21
すいません。間違えました。

33 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/11(火) 11:03:54.89
>>24です。
書きあがったのと、他所に上げたついでに、全文挙げさせていただきます
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3410570.txt
よかったら読んでください

34 :小山内劇場 ◆N3s1i5.BCEOr :2012/09/11(火) 11:43:56.07
せっかくなので読んでみました。
まず、「私」が多すぎると思いました。ぶつ切りの印象をうけます。
読者は作者が思っている以上に、だれのセリフであるか、述懐であるか、
把握できます。極力「私」を消してはどうか。
それからセリフの「」内に句点を入れるか入れないか、
どちらかに統一すべきではないか。

以下は本スレの趣旨と違うかもしれません。

「明日死にたい」と言い出した友人の家に泊まり、次の日海に行くという話。
描写にかなり力を注いでいる印象を受けた。同性か異性かはどちらでもいい。
それで、こういった話は手を変え品を変え繰り返し読んできた気がします。
作者にとっては唯一無二の愛おしい原風景なのかもしれない。
しかし、同じ感性の人間がたくさんいるらしく、みな似た話を書く。
このお話の、もっといえばこの感性のオリジナリティが見つかりません。

35 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/11(火) 12:10:47.22
>>34
私、は確かに多かったかもしれません・・・見直します。
句点に関しては、意図的に消したり付けたりしてみましたんですが、統一したほうがいいのでしょうか?
似た話が多いというのには、小説をあまり読んだことがない故か、気づきませんでした。
感想ありがとうございます

36 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/11(火) 12:14:27.70
あ、あと、同性なのか異性なのか、ということに関しては、無意識にぼかしていたようでした
確かに「ハル」じゃあどちらか分かりませんし、口調も男か女か分かりづらいですね
まあ、それに関してはどっちか分からなくてもかまわない、というか、
むしろ良い方向に転んでるような気がします
無意識にこういうことが起こるというのは、とても面白いです

37 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/11(火) 14:49:20.96
>>29>>30
他に酷評なさそうなので酷評感謝
三行目の焼けるようなは焼け付くにした方がいいかなと思ったり、大して変わってない気もするが
この短文の主観というか中心を影にしてるもんで焼けるといった表現にしたが不味かったか
んで四行目は「主人」の職場の同僚の影から黒くなったって言われてる様に書いたんだが書いてから外回りしてる「主人」も黒くなるわなと
「そういうお前は蛍光灯の光で薄くなったな」と言ってやると周りのウケがいい。みたいな文入れたりすれば多少変わるかねー
視点を暈すというか読者に題と内容から察して下さいねってちゃちゃっと書いてブン投げた文だから読者負担は仕方ない
もうちょっと長く書くなら間に視点が影って気付かせるようなワンクッションを入れてやれば多少は負担が改善されるかなと
あと全く意識して無かった所を綺麗といわれて戸惑ったがお褒め頂きありがとう

38 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/11(火) 16:39:11.96
そうした方が綺麗だ(からそう直しなさい)と書いてあるんじゃないのか

39 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/11(火) 16:56:04.99
>>38
よくよく考えたらそうでしたやだー
マジで恥ずかしいわ……

40 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/11(火) 19:26:09.75
いいレスが増えてきたなあ。

41 : ◆Vzf4ao9KX.5u :2012/09/12(水) 00:56:31.04
 引っ越しの準備は既に終わっていた。山と積まれた段ボールがトラッ
クを待っている。がらんどうの部屋はもはや部屋ではなくただのハコで、
私の存在を疎外している。
 私は部屋の中から目を反らし、カーテンの外された窓から外を眺めた。
 住宅街が続き、所々に看板や大きなマンションが頭を覗かせている。
すぐ下の路地を小学生たちがはしゃぎながら駆けていく。普段は疾うに
通学のために家を出ていた時間だ。普段は目にすることのなかったその
様子を新鮮な気持ちで眺めた。
 このこどもたちは、一体何を考えて過ごしていたのだろうか。私もこのこ
どもたちと同じことを毎日繰り返していた筈なのだが、それはアルバムの
中の一コマとして薄っぺらく記憶に組み込まれ、ただの過去の事実としか
想起されなかった。過去の私と今の小さなこどもたちはうまく接続されずに、
半分だけ実体をもった幽霊のような存在として私の視界から消え去っていく。
 私も同じ時代を過ごしたはずなのに。
 視界を右から左へと過ぎ去っていく幻影に目を瞑りながら、私はぼんや
りと夢想する。
 この幻も四月になったら進級する。もしかしたら、中学校へ進学する。始ま
りの季節を浮き足立ちながら過ごし、盛夏を駆け抜け、秋を気づかずに通り
過ぎて冬があっという間に溶けていく。
そうして最後に、この異物たちは私と同じ人間になるのだ。

 それは、あまりにも当たり前で、あまりにも救いのない未来だった。
 ぼんやりをこどもたちを目で追った。
 いつか人間になるこどもたちも、今はやはり、私にとって異物のままだった。
 そして、その状態が出来るだけ長く、続けばいいと思う。

42 : ◆Vzf4ao9KX.5u :2012/09/12(水) 00:57:18.92
よろしくお願いします。

43 : ◆Vzf4ao9KX.5u :2012/09/12(水) 00:57:59.22
連投ごめんなさいageときます

44 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 01:26:51.92
・この異物たちは私と同じ人間になるのだ
とすると、「私」は人間には同質性を感じているというロジックになって
全体の調子と反します。「人間」という言葉を断りなしに使うと共感とか
「人間的な」あたたかみを連想するからです。「異物」と対置するとなおさらそうなります。
ここは意味上はたとえば「…私と同じ抜け殻になるのだ」ということのはずで、
「抜け殻」が陳腐でいやなら表現に別な工夫がいります。

・あまりにも当たり前で、あまりにも救いのない未来
「私」が引越しをするのは、「私」が何らかの理由で「当たり前」のことを享受できなくなった
からではないのですか。すると「私と同じ人間」が「当たり前」なのは
よくわからないです。

・「半分だけ実体をもった幽霊」…言いたいのは実体をもってることではなくて
 持ってないことのはずです、文脈からは。半分は実体のない、という方向の
 表現になるべき。

もっと簡単に小学生を異物視する方向でまとめたほうがいいのかなと思います。
すくなくとも、「小学生」については私がどうおもったかの描写自体が目的ではなくて、
私の「境遇」の描写(暗示)のために私がどう思ったかが使われるべきです。

それから冒頭「疎外していた」はだめ。悲しい時に悲しかったと書いちゃダメってやつ。
よしもとばななは書くけどw、それでも疎外していたという硬い言葉はしらける原因。

・「新鮮な気持ちで眺めた」
積極的前向きです。ここは奇妙とか違和感とか後ろ向きでダークな言葉を。


45 : ◆Vzf4ao9KX.5u :2012/09/12(水) 20:02:58.53
>>44
ありがとうございます
言葉のイメージから話の構成まで詳しく指摘してくださって感謝です

・疎外していた→私は落ち着かなくなった
・新鮮な→物珍しげに
とかの方がいいですかね

「私」は挫折や失敗を繰り返してだんだん草臥れていった人間(もしくは大人)の代表
「こどもたち」は暗い部分を知らない明るくて新鮮な存在
といった大人から子供への情景をイメージして書いてみました
すると「人間」→「大人」と言い換えたほうが伝わりますか

自分は子供の輝かしさに描写を使いましたが
44さんの言うとおり「私」にもっと力を入れたほうがいいですね
それと引っ越しにもっと意味を持たせることですね

46 :26:2012/09/12(水) 20:06:07.31
プロローグ
「夏だぁ……テスト終わった、二重の意味で」
2042年 7月26日 午後12時00分
 大学の定期試験も終わり、2ヵ月もある長い夏休みをロボットの研究に費やすであろう事に青木瞳は絶望していた。それとは対照的にテストを終えた学生達は活気が満ちていてみな笑顔であることに青木はイライラゲージを少しづつ溜めていった。
テストからの解放感と夏休みへの希望が漂う講義室では、同期の佐藤愛が明るい表情で自分の胸を強調するかの様な小走りをしながら近づいて着た。
「ひぃーとみぃーん。なつはどうするのぉ?やっぱり、けんきゅぅ?」
佐藤は目を輝かせ青木の机にちょこんともたれかかり、周囲を見渡しながら青木に聞いた。
 「うん。研究に没頭するつもりかなぁ…」
青木はぼそっと言うと窓の外のイチャイチャカップルを二階から見下ろし青い空を見上げた。そこには大きな入道雲がゲリラ豪雨の気配を漂わせている。


47 :26:2012/09/12(水) 20:08:13.48
(ほんとバカップル見てるとイライラするわっ。雷に打たれてしねばいい)

心にも思ってもない言葉が頭の中でそうささやいる。
しかし青木が不機嫌になるのも仕方のないことだった、大学院での研究は夏休みが一番集中して研究ができる期間であり大学院2年生ともなれば修士論文を終わらせなければならないからである。そして、青木の研究は人工AIに関する研究でロボットは感情を持たせられるか?
という漠然とした研究テーマの為中々成果が上がらなかったのである。
「そんなことより研究どうしよう」
青木は大きな瞳をつぶりため息をついた。
「そんなことってどんなことぉ?」
佐藤はかわいらしく振り返ったが。このかわいらしさがこれまた憎いのか増々イライラゲージを増大させていきゲージがたまったら雷が落とせそうなきがしてくる青木だった。


48 :26:2012/09/12(水) 20:09:17.03
「ああ、気にしないで愛ちゃん。それより裏研ばかり進んで本研がすすまないよ…」
青木は気持ちを隠して話すのが得意だ。そしてなにより、女子なら誰でも取得するであろう基本スキルの一つを使用して笑顔を貫いた。
「そうねぇ、あぃの研究は先輩の引き継ぎの研究だからぁー先輩が残してくれた課題に取り組めばいいけどぉーひとみんの研究はねぇ…」

いつの間にかひと気がなくなった講義室を低い身長で佐藤は見渡し、小さな両手で携帯を手に取り必至に画面を覗き込んでは何かをググっていた。誰が見ても愛くるしい姿だったが。青木にはその姿に増々イライラゲージを溜めていくのであった。

49 :26:2012/09/12(水) 20:10:29.61
愛ちゃんは夏休み何するの?サークル?それとも研究?」
佐藤の姿を見るのが嫌だった青木は、外の入道雲が大きくなっていくのに目をやった。
「あいはねぇ…就職活動よぉ…」

青木は急いで顔を戻しすらりとした背筋を伸ばし申し訳なさそうに手を合わせた。こんな動作が素早くできるのも女子力の賜物である。
「ごめん、愛ちゃんすっかり忘れてた…」
「いいのよぉ、就職活動で彼氏をGETだぜぇぃ」
「本当にごめん!」

佐藤は持ち前の明るさでピースサインをして廊下に届くくらいの大声を上げて言った。

(ああ…この子は本当にかわいいは…憎むのが馬鹿らしくなってきたわ)

「それより学食にいこうよぉ、あぃねぇテストが終わったら急におなか減っちゃったぁ」
そう言いいながら青木の机からぴょんと降り、わざとなのか自然なのか佐藤の胸が揺れるのを青木は凝視してしまった。


50 :26:2012/09/12(水) 20:11:27.48

 (さっきの言葉は宣言撤回だ。それにしても相変わらずにくたらしいちっぱいだぜ)

自然と心の中でそうつぶやくと日頃鍛えた女子力をいかんなく発揮して青木は笑顔になった。
「そうね、私もお腹すいたし学食にでも行きましょう」
二人は大学特有の閑散としてだだっ広い廊下に出て、学食へと向かった。廊下には佐藤よりも小さいヒューマノイドロボットがそそくさと廊下を掃除しており。そのロボットの背中には「実験中」の紙が貼られていて身長の高い青木には滑稽に見えてしまうのだった。
実際掃除ロボットが小さいのには様々な理由があり、身近に接するロボットは周囲の人間に恐怖心を与えてはならないという認知心理学の研究成果から子供のようなサイズでロボットがデザインされている。


51 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 21:06:46.31
>>45
最初に引越し、それも荷造り終えてボーっと業者を待ってる?あたりを
持ってくるのはかなりいい。なぜそれが「かなりいい」のかというと荷造り後の荷物と
部屋が、それまでの住人の生活を「立体グラフとして可視化した」ものになるから。
引越しが情景として優れてるのは、今までの捨てたい(捨てざるを得ない)
生活が何で、これからのそれが何かを端的に書ける点にあると思う。

「山と積まれたダンボール」はかなりもったいないと思う。
そもそも持ち物が多い人なのか少ない人なのか
設定していないような気がする。(多いようにも見えるがこの場合よくない)。

全般に寂しい雰囲気なのに「荷物が多い」のは、
潰れずにやってきた商売の店じまいとか、
経済的には安定していた家族が離婚などで離散するとか、
「多い荷物」=「過去の努力、昨日までの幸せ」になる場合ならあう。

若い人で荷物が多い場合、
「くだらないガラクタなのに荷造り中にも捨てられない」旨記述あればそれはいい。
この場合、荷物が、「過剰な自意識」「逃れられない不安」などの象徴になりうる。
また、逆にバンバン捨てていく様子から書くのも、「今までの自分を否定する気持ち」を
印象づけるのでよい。

そうでないなら、やっぱり少ないほうが寂しくていいのでは?
あとは荷物の特異さに言及して特殊な趣味や美意識の持ち主であることを
ほのめかす手もある。

荷物の言及を最低限にして、うらぶれた感じをだしたいなら、
「山のように積まれた」とダンボールび量に言及すると雰囲気を壊す。
ダンボールが集められた結果出来た部屋の空き具合の方にフォーカスして
むなしさを強調したほうがいいと思う。


52 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 21:15:52.29
51のつづき
それから現代の日本の部屋の描写では床に必ず言及した方がいいと思ってる。
少ない字数で自然にキャラを想起させるのに、畳なのかボロいフローリングなのか
高級なそれなのか、結構読者の手がかりになるし、
しかも大して字数を食わないのでお得。


53 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 22:04:29.08
>>46-
一人称の語りじゃないしロボットとか言ってるとこみると、
事件を起こす主人公は青木なんだよね?
すると青木の容姿描写が何もないのはやりすぎでは。

せっかく試験が終わったのにイライラしてる、
それはなぜだろうと惹きつけるのがつかみになるので、
青木の独白から始まるよりは試験が終わってホッとしてる人
から入った方がわかりやすい。どうしてもセリフから行きたければ
「ひーとみん、試験終わってっとするねー」ふうにと愛から入るのがいいのでは?

あと窓外はバカップルよりは風景のがいいです。大学がどんなとこにあるか
山の中なのか都市なのか、海が見えるのか、どこにでもいるバカップルより情報量が多い方に
描写をもってくべきかと。





54 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 22:09:36.97
ああ、「青木は大きな瞳をつぶり」か これ愛の目がでかいように読めるんだよね
愛への愛情は感じるんだけど青木にももう少しなんか…

55 : ◆Vzf4ao9KX.5u :2012/09/12(水) 22:10:02.92
>>51-52
場面一つでもいろいろな情報やイメージが詰め込めるんですね

そういう視点から話を読んだことがなかったので
とても新鮮で参考になりました
もうすこし推敲してみます

56 :26:2012/09/12(水) 22:10:42.59
>>53
丁寧なご指摘ありがとうございます。
最初のご指摘はそのとうりだとおもいます。いわれるまで気が付きませんでした。

バカップルと雲は青木の心理描写をしてみたつもりでした。
雲の動きによって、青木の動きを表現してみたいとおもってました。

57 :26:2012/09/12(水) 22:16:24.05
>>54
ご指摘ありがとうございます。

58 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 22:29:32.94
さっきの人とは別人だが


バカップルと雲の意図は分かる。ただ外の描写にしろその二つだけって言うのは
どうにも浮くと思う。バカップルとの対比で青木の描写があるともっと分かりやすい
時々挟まれる入道雲は個人的には好きだよ

自分が気になったのは台詞の多さと説明が足りないことだな
時代設定は未来?青木はどんな人物?
台詞が多いとなかなか場面が進まないからこれが長編ならもうすこし地の文で
説明入れてさくさく流しても良いのかも

59 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 22:29:47.07
>>56
ラノベの特殊性(かつ批判の原因)に、
場面が緊迫しないと読者のキャラへの感情移入が起こらない、
それ以外は基本的に読者は笑いながら眺めてるってのがある。
笑いながら眺められるように、キャラの感情は即物的に表現される。
この例だと「イライラゲージ」で、これはラノベっぽくてよい
(あるいはラノベ的でよくない)。
で、そういうものだと思って読んでる読者に雲がキャラの感情の象徴だという
「文学的」な暗示は通じづらい。
ここはギャグ的な描写でもあるしあくまで即物的に女の子の外見のかわいさと
大学やロボットの情報提供に徹したらどうかと、個人的には思います。


60 :26:2012/09/12(水) 22:36:25.55
>>58
ご指摘ありがとうございます。本当駄文で申し訳ございません。
これから、努力させていただきます。

61 :26:2012/09/12(水) 22:40:30.00
>>59
そうですよね。場面の緊迫という描写の練習をしてみたいと思います。

最終的にイライラゲージが溜まって、入道雲から雷が落ちるという描写を
してみたかった為このようにしてしましました。

ご指摘ありがとうございます。

62 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 22:47:18.34
>>61
ああ、それ神話的でいいじゃん
主人公がイライラしてると雷が本当に落ちるっていう。
それでロボットにも魂入れちゃうかwフランケンシュタインだな
エンターテイメントはキャラの内面がどんどん客観的な外形に結実するもんだと思う。



63 :26:2012/09/12(水) 22:54:57.11
>>62
まさしく、話はそのような展開でつづいていきます。
この話ではロボットに心があるかどうか?
ということを題材に話を進めていくつもりです。

ご指摘ありがとうございました。
以下続きを投稿させていただきますので。時間があればご指摘お願いします。

64 :26:2012/09/12(水) 22:56:56.49
ロボットを尻目に二人はコツコツと廊下を並んで歩くと、何やら外から応援のような声が聞こえてきた。
その声援の先にはサッカーグラウンドがあり、サッカーロボットと人間が群れを成してサッカーをしている姿が見えた。
ロボットはフィールドのサイドから駆け上がると見事なフェイントを入れ人間チームのディフェンスを抜き去り、
ゴール前にカーブのかかった鋭いクロスを上げた。そして青木より身長が高いであろう10番の背番号をつけたロボットが鮮やかなヘディングを決めて、
ゴールネットを揺らした。


65 :26:2012/09/12(水) 22:59:19.04
「わぁーすごい!すごい!ねぇねぇ、いまのみたぁ?ぎゅーんときて、どひゅーだったよぉ」
佐藤は窓に駆け寄って、手をグーにしてボールの動きを描いては子供の用に飛び跳ねた。

(もうこの子は本当に24歳なのだろうか…私には全然見えない、
未だ10代に見えるのが不思議である。・・・そうか、この子は年齢を
詐称しているに違いない!きっとそうだ!)

脳内で佐藤の分析を行っては青木の女子力を上げていった。


66 :26:2012/09/12(水) 23:09:52.33
「みたよ!すごいよねー、最近のサッカーロボット。
これも群知能ロボット研究とアクチュエータ技術の発展のおかげよね。
ひと昔前まではタイヤで動いていたロボットも今じゃ人工アクチュエータだものね。」

 青木は高身長に加え鼻高々とロボットについて語った。
そして、もう一度外のロボットに目を向けるとロボットが喜んでいるようなしぐさで
仲間に飛び乗りガッツポーズをしている。
「ねぇ、ねぇ、ひとみん。あのよろこんでるロボットって、やっぱり心がるのかなぁ?」
佐藤はくるりと振り返っては首を傾け顎に一指し指を乗せて頭にはてなマークが見えるかの
ような仕草をした、これまた憎たらしいくらいのかわいさである。

(もうかわいいアピールはわかったから、あんまりかわいいと食べちゃうよ?)

呆れたような心情になりながらも青木はぐぐっとこらえては笑顔になりながら答えた。


67 :26:2012/09/12(水) 23:11:32.70
「そうね。結論から言うとわからないわね。
それはロボットに心があるかどうかというと観測を行わないといけないのだけど、
そもそも心とか感情とか人間が感じているものを定義するのが難しいのよ」

 青木は眉をひそめて額に皺を寄せながら答え、
ざばっと白衣を着直し有能な学者のような素振りをした。
そしてハイヒールの音をたてながら再び廊下を歩き始めそのうしろには、
ちょこちょこと色々と聞きたそうな顔をした佐藤がピヨピヨとついて行った。
「どぉういうことぉ? わたしロボットのデザインの研究だからそっちの分野わかんなぁい?」
佐藤は青木の白衣の袖をちょびぃっと引っ張りながら子供のような瞳で青木に聞いてきた。


68 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 23:12:16.16
ロボットに心なんてのは、手塚で終わっておけ。

69 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/12(水) 23:19:10.17
王道は何度でも通れるしそれだけ奥深い

70 :26:2012/09/12(水) 23:20:18.96
>>68
現代のロボットの技術と現実性を持たせて、
物語を書いてみよう思いました。

この話は裏を返すと、心は数式化できるか?という
問題もテーマにしたいと考えてます。


71 :26:2012/09/12(水) 23:22:33.12
>>69
そういっていただけると、幸いです。
とても、励みになります。

以下に続きを投稿させていただきます。


72 :26:2012/09/12(水) 23:24:09.83

(ふふっ、まいったか。ついでサイコロジーの問題でも加えて説明してやろうかくくくっ)

悪そうな顔も見せずに考えて苦しんでる佐藤を見下しながら笑顔で青木は答える。
「つまり、さっきゴールを決めて喜んでいるように見えたサッカーロボットいたで
しょ?あのロボットに心があるかないか決めるのは愛ちゃん次第ってことよ。」
そういいながら、エレベータに二人は入っていき。
青木はエレベーターにある正面の鏡を見ながらメガネの位置を調整した。
「そぉなの?そんなにかんたんなことでいいの?」
「そうよ、なんでそうなのかというと。
もし仮にロボットに心があると仮定しても心があるかどうか数値化できないし
客観的に見る事できないの。だから最終的に決定するのは私たち人間だから、
人間それぞれがロボットに心があるかどうか決めましょう。という事に学会では落ち着いているのよ」
雄弁に語ったはいいが凸凹だらけの理論に青木は納得がいかない様子だった。


73 :26:2012/09/12(水) 23:32:22.36

(だけど理論っていうのは客観性を重視するべきなのに主観を取り入れ
たらだめじゃない…こんな理論じゃ2〜3年後にはまた別の主張が心の理論になってしまうわ…)

そんな事を青木の心で自問自答していると、いつの間にかエレベーター
は1階に止まった。
「そっかぁ。じゃあ、あぃはねぇ。サッカーロボットさんかわいそうだ
から心があることにするっ。だってそうしないと、サッカーロボットさ
んよろこべないもんね。あぃがみんなのサッカーロボットに心をいれて
あげることにするぅ。ちゅっ、ちゅっ」
佐藤は口をキスの形にして、天使のキスをサッカーグランウンドと
青木に一回ずつ投げた。
「ひとみぃんには、悩んでるみたいだからおまけでふぅ」
「愛ちゃんにかなわないわ、私」
子供にはかなわないなと察すると青木は佐藤の手を引っ張って
エレベーターを出ることにした。


74 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/13(木) 00:35:35.07
26ってなに?
26の感想を書いた人ってこと?
それか、他スレのまま名前に26ってついてる人?
26っていうコテハン?
私、気になります!

75 :26:2012/09/13(木) 00:50:38.34
>>74
26ってコテハンです

76 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/13(木) 19:11:14.90
俺はひきこもりだ。それも重度の。
日々忍び寄る劣等感はカビのように蔓延し、自殺願望が沸々と沸き上がってくる。
だがしかし、慣れとは恐ろしいもので、こうした苦痛も俺を形作るパーソナルな感覚となってくる。
ドストなんとかさんが言うには『苦痛』もある境を越えれは『快楽』に変わるそうで……
まあ、ともかく、俺はその日、ハイになっていた。
今思えば、それがいけなかったのだが……

酷評お願いします。

77 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/13(木) 20:19:15.60
>>76
色々と説明や描写を挟むとよくなると思います
ひきこもりだ→どういう経緯で引きこもりどんな生活を送っているの?
劣等感で自殺願望→どういう劣等感を抱きどんなふうに自殺願望にまで育ったの?
慣れてきた→最初の頃と比べてどう感じるようになってきた?
その日ハイになっていた→具体的に何があってどんな気分なの?
あと細かい点を言えば劣等感って忍び寄るものだろうか
それが適切な表現だと描写で納得させてくれたらいいけど
積み重なってきたり大きくなっていったりするものでは
わかりやすく、読みにくい文章ではないです
頑張って!

78 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/13(木) 20:53:46.27
>>77
どうもありがとうございます
また一考してみますね

79 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/13(木) 23:14:25.82
>>64-
青木の容姿描写が少ないこともあいまって、青木が男にしか見えない。
愛を見て、ひたすら可愛いと思い、さらにバカ、と見下すのが男視線だから。
女の視線では「可愛い女の子はズルい」である(←橋本治風断言をかましてみたかっただけなので正しい保証はない)。
するとそもそも同級生の女の子2人っていう設定に必然性があるのか疑問。

それから愛のセリフ、「あの喜んでるロボットってやっぱり心があるのかなぁ?」。
これ、「あのロボット、もしかしたら本当にうれしいんじゃないのかなあ」という意味合いの
つぶやきが先行すべきでしょ?いきなり「心」という抽象物をだしてその存否を追求するって
いう思考は読者はこの段階ではしていないのだから、愛もそういう思考はすべきでないです。

単純にエンターテイメントなら、2人の会話は心が「ある」派と「ない」派が無難。
そこまで露骨にしなくても「ないに決まってる」という素朴な意見を
言及すらしないのは読者おいてけぼりな感じ。
青木がこころの存否を各自が決めていいという見解をいきなり紹介し、
それが「学会の意見」だとしているが、
それなら、この物語世界においては心の存否を追求すること自体に意味がないということになる。
すくなくとも読者のテンションはさがる。
こういうものわかりのよい理論の出し方、出すとしてそのタイミング、
だれにそれを言わせるか等は、-もしかりにそれがきちんとした学術書に紹介されていた見解だったとしても
-かなり注意を要する。
で、こういう物分りがよいのに詰まらない意見(←物語の推進力を阻害する意見という意味です)
に不満を表明するのが愛なんだから、文脈上の主人公は愛ということになってしまうと思う。


80 :26:2012/09/13(木) 23:43:01.13
>>79
ご指摘ありがとうございます。
人物のセリフはそうやって書くのですね、勉強さていただきます。

--単純にエンターテイメントなら、2人の会話は心が「ある」派と「ない」派が無難。
そこまで露骨にしなくても「ないに決まってる」という素朴な意見を
言及すらしないのは読者おいてけぼりな感じ。
青木がこころの存否を各自が決めていいという見解をいきなり紹介し、
それが「学会の意見」だとしているが、
それなら、この物語世界においては心の存否を追求すること自体に意味がないということになる。
すくなくとも読者のテンションはさがる。

ここですが、自分としては学会の意見に挑んでいこうという所を今後の展開で描いていくつもりでした。
ですがもう一度書き直してみます。

――で、こういう物分りがよいのに詰まらない意見(←物語の推進力を阻害する意見という意味です)
に不満を表明するのが愛なんだから、文脈上の主人公は愛ということになってしまうと思う。

こういう意見は非常にありがたいです。もう一度構成を練り直してみたいと思います。






81 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/14(金) 00:05:58.00
>>80
0 ロボットが心があることは当たり前の世界。超越的能力によるドタバタ劇
  例 ドラえもんなどの藤子不二雄の作品 ロボットの必然性はうすく、オバQでも宇宙人でも同じだぜ

1 ロボットが人間との家族的な触れ合いの中で人間の心を学んでいく
  例 「鉄腕アトム」 手塚っぽい(とおもわれているもの)
  テーマ (実は人間のこどもの)成長、友情、愛。

2 ロボットが「心」を獲得してしまい、そんな自分が何者なのか追求する
  例 「私は真悟」「フランケンシュタイン」 石ノ森章太郎の作品(改造人間が多いですけど)
  テーマ (実は人間の思春期の)自我、自意識

3 ロボットが人間社会で勤めを果たす中で社会矛盾に直面し自己の内面に「悩み・怒り」を発見する
  例 浦沢の「PLUTO」 アシモフの「鋼鉄都市」などの諸作品 
  テーマ (じつは人間の青年の)社会の一員としての目覚め、倫理、正義、平等。

どれもロボットをネタにして人間のことを書いている。
ところが「ロボットの心の存否」自体を問題にするのは「人間」を書いているのか疑問がある。
宇宙空間のダークマターの本質を探ってるのと同質の行為なのではないかという気がするからだ。

あなたの文中の「学会の意見」に対して、読者のテンションがさがるのは
読者の問題関心が0〜3のあたりだからで、、
あなたが「学会の意見に挑む」ことに展開を見出してテンションがさがらないのは、
あなたの問題関心が人間外(0〜3の外)にあるからだ。

哲学的あるいは機械論的な「存否」の小説は存在しうるが難しい(あたればでかいとおもうが)。
かなり高度な専門知識をわかりやすく面白くというタイプ、
医者の海堂尊のバチスタみたいなああいう知識、文献渉猟の力がいる。
悪いが今のあなたには無理だと思う。
0〜3あたりに帰る方も考えたらどうか。趣味でやってることだろうから別に従う必要はないが。


82 :26:2012/09/14(金) 00:47:26.90
>>80
 ご意見ありがとうございます。

 私は現在大学院でロボットに関する研究を行っております。
現代の人工AIは 数学 統計 理論 で構成されていて中々そのような学問的
な視点から人工AIに関する作品を拝見したことがなく自分で書いてみたいと
思ったのがきっかけで書いてみることにしました。

 色々な要素を盛り込みすぎるとわかりにくいと思いますが、私が書きたい
テーマは「心は数式化できるのか?」というところから、人間とロボットの心
について描いてみたいと思っています。

稚拙な文章で腹立たせたのなら申し訳ございません。
ですが、私なり頑張ってみたいとおもいますので時間があればまたご意見をよろしく
お願いします。

 


83 :26:2012/09/14(金) 01:17:05.10
>>81
申し訳ございません。
 82の書き込みはではな>>80ではなく>>81です。

追記としてあくまで私自身の価値観なんですが。
言葉や文字には「厳密な」表現の限界を感じています。

例えば、「リンゴは10メートルの机から放物線を描いて落下した」という事を文字で表すとこのようになりますが。
数学的に表すと。「リンゴは F(t)=-gt^2+10 の軌跡で落下した」というような表現になります。

意味的な差異はあると思いますが、私はこの数学的な表現は文字の「厳密な」表現の限界を突破できるのではないかと
考えています。

心というものを文字や文学で語るのではなくて、心というものを数学や理論で語ってみればまた別の世界が
みえるのではないだろうかとも考えています。

いままで理系だったという事で文章を書くのは苦手ですが、何かご意見があればお聞かせください。


84 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】(1+0:5) :2012/09/15(土) 18:53:25.83
テスト

85 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/15(土) 21:04:09.41
>>83
具体的に書いてみなよ。抽象的すぎてわかrん。

86 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/16(日) 12:11:43.61

貧乏人には二種類いる。貧乏なことを年中嘆いている奴と、自分が貧乏なことに気づいてもいない奴。
「しゅんちゃんは後者ね。多分一生自分が貧しい暮らしをしていることに気が付かないんだわ」
 人を馬鹿にしているような発言を呈しているくせに、福根真由美は何故か誇らしげにしている。私は何も返さないでテレビ画面のレースに夢中だった。
指はまるで精密な作業でもしているかのように緩慢で、慎重に動いている。ラストスパートを掛けなくてはならないのだ、真由美などに構っていられない。
「ねえ、大晦日だっていうのに一日中テレビゲームなんかしてて、虚しくなんないの? ……もー、えいっ」
 真由美が私の握っているコントローラーのレバーを軽く指で弾いた。すると、画面中央を走行していたカートが路傍の看板に突っ込んだ。
「な、何てことを」
 このコースは慣れるまで既に何十周と走っている。今のレースでは、その全ての内で最高のタイムを記録していたというのに。
「ゲームばっかりじゃ不健康だよ、どっか出かけようよ」
 ベッドに寝ころがっているこの女をどう始末するかについて一瞬真剣に考えていた自分に身震いしつつ、私は赤いラークの箱を机の上から手に取り、
中が空なのに気が付くと握りつぶした。……あれ? どうして空なんだ。つい二時間前買ってきたばかりなのに。
「あたしが捨てちゃった。煙、嫌いだし、しゅんちゃんに煙草吸って欲しくないもん」
 もう堪忍袋の緒もぶち切れた、大人気なく怒鳴り散らそうと口を開いた時、玄関のドアが先に開いた。

酷評オナシャス!

87 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/16(日) 19:16:51.36
112 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2012/09/15(土) 20:06:56.18 ID:aErrt8yl0
 をれは遂にその自称・神という男の眼前に立っていた。男はべつだん気構える風でもなくただ泰然と余裕しゃくしゃくと
いったていでをれを眺めている。をれはなんがいこと考えていた言葉をぶつけてみた。「なあ、男を世界でたったひとりに
して永遠の命を与え、あとの香具師は全員女しか生まれなくすれば天国だったんじゃなかったのか?なぜこの世界を
こうつくったんだ。」男は眼を半開きにしたままこう答えた。「それは、もうやってみたんだ。」

88 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/16(日) 19:27:43.91
「君は小説の出来、不出来をどうやって判断する?」
「なんだい、急に?」
「さる作家はこう言っている、『読者を崖っぷちまで導き、その最後の段で、崖から突き落とすでもなく、救いを与えるでもなく、ただ、そのままで置かせるのが芸術だ』とね」
「俺には難しい話は良く分からんよ」
目の前の男は微笑し、言葉を続けた。
「僕はね、小説が憎いんだ。所詮、一流っ呼ばれる小説は、僕をどこへも連れていかなかった。小説なんて全て消え失せれば良いとさえ思ってる」
「それは、君が作家を志し、敗残したからじゃないのか?」
「何故、そう思う?」
「僕もそうだからさ」

89 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 03:02:22.05
320 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/09/17(月) 03:00:57.96 ID:3OVoWxaO0
 20年以上操守ってきたのでほんっとしょうがないほんっとほんとはしたくないんだけどと前置かれて同衾と
相成った、わーい。

「秒速30万キロ」と、翌朝名前をつけてくれた。優しい女のままでうれしい。

90 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 06:46:52.89
335 名前: ハバナブラウン(東京都) 投稿日: 2012/09/17(月) 06:30:43.39 ID:lKw2Vyr30
>>333
お前はつまらん

336 名前: ピクシーボブ(やわらか銀行) 投稿日: 2012/09/17(月) 06:30:52.86 ID:+xaxs3pu0
ロータリーエンジン⇒ローたりぃエンジン(うそだよマツダはん!

337 名前: ピクシーボブ(やわらか銀行) 投稿日: 2012/09/17(月) 06:34:10.03 ID:+xaxs3pu0
>>335
九州を今シめてる山口県の一家は食人一家。その手下どもが横浜市で小中学生84人をみんなでぱくぱく。

まあ人肉カプセル処理がしたっぱ、親玉クラスはじかに。煙草喫ってると味が悪くなるんでせっせと 嫌煙恫喝スクラム。

カンニバリズムのバンド名改名拒否のVo.華麗に病棟入り。

338 名前: ピクシーボブ(やわらか銀行) 投稿日: 2012/09/17(月) 06:39:37.61 ID:+xaxs3pu0
どうだ便秘でも解消したか。

新着レス 2012/09/17(月) 06:42
339 名前: ピクシーボブ(やわらか銀行) 投稿日: 2012/09/17(月) 06:43:01.51 ID:+xaxs3pu0
じゃ、このやりとりそこらじゅうにコピペってくる。

91 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 14:12:01.30
>>86
「後者ね…」できれば女性の最初の一言は硬い漢語は避けておきたい。
「後者」くらい使う女は今は多いが、真由美の人格設定をいかすために選ばれた言葉ではないのは確かだと思う。
同セリフ中、「一生」は「貧しい暮らしにかかる」のか、「気が付かない」にかかるのか。こういうの避けるのは基本です。
もし両方ならこの場面なら2回使うくらいくどくてもいい。

全般に論理がとおらない傾向がある。
例えば「人を馬鹿にしているような発言」をする人は威張ってることが多いだろうから、
「なぜか」誇らしげってのはあまり説得的でない。
「精密な作業でもしているかのように」…しているのではないのですか?「作業」は「労働」だけを意味するのではないです。
「大晦日」という特別な日に「どっか」出かけるのが正しいという理屈もわかりづらい。
出かけずにおとなしく過ごすか、やらねばならない用事を済ますか、
この日だけのイベント(カウントダウンみたいなやつね)に行く日だろう。
こういう日に「どっか」行って暇つぶしってのは真由美よりは「私」の発想に親和性があるように感じられるので落ち着かない。
もし世間の詰まらない常識をいう女だという演出をしたいのであれば、
お正月を迎えるための買い物だの家事だのを要求するセリフがいいのでは。
「大人気なく」は 「私」の行動を他人が見たときに評価として出てくる表現で今まさに怒ってる「私」にはあまり似合わない。
「さりげなく」は他人の目を気にしてする行為に使うから構わないのだが、
「大人気なく」が同じ使い方ができるかというとそうではないのじゃないか(大人気なく「も」とやると自分を客観視する別な表現になるが)。
以上は、理屈っぽい文章を書けというのではなくて、理屈に反することは書かない方が読みやすくなるということが言いたい。
出かけよう、ベッドに寝転がってる女、二時間前に買ったと3点書いてあるとなると
筆者に好意的に頭を使わないと、今の時刻の特定が困難である。おおよその時刻は書いて欲しい。
あと、本当に「私」でいいのか(今後の展開次第ではいいが社会化されてない青年は「俺」あたりが多いわけで)









92 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 16:58:15.94
>>91
ありがとうございます!
自分でも読んでいて座りの悪い文章だなと感じていたのですが、具体的な
箇所が分からずに悩んでいたんですよ
指摘して頂いた部分の改善は勿論、より一層の精進への励みとさせていただきます!


93 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:22:41.41
「どした。」「ん。」「かんがえごと。」「ん。」「ながい。」「薫。」「ん。」「どっちも薫だとへんなきになんで困ったな…


をれは全治三ヶ月の重症を負ったがあなたの考える理由とはちくとちゃあかもしれんのである。

94 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:23:41.29
http://youtu.be/eBY0cKUSO30

95 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:26:02.55
そうだね ちくとちゃあかもれんね

96 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:34:22.67
ん つくりばなしまじにとんなよ

97 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:37:01.14
なんだ うしょばんじょだびっつか

98 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:37:41.48
春だな…。

99 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:38:34.04
あきないもんな

100 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:40:36.51
あきってのは空き、開きでな。冬のこと、本来。農業空白期間。

ふゆ 経ゆ つまり春。
はる 張る つまり夏。
なつ 成つ つまり秋。


101 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:42:56.40
でえーなんだっ 便宜上漢字機軸にしたが

秋 この漢字もおそらく冬のことなきっと。薪に火。

102 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:44:12.13
伝説の夏王朝は春王朝なのだよ。中国人萌えや。

103 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/17(月) 18:46:44.53
なんかおかしくね? まあいいか。

104 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/18(火) 03:37:44.81
核融合っつーのはだな

原子ふたつがあるわな。おのおのの形状を保つのに必要なエネルギーがあるんや。それを仮にEとしてみる。

その場合ふたつなんで 2Eや。ところが

核融合すると、そのエネルギーがほんのちょっぴり余るんや。つまり新しいひとつの原子の形状を保つのに必要な
エネルギーE’は E’<2Eなんや。このわずかな差でさえあれだけのことが起きる。で

これが、縮退となったらどうなるっちゅうねんちゅう話。ちなみに現在明確に判明しているのみで

2段階、縮退レヴェルは存在する。


※とゆうカキコが何度もはじかれるのでここへ。これはトップをねらえ!観たときすぐに着想するくらいで正解だが
それは措くとしても、当該作品で、爆縮時に高熱発生の描写が皆無だったので。気づくのが22年かかった。

105 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/18(火) 18:15:13.03
>>91は、細かくよんでいて、いい指摘してるなあ。

106 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/19(水) 01:11:42.45
幼い頃、将来は鳥になるのだと思っていた。
翼を広げ、大空へと舞うその美しい姿を初めて目にしたとき、当時五つにも満たない小さな私は純粋な憧れを感じた。
鳥がはばたく瞬間の動作には何一つ無駄が無い。そうして飛び立った後の自由さといったら、子供の拙い語彙では到底形容しようがなかった。
当時は「美しい」という言葉すら知らなかったに違いない。
もしも私にあの翼があれば、どこまででも飛んで行ける。そうして、きっと今では見ることの叶わない景色を見ることができるだろう。
そんな風なことを、子供心に考えた。幼い私にとって、あれは自由の象徴だった。
「大きくなったら鳥になる」
そう決心したその時からだろう、私は良く空を見上げるようになった。


パッと書いてみました
短いですが、どなたか酷評お願いいたします

107 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/19(水) 07:01:55.96
あれだとお さぞかし    な対象感漂うのでそれで。

108 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/19(水) 20:18:41.56
http://youtu.be/V0Tb1A2Ee3c

109 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/19(水) 20:31:20.27
http://youtu.be/Fc2P4b-v9rQ

110 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/19(水) 20:34:19.78
http://youtu.be/UD1BkJayylQ

111 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/19(水) 20:51:26.30
http://youtu.be/ibdjG4vOUCQ

112 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/19(水) 21:33:40.84
http://youtu.be/D8ZIRoKe7no

113 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/20(木) 01:03:45.39
>>106
2行目、飛ぶ鳥を初めて見たのが4歳の時と読めるが、遅すぎる。憧れを抱いたときと初めて見たときとの混同があるのではないか。
3行目「子供の拙い語彙」 語彙は「多い・少ない」。ただ「少ない語彙」もつまらないから、「語彙」自体の使用を避けたほうがいいかもしれない。
「子供の」の客観性よりは「私の」の主観性がいいように思うがどうか。
5行目「今では見ることの叶わない」 「で」が余計では。
幼い私が広い空間の存在自体は覚知したうえで、その景色が見られないという認識をしており、
これは「地動説的に正しい」わけだが、この枠組みは大人のものではないのか?
鳥が遠くに飛ぶことによって空間自体が拡張するのだという「天動説的に誤った」認識を示したい(筆力はいるでしょね)。
6行目「あれは」 この論述の時点では鳥と私の心理的距離は極めて近いはずである。
こういう、物理的距離と心理的距離の齟齬がある場合は「それ」を使うべきと思う。

冒頭「将来は鳥になるのだと思っていた。」末尾「そう決心した」
最初は大きくなったら羽が生えてくるもんだとおもってたぜーwと読めるのに、
最後は自己改造するのだと能動的に意図しており、なんだか落ち着かない。
日本語の文章、日本人の発想は意図して「する」ことでも自然に「なる」ことのように読む/書く傾向があるのだと偉い人が言っている。
それが良い場合も多いので、一層気づきづらくなってしまうのだが、やはり注意すべきだ。

自由と美の関係に疑問がある。「幼い私にとって」自由の象徴というのが本当なら、
幼児の私に対する異常な束縛(あるいは被束縛観)が今後述べられなければならない。
そういう方向ならそれはそれでいいのだが、実は当時の私にとってはただ美しいばかりだったが、
今の私からみると自由の象徴なんだよなーって事じゃないのかという「疑惑」がきえない。
この疑惑が正しいのなら、その方向で整理されるべきと思う。
(つづく)









114 :113のつづき:2012/09/20(木) 01:23:45.52
4行目、美しいという語を知らなかったというところ、ここがかなり大事と思う。
この文章の全体の問題性は、そういう「語以前」の心理/体験を題材にしながら、
「自由」や「美しさ」という抽象名詞でそれをくくってしまったところにある。
その観点からすると「知らなかったに違いない」では腰が引けている。
「知らなかった」しかし「体得した」と断言しなければならない。これは最低限必要と思う。

もしさらに美しさの感得という情動を美しさという語を使わずに示すところに踏み込むとしたら、
やはり比喩表現になるだろう(現実の子どももそうしている。初めて雪を見た子が
「お母さん白いちょうちょがいっぱいいる」と言った、の類。そしてこの例が示すように、この道は険しいw)。
そういう比喩に踏み込まずにまとめて破綻を小さくした工夫は感じるが、はたしてそれでいいのかってのはある。


115 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/20(木) 03:41:57.65
5歳くらいのときとなりのこと「雪降れ降れ」と、発泡スチロールちぎってまきちらしてとなりのこのお母さんに
とがめられたが次の日初雪が降った。

116 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/20(木) 08:43:15.31
この歌はいい歌だと思うんだがこの物語は事大主義。
http://youtu.be/Sinwr5n7eXc

117 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/20(木) 08:44:33.40
事大主義っつーか… まあ世界はそういうロジックで動いてない。

118 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/20(木) 21:28:21.62
じだいしゅぎ4 【事大主義】
[1] 勢力の強い者に追随して自己保身を図る態度・傾向。朝鮮史では李朝のとった対中国従属政策をいう。
→事大党
[2] 全体に対する見通しもなく瑣末(さまつ)なことを誇大に騒ぎ立てる態度。

119 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/21(金) 20:32:16.25
はっはっは

てめーらでうまく根廻せや それしきゃ才能ねんだKARAよ。

120 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/21(金) 21:58:17.33
ねまわし[―まはし] 2 【根回し】(名)
スル [1] 木を移植するに先立ち、根の周囲を切り詰めて細根を発達させておくこと。
[2] 事を行う前に、関係者に意図・事情などを説明し、ある程度までの了解を得ておくこと。

121 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/22(土) 13:37:55.67
3年半は保ったが… 待て次号!!

161 :名無し物書き@推敲中?:2009/02/22(日) 03:00:39
この国に夢が あるのですね PAO PAO PAO  PAO PAO PAO

162 :名無し物書き@推敲中?:2009/02/22(日) 03:51:13
はやく
気づけるといいね
自分の滑稽で哀れなすがたに
今のままでも
キュートだけれどね
いつまで
続けられるのかな?
がんばってネ!
くすくす。

122 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/22(土) 13:52:39.35
http://vote3.ziyu.net/html/hiyatoi.html

123 :物書き26:2012/09/22(土) 23:13:57.81
下記のサイトでライトノベルを書いてます

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=153427


誰か酷評よろしくお願いします。


124 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/23(日) 00:03:17.01
自分が気づかなかっただけかもしれんが
>>2の批評依頼の文字入ってる?

125 :物書き26:2012/09/23(日) 00:07:52.48
>>123
ええと私のことでしょうか?


126 :物書き26:2012/09/23(日) 00:08:57.60
すみません間違えました>>124でした
>>124
ええと私のことでしょうか?


127 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/23(日) 00:12:17.46
>>126
そうです
こないだの26さんでしょうけど念のため

128 :物書き26:2012/09/23(日) 00:14:55.44
>>127
覚えていてもらって幸いです。
批評依頼の文字は入っていないと思います。

確認していなくて申し訳ございません。


129 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/23(日) 00:25:52.78
>>124
ここはもともと酷評スレではなく批評スレだった

ねおなちすのノウハウをしこたまチャージしたちょんころがのっとってその緊縛束縛嗜虐嗜好を存分ににほんの
かはゆひこひつじちやんにぶちこむで草の根掌握しその風合い操作操縦スレにするつもりだったんだな。

ほとぼりなんて永遠にさめないんでそのつもりで。をれは暇だ。

130 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/23(日) 20:37:49.00
酷評を希望します。お願いします。


急な夕立が、火照ったアスファルトを冷ますかのように降り、もうまるで湯気が立ちそう。
君は、汗をかいたグラスを持って、アイスコーヒーを飲んでいたね。
夏が、終わりを告げたつもりが、まだ未練がましく太陽にしがみついているように、
君も、どうやら未練がましく、彼にしがみついているように見えたのは、僕の気のせいだったかな?
やんだ夕立の滴が、カフェの軒先からポツリポツリと落ちていたのを、君と僕は黙って眺めてたね。
僕は君に言った、「表にでないか?」。
君は物憂げな視線を僕に投げ、愛想笑いを浮かべて、「まだ、降ってるんじゃない?」と言った。
僕は、「いや、もう空からは降ってないよ」と、念を押すように言った。僕には念を押す必要があった。
君は、腰を上げるのが、さも、仕方がない、といった様子で、まるで、油をさしてないドアの蝶つがいが、音をたててきしむように、ゆっくりと椅子から立ち上がったね。
僕がレジで、支払いを済ましてる間に、君はまるで、幽霊みたいに音をたてず、滑るように、店から出ていった。
僕は横目でその様子を一瞬見やると、レジの若い女性にちょっと気まずい笑みを浮かべて、君を追いかけるように、カフェを出た。
そして、君の腕に軽く触れるように…しかし、僕の心づもりでは、しっかり捕まえるように、こっちを振り向かせた。
それは、人から見れば、まるで別れ話をしたばかりの、ついさっきまで恋人だった二人のように見えたろうね。

131 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/23(日) 20:38:37.06
しばらく並んで歩いていたら、君はビルの間から虹を見つけて、「見て」と、僕に促した。
君の頬がゆるんで、目元が明るくなって、僕も楽しい気持ちになった。
ちょっと急ぎ足で大通りにでると、君は、「大きい虹ね」と、僕に言った。
この時ほど、僕は自然に感謝したことはなかった。まさか、街で自然の驚異に助けられるなんてね。
君は、「虹の彼方に行きたい気分…」と言った。そして、涙がしぼんだ頬を濡らしていた…。
僕は、ハンカチを君に差し出しながら、言った、「虹の根っこまで行ってみようか?」。
君は僕にお礼も言わずにハンカチで目元をはたはたと叩きながら尋ねた、「え?」と。
僕はちょうどいいおりで走ってきたタクシーを捕まえて、君を座席の奥に押しやりながら、運転手に言った。「あの虹の根っこまで」と。
運転手は、多分怒ったんだろう、じろっと僕を見て、「お客さん、メーターが壊れちゃうよ」と言ったね。僕と君は笑ったね、とても笑った。
運転手はどうも気を良くしたみたいで、「いつでも降りていいよ」と言ってドアを閉めて、タクシーは走り出した。君の頬を濡らした滴が乾くまで。


以上です。宜しくお願い致します。

132 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/24(月) 14:14:41.00
わたしとつまはいつものやふにふたりで街へとかいものにでかけた。なじみのとおりをあるいていると、角を
まがったときに「処女のふりご指導します 百戦錬磨の貴女もこれで今日KARAは・じ・め・て美女子! ヴァージニア」
というだいかんばんがめにはいつた。わたしはついにこのひがきたかきてしまつたかきてしまつてはいかんせんと
ないしんもみもみかんじゃうであつたがつまはまつたくきづかぬかほでへいぜんとつうかしたのでわたしもどうように
へいぜんとしてまけまいとしてゐることおさとられぬやふにあるく。「通ってないもん。」唐突に妻が云ふのでやや
緊張すると、「血がな。冷たいよなあをれ。」とあまり考えることなく脊髄反射で応答したのは困ったものだとわたしは
をもつたのである。

133 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/24(月) 14:33:05.30
をれは遂に 眞実の物理法則を、ショートショートなのでいいよねとねじまげてタイムマシーンを製作した。
装甲の妻を同乗させないのは愛が足りないせいではなく不慮の事故を畏れてのことである。それが…とゆう
つっこみはせめて自分ではせずに措いてともあれまず56億8000年後に跳んでみた。

外に出ると、そこはわりと普通の未来風景であった。「こんにちは。日立製作所に何か御用ですか?」と、
草原の女子社員はをれに問いかけてくることはなくぅそのお

えーとお あーん つまりい なんかあ 言語はもう要らなくなってるらしいのでえ をれはあ これはたぶん
なんか設計ミスだなと思って現代に戻った。

家ではなぜか妻が非常にいかっておった。あれは浮気にあたるらしい。56億8000年後まで
眼を光らせるのはやめていただきたいものだがそうもゆかないらい。

134 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/24(月) 14:33:50.32
まんぺいらいみたいになったなっ。

135 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/24(月) 17:27:14.63
このさきも あれやこれやとくちおだし そうそうこうそう糟糠のつま

136 :物書き26:2012/09/24(月) 22:37:56.09
バット持った社会人という短編を書きました。

酷評お願いします。

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=154452

137 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/24(月) 23:20:24.00
>>130
「与作が木を伐る〜」とか歌っちゃう素人は森林伐採が好きだからこの歌を歌うのではないです。
この歌によって自分のなかにある「木を伐る」体験とは別な思い出や感情を呼び起こして楽しんでいるのです。
こういうとき、歌詞が描写する情景は感動の対象ではなくて、感動を引き起こすための道具です。ですから、歌ってる人は情景描写のリアルさをあまり問題にしません。
食べ物とちがって、麻薬については幻覚作用を引き起こしてくれるかが関心の対象であって、麻薬自体の味の良し悪しを言う人はいないわけです。
今回書かれたような文章は自分のなかにいる昔の男との思い出を引き起こしてくれるか、まだみぬ男への憧れをかきたててくれれば、もうそのあとは読者は字を目で追うだけで、
頭の中は自分の想念にとらわれるだけですから、本当に「読まれる」ことはほぼないです。「与作」の例でもこの文章でもそうでない読まれ方はありますが多くはこういうものだと思います。
この文章には男女の容姿や年齢などの描写が皆無ですが、読者に昔の男を思い出させるためにはその方が正しいと考えます。
だからこそ、こういう文章をいくら書いても描写の力はあまり上達はしないのではないかとも思います、推測ですけど。
こういう文章に需要があるのは事実でしょう。ただ、あまり詳しくないので違ったら謝るしかないのですが、こういうのって、作詞家で成功した人とか、人気シナリオライターとかそういう人たちが
ファンに向けた余技なのではないのでしょうか。こういうのが本職の作家っていたとしたら、実はめちゃくちゃに画力があるのを隠して
ヘタウマイラスト書いてるってタイプで別な意味で真似し難いのじゃないかと思うのです。なんにしても練習にいい素材だとは思えません。
つまりは描写そのものが対象であるような、描写が感情をわき起こす道具でないような類のものを書いたほうがいいように思うのです。

↑これを書かないとどうも引っかかって次にいけないので書きましたがもし的外れなら無視してください。
ただ>>130はなかなかツッコミどころもあるのでまた続けます。




138 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/24(月) 23:28:06.75
>>137
続けて

139 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/24(月) 23:30:12.96
すぐはむりw


140 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/24(月) 23:38:26.55
>>137
常識以前をどや顔いくない。

141 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/24(月) 23:44:45.74
>>140
それは>>130に言えよw おれだってこういうの書くもんかどうかと思ったんだから。

142 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:01:09.56
>>141
言葉をかけるに値しない。

143 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:12:40.04
>>142
とりあえず一定の評価はでたわけですね。申し遅れました、「言葉をかけるに値しない」とあなたが判断した物を書いた者です。
「常識以前」という言葉を書かれたのも>>142さんあなたですか?大変な酷評、お疲れ様でした。「常識」。手っ取り早い御鞭撻、感謝しますよ。
ありがとうございました。

144 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:16:51.78
>>143
まあをれは観ないがあんたは今度のオズ映画観たほうがいいべな。

145 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:18:13.77
>>144
143です。オズの魔法使いのことですか?

