2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小説すばる新人賞23

1 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 19:47:55.65

「小説すばる」公式サイト
http://ime.nu/syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/
前スレ小説すばる新人賞22
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1333028203/
投稿者全員にエントリーはがきが来るよ!
◎第25回
応募締切 2012年3月31日〈締切済〉
一次通過発表 8月中旬〜
大賞発表 9月下旬〜
応募要項 http://ime.nu/syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/shinjin/index.html




2 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 19:58:09.94
よくある質問

Q.最終候補者への連絡はいつごろ応募者にいくの?
A.噂では七月の後半から八月の前半に、最終候補者のみ電話連絡がいく。
 一次や二次に残っても連絡が来る望みはほとんどありません。
 期間中スレ内はちょっとしたカオスになります。お楽しみに。
Q.同じ作品を、小すばとは別の文学賞にも送っていい?
A.出版社と良い関係を築きたいのであれば一社だけにしといたほうが無難。
 大抵どの文学賞も二重投稿を禁じています。
 過去に小すばで二重投稿が発覚した例があります。スレが荒れる原因になりますので自重して下さい。
Q.性別や学歴で受賞できないなんてことはありますか?
A.まず歴代受賞者を自分で調べてみましょう。
 全員が全員高学歴というわけではありません。女性ももちろんいます。
Q.エロやグロ、私小説とか純文学だとダメ?
A.まず 歴 代 の 受 賞 作 を 読 み ま し ょ う 。
 一概にダメとはならないでしょうが、不安なら自分の作風にあった文学賞を探しましょう。
 エンターテイメント系の文学賞であることをお忘れなく。

3 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 20:03:58.79
>>1


4 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 20:04:14.77
注意事項

過去の受賞作は考察も含め議論されるべき事柄ですが、
受賞者のその後の作品については専スレを立てましょう
スレが荒れる原因となります

最後に
代理で本スレを立ててくださった方に感謝を
では皆さんの健闘を祈って

5 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 20:13:58.17
>>1
ちゃんとテンプレつけてるところがえらい!

6 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 20:26:47.03
>>1


7 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/10(火) 22:22:14.28
主語がない文章を書いた場合、それがすぐに三人称か一人称か、わかる
人いる?
同一人物のことを書いてるのは間違いないけど、コロコロと人称が変わるのって
読んでる人にとってはどうなんだろ。読みにくいんだろうか。
読者さえミスリーディングしなければOKという感じなのかな。

8 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 10:16:35.06
主語がない文章はあっていいけど(わたしは、わたしは〜ばっかじゃ読みにくい)
人称がコロコロ変わるのは勘弁

9 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 12:05:16.53
行変えるとか段落変えるとかセリフ使うとか工夫しろ

10 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 12:52:29.02
>主語がない文章を書いた場合、それがすぐに三人称か一人称か、わかる
>人いる?
読者に甘えず、ちゃんとわからせるのが作者の腕だろ?

11 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 14:39:28.33
図書館でサラ借りようと思って蔵書検索したら、全部貸し出し中でワロタ。
世間的には全然話題にも上らなかったあの作品を借りようってのは、きっと
去年ここに応募して落ちたワナビと、今回応募したやつ、そして来年応募する
のに参考にしようってワナビぐらいなもんだ。去年俺の住んでる地域から応募
した推定人数(全応募数と一次通過数からおおよそ割り出せる)と、蔵書する
サラ本の待ち人数がほぼ一致しててワロタ。

12 :11:2012/04/11(水) 14:45:25.07
>>蔵書するサラ本の待ち人数がほぼ一致しててワロタ。
ちょっと大袈裟かな。入庫時期と回転数を計算に入れて、だ。
ま、どうでもいいこったけど。
関西の某地区だが、全国的におんなじようなもんじゃないかね。特に
著者の出身地である兵庫なんかじゃ、もっとタイトな状況じゃないかな。

13 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 14:51:54.20
田舎の図書館にサラがないんだが・・

14 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 15:29:35.09
前スレの最後でイケメン作家について触れられていたので、ここではっきりしておきたい。

イケメン作家は、
1位  水嶋ヒロ
2位  加藤シゲアキ
3位  島田雅彦
この順位は不動と思われる。

よく石田衣良、町田康、東野圭吾、吉田修一、道尾秀介、朝井リョウなんかが挙がるが
こいつらのどこがイケメンなんだかw
石田はおしゃれで長髪ってだけで、顔面自体は目の細い気色悪いおっさん。
浅井もそう。ボクサーに何発がくらったような目をしている。

で、今年おれが小すばを受賞し、3位に躍り出る。まあ、楽しみに見ててくれ。


15 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 15:36:09.07
是非貴方のお名前を聞かせてください

16 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 15:37:26.42
朝井さんがさらに活躍するようで、応募者増えそうだなー。
なんだかんだであの人の稼ぎ、1億突破しそうで怖い。

17 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 15:51:16.71
>朝井さんがさらに活躍するようで、応募者増えそうだなー。

それはあるよね。去年は過去最高だったし(締め切り前に震災があったにも関わらず)
ただ、桐島もどきは全部落ちるからね。平成生まれの現役大学生も不利だね。
二番煎じはいらないからね。ほかの応募者の中に埋もれない作品と経歴が重要!

18 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 15:59:33.06
>>14
3位の島田さんってそんなカッコいいか?
うちの親父にそっくりなんだけど。

19 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 16:05:27.58
>>14
上二人はタレントだろ。彼らを作家先生と認知している人はほとんどいない。

>>17
過去最高だったのに駄作ばかりとは、応募総数と比例しないね。

20 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 16:12:35.22
イケメン作家はほんといないねw
ダヴィンチだったかどこかの雑誌で
1位吉田修一、2位石田衣良、3位町田康だったのを見て、
投票したやつ出てこいや!と思ったw

21 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 17:40:49.36
>>19
>過去最高だったのに駄作ばかり
どの公募新人賞も同じ状況で、ニートゆとり君の現実不満たらたら小説と
団塊リタイア世代のあの頃は良かった思い出小説が、大量に送られてきてんだよね。
あとは、30代独身女性のふわふわゆるゆるちょっぴりほっこり小説。
つまりは他の人とかぶっている時点で、独創性がない駄作なんだよね。
その点、サラはうまく隙をついたw

22 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 17:42:03.15
今日ハガキ到着しましたw
4月5日受理って…今日は11日
なにこのタイムラグ

23 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 17:43:46.09
22さんは海外からの応募? 国内では信じられん。たとえ離島でも

24 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 17:52:08.87
>>16
朝井くんはそろそろ一億円こえるだろうね。
でもそういう売れっ子が出てくるから、小すばも新人を育てていける。

25 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 18:03:27.41
つまり、ここの売れてない新人はパラサイト朝井ってことだな
たとえ年上でも朝井さんとよばないとな

26 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 18:12:26.24
浅井は金持ってるなら働かなくて良いのに。
今の時代サラリーマン経験なんて高が知れてる。
それより世界一周の旅したほうが見聞が広まるだろう。
北京ベルリンダブリンリベリア・・・お金が貯まれば行ってみたい。

27 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 18:17:53.20
>>26
その後は、イラン アフガンに行くわけですね。分かります。

28 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 18:18:10.48
>>26
なるほど。リーマンより世界一周の方がいいかもね。
…と、アラフォーのおれなんかはそう思うが
いまの若い人は海外なんて興味ないんじゃない?
自分の周りが充実してればそれでいい、というか。

29 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 19:54:07.16
>>21
>>どの公募新人賞も同じ状況で、ニートゆとり君の現実不満たらたら小説と
団塊リタイア世代のあの頃は良かった思い出小説が、大量に送られてきてんだよね。
あとは、30代独身女性のふわふわゆるゆるちょっぴりほっこり小説。

これのソースなり根拠を示して下さい。別にケンカ売ってるんじゃなくって、
もしこれが本当ならすごい大きなヒントだから。

30 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:18:44.62
↑下読み、編集部、選考委員なんかが
裏話としていろんなところで言ってるよ。
何かが流行ると真似する人がどっと出てくる
って話も、いろんなところで語られてる。
ワナビーならその辺のアンテナは張っておこう。

31 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:22:00.70
小説家って事業税とか消費税は取られるの?
予定納税もある?

32 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:23:47.10
>>21
つまりサラってどんな小説なのよ

33 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:24:44.98
>消費税は取られるの?
小学生かあんたはw 総理大臣だってとられるんですけど……

34 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:32:23.83
この場合、所得から消費税を納付しないといけないのか、と訊いているのでは?
原稿料や印税などが1000万以下なら、納めなくてもいい感じがするが、詳しくはわからない。

35 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:35:37.81
>>32
将棋のプロを目指して挫折した元棋士が書いた才能とは何かを問う将棋小説
ただし構図が破綻していて他にいいのがないから授賞してしまったw

36 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:36:04.77
自営業の場合1000万以上の年収だと消費税を申告するんだよ。
作家の場合もそうだったら5%持ってかれるのはきついな・・。


37 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:38:50.95
>>28
そんなことない。
世界よ世界、やっぱり異文化に触れないと気づかないことが多々ある。



38 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:40:05.47
物を売ってるわけじゃなくて、労働の対価だから消費税はかからないかもしれんな。

39 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:43:09.45
印税は個人所得として所得税の対象になる。
900万以上なら33%、1800万円以上なら40%。
でもそれに加えて消費税を払う必要はないと認識しているけど。

一応、過去10年くらい確定申告をしています。

40 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:44:14.41
1000万以上は消費税かかる

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2006/a/01/01011000.html

41 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:45:02.06
じゃあ小説家は税金少ないんだね。
自営業だと事業税まで取られるし。

42 :32:2012/04/11(水) 20:45:40.56
>>35
ありがとう。アマゾンのレビューにも詳しく書いてたわw
>>21といいすごい大きなヒントを得ることが出来ました。
三次に上がるためのビジョンみたいなのが見えてきたような気がする。
あと一歩。あと一歩で壁を破ることが出来そうです。多分この難問を
クリアすれば一気に……。それが出来ないからみんな苦労するんだけどねw

43 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:45:48.22
また、原稿料、印税、講演料、出演料、講師謝金、インターネットによるサイドビジネス収入なども課税売上高に該当します。
会社員の方などで、給与以外にこれらの収入が1,000 万円を超えている方は、その2 年後は課税事業者となるため、消費税の申告と納税が必要です。

44 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:48:04.70
>>40
ひどいなw
もし10%に消費税が上がったら小説家なんて夢も希望もないだろ。
所得にかかるならともかく売り上げからだからでかすぎ。

45 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:50:46.90
だから少なくとも原稿料は外税にしてもらうんだよ。
そこまで言える大物になれば、の話だがw

46 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:52:00.62
そうして、トラタヌで今夜も更けるw

47 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:52:49.91
公募ガイドを読んだんだが、ここ評価高いな。ABCの三段階でA評価だった。
駄作の後は応募作のレベルが上がるとよ。どこの賞も同じな気がしてならない。

48 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:56:19.20
消費税は将来的には10%になる
ものを買うときに10%払い印税を貰うときに10%払い
そして所得税と住民税w 
1億稼いだら半分どころか3割くらいしか残らないんじゃないか?

49 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 20:59:35.56
1000万稼がなきゃいいだけの話
おれ天才ww

50 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:01:43.95
印税はたしか三年ないし五年で分割申告できるはず。
そうすれば年間の所得はだいぶ抑えられる。

51 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:01:44.46
西村賢太先生に一目でいいから会ってみたい

52 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:02:06.98
間違っていたら訂正よろしく。

本体価格1000円の本がある。
消費税ゼロの時は、消費者が1000円支払い、作者が100円受け取っておしまい。
消費税5%の時は、消費者が1050円支払い、作者が105円受け取って、5円納税する。
消費税10%の時は、消費者が110円支払い、作者が110円受け取って、10円納税する。

ということではないの?
あと、消費税10%で作者が110円受け取った時、所得税は110円に対してかかってくる?
それとも100円に対してかかってくる?
えろい人、教えてください。

53 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:02:23.26
金儲けのために作家を目指すやつがなんと多いことか...
たしかに売れればドカンといくが、9割がデビューしても消えている現実がある。
売れる(ような)作品を書き続けられるかどか、それが重要だ。金はその次の話。

54 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:02:55.42
トラタヌトラタヌでー半年暮らす ヨイヨイ

55 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:10:35.07
商売としては割に合わない職業だと思う>作家
売れないと次は書かせてもらえないし、最初から100パー売れる小説を書ける作家はいない(売れっ子になれば別だけど)

56 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:11:46.62
リスクのない商売も仕事もない。
以上。

57 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:14:04.18
>>53
金儲けのために下読みしてた人に、そう上から目線で言われてもねえ。

58 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:17:40.94
>>51
これは奇遇。おれも先日「苦役列車」を、昨日「暗渠の宿」を読み終えたばかり。
こいつは人間としては真性のクズ野郎だが、小説家としては目が離せない。
会ったりましてや一緒に酒を呑むなど勘弁だが、彼のほかの作品も読んでみた
いと思い今日図書館へ行ったら、臨時休館だったorz

59 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 21:22:33.93
西村賢太はクズか?
気弱なおっさんじゃないの。

60 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 22:18:39.86
西村が芥川とって金持ちになったから、おれも、ってやつが多すぎるようだが
バカじゃないの、あんたら?
そう思った時点ですでに二番煎じ。
誰も切り開いていない道を切り開くのが作家ってもんだ。

61 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 22:28:06.74
>>52
消費税10%の時は、消費者が1100円支払い、作者が110円受け取って、0円納税する。
所得税は110円から経費と控除を引いたものにかかる。
↑売上が1000万円以下の場合

消費税10%の時は、消費者が1100円支払い、作者が110円受け取って、5円納税する。
所得税は105円から経費と控除を引いたものにかかる。
↑売上1000万円超えで簡易課税を選択した場合

だから作家みたいな小規模事業者は内心では消費税増税賛成。

62 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 22:36:49.75
金の計算を必死でカキコしてる輩はなんなのかねw
10作、20作と生み出していけるかどうかが、
金の計算よりもはるかに重要なのに。
一発あてて儲けようなんて、なんて甘いんだ。
甘すぎる、ゆとりニートくんたちwwwwwwwww

63 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 22:56:36.11
ハガキ来てないんだけど投稿に失敗したってこと?

64 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 23:04:38.00
>>63
受理されなかったんじゃね? 募集要項以外のことしてないよね?

65 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 23:10:10.28
郵便事故

66 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 23:12:51.55
出たw 郵便事故w
そんな交通事故よりもはるかに確率が低いのを持ち出して
一次落ちの理由にしようってのが多すぎw

67 :63:2012/04/11(水) 23:25:19.60
ここに送るの初めてじゃないし
要項どおりに送ったはずなんだけどな…

68 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 23:43:51.34
サラリーマンの生涯所得が2億というし、ならばアイデアが勝負の小説で3億くらい
稼いで自由に執筆出来る毎日を過ごしてえな〜って願望は正直捨てきれん。

69 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 23:44:49.65
2億ってのも景気の良かったころの一流企業のサラリーマンのことな。

70 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 23:48:18.02
マジかよ…終わってる。

しかし、現在3億稼いでいる作家はどれだけいるものか。
小すば出身者ではいるのかな?

71 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 23:51:56.85
>ただし構図が破綻していて他にいいのがないから授賞してしまったw
またいつもの人か

72 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/11(水) 23:53:29.32
ミステリー作家くらいだろ。金持ちなのは。
純文学は芥川賞とってもサラリーマンに勝てない。

73 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 00:01:13.56
小すば出身で一億超えは、村山先生、堂場、三崎、萩原か。朝井君はもうすぐ。

74 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 00:01:20.46
あとラノベの一部の人も金持ってるだろ


75 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 00:24:04.17
>>73
村山だけ先生かw

76 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 01:09:47.61
作家になって、売れて、印税稼いで、あとは遊んで暮らしたいぽ

77 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 01:11:33.94
前中後の三部作を送った医師の人にはハガキは届いたんだろうか?

78 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 02:47:30.82
誤字脱字検索ソフトってないかな?

79 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 02:50:29.37
>>78
ワードでやってくれるだろ。
F5ジャンプ→検索は凄く役に立った。

80 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 04:07:33.58
9日消印で、ハガキ10日に届いた
嵐のせいじゃなかったので、一安心

81 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 06:14:15.21


ホリエモンのブログ  元ニート  でググれ


腹よじれてワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

82 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 10:45:57.33
>>80
>9日消印で、ハガキ10日に届いた
9日「受付日」の間違い?
4月9日の消印で作品を送付したわけじゃないよね。

83 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 12:57:44.73
ハガキの消印が4月9日だったんだろ

84 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 13:52:15.36
>>77
うん、届きました。
これで一次通過リストに前編、中編、後編の三部作がなければ、そこで
落ちたと思ってください。
自分では今でも自信があるんだけど、こればっかりは蓋を開けてみないと
分からないので。

85 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 14:18:09.76
お金は人並みに生活できる程度でいいや。
それにしても文筆業には憧れる。
残業がなければ、えばり散らす上司もいない。満員電車に揺られることもない。
朝から晩まで働くわけではなく、いいともの時間に起きても許される。
多少遅刻しても大目に見られる。
羨ましいよ文筆業。

86 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 14:23:40.52
>>85
でも締め切りはあるぞ。
どんな仕事にも納期はあるからな。

87 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 15:19:10.36
アイディア枯渇したら終わりだしね

88 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 18:16:51.33
三部作って聞いた感じはかっこいいけど
要は500枚でおさめなきゃいけないトコを
1500枚使って表現したってことだろ?
1500書いて推敲して500におさめた奴も多い中でさ
もし貴方が三部作で受賞したら




投稿者に新たな道が ひ ら け る

89 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 19:45:38.05
こいつは絶対受からないよw
だって泡の国がなんたらって話なんだろw

90 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 19:46:05.31
つかネタだろ

91 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 19:47:04.54
>>84
三部作の医師さんへ
ハガキは前中後の作品それぞれにつき、計3枚きたんですよね?
日本語がきちんとした日本語で最後まで破綻なく書けていれば絶対に一次は通るので、
3作同時通過を期待してますよ!! 二次以降に編集部がどう判断するか楽しみです。

92 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 19:49:58.16
梗概はどうしたんだろう。
前編の梗概に「中編に続く」なんて書いてたら目も当てられんのだが...
そういう異端は落とされるからねw

93 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 19:57:58.13
>92
異端じゃない、斬新な試みの一つ。一気に三部作は話題性にはもってこい

94 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 19:59:09.81
そりゃものすごい作品なら三部作だろうが即でびゅーだろうな。

まず無理だけど泡物語じゃw

95 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 21:40:16.84
でもさあ、3部作で受賞したところで、1冊1500円として×3=4500円。
だれが名前も知らない新人のためにそんな金を払うかね。
ただでさえ、桐島の後は、ファミレス・たぶらかし・サラと売れてないんだから。
そう考えると、やっぱムリだと思うんだけど...

96 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 22:49:41.07
次回作書き始めたわ
1年かけて仕上げる予定

97 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/12(木) 23:19:46.15
兵ハ拙速ナルヲ聞クモ未ダ巧久ナルヲ睹ザル也

98 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 05:01:09.49
>>26>>28
別に会社5年や2年で辞めてからいけばいいじゃん。
世界一周してから就職してみたいってのよりはまっとうな順番じゃね?

わかんないけど、俺は仕事好きだから6億当たっても
たぶん当分続けるけどな。ただし、その場合、嫌になった瞬間、即辞表だすけどね。

99 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 09:52:27.53
新卒で一度就職しとけば
その後休職して2,3年執筆活動して、なかずとばずでも
社会人として復帰できるからな
新卒職歴なしだとフリーターくらいにしかなれない
朝井くんはかしこいよ


100 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 11:27:35.94
>>99
できねーよ。
現に某商社に2年半勤めて辞めた俺がいる。
休養の末、半年経った今も正社員には戻れない。
空白期間どう説明するんだよ。家で寝てましたなんて言えねーよ。
一度レールから外れたら、今の時代二度と戻れないのさ。
だから俺はレールから逸れようと思ったね。
そうさ、アウトローの作家として生きていくしかない。
クレジットカードが作れなくても、デビューできれば先生。
どんなにくだらない小説を書いても、デビューできれば先生。

101 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 11:30:31.99
>>100
そうだろうねお前はな
でも朝井君は執筆歴があるので、空白期間は問題なし

102 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 12:05:37.15
他人のことより自分の心配しろ
朝井などどうでもいい

103 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 13:41:41.25
現在の日本でのイケメン作家の地位は現在空席ですぞ!
この俺がその地位を欲しい侭に致す!!

104 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 13:50:38.64
美女作家っている?

105 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 14:24:50.65
暗い内容のエンタメってどの章に応募すればいいの?

106 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 16:38:51.30
>>103
おまえそれ斉藤智裕とか加藤シゲアキの前でも言えるの〜?AA略
そんなわたしは松岡修造似の三十路。女だけど

107 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 18:10:49.03
>>106
あんなもん作家じゃない。
修造女

108 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 18:30:53.58
美人かどうかは好みがあるだろうけど
桜庭一樹のヒモになりたい

109 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 19:01:46.51
桐嶋の映画の主人公より朝井のほうがイケメンなのにワロタw
朝井が主演すればいいのに。

110 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 20:10:21.47
朝井本人か?
いつも褒め称えてるバカは

111 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 20:23:04.45
朝井ネタとかどうでもいいんだが
お前らが小説家になるためにどう頑張ってるかみたいな話が聞きたいわ
人生がけっぷちの奴もいるみたいだし1

112 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 20:36:56.78
>>107
え〜(・д・`)
本出してるから作家でしょ。
彼らに失礼だよ。
by松岡修子

113 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 21:28:16.70
>>89-94
前中後です。はがきは3枚まとめて届きました。
泡うんぬんは他の誰かと混同してない?

最初の数ページで読者の大脳視覚野に物語の風景を刷り込み、そこから
ハプニングを連続させながら伏線をばら撒き続け、程よいところで物語を
中断する。そこで読者にも展開を予想してもらいながら、それを良い意味で
裏切りつつ、きっちりと伏線を回収する物語を目指して作ったら、結果的に
前中後の三部作になっただけ。
別にこのコンクールのために新しい試みをしたわけじゃなくて、自分なりに
面白さを追求しただけです。

114 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 22:13:32.26
>>最初の数ページで読者の大脳視覚野に物語の風景を刷り込み、そこから
ハプニングを連続させながら伏線をばら撒き続け、程よいところで物語を
中断する。そこで読者にも展開を予想してもらいながら、それを良い意味で
裏切りつつ、きっちりと伏線を回収する物語を目指して


なぜそれを一作にまとめられないw

115 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 22:24:08.73
そういうのアリなんだ

116 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 22:38:01.71
おもしろければなんでもアリだろ。好き勝手が必ず面白いとも限らんし。

117 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 22:49:40.57
ほかの1300人ぐらいの応募者はみんな例外なく
なんとか200〜500枚になるように書いたというのに
前中後の三部作とは...
それが一次を通ったら、おれは丸坊主にします!!

118 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 22:52:47.91
なんだろうな、この前中後の人。
ムリだろ、ってカキコに対しては巧みに全部スルーしてんだよなw
なんか釣りくさいけどな。
サラの作者がここで遊んでるんじゃね? 


119 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 22:55:18.28
>>109
>桐嶋の映画の主人公より朝井のほうがイケメンなのにワロタw

まじかとは思うが、あんた一回、目の検査いった方がいいよ。
朝井がイケメンなら世の中の男性の半分はイケメンになるだろうw

120 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 22:59:42.36
>>118
彼は将棋ミステリーを執筆中、お前らワナビみたいに遊んでる暇はない。それに森内名人との対談も・・・あっ言っちゃったワラ

121 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 23:03:09.79
朝井がイケメンというとたった一人で反論するやつがいるな。
何者なんだろこいつ。

122 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 23:07:59.60
100歩譲って朝井がいけめんだとしても、
斉藤智裕と加藤シゲアキには勝てない。

123 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/13(金) 23:10:36.91
ポプラ社小説大賞受賞作ってコネなしでとったの?
読んでないけど面白いのか?

124 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 00:05:14.49
>123
ここ数年で出版界一番の話題を何も知らないで(and読まないで)
作家を目指そうというのか?


125 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 00:07:22.09
浅井がイケメンに見える人って、どうかしてんでしょw
顔のパーツ自体はサラの作者の方が整っています。

126 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 00:08:20.19
どっちも整ってねーよタコ

127 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 00:14:20.90
>>120
サラの作者って受賞一作目が将棋ミステリーなの?
ウソだろ? やっぱそれしか書けねえんじゃんwww
と、去年きゃつに負けたぼくちんorz

128 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 00:45:45.69
サラの作者が、浅井君みたいな髪型にして眼鏡も外せば結構いけてるのでは?
その反対に浅井君が眼鏡でサラの作者みたいな髪型にしたら、オー・ノーッ!

129 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 01:13:39.42
サラの子も朝井も茶髪にしてワックスで髪立たせればいけると思うよ。

130 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 01:20:08.28
>>120
2作目もしおんの王からパクるんか
どうしようもないな

131 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 01:28:24.45
将棋ミステリー・・・それでもいいじゃん。
川越シェフが〜パスタしか作らないのと一緒。
勝負できる物があるのは大事だよ。
お前らあるのか?どれも中途半端だろ。
だから万年ワナビなんだ。
悔しかったら何か極めて書いてみ。

132 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 02:03:36.16
>>131
わりぃ、おれはかなり特殊な職業についている。経験も積んでいる。
だが、それはあえて書かない。
そんなのは周りの人や出来事をモデルにすれば、すぐに小説にできる。
書けてあたり前だし、他の一般人は業界の裏話を知りたいはずの仕事をしている。
でも、それをやったらおしまいだと思っている。
デビューしてから一作はいいが、それからどうするのか?
だから、おれは自分の仕事とは全く関係ない世界を創作している。
高校時代のことを書いて華々しく売れっ子になった朝井君が、
もうすでに限界に来てしまい、就職したことを思い出してほしい。
サラの作者が本当に次も将棋小説なら、終わってる。完全に終わってる。

133 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 02:08:09.19
昨日本屋行ったらサラが10冊ぐらい山積みになっていた。
裏見たら「4月1日 第2刷」になってた。将棋人口、おそるべしw

134 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 02:11:14.99
>川越シェフが〜パスタしか作らないのと一緒

あんたバカだろ?

