2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ワイが文章をちょっと詳しく評価する![22]

1 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 18:58:17.08
オリジナルの文章を随時募集中!

点数の意味
10点〜39点 日本語に難がある!
40点〜59点 物語性のある読み物!
60点〜69点 書き慣れた頃に当たる壁!
70点〜79点 小説として読める!
80点〜89点 高い完成度を誇る!
90点〜99点 未知の領域!
満点は創作者が思い描く美しい夢!

ここまでの最高得点79点!(`・ω・´)

2 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 18:58:50.44
過去スレッド
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![21]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1336213823/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![20]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1333267592/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![19]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1330690265/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![18]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1327791714/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![17]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1325803422/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![16]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1323620185/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![15]
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1322483902/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![14]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1319546097/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![13]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1318369661/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![12]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1314785282/

3 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 18:59:14.60
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![11]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1312320244/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![10]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1309421691/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![9]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1306490907/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![8]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1304810561/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![7]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1302864278/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![6]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1298499050/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![5]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1293712272/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![4]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1285859746/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![3]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1272763741/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する![2]
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1254570717/
ワイが文章をちょっと詳しく評価する!
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/bun/1249125836/

4 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 19:02:33.43
ワイスレ杯まとめブログ
http://waithread.blog.fc2.com/

5 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 20:01:33.40
八時だよ!全員集合!

6 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 20:02:15.49
あっ、ここか 前スレみてた。

7 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 20:09:46.94
違った。向こうだった。

8 :前スレ741 ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:31:55.67
「ふぅん、また落ちちゃったの」
「もうだめだよ。俺には才能がないんだ」
 カウンターに顔を埋めたまま俺は呻いた。人として生まれて三十年、小説家を目指して十年が過ぎた。バイトで生活費をまかない、ボロアパートの一室で小説を書く生活にはすっかり慣れてしまった。慣れてはだめなのに。
「そうやって落選するたんびにうちに来てくれるのはありがたいけどさ、その分小説を書いた方がいいんじゃないの」
「……」
 そんなことは言われなくてもわかってる。
「金もないんだし」
 おっしゃるとおり。
「でもさ、こうやってママさんと話してるとさ、また書こうって思えてくるんだ」
 俺は店内を見渡す。誰もいない。客は俺一人。いつもの光景だ。
「ママさんだって俺が来ないと困るんじゃないの?」
「馬鹿言いなよ。平日の昼間からやってくる客なんてあんたくらいなもんさ」
 ママさんが黙って焼酎を出す。もちろん有料。それでもいい。ママさんとの会話は無料だ。小説家の悩みなんて普通の人からしてみりゃ面白くもない与太話だ。それでもママさんは嫌な顔ひとつせずに聞いてくれる。
「そりゃあんた、辻褄が合ってないよ。女は普通、自分からそういうことはしないんだよ」
 ついでに批評までしてくれる。ママさんの批評は手厳しい。たまに大喧嘩になる。
「オカマのくせに!」
「あんたこそ、その使ったことのない粗末なモン、執筆に集中できるように切り取った方がいいんじゃないの!」
 そしてべろんべろんに酔っ払って帰る。次の日からすきま風の入り込むボロアパートの一室で、俺はまた小説を書き始める。

 そこまで原稿を書き終えて俺は筆を置いた。出版社に頼まれて自伝なんて書いてるわけだが、性に合わないのかなかなか筆が進まなかった。高級マンションのホールを抜け、夜の街をぶらぶら歩く。見慣れた界隈が視界に入りはじめる。
 ある不動産の前で俺は足を止めた。隣にあったボロアパートは取り壊され、今は空き地になっている。煌々と光を放つ透明なガラスの向こうから太った男が訝しげに俺を見た。
 踵を返して来た道を戻る。少しだけ書く気が湧いてきた。帰りにコンビニで焼酎でも買っていこうと思う。

9 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:33:05.40
第二位は>>8
作者と思われる書き込みの内容は全く読み取れなかった!
惜しい題材が目白押しで巧く活かせていれば、ワイは一位に選んでいた!
文章を削るのは誰もが行うこと! 構成に考える余地が残されている!

限りなく一位に近い二位であった、おめでとう!(`・ω・´)

10 :前スレ744 ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:35:36.96
「作家であるということは生きるということだ」
 小径を歩きながら彼の言った言葉を思い出した。そのとき僕はこう反論した。
「違う。作家であることは書くということだよ」と。そう、書かない作家に意味はない。書かない作家なんてゴミだ。そして僕はもう書かない。
 毎日毎日真っ白な画面に向かっては文字を打ち続ける作業に疲れてしまった。朽ちかけたようなアパート、忍び込む寒風に耐えることはもうできそうにない。
「それは想像力の欠如だよ」と彼は言った。
「太宰も川端も三島も、リゴーもヘミングウェイも、彼らはみんな本当は作家に向いてなかったのさ。彼らにあったのは妄執力で、想像力ではなかった。そんなのは本当の文筆家じゃない」
 そう言って彼は煙草をふかした。
「ゲーテが自殺しただろうか? ドストエフスキーやトルストイが? それにサルトル……君はもっと視野を広く持った方がいい。そうでないとあの世でそれらの文豪たちに笑われてしまうよ。さっき言った作家たちも随分恥ずかしい思いをしたはずさ」
 彼はそう言うと煙草を灰皿に押しつけ、僕の持ち込んだ原稿を机の上に投げ捨てて去っていった。最後の頼みの綱はあっさりと切れた。大学のサークル仲間で、出版社に入ったという彼を訪ねた。出版してくれなければ自殺する。僕の脅し文句は彼には何の効果もなかった。
 編集部からの階段を一歩一歩下りながら人生を振り返った。つまらない人生だった。未練はない。ただひとつ彼の言葉が引っかかった。想像力の欠如。今の僕にはなにを想像すればいいのかもわからなかった。
 大通りへと続く小径を歩きながら僕は考える。ずっと前の方を何台もの車が横切っていく。
 にわかに僕は走り出す。がむしゃらに走り出す。ろくに運動もしていなかったせいですぐに息が上がる。足がふらつく。それでも走る。歩道を突っ切り車道に飛びだす。けたたましいブレーキ音が響いて大通りはクラクションの嵐になる。
 垣根をよじ登り反対車線に出るとそこでも同じような光景になる。
 それでも僕は走る。
 もう少し、もう少しで歩道にたどりつくというところで脇腹に衝撃を受けた。おじいさんの乗った自転車が僕を跳ね飛ばしたのだ。遠くからパトカーや救急車のサイレンが聞こえる。おかしくておかしくて僕はけたたましく笑い続けた。

11 :前スレ753 ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:36:30.25
 帰ってくると電気が通っていなかった。またか……。私はそのままベッドに横たわり目を閉じた。
 決断のときだった。バイトのおかげで毎日ほそぼそと食いつないではいるがいつまでもこんな生活を続けるわけにはいかなかった。
 小説家になって一発逆転、勝ち組のレールに乗るためには手段を選んではいられない。いまだ一次選考も通ったことのない私には、小説家になるなど夢のまた夢のままだった。一抹の心苦しさを感じつつも、暗闇の中、私は決心した。
 ベッドから跳ね起きて月明かりを頼りに本棚の背表紙を目で追う。一冊の古びた本を抜き取る。
『悪魔を召喚する正しい方法』
 資料用として買った本の中で最も優れた書物だった。具体的で間違いがない。これまでに千冊以上の資料を揃えてきたが、ルーマニアから取り寄せたこの本が最も役に立った。
 バイト代三ヶ月分を払い、数月の間、もやしだけを食べて暮らした甲斐があったというものだ。
 今にも砂塵になって飛んでいきそうなページをめくりながら私は戸棚を開く。実際に目で見て触れてみるべきだろうと大方の材料を揃えていたのが功を奏した。生きた雄鳥の血も大家さんちの鶏小屋から失敬してきた。
 ついに召喚のときだ。下級悪魔なら何度か召喚したことはあるが上級悪魔は初めてだった。なにしろ召喚の代償は魂、おいそれと召喚できるものじゃない。しかし、今の私にはためらいはなかった。
 魔方陣を描き、呪文を唱えると、怪しげな煙がもくもくと室内を包み込んだ。私の胸は期待に膨らんだ。早くもお願いのことで頭がいっぱいになる。なにをお願いしようか。そうだ、まずは一次選考を通してもらえる文章力を手に入れなくては――

12 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:38:05.44
おっ トップエントリーが二位か
一位は 予想を裏切らなかった

おめでとう おめでとう

13 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:38:37.68
一位と四位は同時に発表する!
十分ほどの休憩を挟む!

ちょっと納屋からビールを取ってくる!(`・ω・´)

14 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:38:55.59
あっ 勇み足 どっちだ

15 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:41:01.00
二位のやつ、以前のワイ杯か祭りの、鯉のやつ思い出した。

16 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/05/27(日) 21:43:21.08
|電柱|・ω・`)

17 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:44:43.30
>>744
はオチツケの匂いがする。
>>753
はポッポの匂いがするし


18 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:45:07.32
|電柱|ω・´)そろそろ人が集まったかな!

19 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:46:08.26
早くしないとF5が壊れてしまう

20 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:46:22.72
納屋!

21 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:47:40.98
>>20
俺も思った。納屋って

22 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:48:41.97
それではワイスレ杯で初の全作品の発表の締め!
一位と四位の同時発表を敢行する!

もちろん、この急場で焦らしたらダメだよね!(`・ω・´)

23 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:49:42.24
だめ!

24 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:49:45.78
ところで今日の洋画は何かな?

25 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/05/27(日) 21:50:10.52
どうやらワイスレ杯の歴史に大きな足跡を刻むことになりそうだ……飯が美味い。

26 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:50:59.19
第一位は>>744
出だしで少しもたついた!
定義の部分は軽く流して後半に力を注いだ方がよかったかもしれない!
しかし、後半は勢いに乗った! 主人公が矛盾を孕んでいながらも、その行動には説得力があった!

長い青春小説を読みたいと思わせる魅力に溢れた一位であった、おめでとう!(`・ω・´)

第四位は>>753
ショートショートの落ちを最大限に評価した!
悪魔の召喚に慣れているように見える主人公が最大のネック!
主人公は悪魔に対して免疫がなく、冷静な願いが考えられない状態でないと困る!

少し緩い設定が四位にとどめた、上位入賞おめでとう!(`・ω・´)

27 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:51:13.71
今回のは番外編みたいなもんだから。肩の力抜けよ。
とか言って

28 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:51:34.46
>>753
はオチがちょっとなあ……

29 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:52:17.47
おめでとうございます!

30 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:52:41.90
お疲れ様ー

31 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:53:18.76
さすがに753はラノベ臭い
悪魔召喚とか勘弁してくれよ

32 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/05/27(日) 21:53:32.87
いやっほおおおお。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。

33 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:53:35.43
753はお願いの文章に文章力が足りないとかそういう事じゃなくて普通に一次通過なんていう庶民的なお願いしちゃった、というオチだよね

34 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:53:38.98
アンカが前スレになっていた!
第一位は>>10
第四位は>>11

大失態であった!(・ω・´;)

35 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:54:25.78
オチツケかあー 流石じゃのうー( ´Д`)σ)д`)

36 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:55:39.34
>>32
コテ奪還?おめでと〜

37 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/05/27(日) 21:57:04.01
苦悶の二十分だった。
今回は三作の作品を出させてもらった。
>>8 >>10 >>11
一週間は飯が美味い。

38 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:58:20.18
質・量ともにこのやろう

39 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 21:58:25.26
おまえに食わす飯はねー

40 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/05/27(日) 21:59:28.21
>>35>>36
ありがとう!

41 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/27(日) 21:59:30.48
一位は冒頭のもたつきがなければ、文句なしに推せた!
ただ、ワイの寸評のせいで発表の前に予想が当たってしまった!
オチツケ氏は感性を買っている! 文章には少し物足りなさを感じる!

これにて即興に近い第十二回ワイスレ杯を終了する!(`・ω・´)

42 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:00:03.39
えっ 上位独占

43 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:00:07.86
大したもんじゃ焼き

44 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:00:28.75
乙! 次はオチツケを倒す!

45 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:01:02.14
1,2,4?

46 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:01:26.12
て事は、オチツケがいなかったら、
>>743がトップじゃねーかよ!
ワロタw

47 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:02:27.55
お疲れ様でした。
次はもうちょっと長いのでやろうよ。2,000字とか。
発表に時間かかってもいいから。

48 :奥様は執筆中 ◆y4AC1LxwSz1k :2012/05/27(日) 22:03:48.38
8位の>>746を書きました。
ワイさん、読んでくれた方ありがとうございました。

1000字に収めることができず、悔いが残りました。
主人公がバイトを全部辞めアパートも引き払って「書こうと思ったが紙も鉛筆もねえー!」って叫んで家々の壁に作品を書き出す…という終わりまで書けず。
初参加でしたが楽しかったです。ありがとうございました。

49 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:06:28.19
>>46
違うぞ、743がいたからワン、ツー、スリーを阻止できた。

50 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:07:53.52
>>48
そのオチのほうが受けがよかったと思う

51 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:09:46.71
849 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 16:40:04.36
ワイには通じなかったんだろw
つまりワイに通じない程度なら比喩としての効果を得てなかったってことだ
(ワイが言うにはな)それは比喩として上手く無し失敗なんだよ
慣用句のミスと誤解される比喩って使うときに躊躇するだろ
日本語のミスだよ

この書き込み誰書いたの?
ワイを甘く見てるんじゃないの?
なーにが、慣用句のミスだよ。

52 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/05/27(日) 22:10:31.30
ワイさんどうもありがとう!お疲れさまでした。みんなもお疲れさまでした。
結構前から自分の中でワイスレ杯ってなんの意味があるのかって考えてて(1000文字以下の作品書いて意味あるの?というような)、
意味とかよりもどんなに短かかろうがここのみんなに負けない作品を書く!という結論を出したので、とにかく今回の結果には満足。
次も一位を獲りに行くぞい!

>ワイさん
いえいえどうも。
なかなか文章力上がらないのでまだしばらくお世話になりますw

53 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:11:46.61
前スレ920、817がエントリーしてればどうだったんだろう?



54 :ハイステージ ◆GXDB7dKcEA :2012/05/27(日) 22:14:08.01
ドゥワァァーン! 誤用だらけ、瑕疵だらけのお騒がせ作品を書きました。
三位。とても光栄です。いろいろと勉強をさせていただき、感謝です。

が、しかし、また作者バレ。本当にあざとい名無しさんがいます。
糾弾されたなか、擁護していただいた(おそらくオチツケさん? おめでとうございます)
いつも評価していただき恐縮です。

あと、秋吉さん、かめさんも。ありがとうざいました。

これでワイスレを卒業しますが、いつか、また
真摯な寸評をいただけるよう努力をします。

最後にワイさんに深謝! ありがとうございました。

追記

>735 :箸俸太郎◆Puug×××× :2012/05/26(土) 08:42:29.03が、
過去の書き込みの日付が今に非常に近い!

というワイさんの寸評。ふ、ふ、ふ。これはワイさんが私たちに無理難題を
押しつけた告示の日ですよ。ここから私の人生がリスタートします。

55 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:14:30.81
[01]ト直人のアパート
 それはちょうど彼が、都内の営業所から埼玉の志木営業所に異動になった頃だ。

 彼のアパートは東京寄りの埼玉にあった。

 独り暮らしの1K。

 十月のある晩の事。

 疲れて帰宅すると、ポストに葉書が一枚来ていた。

 メトロパレス航空のDM。

 彼は思案した。


(九つの内どれが当たるかは会場で抽選。海外旅行……今度会社の旅行があるし、その後は休み取れんし……うん、香水がいい!)

56 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/05/27(日) 22:15:12.33
ほう、秋吉君は10位と9位か・・・
即興にしてはまずまず・・・ってドンジリじゃん!
フッ・・・( @_ゝ@)


57 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:17:24.66
>糾弾されたなか、擁護していただいた(おそらくオチツケさん? おめでとうございます)

あれは糾弾側が間違いだ。比喩として意味が通じている。
あと、擁護したのはオチツケではない。


58 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/05/27(日) 22:18:48.63
このヤロー!
チョウチンアンコウと方言をもっと話題にしとけゴラ!
(;o;)rz

59 :なぜ最下位なのだ!許せん!詩を書いたので評価していただく。:2012/05/27(日) 22:19:40.73

我はロボットが好きだ
我はロボットをこの上なく愛しているのだ

軍事ロボットが好きだ
産業ロボットが好きだ
医療ロボットが好きだ
清掃ロボットが好きだ
農業ロボットが好きだ
救護ロボットが好きだ
探索ロボットが好きだ
深海ロボットが好きだ

人型ロボットを見ると心はおどる
巨大ロボットを見ると鳥肌が立ってやまない
超小型ロボットを見るとその愛らしさに自然と笑顔がこぼれる

諸君、ゴツゴツしたロボットは、萌え萌えした美少女より遥かに高みの崇高な存在だと思わないか
諸君、最終回で砕け散るロボットは、同じく最終回で死にゆくヒロインよりもどこか切なくないか
諸君、人の愛情で作り上げられたロボットは、下町で愛される寅治郎よりも人情を感じないか

60 :なぜ最下位なのだ!許せん!詩を書いたので評価していただく。:2012/05/27(日) 22:20:05.94

マジンガーZが好きだ
コンバトラーVが好きだ
ガンダムが好きだ
マクロスが好きだ
エヴァンゲリヲンが好きだ
グレンガランが好きだ
ニルバッシュが好きだ
鉄人28号が好きだ
鉄腕アトムが好きだ

正義とは何か、悪とは何か、常識とは、非常識とは、ヒトが絶対的な支配者なのか
悲しい、とても悲しい。ヒトが主物であるのだ。従物でしかないロボットは主物に従うしかないのだ
どこまでも従順なロボットは憐憫の原石であるのだ。

通達する
これより本日午前0時より公募先、及び作者諸君は近未来ロボットを想像せよ!


61 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:21:05.45
最下位を狙ってたくせに
予定通りだろう


62 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:21:06.61
パクリ元を思い出すだけで笑いがこみ上げるw
名文だよねえ、パクリ元は。

63 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/05/27(日) 22:21:58.81
バーロー!
時代はチョウチンアンコウなんだっつーの!

64 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:23:18.29
>>57
>充分に胸を張れない状態で造成した公園。
>つまり粗末な公園を表現したかった。

>普通に書けば、そこらにある児童公園と書けばいいのだろうが、
>それでは平易すぎると判断した。

>「申しわけなく」という表現は、数ある形容詞のひとつとして理解す
>るとともに、「申しわけ」という名詞と「なく」という形容詞の
>複合語として解釈することもできると考えた。


このような意味には捉えられないだろw
わざわざ蒸し返すなよ

65 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:25:49.64
>>64
で、君は何位だったんだ?

66 :奥様は執筆中 ◆y4AC1LxwSz1k :2012/05/27(日) 22:26:41.14
>>50
次(があるのか…?)はオチまで纏められるよう頑張ります。ありがとうございます。

皆さんお疲れ様でした (ˊωˋ*)乙*

67 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:31:01.47
うわああぁ またハイステージ当てたよ俺。俺はハイステージの何なんだ。


68 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:31:41.12
お疲れ様でした。5位のやつを書きました。設定を組み込むことが全然できなかったのが残念。
前回は初参加で3位頂きましたが、やっぱり設定を微妙に外してたような気がするんですよね〜
今後もWiFiに参加するにあたっての課題かな。
皆さんおめでとうございました。お疲れ様でした。

69 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:34:09.39
>>68
これは5位ではないな。
3位以内に入ってもいい作品だ。

70 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/05/27(日) 22:43:47.05
暗黙のうちに話題になったよ多分。
俺の作品がよかったってやつもいるよ。日本のどこかに。

71 :68:2012/05/27(日) 22:48:52.52
>>69
うおお。増長するのでやめてよw
あ、そういえばイージーライダーとか山月記という名前が引き合いに出されてたんですけど、
どちらも未経験でした。山月記の方はぐぐって今ポチってみた。
最近知った事だけど、短編小説って読むのも書くのもすごい面白いですね。書く方は最近始めたばっかりだけど、
やっぱり面白い。


72 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:49:13.02
>>62
ネタ元ってどこ?

73 :68:2012/05/27(日) 22:50:24.84
69さん、あるいは読んで下さった方、ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
と入れるのを忘れた。

74 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:53:15.07
>>72
これ。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-King/6353/genbun.html
元々はマンガみたいよ。漫画の方は知らないけど。
http://ja.wikipedia.org/wiki/HELLSING

75 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:59:02.68
すごく読ませると思ったらパクリか

76 :オバゾノ ◆RUOBDYDjaN0H :2012/05/27(日) 23:08:27.58
前スレ774の、アパート・シップが大気圏突入するやつを書きました。6位を頂きましたが、
実はワイさんの読みの、主人公が人口知能という設定はなくて、ゴミ回収宇宙船兼ボロア
パートの中に住んでいるおじさんというつもりで書いていました。
そして、人工知能として読んでみるとそっちの方がずっといい、というかそれじゃないと面白
くないと思いました。
書きたかったのは、アパート・シップが火の玉になって大気圏突入していくイメージです。
と言っても昔のSFでよくある、ちょっと個性的な形の小さい宇宙船ではなくて、ノビタ君の
家みたいな昭和建築のアパートが燃えながら突っ込んで行くシュールな場面が浮かんで
これを書くに至りました。
一番面白かったのは「チョウチンアンコウなめんなよ」でしたが、お題は関係ないと思いま
した。ワイさん有難う御座いました。皆さんお疲れ様でした。また宜しくお願いします。

77 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 23:22:06.66
>>70
面白かったよ。手塚さんのやつ。調子の悪い高橋留美子みたいな感じだとも思ったけど。いい意味で。

78 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/05/27(日) 23:23:41.71
>>76
さすがネームドモンスターだな。
よくわかっとる。

79 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 23:36:31.52
七位書いた。
寸評でも順位発表でも、ロープの件以外触れられてないってのが悔しいぜ。
致命的と言えば致命的なミスなんだろうけど、他の点はどんな評価だったのか気になる。

80 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/05/27(日) 23:49:34.82
>>77
ノーネームホースもわかっとる。
満足した。ディアブロにもどる。

81 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 23:57:35.67
ゲームか
プロテインの名前かと思った

82 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 00:19:20.51
主人公は「この旅の結末は死、あるいは可能性が高い」と自覚していて、
ラスト改めて小説の旅との趣の違いを皮肉に思う。

この、自分の小説と、自分がこれから行う「旅」との対比がこの話の要だよね。
だからここに綺麗に流れ着くように要素を並べ替える必要があると思う。
落選やバイトや夢の因果関係を洗いなおして無理なく配置するべき。

そしたら総仕上げでもう一味加えたくなると思う。
作中の作品と実際の行動がリンクするところにこの作品の輝きがあるのだから
それを磨き出す方向で何か。

自分なら単なる死ではなくてイン・トゥ・ザ・ワイルドみたいなフレーバーを加えたい素材

83 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 00:22:58.02
来週末もやろうぜよ!

84 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 02:32:08.36
1位が意味不明なんだが・・。
自転車で轢かれて何が面白いんだ?

5位も意味不明、人骨は何だったんだ?
最後に猿と間違えられて撃たれるのも分からない

2位も意味が分からない
ちゃんと説明がないと主人公の最後の気持ちが理解できない。


割とマジで意味不明なんで教えてください。
俺の読解力では理解できないので、くやしいです。馬鹿にしてるわけじゃないです。

85 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 03:16:20.45
まあ正味面白いのなんて出品されてないから……

86 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 03:22:31.10
1位について
こういう事だと思う。



一番おおざっぱに言うと
 文学青年がごちゃごちゃ悩んでも、現実のパワーには勝てない

もう少し内容に即して濃かく言うと
 想像力が足りないと諭された。それはどういう事なんだ。
 →考えて周りが見えていないと、爺さんに轢かれる。爺さんを轢くではなく轢かれる(想像もつかない現実)

更に細かく検討してゆける。一つの台詞が、地の文が、シナリオを進行させる為の誘導装置というだけではなく、
作品の主題に至る思想を秘めている。粒の揃った一膳みたいなもんで、木を楽しんで森を楽しめるように書かれている。



『というように感じさせてしまう筆致』ですよ


87 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/28(月) 06:46:07.37
ttp://logsoku.com/thread/toro.2ch.net/bun/1336213823/920

>将来には、もはや不安しかない。しかし、それがどうしようもなく怖く〜
(『しかし』は必要ない!)

>俺はアパートを飛び出し、廊下を走り、階段を駆け下りた。
(部屋から飛び出した方がよい! アパートを飛び出して中の描写があると奇妙に感じる!)

>女性は小さく叫ぶ。
(意味が矛盾している!)

>涙に腫らした眼で笑った姿は、不思議にも、とても美しかった。
(元々が綺麗な顔なので少しインパクトには欠ける!
 どこにでもいそうな目立たない顔くらいの設定にした方がいいかもしれない!)

一人称の文章なので『俺』を多用する必要はない!
女性の姿から自分を見詰め直すと云う方法は悪くない!
ただし理解が早い! 自身を顧みてすぐに反省できるのならば、
現状のような状況にはならないのではないのか!

結果を急がないで、ゆっくりと内容が読者に染み渡るような書き方が合っている68点!(`・ω・´)

88 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 08:33:31.91
>>84
一位も二位もオチツケの感性が買われている、
ようだ。
そうなんだなあ、と思って読めば良い!

89 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 08:35:16.95
>2位も意味が分からない
ちゃんと説明がないと主人公の最後の気持ちが理解できない。

説明しちゃったら文学にならないよ、ボケ



90 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 08:49:26.04
ワイに噛み付くのはお門違い。そもそもワイは純文学を読めないんだから。
ワイの感性=ラノベ

91 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:05:59.73
九位、十位だと?
底辺秋吉が偉そうに!

92 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:06:52.12
>>91
ワイは読めない人間だってことだろう(;O;)

93 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:08:51.06
十一位のやつは設定無視してんだから実質最下位じゃねえかw
コテ張るなら命賭けろって言ったのお前だろ?
命賭けてこの程度か、カスが。

94 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:16:09.60
審査員が変われば秋吉の作品は上位に来る。
こんなもの運が50%だ。

95 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:19:31.52
てか、秋吉の作品だって過去に上位に来たこともある。
文学なんぞ読む側のその時の気分にも左右される。時の運だ。


96 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:19:40.30
名無しの秋吉うざい。

97 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:20:27.21
秋吉ファン多いな。

98 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:23:22.60
自演し放題だからな

99 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:24:24.57
それとオチツケが選外の時だってあったわけだし。

だけどポッポの作風は、いつになってもここでは高評価されないな。
正直、嫌われてるのもある。だからといってポッポに力がないわけではない。
両者の考えが合わないだけだ。つまり相性が悪いのだ。

100 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:27:28.00
>>98
俺は秋吉ではない。
言っとくが、
>>94>>95>>99は秋吉の自演ではない。

101 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:27:41.94

答えはポッポが純文学系だから。

102 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:28:12.76
>>99
一次落ちのポッポがなんだって?

103 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2012/05/28(月) 09:32:43.38
ちょっと通りますよ。

104 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:37:06.68
ポッポがワイに嫌われているということはない、むしろ逆。
ワイはポッポのことを自分の弟子だと思っている。
恐らく、出来の悪い弟子ほどかわいいということなんだろう。

105 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:43:17.29
ラノベ書きの弟子かw

106 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:47:37.65
ラノベ師匠の弟子が純文学?

107 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:48:41.20
>>90
文章をこね繰り回す純文学は減点が多くなりやすいんだよ。改行を多くしてすっきりさせるエンタメと比べると。
ワイが純文学を読めないというわけではない。減点方式の採点に問題があると見た。

そもそも純文学系の審査は加点要素が重要だから。光るものがどんだけ強く出てるかだから。

108 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:49:14.66
流派は争えないなw

109 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:55:02.41
ワイは限りなく透明に近かったらもはやブルーでは無い、とか言い出しかねんからなw

110 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:59:04.24
40歳以上の作家希望スレでワイは大暴れ

111 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 09:59:16.67
>>109
それいったら、綿矢とか小説は赤点になてしまうぜ。まじでさあ。

112 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 10:02:19.85
>>111
寂しさは鳴らない。そもそも音が無いことを鳴らないと言うのだ

113 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2012/05/28(月) 10:05:37.22
純文学?ラノベ?ハッていうスタンス。

114 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 10:07:30.56
名無しポッポ

115 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2012/05/28(月) 10:08:46.33
名無しでは書き込まないぜよ。

116 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 10:13:18.20
何でも自演に結び付けたがる単純な輩は多い

117 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 10:16:33.82
すみません、あのー、上久保省太は今どこに居られるんでしょうか?

118 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 10:17:28.78
>>117
ポッポだろ

119 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 10:19:45.33
>>118
??
ポッポ=上久保省太だったの?
それまた根拠は?

120 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 10:26:54.93
ワイさん、お疲れ様でした。いつもありがとう
まとめブログも更新してたも

121 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 17:11:47.20
∠(`・ω・)つ 大好きな皆の為なら、私は絶対に負けないんだから!

122 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/28(月) 18:03:33.01
>>120
賛同者の好意で作られたのがワイスレ杯まとめブログ!

ワイには更新できない!(`・ω・´)

123 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 18:23:55.22
前に誰かが作ったやつだ。忙しくなったのだろう。
たまにこうやってまとめてくれる人が出る。
個人でやってる事だから、ずっと出来はしない。その時々で楽しませてもらえばいいのだろう。

124 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 19:02:38.35
なるほど。そうだったのか。そうとは知らずに失礼した。
なんだかちょっと勿体無いね。

125 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 21:20:15.36
オチツケ氏を叩き潰す為に封印を解いてもよいか?

126 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 21:35:41.24
何の封印?

127 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 21:48:58.65
今ままでお気楽気分モードだったがそろそろガチモードに変更するということだよ

128 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 23:00:19.77
そう言うと>>127はおもむろに両腕のリストバンドを外し以下略

129 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 23:00:49.45
そんなことは自分のケツの穴にでも聞きやがれ

130 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 23:12:22.09
ケツの穴「断る!」

131 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 00:10:59.36
まあまあ、来週のワイ杯で頑張ろうぜ

132 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 00:54:56.59
ワイさーん、来週やるってさ
よろしくねぃ

133 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/05/29(火) 01:50:35.19
毎週やるの?w
コバルト短編や文學界の締め切りが近いのでは!?

134 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/29(火) 05:57:39.57
コバルト短編とは懐かしい!
第97回に入選した作者はプロになった!
その時に最終に残ったのは五人!

甘酸っぱいワイの思い出!(`・ω・´)

135 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 06:18:00.74


136 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 06:24:48.46
http://vipsister23.com/archives/5540858.html
酷いラノベの実態

ひでーな

137 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 07:21:01.09
オチツケはコバルト短編とか文學界に出してたの?
予選通過出来てる?

138 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 07:24:37.63
ここに常駐するひとは長編は書けないでしょ。書けないからこそ、ここがフィールド。


139 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 07:24:57.85
>>136
こんな酷いのでプロになれるのか?この板の誰もが書ける内容だな。

ハッハッハッハッ(1P続く)

140 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 07:29:17.49
電撃の四次が最高だな


141 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 07:35:15.51
ワイが最終選考に残ったのは2002年か
酸っぱい思い出だね

142 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 08:08:00.26
>>140
電撃ならワイより上じゃん

143 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 09:49:34.90
コバルトって女向け?

144 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 13:14:15.12
こばるとw
ってかんじだな

145 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 13:19:47.20
>>140
4次なら拾い上げあった?

146 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 13:24:04.68
ワイ女説…

147 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 15:15:19.47
>>136
あ、あたらしい…(マジレス)

148 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 15:25:17.35
U U
,

Y

149 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 15:36:44.01
>>140
ワイじゃなくてお前がコテつけて評価しろよ

150 :上久保省太 ◆SRLJbawRsQ :2012/05/29(火) 16:04:13.40
毎週末、ワイスレ杯をやるという案には反対だ。
ワイスレ杯は一ヶ月に一回でいい。
でなければ有難みがなくなる。

お前らワイに甘えるな、カスどもが。

151 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:08:06.67
構ってちゃんのキチコテは失せろ

152 :上久保省太 ◆SRLJbawRsQ :2012/05/29(火) 16:09:57.21
うるせえ、カスが。

153 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:12:25.34
失せろ構ってちゃんのキチコテ

154 :上久保省太 ◆SRLJbawRsQ :2012/05/29(火) 16:16:10.22
てめえが失せろ、カスが。

155 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:16:42.84
レベル厨が

156 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:17:18.28
俺はレベル厨ではない。

157 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:19:07.75
キチコテ失せろ

158 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:19:59.99
↑レベル2の書き手w

159 :上久保省太 ◆SRLJbawRsQ :2012/05/29(火) 16:20:25.04
てめえが失せろ、カスが。

160 :上久保省太 ◆SRLJbawRsQ :2012/05/29(火) 16:21:00.16
>>158
レベル厨乙。

161 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:21:10.69
消えろ構ってチャン

162 :上久保省太 ◆SRLJbawRsQ :2012/05/29(火) 16:21:36.58
ああ、うぜえ。
もう去るわ、じゃあな。

163 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:22:27.80
レベル2の煽りに付き合ってられん。

164 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:27:17.24
勝者は名無しか

165 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:28:29.44
上久保は社長ネタですべってから何をやっても痛々しいな。

166 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 17:28:30.73
ワイはおばちゃんでしょ。あのファビョりかたで分かる

167 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/29(火) 19:10:49.76
次のワイスレ杯は通常の募集形態に戻す!

嵐は過ぎ去って急に涼しくなった!
スナップエンドウを豆板醤と刻みニンニクで炒める!
コンブ出汁で程よく煮た湯豆腐とセット!