146 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:19:12.71
>>145
フランクボウム伝らしい、つまり闘うグリム兄弟のりの。

147 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:23:06.59
143です。フランクボウム伝?知らないです。それはグリム童話にあるんですか?

148 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:42:18.33
>>130
3行目4行目が致命的で、君と彼と僕がテーブルについてるとしか読めないのにあとを読むと君と僕しかいない。
情景描写と心理描写を混同させることを書いてはいけない。独白体の場合は特に気を付けないと。
そっからあとの数行が退屈なせいで意識がそれてしまう結果、「昔の男」を思い出しそうな気がするのが困ったところで、
実はこういうのが正しいのかもしれない。で、こういうのが正しいのかもしれないって素材は素人にはおすすめできない諸刃の剣だと。
9行目?の「油をさしてないドアの蝶番が、音をたててきしむ」とあるからここでドアを押して外へ出たのかと思ったら
「ように、ゆっくりと椅子から立ち上がった」ってきたので軽くこけましたw
混乱のもとだし、混乱しなかったとしても比喩の効果はほとんど消えてしまうだろう。意外さがないんだから。
このタイミングでこれをやっちゃうのは自己検証力というか客観視の力がない感じがするのでなんとかしなさいw
>>130の最後の行。だったら2人は(そして「彼」は)本当は何なのかと。説明は意図的に放棄しているのだろうが果たしてそれでいいのか。
いい、というためには、人の説明を放棄した分、小道具が語らねばならない。夕立、虹そのへんの象徴化が不十分でよくわからない。
そこは構想でもう少し論理的に整理したほうがいい。

私が勝手に読み込んだのは、2人の年齢はともに80代だということだ。おそらく老人ホームで出会ったのだろう。
「僕」は少しボケが始まっている。タクシー運転手はうまくごまかしながら警察署に連れて行き、徘徊老人の尋ね人がいないか
きいてくれるだろう。
いやもうちょっと普通の解釈はつづきで








149 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:43:06.79
フランク・バウムですか。その人がオズの魔法使いを書いたわけですね。オズを読んだことがないんで、機会があれば読もうと思います。

150 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:56:27.76
>>148
めちゃくちゃだな。書いてることが整理できてないじゃないか。

151 :148の続き:2012/09/25(火) 00:56:30.26
もうすこし普通の解釈をしようとするとき、まずいのは最後。
別な男の影がある男女が2人で「虹の彼方」のようなあてもない遠くへ行くのは心中のメタファーととられやすい。
だから、あなたがもし、彼氏に傷つけられた女を優しく癒す男のことを書きたかったのなら、これはまずい。
そういうときのラストは「虹を眺め続ける君のわきで僕はいつまでも佇んでいた」だったはずだ。陳腐だろうが見たことがあるはずだ。
「彼」によって現世から遊離する「君」の心をつなぎとめるとか、
「虹」を彼に見立ててそれは美しいが手に入らず、消えるものだということを受け入れる「君」のそばに「僕」は黙って立つ、というのが普通である。
あなたも意識しているのかいないのか、心中のメタファーの文法で書いてしまっていると思う。
2人だけの世界のはずがタクシー運転手が出てきてしまうのはそれが三途の川の渡し守だからだろう。
客には横柄だが仕事はこなし、つまらない冗談にはえらく寛容な冷笑家というのは死神によくある話で、どこかでそれに引っ張られてるから
タクシー運転手はこういうやりとりをしてるんじゃないのかと思う。

意識してやってるならまるで生かされていないし、意識してないのなら、漫然とロマンチックな気がするものをつなげてしまったということでまずい。

もしかして一見草食系のやさおとこが女の弱みにつけこんで無理心中をはかるって話?それならもう少しわかりやすく緊張感を高めてほしい



152 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 00:59:59.93
>>151
普通?だったはず?曲解もいいところだな。無理心中だって?あなたの想像力があさっての方に向かってるのは別に構わないけどね。

153 :151:2012/09/25(火) 01:02:36.10
あ、おわりね

154 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 01:04:49.58
>>153
130,131だけど。続けてもいいよ。

155 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 01:07:16.57
いやもうおわりですよ

156 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 01:09:11.31
>>155
何のためにもならない酷評ありがとう。

157 :151:2012/09/25(火) 01:10:15.89
>>154
まあね本当に酷評するんなら4行目の「彼」でおわり。もうほんとに致命的です。
おしまい。

158 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 01:11:43.17
>>157
なんだか俺だけ特別扱いされてるようで気分いいよ。

159 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 01:43:50.70
酷評を受けるために投下してる人とは姿勢がズレてるから特別扱いされてるって勘違いするのも仕方ないね
絶賛してほしいならその手の投稿サイトへどうぞ。あるか知らんけど。

160 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 01:55:35.00
>>159
148,151を読んで、随分とまあ曲解した、言ってみれば「姿勢がズレてる」文章を読んでさ、なんだか無理矢理な印象を受けたんでね、「特別扱いされてる『ような』」気になっただけなんだ。

161 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 02:04:01.38
書き手が読み手に対して「曲解だ」と言ってる時点でおかしいわ
酷評以前の問題だな

162 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 02:09:32.24
>>161
2時に他人と言い争いはしたくないよ。あなたも何か思うことがあったら、書いてもらいたい。感想書くのは勝手だし、ここは匿名掲示板だ。書きたいこと書けばいい。あなたの場合は>>161で言い切ったってとこかな?

163 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 02:32:37.48
>>162
悪いけど読んでないし、お前のレス見る限り読む価値もなさそうだから読む気もない
批判する意味ないしな。どうせ否定されたら曲解だなんだ言い出すんだろうし
俺が言いたいのは批判を受け止められないやつはさっさと消えろってことだよ
少なくともお前が求めるものはここにはない

164 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 02:47:19.88
>>163
そう言うのなら、>>163を書くべきじゃないと思うよ。私は「匿名掲示板」と認識しているから、あなたが誰か見当もつかない。
あなたも私が誰か見当つかないはずだ。
そういう状況で、酷評以前の問題だ!と言うのは十分に通用していいんだよ。
だけど、あなたは、おまえが求めるものはここに無い、と言う。
なぜ、そう言える?ここで、この言葉を使わせてもらうよ、ひねくれて解釈してるよ、あなたは。

165 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 04:27:02.72
>>164
ある程度ひとつのスレに絞れば見当は付くんだよ。現実の誰かを特定できないってだけで。
>>154あたりからの流れを見れば誰でもわかる。お前が>>130-131ってのはな。
>そういう状況で、酷評以前の問題だ!と言うのは十分に通用していいんだよ。
酷評以前の問題だ!というのは
投下した側から見て酷評とすら言えないようなただの否定レスとも取れるし
評価する側から見て評価するに値しないものとも取れる
どちらにしろ通用するってことなら>>163を書くべきじゃない理由にならないよな

とりあえず日本語勉強してから出直しておいで。ちょっと不自由に見える。

ちなみにお前が求めるものがないってのは他の投下してる人の振舞いと明らかに違うから
彼らはちゃんと何が悪いかを聞いて、何故そうなのかをしっかり理解しようとしてる
お前はただ必死に相手を否定してるだけ 自分の意図が伝わらないという落ち度すら相手のせいにする
そんなやつが求めるものはせいぜい賞賛くらいだろうよ

166 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 08:20:25.76
オーヴァーザレインボウって米空母出てくんの山下いくとさんのダークウィスパーだっけエヴァ八話だっけどっちもだっけ

ダークウィスパーって押さんのいうゴーストやったんな。

167 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 08:24:37.22
doudemoiiwana


168 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 08:28:36.41
ディーンクーンツもウィスパー書いてるし みんーなやらりてぃんに。御大のニュータイプも。

169 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 08:36:34.07
130、131は下駄糞だな。しかも超下手くそ。
人に見せられるレベルじゃない。


170 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 08:40:07.09
まあなんかつたえるにしてもだ 本筋を醜悪にすることはない。

171 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 08:45:52.43
東京芝浦電気は日立が数億年を現実にひきよしちちつたんでいつもの冷静さがちくとうしなはれた地平線気味である。

「ここはわれわれも一発世間の度肝を抜く発想を実現化しようではないか。」「おお。」「めのつけどころがサザヱでございます。」

こう気勢を社風どおりにあげるとしこ左眄。長時間考えて

「DNAによる認証はどうですか?」と、ひとりが述べた。一堂はしばらくしたそのまたあとにしばらくしたあと、
しばらくするまでそれに異論が出なかったことで、わりあい暗然とはしたのであった。

172 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 09:01:30.58
http://youtu.be/D7301_QrhXU

173 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 09:23:03.28
急な夕立が、火照ったアスファルトを冷ますかのように降り、もうまるで湯気が立ちそう。
君は、汗をかいたグラスを持って、アイスコーヒーを飲んでいたね。
夏が、終わりを告げたつもりが、まだ未練がましく太陽にしがみついているように、
君も、どうやら未練がましく、彼にしがみついているように見えたのは、僕の気のせいだったかな?
やんだ夕立の滴が、カフェの軒先からポツリポツリと落ちていたのを、君と僕は黙って眺めてたね。
僕は君に言った、「表にでないか?」。
君は物憂げな視線を僕に投げ、愛想笑いを浮かべて、「まだ、降ってるんじゃない?」と言った。
僕は、「いや、もう空からは降ってないよ」と、念を押すように言った。僕には念を押す必要があった。
君は、腰を上げるのが、さも、仕方がない、といった様子で、まるで、油をさしてないドアの蝶つがいが、音をたててきしむように、ゆっくりと椅子から立ち上がったね。
僕がレジで、支払いを済ましてる間に、君はまるで、幽霊みたいに音をたてず、滑るように、店から出ていった。
僕は横目でその様子を一瞬見やると、レジの若い女性にちょっと気まずい笑みを浮かべて、君を追いかけるように、カフェを出た。
そして、君の腕に軽く触れるように…しかし、僕の心づもりでは、しっかり捕まえるように、こっちを振り向かせた。
それは、人から見れば、まるで別れ話をしたばかりの、ついさっきまで恋人だった二人のように見えたろうね。


174 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 09:24:01.97
しばらく並んで歩いていたら、君はビルの間から虹を見つけて、「見て」と、僕に促した。
君の頬がゆるんで、目元が明るくなって、僕も楽しい気持ちになった。
ちょっと急ぎ足で大通りにでると、君は、「大きい虹ね」と、僕に言った。
この時ほど、僕は自然に感謝したことはなかった。まさか、街で自然の驚異に助けられるなんてね。
君は、「虹の彼方に行きたい気分…」と言った。そして、涙がしぼんだ頬を濡らしていた…。
僕は、ハンカチを君に差し出しながら、言った、「虹の根っこまで行ってみようか?」。
君は僕にお礼も言わずにハンカチで目元をはたはたと叩きながら尋ねた、「え?」と。
僕はちょうどいいおりで走ってきたタクシーを捕まえて、君を座席の奥に押しやりながら、運転手に言った。「あの虹の根っこまで」と。
運転手は、多分怒ったんだろう、じろっと僕を見て、「お客さん、メーターが壊れちゃうよ」と言ったね。僕と君は笑ったね、とても笑った。
運転手はどうも気を良くしたみたいで、「いつでも降りていいよ」と言ってドアを閉めて、タクシーは走り出した。君の頬を濡らした滴が乾くまで。


以上です。宜しくお願い致します。


130,131です。宜しく。

175 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 09:25:57.89
>>169
もうちょっと感想ください。130,131より。

176 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 09:32:26.35
うーん

虹に関してはまあ… ちょっとひとにゆえないほどの経験したのでぇ まぁ なに書かれてもたいした感慨覚えないだろう。

177 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 09:33:00.41
http://youtu.be/0Lo7k25-5PI

178 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 10:35:22.01
>>158からあとの流れがよくわからん
IDでないからお互い相手を誤認してるような

179 :物書き26:2012/09/25(火) 14:08:19.22
バットを持った社会人

電車に揺られながら私はいつもこんな計算を行っている。
私は日々片道2時間かけて会社に出社している、往復すれば4時間だ。

つまりこれはどういう事かというと一日の 「1/6」 は移動に費やしているわけだ。

 将来これからも私は毎日毎日この電車で会社に行くのだろう。
つまり、私の人生の「1/6」は移動という何の意味も持たさないものに
縛られながら生きていかなければならないのだ。

 青年は朝日を拝むと目がくらんだ、自分の人生はこんなものなのだろうか?
始発の電車に乗って朝7時には会社出社しなければならない。
人生とは退屈でつまらなく、そして自分を苦しめるものなのだろうか。

 電車から流れる風景は無秩序にビルが乱列されている、次第に電車は坂道を転げ落ち
車体が傾いた。 

暗いトンネルだ。現実の波が青年を絞めつける。

誰もいない電車内では銀色に輝くきれいなバットが転がっている。
足元に止まった。

180 :物書き26:2012/09/25(火) 14:09:52.07
青年は下を俯き目を閉じた。



気が付くといつの間にか会社に出社していた。
タイムカードは6時50分を告げている。

 丸く禿た上司にあいさつを行い俯くとデスクの脇にバットが光輝いていた。
あいさつを終えバットに駆け寄った。バットは相変わらず銀色に光り輝いている。
再び握り絞めると手の豆がバットを力強く握らせる。バットをもう一度振りたい衝動に駆られる。
何も考えずただ明日を見据えて振りぬいた日々だ。

もう一度バットを振りたい。
丸いボールを打ち抜き自分の気持ちを乗せたホームランを見たい。

 丸く禿た上司が怒声を上げた。
今日も青年は頭を下げるのだろう歯を食いしばり謝らなければならない。
豆が出来た手を握り絞めて耐えなければならない。

しかし、今日は違かった握り絞める手にはバットがある。
そして、目の前には丸く禿た上司がこちらに近寄ってきている。

181 :物書き26:2012/09/25(火) 14:10:36.84
ボールはこちらに近づいた。

ど真ん中のホームランを打ち込めるボールだ。

青年はバットに気持ちを乗せ、手を握り絞めた。
思い切りのいいスイングと共に、丸いボールを振り抜いた。

ボールがミートする感覚と振動が手に響く。


丸く禿た上司は血を吹きながら天に仰いだ。
青年の気持ちを乗せて…

182 :物書き26:2012/09/25(火) 14:11:23.53
ホームでベルがけたたましくなり響いた。
人が蠢くハチのように電車内に入っくる。

気が付くと青年は電車内でバットを握り絞めていた。
朝日を拝むと赤色にビルが染まっている。



そして、青年はバットを握り絞め電車を降りた。

                         おわり



183 :物書き26:2012/09/25(火) 14:12:32.62
>>179>>182
です連投すみませんでした。

酷評をお願いします。

184 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 15:52:06.18
もうーそういうー殺伐系は受けないんじゃあないのかなー。世間は冷淡だぞうー。

185 :物書き26:2012/09/25(火) 16:00:08.74
>>184
そうでしたか。酷評ありがとうございます。
お聞きしたいのですが。やはりギャグ的な視点も入れた方が
面白いでしょうか。よかったらご意見よろしくお願いします。

186 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 16:28:13.47
うううううううううん そうねえ。まあ「係長!あんまりお怒りですと おからだに障りますよ!」くらいでいなす時期じゃないのかなあ。

187 :物書き26:2012/09/25(火) 16:32:34.78
>>186
そういう見方もあるんですね。
ありがとうございます。

188 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 16:34:24.90
それ以前にちゃんとした日本語で書いてほしい。
表現がおかしいだろ。
>次第に電車は坂道を転げ落ち車体が傾いた。
脱線したかと思ったわ。他にもおかしいとこいっぱいあるよ。

189 :物書き26:2012/09/25(火) 16:39:48.48
>>188

申し訳ございませんでした。
転げ落ちたという表現は青年の気持ちが転げ落ちたと
電車が下っていく描写を重ねて描きたいと思っていました。

誤解をさせてすみません。
まだご指摘があればよろしくお願いします。

190 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 16:40:12.91
>>188
昨日そんなことがあったらしいねえ。京急かな。

191 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 16:51:23.48
ちなみにこれって、夢オチでいいんだよね

192 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 16:56:15.31
日本語の勉強からするといいんじゃないかな
せめて人に見せられるレベルになるまでね

とにかく重複表現が多い、違和感ばかりが目立つ
これじゃ句読点がジャストミートのホームランだよ

193 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 17:02:31.99
句読点がジャストミートのホームランで違和感とはなかなかそのお あんたもなにが好きだな。すきもの。

194 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 17:04:40.30
一人称と三人称混ぜる必要あるのか?
効果が見出せない

195 :物書き26:2012/09/25(火) 17:11:59.47
>>191
夢落ちという設定です。

>>192
すみません。重複表現は今後勉強していきたいと思います。
小説における日本語の正しい書き方など何か参考にしている物が
ありましたら教えて下さい。

>>194
最初は青年の世界観に入ってほしくて一人称で描きました。
その後は淡々と物語を描きたかったので3人称にしてみました。

効果があったかどうかわかりませんがそういう理由で3人称にしてみました。

196 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 17:20:12.13
>>195
最初はみんなそんなものよ。文章は書けば書くほどうまくなるよ。
話題を提供してくれるだけでもありがたい。がんばって。

197 :物書き26:2012/09/25(火) 17:22:24.84
>>195
ありがとうございます。

頑張ってみます。また、何か書いたとき酷評をお願いします。

198 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 17:22:30.45
>>195
まずは人称は統一するべき。単純に技術がないからばらついてるとしか思えんよ。

199 :物書き26:2012/09/25(火) 17:28:12.98
>>198
努力してみます。
それとご指摘ありがとうございます。

これから、一人称の書き方の練習をしてみたいと思います。
また、書いたときはに酷評お願いします。


200 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 19:06:14.66
>>195
参考というよりも、それ以前の基礎の部分がちゃんとできてない感じだよ
とりあえず文章作法とかで検索してみては。
初心者にありがちなんだけど、基本的な書き方を知らないのにいろんな表現方法を実践してめちゃくちゃになってしまうことがある
表現っていうのはあくまで説明であって、まず伝わることが一番大切なんだよね。その手段を取り入れるのは説明がしっかりできるようになってから。
君の場合「しっかり伝える」という配慮が欠けたまま視点の変更や時系列の移動など色々な(しかも適切ではない)手段を使ってしまっているから読者が混乱してしまうんだ。
更に一つの文の中で情景と心理描写が入り混じっているせいで脱線事故を思い浮かべてしまう。
それに電車は運転中に乗客が意識できるほど急に傾いたりしないしね。それも事故に結びつける原因だと思う。

それと内容の話になるけど、動機付けというものも大切で、青年の心理描写ではただ「退屈」というイメージしか伝わってこない。部長を殴る動機にはなりえない。
なのでどういう人柄かわからないまま、ただ青年の奇行?を見せられただけにしか見えないんだ。突然野球の話が出てきても薄っぺらい。
あと2時間かけて出勤してるのを人生云々言い出すなら引っ越せよって思う。
いろいろと不自然なんだよね。部長が怒鳴りつけるほどの仕事を新入社員にやらせるかという部分とか。
普通だったらまず教育担当が付くだろうし、就職活動、就職から研修終えて、その間一度もバットを握っていない人間の手にはたしてマメが残っているかなどの疑問も残る。


他にも読む側としたら「ん?」と思ってしまう部分が多数。
まずは文章作法、頭痛が痛い系はちゃんと覚えておく、基本的にひとつの文にはひとつの意味を徹底するなど
伝えることを徹底できるようになってから次の段階へ進みましょう
ついでに言うと調べるのも書き手の仕事なのでできる限り自分で調べる努力をしましょう。

201 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 19:08:45.54
馬のしょんべんのような説教じゃのー。こいつは子ども生まれたら嫌われるぞこれは。

202 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 19:19:17.74
子供の生まれる可能性がゼロなんですけど
今もきっとこれからも……

203 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 19:38:40.35
ああそれでは代償行為でつな。命短したすきでぃわなくこひせよ男女。

http://youtu.be/2f07loG2k1Y

204 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:02:37.28
http://youtu.be/X4mhb0nbxGo いい曲だなーと思ってたら原曲よりいい曲だった!!

205 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:16:22.12
>>204
いいじゃないか

206 :物書き26:2012/09/25(火) 20:17:23.05
>>200
酷評ありがとうございます。
文章の書き方がまずいのは自分でもよくないと理解しています。
この点についてはこれから勉強していきたいと思います。

それと、心理描写の点もこれから勉強します。

ですが私としては物事をすべて理論的に筋道を立てて全部描写する必要
はないのではないかと思います。

>>200の方がご指摘した内容をすべて盛り込んで話を書いた場合
人物描写ばかりで話が進まないような気もしました。

ここら辺は人の価値観の違いだと自分は思っているので。
そういう意見もあるのではと思いたいと思います。



207 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:20:05.49
とりあえず上司ではなく>>200をバットで殴る話を書けばいい
そうすればもっとリアルになるだろう

208 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:21:29.25
>>206
200じゃねーけど、おまえ何枚書く気だよw
保坂なんて心理描写ばかりだぞ。話が進まんとか杞憂だわ

209 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:24:25.79
>>207
うけたw

210 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:31:25.03
おい、不真面目に酷評してる奴
スレタイ読め

211 :物書き26:2012/09/25(火) 20:32:59.40
>>207
>>209
わかりました。
ためしに書いてみます。

その時は酷評お願いします。

212 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:38:03.30
酷評してる奴が不真面目で書いてる奴が糞真面目な件

213 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:39:37.94
やる気有り余ってんな。
どうせなら長編かきなよ。
いきなりは無理と思うならまずは100枚書いてみろ。
それぐらい書けば送る所もあるしな

214 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:45:21.55
>>206
電車に揺られながら私はいつもこんな計算を行っている。
私は日々片道2時間かけて会社に出社している、往復すれば4時間だ。

つまりこれはどういう事かというと一日の 「1/6」 は移動に費やしているわけだ。

 将来これからも私は毎日毎日この電車で会社に行くのだろう。
つまり、私の人生の「1/6」は移動という何の意味も持たさないものに
縛られながら生きていかなければならないのだ。

 青年は朝日を拝むと目がくらんだ、自分の人生はこんなものなのだろうか?
始発の電車に乗って朝7時には会社出社しなければならない。
人生とは退屈でつまらなく、そして自分を苦しめるものなのだろうか。

これは一言で「暇、時間勿体ね」で済むじゃん
書くべきもの割くべきものをちゃんと判断する意味でも基礎からやれって言われてるんじゃないの

215 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:48:08.84
エンタメ脳乙

216 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:49:08.58
そこを書かなかったら書くことなくなるだろーが
26さんに代わって俺が反論しといてやる
これ以上死者に鞭打つんじゃねーよ

217 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 20:52:03.04
まあそこまで思い切ったら
夢オチでしたサーセンwwwww の一行で終われって話になりかねんわな

218 :物書き26:2012/09/25(火) 21:00:40.60
>>214

そうですね。言われてみればたしかにそうですけど。
そこらへんは価値観の違いという所で理解していただけると幸いです。

ですが、意見としてそう思う方もいると心にとどめておきます。

219 :物書き26:2012/09/25(火) 21:02:39.36
>>213
今長編を書いているところです。

今回短編を書いたのは文章を書く練習という事で書いてみました。

220 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 21:07:20.50
よし分かった。
お前のことは俺らが育ててやる。
ゼロからのスタートだからな。
長く険しい道のりになるだろう。

221 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 21:08:48.11
育てねーよwそんな暇じゃねーし

222 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 21:17:27.78
俺らってだれだよって

223 :物書き26:2012/09/25(火) 22:07:17.29
>>220
お願いします。
毎日短編を書いてみたいと思います。
>>221
>>222

どんな酷評も耳を傾けるつもりでいます。
気晴らし酷評していただければ幸いです。

224 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 22:07:20.86
五分くらいで書いてみたけどどうかな
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2580.txt

225 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 22:08:41.82
うん、ごみ。

226 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 22:17:16.28
>>224
最初の状況を理解するまでに少しもたつく感はあるが、高いテンションを保った
文章を五分で書いたとなれば悪くはない。
この冒頭だけで内容を判断するのは難しい。

餌投下乙です。みんながブヒブヒ言いながら食いつくといいですね。

227 :物書き26:2012/09/25(火) 22:18:38.23
今日書いた短編を酷評お願いします。

雲の一生

 小テスト開始のチャイムが鳴り響いた。

私はクラスの一番後ろの端っこの席で外を眺めることに決めた。
遠くの空に入道雲が育っている。生まれたばかりだろう。あの雲の中には一体何があるのだろうか?

鉛筆を握り絞め解答用紙に名前を書いた。

クラスの同級生は皆問題用紙とシャープペンで会話をしている。私は外を見て育っている入道雲と会話をする事にする。

しかし入道雲は遠い、私の声は届きそうにない。

級友は皆会話に苦戦しているようだ。私は入道雲と話したかったが空はさせてくれないそうだ。
鉛筆を手に取り問題用紙の語りに耳を傾けることにしよう。

問一 モダニズムの正しい意味を選べ。

 @自然界のすべてのものに霊魂が宿ると考える原始信仰。
 A近代主義。現代主義。

迷わず@に丸を付けた。私の前の級友も解答用紙との会話が弾んでいるようだ。彼もおそらく@を選択しただろう。

228 :物書き26:2012/09/25(火) 22:19:12.19
問二 インフォームド・コンセントの正しい意味を選べ。

 @自分の最期を受け入れて、最後まで自分らしく生きること。
 A説明と同意。十分な説明に基づく同意。

私はもう一度入道雲へと目をやった。空は入道雲との会話を了承してくれたようだ。入道雲は赤子のような勢いで育っている。彼女はまだ生まれたばかりらしく今は眠っているらしい。

隣の級友は天井を見つめている。彼は@に丸を付けたに違いない。私も級友と一緒の@に丸を付け入道雲と会話をする事を決意した。

赤子は少女になっていた。夏に生まれた彼女の成長は早いのだ。
問二の語りに頷いた私は成長した入道雲の少女と会話を楽しむことにした。

229 :物書き26:2012/09/25(火) 22:19:52.34
こんにちは雲さん」
「こんにちは何してるの?」
「テストだよ。雲さんは何してるの?」
「あなた達を眺めてるの」
「そうなんだ、うらやましいな」
「いいでしょう。私子供を産むのが夢なんだ」
「雲は子供を産めないよ」
「それじゃあ、どうやって私は生まれたの?」
「それはわからない…」
「そっか、ならいつかかわいくてきれいな子供を見してあげる」
「うん、楽しみにしてる」

雲との会話を終えた私は先生の生き写しとまた会話をすることにした。
問三 空虚の正しい意味を選べ。

@内容がなくむなしいこと。
A悪事・秘密などを暴いて明るみに出すこと。

 私は@に丸をつけた。隣の級友は天を仰いでいる。@に丸を付けたのだろうか。
空には暗雲が広がり雨が降っていた。

問四 驚愕の正しい意味を選べ。

@ひどく驚くさま。
Aほころびること。だめになること。

 小テストを終えたであろう級友は皆机で眠っている。私は@に丸を付け空を見上げた。
女性になった彼女は頷くと雷を落とした。生き写しの問いもずっと眺めていたらしい。
眠っている級友は皆起き上がり@に丸を付けはじめるだろう。

230 :物書き26:2012/09/25(火) 22:20:23.10
問五 クローンの正しい意味を選べ。

@生物の個体や細胞から無性生殖で増殖した遺伝的に同一の個体群・細胞群。
A体外受精により任意の遺伝子の組み合わせで誕生する個体群・細胞。

私は@に丸を付け先生のクローンの問いかけを終えた。鉛筆を下ろすと雨もやみ雲一つない夏の空が広がっていた。

小テスト終了のチャイムが鳴り響いた。
私は先生のクローンに別れを告げ青い空を見つめ直した。



遠くには大きくきれいな虹が産声を上げている。

                                 おわり


231 :物書き26:2012/09/25(火) 22:22:48.73
>>227>>230

話の内容は主人公のテストの問いに合わせて雲の様子が変化するという
話です。こういう文章は書いたことないんですが。
色々と複線を用意して文章を書いてみました。

どんな酷評も飲むつもりですので、意見をください。
よろしくお願いします。

232 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 22:31:05.24
すいません。何が言いたいのか分かりません。
ここまで自分に酔った主人公はちょっと受けつけないなあ。

>クラスの同級生は皆問題用紙とシャープペンで会話をしている。
こんな表現とか個性的とは思わないしなあ。だってただカツカツ鳴ってるだけでしょ。
まあ俺が平易な文章を好むだけなのかもしれんけど。


233 :物書き26:2012/09/25(火) 22:42:03.30
>>232 ご指摘ありがとうございます。
いみのわからない文章すみませんでした。
実はこの謎は 主人公が選んだ

問一 モダニズムの正しい意味を選べ。

 @自然界のすべてのものに霊魂が宿ると考える原始信仰。
 A近代主義。現代主義。

迷わず@に丸を付けた。
という所に答えがるように設定しました。
主人公が@自然界のすべてのものに霊魂が宿ると考える原始信仰。を選んだ
理由は問題用紙にも霊魂がありその問いに答えている級友という所を
いいたかったのです。
 

234 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 23:04:09.32
独りよがりってこういうことを言うんだなあってくらい読み手を置いてけぼりにしてる
読み終わって疑問しか残らないのも考え物だ

235 :物書き26:2012/09/25(火) 23:06:38.09
>>234
すみませんでした。
色々と自分でも試してみたいとおもって書いてみました。

これからも色々と文章に触れてうまくなってみたいと思います。
良ければまた書いたとき酷評をお願いします。

236 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/25(火) 23:09:29.91
>>130>>131と同じような感じなんだよなあ
あれを面白いと思うならこの文章もしょうがないが
26はあれを読んでどう思ったか書いてほしい
欠点は共通してるように思う

237 :物書き26:2012/09/25(火) 23:13:57.71
>>236

言われてみて確かに気が付きました。

結論から言うと何をやっているのかわからないに尽きますね。
自分の文章ももう一度読んで、なんかかっこいい言い回しを言ってるだけの
文章に見えてきました。

もう少し勉強させていただきます。
また書いた際には厳しい酷評お願いします。

238 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 07:26:44.57
千栄子は阿呆なつれそいの頭の中身を契約の命に従って覗き込んでゐる。ほんづつはあさつぱらより
ピンポンパンのおねえさん酒井ゆきえさんをピンポンパンのをんなにするまうそうおしているやふだ。

『どこまでどすけべいなんだろうこのひと。からだもつかしら。もふおよめにゆけないポッポッ///。』と千栄子は内心
こころおだやかでないこともなかつた←ないない。←はなし。

239 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 07:29:45.69
なぜ水晶で覗き込めるのか?それは

水晶になんらかの波動共振機能があるせい。つまりCPUクロックオシレーターに水晶が使えると着想した者は

眞の魔女と接触したことがわかるのである。

240 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 07:31:47.95
http://youtu.be/X4mhb0nbxGo

241 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 17:33:39.86
339 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/09/26(水) 15:26:23.76 ID:vcrMsgxY0
チェレンコフ光で一発売文した新某:「世の中の人がみんなガンダム好きってわけじゃないですよ」

御大:「ぼくもそう思ってます。なぜなら、世界は大人なんです。でもぼくは子どもたちに向かって大人ってこうなのよ、
きみたちどうなのよ、と問いかけ続けなきゃいけないと思ってます。ぼくもそう思ってます。」
ANNO監督(昭和:「好きですよ?」
       (平成:「好きですよ。」
押井守:「それはヘーゲル的解決を求める問題なんだけどさ、そのためには広範なジジェク的教養が推奨なんだよね、
それで俺は犬に着目してこうしてパストゥール式に展開してるわけ。この宇宙大銀河の片隅で局地戦しながら。」
宮崎駿:「あんなものはぶたに喰われてしまうといい。ぼくは鬱蒼とした三鷹の森が見たい…」
西崎義展:「早く来いよ。」
ゆうきまさみ:「ぼくはそうは思いませんね。世の中の人全員パトレイバー大好きですから。」
江口寿史:「ぼくの雑誌に漫画描いていただけませんか?」
秋元康:「酷い目に遭いましたけどね…25年経って再評価されてなんなんだこいつらは、と。」
秋本治:「ぼくは、あえて手を出さないことにしてます。出しましたけどねもちろん。」
いしいひさいち:「そろそろ俺も、ののちゃんに出そうかなと思ってたところなんですよ実は。キャンサーあたりを。」
椎名高志:「ぼくを潰そうったってそうはいきませんよ。」
村上龍:「いつでも、呼んでください。」
村上春樹:「EGG。egg。」
大友克洋:「俺とはまったく無関係のジャンルですけど、なんでアキラガンダムってまだ出てこないか不思議だなとずっと
思ってはいるね。」
鳥山明:「じゃあ観てみることにします。」
島本和彦:「出たな大ショッカー!!この日のために俺はギャグをやや捨てた…フッ。思ったよりも早かったぜ、思ったよりも、な…。」

242 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 17:35:28.38
342 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/09/26(水) 15:50:03.01 ID:vcrMsgxY0
岡田斗司夫:「あ、ごめん。その質問には今答えられない。…でも答えてもいいのかな、いや俺もね、割とけっこう
今まで自分が正しいと信じてきたものがどうなんだろうって考えたとき、揺らいだ時期あんのよ。ぶっちゃけ。でも
いまさらはいまさらなんだけど、そろそろ自分たちの王道に戻ってもいいんじゃないかな、っていう時代の幕開けを
感じなくはないんだよね。…なんの話だっけ。ああ、ガンダム、好きじゃなきゃおたくになんないんじゃないかな。」

243 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 18:39:22.54
酷評お願いします。

俺が脱線事故に遭ったときの話をしようと思う。

まず想像してほしい。
おもちゃのいっぱいに詰まった箱をひっくり返すと、どうなるのか。
プラスチックの塊たちは重力に逆らえずに、ガラガラと悲鳴を上げながら、外に放り出されてしまうことだろう。
それと同じことが、満員電車の中で起きたのだ。

「うわっ」という声がした。
女の人だと、「きゃっ」という、喉に詰まったような声だった。
地面が爆発したような音がして、一瞬、全員の体が宙に浮いたと思う。

まるでスローモーションみたいに、周りの景色がねじれるように回転した。
長四角の窓が鋼色のフェンスを突き破ると、その奥には、うっすらとした樹林の暗闇が広がっていた。
死の世界に誘い込まれるように、車両ごと木陰に突っ込んでいくのが分かった。
やけに長く感じられる時間の中で、乾燥機の中で回されているみたいに人間や荷物がぶつかり合っている。

気がつくと自分は外に放り投げられていた。
広い空を泳いでいるような感覚がした。
青々と茂る木々と、車輪を上に向けた電車が目に映った。

ここまでが、俺が憶えている最後の記憶。

244 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 18:46:14.61
こういうの危ないのは、交通事故に会った人ってのがわりといて、
おかしいところはバレる。だから取材に基づいたのでなければ、
こういう描写そのもので勝負することはあまり勝算がない。

245 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 18:56:29.83
 中国の上海空港から日本の成田空港へフライトする中華航空の便は、高校三年生の僕にとって人生初のテイク・オフである。
なぜならば!行きは鑑真号で船旅だったからなんですねぇ〜。酔っちゃった。その、酒ではなく、丸窓より水平線の上下するの
眺めていたらてきめんでした。部屋のベッドでうなってました、酔い止めもらって飲んだあと。あっとぅ、話が脱線。

 僕のほかにもツアー・コンダクターのお姉さんが人生初だっていうんで、ああそうなんだぁまあそんなもんだよなあ’87年4月では
まだH.I.S.も有名じゃないかまだなかったしさぁ、と僕は思いつつ、お前、早稲田大学あたりゆきそうだな、東京来たら
連絡しろよと言ってくれたどう見ても浅田彰にしか見えない思えないカメラマンさんと実は昨晩87分署の話で盛り上がったちょっと。

DEAF MAN。

 背中に加速をくん、と感じるとともに勢いはみるみる大きくなって、人生最高速をいやおうなく感じさせられつついつ飛ぶんだ
いつ飛ぶんだと心に汗かきながら窓の外を見ているとふわっ と機体が自然に地離れた。ふわぁ こんな、感じなんだ。

 しばらく、機は旋回している。斜めに傾きながら。片方の窓より地面が遠くにほぼ全面に見えるのでいい気分はしないけれどもなにぶん
お初ですんでおはつ。ははは。まだ廻ってる。

 まだ、廻ってる。カメラマンさんが、ダッシュボードよりビデオカメラを取り出して、撮影をはじめた。僕は、僕は。

 次第に、高度が、なにもアナウンスのないまま下がり始めた。どんどん。どんどん。地面がどんどん近づいてくる。そして。

 機体は軽い衝撃をともなって滑走路に戻ったとわかったのはほんの間、あったあとである。

246 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 19:08:46.00
>>243
密閉した箱である車両を口の開いたおもちゃ箱でたとえるのはいかがなものか。

>長四角の窓が鋼色のフェンスを突き破ると、
この状況はありえるのか。その前に車両がフェンスをなぎ倒しているのではないのか。

最後の一文。他の言い回しは出来ないだろうか。主人公は死んだのかと勘違いする。

内容、文章共に酷評するには物足りない。次からはもっと酷評に耐える文章を晒してみなさい。

247 :244:2012/09/26(水) 19:29:55.00
>>243
ちょっと補足

書き手が経験しなければならない、というんじゃないです。
ただ、読み手が経験してることを書くと、わりと否定されやすいです。
とくに中途半端に特殊な体験を題材にすると、俺の時と違うぞわかってねえな
になりやすいです。「心理」の描写だと割と安易に共感したり、共感できなくても、
「まあこういう奴もいるかもな」と許してくれるのに、やや特殊な「事柄」になると、
経験者からはかなり居丈高に否定されることがあります。

それでもこういうこと書かなきゃならないときに抵抗感なくすなら、
「まず想像してほしい。おもちゃの」という抽象的なまとめや
命令的な文を最初に持ってくるのはだめです。
いちおうの記述をしてから「おもちゃ箱ひっくり返したようなもんだった」
とあとにまとめたほうがいいです(おもちゃ箱の比喩はつまらんけど)。
あと、読んで気づいたのですが、「まず想像して見て下さい。おもちゃ箱…」
ってやるとファンタジーや民話みたいです。もしかしたら「あんたの経験は
しらんけど、この世界ではこうなんだからなっ」と宣言する機能があるのかもね。


248 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 19:38:57.66
えすくきゅーずーたいしょうー♪

249 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 20:20:45.68
「えすくきゅーず」を酷評すればいいのかな

250 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 21:04:28.75
>>243
想像するのは小説の基本
あえて「想像してほしい」と読者に訴えたのなら、対話として完結するような文が欲しい
>おもちゃ
上にも書かれてるけど例えが不適切
電車の天井部分が吹き飛んだり全員がどこかしらの出口から外に放り出されたのならわかるがそうでもない
ついでに下に書いたけど雰囲気にも合わない

>「うわっ」〜詰まったような声だった
乗客から短い悲鳴が上がった でいい。わざわざここで男女の違いを書く意図が見えない。

>まるでスローモーション
景色が捻れることにもちょっと違和感あるけど、この書き方だと
「ゆっくりと車体が傾いていったのか」それとも「よくある事故のときはゆっくり見える」なのかわかりにくい。

>木陰に突っ込んでいく
直前に樹林の暗闇、死の世界など陰鬱な雰囲気を表現しているんだし、
突然の事故を題材にしてるんだから、ここで平凡な日常から地獄の入り口に片足突っ込んだってことを印象付けるためにも
もうすこし大きく見せ付けたほうが良い。車両がその闇に飲み込まれていく等
(今後の展開でいろんな絶望を描く場合)

ただし他の比喩がおもちゃ箱だの乾燥機だのと緊張感に欠ける所で台無し。
もう少しエグくてもいいんじゃないかな。
乾燥機は確かに回転するけど、その後の有様をイメージしやすいようにミキサーにするとか(エグすぎる気もするけど)

>ここまでが
普通事故による記憶喪失は事故の内容そのものを忘れたがるけど
死んだ系? ならわざわざ想像を制限する事故の流れを書き連ねるより、単純に悲惨な事故だっただろう脱線後の電車を痛々しく描写するだけのほうが想像を掻き立てられるんじゃないかな


251 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 21:13:31.83
>>243
写実的な描写力の不足を、安易な比喩表現で誤魔化してるだけのような印象をうける
電車がひっくり返るほどの事故なのに、事故の凄惨が一切伝わってこず緊張感に欠ける
比喩表現を使いこなすのは至難の業、紋切り型の比喩は読者の読む気力を失せさせる



252 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/26(水) 21:53:52.35
http://youtu.be/jAA3-80dwnk

253 :物書き26:2012/09/27(木) 01:12:36.95
まだ短編を書き途中ですが酷評お願いします。
題名は
 チビハゲデブだが恋をしたい!

「フフフッ俺は完璧だ!」

10歳にして顔面偏差値を測定不能に追い込み、15歳にして縦ではなく横に体格を成長させデブ化、そして20歳に達した俺はついに頭皮を砂漠化させハゲさせた。


そうこれが世にいう「チビ・ハゲ・デブ」だ!


この3冠王を達成した俺には今日大学の学園祭で行われるブサブサコンテストは間違いなく優勝だろう。(※ブサブサコンテストとはブサイク度を審査するコンテストである。)

「フフフッ どっからどう見てもブサイクだ」



254 :物書き26:2012/09/27(木) 01:14:52.75

 俺は身だしなみを確認するため洗面台の鏡の前に立った。
顔はニキビ顔で頬には油が塗りつけられたような輝きだ。
髪型は完璧に禿ているのではなく左右に多少の髪を残して落ち武者スタイルを醸し出す。
体格は見事に横に広がり首元には顎肉が2段になっている、試しにひっぱてみるか?

おお伸びる伸びる。

 腹は丸く広がりキモカワイイを演出している。
そして俺の身長では下が見えないではないか!
これじゃ衣装の確認ができない!まあ、焦ることはないいつものことだ冷静にいこう。

「さて、今日の衣装は何で行くか?やはりノーマルスーツで行くか?いや、そうだった……今日はとっておきの作戦を用意していたんだ。それは……持ち上げて落とす作戦だ!」

 俺は洗面台で自分に叫んだ、この作戦はこの日の為にとって置いた特別な作戦だ。ブサイクの研究を日々行いどうしたら最終的にブサイク姿で相手を奈落の底まで落とせるか?
という事を考えに考え抜いた末に発見した作戦だ。俺はこの作戦でかつて女性の心を奈落の底にまで突き落としてしまった…………。
だが背に腹は代えられない今日はブサブサコンテストで優勝させてもらう為にもやらせてもらおうではないか。


255 :物書き26:2012/09/27(木) 01:16:32.82
「フフフッでは作戦の準備をしよう。」

俺はクローゼットに向かいとっておきの衣装を出した。

そうそれは、「タキシード」である。

 この持ち上げて落とす作戦はタキシードといういかにも清楚な衣装を身に着けてかっこよさを演出し周囲を期待させて、顔面と体格と髪型で見ているものの期待を落とすという作戦だ。だから俺はこの作戦を「持ち上げて落とす作戦」と呼んでいる。単純だがその分威力はでかい。

「さて着替えるか、俺の体格に合わせた特注品だから着るのが楽しみだ」

 紺のタキシードは縦と横の比率が5対3という寸法で異様な姿を漂わせている。白いスーツに腕を通し、紺の映えたズボンに丸まった足を入れた。そして赤い蝶ネクタイを結び上着に袖を通した。
俺は急いで洗面台に駆け寄って自分の姿を確認した。


256 :物書き26:2012/09/27(木) 01:17:49.87

「ほほぅ。いいではないか………………服だけはな!!」

 俺は優勝への核心を胸に抱きながら部屋を出た。朝日は俺の勝利を祝福するかのように迎えてくれている。今日こそはブサブサコンテストを優勝できる。絶対だ。

 駅に向かうと道行く人が俺の気持ち悪いオーラに圧倒され人ゴミがが開いていく。なんて歩きやすいことだろう。
ひとえにこれはブサイク力の賜物だな!

(※ブサイク力とはその人物のブサイク度を示す数値である。彼の今のブサイク量は100でこのレベルに達すると人々が道を開けてくれるのである。)

俺は駅に着くと汗だくになっていた。


257 :物書き26:2012/09/27(木) 01:21:48.71
>>253>>256の文章の酷評お願いします。
 自分でもひどい文章だと自覚していますが。
酷評といい表現悪い表現などの具体的な指摘していただけるとありがたいです。

また意見していただいた方ならこういった表現で書くといった
文章も添付していただけるとありがたいです。

下記のホームページでもご覧いただけるのでお時間がありました。
こちらでも読んでいただけるとありたいです。
http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=154665


258 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 01:54:21.71
>>253-256
日本語が不自由なんだろうか……
何度言われても日本語の勉強してないように受け取れる。
(※この訳注って何か意図あるの?)
表現以前の問題だよ。見るに耐えない文章ばかり投下してて荒らしにしか見えない。
推敲もしてないよね? せめて文章作法くらいは学んでから出直してきてください。

259 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 01:58:05.33
リンク先みたら依頼中の文字なかったわ
騙りなのか頭おかしいのか荒らしなのかよくわからんな

260 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 04:01:00.63
>>253 長い。いくらブサを描写しても、俺の「主張」にしかならない。まとめてよい。
(例)
チビ・ハゲ・デブの三点を常備した二十歳の俺は駅へ向かった。
人の群れが割れていく。
「やだきもい」「誰が警察に通報を」「見ちゃいけません」
うむ、いつもより道幅があるな、目測で5M、これならいける!
この日のためのタキシードが効果をあげているようだ。
俺は今日大学で開かれる、ブサブサコンテスト優勝への確信を深めた。

ポイント
・俺の「主張」だけでなく周囲の反応を丁寧に加える。
・作者が独自に持ち出す言葉は、読者にわかりやすく説明を。
(例)目測5M、これは俺がブサ力と呼んだ数値に直せば100。通常の80より20%以上は上の数値だ。
全体で1000文字〜1500文字あたりでオチまでつけるようにがんばれるはず。
評ではなく感想だけど>>227「雲の一生」のほうがよかった。
「虹」ではなく「雲はどこへいった」で読者に投げっぱなしにしたほうが読後感が残る気がした。

また通信添削ではないのだから何か書けるたびに持ち込んで晒すのは考えものです。
せめて前より書けたと確信できる場合に限らないと、嫌われます。

261 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 04:10:55.54
>>260
あと、複数のスレに書き込むマルチポストも禁止。

262 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 11:16:47.31
339 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/09/26(水) 15:26:23.76 ID:vcrMsgxY0
チェレンコフ光で一発売文した新某:「世の中の人がみんなガンダム好きってわけじゃないですよ」

御大:「ぼくもそう思ってます。なぜなら、世界は大人なんです。でもぼくは子どもたちに向かって大人ってこうなのよ、
きみたちどうなのよ、と問いかけ続けなきゃいけないと思ってます。ぼくもそう思ってます。」
ANNO監督(旧世紀:「好きッス!?」
       (新世紀:「好きッス。」
押井守:「それはヘーゲル的解決を求める問題なんだけどさ、そのためには広範なジジェク的教養が推奨なんだよね、
それで俺は犬に着目してこうしてパストゥール式に展開してるわけ。この宇宙大銀河の片隅で局地戦しながら。」
宮崎駿:「あんなものはぶたに喰われてしまうといい。ぼくは鬱蒼とした三鷹の森が見たい…」
西崎義展:「早く来いよ。」
ゆうきまさみ:「ぼくはそうは思いませんね。世の中の人全員パトレイバー大好きですから。」
江口寿史:「ぼくの雑誌に漫画描いていただけませんか?」
秋元康:「酷い目に遭いましたけどね…25年経って再評価されてなんなんだこいつらは、と。」
秋本治:「ぼくは、あえて手を出さないことにしてます。出しましたけどねもちろん。」
いしいひさいち:「そろそろ俺も、新聞連載に出そうかなと思ってたところなんですよ実は。キャンサーあたりを。」
椎名高志:「ぼくを潰そうったってそうはいきませんよ。」
村上龍:「いつでも、呼んでください。」
村上春樹:「EGG。egg。」
大友克洋:「俺とはまったく無関係のジャンルですけど、なんでAKIRAGUNDAMってまだ出てこないか不思議だなとずっと
思ってはいるね。」
鳥山明:「じゃあ観てみることにします。」
島本和彦:「出たな大ショッカー!!この日のために俺はギャグをやや捨てたッ…!!へへっ。思ったよりも早かったぜ、思ったよりも、よ…。」

微修正。

263 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 18:16:34.21
>>253-256
書き続けることは大事だ。前二作より読者を楽しませる内容になっている。
それを意図して書いたかどうかはおいといて。
三重苦を抱える主人公がコンプレックスではなく、それを誇りにして生きているという設定。
ここで読者はおや? と思い興味をひきつけられるのである。
自己防衛の本能からこの性格が出来上がったのかなど色々考えさせられる。
続いて文章について。
>俺はこの作戦でかつて女性の心を奈落の底にまで突き落としてしまった…………。
この一文で「突き落としてしまった」と使うのはおかしい。
ここでは「突き落としてやった」とするのがいいだろう。この流れから主人公の反省がみられるのはおかしい。

あと、タキシードと清楚な衣装はまるで結びつかない。そもそも男に清楚なんて使うか?

