2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

どんな質問でも誰かがマジレスするスレ21

1 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 19:05:27.83
・応募関係のことが分からない
・執筆関係のことが分からない
・物体は分かるが正式な名前が分からない
・あれってどうやって使うのか分からない
・とにかく分からないことがあるから教えて欲しい
等々、
創作文芸に関係なさそうなどんな質問でもいいので、
聞けば誰かがマジレスしてくれるはずのスレです。


前スレ
どんな質問でも誰かがマジレスするスレ 20
ttp://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1330653323/


2 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 19:29:39.62
即死判定とかあるのかね、ここ

「ノーベル平和賞が欲しいけど、それは黙って友愛外交!!」

「ルーピーを放し飼いする日本国は、世界の平和の敵だ!」
 PAM!PAM!PAM!


3 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 19:43:25.60
しっと

4 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 19:43:46.37
ごめん、間違えた。


5 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 20:06:25.20
いちおつ〜

6 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 23:00:35.37
読みやすいライトな感じのSF小説ってどの賞に応募すればいいんでしょうか?

7 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 23:20:04.62
>>6
ライト馬鹿ノベル賞

8 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 23:20:55.71
どの賞がいいんですか系の質問は
自分で判断しろ って返されるのがオチ
受賞作の傾向とか研究してみるといいんじゃないの

9 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 23:26:14.57
>創作文芸に関係なさそうなどんな質問でもいいので

これ、必要か?


10 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 02:47:24.96
いろんなスレで騒がれてるコネ疑惑について。
俺が出そうとしているのは純文学系の新人賞なんだけど
最終選考までは実力で
そっからがコネってだけのことなのかな?
こういうコネならなんも思わないのだが
下読みさえされないと言われているのを見た。
経験者などがいたら教えていただきたい。
コネなしで最終選考まで残った、とか
下読みだけど「読まないよ」とか。できればどこの賞かも教えてほしい。

11 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 04:01:56.65
コネ枠があるのは事実だよ。
半分は実力で選ばれる。

12 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 10:24:31.20
>>10
仮にコネが全てで下読みさえ満足にされないとしたら、
下読みの人は守秘義務もあろうから「読まない」なんて言わないと思うんだが。

13 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 11:48:02.53
>>10
よそに応募したことある?
自分のレベルが「どこでも通用する」って客観的に判断されてる上で
コネ疑惑に不信感を抱くならわかるんだけどさ

なんか「下読みされない」「コネばかり」って騒ぐ奴って
本当に「下読みで落とされるのが妥当」が大半って気がして仕方ない

14 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 12:18:46.12
>>13
俺も思う。自己陶酔が認められないのを人のせいにしているだけではなかろうかと。

15 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 13:24:20.40
>>13
僕は新人賞にだすのは今回が初めてです。
参考にしようと思ってネットをみたらこんなことが騒がれていたので
ショックを受けて質問しました。

16 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 14:34:41.60
なんかさ、前から何度も質問してるよね
本当のところは誰にもわかんないのよ
ネットの噂を信じるか、投稿結果を信じるか、自分で決めるしかない
どーしても納得できないなら編集部に電話して
「こんな疑惑があるんだけど」って言ってみれば?
本当にやってるとしても、抑止力になるかもしれんよ
それすらできずにここで聞き回っても何も解決しないよ、永遠に

ついでに言うと、この程度の話にビビって振り回されてたら
この業界に限らず、何もできないよ
あなたに必要なのは「2chを見ないこと」だと思うけど

17 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 15:12:02.16
俺が遅筆かどうか判断して欲しいんだけどさ
一日に大体三千文字程しか書けないんだが
これって一日に書ける分量としては多い方なのか?

18 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 15:14:50.02
ジャンルによる。ラノベか純文学か。

19 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 15:16:16.45
どちらかと云うとラノベ寄りかもしれない。
見方にもよるけど。
ジャンルはファンタジー。

20 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 15:52:49.53
「子供の駄々がやっとおさまった」
「クラスでのその騒動を、先生はおさめた」

この「おさめた」の漢字は何が適当か、それぞれ教えてください


21 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 16:32:54.68
どっちも「治」でも「収」でも間違いではない

無理して漢字で書かなくてもいいレベルの表現

22 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 18:52:35.89
登場人物の名前をスムーズに出すにはどうしたらいい?いくつか例をあげてもらえると助かる

23 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 19:05:34.52
>>20
駄々は治まるかな。
先生はおさめたの方は、事態の収拾という熟語もあるし、収めただろうね。

24 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 19:12:35.73
>>16
素敵っすね
気にせず出すことにしました。サンキューです

25 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 20:16:39.20
>>22
スムーズに出すって命名するって意味なの?
それとも作中での紹介の仕方?

26 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 00:02:42.42
>>25
作中での紹介。主語抜けてたごめん

27 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 00:06:53.02
>>25
作中での紹介。主語抜けてたごめん

28 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 01:38:42.14
エンタメ系の新人賞を教えてください

29 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 04:23:56.21
キャラクターの最初の出会いと、町などの風景描写が苦手です。
どんな対策を行えばいいのでしょうか?
以前に書いたものを添削してもらおうにも、キャラクターの出会いが苦手で2ちゃんに投稿出来ない量になっています。
どこかご意見いただけるようなサイトも知っておられましたら、併せて教えてもらいたいです。
おねがいします。

30 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 08:45:54.91
>>29
いま自分が持ってる小説でいいので、
最初の出会いを描いている場面・キャラクターが最初に登場する場面だけを抜き出してみたらいい。
いきなり名前を出すとか、会話の途中で自然に出てくるとか、
何冊もやってみると、出会いのパターン・登場のパターンが整理できるとおもう。
そうしたら、最初のうちは、そのパターンを真似して書いて、
慣れてきたら、オリジナルのパターンを考えてみる。

風景描写についても同じ。
出版されている小説の風景描写は、何をどれくらいの文字数で書いているかを何冊か調べる。

小説を読むのではなく、書き方を分析するつもりで、小説を見ると、
プロがどういうふうに書いているか解ってくると思う。
普通に読者として作者に小説を読まされている状態だと、書き方まで意識しない。
どういう書き方をしているのかわからないので、真似も出来ない。
だから苦手という意識になるのだと思う。

31 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 10:09:11.01
前スレで、スランプに陥った時どうするかレスくれた人ありがとう!
スランプ=充電期間だと思って好きなことするよ

32 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 10:45:45.11
>>28
好きなエンタメ系作家がどこからデビューしてるか、調べてみては?

33 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 10:49:14.87
神だとか魔法使いとか、人間を超えた者が登場する小説を教えてください。
一、壮大な世界観 二、商業的に成功した 三、娯楽的であり文学としても深い
が最低条件でお願いします。
ハリーポッターや指輪物語くらいしか知らないので…(しかもその双方未読)

34 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 10:51:28.77
>>26
舞台とシチュがわからないから、具体的に答えようがない
舞台が会社でも、現場なのか入社式なのか
学校なら、授業中なのか放課後なのか
ファンタジーもので、集まった冒険の仲間を紹介したいのか
状況を狭めていけば、逆に選択肢は限られるはずじゃね?
ファンタジーで名刺交換とかテストの答案返しとかないしさ

35 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 10:53:37.52
>>33
ハリーポッター
指輪物語

36 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 11:01:01.72
>>28
一覧が載っているサイトを紹介するので、自分で探してください。
http://shinjinsho.seesaa.net/
http://kobo-joho.jpn.org/kobo/

37 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 11:19:34.90
>>33
各種聖書と各種神話

厳密には小説じゃないけど
ネタ回答じゃなく、いろんなもののルーツが詰まってるから抑えておくと役立つはず

38 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 12:10:10.78
応募関係で「1枚に42字×34行、縦書きで印刷のこと」となっている場合
行頭の空白スペース(全角)も1文字に換算されるのですか?

39 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 13:01:43.82
20字×20行じゃなくて、
42字×34行の原稿用紙だと思えばいいんだよ

40 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 20:24:06.39
>>39
レスありがとうございます
そういう考え方だとしっくりきますね
一太郎だと「」使ったときに微妙にレイアウト変わったりで不安ですが頑張ってみます!

41 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 20:36:48.62
>>33
クトゥルフ

42 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 22:17:55.59
ゲド戦記

43 :33:2012/04/22(日) 23:00:37.39
回答ありがとうございます。
意外と多くは無いみたいですね。
でも、聖書や神話を読むといいというのは確かに身になりそうです。
頑張って壮大な話をいつか書きたいなー

44 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 23:18:27.93
寝たきり老人の殺し方が思いつかない。
濡れタオルで口を塞ぐ、みたいな手軽なやつをだれか教えてください。

45 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 23:52:06.88
小説のネタだよなー
と思いつつも、気持ち悪くて答える気になれんわ

46 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 01:27:24.08
>>43
ファンタジーなら児童書系にいっぱいあるやん
ナルニア国物語とか日本人作家なら荻原規子とか

47 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 02:47:21.88
男性に質問します
今、私は男主人公でミステリーを書いています
主犯の彼氏的なポジションの共犯がいて、男主人公と共犯が仲良くなる必要があり
その時の共犯側の心理描写を詳しめに書かないといけないんですが、想像しにくい箇所があります。
男主人公が結構イケメンで幸せな設定なので、
共犯はかなり複雑な環境で育っていて、男主人公が羨ましかったので友達として仲良くなってみたかった
ということにしたんですが、それを描写する箇所で
笑顔とか表情や喋り方が明るくて洗練されてて羨ましい(主人公は特殊な職業)と結構長々書いたあとで
まず男性ってそういうことを気にするのかということと
気にしたとしても仕草関連が羨ましくて友達になる決め手にまでなるものかな?と思いました
話が合うのは大前提で、直接思想について話しこむとかしたほうが、仲良くする決め手になりますかね?

48 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 03:36:32.61
ボトルに液体を詰めるって表現は正しい?
コップにジュースを詰めるは?


49 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 03:48:28.98
>>48
液体に対して使う「詰める」という言葉は基本的に、密封できる容器に
液体を入れる時に用いる。

ということは、「詰める」という言葉を用いることができる容器の対象は、
一般的には
「ボトル」→○
「コップ」→×
ってことかな。

50 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 04:05:49.59
>>47
同世代の同姓(♂)を相手に、憧れを起因にして「友達になってみたい」
という気持ちが芽生えることは現実にも普通にあります。
「笑顔や表情や喋り方が明るくて洗練されていて羨ましい」というのは
単純に目に見える事柄ですが、要はそれは彼のそういう部分を生み出して
いるバックボーンに対する憧れの象徴的なものなので、
「彼の洗練された笑顔や表情や喋り方が眩しく感じる」
  ↓
「彼の存在そのものに憧れる」
  ↓
「友達になってみたいと思う」
という気持ちの流れに不自然はないと思います。

51 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 07:41:06.39
>>49
ありがとう

52 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 12:28:15.94
笑顔や表情じゃねーよな
趣味が合う(かつそいつがメンター的にそれに上達してる)とか、
なら憧れがあるかも知れんけど
あるいは仕事で、恐ろしく有能とかさ

しゃべり方って言うのも
たとえば日常会話がさわやかで、とかの人にはならない
さわやかなら普通に知人として付き合いは嫌じゃないだろうけど
発言がするどく的確なことを言って、有能そうに見えてとかなら憧れもあるかも

主人公が幸せなら、幸せだけど心の中に風来坊的な一面があって
自由に生きてる共犯が本当はうらやましくて〜ならあるかも
とにかく表情やしぐさではなく、行動やエピソードだと思う



53 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 15:58:18.94
リーダについて、今さらながらの質問です。

どこかのスレで「リーダは偶数個で使うの基本中の基本」みたいな
ことが書かれていたのですが、自分には初耳でした。
たとえば「…」「………」は×で、「……」「…………」は○、ということ
なのですが本当ですか?

自分の場合
「え……まさか?」も使いますが、読点よりは長いが「……」よりは短い
間を表現する意味で「え…まさか?」というような使い方もしています。
「………」についても同様。
これは間違った使い方だったということなのですかねー?

54 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 16:24:41.74
確かに間違っている。

それに「リーダ」はなく、「リーダー」と書く。
「ー」を省略するのは理系の悪い癖。品のない書き方を真似することはない。

文学は言葉の組み合わせで表現する芸術。
視覚ではない。
三点リーダーは「……」で一つ。倍にできても割ることはできない。

マンガの影響で、視覚的表現を文学の世界に持ち込む者が多くなった。
いや、昔からそういう手合いはゴロゴロいた。が、すぐに消えた。
唯一、ケータイ小説で生息している。一部ラノベでもおk。

小説の文章作法を守り、おまえにしかできないものを表現しろ。
くれぐれも文字をいじくった視覚効果を使わないように。

!!!!!!!!!!!!! こんなんとか、
どはーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー とか、
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお とか、

やめとけ。
文学的な品性が感じられないから。

55 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 16:48:30.05
美少女キャラの外見の描写に困っている。こつなどあれば

目と髪ぐらいしかおもいつかないよー(つД`)

56 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 16:51:16.06
登場人物の名前って作中の序盤に書くのが基本?
一人称の作品なんだが主人公の名前がでてくるの、原稿用紙八枚目くらいなんだ

なにかいい案はないかな?
みんな、主人公の名前はどんなきっかけで出してる?

57 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 16:57:36.58
>>56
普通に

 私。○○は〜

って書き出してる

58 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 17:01:35.03
>>54
いろいろと参考になりました、多謝

59 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 17:05:42.45
>>56
最後まで一度も主人公の名前が出てこない作品もあるから、
どこでも構わないし、無理に出さなくてもいい。

60 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 17:11:14.85
>>55
自分がその子の魅力的だと思う部分を書き出せばいいと思うよ
肌のきれいさとか、手の形とか、色白or色黒とか、笑顔あるいは怒り顔の魅力とか
どんなタイプの子かで書き方が違ってくると思うけど

61 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 17:11:15.19
>>57
ラノベっぽくならない?

>>59
自分の作品は名前をあえて伏せる感じの作品じゃないから、始めにあった方が感情移入しやすいかと


二人とも答えてくれてありがとう

62 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 18:25:32.19
リーダーをリーダ
サーバーをサーバって書くのは悪い癖じゃないだろ
少なくともアメリカ人の発音はサーバーやコンピューターより
サーバやコンピュータに近い
国語的におかしいのと違う 品が無いのはアルファベットを無理やりローマ字風読みして
つくった外来語の方だろ 直さないほうが品が無い

もちろん三点リーダーは2個でひとつだけど

インキをインクとか発音がおかしくなる方向の修正もやるけどね

63 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 18:45:25.64
縦書きでも、……ですか?

64 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 18:47:45.62
JIS表記に則れば リーダ と書くので
理系の悪い癖とか品がないとか言っちゃうのはどうかと思うよ

65 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 18:48:56.52
1991年に政府組織の国語審議会で、英語由来のカタカナ用語において、
言語の末尾が–er、-or、-ar などで終わる場合に長音表記を付けることを推奨する
告示が出てる
(ただし,これを省く慣用のあるものは必ずしも付けなくてもよい。
ハンマ(hammer) スリッパ(slipper) ドア(door))

ただ
学術用語においては,原語(特に英語)のつづりの終わりの -er,-or,-ar などを仮名書きにする場合に,
長音符号を付けるか,付けないかについて厳格に一定することは困難であると認め,
各用語集の表記をそれぞれの専門分野の標準とするが,
長音符号は,用いても省略しても誤りでないことにしている。


だから国語的には伸ばす記号をつける、が正しい
理系がつけないのも彼らの専門分野の書物では別に間違いではない
JIS規格(日本工業規格)の中でカタカナ表記に対する規定ではつけていない

品が無いっていうのは個人的な感情だな
俺にはIt関係の言葉は
(専門分野ではつけていないせいだと思うけど)
つけないで書くと素人臭く、あるいは古臭く見える


66 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 18:52:18.99
俺にはIT関係〜つけて書くと素人臭く、あるいは古臭く見える

だったw

67 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 18:52:50.97
書いた小説もどきを評価して欲しいんだがいいか?

68 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 18:54:17.83
MSが長音付けルール変更、「ドライバ」を「ドライバー」に
http://www.atmarkit.co.jp/news/200807/25/microsoft.html

69 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 18:55:08.04
>>67
スレタイ一覧を良く見ろ
あなたの文章批評しますみたいなスレがある
そっちいけ

70 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 18:56:31.97
>>69
ありがと
ソッチに行くことにする

71 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 19:01:05.35
ストーリw

72 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 19:01:38.65
>>68
これMSが旗振って他社もなびくのかと思ったが
いっこうにかわらん
つーかMSの社員も普通にサーバってメールに書いてくるし
マニュアルにびしばし長音記号無しで残ってるから探してみるといい
一応全文検索チェックとかやってるんだろうけど
修正があったりして忙しいと忘れちゃうんだろうな

73 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 19:08:15.72
正式な商品に関してだけに決まっているだろバカw

74 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 19:22:31.64
正式なサービスもだよw
>マイクロソフトは7月25日、同社製品・サービスで外来語をカタカナ表記する際

つーかマニュアルとかも正式な製品だよ


75 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 19:31:31.90
つまりマニュアルがそうなっていないというのはデマってことだな。
2ちゃんねるはホント恐いわ。平気で嘘を書く奴がいて。

76 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 19:42:32.15
なんでそうなるん?

決めたけど徹しきれてねーよなって話だぜ
E電みたいなもんだよ(そこまで誰も使わないわけじゃないけど)、
決めたけどJRだって今では山手線って使ってる
ETCもたしかイーテックとか決めてたろ

あれだろ君は「品が無い」を書いた人なんだろ
なにか他人をやりこめないと気がおさまらないんだろ
いいぜべつに、君の中だけではデマってことにしてやるよ
(ほかの普通の人には通じてる話だし、これ以上はスレチって怒られるし)

77 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 20:01:13.80
アイタタタタ・・・
これは痛い人w

78 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 20:11:05.06
アメリカ英語に合わせるのはおかしいよな
日本語で言えば大阪弁に統一するようなもんだ
上品な人はイギリス英語の発音でカナ表記する

79 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 20:27:46.26
うーんイギリス人を聞いたこと無いけど
カナダ人もオーストラリアも伸ばさない風に聞こえるから
伸ばすのがイギリス人風だということではなく
erをローマ字風に読んで日本人が付け足しただけだとおもう

それと、現実的な話コンピュータ関係はアメリカ>イギリスだから
たこ焼きやお好み焼きの会社なら日本語は大阪弁表記に統一しましたって方が
(何が正当かはともかく)個々の場面場面では合理的で有利にはたらくと思う

80 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 20:48:09.12
カンピューラって表記するべきだ

81 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 20:55:55.57
アホがいるな。
日本語として発音するとき伸ばすだろ。
コンピュータと発音する奴なんかいない。それじゃコンピュー太だろw
プリンターも発音するときはターと伸ばすのに、プリン太?

日本語の使えない奴があれこれ考えても無駄だな。感性が鈍いのが問題だ。欠陥。

82 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 20:59:55.58
むしろプリンターは発音する時プリンタと言ってるな

83 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:03:42.44
プリンタってか?
どこの田舎もんだ?

まあいい。品がないというのは、
発音するときは伸ばしているのに、書くときは調子こいてそれを省略するからだよ。
その悪癖が昭和の時代に広まったが、21世紀に是正された。
未だ省略している奴は年寄りか無知蒙昧の類い。品性下劣、日本人の風上に置けない。

恥を知れ。

84 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:09:55.67
>>82
プリンタだよねえ
ターって伸ばすの面倒くさいし
モニターもモニタだな

85 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:38:50.22
>>84
そうそう伸ばすのは面倒くさいんだよ
コンピューターなんて単語自体もう日常会話でほとんど出てこないし
ノーパソとかパソコンとか言いやすい言葉になってる

86 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:47:45.97
そんなくだらない一人コントはどうでもいいから、
何か質問しろ。

87 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:48:37.57
ソファーですか?
ソファですか?
ソファアですか?
なんとなくソファが縦書きで読みやすそうかな、と思うのですが、発音としてはソファーですよね?
選択肢に入れておいてなんですが、正直ソファアはないかなと思います。

88 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:52:28.92
便乗で聞くけどさ、みんな「スィッチ」派? 「スゥィッチ」派?
どっちが大多数なのだろうか(´・ω・`)?

89 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:55:53.49
辞書付きATOKを導入しろ。
辞書に登録されている正しい表記で変換される。間違いがない。

90 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 22:06:21.69
記者ハンドブックを基準にしている

91 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 22:14:08.87
さながら、子供のような声で彼女は笑った。

この「さながら」の使い方は合っていますか?

92 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 22:27:01.24
ググってみた?

93 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 22:41:57.64
私なら、

さながら子供のように笑った。

とするだろうな。声にこだわるのなら

子供のような声で笑った。
だな

94 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 22:45:26.67
>>87 ソファアは変な感じだからそれ以外なら
>>88 ピタゴラスイッチ派

マジレスすると、作中で表記が統一されてればそんなに気にしなくていい

95 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 22:49:36.19
>>60
回答thxです
自分の引き出しの少なさにへきえき・・・

96 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 22:58:09.81
がんばって増やせ

97 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 23:38:49.15
>>91
さながらの後に読点は読み難いな

彼女の笑い声は、さながら子供のようだった。
子供さながらの声で、彼女は笑った。

98 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 01:42:37.84
>>47
>気にしたとしても仕草関連が羨ましくて友達になる決め手にまでなるものかな?と思いました

一般的にはならないと思う。
逆に、仕草が気に入らなくて嫌うということは十分にあると思うけど。
友達になるのは、なんとなく馬が合うとか趣味が同じ程度で、憧れるとか羨ましいとかはない。
友人の優れている部分に尊敬は持っても、憧れまではいかない。
憧れまで行くと、むしろ、先輩後輩関係とか兄貴分弟分になって、対等の友情とは言いにくい。

そういう前提で、どんな場合に男が男にあこがれるかというと、
たとえば、強さにあこがれる奴はケンカが強い男に憧れる。
車やバイクが好きな奴は運転がうまい人に憧れる。
あるいは、仕事で成功して金を稼いでるとか、
ものすごく頭が良いとか。
自分が「こうなりたい」と思う男に憧れるし、知り合いになりたいと思う。

ただし、笑顔とか表情や喋り方に強いコンプレックスがある場合、
男でもそれが憧れの原因となりうる。
それでも、とくにコンプレックスを刺激される相手は、
常に気圧されるものだから、先輩後輩ならうまくいくけれど、
対等の付き合いをしようとすると、歪んだ友情になりそう。

99 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 01:50:45.66
フィクションなんだから「これはない」という状況やシチュも
筆力や設定の妙で読者を納得させれば問題なし
だから「あるか、ないか」ではなく、結局は書き手の力だと思う

100 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 02:06:33.60
それが真理だな

101 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 06:35:49.75
質問です。
作家志望にとっては、MS-IMEとGoogle-IMEよりATOKを使ったほうがよいですか?


102 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 13:04:27.16
>>47
共犯者が中学生ならそれで良いんじゃない?
大人なら知能障害を疑うかも

ラノベやボーイズラブ、ガールズ用なら全然OKだと思う

103 :47:2012/04/25(水) 13:46:11.57
>>50>>52>>98
ありがとうございます。
共犯の主人公に対する感情は、能力も多少ありますが、出自というか別の人生への憧れですね。
お嬢様やお坊ちゃんへの興味をディープにして嫉妬を抑えたイメージです。
出自が最もにじみ出るのは仕草や表情や雰囲気なのは男女共通だと私は思っていたので
仕草について長々と描写したのですが、
男性の場合、女性と着眼点が違うかもしれないと思って質問しました。

104 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 14:17:38.78
>>101
ATOKは正しい日本語を使いためのサポートにはなる。
Google-IMEは一般化してしまった誤用を気が付かずに使ってしまう可能性があるので恐い。

105 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 15:08:02.16
僕が彩那と出逢ったのは病院だった。
彼女は不治の病に侵されて入院していた。
僕たちは初めの印象こそ最悪だったけれど、次第に愛し合うようになっていた。
そんなある日のことだった。
「ノブちゃんは私のこと好き?」
彩那が聞いた。
「好きに決まってる」
彼女は笑ってくれた。
明くる日のことだ。彼女の容態は急変した。
病床で彩那はまた聞いた。
「ノブちゃんは私のことずっと好きで居てくれる?」
「ずっとずっと彩那だけが好きだよ」
俺は泣きながら答えた。
そして彩那は笑いながら死んでいった。
俺はもう彩那以外を愛せない。
そう思った。

これは携帯小説?