今日はビールにしよう!(`・ω・´)

168 :奥様は執筆中 ◆y4AC1LxwSz1k :2012/05/29(火) 19:31:26.39
ワイさん料理上手そうですね。

169 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/05/29(火) 21:04:52.50
>>134
ワイさんも応募されてたのか!
やっぱり最初は30枚くらいの短編から腕試しって感じですかね。

>>137
つい最近応募し始めたのでまだ結果はわかりませぬ。でも落ちてる気しかしない。

170 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/05/29(火) 21:05:41.95
暑くなるとビールだな
先週末日比谷のビールフェスタ行ったが、世の中結構ビール好きが多いことに驚いた
しかし俺はコニャックだがな

171 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 21:32:27.86
コンニャクの使いマか

172 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 21:55:07.51
最近の短編賞を教えてほしいお(´・ω・`)
コバルトは無くなったのかお(´・ω・`)

173 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 22:06:08.46
>>167
今回やったのは嫌々やったのかよ
募集記間短い中頑張ったのに、そんな言葉はねえだろ
ワイには失望したわ

174 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 22:15:26.36
>>173
オチツケ落ち着け

175 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 22:28:00.55
なんでキレてるのかわからん
募集するのも自由、参加するのも自由

176 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/29(火) 22:34:09.42
>>172
このような情報サイトがある!
ttp://compe.japandesign.ne.jp/

>>173
参加できなかった者への配慮!

>>170
以前、ジョニ黒とジョニ赤を混ぜて呑んでいた!
好みがあるので配分は秘密!

キリンの「太陽と風のビール」が未だに忘れられない!
新しいビールの発売を心待ちにしながら一番搾りを飲んでいる!(`・ω・´)

177 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 22:52:16.27
ワイさんがちゃんと貼られたものを読んで評してるのがすごいと思う。
個人的には、書き始めて2ヶ月足らずなので読んでもらえるだけでもありがたいのに。
そういう意味ではこのスレのすべての人に感謝してもいいのかもしれないけど。
ワイハイとかほとんど奇跡のようにありがたく楽しい。
ワイさんどうもありがとう。

うそだけど。

178 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 22:52:52.37
>>176
ありがとうお(´・ω・`)
短編は無さそうだお(´・ω・`)
文庫見開き(42字×34行)フォーマットって何だお(´・ω・`)

179 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 22:59:49.65
>>177
         ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \     ハハッ わろす
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /   
       /   _ ヽニソ,  く

180 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/29(火) 23:00:30.08
>>178
グーグルさんに訊いてみた!
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1033587660

短編の募集は意外と少ない!(`・ω・´)

181 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 23:05:13.22
>>179
うるせーや

182 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/05/29(火) 23:06:55.16
ワイさんの貼ったサイト素晴らしい!こっちに鞍替えしよう。
verticle vectorは設定がめんどくさかった〜
短編なら二ヶ月に一回コバルト短編が!
超短編なら一ヶ月に一回小説現代SSコンテストがあるお!

183 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/29(火) 23:21:21.36
三年前に書いたのをちょこっと手直ししてみました。ワイ先生よろしくお願いします!

さらばくの一

戦さばかりの世を一人で生きる、そういう女であるならば、髪は黒く、凜と垂れておるのが良い。
心許は常に強く、笑みはほんの口許に浮かばせるだけ、月の下だけで微かに笑うのが良い。
月が無いなら無い為りで良い。そういう時は顔容をクッと強く引き結ぶ。涙は今生では流さんと決め込んでおるのが良い。
乳房が白く立ち昇り、乳輪はハッとするほどの女である。しかししなやかで、速く動く女なのだ。戦雲に巧く紛れる女なのだ。
そう知らしめる腰つきが良い。
女は今、僧に跨がっている。
淫僧である。
腕と太腿がドウドウ漲り、腹が強くズンとせり出し、背中の筋まで剛毛である。
僧の陰毛は夜闇に乗ずる蛇の茂みだ。それをモリモリ鳴らしながら、女は肉壷から陰茎を引き抜いている。
僧は大の字、境内で寝そべっておる。いびきをガアガアやっておる。
これはモチロン、狸寝入りである。
ぶっきらぼうな寝相に見えてその実、女の身を支えておる。別れをゆっくり惜しんでおる。
片目をチラアと薄めに開ければ、女が疾く装束を纏い、スラリと境内を去りゆくのを見たであろう。女の目頭から跳ねた一滴を見たであろう。
しかし僧はそれをせん、片目を薄めに開けはせん。僧は──
「おい! 生きて戻ってくれよるじゃろ?」
女が振り返ったならば、僧は両目をシッカと見開いておる。
女が振り返ったならば、僧はイチモツをぶらり下げたまんまの仁王立ちである。鈴口から境内に、ツウと一筋垂らしておる。へたに月があるもんで、情けなくもキラキラしながら垂れておる。
女が振り返ったならば、僧は泣きッ面でくしゃくしゃである。
しかし女はそれをせん、女は僧を振り返らん。
戦さばかりの世を一人で生きる、そういう女なのだ。戦雲の元を見定めて、刃をずらり煌めかせ、高く身を跳ねて初めて咲く女なのだ。
月に棚引くあの雲は、女の大跳躍が高く中空に在るそばから既に濃い。
だもんで月下に髪は黒く、笑みは──
「──」
ほんの口許に、女よ、ほんの微かに浮かばせるだけで良いのだ。
戦さが終わったならば誰の傍らなりとも好きに咲け。今は泣きッ面は置きざりだ、女よ、毅然と行くのが良い。


184 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 00:17:36.32
髪の毛が凛としてたら垂れ下がらないだろw
昔のビジュアル系バンドみたいになるだろ
bakutikuとか

185 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 00:43:53.52
日本語がおかしい

186 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 01:05:51.47
ポッポもそうだが、なんで普段使わない言葉を
がんばって使って奇妙な日本語にしてんだ?
外人か? おまえら
ポッポよりひどい旧ポッポと良い勝負だ
(つーかこいつが旧ポッポだったら笑うけど)

こういうこと言うと
「プロだって既存にない言葉の使い方をわざとする」
みたいな反論してくる奴要るけどさw
それとはちがうよねぇ

187 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 01:24:30.77
上久保の悪口を言うな!

188 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 01:32:23.35
>>186
旧ポッポの方が上手くないか?
よく憶えてないけど

189 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 01:41:22.36
かめとポッポは真逆に近いと思うが、苦手という人は内容と語り口の組み合わせが性に合わないんだと思う。

かめの作品では、 芸術的な世界を変な人が語っている
ポッポの作品では 青春的な世界を偉い人が語っている


190 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 01:47:08.02
>>183なんかは、語ってる人の立ち位置が謎ってだけで、
正面からクノイチのかっこよさを表現してると思うけどね

191 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 02:02:48.02
おまえ亀本人だろw
正面から言ってるかどうかかっこいいかどうか以前の
日本語へんじゃねって所でみんなしゃべってるのに
なんで作者でもないのにくのいちってわかるんだ?どっかに書いてあるのか
俺が見逃してるのか?

変な人が語っているなら地の文をまともにしないと
変な人を表現しようとしてないでしょ
本当にかっこいいと本人は思ってる


192 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/30(水) 05:36:28.93
>>183
『さらばくの一』で女は忍びの者とわかる! 以前に読んだ覚えがある!
文章の前半は事実に基づいた三人称で書かれていた!
後半は二人の内実を通した幾通りもの未来が書かれているように思った!
複雑な感情をわかり易い行動で捉えたものと考えられる!
特徴的な書き方と文章に見えていて、実はトマス・ピンチョンの影響が色濃く反映されていた!
模倣で終わるのか! この先にある自己の小説に辿りつけるのか!

鬱蒼とした文章の裾野から分け入って愚直に上を目指せばよい!
唇に釣り針を引っ掛けられて上方にひん曲がり、泣きそうな顔ながらも歩くのがよい!
倒れそうで倒れない赤子の掴まり立ちのようにヨチョロヨチョロと進むのだ!
晴れ渡った空に堂々と頂が見えるではないか! 手を伸ばして掴み取るのだ!
ついでに頂点にデンと胡坐をかいておる太陽を存分に握り締めればよい!

芸術を目指した日本語に点数は無用と考える!(`・ω・´)

193 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 11:35:33.04
>>192
点はなしかよ

194 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 20:38:31.64
>芸術を目指した日本語

?単なる純文学じゃね。
点数出してやったら。

195 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 20:40:22.75
だからワイは純文学は読めないってばw


196 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/30(水) 20:59:51.19
読むのは二度目なので!

ワイはビールを飲んでおる!(`・ω・´)

197 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 21:03:41.88
二度目は点数付けてくれない、と
φ(゚-゚=)メモニャン


198 ::2012/05/30(水) 21:03:43.41
禁酒しろ

199 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/30(水) 21:09:37.56
>>195
それでよい!

>>197
最初の時も点数を付けなかったような気がする!

>>198
一週間くらいの禁酒はままある!

今日は飲んでいる!(`・ω・´)

200 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/30(水) 21:23:35.72
>>199
エ、これってこのスレで既出だったっけ。。。?
ともあれ嬉しいレスどうもです!


201 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/30(水) 21:30:32.49
>>200
当時、これの抜粋を見たのかもしれない!
ttp://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20090712000013

202 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 21:34:25.08
ワイさんアリで読んで感想書いてくれることあるのん?

203 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/30(水) 21:37:08.19
稀にある!(`・ω・´)

204 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/30(水) 21:40:23.70
そうなのかもね。cは今となっては遠い思い出。その時の会社、今はもう無いのん。。。

ピンチョン作品みたいな高密度情報ひしめくラノベ書いてみたい。
ラノベって、ライトノベルとか言いつつも文章だけでアニメ創ってるんだとか個人的に思ってて、文章だけで高密度情報ひしめいて派手なアクションと色んな生き方してるヒロインが沢山出てくるアニメ創りたい。


205 : ◆qszVyqfhAdCN :2012/05/30(水) 21:42:08.63
これを短編化するならこうだろ?

主人公は女忍者ではなく、この淫僧で、大僧院の中堅。
大僧院の僧侶は全員バイセクシャルで、衆道、ホモ、ロリ、ストレートなんでもござれ
しかしそれが不真面目というわけではなく、皆真面目に仏道を歩んでもいる。それが当たり前、そういう場所。
主人公のこの僧だけが色事を嗜まない。全身に精が漲っているというのに。
僧達は不思議がり、また誘ったりするのだが、主人公は応じない。色事なんでもOKのこの僧院で唯一禁じられている、
戦絡みの恋路に走っていたのだ。 その相手がこの女忍者。主人公は僧院を追い出されたり色々して最終的にこのシーン。

206 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/30(水) 21:55:44.17
>>205
そういうのいいね!僕自身もこれ書いてた時、ヒロインはあくまで添えモノで、書きたかったのは僧さんの方。
へたに月があるもんで、情けなくもキラキラしながら垂れておるとか書きながら「萌えー!」ってなってた。
あと、くの一は間違い。くノ一やった。。。


207 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/30(水) 21:56:27.16
ワイは内容に踏み込んだ話はあまりしない!
作者の嗜好は評価の範疇外と考えている!
美文調の抜粋は判断が難しい! 日本語の意味だけでは成立しないものが含まれている!
曖昧な点数は作者を惑わせる原因と成り得る! その考えでワイは点数を付けないことがある!

今後もワイの方針は変わらない!(`・ω・´)ノシ

208 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 22:44:56.41
自分の無能さを知るのはいいことだが、
将来的にも成長しないことを自ら認めるのはどうかと思うぞ。

209 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 22:55:12.56


210 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/30(水) 23:02:29.94
>>208
フィイィ!僕のこと指して言ってるのん?
言っとくど僕はまだまだ伸びしろあるでー!


211 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 01:07:12.77
コバルト短編に応募した人がここには多いんじゃないかと思うんだけど、どうなのお(´・ω・`)
みんな、おもしろい短編かけてるよね(´・ω・`)

212 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 01:30:10.48
女の子向けか。
どうなのかね。男が書いても狙えるのかな
女の子の思考意識した恋愛書かないとだめとかなら無理

213 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/31(木) 07:44:15.10
コバルト短編は懐の深い賞だった!
入選した作品の中にはSFや児童文学ものがあった!
主人公が男性の場合もあり、必ず恋愛が絡んでいるわけではない!

新人の枠内の人はカテゴリーエラーを恐れずに挑戦すればよい!(`・ω・´)

214 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 08:56:16.08
>美文調の抜粋は判断が難しい! 日本語の意味だけでは成立しないものが含まれている!

てか、それこそが純文学の評価の重要ポイントなんじゃないの……
校正の範疇で点数評価しても意味ないんじゃない。


215 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 10:31:22.81
完結してるんならもうちょっとなんか言えるんだろうけど

216 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 10:46:51.82
ワイの本音
純文志向の方はご遠慮ください。お願いします!

217 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 13:41:20.10
純文学って言うよりコテの評価希望を嫌うってことだろ
ワイはコテともめるの嫌がってるだけ
美文調って言って言葉を濁してるけど
ようは自分だけが美文と思いこんでる腐った文書いてくんな
ってことだよ 
そう言うともめるけどね

お前に芸術がわからんだけだとか
向き不向きがあるだけとかさ

218 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 18:16:21.93
小説書こうにもプロットが浮かばないです
ワイさん、なにかお題をください

219 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 18:16:25.05
ちゃんと評価書いてるじゃん。実験的だから点数は付けにくいってだけで
じゃあ点数だけ俺が追加してあげる

68+ホモなら+2、好みで+1〜5

ってとこだろ

220 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 20:21:58.27
10点〜39点 日本語に難がある!

221 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 20:45:37.61
連投してみる。これも何年か前の、手直しバージョンです。
僕なりのラノベ、ワイ先生よろしくお願いします!

222 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 20:46:59.40
「象よ!」
昨日は夜中の三時くらいまでずーっと三人で話したり唄ったりしてたから、まだすごく眠たかった。
象よ象よって騒いでるハンチの向こう、空の色はまだうす暗かったし、
私たちの横で焚き火もまだくすぶってたから、多分ちゃんと寝てからまだ二時間くらいしか経ってないと思う。
だからハンチに「わかった、わかった」って言ってからまた目を閉じた。
「はんちももすこしねなよう」
象だか何だか知らないけど、眠たすぎる。
「象よ! とっても大きくて、真っ白なの!」
んん。
「おっけーおっけー」
「チェリー・ローターが見つけたの! とっても大きな象だけど、真っ白なの! ねえ、紡ぎったら!」
「はーんちはーんち。あーとーでー」
象だったら大人しく動物園か森にいなよう。
私はンッショと寝返りをうった。
ハンチが次なんか言ったら一回起き上がって「もう少し寝かせてよ、ハンチだってもう少し寝たほうがいいよ?」って言おうと思った。
でも私たち三人は今まさに森の中にいて、昨日の夜、静かで真っ暗なこの森で盛大に焚き火して、
盛大にうたを唄いまくってた事をクッキリ思い出したから、自発的にシャキンと跳ね起きた。
リィターが、いない。
ハンチに「ねえハンチ? リィターは今、どこで何してるの?」って聞いてみた。
象だか何だかにキャッキャ言いながら駆け寄ってくリィターの姿が想像できたけど、聞かずにはいられなかった。
「チェリー・ローターならさっきまで象との交流を試みていたわ。本当にとっても大きくて、真っ白なのよ。そうね、きっと紡ぎなら、
ジャンボな象だねって言うわ!」ってハンチが言い終える頃には私はスックと立ち上がり、髪を束ね、くすぶる焚き火をバシンと蹴って痕跡を消し、お爺ちゃんに無断で持ってきた刀を手にしていた。
んん相手が野生の動物なら、焚き火の痕跡なんか消しても意味なかったかも。
「リィターは、今、どこ?」
さあ、とか、判らないわ、とか言わないでよって思いながら私はお爺ちゃんの【赤ヒゲ殺シ】の佩刀を始めた。
「だからチェリー・ローターならさっきまで象との交流を試みていたの」
かちゃかちゃ。
ンッショ。
「ハンチ? じゃあ、ジャンボな象さんは、今、どこ?」


223 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 20:48:26.06
ジャキン!
佩刀、完了。
戦闘準備、オッケー!
「もう紡ぎったら、寝ぼけているのね。しっかりして欲しいわ。象なら紡ぎの真後ろにさっきからずっといるじゃな……」私は「キャー! キャー!」て言いながら足をバタバタさせて、
それからハンチをひっ担いで「キャー! キャー!」って言いながらその辺の茂みにわっさりとダイビングした。
茂みに身を隠しきれてる事を祈りながら、私はハンチに「シイィー!」ってした。
ハンチもクスクスしながら私に「シイィー! クスクス!」ってした。
はり倒してやろうかと思った。
茂みから顔をそおおおっと出すと、本当に象がいた。
確かにジャンボだったし、明らかに象だった。
色も真っ白なんだけど、色なんてどうだっていい。
だって、あの象と私たちの間には、檻も柵もないんだもの。
色なんて、めちゃくちゃどうでもいい。
茂みからぴっこりとハンチの片足が飛び出してたから、ハンチに「あし、まーげーて、あーしー」って言った。
ハンチがワッサワッサワサァ! パキ! って音をたてながら足をひっこめたので、慌てて象のリアクションを確認した。
象はさっき私がキックした焚き火の辺りを夢中でスンスンしてた。
やっぱり意味のないキックだったみたい。
で?
リィターは?
全然、いないよ?
さっきまであの象といたんでしょ?
私はちょっと泣きそうになりながら、ハンチに「りたがいないよう」って言った。
ハンチがなんか答えようとしたけど、向こうの方からスタスタ足音が聞こえたから私は思い切ってグワアって立ち上がって、
リィターがキラキラしながらこっちに猛ダッシュしてるのを確認してホッとして、大きな声で「リィターアァー! こっちいいぃ!」て叫んで、手も、カモオォーン!ってした。
ああリィターが私に気付いてくれた!
勇気だして大声を出した甲斐があった!
リィターは私にウインクしてピョーンてジャンプして象の背中にまたがった。
「ギャー! リィタアァー! ギャー!」
リィターは微笑みながら私にブンブン両手を振って「よーメス豚! いい朝かー? あれ? シシーはどこ行ったんだ?
おい、こっちこいよメス豚! 『いい刀持ってんじゃん』ってさっきからお前に興味津々なんだ、コイツ!」って言った。


224 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 20:54:26.86
私がチェリー・ローターことリィターに初めてメス豚呼ばわりされたのは、今から一ヶ月前、巡礼のスタート地点の雪央寺での事だった。
雪央寺に着いた時点で、一緒に巡礼をする事になる二人の女の子のうち、ルチハンチ・マイヨーメが先に到着してた。
すごく可愛い子で、すごくいい匂いがしたから、お互いの自己紹介をした後に「マイヨーメさんは何ていう香水つけてるんですか?」って聞いてみた。
「あ、えっと、普段から特に何もつけていないんです」って言われた。
家を出発する朝、お爺ちゃんの部屋からは名刀【赤ヒゲ殺シ】を、ママの部屋からはル・ポシェットをそれぞれ勝手に持ってきてて、
雪央寺でもポシェットを首すじと手首につけてたけど、明日から私もなるべくつけないでおこうって思った。
「ねえマイヨーメさん。このご記帳、何だか手抜きみたいだと思わない?」
その辺で売ってる厚紙の端に小さな穴を開けて、その辺に転がってる紐をくくりつけたみたいなご記帳を二人してクスクスしながら眺めて
「なんかサクラ乃ゲート大巡礼って言うより、スタンプラリーみたいでしょう?」なんて言いながら、二人でもう一人の女の子の到着を待ってた。
待ってたらルチハンチ・マイヨーメは私に「花茂さんはとてもいい香りがしますね」って言ってくれた。
私はリュックからポシェットの瓶をだして、何だかどきどきしながら「チノワーのね、ル・ポシェットっていう香水なんです」って言ってみた。
ルチハンチは瓶をそっと顔を寄せて「とっても愛らしい瓶ですね」って言ってくれたから、「マイヨーメさん、あの、もし良かったらつけてみませんか?」って聞いてみた。
そしたらルチハンチがニッコリ微笑んで髪をよけて首すじを近づけてきたから、シュッてしてあげた。
べ、別の商品? ていうくらい、すごくいい匂いがして、なんか「チノワー・パトラメシコのル・ポシェット、真価を発揮!」って思った。
「わぁ素敵な香り! ありがとう紡ぎさん」って言ってくれた。
やっぱり明日からも香水をつけようって思ったし、彼女にもつけてあげようと思ったし、私も彼女をルチハンチさんって呼ぼうって思った。
それと私もニオイじゃなくてカオリって表現しようって思った。
だって三〇ミリリッターしか入ってないのに、三万円以上するらしいんだもの。


225 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 20:57:47.45
瓶をリュックに戻そうとした時に扉がガタン! って開いたから私は瓶を落っことしそうになった。
必死でキャッチして扉を見上げると、夕陽をバックに女の子が立ってた。
ルチハンチに対しては「すごく可愛い女の子だ」って思ったけど、その女の子に対しては「物凄い女の子だ!」って思った。
肌は黒くって、両脚が強烈に長くって、肩のところとか腰のところとかむちゃくちゃ華奢なのに、他の動物の肉を食べて生きてる、しなやかな動物みたいな感じがした。
髪が短くて顔はもちろんすごく小さくて、唇はさくらんぼみたいだったし、眼が凄かった。
もしこの眼で見つめられて、いきなり「我々反乱軍に力を貸してくれ!」とか言われたとしても「ハア? 誰アナタ?」じゃなくて「ハイ! よろこんで!」って言っちゃいそうな、そんな凄い眼。
で、女の子は私を見て、ルチハンチを見て、こう言った。
「オイ! なんなんだお前ら!」
私はめちゃくちゃびっくりしたけど真横でルチハンチがビックーンってなってたからルチハンチの前に立った。
で、女の子は「二人ともめっちゃくちゃカワイイじゃねえか! お前ら一体ナニ食ってそうなったんだ?」って絶叫しながら、夕陽をバックに猛ダッシュで駆けてきて、私とルチハンチをまとめてギュウ! て抱きしめてきた!
噂には聞いてたけど、盗人シティーに住んでる女の子って突き抜けてる! 予測不能! って思った。
「ほんとスッゲーなお前ら! 桃とワタアメしか喰った事ねえんじゃねえのか?」
そう言って私とルチハンチの頭を撫でてくれた。
撫でられながら、何でかは判らないけど私はこの時に初めて、旅が始まるんだ! って実感した。
だから私は彼女をキュって抱きしめ返した。
私もなんか突き抜けた事を言ってみたかったけど、とっさにでてこなかったから、とりあえず「ハアイ?」って言ってみた。
ルチハンチも「ハアイ?」って言った。


226 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 21:01:54.48
私は十六年間生きててこの時初めてハアイ? って言葉を使ったし、ルチハンチに至ってはそれ以上に生まれて初めてだろうって思った。
私たちの旅が、始まるんだ! ってまた思った。
女の子は私たちから体を離して「よし、自己紹介だ。私はリィター」って名乗った。
「苗字はない。お前らが教科書で習った通りだ。盗人シティー人口の70パーセントを占める苗字のない黒んぼ。
私はリィター、その1人だ。リィターakaチェリー・ローター。お前らは?」
私はエーケーエーってなんだろうとか、ロ、ローターとか、それともチェリーとローターを組み合わせる事で全然変な意味じゃない慣用句みたいな感じになるんだろうかとか思いながら
「私は花茂紡ぎ。生まれも育ちも特急ズンドコ号の前から数えて三両目丁よ。宜しくね、リィター!」って名乗った。
ルチハンチはリィターの手を握りながら、彼女なりの元気な声で「私はルチハンチ・マイヨーメ! 舞踏会ヶ丘から来ました!
学校ではハンチって呼ばれています。三人で最後まで元気に、仲良く、サクラ乃ゲートを目指しましょうね! 紡ぎ! チェリー・ローター!」って言った。
私は早速下の名前で呼んで貰えて嬉しかったけど、ローターってハキハキとした口調で言った時は、頭の中だけでヒュウウ! って口笛吹いた。
ママと爺ちゃんと天国のパパの顔を思い浮かべながら、私はちゃんと、リィターって呼ぼうと思った。
「オッケー。じゃあ次はお前らの通り名決めなきゃな!」ってリィターがウキウキしながら言ったから、私は通り名? って思ったけどハンチが「それはいいわね!」って言ったから私も「うん! それ、賛成!」って言った。

ハンチは【シシー】に決まった。
リィターいわく盗人シティーでは「家の中で飼われてる犬みたいな白んぼマンコ」の通り名は【犬っコロ】または【シシー】のどっちかから選ぶんだそうだ。
で、「家の外で飼われてる犬みたいな白んぼマンコ」の通り名は【メス犬】または【パンジー】のどっちかから選ぶんだそうだ。
それから「しつけの難しい糞アマ、野犬みたいにホットなスケ、殺されかけた事のあるマンコ」の通り名は【変質者】、【ザ・リアル】、【コンボイ】の中から好きなのを選ぶんだそうだ。


227 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 21:05:46.54
ハンチが【犬っコロ】か【シシー】のどっちにするかかなり真剣に悩んでる間、私はパッて即答できるように「パンジー、パンジー」って頭の中で繰り返してた。
ハンチがシシーを採用した後、私はリィターからの「メス犬とパンジー、どっちがいい?」を待った。
だからリィターがビューティーの化身みたいな笑顔で「オッケー、シシー。宜しくやろうぜ! お前も宜しく頼むな! メス豚!」って言った時は、私は「ナニソレ!」って言ったし、声が裏返ったからもう一回「何それ!」ってちゃんと言った。
リィターいわく、【変質者】と【ザ・リアル】と【コンボイ】の三つを線で繋いだ時に初めて姿を顕すのが【メス豚】なんだそうだ。
肌の色やイデオロギー、ファッションで語れない、根本の位置にいるハードコアな女だけが、【メス豚】を名乗る事が許されるんだそうだ。
私は何度かうなづいて、その後、もう何度かうなづいてから「ねえ、それは、名誉な事なの?」って聞いてみた。
リィターは「当たり前だろ! まず第一に、刀ブラ下げてるマンコなんて盗人シティーにだってそうはいない! お母さんに中出しする勢いでイカされそうだ!」って言いながら、私が佩刀してる赤ヒゲ殺シのさやを、発掘された神像かなんかを扱うような恭しい手つきでさすった。
それから私の眉を親指でなぞって、耳たぶもフニフニしてから「ああ、間違いない……お前は〈メス豚〉以外の何者でもない……」って凄くウットリした声で宣言された。
私は深呼吸して、また何度かうなづいて「とても光栄だわ、ありがとう! リィター」って言ってみた。
もちろん本心から光栄だと思ったわけじゃないけど「ありがとう!」は本心からだった。

だからリィターが象の上から私を早朝からメス豚呼ばわりしても、私は普通に「リィター! お願いだから今すぐに象から降りて、こっちに来て、お願いよ」って哀願した。
「なんでさ! それよりシシーは? アイツも花を摘みに行ったのか?」
私はンンって足を曲げてお団子みたいになってるハンチの方を向いて、もう一回シィてした。
象を見たら、今度は私たちのリュックの辺りをスンスンしてた。


228 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 21:09:04.48
リィターが象の頭を発掘された神像かなんかを扱うみたいな恭しい手つきで撫でながら
「なんかさ、『すっげーいい匂いするけど何の花だよこれ?』っだってさ! メス豚の香水だと思うんだけど、見せてやってもいいよな?」って言った。
私はリィターの手つきをもう一度、よく見た。
やっぱりすごく恭しい手つきだったから、何度かうなづいて「いいけどそれすごく小さいし、三万二千円らしいから、絶対に割らないでね!」て言った。
リィターはピョーンて着地して、私のリュックから瓶を取り出して、「じゃーん! コレだろ?」って言って象に見せた。
象は瓶をじーっと見てた。
ように見えた。
「よー! 『すっげーきれいだよな!』だって!」
私は赤ヒゲ殺シの柄から手を離して「それはね、シノワーのね、ル・ポシェットっていうの!」って言った。
そしたらジャンボな象が「へえー」って言った。
ような気がした。
だから私は茂みからワッサリ抜け出して「ママにね、内緒で持って来ちゃったの!」って言った。
そしたら真っ白な象が「わおう」って言った。
ような気がした。
だから私は茂みの中のクスクスしながらギューってお団子みたいになってるハンチに「ハンチ出ておいでよ」って声をかけて、一緒に手を繋いでさっきまで寝てた場所に戻った。
「なら絶対大事にしなくっちゃな! だってさ」
リィターがそう言って、ポシェットをリュックに戻した。
私は真っ白でジャンボな象の目を見ながら「ねえ。あなた、お名前は?」って聞いてみた。
今度はハッキリ聞こえたけど、何だか聞き間違えたような気がしたから、リィターに「彼の名前は?」って聞いてみた。
でもリィターが答える前に、象がもう一度、ハッキリ答えた。
「生きる事に疲れたジュエル」

「なんかさ、『なんかおもしれえ事ないかな?』なんてある日思ったらしくてさ、群れからコソって抜け出して1人でブラブラしてたんだって。
で、特に別に面白くも何ともなかったから群れに戻ろうとしたらもう誰もいなかったんだって。それから1週間くらいしてから自分でそういう名前をつけたんだってさ」
リィターがそう教えてくれた。


229 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 21:09:44.19
ハンチが象のピカピカのおしりにポシェットを二回くらい吹きつけながら「ねえ、ご家族やお友達とはぐれてしまってから、もうどれぐらい経つの?」って聞いた。
リィターが「だいたい半月くらいだってさ!」って教えてくれたから、私はため息つきながら象に「あなた馬鹿ねえ。私なんて家族から離れてもう一か月も旅を続けてるのよ?」て言ってやった。
「紡ぎの言う通りだわ。貴方の【生きる事に疲れたジュエル】というお名前、詩的ではあるけれど……。そうね、十二歳の頃から一人で頑張ってきたチェリー・ローターに対して、失礼よ?」ってハンチが言った。
そしたら「お前らは三人でチーム組んでんじゃん」ってハッキリ聞こえた。
だから私は象のシュンてなってる目のところまで移動して「ねえ。もしよかったら──」って言おうとしたら象が「なあ? ヒッチハイクとか、したことある?」って聞いてきた。
リィターの顔をちらっと見たらキラキラしてたし、ハンチの顔を見たらニコニコしてたから、私は何度もうなづきながら「したことないけど、大好きよ! ヒッチハイク!」って、すごくジャンボで、まるでペンキ塗りたてみたいに真っ白な彼に答えてみた。

おわり


230 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/05/31(木) 21:53:29.39
同僚と呑んで帰宅!
かめの真意は汲み取った、と思う!
その真摯な思いに今のワイは応えられない!
酔いが醒めた早朝に改めて精読する!

今日は寝る!(`・ω・´)ノシ

231 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 21:55:13.69
こういうのを読むと、文章が下手って言われてるラノベ作家でも一応はプロなんだな、って思うわ

232 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 21:57:58.66
まずは旗を建てることだな。
俺はプロだ!と。
中国が無人島に番小屋を建て所有権主張するように。

233 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 22:12:53.75
ワイは勤めてるのか

234 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 22:32:14.77
>>222
ラノベという事で1回しか読まれないことを前提とした、誤読上等の即興感想を現在進行形で書いてみる。

>「って言おうと思った。」→でも私たち三人は今まさに森の中にいて、

くだけたニュアンスはわかる。しかし「って言おうと思った。」だと、「と言おうと思った。」に比べて
その事柄を過去に遠ざけすぎてしまう。「今まさに森の中 と続けるのなら、
言い換えれば現在進行形の記述による臨場感、没入度などの恩恵を受けたいのなら、オーソドックスに語りの
主体を抑えた方がこの場合いいような気がする。微妙だが。


>象だか何だかに
しかし何だかかわいいな。曖昧な想像の中の象のまるっとした感じが。
この時点で想像しているのはワンピースのアレ。


235 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 22:37:28.15
>さあ、とか、判らないわ、とか言わないでよって思いながら

「って」は便利だが多用はどうだろう。理解がすこし躓いた。「」を使えばいいだけの話かもしれないが。
:「さあ、とか、判らないわ」とか言わないでよって思いながら


>佩刀を始めた。

 「佩刀」。動作として使うのは違和感。ロジックとしては合っているが。

236 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 22:38:14.25
>>234
実況ぽいのとかマジでどきどきする!


237 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 22:43:00.74
速読みのうっすい理解で印象だけ書いてるから、2回読んだら感想は全て変わります

238 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 22:46:34.35
>>223
この辺で、もっと最初のほうで「夜の森」の描写があったらよかったな、と感じた。


>もう紡ぎったら、

名前奇抜すぎるだろ。紹介入れないと。



私は「キャー! キャー!」て言いながら足をバタバタさせて、
それからハンチをひっ担いで「キャー! キャー!」って言いながらその辺の茂みにわっさりとダイビングした。

おかまが騒いでるイメージ! これは完全にコテとしての「かめ」を知ってるからだがw
ちなみに「かめ」はドロヘドロの「「鳥太」で想像している。


>「シイィー!」ってした。

やはり「って」が気になる。この口調に対する回収があるのなら別。

239 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 22:49:57.41
やばいめちゃくちゃ参考になる。。。


240 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 22:51:18.33
>確かにジャンボだったし、明らかに象だった。

ここまで動き回ってこんなでかい物がこの段で普通に見つかるのはどうだろう。暗闇の黒牛的なひねりのある展開を想像していた。


>慌てて象のリアクションを確認した。

象モエ


>>224で意識的にだろうが温度がかわる。ここまで変えるなら、前のシーンに1オチつけるべきだ。

>装備、香水、etc
キャラクター紹介を、この辺の「本文のノリで」最初にやってほしかった。

この辺以降はじっくり読まないと味わえない。「ラノベ」から外れてきたのでここまで

あくまで単なる感想!