パスタだろうが、懐石料理だろうが、中華だろうが、
フレンチだろうが、宇宙食だろうが、臭い飯だろうが
何でも作ってみせるのが作家ってもんだろうが!!

パスタしか作れん作家なんて、育てる価値もないわ。



135 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 02:30:17.97
>>120
120のカキコって、橋本先生ご本人さん?

136 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 02:40:34.45
でも将棋で段すらとれなかった奴が簡単に小説界では賞を取れるんだよな。
いかに小説が甘いというか低レベルなのかがわかるw
橋下もそれを痛感してんじゃね?
将棋界は客観的に勝敗が決まるからシビアでそういう意味では完全に平等な世界。
小説はコネとか経歴とかその辺がぬるいし、低レベルな世界だよね。

137 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 03:15:12.98
おれも含めて去年応募したやつ(一次落ちは除く)は、反面教師だよね、サラは。
こんなのに負けちゃったんだ、っていう。

138 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 09:25:33.16
客観的に見てサラと比べものにならない駄作だったことがわかっただけでも進歩じゃないか
その経験を活かして、つぎは自分の作品を冷静に判断してからだせばいい

139 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 09:40:11.88
今回が初応募っていうのは俺だけだろうか
リーマンで安定収入あるが副業が欲しくて書いてみた

140 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 10:16:57.14
139さんみたいな人はごまんといます。
で、そんな動機でデビューした人はいません(いても一作で消える)

141 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 10:24:51.84
がーん
でも俺は3作品くらいネタあるよ〜
でも小説家だけで食ってくって大変だよ
2.5億稼いでサラリーマンと同レベルなわけなんだし


142 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 10:40:04.80
>>140
やっぱ脱サラして小説家目指すぐらい意気込みがないとね。
背水の陣の人と保険がある人とは違うよ。

143 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 10:46:55.81
背水の陣の人でも低学歴で就職失敗したりとか
能力不足で背水の陣になってしまってる人は厳しいだろうね
受賞者はなんだかんだいって高学歴多いし
ダメな奴は何をやってもダメなんだろう

144 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 11:02:49.37
>>139 そんなあなたにある作家の言葉を送ります。

小説家になりたい人間に用はない。
小説を書きたい人間なら話は違ってくる。
小説を書くことしかできないという人間なら歓迎する。
魂を、感情を読ませてくれ。



145 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 11:09:54.90
>>143
村上龍氏か誰かがダメなやつが最期にたどり着く職業といっていた>作家
低学歴でも人気作家はたくさんいるし、難癖あってサラリーマンじゃ通用しない人が多い気がする。

146 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 11:47:04.01
>>143
歴代の受賞者が営業でいい成績を収めそうに思えないのだが

147 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 11:52:58.99
このスレってひょっとして
底辺層多い?

148 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 11:59:21.17
>ダメな奴は何をやってもダメなんだろう

それは核心! 一次落ちするやつは、何度でも一次落ちする。

149 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 13:16:49.42
いくら小手先の技術がうまくなっても、
小説の核みたいなもんはごまかせないからな

150 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 13:18:10.42
小説家としてやっていけるような奴って、
確かに最初っからいいとこまで行くんだよな
やっぱ思考からして違うんだろね

151 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 13:43:46.05
受領ハガキが届いた ひとまずは安堵

3月の中旬に送付したのに受付日はナゼか4月初旬。。。。−−;

152 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:09:05.57
>>150
だから一次落ち3回以上してる奴はセンスないと思った方がいい


153 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:11:48.52
>>144
でも新人作家なんてみんな仕事してるじゃん。

154 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:13:41.11
>>152
3部作おちたら一次落ち3回とみなして
あの医者には退場して欲しいなw

155 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:20:13.95
小すばの場合、二次を突破してからが本当の勝負だと思うんだよ。
何度出してもそこまでいかないのは、根本的な問題というか...

で、二次以降は、売れそうかどうかって点と、
問題がある(何かのものまね、独善的、カテエラ、誰かを傷つける可能性があるなど)
作品を落としていく。

ってところで去年はサラが生き残った。
サラが他の年に受賞できたかはかなり疑わしいが(構図が破綻しているため)
二次には残るだろう。そこからが、他の作品との勝負になる。


156 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:29:04.19
>>155
集英社の方?


157 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:30:14.64
サラの構図破綻認定厨の粘着力がすごい
そのサラに負けたんだろうなこいつ

158 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:37:19.09
上位まで残った人がサラを読んだら、ごみ箱に投げ捨てると思うよ。
おれの作品のほうが構図はちゃんとしているし、キャラも立ってるわ!! ってww


159 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:42:01.23
受賞作を批判したらもう終わりだよ。
一生小説家になれないと言ってもいい。
受賞作から学ばなきゃ。

160 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:45:37.94
きっと本当に構図がちゃんとしててキャラも立ってたりするのだろう
だがそれでは売れないのだ
突っ込みどころの多いスカスカの脚本のTVドラマを見て喜び
あの馬鹿みたいなセカチューが300万部の大ヒットするようなのが読者層に
フィットしないのだ

161 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:49:13.80
>>159
そんなことは全くない。kagerouから一体何を学べというのか?

>>160
サラのどこに読者層にフィットする要素があるのかぜひ教えてください!
※ただし将棋人口は除くw

162 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 14:54:56.56
本なんて何が売れるかは誰にもわからない。
だから編集部だってある意味、ギャンブルで新人賞を与えている。
ヒットすればよし、だが、まあ別にしなくてもいい。
去年、小すば編集部は、将棋というギャンブルに打って出た。
ようは新人賞なんて、つまりは編集部のお遊び。選ばれればラッキーってだけ。
で、真面目に作家としてやっていきたいって人を選べれば成功ってわけ。

163 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:01:40.14
「フラミンゴの村」はどう考えてもヒットしないだろ

164 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:06:04.05
>>161
横レスだが
サラは確実に将棋ファンに売れるから受賞できたんだろ
内容が整っているだけの小説なんて過去にいくらでもある訳で
そこそこの出来では売れないんだよ



165 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:12:37.47
将棋小説というよりも元奨励会員という話題性だろうな。
だから名人との対談も用意できるんだし。
その辺のおっさんが書いた将棋小説なら受賞できてないと思う。

166 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:14:50.42
>サラは確実に将棋ファンに売れるから受賞できたんだろ

そこまで単純じゃないでしょうね。
じゃあ、囲碁小説、盆栽小説、骨董品小説、山登り小説、自衛隊小説。
コアなファン層を意識するだけなら何でもよくなってしまう。

サラが受賞したのは
@同じ集英社主催のジャンプ小説大賞をとっていたこと
Aほかにこれといった作品がなかったこと(桐島みたいに)
以外に何かあるのかな?

167 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:18:05.36
元奨励会員だから将棋界とのパイプがある。
将棋作家枠なんだろうな。
朝井はリア充枠。

168 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:23:50.86
浅井君は早大枠ってのはデカイよな。なんせ早大生って4万人いるんだし。
集英社も早大だらけだしね。「ういやつ」なんでしょうね、浅井君はw

169 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:25:59.03
その点お前らって何もないもんな
お前らオワタ

170 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:30:07.49
2ちゃん枠じゃあ。。。。。ダメだなorz

171 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:40:01.33
第2作目のアイデアがどんどんとふくらんで行くわ

172 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 15:45:51.35
アイデアだったらオレはメモ帳びっしりある。
それを最後まで作品として完成できるかどうかはムリですけどね。

173 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 16:43:04.28
小説書き始めたばかりなんだけどどうやって書けばいいのかわからない。
最初にオチまで考えてから肉付けしていく感じ?

174 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 17:28:18.80
質問スレにいきなさい

175 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 17:42:33.43
このスレって、受賞するかどうかってレベルの人が一応は語り合うってところだと思ってたんだが...
173のような質問は驚きだな。

176 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 17:47:55.74
>>155
特定の人を傷つけるっておいおい。
俺の作品にもろAKB批判あるぞ。
というより音楽業界の批判だがな。
批判や風刺なくして売れる小説は書けん。
原発ネタで書いている人もいるかもしれんが、そういう人100パーアウトやん。

177 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 18:39:42.92
特殊な経歴がない限り、当たり障りのないお花畑小説を書いてもせいぜい一次通過がいいとこ。
せっかく3,11っていう生きた題材があるんだから、それを踏まえて書くべきだ。
カテエラで終了の可能性もあるけど、賛否両論が巻き起こる作品でないと最近の受賞作みたいにすぐ消える。
面白ければ何でも良いと小すば自体が謳ってる。ありふれた題材で勝負するほうがどうかしてる。

178 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 18:44:15.06
>>176
>批判や風刺なくして売れる小説は書けん。

わかってないなあ。君はまったくわかってない。批判や風刺はダメだ。
新人が何かを訴えようといないほうがいい。
なぜなら、誰もあなたの主義主張なんて読みたくもないから。
これは村山先生も言っている。
君が音楽業界の批判を書いたんなら、まず一次で落ちる。
下読みさんはそこらへんもチェックしている。ご愁傷様でした。

179 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 18:47:43.58
177
>ありふれた題材で勝負するほうがどうかしてる。
同意。だから桐島みたいに高校を舞台にした小説はどんな内容であってもダメでしょうね。


180 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 18:49:39.18
風刺や批判じゃなくて、読者に考えさせる内容なら原発ネタはいいかもね。

181 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 18:55:31.42
震災ネタは200%ありえんって。
もうちょっと、いま何が売れてるのか、本を読んだ方がいいよ。
震災関係は写真集以外は売れないのよ。震災小説なんて誰も買わないよ。
まして小すばはエンタメの新人賞。カテエラで終わりですよ。

182 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:01:50.32
>>181
ありえんなら先駆者になればいいだけのこと。
話題性も抜群じゃん。東○関係者が批判すればするほど売れる。
まさに炎上商法。

183 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:12:37.22
>炎上商法
2ちゃん脳

184 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:14:56.06
>話題性も抜群じゃん。東○関係者が批判すればするほど売れる
これぞまさにお花畑脳

185 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:20:37.99
世の中は震災のことなんか一切忘れるために本を読んでいる
それが分からんのかね>>182は!


186 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:22:14.40
嫌な思いをわざわざ追体験したいと思う奴はいないもんね。

187 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:30:03.71
よくお偉い先生方が東北の震災が文学の分岐点とかいうけど、
ワナビの俺らには関係ないよね。
TSUNAMIや原発ネタは不謹慎で片付けられちゃいそうだもの。
だから震災とは無縁の世界観で書かなくてはいけない。

188 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:36:50.19
小説、漫画、映画……
みんなサクッと読んで観て、スカッと笑って泣いて、次々に消費されていく。
それでいいんだよ。エンタなんて。

189 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 19:39:09.55
漫画、映画はともかく小説は素通りだな

190 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/14(土) 23:45:23.02
後世に残そうと思って書いたものは残らない


191 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 09:24:26.97
おはよっ

192 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 09:57:59.82
>>182
ハイエナおいしいですってか

193 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 10:17:37.98
ネタがないな

194 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 11:02:18.35
木【24】たぶらかし *5.0__*3.3__

だそうだ
女優さんおっぱいの谷間見せて頑張ってるのに
苦戦してるね


195 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 11:30:16.12
本が売れてればもうすこし視聴率かせげるんだろうけどな。
逆にドラマがヒットして本が売れるパターンもあるが。
そこいくと角川商法はうまかったな。
観てから読むか、読んでから観るか。
時代が違うから比べられないけど、あの当時はインパクトあった。

196 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 11:38:56.15
時間帯が悪いに尽きる。深夜ドラマってどれも振るわんよ。

197 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 11:40:17.67
今の角川は完全に迷走しているな
エンタメ小説賞もすぐにぽしゃって名前を変え
フロンティア文学賞とか受賞作みてると
既存のものの焼きまわしでしかない
桐島もどき書いても受賞できるチャンスがあるのである意味狙い目かも

198 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 13:15:42.25
「なぜ俺は他人のことがこんなにも気になるのだろうか」
「自分がないからだよ」
「じゃあどうすれば自分を持てるんだ? 俺だってできることなら直したいんだ。
相手が自分よりも偏差値の低い大学がわかれば愉悦に入り、自分よりも年収が低い
とわかれば納得でき、外見が自分より劣っていればイラつくこともないんだ」
「それは嫉妬なんだよ」
「どうすればこの嫉妬を抑えることができる? 教えてくれ」
「それはおそらく人間である限り無理だよ」
「じゃあどうすればいいんだよ」
「ただ、君はまだマシなほうさ。なぜならこういった感情というのが嫉妬だと
自分でまだ理解できているからさ。そういった嫉妬は完全になくすのは難しい
かもしれないけど、小さくすることは可能だよ思うよ。本当にタチの悪いのは
それが嫉妬だってわかってない連中なんだ」

199 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 14:49:30.64
>>194
おまんこガバガバ見せれば視聴率50%いくんじゃね

200 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 15:20:51.41
視聴率欲しいなら乳首、最低限パンツは見せないとな


201 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 18:38:28.56
ホリプロの新入社員の応募は2万以上あって、
採用人数は3人(アッコでおまかせ情報)
そう考えると小説の新人賞の倍率は大したことないね。

202 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 20:58:48.14
募集要項の「未発表作品に限る」がいつも曖昧な表記で困るんだが、
例えば「初稿をブログに載せたもの」って発表したことになるのかしらん。
自分で調べろ、って言われそうだけども、誰かその手の問い合わせをしたことある人いる?
以前は、ネットでの発表なんて発表したうちにはいらん、ていうところが多かったと聞くのだけど。

203 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 21:10:29.09
細かく謳ってなければ気にしなくていーのよ
その前に受賞する可能性が絶望的に低いんだから

204 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/15(日) 21:22:41.11
dクス。
>その前に受賞する可能性が絶望的に低いんだから
ま、そのとおりなんだが。


205 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 02:05:10.75
>>202
ネット上での発表もダメな場合は普通そう明記するけどね
ただ未発表云々てもはや定型文過ぎて出版社によって解釈が違うんだよ
つまり『疑わしきは』というように避けたほうが無難

さらに敢えて言わせて貰えば
いくらそれが自信作だったとしても固執してる時点で先行きは暗いかもよ
デビュー後のストックのつもりでキープして新作書かないと

206 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 03:50:00.75
>>205
後半はたしかにそりゃそーだ
横からだが前作への思いってどう断ち切ってる?
新作書いてる途中で前作の場面場面が浮かんで仕方ないんだ

207 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 08:35:26.20
常識的に考えてネット上の発表って
内輪だけが読める状態ならいいけど
不特定の人に読まれる状態だとダメだと思うね


208 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 09:10:45.91
ある程度改稿してあれば問題ないのでは?
雑誌とかに掲載されたのでなければ、そんなに神経質になる必要はないと思うよ。

209 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 09:45:16.42
桃太郎が金太郎レベルまで改稿してあれば問題ないんだけどな
普通ネットで不特定多数に公開してた作品て未発表とはいえないよ

210 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 21:00:28.15
 やっぱ書き込みが減ってるということは下読みさん、今頃
一生懸命に読んでくれてるんだろうね。

211 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 21:11:41.06
今頃俺の作品大絶賛の下読みさんが「これマジでぱない」と編集部に連絡
コピーしたのを編集者全員が読んでむせび泣いて
一段飛ばしで最終候補決定
「てか今年の受賞作これじゃね」という賢者モードで
「他の作品もう読まなくていいですよご苦労様でした」連絡が下読みさんにまわってるよ
たぶん

212 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 21:30:51.62
あからさまなお涙頂戴作品はカテエラ

213 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/16(月) 21:50:47.62
>>211
最後の1行で吹いたw
もっと強気で言い切ってくれよw悲しいよw

214 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 00:05:01.05
たぶん、て文末につけると
どんなヒドいこと言ってても許してしまいたくなるというか
物悲しい気持ちにさせるなwww
だって人間だもの、に通じる感じ

215 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 14:21:47.58
作品中に固有名詞ってダメなのか。
例えばコロコロコミックとかオバマ大統領とか

216 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 14:41:19.90
>>215
俺、ファーストフード店の名前とかそのまま出したけどな。

217 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 15:23:15.25
私はMENDOっていうオランダのおしゃれな本屋さんを出したいんだけど、これって
マックとかと違って駄目なのかな?

218 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 15:24:07.80
固有名詞ダメだなんて誰が言ったんだ?
ていうかそのへんの小説読めばわかることじゃん

くだらねーこと聞くな
教えてちゃんウゼエ

219 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 15:24:32.80
>>217
自分で考えろ

220 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 20:53:52.89
桐島なんて若者にヒットした歌手と曲名を出しまくってるしね

221 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 20:57:16.98
そうした曲のイメージ効果なしでは感動も呼べない駄作ってこった

222 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 20:59:24.23
そうそう
キーワードで共感を生もうと必死
ごく限られた世代にしか通用しない駄作

223 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 21:27:54.93
そもそも論で、桐島で感動できてしまう今時の若い人たちはある意味すごい。 というか、安いw

224 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 21:40:24.96
チャットモンチーはないだろ。せめて一時代を築いたチャゲアスだろ。

225 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 21:47:42.11
思うに、お前らは小説の読者のレベルを高く設定しすぎなんだと思う
お前らはおそらくそこそこ頭が良くて
お前らに比べたら
小説の読者のメイン層であるゆとり世代の女性ってかなり頭が弱いんだと思う
だからお前らの伏線を上手くはった見事なストーリー展開の小説なんて
理解されないから賞を取れない
一方でガキみたいな擬態語つかって落ちの弱い小説や
賢い人なら構図がおかしいと思うような小説が賞を取れる

226 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 21:59:25.26
俺のなかでMr.Childrenは作品内に出てても「おっ」って思う。


227 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 22:08:43.08
誰だか忘れたが尾崎豊を大々的に出してたな。
映画でも歌手でも亡くなってないと何だかね。
クラッシックやオペラはいいけど、J-POPは文学に相応しくない。

228 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 22:33:42.33
>>225
ここのレス読む限り
頭悪くて底辺層丸出しの奴ばっかだろ
賞取れないのは小説がつまらないからだ
間違いない


229 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 22:43:48.75
>>225
長文の女叩き乙です
よっ!待ってました!!

230 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 22:44:32.49
俺が受賞できないのは読者のレベルが低いから〜♪





ってか

231 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 22:47:07.78
朝井が売れて嫉妬してる奴ってどんなへぼい小説書いてるんだろうな
読んでみたいわ

232 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 22:59:00.18
>>228
誰が底辺層や。
スーパーで焼き鳥焼いてるで。
書くのはインテリジェンスなハードボイルド。

233 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/17(火) 23:38:41.28
>>232
>書くのはインテリジェンスなハードボイルド

だったら、応募先選び間違ってんぞ。
それ系出すなら、小すばじゃなく、乱歩かこのミス。

234 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 00:23:03.83
>>225 はいつもの構図厨だな

235 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 06:59:31.70
>>229
すぐそれってw
メス犬精神乙!

女どうこうは別として、携帯小説や10代的ヒット小説を見るに
やっぱターゲットにあった内容をってのはプロとしての
力だろうね。たとえ自分に合わなくても仕事としては

236 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 10:19:08.61
メス犬精神?

なんだそれw
うまいこと言ったつもりなのかそれ

237 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 10:19:49.19
もちろんすっごいドヤ顔で書き込みましたが何か?

238 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 10:20:53.56
次のタイトルにいいな

「メス犬精神乙」

もちろん一次落ち

239 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 10:24:37.25
なかなか出てこない単語だよなぁ
メス犬精神…

チョン臭い
日本人の感覚じゃないな

240 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 10:30:13.31
朝鮮人だろ
ビッチを直訳したらそう出てきたんじゃない?

241 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 21:09:18.90
みんな燃え尽き症候群?

242 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 21:13:16.74
浅井くん、文庫化したね!

243 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 21:44:06.19
やっぱり新人賞は「経歴」って、かなり重要だと思うんだよね。
浅井君は「平成生まれの現役早大生」、サラは「元プロ棋士を目指していた」!
スレチだが去年のすばる文学賞は「京大大学院生」、文藝賞は「東大大学院生」
どれも批判が多いクソ小説なわけだが、それでも受賞したというのは
何よりも経歴が重視されていることの証左。
編集部の方はぜひ、いや作品で選んでいる、と反論してほしいがw

244 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 21:46:52.90
花村は中卒だが

245 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 21:49:29.56
花村は昔の話w
いまはなんせ本が売れない。なのに新人賞は乱立している。
で、誰もが絶賛するような決定的な作品なんて、ほとんどない。
そこで、経歴が重要になる。
その作者の経歴バックに「買ってくれそうな所属団体」があるかどうか
これがかなりきいてくる。

246 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 21:55:10.24
>誰もが絶賛するような決定的な作品なんて、ほとんどない。
ここが一番の問題なんじゃないか
うがった見方をしてもきりがないよ

247 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 22:00:19.14
>>234
サラの構図厨とか断定する前に、君はサラを読んだのか?
すくなくとも小スバに一度でも応募したことがある人なら
「あの分かりにくい構図で授賞はないわああ」と思うよ。

248 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 22:05:21.89
サラの構図のおかしさは、選考委員も講評で指摘しているし、書評家もしている。
それがわからないワナビーは、普段から本なんて読んでないと断定してもいい。サラも読んでないだろw

249 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 22:12:26.42
>>243
特異な経歴の受賞者でも、売れない→巷では話題にも上がらないとなれば、やっぱり作品第一で選ぶしか手立てはない。
その場合『バトルロワイアル』のような賛否を呼ぶ作品が選ばれる予感がする。

250 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 22:16:19.07
小すばの場合、
@20〜30代女性に受けそうな説
A、@がない場合、賛否・話題を呼びそうな小説
B、@とAがない場合、経歴
っていう優先順位で最終候補が決まりそうな気がする。
根拠はないです、ハイ。

251 :249:2012/04/18(水) 22:17:20.21
続き
今までカテエラだった奇作が白となり、一次は通過する凡作は黒となるやもしれん。

252 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 22:19:05.23
学歴や経歴が良すぎて
下読みに嫉妬されて落とされないか心配してたが
ひょっとして大丈夫なの?
早稲田なんてレベル低過ぎて滑り止めにしかならない程度の学歴だったりするんだが

253 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 22:24:43.68
>学歴や経歴が良すぎて
>下読みに嫉妬されて落とされないか心配してた

完全に逆。
下読みさんだって学歴はいい。編集部は高学歴ばかり。
東大早慶は一次で落とす理由はまったくない。
(もちろんきちんと作品になっているのは前提だが)


254 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 23:15:37.48
ところで、
「構図って何?」
って禁句?

構想、構成、プロット、とかならわかるけど、小説のタームで「構図」って、ここで初めて聞いた。


255 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 23:22:41.63
「構図=デッサン」と考えてみては。

ようは、サラは小説全体のデッサンがおかしい、と。
具体的には、主人公の「私」による一人称小説の形をとりながら、
ほとんどがサラや他の少女に関する雑誌記事の形式で書かれていて、
どの人物に視点を置いているのかが支離滅裂、破綻してるんだよね。

その点、桐島は、桐島以外の高校生たちの群像を
連載短編形式で描くというデッサンができている。と、いうこと。

256 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/18(水) 23:29:09.63
ちなみに、サラには決定的なミスがあって
サラは「日系ブラジル人二世」で「青い瞳で金髪の美少女」という設定なのだが(本の表紙も金髪で青い瞳)
ブラジル人はラテンなので、黒い瞳に黒い髪。しかも日系二世でしょw
明らかにおかしい。
外国人と言えば、青い瞳に金髪、というステレオタイプでしか物事を見ていないことを
この将棋しかやってこなかった26歳の作者はさらけ出してしまったw
それを誰もつっこまない編集部も編集部だがwww



257 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 00:11:51.71
いや、そこは不自然だけど、ブラジル=ラテンというのもステレオタイプなわけで、
白いブラジル人ももちろん存在する。
アジア系の血が入って金髪碧眼というのはものすごいレアだと思うけど、
リアリティよりも記号としての分かりやすさを取ったんだと思う。
だったらブラジルじゃなく北米出身しにでもしとけよ、とも思うけど。
ミスと断ずるのはちょいと厳しい気がするだよ。

258 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 00:23:28.43
わざわざ日系ブラジル人なんて、実写化難しい設定にしなくてもいいのにね。
サラじゃなくチャンなら大ヒット間違いなしだった。
フジテレビでドラマ化もありえた。

259 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 00:49:43.63
むしろキムにすべき。そして将棋の起源は……

260 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 00:55:43.48
>>259
www
その設定なら賛否両論必至のベストセラーだったのにな。
著者も在日という設定にすればもう言うことなし。

261 :259:2012/04/19(木) 01:47:00.59
>>260
違うよ。作者はあくまで純日本人でなきゃ、「彼ら」のプライドを満たすこと
はできんから、ホントにZだったとしても純日本人設定なの。もちろん作中では
主人公が戦前の日本軍の蛮行を知り、泣きながら彼らに土下座するシーンは欠
かせない。将棋なんかよりむしろそっちがメインになるかも。当然彼らの祖国
でも翻訳出版(当然海賊版で作者には一円も支払われない)更に勝手に映画化さ
れる。下手すりゃハリウッドもんだ。もちろん作者に原作料など支払われない。

……こんな夜中に俺は何を熱くなってんだ?

262 :259:2012/04/19(木) 01:50:23.90
スマヌ スマヌ。図書館で予約したサラ本がいつまでたっても空かないもんだから、つい……。

263 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 02:15:12.29
フジテレビ→花王→集英社
ネトウヨデモの標的ですね。わかります。

264 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 02:19:25.32
てゆうか今回は韓流ネタが本当にくるかもな。
2ちゃんでは不評だが、世間では韓流ばっかりだしね。

265 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 12:18:06.79
デッサンと構図は全然ちゃうがなは禁句?