106 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 15:16:32.86
書き方による
その文面のままだと携帯小説臭いけど

107 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 15:49:31.11
携帯小説以下だろw
いやマジで。

マジで携帯小説を馬鹿にしている奴は何もわかっちゃいない。

108 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 15:50:49.93
そのレスだと自己紹介にしか見えないよ

109 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 15:54:22.10
マジでを連呼してる辺り語彙の無さが透けて見えるな

110 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 16:06:49.77
語彙の少なさがおまえの劣等感か。ちんけな奴だぜw

111 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 16:22:20.02
ちんけとか、語彙量以前にセンスが古臭い

112 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 16:27:33.61
古さもおまえが気にしていることか。さては年寄りだなw

113 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 16:29:30.94
年寄りが若ぶって2ちゃんねる。

「語彙が少ないぞ〜!」「古くさいぞ〜!」

まんまおまえのことじゃねーかw

114 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 16:30:51.18
さあ、次の質問に行ってみようか

115 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 16:39:01.01
単芝で必死なのは一人だけだぞ
恥ずかしいからもう止めとけ

116 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 17:03:11.78
コレだからID非表示板は嫌いなんだよ……

117 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 17:06:41.69
いいから2ちゃん卒業しろよ。

118 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 18:06:54.47
>>104
なるほど……
レスありがとうございます。

119 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 20:15:10.77
高校生って休み時間にどんなことを話していますか?

120 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 13:10:17.81
あるコンテストで1ヶ月くらい前に最終選考に残ってるって連絡きたん
だけど、ダメでも連絡もらえるのか聞くの忘れちゃった・・・
受賞連絡はたぶんそんな先にはならないってそのとき言ってたからもう
1ヶ月もたっちゃったから普通に考えてダメだったんだろうけど
いつまでもうじうじ考えてる自分がいる・・・

事務局電話かけて聞く勇気もないし。

普通最終選考に残ってダメだった場合は連絡ってありますか?

121 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 13:27:49.77
>>120
コピペか。

122 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 13:29:45.93
「今回は残念ながら…」
って電話くるよ。普通は。

123 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 13:53:03.95
コピペじゃないです。

普通は電話くるんですねー。
でも結構小さい賞だし、もしかしたらないのかも・・・。
例年は4月中に受賞連絡あるみたいなんですが、もう4月も終わりで
もうすぐゴールデンウィークですしね。

最終候補残ったって連絡いらないなー。(欲しい人もいるだろうけど)
無駄にドキドキしてなんか損。
受賞連絡だけでいいのに。

124 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 16:02:39.11
>>123
四の五の言ってないで事務局に電話しろ。

125 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 16:08:26.53
直接行って「はっきりしろよハゲ」とたずねるといいよ

126 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 16:39:34.39
一番金になる賞、ジャンル等はなんでしょうか?

127 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 17:03:24.76
このミスじゃね? ミステリ

128 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 17:26:07.46
有り難う御座います
ミステリーですかー

正直TVドラマなイメージしか無いっつーか
いやだから儲かるのかな?

129 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 17:47:20.81
ミステリをなめるな!
あほんだら!

130 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 17:49:14.39
http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/k-on_tv/chara/images/chara_photo08.gif
質問です。
こういう制服の、中の白いシャツってなんていうんですか?
ワイシャツ? ブラウス?

131 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 17:59:08.31
よく学校やビルなんかの、屋上に続く出入り口のくっついた空間
あそこに名前があったと思うんですが、どうしても思い出せません
だれかあの狭い空間の名前、教えてくださらないでしょうか?

>>130
たぶんワイシャツになるんじゃないかなと思います

132 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 18:01:30.32
ワイシャツを着るのは男。
ブラウスを着るのが女。

133 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 18:23:08.49
>>130
男女ともにスクールシャツでいいみたいだが

つか、正規の学生服の通販ショップなんて腐るほどあるじゃん
自分は 学生服 シャツ 女子 でぐぐって見つけた
そんなことすら思いつかないのかよ…ネットが無駄だなー

134 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 19:06:23.00
前に「制服の中の」と付けるのなら単に「白シャツ」でいいのでは?

135 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 19:29:39.46
>>131
ペントハウス もしくは 塔屋

136 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 19:39:39.44
女子用のはブラウス、スクールブラウスって呼んでたよ

137 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 20:07:43.99
>>135
ありがとーでもベントハウスや塔屋って表現して伝わるんかなw
あと>>130適当なこと言ってごめんよwikipedia先生だとブラウスになってた

138 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 20:09:49.68
ノーブラで着ている場合はワイセツ

139 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 21:03:21.32
昔はパンツ兼用だったからハイセツ物が付着しただろうな

140 :130:2012/04/26(木) 21:21:14.99
レスありがとうございます。
「スクールシャツ」だと何か分かりづらいと思うので「ブラウス」と書くことにします

141 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 21:22:40.03
男がパンツ代わりに穿いたらブラブラウスだぞ
覚えとけよ

142 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:09:31.90
自分がいったことを、相手に復唱、喋らせることを、なんて言いますか?
シュレなんとか、シュルなんとかって呼び方があったと思うのですがド忘れして困ってます

143 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:26:38.50
シュプレヒコールじゃないよね

144 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:27:49.74
シュレックとシュレディンガーの猫しか出てこないんだが

145 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:30:21.29
シュプレヒコールでした、教えてくれてありがとう御座います

146 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:54:33.37
リピートだべ
シュプレヒコールは、ちょっと意味合いが強いんじゃニャー?

147 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:20:48.27
彼の説明からはそうだけど、
べつに復唱の別名や英語を知りたかったわけじゃなくて
本当に思い出したかったのはシュプレヒコールで、それを思い出そうとして
「ほら、あの復唱するやつ、なんていうんだっけ?」になってるだけじゃね

148 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 14:25:10.80
質問者は納得してるようだからいいんでねーの

149 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 15:39:45.13
だなー。

リーダー「我々はぁ! 選考に仕込み、コネが無い事をぉ! 編集部が証明することをぉ 断固ぉ ようきゅーするぅ!」

参加者「われわれはぁ!……なんだっけ?」

変臭部『そんなんだから、一次落ちなんだよ』

150 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 16:10:24.09
シュプレヒコールっていうと中島みゆきの歌を思い出す

151 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 16:41:58.59
>>95
エイトック2012を買おうと思う。プレミアムってやつを選べばいいんだろ?

152 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 16:42:33.56
へんなレスアンカーがついたけど無視してください↑

153 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 18:50:31.76
ATOKはIMEより優れているとよく聞きますが具体的にどのへんがIMEに比べて優れていますか?
購入する価値があるほどIMEより優れていますか?
ATOK使用者様からの返答お待ちしてます。

154 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 19:01:27.34
変換途中に辞書確認ができるところ。

それには辞書が入ってなければならないが、
付け加えて類語辞典も入れておくとさらに幸せになれるだろう。

ときどき他人に語彙が少ないとか言っているアホがいるが、
そういう奴こそ類語辞典を入れて語彙力のなんたるかを知るとよい。

155 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 19:06:33.87
>>153
ATOKもIMEの一種だ。
質問者はおそらくATOKとMS-IMEの比較を聞きたいのだろうが、物書きを目指すのなら言葉の用法は正確にしよう。

156 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 19:12:50.08
↑むしろ物書きを目指すならそれくらいの推測を踏まえて質問に答えてやれ。154のように。

157 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 19:57:12.05
うん

158 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:26:45.62
語彙を増やす為に類語って恐ろしいことするんだな
意味は合ってるけどニュアンスがおかしい文章が量産される訳だわ

159 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:32:14.46

いやいや、おまえだよ、おまえw
知ったかぶりで難解語句を使用し、
ボクチンは語彙の豊富な作家志望だぞと臭い鼻息を撒き散らしているのは。

いっとくが、おまえの日本語、かなりおかしいからw

それにおまえのレスからはいつも腐臭が漂うからすぐにわかるんだよ。

160 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:44:46.49
類語辞典はなにも難しい語句が並べられているわけではなく、
言い換えの語句が多数表示されるもの。
類語辞典を使用している者ならわかると思うが平易な言い換えが多いことに気づかされる。

語彙力とは変化に富んだ言い換えを瞬時に多数の中から選択できること。
知らない難句を無理して使うことではない。

161 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 23:27:52.17
wつけてる人はいつも誰かをバカにするか、腐扱いなんだな
わかりやすくていいけどね

162 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 23:35:02.25
質問です。

長編を書き上げたのですが、
海外の小説に似た設定の作品がありました。
私としては、取材を数年重ねて創ったものなので、文学賞に応募したいと思っております。
この場合、似た設定の小説を参考文献として記載した方が良いのでしょうか。
参考にしてはいないのですが。

ご意見お待ちしております。



163 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 00:19:19.80
参考にしてないなら参考文献じゃないだろ
どんだけ似てるかしらんけど
あまりにも似てるなら諦めが肝心

164 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 00:22:54.42
特許と同じようなものだからね
>>163の意見に同意

165 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 00:24:03.53
でも、語彙が無いやつが類語辞典つかうと
意味はわかるけどニュンスが変な文が出来上がるのは確かだよな
べつに難解な語だけじゃない、単語は容易な単語であってもだよ
使いかたのニュアンスを知らないと変になる
語彙を増やすには実際の書物なんかでニュアンスごと体に入れて
類語辞典は、それを引き出すのに使うべき
(こうも言えるのか、ではなく、この言い方でも良いな、みたいに使う)

166 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 01:19:26.72
ニュアンスもそうなんだけど、  ←この癖ね
wを使う、読点を打って直ぐに改行する癖も直した方が良いと思うんだ。

そろそろ飽きたから違うアプローチをしてください。

167 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 01:58:18.66
辞書に限らず、ツールの使い方なんて個人の自由だろうに…

168 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 17:06:49.28
>>165
>意味はわかるけどニュンスが変な文が出来上がるのは確かだよな
>べつに難解な語だけじゃない、単語は容易な単語であってもだよ
>使いかたのニュアンスを知らないと変になる

むしろこれよりまずいのは、
意味のわからない単語を、ニュアンスで使うようになること。
これがよくある誤用の原因。

類語辞典で意味を理解し、例文からニュアンスがわからないようなら、
いくら本を読んでもニュアンスがわかるようにはならない。
個人の言語的センスの欠陥であるから。

169 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 17:07:17.15
二重投稿の定義ってなんですかね?
例えば3月31日締め切りのA社とB社の公募に全く同じ内容、タイトルで投稿するというのが二重投稿であるというのは理解できます。
ではA社の締め切りが3月31日B社が6月30日だったとしてこれに同じ内容、タイトルで投稿するのは二重にあたりますか?

あと、A社の1次落ちしたものを推敲して、翌年のB社にタイトルを変えて投稿するのは二重投稿ですか?

いろいろスレ見ると二重投稿でも結局賞取ったって人もいるみたいだけど・・。

170 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 17:27:40.33
A社の結果発表があった後にB社に同じ原稿を送るのは二重投稿じゃない
だろ。締め切り日が違っても、A社の結果が分かる前にB社にも送れば、
それは二重投稿。

同じ原稿を使い回すこと自体は問題ない。

171 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 17:53:04.92
>>170
ありがとうございます。助かりました。
推敲がんばります。

172 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 20:43:34.09
江戸時代の小説で、面白いバディもの(相棒と二人で活躍する作品)って何かありますか?
自分の読んだ時代小説は、たいてい主人公が一人だったりするものだったので。

173 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 21:55:39.99
佐武と市捕物控

174 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 21:58:05.54
漫画だけど小説より面白かった

175 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 22:04:20.05
質問文を「江戸時代に書かれた小説」と受け取れば『東海道中膝栗毛』
意図してるのは江戸を舞台とした小説って意味だろうけど

マジレスすると歴史小説や時代小説のスレで聞いたほうがいい返答を貰えると思う

176 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 22:13:00.65
>>173
さぶの存在を忘れてました! いつか読もうと思ってたのに。。

>>175
そうですよね。
ありがとうございます、では、そっちのスレで訊いてみたいと思います。

177 :162:2012/04/29(日) 00:14:17.68
>>163-164
ありがとうございました。

178 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/29(日) 06:16:52.33
>>162
いや、それは参考文献にはならないのでは?
普通は参考文献と言えば、重要な情報源、という意味だと思う。たとえば某神話が物語の中で重要な
設定としてあって、その内容に関してをこの本で調べました、と言うのが参考文献じゃないのか?

物語のあり方そのものが似てる、と言うのを参考文献というと、その本をパクリました、と言うのに
等しいのでは。

179 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/29(日) 21:43:33.84
日報の感想欄の書き方が酷すぎて上司から日報を作成したことについての感想を考えてこいと言われた
俺が考えた感想文を添削してほしいんだ

考えた文章↓
社内日報の作成時は、研修内容の報告だけでなく、研修で得た事を自身の成長にどのような形で繋げるのか等の考えを読み手に伝えることが重要だと感じた。

180 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/04/29(日) 22:19:56.98
さっき占い版だかどっかで忍者がでてパスポート発行するって言ったよ!

たしか二分後に。
二分待ったが何も出てこなかった。
こっちに戻ってきた。
2ちゃんねるってどうなってんの? だれかがいたずらしてる?

181 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 16:00:11.52
木製の引き戸に、木ねじで止める鍵で、片方が輪っかになっていて、
そこへパタンともう片方をかぶせ、輪っかをねじって固定して、
南京錠とかを掛ける鍵の名前知りませんか?
昔は青緑みたいな色をしていました。

182 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 16:17:40.73
>>181
掛金

183 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 16:33:34.25
>182さんありがとうございました!(*^_^*)

184 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 22:49:54.59
スクウェア・エニックスライトノベル大賞のスレって
なんでないんですか?

185 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 00:43:23.13
そういうことを言い出した人が立てるルールなんだよ
だから君が立てることに決定
立てられないときは、せめてスレ立て依頼を出す

186 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 05:55:33.43
誤爆?

187 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 16:03:27.80
5大文芸誌のどれに応募しようか迷ってます。
すばるはエンタメ寄り、文藝は技術的(というか奇を衒うような。今回のクリスタル〜とか)、新潮は硬派なイメージ

群像と文学界がなかなか傾向つかめなくて・・。

自分が今書いているものは広義的な目で見るとメタフィクションの部類に入るのかな、とは思います。
ここ何年かの新人賞の傾向として好きなのは文学界なんですが(吉村萬壱のクチュクチュバーンとか)メタフィクションだとどこがいいと思いますか?

すばる、新潮はあわないかなと思ってます。

188 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 17:08:11.43
どこも小説の構造で取ったりとらなかったりはしません
メタフィウションだから、ではなくメタフィクションがどういう風に表現に生かされてるかですよ
おわかりですか?
メタフィクションなポルノならフランス書院でも可能性があるということです

そもそも、メタフィクションとかやりつくされてるので、
(それが売りというなら)どこも駄目でしょうというのが僕の本当の意見ですが
良いものなら、あなたが否定したすばる新潮も含めて4大文芸誌ならどこでも可だと思いますよ
(当選したら修正を要求されるかもしれませんが)

よって枚数と締切日で選びましょう
決めかねるとか言うなら文学界が良いと思います
(好きというのは共感を感じていると思われるので、つまりは作品は文学界向きであるのでしょう)

189 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 18:36:15.30
>>188

ありがとうございます。
表現として結果的にメタフィクションになってしまった感じでしょうか。
それがウリというわけでもメタフィクションど真ん中でもないです。

やはり自分の第一候補としてあがっていた文学界に応募しようと思います。
出身作家に好きな作品も多いし雑誌としても一番読んでいて愛着があるので。

190 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 18:44:52.91
やっぱりうまい文章を書くには本をたくさん読むのが重要なんですかね

191 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 19:06:06.73
掛け算だと思うよ

良い本をたくさん読む × 文章をいっぱい書く × 才能 = うまい文章

192 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 19:09:27.50
それだけじゃ才能がいくらあっても無理。
古くさい文章しか書けない。
言っている意味、わかるな?

193 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 19:18:50.82
なにいってんの、したり顔でこのキチガイ?

194 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 19:19:53.28
さくっとスルーして、次の質問どうぞ

195 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/01(火) 19:50:09.04
メタフィクションてなに?
 ̄∩∩
((^o^)書き方のスタイルの一つだとは思うんだけど。

具体的に実例を言え。

196 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 19:53:02.16
「ぶははは、おれはこの小説の主人公だから死なない。いくぞセバスチャン」
「いくでがんす」
 二人は崖から飛び降りた。

197 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 19:57:03.77
>>193-194
横だが、
おまえ根暗で友達がいないだろ?
友達がいない人間は、友達とのやりとりがリアルに書けないから、
会話も本で読んだふうにしか書けないし、
心理描写をまともに文章化することはできない。
センスが古いから、新しい感覚の文章が書けない。

おまえの負け。

198 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 19:59:05.50
なにこのキチガイ

199 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 20:00:32.85
悔しかったら、友達や恋人をつくれ。

200 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 20:16:12.82
何でこんなとこで友達つくれとか連呼してんのw
アホだな

201 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 20:16:19.50
セリフをくくるカギカッコの最初の 「 は行頭一字下げなくても間違ってはいませんよね?
教科書にも行頭一文字下げてあったりするんでどれが正しいのか不安で仕方ありません。

202 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 20:17:29.22
>>201
下げなくていいよ
下げないのが普通の書き方

203 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 20:23:49.27
>>197
芥川賞作家の田中さん、西村さんは友達がいない

204 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 21:04:11.15
ミステリー系か推理系で締め切りの近い新人賞は何でしょうか?

205 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 21:16:32.32
>>201
>セリフをくくるカギカッコの最初の 「 は行頭一字下げなくても間違ってはいませんよね?

完全な間違い。
原稿では下げる。

市販本で下げていないように見えているのは組版のせい。

ネットには>>202のようなデタラメを教える奴が多いから気をつけろ。

206 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 21:19:05.72
参考)

組版ルール
http://www.japanlink.co.jp/dtpjiten/pdf/pdf01.pdf

207 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 21:21:13.87
>>203
だから私小説しか書けない。

208 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 21:40:40.46
>>201
原稿では下げなくていいと思います。

209 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 21:41:41.57
下げなくていいといっているのは、
国語の勉強ができなかった奴か、ワナビ。

210 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 21:45:54.46
原稿用紙の使い方で、下げなければいけない、
と記されているのを見たことないけど。

>>206は印刷のときのやり方だし。


211 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 21:50:21.68
>>205
それ組版のルールで書く時のルールじゃないだろ

212 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 21:58:15.86
>>210-211
頭、悪いな。
市販本で字下げしてないように見えているから、
字下げしなくていいといっているんだろ?

市販本で字下げしてなくてもいいのは、折り返し行頭の天ツキが上にずれるから、
段落始めの「と文章の途中の「が偶然行の始めに来た場合の区別がつく。
区別がついて間違うことがない。

しかしパソコン原稿では区別がつかないから、段落始めの字下げは必要になるという話。

213 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 22:03:52.80
煽ってる人を相手にしてもね……

214 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 22:07:27.17
煽ってきても論破してやればいいんだよ。

215 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 22:26:33.07
「字下げが間違っている」という理由で落選することはない

216 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 00:33:06.82
>>204
10日 日本ミステリー新人大賞

217 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 02:47:32.62
>>201
字下げはしてもしなくてもいい
パソコン原稿ではJIS規格を無視するのが一般的
折り返し行頭も改行文字があれば区別が付くからね

218 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 02:52:48.20
ミステリってSFでもだいじょうぶですか

219 :204:2012/05/02(水) 05:00:23.82
216様、ありがとうございます!

220 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 07:36:50.98
栗本薫がカギカッコの字下げは出版社によってちがってて
どっちで書いても、最終的に社内規定で直されるってよ

なんだよ、下げてないように見えるってw

221 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 10:49:17.34
直されるの意味が違うな。出版社によって違うというのは、
組版が違うということ。>>206に3種類くらいあるやつ。

原稿はどこが段落か第三者にわかるようにしておかなければならないから、
ミスされないように、字下げしない場合は、
カギ括弧が行頭にこないように禁則処理をしておく対抗策をとる人もいる。

222 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 13:57:50.21
この人が誰なのか探しています。よろしくお願いしますm(_ _)m
http://beebee2see.appspot.com/i/azuYg-qnBgw.jpg


223 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/02(水) 13:58:27.09
すいません誤爆でした。申し訳ない

224 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 00:59:17.83
太郎視点で、
「次郎は太郎を全力で殴った」
という文章は視点の乱れになりますか?

225 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 01:19:13.84
次郎に全力で殴られた
かな?

226 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 01:36:17.20
次郎は俺(僕|私)を全力で殴った。
だろ

視点の乱れになる

太郎が幼児で自分自身を名前で呼ぶのでないなら

227 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/03(木) 02:07:27.36
>>224次郎(左)の痛烈な左を浴びながら左アッパーで応戦する太郎(右)
 ̄ ̄∩∩ ○゛∩∩
〃○ `o')( )○`o' )○
ι_⌒у´ι`γ⌒~ι( )
゛ιγノ  `^ιノ)`´
_υ彡    υ`υ
__○
__Ο
__о。∩∩  ∩∩
次郎よ((-.-)(^。^))
_あれはυуυ っцυ
効いた υΠυ υΠυ
ぜ……おめぇのあの一発でおれの視界はズレたんだ。しかしまぁ、あそこを左かぶせてくるたぁ、おめぇもたいしたもんだ。

228 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 18:16:35.17
視点の(統一性)てなんで重要なの?なんでもいいじゃん。
*登場人物(の行動、せりふ)に、つっこみいれる時に、
神視点使ってて、別に視点なんて何でもいいじゃん、と思い出した。

229 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 18:20:20.82
>>228
能力が無いやつって、視点変えまくって、もう何がなんだかわからなくするからさ。
酷い奴なんて、一桁FPSのゲームやらされてるような気分にさせるし。

230 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 18:22:49.12
>>226
なぜ一人称にする?
三人称一視点かもしれんだろ

231 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 18:25:53.92
視点がぶれてると、いろいろわかりにくくなるもんがあるんですよ。
それを補えるような内容のものを書ければ、そんな視点移動なんざ気にしなくてもいいって立場の人もいますよ。
神視点は便利だけど、作者がしゃしゃり出てる感じになることもあるから気をつけようってことですよ。

232 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/03(木) 18:34:58.06
そういうことじゃないんじゃない?
太郎視点ではズレるよ。
次郎は殴ったほうだからズレない。
太郎の身になって考えたらわかる。

233 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 18:48:35.19
バカばっかだな

いいか3人称であっても1人称であってもだな

次郎が「全力」で殴ったかどうか書くのは次郎視点じゃないと駄目なんだよ
だから
1人称
次郎は俺を殴った、全力だと思った。

3人
次郎は太郎を殴った、全力で殴ったと太郎は思った

的になる ほかにもあるけど

234 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 19:06:57.99
こんばんわ、太郎です。
次郎が僕を全力で殴ってきたので、殴り返しました。

こんばんわ、作者です。
次郎が太郎を全力で殴ったので、太郎もまた全力で殴り返しました。

235 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 19:29:31.93
質問ではない人称談義は
★一人称でイク?三人称カマす?どっちよ★
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1286802781/
こっちでやったらどうでしょうかね

236 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 19:51:09.17
やだね

237 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 20:11:45.36
>>235
そんなふざけたスレタイのスレに書き込む気にならない

238 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/03(木) 20:22:20.42
>>233
そのとおり!

>>227で僕が言いたかったんは要はそういうことだと思う。

239 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 20:39:28.11
「とらえてはなさない」の
正しい漢字がわかりません……

捉えて離さない?
捉えて放さない?
捕らえて離さない?
捕らえて放さない?

240 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/03(木) 21:02:16.94
>>239
前によるんじゃない?

警官が僕を捕らえて放さない。僕は何も話さない。

魅力が僕をとらえて離さない。僕はだれにも話さない。

“捉”は常用漢字じゃないから僕は使わないと思う。択捉島なら使うけど。あと意味からいうと“虜”を使いたいよね。虜か虜擒。

241 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 21:04:28.85
本質を捉える。

242 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 22:25:42.26
「さびしい」「さみしい」どっち?

243 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 22:31:51.79
どっちでもおk

244 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 22:57:05.98
場合によって使い分ける人もいるから文脈次第

245 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 23:02:14.97
何となくだが、さびしいの方が正式っぽく感じる。さみしいは口語っぽい。

246 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 23:31:00.32
金銭が発生する賭け事って違法?

247 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 23:35:47.37
>>246
競馬

248 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 23:41:05.75
国が認めてなければ違法

249 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 23:51:49.17
身内とかでもだめなの?

金銭が発生しなかったら、麻雀屋とかは大丈夫?

250 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 00:02:55.86
そういうのは、公式には「ない」と言うことになってる。だからこそ、パチンコ屋だっていったんは景品を出して、
それを換金するのは別の場所。

251 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 00:53:14.59
知り合いと食事代賭ける位は金銭が絡んでもOK
特に理由無く金銭のやり取りの賭けは禁止

252 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 01:19:40.06
賭博に関しては、法的には公営ギャンブル以外は全て違法。
なお、宝くじは賭博とは見なされていない。

パチンコに関しては、パチンコ屋と景品買い取り所が別会社になっていれば
合法とされている。

一般人が麻雀やゴルフ等に金を賭けるのは、それが社会通念上の常識の範囲
と見なされる金額ならば事実上黙認されている。

253 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/04(金) 04:20:14.28
>>242
それさっき使った!