241 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 22:55:07.27
>>231

でもこっちの方がぜんぜん良いじゃんw
ど下手はど下手なんだけど取り繕ってないし
伝わりにくいけど、書かずにはいられない何か、があってとかそう言うのがわかる

あの春画を幼児がまねして左手で書いたみたいな奴
よりよっぽどいい
この方向性で、わかりやすい文章とか他人に伝えるテクとかを
身につけていくべきだと思うけど
(サスペンスやクライマックス、どんでん返し的な落ち等をこしらえて)
人が面白がる小説にするのもやってさ





242 :240:2012/05/31(木) 23:07:43.49
新しいやつの方が好き

243 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/05/31(木) 23:14:09.69
ここまでのレスで解った事。
たとえラノべ調と言えども、未成年者な女の子の一人称は鬼門。


244 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/01(金) 06:59:48.92
>>222-229
出だしがもたつく! 場所はどこなのか! どのような関係の三人なのか! 何を目的としているのか!
早めに三人の名前を出して>>224に進んだ方がよい! 話を引っ張るのと情報不足は似ているようで違う!
三人の本名の他に呼び名と通り名まで書かれていてややこしい!
印象を深める効果を狙っているのならば、主人公の視点で対象の人物を語ればよい!
齢の割に話し言葉や考え方が幼いように感じた! 全員が似たような印象なので長い話だとだれる可能性がある!
短い話で異彩を放つ! 長い話では目が疲れる! そのような作りにワイには思えた!

同じ勢いを続けていると単調になる63点!(`・ω・´)

245 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 09:34:23.28
オチツケはコバルト短編に出していたのか……
頑張ってデビューして下さい

246 :よろしくお願いします。:2012/06/01(金) 18:14:00.19
サイト名「アリの穴」 400字五枚計算
http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20120601000001

247 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 18:24:17.69
>>246
アカシックレコードからも見過ごされそうな田舎に
駅があって笑ったw JR偉大すぎるだろww
ごめ、続きは後で読むw


248 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 18:44:28.07
ありがとうございます! 最近知った「アカシックレコード」という言葉をとにかく使ってみたい感がいきなり見抜かれてしまいました

249 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 20:23:13.08
『生保ノスゝメ』 河本ぢゅんを。著

 今年、還暦を迎える初老の男はテレビのワイドショー番組を見て声をあげた。
「子ども名義のマンションに住んでもええなら、わいも持ち家を娘の名義にして生活保護を受けたるわ」
 早速市役所に出向く。
「なんであかんのや! ドンキコングっちゅう芸人の母親はな、息子の名義の億ションに住みながら生活保護受けてたんやで? んならわいも同じや。娘の名義にしたったわ。はよう生活保護よこせや」
「断る!」
「だからなんでや! ドンキコングの母親はな、不正受給しとったわけやないって、ワイドショーに出とったごっつお偉い大学の教授もゆーとったで。ありゃ東大卒やったかな。とにかくやな、出すもん出せっちゅうこった」
「断る!」
「永遠に踊り続ける、アスペルガー!――やないわ、ドアホ! 出さんかい! 入れ墨職員なんか目やないぞ。われの菊の紋みんかい。いざとなったらここに火ィつけたるぞ! 屁をこいたるさかいな、ごっつうよう燃えよるぞ」
 ピピーッ! 笛が鳴り、初老の男は二人の警備員に身柄を確保され、連絡を受けて駆けつけた警察官に現行犯逮捕された。市役所の監視カメラに恐喝の様子が記憶されていた。
 市役所の職員は警察官の質問に答えた。
「あのオヤジ、段ボールに自分の娘の名前を書いて出してきたんスよ。マジ呆れたっス。つーかホームレスのオヤジでもう生活保護も受けてて最近痴呆が始まってて忘れてしまっててマジウザいっス。とっとと死刑にしたほうがいいんじゃないっスか」
「御意」

250 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 20:25:00.32
わろたw

251 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/01(金) 21:16:34.36
>>245
がんばりたい!が、今月の応募は無理かもしれぬぬ……。

252 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/06/01(金) 21:55:35.27
湊かなえの少女読んだけど、つまんなかったな。
それでも売れる理由があるんだろうが

253 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 22:00:32.14
>>251
デビューしたら報告しろな。
ワイも応援してる筈だし。


254 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 00:05:30.61
>>252
そりゃ、お前のよりは面白いからに決まってるだろ。

255 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 00:13:12.28
うわ、何時の間にか祭りが始まってるじゃんか。
ナマポ祭。。。!?

256 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 00:20:01.34
>>255準備室のあれは、二人のタイマン。

257 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/02(土) 04:12:05.58
>>246
>錆びて所々穴がホゲていて〜
(ホゲるは九州地方の方言! 主人公の出身地が気になる!)

虫の気持ち悪さがよく書けていた!
主人公の描写は大雑把なのは虫に焦点を当てる為なのか!

村の名前が落ちのようになっていた70点!(`・ω・´)

258 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/02(土) 04:32:30.07
>>249
皮肉をふんだんに込めた時事ネタ!
生活保護を受給していてホームレスの理由がわからない!
痴呆は昔の言い方なので認知症を使った方がよい!
市役所の職員と警察の遣り取りが浮いて見えた!

作者の何かしらの憤りは伝わった!(`・ω・´)

259 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 10:22:52.44
ワイは生活保護に好意的な人だったな

260 ::2012/06/02(土) 10:44:19.75
甲本さん、お題勝手にいただいてすみません。ワイさん、よろしくお願いします。

「ナマポ」

 唯一の頼みの綱だったパピーとマミーが、立て続けに、バタバタと死んでから、ポックンはピンチに陥った。
 当たり前と言えば当たり前だけど、誰もご飯を作ってくれない。
 無料の飯が無くなることをポックンは想像したことが無かった。この先どうしろと言うのだろうと途方に暮れた。
 ポックンはもともとこらえ性がなくて、仕事が長く続かない。
 一年どころか半年ももたないから失業保険ももらえない。
 派遣を転々としているうちにもう応募する先さえなくなってきて、残るのは時給800円程度のアルバイトだけになってしまった。
 時給が安いとまた、ポックンはダルいんだな、やりがいを感じないから、すぐ辞めてしまう。どうしようポックン。もう資金が尽きそうだ。
 でもbut!ポックンは今、打開策を閃いて、それを具体化しつつある。
 そう、それが生活保護なのだ。うん、よく頑張りました、ポックン、偉い。
 ポックンは最初に片桐氏に電話を掛けた。こういうことは片桐氏なのだ。
 片桐氏は以前、派遣の仕事で知り合った人で、工場にある機械で自分の足を貫いて、労災やら、生命保険やら、障害認定やらを受けて、大もうけをした人物だ。
 氏は他にもいろんなものに盗難保険を掛けては、それをどこかに隠し、保険会社から金を騙し取ったりもしていた。
 「利用できるものは、なんでも利用しないとな」
 そう言って、嬉しそうに笑う片桐氏を見ていると、こっちまで嬉しくなってきて、いつか自分もこんな風な人間になりたいと思ったものだ。

261 ::2012/06/02(土) 10:44:39.70
 片桐氏はワンコールで電話に出た。そう言えば以前、氏は掛けなおすと電話代が掛かるので電話はワンコールで取ると言っていたな。
 ポックンはさっそく生保について切り出した。
 片桐氏の返答は意外なものだった。
 「やめておいたほうがいい、タイッ」
 「どうして?」
 「いや、俺もタイッ、生活保護うけてんねやけどな、障害のある足を言い訳にすると外出らタイッれんようになるから、精神を言い訳にしてるねん」
「精神を?」
「そう、俺は統合失調症とタイッいうことにしてな、審査の前で狂人を演じてたねん」
「うん、それで?」
「いつのまにか、ほんまにおかしくなってきてな、タイティー!」
「タイタイティー、タイタイティィー」
「片桐氏?」
「タイタイティー、タイタイティー!、タイタイトゥィータイティータイティー、ティーティータイタイティーティー」
「片桐氏?」
 片桐氏は呪文のような言葉を延々と口にし、以後、会話にならなかったのでポックンは電話を切った。
 さて、アイデムでも見るか…

262 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/02(土) 11:27:50.90
>>260-261
個性的な一人称! その効果で細かい部分が気にならなかった!
アイデムは求人広告等で置き換えることが可能!
切ない話を笑いに包んで読めるものに仕上げた点は評価できる!

過去にワイもアイデムにはお世話になった66点!(`・ω・´)

263 ::2012/06/02(土) 12:35:00.51
ワイさん、ありがとう。
66点は、悔しいです!

>>260
甲本さん→河本じゅんを。さん
名前間違えた、申し訳ない

264 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 14:51:58.49
「ナマポ、それは魔法の言葉」
「ねえ、母ちゃん。ナマポって何や?」
「じゅんを。何も知らないのね。働くよりずっと楽なもの。魔法のようにお金を持ってない人間の手元にお金が湧き出てくるのよ」
「すごい! 俺も母ちゃんみたいな魔法使いになりたいわ!」
「ふふ……。じゅんをが大きくなって、ナマポ使いになれたら、私も嬉しいわ」
「絶対なるで! ナマポ使いに、俺はなる!」

現代。
「だから、おまえら、ナマポも使いこなせへんかったら、一流芸人ちゃうで」
 飲み屋でじゅんをが酒を煽りながら、集めた後輩たちに説教をし始めた。
後輩たちは気まずそうな表情を浮かべながらも、頷く。
「ナマポは魔法! 貰えるもんを貰わへんかったら、そいつはアホや。ただのクズやな。
だから、おまえらは売れへんねん。クズやで、ほんま」
 後輩たちの一人がおずおずと口を出した。
「でも、じゅんをさんが貰ったら、不正受給じゃないですか?」
「なんやとボケコラ!? 不正受給のどこが悪いねん? 世の中うまく渡っていく方法やで、クズ!!
お前なんか一生売れへん。いや、お偉いさん達に言うて、お前だけはテレビに出させへんようにしたるわ!!」
 罵倒された後輩は、悔しそうな表情を浮かべ、店から出て行った。
「ハッ! 一流芸人は世渡り上手や。俺をテレビで見いひん日はないで!」

 罵倒された後輩は、週刊誌にこの話を垂れ込んだ。
 こうして、じゅんをを不正受給の件でテレビで見ない日はなくなったのである。

265 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 16:37:05.49
文章がくどくなってないですか?
お願いします
ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2115.txt

266 :265:2012/06/02(土) 16:46:33.52
ごめんなさい
よく見たら改行が変になってました

267 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/06/02(土) 16:46:54.69
>>244
うひょ!久々に点付けてもらえた!低っwww
今回はワイ先生だけでなく他の人たちからも意見もらえてタメになりました!
どうもありがとうございました!
象萌えー。


268 :246:2012/06/02(土) 18:22:29.29
>>257
評価ありがとうございます。「ホゲる」は九州です。田舎者らしさということで方言に手を出してみたのですが、
結局ここだけしか使えませんでした。主人公の描写が抜けていたのは至らなさです。
見返すと田舎者のニートという事くらいしか書いておらず、出だしとしてまずかったと思います。
村では虫絡みの変な事が起こる予感を出せたらと思いました。
評価を頂いてから気付いたのですが、チュウカと読んで中華とかけたわけではありません。また、よろしくお願いします。

269 :265:2012/06/02(土) 19:35:27.52
きちんと改行して上げ直しました
ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2117.txt

270 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 20:18:37.08
>>264は何点くらい?

271 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 20:23:50.79
76点

272 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 21:33:13.96
78点は行くだろう

273 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 23:21:37.01
そんないくのか
俺もナマポでなんか書こうかな

274 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 23:39:01.33
 わか子さん僕は今小説書いていますもちろんあなたのためにですそう
書きつづられていた手紙は非常に気味悪くて和歌子はぶるりと震えた。
 夏、高校生活最後の夏休みが始まろうとする頃。校庭の隅の木下で
和歌子は手紙を呼んでいる。手紙の送り主は根暗な同級生。作家志望
らしいと噂を聞いている。男とはなんとバカな生き物なのだろう。好きです
とか付き合って下さいとか単刀直入路線で書けばいいものをわざわざ
理由を付けてくる。可愛いからですとか性格がいいからですならばまだ
許せる。しかし始めてあった時からなんとかで何とかしている時から好き
になった気がするというような曖昧な物は意味がわからない。またこの
ような大事なことをメールで送りつけてくるやつの神経には呆れて物が
いえない。傷つきたくないのはわかるけど第三者や他の安い媒介物で
気持ちを伝えようなど不届き千番なおこないだ。面等向き合って好きで
すと男らしく言えと全国の男子高校生どもに伝えたい。

 ところで長々と書き綴られた長編ラブレター。実に20万字を越えてそうな文字は1枚にびっしりと
ぎゅうぎゅう詰めで、しかも枚数も限度を超えた通常一般的に予想される恋文の紙の厚さではない。
200枚という枚数は異常極まりないものだ。あろうことか手書きで書かれている。異様な愛は伝わ
った。本人に呼び出されて「好きです僕が描いた渾身のラブレターです」と。これは評価に値するけ
れども、だけれども気持ち悪い。

 和歌子が選択は彼の思いとは裏腹に、ほとんど読まずに、捨てるのも
燃やすのもどうかということで出版社に送りつけることにした。彼の思い
に応えるかは保留で。
 数週間後、夏休みの真最中、彼の携帯がうなる。彼女からの電話を待
ち焦がれていた彼は通話ボタンを渾身の思いを込めて押した。

275 :274ですが:2012/06/02(土) 23:44:09.38
お願いします誤字ありますが補完してください
2ちゃん用新改行を試みました。

276 :支援:2012/06/03(日) 00:14:11.14
>>275
誤字わかってるなら書き直せw 連投の2つや3つかまわないから。


277 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 02:18:32.20
>>274
基本的な心理として“わざわざ理由をつけてくる”ことを悪いと思っている女は少ない。
だから続く文章で、“なぜ主人公がそう思うのか”を明朗に記して欲しいところ、“理由が曖昧なこと”への非難しか書かれていない。


278 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/03(日) 06:00:06.36
>>264
生活保護を縮めて生保! 更に隠語化してナマポ!
一般的な言い方では無くて2ちゃん用語のような気がする!
その通称ナマポの不正受給が芸人として売れることになる図式がよくわからなかった!
特定の人間を想像させる作りに頼って人物の描写が全くない!
落ちがあるのでショートショートとして読むことができた!

大阪弁を使いこなしているように見えた65点!(`・ω・´)

279 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/03(日) 06:00:44.75
>>269
主人公の名前がミューズなので絵画に目を奪われるのは必然かもしれない!
常世の春は天国のような世界を想像させる!
冒頭は説明に終始した! 読者を強く意識して丁寧に書かれていた!

美しい類いの描写にリアリティを出せればよいのだが73点!(`・ω・´)

280 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/03(日) 06:01:08.68
>>274
>夏、高校生活最後の夏休み〜
(行頭の夏は必要ない!)

>校庭の隅の木下で〜
(姓かと思った! 木の下、樹の下が適当! 『の』が連続するので工夫がいる!
 校庭を囲むように植えられた一本の樹の下、等で回避はできる!)

>しかし始めてあった時から〜
(変換ミス!)

>不届き千番なおこないだ。
(変換ミス!)

>面等向き合って
(変換ミス!)

>和歌子が選択は彼の思いとは裏腹に〜
(『が』は『の』がいいように思う!)

長大な手紙を読んでいる過程でメールの話が混ざっていた!
作者が混同しているように見えた!

全体的に作りが荒く、特に読点の少なさが目に付いた53点!(`・ω・´)

281 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 12:19:48.11
厳しいだろ

282 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 12:30:34.32
ここ何日かは甘すぎなくらいじゃないか?

283 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 12:37:38.01
>>282
どこが?
53点だぞ

284 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 12:45:59.10
妥当だろ

285 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 13:21:47.80
今なら俺の作品は80以上になりそうだな

286 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 14:30:40.90
なら書いてみろよ

287 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 15:37:26.67
>>269
文章が下手なのに73点なの?
おかしくね

288 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 17:31:01.69
高いとか低いとか知らんがな!(`・ω・´)


289 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 17:32:06.97
気にするな。
どうせどんぐりの背比べだ。

290 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 19:38:25.79
このスレの主は俺の才能に嫉妬しているようだな
暗喩を随所にちりばめたこの作品が53点とは片腹痛くてまさか盲腸炎になったのではあるまいかと錯覚してしまうほどである

てか、採点方法は加点方式なのかね減点方式なのかねよもや主の独断的主観方式じゃないだろうな!

291 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 19:46:35.78
シッシッ。
才能のない人はここに来ちゃダメだ。(´- `)

292 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 19:48:46.78
60以下に発言権はないよ

293 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:20:31.38
文章全体の印象は53点よりはややいいが、多すぎる誤字減点したら仕方が無い。自分で推敲しない姿勢もだめ。
まー作品の点数だからな。作者の点数じゃない。次は60↑目指しなされ
1を見ろ。「物語性のある読み物」が書けるんだから書けば書くほど上達するだろう。

294 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:28:23.34
才能?文才というやつかね君は60点以上だから才能あるとでも
思っているのなら筆を折るべきだ
いいかね誰か知らんが
ここでいう極めて怪しい採点方式が弾きだした60点70点が
世間でも同じく60点70点の出来でないのはいうまでもないが
まぁそこは一歩譲るとして世間でも同じくその作品は60点70点
あるいは80点だったとしてもだ大衆はそれを望んでないのだよ
つまり売れない!だからといって100点じゃなきゃいけないのかと
いうそうでもない。あまり良く思われていなかった作品が時代と共に
ライトを浴びることがなぜかある。よくある。逆に上手い巧いと
称賛されてきたはずの作品が面白くないというかダサイ
いや見るに耐えないと非難される状況下に置かれることもしばしばある。悲しいものだが
つまりよくわからんのだ世間というのは!
主張したいことというのはだな1点か100点を目指せということだ!
作家なら1点か100点を取れ!俺の名言だ!60点とか70点とか
80点とか90点とか作家として恥ずかしいと思え!
ちなみに主らしき人物がつけた 53点 非常に興味深い結果だ!主の
作者に対する嫉妬が浮き彫りになった証ともいえるね

295 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:36:38.07
日本語でおk

296 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:41:35.55
>>295
日本語でおkとは理路整然と書き連ねなお且つ読み手を意識した語り口が評価されたと取るぞよ
というのも酷い酷いと思えるがなぜか興味をそそられる文体及び物語の構成力。そこに文筆家としての使命を感じているからだ!

297 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:48:45.62
才能? 文才というやつかね?
君は60点以上だから才能あるとでも思っているのなら、筆を折るべきだ。
いいかね? 誰か知らんが、ここでいう極めて怪しい採点方式が弾きだした点数が、世間でも通用すると思っていたら恥知らずだ。
しかしまぁそこは目をつむるとしても、世間が何かしらの高い点数を望んでいると思っているとしたら、これは失笑ものだ。
(以下、解読不能)

298 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:54:30.41
>>297
(以下、読解不能)ってそこからが重要なのだぞ
100回読んでこいさらに高みに行きたくば!

299 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:56:12.72
>>294
じゃあ53点でいいやん
9行目にあまりよく思われていない作品でいいって書いてるよね。

あんたは自分が何を言ってるか、いまいち分かってないから、文章をコントロール出来ていない。
省みることも知らないみたいだし、ねじれ文を増産してればいい。

300 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:58:45.91
>>297
いいかねの後に?は要らなくね
煽るだけのスキルがないのに無理すんなよ

301 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:01:41.31
わかっちゃいない!一般人というか君は君というのはすぐ上の君だよ君!
もっと深読みすることによって作品の良し悪しの音色を聴くことができるのだよ君!

302 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:02:28.59
>>300
それがおまえの限界。

303 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:05:02.73
なんだ仲間割れか!

304 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:10:21.93
お前の深読みはしたくねえ

305 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:16:14.02
>>269
でも、これが73で53っておかしいですよね?

306 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:17:08.22
297の彼が彼流に私文を書き換えてくれたのだがその文は70点のできで決して悪くないものである
けれども私が意図したものとはややズレてる30%くらい

307 :太郎 ◆XvBrZLGRgt7c :2012/06/03(日) 21:24:39.93
294が274であり306であるのなら、応援したい。
次作をリクエストする!

更に、コテを名乗って欲しい。名前欄にこう書くんだ。 294(任意名称)#(任意の文字列7,8個)

例 太郎#vramigabr5 これで、このレスの名前欄のようになる。

ちなみにこのコテはもう使わない。

308 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:31:41.04
自分から逃げるな!

309 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:34:34.11
コテハンというルールくらい私のような田舎侍でも知っている
私で遊びのか叩きたいのかそれとも作家として一皮むけたいのかでその案に乗ってもよい
が、『応援したい』これが非常に胡散臭い
とも、ここの主は私芽を摘みにかかると思うなんとなくだが感じる

310 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:38:38.64
>>309
あんたが面白い。 そしてあんたの作品がよみたい。
>>274を書いたのはあんたなのかい?


311 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:50:57.90
短い話を何か書いてもよいが
コテはつけない
間違いなくここの主は私が私であると判断した瞬間、
51点とか49点とか25点というような低得点にするはずであろう
そこそこ書ける人間というのはそこそこ書ける人間に嫉妬の炎を燃やすのが常だからね
そこに来て圧倒的な筆力、豊富な経験と知識を兼ね備えた人間とあらば仲良く公平になんてありえない
やはりコテで作品は晒さない

312 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:52:37.43
>>274は75点はあるべきである

313 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:56:31.90
>>311
ふむ。それならそれでよかろう。だが君、
君は>>274なのかね? この質問に答えていない。
「そうだ」と匿名のまま言ったところで詮無きことだが。
おっと口調がうつってしまったようである。

314 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 22:05:01.28
75点じゃない自己採点で甘くつけたとしても
真摯に臨んでもいない
まぁ発想した直後、1分30秒ほどで書き上げたけどね
推敲などという行いをしたら読者の目が飛び出ちゃう

>>313
まぁ1分30秒ほどで書いたよゲームしながら仕事しながら宿題しながら
もちろん本来の地の文じゃない
私の文体は門外不出。命が宿っている

315 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 22:10:07.44
もういい、次いこう、次

316 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 22:11:33.34
ふむ了解。 結論を述べる。


   >>274の最後のレスは、現在、>>275である。

317 :文章能力値構成力日本ランク1位 ◆01xDlpb17Q :2012/06/03(日) 22:13:18.83
じゃ書いちゃおうかな
85点くらいのやつを

318 :文章能力値構成力日本ランク1位 ◆01xDlpb17Q :2012/06/03(日) 22:15:48.27
コテ付けたぞよ
作品の提出時はコテはつけないでよいか?
あとから私ですというのもお下劣な極めて愚劣な行為であるが仕方ない

319 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 22:22:53.93
どうでもええねん

320 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 22:27:45.30
クズやで、ほんま

321 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 22:52:40.89
>>316
それってあの「犯人しか知らない情報を知っている」ってやつ?

322 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 01:18:49.94
よく分からんが点数でグダグダ言ってたのは一人だけってことか

323 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 20:16:12.86
句点を付けろ!

324 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 22:21:06.34
ワイが消えた
点にグダグダ言うお前らに愛想が尽きたらしい

325 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 22:26:01.23
じゃあ、ワイさんが戻って来てくれるまで俺が適当に評価するよ。
don't hesitate and just come up~♪

326 :325:2012/06/05(火) 00:18:22.20
わかった…余計なことしない…


327 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/05(火) 00:32:34.13
>>279
ありがとうございました!
リアリティを頑張ってみます

328 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/05(火) 10:30:11.90
ワイさん以外の人にも―もっと言うと全員が、あーだこーだ言ってくれんかな。
どんな素人でも、書いた本人よりは、読者のほうがいろいろ見えるだろうし、なんでも遠慮せずに言ってくれんかな。
たぶん、殆どの人は、書き手の力量を見極めようと、文章に目を通している段階で、何らかの批評を持つはず。
にもかかわらず、作品を野ざらしにするのは、「敢えて批評するほどのものでもない」と思われてるのかもしれない。
でも、どうか、そう言わずに批評しておくれんかな?
分かってることがあるんなら、俺のような駄文書きにも手を差し伸べて欲しい。
特に、「どこがおかしい」「何が駄目」「此処はこうしたほうがいい」
と批評されて、「なるほどな」と思えた時は、心の底から感謝してる。
批評する人は神だと思う。
ちゅーことで、よろしく頼みます

329 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/05(火) 12:46:33.79
やだもんね!

330 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/05(火) 17:52:25.53
出来が両極端なものには何かしらのリアクションがある!
凡庸なものにはコメントが付きにくい傾向にある! 

悔しい気持ちは作品に込めればよい!(`・ω・´)

331 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 01:00:25.45
そんなことより早くちゃんとしたワイ杯をやるべき
前回みたいなのじゃ納得いかん

332 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/06(水) 07:02:28.86
ワイスレ杯の告知は水曜日!
奇しくも今日が、その日に当たる!

さて、どうしたものか!(`・ω・´)

333 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 08:09:14.02
一風変わったお題に期待

334 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 08:12:10.09
待ってました

335 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/06(水) 08:18:09.47
では、今日の晩に!(`・ω・´)ノシ

336 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 08:22:27.60
お。

337 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/06(水) 17:53:00.82
第十三回ワイスレ杯のルール!
名無しの書き込みを必須とする!(名乗った場合は通常の評価に移行する!)
設定を活かした内容で一レスに収める!(目安は千文字程度、三十二行前後!) 一人による複数投稿も可!
通常の評価と区別する為に名前欄、もしくは本文に『第十三回ワイスレ杯参加作品』と明記する!
ワイが参加作品と書き込む前に作者が作品を修正する行為は認める!

今回の設定!
山々に囲まれた山村が舞台! 未舗装の道がある! バス停はあるが朝晩の数本のみ! 段々畑ではカエルが盛んに鳴いている!
そのような風光明媚な場所に二人の若い男女が暮らしていた! お互いに事情を胸に抱え、相手に打ち明ける機会を窺っていた!
二人は、どのような結末を迎えるのか! 自然が謳歌する季節に相応しい物語を求む!

応募期間!
今から土曜日の日付が変わるまで! 上位の発表は投稿数に合わせて考える!
日曜日の夕方に全作の寸評をスレッドにて公開! 同日の午後八時頃に順位の発表を行う!

田舎住まいのワイならでは!(`・ω・´)

338 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 17:53:43.48
(´・ω・`)田舎者め

339 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 17:57:26.10
どこが風光明媚なのかと……

340 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 18:09:31.59
なに!
本名を名乗ったらダメなのか!?

341 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 18:10:31.45
たまにはもっとぶっ飛んだお題のも読んでみたいなー

342 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 18:14:55.16
お〜い、田中ぁ
こんなとこで何やってんだぁ?

343 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 18:15:34.98
このお題でぶっとんだ内実を備えたものを書いてこそ

344 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/06(水) 20:21:57.72
川沿いの周囲に生えわたる樹が夕陽の薄明かりから次第に身を外して行った。
住家のしっくい壁に映っているもろそうで繊細な枝々の影が物凄く
なやましげに見えて来た。段々畑で蛙が鳴く。東に月は見えつつあった。
空は朽葉の色に染まって来ており、南の山上では薄紅から梔子にいたる
さまざまな色の棚雲が上下に重なっていた。
東の山に続く砂利道にあるバス停で、藍川高男は朝晩しかやって来ない
バスを待っていた。男は離婚を決意していた。昨晩に妻の門田杉子の
日記をこっそり読んだのだ。二人は大学を出て結婚したばかりの夫婦だった。
男は事実を知ってしまった。弁護士に相談に行こうとする所だった。

俺はお前を赦さねえ。夫にはいずれ話そうと思うだと。何が出家するだ。
何が銀河キリスト教だ。単に司祭の男とSEXをしたいだけだろう。
快楽を貪りたいだけだろう、俺には分かるんだ。お前は犬だ。いやそんな
高等なもんじゃねえ。樹に集る毛虫だ。アメリカシロヒトリだ。
害虫なんぞ踏み潰してやるだけだ。頭と胴体は千切ってくれるわ。いや生き物
じゃねえ。魂もねえんだ。車の下敷きになる石だ。燃え尽きる事の出来なかった
溶岩の出来損ないめが。小便かけたる。でも本当はつちの上に落ちてる資格
もねえんだ。川で流されて行き海の底に沈んでしまえ。

南の山上棚雲の薄紅から梔子にいたるさまざまな色がくすんで行き、濃い葡萄染め
の色に変わろうとしていた。
藍川高男は梢の風音を聞きながらバスを待つ。
舞い落ちて来た樹の落ち葉を右手で掴んだ。




345 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 20:37:56.40
いかん。明日から三日山籠りだw
そろそろコテ奪還したいんだけど。

346 :第十三回ワイスレ杯参加作品(:2012/06/06(水) 21:03:44.29
川沿いの周囲に生えわたる樹が夕陽の薄明かりから次第に身を外して行った。
住家のしっくい壁に映っているもろそうで繊細な枝々の影が物凄く
なやましげに見えて来た。段々畑で蛙が鳴く。東に月は見えつつあった。
空は朽葉の色に染まって来ており、南の山上では薄紅から梔子にいたる
さまざまな色の棚雲が上下に重なっていた。
東の山に続く砂利道にあるバス停で、藍川高男は朝晩しかやって来ない
バスを待っていた。男は離婚を決意していた。昨晩に妻の杉子の
日記をこっそり読んだのだ。二人は大学を出て結婚したばかりの夫婦だった。
男は事実を知ってしまった。弁護士に相談に行こうとする所だった。

俺はお前を赦さねえ。夫にはいずれ話そうと思うだと。何が出家するだ。
何が銀河キリスト教だ。単に司祭の男とSEXをしたいだけだろう。
快楽を貪りたいだけだろう、俺には分かるんだ。お前は犬だ。いやそんな
高等なもんじゃねえ。樹に集る毛虫だ。アメリカシロヒトリだ。
害虫なんぞ踏み潰してやるだけだ。頭と胴体は千切ってくれるわ。いや生き物
じゃねえ。魂もねえんだ。車の下敷きになる石だ。燃え尽きる事の出来なかった
溶岩の出来損ないめが。小便かけたる。でも本当はつちの上に落ちてる資格
もねえんだ。川で流されて行き海の底に沈んでしまえ。

南の山上棚雲の薄紅から梔子にいたるさまざまな色がくすんで行き、濃い葡萄染め
の色に変わろうとしていた。
藍川高男は梢の風音を聞きながらバスを待つ。
舞い落ちて来た樹の落ち葉を右手で掴んだ。

347 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 21:06:37.35
すみません
>>344は訂正して>>346でお願い致します。


348 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/06(水) 21:21:07.63
第十三回ワイスレ杯参加作品

>>346

認める!(`・ω・´)

349 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/06(水) 23:57:29.25
 僕の家のすぐ近くに、村でただひとつのバス停があった。朝と夕に一本ずつ、町と村をつなぐ便があった。
夏休みの朝で、僕は幼馴染の真希ちゃんとバスを待っていた。乾いた通りは風が吹くと砂埃があがって、
その度に真希ちゃんは苦しそうに咳をした。通りの向こうは水田が朝日をきらきらと跳ね返しながら、緑の絨毯を広げていた。
「真希ちゃん、あづぐねえが?」きつい東北なまりで僕は訊いた。
「うん」白い鍔広の帽子を被った彼女は小さく頷いて、精一杯の元気を振り絞るように、笑顔を見せた。
 あの頃、僕たちはまだ11歳だった。真希ちゃんは体が弱かったせいで、月に1回、町の病院に通っていた。
お母さんをもっと小さかった頃に亡くしていて、お父さんが田んぼ仕事で忙しい時期には、いつの頃からか、僕が彼女の見送りをするようになっていた。
「…君……」彼女がなにか呟いたけれど、盛大に鳴り渡る蛙の鳴き声のせいで、僕は聞きそびれてしまった。
「え?」真希ちゃんの方を見ると、彼女は目に涙を一杯にためて、通りを見据えたまま、びっくりするくらい語気を強めて言った。
「刈入れが終れば、この村ぁダムの底さ沈んでしまうべ?おらたち、別の町さ越した後も、こうやって一緒にいられるべか?」
彼女の問いは唐突で、強烈で、僕は言葉に詰まった。少しの後、僕は思い切って言った。
「あ、会えるよぉ。おれ、住むとこがちょっとぐらい離れたって、おめえに会いに行ぐがら!」
「約束?」彼女が僕を見た。
「約束すっから。お、おれ…おめえのこと…」
 そこまで言って、後が続かなかった。どうしようもなくて水田の先に連なる山並みに視線を向けた。真希ちゃんが、僕の手を握った。
そこにバスがやって来て、彼女を連れて行ってしまった。走り去るバスを見送りながら、僕は続けられなかった言葉を呟いた。

 秋が過ぎて村がダムに沈み、移り住んだ町の暮らしになじみかけた春の初めに、真希ちゃんが亡くなったと知らされた。
葬式の場で、あの日そのまま入院する事になった後、忙しさに見舞いの機会も作れなかったと、彼女の父は子供の僕に詫びた。
 あの日から15年が経って、また夏が来る。僕は更に都会に移り住み、訛も消えて結婚もした。
でも僕は忘れていない、彼女のことを。今年もお墓参りに行こうと思う。それは真希ちゃんとの約束なのだから。

350 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/07(木) 00:12:09.65
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346
>>349

一騎打ち!(`・ω・´)

351 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 06:57:35.96
>>343
このお題では内容でぶっ飛べない。
純文にしかならない。
書けないよー

352 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 08:12:25.81
>そのような風光明媚な場所に二人の若い男女が暮らしていた! お互いに事情を胸に抱え、相手に打ち明ける機会を窺っていた!
二人は、どのような結末を迎えるのか!

何か物語の筋がある程度決められてるって感じだね。
オリジナリティーを競う形にはならないね。
みんな似たような話になってしまいそう。 

353 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/07(木) 09:15:01.65
男女は若いだけで特に限定されてないし
男がホモォで女がレズゥの可能性があったり
野生動物とか出せたり出さなかったり
ロボット工学を学んだ二人がなんかそれっぽいの出してきたり
なんかしらんがバトル展開に強引に持っていったり
まあ、そんなことをしてなんかすればどうにかなるんじゃないのかなぁ。

まあ、そんな感じで!(`・ω・´)

354 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 09:26:32.62
キャラはどうした

355 :奥様@金麦糖質70%OFF ◆y4AC1LxwSz1k :2012/06/07(木) 09:31:43.43
>>353
ワイさんの素顔いただきました(^人^)

356 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 10:21:27.87
>>353
若さのさじ加減はどんな塩梅なんでしょか。
三十代は若くない?「老人」でなければ若い?

