2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

お言葉ですが。高島俊男はいい。3。

1 :無名草子さん:2010/11/12(金) 19:36:34
『お言葉ですが…』シリーズ(文藝春秋、1996、文春文庫、1999)〜(第10巻、文春文庫、2009)
『お言葉ですが…第11巻』(連合出版、2006) 『別巻1』(連合出版、2008)

『李白と杜甫』(評論社、1972、講談社学術文庫、1997)
『声無き処に驚雷を聴く…「文化大革命」後の中国文学』(日中出版、1981)
『文学の自立を求めて…今日の中国文学を読む』(日中出版、1983)
『水滸伝の世界』(大修館書店、1987、ちくま文庫、2001)
『中国の大盗賊 天下を狙った男たち』(講談社現代新書、1989) 増補版『中国の大盗賊 完全版』 講談社現代新書、2004
『独断!中国関係名著案内』(東方書店、1991) 改版、改題して 『本と中国と日本人と』 ちくま文庫、2004
『水滸伝と日本人…江戸から昭和まで』(大修館書店、1991、ちくま文庫、2006)
『三国志<人物縦横談>』(大修館書店、1994) 改題して 『三国志 きらめく群像』 ちくま文庫、2000
『本が好き、悪口言うのはもっと好き』(大和書房、1995、文春文庫、1998)
『ほめそやしたりクサしたり』(大和書房、1998)
『寝言も本のはなし』(大和書房、1999)
『水滸伝人物事典』(講談社、1999)
『メルヘン誕生 向田邦子をさがして』(いそっぷ社、2000)
『漱石の夏やすみ…房総紀行「木屑録」』(朔北社、2000、ちくま文庫、2007)
『漢字と日本人』(文春新書、2001)
『座右の名文…ぼくの好きな十人の文章家』(文春新書、2007)
『しくじった皇帝たち』 (ちくま文庫オリジナル、2008)
『天下之記者…「奇人」山田一郎とその時代』(文春新書、2008)
『別巻2』(連合出版、2009)


過去スレ
お言葉ですが。高島俊男はいい。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/books/1184638811/
お言葉ですが。高島俊男はいい。2。
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1241103827/

128 :無名草子さん:2012/05/12(土) 12:06:13.56
西尾が高島読んだんだろ
そういや司馬遼太郎記念館の書斎の再現に高島の本があったな
保守系のインテリは大体読んでるんじゃないの

129 :無名草子さん:2012/05/19(土) 09:48:50.45
どっちがどっちを見ていても内容が違うからいいのだが、
「お言葉ですが…」は文春に1995年から2006年まで
「江戸のダイナミズム」は「諸君!」に2001年から2004年まで

130 :無名草子さん:2012/05/19(土) 10:16:05.84
西尾先生は別格ですね
そもそも学問は古代との緊張関係によって動機付けられ、維持されるべきものです。
「歴史の欠乏」の自覚が近代史のいわは必然だからです。私たちは自国の近代史を
福沢諭吉から語り始める習慣をいまただちに止めるべきです。

私はトインビーを嫌って、ペルジャーエフやプルトマンに真実を予感した若い日の
感覚が、いまここであらためて宣長によって喚び起こされた思いがいたします。民
族の神話の中に永遠を読み解く鍵があり、民族の信仰の特殊性がそのまま普遍性で
あると語ることを、どうして日本人だけがためらう必要があるのでしょうか。

131 :無名草子さん:2012/05/19(土) 17:32:58.25
高島好きなのってこんなキチガイばっかりか

132 :無名草子さん:2012/05/20(日) 02:04:43.44
どの辺が
面白い文章だと思うけど
いわゆる歴史家からはなかなか出てこない視点
西尾ならではだな

133 :無名草子さん:2012/06/02(土) 21:57:22.07
java の改ページ処理に1日以上かかってしまった。
制御文字 \f を送っても何の反応もない。いくらコーディングを見ても見当がつかない。
最後手段、経路をコーディングに埋め込んで、何とか動きをつかむことができた。
もっとシンプルにならないものかねーjava