どっちだったか読みかえさないと思いだせないけど、はっきり確信をもってそのときの感情を言いあらわした。
読みかえすと迷いなく決まると思う。

254 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 08:01:06.28
さびしい 寂しい …… 物がなくて物足りない感じで さびしい

さみしい 淋しい …… 人恋しくて心が悲しい感じで さみしい

255 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 08:16:15.39
>>254
「寂しい」は「さみしい」でも変換するぞ。
逆に「さびしい」で「淋しい」も変換するし。

256 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 08:39:42.30
寂 …… ひっそりとして静かなさま。

淋 …… 水(涙)が絶え間なくしたたるさま。

257 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 11:25:47.69
>>256
凄く納得

258 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 12:09:55.46
ヤングはどっちを使うんだい

259 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 13:01:15.43
人称に関してまったく注意を払っていなかった俺は大変不安に駆られておる。
どうにか理解する方法はございませぬか?

三人称は、傍観者の姿勢で物語を追うの?あ゛ーーー!わからん!!

260 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 13:38:44.29




身体

261 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 14:06:24.28
>>259
児童書とか小・中学生向けの本の読書からやり直してみれば?
子ども向けの本は視点や人称にバラつきがないと思うよ
しかもきちんとわかるように、平易な単語で書いてある
子どもにわかるように書くのって、大人向けより難しいから勉強になるよ

262 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/04(金) 14:23:01.56
>>260
それについて僕には考えがある。
ゆうべも考えてた。
ふつうは体だ、が一作品に一ヶ所か数ヶ所それを使うときがある。
その五つのどれでもない特別な“からだ”のときが何とおりかあると思う。
尾崎は歌詞に“躰”使ってたみたいだが僕は躰道を連想するんで、それは使わないことにした。

263 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 14:55:48.04
健一郎ってイケメンなの?

264 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 16:32:03.46
女友達に聞いてみよう

265 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 20:33:36.53
まあ、人称なんて突き詰めればどうでも良くてね、
音読してみて意味が通じれれば(違和感無ければ)、OK。

266 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 20:42:38.43
それもそうだな。

次に書く時、色々と混ぜてみようかな。章でチェンジすれば、読む人も混乱しないよな。

267 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 20:58:50.30
最終的には下読みさんと編集部が判断してくれるさ

268 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/04(金) 21:01:40.82
僕のことを書くときは客観視したいから「○○は」というふうに名前が主語になったり「彼は」が主語になるんじゃないかな?

その人のことを書くときはその人と僕との関わりについて主観で書きたいから「僕は」が主語になるんじゃないかな?

段落変わっても「○○は」と言ったり「彼は」と言ったら変だと思う。

269 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 21:05:27.05
「原稿用紙カウンター」というソフトを使っているのですが、
一度、最大化してしまうと、どうやっても、私では元の小さなサイズに戻せません。
小さなサイズに戻すにはどうしたらいいのでしょうか?

270 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/04(金) 21:19:41.61
文學界にだそうと思って原稿を作っているんですが、百三十枚を切ってから、なかなか少なくなりません。そんなけ。

271 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 21:22:33.87
それって同名のソフトがいくかあると思うだが、どれよ
リードミーとかヘルプに書いてないの?

272 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/05(土) 06:49:55.97
作家って自分で死ぬ人が多くない? なんで自分で死ぬん?

川端、芥川、太宰、三島。

書きつづけると気が変になるからか? まともに向き合うと危険な仕事なん?
((`o')

273 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 11:07:02.62
小説家になろうの総合ポイントって、高くなると何か起こるんでしょうか?
また、ポイントを入れてくれた人は誰かって分からないのでしょうか?

274 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 13:09:51.72
この温度差w

275 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 13:51:34.69
>>273
どうして直接問い合わせないの?

276 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 14:04:06.29
>>272
どうして直接問い合わせないの?

277 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 00:25:36.40
仰け反る

読み方と意味を教えてください

278 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 00:37:37.47
グーグルに「仰け反る」と入れればすぐわかるよ

279 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 01:04:59.89
会話は「」ですよね。
心の中でのつぶやきって
どういう記号でくくるのが一般的なんでしょうか?

280 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 01:13:52.56
作品中で統一していれば何でも構わない。

『』とか()とか。

281 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 01:25:47.09
『』は違うだろw
()こっちだ。

282 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 01:39:29.59
地の文に混ぜ込むこともできるけどね

283 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/06(日) 02:10:06.46
>>279
>>282
それだ!
僕は固有名詞に『 』を使うんで、心の中の声を“ ”にしたらうまくいったと思ったんだ。
電話の声や回想の会話やなんでもかんでも“ ”にしたが、おや? と今思った。
ありがとう。地の文に入れこんだほうがずっと小説らしくなる気がする。ああ、書きなおしだ。

284 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 02:19:56.01
なにいってんだか

285 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 12:33:46.53
>>283
>“ ”
これは縦書きにすると使えなくなるから、使うな。

286 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/06(日) 12:49:41.24
縦書きだが“ ”はちゃんと書けてる。
その表記自体は問題ない。
ただゆうべ考えたのが心の声に括弧を使わないようにしようかということ。
つまり会話が「 」で電話の声も「 」で、たまに固有名詞に『 』を使うぐらい。
それで問題の心の声だが、地の文で書くのが小説らしいと考えなおした。心の声は僕の場合、方言など独自性があって一目瞭然だし。
あとはダッシュか。前ダッシュが一般的みたいだが、後ダッシュもありか――と僕は思った。もありかもしれん。

287 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 12:54:50.82
>>286
>縦書きだが“ ”はちゃんと書けてる。

書ける書けないの問題ではない。
醜いと感じるべき、美的判断能力の問題だ。

288 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 12:55:33.80
ありというか、普通

289 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 16:06:52.56
かわいくしてるね
この表現はどう捉えますか?
ブスのくせしてかわいい格好、ただ単にかわいい、それに近い。
可愛いとストレートに表現するのとは違いますよね


290 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 18:35:05.49
>>289 実際に可愛いかどうかではなく、「かわいくしてる」努力や気遣いに報いている台詞、と感じる。

291 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 01:38:31.22
SFの短編集で作家になりたいんですがどの賞に応募するのが適切でしょうか?

292 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 16:11:39.23
短編集ってことは全部で長編のなふぁさがあるという事?

293 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 17:07:18.93
短編を募集してる賞がないなら、とりあえず規定どおりに投稿して、
デビューを決めてから担当に「短編集を出したい」と相談してみる

294 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 19:33:05.81
>>291
なんだったか忘れたけど、小説入門書で、短編では食えないって書いてたような。

295 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 19:34:04.52
かぐわしい香りって重複?

296 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 20:20:25.26
そういうことじゃないんじゃね?

創元SF短編賞くらいっすよ SFの短編の賞は
もちろんその後、長編を書かないといけないかもしれませんが

297 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 20:29:01.53
>>295
ぐぐってみた?
簡単にわかるんだけど

298 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 20:31:40.97
言い訳はいいから
マジレスしろバカ

299 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 21:05:00.53
バカにマジレス期待すんなよ

300 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 12:59:29.48
よく募集要項にあらすじを800文字前後で~ってありますが
あれも縦書きにして出さないといけないの?(特に決まりは書いてないところばかりだけど
だいたい書籍や文庫のあらすじって横書きですが……

301 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 14:55:20.94
あなたが見ているのは、あらすじではなく内容紹介ではないでしょうか?
あらすじは本文に準じて縦書きで書くべきです

なお、おせっかいかも知れませんが
あなたが、あらすじと思っている文章のように
含みを持たせて全部書かないでおく、みたいなことしてはいけません
本文のストーリーの流れを要約するつもりで最後まで書きましょう
ミステリーでネタバレが嫌なら
以下、犯人の名前を書きます、等の文言を入れて続きを書きましょう

「衝撃の結末!」なーんていう煽りも入れてはいけません
あくまで、「すじ」を書くものです

302 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 15:18:05.42
下読みの鉄人のせいで、おかしな先入観をもっている奴が増えたな。

全部書かなくていいよ。

つか、本編を読みたくなるように書けばいい。そんだけ。

303 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 15:29:33.09
↑ウソです

304 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 15:32:25.21
え?
あらすじは広告じゃないし
マーケティング的なコピーライティングのセンスを見る場でもないだろ
話がわからなくなった時に見ますって下読みもいるのに

べつに君がそれをかたくなに信じてるなら論争してまで、
説得しようとは思わないけど
>>300氏が混乱するから書くけが>>302はうそつきか馬鹿ですよ

305 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 15:39:06.38
作品のポイント(起承転結)を簡潔に、興味を惹くように書く
なおかつ「オチまでちゃんと」書かなきゃいかんよ

306 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 15:46:20.78
>>302
下読みは仕事で読むのに、なんで読みたくなるような粗筋が必要なのか?

307 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 15:46:58.70
だから>>302は嘘だって

308 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 16:16:34.86
はっきり言って、
あらすじ(梗概)は不要なんだよ。

何のためにあるのか考えてみろ。

今となっては無用の長物。
だから梗概を要求しないところもあるし、
下読みには読ませないとこもある。

まだ存在しているのは、ただ習慣的に書かせているだけ。

309 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 16:18:21.22
習慣的というか、伝統的か。

ま、上から目線でバカにされていると思え。

310 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 16:48:09.81
あえて言えば、本人はどんな話「のつもり」で書いたのかがわかる。
それと実際の本文を比べて全然違ってたら、そいつは馬鹿だというのがよくわかる、のかも。

311 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/08(火) 17:56:58.17
あらすじ=本文を読まずに捨てますが、内容を知らずに捨てるんもあれなんで、書いてください。ただ冒頭の件は了承したとみなしますんで、という覚え書き。

312 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 18:13:16.12
↑気のきいた様なこと言ってるつもりだろうけど
簡潔に言い切れてないし、そういうこといttるやつは多いんで面白くも無い

313 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 18:42:07.30
実際に「あらすじ」を判断材料にしてる新人賞や編集部はあるよ

314 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 20:23:02.47
>>300なんですが電撃だと>>301のようなことが書いてあるので
それに従おうと思います。たくさんのご意見ありがとうございました

315 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 21:34:46.07
電撃かなにかのラノベの賞に投稿してみようと思うのですが
最近のラノベって一冊何文字くらいがデフォなんですかね?

316 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 21:51:42.25
なぜ、買わぬ?

317 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 22:03:15.77
>>315
そういうことを考えるより、投稿規定を見れば?

318 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 22:19:55.67
読点をどのくらいつけるかいつも迷うのですが、
読点の量ってプロでも作家によって多かったり少なかったり、まちまちですよね?

皆さんは読点が多めの文章と少なめの文章、読んでいてどっちの方が好きですか?
参考にしたいので教えてください。

319 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 22:24:47.19
ここの無名の方の(せいぜいが数人の)アンケートではなく
あなたが書きやすい、
もしくはプロの作品であなたが読んで好ましい量にあわせましょう
それがおそらくはあなたに向いた読点を持つ、あなたに向いた文体だと思いますよ

いろんなタイプを複数書いてみて、数ヶ月寝かせて読み返してみるのも
お勧めです

320 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 22:40:22.38
>>316
いや、そりゃ色々買ってますけれど
ページ数は分かっても文字数は分からないですよね
ラノベはだいたい何文字の書籍が多いのか知りたいのですが……

321 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 22:42:42.18
行を数え、列を数え、ページと掛け算すればいいんじゃない
誤差はあるだろうけど だから適当に少なくしてさ
俺ならそうする

322 :yaginu:2012/05/08(火) 22:46:09.41
15万文字。
つーか計算すれば大体わかる。


323 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 22:48:15.27
いや、10万文字。

324 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 00:30:05.94
ラノベの文庫の書式って大体決まってるじゃん
同じ書式を作って、自分が書いた文章(ある程度の量)をぶち込む
それで大まかにわかるんじゃねーの


325 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 04:41:49.78
>>318
読点は、読んでいて修飾関係があいまいなときに打ってわかりやすくする。
句を入れ替えて、それで読みやすくなるなら打たない方が良い。

326 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 11:03:12.01
超基本的な質問なんだけど
縦書きで……(三点リーダ)のあとに「。」って入れてる?

>あなたのことをずっと愛してきたのに、わたしは、わたし、は……。これからどうしたらいいのかしら

文章作法にどうなっているのでしょうか?
教えてくださると助かります

327 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 12:48:37.57
そこで終わるなら入れる
終わらないなら入れない
三点リーダーだからとか作法に無いから

だからその例だと、どっちでもいいわけだ

328 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 12:49:27.89
入れても入れなくても問題なし

329 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 15:24:38.61
>>326
その例で自分の読み方だと
句点があると、言いたいことがあったのにうまく続けられず、違う言葉でつないだように受け取る
句点がないと、単純に次の言葉を言うまでに間が空いたと受け取る

他の人がどう感じるかはわからん

330 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 18:07:05.39
小説の設定上の、戸籍関係の質問してもよいでしょうか

親の再婚により兄妹になった男女は婚姻可能ですか?
また、親が離婚した後ならば可能ですか?

再婚の際、親の結婚相手と養子縁組をする場合、離婚の時に血の繋がってない方に
引き取られることも可能ですよね(実の親が放棄すれば)
この場合でも血の繋がってない兄妹の婚姻が法的に可なのか調べてます。

どなたか戸籍にくわしい方いらっしゃいませんか

331 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 18:15:43.87
婚姻可能かどうかはその国の法律によります

332 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 20:01:50.52
>>330
調べたのならすぐに分かると思うのだが、連れ子同士は結婚できる。
全く問題ない。

333 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 13:55:16.06
小説サイトで上位にランクインしたのを(もちろん自作品)を応募するのって
文学賞に応募するのって可能なんでしょうか?
「未発表作品に限る」ってのにひっかかりますか?

334 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 14:43:38.73
>>333
募集要項を読むと、ライトノベルの新人賞では非商業サイトにアップされた
作品の応募を認めているところは多い。逆に純文学やエンターテインメントの
新人賞では、俺の知る限り一つもない。

335 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 14:59:35.58
無い訳じゃない
エンタメ
http://geaward.jp/about/index.html
締め切り 5/31

336 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 15:01:22.77
電撃は面白ければ何でも有りって言うけれど、
結局は中高生向けのロリロリした作品が受賞するのでしょう?

337 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 15:01:46.07
ラノベは売れそうなら買うからな(その後作家がどうなってもだ)
エンタメや純文学の賞は作品ではなく作家を探してるから

ネットで評判良いのとおなじクオリティで量産できるのかこいつ?
になるから、違うものを送るのが正解

338 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 15:42:23.94
>>336

そりゃそうですよ

じゃ、なんで面白きゃ何でもいいていうか?
ひとつは単にお約束のもんごんだからでしょうけど
結局、応募しようとするラノベ読者が、どんなに「何でも良い」をやろうとしても
ラノベ枠を超えられないからってのもあります

いざ本当に、ラノベの枠を超えたすげえ面白いのがメディアワークスでだすか
それも超えるなら来たらおなじ出版社の別編集部にまわすだけですよ


339 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 17:14:28.38
>>336
書いた人間のレベル次第でしょ
「中高生向けのロリロリした作品」を書いたつもりでも
作文レベルなら下読みで弾かれますがな

340 :yaginu:2012/05/10(木) 17:56:54.90
>>336
電撃に直接聞けばいいんじゃね?

341 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:00:45.72
そしたら面白けりゃなんでもありですって言うだろ
ばーか

342 :yaginu:2012/05/10(木) 18:02:49.22
>>341
一理ある。

343 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:04:01.36
会話文が2行以上続くときは2行目からは行頭1字下げでしたっけ?
wikiで見たらそうかいてあるけど文庫本は1字下げしてるのとしてないのがある気がして。

これってどちらでもいいんですかね?

344 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:05:38.95
>>343
どちらでもいいかと。


345 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:08:04.61
これはw
下げてるけど下げてるように見えないんだよ厨がよってきそうな質問

346 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:31:22.28
組版だろ?
あれはプロの編集者のY際さんだ。
出版社に問い合わせたら同じことをおっしゃっていた。

347 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:34:28.06
コネで上の方まで行きたい人は、
字下げや三点リーダー、ダッシュに細心の注意を払えばいい。
そこだけ見て二次通過。顔パスならぬ書式パス。

※これは都市伝説だから信じなくていい。

348 :yaginu:2012/05/10(木) 18:39:00.26
>>343の質問は
原稿用紙
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E7%A8%BF%E7%94%A8%E7%B4%99

鍵括弧で始まる「会話文」は直前で改行し、行頭に鍵括弧を配する。
会話文が2行以上に渡るときは、行頭を1文字下げる。(なお、同じ鍵括弧を利用する場合でも、心中語や引用では行替えをしない。)

についてだから。

349 :yaginu:2012/05/10(木) 18:42:00.30
まあ、普通は下げない。
シナリオでは下げるんじゃないの? しらんけど。

350 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:49:02.51
じつは原稿用紙の使い方には決まりがないため知ったかぶりが増える。
文章の途中でも会話文は必ず改行するという教えが日教組の一部にあってそれと混同している。

例)
 山田君はそれを見て、「うそ! マジで? 信じられない」と答えた。
    ↓
 山田君はそれを見て、
「うそ! マジで? 信じられない」
と答えた。

会話文の次の行も字下げしないから、すぐにわかる。

351 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:53:17.80
混同してなくね?

しかも君は質問者になんの解答も書いてなくね?



352 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:54:36.84
ははは

こいつ日教組って書きたいだけだな

353 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 19:05:44.16
>>351
頭悪いなw
「段落始めは字下げする」という明確なルールがあったが、
会話文を書くときは必ず改行するという教えが国語の作文の授業にあって、
その時は字下げしないと教えた。
だからそういう書き方をする人間は、学校職員、教育関係者に多い。

字下げしたり、字下げしなかったりだったら、
見た目が悪いからカギ括弧は字下げしないというふうになったが(ここが混同)、

原稿用紙の使い方
http://www.nets.ne.jp/~keio/genkoyoshi.htm

にあるように、カギ括弧だからといって字下げしなかったら、
段落始めがわからなくなりおかしくなる。

354 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 19:07:57.69
つまり、すべての答えはこれに尽きる。

>じつは原稿用紙の使い方には決まりがない

バカはもう少し頭をよくしてからレスをしような。
特に>>351

355 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/10(木) 19:08:53.22
>>343
一マスも空けない。
逆にシナリオの場合は会話文の一行目にツラを合わせる。
一行目が四マス空けなら四マス空けだよ。

356 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 19:28:17.56
長文書いたがやっぱり
カギ括弧中で字下げいるの?と関係ないじゃんw

残念だが、これにつきるって言えるようなな、ごくごくふつうの答えは
yaginu やイナが言っているような

「ふつう下げないよ」

だったりする

357 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 19:45:51.34
↑こいつアホかw

358 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 22:29:14.94
ちゃんとした文章は、」の前の。を省略しないよな?
だって川端康成がそうだし

359 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 22:43:55.55
それも使い分けの問題。

正しい書き方として、段落始めの字下げが必要なように、
セリフ終わりの句点も必要。しかし、

・生徒らは「気をつけ」の姿勢で立っていた。

こういうふうにセリフ以外のカギ括弧文で句点をつけないものがあり、
付けたり、付けなかったりでは、見た目が悪いし、使い分けも難しいので、
新聞や雑誌など複数の記者やライターで紙面を埋める場合、統一される。
で、新聞は「つけない」というふうに統一され、
その影響で新聞記者上がりの作家がセリフ終わりの文末に句点をつけなくなり、

ネットを徘徊するワナビが「省略すべし」と声高に叫ぶようになった。
バカ丸だし。

当然、頭が良くて使い分けができる品のある作家は、省略しない。

360 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 23:13:17.65
>>356
>カギ括弧中で字下げいるの?と関係ないじゃんw

関係あるし、ちょっと考えれば推察できるだろ。
まずウィキペディアは素人が書いている。だからデタラメも多い。
わざわざ解釈するまでもないが、こういうこと。

 花子は、
「まあうれしい。ありがとう」
と喜んだ。
(会話文の行頭を下げない。「会話文の直前で改行し」ただけで、段落始めではないから)

 花子は喜んだ。
 「まあうれしい。ありがとう。こんなに
たくさんの花束をもらったのは生まれて初
めてよ」
(「会話文が2行以上に渡」り、段落として独立したため、段落始めとわかるように行頭一字下げる)

 ちなみに、「心中語や引用では行替えをしない」というのは、

 花子は「こんなものもらってもうれしくもなんともないわ」と心の中で思った。

 というふうに書けということだろう。確かにこういうふうに書いている奴はいるが、たいがいは間の抜けた顔をしている。

361 :yaginu:2012/05/10(木) 23:30:02.69
最近レベル高いな。

362 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 23:51:46.82
>>358

日本語教育ではカギカッコの前の。は書けってよ
もともとは新聞の規範で、情報における文字数を減らすために
あっても無くても同じだからはじめたことらしい
そのご、出版社が雑誌で追従して、最終的に書籍にもそうなっている

だから純文学ではカギカッコの前の。を書く人もいるらしい

でも、そういうひとは!とか?とかも日本語じゃないって理由で書かない人だから
あんたがやっても笑われるだけだって
そもそも書いても書かなくても受賞したらとったやつが出版されるだろうから
気にしなくて良いって意見もあった

363 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 23:59:39.42
>>360 は飛ばしまくってるのうw 暑いやっちゃな

>>343をみてみろよ

会話文で2段落になったときの話か? ちがーだろ
2行以上になったときに下げるんかいな?って質問だろ

だから

「ふつう下げないよ」とか
「逆にシナリオの場合は会話文の一行目にツラを合わせる」
なんだよ



364 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:03:31.15
ありゃりゃw これは俺なら「ぎゃふん」って書いて逃げるレベル

365 :yaginu:2012/05/11(金) 00:05:54.51
やべえ、最近この板レベル高すぎ。

366 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:08:18.70
>>362
それは偏見。純文学だけではない。
子供向けの翻訳本も絵本もきちんと打つことになっている(もちろん出版社によるが)。
それが正しい日本語だから。

省略がイレギュラーだということを知らずに育つと
純文作家がそうだとか、純文作家が!も?も書かないとかアホなことを言い出す。
!と?を使わないとニュアンスの伝わらない言い回しはすでにある。
だから純文学をやっている人間が!と?を「使うな」というのは「頼るな」という意味。
なぜ「頼るな」というのかは自分で考えるがいい。

>>363
>会話文で2段落になったときの話か?

はぁ? 2段落って何だ?
さては「段落」の意味さえ知らないで調子こいているんだろ!
恥を知れ!w

367 :yaginu:2012/05/11(金) 00:11:12.62
ごめん、どっちが天上人?

368 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:13:06.25
>2段落って何だ?


お ま え が

>段落として独立したため、段落始めとわかるように行頭一字下げる)

って書いたのね

それで、段落として独立した場合ではなく単に2行目からの話じゃね
ってこと

369 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:18:36.91
>>366

ごめんなさい いじめないでください
童話等の幼児書や、小さい出版社ではそりゃ。を書くところもあると思います
ただ大きい所は今は書かないのが普通だと思います

残念ながら名前は覚えていない(私は純文学は読まないので)純文学の作家の方が、出版社の出版規範をまげて
日本語として正しいのは。を書くほうだ、だから書いているというのを雑誌で読みました
2chでも似たようなことを言っている人を見ました。
と同時にその人は?や!は日本語ではないから使わないそうです。

私も!や?が必要になる局面はあると思います。彼がそれをどう切り抜けているかは知りません


370 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:23:32.94
>>368
「2行目から」って何だ?

>>369
正しい日本語かどうかは、大きい出版社が決めるのではなく、
お偉い国語の先生が決めるんだよ。

で、たぶん昔のお偉い国語の先生が決めたのがあって、
文科省かどっかのサイトにちゃんと記載されているからそれを調べてごらん。
またそれには!も?もあったから、
昔から正式に日本語として認められているのだろう。

勘で、知ったかぶりするなよ!w

371 :yaginu:2012/05/11(金) 00:25:51.50
なあ、お前らっていつもの二人だよな。
というか一人だよな。

372 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:26:36.54
ほら、ちゃんとここに載っている。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/joho/kijun/sanko/pdf/kugiri.pdf

373 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:29:48.80
>「2行目から」って何だ?


お、やっと落ち着いたのか? 人の話を聞く気になったか?
これだ↓

>343
>会話文が2行以上続くときは2行目からは行頭1字下げでしたっけ?