357 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/07(木) 11:04:21.66
>>356
『第三者の目』を介して語る方法がある!
以前に秋吉君が使っていた!

ヒントはここまで!(`・ω・´)

358 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 11:27:50.89
「若い男女」であると作中で定義付けられてれば、
いわゆる一般的な「若者」でなくて良いと解釈したですよ。
どもでした。

359 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/07(木) 11:33:13.66
朝靄の中、鬱蒼と茂る草木の向こうから風を切る音が聞こえた。反射的に後方へ宙返りを始めた瞬間、
手裏剣が目の前をかすめ飛んで行った。私は着地しながら、懐に仕込んだ短刀を数本取り出し、音の出所へ投げつけた。
刃が緑の壁に消え、短い呻き声が聞こえた。私と同じ装束に身を包んだ男が、
短刀をいくつも胸に突き立てたままよろよろと現れ、うつろな目で私を見ると、そのまま倒れて動かなくなった。
「さすがだ、楓」聞き慣れた声と共に、背後に二人の男が現れた。私は振り向き、声の主で羽織姿の男と、醜悪な巨漢の男を見つめた。羽織姿の男が言った。
「お前は全ての追手を倒した。残るはわしと岩寧だけだ」
「お頭…。覚悟」私はやっとそれだけ言ったが、その言葉はまるで自分に向かって言ったものの様に思えた。

私の生まれた忍びの村は、山々に囲まれた深い谷間にひっそりとあった。掟と運命に縛られる忍びの生き方が、私は嫌いだった。
そして忍び衆の頭領でもある父が、許嫁だという男を家に連れてきた。19の私は、私の意思に関わらず嫁がなくてはいけないのだそうだ。
数百年にも及ぶ、その忍びの定めに従って選ばれたという男、岩寧は嫌な匂いがして、私を舐めるように見た。
私は思わず顔を背けた。視線の先の簾の下で、朝顔がきれいに花を咲かせていた。私は村を出ようと決めた。掟によって追われ、殺められたとしても、その方が良かった。
月明かりを頼りに村を抜け出し、夜通し走り、幾人もの追手を退けた。いくつもの山を越え、最後の森を抜けて棚田に出た所だった。
私は私の運命の男たちと向き合った。鳴り渡る蛙の声が、私の罪を咎めているように聞こえた。男たちの向こうに、
砂まみれの道が通り、バス停が立っているのが見えた。あれが忍びと人との境界だった。私は剣を抜いた。疲れきっていて、勝てる見込み等まるでないのは分かっていた。辺りから音が消えた。

岩寧が私の背丈程もある大剣を抜き、一歩前に踏み出す。私が思わず後退った時、岩寧は突然目を見開いた。首が回りながらゆるりとすべり落ちた。
「行け、楓」倒れた岩寧を足下に、頭領が静かに言った。
「でも、お…、父さんが…」私は父の運命を悟った。言葉などなかった。
「さあ、行け!」語気の強さに私は思わず走り出した。バス停に辿り着き、振り向くと、ぐらりと棚田に倒れ込む頭領の姿が見えた。

360 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/07(木) 11:37:44.36
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346
>>349
>>359

どのようなお題でも個性は表現できる!(`・ω・´)

361 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 11:46:29.27
>>353
わかった、頑張ってストーリーをひねり出そう。


362 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 12:14:46.68
てか、文学ってストーリーなのか?
表現の面白さ斬新さを競うもんじゃね?
考え方違うんじゃね。

363 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 12:23:51.36
じゃねじゃね?

364 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 12:24:57.01
ジャネー(´・ω・`)

365 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 12:29:33.08
ワイさんvsじゃねじゃね?

366 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/07(木) 12:47:42.67
内容の面白さを希求する者がいる!
斬新を只管に追及する者がいる!
落ちに全てを託す者がいる!
他者を圧倒する筆力に執着する者がいる!
それらの知力を尽くした戦いの中で順位は決まる!

今日のお昼はカツカレー!(`・ω・´)ノシ

367 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 17:47:28.67
いつごろにワイハイやるん?

368 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 17:51:44.91
>>367
どんなボケだ
>>337


369 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/07(木) 18:59:03.78
第十三回ワイスレ杯のルール!
名無しの書き込みを必須とする!(名乗った場合は通常の評価に移行する!)
設定を活かした内容で一レスに収める!(目安は千文字程度、三十二行前後!) 一人による複数投稿も可!
通常の評価と区別する為に名前欄、もしくは本文に『第十三回ワイスレ杯参加作品』と明記する!
ワイが参加作品と書き込む前に作者が作品を修正する行為は認める!

今回の設定!
山々に囲まれた山村が舞台! 未舗装の道がある! バス停はあるが朝晩の数本のみ! 段々畑ではカエルが盛んに鳴いている!
そのような風光明媚な場所に二人の若い男女が暮らしていた! お互いに事情を胸に抱え、相手に打ち明ける機会を窺っていた!
二人は、どのような結末を迎えるのか! 自然が謳歌する季節に相応しい物語を求む!

応募期間!
今から土曜日の日付が変わるまで! 上位の発表は投稿数に合わせて考える!
日曜日の夕方に全作の寸評をスレッドにて公開! 同日の午後八時頃に順位の発表を行う!

再度の告知!(`・ω・´)

370 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 19:12:32.80
互いに事情を抱え、打ち明ける機会〜ってO.ヘンリーっぽいな。
気をつけねば

371 :ワイ杯:2012/06/07(木) 19:19:50.81
「新しいボランティアさん?よう来なさったね」
 そう言うと、探るように手を伸ばして、私の手を捕まえる。
 一定の手応えを感じて私の顔には、にやにやと笑みがこみ上げた。
「分かった。おばあちゃん、何歳」
 エナメルのブーツを脱ぎながら、年寄りでも聞こえるように、抑揚をつけて聞く。
「九十歳よ」
「九十、見えないね〜」
 一見元気そうだけど、ぽっくり逝くタイプだわ。あとは貯金があるかどうか。
 こんな糞田舎で働くんだから、それなりの報酬がないと。
 玄関の板張りに腰掛け、ブーツの角を土壁にぶつけて、中のゴミをだすと、家に上り、ババアの手を持って、中に連れて行く。
「おばあちゃん、いこうか、お茶入れるよ」
 頭の中には「短期決戦」という言葉が巡っていた。

 その家には、すでにあいつがいて私は驚いた。
 あいつというのは、私と同じボランティアで、口のきけない二十歳くらいの若者だ。
 あいつはてきぱき動いてババアに献身的に尽くす。ジャニーズの錦戸君に似ている、Tシャツの下の引き締まった体といい、なかなかのイケ面だ。ただシャイなのか私とは目も合わせない。
 特に害はなさそうだが、ババアが懐きでもしたら大変だ。しばらくの間は、夜の楽しみとしていてもらってもいいが、頃合がきたら、やめさせよう。
 その日の夜、私はワクワクしながら部屋の襖を開けたが、あいつは布団から出て、どこか外へ行ってしまい、朝まで帰ってこなかった。

 朝、冷蔵庫の麦茶をラッパ飲みしていると、あいつが帰って来て、突然紙にマジックで何かを書きだした。
「汚ねえだろうが、ボケ!」
 私は驚いて麦茶の入れ物を落としそうになる。
「出てってくれ」
「出てけったって、あんたの家やないでしょ、あんたが出て行けば」
 少年はキューキューと音をさせながら何かを殴り書きしている。
「うるせえ!ここは俺の家だ、表の標識を見ろ」
 募集の欄にあった名前と、標識の名前は一致していたし、ここが少年の家であるわけがない。
「は?何言ってるの?ここは奈並さんの家でしょ?あんたはただのボランティアでしょ、さっさと辞めなさいよ」
「奈並は俺だ!!言っておくが、あのおばあさんがボランティアだ!」
 紙に書かれた、それを見た時、わたしの膝から崩れ落ちた。

372 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/07(木) 19:26:20.81
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346
>>349
>>359
>>371

なんだって!(・`ω・´)

373 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 19:56:48.79
ああ、いろいろやっちゃってる↓↓
けどまあ、やっと参加できたことだし、いいか

374 :かめ ◆1q5xukD1QY :2012/06/07(木) 20:21:15.98
>>353
なんか僕の素の文に似てて意外!


375 :ワイスレ杯:2012/06/08(金) 05:55:07.21
 私はアマガエルだ。つい先日婚約したばかりのアマガエルだ。できちゃった結婚と云われる形態では
あるが、無論、誰よりも妻を愛している。断じて男として責任を取ったからではない。
 ところで、私らは里山の麓に広がる段々畑のそばで、ひっそりと流れる小川で生活していた。辺りには
同族の多くが住処にしていて、梅雨に季節が訪れると大地を揺るがす大合唱を行う。よって今日も、
梅雨の到来に備えて妊娠中の妻と紫陽花の葉の上で歌の練習をしていた。
 夕暮れ迫る頃、紫陽花の花が紫色からうすい赤へと徐々に変化していく。小川のほとりの砂利道に
バスが止まった。ここがバス停なのは、私ら夫婦は知っていたが、バスが止まる場面に遭遇することは稀だ。
妻も私も人間の気配を感じた。葉の上で息を潜めて観察する。バスから降りてきた人間は男と女のようだ。

「翔太の地元ってど田舎だね」降車早々にそう言い放った女は、異常なほどに肌を露出した服装をしている。
香水の匂いが鼻に着いた。
「まぁな」そう同意の一言を発した男の表情は、何処か暗い。
「空気おいしいね」女は能天気で知性の欠片すら見当たらないが、とにかく笑顔だ。
「お前さ。その恰好、派手過ぎだぞ! 母ちゃん驚くよ……」男の落胆の表情がみえた。
「ここで着替えろとかいうわけ!」女は豹変した。
「ああわかった。もういいよ面倒くさい……」男は呆れている。
「セックスしよ!」女はまたしても笑顔になった。カメレオンのような豹変ぶりだ。
「アホか!」男は怒る。
「じゃキスして」女は男に抱きついて催促する。
「やめろバカ」
「なんでいいじゃん。人いないし」
「おい!」「きゃ!」
「あぁぁぁぁぁ!」
男と女は縺れ合いながら、美しく、いや醜く、小川に転げ落ちていった。

妻はゲラゲラと笑い、私も笑いが止まらずゲラゲラと、いやゲロゲロと、そして日は暮れた。

376 :ワイスレ杯 こちらで:2012/06/08(金) 06:01:32.24
 私はアマガエルだ。つい先日婚約したばかりのアマガエルだ。できちゃった結婚と云われる形態では
あるが、無論、誰よりも妻を愛している。断じて男として責任を取ったからではない。
 ところで、私らは里山の麓に広がる段々畑のそばで、ひっそりと流れる小川で生活していた。辺りには
同族の多くが住処にしていて、梅雨の季節が訪れると大地を揺るがすような大合唱を行う。よって今日も、
梅雨の到来に備えて妊娠中の妻と紫陽花の葉の上で歌の練習をしていた。
 夕暮れ迫る頃、紫陽花の花が紫色からうすい赤へと徐々に変化していく。小川のほとりの砂利道に
バスが止まった。ここがバス停なのは、私ら夫婦は知っていたが、バスが止まる場面に遭遇することは稀だ。
妻も私も人間の気配を感じた。葉の上で息を潜めて観察する。バスから降りてきた人間は男と女のようだ。

「翔太の地元ってど田舎だね」降車早々にそう言い放った女は、異常なほどに肌を露出した服装をしている。
香水の匂いが鼻についた。
「まぁな」そう同意の一言を発した男の表情は、何処か暗い。
「空気おいしいね」女は能天気で知性の欠片すら見当たらないが、とにかく笑顔だ。
「お前さ。その恰好、派手過ぎだぞ! 母ちゃん驚くよ……」男の落胆の表情がみえた。
「ここで着替えろとかいうわけ!」女は豹変した。
「ああわかった。もういいよ面倒くさい……」男は呆れている。
「セックスしよ!」女はまたしても笑顔になった。カメレオンのような豹変ぶりだ。
「アホか!」男は怒る。
「じゃキスして」女は男に抱きついて催促する。
「やめろバカ」
「なんでいいじゃん。人いないし」
「おい!」「きゃ!」
「あぁぁぁぁぁ!」
男と女は縺れ合いながら、美しく、いや醜く、小川に転げ落ちていった。

妻はゲラゲラと笑い、私も笑いが止まらずゲラゲラと、いやゲロゲロと、そして日は暮れた。

377 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 06:22:49.53
>>376
ハハハ、良く出来た。
みんなに言っとくが、>>376の自演じゃないよ。疑わないでね。

378 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/08(金) 06:50:08.81
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346
>>349
>>359
>>371
>>376

微笑ましい!(`・ω・´)

379 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 06:58:51.24
自演はええな
やるなら日曜にしろよ

380 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 06:59:28.87
>>376
いい!けど微妙にお題に沿ってない気もするw

381 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 07:25:36.28
>>379
だからー、>>376>>377は別人


382 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 07:31:57.50
>>380
どこが?
女は男とやりたいに事情を胸に抱え、相手に打ち明ける機会を窺っていたじゃん。
自然が謳歌する季節に相応しい物語じゃん。
俺は>>377だけどね。



383 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 07:45:22.91
>>382
いやーそれだと男女暮らしてないじゃん?
カエルが男女っていう見方ができるけど、そしたらお互いの事情云々が微妙ってとられるかなって。カエルの夫婦に事情があることを予感させないこともないけど、お題知ってるからそう感じるような気もする
でも皮肉がきいてていいと思った。敢えて言うなら最後の「いや醜く」は無いほうが俺は好きかな

384 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 08:00:41.85
>>383
ま、ワイさんがカエルを使った比喩をどう読むかだ。
当たり前に読めば君の仰せの通りかも知れない。



385 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 09:15:36.06
でもすごくいいよね。お題ありきな感じはするけど、楽しかったよ。

386 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/08(金) 12:55:49.96
 隆はバスを降りると、砂利道をざくざく足で鳴らしながら我が家に向かった。背後で熱いディーゼルの轟音が砂埃を巻き上げ、この路線の最終バスが出発する。周りは一面の田んぼで、ゲコゲコと蛙の合唱が隙間なく埋め尽くしている。
「あれから一年か……」
 隆はふっと笑い、ポケットの中に右手を入れた。今日は仕事帰りに一大決心の買い物をした。「男として、ケジメつけなきゃな」心の中で呟くと、隆は笑顔で玄関の戸を開けた。
「ただいま!」
 「お帰りなさい」と柔らかい声がして、同居女性のミドリが顔を出した。
「ミドリ、ちょっと大切な話があるんだ、来てくれる?」
 隆が居間に入って呼ぶので、ミドリは不思議そうに居間に入り、隆の前で正座した。隆は多少緊張した面持ちでミドリを見つめていたが、興奮気味に話し出した。
「ミドリ、君とそこのあぜ道で出会って一年だね。君は自分のことを殆ど語らなかった。何故こんな田舎を彷徨っていたのかも。警察にも行きたがらないし、俺も途方に暮れた。でも、大人しくて優しい君と一緒に過ごして、俺は今こう思ってる」
 そこで深呼吸をして、隆は語気を強めた。
「ずっと一緒に……こんな俺だけど、いてほしい。……結婚してくれ!」
 隆が頭を垂れ後ろ手にしていた右手をミドリの前に突き出すと、指輪の箱を目にしたミドリは両手で顔を覆って肩を震わせた。「うれしい……私、ずっとその言葉を待ってたの」
 そう言うと、ミドリは涙を流しながらにっこり笑った。
「だって、私、ずっとなきたかったんだもの」
「え? 泣きたかった? どうして」
 隆が驚いてミドリの顔を覗き込むと、不思議なことにミドリは少しずつ小さくなっているように見えた。
「ううん、鳴きたかったの。人に愛を告白してもらわないと、解けない呪いだったんだもん……」
「み、ミドリ! 何を言ってるんだ!?」
 今やミドリはどんどん小さくなり、隆が肩を抱こうとした瞬間、隆の両手の上で一匹のアマガエルが乗っていた。
 ゲロゲロ!
 そう叫ぶと、もはやミドリではない一匹の緑色の蛙は縁側からぴょーんと下の田んぼに飛び込んだ。
「ミドリ!」
 絶叫する隆の声が、蛙の合唱の中で響いた。もうどの鳴き声がミドリのものだか、隆には分からなかった。

387 :【修正版】第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/08(金) 13:06:04.14
隆はバスを降りると、砂利道をざくざく足で鳴らしながら我が家に向かった。背後で熱いディーゼルの轟音が砂埃を巻き上げ、この路線の最終バスが出発する。周りは一面の田んぼで、ゲコゲコと蛙の合唱が隙間なく埋め尽くしている。
「あれから一年か……」
隆はふっと笑い、ポケットの中に右手を入れた。今日は仕事帰りに一大決心の買い物をした。「男として、ケジメつけなきゃな」心の中で呟くと、隆は笑顔で玄関の戸を開けた。
「ただいま!」
「お帰りなさい」と柔らかい声がして、同居女性のミドリが顔を出した。
「ミドリ、ちょっと大切な話があるんだ、来てくれる?」
隆が居間に入って呼ぶので、ミドリは不思議そうに居間に入り、隆の前で正座した。隆は多少緊張した面持ちでミドリを見つめていたが、興奮気味に話し出した。
「ミドリ、君とそこのあぜ道で出会って一年だね。君は自分のことを殆ど語らなかった。何故こんな田舎を彷徨っていたのかも。警察にも行きたがらないし、俺も途方に暮れた。でも、大人しくて優しい君と一緒に過ごして、俺は今こう思ってる」
そこで深呼吸をして、隆は語気を強めた。
「ずっと一緒に……こんな俺だけど、いてほしい。……結婚してくれ!」
隆が頭を垂れ後ろ手にしていた右手をミドリの前に突き出すと、指輪の箱を目にしたミドリは両手で顔を覆って肩を震わせた。「うれしい……私、ずっとその言葉を待ってたの」
そう言うと、ミドリは涙を流しながらにっこり笑った。
「だって、私、ずっとなきたかったんだもの」
「え? 泣きたかった? どうして」
隆が驚いてミドリの顔を覗き込むと、不思議なことにミドリは少しずつ小さくなっているように見えた。
「ううん、鳴きたかったの。人に愛を告白してもらわないと、解けない呪いだったんだもん……」
「み、ミドリ! 何を言ってるんだ!?」
今やミドリはどんどん小さくなり、隆が肩を抱こうとした瞬間、隆の両手の上に一匹のアマガエルが乗っていた。
ゲロゲロ!
そう叫ぶと、もはやミドリではない一匹の緑色の蛙は縁側からぴょーんと下の田んぼに飛び込んだ。
「ミドリ!」
絶叫する隆の声が、蛙の合唱の中で響いた。もうどの鳴き声がミドリのものだか、隆には分からなかった。

388 :【修正版】第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/08(金) 13:08:58.11
ダメだ、やっぱり>>386でいいです、すみません
再投下したら文の前のスペースが入れられない。。。

389 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/08(金) 13:32:53.00
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346
>>349
>>359
>>371
>>376
>>386

頑張りは認める!(`・ω・´)

390 :ワイスレ杯:2012/06/08(金) 15:13:14.87
 退役してから40年。現在100歳を迎えた老人は岐阜県の関ヶ原で余生を送っていた。
 老人の風貌は乱雑に乱れた白髪と鬱蒼と伸びた顎鬚、無数のしわと数か所の傷痕が歴戦のつわもので
あったと証明していた。事実、老人はかつて宇宙軍の白兵ロボットのエースパイロットだった。
 当時、銀河の覇権をめぐる戦いは血みどろであり、地球人同士の戦いは熾烈を極めていた。当初は艦隊
戦が主流で遠距離攻撃の精度というのが勝敗を大きく左右していたが、近接戦闘を得意とする二足歩行ロ
ボットの登場により、戦の定跡は一変した。
 各国軍部はこぞって軍事ロボットの研究に力を注いだ。すぐにそれは成果として現れ、いつしかパイロットあ
りきの有人ロボットからパイロット不要の遠隔操作で自律行動する無人ロボットへと時代は変化した。今や常
識である。
 晩年は里山の麓で作物を育てる生活を望んだ。破壊行為では何も生まれないと軍隊時代に悟ったのだ。
作物を育てたいという老人の願いは、破壊行為の首謀者であれど許されよう。

 夜空では星が煌めき、田畑ではカエルが歌う。老人は星空を見上げている。いつしか若き日の妻の面影が
星座に現れた。あたかも老人に語りかけるように――。
 若い男女はこの場所で余生を共に生きようと誓った。かつて戦国時代に合戦のあった場所だ。
 寂れた町の舗装もされていないあぜ道にバスが止まった。降車する幸せそうな若い男女。
「余生は仲良く農家でもしましょうね。あなた」女は若きパイロットにそういった。
「そんな遠い話するなよ。鬼が笑うよ。僕は戦果をあげたい。必ずや宇宙の覇権を――」若きパイロットは
決意あらわにした。

 星座に浮かぶ妻が消えてゆく――。
「今年は何を育てましょうか。あなた」老人の傍らで介護ロボットが尋ねる。
「君は何を植えたい?」老人は優しく微笑んで訊き返した。

391 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 15:19:10.74
待ってました!

392 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/08(金) 16:28:43.04
「全日本水力」
「知らねえ」
「新手の詐欺だろ」
「待て待て、一流企業に決まってんだろ」
「どうだか、地下で手押しの発電機回す仕事かもよ」
「そりゃ人力発電だろ」
丸めたプリントでポカンとやると、屈託のない笑いが場を包む。俺を送るバス停にいつもの面子がいる。
「さらば友、盆には帰る。泣くんじゃない」
皆、死んだ魚のような目を決め込む。どんな時も、振りとボケ、鉄の掟を忘れない友たち。
バスの揺れは激しさを増しながら、隣の隣の県、何町という、田舎にたどり着いた。
「リアルに鬱蒼だ」
穴の開いた葉っぱに目玉を当てる。
「木の精さん、いるの?あ、気のせいか…」
沈黙と、鳥の声が混ざった、超自然の空気に飲み込まれそうになる。
「あなただーれ」「ドードーロー…」
その時、バス停を囲むブロック塀から笑い声がした。
「こんにちは、メイちゃん」
現れたのは、麦藁帽の女子だった。
「チェーン、外れちゃって」
運命の火花が散った。南アルプスの天然水だ。
「ちょい見せて。俺は自転車の全てを知る男だから、あ、汁男じゃないよ」
「?」
「すぐ直るよ」
木の枝で、チェーンをかけ直す。彼女はペダルを回して確認すると、にっこり微笑んだ。俺は、あらかじめ刷っておいた、名刺を手渡した。
「全日水?」
「知ってる?」
「さようなら」
彼女は俺に名刺をつき返し、自転車と共に去っていく。何?
後日、俺は「ダム予定地」の看板を持って、村の水源の前で、デモ隊と睨み合っていた。でかい石が看板に当たり、見るとあのこが俺をめがけて一心不乱に石を投げていた。
そうなのォーー!!

393 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/08(金) 18:57:27.92
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346
>>349
>>359
>>371
>>376
>>386
>>390
>>392

締め切り迫る!(`・ω・´)

394 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 19:00:43.64
>>390
又ロボットかよ

395 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 19:01:28.72
締め切りって明日だよね?6月9日の23:59:59まで

396 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/08(金) 19:06:53.28
その通り!(`・ω・´)

397 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 19:08:34.81
ありがとん

398 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 20:07:06.60
ロボット好きですね

399 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/08(金) 21:39:33.25
 イチゴの季節は終わった。
 今年は農協に出荷した割り当てよりもイチゴ狩りの方でよく稼いだ。どこから嗅ぎつけるのか観光客というのはこんな山の中にもキャアキャアやってくるので、バス停近くの鉄男のビニールハウスはよく繁盛した。
 役目を終えたハウスの解体に手をつけていると、幼なじみの利恵が応援にやってきた。
「てっちゃん、今年は忙しかったね」
 利恵は挨拶もそこそこに手際よく支柱の留め金を外していく。もう慣れたものだ。不作の年も、大豊作で値崩れした年も、毎年利恵は手伝いに来た。
「知ってる? あそこの段々畑にテレビが来たの。大真面目に何枚あるか数えてたよ」
 何か騒がしい日があったのは覚えているが、テレビ局の取材だったとは知らなかった。狭いだけの畑をわざわざ見物にくる都会人は不思議だと鉄男は思った。
 利恵のお喋りは鉄男が返事をしなくてもどんどん続く。いつもそうだから煩わしいとも思わなかった。ラジオ代わりに聞き流している。
「この前、新街道通ったんだけどアスファルト真っ黒できれいだったよ。てっちゃんはもう通った?」
 ここのでこぼこ道とは大違いだよ。くすくすと利恵は笑う。甘い匂いのする笑顔だった。果実が熟れる間際のような。
 日に焼けた化粧っ気の無い利恵の顔はこの先、子を産み育て野良仕事を続け、いつかは村のばあちゃんたちのようになるのだろう。そして鉄男自身も禿げ上がったクソ爺になるのだ。この村で共に。
 一緒に支柱を引き抜いてゆっくりと地面に寝かせたときふと思った。
「お前、嫁にくるか」
 何年先でも利恵とこうしている行く末が見えた。同じ空気を吸って同じ水を飲んで、同じ土へ返る女だ。
 利恵は急にあたふたとし始め、やだもうこんな泥だらけなのにもっと別なときにちゃんと聞きたかったのにと早口でたくさん喋ったが、嫌だとも断るとも言わなかった。
 鉄男は泥だらけの手で利恵を抱き寄せた。
「親父さんには田んぼが始まる前に挨拶に行く」
 小さな泥だらけの手が躊躇いがちに鉄男のシャツを掴んだ。ありがとう、と掠れた声が聞こえた。
 今年稼いだ金でスーツを買おう。それを着てしゃっちょこばって頭を下げよう。滑稽だが利恵のためならそれくらいできる。
 夕方便のバスが茶化すようにクラクションを鳴らし、土埃をたてて通り過ぎていった。

400 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 21:50:59.94
書けない。
どう書けばいいのか、浮かばん。

401 :十三回ワイスレ杯参加作品 :2012/06/08(金) 21:53:14.36
ぽちゃん、といい音がして、釣り糸が水面に垂れると、澄んだ川の流れに蛍光色の浮きが、すっと立ち上がった。
おじさんは釣竿を置くと、バッグから銀紙の塊をいくつか取り出して、わたしにひとつ放ってよこした。
開くとそれは塩おにぎりだった。おじさんは大きな口を開けて、さっそくおにぎりをほうばっている。
目尻に皺が寄ってすごく嬉しそうだ。なんだかわたしもお腹がすいてきて、真っ白なおにぎりにかぶりついた。

昨日、わたしが川べりで、鮮やかな花をつけたしゃくなげの絵を描いていると―わたしは絵を描くのが好き。それぐらいしかやることがない、というのも本当―
おじさんが現れて、何を描いているのと訊いた。品のいい、優しそうなお年寄りで、すごく疲れているように見えた。
怪しいとかそういう感じはなくて、逆にすごく話しやすい人だった。
いつの間にか私は、朝夕に1便だけのバスに乗って町の中学に通ってることとか、この村は退屈だから嫌い、とかそんな話をしていた。
「この村は嫌いですか?」おじさんは訊くともなく言った。
「この村は、私の母が生まれた場所なんです。いつ来ても、いつまでも変わらない。群青色の山並みも、やかましい蛙の声も」そういって夏の空を仰いだ。
おじさんは、明日は朝から釣りに来ます。よかったらまたお話しましょう、と告げて去っていった。その話を父にすると、父はなぜか満足そうに頷くだけだった。

浮きがぐいっと川の中に引きずり込まれた。おじさんがおっ、と立ち上がった時、突然怒鳴り声がした。視線の先にヤクザ風の男がいて、喚きながら銃を向けている。
「死ねえっ!!」おじさんが自分の背を男に向け、私をかばうように抱きしめた時、銃声が響いた。
悲鳴をあげてヤクザ男が倒れた。そこをどこからわいたのか大勢の男達が群がって取り押さえる。ヤクザ男は足から血を流しながら、連行されていった。

そういえば―わたしははっとした―見たことがある。いや、わたしでさえ、この人が誰か知っている。この人は…。
「総理。車が参りました。村を離れましょう」護衛の人が恭しく促す。
「怖い思いをさせてごめんなさい。私も折角の休暇が台無しになった。でもよかったら、来年にでも、また会いましょう」
総理は悲しそうな目で優しく言った。
砂埃を立てて遠ざかる車を見送りながら、私も夏の空を仰いでみた。

402 :十三回ワイスレ杯参加作品 :2012/06/08(金) 21:55:49.66
ぽちゃん、といい音がして、釣り糸が水面に垂れると、澄んだ川の流れに蛍光色の浮きが、すっと立ち上がった。
おじさんは釣竿を置くと、バッグから銀紙の塊をいくつか取り出して、わたしにひとつ放ってよこした。
開くとそれは塩おにぎりだった。おじさんは大きな口を開けて、さっそくおにぎりをほうばっている。
目尻に皺が寄ってすごく嬉しそうだ。なんだかわたしもお腹がすいてきて、真っ白なおにぎりにかぶりついた。

昨日、わたしが川べりで、鮮やかな花をつけたしゃくなげの絵を描いていると―わたしは絵を描くのが好き。夏休みにそれぐらいしかやることがない、というのも本当だけど―
おじさんが現れて、何を描いているのと訊いた。品のいい、優しそうなお年寄りで、すごく疲れているように見えた。
怪しいとかそういう感じはなくて、逆にすごく話しやすい人だった。
いつの間にか私は、朝夕に1便だけのバスに乗って町の中学に通ってることとか、この村は退屈だから嫌い、とかそんな話をしていた。
「この村は嫌いですか?」おじさんは訊くともなく言った。
「この村は、私の母が生まれた場所なんです。いつ来ても、いつまでも変わらない。群青色の山並みも、やかましい蛙の声も」そういって夏の空を仰いだ。
おじさんは、明日は朝から釣りに来ます。よかったらまたお話しましょう、と告げて去っていった。その話を父にすると、父はなぜか満足そうに頷くだけだった。

浮きがぐいっと川の中に引きずり込まれた。おじさんがおっ、と立ち上がった時、突然怒鳴り声がした。視線の先にヤクザ風の男がいて、喚きながら銃を向けている。
「死ねえっ!!」おじさんが自分の背を男に向け、私をかばうように抱きしめた時、銃声が響いた。
悲鳴をあげてヤクザ男が倒れた。そこをどこからわいたのか大勢の男達が群がって取り押さえる。ヤクザ男は足から血を流しながら、連行されていった。

そういえば―わたしははっとした―見たことがある。いや、わたしでさえ、この人が誰か知っている。この人は…。
「総理。車が参りました。村を離れましょう」護衛の人が恭しく促す。
「怖い思いをさせてごめんなさい。私も折角の休暇が台無しになった。でもよかったら、来年にでも、また会いましょう」
総理は悲しそうな目で優しく言った。
砂埃を立てて遠ざかる車を見送りながら、私も青空を仰ぎ見た。

403 :401、402:2012/06/08(金) 21:57:08.13
401撤回で、402でお願いします。

404 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/08(金) 22:01:32.26
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346
>>349
>>359
>>371
>>376
>>386
>>390
>>392
>>399
>>402

上位三作品は発表できる!(`・ω・´)

405 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/08(金) 22:12:29.71
 カエルの鳴き声がうるさい。四六時中鳴いている。この村は雨ばかり降る。男はそう思っていた。
「田舎過ぎる!」
 男は机を叩いた。
「じゃあ都会にでも出ていきなよ」
 男が机を叩いた拍子に落ちた文房具を拾いながら、文絵がため息混じりに言う。
「都会は色々ある! 怖い!」
「ワイは怖がり屋さんだねえ、昔から変わりゃしないねえ」
 文絵がくすりと笑う。雨がしとしとと降り、おんぼろ家屋の屋根を通り越して、床に垂れる。その音に合わせる様に、カエルが元気良く鳴いている。
「ここは田舎でカエルの天国! 人間の住む場所じゃない!」
「じゃあ隣町にでも引越ししなよ。ここと比べりゃ大都会さ」
 男はそれを聞いて、急にもじもじとし始めた。
「……えと、……たい」
 文絵が怪訝な表情を浮かべて聞く。
「何て言ったんだい? 聞こえないよ」
「その、……お前と、行きたい」
 文絵はその言葉にぽかんと口を開いた。驚きの表情は、やがて呆れた表情に変わった。
「ワイね、あんた、この紙とペンで一旗あげるって言ってたでしょうよ?
それが成功すりゃ、私はあんたのもんだよ。そう、昔から決めてたんだよ」
 男は驚いた表情をした後、涙声で喜んだ。
「告白成功! もう何もいらない!」
「いやまだ、成功してないでしょうよ。まず書きなさい」
 男が首をぶんぶんと何度も縦に振る。
「何も思い浮かばない! でも文絵のために書く!」
 文絵は呆れたように、けれど幸せそうな顔をして笑った。
 外で鳴くカエルの鳴き声が、二人を祝福するようにひときわ大きくなった。

406 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/08(金) 22:17:57.95
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346
>>349
>>359
>>371
>>376
>>386
>>390
>>392
>>399
>>402
>>405

意外とカエルが大人気!(`・ω・´)

407 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 22:31:11.63
あぁぁぁぁぁ

408 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 22:31:39.08
一レスってきついね。近頃のアリの祭りより絞らにゃいかんのか。

409 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 22:34:43.37
傍観者が感想かいてもいいの?

410 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 22:51:27.53
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

411 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/08(金) 22:51:38.21
感想を書きたくなる作品には、それなりの力が備わっている!
自演等の書き込みを恐れず、心のままに行動すればよい!