134 :無名草子さん:2012/06/03(日) 08:11:02.01
法学部出のサラリーマンジャーナリストには逆立ちしても書けない
支那人もうわべで歓待しても、内心ではさげすんでいるはず
今時中国共産党を持ち上げる奴なんて朝日新聞くらいのものだろう
朝日とってる日本人の気が知れない

135 :無名草子さん:2012/06/03(日) 10:18:21.45
左翼、朝日、日教組が一貫して大嫌いな保守の山本夏彦も、
若い頃「天ちゃん」と呼んだクチ。
山本いわく、別に反天皇制というわけではなく、
自分たち大正生まれは大正デモクラシーで育ったからそれが普通だと。

136 :無名草子さん:2012/06/03(日) 10:40:28.01
天ちゃん天ころの頃はむしろ今よりおおらかだよね

大正デモクラシーは世界観が違ってる
これが昭和だと地続きでどっか暗いんだわ

137 :無名草子さん:2012/06/03(日) 11:28:53.61
野球のスーパースター青バットの大下弘は、
毛筆で球界徒然草という日記を書いていたが、
天覧試合について「我々大正生まれは天皇に複雑な思いが」と書いていた。
大下は特攻隊の生き残りで、アナーキーな戦後民主主義時代の寵児で、
大正デモクラシーの空気も知っているデガタンな文学好きな遊び人でもある。
それでも天皇ときくと背筋が伸びて、我ながら一貫性がないとかなんとか。
昭和一桁みたいに軍国主義しか知らないわけではないが、
それでも学徒出陣で特攻隊という軍国主義の最前線に送り込まれたと。
いろいろ複雑だね。

138 :無名草子さん:2012/06/03(日) 12:33:31.04
利いた風な口がバレてるぜ

デカダン

こりゃタイプミスなんてどうにも弁護できんわ

139 :無名草子さん:2012/06/03(日) 13:25:40.46
古い携帯からだけど、濁点を入力するの忘れたみたいだな。
さすが高嶋センセのスレッドですな。
障子の桟を指でなぞる姑みたいで素敵ですね。

140 :無名草子さん:2012/06/03(日) 14:17:58.94


141 :無名草子さん:2012/06/03(日) 23:49:29.62
これは恥ずかしい…。しかも言い訳で恥の上塗り。

142 :無名草子さん:2012/06/10(日) 23:20:46.31
すいません、
先生がご著書の中で大谷佳奈子の『ある日突然、縛られて』
というSM体験本を取り上げて、面白いと言っていた箇所があったと思うんです。
一時間かけて文庫10冊繰ってみたんだけど見つからないんですわ。
どなたか憶えていらっしゃいませんか?

143 :無名草子さん:2012/06/24(日) 00:40:54.42
>130 と同趣旨の文章を高島本で見つけた。

はれはれは、薄皮一枚のような「現在」という時に生きている。その薄皮の下には部厚い過去がある。
われわれが対話する相手は、現在と過去をおいてほかにない。対話する手段は、ことばと事物である。
・・・。
われわれが、安心して、自信を持って現在を生きるには、現在の素姓を知らねばならない。現在の素姓
を知るには、過去に話を聞いて見なければならない。

144 :無名草子さん:2012/07/07(土) 15:14:51.03
『メルヘン誕生』において、向田邦子の・・家庭環境が「戦前の標準的な家庭」として描かれてい
て・・いるが、実は非常にエリートの特殊なものであると論じている。

上記高島俊男wikiの記述に前から違和感を感じていた。『メルヘン誕生』での実際の記述は、
>大正八年の徴兵保険会社は社員わずかに六十九人という小さなエリート機構である。
>地方の高小卒の男の子のなかでは、向田敏雄は異常にめぐまれたコースに乗った(またそういう
>コースに送り込んでくれるうしろだてがあった)人である
>(戦前の会社の)「社員」は学校出のエリートである。
>向田敏雄は、専門学校以上を卒業して入社したほんもののエリートではない。