な、「普通下げないよ」で良いだろ

あんた人の文をよく読め
ぱっと見でバシバシ書くのやめれ
おれのだけじゃいぜ
何が文部省行けだよ、日本語は大きい出版社が決めるのではないだよw

>>362さんは最初から

>日本語教育ではカギカッコの前の。は書けってよ

って書いてるがな


374 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:30:55.32
疑問符と感嘆符のこともちゃんと書かれている。

疑問符は、質問と反問の言葉の調子。
感嘆符は、感動と強めや驚きや皮肉を表したい場合に使う。

こんなにきっちりと書かれているのに、日本語じゃないとかいうのは、
尖閣諸島や竹島が日本の領土じゃないというのに等しいな。

375 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:32:33.59
俺もう寝るからyaginu後を頼む

376 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:33:25.50
>>373
アホかw うろ覚えで書かれた>>343を参考にするな。
みんなはちゃんと正しく書かれたほうを見ている。それを見つけてそれを参考にしろ。
話はそれからだ。

377 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:35:05.08
>>373
>あんた人の文をよく読め

おまえがよく読め!
マジで十回くらい読んで、理解してから、レスしろ。

378 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:39:52.33
>うろ覚えで書かれた>>343を参考にするな。

>>343氏が質問をした人なのですよ

ここは質問スレですよね? わかります?
みんな質問→回答ってながれなんですよ

379 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:44:29.20
>>374
感嘆符って皮肉の表現に使うの?

380 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:45:25.55
>>378
その質問者のうろ覚えを正したレスがある。

わかるか?

それを読まないから、
おまえは何がどうなっているのかわかっていない。
おまえ一人だけだぞ。

381 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:47:33.65
>>379
>感嘆符って皮肉の表現に使うの?

そうですね! (←皮肉、こもってる?)

382 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:50:46.40
おまえさーそろそろコテつけろよ
実はなんか考えてるのあるんだろ?
言ってみろよ

383 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:56:48.68
おれは八木沼だ!

384 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 01:02:18.49
ここは議論の場ではない
どっかよそでやれ

質問のある人、どうぞ

385 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 01:03:51.45
質問
384みたいな奴はなぜ息しているの?
死ねばいいのに

386 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 01:08:33.64
はいはい、次の方

387 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 01:13:18.01
ここは喧嘩の場ではない
どっかよそでやれ

質問のある人、マジレスする人で、
続けてください

388 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 12:08:41.67
343です。
皆様回答ありがとうございます。やや荒れてしまったようで申し訳ないです。
下げない、という回答が見たところ多く、自分も今まで下げずに書いていたのでこれからもそうしようと思います。

下読みの方や選考委員が正しい書き方(小説における正しい)でないと読みにくいと感じるのではないかなと思い質問させていただきました。
ありがとうございました。


389 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 13:16:51.37
いや、ふつうは「下げる」よ。
下げなければ段落の意味がないじゃん。

原稿時は字下げして書いて、
出版時に出版社の指定する組版に従うだけの話。

390 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 14:35:52.66
初心者の質問。

同じ作品を複数の賞に応募するのはダメ?
ダメな場合、皆はどの賞にどの作品、というのはどうやって決めているの?出来た順番?或いは受賞作の傾向や審査員とかから?

391 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 14:55:18.46
だめだよ

そして、どんなふうに、なにに重きを置いて判断してるかは人それぞれだろうけど
あなたの想像通り
ジャンル、傾向や枚数、締切日を考慮して決めてると思うよ

そうでない人はあらかじめ出したい賞が決まってて、それ目標にはじめから書いてると思う

392 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 15:10:15.72
複数に応募していいよ。
出版社としては嫌がるけど、公募も就活みたいなものだから。

出版社の脅しは才能のないワナビに効き目がある。
下読みに払うバイト料が減るからね。

本当にほしい逸材を発見したら、どうしても獲得したいから、
二重投稿していても絶対取りにくるよ。

393 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 15:28:06.51
初心者なら、とりあえず1社に投稿してみればいいじゃない
一発デビューの可能性だってあるんだからさ
1つぐらいなら絞り込めるだろ

394 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 16:07:08.18
本当に欲しい逸材なんてどれだけいることやら
自惚れないほうがいいよ
他とどんぐりの背比べだったら二重投稿のない奴を採用する
就活と同じだっていうならこっちのほうが現実的

395 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 16:16:42.99
応募要項で「重複投稿不許可」となっているなら、そこに投稿したら結果が
発表されるまでその作品は他の賞には投稿できない。あるいは、他の賞に
投稿して審査中の作品はそこには投稿できない。

結果が発表された後なら、同じ作品を他の「重複投稿不許可」の賞に投稿する
ことは可能。つまり作品の使い回しね。これをやってる人はけっこういる。
そのまま使い回す人、ある程度改稿して使う人、人それぞれだ。

396 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 16:18:59.70
どんだけみじめな人生だと>>392みたいなこと平気でできるようになるんだ?

397 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 16:35:16.99
かまうな、またそいつは屁理屈ならべて揉めたいだけだ

398 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 17:05:24.58
出版社の人間は、
応募要項をきちん守るよい子ちゃんは要らないんだって。

399 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 17:08:14.67
それは言えるな。

400 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 17:24:22.02
学者ではない人が、学者みたいに振る舞う又は分析したり批評すること、またはそう言う性分の人を
なんていうんでしたっけ?

401 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 17:26:12.47
>>400
ごめんm−−m 誤爆

402 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 17:26:18.01
衒学(げんがく)

403 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 17:27:43.03
ペダン星人

404 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 17:55:30.43
>>402
すいません。カタカナですm−−m

405 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 17:58:23.60
ペダン もしくは ペダンチック もしくは ペダン星人

406 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 18:16:37.60
>>404
誤爆じゃなかったの?

407 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 19:20:47.16
http://geaward.jp/
この賞のスレってなんでないんですか?

408 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 20:37:39.48
自分で立てればいい

409 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 20:52:35.73
立てるのが難儀な場合は、綾瀬はるかの画像を探せ

410 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:51:45.03
文頭の一字下げって
自動インデント機能を使うのと全角スペース入れるのとどっちがいいんですか?

411 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 23:17:23.15
全角スペースが良いとおもうよ
インデントがつかえない環境で書くかもしれないし
(ちょっとメモ帳立ち上げて走り書きとか、携帯で思いついて書いてみたとか)
絶対にそういうことは無い、っていうならあれも便利な機能なのかも知れないけど


412 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 16:21:50.00
要は、文頭が全角下げてあれば問題ないわけで
どっちが使いやすいかは、試してみて自分で決めれ

413 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 16:45:51.24
自動インデント機能は絶対にやめとけ。
マジであとでめんどくさいことになる。

414 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 05:34:23.69
本人じゃないんですが、下の物語を読んでから感想を読んで、よく分からなくなりました。

http://ana.vis.ne.jp/ali/antho.cgi?action=article&key=20120508000018

ここに書かれた感想の内容で特に困っています。
>一人称の主人公説明を三人称でやっちゃうとこうなる。
とはどういうことでしょうか?

この物語は一人称で描かれているのでしょうか? 三人称で描かれているのでしょうか?

>物語全体を見るには客観性が不可欠になる。
客観性がある文章とない文章の違いは何でしょうか?
この物語では、何故、客観性がないと判断されたのでしょうか?

感想に首をひねっています。この物語自体は後半の会話部分のほうが読みやすいと感じました。

おねがいします。

415 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 12:20:39.35
読んでないで言うけど
感想書くにもある程度才能が必要だから
高度な言葉を連ねた感想ってわけでもないんでしょ
それなのに通じないなら
通じない小説があるように、通じない批評や感想なら無視したほうが良いよ

知ったかの中途半端な道案内はもっと迷って死ぬだけ

416 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 12:22:43.59
冒頭をざっと読んだ。

小説の語り手が、状況・事情説明するときに
「〜かもしれない。」「〜だろう。」とか書くと、
物語の世界の人(つまり一人称の存在)みたいに感じられるということ。

日本昔話のように語り手が独特の言い回しや方言などを使い、
語り手の存在を最初から印象づけている場合はいいが、
そうでない場合はできるだけ客観的な書き方をすべし。
客観的な書き方とは、語り手の主観や推測を交えないこと。

感想者は「高く」や「青い」などの形容詞の類いも語り手の主観と位置づけているが、
このへんは幅があって人によって許容範囲がある。要は全体のバランス。

この小説は三人称の小説だろう。
しかし冒頭はまるで一人称のような書き方になっている。
今までずっと一人称の小説を書いていたのだろう。が、
プロでもヘタレな女流がこれに近い感覚でやる場合がある。

417 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 17:54:36.52
>>414
「感じ方はいろいろなんだなー」でいいんじゃないの
感想に「これが正しい」なんてないでしょ

418 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 18:39:14.25
横だが、
読者の感想から何かを読み取れない奴にエンタメは無理。

419 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 19:05:18.57
>>414にいいアドバイスをしてやろうと小説を読んだが、三人称と一人称の文体がごちゃ混ぜで訳がわからなくなってしまった。
誰か私に三人称の小説を教えてください。

420 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 19:23:57.30
>>414
感想が云々の前に、本文そのものが稚拙で読むに耐えない。


421 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 19:29:19.14
横だが、
下手糞な文章が読めないのは同族嫌悪を感じるから。

422 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 21:46:16.93
よく三人称の書き方として、
一人称で書いた文章の「私」とか「僕」を主人公の名前に変えればそれで三人称の文章になる、と言われているけど
それはダメなの?

三人称でも、
語り手の主観じゃなくて主人公の主観になるように書けば、
多少主観的になっても問題ないと思っていたが。
実際プロでもそういう書き方の人はいくらでも居るし。

>>414だって、
「空がどこまでも高く、青い。風は静かに流れ」〜〜
の文章は主観的かもしれないけど、その直後に
「それをみて、ヤハギはため息をついた。」
とあるんだから、
「高い」とか「青い」とか「静か」とかは語り手の主観じゃなくて主人公の主観ってことになると思うけど。

423 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 22:19:15.37
単に「空が青い」なら誰から見ても青い(だろう)からともかく、
「どこまでも高い」となると、見上げている誰かの視点が存在する。
しかもこの文章だと、見上げているのが主人公にも思えるし、
語り手にも読めるから、混在しているような損をしていると思った。

424 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 23:14:00.23
語り手の視点と主人公の視点の切り替えがうまくないのと
自由間接話法がうまく使えてないんじゃないかな?

425 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 01:57:18.08
>>414を読むと
冒頭から会話部分まで、ヤハギと書いてるところを「僕」か「俺」に変えれば一人称小説として成立するんじゃないの? 違うのかな?

426 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 09:13:51.87
問題は文章の中2臭さにあるのであって
人称は特に問題ないと思うが?
なんで最初に人称についてコメントつけたやつが正義なん?

427 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 09:51:05.84
俺も最初のコメントには同意できない。

428 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 10:43:09.42
コメントつけた人の意見の正当性はともかく(自分も反対だが)、質問者はそもそもコメントの意味すら
わからないから、それを教えてほしいということでしょう。

>>416がうまく説明していると思う。
三人称といっても、主人公を視点人物としてその目で見て行くか、語り手が別に存在するか、という問題がある。
>>416がいうように、客観性に徹するなら、語り手の主観を交えないというのが理想である、とコメントの人は
考えている。にもかかわらず、その書き方が「どこまでも青い」というのは主観的表現だとしたうえで、
三人称が本来持つべき客観性を備えた文章ではない、とコメント者は考えているのでしょう。

>一人称の主人公説明を三人称でやっちゃうとこうなる。
というのは、語り手が一人称のように表れてしまっている(表現が主観的記述だから)のに、
その語り手が主人公を説明する時には三人称にしていて不自然という意味だと思う。

主人公の外見を書いているんだから、主人公の眼で見ているのではなく、語り手が存在するのは確かだよね、
最初の8行で。それなのに、いつしか主人公の内面を主人公の口で語らせたり、移行がスムーズでない(>>424が指摘)。

主人公の感情は、三人称でも出すのがむしろ普通だけど、この作品では語り手の主観が出てしまっている、というのが
コメント者の批判する点でしょう。

429 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 11:30:19.78
最初にコメ書いた人が

三人称の主人公視点で書いた思考内容を
「あれこいつ、3人称と1人称まぜてやがるワラ」って思った馬鹿なんでしょ

そんなの良くあるし
いちいち、そういうのに
「〜と**は思った」って主人公の視点だってことを強調しないつうの

それに対して、
>プロでもヘタレな女流がこれに近い感覚でやる場合がある
とかプロでもやっちゃいけないことなんだみたいに書くやつもいるし
なんだこれ? にってる。

430 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 12:04:18.09
もうやめない?
確かに質問者の疑問にはみんな真面目に答えてるんだけど、
スレの趣旨とズレてきてる気がする
他サイトの作品ではなくコメントに対して「どう思うか」って
ここで語りあうことじゃないと思うんだが…

431 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 12:19:17.56
>>429
>そんなの良くあるし
>いちいち、そういうのに
>「〜と**は思った」って主人公の視点だってことを強調しないつうの

それは自由間接話法。
あの作品は主人公の視点ではなく、まんま語り手の視点。
全く次元の違う話。だからみんながおかしいと指摘している。

その区別がついていない者は、運動神経がないのに、
プロスポーツ選手になろうとするようなものだから、無理。

>とかプロでもやっちゃいけないことなんだみたいに書くやつもいるし
>なんだこれ? にってる。

まさにタレント作家がなんの区別もなくやる。
だから文章がデタラメといわれ文学賞の対象にはならない。
タレント作家なら許される世界なので、ワナビがやると入り口で弾かれる。

432 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 12:23:35.25
>だからみんながおかしいと指摘している

じゃねえからもめてんじゃんw

433 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 12:48:02.09
>>431
>あの作品は主人公の視点ではなく、まんま語り手の視点。
その認識がまずおかしい

434 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 15:40:23.34
>>428
>主人公の感情は、三人称でも出すのがむしろ普通だけど、この作品では語り手の主観が出てしまっている、
の部分であっちの小説読んでたらわからなくなったんだけど

主人公の視点を三人称で出すってのは

ヤハギは怒りを感じた。

一人称なら

僕は怒った。

でいいんだよね?

435 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 15:58:32.82
Yes



436 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:01:11.74
>>434
別にどっちでも成立するだろ。

 ヤハギは怒りを感じた。
 僕は怒りを感じた。

 ヤハギは怒った。
 僕は怒った。

感情の描写で「○○は怒った。」なんて書くのは稚拙で頭悪そうな表現だと思うが、
それは人称とはまた別の問題。

「ヤハギは怒った。」と書くと三人称として成立しなくなるのなら、
「メロスは激怒した。」もアウトになってしまうだろ。

437 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:07:39.82
良いから真顔で突っ込むなよwほっといてやれよ

ちょっと考えてみ? これあまりにも馬鹿みたいな流れだろ
自演で、いかにも自分が言った事が正しかったような
会話でスレの流れを作り上げようとしてんだからさ

438 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:15:06.54
一人称で主観的に書くのなら、

僕は怒りを感じた。

で正解。

439 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:17:14.78
三人称で客観性を重視したら、

ヤハギは怒りを感じた。

これは不正解。
シナリオを書くときも不正解。

シナリオは小説と違い、客観的に書かなければならないので、
シナリオの書き方を勉強すると客観的な三人称の小説は余裕で書けるようになるだろう。

440 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:25:02.79
私は川原で弁当を食べる。

川原と弁当は修飾語でもある?ない?

441 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:26:47.28
>>439
三人称で客観性重視の表現を教えてください。

442 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:27:28.40
>>440
「私は」も「川原で」も「弁当を」も、全て「食べる」に掛かっている。

443 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:28:01.97
修飾語だろ

444 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:28:58.75
よくわかりません
かかっているというのはわかりますが
修飾語、と呼んで良いかどうか教えてください

445 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:30:36.80
>>443

どうもです 
修飾語って言葉のイメージが
「赤い」とか「だんだんと」的なものばかりと勘違いしていたようです

446 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:34:11.25
>>439
>>441
ヤハギは怒っているようだった。

じゃないかな?


447 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:38:55.06
意味が変わってるじゃんw

448 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:40:35.24
>>439
いや、「ヤハギは怒りを感じた。」は客観的な表現だろ。
実際に彼が怒りを感じているのなら、それは事実。この文章に主観は入っていない。

だいたい、小説の話のはずなのに何故いきなりシナリオの話が出てきたのかも謎。

449 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:42:11.56
質問です。無理矢理手篭めにする という言い回しは正しいのでしょうか。
手篭めを調べると 力ずくで略奪する、暴力で女性を犯す とあります。
無理矢理 は 手篭めの言葉の中に含まれています。
ただググってみると 無理矢理手篭めにするという言い回しは
よく使われていて判断に迷っています。分る方、よろしくお願いします。

450 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:45:25.47
良いと思う
力づくだろうが無理矢理な場合とすんなりな場合があるだろうし

451 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 16:51:40.89
>>439自身が思う答えは何なんだろう

452 :yaginu:2012/05/14(月) 17:32:41.93
語りが主観で他人の感情を決め付けているだけじゃん。それの何が問題なんだ。
つーか小説や詩、シナリオ、哲学、思想、心理学、政治学などにおいては客観性なんてどうでもいいだろう。
三人称で書くならば客観的でなければいけないなんてことは新聞記者にでも言ってやればいい。

453 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 17:40:26.88
小説家は、客観的表現と主観的表現を巧みに使い分けなければならない。
で、それができていないってこと。

またそれがわからないワナビがいるってこと。

そんだけの話。

454 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:01:11.44
いいから涙ふけよw

455 :yaginu:2012/05/14(月) 18:10:23.91
>>453
なるほど。そういうことか。

456 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:16:29.52
ハードボイルドとか
客観的な表現を多用することによって
一人称でも突き放した感を出したりはあるけど
しなければ、それっぽくならないというだけであって
そもそも〜しなければならない、は無いな

この場合は関係ないし

457 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:18:51.31
XXXの方の表現をすべきであった
までの絶対間違いではないよ

アドバイスならもっと他の事を言うべき

458 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:19:12.48
「(お手本などを)やって見せた」
「(お手本などを)やってみせた」

どちらが正しいですか?

459 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:22:49.25
正しいとかないだろ
下のほうが一般的だろうけど

460 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:28:24.30
いちおう補助動詞は平仮名で書くというのがあるけどな。
・見てみる
・走ってくる
・立ちあがる

461 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:34:55.34
問題は
お手本だから、補助動詞じゃなくて
お手本をやって、(それを)見せた。
って気持ちがあるかどうかだよな

本を開いてみた(試しにやる感)
本を開いて見た(実際に見てる)

462 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:36:42.57
立ち上がるは補助動詞じゃなかった。

>>461
ウィキペディアで「補助動詞」を調べれ。
文法に「気持ちの問題」は介入しない。おまえの悪い癖。

463 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:38:13.24
ウィキでいうとこの部分だ

>この表記によって例えば「箱を開けて見る」(中を見る)と
>「箱を開けてみる」(試しに開ける)のような異なる意味を区別することもできる

だから書き手の気持ちはどっちなのよってこと

464 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:39:26.55


465 :yaginu:2012/05/14(月) 18:53:49.73
>>458
どちらでもいいけど作品中ではどちらかに統一しておいた方がいい気がしない?
まあ、表現の揺れなんてうんこみたいなもんだから。
伝えたいという気持ちが大切。

466 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:01:02.26
>>463
それは完全なウィキの間違い。
「見る」は他動詞だから目的語「〜ヲ」を必要とする。
だから「箱を開けて見る」は「箱を開けて中を見る」が正しい表現。
「箱を開けてみる」にこじつけたかったのかもしれないが、
そんな不正な例ではいったい何を見たのかわからない。
箱を見たのか、箱の中を見たのか、はたまた別の何かを見たのか。
まだ「本を開いて見る」のほうがマシ。
しかしこれも日本語としては却下。
いいたいことはわかるが、「これあげる」といって、もらおうとしたら、
見せた物を上に持ちあげて「ほら上げた」という小学生と同じレベル。

467 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:03:59.31
>>465
>作品中ではどちらかに統一しておいた方がいい気がしない?

しない。
「みた」か「見た」かで意味もニュアンスも変わるんだから、使い分けるべき。

468 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:08:20.78
あれ? これいつもの日本語の人
じゃこの人が正解にしようぜ、めんどくさいし
この話もうおしまい

ひらがなで、だってよ

469 :yaginu:2012/05/14(月) 19:08:43.65
そういう意見もあるだろうねえ。

470 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:12:50.55
日本語の人に論破されて誰彼無しに日本語の人といいながら粘着している人でしょ。
何度か見たことがある。
そいつはほっといて有益な話をしてくれる人はどんどんして。

471 :yaginu:2012/05/14(月) 19:14:36.40
わたくしは使い分けるくらいなら、表現、表記の揺れは無視した方がいいと思う。
伝えたいという気持ちさえあれば読者に伝わるわけだから。

472 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:17:34.15
伝わるか伝わらないかが問題じゃないんだが。

473 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:20:44.80
三人称で客観性を重視したら、

ヤハギは怒りを感じた。

これの正解は

ヤハギは怒りを感じた様子だった。

でいいんでしょうか?

474 :yaginu:2012/05/14(月) 19:25:09.76
他人の怒りなど客観的に言えない。
アドレナリンだか、血流、血圧、心拍、瞳孔などがわかったとしても、
それが怒りなのかどうかは断定不可能。

ヤハギの表情などを描写しても客観的とは言えない。
所詮語り手は新聞記者と同類なわけよ。


475 :yaginu:2012/05/14(月) 19:27:00.41
ヤハギのセリフに「おれをここまで怒らせたのはお前で四人目だ」とかあればいいんじゃないの。

476 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:31:35.40
>>473
「感じた様子だった」と誰が判断したの?

477 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:35:27.44
>>476
神の視点の人かなあ

478 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:37:14.65
でも正解が本当に分からない

479 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:43:05.13
>>473
それは、その現場を見た「気弱な」人間の客観的判断。
小説の世界の語り手は何でも知っていて客観的事実を書くことができるから、
簡潔に書くとしたら、

・ヤハギは怒った。

ヤハギの感情を読者に自分の感情のように錯覚させたいのなら、

・ヤハギは怒りを感じた。

三人称の小説でも、客観的事実を簡潔にバシバシ書く方法と、
主人公の内面つまり心理描写をネチネチ書いていく方法がある。

読者層を知って、
男性読者中心なら簡潔な客観的事実で心理描写はあまりいらない。湿っぽく感じる。主人公に語らせたほうがいい。
逆に女性読者が対象なら人物の繊細な感情の動きを流れにそって表現していくほうがいい。ねちっこくても文句をいわれない。
と思われる。

480 :yaginu:2012/05/14(月) 19:44:22.97
感情に関しては客観的な事実などあり得ない。
人物に怒りを表明させるしかない。

481 :yaginu:2012/05/14(月) 19:48:01.39
つーか小説の語りが客観的である必要がない。

482 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:51:41.44
対象が主観的なもの(心理)だということと、判断が主観的なものだということは、また異なる。
心理のような主観を対象としながら、客観的表現をすることはできる。

語りの主観っていうのは、例えば

「ヤハギが怒っていたって? で、オギはどう突っ込んだんだ?」
彼のくだらないジョークを、彼女は無視した。

っていう場合の「くだらない」の部分。くだらないのはわかるんだから、それを押し付けて説明されるのは
しつこく感じる。

483 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:55:02.25
>>479
ってことは>>439のレス自体が間違っているって事?

484 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 20:01:43.76
「呆れる」や「呆気に取られる」の類語を教えてください。自分の持っている類語辞典には載っていませんでした。
擬声語(擬音?)は避けていただければ幸いです。

485 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 20:06:37.38
つ http://thesaurus.weblio.jp/

486 :yaginu:2012/05/14(月) 20:46:12.10
>>482
そういう意見があってもいいとは思うよ。個人的に。

487 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 20:58:35.43
>>482
そのセリフだけではくだらないかどうか分からないが。少なくとも俺には。

だいたいその文章から「くだらない」を除去して、

>「ヤハギが怒っていたって? で、オギはどう突っ込んだんだ?」
>彼のジョークを、彼女は無視した。

と書かれていたらなんで彼女が彼のジョークを無視したのか分からない。

488 :yaginu:2012/05/14(月) 21:05:52.12
ジョークを無視するのに理由なんているか?

489 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 22:08:43.38
いる

490 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 08:31:55.88
いや、そのジョークがわからないんだが。
ヤハギからどうしてオギが導かれるんだ?
いつの世代の人間だったらわかるの?

491 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 10:54:45.06
戦闘シーンをカッコ良く描けるようになりたいんだけど参考にするといい小説ってある?
肉弾戦と武器使用(大剣とか、中二っぽいの)でそれぞれ教えてほしい
とりあえず餓狼伝から読もうと思ってるけど

492 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 11:02:32.93
>>490
おぎやはぎ でぐぐれ

493 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 12:04:09.31
>>492
wakattauedeitterunodaga.

494 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 15:00:03.24
>>491
どれがかっこいいかは人それぞれだから、先頭シーンがありそうな小説を
かたっぱしから読んで書き抜くとかしかないんじゃね?