叩かれても叩かれても起き上がってくる26に私は「がんばれ、26」とエールを送ります。


264 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 19:42:52.31
まったく面白くない
自主制作の自己満足映画を見せられているような気分

265 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 20:43:20.09
車窓から見える景色はひたすらに暗く、目的地について無知であることも相俟って、気分は段々と滅入ってきた。細い雨がガラス一枚隔てて丸くなり、垂れていく。
空は黒い一枚板を思わせる程奥行を感じさせなかった。時折思い出したように雷鳴が響くも、どこか空々しい天候だ。
全てが登場人物の心境に合わせて変化する小説みたいな天候だ。
 先日、自宅のポストに面識のない人物からの誕生会への招待状が投函されていた。何かの悪戯か、間違いだろうと判断したが、間違いなく住所は僕の家を示してい
たし、何より僕の名前が記されていた。それに、悪戯と言い切るには妙に手間が掛かっている気がした。まず、消印が隣のM県のとある地名になっていた。それは送
り主が招待する誕生会の会場と同じ土地だったが、聞いたことも無い地名だった。
もし悪戯だとしたら、わざわざ出向いて手紙を出したという事になる。M県の人間に、知り合いなど間違いなくいないので、断言できる。あるいは出掛け先で思いつ
いて手紙を送りつけてきた、という可能性もあるが、悪戯をやりそうな人物に心当たりは無かった。ちなみに送り主の名前はD・N。僕が真面に取り扱わない根拠の
一つに、この意味深長な名前も含まれている。単なるイニシャルにしても、この二つのアルファベットだけは非常に不気味だった。
 誕生会の日は気になって落ち着かない気持ちだった。招待を受けているのに、返事すらしないでいるというのは無礼な行いと責められても仕方ないかもしれない。
だが、嫌な胸騒ぎが確認の連絡を取ることを止まらせた。昔の推理小説で、似たようなシチュエーションを描いた作品があったような気がする。別に電話で話すぐら
い、何とも無いはずなのに、訳も無く尻込みしてしまっていた。
しかし、散々不気味だ、気味が悪いと呟きながらも僕は、その日一日何事もない事を表面上で望みつつ、内心では少しく期待もしていたのだ。それは一般に言うとこ
ろの好奇心や怖いもの見たさ、という感情に違いなかった。
だが結局何事も無く日が暮れ始め、残念に思いながらも当然だ、と笑った。
すると、突然玄関のチャイムが鳴ったのだ。


266 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 21:32:10.70
>>265
オランダの少女の誕生会に4千人集まった話をなんとなく思い出した。

>細い雨がガラス一枚隔てて丸くなり、垂れていく。
>空は黒い一枚板を思わせる程奥行を感じさせなかった。
ここは画が浮かびにくいなあ。どうにか後半部分は黒い雲が空一面を覆っていると分かったんだが
前半の雨が丸くなってるところは未だどういった状況なのか分からず。

D・Nという名前のどこが意味深長なんだろうか。その後説明もないままだし。


なかなか面白いシチュエーションなんで続きが気になった。

267 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 22:20:24.48
>>265

「車窓」から始まって「玄関のチャイムが鳴った」で終わると今どこにおるんじゃに
なるわけだが、たぶん、玄関のチャイム以後の展開で移動することになり、今は
車窓からみてる(冒頭)ということなんだろう。こういうのは時系列にそって書いたほうがわかりやすい。
冒頭に「誕生会の招待状が来てた」を持ってくることができるのだからその方が効果的でもある。

そうするといらなくなる最初の3行だが、「車窓」がなんの窓なのか。
説明がなければ列車の窓であることが当たり前である地域と、自家用車の窓であることが
当たり前の地域とがあって、読者が各自の感覚に従って勝手に誤読してしまう危険が高い。
「雨」は個々の雨つぶを指すときに使ってはいけない。
「空は」*「黒い一枚板を思わせるほど奥行を感じさせなかった」
→1「黒い空は」*「一枚板を思わせるほど奥行を感じさせなかった」
→2「奥行を感じさせない空は、」*「黒い板を思わせた」
1や2のように区切りをより真ん中にいくようにした方が読める。
「空々しい天候」意味が不明な上に、「天候」を形容するのに「空」のように近い連想を
させる語を持ってきては比喩の意味がない。
次の行の小説を使った比喩も同様だがなお悪く、主人公の心境を反映するような不安定な空の比喩に「小説」
を使うなどありえない。
次の段落、「M県」をつかったら、この小説では固有名詞をアルファベットにする「お約束」なのだな
と思うわけで、「名前はD・N」も、本当はちゃんと書いてあるのをそう表記しただけと思えるのだが、
あとをよむと「D.N」と本当にアルファベットで書いてあるらしい。こういうときは「名前はなく、
D・Nというイニシャルだけが記されている」旨明確に示すべき。




268 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 22:24:46.94
>>265
内容については特に何も言わないが、
読点の使い方が独特というか、こなれていない感じがする。
不必要に読点で文章を分断してしまうとリズムが悪くなると思う。
例えば「先日、」「それに、」「しかし、」「すると、」の読点は省いちゃって問題ないと思う。


269 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 22:28:09.78
まあ文体については正解はないから自分独自の文体を創りあげていけばいいが、
音読してみた時に所々つっかえるような印象を受けた

270 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/27(木) 22:45:00.30
いろいろ書いてる途中でほとんど言われてた

271 :物書き26:2012/09/28(金) 00:31:28.12
>>260
 
 酷評と添削ありがとうございます。

>また通信添削ではないのだから何か書けるたびに持ち込んで晒すのは考えものです。
せめて前より書けたと確信できる場合に限らないと、嫌われます。

この点に関しては申し訳ございません。

>いくらブサを描写しても、俺の「主張」にしかならない。まとめてよい

自分の文と>>260の書いた文章を比較して納得しました。
つぎからは意識して書いてみます。

いつもいつも酷評ありがとうございます。

 雲の一生は自分としては色々な事を盛り込みすぎてしまったなと感じています。
ですが、もしまた似たような文章を書いた場合には酷評お願いします。

272 :物書き26:2012/09/28(金) 00:34:18.84
>>258

 申し訳ございません。
 日本語の勉強をしつつこれからも頑張りたいのでいままでと同じように酷評してください。

273 :物書き26:2012/09/28(金) 00:44:37.25
>>263

酷評ありがとうございます。

>俺はこの作戦でかつて女性の心を奈落の底にまで突き落としてしまった…………。
この一文で「突き落としてしまった」と使うのはおかしい。
ここでは「突き落としてやった」とするのがいいだろう。この流れから主人公の反省がみられるのはおかしい。

自分の中で人物設定を練ってないのがダメみたいでした。
参考にさせていただきます。

細かい点のご指摘ありがとうございます。
表現の勉強はひたすら読書を行うことで頑張っていきたいとおもいます。

毎回丁寧に酷評していただきありがとうございます。
自分に頑張ろうという気持ちが芽生えました。

これから頑張りたいので書きこんだ際には酷評お願いします。

274 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 10:48:01.22
酷評お願いします

ハナはその悲しげな顔を見て、恵子はこれから明の両親が亡くなった話をするつ
もりなんだな、と思った。恵子は黙ったままクッキーを一枚手に取り、小さくか
じった。ハナも何も言わないでクッキーを食べた。恵子の食べる速度があんまり
遅いので、まるで、クッキーがなくなったらまた話しださないといけなくなるの
を恐れているようにハナには思われて、もしもどうしても恵子が話したくないん
だったら無理に話さなくてもいいよ、とハナが言おうとしたとき、恵子はまたゆ
っくりと紅茶を一口飲み、覚悟が決まったようにハナの目を見た。

275 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 12:55:34.33
女ってうざったいな。

276 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 17:52:11.92
>>274
最初の一文。「ハナはその悲しげな顔を見て」と「と思った」が離れすぎているのでくっつけるとよい。
対応する言葉が来る前に「Aは」「Bは」と続けるのは、なるべく避けたい。
夏は、春はあけぼのだが、夜だ。→春はあけぼのだが、夏は夜だ。

277 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 18:22:31.50
こいつらまだやってんのか。

278 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 19:38:59.98
>>274
最初の文は3番目にもってく(その→恵子の ほか、細部を直したほうがいいが)。
その理由の一つ目。知らない人の内面描写を最初にもってこられても読者が入り込めない。
主人公の外のことがら(他人がクッキーを食べる。>>265だと「招待状が来る」)から入ったほうがいい。
主人公の外で起こったことを主人公と一緒に見るという形で読者が少し近づくからだ。
理由の二つ目は、先の二文がクッキーの話、その次が言いよどんでる話題の話と
それぞれまとめられるので頭に入りやすい。
最後の長い文はわざとやったんだろうけど、よくないとしかいえない。
「わざと不自然な文」の可否はあとの展開次第なのだから、ここでぶった切って評価を
求めるという選択自体に疑問がある
(だからあとを書いてくれってことではない。まるっきり書き直したほうがいい)。

279 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/28(金) 19:46:34.38
>>274
ハナの一元視点のようにも、多元視点の文章のようにも読める。
まるでシーソーのように主語(ハナと恵子)が入れ替わり、内容が頭に入ってきづらい。
この短い文の中に精神年齢の高そうな子供とそれをわかっていない親のやり取りが見て取れた。
ハナを愛称、あだ名として子供としたが、そこを逆手に取って老齢の母の名前ということにすると
ハナと恵子の関係が逆転する。そのアイデアで一つのショートショートが出来上がるかもしれない。

280 :物書き26:2012/09/28(金) 23:34:12.95
酷評お願いします。

正しい日本語 一人称視点の日本語 情景の描写  を意識して書きました。
 おかしな日本語や意味が分からないといったところが、あればごしてきしていただけるとありがたいです。

281 :物書き26:2012/09/28(金) 23:36:24.57
 家族の愛とは無形である。

 夕日に染まった新築のマンションを、私は見上げた。マンションから暖かな光が、点々と輝いている。私は胸を撫でおろし、目を瞑った。子供の明るい声が、微かに遠くから聞こえてくる。

 ここが私の帰る家である。

 私はマンションのエントランスに入り、カードキーを翳した。
ガラスのドアが開くと、足速に我が家に向かっている。家に帰るのが待ち遠しい。
エレベーターの場所を示す数字が「9」と表示されている。エレベーターを待つのに時間がかかるため、
私は階段を上っていくことにした。二段越しに跨って階段を上ると、一日の疲れが足に重くのしかかる。
働きはじめてから使っている、ボロボロの鞄も重たく感じてしまう。
私は今日も一日よく働いた、と感じながらも足の歩みを更に速めていった。
「4F」と表示された階にまで上ると、私は上るのをやめ我が家へと続く廊下を眺めた。


282 :物書き26:2012/09/28(金) 23:38:51.43

 夕日に染め上げられた廊下は、美しい。

 私は次にきれいな夕日に目を向けた。地平線の遙か遠くで夕日がゆっくりと沈んでいる。美しさのあまり、しばらく見ていると、目を瞑ってしまった。

 そして目を瞑ったまま、我が家に帰った時の事を想像する。
玄関に入ると、娘と息子が私の元へ駆け寄って、笑顔で迎えてくれている。
続いて妻がかけよって、我が家に着いた事を実感するのであろう、ことを私は想像した。
私は幸せをかみしているような感覚に囚われた。

目を薄く開き、私はもう一度夕日を眺めながら、廊下をゆっくりと歩いた。

 通り過ぎる部屋からは、料理の匂いが漂っている。
さっき通り過ぎた部屋からは、カレーの匂いがした。

 我が家の今晩の料理は何だろうか?

私は夕日を眺めるのをやめ、再び歩みを速めた。


283 :物書き26:2012/09/28(金) 23:40:37.01
 我が家に向かって歩きながら、私は自分の人生を振り返った。
 私の人生は家族のおかげで幸せである。

 そんなことを考えていると、我が家にたどり着き、玄関の前で今晩の料理の匂いを嗅いだ。
私の大好物のシチューらしい。急いで鍵をボロボロの鞄から取り出して、玄関のドアを開けた。

 ドアを思い切り開くと、廊下は暗くその先にあるリビングも暗い。
暗いことに驚いた私は「ただいま!」と大きく声を出して子供が駆け寄ってくるのを待った。
……暫く待っても誰も来ない。

 私の想像した幸せはやってこなかった。

 私は荒々しく靴を脱ぎ捨てて、急いで暗い廊下を進んでいった。
ガラスのドアの前に立ち、暗いリビングを覗き込む。やはり誰一人としていない。
そして、ガラス越しにリビングの窓の外を見た。
いつの間にか夕日が沈んでいて、暗い夜になっている。


284 :物書き26:2012/09/28(金) 23:42:13.44
これが現実なのだろうか?私はガラスのドアを開き、ゆっくりドアを跨いだ。

私は暗いリビングに入った。その瞬間「パン、パン」っと甲高い音が鳴り響き、部屋が明るくなった。明るくなったリビングには、娘と息子と妻がキラキラとした三角帽子を被っている。

「おとうさん、32才の誕生日おめでとう!」

 私は涙を流し、手にしていたボロボロの鞄を落とした。涙を流した私に、3人が駆け寄ってきた。


285 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/29(土) 00:08:15.91
>>284
向かっている。→向かう。
夕日どんだけ眺めてたんだよ。
最後の涙は大げさかなあ。ほのぼのとした感じのままでいいんでないかい。
継続は力なり。
文章は良くなってる。

286 :物書き26:2012/09/29(土) 00:08:32.00

「あなた、誕生日プレゼントよ。これからもがんばってね」

妻が渡したプレゼントは、革のいいにおいがする鞄だった。私は鞄を胸に抱きさらに泣いた。

ここには私の幸せがある。

私は泣きながら晩御飯がおいてあるテーブルにすわると、3人も集まって。晩御飯を食べることにした。「いただきます」と泣きながら声に出すと、私はシチューを口に運んだ。

私は今幸せをかみしめている。
                                     おわり


287 :物書き26:2012/09/29(土) 00:25:18.77
>>285
酷評ありがとうございます。

>夕日どんだけ眺めてたんだよ。
この点に関しましたはその後の目を瞑る動作を自然に行いたかったのと。
自分の想像は夕日のように眩しいものだ、と表現したかったのですが。
中々うまく伝えられなくて申し訳ございませんでした。

毎日頑張っていきたいのでよろしくお願いします。

288 :274:2012/09/29(土) 12:01:52.92
>>276
>>278
>>279
ありがとうございます
昔の文豪に憧れてこのように書いてみたのですが、やはり分かりづらいですね
簡潔な文章を心がけます

289 :物書き26:2012/09/30(日) 21:17:39.92
酷評おねがいします。
1800字以内 にストーリをまとめるという事を決めて書きました。

「腐る男子」

 俺は気が付くと学校のトイレで、ゾンビであった。俺はどうしてこうなったのか記憶がない。

 ゾンビである俺には意識がある。
 しかし、体を自分の意志で自由に動かすことが出来ない。金縛りにあってる感覚だ。これは夢であるのだろうか、と思っていると俺の体が動きだした。やはり俺の意志では、自分の体を自由に動かすことが出来ないようだ。
ゾンビである俺は、鏡に映っている俺をみつけた。そして、自分の顔を覗き込む。この時初めて自分の姿を確認することができた。
俺の顔面は蒼白で、目からは血の涙を流している。開きっぱなしの口からは、赤黒い血が流れている。そして、白いシャツは、赤色に血で塗り直されている。友達を襲ってしまった際に付いた血かもしれない。

 突然、俺は鏡に映っている自分を襲った。


290 :物書き26:2012/09/30(日) 21:19:36.29
 鏡に映っている自分に、俺は噛みつこうとしている。なんて滑稽な姿だろう。
鏡に映っている自分を襲うなんて思わなかった。鏡に映っている自分をしばらく襲っていると、俺は鏡を叩き割った。
手から赤黒い血が噴き出している。不幸中の幸いか、痛みを感じない。これはこれでよかった。ゾンビであり、自分の体を自由に動かせない上に、痛みを感じるなんて俺にはとても耐えられない。
 しかし、痛みを感じないという事は、シャツに付いた赤い血は、自分の傷口から流れている血かもしれない。友達を襲ってなくてよかった。俺はトイレを出た。

 ゾンビになったことなんて初めてだから、これからどうなるのだろうか?それにしてもお腹が減った。やはり俺は人間を食べるのだろうか?

 トイレを出ると廊下には数人の友達が倒れている。彼らもゾンビに襲われたに違いない。もしかしたら俺が襲ったのだろうか……。
俺は聾唖を口にしながら廊下を歩いた。緑色の廊下には大量の血が流れている。想像以上に友達が死んでいるようだ。
 
 俺の彼女は大丈夫だろうか、と俺は恋人の身を心配した。


291 :物書き26:2012/09/30(日) 21:21:21.84
 こんな時だというのに、彼女と映画館でみたゾンビ映画を思い出す。

 映画では男女二人のカップルが、学校の廊下でゾンビに襲われている。彼氏は身を挺して彼女を守っていた。そして、二人は様々な危機から脱し街から抜け出す、という話だった。

 映画を見終わった後、どこにでもありふれたストーリーに、俺は何とも思わなかった。
しかし、彼女は違ったようだった。
「私がゾンビに襲われたら、あなたは私を助けてれる?」

 映画を見終わった後、彼女そんなことを口にした。俺は彼女が好きだったし、嫌われたくないので。
「あたりまえだろ!俺は自分がゾンビなってもお前を助けるさ!」
とかっこよく答えた。男子なら誰だって彼女の前でいい恰好したいものだ。

「わかったわ、頼りにしてる。ゾンビになっても絶対助けてね」
「ああ、あたりまえだ。助けるさ」
映画館を出た後に、手を繋ぎながら彼女とこんな会話をしていた。その時のことをゾンビになった今、俺は思い出した。
…………そして、あのとき言った言葉が現実になるなんて考えてもいなかった。


292 :物書き26:2012/09/30(日) 21:22:29.19
 目の前には彼女と俺の親友が廊下に立っていた。男女二人は手を繋いで立っている。

 これは一体どういう事だろうか?この前一緒に見た映画に出てきている光景ではないか。
彼女の隣には親友が立っている、そこは俺のたっている場所のはずだ。

 俺は聾唖ではなく叫び声を出して、親友に襲い掛かった。

 親友は、彼女を守るべくもちろん身を挺した。俺は親友の首元に噛みついて、食いちぎった。
親友の首元からはおびただしい血が吹き上がっている。その場に倒れた親友を、さらに俺は押しかかる。今度は腹にかじりついた。腹からは腸がドロドロっと零れ落ちそれに食らいついた。
 
 彼女の叫び声が廊下に響く。

 彼女の叫び声を聴いて俺は我に返った。俺は自分のしている行動が、自分の意志であることに気が付いた。もう体を自分の意志に従って、自由に動かすことが出来るのだ。
そして、彼女の首元に口を近づけて、俺は彼女の首を食い千切った。
       
         「うん、うまい」
                            おわり

以上です酷評お願いします

293 :名無し物書き@推敲中?:2012/09/30(日) 22:15:59.31
酷評おねがいします

線を引く。そこに空間が区分され、線に込められた生命力が、その生々しさが
明暗や奥行きを垣間見せ
線ひとつとは言え、様々な有り様を語り始める

これを文章に当て嵌め、読み返し、語り重ねるならば、言葉の選び方や文体の印象のみならず
表現方法の手段、あるいは描かれる全体そのものに関わる、根幹的で決定的な問題を秘めている筈

例えば群衆。例えば小道具。そこに至る力点。

キャンバスの何処にどんな点を穿つかでも、
描かれる対象へ向けられる視線を変えゆくことができる様に
――もちろんそれは単純な点であろう理由もなく、あくまで描かれるアクセントでとしての対象の一要素ではあるべきだが

以上です

294 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/01(月) 00:00:13.94
>>293
なんでこっちのスレに転載する気になったのかと
他人のいたずら目的とおもわれてもしょうがないのでは

295 : 【だん吉】 :2012/10/01(月) 00:07:43.98
 

296 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/01(月) 07:04:59.56
>>293
おめーは16年経て弐拾伍話か

「終わる歴史」に改題せえよ。

297 :物書き26:2012/10/01(月) 23:54:05.47
ちょっと、今回は別分野を……

ホモ統計力学

http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=155128

ホモのストーリを書いています。これは内容よりも、文章表現に酷評ください。

298 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 00:49:10.24
一人称がブレまくり。統一を。

 大学の「統計学」の講義中、友達と私はホモについて談笑をしていた。

 何故そんな会話をしていたかというと、特に理由がないが。

 なんとなく暇だったから、というのが談笑をしていた理由である。

冗長。もっと読みやすさを考えて。
1,3行目に談笑
2,3行目に理由 これらは削れるはずだよ。

特に2行目と3行目は「理由がない。暇だったからというのが理由だ」じゃ矛盾になる
というよりも、理由がないならわざわざ書く必要すらない。

ただし1行目だけとなると展開が急すぎる印象になるので
その間を取り持つなら周りの生徒や談笑の内容、もしくはそこに至る流れについて書いてみる。
もしくは予告的なまさか〜知るよしもなかったまでを2,3行目とまとめる

大学の「統計学」の講義中、友達と俺はホモについて談笑をしていた。
講義で取り上げられたホモの話題は、俺たちの暇つぶしのための餌食となったのだ。

後にこれがあの「ホモ事件」の引き金になるとは、俺達はまだ知る由もなかった

299 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 01:15:35.45
2ページ目

1行目は 現在私は、理系の大学に在籍している。 がいい。俺の好みだけど。

私が〜 まわりを〜の行も意味が被ってる。
私が在籍も2回出てきてくどい
6割〜のところも別にあえて書き込む必要はないきがする

謎のグループの2行後にホモグループと結論を出すならあえて謎にする必要はない。
なら最初から違和感のあるグループと書く。


3ページ目

大学生は〜 まあ全国の大学生は普通みんな講義にきてるもんだが、ここなら同期とかもっと言い回しがあるでしょう
2行目も1行目の「単位を取るために〜」から「俺も単位を取るために〜」で無駄。俺も同期と同じようにって感じでいい。

文字数にして本当に1万字使うんだろうか。この後の流れを見ても統計学については
朝のニュース番組の渋谷のギャルに聞きました(笑)くらいのアンケートレベルの事しか書かれてないし、
だったらここであえて説明しようかなやっぱやめたはいらない。専門知識の必要がないから無駄な掘り下げ
ホモ統計学についても色々と無理がありすぎる。そもそもホモは精神的なもので、肉体的なものはゲイというイメージ。
その中でも受けや攻めなどで分かれるのでゲイが絶対に調査されて反応する保証はない。


300 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 01:42:16.79
4ページ
そろそろ感嘆符や疑問符のあとには空白開けることを覚えよう。
「へー・・・10人に〜
「!!………」
など3点リーダと中黒は別のものとして区別すること。

俺たちは背筋が凍った。この背筋が凍った 冗長だね。あとてにおはがね。
俺たちの背筋が凍った。この感覚は でいい
ただし
「この時は」理由があるわけではなかった んじゃなくて理由がわからなかった じゃないのか
理由がわからないけど結果的には俺たちの感覚は正しかった。 も日本語じゃないね。
正しいではなく既にその原因を察知してたとかそんな所でしょう。

5ページ目
「感じた感覚」っていうのを見ると頭痛が痛い
あと日本史で女装した男を性的対象にってのは基本的にない。江戸のホモ専用美少年風俗くらい。
女装はあったが一揆の先導やら亡命とか変装としてのみ。
江戸になると衆道が武士の嗜みになったからそもそも女の格好をさせる必要がなかった。
ちなみに徳川家光の男色関係にあったのは堀田正盛

6ページ目
男の娘って基本的にはスラングだと思うぞ
真ミスコンで優勝した〜 これ要るの? ミスコン実際にやるわけじゃないんだし出す意味が全くない。
周囲は何も視界に入るものだけじゃない。後ろを確認する場合も周囲。後ろを見させたくないなら「顔を動かせる範囲で」など動作の限定を


301 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 01:43:44.15
あー

お前の文体の好みを逐一是正すんな。それはそいつの持ち味なんで。もっと総体的に指摘できねんなら批評は、やめとけ。

302 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 02:00:18.71
7ページ目
論点は膨らまない。視野を広げるとかにする
またしても冷や汗を俺は感じる
俺は がいらないし冷や汗を感じるってのもなんか変

8ページ目
まじ!横眼見たが普通の男だ? ←なにをするだー!
後ろの奴、2年前、1年前つづけて、2回ミスコンに出てた ←実際文字に書いてみるといいよ。普通筆談だったら「去年も一昨年もミスコンにでてた」ってなる。
まじ?どうする?奴はホモ?←ホモかどうかわかったところで本人に何かすんの

このホモ事件 なんか事件あったの?
あの時 っていつ?
あんな行動って何? 消しゴムおとしたこと?

最後が難解。事件の結果から推測って言われても事件が何を指してるのかわからないし
この話の中に事件が含まれてるのなら筆談が始まってからものの5分で消しゴム落として終わってる。
消しゴム落としたことが事件なら「あの時」とはいわないし、彼があんな行動とかちんぷんかんぷん

つーか推察以前にホモみつけたら消しゴムが落ちたってだけ。起承転結も何もない。

酷評してもらいに来てるなら読む人のこと考えて書いてよ。


303 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 02:03:49.41
>>301
ただの添削だぞ

304 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 02:06:12.73
だよなあ。こんな真面目に添削してくれる人なかなかいないぞ
もうみんな飽き飽きしてんだから

305 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 02:15:05.79
つーかなんでこいつは何度言われても依頼中ってのを明記しないわけ?
こういうの甘やかすとつけ上がるって気付けよ
誰も反応しないと思って安心してたらくそ真面目に酷評してるし

あ、真面目に酷評するスレか……

306 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 02:18:36.93
当初まじめに批評するスレだったのを改変された。

307 :物書き26:2012/10/03(水) 18:26:22.08
>>298-302

添削ありがとうございます。
酷評ありがとうございます。

毎日練習しているのですが、なかなかうまくなってないのです。
次はもうすこし読める文章になってから。公開したいと思います。

308 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/03(水) 23:34:49.16
>>307
ただ書いてるだけじゃ練習にはならないよ。考えなきゃ。

309 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/04(木) 19:24:20.40
登場人物の思考、論理展開が総じて寒い。
文章表現以前の問題。
数年経ってから書いた方がいい。

310 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/06(土) 19:47:19.82
ぼくはたいがいのひーろーものにあきたのでこのういっちょうおはなしなんでかみさまにへんしんしてみることにした。

みんなはこう情欲劣情が邪魔してかみさまになっちゃったらだいたいふろばなんかのぞいてんもうゆうかんなしょうねんね
しかもおめがたかいしのんでいらっしゃいおとなのせかいみたいなことにつかうわきだきどもをれはそうではない

やっとんなアメリカかドイツ

超能力ごっこを、と。つまり隠蔽科学で、そうゆうそようのある頓珍漢をその気にさせて、うまいぐわいにシンクロさして
誤解さしてこう…ちょーしにのらせるとゆうのだなあ。ぬほんづん純朴にばかがつくんでこりわころころかもらりとるべいととべい。

かみのちからおもつて、非科学的に走査したが意外なことになんにもない。なんだと。アメリカじゃないのお?
さすが善人の国だな…あんだけ小細工好きなのにこうゆうことはやっぱ人道に照らしてやんないのか。なして
科学的に調査せずにものがたりのかみのちからおもつて走査するかとゆうとお 物理法則にのっとった調査は
必ず科学上位者に把握されるようになっとんねん。なのでちーとちーとすんねんねや。で次はドイツいってみた。

ところが妻が文句おゆいにこりまた超法規的に突如存在「どうした。」「いってほしくないにきまってるでしょばかもの。」
これだけで全部了解とゆうかあなんつーか童貞なのになんでこんなにいっぱしのだんぢょのいろいろなくちゃいけないのとほほと
おもひつつついでになちすのうわさの南米にも飛んでみてトルティーヤに舌鼓を仮想的に打ちつつ走査したがそれでも意外なことになく
大麻栽培の畑と山口組とのこねくしょんがわかったのみであった。あたまにきたのでチリコンカーニをたらふくいただく。

じゃあ、どこなの。と、思っていたら三分経過した。

311 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/06(土) 20:08:01.53
>>310
センスあるなあ。これは酷評される文章じゃない。
スレ違いってやつかな。

312 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 14:23:02.80
>>310
これはひどい後悔オナニーとはこのことだな

313 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 14:34:19.22
Dr.StrangeLOVEんときぼっこぼこに巨匠ぶったたかれてのう。

314 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 15:27:27.55
禊もすんだんでそろそろ投下してもいい頃合だな

315 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 18:15:48.17
デパートから出ようとしたとき、突然公衆電話が鳴り出した。
僕は周囲を伺った。誰も受話器を取ろうとしない。それは当然だ。
だが、僕は何故かその受話器を取ってしまった。「もしもし」と電話主に言う。
『〇〇〇〇〇〇、キクチさんですか?」と電話主は言った。
僕は「いいえ、違います」と答えた。
二度そう言うと電話は切れた。

僕は今になって思う。「あの突然鳴り出した公衆電話はなんだったんだろうと」
酷評お願いします。

316 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 18:42:00.58
みじかすぎてなんともいえん

317 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 18:44:03.29
そんな短さで評価が下ると思ってる根性がダメだ
よって0点

318 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 18:53:46.74
長い短いは関係ないよ 単にヘタだから0点

319 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 19:11:40.38
>>315
これリメイクしてみたい

320 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 19:13:11.53
>>318
そうとしかいいようのない短さだと。

321 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 19:49:34.52
「俺の前で本なんか読むなよ」と彼は言った。
「別にいいじゃないか。気にさわるのかい?」
「ああ、人が無為な時間を過ごしているのを見るのは好きじゃない」
彼は僕の家でしこたま飲んでいた。彼のビールの飲み方を見ると、アルコールが人に与える影響なんて些細なものだと思えてくる。
彼はつまみ柿ピーをほおばりながらこう言った。
「俺だったら『読む側』じゃなくて『書く側』に廻るね。そうやって時間を潰すんだ」
「君が本を書く?どんな内容なんだ?」
「そうだな、うむ……海の底で生活している人々のことを書くな。そこで人魚と踊るんだ。ワインを飲みながら、わいわいとさ」
「海の底?どうして人々はそんなところにいるんだ?それに、水中じゃワインなんて飲めないし、調達もできないだろ」
「俺の小説では、近くに沈没船があってそこから酒が流れてくることになってるのさ。それに、水中でワインを飲めるかどうかなんて試したことあるか?」
「ない」
「だろ?小説なんて適当に書けば良いんだよ。ともかく俺は水中で暮らす彼等の生活を描写すればいいんだ」
彼は大きなげっぷをすると床に寝転がった。
「それを書いて時間を潰し、それを……そうだな、そこら辺の出版社に送って本にして貰う。一石二鳥だ。良い考えだろ」
僕は「まったく良い話だ」と同意した。そしてその夜は、そんな話でもしないとやりすごせない程に退屈な夜だった。

酷評お願いします

322 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 20:39:13.99
7行が15行になった。という感想。

323 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 20:43:56.44
>彼のビールの飲み方を見ると、アルコールが人に与える影響なんて些細なものだと思えてくる。
全然酔ってないってことですよね? と解釈されると思う。

324 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 20:48:30.60
柿ピーってほおばる?
そんなに一気に食べたのか

325 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 22:29:47.76
19 名前: Ψ 投稿日: 2012/10/07(日) 22:28:08.54 ID:1ujuCWoN0
売るとラ・マン
売ると楽伊豆

伊豆?

伊勢じゃねえのか…





禊?ぺっこまってけろ。

326 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 22:31:40.07
222 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2012/10/01(月) 07:49:57.21 ID:NRejHioJ
あーをれは情報あつめますたお。つまりこうゆうこと。

・山口組のどちんぴらーが、大麻さばきてえなあおもた
・まづ、筋のいい処女を強姦等でとろとろに
・「おう、ちょっとまじめな香具師悪くしろや」「はいねすゆあまじぇすてい…ネェモットチョウダイ…」
・普通の少年がローティーンぱんすけの手でDQNに
・おおっとしかしなんか須磨海岸で中高生超絶大規模大麻パーティーだそうで…乱交とかもあんだべなーこれは引くっちゅうねん
・ちくり
・警察だぁー超絶大量補導
・ちくったの誰よアァ!?!

・足洗おうと恩師のもとへ
・次の日ふざけんなと四人で殺害首斬ったのは殺しの経験のあるちんぴら
・恋人と思ってたぱんすけも逃げ道塞いで最期の言葉は「助けて」

223 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2012/10/01(月) 23:14:55.71 ID:???
>>222
日本語でおk

224 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2012/10/02(火) 12:55:54.14 ID:hPWiR6SF
麻?

225 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2012/10/03(水) 19:34:06.27 ID:???
昨日だか一昨日だかに夕方のニュースで特集やってたね
両親と友達と彼女だった子がビラ配りとか頑張ってた

226 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2012/10/04(木) 21:29:52.71 ID:A2xrnwga
情報なら>>222でいいんじゃないか。

327 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 22:32:23.00
新着レス 2012/10/07(日) 22:30
227 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2012/10/07(日) 21:39:22.14 ID:V+KxR4u8
こないだ兵庫県警の刑事が聞き込みに来たのを思い出して検索をしていてここを見つけた。
24よりはるかにまともな似顔絵を見せられた。
ただし、あまり見せたくないようだった。
名刺大くらいのをチラッとしか見せてくれなかった。
キムタク風のフワッとしたセミロン毛で顔そのものの印象は薄い。
なのに刑事は「伸ばし放題の髪。ヒキコモリかも」とか言う。

伸ばし放題がそんなにフワッとカールするか!
前髪は!?
そもそもヒキコモリが綺麗にヒゲを剃ってるのおかしくないか?

と疑問点がタップリの聞き込みだったので捜査は絶賛迷走中なのだろう。

328 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 22:35:51.07
802 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2012/10/07(日) 14:09:10.92 ID:6gLszZIC
武藤舞は巣鴨プリズン処刑組の七人の武藤 あー なんだったっけ の孫かなんかでよ

なかなか ファンダメンタル社会に衝撃与えたようだなあ。基金速攻設立権なんてのがまあパワフルさ物語ってるぜ
社会常識的地位のほかのものごとの。

新着レス 2012/10/07(日) 22:34
803 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [age] 投稿日: 2012/10/07(日) 15:17:05.82 ID:???
埼玉県の川越地区消防本部によりますと、川越市の南古谷中学校で、体育祭を行っていたところ、
敷地内に軽トラックが暴走してきて子どもらをはね、数人がけがをしているということです。
重傷者もいるということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121007/t10015576971000.html

804 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2012/10/07(日) 15:57:50.06 ID:0zVceKxG


武   藤   章

329 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 22:37:48.20
ちなみに加藤は隼特攻隊の加藤隊長の係累って話もあんだなこれが。で、「はやぶさ」なにかとやたらと。

青森県人は「はつかり」がよかったと思うぜをれはよ。

330 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 22:39:29.83
皮肉愚弄嘲笑侮蔑軽蔑 が今回のテーマ群

愚弄張る。まかしとけっとをれが張り切るとこがまた愚弄。いぇい!

331 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 22:41:31.91
ほんじゃま

またなまゆって

ねじまいてくんろっ。

332 :yaginu:2012/10/07(日) 22:55:02.10
秋の夜長、真夜中の深夜零時。空腹のあまり倒れそうなのでラーメンでも食べに行こうとパンツ一丁で外に出た。
わたしは専らグンゼのキッズ用白ブリーフを愛用している。
どことなく寒気がするので人肌が恋しい季節であった気がし始めた予感がした。
とりあえず、向かいから歩いて来たオフィスレディにすれ違い様「セックスしませんか」と声を掛けたところ、
高学歴メガネ黒髪タイトスカートの女は腰を振って付いて来たので、格安モーテルに連れ込んだ。
「実は童貞なんだけど」と言いつつ割れた腹筋を見せ付けると、全裸の女は白い肌を晒しながらわたしに覆い被さり、
わたしの唇に喰らい付き、さらに下の口でもわたしのフル勃起ちんこを呑み込んだのであった。
すでに洪水。
童貞というのは嘘だけれども、早漏であるわたしはすぐに果てた。しかし、女は気付かずに発情期の獣のように腰を振り続けるのである。
ともかく、このときまで童貞を死守できなかったのは遺憾であった。
という夢を見た。もちろんわたしは夢精していた。

333 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 23:11:30.23
7 名前: なまえないよぉ〜 投稿日: 2012/08/20(月) 16:42:00.89 ID:UNO16lzR
「お前にほんもののセックスを教えてやる。



童貞だけど。」

334 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 23:13:07.19
あららららららら らよっ とっと私屋カヲルさんのコミックハイ!連載漫画「こどものじかん」第12巻が発売となり、以下のサイトにレビュー記事が掲載されている。
エッチに興味津々な女子小学生3人組と新米教師の関係を描いた漫画で、テレビアニメやOVAシリーズも制作された人気作品だ。

第12巻では、宝院先生との関係や転任など、青木先生にさまざまな困難が襲い掛かる。また第12巻でも、女子小学生・九重りんのサービスシーンが満載。
薬による幻覚でりんと青木先生がエッチをする妄想を見るなどのシーンが描かれた。

http://www.new-akiba.com/archives/2012/09/12_290.html

http://livedoor.blogimg.jp/okazuokazu1/imgs/7/3/73fc21de.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/okazuokazu1/imgs/c/9/c9ab8d8c.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/okazuokazu1/imgs/9/1/91b3bbcc.jpg

335 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/07(日) 23:16:12.31
この…童貞暦43年のぼくちんがガスッなにすんだよ。←ばかものばかものうわきもの。←うーむちみゎわりとこのお

をれがこう ほんきでJSJCJKにガスッさいごまでゆわしようよ。←えへ。ゆわしると、男女平等で…←ふむう。みあげただんぢょ策士よ。←くくくきさまもな。←誰の人格だよそれ。

336 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 08:09:32.56
>>321
ふつーにうまいじゃん。会話文が多いからかもしんないけど。
最後の一行に書かれてる雰囲気が良く出てたぜ。その最後の一文もここから物語が
動き出すのかなと期待させるし。

だけどあんたが刺激しちまったんだぜ。
このスレの荒れ模様は、まさに恋する乙女の心理と一緒だな。

337 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 08:44:14.73
おめーはコンクリに敷き詰められた硝子片で欲情するたいぷなのな。まあそうゆう輩もおろう。

338 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 09:05:40.48
荒らしは過ぎ去ったんだ。この晴れ晴れとした朝を見てみろ。

今、あの名言が甦る。
「夜なのに、僕が見るのは、あおいそら」

339 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 10:43:00.87
ああ 闇の自由民主は塵芥に帰する。

340 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 10:45:16.14
http://youtu.be/ngHEXM3fFD0

341 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 10:59:47.88
ここで行われていいのは酷評祭りだけだ。
血祭りじゃあねえんだよ。
しかと胸に刻め。
顔面血だらけ、猫灰だらけ。僕のまわりは、クソだらけ

342 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 11:43:57.27
僕は彼女と寝た。これまで彼女と寝たいと思ったことは一度もなかった。
だから、あれは過ちだったんだと思う。
だって彼女ったら、寝た後にオカマだなんて教えてくれるんだもの。
ここはネタスレではない。

343 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 19:15:12.64
HELLO234 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2012/10/08(月) 19:12:10.12 ID:Cgjhggk4
山口組のつくる冤罪のパターンのひとつに

恋人同士をみつくろう 初恋必須の場合がある

女をNTRために男にハニトラ派遣

男が墜ちたらごっつぁんです で このいきさつの間に、墜ちた男への女の(なんつったつて処女の怒りなんでな
怨念活用してなんつーか 殺人フィールド形成して、この… 韓国侵食の コストパフォーマンスのいい標的 を殺す。

そして罪は男に、女は筋がよければこの構造を報せないことを条件に芸能界入り。性具としても具合がいい。男恨んでんで。まあ
ハニトラ送ったなんておしえねえぜ馬鹿じゃないんだから。

344 :yaginu:2012/10/08(月) 20:02:30.26
キャバ嬢みたいな感じの女医は、わたしの乳首を弄びながら酒焼け丸出しのハスキーボイスで「これは高度なウイルスですね」と鋭く嘯いた。
「そうですか」と肩を落としてみせると、女医は何を思ったのか、わたしの乳首を震え上がるほど捻り微笑を浮かべた。
わたしは生来、サークルレンズを着用した女を見ているとおもむろに勃起してしまう性分であった。
全裸で診察を受けているだけでも勃起しそうなのに、女医は追い討ちをかけるようにわたしの体の隅々まで照覧しつつ、ちらちらとわたしの顔を横目で盗み見ている。
不自然に大きな黒目を差し引いても十分に勃起可能な状況であろうが、三十路直前のアラサー白衣女の、
均整の取れたラブドールのような瞳に視姦されているとなると、こちらとしてもリーチせざるを得ないのである。
振り向いて見ると、月光を浴びて明眸皓歯、二十ばかりの麗人がにっこり笑っている。その実、蛍光灯にアラサーであるが、
童貞であったわたしには十分であった。むしろ、二十五歳に満たない女などただの子供ではないかと思われた。
女医はわたしをベッドに突き飛ばし白いナイロンロープで拘束した。
一歩目はサークルレンズを外し、二歩目はウィッグを外し、三歩目でタイトスカートを脱ぎ、四歩目で白衣を脱いだ。
わたしは頭を打ったのかしばらく気を失なっていたらしい。目を開けると大勢の研修医の女の子達がわたしの萎えたちんこをいじって失笑している。
短小なのだろうか。いや、そんなはずはない。直径五センチ、全長二十五センチは日本人の標準サイズよりは大きい。
しかし、わたしは勃起して即射精した。男なら誰でも夢見るシチュエーションであろう。仕方がない。
「また、イったよ、こいつ」「何回出るか試してみよう」「臭いんだけど」「つーかデカすぎてキモい」
女医が彼女達に冷たく指示を出した。
「死んでなかったのね。そいつは夜まで放置しなさい。構うと喜ぶだけよ」
わたしの人生はまだまだこれからだと思った。

345 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 20:42:07.79
そのとき警察の一団がなだれ込んできた。「悪いな。事情が変わった。きみたちに客観性はあるか、世界史に照らして。」

ひどく文学的な刑事。

346 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 22:06:19.06
今まで荒らしたの全部俺です。ごめんなさい、もうやりませんから。
でもねあんた、リアルで「兄さん頼むから死んでくれ」なんて言われたことありますか?

347 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 22:13:01.74
サテンでバイトしてたんですけどお どうっしよーもねえ男が同僚だったんすよ、こう…なんとか上に立とうと懸命で
それがなんつーかいやらしい手法で…

しかしまあなんかんときぶつかったら 母子家庭で、母親にふとももに包丁つきたてられた話が出まして。まあなんというか。

をれも虐待というかひどく殴られたほうなんで…竹刀でも叩かれましたし。その他にも痛烈な問題がまだ山積してますが
現在進行形なので。

348 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/08(月) 22:20:29.10
今日はすげー量ぶっかけられた。全身汁まみれ。

「ごはんの気持ち」より抜粋

349 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 17:23:27.30
をれは今回は血相を変えてすっとんできた。もうそこにはすでにナニが到着済みできったはったをしておる。服が
裂けてておちちのぎりぎりが見えそうになってるのは天の配剤か、桃色の突起がぎりぎりでまでみえてないところに
をれはそれを感じなくもないと思っていると見透かされて味方電撃くらった

しかたないのでばったばったとなぎ倒し本核へゆく。居た。わたしよりかわいい女の子は全員性産業に就けと
願ってる女が。をれは手加減なしでそいつの頭を木製バットでぶん殴る。死なない程度に。

淫波は止んだようだ。

「なあお前今年四十八歳だったの?」とたんにをれは失語症になり、ナニはかき消すように消えた。

せっかく高校生んときと全然かわんねえなと言おうと思ったのに。ん。しゃ、しゃべれます!!

350 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 17:31:07.51
608 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/10/09(火) 17:30:10.69 ID:UvuXX7N40
349 名前: 名無し物書き@推敲中? 投稿日: 2012/10/09(火) 17:23:27.30
をれは今回は血相を変えてすっとんできた。もうそこにはすでにナニが到着済みできったはったをしておる。服が
裂けてておちちのぎりぎりが見えそうになってるのは天の配剤か、桃色の突起がぎりぎりでまでみえてないところに
をれはそれを感じなくもないと思っていると見透かされて味方電撃くらった

しかたないのでばったばったとなぎ倒し本核へゆく。居た。わたしよりかわいい女の子は全員性産業に就けと
願ってる女(訂正:おかまが。をれは手加減なしでそいつの頭を木製バットでぶん殴る。死なない程度に。

淫波は止んだようだ。

「なあお前今年四十八歳だったの?」とたんにをれは失語症になり、ナニはかき消すように消えた。

せっかく高校生んときと全然かわんねえなと言おうと思ったのに。ん。しゃ、しゃべれます!!

351 :yaginu:2012/10/09(火) 21:19:52.30
「メガネ、メガネ」とのび太みたいな動きをしている現役女子高生と曲がり角でぶつかったわたしは、
現役男子高校生かつ童貞メガネであった。要するに、サルのようにセックスがしたかった。
ある日の朝の遅刻寸前の登校中の出来事である。
現役JKは「んあー」と言って吹っ飛んだ後首ブリッジ状態で静止した。掻い摘んで言うとわざと、汚くて臭そうな縞パンを見せてきた。
そして、なぜかわたしの掛けていたウエリントンメガネを装着して満足気であった。意味不明なのでスルーして全力疾走した。
たった一度の遅刻くらいで優等生のわたしの将来に傷が付くわけではない。しかし、当時は完璧主義者だったわたしにとっては死活問題であった。
今では某国立大学を中退して立派なニートであるからして無駄な努力であったことに相違ない。
必死の走りと雖も、帰宅部ぼっちガリ勉のわたしの足では、レスリング部部長で生徒会長の彼女を振り切ることはできなかった。
マウントポジションを取られたときに気が付いた。現役JKはメガネを掛けると実は美人ではないか、と。
わたしが「生きよ、そなたは美しい」と言ったら、彼女は「ブスは死ねってことか」と言って三角絞めを極めてきた。
失神。気が付くと全裸にされていた。彼女は騎乗位で腰振りまくっている。
「イメエエエエエエエエエエエエエジイイイイイイイイイイイイイイイイ!」と叫びながら何度も絶頂しているらしい。
わたしは心の中で結婚するならこういう女がいいと思った。
「出そう」「中はダメ」「えっ、でも……」「イチゴミルクができちゃう」「どういう意味」「責任取ってよ」「だから」「赤ちゃんできちゃううううう!」
「ビュルルルルゥッ!」「ドクドク」
おまけにアヘ顔ダブルピースまでしてくれたからよしとしよう。

352 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/09(火) 22:08:19.63
久しぶりに声出して笑った。おもしれーよおもしろすぎるよ。
こんな出会いってあっていいの。
正直うらやましい。

353 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 12:39:39.49
「おはようフェルプスくん。わたしが、しゃああずなぶーるMk.IIだ。」「少佐自分の名前はムバラクであります。」「どうでもいいなあ。まあ白い悪魔倒そう。」

「しゃ、しゃ、しゃあ少佐ァぁぁぁぁぁああああああああああ助けてくださいいいいいいいいいいい」「Mk.IIつけないとだめだよ。」「は?しゃ、しゃあ少佐Mk.II、少佐ぁぁぁぁぁぁぁぁあああああ!!」「アンカー撃って。仕損じるなよ。」

「たったすかりましたしゃあ少佐どのっ。ザクは大破しましたが…」「消耗品だよ、ザクはね。」

「あとMk.IIつけて。」

354 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 12:41:52.29
http://youtu.be/Fc2P4b-v9rQ

355 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/10(水) 20:22:44.44
空港のロビーでザクザクをグフグフ笑いながら読んでるおっさんがいた。
そこにドムドムと床を鳴らしてやってくる少年。
少年はおっさんに向かってギャンギャン喚いている。
どうも雲行きが怪しい。おっさんはジム的に聞いてるようにも
怒りを抑えているようにも見える。どうやら後者が正しかったようだ。
おっさんはいきなり少年を平手打ちしたのだ。そして間髪いれずもう一回。
少年は頬を押さえながら恨みがましく言った。
「二度もぶった。親父にもぶたれたことないのに」

356 :yaginui:2012/10/10(水) 22:14:35.49
うまいな。

357 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/11(木) 18:49:37.71
正負の法則

世の中はプラス(快)とマイナス(不快)が半々で出来ている。
良いことがあると、その分だけ悪いことがある。
出来事というより、感情のプラスとマイナスが存在している。
例えば、風邪などでお風呂に入れず、一週間ぶりに入ると気持ちがいいのは、一回のお風呂で、一週間分のマイナスを帳消しにするプラスがやって来るから。

どんなこと(もの)でも100%満足はない。
良く見えてもマイナスがある。
悪く見えてもプラスがある。

楽しい目的(旅行など)でタクシーを利用したら、運転手の態度が悪かったとか。
嫌な目的(仕事など)でタクシーを利用したら、良かったとか。

マイナス(不快)が起きないようにプラス(快)を少なくするか、プラス(快)を起こすために、マイナス(不快)をするか、気にしないか

358 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/11(木) 19:10:06.08

人は環境の生き物


ハリネズミがトゲで身を守るように、攻撃的な人(とき)は自分の身を守っている。

生物の一番の基本は生命の確保や維持だから。
環境に適する状態でいることが身の安全になっている。

人質が服従するのも、居候が温和な態度でいるのも、その状態が一番安全だから。

心を閉ざすのも、自分を隠すのも、他者から心を守っている。
人間の心も環境に適した能力を発達させる。
人から拒絶される恐れから、気持ちを察する能力が付くとか。

環境適応能力は必要なくなるときが来たら、消えてなくなるのか、魂の進化として保存されるのか。

359 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/11(木) 20:07:26.95
>>357
文章云々以前に書かれている内容が間違っているように思います

360 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/11(木) 21:53:56.30
おう真面目に書いてる奴がいるな。
いかんせん面白くはないが。

361 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/11(木) 22:07:17.07
よくも悪くも2chのレスにしかみえん。
2chのれすだったらみんなこんなもんでしょ。
創作なのか真面目に主張してる文章としてかいたのかネタレスなのか

362 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/12(金) 17:37:43.23
「すいませーん。ちょっと道を聞きたいんですけど」
「ええ、どうぞ」
「○○駅にはどうやっていけば」
この近くに三年間住んでいるが、聞いたことのない駅名だった。


363 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/12(金) 18:54:09.78
あるある

364 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/12(金) 19:13:03.90
そろそろ真面目に書いた作品も投下していいんだぞ、お前ら。
ようはバランスが大事って事だな。ふざけた作品8割。
真面目な作品2割。そんなバランスを僕たちは望んでいる。

365 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 04:43:49.13
「薫さん。」「ん。」「あのね、世界に、騙すって行為は無いんだよ。全部誤解。」なんか…言い出したぞ。

366 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 17:05:48.38

 谷川は歪んだ朝日をメガネを通して眺めた。メガネをはずしてもまだ朝日は歪んでいる。
カラスは人の声をまね電線から悠々と朝日を眺めては自己の存在をしめしている。木の葉をからめ捕り形をなしている風は谷川の背中を巻き込み彼の歩みを後押しした。
目を閉じるとカラスの声が電車の知らせを告げている。

谷川はホームの下に降り向かってくる電車を見透かした。

電車のライトは彼の姿を隠すほど強い光をあてており、すでに影すらも消していた。谷川は目を閉じ瞼の裏側で微かに見える人影を追った。

「これから死ぬというのに光は何を見せるのだ」

 走馬灯が彼の瞼の裏側で影を映し出している。
影の正体は青年であった頃の自分だと気が付いた。
谷川は影となった青年を追いかけた。影は走っても走っても一定の距離を保ちながら谷川から離れている。
追いつくことのない影を追いかけ続けた。走馬灯からはカラスが飛び立つ音がゆっくりと流れている。
電車はまだ遠いと感じながらも青年を追いかけた。谷川が走馬灯から離れるに従って影は薄くなりついに影は消えた。谷川は青年であった自分の記憶を失った。
振り返ると走馬灯の光は強くなっている。
走光性をもった虫の様に谷川は光に誘われて向かっていった。
走馬灯に近づくとカラスの羽音はなくなり変わって微かに振動をし始める。


367 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 17:32:38.07
 新月の夜、街の明かりは凝ったような暗闇をそこかしこに作り出していた。
聞こえるのは、遠くを過ぎる車の音、そして間もなく土中に篭る秋虫の囀り。
繁華街から離れた住宅地は静寂に包まれている。
 ステンシル文字で書かれた汚れた看板が括りつけられた門扉の影で、闇に
同化したものが微かに動いた。周囲の虫の音が一斉に止む。足音と
共に近づいてきた二人の制服警官が門扉を通り過ぎた。閉まった門扉を
軽々と飛び越えたものが、微かな着地音とともに警官の背後に降り立った。
背後の気配に警官達は身を強張らせた。誰でも持つ恐怖。それがもたらす
自然の反応。それが二人の運命を決した。
 右側の一人は、背後から延髄を鋭利な細いナイフで抉られて即死した。
 崩れ落ちる同僚を吊り上げた目で凝視した左が、慌てて腰の拳銃に
手を伸ばしたが、フラップを外すのに手間取った。皮手袋を嵌めた力強い手
が手首を締め付け、骨が軋む。小さな悲鳴を上げて身体を捻るが、喉と
顎の付け根にナイフを突き入れられた。掠れた悲鳴は一瞬で止む。中で
こね回されたナイフの先端が脳下部を破壊した。直下に沈む身体よりも早く
ナイフが引き抜かれる。ナイフの描いた軌跡に沿って、血の雫が飛んだ。
 周囲を見渡しながら、路面に転がった警官の制服でナイフを丁寧に拭う男の
顔を遠くの街路灯が照らす。短く刈られた髪、太い眉と鋭い眼が印象的な男。
右手だけでブレードロックを解除し、滑らかに刃をハンドルに収納した男は、
警官の装備ベルトを掴んで二人を左右の手で持ち上げた。小さいが気合の
篭った掛け声とともに死体を売り家の土地に投げ込む。血痕が塀に叩き付け
られたが、それは明るくなるまで通行人に怪しまれることもないだろう。
 警官が来た方向に落ち着いた足取りで歩き出した男は、ポケットから取り
出した携帯を操作した。
「排除完了。始めてくれ」
 それだけで通話を終え、携帯を戻す。交差点を左に曲がると、交番の赤い灯が
眼に入った。鼻歌交じりでその前を歩く。白々とした灯りが中で勤務する警官の姿
を照らしているが、男は自分の着衣に眼を走らせる。
 




368 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 17:37:38.71
こんな感じで書いています。お願いします。

369 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 17:39:50.04
93 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/10/13(土) 12:39:02.12 ID:hK7ooLuU0
にしからのぼったおひさまが ひがしへすすむ のは金星と だっれっがっきめたんだっ←…。http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121013123632.jpg

370 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 17:45:32.81
よしいいだろう

371 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 18:43:17.10
むかしむかし、あるところに貧しい暮らしをする老いた夫婦がありました。
爺さんは近くの池で魚釣りをして、婆さんは近くの山で山菜を採ってどうにかその日の
食事にありついていました。
ある日のことです。爺さんは木の椅子に腰掛けて釣り糸を垂らしていたのですが
ついうっかり、春の陽気に誘われうつらうつらとなりました。
竿がぴくりぴくりとひかれても、爺さんは夢見心地で気づきません。
ぴくりぴくり。うつらうつら。
ぴくりぴくり。うつらうつら。
ぴくりぴくり。うつらうつら。
がぶっ。ふんがふんが。
竿が急に重くなり、しなりました。爺さんは椅子から転げ落ちそうになって初めて大魚が
かかったことに気づきました。
「ふがふがふが。これは池の主かも知らんぞ」

372 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 18:58:01.79
むかしむかし で 「椅子」はいかがなものかと。


373 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 19:25:52.40
>>367
いいとおもうけど
冒頭、「凝った」は「こった」なのか「こごった」なのか。
「こる」「こごる」で辞書引いてほしいがこの場合、どっちも意味が通るのに
微妙にニュアンスが違うのでなんだか落ち着かなかった。

374 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 19:35:33.50
「椅子」の件は言われてはじめて気づいたわ。
さんくす。

375 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 19:42:31.69
>>370てめーはをれおおもはづふくやまましゃはるにした

376 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 19:47:28.32
>>366
あまりに抽象的すぎて物語に入り込めんなあ。
カラスが人の真似? 電車の到来を告げる? と頭が?で一杯になったんですが
調べてみたところそういった事例もあると個人情報ですがありました。
コラ、コラと怒っているように聞こえるとか。
しかしどうも一般的な事例ではないのでしっくりきません。

後半の走馬灯に関しては、その内容をもう少し具体的に書いてくれないと共感しようがありません。
走馬灯ってただ言いたいだけちゃうんかとつっこみたくもなります。

多分真面目に書いたと思うので真面目に批評してみました。

377 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 20:02:40.39
>>373
ありがとうございます。
「こごった」で入力し、何も考えずに変換して終わりにしておりました。
気をつけます。

378 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 20:22:19.20
ロンッ! 東北新幹線ッ!