266 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 15:00:10.07
でも、ぐっとへったよな
かんりゅう話とか、かんりゅうタレントとか
グンソクとか誰かわからないまま消えて行ったし

267 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 17:44:37.28
日ラブで何年かまえに韓国の男と恋愛する話あったな
小説でまでそんな話読みたくないなー

268 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 17:58:35.42
>>267
反対に日本男児と韓国女とのラブストーリーは、どれだけ上手く書けてても
絶対に陽の目を見ることはない。あくまでも日本は「女」、韓国は「男」でなきゃ。
……ってか、段々本題からずれてきてね? 東亜みたいになってきた。結構あそこ
あたりも見てるワナビ兼ネトウヨ多いんかな。

269 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 19:14:47.38
おれ少女時代は好きなんだが、、

270 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 20:33:36.63
韓国ネタはさすがに来ないだろう
集英社は下手に韓国にかかわるとロクな事がないってことを
ヒカルの碁から学んだはず

271 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 21:38:16.71
面白い設定考えた
小説化するかマンガ原作にするか悩むな
みんなは小説一本なのかな?

272 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/19(木) 23:58:18.72
>>270
終わりはああだけど興業的には万々歳だったわけで。
韓国だからカテエラはないやろ。さすがに。

273 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 00:24:22.71
チョンねたはたしかに危険なんだろうが、
それを言うなら浅井君は部落の岐阜県不破郡出身。
彼のリア充ぶりも、そんな現実の裏返しなのかも。
ま、受賞とはなんの関係もないけどね。

274 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 00:45:38.31
部落ネタ書いたわけでもないのにそーゆー書き込みは酷くね?
朝井落としだか知らんがそーゆーのは流石に可哀想だろ
(可哀想と感情抱くのがむしろ差別、みたいな堂々巡りはおいといて)
俺だって福岡出身だけど2ちゃんとかで福岡が
修羅の国マジやべえとかネタにされるとむかつくもん
たしかに市街地で銃撃戦とか小学生が手榴弾拾うとかあったけどさ

275 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 09:05:36.05
そりゃ完璧に無法地帯だろwww

276 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 09:10:00.85
部落は、なんか、もうそろそろどうでもよくね?
最近の若い人は部落差別を知らない人もいるって
開放同盟の人が嘆いてたし
若者の部落差別離れは行くところまで行ってるでしょう

277 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 10:01:32.86
なんで嘆くんだよ、って感じだよなww
差別がなくなってるんだからいいことだろうに
これだから利権ゴロは

278 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 11:10:35.30
>>277
たしかにw
忘れ去られるくらい普通になったんなら喜ばしいはずだよね。
補償や過去の恨みとかいって差別観を引っ張り出さない限りは
話題にならないなら嘆くどころかだよね

279 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 14:56:51.93
水平社の理想はまさに「社会の誰も差別があったことすら知らない世界」だったのにな

おまえらが水平社の理念否定してどうすんだと

280 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 15:07:35.21
平成生まれのゆとりって朝鮮人やB未満の存在だと思っていたけどw

>>276
Bで損していることより「ゆとりゆとり」叩かれている方が気に入らなくて、
Bに関しては無関心なんじゃないかな。

ゆとり世代って言うだけで一生社会的落伍者と、それ相応扱いを受け続けると思うのだがね。
チョンやBは被差別特権があるけど、ゆとりはレッテルでしかない。

281 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 16:51:41.57
浅井くんの本持ってるのに、文庫も買っちゃったww

282 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 17:22:46.81
>>281
わたしも(^O^)/
写真集が出れば買うのに☆(・ω<)てへぺろ

283 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 17:48:14.93
いったい何が湧いてきたんだ

284 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 18:35:40.97
きもすぎクソワロタwwwww

285 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 18:37:10.65
朝井イケメンだよなあ・・

286 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 18:55:32.98
あれでイケメンだったら俺は超イケメンだわ。


287 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 19:22:58.32
>>282
www

288 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 19:26:04.33
おまいら、朝井くんネタに釣られ過ぎw 見事な釣りっぷりの282の方が知性高く見えるぞ。

289 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 20:09:45.52
朝井くんに抱かれたい
ワナビ女が欲望すべてをぶちまけて妄想綴った作品を書いたのですが
筆が進み過ぎて1000ページ超、前中後編の3部作になってしまいました
カテエラでファンレター扱いになってしまいますか?
詳しいかた教えて下さい

290 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 20:12:20.25
今さっきまで某ファミレスで書いてたんだけどさ
女子高生はたしかにうじゃうじゃだったけど件の人どんだけコミュ力あんの?!
仲良くなるどころか
笑われてる感ハンパなくて速攻で退散してきたんだが

291 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/20(金) 20:42:38.78
ファミレスで女子高生に相手にされるわけないだろ。
不審者として通報されるわ。

292 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 05:25:24.13
もういいよ、その話題

293 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 06:22:03.03
ラノベ、純文学、エンタメ、ミステリー、SF、ホラー
これ売れてる順番で教えて!

294 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 07:06:16.40
ミステリー、ラノベ、エンタメ、純文学、ホラー、SF
じゃないかな?

295 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 08:49:08.31
ファンタジー3部作のお医者さんにマジ聞きたい。
なんでファンタジーノベル大賞やメフィスト賞じゃなくて、すばる??
なんで、神様のカルテやバチスタシリーズ系じゃなくて、ファンタジー??

296 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 11:40:33.62
お盆まで長いね

297 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 17:35:25.89
SFって純文学より人気ないのけ?

298 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 20:28:18.36
いまの日本SFは元気ないよ
星や小松、筒井、半村や平井ががんばってたときがピークかな

299 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/21(土) 21:29:23.59
つ山田佑介

300 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 00:06:04.68
>>298

化石乙

301 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 04:54:43.57
懐かしい! 特にSFファンとかじゃない俺でも読んだことある人ばっかり。
なんでSFダメになったのかな。

302 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 06:57:49.77
平井の幻魔大戦とかゾンビーハンターには一時はまったなあ。

303 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 08:41:06.09
平井ならウルフガイシリーズだろ

304 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 11:16:44.16
筒井の俗物図鑑はおもしろかったなぁ

305 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 13:56:33.86
新井素子がもてはやされる頃から、日本SFは変になっていった気がする……

306 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 14:17:26.45
浅井がイケメン?
失礼ながら、あなた様の目は節穴でございますか?

てか、あいつ在日だろ。
なんで佐々井って名字を、わざわざ「朝」井にしたんだよ
顔も、ぽい、し。

307 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 14:44:21.92
>>295
その質問、おれも思ったw 絶対、ファンノベ大賞の方がいいかと。
てか、医療現場を巡るドギツイ現実ながらホッコリ話を書いた方が、小すば向きかと。
たぶん日頃忙しいすぎてあんまり小説は読んでいらっしゃらないのでは。
で、勢いで書いて締め切りが近かった小すばにとりあえず応募。
しかも、編集部が見てるかもしれない文芸スレに、ネタばらしをしてしまうw
3部作の受賞は絶対にムリだと思うが、ま、9月号(?)を楽しみにしますか。

308 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 14:50:31.43
朝井ネタしかできないお前ら
成功してる奴への嫉妬臭がぷんぷんする

309 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 15:02:01.71
朝井くんも筒井先生みたいに俳優デビューしちゃえばいいのに。
彼が出たチア男子見てみたい。

310 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 15:07:40.40
>医療現場を巡るドギツイ現実ながらホッコリ話を書いた方が、小すば向きかと

ど・ストライクでそっちのが小すばでしょうw
てか、ハリポタ目指して書いたファンタジーって、ファンノベでもキツいはず。

311 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 16:08:22.10
お前ら素人だろ
ファンノベの過去の受賞作みてこい
お前らがいかに恥ずかしいこと言ってたかわかるから

312 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 16:13:01.98
和製ハリーポッターってあってもいいと思うんだ。魔法じゃなくて忍術で。ニンニン

313 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 16:50:06.77
ブログとかで公開して感想聞きながら書いてる人いる?
そのほうが上達しそうだけどそれが傑作だったら応募できなくなるっていう
すけべ心が沸いてできない・・。

314 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 18:12:57.38
ブログで公開した時点で、もうその作品は新人賞に応募できなくなると思うんだが……

315 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 18:17:15.05
>朝井ネタしかできないお前ら
>成功してる奴への嫉妬臭がぷんぷんする

それ以外のどんな理由がある? 君は彼を称賛・賛美・絶賛するのか?
あんなくだらない下手くそな文書の小説が、やれ「きらきらした青春群像」だとか
「女子高生の気持ちを書くのがうまい」と評価され、しかもあれで「イケメン」と来た。
ふざけんな、と嫉妬するのが普通サ。人間だものw

316 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 18:22:16.34
>>315
否、これからのエンタメ界を担う若手作家なのは確か。
朝井氏以外の20代作家で直木賞に手が届きそうな奴いる?
いるなら挙げてみてよ。( ´ ▽ ` )ノ

317 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 18:23:11.43
>>316
本人消えろ

318 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 18:56:10.84
>>315
軽く煽ってみた者だが
そこまで潔いレスを返されると
いや、お前が正しい
と言わざるを得ない

319 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 19:16:16.25
ここらへんではっきりさせようぜ。
浅井君は「平成生まれが描くみずみずしい青春小説」ってイメージを
集英社が必死に売り出しているだけなんじゃないか、と。
直木賞もいずれノミネートはされるだろう。(現役大学生という賞味期限は過ぎたが…)
しかし選考委員にボロクソ言われて終わりだ。

320 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 19:58:04.47
>>319
選考委員のメンツはご存知か?
朝井くんに限らず、小すば出身者は有利であろう

321 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 20:04:00.84
↑しかし、荻原も三崎もほかの選考委員にほとんど評価されていない。選評みてみ。

322 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 20:04:29.66
>>319
で万年ワナビのお前は溜飲を下げるとw

323 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 20:20:54.81
浅井の売り方はワンピースと同じだよ
メディアのゴリ押しで70点の作品を100点にも120点にも見せかけているだけ

324 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 20:32:36.65
40代のおっさんだが、桐島読んで「こいつにはかなわない」って素直に思った。
ストーリーはありきたりだが、あの文章はなまなかなワナビにゃ無理。
今6年前の小すば賞「でかい月だな」を読んでるが、この人の場合文章・文体はシンプル
でときには稚拙な部分もあるが、本質的な部分を深くえぐってるなと思う。まあ最後まで
読んでど思うかわからんが、やっぱり受賞作にはそれなりのものがあるって、小すばに限って
は思える。

そういう意味で、文学界なんかは終わってるけどね。吉村なんとかって人(後に芥川賞も受賞
養護学校の先生)の読んで以来、あそこにはもう何も期待していない。

まあこんなのあくまでも俺個人の感想だし、どう嗤われても結構だが、俺は少なくとも
小すば作品には期待している。サラはまだ読んでないけど、図書館からの連絡を待ちわびてる。

325 :324:2012/04/22(日) 20:37:06.35
>>323
すこーしだけ同意。確かに内容的には地味だし、実力以上に評価されている感は否めないとは思う。
俺はまだこいつの他の作品を読んでないから、それらを読んでこいつの真の評価が出来ると思う。
ただし文章のセンスはずば抜けてる、という評価は変わらんがね。


326 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 20:49:43.95
>文章のセンスはずば抜けてる

浅井の評価ってそこでわかれると思うんだよね。
センスがいいと思うか、あんな下手な文章はないと思うか。
おれはうまいとは思わん派。あと、イケメンとも思わんw

327 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 21:06:28.11
朝井はイケメンだから綿矢みたいに
ルックス、若者枠での受賞だわな。
もうおっさんおばはんには新人賞は無理。

328 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 21:20:24.35
桐島のときに同時受賞した人は47歳
才能がないのを年齢とかを理由に誤魔化すところが万年ワナビ

329 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 21:22:39.17
>>327
はっ? 何言ってんの? 応募者のルックスなんて分からんだろ。
(最終候補者と面談するところはそこではじめてわかる)
てか、出版社もバカじゃないさ。
若い奴に賞を与えても、綿矢のスランプをみれば、若者有利とはならないさ。


330 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 21:36:55.67
その面談で朝井に決めたんだろうな。
キモい奴はそこで落とされそう。
綿矢は大江健三郎賞も取ったし絶好調でしょ。
純文学じゃ売れてる作家。

331 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 21:58:56.29
330は表面的なことしか知らないようだが
綿矢は芥川とってから何度も何度も編集者に原稿を突き返され、全く書けなくなったんだぞ。
しかも芥川後もう10年たってるのに著作はたったの3冊。これのどこが絶好調なんだい?
大江賞なんて全く一般読者には意味がない。
てか、橋本長道はキモ眼鏡君なんだが、なんで選ばれたんだよwww

332 :316:2012/04/22(日) 22:56:47.71
316だけど、結局一人も挙がらないじゃん。エンタメという枠を取っ払っても、朝井くんは20代屈指の小説家なのは間違いないこと。
いないでしょうよ。20代で何作も出してる人ってさ。ねえねえ
嫉妬する気持ちはよくわかる。そこから一歩前に踏み出さないと小説家志望のままだろうね。

333 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:02:20.93
>朝井くんは20代屈指の小説家なのは間違いない

その手放しの称賛は極めてハズカシイ。本人?と思ってしまう。
「平成生まれの現役早大生」っていう「属性」を集英社が売らんがためにゴリ押しした
という出版不況における現実をなぜ「嫉妬」という言葉で片付けて直視しない?

334 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:06:51.91
てか本は出した数じゃなくて売れた数が重要。

売れた数。
綿矢>>>>>>>>>>>朝井

そこそこしか売れない本を編集部の注文で書いてるだけの
小物だよ朝井は。。

335 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:22:00.52
朝井はジャンプの小説の賞とってたから
それまでに顔を知られてたろ

お前らとは賞取るまでの実績が違うからさ
お前らはマイナーな賞さえ取れないカスなんだから
小すばなんかで賞とれるとか思うなよな

336 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:27:50.31
>>335
浅井とサラの作者を間違えてるし…
てか、マイナーな賞に送ってもしょうがないだろ。
君が一番カスなんだけどw

337 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:28:25.44
朝井じゃなく橋下だよバカ>>335

338 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:28:31.02
>>336
フフフ

339 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:33:21.31
でも「蹴りたい背中」と「桐島〜」だったら、描いていることは同じだけど
圧倒的に綿矢の方が文才あるし、伝え方が上手いよね。
もう少し経験積まないと直木賞はまだ遠いかと。
荻原さんレベルにならなきゃ無理。

340 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:34:17.43
>>324
40代のおっさんが桐島読んで「こいつにはかなわない」って素直に思うとは滑稽だな。
勝ち負け以前の話だろうが。
朝井より若い俺でも「このような文章は絶対に書くまい」と感じたレベルだ。

まあ、あの類を猿真似した文句なしの阿呆は増えたに違いなかろうが。

341 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:35:22.85
あの類の文章を、ね。 訂正

342 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:35:51.30
>そこそこしか売れない本を編集部の注文で書いてるだけの
>小物だよ朝井は。。

たしかに。
現役早大生(もう卒業したが)に、早大OBの編集者たちが書かせているに過ぎない。
それを20代一番の作家と絶賛するドアホがいるが、じゃあなぜ彼は就職したんだ?
世間を知らないから(高校時代のことしか書けない)、限界を感じたんじゃないのか?
ということは、本人も新聞のインタビューで言っている。
何が20代屈指の小説家だ、笑わせやがる。


343 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:39:08.23
>>339
荻原の「愛しの座敷わらし」を読んだんだが、文章が幼稚すぎてビビった。
これが「明日の記憶」を書いた作者かと思うほどの、すげえ劣化ぶり。世間に迎合したか。

344 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:41:28.76
>そこそこしか売れない本を編集部の注文で書いてるだけの
>小物だよ朝井は。。


傀儡だとしてもだな、俺含めて、お前らはその傀儡にもなれないの。
なにが足りないって? 年齢・学歴・創造性・文章力etc...
いっぱいあるから探してみようよ。
既存の作家のおかげで賞が成り立っているのをお忘れなく。

345 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:45:02.68
どんだけ批判したってお前らの本は書店に並ぶことさえできないだろうが
素直に負けを認めろ
結果が全てだ

346 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:47:52.00
>そこそこしか売れない本を編集部の注文で書いてるだけの
>小物だよ朝井は。。

でも彼の懐には、桐島の単行本だけで推定1500万円が入っている。
文庫本も映画が公開される夏にかけて売れまくるんでしょう。
4月から新社会人になった彼の口座には毎月ボーナスほどの金が振り込まれる。

347 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:52:56.61
自分が二等兵であることを自覚してるから
朝井は就職したんだろうな。賢い。

348 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:54:07.91
>>342
高校時代のことしか書けないとは言わないが、自身の体験の範囲を超えて物語を構築する
能力が著しく低いのだろうとは思ってしまう。

これは個人的な意見だけど、人生経験を積んで小説執筆の助けにしようとする作家よりも、
自分とかかわりの無い世界を描ける作家こそ強いように思うのよね。

349 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/22(日) 23:58:47.42
↑浅井君といい、サラの作者といい、半径1メートルのことしか書けないみたいだよねw

350 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 00:04:22.05
朝井は自分が御輿でまつり揚げられたことに気づいたんだよ。
「平成生まれの青春小説の書き手」という御輿に乗せられ
集英社を始め、出版社が「売れっ子若手作家」として担ぐ。
実力以上に崇められたあわれなピエロさ。

351 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 00:07:33.98
>>340
324のおっさんだが、まあいいじゃねえか。感じ方なんざ人それぞれだ。
「このような文章は絶対に書くまい」と感じた君と、「このような文章
は絶対書けない」と感じた俺の違いとは一体何なのだろうね。

最近人の作品を読んでて思うのは、自分の作品など「こいつたいしたこ
とねえ」って思う他人の作品の足下にも及ばないこと、一見平凡な作品
のようでも、作者は相当気を遣って書いているらしいこと。だから芸能
人などは別にして、少なくともまともな方法でデビューした作家さんに
は、誰であれ何がしか認めるべきものがあるのだと思う。

352 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 00:10:43.05
>>348
わかりもしないことを思い込みで書くよりかマシ。
妄想からの滅茶苦茶な物語より、実体験に裏づけされたリアルな作品のほうがいい。
レパートリーが多いとかえって器用貧乏になる。

353 :352:2012/04/23(月) 00:15:27.62
朝井はずっと青春小説だけ書いていればいい。
橋本はずっと将棋小説だけ書いていればいい。
司馬遼太郎が書いた推理小説なんぞ読みたくないように、彼らが書いた時代小説なんぞ誰も興味ないから。


354 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 00:18:43.42
宮部みゆきに謝れ!

355 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 00:21:03.91
朝井批判してる奴にもっかい同じこと書くわ

思うに、お前らは小説の読者のレベルを高く設定しすぎなんだと思う
お前らはおそらくそこそこ頭が良くて
お前らに比べたら
小説の読者のメイン層であるゆとり世代の女性ってかなり頭が弱いんだと思う
だからお前らの伏線を上手くはった見事なストーリー展開の小説なんて
理解されないから賞を取れない
一方でガキみたいな擬態語つかって落ちの弱い小説や
賢い人なら構図がおかしいと思うような小説が賞を取れる

356 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 00:21:52.45
井上靖ってすげー人だったんだな

357 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 09:44:14.34
横山やすしもすげーぞ
天才やからね

358 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 10:07:13.84
>>355

w

こいつら実は、一般読者よりレベルが低くて小説がわからないんだよ
だから、あいつは馬鹿だ、とかレベルが低いとか、コネに違いないとか言ってる
だってこいつら小説なんか読まないで、自分のクソつまらない駄文
(妄想とか、独りよがりなゆがんだ意見とか)
を書いてうるだけだもの、べつに小説が好きでもないやつらばっかだし
(絵が描けたら漫画、楽器が弾けたらギターでもやって別なスレでプロに文句言ってる
 何もできなかったから小説)

ほめるにしたって、本当は読んでいない古典をさも読んで自分は理解できて
そういうのが今無いことを嘆いて見せたりしてる

中学校でお下げでメガネかけて図書館にいるような女の方が
よっぽど小説が読めてる

359 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 10:11:07.59
朝井くんが就職したことを既成事実として、全部受け取ってしまうのはどうかと思うね。
いずれ会社やめて戻ってくる、に1000ペリカ。

360 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 11:07:02.05
どーでもいい(^_^)

361 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 11:12:52.24
>>358
>>340なんかその典型だろ。ただ自分を含めてこいつを擁護するとすれば、
例えアマチュアであろうが書き手である以上、どうしても「オレが一番!」
って驕りが生じるもので、(そいつから見て)既存の作家・作品の粗が目に
ついてしまう。ただそれって往々にして勘違い甚だしいんだけどね。



362 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 15:13:52.60
全然すばるの話してないのなこのスレ

悪口ばっか

363 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 15:17:54.07
これからどんな作品どんな作家が受賞しても、こいつら2ちゃんのワナビは嫉妬ばっかだろうな。
僻んだって何にもならないのに合掌

364 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 16:33:58.42
朝井本全部平積みになっててワロタ。

365 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 16:53:08.95
高校生の恋愛が俺の小説の中に少し出てくるから、今の高校生のデート内容を知りたいと
思い女子高生ナンパをこの前やったがなかなかデートに連れ出せねー。。。
朝井氏は現役時代相当JK喰ったんかなぁちくしょうめ

366 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 17:08:33.55
>>362
一次発表が終わると、どうせ消え去るだろうから今は放置で。

367 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 19:34:30.44
ラノベとエンタメの違い教えて下さい。

368 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 19:39:12.45
>>365
俺も同じ感じのこと考えて去年スレに書き込みしたんだけど
一つだけ忠告を
俺はまず現役生の従妹に(親公認で)連絡とってメシ奢るからとデートしてもらって
学校生活やら部活やら恋愛やら進路やら話聞いてあげてたら
従妹お膳立の俺vs女子高生五人でのカラオケ大会開催
王様ゲーム(全年齢版)にて強制的にカップル成立しちゃって
めっちゃ可愛いけど本当にいいのかな?まあプラトニックならいいか。執筆にいかすぜ!と思いきや
彼女可愛いすぎ性格良すぎ毎日楽しすぎワロタで執筆どころじゃなくなって
先月彼女の卒業にあわせてプロポーズ&結婚しちゃった俺
幸福は意外と執筆意欲をそぐので気をつけてねって上から目線な注意でした
ちなみに今回はちゃんと応募したけどね

369 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 20:02:08.70
>>367
ggrks

370 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 20:24:39.71
>>368
上手いこと人生運んだな…上手すぎるくらいですよ。
でも俺は不幸の中で歓喜を得るタイプなので、大丈夫、だと思う。

それじゃあ、女子高生の仲介を得られぬ俺は、ナンパやバイトしかないのかな。
いや、小説執筆うんぬんと打ち明ければ、ナンパでも上手く行くかもしれないなあ。

371 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 20:34:37.79
>>370
小説家の卵だって明かせばモテモテやで

372 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 20:52:29.19
女子高生くらいなら、まだ夢を語っても聞いてくれそうだからね

373 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 20:55:06.45
>>372
ただしイケメンに限る

374 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 21:03:38.64
女子高生だともう三十路女並の狡猾さを持ってるよ

375 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 21:12:24.76
>>372
「君は将来大文豪の妻だ。この僕が約束する」
これで決まり。

376 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 21:13:01.11
女子高生のふとももはエロすぎる
三十路女が霞んで見える…否、眼中になくなる

377 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 21:23:32.83
ここは三十路おばさんが多いんだから
言葉には気をつけて。

378 :368:2012/04/23(月) 21:35:07.96
ただ彼女は現在花の女子大生なのでオッサン(丁度10歳差)は少しヤキモキしとります
頭良かったし人生なにがあるかわからんから進学は俺が勧めたんだけどね
新歓もサークル参加も無論OK
信じてるというか若いんだから気にせず好きに遊んどけって感じです
オールだってかまわんのだが彼女は必ず9時ぐらいまでには帰って来て
一緒に寝てますけどな
だからこそ捨てられたらショックやばそうです
まあ寝取られたらそれはそれで作品に生かせそう……
なんて今は言えるけどね
すまんスレ違い酷すぎだな
皆様頑張りましょうぞ

379 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 21:46:03.47
俺含め皆は思ってる「誰がお前なんかと頑張れるか」


380 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 21:50:47.07
こういう無自覚に自慢するやついるよな。
反吐が出そう。

381 :365:2012/04/23(月) 21:58:50.64
ようし、天気が良い日に街の女子高生にいっちょ話してみるか!
報酬は……おごってあげるって言えばいいか。ワナビの取材費低いが当然。

382 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 22:00:19.87
木曜ミステリーシアター・たぶらかし〜代行女優業・マキ〜
視聴率
初回:5.0%
2回:3.3%
3回:2.2%




383 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 23:19:59.26
ホント顔写真送れるようにしてほしい。
朝井、橋本と不発だっただろ。おれだったら絶対に売れるけどな。

384 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/23(月) 23:32:10.14
レベルの低いヒキニートっぽいレスが目立つな
一生底辺彷徨うんだろうな


385 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 00:10:54.47
>>383
お薬、多めに出しておきますね

386 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 00:25:10.31
顔写真を送るようになったら末期だ。
内容ありきで誰も作者のビジュアルに期待しとらん。
そりゃあ美男・美女であるのに越したことはないけど。

387 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 00:59:07.55
小説を読んでるときたいていみんな作者のこと考えながら読んでるよ。
あの朝井くんが書いたんだ・・ってあそこをグショらせがらさ

388 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 01:00:34.65
↑キモイけど、僕もそうやって女の子たんに読んでほしいです。はい。

389 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 01:16:41.49
マンガ家はほとんど顔出さないよねw
絶望的にきもいから。
そいつの顔が浮かんでとてもじゃないけど読めたもんじゃない。

390 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 01:27:29.58
サラは文章はこなれてるけどとても売れる内容じゃないな。
表紙の金髪女のエロさくらいしか購買欲がわかない。

391 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 01:57:05.62
飛びっきりの美少女が主人公だから薄汚いオッサンが書いたとは思われたくない。

392 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 04:41:18.47
サラ やっと読んだ。
面白かった。
ただ、構成とかはむごかったな。
あと最後の章の対戦相手の秘密がわかる部分は
興ざめしたな。とってつけた感まるだしだった。
けど、勢いで一気に読ませてもらった。
傾向と対策なんか、くそくらえって感じの勢いだったな。

というわけで、そろそろ寝ます。
乱文失礼。

393 :ポッポ ◆paB28qf3gA :2012/04/24(火) 20:46:33.59
ふむ。

394 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:24:36.55
よく聞けお前ら
朝井氏は直木賞を狙わないと申しておる

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/breview/552462/

395 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:39:24.84
優等生だな

396 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 21:40:01.47
アサイサマーアサイサマー

397 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 22:02:28.41
仮にねらってもとれねーからww

398 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 22:33:21.15
ちょっと不細工すぎねえ?
特に最近

399 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/24(火) 23:45:10.32
>>398
顔以外けなすところがなくて大変だなおい

400 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 01:17:32.11
朝井のインタビューの中に
<専業作家の選択肢はありえませんでした>
ってあるけど、そんなやつをデビューさせんな。
おれは専業でやりてえぞ! ネタも気力も経験もあるぞ!!