全体的な底上げを狙うなら
アニメのノベライズとか、小説のアニメ化されたものでまずアニメの方を見る
自分なりに、そのシーンを書いて見る
そのご小説を読み、プロはどんな風に書いてるか見るとか

495 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 16:40:23.69
プロットを考えると「そもそもなぜそうなったのか?」でいつも詰まってしまいます
なにかこつがあれば教えてください

496 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 16:50:31.36
それ、俺も詰まるよ
っていうか、そういうのがすらすらでてくるのが才能であって
必死でずっと考えるより仕方ねえんじゃね?
プロでも、この展開、苦しいよなってのあるし、読んでるときはわからなくても、
あとで考えると、ここ苦しいよなってのあるじゃん
だから苦しいけど、それを読者に悟らせないよう書くように努力するとか

逆に、今この状況だったら、これからどうなる? 
を考えるようにしてみれば?
上手な「なぜそうなった?」を思いついたときのほうが話は転がるだろうけど

497 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:02:05.72
神がアドバイスをしてやろう。

ストーリーをつくろうとするからそうなる。
そんな鼻糞が考えたストーリーなんかどうでもいい。

「何を描きたいか」だ。

「描きたいシーン」でもいいだろう。それがあるはずだ。
そのシーンを何度読んでもあきない。それを意識すればいい。
そしたらおのずとそこまでの道程は定まってくる。

498 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:30:48.14
>>495
訓練したいなら、その苦手なところから作り始めてみれば?
「なぜそうなったのか?」を最初に決めて、肉付けをしていく
何度も繰り返しているとコツみたいなものがわかってくるし、
1人の人間の中にそれほど多くは「なぜ」の答えがないのもわかる
逆に言えば、自分が描きたい大きなテーマが見えてくる

499 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:32:20.58
描きたいシーンと描きたいシーンがつながんねーよって悩みだろ
なんだよ、おのずと定まるってw だからそれをどうやって?ってことだろ
もっとちゃんと書けよ>神

500 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:34:27.46
本当に描きたいシーンがないからつながらないだけってことに気づけよ愚民。

501 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:36:17.90
人は神の言うことは理解できても、実践はできないよw
だからこそ神なんだろ?

502 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:38:02.44
本当に描きたいシーンにすれば、つながるに決まってる(キリッ)!!ってことか?

そうかぁ?っては思うが神が言うならそうなんだろうな

503 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:39:19.59
すいません
GPUのスペックは充分なのにカスタムメイド3Dができなくて調べていたら
UDし、ソフトを立ち上げてみると、見事起動しました
とあったんですがUDってなんだかわかりますか?

俺パソコン詳しくなくて(;O;)


504 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:39:31.39
神だからできるんだろ。愚民にはできない。

505 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:40:01.16
待って欲しい
質問の意味はその「書きたいシーン」に持っていくための道程が
思いつかないという話ではなかろうか

506 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:41:25.04
漠然と小説を書きたい。いや、妄想をしたい。
だが何を描きたいか、そういうものがないから、
どこかで見たような借り物の妄想をもってくる。

借り物だから、どうしてそうなったかもわからない。
当然だ。借りてきたのだから、理由などわかるはずもない。

自分が何を描きたいのか、それが定まれば、
自分の描きたいシーンをさらに盛り上げるためにどうすればいいかを考え、
何が必要か、どういう道筋でそうなれば完成度の高いシーンとなるか、
いくらでも想像の泉からネタが溢れてくる。

こういった経験がない奴は、才能がないから無理。

507 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:42:24.17
>>503

何でここで聞くんだよw
アップデートかな? ビデオドライバとか、そのソフトとかDirectXとか

508 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:43:26.67
>>503
>UDってなんだかわかりますか?

アップデートだろ。どうせ。

509 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:43:55.27
神ww だんだん屁理屈www

できるはず、はず、できないのは、えーとえーと、才能無いからだ(キリッ)

510 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:45:16.09
神じゃないんだから、神と同じ才能はないよな
つか、あったら神も自慢できなくなって困るだろうw

511 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:45:42.07
才能なくてもかける方法、を教えてしているんじゃなかったのか……。

512 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:45:48.08
>>508

アップデートですか…ありがとうございます

したのになんで起動できないんだろ…

513 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:49:55.91
>>512
ノートパソコンなんじゃね?つまりGPUが非力。

514 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:51:14.23
再起動させろ。

515 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:51:50.72
>>513
ノートパソコンじゃないです(;O;)

とりまグラフィックドライバー更新してみます

516 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 18:55:51.14
>すいません
>(;O;)
>とりま

517 :yaginu:2012/05/15(火) 19:00:13.40
つまらん釣り


518 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 19:01:00.72
おまえがいちばんつまらん。

519 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 19:59:54.39
浦島太郎で言うと、なぜ亀はいじめられてたのかとか、誰が竜宮城を作ったのかとかは考えなくてもいいのでしょうか?

520 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 20:05:30.47
世の中にはいじめが存在し、いじめられる理由は人それぞれだから、
亀がいじめられていても、そういうことがあるというのは理解できる。
竜宮城を誰が作ったとか説明してしまうと、竜宮城の神秘性がなくなる。

521 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 20:22:37.33
>>519
「何をテーマにして書くのか」による
いじめがテーマとか、そのいじめが竜宮城の存在に関係してるなら
書かなきゃ変だべ

522 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 20:23:16.88
お伽噺だから ってことで説明しなくてもいいことを
現実に即した理由付けをして書けば、違うジャンルになる

考えなくてもいいことと、書かなくてもいいことには差があるんじゃない

523 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/16(水) 00:55:54.56
亀さん、なんでいじめられてたん? だれが竜宮城つくらはったん? よかったら言うてくれてか
彡∩∩ \#$%&@/
((^o^) γ⌒ヽ
っцyυ (^o^))⌒ヾっ゙
□υ`υ υ ̄υ ̄υ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄あ、そう。ボスがつくらはったんや。亀さんはそこで雇てもろてたんやけど、それをねたんで、子供たちがか? んなわけないやろ。うん、なるほど。複雑やね

524 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 02:54:47.93
神奈川の文芸コンクールに応募する予定です。
ですが、不明な点があって質問します。
応募要項に▼400字詰め原稿用紙15枚(ワープロ、パソコンの場合は、20字300行換算で)と
記載されているのですが、パソコンで印字する場合20×300ならば一枚でいいのでしょうか?

http://information.kanaloco.jp/?p=2757

525 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 03:59:45.34
なんだよ300行ってw
コメに字を書く人でもねえと、読めねーだろ
30行のミスプリっていうかキーミスだろ
メールで問い合わせてみろ

526 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 04:05:23.57
いや違うな ごめん
300行に書くはないけど20x40とか好きな行で良いが
300行分が規定だよってことか

527 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 09:41:33.44
>>524
300行1枚で、実際に印字してみればいいじゃん
読みにくければ、相手も同じように感じるはずだよ
いいかどうかではなく、気遣いの問題

528 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 09:57:53.81
A4に300行で書かれたら
そんだけで読む気なくすわw

529 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 12:50:02.92
フィクションと明記してありますが。

実在の地を舞台に現代小説を書いています。
どこまでフィクションはOKなのでしょうか。

1.実在する国に架空の法律を作る

2.地名の移動(極端な例ですが、『新宿の隣に箱根がある』)

3.実際にあった事件、事故を無かったことにする(例・震災は無かったことにして、2012年の南三陸町の平和な日常)

4.上記に関連してますが、執筆中のWeb連載中の舞台が『2011年2月の東京』である場合、3月11日はどう取り扱うのが無難でしょうか(連載開始は2009年ですが)。


お知恵を貸してください。

530 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 12:56:00.92
>>529
そういうのが不謹慎だなぁと考えるなら書くのをストップして、もう少し時間を開けるべき。
そうでないなら自分の好きなように書けばいい。
フィクションと明記している以上、余程のことがない限り責められることはないと思う。
まぁ全ては読者が読んで判断してくれるでしょうよ。

531 :sage:2012/05/16(水) 14:31:08.31
>>530

ありがとうございます。

昨年の震災のときは、茅ヶ崎舞台でして、1ヶ月自重しました。
『こんなときだからこそ、書いてほしい』
というメールも頂きましたが、ギャグ要素有りなものでしたので、一時的に舞台を外国に移しました。(震災は無かったことにして、1ヶ月後に連載を再開)

舞台を戻すタイミングを見計らっていたところ、新しい舞台(の、リアルで凶悪事件の発生orz)

わりとよくある、銃乱射ですし、日本から見れば大したことでもないのですが、いくら小説内の日付が去年であっても……

著者として、気持ちよく書けません。

これは(著者の)気持ちの問題なのでしょうか。

今後も同様のことが起こる可能性はなきにしもあらず、です。

『実在する地』が舞台の小説を書いたのは初めてです。

実在する地を舞台にした場合、気をつけるべき点がありましたらご教授願います。

今のところ
・商品名などを出すときは、悪く書かない
・風景描写はなるべく事実に沿う(外国に舞台が移っているため、写真を見ながら、です。


またまた質問すみません。
茅ヶ崎は10年ほど前に住んでいました(田舎に引っ越したため、記憶とGoogleマップが頼りです。

フィクションであっても、実在の地名を使っているからには、事実と違うことを書いてはいけないのでしょうか(茅ヶ崎空港を作ったり、など

532 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 14:50:51.35
投稿作なら、あまり気にせずに書いたらいいんじゃないのかな
ジャンルによるし、「面白ければいい」もあるわけで…
ぶっちゃけ、出来上がったものを読んでみないことにはなんとも言えないと思う

533 :529:2012/05/16(水) 17:08:55.56
レス遅れました。

>>532
>面白ければいい
前にも同じことを言われたのを忘れてましたo...rz
投稿というより、SNS内のマイページで連載しています(アップした順に、自サイトへバックアップ、です。
なるべく忠実に書きながらも、ギャグテイスト有りのため、「ここにこんな店があったらいいのに」などと一部無断建設しています。
ただ、どこまで許されるのか。
実際にあった事件・事故の取り扱い。etc.
前回の急な舞台変更は無理やり感が残りましたが、震災から1年が経ち、そろそろ舞台を日本に戻そうか、と。
戻すきっかけを考え中です。
その場合
・日本国憲法、まさかの(ギャグ)改正
こういうことをしても良いものか。
映画やドラマでは有りますよね、レインボーブリッジを封鎖しちゃったり
憲法改正とか、有りですか(日本、少子化につき、国外在住者は強制送還とか
問題は、ギャグ要素有りですが、シリアスな恋愛物の人間模様主体です。
今は外国舞台なので、調べながら、土地や文化も紹介していますが(現地に行ったことが無いので、100%合っている自信は無いです・気づけば、参考図書やDVDに50万近くかかっていました。
メインは人間模様です。著者が鬱になるほど展開が重たなったときに、ギャグを入れてラノベ調に戻してます。が、本編よりギャグのほうが好評という現実ですo...rz
ま、それも本編が鬱展開ゆえにギャグが際立つのでしょうけれど。
こういう場合は、どこまで忠実に書くべきか。
『事実と違うことを書いちゃ駄目』とアドバイスを受けて悩んでいます。
それには、何年か現地に住んで徹底取材が必要です。茅ヶ崎は地元ですから、マシですが。
プロになる気は毛頭ないです。
実在の地を舞台にしている趣味で書いている人も、取材に行く人は少数派だと思います。
参考図書・DVD代の総額を言って驚かれたこともあります(自分自身もかけすぎかと。
『実在の地が舞台』ということで、力みすぎでしょうか。

534 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 17:35:39.55
趣味にいくらお金かけようが、どんなテイストで書こうが本人の自由なんで
そこは好きにしてくださいw

悩みに関しては…簡単に言うと「誰かから何か言われるのが怖い」ってこと?

535 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 18:44:32.29
これはひどい

536 :529:2012/05/16(水) 19:37:25.86
>>534

一言で言えば、そうです。
インターネット上に公開しているということは、責任も伴いますし。
「事実と違うこと書いては駄目」とは不当に貶める書き方をした場合ですよね。
今まで全くの架空の物しか書いた経験がないので、これを機に法律もザッと勉強しましたが、「どこまでがフィクションとして許されるのか」ずっと引っかかっていました。
『この小説は〜〜』と注釈を入れたのが初めてなもので、実在する地名や名所が登場する場合の効力について気になりました。

537 :529:2012/05/16(水) 19:56:53.78
用事をしながらモタモタ、レスしてます。

>>535
すみません。自分でもそう思います。
が、『石に泳ぐ魚』をなぜ「表現の自由」と言い張れるのか。
結局、著者が敗訴したとのことですが(最近、この裁判を知りました)、けっこう揉めたみたいですが、素人目に見ても完全にアウトなのに……
要するに、良識の世界でしょうか。

538 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 20:29:39.57
何となく思いついたことを書くためのソフトって何を使えばよいのでしょうか。
今まではポメラを使っていたのですが、壊れてしまったので。

メモ帳かワードを考えているのですが、他に推奨ソフトがあるなら教えてください。

539 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 20:35:40.81
寝ながら書くのにちょうどいいの教えて
携帯スマホ以外で

540 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 20:48:58.96
>>537
個人的には誹謗中傷・差別・風評被害につながる表現や
盗作などの法律に抵触することを行っていなければ、
よほどのことがない限り「フィクションです」で通ると思うけど…

>要するに、良識の世界でしょうか。

ミステリーやサスペンス・ホラーでは殺人が容易に行われているし、
ファンタジーは実在の街や歴史をねじまげるのが醍醐味だったりする
確かにWEBで無料なら何をしてもいいわけじゃないけども、
どうしても気になるようなら法律の専門家に聞くしかないのでは?
もしくは読者を「会員限定」みたいにするとか

541 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 21:57:08.58
>>539
iPodtouchかウォークマンZシリーズ

542 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 22:12:26.73
もういっそ紙と鉛筆とかにすれば?
ダメ?

543 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 00:11:45.52
ワロタw
じゃあ、自分は「しゃべってレコーダーに録音」を推奨する

544 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 02:28:45.96
これどう思う?
http://www.youtube.com/watch?v=ykKwx-fwcZ0

545 :yaginu:2012/05/17(木) 02:51:06.26
すごい。

546 :イカ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/17(木) 03:10:39.11
純文学系の新人賞に応募するにあたって、僕らはどうすべきなのか?
@突き合う話
A施尽くす話
について遠まわしにご意見を賜った。
場所は明かせないが、ともに書かないほうがいいと言われた。この期に及んでそれは困る。
@もAも駄目なのか、どちらか一方なら構わないのか。なんでもあり、という意見もあったもんで。

547 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 06:30:59.29
息も絶え絶え、満身創痍なキャラクターの台詞はどう書き表したらよいでしょうか?

「なんっ、と、かっ……かんと、……か……」
みたいにしてもよいのでしょうか?

548 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 09:59:34.12
>>546
個人的には「書きたい話を書けばいい」と思う
中途半端なのが一番よくないよ
最終的には「テーマをきっちり掘り下げてあるか」
「書きこなすだけの力量があるか」でしょう

>>547
作風次第
そのセリフで作品世界が台無しになるならやらんほうがいいし、
逆に臨場感が増すならやったほうがいい
その1つのセリフだけで、良し悪しは判断できません

549 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 11:06:05.66
>>547
何か言おうとして、息絶える。または失神させる。
読者に想像させてやれよ、そのくらい。


550 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 13:00:10.83
>>547
句点の多用、あるいは三点リーダが漫画的表現で小説向きではない、
あるいは単純に読みにくいという事でしょうか?
ラノベなら、句点多用とか漫画的表現が多数出てきそうな気がするので
気にならないと思います。

作者としてそういう表現を取りたくないと言うなら、地の文に移すといいと
思いますがね。

『○○は途切れ途切れに言葉を紡ぎ出した。
口元に耳を寄せた××の耳に、かろうじて届く程の微かな声だった。
「俺が死んだら妹を…」
おそらく続けられる言葉は『頼む』という言葉だったろう。既に息を引き取った
○○の口からは、その言葉が続けられる事はなかった』

こんな感じなら、発せられた言葉は途切れ途切れの言葉だったとしても、
受け手に届いた言葉(=繋げた言葉)として描けると思いますが。

551 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 13:14:45.30
小説教室かいな

552 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 16:01:58.78
自分の作品を読み返して見て、面白く思えたり思えなかったり、
その時々で評価が変わるのですが、皆さんもこんな物なのでしょうか?
プロもそうなのだとすれは、少しは自信が付きそうなのですが……

553 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 16:13:43.93
>>552
他人に面白いかどうか聞いてみればいい

554 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 16:27:45.88
プロの作品が面白いと思ったことはほとんどない。
みんなも、金を払って買ったので、面白かったと思いたいだけじゃないか?
そうでもしないと損した気分になるから。

555 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 16:30:00.66
>>552
自分の作品でなく、プロの小説を読んだ時でもその時々で面白さは変わるよ。
よく「自分が反映される」とか言うね。
そのときの気分が反映したり、何年も経っていれば嗜好が変わったのが反映
されたり、人生経験が反映されたりってのもあるね。

自分の作品を読み返したときには、冷静になって見返してこっぱずかしいって
赤面したり、若さの勢いを感じて今じゃこんなの書けないって消沈したり、こんな
素晴らしい作品書けるなんて俺って天才じゃねと自画自賛したり。
まあ、色々とある。

俺は筆が詰まったり、スランプ(ってほど高尚なものではないが)に陥ったりって
ときには自分の作品を読み返してる。
過去にはきちんと書きあげる事ができた、完成させる事ができたという事を励みに
する。書きあげられなきゃ、未完成なら無意味という事を思い出す。
自作を読み返して、そんな風に自分を奮い立たせる事ができるから。

556 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 16:37:02.72
>>554
プロの作品読んで、どれも面白くなかった、ということ?
だったら、自分の感性を疑った方がよくはない?
何しろ、プロは実際に文章を売ることに成功している、つまり実績がある。
それが面白くない、ということは、あなたが面白いと思う文章は、誰もおもしろがらない、ということでは?

557 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 16:55:36.74
>>556
だな。そもそも、面白くない物しか読んでないなら、面白い物を書けるわけないし。

558 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 16:57:31.43
>>556
逆だよ。君の感性を疑ったほうがいいと思うよ。
プロは面白くて売ることに成功しているわけじゃないから。
つまり実績というのは出版社のつくった商売上の実績。
最近テレビ局の偏向報道で騒がれているけどあれと同じだから。

559 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 16:58:51.01
本当に面白いものなら海外でも売れる。
日本のマンガのように。

560 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 17:37:07.20
ところで、どんな本を読んでいるんだ?

561 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 18:00:54.08
ガリレオの苦悩

562 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 19:08:05.84
スカイ・クロラ。戦闘描写が意味不明でしたが、個人的に好きでした。

563 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 22:17:18.70
>>552
みんなそんなもんだよ
いいんじゃないの
疑わなくなったら、それ以上成長しないんだから

564 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 22:42:43.03
>>558
言ってることがわからんな。
確かに、くだらない本は数多いし、タレントの告白本とか、芸人が書いた小説が大ヒットとか、
いかにも「売りたいので売れる方法をとりました」というのはいくらもある。
でも、そういうのは大概は一過性で、1年も経てば誰も取り上げなくなる。
でも、それでも読み続けられ、売れる本は、これまたいくらもあるわけだ。
さらに言えば、古典とか名作とかも色々ある。
そういうのをもふくめて「実績というのは出版社のつくった商売上の実績」というのか?
あるいは、そういう本しか読んでいないのか?
そのどちらであっても、馬鹿な話だと思うぞ。

そもそも、文章で表現されたものを面白いと思えないなら、小説書く意味ないだろう。
漫画書けよ。あるいはカメラとか、映画とかへ行けばいい。


565 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:03:04.24
>>564
>そもそも、文章で表現されたものを面白いと思えないなら、小説書く意味ないだろう。
>漫画書けよ。あるいはカメラとか、映画とかへ行けばいい。

そもそも、既存のものが面白いと思うのなら、自分が書く意味がないだろう。
つまらないと感じる世界に行けよ。そこで世界を一変させ一旗揚げろ。

566 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:06:36.01
>>565
自作を第三者に見せろ
話しはそれからだ

567 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:08:56.82
物は言いようだということを言いたかっただけ。

568 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:18:05.57
ピクシブみたいに小説投稿メインの交流サイトない?
ピクシブに小説投稿できるけどさ・・・

569 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:26:42.02
そういった交流はやめておきなさい。
時間を失う。

570 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:28:44.50
>>569


>>569

571 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 01:05:10.17
>>568
「作家志望者の交流サイト」とかでぐぐれば出てくるんじゃないの
ぐぐってないからわからないけど

572 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/18(金) 03:40:05.07
。∩_∩゜。゚゜。゜。゜
(´ー`) ゚。゜。。。゚
γ´ ̄`ヽ/~ 。。 ゜
(    )∩∩゜。。
~゜~。~~⊂(-.-))⌒ つ
~~。゜。~~゜`υ~~~~。゜゜~~~~。~~゜。゜。゜~~。~~~。~。゜。~~~~。~~~~~。グッパイ・ハピネスとグッバイ・ハピネス――正しいのはどっちなの?

573 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 07:37:45.03
三人称と一人称の違いから悩み(もとは回答してあげようと思ったのに)
小説がかけなくなりました。
復帰するには、どうすればいいでしょうか?

574 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 08:24:07.17
>>573
何かができなくなるというのは、心理にそういう枠組みができてしまったということです。
人の心理には、精神的苦痛を回避するために、行動を阻止したり、自己都合で判断したり、逃避したり、
そういった防衛メカニズムが組み込まれている。それが原因です。

三人称と一人称に関して自分はよくわからなくなった。このままではうまく書けない。そういう潜在意識が
組み込まれたので、書けなくなっているのです。

たとえば、子供の頃、最初に見た犬にかまれた子供には「犬はこわい」という心理が形成され、
他の犬を見ても恐怖を抱くようになるのと同じです。
この場合は、犬にも安全な犬がいる、重要なのは怖い犬とそうでない犬を見分けることだという、
新たな心理的枠組みを形成する必要があります。

心の枠組みを理解することが第一です。そして、三人称と一人称の一般的な利点、不利点を押さえるぐらいにして、
(たとえば一人称は主観的記述に適しているが、人称人物の知らないことを客観的記述するには適さない、など)
あとは自由に書いてよいのだという意識を新たに作り出して、悪い先入観の力(まさに言葉はフォースです)を
減退させることです。先の犬の例ですが、こういうことは誰もがどこかで経験していることです。
そして1つの先入観の力を減退させることができたなら、他の先入観もまた減退させることができるはずだという
単純な真理を理解してください。ご健闘をお祈りいたします。

別のことで私も同様の事態に陥っています。そして、ここに書いたことは私自身も克服途上であるため、
スラスラ書けたことです。

575 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 11:45:59.42
>47イケメンで幸せな奴が犯罪するか疑問だが、
カリスマ性があれば信者は命令を聞くと思う。

576 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 17:03:25.88
「数名の生徒が」
「数名の生徒たちが」
これって両方間違いじゃないよね?

577 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 17:13:22.39
間違いじゃねえよ
英語で言うところの複数形というものは無いから
「たち」をつけなくてはいけないということは無い
つけて悪いということも無い

578 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/18(金) 18:48:40.15
〜♪∩∩~Mr.Child
彡((^o^) って
彡υ⌒υ、 言っても
「 ̄ ̄ ̄レ  いいよね
□/ ̄ □/ ̄ ̄ ̄
好きだな、そういう発想

579 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 19:19:00.33
最近祭りはやってない?そろそろ?

580 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 21:59:41.87
>>577
確かにどちらも間違いとはいえないだろうけど、
「数名の生徒たちが」というの、「数名」で複数なのがはっきりしてるのに、
「生徒たち」とするのは、くどく感じられないか?

581 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:14:31.14
それほどでもないだろう

582 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:15:10.03
プロとアマの決定的な違いは何?

583 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:16:02.69
数名の生徒が はあくまで個々の生徒のことを指し
数名の生徒たちが になると生徒のまとまり自体に焦点がいくんじゃないか

数人の生徒が職員室にやってきた。 これだと別々にきた感じで
数人の生徒たちが職員室にやってきた。 これならまとまってきた感じになる

584 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:18:52.32
>>582
小説で飯が食えてるかどうか

585 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:20:32.74
継続性だよ。
プロデビューしても続かない奴は無理。

586 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 23:12:39.62
>>584
そういうことじゃなく。
>>585
ならもし30年くらいずっと毎日書いていればいつかはデビューできるってこと?

587 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 23:18:51.51
30年といわず、毎日書き続けられる奴はプロになれる。
人気作家になれるかどうかは才能しだいだが、なんらかのプロにはなれる。

とある偉大な編集長は、
才能のない奴でも10年継続して書けばものになると言っている。

継続は力なり。

588 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 23:23:15.79
今自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと、遠くの大きな目標は近づいてこない。イチロー

忍耐と努力、この二つさえあれば、この世でできないことはない。メレジュコフスキー

天才とは、ただ、努力の継続をできる人のことをいう。ハバード

毎日少しずつ。それがなかなかできねんだなあ。相田みつを

意欲と愛は偉大な行為にみちびく両翼である。ゲーテ

589 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 23:23:53.16
好きな作家のプロ論は(原典では作家について言及したものではなかったが)
・持続できること
・自分なりのフォームを持っていること
・決め球を二つ以上持っていること
・アベレージで勝負できること
・それで飯が食えること


590 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 23:51:31.88
そんな事を聞いているのか?
「プロとはなにか?」みたいな個人の考えをさ

一般には賞(地方の賞を除く)をとって本が発売になるとか雑誌に原稿が載ったらプロだよ
プロになってから何年も本が出なかったら、元プロだろうけど

↑こういう、みんなが現実生活で使うような定義が知りたいんじゃないのか?