ワイスレは皆が作り上げた!
ワイだけでは、ここまで長く続けられなかった!

皆には感謝している!(`・ω・´)

412 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 22:52:00.49
大歓迎

413 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 23:00:09.82
てす

414 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 23:00:57.16
書けたのに書き込めない。なんでやねん…

415 :十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/08(金) 23:01:45.64
蛙の鳴き声が耳障りだった。女は柔らかな西陽が差し込む窓を閉じて乱暴にカーテンを引いた。
蛙のゲコゲコという声は、嫌いだ。ここに住み着いて十年、未だにちっとも慣れやしない。
そもそも望んで始めた田舎暮らしではなかった。駆け落ち同然に東京を飛び出したのが男が二十八、女が二十二の時の話だ。
彼は都内に十数店舗を展開する飲食店チェーン社長の三男坊で、彼女はそこで働く高卒フリーターで、いわゆる身分違いの恋だった。
二人で訪ねた男の実家では彼の長兄に「こんな教養のない女」と罵倒された。激怒して兄を殴り倒した彼に手を引かれた時の、この人ならきっと幸せにしてくれる、そんな確信を彼女は今も覚えている。
十年という歳月を彼女は思う。はじめの五年は苦労の連続だった。
とにかく二人で遠くへ行こうとバスもろくに通わない土地で後継者不在の農家を手伝いはじめた。様々な失敗からノウハウを学び、ようやく農地を格安で譲り受けた。毎日が充実していて、幸せと呼べる歳月だったかもしれない。
うめき声に心地良い追憶から引き戻されて振り向くと、ベッドに仰向けになった男がああ、ううとうめいて口の端からよだれを垂らしていた。
女は手近なタオルでそれを丁寧に拭き取る。布団をめくり取り外した紙おむつには大便がべっとりと溜まっていた。
全く唐突に、脳梗塞が二人から様々なものを奪い去った。彼の意識を、ちょっとした仕草を、農作業で荒れた彼女の手を「綺麗だね」と讃える優しい声を、そして彼女が手に入れるはずだった幸せを、奪った。

窓を閉じても蛙のうたは聞こえてきて、耳を塞いだって無駄だと彼女はわかっている。
ゲコゲコ、ああ、うう、ゲコゲコ。何年経っても慣れやしない。ベッドに腰掛け、彼の耳元でこんなはずじゃなかったのにねと囁いた。
「私ちっとも幸せじゃない。今でも私を愛してる?」
男は何も答えない。女は彼が綺麗だと褒めてくれたその両手を、男の首にそっと掛けた。ゆっくり、ゆっくりと力を込めていく。
「まだやり直せる気がするの。だって私はまだ三十二だもの。 ねえ、どう思う?」
覗き込んだ男の瞳はガラス玉みたいにうつろだった。泣いているとも笑っているともつかない曖昧な女の顔が、ただ映り込んでいるだけだった。

416 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 23:02:35.64
あ、いけた。お騒がせしました、よろしくです。

417 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/08(金) 23:10:16.31
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346
>>349
>>359
>>371
>>376
>>386
>>390
>>392
>>399
>>402
>>405
>>415
           (●)(●)
カエルが大人気!(`・ω・´)

418 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 23:17:52.83
そろそろ殿様カエルとイボカエルの登場があると思う

419 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 23:21:41.63
都内に住んでいるとカエルってあまり見ないので使いたくなるキーワードなんだよね

420 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/06/08(金) 23:32:18.06
読み専かな今回は

421 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/08(金) 23:37:45.66
どれがいい?

422 :ワイスレ杯:2012/06/09(土) 00:33:30.88
 夕闇の降りた山道をヘッドライトが切り裂き進むのが遠く見え、
久しくまともな食事を与えられない私の臓腑は俄かに沸き立ちました。公園に置き去られた三輪車さながらの寂れた山村で御座いますから、
もとより来訪者はそう多くはないのですが。
 私は自身がどちらを望んでいるやら、正直な所わかりません。そうでなければ私は本能の赴くまま食事を求め続け、
やがて山を超え外界の人々に周知され、現代科学の産み出した凶器によって
正しく駆除されたのに違いないのです。
 虫を食らい、やがては鼬を食らい、そして人の子を食らい、際限なく肥大化する我が身を面白くも思いながら、
村人や来訪者を美味しく頂いてきた後に、私は呪わしき人智を与えられました。食われた人々の意識が腫瘍となり脳に寄生し、
もはや自然の境界の向こう側へと私を押しやってしまったかのようでした。
 バス停に身を潜め次第に近付くエンジン音に耳を澄ませます。どちらを望んでいるやらわからない自分自身が、恐ろしい。罪無く飢えた肉体を思えば躊躇なく食すのが正しくもあり、
しかしその肉体の意志は他ならぬこの自分であり、その自分とは食われる人智の集合であり……
もとより答のない堂々巡りを繰り返す私の傍らを、しかしそれを嘲笑うかのような容赦のない速度でバスは過ぎゆくのでした。
 私は安心しています。それと同時に惜しむ気持ちも確かにあるのです。恨めしくゲコリと鳴きました。それに応えるようにゲコリと声がありました。その方を振り返り、
なんとも小さく愛らしい、かつての恋人の姿を認めました。ああ、かつてはこのゲコリを十色にも使い分け久遠の夢を語り明かした仲でありました。そのまんまるな瞳に私の姿はどれほど醜怪に映っていることでしょう。今の私の巨大な瞳に、
あなたはまるで自然そのもののような美しさに映っているのですよ。是が非でもそちら側へ戻りたく、一歩を踏み出しました。辺りの叢樹が揺れ彼女は背を向けあの美しい跳躍を見せ、我知らず……
いっそ一個の食事として地球そのものを飲み込んで、私自身は宇宙に放り出されてしまいたいと……
悲しい夢をみながら、失われゆく愛の味が、贖罪の味が、
美味しくシナプスを駆け廻り、私はゲコリと泣きました。

423 :ワイスレ杯422修正:2012/06/09(土) 00:40:08.64
 夕闇の降りた山道をヘッドライトが切り裂き進むのが遠く見え、
久しくまともな食事を与えられない私の臓腑は俄かに沸き立ちました。公園に置き去られた三輪車さながらの寂れた山村で御座いますから、
もとより来訪者はそう多くはないのですが。
 私は自身がどちらを望んでいるやら、正直な所わかりません。そうでなければ私は本能の赴くまま食事を求め続け、
やがて山を超え外界の人々に周知され、現代科学の産み出した凶器によって
正しく駆除されたのに違いないのです。
 虫を食らい、やがては鼬を食らい、そして人の子を食らい、際限なく肥大化する我が身を面白くも思いながら、
村人や来訪者を美味しく頂いてきた後に、私は呪わしき人智を与えられました。食われた人々の意識が腫瘍となり脳に寄生し、
もはや自然の境界の向こう側へと私を押しやってしまったかのようでした。
 バス停に身を潜め次第に近付くエンジン音に耳を澄ませます。どちらを望んでいるやらわからない自分自身が、恐ろしい。罪無く飢えた肉体を思えば躊躇なく食すのが正しくもあり、
しかしその肉体の意志は他ならぬこの自分であり、その自分とは食われる人智の集合であり……
もとより答のない堂々巡りを繰り返す私の傍らを、しかしそれを嘲笑うかのような容赦のない速度でバスは過ぎゆくのでした。
 私は安心しています。それと同時に惜しむ気持ちも確かにあるのです。恨めしくゲコリと鳴きました。それに応えるようにゲコリと声がありました。その方を振り返り、
なんとも小さく愛らしい、かつての恋人の姿を認めました。ああ、かつてはこのゲコリを十色にも使い分け久遠の夢を語り明かした仲でありました。そのまんまるな瞳に私の姿はどれほど醜怪に映っていることでしょう。今の私の巨大な瞳に、
あなたはまるで自然そのもののような美しさに映っているのですよ。是が非でもそちら側へ戻りたく、一歩を踏み出しました。辺りの叢樹が揺れ彼女は背を向けあの美しい跳躍を見せ、私は我知らず舌を……
いっそ一個の食事として地球そのものを飲み込んで、私自身は宇宙に放り出されてしまいたいと……
悲しい夢をみながら、失われゆく愛の味が、贖罪の味が、
美味しくシナプスを駆け廻り、私はゲコリと泣きました。

424 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 00:42:08.00
みんなスゲーな、、このお題で

425 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 00:42:12.24
すいません>>422は無しで>>423でお願いします


426 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 01:16:51.80
ttp://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2132.txt

意識して普段と違う文体で書くようにしたやつなんですが、
文章読みにくかったりしますか?

427 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 05:58:30.23
>>426
>そんなに都合よくはいかなかった。。
(打ちミス!)

話の内容にあった文体であった!
人称もうまく使いこなしていた!

今のままで問題はないと思う!(`・ω・´)

428 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 05:59:05.43
十三回ワイスレ杯参加作品
>>346
>>349
>>359
>>371
>>376
>>386
>>390
>>392
>>399
>>402
>>405
>>415
>>423
今日が投稿の最終日!(`・ω・´)

429 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 06:17:03.84
>>383
俺の最初の欝は、設定を露骨に使うのは芸がないと思って、紛らわしたり微妙
にさせたりしていたんだけど、なんとなく分かるんだが設定が生かされてないように思う、
とワイさんに指摘を受けた事がある。
だから、話の中にはっきりと設定は組み込んだ方が良い。ここでは設定をそのまま露骨に使った方が無難。
行間を読み取れとか、隠されてる暗示を読み取れとか、考えれば分かるだろうは駄目。

ゆえに設定が多いほど、ストーリーにオリジナリティーが出しずらくなるのはある意味仕方がない。
文体でオリジナリティーを出せば良い。

430 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 06:20:28.14
>>429
訂正

俺の最初の欝は
   ↓
俺も最初の頃は

431 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 06:24:43.05
>>430
ワロタwww

432 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 06:46:29.03
ドラゴンズドグマにハマッて、創作に集中できない。
今回もまた見送りかな。

このお題だと、幼なじみにプロポーズというシチュエーションに偏りがちだよね。
自分もその発想しか出なかったし。

今回は読み専になりそうなので目についたものを書き出してみる。
抜け忍とバス停という意外な組み合わせの359。
キャラクターで読ませた371。
発想は日本昔話だけど、オチで苦笑させた386。
ホラー好きにうけそうな423。
段落下げがないのが気になったけど文章力で402と415。
ざっと目を通して気になったのはこれくらいかな。
こうして見ると、意外と粒がそろってるね。

433 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 07:10:04.25
>このお題だと、幼なじみにプロポーズというシチュエーションに偏りがちだよね。
自分もその発想しか出なかったし。

設定をこなしながらも、
いかにして、みんなと違った味、違ったものを作れるか、
が重要だろうな。ロボットでも何でも良い、まわりと違ったもの、違ったもの。



434 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 07:30:06.14
>>429
うん、なんていうか読者の解釈に頼りすぎた作品には厳しくなる気がする。だから設定がネタ振りになってて落ちてるやつとか強いよね。
でも多少設定とか整合性とかアレでも好きに書く!って感じの選外作品作品も良かったりするしね〜まあ、鬱はのんびり治すんだよ

435 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 08:06:13.96
>>432 挙げてもらえた!ありがとd

436 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/06/09(土) 15:23:01.65
読む時間すらとれねえなんて!悔しい!

>>432
ドラゴンズドクマおもろい?

437 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 16:01:56.04
ワイは大阪弁護士会が企画、
制作した『ゲームで裁判員! スイートホーム炎上事件』が楽しめた!
裁判の過程がリアル! URLは以下の通り!
ttp://www.osakaben.or.jp/web/saibangame/

ちょっと出掛ける!(`・ω・´)

438 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/06/09(土) 17:05:01.42
スイートホームっていうと、伊丹十三のホラー映画がトラウマだな

439 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/09(土) 17:32:16.49

 薄紫のもやの中、切り立つ黒い山の影。
 身の程知らずの蛙どもは、昨日の夕から鳴き続けているのだろうか。それとも今が夕なのか。
 否。光芒が差し込み、段々畑があらわになった。
 夜明けである。
 姉弟は地面にへばりつくようにして、既にそこにいた。
 姉は芋の根を掘り出して、東の空に透かしてみた。根は音もなく崩れ落ち、乾いた土に混ざった。
 幼い弟は小さなな木切れを拾っては捨てている。
 あいつらはどこに隠れているのか。水分の塊。姉が思わず喉をならし声の方をキっと見やると、しん、と静まった。
 数十年間、名も無き人々の汗を吸い続けたこの狭き村落は、とうとう名前の付かぬまま、自然に還ろうとしてる。
 廃屋に捨てられた姉弟の今を知る者はいない。
 姉は、遙か谷底の先に見えるバス停の存在を知っていたが、関わることなく生きる覚悟を決めている。弟を守ってこの地に生きると決めている。
 幼い弟は朝日に体が温まってゆくのが嬉しいのか、ヒョコヒョコと跳ねるようにして、下の段へと向かう。
 崖ギリギリにまで作られた段々畑、その先は真っ逆さまだ。
 姉が気づいて目を向けた時には遅かった。弟の体はコロリと、ユーモラスな程にあっさりと、姉の視界から消えた。
 そうそう長く生きられまいと思ってはいたものの、あまりに突然の早すぎるゴールだった。姉は呆然とするしかなかった。
 弟は谷底へと十分に自由落下した後、大釣り針を描いてぐんと空へ昇った。
 姉はそれを見て、喜びよりも嫉妬の炎が燃え上がった。と、自らも宙に体を放り出していた。弟より順調に翼を羽ばたかせると、危なげ無く空を滑って、弟に並んだ。
 鷹の姉弟は代わる代わる太陽の隣を譲りながら飛んでいった。どこまでも飛んでいった。





440 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 17:35:05.24
>>438
ノッコのやつだっけ。あれもファミコンあったねえ。

441 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 17:38:40.56
十三回ワイスレ杯参加作品
>>346
>>349
>>359
>>371
>>376
>>386
>>390
>>392
>>399
>>402
>>405
>>415
>>423
>>439
この作風は!(・`ω・´)

442 :和製シシカバブ ◆sxTik22v6A :2012/06/09(土) 17:58:19.77
その作風がどうかしたのか?

443 :第十三回ワイスレ杯:2012/06/09(土) 18:12:22.84
「裕子に聞いてほしいことがあるんだ」隼人は悲痛な表情をして言った。
「なにかしら?」フフッと笑って無邪気に訊いてくる裕子。
「実は、俺は帰らないといけないんだ」
「帰るってどこへ?」表情を一変させる裕子に隼人は首を振った。
「本当の家に」
 隼人が寂しそうに言うと、彼方でカエルの悲鳴が聞こえた気がした。
「俺は……未来から来たモノなんだ」
「なんですって!」裕子の口が大きく開いた。真っ赤な舌が見えた。
「順を追って説明させてくれ。今から80年後、この地球の支配権は人間から別の種に替わっている。
その種は驚くべき速さで進化を遂げた。きっかけは一匹の特別変異だったらしいが、とにかく異様な早さだった」
「なら、貴方は人類を守るために?」
「そうじゃない。俺は……人類を滅ぼした側のものだ」
 よっぽど驚いたのか。裕子の顔が左右に揺れ出した。
「俺の任務は最初に生まれた特別変異――仮にKと呼ぼう――を助けることだったんだ。Kの生活環境を住みやすいものにし、
来たるべき決起の日の為に仲間の繁殖を促進させた」
 遠くで絶叫のようなカエルの合唱が聞こえる。裕子の目がスッと細まった。
「あなた、まさかカエルなの」
「よく……解ったね。その通り。俺は未来から来たカエルだ。この姿は未来の技術で与えられた仮初のもの」
「なるほどね」裕子は得心がいったとばかりに頷いた。それから口を三日月の形に歪める。
「そう、なら実はね。私も打ち明けたいことがあるのよ」
「なんだい?」
 怪訝そうに尋ねる隼人に裕子はぬるぬるとすり寄った。
「実は私も未来から来たモノなの」
「なんだって!」
「80年後、この地球はカエルが支配者になっている。それは貴方の言う通りよ。でも、それは永続的なものではないわ。
さらに40年後、カエルはある種と戦争を起こした」
「まさか」驚く隼人。
「その通りよ。私はその種族のもの。目的は抵抗するカエルを進化のきっかけの段階で潰しておくこと。
そしてその目的は果たされた」
 カエルの声はいつのまにか止んでいた。
「だからもう、私も帰るだけだったんだけど……隼人もカエルなら放っておくわけにもいかないわよね悪いんだけど」
 そう言って近づいてくる裕子の口からは血のように赤い舌がチロチロ覗いていた。

444 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 18:20:42.15
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346 >>349
>>359 >>371
>>376 >>386
>>390 >>392
>>399 >>402
>>405 >>415
>>423 >>439
>>443

激戦の予感!(`・ω・´)

445 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 18:57:25.97
みんな、うますぎるだろ……
俺のやつが適当に書いたみたいに見えるじゃないか……

446 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/09(土) 19:02:06.04
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」
「ゲコ」

「博士、成功ですよ!」
「やったかね」
博士らは蛙の言語の翻訳に成功した。

447 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:02:22.73
やばい間違えてポッポさんのスレにワイスレ杯作投稿しちゃったw
もうだめですかねー…

448 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/09(土) 19:03:02.65
『欠陥ニンゲン』
 ぼくの住む村はいくつかの山に円環状に閉じ込められていて、その麓には小川が流れていて、ぼくはその川に沿ってあてもなく散歩していた。
 ふと川の向こう岸にもぞもぞ動くものがあって、ぼくは足を止め目を凝らした。するとそれは立派なビーバーで、卑しい手つきで土をいじくっているのだった。
「わ、こんなとこにビーバーがいるよ」
「いちゃマズいっていうのかい?」予期しない返事があって
「もっとも『わ、こんなとこにニンゲンがいるよ』なんて言われたときの不快感も想像できないような奴の理屈なんて聞く気にもならないけどね」と続けるビーバーにぼくはびっくりしてしまった。
 (なんと勝手なビーバーだろう)言い訳を頭の中でこしらえている間に宣言通りビーバーはぼくの理屈なんて聞かず川の中へ逃げ込んでしまった。
 ぼくは散歩を終え、このことは是非一緒に暮らしてる恋人にも話してあげようと思ったのだけど
家の戸の前に立ちでも何だか随分馬鹿げた話のように思われるのでやっぱりやめようかと思い悩んでいると戸が開いて「わ、こんなとこにカワウソがいるわ」と言われた。
 なんて面白いことを言うひとがぼくの恋人なのだろうか。なんだか馬鹿馬鹿しくなって「わ、こんなとこにニンゲンがいた」と言ってふざけたら
「まぁカワウソのクセに人間とふざけ合おうなんて、こんなことだったらやっぱり私は山を越えちゃんとした人間と暮らそうと思うわよ」と言われピシャリと、鼻先で戸が閉められた。
 ぼくはひどく傷ついた気がした。カワウソとしてのぼくは川のほとりで寂しく暮らすのがお似合いなのだなぁとぼくは川へ引き返し、カワウソとしてのぼくは卑しくニナでも漁っているのがお似合いなのだなぁと土をいじくっていると
不意に「わ、こんなとこにビーバーがいるよ」後ろから声を掛けられ、なんと無神経なニンゲンだろうか、ぼくは例え生まれ変わっても、ああはなりたくないと思う。

449 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:03:20.80
あ、そ。
つまんない。

450 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:10:21.26
ポッポさんのスレって何だ?

451 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:10:30.91
>>448
あ、すいません転載してくれたんすね。ありがとうございますm(_ _)m


452 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 19:12:46.89
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346 >>349
>>359 >>371
>>376 >>386
>>390 >>392
>>399 >>402
>>405 >>415
>>423 >>439
>>443 >>446
>>448

際物がきた!(`・ω・´)

453 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:17:03.86
446認めるんなら
何でも出来るやろ

454 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:18:56.09
早い者勝ちだ
今回レベル高そう

455 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:18:57.69
>>442
感想を書きたくなる作品には、それなりの力が備わっている!
て事よ。
>>359は個性的
>>376は微笑ましい
て事で今回のワイスレ杯の有望株だよ
買っときな

456 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 19:21:15.99
>>453
設定の加点がほとんどない!
その状態で上位に入選した者はゲロゲロである!

何でも出来ても上位に来るとは限らない!(`・ω・´)

457 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:21:20.04
だったら、俺は>>376の方を買いだ。
上位に来ると見た!

458 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:24:24.94
>>456
(全部が446みたいなら読むの楽でいいわ)

459 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:26:46.89
読むのがしんどいのは、長いという理由だけじゃない

460 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:27:29.17
今回は前回のような何かと話題のされてしまう問題作ってないのか?

461 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:36:57.39
うーん、書く力がありそうなのは
>>376>>423>>439
だな。



462 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:40:13.85
>>392
これだろ

463 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:43:39.50
全くの自演と疑われないように、推薦作は、3作は上げとけ。

464 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:45:21.57
自演の必要はない、ワイさんの判断だから

465 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:55:11.05
443
これは5位以内だろうな

466 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:59:31.98
一作しか上げれない人は全部読んでないなあ。
良いのが一つだけなわけがない。自演。

467 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:02:49.67
>>402
面白かった

468 :第十三回ワイスレ杯参加作品:2012/06/09(土) 21:00:27.85
 緑溢れる僕の村に世界中の誰もが見たことのない奇妙な現象が起きた。
 町のだだっ広い駐車場に凄まじく巨大なカエルが居座っているのだ。体は灰色で表面はでこぼこしており、ぬめりと鈍く光っている。その場から動かないので巨大石造かとも思われたが、時折ゲコゲコ鳴いている。
 当初は騒がれたものの、みんな次第に気にしなくなる。観光目的で村に人を呼び寄せようと騒いでいた村長も今は興味を失ったかのように巨大ガエルを相手にしない。
「リキ!」登校中に声をかけられた。夏美だった。髪を伸ばしていると言っていたが、気変わりしたのか今はショートボブだ。
「学校に行く前に会えてよかった。ちょっとそこで話をしない?」
 田んぼの向こうの草陰を指差した。どきりとした。なにやらエッチな展開が待っているような気がする。僕の心と股間はそわそわした。
 夏美が先に歩き出し、僕は前のめりになってぎこちなく歩いた。
「リキってさ、まだだよね?」 ……くっ! やっぱりそういう展開なのか!? 僕はどうしようもない股間を強く押さえながら「何が?」と何食わぬ顔では明らかにない顔で言った。
 夏美が笑顔で答えた。
「糞人間」
 ぽかんとした。言ってる意味が分からない。罵倒されたのだろうか。
「ほらね。やっぱり。まだカエル様に喰われてないんだ!」夏美の瞳が縦にしばたいた。嬉しそうに舌なめずりをする。その舌はとても長く、すばやく動いた。
「何だ、その目、その舌……」呆然とする。
「カエル様に喰われて一度分解されて、それから再生される。それでカエル様の肛門から這い出てくる。それ、糞人間って言うの」
 夏美は得々と語る。
「それでね、糞人間はカエル様の子供だからね、カエル様にそんなに興味持たないでしょ。でも興味持つ人間は違う。ね、分かりやすい!」
 僕は訳のわからない事を言う夏美が怖くなった。気味悪く思い逃げ出そうとすると、夏美のがしりと抱きついてきた。ぬめりと粘ついて気味の悪い声を出した。
「とリアえズ、殺スネ。ドーセ、再生さレルからネ」
 ぎりぎりと締め付けられ、内臓がごぼりと口から出てきた。目玉も圧力に耐えられず飛び出てきながらも、目の前の光景を映した。視界一面真っ赤に染まった田んぼだった。
それが僕が"人間"として見た最後の光景だった。

469 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 21:16:38.57
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346 >>349
>>359 >>371
>>376 >>386
>>390 >>392
>>399 >>402
>>405 >>415
>>423 >>439
>>443 >>446
>>448 >>468

締め切り迫る!(`・ω・´)

470 :13回ワイスレ杯参加作品:2012/06/09(土) 21:17:30.30
雑木林に霧雨が降る。樹々の葉に、下草に、二つの傘に、水滴が積み重なり、ほどなく地を湿らせる。葉擦れの音がさらさらと、かすかな雨音を打ち消す、夜。
夏虫の声に混じって、二人の男女が静かに話す。街灯は無い。人目を憚り、二人は明かりを消している。誰も、当人達ですら、お互いの姿を確認出来ない。

二人の話は続く。森の音に溶けるような、小さな声で。それは恋の囁きであった。愛の確認であった。涙交じりな少女の声。傘がひとつ、土に落ちる音。続いて、衣擦れの音。そこはふたりだけの世界だった。

……少なくとも、当人達にとっては。


「こちらブラヴォーワン。作戦は成功したようだ。警備兵の影は無し。聞こえるかブラヴォーツー」
「聞こえてるよ、笹木。好い加減その小芝居やめろって」
トランシーバー……ではなく、携帯越しにもう一組の会話が続く。
「……しかし、なにも見えないと衣擦れの音って……なかなかえろいね」
「小山がレインコート脱いだんだろ。抱きつくには邪魔だしな。まあ、何はともあれ作戦は成功。お前のお節介が功を奏したな」
「実働部隊を引き受けてくれたのは支倉だけだよ。皆テントで待ってる。ありがとうね、こんな夜中に」

しばしの沈黙。

「本当はさ、小西や高峯より、笹木と森に入りたかっただけだよ。……俺、笹木の事、好きだわ」
もう一度、沈黙。森は変わらず静かに音を立てている。
返答は芝居がかった、しかしどこかうわずった声だった。
「……ぶ、ぶらぼーつー。この通信は本部のテントの携帯にも、その、聞こえるようになっている。……んだけど……」
再度二人の通信が途絶える。
支倉の背中を嫌な汗が流れはじめた。
だが、やがて、小さな声がスピーカーから漏れる。
「……返事はYES、だよ」

俺が荷物をまとめて、テントに戻ると、クラスの男子の顔が、暗い愉悦を浮かべていた。やや遠くから教師の怒鳴り声が聞こえる。高峯と小西が見つかったらしい。
クラスメイト達が俺をつっついてくる。
明日、高峯をからかう余裕はなさそうだ。
青春には甘酸っぱいドラマより、手痛い失敗が付き物だと学んだ一日だった。

しかしどうしてか、心は意外な程軽く弾んでいた。

471 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 21:22:55.57
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346 >>349
>>359 >>371
>>376 >>386
>>390 >>392
>>399 >>402
>>405 >>415
>>423 >>439
>>443 >>446
>>448 >>468
>>470

ラッシュの時間帯か!(`・ω・´)

472 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:31:54.37
>>470
もしかすると鎖骨か?
違ったらスマソ

473 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:34:14.07
ここまで全作読んだ。全部は大変なので気になった数作だけちょいコメント。
>>349
どベタ。ベタだからこそ描写で読ませて欲しかった。
>>399
二人のなんとも微妙な距離感の描写に好感が持てた。
>>423
文章がえらくきれえ。内容云々取っ払ってもそこだけで読める。

上から目線はどうかひらにご容赦くだせえまし。
気になるのが増えたらコメント追加しゃす。

474 :第13回ワイスレ杯参加作品:2012/06/09(土) 21:42:30.04

 で、でん、でん、でん。さてもみなさま舞台に立った男と女。後ろのカキワリの粗末さはご愛敬ということで。
 
 たしかに講談師が嘆いたことは事実で、山々に囲まれた山村の舞台絵はゴッホの模倣そのものだった。というか
オドロオドロシイ。 一方、舞台では、
「吁(ああ)、宮さんかうして二人が一処に居るのも今夜ぎりだ。お前が僕の介抱をしてくれるのも今夜ぎり、
僕がお前に物を言うのも今夜ぎりだよ。一月の十七日、宮さん、善く覚えてお置き。来年の今月今夜は、
貫一は何処でこの月を見るのだか!再来年の今月今夜……十年後の今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、
忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ!可いか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になったならば、
僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇ったらば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、
今夜のやうに泣いていると思ってくれ」
 男の役者がひとり悦に入っていた。ここで、演出家が袖から指示を出す。舞台前面、ミュージカルでいえば
オーケストラ溜まりには、ずっとふたりの男が待機をしていた。互いに目くばせをする。
「ゲロ、ゲーロ、ゲロ、ゲーロ」
「ヨキスガタナア、ヨモクボ。……ラシバトヒ、ラムムズシ」
 客席からこの日はじめて遠慮を含んだ笑いが起こった。そして、舞台は暗転となる。
 そこへ、役を演じた若い男女が歩を進めてきた。そのことがカーテンコールではないことを、客席は承知をしていた。
「みなさん、あたしたちはここでずっと暮らして行くことを決意しました」
憎むべきは宮総理、と唇を噛んだ。
「最後のバスが劇場の前でお待ちしています。どうかわたしたちのことは心配せずお帰りください」
 貫一役の男優がマントを美しくひるがえした。
 一時帰宅をしていた村のひとたちは、誰もが肩をふるわせてバスに乗り込んだ。その先の道路はどこもささくれていた。

 翌年、一月十七日に予定どおり村は放射能隠蔽のため、ダムの底に沈んだ。
 自然が謳歌する季節に相応しい物語なんて、あっというまに崩壊してしまった。


475 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:43:08.09
あっ、かめだ。

476 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:43:51.80
おや、>>423は複数の人から支持されてるな……。
確かに文体がそこいらのワナビと違っているように思う。
基礎を壊して行く段階の人だろう。
だけど、採点者はワイ。文体の妙はあまり意味がないと思う。
ここでは、ひねらない分かりやすい基本に忠実な文章の方が良いだろう。

>>349
どベタ。ベタだからこそ描写で読ませて欲しかった。

この選評は痛快!
だからこそ注目の作品
上位進出候補

477 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:47:26.50
>>349だけ読んだけど、東北訛りを使いこなしててすごいなーと思った。オチもちゃんと出来てると思った。
今、>>371を読んだ。どんでん返しを楽しみにしてたけど、弱いなと思った。主人公のキャラが弱い気がした。

>>390
いまいちよく分からない。もうちょっと易しく書いて欲しい。1レスで広い世界と狭い世界が混在しているのが長所であり、短所でもある。
>>392
会話部分が読みづらく、内容を把握しづらい。オチがよく分からん。
>>405
短い。あまり印象に残らない。
>>415
悲しい話だけど、まとまってて読みやすい。話としては好き。

ここまでがんばった。あとの人よろしく。

478 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:47:46.79
>>474
>「ヨキスガタナア、ヨモクボ。……ラシバトヒ、ラムムズシ」
相当なおっさんと見た。

479 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 21:48:08.00
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346 >>349
>>359 >>371
>>376 >>386
>>390 >>392
>>399 >>402
>>405 >>415
>>423 >>439
>>443 >>446
>>448 >>468
>>470 >>474

ワイスレ杯は別物!(`・ω・´)

480 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:53:09.54
>>474
これいいですね。重層的で短い時間で幾つかのシーンが交錯する感じ?
ちょっと意味のわからないところもあるけど。ヨキスガタのとことか。

481 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:54:29.11
なんか盛り上がってきたね

482 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:57:19.86
そこは逆から読むでしょ

483 :473:2012/06/09(土) 21:57:36.01
>>349への感想について補足。
読みやすいし綺麗にまとまってるけど、小綺麗すぎて小説書き方テキストとかに載っかってそうだった。
ベタをやりつつその切り取り方に面白みを加えて欲しかった。

484 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:01:18.90
なんか、ゲロゲロとなくカエルの話が続いてしまって>>376の良さが隠れてしまったな……
今では逆に陳腐になってしまった……。
カエル・デフレ現象は予測がついたけどさ……。

485 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:05:49.27
>>376はなぜ女が唐突にセックスしたがるのか理解できんかった。
DQN的おバカさん加減を出すためだとしてももう少し丁寧にやれんかったのかと思う。

486 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:05:59.40
349.386.399.402.415.468.470.474

この辺が良かった。

487 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:07:35.99
>>486
お、おいらの入ってる、ありがとー。

488 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 22:08:10.20
二時間を切った!(`・ω・´)

489 :480:2012/06/09(土) 22:08:21.78
>>482
逆から読んで読めなかったというw
バカだねー俺ww

490 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:12:01.50
>>349も複数からの支持か……
そうなのか、恐らくは良いのだろう。

491 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:16:07.22
>>490
あんたはどれが良かったん?

492 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:16:11.35
>>470はラノベくさくないか?


493 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:20:11.56
>>491
俺は>>461で話した3つ。
一押しは>>423の文体!

494 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:20:50.53
>>485
>>376はカエル・デフレのパイオニア的位置付けなので評価高いと思うよ
むしろそれ以降に書かれたカエル視点は相当よくないと評価下がるかも

495 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:22:34.74
>>423を押す奴は文盲だろ
某作家先生の文体パクリ
公募に出したら真っ先にゴミ箱入りだろ!

496 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:22:58.48
>>486
あ、俺のも入ってる!
サンキュー!


497 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:23:38.55
いや、ここまでカエルの話が出てくれば、カエルの話にした時点で失敗だと思う。
際立たない。

498 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:24:11.15
>>493
そかそか、その辺おいらも良いと思う。

499 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:25:10.31
正解はロボットじゃね

500 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:28:55.02
ロボはここでは別枠


501 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:29:48.54
>>492
ラノベ臭さはないように思ったけど、どこらへんにラノベ臭を感じたの?

502 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:31:34.14
てか、この盛り上がり良いね。
文学談議良いね。

503 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:33:37.88
>>476
お前恥ずかしいぞ423を押す時点で
あの文体だけは使っちゃだめだ!