379 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 20:30:07.72
ノミ手は、やめようね市民権まだない役なんだし。あと索子でよろ。

380 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 20:47:42.02
光を求めて僕は旅をしている。この暗闇に支配された空間の中でその小さな光はどこら辺に
あるのかさえ見当がつかない。ただ闇雲に僕は一歩一歩前に進んでいくのだ。
もう諦めてしまおう。何度もそう思った。だけど僕は惰性に引きずられ、また足を上げ下ろすという
作業を繰り返している。
もう本当に駄目だと思ったとき、小さな光が僕の前に現れた。

GOGOランプ、ペカリましたよ〜。
2319プレイで。
なにこのクソ台、壊れてんの?

381 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 21:30:49.89
よくあるよくあるぅ〜草木も眠る丑三つ時 トイレのドアがギギィと開いて…”かあさんちりがみー。”

382 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/13(土) 23:10:27.96
「やめてください。何するんですか。触らないでください」
同じ車両に乗っている女の悲鳴が聞こえてきて、僕は彼女を遠慮なく見た。彼女が乗り込んできたのは三駅前。その時から僕は彼女のことをちらちらと
気づかれないように観察していた。ローカル線という言葉がよく似合うこの路線にやってきたのは
若く肉感的で、その色気を遺憾なく発揮するタンクトップにほっとパンツという格好をした女だった。
こういう格好が似合う、様になる顔というものがあり、彼女の顔はまさしくその顔だった。
僕は何度もチラ見を繰り返したが、乗降ドア付近に立つ彼女に気づかれる様子はなかった。彼女は外を見ているようだった。
窓の外に移る景色は、地元に住み、何度も繰り返し往復し通学帰宅する僕に何の感動も与えない。
しかし彼女の目にはそのあぜ道で区切られた広大な田んぼやその先にある、太陽を突き刺すようにそびえる
T山は新鮮に映るのかもしれない。
たった三人しか乗り合わせていない車両。僕の目は、乗降付近に立ち外を眺める女と英単語帳の同じページ
を何度も行き来する。単語帳に書いてある単語は「Eros」だった。
エロス、エロス。アフロディーテの子供で恋愛の神。
頭の中で復唱してみてもさっぱり頭に入ってこない。
「やめてください。ほんとに嫌がってるの分かりませんか。いい加減にしてください」
さっきの悲鳴は聞き間違えではなかった。彼女はまた悲鳴をあげた。
僕は少し心配になって、僕と彼女の他にもう一人乗り合わせている中年の禿げた男を見た。彼は座席に深々と座り彼女のことを
凝視している。
「嫌、やめなさい、やめなさいったら」
彼女はあたかも自分の尻が触られているかのようにほっとパンツの背後の空間を手で払いのける。
狂っているのか?
チラ見を忘れた僕は、彼女の行動から目が離せなくなった。
その時、いつの間に立ち上がったのか、中年の男が僕の前を通り過ぎ彼女に近づいていく。
「駄目ぇ、駄目ぇ。これ痴漢モノのAVなんだからさ、そんなに本気で嫌がっちゃ駄目。
嫌よ、嫌よも好きのうちって感じだしてくんないかな」


383 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 14:25:42.62
「なにか聞きたいことありますか」「はい先生僕に女を教えてください」

384 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/14(日) 22:34:42.98
「やだなー、怖いなー」

385 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 00:20:29.05
明日俺が傑作投稿するからな
足を洗って待ってろよ

386 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 09:02:55.15
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121015082902.jpg

387 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 09:05:06.38
http://youtu.be/QEu5ESNDw1A

388 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 19:19:28.28
ロンッ。紅孔雀ッ!

389 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 19:56:05.37
中中中赤ウー三種絡めに鳥?

390 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 21:21:18.46
N氏は、と書き出したはいいが、その後全く筆が進まなくなったM氏は
N氏に会いにいって、なにかいいアイデアを捻り出そうと思った。
M氏がN氏の家の前までやってくると、N氏は庭で草刈りをしていた。
「やあ、こんにちは。きみが庭の手入れをするなんて珍しいな」
「そうかい。まあ僕も不思議に思っていてね。なぜだか朝起きたら庭の手入れをしたくなったんだ」
「君みたいな怠け者が駆り立てられたのはいったいどうしてだい」
「それがだね、今朝見た夢に亡くなった親父が出てきてね。夢の中で親父は必死に庭の草を刈ってるんだ」
「ほほう、興味深いな」
「おっ、何かが落ちてるぞ」
「なんだい?」
「夢さ。親父の夢さ。俺、親父の店、もう一度建て直してみる」

391 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/15(月) 23:26:29.07
公園の真ん中にある噴水、円形をしたやつなんだけど、その土手っていうの
そこで寝てるおっさんが寝返りうったのかしらんけど水の中に落っこちたから
どんな反応すんのかなって見てたら、そのおっさんいきなり平泳ぎはじめて流れるプールじゃないのに
円周まわりだしたんよ。
おっさん必死でさ、でもこっちは笑い堪えんの必死でさ、なにこのおっさんまだ夢の中にいんのって
思ってたわけ。そしたらどっかからやってきた野良犬まで噴水ん中入って、おっさんの後ろついてまわんのよ。
平泳ぎってつまるところ蛙なわけじゃん。流れ的に蛙、犬ときたらさ、俺もう、いても立ってもいられなくてさ
走って噴水に飛び込んでバタフライしちゃった。
気持ちよかったなあ。

392 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 11:05:43.05
おもろいな

393 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 20:06:23.45
勾配のきついT坂を登っている途中、健治は、後ろから誰かに声をかけられた気がした。
脇の杉林は、奥まで見渡せないほど暗く翳っている。
健治は足を止め、耳をすました。今度は、はっきりと聞こえた。
「坊や、ひざは痛くない? お姉さんが見てあげようかしら?」
「ヒッ」
健治の喉から悲鳴が漏れた。
「どうしたの? 怖がらなくていいのよ」
本当だったのか。なら振り向いちゃいけない。

T坂の都市伝説。健治がそれを聞いたのは、昼休みのことだった。いつも一緒に給食を食べる友人の和夫が得意げに披露した話を
健治はどちらかというと好物の八宝菜のほうに夢中になって聞いていた。
和夫は、どこかの怪談話の話者を真似たのか、声音を変えて必死に話していたが健治はむしろその和夫の必死さがおかしかった。
そもそもいつも通るT坂に今さら都市伝説じみた話が出てくること自体がおかしかった。
膝をすりむいた子供が夜、T坂を登っていると後ろから女−−サカシタチリコに声を掛けられる。
そしてもしその時振り向いてしまったら。
和夫は「ぎゃあああ」と叫んで話を終わらせたので結末が分からない。

「坊や、はやく見せなさい」
なんだかさっきよりも声が近くから聞こえてくる。逃げろ、逃げろと本能が喚いても金縛りにあったときのように
体が動かない。
突然、背後から冷気の塊のようなものに抱きつかれた。
じわじわと背中から入り込んだ冷気は、体の芯に向かっていくようだった。
「誰か、誰か、助けて」
健治は眠たくなるような感覚を振り払うように叫んだ。それはほんのかすれ声でしかなかった。
「おう、助けてやるぞっ」
坂の上から聞こえてくる声。健治の視界に炎のオーラをまとった男の姿が映った。
あ、あの人は。
「われはサカノウエノタムラマロである。少年よ、安心するがいい」

「で、どうなったんだよ?」
「それはまた明日の給食の時間に話すことにするよ」

394 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 20:15:50.67
人が精神崩壊してキチガイになる瞬間っちゅーのは怖いよな?

親父の弟が千葉でくたばってな、葬式も終わり
全部が済んだ その後の事だったんだよ。

お袋は叔父が死んだショックで精神がダメになっちまって
叔父さんに対する昔話をブツブツ呟き突然泣き出すを
繰り返しととう、ある日の夜 発狂しやがった。

恨み言を罵りながらドスドスと二階にあがって
雄叫びを叫んだ跡 わめきながら下に戻って

一階にあるものを見境なしに火にくべて燃やし始めた!!

灰皿、写真、カセットテープ、お酒、マッチ一箱
使い捨てカメラなどなど目に付くもの全部だ!

そしてとうとう、台所にある包丁を手に持った!!!!!!

親父に向けている・・・・と次の瞬間 自分の腹に向けて
切腹をしようとしやがった!! 親父が取り押さえてなんとか
無事だったがその後、親父の手に持たれた包丁を見て

「殺されるー!助けてぇ! 殺されるー!!」と大絶叫!!

結局、救急車を呼び連れて行かれた。
そして精神病院送り 2年も入院するハメに。

395 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 20:21:59.26
>>394
これ実話? 被害者意識に転じるところが妙にリアルなんだけど

396 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 20:31:58.78
ごめん、コピペ。

397 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 23:21:16.09
ここであげられるやつよりコピペの方が面白いってのはあるんだよな仕方ないけどさ


398 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/16(火) 23:56:13.38
でもとまらねーんだよ、空腹が

399 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 01:10:51.85
愛に飢えているのね

400 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/17(水) 21:31:45.17
今日は書く元気もない

401 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/18(木) 00:38:03.85
をれは空想の中できやぴきやぴのアイドルグループを組織してゐたこう
純白ベースの七色あしらいのふりふりミニワンピが基調の草原に花冠のイメージ と街角の輪軸でゆこーと
おもつてかふ 空想の中なので都合のよいことにみんなききわけがよい。で練習してると

なんと空想の中なのに黒い連中が文句つけにきやがった ジャージ着てたりロングスカートだったりジーンズだったり
黒髪だったり短髪直毛だったり

「おめーらおとなのおたのしみしてもいいよ期に我慢できなかったこらなんだしこうなれなくっても文句いうなや
おめーらの笑顔でゎ、世間をゆめごこちにできねーんだよほんわかとな!」

をれは思ったことおずばあっとゆうたのでふとももちゆうしんにして愛のつるしあげおくらつた 空想の中ですら
これなんだし実際のP業はたいへんだべえなあとをれは空想の中で意識を失い乍らおもつたのでぃある。

402 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/18(木) 21:40:09.28
とある城に、生まれてこのかた一度も笑ったことのない姫がいた。王は心配して
姫を笑わせた者を姫の婿にするとのお触れを出した。
数多くの男たち、老人も含め、やってきたが誰一人として姫を笑わせられなかった。
王は姫に聞いた。「どうしてお前は笑わないのだ」
「お父さま、私は笑うという感情がどういうものなのか分かりません」
「ほう、分からない? 例えばこの前やってきた道化師などは面白い奴だったではないか
あれを見てもお前はちっとも面白くないというのか」
「はい。どうして皆は笑っているんだろうと不思議に思いました」

どうにか姫を笑わせ、婿になり裕福な暮らしがしたいと思う青年がいた。
青年は人を笑わせる才能が自分にないことが分かっていたので魔女の力を借りようと思った。
森の奥に住む魔女は気難しい性格で知られている。青年は魔女に取引を持ちかけた。
「もし僕が婿になれたなら、あなたの望むものを与えよう。だから姫を笑わせる方法を教えてくれ」
「ふん、望むものか、いいだろうよ」
「では早速教えてくれ」
「この森の裏の山にあるきのこを食べさせるのだ」
青年は笑った。
「そんなもので笑うわけがあるまい。期待した俺が馬鹿だったのか。この取引はなしだ」
青年は魔女の家を出た。しかし青年はこっそり裏の山にいき、きのこを採ってきた。「一つ試しに食べてみるか」
青年はきのこを食べた。「あはははは、なんだこれは、あはは、笑いが、あはは、止まらないぞ」
青年は笑いながら城に向かい、笑いながら門番に用を告げ、笑いながら王と姫の前に出た。
「姫様、あはは、私が、あはは、あなたを、あはは、笑わせましょう」
青年は笑いながら姫に近づき、きのこを取り出し食べさせた。
「おっかしいー。うふふ。私、うふふ、どうして、うふふ、笑ってるのかしら」

青年に騙されて、失意の魔女は泣いていた。青年のことを愛していた。
魔女は裏の山にいき、きのこを採ってきた。「もうあんな嫌なことは忘れたい。私を笑わせておくれ、きのこ」
魔女はきのこを食べた。「うっ、これは。あははは」
魔女は笑った、自分の間違いを。

403 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/18(木) 22:18:14.47
「取引」の成立前に答え教えちゃったらこうなるでしょとしか言い様がない。



404 :402:2012/10/18(木) 22:32:36.54
これさあ、最後、毒きのこ食べたってオチなんだけど、この書き方で伝わったかなあ
なんかさあ自分で読み返してみたら、わかんねえよなあとしか思えない

405 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/18(木) 22:42:30.58
取引が成立していた場合魔女は何を望むつもりだったのか教えて!

406 :402:2012/10/18(木) 22:50:39.25
すまん、いつもこのスレに駄文書き散らしてる者だけど、思いつくままに
書いたから、魔女の望みとかまったく設定してない
いかんよなあ、そういうの

407 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 03:44:13.14
薄暗い室内に、上から下まできっちりとした黒いスーツで固めた長身
の男が立っていた。その男、ジョン・ロメオの脳裏には昼間観た安っ
ぽいポルノ映画の主演女優の裸姿が浮かんでいた。
暗いモーテルを撮影現場に選び、頬に刻まれた年輪を誤魔化そうとし
て、反って申し訳ばかりの照明が明瞭に時の劣化を暴き立てていた。
多分、孫がいても驚けない年齢の女だったに違いない。目の前の女に
も孫がいるのだから。ロメオは髪の毛についた枯葉を落とすように頭
を振った。
余計な思考は排除しなくては、今は仕事中なのだから。
手元には二十二口径の拳銃があり、目の前には猿轡をされた老婆が手
足を寝台の足に括りつけられている。ロメオは仮に自分が傍観者の立
場ならば、この状況にどのような解釈をこじつけるだろうか、と想像
してみる。彼にだって勿論あったはずの学生時代、グループディスカ
ッションのテストでもそんな問題があった。用紙に漫画のワンシーン
が印刷されていて、キャラクターの吹き出しが空白になっている。
場面から吹き出しの中身を推測しなさい、というあの問いだ。キャリー
ケースを提げた男に、中年の女が呼びかける絵。彼はその絵に「そい
つを置いてとっとと失せろ」と書き込んだ。隣の席の女学生は「旅行
に出かけるのですか」と書いていた。ハードボイルド小説好きの教師
は「キャリーケースには死体が入っていますね」と例文に出して、後
に校長からこっ酷く注意されていた。馬鹿な奴だなと笑ったが、その
教師のことは嫌いじゃなかった。
「おい、何ぼうっとしている」


408 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 03:50:12.10
黒い目出し帽を被ったずんぐりむっくりとした男が、酒瓶でも持つみた
いに大口径の拳銃をぶら下げてドア口に立っていた。男の名前はオノレ
・ド・バルザック、言うまでもなく偽名だ。いや、彼自身がそう名乗っ
たのではなく、ロメオが勝手にそう呼んでいるだけだ。男は下卑た笑み
を浮かべて「どうせ一夜の関係なんだ、名前なんて必要ない」と言って
いたが、呼び名が無いと色々と不便だった。熟年夫婦の様におい、とか
あんた、なんて呼び方は爺むさくて嫌だ。だから、男がインスリン注射
をしているのを見てバルザックと名付けた。名付けられた本人はバルザ
ックのことをどこかの俳優ぐらいに考えているらしく、気に掛けていない。
「顔を見られたんだ、生かしておけねえ、という台詞を三文映画だと吐くところだな」
 ロメオは肩を竦めてバルザックを見た。バルザックがつかつかと足音を
立ててこちらに近づき、老婆のこめかみに銃口を押し当てて、嫌らしい笑み
を浮かべる。脂がじっとりと浮かんだ小汚い鼻頭に、リビングから洩れる明
かりが照り返る。舌なめずりをして、老婆が涙で潤めた目で命乞いする様を
眺めている。このような光景を今夜だけで三回見た。

409 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 03:52:25.79
最初は人気のないガレージの奥で、この家の主人を縛り上げて鋸を
首元に押し当てた時。二回目はまだ幼い長女を、庭に置いてあった
スコップで殴り倒し、泣きだそうとして開けた口に拳大の石を突っ
込み、嬉々として首を絞めている時。三回目は人妻の顔面を原型が
無くなるまで殴りつけて、気絶した隙にストッキングを脱がしてい
る時だ。いい加減にロメオもうんざりしてきた。スプラッタ映画の撮影にやってきたのではないのだ、俺は。
 バルザックが引き金を引くのとロメオがバルザックの後頭部を銃
把で殴りつけるのはほぼ同時だった。どちらが先か、というとバル
ザックの方だったが、別に競い合ったわけではなかった。頭部が吹
っ飛んだ老婆には一瞥をくれたのみで、ロメオはすぐに作業に取り
掛かった。手袋を嵌めた手をしなやかに動かし、箪笥、クローゼッ
ト、ドレッサーといった金目の物がありそうな場所を開いていく。
だが、どこにもそれらしいものが見当たらない。しかし、焦らない。
焦ってはいけない。焦っては事をし損なう。ロメオはほんの二、三秒
の間外部の動きを完全に停止して、今自分がいる家の俯瞰図を脳内で
作成し、自分ならばどこに、という思考から小金を貯めるケチな婆に
なったつもりで考え直した。しかし、これは上手くいかない。だから
今度は三次元的に家のあらゆる箇所を捉え、注目する。老婆は足が悪
かった。もし、家が火事になったりした場合、あるいはこっそり金が
要り用になった際、すぐに、それでいて誰にも目撃されることなく金
を取り出せる場所、それはどこか。ここは老婆の自室、金があるとす
ればやはりこの部屋だろう。


410 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 03:56:39.16
 思いついた途端目を見開き、身体は既に動き出していた。部屋の隅にあった本棚、
手当たり次第に引き出していくと、妙に装丁が分厚い本がある。表表紙が不自然に
膨らんでいた。このような細工はすぐに分かりそうなものだが、タイトルが問題だ
った。「正しい余生の送り方」などというタイトルの書籍を手に取るのは、棺桶に
片足を突っ込んだ人間しかいないだろう。残念ながら正しい余生を送ることは叶わ
なかったが、本当に正しい余生を送りたかった訳でも無いようだ。本を開いても読
んだ形跡がまるでない。単に分厚く、タイトルのインパクトから購入した本なのだ。
 ロメオは本の表紙をナイフで裂き、薄いビニールカバーに包まれた預金通帳を取り出
した。パラパラと捲ると、大体五十万ドルの残高が残っていた、二週間前には。しかし、
突然全額下ろされている。
 彼は脱力し、その場にへたり込みそうになった。強烈な眩暈が襲い、ここ数日緊張と高
揚から眠れなかった疲労がどっと押し寄せる。だが、残念がってもいられない。すぐにで
も家を出なくては。


随分長いですが、もし宜しかったら評価して下さい。

411 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 09:33:28.18
最近預金おろしたんなら大金が家にあるとおもって必死で探すんではないの
と思う それ以外は何も文句ないです

412 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 11:40:41.58
日本語がなんか…こう…

あまり、読書習慣が無い人の文章という感じだ

413 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 17:20:11.09
>>412
分かる。何だか変に気取った文章を書こうとして失敗している感じ

414 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 19:42:12.63
全体的に読みづらかったけど、まあ個性的と言えば個性的なんで、それはそれでいいとして

>暗いモーテルを撮影現場に選び、頬に刻まれた年輪を誤魔化そうとし
>て、反って申し訳ばかりの照明が明瞭に時の劣化を暴き立てていた。

これはひどい悪文だ。文章も悪いが、えっ、いつの間に回想シーン入ったの?って。
暗いモーテルを撮影現場に選び、←これの主語は?
もっと分かりやすく、その女は暗いモーテルの部屋にいた。〜ではじめりゃいいじゃん。



415 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 20:16:20.30
よっしゃああああ、今日も書いたるか、とりあえずノーアイデアなんでどっかからお題拾ってこよう

416 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 20:48:48.68
 学校の休み時間、図書室で本を読んでいたら、不意に視界の右手から手が伸びてきて、僕の腕を軽く人差し指で突いた。
手の方向を振り向くと、色白の女子生徒が席に座って、ノートに何事かを書き込んでいる。僕を指で突いたのはこの子だろ
うか、と考えていると彼女はノートをこちらに押し出した。そこには流麗な文字でちょっと出て来られない? と記されて
いた。軽く頷くと、女の子は静かに立ち上がり出口へと向かった。僕はその後に続いて図書室を出た。窓からほんわりと柔
らかい陽光が差し込んでいる。昼休みはずっと図書室にいるため、この場所にいる時限定だけれど、どの季節であっても日
の差し込む角度から大よその時刻が分かるようになっていた。数少ない、それでいて誰にも自慢する気にならない僕の特技だ。
 女の子の名前は知っていた。隣のクラスの北条皐月だ。彼女と僕の間にまるで接点は無いけれど、何度か他の男子生徒から話
を聞いたことがあり、廊下ですれ違うなどをして、頭の中で像を作れる程度には情報を仕入れている。
 ちなみに、聞いた話はどちらかというと悪い性質の話だった。つまり噂された本人が耳にしたら、悲しむような話だ。僕はあ
まりそうした話に加わることが好きでないけれど、仕方ない。どんな環境でも付き合いというものはある。
 彼女は廊下の壁に自分の体を埋めるようにして凭れかかっていた。肩の辺りまで伸びて、綺麗に切り揃えられた黒髪が揺れた。
彼女が何のために僕を呼び出したのか、僕自身には全く見当もつかない。

 酷評オナシャス!


417 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 20:56:09.65
ノワールの文体ってこういういうもんだと思うし俺はいいんじゃないかと思う。

ただこのスレでこった文体で勝負するものを持ってこられても
「わかりやすい文章を書きましょう」か、
「すでに書かれた文章に似てるからよい」みたいなことしか言い様がないと思う。
文体が破綻せずに世界を作れるかってのが見所になるのに、
長いって言ったってこの程度の長さだとなんとも言えないし。
匿名掲示板の書き込みで個性を評価したり個性のなさを非難しても意味がないのだし。


418 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 21:09:04.05
>>416
情報の出し方が全般によくない。
最初の文の冒頭、読者は「(たまたまこの日は)学校の休み時間、図書室で本を読んでいた」
という読み方をするものなので、いつもそうだ、「昼」休みだ、というのは
できるだけ先に出したほうがいい(もしかしたら全部最初だと重くなるかもしれないが、
全部あとなのはよくない)。
図書室にいつもいる、のは単に情景描写であると同時に
僕の性格描写の一部もなしているはずだが、
それが女子の容貌やうわさなどの情報で途切れる形になっているため、
両方の人物像が頭に入りづらくなっている。

関心が持ちづらい。


419 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 21:10:06.92
>>418の最後の1行消し忘れ。

420 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 21:26:31.37
おう、いいだろう

421 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 21:37:26.58
「お前は売女だ」
「やめてそんな言い方」
「お前は淫売だ」
「やめてそんな言い方」
「お前は尻軽だ」
「やめてそんな言い方」
「じゃあやめる」
「やめないで」

422 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 22:02:36.74
 昼休みに図書室で本を読んでいると、不意に軽く右腕を突かれた。
 驚いて隣を見ると、色白の女子がノートに何かさらさらと書き込んでいる。
 彼女は顔を上げずにノートをこちらに押しやった。
 (ちょっと出て来られない?)
 走り書きにしてはきれいな字だった。

 軽く頷くと、彼女はノートを左手にそっと図書室を出た。僕はそのまま本を読むふりを
していたが、いかにも急用を思いついたといった素振りで席を立った。廊下の窓から
ほんわりと柔らかい陽光が差し込んでいる。この時間はいつも図書室にいるので、
この校舎の一角にいる時限定だけれども、どの季節であっても陽光のつくる影の位置
から分単位で時刻が分かる。数少ない、それでいて誰にも自慢する気にならない僕の特技だ。

 女の子の名前は知っていた。B組の北条皐月だ。いちども話したことはないが、友人達
との会話に時折名前が上がることがある。
 噂は、ほとんどの噂がそうであるように、どちらかというと悪い部類の話だった。つまり、
本人が耳にしたら、怒るか、悲しむかするような話だ。北条がどちらかなんてことはもちろん
知らないが、知りたいとも思わなかった。
 僕はそうした話に加わることがあまり好きではない。そんなときはいつも気のない素振りで
適当に相槌を打って、辛抱強く話題が変わるのを待った。
 彼女は廊下の壁に頭をつけて凭れかかっていた。僕に気づいて視線を上げると、肩の辺り
まで伸びて、綺麗に切り揃えられた黒い髪が揺れた。北条はまっすぐに僕を見つめているが、
僕を呼び出した理由はその表情から何も読み取れない。


423 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 22:06:10.51
だからなんやねん

424 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 22:14:10.56
ぼくは毎日同じ窓際で仕事をしているのですが、
同じ時刻なのに毎日太陽の位置が少しづつ変わっていくことはわかるけど、
逆に太陽の位置から時刻を当てるなどという芸当はできません。

425 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 22:19:16.89
陰の位置ってかいてあるだろーが、よく読め窓際

426 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 22:26:30.42
分単位で時刻なんかわからんだろ

427 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 22:28:11.76
影がこうなっていってるから季節がこっちにむかってる

と書くほうが意味があるな

428 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 22:29:26.43
すまん、意味不明

429 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 22:31:42.82
影が昨日より(短くなっていく・長くなっていく)からもう(はるなつあきふゆ)が近い
とか書くほうがよくわからない特技をかくよりまし

430 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/19(金) 22:39:05.35
よしいいだろう

431 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 00:20:23.25
「おい、最近村の外にピンクのスライムが出るって話、知ってるか?」
「いや、それは知らなかったな。でもあれだろ。どうせ雑魚なんだろ。メタルじゃないんだしさ」
「ああ、すげえ雑魚だ。でも驚くのはここからなんだよ。そのピンクスライムを狩りまくってるのが肉屋の主人なんだ」
「もちろん、肉切り包丁で狩ってるんだよな」
「おい、茶化すなよ。お前、最近あの店で肉買ってるか?」
「ああ、三日に一度くらいはな。オークの肉とか、キメラの肉とか」
「そいつはまずいな」
「なにがまずいんだ」
「そのオークの肉なんだがな、お前、ピンクスライム肉食わされてるかもしれないぞ」
「なんですって」

432 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 01:13:43.93
>>422
きれいな字 のところ、青いペンだの薄い鉛筆だの、短い字数でイメージが
もっと豊かになるので、ひとこと添えておきたい。
2段目最初、軽く頷くと は文法的には彼女が頷いたように見える。
次の、時間が分単位でわかるのところ、不自然だが、もしこう書くのなら、
何時何分だ、とまでかかないとなぜ書かれてるのかよくわからない。
「どの季節であっても…分かる」っていうのは、「何年いるんだ?」と思わせ、
青春小説にそぐわない。青春期の「僕」は校内の風景を見慣れたつもりで
本当はろくにわかってないってのがセオリーで、
かりにこういう変なことが分かるキャラを出すなら「僕」にはしないで脇に回したほうが
無難だと思う。
そもそも影で時間がわかるなんて、これまで本当に読書していたのか疑問がある。
授業中、外ばかり見ていたらわかるようになった、という類の、
いやいやいる場所での怠惰や退屈の象徴として使うべきものだと思う。
女子、彼女、女の子と変えてあるが意図が感じられない。とくに一度「彼女」と出したら、
そこで特定の人物になってるはずで、そのあともう一度「女の子」という一般名詞に戻ってさらに
名前を言うというのはよくない。
時折名前があがるのに、容姿、成績、特技や部活の話題でなく
いきなり「噂」で入るのはどうも中高生的でない気がする。
しかもその噂がなんだかわからないが男女関係の噂なら、なんで
容姿等の前フリなしにいきなりそこかもよくわからない。









433 :大河原博文氏 ◆KHEcL71icf4Q :2012/10/20(土) 01:35:28.26
>>422
つまり淫乱女ってことだよね。
なぜ率直に簡単な言葉で書かないのかなあ。
ぼくなら一行で書くね。
B組の北条皐月は噂通りの淫乱で初対面のぼくのちんこをしゃぶってくれた。

434 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 01:40:58.40
うん、たしかにそのほうがインパクトあるな

435 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 12:21:46.05
>>422
友達以上恋人未満の二人の関係がいいなあ
冷静と情熱の間を揺れ動く心理


436 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 13:33:43.79
体を起こして部屋の中を見回すと自分の部屋でないという事が最初に分かった。
狭い一室で、自分が寝ていたベッドが部屋の半分ほどの面積を占めている。フロー
リングの床には脱ぎ捨てられた衣類が雑然と散らばっており、慌てて自分の格好を
検めるときちんと上下共に身に着けていたので安堵する。
(誰の部屋だろうか……ここは)
 少なくともいかがわしいホテルの一室という訳ではないだろう。もっとも私はそん
な場所に足を踏み入れた経験さえ無いのだが。あくまで想像と比較して、の話だ。
 床に足を下ろすと針が刺すように冷たく、驚いて一瞬引っ込めてしまった。今更靴
下を履いていないことに気が付いた。仕方ないので足の裏には少し我慢してもらい、私は部屋
を物色し始めた。しかし調度品の類は少ないため、調べる物などそれ程ありもしない。結局自分
が誰の部屋にいるのか、肝心なことは何一つ分からなかった。
 当然、昨夜の記憶を思い起こそうという努力は先刻より続けている。だが、霧が掛かった
ように昨晩何があって、自分は何をして最終的に他人のベッドで寝る羽目になったのか、と
いう部分の記憶だけはっきりしなかった。どうでもいいこと、例えば朝食のメニューや洗面
台の歯磨き粉が切れかかっていたこと、なんかはすぐに思い出せた。
 取りあえず、外の様子を確かめよう。先程より太陽の光を中途半端に遮っていたカーテン
に手を掛け、思い切りよく開いた。


437 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 13:53:10.72
>>436
一番やっちゃいけないことをやってる文章例って感じ
矛盾や、納得いかん!てな場所があちこちに。

・身体を起こす前に、他人の部屋なら目を開けた時点でわかるから、
まずは飛び起きるんじゃないのか。
・女らしいけど、動揺が一切無いのはなぜ?
・脱ぎ捨てられた衣類は誰のもの?
・ホテルの一室ではないと思わせる具体的記述がない
・針が刺す→針で刺す
・この場合、床の描写が欲しい
・部屋を物色するなら、衣類を調べるだろjk
・昨夜の記憶、という文章と、朝食の記憶、が結びつかない
・洗面所の歯磨き粉とは、誰の部屋の?このなぞの部屋の話?寝る前に磨いた?
・どこかわからないなら、まずカーテンを開けるか、ちらっと外をのぞくのがデフォ

思いつきで書いた感ありあり。
文章は,上記の矛盾のせいで、非常に読み辛い。


438 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:02:52.34
まあそんなにきつく言ってやるな
なぜか知らんが俺は男だと思って読んどった


439 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:10:11.45
酷評スレだっつーの

440 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:15:46.16
よく知ってる少年の作文を読むことになった。中学年の子だというがまあどんなものかひとつ読んでみるとするか。

『負元物語』を読んで

”民ちゃん”よくオンナと間ちがえられる民ちゃん。このような文章で始まるところを読んで、考えたら、×(少年の名
なんて名前より、ずっといいなァーと思いました。ぼくは、男なのに×って名前で、おかっぱ。お客さんからは、「女の子。」
転校したての時は、「おなごが転校してきたゾ。」まったく、イヤになってしまいます。
通信ぼが良、可、そして赤ざぶとんとよばれてる不可しかない勝元君。ちょっと読んだだけならどうしたんだろう、
勉強しないのかなと思う。でも、勝元君には、頑場っても頑場っても10の次は101にならないで11になるのとか、
時計の読み方でにんじゅつを使ったみたいに、ふん、ぷん、ぶんの変わり方がわかんなかったんだから、しょうがないんだ、
とわかりました。
こんな勝元くんに、松葉ぼたんという友だちができました。眞赤でとても美しい松葉ぼたん。勝元くんには、人間の友だちより、
このような友だちの方がとても良かったんだろうと思いながら読んでいました。それに、花も、勝元君が来ると、最高の
笑顔を見せてくれて、ほんとうによかったと思いました。それなのに、級友の亀吉は、勝元君にとって一番の友だちの花を
とってしまった。ぼくだったら、こんなことされたら、もうおこっちゃって二、三発ぶッとばすところですが、ただ泣いている
”泣き元君”の気の弱さがすごくよくわかり、かわいそうでなりませんでした。
先生が話していた話を知っていたら、ぼくだって、ひそひそ声で話し出すにちがいないと思います。勝元君もこらえきれないで、小声で
しゃべってしまい、先生はおこって出ていってしまった。とたんに、みんなの目が勝元君君の顔へそそがれました。でも、
そのとき亀吉が、勝元君をかばったので、イヤなやつだけど、いいとこあるなあと思いました。


441 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:17:15.00
放課後、落ちていた小石をけったら、下駄のはなおが切れ、ひろおうとしたら、道具がころがりでた。ぼくだったらべつに
なんとも思わないでひろうだろうけど、負元とよばれ、亀吉は転校してしまい、その上、気の弱い勝元君だから、悲しくて、
かなしくてしょうがなかったんだな、と思います。
そんな中で見た小さなやせ細っているけども、元気に歩いている母を見て、勝元君は、負けるものか、と誓った。勝元君は、母を見て、
自分ももっと頑場らなきゃならないんだ、ということが分かったと思う。
この本を読んで、強く感じたことは、名前やそんなことでたいしたことはない、用は、明日も明後日も、頑場りつづければいいのだ、ということでした。

少年はのちに遠藤周作のケケケと笑う、優等生固有の闇と、忌野清志郎のほうに傾く。つまりこのとき結句文にまごころは宿ってないんである。
子どもってあわせてきますな大人に。や他にもなんだこりゃがありますがこの文。それはメリーポピンズ赤毛のアンでやや解決意を強く系。

442 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:20:30.05
>>440
おまえこれどう見ても中学生の作文に見えねえぞ
文豪が書いた文章にしか見えねえじゃねえか
勝元のこれからの活躍に期待

443 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:21:51.86
よし続けろ

444 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:22:00.57
中学年だそうだwww
もっとヤバスw

445 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:23:39.93
おいおい早乙女勝元しらねーの太陽の子兎の眼。

446 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:25:57.65
このころの愛読書はドンマローニ「外人はつらいよ」サトウサンペイ「スマートな日本人」だな。デブの国ノッポの国、
アスパラガスで鉄砲はうてない、チョコレート戦争(邦版。

447 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:26:01.80
どこがいいんだよ 小学生であることを割り引いても才能のかけらもない駄文

448 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:26:59.95
>>445
おま、それは別人w
早乙女勝元は、東京大空襲の人だ

449 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:27:37.73
お前九歳でこれ書けたか。まあ率直でない者はなんでも言えるし書けるが。ただ矛盾がいつか露呈するものだ。

450 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:28:41.82
>>448
あっそうだっけ。ふーむ。まあ、一応知ってる人ではあったよ早乙女勝本。題材になってああ早乙女さん的反応。

451 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:30:53.45
あいにく知らねーな
知ってたからなんだって話だがな

452 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:34:12.29
そのー 五、六歳で小川未明新美南吉宮澤賢治あたりを浴びるように読んでいたので全集でそのウイキョウぃゃ影響。

40近くなって室生犀星にその頃思い出す面会をしたなっ。同時期にモーリヤックテレーズデスケイルゥ。遠藤周作へんへいが
そしっていた彼女だがをれは好きなキャラクター。

453 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:35:20.47
病んでる…

454 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:37:09.70
虎の威を借るきつね、超ウケルんですけどwww
おまえのオリジナルの文章出してみろっつーのwww

455 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:38:42.62
まだわかんねーの。をれの文章だけど。あと、ここでageで書いてるのだいたいをれ。直近のは想像アイドルとアンチ女。79 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2009/12/13(日) 14:00:29 ID:5/3fXryR
スパイ工作員の特徴

‐自国はもう駄目だおしまいだと叫びまくる
‐外国人は優秀、意外に親切だと褒めまくる

スイスの民間防衛より


456 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:40:45.64
一行目にそこまでずばあっとストレートに釣られる香具師がモサモサをるとゎ日本人純朴にみがきがかかったな。

457 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:43:06.53
なんで一人で勝利宣言してんの。馬鹿なの

458 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:44:46.82
>>456
よし続けろ。正論だ

459 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:48:22.91
平生より健康に気を遣い、自分よりも地位の高い客人が徐に煙草を取り出しても語気荒く「俺の前で吸うのは止めてくれ」
と言い、口に含む食べ物の成分表には必ず気を付け、適度な運動が大事だと言って夜のジョギングを習慣化させていた富士
の爺さんが俺よりも先に死んでしまった。最期に発した言葉が長生きしたい、というのだから尚更人生という奴は度し難い、
嫌な奴だ。富士の奴が俺より先に死ぬなど、どう考えても道理に合わないではないか。
 長生きなど何も良い事はない。そりゃ七十、八十まで生きるぐらいならば家族もニコニコ笑ってデカい誕生日ケーキに太い
ローソクをブスブス刺してくれるだろうさ。だがあんまり長く生きていれば分かるものさ、周りの人間からの目が少しずつ家族
としてではなく、いつまで経っても金が出て来ないキャッシュディスペンダーとして老人を見ているのだという事が。少なくとも、
俺はそういう風に家族から扱われている。口に出して「さっさと死なねえかなぁ」とまでは言われないが「お爺ちゃんは本当に長生
きですね」とか「ギネス記録でも狙ってみますか」とか目の笑っていない笑顔で言われたら多少人の気持ちに疎い俺でも「何だか妙
だな」ぐらいには感じる。
 俺は先程昼食として供されたスープの入った皿を取り上げ、庭の地面に流した。地面にいる無数の黒い蟻がスープに集り、喜んで
いる様子が見られたが、しばらくすると動かなくなった蟻が点々と出てきた。その様子を見ながら俺は莞爾と笑う。本当に、長生き
などするものではないなあと思いながら。


460 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 14:52:26.29
おまえよくこの空気の中、真面目な文章投下できたな
よしいいだろう

461 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:09:34.42
>>459
>尚更人生という奴は度し難い、 嫌な奴だ。富士の奴が俺より先に死ぬなど

ここは引っかかる。奴は、人なのか、人生なのか。
表現を統一させよう。

・キャッシュディスペンダー→Cash Dispenser サーだ
・老人になって初めて「金の出ないCD」と見られるわけではないのでは? 
そうじゃなければ、わざわざ「金の出ないCD」に例える意味は無い。
若い頃からCDとして見られていて、老人になったから「金の出ないCD」、という意味なら、
それは、老いではなくて、「俺」という人間の問題だろう。
てことは、この文章のテーマである、長生きはするもんじゃねえ、には添わないよね。
・黒蟻は、スープなんてたからないと思う。たかるならジュースだな

462 :大河原博文氏 ◆KHEcL71icf4Q :2012/10/20(土) 15:20:12.36
>>459
何で語ってんの?

463 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:21:45.55
虎の威を駆るじゃなかったっけ。

464 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:22:17.90
>>462
日本語で。おk?

465 :大河原博文氏 ◆KHEcL71icf4Q :2012/10/20(土) 15:23:28.84
なるほど。通じないか。勉強になりました。ありがとうございます。

466 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/20(土) 15:50:07.92
何で語ってんの?という唐突な不躾質問は 引っ込め大言壮語野郎の含意が伴うことを共有基盤にしない香具師は
しょうーじき半島に簀巻きにしてのしつけてAirMailしたいこの気持ち理解したほうがいい。

467 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 00:13:34.86
帰ってきたぞ、なんか書こうかな

468 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 00:20:48.75
まあ皆さんギスギスせず仲良くやりましょうや

469 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 02:49:59.70
そりゃかまへんが半島統一したらきちんと海の向こうより書き込んでくれたまえ。

470 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 03:11:46.01
トットナムvsチェルシーが面白すぎて書くどころじゃなかった
いやあチェルシーすげー魅力あふれるチームになってる

471 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 05:53:18.39
アナタァニモォ

472 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 17:34:30.25
自分よりも遙かに上手い文章を書いている人がここで
酷評されているのを見ると、胸がムカムカしてきた

473 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 17:38:58.80
気にするな。
遙かにうまい文章を書く人間は、
酷評する人間のアホさを理解して失笑しながら受け止めている。

474 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 17:44:35.52
ここはプロの文章だって酷評するスレ
酷評をいちいち気にするようじゃまだまだだ

475 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 17:47:23.29
いや、気にしていいんだけど、そんなことでいちいち落ち込まないってこと
>>418 >>432あたりはあながち的外れでもないしな

476 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 18:03:34.38
ここにそんなに上手い文章あったか?w

477 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 18:08:59.45
まあけど真面目に酷評してる奴らは貴重な存在だよ
言うなればジュゴンだな
あの短い文章でここまで細かく分析するかってかんじ
そして一言感想で喰らいつくのはピラニアな


478 :大河原博文氏 ◆KHEcL71icf4Q :2012/10/21(日) 18:20:35.51
>>472
真面目に酷評している奴らを貶めるようなことを書くなバカ。
上手い文章の擁護がしたいだけなら具体的に書けよ。
低能が。

479 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 18:25:32.55
おれは「だったらなおさら俺なんて」と不安になったという意味で別に評者をdisってるんじゃない
と読んだ

480 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 18:28:40.12
おれは胸がドキドキしてきたぞ。

481 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 18:30:54.87
>>472
お前の文章を読んでみたい、晒しなさい

482 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 19:00:00.94
酷評お願いします

 食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋なんて秋の顔は観音様みたいに様々あるが、
そんなものは実際に食って、遊んで、エロ本を読めば自然と実感するのではないか。
まあエロ本は読書とは言わないが。そんなことより、こうやって偉そうに文章で言わなくても、
みんな自然と昔から秋とはどういうものか感じているのであろう。

秋空はすこし心さみしいくらい雲がなく、どっかの画家が傑作じゃとばかりに描いたような単調な青空が広がっている。
空を見上げながらどっかに雲がないかなーなんて探しても、やはり雲一つない晴天だ。
空を眺めてもやはり何もないのでしばらくすると目が暇になって今度は木々たちを見ることにした。
木々たちも彼らは彼らなりに秋を実感しながら生きているのだろうか、
頭を緑色から黄色にイメチェンして秋を楽しむ者もいれば、
赤色に染め上げていかにもロックな感じを出している木々もある。
ああやって自然も秋を楽しんでいると思うとなぜか彼等も生きているんだなーなんて思ってしまうのである。


483 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 19:01:01.78
朝からこんな秋を肌で感じている私はおそらく幸せものなのだ。
とそんなことは後になってわかるはずなのになんだか秋風は
「今実感してください」と言わんばかりに俺の頬をなでている。

「秋かぁー」
秋風に言わされたか言いたかったのか分からないが俺の口からはそんなあたりまえの言葉が出ていた。別にだれかに言いたかったわけではないが隣にいる幼馴染はこちらを振り向いてニコニコしている。
「秋ですぞぉ〜」
ああ、わかってるさ俺もさっき言っただろう。
秋空の下爽やかな顔をこちらに向けてニコニコしながらハルカは言った。秋のさわやかな感じと相まって今日もこれまた牛乳のCMに出てきそうなくらい爽やかな顔でハルカは空を見上げた。
「雲一つないですぞぉ〜」
「ああそうだなぁ〜」


484 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 19:01:54.10

ハルカの声につられてかアホみたいな声を俺も出していた。俺達は秋空を見上げて、三度秋か〜と感じていると俺は電柱にぶつかった。
「ダイちゃんなにやってのぉ〜秋だからって呆けちゃダメですぞぉ〜」
 ハルカの語尾の方かぼけてるんだけどなぁ〜なんて思いながらも空を見上げて電柱にぶつかるなんて呆けている以外何者でもないのでとりあえず俺は黙った。
「あはは、鼻血でてるぅ〜」
鼻の下に手を当てて自分の手を見て確認すると、指先がもみじの様に真っ赤に染まっている。

まだ途中ですがここまでの内容を酷評お願いします。

485 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 19:23:52.83
リッチ ラグジャリー感が決定的に乏しい。ラグジュアリィがラグジャリーな感じだな。

たとい全世界の人類全員同じインカムになってもぜいたくを忘れてはいけないそれは人生のうるおい。

486 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 19:34:58.82
>>482
他人に読ませようとして書いているとは思えない文章だ…
「、」を自由に使いこなせるようになると、
文章の雰囲気もガラリと変わって来るんじゃないかな。
ラノベを読んだ事は無いけど、ゆるい日本語が通用する世界なの?
にしても、とりあえず、読み手が読み易いかどうかは大事だと思った

487 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 19:41:42.81
>>482
ありがとう。君に感謝を伝えたい

488 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 19:45:00.43
>>486
すみません読みやすく書いたつもりですがだめなようです

>>487
ええとわたし何かしました?