591 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 23:52:24.71
そもそも、いつまでも日本人に小説が読める知能レベルがあると思うのが間違い

冗談ヌキで、いまはマンガですら読めない、読解力以前のガキがワンサカいるんだぞ
小説なんていわずもがな。本気でシャレになってない国になりつつあることを認識しなくてはならない

592 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 00:01:37.26
答えが出ないような問題を語りあいたいなら、ふさわしいスレへ行きなよ
いくらでもあるじゃん
どうしても何か言いたい奴が自演してるようにしか見えない

593 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 00:05:37.70
同意。
それも考え方が相当古いしなw
いまやプロとアマの差がなくなってきているというのに。

594 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 00:46:51.70
>>580
>「生徒たち」とするのは、くどく感じられないか?
文脈にもよるだろうけど、わざわざ「生徒たち」とするのはくどいと思う。
思うに、生徒という言葉の中には「複数」のニュアンスが感じられるからかも知れない。
※「複数」の意味が含まれるとは言えないが、受け手が「複数」だと感じるように思うって
程度で。

595 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 02:20:58.75
作中に歌詞を載せると落選の要因になりえるか?
ちなみに最近の歌ね。

596 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 08:04:50.79
>>595
もしその質問の意図が
「バカだね〜、こいつ。歌詞なんか載せたら、著作権的な問題で審査対象から外れる
のにさ。ハイ、落選!!」
となるか、という事であれば答えはNO。

とは言っても、歌詞全文を書いたりすれば「これが読者に読みやすいと思ってるのかよ」
と反発を招いたり、効果的に使っていなければ「わざわざ歌詞を書く意味なんかないのに、
センス悪いね」と悪評価を受ける可能性はある。

どっちにせよ、きちんと自分がどんな事を危惧しているか、ちゃんと伝えられる質問が
できていないという文章力からみると、歌詞を載せる載せない以前に落選決定かもね。

597 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 08:04:56.66
引用の形式を守ってれば問題ないでしょ、そんなん

598 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 08:47:30.10
応募の封筒の書き方とか詳しく載ってるサイトってありますか?

599 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 10:23:01.47
ありませんよ
せいぜいが「御中」をつけろとか「応募原稿在中」って書いとけ
ってアドバイスくらいで
ほとんど普通の郵便と変わらないので
詳しく書く事なんてそもそも無いんですよ

600 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 11:29:54.46
>>598
応募や原稿作成などの基本的なことならこの二つのサイトが参考になります。

小説家を楽しくめざすリンク集
http://syousetuka.com/index.html

草一屋 - 執筆支援室
http://homepage3.nifty.com/sou1ya/guide/index.html

601 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 12:04:25.88
>>595
作品にとって必要で、それなしに作品が成立しないなら問題ない
雑誌掲載や書籍化のときに担当編集が処理してくれる
仮にNGでその作品は落選しても、実力があれば担当がつくはず
逆に言えば、そういう引用をしていようがいまいが、レベルが低ければ落選

602 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 12:39:29.00
小説が上手ければ作家になれますか?

603 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 12:45:19.39
>>600 ありがとうございます!

604 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:02:26.16
>>602
とりあえずデビューはできるんじゃないかな

605 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:02:27.58
>>602

正直、上手い人はいっぱいいるので
運とか時流に乗るとかマーケティングが上手いとか
そういった事も絡むと思いますよ

時流を的確につかめる、も含めて「小説が上手い」なら
新人賞とってデビューは可能だと思います

606 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:09:01.73
>>596
手厳しいw
どこかのスレで著作権料が云々って話がでたから。
なるほど・・・そうだよね。
市販の小説にも載せるやつは多いし、効果的だったら心配ないよね。
俺が書いた小説、登場人物が口ずさむのを合わせれば6曲、それも著作権がきれてない歌。

607 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:21:42.79
4月から出版社で契約社員として働いています。

608 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:25:24.83
がんばって

609 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:26:40.64
星海社か?

610 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:34:58.99
小説を書き始めようとする時の気怠さが酷いです。
書き始めたら何とも無いのですが。
そんな事無いですか?

611 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:36:14.16
ぼくはオナニーするときそんな感じですね。

612 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:37:49.88
>>610
喫茶店とかで書いてみれば?
金かかるし、人目もあるから、適度に緊張していいんじゃないの

613 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:40:33.64
オナニーというより
明日試験なんだけど勉強しなくちゃみたいなやつじゃね
つい、部屋の模様替えしてしまったり
何度も読んだ漫画読み返してみたり

勉強始まっちゃえば続けてやるんだけどね
べただけど、
とりあえず9時ぴったしからやるみたいな、時刻決め作戦とか
まずは1ページだけ書く、みたいな助走作戦が良いと思う

614 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 13:44:43.97
質問への答えではないね。

615 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 14:07:57.11
>>610
本当に書き始めという意味では、気だるさはない。
書き始めるという事は既にストーリーは煮詰まっているから、後は書くだけの状態。
どこから書き始めれば読者を惹きつけられるか、どういう構成にして、どこにクライ
マックスを、そのためにはどんな文体をと、どちらかと言えば興奮状態でニヤニヤ
しながら書き始めるから。

途中で筆が止まったとき、中だるみの状態で続きを書き始める時が、気だるい。

とりあえず、毎日PCを立ち上げて書いてる途中の文書を開いて、いつでも書き始め
られるように準備ってのだけは日課にしてる。書き始めるまでに時間が掛かる場合も
あるけど、書きたいって気持ちはあるから、結局書かずにPCを落とすって事は滅多に
ない。書くには書いたけど、数行だけって事はちょこちょこあるけど。

616 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 14:22:16.94
日本語でおk

617 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 14:25:08.94
615を書く前にも煮詰めるべきだったな

618 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 14:51:12.00
>>606
人物がそれを口ずさむことの必然性と、
その歌の歌詞を文中に記さねばならない必然性。
これは別物ではないかと。

619 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 15:33:27.88
ビートルズとかマイケルジャクソンみたいなのが騒がれていた時代ならいいと思うけど、
今はどうだろうね。

620 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 15:36:12.60
今日でアルバイトを辞めるんですがお菓子を渡すタイミングって
私が入る前かあがった後かどっちがいいですか?
スタッフルームに置こうと思ってます。

621 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 15:44:47.18
上がった後に食う暇ないなら、前が良いだろうし
いままでやめる人はみんなどうしてました?ってきけ

622 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 16:14:15.86
適当に置いていたら勝手に皆が食べるよ

623 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 20:54:47.78
こ、これ、受け取って下さい!
って顔赤らめながら個々に渡せ

624 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/19(土) 23:41:30.21


625 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 02:23:19.47
ちんこぶるるん!って

626 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 06:49:23.31
奇形の少女などの小説を受け入れる出版社はありますか?

627 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 07:16:48.29
内容次第だろ。
そういう人間の一生を書いた純文学作品なんかは数多くある。

628 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/20(日) 10:41:17.20
>>620
お疲れさまでした。
もう少し早く言っていただければ僕が同伴させていただいたんですが。

629 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 10:52:32.23
質問です。

文学賞へ応募しようと思うのですが、参考文献は記載すべきなんでしょうか。
応募規定が原稿用紙500枚であり、参考文献(30冊以上)を記載するとオーバーしてしまいます。

ご意見お待ちしております。


630 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 11:03:33.80
>>629
レジュメというか、あらすじを添付するでしょ?
そこにでも書いておけばいいんじゃないかな。

それか参考文献一覧とでも題して、500枚とは別にしておけばいいと思うよ。
本文とは別ってハッキリ判れば、応募規定に準じていないと言われる事は
ないでしょ。

631 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 11:43:55.49
>>629
記載すべきです
そして参考文献リストは原稿枚数に数えてはいけません

632 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 16:38:20.09
応募人数が増えた割に電撃のスレが過疎ってる。何故なの?

633 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 16:44:33.51
応募数の水増しが考えられるな。

634 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 17:07:40.15
電撃は応募人数を盛ってるよな
っていうかどこも応募総数の増加うそつき競争みたいになって
他は降りちゃったのに、電撃だけがまだ競争のテーブルにいるって感じ
だって、あんなにあるのに俺レベルでも1次通過する
ってことは俺よりひどいやつがむちゃくちゃいて
そんなにたくさんのやつが俺よりひどいのに、
郵便料金払って応募して見ようと思うとは思えない

635 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 20:35:18.65
確かにひどい文章だ

636 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 20:39:58.44
句点がない文章は頭が悪い証拠。

637 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 21:33:43.04
そう、だ、よね

638 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 21:42:48.02
>>637
句点って「。」のことだぞ。
「、」は読点。
バーカ^^

639 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 22:00:43.32
質問ある人はいねがー

640 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/20(日) 22:36:04.65
では質問。自分は今ダークヒーロー物を書いているのですが、
読み返してみると主人公が、誰からも共感を得られない程に邪悪です。ゲスいです。
後、殆ど男しか出て来ず、常に陰鬱としています。
暫く温めて置こうと思っているのですが、仮にこれを電撃とかに出す場合、カテゴリーエラーに成ったりしませんかね?
面白ければ良いとかは、どうせ建前でしょうし。

641 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 00:28:52.56
共感が得られないのなら書いても無駄。

642 :629:2012/05/21(月) 00:29:40.57
>>630-631

早々のアドバイス、ありがとうございます。
ページ数には換算せずに添付したいと思います。


643 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 02:51:56.94
>>640
ヒーローものなら主人公が誰からも共感を得られないってのは致命的だろうが、
ダークヒーローものなのなら、主人公を誰からも共感されないほど徹底した
ゲス化するってのもひとつの手法でしょ。
誰の想像をも凌駕するほどのゲス設定ができるなら、それはそれで主人公の
揺るぎない個性に成りうると思うが。ダークヒーローなんだし。

644 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 03:02:02.90
質問です。

下読みの鉄人読んだら、封筒に作品名を書くべきみたいなことを書いてあったけど、あれって本当?
あのサイトはあてにならないという評判も聞くし、皆さんどうしてます?
郵便局に出すとき、作品名見られるのがなんか恥ずかしいんですが・・・
「騙された人妻 悦楽の罠」とかw

645 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 04:20:28.22
封筒に作品名なんか書いたことない。
それでも無事に何度か一次は通ってる。

646 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 05:36:02.57
>>645
ありがとう。
やっぱりいらないんですね。
次から書かずに送ります。

647 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 17:05:23.62
ぶっちゃけリアルでダウナーすぎてまったく作品が書けなくなったんですが
そういうときでも無理に書いた方がいい?それともおとなしく休んだ方がいい?
なんか回遊魚みたいに書いてないと死んでしまう気がするんです

648 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 18:11:03.82
とりあえず書けば良いじゃん  そして、後から見直してみる
意外とそういう時のほうが良いものが書けてる様なら、そのま書く
最悪だな、というものしかできてこなかったら
次回のだうなーな時に、とりあえず休んでみる、
とんでもなく体調が悪くなるようなら、内容はともかくやっぱ無理して書く
べつだんかわらん、って結果なら安心して休む

649 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 18:30:10.47
無責任なこというな!

650 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 18:39:05.99
どうしてだ?

「休め」にしろ「書け」にしろ、言い切るほうが無責任だろ
両方のケースをちょっとだけ試せ、こそが正しい解答


651 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 18:42:10.09
違うな。
おまえは間違っている。

652 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 18:44:23.71
そんなものに正しい解答はない。
これこそ正しい解答。

653 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 18:47:51.26
じゃ、辛くない程度に横にでもなって休み休み書け
ってことで

654 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 18:50:26.76
いや、だめだ。

死ぬ気で書け。書いて書いて書きまくれ。

書けなくなったら、もう死ね。書けない豚は、ただの豚だ。役に立たん。成仏しろ。

それが嫌なら、書いて書いて書きまくれ。

2ちゃんねるのレスを。

655 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 18:55:11.72
フイタw

656 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/21(月) 19:25:38.75
ただの寂しがり屋じゃねーかw


657 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/22(火) 13:32:03.78
小説系統で、人が多いスレを教えて下さい。

658 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/22(火) 15:10:34.59
変化するので、2chリーダーを手に入れて勢いを見るのが良いとおもいます
(あまりにも勢いがあるものは、大概揉めてるだけですが)

659 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/22(火) 16:37:59.87
自分の気に入ったスレを盛り上げて、人を呼べ。
物書くんだって、みんな書いてる、人気があるのを頼って書いてると、二番煎じしかできない。

660 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/23(水) 17:19:13.01
「掛ける」って漢字とひらがなのどっちがいいですか?

661 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/23(水) 17:28:07.97
そういうのは作風と文脈によるのでなんとも言えないが
他の「かける」とまぎらわしくなければひらがなでいいんじゃないの

662 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/23(水) 19:52:53.82
1)ハンガーに掛ける、ハンガーにかける
2)電話を掛ける、電話をかける
3)足を引っ掛ける、足を引っかける
4)苦労を掛ける、苦労をかける

個人的な感覚では、1だけは漢字の方がいいように思う。
2〜4は、ひらがなの方がよさげ。
圧倒的に漢字の方が良い、ひらがなの方が良いと言う程ではなくて、
あえてどちらかと言えばってレベルで。
また、逆だとダメと言うほどでもない。

663 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/24(木) 02:50:52.75
一文ごとの問題だけでなく、文章全体の漢字と平仮名の量のバランスもあるよね。
自分の文体のテイストにあわせて、漢字を増減するといいとおもう。

664 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/26(土) 05:03:55.78
>>660
>>662
僕の個人的意見を言わせてもらうよ。
ハンガーに掛けるだと思ってたしかめたら僕はハンガーに何かをかけるにしてた。何をかけるだったかは忘れた。
((-。-)つまり掛けるを使うときはただ一度しかないことになる。
すなわち掛布だ。ミスタータイガース。

665 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 12:59:38.90
>>664
日本語でおk

666 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 14:40:45.13
テロなどで重傷を負った場合、やっぱり治療費は自腹なのかな?

667 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 14:42:36.90
>>666
その地域の法律による

668 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 15:58:43.80
そっかぁ。ありがと。
日本で調べてみる。

669 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 19:41:05.79
足を組むって言葉があるけど
これは脚ではないのですか?
足をたたむとかも脚ではないのかな、と疑問に思いました。
慣用表現や抽象表現、もしくは靴に包まれる部分を足とするそうですが、
足を組むや足をたたむっていうのは
慣用表現に含まれるのでしょうか?
それとも「脚」が正解なのでしょうか

670 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 19:45:58.48
「目が二重になる」とか
「鼻を高くする」(整形的な意味)という日本語は正しい?
意味が通れば使ってもいいのかな

671 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 19:52:49.07
区別が必要なとき脚と足を書き分けますが
そうでないときは同じものですよ
慣習的に椅子やテーブルは脚のほうが多いとかありますが
日本語として正解はどちらだ、というほどのものではありません

672 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 20:56:18.48
>>671
ありがとうございます!

>>670
目が二重になるって言葉が正しいかってことですよね
普段使っていることばなので
違和感はありませんが、僕だけの意見だとあれなので、参考にしないでください。

673 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 21:02:16.77
たぶん慣用句化している言葉

「鼻を高くする」を本当に鼻を高くする意味で使ったり
目が二重(ふたえ)を「目を二重(にじゅう)に描いた」
等の意味で使ったりはOKなのかという質問じゃないかな
ありじゃね

674 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 21:08:34.85
デタラメなマジレスはいかんな。
辞書を引け。

「脚」はもともとは膝から下。足全体をいう場合もある。
または物を支える部分。例)テーブルの脚。

「足を組む」で正解。
「足」は人間でいうと体を支える胴体から下の部分。

>>670
「修辞技法」でググれ。
日本語として正しいことがわかる。

675 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 21:57:31.98
ばーか脚が足全体を言う場合もあるなら脚を組むでもいいじゃん
厳密に言えば足と脚を使い分けるが
日本語の使用において区別するときも区別しないときもある、が正解だお
日本で生活してないのか?

676 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 22:02:32.14
いや、みんな区別しているが、朝鮮人には区別が難しいというだけの話だろう。
日本語の難しさだな。

677 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/26(土) 22:27:32.65
人によると思う。
著者って意味じゃないよ。登場人物ね。
足が好きな人もいれば、太もものほうが好きって人もいる。
「意外と若いのは駄目だよな、脱いだストッキングそのままにして帰んなよな」ってなんども聴いた。となりの部屋にお母さんいるんだけどデリヘル呼んで風呂入らせてストッキングはかせたらしいのね、黒の。
たぶん買ってこさせたんじゃないかな? サイズとかあるからオプションかなんかで。お母さんが「なにこれ?」って。

678 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 22:46:21.60
↑これはイナのおふざけなのだろうけど

意外とオッサンなら足を組む
きれいめのおねいさんなら脚を組む等になっているのはよくある
同じ小説内で両方を使うことはぶれてるみたいだからないだろうけど

679 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/26(土) 23:26:53.68
ふざけてるというか、マジでマジレスだよ((^o^)

人によると思うんだ、マジで。
だれがその足を言うかによるし、だれの足を言うかにもよると思う。
デリヘル嬢とどんな感じだったかにもよると思う。
イカの足は食べる側から見たらイカゲソだよ。

680 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 23:30:13.11
外国人はすぐに脚を組むイメージがある

681 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 23:38:19.47
辞書引いて間違ってないことが確認できたら、
あとは「自分の好み、センス」でいいんじゃねーの

682 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 23:45:59.53
>>674
ひょっとしてソースこれ?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q126796847


683 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 23:53:26.64
脚は腰から下の部分をさす。
足は腰から下の部分をさすこともあるし、足首から下をさすこともある。
「脚のうらがかゆい」というときは、膝のうらがかゆいという意味になるが、
「足の表がかゆい」というときは、足の甲でも膝頭でもよい。
足が表せる一部を脚でも表せるというだけのことだ。

684 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 23:56:43.86
「目が二重になる」と書くと、二重瞼になるという意味としてとってもらえるか気になるな
文脈的にそうでも日本語として間違ってるような気になる。
二重に二重瞼の意味があればいいけど。
だからといって
「目が二重瞼になる」というと
なんだか重複のように感じるし


685 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/26(土) 23:58:12.95
眉毛の位置に目があるのって何だっけ?

686 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:02:43.26
「目が二重になる」

目が
 この時点で、限定される範囲はまだ広い。「眼が」と書いていないのだから。
 機械か何かの目かもしれないし、台風の目かもしれないし、賽の目かもしれないし、もっと眼球とは遠いモノかもしれない。しかし鼻ではない。

二重になる
 ここで、「目が」の目は人間の顔面に有る「目」だと認識されると同時に、二重瞼だという認識に至る。

ニジュウとフリガナが有ったら話は別



687 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:04:26.39
>>686
これか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q139108438

688 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:11:51.28
ちゃんとした辞書くらい買えよ。
>>683なんかひどいな。

あし【足・脚】〘名〙
@動物の胴から分かれ出て、歩いたり体を支えたりする部分。人間では腰から下の二本に分かれ出ている部分全体をいう。「─が長い[細い]」「─を組む」
「脚」は元来、ひざから下の部分の意だが、足全体の意でも使う。哺乳ほにゅう動物の場合は「▽肢」、昆虫は「脚」と書き分けることもある。
A足首から下の部分。「─が大きい」「─に合わない靴」「─の裏」
B物の下部にあって本体を支える部分。また、物の下部の地面に接する部分。「テーブルの─」「脚立の─」 多く「脚」と書く。
C漢字の構成部分の名称。上下に分けられる漢字の、下側の部分。「思」「点」の「心(したごころ)」「灬(れっか)」。 多く「脚」と書く。
D数学で、ある一点からおろした垂線が直線または平面と交わる点。「垂線の─」
E物事の動くようすを動物の足の歩みに見立てていう語。「静かに空を渡って行く雲の─が…〈有島武郎〉」「雨─・日─」 多く「脚」と書く。
F歩くこと。走ること。また、その能力。「─が弱い」「─を速める」「若者の─なら五分で行ける」「船─」
G行くこと。また、来ること。「客の─が遠のく」「その─で郵便局に寄る」
H移動の手段。交通機関。「─の便が悪い」「ストで─を奪われる」
I《多く「お─」の形で》ぜに。金銭。「お─が足りない」◇晋・魯褒『銭神論』の「銭は足無くして走る」からという。
◆ AとG〜Iは「足」と書く。


689 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:16:31.13
つーかその元来っての字源のことだよね

http://ja.wiktionary.org/wiki/%E8%84%9A
これとかどうよ

690 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:17:18.48
>>688
では少し尋ねるが、その(7)と(8)は意味の上でほとんど同じではないか。
なぜ(8)だけ足と指定があって脚とはしていないのだろうか。


691 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:20:41.76
健脚とかいう熟語があるからあえて分けたんだろう
辞書の編者が独断で
「脚」という漢字の肉月が筋肉っぽいから
能力とかそういう感じで
漢字だけに

692 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:23:54.97
>>690
ぜんぜん違うだろw
7は実際の姿がイメージできるが、
8は比喩的というか抽象度が高い。


693 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:26:24.72
使い分けの基準のよく分からない辞書を引っ張ってきて
ひどいなと言うだけなら猿にでもできるわ。>>688は使い分けの基準を明示しろ。
俺は明示した。

694 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:31:18.65
あれを読んで使い分けの基準がわからない奴に何を説明しても理解は無理だろw

695 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:32:13.69
これ、「船足」という用例は失敗だと思う。

696 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:34:33.74
脚は、細い棒みたいなのをイメージすればいいんだよ。で、そいつが動く。

697 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:35:59.08
やはり多脚戦車か

698 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:46:22.30
これ漢字の意味ではなく「あし」の意味か
俺だけ関係ないこと言っててあほじゃん

699 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 00:58:58.51
>>686
ありがとう!あと修辞表現について教えてくれた人もありがとう!

700 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 01:00:55.74
自演乙

701 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/27(日) 01:44:09.57
コブラがえり=足
太ももがつった=脚
昆虫などの節足動物や椅子とか脚立など=脚
騎馬戦の下にいる人たち=脚

ケースバイケースだと思う。最終的に決めるのは出版社だと言われたが僕は著者が確信を持つまで考えて決めるべきだと思う。

702 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 03:30:52.16
こむら返りだと思います

703 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 11:13:02.84


足と脚は、ようするに最初に俺が解答した
区別をつけるシーンもあるが、どっちも使われているんだよ
が正解だろ
「おざなり、なおざり」みたいなXXは誤用とかじゃない

704 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 11:24:24.68
犯人は、20代から30代。もしくは40代から50代。

705 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 11:33:31.12
もう「10代から80代の間」でいいじゃん

706 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 14:55:57.95
エレベーターでおりる
エレベーターをおりる
両者で使う「おりる」は
下りると降りるどっちでしょうか。

707 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 15:10:55.73
で下りる
を降りる

708 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/27(日) 15:14:13.89
>>706
エレベーターで下りる
エレベーターを降りる


僕らはロープウェイで山を下りることにした。ロープウェイは峰々を見おろしながら少し水平に移動し、やがて山をくだった。ふもとの駅に着き、僕らはロープウェイを降りた。

709 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 17:19:33.72
手をのせる、の のせるって
どっちだろうか?

710 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 17:23:07.50
辞書引けよ

711 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 17:33:02.19
>>710
手は人でも物でもないから困ってしまいました

712 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 17:39:05.54
>>700
コブラがえりってなんかこえーな

マングース必要じゃねーのw

713 :おじん ◆abcDBRIxrA :2012/05/27(日) 17:51:41.41
こむらかえり:標準語
こぶらがえり・大阪弁

(/-\) ソースはケンミンショー

714 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 17:55:23.23
>>710
「手」じゃなくて「のせる」で引くんだよ

715 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 18:23:40.60
>>714
もちろんのせるをひきました。
のせるはのるものが人か物かという差異に依存するそうです。
すると手が物か人かということになり、そうするとわからなくなってしまいました。
例にのっていればよかったんですがありませんでした……

716 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 18:30:51.00
ワイが答えてやろう。

「載せる」という漢字を使うのは、
物をあるものの上に「置いておく」という感じだ。

手は人間の体の一部で、それを物みたいに置いておくというのは、ない。
よって、手を乗せる。

以上。

717 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/05/27(日) 20:07:14.29
>>713正解
こぶらがえりんなったんで僕は目をつぶって耐えた。だれも見てなくてよかったが、さびしい感じがした。

こむらがえりになったので僕は目をつむって耐えた。だれも見てなくてよかったが、さみしい感じがした。

いろんな言い方があって一概には言えないと思うが。

718 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 20:16:07.85
>>716
ありがとうございました!