会社はエリート機構だが本人はエリートではない、が高島先生の一貫した記述。
話が下世話になるから先生も口に出さないが、だいたい能登七尾の網元の妾の子がその権勢のお
かげで給料のいい会社に入れてもらったからといって、エリートになるとは思えない。
こんな半可な読みで辞書を編集しても出来上がるのは辞書の名に値しない、と愚考するのだがど
んなもんでっしゃろか。

145 :無名草子さん:2012/07/11(水) 00:45:46.61
お言葉ですが・・・ 別巻5
漢字の慣用音って何だろう?

第六冊も予定

146 :無名草子さん:2012/07/11(水) 22:41:19.12
「第六冊」は、いつ出るのやろ?

147 :無名草子さん:2012/07/15(日) 13:00:36.88
漢字の話はちょっと食傷気味。


148 :無名草子さん:2012/08/01(水) 09:06:59.30
「ほんもののエリートではない」の後に続けて、「いわばたたきあげでエリートコース
にはいった人である」とあり、高島先生もエリートコースに居たことは認めている。

149 :無名草子さん:2012/08/28(火) 13:37:10.29
「たたきあげ」とは、オノレの運と才覚でのし上がった者のこと。
一番の難関をコネですり抜けておいて、たたきあげもないと思う。
それに「たたき上げのエリート」とは自己矛盾してないか。2年やそこらの夜学通学で得られるものだとも思わない。

高島先生は向田父の能力をかってもいる。出生に関わる欠落がなければ重役になれただろう、とまで言う。
示される根拠は、邦子が父の書斎から持ち出した世界文学全集。
これを向田父が愛読していたという、事実の記載は無い。

向田父が徴兵保険会社に入った大正中期は、西尾先生によると、
>大正中期から昭和初期にかけて、東京山の手を中心に、知的エリート階層が成立した。
>そこではヨーロッパの新しい文芸の動向に絶えず関心が払われた。
>同じ頃「純文学」の概念が成立し、「世界文学全集」が刊行され始めた。

内実を有していない者が形から入る、というのはよくある事。

150 :無名草子さん:2012/08/28(火) 17:13:33.42
知的コンプの成金が、文化住宅の応接間に
百科事典や文学全集をズラッと並べるのは、
高度成長までの日本でよく見られた光景。
外側が埃やタバコのヤニに汚れながら、
中身がまっさらで綺麗なままなのもお約束。
昔、武田鉄矢が出た百科事典の広告で、
百科事典にどんどん赤鉛筆で汚そう、
みたいなコピーがあった。
それほど、買っても読まれないものだった。
高島センセ、象牙の塔の住人で本の虫、
それも本が貴重品の時代を知っているから、
本は買えば必ず読むものと決めてかかっているのかな?
まあ、こういう世間知らずのインテリって嫌いじゃないけど。

151 :無名草子さん:2012/08/29(水) 20:43:29.86
確かに高島先生の人物評はけっこう当てにならない

152 :無名草子さん:2012/09/23(日) 12:43:57.10
おかき処播磨屋本店の親父のように女子社員を付け狙い
住居と給金を保証してやるというようなのが妾で
親戚の家を転々とし父親の顔を見ることなく成長したというのは
妾でないのではないかい?
排泄の対価として経済的利益を得ていたとはいっても

153 :無名草子さん:2012/10/14(日) 14:33:51.28
四十過ぎたら自分の声に責任を持ってもらいたい。顔より鮮明にしゃべる言葉
に知性は表れる。
民主党・安住淳のしゃべりは、街中のヤンキーレベル。安住財務大臣に代わって
安住幹事長代行を頻繁に登場させる、NHKニュースは噴飯もの。