489 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 19:47:32.61
ただ作品を投下するという行為ですが、そこに僕はいつも感謝の心を忘れないでいたいのです


490 :大河原博文氏 ◆KHEcL71icf4Q :2012/10/21(日) 19:51:57.00
テンプレを読んでいないのか>>482-484はそれぞれ別の作品なのか。
そんな気分。

491 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 19:54:54.63
>>490
お前、まともなことも言えるんだな

492 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 20:04:15.56
ユーチュウブに流れている小説ゆきえ 漫画?アレ何ひどい最低

493 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 21:17:50.60
>>482
最初の4行は、あとの情景とは別のことを言ってるのだから、いらない。
「どっかの画家が傑作じゃとばかりに描いたような」はよくわからないので、いらない。
「空を見上げながらどっかに雲がないかなーなんて探しても、やはり雲一つない晴天だ。」はその前に書いてあるので、いらない。
「しばらくすると目が暇になって」は内容から明らかなので、いらない。
「木々たちも彼らは彼らなりに秋を実感しながら生きているのだろうか、」はあとに出てくるから、いらない。
最後の「なぜか」は、なぜか明らかだから、いらない。

のんびりした情景をかきたいからと、のんびり書く事はおすすめできない。

494 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 21:22:03.14
秋空はすこし心さみしいくらい雲がなく、単調に広がっている。
空を眺めても何もないので今度は木々たちを見ることにした。
頭を緑色から黄色にイメチェンして秋を楽しむ者もいれば、
赤色に染め上げていかにもロックな感じを出している木々もある。
ああやって自然も秋を楽しんでいると思うと彼等も生きているんだなーなんて思ってしまうのである。

↑これでものんびりしてるのはわかるでしょ? (これでもういいってわけじゃないけどね)


495 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/21(日) 21:49:01.82
読書の秋とエロ本が致命的に結びつかないな。エロ本って春のイメージなんだよね

496 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 03:07:54.66
 エロ本は梅雨の雨にうたれそのかさを増し膨らんでいた。ぼくは手に取り頁を繰ろうとしたがもう乾きかけていて
印刷がはがれいぎたない白い下地をコラージュして破れた。ぼくは舌打ちをして地面にその塊を置きなおす。

 幼馴染の女の子たちがそういうおとなの女になるのだという実感は薄いというか、そもそもそういう発想が無い。
だって小学二年生なんだもーん。そんなこと考えてたらなんつーか外道の更に外周まわりですな。サンリオキキと
ララジミーアンドパティとともに小説宝石の太目の熟女ヌード並存がぼくの持ち味だという客観性はまだ芽生えてない
みんなそうだと思ってるのでねまだ。この、精神構造の無知無自覚の時系列をごちゃまぜにしてみるのはヴォネガット
敷延のものである。あるいは現金に体を張れ。千栄子の母親とセックスする妄想に永年とらわれてきたがそれは、
小学二年のとき読んだ富島健夫「初心な浮気」の恋人の母親とのセックスシーンがちょっと濃密すぐたからすに
きっと。フフフ坊やいらっしゃい系で まったくない とこが問題でありポイントだ。

 どんな熟女も少女に戻れる隙を伺ってるとゆう眼が半開きになる仮説にたどりついたのもそういう思索の到達地点では
ある。

 おっなんだっ この駄文、仮面の告白つー香具師かに。うひっ。まーこのー パナマ運河法っすに。ひあういご。

497 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 03:12:28.12
ねえねえ出だしまじで王道文学ちっくだったよに!!おめーらはばかか!←ばかってゆーひとがばか。←あらーちゃんとだれにでもそれゆうてる?

498 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 06:51:10.06
姉ちゃんのボディーを一種のインスタレーション(美術展示物)として楽しんだ逸話をお話します!
中1のとき、高1の姉がいて。進学校の女子高生。ボクには憧れだった。
当時、ボクの部屋には霧ケ峰てクーラー完備。なぜか姉の部屋にはなかった。これはズルいてことで、真夏には時間をきめてボクの部屋で、姉とボクの交代で勉強することになった。
ある夏の日、姉がボクの部屋で勉強することになってて、時間が過ぎても出てこないので行ってみたら、制服のまま床にねて爆睡してて…
スケジュール過剰による慢性的睡眠不足だったから、クーラーが効いた居心地良さで寝ちゃったと思う。
私服に着替えず女子高制服のまま爆睡。寝てる姉ちゃんを見下ろしながら、起こそうとしたけど、そのとき…
いいスカートっぷりと成熟した脚が目について…
ちょっと魔が差したってゆうのか。姉ちゃんのパンティ見たくなった!
当時は制服はロングスカートの時代(姉ちゃんの学校はお嬢さん学校だから今でも)、まして用心深い姉ちゃんだから、パンチラなんか見せない。
起こすのを止して、寝てる姉ちゃんのスカートのあたりに静かに腰を下ろした。
なんか胸がドキドキ。…スカートの裾をそっと持ち上げて、まくり上げたら、なまなましい太腿と、下着がまるみえに!
黒いブルマー。
よく見ると、2枚重ねで、下に白いパンティはいてて、黒いブルマーから白くハミパンしてる。
あまりの見事さにためいきが出て、夢中でジーと見つめた。何分かみてて、ハッと我に返り、スカートをもとの状態に戻した。
その後、気持ちをきりかえて姉ちゃんの頭の方にゆっくり移動し、両肩をつかんで揺り動かし、本格的に起こした。
姉ちゃんは、目をさますと、ボクには目もくれず、立ち上がってスタスタ歩いて部屋を出てった。
姉ちゃんのボディーを一種のインスタレーション(美術展示物)として楽しんだ。

499 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 08:09:58.13
「ねえ薫。」「なんだ千栄子呼び捨てにすんなお前は一歳年下ではないかッ頭が高ぁい」「そのことなんだ・けど。」「む」
「五歳、おねえさんなんでした!」「誰が。」「誰がでしょう〜んふふぅ〜」「まあ…誰かはっきりしないんならこの先も
続きはWebで!」「おこる。」「おーよくわかったな。」「すけべ。どすけべ。かほうもの。」「その…ししゃごにゅ

痛いじゃないか。」「なぐる。」「 以下えっちなのでしょうりゃく〜あんたもすきねえいっぱいだすよたまつてるKARA!!!

500 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 14:15:14.30
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121018201530.jpg

501 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 14:16:08.40
あっしまったGBK ガクブルと ゴキブリのくべつ つけるにゎ

502 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/22(月) 14:17:43.69
こっちhttp://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121022133821.jpg

503 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/23(火) 11:28:57.18
2011311に震度6弱に見舞われたわけだが、ここ岩手盛岡は死者ゼロの実的被害はほぼ皆無奇跡的平穏都市といえなくはなかった。

をれはちぺこへんへいの身を案じつつもコリャいい金の無心のいい口実とばかりちぺこが聞いたら千栄子山だいふんか
のよーな手段で50まんえんゲットした。その使い道はひみつとして、そのうち、5000円を、マルチレーザーディスクプレイヤーに
割いた。

半年以上店にほったらかしにして、いつだろう小雨がそぼ降る日であっただろうか、通りがかりにちょいと寄って
スクーターで運んできた。そしてまた放置。スクーターの脇に、かろうじて天露はしのげるかどうかという位置に、
風呂敷ひとつくるんだままで。で

先日、ビデオ・DVDレコードプレーヤーが不具合になったのを機に居間の、もうテレビの用はなせてない2002年型
三菱4:3NTSCテレビに接続。部屋に散らばってる無数のCDの破片のうちより、無事な8cmCDを見つけて階下に
持ってきた。聴く。銀河の誓い、リナナナミーナレイナ。

おとがよくつてびつくり これが言いたかった。三菱テレビそのものは、さして感動をそれまでくれてた訳ではないのでこれは
プレーヤーがよいのだとしか考えられないなんてことだプリメインアンプも通さずに。どこだメーカー。

SANYO。をれは、心が銀になる。

504 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/23(火) 17:26:29.28
オカルトw

505 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/24(水) 23:36:43.69
どこがだw

506 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/24(水) 23:45:27.10
をれは空想の中でえーがかんとくのよーなものおやっていた。かんとくとゆーなまえお排してえんしゅつと。で
「何を考えているかずはずば直接指示するより、俳優に考えさせたほうがいいですよ。」と言ってきた香具師が居る。
「DIRECTORってダイレクターだよに。」「それはアメリカの思考です。日本はそうではない。」「をれの好みなんだよ。」
「あなたの好みを日本で好き勝手にはさせませんよ。」「おまえの本音もべつにあるってことになる。」「ええ。」
「じゃいいじゃん。」「いいえ。」

507 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/25(木) 15:06:46.36
「ねえねえ観てよ大隈。これこれ。『ルパン、ホームズとの対決の行末や如何!?』へっへーぃ、有名になってきた
有名になってきたこりゃあーもーちょっとメートルあげちゃおっかぁなぁあ〜びよーんんんんん」「へ…「あーいいから
いいから父上のおこごとはもうたくさんだよそれより最近はなんだか飛行機なんてえもんが欧州じゃ超話題なんだよ
いっちょうこいつはばしーんとでかい花火打ち上げたいねえうんうんうんうんうんうん。」「国民の往来の福祉の件、
何卒御高察誠心誠意嘆願いたす所存で御座います「ああうんうんうんそういうの苦手。かたっくるしいのよそうじゃーん、ね、
で、今度なにぬすんでこよっか?ルーブルなんかどお?」「嗚呼…(;ω;)」

508 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/25(木) 20:43:58.43
「気にするなよ」とその男は言った。
「人はなるべくしてあんな風になるんだ。考えても見ろよ、奴のたどってきた道を。ろくなもんじゃなかっただろ?」
僕は答えずじっとその男を見た。口元がバネのように曲がっている。
「奴は初めからいなかったようなもんなのさ。気にすることはない」
僕はそれを聞き流し窓を開けた。11月の透き通るような風が部屋に入り込んでくる。
「人は死んだらどこにいくんだろうな?」
僕は答えない。答えられない。
「俺達もいずれあんな風になるかもな」
僕は窓から外を眺めた。川が見える。水が流れていくのが分かる。
「まぁ、いずれ全ての回答がでるさ。その日まで待つとするさ」
「そうだな」と僕は言った。


509 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/25(木) 20:59:31.93
>>508
ダメ

510 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/25(木) 21:40:10.97
>>508 村上春樹ふうでうまいです

511 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/25(木) 22:54:16.41
村上春樹フォロワーの中でも上位だね

512 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 00:43:28.40
「あなた!またその格好!!!」「かまやしないよ美智子…おまえもそういうところがもうすこしくだけるとよいのだがなあ、
じゃいってくるよ、どぉ〜このだ〜れかはしぃらないけれど♪」「あなた!」

513 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 00:48:39.10
「清作、日本の夜明けは近いぞ!」「鞍馬のおじちゃん、なんでおじちゃん京都弁時々まじるの?」「ンッ…そ、そんなはずはない、
そんなはずはないんだがァまあよいではないかよいではないかハッハッハッハ」

514 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 00:56:55.68
↑意に介してないようだ

515 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 07:53:11.86
>>512-513 村上春樹ふうでうまいです

516 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 07:54:06.45
村上春樹フォロワーの中でも上位だね

517 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 09:32:09.93
はるきフォロワー呼ばれるよりドラゴンフォロワーと呼ばれたい

叙情と叙事の配分叙事まさり。叙事の中に叙情。ただ、ハイホー!以前はだいすきだお。ほんとうに、こころより。

518 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 09:56:53.21
こころよりそれからがすき秋の宵

519 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 10:50:39.90
こヽろなど手にもとらない臆病さ

520 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 10:54:01.20
こヽろっつーのわKが文豪のおくたまとぽりっと一発ふとぶとしい肉棒を蜜壺にぬるぬる出し入れしてけだもの運動して
うっとりも背徳の蜜もあまぐろくあじわいあってわかりあったぼくらうふふとわらいあってサア手に手をとってと誘ったら
ア?とてのひらかいされて死ぬ話。ちなみに読んだことないおまじ。手に取ったことも。

521 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 10:57:07.35
文豪は眼ェ半開きでそれながめつつ小説化

おめーらそんな世界がお望みか。お望みなんすよに。

522 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 22:56:05.27
 僕の本名は柴犬。名字が柴で名前が犬です。
 冗談でもなく正真正銘の名前。親父が大の犬好きな事もあり、付けてしまったようで……
 もう中学生にもなった息子からすれば迷惑な話だが、更に困った事情になっていることがある。
 名前負けをご存知だろうか。正にその状態にオレは陥ってしまっている。顔から3本の長いヒゲがシュッと生え、両耳はツンっと尖ってる。そう、丸でネコのような顔なんだ。鏡に映る自分を見る度「はぁ」とため息を付くのが癖になった。
 ある時、僕が渡り廊下の片隅に座り、歩いてくる生徒に対して鷹のような鋭い眼光でジーっと見てると、僕を睨み返してくる奴が数人現れた。その度に、ネコのように飛び掛かり襲いかかって怪我させたことが日課となる。




変な箇所はありますか?酷評お願いします。

523 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/26(金) 22:59:15.90
もう一度自分で読み直しなさい。
もし変な箇所がないと思ってるなら、変な箇所はあなたの頭の中にあります。


524 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 07:52:20.58
キチガイだらけのスレッドであることだなあ

525 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 08:37:37.82
答える気ねーならここ住人卒業しろクズ共

526 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 09:04:35.82
>>522
>付けてしまったようで……
句点を打たずに改行する表現もあるが、人によってはチェックされる

>もう中学生にもなった息子
親父視点ならいいが、「僕」視点では文が浮いている印象を受ける

>その状態にオレは
他は「僕」で統一されてる 明確な意図がない限り、揺らぎは出さないほうがいい

>丸でネコのような
副詞は平仮名で書くのが一般的

>鷹のような鋭い眼光でジーっと見てると
自己客観視の文章ならいいが、
一人称で自分では見ることのできないものについて書くと、とやかく言われる場合アリ

>怪我させたことが日課となる
文法がおかしいのはわかるよね?

527 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 09:25:12.08
>>522
上でも言われているけど、視点は変化させない。これは最低限度のお約束。
文体も統一すること。文法の誤りに気づけないうちは、作文は無理。

もう少し、良質の文章に大量に触れてみるのが必要じゃないかな。
国語の成績、悪かっただろ?
馬鹿にせず、国語の教科書を読み返してみなされ。
あそこは、少なくともその辺のラノベとかいうのより100倍いい文章の宝庫だから。

528 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 09:43:39.02
ある程度の量をこなすのは必要だけど、分析的に読まないとその先の力はつかない

529 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 10:01:45.82
オレと僕が混在してることとか句読点かけてることくらい
投稿前に一度読み直せばわかるだろうに住人に甘えるなと言いたい

530 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 13:47:15.33
>>522
面白い

531 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 13:51:39.64
小説に美文は不要
プロ小説家の山田悠介がそれを実証している
>>522はワナビの戯言などに耳を貸さずに好きなように書き続けなさい
他人の揚げ足取りを趣味とするようなクズにならないようにね

532 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 13:58:05.21
このクズ野郎がっ!

533 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 16:36:17.89
山田って一発屋の?

534 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 17:02:09.09
山田悠介路線の奴がこのスレに上げてること自体センスなし。
あの文章の水準でいいってことにしちゃったらこのスレ成り立たない

535 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 17:06:47.74
2chでステマするのは山田のやり方
バイト代もらえる

536 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 17:15:16.95
ワナビは視野が狭いな

537 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 17:15:25.70
スーテマ、スーテマ、ステマ透ける♪

538 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 17:31:37.56
投稿者本人が「変な箇所はありますか?」と聞いてんだから
「あります」ってことにしかならん

539 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 17:44:10.80
完璧な文章なんてこの世に存在しないのさ、ハハハ

540 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 17:55:21.31
あるよ。

541 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:05:11.05
まあ将来性を判定するスレでもないし
売れるかどうか見極めるスレでもない
現時点のその文章がおかしいかどうかを評価するスレなわけで

542 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:06:58.96
それは君の心の中にある、甘酸っぱい思い出と共に
まるで熟成したワインの香りのように

543 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:11:27.43
どうも真面目に語ってる奴がちらほらいるな

544 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:13:18.10
つ スレタイ

545 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:15:52.18
そのつっこみお待ちしておりました

書きたいけど書けない、今の僕は……うん、うまいたとえが思いつかない

546 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:36:56.01
ここに連載もの、投下してってもええかい?

547 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:44:23.38
他でやれ

548 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:54:35.31
つまらないの声が多かったら打ち切りにするけど駄目かなあ?

549 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 18:59:27.70
>>1-4

550 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 19:59:18.83
校舎の外には見覚えのない景色が広がっていた。ぶらぶらと道を歩いているとゲームセン
ターがあったので、財布の中が空になるまでそこで遊んだ。いつの間にやらすっかり日も暮
れてしまって、少し肌寒い。それと、腹が減った。だから僕は、自宅の方向に歩き出した。
もちろん道を知らないので当てずっぽうに進むしかないのであるが、その一方で、まるで体
が覚えているかのように足は運んだ。このまま直感に任せて進めばちゃんと帰れるという不
思議な確信があった。夢とはそういうものなのだ。そうやって、僕は《自宅》に辿り着いた。
家には灯りがともっていて、ドアを開けると良い香りが鼻をくすぐった。既に夕飯の支度は
出来ているようだ。家の中には知らないおばさんが一人、いた。母親かな、と僕は思った。
夢だから気にもならない。二人で食卓について、テレビを観ながら食事をした。何度か、知
らないおばさんが話しかけてきたので、適当に返事をしておいた。食事の後は、風呂に入る
のも億劫で、自室に行ってそのまま寝た。

551 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 20:09:55.28
1行の字数を揃えているところが最高にいい

552 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 20:32:56.19
>>550
欠点が見当たらない

553 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 20:36:06.14
早くプロデビューしたほうがいいよ こんなところにいる人材じゃない

554 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 21:27:26.31
ほめごろしあらしって手段があるのか

555 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 21:41:22.98
ひとりがやると、みんなやる
それが楽しいんだろうね2ちゃんねらって
ふしぎな人種だ

556 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 21:44:13.25
退屈なだけだ

557 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/27(土) 23:47:24.60
小5の頃、こういう作文書いた同級生が、
担任にくそみそにけなされてたな

558 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 00:22:22.53
そっちの事件のほうが気になるな
担任の心理的には、もっと小学生らしい作品を書けということなのか
担任も昔、小説家を目指していて小5にしては上手い文章を書く子供に嫉妬したのか
ただ単にその子を嫌っていたのか
担任を凶行に至らしめた原因はいったい?

559 :550:2012/10/28(日) 00:23:39.73
有難うございます
起承転結でいう承の部分から抜粋させてもらったんですが
やっぱり退屈ですかね
欠点はそこでしょうか
もっとハッとするような文章が書きたいものです

560 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 00:25:30.32
>>558
作文は人に読ませるものであって、日記ではないと。
ちょっと作文の上手な小5なら、もっと客観的視点を持ってるもんだよ
昔、添削指導したことあるからわかる。

山田悠介目指すなら、自費出版頑張れw


561 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 00:38:57.71
売れっ子作家、山田悠介先生とか、目標が高すぎますわw

562 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 02:19:48.52
2ちゃんねらは山田にもなれない
哀れだよなあw

563 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 09:12:49.58
記述が薄いと言われたら「夢だから」
夢なのにあまりぶっとんでないといわれたら「そういう夢だから」
こういう逃げ方の予想できる文章を評するのはむなしい

564 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 20:59:33.40
ワナビーとゆう呼び方がオワコン

16 名前: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! 投稿日: 2012/10/28(日) 20:15:59.25 0
>>4
ばかだなー 増えるから困ってるんじゃないか。

4 名前: オレオレ!オレだよ、名無しだよ!! [sage] 投稿日: 2012/10/28(日) 20:01:48.25 0
SEXくらいやらせてやれよ
減るもんじゃないし

みんな

起結転承でやってみ。

565 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 21:03:16.91
自分で書いたことの深さに驚愕

こんなかんぢ。現状悪お眞綿でまづは。わたしまーづーは

566 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 21:16:20.23
95 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [age] 投稿日: 2012/10/28(日) 09:26:54.07 ID:???

乗客の小川さんが写した写真
窓の外に写ったオレンジ色の謎の物体 ↓
あれは何だと思われますか?

http://npn.co.jp/article/image/62955702/
http://npn.co.jp/article/detail/62955702/
http://npn.co.jp/article/detail/79393751/
http://npn.co.jp/article/detail/37408869/
http://hyouhei03.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2010/02/23/2d8d55f5a6bc6642ebef7c7766bf9840.jpg
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2010/0809.html
http://ja8119.iza.ne.jp/blog/entry/500982/
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/02/123_24d8-1.html
http://hyouhei03.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2010/10/31/3e6816ed3f3e45d9e4a447623133edc4.jpg
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/2ae393ac6bf8cc30807ba140c33183f8
http://f.hatena.ne.jp/boogierock/20100521232708
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/10/123_b350.html
http://nvc.halsnet.com/jhattori/nikkou123/Images/OgawaFireBEE.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/mvbzx0147/29241703.html
http://d.hatena.ne.jp/boogierock/20100521/1274452035

【JAL】日航ジャンボ機墜落事故 21【123便】
http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/archives/1351070806/l50


567 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 21:42:14.09
>>433
 昼休みに図書室で本を読んでいると、不意に軽く右腕を突かれた。
 驚いて隣を見ると、色白の女子がノートに何かさらさらと書き込んでいる。
 彼女は顔を上げずにノートをこちらに押しやった。
 (一回5000円でどう?)
 淫売にしてはきれいな字だった。

 僕が軽く頷くのを見届けて、彼女はノートを左手にそっと図書室を出た。
 勃起を隠すようにそのまま本を読んでいたがおさまらない。
 いかにも膝が痛いといった前かがみで席を立った。廊下の窓から
 ほんわりと柔らかい陽光が差し込んでいる。この時間はいつも図書室にいるので、
 この校舎の一角にいる時限定だけれども、どの季節であっても陽光のつくる影の位置
 から分単位で時刻が分かる。数少ない、それでいて誰にも自慢する気にならない僕の特技だ。

 女の子の名前は知っていた。B組の北条皐月だ。いちども話したことはないが、友人達
 との会話に時折名前が上がることがある。
 噂は、ほとんどの噂がそうであるように、どちらかというと悪い部類の話だった。つまり、
 本人が耳にしたら、怒るか、悲しむかするような話だ。北条がどちらかなんてことはもちろん
 知らないが、知りたいとも思わなかった。
 僕はそうした話に加わることがあまり好きではない。そんなときはいつも気のない素振りで
 適当に相槌を打って、辛抱強く話題が変わるのを待った。
 彼女は廊下の壁に頭をつけて凭れかかっていた。僕に気づいて視線を上げると、肩の辺り
 まで伸びて、綺麗に切り揃えられた黒い髪が揺れた。北条は濡れた目でまっすぐに僕を見つめているが、
 僕を呼び出した理由はその表情から何も読み取れない。

568 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 21:51:44.40
317 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/10/28(日) 21:46:14.63 ID:0+PErsIl0
民主「左だと思いますか?ところが日本から見ると左でも、
韓国側から見たら右でした!」
国民「ぎゃふん」

318 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/10/28(日) 21:46:40.07 ID:MEo7ZAen0

「永田、よく(リングに)上がってきたな、お前だけ。さすが、天下を取り損ねただけある。
(新日本の)中の人間が信頼されず、外に出た人間がど真ん中に立ったこと(の意味)を考えろ。
罪を背負うのはどっちだ。
次に立つ時は、オレのパワーホール全開で立つ!」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1944142

319 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/10/28(日) 21:47:30.31 ID:Szn97CVp0
たぬきは泥舟に うさぎは木の舟に乗りました
たぬきはしにました

たぬきの息子がそれを見ていました

たぬきII世は泥舟を温めて乾かしてみました

たぬきII世はとちゅうまでうまくいったので調子にのり、ずっと川をぐるぐる周っていてまた今度もしにました

たぬきの孫がそれを見ていました いっぽううさぎIII世はおんなにばかり金をかけており木の舟は三代続いて
うさぎIII世はそれを伝統だと誇らしげにしております。

320 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/10/28(日) 21:47:52.90 ID:l3NQz7T5O
民主党が独断で中国(台湾)に譲渡したなら、平和主義を認めよう。火種は中国両政府に移るんだから。責任は民主党と民主党支持者が背負うことになるけど…それくらいの覚悟があってこそ平和主義を守るって言うべき。


569 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/28(日) 22:12:19.52
>>567
スレタイ嫁あほうが

570 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 17:02:54.88
>>550
夢占いでもしてほしいのか。
冗談はともかく、4行目から6行目に脈絡なく第3者目線入れてんのはなに。
起承転結でいうと、起結転承みたいになってる。
文章のテーマは主人公の夢っていう、一人の世界で完結してるんだから
こんな書き方する必要は無い。起承転結になるよう書き直してみ。

571 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 19:32:21.07
おいーっすぅ

持続性性喚起症候群っつーもんがあんだがな。俗にイクイク病っつんだは。PSASだそう。

で、こういうこと。511 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/10/29(月) 19:28:21.69 ID:wD6sJu0U0
こう書き込んできたぞ。原因がわかりました。
をれはみなさんにとても失礼な話ですが重度のAVマニア だった 
にしようとしているところなので気づいたのですがこれは非常に たちの悪い話です。
非常に長文になります。まあ…興味があるかたが多ければ、長文をしたためようと思います。
その…をれなぞはるかに凌駕するいいとししたくそ餓鬼の仕業なのです。つまり 科学技術を用いた
デヴァイスの悪用であり 近年AVにどんどこ美少女が導入されてしまう理由もこれでしょう。摘発が必要と考える。

短めに要点を。ずいぶん前になりますが アメリカの警察が、現行犯確保対象者を拘束するために
脱力ウェーヴマシーンを開発したという記事を読んだわけです。おーすげえなあ もう銃、要らないね…
ところがいつまでたっても正式採用の話は聞かず。どういうことなんだろうと思ってはいましたがさきほど、
ひとが脱力するときってどういうとき?という話の流れで思い出してひらめきました。アメリカ人とコネクションのある
野郎にとんでもねえ下衆が居る。


572 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 19:33:30.57
あらよっとhttp://youtu.be/GCLo-bd5SKw

573 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 19:36:50.78
しらん…なんだこのムード歌謡。http://youtu.be/VNk3bcRigaM

574 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 19:41:46.35
このタイトルの内容なんだべなあーとづうーとかんがへていたんだが

ちょうどデヴァイス発明の報、2000年サイバーX(I/O増刊工学社なんよに。http://youtu.be/g47HSVt_ykc

575 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 19:48:41.23
AKBこれつこうてんなスタッフ。どうかと思う、ブタダディ。

576 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 20:15:23.33
しかし…ひょおっとするとをれ なんつーか…ひらめきで理IIIこへたつーことかに。ヤアはっはっはっはっはっはっ はぁ。

577 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 20:17:47.12
この…なんかよくわからん掲示板だったがな

PSASの自覚ある女、12万人そこだけで居るんだよ。まあ… 在日韓国人の成人男子のひとりに一台あてがわれてる印象だなこれ。

578 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 20:19:35.22
要するに

催眠でも 呪術でもあー…あとなんだあ んー、まよくわかんねえけど匂いでもいいが

そーんなもーんじゃなかったんすにぃ。そりゃいいんだが今後どうなんだこれ。

579 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/29(月) 20:25:34.79
http://youtu.be/QZHV6uF13Ks

580 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/31(水) 19:08:48.00
868 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/10/31(水) 18:31:36.61 ID:i+wpLyIF0
「おお神よ全能の父ゼウスよいかにして仇敵アンタレースを斃せばよからましかりましょうや」「呼んだ?ッボン「わっびっくりした!!」
「童貞なことは口調に出さぬようにな。であびる優がどうした。」「おおカムイよ」「のらなくていい軽いジャブの・ようなものとっと
願いをゆうて話を進行せんかうりうりURYYYYY」「おおDioさまJoJo苑さま焼肉が食べにくくなります「もうええから「この
カキコの冒頭をご覧ください」「なんだと神に向かってその態度なになにふむふむ。それはあれだな。すぶた的なことだな。」
「すぶた?」「すぶただ。」「すぶた?」「すぶただ。」「すぶた?」「すぶただ。なんだ。」「あんたギリシャの神でしょ?」
「うるさいな。すぶたなんだよ!」「なんでだよ。」「あん・たれ・す。…なんだ、そのまなざしは…!!!」


581 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/31(水) 19:20:48.44
ちなみになぜ…PSASの謎解明の仮説が立ったかというと

光市母子殺害事件あったネ これ 本村ピロチと福田父が新日鐵八幡で同時期働いていて光市が舞台なことが
既にうさんくさく、本村ピロチには重度の風俗マニアの報がありその火消しのネット鬼女が仰山居たりしてもふ
ぼくがやりましたかかわってますいい暮らししたかったニダとゆうとるも同然なのだがこいつらの鉄面皮は
NEONAZIが手を加えた超々クルップ鋼で太陽表面温度摂氏6000℃でも融解けるかどうかなっつー水準なので
措くとして

「ふたりが甦生したら福田(現大月 無期懲役でもいいよ」とか下衆が小生意気にも不当妥結案提示しくさったんでマア
たしなみに絞殺ィャそれはやよたんとあかんぼうで考察してみたわけやニ。

意識とゆうものは

個々人の、固有波長固有振動数と関係が深い。それらはなーにーでー決定するかというとっ

細胞一兆個のDNA回路が発する波のサイクルの共振作用で、それに心臓鼓動が加味する。で、それが脳内で
いろいろ命令決断衝動に結実するように構造しているのだが (ちなみにこの現象は、人体質量総和を俗に
21g増加させる物理副次アウトプットがあるとの研究報告が有名

で。問題は、甦生なわけでぇ

582 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/31(水) 19:36:23.99
iPS細胞研究が目出度くも対抗馬韓国にかっさらわれることなく日本がノーベル賞受賞したので、

これでひよつとするとケースバイケースで不当絶命者の復活くれーはいいのかナァくれーのことゎなにかと
ヘーゲル弁証法的発展の世界史じゃきにこう唐突にきむすめのよーに179°回頭しあおむけでパンティブラジャー
(フロントホック・レースあしらい・純白 いっちょうにさらさのミニワンピで処女だけどすれたので吃驚さしようとオモテ
ヘ〜イカマ〜ンなんつてちくしょうこんちきしょう誰とかいつうしきおこなったエエイくやしいけどFULL勃起みてーな
展開でよいしょと挿し込んだら血が出てンッこれは…経血!?みてーな何処までいつてもをんなは謎よみてーな
そこなしぬまにどぼんちょ

話を…世界史なので、まづ、絶命者のDNAより、全身復活。こりがイハユルZEELEたましひのづぁなわきやが
(そりゎ制作費やしくする総集編でぃつに
づぁはあつても意識ねーじゃん終わったなキリスト教性におおらかやりまんちょびれ天国闇上等不義上等背徳基本
大前提の伊勢神宮を中心陰核としたぬっぽんぬっぽんぴすとんぬっぽん神道大勝利快進撃快楽進撃ベッド激震
優香は車でそりゃ余計みてーなやすらかなあほぢゃしんお薩長とさとうたけしは夢見るのだが(正義のがけっぷちでも
当人も激痛の腹があるんで

掻爬いかんざき 中絶を禁止にしないのは禁止ん相姦を罪悪感なく、”当たりの子ども”が産まれるまでする
家系が日本を牛耳ってる性なんすがに

話を…意識がないわけでどう意識も甦らせるか。ここで、赤ん坊がほぼ全員泣いて生まれることに着目。

583 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/31(水) 19:40:36.75
意識の一撃

それは性的絶頂 っかなーっと 思ったわけや。そぃでいったん忘却するんやに、3歳までの記憶。また、
赤ん坊にそれは不快なんでぃすに。もうすこしゆうと、人類 いったんはだれーでもかーちゃんと石窟したうえで
生まれてくるよーなもんなんやに。ほんでまた思い出したお めんどくせんでコピペ。ちょとまてくらさーい

584 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/31(水) 19:42:59.04
425 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/10/29(月) 18:49:38.40 ID:wD6sJu0U0
あああああああああああああああ

そうそうそうそう

年頃の娘が居たんだと。早逝したのな。ほんでモルグ安置してたわけ。かわいこちゃんだったわけ。

屍体洗いのバイトかなんかがさ むらむらっときて屍姦したんだって。したっけ

甦生したんだって。母親感激しちゃって怒るどころかすんーげーえ感謝したんだって。をれが天才なのか

そのネクロフィリア野郎が天才なのかそれを記録した好事家が天才なのかよーわからんなーななな・なー。と・いうわけで

エクスタシー波導は超有力候補だ。どうすんだ。荒道立ったぞ。


585 :yaginu:2012/10/31(水) 21:28:48.51
ドラエモンがなんとかしてくれたんだろう

586 :名無し物書き@推敲中?:2012/10/31(水) 22:14:24.34
知ってるよそんなこと。

587 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 06:25:33.77
男女平等というので女の好きにさせていたら

女は

生まれがよく金持っててセックス上手で威圧好きなら五歳児のつまさきすらねぶる生物と合点

以降この宇宙で二度と任せることは無い。

588 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 07:30:33.24
108 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/11/01(木) 07:26:58.91 ID:0vSyy3Hi
近親相姦でたまに優秀な個性が生まれるのは

滅亡寸前の爛熟期の恐竜の優秀さに先祖がえりするせいなんですに。

それで 冷血かつ滅亡不安。

589 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 07:58:13.91
199 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2012/11/01(木) 07:48:32.14 ID:j9UqbD4b
ラジオ日本でこのニュース流れて
ゲスト?の男がやたらと
日本人は遺伝子が同じだから韓国人とは仲良くなれるけど
中国人とは絶対仲良くなれないとか力説してて不快だったわ
気持ち悪い

226 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/11/01(木) 07:56:52.57 ID:Lo5eFzqg
>>199
スワップが切れて、韓国の経済破綻がカウントダウンに入ったからねw
わかりやすい世論誘導だけど、逆効果だろうね
今の韓国人なんて中世になって大陸から朝鮮半島にやってきた日本とは無縁の
エベンキ奴隷の末裔でしかないわけだから

【国内】日本列島の先住民である縄文人と朝鮮半島から渡ってきた弥生人との混血説を裏付け 日本人の遺伝子解析[11/01]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1351717822/l50


590 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 08:00:41.43
126 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2012/11/01(木) 07:32:17.34 ID:f96fFwNe
しかし奇妙だよね

普段は朝鮮民族は優秀だの民族性だの、背が高いだの逞しいだの色が白いだの独自性を訴えるのに、こういう時は日本と近い事をしきりに自慢する
分裂症なの?

163 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/11/01(木) 07:40:18.19 ID:0vSyy3Hi
>>126
懐具合と直結しすぎだよな口が。


591 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 14:01:40.74
ちなみに

復活のための”意識保存庫”になにがよいかというと

水晶。あれは波動を保存しやすい物質なのである。魔女っこも
いたづらにたんだ透明でなんっかそれっぺえべとゆう理由のみで
あれつこうとるんやないのやに。ただまあその 使用用途は

処女のみ可能ではあるらしい。

592 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 18:48:30.16
vipper制作の「韓国カルタ」がおもしろすぎると話題
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1351759952/l50

11 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/01(木) 17:55:24.59 ID:F0VrSM/u0
何番煎じだよ
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/01/0000114401/24/imgb377cf88kgmchs.jpeg
12 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/01(木) 17:55:43.90 ID:eHHcvLon0
ひとみても よだれがたれて ケンチャナヨ
13 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です [sage] 投稿日: 2012/11/01(木) 17:56:05.37 ID:cNWFgrFg0
ホント日本人って本当の韓国人をしらないよな
妄想の韓国人は最低でも
現実の韓国人はまとも
24 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/01(木) 17:59:01.10 ID:eHHcvLon0
>>13
韓国の深刻な問題は

まとも役の韓国人と

外道外外道韓国人が

あうんツーカーの関係なことな。外道外外道韓国人がもめごと起こして、まとも役がしゃしゃってきてふんふんそれは
どっちもどっちニダとあらすじ完成済み。

593 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 18:52:00.41
116 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/01(木) 18:33:40.68 ID:eHHcvLon0
妊娠だ 調べて女だはい勃起
117 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/01(木) 18:36:01.35 ID:eHHcvLon0
あっそうかっ!! 男であってもムフ勃起
124 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/01(木) 18:41:36.68 ID:eHHcvLon0
要するに あの日が来ないと知りゃ勃起
125 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/01(木) 18:44:39.70 ID:eHHcvLon0
>>124の結論のみ読むと、わかってるはずなのに なんで…?と、まづ怪訝になるとこが韓国のadvantagedだよに。
新着レス 2012/11/01(木) 18:51
126 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/01(木) 18:47:58.48 ID:RUvv6HY9i
ワロタ

594 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/01(木) 18:55:54.79
127 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/01(木) 18:55:20.47 ID:eHHcvLon0
おまけに『あー生でやれるんでか』と、当たってないことはないがきっちり眞の理由は外れてくれるつくりになってんのな予め。

595 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 01:44:39.33
>>526>>527
勉強になりました。ありがとう。
視点か。考えたことなかったなw

596 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 11:12:57.60
359 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/01(木) 14:49:45.21 ID:xX7P1iBq0
おめーらこれが極道さんの忌憚のない本音のようだぞ

一番未熟な少女乙女の蜜壺をHARDSTICKでわななかせているのは山口組さんなんだよ。920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/05(金) 22:14:14.63 ID:???

ペドは生物学的にも異常だけど、
ロリコンは生物学的には正常だと思うんだよね。
妊娠・出産適齢期の女に萌えるのは当然。

しかし社会がそれはダメだとしてるだけ。

裏社会じゃ小学校高学年から中学生の需要はめちゃくちゃある。
表社会を生きる人には無関係ってことで。

奴隷層のぶんざいでって話だわな。

360 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/01(木) 14:53:52.51 ID:xX7P1iBq0
ペド画像の流通禁止したのも

組員写ってるせいだって気づいたかおめーら。アグネスもやりよるなあいつ。


597 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 11:14:34.59
378 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 08:17:10.47 ID:9YOK/9cm0
ロリコン「普通のロリは3次元に手を出さない、正常なロリは2次元だけだ!(キリッ」


この発言も十分にヤバイって事に気付いてないから怖い
本当に死刑でいいよ、こんな気持ち悪い生き物。
383 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 08:50:06.70 ID:CudNDsaF0
山口組が眞のペド宣伝全力でゆく。
387 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 10:24:19.92 ID:GwGWjoxC0
>>378
思うだけで犯罪者予備軍なら、人を死刑にしたがってるお前も
殺人の犯罪者予備軍だな

388 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 10:33:07.09 ID:o8NvBdv80
>>387
全くだ
何の権限があって人の心を裁けるのか
390 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 10:43:00.66 ID:1QLPxp2v0
実際の行為者は叩かず想像の世界に留めるものを叩く事で
その行為者が免罪される倒錯状況を是正する。
392 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 10:46:18.21 ID:HxmUhYB00
>>236
だってホモは犯罪じゃないけど
ロリコンは犯罪なんだもん


598 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 11:15:24.34
393 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 10:47:16.47 ID:1QLPxp2v0
山口組はロリコン

繰り返す

山口組はロリコン もっというとロリコン行動派
394 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 10:51:06.14 ID:1QLPxp2v0
山口組のラブホ状況はかふいふ錯誤がおそらくある

「ねえ〜山口組がロリコンだってぇ〜やっぱヲタきもぉいぜんぜん
なんにもわかってない!!」「あ、ああ。」で、そばにプリキュアの
プリントパンティ落ちてんのな。
395 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 10:52:26.65 ID:hJgIoT5P0
ロリコンロリコン言ってるけど幼児性愛を規制するのはただの社会的風習で生物学的にはなんら問題ないからな
396 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 10:53:16.99 ID:1QLPxp2v0
だったらヲタ叩かせるなよ、ヴァージンキルした女つこうてよ。
397 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/02(金) 10:57:27.51 ID:1QLPxp2v0
解析すると簡単な構造なのになぜか だーれも気づかない。

599 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 13:57:29.71
視点ズレは気づいたらしている・・・。
何度も見直しても、見落としたりとか。

600 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 14:13:35.82
視点のズレって、プロでもたまに見かけるよ
なかなか完璧にするのは難しいわ

601 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 14:32:09.34
ねえよw

602 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 14:45:31.66
あるよ

603 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 15:13:12.33
ないあるよ













決まったな……。

ここで質問です。
。って三点リーダーのあとに付けるのは間違い?

604 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 15:17:05.79
細かいことを気にしていると

ムーの民になり、宇宙にゆけなくてウチューになれますお。

605 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 16:17:49.56
付ける場合と付けない場合がある。
そのニュアンスの違いがわからない奴はハイワナビのまま。

死ぬ寸前「助けてくれ……ううっ……だ、だれか……

生きる寸前「助けてくれ……。なんて言うと思ったか。アホ。氏ね……。


606 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 16:20:53.61
なげーじゃんいつも……じゃよう!どんかん!

607 :お得♪:2012/11/02(金) 16:41:05.45
今登録すると無料で高画質なエロ動画見放題♪新作もいち早く見れるよ!!
http://m.invites.ameba.jp/m/registerSIDConfirm.do?inviteEkey=fc118074e45fb6adc&mkey=bc867e208832bb43f&guid=on


608 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 16:46:06.61
やられた
PCがこわれた

609 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/02(金) 22:38:58.36
失礼します。ちょっと考えています。
ワードの校正機能では引っ掛からなかったんですが、
次の文章は間違っていないのでしょうか?

・この本は3章だけでなっていた。

・雲の塊がかぞえるほどだけでなっていた。

610 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 01:42:52.62
そう KARAはKARAしたほうがいい助詞。

611 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 10:00:03.59
雲ってかぞえるものなのか?

612 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 10:15:43.69
くもひとつない

613 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/03(土) 12:56:42.22
>>609
文法的な間違いを指摘せよ、と言われると指摘箇所はありません。

614 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/04(日) 00:43:59.63
酷評よろしくお願いします。課題のスピーチです。

馬鹿という言葉がある、相手を罵ったり、逆に親しみをこめて使うもので、私は妹がテレビに夢中になり飲み物をこぼした時や、真夏に半袖でストーブをたく祖父によく使う言葉だ。
使い勝手も良いし、友達と笑い話をする時などには、心地よく感じる言葉だと思う。しかし、この前、駅で人を待っている時に「今の若者は本当に馬鹿だ!」と千鳥足で怒鳴るおじさんを見つ
けて、こんなことを言う人が本当にいたんだ!と少し感動し、若者はみんな大人数でうるさいだの、一人じゃ何もできないだの、くだを巻くおじさんに腹が立ったのを覚えている。
たしかに、店でたむろしたり、バス内で騒ぐ人達は馬鹿に見える。でも、すべての若者がみんなそうだと思ったら大間違いだ。目に入った若者を見て、すべての若者に馬鹿のレッテルを貼るのはせっかちだと思う。
馬鹿という言葉は人に使うものではなく、人の行動に使うべきものであるべきだ。
 話は変わるが、中学生の頃、絵を描くことが大好きな子がいた。授業中も、部活でも、隙があればずっと絵を描いていたので、成績は良いと言えず、みんなから「馬鹿な奴」のレッテルを貼られていた。
私もまた、彼女の事をほんの少し見下していた。この頃、久しぶりにその子と会い、絵を見せてもらったのだが、中学の頃とは比べ物にならない位上手になっていて、とてもびっくりした。
今まで彼女を馬鹿にしてきた人達は尊敬の眼差しで彼女を見ていた、彼女は得意げに笑っていた。
私達も、少し周りに気を配ることで、若者は馬鹿と決め付ける大人を見返してみてはどうだろうか。

615 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/04(日) 09:15:13.87
道民

616 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/04(日) 14:09:38.28
>>614
このスピーチのテーマは何でしょうか?
スピーチは、言いたい事が明確であることが絶対条件ですが、
これだと、「で? 何が言いたいの?」となってしまう。

バカという言葉に相半する意味がある、それがテーマではないのに、
長々と語り過ぎ。冒頭〜心地よく感じる言葉だと思う、は削除すべき。
簡単にバカのレッテルを貼るのはいけない、というのが主張なのかな?
もしそうなら、なぜいけないのか、整理してみたらいいのでは。

そうではなくて、
>馬鹿という言葉は人に使うものではなく、人の行動に使うべきものであるべきだ
がテーマだとしても、
同級生の話にしても、絵ばかり描いていたせいで成績が悪い、
という行動についてみんなが「バカな奴」と、
レッテルを貼っていたことが、なぜいけないのかがわからないよ。

文章は細かく突っ込めばいろいろあるけど、
まあ、いいんじゃないの。
問題は、テーマがわからないということ。致命傷です…

617 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/04(日) 16:48:53.73
155 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2012/11/04(日) 16:30:10.38 ID:CG4RnNcQ0
http://motenai.orz.hm/up/orz13654.jpg
空前のたこ焼きブームの到来である
158 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2012/11/04(日) 16:42:58.05 ID:pGyyDs590
 あのっあのっいいですかここいいんですか?いいんですか、あ、そうですかじゃじゃあちょっとあたしの話
聞いてもらえますか、いいですかいいでしょうかほんとにいいんですかじゃあじゃあ言います

 こないだ月島行ったんですねなんで行ったかっていうとえへへわかりますわかりませんかほんとにわかんない
ああやだなあちょっとあっすいませんやだなんてネガティヴなあたしテヘ☆こいつめえいっぽかっ☆☆ぽかぽか
ぽかぽかそうきらりちゃんですけどそれで月島っつったらもんじゃじゃないですかでも一緒にいったゆっこゆっこって
わかりますわかりませんよね当然ですあたしのマヴラヴと書いて親友ですもんあっでもこのご時勢だしまさかとは
思いますけどネットで知ってるってことはかんぜんーにまあったぁーくないとは言えないですゆっこそこそこニコニコで
使徒飼ってますんでえへ☆あたしがエヘしてどうすんのあたしエヘそいでそいでそいでですねゆっこが月島で
もんじゃなんて普通ねくねなあーんてこれまったきいたくちを通風吹かしてこきやがるわけですよ旦那テヘッ☆
であそうじゃしょうがないあんたのゾッキ趣味ってか好事家スノッブ雅学につきあったげるわよしょーがないわね
そんときゃしゃーなしだな!ってカハユクゆうたすだすどもほんであろうことかたこやきたこやきですよ信じられますか
月島にもんじゃ食べに来てたこやき月島にもんじゃ食べにきてたこやきそんなあんたに普通ねくねもへったくれも
いわれたかないいわれたかないんだどォ人間関係あるんでそのことはだまってたら出てきたのが焼いた蛸だったんですよ。

そうきたか

ってハモって友情あたためなおしちゃいましたテヘッ☆☆ミミ

618 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/04(日) 19:06:13.52
なに…

やつの弱点は女子高生なのです 女子高生が宇宙にひとりも居なくなることのみ それのみが香具師を
天寿以外の意図死亡へ導くたったひとつの沙粧妙子なのれす

なんだと

それはそうでしょう 香具師はありとあらゆる弱点研究をたいがーす経て阿弥陀されたふぇのめのんほむんくるつなのれすゆえ

いろいろやってみた まさかそんなことはあるまいとは思ったが一応アキレス腱を射てみたらカックゥイイイイーンと
天宙に冴え響くありえない金属音が響いたため近所の賢い犬にしたたか吼えつかれた

ご苦労されたようでつネ

で、教えてはくれないのか

彼はスペッシャルでえぃすからニ

おい おい やつの弱点はいったいぜんたいなんだッ



※一応世界初(でわないだろうか 上下どっち向きに読んでも話がそこそこ通るやりとり

619 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/05(月) 00:28:44.64
>>614
スピーチならば、経験談は前段に持っていき、後半の主張に繋げるべき。
このスピーチだと、経験を語るだけ語って後はまるでジャンプの打ち切り漫画のように終わっているので、
一見してみればだたの感想文でしかない。この感想文に対してもし感想など求められでもしたら大変迷惑。

経験談はあくまでスピーチにおける「テーマ」と「主張」の説得力を増す為の材料であって、夕飯の主菜にするべきものではない。
「馬鹿」がテーマであるならば、「馬鹿」とは何であって馬鹿の何がいけないのか、
馬鹿のレッテル貼りをすることで何があるのか等、自分の言いたいことをもう少し掘り下げて主張すれば、
少しは伝わりやすいスピーチになると思う。

620 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/06(火) 07:18:40.40
↑馬鹿

621 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/07(水) 18:26:47.38
モバゲ(エブリスタ)に投稿したのでお暇でしたら批評ください。
http://estar.jp/.pc/_novel_view?w=21979308

622 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/07(水) 20:29:27.61
改行しすぎ

623 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 00:13:16.15
>>621
10/120まで読んだ。
改行しすぎってのは同意だな。
面白くなる可能性を秘めているように思うが、ここまでのところは引き込まれなかった
まあ、このスレには丁寧に分析して批評してくれる人たちもいると思うんで、その人たちに期待してください

624 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 13:36:46.57
長い……この手の文体に慣れてないので、
最初の2ページで思いっきり挫折した。
あと、横書きだと、どうも目が滑る

625 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 20:15:39.16
623だがほぼ全部読んだぜ。
最後20ページは先行公開なんちゃらでめんどくさかったんで読んでないが
でもここまで読みきった俺は、自分に「勇者」の称号を与えたい。
とにかく安定して「あまり面白くはない」状態が続く。
しかしずっとそんな状態なもんだから蓄積して、俺の面白度グラフは延々と右肩下がり。

文章にこれといった欠点があるわけではない。読みやすい部類だろう。
主人公の心理描写に重点が置かれていると思うが、無難に丁寧に書かれている。逆に特筆すべき点はない。
主人公の盗聴するシーンはなかなか良かった。しかし盗聴した内容が普通の雑談レベル。
元いじめっ子の一変した性格。そこでひっぱるのかと思ったが、あっさり自殺して放置っぽい。
事件にまるで臨場感がない。

続きはノーサンキューって感じだな。これ以上読んだら多分俺「魔法使い」になっちゃうから。

626 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 20:26:51.67
>>625に、個人的に功労賞を授けたいw
近年まれに見る物件だったな

627 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 21:04:31.58
改行の仕方ひとつで読む気も大きく変わると思う。

628 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 21:27:49.23
>>621
個々の文章を直すのはあとでもいい
長めのものを書いたら、自分でそれを要約して、
出来事が起こるまで何ページ費やしているか、見直してみるといい。
あきらかにバランスがわるい。とくに主要人物の発生が遅い。

629 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 21:28:20.45
発生じゃない登場

630 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 21:37:59.93
ああ、それが読む気を無くさせてる要因だな
ラノベなら、バシッとキャラ出せって感じだ

631 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 21:44:14.12
そういったデータ分析ってみんなやってるものなのか。

632 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 21:58:17.53
ハリウッド映画なら常識 

633 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 22:04:16.82
データ分析ってより、
>>631は、主役がなかなか出て来ないでダラダラ引っ張る作品を、
楽しいと思った事があるのか?ってことだよ

634 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 22:05:43.45
悪夢の通りの事件が起きるってのを使うときは
まず小さなこ悪夢で些細なことを一度実現させておいてだんだん大きくする。
いきなり死亡はやり方としてまずい(死者の選択にも必然性がない。
出てきたばかりの人をこの人はこういう人ですと説明した直後に殺してもちょっとね)。
だからプロローグの夢はああやりたくなるのはわかるが、あれでいいのか、上記の視点からはひとつの問題。

中学では成績トップの奴の心理面の揺らぎにいきたいなら
異性に目覚めるだけでなく、成績面でも多少揺さぶられるとか、
成績が同じくらいいいのに芸才まである奴が多くてコンプレックス
とかアイデンティティ自体が揺らぐほうがいいのかなと思う。
この点で、あとに出てくる桐島は人の心をつかむのに長けているから叶わないっていうのは
いじめっ子だと知ってる読者には説得力ないです。
そりゃいじめてる奴はいじめられてるやつより強いだろ、ってことですし、
桐島の死後、許すしかない心理状態の時に出て来るのですから
それを認めても「僕」の自我が揺らぐインパクトは薄いです。

暴力衝動いまいちわからない。中高くらいはこんなもんよね
っていう読者自身の経験を思い出させることで説得してるのであって
テキストの記述で説得するだけの描写はない
(がラノベのプロの手法ももっと巧妙なだけで同じかもしれない)。

と桐島の登場がおそいせいで謎は女にあるという信号が読者に発せられてる。
おれはドコモじゃないし結末見てないけど仮に女に謎がないんなら明らかに失敗だろね

635 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 22:08:54.94
おお、真面目な分析官キタワァァ
いつも楽しみにしてます、作品よりも

636 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 22:18:27.33
そういう方法論が確立されてるってハリウッドは進んでいるなあ
なんかね、メジャーリーグとかのデータ分析を思い出したよ
OPSとかメジャーリーグ見なかったら、一生知らなかっただろうし
小説を数字で分析するって、面白い試みだな

俺が情弱なだけかもだが

637 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 22:32:16.14
いじめっ子が死んじゃうとほっとしちゃうのでそれで緊張感がなくなる。
それからいじめられっ子が不幸になるのは、ある種のポルノです。
そのように書かれるか そうでないだけの説得性を仕込むべし。

638 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/08(木) 23:19:59.06
桐島は自殺じゃねーな。伏線のはってあったあの女が犯人だろう。
そうすると女が主人公を受け入れたのも納得がいく。
女は、主人公が桐島母を殺すとこも見てたんだろーな。
運命共同体みたいなつながりが二人にあるんだろうな。
と推測しました。

639 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/09(金) 00:20:24.00
物語の構造上は死んだのは桐島の母じゃなくて僕の母だろうし
僕が桐島をいじめてたのに再会した桐島ができるやつになってて
女をとってくのを死なせてほっとしつつも罪悪感で…だろう
(で、僕はイケメンの優等生だけどそれは外面がいいだけ…なのは
自覚してるけどそれでいいと思ってたああそれなのに桐島の死のせいで…)

このへんずらしてるのが生かせるような結末になってる気がどうもしない

640 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/09(金) 00:34:08.16
桐島…??