719 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 22:50:46.81
「手を重ねる」「手を置く」でもいいんじゃないの

720 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/27(日) 23:56:22.69
漢字に関しては正解はないと思った方がいいよ〜
広辞苑なんかで調べて知ったかぶるのは日本人として間違いだね〜

721 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 00:05:23.12
そうですか

722 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 10:59:26.43
>>719
言い換えですね。考えてみます!ありがとうございます。

723 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 12:44:49.90
応募原稿の最初についてなんですが、
-----------------------
タイトル
ペンネーム

本文本文本文
-----------------------
というふうに書き出せばいいのですか?
あるところではペンネームは伏せると言われていたので書くと邪魔かなと思ったのですが。

724 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 14:46:11.83
応募要項に書いてないの?

725 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 14:54:16.23
さすがに応募原稿の書き方までは書いていません

726 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 14:59:56.62
本文以外は「原稿」じゃないだろ…

727 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:01:12.56
では原稿の最初にはタイトルもペンネームも書かなくていいのですか?

728 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:01:43.26
多分、書いても問題ないよ
ペンネームを書いたという理由で落選とかないから
封筒の送り主の下にペンネームまで書いたらみっともないけど

729 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:02:16.12
>>727
どこの新人賞?

730 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:03:45.09
>>729
文學界です

731 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:08:55.87
●原稿には、表紙に題名、枚数、筆名、本名、住所、電話番号、メールアドレス(所有の場合のみ)、
年齢、現職、略歴を明記し、必ず右肩を綴じること。

これ読んでもわからないの?

732 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:10:38.40
表紙に、ではなく原稿の本文の最初に書くか書かないかを教えて欲しいのです。そこが分からないのです。

733 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:12:43.42
>>732
原稿の本文に名前なんか書かないよ。
タイトル書いて、本文に入りなよ。

めがねの柄がとれちまったよ。また金かかる。

734 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:13:27.33
>>733
ありがとうございます。

735 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:21:22.68
原稿の本文の最初に書くと作中作っぽいな

736 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 15:26:42.94
作文とか小論文感覚なんじゃね

737 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 20:10:03.89
ペンネームに本名使う人と偽名使う人の比率って分かりますか?
デビューしている人を見ると偽名のほうが多いような印象があります。


738 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 20:47:31.13
そう感じるなら、それが正しいんじゃないの

739 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 20:52:32.50
本文にタイトルはいらないだろう。

740 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 20:53:18.48
なんで純文学にはオチがないの?

741 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 20:54:27.80
現実の人生にはオチがないからだよ

742 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 20:57:44.34
でも節目節目にオチはあるじゃない
オチのある作品ってないのかしら

743 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 21:03:40.59
おちつけ

744 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 21:06:39.70
読みたい小説は自分で書けばいい

745 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 21:15:39.11
書きたいと読みたいは大きく違うっしょww


746 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 21:21:57.22
それは一般人の場合だwww

747 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 21:47:36.14
全部スレチ

748 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/28(月) 23:43:05.44
スレチではないだろ

749 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 00:04:04.75
じゃあ、次の質問へ

750 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 01:28:18.35
株について
アナウンサーが
上げました 下げました
というのを聞く度に、文章的な違和感を覚える。
上がりました 下がりました
じゃ何でだめなの?


751 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 01:31:04.11
「上げ」「下げ」がそれぞれ一つの言葉なんじゃね?

752 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 01:38:07.84
750の疑問を雑談スレに書いた者だけど、誰かがここに転載してくれたらしい。マルチではないです
>>751
なるほど。

753 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 01:41:03.51
例えば蛇を見ていて、頭を上げました・下げましたと言うのは違和感ない。
相場というのも、そういう生き物的な感覚で見てるんじゃないの?

754 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 01:42:49.48
× 相場というのも、そういう生き物的な感覚で見てるんじゃないの?
○ 相場というものを、そういう生き物的な感覚で見てるんじゃないの?

まちがった。

755 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 01:46:39.54
今まで「価値」という言葉に置き換えて考えていて、
価値を上げました 下げました の言い回しも普通にあるんだけど、
価値が上がりました 下がりました の方が話し口調の中で自然な気がしてた。

一つの生き物かー。なるほど。ありがとうございます。

756 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 01:55:51.89
>>753
感心してしまった

757 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 02:00:35.60
たぶん>>751が正解なんだとは思うけど、>>753って見方は面白いと思った。
作中人物に>>753のような事を語らせて見たいものだ。

758 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 02:53:43.55
難読漢字にルビ振ると、行間が開いてしまうのは直せるのですか?みんな、そのままなのですか?


759 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 02:56:47.62
あと、ルビ振るのは最初だけ?
それとも出てくるたんびに振るの?


760 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 03:16:51.97
>>759
個人的な基準だが、
(1)章が変わったら振る。同じ章の中ではそれ以上振らなくてよい。
(2)ストーリー全編にわたる頻出語の場合は、一回振れば巻全部で有功。
(3)セリフの中で相手の言ったことを反復する場合や、特にセリフを正しく読ませたい場合などに、任意に使用できる。

原稿ならこんなもんでいいだろ。


761 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 03:21:49.19
>>760
なるほど。じゃ短編なら1度振ればいいんですね。
行間の問題はどうしてますか?


762 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 03:42:30.00
高校国語教師です。
激務に疲れて辞めたいけど、教員なんて潰し効かないし、次の職のあてはない。
で、辞めるきっかけとして、小説でも書こうと思ってます。

ライトノベルが一番デビューしやすそう(デビュー出来ればそれを理由に退職出来る)なので、ライトノベルを狙う予定。

ただ、ライトノベルを読んでいたのはロードスやスレイヤーズ、せいぜいブギーポップあたりまでなので、最近の流行がわかりません。
時々2chなどで、文章の酷いライトノベルを目にしますが、ああいった物じゃないと、今は売れないのでしょうか。

レーベルも増えたようですが、比較的「まとも」な文章でもOKなところを教えてください。

763 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 04:18:44.94
比較的「まとも」ってどんな感じよ。
前置き長いけど肝心な部分がカギカッコ頼りとか、本当に国語教師?

764 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 04:37:16.51
前置き読めばわかるだろw

765 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 10:22:55.39
>>750
コンピュータなんかを「立ち上げる」というのも、文法的には変なんで、
新しい使い方だと聞いたことがある。ちょっと似てるかも知れません。
つまり、「立ち上がる」が普通なんだけど、コンピュータなんかは動き出したらあとは勝手に動くので、
生き物みたいに自動詞を当てるのがしっくりくる。でも、その最初だけはこっちで動かしてやらないと
いけない。それが「立ち上げる」なんですと。

766 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 11:24:12.31
>>761
投稿作の場合、実際に雑誌に掲載されるとか書籍になるときに
編集さんがきちんと処理してくれるから心配しなくてもおk
自分のサイトやブログに…の場合はわからん

767 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 11:31:26.88
>>762
自分の読解力や文章力に自信があるのなら、
レーベル別に10冊ずつぐらい読破すれば傾向がわかるんじゃね?

ついでに言うと、プロになれる力があるならラノベに投稿して
「文章がうますぎる」という理由で落選することはない
力のある人材を編集部は見逃さない
ただ「売れるため」のルールを学ぶために担当の指導が入るか、
他のジャンルへの投稿(見込みがある)を勧められるはず
一時で落ちたら、上手い下手以前の問題

768 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 11:38:01.78
このあいだラノベの元編集長が言っていたが、
今かつてないほど多くのラノベ作家がいるらしい。
プロになっても競争率が高い。

769 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 11:41:45.88
たぶん昔はプロデビューして売れなかったらすぐに諦めて他の職に就いたのだろうが、
今はだらだらと低収入でもラノベ作家で居続けるのだろう。
そのせいで数がとんでもなく増えたのかもしれない。

770 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 11:47:56.85
×編集長
○編集者

とりあえず元編集者の出した本を紹介しておく。
『ベストセラー・ライトノベルのしくみ キャラクター小説の競争戦略 』

771 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 12:14:57.04
手書きだけれど、PC入力できるようなタブレット探しています。
しかも手書き文字をフォントに直してくれるような。
知ってます?

772 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 12:18:11.84
http://tablet.wacom.co.jp/bamboo/
漫画やイラストなら上記のものが有名ですが
小説は紙に書くべきですかね?
かさどるし管理しやすくなって助かるんだけれど

773 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 12:22:04.64
これのステマだろ
http://product.metamoji.com/7notes_top/

774 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 12:24:15.11
7Notesは字下げがデフォでできないからむかつく。

775 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 16:00:56.17
>>765
コンピュータはスイッチを入れる事と、使える状態になる事は別だからね。
タイムラグがある事も大きいが、昔はフロッピーを入れ替え入れ替え、何枚も
順を追って入れ替えて、「立ち上げる(=自動ではない)」必要があったから。
「スイッチを入れる+使える状態にまで持って行く+使える状態になるまで待つ」
これらを一語で表す言葉として、「立ち上げる」という新語を使い始めたって事じゃ
ないかな?
新語なんで、既存の文法に照らし合わせる事が間違い…とまでは言えなくても、
必ずしも適切ではないという感じで。

君に対する反論と言うよりも、君が読んだという文章の著者に対する反論、あるいは
補足って事で。

776 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/29(火) 23:31:15.99
>>771
俺が今使っているのはこういう今入力部分でキーボードから打つんじゃなくて手書きから打つことが可能なパッドが常時画面に現れている(キーボード用のボタンもついてる)
手書きでかけるけど、フォントにできるのは微妙だ
ワードパッドから打った文字を明朝とかにするとか
windows7でオンキョーからでてるTW317A5

777 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 01:51:26.28
nihongogayabai

778 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 03:21:34.89
>>760 >>766
ありがとうございました。



779 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 09:39:56.17
20前後の若い女性を簡単に表したいのですが、なんと書けば良いのでしょうか?
「少女」は無理がありますし、「女性」にはどこか大人なイメージがあります。「青年」や「青少年」は、男性に使われるのが一般的ですよね?
やはり「妙齢」がぴったりですかね?

780 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 14:07:52.82
二十歳前後の女の子
二十歳前後の娘

とかかな
どっちにしても年齢を入れたほうが想像しやすいのでは
妙齢は「結婚適齢期」のイメージだが、今の適齢期って30代でも普通だし
古臭い言い回しだなと思う

781 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 15:20:28.39
フィクション宣言をしてある小説に実在する(した)人物を出すのはOK?
「父は石原裕次郎の大ファンで……」
「福山雅治の『桜坂』が流れていた」
などです。

782 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 15:27:10.84
訴えられるような書き方してない限り、問題なし

783 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 15:39:56.22
>>782
ありがとうございます!
リアリティを出すために、ちょこっと出そうと思っているのですが(もちろん無難な書き方で、です)
『〜実在する人物とは一切〜』の文字を記載してあるため、実在する(した)人物や歴史上の偉人を出して良いものか迷ってました。

784 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 16:41:56.20
「疲れてない」は、い抜き言葉?
地の文で書くなら「疲れていない」?

785 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 17:28:20.58
>>781
本人に不利益にならないなら、名前を出すぐらいなら全然問題はない。
登場人物として描く場合、問題になる可能性が高い。

ただし、芸能人の名前等は多くはすぐに風化して古くなるので、マイナス印象を
与える可能性がある事に注意した方がいい。
例)
AKB48の最新曲「○○(実際の曲名)」が流れてきた。
→すぐに最新曲でなくなるので、大きなマイナス印象を与える、使ってはいけない
→AKB48のような流行はすぐに廃れるので、できれば使わない方がいい
(流行の女性アイドルグループのようにぼかす表現にすれば、臨場感はなくなるが
古くはならない)

石原裕次郎の大ファン
→石原裕次郎のようなビッグネームは、今後数十年廃れる事がないので使っても良い

福山雅治の『桜坂』が流れていた
→福山雅治、『桜坂』も安定している名前なので、使ってもさほどマイナス印象はない

786 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 18:11:52.53
と持論を展開した

787 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 18:41:35.53
>>784
「〜ている」を「〜てる」にするのは、くだけた言い方。
ある程度教養の低い主人公の一人称なら地の文でも可。三人称では不可。
セリフで用いるときは、優等生の設定のキャラ、丁寧な話し方をするキャラ、
威厳の求められるキャラ(敵のボスや天使など)、無感情のアンドロイドなどに用いるのは不自然なので避ける。


788 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 18:47:51.50
教養は関係ないな。
むしろ「〜ている」を使う奴は頭の悪いおじさん。

789 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 18:55:03.26
>>781
実在の人物の名前を出すときは、
背景(ストーリーに特に関係ないところで言及されるだけ)として出すか、
登場人物として出すかに分けられる。
前者の場合は、基本的にはだれを出してもよいが、
あまりマイナーな人だと読者が分からないということがあるので
そこそこ知名度のある人がよい。
後者の場合、作者が特に主張したいことがあるのでないかぎり、
その人物に対して毀誉褒貶と受け取れることを書いてはならない。
「ポケモンとかいう子どもから金をだまし取るアニメがテレビで流れていた」とか、
「田中角栄は日本の経済発展に寄与した政治家で」とかこういうのはよくない。

790 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 18:55:42.96
>>788
そうなのか。ではどういう条件なら許されるんだ?


791 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 19:00:24.38
条件はセンスだろ。
センスの悪い奴は固定観念で書いてしまう。
なぜならセンスがないから何をどうしたらいいかわからず、
決められた前例に従おうとする。この時点でアウト。お役人向き。

792 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 19:04:46.30
顔真っ赤

793 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 19:14:38.86
チンポ真っ黒

794 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 19:33:13.81
インテル入ってる
チンポ入ってる

795 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 20:10:49.24
>>793
うらやましい

796 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 21:00:02.27
>>780
若い年頃、という意味だったので使ってみたのですが、やはり20前後より上に感じますよね…
ありがとうございます。そうします。

797 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 21:36:16.34
>>785
>>789

トンです!
その辺の常識はわきまえているつもりです。

が、「実在する個人とは一切〜」という断り書きをしてあるのに実在する個人(歴史上の偉人も含む)を出してもいいのか疑問でした。
ちなみに出したいシーンは「主人公の友人が、アインシュタインの相対性理論を教えている」です。
相対性理論について語りたいわけじゃなく、名称を使いたいだけなんですが、アインシュタインは実在の人物ですし。
悩んでました。よくよく考えれば「ベルばら」もフィクション宣言してあったような。うろ覚えスマソ

798 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/30(水) 23:41:38.03
文章の接続についてですが、
「〜〜し、」と「〜〜して、」のどっちがいいんでしょうか?

たとえば、
「彼は眉を寄せ、真剣な顔で考え込んだ。」

「彼は眉を寄せて、真剣な顔で考え込んだ。」

とか

「雨が降っていることに気づき、鞄から折りたたみ傘を取り出した。」

「雨が降っていることに気づいて、鞄から折りたたみ傘を取り出した。」


あと、「〜〜していて、」か「〜〜しており、」もどっちにしようか迷います。

799 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 00:05:45.82
好みで選べばいいんじゃね?
自分はリズムと、前後の文との流れで選んでる
まあ、読む方は大して気にしないと思うけどね

800 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 03:18:53.76
確かに文章のリズムは大事。
書き手のリズムじゃなくて、読み手のリズムね。
どういうリズムで読ませたいかを考えながら書く。
>>798が取り上げているような使い分けもそう。

801 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 06:36:59.87
>>798
一般論となると分からないが、個別的に挙げてみる。

・できごとの経過を述べる文で、一文を長くつなぎたいときは、全部「〜し」または「〜して」にせず、ある程度両者をまぜる。

「僕はうわさの幽霊に会うため、夜の学校の暗い廊下を歩いて、階段をのぼって、3階の音楽室まで来て、扉を開けて、あたりを調べた。」
「僕はうわさの幽霊に会うため、夜の学校の暗い廊下を歩いて、階段をのぼり、3階の音楽室まで来て、扉を開け、あたりを調べた。」

・ごく短い対句では、「〜し」でつなぐのがよいことが多い。

「お前は夜に飛び、朝に消える者 <ナイト・レイブン>。」
「お前は夜に飛んで、朝に消える者 <ナイト・レイブン>。」

・後ろに「……」による間、中断が来るときは、「〜て」のほうがわずかに座りがよい。

「写真に映った人を思い出して…… 、こうつぶやいた」
「写真に映った人を思い出し…… 、こうつぶやいた」

・倒置したときは、「〜て」が文末にくるほうがよい。

「戦え。この剣の名を呼んで。」
「戦え。この剣の名を呼び。」


802 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 14:40:21.37
質問のある方はいませんか?

803 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 15:25:19.74
はい。では質問します。
宇宙が消失したあとはどうなりますか?

804 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 16:37:06.95
>>803
もし真空エネルギーが十分多くあるならビックリップを起こす

これは、真空エネルギーが強力な磁石のように反発力として働いているため、物は原子サイズよりもっと小さくバラバラに壊れる
後、エントロピーの問題で恐らく情報というものがなくなるがわからん

805 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 17:06:26.71
それじゃ消失する前じゃん

806 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 18:04:49.27
>>803
観察者をどこに置くかによる。
観察者が宇宙の中に存在するなら、宇宙の消失は同時に観察者の消失も意味し、
『消失した後』という前提そのものが意味をなさない。
これを『無』という表現をしても良い、『宇宙消失後は無である』と。
観察者を宇宙の外に設定した場合、宇宙の消失は観察者の消失を意味しない。
その場合、宇宙は消失している為、観察者から見るとその宇宙は『無』である。
やはり宇宙消失後は『無』であるわけだが、前者の『無』と後者の『無』は『無』の
性質が異なる。
この『無』の性質の違いを説明するためには、そもそもの設問上の『宇宙』や『消失』
を厳密に定義する必要がある。
803よ、設問を厳密に定義せよ。

807 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/31(木) 18:08:29.70
甘えるな。
定義も含めて答えてやれ。

808 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 11:30:45.74
俺は頭が悪いです。ゆえに理解できません。
このアインシュタインを超えるという理論で
タイムマシンが可能になったのでしょうか。まじ教えてください。
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110924/scn11092400300000-n1.htm

809 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 14:38:00.52
該当スレで聞いたほうが早いと思う

810 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 15:33:29.23
ドクター中田氏が答えてやろう。
その実験結果は間違いだった。ケーブルの電圧か何かで誤差が出た結果、光より速いと出たが、やはり光より速いものはないという結論に落ち着いた。
よって、タイムマシンは不可能だ。

811 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 16:50:57.24
文系ばっかだな

812 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 17:11:09.25
いや、理系ばっかだろ。

813 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 17:15:35.58
文系乙

814 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 17:24:53.56
別にどっちでもかまわん
マジレスしてくれるならば

815 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 17:25:08.27
文系とか理系とかこだわっているのは日本人だけ。
特に血液型占いを信じる頭の悪い層が口にする。恥ずかしい情弱。

816 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 17:26:52.69
日本の教育と海外の教育のレベルの差をわかって言ってんのか

817 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 17:30:06.58
日本の教育レベルはつめこみ教育のせいで最悪だ。
つめこみ教育世代がゆとり世代をつくりさらに最悪だ。
原発すらまともにコントロールできず国民は被爆させられて、
50年おきくらいに被爆させていくつもりかよ!

818 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 17:32:14.36
いや、つめこみ教育の質すら海外と比較すると低いわけで

819 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 18:23:16.24
結局、話を逸らしてるだけだろ

820 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 19:21:17.20
質問が難しすぎると思うのであります
そして、現時点での正解に拘るなら、面白い小説を作る事は
できないのではないでしょうか。

こまけぇこたぁ、いいんだよ精神の男は、かく思いました。

821 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 19:29:01.79
すべてに正解がある。(すぎっ

822 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 19:29:26.73
誤 (すぎっ
正 (きりっ

823 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 20:05:13.24
すぎっ!りょうたろう!

824 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 23:07:25.35
>>821
>すべてに正解がある。
それじゃあ世界は面白くない。
たとえば、小説にも正解があるのか? だったら、小説の存在する意味があるのか?

825 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 23:12:32.04
正解は一つじゃない(きりっ

826 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/01(金) 23:26:16.72
てかなんで正解があったら意味がないとか、
正解があるとつまらないと教えられた世代かよ。

827 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 00:09:11.75
毎回こんな流れにして楽しいか?

828 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 00:35:44.71
1+1だって、=2が正解って訳じゃないんだぜ。

829 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 00:55:34.11
正解だ。
正解にしたくない奴がいるだけ。

830 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 07:22:08.90
なかなか。
数論だと1+1を2とするところから自然数を導き出したりもするぞ。そこでは1+1は自明じゃない。

831 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 08:17:17.27
有難う御座います!!!

832 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 08:27:57.51
文系乙

833 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 10:21:41.80
地の文で「いわれた」を「ゆわれた」と書くのはよろしくないと思うのですが、台詞でそう書くのは大丈夫ですか?

834 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 11:40:17.26
素で間違えて書いていると思われてしまうような書き手は正しく書いとけ。

835 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 11:59:07.04
この人は本物だ >>810
今日のニュースをみてみろ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120601-00001089-yom-sci

836 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 12:00:43.16
文系とか理系とかいっていた奴は涙目だなw

837 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 12:38:36.80
>>835
しかし>>810の最後の行はそれまでの所からの判断とするには飛躍があると思われる。
その方法では不可能かも知れないが、全く違う方法でなら可能かも知れない。

838 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 12:49:55.89
>>837
確かにその通りだな。
実験結果aがあり、その実験結果が本当なら、その方法使って
タイムマシン理論Aが完成するんじゃね?と大騒ぎした人間が居た
というだけでしかないな。
結果的に実験結果aは間違いでしたとなって、タイムマシン理論Aが
どうこうって騒いでいた連中が大恥晒したって事ではあるけれど、タイム
マシンが否定されたわけではない。


839 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 12:50:49.85
ぜんぜん違うな。
可能性の問題と、タイムマシンができる可能性をごっちゃにしてる。
ありとあらゆるものに、可能性はある。

それはおいておいて、
タイムマシンが論理的に可能性があるとしたら、光の速度を超えなければならない。
それ以外に現実的な可能性があるとしたら、その論拠を具体的に示さなければならない。

論拠がなかったら、ただの抽象的な可能性だけの問題になる。
そして、ありとあらゆるものに、可能性はある。

840 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 13:07:50.94
>>839
いいや、それも違う。
アインシュタインの相対性理論は、実は証明なんかされていないんだ。

まず、相対性理論は光よりも早い物は存在しないと仮定している。
実験、あるいは観測の結果、どうやらそれは間違いないらしい、という結果は
得られているが、真にそれは間違いないという結果は得られていない。
だから、科学者はいまだに光より早い物を探しているわけだ。光より早い物が
存在しないと証明されていれば、存在しない物を探すわけがないだろ?

光の速度を超える物があれば、タイムマシンが実現できるかも知れないと
いうのは、アインシュタインの相対性理論が正しい前提での理論である。
しかし、光の速度を超える物があれば、自動的にアインシュタインの相対性
理論は破綻する。

>タイムマシンが論理的に可能性があるとしたら、光の速度を超えなければならない。
などと言う人間は、論理を知らない人間だけである。

841 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 13:12:14.47
アホかw
光の速さを超えさえすればタイムマシンは可能。
これは常識だろ。

月を見ろ。あれは過去の光だ。

この意味がわからなければ、論理を知る知らない以前の問題。
お話にならないレベルw

842 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 13:17:01.95
>>841
空想世界の常識を現実世界で語られても困るな。

武道を極めたらカメハメ波が撃てるのも常識だし、矢に打たれて生き延びれば
スタンド能力が覚醒するのも常識だよ。
お前の言ってるのは、そのレベルの事でしかない。


843 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 13:19:06.28
おまえにとって空想の世界。
なぜなら知識がないから。

テレビを見たこともないジャングルの原住民にテレビのことを説明しても、
空想の世界と感じるだろう。

はっきりいおう。おまえは無知。
恥を知れ。

844 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 13:28:52.21
>>843
そうだな。
カメハメ波は本当に撃てるんだよ、テレビを見てみなよ、悟空が本当に
撃っているじゃないか!!
って大騒ぎしている子供に、常識が通じると思うなんて俺が間違って
たよ。

はいはい、頑張ればカメハメ波は撃てるようになるし、サンタは本当に
居るんだよ。

845 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 13:32:14.31
どういう科学的根拠にもとづいてカメハメ波が打てるといっているんだ?
恥を知れ。

846 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 13:34:33.16
科学的根拠があってはじめて人々は驚く。ニュースにもなる。
カメハメ波も科学的根拠が発見されれば世界中のトップニュースになるだろう。

そういうことだ。
わかったな、恥を知れ。

847 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 16:05:36.03
もうどっかよそでやれよ…
人が常駐してるスレだからって甘えんな

848 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 17:04:55.44
なんとか測定法で数千年経過してる腕時計発見される! みたいなネタがよく出るけどゾクゾクする。

849 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 17:50:59.98
>>848
で?