504 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:35:54.37
>>470は小西だ森だが突然すぎて誰が誰やら頭に入ってこなかった。
かろうじて学生キャンプ恋愛的な一幕なのはわかった。

505 :ワイスレ杯参加作品:2012/06/09(土) 22:37:04.51
「こんにちは」
 土曜日の十一時。彼はやってくる。もうすっかり夏ですね。受付の前に立った彼はハンカチで少し日焼けした頬を拭う。
「調子はどうですか」と彼が訊ねる。
「食事も喉を通るようになったし、だいぶ落ち着いてきたと――」
 彼が笑う。
「違いますよ。姉のことじゃなくてあなたのことです」
「え?」
「ここは確かに自然が豊かで空気がおいしくて時間がゆっくり流れる素敵なところですけど、なにかと不便でしょう」
 彼はあたりを見渡す。木造の建物が珍しいというように。
「でもどんなに不便でも、それは人にとってとても大切なことだと思います」
 私が言うと、彼は深く頷く。
「小さい頃姉は野球部に入っていて、僕よりずっと上手いもんだから随分肩身の狭い思いをしました」
 彼は懐かしそうに目を細める。痩せ細った彼女からは想像できない話だ。あの木の枝のように細い腕でバッドを持ったら、簡単に折れてしまいそうだった。
 しばらく世間話をした後、彼は彼女のいる病棟へと歩いていった。
 土曜日の十一時、毎週その時間に彼はこの山奥のサナトリウムにやってくる。彼の姉は精神を病んでいて一年前から入院している。
 日差しと共に蝉時雨が激しさを増し、昼食をとろうと立ち上がった私は、受付のカウンターに忘れられている群青色のハンカチに気づいた。
 彼はもう昼食を食べただろうか。
 吹き抜けの病室の前で私は立ち尽くす。彼の大きいとは言えない背中が彼女を覆い隠している。彼の睫毛と彼女の睫毛が触れる。私は急いでその場を離れる。
 あるいは、彼はそうすることで彼女が目を覚ますと思ったのかもしれない。どこかのおとぎ話のように。
 五時になると彼は少しだけ疲れた表情で戻ってくる。私は気づかない振りをする。
「夕食はまだですか」
 私は入院患者のスケジュール表を確認して、一時間後であることを伝える。彼はクックッと笑う。
「違います。あなたの夕食ですよ。もし時間があるなら一緒にどうですか」
 夕焼けと共に彼は山を下る。私は彼女の病室へと向かう。血圧を測り、温かいタオルで彼女の身体を拭く。彼女はいつものように何も言わず真っ白な天井を見つめている。私もまた彼女を見つめる。自分がどれほど冷たい目で彼女を見ているのか、我ながら想像もつかなかった。

506 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:39:15.09
>>470より>>468のほうがラノベ臭がするな

507 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:40:09.05
あと何作くるか
発表は10位くらいからでも問題なさそう

508 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:41:17.73
設定多いのに意外と来るなぁ。田舎有る人多いのかな

509 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:43:23.98
>>505
読んだ。男の主人公への感情がどーなってるのか分かんなくて不気味ですっきりしない。
ラストが含みがあって好き。

510 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:43:54.60
前と前の回は名無しの人から何回も名前が挙がったのに……今回はダメか
もっとちゃんとしたのを書くべきかな

511 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:45:29.68
>>495>>503
確かに最後の五行はちょっとだけ陳腐というか、もう少しひねっても良かったような気もするが、
それ以外は自分のものにしていた、と思うけど……。

512 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:49:03.32
>>510
もう一丁書けよ。

513 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:50:08.11
>>510
ヒント
良いものってのはあまり挙げたくないもの:戦いはすでに始まっているから

514 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 22:53:19.60
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346 >>349
>>359 >>371
>>376 >>386
>>390 >>392
>>399 >>402
>>405 >>415
>>423 >>439
>>443 >>446
>>448 >>468
>>470 >>474
>>505

上位六作品は発表できる!(`・ω・´)

515 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:55:17.78
>>510
ワイの採点を待て
誰にも見向きをされないと寂しい、のはわかる。

516 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:55:36.38
21作かあ。こりゃワイさんて−へんだあねえ。

517 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:58:10.78
>>516
ところであんたも出したのか?
鋭い選評をしてくれるけどさ。

518 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:01:16.40
>>516
出してますぜ。
鋭いつうか偏った好みをぶちまけてるだけです。
気に障ったならごめんよ。

519 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 23:02:28.70
一時間を切った!(`・ω・´)

520 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:12:44.43
自演はしないと誓ってガチ視点の批評しようか?

521 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:14:43.30
>>520
どうぞ↓

522 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:15:13.08
オナシャス

523 :ワイスレ杯参加作:2012/06/09(土) 23:15:41.90
「ヨシオ、幼馴染ってさ、」と虚ろな目で幼馴染のミナミが言った。
「何?」と僕は聞き返す。
「女だとか男だとか関係ないよね」
 その返答にぎくりとしながらも聞き流した。
 僕はこの山村から引越すことを決め、送別会という名目で二人で酒を飲んでいる。赤く染まるミナミの顔は、同性からも綺麗と思うに違いない。言い寄る男も多いだろうに、妙齢の彼女はまだ独り身だ。僕はその理由を知っている。
 僕は一つ年上の彼女を姉のよう慕って育った。年月を重ね思春期を迎えると彼女が僕に幼馴染以上の心を寄せているのに気が付いた。でも僕はずっとその思いから目を逸らしてきた。なぜなら。
 僕は女になりたいと小さいころから願っている。女として生きていけることに期待し、街へと移り住むことに決めたのだが、唯一の心残りがミナミが寄せる僕への想いだった。
「なあミナミ、明日出かけない? 中学んときみたいにバス停で待ち合わせしてさ」
「あれま、ヨシオからデートのお誘いなんて珍しい」
 きっと明日、彼女は僕を殺したいほどに程に嫌ってしまうに違いない。正直、彼女に殺される方がまだ楽だ。そうして送別会は静かにお開きとなった。

 翌日、水色のベンチが置いてあるだけのバス停には既にミナミが立っていた。私は茶色い長髪をかき上げながら声をかける。
「あなたミナミさん?」
「ええ、柏木ミナミですけど、どちら様?」とキョトンと私を見返してくる。そんな彼女に語気を強めた。
「ヨシオはあたしの彼氏なの。言い寄ったりしないで」
「え? ヨシオ、の?」
「だからもう近づかないで。この泥棒猫!」
「泥棒猫って、別に私、ヨシオの何でもないし! どうぞご勝手に!」
 ちょうど午前最後のバスが到着する。私はミナミの表情を確認することなくその場から逃げるようにバスへと飛び乗った。
 バスの中で茶髪のカツラを握りしめた。涙が止まらない。コロコロと鳴くカジカガエルの声に村の思い出が溢れだしてくる。この優しい鳴き声はもう聴くことはできない。そしてミナミの声も、もう。
※※※
 一人残されたミナミが青く澄んだ夏空を仰いでいる。
「私より綺麗だなんて、あー敗北感。これなら普通にフラれた方がまだマシじゃない……だから女も男も関係ないって言ったのに。がんばんなさいよ、ヨシオ」
 上を向いたままミナミは優しく微笑んだ。

524 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:18:14.13
>>520
ぜひ聞きたい

525 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:20:32.46
ガチ予想!
>>446,439,405は絶対選外!

526 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:22:00.51
批評じゃないわけだが

527 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:23:27.03
すまん!批評
@文章に対して真摯でない
A馬鹿にしている
B5分以内に書いたと思われる

528 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:25:15.19
馬鹿にされて悔しがるのは馬鹿だけ。

529 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:29:59.93
どんな話だ、
>>439
>>405

530 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/09(土) 23:32:04.22
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346 >>349
>>359 >>371
>>376 >>386
>>390 >>392
>>399 >>402
>>405 >>415
>>423 >>439
>>443 >>446
>>448 >>468
>>470 >>474
>>505 >>523

残り三十分を切った!(`・ω・´)

531 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:33:48.42
集まるねー。すごいわ

532 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:36:29.70
>>439
素人さんからみると巧いとか勘違いしちゃいそうだけど、これすぐ書ける
>>405
これは間違いなく5分以内に書いてるよ。素人さんは話が出来てると勘違いしちゃいそうだけどね。行き当たりばったりで書いてるのがわかる。そもそもワイが登場するし、

533 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:38:02.05
まだ出してない人は、そろそろ投稿フォームに落としてみる事をお勧め。
バイト制限やら行制限調整がある。

534 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:41:47.12
>>533
おかげで空行と字下げをだいぶ捨てた。
詰め込みで書いたのが失敗だったー。

535 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:42:06.49
あとはわかんねぇな〜
作者がそれなりに練っているのがわかる
速筆で荒っぽいのもあるがそれはそれでいいし

536 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:48:42.32
あと10分!駆け込みはいくつだ?!

537 :ワイスレ杯:2012/06/09(土) 23:49:21.46
「古池や蛙飛び込む水の音」
 ちゃぽん、という水音がした。老人が池に飛び込んだ音だった。ここはA県の山村にある有名な白扇池である。
神話の時代に神々が身を清めたという伝承が残っている池だ。そこは周囲を鬱蒼とした木々に覆われており、昼なお暗いこともあって、有名さのわりに人はあまりやって来ない。
しかし、時折りふらっと人が来ることもある。そういった人たちは皆、一様に肩を落として、視線を地面に据えながら歩いている。これから自殺をしようとしてるのだから当たり前だ。
白扇池は自殺の名所としても有名なのである。何でも、神様が居る池で死ねば極楽に行けるはずだ、という誤った伝承の解釈が巷に広まっているらしい。
「まさか目の前で見ることになるとはね」
「おかしいね」
 白扇池にほど近い山村に住む若い男女が笑いあった。彼らも、これから死ぬつもりだったのだ。ずっと前から決めていたことだった。理由はありふれた借金苦である。
「最後の俳句はなんだったのかな?」
「自分を蛙に譬えたのかしら」
 遠く近くで蛙の鳴き声が聞こえている。田舎には蛙が多いのだ。白扇池にもたくさんいる。
「そろそろ私たちも逝く?」
 覚悟を決めた女の表情はいっそ穏やかだった。男は釣られるようにして笑みを零すと、女の白い手を取った。
「綺麗だね」
 女は言った。池の水面の上には霧が出ていた。枝葉の隙間から微かに射し込む光にきらきらと輝いていた。男は頷きながら、
「ところで、一つお願いがあるんだ」
「何かしら?」
「僕はね、君の姿を最後まで目に灼きつけておきたいんだ。だからね、君が先に入ってくれないかな」
 そう言って男は微笑む。愛に溢れる言葉だった。しかし女は首を縦には振らなかった。
「私もあなたの最後を目に灼きつけておきたいの。どうか最後のわがままだと思って聞いて。あなたが先に逝ってちょうだい」
 おろおろと涙まで零して女は言った。すると男は、物凄い勢いで首を振った。
「君こそ、どうか聞いて欲しい。僕を愛してるなら聞いてくれ」
「いやよ!」
「君は僕を愛していないのかい!?」
「愛してるわ! 愛してるに決まっているじゃない! 愛してるからいやなのよ」
 男と女は頑として譲らなかった。譲れるわけがなかった。男と女は共に保険をかけているのだから。相手の死に対して。

538 :ワイスレ杯参加作品:2012/06/09(土) 23:53:20.61
「もう行っちゃうの?」
「ああ、一つ処にはいられない性分なんだ」
「ついて行っちゃだめ?」
 坊主は黙って首を振る。山々の隙間から零れる夕陽が、坊主の精悍な顔を照らす。少女は項垂れる。
「お前の父君と母君からこれを預かってきた」
 坊主は懐から漆色の簪を取りだす。少女が昔気に入っていた簪だった。
「お父さんとお母さんを知ってるの?」
「ああ」
「今どこにいるの?」
「遠く離れた村で仲良く暮らしている。会いたいか?」
「会いたい。……けど、だめなんでしょ」
 坊主はやはり黙って少女の頭を撫でる。
「お前は聡いな。お前を見捨てた大人たちよりずっとだ」
 それから少女の濡れるような黒髪に簪を指してやる。少女は喜んで水際まで駆けていって水面を覗き込む。
「似合ってる?」
「ああ」
 坊主も水面を見下ろす。少女の笑顔の下、澄んだ湖の奥深くに茅葺きの屋根がいくつも見えた。しばらくそれを睥睨した後、僧帽を目深に被り、坊主は踵を返した。
「じゃあな」
 蛙たちが忙しく鳴き始める。坊主は背に重みを感じて立ち止まる。
「どうして一緒に行ってはいけないの?」
 坊主の衣を掴んだまま少女は言う。
「私が……死んでいるから?」
 蛙たちの鳴き声が一層激しさを増す。遠くで雨雲がごろごろと唸り始める。
 昔、とあるところに大雨に悩まされた村落があったことを坊主は思い出す。洪水による不作が続き、村は次々と湖の底に沈んでいった。大人たちは集まり、村の少女を生贄に捧げることにした。
「放しなさい」と坊主は静かに言う。
「……ごめんなさい」
 しばらくして少女はゆっくりと手を放す。雨雲が薄れ、雲間から陽の光が差し込む。坊主は再び黙って歩き出す。振り返らず、何も言わず、神が住む山渓を後にする。
「ばいばい」
 少女の声は蛙たちの鳴き声に紛れて消えていく。山の間に沈んでいく夕陽が、最後にきらりと湖の水面と少女の簪に跳ね返った。

539 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:58:19.93
>>538 これもいいですね。最初の2行とところどころセリフが雑な感じがするけど。
美しいし、映像が浮かぶ。

540 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:59:33.12
ワイスレ杯って名前の人は同一人物じゃないのか?

541 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:59:42.28
じょーずいの来たなあ。>>538が好み。

542 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:02:41.89
巧いけどお題消化してないのありますね

543 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:05:08.22
とりあえず。みんな、お疲れ様でした。

544 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:05:29.21
>>538がおもしろかった
>>532の意見に同意

545 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:06:35.06
うん、思わず忘れてるけど、消化されてないお題が結構ある。
カエルの鳴く田畑とか、本数少ないバスとか、男女がお互いの思いを打ち明けることとか…


546 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:07:02.30
ところでみんなは1レスに収める文章を書くときは、起承転結を意識してプロット作ってるの?
俺はそれでやったら、1000文字を大幅にオーバーしてしまい、削るのに苦労した。
みんなはどんな風に作ってるの?

547 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:07:25.93
素人さんは」とかゆーてるやつはプロか?
またいつものシッタカ野郎か? そうなら恥を知れ!

548 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:08:25.10
同一人物だねおそらく
538も537も出来栄えがいいが538は若い男女が出てこないのが惜しい
上位あると思う自演なしのガチ予想

549 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:13:34.39
お題少し忘れてた
でも、ちょっと広く考えればセーフかな……

550 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 00:13:37.28
盛り上がっておりますな!
全作読んで予想したいところだけど暇がないかも……。

551 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:14:43.65
>>549 みんなそう思ってワイに厳しく指摘される

552 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:16:35.10
>>549
538はかなり良いがお題消化はカエルと田舎だけじゃねぇか!

553 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:18:45.72
538で犬夜叉思い出した。ちょっとお題飛ばし過ぎかな。
バス停とか段々畑とか絡んでたら1位で全然文句ない。

554 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:22:39.01
>>525
おい!

555 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:23:04.51
>>547
でも>>405とかひどいだろ……

556 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:26:42.19
>>546
短いんだから適当でいいんだよ
最初からjaneの容量と行数を見て書いてる

557 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:27:46.74
>>555
お前のは?

558 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:37:49.19
>>557
>>405だよ。>>405は俺が書いたんだ。

559 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:43:51.42
素人さん乙

560 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:57:18.41
>>558
酷いとわかっているなら無問題
あらためて405を批評するならば、話は薄いが乗りと勢いが中盤にある
楽しんで書いている。悪乗りだが
最後の一文は取ってつけたものである
そのまま悪乗りで最後まで書けば10点は上がったよ

561 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:57:45.69
>>537
いいよ

562 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:02:30.69
>>560
もっと酷いのあるだろ
>>443とか

563 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:09:08.64
>>560
ありがとう
どうせ罵倒されてるだろうと思ってたから嬉しかったよ

564 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/06/10(日) 01:10:57.49
楽しそうでいいな
やはり参加しないとつまらん

565 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:14:07.60
俺の選外が選ばれたら思いっきり酷評してやろう

566 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:16:25.09
ワイさん、田舎育ちじゃないでしょ。

567 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:17:39.25
>>564
そんなん言って、ちゃっかり参加してるんちゃいますの?

568 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:26:57.99
秋吉は文体変えてくるからねぇ
378が秋吉だったりして

569 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:28:25.75
378じゃないやw
376

570 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:34:36.39
>>446
これが一番読み易かった

571 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 02:20:29.01
>>570
そらそうや。

572 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 02:26:04.65
「ゲロゲロ」
「ゲロゲロ」
「ゲロゲロ」
「ゲロゲロ」
「ゲロゲロ」
「ゲロゲーロ!」
「博士、成功ですよ!」
「やったかね」
博士らは蛙の言語の翻訳に成功した。
「たまに逆さ言葉になりますが…」

573 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 02:28:50.15
>>572
5点!(`・ω・´)

574 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 02:34:39.67
「栗原くん、ほんとうだろうね?」
「と言いますと?」
「いや、今日の実験体は、蛙にしちゃ大きすぎるような気がしてね」
「そう言えば、縞のスーツ着てますね」
「うーむ、髪の毛も生えてる」
「でも博士、この顔みてくださいよ」
「そうだな、顔はたしかに、蛙だな」
「博士、我々はやっぱり成功したんですよ!」
「やったね、栗原君!」


「ゲロゲーロ、誰が蛙やねん!」

575 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 02:53:13.59
>446はうらやましいくらいのいじられようだな。
ひょっとして傑作なのか。

576 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 03:04:35.45
>>575
順位に関わってこないのが明白な点に於いて出色。

577 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 03:10:57.59
サッカー中継待ちしながら全部読んだ!特に気に入ったのだけ一行感想書きました、完全に好みで

>>359
斬新だし描写も丁寧で引き込まれる。バス停が似つかわしくないのでなんか工夫が欲しいかも? におし
>>371
普通のSSなんだけど「わたしの膝から崩れ落ちた」って表現がなんか笑った
>>376
単純に好き いちおし
>>392
節々に楽しませようっていう意気を感じる!
>>443
面白いけどこれはナメクジも出して欲しかった
>>446
ふざけてるっぽいけど面白い
>>470
名字がガンガンに出てきてわかりにくかったけど、地の文に独特のリズムを持ってるので!
>>505
俺の読解力のせいかもしれないけどセリフがどっちのかちょっと混乱した…でもラストいい


578 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 03:11:20.06
>>446をいじりつつ>>474のフォローをしたつもりだけど不粋だろうか
なぜ、逆さ言葉で笑いが起こるのか、分からない人へ

579 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 04:53:16.32
今回は二つ書いた
たぶんダメだろうな

580 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 06:18:47.78
十三回ワイスレ杯参加作品

>>346 >>349
>>359 >>371
>>376 >>386
>>390 >>392
>>399 >>402
>>405 >>415
>>423 >>439
>>443 >>446
>>448 >>468
>>470 >>474
>>505 >>523
>>537 >>538

全二十四作品!(`・ω・´)

581 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 06:28:48.76
上位10作は発表できる!(`・ω・´)

582 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 07:05:45.49
レースの予想を楽しんでください

583 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 07:06:27.68
ポッポは出したの?

584 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 07:37:22.70
>>411
感想を書きたくなる作品には、それなりの力が備わっている!
自演等の書き込みを恐れず、心のままに行動すればよい!

これ、どういう意味?
皆さんの書き込みの様子をみてて、感想が書いてあったものはそれなりの力があるって事?
事前予想が参考にされてるの?



585 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 07:51:00.29
いや、しかし緊張する
今から夜の9時まで2ちゃん見れない

586 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 07:54:08.01
>>583
ポッポはそれどころじゃない、鬱が酷くて今樹の会スレでは行方不明事件だ

587 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 08:18:27.15
>>584
因みに前回は、事前に圧倒的に話題にされた作品が3位に上がっていた。



588 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 09:03:09.92
>>544
>>538の何処が目を惹くのか、正直わからない?
これ会話じゃないの?
文学なのか?

589 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 09:52:07.58
>>588
おみゃあの日本語がわからんわい。何が言いたいんだ。

590 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 10:03:17.15
>>584
読んで感想を書きたいと思ったならそれは良い作品という事だから自演呼ばわりされるのを恐れず感想を書いてやりなよー、
ワイが評価するだけでなく第三者の評価もあってこそこのスレは存続して来た!(`・ω・´)
程度の意味であって、少なくともワイ氏が選考にあたり事前予想を参考にする、とかそういうニュアンスは含まれてない。

591 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 10:04:02.56
と、思う、よ。

592 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 10:25:08.82
>>590
その解釈の通り!

今回は上位九作品を発表する!
寸評は夕方の五時前後を考えている!
上位の発表は晩の八時を予定!

今から読む!(`・ω・´)

593 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 10:46:33.51
アリの祭りとはまた毛色が違ってて楽しかったぜよ。
採点大変だろうけど、頑張れ大将!(`・ω・´)

594 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 10:58:51.83
>>589
恐らく>>538は、会話の羅列であって、文学になってないといいたいのだろう。
まあ、純文派は改行させずに一気に地の文を続ける奴等が多いからな。
そいつらにとっては、全く異質なものに映ったという事だろうな。
例えば、ここで推されていた>>423なんぞは会話が全くない。

595 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 11:01:44.21
地の文を括弧でくくれば全部同じ

596 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 11:47:27.22
地の文はそれなりに緊張させて書いてるからな。
通俗的な日常会話とは又違った味になるからな。

597 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 11:55:53.30
地の文では情報密度を楽に上げられるけど、会話文では同じ情報を伝えるにしても文量も工夫もいる。

598 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 11:59:01.72
地の文が説明的にならないようにするには会話も有効だろう。


599 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 12:05:37.01
349.386.399.402.415.468.470.474.505.523.538

あたりが秀逸


600 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 12:05:58.83
会話の多用はラノベ派だな。

それは良いとして、
>>423がワイから高評価を受けられるかは疑問だな。
主題がはっきりと分かるものでないとなあ……。
陳腐でもいいから、いや、むしろ誰にでも分かりやすい陳腐なものの方が良い。
ここのスレでは。
主催者の真意を読むのって奥が深いだろう。


601 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 12:26:00.81
半分を読み終えたところで昼食にする!(`・ω・´)ノシ

602 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 12:32:07.99
ワイさんオツカレー。今日の昼飯、カツカレー。

603 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 12:33:23.01
おつおつ

>>349
>>359
>>376
>>423
>>446
>>538
スレではこの辺が人気かね

604 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 12:36:15.31
>>599

ふむ。九位までの発表となれば、予想枠から2作品が脱落するわけだ。
>>599に敬意を表して11作品読んでみる。

おっ、>>423は予想外か、ならば12作品にすっか。

605 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 12:41:11.33
全部読んだ。感想も一応ある。
とりあえず上位予想。
>>359
>>371
>>376
>>392
>>399
>>415
>>443
>>448
>>523
>>537

606 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 12:52:26.72
>>423が何で予想外なのか?
分かり易いの、分かり易いの、って実は大手の予選では真っ先に切られるんだよね。
むしろ、少々分かりづらい方が新しさが滲み出るから興味ももたれる。
良作ほど、とっつき難くなっているんだよな、本当は……。

607 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 13:00:29.89
>>606
ばか?

608 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 13:14:10.07
アリの祭りって何?
ワイ杯みたいに楽しいんだったら参加したいので情報ください

609 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 13:15:23.33
ま、送る賞によるわな
それはそれとしてワイさんは分かりやすいのが好みだろう
>>423
>>376
は選外
優勝は>>538と予想

610 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 13:20:13.23
>>609
会話の羅列でっか……
分かりやすければ良いってもんじゃないでしょう。

611 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 13:22:17.45
わかりやすさは美点であろう。

612 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 13:25:06.17
>>610
いや俺は>>538好きではないよ。ただワイさん好みと予想


613 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 13:50:16.62
>>609
前回は秋吉が目新しいものを持って来たら、どん尻だった。
ここでは誰にでも理解出来る陳腐なものの方が無難なような気もする。
目新しさで勝負しては駄目だ。

614 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 13:53:19.31
>>613
だって読むのがラノベの人だもん

615 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 14:01:41.28
>>614
いよぉー、負け惜しみくんw

616 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 14:10:38.44
>>608
投稿サイト「アリの穴」の競作祭り。
ここの万倍殺伐としてるから、楽しめる保証はないです。

617 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 14:15:25.79
しかも最近アリの祭りやってないよね

618 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 14:28:47.75
月子さんが動いたらやる方向へ動く気がする

619 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 14:31:19.54
おい、もっとサクサク読める作品ねえの?
ねぇわな……

620 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 14:32:53.66
おまえのレベルに合わせるとサクサク読めるけど、
カスになるんじゃね?

621 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 15:52:21.24
>>538
設定の加点がほとんど無いな

622 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 16:35:10.77
>>346
自然に囲まれたバス停に男は佇んでいた! 妻との離婚を決意していた! 妻の日記には何が書かれていたのか!
妻が出家することで、ここまで怒りを露わにする男の心中がよくわからない! 妄想の類いなのか! 風景と男の心情が水と油を思わせた!

>>349
バス停の二人の遣り取りが初々しい! 方言が物語に馴染んでいた! 最後まで伝えられない言葉を読者に想像させる!
彼女が亡くなったあとも主人公は約束を守り続けていた! 毎年の設定を今年に限定して、約束を果たしにいく、とした方が効果的に思えた!

>>359
数百年の歴史を繋いできた忍び衆! 頭領の娘は縁談を嫌って逃げ出した! それを追い掛ける頭領と許嫁! 殺める意味があるのか!
頭領の娘を手に掛ければ家系が途絶えるかもしれない! 土壇場で頭領が心変わりした理由も定かでなく、都合がいいように見えた!

>>371
逆転の発想を狙った掌編! 少年はボランティア先の家の人間だった! 家族が登場しないので少年が家主にも思える!
少年は美丈夫に見える! 余計にボランティアの必要性が感じられない! ボランティアではなくてメイドの方がしっくりくる!

>>376
アマガエルの視点で全編が書かれていた! 人間以上に観察眼の鋭いカエル! ゲロゲロの鳴き声の裏の意味を読者に考えさせる!
若い女の行動にはあまり意味を感じられなかった! カエルとの絡みも希薄なので、もう少し関連性を持たせてもいいかもしれない!

>>386
アマガエルのミドリに呪いをかけたのは何者なのか! カエルから人間になることが呪いになるのか! 不幸なことでは無いような気がする!
ミドリと云う名前はカエルの時の身体の色が由来なのか! 雨賀エル(アマガエル)でエルと呼び、最後にフルネームを明かす手もある!

623 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 16:35:49.05
>>390
情緒のあるロボットもの! エースパイロットだった老人の落ち着きが物悲しい! 星空で妻を思い出す! 亡くなったことを仄めかしているのか!
傍らの介護ロボットの言葉は妻を思わせる! それに見立てた老人の優しい語り掛けが胸に沁みた!

>>392
最初の場面は必要なのか! アニメのネタは人によって理解されないことがある! コマーシャルも同じ! 描写の手間を惜しんでいるように見える!
場面が分散していて主題が見え難い! まずは書きたい部分に焦点を当てた方がよい!

>>399
話に大きな変化はない! 緩やかな時が二人を自然に導いていく! 読者に想像させるような描写が話には合っていた!
人の少ない田舎では、ほとんどの者が顔馴染み! バスのクラクションが物語る! 仲睦まじい二人へ、茶目っ気のある祝福に思えた!

>>402
少し設定から遠い! 総理と主人公は偶然に出会ったのか! 川べりは視界が悪いのか! SPの登場が不自然に思えた!
総理は来年に会う約束をするが目は悲しそうだった! 政権が続かないことを意味しているのか! 主題がぼんやりとした話であった!

>>405
家屋の中にいることで風景の描写を回避した! 中身に文字数を費やしているようには見えない! 中身はかなりの薄味!
二人の会話は噛み合っているとは言い難い! 何も果たされていない状態で話が終わる! ワイにはハッピーエンドに見えなかった!

>>415
三人称と一人称が混ざった文章なので少し読み辛さを覚えた! 『女』、『彼女』、『男』、『彼』等の代名詞の多さも原因のひとつ!
一レスに収まる内容ではなかった! そのせいで主人公の苦労が説明にとどまり、最後の決断も少し早急に思えた!

624 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 16:36:24.29
>>423
巨大化したカエルが主人公! 人間を食べたことで人智を身に備えた! 以前の恋人に舌を伸ばしたことで判明!
主人公はカエルの本能と人間らしさの狭間で懊悩する! 古めかしい書き方と自身の脳に起きた現象に詳しい部分が少し引っ掛かった!

>>439
人間と思わせた鷹の姉弟の話! 冒頭から最後まで鷹の姉弟と思って読むと少し引っ掛かる!
姉弟は廃屋に作られた巣で育ったのではないのか! 巣立ちを勘違いした姉が弟の命を心配したのか! 書き過ぎて意味が危うい箇所がある!

>>443
未来からきたカエルとヘビの地球の支配権を賭した戦い! 王道のショートショートの展開であった!
細かい工作の部分は巧みに端折られていた! ヘビとカエルの特徴を捉えた文章が最後まで気を抜かずに書かれていた!

>>446
ゲコの鳴き声に博士の声が混ざっているのか! 全部の声がカエルなのか! まるで区別が付かない!
翻訳した内容はどのようなものだったのか! ワイの設定はどこに消えたのか! 読者の想像に頼り切った話に成功は有り得ない!

>>448
わざと拙い文章で書かれていたように思う! 種族の違う者同士が自己の考えから他者を否定する物語!
最後は人間に行き着くが、まだまだ輪の中で否定が続くように思った! 円環状の山に囲まれた土地柄、そんな深読みをワイにさせるのかもしれない!

>>468
巨大なカエルに最初は注目が集まった! 次第に騒がれなくなっていく! 人々の関心が薄れた理由は最後に語られる!
人々はカエルの餌食になっていた! 怖さよりも滑稽な部分が文中で強調されていて中途半端な内容に思えた!

625 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 16:36:55.55
>>470
この話は人物が多く登場する! 小山、小西、高峯、笹木の性別がはっきりしない! おそらく笹木は女性! 支倉は好きな相手なので協力したのだろう!
会話文に頼った書き方なので性別がわかるように書かないと読み難い! 異性、同性間の恋愛小説が巷間に溢れていることを忘れてはいけない!

>>474
放射能隠蔽では説明不足! どのようなことが起こって、そのような状況を迎えたのか! 若い男女の関わりもはっきりとしない!
ノンフィクションとフィクションの境目がわからない! 現実で補完するのではなく、物語の中で完結した方がよい!

>>505
人間を中心に据えた物語! しかし、生々しさは感じられなかった! 客観的な視点で事実を語るにとどまった!
人間に焦点を当てていながら軽い読み物に努めたのか! ワイは物足りなさを覚えた!

>>523
酔いに任せた台詞と思わせて、実は心の中を打ち明けていた! そのミナミの優しさを知らないで主人公は女性として生きていく為に村を離れる!
お互いの優しさの交差が歯痒いながらも話としてはまとまっていた! ただし、主人公の声で騙すには無理があるように思った!

>>537
自殺をしようとする二人の関係が気になる! 夫婦であれば保険金の受取人として問題はない! 事実婚の場合も会社によっては認められている!
全体的に少し説明口調になっている作りが惜しい! 展開に無理はなく、王道のショートショートと云える!

>>538
坊主だからこそ、少女と普通に会話ができた! 少女の置かれた状況は、ある村落の事情を思い出すことで説明していた!
その部分にワイは少し引っ掛かった! 坊主は少女に手渡す簪を携えてきたので、『ある村落』を例に出さなくても事情を知っているように思った!

626 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 16:53:54.66
上位九作品の発表は今日の八時頃を予定!

では、のちほど!(`・ω・´)ノシ

627 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 16:58:25.40
オツカレっす!

628 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 16:59:07.21
おつです。
>>390>>399>>443の三つ巴っぽいな。

629 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:00:28.03
ロボットが一位か

630 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:03:35.19
>>8
上手い!

631 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:07:26.29
自演乙

632 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:12:49.66
寸評来た。ワイさんお疲れ様です。

サクサク読めるラノベでも書いてるんだけど、いつも1レスに収まらず、常に断念。

「おや、こんばんは」
 そう声をかけてきた老人の額に、エイジは銀の弾丸を撃ち込んだ。ドス黒い血液が周囲にまき散らされる。
「容赦ないのですね、エイジ」
とは教会修道服姿の女の言葉。
「死人に情けなんて無用だ、修道女(シスター)」
 街灯もない暗い山村へと続く道、満月のみが周囲を照らす。エイジの放った銃声を合図に、道脇の林から人影が次から次へと現われた。彼らの瞳は白く濁り、土気色の皮膚に精気はない。その数、数十へと膨らんだ。
「なんだこの死人還り(ゾンビ)の数は。反魂術式(ネクロマンシー)の展開範囲(アクティブフィールド)がパネェな。火葬した奴まで幽体復元(リプラズム)化してやがる。第三獄門(HG-V)に穴でもあけたのかよ」
と言いつつ、両手の回転式銃(リボルバー)の乱射で十体近いゾンビを瞬時に仕留めた。が、次から次へと現われる大群には焼け石に水、山道はすでにゾンビの群集に埋め尽くされようとしている。
「これじゃキリがねぇ、シスター、あんたと組むのは初めてだが、何かできるんだろ?」
とエイジは挑戦的な眼差しで修道服の女を見やる。女は億劫そうに口を開いた。
「それでは御父のご加護を無碍にする下衆共に奇跡の力を見せつけてあげましょう」

これで既にレスの半分消費しちゃってるからオチまでたどり着けないw

633 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:16:49.91
厨二なラノベ風も決して悪くは無い。
時勢に合うものならFateシリーズ等がその典型であるが、一レスに収めるには厳しいだろうな。

634 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:23:53.49
>>626
おつです

635 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:29:02.19
>>443
わかりやすい話だが、ターミネーターと猿の惑星だろこれ

636 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:31:06.59
>>415はいわれて見れば、一人称と三人称が混ざってるな
でもそこまで混乱しなかったけどな
全部、三人称で書くとどうなるんだろ

>>443はおもしろかったな
>>446にも親切にレス返すとは、ワイさんすげえ
>>468は途中までラブコメかと思ったわ。いきなり切り替えたな
>>470は読むのが難しい。1度で理解できない。いや、2度目でも理解できないかも
>>538が1位かな、と思った

以上、ワイさんの感想見て、思ったこと。

637 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:33:21.49
>>443
パクリなら失格だな

638 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:35:17.87
>今回の設定!