401 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 01:25:41.83
>>392
でしょ、サラって構成がおかしいでしょ。
将棋をやめた主人公に感情移入して読んでいったら
ひたすら雑誌記事(これが長げええ)というw
3人の少女も中途半端な絡みで終わってしまう。
でも、文章はとくにつっかかることなく読める。
ま、他にいいのがなかったから授賞したって感じですよね。

402 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 01:41:59.61
朝井賢いな

403 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 02:36:10.03
>>402
専業でやれるのに勿体ないぜ
営業に出向いたり会計するのは将来有望な小説家がやることではない
サッカーで例えるならば、ファンタジスタがサイドバックで起用されるよう


404 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 07:24:05.39
でも早稲田で頭いいんだし、会社としても欲しい人材なんだろ

405 :392:2012/04/25(水) 11:36:36.26
>>401
将棋小説として読んだら、イマイチ。
オリジナリティもない。
けど、天才小説としてだったら、工夫が随所にあり面白い。
何度もいうように、最後の章の対戦相手の秘密がむごい。

けど、それでいいんだろう。
新人賞は龍頭蛇尾を恐れずガンガン攻めるのが鉄則ってのがよくわかった。

あと語り手の名前が橋元で、確か名前が一回しか出てこないのも
作者の屈折した思いがひしひしと感じたなぁ。

構成はおかしいが面白かった。
ただ、将棋以外の題材を小説にしたら、読めるのかって疑問はありますね。

406 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 12:00:48.37
月下の棋士とどっちが面白い?

407 :392:2012/04/25(水) 12:21:18.33
サラかな。
月下の棋士は将棋に携わってない人が、想像で描いた感じ。
小さくまとまった良作。(全巻読んでなくて申しわけないが)
サラは将棋に携わった人にしか書けない凄みがあった。

将棋のストーリーで最高峰なのは
聖の青春だと個人的に思う。(ノンフィクションだけど)

>>406さんはどっちが面白いと思われましたか?

408 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 13:01:47.82
そろそろ時代小説が受賞しそうだ

409 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 13:02:07.08
>>407
いや、サラ読んでないんで申し訳ない。
月下の棋士はブクオフで大人買いして読んだら面白かった。
サラも今度図書館で借りてみます。

410 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 15:53:43.63
>>608
JINみたいなのがくる希ガス

411 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 16:31:22.47
おい>>410がロングパス飛ばしたぞ

412 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 18:54:13.56
俊足新田でも隼シュートを撃てない距離

413 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 20:54:11.89
立花兄弟のスカイラブハリケーンならあるいはっ!

414 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 21:48:29.60
いや日向がネオタイガーショットで返してくるのを待つほうがいい

415 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/25(水) 21:51:48.63
そろそろサッカー小説きそうだな。
人気だし

416 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 08:52:36.07
>>410
医療、ファンタジー…前中後3部作の登場ですね?わかります。

417 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 08:59:34.02
つまらんレスが多いな
発想力の乏しいカスは早くあきらめた方がいいぞ

418 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 09:03:29.71
時代小説も、本格を書くよりもストーリー性に富んで読みやすいほうが人気でるよなぁ。
特定のファンを超えて読まれなきゃ。

419 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 10:30:48.26
>>410
JINみたいなの、って時点でムリだろうね。
何かのモノマネは絶対に弾かれる。
桐島もどきの高校青春物を送った人も、
下読みを通ったとしても編集部で落とされる。
新人賞なんだから、文集は荒くても構わない。
どこかに独自のものがないと受賞は厳しい。
(その点、サラは参考になる)

420 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 15:07:53.12
そもそもJINみたいな作品が、JIN発表以前に
新人賞に送られてきたら受賞するかな?

タイムスリップはやりつくされている。
幕末の蘭方医に関しては
マンガだが手塚治の「陽だまりの樹」という超名著がある。
(そもそもJINは陽だまりの樹に影響を受けて創作したらしいが)

タイムスリップも幕末蘭方医の世界も
独自性を訴えるには弱い。
まあ、足し算したとこが新しいといえば新しいのかな。

プロだからこそ、作品として認めてもらったという面が強いのではないか。

いまだに高校生が戦国時代にタイムスリップする
プロ漫画家の作品が生まれ続けていることからして、そう。

時代の流行を考えて書くより、
大衆受けは二の次で、完全オリジナルを書ききるべきでは。

長文失礼しました。

421 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 15:42:18.35
JINって医学的には破綻はしてないの?
そもそもペニシリンって自家製で作れるのかね・・。

422 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 16:03:50.37
タイムスリップといえば戦国自衛隊が浮かんだ

423 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 16:33:22.80
>>419
やべえ、おれ、もろに男子高校生が主人公の青春小説おくちまった。桐島よかいいと思うんだが。。。

424 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 16:50:18.93
>>423
その高校生主人公が何をするかが重要
ただ学生生活を謳歌するんじゃなくて、そいつが世界を救う系ならいいと思われ

425 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 17:42:24.68
平積みの本ってあれ出版社の命令で本屋は置かされてるの?
それとも本屋の判断?

426 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 18:02:13.91
>そいつが世界を救う系

ライトノベルに投稿されるのですか?

427 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 18:37:59.48
>>426
小すばって限りなくラノベに近いエンタメだと思うけど
近年の受賞作はどれもラノベ要素を含んでる

428 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 18:44:37.00
ラノベ要素ってなんなのさ

429 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 19:09:46.71
>>427
むしろ純文に近づいたエンタメって感じがする
審査に村山さんいれちゃうあたり

430 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 20:02:23.97
>>425
本屋の判断じゃない?

431 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 20:09:18.56
やっぱ朝井も編集者に作品の内容に条件付けられたりして書かされてたんだね。
俺の性格じゃあ編集者とは敵対しそうだ。

432 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 21:14:46.30
集英社さんが嫌なら別の出版社があるので
←これぐらい言える地位を築かないと自由なものは書かせてもらえなそう

433 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 21:24:32.12
>>428

これだな↓

ラノベまったく読まない(読めない)だろう人の意見

495 名前:名無し物書き@推敲中? :2010/10/22(金) 12:56:35
ラノベテイスト入ってると読みにくいよな、何で読みにくいんだろうな
でも世間ではラノベは軽く読める読み物って認識になってる
納得いかねえ

それどころかラノベの連中は一般小説をかっこつけた文章で
無駄に小難しく書いてるみたいなこと言う、納得いかねえ

つかラノベにある要素(ラノベ要素とまるでラノベ起源みたいなこと言う)
を一般小説に見つけただけで、あるいは簡易な文章な小説ってだけで
一般小説もラノベ化してる、とかアレもコレもラノベだよねとか言い出す
納得いかねえ



434 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 21:26:09.72
かあさんがラノベをして 手袋編んでくれたー

435 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 21:50:13.96
>>432
そういうのってホントにあるのかな?
なんか今後の評判に影響しそう

436 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 21:55:48.42
>>435
エンタメじゃないが村上春樹
よく出版社をかえてる人がいるけど、うちでは出せない分野だからって違うとこで出してる

437 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 21:56:05.51
出版社は食堂やスーパー
作家はそこに納めてる農家

甘いイチゴ作って欲しいとか、流行だからXXを作って欲しいとか
注文つけられたら応じるべき
(すくなくとも表面上は応じているが、自己のやりたいことは曲げないで入れ込める才能を持つべき)

いいや俺のは芸術だから好きなようにするっていうなら
駅前で手売りしろと思う

438 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 21:57:10.66
>>436
俺も村上春樹がまっさきに浮かんだ

439 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:07:00.47
村上は新潮が出した条件(金銭や待遇)が一番良かったからだよ
村上の小説を「今回のは、うちではカラーが違う」ってことわる馬鹿が
どこにいるんだよw
たとえジャンル違いなフランス書院でも村上が書きたいって言ったら大喜びで出すよ

440 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:12:37.67
作家デビューしたって、超がつく売れっ子になるまで自由にものなんて書けないぞ。
とにかく売れるまでは編集部の言いなりさ。企画を出しても、「これ売れますかね」とボツにされ続ける。
なかには完成した作品すらボツになることもある。(例:東野の『秘密』は各社ボツにされたと、本人のHPにある)
『謎解きディナー』だって編集部に言われた通りに書いてベストセラーになったんだ。
編集者がいなければ自分で売るのは難しいんだから、黙して書くまくるしかないんだよ。
編集部には逆らわず、消耗戦に耐えられる人が結局は売れっ子になる。

441 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:16:52.83
プロの作家とは、どんな注文がきても作品を完成させる力がある人のこと。
それができない人は消えていく。
だから朝井は学校もの以外書けないから就職した。所詮は考えがアマチュアだったw

442 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:17:17.83
表紙ってかなり重要だと思うんだが、勝手に決められるのかな?


443 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:19:58.93
↑それはプロであるデザイナーや編集部にまかせたまえ。それとも君は表紙をデザインできる自信があるのか?

444 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:20:29.77
>>441
早稲田卒なんだし、時代・歴史物も書けるでしょう
日本史受験か世界史受験か知らないが

445 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:21:06.15
つーかそんな戦い多くの作家がやってるだろうから
消耗戦に耐えたからといって売れっ子になれるとは限らんけどね
あと小説すばるのようなジャンルの場合
企画書、はないだろ
現物見せてなんぼだから、完成品ボツの方が多いだろうな
北方謙三とかボツ原稿が背の高さより高くなったとか言ってたし
もしくは、「XXなやつを書きたい」とか「じゃなくてXXなやつを書いてください」
みたいな口頭での規格案の話し合いとか


446 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:23:56.19
>企画書、はないだろ

あなたは本が出版されるまでを一度勉強したほうがいい。
編集者の企画会議で通ってはじめて原稿の執筆が始まる。
まして本が売れない時代。すべては企画勝負ということをお忘れなく。

447 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:23:58.87
>>442

どっかにあったよな?
出版社ごとの装丁に作者が口出せる範囲が書いてあったやつ
みつからんけど

京極夏彦くらいになると作者が装丁もやってますが売りだから
別待遇で自由なんだろうけど

448 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:26:28.93
>>446

それラノベでしょう
その会議に原稿を出すのもあるって話だよ
「この原稿会議にかけてみますね」みたいなかんじ

ちなみに提出して半年音沙汰無しなら他社にまわしていいいって

449 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:33:04.41
>>448
たぶらかしの作者も、国道ファミレスの作者も、受賞一作目がいまだに出てないのは、企画が通らないから。
または完成した作品がボツになっているor何度も書き直しさせられている可能性大。

デビューしたところで、受賞作を上回らなければ一作目の出版は厳しい。
で、ペンネームを変えて他の新人賞に応募。なんて人も結構いるのが現実ですかね。

450 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:39:42.82
448

記憶で書くけど
馳星周の不夜城もとりあえず原稿が先行だし
白石一文も書いてから編集者に会議にかけてもらう話書いてる
鈴木輝一郎も、とりあえず現物を渡すってエッセイで書いてた
(半年ってのはこいつのエッセイに書いてあった)
若い作者がプロットだけ編集者に見せて(企画書ですって言うのは)横着だとも言っている

一作目のハードルが高いってことは作品より企画が先行する証拠にはならんよ
エンタメとか純文学はなんていうかルーズって言うか、まだ工業生産品のように作品をつくっていないと思う

451 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:48:52.79
企画書なんか作ってもプロットどおり行かないからでしょ。
プロであってもそういうこと言う人は多いし、
むしろかってに話が動いた方が作品がよくなるという人もいる。

せいぜいが、あの作品のパート2を書いてもらいますとか
クリスマスアンソロジー出すんでクリスマスっぽい短編を競作します。
とかだろ。
小説現代の新人賞取った人のブログでもえんえんと書いていたものの
ボツの話がのってた。
編集者からは主人公の年齢を高めにしてかいてみたら的な口頭での注文はあるみたいだけど
会議で決まったから発注とは違うよね?

エッセイは方向性とかあるし企画書がありそうだけど。

452 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:55:29.36
デビューしたらの話だけど、おれは編集者にはペコペコするね。えげつないくらいに。
編集者がいなければ本なんて出版できないわけだしね。
(個人では全国の書店に並べることは不可能だし、電子書籍も個人で収益を確保できる段階ではない)


453 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 22:59:59.55
やたらぺこぺこしてくるやつに仕事頼まないだろ
なんとなくだけど
記事を書くライターならともかく

454 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:07:32.92
ま、一番大切なのは、どんな球がきてもきちんと跳ね返す、イチローみたいなことかな。
ま、デビューしなければ、そのバッターボックスにすら立てないわけだがorz

455 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:28:36.47
経済的に余裕があって、小説執筆は趣味の一つと考えてるなら、新人賞などには
出さないほうがいいのかな?
書いてるものにある程度の商業的成功が見込めると思えても。

456 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:31:09.78
ぶっちゃけ表紙で売れる売れないあるよな
ビブリアは上手いと思う
サラは生理的に受け付けない

457 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:48:07.37
>>455

自分で判断できるならいいさ
でもたいがいの趣味は、切手集めだろうがマラソンだろうが楽器だろうが
ほとんど第三者機関の評価を受けてレベルの向上の判断をするだろ
家庭菜園だってパン作りだって、レベルが上がってくれば
商業ベースに乗る価値があるかどうか試したくなる
出した方がいいと思うけど

458 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:48:19.41
>>455
執筆の動機はほんと人それぞれっすよね。

賞金目当てな人も、なにがなんでも作家として生きて行くんだって人も
リストラ&フリーターで職探しの一環って人も
単なる趣味で実力だめしだって人も、とりあえず書いたって人も……

僕は作家としてやっていきたいと思っているので、
できれば賞金とか名声目当てな人には受賞してほしくない気がしますが。

ただ、商業的に成功する作品かどうかなんて、わかんないっすよね。
それがあるんなわ教えてほしいです。来年はその通りに書いて応募します。

459 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:52:30.39
>商業的成功が見込める

ワナビーはみんなそう思うちゃうのさ。
「すげーおれ、天才。受賞はもらった。ぜってえ売れる」って。
で結果、一次落ち。そんなものさ。

なんだかんだ、朝井君もサラの作者も「傾向と対策」で受賞している現実w

460 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:55:08.64
>>457
ありがとう、出して勝負してみるよ。

もし受賞したら出版社には自分の作品をお願いしますってな姿勢でいかなきゃね。
でもあんまりえげつない売り方や宣伝文句を採るようなら、椅子を蹴って帰りたい。
最近多い露骨な押し売り的商法に嫌気がさしてる一人だから。

461 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:56:30.31
あるけど、教えられない(けちでではなく、教えることが不可能で)
あるいは教えられるけど、教えてもらってもできない
なんじゃね

イチローが「球がこう来たらこうするんだ」とか言って習っても普通無理
みたいなさ

462 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:58:47.03
有川浩は、空の中で、二十代の主人公と中学生の主人公をだしているが、
理由を、二十代の主人公だと企画が通らないって言ってるぞ

それとは別に完全に書いてから、編集に渡すという人も聞いたことあるけど
全然売れてない作家だったな

プロットや企画書を作っておけば没になる可能性は少ないのだろう。

全部作ってから渡したら没になる可能性が高そうだ。
それなら、プロットはともかく企画書だけでもだしときゃリスクは回避できるな

あと記事ライターはそんなに編集にペコペコしてないけどな

463 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/26(木) 23:59:18.81
>あんまりえげつない売り方や宣伝文句を採るようなら、椅子を蹴って帰りたい。

申し訳ない、あなたは作家には向いていない。
売れてナンボの世界。売れるためだったら、おれは自分の魂を売るね。
理想論なんて巨額の印税の前に、誰だってしぼむ。

464 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:04:21.38
文学新人賞は無名のワナビから編集部と作家がアイデアを盗み取る場。
そしてそれを経歴のある作家に書かせる。どこの馬の骨とも
わからない人間に美味しい汁を吸わせるわけないだろ。


465 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:05:58.03
作家になりたい理由? 金以外の一体どんな理由があると言うんだ。
なれるかどうか、売れるかどうかはまた別の問題だが、
「経済的に余裕はあるが応募する」なんてのは、そりゃとんでもない欺瞞だ。

466 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:07:13.86
>>464
角川書店の話だろそれw

467 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:12:26.57
>商業的成功が見込める

俺が思うに

@時代にノッてるか
たとえば今日PHSの話をしても興ざめなだけ、2012年を意識したい

Aオリジナル
誰かのパクリは元より良くできたところで誰かのパクリ

B絵になるか
これが一番大事かもしか、所詮は劇なんだし主人公は見栄えする容姿にすべし

Cターゲットを絞る
将棋、前スレにあったけど相撲、題材だけで読んでもらえそうな層が必要。

D一般受けするか
Cと少し矛盾するが、一般読者がどん引きする小説はまず売れない

468 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:13:17.47
>>464
それ、本当だっとしたら大問題だと思うが。
応募作のアイデアの根本のところが使われた小説が、その出版社から出版されたとしたら
法律的にはわからないが、十分に問題にできる話だぞ。
応募作と、出版された作品の類似点が明白なら、マスコミ沙汰にはできるわな。

469 :467:2012/04/27(金) 00:15:36.72
サゲ忘れすまそ

あと小すば的要素。こればかりは言葉で説明しづらい。過去の受賞作を読んで感じるのみ。この要素がないと絶対落ちるよ。ここは

470 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:16:39.05
>>465
作家って、そんなに金になるのかね?
元手がかからぬという利点はあるがたいそう時間がかかるじゃないか。
俺はその辺の事情をよく知らんが、本当に儲かるのかい?

471 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:18:21.89
>商業的成功が見込める

たぶん、100%そう言える小説なんて、ないんだと思う。
ただ確実なことは、ひたすら莫大な広告宣伝費を投資して、書名と作者名を世間に浸透させることだ。
「重版出来!!」と何度も何度も広告を出せば、どんなクソ小説でもジワジワ売れていくであろう。

472 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:18:33.37
このスレでも賞取った奴は嫉妬されまくるんだから
無名作家が下読みをやった場合も同じような心理状態になる。
才能にあふれてる作品は落とされる。
だから新人文学賞は効率が最も悪い作家になる方法なんだよね。

473 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:18:54.54
アイディアさえあれば、アイディアはすごいんだが
っていうのは初心者な

プロが書いてる作品だってアイディアがそんなにオリジナルなの無いだろ
種になるアイディアなんてどれもこれもたいしたこと無い
大事なのはどう書くか

474 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:20:37.11
あちあちこちのスレで
文学賞はアイディアを盗む場
それをプロが書く

って話を書いてるやつがいるw
なにかあったのか?

475 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:21:55.71
>>470
売れれば、ね。
売れっ子になれば、毎月口座にはウン百万、ウン千万と入ってくる。
ただ、そうなるのは毎年50人デビューしたとして1人か2人。
あとはもう悲惨なもんさ。
少なくとも一年に数万部売れないと、きびしいよね。


476 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:22:42.50
俺がこの賞に送った理由は専業の作家になりたいのもあるけど、一番はこの世の中を変えたい。違うか?おまえら?



477 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:25:47.07
じゃあ、最近よく本屋に並んでる道尾秀介とか有川なんとかだとかは毎月
口座にウン千万と入ってるのか。 なんてこったい。

478 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:26:26.14
>才能にあふれてる作品は落とされる。

おいおい、適当なこと言うなよ。
どこの新人賞もそうだが、そんな作品は滅多に送られてこないんだよ!
ほんと、団塊リタイアの思い出話と、ニートゆとりの現状不満話と
独身女のふわふわスイーツ話ばっかで、編集部は毎年、頭を抱えてるんだ。
昨年のサラなんか、ほかにないから仕方なしに受賞したのが、みえみえ。
だから、全応募作を必死に読んでるさ。いいのを探そうと。


479 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:27:09.18
俺は小説を書きたくて書いた
で、できあがってからどうしたらよいかわからないから
ジャンル的にあってそうなところに出した

世の中はこのままがいい


480 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:29:09.77
>>477
そうっすよ。
有川なんて、ほんと漫画みたいなクソ小説ばかりなんだけど、
単行本を出せば必ず20〜30万部行くでしょ。
文庫もあるから、たぶん毎月数千万!
朝井君は、桁がちがうけど、それでも毎月数百万入ってるはず。

481 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:29:47.87
サラってあまり批判されないよね。つまり嫉妬心を感じさせない。
それが下読み連中にうけた理由だと思う。

482 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:29:50.36
西村健太が3千万だかの貯金ができたって言ってたろ
道尾にしたって毎月数千万はないだろ
漫画家で小田とかなら毎月数億とかかもしれんけど

483 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:33:51.37
>>476

>俺様の価値観マンセー
まで読んだ。

484 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:34:04.67
ラノベが一番儲かるの??
でも表紙がロリアニメで気持ち悪くて読む気になれないんだが・・。
なんでラノベって普通の表紙にしないんだよ。

485 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:34:33.87
西村は純文学で、著作も少ないからそんなもん。
道尾はエンタメ&ミステリーで、著作も多いし、受賞も多い。確実に毎月ウン千万いってる。
エンタメ系作家は一旦売れれば、ドッカンドッカン印税が入る。
森博嗣は著作の中で「一生かかっても使いきれない金が入ってきた」と述べている。

486 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:34:35.70
>>481
悲しいかな、将棋しか書けない若輩と思われてる節はある
その将棋というのが野茂のフォークみたいな絶対的な決め球になるか

487 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:35:34.70
まだ長者番付が新聞にのってた頃の飛ぶ鳥落とす勢いの西村京太郎や赤川次郎
が1億くらいの税金だったはず
税率って最大で当時60%くらいだっけ(違ってるなら教えてえらい人)
当時の西村京太郎ほど売れてるとも思えないし
毎月1千万とかはあっても、毎月数千万はふかしすぎ

488 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:37:00.59
毎日決まった日 振り込まれてくるサラリーのように

489 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:37:22.47
>>486
でもサラの人って、確かこの賞取る前にも、
ジャンプの小説賞?だかで受賞?してるらしいから、
少なくともラノベは書けんじゃないか?
その作品も将棋の話だったら目も当てられないけど。

490 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:37:26.00
サラは、小スバのワナビー的には、「スルー」なんじゃない?
ま、ほかにいい作品がなかったようだし、来年に期待かな、っていうw

491 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:38:50.35
>ラノベが一番儲かるの??
トップクラスは一般エンタメより儲けてるけど
中堅や底辺は一般エンタメのほうが上し人数も多いと思う
本屋行って棚の量を見ればわかるけど、市場の規模が違うからさ
トップクラスになれるならラノベ、とりあえず食って生きたいなら一般じゃやね
西尾みたいに国境に住んで両方のおいしいとこどりとか

>なんでラノベって普通の表紙にしないんだよ

売れなくなるだろw 表紙見て買うやつ多いのに

492 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:39:21.42
サラの柔らかな香車は
こいつなら将棋小説しかかけないだろう。俺の得意分野と被らないっていう
下読みのバイト作家に安心感を与えるんだよね。
だから受賞できたって見方が有力だと思う。

493 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:43:13.09
サラが受賞したのは、やっぱり他に強力な推せる作品がなかったからでしょうね。
じゃなきゃ、あんな問題だらけの構図の作品は受賞できないだろうね。
講評を読めば、「うーん、なんだかなあ」って感じがプンプン。
しかも、構図がおかしいまま出版されている。

494 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:44:33.45
>>442

いまさらだけど見つけた、もう寝ただろうけど

697 :684:2011/04/24(日) 09:44:36.52 ID:?
それにしても、もし受賞して出版に相成れば、作者としては装丁に口出しする権限は少しでもあるのだろうか?


698 :名無し物書き@推敲中?:2011/04/24(日) 10:40:47.68 ID:?
集英社はしらんが

講談社:作者は蚊帳の外、出来上がってから見せられる
    言えば聞いてはくれるが叶うかどうかは別
角川:デザイナーを教えてくれたり、事前に見せてくれるが作者に口出す権限はなし
新潮:聞いてくれるが出版社に最新のデザインの知識が無く、思うとおりにならない
   だまってると新潮っぽいデザインになる
中公:割と親身に聞いてくれる、ただ在庫を長期に取っておく出版社なので
   汚れやすかったり退色しやすい色材によるものは無理といわれる

以上どっかで見たものなので今でもそうかどうか、合っているのかは知らん




495 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:44:34.34
で、お前らの得意分野ってなによ?
俺は時代物、今回初めて送ったがコテコテの時代小説、
大学・大学院と6年も日本の近代史を学んだんだからな
家ではパジャマ代わりに着物だぜ、イエーイ

496 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:46:38.35
自分の得意分野の小説でなおかつ筆力が上。年ははるかに若い。
そんな作品をもし自分が下読みなら上に上げるか?