850 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 18:27:40.19
>>840
それも間違ってると思うぞ。
「相対性理論は光よりも早い物は存在しないと仮定」
これが違う。相対性理論が主張しているのは、
「光より遅い物が、いくら加速しても光の速度を超えることは出来ない」
であって、だから、光より速い物があるとしても、それはなんの問題もない。

あと、だから光より速い物が光より遅くはなれないわけで、光速より速い物があったからとて
タイムマシンにはならない。

851 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 18:38:52.75
「イエスのビデオ」なんていうのもあったなぁ

852 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 19:58:18.42
>>850
>光速より速い物があったからとて
>タイムマシンにはならない。

いや。
光の速さで移動すると、そのものの時間は止まる。
まずこの基礎知識を理解していないと話にならない。
(光速に近づけば近づくほど時間の進み具合が遅くなるというのはすでに実証済み)

そして、光の速さより速いということは、時間が逆に動かざるを得ない。
つまり、光の速さより速いものが論理上存在すると、それは時間をさかのぼる。
だから、あのニュースは衝撃的だった。

ようは、時間をさかのぼるもの、これがタイムマシン。

ドラえもんのタイムマシンを想像するから理解できなくなる。

853 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 20:16:11.44
相変わらずの文系臭

854 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 20:25:32.61
完璧な理系w

855 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 20:43:42.18
>>852
「時間をさかのぼるもの、これがタイムマシン」
これも間違い。
人間を時間を超えて移動させる物がタイムマシン。
とある粒子が時間を遡航したからって、それがどうしてタイムマシンな訳があるだろう?

856 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 20:53:07.64
それが理系の考え方。
最初に原理原則が成立しなければ、人間が乗れるタイムマシンのイメージができない。
航空力学があって鉄の物体が空を飛ぶ姿が見える。

文系はいきなり「人間を時間を超えて移動させる物がタイムマシン」で始まるが、
それがどういう理屈で時間を超えて移動できるのかなどは全く考えない。だからアホ扱いされる。

857 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 20:53:38.24
完璧な冷凍睡眠は?

858 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 20:57:53.12
また区別つかんけど
どっちも文系であることはわかる

859 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 21:00:59.90
↑完全に文系脳 
創作板だから文系という脊髄反射

860 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/02(土) 21:03:35.74
ハイさん?

861 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:21:01.44
鬱病の人に聞きたいです
死にたいですか?

862 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 20:53:06.38
うつ病じゃないですけど母親がボケてしかもかまってちゃんで。気持ち悪い。
しかし私は善人なので面倒みてるんですが生きた心地がしない。トイレに入るとドンドンされる、外出するとすぐ電話で呼び出される。
体温管理も自分で出来ない、ご飯もよそえないのに携帯でかけてくる。わたしは
毎日1回スーパーのトイレに籠りに行って、その時間だけは「携帯の電源を切ってよし」と自分に許していて、
そのときだけが心の安息です。30歳です。会社やめました。2回やめました。就職するたびに暫くすると「緊急事態」で辞めさせられる。
姉はずっと東京で働いてます行政書士です。一年に数回、この田舎に帰ってきて、母に「いたれりつくせり」やります。母は涙を流して感謝します。
そしてそれをされるたびに、「ガクン」と進行します。依存心が高まって。私は死にたい。痛くないように死にたいが、今死んだら生まれた意味が
無い様で。呪われたまま死ぬ感じがしてまだ生きてます。

863 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:39:04.08
青空文庫って作品の数はどれくらいあるの?

864 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 21:51:24.33
1万1千。

865 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 22:15:08.66
>>862
家族恐い
創作かもしれんけど

866 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 23:44:40.97
やる気がでない
あと七十枚
締切一ヶ月後
間に合うかな?
とりあえず描いて推敲したほうがいい?
じっくり悩んで一文一文丁寧に描いたほうがいい?

867 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/03(日) 23:50:20.51
今すでにやる気が出ないわけだから「じっくり」は無理でしょ
無理矢理でも1日3枚書けば余裕で間に合う
書き上げた時点で推敲してみて「ダメだ」と思ったら寝かせて
次の締め切りを狙えばいい

悩んで書けないよりも、書き上げてから悩むほうが建設的

868 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 00:04:09.61
>>862
本気で悩んでいるなら、身体・健康板に専用スレあるよ

869 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 00:22:37.35
締切って言ってもプロじゃないわけだから、それで飯が食えなくなるわけじゃなし。
やる気が出ないなら、やる気が出るまで待つのも自由。
しかし、それをやっていると、いつまで経ってもやる気が出ずに、次第に書きかけの
原稿ばかりが溜まっていく事になる可能性がある。
やる気を継続させる方法、やる気を出す方法、やる気が出ない場合にでもやれるよう
に自分を持って行く方法、それらを見つける事もまた必要。
個人個人それは異なるだろう、自分に合った方法をとにかく見つけろ。

俺は、出来が良かろうが悪かろうが、とにかく完成させる。
完成すれば素晴らしい作品となる可能性を秘めた未完成の作品よりも、駄作でも完成
している作品の方が上であると考えている。
少なくとも、未完成作品では応募する事さえできないが、駄作であっても完成してさえ
いれば、応募する事は出来る。
一次にも通らないかも知れないが、それはまた別の話。

駄作が万一受賞してしまうならそれはそれでいいし、受賞しなければ書き直して応募する
道が残されているので、別に害はない。

870 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 00:26:30.73
>>
ありがとう。がむばる!


>>896
まさに真理だな!
やる気でた!…かも!

871 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 05:13:42.76
実の弟と結婚した姉に質問
子供は元気?

872 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 10:19:32.44
歴史物ならありそうですよね
特に平安時代とか、そういう話?
待賢門院璋子は実は白川上皇の子であったとしたら、
姉弟ではないかもしれませんが、鳥羽天皇とは濃い縁戚同士の婚姻であったでしょうね


873 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 16:10:08.23
やっぱり質問は「創作に関すること」に限定したほうがいいとオモ

874 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 16:15:13.79
ヤダネ

875 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 18:21:51.81
よし、じゃあ次の>>1に入れるってことで

876 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 18:27:43.87
でも創作と限ると何も質問出来なくなる
808を質問した者だけれど

877 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 18:28:29.46
入れません
創作に関係なさそうにみえて質問者には創作に関係あることかもしれませんので

878 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 18:28:46.19
てか創作(板)のマジレスだからな。
勘違いしているバカは痛い目にあうぞ。

879 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 18:41:46.18
ではスレタイをこうしましょうか?
「創作に関するどんな質問にもマジレスするスレ」
テンプレとナンバリングはそのままに。

880 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 18:52:29.27
現状でおk。 つまらん質問はスルーされるだけだから。

881 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 18:58:16.93
自治厨がうぜえな。
てめえで限定スレを立ててそこで籠もってろ。

882 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 19:01:48.10
では現状のままで。ということで。

883 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 19:02:22.84
>>879
このスレが気に入らないのなら新スレを立てれば。
昔は質問スレが複数あったから、もう一つあってもいいと思うよ。

884 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 20:36:17.83
つまらんのは、延々続く答える側の自己満足レスだろ

885 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 20:37:51.94
だったら訊かなきゃいいのに

886 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 20:39:19.10
いや、聞いてないし

887 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 20:42:33.12
なら見なきゃいいのに
このスレ
奇特な人だ

888 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 20:45:55.94
でも確かにちょっと前の「理系だろ」「文系だろ」とか
どーでもいいやりとりだったよ
定期的に「他のスレでやれ」って注意が入るのは当然だろ
「なら見るな」って言うが、ああいうやりとりが続くと
質問者が書き込みにくくなるのは確かだと思う

889 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 20:58:29.97
いや、あの理系と文系のやりとりはよかった。
両者の根本的違いがわかった。

890 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 21:00:05.52
要するに、リテラシーの問題で、
どんな質問・マジレスも読む側が文盲だと意味がないってことで。

891 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 21:11:56.32
答えられる質問は答えるよ〜

892 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 21:13:05.26
ウンコは腸からでるんですか?
それとも肛門からですか?

893 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 21:20:38.02
尻から出る。
これが文系の答え。

894 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 21:22:03.01
ありがとうございました

895 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/04(月) 21:43:49.02
文学部にはどんな学科含まれますか?


896 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/05(火) 09:22:04.07
大学による

897 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 03:48:45.88
2ちゃんねるですぐ論破されてしまうような低脳で、
僕が推測するに、多分人間的にすごくつまらないという理由で友人一人もいないんですけど、
そんな僕でも作家になれるんでしょうか?

898 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 05:48:40.13
こんなつまらん釣りをする時点でどうでもいいバカだとわかる
マジ質問だとしても俺達他人からするとお前のようなバカがどんな人生を歩もうがどうでもいいということもわからんのかって感じ
要するに、ネット時代にいながら大して小説を読まない癖に小説を書こうと思い立つ奴はバカ
どちらにせよ友達がいないとかそういうレベルで悩む奴は十代だろうからとりあえず勉強をしておけばいいよ

899 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 05:55:41.28
はっきり言って人間的につまらなくない奴なんてこの世界に一人もいないから
どうやったらそんなくだらない妄想に浸れるんだろうねえ
自分自身がつまらないから他人の価値観で他人と比較して
人生に意味付けしないと耐えられなくなるんだろうけど
内罰的過ぎるのよ根本的に。前時代的バカみたい

900 :898,899:2012/06/06(水) 05:58:12.31
一言で言うとうんこですわ
>>897

901 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 05:58:55.26
作家になれるかどうかを聞いてるんですけど?

902 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 06:00:42.50
作家になりたいならなれば?
バカなの?
そんなもん自分で決めることだろうが糞低能が

903 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 06:07:00.37
低脳は十分、分かってます
そんな僕がなれるかどうかを聞いてるんですが

904 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 06:10:13.73
なれません

905 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 06:12:14.70
ありがとうございます
他の就職口を探してみます

906 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 06:12:25.64
今時作家になりたいとか言って悶々するとかいつの時代の中二ですかってもんですわ〜
変な経済学者や評論家が書くような啓蒙書とかビジネス書に感化されないよう用心した方がいいよ〜
まーエンタメ作るならそういうのや心理学も利用した方がいいか
客は主に大衆だから大衆的価値観を分析する領域の本は読んでおくべきっぽい

907 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 06:15:49.42
世間で言うところの社会なんて要するに大衆ってことだから
作家は孤独であるべきとかそういうこと言うやつたまにいるけどギャグだからな
まともな社会人になれない奴は何をやっても同じ
解脱しろ

908 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 08:42:25.84
自分こそ解脱できてないくせに
糞、糞っていうけれど、おしっこと糞からだって硝石ができる
きっと大変身して素晴らしい火薬のような小説が書けるよ

909 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 12:35:41.26
みなさん一日にどれくらい書けますか

910 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 13:00:37.02
背中なら一日中だってかけます

911 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 13:36:14.91
>>909
原稿用紙20枚分

912 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 18:55:46.24
色んなジャンルあるけど一番デビューしやすいのってポルノなんかな?

913 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 19:17:26.59
作家ではなく物書き全般ならライターじゃないかな、ノンフィクションとかの
かってに記事になりそうなこと調べて書いてライター名乗って出版社に売り込みかけてさ
買ってもらえたら、仕事くださいってマメにアピールして
地方のラーメン屋に詳しいですとか、観光地ならそこのお店紹介とか
アッピールして行くとかでも良いと思う

あるいは金儲けとか、人生指南とかビジネスアイディアとかの新書
勝間みたいなやつ
これも、そういう系の出版社(最初は小さいところから)企画書を書いて送りまくる

914 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 20:22:39.61
物語のパターンは聖書で出尽くしたというやつもいる
というをラノベ板がらみで見たのですが、
実際に聖書の物語のパターンを調べると何種類ほどになるのでしょう?

915 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 21:15:38.83


916 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 21:47:58.19
漫画ラノベアニメの女の子に恋したことはありますか?

917 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 21:58:17.14
性欲を抱いたことならある

918 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/06(水) 22:53:30.56
>>914

分け方によるよ
もっとも大雑把なのは、悲劇、喜劇、それ以外みたいなやつとか
英雄物、恋愛物、別離物、冒険物、復讐物、ライバル物、…、とかさ
その言い方も「シェイクスピアで出尽くした」みたいな言い方もあるし
そして舞台設定や小道具、登場人物の年齢や性別、性格を変える事と
それぞれのジャンルをミックスをすることでほぼ無限に話はできていくよ


919 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 18:32:35.74
ある賞に応募したんだが、雑誌発表のどのぐらい前に連絡が来る?
毎回、『受賞者の言葉』が載ってるからには、雑誌発売のかなり前に、
受賞者には連絡がある事は判ってるんだが…
7月末の発売なら、どのぐらい前に決まるんだろうか?
気になって、次の作品に手がつかないんだ。

920 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 18:44:52.75
気にするな。
一次落ちには連絡は来ない。

921 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 18:56:14.53
賞によって違う。
特定しても一例を挙げることしか出来ないが。

922 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 20:16:46.54
気持ちがわかります。今はもう馴れちゃって…


923 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/07(木) 21:07:17.63
発売月に入っても連絡なければ手応えなしと思っていいのでは
あと、大きな賞ならいきなり「受賞しました」じゃなくて
「最終選考に残りました」が先に来ると思うけど…

924 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 19:29:44.78
建物がどんな構造になっているかとか
どんな服装をしているかとか、
そういうことまで想像できないといけないんじゃないかと思ったんだけど
そうなると、世の中に存在する事物への広範囲の考察が必要になってくるよね
範囲が広すぎて、何から考察していいのか分からない
そういう作業について書いてる本ないかな?

925 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:14:03.88
一目散って、駆け寄る場合にも使う?

926 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:24:29.25
語義的には正しいのかもしれないけどニュアンス的に違和感あるね

927 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:30:27.77
なんで語義的に正しいんだよw
駆け寄る対象が定まっているのなら一目散にならんだろw

928 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:47:15.18
一目散<=>蜘蛛の子を散らすように



929 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:48:03.09
ごめんミス酔ってた

930 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:49:58.43
気にするな。
誰も読んでいない。

931 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:50:54.99
なんというツンデレ

932 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:51:31.49
いちもくさん【一目散】

(多く「一目散に」の形で副詞的に用いる)わき目もふらずに走るさま。一散(いっさん)。

もともといた場所から散じるのだから、駆け寄ったとしても語義的には間違ってないんじゃね

933 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 20:52:57.49
ここはイナがおさめるしかない

934 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:04:06.53
>>932
「わき目もふらずに走るさま」というのは、わき目さえもふらずに走るってこと。
だから駆け寄る場所など想定外。とにかく走れ、という意味。

辞書の意味くらいちゃんと読み取れるようになれよw

935 :925:2012/06/09(土) 21:05:25.35
thx

936 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/06/09(土) 21:08:13.77
辞書ひいたら次の、いちもつ【一物】のほうがインパクトあって忘れた。
((^o^)はは

937 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 21:38:14.28
>>924
ごめん、何言ってるのかわかんない
「作業」って「想像力を鍛える方法」ってこと?

938 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:15:48.24
>>934
意味分からんw
目的地を凝視してるなら脇目をふってないだろ
そんなに馬鹿なのに何故か煽り気味なのも意味不明だし

939 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:19:47.69
>>938
凝視はもとより、わき目さえもふっていないってこと。

基礎学力というか、常識さえないから、おまえには無理。

940 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:21:04.10
なんか必死で笑えるw

941 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:22:26.51
必死に見えるのは、おまえがバカだからじゃね?

942 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:24:15.16
いや、おれただの通りすがりだからw
八つ当たりするなよ、大将w

943 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:27:21.45
ごめん、俺もただの横やりw

944 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:29:40.93
笑えるのうwww

945 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:31:58.70
論破された奴はちゃんと負け宣言をしろよ!

946 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 22:50:08.52
一目散論争の問題点、というか、アホな点は、「わき目もふらず」という語ばかり繰り返してること。
>「わき目もふらずに走るさま」というのは、わき目さえもふらずに走るってこと
これの2回目、「わき目」以外の表現を使うべきだ。そうすれば、論点はもっとはっきりしている。
それをせずに両者とも「わき目」「わき目」とわめき合ってるから、話が進まない。

947 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:00:44.12
「一心不乱」と「一目散」をごっちゃにしてんじゃね?

948 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:07:01.60
>>939
脇目はよそ見ってことだろ
なんでこんな当たり前のことを言わないといけないのか
質問スレってこういうレベルのやつが平気でいるからアカンな

949 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:14:49.50
>>948
一次通過できない奴(わき目)がプロの作家になる(凝視)というようなもの。

950 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:19:00.93
>>937
文章って絵や映像にするわけじゃないから、ディテールまで想像しなくても、
言葉一つで済ませることも出来るけど、
そういうのって違うかなーと思ったんだよ。
そう思ってみると、今までいかに自分が文章表現に甘えきっていたかと気づいて。
部屋を描写するなら、少なくとも自分は、
その部屋の中がはっきり「見えて」なきゃ駄目なんじゃないか、と。
そこまでの事物のディテールを想像裡に組み立てるとなると、
建築物とか、家具やインテリアなど、
あらゆるものに関する知識が必要になる
そういう知識を体系的に学ぶにはどうしたらいいのかと思ってね

951 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:39:02.80
散って何だと思って大漢和辞典を引いたら、「逃げる」という意味があった。
「散」の原義がそれなら、「一目散」は、「わき目もふらずに逃げ散る」というほうが、
イメージ的に合うなあ。
駆け寄るというのは、どうも「散」の字のイメージに合わない気がする。

952 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:49:02.38
北にも逃げるという意味がある。

だから北朝鮮は逃げた朝鮮だ。

953 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/09(土) 23:56:03.98
>>950
それなら、周りを眺めて、それを文に落とす作業をした方が速くはないか?

954 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:25:09.52
物書きなら同じ動作でも多様な表現に変換できるようになるべき

955 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 00:29:08.80
そんな教訓より類語辞典買えよでおk

956 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:07:12.69
>>950
初心者向けの本とか雑誌から読み始めれば?
どの分野だろうが、勉強ってそういうもんだろ
体系的って大げさつーか、頭固いね

957 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 01:31:59.81
誰かあのパリに芸術を学びに行った娘を心配する母親の部屋に飾られていそうなスタンドとでも言えばいいでしょうか……
のコピペ貼ってやれよ
そういうことだろ?

958 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 10:59:32.61
ツーちゃんねるは小中高生のガキが多いという前提を忘れるな

959 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 11:11:10.71
>>957
そのコピペ見たことない。ちょっと、だれか貼ってみて。

960 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 11:30:40.20
長いので
ディスプレイ手前に置いてるスタンド コピペ
でぐぐれ

961 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 13:59:19.82
>>1000 じゃないなら今回も一次落ち!

962 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 14:10:42.90
見たけどただのおもんないコピペだった
このスレの流れでなんでこの話が出てくるんだ

963 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 15:16:38.80
情景描写が苦手、長いものが書けない(400字詰めで50枚前後)のですが、何かオススメのトレーニングはありますでしょうか。

964 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 15:19:57.92
模写

965 :イナ ◆/7jUdUKiSM :2012/06/10(日) 15:36:05.42
>>936
写すとか真似するとかは、物語を書きたいなら辞めたほうがいいと思う。
オリジナルだよ。
読書なんか辞めろ。
学校の宿題も読書だけはサボってもバレないだろ。
そこはきっちりやる。いいか強いやつは最小の力で最大の敵を倒すんだ。カウンターになる。カウンターは効く。相手が面とんできたら小手か胴だ。一発で決まる。

966 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 16:19:41.22
持込って絶対に受け取ってもらえないの?イケメンでも美少女でも
主に五大文芸雑誌において

967 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:18:59.30
厳密な意味での持ち込みとは違うかもしれないけど
京極夏彦とか平野啓一郎みたいな例もあるから
チャレンジしてみればいいんでないのー

968 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:19:30.45
コネ持ち込みか。

969 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:27:17.76
持ち込みで受け取ってもらえるのって、ほとんどコネだと思うよ…

970 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:28:14.36
1回目の持ち込みは有る意味コネ作りじゃないのかね

971 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:35:47.11
それができるならみんなやってんじゃね?

972 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 18:47:34.02
さすがに才能のある奴はやらないだろ。
ペコペコするのは才能がない奴と相場が決まっているからな。

973 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:12:43.12
才能じゃなくて常識の問題だろ

974 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 19:34:09.17
>>972
なるほど、才能のない奴ばかりが持ち込みに来るから、「持ち込み禁止」になる訳か。

975 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:17:28.37
いや、持ち込み禁止は、
日本の出版社がプライドが高いのとビジネス感覚がないから。

世界中の出版社では持ち込みは常識。

976 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:27:44.61
飲み友達の編集者(メジャー出版社)に
「小説書いたら持って行ってもいい?」って聞いたら
「読んでる暇ないからなぁ……」「賞に出してくれればちゃんと見るよ」だって。
基本、新人は賞に応募してきた中で見どころのあるヤツを何人か特待生的に指導してて、
それだけでイッパイイッパイみたいなこといってた(´・ω・`)
他にもレギュラー作家のお相手や、チャンスがあれば依頼したい作家とのおつき合いで、
こっちが思ってる以上に大変だって。
だからルーティンから外れるやり方は、あまりありがたくないと。


977 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:30:44.15
そうだな。昭和の編集者と違ってエリートサラリーマンでしかないからな

978 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:37:38.28
それが勘違いなんだよな。自分が育てるみたいな感覚だろ。
今はだいぶそういうのはなくなったと聞くけど、
新人相手に上から目線で指導していい気になりたいんだよ。人間のサガか。

カネがあるから新人賞とかで下読み雇ってのんきに選考とかしているけど、
日本以外じゃそんな無駄なことはできない。
編集者が自ら出向いていって見つけてくることもあるくらいだし、
やっぱり再販制度に守られた独占がよくないんだな。

979 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:38:58.52
出版界は体質古いからなあ

980 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:40:10.46
電力会社と同じで、独占的に価格設定ができるからな。

981 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:41:56.94
電力と一緒にするなよw
電力は誰でも必要だけど、本はなくても特別困らないじゃん

982 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:43:08.91
ついでにちょっと聞きたいのだが、アメリカなんかだと出版社と小説家の間に
エージェントってのがいるじゃん。
小説家の売り込みしたり、売り方や出版部数に口出ししたり。
このエージェントってのは日本で言うとフリー編集者みたいなもんなのかねー?

983 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:43:13.49
バッキャロー!
本がなかったら魂が餓死するだろ!
恥を知れ!

984 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:44:16.12
>>893
そういう人は今時すくないよ

985 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 20:47:05.58
>>982
エージェントは作家の給料から数パーセントを徴収する作家の召使い。
フリーの編集者は作家に仕事と給料を払う家主。

金銭的な関係から見ると、ぜんぜん違うものといえようぞ。

986 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:05:21.95
エージェントは著作権代理人だね。
印税率を出版社と交渉したり、出版部数を交渉したりって雑務や、
書籍を持って映画会社を回って、映画化への根回ししたり。
著者の収入の10%を受け取る、とかって契約だから、自分が儲ける
為に著者を儲けさせる。
そのせいで原稿料が上がって、出版社が執筆を頼めなくなり、かえって
収入が減少するという弊害も起こり得る。


987 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:12:37.90
>>986
>そのせいで原稿料が上がって、出版社が執筆を頼めなくなり、かえって
>収入が減少するという弊害も起こり得る。

これは交渉術を知らない典型的な日本人の発想。

988 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:23:22.10
エージェントにも優劣がある。
人気のエージェントは必然的に高くなる。そんだけの話。

989 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 21:49:14.35
ま、日本で作家になりたいなら新人賞に投稿しろってことで
力があれば目に留まるよ

990 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:36:22.23
>>983
お前、超かっこいいな!

991 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:50:04.14
>>987
アメリカ人作家が書いてた事をそのまま書いただけなんだが?

992 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:56:51.93
嘘だな。
見抜いたぞ。

作家の収入が減少したら、エージェントの収入も減少するのなら、
なぜ作家の収入を減少させる契約をするのか?
明らかに論理矛盾。

993 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 22:59:36.62
知らんよ、詳しくはアジモフに聞いてくれ。既に故人だが。

994 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:01:20.41
わかったぞ誤訳だな。

995 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:03:11.14
温暖化すると南極の氷が溶けるというのは誤訳らしい。
温暖化すると南極の氷が増えるが正解。
日本人は英語が苦手でよく誤訳をするらしい。

996 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:12:42.16
誤訳って言うかただの謬見じゃないの

997 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:17:24.72
たんにへたくそで吹っかけすぎてじゃあイラネって言われた
ばかなエージェントが居ましたってことだろ

ちなみに今はほとんどがエージェント個人ではなく弁護士みたいに
代理人会社になってる
代理人会社に送って読んでもらって見込みありそうなら出版社にみたいなかんじ
当然アメリカ人だから、値段ランクみたいなのがある

998 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:23:39.23
原稿料が高くなれば、原稿を依頼できる出版社が減る。
その結果、依頼される原稿の数が減って、収入が減る。

こういうことならありうると思うけど。

999 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:43:48.21
雑誌に載せるなら原稿料だが、
アメリカの作家は一年に一冊出して印税生活するのが普通らしいよ。

1000 :名無し物書き@推敲中?:2012/06/10(日) 23:56:54.90
>>1000 ゲットおおおお!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

236 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)