山々に囲まれた山村が舞台! 未舗装の道がある! バス停はあるが朝晩の数本のみ! 段々畑ではカエルが盛んに鳴いている!
そのような風光明媚な場所に二人の若い男女が暮らしていた! お互いに事情を胸に抱え、相手に打ち明ける機会を窺っていた!
二人は、どのような結末を迎えるのか! 自然が謳歌する季節に相応しい物語を求む!

……満たしてないのは減点な



639 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 17:54:56.61
ダメか

640 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:09:34.02
設定の減点は大きいと思う
一つ10点の減点があるとすると最大80点の減点


641 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:17:45.26
山々に囲まれた山村が舞台! 未舗装の道がある! バス停はあるが朝晩の数本のみ! 段々畑ではカエルが盛んに鳴いている!
「そのような風光明媚な場所」

 →趣意を捉えていればいい部分


に二人の若い男女が暮らしていた! お互いに事情を胸に抱え、相手に打ち明ける機会を窺っていた!

 →設定


二人は、どのような結末を迎えるのか! 自然が謳歌する季節に相応しい物語を求む!

 →加点要素

642 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 18:22:09.71
>>443は筒井康隆を彷彿とさせる。あんま読んだことないけど。

643 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:24:06.75
ただのシナリオじゃねえか

644 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:25:01.10
筒井道隆にあやまれ!

645 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:26:50.88
蛙に優勝して欲しいな

646 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:30:51.04
半分くらいカエルなんだが

647 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:32:09.25
>>443
これ、敵対種族が更にもう一種類いて、何も変わらねえってオチだろ

648 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:33:33.55
思ったより寸評は悪くなかった

649 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:34:22.85
寸評はいいねぇ
入選は保証されたようなので
443おめでとう!

650 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:36:55.05
>>647
うわー思いつかんかった。ナメクジか。やるなぁー
お前のお陰で>>443の完成度が下がったわ

651 :秋吉君@熟れたデブのへそ汗 ◆2itMTGf8Qk :2012/06/10(日) 18:37:20.75
おーう集まったねえ!
ワイさんお疲れ〜
今回まじで俺出せなかったんだよな。無念。
蛙はコテ奪還戦?

652 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:39:45.38
>>650
作者?

653 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:45:28.85
ちなみに俺は>>399とか>>390の方が好きだけどね
どちらも読後感がよい!SSコンテストじゃないんだし

654 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:47:02.06
>>652
違う。647の気付きに感嘆したって言いたかっただけで、
このテーマ分量だとナメクジまでは入らないとは思うけどな。

655 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:50:47.81
ヘビってナメクジが苦手なんだっけか

656 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:51:33.80
>>446
これは24位

657 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:56:30.00
おめでとうといったが撤回する
>>443はお題消化しないから選外の可能性の方が高い気がする

658 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 18:58:01.33
今回読み専の秋吉氏はどれ推しですかな?

659 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:08:13.75
>>647
>>650
分かってない俺に教えてください
ナメクジは蛇に強いの?

660 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:12:44.99
今回は8位からだろ
予想していこうぜ

8位:>>386
7位:>>390
6位:>>349
5位:>>423
4位:>>399
3位:>>443
2位:>>446
1位:>>538

ワイさんの寸評から予想した

661 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:17:12.84
>>659
三竦みでしょ
でも、現実的には蛇がナメクジに負けたりはしない

662 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:23:04.31
538の優勝はない入選すら危うい気がする
体操競技に例えると規定演技無視の自由演技でばかりでやっているから
審査員の目からすると印象悪い

663 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:23:10.26
俺のにも触れろよ

664 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:30:40.31
あたしも触って…

665 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:31:58.19
どれか言えよ
自信があるなら堂々と自作を言ってみろ

666 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:33:25.55
>>663
やだよ。

667 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:33:43.60
そこはだな
巧く自演して自分はこれとこれが好きだけどどうかなって聞くんだよ

668 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:34:46.18
>>371のボランティアが勘違いする話。「私」の性別が気になった。
エナメルのブーツって♀マークなのか?
錦戸似のライバルに夜這いを仕掛けていたが、近頃では男だとしても成り立つような話だった。

669 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:41:34.43
自分は>>448が好きなんだけどどうかなー?

670 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:42:54.88
>>669
5位だな

671 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:44:47.53
>>670
入選?信じるぞー

672 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:46:31.61
>>538
は前回優勝者の雰囲気がぷんぷんするのだが……あたしだけ?



673 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 19:58:07.57
まだ早いか!(`・ω・´)

674 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:59:03.46
もういいよ
どうせダメだから

675 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:59:42.66
きたきた

676 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:01:48.22
ちょっとビールを取ってくる!(`・ω・´)ノシ

677 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:02:25.84
いきなりかよ!

678 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:03:41.50
じゃコーラ取って来るから発表待って

679 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:04:08.86
重ねるのかよ!

680 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:04:58.50
では、発表に移る!

第九位は>>505
題材としては非常に惜しい!
もう少し人間の本質に迫って欲しかった!
設定の加点が少ない中で九位は健闘した!

おめでとう!(`・ω・´)

681 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:06:10.66
初見では難解だったな
おめでとう

682 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:07:16.18
9位おめでとう

683 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:10:56.08
ビール飲んでるのか

684 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:12:06.06
第八位は>>538
坊主の意図がはっきりとしない点が弱かった!
冷然たる態度を少女に取りながらも優しい一面が垣間見える!
そのような作りで盛り上げることも可能であった!
文章としては悪くなかった! 実力の片鱗が窺える!

おめでとう!(`・ω・´)

685 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:12:33.33
難しい話だねバカだからよくわからない

686 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:12:58.19
8位なのか
前評価は一番だったのに

687 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:13:05.60
きたか!そしていきなりの九位宣告w
選外にも入りそうにないなと思ってはいたけど、嬉しいような悲しいような……!

688 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:13:31.26
死人と会話する話はどーもなぁ……

689 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:14:08.94
怒濤の八位奪取w俺の夏、終わっちまったよ……orz

690 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:14:21.15
加点材料があれば……

691 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:15:29.57
>>689
どうせまだ書いてるんだろ

692 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:15:33.34
今北。どkがむねうねするぜ

693 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:17:05.63
>>691
さすがにそれは ありませぬ。

694 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:17:14.27
第七位は>>523
この話はよく考えられていた! プロットがあるのではないか!
短い中に伏線を入れて見事に回収! 主人公の声の部分に難があるとは云え、
一レスの物語では十分に思えた! 個人的にはワイの好みの範疇に入る!

おめでとう!(`・ω・´)

695 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:18:49.10
なのに7位とは、これ如何に


おめでとう……で、いいよね

696 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:19:41.34
おめでとう

697 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:19:50.30
ふむ

698 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:19:58.93
七位おめでとう。最後の台詞が良かったなあ。

699 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:20:10.72
7位おめでとう
評価は良さげなのに7か

700 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:20:50.02
ワイはホモだったのか

701 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:21:20.05
>>672
あ、それ俺も思ってた
雰囲気が似てるよね

702 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:23:02.09
俺の奴はまだか!

703 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:23:07.36
>>700
いえ、ワイさんは女子です。キッパリ!

704 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:23:17.68
オチツケは本当にもう書いてないんだな信じるぞ!

705 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:23:58.63
>>672,701
没個性的な文章という自己評価があったからなんか嬉しい。

706 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:24:08.06
第六位は>>443
スレッド上にも書かれている通り、既視感はある!
カエルとヘビに適した書き方に作者の苦心が見て取れた!
話としてのまとまりが強み! 加えて設定の加点が順位を押し上げた!

おめでとう!(`・ω・´)

707 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:24:40.09
また今回も俺が1位か。

708 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:25:45.24
これ、読んでないわ。
ちょっと読んでくる。

709 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:25:54.64
>>704
♪〜( ̄ε ̄)

嘘々、本当にもう書いてないw
むしろ俺は秋吉氏が本当に書いてないのか疑ってるがw

710 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:26:32.59
7位おもしれー
今まで読んでなかった

711 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:26:38.97
ちょっとトイレに内股で走ってくる!(`・ω・´)

712 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:26:40.35
ロボットが一位だな

713 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:27:32.96
寸評通りだな

714 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:27:33.96
むねむねしてきた

715 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:27:46.11
こんなレベル高いなら、私のは選外ね

716 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:28:09.49
SSの王道は入選する法則は過去にもあった気が

717 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:29:13.74
ワイはSSの王道とオチを気にするタイプ

718 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:29:43.27
秋吉なら前回のリベンジするだろw普通wコテならw
コテなら責任持てやらなんやら聞いた気がする

719 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:29:43.52
筒井氏六位おめでとう。コテ返上したくない。>>443はアイデアが秀逸だったなあ。

720 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:30:07.30
うむ 一位はどうかしらんが
努力したで賞くらいはやってもいい

721 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:31:46.66
第五位は>>537
ショートショートの出来としてはよい! 限られた文字数の中では少し無駄があるように思った!
冒頭の老人を削れば、もう少し話に厚みが持たせられたかもしれない!
地の文が饒舌な点も減点の対象になった! 見せ方に工夫が必要!

おめでとう!(`・ω・´)

722 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:32:17.79
ワイさんはお腹が弱いんだろうか。

723 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:32:25.10
今回のロボ悪くないよ
来ると思う

724 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:32:42.32
オチツケは自演がうざい

725 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:33:04.63
なんだ、台詞がたくさんあっても入選するんだな

726 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:33:57.39
ワイスレ杯はナマものだから
旬が強い

727 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:34:54.33
しかし緊張感がないというのも良いものである。
五位おめでとう。今回はオチのある話が多かった。構成力高し。

728 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:35:16.18
6位と5位でした
二つとも選ばれて良かったです

もう書いてないので終わりですね
ありがとうございました!

729 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:36:32.97
>>728
やるなw

730 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:37:24.95
逆に自分としては>>538が話題に上がってて嫌だったなwボロがたくさん出そうで。

731 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:37:47.95
ほーー

732 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:39:12.89
第四位は>>349
少し物悲しい物語! 方言が内容に合っていた! 素朴な二人の演出として活きていた!
ただ毎年のように墓参りに訪れる点に感動が薄れたことは否めない!
日々の生活に流される中で、約束を果たす方が読者の印象に強く残るような気がする!

おめでとう!(`・ω・´)

733 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:39:30.42
またビールか

734 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:40:43.39
こういうのって ワイっちのツボだんね

でもオモロイからおめでとう

735 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:41:18.63
4位か、おめ
前評判は良かったな

736 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:41:27.66
ベストスリーの発表は場を盛り上げる為に、
少し焦らしてもいい?(`・ω・´)

737 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:42:24.19
やだよー

738 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:42:35.65
470来るかねぇ

739 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:42:44.80
あと残っているのは
まさか!

740 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:43:07.48
俺のは?

741 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:43:14.18
>>728
SS畑の方と見た。

四位は>>349か!予想してなかった。方言は自然で上手いと思ったけど。もっかい読んでこよう。

742 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:43:28.39
すべての発表に2時間かかるとかかりすぎな感じ

743 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:44:37.33
いつもの茶番ですがな

744 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:44:52.41
いいじゃん一位決まったら蜘蛛の子なんだからさw

745 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:45:37.67
>>742
それがワイスレ杯の歴史でR

746 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:46:19.81
今日はどこで「トイレでうっふん」が読めるのかな

747 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:46:28.05
たった9しか枠がないのに9、8と6、5は一人で二つかよ
俺のが入ってなかったら承知しないぞ

748 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:46:55.34
ここからは熾烈な上位陣の争い!
実力が伯仲したことは言うまでもない!

第三位は>>390
おそらくロボット物が上位に入ったことは過去にないはず!
ワイ自身が驚嘆した! まさか、と目を疑った!
妻と介護ロボットの明確な差が文章で伝えられていれば、
堂々の単独一位も有り得た! それくらいにワイは心を奪われた!

心からおめでとう!(`・ω・´)

749 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:47:48.40
これも寸評通りだった

750 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:48:13.24
おおおおおお、待ってました!

751 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:48:34.95
俺のはああああああああああ!!

752 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:48:39.81
遂にこの日が来たか!

753 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:49:01.97
意外とワイはお涙頂戴に弱いな

754 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:49:19.91
俺のが1位かな

755 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:49:43.97
苦節ロボット年
おめでとボット

756 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:49:58.02
ちきしょー、446かよー

757 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:50:18.85
ロボットがついに上位に食い込んだ……!
第一回ワイ杯からの長い戦いの歴史を思うと感動も一入でありますな。

758 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:50:37.03
全く文章を評価していない件w

759 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:52:12.32
評価に値しない(キリッ

760 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:52:16.63
ワイ杯は順位の予測が全然つかないw
全体的にまさかって感じのランキング

761 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:52:32.32
まさか蛙も複数書いて枠を潰してるんじゃないだろうな

762 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:54:04.23
堂々の単独一位って書いてあるけどまさか今回は優勝が二作……?

763 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:55:19.25
いやそこはね

764 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:55:27.09
第二位は>>399
奇を衒っていないながらも目に見えるかのようなリアリティが他を圧倒した!
説明文さえも説明に見えない! 自然な流れの中に組み込まれていた!
ショートショートの分量で短編小説を読んだような気分になった!
作者の手腕に『お見事』の一言を贈りたい!

おめでとう!(`・ω・´)

765 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:56:06.96
茶番ですがな

766 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:56:43.55
終わったな・・・

767 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:56:50.11
それ1位じゃないの!

768 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:56:57.56
茶柱が立った。

769 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:57:03.47
俺のは?

770 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:57:23.84
自分のもダメだったらしい

771 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:58:05.26
俺、俺、鷺がいる


772 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 20:58:09.66
一位はキミの心の中にあるよ、で終われば罵倒されそう!(`・ω・´)

773 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:58:24.40
もしやアレ

774 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 20:58:33.38
予想が外れた!一位は如何に!

775 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:58:58.96
遂に私の作品が一位に!

776 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:00:05.93
選外だったか。

777 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:00:24.16
確かに減点要素の少ない作品が一つだけ残ってる

778 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:00:32.42
どれ?

779 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:00:56.33
引っ張りすぎだよアホ

780 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:00:58.48
蛙が複数入選してたら許さんからな!!

781 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 21:01:47.29
悔しい!でも焦らされちゃう!ビクンビクン

782 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:02:02.66
>>777
もう一度全部一読しよう

783 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:02:57.79
教えてくれよ

784 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:03:10.46
もう今回は残念でしたの文章を書いちゃってるのに、まだ1位が発表されないから書き込めないよ・・・

785 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 21:03:12.26
そろそろF5がもげる

786 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:03:30.90
>>782
めんどうくせえ

787 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:04:24.01
更新クリック疲れた

788 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 21:04:37.59
栄えある第一位は>>423
古めかしい書き方は食べた人間の種類によるのかもしれない!
ただ片田舎の設定で、この文体はとても映えて見えた!
カエルと人間の心の葛藤が行動に見て取れて、見事と云う他ない!
ジャンルに関係なく、ワイは自信を持って一位に推す!

素晴らしい掌編に最大級のおめでとうを贈る!(`・ω・´)おめでとう!

789 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:05:20.66
349.386.399.402.415.468.470.474.505.523.538

>>599の予想だが、そこそこ当たってる

790 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:05:22.28
くだらね

791 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:05:59.07
おめでとう!

792 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:06:40.13
予想通りだった
おめでとう

で、俺のは?
一位を越えた殿堂入り?

793 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:06:48.64


794 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:06:49.78
おめおめー

795 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:07:04.04
>>789
ワシのは入ってなかった。。

796 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:07:04.82
微妙

797 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:07:17.58
おめでとう!
けどそれって

798 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:07:45.31
はい、茶番もおしまい

799 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:08:05.02
9位か10位なら入ってたのかもと自らを励ましてみる

800 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:09:10.52
皆さんおめでとうございます。

自分は>>470を書いて入選ならず。
コテの奪還もできませんでした……が、次こそはやってやりますとも。


801 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:09:49.50
このガチガチの設定で書いた人は偉いよ。
俺は逃げた。

802 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/10(日) 21:09:52.53
異論は多々あるとは思うが、
これで第十三回ワイスレ杯の閉幕!

参加者に感謝!(`・ω・´)ノシ

803 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:10:16.02
お疲れ様でした

804 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 21:10:51.92
一位おめでとう!再読してきた。確かに最後のゲコリには何とも言い難い哀愁を感じる。

805 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:11:44.14
全体的に蛙の擬音が多過ぎたな。

806 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:11:52.77
お疲れ様でした
また選外か
SS的なオチがないとダメなの

807 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:12:37.85
お題っていくつかあったわけだけど、バス停で1日何本とか、段々畑とかカエルとか。
配点はみんな均等?

808 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 21:13:04.65
>>802
ワイさんお疲れさま&ありがとうございました!
参加者のみなさんもお疲れさまでした。コテ剥奪は次回まで猶予をいただきたく候!

809 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:13:32.01
確かに、バスが一度も出てこなくても入選できたやつもあったよな

810 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:15:15.38
>>808
二つも入ったくせに何を言ってんだ

811 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:16:02.42
妥当な結果だよ

812 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:16:36.13
入選された方、おめでとうございます

選外確実と言われ、見事その通りとなった>>405
優勝作品と同じく巨大ガエルが出てくる>>468を書きました。

入選された方の作品はどれも面白く、自分が選外なのは実力不足で当然だなと改めて気づかされました。
ありがとうございました。


813 :エルモ ◆Ash5XueQCI :2012/06/10(日) 21:17:19.27
やったぜ優勝みんなありがとうー!
あと>>448も書いたけど全然話題にならなかったなぁ;(誤爆しちゃってすいません)
ワイさんお疲れ様でした!

814 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:19:19.10
なんだ
エルモか
ふむ

815 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:19:52.96
茶番におめでとう

816 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 21:21:12.86
>>810
おこがましくも五位以内が目標なんですわ……。

ところで>>399の一枚二枚というのは段々畑のことを言ってるんだよね?そこだけわからなかった。

817 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:21:31.76
今回はエロいのがなかった
俺の股間が泣いている

818 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:21:37.68
入選した人に、自分の作品を除いたトップ5を披露してもらいたいどす

819 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:21:47.28
>>813
おめでとさん
私は423より448の方が好きでござる
その文体はあかん!

820 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:22:33.61
エルモ!?……認めん、認めんぞ!

821 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:22:43.00
>>817

>>376

822 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:22:56.10
>>818
それいいね

823 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:24:02.16
エルモか、さすがだわ

824 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:24:06.55
>>818
断固、支持する!

825 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 21:25:01.55
>>813
おめでとうございます!
俺も>>448の方が好きだったwポテンシャルを感じた。
ワイさんは作品としては未完成だけどポテンシャルを感じるという作品に甘くない気がする。そこがすごいと思う。

826 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:25:10.72
それは断る!

827 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:25:30.54
これだけ作品があってランキングは一つじゃあね、と思うわけ
色んな読み方ががあるわけで

828 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:26:32.98
というかエルモは名無しでポッポのスレに紛れてるのか

829 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:26:33.41
たか、今回は一位がはっきりしていたと思うが。
>>423が群を抜いた所にあるのは誰が見ても明らかだ。



830 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:26:37.73
こういうのを楽しめる奴って幸せだね。


831 :エルモ ◆Ash5XueQCI :2012/06/10(日) 21:28:59.25
>>819
あかんかぁ;;
>>820
何だね君はー!?
>>823 >>825
ありがとう!

トップ5じゃないけど>>577が自分の感想。上から目線はごめんね

832 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:32:23.91
>>831
俺のいちおしにしているから許す

833 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:34:00.30
ロボットの人にも一押しとかあんのかな

834 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 21:34:41.54
自分は>>605の予想。あえて五作に絞るなら、
>>399
>>392
>>359
>>448
>>537
かなあ。

835 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:36:40.15
やっぱりひとそれぞれだね

836 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:38:17.70
みんなが一つになったな。

837 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:39:00.28
締めるな!

838 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:39:36.49
なにを?

839 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:40:07.09
そうだ!
俺のは・・・

840 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:40:24.15
ワイスレ優勝者には、アリの祭りに参加できる権利が与えられる。
よかったな。

841 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:41:16.20
エルモ優勝は役不足。「華」がなさすぎ。それが書き手としても限界点。

842 :エルモ ◆Ash5XueQCI :2012/06/10(日) 21:44:53.64
>>828
ポッポさん同人誌作るらしいので見守ってます!
>>832
>>376?好きだった!
>>823>>825
ありがとー^^
>>841
華かぁ…頑張る


843 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:46:30.34
>>825
書いてあることを額面通りに受け止めるって感じだな、確かに。
自分の知りたい、ある情報が書いてないと思った時にも決して脳内で補完したりしない。
筋が通ってるといえば確かに通ってる

844 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:47:14.39
>>841
役不足……?
ツッコミ待ちか

845 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:47:48.72
>>843
補完しないではなく出来ないんだよ

846 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:51:37.99
六位と五位の寸評って両方とも王道って書かれてるな
あとで見たら同一人物だと分かりやすいわ

847 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:55:58.97
こんにょろ♪
皆様お疲れ様ですにょろ。
今回は >>523 を書きましたです。7位。むーん、ちっとも上位にいけないーw
この長さならきちんとしたプロットは書かないですにょろ。
が、短いの書くときは思い浮かんだ文章をぼつぼつ並べて間を埋めていく感じなのでプロットを太らせてる感じかもです。

お気にの作品は後ほどー。……今回他の方の作品まだ読んでないので。申し訳なさす。

ではまた近いうちにお会いします!

848 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:57:29.80
コテばっかじゃねえか

849 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:58:44.68
>>833
ロボットの人だけども今みんなの読み返してるので待って頂けるか
私バカなんで私の一押しなんてなんの参考にもならんと思うが

850 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:01:44.77
>>849
ロボットの人って微妙な日本語w
バカか利口かなんてゲージュツに関係なくない?

851 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:02:44.42
SSの王道。よし次回は夢オチで勝負や!

852 :オバゾノ ◆RUOBDYDjaN0H :2012/06/10(日) 22:07:03.49
ワイさん、皆さん、お疲れ様でした。
>>439を書きました。
今回一番いいな、と思ったのは、>>349の前半部分でした。二人の間の初恋な空気感が最高でした。
オチ4行は、前半の濃やかな出来に対して大味だと思いました。
お題が難しくなってきたけど、今回も大変に楽しませていただきました。またよろしくお願いします。


853 :386:2012/06/10(日) 22:07:13.23
(´・ω・`)ショボーン

854 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:15:29.71
24作あっても参加人数は6〜7人ぐらいか

855 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:22:02.83
全員から支持を受けるようじゃ駄目なんだよ。
下手な奴は会話羅列とか読み易いものとか分かりやすいものを推して来るから。
いわゆる新人賞で嫌われる作品。

あるマニアだけから支持を受ければ良い。
一見してとっつきづらいのが良い。それが新しいものだからだ。
その点>>423は外す奴は外していた。駄目だと。それで良い。
エルモは確かな才能がある。

856 ::2012/06/10(日) 22:22:11.04
>>371のボランティアの話と、>>392の運命を感じた相手に石を投げられる話を書きました。
両方、惨敗したけど悔いはないです。
俺のを褒めてくれた人、ありがとう〜まじで、ありがとう!

857 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/10(日) 22:23:38.40
ワイさんはそのうちワイ杯も祭みたいに一定枚数以内で競作という形にしていく考えはあるんだろうか。
それとも祭とは区別してあくまでも一レス勝負というスタンスを貫かれるのだろうか。

858 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:32:42.64
ワイも忙しいし1レス形式は変えないと見た

859 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:43:13.06
>>853
面白かったよ。うまかったし。

860 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:46:04.52
ロボットの人だけどどれがいいのかわかんねぇ〜
まぁ>>423じゃないっすかね認めませんけど
次に>>448で次に399?538?43いや392いや371いや44のような気も537も
正直わかんないですねこれ本当です

861 :386:2012/06/10(日) 22:58:02.13
>>859
( ´;д;)アリガト…

862 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:04:33.96
よっしゃ、今度はどんなお題でも、官能エロ小説をかいたる

863 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:05:36.71
>>847
平均的に入選が多いなら十分じゃないか

864 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:05:45.33
おまえには無理だ。

865 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:09:57.33
いや、誰にでも書ける!

866 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:10:39.17
書くだけなら、ただ。

867 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:11:01.61
ロボット氏ウケルww
こんなノリで壊れたロボット話キボンヌ

868 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:19:28.69
>>349,359,402を書きました。
うー、悔しい。
理解できるところも、出来ないところもあるけれど。そんな感じ、本当に。
欲が出てきたみたいだ。

ワイさんお疲れ様でした。応募者の皆さんお疲れ様でした。
入賞の皆さんおめでとうでした。またね〜


869 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:22:03.31
みんな寝たのか?ふて寝してるのか?
まぁ聞いてくれ 3位 のこの私の話を
前回最下位からの大躍進をしたけれどなんか悔しい
ワイ氏は絶賛してくれてるけど…どうなの?努力賞のような気がする
誰か寸評してほしい>>390出来れば接待強要的な気持ちよく寝れるのをお願いする

870 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:23:05.42
4位ならいいだろ
業突く張りめ

871 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:23:46.35
前回のロボの人と同じなのか。よかった。

872 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:27:53.91
よかったんだけど、シナプスってのがひっかかった

873 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:45:52.79
538と423と523とかが良かったかな
特に423は上手かったよ、やっぱり

874 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:53:02.59
選外…むー、無念。入選した人たちおめでとう、ワイさんお疲れ様でした。
ワイスレ初参戦だったけど楽しかったので良しですわん。
>>415ことRSでした。

875 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 02:12:37.12
>>427
ありがとうございます!
このままで書いてみます

876 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 03:22:31.98
キワモノが入選してるな
未来から来たってやつは無いと思ってた

877 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 09:39:54.89
ロボットもな

878 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 10:24:27.65
つまらない国語の授業に出たような気分。
面白さや独創性より、ルールや定石を守っているかとか
先生の価値観に合うかどうかが優先される。
Y氏のスレのワイ杯だから当然なんだが、
Y氏はもっと採点の基準や根拠を明らかにすべきと思う。


879 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/11(月) 10:58:02.42
ワイスレ杯の評価基準!
そのようなものは送られてくる作品によって簡単に覆る!
ワイの考え方を書いておく!

@ 設定をどのように作品に活かしているか!
設定を抑えることで加点を得られる! 簡単な考え方としては通常の評価点に設定点を足した点数!

A 独創性や面白さについて! 独創性は他人に真意が伝わらなければ独り善がりとなる! 面白さは賛同者が多くなければ先と同じ! 日本語の意味がわかり、内容がすんなりと頭に入る! その前提を踏まえて独創性や面白さを追求すればよい!

国語の授業のように確固たる答えは存在しない!
良い結果が出なくて詰まらないと思うのならば、
自身が面白くなるような結果を出せばよい!

何事にも努力は必要!(`・ω・´)

880 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 11:16:57.24
>内容がすんなりと頭に入る! その前提を踏まえて独創性や面白さを追求すればよい!

これは考え方違うと思うな。俺はね。
保坂先生の小説も、例えば自由高さHとかの新人賞の作品も、内容がすんなりと頭に入って行かないようにわざわざ工夫されている。
新しいものほど、入って行けない筈なんだよ。
むしろ、2、3日おいてから、ぐっと迫る作品ほど実力があるものかも知れないな。



881 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/11(月) 11:23:55.57
一レスの文章と一冊分の小説を比べるには無理がある!
一レスでも難解! それを一冊分の量に書き上げたとして、
結果を考えてみればよい!

一レスには一レスなりの意味がある!(`・ω・´)ノシ

882 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 11:43:46.55
保坂信者うざい。
氏の小説読んでも全くつまらないんだよ。何言いたいんだかさっぱりわけわからないし。
氏の風景描写も内容とは乖離しすぎているし。全く意味をなしていないし。


883 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 12:34:18.39
すんなり読めるけど、簡単には理解できないってのが個人的にはいい。
難解なのは書こうと思えば書けるじゃん。ただ遠回りなだけのあざとい文章は。

884 :878:2012/06/11(月) 12:55:40.96
ワイ杯でも普段の批評でも、こういう難癖寸前の質問にも
真摯に対応するワイ氏には本当に頭が下がる。いつもありがとうございます。
個人的には創作と競争を楽しめましたよ。結果が出なくてつまらなかったんじゃなくて。
もういいっちゃいいんだけど、879を読んでやっぱりわからないので書いておく、
答えてくれなくてもいいです。

>評価基準! そのようなものは送られてくる作品によって簡単に覆る!
それは例えばとりあえずカエルに触れとけば5点、みたいに設定ごとに配点があるわけじゃなくて、
ただ触れたAには5点しかあげないけど、うまく話に絡めたBには10点、みたいな感じ?
あるいは、どちらも同じような扱い方なんだけど、Bよりもワイ氏好みな話のCには15点あげるとか?

>他人に真意が伝わらなければ独り善がりとなる!
というのはまあわかるけど、独りよがりはそんなにだめか?そんな受け身の読書が基準なのか?
>面白さは賛同者が多くなければ先と同じ!
下馬評であれがいいこれがいいって言われてるわけで、それを参考にすることもありうるわけ?

洗練されてないことを理由に、面白いものや楽しいものが無駄に切り捨てられてるような感じ?
こういっては本当に失礼なんだけど、こういう場でうまくまとまったものばかりを評価してると
だんだん場自体がつまんなくなっていくような気がするんだよね。

885 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:02:36.52
内容が頭にすっと入っていかないように工夫するのは勝手だが
それは別に新しくもないし、今のちっぽけな日本の純文学文壇でさえそんなことは
本流とは言いがたい
保坂だけが勝手にやってる小説実験でしかない
理解するのにかかるインターバルで小説の良さとか新しさを決めるとか
アホ過ぎる

ワイのスタンスは中間小説的なところにあると思う
彼が指摘してるのは文学的実験のよしあしを指摘したことは無く
エンタメでも文学的でもいいが、読みやすさとか文書の正しさしか言わない
やりたけりゃ他スレたてて
「俺が文学をちょっと詳しく評価する」でやるべき、ここは、あくまでも文章を評価するスレ

886 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/11(月) 13:03:30.28
送られてくる作品には未知の可能性が秘められている!
一定の基準に従ってワイは順位を決めているが、
その枠組みさえも超える作品があると思ってもいる!
ロボット物の上位入賞は初めて!

ワイは作品の力を信じている!(`・ω・´)

887 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:05:04.02
>洗練されてないことを理由に、面白いものや楽しいものが無駄に切り捨てられてるような感じ?

伸びそうな新人を発掘する編集者じゃないんだし、そこまでワイ氏に甘えるのはどうかな。

ここはあくまでも評価スレ。
現段階の文章、作品を批評する、してもらうのが目的でしょう?

888 :和製シシカバブ ◆sxTik22v6A :2012/06/11(月) 13:09:38.59
文句ある奴はワイ氏反対派で徒党を組んで新しいスレを立てたらいいんじゃない?

889 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:10:33.75
>>885
ま、そうだよね。そりゃわかってる。ここはワイ氏の文章スレ。
しかし正しい日本語の用法を検討するスレでもないだろ。
そこんとこのバランスが俺にはわからないんだろうな

890 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:13:03.33
ここは一般に通じる文章講座と思えばいいんだよ。保坂だか何だか知らないけど、つべこべ言うなよ。
新人賞狙うやつは別のスレに行けばいい話しだろう。場違いなんだよ。
ワイさんに失礼だよ。

891 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:15:26.32
878と885だけど、俺は保坂なんて知らないよ
新人賞も狙ってない。ただ訊きたいことを訊いただけ。
ワイ氏には感謝と尊敬以外にない。

892 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:18:19.60
去るが良い

893 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:20:39.24
つまり
ワイは文学的仕掛けの上手下手、のアドバイスしたこともないし
エンタメ的面白さのアドバイスをしたことも無い

あくまで日本語の用法、それと内容に突っ込むとしても
わかりにくいとか、別な意味に解釈されるとか
搭乗人物のその行動はおかしいとか
シーンでも、それがそんな風になていないよおかしいとか
そういうことだけ

894 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:20:43.38
ワイ氏がそう言うならそうしよう。
でもおまえ様に指図されるいわれはないよ。

895 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:29:17.18
いや、でも集まって来る人の中で、文学的な玄人評をする人も確かにいる。
それを考えると、ここは参考になるよ。
俺もなるほどと思った指摘をワイさん以外の人から受けた事がある。感謝してる。

896 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:33:40.89
文学的とかエンタメ的なアドバイスは難しいんだろなぁ
そういうスレがあっても良いと思うけど
とんでも無くへんなアドバイスの人もいるし
良い事言われてるのにまったく受け入れようとしない人もいる

897 :和製シシカバブ ◆sxTik22v6A :2012/06/11(月) 13:36:31.03
アンチワイ氏とかそういう話ではなく、新種の評価スレが必要なのかもしれない。

898 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:47:15.11
思うんだけど、
ラストシーン、とか、書き出し、とか場面を限定して競わせたらどうだろうか?

一つの完結させた話にしちゃうと、仕上がりがお互いに全然違う畑になってしまう。
すると、ジャンルが違った奴らに、ワイは純文学を読めない、
とか、ワイはエンタメを読めない、とか始まっちゃうしさ……。


899 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 13:49:04.77
やりたきゃ別スレ立ててやれ
面白そうだけど


900 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 17:46:39.07
立てようか?