497 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:49:19.15
今日も来たよ構図君がw

498 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:49:48.95
>>485
つまり、売れさえすれば一般の勤め人の給料をはるかに上回る稼ぎが期待できる。
しかし、時代も相まって、大金持ちと言えるほどの資産形成は難しい、か。

ある程度稼いだら、有望な会社に投資しよう!と俺の中で声がする。

499 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:50:18.35
>>489
ジャンプって、同じ集英社じゃん
そうか、ラノベで売れなかったか
出版社の内部事情は知らんけど、一般エンタメ書くのに紹介とかは
してくれないもなのかね

500 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:55:29.10
>>494
起きてるよん
あー、はいはい、集英社はわからんのね
デザインは決められなくても、せめて色ぐらいは要望に答えてほしい。
どうしても褐色系じゃなきゃやだ

501 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:56:00.96
>>495
俺はコテコテの現代小説だ!
仕事に打ち込む人や、現代の不条理に苦しむ人が多いかも。

ところで、日本人としてぜひとも時代小説書いてみたいんだけど、これは絶対
読んどいたほうがいいってな本とかないかな?
たぶん、応募とかはしないだろうけど。。

502 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:59:41.90
>>495
得意分野じゃないけど、書きたいのはがっちがちの西洋歴史もの。
でもそれ書いて出してた時は、
ファンタジー色強めのラノベ賞以外では全然一次も通んなくって、
ある時開き直って、コメディ色強い現代恋愛物書くようにしたら、
一般でもそこそこ残れるようになった。
だから、第三者的に見たら多分そっちのが向いてるんだろうなって感じ。
書きたい物と書ける物は別とは、よく言ったもんだよ。

503 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 00:59:50.97
>>501
三国志

504 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:01:33.45
>503
うそつき

505 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:04:46.78
>>504
将来的には三国志を書きたいの
でも偉大な先生たちと比較されちゃうグスン

506 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:06:52.77
電撃に送ってる奴いる?

507 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:07:59.66
>>498
売れるかどうかなんて、ほんと分からんのよ。
だから、出版社はどこもある意味、博打をしてるわけで。
ただ、作家側としては、一発目でドカーンと売れるのは例外中の例外で
多くは地道に量産していって、どこかでブレイクする、ってのが現実。
数年でブレイクするかもしれないし、一生、売れないままかもしれない。
だから、作家になる=資産形成、なんて考えは、甘ったれだと思うよ。

508 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:08:12.72
>日本人としてぜひとも時代小説書いてみたいんだけど、これは絶対
>読んどいたほうがいいってな本

忠臣蔵全員分のエピソードのやつじゃね
いわゆる、お涙頂戴モノの基本パターン集としてすぐれてる

509 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:17:39.75
ごめん、このスレに来るワナビーって、
作家がどんだけ厳しい職業かっていう認識がない奴って多くね?

売れてる作家だけみて、おれも! ってのは激アマだぞ。
数か月かかって完成した作品も、一万部しか売れなければ、百万だぞ、百万。
まったく無名のあなたの作品が一万部売れる保証なんてどこにもない。

そりゃ、10万部売れれば一千万入ってくるが
それは一握りだということをお忘れなく。
なのに、どうして、おれは絶対に売れる! と思ってしまう? 

そいつあ、現実をみないで何でも与えられてきた、ゆとり教育の弊害ってもんさ。



510 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:24:25.26
ゆとり教育か?
むかしから、野球選手にあこがれる子供だろうがノーベル賞を夢見るやつだろうが
ボクシングチャンピオンだろうが
夢見てるやつは、こんなもんじゃね

511 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:28:10.03
↑スポーツ選手ほどの努力をしているのだろうか、ワナビーは。
とりあえず書いて、「おれ、すげー、天才。売れる」とか、根拠なく思うやつが多いだろ。
死ぬほど努力している野球選手とかノーベル賞学者と、幼い夢レベルで同次元に考えること自体が、ゆとりそのものw

512 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:40:07.11
わな

513 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 01:43:46.56
ワナビは空想に耽る気持ち悪い存在
小説家はお札の柄にもなる煌びやかな存在
まるで蝶と芋虫の関係のようだ

514 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 04:43:04.89
>>511
ワナビーだって努力してるだろうよ
ひたすら何万字も常人は書けんぞ

515 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 08:03:22.92
ワナビーにもいろいろあって、
ふだん漫画とかラノベしか読まないで、ひどいやつだとテレビドラマしか見ないで、
とりあえず書いて応募しました、でもおれが受賞する、絶対に売れる
なんて簡単に思ってしまうやつもいる。
これを、ゆとりと言わずして何と言う。

516 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 08:33:36.00
>>515
それは「ゆとり」ではなくて
「うぬぼれ」の方が的確だな。
あと「うぬぼれ」は世代には関係ない。

517 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 08:37:47.81
となりに住んでいる82の爺さんはデイサービスで婆さんたちにモテモテだとうぬぼれてる

518 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 08:50:44.58
それは、うぬぼれというよりは、もしかしたら「妄想」もしくは
「痴呆」の初期段階かもしれぬな

519 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 09:30:20.29
もしくは金持ち&絶倫ジイサマなのかも

520 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 10:35:02.05
絶倫じいさまの妄想を、森見登美彦タッチで書き上げたら…すばる的にはアリですか?
読者層はリタイア団塊世代。

521 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 10:35:40.85
ゆとりって理系分野での一般知識の欠如とか
安定志向で公務員や主婦願望がつよいとか
不況しかしらないから、将来に希望が少ないとか
まじめにやっててもたかが知れてるというあきらめとかだろうな
いがいと大学とかの出席率はいいんだよな
テレビドラマばなれも大きいだろうし

テレビドラマを好んでみて、大人になっても漫画を読んで
努力は嫌うが、まったく根拠の無い自信があるのは
むしろバブル世代とかの特徴かな

522 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 11:22:59.66
バブル世代=根拠の無い自信がある。あってます。
     =努力は嫌う。間違った認識です。
バブル世代は頑張れば頑張っただけうえにいけた、もしくは目指せた世代。
むしろ、努力とか自分磨きが大好き。それらに金をかけられた世代だからな。
自己投資に惜しまないのが特徴だよw

523 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 11:55:44.39
ゆとり世代だから、景気のよかった日本をよく知らないんだけど、今の日本は
頑張っても上に行けるとは限らない時代なの?

524 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 12:24:15.66
どの世代も、頑張った者が全て上にいけるわけではない。
ただバブルの頃は上にいける範囲が今よりはずっと広かっただけだ。
今やそこから落ちた奴も多いがなw

525 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 12:27:16.67
>>524
自己紹介乙

526 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 13:37:55.75
バブル世代のがんばりって
こつこつ努力というより
なんか近道無いかと探して正攻法の努力を避けるイメージ
ちゃんと仕事より自分磨きwして上にいこうみたいな
世界を放浪すれば就職のとき有利なんじゃないかなとか
(そんなこと無いんだけどね)

527 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 13:50:00.55
>世界を放浪すれば
それって留学の間違いなのではw
流石に放浪で、就職有利と考える奴はいないだろう

528 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 14:18:13.51
いたぜ、今はさすがに気づいたんだろうな

「学生時代になにかやったものはありますか?」
「はい、見聞を広めるためにアジア各地をバックパックかついで旅して回りました」

本人は日本にとどまらない国際人アピールなんだろうけど
企業にしてみれば、辛いことあると即逃げるんだろうなとしか見えない

留学もそうだね、高校いけないやつをカナダとかニュージーランドとか行かせるのはやったね
これも大学時代に本当に他の大学に留学した人しか就職試験で言うメリットない

529 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 20:03:01.39
公募ガイドを立ち読みしたら、新人賞の傾向と対策の特集があって
小すばは「傑作と駄作が交互で選ばれ、駄作の次の年は応募数が跳ね上がる」とあって、笑ったw
ということは、過去最高だった去年の前のたぶらかしと国道ファミレスは駄作、
サラも駄作だとすれば、今年もまた過去最高となり、傑作が生まれるかも。
(ちなみに、暗に桐島は傑作という扱い。ま、売れてんだから仕方がないか)

で、公募ガイドにはおまいらに参考になることも書いてあったぞ。
「何かがヒットして、それに似た作品は束になって落とされる。独自性をみている」と。
つまり、小すばで言えば、桐島もどきの学園青春物は束になって落ちると。
ま、当然と言えば当然だが、学園ものを送った皆さん、御苦労さまでした。



530 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 20:52:42.79
 今年は二作品が受賞すると予想。
ひとつはいつも通り傾向に合ったものが、もうひとつは物議を醸し出す問題作的なものが

531 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 20:57:48.70
獣姦モノとか?

532 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 20:59:52.51
俺も二作品と予想だが
一つは読書好きのスイーツ()向け
一つは読者の新規開拓狙いで団塊や団塊Jrなど人口ボリュームの多い層向け
と見てる

533 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:12:07.00
なんかさ、お前らおかしくね?
賞って、
「さて今年はスイーツ向けを受賞させようかな」とかやって応募者も
「当たった!!」「あーあ外れた!」とかやる 
そういうもんじゃないでしょ

「面白いの来たねこれにしよう」って選んでそれがたまたま2作あったり
スイーツ向けだったり、団塊向けだったりするわけでしょ
へんな傾向分析は、競馬で馬の名前に法則性を探してるみたいなもんで
何の役にも立たないし、むだな労力だよ

534 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:14:15.38
受賞者は二人のほうがありがたい。一人だとかかるプレッシャーが半端ない

535 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:14:27.74
もしくは獣姦モノとか?

536 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:17:58.72
近親相姦ものなら俺が書いた
送ったのはここじゃないけど

537 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:20:53.73
人間と豚の純愛物だったらカテエラにならないのでは?
タイトル「サインはブヒー」

538 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:26:57.12
カテエラも一歩間違えれば希代の名作

539 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 21:30:10.45
VICTORY サインはブヒー

540 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 22:00:51.35
橋本ってジャンプの新人賞とってなんで小すばの2個の新人賞もとれるの?

541 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 22:04:00.54
ジャンル違いは良いらしいよ
ラノベと一般とか
純文学とエンタメとか

542 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 22:16:37.80
じゃあ純文学で新人賞とって鳴かず飛ばずで
ラノベに転向みたいなのもありなの?
デビュー済みはだめとかよく書かれてるんだが・・。

543 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 22:29:29.34
あるだろ、その国境線はハードルが厳しい気がするけどw


544 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 22:35:06.72
ジャンル違いで新人賞とってるやつって実際いるの?

545 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 22:53:28.83
540〜544
お前らワナビーなら新人賞の動きぐらい把握しておけよ。
乾禄郎はこのミス大賞と朝日時代小説大賞をとってるし、
新人賞4賞受賞の真藤順丈、5賞受賞の日日日(あきら)もいる。
橋本はジャンプ大賞では作家として育ててもらえないので
それを経歴にして小すばを狙ったんだ。

546 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 23:19:49.58
ハッシーのジャンプ賞受賞作はどんなん?

547 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 23:28:54.29
新人賞同時受賞と
新人賞受賞→デビュー→違うカテゴリの新人賞受賞
は違うだろ。後者はいないんじゃないの?

548 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 23:47:50.06
547
だからさ、ワナビーなら新人賞の動きぐらいチェックしとけよ。
去年のファンタジーノベル大賞とった人は、別の賞を受賞して(怪談大賞)から何作か書いて
カテゴリ替えしてファンノベ大賞をとってるんだ。
つまり、新人賞をとっても売れなくて出版してもらえないから、他の新人賞に応募する。
そんな人は他にもごろごろいるぞ。そんだけ厳しい世界なんだよ。

549 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/27(金) 23:51:31.20
受賞する小説書く以上に売れる小説書くのは難しいんだな

550 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 00:07:57.43
東野圭吾は受賞後10年うれなかったからな

551 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 00:13:58.15
ヒット作の条件があれば教えてほしい

552 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 00:19:33.38
ヒット作の条件は、売れてる本を分析すればいい。
@ ダイエット本
A ゲーム攻略本
B ○○の科学の本  だね。

売れる小説の条件なんて、ないさ。
出版社がゴリ押しして、本屋に山積みすればヒット作になる。

553 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 00:36:43.77
>>548

簡単に言うと
新人賞とプロも応募できる賞をごっちゃにしてるってぞ、ってこと?

554 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 02:15:45.92
>>545,548
橋本はジャンプ大賞で特別賞もらっただけでデビューもしてないから他の新人賞への応募ができた。
ファンノベも確かに幽がらみでデビューした人だが、ファンノベ自体が新人賞じゃなくプロもOK。
真藤も日日日もデビュー前に並行で応募しておいたものがバタバタ受賞した。他に竹内真もそうだな。
少なくとも新人賞をとってから、別の新人賞に応募して受賞した実績を俺は知らん。教えてくれ。

555 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 04:24:19.01
例えばさとにかく小説家にたくて
純文学、エンタメ、ホラー、サスペンス、ライトノベル、などあらゆる
新人賞に応募してる人って多いと思うんだけどね。
書きたい分野でない新人賞をとった場合ってどうなるんだろ。
ラノベから純文学に移行なんて無理だと思うし。
逆も無理じゃない?


556 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 05:56:54.49
このスレってよく>>555みたいにラノベを比較対象に論じようとする輩が多いけど
そもそも論で、ラノベはラノベ。
ふだんラノベしか読んどらんで、小スバ受賞なんてありえんからw


557 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 06:03:08.14
でも、桜庭はラノベからエンタメに見事な転身を果たしたよね。

558 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 07:17:33.96
桜庭はもともと名家のお嬢さんで、子供のときから読書量が半端ではない。
最初からとりあえずラノベからデビューして転身するつもりだった。有川もそう。
このスレでラノベ、ラノベ言ってるやつは、ほんとにラノベしか読んでいないw

559 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 07:23:53.76
という確証はないよね。
ラノベしか読まないとはどこにも書かれてないし。

560 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 08:20:06.10
この賞とっても芥川賞の候補にはなれない?

561 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 08:41:34.30

当たり前だろw

562 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 08:50:18.56
だからラノベしか読んでないと言われるんだw

563 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 09:21:07.04
やっぱすばる文学賞のほうに送るわ
ラノベ臭くても出来がよけりゃいいんだろ?

564 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 10:25:03.39
どうぞご自由に。

565 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 11:51:49.93
なんでラノベの女作家って男みたいな名前つけるのさ?

566 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 12:29:24.07
>>545>>548
はやく降臨していただきたい。勉強が足りない我ら愚かなワナビーに、
『新人賞受賞してから別の新人賞に応募し受賞』の先例を教えてください。
あ、フロンティアの人は名義変えてるけどプロOKの賞なので、それ以外でね。

567 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 13:11:16.46
てかまさか小すばだけ一作品毎年送り続けてる奴はいないだろ?
他の文学賞にも応募してるやつがほとんどじゃないの?

568 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 13:23:51.13
>566
逆にいえば新人しか募集できない新人賞ってどのくらい存在する?

ほとんどが
未発表作品
日本語で書かれた自作未発表作品や
オリジナル作品を募集
とかいう書き方だろ。

パピルス新人賞が「新人に限る」という但し書きがあったが、
あれはまだ募集してたかな?

逆に質問して悪いけど、プロ不可の賞ってどんくらいあるの?
ちなみにオレは545じゃ548じゃないよ。

569 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 13:28:44.68
メフィスト賞

570 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 15:05:27.69
読んで面白いこと内容制限はそれだけです

メフィストの応募条件にはそう書いてるぞ。
これを読む限りプロでもOkと受け取れるけどな。
逆にこれで新人以外不可という条件なら編集部の日本語力を疑う。

それともメフィスト誌の応募要項では違うふうに書いてるのかな。

571 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 15:59:15.05
メフィスト誌の応募要項にはデビュー済みは不可とあるよ。
つまり「期待の新星現る!本誌からデビュー」みたいな話題性が欲しいんだろ。
出版社にとっては同時受賞するような輩はうざいだけだと思う。

572 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 16:31:27.88
あら、そうなんですね
ご指摘ありがとうございます

573 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 16:35:19.53
そんなことないだろ
○○賞、△△賞、そして□□賞と三冠達成!
期待の大型新人デビュー作!
と互いの出版社が宣伝すれば相乗効果があるじゃん

574 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 16:45:29.42
自分好みに調教できないって考える編集もいるだろうな。

575 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 18:36:10.56
>『新人賞受賞してから別の新人賞に応募し受賞』の先例

サラの作者がまさにそれじゃね?

576 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 18:43:29.61
どうしてサラが桐島ほど注目を浴びてないのだと思う?

577 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 18:45:29.36
↑その質問、前もあったけど
たぶん「あ、これならいいっか」って感じで、嫉妬心が起きないからだろうね。
ワナビーの間の話ね。
一般的に注目を浴びてないのは、そりゃあ理由は明白でしょw

578 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 18:54:09.91
桐島=作品も作者も平成風
サラ=作品も作者も古い!

579 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 19:00:55.17
桐島=傑作
サラ=駄作 でおk?

580 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 19:35:11.90
>>577
将棋だからか?
同じような題材のヒカルの碁はあんなに売れたじゃん
その違いが分からんよ

581 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 19:40:19.81
>>575
特別賞だから『新人賞受賞』ではなかろう。佳作とかもそうだね。

582 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 20:22:08.65
とりあえずプロ不可の賞は
メフィストとパピルスだけってことでいいか?

583 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 20:26:22.53
プロ相手にワナビじゃ太刀打ちできん

584 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 21:00:43.18
↑そんなことないだろ。
プロの書き手でもヒドイ文章のやつは結構いる。
(例えば東野とか伊坂。エッセイは読めたもんではないレベル)


585 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 21:53:29.11
あは、ミステリ作家に対する偏見ですね。

586 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 23:05:46.82
どういう立場だったら>>584みたいなことが言えるのか……
冷やかしではなく本当に君の作品を読んでみたい

587 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 23:17:21.92
逆に聞きたいんだが、東野とか朝井とかの文章は上手いと思うの?

588 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 23:23:27.99
有川浩なんて文章はまったくうまくないよね。
漫画みたいなキャラクターとお約束のストーリー展開ってだけ。
『県庁おもてなし課』なんて「岡目八目」って言葉が何度も出てきて辟易した。

589 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 23:33:42.66
でも何億も稼いでるんでしょ?

590 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 23:35:09.24
エンタメでは文章力がそこまで重要視されてないことの表れ

591 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/28(土) 23:40:43.62
普段本なんて読まない人には文章の上手い下手は分からんさ
サッと読めてスカッとほんわかホッコリすればいいんだ

592 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/29(日) 02:08:25.63
>プロ相手にワナビじゃ太刀打ちできん

そんなことはないと思うけど……
次にどんな新人が現れるかわからないわけだし
新人が増えれば増えるだけ、プロ作家の食いぶちをつぶしていく。
少ないパイを巡っての争い。
一部の売れっ子を除いて、プロといってもオチオチしてられない。

593 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/29(日) 09:09:42.99
驚愕して驚いた

594 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/29(日) 11:02:44.78
今回諸事情で応募どころじゃないことになってしまい応募できなかったから次回は2作書いて送る

595 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/29(日) 11:52:56.56
わたしも今年はだせなかったから来年はマンコだすわよ

596 :イナ:2012/04/29(日) 13:06:51.10
(´・ω・`)・ω・`)
/  つ⊂  \ イヤ ヤメテ

597 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/29(日) 18:44:46.01
ビブリア書店が200万部突破したそうだね
モエ系で病弱の女性と僕との物語で
ちょっぴり謎解きがあってふわふわほっこりという
いかにもなやつが結局は売れるんだよね。

598 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/29(日) 18:54:01.47
モエに頼るのはずるい

599 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/29(日) 21:51:43.09
でもこういう小説のカスタマレビューは参考になるんじゃない?
http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4048704699/ref=cm_cr_dp_all_helpful?ie=UTF8&showViewpoints=1&sortBy=bySubmissionDateDescending

600 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 01:55:36.39
602 名無し物書き@推敲中? 2012/04/30(月) 00:14:25.42
某文学賞は暗黙の掟として年齢制限をしてるらしい。



601 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 03:15:01.81
年齢制限を具体的にお願いします。
30までで切るのか、40までなのか、50以上は全落ちなのか、20代優遇なのか。


602 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 04:47:18.95
30までで切る>>文藝賞

603 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 04:48:37.72
20代でも年寄り扱い。10代でやっとまともに見てもらえる。30以上
は読まずにごみ箱行きって噂。

604 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 08:06:04.47
まあ受賞者の年齢見りゃそうだわ

605 :名無し物書き@推敲中?:2012/04/30(月) 21:08:55.39
あくまで噂。なんの根拠もない。
出版社だってバカじゃない。10代に賞をあげたってその後の人生まで背負えんだろ。

606 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 00:45:04.04
>漫画みたいなキャラクターとお約束のストーリー展開ってだけ。
それでコンスタントに売れてるってのはセンスと技術があるからだと思うよ。
芥川賞は取れないだろうけどさ。欲しいとも思ってないだろ。

607 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 00:49:18.34
このスレって、エンタメ小説とラノベと漫画と純文学の区別がついてないやつ、多すぎwww

608 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 00:53:10.67
いくらなんでも漫画は区別つくだろ

609 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 00:57:26.92
不思議なことだが(不思議でもないのかも)
小説すばるどころか
エンタメ小説も純文学も(実は漫画もラノベも)あまり読んだことがないけど
応募しちゃってるやつが多いんだよ

食ったことあまり無いから、キャベツとレタスの差もわからんのだよ
そして読んだこと無くてもな、文句は言うんだよ
「XXの文章はひどい」とかさ




610 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 01:00:14.90
おまえら北方の水滸伝全部読んでるよな?

611 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 01:01:12.03
あれは老後用にとってある

612 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 01:03:59.08
そもそも北方って純文学だろ。
なんでエンタメの選考委員やってんだよ。

613 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 01:07:31.25
>>609
純文だが文藝の白岩(野ブタの作者)はほとんど小説を読まない

614 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 01:11:27.18
野ブタってどうみてもエンタメだよな。
文藝賞ってエンタメなんじゃないの?
クリスタリヴァリーもエンタメだし。

615 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 02:01:44.36
>>613

別に良いだろw
のぶたの作者は2chで
「XXってエンタメじゃね?」とか書いたりしてないんだろ

それに、ほとんど読んでいないが読んだ数少ないものは純文学なんだろ
(知らんけどさ)



616 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 07:37:36.56
文藝は一時期、「J文学」というのを標榜しててだなw
なんでもいいんだよ、あそこは。目新しければ。

で、北方がいつからジュンブンになったんだ?水滸伝も三国志も、エンタメとしか言いようがない中身だったぞ。

617 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 08:06:58.83
北方ってハードボイルでデビューした作家だろ?
ばりばりエンタメじゃん

618 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 09:19:56.47
>>617>>616
売れる前はバリバリ純文作家だったっていうのは超有名。ムダな恥かきたくないなら、
少しぐらい調べてから発言するとイイぞ。オススメだ。

619 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 10:15:54.65
アホか。純文学は同人誌時代の話じゃないか。
単行本出版デビュー後はエンタメ一直線だろ。

620 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/01(火) 18:27:40.21
純文学作家って昔自称してたじゃないか

621 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/03(木) 23:55:23.90
過疎ってしまった...

ということで、朝井君、売れてんね。売れまくってんねw サラも重版だってさ。

622 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 00:12:28.02
>>621
ほんと?
小すば受賞作というだけで売れるようになったか
随分と権威のある新人賞になったもんだ

623 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 10:09:21.90
>>621
朝井くんの何が売れてるの?文庫?

624 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 11:05:20.41
とりあえずみんなで図書館ではなく新品の本を買って
文学界の景気を良くするというのはどうだろう?

625 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 11:37:02.77
無理。
金がもっいないのもあるけど、もう本を置く場所、我が家にはないから。
図書館が一番。

626 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 11:40:46.91
サラリーマンで時間もなかなか取れないので
このGWに次回応募予定作に取り掛かり始めた
現在7000文字
あと10倍は書かないとだめなんだな
先は遠い

627 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 12:23:30.63
次回作って小すば以外出さないの?

628 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 12:34:44.07
若い女性狙いの作品に予定なので
今のところ小すば以外は考えてない
年末年始休みあたりで完成させるゆっくりスケジュール
まだプロットも細かいところまでつめてなくて
アイデアが固まった部分だけ文章化してるとこ


629 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 13:02:19.24
若い女狙いならイケメンじゃないと無理だな

630 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 14:22:17.01
>>625
それもそうか。
確かに置き場が無い。
うちなんて借りてきた本の置き場にも困っているしな……
大きな本棚とそれが入る家が欲しい

631 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 14:50:05.25
>>629
若い女含め、いちいち作者の顔見ないって
お前ら料理人の顔見てからそのお店選ぶか?

632 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 14:58:48.72
作者の顔、年齢、経歴は重要だよ。
巻末に乗ってるだろ。あれはかなり内容に影響がある。

633 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 15:04:43.05
新人賞って受賞したら絶対顔出さなきゃだめなのかな?


あと仮にだけど、
審査期間が被ってる2つの賞に同時に違う作品を応募して
どっちも受賞とかする人が出たらどうなるのだろうか。
まずないだろうけど。

634 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 15:15:34.83
>>632
そしたらブサイクorブスで低学歴の年増の小説は売れてないことになるぞ

635 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 15:26:16.44
>>634
実際その傾向はあるよ。
同じ内容の小説で現役美人女子高生とデブスおばさんじゃ売り上げに差は出る。
水島ヒロが無条件で売れたのと同じだよ。

636 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 15:36:09.55
水島ヒロは完全別枠だろ
アレは芸能人本と見た方がいい


637 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 15:38:16.45
漫画家はすさまじいキモ面ばかりだから
顔を晒さないだろ。作家もきもい奴は顔を出さない方がいい。

638 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 15:49:33.83
>>637
ラノベ作家も晒さないよな
西尾維新とか雑誌でも後ろ向きだったしw

639 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 17:10:52.68
>>633
まずググれ
新人賞の複数受賞なんて珍しくない話だぞ
実力ある人間なら賞がかわろうとも結果に差異はないんだよ

640 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 17:53:22.93
受賞したら正直顔だけじゃなく年齢も職業も出して欲しくないんだけど


641 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 19:20:25.07
俺はチンポなら出してもいい

642 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/04(金) 20:06:45.45
舞城みたいに覆面作家になればいいんじゃないの?
授賞式にすら出ないみたいだし。

643 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 02:04:08.56
>>641
上も下も覆面作家じゃねえか

644 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 08:45:59.95
イケメン作家に対抗してムケチン作家もいいな

645 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 08:46:05.97
>>635
綿谷りさより湊かなえの方が何百倍も売れてる現実は??