641 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/09(金) 05:09:56.17
>>621はケータイ小説だからストーリーテリングが上手すぎてはダメ

642 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/09(金) 19:35:17.41
>>616 >>619
遅くなりましたが有難うございます

643 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2012/11/11(日) 01:34:18.57
剣があった。剣は突き刺さったまま動かなかった。
私は、空をみたら増々憂鬱になった。青が滝のように体中に染み込むような感じがした。
剣があった。でも抜けなかった。話しかけてみた。期待に応えてくれないのを心配したのか風が背中をさすってくれた。
剣があった。されど仲良くなれなかった。否、私は剣と友好を結ぶつもりは毛頭ない。ちなみに私の頭も毛が無い。
諦めて煙草を吹かす。ふきかける。しかし屍になったように反応しない。どうしようもない。
焦る私の頭皮に油がにじみ出るのを、涎を垂らして傍観していた風が、今度は例の頭をさすった。少しうれしかった。
仕様が無いので、風に煙草をやろうと最後の一本を取り出し火をつけた。
ハイどうぞ。すると、風は煙草の火を消した。私は唖然としながら、ゆらゆらと呑気にのぼる煙を見つめた。
空も唖然としていた。剣も唖然としていた。風も唖然としていたが、煙自身、唖然としていたかは誰も知らない。

644 :ゲッパリラ:2012/11/11(日) 03:44:10.80
ひとしきり降った雨が止んだあと
かたツムリが庭のコンクリートを這うのを見た

雲の海から顔を覗かせた陽光が
かたツムリの左右に少しずつ揺れる殻を照らして
かたツムリは面倒臭そうに植木に隠れた

通りを見渡すと
カサをたたんだ歩行者がちらほら
雨雫(あましずく)がカサからアスファルトに落ちる
陽光は気持ちよさそうに微笑むと
通りは静かに彩りを取り戻したようだった

645 :二階堂本館 ◆3H/4wGejElAB :2012/11/11(日) 04:08:48.43
>>644
クッソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ゲリッパラさん文芸板にも来てたんすねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉおふぉふぉっふぉおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

646 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 09:20:26.06
>>644
「顔を覗かせた」「気持ちよさそうに微笑む」のは普通なら太陽で、
そこを「陽光」にしてるのがどうなのか、って所だが。
自分はただ落ち着かないと思った。

647 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 12:47:09.48
>>643
普通に読んだら、中味のないすっからかんの文章だった。
勃起不全の男の話と読んだら
剣は言わずもがな、抜けなかったはなるほど、頭の毛がないは男性ホルモン
タバコはメンソールで不全の原因、例の頭は亀の頭。
まあどのように読もうが、つまらんとだけ言っておこう。

648 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 12:52:08.84
>>644
俺のセンスで二段落目の文章をリライトしてやるよ。

雲の海から顔を覗かせた陽光が
左右に少しずつ揺れる殻を照らすと
かたツムリは面倒臭そうに植木に隠れた

649 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/11(日) 16:01:49.53
>>644
ヤドカリといえば、語感から家を背負っているイメージがあるが、カタツムリといえば高級食材、そのくせのろい。圧倒的に捕食者にとって有利なアンバランスがそこにある。ゆえにかたツムリ。ここでの主役だ。
でははじめに示される語り手の視線は捕食者か? 2,3,5と素数的に増える行数が孤独のうちにドラマを盛り上げていく。
そして回答は最終連の「陽光は気持ちよさそうに微笑む」で示される。
面倒臭がるかたツムリを物陰へと追い立てた陽光を「微笑む」と捉える視線はかたツムリの味方だ。よかった!
やがて場面は日常を取り戻し、捕食者と被捕食者との寸劇=ドラマは波乱なく過ぎるだろう。
観客でもある語り手の視線を通して、作者の暖かい眼差しまで感じる優れた詩作……かな?

650 :1/2:2012/11/12(月) 01:15:18.32
気がつくと、私は祭りの雑踏の中に居た。

浴衣姿の若者達や、手を繋いだ家族連れが私を追い越して行く。
人混みを縫うこどもたちの青い法被の背には、白抜きの祭の文字。道の両脇には屋台が並び、頭上には提灯が列をなす。
遠く祭囃子も聞こえるようだった。

私は今まで何をしていたのだったか。
簡単なことのはずなのに、何故か思い出せない。どうしてこんな所に居るのか、どうやってここまで来たのか。
何ひとつわからないまま、それでも夜はきらきらと美しく、笑い声は波の音のように響いていた。
誰かと一緒だったような気もする。境内の人混みに、はぐれてしまったのか。心細さと喪失感が広がる。
しかし、それが誰だったかさえ、今の私にはわからないのだ。

途方に暮れて立ち尽くしていると、不意に肩を叩かれた。振り返ると、少年がひとり笑っている。
深い紺色の浴衣に癖毛の黒髪。見覚えは無いが、人懐こそうな笑顔は、私を安心させるのに充分だった。
「見て」
彼は金魚すくいのビニールの袋を、顔の前に翳した。水の向こうに笑顔が滲む。
しかし、袋の中に入っていたのは、金魚ではなく小さな星だった。
水中に小さな星がひとつ、ゆらゆら揺れている。
「これは……?」
「星だよ。知ってるだろう?さ、行こう」
それだけ言うと、少年は私の手をひいて駆け出した。雑踏を抜けて木立の方へ、人々の間をすいすいと駆け抜けて行く。
耳元で風が鳴っている。胸がふくふくと熱くなって、顔がほころぶのを止められなかった。
お互いに笑い声を響かせながら、私達は木々の間を駆ける。いつの間にか、私は彼と同じくらいの歳になっていた。
今ではそれを不思議にも思わない。ここはきっと、そういう場所なのだ。

651 :2/2:2012/11/12(月) 01:23:07.99
小さな泉のほとりまできて、私達はとうとう座り込んだ。
祭の音も灯りも遠く、見上げた枝の間からは、月明かりが射している。ふたりとも笑いが収まらず、息がなかなか整わなかった。
ひとしきり笑うと、大きく息をついて、漸く彼は体を起こした。ちょっと持ってて、と例の星入りの袋を私に渡すと、浴衣の袂を探りだす。
見守る私の視線のもとで彼の右手が取り出したのは、何故か、ショットグラスだった。本来酒を飲むためにある小さなグラスは、しかし、しっくりとそこに馴染んでいる。
グラスを手にした彼は立ち上がると、軽い足取りで泉の縁に向かっていった。
「はやく」
少年は笑顔で私を手招く。
隣に立つと、彼は泉の水を、その手のグラスに汲みとった。今度はグラスを私に渡して、替わりに袋をうけとる。指先のグラスの冷たさが、夜の中でいっそう美しかった。
彼は袋に手を入れると、星をそうっと手のひらに掬ってみせた。顔を近づけると、僅かに煌めいているのがわかる。
この小さな星も生きているのだ。

グラスの上で、彼が手のひらを傾ける。とぷん、と微かな音がして、星が水に落ちた。底まで沈まず、ショットグラスの中に揺れている。
「呑むといい」
彼は笑ってそう言う。
揺れる星は泡たつように煌めいている。私は、この輝きをもっと眺めていたかった。
それは叶わないことと、本当はわかっている。星は眺められるために輝くのではない。
こういう煌めきは大切に腹の底に仕舞っておいて、暗闇の道の助けとするものだ。
「そう、もう失くしちゃあいけないよ」
私の心がわかるかのように、彼は言った。
私はこの輝きを知っている。否、誰だって本当は知っているはずだった。
いつでも腹の底に仕舞ってあって、自分の道の標となる光。違えず歩んで行くためのもの。
私があの雑踏で見失ったのは、この輝きだったのだろう。失くしたことに気がついたから、私はここにやって来たのだ。
彼の瞳が私を促している。グラスは唇にひやりとつめたい。
私は目を閉じて星を呑んだ。

小さな星はするりと喉をくだり、体の奥に沁みていった。
腹の底に輝きが灯る。
瞼の内には、彼の笑顔があった。

今度は大切にしなくては。
そうして私は目を開けて、ひとり雑踏へと戻っていった。

652 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 01:23:45.16
酷評お願いします。

653 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 08:00:45.75
君は朝型の人間になりなさい。

654 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 08:51:28.98
>>650>>651
酷評しなくちゃいけないらしいけど、この作品のレベルは高いと思う。
「優秀」のハンコを押したいくらいだ。
声に出して読んだけど、気分が良い。
いや〜良い朝だ。
最期にメッセージを送ろう。「きっと誰かが酷評すると思うから、待ってればいいんじゃね?」

ごめんね、酷評できなくて。

655 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 09:14:17.29
「彼」は何者なのかはっきりしていない。
妄想ってことか?

656 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 19:52:34.81
>>652
心理描写、情景描写の差し込み方等、バランスがいい。
だからちょっとしたことが気になる。
>今ではそれを不思議にも思わない。
「今では」がいらない。一瞬これは主人公の回想だっけ?と誤解が生じる。
今ではとされるとかなりの時間が経過したように感じるから。ないほうが流れるように読める。

>見守る私の視線のもとで彼の右手が取り出したのは、何故か、ショットグラスだった。
「の右手」がいらない。後々彼が右利きであることが重要になるならいるかもしれないが、そうではない。
いらない情報は書く必要がない。ないほうが流れるように読める。

袋に入った星の登場で現実的な物語から幻想的な物語へと。
精神的に疲れた大人が取り戻した星とは?
彼はいったい何者?
ぼやけているが読者の想像にまかせた物語なので、俺はいいと思う。

このスレを清浄化させる作品投下に、グッジョブと親指をつきたてまする。

657 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 20:31:42.08
>>650
文章はよいし筋もまとまってる。
漢字が多すぎるのはわざとやってて
それが文学的だという意識だろうしそういう意識の人もいるだろうが
自分は漢字が多いと仕事文や学術文に見える
(平野啓一郎がああいう漢字使いをしたのは、学生で仕事文にうんざりしてないことと
多少の関わりがあると思う)。
一般的には、和語の方が柔らかいだけ、幻想には馴染む。
幻想を高めるために漢字というならもっと旧字体、もっと高度な漢語がいる。
それをする志向でないようなので(結構な事です)、するとやっぱり漢字が多すぎると思う。
一行目「祭」じゃなくて「祭り」なのに4行目「祭り囃子」じゃなくて「祭囃子」
「酒を飲むための」「(星を)呑」むというのも全部突っ込まれるところで
あまり考えなしに漢字に頼ってるようにも見える。

あと星見せるところ。早すぎないかな
(まあ「星」につられて物欲でついていったのだとまでは誰も邪推しませんけど)。
でも、少年に一緒に来てくれる?と遠慮がちに頼まれて、わけもわからないのに
つい、うなづいてしまい、ついて行くうちに私も子ども化して、ほっと息をついたらおもむろに星をだして、
「ついてきてくれたから」あげるよこれ…(それは祭の場では金魚だったのに星になっていたまでやるかは好み)
のがいいように思う。
私にも最低限ながら主体的な行動があり、その褒美であったほうがよくないか、
また少年が(最後以外)もうすこし自信なさげの方が夢幻的でよくないかということを思う。
「失くしたことに気がついたから、私はここへやってきたのだ」という文もより生きるだろう。

「呑むといい」 呑むが酒を連想させるしその前にショットグラスなど出てくるので、
謎の少年が大人になったのかと一瞬思った。一貫して子ども言葉を使った方がいい。
ショットグラスもショットグラスのような小さなコップくらいのほうがいいと思う
(余談だが、もしショットグラスという単語にロマンチックな思いしかないのだとしたら
やっぱりあなた接待とかしたことないでしょ、と思うw)。

658 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 20:41:28.81
>>653
夜勤の人って可能性も……

659 :657:2012/11/12(月) 20:53:50.70
あとは
>それは叶わないことと、本当はわかっている。星は眺められるために輝くのではない。
こういう煌めきは大切に腹の底に仕舞っておいて、暗闇の道の助けとするものだ。
ここが大事なところなんだろうが実はいまひとつわからない
自信にみちた断言調もまだ2,3行早いような気がする。
そもそも星を「呑む」という肉体性官能性をとるのはちょっと自分にはあわなかった。
味をいうわけでもないようだし、自然に体に吸い込まれるくらいの淡さの方が自分は好き。

660 :スターダスト:2012/11/12(月) 22:46:33.74
俺はごく平凡な失業者だ。
今日はハローワークに来ている。
「なんか いい仕事ないかなぁ‥ん?」

《月給22万 未経験者歓迎 福利厚生完備 人と接する仕事が好きな人募集してます まずはご連絡ください》

「給料は悪くないな ちょって応募してみるか‥」

俺は地図を頼りに面接場所にたどり着いた。
それは駅前から十五分ほど歩いた先にある古ぼけたビルの四階であった

「すいませ〜ん 先程電話したものですが」

661 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 22:56:43.88
奥の部屋からスーツ姿の男が現れた

「ああこんにちは。お座りになって」

男はソファーを指差し、にっこり笑った。

「あの‥早速ですが何の仕事ですか?」

「悪魔の召喚」

「は?」

「悪魔を呼び出す仕事さ」
「ええ?」
この男、頭がおかしいのだろうか

662 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 23:09:46.35
「いや、ね。先月まで勤めてた助手が辞めちゃって。
体力勝負みたいなところあるから。この仕事。
君みたいな健康な若い人が来てくれると助かる。早速今日から手伝ってもらえるかな?」

「はあ」

「よし、決まり。取り合えず夕飯を食いに行こう。」

男は「加瀬さん」と言う。
駅前の中華料理店で夕飯を食べながら悪魔召喚なる仕事の概要を教えてもらった。
加瀬さんの家は代々続く陰陽師の家柄で、明治以降は西洋黒魔術も取り入れて悪魔召喚の技法を磨きあげて来たらしい。
加瀬さんは言う「悪魔召喚と言っても悪いことをする訳じゃないんだ。
現に今回は迷子探しの依頼を受けてね。
警察もお手上げなんで私の所に依頼に来たと言う訳さ」

663 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 23:23:56.70
「そろそろクライアントとの約束の時間だ」

俺と加瀬さんは餃子を平らげると店を後にした。

二章 依頼人

「先生、お願い申し上げます。どうか、どうか小夜子を娘の居所を突き止めて下さい!」
依頼人の女性が目に涙を溜めて訴える

「まあ落ち着いて、娘さんの居所を見つけるのは比較的簡単です。しかし無事かどうかまでは保障できませんよ」
加瀬さんは突き放すように言った。
「先生どうしたらいいんですか?」
「その時は追加料金を頂きます。まあ取り合えず我々に任せて今日はお引き取り下さい。二三日中に結果を出して見せますから」
「よろしくお願いします」
女性はハンカチで涙を拭い部屋を後にした。

664 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 23:33:26.35
「随分冷たいんですね」

「いいんだよ。だってあの依頼人の娘はもう死んでるぜ」

「ええ!?何でわかるんですか?」

この水晶を覗いて見ろよ。

すると水晶に無惨な姿になった少女が写し出された。

「この通り、死んでるんだ」

「じゃあ駄目じゃないですか」

「いや、魂がもうひとつあればいいのさ」

「‥どっから持ってくるんですか」

すると加瀬さんの目がギラギラ光りだした。

「ふっふっふ‥グフフフ」
「ま、まさか」
『ドーーーーン!』
と言う爆裂音と共にそこには三メートルはあろうかと言う毛むくじゃらの化け物が立っていた。
「グハハハハ、お前の魂を貰うぞおぉぉ」

「うわわわわぁ」
腰が抜けた。

665 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 23:46:25.86
悪魔に身体の半分を食べられながら俺は思った。

『たかが20万ちょっとの金に目が眩み、ダークサイドに身を落としてしまった自分の責任だ。
仕事の広告に具体的な仕事内容が書かれてない時点で疑うべきだったのだ。
悔やんでも悔やみ切れない。
今度生まれてきたらしっかり相手を調査してから面接に行く事にしよう
ブラック企業に入社してから後悔しても遅いのだから‥』




666 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/12(月) 23:54:19.31
>>660-665
「」の使い方が雑。
オチの意味がわからない。

667 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 00:03:47.64
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1352295497/l50
よろしく。

668 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 00:04:54.07
ん? オチは単純明快に魂を抜き取られるためだけに雇われたってことだぞ。
相当ブラックな会社です。

楽しめた。投下乙。

669 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 00:07:25.47
>>667
なんでここでお前の小説、酷評してやんなくちゃなんねーんだよ。
自スレに閉じこもってろ。

って言っても誰か物好きが酷評してくれるかもね。

670 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 00:28:31.15
>>668
いやだから、妙に教訓めいてるから

671 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 00:29:21.73
>>653-659
まとめてのお礼、失礼します。
ご指摘、とても参考になりました。
書いたものをひとにみせるのが初めてで、夜中のテンションでもないと勇気が出なかったための、あの投稿時間です……。
お気遣いありがとうございました。

ご指摘には、推敲時に違和感を感じつつ放置していた箇所もあり、特に、それは叶わない〜の部分は
ずっと気持ち悪さを感じていた所で、自分の甘えを痛感しました。
飲む/呑むの漢字は、呑むをまるのみ、固形物、飲むを液体として使っているので、変更はできません。申し訳ありません。
また、ショットグラスですが、これも変えられません。すいません。
漢字、無駄な表現、ご指摘いただいて改めて文章をみると、確かに多く、読みづらいです。気をつけて選びます。

お褒めの言葉、とても嬉しかったです。褒められて伸びるタイプかも。
丁寧なご指摘や感想、本当にありがとうございました。

672 :七福神:2012/11/13(火) 00:45:02.73
俺は世界皇帝デービス・ロックマンだ。
今日はアメリカ大統領と日本の首相を呼びつけている。

「野原首相が参りました。」
「お通ししなさい」

ドアが開いた。
「お会いできて光栄です。ロックマンさん」
「こちらこそ。ノハラ首相。この間のサミット以来かな?リップマン大統領も来ているよ」

「しばらくです」同席していたアメリカ大統領が立ち上がり日本の首相と握手した。

「二人に来てもらったのは他でもない。
日本の鈍閣諸島に石油が沸いてるだろ。
あれをわが社の独占事業にしたいのだ
その為にはまず日本をTPPに加盟させて自由貿易の名の元に政府の権力を排除して、わが社が利益を独占したいのだ。
わかってくれるね。」

「勿論です。我が党はロックマン先生の手となり足となり改革を進めてきました。今後も先生への忠誠心は変わりませんよ」
と言って日本国首相は愛想笑いをした。

673 :七福神:2012/11/13(火) 00:50:20.74
『全て話しは聞いたぞ』

「なんだ今の声は?」

すると正面のモニターにロシアのブーチャン大統領が写っていた。
『しばらくだな。ミスターロックマン』
「貴様、電波を傍聴しておったな」
『この事は来週の国営放送で全世界に流させて貰う』
「‥」
『さもなくばその旨そうな話に我がロシアも加わらせるかだ」
「まるでハイエナだな」アメリカ大統領が言った。

「ではですね。我が国の鈍角諸島の領有は生来的にアメリカとロシアの協同管理としたらどうでしょう」日本国首相が卑屈に言った。

「ロックマン先生の話を聞いてないのですか、国の干渉は排除すると仰せられたでしょう」
と大統領が英語でまくしたてる。

『ちょーっとまった!』
するとまた別の人物がモニターに映った。
「我が国を忘れちゃ困るアルよ」
中国の烈海明国家主席だった。

674 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 01:18:22.05
「鈍閣諸島は我が国のものアルね。来月の人民議会でそう宣言するつもりアルよ」烈主席がまくしたてる。
大統領、首相、国家主席が侃々諤々と議論をはじめだした。

そのうち「おい、君たち、あんまりふざけたこと言ってると核攻撃するぞ」アメリカ大統領がぶちギレてこう言った。

「何を言うか。核ならうちももってるヨ!」

「それは我が国に対する宣戦布告と受け取っていいのかな」KGB出身のブーチャン首相が冷静な顔で言う。

空気が静まりかえった。

「ここは仲良く共同管理にするといいアルよ。」烈主席が場を取り持つように言った。

「我が国としてもそれで問題無い。」ブーチャン首相が言う。

「我が国も異論ありません」野原首相が追従した。

一時間ほどして国家元首達が出ていくとロックマン会長は思った。
「私の時代も終わりが来たようだ。数年前であれば私が一言言えばロシアの首相も国家主席も小便をチビりながらお追従を言ったものだった。
しかし今や中国もロシアもワシの統制を離れつつある。」
「権力の空白が戦乱を呼ぶと」秘書が口をはさんだ。
ロックマン会長は複雑な表情を浮かべ椅子に腰掛けた。
次の瞬間、アメリカ大統領がドアをバタンと開けて叫んだ
『会長!非常事態です。中国がロシアに核攻撃を‥』



675 :「火炎茸」:2012/11/13(火) 01:38:57.55
俺は加瀬良介。こう見えても悪魔だ。
とあるブラック企業の社長をしている。
将来の夢は東京都知事。
馬鹿な国民の魂を食い尽くすのが俺の仕事だ。
今日も犠牲者が2時から面接に来る。

トントン
「失礼します」
「どうぞ」
「吉田悠子と申します。今日はよろしくお願い致します」
(ロングヘアーの和風美人。まあ数分後、バリバリ食べるだけなので関係無いがな)

「そこ座って。趣味なんか聞いて置こうか」

「仏像めぐりです」女はちょっと恥ずかしそうに言った。

「ふーん。あんまりいい趣味とは言えないね。
まあいいや今日から働いてくれる?」

「え?いいんですか」と言うと女はバッグから何かを取り出そうとした。
「年金手帳なら来週でいいよ‥!?」

「さっそく仕事させてもらいますね」と言うと女は数珠を取りだしなにやらマントラのようなものを唱え出した。

676 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 02:09:57.96
「ぐああああ」

煙が立ち上がり少しづつ俺の身体が溶けて行っている!
「き、貴様一体何者だ!」
「私は法務省から派遣されてきたゴーストバスターよ。あんたのような人の皮を被ったブラックな経営者を闇で葬り去ることが私の仕事。」

「じ、人権侵害だ。弁護士を呼んでくれ!」

「黙れ、この糞悪魔が!あんたに食い物にされた人々は裁判を受けられたと思うの?地獄に落ちなさい!」
女は数珠(じゅず)に力を込めた。
デビル加瀬の全身はどんどん溶けて次第に気化していく。

加瀬は思った。
俺は人間を甘く見すぎていたようだ。
人を食い物にすれば食い物にされても文句は言えない。
法を無視するものは法の庇護を受ける事は出来ない。
いかに悪魔でも人間界のルールに合わせなくてはならなかったのだ。
神よ。悔い改め‥

「う‥こんなときに」
悠子が胸を押さえて倒れ込んだ。
「もう一息なのに持病が‥」悠子は息を引き取った。

俺は助かったのか?
加瀬は神に感謝した。

「テメーら仏教徒のジャップよりも神は悪魔の方に味方してくれるらしい。ウリィィィ」

加瀬は悠子の死体を食い散らかし、一息ついてハローワークに就職説明会の日程をファックスするのであった。



677 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 10:23:14.19
俺は平凡な失業者の弟だ。

兄貴が失踪して五年。
未解決事件として警察は操作を打ちきったが俺は諦めない。
兄貴を殺した男の目星はついている。
現東京都知事の加瀬良介その人である。
加瀬は今や東京と言う町を牛耳るだけではなく
国政にも影響力を及ぼしている。
これは都民も知らない裏の顔だが、配下にヤクザをつかい気に入らない人間を次から次に抹殺しているのである。
はじめは俺も信じられなかったが兄貴が通っていたハローワークの記録に加瀬が経営している人材派遣会社が登録されていた事から俺は確信した。

「佐藤さん、どうもお待たせしました」
労働基準局の熊谷さんと今日はファミレスで待ち合わせをしていた
熊谷さんは兄貴の捜査をして謎の失踪をしている吉田担当官の同僚であり元恋人であった。
「いえ、なにかわかりましたか?」
「加瀬の会社の元従業員の証言が取れましたよ。
加瀬は悠子に会っています。加瀬に会った翌日から悠子は姿を消したのです。」

678 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 10:24:34.89
段落

679 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 10:51:00.22
俺は熊谷さんと元従業員に直接話を聴きに行く事にした。
すぐ近くのマンションに住んでいるらしい。
俺はコーヒーを飲み干すとマンションに向かった。

「村木さん、村木さん?‥おかしいな返事がない」
俺は嫌な予感がして強引にドアを開けてみた。
鍵はかかっていない。
「すいませ‥!?」
部屋は血の海だった。
床の上には無惨にも目玉を抉られた男の生首が置かれていた。

680 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 11:12:23.56
「加瀬さん、あんまり派手に動かれると、党としても庇いようがありませんよ」民新党の郷田幹事長がため息混じりに言った。

「都内連続殺人事件の捜査は打ちきらせましたが
現場でまだウロチョロしている役人もおりましてね。マスコミも騒いでいますし‥」

「帝京新聞のオーナーには話しはつけている。
一連の事件はすぐに都民の記憶から薄れていくよ」加瀬は葉巻を灰皿に押し付けて言った。

「それより次の総選挙の準備は出来てるのか?」

「大丈夫です。三大新聞社とテレビ局が我が党をバックアップし、中国には反日デモを起こすよう外務省を通じて手筈が整えられてあります。
「よし。タカ派の民新党に支持が集まるな。念のため日本海にミサイルでも打ち込んで貰ったらどうだね」
「わかりました。外務大臣に伝えておきます。」

681 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 11:35:55.74
「加瀬がこの何年かで巨大な権力を握りだしたのは理由がある。
あの男はCIAのエージェントなんだ。
某国から巨大な資金が流れているって訳さ」
民新党反主流派の川嶋元幹事長代理がそう言った。
「山王会のヒットマンも動き出しているそうだ。十分気を付けてくれ」
そう言うと川嶋代議士は名刺を一枚渡してくれた。
「ここの親分は古くからの知り合いだ。暫く匿って貰ってくれ。武器も用意して貰っている。」
《黒川組》と書かれた灰色の名刺を受け取って俺は川嶋代議士と別れた。

682 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/13(火) 23:10:04.95
274 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2012/11/13(火) 23:04:48.04 ID:Xlt1H8H90
拙者は人も人外もいけるからむしろうまいでござそうろう
http://www22.atpages.jp/otsr/cgi-bin/src/otsr8496.jpg
新着レス 2012/11/13(火) 23:07
275 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2012/11/13(火) 23:07:49.38 ID:t3J+4PPi0
あっそーすすどひね

「貴様!神を人にしようなどと!!」「あ今のICレコーダー録ったんで、じゃ行きましょう病院。」

683 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/14(水) 19:15:04.06
>>671-674
内容が国家元首じゃなくてどこぞの部族の利権争い。

684 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/14(水) 19:23:21.95
>>675-681
遭遇戦じゃねえんだから、相方かSWAT1チームくらいつれてけよって思う。
まあ下段で国家権力後ろに付けてるみたいな書き方してるけど、それだと国家権力で生贄用意しろよってなる。
そっからCIAや中国の反日デモ?まるで菊地秀行とかの焼き直し。
設定が足りない、文章も華がないし書き込みが足りない。数珠も意味わかって使ってんのかね。
こんなのを正統派超能力ミステリだと思って書いてるんじゃ才能ないね。

大体そんな感じ。まあ深く考えすぎても書きあがらないから、作文の練習だと思って最後まで書き上げてみ。

685 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 09:13:51.89
「ダメダメ!そんなんじゃリアリティー無いだろ!」プロデューサーの高田が唾を飛ばしながら言った。
「そもそも今時オカルトミステリ物は流行らねんだよ。80年代じゃないだからよ」
「でも、それがかえって新しいと言いますか‥」構成作家の新山が食い下がる。
「大体、話が国家元首じゃなくてどっかのアフリカの部族の抗争じゃねぇか
勉強が足りねんだよ!
それでもプロか!書き直して来い。明日までだぞ!」


俺は新山茂。
売れない放送作家だ。
「はあ‥俺才能ねぇのかな。もう三十歳だし、別の仕事探した方がいいのかな‥」
そんな事を考えながらハローワークからもらった資料を眺めていると
《月給22万 福利厚生充実 まずはご連絡下さい》と書いた怪しげな募集広告が乗っている。
「‥ちょっと行ってみるか」

続く

686 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 09:26:44.67
見知らぬ駅からおりて指定された場所に向かうと
どうも既視感(デジャブ)がする。
古ぼけたビルの四階。
新山はまさかなと思ったがエレベーターに乗り面接会場に向かった。

「すいませ〜ん 誰か居ますか?」

すると奥の部屋からスーツ姿の男が顔を出した。
「こんにちは。そこお座りになって‥」

俺は夢でも見ているのだろうか?

687 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 10:05:37.00
「つかぬことをお聞きしますが、こちらは人材派遣の会社でしたか?」俺は思い切って質問してみた。
「ええ、そうですね。まぁそう言う事もしておりますが‥」と言って少し不思議そうな顔をした。

俺はまさかと思い、ハローワークから貰った資料を確認すると封筒の裏面に「KASE CORPORATIN」と言う印字がされてある。

「‥KASE‥って加瀬ぇ!?」
俺は戦慄した。

「どうかしましたか?」加瀬の眼が怪しく光った。
俺、やばい‥

688 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 11:26:03.93
「あのすいません、ちょっとトイレありますか?」

「‥奥にありますよ。遠慮なくお使い下さい。」

「ありがとうございます」俺は取り合えず個室便所に入って作戦を練る事にした。たがここは四階だ
しかも相手の領内により奥深く入り込んだ気がする‥
頭を抱えてると
トントンと扉をノックする音が聞こえる
「ひぃぃぃ‥」

加瀬が壁の上から顔を覗かせる。
「節電でシャワートイレの電源切ってるからトイレペッパー使ってね」

「‥はい」

689 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 12:00:32.46
その後、加瀬の面接を適当にかわし、地元の喫茶店で今日起きた事を改めて整理してみた。

結論
ひとつ、俺はいつの間にか俺の作品の中に迷い込んでいる

ひとつ、俺が書いた事は現実になる。

‥デスノートかドラえもんみたいな話じゃないか。信じられない展開だが確かに加瀬良介はこの世に実在した。
そして俺の考えが正しければアイツは危険な悪魔だ。
‥いや、仮説その二が真実ならば、俺こそはこの世界を創造した神と言う事になりよっぽど危険人物だろう。

一体なんでこんなことになったんだ?

690 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 12:25:23.16
「ピッ」
とりあえずテレビをつけると民新党の解散総選挙の話で持ちきりである。

「‥どうせ出来レースみたいな選挙なんだよな」
我ながら暗い気分になってきた。

俺はあの脚本の中で魅力的な主人公も魅力的なヒロインも書けなかった。
全く救いようの無い作品だ。
そこには救済がひとつもない。
夢も希望もないのだ。

結局、自分自身を越える物語りは書けないのだ。
そして俺は自分で書いた物語りの主人公一人すら幸せに出来ない。

そうだ、この世界で一生懸命生きること。
それこそが「魅力的な作品を書き上げる」と言う事に繋がるのだ。
人生も小説も人間の作品にすぎない。
俺はそう決意すると机に向かい、高田プロデューサーに約束した脚本を完成させるべく仕事にとりかかった。
新たな世界を創る為に‥



691 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 17:44:21.39
>>685-690
たくましいな。あとオカルトミステリは流行らないとか言ってないから。
くっそハロワの求人票がどんなのとかまたダメ出ししたいくっそ。
くっそツッコミが追いつかない。

692 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 19:52:15.56
逆にどういうものを書いて欲しいかリクエストが欲しい。
よろしくおねがいします。

693 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/15(木) 23:05:21.21
>>692
「団地妻が隣の部屋に住む小学生男子にいろんな技を伝授する話」

694 :yaginu:2012/11/16(金) 02:02:12.30
つーかこいつ天才だと思う。
もっと続けてくれ。

695 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 09:35:44.65
「あ、あん。そこ‥コーイチローくん、すごい、うまいわぁ」

「ほんとう?葉子さんにそう言って頂けると僕、嬉しいです?」

「もう‥おませさんなんだから」


団地妻の葉子は隣の部屋に住む小学五年生の長男に週2回あやとりを教えていた。

あやとりは我が国では少なくとも四百年の伝統がある。
綾取って 錦の帯の 橋を掛け
江戸中期に纏められた『俳風柳多留』には綾取りに関する句が多数見られる。
゛あやとり゛は庶民のコミュニケーションツールとして長く愛されて来たのだ。

田口葉子の家は江戸時代から続くあや取り家元の家系であった。

「凄い凄い、東京タワー完成!やっぱり永井くんって才能あると思うわ」
葉子に誉められ、宏一郎はまんざらでもない気持ちになってきた。
「じゃあ次は『日本橋』の作り方を教えるわね‥」

696 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 17:50:26.77
物書き26の再来か!?

697 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 19:07:58.87
ぼくはしがない受験生。砂を噛むよなあじけない 毎日にひとりの天使が舞い降りた。ええっ をれに をれ夫
ぼくに ぼくにこのぼくにこほんなあんまぁいSEASONsがおとづれぅなんて うう うう うぅわあーぁぼくはぃなをれは
なあんて果報者

すんばらしい理想的な天使のためにぼぃゃをれは懸命になってびんぼこないへで勉強しまくって立身出世し、
くびをなんがあーくしてまちつづけてくれた天使に要求どおりの衣食住をそろえてみたのである。天使は顔を
輝かせたのだが、きょろきょろとあたりをみまわしててやがて不安と怪訝な表情を募らせ

ここまでしたをれに恐縮しておづおづと「ねえ、めしつかいは…?」と、ゆった。

698 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 19:10:51.85
俺は平凡なニートだ。

仕事が無いので図書館で読書をするのが密かな楽しみだ。
今日もハローワークに行くふりをして町の県立図書館で古文書を読んでいる。
すると気になる本を見つけた。
『GOETIA』(ゴエティア)
とタイトルしたこの本はラテン語で「悪魔の書」と言ったような意味である。
中身を読むと奇怪な図形や記号が書き連ねられている。
どうやらこれは悪魔を呼び出す魔方陣や護符のようだ。
俺はラテン語辞典を参考にしつつ、どうにかこうにか内容を理解していった。
勿論、「悪魔を呼び出す為」である。

699 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 19:11:56.64
↑果報者

700 :698:2012/11/16(金) 19:24:11.59
満月の夜、俺は近所の公園の砂場に半径五メートル魔方陣を書き、定められた呪文を一心不乱に唱えた。

するとしばらくして、巨大な地響きと共に禍々しき姿をした悪魔が魔方陣の中央に姿を現したのである。

その姿は頭部はライオン、目は炎のように輝き、馬にまたがった騎士のような姿をしている

明らかに身分ある悪魔の親分と言う貫禄である。

「私は悪魔王アロケル‥ワシを呼び出したものは誰じゃ」

701 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 19:25:30.16
これでバックベアードでも呼び出してみなさい、あなたうんぬん

702 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 19:36:15.14
「余の名はニート。
人間界を統べる王と言う意味じゃ」

俺は見栄を張ってつい口からでたらめを話した。

「ほう。かつてソロモン王には世話になった。
良かろう、人間界の王に敬意を表し、ひとつ願いを叶えてやろう」

「では私が世界を征服するまで下僕になって私に仕えよ!」

「良かろうでは世界を征服した暁にはその魂を貰うぞ!!」

巨大な地響きが鳴り、暫くすると世界は静けさを取り戻した。

703 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 19:37:48.12
おやおや。

704 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 21:42:34.30
「おい、ニート。まだ世界征服には行かないのか」

魔王が退屈そうに尋ねる。
「まあ、そのうちな」

健全なる日本のニート男にはそんな欲など無い。
だから魂を取られる心配も無い訳だがね

「アロケル、今からお好み焼きを作るから、お好み焼きのタレを買ってきてくれない?」

「なんだそれは。どこにあるんだ?」

「スーパーヤマザキの食料品売り場に売ってるから」

「わかった」


「ちょーっと待った。その格好じゃまずいな。
かわいい女の娘にでも変身してみるか」

「こんな感じか?」

手元にあったグラビア雑誌を参考に魔王アロケルは今風の娘に変身した。

「じゃあ、行ってらっしゃい。気を付けてね」

705 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 21:55:13.42
「オコノミヤキノタレか‥世界征服に関係あるのかな」
アロケルはスーパーにたどり着いた。

「すまんな。その男。ちと尋ねるが、オコノミヤキタレはここに置いてあるのか?」

「ええ、お客様。こちらでございます。広島風と普通のものとございますが」
「では両方とも貰おうか」「ありがとうございます‥ってお客様、
ちょっとお待ちください、お会計がまだお済みじゃないようで」

「そうか、そうだな。幾らだ」

「ええと消費税込みで650円になります」

アロケルは空中から札束を取りだし会計をすませるとニートの家に戻った。

「ただいま」

「お帰り。今、妹夫婦が遊びに来てるんだ。
お前、俺の彼女と言う事になってるから適当に話を合わせといてくれ」

706 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 22:11:39.05
「こんにちは‥ええ?兄貴にこんな可愛い彼女が居たの?信じられない!!」アロケルと対面した妹が言う。

「おいおい、夏希。兄ちゃんを何だと思ってんだよ。」

「いやでも可愛いですね。どっかでみた事があるような気も‥」妹の旦那の町田謙一が不審そうにアロケルを眺める。

「そうだ。AKC48の細野朋美ちゃんに似てるって言われません?」

俺は適当に誤魔化し
「こいつ里村優子って言います。挨拶して」
「優子です。よろしく」
アロケルは愛嬌を振り撒いて見事に妹夫婦に好印象を与えたようだった。
さすが悪魔のエリートだけあってのみこみが良い。

707 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 22:23:29.46
「これでよしと」
妹夫婦が帰って俺はアロケルと二人きりになった。
「人間界では三十過ぎて独り身でいると色々と面倒でな。彼女が居ると言う事にしておけば何かと便利なんだ」
俺はアロケルに人間界の慣習についてレクチャーした。
「両親が来たら適当に挨拶しといてくれ」
「わかった。ニートも大変だな」
俺はアロケルと一緒にお好み焼きを食べて
今日は寝ることにした。

708 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 22:44:50.43
「どうした?」

朝起きるとアロケルがテレビのニュースにじっと見いっている。

「なあニート。この男知ってるか?」
テレビには背広姿の政治家が映っていた。
「ああ、東京都知事の‥加瀬良介とか言ったかな。
どうかしたか?」

「‥コイツ、悪魔だぞ」

俺は飯を吹き出した。


「何で悪魔が政治家なんかやってるんだ?」
俺は不審に思って聞いてみた。
「わからん。ちょっと調べてみよう。」
アロケルも興味を持ったようだ。

709 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:02:01.74
あのスレのあいつもそうだけどさ
1行あけるのは何で? 
君の場合、あけてるけとことあけてないとこあるけど なんで?
基準とかあるの?

広がってるのじゃまくさいじゃん

710 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:02:07.46
「ニート、ちょっと出かけてくるぜ」
アロケルは新宿地下街の怪しげな雑貨屋に飛んだ。
「ババア居るか?」

「なんだと?」
店の奥から老婆が顔を出してきた。
「俺だ」
「お前みたいなガキの知り合いは‥はうあ!アロケル様じゃありませんか」
「2百年ぶりだな。実はお前に聞きたいことがあってな」
どうやら加瀬のバックには地獄の大悪魔サタンが咬んでいるらしかった。

711 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:03:45.94
>>709
特に基準は無い。

712 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:08:17.98
じゃさ、無意味に開けんなよっていう真面目に酷評もありなん?

713 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:14:30.76
お前の世界の不自由さは不自然。

714 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:14:37.72
もしかしてラノベには台詞と台詞の間に行間とって時間的な間(ま)を表す
習慣でもあるのかなと思ってた

「おい」


「はい」
「返事が遅い! おい!」
「はい」
「やればできるじゃん」

みたいなことね

715 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:14:42.34
「ふーん。」
俺はアロケルから報告を受けて大体の経緯を理解した。
「関わらない方がいい。
下手にちょっかいをかけるとめんどくさい事になるぜ」
「だけどさ、悪魔が人間の政治に首を突っ込むなんておかしくね?
それは人間が悪魔に支配されて居ると言う事になる。
人間の政治は人間が司るべきだろ」俺はアロケルに反論した。
「馬鹿言うな。昔から人間の政治なんてのは悪魔か、悪魔に魂を売ったものが支配してきたんだぞ。
現にニート、お前だって俺と世界征服の契約を交わしているじゃないか」

「だったな。それならなおさら、他の悪魔たちは俺達の目標の障害になると言う事だろ」

アロケルは少し考え込んだようだった。

716 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:15:11.78
>>698
すごく面白い
これがアニメ化されたら全話みちゃうよ

717 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:18:22.91
んや

角川がもっと現場追ってんぜ

中心核描写に釣られてえれーことなんな、

718 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:19:19.33
慎重に

外枯らして裸 基本だ

719 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:22:44.26
>>714
俺は純文学を書いてるつもりなんだが

今読み直したら空白には多少時間経過の意味合いもたせていたようだ。

720 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:25:05.42
をれは圧迫避け。

721 :ゲッパリラ:2012/11/16(金) 23:36:40.47
竹筒の
枯れて黄色く
なりたるの
中に虫らを
見るにわろしか

722 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/16(金) 23:48:25.18
235 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2012/11/16(金) 21:08:32.45 ID:+ojfzSlU0
さほんもんのゲフゲフは17 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/11/16(金) 21:04:13.04 ID:orM/Sggx
韓国じたいが来年4月まで保たない。
サムソンは別だよ、韓国企業じゃないからな…

723 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 20:27:56.72
文章酷評しますというスレなのに会話文ばっかりのやつってなんなの

724 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/17(土) 21:13:29.57
落語だと思えば良い

725 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/18(日) 10:21:59.17
ちょっと自作の小説を投稿したいんだが、ここで投稿するかワイか皆で文章を評価するスレにするか迷っている
ワイは少し険悪な雰囲気だしここも過疎ってるし、どうしよう?
ちなみにストーリーは噛むと過去に戻れる猫に出会って原爆によって破壊される未来を救うというシナリオで
戦争がテーマとなっている
完結作品

もう一つは理想郷っていってまだ未完


人口爆発と大戦争がもたらした未来。

それは貧と富の二極化だった。
徹底的に管理された大都市に住む富める人々と、彼らによってスラムに追いやられた貧しき人々

そして、”魔者”によって支配された砂漠地帯に住む放浪集団流れ人。

これは彼らが理想郷を探す物語。

流れ人の伝説によると、理想郷を見つけた者には、自分の世界の理想像がこの世界で実現するらしい 
普通に探しても理想郷は見つからない。
流れ人は、普通どちらにも味方しないが、一人の流れ人が理想郷の真実を知った時、世界が動く。

726 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/18(日) 10:56:39.80
ごちゃごちゃうるせえんだよどっちにも晒せ

727 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/18(日) 11:20:25.80
>>725
丁重にお断りします

728 :ゲッパリラ:2012/11/18(日) 17:37:44.35
言い任し
五七五(いつしちいつ)の
律に乗せ
七七足さば
これぞ和の歌

729 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/19(月) 14:06:54.78
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121119133117.jpg

730 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/19(月) 15:10:54.39
180 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2012/11/19(月) 14:38:10.42 ID:ZbLocEHv0
トップ2!の二次、シャーペン描き 今笑った。http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/76/33/9dff8ba15beb9e4ca2dcf17a5401eb8e.jpg
181 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2012/11/19(月) 14:45:42.81 ID:NzZfg7co0
>>179
公開しとけ
人の絵の過程みて楽しんでるわしみたいなのもいるんだ
182 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日: 2012/11/19(月) 14:45:52.17 ID:ZbLocEHv0
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/74/5e/efb811d6a5d68587d24ed9a3ba062ad5.jpg

これが

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/63/6b/22197ddd101f1d52fb21eb164ff2b566.jpgこうなって(バロムクロス

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1d/bd/5c3de7551eb6653858c97bfeac9f09f2.jpgこうなって

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/14/bb/ecdb15cbeaff2d42724e32c81859b45c.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/61/f0/02bb5d88adde2e87281197c1f81bfe16.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/75/66/d71026d397faf8fcb1b533b71afadbed.jpg
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/15/6a/206fc67cfe6aaab7bd71431e17d92aec.jpgで、↑。

731 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/19(月) 22:39:11.06
23 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です :2012/11/19(月) 21:10:23.03 ID:R4Scs+rY0
「先輩、先輩。」「ん…ああ、なんだ…えええええええーーーーッ!○○○!!なんで、おまっちょっ待て今かたすから部屋」
「いいんですよ先輩、それはわたしの役目。そこで観ててくださいな♪」「えっ…お前なんだよ21年ぶりに…
唐突すぎんだろ…」「どうせ無職なんでしょ?」「いや…いろいろ籍だけはあんよ、ただ呼ばれない。」「そんなことだろうと
思いました!」「なんだよ…」
みてーな導入のラノベだよに。

キャラチェン「うりゃああああああああああ〜〜〜どっかぁああああああん!!!!ヴいっ!!!!!」「うわーなんだなんだ」「てんめええええええええ
この穀潰し野郎が!!!!幾星霜惰眠をむさぼっとんのんじゃあゴルアァァァァアアアアア お天道さんに申し訳ないと
思わんのんかこんダラァおんだらあだらんだらあ!!!!「おっこれはよくみたら○○○くん、性格変わったのかヒサブリひさしぶり」「きゃっ
やだっみてたんですかっえへっちょっとやりすぎちゃいましたメンゴメンゴ☆」「うむそれはいいんだが21年ぶりに唐突に
部屋にかちこんできて玄関サイド全破壊は今後がふあんだな」「またっ…いつものことじゃないですかぁ、かたいっこといいっこなし!」「お前まだそうなの。
独身だろう。」「じゃなきゃ来ませんて、せ・ん・ぱ・いっ☆」

キャラチェン「ふぁ〜あ、今日ももう朝だな…めしぐらいつくらないと…どっこいしょ。さて、米飯はあるんで、味噌汁と、
あじのひらきがあったな、それに漬物でいいだらふ、ふんふん。…あー…、なんか郵便は…と、なになに、おっ
スクーターの自賠責と税金が一緒に来てやがるやだやだ…麦茶麦茶…そろそろ寒いしあっためっかやかん、と…
ふん…買いだめしといたカールうすしおあじがあったなあれで保たせとくか…あったあった


うわお

お前、いつからいたの。」「ふぁ〜あ、から…」「少し話しかけるとかしろよ、相変わらずだな。」「働いて、ください。」
「え?お前それ言いに不法侵入したの俺んちに?」「そう、です…」

732 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/19(月) 22:40:25.73
51 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です :2012/11/19(月) 22:07:35.31 ID:R4Scs+rY0
「と、いうわけで。」

「きみたち三人が連日で俺の安眠を妨害したのは、なにか陰謀でもあんのかこれまたそれともあれか

陰謀厨つって小馬鹿にするためだけにこんな大掛かりなことしとんじゃああるまいな?」「先輩!」「なんだ。」「寒い!」「お前が壊したんだろうが少し、我慢してくれ。」
「提案が、あります…」「なんだよ」「雪山で遭難したとき、山男ははだかであたためあうんです…」「…じゃ、おまえらはそうやってくれ。…ほら、早く。」

『ぜんぜん、かわってないね。』『うんうん、1_も進歩してない。』『地球の、奇跡です…』

733 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 07:04:35.61
http://youtu.be/vym96yBDcV4

734 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/20(火) 18:29:37.32
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121120182652.jpg

735 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/21(水) 22:41:25.88
なんでトップ2のデッサンスレになってんだよ

736 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/22(木) 21:04:27.05
630 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/22(木) 18:59:35.21 ID:NkdJoEq10
「…アスカ。」「なによ七光り。おこめはひとめぼれしか食べないわよあたし。」「ミサトさんはササニシキしか買ってこないんだアスカ、それよりこれ。」
「なにこれ。やだなにこれ白ROMみたいじゃないなにはいってんのまさかあんた…このあたしにいかがわしいプレイさせようってえのこの不届き者!変態!助平!」
「冗談だよアスカ。よかったら感想訊かせてあとで。」「あちょっと七光り!勝手に話まとめて満足して去り行くんじゃないわよ!なんなのよもう…(チラッ」

ぴこーん

「なになに… ”アスカへ このGAMEは WONDER WITCH というかいはつツールで つくりました。ENJOY it!
POWERED by SHINJI” …ぶっとばしたくなったすんごぉくぶっとばしたくなったhit any buttonねわかったわよ ファファファファーン
”プリンセスアスカの大冒険”やだちょっとなにこれ…なにひとのこと勝手にゲームキャラにしてんの場合によっちゃ出るとこ出るわよギャランティーのほう
どうなってるわけ…”アスカ! にごうきとウェディングドレスでうんめいのひとめざして アタックアタックアタック!”…
やる気うせた。どうーせ七光りが待ち受けてるんでしょうよ、バレバレね。却下よきゃっか。」


「おはようアスカ。…隠すことないじゃないか。」「…う、うううっさいわね。」



http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121121181459.jpg

737 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 02:44:46.28
共感できないものに温度はない。
僕の部屋はいつでも真冬だ。
仕事の帰り、ルミネで買ったジャケットはハンガーにかけた途端色褪せた枯れ木になった。
留守番電話のメッセージ、間違い電話と風の音。
何もないことを確認するために開けた冷蔵庫は今日は昨日の続きだってことを教えてくれる。
高い授業料だ。
出て行った彼女のことを考えないことだけに意識を集中する。
手の先、足の先、ケツの穴から脳のてっぺんまで。
無は有だ。だけど有は無じゃない。
座り慣れたソファに腰掛けて、窓を開けて換気をすること、
好きでも嫌いでもないコーヒーを入れること、
リモコンを手繰り寄せてテレビをつけること、
目を閉じて幸せな夢を見ることを考える。
温度のない部屋で息をする。
白く曇ったガラスの中、ここは金魚鉢の中の金魚鉢。
現実の中の現実だ。

738 :neo-sin-real:2012/11/23(金) 03:42:06.12
>>736
ななひかりからササニシキまでの流れがいい。
ケンスケでかいな。

>>737
ポエマー

739 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 04:11:37.11
>>738
あなたは世間一般の感性を忘却しすぎるように生きてしまいましたな。

740 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 11:40:59.56
>>737
おい、これはど下手だぞ。
なにが高い授業料だよ。ただ冷蔵庫あけただけだろうがっ!

741 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 11:44:25.21
>>737
イライラする

742 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 12:20:31.72
一人称で、

俺の黒目は上下左右慌しく動いていた。

って表現許せるかい?

俺の黒目は上下左右慌しく動いていたことだろう。

って書けば問題ないかい?

俺はどっちも許すよ。心が広いからね。

743 :737:2012/11/23(金) 18:32:44.76
>>740
的確なつっこみありがとうございます。

>>741
なぜですか?