901 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 19:03:32.92
ワイ杯を設定を書いてやるんじゃなくて
途中までワイが書けば良いんだよ
その文体って言うかトーンのまま続けろっていう大会
とうぜん、ワイが書いた部分もみんなに批評される

902 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 19:13:28.84
つまんね

903 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 19:30:44.69
得意な文体、好きな文体それぞれあるからそれで勝負したいだろう


904 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 21:46:01.47
文体は自由!映画を文章にせよ!!とかは?

905 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/11(月) 22:36:13.71
818で言ってたみたいに入選者がベスト5を選ぶってのがいいんじゃないの
ワイ氏のお題とランキングを縦軸にして、スレが進むってのが理想かなと。

906 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/12(火) 00:52:27.74
このスレの自治的な話はいいんで
誰か作品晒せや!

907 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/12(火) 02:15:00.68
自治も時間稼ぎの内ってひろゆきが言ってたぜ!

908 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/12(火) 03:36:49.68
この前のワイスレ杯を参考に思いついた
45DPぐらい予定の短編の冒頭
蛙を軸に主人公が変わる連作短編にしようと思ってますが
冒頭で興味を惹くように駆けてますか?

ttp://ncode.syosetu.com/n1379bg/1/

909 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/12(火) 05:42:03.01
>>908
>夕まぐれの時刻で、空は朱に染まっていて、とても高かった。
(夕まぐれは夕方の薄暗い時刻! 書き方からは薄暗さが伝わって来なかった!)

事故の回想の部分で少し引っ掛かった!
トラックの動きがゆっくりに見えていながら、親友の動きには速さがあった!
突き飛ばされた主人公には時間的な間があるにも関わらず、親友の悲惨な最期を目にした! ゆっくりと描写されていた!
ワイには作者の過剰な演出に思えた!

最初はトラックをゆっくりと描写する! 主人公が親友に突き飛ばされることで正常な時間に戻る!
仰向けに倒れた直後に上体を起こすと、そこには凄惨な事故現場が展開されていた!
そのような時間の流れの方が自然に思える! 作者の意見が優先するので参考程度に考えればよい!

場面転換の部分が繋がっているように見えた! 作者なりの工夫かもしれない!
ただし、主人公の驚いた様子があまり書かれていないので少し不思議な感じを受ける!
カエルの神様との出会いを理路整然と語っていた!

細かい部分に荒さを感じたが、冒頭としては悪くない!(`・ω・´)

910 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/12(火) 11:52:15.48
>>890
えっ、そうだったの。
それでは本当に去らなくては行けない。
基本や通常から外れる事だけを考えている僕としては……。

911 :恐怖の大群:2012/06/12(火) 14:29:41.47
 ブレーキを踏んだが、間に合わなかった。
 ライトに照らされた前方に、何かいる。
 山間を取り巻く霧のせいもあって、運転士はそれに気がつくのが遅れた。
 バスの窓は半開きだったので、悲鳴に似た鳴き声とかそれらの潰れる音が、車内にも聞こえてきた。
 バスはすぐには止まらず、数メートルほどスリップした。
 バスが轢いたのは生き物、両生類――
「うわわっ、なんだこれは」運転士は思わず声をあげた。
 蛙!
 ヒキガエル。
 その数が尋常ではなかった。道路をびっしりと埋め尽くす、醜い肉の群れ。
 繁殖期なのだろうか、道路はヒキガエルの海と化していた。
 バスは、轢いたというより、そこに嵌まったというほうが相応しい。
 ずぶぶぶっ、ぶちゃちゃちゃっ、という大蛙の潰れる音がして、バスはようやく停止した。
 急ブレーキだったので、二人しかいない乗客は驚いた。
 二人の客は知り合いの男女らしくぴったりと寄り添っている。
「どうしたんですか?」と若い男。
「道路が蛙だらけです。体液で滑って前に進めません」
 女が「全然、動けないんですか」と訊いた。
「やってみます」運転士はギアを確かめてゆっくりとアクセルを踏んだ。(後編へ)

912 :恐怖の大群:2012/06/12(火) 14:30:21.80
 ずりゅりゅりゅっ、と不快な音がした。バスは多少動いたが、まともな方向には進めない。
「だめです。相手は動物ですから、移動するのを待つしかありません」
「そんなぁ……」女は、切迫した目つきで男のほうを見た。「ヒロシ、私もう我慢できないよ。ここでしようよ」
 女は焦った手つきで男のジッパーを下ろそうとした。
「やめてくれ」と男は拒んだ。「そんな気分じゃない。それどころじゃないんだ」男は男で、何か焦っていた。
「なんでなの?」女は語気を強めて「私、あなたが部屋に来たときから、したくてしたくて堪らなかったのよ。でもあなたは別のことでそわそわして、パソコンに向かったきり見向きもしてくれない」
「おい、今は何時だ?」
「午後の……九時だけど」
「俺の家まではまだ遠い。この分じゃ、間に合わないかもな」
 男はポケットから大事なメモリーを取り出した。
 女はいぶかしげにそれを覗く。
「それは会社のデータなの? 悔しいわ。私より大事なものなのね」
 男女が焦っている間、バスは何度も始動を試した。しかし、結果に好転の兆しはなかった。
 時間だけがのろのろと這って、バスを置き去りにした。
「だめだ、もう間に合わない。携帯も通じないし、通信回線のある俺の家までは遠い!」
「明日は日曜日よ。一体何が間に合わないの?」
「そんなの決まっている」
 男はメモリーを、窓の外に投げ捨てて呟いた。
「第十三回ワイスレの締め切りさ」

913 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/12(火) 14:40:30.21
>>908
事故のシーンでやたら文を句切るのはラノベの書き方?

914 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/12(火) 16:36:16.05
3行目まで読んで電車かなと思ってた。4行目で頭の中にあった画を
書き換えなきゃいけなくなって、ちょっと戸惑いました。
運転士じゃなくて運転手のほうがいいかも。
それと、前半と後半でなんとなく関連性が弱いような感じがしました。


915 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/12(火) 21:53:02.72
>>911
振りより落ちのほうが弱いという、ある意味面白い作品だと思う。

916 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/12(火) 22:47:40.39
>>911-912
>蛙!
>ヒキガエル。
(地の文が一人称に見える!)

その後は三人称!

>男はポケットから大事なメモリーを取り出した。
(男にとっては大事なメモリー! 三人称に徹すればメモリーだけでよい!)

人称の使い分けが不十分で文章が揺らいで見えた!
省ける主語が多くある! 推敲不足が否めない!

冒頭から人称を意識して書いた方がよい57点!(`・ω・´)

917 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/12(火) 23:07:00.19
>>911
オチってのは作品の中の事柄と関連させような


918 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/12(火) 23:59:59.03
よろしくお願いします。前半は前にお願いしたところなので続きからお願いします。
http://ncode.syosetu.com/n2572bf/

919 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 00:16:05.68
君はユウスケなの?
学生なの

920 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/13(水) 00:30:07.48
>>919
Yes,I am!

921 :911-912です:2012/06/13(水) 05:08:21.62
ワイ様、皆様、ありがとうございました。
自分が考えていなかった方向からの突っ込み、勉強になります。
>>914様の感じた導入部のひっかかりは、しまったと思いました。
運転士は間違いではないのですが、運転手のほうが勘違いされないのはごもっともです。

またタイトルを書き込み時に適当に作ってしまったため(二レスを連続した話と判らせるため)もあるのでしょうか、それがミスリードとなって後半がぶれているようになってしまいました。

人称に関してのご意見は、今まで言われたことがない未知の領域でしたので、一から勉強しなおします。

922 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/13(水) 05:56:49.11
>>918
主人公が心で思ったことに答えるかのような場面がいくつか目に付いた!
一つ目は時系列を変えた為! 二つ目はミスに近い!

> 覚えのある名前だった〜ピンク色の三階建てくらいのアパート。
>「そう、たぶんそれ」
> 特徴を話すと島田さんは〜

> 大学からピアノを〜そんなイメージがなんとなくあった。
>「わたしもそう思ってた〜

カエルの雨乞いに主人公の去り難い感情を重ねていた部分がよい72点!(`・ω・´)

923 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 13:40:49.98
重要な会議でもっとも困るのは
みなが時間をかけて積み上げてきたなかに
いきなり割りこむブチョー

君ら、これはこれでなきゃアカンだろう
もうとっくに議論が進んでその先ですって ブチョー

924 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 14:52:59.15
人並みの仕事さえ出来なくて、人と慣れ合うぐらいしか脳のないアホに限って
派閥の一員になった気で偉そうにしてる。変化に耐えられる力がないから、
そいつらは変わったものが嫌いだし新しいものが嫌い。頭も当然悪いから
諸法無常であることも理解できない。



925 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 15:01:21.13
>>924
諸行無常だろ、ばーか

926 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 15:35:15.20
>>925
無知乙

927 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 15:56:45.63
>>925
物書きになりたいなら勉強しないとな

928 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 16:01:39.15
釣れた(爆)

929 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 16:05:05.28
>>928
まず涙拭けよ

930 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 16:10:46.21
擬音生者の金の肥、所業無情の響鬼あり。皿送受の鼻の色、乗車必須医の断りを粗はす。

931 :月祭りの夜:2012/06/13(水) 17:47:18.45
ファンタジー小説の冒頭です。意味の通じる文章になってるでしょうか。
よろしくお願いします。

新月の空に、いくつもの花火があがる。漆黒の天蓋を、そのまま太鼓にして打ち鳴らしたような轟音が響き、宝石のような輝きが、星や花の絵を描くたびに歓声が上がる。
石畳を敷き詰めた城下の広場や、その周りのれんが造りの建物の窓、それに屋根の上から、月の無い夜空を見つめる人たちの顔が色とりどりに照らしだされる。
夏至を過ぎて最初の新月の夜に、エルスバウムと呼ばれるこの国の二つの神、太陽と月に、豊穣と平和を願って祭りは開かれる。
王の宮殿とそこから広がる城下の町デルジアは、どちらも規模で言えば決して大きいとは言えない。宮殿は必要な機能を備えるだけの大きさしかなく、
その宮殿を軸にして円を描くように広がる町は、馬を使えば外周を回るのに10分とかからない。
それでも、美しい庭園に建つ、白亜の宮殿の優しく凛とした佇まいは、この国の人々の自慢だったし、
豊かな国土の恵みに支えられた城下の暮らしは、日々の労働に十分報いてくれるものだった。
町では男たちが、ワインのなみなみと注がれた、やけに大きな陶器のジョッキを酌み交わし、羊の腸詰めを味わいながら、その年の豊作を祈る。
ある女は胸に抱いた幼子が健やかに育つ事を祈っている。数々の夜店が出て賑わう広場では、打ち上げにあわせて楽士たちが軽やかに音楽を奏で始めた。
若者たちが仲間たちと、あるいは恋人の手を取って踊り出す。昔、若者だった者たちも、リズムに合わせて体を揺らしながら、
次々と踊りの輪に加わっていく。そうして笑顔と歓声が絶えることなく、祭の夜は過ぎていく。

広場へつながる通りに、夜店で手に入れたおもちゃの剣や盾を手にした子供が4人ばかり、騎士のまねごとをして剣を振り、見栄を切っては笑い声を上げて走り出してくる。
祭りの賑わいが遠くなる界隈は人気がない。そこまできて、小さな騎士たちはふいに立ち止まった。
建物の間に挟まれた路地の向こうの通りを、いくつもの黒い影が列をなして、闇を滑るように横切っていく。
彼らがぼうっとその様子を見ていることに、行き過ぎかけた影のひとつが気付いて足を止めた。
(続く)

932 :月祭りの夜:2012/06/13(水) 17:48:49.96
(続き)
影は自分たちの姿を見た者の正体を見極めようと列を離れ、花火の光が時折ふたつの通りを照らし出す中、
光の届ききらない暗い路地を子供たちの方へ歩み寄る。子供たちは恐ろしさに逃げ出す事も出来ずに、足を竦ませながら、身を寄せ合った。
影が路地を抜けて子供たちの眼の前に立った時、もう一度、辺りが明るくなり、その姿が浮かび上がった。
頭から膝までを包む黒いマントから覗く顔は、濡れたように光を反射する仮面に覆われて、男のものとわかる口と顎だけが出ている。
仮面の表情は虚しさと悲しみに叫び声を上げているように見える。
子供たちにとって、その姿は誰とも知れない大人というだけではない。夢やおとぎ話に出てくる鬼や悪魔が現実に現れたのも同然だった。
(続く)

933 :月祭りの夜:2012/06/13(水) 17:49:22.64
(続き)
“やはり子供だったか”
怯え、寄り添い合いながらやっと立っているような子供たちの姿を確かめて、仮面の男は思った。
“ここで我々の姿を見た事を誰か他の大人に伝えるだろうか。そうだとすればいささか具合が悪いかもしれない。
ここで殺さなくても、これから起こる事に変わりはないだろうが、しかし―”
マントがわずかに開かれ、剣の柄を握った黒い手袋が見えた。子供たちは目を見開き、小さく悲鳴の様な声をあげながら息を飲んだ。
「そんな所で何をしている!?」仮面の男が剣を抜こうとした時、後ろに全く同じ姿をした男が現れて言った。声を潜めてはいるが、調子は激しい。
「子供などに係わり合っている場合ではない。予定の時間までもう間がないぞ!」
新たな人物が現れて、張りつめきった緊張が解けたのか、突然、子供の1人が激しく泣き出した。絶叫、と言う方が正しいようなその声は、
大人に対して実力行使の手段を持たない子供が持つ唯一の武器だ。耳障りな大声が響き渡り、剣を握った男の口元が、憤ったように歪んだ。
しかし、もう一度仲間に先を急げと促され、肘をつかまれると、やっと剣から手を離し、元来た方へ駆け出していった。
仮面の男たちが路地を曲がり、通りから姿を消したのとほぼ同時に、偶然通りすがった小太りの女が、子供の異様なまでの泣き声を聞きつけてやってきた。
子供たちに駆け寄り、声をかけ肩を抱いてやると、他の子供たちも一斉に泣き出した。女は怪しい人影を見たような気がして路地の向こうに視線を向けるが、
そこには打ち上げられた花火の光とたわむれるように、消えては現れる闇があるだけだった。
(終わり)

934 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/13(水) 22:09:44.80
>>922
どうもありがとうございます。
前に読んだ小説の中で、地の文で思ったことをそのまま言ったというニュアンスを込めた会話の描写が使われていたので真似してみました。
実際初めて読んだときは戸惑いましたが、便利な表現かなと思ってます。

なかなか一人で読み返していると、何アホなこと書いてるんだとたまにゾッとする部分があるので、こうやって点数をもらえると落ち着くというか。
まだまだ習作の域を出てないんじゃないかなという不安もありますが、まずはとにかく書き上げてみようと思います。
評価ありがとうございました。

935 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/13(水) 22:30:16.16
>>934
ワルプルギス賞に投稿すればええやん
編集からリクエストが貰えれば一流のワナビだぞ

936 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/13(水) 23:02:19.69
>>935
ワルプルギス賞ってもう完成してる作品だけだと思ってた。
ちょっと考えてみようかな。どうもありがとう。

937 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/14(木) 03:25:02.87
  泪の恋文時雨
                                   青山紀一郎

英語の教科書と国語の宿題、数学の自習用の問題の答えを書き留めたノートがあることを確認すると、藤堂少年はいつも通り階下の居間にやってきた。
トーストにマーマレード、そして紅茶といういたって質素な朝食を済ませると、鞄を抱えて玄関の引き戸を開けた。
先代のそのまた先代からの玄関扉だ。開けたてする度に安普請の家とは思えないほど一人前の音がする。それが藤堂の一日の始まりのベルだった。
朝の平和な陽光の中をバス停まで歩く。
藤堂少年は病にならない病に冒されていた。
それは薬では治らない。病院に行ったところで無理だ。
街中で女を見る度に、その服がスカートであろうとパンツスタイルであろうと、その中に踊っている若々しい肢体に、なぜか最近は興味を惹かれるのだ。
電車の中で女子高生を見ると、もういけない。
その大理石のような脚に目が煮こごりのように固まり、藤堂少年から身体の中の、性のランドマークが勃起するのを抑えられない。
要するに、藤堂少年はエクスタシーを覚えたのだ。
クラスの悪童から、コンドームなるものを見せつけられても、黙って無視する彼を、やがてクラスの悪童はからかい、半人前扱いするようになったのだ。



938 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/14(木) 03:26:07.55
学校へはバスで通った。
県下一の落ちこぼれ、いわゆる底辺校である。

ある朝のこと、藤堂少年はいつも通り、バス停で車両が来るのを待っていた。
五月の空はロンバルディアの青空のように、どこまでも澄んでいた。
また今日から、暗欝な学校生活を送るのか。
そんな風に落ち込んでいると、一人の少女が、藤堂の隣にやってきた。
見たところ、制服は地元でも有名なお城さま学校だった。
藤堂には流鏑馬で射られた的のように神秘な一本の矢が、その純真な心に的中した。
一日目は何ともなかった。
二日目は髪型が気になった。今時珍しい三つ編みなのである。
三日目は名前が知りたくなった。
四日目は一緒に遊びたくなった。

これが栄光学園や開成に通っている身なら、堂々とアタックも出来たことだろう。
だがしかし、彼の精神は絶えず刻まれる生傷によって、その血が止まることはなかった。

「あなたには触って欲しくないの」
「もういいから出てってよ」
調理実習の時間となると、小学生の藤堂少年は、食材に触ることも許されなかった。
 さらに過酷だったのは、弁当を食べる時間である。藤堂は一人で食べても何の不都合もなかったが、当時の担任が、「二人以下で弁当を食うのはやめろ」とのお達しを敷き、藤堂少年もとあるグループに頭を下げて入れてもらっていた。



939 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/14(木) 03:27:06.86
高校受験に失敗し、彼はブラームスを愛する青年となった。
 あの高く、硬い城壁のような第一番交響曲の第一楽章は、藤堂の心の苦しみを体現するものだった。
 そう。嵐と泥濘と血と病の中にあって、これは真っ暗な夜にも朝が訪れる、そんな曲だった。

 朝のバスではいつも彼女がいた。
 純なセーラー服で、校則通りの白い靴下が眩しかった。

 なんとかこの想いを伝えられないだろうか。
 藤堂は悩んだ。
 恋文を書くことも考えたが、渡す機会がない。

 H中学野馬鹿野郎!
 彼は憤慨した。
 あんな学校へ行っていなければ、自分は今頃学習院か暁星学園に通っていて、女の子にだって自信をもってアタック出来たはずだ。
 藤堂は、もう何百回とした後悔を、もう一度した。

 秋になった。
 あの少女は相変わらずバス停に現れた。
 藤堂は意を決した。
 一週間後に、恋文を渡そう。

 家にあるありったけの書物を読んだ。語彙力増強のためである。
 「詩経」「李伯詩集」まで読んだ。
 そしてバイロンも、ドストエフスキーも、三島由紀夫も読んだ。


940 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/14(木) 03:29:18.59
 前夜は心の蒸気機関車が走りっぱなしだった。
 情熱という石炭をくべて、恋の成就へと一直線にひた走る機関車だった。
 彼は時に火夫となり、時に車掌となり、時に鉄道員となる。
 全てを三枚のレターに込めた。
 一球入魂である。
 藤堂は十二回音読し、てにをはを直し、表現を工夫した。
 これならいける。あとは彼女に渡すだけだ。
 吹雪と厳冬の気象条件の下、彼は南極点にたどり着くかんとするアムンゼンだった。
 
 その日がやってきた。
 いつものように手紙を鞄にしまいつつ、バスが来るのを待った。
 だが彼女は現れなかった。
 その翌日も、三日目も、一週間後も、バス停には彼女の姿はなかった。

 それから藤堂がどうなったか、その初恋の娘がどうなったか、誰も知らない。
 ただ、青春に破れ、エベにそっぽを向かれた一人の青年が選んだ道は、自らの命を断つことだった。
 それから程なくして、神田川に飛び込んで逝去した青年の記事が、地方の新聞で掲載された。
                                       完



941 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/14(木) 03:34:14.43
>>909

ありがとうございます!

> >夕まぐれの時刻で、空は朱に染まっていて、とても高かった。
> (夕まぐれは夕方の薄暗い時刻! 書き方からは薄暗さが伝わって来なかった!)

ちょっと言葉の意味を勘違いしてました。
直します!

>
> 事故の回想の部分で少し引っ掛った〜〜 そのような時間の流れの方が自然に思える! 作者の意見が優先するので参考程度に考えればよい!

認識の速さがバラバラになっていたのには気がつかなかったです。
混乱した感じを出そうとして文を崩すことばかり考えてました。
もう一度、そのシーンも考えてみます!

主人公の反応も、もう一回頭の中で妄想してみます。
ありがとうございました!

942 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/14(木) 05:38:32.00
>>938
さらさらと流れるような文章がいいと思った。
その日がやって来た。以降、主人公の心理的葛藤が一切書かれてないのが寂しい。

943 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/14(木) 07:01:37.79
昨晩は帰宅が遅く、さらに軽度の二日酔い!
時間に追われているので明日の朝まで評価を延ばす!

申し訳ない!(`・ω・´)ノシ

944 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/14(木) 12:31:45.73
>>942
読んでくださったのですね。
ありがとうございます。

出来るだけ感情を抑えて、さらさらと流れる文章を意識して書きました。
うまく伝わったようでなによりです。

ただ、最後の部分は確かに舌足らずでしたね。
あえて感情を抑えて書いたのが裏目に出てしまったのでしょうか。

感想ありがとうございます。

945 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/14(木) 17:53:38.39
>>931-933
俯瞰の三人称ではなかった! 所々に人物の心情が垣間見えるので神視点のように見えた!
冒頭部分なので人称の種類をはっきりと伝えた作りが望ましい!

それ以外で気になる箇所はなかった!(`・ω・´)

946 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/14(木) 17:54:09.40
>>937-940
>英語の教科書〜藤堂少年はいつも通り階下の居間にやってきた。
(行為の意味がよくわからなかった! おそらくカバンの中に収めたものを確認したのだと思われる!)

>開けたてする度に安普請の家とは思えないほど一人前の音がする。
(どのような音が鳴ると安普請ではないのか!)

>目が煮こごりのように固まり
(ランドマークの例えはいいとしても、目が煮こごりのように固まる表現は受け入れ難い!)

主人公の性的な興奮のあとに性に疎い彼の説明がされていた! 相反する内容なのでワイは引っ掛かった!

>制服は地元でも有名なお城さま学校だった。
(変換ミス!)

>藤堂には流鏑馬で射られた的のように神秘な一本の矢が、その純真な心に的中した。
(若い女の肉体に興奮する主人公は純真なのか!)

藤堂少年は中学生! 絶えず精神に傷を負わされていた! 補足説明のように小学校の回想が入る!
中学ではコンドームの件しか書かれていないので、『絶えず』とは云えないような気がする!

>H中学野馬鹿野郎!
(変換ミス!)

>吹雪と厳冬の気象条件の下、彼は南極点にたどり着くかんとするアムンゼンだった。
(秋になって一週間後に恋文を渡そうと主人公は考えた! その僅かな日数で冬になったのか! 『着くかん』は打ちミス!)

>いつものように手紙を鞄にしまいつつ〜
(恋文を初めて書いたのではないのか!)

総じて出来が悪い54点!(`・ω・´)

947 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/14(木) 19:47:19.79
>>946
ワイ様、ご評価ありがとうございます。
ご指摘いただいた点、改稿に十分に参考にさせていただきました。

そこで、難点を大幅に改良し、リライトしてみました。
お時間があれば、ご覧ください。

「恋文」
http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2148.txt

948 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/14(木) 22:00:19.14
>>943
お忙しく、しかもお疲れと思われるところ、有難うございました。
とりあえず「破綻のない」文章にはなっているようなので安心しました。
>人称の種類をはっきり
どうしたらいいか、ちょっと考えてみます。。。

949 :948:2012/06/14(木) 22:03:09.64
948は931〜933の筆者で、>945へのお礼レスをしたかったのですが、
すんません。アンカーとか色々間違ってました。。。

950 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/14(木) 23:39:38.58
>>947
>のどかな眉に海の色をした瞳。
(彼女は日本人ではないのか! それとも主人公にはそのように見えているのか!)

>彼は星を見失った航海者となった。
>月が、太陽がなくなった絶望の海の真っ只中で、闇に蝕まれてゆく幽霊船だった。
(月が幽霊船なのか! 比喩の意味を受け取り難い!)

思い込みの激しい少年の発作的とも云える死に読者が共感できるのか!
読者に興味をもたれる話作りが課題!

以前の掌編よりは良くなった!(`・ω・´)

951 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/14(木) 23:42:19.04
補足をする!
>海の色をした瞳
(海には様々な色があることを忘れてはいけない!)

952 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/15(金) 07:31:12.82
>>950-951
ご評価ありがとうございます。

確かに「海の色」というのは引っかかりますね。
輝く、というニュアンスで使ったのですが、
今後は比喩にも神経を使いたいと思います。

良くなった、というご意見いホットしました。

953 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 09:36:42.49
 有給を取った日、私の車は朝からホームセンターに向かっていた。
 6月の日はサンサンと照りつけて、ボンネットで目玉焼きができそうな暑さに、「いつの間に…」などと思いながらエアコンのスイッチを入れる。
 使っていなかったエアコンの黴臭さに混じって、新車にありがちな車本来の匂いが、勢いよく噴出したエアコンの風に乗って、鼻腔の奥に届いた。
 その匂いは、私の脳内になんらかの作用をもたらしたようで、急に不思議な感覚に包まれる。
 不平不満に溢れている、そう思っていたはずの、世の中がいつもと違って、至極真っ当に思えたのだ。
 “もしかすると私は、昨今のバッドニュースや、会社勤めの辛さに目を奪われて「腐った世の中」をでっち上げていた可能性はないだろうか”

 十数台前では、業者風のワンボックスが、国道から狭まい脇道に入ろうとして立ち往生していた。
 そのせいで、私の車は、普段ならありえない場所に止められる。
 そこには、小さな、街のバイク店があり、一人の客が見守る中、一台のスクーターを挟んで、老人とその息子と思われる二人が一心に作業していた。
 一人はオイルを注ぎ、一人はネジを締めている。それは、簡単な作業だったが、絶対の確かさを持っているかのように思えた。
 私はなんとなく、凛とした気持ちになって、シートベルトを締めた。

954 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 09:42:14.27
もとい!対して変わりませんが…

 有給を取った日、私の車は朝からホームセンターに向かっていた。
 6月の日はサンサンと照りつけて、ボンネットで目玉焼きができそうな暑さに、「いつの間に…」などと思いながらエアコンのスイッチを入れる。
 使っていなかったエアコンの黴臭さに混じって、新車にありがちな車本来の匂いが、勢いよく噴出した風に乗って、鼻腔の奥に届いた。
 その匂いは、私の脳内になんらかの作用をもたらしたようで、急に不思議な感覚に包まれる。
 不平不満に溢れている、そう思っていたはずの、世の中がいつもと違って、至極真っ当に思えたのだ。
 “もしかすると私は、昨今のバッドニュースや、会社勤めの辛さに目を奪われて「腐った世の中」をでっち上げていた可能性はないだろうか”

 十数台前では、業者風のワンボックスが、国道から狭まい脇道に入ろうとして立ち往生していた。
 そのせいで、私の車は、普段ならありえない場所に止められる。
 そこには、小さな、街のバイク店があり、一人の客が見守る中、一台のスクーターを挟んで、老人とその息子と思われる二人が一心に作業していた。
 一人はオイルを注ぎ、一人はネジを締めている。それは、簡単な作業だったが、絶対の確かさを持っているかのように思えた。
 私はなんとなく、凛とした気持ちになって、シートベルトを締めた。


955 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 18:27:00.84
ttp://t-walker.jp/invite.htm

ワイが契約したのってこれ?
ゲーム云々って言ってたよな

956 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 18:35:02.50
そことは違うらしい。そしてそういうスレじゃないらしい

957 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 18:35:05.69
バレたか

958 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 20:00:58.38
>>執筆する小説は1作品4000文字程度、報酬は4000円です。

一日十枚しか書けない人は日給4千円。
コンスタントに仕事あるかどうかわからんし、書き続けるのも苦しそう。
アイディアを搾り取られて、使い捨てじゃね?



959 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 20:04:40.06
ダセエ仕事だなw
これでプロ気取りかよ

960 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 20:06:20.71
ダセエって言葉がすごいw
さすが還暦

961 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 20:10:28.73
悔しかったんだなワイw

962 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 20:13:35.92
どんな仕事でも金を貰ったらプロだろ

963 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 20:17:14.16
生活保護のプロか?

964 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 20:30:05.66
生活保護でもなんでもプロはプロじゃい

965 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 20:48:46.89
えらい。これで芥川賞だな

966 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 21:13:39.58
芥川賞に憧れる世代って年寄りだろw

967 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 22:02:10.28
一行あけを多用したり、どりゃああああああああ 
といった意味のないセリフを書き連ねたら、
一日50枚書けるかもしれないな。そしたら日給2万円也

968 :オチツケ ◆uxG0R0EdkU :2012/06/15(金) 22:28:30.42
>>955
面白そう。応募してみようかな。

969 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 22:42:12.53
964 名前:名無し物書き@推敲中? :2012/06/15(金) 20:30:05.66
生活保護でもなんでもプロはプロじゃい



970 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 22:44:14.80
さすがは親子二代のプロwwwwwwwwwwwwwwww

971 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 22:45:03.76
ハイさんか?

ワイvsハイ



972 :↑↑↑↑↑↑↑↑:2012/06/15(金) 23:15:29.30
964 名前:名無し物書き@推敲中? :2012/06/15(金) 20:30:05.66
生活保護でもなんでもプロはプロじゃい



973 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/15(金) 23:33:16.07
カスやで、ほんま

974 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/16(土) 01:57:47.60
>>954
視点を変えれば見方も変わる!
エアコンの匂いから始まって実際に目にもする!
短い文章の中で作者の主張は伝わった!

一文が長いので回りくどい印象を受けた68点!(`・ω・´)

975 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/16(土) 02:43:22.19
よろしくお願いします。

無敵連盟
書き出しのみ。

http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2152.txt

976 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/16(土) 03:19:35.02
>>975
>そこには背のすらりと互い、物静かな美人さんがいた。
(打ちミス!)

>なにせバレンタインデーでチョコを貰った和が通算ゼロ個なのだ。
(変換ミス!)

>そんな華やかな舞台の乗って〜
(『の』は『に』ではないのか!)

ワイには既視感のある内容に思えた!
平坂読氏の某作品に似ている!
話の展開によって明確な違いが出せれば問題はない!

凡ミスが多い66点!(`・ω・´)

977 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/16(土) 09:38:39.00
追記として、現存する大学名は避けた方がよい!(`・ω・´)

978 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/16(土) 11:33:25.90
>>976-977
ご評価ありがとうございます。

凡ミス、やってしまいました。
眠い目をこすりながら執筆でしたので、お恥ずかしいかぎりです。
でも評価は高めでなによりです。

あと、大学名は変えようと思います。
アドバイスありがとうございました。

979 :954:2012/06/16(土) 18:37:02.21
>>974
ワイさん、ありがとう〜
どうかなとは思いましたが、やっぱり長すぎましたか。
これからは、短くします。

980 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 18:55:06.30
喜一朗さんはワイスレ杯に参加されてましたか?
非常にやる気ありそうで見込みあります

981 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 19:01:56.91
たしかに才能を感じる

982 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 19:05:01.36
たかしに才能を感じる

983 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/16(土) 19:23:42.29
>>980-981
これは恐縮です。

ワイスレ杯には参加しておりません。
機会があれば、また参戦したいと思います。

984 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 21:56:13.79
>>981
だまされた!
機関車とかアムンゼンとか、なんだよこれ?

985 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 21:57:44.86
おまえの作品で見返してやれ。

986 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/16(土) 22:40:09.91
ん、なんかおかしくない?

987 :嘉一朗 ◆oOLN65ZNXE :2012/06/17(日) 01:54:56.51
お願いします。

http://www5.pf-x.net/~wannabees/cgi-bin/upload/src/si2156.txt

988 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/17(日) 11:14:43.61
ワイさん、ここで呼ばれてるよ。
【小祝百々子】文學界新人賞100【パクリ疑惑】

どうやら向こうでのスレ番号406からの流れらしい。
「破綻」と「波状」について。

989 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/17(日) 13:31:46.55
宝やでいそがしいそうだ。

990 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/17(日) 13:37:04.44
ワイさんとハイさんは親子ですか?

991 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/17(日) 17:43:18.93
Yは逮捕や!

992 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/17(日) 17:43:58.54
Hiは出所してきた!

993 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/17(日) 17:48:22.12
Yは逮捕か。仕方ないな。

994 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/17(日) 21:00:17.26


995 :ぷぅぎゃああああああ ◆Puug571Ifs :2012/06/18(月) 03:34:44.66
>>987
『精神障害者二級』を『〜でない』と否定する例に引っ掛かる!
資格ではあっても社会的に優遇されるものではない、等の意味を持たせた方がよい!

>やがて、東京行きの列車がやってきた。
>それでもやっと、凪人はやっと電車に乗った。
(列車と電車を不規則に使っているように見える!)

>荒れた吐息
(相反する意味に思えるので引っ掛かる!)

終盤の畳み掛けるような比喩の連続が読み辛くしている! 例えに矛盾があるようにも見える!
>人を信じ、永遠を素晴らしいと信じて疑わない、常識という宗教の殉教者だった。
(このあとに永遠が怖いとある! 殉教者を語っていながら宗教が怖いとある!
 支離滅裂であることで病気を端的に言い表しているのか!)

魅せる場面こそ、作者の冷静な目が必要となる62点!(`・ω・´)

996 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/18(月) 05:51:48.85
ワイのクソやろう!
何処に行きやがった!?

無視しやがって!
許さん、絶対に許さんぞ猿やろう!!!!!!!!!

997 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/18(月) 06:20:50.05


     許 可 
 
 

998 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/18(月) 06:52:13.83
終わるのか

999 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/18(月) 06:55:31.74
ワイよ

1000 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/18(月) 06:56:08.68
今までありがとう!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

320 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)