646 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 09:05:55.82
綿屋の蹴りたいは湊なみかそれ以上売れたはず
何100倍なんてありえない

647 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 10:03:10.10
マジレスすると、
顔出しは本人の意思次第
出版社も事情があるなら決して強要はしない

ただ、もしも顔出しNGとなった場合は、
宣伝の場が一気に半分以下になると考えたほうがよい
新聞見たらわかるけど、
本人のインタビューで写真なしの文章だけなんてまずないだろ?
新聞の紹介はデカいぞ
写真NGというだけで、紙面構成上、人選リストから外されて、
新人としては片翼だけで離陸させられるようなところがあると思う

648 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 10:45:23.10
顔出しOK、生年月日や経歴などプライベートなことは伏せる、ってのは有り?

649 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 11:01:29.30
もちろんアリだ
だが、質問しないとわからんことか?

650 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 11:21:14.00
捕らぬ狸すぎるだろその心配
受賞、せめて最終残った時点で出版社に直接言えよ
ワナビに聞いて安心すんなよ?
顔出しNGは新人賞不可って暗黙の了解がある社も存在するんだしさ

651 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 11:22:15.51
顔だしNGって今までそんなやついたか?
自分が書いた受賞作には責任もてよ
顔を出さないばかりに宣伝機会が少なくなるのは作品がかわいそう

652 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 11:47:09.85
会社兼業でおおぴらにできないとか、
坊主やってるけど作品は官能シーンたっぷりで顔出し難しいとか、
幼稚園の先生やってるけど作品内で幼児が誘拐されて死ぬとか、
生活との兼ね合いが難しいという例はありそうだけどな

653 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 12:33:25.69
そもそも公衆の面前に顔晒す覚悟もないんだったら
単に小説なんか書かなきゃいいだけの話だろ
電子書籍云々で手売りオンリーとかなら話は別だけど

654 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 13:02:47.65
顔さらさない奴を必死で叩いてる奴ってなんなんだろうな
頭悪いのに俺の考えが正しいといって聞かないタイプっぽい

655 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 13:12:38.06
>>653
小説を書くなというのは極論だが、顔晒しが嫌なら小すばに送るべきじゃない
これまでの受賞者はみんな顔晒してただろ


656 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 13:35:42.17
ライトを下からめっちゃ当ててもらって
さらに微修正を加えたパネルマジック写真で
お願いしたい

657 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 13:40:08.18
大火傷のため顔がケロイドでぐずぐずになってても晒さなきゃいけないの?
集英社は鬼ですか?

658 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 13:43:59.76
>>657
大谷吉継みたいに包帯ぐるぐる巻きにして出ろ


659 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 13:54:54.73
ペンネームはスケキヨかw

660 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 14:35:42.46
>>659
シズマだろ


661 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 14:43:09.57
北村薫w
女子大生と噂され、実はおっさんw
覆面作家なんて、なんぼでもいるでよ

662 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 16:18:04.43
某サッカー漫画家をテレビで見たときはショックだった・・。
コミュ障のキモ面で満足に話しもできない。その漫画がさわやかだったけに
露出したことは明らかにマイナスだったと思う。

湊かなえは美人ではないけどキモくはないからセーフだろ。
問題はキモいコミュ障だよ。
おっさんでも山本一力とかコミュ力があればメディアに出まくっても問題はない。

663 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 16:32:10.76
もし、顔がやけどで包帯で失礼しますっていう人が賞取ったら
超ド級の新人キターーーって思うだろうな

664 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 16:39:38.10
純文学ならありだろうけどさわやかな青春恋愛小説で
ゲテモノはだめだろ

665 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 18:25:15.23
顔だしNGって夢というか将来設計のないやつだなあ。
直木賞もとれねえだろ、それじゃあ。
(舞城がいるぞ、と言われそうだが、芥川ノミネート止まり)
おれは作家デビューを足がかりに、顔を売り出して
テレビにも出てみてえぞ。


666 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 18:26:59.43
俺も嫁みつけたいので
顔出しは可だな


667 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 21:56:31.92
むしろ現役女子高生を合法的に嫁にする手段だし>小説家

668 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 22:03:18.97
↑kwsk

669 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 22:17:27.57
小説執筆は趣味にとどめておこうかと迷っていたが、>>667の言葉で気が変わった。
しかし、小説化が一体どうして現役女子高生と懇ろになれるのか

670 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 22:18:15.32
携帯小説家ならいけるかもな
顔ありきだろーけど

671 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 22:33:53.66
今映画の阪急電車やってるよ。
有川みたいなラノベとエンタメの両方やらせてもらえる作家うらやま。
これって珍しい例なの?

672 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 22:35:03.53
小説家ってJKに人気なの?

673 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 22:35:58.70
なわけねーだろ

674 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 22:46:19.50
有川浩みたいな都合のいい作家になりたい。。

675 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/05(土) 23:48:48.67
億単位で稼ぐ作家になりゃそれこそモテるだろーけどな
俺が女子高生で相手が東野圭吾なら喜んで股開くわ

676 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 03:48:21.04
>>671
有川は両方をやらしてもらってるんじゃなく、ラノベからエンタメに鞍替えしたまで
ここではステップアップというべきだろう
最近の萌え偏重には嫌気がさしているようで

677 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 04:14:16.68
ラノベからエンタメに鞍替えって作家の意思で簡単にできるの?
ある程度重鎮にならないと無理じゃない

678 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 11:59:28.96
簡単にできない、乙一が文句言ってる(Wikiに軽く載ってる)

エンタメの編集者はラノベを見もしない
読みもしないで馬鹿にしてる
ほとんどのラノベ=→エンタメな人は、ラノベ臭さが薄い人だと思う
(よって今のラノベ界でそういう人は重鎮になれないだろうし、重鎮になれる人はエンタメに移行しずらいと思う)
もしくはラノベが今みたいになる前から若者向け小説を書いてた人だったりする

ラノベで重鎮になることよりも、自信があるならエンタメの賞に出す方が話が早いと思う

679 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 13:02:27.74
SF、グロ系でもエンタメってOKなの?

680 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 17:20:17.47
エンタメだと自称すればエンタメだろ

ライトの守備範囲なのに
ファーストが捕ったらファーストフライで記録されるのと一緒

681 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 17:31:05.09
SFってエンタメに包括されたカテゴリーだと思ってたんだけど違うの?

682 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 17:33:16.00
SFもグロもエンタメだけど
そういうことじゃなくてエンタメの賞はこういうの受け入れるの?
ってことじゃねーの

答えは
ケースバイケース、賞ごとに違うなんだろうけどさ

683 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 17:35:01.22
自費出版の山田ゆうすけみたいなのって
どのカテゴリなの?
ラノベではないよね

684 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 19:11:09.58
ラノベ以外何物でもないだろ。

685 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 19:32:54.96
ラノベだとロリアニメみたいな表紙じゃん。
あれが気持ち悪い。


686 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 20:59:39.84
同感。
あれを何とも思わずに買えるやつの気が知れない。

687 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 21:13:23.67
ラノベみたいな軽い文章、世界観だけど表紙はエンタメ。
そういうのってどこの賞のカテゴリーなの?
メフィストは難解な感じがするし・・。
小すばは女向けだしな。

688 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 21:22:37.66
小すば、メフィスト、ファンタジーノベル、ダ・ヴィンチ、野性時代フロ、
あたりなら、だいたいどこでも該当すると思う
過去に類似作がなくても、
おもしろければ受け入れてもらえるよ


689 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 21:27:37.63
クリスタルヴァリーってあれはラノベだよね。
文学性が全くないし。もう純文学はなんでもありなの?

690 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/06(日) 21:35:22.55
どれも傾向がまるで違うだろw
応募するとき、少しのリスクでも避けるのは常識だろ

691 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 14:11:41.21
文学賞はどこもそうだけどカテエラは重要視しないよ。
カテエラより才能。


692 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 14:17:52.47
芥川賞のタブー

芥川賞、新人賞、各種文学賞には、次の様なタブーがあるので新人作家をめざす人は十分注意しなければならない。
このタブーは、演劇、シナリオ、エッセイ方面においても全く同様である。

@ フェミニズム運動、女性を批判してはならない。
A 反戦平和運動を批判してはならない。
B マスコミを批判してはならない。
C 左翼を批判してはならない、特に極左テロ集団を批判してはならない。
このうち、初心者が踏んでしまう地雷は@が一番多い。文学作品は男と女の話が圧倒的に多いからである。
例=
A 離婚の話は女が被害者の形で書かなければいけない。女の身勝手などという内容で絶対に書いてはいけない。
B 同棲の話も、女が被害者という形に限定。
C 農村の嫁不足というテーマは書いてはいけない。
D 中小企業労働者の男性が低賃金のために結婚で苦労する話は書いてはいけない。
F 風俗関係、接客業関係の女性を描くときは、必ず、女性は被害者、客の男は加害者という形で書かなければならない。
東京銀座のホステス、大阪北新地のホステスのように、客の横に座って話しをするだけで、サラリーマンよりも5倍も10倍も高い給料をとれるのは日本だけだという事実を書いてはいけない。
その他、女性批判となるような文言は直接、間接を問わず、一切書いてはいけない。どれだけ真面目な文章であっても絶対に書いてはいけない。
言葉のはしばしにいたるまで左翼マスコミの徹底した言論統制の目がひかっている。
今のマスコミ・出版社は、極左集団によって完全支配されているので、その点を、よくよく考えて制作にはげんでもらいたい。
この話を信じられない人は、現在出版されている小説、上演されているドラマで、この話を否定するようなものがあるかどうか考えてもらえればよろしいかと思う。

保守的な思想、愛国的な思想、男性が男性らしく頑張るという体育会系マッチョな思想が、主人公の内面に描かれていたり、地の文にあらわされていた場合、「通俗的」などのレッテルが貼られ、作品は抹殺される。

693 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 14:18:23.09
簡略に記すと、「弱い労働者の立場・女性の立場」以外から書いては絶対に日の目を見ない。
社民党の主張立場とそっくりだ。福島瑞穂に気に入られそうな作品でなければならない。
石原慎太郎的な反発は噛ませ犬に抑えこまれている。

政党支持率1%の社民党だが、かつての二大政党であり、マスゴミへの浸透は過去の遺産で分厚い。
1%支持の社民党的価値観から外れるものは圧倒的に「極左の根城」文藝春秋社実質主催の芥川賞から
徹底的に排除され、純文学は息吹を失った。

「弱い労働者・女性」の目線からしか描けなくなり、作品のバラエティーは失われ、表現は一律化し、
痩せ細り、大衆の共感は得られない支持層1%芸術と成り下がった。

人間関係の回復などは是とされるが、例えばビジネスの成功やスポーツの勝利など社会的状況下の極小の成功なども主筋と絡んだ場合には「通俗的」として致命的減点となる。中盤はひたすら状況の停滞もしくは悪化でなければならない。

クライマックスは狂人じみた叫びの強さが歓迎される。95%(20人の内19人)の芥川賞受賞者は24才〜39才と見てよく、差別は非常に強い。差別は左翼の本性を現すものである。

「私の廃太子論」でおなじみの文藝春秋社が、極左の牙城であることは、業界内外に広く知れ渡った、絶対事実である。
現在同社は社内で本誌と呼ばれる月刊文藝春秋誌まで赤字が常態化、某印刷会社の傘下に入る日も近いと噂されている。

★ともかくの絶対的タブー事項 主人公が「日本が好き・日本人が好き・日本神道を信じている・友と助け合い、勤勉実直に生きていきたい」という保守的なものは弾かれる。主人公や作者は社民党を支持しそうな人間でなければ絶対に受賞しない

694 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 14:20:28.91
>>691
才能があろうと>>692>>693が守られてないのはボツ
サッカーでいうならオフサイド
どんなスーパーゴールも認められませんw

695 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 14:26:36.17
西村賢太は女をボコボコにしてバカにしてる小説だぞ。
「経血女」と書いてるし。

696 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 14:57:03.96
>>695
そうだよなあ
女が強くて、被害者の男をボコボコにしてたらタブーだろうけど、西やんは定石どおりって感じだよね

697 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 15:43:41.14
最近来た人なのか? こいつは何度論破されてもくりかし書き込みすれば
信じるやつもいるかもって言う作戦なんだよ


698 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 15:50:42.09
やらせときゃいいじゃん
2chで何を喚こうが実際の選考にはなんも影響しないし

699 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 21:08:07.72
〜である。を連発してるやつはまず無理。

700 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 22:05:35.00
小説をこの賞に応募してみようかと思っているんですが
今まで小説を書いたことがなくて原稿用紙に何で書けばいいのか分かりません。
ボールペンや万年筆で書けばいいんでしょうか?

それから皆さんはやはりパソコンとソフトを使って効率よく仕上げる方がおおいんでしょうか?
質問ばかりですみません

701 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 22:09:52.58
最初にレスする俺に決定権を与える。
ワードで書いてプリントアウト。

702 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/07(月) 23:44:45.27
それか、ストライクバッターアウト
どっちかにしとけ

703 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 00:06:15.97
完成した小説ってワナビ同士で見せ合ったりする?
パクられるかな。

704 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 00:09:36.71
俺はしない
今執筆中の俺の作品なんて
twitterか何かでオチをばらされたらしまいだからな

705 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 00:44:39.53
>>700
手書き不可厨くるでw

706 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 10:41:38.76
原稿用紙に万年筆という発想。
しかし疑問は2ちゃんへ >>700は何歳なのだ?

707 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 10:59:30.84
無色の31歳です
一応就職しようと思えばできるけど、あえて厳しい道、つまり作家を心射した

708 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 12:18:52.87
>>707
会社勤めの経験はあるの?
作家になりたいってのを言い訳に無職ってのは、ねえ。

709 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 12:22:38.55
手書きってだけで落とされますよ
これほんとです
よーく考えてください

710 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 12:53:07.35
>>708
作家になりたいから無職ではない
作家にしかなれないから無職だ

711 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 13:13:09.66
400字詰め原稿用紙換算って言うけど、実際に原稿用紙に書いてるなら普通に
枚数を勘定すればいいの?
むろん、応募するものはパソコンを使うのだけれど。

712 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 13:25:20.49
>>710
先生はいつ頃デビュー予定ですか?

713 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 13:31:31.94
>>711
400字の原稿用紙に書いたら何枚になるかってことだろ
>>712
発表と同時に掲載だっけ?
じゃあそのときだね

714 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 13:42:46.62
「未発表原稿に限る」って未発表の定義はなに?
サークル仲間内でまわし読みとかでもだめなんですか?

715 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 14:28:59.16
>>712
J( 'ー`)しゆうすけは小説の大先生だもんね

716 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 14:33:14.72
普通は商業誌をさすよ
サークル、同人誌は販売してた(会費制でも)ならアウトが多い
原稿を印刷してテニスサークルでまわし読みとかならOKだろうけどw
ネットでの公開は、応募時速やかに削除すればOKが多い

が、小説すばるでは明記されてないのでそいつは取っておいて
新作書くのか吉
どうしても出したいならメールで問い合わせるか
問い合わせたくないなら

これこれこういうサークルで出したものです、等の文言を付け加えて出したら?


おそらくだけど作品が良いならその程度はOKだろうし
作品が悪いなら、そもそも意味ない心配

717 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 16:13:27.12
↑ お前、めっちゃ親切だなw

718 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 23:14:46.57
400字詰め原稿用紙で200枚以上っていうのは
8万文字ってことでしょうか?
それとも改行したときの空白とか入れて
200枚以上だったらいいのでしょうか?

719 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 23:21:12.52
>>718
ワープロソフトの設定を20×20にして変換しなおせば、何枚かわかるでしょ

720 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 23:23:58.07
いえ、手書きで書くので
手書きで書いたときは文字数をいちいち数えなくていいということですね
朗報です

721 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/08(火) 23:41:42.03
心射した時点でダメだと思う。

722 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 00:06:14.13
原稿用紙200枚って
会話文が多かったら5万文字くらいでひょっとしていっちゃう?

723 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:04:38.20
そもそも論だが、作家を目指そうという新人が、いまどき手書きって時点でアウト!
メールで編集者と仕事のやりとりをするんだよ。どうするの、手書きで?
というと、必ず西村賢太や田中慎哉は手書きだとか、北方先生とか誰誰もそうだ、という
反論があるが、純文学は枚数が少ないため若干許される点と、大御所の先生だから
であって、新人で数百枚のエンタメ作家を目指すなら手書きは完全アウト!!
いくら言ってもわからんやつがいるようだが、小すばの場合、最終に残った場合
候補作の体裁をすべて整えるため、最終の連絡があった後に原稿を送る必要がある。
手書き原稿の場合、じゃあ一体だれが体裁を整えるのか。編集部にやらせるのか?
つまり手書き原稿の場合、選考委員の手元にわたるまでに体裁を整える時間がない。
その点はよく考えた方がいい。
そもそも本が売れない時代、出版社は電子書籍に新たな市場開拓を期待している。
そんなときに手書きでいいのか? しかも新人作家が?
手書き派はワープロが使えない団塊世代なのかニートゆとり君なのか知らないが
エンタメ系の作家で手書きで新人がデビューすることはありえない!!!と断定する。



724 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:05:39.59
>>720
原稿用紙換算はワー原のやつのための注意。
手書きで原稿用紙に書くのに原稿用紙換算をしなきゃならない理由は無い。

725 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:07:52.66
>>723
お前がまずワープロ原稿でメール送信して小すば受賞してから断定してくれよ
そしたら聞いてやるよ

726 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:15:28.21
>>725
お前が手書き原稿で小すば受賞してから断定してくれよw

デビュー後も二作目、三作目とずーっと手書きなんですかあ?

作家を目指す前にワープロを使いこなせるようにしませう


727 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:23:09.23
下読みさんが出している本の中に
「これから作家を目指す人は、手書きはやめた方がいい」
「新人にはメールで原稿を送れるスキルが必要」とあるんだがw
実際に新人賞の選考に関わっている人がそう言ってても納得しないのか?
手書き派=時代に取り残された頑固者?w

728 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:23:55.14
>>726
お前がまずワープロ原稿でメール送信して小すば受賞してから断定してくれよ
そしたら聞いてやるよ

729 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:26:17.69
電./子/書/籍/時/代/厨は常に喧嘩腰だな。
アウト! とか連呼してきもちわるい。

730 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:26:25.72
>>727
お前が作家デビューして、下読みで食いつないで、編集から
「手書きは落とせ」
て、指示をもらってから断定してくれよ
そしたら聞いてやるよ

731 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:37:58.97
>>723
>>727
OCRって手もあるけどなw

732 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 01:40:57.49
ブログとかで小説連載してるやついない?
第三者のコメントやアクセス数で反応がわかるから
絶対上達していくと思うんだけどアイデアが盗まれたりするリスクが怖くてできない・・。

733 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 02:29:40.62
ぶっちゃけワナビの考えたアイデアなんて
人が盗むほどのオリジナリティある可能性は極少なんだけどな
てかそれ自体が既に既視感バリバリなことがほとんどだ
作品の良し悪しはおいといて
リアル鬼ごっこや王様ゲームぐらいの完全ネタ勝負の作品でない限りは心配いらんて

734 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 02:34:52.37
個人ブログで小説連載なんかしたって、コメント付くのは既に相当上手くなってからだ。

735 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 03:27:17.55
本当に純粋に思うんだが、なぜ手書きなの?

なぜこのスレに書き込むことができて(=ネットスキルはあるのに)
原稿は手書きなのか、純粋にその理由が知りたい。

ただ単にパソコンを持っていないのか
ワードその他のソフトがないのか
プリントアウトの環境がないのか
手書きの方が書くのが早いからなのか
手書きの方が選ばれやすいと信じているのか

おそらく100人中99人はワープロ原稿だと思うが、
なぜに手書きなのか?

あなたの原稿を読む下読み&編集部のこと、考えてます?



736 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 04:00:03.15
応募要項に手書きでも大丈夫とあったとして
それでも手書きで応募するこのKYさって何?

737 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 04:10:51.44
一次二次で落ちる前提なら、そうだろうな。
最終まで残るような作品なら、それが手書きだろうと活字だろうと差は無い程、内容を読み込まれる事だろう。
俺は手書きなんて絶対無理だが。

738 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 04:19:28.90
737のように、「手書きなんて絶対無理」というのがフツーというか、マナー≠ナしょw

739 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 04:50:07.64
 フツー度数

  10    自分はプリントアウト&他人はどっちでもいい   派  大半
   5    自分は手書き&他人はどっちでもいい       派  レア種
  -10    自分はプリントアウト&他人もそうすべき      派  あの人うざくない?
  -20   自分は手書き&他人もそうすべき          派  奇人
  -80   電子書籍や時代と結びつけて語りだす        奴  荒し

740 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 08:10:21.07
手書きって書いたの俺だが
本当に手書きで書く訳ないだろ
ちょっとバカそうなことかいたら
お前ら優越感で嬉しがって一杯レス入れて
お前ら人間的にちっちゃいよね
成功してないのがよくわかる

741 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 08:29:15.13

>>735さんオハヨウゴザイマス。相変わらず文章がお上手ですね

742 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 08:41:54.67
ネットの質問サイトみたら
原稿用紙換算枚数200枚=8万文字
とか言ってる奴いるな
頭悪いのになんで質問に答えるんだろうな

743 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 09:15:53.52
>>735
俺、パソコンで文章書いてるけど、お前はうざい
そろそろ自分がまわりからどう見られてるか気付けよ

744 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 11:48:54.83
>>740
人間が小さくて成功できそうにないのはあなたですから!
結局、ひよって手書きですかあ?

745 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 12:02:38.12
>>744
荒らし君が調子に乗るので、エサを与えないでください。

746 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 13:11:30.86
結局ワナビって自分が選ばれないルサンチマンが溜まりに溜まっているわけでw

747 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 13:17:21.45
要するに、誰も手書きで送るようなバカはいない、ってことでおk?

748 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 14:52:57.53
多分だけどさ(でも確信持ってるけどさ)
字がきれいなら、べつだんOKだと思うよ
不都合な理由がないもの
(これは邪推だが)あんたら、あんまり字が上手じゃないんでしょ

749 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 16:48:58.36
俺は現在手書き派でもパソコン派でもない…すなわち、まだ書き始めてもない者
でございますが、パソコン執筆の場合、ワードを使うのがよいのだらうか?

小説なんて書いたことないから、何文字で折り返せばいいのかとか、わからぬのよ。
みんな最初はどう勉強したんだい?

750 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 17:26:32.48
俺は適当なエディタでベタ打ちして、毎日の書き終わりに20×20の
フォーマットにコピぺして枚数確認するけども、釣りだろ、さすがにそんな。

751 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 18:09:47.97
最終選考に残ると印刷ゲラに再構築してくれるらしいからあんまり意味ないけど、
下読みさんだけへのサービスで、そのページの最終行にはやくページめくりたくなるように引きを作ったw


扉をあけて入ってきたのは、
--------------------------
↓次ページ

みたいに。
最終選考以前に、まず下読みさんを楽しませたかった。

752 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 20:52:13.38
>>751
それ、バクマンかw
小説の場合、そういう引きが効果をあげるとはとーてい思えんが...
(京極はページの最後が「。」で終わるように書いているの有名な話だが
そんの言われなければ読者は全く気付かないし、気にもならない)
それより全体のストーリー展開だろうね

753 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 21:23:41.42
バクマンっていうか漫画じゃ普通の手法

754 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 21:24:47.92
つーかそんなもんで評価が劇的に変わるはずもない

755 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 21:32:09.60
ページをめくりたくなるのは、
ハラハラドキドキするストーリー、予想もつかない展開、魅力的なキャラ
などなど、と思うのだが。
ページの最終行の引きなど、ほとんど意味がないのでは

756 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 21:35:13.60
いやいや着地は大事だよ。
下手をするとそれまでの展開が台無しになる。

757 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 21:53:00.21
最終行の引きうんぬんは、応募原稿の体裁がそのまま出版される場合のみ意味があると思うが

758 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 21:56:26.55
選考にも大いに関係するだろう

759 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:00:43.08
出版される際は1行あたり40文字だけど、これは1行当たり30文字だからね。
読者の手に届く時には何の意味もなくなっているこだわりに何の意味があるのかと
思っていたら、大多数が同じ意見かw
下手したら、「こいつ、こだわる場所を間違えている」と減点になるのでは?

760 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:01:47.75
このスレは、漫画と小説を一緒にするやつが多すぎる
なんでもいいからその辺の小説のめくってみなよ
最終行に引きなんかないだろ!
編集の組み方で(製本の段階で)いくらでもページの最後の文字は変わるわけで
ほんと、世間知らずが多すぎるわ!


761 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:04:39.36
こだわりをなくしたら、もうどうしようもない作品しか書けなくなるよ
もともと作家になるための適正など皆無に近いんだから

762 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:08:59.64
そんなところにこだわるなよw
もしこだわるなら、泡坂妻夫の「しあわせの書―ヨギガンジー」を読むことをお勧めする
本の○○(←ネタばれ)がトリックになっているという、ものすごいこだわりを感じさせる本だから。

763 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:14:55.08
俺なら
「17行40文字の単行本用に原稿を整形したとき、こんなこだわりが浮かび上がります」
とアピールして、その条件下でこだわるけどね。
30文字の条件下でこだわるとは、なんとも間が抜けている。

764 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:16:03.76
>>751自身が「意味ない」っていいきってるのに、以降の連中の偏執ぶり


765 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:22:49.35
意味ないどころか、変な臭いが漂ってきて気になるんだよw

766 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:26:04.79
誰かがど素人的な書き込みをする
→「バカかお前」というリアクションが多発する
→好き勝手な根拠のない異論反論が相次ぐ
→挙げ句「お前みたいなワナビーは絶対に通らない」
という、いつもの流れ

767 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:32:52.73
まあ要するにみんなイライラしながら第一次発表を待ってるってことか

768 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:34:27.08
赤川次郎は編集者に印刷段階でどうなるか聞いて
「犯人は」そう言って全員の顔を見渡した。
次のページ
「だれだれです」

をやるってよ

「挿絵がついてうまくいかなかったりもする」と言っているから
べつにそのとうりにならないから文句言ったりやり直しさせるほどの
こだわりではないみたいだけど

769 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:39:17.01
↑それは著作が500冊以上ある赤川だからw
ワナビーが最終行をどうこう工夫しようが何の意味もない!