XX曰く「森田健作千葉県知事よりマシだべ」

154 :無名草子さん:2012/11/05(月) 19:54:46.09
老成し損ねた未熟児

155 :無名草子さん:2012/12/02(日) 21:41:49.56
教育学者の齊藤孝先生、故郷名物のおでんを取り寄せているらしい。
金玉は痛くならないですか?
心当たりがあればそれは間違いなく、練り製品にしこたま入っている防腐剤のせい。

156 :無名草子さん:2012/12/04(火) 00:45:38.08
週刊文春の企画「顔面相似形」で2週間続けて国民的ヒロイン澤穂希に北京原人か何かを並べて
似ていると喧伝していた
編集部に文句をつけてやろうかと思っていたが果たさぬまま別人がクレームをつけた模様
いい加減に物言えぬ弱者いじめはやめたらどうか
水戸泉と相似と囃された服部道子への加害意識はまるでないようだ
同じ轍を踏んでいる

157 :無名草子さん:2012/12/20(木) 16:19:42.31
東国原を比例1位にした橋下を逮捕しろ!

一票の格差云々と下らない事を言っている暇があったら
中田宏を監獄に送れ!

158 :無名草子さん:2013/02/19(火) 18:47:09.57
「漢字雑談」高島俊男 講談社現代新書 来月刊行

159 :無名草子さん:2013/02/19(火) 19:58:41.55
ほう

160 :無名草子さん:2013/02/19(火) 23:56:35.60
>>158
サンキュー!

161 :無名草子さん:2013/02/20(水) 00:01:00.58
長生きやな

162 :無名草子さん:2013/02/21(木) 01:31:54.11
>>158
アリガトーアリガトー

163 :無名草子さん:2013/02/21(木) 12:26:55.85
また老害が他人の悪口書き散らしてるのかな?

164 :無名草子さん:2013/06/23(日) 08:00:45.28
高島先生の本はいろいろと勉強になる。「四字熟語」の回が面白かった。

165 :無名草子さん:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN
端末の普及で、やたらと漢字を使いたがる風潮を戒めていましたね。
私も気をつけるようにしています。

166 :無名草子さん:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN
ある時期から「酷い」って言葉が頻出するようになったね
未だに違和感ある
「酷」という文字は「ひどい」のニュアンスの一部しか反映してないと思う
「ひどい」というのは度が過ぎるという意味でネガティブな意味だけではない

167 :無名草子さん:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN
>>166
「非道い」という表記もあります。

168 :無名草子さん:2013/09/01(日) 18:29:23.82
まだご存命?
何十年前から死ぬ死ぬ言ってるの

169 :無名草子さん:2013/09/02(月) 00:17:59.43
>>168
連載持っているし、ますますご健在。

桂米朝師匠よりもはるかに若い。

170 :無名草子さん:2013/09/02(月) 00:34:23.59
>>169
連載? チェックしなきゃ
でもこの年でまともなもん書けてるのかね

171 :無名草子さん:2013/09/02(月) 00:38:58.55
漢字雑談なんて出してたのか
最後に買ったのは山田一郎の本だ

172 :無名草子さん:2013/09/02(月) 15:43:03.34
「お言葉ですが」の別巻も文庫化してほしい

173 :無名草子さん:2013/09/02(月) 21:38:31.07
>>170
出版社のPR誌。たしか講談社の『本』ではなかろうか。

174 :無名草子さん:2013/09/03(火) 12:09:39.06
『核の難民 ビキニ水爆実験「除染」後の現実』 (佐々木英基 著) | 書評 - 文藝春秋WEB
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/635

2085Tweet

175 :無名草子さん:2013/12/10(火) 16:18:20.76
漢検について調べててたまたま知ったけど
この人の本面白いな。作者の偏屈頑固じじいっぷりが逆に爽快

176 :無名草子さん:2014/05/22(木) 20:43:13.02
六月に「別巻6」が出る

177 :無名草子さん:2014/05/23(金) 02:20:09.72
>>176
ありがとう m(_ _)m

42 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)