744 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/23(金) 23:14:43.76
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121123184943.jpg

745 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 04:42:27.88
むかしむかしのおはなしです

ふぇいちぇんかは、げきついされたわけですが
いじょうなせいよくのもちぬしだったし
しょうにはまーべるがいるよなとゆうあるいみごもっともなりゆうで
ちゃむにけそうしたのです あーちゃむとやりてえ

げきついごもとみのさくひんによくあるようにいててててといきのこって
みふぇらりおやえふぇらりおのそのでうふふうふふなことがあるのですがどうしてもちゃむのことが
あたまよりはなれない
なんだそうかみふぇらりおならだれでもいいわけじゃなかったのかな
ふぇいちぇんか よくわからないまま ふぇらりおのおさのみちびくままに
ちゃむおえふぇらりおにしちういばらのみちおあるかさりることになったとかなんないとか

さあ

ふぇいちぇんかはちゃむといたすことはできんのでせうか!「えーやぁよぉ なんであんなやられやくなんかと!」。

746 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 10:05:54.34
>>737
独りよがりだね

一行目って何が言いたいの?
ジャケットが枯れ木になるのはなぜ?
無は有だ〜の行の意味は?
彼女のことを考えずに見る幸せな夢ってどんなもの?
金魚鉢は何の比喩?

説明してもらわないと、意味不明
説得力が無いです

747 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 10:30:55.80
そうなあ

ポエムにケツの穴できこめかすのは上級者 普通はそうなる ただのやくざの愚痴。

748 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 11:04:14.41
コーヒーを泥水と形容した男が居た
をれは、そうだなと思って今日もディスペンサーに銀のコインをおしこむ
をれのダンディズむは
往々にして
そんな感じだ をれの女に あわせて。

749 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 23:18:56.31
http://youtu.be/L3P1FgH2PUc

750 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/24(土) 23:20:05.36
ちなみにディベンダーでつに確か。なんだっけ。

751 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 00:02:34.54
誰もいない気がするが
アメリカの社会風刺、ブラックコメディ風に書いてみたからよろしく

世界平和

昨晩、ネットでおかずを探してたたんだ(笑)
そしたらフェイスブックにこんなコメントがあった、
「アフリカで飢餓に苦しんでる子供がいるというのに、
フェイスブックに高級料理の写真を載せるのは間違ってる!
そんな写真をアフリカ人が見たらなんて思うんだ!
世界平和のために私たちがするべきことは他にもあるんじゃないのか!?」
ってね

こんな馬鹿げたことがあるか?(笑)
高級レストランのコース料理をフェイスブックに載せないことで世界が平和になるわけではない
それは、せっかくの財産を無駄にしてるのと同じだ!
他人に富をみせつけて優越感に浸るのが金持ちの本分だろう?(笑)

俺はフェイスブックで自分の富をみせびらかすのが最高の楽しみだ
間違えても、おれが高級リムジンで美女に囲まれてシャンパンを飲んでる
写真がソマリアで撮ったものだと思うなよ(笑)
ソマリアみたいな所でそういう写真を取るのはおれのポリシーに反する
そこでは俺のすごさを目撃できるのは水に飢えてるホームレスしかいないからさ
俺が彼にあげられるのはシャンパンだけだ
でもそれは彼らのポリシーに反するだろ(笑)

(続く)

752 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 00:03:11.57
そうじゃない、俺がそういうことをするのはラスベガスみたいな所だ
ラスベガスならどこかの金持ち老夫婦が
「まあ、長年の苦労を癒すのになんていい過ごし方だろう」
って通りすがりに言うのが聞けるからな(笑)
でもこの発言は正しくない
なぜなら俺は苦労なんてしてない
俺の仕事といえば超高層ビルの会議室で部下に貧乏にから
金をふんだくるよう支持するぐらいだからさ(笑)
貧乏人から金をふんだくればその金をもっと有意義に使える

われわれのしてることは彼らだけでなく社会全体にとって得だ
なぜなら貧乏人は正しい金の使い道を理解していない
貧乏人にお小遣いを与えたらどうなる?
隣人が大声で喧嘩してても寝付けるように
安いウィスキーで酔いつぶれるだけさ

こんなのは誰も幸せにならない
みんなが幸せになる金の使い道を教えてやろうか
売春だ(爆)
町中の売春婦をかき集めて俺の高層マンションで乱交パーティをするんだ
そうすれば、彼女らがどこかのヤク中のボロアパートでズタズタの変死体
となって発見されることはないだろ?


犯罪率は減少し、街は安全になる
誰もが安心して寝床につくことができる
どうだいみんな?
これが世界を平和に導く方法さ(笑)

753 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 00:04:07.01
134 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/11/25(日) 00:00:42.12 ID:Wql2Wmk80
大阪市民が立ち上がった。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
橋下氏の反対の署名が90万人。前回大阪市長選で橋下氏75万票、平松氏53万票。
大阪市の有権者数は210万人、1/3以上の有効署名で住民投票となり、1/2の賛成で
リコール成立、大阪市長選挙へ。11/30に解禁、リコール運動が橋下氏に大打撃を与える。
橋下氏は大阪市長の職を失うことになる。。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

754 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 00:33:43.63
>大阪市の有権者数は210万人、反対の署名が90万人

ちょっとなー、それ全部ほんとに大阪の有権者の有効署名なのかね
盛りすぎだろ。6割越せば記録的な投票率になる市だぜ
そりゃ俺がマスコミでも(関西のマスコミでも)報道しねえわな、恥かくの見えてるもの

755 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 00:36:11.33
さてどうだべな。マスコミも崩壊すぅばやいもあんのか。

756 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 02:00:38.45
僕は、サンディールというバーによく足を運ぶ。
最寄り駅から徒歩五分。駅周辺の繁華街からは、少し離れた所にある店だ。
店に足を踏み入れると、いつも「いらっしゃい」と愛想の良い女性の声が聞こえる。アイリスの声だ。
アイリスはそこのバーのオーナーのガールフレンド。また内縁の妻でもある。
オーナーとアイリスは同い年で、二十二歳の頃からもう十五年以上も同棲しているらしい。
十五年も同棲して結婚しないなんて、僕はちょっとおかしいと思う。
普通、それだけ一緒に居たら、特に理由なんてなくても、結婚とかしちゃいそうじゃん。

前に、「どうしてオーナーと結婚しないの?」と僕は尋ねた事がある。
アイリスは少し驚いた表情をしてたね。
それから「なんでアキラはそんな事を急に聞くの」と笑いながら僕の肩を叩いた後、こう答えた。
「結婚なんて面倒臭いじゃん。特に、離婚とか面倒臭そうね。結婚しなければ、離婚しない。間違ってないでしょ?」
結婚しなければ、離婚しない。確かにそれは、その通りだ。

757 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 07:59:28.48
http://youtu.be/gKj9iCeHnqk

758 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 08:22:50.21
http://youtu.be/pOJd3sxxJrw

759 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 08:59:58.85
http://youtu.be/5_m1wGgCjds

760 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 16:20:53.58
http://youtu.be/o3xNE1VDcUk

761 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 18:19:09.89
276 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/25(日) 17:24:29.99 ID:9yqTNzJu0
これよりマシだろ。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/73/5c/c151513cffb25483e27fb3a6dd132242.jpg

279 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/25(日) 18:05:46.47 ID:06JCzXt60
>>276
おいおい 返事ねーぞ

をれはアニメ塗りにはまだ深く手を出してねんだな時間とらりるんでニ。

 をれは街に居た、ビルの街に我王の街、ふーむここで毎夜毎夜悪しき企てが高級ホテルの最高級羽毛布団に
くるまれてみづ音たてつつ執り行われてゐるのだなおっかさん東京は怖いとこじゃあという予見が正しいかはまだ
判断がはやすぎぅさて 唐突にファミコンのむかしなつかしいコントローラーがいきなし手中にあらわれたおおなんてことだ
ゴムゴムの四角ボタンかつワイヤレスでゎないかこの 通人奴キユっキユッ きゅっきゅっ。

きゅっきゅっ。きゅっきゅっ。後ろの頭おぴこんとぴこぴこはんまぁ状のやふなものではたかりた気がした音がしたのを
合図にしたかのように軽快なロシア民謡が大々的にあたりに響き渡り上空よりビルの塊が段階的に墜ちてきた

おもはづをれは十字キーとAボタンを押すと空気を絡ませつつビルがかあいてえんすぅでぃわ内科
ヨシここゎ授業にも出づにカンストすぅまでスーファミ版を鍛えた昔とったしのづかィャきねづかでをれは
いきなしluckyにも四列揃えることができたとたん ビルは霧状に消えた。「たいへんなことしたね。」いつのまにか
をれの小指ぴーんが立って居るでぃわ内科ああなんてなんて罪部会

と、思ったら遠くに吉岡秀隆が立っていた。ン?とよくよく観ると、押さんだった。をれはすべてを了解したやふな木下



みてーなかつどうとパラリルなんでぃニ。

762 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/25(日) 18:31:30.61
みてーなかつどうとパラリルなんでぃニ。
822 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です [sage] 投稿日: 2012/11/25(日) 18:24:42.03 ID:GAwxlzRS0
予想裏切ったまではいいけど、期待も裏切ってさらに斜め上に突き抜けもしなかったな
ただのセルフパロの公式同人
823 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です [sage] 投稿日: 2012/11/25(日) 18:26:41.65 ID:WeqoWCs90
観てきた。
ここで濃厚なネタバレを仕入れまくってから観たので混乱は全く無かった。
Qは序の前の話で、シンは破の続きなんて予想してる人がいたけど、
俺はシンでちゃんとQの続きが観たいと思った。
なんか登場人物それぞれに決定的な溝が出来て、
互いに依存したりできるような環境じゃなくなって、自分でやるしかないみたいな。
シンジ君も落ちるとこまで落ちてもう何にウジウジしたらいいか分からん状態だし。
でも吹っ切れて前に進み出すような柄じゃないし、どう出るのかが気になる。
新着レス 2012/11/25(日) 18:28
824 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/25(日) 18:28:59.22 ID:06JCzXt60
>>822
省エネやれやれリスペクトぢゃね?

763 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 12:38:37.02
926 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/27(火) 10:29:42.85 ID:o9IZ7tPl0
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121126194315.jpg
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121126202150.jpg
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121126204633.jpg
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121127094302.jpgやあやあ善良なる現役東大生の後輩しょくん

きみも今まで積み上げたCARRIORをどぶに棄ててみないか!?

764 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 14:09:35.76
929 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/11/27(火) 14:06:37.98 ID:o9IZ7tPl0
ラジオ体操第九〜両腕をまたぐらの中にとおしておもくろいうんどう〜430 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/11/27(火) 14:00:28.87 ID:PxOjvyFM0
ちょこれ観てみhttp://building-pc.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2008/12/19/tokyomarunouchi08121.jpg

それとこれhttp://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121127135706.gifこの数字ついてっとこ全部三菱地所管理ビル

つまり三菱は戦後の混乱期、国体が機能していない隙にガッツリ三国人つこうて陣どりやってえ

そのあと例の土地の法律こさえたのな

薩長てのはそういう、国体機関説、司法立法行政機関説の、つまりは根がニャル子な独善集団なんだよ

ほんで、在日韓国人をかわいがって全国に散らしてるということなんだわさ。

443 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/11/27(火) 14:02:39.34 ID:PxOjvyFM0
驚愕の錬金術師だおに。

765 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 15:26:37.73
471 名前: /名無しさん[1-30].jpg [sage] 投稿日: 2012/11/27(火) 14:17:22.39 ID:01vVSG+e0
http://up.null-x.me/poverty/img/poverty30558.jpg
http://up.null-x.me/poverty/img/poverty30557.jpg

362 名前: /名無しさん[1-30].jpg [sage] 投稿日: 2012/11/27(火) 12:37:19.40 ID:gBmJbGbi0
http://uproda.2ch-library.com/605982P8u/lib605982.jpg
http://uproda.2ch-library.com/605983uer/lib605983.jpg

766 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/27(火) 16:48:09.70
210 名前: /名無しさん[1-30].jpg 投稿日: 2012/11/27(火) 15:24:47.80 ID:XHuWvX510
ID: 7Gj1JHB40
三菱の丸の内独占は、明治維新に遡るんだぜ。
薩長を持ち出したのに、惜しいな。
211 名前: /名無しさん[1-30].jpg [sage] 投稿日: 2012/11/27(火) 15:42:35.74 ID:mK20KaZp0
つうか ID:7Gj1JHB40はしつこいな
212 名前: /名無しさん[1-30].jpg [sage] 投稿日: 2012/11/27(火) 15:54:48.62 ID:K8avWpAc0
 
213 名前: /名無しさん[1-30].jpg [sage] 投稿日: 2012/11/27(火) 16:32:13.08 ID:zIV3uA6C0
>211
そいついつもの陰謀論君やで
新着レス 2012/11/27(火) 16:45
214 名前: /名無しさん[1-30].jpg 投稿日: 2012/11/27(火) 16:45:25.12 ID:7Gj1JHB40
ふーむ

うんまあ…釣りに乗っておこうかな!!とか思って!!ついでに言うと、明治維新で東北の山々、所有者不明って
ことで(それは東北のポリシーなのな

全部国有地に。まあ地図みてみ、機会があったら。山、七八割方国有地で

その変化で、226が起きた。立ち入ったり糧を求められなくなったんでな。惜しいなとか、まあしょくんらは阿呆なので
仕方がない。

767 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/29(木) 16:46:06.40
117 名前: アメリカンショートヘア(やわらか銀行) 投稿日: 2012/11/29(木) 16:38:10.06 ID:opuGqkDF0
おまいら、

たぶらかす

は、NGワードのよーだら。

768 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/29(木) 16:47:28.62
で、アイドルの唄を聴いてて思ったんだが…

眞の愛 の、ようなもの が達成された世界って

大人の唄、無くなんな。唄とは本来、求愛。

769 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 13:43:42.98
96 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/11/30(金) 13:19:29.26 ID:dWgYuz2E0
ははああれだ モーセとクレオパトラ、同時代人か知らんがこのほれ

クレオパトラがおしのびでこの夜の蝶に変身してんはな

ほんであらいいおとこ とモーセにモーション おかねだしたらいいのよォ〜 ところがモーセくんけんもほろろの
語源となる態度

がびーん ちょちょちょ あたしクレオパトラよ←それがなにか



女の怒りの一形態、世界史に華麗に爆誕。

※ピラミッド建設で風紀は乱れモーセは苦々しく思ってたんすに
※まだわかいおふたり

770 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 14:36:40.11
気持ちのいい文章や、読み易い文章、素敵な文章だなぁ〜など
人は文章に人柄や才能を感じたりするようですが
当方は全くそのような事を感じた事がなく、どのようにすればそれを感じる事ができるようになるのでしょうか?
本も読んでいますが、いまいちわかりません。
自分の文章も読み易いのかわかりにくいのかもよくわかりません。

771 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 14:48:46.68
マジレススレの方がいいような気もするが…

最後の一行がすべて。
本の読み込みが足りないんじゃないか
もし文章力をあげたいなら、ラノベを読み散らかすより、
しっかりした文章の本を、何度も読み直した方がいいよ

772 :137:2012/11/30(金) 14:55:46.55
>>771
読み込みってなんでしょうか?何度も同じ本を読むこと?
たとえばしっかりした文章の本ってどんなものがあげられますか?
読んでみたいと思います。

773 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 15:22:40.69
小学校から高校出るまでの、国語の教科書に載ってる作品

774 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 15:41:29.58
銀の匙でも読んでみれば?
確か、灘の現国で使われてる本。

775 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 15:54:22.93
灘を要求したら、可哀想だろう…

776 :名無し物書き@推敲中?:2012/11/30(金) 16:03:21.81
773とかぶるかもだけど、
夏目漱石の「こころ」

777 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 20:05:54.25


よくできてんな、先生。

778 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 20:07:25.26
あ 読んでないお。をれはどっちかつと「カリギュラ」でむっふぅ〜=3 だった んでな。陰惨>陰鬱

779 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 20:08:34.91
で、をれはその陰惨トリガーの担い手の自覚が…

780 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/01(土) 20:13:31.23
あ、ちなみに菱についてざあくざあく判ったことはめんどいのでここにははんない

さがすんだあ。

781 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 00:00:05.64
宗教的かつ政治的な陰謀「プロジェクトJ」に
巻き込まれていく。陰で操る謎の男の正体とは。
【宣伝&拡散希望・2ちゃん自晒し中】
http://ncode.syosetu.com/n8319bj/

782 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 01:59:23.57
一瞬でうざっと思って切った その後どんなすんばらすい展開があろうと惜しくない。

783 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/02(日) 13:34:36.93
出し抜こう恋人の国になったな

しかたねえか。

784 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/03(月) 16:08:17.45
ほんづつ思索入門はばかりまろびで日誌くれーでねーとぬぽんぽこのぶんちゃまはぴくんぴくんともすないと発覚

785 :ゲッパリラ:2012/12/05(水) 03:18:59.63
アシタカ「解き放たれたしぞ!かの娘は人間なるゆえに!」

モロ「黙られたし小僧!そにサンの救えたまえるものたろうぞか!」

786 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/05(水) 22:05:40.82
機は熟した!解き放て!

787 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/06(木) 01:24:01.50
77 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です :2012/12/06(木) 00:48:01.37 ID:eGmlcj8G0
〜ぉのどまやきあhttp://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121206004627.jpg

788 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 19:50:40.27
俺はもう駄目なんだ

789 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 22:24:43.01
書き途中ですが酷評おねがいします。

時の列車「デンライナー」の客席で一息つく2人、乗客は彼らだけだった。
「まどか・・・今度こそ教えてくれ。さっきの「あれ」は、一体なんだったんだ。そして君は・・・もしかして『未来』からやってきた・・・・?」
せつな(14)が、ほうじ茶をすすりながら質問した。

「わあっはわ、おいはん、いあへうえいふうはあ・・・。」
ファミマの肉まんをほおばりながら、まどか(14)が答えた。

「ひえんふういえんおあおひ、ひおいはまへっふあほひいはっはひへひはいんえひあ、あう『いひおお』あはいひゅはえはお。
『えっふふ』をはうえあえあ『ほえ』は、ふえあいんえんおはんひょおいはんおうううお、ひゅういおおおううをひゅうひゅう、おうあひあああ、ああうういあいあへいううおへいひふをほひーいえ、ほおひほおおおううああいああいをあえう。
ああいうえをおうあ『いひおお』あっあ。へお、ほえあひえいおはいあいあっは。
ほお『いひおお』あ、いあいやいういいをいっあひんえんおあうあんおおいふえうお、えいえうあへんあほおうおうをふいはえひへ、ひんえんをおおっあお。
へあいううい『いひおお』ああふえあえうあえ、ううえんおはああああっあ・・・。」
肉まんを食べるまどかの頬を、涙が伝った。

「いううえんおおああいあいおいあいいあ、ひひょうおほおんおあ『えっふふ』いおおあええいう。
へあいおいんおうあふうへんいんあええんひょうい、ああいあいあ、はういいへんあいうう『ほおいー』いいをひおええほおほおおいいあああええいうお。」

そ ん な 恐 ろ し い 事 が 始 ま る な ん て !
せつなの全身が総毛立った。

つづく

790 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/07(金) 22:46:57.21
感動しました

791 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 08:35:15.73
成人しているとは思えないとか大学卒業したとは思えないほど
酷い文章力だと酷評されました・・・される事がよくあります。
自分では文章の善し悪しや上手い下手などはわからないぐらいのレベルなのですが
人からこういう事を言われても罵倒ばかりで、なにが悪くてどう改善しなければならないのかがわかりません。
どうか助言おねがいします・・・(;_;)

_______________________________

いつもそうなのですが、自分が先にすごく好きになった相手に
告白されて付き合っても、全然好きじゃないのに半年ぐらい経つまで
自分があんなに好きだったのだからきっと好きになれるハズだと思ってしまい
好きではないっていうことに気づけません。

こちらから一緒に食事に誘って全然合わなかったのかもの凄くストレスを感じて帰ってきたり
しても楽しかったね!ありがとう!なんてもう二度とこんな想いしたくないっていう感じでも
自分が好きだったのだから、この人のことは好きなんだっていう思いをずっと持ち続けてしまいます。

どうしたら自分の素直な気持ちに気づく事ができるのでしょうか?
例えば大体の場合、恐らく一、二回食事に行った時点でわかると思うのですが
ん?なんか好きなのかなんなのかわかんないや、でもあんなに好きだったのだから好きなのかも?みたいな状態でずるずるしてしまうのです
どうすればいいのでしょうか?

792 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 08:41:16.80
自分でわからないことを説明しようとするから誰にもわからない文章になる。
わからないまま、そのままの出来事と心の動きを主人公の一人称で語らせる構成にすれば
それなりのものにはなるとおもう。

793 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 09:57:17.77
たとえば太宰治のヴィヨンの妻。奥さん何考えてるのかさっぱりわからんがおもしろい
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/2253_14908.html

794 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 12:29:10.95
ファミマの肉まんはなつかしの井村屋のなんでもふうれしくってわしゃおしっこ漏れそヴぢゃあんちゃんわしゃしんぼうたまらんわい

ひとをにくんでつみをにくまん。

795 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 12:33:54.70
今書いてみました。字書き初心者なので、これくらいで評価できるものなのか心配ですが
よろしくお願いします
――――――――――――――――
「くそっ……」
 電車は間に合わなかったらしい。
 目の前を通り過ぎる中央線の下り電車を見つめながら、俺は汚い言葉を呟く。
 時間がないから自宅から今まで走ってきたというのに、これから駅に入ろうという時に、乗ろうとした電車が出発してしまったので、
徒労に終わってしまったことに対する悔しさがこみ上げてくる。
 八つ当たりも出来ず、かといって遅れた原因を自分のせいにするのも嫌な気分だ。
朝起きたら突然積もってた雪のせいだ、ということにしたいのだが、自分が五分早くコタツから出れば良かった話でもある。
どちらのせいにするのも何となく腹立たしく思ったので、「問題は学校に遅れた、これからのことだ」と、自分に言い聞かせて、
自分が脳内会議で提出した議題――「何が自分を遅らせたのか?」を放ったらかしにすることにした。
 次の電車を待つしかないことを理解した瞬間に、今まで走ってきた分のツケが回ってきたような脱力感が体を駆け巡り、
それが脳髄まで達したのが原因なのか、現時点から徒歩一分ほどで比較的暖かい駅の中に入れるのだが、
俺はそれを忘れて、駅の外から苛立たしげに一番線の線路を睨みつける人形ごっこを始めることにした。
 突如、風が吹く。冬の姿が現実の斬りつけるような冷たさをしつこいくらいに教えてきたように感じた。
 顔に受けた寒さに少し息苦しくなるが、呼吸のしづらさ、それよりも気にするべきことがあるような――、右手に痒さに似た痛みを感じた。
 俺の右手を見ると、乾燥した肌に大きなヒビが開いていた。さっきの風が刻んでいったのだろうか? 一瞬馬鹿げたことを考えてしまったが、
単に急いでて手袋を忘れたまま、この極寒と呼べる寒空の下を走ったから出来た、自然で当然の必然的な痛みであることに気づいた。

796 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 13:27:21.55
おれも田舎者だから、想像で書くんだが
中央線ってやつは行っちゃっても、すぐ次が来るんじゃね?
極寒ってのも、

797 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 13:54:24.98
おながいしまつ

---------------------------------------------------------

 中央線は、冬場は氷点下20度に至る極寒の西域「高尾」、さらにはこの世の果てに広がる地獄「大槻」まで至る魔線である。
 東京に出たばかりの若者の端倪を許すような類のモノでは断じてない。
 だがそもそも、>>795の言う中央線と私が今現在のっている宙王線は。果たして同一のモノなのであろうか?
 車窓に目をやれば炎に包まれた機関者が凄まじい爆音を上げながら並走し、窓に張り付いた奇怪な深紅の蝙蝠が私を睨みながらケタケタと嗤っている。
「お客さん、切符を拝見します。」
 ズルズルと何かを引き摺るようおぞましい音を発しながら、客室に這入ってきた何者かが私の前に立った。
 あああ!覚悟を決めて、目を上げた私は悲鳴をあげた。

798 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 13:56:18.54
×機関者
○機関車

799 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 14:17:16.74
>>796
コメントありがとうございます
中央線ってだけだと、どこか分からないのが良くなかったですね…
中央線でも、指摘された、その二つが普通である地域があります
自分の想像では、そこら辺は不自然だと思いませんでしたが、場所を詳しくことにしようと思います

800 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 14:18:19.47
>>791
まず、自分で読点を打ってみる。必要だと思われる場所に。
そして、次に、一文に言いたいことは一つ、と決めて、
それにそぐわない文章を分解してみる。

人に読ませる文章ではなく、ブログならこれでもいいんじゃないかな
でも、もしも読ませたいと思って書くなら、
伝えたいことを、自分ではわざとらしいと思えるレベルまで、
はっきりさせながら書いてみるべし。

801 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 14:21:45.02
>>795
回りくどくて読み難い。
日常の一場面に無理矢理意味を持たせようとしてる風だけど…
すっきり簡潔な文章でこそ、なのでは

802 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 14:39:52.27
>>801
コメントありがとうございます
どうせ書くなら共感性もつけとこうと思って書いたのですが
無理矢理感が出ているのなら、失敗ですね…
確かに、何でもない日常風景だと回りくどいかもしれません
脳内会議だの脱力感だの、読みづらい部分は確かに沢山ある気がするので、今後は意識していこうと思います

803 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 15:04:54.19
>>795
描写と説明の違いは分かっている?「汚い言葉」「悔しさ」「嫌な気分」
これらは全部「説明」。この手の言葉を使わずに表現するのが「描写」の第一歩。
何でそんなことをしなきゃならないんだ、と思うなら、別に気にしなくていい。
そう思うなら、あなたのレベルがまだそこまで到達していないということだから。
スレ汚し失礼。

804 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 15:37:58.19
>>803
コメントありがとうございます
「悔しさ」「嫌な気分」と書くのは確かに稚拙ですね
「汚い言葉」はどちらかと言うと蛇足かもしれません

805 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 15:57:59.48
>>804
謙虚なのが気に入ったので追加。この駅って、中央線なのに乗客は主人公しかいないの?
がらんとしたプラットホームで主人公が一人で毒づいてるみたいだよ。文章の範囲では
かなり子どもっぽいみたいだから、自分以外は目に入らないのかもしれないけれど。
あと、主人公の姿がまるっきり浮かび上がってこない。これはいちいち説明しなくてもいい。
他の客が目を丸くすることで「とんでもないブ男」を表現してもいいし、くすくす笑い出すことで
「慌てて妙なコーディネートをしてしまった」こと、顔を背けることで「昨夜の酒がまだ残っている
こと」を示してもいい。つか、主人公が若いなら、もうちょっと周囲の視線を意識してて
しかるべきじゃないか?

806 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 16:06:35.76
「せつなおじさん、あなたが作り出した脳量子波伝搬粒子変換装置によって『X』との相互理解を果たし、狂った世界を再生させる。それが今から20年後の人類に残された最後の希望だった……」
 肉まんを食べ終えたまどかが話を続ける。
 自分の発明が世界を救う……せつなは頭がクラクラした。

「でも希望は無残に潰えた。装置の完成間際、おじさんは突然『消滅』してしまったの。」
「俺が……消える!?」
 愕然とするせつな。
「じゃあ……残された俺の妻は……子供は、どうなってしまうんだ!」
「大丈夫、おじさんは34歳で消滅するまで独身で彼女もいなかったから、その点は心配ないわ。」


    orz

 せつなは、なんか心底どーでもよくなった。せつなの失望をよそにまどかは続ける。
「装置の完成を快く思わない連中がいた。『そいつら』が過去の世界に刺客を送り込み、おじさんを抹殺したのよ。それが『20年前』の今日……つまり今日この日なの!」

「な・・・なんだってーーー!」
 せつなはほうじ茶を吹きだした。

807 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 16:07:42.76
「でも世界が大変な事になってるのに……そんな事して誰得なんだよ!」
「世の中にはいろんな奴がいる。『X』がもたらした狂った世界を『理想郷』として崇拝する連中がいたの。」
 まどかは続けた。
「異形の神々を崇拝する秘密結社、『東方薄暮騎士団』……私達は『G∴O∴T』と呼んでいる。」

「そいつらが黒幕……『異形の神々』……『秘密結社』……!」
 大好物ワードの連発で、自分が殺されるかもしれないのに、せつなの胸は高まった。

「やっぱ・・・人類補完計画とか・・・いろいろ企んでるのかな?」
「うーーーん・・・」
 まどかが首をかしげる。

「そんな、かしこげな感じじゃなかったわ。要は、国語の授業中に『神話生物』とか呼びだすための呪文をノートにびっちり書いたり、エクセルマクロで悪魔召喚プログラムを組もうとしたけど2日で放りだすようなボンクラどもが、今回の災厄の原因なのよ!」

・・・(´・ω・`)

 自分の存在を否定された気がしてせつなは悲しくなった。
 ぷああああああん!「デンライナー」の警笛が鳴った。
「到着するわ、おじさん『学園』よ!」
「あ、あれが『 超 時 空 学 園 要 塞 』〜〜〜〜!?」

 窓の外を見たせつなは、まじでがっくりきた。
 眼下にあるのは、せつなが毎日通っている、天ノ川学園中学校だった。

つづく

808 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 16:32:50.05
>>805
他作品を誰かに見せた時に、同じ指摘を受けました
どうも情景描写が不足しているようで、客なんか頭にありませんでした
主人公の容姿も同じですね。当面はこの二つを第一に考えてみます

809 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 18:35:25.25
「どういうこと?文章でこのキャラはぢめて。」「いいじゃんかようレインボーなな。」「その名前であまり呼ばないで。でどうなの。」

これだ

ざばあ

「…またなんか。なんなの、これ。幾らかかったの。「聞くな。そうゆいばワリワリのマスーンにゎ海対応が無かったワイとな。」
「…。今までつぎこんだおかにぇでどんくらいのおうち建ったの。「聞くな。これぞカムイ専用探海機その名も『ネプイドン』だ。」「…」「…」「…」「…どうして
そうどっちにもいい顔しようとすんの。」「えーとそれはまたまたまたまたお別れしたい暗示かのう「どうとでも。で、乗せてくれる。」「もちろん。もちろん!」「運転は?」「…」「…。」

810 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 18:37:33.06
「はぢめてでねかったエヘ☆」「んだ、淫波ぶん殴りがお初だナィ。」「むがむちゅう。」「んだ。」

811 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 20:52:35.31
「でいったい何がわかったというの?この21年もの間ぐうたらしていたその結果として。」「ソニックブームは
音波発生飛翔体が同心球の音波を発生させつつ飛翔する際空中分子を音波によって固定固化する傾向に在る為
その同心球の密を貫通する場合すなわち超音速時空中元素固定現象を円錐状に生じさせ永井先生ごめんなさい…学理
それが轟音と衝撃波として作用する然し乍らここでひとつ言えるのは恐らく無音飛翔体は当該ソニックブームを
生じさせはしないであろうという仮説の成立でありその着想と同時に光子の存在を想起するのは実に容易い事だここで
問題を音、光の敷延に敷延してみるとつまり超光速飛翔体はフォトニックブームを生じさせつつ飛翔することが
考えられここでニュートリノは光子よりより深度の深い微細素粒子であるゆえに完全黒体すなわち無光物体であり
無音飛翔体同様無光飛翔体としてフォトニックブームを生じさせること無く超光速で飛翔するのだがスーパーカミオカンデの
純水と反応して光速迄減速する際フォトニックブームを起こすこれが即ち新井某すなわち最近『世の中の人がみんな
ガンダムが好きなわけじゃないですよデパチカプ今嗤いましたね』の新井某がいつぱつ売文したチェレンコフ光ではないかという
仮説なのだな、そしてつまりやはり超光速世界は存在し相対性理論はそのほぼ皆誤謬であり−onと−noの分水嶺は
光速以下以上ではないかというアメリカ最先端科学のスーパーツンデレィーも推理でくるというわけだ。」「…、よく…わかんない。」「そうか。」「うん。
だから別れよう。」「そんなことか許されるとおもっとるのかきさま。」「うん。」「なにが欲しいんだ。」「けりーばっぐ。」

812 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/08(土) 21:13:44.48
http://youtu.be/N69HOEfGnT0

813 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 00:47:14.04
昨日があったなんて勘違い明日が来るなんて間違いだって時間は流れてないもん今しかないのシーン毎に
無限に分割された「今」が見渡す限りに無限に点在しているだただただそれをアクアパッツァに沿って繰
り返し繰り返し繰り返しなぞるのよ宇宙が在るその前のその前のその前ずっと前からわたしたちはデスト
リクトなことを言いつづけてきたのなぜってこの世の上位に遍在するなにかががファンダメンタルなこと
を言わせるためだけにこの世界にせつな顕現させるファナティックな神性の一断面それがわわわたしたち
昨日があったと信じて明日が来ると信じて生きてきたんだ生きていくんだそのうち死ぬのかもと死ぬかも
しれないそーなのねーと信じそのせつなデモニッシュことをいって非実在の海にきえてゆくあわぶくぶく
ぶくすすすすぱーくすぱーくあわぶくぶくぶくにいたったぁにいたかどおおおおおおおだか食べてみよ〜
それがわたしたちドコモダケってお坊さんがいってたの

814 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 01:35:00.19
私の脳裏を懐かしい歌声が吹きぬけていくあああの時私は一体何歳だっただろう4歳8歳12歳16歳2
0歳なぜみんな4の倍数なのかそれは今となっては永遠にわからぬ謎・謎・謎なぞなぞをだすよ上は大水
下は大火事なーんだわかったお風呂ぶぶー!じゃあなんなのさそれもわからなくなってしまったの?地球
か何もかもが懐かしい懐かしいうっぼーうっぼーうぼうぼさすらああはじめてなのか力抜けよはじめてじ
ゃーないのさーあいふぃーこー笑顔になれるなら―ーあいふぃーこー今何か感じている正しく其の一瞬だ
私は目を覚ましたここはどこだろうあらゆる事象を同時にクリアにマッパに認識できるスーパーともびき
な俺にとってそれは自明な事ここは冥王星だ俺は思い出したミッションだみっしょんいんぽっしぼーぼー
ぼぼぼぼぼぼぼーぼぼーぼーはもう読めないのだろうかまことにもって遺憾でありますありますまんぐー
すこれは大ありオオアリクイだなんだか子供のころを思い出したぞでも私は実は10024才歳うそぴょ
んうそぴょんうさこさんうさこちゃんて名前っていったじゃんあれはウソだったんだねなんだよみっひー
ってそんなの知らないよあのウサギの食事を見たものは恐怖でさにてぃががりがり削られるといわれてい
るガーリガーリーくんガーリガーリーくんガーリガーリーくん!がりがりがりくそんのコーンポタージュ
味は結局たべることがかなわなかったなぁどのような味だったのであろうかビストロ亭のビシソワースよ
りうまうまなならばそれで僥倖しあわせといえば炬燵でたべるミカンが俺の幸せの原体験最近みかんたべ
てないよポンカンは山ほど田舎からおくられて来るんだけどそういえば俺の田舎の話をしてなかったかす
る必要あるのかな聞きたいって人いるのかないるのかどうだか食べてみよ武者むしゃむしゃむっしゃらむ
っしゃら武者小路実篤あっちゃんあっちゃんはいまどこにいるの私は心底心の底から心配だあそこから離
れたら天璋院あっちゃんの無敵のポテンシャルといえどまったく通用しないのではなかろうかフフフ奴は
12神将のなかでも一番の小物そういえば八王子スーパーミュージアムで買った小物入れどこにやったっ
けまじでさあああ詩が吹く歌だ宇多田ひかる様復活おめでとう私の脳裏を懐かしい歌声が吹きぬけていく

815 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 02:08:55.26
179 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/12/09(日) 02:07:28.62 ID:4psPKIog0
・ツェッペリン号ヒンデンブルグ号は骨組みのある布製飛行船であった
・つーこたー飛行船とは甲殻でもいいのであろうな
・発泡スチロールは当時なかたひで
・発砲アルミでもよいぞ
・チタンなら最高だ
・で甲殻飛行船を造れば
・上空20キロ〜30キロちょいはゆけるらしい(気球で3数キロまでゆけることが確認済み
・そこに
・ラピュタを造ったら?
・宇宙ステーションへ
・LESSFUELMORECHEAP
・(ドヤッ
・↑DOUBLEFAKEダリーきどり

816 :ntrs:2012/12/09(日) 02:18:57.13
>>811
読みにくい

817 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 02:38:52.86
effect

818 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 05:53:55.23
511 名前: ターキッシュアンゴラ(福井県) 投稿日: 2012/12/08(土) 23:04:43.27 ID:+ROlp02h0
スタバに気をつけて。店員と常連客が気持ち悪いから

819 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 14:53:31.00
このスレの、批評されるものと、されないものの区別ってどうなってんの

820 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 14:56:08.31
晒し方によるんでは

821 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 16:35:23.71
気に入ったらする 気に入らなかったらしない

822 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 19:14:51.08
がんばって書き込んでるのにいっこも酷評してもらえない

823 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 19:24:17.24
たとえばこのあたりが原因か? >>3
>○投稿には「酷評お願いします」等、投稿であることがはっきりわかるように書き添えましょう。

824 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 19:26:20.90
以後気をつけます。

825 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 19:28:55.65
真面目に書いてると思えないものは真面目に酷評することないと思ってる
真面目に書いてると思ったものはかなり下手でも相当真面目に酷評している
…時間のあるときには。

826 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 19:34:07.11
あのさあ

侵略てのもたいてい眞面目だよな…

827 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 19:40:26.70
>>823がないと、
>>96みたいのがまじってるんだからどうしようもないと思った

828 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 19:43:34.98
俺は壁に寄りかかると、ぐっと胸を押さえてこう口に出した。

829 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 20:11:48.83
>>827
創作物を人生のシナリオだと思ってるまぬけがうじゃうじゃ居る間は仕方ない。

830 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 20:29:18.17
――ねぇ、『本当のこと』って知ってる?
――なんだい、それは?
――じゃあ説明しよっか。これは若い詩人の書いた一節なんだよ。こいつを口に出してしまうとどうなるか分かるかい? ――分かんないよ。
――嘘はいけない。君はちゃんと知ってるはずだよ。それを言ってしまうと他人殺されるか、自殺するか、反人間的な怪物になるか、そのいずれを選ぶしかなくなる。そうした『本当のこと』を君は知ってるはずだ。

831 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 20:50:05.84
>>826
話題の中身と言い方とはイコールじゃない

832 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 20:51:27.03
>>829の幼稚さに涙

833 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 20:59:20.56
どこから始まってどこで終わってるのかわからんし酷評希望してるのかどうかも謎
 ってのがえらく増えてるな

834 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 22:38:26.30
>>832
ままごとやってて他人を幼稚とは吃驚仰天。

835 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 22:43:55.22
「お前らのしていることはままごとだ」と告げないんで、ベッドではきゃいきゃい嬌声挙げて喜んでんだよなそういう香具師ら。

836 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/09(日) 23:51:51.83
834って自分でままごとって言ってるんだから幼稚なのは認めてるんだよね

837 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 00:32:03.62
ははあ問題の火種のカキコが読めないんですな…

838 :れっさ〜:2012/12/10(月) 20:03:22.66
おねがいしますー
http://ncode.syosetu.com/n8557bj/

839 :tnsr:2012/12/10(月) 21:40:27.35
書き手が真面目かどうかなんて関係ないだろう。
このスレでは。

840 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 21:46:18.88
酷評する側が「真面目」なんだから
書くほうが真面目じゃなかったらバカバカしいという人情の問題でしょ

841 :tnsr:2012/12/10(月) 21:52:09.91
心の弱い奴は酷評などやめてしまえ。

842 :tnsr:2012/12/10(月) 21:55:27.11
ごめん言いすぎた。

843 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:07:12.07
>>838を酷評してあげなよ(´・ω・`)

844 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 22:29:31.90
書いてる奴が勝手に書いてるんだから
酷評する奴がどれをやるかも全くの自由
そもそも2chで精神論とかばかじゃね

845 :tnsr:2012/12/10(月) 23:03:56.43
だな。

846 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 23:37:58.70
酷評をお願い致します。

私は特に特技があったわけではなかったがその容貌には他を圧する凄絶な何かがあったそれは特別ここが
こう凄いと説明できる類のものではなかったが一目見るや明らかに下々の下衆とは一線を画する何やら特
別に高貴なオーラの様なものが見る者が見れば判るのだいや見ないものが見ても第六感で万人がそれを察
するのも容易であったかもしれないが今頃そんな事を言っても詮無きことであろうその威厳に満ちたすば
らしくエレガントかつドラッグストリップでグレイテストセックスな彼の様を見ればもはやありとあらゆ
るクソビッチ雌豚の類どもは彼にひれ伏し媚を売りすり寄ってくるであろうことは想像に難くないだが私
はそんな下々の輩が憧れするような事には全く興味がなかったのだ彼が仰ぐのは天であった神よ私は神に
問うたあなたは私にこのようなグレートな何かを与えながら社会的クラス的にはっきるみんなが俺に媚へ
つらうような明確にしてエスタブリッシュな特権の一つも分けてくださらなかったお陰で今や俺はこのざ
ま神の恩寵に見放され四畳一間で炬燵にもぐりては蜜柑を剥きつつ毎日奴らと戦うのが俺のさだめ世の中
的に軽薄な豚どもがクリスマスでブヒブヒゆってるのを必死に見守り奴らを皆頃死にしたい衝動を必死に
抑えながら奴らを守って戦い抜くんが私の絶対正義特異点だがそんな俺でも時たまくじけそうになること
があるこの戦いはいつまで続くのだろう8世前私がまだ織田信長であったころかろさだめられた永遠深紅
の大血闘の不断の連鎖この戦いに生き残った俺が日本の最後の希望なのだ負けられない断じて敗れるわけ
にはいかぬ敗北イコール悪悪イコール闇闇に生きるが私のさだめか否断じてちがう俺イコール正義正義い
イコールズ覇者俺はぜってーに膝をつくわけにはいかのしおからおなかがすいたごはんたべたいしおから
は冷蔵庫にあったよな納豆もあったっけでもご飯が炊けてないんだそもそもお米も無い勝手ないからある
わけないかお給料が振り込まれるのいつだっけ最後に働いたのは三年まえだからあと三年かもういいやも
待てないよ寒いねああ寒いね虫が鳴いているねおなかすいたら死ぬのかなでももういいかいやだ死ぬのは
いや腹減ったら死ぬだろうね寒いねあああ寒いねホタルが飛んでるねお腹空いたね寒いね虫がないてるね

847 :tnsr:2012/12/10(月) 23:50:01.75
>>846
この語りは心が弱いんだろうね。
無能な凡人であることがよくわかる。

848 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/10(月) 23:54:15.89
感動しました

849 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:21:31.53
ここなんでいいよね

手が四本指の者を観た。えんこ詰めしたというのではなく最初から四本指なのだ。へえ〜実在するんですねえ、とか、
気楽に世間話する話題ではないなと瞬時に思ったはいいが、さてどうしたらいいんだこれ。どう、反応するのか、
読めない存在。それが、その、四本指の、者。

850 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 00:23:04.88
ヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒヒ

ばーかばーか

851 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 14:52:27.32
「薫くん。」「新味はあってよいがさんでな。」「薫くん、やっぱり心の貧しきものは天国ってあるよ。」「…「薫さん。」
「そんなものは削ればいんだよ。なんとでもなるなる。」「かほるさんよのなかなめておる。」「世間は女みてーなもんだよ
お前を除いて。」「どうゆういみ?」「永遠の16歳って女?」「じょーしき。いったいどうしたいの。」「わかってるべ。」「うん
やっすくうちゅーにあがってやーいばーかばーかしたいんでしょう。」「…。」

852 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 18:57:42.23
153 名前: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 投稿日: 2012/12/11(火) 18:55:05.55 ID:HErM5aas0
ともだちケンヂ説

それは書かないでと編集に強要受諾。ビリーバットの詰まらん理由。

853 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 20:01:05.15
                                                      ┌─────┐
                                                      │ 烏賊討伐 │
                                                      └─────┘
                                                      ┌───┐
                                                      │林  檎│
                                                    ┌┴─┬─┴┐
                                                    │織姫│雷殿│
                                      ┌─┐        ├──┼──┤
                                      │森│      ┌┤莞爾 .|..牛舌│
                                      │元├─┬─┘└┬─┴──┤
                                      ├─┤埋│  米  │長州直轄 |
                                      │麻│蔵├┬──┼──┬─┤
┌─┬─┬─┐┌─┬──┬──┬─┬─┤巳├─┤│蒟蒻│ 苺 │納│
│カス.|..海│黒││角│伊佐│砂丘│山│絹├─┤五│└┬─┴──┤  │
│テラ.|..苔│衣││  ├──┼──┤  │  │彦│平│眞├─┐ 赤 │豆│
└┬┴┬┴─┤│刈│ 零 │団子│口│腰│娘│餅│  │桃├──┼─┤
  │G,│安永│└─┴──┴──┴┬┴┬┴┬┼─┤田│ .. |333 .| 落│
  │P.├──┤  ┌───┬──┐│粉│小││一├─┴┬┴──┤花│
  │M│東  │  │食  研│饂飩││物│百││宮│ 茶 │焼  売│生│
  ├─┴──┤  ├───┼──┤├─┤合│└┬┴──┴───┴─┘
  │   交換│  │  鰹  │泡  ││  └─┤異│
  └────┘  └───┴──┘│明石家│恩│
┌──┐                        └───┴─┘
│野口│
└──┘
205 名前: 名無しさん

854 :れっさ〜:2012/12/11(火) 20:32:30.79
(再度)頼むー
http://ncode.syosetu.com/n8557bj/

855 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 20:46:05.32
>>854
これ長いからさ、リレー感想形式でいい?
じゃあ、俺はプロローグの感想書く。

説明されたせいなのか日本語が怪しいところがあったせいなのか全く興味を惹かれなかった。

↓次の人、前章の感想どうぞ

856 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 22:37:25.20
感想っつーかさ、それ以前にこんなん評価する価値なくね
言い回しとか表現とかメチャメチャだし三点リーダークエスチョンマークが多用されすぎ
最近の駄作萌えラノベ読んだ方がマシ
こんなもんしか書けないのに新人賞狙ってますとか頭イっちゃってるとしか思えん

857 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 23:02:02.64
「前章」の感想

電話でのやり取りが説明的すぎる。
ショットガン記述は一回でいい。
隠語にしといてあとで句原に何のことか説明させるとか、読者に興味をひかせる書き方にしてほしい。

「社会の裏側にくび突っ込んでさ」
なんて自分で言うか?もっと即物的で切迫した台詞から彼の置かれている状況がわかるように工夫すべき。

超能力の表現も平板だろ。缶がころころこっちに転がってくるとか、ぴかっと消えてぱっと足元に現れるとか、もっと視覚的に書いてくれ
(、、、、、)とかまじわかんね。

↓次の人どうぞ

858 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/11(火) 23:32:05.53
連投

ごめん、以降もちゃんと読もうと努力したけど
章ごとに増える登場人物の会話やしぐさから
性格、心情がくみとれないからしんどい。
登場時にだいたいどんな容姿でどんな性格で
今何考えてて何のために行動しているのかが伝わらないと、興味が続かない。
もっと整理して書いてほしい。途中で挫折しましたorz

859 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 05:51:42.99
                                                      ┌─────┐
                                                      │ 烏賊討伐 │
                                                      └─────┘
                                                      ┌───┐
                                                      │島津軽│
                                                    ┌┴─┬─┴┐
                                                    │織姫│雷殿│
                                      ┌─┐        ├──┼──┤
                                      │森│      ┌┤莞爾 .|..上海│
                                      │元├─┬─┘└┬─┴──┤
                                      ├─┤埋│  越  │長州直轄 |
                                      │麻│蔵├┬──┼──┬─┤
┌─┬─┬─┐┌─┬──┬──┬─┬─┤巳├─┤│蒟蒻│ 苺 │納│
│カス.|..海│黒││ウ│伊佐│砂丘│統│絹├─┤五│└┬─┴──┤  │
│テラ.|..苔│衣││ホ├──┼──┤  │  │彦│平│眞├─┐ 赤 │豆│
└┬┴┬┴─┤│っ│ 呉 │団子│一│腰│娘│餅│  │桃├──┼─┤
  │G,│安永│└─┴──┴──┴┬┴┬┴┬┼─┤田│ .. |333 .| 冤│
  │P.├──┤  ┌───┬──┐│粉│小││一├─┴┬┴──┤  │
  │M│M資│  │食  研│饂飩││物│百││宮│ 茶 │神隠し │罪│
  ├─┴──┤  ├───┼──┤├─┤合│└┬┴──┴───┴─┘
  │   交換│  │  鰹  │泡  ││  └─┤異│
  └────┘  └───┴──┘│明石家│恩│
┌──┐                        └───┴─┘
│野口│
└──┘
205 名前: 名無しさん

860 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 06:07:13.79
千栄子、はっきりいっとくがお前の、ぼけなす両親にお前は事実婚相手にぴったりとつたえとけ。

861 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 06:08:23.06
http://youtu.be/N69HOEfGnT0

862 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 06:29:30.24
31 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/12/12(水) 06:02:56.04 ID:TpPtvIhK
じゃあ、あの空母は何なんだ?
海上運動会でもやるつもりで買ったのか?w
32 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん [sage] 投稿日: 2012/12/12(水) 06:13:50.42 ID:r8AwLZVU
>>31
限定ジャンケンの会場です
33 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/12/12(水) 06:19:51.67 ID:Jnqk8wBp
>>31
中長戦争のため。私闘。フジテレビがスタンバイ。
34 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/12/12(水) 06:21:56.10 ID:2jz+YfJV
これテレビのニュースじゃ流さないんだろねえ(笑)
35 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/12/12(水) 06:22:02.97 ID:xdfLidrT
中国は文字通り4000年遅れているよ。
だから自分自身と世界の乖離にも気付かないのさ。
新着レス 2012/12/12(水) 06:23
36 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/12/12(水) 06:23:27.39 ID:Jnqk8wBp
これやれこれ 山口県対中華人民共和国。みんな愉しむぞう〜http://youtu.be/_hdQGzFtLw0

863 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/12(水) 08:03:17.90
83 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/12/12(水) 07:57:05.00 ID:N0jTXIqP0
ここあれなんじゃないの

平家の夭逝美少年ゆかりの。敦盛だっけ?こいつぁ人気あったよな沖田総司てきに当時の腐女子に。
84 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/12/12(水) 07:58:04.53 ID:3/hCNAKr0
.

原発は維持 しかし危険な原発は廃炉 原発は安全強化

これでいいじゃんか 論理的になんの問題もない

左翼の感情論は無視していいよ カス共産主義者だからw

社民や共産党や朝鮮未来の党の言うことまともに聞いたら日本経済はデフォだよw

91 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/12/12(水) 07:59:39.98 ID:N0jTXIqP0
おおなかなかいい話だな

嗚呼敦盛さま…よるもねむれないとか思っててオイ此処を平定したが名をなににしようかのうハイ敦賀がよろしゅうございます

よろしゅうございますじゃねーよ多情づまさんよォ

【敦賀原発】 直下に活断層 原発城下町・敦賀市民「廃炉で4000人の雇用なくなる。火力でも天然ガスでも作って!」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1355264586/l50

864 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 00:12:14.21
「いそいそと〜」みたいな同じような感じの音の言葉を思いつく限り教えてください
「いそいそ」みたいな続く系ことばでお願いします

865 :lrem:2012/12/14(金) 00:46:11.41
もふもふと

866 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 01:15:54.85
しみじみと
さめざめと
瀟々と
粛々と
爛々と
錚錚たる
ニンニンと

867 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 04:25:45.48
酷評お願いします
http://www6.atwiki.jp/kata/pages/68.html

868 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 09:00:51.68
文章が下手で読みにくいと言われて今、練習中です。
お願いします。

_ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ _

例えば、回答者の経験で回答してほしいような質問したときに

A:その質問に沿った回答をしてくる人
B:その質問の一方向からの側面での捉え方は理解できないけれど、と前置きして回答してくれる人
C:その質問への答えではなく勝手に想像し湾曲した考えを導きだし、その考えはナンセンスだと否定意見、人格までも否定し意見を主張する人


大体このような3パターンの人間がいますが、このようなCのような曲解した人物までしゃしゃりでてくる場合は
Cのような人物を排除する質問の仕方ができない質問者側の質問の仕方に問題があるといえるのか。
その場合、仮にどのような点に気をつければいいのか。

869 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 12:24:48.62
聞きたくなければ無視すればええやん

870 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 14:27:25.60
まず質問を書く
そののち、すかさず1個自分で、勘違いな解答を書く
それを自分で叩く叩く!! さらに第三者を装って自演して叩く
「はぁ? そんなこと聞いてねえよ」「おめえは来るなw」「知障かよw」
「どこの国の人ですか?」などなど

ここでこの人のフォローするやつが来る前に
「そ、そうだったね、俺余計だったね、ごめんね」
なども自分で書く

これでその後、湾曲した解答を書いて、文句つけると人格否定クンは来ない

871 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 20:55:00.65
>>868
下の質問文をわかりやすく書きたいということだよね?