770 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:42:32.73
まったりと「自分はこんなことしてみた」と言って誰かに強要してるわけでもないのに、
否定派の沸騰温度が高すぎて。

単芝とエクスクラメーションマークはセットなんかね

771 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:46:14.47
うん、500冊書いてる赤川だって大して意味ないと思うよ
(そういう馬鹿なこと)赤川も本気じゃないけどやってるってよ的な紹介のつもりだったんだが

772 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:48:22.80
そもそも>>751の違和感って
まずそんなうんこみたいな手法使おうとしてるのに
最終選考に残れると信じてるところだろ



773 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:50:12.56
赤川はやってるよ、とか、西村や田中は手書き派だよ、とか
すでに売れている大作家を持ち出して理論武装しようとするのは何なのかね
ワナビーは誰もやっていない道を開拓しないと、選ばれないよ
編集部もそれを求めてるわけで

774 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:51:05.90
まあまあ。そんなうんこうんこ言わずに。

775 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:54:41.93
ばーか
書き方とか道具で誰もやっていないことやってもそれで評価されるわけないだろ
そんなの求める編集部あるかいな
鉛筆でこすったら犯人の名前が浮き出てきますとかそういうの駄目だから


内容で誰も書いたことが無いものって話だろ

もちろんちゃんとした質の小説になっているもので、っていう前提な


776 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 22:57:16.80
>>775
>書き方とか道具で誰もやっていないことやってもそれで評価されるわけないだろ
てか、どこにもそんなことは書いていないんだがw

>内容で誰も書いたことが無いものって話だろ
そうです。当たり前でしょ。ばーかw

777 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 23:02:51.98
>てか、どこにもそんなことは書いていないんだがw


赤川の小説以前のページの話とか西村の手書きの話の後に
とか、でつないで

>ワナビーは誰もやっていない道を開拓しないと、選ばれないよ

って書いたら、この馬鹿は手法で「誰もやっていない道を開拓」しろと言っていると取るんだよ

そんなつもりは無かったのかもしれんけどさ
これ俺の読み違えってレベルじゃないでしょ
ばーかとか書いた言い方悪かったから、謝るからさ、
ちょっと無心になって自分の書き込み読み返してみてよ

778 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 23:06:28.33
もまいらもちつけ

779 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 23:09:45.96
話題を変えようぜ。

朝井と石田の対談だが、どちらもブサイクすぎるw
http://www.shueisha.co.jp/kirishima/taidan/index.html

780 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/09(水) 23:10:56.42
カオス

781 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 04:20:14.95
朝です
小すばスレに集う雑魚ワナビの皆様おはよう御座います
昨夜のわだかまりは捨てて
この夜明けのような清々しい気持ちで頑張りましょう
朝井です

782 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 05:27:47.00
応募した時は
「ここまで完璧な作品はない!!絶対受賞する!!」
って思ってたけど、ゴールデンウイークに自分の作品読み返したら自身なくなってきた。
新しい作品書いて、また応募しようか…
はたまた別の賞に応募しようか…
とにかく小説家になりたい(´・ω・`)

783 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 05:37:52.18
>>782
どうしてそう思ったんだ?
選評を読んだかぎり、完璧な小説を求めているわけじゃなさそう
これだ!!!!!というものがないと

784 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 06:41:09.40
書きあげた後は誰だってテンションMAXになる
ただ受賞するのは結局、傾向と対策で無難に書いた作品(サラみたいな)
カテエラって絶対にあるから、落ちた時点で改稿して別の賞に送る手はあるよね

785 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 07:10:31.94
良い悪いは別にして、サラを無難な作品とみなすのか? その価値観は理解できんわ。

786 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 08:02:50.24
>>784
サラみたいな薬にも毒にもならんのは勘弁
自分のじゃなくても我々ワナビを黙らせる作品が選ばれることを祈る

787 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 08:05:04.25
ごめん、サラが無難というのは、去年はほかにイイ作品がなかったから。
とりあえず最後まで読める作品としては、サラは完成していて
しかも作者の背後には将棋人口がいて、作者もジャンプ大賞とっているので
一発屋ではなさそうだ。ということでの、無難な受賞。

788 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 08:11:31.49
>>787
理解した。でも、残念がら前回の応募作で唯一受賞に値する(異論はあるだろうが)のが
サラだけだったってことだろうから、「応募者は奮起せよ」ってことだな。自戒も含めてだが。

789 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 09:15:51.88
>「応募者は奮起せよ」ってことだな。

去年応募したオレはそう受けとっている。
講評を読む限り2作同時受賞を出したいところだが(とくに村山の講評)
他に決定打がないためサラにしたというのがアリアリと伝わってくる。
逆に言えば、過去最高の応募作の中にサラを超える物がなかった、わけ。
今年はその点をよく踏まえて応募しました。


790 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 09:21:44.62
>>789
1000作以上集まってサラ以下はないよ
よっぽど駄作ばっかりだったんだろうな
将棋小説は全然新しくない
万人受けするコンテンツでもない


791 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 10:40:45.30
サラをこき下ろしたり朝井くんに嫉妬する暇があったら、それ以上のものを書く努力を
すべきだよな。愚痴や不平で自分が成長するわけもない。永遠の負け犬でいたいなら構わんが。

792 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 10:43:01.19
この中に最終選考残ったことある人はいるの?

793 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 14:32:36.33
>>791が言うことは正論だよ。誰にも批判できない直球ド真ん中の正論だ。
しかしさ、選ばれた1人(ときに2人)以外はぜーーーーいん、負け犬になっちゃんだよ。
最終的には、売れる要素があるかどうか(作者の属性=平成生まれの現役早大生、元プロ目指した棋士なども含む)
で選ばれるわけであって、おしいところまで残った人の中には、サラや朝井以上の人は多いはず。
少なくとも、「自分は普通」とインタビューに平然と答える朝井よりも自負を持っているワナビーはいる。おれがそうだ。
それを「負け犬」で片付けてしまう>>791 の神視点は一体どこから来るのだろうか?
嫉妬は結構、愚痴や不満は上等。おれは神じゃない。人間だ。
なんであんなのが10万部も売れるんだ。ふざけんな、と思って、作品を書いている。それが何か?


794 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 15:31:43.13
小すばは作品じゃなくて作家を探してるんだよ。
経歴年齢顔だ。その次に作品の内容。
おばはんおっさんはどう足掻いても無理。

795 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 15:45:13.86
>>794
履歴書みたいに顔写真があるわけじゃないから心配すんな
どんなイケメン美女でも駄作はゴミ箱行き

796 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 15:51:17.93
>>794のような「若者有利」説がワナビスレではまかり通っているが
それは最後の最後に候補作の甲乙がつけがたかい場合に若者が有利という話であって
編集部が探しているのは「将来売れっ子になるようなのびしろ″」の部分だろう。
本が売れない時代。出版社もバカじゃない。
一、二作書いて行き詰ってしまうような若者だったら選ばない。そこをこそ、見てる。

797 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 16:00:03.03
まあ次も現役大学生あたりだろうな、受賞は。
文章力なんてどうにでもなるんだよ。編集が手を加えりゃいいんだし。
経歴や年齢はどうにもならんけどな。

798 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 16:01:54.92
思うに、やっぱり一番は応募作品そのものなんだろうが、
そうそう誰もが唸るようなスゴイ作品が送られてくるわけではない。
(「超大型新人登場」などの帯は売らんがためのコピー)

決定的な作品がない場合(ほとんどがそうだが)
経歴が重要になってくる。
つまり、その新人作家の背後に買ってくれそうな集団があるかどうか。
(朝井君は4万人の現役須大生&膨大なOB、サラは膨大な将棋人口)

1に作品、2に経歴、3、4がなくて、5に年齢――だろうね。

799 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 16:03:02.76
↑×現役須大生 ○早大生

800 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 16:07:05.26
>>797
いやいや、現役大学生は小すばでは、ないと思うよ。
なぜなら朝井のエピゴーネンでしかないから。
朝井君は一人しかいらないんだよ。
二人目はいらないのさ。やるんなら一人目じゃないと。
だから小すばは、悪いが学生諸君は送るだけ無駄!

801 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 16:09:41.05
>>798
俺は中・高将棋部だったけど、正直サラは微妙だった
森内名人の読んだ感想が知りたい


802 :802:2012/05/10(木) 16:12:12.20
ちなみに羽生さんは会ったことあるけど、どんな小説にも無難な回答をしそう
「読ませていただきました」とかw

803 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 17:19:00.01
若ければ若いほど有利。
30才以上はまず無理だろうな。

804 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 17:23:19.46
若さと性別どっちが有利なのっと

805 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 17:32:37.42
1に年齢 2に経歴 3に作品
ってところだな。
作品なんて最終に残るようなのはどれも似たようなレベルだから
そうなると話題性とのびしろで年齢、経歴が重要視される。
性別は女の方がやっぱ有利だな。

806 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 18:16:54.87


作品で個性を出せよ
バカばっかだな
読者としての能力もないから
どれもこれも同じに見えて、
それで経歴や年齢、性別、経歴で選んだって思い込んでんだろ
もう一度言う

個性は経歴ではなく作品に!

807 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 19:59:37.82
たぶらかしって赤石路代のPAに似てない?

808 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 20:24:44.87
>>783
どうしてそう思ったかかぁ…
ただ単に自分に自信がないんだよ。
作品応募したのは自分に自信を持ちたかったから。
応募した当初は書き上げた自分に自信が多少持てたけど、
時間が経つにつれてまた元の自分に戻ってしまった。
ただそれだけだよ。
「俺が選ばれないなんておかしい!!」
って言える人が私は羨ましい。

809 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 21:13:46.48
>若ければ若いほど有利。
>30才以上はまず無理だろうな。

でたらめを言うな、でたらめを!! 許さんぞ!!!
若ければいいってもんじゃない。
編集部だってバカじゃない。若いやつに賞をやって、その後の人生まで責任もてないだろ。
たしかに綿矢と金原の芥川受賞で低年齢化傾向があったが、もう10年前の話だ。
それからどんだけ若いやつがデビューしてる? えっ? 名前を挙げてみろ!
(ラノベは論外だぞ。ここは小すば。将来の売れっ子を出してる賞だ)
せいぜいが朝井君だけだろ。その彼も平成生まれの現役早大生っていう経歴があった。
本が売れない時代。「高校生(大学生)衝撃のデビュー」なんて帯ではもう売れん。
繰り返すが、出版社はバカじゃない。
ゆとり、ニート、パラサイト、ネット廃人、割り算ができない、ひきこもり…
そんな若者連中に賞を与えて、育てていこうなんて余裕はない。


810 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 22:30:49.41
お前らって次回作まだ書いてないの?
俺は受賞できそうなネタを考えたので
もう描き始めてる
50枚くらい書いたが
伏線を回収する後半部分でいいアイデアが浮かばない
1年がかりになりそうだ

811 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 23:09:34.49
>>793
>>791 の神視点は一体どこから来るのだろうか?
791だが神視点のつもりはない。人間だし誰にも負けないぐらい受賞したいと思ってる。
愚痴・不平で実力がつくのならナンボでも言うさ。俺は貪欲だ。少なくとも愚痴・不平は
プラスに働かないと考えるからしない。むしろ「余裕あるんだな、おまいら」と思うぐらいだ。

812 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 23:15:41.77
↑このスレに書き込んでいる時点で、愚痴・不平、あるいは言い訳だと思うんだがw
つまりは「お前らはバカばっかだが、おれは違うぞ。まともだぞ」と。
811の書き込みにそれがよーく出てるよ。オレ以外おまいら全員ドアホ、と。それを神視点と言う。

813 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 23:27:25.80
>>810 おまえらは構成もプロットもなしにいきなり書き始めてんのか?勢いで
50枚書いても何の自慢にもならんぞ。

って、ここでマジレスするだけ無駄なのか。

814 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 23:30:38.65
>>813
書きたくて仕方がなくて
プロット70%の段階で書き始めてるだべ

815 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 23:34:21.55
桐島のアマゾンレビューをみると結構ヒドイことになってるよねw
ワナビーの愚痴とか不平とかじゃなくて、一般読者も何だこれ?と思っている

816 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/10(木) 23:41:43.95
プロットというかぱと思いついたことを50枚くらい書いてそれに肉付けしていってる。
これってプロットなの?

817 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:54:14.65
ベテランワナビのワシから言わせてもらうと、そのやり方では後々収集のつかない
破綻を生むに違いないぞい。せめて起承転結の転ぐらいまでは、細かい流れまで作りこんでおいたほうが
間違いがないし、時間的にも早く上がる気がするぞ。


818 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 00:59:41.68
美人だったな

819 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 01:34:09.79
ベテランワナビの話、聞く気になれないw だって落ち続けてんでしょ

820 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 02:03:38.29
>>817
でも書いてくうちにアイデアが浮かんで軌道修正とかない?

821 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 02:09:54.07
そういや、起承転結なんて久しく考えたことないな。
ワナビなりたての頃は随分色んな事気にしてたけど、
今はもう「なんでもありの自由ってサイコー!」って状態で書いてるw

822 :802:2012/05/11(金) 06:44:21.53
>>809
3、40代の冴えないおっさんなのが文面から透けてみえる。
気難しい偏屈おっさんより純粋無垢な若者を選ぶだろうよ。

823 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 07:05:24.35
>>822
KYな若者だな。
小すばはもう、現役大学生はいらないのだよ。
朝井君は一人でいい。二人目はいらない。
歴代最悪の受賞作と酷評される桐島のおかげで
むしろ若者は不利。こと小すばに関しては。

824 :802:2012/05/11(金) 07:25:27.15
>>823
なら3.40代が有利でおk?
もう少しで40だから希望が持てた。
でも今年も若い人のような気がするけど。


825 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 07:31:48.09
60代はダメですか><

826 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 07:39:59.48
このスレの奴らってどうみても頭悪いし
面白い小説も書けそうもない
そういう奴らの意見を真に受けてどうする

827 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 07:41:45.81
有利な年齢ってのはないと思いますよ。あくまでも作品が一番。
ただ「20代有利説」ははっきり否定しておきたい。
20代でデビューしている人も多いが、ほとんどが消えているという現実がある。
つまりは朝井君のように、他のことが書けない、底が浅い、幅が狭い、から。
求められているのは、誰も書かない物語をこれからも生み出せるのびしろがあるかどうか。
だから年齢は関係ない。20代有利という言説は、ゆとり的思考の産物でしかない。

828 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 07:54:05.06
>>825
釣りだとは思うが、ものすごい経歴の60代なら出版社は「ほしい」だろう。(例えば脚本家とか原子力研究者とか)
ただ団塊リタイアで暇だから思い出話を書きました的な応募者は、どの新人賞にもうんざりするほど送られてきている。
ほかの中高年と同じような作品で経歴なら受賞はおぼつかない。それは若い世代にも言えるが...

829 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 08:19:41.63
40代でデビューしてる大物もいるしね。
やっぱ小すばに限らず作品がものを言うんだろうと思うな。
ちなみにみんなどんな作品書いてるの?

830 :802:2012/05/11(金) 08:31:27.08
>>829
ばりばりの時代小説

831 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 08:42:34.63
「ばりばりの時代小説」って小スバではカテエラじゃね?
20・30代女性がメインターゲットだよ。


832 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 08:48:37.51
いやいや、歴女なる人達がいるくらいだからいけるかもよ?
>>830何時代なのさ?
戦国時代だったら読みたい。

833 :802:2012/05/11(金) 08:51:28.95
>>832
平安時代

834 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 08:52:52.58
時代小説でも、佐伯やすひでや藤沢しゅうへいみたいな、
サムライが斬りまくったり、武士の魂うんぬんだったら、目も当てられない
どこも多いんだよ、そういう応募者がw

835 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 08:54:52.91
平安時代とはまた…
大河・清盛が大苦戦しているというのに

836 :802:2012/05/11(金) 08:56:19.44
>>835
あれは脚本がいかん。
私ならもっと上手に料理できた。

837 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 09:33:40.40
>>831
歴女が流行ったときは二年連続で時代小説が授賞してたけど、もうブームじゃないからね。
流行に乗るなら、今年と来年は青春ミステリー小説系がいいと思う。
出版社も売り出しやすいし。テレビドラマにもなりやすい。
個人的には下妻物語みたいな笑える異色コメディーが読みたい。
審査員世代だと「ライトノベル」に新鮮さを感じる人が多いみたいだから、読者向けにも文体は軽い方がいいのかもね。


838 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 12:02:02.38
三毛猫リメイクしてるくらいだから、軽めミステリーはいいかもな
今から書いて来年度応募じゃ少し旬をはずすかもしれんが

839 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 12:52:34.12
>>834
それに加えて勧善懲悪ものやいつの時代にも存在する不条理にあえぐ話も多い。

840 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 15:04:23.54
・難しい漢字や言い回しは極力排除し、読みやすいもの。
・若い女性読者を意識したストーリー・人物設定。
・ファンタジー要素はおkだが、どこかの文学界みたく意味不明な前衛作品ではないこと。
・どこか一本筋が通っている、つまりテーマがはっきりしていること。

ゆるぎないのはこれぐらいでしょうか? 間違いや追加点あればよろしく。

841 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 15:37:08.26
おんなが一人しか出てこないハードボイルドなんだぜぇ〜
ワイルドだろぉ〜

842 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 18:47:03.77
若い女性が自分を見つめなおして、結果男を一人二人振って、性別を越えたところで自己を発見した上で、性別を前向きに武器にしていこう! とか思って
上記の流れをちょっと面白い環境の中でやって、(アジア旅行とか、特殊な職業とか。)時事ネタをうまいこと挟めば最終確実。

843 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 18:54:36.80
↑うおお
まったくそんな感じの書いて送った

844 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 19:28:52.83
うわ、今そんなん書いてるわ。

845 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 20:24:58.05
てことは、平凡なんじゃね、それ↑↑↑

846 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 20:37:39.03
いかにも無職の男が
女性受けの小説を考えましたっていう内容

847 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 21:39:10.42
ありがち杉ワロタ

848 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 21:43:39.44
無職だと人生経験しょぼいしな
たいした話は浮かばないんだろうな
無職なら純文学の方が向いてるだろ

849 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 21:46:15.76
某編集者が「応募作って自分探しの旅テーマばっか」って笑いながら言ってたぞ
>>842は真っ先に落とされる

ドヤ顔で書きこんだんだろうけどご苦労さん

850 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 21:57:48.40
>>842はこのスレの誰かを猛烈に怒らせてしまったようだな。

851 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 21:59:46.62
へ?

852 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:00:25.20
ありがちなネタをありがちと書いただけで
猛烈に怒ってることになるのかw

853 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:01:16.78
モーレツって言葉のセンスの方が気になる
昭和っぽい

854 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:01:45.07
このスレおっさんしかいないからな

855 :850:2012/05/11(金) 22:07:46.11
ピッチピチですやん…



856 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:08:52.09
編集部は作品じゃなく作家を求めてるんだよ。
就職と同じ。年齢経歴が最重要。中身(作品)はその次だ。
加藤シゲアキや水島ヒロみたいな作家が欲しいんだよ。
おっさんおばはんは無理。

857 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:09:45.97
異性を主人公にした作品、みんな書けるの?
男心とかわからなすぎて主人公にするの無理だわ。
登場人物で出てきても、漫画やドラマの中の人みたくなっちゃうんだよね。

858 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:23:01.95
>>857
男っぽい女もいれば、女っぽい男もいるんだし気にするな。
いかに登場人物に陶酔できるかが肝心。

859 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:29:27.43
>>857
女装を趣味にしてるくらい
女になりたかった俺からしたら
簡単だぜ

860 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:40:11.16
>>857
http://www.sugoren.com/

861 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 22:56:28.31
同性を主人公にすると、もろに自分を投影してしまったりしてよくない。
ほどよく客観視できるぶん異性の主人公のほうが楽かもしれん。


862 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/11(金) 23:57:32.90
みんなは何歳で何しながら作品書いてる??ちなみに自分は20歳で公務員やりながら書いてます

863 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 00:13:16.37
まじかよ。。。釣りでもなんでもなく、自分も20歳で公務員やりながら書いてます


864 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 00:19:17.38
うそだろ?
俺も20歳で公務員しながら書いてるぜ?

865 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 00:32:36.78
そういうのいらんから。まぁ俺も公務員だが25だ。






















5年後な。

866 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 05:05:50.05
なんなのこの流れwww

867 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 05:39:16.45
流れぶった切って29歳無職♂
25歳OLのヒモしつつ夢に向かって頑張ってる
今さっきまで歌舞伎町で引っ掛けた19歳の子遊んでた
シャワー浴びて匂い落として寝る
ごめんよハニーもうしないよー
新聞しまって外灯消しといたから許してよー
酔ってたからノーカンだよね
プレイはとっても濃姦だったけどなーなんちて

868 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 08:22:19.95
釣り乙!!

869 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 08:40:55.26
>>867
お前みたいなクズは純文でも書いてろや

870 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 10:00:43.05
サラ読んだ人に訊きたい。

このスレである人はサラのことを、「傾向と対策なんなクソ食らえの作品」と評し、
またある人は「傾向と対策を研究した無難な作品」と称する。

どっちなの? まだ入手できなくて読めないもんで。読んだ人教えて。
出来れば一人より二人以上の意見を聞きたい。

871 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 10:04:16.47
>>870
ここは頭が弱くて無職の人が多いから
ここの意見参考にしてるようではお前はダメ
自分で考えるべき

872 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 10:25:11.79
そもそもテレビでミステリーが流行ってるから
(謎ディナ、三毛猫、鍵の部屋、アタル…)
青春ミステリー系で応募しようという発想がもうアウトだろ。

何かが流行るとそれを真似した作品がごっそり送られてくるが
何かの物真似は下読みの段階でごっそり落とされるんだよ。
下読みは最後まで読める作品かどうかということとともに、
そこもチェックしてるわけ。

だから、桐島もどきの青春物もダメだし
謎ディナとかビブリアみたいな作品は書くだけ無駄。

出版社がほしいのは、まだ誰も書いたことがない新しい作品。
(それがない場合、サラのような作品が選ばれる)

873 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 10:41:29.88
>>840
同意です。
小すばが選ぶであろう&売れそうな(実際いま売れている)作品の条件ですよね。
追加をすれば、「物真似ではない(既視感がない)」作品ですかね。
どこかでみたストーリー、お決まりのラスト、歴代受賞作とかぶるテーマはムリでしょうね。

874 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 11:42:01.41
>>872
>出版社がほしいのは、まだ誰も書いたことがない新しい作品。

なかなかないよ。
どんな作品もなにかのオマージュにすぎない。
それか先人が思いついたけどあえてやらなかったこと。
最初は基本に忠実な当たり障りのない小説を書くべき。
知り合いにゴーマニズム宣言を思わせる小説を送ってたが、あれはたぶん一次落ちだろうなw

875 :874:2012/05/12(土) 11:49:33.91
知り合いに×
知り合いが○

876 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 11:53:00.90
>どんな作品もなにかのオマージュにすぎない

基本的に小説はなにかのパッチワークになってしまうんだと思う。
よく言われる言説に「源氏物語がすべて書いている」とか「聖書に小説のすべての原型がある」とか云われるしね。
となると、組み合せの新しさ(=妙)なのかもしれないね。
例が漫画で恐縮だが、古代ローマ+タイムスリップもの+日本人の風呂好き、みたいなw

877 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 14:07:29.83
>>876
http://www.fesh.jp/detail_12298.html

個人的には、初めて見る数学の問題の解法がひらめき、勉強しなくても
テストで点が取れる能力と、面白い小説のアイデアがひらめく能力は
まったく同一のものだと思っている。

878 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 14:11:12.32
×まったく
○完全に

879 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 14:17:43.61
アインシュタインも創造的思考を『組み合わせ遊び』と呼んでいたし、
別々の知見を組み合わせて新しいアイデアを生み出せる人は、知的作業の
分野において強いと思う。
ところでアインシュタインの脳を調べたところ、通常の人よりグリア細胞が
かなり多かったらしい。

880 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 14:21:17.24
>>877
ひらめき、だけならそうかもしれんが…
アイデアを作品として完成させるためには
文章力、構成力、持久力、集中力、体力、その他もろもろが必要であって
テストと小説を同一視するところが、ゆとりそのものw



881 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 14:31:24.29
勉強せずに点取れるって
どんだけレベルの低い世界にいるだよ
低学歴底辺層決定だなあいつ
それで人生一発逆転を夢見て小説書いてんのかw

882 :874:2012/05/12(土) 14:36:04.61
学校の勉強と創作の勉強は違うだろ。
書かない分野の知識はいくらあっても無駄。

883 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 14:39:48.71
>人生一発逆転を夢見て小説書いてんのか

逆に、そうじゃないやつっているんだろうか?
よく「気がついたら作家になっていた」なんて言う作家がいるが、ウソつけって思う。
(村上春樹とか森博嗣とか)
若者は将来に不安を抱え、中高年もリストラされ、
団塊リタイヤも主婦もOLも繰り返される平凡な日常がまっているだけ。
みんな、あわよくば売れて、ウン千万の印税がほしいのさ。
だから朝井君がたたかれんだ。

884 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 16:18:45.09
>>883
こういう時代だから老若男女古今東西から応募してくる。
ただでさえ出版不況のご時勢、受賞作でウン千万の印税をもらえるなんてことは普通ありえない。
ここの賞は他より生き残り率が高いだけで、消えた作家が何人もいる。
応募者全員が人生逆転を目論んでないよ。
むしろそういう人は少数派。
俺は今回送ったが、万が一受賞できても売れる予感がまったくしない。

885 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 16:24:53.51
俺も本業でそこそこ稼いでるので
小説なんて副業にしか考えてないな
専業なんてリスキーすぎる
朝井が就職したのも当然だろ

886 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 17:30:34.08
>>884
いや。世間を甘く見てはいけないよ。そんなことを承知しているのは
ネットやってる人ぐらい。やらない連中は大昔(大正期〜昭和)みたく
小説家になれば大金持ちになれて、出版社も周囲も「先生」って持ち
上げてくれるって信じてる人、案外多いような気がする。ときどきこの
板に出没する「小説家になれなければ死ぬしかない」って無職ヒキニート
なんかその典型かも。小説を書かくためにプロを目指すんじゃなくって、
小説家と呼ばれたい・自称したいがために目指す人が結構多い。そんな人
が行き着くのが「流行もの」を書けば受賞って発想。

887 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 17:47:14.81
でもみんな小説家って肩書きが欲しいんじゃないの?
ただ小説を書いて読んで貰いたいならブログでいくらでも
できるけどそれはしたくないんだろ?