=========================================================
回答者の実際の経験を聞きたくて、ある質問をしました。すると

・Aさんは自分の経験を回答してくれました
・Bさんは質問の意図がよくわからないと前置きしながらも、自分の考えを回答してくれました。
・Cさんは質問の内容を私と違う意図で解釈し、ナンセンスだと私の人格まで否定するような回答をしてきました。

Cさんのような曲解した回答をできるだけ避けたいのですが、質問の仕方に問題があるのでしょうか?
気をつける点があれば教えてください。
=========================================================

こんなんでどうでしょう
○○さんは○○してくれたとわかりやすく書くべし

872 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 21:08:42.09
>>867
文章の評価ではないが、濡れ場に乏しいの。

少女の神速の手刀打ちが、男の顔面を叩き割って脳漿と眼球を飛び出させたり、
彼女の掌底が男の腹にめりこんで内臓を引きずり出したり、
男の屹立した一物をソフトセラミックのたおやかな指先がブチュっと引っこ抜いたりとか

そういう見せ場がないとだめじゃろ。

873 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 21:56:02.60
>870
この人の文章、確かに下手なんだけどさ、平安朝女流みたいだよね
主語目的語省いて、文章途切れず続けるっていう(とくに前回のやつ)
>>868 ぼくも 〜は、〜を を付ける、文章をきるってのがいいと思いました

874 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/14(金) 21:56:33.35
×>>870
>>871 であった

875 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 03:05:21.07
>>872
戦闘シーンは濡れ場とは言わない
出る液が違うw

876 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 13:51:52.06
酷評をお願いします。
_ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ _

殺気双眸に満ちた獣の如き総髪の剣士、岩本虎眼(50)が真剣を構える。
対するは深海忍法の使い手、甲賀衆は陀厳状介(30)。
「老いぼれが、お呼びでないわ!」
状介が小脇の魚籠を再び構える。異界に通ずる穴から不気味な触手が這い上る!
だが虎眼は動じない。彼は己が剣を肩に担ぐと、大きく振りかぶった。
しゅらん!空を切る白刃の一閃。だが刀は状介に届かない。間合いが遠すぎる!
「耄碌したか!そんな剣で、この俺を……何ぃぃ!」
ぱくん!状介の小脇の魚籠が2つに割れた。そして…!
ばくん!状介の頭が、斜め一文字に2つに割れた!
「ぞ…ぞん゙な゙………!」
驚愕に魚眼を見開く陀厳状介。
虎眼流「疾風牙」!
状介の頭を割ったのは鋼ではなかった。
超高速の一閃が発生させた真空波が、目に見えぬ刃と化して魚籠と状介を同時に割いた!
微細な気流を読む眼力と、精妙な握力の調整が成し得た、驚くべき剣客の業であった。
人外の忍者も頭部を割られては、これ動く事能わず。
惨なり!状介は脳漿を零しながら、校庭にどうと斃れて事切れた。
「てふおぉ……」
虎眼がてふおに振り向いた。
「ひぃぃ!御赦しを、虎眼先生!!」
土下座して虎眼に詫びるてふお。
他流に遅れをとった内弟子に対する虎眼の折檻の恐ろしさは、世に聞こえている。
だがなぜだ?虎眼は動かない。
「 さ が っ て お れ 。 」
虎眼が再び真剣を構えて校舎を仰ぐ。ピカ!稲妻が校舎を照らす。
雷光を背に校舎の屋上にガッシと立つは、金色の瞳に闘志を滾らせた身の丈6尺を超える壮漢。
甲賀衆の首領、兜弦之助(20)!戦いは終わっていなかった。

つづく

877 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 14:04:03.76
新聞記事じゃねえんだから名前のあとに括弧で年齢(だよね?)書くのおかしくね
それも描写(やせりふなんかで)でやれよ
「五十路の老いぼれが、お呼びでないわ!」
みたいにさ

878 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 15:38:53.31
!大杉!

879 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 16:02:25.45
大昔の弁士の口上みたいだ
熟語に頼らず、「描写」でそれを理解させる練習をすべきだろう
あと、読者の姿を想像しながら書かないと、
誰も読んでくれないと思うぞ
一体、どんな年齢層に読ませようとして書いてるんだ?

880 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 17:13:01.59
ご指摘かたじけない。書き改めてござる。
_ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ _

両目からマジでヤバいイルなバイブスをカンジさせるサムライビースト、岩本虎眼がサムライブレイドをホールドアンレディ!
こいつの相手はコズミックファナティカスの能力者、ニンジャソルジャー陀厳状介!
「クソジジイが、すっこんでろっつーーーーの!」
状介が両手のファナティカスボールを再びホールド。ルルイエ・オーバードライブがビュンビュン唸る。「ホール」からグリーンスライムみたいな、マジでキモい触手がのたくってきた!!
シ・カ・シ、虎眼は超クール!ヤツは自分のブレイドを肩に担ぐと、大きくターンした。
(`・ω・´)シャキーン!空を切り裂くダマスカススマッシュ!エンターン!だがブレイドが状介にヒットしない。無理矢理すぎるロングレンジ!
「ボケてんのかよ!そんなスマッシュで、このオレを……げげぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」
バッキーーーン!状介の両手のボールが粉々にクラッシュ。そして…!
ぶっしゃあああああ!状介の頭も、グッチャグチャにクラッシュ!

881 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 17:13:34.00
「ゾ…ゾン゙ナ゙〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」
残った右目がマジ涙目の陀厳状介。
タイガーメソッド「フライトファング」!状介の頭をクラッシュしたのはブレイドじゃない。
ハイフリークエンシーなスラッシュが発生させたエアバイブが、目に見えないブレイドになってボールと状介を同時にクラッシュ!!!!
デリケートな空気を読むハイパーセンスと、超絶ビミョーなパワーコントロールができないと無理めな、サムライビーストのスペシャルフィニッシュ!
モンスターニンジャもヘッドがクラッシュシしたらもーおしまい。
ゲロゲロ!状介は灰色のブレインををベチョっと垂れ流して、校庭にダウンした!
「てぇふぅうぉ〜〜〜〜〜〜〜!」
虎眼がてふおに振り向いた。
「ひぃぃ!おゆるしを、マスターコガン!!」
校庭にDOGEZAして虎眼に詫びをいれるてふお。
他の「チーム」にボコられたシャテーへの虎眼のリンチのヤバさは、マジでハンパない。
だがホワイ?虎眼は動かない。
「 ひ っ こ ん で な 。 」
虎眼がもっかいサムライブレイドをホールドアンレディして校舎をみあげた。ピシャアアアアアア!サンダー−−−−−!
ライトニングボルトをバックに屋上にスタンドアップしてたのは、ゴールデン・アイボールセンサーにファイトをメラメラさせた6フィートを超えるタフガイ。
チーム・コーガのヘッド、兜弦之助!!!!!戦いはまだまだスタートライン!!!!

つづく

882 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 17:24:18.92
だから、誰に読ませようとしてるん?

883 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/15(土) 23:16:57.55
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121215215142.jpg

884 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/16(日) 07:41:25.17
【アドレス】http://ncode.syosetu.com/n8319bj/
【ジャンル】文学
【タイトル】killer elite
【評価基準】小説の体をなしているか
【改稿】
【点数付ける能なしの感想】不要

885 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 00:16:47.37
>>884
どこで抜けばいーんだよ。

886 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 13:45:13.58
908 名前: 名前はいらない 投稿日: 2012/12/14(金) 20:21:01.94 ID:/vysU6mz
これ妻よ よしなよからしに 角砂糖
ワリワリワ12ねんぶりに邂逅しマアおたがいどっただよそじさなっただかおにくたいでおとことおんなの交歓会すんべいとゆう
暗黙のあうんの機微でラヴホテイウにへゑつた

をれは脱がすのが好きなので脱がしてってぱくんちょとおっぺえさすいついてみたところしゅんじに火を噴いた

ゴオー あー ゴオー 今回はゴオー なにが詰まってゴオーるんだヴオトカ。

887 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 15:39:16.54
おねげします・・・

その昔、秋葉原にはアキと呼ばれる神様が祭られていた。
そこに住んでいた人々はアキの神様を信仰の神として崇めていた
アキというのは雷を司る女神。
そこにハラという雨を司る神様がやってきてその女神と恋に落ち性的関係を持った。
ふたりの関係、つまり性器を葉で覆うようにアキとハラの間に葉をはさんで
アキハバラと読むんだ。
今や電気類が盛んなこの街も、この雷を司るアキの神様が未だに守っているという説がある

888 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 16:13:24.07
>>887
解説文としてなら、まあいいのでは。

889 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 17:37:30.24
三島由紀夫の自刃から四十余年。
彼の予言した通りこの国は、無機的で、からっぽで、ニュートラルな、極東の或る経済大国となった。
K次郎はそのことに深い溜め息をつくとタバコに手を伸ばした。ぼんやりとした手つきでライターの火をつける。
彼は平成に生まれた若い世代だ。彼は『しかしまだ国はあるし、俺の命もある。この世の中と付き合っていくしかないんだ』と一人ごちた。
テレビを見ると昨日の選挙のニュースがしきりに報道されていた。K次郎をそれをじっと見つめた。
彼はこの選挙を賑わしたある男に強い興味を持っていた。チャンネルを回す。目当ての男が画面に映し出されてるとそこで手を止めた。
――この男はいったい何を考えてこの選挙に出馬したんだろう?
いつも疑問に思うのはそのことだった。

890 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 19:04:09.05
興味を惹くと平成世代がチャンネル回しても些事なんすニ。

891 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 22:12:23.75
>>887
いきなり「秋葉原」なんて書いたら、結末がバレバレじゃろーが!
最後の1行まで伏せておかんか。
お話としてはもう一展開ほしいの。
アキとハラは子を成したが、ハラは肥立ちが悪く命を落とす。
成長した少女、キバは母親を救うため黄泉の国に忍びこむ。
冒険の末に彼女が手に入れたものは……

みたいな神話を書け。

892 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/17(月) 22:14:29.58
>>889
マック赤坂のことじゃな。

893 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 03:15:25.83
韓人の女商店主が黒人万引き少女を背中から撃ち殺した事件で始まったことでおなじみロス暴動だが

同様の事件に第二次世界大戦中の白馬事件があるわけだが

アナスタシア陵辱かなーと

満州国に身を寄せていて甘粕といい感じになってたがぁ

関東軍が 白人と拮抗する気勢を得るには白人女とまぐわわなくてわ!と独自理論DOGUMAを展開

願掛けセックスの色彩でつな

日本人は願掛けセックス多いと思う、あほなので。

894 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 03:19:45.62
陵辱直後甘粕が絶望して殺してたなら子ども居ないはづやがどうゆうことかな。そりと

ヘミングウェイの孫娘たちとの姻戚関係の名状はなにっつーのとジャッキーでつな。みんな骨相がいっしょ。

895 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 03:21:49.58
ロマノフつーんだし

アナスタシアせんせいゎエムプレスでつニ。

896 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 03:23:48.88
佐藤栄作と佐藤栄が親子そろって下衆な顔並べて空き家のジャッキー襲ったのは人脈理解した所為なんすニ。下衆ですニ。

897 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 03:25:59.84
地球ってド田舎の陰湿な旧家の対立論理で動いてて登場人物の激少におののきまつニ。

898 :remi:2012/12/18(火) 03:40:56.80
ほう。興味深い。

899 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 12:50:28.94
なんとなく〜1
 パキ、という音がしたので私は振り返った。公園の片隅に広々とかいなを伸ばした山桜の木、その先端が風もないのに折れて木の葉を散らした。初冬とは思えぬ寒さに、ひょっとしたら桜も凍えて縮こまろうとしたのかもしれなかった。

900 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 12:53:33.11
なんとなく〜2
 そんなおかしなことを考えながら、久々に実家に帰った私は畑やら近所の山道やらを犬を連れて歩いていた。

901 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 12:58:26.43
なんとなく〜3
 近所の家々は馴染み深いもののはずなのに、まるで別の世界に来てしまったような無機質な印象を受けた。私は自分が生きる道を探すために、前進することばかりを考えていて、古いものは置き去りにしがちだった。いや、みっともない過去ごと捨てたかったのかもしれない。
 大人になってから思い返すと、子供だった自分はただの一生懸命でしかなく、みっともないなんてことは何一つないのだけれど。

902 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:01:26.18
なんとなく〜4
 子供の頃に付き合いのあった友達は皆、しばらく連絡を取らないでいたら当たり前のように音信不通になった。去年の冬に数年ぶりに酒でも飲みにでも以降かと思い、年賀状を出したら返ってきたので、犬を連れて家に行ったら表札からして違う苗字になっていた。
 嫁にでも行ったのか、それとも家族ともども引っ越したか。果たして死んだりはしていないだろうか。今更ながらに心配する自分は我ながら薄情だった。少し自分の性格を呪う。

903 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:03:57.38
 実家に帰ると、母が台所で鍋を作っていた。包丁を握る背中が当たり前のようであり、遠くも感じた。
 私は今日、この鍋を食べて旦那の元に帰るつもりだった。寂しいともあまり思わない。いつでも帰ってくるつもりでいた。

904 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:07:51.13
上のはなんとなく〜5
なんとなく〜6
 今日は一晩、実家に泊まる。毛布と布団を押入れの奥から取り出した。父は畑で仕事をしている。つい最近、飼い始めたばかりの猫が傍に寄り添っていた。
 ふと私は手を止め、考え込んだ。いつでも帰ってこれるとはいっても、結婚とはあの母の子供だった自分のすべてを失うことだった。辛いことばかりだった心がごっそりとどこかに消えうせ、残ったのはただ旦那を守り子供を生むという意思だけ。

905 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:10:24.18
なんとなく〜7
 女とは、子供とは違う。男とも違う。
 世界は綺麗ではなく、ただ子供や男が見て、綺麗だと感じることは知っている。子供がいないせいか、感情は無に等しい。

906 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:15:14.68
なんとなく〜8
 私は真面目で一生懸命に生きてきた。大人になって振り返ると、人様に恥じるようなことは何一つもない。本当にそれが真実だった。だからといって、誰かがご褒美をくれるわけでもない。
 これから子供を生んで、仮に幸せ一色に染まったとしても、果たして何の意味があるのだろうか。その子供を育てるという感動が紛れもない本物であるとしても、今まで私を作っていた辛いばかりの心はどこに捨て去られてしまったのだろうか。

907 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:18:31.53
 なんとなく〜9
 そういうくだらないことを考える。もう一人の自分が諦めろ、世の中なんてくだらなすぎて反吐が出る、と言っている。私はもう諦めた。馬鹿らしくて仕方がなかった。
 別に子供を生んで育て上げ、一般庶民として普通に死ぬだけだ。私自身はこの世に生まれてくるんじゃなかったと呪いながら、子供だけは幸せになって欲しいと願い、良い家族を得て恵まれていたと言い、教師やクラスメイトは最悪だとたまに思い出してはののしり続ける。

908 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:19:45.85
 なんとなく〜10
 それが普通というものだ。

909 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:23:51.44
なんとなく〜11
 家の中から庭の桜を見下ろした。
 葉がほとんど落ちた枝が、寒々しく、まるで年寄りの体のようだった。

910 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:27:26.68
なんとなく〜

はい。終わり。
キャー、なんか徒然な感じで、超暗くてごめんなさい☆

はあ。人生トンネルを抜けたらマジで雪国だった…。
私の場合も、三島由紀夫でした…。
レディ・ガガのあの曲みたいな、というご報告。
村上春樹も早くトンネルだか車輪の下だか、抜けてくると良いね。
一般庶民よりv

911 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 13:29:28.64
あ、文章めちゃくちゃですね。
でも、そんなことはあまり問題ではないですね。
ごめんなさい。

912 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 14:28:49.05
どうもしっくり来ないので、情報を出す順番などアドバイスいただけませんか。
改稿していただいても結構です。

 エプロン姿にポニーテールが印象的なこの人は天利梨咲さんといって、僕の先輩にあた
る。現在、大学生だそうだ。
 そしてここ、『アマリリス』は、家から歩いて十分くらいの所にある、レンガ造りの小さ
な洋食屋だ。
 駅周辺の繁華街エリアからは少し外れた区画に店を構え、しっとりと落ち着いた雰囲気が
特徴的だ。僕が働き始めてから半年とちょっとになる。なぜここを選んだのかというと、
あまり繁盛しているようには見えなかったので、仕事が少なく暇そうだと思ったからであ
る。だが、その読みは当たっていたとは言い難い。実際には、「ゆったりした時間の流れる
隠れた名店」として、巷ではそこそこ評判がよいらしく、そのため昼時になると小ぢんまり
とした店内はほぼ満席になるのだ。だいたい正午から午後一時にかけてピークを迎え、この
時間は忙しすぎて目が回りそうになる。ただ、それを過ぎると喫茶利用の来店客がメインに
なるため、第二のピーク時であるディナータイムまでは少し余裕が生まれる。
 そんな店を経営するのが、いま厨房の大鍋でビーフシチューを仕込んでいる、天利登志彦
さんだ。温厚な人で、面接のために初めてここを訪れた際も、調理経験皆無の僕を快く雇っ
てくれた。彼の人柄のよさも、店の人気の理由の一つなのかもしれない。
 そして、おわかりかと思うが、梨咲さんは登志彦さんの娘である。紛らわしいので僕はど
ちらも下の名前で呼ぶことにしている。梨咲さんは大学の授業の傍ら、空いた時間にちょく
ちょく店を手伝いに来ているのだそうだ。なので、僕がシフトに入ると、大抵どこかで梨咲
さんと一緒になるタイミングがある。

913 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 14:37:06.97
この文章意味通じますか?
下手くそ?おねがいします。



人と会話する時に肝になるのは
瞬発力と人に対する考え方になる軸の2つが大きいと思いますが

例えば、行きつけのお店で存在は知っていたけど接触したことのない店員から
商品を受け取った時に「毎度ありがとうございます」と一言添えられたとします。
恐らくこの場合、不意打ちとなり瞬時にお店の方へ返すことばは
一般的には「ありがとうございます」か「あ、どうも」ぐらいでしょうか?

仮にここで「ごちそうさまです、美味しかったです」ぐらい返せれば上出来といえるかと思いますが
どのような精神状態を構築すれば、このような不意打ちにも太刀打ちできる
返答を返せるようになるのかをこれから考えていきたいと思います。

914 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 15:42:24.92
>>913
最初の2行が意味不明。致命的。

全体的に、非常に回りくどい。簡潔にわかりやすくいこう。
例えば、
存在は知っていたけど接触したことのない店員→言葉をかわしたことのない店員
という風に。
それと、読点の付け方が破滅的。文章の構成をまったくわかってない。
読点を正しく打てるようになったら、意味の通じる文章を書けるようになると思う。

915 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 17:28:42.30
>>912
たぶん「梨咲」と「僕」の話がメインになるからそうしたのだと思うが、梨咲の紹介が冒頭にあるのは唐突に感じる。
次にくる店の描写、登志彦の描写で梨咲の印象が上書きされてしまうので、紹介はあとの方がいいと思う。
もし最初に持ってくるなら、もっと梨咲の描写を膨らませてイメージを作ってから周辺の情報へと拡げる方がいいのでは。


 ここ、『アマリリス』は、家から歩いて十分くらいの所にある、レンガ造りの小さ
な洋食屋だ。駅周辺の繁華街エリアからは少し外れた区画に店を構え、しっとりと落
ち着いた雰囲気が特徴的だ。僕が働き始めてから半年とちょっとになる。なぜここをバイト先として
選んだのかというと、あまり繁盛しているようには見えなかったので、仕事が少なく
暇そうだと思ったからである。だが、その読みは当たっていたとは言い難い。実際に
は、「ゆったりした時間の流れる隠れた名店」として、巷ではそこそこ評判がよいら
しく、そのため昼時になると小ぢんまりとした店内はほぼ満席になるのだ。だいたい
正午から午後一時にかけてピークを迎え、この時間は忙しすぎて目が回りそうになる。
ただ、それを過ぎると喫茶利用の来店客がメインになるため、第二のピーク時である
ディナータイムまでは少し余裕が生まれる。
 そんな店を経営するのが、いま厨房の大鍋でビーフシチューを仕込んでいる、天利
登志彦さんだ。温厚な人で、面接のために初めてここを訪れた際も、調理経験皆無の
僕を快く雇ってくれた。彼の人柄のよさも、店の人気の理由の一つなのかもしれない。
そして、ポニーテールを揺らしながらくるくると忙しそうにテーブルの間をまわって
いるのが天利梨咲さん。この店では僕の先輩にあたる人で、現在、大学生だそうだ。
 名字からおわかりかと思うが、梨咲さんは登志彦さんの娘である。紛らわしいので
僕はどちらも下の名前で呼ぶことにしている。梨咲さんは大学の授業の傍ら、空いた
時間にちょくちょく店を手伝いに来ているのだそうだ。なので、僕がシフトに入ると、
大抵どこかで梨咲さんと一緒になるタイミングがある。

916 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 17:54:25.63
>>913
>瞬発力と人に対する考え方になる軸の2つが大きいと思いますが
思わない。
「存在」「接触」「不意打ち」「瞬時」「構築」「太刀打ち」など、単語の選び方が文意にそぐわない。

例えば、行きつけのお店で話したことのない店員から商品を受け取った時に、
思いがけず「毎度ありがとうございます」と一言添えられたとします。
こんな場合、お店の方へ返す言葉としては 、一般的に「ありがとうございます」か「あ、どうも」ぐらいでしょうか?

仮にここで「ごちそうさまです、美味しかったです」ぐらいに返せれば上出来かと思いますが、
どのような精神状態であれば、このような不意の言葉にうまく返答できるようになるか、これから考えていきたいと思います。

917 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 18:10:44.29
>>915
なるほど!
たいへん勉強になりました。ありがとうございます。
その他の細かな修正も反映させてみます。

918 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 18:51:05.30
D4というPCの電源の端子がSHARPに潜入したちょんころおんみづの手より故意に脆弱にしてあんなという見解は
断線報告がネットで多いというので薄々感じていた。佐藤栄が万全手を尽くして手を回しているためあらゆる職場に
超受かりにくくなっている、それで業を煮やして2000円の掛け金は払ってある5000円の多機能対応電源を無視して
自分で治してみようと思い立つ

昔の直流コードはプラス線とマイナス線が平行に並んで絶縁してあったものだが近年それは主流ではなく、
中心線に絶縁して周囲線がメッシュ構造の二重構造になっているのが主流になったようだ。一本の線になるので
見栄えはいいのだが酷く断線しやすくなった。馬鹿な国だ、と思うがいたしかたない、これはパーソナルユースに
扱うのも扱いづらくなった。

みなさんあれありますなPCの電源の接続端子。あのプラスチックを破壊する暴挙に出た仕方ない。どうもその内部の
付け根付近の接触が悪いようなのだ。けしけしカッターで素朴に削る、鉛筆を削った日々をいとおしむように、をれの
好みは三菱Hi−uniのFである。

ん… 黒の端子カヴァーを削っていると白い層が見えてきやがった。なんとなく予感が当たる。これは軟質セラミック
なのじゃないか?つまり

端子の塊の硬質ゴムよりは硬いのだ微妙に。そしてよくよく削ってみると案の定
中心線の周囲ぐるりにブリッジ状にチョークするようにその白いセラミックがあつらえてあった。これではよれるたびに
かぼそい中心線がさいなまれることであろう。断線している辺りがいかにも断線してますよといいたげに
白い絶縁プラスチックがいがんでいる。

適当に削って適当につなぎ適当に処置してみたところ点灯した。をれは東京大学教養学部理科一類中退でよかったと
ほんづつはづみてぃ痛感した。今までたとい銀河団のボイド構造の中心にニュートリノ級素粒子星体が存しその
ニュートリノ圧で銀河団が泡をなしていると喝破した折にもこの、充足感は生じなかった。をれはどっちかつーと
実際音痴だからだ。実際音痴。

919 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 18:58:05.68
をれはこれで

SHARPのちょんころの階級がわりあい高いことを理解した。高かった、かな。

920 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 19:04:16.52
もしなんとなくさんがちぺこなんなら

ちぺこのこれ迄がだーいたいアヌメでごほうこくされちってることおごぞんぢないのれすニ。あたまかくして。

921 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 19:07:58.49
http://youtu.be/J7Oxe_7O3rQ

922 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 19:20:21.61
をれは小学二年で富島健夫のえっちっちしょうせつ「初心な浮気」にしたしむこんじょうであり中学のときは
立ち読みで富士見ロマン文庫をほぼそうなめにしたため

もちろん高校までに87分署、オズシリーズ、井上靖、北杜夫遠藤周作筒井康隆あたりもそうなめにしたし
幼稚園のときは筑摩書房の宮澤賢治全集の半分は読んだ(ペンネンネンネネムの伝記が一番のオキニである
ペンネンネンネンネネムと呼んだほうが調子がいいことも発見してあった

とゆうわけで

とうきょうだいがくににゅうがくしたらまんがとアニメとゲームにおぼれたほうがかっこよいのでわ

とゆう思考法にのっとってみすヾ書房やペーパーバックを申し訳程度に齧りつつそのよーにした。ふふふ

その当時はペーパーバック数冊は読破できずに挫折をくりかいしたものだが40歳を越えてディーンクーンツ
”the FEAR ov FACE”に出遭い遂に読了した。たいへえんにをもろい。適度な難解さとサスペンスと美文とそして

誰もが指摘する勧善懲悪。悪を緻密に描写してなんじゃこりゃとおもわしといてとゆうとこが憎い。偏執狂たいぷでぃつに。
デモンシードもこのひとだし。ハリウッドは超このしとないがしろのうえ
他聞に漏れずハニトラの類をくらったらしくはげちらかされてしまい美文調は雲散霧消した。しかし、この先の愉しみが
たつぷりチャージしてあるのは幸福なことだ。未訳が多い、それも未訳だ。’70年代のアメリカンニューシネマ期のさくひんである。

923 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 19:28:15.23
ちなみに近年富島健夫って富野喜幸はんのアナザーネームでゎ内科と疑うようになった。

60年当時、むしろ青い山脈的王道青春小説でならしたかたなのだ。となると富野さんの、

武勇伝の割りにトテモ 人生にたいせつなものの清廉な提供が説得力に満ちていること になっとくがゆくのである。

924 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 19:52:30.51
あっ特撮 たぶんミレニアム以降のゴジラ劇場皆勤賞は多くないよニ。

925 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 20:00:09.31
the FACE ov FEAR だた

926 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 21:06:46.91
宇宙の誕生順がわかった

宇宙の天球の中心部分で究極素粒子星体が生じる

そこからぶどう状にニュートリノ級素粒子星体が拡散して発生

その星体が各銀河中心核のブラックホールこと光子星を生み

その光子星が各銀河のカーネルおぢさんこと中性子星を渦状派生

その中性子星を中心核に恒星が次々爆誕

その恒星が惑星系を派生する

以下衛星まで。球状ツリー構造展開やニ。

927 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 21:18:23.20
60 名前: 名無しのひみつ 投稿日: 2012/12/18(火) 21:12:44.07 ID:edY8THF5
今ゆわりとる 恒星が中性子星になるとかゆー話も少し割り引いて考えたほういいばやいもあんな。
新着レス 2012/12/18(火) 21:17
61 名前: 名無しのひみつ 投稿日: 2012/12/18(火) 21:17:50.64 ID:edY8THF5
なんとですねえ

見えてる星座は全部その中性子星核星系内のもののみで

それ以外の銀河系の星ぼしは、星としてではなくミルキーウェイにしか見えないようだ。

中性子星系、子どもの恒星めちゃ多いでぃつニ。

928 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 21:22:23.10
http://youtu.be/Rvo1mLe_G7c

929 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 21:37:15.31
もし巷間ゆわりとる質量別の星の一生がほんとだとするとォ

各枝分かれの幹の光子星や中性子星と、子次元の親や祖父母ににたがりやさんのそれらの別種があると
ゆうことに。

超質量恒星だとニュートリノ星になる場合もあんがそれは散見さりてぃないようでつな。それあったら
イレギュラー泡ができてる場合がある観測しづらいが。

930 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 21:40:54.83
それとニュートリノ星体は円盤状でなく球状拡散してんのでぇ

質量がきかないかあるいは

宇宙が回転していないかのいづれか。

931 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 22:10:17.55
>>913
ちょっとわかりにくいの。
自分の考えを述べるんだから、まずその旨を書かんかい。
_ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ _

私は、人と会話する時に大事なのは
答える速さと、相手の人との距離感の2つだと思います。

例えば、行きつけのお店で顔は知っていたけど話したことのない店員さんから
商品を受け取った時に「毎度ありがとうございます」と一言添えられたとします。
こんな場合、突然のことなので、お店の方への返事は、
普通は「ありがとうございます」か「あ、どうも」ぐらいでしょうか?

仮にここで「ごちそうさまです、美味しかったです」ぐらいの返事ができれば上出来だと思いますが
どのような精神状態であれば、店員さんの不意のことばに
返答できるようになるのかを、これから考えていきたいと思います。

932 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 22:20:41.96
まだ削れるな
_ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ _

どうすれば、こういった店員さんの不意のことばに
返答できるようになるのかを、これから考えていきたいと思います。

933 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/18(火) 22:40:33.59
>>13さんの心情に即すならこんなのもありか

拙者は、相手と会話する時に肝要なのは
発剣と、相手との間合いの2つであると考えておる。

例えば、行きつけの飯屋で姿は知れども立ち合ったことのない店員さんから、
会計の際に「毎度ありがとうございます」と一言添えられたといたす。
この不意打ちに対し、瞬時にお店の方へ返す刀は、
尋常では「ありがとうございます」か「あ、どうも」ぐらいであろう。

仮にここで「ごちそうさまです、美味しかったです」ぐらい返せれば上出来といえるのだが、
どのような構えを以ってすれば、このような不意打ちにも太刀打ちできるのか、
これから研鑽していく所存だ。

934 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 00:42:49.22
>>911
もそっと囲炉裏によって。
火にあたられよ。

935 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 05:31:04.48
961 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/12/19(水) 05:08:14.18 ID:WFIv4lTh
927 名前: 名無し物書き@推敲中? 投稿日: 2012/12/18(火) 21:18:23.20
60 名前: 名無しのひみつ 投稿日: 2012/12/18(火) 21:12:44.07 ID:edY8THF5
今ゆわりとる 恒星が中性子星になるとかゆー話も少し割り引いて考えたほういいばやいもあんな。
新着レス 2012/12/18(火) 21:17
61 名前: 名無しのひみつ 投稿日: 2012/12/18(火) 21:17:50.64 ID:edY8THF5
なんとですねえ

見えてる星座は全部その中性子星核星系内のもののみで

それ以外の銀河系の星ぼしは、星としてではなくミルキーウェイにしか見えないようだ。

中性子星系、子どもの恒星めちゃ多いでぃつニ。
962 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/12/19(水) 05:09:36.86 ID:yIruWPaa
どこの馬の骨とも知れない奴の証言じゃ確たる証拠にはならないぞ。
あったとしても卑劣な便衣兵の処分ぐらいのものだ。
963 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/12/19(水) 05:13:53.15 ID:WFIv4lTh
もはやをれとてめいらでゎ本来言葉を交わす格でないな馬の骨ども

ローマ法王に感謝してネ
新着レス 2012/12/19(水) 05:29
964 名前: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日: 2012/12/19(水) 05:30:10.17 ID:WFIv4lTh
つまりまあ宇宙再生運動すぅにゎ

人類が全宇宙に拡散し

この宇宙創成の逆順に星体を元の質量にまとめ続けてゆく必要が

ありそうやに。

936 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/19(水) 14:49:56.32
989 :/名無しさん[1-30].jpg :2012/12/19(水) 14:10:10.98 ID:cz0wXwjP0
ttp://uploader.skr.jp/src/up7233.jpg

937 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 17:07:24.16
”悪しき世界観の撲滅”だな。まあ山口県薩摩県に水爆を全員避難した後中国にぶっぱなしてもらうのも妙案だが。

938 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 17:30:14.90
団塊は金子みすヾだったわけだがをれの意見はそうではない。同じでなければならん部分が絶対必要。で

団塊の意のままにしてたら世界大戦つっこむとこ なのか だったなのか判然としない儘こりゎ団塊の責任と暫定断言し

世界統一に向けて阻害する者は修正必須意固地なら撲滅要の世界観の持ち主ということで。QED。

939 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 17:58:06.46
たとえば

西日本人はきっちりきっちりが好きだ。マナーに五月蠅く他の者にもこれをあらゆる硬軟手を尽くしてなにがなんでも
思い通りにするまで手を緩めない なぜか。それは

童子対策なのだここが盲点だ。なぜ童子の眼を気にするのか?ここはもうおとなの皆さんならどなたもご存知であろう。

もちろん態度が悪ければばしっと書いちゃうよ。

940 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 18:34:11.74
別口73 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2012/12/20(木) 18:31:33.56 ID:qRLZxECn0
またこれも統一教会御製なん?なんかパッケのきたならしさKARAゆうとありうるんだけども。ハリポタもそうしょ

総天然色極彩南国パ〜ラダイス排除な。まあこつこつとようまあ。
新着レス 2012/12/20(木) 18:32
74 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2012/12/20(木) 18:32:24.14 ID:qRLZxECn0
そうそう トロピカルが無い。弱点なんやなきっと。

941 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 19:10:33.63
さくさくいこうよ さくとね26 名前: 名前をあたえないでください [sage] 投稿日: 2012/12/20(木) 19:04:09.43 ID:+1ENDBgX
芸能人の噂話なんていくらでもあるだろ。
このケースはむしろ恵まれてるんじゃないか?
写真週刊紙のゴシップ記事とか、普通は泣き寝入りだろ。
27 名前: 名前をあたえないでください 投稿日: 2012/12/20(木) 19:06:06.96 ID:cMP3iHkC
ねえ惠ていう旧字さ

この、省略された部分、縦縞意味してんだけど

なぜ縦縞なにゃろニ?
28 名前: 名前をあたえないでください 投稿日: 2012/12/20(木) 19:07:38.85 ID:cMP3iHkC
ああああああああああああああああああ

愛と書いてめぐみ 皆さん知っておろうがなんとなく

惠こそ、中国語の もうすきすきだいすきずっとおまえさまのみでごんすのばやいが。牢獄の縦縞。
新着レス 2012/12/20(木) 19:08
29 名前: 名前をあたえないでください 投稿日: 2012/12/20(木) 19:09:00.42 ID:cMP3iHkC
さあまたもや西日本のいつもの性欲ヘドロがあわ ボコッ ボコッフシュッペソッ となるしかけがかいちん

942 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/20(木) 19:19:09.15
30 名前: 名前をあたえないでください 投稿日: 2012/12/20(木) 19:14:49.70 ID:cMP3iHkC
削ったら日本人のをなのこやりまんちょびれ

よーおできとりまんなあー感心しまんなあー。

943 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 10:56:50.54
論理的な文章を書く練習をしています。
酷評お願いします。
http://kumo.hatenablog.com/entry/2012/12/22/103450

944 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 11:23:44.75
結論が正反対の文章書いてみろ。論理的に。できなければただの感情論だ。

945 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 11:47:32.86
読んでみたけど、>>944に全面胴衣します
根拠を根拠と呼べるのかどうか…

日ハムのとった行動が、夢、個性、才能を潰すことになるって、
説得力ゼロなんだけど

946 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 11:56:27.14
根拠が「かわいそうだから」ってなに

947 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 11:58:11.60
>>943

>報道では交渉の際に、綿密な資料を用意して大谷投手を説得したという。なんどもなんども交渉し、資料までみせて、18歳の高校生を説得する。あまりにも大谷投手がかわいそうだ。

説得することと、大谷投手がかわいそうな理由が結びつかない。
かわいそうな理由を述べるもう一文がほしい。

>まして18歳、可能性も秘めているし、大リーグへ順応できる可能性も高い。(反論への備え)

過去に大リーグで成功した選手の具体例をあげないと説得力に乏しい。

>日ハムへ入団したからといって、いい結果が得られるとは限らない。

日ハムで成功した場合と、大リーグで成功した場合との待遇の差を、具体的に書いたりすると説得力が増す。

948 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 12:21:22.52
別に良いんじゃねハムとか、ただで貰えるんだろ

949 :943:2012/12/22(土) 12:52:10.91
>>944-948
酷評ありがとうざいます。
大変参考になりました。

また出直してきます。

950 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 13:02:56.27
あのさあ

をれは日本のプロ野球をメジャーリーグに比肩させたるとゆう若人がすっきゃな。

951 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 13:07:17.34
をれは柳沢きみおさんの「男の自画像」つー作品が好きで

なんともふその主人公の年齢を3歳越えた。その主人公は40歳でナックルボールを覚えてプロ野球にテスト生再入団。

まあもっとも

どこが難点かは、そのづっとあとわかったがそれは読んでネ。

952 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 13:46:11.98
文章の練習中です。酷評をお願いします。
_ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ __ _ _ _

碧眼に闘志を燃やしたマーベラスが『オーディン』の甲板から校庭めがけて身を投げた。
落下するマーベラスを、エナの炎の双眸が鋭く射抜く。
 しゅしゅ!
エナは脇差に手を添えるなり、マーベラスの軌道を見定め小刀を投げ打った!
空中で制動の利かぬマーベラスに、エナの小刀が一直線に飛んでくる!
だがなぜだ?彼女の先制に気付くなり、マーベラスの体は、慣性の法則を無視して地面めざしてビュンと急加速。
小刀は虚しく空を舞った。
 ばさり!
自衛隊の落下傘降下でも用いられる、五接地回転法にて校庭に降り立ったマーベラスは全くの無傷。
「エナぁ、どうあっても譲る気は無いか。ならばギンガとミズキを殺めた由、剣にて訊こう!」
マーベラスが半月刀を担ぐ。
「よかろうマーベラス、私は炎で応えよう!」
エナの両手が黒炎を滾らせた。
 しゅらん!
マーベラスがエナに打ちかかる。
海賊剣『鱶打ち』!一太刀で、海中のサメをも割る剛刃がエナに放たれる。
だがその刹那、エナは徒手。彼女はマーベラスの懐深く飛び込むと、冷たい手で海賊の腕を絞めあげた。
『魔炎流無刀取り』!『起り』の遅い海賊剣を制するは、エナにとっては児戯に等しかった。
エナに掴まれたマーベラスの腕が、魔炎に侵され凍りついてゆく。
「うおおおおおお!」
海賊は苦悶の声を上げた。

つづく

953 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 14:12:46.40
独眼にすごみを加えて焦立って来た丹下左膳、無法の法こそ彼の身上だ、突如!
左腕の乾雲をスウッ――ピタリ、おのが左側に引きおろして茫ッと立った。泰軒先生
得意の自源流水月の構えに似ている……と見えたのは束の間!
「うぬ! てめえなんかに暇をつぶしちゃいられねえや。もう飴を食わせずに斬ッ伏
せるから覚悟しやがれッ!」
声と共に殺気みなぎった左膳、身を斜めにおどらせて右から左へ逆に横一文字、乾
雲あわや栄三郎の血を喫したか? と思う瞬間、白蛇長閃してよく乾雲をたたきかえ
、、、した新刀の剛武蔵太郎安国流された左膳がツツツツ――ウッ! 思わずたたら足
土煙をあげて前のめりに泳いで来るところを!
すかさず栄三郎。
払った刀を持ちなおす間もあらばこそ、数歩急進すると同時に、捨身の拝み撃ち、
即に一刀を引っかついで、
「…………」
無言、一気にわって下げようとした――が!

954 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 14:56:55.49
と見るより、とっさの驚愕から立ちなおった左膳と月輪の勢、ピタリ! 踏みとどまると同時に、
もういっせいに皎剣(こうけん)の鞘を払って、月の斑(ふ)がうろこのように鍛鉄の所々に光った。
 おのずから半月の陣!
 その背後から、しわがれた左膳の声が物の怪(け)のごとく走った。
 いいながら左膳、隻腕の袖をグイと脱ぐと、例の女物の下着が月を受けて浮きたつ。
 不敵なほほえみが、その、刀痕の眼だつ顔をいびつに見せていた。
 風雲急!
 栄三郎は沈黙。
 ただ、霜がこいの藁で法勝寺三郎の血を拭き終った武蔵太郎を、かれはしずかに正面に
持しただけである――神変夢想の平青眼(ひらせいがん)。
 と!
 タ! タ! と二、三あし、履物を棄てて草を踏みつつ、栄三郎の前へ進み出た長剣の士、
月輪の道場にあって三位を保(たも)つ轟玄八だ。
 玄八。平潟(ひらかた)船(ふな)番士で、その剣筋、幅もあれば奥ゆきもゆたかに、年配は
四十に手のとどく円熟練達の盛年。
 ガッシリした体躯に心もち肩をおとして、濡れ手拭を絞るようにやんわりと柄をささえ、
「参れッ! ウム!」
 大喝、誘いの声だ。と、ともに、スウッ! 手もとをおろして突きにいくがごとく見せかけ、
老巧狷介(けんかい)の刀士、もろに足をあおって栄三郎の頭上へ!……飛刀、白弧をひいて
舞いくだった瞬間、体を斜めに腰かわした栄三郎の剣、チャリーン! 青光一散、見事に流すが
早いか、ただちにとって車返(くるまがえ)し武蔵太郎、血に渇して玄八の左肩を望んだ。
 が、轟玄八、即時左手を放して柄尻(つかじり)で受ける。
 そして!
 刹那、妙機の片手なぐり、グウンと空にうなった燐閃(りんせん)が、備えのあいた栄三郎の脇胴へ来た。

955 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 15:06:54.27
勉強になり申す

956 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 16:30:49.24
>>953 柴田錬三郎
>>954 青空文庫

957 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 17:11:23.40
金星のゆきかたぁ

このお

気球がなぜ大気途中で挫折するかつうと

酸素が足りないからだよに。じゃもってけばいいじゃん。で…

宇宙に達したら

太陽に向けて指向性超電導磁力線出してやれば

太陽がひっぱってくれんでねか

これがもっとも安価な気がすぅ。

958 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 17:19:57.41
 ある日の帰り道、道端に一体の人形が捨てられているのを見つけた。可愛らしい女の子の造形を
しているが、いかにも呪いの人形ですといった雰囲気を醸し出している。
 最近、何も変わらない日々に退屈していた。この世に呪いなるものが本当に存在するかどうか検
証してみることにしよう。そう思って、人形を持って帰ることにした。
 部屋に飾ってみたところ、人形が汚れているせいで部屋の感じと合わない。濡らした布で拭き、
服のほつれや、破けた部分を直した。うん、これで部屋に飾れる。
 次の日から、特に何か起こることはなかった。強いて言うならば、どこか見覚えのある女の子
に、お礼を言われる夢をみたくらい。検証は、まだ終わりそうにない。

300文字小説です。酷評お願いします。

959 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 18:25:46.86
可愛らしい女の子の人形なのに、いかにも呪いの人形と思う理由がわからない

960 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 18:48:57.69
>>985
よほどのバカでない限り人形と夢の女の子の関係に気づくはず。
その関係、呪いとか感謝とか、について書かれた物語が小説。
したがって958の文章はただのメモ。

961 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/22(土) 18:57:28.48
>>958

962 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 02:12:22.75
>>960
つまり、現段階では日記だが、続き次第で評価が変わるということか

963 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 09:52:38.96
>>958
軽いプロットだと思えば、いいんじゃね?

帰り道とは、どこからの帰りなのか、仕事か学校か
何時頃なのか、落ちていた道はどんな雰囲気の場所なのか
何も変わらないとは、仕事のことか、恋人の有無か
部屋とは、一人暮らしなのか、実家の部屋なのか
部屋の感じとは、和室か、洋室か

あと、決定的なテーマとして、
呪いたくなるような何かを抱えていないと、そんなもん拾わないってこと
そこを示唆する一文がないと、ただの散文かと。

964 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 15:21:08.51
280 :名無しさん@13周年 :2012/12/23(日) 15:15:19.96 ID:gXWwbdG+0
年寄りの小言に愚痴った人間の最古の記録は古代エジプト

296 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/12/23(日) 15:18:56.31 ID:YWnT+PKb0
>>280
その落書き書いたの

モーセ。

【話題】 伊藤忠社長「弁当男子は変わった趣味の1つという感じ」 ネットから反発
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1356240265/l50

965 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 15:36:46.96
>>962
そりゃ、そのあとに面白い話が続くならどんな評価も変わるだろう。

966 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 18:55:10.70
354 名前: 名無しさん@13周年 投稿日: 2012/12/23(日) 15:30:24.58 ID:YWnT+PKb0
一回戦 クレオパトラvsモーセ おじゃまむしシーザーくん
二回戦 アンドロメダ兼メデューサ兼そひあたん兼アプロディテー兼アテナ兼クサンチッペvsペルセウス兼ソクラテス おじゃまむしプラトンくん
三回戦 ぶっだ
四回戦 ローサvsバプテズマのヨハネ おじゃまむしマリアくん
※ちと雑。

967 :958:2012/12/23(日) 19:54:15.69
批評ありがとうございます

>>959
すみません、こればっかりは雰囲気を感じ取った、としか言いようがありません
このあたりもキチンと説明したほうがいいんでしょうか?

>>960
読み返してみると、300文字小説にしては視点が高すぎたように思いました
なので話の流れが駆け足になってしまって、小説の体をなしてなかったんでしょうか?

>>963
 幅広い読み手に感情移入というか、自分を投影というか、そうして欲しかったので、そのあたりの描写は省きました(300文字制限もありますが……)
なので、963さんがそのような疑問を持ったのは当然だと思います
ですが、ただ単に説明不足と受け取られてしまうのを避けるために、あえて描写しないというのはやめるべきでしょうか?
 それと、
>呪いたくなるような何かを抱えていないと、そんなもん拾わないってこと
 主人公は単なる好奇心で拾いました。二段落目にそう書いたつもりだったのですが、誤解を招くような書き方をしていたみたいですね、すみません
どのように改めれば、本来の意図を汲み取ってもらえるのか、教えていただけないでしょうか?

968 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/23(日) 23:06:24.59
>>967
主人公の気持ちが描かれていないので、呪い→補修→感謝という流れが文章から読み取りにくい。


 ある日の帰り道、道端に捨てられている人形を見つけた。薄汚れたその人形は、いかにも呪いを
秘めていそうな雰囲気を醸し出している。
 平凡な日々に退屈していたので、この世に呪いなるものが本当に存在するか確かめるために、そ
の人形を拾ってみることにした。
 とりあえず部屋に飾ってみたところ、人形のせいで部屋まで薄汚れて見える。しかたなく人形を
濡らした布で拭き、服のほつれや、破けた部分を直してあげた。うん、なかなか可愛らしい女の子
じゃないか。これなら飾れる。
 人形を拾ってから、特に悪いことは起こらなかった。変わったことと言えば、どこか見覚えのあ
る女の子に、お礼を言われる夢をみたくらい。呪いの検証は、まだ終わりそうにない。 (309字)

969 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 01:16:36.45
どうして人は、クリスマスつまりイエスキリストの誕生日に
こぞって集まり、愛しの人と過ごしたり、御祝いしたりするのに
どさくさにまぎれてセックスしまくるのでしょうか?
もともとキリストは性行為を望んでいないばかりか否定しているのに
なぜ キリストの誕生日にこぞってそのような行為に及ぶようになったのか

970 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 07:29:35.25
産めよ栄えよ世に美智代
呑め歌え明日をも知れぬ命なのだKARA

中嶋美智代つーとこがこのなかなか小癪なかんぢでぃつニ。

971 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 23:02:53.10
教会に踏み込むとそこでは神父とシスターがせっせこ愛の交歓会をしていた「ああやってるやってる」「みなれてるもんで。」「これを
着てねと。」をれは裸の女に巫女の服を着せた。「はははそうさあたいはね 耶蘇潰しのために神社本庁KARA
送り込まれた乱波女さよく見破ったね誉めてやりんよ「こんなくゎんたんな構造なんで直裁に表現誰もしないの?」「
馬鹿だねつまびらかになったら戦争にできないじゃないか「 ン?」「ン?」「ン?」

972 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 23:12:25.74
http://webken.info/live_writing/novel.php?id=76861

よろしくお願いします、初めて書いたからよくわからない

973 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 23:30:09.05
>>972
ユウ君がキヨハルに蹴られて「げぶううううううううううううう!!!」
って言って反吐を撒き散らすして入院して七日七晩苦しむ場面や
蹴られた後輩が「ひぎゃあああああああああ」って言って
砕け散った前歯を拾い集める場面や
私の爆弾で、彼女がばらんばらんに吹っ飛んで小腸や目玉のこま切れが私に降ってくるとか、

そんな場面が欲しいのう

974 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/24(月) 23:35:48.46
>>973
なるほどーいまのままじゃプロットみたいですものね
参考になります

975 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 06:27:57.41
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121225062417.jpg

976 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 06:31:21.56
http://youtu.be/j9UVQlVb51Y

977 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 10:39:05.32
>>972
私は、キヨハルを、残酷だけど優しい人間だと勘違いしてるんだよね?
その勘違いっぷりが描写されてた方が、ラストの説得力が出ると思う
このままだと、殺人までいく動機が弱過ぎる。
例えば、お弁当のところとか、もっと酷い彼のキャラが出てるといい
好きな物を選ばせるなんて絶対にしないで、
彼が好きじゃないおかずを必ず私にくれるんだ♪ みたいな感じで
私が彼に洗脳されてる様子がわかるエピが、もうちょい欲しい

978 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 12:25:44.86
まあ…幼女をなぶりごろしにしてても動物なんかにほんとに優しくて あ このひと根はやさしいひと みてーなことはおんなはある性だろう。

979 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 13:07:15.33
http://webken.info/live_writing/novel.php?id=77290

アドバイスを参考に遂行してみました
どうもうまく取り入れられたような気がしませんがお願いします

980 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/25(火) 13:26:56.91
あらすじとしてはいいんじゃないでしょうか

それから、適切な場所での改行をしてみてください
改行は、作品全体にメリハリをもたせる効果があるのです
また、自分で文章全体を整理するのにも役立ちます
改行することで、無駄や足りないところに気がつくことも出来ます。
あえて改行をしないで、心情吐露みたいな迫力を持たせる場合もありますが。
島尾敏雄なんかはそんな作品ですよね

981 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 22:38:37.74
※最終点ではないがhttp://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121226221500.jpg

982 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/26(水) 22:39:11.31
http://youtu.be/SlB_g4ltv7A

983 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 08:47:53.80
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121227082051.jpg

984 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/27(木) 13:47:25.88
http://www.mikoto.com/kooge/img-box/img20121227134515.jpg

985 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 02:03:09.45
>>983-984
児童ポルノ乙

986 :名無し物書き@推敲中?:2012/12/28(金) 09:22:22.20
※48歳です

429 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)