888 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 19:08:43.65
そうな〜。妄想逞しき輩の発想だとおもうんだよね。よくある、
☆流行物や作者の年齢や話題性で受賞作が決まる
→だから俺は受賞できなかった
→そうじゃなきゃ俺が落ちるはずがない。実力は足りてるんだ。
って流れがさ。アノ葡萄はそんなに酸っぱいんだなぁ……。

889 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 20:13:46.89
印税ウン千万、欲しい人いっぱい居るだろうね。
元手かからないし。

そういえば、山本一力って2億超の借金完済できたのかな?
完済したと考えれば、特定の読者を想定した時代小説でそれだけ稼げる小説家
って、金銭面で考えれば割と魅力的だね。

890 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 20:54:21.89
すべての小説家=山本一力になってるぞ。

891 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 22:09:53.92
ほんとだ、疲れてるのかな

892 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 23:41:09.07
応募動機は四つに分けられると思うんだ。

1 とりあえず書いてみた。一次突破できるかどうか実力試しに応募しました。
2 普通に暮らしているがとりあえず書いてみた。受賞すればそれはそれでいい。
3 いまの生活を逆転させたい。金がほしい。名声がほしい。
4 小説家に憧れて続け、絶対になろうと決意。厳しい現実は認識している。それでも一生書いていく。

結局、作家としてデビューし、生き残り、売れるのは4のタイプではないだろうが。
やっかいなのはたまに2のタイプと、ごくまれに1が受賞してしまうことだw

893 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 23:49:12.85
4が受賞しても
おれは1や2です。って言うもんなんだよ

関係ないけど株で数百億稼いだニートの人が
「株や経済の本なんかまったく読んだことありませんね」って言ってたくせに
過去の発言がまるっきりいくつかの株や経済の本と文章までそっくりだったのとかバラされてた

894 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 23:53:59.95
↑なるほど。
よく高学歴タレントが「ほんと勉強なんてしなかった」「ほんと昔は悪かった」というのと同じか。

895 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 23:56:11.46
これはあくまでも個人的な意見だけど、
才能のない人が書いたものって「努力の跡」が感じられると思う。
一生懸命頑張って書きましたっていうのが文章から滲み出てる。
そういうものって読みづらくて、内容も面白くない。
才能がある人はサラッと自然に書いたように見える。文章にもリズムを感じる。

896 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 23:57:45.98
むしろ俺は時間かけたなってわかる文章が好きだ。読者を信頼させる

897 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/12(土) 23:59:44.66
>>884
>受賞作でウン千万の印税をもらえるなんてことは普通ありえない。

でも、たまにそういうやつがいる。朝井君がそうだわな(だから嫉妬されるw)
だからみんな、もしかしたらオレも、とか、オレのは絶対に桐島よりおもろいし売れる、と思うんじゃね?
で、応募者も過去最高になる。


898 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 00:09:39.39
しかし専業でやっていく意気込みも自信もない人は、受賞しても辞退してほしいよな。
本業が安定していて戯れに書いた小説が受賞し、売れに売れてしまう。
で、「とくに作家になりたいわけではなかった」「気づいたら売れていた」「プロットなんて決めないで一日100枚書く」なんていう。
本気で小説家になろうとしている人にとっては許し難いよな。
ま、もっとも出版社側にはそんな応募者の事情は関係ないけどね。売れそうならば、それでいいだよな。

899 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 09:38:55.14
>>893
どう考えてもその株ニートはBNFとしか思えないんだが、あの人そんなこと
暴露されたっけ?
あんたの作り話でなくって?

900 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 11:02:02.69
BNFだよ、暴露は言いすぎだな、暴露って言葉から感じるほど衝撃的な展開じゃなかった
過去の彼の話のコピペにたいして、元ネタこの本じゃね?くらいの書き込みだったよ
「なんだよ、本読んでんじゃん、プ」くらいの扱いだったよ
わりとメジャーな本で、BNFが読んでた秘密の本はこれだ的な扱いではなかった
レスも「ああ、俺もこれ持ってる」的な感じ

探したがソースはさっぱり見つからない、
たぶん、どの本だか知りたいだろうけど
何冊かはその本を俺も買ってみたが、当たり前だが大もうけすることはなかったよ
本は売った、表紙見ればこれって言えるけどタイトル覚えていない
(このスレでよければ思い出したら書くよ、何スレ後になるかわからないけど、どうせいつもいるんだろ)

以下うろ覚えだけど
時期はまだ彼がビル買う前だ、200億ちょうどくらいの頃だと思う
彼の神話を信じて、おれの話を嘘ときめつけるならそうすればいい

901 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 20:36:46.03
去年のスレみたら今ぐらいが下読み完了してる時期だね


902 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/13(日) 20:41:40.30
BNFは証券業界の広告塔だよ。実在はしない。
あいつに影響されたくさんの人間の資産が溶けた。

903 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 06:40:53.07
もう下読み完了したのか? 早えな。5月いっぱいはかかるんじゃね? で、1000以上は落ちるw

904 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 08:30:40.00
>>903
去年が今頃終わってたのになんで5月いっぱいかかると思うんだ?
その根拠は?
お前頭悪そうだなぁ
去年はtwitterで下読みさんがつぶやいてて
下読みの締めきりが5月10日だった
今週あたり下読みのつけた評価みて
1次通過作品が決まるんじゃないかな

905 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 08:53:28.36
梗概で半分は決まる。梗概で手を抜いてる人多そうだけど。

906 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 09:05:47.00
んなわけない

907 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 14:22:29.38
決まる事に発表してくれたらいいのになあ。

908 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:01:17.70
梗概を軽んじた>>906は、一次落ちほぼ確定だな。マジでね。

909 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:25:38.99
一次落ちも二次落ちもドングリの背比べ。
もし一次通過を誇る輩がいたとすれば、そいつはそれまでのワナビでしかない。

910 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 18:34:57.11
ズキ!

911 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:03:13.39
小すばはどうか知らないけど、一次は梗概で篩にかけるところ多いよ
応募数が多いところほどね
中身が良くても梗概が上手く書けていないと落とされる。(読まんでもらう前にボツ)

912 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:05:19.82
どんぐりでもコナラとシイでは大違い
渋くてとても食えないやつも、おいしいやつもある、食うとしびれるやつもある

913 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:06:11.45
×読まんでもらう前にボツ
○読んでもらう前に〜

梗概だけで独立した点数を付けている賞もあるみたいだし


914 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 19:19:55.35
ないな

915 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 20:53:02.76
>>904
出版社的にツイッターで情報投下するのっていいの?

916 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 21:01:02.85
最近書けないよ俺
どうしてだ
環境かな

917 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 21:07:13.74
転職活動中でおれも今創作どころじゃない
全然筆が進みません

918 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 21:50:10.00
プロットが大体決まったので
ちょっと書いてみたが枚数足りなさそう
もう2つくらい山場つくらないとって感じで
アイデアが浮かんでくるの待ってる状態

919 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 22:04:39.05
>>917
就職ネタ書けよ
自殺者も増えている今一番流行るネタだぞ

920 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 22:22:28.80
医師(と言い張る)の人はファンタジーだっけ?
俺もファンタジー書いてみるかなー
当たれば世界で一番売れるジャンルだよな

921 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 22:28:07.07
ちょっとばかり前に
契約社員とか求職ばなしとウツとか自殺とか
いっぱい来過ぎて、おなかいっぱい全部落とすわw
って編集者の人が言ってたけど
まだだめだろ

922 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 22:30:59.30
>>921
逆に明るい題材がよかったりして。
Fxや株で大儲けする話とか。

923 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/14(月) 22:57:42.33
>>920
最近のファンタジー三傑といえば、ハリーポッター,指輪物語,ゲド戦記あたりか。
たしかにジャンルとしては最強だ。

どれも読んでないが

924 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 01:07:01.82
推理小説もシリーズ化出来るという点でファンタジーと双璧かもだが
推理ものは毎回トリック考えなきゃならんて難点もあるし
最初の設定次第でファンタジーはマジで段違いに稼げるからな
世界感が受け入れられれば翻訳もされ安い
和物で世界進出はまだ聞かないがね
一番難しい分野なのは確かだろうが

925 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 01:23:59.27
このスレはデタラメを書き込むやつが多すぎる。

>>904の「去年はtwitterで下読みさんがつぶやいてて 」って、ウソつけよ!
もしこれが本当なら重大な問題だぞ。内部の選考情報を外部に漏らしているわけだから。
入学試験や入社試験などもそうだが、途中経過をつぶやいたら大問題だぞ!

>>911の「梗概が上手く書けていないと落とされる(読んでもらう前にボツ)」もデタラメ!
下読みは最後まで全部読んでるって。梗概で落とすとか、年齢で足切り、とかはぜーんぶ大ウソ!
出版不況の中、どんな逸材が眠っているか分からない。それを見逃さないように、読んでるって。

ほんと、このスレはデタラメが多い!
ちょっと考えればわかることなのに、常識のないゆとり君が多すぎる!!!



926 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 02:45:29.82
!とかwをたくさん使っちゃうやつはバカしかいない法則

927 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 07:35:46.27
結局さ、選ばれたら何を言われようが勝ち組だし、選ばれなかったら何を言おうが負け組なんだよね。
年齢が〜とか、梗概が〜とか、自分に対しての言い訳でしょ?

928 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 08:42:41.38
現代日本のファンタジーで一番売れたのってなんだろ?
世界に勝負掛けられる作品ってないのかな??

929 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 14:33:27.88
遠野物語はちょっと違うか
伝承結譚だしな

930 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 14:38:36.95
ナウシカとかトトロとかだろ

931 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 14:41:55.66
>>928
竹取物語

932 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 14:45:00.88
ぜんぜん現代じゃなくね?
それとも最近どっかで映画化とかしてたのか?

933 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 15:39:00.80
ナウシカトトロを出すなら間違いなくドラえもんだろ
小説だとなんだろうな
銀河鉄道の夜とかアルスラーンとか?

934 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 16:19:53.23
そういうロボ入ってくるやつ入れると
SF系でヤマトだろうとかガンダムだろうとか、ばんばんあるだろうから避けた
で、トトロとかラピュタかなとナウシカはSF入ってるけど
ファンタジー色の方が強いかなと思って

935 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 21:01:35.32
>>925
指南サイト・指南本を読んだり、スクールに通えば必ず梗概の重要さを習う件。
梗概で一次決めるとこもあるし。小すばはちゃんと読んでくれるだろうけど。
プロット読むだけで面白いか面白くないか、話が破綻していないか、なんてすぐ分かるんだよ。


936 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 21:38:45.02
書いた物語が面白いから、あらすじが面白いんだろ?
あらすじの書き方、まとめる能力の巧みさをどんなに向上させても
破綻してるプロットやつまらないプロットが面白くはならんのだよ

物語のあらすじを的確にまとめる能力 ≠ 面白い話を考え付く能力

だろ、なにごっちゃにしてるのさ
逆に言えば、筋をなぞるだけの箇条書きでも
あなたのいうように面白いか面白くないか、話が破綻してないかはわかる
プロットってそういうものだったりするだろ、
しかし箇条書きならあらすじ書きとしての能力は下の下だろ


937 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 21:43:03.82
それともう一つ
それでわかる面白さ(面白くなさ)や話が破綻してるかどうかなんて
大体しかわからんのだよ

地球以外の星に人類行く時代、そこの人間の振りして〜とか書いても
アバターの面白さは伝わらない、だってあんなべたな話展開だもの
つまらない、と思うに決まってる。
それにあらすじだけでは、細かい部分の破綻もわからない
だからあらすじで1次を決めるなんて馬鹿な真似はしない

>梗概で一次決めるとこもあるし

これ何度もでてくるが、実施にXXがそうです、って言うのを見たことが無い
しかも小すばではないらしいw
もうなんていうか、馬鹿すぎるだろ

スクールでそういうこと吹き込まれたなら、そこの名前晒せよ
これ以上被害者が出ないようにさ

938 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 22:10:03.15
>>936-937
梗概を頼む

939 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 22:15:35.50
あらすじは大切って言うけど
それあんたプロットやストーリー等の筋の内容が大切って言う話でしょ
あらすじを書ける能力の大切さじゃない ごまかしだよ。

小説読んで簡潔で過不足なくあらすじにまとめる能力いくらがんばっても
つまんない小説がおもしろくなるわけじゃないよ

一次に使う賞があるって、いったいどこだか言ってみろよ?
つーか小スバじゃyナインだろ、じゃ関係ないじゃん

940 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/15(火) 22:45:16.01
おまえら読書しとけよ。
ラノベから哲学書まで幅広く読んでおくのが望ましい。
一発屋にならないためにも、創作のレパートリーを増やしておいたがいいぞ。
小説で食ってく気のないやつは知らんがな。

941 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 03:52:43.46
>>939
そうそう。梗概なんてどうでもいいんだよ。書けというから仕方なく書く
けど、あんなの適当でいいんだ。
要は本文で勝負するんだから、どうでもいいのさ。梗概に重きを置く勘違い
君は一生やってろ!

(よしよし。これで勘違いした939はじめ馬鹿どもが、梗概疎かにして
万年一次落ちするぜ。どれくらいのライバル蹴落とせたかなww)

942 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 03:56:06.94
モエー モエー

943 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 04:33:59.03
梗概はあくまで「参考」。十分条件であって、絶対条件ではない。
作品そのものの出来によって選考されるにきまってるだろ!
それなのに「梗概で一次決めるところもある」って信じてるバカは
具体的にどこなのか言えよ!!!
(ただ梗概がヒドイ文章で、作品が滅茶苦茶イイということはないだろうが…)



944 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 09:03:05.49
下読みについての悪い噂は色々あるからなぁ
で、自分が落ちたのはいいかげんな下読みのせいだって
悪い噂信じやすいし
小すばは下読みの指導がきっちりしているという話を聞くし
小すばに出してダメだったら素直に才能の無さを認めた方がいいんだろう

945 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 11:18:09.94
>>938
キミのセンスはかなり好きです

946 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 12:13:58.50
下読みは自分の担当作品の梗概を一通り読んでみて、
「これは面白そう。これはつまらなさそう」という第一印象を持ってから
読み始めるだろうし、ここでつまずいてハンデを負いたくなければ、
梗概も大事にすべし。

でFA。

947 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 12:17:16.72
俺は以前某賞に出して一次落ちした作品を若干改変、改題して小すばに出した
ところ、一次通過したことがある。先の賞の応募総数700程度に対し、小すば
は1300強。もちろん改変には相当力を入れたんだが、それの一次に通ったと
いうことから、ここの下読みは信用できると考えている。そして二次通過を果た
せなかった原因もはっきりしてるから、対策打てばそこそこイケルのではないかと。
少なくともここの下読みに、おかしな偏向はないと確信している。

948 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 13:19:06.76
下読みはいい加減だとか、全部読んでない、とか言うやつは
小すばに応募しなければいいだけのこと。
受領ハガキもくるし、二次三次まで残った何作かは編集部が講評してくれる。
こんな良心的で、大物作家を輩出している賞に疑いを持つやつってなんなの?

949 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 13:57:11.18
ウジムシですよ、ねっ。

950 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 22:22:59.19
下読みが信用できない奴ほど
小すばに送るべき
ここでダメだったら本当にダメな作品だったと思えばよい

951 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/16(水) 23:53:21.62
仕事中に今書いてる小説のアイデアが降ってきた
頭の中が高回転して面白い展開が湧いてきてテンション上がったんだが
家に帰ってそれを文章化する頃には既にテンション下がってる
アイデア降ってきた瞬間に一気にかかないとだめだねー

952 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 07:04:23.87
>>951 その気持ち分かる!! さすがに仕事中は執筆無理だし、アイデアをノートに殴り書きすることくらいしかできないな

953 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 07:48:21.05
小説書いててアイデアが降ってきた瞬間が
一番楽しいよね

954 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 07:49:51.18
イメージ通りの原稿に仕上げるのは至難の業だけどね。

955 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 19:58:28.11
芸能界最大のタブーである、AKB48はステマで捏造人気であるということを書け

実際はたいして人気ないのに、電通のメディア操作によって国民的アイドルであるかのように偽装していると
 

956 : ◆/7jUdUKiSM :2012/05/17(木) 20:28:50.58
>>955
ネトウヨ拗らした小説はカテゴリーエラー。
これ鉄則よ。

957 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 20:30:11.04
イナちゃんだ!

958 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 22:41:24.57
結構前のサラの作者インタビュー記事だけど

>初めての作品は、神戸新聞文芸に入選小説として掲載された。
>大学卒業後は金融機関に就職したものの、通勤の電車で小説のあらすじを考え続け、
>「おれには小説がある」と1年ですっぱり仕事を辞めた。
>一般小説、ミステリー、ライトノベルなど、さまざまなジャンルを2カ月に1本ペースで書いた。
>そして2年半で同賞を射止めた。

受賞作はともかく
やっぱりデビュー出来る人は初めて書き上げたものでもちゃんと結果は出るんだろうな
一次落ちは論外って話はやはり正しいなこれ

959 : ◆/7jUdUKiSM :2012/05/17(木) 22:45:11.15
>>958
s

960 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 22:50:53.87
>>958
将棋だけじゃないんだ〜
「俺には小説がある」と酔えるのも才能。
ゆとりニートなら兎も角、銀行辞めて小説家を目指せん。

961 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:01:58.61
初めてで一次落ちは別にいいんじゃね?
ただ続けて二度三度一次落ちって人は少し自分の作品を見直すべきだと思うが
『一次落ち=小説でない』とまでは言わないがその可能性もあるわけだしね
専門学校なんて通わなくてもいくらでも確かめる術はあるんだし

962 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:03:55.94
スレちな自分語りで恐縮ですが

以前浮気で出した他賞にて幸運にも編集者さんが付き
アドバイス頂いたりしつつ切磋琢磨した結果
このたびデビュー決まりました
今回も小すばには応募済みなので電話来ちゃったらサプライズだな〜
なんてのは捕らぬ狸の皮算用でしょうか
スレの皆様には大変お世話になりました
ここからのデビューが小説家目指した僕が最初に抱いた夢でしたが皆様に託します
お互い頑張って行きましょう

963 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:17:21.25
>>962
うおおおオメ!
羨まし過ぎるなマジで
気になるのは今回小すば受賞しちゃうことだがどうなんだろね?
応募時はまだデビュー決まってたわけじゃないんだし平気なのかな

964 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:18:47.37
おめでとう>962
俺が今年の受賞者だから一緒にデビューだな
お互い頑張ろうぜ

965 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:23:22.84
>>964
杞憂

966 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:26:04.42
受賞からのデビューじゃなく、いきなりデビュー?
てことは出版社からのプッシュはないのか?


967 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:27:08.81
↑辞書を引け

968 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:28:41.85
>>966
俺もそれ気になった
レス読む限り受賞してデビューとは違いそうだよな
六番目の小夜子みたいに大賞でなくても売れるデビュー作ってのはあるけど
宣伝費は少なそうな気が
ごめん嫉妬半分だけど

969 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:43:12.33
>>963
その件に関しては詳しくは話せないのですが
出版社も違うということで色々面倒な話になるそうです
或いは念のためにペンネーム変えましょうかというお話も
仮にそんな自体になれば嬉しい誤算ですが

>>966、968
間違いなく受賞作とは扱いが違うでしょうね
ただ嬉しいのは僕を気に入ってくれた編集さんがかなり実力者だったということでして
本誌の連載込みで徐々に知名度上げていきましょうと仰ってくれています

すみませんスレちな話を続けるのもあれなのでこれにて
ではでは

970 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:48:44.91
そこまでして拾い上げる作品なのか?

971 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:52:40.65
すげー読んでみたい
てかある程度作者絞れそうじゃね

972 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/17(木) 23:53:07.80
連載込みとかチャンス貰ってるじゃん
やったなぁ

973 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 07:07:26.39
>>958
>さまざまなジャンルを2カ月に1本ペースで書いた。
>そして2年半で同賞を射止めた。

サラの作者は2年半書きまくってあのレベル?と思ってしまった…

974 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 07:16:16.27
何を言おうと、受賞したんだから去年の応募作の中では一番だったんだよ。
それは紛れもない事実。
現実は認めないと。

975 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 08:33:30.33
>>974のような書き込みがよくあるが、その「神視点」がどこからくるんだろう?
サラ以外の約1300人はみんなサラよりも劣っているのだから現実を受け入れ、ということでしょ。
おれは昨年上までいったものだが、サラは絶対的一番だとは思わない。他の応募作との相対的に一番になっただけ。
少なくともおれはサラを読んで、なんだこれ?と思った。
じゃあなぜ、おれが選ばれなかったかというと、それはもう編集部の考えとしか言えない。サラより劣っているのではなく。
経歴とかカテエラだったりするわけで。
いやいやそれこそ負け惜しみ、と言われるかもしれんが、そんなこといったら1300人は全員何も言えなくなってしまう。
桐島の回に応募した人は、受賞作を読んで冷静にいられるのか? 完全に負けた。これじゃ仕方ない、と。
だから、受賞者以外はすべて何を言ってもダメ、的な神視点の書き込みは、あんたこそ負け惜しみだろ、と思ってしまう。


976 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 08:41:32.26
日本語でたのむw

977 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 08:51:14.52
たぶん、974さんは集英社の社員か下読みなど関係者なんだよ
書き込み時間を見ると、家のパソコンで書き込んで、これから出社とw
会社で書くとまずいので(大企業は2ちゃんやメールはチェックしている)


978 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 11:19:36.34
何を言っても駄目ってことは無いけど
せめて、負けている点は何かな、くらいは考えろよとは思う
あの受賞作のここがひどい、ばかりじゃなくさ

部分的に勝っていた点がある作品もあるだろうけど
相対で言えば、残り全部負けだろうな

カテエラとか、そもそもカテエラなのに出してるとか
カテゴリがあってるけど、1次落ちだった箸棒より間抜けだということを知るべき

979 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 11:37:25.95
 いいところまでいくんなら、めげずに続ければいいじゃん。
それだけのことだよきっと。小説家って年齢制限ないんだし。
そこが強みでもあるんだし。

980 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 11:53:38.74
>>977
すごい想像力をお持ちのようで、うらやましい限りです。

981 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 12:11:04.16
>>980
どうでも良い話だけどさ

>977みたいなこと書く人って居るじゃん
そういうお約束って言うか、冗談なんだろうなと、思ってたんだ
君も、そう思って、ちゃかしで返してるんだろうけど
でも会ってみるとマジで言ってたりすんだぜ
「ほ、本気だったのかよ」とおどろく

982 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 12:21:50.46
>>974
1300送られてきてあれが大賞とはしんじられん。
専門に特化してるからか、あまり売れてないらしいし。

983 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 12:40:28.23
たった1300ぽっちで、すげえのが送られて来たら
こんなに小説は衰退しない
毎年毎年1000以上来るんだろ、それにもし毎回すげえのが来てたら
世の中作家でいっぱいになるがな

10年に一度くらいは(つまりは1万数千に一人なら)もっとましなのがあるだろうけど
1300のうちの一番良い平均的な年はせいぜいがあんなもん

984 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 12:46:52.45
1300送られてきても、1000以上はどうにもならない作品だしねえ

985 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 13:07:29.06
俺はサラ以上!と豪語する人の作品は是非とも読ませて貰いたいよな
まさかとは思うが読者は自分だけのという
独りよがり思考満載ではなかろうな
そして編集や選考委員をわかってないと駄目だし
金払ってでも一度くらいは選評付けてくれる場所に送ってみたら?

986 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 13:08:04.27
スレ立て駄目だった
誰か早めによろ

987 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 13:14:08.44
ほらよ

小説すばる新人賞24
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/bun/1337314410/

988 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 13:59:50.87
>>987
乙です

989 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 14:52:11.77
いつも負けたんだからしゃーないって意見がでると「なんなの、この神視点」って噛み付くヤツが
現れるけど、彼の論理の根本は「俺がサラを読んで俺の作品のほうが優れてると思った」だけなの?
俺が勝ってると思うからサラもサラを認めるやつも許さんって理屈のほうがよほど『神視点』だろ。

990 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 15:04:33.66
俺はクソワナビだったから、彼の気持ちが痛いほどわかる
たぶん、こんな感じだ

俺の作品はサラに負けてるかもしれない、
しかし1次落ちはねーだろ、2次は行くだろ
だってだってサラだってたいしたことねーよね、別にすごくなくね?(実は読んでないけど)
1300の中にはアレに勝ってるやつも居るんじゃね? いいやきっと居るよ
だとしたらだ、きっと下読みや編集が駄目なんだよな
なーるほど、じゃあ俺の作品が1次落ちなのも納得だぜ

おおざっぱにいうと、↑みたいな感じ

991 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 15:48:08.42
まぁ、そういう感じなんだろうな。
いくら受賞作を引きずり落としても、自分の作品の質が上がるわけでもないのに。
なんか虚しいねぇ。

992 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 15:48:08.75
サラより面白い小説を書けばよか。
最近の受賞作は空気。
この現状を何とかせい。
普段は物語を読まない人にも読みたくなるような力作きぼんぬ。

993 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 20:14:39.74
きぼんぬナツカシス

994 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 21:28:20.63
おまえはその文章から漂う加齢臭を消さなきゃだめ。

995 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:25:32.75
そろそろ埋めますかな
次スレもあることだし

996 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:26:36.60
1000だったら今回の受賞者俺

997 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:27:58.13
1000だったら今回の受賞者俺

998 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:28:37.31
1000だったら今回の受賞者俺

999 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:29:06.92
1000だったら明日のパンはうまく焼けてる

1000 :名無し物書き@推敲中?:2012/05/18(金) 22:29:41.94
1000だったら今回の受賞者俺

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

235 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)